2022/04/19 更新

写真a

カタオカ タカヒロ
片岡 隆浩
KATAOKA Takahiro
所属
保健学域 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(保健学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • 放射線健康科学

  • 酸化ストレス

  • ラドン温泉

研究分野

  • 環境・農学 / 放射線影響

  • 環境・農学 / 化学物質影響

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Health Sciences  

    - 2008年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School   Faculty of Health Sciences

    - 2003年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学学術研究院保健学域 准教授

    2021年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学学術研究院保健学域 研究准教授(助教)

    2021年4月 - 2021年9月

      詳細を見る

  • 岡山大学保健学研究科 研究准教授 (助教)

    2020年6月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Center for Safe and Disaster-Resistant Society

    2017年 - 2018年

      詳細を見る

  • 岡山大学保健学研究科 助教

    2008年4月 - 2020年5月

      詳細を見る

所属学協会

  • Radiation Research Society(米国)

    2014年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本原子力学会

    2013年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本アイソトープ協会

    2010年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本酸化ストレス学会

    2009年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本放射線影響学会

    2003年 - 現在

      詳細を見る

委員歴

  • 日本放射線影響学会   論文紹介企画小委員会副委員長  

    2020年8月 - 2022年4月   

      詳細を見る

  • 日本放射線影響学会   論文紹介企画小委員会委員  

    2018年10月 - 2020年5月   

      詳細を見る

  • 日本原子力学会   「2018年秋の大会」現地委員会委員  

    2017年10月 - 2018年10月   

      詳細を見る

  • 若手放射線生物学研究会   放生研将来計画委員  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

  • 京都大学放射線生物研究センター   将来検討専門委員会委員  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

  • 日本放射線影響学会   第60回大会プログラム委員  

    2017年3月 - 2017年10月   

      詳細を見る

  • 日本放射線影響学会   論文紹介企画小委員会委員  

    2016年11月 - 2018年3月   

      詳細を見る

  • 日本放射線影響学会   規約委員会委員  

    2016年10月 - 2018年3月   

      詳細を見る

  • 日本原子力学会 中国・四国支部   幹事  

    2016年5月 - 2022年4月   

      詳細を見る

  • 日本アイソトープ協会   放射線安全取扱部会 広報専門委員会委員  

    2016年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

  • 若手放射線生物学研究会   副運営委員  

    2016年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

  • 放射線ワークショップ   プログラム委員  

    2015年6月 - 2015年10月   

      詳細を見る

  • 若手放射線生物学研究会   会長  

    2015年1月 - 2015年12月   

      詳細を見る

  • 日本放射線影響学会第57回大会   組織運営委員  

    2014年4月 - 2014年10月   

      詳細を見る

  • 日本放射線影響学会   評議員  

    2014年1月 - 2016年5月   

      詳細を見る

  • 若手放射線生物学研究会   副会長  

    2014年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

  • 若手放射線生物学研究会   若手勉強会企画担当  

    2013年1月 - 2013年12月   

      詳細を見る

  • 若手放射線生物学研究会   副運営委員  

    2012年1月 - 2012年12月   

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • A simple method for estimating the potential of the pyroelectric crystal surface 査読

    Katsumi Hanamoto, Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka

    Applied Radiation and Isotopes   185   110230 - 110230   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2022.110230

    researchmap

  • Confirmation of efficacy, elucidation of mechanism, and new search for indications of radon therapy

    Kiyonori Yamaoka, Takahiro Kataoka

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   70 ( 2 )   87 - 92   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Society for Free Radical Research Japan  

    DOI: 10.3164/jcbn.21-85

    researchmap

  • Mechanisms of action of radon therapy on cytokine levels in normal mice and rheumatoid arthritis mouse model 査読

    Takahiro Kataoka, Shota Naoe, Kaito Murakami, Ryohei Yukimine, Yuki Fujimoto, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   70 ( 2 )   154 - 159   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Society for Free Radical Research Japan  

    DOI: 10.3164/jcbn.21-91

    researchmap

  • Radon inhalation decreases DNA damage induced by oxidative stress in mouse organs via the activation of antioxidative functions 査読

    Takahiro Kataoka, Hina Shuto, Shota Naoe, Junki Yano, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Katsumi Hanamoto, Fumihiro Mitsunobu, Hiroaki Terato, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Radiation Research   62 ( 5 )   861 - 867   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>Abstract</title>
    Radon inhalation decreases the level of lipid peroxide (LPO); this is attributed to the activation of antioxidative functions. This activation contributes to the beneficial effects of radon therapy, but there are no studies on the risks of radon therapy, such as DNA damage. We evaluated the effect of radon inhalation on DNA damage caused by oxidative stress and explored the underlying mechanisms. Mice were exposed to radon inhalation at concentrations of 2 or 20 kBq/m3 (for one, three, or 10 days). The 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine (8-OHdG) levels decreased in the brains of mice that inhaled 20 kBq/m3 radon for three days and in the kidneys of mice that inhaled 2 or 20 kBq/m3 radon for one, three or 10 days. The 8-OHdG levels in the small intestine decreased by approximately 20–40% (2 kBq/m3 for three days or 20 kBq/m3 for one, three or 10 days), but there were no significant differences in the 8-OHdG levels between mice that inhaled a sham treatment and those that inhaled radon. There was no significant change in the levels of 8-oxoguanine DNA glycosylase, which plays an important role in DNA repair. However, the level of Mn-superoxide dismutase (SOD) increased by 15–60% and 15–45% in the small intestine and kidney, respectively, following radon inhalation. These results suggest that Mn-SOD probably plays an important role in the inhibition of oxidative DNA damage.

    DOI: 10.1093/jrr/rrab069

    PubMed

    researchmap

  • Dosimetry of radon progeny deposited on skin in air and thermal water

    Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Norie Kanzaki, Hiroshi Tanaka, Takahiro Kataoka, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Radiation Research   62 ( 4 )   634 - 644   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>Abstract</title>
    It is held that the skin dose from radon progeny is not negligibly small and that introducing cancer is a possible consequence under normal circumstances as there are a number of uncertainties in terms of related parameters such as activity concentrations in air and water, target cells in skin, skin covering materials, and deposition velocities. An interesting proposal has emerged in that skin exposure to natural radon-rich thermal water as part of balneotherapy can produce an immune response to induce beneficial health effects. The goal of this study was to obtain generic dose coefficients with a focus on the radon progeny deposited on the skin in air or water in relation to risk or treatment assessments. We thus first estimated the skin deposition velocities of radon progeny in air and thermal water based on data from the latest human studies. Skin dosimetry was then performed under different assumptions regarding alpha-emitting source position and target cell (i.e. basal cells or Langerhans cells). Furthermore, the impact of the radon progeny deposition on effective doses from all exposure pathways relating to ‘radon exposure’ was assessed using various possible scenarios. It was found that in both exposure media, effective doses from radon progeny inhalation are one to four orders of magnitude higher than those from the other pathways. In addition, absorbed doses on the skin can be the highest among all pathways when the radon activity concentrations in water are two or more orders of magnitude higher than those in air.

    DOI: 10.1093/jrr/rrab030

    PubMed

    researchmap

  • The Effects of Low-Dose-Rate γ-irradiation on Forced Swim Test-Induced Immobility and Oxidative Stress in Mice

    Tetsuya Nakada, Takahiro Kataoka, Takaharu Nomura, Hina Shuto, Junki Yano, Shota Naoe, Katsumi Hanamoto, Kiyonori Yamaoka

    Acta Medica Okayama   75 ( 2 )   169 - 175   2021年4月

     詳細を見る

  • Evaluation of the redox state in mouse organs following radon inhalation

    Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hina Shuto, Junki Yano, Shota Naoe, Hiroshi Tanaka, Katsumi Hanamoto, Hiroaki Terato, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Radiation Research   62 ( 2 )   206 - 216   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>Abstract</title>
    Radon inhalation activates antioxidative functions in mouse organs, thereby contributing to inhibition of oxidative stress-induced damage. However, the specific redox state of each organ after radon inhalation has not been reported. Therefore, in this study, we evaluated the redox state of various organs in mice following radon inhalation at concentrations of 2 or 20 kBq/m3 for 1, 3 or 10 days. Scatter plots were used to evaluate the relationship between antioxidative function and oxidative stress by principal component analysis (PCA) of data from control mice subjected to sham inhalation. The results of principal component (PC) 1 showed that the liver and kidney had high antioxidant capacity; the results of PC2 showed that the brain, pancreas and stomach had low antioxidant capacities and low lipid peroxide (LPO) content, whereas the lungs, heart, small intestine and large intestine had high LPO content but low antioxidant capacities. Furthermore, using the PCA of each obtained cluster, we observed altered correlation coefficients related to glutathione, hydrogen peroxide and LPO for all groups following radon inhalation. Correlation coefficients related to superoxide dismutase in organs with a low antioxidant capacity were also changed. These findings suggested that radon inhalation could alter the redox state in organs; however, its characteristics were dependent on the total antioxidant capacity of the organs as well as the radon concentration and inhalation time. The insights obtained from this study could be useful for developing therapeutic strategies targeting individual organs.

    DOI: 10.1093/jrr/rraa129

    researchmap

  • Comparison of antioxidative effects between radon and thoron inhalation in mouse organs 国際誌

    Yusuke Kobashi, Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Tsuyoshi Ishida, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Yuu Ishimori, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Radiation and Environmental Biophysics   59 ( 3 )   473 - 482   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Radon therapy has been traditionally performed globally for oxidative stress-related diseases. Many researchers have studied the beneficial effects of radon exposure in living organisms. However, the effects of thoron, a radioisotope of radon, have not been fully examined. In this study, we aimed to compare the biological effects of radon and thoron inhalation on mouse organs with a focus on oxidative stress. Male BALB/c mice were randomly divided into 15 groups: sham inhalation, radon inhalation at a dose of 500 Bq/m3 or 2000 Bq/m3, and thoron inhalation at a dose of 500 Bq/m3 or 2000 Bq/m3 were carried out. Immediately after inhalation, mouse tissues were excised for biochemical assays. The results showed a significant increase in superoxide dismutase and total glutathione, and a significant decrease in lipid peroxide following thoron inhalation under several conditions. Additionally, similar effects were observed for different doses and inhalation times between radon and thoron. Our results suggest that thoron inhalation also exerts antioxidative effects against oxidative stress in organs. However, the inhalation conditions should be carefully analyzed because of the differences in physical characteristics between radon and thoron.

    DOI: 10.1007/s00411-020-00843-0

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00411-020-00843-0/fulltext.html

  • X-Irradiation at 0.5 Gy after the forced swim test reduces forced swimming-induced immobility in mice

    Takahiro Kataoka, Hina Shuto, Junki Yano, Shota Naoe, Tsuyoshi Ishida, Tetsuya Nakada, Keiko Yamato, Katsumi Hanamoto, Takaharu Nomura, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Radiation Research   61 ( 4 )   517 - 523   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>Abstract</title>
    The forced swim test (FST) is a screening model for antidepressant activity; it causes immobility and induces oxidative stress. We previously reported that radon inhalation has antidepressant-like effects in mice potentially through the activation of antioxidative functions upon radon inhalation. This study aimed to investigate the effect of prior and post low-dose X-irradiation (0.1, 0.5, 1.0 and 2.0 Gy) on FST-induced immobility and oxidative stress in the mouse brain, and the differences, if any, between the two. Mice received X-irradiation before or after the FST repeatedly for 5 days. In the post-FST-irradiated group, an additional FST was conducted 4 h after the last irradiation. Consequently, animals receiving prior X-irradiation (0.1 Gy) had better mobility outcomes than sham-irradiated mice; however, their levels of lipid peroxide (LPO), an oxidative stress marker, remained unchanged. However, animals that received post-FST X-irradiation (0.5 Gy) had better mobility outcomes and their LPO levels were significantly lower than those of the sham-irradiated mice. The present results indicate that 0.5 Gy X-irradiation after FST inhibits FST-induced immobility and oxidative stress in mice.

    DOI: 10.1093/jrr/rraa022

    researchmap

  • Basic study on enhancement of antioxidant function by Low-dose irradiation in mouse brain and its combined effect with ascorbic acid 査読

    Takahiro Kataoka, Yuto Yunoki, Norie Kanzaki, Kaori Sasaoka, Yusuke Kobashi, Tsuyoshi Ishida, Katsumi Hanamoto, Kiyonori Yamaoka

    Radioisotopes   69   45 - 53   2020年

     詳細を見る

  • Reduction of radiation exposure in patients and cardiologists using a noise reduction technique in cardiac catheterization and percutaneous coronary intervention

    Masayuki Kumashiro, Takahiro Kataoka, Shinobu Yokota, Shinobu Nakagawa, Fumiaki Kiyokawa, Hideki Mitsui, Shinji Osumi, Kiyonori Yamaoka

    Journal of JART   66   45 - 57   2019年

     詳細を見る

  • Comparative Effects of Radon Inhalation According to Mouse Strain and Cisplatin Dose in a Cisplatin-induced Renal Damage Model

    Sasaoka, Kaori, Kataoka, Takahiro, Kanzaki, Norie, Kobashi, Yusuke, Sakoda, Akihiro, Ishimori, Yuu, Yamaoka, Kiyonori

    PAKISTAN JOURNAL OF ZOOLOGY   50 ( 3 )   1157 - 1170   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC PAKISTAN  

    Cisplatin (CDDP) is widely used for treating solid cancers; however, it induces nephrotoxicity caused by oxidative stress. Here, we investigated whether radon inhalation has different effects against CDDP-induced renal injury in two mouse strains differing in radiosensitivity, and determined the appropriate dose of CDDP combined with radon inhalation for highly radiosensitive mice. CDDP was administered at 20 mg/kg weight to C57BL/6J and BALB/c mice after radon inhalation at 1000 Bq/m(3) and 2000 Bq/m(3) for 24 h. Radon inhalation had a slight positive effect against CDDP toxicity in C57BL/6J mice with respect to improved hair condition, whereas radon inhalation exacerbated CDDP-induced toxicity in BALB/c mice, such as a decrease in hair condition, higher creatinine levels, and decreased antioxidant contents (catalase and glutathione). When BALB/c mice were treated with a lower dose of CDDP (15 mg/kg) after 1000 Bq/m(3) radon inhalation, the creatinine level was reduced and the superoxide dismutase content was increased, suggesting that this combination might have a protective effect against the CDDP-induced renal damage. The supportive effect of radon inhalation shows its good potential as a candidate treatment to alleviate CDDP-induced renal damage in veterinary medicine.

    DOI: 10.17582/journal.pjz/2018.50.3.1157.1170

    Web of Science

    researchmap

  • Pressure dependence of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal over a wide range of pressure

    Katsumi Hanamoto, Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka

    Applied Radiation and Isotopes   135   40 - 42   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    The energy spectra of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal have been measured at the pressures of 8 × 10−4−4 Pa. The energy spectra showed that the endpoint energy steadily increased with decrease of pressure at 2–4 Pa and gradually decreased with decrease of pressure at 0.1–2 Pa, and became almost constant below 0.1 Pa. The amount of X-rays steadily increased with decrease of pressure at 2–4 Pa and almost saturated below 0.5 Pa. The change of X-rays produced by the LiTaO3 single crystal was compared with the previous works and discussed in relation to the distance between the crystal surface and the target.

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2018.01.019

    Scopus

    researchmap

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進と抗酸化ビタミン摂取との複合効果に関する研究動向 査読

    片岡隆浩, 山岡聖典

    放射線生物研究   53 ( 3 )   211 - 222   2018年

     詳細を見る

  • 心臓カテーテル検査およびPCIにおける雑音低減技術を用いた患者と術者の被ばく低減効果

    熊代正行, 片岡隆浩, 横田忍, 中川忍, 清川文秋, 光井英樹, 大角真司, 山岡聖典

    日本診療放射線技師会誌   65 ( 5 )   31 - 40   2018年

     詳細を見る

  • Knowledge discovery of suppressive effect of disease and increased anti-oxidative function by low-dose radiation using self-organizing map

    Norie Kanzaki, Takahiro Kataoka, Yusuke Kobashi, Yuto Yunoki, Tsuyoshi Ishida, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Kiyonori Yamaoka

    RADIOISOTOPES   67 ( 2 )   43 - 57   2018年

  • Image quality of the coronary angiography with noise reduction technology to decrease the radiation dose

    Masayuki Kumashiro, Takahiro Kataoka, Shinobu Yokota, Shinobu Nakagawa, Keisuke Otsuki, Nobuyuki Miyake, Shinji Osumi, Kiyonori Yamaoka

    Acta Medica Okayama   72 ( 2 )   153 - 164   2018年

     詳細を見る

  • Radon inhalation induces manganese-superoxide dismutase in mouse brain via nuclear factor-κB activation

    Takahiro Kataoka, Reo Etani, Norie Kanzaki, Yusuke Kobashi, Yuto Yunoki, Tsuyoshi Ishida, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Kiyonori Yamaoka

    Journal of Radiation Research   58 ( 6 )   887 - 893   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rrx048

    Scopus

    researchmap

  • Protective effects of hot spring water drinking and radon inhalation on ethanol-induced gastric mucosal injury in mice

    Reo Etani, Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Yuu Ishimori, Fumihiro Mitsunobu, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   58 ( 5 )   614 - 625   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Radon therapy using radon (Rn-222) gas is classified into two types of treatment: inhalation of radon gas and drinking water containing radon. Although short- or long-term intake of spa water is effective in increasing gastric mucosal blood flow, and spa water therapy is useful for treating chronic gastritis and gastric ulcer, the underlying mechanisms for and precise effects of radon protection against mucosal injury are unclear. In the present study, we examined the protective effects of hot spring water drinking and radon inhalation on ethanol-induced gastric mucosal injury in mice. Mice inhaled radon at a concentration of 2000 Bq/m(3) for 24 h or were provided with hot spring water for 2 weeks. The activity density of Rn-222 ranged from 663 Bq/l (start point of supplying) to 100 Bq/l (end point of supplying). Mice were then orally administered ethanol at three concentrations. The ulcer index (UI), an indicator of mucosal injury, increased in response to the administration of ethanol; however, treatment with either radon inhalation or hot spring water inhibited the elevation in the UI due to ethanol. Although no significant differences in antioxidative enzymes were observed between the radon-treated groups and the non-treated control groups, lipid peroxide levels were significantly lower in the stomachs of mice pre-treated with radon or hot spring water. These results suggest that hot spring water drinking and radon inhalation inhibit ethanol-induced gastric mucosal injury.

    DOI: 10.1093/jrr/rrx021

    Web of Science

    researchmap

  • Measurements of radon activity concentration in mouse tissues and organs

    Yuu Ishimori, Hiroshi Tanaka, Akihiro Sakoda, Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka, Fumihiro Mitsunobu

    RADIATION AND ENVIRONMENTAL BIOPHYSICS   56 ( 2 )   161 - 165   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The purpose of this study is to investigate the biokinetics of inhaled radon, radon activity concentrations in mouse tissues and organs were determined after mice had been exposed to about 1 MBq/m(3) of radon in air. Radon activity concentrations in mouse blood and in other tissues and organs were measured with a liquid scintillation counter and with a well-type HP Ge detector, respectively. Radon activity concentration in mouse blood was 0.410 +/- 0.016 Bq/g when saturated with 1 MBq/m(3) of radon activity concentration in air. In addition, average partition coefficients obtained were 0.74 +/- 0.19 for liver, 0.46 +/- 0.13 for muscle, 9.09 +/- 0.49 for adipose tissue, and 0.22 +/- 0.04 for other organs. With these results, a value of 0.414 for the blood-to-air partition coefficient was calculated by means of our physiologically based pharmacokinetic model. The time variation of radon activity concentration in mouse blood during exposure to radon was also calculated. All results are compared in detail with those found in the literature.

    DOI: 10.1007/s00411-017-0682-9

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of liver damage from radon, X-ray, or alcohol treatments in mice using a self-organizing map

    Norie Kanzaki, Takahiro Kataoka, Reo Etani, Kaori Sasaoka, Akihiro Kanagawa, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   58 ( 1 )   33 - 40   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    In our previous studies, we found that low-dose radiation inhibits oxidative stress-induced diseases due to increased antioxidants. Although these effects of low-dose radiation were demonstrated, further research was needed to clarify the effects. However, the analysis of oxidative stress is challenging, especially that of low levels of oxidative stress, because antioxidative substances are intricately involved. Thus, we proposed an approach for analysing oxidative liver damage via use of a self-organizing map (SOM)-a novel and comprehensive technique for evaluating hepatic and antioxidative function. Mice were treated with radon inhalation, irradiated with X-rays, or subjected to intraperitoneal injection of alcohol. We evaluated the oxidative damage levels in the liver from the SOM results for hepatic function and antioxidative substances. The results showed that the effects of low-dose irradiation (radon inhalation at a concentration of up to 2000 Bq/m(3), or X-irradiation at a dose of up to 2.0 Gy) were comparable with the effect of alcohol administration at 0.5 g/kg bodyweight. Analysis using the SOM to discriminate small changes was made possible by its ability to 'learn' to adapt to unexpected changes. Moreover, when using a spherical SOM, the method comprehensively examined liver damage by radon, X-ray, and alcohol. We found that the types of liver damage caused by radon, X-rays, and alcohol have different characteristics. Therefore, our approaches would be useful as a method for evaluating oxidative liver damage caused by radon, X-rays and alcohol.

    DOI: 10.1093/jrr/rrw083

    Web of Science

    researchmap

  • Pressure dependence of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal at the pressures of 1-20 Pa

    Katsumi Hanamoto, Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka

    APPLIED RADIATION AND ISOTOPES   116   134 - 137   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The energy spectra of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal have been measured at pressures of 1-20 Pa. The energy spectra showed that the endpoint energy and the amount of X-rays gradually increased with the decrease of pressure at 5-8 Pa and abruptly increased around 4 Pa and below. A maximum endpoint energy of 70 keV was obtained using the LiTaO3 single crystal with 5 mm thickness at a pressure of 3 Pa. The change of X-rays produced by the LiTaO(3)single crystal was discussed in relation to the breakdown potential at the pressures. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2016.08.003

    Web of Science

    researchmap

  • Difference in the action mechanism of radon inhalation and radon hot spring water drinking in suppression of hyperuricemia in mice

    Reo Etani, Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Yuu Ishimori, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   57 ( 3 )   250 - 257   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Although radon therapy is indicated for hyperuricemia, the underlying mechanisms of action have not yet been elucidated in detail. Therefore, we herein examined the inhibitory effects of radon inhalation and hot spring water drinking on potassium oxonate (PO)-induced hyperuricemia in mice. Mice inhaled radon at a concentration of 2000 Bq/m(3) for 24 h or were given hot spring water for 2 weeks. Mice were then administrated PO at a dose of 500 mg/kg. The results obtained showed that serum uric acid levels were significantly increased by the administration of PO. Radon inhalation or hot spring water drinking significantly inhibited elevations in serum uric acid levels through the suppression of xanthine oxidase activity in the liver. Radon inhalation activated anti-oxidative functions in the liver and kidney. These results suggest that radon inhalation inhibits PO-induced hyperuricemia by activating anti-oxidative functions, while hot spring water drinking may suppress PO-induced elevations in serum uric acid levels through the pharmacological effects of the chemical compositions dissolved in it.

    DOI: 10.1093/jrr/rrw014

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluating the protective effects of radon inhalation or ascorbic acid treatment after transient global cerebral ischemic injury in gerbils

    Takahiro Kataoka, Reo Etani, Norie Kanzaki, Kaori Sasaoka, Yusuke Kobashi, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   53 ( 11 )   1681 - 1685   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    In this study, we compared the protective effects of radon inhalation and ascorbic acid administration on transient global cerebral ischemic injury in gerbils. Gerbils were treated with radon inhalation (2000 Bq/m(3), 24 hours) or ascorbic acid (100, 300, or 500mg/kg body weight). Then, transient global cerebral ischemia was induced by bilateral occlusion of the common carotid artery. Results showed that the number of damaged neurons was significantly increased in gerbils that underwent ischemia compared with that in control gerbils. However, the number of damaged neurons in gerbils treated with radon or 500mg/kg of ascorbic acid before ischemia was significantly lower than gerbils who were subjected to ischemia without any pretreatment, and the protective effects of radon inhalation were similar to the effects of administering 500mg/kg ascorbic acid. The levels of superoxide dismutase (SOD) and total glutathione (t-GSH) in brain tissue were increased to a similar extent by pretreatment with radon inhalation or 500mg/kg of ascorbic acid. These findings suggested that radon inhalation has a protective antioxidative effect against transient global cerebral ischemic injury similar to 500mg/kg ascorbic acid treatment.

    DOI: 10.1080/00223131.2016.1198731

    Web of Science

    researchmap

  • Activation of Antioxidative Functions by Radon Inhalation Enhances the Mitigation Effects of Pregabalin on Chronic Constriction Injury-Induced Neuropathic Pain in Mice

    Takahiro Kataoka, Shunsuke Horie, Reo Etani, Norie Kanzaki, Kaori Sasaoka, Yusuke Kobashi, Katsumi Hanamoto, Kiyonori Yamaoka

    OXIDATIVE MEDICINE AND CELLULAR LONGEVITY   2016   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI LTD  

    Radon inhalation brings pain relief for chronic constriction injury- (CCI-) induced neuropathic pain in mice due to the activation of antioxidative functions, which is different from the mechanism of the pregabalin effect. In this study, we assessed whether a combination of radon inhalation and pregabalin administration is more effective against neuropathic pain than radon or pregabalin only. Mice were treated with inhaled radon at a concentration of 1,000 Bq/m(3) for 24 hours and pregabalin administration after CCI surgery. In mice treated with pregabalin at a dose of 3 mg/kg weight, the 50% paw withdrawal threshold of mice treated with pregabalin or radon and pregabalin was significantly increased, suggesting pain relief. The therapeutic effects of radon inhalation or the combined effects of radon and pregabalin (3 mg/kg weight) were almost equivalent to treatment with pregabalin at a dose of 1.4 mg/kg weight or 4.1 mg/kg weight, respectively. Radon inhalation and the combination of radon and pregabalin increased antioxidant associated substances in the paw. The antioxidant substances increased much more in radon inhalation than in pregabalin administration. These findings suggested that the activation of antioxidative functions by radon inhalation enhances the pain relief of pregabalin and that this combined effect is probably an additive effect.

    DOI: 10.1155/2016/9853692

    Web of Science

    researchmap

  • Radon inhalation suppresses nephropathy in streptozotocin-induced type-1 diabetic mice

    Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Keiko Yamato, Reo Etani, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   53 ( 6 )   909 - 915   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    In this study, we investigated the suppressive effects of radon inhalation against nephropathy in C57BL/6J mice with type-1 diabetes induced by intraperitoneal injection of streptozotocin (50 mg/kg weight, given five times). Four weeks after diabetes induction, the diabetic mice were continuously treated with inhaled radon-222 of 2000 Bq/m(3) or air only (sham) for four weeks. The results showed that radon inhalation did not affect type-1 diabetic symptoms such as body weight loss, hyperglycemia, and hypoinsulinemia. However, diabetic mice treated with radon showed lower urinary albumin excretion and fibrotic change in renal glomeruli compared with diabetic mice not treated with radon. Furthermore, renal superoxide dismutase activity and glutathione content were significantly higher in diabetic mice treated with radon than in diabetic mice not treated with radon. These findings suggested that radon inhalation enhanced renal antioxidants activities, resulting in the suppression of diabetic nephropathy. This study may contribute to the development of a novel approach in the treatment of nephropathy for diabetic patients.

    DOI: 10.1080/00223131.2015.1078751

    Web of Science

    researchmap

  • Study on Antidepressant-Like Effects of Radon Inhalation on Forced Swim Induced Depression in Mice

    Keiko Yamato, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Yuji Takata, Reo Etani, Kiyonori Yamaoka

    RADIOISOTOPES   65 ( 12 )   493 - 506   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.65.493

    researchmap

  • Combined effects of radon inhalation and antioxidant vitamin administration on acute alcohol-induced hepatopathy in mice

    Reo Etani, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Yuji Takata, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   52 ( 12 )   1512 - 1518   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    It has been reported that radon inhalation activates antioxidative functions in liver and has an antioxidative effect against hepatopathy similar to that of the antioxidative effects of ascorbic acid (VC) or -tocopherol (VE). In this study, we examined the combined effects of radon inhalation and antioxidant vitamin administration on acute alcohol-induced hepatopathy in mice. ICR mice were subjected to intraperitoneal (i.p.) administration of alcohol after pretreating with air only (sham) or radon at a concentration of approximately 2000 Bq/m(3) for 24 hours and i.p. administration of VC (300 mg/kg body weight) or VE (300 mg/kg body weight). In mice injected with alcohol, the combined radon and antioxidant vitamins treatment significantly decreased the activities of glutamic oxaloacetic transaminase in serum compared to not only the alcohol-administered group (sham group), but also the radon inhalation with alcohol administration group or the vitamin and alcohol administration group. In addition, radon inhalation significantly increased the antioxidant level, in such as the catalase activity and the total glutathione content in liver compared to the sham group. These results suggested that the combined radon and antioxidant vitamin treatment could effectively inhibit alcohol-induced hepatopathy in mice without any antagonizing action.

    DOI: 10.1080/00223131.2015.1014875

    Web of Science

    researchmap

  • Recent Studies on Anti-inflammatory Effects of Radon Inhalation in Mice

    Norie Kanzaki, Takahiro Kataoka, Reo Etani, Kiyonori Yamaoka

    Inflammation & Cell Signaling   1 ( 6 )   1 - 5   2015年

     詳細を見る

  • 三朝ラドン温泉の健康効果に関する最近の研究動向

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 恵谷玲央, 石森 有, 光延文裕, 山岡聖典

    温泉科学   64 ( 4 )   380 - 387   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本温泉科学会  

    岡山大学病院三朝医療センターではラドン温泉を活用したラドン療法が実施されており、適応症として例えば変性性関節症に伴う疼痛がある。臨床試験による実証報告例は多くあるものの、なぜ有効であるかのメカニズムの解明に関する研究報告例は少ない。本稿では、放射能効果の観点から近年得られた筆者らのラドン健康効果の研究成果を中心に概説した。すなわち、小動物用ラドン吸入装置を開発し、三朝医療センターに隣接した三朝ラドン効果研究施設内に設置した。これを用い、例えば、マウス諸臓器中の抗酸化酵素活性のラドン濃度・吸入時間の依存性について検討した。その結果、多くの臓器でsuperoxide dismutase(SOD)活性が増加したことから、ラドン吸入は抗酸化機能を亢進させることがわかった。また、streptozotocin(STZ)誘導マウスI型糖尿病の症状緩和について検討した。その結果、ラドン吸入による膵臓中の抗酸化機能の亢進に伴い膵島の酸化ストレスが緩和されることでインスリンの分泌機能の低下が抑制され、I型糖尿病が緩和することもわかった。以上の所見などから、ラドン吸入は抗酸化機能などを亢進させ活性酸素由来の疾患の症状を緩和するメカニズムの一端が明らかにできた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00191&link_issn=&doc_id=20150513080001&doc_link_id=%2Ffd5onsen%2F2015%2F006404%2F003%2F0380-0387%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffd5onsen%2F2015%2F006404%2F003%2F0380-0387%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Radon Inhalation Protects Against Transient Global Cerebral Ischemic Injury in Gerbils

    Takahiro Kataoka, Reo Etani, Yuji Takata, Yuichi Nishiyama, Atsushi Kawabe, Masayuki Kumashiro, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    INFLAMMATION   37 ( 5 )   1675 - 1682   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

    Although brain disorders are not the main indication for radon therapy, our previous study suggested that radon inhalation therapy might mitigate brain disorders. In this study, we assessed whether radon inhalation protects against transient global cerebral ischemic injury in gerbils. Gerbils were treated with inhaled radon at a concentration of 2,000 Bq/m(3) for 24 h. After radon inhalation, transient global cerebral ischemia was induced by bilateral occlusion of the common carotid artery. Results showed that transient global cerebral ischemia induced neuronal damage in hippocampal CA1, and the number of damaged neurons was significantly increased compared with control. However, radon treatment inhibited ischemic damage. Superoxide dismutase (SOD) activity in the radon-treated gerbil brain was significantly higher than that in sham-operated gerbils. These findings suggested that radon inhalation activates antioxidative function, especially SOD, thereby inhibiting transient global cerebral ischemic injury in gerbils.

    DOI: 10.1007/s10753-014-9896-z

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of cream containing ultralow volume radionuclides on carrageenan-induced inflammatory paw edema in mice

    Takahiro Kataoka, Yuji Takata, Reo Etani, Yuichi Nishiyama, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    Biochemistry & Physiology   3 ( 2 )   1 - 5   2014年

     詳細を見る

  • Absorbed doses of lungs from radon retained in airway lumens of mice and rats

    Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Kiyonori Yamaoka, Takahiro Kataoka, Fumihiro Mitsunobu

    RADIATION AND ENVIRONMENTAL BIOPHYSICS   52 ( 3 )   389 - 395   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    This paper provides absorbed doses arising from radon gas in air retained in lung airway lumens. Because radon gas exposure experiments often use small animals, the calculation was performed for mice and rats. For reference, the corresponding computations were also done for humans. Assuming that radon concentration in airway lumens is the same as that in the environment, its progeny's production in and clearance from airways were simulated. Absorbed dose rates were obtained for three lung regions and the whole lung, considering that secretory and basal cells are sensitive to radiation. The results showed that absorbed dose rates for all lung regions and whole lung generally increase from mice to rats to humans. For example, the dose rates for the whole lung were 25.4 in mice, 41.7 in rats, and 59.9 pGy (Bq m(-3))(-1) h(-1) in humans. Furthermore, these values were also compared with lung dose rates from two other types of exposures, that is, due to inhalation of radon or its progeny, which were already reported. It was confirmed that the direct inhalation of radon progeny in the natural environment, which is known as a cause of lung cancer, results in the highest dose rates for all species. Based on the present calculations, absorbed dose rates of the whole lung from radon gas were lower by a factor of about 550 (mice), 200 (rats), or 70 (humans) than those from radon progeny inhalation. The calculated dose rate values are comparatively small. Nevertheless, the present study is considered to contribute to our understanding of doses from inhalation of radon and its progeny.

    DOI: 10.1007/s00411-013-0478-5

    Web of Science

    researchmap

  • Preventive and curative effects of radon inhalation on chronic constriction injury-induced neuropathic pain in mice

    K. Yamato, T. Kataoka, Y. Nishiyama, T. Taguchi, K. Yamaoka

    EUROPEAN JOURNAL OF PAIN   17 ( 4 )   480 - 492   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Background Radon therapy is clinically useful for the treatment of pain-related diseases. However, there have been no studies regarding the effects of radon inhalation on neuropathic pain. In this study, we aimed to determine whether radon inhalation actually induced a remission of neuropathic pain and improved the quality of life. Methods First, we investigated the antinociceptive effects of radon inhalation in the chronic constriction injury (CCI) model of neuropathic pain. We evaluated pain behaviour in mice before and after CCI surgery, using von Frey test. Pretreated mice received CCI surgery immediately after 24-h inhalation of radon at background (BG) concentration (c. 19Bq/m3), or at a concentration of 1000 or 2000Bq/m3, and post-treated mice inhaled similar levels of radon 2 days after CCI surgery. Results CCI surgery induced mechanical allodynia and hyperalgesia on a plantar surface of mice, as assessed using von Frey test, and 2000Bq/m3 radon inhalation alleviated hyperalgesic conditions 2237% compared to BG level concentration. Concurrently, CCI surgery increased norepinephrine (NE), tumour necrosis factor-alpha (TNF-) and nitric oxide (NO) concentrations in plasma, and leukocyte migration in paws. Furthermore, CCI-induced neuropathy reduced superoxide dismutase (SOD) activity. Treatment with radon inhalation, specifically at a concentration of 2000Bq/m3, produced antinociceptive effects, i.e., lowered plasma TNF-, NE and NO levels and restored SOD activity, as well as pain-related behaviour. Conclusions This study showed that inhalation of 2000Bq/m3 radon prevented and alleviated CCI-induced neuropathic pain in mice.

    DOI: 10.1002/j.1532-2149.2012.00210.x

    Web of Science

    researchmap

  • Antinociceptive Effects of Radon Inhalation on Formalin-Induced Inflammatory Pain in Mice

    Keiko Yamato, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    INFLAMMATION   36 ( 2 )   355 - 363   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

    Radon therapy is clinically useful for the treatment of inflammatory diseases. The mechanisms of pain relief remain to be fully elucidated. In this study, we investigated the antinociceptive effects of radon inhalation in a mouse model of formalin-induced inflammatory pain. Immediately, after radon inhalation at a concentration of background level (ca. 19 Bq/m(3)), 1,000 or 2,000 Bq/m(3) for 24 h, 1.35 % formalin (0.5 % formaldehyde in saline, 20 mu l) was subcutaneously injected into the hind paw of mice, and we measured licking response time. Radon inhalation inhibited the second phase of response in formalin test. Formalin administration induced nociception and increased tumor necrosis factor alpha (TNF-alpha) and nitric oxide (NO) levels in serum and leukocyte migration in paws. Concurrently, formalin injection decreased antioxidative functions. Radon inhalation produced antinociceptive effects, i.e., lowered serum TNF-alpha and NO levels, and restored antioxidative functions. The results showed that radon inhalation inhibited formalin-induced inflammatory pain.

    DOI: 10.1007/s10753-012-9554-2

    Web of Science

    researchmap

  • Suppression of streptozotocin-induced type-1 diabetes in mice by radon inhalation

    Y. Nishiyama, T. Kataoka, J. Teraoka, A. Sakoda, H. Tanaka, Y. Ishimori, F. Mitsunobu, T. Taguchi, K. Yamaoka

    Physiological Research   62 ( 1 )   57 - 66   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We examined the protective effect of radon inhalation on streptozotocin (STZ)-induced type-1 diabetes in mice. Mice inhaled radon at concentrations of 1000, 2500, and 5500 Bq/m3 for 24 hours before STZ administration. STZ administration induced characteristics of type-1 diabetes such as hyperglycemia and hypoinsulinemia
    however, radon inhalation at doses of 1000 and 5500 Bq/m3 significantly suppressed the elevation of blood glucose in diabetic mice. Serum insulin was significantly higher in mice pre-treated with radon at a dose of 1000 Bq/m3 than in mice treated with a sham. In addition, superoxide dismutase activities and total glutathione contents were significantly higher and lipid peroxide was significantly lower in mice pre-treated with radon at doses of 1000 and 5500 Bq/m3 than in mice treated with a sham. These results were consistent with the result that radon inhalation at 1000 and 5500 Bq/m3 suppressed hyperglycemia. These findings suggested that radon inhalation suppressed STZ-induced type-1 diabetes through the enhancement of antioxidative functions in the pancreas. © 2013 Institute of Physiology v.v.i., Academy of Sciences of the Czech Republic, Prague, Czech Republic.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Study of Antioxidative Effects and Anti-inflammatory Effects in Mice due to Low-dose X-irradiation or Radon Inhalation

    Journal of Radiation Research   54 ( 4 )   587 - 596   2013年

     詳細を見る

  • ラドンの健康影響に関する一考察 ラドン療法の効果と機構に関する最近の研究動向

    西山祐一, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本原子力学会和文論文誌   12 ( 4 )   267 - 276   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3327/taesj.J13.004

    Scopus

    researchmap

  • ラドン療法に関する最近の研究動向-鎮痛効果に着目して-

    大和恵子, 片岡隆浩, 西山祐一, 山岡聖典

    放射線生物研究   48 ( 1 )   66 - 81   2013年

     詳細を見る

  • Comparative study on the inhibitory effects of antioxidant vitamins and radon on carbon tetrachloride-induced hepatopathy

    Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Junichi Teraoka, Yuji Morii, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   53 ( 6 )   830 - 839   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    We have previously reported that radon inhalation activates anti-oxidative functions and inhibits carbon tetrachloride (CCl4)-induced hepatopathy. It has also been reported that antioxidant vitamins can inhibit CCl4-induced hepatopathy. In the current study, we examined the comparative efficacy of treatment with radon, ascorbic acid and alpha-tocopherol on CCl4-induced hepatopathy. Mice were subjected to intraperitoneal injection of CCl4 after inhaling approximately 1000 or 2000 Bq/m(3) radon for 24 h, or immediately after intraperitoneal injection of ascorbic acid (100, 300, or 500 mg/kg bodyweight) or alpha-tocopherol (100, 300, or 500 mg/kg bodyweight). We estimated the inhibitory effects on CCl4-induced hepatopathy based on hepatic function-associated parameters, oxidative damage-associated parameters and histological changes. The results revealed that the therapeutic effects of radon inhalation were almost equivalent to treatment with ascorbic acid at a dose of 500 mg/kg or alpha-tocopherol at a dose of 300 mg/kg. The activities of superoxide dismutase, catalase, and glutathione peroxidase in the liver were significantly higher in mice exposed to radon than in mice treated with CCl4 alone. These findings suggest that radon inhalation has an anti-oxidative effect against CCl4-induced hepatopathy similar to the anti-oxidative effects of ascorbic acid or alpha-tocopherol due to the induction of anti-oxidative functions.

    DOI: 10.1093/jrr/rrs057

    Web of Science

    researchmap

  • Lung dosimetry of inhaled radon progeny in mice

    Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Kosuke Fukao, Kiyonori Yamaoka, Takahiro Kataoka, Fumihiro Mitsunobu

    RADIATION AND ENVIRONMENTAL BIOPHYSICS   51 ( 4 )   425 - 442   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Biological response of exposure to radon progeny has long been investigated, but there are only few studies in which absorbed doses in lungs of laboratory animals were estimated. The present study is the first attempt to calculate the doses of inhaled radon progeny for mice. For reference, the doses for rats and humans were also computed with the corresponding models. Lung deposition of particles, their clearance, and energy deposition of alpha particles to sensitive tissues were systematically simulated. Absorbed doses to trachea and bronchi, bronchioles and terminal bronchioles, alveolar-interstitial regions, and whole lung were first provided as a function of monodisperse radon progeny particles with an equilibrium equivalent radon concentration of 1 Bq m(-3) (equilibrium factor, 0.4 and unattached fraction, 0.01). Based on the results, absorbed doses were then calculated for (1) a reference mine condition and (2) a condition previously used for animal experiments. It was found that the whole lung doses for mice, rats, and humans were 34.8, 20.7, and 10.7 nGy (Bq m(-3))(-1) h(-1) for the mine condition, respectively, while they were 16.9, 9.9, and 6.5 nGy (Bq m(-3))(-1) h(-1) for the animal experimental condition. In both cases, the values for mice are about 2 times higher than those for rats, and about 3 times higher than those for humans. Comparison of our data on rats and humans with those published in the literature shows an acceptable agreement, suggesting the validity of the present modeling for mice. In the future, a more sophisticated dosimetric study of inhaled radon progeny in mice would be desirable to demonstrate how anatomical, physiological, and environmental parameters can influence absorbed doses.

    DOI: 10.1007/s00411-012-0431-z

    Web of Science

    researchmap

  • Radioactivity of Pb-210 in Japanese cigarettes and radiation dose from smoking inhalation

    A. Sakoda, K. Fukao, A. Kawabe, T. Kataoka, K. Hanamoto, K. Yamaoka

    RADIATION PROTECTION DOSIMETRY   150 ( 1 )   109 - 113   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    It is well known that cigarette tobaccos contain naturally occurring radioactive nuclides such as Pb-210 and Po-210. In many countries, the radioactivity of tobaccos has been measured to estimate the effective dose from smoking inhalation. The present study covered 24 cigarette brands including the top 20 of sales in Japan between April 2008 and March 2009. The activity concentrations of Pb-210 were measured by gamma-ray spectrometry, and then those of its progeny (Po-210) were evaluated assuming the radioactive equilibrium between the two nuclides. Their concentrations were in the range of 214 mBq cigarette(1) with an arithmetic mean of 83 mBq cigarette(1). The annual committed effective doses were also calculated, based on the scenario that a smoker consumes 20 cigarettes a day. The average doses from Pb-210 and Po-210 inhalations were 229 and 6827 Sv y(1), respectively.

    DOI: 10.1093/rpd/ncr364

    Web of Science

    researchmap

  • Protective Effects of Radon Inhalation on Carrageenan-Induced Inflammatory Paw Edema in Mice

    Takahiro Kataoka, Junichi Teraoka, Akihiro Sakoda, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Mayuko Monden, Yuu Ishimori, Takaharu Nomura, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    INFLAMMATION   35 ( 2 )   713 - 722   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

    We assessed whether radon inhalation inhibited carrageenan-induced inflammation in mice. Carrageenan (1% v/v) was injected subcutaneously into paws of mice that had or had not inhaled approximately 2,000 Bq/m(3) of radon for 24 h. Radon inhalation significantly increased superoxide dismutase (SOD) and catalase activities and significantly decreased lipid peroxide levels in mouse paws, indicating that radon inhalation activates antioxidative functions. Carrageenan administration induced paw edema and significantly increased tumor necrosis factor-alpha (TNF-alpha) and nitric oxide in serum. However, radon inhalation significantly reduced carrageenan-induced paw edema. Serum TNF-alpha levels were lower in the radon-treated mice than in sham-treated mice. In addition, SOD and catalase activities in paws were significantly higher in the radon-treated mice than in the sham-treated mice. These findings indicated that radon inhalation had anti-inflammatory effects and inhibited carrageenan-induced inflammatory paw edema.

    DOI: 10.1007/s10753-011-9364-y

    Web of Science

    researchmap

  • Study on effects of thoron and thermal treatment for aging-related diseases in humans

    Y. Aoyama, T. Kataoka, Sh. Nakagawa, A. Sakoda, Y. Ishimori, F. Mitsunobu, K. Yamaoka

    IRANIAN JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   9 ( 4 )   221 - 229   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IJRR-IRANIAN JOURNAL RADIATION RES  

    Background: The aim of this study was to analyze the effects of thoron and thermal treatment for aging-related diseases in humans. Materials and Methods: All subjects inhaled thoron with a high concentration (about 4900 Bq/m(3)) for 2 weeks. Blood pressures were measured and blood samples were collected after each treatment 1, 2 and 3 weeks after the first treatment. Results: The alpha-atrial natriuretic peptide level of the rheumatoid arthritis group was increased and the blood pressure was significantly decreased. Superoxide dismutase activity of rheumatoid arthritis group was significantly increased by treatment. In addition, thoron and thermal treatment significantly enhanced the concanavalin A-induced mitogen response and increased the level of CD4-positive cells; it decreased the level of CD8-positive cells. The results suggest that thoron and thermal treatment activates antioxidative function. Furthermore, these findings suggest that thoron and thermal treatment prevents diabetic ketoacidosis and contributes to the prevention of aging-related diseases. Conclusion: Thoron and thermal therapy may be part of the mechanism for the alleviation of diabetes mellitus and rheumatoid arthritis. Iran. J. Radiat. Res., 2012; 9(4): 221-229

    Web of Science

    researchmap

  • Pressure dependence of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal at low pressures

    Katsumi Hanamoto, Atsushi Kawabe, Akihiro Sakoda, Takahiro Kataoka, Mari Okada, Kiyonori Yamaoka

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   669 ( 21 )   66 - 69   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The energy spectra of X-rays produced by an LiTaO3 single crystal have been measured at pressures of 5-50 Pa. The energy spectra showed that the amount of X-rays increased exponentially and the endpoint energy of the spectra increased linearly with the decrease of pressure at pressures of 10-25 Pa. A maximum endpoint energy of about 22 key was obtained using an LiTaO3 single crystal with 0.5 mm thickness at the pressure of 10 Pa. The maximum energy produced by the present experimental setup was estimated assuming that the LiTaO3 single crystal forms a parallel-plate capacitor. The estimated energy reasonably agreed with the energy obtained. The pressure dependence of the endpoint energy was discussed in relation to the breakdown potential at low pressures. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nima.2011.12.028

    Web of Science

    researchmap

  • Inhibitory Effects of Prior Low-dose X-irradiation on Cold-induced Brain Injury in Mouse

    Masaaki Yoshimoto, Takahiro Kataoka, Teruaki Toyota, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    INFLAMMATION   35 ( 1 )   89 - 97   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

    We examined the inhibitory effects of low-dose X-irradiation on mouse brain tissue with cold-induced injury by comparing tissue samples from three groups of mice: control, sham-irradiated cold-exposed, and X-ray-irradiated (0.5 Gy) cold-exposed mice. The water content in brain increased significantly in the sham-irradiated group following the cold-induced injury relative to the control group. However, water content in brain tissue from the X-ray-irradiated group was significantly lower than that from the sham-irradiated group. Levels of antioxidants, such as superoxide dismutase and glutathione, in brain tissue from the X-ray-irradiated group were higher than those from the sham-irradiated group. Moreover, the cold injury-induced cell death, particularly apoptosis, while low-dose irradiation inhibited cell death, especially among glial cells, but not numeral cells. These findings suggest that prior low-dose X-irradiation activated antioxidant function and inhibited cold-induced brain injury.

    DOI: 10.1007/s10753-011-9293-9

    Web of Science

    researchmap

  • Comparative study on the inhibitory effects of α-tocopherol and radon on carbon tetrachloride-induced renal damage

    Takahiro Kataoka, Keiko Yamato, Yuichi Nishiyama, Yuji Morii, Reo Etani, Yuji Takata, Katsumi Hanamoto, Atsuishi Kawabe, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    Renal Failure   34 ( 9 )   1181 - 1187   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/0886022X.2012.717496

    Web of Science

    researchmap

  • Activation of bio-defense system by low-dose irradiation or radon inhalation and its applicable possibility for treatment of diabetes and hepatopathy

    Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka

    ISRN Endocrinology   2012   1 - 11   2012年

     詳細を見る

  • ラドン吸入がペットの健康改善に及ぼす効果に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 徳永力三, 迫田晃弘, 川辺睦, 花元克巳, 山岡聖典

    RADIOISOTOPES   61 ( 1 )   1 - 8   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.61.1

    researchmap

  • Effects of pre and post radon inhalation on carbon tetrachloride-induced oxidative damage in mouse organs

    Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Junichi Teraoka, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Kiyonori Yamaoka

    RADIOISOTOPES   61 ( 5 )   231 - 241   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.61.231

    researchmap

  • Inhibitory Effects of Pretreatment with Radon on Acute Alcohol-Induced Hepatopathy in Mice

    Teruaki Toyota, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    MEDIATORS OF INFLAMMATION   2012 ( Article ID 382801 )   1 - 10   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI PUBLISHING CORPORATION  

    We previously reported that radon inhalation activates antioxidative functions in the liver and inhibits carbon tetrachloride-induced hepatopathy in mice. In addition, it has been reported that reactive oxygen species contribute to alcohol-induced hepatopathy. In this study, we examined the inhibitory effects of radon inhalation on acute alcohol- induced hepatopathy in mice. C57BL/6J mice were subjected to intraperitoneal injection of 50% alcohol (5 g/kg bodyweight) after inhaling approximately 4000 Bq/m(3) radon for 24 h. Alcohol administration significantly increased the activities of glutamic oxaloacetic transaminase (GOT), glutamic pyruvic transaminase (GPT) in serum, and the levels of triglyceride and lipid peroxide in the liver, suggesting acute alcohol- induced hepatopathy. Radon inhalation activated antioxidative functions in the liver. Furthermore, pretreatment with radon inhibited the depression of hepatic functions and antioxidative functions. These findings suggested that radon inhalation activated antioxidative functions in the liver and inhibited acute alcohol- induced hepatopathy in mice.

    DOI: 10.1155/2012/382801

    Web of Science

    researchmap

  • Suppression of Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis in Mice by Radon Inhalation

    Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Keiko Yamato, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    MEDIATORS OF INFLAMMATION   2012 ( Article ID 239617 )   1 - 11   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI LTD  

    The enhanced release of reactive oxygen species from activated neutrophils plays important role in the pathogenesis of inflammatory bowel disease. We previously reported that radon inhalation activates antioxidative functions in various organs of mice. In this study, we examined the protective effects of radon inhalation on dextran sulfate sodium- (DSS) induced colitis in mice which were subjected to DSS for 7 days. Mice were continuously treated with air only (sham) or radon at a concentration of 2000 Bq/m(3) from a day before DSS administration to the end of colitis induction. In the results, radon inhalation suppressed the elevation of the disease activity index score and histological damage score induced by DSS. Based on the changes in tumor necrosis factor-alpha in plasma and myeloperoxidase activity in the colon, it was shown that radon inhalation suppressed DSS-induced colonic inflammation. Moreover, radon inhalation suppressed lipid peroxidation of the colon induced by DSS. The antioxidant level (superoxide dismutase and total glutathione) in the colon after DSS administration was significantly higher in mice treated with radon than with the sham. These results suggested that radon inhalation suppressed DSS-induced colitis through the enhancement of antioxidative functions in the colon.

    DOI: 10.1155/2012/239617

    Web of Science

    researchmap

  • Radon Inhalation Protects Mice from Carbon-Tetrachloride-Induced Hepatic and Renal Damage

    Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Teruaki Toyota, Masaaki Yoshimoto, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Yutaka Aoyama, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    INFLAMMATION   34 ( 6 )   559 - 567   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

    We assessed whether radon inhalation provided protection from carbon tetrachloride (CCl4)-induced hepatic and renal damage in mice. Mice were subjected to intraperitoneal injection of CCl4 after inhaling approximately 18 kBq/m(3) radon for 6 h. Radon inhalation significantly increased total glutathione (t-GSH) content and glutathione peroxidase (GPx) activity in the liver and kidney. Injection of CCl4 was associated with significantly higher levels of glutamic oxaloacetic transaminase (GOT) and alkaline phosphatase (ALP) activity and creatinine level in serum, and pretreatment with radon significantly decreased the GOT and ALP activity and creatinine level associated with CCl4 injection, suggesting that radon inhalation alleviates CCl4-induced hepatic and renal damage. The t-GSH contents and GPx activity in the liver and kidney of animals pretreated with radon were significantly higher than those of the CCl4-only group. These findings suggested that radon inhalation activated antioxidative functions and inhibited CCl4-induced hepatic and renal damage in mice.

    DOI: 10.1007/s10753-010-9263-7

    Web of Science

    researchmap

  • Study of the Response of Superoxide Dismutase in Mouse Organs to Radon Using a New Large-scale Facility for Exposing Small Animals to Radon

    Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Teruaki Toyota, Yuichi Nishiyama, Hiroshi Tanaka, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   52 ( 6 )   775 - 781   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN RADIATION RESEARCH SOC  

    We examined dose dependent or dose rate dependent changes of superoxide dismutase (SOD) activity using a new large-scale facility for exposing small animals to radon. Mice were exposed to radon at a concentration of 250, 500, 1000, 2000, or 4000 Bq/m(3) for 0.5, 1, 2, 4, or 8 days. When mice were exposed to radon at 2000 day.Bq/m(3), activation of SOD activities in plasma, liver, pancreas, heart, thymus, and kidney showed dose rate effects. Our results also suggested that continuous exposure to radon increased SOD activity, but SOD activity transiently returned to normal levels at around 2 days. Moreover, we classified the organs into four groups (1. plasma, brain, lung; 2. heart, liver, pancreas, small intestine; 3. kidney, thymus; 4. stomach) based on changes in SOD activity. Thymus had the highest responsiveness and stomach had lowest. These data provide useful baseline measurements for future studies on, radon effects.

    DOI: 10.1269/jrr.10072

    Web of Science

    researchmap

  • PERFORMANCE OF THE FIRST JAPANESE LARGE-SCALE FACILITY FOR RADON INHALATION EXPERIMENTS WITH SMALL ANIMALS

    Yuu Ishimori, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka, Hiroshi Tanaka, Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda

    RADIATION PROTECTION DOSIMETRY   146 ( 1-3 )   31 - 33   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    A radon test facility for small animals was developed in order to increase the statistical validity of differences of the biological response in various radon environments. This paper illustrates the performances of that facility, the first large-scale facility of its kind in Japan. The facility has a capability to conduct approximately 150 mouse-scale tests at the same time. The apparatus for exposing small animals to radon has six animal chamber groups with five independent cages each. Different radon concentrations in each animal chamber group are available. Because the first target of this study is to examine the in vivo behaviour of radon and its effects, the major functions to control radon and to eliminate thoron were examined experimentally. Additionally, radon progeny concentrations and their particle size distributions in the cages were also examined experimentally to be considered in future projects.

    DOI: 10.1093/rpd/ncr100

    Web of Science

    researchmap

  • STUDIES ON POSSIBILITY FOR ALLEVIATION OF LIFESTYLE DISEASES BY LOW-DOSE IRRADIATION OR RADON INHALATION

    Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Masaaki Yoshimoto, Shinya Nakagawa, Teruaki Toyota, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Yuu Ishimori, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    RADIATION PROTECTION DOSIMETRY   146 ( 1-3 )   360 - 363   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Our previous studies showed the possibility that activation of the antioxidative function alleviates various oxidative damages, which are related to lifestyle diseases. Results showed that, low-dose X-ray irradiation activated superoxide dismutase and inhibits oedema following ischaemia-reperfusion. To alleviate ischaemia-reperfusion injury with transplantation, the changes of the antioxidative function in liver graft using low-dose X-ray irradiation immediately after exenteration were examined. Results showed that liver grafts activate the antioxidative function as a result of irradiation. In addition, radon inhalation enhances the antioxidative function in some organs, and alleviates alcohol-induced oxidative damage of mouse liver. Moreover, in order to determine the most effective condition of radon inhalation, mice inhaled radon before or after carbon tetrachloride (CCl(4)) administration. Results showed that radon inhalation alleviates CCl(4)-induced hepatopathy, especially prior inhalation. It is highly possible that adequate activation of antioxidative functions induced by low-dose irradiation can contribute to preventing or reducing oxidative damages, which are related to lifestyle diseases.

    DOI: 10.1093/rpd/ncr189

    Web of Science

    researchmap

  • An Assessment of Radioactivity Levels of Pb-210 and K-40 in Tobacco and Radiation Exposure from Smoking

    Tomohiro Nagamatsu, Akihiro Sakoda, Takahiro Kataoka, Toshiro Ono, Kiyonori Yamaoka

    ACTA MEDICA OKAYAMA   65 ( 2 )   91 - 95   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    No research has been conducted on the radiation influence of tobacco on the alimentary system, although there have been some previous works on the respiratory system. In this study, the radioactive concentrations of Pb-210 and K-40 in a cigarette sample were first measured. The transfer factors of the nuclides from tobacco into smoke and solution (saliva and/or alcohol) were then examined. Moreover, the radiation doses from smoke inhalation were also evaluated. The radioactive concentrations of Pb-210 and K-40 in the cigarette tobacco were 0.01 and 0.3 Bq/cigarette. Since this Pb-210 activity and the Po-210 activity previously reported for the same sample were comparable, it can be concluded that there was a radioactive equilibrium between the 2 nuclides. The observed transfer factor of Pb-210 (12%) into smoke was almost the same as that of K-40 (15%), whereas the reported value for Po-210 (60%) was significantly higher. The radiation doses due to inhalation of cigarette smoke varied from organ to organ, depending on the organotropic properties of the nuclide. For example, the kidneys, respiratory tract, and spleen showed relatively high doses from Pb-210 and Po-210. The leaching rates indicated an inconsistent tendency related to solution types. This result could suggest that alcohol drinking, which is common in smokers, does not especially enhance the leaching characteristics.

    DOI: 10.18926/AMO/45267

    Web of Science

    researchmap

  • A comparative study on effect of continuous radon inhalation on several-time acute alcohol-induced oxidative damages of liver and brain in mouse

    Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Masaaki Yoshimoto, Teruaki Toyota, Yuki, Yamamoto, Yuu Ishimori, Katsumi Hanamoto, Atsushi Kawabe, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    Radiation Safety Management   10 ( 1 )   1 - 7   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12950/rsm.10.1

    researchmap

  • Applicability and performance of an imaging plate at subzero temperatures

    Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Katsumi Hanamoto, Atsushi Kawabe, Takahiro Kataoka, Tomohiro Nagamatsu, Kiyonori Yamaoka

    APPLIED RADIATION AND ISOTOPES   68 ( 10 )   2013 - 2015   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The performance of imaging plates (IPs) has not been studied at temperatures lower than 0 degrees C. In the present study, an IP was irradiated with gamma rays emitted from the mineral monazite at temperatures between -80 and 30 degrees C to determine its fundamental properties. The IP response as a function of irradiation time was found to be linear, suggesting that the IP works properly at low temperatures. Fading, an effect which should be considered at temperatures of more than 0 degrees C, was not observed at -30 and 80 degrees C. Furthermore, the fading-corrected PSL value of the IP irradiated at 80 degrees C was lower than at other temperatures (30.5 and -30 degrees C). This can be explained by thermostimulated luminescence (TSL). Since the only intensive TSL peak in the temperature range from -80 to 30 degrees C is present at about -43 degrees C, some of the electrons trapped at F centers recombine with holes through the process of TSL before the stored radiation image is read out at room temperature. This finding suggests that the apparent sensitivity of the IP is lower at -80 degrees C although it is similar to sensitivities between -30 and 30 degrees C. This low sensitivity should be corrected to perform quantitative measurements. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2010.03.020

    Web of Science

    researchmap

  • Physiologically Based Pharmacokinetic Modeling of Inhaled Radon to Calculate Absorbed Doses in Mice, Rats, and Humans

    Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Atsushi Kawabe, Takahiro Kataoka, Katsumi Hanamoto, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   47 ( 8 )   731 - 738   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    This is the first report to provide radiation doses, arising from inhalation of radon itself, in mice and rats. To quantify absorbed doses to organs and tissues in mice, rats, and humans, we computed the behavior of inhaled radon in their bodies on the basis of a physiologically based pharmacokinetic (PBPK) model. It was assumed that radon dissolved in blood entering the gas exchange compartment is transported to any tissue by the blood circulation to be instantaneously distributed according to a tissue/blood partition coefficient. The calculated concentrations of radon in the adipose tissue and red bone marrow following its inhalation were much higher than those in the others, because of the higher partition coefficients. Compared with a previous experimental data for rats and model calculation for humans, the present calculation was proved to be valid. Absorbed dose rates to organs and tissues were estimated to be within the range of 0.04-1.4 nGy (Bq m(-3))(-1) day(-1) for all the species. Although the dose rates are not so high, it may be better to pay attention to the dose to the red bone marrow from the perspective of radiation protection. For more accurate dose assessment, it is necessary to update tissue/blood partition coefficients of radon that strongly govern the result of the PBPK modeling.

    DOI: 10.1080/18811248.2010.9711649

    Web of Science

    researchmap

  • First model of the effect of grain size on radon emanation

    Akihiro Sakoda, Katsumi Hanamoto, Yuu Ishimori, Takahiro Kataoka, Atsushi Kawabe, Kiyonori Yamaoka

    APPLIED RADIATION AND ISOTOPES   68 ( 6 )   1169 - 1172   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The present model represents an improvement on previous models of radon emanation from soil by incorporating soil grain size in addition to moisture. Monte Carlo simulation was employed in the calculation since it was difficult to mathematically express the radon emanation fraction for the present soil model. Grain size is one of the most important factors in describing the properties of soil. Grain size was demonstrated to affect the radon emanation fraction, depending on moisture content. Although the emanation fraction is generally considered to be proportional to grain size, the result of the model calculation suggested that the effect of grain size is not so simple. This study should serve as an initial step toward improving the modeling of this radon emanation. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2009.11.070

    Web of Science

    researchmap

  • Differences of natural radioactivity and radon emanation fraction among constituent minerals of rock or soil

    Akihiro Sakoda, Yuichi Nishiyama, Katsumi Hanamoto, Yuu Ishimori, Yuki Yamamoto, Takahiro Kataoka, Atsushi Kawabe, Kiyonori Yamaoka

    APPLIED RADIATION AND ISOTOPES   68 ( 6 )   1180 - 1184   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    We examined differences in the radioactive characteristics among the main minerals forming granite materials. Using a non-toxic high-density agent, minerals were separated from rock (granite-gneiss) and soil (weathered granite) samples. The natural radioactivity ((238)U and (226)Ra) and radon emanation fraction of the minerals were then studied by gamma-ray spectrometry. The radon emanation fractions (27-43%) of the minerals from the soil were much higher than those (0.6-4.6%) of the rock minerals. Additionally, the emanation fractions differed greatly among the minerals separated from both the bulk rock and soil. These results were discussed in terms of the differences of surface area and radium distribution in the mineral grains. It was noticeable that a higher emanation fraction than expected for quartz was commonly observed in the rock and soil samples. We then estimated the contribution of each constituent mineral to the total radon exhalation from the bulk samples. The result depended not only on the radon emanation fraction, but also on the (226)Ra activity and the mineral content. Furthermore, using the obtained data, we also discussed the effect of grain size on radon emanation and why this has been reported to vary markedly in previous studies. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2009.12.036

    Web of Science

    researchmap

  • Experimental and modeling studies of grain size and moisture content effects on radon emanation

    Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Katsumi Hanamoto, Takahiro Kataoka, Atsushi Kawabe, Kiyonori Yamaoka

    RADIATION MEASUREMENTS   45 ( 2 )   204 - 210   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Some models have already been developed to explain the effect of moisture content on the radon emanation fraction of soil. For this purpose, "microscopic" soil models, which are easy to deal with mathematically but cannot take grain size into consideration, have been designed. These previous models consist basically of two opposite grain surfaces and pores between the grains. In the present study, in order to study the effect of not only moisture content but also grain size, we present a simple modeling approach based on two "macroscopic" soil models: (1) a single-grain model and (2) a multiple-grain model. The latter model represents a configuration of spherical grains packed in a simple cubic structure. Based on these soil models and general assumptions, the radon emanation fraction was calculated as a function of grain size or moisture content by Monte Carlo simulation. The results for the multiple-grain model show that the radon emanation fraction is markedly increased with grain sizes ranging from 10 to 100 inn and reaches a constant value of 50% when moisture content is 0% and the radium is uniformly distributed on the grain surface. Moreover, a drastic increase is seen at smaller grain sizes with increasing moisture content. From these results, we concluded that the calculation of radon emanation depends greatly on the pore size between a Ra-bearing grain and a neighboring grain. The validity of the model was also evaluated by comparison to experimental data. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.radmeas.2010.01.010

    Web of Science

    researchmap

  • Development of a radon test facility for small animals

    Yuu Ishimori, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka, Hiroshi Tanaka, Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda

    保健物理   45 ( 1 )   65 - 71   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5453/jhps.45.65

    researchmap

  • 小動物病院におけるX線撮影に伴う放射線診療従事者の実効線量評価

    川辺 睦, 山田一孝, 花元克巳, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 山岡聖典

    動物臨床医学   19 ( 4 )   113 - 117   2010年

  • Basic Study on Active Changes in Biological Function of Mouse Liver Graft in Cold Storage after Low-Dose X-Irradiation

    Takahiro Kataoka, Masaaki Yoshimoto, Shinya Nakagawa, Yuko Mizuguchi, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   45 ( 2 )   219 - 226   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JOURNAL CLINICAL BIOCHEMISTRY & NUTRITION  

    We previously reported that low-dose X-irradiation alleviates ischemia-reperfusion injury such as mouse paw edema. In this study, we examined active changes in the biological function of mouse liver grafts in cold storage after low-dose X-irradiation. Mouse livers were sham-irradiated or were irradiated with 0.25, 0.5, 1.0, or 5.0 Gy of X-ray and stored for 4, 8, 24, or 48 h in preservation or saline solution. The results show that storage for 24 h in saline solution after 0.5 Gy irradiation significantly increased the activity of superoxide dismutase (SOD) and catalase. Following storage for 4, 8, or 48 h in preservation solution, lipid peroxide levels of the 0.5 Gy irradiated group were significantly lower than those of the sham irradiated group. Following storage for 24 h in preservation solution, the activity of SOD and catalase of the 1.0 Gy irradiated group were significantly higher than those of the sham irradiated group. Hepatocytes stored in saline solution were vacuolated. However, no vacuole formation was observed in hepatocytes stored in preservation solution. These findings suggest that low-dose irradiation significantly activates antioxidative functions of liver grafts. Moreover, the dose at which enhancement of antioxidative function occurs in livers stored in preservation solution, which contains glutathione, is significantly higher than that in saline solution.

    DOI: 10.3164/jcbn.09-06

    Web of Science

    researchmap

  • No different sensitivity in terms of whole-body irradiation between normal and acatalasemic mice

    Shinya Nakagawa, Takahiro Kataoka, Yuko Mizuguchi, Masaaki Yoshimoto, Akihiro Sakoda, Takaharu Nomura, Da-Hong Wang, Atsushi Kawabe, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   43 ( 1 )   41 - 49   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JOURNAL CLINICAL BIOCHEMISTRY & NUTRITION  

    To elucidate the radiosensitivity of an acatalasemic mouse, we examined the time and dose-dependency in the survival rates, the lymphocytes and the intestinal epithelial cells, and the antioxidant function after 3.0 to 12.0 Gy whole body irradiation. Results showed that no significant differences between acatalasemic mice and normal mice were observed in the survival rates and the histological changes in spleens and small intestine after each irradiation. The catalase activities in livers and spleens of acatalasemic mice were significantly lower than those of normal mice and the glutathione peroxidase activity in livers of acatalasemic mice was significantly higher than that of normal mice. At 10 days after 6.0 Gy irradiation, the catalase activities in livers of acatalasemic and normal mice and that in spleens of normal mice significantly decreased compared with no-irradiation control, and there were no differences between those catalase activities. The total glutathione content in acatalasemic mice was significantly higher than that in normal mice at 10 days after 6.0 Gy irradiation. These findings suggested that the radiosensitivity of acatalasemic mice in terms of whole body irradiation doesn't significantly differ from that of normal mice, probably due to compensated sufficient contents of glutathione peroxidase and total glutathione in acatalasemic mice.

    DOI: 10.3164/jcbn.2008042

    Web of Science

    researchmap

  • ラドン吸入試作装置によるマウス諸臓器中の抗酸化機能の亢進に関する研究.

    中川慎也, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 石森 有, 花元克巳, 山岡聖典

    RADIOISOTOPES   57 ( 4 )   241 - 251   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.57.241

    researchmap

  • Inhibitory effects of prior low-dose X-irradiation on ischemia-reperfusion injury in mouse paw

    Takahiro Kataoka, Yuko Mizuguchi, Masaaki Yoshimoto, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   48 ( 6 )   505 - 513   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    We have reported that low-dose, unlike high-dose, irradiation enhanced antioxidation function and reduced oxidative damage. On the other hand, ischemia-reperfusion injury is induced by reactive oxygen species. In this study, we examined the inhibitory effects of prior low-dose X-irradiation on ischemia-reperfusion injury in mouse paw. BALB/c mice were irradiated by sham or 0.5 Gy of X-ray. At 4 hrs after irradiation, the left hind leg was bound 10 times with a rubber ring for 0.5, 1, or 2 hrs and the paw thickness was measured. Results show that the paw swelling thickness by ischemia for 0.5 hr was lower than that for 2 hrs. At I hr after reperfusion from ischemia for I hr, superoxide dismutase activity in serum was increased in those mice which received 0.5 Gy irradiation and in the case of the ischemia for 0.5 or I hr, the paw swelling thicknesses were inhibited by 0.5 Gy irradiation. In addition, interstitial edema in those mice which received 0.5 Gy irradiation was less than that in the mice which underwent by sham irradiation. These findings suggest that the ischemia-reperfusion injury is inhibited by the enhancement of antioxidation function by 0.5 Gy irradiation.

    DOI: 10.1269/jrr.07060

    Web of Science

    researchmap

  • Basic study on biochemical mechanism of thoron and thermal therapy

    Takahiro Kataoka, Yutaka Aoyama, Akihiro Sakoda, Shinya Nakagawa, Kiyonori Yamaoka

    Physiological Chemistry and Physics and Medical NMR   38 ( 2 )   85 - 92   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Exposure to water in hot springs containing thoron is thought to exercise beneficial effects on hypertension and diabetes mellitus. To put to a test this hypothesis we examined the time dependent changes in the levels of lipid peroxide, vasoactive- and diabetes associated substances in human blood in order to throw further light on the possible beneficial influence of thoron and thermal therapy on the mechanism of hypertension and diabetes mellitus. Every 2 days, nasal inhalation of vapor containing thoron was performed for 40 min. Blood samples were collected after each treatment at 1,2, and 3 weeks after the first treatment. Results show that the treatment decreased the lipid peroxide levels. The finding suggests that the treatment contributes to the prevention of peroxidation reaction related to hypertension and diabetes mellitus. Moreover, the changes in vasoactive-associated substances indicate an increase in tissue perfusion, suggesting that the treatment plays a role in alleviating hypertension. The treatment decreased the total ketone body levels and the finding suggests that the treatment contributes to the prevention of diabetes mellitus related to the insulin deficiency.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Histological changes in spleens of radio-sensitive and radio-resistant mice exposed to low-dose X-ray irradiation

    Takahiro Kataoka, Yuko Mizuguchi, Kenji Notohara, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    Physiological Chemistry and Physics and Medical NMR   38 ( 1 )   21 - 29   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have previously determined by using immune-assay or bio-assay methods that low-dose irradiation enhances immune and anti-oxidation functions. In this study, we examined histological changes of lymphatic follicles at 4, 24, or 48 hrs after sham, 0.25, 0.5, or 15 Gy irradiation in the spleens of BALB/c mice, which are sensitive to radiation compared with other strains, and C57BL/6J mice, which are resistant to radiation, using hematoxylin-eosin staining for lymphatic follicles or methylgreen pyronin staining for plasma cells. Results show that the lymphatic follicles in the spleens of the two mouse strains decreased at 24 or 48 hrs after 15 Gy irradiation. The number of plasma cells in the spleens of sham irradiated BALB/c mice was greater than that of sham irradiated C57BL/6J mice. At 4 hrs after 0.25 Gy irradiation, plasma cells increased in the spleens of the two mouse strains. These findings suggest, by histology, that low-dose irradiation activates the plasma cells and enhances the immune function. Although those two mouse strains have different sensitivities to radiation, the above changes were similar in both time course and degree of response. Therefore, the phenomena observed may be common in mice.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The elevation of p53 protein level and SOD activity in the resident blood of the Misasa radon hot spring district

    K Yamaoka, F Mitsunobu, S Kojima, M Shibakura, T Kataoka, K Hanamoto, Y Tanizaki

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   46 ( 1 )   21 - 24   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN RADIATION RESEARCH SOC  

    To clarify the mechanism by which radon hot springs prevent cancer or not, in this study, blood was collected from residents in the Misasa hot spring district and in a control district. The level of a representative cancer-suppressive gene, p53, and the activity of a representative antioxidant enzyme, superoxide dismutase (SOD), were analyzed as indices. The level of serum p53 protein in the males in the Misasa hot spring district was found to be 2-fold higher than that in the control district, which is a significant difference. In the females in the Misasa hot spring district, SOD activity was approximately 15% higher than that in the control district, which is also statistically significant, and exceeded the reference range of SOD activity despite advanced age. These results suggested that routine exposure of the residents in the Misasa hot spring district to radon at a concentration about 3 times higher than the national mean induces trace active oxygen in vivo, potentiating products of cancer- suppressive gene and antioxidant function. As the p53 protein level was high in the residents in the Misasa hot spring district, apoptosis of cancer cells may readily occur.

    DOI: 10.1269/jrr.46.21

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of post low-dose X-ray irradiation on carbon tetrachloride-induced acatalasemic mice liver damage

    Takahiro Kataoka, Takaharu Nomura, Da-Hong Wang, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    Physiological Chemistry and Physics and Medical NMR   37 ( 2 )   109 - 126   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The catalase activities in the blood and organs of the acatalasemic (C3H/AnLCsb-Csb) mouse of the C3H strain are lower than those of the normal (C3H/AnLCsa-Csa) mouse. We examined the effects of post low-dose (0.5 Gy) X-ray irradiation which reduced the oxidative damage under carbon tetrachloride-induced hepatopathy in acatalasemic or normal mice. As a result, the 0.5 Gy irradiation after carbon tetrachloride administration decreased the glutamic oxaloacetic and glutamic pyruvic transaminase activity in the acatalasemic mouse blood to a level similar to that of the acatalasemic mouse blood not treated with carbon tetrachloride
    this is in contrast to a high-dose (15 Gy) irradiation. In the same manner, pathological disorder was improved by 0.5 Gy irradiation. The fat degeneration in normal mice was quickly reduced, in contrast to acatalasemic mice. These findings suggest that low-dose irradiation after carbon tetrachloride administration accelerates the rate of recovery and that catalase plays an important role in the recovery from hepatopathy induced by carbon tetrachloride, in contrast to high-dose irradiation.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 人工トロン温泉由来の放射能と負イオン(マイナスイオン)の諸特性

    迫田晃弘, 片岡隆浩, 花元克巳, 山岡聖典

    RADIOISOTOPES   54 ( 9 )   375 - 383   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.54.375

    researchmap

  • Inhibitory effects of prior low-dose X-ray irradiation on carbon tetrachloride-induced hepatopathy in acatalasemic mice

    K Yamaoka, T Kataoka, T Nomura, T Taguchi, DH Wang, S Mori, K Hanamoto, S Kira

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   45 ( 1 )   89 - 95   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN RADIATION RESEARCH SOC  

    The catalase activities in blood and organs of the acatalasemic (C3H/AnLCs(b)Cs(b)) mouse of C3H strain are lower than those of the normal (C3H/AnLCs(a)Cs(a)) mouse. We examined the effects of prior low-dose (0.5 Gy) X-ray irradiation, which reduced the oxidative damage under carbon tetrachloride-induced hepatopathy in the acatalasemic or normal mice. The acatalasemic mice showed a significantly lower catalase activity and a significantly higher glutathione peroxidase activity compared with those in the normal mice. Moreover, low-dose irradiation increased the catalase activity in the acatalasemic mouse liver to a level similar to that of the normal mouse liver. Pathological examinations and analyses of blood glutamic oxaloacetic and glutamic pyruvic transaminase activity and lipid peroxide levels showed that carbon tetrachloride induced hepatopathy was inhibited by low-dose irradiation. These findings may indicate that the free radical reaction induced by the lack of catalase and the administration of carbon tetrachloride is more properly neutralized by high glutathione peroxidase activity and low-dose irradiation in the acatalasemic mouse liver.

    DOI: 10.1269/jrr.45.89

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 人体のメカニズムから学ぶ 放射線生物学

    メジカルビュー社  2017年 

     詳細を見る

  • Neuropathic Pain

    Avid Science  2016年 

     詳細を見る

  • Free Radicals and Health

    Nova Science Publishers  2016年  ( ISBN:9781536101

     詳細を見る

  • Geology, Environmental Impact and Toxicity Concerns

    Nova Science Publishers  2015年 

     詳細を見る

  • Handbook of Radon: Properties, Applications and Health

    Nova Science Publishers  2012年  ( ISBN:9781621001775

     詳細を見る

MISC

  • 焦電性結晶による発生X線の経時変化

    花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   68th   2021年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるDNA酸化損傷の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 直江翔太, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   74th (CD-ROM)   2021年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のDNA酸化損傷抑制の濃度依存に関する検討.

    増川 祐伎, 光延 文裕, 寺東 宏明, 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 首藤 妃奈, 直江 翔太, 矢野 凖喜, 神崎 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 花元 克巳

    アイソトープ・放射線研究発表会   1   86 - 86   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本アイソトープ協会  

    <p>ラドン吸入によるマウス諸臓器中のDNA酸化損傷の抑制について検討した結果,脳や腎臓において抑制することが示唆できた。これに関して,ラドン吸入により抗酸化酵素であるMn-SODの活性が増加しDNAの酸化損傷を抑制する機序や,ラドン濃度依存性のあることも示唆できた。</p>

    DOI: 10.50955/happyokai.1.0_86

    CiNii Article

    researchmap

  • マウスの脳および肝臓中のラドン吸入による硫黄関連代謝物の変化

    神崎訓枝, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 田中裕史, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   74th (CD-ROM)   2021年

     詳細を見る

  • ラドン吸入がマウス血液中のサイトカイン代謝に及ぼす効果に関する基礎研究

    直江翔太, 片岡隆浩, 藤本有希, 村上海斗, 雪峰諒平, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録   64rd   2021年

     詳細を見る

  • ラドン吸入はマウス脳・腎臓・小腸のDNA酸化損傷を抑制する

    片岡隆浩, 首藤妃奈, 直江翔太, 矢野凖喜, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 花元克巳, 光延文裕, 寺東宏明, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録   64rd   2021年

     詳細を見る

  • 機械学習を用いたラドン吸入後のマウス臓器におけるメタボロミクスデータの解析

    神﨑訓枝, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録   2021年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のレドックス状態の変化特性とDNA酸化損傷の抑制効果の検討

    片岡隆浩, 首藤妃奈, 直江翔太, 矢野準喜, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 花元克巳, 光延文裕, 寺東宏明, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   2021年

     詳細を見る

  • 正常マウスとリウマチマウスではラドン吸入によるサイトカイン代謝に及ぼす影響は異なる

    直江翔太, 片岡隆浩, 村上海斗, 雪峰諒平, 藤本有希, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   2021年

     詳細を見る

  • トロン吸入とアスコルビン酸投与による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    西 微香, 光延 文裕, 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 石田 毅, 直江 翔太, 首藤 妃奈, 矢野 凖喜, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 田中 裕史

    アイソトープ・放射線研究発表会   1   85 - 85   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本アイソトープ協会  

    <p>トロン(Rn)吸入とアスコルビン酸(AA)投与による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果について検討した。その結果,肝障害の程度はアルコール投与後6時間の方が24時間より,肝臓への中性脂肪の蓄積は投与後24時間の方が6時間より,各々大きいことがわかった。また,アルコール投与後24時間のRn吸入とAA投与の併用は,肝障害と肝臓への中性脂肪の蓄積の回復を早めることもわかった。</p>

    DOI: 10.50955/happyokai.1.0_85

    CiNii Article

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス血中サイトカインの変化特性に関する検討

    直江 翔太, 片岡 隆浩, 矢野 凖喜, 首藤 妃奈, 神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 山岡 聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会   1   87 - 87   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本アイソトープ協会  

    <p>ウイルス感染症などで注目されている血中サイトカインに着目し,ラドン吸入による変化特性についてマウスを用い検討した。その結果,IL-6やTNF-α等の炎症性サイトカイン,IL-4やIL-10等の抗炎症性サイトカインが,各々興味深い変化をすることがわかった。また,吸入時間は4週間の方が2週間よりも顕著であることから,その変化特性に時間依存性があることもわかった。</p>

    DOI: 10.50955/happyokai.1.0_87

    CiNii Article

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス臓器中のイオウ関連代謝物の変化 -メタボローム解析結果の可視化-

    神﨑 訓枝, 迫田 晃弘, 片岡 隆浩, 田中 裕史, 山岡 聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会   1   131 - 131   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本アイソトープ協会  

    <p>本研究では、ラドン吸入とイオウ関連代謝物との関連を検討することを目的とし、ラドンを吸入させたマウスの臓器を用いてメタボローム解析を行った。しかしながら、代謝物の変化とラドン総曝露量に相関はなかった。そこで、機械学習によるデータ解析を行い、メタボローム解析結果を可視化した。ここでは、多数の代謝物の変化を総合的に評価することで明らかになったラドン曝露量とイオウ関連代謝物との関連について報告する。</p>

    DOI: 10.50955/happyokai.1.0_131

    CiNii Article

    researchmap

  • Low-dose irradiation reduces forced swim test-induced immobility and oxidative stress in mice

    Shota Naoe, Takahiro Kataoka, Hina Shuto, Junki Yano, Tetsuya Nakada, Tsuyoshi Ishida, Keiko Yamato, Katsumi Hanamoto, Takaharu Nomura, Kiyonori Yamaoka

    20th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research – International   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Alteration of redox state following radon inhalation depends on the antioxidant capacity of organs

    Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hina Shuto, Junki Yano, Shota Naoe, Hiroshi Tanaka, Katsumi Hanamoto, Hiroaki Terato, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    20th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research – International   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 低線量X線またはγ線照射による強制水泳誘導の無動時間の抑制効果に関する検討

    首藤妃奈, 片岡隆浩, 矢野準喜, 直江翔太, 石田 毅, 中田哲也, 大和恵子, 花元克巳, 野村崇治, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   14th   5 - 8   2020年12月

     詳細を見る

  • ラドン吸入による諸臓器中のレドックス状態の変化特性に関する比較検討

    矢野準喜, 片岡隆浩, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 直江翔太, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   14th   9 - 11   2020年12月

     詳細を見る

  • 放射線技術科学専攻学生の放射線健康影響に関する知識・意識の基礎調査-学習量による意識の変化-

    片岡隆浩, 直江翔太, 矢野準喜, 首藤妃奈, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   14th   56 - 59   2020年12月

     詳細を見る

  • 低線量X線照射による抗酸化機能の亢進が強制水泳誘導無動時間を抑制する

    首藤妃奈, 片岡隆浩, 矢野準喜, 直江翔太, 石田毅, 中田哲也, 大和恵子, 花元克巳, 野村崇治, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

  • マウス諸臓器における過酸化水素の産生量のラドン吸入時間依存性

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 石田毅, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

  • ラドン吸入がマウス脳・肝臓に及ぼす酸化ストレスの変化特性

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 直江翔太, 石田毅, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   73rd   2020年

     詳細を見る

  • LiTaO<sub>3</sub>単結晶による発生X線の経時変化

    花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   67th   2020年

     詳細を見る

  • マウス諸臓器中のレドックス状態の違いはラドン吸入による抗酸化機能の亢進に影響する

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 首藤妃奈, 矢野準喜, 直江翔太, 石田毅, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2020   2020年

     詳細を見る

  • ラドン子孫核種の皮膚表面への沈着と被ばく線量

    SAKODA Akihiro, ISHIMORI Yuu, KANZAKI Norie, TANAKA Hiroshi, YAMAOKA Kiyonori, KATAOKA Takahiro, MITSUNOBU Fumihiro

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   63rd   2020年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のレドックス状態の評価

    KATAOKA Takahiro, KANZAKI Norie, SAKODA Akihiro, SHUTO Hina, YANO Junki, NAOE Shota, ISHIDA Tsuyoshi, TANAKA Hiroshi, HANAMOTO Katsumi, TERATO Hiroaki, MITSUNOBU Fumihiro, YAMAOKA Kiyonori

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   63rd   2020年

     詳細を見る

  • ラドン吸入がマウス四肢の浮腫に及ぼす作用に関する基礎的検討

    YANO Junki, KATAOKA Takahiro, SHUTO Hina, NAOE Shota, KANZAKI Norie, SAKODA Akihiro, TANAKA Hiroshi, MITSUNOBU Fumihiro, YAMAOKA Kiyonori

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   63rd   2020年

     詳細を見る

  • 機械学習を用いたメタボローム解析によるラドン吸入の生物学的影響データの総合的な解釈

    KANZAKI Norie, SAKODA Akihiro, KATAOKA Takahiro, TANAKA Hiroshi, YAMAOKA Kiyonori

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   63rd   2020年

     詳細を見る

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進がマウス諸臓器中の過酸化水素産生に及ぼす作用

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 石田毅, 首藤妃奈, 矢野準喜, 田中裕史, 花元克巳, 寺東宏明, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   13th   2019年

     詳細を見る

  • LiTaO<sub>3</sub>単結晶による発生X線の結晶表面-ターゲット間距離依存性 II

    花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   66th   2019年

     詳細を見る

  • 低線量X線によるマウス強制水泳試験の無動時間と脳中の酸化ストレスの抑制効果に関する検討

    首藤妃奈, 片岡隆浩, 矢野準喜, 石田毅, 中田哲也, 大和恵子, 花元克巳, 野村崇治, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   13th   2019年

     詳細を見る

  • 低線量X線照射によるマウスのうつ病症状に及ぼす作用に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 石田毅, 柚木勇人, 大和恵子, 花元克巳, 野村崇治, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   56th   2019年

     詳細を見る

  • 低線量X線照射がマウスの強制水泳に伴う無動時間に及ぼす影響に関する検討

    片岡隆浩, 石田毅, 柚木勇人, 大和恵子, 花元克巳, 野村崇治, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   72nd   2019年

     詳細を見る

  • 機械学習による低線量放射線の生体影響評価

    神崎訓枝, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 山岡聖典

    CCSE Workshop   30th   2019年

     詳細を見る

  • 低線量放射線による酸化ストレス関連疾患の抑制効果とその機構解明に関する研究

    片岡隆浩

    放影協ニュース   ( 99 )   2019年

     詳細を見る

  • 事前または事後の低線量X線照射による強制水泳試験誘導マウス脳の酸化ストレスの抑制効果とその差異

    SHUTO Hina, KATAOKA Takahiro, YANO Junki, ISHIDA Tsuyoshi, NAKADA Tetsuya, YAMATO Keiko, HANAMOTO Katsumi, NOMURA Takaharu, YAMAOKA Kiyonori

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   62nd   2019年

     詳細を見る

  • 同位体をトレーサとしたラドン子孫核種の体内動態に関する研究

    迫田晃弘, 神崎訓枝, 田中裕史, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本健康開発雑誌   ( 40 )   2019年

     詳細を見る

  • 岡山大学医学部放射線技術科学専攻学生の放射線の健康影響に関する知識・意識の基礎調査

    片岡隆浩, 矢野準喜, 首藤妃奈, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   13th   2019年

     詳細を見る

  • ラドン水の皮脂成分への溶解度とその温度依存性に関する検討

    石田毅, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 田中裕史, 柚木勇人, 光延文裕, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   56th   2019年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス脳中のグルタチオン合成に関する機械学習に基づいたメタボローム解析

    KANZAKI Norie, SAKODA Akihiro, TANAKA Hiroshi, KATAOKA Takahiro, ISHIDA Tsuyoshi, ISHIDA Tsuyoshi, YAMAOKA Kiyonori

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   62nd   2019年

     詳細を見る

  • マウス諸臓器におけるラドン吸入による過酸化水素の産生に伴う酸化ストレスの評価

    KATAOKA Takahiro, KANZAKI Norie, SAKODA Akihiro, ISHIDA Tsuyoshi, ISHIDA Tsuyoshi, SHUTO Hina, YANO Junki, TANAKA Hiroshi, HANAMOTO Katsumi, TERATO Hiroaki, MITSUNOBU Fumihiro, YAMAOKA Kiyonori

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   62nd   2019年

     詳細を見る

  • Effects of low-dose X-irradiation on forced swim stress-induced depression in mice

    Takahiro Kataoka, Tsuyoshi Ishida, Yuto Yunoki, Keiko Yamato, Katsumi Hanamoto, Takaharu Nomura, Kiyonori Yamaoka

    9th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Radon inhalation has antioxidative effects and suppresses oxidative stress induced damages 招待

    Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka

    The 9th Annual Meeting of the International Society of Radiation Neurobiology   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Assessment of Radiation Effects using Taguchi Method

    Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Takahiro Kataoka, Tsuyoshi Ishida, Hiroshi Tanaka, Kiyonori Yamaoka

    65th Annual Meeting of the Radiation Research Society   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Basic study on suppression effects of active oxygen diseases by radon inhalation and its mechanism

    Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Tsuyoshi Ishida, Hiroshi Tanaka, Katsumi Hanamoto, Hiroaki Terato, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    16th International Congress of Radiation Research   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • X線照射がマウス脳に及ぼす酸化ストレスの評価

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   55th   2018年

     詳細を見る

  • 焦電性結晶によるX線発生装置の開発-X線発生とギャップ間との関係に関して-

    首藤妃奈, 花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   12th   2018年

     詳細を見る

  • X線照射によるマウス脳の酸化ストレス状態の変化特性に関する検討

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 神崎訓枝, 柚木勇人, 小橋佑介, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   61st   2018年

     詳細を見る

  • 低線量放射線がマウス脳に及ぼす酸化ストレスの検討

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • X線照射がマウス脳に及ぼす酸化ストレスの線量と経過時間依存性の検討

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   71st   2018年

     詳細を見る

  • 低線量X線照射とアスコルビン酸投与の併用によるマウス脳中の酸化ストレス緩和に関する基礎的検討

    柚木勇人, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 神崎訓枝, 小橋佑介, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   12th   2018年

     詳細を見る

  • LiTaO<sub>3</sub>単結晶による発生X線の結晶表面-ターゲット間距離依存性

    花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   65th   2018年

     詳細を見る

  • 機械学習による低線量放射線と関連薬剤の効能比較

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 石田毅, 柚木勇人, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   71st   2018年

     詳細を見る

  • ラドン水の皮膚への作用に関する検討-皮脂諸成分への溶解度とその温度依存性-

    石田毅, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 田中裕史, 柚木勇人, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   12th   2018年

     詳細を見る

  • 曖昧な低線量放射線影響の評価に向けた機械学習によるビジュアライズ手法の提案

    神崎訓枝, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   61st   2018年

     詳細を見る

  • ラドンの皮脂成分での溶解特性

    石田毅, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 田中裕史, 小橋佑介, 柚木勇人, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   61st   2018年

     詳細を見る

  • ラドンとトロンの吸入によるマウス諸臓器中の酸化ストレス緩和効果に関する比較検討

    小橋佑介, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 石田毅, 柚木勇人, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果に関する検討

    笹岡香織, 笹岡香織, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 神崎訓枝, 小橋佑介, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • X線照射によるマウス脳中の酸化ストレス状態の変化特性に関する検討

    柚木勇人, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 神崎訓枝, 小橋佑介, 石田毅, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討-皮脂への溶解度-

    石田毅, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 田中裕史, 小橋佑介, 柚木勇人, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 酸化ストレス疾患に対するラドン吸入と関連薬剤投与の抑制効果の比較検討

    神崎訓枝, 神崎訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 石田毅, 柚木勇人, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   55th   2018年

     詳細を見る

  • ラドンの吸入または飲泉によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制効果における抗酸化機能の関与

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス脳におけるMn-SODの誘導合成機構の検討

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   11th   2017年

     詳細を見る

  • ラドンの吸入と飲泉の差異によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制効果の比較検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   54th   2017年

     詳細を見る

  • 低線量放射線による疾患抑制の可能性に関する機械学習を用いた特徴抽出

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 笹岡香織, 小橋佑介, 石田毅, 柚木勇人, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   54th   2017年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるシスプラチン誘導腎障害の抑制に関するマウス系統差の比較検討

    笹岡香織, 片岡隆浩, 小橋佑介, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   54th   2017年

     詳細を見る

  • 機械学習を用いた低線量放射線による疾患抑制効果に関するデータ解析

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス脳中のMn-SOD活性の増加に伴う疾患・老化の抑制の可能性

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 低線量放射線による疾患抑制効果と抗酸化機能の関連についての機械学習を用いた検討

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 石田毅, 柚木勇人, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   70th   2017年

     詳細を見る

  • ラドンの吸入と飲泉によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制作用の機序に関する比較検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   70th   2017年

     詳細を見る

  • 焦電性結晶によるX線イメージングの可能性

    花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   64th   2017年

     詳細を見る

  • 小動物用トロン吸入装置の試作とこれを用いたラドンとトロンの吸入効果比較の基礎的検討

    小橋佑介, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   11th   2017年

     詳細を見る

  • 放射線安全の観点からみたプレガバリンの副作用低減を考慮したラドン療法併用による費用対効果に関する検討

    麓有希, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 山岡聖典

    安全工学研究発表会講演予稿集   50th   2017年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス脳中のSOD活性の増加の機構とその生物学的意義

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   60th   2017年

     詳細を見る

  • ラドン療法新規適応症探索のための抗酸化機能などを指標にした機械学習によるデータ解析

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 石田毅, 柚木勇人, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   60th   2017年

     詳細を見る

  • ラドンとトロンの吸入による生物学的効果に関する比較検討-小動物用トロン吸入装置の試作と抗酸化機能の比較-

    小橋佑介, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   60th   2017年

     詳細を見る

  • 改良型自己組織化マップ法による文献データに基づく低線量放射線の健康影響の評価

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   11th   2017年

     詳細を見る

  • 極微量ウラン影響効果試験(2)共同研究

    石森 有, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 光延 文裕, 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 恵谷 玲央

    JAEA-research   2015 ( 24 )   巻頭1 - 2,1-41   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本原子力研究開発機構  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラドン吸入によるシスプラチン誘導マウス腎障害の抑制に関する検討

    笹岡香織, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   59th   2016年

     詳細を見る

  • ラドン療法条件の最適化に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 笹岡香織, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   59th   2016年

     詳細を見る

  • 球面SOMを用いたラドン吸入とX線照射による抗酸化機能への影響の比較評価

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 笹岡香織, 小橋佑介, 金川明弘, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   59th   2016年

     詳細を見る

  • ラドン療法の適応症に関する機構解明と新規探索

    山岡聖典, 片岡隆浩

    日本放射線影響学会大会抄録(Web)   59th   2016年

     詳細を見る

  • ラドン吸入とX線照射によるマウス肝臓への酸化ストレスの比較検討

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 笹岡香織, 小橋佑介, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   10th   2016年

     詳細を見る

  • ラドン吸入とプレガバリン投与の併用によるマウス神経障害性疼痛への抑制相加効果

    堀江駿介, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 花元克巳, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   10th   2016年

     詳細を見る

  • アルコール誘導マウス胃粘膜障害へのラドンの吸入と飲泉による抑制効果の組織・病理学的比較検討

    石田毅, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   10th   2016年

     詳細を見る

  • ラドン吸入とアスコルビン酸投与による一過性脳虚血に伴う神経細胞障害の抑制効果の比較検討

    片岡隆浩, 神崎訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 花元克己, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   10th   2016年

     詳細を見る

  • 低線量放射線への適応応答による酸化障害の抑制に関する基礎的研究

    片岡隆浩, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   69th   2016年

     詳細を見る

  • LiTaO<sub>3</sub>単結晶による発生X線の平均温度変化率依存性

    花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   63rd   2016年

     詳細を見る

  • ラドン吸入とプレガバリン投与の併用はマウス神経障害性疼痛に対し相加効果がある

    片岡隆浩, 堀江駿介, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 花元克巳, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   53rd   2016年

     詳細を見る

  • 自己組織化マップを用いた低線量放射線によるマウス肝臓への酸化ストレスの評価

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 笹岡香織, 金川明弘, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   53rd   2016年

     詳細を見る

  • 球面SOMを用いた低線量放射線と低用量アルコールによる酸化ストレスの比較検討

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 笹岡香織, 小橋佑介, 金川明弘, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   69th   2016年

     詳細を見る

  • ラドン吸入がシスプラチン誘導マウス腎障害に及ぼす効果

    笹岡香織, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   53rd   2016年

     詳細を見る

  • マウス肝機能に及ぼす低線量放射線とアルコールの作用に関する比較検討

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 笹岡香織, 小橋佑介, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2016   2016年

     詳細を見る

  • マウス酸化障害抑制に及ぼすラドン各種摂取方法の比較検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 笹岡香織, 迫田晃弘, 田中裕史, 小橋佑介, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2016   2016年

     詳細を見る

  • 自己組織化マップを用いたラドン吸入による微量酸化ストレスの各種評価

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 笹岡香織, 峯田英幸, 金川明弘, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2016   2016年

     詳細を見る

  • 一過性虚血に伴うスナネズミ脳細胞障害に対するラドン吸入と抗酸化ビタミン剤摂取による抑制効果の比較検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2016   2016年

     詳細を見る

  • LiTaO<sub>3</sub>単結晶による発生X線の温度差に対する変化

    花元克巳, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   62nd   2015年

     詳細を見る

  • ラドン温泉における高尿酸血症の抑制効果に関する検討

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   9th   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるSOD活性の増加作用に関する分子機序の検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 中田哲也, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   52nd   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス脳中SOD活性の増加とその機構に関する考察

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 小橋佑介, 迫田晃弘, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   68th   2015年

     詳細を見る

  • 自己組織化マップを用いたラドン吸入による肝臓への酸化ストレスの評価

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 笹岡香織, 金川明弘, 山岡聖典

    放射線ワークショップ講演論文集   1st   2015年

     詳細を見る

  • ラドン温泉における吸入または飲泉による高尿酸血症の抑制効果の比較検討

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    放射線ワークショップ講演論文集   1st   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入またはアスコルビン酸投与によるスナネズミ一過性脳虚血に伴う細胞障害の抑制に関する検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 笹岡香織, 堀江駿介, 小橋佑介, 田口勇仁, 山岡聖典

    放射線ワークショップ講演論文集   1st   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進は高尿酸血症の症状緩和に有効に働く

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   68th   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入がリポ多糖経鼻投与に伴う肺中の抗酸化物質に及ぼす効果

    中田哲也, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   14th   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるシスプラチン誘導マウス腎障害の緩和の可能性

    笹岡香織, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   9th   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるSOD活性の増加がスナネズミ一過性脳虚血に伴う細胞障害抑制に有効に働く

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 笹岡香織, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   9th   2015年

     詳細を見る

  • 自己組織化マップによるラドン吸入とアルコール摂取の酸化ストレスの比較

    神崎訓枝, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 笹岡香織, 金川明弘, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   9th   2015年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるXOD活性の減少は尿酸値の増加を抑制する

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 神崎訓枝, 中田哲也, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   52nd   2015年

     詳細を見る

  • 低線量放射線の健康影響研究:ラドン吸入による一過性脳虚血に伴う細胞障害の抑制効果

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 西山祐一, 高田裕司, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2014   2014年

     詳細を見る

  • ラドン温泉において糖尿病の抑制に吸入と飲泉はどちらが有効か

    山岡聖典, 片岡隆浩, 西山祐一, 西山祐一, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 光延文裕, 石森有, 迫田晃弘, 田中裕史

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   67th   2014年

     詳細を見る

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進が一過性脳虚血に伴うスナネズミ細胞障害に及ぼす効果

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 中田哲也, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   57th   2014年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果における抗酸化機能の関与の検討

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 西山祐一, 西山祐一, 迫田晃弘, 神崎訓枝, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   57th   2014年

     詳細を見る

  • ラドン含有の吸入と飲泉によるマウス1型糖尿病の抑制効果の比較検討

    片岡隆浩, 西山祐一, 西山祐一, 迫田晃弘, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   57th   2014年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるSODの活性増加の濃度・吸入時間依存性およびその局在に関する検討

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 神崎訓枝, 中田哲也, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   8th   2014年

     詳細を見る

  • ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与の併用によるアルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 西山祐一, 西山祐一, 高田裕司, 高田裕司, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   8th   2014年

     詳細を見る

  • 極微量放射性物質塗布によるマウス炎症性浮腫の抑制効果

    片岡隆浩, 高田裕司, 恵谷玲央, 西山祐一, 西山祐一, 川辺睦, 花元克己, 神崎訓枝, 中田哲也, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   67th   2014年

     詳細を見る

  • マウス腎臓におけるラドン吸入による抗酸化機能の亢進と関連疾患抑制の検討

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 西山祐一, 西山祐一, 迫田晃弘, 神崎訓枝, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   67th   2014年

     詳細を見る

  • スナネズミ一過性脳虚血に伴う神経細胞障害に対するラドン吸入による抑制効果

    片岡隆浩, 恵谷玲央, 高田裕司, 川辺睦, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   51st   2014年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 高田裕司, 西山祐一, 迫田晃弘, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   51st   2014年

     詳細を見る

  • 平成24年度若手放射線生物学研究会主催原子炉専門研究会「長期放射線被ばくによる生物学的影響研究の展望」参加印象記

    恵谷 玲央, 片岡 隆浩

    放射線生物研究   48 ( 1 )   101 - 104   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:放射線生物研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ラドン吸入による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    豊田晃章, 片岡隆浩, 西山祐一, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   66th   2013年

     詳細を見る

  • 極微量ウラン影響効果試験

    石森有, 迫田晃弘, 田中裕史, 光延文裕, 光延文裕, 山岡聖典, 山岡聖典, 片岡隆浩, 片岡隆浩, 大和恵子, 大和恵子, 西山祐一, 西山祐一

    日本原子力研究開発機構JAEA-Research(Web)   ( 2013-005 )   2013年

     詳細を見る

  • ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与によるマウス肝障害の抑制の相乗効果に関する検討

    恵谷玲央, 片岡隆浩, 西山祐一, 大和恵子, 大和恵子, 高田裕司, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   50th   2013年

     詳細を見る

  • 極微量放射性クリームがマウス炎症性足浮腫に及ぼす効果に関する検討

    高田裕司, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 西山祐一, 大和恵子, 大和恵子, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   50th   2013年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス大腸炎の抑制効果に関する検討

    西山祐一, 片岡隆浩, 大和恵子, 大和恵子, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   50th   2013年

     詳細を見る

  • PCXMCにおいて線量計算に影響を与える因子

    川辺睦, 花元克巳, 飯島順, 熊代正行, 熊代正行, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本保健物理学会研究発表会講演要旨集   46th   2013年

     詳細を見る

  • ラドン吸入試験におけるマウスの線量評価

    迫田晃弘, 石森有, 田中裕史, 山岡聖典, 片岡隆浩, 西山祐一, 光延文裕

    日本保健物理学会研究発表会講演要旨集   46th   2013年

     詳細を見る

  • 広範囲な気圧下でのLiTaO<sub>3</sub>単結晶による発生X線と放出電荷

    花元克巳, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   60th   2013年

     詳細を見る

  • マウスへのラドン吸入と抗酸化ビタミン投与による抗酸化作用の比較検討

    片岡隆浩, 西山祐一, 恵谷玲央, 高田裕司, 迫田晃弘, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   7th   2013年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス炎症性腸疾患の症状緩和に関する検討

    西山祐一, 片岡隆浩, 恵谷玲央, 大和恵子, 高田裕司, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   56th   2013年

     詳細を見る

  • ラドン雰囲気におけるマウスの臓器吸収線量の系統的検討

    迫田晃弘, 石森有, 田中裕史, 山岡聖典, 片岡隆浩, 西山祐一, 光延文裕

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   56th   2013年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    片岡隆浩, 西山祐一, 恵谷玲央, 高田裕司, 迫田晃弘, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   56th   2013年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス炎症性腸疾患の抑制効果に関する検討

    西山祐一, 片岡隆浩, 大和恵子, 大和恵子, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   66th   2013年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるCCl<sub>4</sub>誘導マウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    片岡隆浩, 西山祐一, 恵谷玲央, 高田裕司, 豊田晃章, 迫田晃弘, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   66th   2013年

     詳細を見る

  • 診断X線装置における設定管電流が入射線量に与える影響

    川辺睦, 花元克巳, 迫田晃弘, 三村秀文, 山田一孝, 岸本海織, 片岡隆浩, 飯島順, 熊代正行, 山岡聖典

    医学物理 Supplement   32 ( 1 )   2012年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるI型糖尿病マウスの抑制効果に関する検討

    西山祐一, 片岡隆浩, 大和恵子, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   49th   2012年

     詳細を見る

  • ラドン療法によるI型糖尿病の症状緩和に関する一考察

    西山祐一, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 大和恵子, 田中裕史, 石森有, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   55th   2012年

     詳細を見る

  • 極微量ウラン子孫核種の吸入による抗酸化機能の亢進に関するビタミン投与との比較による定量化

    片岡隆浩, 西山祐一, 迫田晃弘, 大和恵子, 恵谷玲央, 高田裕司, 森井佑至, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   65th   2012年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるストレプトゾトシン誘導マウス1型糖尿病の抑制効果に関する検討

    西山祐一, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 田中裕史, 石森有, 田口勇仁, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   65th   2012年

     詳細を見る

  • 焦電性結晶による小型X線源の開発-低気圧下での電子電流と発生X線-

    花元克巳, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   11th   2012年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス神経障害性疼痛の予防と緩和の効果に関する検討

    大和恵子, 片岡隆浩, 西山祐一, 花元克巳, 川辺睦, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   55th   2012年

     詳細を見る

  • マウス肝臓・腎臓におけるラドン吸入による抗酸化機能亢進とビタミン作用との比較

    片岡隆浩, 西山祐一, 迫田晃弘, 大和恵子, 森井佑至, 恵谷玲央, 高田裕司, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   55th   2012年

     詳細を見る

  • 広範囲な気圧下でのLiTaO<sub>3</sub>単結晶による発生X線

    花元克巳, 眞鍋政樹, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   73rd   2012年

     詳細を見る

  • マウス肝障害に対するラドン吸入とビタミンC・E投与による各抗酸化作用の比較検討

    森井佑至, 片岡隆浩, 西山祐一, 迫田晃弘, 大和恵子, 恵谷玲央, 高田裕司, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   49th   2012年

     詳細を見る

  • ラドン吸入による炎症性疼痛と神経障害性疼痛の緩和効果に関する検討

    大和恵子, 片岡隆浩, 西山祐一, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   49th   2012年

     詳細を見る

  • LiTaO<sub>3</sub>単結晶によるX線発生持続時間の気圧依存性

    花元克巳, 川辺睦, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 岡田麻里, 山岡聖典

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM)   59th   2012年

     詳細を見る

  • ラドンおよび子孫核種の吸入による体内線量の計算-マウス,ラット,ヒトにおける違い-

    迫田晃弘, 石森有, 深尾光佑, 片岡隆浩, 田中裕史, 川辺睦, 花元克巳, 光延文裕, 山岡聖典

    日本保健物理学会研究発表会講演要旨集   44th   2011年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるカラゲニン誘導マウス炎症性足浮腫の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩, 寺岡准一, 西山祐一, 迫田晃弘, 大和恵子, 石森有, 野村崇治, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   54th   2011年

     詳細を見る

  • ラドン吸入装置の開発とこれを用いたマウスカラゲニン誘導浮腫の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩, 寺岡准一, 迫田晃弘, 迫田晃弘, 西山祐一, 大和恵子, 野村崇治, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   64th   2011年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウスの抗酸化機能亢進と疾患抑制効果に関する最近の研究動向

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 迫田晃弘, 吉本雅章, 西山祐一, 大和恵子, 寺岡准一, 豊田晃章, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   48th   2011年

     詳細を見る

  • 焦電性結晶による低線量X線源の開発-発生電圧の定量的評価-

    花元克巳, 迫田晃弘, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   54th   2011年

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウス炎症性疼痛の緩和効果に関する検討

    大和恵子, 片岡隆浩, 西山祐一, 寺岡准一, 森井佑至, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   54th   2011年

     詳細を見る

  • 四塩化炭素誘導マウス肝障害に対するラドンとアスコルビン酸の各抗酸化作用の比較検討

    寺岡准一, 片岡隆浩, 西山祐一, 森井佑至, 大和恵子, 迫田晃弘, 石森有, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   54th   2011年

     詳細を見る

  • PCXMCにおける管電流時間積に基づく線量計算の評価

    川辺睦, 花元克巳, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 飯島順, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   10th   2011年

     詳細を見る

  • マウス体内における吸入ラドンの挙動に関する研究

    石森有, 迫田晃弘, 田中裕史, 片岡隆浩, 山岡聖典, 光延文裕

    日本保健物理学会研究発表会講演要旨集   44th   2011年

     詳細を見る

  • 低気圧下でのLiTaO<sub>3</sub>単結晶による放出電子と発生X線

    花元克巳, 冨永裕樹, 川辺睦, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 岡田麻里, 山岡聖典

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   72nd   2011年

     詳細を見る

  • CT透視下IVRにおける術者の手指被曝評価

    川辺睦, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 三村秀文

    日本放射線技師会誌   58 ( 9 )   2011年

     詳細を見る

  • ラドンガス吸入による肺線量の評価-ヒトと実験小動物間の比較-

    迫田晃弘, 石森有, 田中裕史, 片岡隆浩, 川辺睦, 花元克巳, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   48th   2011年

     詳細を見る

  • 低線量X線照射によるマウス浮腫の抑制効果に関する検討

    吉本雅章, 片岡隆浩, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   48th   2011年

     詳細を見る

  • LiTaO<sub>3</sub>単結晶により発生するX線の気圧依存性

    花元克巳, 川辺睦, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 岡田麻里, 山岡聖典

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集(CD-ROM)   58th   2011年

     詳細を見る

  • ヒトと小動物におけるラドン及び子孫核種の吸入による吸収線量

    迫田晃弘, 石森有, 深尾光佑, 片岡隆浩, 花元克巳, 川辺睦, 田中裕史, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   54th   2011年

     詳細を見る

  • 四塩化炭素誘導マウス臓器障害に対するラドンの事前と事後吸入の抑制効果の比較検討

    西山祐一, 片岡隆浩, 寺岡准一, 迫田晃弘, 大和恵子, 石森有, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   54th   2011年

     詳細を見る

  • マウスにおけるラドン子孫核種吸入による肺の線量評価

    深尾光佑, 迫田晃弘, 石森有, 片岡隆浩, 花元克巳, 川辺睦, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   54th   2011年

     詳細を見る

  • 焦電性結晶による低線量X線源の開発

    花元克巳, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 川辺睦, 永松知洋, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   53rd   2010年

     詳細を見る

  • 岡山大学病院(三朝)におけるラドン療法用の温泉水中,および周辺空間中ラドン濃度の特性

    西山祐一, 西山祐一, 迫田晃弘, 石森有, 片岡隆浩, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   9th   2010年

     詳細を見る

  • 吸入ラドンガスに起因した線量の解析

    迫田晃弘, 石森有, 片岡隆浩, 川辺睦, 花元克巳, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   9th   2010年

     詳細を見る

  • トロン温熱浴が加齢に伴う疾患に及ぼす影響に関する検討

    青山裕, 片岡隆浩, 中川慎也, 迫田晃弘, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   9th   2010年

     詳細を見る

  • 産業動物X線撮影における放射線管理

    川辺睦, 迫田晃弘, 花元克巳, 片岡隆浩, 山田一孝, 佐藤斉, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   9th   2010年

     詳細を見る

  • 焦電性結晶による小型X線源の開発-発生X線に対する気圧の影響-

    花元克巳, 川辺睦, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 岡田麻里, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   9th   2010年

     詳細を見る

  • ラドン吸入に対するマウス臓器別感受性に関する検討

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 石森有, 豊田晃章, 西山祐一, 花元克巳, 川辺睦, 田中裕史, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   53rd   2010年

     詳細を見る

  • ラドン吸入による四塩化炭素誘導マウス腎障害の抑制に関する検討

    西山祐一, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 豊田晃章, 寺岡准一, 青山裕, 花元克巳, 川辺睦, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   53rd   2010年

     詳細を見る

  • ラドン子孫核種の吸入線量評価に向けたマウス肺気道における粒子の沈着効率の解析

    迫田晃弘, 深尾光佑, 石森有, 花元克巳, 川辺睦, 片岡隆浩, 西山祐一, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   53rd   2010年

     詳細を見る

  • 小動物用ラドン吸入装置の開発とその性能評価

    迫田晃弘, 花元克巳, 片岡隆浩, 川辺睦, 吉本雅章, 豊田晃章, 西山祐一, 寺岡准一, 深尾光佑, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   53rd   2010年

     詳細を見る

  • 吸入摂取されたラドンの体内動態-ヒトと実験小動物における検討-

    迫田晃弘, 石森有, 川辺睦, 片岡隆浩, 花元克巳, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部研究発表会要旨集   4th   2010年

     詳細を見る

  • ラドン吸入による抗酸化機能亢進のマウス臓器別感受性に関する検討

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 石森有, 豊田晃章, 西山祐一, 田中裕史, 光延文裕, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   63rd   2010年

     詳細を見る

  • 吸入ラドンの体内動態解析-ヒトと実験小動物間の比較-

    迫田晃弘, 石森有, 片岡隆浩, 川辺睦, 花元克巳, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   47th   2010年

     詳細を見る

  • 中真空中におけるLiTaO<sub>3</sub>単結晶の電子・X線放出特性

    花元克巳, 川辺睦, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 大場央子, 山岡聖典

    応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   71st   2010年

     詳細を見る

  • 獣医療におけるエックス線撮影時の保定者被曝

    川辺睦, 花元克巳, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   8th   2009年

     詳細を見る

  • トロン温泉の生活習慣病に及ぼす健康効果の基礎的検討

    中川慎也, 中川慎也, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 石森有, 吉田昭, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   52nd   2009年

     詳細を見る

  • 超低温下におけるイメージングプレートのガンマ線応答

    迫田晃弘, 石森有, 片岡隆浩, 花元克巳, 川辺睦, 田中裕史, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   8th   2009年

     詳細を見る

  • 簡易土壌モデルに基づくラドン散逸能の計算-粒子充填構造の検討-

    迫田晃弘, 花元克巳, 石森有, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本保健物理学会研究発表会講演要旨集   43rd   2009年

     詳細を見る

  • 小動物のラドン吸入試験設備の開発

    石森有, 光延文裕, 山岡聖典, 片岡隆浩, 迫田晃弘

    日本保健物理学会研究発表会講演要旨集   43rd   2009年

     詳細を見る

  • 低線量X線照射およびラドン吸入による抗酸化機能の亢進と活性酸素由来諸症状の緩和効果に関する最近の研究成果

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 中川慎也, 吉本雅章, 野村崇冶, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   62nd   2009年

     詳細を見る

  • 焦電結晶による小型放射線源の開発-温度傾斜率による電流特性の検討-

    山本祐紀, 花元克巳, 迫田晃弘, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   52nd   2009年

     詳細を見る

  • 焦電結晶による小型放射線源の開発-真空度と温度傾斜率に対するLiTaO<sub>3</sub>の電子放出特性-

    花元克巳, 山本祐紀, 迫田晃弘, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   52nd   2009年

     詳細を見る

  • ラドン吸入による四塩化炭素誘導マウス肝障害の抑制効果とその最適吸入条件の検討

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 野村崇治, 石森有, 豊田晃章, 西山祐一, 吉本雅章, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   52nd   2009年

     詳細を見る

  • 低線量X線照射によるマウス慢性アルコール障害の抑制効果の検討

    豊田晃章, 片岡隆浩, 西山祐一, 吉本雅章, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   52nd   2009年

     詳細を見る

  • 低線量X線照射による凍結マウス脳損傷の抑制効果の病理学的検討

    吉本雅章, 吉本雅章, 片岡隆浩, 中川慎也, 豊田晃章, 西山祐一, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   52nd   2009年

     詳細を見る

  • 低真空中におけるLiTaO<sub>3</sub>単結晶の電子放出特性

    花元克巳, 山本祐紀, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 川辺睦, 山岡聖典

    応用物理学会学術講演会講演予稿集   70th ( 2 )   2009年

     詳細を見る

  • マウスのアルコール摂取に伴う酸化障害に及ぼす吸入ラドンの作用に関する検討

    豊田晃章, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 吉本雅章, 山本祐紀, 石森有, 花元克巳, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   46th   2009年

     詳細を見る

  • 微量ラドン放出健康製品の諸特性とその生体的効果に関する基礎的検討

    中川慎也, 中川慎也, 青山裕, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 吉本雅章, 石森有, 川辺睦, 花元克巳, 光延文裕, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   46th   2009年

     詳細を見る

  • 抗酸化酵素欠損が放射線感受性に及ぼす影響に関する検討

    中川慎也, 片岡隆浩, 水口優子, 吉本雅章, 迫田晃弘, 野村崇治, WANG Da-Hong, 川辺睦, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   51st   2008年

     詳細を見る

  • 環境試料のγ線スペクトロメトリにおけるモンテカルロシミュレーションによる自己吸収補正

    永松知洋, 永松知洋, 迫田晃弘, 花元克巳, 石森有, 川辺睦, 片岡隆浩, 小野俊朗, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   7th   2008年

     詳細を見る

  • 焦電結晶による小型放射線源の開発-温度傾斜率による検討-

    迫田晃弘, 花元克巳, 川辺睦, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集   7th   2008年

     詳細を見る

  • 低線量事前照射によるマウス脳浮腫の抑制効果に関する基礎的検討

    吉本雅章, 片岡隆浩, 豊田晃章, 中川慎也, 川辺睦, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   51st   2008年

     詳細を見る

  • ラドン吸入がマウス急性アルコール性障害に及ぼす作用に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 迫田晃弘, 吉本雅章, 豊田晃章, 山本祐紀, 石森有, 花元克巳, 光延文裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   51st   2008年

     詳細を見る

  • 各種ラドン吸入条件下におけるマウス諸臓器中の抗酸化機能の亢進に関する基礎的検討

    中川慎也, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 水口優子, 吉本雅章, 石森有, 花元克巳, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   50th   2007年

     詳細を見る

  • 低線量照射によるマウス虚血-再灌流障害の抑制効果に関する病理観察的検討

    水口優子, 片岡隆浩, 中川慎也, 吉本雅章, 川辺睦, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   50th   2007年

     詳細を見る

  • 天然ラジウム鉱石から水中へのラドン溶出に及ぼす環境諸因子の影響

    迫田晃弘, 永松知洋, 片岡隆浩, 花元克巳, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   44th   2007年

     詳細を見る

  • 低線量照射によるマウス足虚血-再灌流障害の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩, 水口優子, 吉本雅章, 中川慎也, 青山裕, 迫田晃弘, 田口勇仁, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   44th   2007年

     詳細を見る

  • マウス移植臓器の抗酸化機能に及ぼす照射条件と保存条件に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 中川慎也, 水口優子, 吉本雅章, 川辺睦, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   50th   2007年

     詳細を見る

  • ラドンミスト発生装置によるラドン効果と温熱効果の比較に関する基礎的検討

    青山裕, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 中川慎也, 石森有, 花元克巳, 光延文裕, 草地省蔵, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   50th   2007年

     詳細を見る

  • 天然放射性鉱石の含有化合物と溶出放射性核種の関係

    花元克巳, 迫田晃弘, 川辺睦, 永松知洋, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   49th   2006年

     詳細を見る

  • バドガスタイン産出ラドン放出鉱石の諸特性とトロン放出鉱石との比較研究

    迫田晃弘, 永松知洋, 篠塚龍, 片岡隆浩, 花元克巳, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   43rd   2006年

     詳細を見る

  • トロン温泉による症状改善とラドン温泉との比較に関する基礎的検討

    山岡聖典, 杉江忠之助, 花元克巳, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 青山裕, 水口優子

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   49th   2006年

     詳細を見る

  • カタラーゼ欠損マウスにおける放射線耐性に関する基礎的研究

    片岡隆浩, 水口優子, 迫田晃弘, 野村崇治, WANG Da-Hong, 田口勇仁, 田口勇仁, 山岡聖典, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   43rd   2006年

     詳細を見る

  • 低線量X線による虚血再灌流障害の抑制効果に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 水口優子, 花元克巳, 青山裕, 田口勇仁, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   49th   2006年

     詳細を見る

  • 組織病理学的観察法による低線量X線のマウス免疫器官などに及ぼす変化特性の基礎的検討

    片岡隆浩, 田口勇仁, 水口優子, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   48th   2005年

     詳細を見る

  • 放射線泉由来鉱石の含水様態とマイナスイオン量との関係に関する検討

    迫田晃弘, 花元克巳, 永松知洋, 片岡隆浩, 篠塚龍, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   42nd   2005年

     詳細を見る

  • ラドン泉における系列核種の溶出率のpH依存性に関する検討

    花元克巳, 迫田晃弘, 永松知洋, 片岡隆浩, 山岡聖典

    アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   42nd   2005年

     詳細を見る

  • トロン温泉浴による高血圧症改善に関する基礎的検討

    山岡聖典, 杉江忠之助, 二ツ川章二, 片岡隆浩

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   48th   2005年

     詳細を見る

  • マウスへのX線照射実験における付加フィルタを用いた線量最適化の検討

    川辺睦, 片岡隆浩, 花元克巳, 永松知洋, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   48th   2005年

     詳細を見る

  • 三朝ラドン温泉地区住民の血液中のp53量とSOD活性の特性に関する検討

    山岡聖典, 光延文裕, 小島周二, 柴倉美砂子, 片岡隆浩, 花元克巳, 谷崎勝朗

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   47th   2004年

     詳細を見る

  • 吸入ラドンの体内動態に関する基礎的検討-マウス体内からのラドン娘核種の検出-

    花元克巳, 迫田晃弘, 永松知洋, 片岡隆浩, 渋谷光一, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   47th   2004年

     詳細を見る

  • 無カタラーゼ症マウスにおけるCCl4誘導肝障害とこれに対する低線量X線事後照射による作用に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 野村崇治, 田口勇仁, おう達紘, 花元克巳, 吉良尚平, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   47th   2004年

     詳細を見る

  • 化学発がんの非遺伝毒性的メカニズムの解明に関する最近の動向

    山岡聖典, 花元克巳, 稲恭宏, 片岡隆浩, 川辺睦, 佐野正展, 氏福亜矢子

    岡山大学医学部保健学科紀要   14 ( 1 )   2003年

     詳細を見る

  • ラドン温泉効果とマイナスイオン効果との関係に関する検討-ラドン療法用鉱石由来放射線とマイナスイオンの相関性-

    花元克巳, 永松知洋, 渋谷光一, 片岡隆浩, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   46th   2003年

     詳細を見る

  • 無カタラーゼ症マウスにおけるCCl<sub>4</sub>誘導肝障害とこれに対する低線量X線事前照射による緩和作用に関する検討

    山岡聖典, 片岡隆浩, 野村崇治, 田口勇仁, 花元克巳, おう達紘, 吉良尚平

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   46th   2003年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のレドックス状態の変化特性とDNA酸化損傷の抑制効果の検討

    片岡隆浩, 首藤妃奈, 直江翔太, 矢野準喜, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 花元克巳, 光延文裕, 寺東宏明, 山岡聖典

    日本原子力学会第15回中国・四国支部研究発表会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 正常マウスとリウマチマウスではラドン吸入によるサイトカイン代謝に及ぼす影響は異なる

    直江翔太, 片岡隆浩, 村上海斗, 雪峰諒平, 藤本有希, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会第15回中国・四国支部研究発表会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入はマウス脳・腎臓・小腸のDNA酸化損傷を抑制する

    片岡隆浩, 首藤妃奈, 直江翔太, 矢野凖喜, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 花元克巳, 光延文裕, 寺東宏明, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第64回大会  2021年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月24日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機械学習を用いたラドン吸入後のマウス臓器におけるメタボロミクスデータの解析

    神﨑訓枝, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第64回大会  2021年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月24日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス血液中のサイトカイン代謝に及ぼす効果に関する基礎研究

    直江翔太, 片岡隆浩, 藤本有希, 村上海斗, 雪峰諒平, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第64回大会  2021年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月24日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス血中サイトカインの変化特性に関する検討

    直江翔太, 片岡隆浩, 矢野準喜, 首藤妃奈, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 山岡聖典

    第58回アイソトープ・放射線研究発表会  2021年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月7日 - 2021年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のDNA酸化損傷抑制の濃度依存性に関する検討

    増川祐伎, 片岡隆浩, 首藤妃奈, 直江翔太, 矢野凖喜, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 花元克巳, 光延文裕, 寺東宏明, 山岡聖典

    第58回アイソトープ・放射線研究発表会  2021年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月7日 - 2021年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • トロン吸入とアスコルビン酸投与による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    西微香, 片岡隆浩, 石田毅, 直江翔太, 首藤妃奈, 矢野凖喜, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 光延文裕, 山岡聖典

    第58回アイソトープ・放射線研究発表会  2021年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月7日 - 2021年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるDNA酸化損傷の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,首藤妃奈,矢野準喜,直江翔太,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    第74回日本酸化ストレス学会・第21回日本NO学会 合同学術集会  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月19日 - 2021年5月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • マウスの脳および肝臓中のラドン吸入による硫黄関連代謝物の変化

    神﨑訓枝,迫田晃弘,片岡隆浩,田中裕史,山岡聖典

    第74回日本酸化ストレス学会・第21回日本NO学会 合同学術集会  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月19日 - 2021年5月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • 焦電性結晶による発生X 線の経時変化

    花元克巳,片岡隆浩,山岡聖典

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Low-dose irradiation reduces forced swim test-induced immobility and oxidative stress in mice

    Shota Naoe, Takahiro Kataoka, Hina Shuto, Junki Yano, Tetsuya Nakada, Tsuyoshi Ishida, Keiko Yamato, Katsumi Hanamoto, Takaharu Nomura, Kiyonori Yamaoka

    20th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research ー International  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月15日 - 2021年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Alteration of redox state following radon inhalation depends on the antioxidant capacity of organs

    Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hina Shuto, Junki Yano, Shota Naoe, Hiroshi Tanaka, Katsumi Hanamoto, Hiroaki Terato, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    20th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research ー International  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月15日 - 2021年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低線量X線またはγ線照射による強制水泳誘導の無動時間の抑制効果に関する検討

    首藤妃奈,片岡隆浩,矢野準喜,直江翔太,石田 毅,中田哲也,大和恵子,花元克巳,野村崇治,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第14回研究発表会  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入による諸臓器中のレドックス状態の変化特性に関する比較検討

    矢野準喜,片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,首藤妃奈,直江翔太,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第14回研究発表会  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 放射線技術科学専攻学生の放射線健康影響に関する知識・意識の基礎調査?学習量による意識の変化?

    片岡隆浩,直江翔太,矢野準喜,首藤妃奈,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第14回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中のレドックス状態の評価

    片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,首藤妃奈,矢野準喜,直江翔太,石田毅,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線影響学会第63回大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン子孫核種の皮膚表面への沈着と被ばく線量

    迫田晃弘,石森有,神﨑訓枝,田中裕史,山岡聖典,片岡隆浩,光延文裕

    日本放射線影響学会第63回大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機械学習を用いたメタボローム解析によるラドン吸入の生物学的影響データの総合的な解釈

    神﨑訓枝, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 田中裕史, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第63回大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス四肢の浮腫に及ぼす作用に関する基礎的検討

    矢野準喜, 片岡隆浩, 首藤妃奈, 直江翔太, 神﨑訓枝, 迫田晃弘, 田中裕史, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第63回大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機械学習を用いたメタボローム解析によるラドン吸入の生物学的影響データの総合的

    神?訓枝,迫田晃弘,片岡隆浩,田中裕史,山岡聖典

    日本放射線影響学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス脳・肝臓に及ぼす酸化ストレスの変化特性

    片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,首藤妃奈,矢野準喜,直江翔太,石田毅,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    第73回日本酸化ストレス学会学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月6日 - 2020年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マウス諸臓器中のレドックス状態の違いはラドン吸入による抗酸化機能の亢進に影響する

    片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,首藤妃奈,矢野準喜,直江翔太,石田毅,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    日本原子力学会2020年秋の大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 主成分分析を用いたラドン吸入によるマウス諸臓器中の酸化ストレスの評価

    片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,首藤妃奈,矢野準喜,直江翔太,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    第45回中国地区放射線影響研究会  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • 低線量率γ線照射が強制水泳試験誘導無動時間に与える効果

    中田哲也, 片岡隆浩,野村崇治,首藤妃奈,矢野準喜,直江翔太,花元克巳,山岡聖典

    第45回中国地区放射線影響研究会  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    researchmap

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進がマウス諸臓器中の過酸化水素産生に及ぼす作用

    片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,石田毅,首藤妃奈,矢野準喜,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第13回研究発表会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 低線量放射線による強制水泳試験の無動時間と脳中の酸化ストレスの抑制効果に関する検討

    首藤妃奈,片岡隆浩,矢野準喜,石田毅,中田哲也,大和恵子,花元克巳,野村崇治,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第13回研究発表会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス諸臓器中の過酸化水素産生に関する基礎的検討

    片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,石田毅,首藤妃奈,矢野準喜,田中裕史,花元克巳,寺東宏明,光延文裕,山岡聖典

    第44回中国地区放射線影響研究会  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 低線量X線照射による強制水泳試験誘導マウス酸化ストレスの抑制効果に関する検討

    首藤妃奈,片岡隆浩,矢野準喜,石田毅,中田哲也,大和恵子,花元克巳,野村崇治,山岡聖典

    第44回中国地区放射線影響研究会  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 低線量X線照射によるマウスのうつ病症状に及ぼす作用に関する基礎的検討

    片岡隆浩, 石田毅, 柚木勇人, 大和恵子, 花元克巳, 野村崇治, 山岡聖典

    第56回アイソトープ・放射線研究発表会  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月3日 - 2019年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドン水の皮脂成分への溶解度とその温度依存性に関する検討

    石田 毅,迫田晃弘,片岡隆浩,神崎訓枝,田中裕史,柚木勇人,光延文裕,山岡聖典

    第56回アイソトープ・放射線研究発表会  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月3日 - 2019年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 低線量X線照射によるマウスのうつ病症状に及ぼす作?に関する基礎的検討

    ?岡隆浩, ?? 毅, 柚?勇?, ?和恵?, 花元克?, 野村崇治, ?岡聖典

    第56回アイソトープ・放射線研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月3日 - 2019年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 低線量X線照射がマウスの強制水泳に伴う無動時間に及ぼす影響に関する検討

    片岡隆浩, 石田毅, 柚木勇人, 大和恵子, 花元克巳, 野村崇治, 山岡聖典

    第72回 日本酸化ストレス学会学術集会  2019年6月  札幌

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of low-dose X-irradiation on forced swim stress-induced depression in mice

    Takahiro Kataoka, Tsuyoshi Ishida, Yuto Yunoki, Keiko Yamato, Katsumi Hanamoto, Takaharu Nomura, Kiyonori Yamaoka

    9th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月4日 - 2019年4月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto  

    researchmap

  • LiTaO3 単結晶による発生X 線の結晶表面ーターゲット間距離依存性ー

    花元克巳,片岡隆浩,山岡聖典

    第66回応用物理学会春季学術講演会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月9日 - 2019年3月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • LiTaO3 単結晶による発生X 線の結晶表面-ターゲット間距離依存性?

    花元克巳,片岡隆浩,山岡聖典

    第66回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月9日 - 2019年3月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Radon inhalation has antioxidative effects and suppresses oxidative stress induced damages

    Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka

    The 9th Annual Meeting of the International Society of Radiation Neurobiology  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagashima  

    researchmap

  • 低線量X線照射とアスコルビン酸投与の併用によるマウス脳中の酸化ストレス緩和に関する基礎的検討

    柚木勇人, 片岡隆浩, 神﨑訓枝, 小橋佑介, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第12回研究発表会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福山  

    researchmap

  • 焦電性結晶によるX線発生装置の開発ーX線発生とギャップ間との関係に関してー

    首藤妃奈,花元克巳,片岡隆浩,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第12回研究発表会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福山  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚への作用に関する検討ー皮脂諸成分への溶解度とその温度依存性ー

    石田毅, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 神﨑訓枝, 田中裕史, 柚木勇人, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第12回研究発表会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福山  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚への作用に関する検討?皮脂諸成分への溶解度とその温度依存性?

    石田毅,迫田晃弘,片岡隆浩,神?訓枝,田中裕史,柚木勇人,石森有,光延文裕,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第12回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福山  

    researchmap

  • 焦電性結晶によるX線発生装置の開発?X線発生とギャップ間との関係に関して?

    首藤妃奈,花元克巳,片岡隆浩,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第12回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福山  

    researchmap

  • X線照射によるマウス脳の酸化ストレス状態の変化特性に関する検討

    片岡隆浩, 神﨑訓枝, 柚木勇人, 小橋佑介, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第61回大会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月7日 - 2018年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

    researchmap

  • ラドンの皮脂成分での溶解特性

    石田毅, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 神﨑訓枝, 田中裕史, 小橋佑介, 柚木勇人, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第61回大会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月7日 - 2018年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

    researchmap

  • 曖昧な低線量放射線影響の評価に向けた機械学習によるビジュアライズ手法の提案

    神﨑訓枝, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 山岡聖典

    日本放射線影響学会第61回大会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月7日 - 2018年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果に関する検討

    笹岡香織, 片岡隆浩, 神﨑訓枝, 小橋祐介, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    日本原子力学会 2018年秋の大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • ラドンとトロンの吸入によるマウス諸臓器中の酸化ストレス緩和効果に関する比較検討

    小橋佑介,片岡隆浩,神﨑訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石田毅,柚木勇人,石森有,光延文裕,山岡聖典

    日本原子力学会 2018年秋の大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討 皮脂への溶解度

    石田毅, 迫田晃弘, 片岡隆浩, 神﨑訓枝, 田中裕史, 小橋佑介, 柚木勇人, 石森有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本原子力学会 2018年秋の大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • X線照射によるマウス脳中の酸化ストレス状態の変化特性に関する検討

    柚木勇人, 片岡隆浩, 神﨑訓枝, 小橋佑介, 石田毅, 山岡聖典

    日本原子力学会 2018年秋の大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月5日 - 2018年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • X線照射によるマウス脳中抗酸化機能の変化特性に関する検討

    片岡隆浩,神﨑訓枝,柚木勇人,小橋佑介,石田毅,花元克巳,山岡聖典

    第43回中国地区放射線影響研究会  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討?皮脂成分への溶解特性?

    石田毅,迫田晃弘,片岡隆浩,神﨑訓枝,田中裕史,小橋佑介,柚木勇人,石森有,光延文裕,山岡聖典

    第43回中国地区放射線影響研究会  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • 酸化ストレス疾患に対するラドン吸入と関連薬剤投与の抑制効果の比較検討

    神﨑訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 石田 毅, 柚木勇人, 迫田晃弘, 石森 有, 山岡聖典

    第55回アイソトープ・放射線研究発表会  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月4日 - 2018年7月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • X線照射がマウス脳に及ぼす酸化ストレスの評価

    片岡隆浩, 神﨑訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田 毅, 花元克巳, 山岡聖典

    第55回アイソトープ・放射線研究発表会  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月4日 - 2018年7月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 機械学習による低線量放射線と関連薬剤の効能比較

    神﨑訓枝, 片岡隆浩, 小橋佑介, 石田毅, 柚木勇人, 迫田晃弘, 石森有, 山岡聖典

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2018年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月17日 - 2018年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • X線照射がマウス脳に及ぼす酸化ストレスの線量と経過時間依存性の検討

    片岡隆浩, 神﨑訓枝, 笹岡香織, 小橋佑介, 柚木勇人, 石田毅, 花元克巳, 山岡聖典

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2018年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月17日 - 2018年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 低線量放射線がマウス脳に及ぼす酸化ストレスの検討

    片岡隆浩,神?訓枝,笹岡香織,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,花元克巳,山岡聖典

    日本原子力学会 2018年春の年会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月26日 - 2018年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • LiTaO3単結晶による発生X 線の結晶表面-ターゲット間距離依存性

    花元克巳,片岡隆浩,山岡聖典

    第65回応用物理学会春季学術講演会  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月17日 - 2018年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Comparative study on the inhibitory effects of radon inhalation or ascorbic acid treatment after transient global cerebral ischemic injury in gerbils

    Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Kaori Sasaoka, Yusuke Kobashi, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    The 8th Annual Meeting of the International Society of Radiation Neurobiology  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月9日 - 2018年2月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Knowledge discovery of protective effects of hot spring water drinking and radon inhalation on ethanol-induced gastric mucosal injury by artificial neural network

    Norie Kanzaki, Takahiro Kataoka, Yusuke Kobashi, Yuto Yunoki, Tsuyoshi Ishida, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Akihiro Kanagawa, Kiyonori Yamaoka

    The 8th Annual Meeting of the International Society of Radiation Neurobiology  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月9日 - 2018年2月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The comparison of antioxidative effects of radon and thoron inhalation on mouse brain

    Yusuke Kobashi, Takahiro Kataoka, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Yuu Ishimori, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    The 8th Annual Meeting of the International Society of Radiation Neurobiology  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月9日 - 2018年2月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 放射線安全の観点からみたプレガバリンの副作用低減を考慮したラドン療法併用による費用対効果に関する検討

    麓有希,片岡隆浩,神?訓枝,山岡聖典

    第50回 安全工学研究発表会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月25日 - 2017年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス脳中のSOD活性の増加の機構とその生物学的意義

    片岡隆浩,神?訓枝,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    日本放射線影響学会第60回大会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月25日 - 2017年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン療法新規適応症探索のための抗酸化機能などを指標にした機械学習によるデータ解析

    神?訓枝,片岡隆浩,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    日本放射線影響学会第60回大会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月25日 - 2017年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドンとトロンの吸入による生物学的効果に関する比較検討?小動物用トロン吸入装置の試作と抗酸化機能の比較?

    小橋佑介,片岡隆浩,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森有,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線影響学会第60回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月25日 - 2017年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良型自己組織化マップ法による文献データに基づく低線量放射線の健康影響の評価

    神崎訓枝,片岡隆浩,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第11回研究発表会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月20日 - 2017年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小動物用トロン吸入装置の試作とこれを用いたラドンとトロンの吸入効果比較の基礎的検討

    小橋佑介,片岡隆浩,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森有,光延文裕,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第11回研究発表会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月20日 - 2017年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス脳におけるMn-SODの誘導合成機構の検討

    片岡隆浩,神崎訓枝,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第11回研究発表会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月20日 - 2017年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機械学習を用いた低線量放射線による疾患抑制効果に関するデータ解析

    神?訓枝,片岡隆浩,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    日本原子力学会2017年秋の大会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月13日 - 2017年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス脳中のMn-SOD活性の増加に伴う疾患・老化の抑制の可能性

    片岡隆浩,神?訓枝,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    日本原子力学会2017年秋の大会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月13日 - 2017年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入による健康影響を示す多次元データを写像した2次元マップでの評価

    神崎訓枝,片岡隆浩,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    平成29年度若手放射線生物学研究会専門研究会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月2日 - 2017年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アルコール誘導マウス胃粘膜障害に対するラドンの吸入と飲泉による抑制効果の比較検討

    石田毅,片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    平成29年度若手放射線生物学研究会専門研究会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月2日 - 2017年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス脳におけるMn-SOD合成関連たんぱく変化量の相関性に着目した酸化ストレス状態の検討

    片岡隆浩,神崎訓枝,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    平成29年度若手放射線生物学研究会専門研究会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月2日 - 2017年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機械学習を用いたデータ解析による薬剤治療とラドン療法の比較検討

    神?訓枝,片岡隆浩,小橋佑介,石田毅,柚木勇人,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    第42回中国地区放射線影響研究会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入による脳中SOD活性とNF-κBの機能の変化特性

    片岡隆浩,神?訓枝,小橋佑介,柚木勇人,石田毅,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    第42回中国地区放射線影響研究会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低線量放射線による疾患抑制の可能性に関する機械学習を用いた特徴抽出

    神?訓枝,片岡隆浩,笹岡香織,小橋佑介,石田毅,柚木勇人,迫田晃弘,石森有,山岡聖典

    第54回アイソトープ・放射線研究発表会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月5日 - 2017年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドン吸入によるシスプラチン誘導腎障害の抑制に関するマウス系統差の比較検討

    笹岡香織,片岡隆浩,神?訓枝,小橋祐介,迫田晃弘,石森 有,山岡聖典

    第54回アイソトープ・放射線研究発表会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月5日 - 2017年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドンの吸入と飲泉の差異によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制効果の比較検討

    片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第54回アイソトープ・放射線研究発表会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月5日 - 2017年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドンの吸入と飲泉によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制作用の機序に関する比較検討

    片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月28日 - 2017年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば  

    researchmap

  • 低線量放射線による疾患抑制効果と抗酸化機能の関連についての機械学習を用いた検討

    神?訓枝,片岡隆浩,小橋佑介,石田 毅,柚木勇人,迫田晃弘,石森 有,山岡聖典

    第70回日本酸化ストレス学会学術集会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月28日 - 2017年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば  

    researchmap

  • ラドンの吸入または飲泉によるアルコール誘導マウス胃粘膜障害の抑制効果における抗酸化機能の関与

    片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    日本原子力学会2017年春の年会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月27日 - 2017年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:平塚  

    researchmap

  • 焦電性結晶によるX線イメージングの可能性

    花元克巳,片岡?浩,山岡聖典

    第64回応用物理学会春季学術講演会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月14日 - 2017年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • ラドン療法の適応症に関する機構解明と新規探索

    山岡聖典,片岡隆浩

    日本放射線影響学会第59回大会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月26日 - 2016年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 焦電性結晶による発生X線の気圧特性と線量測定

    花元克巳,片岡?浩,山岡聖典

    低線量放射線健康影響研究会2016  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入による炎症・疼痛の緩和効果に関する我々の研究動向

    片岡?浩,神?訓枝,西山祐一,大和恵子,花元克巳,山岡聖典

    低線量放射線健康影響研究会2016  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自己組織化マップの機械学習を用いた放射線とアルコールのマウス肝臓への酸化ストレス評価法

    神?訓枝,片岡隆浩,恵谷玲央,笹岡香織,金川明弘,山岡聖典

    低線量放射線健康影響研究会2016  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるシスプラチン誘導マウス腎障害への効果に関する検討

    笹岡香織,片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,迫田晃弘,石森 有,山岡聖典

    低線量放射線健康影響研究会2016  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン温泉におけるアルコール誘導胃粘膜障害の抑制効果に関する検討

    片岡?浩,神?訓枝,西山祐一,大和恵子,花元克巳,山岡聖典

    低線量放射線健康影響研究会2016  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドンとプレガバリンによるマウス神経障害性疼痛の緩和相加効果には抗酸化機能が関与する

    ラドンとプレガバリンによるマウス神経障害性疼痛の緩和相加効果には抗酸化機能が関与する

    低線量放射線健康影響研究会2016  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入とプレガバリン投与の併用によるマウス神経障害性疼痛への抑制相加効果

    堀江駿介,片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,笹岡香織,小橋佑介,花元克巳,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第10回研究発表会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アルコール誘導マウス胃粘膜障害へのラドンの吸入と飲泉による抑制効果の組織・病理学的比較検討

    石田 毅,片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第10回研究発表会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入とアスコルビン酸投与による一過性脳虚血に伴う神経細胞障害の抑制効果の比較検討

    片岡隆浩,神?訓枝,笹岡香織,小橋佑介,花元克己,田口勇仁,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第10回研究発表会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入とX線照射によるマウス肝臓への酸化ストレスの比較検討

    神?訓枝,片岡隆浩,笹岡香織,小橋佑介,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第10回研究発表会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 三朝ラドン効果研究の意義と近年の研究動向

    片岡隆浩,神崎訓枝,笹岡香織,小橋佑介,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    第41回中国地区放射線影響研究会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入とプレガバリン投与の併用はマウス神経障害性疼痛に対し相加効果がある

    片岡隆浩,堀江駿介,恵谷玲央,神?訓枝,笹岡香織,小橋佑介,花元克巳,山岡聖典

    第53回アイソトープ・放射線研究発表会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月6日 - 2016年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 自己組織化マップを用いた低線量放射線によるマウス肝臓への酸化ストレスの評価

    神?訓枝,片岡隆浩,恵谷玲央,笹岡香織,金川明弘,山岡聖典

    第53回アイソトープ・放射線研究発表会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月6日 - 2016年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入がシスプラチン誘導マウス腎障害に及ぼす効果

    笹岡香織,片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,迫田晃弘,石森 有,山岡聖典

    第53回アイソトープ・放射線研究発表会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月6日 - 2016年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自己組織化マップを用いたラドン吸入による微量酸化ストレスの各種評価

    神?訓枝,片岡隆浩,恵谷玲央,笹岡香織,小橋祐介,金川明弘,山岡聖典

    日本原子力学会2016年春の年会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月26日 - 2016年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 一過性虚血に伴うスナネズミ脳細胞障害に対するラドン吸入と抗酸化ビタミン剤摂取による抑制効果の比較検討

    片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,笹岡香織,小橋佑介,田口勇仁,山岡聖典

    日本原子力学会2016年春の年会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月26日 - 2016年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • LiTaO3 単結晶による発生X線の平均温度変化率依存性

    花元克巳,片岡?浩, 山岡 聖典

    第63回応用物理学会春季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月19日 - 2016年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入がリポ多糖経鼻投与に伴う肺中の抗酸化物質に及ぼす効果

    中田哲也,片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,迫田晃弘,石森有,田口勇仁,山岡聖典

    放射線安全管理学会第14回学術大会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月2日 - 2015年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自己組織化マップを用いたラドン吸入による肝臓への酸化ストレスの評価

    神?訓枝,片岡隆浩,恵谷玲央,笹岡香織,金川明弘,山岡聖典

    放射線ワークショップ  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月16日 - 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入またはアスコルビン酸投与によるスナネズミ一過性脳虚血に伴う細胞障害の抑制に関する検討

    片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,笹岡香織,堀江駿介,小橋佑介,田口勇仁,山岡聖典

    放射線ワークショップ  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月16日 - 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン温泉における吸入または飲泉による高尿酸血症の抑制効果の比較検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,神?訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    放射線ワークショップ  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月16日 - 2015年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるSOD活性の増加がスナネズミ一過性脳虚血に伴う細胞障害抑制に有効に働く

    片岡隆浩,恵谷玲央,神?訓枝,笹岡香織,田口勇仁,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第9回研究発表会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自己組織化マップによるラドン吸入とアルコール摂取の酸化ストレスの比較

    神?訓枝,片岡隆浩,恵谷玲央,笹岡香織,金川明弘,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第9回研究発表会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるシスプラチン誘導マウス腎障害の緩和の可能性

    笹岡香織,片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,迫田晃弘,石森 有,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第9回研究発表会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入とアルコール摂取による酸化ストレスの比較

    神?訓枝,片岡隆浩,恵谷玲央,笹岡香織,堀江駿介,山岡聖典

    平成27年度 若手放射線生物学研究会専門研究会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月8日 - 2015年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるSOD活性の増加はなぜ起こるのか?

    片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,笹岡香織,堀江駿介,小橋佑介,迫田晃弘,石森 有,山岡聖典

    平成27年度 若手放射線生物学研究会専門研究会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月8日 - 2015年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン温泉の飲泉がオキソン酸誘導マウス高尿酸血症に及ぼす効果の検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,神崎訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    平成27年度 若手放射線生物学研究会専門研究会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月8日 - 2015年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるXOD活性の減少は尿酸値の増加を抑制する

    恵谷玲央,片岡隆浩,神崎訓枝,中田哲也,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    第52回アイソトープ・放射線 研究発表会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月8日 - 2015年7月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるSOD活性の増加作用に関する分子機序の検討

    片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,中田哲也,迫田晃弘,石森 有,山岡聖典

    第52回アイソトープ・放射線 研究発表会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月8日 - 2015年7月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進は高尿酸血症の症状緩和に有効に働く

    恵谷玲央,片岡隆浩,神崎訓枝,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    第68回日本酸化ストレス学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月11日 - 2015年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス脳中SOD活性の増加とその機構に関する考察

    片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,小橋佑介,迫田晃弘,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    第68回日本酸化ストレス学会学術集会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月11日 - 2015年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Study on inhibitory effects of radon inhalation on hyperuricemia in mice

    Reo Etani, Takahiro Kataoka, Norie kanzaki, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    15th International Congress of Radiation Research  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月25日 - 2015年5月29日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Measurements of radon concentration in mouse blood following radon inhalation

    Yuu Ishimori, Hiroshi Tanaka, Akihiro Sakoda, Takahiro Kataoka, Kiyonori Yamaoka, Fumihiro Mitsunobu

    15th International Congress of Radiation Research  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月25日 - 2015年5月29日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Comparative study on oxidative stress effects induced by radon inhalation with alcohol administration in mouse liver

    Norie Kanzaki, Takahiro Kataoka, Reo Etani, Kaori Sasaoka, Shunsuke Horie, Kiyonori Yamaoka

    15th International Congress of Radiation Research  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月25日 - 2015年5月29日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Study on response of antioxidant enzymes in mice organs to radon inhalation

    Takahiro Kataoka, Reo Etani, Norie Kanzaki, Tetsuya Nakada, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Kiyonori Yamaoka

    15th International Congress of Radiation Research  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月25日 - 2015年5月29日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • LiTaO3単結晶による発生X線の温度差に対する変化

    花元克巳,片岡?浩, 山岡 聖典

    第62回応用物理学会春季学術講演会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月11日 - 2015年3月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入がオキソン酸誘導マウス高尿酸血症に及ぼす効果の検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,神崎訓枝,中田哲也,迫田晃弘,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    平成27年若手放射線生物学研究会第5回勉強会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月31日 - 2015年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スナネズミ一過性脳虚血に伴う海馬CA1領域の細胞死の抑制効果に如何なる抗酸化物質が有効か?

    片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,中田哲也,田口勇仁,山岡聖典

    平成27年若手放射線生物学研究会第5回勉強会  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月31日 - 2015年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入による抗酸化機能の亢進が一過性脳虚血に伴うスナネズミ細胞障害に及ぼす効果

    片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,中田哲也,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第57回大会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月1日 - 2014年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン含有の吸入と飲泉によるマウス1型糖尿病の抑制効果の比較検討

    片岡隆浩,西山祐一,迫田晃弘,恵谷玲央,神崎訓枝,田中裕史,石森有,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線影響学会第57回大会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月1日 - 2014年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果における抗酸化機能の関与の検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,西山祐一,迫田晃弘,神崎訓枝,田中裕史,石森有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第57回大会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月1日 - 2014年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Protective effects of radon inhalation on transient global cerebral ischemic injury in gerbils

    Takahiro Kataoka, Reo Etani, Yuji Takata, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    60th Annual Meeting of the Radiation Research Society  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月21日 - 2014年9月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Combined effects of radon and antioxidant vitamin on acute alcohol induced hepatopathy in mouse

    Reo Etani, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Kiyonori Yamaoka

    1st Educational Symposium on RADIATION and HEALTH by young scientist  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月21日 - 2014年9月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与の併用によるアルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,西山祐一,高田裕司,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第8回研究発表会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるSOD の活性増加の濃度・吸入時間依存性およびその局在に関する検討

    片岡隆浩,恵谷玲央,神崎訓枝,中田哲也,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第8回研究発表会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウス腎臓におけるラドン吸入による抗酸化機能の亢進と関連疾患抑制の検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,西山祐一,迫田晃弘,神崎訓枝,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第67回日本酸化ストレス学会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月4日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極微量放射性物質塗布によるマウス炎症性浮腫の抑制効果

    片岡隆浩,高田裕司,恵谷玲央,西山祐一,川辺 睦,花元克己,神崎訓枝,中田哲也,田口勇仁,山岡聖典

    第67回日本酸化ストレス学会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月4日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン温泉において糖尿病の抑制に吸入と飲泉はどちらが有効か

    山岡聖典,片岡隆浩,西山祐一,恵谷玲央,神崎訓枝,光延文裕,石森 有,迫田晃弘,田中裕史

    第67回日本酸化ストレス学会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月4日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マウス神経障害性疼痛の緩和効果に関するラドン吸入とプレガバリン投与の比較

    恵谷玲央,片岡隆浩,高田裕司,中田哲也,神崎訓枝,山岡聖典

    平成26年度 京都大学原子炉実験所専門研究会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月9日 - 2014年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン含有の吸入または飲泉がマウス糖尿病に及ぼす効果

    片岡隆浩,西山祐一,迫田晃弘,恵谷玲央,神崎訓枝,田中裕史,石森 有,光延文裕,山岡聖典

    平成26年度 京都大学原子炉実験所専門研究会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月9日 - 2014年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スナネズミ一過性脳虚血に伴う神経細胞障害に対するラドン吸入による抑制効果

    片岡隆浩,恵谷玲央,高田裕司,川辺 睦,田口勇仁,山岡聖典

    第51回アイソトープ・放射線 研究発表会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月7日 - 2014年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    恵谷玲央,片岡隆浩,高田裕司,西山祐一,迫田晃弘,石森有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第51回アイソトープ・放射線 研究発表会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月7日 - 2014年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effects of radon inhalation on oxidative damage and possibility of clinical application for lifestyle diseases

    Fumihiro Mitsunobu, Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Kiyonori Yamaoka

    39th World Congress of International Society of Medical Hydrology and Climatology  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月11日 - 2014年5月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低線量放射線の健康影響研究:ラドン吸入による一過性脳虚血に伴う細胞障害の抑制効果

    片岡隆浩,恵谷玲央,西山祐一,高田裕司,田口勇仁,山岡聖典

    日本原子力学会2014年春の年会  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月26日 - 2014年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Our recent studies on activation of antioxidant system by radon inhalation and its applicable possibility for treatment of inflammation and pain

    Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Reo Etani, Yuji Takata, Kiyonori Yamaoka

    17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月23日 - 2014年3月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与の併用による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,西山祐一,高田裕司,山岡聖典

    文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯」を見渡す放射線生物・医学の学際教育  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月25日 - 2014年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分  

    researchmap

  • ラドン吸入によるスナネズミ一過性脳虚血に伴う細胞障害の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩,恵谷玲央,西山祐一,高田裕司,田口勇仁,山岡聖典

    文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯」を見渡す放射線生物・医学の学際教育  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月25日 - 2014年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分  

    researchmap

  • マウス炎症症状に対する極微量放射性クリームの抑制効果に関する検討

    高田裕司,片岡隆浩,恵谷玲央,西山祐一,大和恵子,田口勇仁,山岡聖典

    文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯」を見渡す放射線生物・医学の学際教育  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月25日 - 2014年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分  

    researchmap

  • ラドン雰囲気におけるマウスの臓器吸収線量の系統的検討

    迫田晃弘,石森 有,田中裕史,山岡聖典,片岡隆浩,西山祐一,光延文裕

    日本放射線影響学会第56回大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月18日 - 2013年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:青森  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    片岡隆浩,西山祐一,恵谷玲央,高田裕司,迫田晃弘,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第56回大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月18日 - 2013年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青森  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス炎症性腸疾患の症状緩和に関する検討

    西山祐一,片岡隆浩,恵谷玲央,大和恵子,高田裕司,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第56回大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月18日 - 2013年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:青森  

    researchmap

  • マウスへのラドン吸入と抗酸化ビタミン投与による抗酸化作用の比較検討

    片岡隆浩,西山祐一,恵谷玲央,高田裕司,迫田晃弘,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    日本原子力学会中国・四国支部第7回研究発表会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:呉  

    researchmap

  • ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与によるマウス肝障害の抑制の相乗効果に関する検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,西山祐一,大和恵子,高田裕司,山岡聖典

    第50回アイソトープ・放射線研究発表会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 極微量放射性クリームがマウス炎症性足浮腫に及ぼす効果に関する検討

    高田裕司,片岡隆浩,恵谷玲央,西山祐一,大和恵子,田口勇仁,山岡聖典

    第50回アイソトープ・放射線研究発表会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス大腸炎の抑制効果に関する検討

    西山祐一,片岡隆浩,大和恵子,田口勇仁,山岡聖典

    第50回アイソトープ・放射線研究発表会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • PCXMCにおいて線量計算に影響を与える因子

    川辺 睦,花元克巳,飯島 順,熊代正行,片岡隆浩,山岡聖典

    第46回日本保健物理学会研究発表会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月24日 - 2013年6月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • ラドン吸入試験におけるマウスの線量評価

    迫田晃弘,石森 有,田中裕史,山岡聖典,片岡隆浩,西山祐一,光延文裕

    第46回日本保健物理学会研究発表会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月24日 - 2013年6月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス炎症性腸疾患の抑制効果に関する検討

    西山祐一,片岡隆浩,大和恵子,田口勇仁,山岡聖典

    第66回日本酸化ストレス学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日 - 2013年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • ラドン吸入によるCCl4誘導マウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性

    片岡隆浩,西山祐一,恵谷玲央,高田裕司,豊田晃章,迫田晃弘,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第66回日本酸化ストレス学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日 - 2013年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • ラドン吸入による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討

    豊田晃章,片岡隆浩,西山祐一,田口勇仁,山岡聖典

    第66回日本酸化ストレス学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日 - 2013年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Studies on effects of radon inhalation on oxidative damage in mice using a new facility for exposing small animals to radon

    Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka

    3rd Asian Congress of Radiation Research  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月10日 - 2013年5月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北京  

    researchmap

  • 広範囲な気圧下でのLiTaO3単結晶による発生X線と放出電荷

    花元克巳,川辺 睦,片岡隆浩,山岡聖典

    第60回応用物理学会春季学術講演会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月27日 - 2013年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 電性結晶による小型X線源の開発?低気圧下での電子電流と発生X線?

    花元克巳,川辺 睦,片岡隆浩,山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第11回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月4日 - 2012年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 広範囲な気圧下でのLiTaO3単結晶による発生X線

    花元克巳,眞鍋政樹,川辺 睦,片岡隆浩,山岡聖典

    第73回応用物理学会学術講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月11日 - 2012年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マウス肝臓・腎臓におけるラドン吸入による抗酸化機能亢進とビタミン作用との比較

    片岡隆浩,西山祐一,迫田晃弘,大和恵子,森井佑至,恵谷玲央,高田裕司,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第55回大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月6日 - 2012年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス神経障害性疼痛の予防と緩和の効果に関する検討

    大和恵子,片岡隆浩,西山祐一,花元克巳,川辺 睦,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第55回大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月6日 - 2012年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン療法による?型糖尿病の症状緩和に関する一考察

    西山祐一,片岡隆浩,迫田晃弘,大和恵子,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第55回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月6日 - 2012年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マウス肝障害に対するラドン吸入とビタミンC・E投与による抗酸化作用の比較検討

    恵谷玲央,片岡隆浩,森井佑至,西山祐一,大和恵子,高田裕司,迫田晃弘,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    平成24年度京都大学原子炉実験所専門研究会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月17日 - 2012年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン健康効果に関する最近の我々の研究動向

    片岡隆浩,西山祐一,大和恵子,森井佑至,恵谷玲央,高田裕司,迫田晃弘,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    平成24年度京都大学原子炉実験所専門研究会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月17日 - 2012年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス?型糖尿病の抑制効果の検討

    西山祐一,片岡隆浩,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    平成24年度京都大学原子炉実験所専門研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月17日 - 2012年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウス肝障害に対するラドン吸入とビタミンC・E投与による各抗酸化作用の比較検討

    森井佑至,片岡隆浩,西山祐一,迫田晃弘,大和恵子,恵谷玲央,高田裕司,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    第49回アイソトープ・放射線研究発表会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月9日 - 2012年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入による炎症性疼痛と神経障害性疼痛の緩和効果に関する検討

    大和恵子,片岡隆浩,西山祐一,田口勇仁,山岡聖典

    第49回アイソトープ・放射線研究発表会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月9日 - 2012年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入による?型糖尿病マウスの抑制効果に関する検討

    西山祐一,片岡隆浩,大和恵子,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第49回アイソトープ・放射線研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月9日 - 2012年7月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン吸入によるストレプトゾトシン誘導マウス1型糖尿病の抑制効果に関する検討

    西山祐一,片岡隆浩,大和恵子,迫田晃弘,田中裕史,石森 有,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第65回日本酸化ストレス学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月7日 - 2012年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極微量ウラン子孫核種の吸入による抗酸化機能の亢進に関するビタミン投与との比較による定量化

    片岡隆浩,西山祐一,迫田晃弘,大和恵子,恵谷玲央,高田裕司,森井佑至,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    第65回日本酸化ストレス学会学術集会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月7日 - 2012年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 診断X線装置における設定管電流が入射線量に与える影響

    川辺睦,花元克巳,迫田晃弘,三村秀文,山田一孝,岸本海織,片岡隆浩,飯島順,熊代正行,山岡聖典

    第103回医学物理学会学術大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月12日 - 2012年4月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • LiTaO3単結晶によるX線発生持続時間の気圧依存性時間の気圧依存性

    花元克巳,川辺 睦,迫田晃弘,片岡隆浩,岡田麻里,山岡聖典

    第59回応用物理学関係連合講演会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月15日 - 2012年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • PCXMCにおける管電流時間積に基づく線量計算の評価

    川辺睦,花元克巳,迫田晃弘,片岡隆浩,飯島順,山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第10回学術大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月30日 - 2011年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • ラドン吸入によるカラゲニン誘導マウス炎症性足浮腫の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩,寺岡准一,西山祐一,迫田晃弘,大和恵子,石森 有,野村崇治,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第54回大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月17日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウス炎症性疼痛の緩和効果に関する検討

    大和恵子,片岡隆浩,西山祐一,寺岡准一,森井佑至,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第54回大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月17日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 四塩化炭素誘導マウス臓器障害に対するラドンの事前と事後吸入の抑制効果の比較検討

    西山祐一,片岡隆浩,寺岡准一,迫田晃弘,大和恵子,石森 有,山岡聖典

    日本放射線影響学会第54回大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月17日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 四塩化炭素誘導マウス肝障害に対するラドンとアスコルビン酸の各抗酸化作用の比較検討

    寺岡准一,片岡隆浩,西山祐一,森井佑至,大和恵子,迫田晃弘,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第54回大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月17日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • マウスにおけるラドン子孫核種吸入による肺の線量評価

    深尾光佑,迫田晃弘,石森 有,片岡隆浩,花元克巳,川辺 睦,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線影響学会第54回大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月17日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 焦電性結晶による低線量X線源の開発?発生電圧の定量的評価?

    花元克巳,迫田晃弘,川辺睦,片岡隆浩,山岡聖典

    日本放射線影響学会第54回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月17日 - 2011年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • マウス体内における吸入ラドンの挙動に関する研究

    石森 有,迫田晃弘,田中裕史,片岡隆浩,山岡聖典,光延文裕

    日本保健物理学会第44回研究発表会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月17日 - 2011年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:水戸  

    researchmap

  • ラドンおよび子孫核種の吸入による体内線量の計算?マウス、ラット、ヒトにおける違い?

    迫田晃弘,石森 有,深尾光佑,片岡隆浩,田中裕史,川辺 睦,花元克巳,光延文裕,山岡聖典

    日本保健物理学会第44回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月17日 - 2011年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:水戸  

    researchmap

  • CT透視下IVRにおける術者の手指被曝評価

    川辺 睦、迫田晃弘、片岡隆浩、三村秀文

    第27回診療放射線技師総合学術大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月16日 - 2011年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青森  

    researchmap

  • A comparative study on effect of prior or post radon inhalation on carbon tetrachloride induced oxidative damage in some organs of mouse

    Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Junichi Teraoka, Akihiro Saokda, Keiko Yamato, Yuu Ishimori, Kiyonori Yamaoka

    5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia, 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine, 11th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月31日 - 2011年9月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kagoshima  

    researchmap

  • Recent studies on possibility for alleviation of oxidative damage and inflammation by low-dose irradiation

    Takahiro Kataoka, Masaaki Yoshimoto, Yuichi Nishiyama, Junichi Teraoka, Keiko Yamato, Akihiro Saokda, Takehito Tagichi, Kiyonori Yamaoka

    5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia, 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine, 11th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月31日 - 2011年9月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kagoshima  

    researchmap

  • 低気圧下でのLiTaO3単結晶による放出電子と発生X線

    花元克巳,冨永裕樹,川辺 睦,迫田晃弘,片岡隆浩,岡田麻里,山岡聖典

    第72 回応用物理学会学術講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月29日 - 2011年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山形  

    researchmap

  • 低線量X線照射によるマウス浮腫の抑制効果に関する検討

    吉本雅章,片岡隆浩,田口勇仁,山岡聖典

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月6日 - 2011年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドン吸入によるマウスの抗酸化機能亢進と疾患抑制効果に関する最近の研究動向

    片岡隆浩,迫田晃弘,吉本雅章,西山祐一,大和恵子,寺岡准一,豊田晃章,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月6日 - 2011年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドンガス吸入による肺線量の評価?ヒトと実験小動物間の比較?

    迫田晃弘,石森 有,田中裕史,片岡隆浩,川辺 睦,花元克巳,山岡聖典

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月6日 - 2011年7月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドン吸入装置の開発とこれを用いたマウスカラゲニン誘導浮腫の抑制効果に関する検討

    片岡隆浩,寺岡准一,迫田晃弘,西山祐一,大和恵子,野村崇治,石森 有,田口勇仁,山岡聖典

    第64回日本酸化ストレス学会学術集会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月3日 - 2011年7月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道  

    researchmap

  • LiTaO3単結晶により発生するX線の気圧依存性

    花元克巳,川辺 睦,迫田晃弘,片岡隆浩,岡田麻里,山岡聖典

    第58回応用物理学関係連合講演会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月24日 - 2011年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川  

    researchmap

  • 吸入ラドンガスに起因した線量の解析

    迫田晃弘,石森 有,片岡隆浩,川辺 睦,花元克巳,山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第9回学術大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月1日 - 2010年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 産業動物X線撮影における放射線管理

    川辺 睦,迫田晃弘,花元克巳,片岡隆浩,山田一孝,佐藤 斉,山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第9回学術大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月1日 - 2010年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • トロン温熱浴が加齢に伴う疾患に及ぼす影響に関する検討

    青山 裕, 片岡隆浩,中川慎也,迫田 晃弘, 石森 有, 光延文裕, 山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第9回学術大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月1日 - 2010年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学病院(三朝)におけるラドン療法用の温泉水中,および周辺空間中ラドン濃度の特性

    迫田晃弘,石森 有,西山祐一,片岡隆浩,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第9回学術大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月1日 - 2010年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラドン子孫核種の吸入線量評価に向けたマウス肺気道における粒子の沈着効率の解析

    迫田晃弘,深尾光佑,石森 有,花元克巳,川辺 睦,片岡隆浩,西山祐一,山岡聖典

    日本放射線影響学会第53回大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月20日 - 2010年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入に対するマウス臓器別感受性に関する検討

    片岡隆浩,迫田晃弘,石森 有,豊田晃章,西山祐一,花元克巳,川辺 睦,田中裕史,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線影響学会第53回大会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月20日 - 2010年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超低温下におけるイメージングプレートのガンマ線応答

    迫田晃弘,石森有,片岡隆浩,花元克巳,川辺睦,田中裕史,山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第8回学術大会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月2日 - 2009年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 獣医療におけるエックス線撮影時の保定者被曝

    川辺睦,花元克巳,片岡隆浩,迫田晃弘,山岡聖典

    日本放射線安全管理学会第8回学術大会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月2日 - 2009年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • トロン温泉の生活習慣病に対する医学的効果の基礎的検討

    中川慎也,片岡隆浩,迫田晃弘,石森 有,吉田 昭,山岡聖典

    日本放射線影響学会第52回大会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月11日 - 2009年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラドン吸入による四塩化炭素誘導マウス肝障害の抑制効果とその最適吸入条件の検討

    片岡隆浩,迫田晃弘,野村崇治,石森 有,豊田晃章,西山祐一,吉本雅章,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第52回大会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月11日 - 2009年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 低線量X線照射による凍結マウス脳損傷の抑制効果の病理学的検討

    吉本雅章,片岡隆浩,中川慎也,豊田晃章,西山祐一,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第52回大会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月11日 - 2009年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 低線量X線照射によるマウス慢性アルコール障害の抑制効果の検討

    豊田晃章,片岡隆浩,西山祐一,吉本雅章,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第52回大会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月11日 - 2009年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 微量ラドン放出健康製品の諸特性とその生体的効果に関する基礎的検討

    中川慎也,青山 裕,片岡隆浩,迫田晃弘,吉本雅章,石森 有,川辺 睦,花元克巳,光延文裕,山岡聖典

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月1日 - 2009年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウスのアルコール摂取に伴う酸化障害に及ぼすラドンの作用に関する検討

    豊田晃章,片岡隆浩,迫田晃弘,吉本雅章,山本祐紀,石森 有,花元克巳,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月1日 - 2009年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低線量X線照射およびラドン吸入による抗酸化機能の亢進と活性酸素由来諸症状の緩和効果に関する最近の研究成果

    片岡隆浩,迫田晃弘,中川慎也,吉本雅章,野村崇冶,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典

    第62回日本酸化ストレス学会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月11日 - 2009年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小動物のラドン吸入試験設備の開発

    石森 有,光延文裕,山岡聖典,片岡隆浩,迫田晃弘

    日本保健物理学会第43回研究発表会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月3日 - 2009年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 簡易土壌モデルに基づくラドン散逸能の計算 ?粒子充填構造の検討?

    迫田晃弘,花元克巳,石森 有,川辺 睦,片岡隆浩,山岡聖典

    日本保健物理学会第43回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月3日 - 2009年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Recent Studies on Activation of Antioxidant System by Low-dose X-irradiation or Radon Inhalation and Its Applicable Possibility for Treatment of Reactive Oxygen Species-related Diseases

    Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Shinya Nakagawa, Masaaki Yoshimoto, Yuu Ishimori, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Fumihiro Mitsunobu, Takehito Taguchi, Kiyonori Yamaoka

    2nd Asian Congress of Radiation Research  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月17日 - 2009年5月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Seoul  

    researchmap

  • 環境試料のγ線スペクトロメトリにおけるモンテカルロシミュレーションによる自己吸収補正.

    永松知洋,迫田晃弘,花元克巳,石森 有,川辺 睦,*片岡隆浩,小野俊朗,山岡聖典.

    日本放射線安全管理学会第7回学術大会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月3日 - 2008年12月5日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢  

    researchmap

  • 焦電結晶による小型放射線源の開発 ?温度傾斜率による検討?.

    迫田晃弘,花元克巳,川辺睦,*片岡隆浩,山岡聖典.

    日本放射線安全管理学会第7回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月3日 - 2008年12月5日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢  

    researchmap

  • 低線量事前照射によるマウス脳浮腫の抑制効果に関する基礎的検討.

    吉本雅章,*片岡隆浩,豊田晃章,中川慎也,川辺 睦,田口勇仁,山岡聖典.

    日本放射線影響学会第51回大会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月19日 - 2008年11月21日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北九州  

    researchmap

  • ラドン吸入がマウス急性アルコール性障害に及ぼす作用に関する基礎的検討.

    *片岡隆浩,迫田晃弘,吉本雅章,豊田晃章,山本祐紀,石森 有,花元克己,光延文裕,田口勇仁,山岡聖典.

    日本放射線影響学会第51回大会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月19日 - 2008年11月21日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北九州  

    researchmap

  • 抗酸化酵素欠損が放射線感受性に及ぼす影響に関する検討.

    中川慎也,*片岡隆浩,水口優子,吉本雅章,迫田晃弘,野村崇治,汪 達紘,川辺 睦,田口勇仁,山岡聖典.

    日本放射線影響学会第51回大会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月19日 - 2008年11月21日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北九州  

    researchmap

  • 低線量X線照射によるマウス脳浮腫の抑制効果に関する基礎的検討.

    山岡聖典,吉本雅章,*片岡隆浩,中川慎也,豊田晃章,田口勇仁.

    第61回日本酸化ストレス学会学術集会  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月19日 - 2008年6月20日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • ラドンミスト発生装置によるラドン効果と温熱効果の比較に関する基礎的検討.

    青山 裕, 片岡隆浩, 迫田晃弘, 中川慎也, 石森 有, 花元克巳, 光延文裕, 草地省蔵, 山岡 聖典.

    日本放射線影響学会第50回大会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月14日 - 2007年11月17日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • マウス移植臓器の抗酸化機能に及ぼす照射条件と保存条件に関する基礎的検討. (優秀発表賞 受賞)

    片岡隆浩,中川慎也, 水口優子,吉本雅章,川辺 睦,田口勇仁,山岡聖典.

    日本放射線影響学会第50回大会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月14日 - 2007年11月17日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • ラドン吸入の装置試作とこれによるマウス諸臓器中の抗酸化機能の亢進に関する研究.

    中川慎也,片岡隆浩,迫田晃弘,水口優子,吉本雅章, 石森 有,花元克己,光延文裕,山岡聖典.

    日本放射線影響学会第50回大会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月14日 - 2007年11月17日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • 低線量照射によるマウス虚血?再灌流障害の抑制効果に関する病理観察的検討

    *水口優子,片岡隆浩,中川慎也,吉本雅章,川辺 睦,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第50回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月14日 - 2007年11月17日

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • 天然ラジウム鉱石から水中へのラドン溶出に及ぼす環境諸因子の影響.

    迫田晃弘,永松知洋,片岡隆浩,花元克巳,山岡聖典.

    第44回アイソトープ・放射線研究発表会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月4日 - 2007年7月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 低線量照射によるマウス足虚血-再灌流障害の抑制効果に関する検討

    *片岡隆浩,水口優子,吉本雅章,中川慎也,青山 裕,迫田晃弘,田口勇仁,山岡聖典

    第31回日本過酸化脂質・フリーラジカル学会大会合同学会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月4日 - 2007年7月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 低線量照射によるマウス足虚血-再灌流障害の抑制効果に関する検討

    *片岡隆浩,水口優子,吉本雅章,中川慎也,青山 裕,迫田晃弘,田口勇仁,山岡聖典

    第44回アイソトープ・放射線研究発表会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月4日 - 2007年7月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 天然放射性鉱石の含有化合物と溶出放射性核種の関係

    花元克巳,迫田晃弘,川辺 睦,永松知洋,片岡隆浩,山岡聖典

    日本放射線影響学会第49回大会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月6日 - 2006年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • トロン温泉による症状改善とラドン温泉との比較に関する基礎的検討

    山岡聖典,杉江忠之助,片岡隆浩,迫田晃弘,青山裕

    日本放射線影響学会第49回大会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月6日 - 2006年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 低線量X線による虚血再灌流障害の抑制効果に関する基礎的検討

    片岡隆浩,水口優子,花元克巳,青山 裕,田口勇仁,山岡聖典

    日本放射線影響学会第49回大会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月6日 - 2006年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • バドガスタイン産出ラドン放出鉱石の諸特性とトロン放出鉱石との比較研究

    迫田晃弘,永松知洋,篠塚 龍,片岡隆浩,花元克巳,山岡聖典

    日本放射線影響学会第49回大会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月6日 - 2006年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • カタラーゼ欠損マウスにおける放射線耐性に関する基礎的研究

    片岡隆浩,水口優子,迫田晃弘,野村崇治,汪 達絋,田口勇仁,山岡聖典

    第43回アイソトープ・放射線研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月5日 - 2006年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Histological Changes of Low-dose X-ray Irradiation on Mouse Immune Organs

    Takahiro Kataoka, Takehito Taguchi, Yuko Mizuguchi, Kiyonori Yamaoka

    First Asian Congress of Radiation Research  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月15日 - 2005年11月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima  

    researchmap

  • Optimization of low energy X-ray beam qualities using added filter in irradiation to mice

    Atsushi Kawabe, Takahiro Kataoka, Katsumi Hanamato, Tomohiro Nagamatsu, Kiyonori Yamaoka

    First Asian Congress of Radiation Research  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月15日 - 2005年11月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima  

    researchmap

  • Basic Study on Biologic Effects of Thoron Hot Spring on Hypertention

    Kiyonori Yamaoka, Chunosuke Sugie, Shoji Futatsugawa, Takahiro Kataoka

    First Asian Congress of Radiation Research  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月15日 - 2005年11月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima  

    researchmap

  • 放射能泉由来石の含水様態とマイナスイオン量との関係に関する検討

    迫田晃弘,花元克巳,永松知洋,片岡隆浩,篠塚 龍,山岡聖典

    第42回アイソトープ・放射線研究発表会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月8日 - 2005年7月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • ラドン泉における系列核種の溶出率のpH依存性に関する検討

    花元克巳,迫田晃弘,永松知洋,片岡隆浩,山岡聖典

    第42回アイソトープ・放射線研究発表会  2005年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月8日 - 2005年7月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 無カタラーゼ症マウスにおけるCCl4誘導肝障害とこれに対する低線量X線事後照射による作用に関する基礎的検討

    片岡隆浩,野村崇治,田口勇仁,汪 達絋,花元克巳,吉良尚平,山岡聖典

    日本放射線影響学会第47回大会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月25日 - 2004年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

    researchmap

  • 三朝ラドン温泉地区住民の血液中のp53量とSOD活性の特性に関する検討

    山岡聖典,光延文裕,小島周二,柴倉美砂子,片岡隆浩,花元克巳,谷崎勝朗

    日本放射線影響学会第47回大会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月25日 - 2004年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

    researchmap

  • 吸入ラドンの体内動態に関する検討 -マウス体内からのラドン娘核種の検出-

    花元克巳,迫田晃弘,永松知洋,片岡隆浩,渋谷光一,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線影響学会第47回大会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月25日 - 2004年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

    researchmap

  • CCl4誘導肝障害アカタラセミアマウスに対する低線量X線の事後照射による症状緩和作用に関する検討

    山岡聖典,片岡隆浩,野村崇治,田口勇仁,汪 達絋,花元克巳,吉良尚平

    日本過酸化脂質フリーラジカル学会第28回大会  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月28日 - 2004年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Effects of Radon and Thermal Therapy on Osteoarthritis

    Kiyoniri Yamaoka, Fumihiro Mitsunobu, Katsumi Hanamoto, Takahiro Kataoka, Yoshiro Tanizaki, Katsuhiko Sugita

    6th International Conference on High Levels of Natural Radiation and Radon Areas  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月6日 - 2004年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

    researchmap

  • 無カタラーゼ症マウスにおけるCCl4誘導肝障害とこれに対する低線量X線事前照射による緩和作用に関する検討

    山岡聖典,片岡隆浩,野村崇治,田口勇仁,花元克巳,汪 達紘,吉良尚平

    日本放射線影響学会第46回大会  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月6日 - 2003年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • ラドン温泉効果とマイナスイオン効果との関係に関する検討?ラドン療法用鉱石由来放射線とマイナスイオンの相関性?

    花元克巳,永松知洋,渋谷光一,片岡隆浩,光延文裕,山岡聖典

    日本放射線影響学会第46回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月6日 - 2003年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    researchmap

  • ラドン水の皮膚に及ぼす影響の基礎的検討-皮脂成分への溶解特性-

    第43回中国地区放射線影響研究会  2018年 

     詳細を見る

  • ラドンとトロンの吸入による生物学的効果に関する比較検討―小動物用トロン吸入装置の試作と抗酸化機能の比較―

    日本放射線影響学会第60回大会  2017年 

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるマウスⅠ型糖尿病の抑制効果の検討

    平成24年度京都大学原子炉実験所専門研究会  2012年 

     詳細を見る

  • ラドン吸入によるⅠ型糖尿病マウスの抑制効果に関する検討

    第49回アイソトープ・放射線研究発表会  2012年 

     詳細を見る

  • 電性結晶による小型X線源の開発-低気圧下での電子電流と発生X線-

    日本放射線安全管理学会第11回学術大会  2012年 

     詳細を見る

  • ラドン療法によるⅠ型糖尿病の症状緩和に関する一考察

    日本放射線影響学会第55回大会  2012年 

     詳細を見る

  • ラドンおよび子孫核種の吸入による体内線量の計算-マウス、ラット、ヒトにおける違い-

    日本保健物理学会第44回研究発表会  2011年 

     詳細を見る

  • 焦電性結晶による低線量X線源の開発-発生電圧の定量的評価-

    日本放射線影響学会第54回大会  2011年 

     詳細を見る

  • ラドンガス吸入による肺線量の評価-ヒトと実験小動物間の比較-

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年 

     詳細を見る

  • 簡易土壌モデルに基づくラドン散逸能の計算 -粒子充填構造の検討-

    日本保健物理学会第43回研究発表会  2009年 

     詳細を見る

  • 焦電結晶による小型放射線源の開発 -温度傾斜率による検討-.

    日本放射線安全管理学会第7回学術大会  2008年 

     詳細を見る

  • 低線量照射によるマウス虚血-再灌流障害の抑制効果に関する病理観察的検討

    日本放射線影響学会第50回大会  2007年 

     詳細を見る

  • ラドン温泉効果とマイナスイオン効果との関係に関する検討-ラドン療法用鉱石由来放射線とマイナスイオンの相関性-

    日本放射線影響学会第46回大会  2003年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 日本原子力学会中国・四国支部 支部奨励賞

    2020年  

     詳細を見る

  • 放射線影響研究奨励賞

    2019年  

     詳細を見る

  • 生物学研究奨励賞

    2014年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 優秀発表賞

    2013年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本放射線影響学会 奨励賞

    2012年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Young Investigator Award

    2011年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 2nd Asian Congress of Radiation Research Poster Award

    2009年  

     詳細を見る

  • 優秀発表賞

    2007年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 論文奨励賞

    2006年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 放射線と複数ストレス曝露が及ぼす組織への影響とその予防効果の検証

    研究課題/領域番号:21K04943  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    片岡 隆浩

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 低線量放射線の健康不安対策としての被曝と精神的ストレスによる脳への影響の比較評価

    研究課題/領域番号:18K04994  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山岡 聖典, 片岡 隆浩, 野村 崇治

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    昨年度,0.1Gyの事前および0.5Gyの事後の各々の低線量・高線量率X線照射により強制水泳試験に伴う無動時間の増加が抑制されることを示唆した。特に,事後照射の場合,0.5Gy照射4時間後に無動時間が短くなることが示唆できた。これは,低線量X線照射により脳中の酸化ストレスが軽減されたことが関与していると考えられた。そこで,本年度は低線量・低線量率γ線照射により強制水泳試験に伴う無動時間の増加が抑制されるか否かについて検討した。すなわち,マウスにsham(擬似照射),0.6 mGy/h,3.0 mGy/hで7日間,総線量が0.1 Gyおよび0.5 GyになるようCs-137のγ線を調整し各々照射した。その後,直径10cm,高さ25cmの円柱の中に深さが15cmになるよう25±1℃の水を入れ,マウスに10分間の強制水泳をさせた。2,3,4,5日目にも同様に強制水泳をさせた。強制水泳試験の様子を動画撮影し,10分間の水泳中の無動時間を測定した。その結果,強制水泳試験により,無動時間が長くなる傾向のあることがわかった。次に,強制水泳試験による無動時間の増加の割合を評価した結果,例えば3.0mGy照射群の強制水泳試験2日目の無動時間の増加の割合はshamに比べ有意に小さかった。しかし,強制水泳試験3・4・5日目では有意な差はみられなかった。0.6 mGy/h照射群の無動時間も有意な変化はみられなかった。以上の所見より,3.0mGy/h照射による無動時間の抑制効果は照射直後が最も大きいことが示唆できた。

    researchmap

  • 住居制限区域解除に向けた低線量放射線の健康影響評価の基礎的検討

    研究課題/領域番号:16K18349  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    片岡 隆浩, 山岡 聖典

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    本研究の目的は,X線照射後の脳の酸化ストレス状態を評価することである。本実験結果から,低線量X線照射は酸化ストレスの指標である過酸化脂質量を減少し,抗酸化酵素であるスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)活性を増加することがわかった。また,0.5Gy照射とアスコルビン酸投与の併用はLPO量を有意に減少させたことから,抗酸化の複合効果も示唆できた。

    researchmap

  • 酸化ストレスに着目した生活環境因子と低線量放射線との健康影響の比較

    研究課題/領域番号:26420872  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山岡 聖典, 片岡 隆浩

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    低線量放射線の健康不安を払拭するため,生活環境因子であるアルコールと放射線の肝臓への影響を比較した。分析した肝機能と抗酸化機能の結果を,自己組織化マップを用いてデータ解析した。その結果,2000Bq/m3以下のラドン24時間吸入や2Gy以下のX線全身照射では,0.5g/kg体重のアルコール投与に相当することが明らかとなり,クラスタリングによってそれらの酸化ストレスの特徴に差があることがわかった。以上のことから,低線量放射線被曝の影響は非常に複雑だが,受ける酸化ストレスは極微量であったと言える。

    researchmap

  • 低線量放射線被ばくによる健康不安対策に対する提案

    研究課題/領域番号:25820449  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    片岡 隆浩, 山岡 聖典

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では,ラドン吸入による抗酸化機能の亢進を定量評価するため,ラドン吸入とアスコルビン酸投与による抑制の程度を比較・検討した。スナネズミに,ラドン(2000Bq/m3)吸入を24時間施した。他方,100,300,500 mg/kg体重のアスコルビン酸を腹腔内投与した。その後,定法に従い一過性脳虚血を負荷した。その結果,一過性脳虚血に伴う海馬CA1領域の細胞の損傷は,ラドン吸入やアスコルビン酸投与により抑制した。ラドン吸入による抑制効果は500mg/kg体重アスコルビン酸投与によるそれに相当することもわかった。これは,ラドン吸入による抗酸化機能の亢進が関与していることも示唆できた。

    researchmap

  • IVRにおける患者被曝低減に関する研究

    研究課題/領域番号:20591476  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    川辺 睦, 花元 克巳, 三村 秀文, 深井 喜代子, 片岡 隆浩

      詳細を見る

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

    アンダーチューブ方式のIVR診療では検査台から発生する散乱線が避けられない。本研究では検査台と患者の間にエアギャップを配することでこの不必要な被曝を低減できると考えた。しかしながら、臥床する患者と検査台の間に空間を作り出すことは物理的に不可能であるため、低密度発泡材をエアギャップの代用とする方法を考案した。低密度発泡材は患者皮膚線量低減に有効であることが示され、6cmの低密度発泡材で9%の表面線量を減らすことに成功した。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 卒業研究 (2021年度) 1~3学期  - その他

  • 原子力工学基礎I (2021年度) 前期  - 金3

  • 原子力工学基礎II (2021年度) 後期  - 金3

  • 放射化学実験 (2021年度) 3・4学期  - 木5~7

  • 放射化学I (2021年度) 第1学期  - 月2~3

  • 放射化学II (2021年度) 第3学期  - 水3~4

  • 放射線健康科学演習 (2021年度) 後期  - 月1

  • 放射線健康科学特論 (2021年度) 前期  - 月1

  • 放射線医科学史 (2021年度) 第1学期  - 月4~5

  • 放射線安全管理学実験 (2021年度) 第2学期  - 月5~7,水5~7

  • 放射線生命・健康科学演習 (2021年度) 後期  - 月7

  • 放射線生命・健康科学特講 (2021年度) 前期  - 月7

  • 放射線計測学実験II (2021年度) 3・4学期  - 月5~7

  • 環境と健康 (2021年度) 第4学期  - 木1~2

  • 臨床医学特別実習 (2021年度) 第4学期  - 月4~6,水4~6

  • 放射化学実験 (2020年度) 3・4学期  - 木5,木6,木7

  • 放射線医科学史 (2020年度) 第1学期  - 月4,月5

  • 放射線安全管理学実験 (2020年度) 第2学期  - 月5,月6,月7,水5,水6,水7

  • 放射線計測学実験II (2020年度) 3・4学期  - 月5,月6,月7

  • 環境と健康 (2020年度) 第4学期  - 木1,木2

▼全件表示