2024/05/04 更新

写真a

イシハラ タカシ
石原 卓
ISHIHARA Takashi
所属
環境生命自然科学学域 教授
職名
教授
プロフィール

スーパーコンピュータを用いた計算科学の手法とデータ科学や数理科学の新しい手法を駆使して、「乱流現象の解明」を目的とした先端的な研究を実施しています。

外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 名古屋大学 )

研究キーワード

  • 可視化

  • スペクトル法

  • 直接数値計算

  • 並列数値計算

  • 流体力学

  • 乱流の計算科学

研究分野

  • 情報通信 / 計算科学

  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学

  • 自然科学一般 / 数学基礎

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

学歴

  • 名古屋大学   Graduate School, Division of Engineering  

    - 1994年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学 学術研究院 環境生命自然科学学域   教授

    2023年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   教授

    2017年8月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 名古屋大学   大学院工学研究科   准教授

    2007年4月 - 2017年7月

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本シミュレーション学会

    2021年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本天文学会

    2021年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本流体力学会

    1994年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本物理学会

    1991年1月 - 現在

      詳細を見る

委員歴

  • 日本流体力学会   フェロー会員  

    2020年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本流体力学会   理事  

    2020年2月 - 2022年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本流体力学会   代議員  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本流体力学会   代議員  

    2014年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本流体力学会   代議員  

    2011年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Intermittency across Reynolds numbers – the influence of large-scale shear layers on the scaling of the enstrophy and dissipation in homogenous isotropic turbulence 査読

    G.E. Elsinga, T. Ishihara, J.C.R. Hunt

    Journal of Fluid Mechanics   974   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press (CUP)  

    Direct numerical simulations up to Reλ = 1445 show that the scaling exponents for the enstrophy and the dissipation rate extrema are different and depend on the Reynolds number. A similar Reynolds number dependence of the scaling exponents is observed for the moments of the dissipation rate, but not for the moments of the enstrophy. Significant changes in the exponents occur at approximately Reλ ≈ 250, where Reλ is the Taylor based Reynolds number, which coincides with structural changes in the flow, in particular the development of large-scale shear layers. A model for the probability density functions (PDFs) of the enstrophy and dissipate rate is presented, which is an extension of our existing model (Proc. R. Soc. A, vol. 476, 2020, p. 20200591) and is based on the mentioned development of large-scale layer regions within the flow. This model is able to capture the observed Reynolds number dependencies of the scaling exponents, in contrast to the existing theories which yield constant exponents. Moreover, the model reconciles the scaling at finite Reynolds number with the theoretical limit, where the enstrophy and dissipation rate scale identically at infinite Reynolds number. It suggests that the large-scale shear layers are vital for understanding the scaling of the extrema. Furthermore, to reach the theoretical limit, the scaling exponents must remain Reynolds number dependent beyond the present Reλ range.

    DOI: 10.1017/jfm.2023.799

    researchmap

  • Direct numerical simulations of compressible isothermal turbulence in a periodic box: Reynolds number and resolution-level dependence 査読

    Yoshiki Sakurai, Takashi Ishihara

    Physical Review Fluids   8 ( 8 )   084606-1 - 084606-24   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society (APS)  

    DOI: 10.1103/physrevfluids.8.084606

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevFluids.8.084606/fulltext

  • I/O Performance Evaluation of a Memory-Saving DNS Code on SX-Aurora TSUBASA

    Mitsuo Yokokawa, Yuki Yamane, Kenta Yamaguchi, Takashi Soga, Taiki Matsumoto, Akihiro Musa, Kazuhiko Komatsu, Takashi Ishihara, Hiroaki Kobayashi

    2023 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshops (IPDPSW)   2023年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ipdpsw59300.2023.00117

    researchmap

  • Performance evaluation of parallel direct numerical simulation code on supercomputer SX-Aurora TSUBASA 査読

    Mitsuo Yokokawa, Yujiro Takenaka, Takashi Ishihara, Kazuhiko Komatsu, Hiroaki Kobayashi

    Computers and Fluids   261   105913 - 105913   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.compfluid.2023.105913

    researchmap

  • Non-local dispersion and the reassessment of Richardson's t3-scaling law 査読

    G.E. Elsinga, T. Ishihara, J.C.R. Hunt

    Journal of Fluid Mechanics   932   A17-1 - A17-32   2022年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press (CUP)  

    The Richardson-scaling law states that the mean square separation of a fluid particle pair grows according to <italic>t</italic>3 within the inertial range and at intermediate times. The theories predicting this scaling regime assume that the pair separation is within the inertial range and that the dispersion is local, which means that only eddies at the scale of the separation contribute. These assumptions ignore the structural organization of the turbulent flow into large-scale shear layers, where the intense small-scale motions are bounded by the large-scale energetic motions. Therefore, the large scales contribute to the velocity difference across the small-scale structures. It is shown that, indeed, the pair dispersion inside these layers is highly non-local and approaches Taylor dispersion in a way that is fundamentally different from the Richardson-scaling law. Also, the layer's contribution to the overall mean square separation remains significant as the Reynolds number increases. This calls into question the validity of the theoretical assumptions. Moreover, a literature survey reveals that, so far, <italic>t</italic>3 scaling is not observed for initial separations within the inertial range. We propose that the intermediate pair dispersion regime is a transition region that connects the initial Batchelor- with the final Taylor-dispersion regime. Such a simple interpretation is shown to be consistent with observations and is able to explain why <italic>t</italic>3 scaling is found only for one specific initial separation outside the inertial range. Moreover, the model incorporates the observed non-local contribution to the dispersion, because it requires only small-time-scale properties and large-scale properties.

    DOI: 10.1017/jfm.2021.989

    researchmap

  • Statistics of local Reynolds number in box turbulence: ratio of inertial to viscous forces 査読

    Yukio Kaneda, Takashi Ishihara, Koji Morishita, Mitsuo Yokokawa, Atsuya Uno

    Journal of Fluid Mechanics   929   A1-1 - A1-19   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press (CUP)  

    In high-Reynolds-number turbulence the spatial distribution of velocity fluctuation at small scales is strongly non-uniform. In accordance with the non-uniformity, the distributions of the inertial and viscous forces are also non-uniform. According to direct numerical simulation (DNS) of forced turbulence of an incompressible fluid obeying the Navier–Stokes equation in a periodic box at the Taylor microscale Reynolds number <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline1.png" />
    <tex-math>$R_\lambda \approx 1100$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula>, the average <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline2.png" />
    <tex-math>$\langle R_{loc}\rangle$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> over the space of the ‘local Reynolds number’ <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline3.png" />
    <tex-math>$R_ {loc}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula>, which is defined as the ratio of inertial to viscous forces at each point in the flow, is much smaller than the conventional ‘Reynolds number’ given by <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline4.png" />
    <tex-math>$Re \equiv UL/\nu$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula>, where <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline5.png" />
    <tex-math>$U$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> and <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline6.png" />
    <tex-math>$L$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> are the characteristic velocity and length of the energy-containing eddies, and <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline7.png" />
    <tex-math>$\nu$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> is the kinematic viscosity. While both conditional averages of the inertial and viscous forces for a given squared vorticity <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline8.png" />
    <tex-math>$\omega ^{2}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> increase with <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline9.png" />
    <tex-math>$\omega ^{2}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> at large <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline10.png" />
    <tex-math>$\omega ^{2}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula>, the conditional average of <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline11.png" />
    <tex-math>$R_ {loc}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> is almost independent of <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline12.png" />
    <tex-math>$\omega ^{2}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula>. A comparison of the DNS field with a random structureless velocity field suggests that the increase in the conditional average of <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline13.png" />
    <tex-math>$R_ {loc}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> with <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline14.png" />
    <tex-math>$\omega ^{2}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> at large <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline15.png" />
    <tex-math>$\omega ^{2}$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> is suppressed by the Navier–Stokes dynamics. Something similar is also true for the conditional averages for a given local energy dissipation rate per unit mass. Certain features of intermittency effects such as that on the <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline16.png" />
    <tex-math>$Re$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> dependence of <inline-formula>
    <alternatives>
    <inline-graphic xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" mime-subtype="png" xlink:href="S0022112021008065_inline17.png" />
    <tex-math>$\langle R_{loc}\rangle$</tex-math>
    </alternatives>
    </inline-formula> are explained by a multi-fractal model by Dubrulle (<italic>J. Fluid Mech.</italic>, vol. 867, 2019, P1).

    DOI: 10.1017/jfm.2021.806

    researchmap

  • Effects of the Compressibility of Turbulence on the Dust Coagulation Process in Protoplanetary Disks 査読

    Yoshiki Sakurai, Takashi Ishihara, Hitomi Furuya, Masayuki Umemura, Kenji Shiraishi

    The Astrophysical Journal   911 ( 2 )   140 - 140   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

    Planetesimals are believed to be formed by the coagulation of dust grains in the protoplanetary disk turbulence. However, the bouncing and fragmentation barriers have not been completely solved, particularly for silicate dust. To circumvent these barriers, the turbulent clustering of dust particles must be properly treated. According to the minimum-mass solar nebula (MMSN) model, the Mach number of the turbulence ranges from Mrms ; 0.01–0.32, and thus the turbulence is often regarded as essentially incompressible. However, it has not been quantitatively investigated whether the incompressible limit is adequate for protoplanetary disk simulations. We therefore compare in this study the motions of inertial particles in direct numerical simulations (DNSs) of the Navier–Stokes equation between weakly compressible turbulence and incompressible turbulence. In the DNSs of compressible turbulence, we use an external force to set the total dissipation and the dilatational-to-solenoidal dissipation ratio. The DNSs reveal that despite the small Mach number Mrms(≾ 0.3), the compressible turbulence field notably differs from the incompressible field in terms of the density fluctuations, pressure fluctuations, and shocklet generation, depending on the ratio of the dilatational forcing. However, we quantitatively confirmed that these effects on the particle collision statistics are weak and that the motion of inertial particles in weakly compressible turbulence is dominated by the solenoidal velocity components. Therefore we can conclude that the incompressible assumption is appropriate for an investigation of the dust coagulation process in protoplanetary disk turbulence, as assumed in the MMSN model.

    DOI: 10.3847/1538-4357/abe9ba

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-4357/abe9ba/pdf

  • Thin Shear Layers in High-resolution Direct Numerical Simulations of Turbulence

    Takashi Ishihara, Koji Morishita, J. C.R. Hunt

    Notes on Numerical Fluid Mechanics and Multidisciplinary Design   147   517 - 526   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    Recent studies based on high-resolution direct numerical simulations (DNSs) of turbulence have shown that there are three different types of shear layers in homogeneous and inhomogeneous turbulent flows; at the outer edge (T/NT), in the interior (T/T) and within the buffer layer near the wall (T/W). All the layers play important roles in various turbulence phenomena in the fields of natural sciences and engineering applications. Data analyses showed that all the shear layers act as a barrier of the velocity fluctuations by blocking velocity fluctuations from the one side to the other side. It was suggested that the blocking mechanism of thin turbulent wall (T/W) layers can be used to control the turbulent wake of aerofoils. For high Reynolds number, flows over typical aerofoils at low angle of incidence in the thin turbulent boundary layers (TBLs) have a conditional structure with thin T/W layers which act as a barrier to eddies in the outer part of the TBL. Recent studies indicate that using disturbance—devices at the airfoil surface enhances the blocking effect of the TW barrier and leads—unexpectedly-to reduced shear fluctuations at the wall. This suggests that deeper understanding of the structures and properties of the T/W layers may provide ideas to consider the better strategies for aerofoils designs. In this paper, we review the recent studies on the three different types of shear layers, which are based on the high-resolution DNSs of homogeneous isotropic turbulence (HIT), turbulent boundary layer (TBL), and turbulent channel flow (TCF).

    DOI: 10.1007/978-3-030-55594-8_43

    Scopus

    researchmap

  • Optimizations of DNS Codes for Turbulence on SX-Aurora TSUBASA

    Yujiro Takenaka, Mitsuo Yokokawa, Takashi Ishihara, Kazuhiko Komatsu, Hiroaki Kobayashi

    Sustained Simulation Performance 2019 and 2020   51 - 59   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    DOI: 10.1007/978-3-030-68049-7_4

    researchmap

  • Drastic Changes of Turbulence in the Ignition Process of an n-Heptane/Air Mixture

    Takashi Ishihara, Ryousuke Kuno

    Lecture Notes in Mechanical Engineering   205 - 209   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Two-dimensional turbulent combustion with rapid temperature and pressure growth in the ignition process of a homogeneous n-heptane/air mixture is studied by high-resolution direct numerical simulations (DNSs) of the flow field of the mixture with up to 20482 grid points. The DNSs show that the turbulent flow mixes the temperature field so that it affects on the ignition delay. The DNSs show also that the rapid temperature and pressure growth due to the heat release at ignition makes drastic changes in the turbulent velocity field, especially in its compressible component, and causes pressure oscillations in some cases.

    DOI: 10.1007/978-981-33-4960-5_32

    Scopus

    researchmap

  • Extreme dissipation and intermittency in turbulence at very high Reynolds numbers 査読

    Gerrit E. Elsinga, Takashi Ishihara, Julian C. R. Hunt

    Proceedings of the Royal Society A: Mathematical, Physical and Engineering Sciences   476 ( 2243 )   20200591 - 20200591   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Royal Society  

    Extreme dissipation events in turbulent flows are rare, but they can be orders of magnitude stronger than the mean dissipation rate. Despite its importance in many small-scale physical processes, there is presently no accurate theory or model for predicting the extrema as a function of the Reynolds number. Here, we introduce a new model for the dissipation probability density function (PDF) based on the concept of significant shear layers, which are thin regions of elevated local mean dissipation. At very high Reynolds numbers, these significant shear layers develop layered substructures. The flow domain is divided into the different layer regions and a background region, each with their own PDF of dissipation. The volume-weighted regional PDFs are combined to obtain the overall PDF, which is subsequently used to determine the dissipation variance and maximum. The model yields Reynolds number scalings for the dissipation maximum and variance, which are in agreement with the available data. Moreover, the power law scaling exponent is found to increase gradually with the Reynolds numbers, which is also consistent with the data. The increasing exponent is shown to have profound implications for turbulence at atmospheric and astrophysical Reynolds numbers. The present results strongly suggest that intermittent significant shear layer structures are key to understanding and quantifying the dissipation extremes, and, more generally, extreme velocity gradients.

    DOI: 10.1098/rspa.2020.0591

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://royalsocietypublishing.org/doi/full-xml/10.1098/rspa.2020.0591

  • Second-order velocity structure functions in direct numerical simulations of turbulence with Rλ up to 2250 査読

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda, Koji Morishita, Mitsuo Yokokawa, Atsuya Uno

    Physical Review Fluids   5 ( 10 )   104608-1 - 104608-15   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society (APS)  

    We report results of a series of high-resolution direct numerical simulations (DNSs) of forced incompressible isotropic turbulence with the number of grid points and the Taylor scale Reynolds number Rλ up to 122883 and ∼2250, respectively. The DNSs show that there exists a scaling range (approximately 100<r/η<400), at which the second-order two-point velocity structure functions S2(r) fit well with a simple power-law, S2(r)/(ϵr)2/3=C2(r/L0)ζ, where r is the distance between the two points, η is the Kolmogorov length scale, ϵ is the mean rate of energy dissipation per unit mass, and L0 is the integral length scale. The exponent ζ is constant independent from Rλ. However, the coefficient C2 is dependent of Rλ or the viscosity. This implies that the power-law scaling range of 100<r/η<400 for Rλ up to ∼2250 is not the so-called "inertial subrange"in the sense that the statistics in the range are independent from the viscosity, as assumed in various turbulence theories. This suggests that the constancy of the scaling exponent of a structure function within a certain range does not necessarily mean that the exponent is the scaling exponent in "the inertial subrange."

    DOI: 10.1103/physrevfluids.5.104608

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevFluids.5.104608/fulltext

  • Dynamic geometrical analysis of high-enstrophy structures in isotropic turbulence

    Yuji Hattori, Takashi Ishihara

    ETC 2013 - 14th European Turbulence Conference   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The time evolution of fine-scale tube-like vortical structures in isotropic turbulence is investigated by dynamic geometrical analysis. Our method successfully captures series of events like deformation, creation, extinction, merging and fission of the vortical structures. It is found that extinction and fission are more frequent than creation and merging, respectively.

    Scopus

    researchmap

  • Estimation of turbulence-development by a multifractal theory

    Toshihico Arimitsu, Naoko Arimitsu, Kohei Takechi, Yukio Kaneda, Takashi Ishihara

    ETC 2013 - 14th European Turbulence Conference   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    It is shown for the first time how the degree of development in turbulence, i.e., if it is fully developed or if not how much developed, can be estimated by the multifractal theory called multifractal probability density function theory (MPDFT) [1]. Precise and self-consistent analyses of 40963 DNS turbulence [2] by means of MPDFT reveal that the turbulence with Rλ = 675 is in the fully developed turbulent state, but that the one with Rλ = 1132 is not fully developed yet. The degree of turbulence-development of the latter is estimated.

    Scopus

    researchmap

  • Thin shear layers in high Reynolds number turbulence - DNS results

    T. Ishihara, J. C.R. Hunt, Y. Kaneda

    ETC 2013 - 14th European Turbulence Conference   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Data analysis of high resolution DNS of isotropic turbulence with the Taylor micro-scale Reynolds number Rλ = 1131 on 40963 grid points shows that there are significant thin shear layers of thickness of the order of Taylor micro-scale, consisting of a cluster of strong vortex tubes with typical diameter of order 10η (η is the Kolmogorov length scale). There are big velocity jumps of the order of the rms of the fluctuation velocity across the layers. The locally averaged energy dissipation rate in the layers is much greater than the mean energy dissipation rate, and contributes disproportionately to the overall mean dissipation rate. Up scale and down scale energy transfer to small eddies is largest within and just outside these layers (where the most intense vortices and dissipation occur). The statistics (based on a systematic study) of the layers will be presented and their Reynolds number dependence will be discussed.

    Scopus

    researchmap

  • Thin shear layers in high Reynolds number turbulence - A coherent-structure model

    J. C.R. Hunt, T. Ishihara, Y. Kaneda

    ETC 2013 - 14th European Turbulence Conference   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Direct numerical simulations of homogeneous isotropic turbulence at the Taylor microscale Reynolds number of order 103 show that the most energetic small scale motions and places with the most intense dissipation in the homogeneous isotropic turbulence are highly inhomogeneous and are located inside thin shear layers. We propose a local mechanism for how the most intense small scale and dissipative motions are produced in the vicinity of well separated thin shear layers. A model is developed based on a local rapid distortion analysis and the Townsend-Obukhov energy transfer hypothesis which is consistent with the data of the numerical simulation.

    Scopus

    researchmap

  • Performance of a Two-Path Aliasing Free Calculation of a Spectral DNS Code 査読

    ICCS 2019. Lecture Notes in Computer Science   11539   587 - 595   2019年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-22747-0_44

    Scopus

    researchmap

  • Length Scales in Turbulent Channel Flow 査読

    K Morishita, T Ishihara, Y Kaneda

    Journal of the Physical Society of Japan   88 ( 6 )   064401   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.88.064401

    Scopus

    researchmap

  • DISTRIBUTION AND MOTION OF INERTIAL PARTICLES AROUND HIGH VORTICITY REGIONS IN COARSE-GRAINED HOMOGENEOUS ISOTROPIC TURBULENCE

    Yoshiki SAKURAI, Hiroki SHIRAISHI, Takashi ISHIHARA

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM))   75 ( 2 )   I_509 - I_518   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.2208/jscejam.75.2_i_509

    researchmap

  • Relationships between Small-scale Fluid Motions and Inertial Particle Clustering in Turbulence 査読

    Yoshiki Sakurai, Takashi Ishihara

    Journal of the Physical Society of Japan   87 ( 9 )   093401 - 0934014   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.87.093401

    Scopus

    researchmap

  • Dust Coagulation Regulated by Turbulent Clustering in Protoplanetary Disks 査読

    Takashi Ishihara, Naoki Kobayashi, Kei Enohata, Masayuki Umemura, Kenji Shiraishi

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   854 ( 2 )   81   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    The coagulation of dust particles is a key process in planetesimal formation. However, the radial drift and bouncing barriers are not completely resolved, especially for silicate dust. Since the collision velocities of dust particles are regulated by turbulence in a protoplanetary disk, turbulent clustering should be properly treated. To that end, direct numerical simulations (DNSs) of the Navier-Stokes equations are requisite. In a series of papers, Pan & Padoan used a DNS with Reynolds number Re similar to 1000. Here, we perform DNSs with up to Re = 16,100, which allow us to track the motion of particles with Stokes numbers of 0.01 less than or similar to St less than or similar to 0.2 in the inertial range. Through the DNSs, we confirm that the rms relative velocity of particle pairs is smaller by more than a factor of two, compared to that by Ormel & Cuzzi. The distributions of the radial relative velocities are highly non-Gaussian. The results are almost consistent with those by Pan & Padoan or Pan et al. at low Re. Also, we find that the sticking rates for equal-sized particles are much higher than those for different-sized particles. Even in the strong-turbulence case with alpha-viscosity of 10(-2), the sticking rates are as high as greater than or similar to 50% and the bouncing probabilities are as low as similar to 10% for equal-sized particles of St less than or similar to 0.01. Thus, turbulent clustering plays a significant role in the growth of centimetersized compact aggregates (pebbles) and also enhances the solid abundance, which may lead to the streaming instability in a disk.

    DOI: 10.3847/1538-4357/aaa976

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • The scaling of straining motions in homogeneous isotropic turbulence 査読

    GE Elsinga, T Ishihara, MV Goudar, CB da Silva, JCR Hunt

    Journal of Fluid Mechanics   829   31 - 64   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2017.538

    Scopus

    researchmap

  • Coherent structure extraction in turbulent channel flow using boundary adapted wavelets 査読

    Teluo Sakurai, Katsunori Yoshimatsu, Kai Schneider, Marie Farge, Koji Morishita, Takashi Ishihara

    JOURNAL OF TURBULENCE   18 ( 4 )   352 - 372   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    We introduce boundary adaptedwavelets, which are orthogonal and have the same scale in the three spatial directions. The construction thus yields a multiresolution analysis. We analyse direct numerical simulation data of turbulent channel flow computed at a friction Reynolds number of 395, and investigate the role of coherent vorticity. Thresholding of the vorticity wavelet coefficients allows us to split the flow into two parts, coherent and incoherent flows. The coherent vorticity is reconstructed fromits few intensewavelet coefficients and the coherent velocity is reconstructed using Biot-Savart's law. The statistics of the coherent flow, i.e. energy and enstrophy spectra, are close to the statistics of the total flow, and moreover, the nonlinear energy budgets of the total flow are very well preserved. The remaining incoherent part, represented by the large majority of the weak wavelet coefficients, corresponds to a structureless, i.e. noise-like, background flow whose energy is equidistributed.

    DOI: 10.1080/14685248.2017.1284326

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Energy spectrum in high-resolution direct numerical simulations of turbulence 査読

    Takashi Ishihara, Koji Morishita, Mitsuo Yokokawa, Atsuya Uno, Yukio Kaneda

    PHYSICAL REVIEW FLUIDS   1 ( 8 )   082403   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    A study is made about the energy spectrum E(k) of turbulence on the basis of highresolution direct numerical simulations (DNSs) of forced incompressible turbulence in a periodic box using a Fourier spectral method with the number of grid points and the Taylor scale Reynolds number R-lambda up to 12 288(3) and approximately 2300, respectively. The DNS data show that there is a wave-number range (approximately 5 x 10(-3) < k eta< 2 x 10(-2)) in which E(k) fits approximately well to Kolmogorov's k(-5/3) scaling, where eta is the Kolmogorov length scale. However, a close inspection shows that the exponent is a little smaller than -5/3, and E(k) in the range fits to E(k)/[<is an element of >(2/3)k(-5/3)] = c(kL)(m), where <is an element of > is the mean energy dissipation rate per unit mass; L is the integral length scale; and m approximate to -0.12. The coefficient c is independent of k, but has a R-lambda dependence, such as c = CR lambda zeta, where C approximate to 0.9 and zeta approximate to 0.14.

    DOI: 10.1103/PhysRevFluids.1.082403

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • A new statistical tool to study the geometry of intense vorticity clusters in turbulence 査読

    Alberto Vela-Martin, Takashi Ishihara

    2ND MULTIFLOW SUMMER SCHOOL ON TURBULENCE   708 ( 708 )   012004   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    Recent large-scale direct numerical simulations (DNS) of high-Reynolds number (high-Re) turbulence, suggest that strong micro-scale tube-like vortices form clusters in localized thin regions of space. However, to this date no thorough quantitative and statistical analysis of the geometry of such vortical clusters has been conducted. This study is intended to generate new statistical tools to study the shape and dynamics of these intense vorticity and strain regions. We first propose a new method for locating and analysing the geometrical properties of thresholded vortical clusters contained inside boxes of a given size. Second, we use this new tool to investigate the natural presence of intense shear layers and their relevance as geometrical features of high-Re homogeneous turbulence. This new method is applied to the DNS of homogeneous incompressible turbulence with up to 40963 grid points, showing that the geometry of high vorticity regions varies strongly depending on the threshold and on the size of the clusters. In particular for sizes in the inertial range of scales and high thresholds, approximately layer-like structures of vortices are extracted and visualized. Agreement of results with previous observations and known features of turbulence supports the validity of the proposed method to characterize the geometry of intense vorticity and strain regions in high-Re turbulence.

    DOI: 10.1088/1742-6596/708/1/012004

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Turbulence Near Interfaces-Modelling and Simulations 査読

    J. C. R. Hunt, T. Ishihara, D. Szubert, I. Asproulias, Y. Hoarau, M. Braza

    ADVANCES IN FLUID-STRUCTURE INTERACTION   133 ( 133 )   283 - 292   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    DOI: 10.1007/978-3-319-27386-0_17

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 22aBU-9 壁乱流対数則領域の二点統計 : DNSデータ解析

    金田 行雄, 森下 浩二, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   71   3108 - 3108   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_3108

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の渦の組織構造とその時間発展

    石原 卓, 宇野 篤也, 森下 浩二, 横川 三津夫, 金田 行雄

    第29回数値流体力学シンポジウム講演論文集   2015   1 - 5   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本流体力学会  

    High vorticity regions obtained by the large-scale direct numerical simulations with up to 122883 grid points, of forced incompressible turbulence in a periodic box are visualized using the method developed for handling such large-scale data. The visualization shows that in high Reynolds number turbulence, strong micro-scale vortices are dense in clusters of various sizes up to

    researchmap

  • Analysis of conditional statistics obtained near the turbulent/non-turbulent interface of turbulent boundary layers 査読

    Takashi Ishihara, Hiroki Ogasawara, Julian C. R. Hunt

    JOURNAL OF FLUIDS AND STRUCTURES   53   50 - 57   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Direct numerical simulations of turbulent boundary layers (TBL) along a flat plate are used to study the properties of turbulent/non-turbulent (T/NT) interface of the TBL. The values of the momentum-thickness-based Reynolds numbers, Re-theta, used for this study, are 500-2200. Analysis of the conditional statistics near the interface of the TBL shows that there are a small peak in the spanwise voracity, and an associated small jump in streamwise velocity. It is shown that the interfacial layer has an inertia-viscous double structure which consists of a turbulent sublayer with a thickness of the order of the Taylor micro-scale and its outer boundary with a thickness of the order of the Kolmogorov length scale. The velocity jump near the TINT interface of the TBL is of the order of the rms value of velocity fluctuations near the interface. Conditional cross correlations of the streamwise or the wall-normal velocity fluctuations change sharply across the interface, which are consistent with the blocking mechanism of the interface. 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. This is an open access article under the CC BY license

    DOI: 10.1016/j.jfluidstructs.2014.10.008

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Accurate Parallel Algorithm for Tracking Inertial Particles in Large-Scale Direct Numerical Simulations of Turbulence

    Takashi Ishihara, Kei Enohata, Koji Morishita, Mitsuo Yokokawa, Katsuya Ishii

    PARALLEL COMPUTING TECHNOLOGIES (PACT 2015)   9251   522 - 527   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    Statistics on the motion of small heavy (inertial) particles in turbulent flows with a high Reynolds number are physically fundamental to understanding realistic turbulent diffusion phenomena. An accurate parallel algorithm for tracking particles in large-scale direct numerical simulations (DNSs) of turbulence in a periodic box has been developed to extract accurate statistics on the motion of inertial particles. The tracking accuracy of the particle motion is known to primarily depend on the spatial resolution of the DNS for the turbulence and the accuracy of the interpolation scheme used to calculate the fluid velocity at the particle position. In this study, a DNS code based on the Fourier spectral method and two-dimensional domain decomposition method was developed and optimised for the K computer. An interpolation scheme based on cubic splines is implemented by solving tridiagonal matrix problems in parallel.

    DOI: 10.1007/978-3-319-21909-7_51

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • External and Internal interfacial turbulent shear layers

    Julian Hunt, Takashi Ishihara, Jerke Eisma, Wim Paul Breugen, Jerry Westerweel, Marianna Braza

    Proceedings - 15th European Turbulence Conference, ETC 2015   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Simulation, PIV data, and local models show characteristics and conditional statistics of turbulence either side and within interfacial layers [I] depending on the mean profile and the presence of resistive/porous walls. Key words; turbulence, interface structure, conditional statistics, numerical models

    Scopus

    researchmap

  • ノルマルヘプタン予混合自己着火過程に対する温度非一様性及び乱流の影響の直接数値計算による解析 査読

    石原 卓, 伊藤 貴政, 三木 貴史, 芳松 克則, 寺地 淳

    日本機械学会論文集   80 ( 820 )   1-9 - TEP0361   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Mechanical Engineers  

    We examine the effects of temperature non-uniformity and turbulence on homogeneous charge compression ignition (HCCI) of a homogeneous n-heptane/air mixture, using three-dimensional direct numerical simulations of the mixture flows. We use a reduced chemical reaction model for the HCCI combustion. Time evolutions of the flows are obtained under the initial conditions having three different initial velocity fluctuations at 4.0 MPa and with temperature fluctuation around 781 K. Heat-release by the low-temperature oxidation, a key reaction in the ignition process, is analyzed along the trajectories of the temperature gradients, using dissipation-elements decomposition of the temperature fields. It is shown that the high heat-release rate occurs in the membrane-like regions where the temperature is about 870 K. The membrane-like regions move along the trajectories from high to low temperature. The analysis on the trajectories shows that the conditionally averaged moving speed and thickness of the regions are decreasing functions of the magnitude of temperature gradient. When the velocity fluctuation is strong, the turbulent flow is found to play a key role in retarding the ignition: The turbulent flow reduces the maximum temperature and slows down the averaged moving speed of the membrane-like regions.

    DOI: 10.1299/transjsme.2014tep0

    CiNii Article

    researchmap

  • Thin Shear Layer Structures in High Reynolds Number Turbulence Tomographic Experiments and a Local Distortion Model

    Julian C. R. Hunt, Takashi Ishihara, Nicholas A. Worth, Yukio Kaneda

    FLOW TURBULENCE AND COMBUSTION   92 ( 3 )   607 - 649   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Three-dimensional tomographic time dependent PIV measurements of high Reynolds number (Re) laboratory turbulence are presented which show the existence of long-lived, highly sheared thin layer eddy structures with thickness of the order of the Taylor microscale and internal fluctuations. Highly sheared layer structures are also observed in direct numerical simulations of homogeneous turbulence at higher values of Re (Ishihara et al., Annu Rev Fluid Mech 41:165-180, 2009). But in the latter simulation, where the fluctuations are more intense, the layer thickness is greater. A rapid distortion model describes the structure and spectra for the velocity fluctuations outside and within 'significant' layers; their spectra are similar to the Kolmogorov (C R Acad Sci URSS 30:299-303, 1941) and Obukhov (Dokl Akad Nauk SSSR 32:22-24, 1941) statistical model (KO) for the whole flow. As larger-scale eddy motions are blocked by the shear layers, they distort smaller-scale eddies leading to local zones of down-scale and up-scale transfer of energy. Thence the energy spectrum for high wave number k is . The exponent p depends on the forms of the large eddies. The non-linear interactions between the distorted inhomogeneous eddies produce a steady local structure, which implies that 2p = 5/3 and a flux of energy into the thin-layers balancing the intense dissipation, which is much greater than the mean . Thence as in KO. Within the thin layers the inward flux energises extended vortices whose thickness and spacing are comparable with the viscous microscale. Although peak values of vorticity and velocity of these vortices greatly exceed those based on the KO scaling, the form of the viscous range spectrum is consistent with their model.

    DOI: 10.1007/s10494-013-9518-0

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Thin Shear Layers in High Reynolds Number Turbulence-DNS Results 査読

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda, Julian C. R. Hunt

    FLOW TURBULENCE AND COMBUSTION   91 ( 4 )   895 - 929   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Using direct numerical simulation of turbulence in a periodic box driven by homogeneous forcing, with a maximum of 4096(3) grid points and Taylor micro-scale Reynolds numbers R (lambda) up to 1131, it is shown that there is a transition in the forms of the significant, high vorticity, intermittent structures, from isolated vortices when R (lambda) is less than 10(2) to complex thin-shear layers when R (lambda) exceeds about 10(3). Both the distance between the layers and their widths are comparable with the integral length scale. The thickness of each of the layers is of the order of the Taylor micro-scale lambda. Across the layers the velocity 'jumps' are of the order of the rms velocity u (o) of the whole flow. Within the significant layers, elongated vortical eddies are generated, with microscale thickness a"" (v) similar to 10 eta a parts per thousand(a)aEuro parts per thousand lambda, with associated peak values of vorticity as large as 35 omega (rms) and with velocity jumps as large as 3.4u (o) , where eta is the Kolmogorov micro scale and omega (rms) the rms vorticity. The dominant vortical eddies in the layers, which are approximately parallel to the vorticity averaged over the layers, are separated by distances of order a"" (v) . The close packing leads to high average energy dissipation inside the layer, as large as ten times the mean rate of energy dissipation over the whole flow. The interfaces of the layers act partly as a barrier to the fluctuations outside the layer. However, there is a net energy flux into the small scale eddies within the thin layers from the larger scale motions outside the layer.

    DOI: 10.1007/s10494-013-9499-z

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • ノルマルヘプタン自己着火過程における反応と乱流の相互作用の三次元DNS 解析 査読

    寺地 淳, 生田 博也, 三木 貴史, 石原 卓

    日本機械学会論文集(B 編)   79 ( 799 )   431 - 438   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.79.431

    Scopus

    researchmap

  • Conditional analysis near strong shear layers in DNS of isotropic turbulence at high Reynolds number 査読

    Takashi Ishihara, Julian C. R. Hunt, Yukio Kaneda

    13TH EUROPEAN TURBULENCE CONFERENCE (ETC13): STATISTICAL ASPECTS, MODELLING AND SIMULATIONS OF TURBULENCE   318 ( SECTION 4 )   042004   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    Data analysis of high resolution DNS of isotropic turbulence with the Taylor scale Reynolds number R-lambda = 1131 shows that there are thin shear layers consisting of a cluster of strong vortex tubes with typical diameter of order 10 eta, where eta is the Kolmogorov length scale. The widths of the layers are of the order of the Taylor micro length scale. According to the analysis of one of the layers, coarse grained vorticity in the layer are aligned approximately in the plane of the layer so that there is a net mean shear across the layer with a mean velocity jump of the order of the root-mean-square of the fluctuating velocity, and energy dissipation averaged over the layer is larger than ten times the average over the whole flow. The mean and the standard deviation of the energy transfer T(x, k) from scales larger than 1/k to scales smaller than 1/k at position x are largest within the layers (where the most intense vortices and dissipation occur), but are also large just outside the layers (where viscous stresses are weak), by comparison with the average values of T over the whole region. The DNS data are consistent with exterior fluctuation being damped/filtered at the interface of the layer and then selectively amplified within the layer.

    DOI: 10.1088/1742-6596/318/4/042004

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • ノルマルヘプタン均質予混合場における中間生成物拡散が低温酸化反応過程に与える影響の数値解析 査読

    寺地淳, 西田成志, 森川貴弘, 石原 卓, 金田行雄

    機械学会論文集B編   77 ( 779 )   1592 - 1600   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.77.1592

    Scopus

    researchmap

  • Small-scale statistics in direct numerical simulation of turbulent channel flow at high-Reynolds number 査読

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    13TH EUROPEAN TURBULENCE CONFERENCE (ETC13): WALL-BOUNDED FLOWS AND CONTROL OF TURBULENCE   318 ( SECTION 2 )   022016   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    Small-scale statistics in turbulent channel flow are studied by high resolution direct numerical simulations with the friction Reynolds number up to Re-tau = 2560. The second order velocity statistics in the inertial subrange of the log-low region are found to be not far from those predicted by Kolmogorov's universal equilibrium theory, although the agreement is not perfect. The shear parameter S* decreases with the distance y(+) from the wall and S* less than or similar to 0.1 in y(+) &gt; 400 for large Re-tau, where S* is the ratio of the Kolmogorov time scale to the mean shear time scale. For larger Re-tau, the y(+)-dependence of S* is closer to a simple theoretical estimate in the log-low region.

    DOI: 10.1088/1742-6596/318/2/022016

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Study of High-Reynolds Number Isotropic Turbulence by Direct Numerical Simulation 査読

    Takashi Ishihara, Toshiyuki Gotoh, Yukio Kaneda

    ANNUAL REVIEW OF FLUID MECHANICS   41   165 - 180   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ANNUAL REVIEWS  

    We review studies of the statistics of isotropic turbulence in an incompressible fluid at high Reynolds numbers using direct numerical simulation (DNS) from the viewpoint of fundamental physics. The Reynolds number achieved by the largest DNS, with 4096(3) grid points, is comparable with the largest Reynolds number in laboratory experiments. The high-quality DNS data in the inertial subrange and the dissipative range enable the examination of detailed statistics at small scales, such as the normalized energy-dissipation rate, energy and energy-flux spectra, the intermittency of the velocity gradients and increments, scaling exponents, and flow-field structure. We emphasize basic questions of turbulence, universality in the sense of Kolmogorov's theory, and the dependence of the statistics on the Reynolds number and scale.

    DOI: 10.1146/annurev.fluid.010908.165203

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Examination of Kolmogorov's 4/5 law by high-resolution direct numerical simulation data of turbulence 査読

    Yukio Kaneda, Junya Yoshino, Takashi Ishihara

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 ( 6 )   064401   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    Kolmogorov's 4/5 law is examined quantitatively by using the data of direct numerical simulations of incompressible turbulence in a periodic box with the number of grid points and the Taylor micro-scale Reynolds number 2048(3) and R-gimel approximate to 732, respectively. The examination is based on a generalization of the Karman-Howarth-Kolmogorov (KHK) equation for isotropic turbulence to anitropic turbulence. An emphasis is put on the influence of the finite Reynolds number, length-scale and the weak but finite anisotropy. The analysis of the DNS data gives a quantitative idea on the role of the viscous and forcing terms in the KHK equation. It also suggests that the anisotropy has substantial influence on the 4/5 law for a wide scale-range.

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.064401

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Small-scale statistics in high-resolution direct numerical simulation of turbulence: Reynolds number dependence of one-point velocity gradient statistics 査読

    T. Ishihara, Y. Kaneda, M. Yokokawa, K. Itakura, A. Uno

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   592   335 - 366   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    One-point statistics of velocity gradients and Eulerian and Lagrangian accelerations are studied by analysing the data from high-resolution direct numerical simulations (DNS) of turbulence in a periodic box, with up to 4096 3 grid points. The DNS consist of two series of runs; one is with k(max)eta similar to 1 (Series 1) and the other is with k(max)eta similar to 2 (Series 2), where k(max) is the maximum wavenumber and eta the Kolmogorov length scale. The maximum Taylor-microscale Reynolds number R-lambda in Series 1 is about 1130, and it is about 675 in Series 2. Particular attention is paid to the possible Reynolds number (Re) dependence of the statistics. The visualization of the intense vorticity regions shows that the turbulence field at high Re consists of clusters of small intense vorticity regions, and their structure is to be distinguished from those of small eddies. The possible dependence on Re of the probability distribution functions of velocity gradients is analysed through the dependence on R-lambda of the skewness and flatness factors (S and F). The DNS data suggest that the R-lambda dependence of S and F of the longitudinal velocity gradients fit well with a simple power law: S similar to -0.32R(lambda)(0.11) and F similar to 1.14(lambda)(0.34), in fairly good agreement with previous experimental data. They also suggest that all the fourth-order moments of velocity gradients scale with R-lambda similarly to each other at R-lambda &gt; 100, in contrast to R-lambda &lt; 100. Regarding the statistics of time derivatives, the sccond-order time derivatives of turbulent velocities are more intermittent than the first-order ones for both the Eulerian and Lagrangian velocities, and the Lagrangian time derivatives of turbulent velocities are more intermittent than the Eulerian time derivatives, as would be expected. The flatness factor of the Lagrangian acceleration is as large as 90 at R-lambda approximate to 430. The flatness factors of the Eulerian and Lagrangian accelerations increase with R-lambda approximately proportional to R-lambda(alpha E) and R-lambda(alpha L), respectively, where alpha(E) approximate to 0.5 and alpha(L) approximate to 1.0, while those of the second-order time derivatives of the Eulerian and Lagrangian velocities increases approximately proportional to R-lambda(beta E) and R-lambda(beta L), respectively, where beta(E) approximate to 1.5 and beta(L) approximate to 3.0.

    DOI: 10.1017/S0022112007008531

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 石岡圭一, スペクトル法による数値計算入門, 東京大学出版会, 2004年

    石原 卓

    応用数理   15 ( 3 )   280 - 281   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本応用数理学会  

    DOI: 10.11540/bjsiam.15.3_280

    CiNii Article

    researchmap

  • Similarity scaling of pressure fluctuation in turbulence

    Yoshiyuki Tsuji, Takashi Ishihara

    Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics   68 ( 2 2 )   2003年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The static pressure fluctuation in a fully developed turbulence was measured. The aim was to determine how the spectral form varies depending on the Reynolds number. In particular, the spectral exponent and constant Kp were studied from the standpoint of Kolmogorov scaling. Probability density functions were computed and compared with DNS in order to ascertain the qualitative accuracy.

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 理工系の数理 ベクトル解析

    山本, 有作, 石原, 卓( 担当: 共著)

    裳華房  2020年11月  ( ISBN:9784785315894

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 172p   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

    researchmap

  • 理工学のための数値計算法[第3版]

    水島 二郎, 柳瀬 眞一郎, 石原 卓( 担当: 共著)

    数理工学社  2019年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:252   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 乱流の計算科学 - 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション

    金田行雄, 石井克哉, 石原 卓, 岩本 薫, 吉田 恭, 芳松克則, 半場藤弘( 担当: 共著)

    共立出版  2012年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:63-121   記述言語:日本語

    researchmap

MISC

  • 宇宙物理におけるナビエ・ストークス方程式の直接数値計算 ―原始惑星系円盤乱流中のダスト成長― 招待

    梅村 雅之, 石原 卓

    シミュレーション   39 ( 2 )   101 - 107   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 一様等方性乱流の大規模直接数値シミュレーション (小特集 スーパーコンピューティングとシミュレーション) 招待

    石原 卓, 横川 三津夫, 森下 浩二, 宇野 篤也, 金田 行雄

    シミュレーション = Journal of the Japan Society for Simulation Technology   38 ( 2 )   74 - 78   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:小宮山印刷工業  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Turbulence Near Interfaces-Modelling and Simulations

    J. C. R. Hunt, T. Ishihara, D. Szubert, I. Asproulias, Y. Hoarau, M. Braza

    ADVANCES IN FLUID-STRUCTURE INTERACTION   133   283 - 292   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    DOI: 10.1007/978-3-319-27386-0_17

    Web of Science

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の渦の組織構造とその時間発展 招待 査読

    石原 卓, 宇野 篤也, 森下 浩二, 横川 三津夫, 金田 行雄

    ながれ   35 ( 2 )   109 - 113   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本流体力学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Coherent vorticity in turbulent channel flow: a wavelet viewpoint

    Katsunori Yoshimatsu, Teluo Sakurai, Kai Schneider, Marie Farge, Koji Morishita, Takashi Ishihara

    Proceedings of Ninth International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena   2   -   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

    researchmap

  • 自然や人工系の流体シミュレーション 招待

    石原 卓

    パリティ   30 ( 6 )   34-36   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 18pCW-10 大規模直接数値シミュレーションによる乱流のエネルギースペクトル

    石原 卓, 森下 浩二, 横川 三津夫, 宇野 篤也, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   70 ( 0 )   2807 - 2807   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_2807

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 一様等方性乱流の直接数値シミュレーションコードの京コンピュータ向け最適化

    森下 浩二, 横川 三津夫, 宇野 篤也, 石原 卓, 金田 行雄

    情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2014 ( 17 )   1 - 5   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    現在日本最速のスーパーコンピュータである 「京」 を用いて,一様等方性乱流の超大規模直接数値シミュレーション (DNS) を実現するために,地球シミュレータ向けに開発された,フーリエ・スペクトル法に基づく一様等方性乱流の DNS コードの 「京」 への移植,及び最適化を行った.移植の際には,従来の 1 次元分割によるデータ分散手法から,より効率的な All-to-all 通信が可能であると考えられる 2 次元分割による手法へと変更を行った.その結果,「京」 の 192×128 ノードを用いて最大格子点数 122883 の超大規模 DNS の実現に成功した.これはプロダクトランとしては世界最大の一様等方性乱流の DNS である.ピーク性能比として,格子点数 61443,81923,122883 の DNS でそれぞれ 3.84%,3.14%,2.24% の実効性能が得られた.また,コードの更なる高効率化のために,乱流 DNS 特有のアルゴリズムに対する最適化を試み,その性能評価を行った.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 一様等方性乱流の直接数値シミュレーションコードの京コンピュータ向け最適化

    森下 浩二, 横川 三津夫, 宇野 篤也, 石原 卓, 金田 行雄

    情報処理学会研究報告. 計算機アーキテクチャ研究会報告   2014 ( 17 )   1 - 5   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    現在日本最速のスーパーコンピュータである 「京」 を用いて,一様等方性乱流の超大規模直接数値シミュレーション (DNS) を実現するために,地球シミュレータ向けに開発された,フーリエ・スペクトル法に基づく一様等方性乱流の DNS コードの 「京」 への移植,及び最適化を行った.移植の際には,従来の 1 次元分割によるデータ分散手法から,より効率的な All-to-all 通信が可能であると考えられる 2 次元分割による手法へと変更を行った.その結果,「京」 の 192×128 ノードを用いて最大格子点数 122883 の超大規模 DNS の実現に成功した.これはプロダクトランとしては世界最大の一様等方性乱流の DNS である.ピーク性能比として,格子点数 61443,81923,122883 の DNS でそれぞれ 3.84%,3.14%,2.24% の実効性能が得られた.また,コードの更なる高効率化のために,乱流 DNS 特有のアルゴリズムに対する最適化を試み,その性能評価を行った.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の強い渦の組織構造 (偏微分方程式の背後にある確率過程と解の族が示す統計力学的な現象の解析)

    石原 卓

    数理解析研究所講究録   1919   35 - 37   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2433/223374

  • 高レイノルズ数乱流中の強い渦の組織構造

    石原 卓

    偏微分方程式の背後にある確立過程と解の族が示す統計力学的な現象の解析 Stochastic Processes and Statistical Phenomena behind RDFs RIMS共同研究報告集   ( 1919 )   35-37   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 25pKJ-2 一様等方性乱流中の高渦度領域の動的形状解析(非圧縮性流体,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    服部 裕司, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   68 ( 2 )   228 - 228   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Small scale universality and spectral characteristics in turbulent flows 査読

    Yukio Kaneda, Koji Morishita, Takashi Ishihara

    Proceedings of TSFP-8 (2013) Poitiers   1   1-6   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

    researchmap

  • 乱流の世界最大規模直接数値計算とモデリングによる応用計算

    石原 卓, 金田 行雄, 岩本 薫

    Annual report of the Earth Simulator Center   149 - 154   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Earth Simulator Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Study of two elements constituting turbulence by a multifractal theory for probability density functions - Through the analyses of 4096(3) DNS

    T. Arimitsu, N. Arimitsu, K. Takechi, Y. Kaneda, T. Ishihara

    IC-MSQUARE 2012: INTERNATIONAL CONFERENCE ON MATHEMATICAL MODELLING IN PHYSICAL SCIENCES   410 ( 1 )   012083   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    The probability density functions (PDFs) of energy dissipation rates created from the whole of the DNS region of the size 4096(3) (named whl-PDFs) for various sizes of coarse graining areas are analyzed by multifractal PDF theory (MPDFT). Furthermore, other PDFs named max-PDF and mm-PDF for various sizes of coarse graining areas, created respectively from the partial DNS regions of the size 512(3) with maximum and minimum enstrophy, are also analyzed by making use of the whl-PDF. It is shown that there is a whl-PDF with an appropriate size of coarse graining area, whose slope of the tail part can adjust the slope of the tail-part of a max-PDF. On the other hand, there is a whl-PDF whose center part can adjust quite accurately the center part of a min-PDF. Note that the partial DNS region with maximum (minimum) enstrophy is the region of maximally dense (rare) vortexes, and therefore contributes mainly to the tail (center) part of the whl-PDF. It is found that these adjustments are systematic with respect to the sizes of coarse graining areas.

    DOI: 10.1088/1742-6596/410/1/012083

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Conditional analysis of statistics obtained near the turbulent-nonturbulent interface of turbulent boundary layers

    T. Ishihara, H. Ogasawara

    Proceedings of ERCOFTAC SYMPOSIUM on Unsteady Separation in Fluid-Structure Interaction   399-403   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 4D visualization of isotropic turbulence and dynamics of high-enstrophy structures 査読

    Yuji Hattori, Takashi Ishihara

    USB Proceedings of JSST 2012 International Conference on Simulation Technology   - ( - )   170-174   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Interactive visualizations of the large-scale data generated by the DNS of isotropic turbulence on 40963 grid points 査読

    Takashi Ishihara, Kensaku Mori

    USB Proceedings of JSST 2012 International Conference on Simulation Technology   - ( - )   175-177   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Improvement of Reality of CG Motion Pictures by Hydrodynamic Effects: Effects of Turbulence 査読

    Takashi Ishihara, Yuji Hattori

    Ninth International Conference on Flow Dynamics   - ( - )   -   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Volume Penalization法による翼果まわりの流れの数値解析

    澤村陽一, 石原 卓

    生物流体力学及び関連する問題の研究Study of bio-fluid mechanics and related problems RIMS 共同研究報告集   1808   101-120 - 120   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2433/194442

  • 19aAA-11 レイノルズ数の異なる4096^3DNS乱流のマルティフラクタルPDF理論による比較解析(19aAA 複雑流体,剛体・弾性体,非圧縮性流体,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    武智 公平, 有光 直子, 有光 敏彦, 金田 行雄, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   67 ( 2 )   240 - 240   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Velocity-Dependent Actomyosin ATPase Cycle Revealed by In Vitro Motility Assay with Kinetic Analysis 査読

    Masaaki K. Sato, Takashi Ishihara, Hiroto Tanaka, Akihiko Ishijima, Yuichi Inoue

    BIOPHYSICAL JOURNAL   103 ( 4 )   711 - 718   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CELL PRESS  

    The actomyosin interaction plays a key role in a number of cellular functions. Single-molecule measurement techniques have been developed to study the mechanism of the actomyosin contractile system. However, the behavior of isolated single molecules does not always reflect that of molecules in a complex system such as a muscle fiber. Here, we developed a simple method for studying the kinetic parameters of the actomyosin interaction using small numbers of molecules. This approach does not require the specialized equipment needed for single-molecule measurements, and permits us to observe behavior that is more similar to that of a complex system. Using an in vitro motility assay, we examined the duration of continuous sliding of actin filaments on a sparsely distributed heavy meromyosin-coated surface. To estimate the association rate constant of the actomyosin motile system, we compared the distribution of experimentally obtained duration times with a computationally simulated distribution. We found that the association rate constant depends on the sliding velocity of the actin filaments. This technique may be used to reveal new aspects of the kinetics of various motor proteins in complex systems.

    DOI: 10.1016/j.bpj.2012.07.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • OS3-7 Numerical Analysis of Effect of Intermediate Species Diffusion on Low Temperature Oxidation Process in a Homogeneous n-Heptane Mixture(OS3 Application of chemical kinetics to combustion modeling,Organized Session Papers)

    Teraji Atsushi, Ishihara Takashi, Kaneda Yukio

    The ... international symposium on diagnostics and modeling of combustion in internal combustion engines   2012 ( 8 )   152 - 157   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    A two-dimensional direct numerical simulation (DNS) was applied to investigate the autoignition process of an n-heptane/air mixture. The diffusion of intermediate species was studied in terms of the influence on the ignition delay period and the chemical reaction process. A simplified reaction mechanism was used in this study. The influence of turbulence was investigated by comparing the results of a zero-dimensional simulation and two-dimensional direct simulation of a non-turbulence condition. It was found that the ignition delay period was strongly affected by the different diffusion rates of intermediate species. It was shown that the outflow of OH radicals having a larger diffusion coefficient reduces the reaction rate at the high temperature point. In contrast, the reaction rate was enhanced by the influx of OH radicals at the low temperature point.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Numerical Analysis of Effect of Intermediate Species Diffusion on Low Temperature Oxidation Process in a Homogeneous n-Heptane Mixture 査読

    Atsushi Teraji, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proc. COMODIA 2012   - ( - )   152-157 - 157   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

    researchmap

  • 大規模直接数値シミュレーションによる周期境界乱流中のエネルギー散逸率とエネルギースペクトル

    金田行雄, 石原 卓, 横川三津夫, 板倉憲一, 宇野篤也

    ながれ   31 ( 3 )   241-244 - 244   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本流体力学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=377158

  • 23pGS-1 4096^3DNS乱流のマルティフラクタル確率密度関数理論による解析(23pGS 非圧縮性流体,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    有光 直子, 武智 公平, 有光 敏彦, 金田 行雄, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   66 ( 2 )   279 - 279   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25pTC-16 4096^3DNS乱流のマルティフラクタルPDF理論による解析(25pTC 非圧縮性流体,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    有光 直子, 武智 公平, 有光 敏彦, 金田 行雄, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   66 ( 1 )   289 - 289   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Improvement of Reality of CG Motion Pictures by Hydrodynamic Effects 査読

    Takashi Ishihara, Yuji Hattori

    Proceedings of the Eleventh International Symposium on Advanced Fluid Information and Transdisciplinary Fluid Integration   48-49   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Towards a separation of the elements in turbulence via the analyses withing MPDFT

    Toshihico Arimitsu, Naoko Arimitsu, Kohei Takechi, Yukio Kaneda, Takashi Ishihara

    arXiv.org[cond-mat.sta-mech]   1111   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2D Direct Numerical Simulation of Intermediate Species Diffusion in Low Temperature Oxidation Process 査読

    Atsushi Teraji, Takahiro Morikawa, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    ICDERS 2011 Proceedings   - ( - )   -   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 25pTF-12 乱流の大規模直接数値計算データを用いた4次速度構造関数及び圧力勾配・速度構造関数の解析(25pTF 非圧縮性流体,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    中西 崇仁, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   65 ( 2 )   289 - 289   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 高レイノルズ数等方乱流の直接数値シミュレーション -小スケールにおける統計的普遍性- 招待

    金田行雄, 石原 卓

    ながれ   29 ( 2 )   73-78 - 78   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本流体力学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=376799

  • 乱流境界層の直接数値シミュレーションにおけるヘアピン渦構造の力学(乱流(1),一般講演)

    石原 卓, 加藤 雅之, 金田 行雄

    日本流体力学会年会講演論文集   2010   117 - 117   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    We performed spectral direct numerical simulations (DNSs) of zero-pressure-gradient turbulent boundary layer (TBL) over a flat plate using a fringe region. In the DNS with 4608×512×768 grid points, we attained R_θ=835~2443 outside the fringe region. Here R_θ is the Reynolds number based on the momentum thickness. A short log-law-like region was observed for R_θ>2000 in the flow field of the TBL. Visualizations of the TBL flow fields suggest that coalescence of the same-signed cane-type neighbor vortices is one of the typical mechanisms of the growth of the hairpin-like vortex packets in the log-law region of the TBL.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 乱流混合層における乱流/非乱流界面近傍の渦構造と条件付き統計(乱流(3),一般講演)

    後藤 崇, 石原 卓, 金田 行雄

    日本流体力学会年会講演論文集   2010   127 - 127   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    Vortical structures and conditional statistics near the turbulent/non-turbulent interface of a turbulent mixing layer are studied using the data obtained by direct numerical simulation. We determine the conditional statistics by averaging data at fixed distances relative to the interface and put our emphasis on the possible Reynolds number (Re) dependence of the conditional statistics. Our analysis suggests that the conditionally-averaged spanwise vorticity has a sharp peak near the interface, and also that the width of the peak is approximately 10η irrespective of Re, where η is the Kolmogorov length scale.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 0217 スペクトル法を用いた乱流境界層の直接数値計算(OS2-4 乱流の計測・解析・制御,オーガナイズドセッション)

    石原 卓, 加藤 雅之, 金田 行雄

    流体工学部門講演会講演論文集   2009   123 - 124   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Spectral direct numerical simulations (DNSs) of zero-pressure-gradient turbulent boundary layer along a flat plate are performed using a fringe method. In the DNSs a particular attention is paid to the possible effect of the fringe method on the statistics of turbulent boundary layer. Comparing the results obtained from DNSs of different parameters, we confirmed that there is a region for which similar Re-dependence of the statistics is obtained. DNS results show that Re-dependence of not only velocity statistics but also pressure statistics is quantitatively consistent with experimental results of much higher Re turbulent boundary layers.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28aQC-6 一様等方性乱流の大規模DNSデータベースを用いた渦集中領域の構造解析(乱流,領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)

    高橋 一樹, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   64 ( 2 )   218 - 218   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 乱流の大規模DNSデータ解析:速度差の統計の距離依存性とレイノルズ数依存性

    石原 卓

    九州大学応用力学研究所研究集会報告,   20ME-S6   176   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • Universality in Statistics at Small Scales of Turbulence: A Study by High Resolution DNS 査読

    Yukio Kaneda, Takashi Ishihara

    TURBULENCE AND INTERACTIONS   105   55 - 76   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    A review is given of the basic idea and some results of data-analysis of recent high-resolution direct numerical simulations (DNSs) of incompressible turbulence in a periodic box with up to 4096(3) grid points. Emphasis is put on the possible universality of small-scale statistics in turbulence at high Reynolds numbers. An analogy of turbulence with systems at or near thermal equilibrium state is also discussed.

    DOI: 10.1007/978-3-642-00262-5_3

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • フリンジ法を用いた乱流境界層の直接数値計算(安定性・乱流 乱流(1),一般講演)

    加藤 雅之, 石原 卓, 金田 行雄

    日本流体力学会年会講演論文集   2009   27 - 27   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    We perform spectral direct numerical simulations (DNSs) of zero-pressure-gradient turbulent boundary layer along a flat plate using a fringe method. In the DNSs a particular attention is paid to the possible effect of the fringe method on the statistics of turbulent boundary layer. Comparing the results obtained from DNSs of different parameters, we confirmed that there is a region for which similar Re-dependence of the statistics is obtained. Visualizations of turbulent boundary layer show that |ω|, |∇p| and |∂p/∂x| have similar structures. This suggest a possibility that structures in high Re turbulent boundary layer may be understood by analyzing experimental data of ∂p/∂x.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Direct numerical simulation of turbulent channel flow at high Reynolds number 査読

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proceedings of International Symposium on Frontiers of Computational Science 2008   2008   165-172 - 159   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本流体力学会  

    Taylor microscale Reynolds numbers R_λ and one-dimensional energy spectra of the velocity fluctuations in turbulent channel flows are analyzed by using direct numerical simulations with friction Reynolds numbers up to Re_Τ=1280. Special emphasis is put on the dependence of R_λ on the distance from the wall and Re_Τ.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 表紙の図について「乱流の大規模シミュレーション結果の対話的可視化」

    石原 卓, ISHIHARA Takashi

    情報連携基盤センターニュース   7 ( 3 )   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:名古屋大学情報連携基盤センター  

    CiNii Article

    researchmap

  • スーパーコンピュータを使おう(5)

    石原 卓

    名古屋大学情報連携基盤センター ニュース   7 ( 3 )   327-332   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Multifractal analysis by using high-resolution direct numerical simulation of turbulence 査読

    Takashi Ishihara, Hirotaka Higuchi

    IUTAM SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL PHYSICS AND NEW PERSPECTIVES IN TURBULENCE   4   61 - 66   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    Multifractal analysis based on the energy dissipation epsilon and the enstrophy Omega in isotropic turbulence is made by using high-resolution direct numerical simulation of turbulence with the number of grid points up to 20483. The analysis shows that the singularity exponents alpha and alpha' that characterize the intermittencies associated with epsilon and Omega, respectively, agree well with each other in the inertial subrange. This result is consistent with log epsilon(r) and log Omega(r) correlating well with each other for the scale r in the inertial subrange, where the subscript denotes the local average over a cubic domain of size r.

    DOI: 10.1007/978-1-4020-6472-2_9

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Attempts at computer-aided understanding of turbulence 査読

    Yukio Kaneda, Takashi Ishihara, Koji Morishita, Yoshinori Mizuno

    IUTAM SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL PHYSICS AND NEW PERSPECTIVES IN TURBULENCE   4   49 - 54   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    A review is presented on some attempts to understand turbulence by using high-performance computing (HPC). Among them is the study of turbulence by the direct numerical simulation (DNS) of incompressible turbulence in a periodic box with the number of grid points up to 4096(3). The DNS data shed some light on the Reynolds number (Re)-dependence of the statistics of turbulence at high Re and on the intermittency of energy dissipation. HPC is shown to be useful also for solving a multidimensional singular partial differential equation that determines the anomalous scaling of a passive scalar field advected by a random velocity field with an infinitely small correlation time.

    DOI: 10.1007/978-1-4020-6472-2_7

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 一様等方性乱流DNSを用いたLagrange的加速度の解析(乱流基礎(4),一般講演)

    高橋 一樹, 石原 卓

    日本流体力学会年会講演論文集   2008   169 - 169   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    To study the properties of extreme events in Lagrangean acceleration we analyze Lagrangian data obtained from a direct numerical simulation of forced homogeneous isotropic turbulence which was performed on 1024^3 grid points with R 283. The extreme events are known to be trapping events by vortex filaments. Our analysis shows that the extreme Lagrangian accelerations are accompanied by spiral motions whose frequency is about 0.5Τ_η^1 and whose duration is less than about 10Τ_η, where Τ_η is the Kolmogorov time scale. It is found that the extreme events are strongly correlated with time variation of Lagrangian vorticities.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 乱流の計算科学への試み 招待

    金田行雄, 石原 卓

    ながれ   26 ( 6 )   375-383 - 383   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Fluid Mechanics  

    乱流の計算科学への試み、とくに、周期境界条件下の非圧縮一様等方性乱流の最大格子点数40963の直接数値計算 (DNS) を用いた乱流の研究について紹介する.得られた乱流DNSデータは高いレイノルズ数 (Re) における乱流統計の基本的な疑問に対する理解への貴重な手がかりを与えてくれる.その乱流統計には (i) Re-∞ における規格化されたエネルギー散逸率 (ii) 普遍平衡領域におけるエネルギースペクトル (iii) 大スケールから小スケールへのエネルギーの輸送等が含まれる

    DOI: 10.11426/nagare1982.26.375

    CiNii Article

    researchmap

  • 22pTW-5 乱流の大規模直接数値計算データを用いたマルチフラクタル解析(乱流・渦運動,領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)

    樋口 裕孝, 石原 卓

    日本物理学会講演概要集   62 ( 2 )   296 - 296   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Small-scale statistics in high-resolution direct numerical simulation of turbulence 査読

    Yukio Kaneda, Takashi Ishihara

    PROGRESS IN TURBULENCE II   109   11 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    We performed high-resolution direct numerical simulations (DNSs) of incompressible turbulence in a periodic box with the number of grid points up to 4096(3). The DNS data shed some light on the nature, especially on the possible universality, of small-scale statistics of turbulence at high Reynolds number Re. We report some results of the analysis of the DNS data with an emphasis on the possible dependence of the statistics on Re.

    Web of Science

    researchmap

  • High-resolution direct numerical simulation of turbulence 査読

    Y Kaneda, T Ishihara

    JOURNAL OF TURBULENCE   7 ( 20 )   1 - 17   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    We performed high-resolution direct numerical simulations (DNS) of incompressible turbulence in a periodic box by using a Fourier spectral method with the number of grid points up to 4096(3). The simulations consist of two series: one with k(max)eta similar to 1 ( series 1), and the other with k(max)eta similar to 2 (series 2), where k(max) is the highest wavenumber in each simulation, and. is the Kolmogorov length scale. In the 4096(3) DNS, the Taylor scale Reynolds number R-lambda similar to 1200 and the ratio of L/eta of the integral length scale L to eta is approximately 2200, in series 1. The DNS data analysis reveals simple scaling of various spectra, and also sheds some light on (i) the energy spectrum at high R-lambda, (ii) the asymptotic R-lambda-dependence of the normalized energy dissipation rate, (iii) the anomalous scaling of the spectra of energy dissipation and enstrophy, and so on. After some preliminary remarks on the methods and limitations of the DNS, this paper presents a review of the DNS data analysis. Discussions are also made on some questions invoked by the DNS.

    DOI: 10.1080/14685240500256099

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Statistical property of pressure fluctuation in fully developed turbulence 査読

    Yoshiyuki Tsuji, Takashi Ishihara

    IUTAM SYMPOSIUM ON ELEMENTARY VORTICES AND COHERENT STRUCTURES: SIGNIFICANCE IN TURBULENCE DYNAMICS   79   163 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    Pressure fluctuation is measured by using a condenser microphone and piezoresistive transducer. In order to confirm the experimental accuracy, measured data are compared with direct numerical simulation. This basic test encourages us to study small-scale statistics from the standpoint of Kohnogorov universal scaling. The power-law exponent and proportional constant of normalized pressure spectrum are discussed. The clear power law with scaling exponent -7/3 is confirmed in the range of R-lambda &gt;= 600. These Reynolds numbers are much larger than those in velocity fluctuation for achieving the Kolmogorov scaling. The spectral constant K-p is not universal but depends on Reynolds number.

    DOI: 10.1007/1-4020-4181-0_17

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • AM06-03-002 乱流の大規模直接数値計算に基づくマルチフラクタル解析(乱流渦構造(1),一般講演)

    石原 卓, 樋口 裕孝, 金田 行雄

    日本流体力学会年会講演論文集   2006   34 - 34   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    Multifractal analysis is performed by using the high-resolution DNS data of turbulence with the number of grid points up to 4096^3. The analysis shows that the so-called generalized dimensions of energy dissipation and enstrophy can be obtained as almost scale-independent expornents provided that the scale is in the inertial subrange. Reynolds number dependence of multifractal measures such as the so-called f(α) spectra is discussed.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Statistics of energy transfer in high-resolution direct numerical simulation of turbulence in a periodic box 査読

    T Aoyama, T Ishihara, Y Kaneda, M Yokokawa, K Itakura, A Un

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   74 ( 12 )   3202 - 3212   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The statistics of energy transfer is studied by using the data of a series of high-resolution direct numerical simulations of incompressible homogeneous turbulence in a periodic box with the Taylor micro-scale Reynolds number R-lambda and grid points up to approximately 1130 and 4096(3), respectively. The data show that the energy transfer T across the wave number k is highly intermittent and the skewness S and flatness F of T increase with k approximately as S proportional to (kL)(alpha S), F proportional to (kL)(alpha F) in the inertial subrange, where alpha(S) similar to 2/3, alpha(F) similar to 1 and L the characteristic length scale of energy containing eddies. The comparison between the statistics of T, the energy dissipation rate epsilon and its average epsilon(r) over a domain of scale r shows that T is less intermittent than epsilon, while there is a certain similarity between the probability distribution functions of T and epsilon(r).

    DOI: 10.1143/JPSJ.74.3202

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Box 乱流の大規模 DNS 結果から見た Channel 乱流

    石原 卓, 長田將明, 金田行雄

    京都大学数理解析研究所講究録   1434 ( 1434 )   188-194 - 194   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2433/47436

  • 結合コンパクトスキームを用いたチャネル乱流の直接数値シミュレーション

    高林大作, 林 一樹, 石原 卓

    豊田研究報告   ( 58 )   155-160 - 160   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:豊田理化学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Energy spectrum in the near dissipation range of high resolution direct numerical simulation of turbulence 査読

    T Ishihara, Y Kaneda, M Yokokawa, K Itakura, A Uno

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   74 ( 5 )   1464 - 1471   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The energy spectrum in the near dissipation range of turbulence is studied by analyzing the data of a series of high-resolution direct numerical simulations of incompressible homogeneous turbulence in a periodic box with the Taylor micro-scale Reynolds number R-lambda and resolution ranging up to about 675 and 4096(3), respectively. The spectra in the Reynolds number range fit well to the form C(k eta)(alpha) exp(-beta k eta) in the wavenumber range 0.5 less than or similar to k eta less than or similar to 1.5, where eta is the Kolmogorov dissipation length scale and C, alpha and beta are constants independent of k. The values of alpha and beta decrease monotonically with R-lambda, and they are consistent with the conjecture that they approach to constants as R-lambda -&gt; infinity, but the approach, especially that of beta, is slow.

    DOI: 10.1143/JPSJ.74.1464

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • AM05-02-001 乱流のUltraDNSデータ解析 : 乱流の慣性小領域におけるエネルギー流束とエネルギー散逸(地球シミュレータを用いた大規模計算,一般講演)

    石原 卓, 青山 知弘, 金田 行雄

    日本流体力学会年会講演論文集   2005   53 - 53   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    Energy flux in turbulence from scales larger than a filter size γ to small scales is given by T(x, t)=-Τ_<ij>S^^-_<ij>, where Τ_<ij> is the subgrid stress and S^^-_<ij> is the resolved strain-rate tensor. The statistics of T is studied by using the data of a series of high-resolution direct numerical simulations of incompressible turbulence in a periodic box with the number of grid points up to 4096^3. The data show that T is highly intermittent and the skewness S and flatness F of T increase with the wavenumber κ(∝1/γ) approximately as S ∝(κL)^<αS> F ∝(κL)^<αF> in the inertial subrange, where α_S and α_F are constants independent of R_λ, and L is the characteristic length scale of energy containing eddies. The relation between the statistics of T, the energy dissipation rate ε and its local average ε_γ over a domain of scale r is also studied; T is less intermittent than ε and there is a certain similarity in the probability distribution functions of T and ε_γ.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Scalability of hybrid programming for a CFD code on the Earth Simulator

    K Itakura, A Uno, M Yokokawa, T Ishihara, Y Kaneda

    PARALLEL COMPUTING   30 ( 12 )   1329 - 1343   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The Earth Simulator (ES) is an SMP cluster system. There are two types of parallel programming models available on the ES. One is a flat programming model, in which a parallel program is implemented by MPI interfaces only, both within an SMP node and among nodes. The other is a hybrid programming model, in which a parallel program is written by using thread programming within an SMP node and MPI programming among nodes simultaneously. It is generally known that it is difficult to obtain the same high level of performance using the hybrid programming model as can be achieved with the flat programming model.
    In this paper, we have evaluated scalability of the code for direct numerical simulation of the Navier-Stokes equations on the ES. The hybrid programming model achieves the sustained performance of 346.9Gflop/s, while the flat programming model achieves 296.4Gfiop/s with 16 PNs of the ES for a DNS problem size of 256 3. For small scale problems, however, the hybrid programming model is not as efficient because of microtasking overhead. It is shown that there is an advantage for the hybrid programming model on the ES for the larger size problems. (C) 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.parco.2004.09.006

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 13pTD-10 大規模乱流 DNS データに基づく慣性小領域における相似性の解析(地球流体・乱流, 領域 11)

    青山 知弘, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   59 ( 2 )   223 - 223   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 13pTD-11 大規模乱流データベースを用いた Kolmogorov 仮説 (1962) の検証(地球流体・乱流, 領域 11)

    忽那 周平, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   59 ( 2 )   223 - 223   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Ultra Direct Numerical Simulation of Turbulence on the Earth Simulator - Data Analyses- 査読

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proc. Russia-Japan International Workshop on Turbulence and Instabilities, Moscow, Russia   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Ultra direct numerical simulation of turbulence on the earth simulator 査読

    T Ishihara

    COMPUTATIONAL MECHANICS, PROCEEDINGS   369 - 374   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:TSINGHUA UNIV PRESS  

    We recently carried out a series of DNSs of incompressible turbulence with number of grid points up to 4096(3) on the Earth Simulator (ES). The 4096(3) (ultra) DNS is 64 times the size of the largest DNS before the appearance of the ES. The DNSs consist of two groups; one is with K-max eta = 2 R-lambda = 1 and the Taylor micro scale Reynolds number R-lambda = 167 similar to 1131, while the other is with K-max eta = 2 and R-lambda = 94 similar to 675, where K-max is the maximum wave number and eta the Kolmogorov length scale. A review is given on the one-point and two-point statistics of the velocity derivatives, including the fourth-order rotational invariants I-alpha (alpha = 1...4) proposed by Siggia (1981) and the spectra of energy dissipation epsilon, enstrophy omega(2), and pressure p, obtained by the series of the DNSs on the ES. The series of the DNSs suggest that the spectra of epsilon, omega(2), and p exhibited a wave number range in which the spectra scaled with the wave number k as k(-a). Exponent a for p was in good agreement with the value obtained by assuming the joint probability distribution of the velocity field to be Gaussian, while a values for epsilon and omega(2) were very different from the Gaussian approximation values.

    Web of Science

    researchmap

  • High-resolution direct numerical simulation of turbulence - Spectra of fourth-order velocity momenrs 査読

    Y Kaneda, T Ishihara, M Yokokawa, K Itakura, A Uno

    IUTAM SYMPOSIUM ON REYNOLDS NUMBER SCALING IN TURBULENT FLOW   74   155 - 162   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER  

    High-resolution direct numerical simulations (DNSs) of incompressible turbulence based on an alias-free spectral method were performed on the Earth Simulator. Statistics of turbulence are studied by a DNS on 1024(3) grid points with a special emphasis on the spectra of moments fourth order in velocity. A brief review is given on some results of the preliminary analysis of the data of DNSs with up to 2048(3) grid points.

    Web of Science

    researchmap

  • E231 非圧縮乱流の高解像度DNSデータ解析 : 速度空間微分統計量のレイノルズ数依存性(E-23 地球シミュレータを用いた乱流の大規模計算(1),一般講演)

    石原 卓, 金田 行雄

    日本流体力学会年会講演論文集   2004   392 - 393   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    The data of high resolution direct numerical simulations (DNSs) of incompressible turbulence obeying the Navier-Stokes equations in a periodic box with the number of grid points up to 4096^3 were analyzed to study the one-point statistics of the velocity-derivatives, including probability distribution functions and the fourth-order rotational invariants I_α(α=1,2,3,4) proposed by Siggia (1981). The data suggest that the values of all four I_α(α=1,2,3,4) increase with the Reynolds number R_λ and the ratios I_α/I_l tend to constants with the increase of R_λ, and that they scale with R_λ similarly to each other for large R_λ.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Similarity scaling of pressure fluctuation in turbulence 査読

    Y Tsuji, T Ishihara

    PHYSICAL REVIEW E   68 ( 2 )   2630968-1-5   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    Pressure fluctuation was measured in a turbulent jet using a condenser microphone and piezoresistive transducer. The power-law exponent and proportional constant of normalized pressure spectrum are discussed from the standpoint of Kolmogorov universal scaling. The clear power law with scaling exponent close to -7/3 was confirmed in the range of 600less than or equal toR(lambda). These Reynolds numbers are much larger than those in velocity fluctuation to achieve Kolmogorov scaling. The spectral constant is not universal but depends on Reynolds numbers. Measured pressure probability density functions are compared with direct numerical simulation.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.68.026309

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Anisotropic spectrum of homogeneous turbulent shear flow in a Lagrangian renormalized approximation 査読

    K Yoshida, T Ishihara, Y Kaneda

    PHYSICS OF FLUIDS   15 ( 8 )   2385 - 2397   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    An analytical study of the anisotropic velocity correlation spectrum tensor in the inertial subrange of homogeneous turbulent shear flow is performed using a Lagrangian renormalized spectral closure approximation. The analysis shows that the spectrum in the asymptotic limit of infinitely large Reynolds numbers Re is determined by two nondimensional universal constants; theoretical estimates for the constants are provided. The anisotropic component of the spectrum at finite Re is more sensitive to large-scale turbulence structures than the isotropic component. A preliminary analysis of the effect of finite Re or the width of the inertial subrange is in qualitative agreement with direct numerical simulations. (C) 2003 American Institute of Physics.

    DOI: 10.1063/1.1588307

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Spectra of energy dissipation, enstrophy and pressure by high-resolution direct numerical simulations of turbulence in a periodic box 査読

    T Ishihara, Y Kaneda, M Yokokawa, K Itakura, A Uno

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   72 ( 5 )   983 - 986   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The spectra of the squares of velocity quadratics including the energy dissipation rate epsilon per unit mass, the enstrophy omega(2) and the pressure p were measured using the data obtained from direct numerical simulations (DNSs) of incompressible turbulence in a periodic box with number of grid points up to 2048(3). These simulations were performed using the Earth Simulator computing system. The spectra for epsilon, omega(2) and p exhibited a wave number range in which the spectra scaled with the wave number k as proportional to k(-a). Exponent a for p was about 1.81, which is in good agreement with the value obtained by assuming the joint probability distribution of the velocity field to be Gaussian, while a values for epsilon and omega(2) were about 2/3, and very different from the Gaussian approximation values.

    DOI: 10.1143/JPSJ.72.983

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 大規模DNSによる乱流物理現象の解明

    金田行雄, 石原卓

    日本流体力学会数値流体力学部門Web会誌   11 ( 2 )   25-30   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Energy dissipation rate and energy spectrum in high resolution direct numerical simulations of turbulence in a periodic box 査読

    Y Kaneda, T Ishihara, M Yokokawa, K Itakura, A Uno

    PHYSICS OF FLUIDS   15 ( 2 )   L21 - L24   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    High-resolution direct numerical simulations (DNSs) of incompressible homogeneous turbulence in a periodic box with up to 4096(3) grid points were performed on the Earth Simulator computing system. DNS databases, including the present results, suggest that the normalized mean energy dissipation rate per unit mass tends to a constant, independent of the fluid kinematic viscosity nu as nu--&gt;0. The DNS results also suggest that the energy spectrum in the inertial subrange almost follows the Kolmogorov k(-5/3) scaling law, where k is the wavenumber, but the exponent is steeper than -5/3 by about 0.1. (C) 2003 American Institute of Physics.

    DOI: 10.1063/1.1539855

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Performance tuning of a CFD code on the earth simulator

    K Itakura, A Uno, M Yokokawa, M Saito, T Ishihara, Y Kaneda

    NEC RESEARCH & DEVELOPMENT   44 ( 1 )   115 - 120   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:NEC CORP  

    High-resolution direct numerical simulations (DNSs) of incompressible turbulence with numbers of grid points up to 2048(3) have been executed on the Earth Simulator (ES). The DNSs are based on the Fourier spectral method, so that the equation for mass conservation is accurately solved. In DNSs based on the spectral method, most of the computation time is consumed in calculating the three-dimensional (3D) Fast Fourier Transform (FFT). In this paper, we tuned the 3D-FFT algorithm for the Earth Simulator and have achieved DNS at 16ATFLOPS on 2048(3) grid points.

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Ultra Direct Numerical Simulation of Turbulence on the Earth Simulator 査読

    Takashi Ishihara

    Proc. Japan-Russia Seminar, TIT   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 3次元一様等方性乱流の直接数値シミュレーションにおけるスペクトル法と高次精度差分法との比較 査読

    芳松克則, 石原 卓, 金田行雄, 中井 聡, 西田秀利, 里深信行

    日本機械学会論文集(B編)   69 ( 679 )   541 - 546   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaib.69.541

    Scopus

    researchmap

  • LES modelings based on the Lagrangian renormalized approximation 査読

    K Yoshida, T Ishihara, D Fujita, T Yamahira, Y Kaneda

    STATISTICAL THEORIES AND COMPUTATIONAL APPROACHES TO TURBULENCE   203 - 218   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG TOKYO  

    A systematic way for formulating large-eddy simulation (LES) models based on the Lagrangian renormalized approximation is presented. A spectral LES to simulate the energy spectrum and a probabilistic LES to simulate both the energy spectrum and the error spectrum are formulated for 3-dimensional turbulence and 2-dimensional turbulence with the inverse energy cascading range. The derived models axe free from any ad hoc parameters. The models are verified using high resolution numerical simulations with 512(3) grid points for 3-dimension and 1024(3) for 2-dimension.

    Web of Science

    researchmap

  • Predictability of 3D isotropic turbulence - Effect of data assimilation 査読

    K Hayashi, T Ishihara, Y Kaneda

    STATISTICAL THEORIES AND COMPUTATIONAL APPROACHES TO TURBULENCE   239 - 247   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG TOKYO  

    In numerical simulation of turbulent flows, it is usually difficult to obtain exact initial conditions and it is well known that initial uncertainty in high wavenumbers spreads toward large scale through nonlinear dynamics. These imply the limitation of the numerical prediction. We present here a series of numerical experiments to study the effect of data assimilation on the predictability of isotopic 3D turbulence. In the experiment we have two parameters K-c and T to control the data assimilation, where K-c is the maximum of the assimilated wavenumber range and T is the time interval of the assimilation. It is found not only that we can suppress the growth of uncertainty by data assimilation but also that we can reduce it under appropriate conditions on K-c and T. It is also found that there exists a critical K-c* such that if K-c &lt; K-c*, the uncertainty grows for any T.

    Web of Science

    researchmap

  • High resolution DNS of incompressible homogeneous forced turbulence - Time dependence of the statistics 査読

    T Ishihara, Y Kaneda

    STATISTICAL THEORIES AND COMPUTATIONAL APPROACHES TO TURBULENCE   177 - 188   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG TOKYO  

    Results of direct numerical simulation (DNS) of incompressible homogeneous and isotropic forced turbulence with grid points up to 1024 3 are presented with emphasis on the time dependence of the turbulence statistics. The Taylor micro scale Reynolds number at a quasi-stationary state is 283 in the DNS with 1024 3 grid points, and the energy spectrum exhibits an universal equilibrium range. The results suggest that for R-lambda &gt; 280 or so, the energy dissipation rate normalized by the integral length scale and root-mean-square velocity is almost independent of R-lambda and is 0.44 - 0.45.

    Web of Science

    researchmap

  • Relative diffusion of a pair of fluid particles in the inertial subrange of turbulence 査読

    T Ishihara, Y Kaneda

    PHYSICS OF FLUIDS   14 ( 11 )   L69 - L72   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Turbulent diffusion of a pair of fluid particles in 3-dimensional homogeneous and isotropic turbulence was studied using a high-resolution direct numerical simulation (DNS) with 1024(3) grid points. The DNS showed that the mean square of the distance deltax between the two fluid particles grows with time t as &lt;\deltax\(2)&gt;similar toCepsilont(3) in the inertial subrange, which is in agreement with Richardson (1926) and Obukhov (1941), where Capproximate to0.7 and epsilon is the mean dissipation rate per unit mass. A simple Lagrangian closure approximation for &lt;\deltax\(2)&gt; is shown to be in good agreement with the DNS. (C) 2002 American Institute of Physics.

    DOI: 10.1063/1.1508443

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • LES of Stably Stratified Turbulence 査読

    Kyo Yoshida, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proc. International Workshop on Statistical Theories and Computational Approaches to Turbulence   219-228   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 地球シミュレータ上での流体コードのスケーラビリティ評価

    宇野 篤也, 板倉 憲一, 横川 三津夫, 石原 卓, 金田 行雄

    情報処理学会研究報告. HPC,[ハイパフォーマンスコンピューティング]   91 ( 80 )   55 - 60   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    SMPクラスタでは,MPIと共有メモリプログラミングを組み合わせたハイブリッドプログラミングと,MPIのみを用いて並列化するフラットプログラミングを行うことができる.ハイブリッドプログラミングは,フラットプログラミングと比較して幾つかの点で有利であると思われるが,フラットプログラミングを越える性能を得ることは難しいとされている.本研究では,SMPクラスタである地球シミュレータ上で,3次元FFTを用いた一様等方性乱流シミュレーションコードについて,ハイブリッドプログラミングとフラットプログラミングを行い,そのスケーラビリティ評価を行った.その結果,地球シミュレータ上ではハイブリッドプログラミングはフラットプログラミングよりも高い性能を得ることが可能であることが分かった.また,地球シミュレータでの特性を考慮した性能チューニングのポイントについて考察する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Anisotropic velocity correlation spectrum at small scales in a homogeneous turbulent shear flow 査読

    T Ishihara, K Yoshida, Y Kaneda

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   88 ( 15 )   154501 - 1545014   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    A simple theoretical analysis and direct numerical simulations on 512(3) grid points suggest that the velocity correlation spectrum tensor in the inertial subrange of homogeneous turbulent shear flow at high Reynolds number is given by a simple form that is an anisotropic function of the wave vector. The tensor is determined by the rate of the strain tensor of the mean flow, the rate of energy dissipation per unit mass, the wave vector, and two nondimensional constants.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.88.154501

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 25aXB-4 一様シア-乱流の非等方スペクトル(25aXB 乱流・渦・音,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理分野))

    石原 卓, 吉田 恭, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   57 ( 1 )   248 - 248   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aXB-5 一様等方性乱流のシミュレーション : スペクトル法vs.高次精度線の方法(25aXB 乱流・渦・音,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理分野))

    芳松 克則, 石原 卓, 山崎 陽介, 金田 行雄, 西田 秀利, 中井 聡, 里深 信行

    日本物理学会講演概要集   57 ( 1 )   248 - 248   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of wavenumber truncation on high-resolution direct numerical simulation of turbulence 査読

    Y Yamazaki, T Ishihara, Y Kaneda

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   71 ( 3 )   777 - 781   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The effects of wavenumber truncation on the direct numerical simulation (DNS) of incompressible turbulence at high Reynolds numbers using the Fourier spectral method were studied by comparing DNS fields with different truncation wavenumbers, K-max. The comparison suggests that the error due to truncation increases faster at higher wavenumbers, k, and the increase obeys a simple scaling law in the inertial subrange k much less than K-max. Some statistics, such as the energy and dissipation spectra, may remain insensitive to the error, even in the later period, provided that K(max)eta similar to 1 (eta is the Kolmogorov length scale), although DNS fields with different K-max are then essentially uncorrelated to each other.

    DOI: 10.1143/JPSJ.71.777

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 乱流の謎にせまる計算科学

    後藤俊幸, 石原卓

    パリティ   17 ( 10 )   27-33 - 33   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:丸善  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 16.4TFlops direct numerical simulation of turbulence by a Fourier spectral method on the Earth Simulator 査読

    Mitsuo Yokokawa, Ken'ichi Itakura, Atsuya Uno, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proc. IEEE/ACM SC2002 Conf.   2002-November   -   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/SC.2002.10052

    Scopus

    researchmap

  • 乱流のUltra Simulation

    金田行雄, 石原 卓, 横川三津夫, 板倉憲一, 宇野篤也

    第6回シミュレーション・サイエンス・シンポジウム及び核融合科学研究所共同研究「大型シミュレーション研究」合同研究会集録NIFS-PROC-52   24-27   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • 地球シミュレータ上の一様等方性乱流シミュレーション

    横川三津夫, 斎藤 実, 石原 卓, 金田行雄

    ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウムHPCS2002   125-131   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • 地球シミュレータによる乱流のUltra Simulation

    金田行雄, 石原 卓, 横川三津夫, 板倉憲一, 宇野篤也

    九大応力研研究集会報告 14ME-S1   90-97   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • A312 乱流の非等方スペクトルとその Reynolds 数依存性

    吉田 恭, 石原 卓, 金田 行雄

    日本流体力学会年会講演論文集   2002   388 - 389   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    It was shown by the authors [Phys. Rev. Lett. 88,154501 (2002)] that a perturbational analysis and direct numerical simulations on 512^3 grid points suggest a simple form of the velocity correlation spectrum tensor in the inertial subrange of homogeneous turbulent shear flow at high Reynolds number. It is an anisotropic function of the wavevector and determined by the rate of strain tensor of the mean flow, the energy dissipation per unit mass, and two non-dimensional constants. In this paper, and analysis to estimate the constants based on the Lagrangian renormalized approximation is presented. A preliminary analysis suggests that the anisotropic velocity correlation tensor at a wavenumber is sensitive to its ratio to the lower-end wavenumber of the inertial range.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 18pRJ-4 三次元乱流場の予測可能性 : 大規模渦のデータ同化の影響

    林 一樹, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   56 ( 2 )   206 - 206   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 18pRJ-2 三次元乱流場における二粒子拡散について : 慣性小領域の有限性の影響

    石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   56 ( 2 )   206 - 206   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Frequency shifts of Rossby waves in the inertial subranges of β-plane turbulence 査読

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Physics of Fluids   13 ( 8 )   2338 - 2349   2001年8月

     詳細を見る

  • 乱流の慣性小領域におけるラグランジュ統計

    石原卓, 金田行雄

    京都大学数理解析研究所講究録   1226 ( 1226 )   86-93 - 93   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2433/41387

  • Nonuniversal k(-3) energy spectrum in stationary two-dimensional homogeneous turbulence 査読

    Y Kaneda, T Ishihara

    PHYSICS OF FLUIDS   13 ( 5 )   1431 - 1439   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    A spectral closure analysis and numerical simulations suggest that there may be a class of two-dimensional turbulence in which the energy spectrum E(k) scales with the wave number k like E(k)=Ak(-3) in the enstrophy transfer range in accordance with the Kraichnan-Leith-Batchelor (KLB) spectrum, but the prefactor A is different from the KLB spectrum and depends in a nontrivial way on the flow conditions at large scales. (C) 2001 American Institute of Physics.

    DOI: 10.1063/1.1359187

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 30pZD-10 2次元乱流に於ける予測可能性とLES

    山平 倫道, 吉田 恭, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   56 ( 1 )   294 - 294   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 30pZD-11 3次元等方性乱流の予測可能性の評価

    藤田 大志, 吉田 恭, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   56 ( 1 )   294 - 294   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Energy spectrum in the enstrophy transfer range of two-dimensional forced turbulence 査読

    T Ishihara, Y Kaneda

    PHYSICS OF FLUIDS   13 ( 2 )   544 - 547   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Numerical simulations of two-dimensional forced turbulence suggest that the enstrophy transfer range energy spectrum E(k) a little steeper than k(-3) is robust in the sense that it may be realized in a wave number range under different run conditions. It is shown that such energy spectra fit well E(k)=C(K)eta (2/3)k(-3)[ln(k/k(1))](-1/3), where C-K is a dimensionless constant, eta the enstrophy transfer rate per unit mass and k(1) a wave number at the bottom of the range. The simulations give C(K)approximate to1.9 in fairly good agreement with the existing theoretical estimates. (C) 2001 American Institute of Physics.

    DOI: 10.1063/1.1336149

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 乱流の大規模DNSデータ可視化ツールの開発

    石原 卓

    第4回「シミュレーション・サイエンス・シンポジウム」及び核融合科学研究所共同研究「大型シミュレーション研究」合同研究会集録   61-65   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • Statistics of small-scale structure of homogeneous isotropic turbulence 査読

    T Ishihara, Y Yamazaki, Y Kaneda

    IUTAM SYMPOSIUM ON GEOMETRY AND STATISTICS OF TURBULENCE   59   133 - 138   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Web of Science

    researchmap

  • 大規模乱流DNSデータの可視化

    大野哲也, 森建策, 末永康仁, 石原 卓, 石井克哉, 金田行雄

    九州大学応用力学研究所研究集会報告   11ME-S3   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • 23aWG-9 大規模乱流シミュレーションにおける高波数成分の取り扱い方の影響

    山崎 陽介, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   55 ( 2 )   223 - 223   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 23pWG-3 成層乱流のラージ・エディ・シミュレーション

    藤村 宜昭, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   55 ( 2 )   231 - 231   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aZE-1 非等方性乱流のLESスペクトル理論モデルのa posterioriテスト

    藤村 宣昭, 山崎 陽介, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   55 ( 1 )   250 - 250   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aZE-9 慣性小領域における3波相互作用の相似性

    石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   55 ( 1 )   252 - 252   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aV-10 3次元乱流のLESスペクトル理論モデルのA posterioriテスト

    石川 綱一郎, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   54 ( 2 )   220 - 220   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aV-9 Leithによる2次元LESモデルの検証

    大川 新太朗, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   54 ( 2 )   219 - 219   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Taylor expansions in powers of time of Lagrangian and Eulerian two-point two-time velocity correlations in turbulence 査読

    Y Kaneda, T Ishihara, K Gotoh

    PHYSICS OF FLUIDS   11 ( 8 )   2154 - 2166   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    A method is developed for generating the Taylor expansions in powers of the time difference of the Lagrangian and Eulerian two-point two-time velocity correlations in turbulence. The expansions are based on the Taylor series of the Eulerian and Lagrangian velocity fields subject to given dynamics along with initial and boundary conditions. The lowest few coefficients in the expansions enable us to construct approximations to the correlations. An application of the method to turbulence obeying the Navier-Stokes dynamics yields approximations, particularly Padi approximations that agree well with direct numerical simulations of homogeneous isotropic turbulence at moderate Reynolds numbers. The ratios of the second-order to the zeroth-order coefficients of the Taylor series of the Lagrangian and Eulerian correlations give, respectively, the estimates for the Lagrangian and Eulerian micro time scales tau(L) and tau(E). An analysis of a high resolution (512(3) grid points) direct numerical simulation database at large Reynolds number suggests the scalings tau(L)proportional to k(-2/3) and tau(E) proportional to k(-1) for wave numbers k in the inertial subrange. The role of flow structures in turbulence in determining the time scales is also discussed. (C) 1999 American Institute of Physics. [S1070-6631(99)02508-8].

    DOI: 10.1063/1.870077

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 29p-P-12 乱流の大規模データベースによるLESモデルの検証

    石原 卓, 石川 綱一郎, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   54 ( 1 )   772 - 772   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 一様等方乱流中の微細構造の統計(大規模DNSデータベース解析)

    石原 卓, 山崎陽介, 金田行雄

    応用力学研究所研究集会報告   10ME-S4   131   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • 乱流の大規模数値シミュレーション

    石原 卓

    名古屋大学大型計算機センターニュース   30 ( 4 )   ?   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • 乱流の大規模数値実験

    石原 卓

    九大応力研研究集会「流体方程式の解と縮約解析」   ?   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • Numerical Studies of Large Scale Turbulent Flows in Two and Three Dimensions 査読

    Kamen N. Beronov, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proceedings of Oxford Kobe Seminars: The Second Scientific Meeting on Systems Engineering and Applied Mathematics   145-151   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 26p-W-8 乱流場のラグランジュ的2時刻2点相関のPade近似

    後藤 浩二, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   53 ( 2 )   910 - 910   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Taylor-Green流のLagrange的時間発展

    石原 卓, 後藤 浩二, 金田 行雄

    年会一般講演   17   389 - 390   1998年7月

     詳細を見る

  • Fine-scale structure of thin vortical layers 査読

    T Ishihara, Y Kaneda

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   364   297 - 318   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    A class of exact solutions of the Navier-Stokes equations is derived. Each of them represents the velocity field v = U + u of a thin vortical layer (a planar jet) under a uniform strain velocity field U in three-dimensional infinite space, and provides a simple how model in which nonlinear coupling between small eddies plays a key role in small-scale vortex dynamics. The small-scale structure of the velocity field is studied by numerically analysing the Fourier spectrum of u. It is shown that the Fourier spectrum of rr falls off exponentially with wavenumber k for large k. The Taylor expansion in powers of the coordinate (say y) in the direction perpendicular to the vortical layer suggests that the solution may be well approximated by a function with certain poles in the complex y-plane. The Fourier spectrum based on the singularities is in good agreement with that obtained numerically, where the exponential decay rate is given by the distance of the poles from the real axis of y.

    DOI: 10.1017/S0022112098001293

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Taylor expansions and pade approximations of Lagrangian and Eulerian two-time velocity correlations in turbulence 査読

    Y Kaneda, K Gotoh, T Ishihara

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   67 ( 4 )   1075 - 1078   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The time-derivatives up to the Gth-order of Eulerian and Lagrangian velocity fields in homogeneous and isotropic turbulence are computed. The Taylor expansions in powers of the time difference of the Eulerian as well as the Lagrangian two-time velocity correlations, and their Pade approximations are constructed from the time-derivatives. The Pade approximations are found to be in good agreement with direct numerical simulations.

    DOI: 10.1143/JPSJ.67.1075

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 31p-YW-6 回転乱流中のオイラー的及びラグランジュ的統計

    山崎 陽介, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   53 ( 1 )   781 - 781   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 31p-YW-4 安定成層下の剪断乱流の解析

    成瀬 貴博, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   53 ( 1 )   781 - 781   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 31p-YW-5 ロスビー波乱流の慣性小領域におけるphase shift

    石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   53 ( 1 )   781 - 781   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 31p-YW-7 二重拡散乱流の直接数値シミュレーション

    安東 知彦, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   53 ( 1 )   782 - 782   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 6p-YB-4 回転乱流の数値シミュレーション

    山崎 陽介, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   52 ( 2 )   896 - 896   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 6p-YB-9 乱流場の時間ベキによるTaylor展開

    後藤 浩二, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   52 ( 2 )   897 - 897   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 6a-YB-8 単純剪断乱流の統計および乱流拡散

    辰己 展圭, 成瀬 貴博, 石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集   52 ( 2 )   893 - 893   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 渦面運動に現れる特異性についての数値計算

    石原 卓

    年会一般講演   16   27 - 28   1997年7月

     詳細を見る

  • Singularity Formation in the Shape of a Vortex Sheet in Three Dimensions - Numerical Simulation 査読

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    ESAIM:Proceedings   1   463-479   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 一様ストレイン場中の渦層のAnalytic structure

    石原 卓

    数理解析研究所講究録   974   248-259 - 259   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Fine scale structure of thin vortex layers

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proc. ICTAM   -   -   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • SINGULARITY FORMATION IN 3-DIMENSIONAL MOTION OF A VORTEX SHEET 査読

    T ISHIHARA, Y KANEDA

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   300   339 - 366   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    The evolution of a small but finite three-dimensional disturbance on a flat uniform vortex sheet is analysed on the basis of a Lagrangian representation of the motion. The sheet at time t is expanded in a double periodic Fourier series: R(lambda(1),lambda(2),t) = (lambda(1),lambda(2),0) + Sigma(n,m) A(n,m) exp[i(n lambda(1) + delta m lambda(2))], where lambda(1) and lambda(2) are Lagrangian parameters in the streamwise and spanwise directions, respectively, and delta is the aspect ratio of the periodic domain of the disturbance. By generalizing Moore's analysis for two-dimensional motion to three dimensions, we derive evolution equations for the Fourier coefficients A(n,m). The behaviour of A(n,m) is investigated by both numerical integration of a set of truncated equations and a leading-order asymptotic analysis valid at large t. Both the numerical integration and the asymptotic analysis show that a singularity appears at a finite time t, = O(1n epsilon(-1)) where epsilon is the amplitude of the initial disturbance. The singularity is such that A(n,0) = O(t(c)(-1)) behaves like n-(5/2), while A(n)+/-1 = O(epsilon t(c),) behaves like n-(3/2) for large n. The evolution of A(0,m),(spanwise mode) is also studied by an asymptotic analysis valid at large t. The analysis shows that a singularity appears at a finite time t = O(epsilon(-1)) and the singularity is characterized by A(0,2k) proportional to k(5/2) for large k.

    DOI: 10.1017/S0022112095003715

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 30a-E-9 一様ストレイン場中の微細渦構造のある厳密解

    石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1995 ( 4 )   113 - 113   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 4a-A-4 渦面の3次元的巻き上がりの特異性の解析と数値計算

    石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1994 ( 4 )   86 - 86   1994年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 30p-Z-4 渦面の3次元的巻き上がりの数値シミュレーション

    石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集. 年会   49 ( 4 )   103 - 103   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • SPONTANEOUS SINGULARITY FORMATION IN THE SHAPE OF VORTEX SHEET IN 3-DIMENSIONAL FLOW 査読

    T ISHIHARA, Y KANEDA

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   63 ( 2 )   388 - 392   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    The three-dimensional motion of a flat uniform vortex sheet slightly perturbed initially in both streamwise and spanwise directions is studied on the basis of a Lagrangian representation of the motion. The vortex sheet at time t is represented as R(lambda1, lambda2, t) (lambda1, lambda2, 0) + SIGMA(n,m) A(n,m) (t) exp i(nlambda1 + mdeltalambda2), where lambda1 and lambda2 are Lagrangian parameters in the streamwise and spanwise directions, respectively, and delta is the aspect ratio of the periodic domain of the disturbance. The behaviour of A(n,0) and A(n,1) is studied by an asymptotic analysis valid at large t. The analysis shows that singularity appears on the sheet at a critical time 0 (In (epsilon1(-1))), where epsilon1 is the initial amplitude of the streamwise disturbance. The singularity is such that A(n,0) behaves like n-5/2 while A(n,1) behaves like n-3/2, for large n. The latter is associated with the vortex stretching intrinsic in three-dimensional dynamics of the sheet.

    DOI: 10.1143/JPSJ.63.388

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 3次元的渦面の運動の解析と数値シミュレーション

    石原 卓, 金田行雄

    京大数理研講究録   866   149-160   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    researchmap

  • Spontaneous singularity formation in the shape of vortex sheet in three-dimensional flow-analysis and numerical simulation

    石原 卓, 金田行雄

    数理解析研究所講究録   888   64-72 - 72   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 13a-ZA-3 3次元的渦面の運動における解析性の破れ

    石原 卓, 金田 行雄

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1993 ( 4 )   83 - 83   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • TIME MICRO-SCALES OF LAGRANGIAN STRAIN TENSOR IN TURBULENCE 査読

    T ISHIHARA, Y KANEDA

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   62 ( 2 )   506 - 513   1993年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    Estimations of the time micro scales of Lagrangian strain tensors are obtained by dynamical analysis based on the Navier-Stokes equation for three dimensional turbulence at very high Reynolds number.

    DOI: 10.1143/JPSJ.62.506

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • STRETCHING AND DISTORTION OF MATERIAL LINE ELEMENTS IN 2-DIMENSIONAL TURBULENCE 査読

    T ISHIHARA, Y KANEDA

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   61 ( 10 )   3547 - 3558   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PHYSICAL SOCIETY JAPAN  

    A study is made of the stretching and distortion of material line elements in turbulence both analytically and numerically. Approximations for the statistics of these processes derived by perturbative expansions are tested by comparison with dynamical simulations in two dimensions. An integral time scale associated with the Lagrangian statistics of the velocity gradients plays a key role in the approximations. A rough estimation of the time scale is obtained by a dynamical short-time analysis by making use of the Navier-Stokes equation.

    DOI: 10.1143/JPSJ.61.3547

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 乱流中のラグランジュ的およびオイラー的自己速度相関 (統計数理研究所 研究活動 (研究会報告 乱流の統計理論とその応用))

    金田 行雄, 石原 卓

    統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   40 ( 1 )   55 - 55   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計数理研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28a-ZD-6 乱流中の流体要素の変形の統計理論

    石原 卓, 金田 行雄

    年会講演予稿集   47 ( 4 )   88 - 88   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Lagrange的Strain Tensorの相関時間

    石原 卓, 金田行雄

    数理解析研究所講究録   800   147-156 - 156   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 26a-L-1 2次元乱流中のLINE STRETCHING

    石原 卓

    春の分科会講演予稿集   1991 ( 4 )   76 - 76   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Domain dependence of relative diffusion of fluid and inertial particles in high Reynolds number turbulence

    Takashi Ishihara

    Current Advances in Turbulence and multiphase flowS - 24CATS, OIST Seaside House  2024年4月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年4月16日 - 2024年4月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Large-scale direct numerical simulations of high Reynolds number turbulence 招待

    Takashi Ishihara

    Satellite Workshop on High Reynolds Number Turbulence, Nagoya Institute of Technology  2024年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • DNS studies on the processes of particle growth in high Reynolds number turbulence 招待

    Takashi Ishihara

    5th International Workshop on Cloud Turbulence, Nagoya Institute of Technology  2024年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月14日 - 2024年3月15日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 降雨予測のための風向・風速の位相的データ解析

    石原 卓, 嶋林 陸

    第4回「データ記述科学」領域会議  2024年1月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月18日 - 2024年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤の乱流中でのダスト成長

    石原卓

    「成果創出加速」基礎科学合同シンポジウム, 筑波大学・東京キャンパス  2023年12月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月18日 - 2023年12月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流の慣性小領域における相対粒子拡散のLagrange的速度相関

    徳増 晃平, 浦 覚斗, 石原 卓, 金田 行雄

    第37回数値流体力学シンポジウム, 名古屋大学 東山キャンパス IB電子情報館  2023年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月15日 - 2023年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 4次元変分法を用いたデータ同化の数値実験

    芦田直之, 石原 卓

    第32回 日本流体力学会 中四国・九州支部講演会, 岡山大学工学部環境理工棟  2023年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月25日 - 2023年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 降雨短期予測のための風向・風速の位相的データ解析

    石原 卓, 嶋林 陸

    第32回 日本流体力学会 中四国・九州支部講演会, 岡山大学工学部環境理工棟  2023年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月25日 - 2023年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effects of arithmetic precision in large-scale direct numerical simulation of incompressible turbulence in a periodic box

    Takashi Ishihara, Naoya Okamoto, Mitsuo Yokokawa, Yukio Kaneda

    76th Annual Meeting of the Division of Fluid Dynamics, Washington, DC  2023年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月19日 - 2023年11月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 風向・風速の位相的データ解析 を活用した降水予測

    嶋林陸, 石原卓

    日本気象学会2023年度秋季大会, 仙台国際センター  2023年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月23日 - 2023年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複雑流動場における極端現象の新しい予測・診断技術創出の ためのデータ記述科学の開拓

    石原 卓

    第3回「データ記述科学」領域会議  2023年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月25日 - 2023年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流におけるダスト成長のシミュレーション

    石原卓, 河原昌平, 梅村雅之

    日本流体力学会 年会2023, 東京農工大学小金井キャンパス  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月20日 - 2023年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3次元非圧縮一様等方性乱流大規模DNSにおける丸め誤差の影響

    岡本直也, 石原卓, 横川三津夫, 金田行雄

    日本流体力学会 年会2023, 東京農工大学小金井キャンパス  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月20日 - 2023年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 降水予測のための風向・風速の位相的データ解析

    嶋林陸, 石原卓

    日本流体力学会 年会2023, 東京農工大学小金井キャンパス  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月20日 - 2023年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DNS data analysis of the velocity-gradient tensor in high Reynolds number isotropic turbulence

    Takashi Ishihara, Masashi Miyamoto, Yukio Kaneda

    18th European Turbulence Conference, Valencia, Spain  2023年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月4日 - 2023年9月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Large-Scale Direct Numerical Simulations of Canonical Turbulence 招待

    Takashi Ishihara

    CCP2023 - 34th IUPAP Conference on Computational Physics, Kobe International Conference Center, Kobe  2023年8月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月4日 - 2023年8月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Vortical structures in high Reynolds number turbulence - clues from DNS results 招待

    Takashi Ishihara, Hiroki Morinaka, Masaru Inatsu

    ERCOFTAC Symposium “Multiphysics critical flow dynamics involving moving/deformable structures with design applications,” Toulouse, France  2023年6月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月7日 - 2023年6月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の渦構造について — 直接数値シミュレーションの結果 招待

    石原 卓

    OCAMI共同利用研究集会「渦と磁場を焦点とする時空のトポロジーと幾何」, JR博多シティ  2022年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月15日 - 2022年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の慣性粒子の位相的データ解析

    岡 省吾, 石原 卓

    第30回 日本流体力学会 中四国・九州支部講演会, 高知大学朝倉キャンパス理工学部1号館101室  2022年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の慣性粒子の集中と拡散

    徳増晃平, 浦 覚斗, 石原 卓

    第30回 日本流体力学会 中四国・九州支部講演会, 高知大学朝倉キャンパス理工学部1号館101室  2022年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非圧縮一様等方性乱流DNSデータを 用いた超解像再構成におけるレイノルズ数依存性

    鈴木 綾介, 横川 三津夫, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022  2022年9月28日  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学 吉田キャンパス   国名:日本国  

  • 一様等方性圧縮等温乱流の直接数値シミュレーション

    元塚 博貴, 櫻井 幹記, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022  2022年9月28日  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学 吉田キャンパス   国名:日本国  

  • 乱流中の速度勾配テンソルのレイノルズ数依存性についてのDNSデータ解析

    宮本 理史, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022  2022年9月28日  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学 吉田キャンパス   国名:日本国  

  • 高レイノルズ数乱流中の2粒子拡散 のLagrange速度相関のデータ解析

    浦 覚斗, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022  2022年9月28日  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学 吉田キャンパス   国名:日本国  

  • 高レイノルズ数乱流中の2粒子拡散 のLagrange速度相関のデータ解析

    浦 覚斗, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022, 京都大学 吉田キャンパス  2022年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の速度勾配テンソルのレイノルズ数依存性についてのDNSデータ解析

    宮本 理史, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022, 京都大学 吉田キャンパス  2022年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非圧縮一様等方性乱流DNSデータを 用いた超解像再構成におけるレイノルズ数依存性

    鈴木 綾介, 横川 三津夫, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022, 京都大学 吉田キャンパス  2022年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 一様等方性圧縮等温乱流の直接数値シミュレーション

    元塚 博貴, 櫻井 幹記, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2022, 京都大学 吉田キャンパス  2022年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月27日 - 2022年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤における乱流とダスト成長 国際共著

    河原昌平, 梅村雅之, 石原卓

    日本天文学会2022年秋季年会  2022年9月15日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月13日 - 2022年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟大学(ハイブリッド)   国名:日本国  

  • 原始惑星系円盤における乱流とダスト成長

    河原昌平, 梅村雅之, 石原卓

    日本天文学会2022年秋季年会  2022年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月13日 - 2022年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の慣性粒子の運動の数値シミュレーション

    石原卓

    第29回 日本流体力学会 中四国・九州支部講演会, 福岡大学 中央図書館1F 多目的ホール  2022年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月28日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • On the role of high Reynolds number turbulence in the dust coagulation process in a protoplanetary disk

    2022年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月22日 - 2022年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • On the role of high Reynolds number turbulence in the dust coagulation process in a protoplanetary disk

    石原卓, 森中宏樹

    日本地球惑星科学連合 日本地球惑星科学連合2022年大会, 幕張メッセ  2022年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月22日 - 2022年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DNS data analysis of the collision processes of inertial particles in high Reynolds number turbulence 招待

    Takashi Ishihara

    4th International Workshop on Cloud Turbulence  2022年3月10日  Toshiyuki Gotoh, Takeshi Watanabe, Takashi Naitoh, Izumi Saito

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月9日 - 2022年3月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya Institute of Technology (Online)   国名:日本国  

  • DNS data analysis of the collision processes of inertial particles in high Reynolds number turbulence 招待

    Takashi Ishihara

    4th International Workshop on Cloud Turbulence, Online  2022年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月9日 - 2022年3月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 一様等方性圧縮性乱流の直接数値シミュレーション

    櫻井 幹記, 石原 卓, 横川 三津夫

    第35回数値流体力学シンポジウム, オンライン(共催:東北大学流体科学研究所)  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月14日 - 2021年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中で鉛直重力の働く慣性粒子の衝突過程のDNSデータ解析

    浅井 瑞貴, 櫻井 幹記, 石原 卓

    第35回数値流体力学シンポジウム, オンライン(共催:東北大学流体科学研究所)  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月14日 - 2021年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Temporal Behavior of Significant Shear Layers in High Reynolds Number Turbulence

    Takashi Ishihara

    Eighteenth International Conference on Flow Dynamics, Online  2021年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月27日 - 2021年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流の大規模数値シミュレーション 招待

    石原 卓

    山梨大学大学院医工農総合教育部,修士課程(工学専攻)特別講義  2021年9月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月27日 - 2021年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Significant thin shear layers in high Reynolds number turbulence 招待

    Takashi Ishihara, Gerrit E. Elsinga, Julian C. R. Hunt

    COLLOQUIUM 620 EXTREME DISSIPATION AND INTERMITTENCY IN TURBULENCE, Online  2021年5月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月17日 - 2021年5月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 一様等方性圧縮等温乱流の高解像度直接数値シミュレーション

    櫻井 幹記, 石原 卓, 竹上 諒, 松本 泰生, 横川 三津夫

    第37回数値流体力学シンポジウム, 名古屋大学 東山キャンパス IB電子情報館  2023年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月15日 - 2023年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流の大規模直接数値シミュレーション

    石原 卓, 横川 三津夫, 宇野 篤也, 今村 俊幸, 金田 行雄

    第36回数値流体力学シンポジウム, オンライン(共催:慶應義塾大学 理工学部)  2022年12月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流の慣性小領域の渦構造についてのDNSデータ解析

    宮本 理史, 石原 卓, 金田 行雄

    日本流体力学会 年会2021, オンライン  2021年9月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の慣性粒子の運動の直接数値シミュレーション

    森中 宏樹, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2021, オンライン  2021年9月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の流体粒子と慣性粒子の拡散過程のDNSデータ解析

    浦覚斗, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2021, オンライン  2021年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の微細渦構造周りの慣性粒子の運動の数値解析

    元塚 博貴, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2021, オンライン  2021年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の慣性粒子の分布の位相的データ解析

    岡 省吾, 石原 卓

    日本応用数理学会 2021年度年会, オンライン  2021年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 宇宙物理における乱流現象解明のための計算科学 ー原始惑星系円盤乱流中のダスト成長ー 招待

    石原 卓

    GFD オンラインセミナー (第 6 回)  2021年7月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • On the role of turbulence in the dust coagulation process in a protoplanetary disk

    Takashi Ishihara, Hiroki Shiraishi, Hiroki Morinaka, Hiroki Mototsuka, Yoshiki Sakurai

    日本地球惑星科学連合2021年大会, オンライン  2021年6月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤の高レイノルズ数 乱流中でのダスト成長

    石原 卓, 森中宏樹, 奥住 聡, 梅村雅之

    日本天文学会2021年春季年会, オンライン  2021年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の慣性粒子の衝突過程に対する重力の影響のDNSデータ解析

    浅井 瑞貴, 石原 卓

    第34回数値流体力学シンポジウム, オンライン  2020年12月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テイラー長に基づくレイノルズ数2250までの乱流DNSにおける2次の速度構造関数

    石原 卓, 金田 行雄, 森下 浩二, 横川 三津夫, 宇野 篤也

    第34回数値流体力学シンポジウム, オンライン  2020年12月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の多重スケール流れ構造と粒子衝突統計の関係についての数値解析

    櫻井 幹記, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2020, オンライン  2020年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の慣性粒子の衝突・付着現象理解のための数値解析2

    白石 啓貴, 櫻井 幹記, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2020, オンライン  2020年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 台風に伴う気象現象と流れ構造の関係のデータ解析

    森中 宏樹, 石原 卓, 稲津 將

    日本流体力学会 年会2020, オンライン  2020年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Multi-scale turbulent flow structures and particle collision statistics on planetesimal formation

    櫻井 幹記, 石原 卓, 梅村 雅之

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020, オンライン  2020年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • nヘプタン予混合気の自己着火過程における乱流と反応の相互作用

    久野 僚介, 石原 卓

    第33回数値流体力学シンポジウム, 北海道大学  2019年11月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の慣性粒子の衝突・付着現象理解のための数値解析

    白石啓貴, 櫻井幹記, 石原 卓

    第33回数値流体力学シンポジウム, 北海道大学  2019年11月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流現象の計算・数理科学 招待

    石原 卓

    大阪大学MMDSワークショップ 工学と数学の接点を求めて  2019年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Collision Statistics of Dust Particles in Compressible Turbulence

    16th International Conference on Flow Dynamics  2019年11月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Drastic Changes of Turbulence in the Ignition Process of an n-Heptane Air Mixture

    The 5th Symposium on Fluid-Structure-Sound Interactions and Control  2019年8月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Effect of the compressibility of turbulent flows on dust particle collision statistics in a protoplanetary disk

    櫻井 幹記, 古谷 眸, 小林 直樹, 石原 卓, 岡本 直也, 白石 賢二, 梅村 雅之

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流場中のダストの衝突付着成長シミュレーション

    石原 卓, 濱端 航平, 櫻井 幹記, 梅村 雅之

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Thin shear layers in high resolution Direct Numerical Simulations of turbulence

    IUTAM Symposium “Critical flow dynamics around moving/deformable structures with design applications”  2018年6月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流の計算科学

    石原 卓

    第23回計算工学講演会  2018年6月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の微細スケールにおける流体運動と慣性粒子クラスタリングの関係

    櫻井幹記, 石原 卓

    流体力学会中四国九州支部講演会  2018年6月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スーパーコンピュータを用いた乱流の大規模直接数値シミュレーションについて 招待

    石原 卓

    流体力学会中四国九州支部講演会  2018年6月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Vortex clusters and their time evolution in high-Reynolds-number turbulence, 招待

    Fundamental Aspects of Geophysical Turbulence III  2018年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Motion of inertial particles in high-Reynolds-number turbulence 招待

    NITech Lectures on Turbulence and Cloud  2018年3月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流とダスト成長

    石原 卓

    ポスト「京」萌芽的課題・計算惑星 調査研究・準備研究フェーズ成果報告会  2017年12月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HCCI乱流燃焼の直接数値計算を用いたnヘプタン予混合気の自己着火過程の数値解析

    久野 僚介, 石原 卓

    第28回内燃機関シンポジウム  2017年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流と壁の影響を受けたnヘプタンHCCI燃焼の直接数値シミュレーション

    清水 聖有, 久野 僚介, 石原 卓

    第28回内燃機関シンポジウム  2017年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流場中のダスト粒子運動

    櫻井幹記, 古谷眸, 小林直樹, 岡本直也, 石原卓, 白石賢二, 梅村雅之

    日本天文学会 2017年秋季年会  2017年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流の直接数値計算を用いた原始惑星系円盤中の岩石ダストの衝突付着成長シミュレーション

    濱端航平, 石原卓, 白石賢二, 梅村雅之

    日本天文学会 2017年秋季年会  2017年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流中の微細渦構造と慣性粒子クラスタリングの関係のDNSデータ解析

    櫻井 幹記, 小林 直樹, 石原 卓

    日本流体力学会 年会2017 (東京理科大学)  2017年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の強い剪断層と圧力場のデータ解析

    石原 卓

    日本流体力学会 年会2017  2017年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Reynolds Number Dependence Of Straining Motions In Turbulence

    16th European Turbulence Conference  2017年8月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Applications of Persistent Homology to Simulated Turbulent Fluid Flows on a 3D Domain

    Rachel Levanger, Takashi Ishihara, Paweł Dłotko, Miroslav Kramár, Konstantin Mischaikow

    Applied Algebraic Topology 2017,  2017年8月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Internal interfaces in turbulence 招待

    石原 卓

    Euromech colloquium on Turbulent/nonturbulent interfaces: from laboratory to geophysical scales  2017年7月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • Direct numerical simulations of incompressible and compressible turbulence

    Takashi Ishihara

    JAPAN-RUSSIA WORKSHOP ON INNOVATIVE APPROACHES AND SUPERCOMPUTER TECHNOLOGIES IN COMPUTATIONAL PHYSICS  2017年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流場中のダスト成長過程

    石原 卓

    ポスト「京」萌芽的課題・計算惑星 第1回 公開シンポジウム:惑星の起源・進化と環境変動の解明を目指して  2017年3月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学先端融合研究環統合研究拠点 コンベンションホール  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流とダスト成長

    石原 卓

    ポスト「京」萌芽的課題・計算惑星 調査研究・準備研究フェーズ成果報告会  2017年2月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rapid Dust Coagulation expedited by Turbulent Clustering in Protoplanetary Disks 招待

    Takashi Ishihara

    Formation of the Solar System and the Origin of Life  2017年2月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Lorentz Center@Oort  

    researchmap

  • 圧縮性乱流直接数値シミュレーション手法の検討

    櫻井 幹記, 古谷 眸, 岡本 直也, 石原 卓

    第30回数値流体力学シンポジウム  2016年12月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀, 東京  

    researchmap

  • 乱流燃焼の2次元直接数値計算による等温壁近傍のnヘプタン自己着火過程の数値解析

    清水 聖有, 加藤正人, 石原 卓

    第27回内燃機関シンポジウム  2016年12月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学  

    researchmap

  • Vortex Clusters and Their Time Evolution in High- Reynolds-Number Turbulence

    Takashi Ishihara, Atsuya Uno, Koji Morishita, Mitsuo Yokokawa, Yukio Kaneda

    69th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2016年11月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カノニカル乱流の大規模直接数値シミュレーション

    石原 卓

    第3回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会  2016年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:コクヨホール  

    researchmap

  • 大規模直接数値シミュレーションによる 乱流の速度構造関数

    石原 卓, 森下 浩二, 横川 三津夫, 宇野 篤也, 金田 行雄

    日本流体力学会 年会2016  2016年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学  

    researchmap

  • 一様等方性乱流中の渦構造の動的統計解析

    服部 裕司, 石原卓

    日本流体力学会 年会2016  2016年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学  

    researchmap

  • 乱流の直接数値計算を用いた原始惑星系円盤ダストの衝突付着成長シミュ レーション

    濱端航平, 江野畑圭, 石原卓, 白石賢二, 梅村雅之

    日本天文学会2016年秋季年会  2016年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学  

    researchmap

  • 微惑星形成過程解明のための乱流の大規模直接数値計算と粒子追跡

    小林直樹, 江野畑圭, 石原卓, 白石賢二, 梅村雅之

    日本天文学会2016年秋季年会  2016年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学  

    researchmap

  • 超多自由度複雑流動現象解明のための計算科学

    石原卓

    JHPCN:学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 第8回 シンポジウム  2016年7月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:THE GRAND HALL(品川)  

    researchmap

  • Three types of thin shear layers observed in high Re turbulence

    Takashi Ishihara, Koji Morishita, J.C.R. Hunt

    IMA Conference on Turbulence, Waves and Mixing  2016年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:King’s College Cambridge, UK  

    researchmap

  • Thin shear layers observed in the DNS of high Reynolds number turbulence

    Takashi Ishihara, Koji Morishita, Julian, C.R. Hunt

    International Symposium on Near-Wall Flows: Transition and Turbulence  2016年6月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流中のダストの運動の数値シミュレーション

    石原 卓

    宇宙生命計算科学連携拠点 第2回ワークショップ  2016年4月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • 乱流の「第一原理計算」による原始惑星系円盤中のダスト粒子衝突過程に対する鉛直重力の影響の解析

    小林直樹, 江野畑圭, 石原卓, 白石賢二, 梅村雅之

    日本天文学会2016年春季年会  2016年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤乱流と微惑星成長 招待

    石原 卓, 江野畑圭, 小林直樹, 白石賢二, 中本泰史, 梅村雅之

    日本天文学会2016年春季年会  2016年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • 原始惑星系円盤における圧縮性乱流場中の粒子運動

    古谷眸, 江野畑圭, 石原卓, 白石賢二, 芳松克則, 岡本直也, 梅村雅之

    日本天文学会2016年春季年会  2016年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Vortex Clusters and Their Time Evolution in High--‐Reynolds--‐Number Turbulence

    Takashi Ishihara

    A3 workshop:Vortex Dynamics and Turbulence  2016年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:沖縄青年会館(那覇市)  

    researchmap

  • カノニカルな古典乱流の大規模直接数値シミュレーション

    石原 卓

    平成27年度物性研究所短期研究会「量子乱流と古典乱流の邂逅」  2016年1月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京大学 物性研究所  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の渦の組織 構造とその時間発展

    石原 卓, 宇野 篤也, 森 下 浩二, 横川 三津夫, 金田 行雄

    第29回数値流体力学シンポジウム  2015年12月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学 筑紫キャンパス  

    researchmap

  • Turbulent/non-turbulent interface in turbulent magnetohydrodynamic channel flows at low magnetic Reynolds number

    Naoya Okamoto, Yusuke Otake, Takashi Ishihara

    2015 Japan-Russia Workshop  2015年12月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Venture Business Laboratory(VBL), Nagoya University  

    researchmap

  • Direct numerical simulations of canonical high Reynolds number turbulence

    T. Ishihara, K.Morishita, M.Yokokawa, A.Uno, Y.Kaneda

    2015 Japan-Russia Workshop  2015年12月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University, VBL  

    researchmap

  • General mechanisms of thin layers in high Reynolds number turbulent flows

    Julian Hunt, Takashi Ishihara, Koji Morishita

    American Physical Society 68th Annual DFD Meeting (APS-DFD2015)  2015年11月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Hynes Convention Center, Boston, USA  

    researchmap

  • Energy spectrum in high Reynolds number turbulence - high resolution DNS results

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda, Mitsuo Yokokawa, Atsuya Uno

    American Physical Society 68th Annual DFD Meeting (APS-DFD2015)  2015年11月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Hynes Convention Center, Boston, USA  

    researchmap

  • Relative diffusion of a pair of inertial particles in the inertial sub-range of turbulence

    Kei Enohata, Koji Morishita, Takashi Ishihara

    American Physical Society 68th Annual DFD Meeting (APS-DFD2015)  2015年11月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Hynes Convention Center, Boston, USA  

    researchmap

  • Thin shear layers in homogeneous high Reynolds number turbulence and in turbulent boundary layers

    Takashi Ishihara, Koji Morishita, Julian Hunt

    American Physical Society 68th Annual DFD Meeting (APS-DFD2015)  2015年11月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Hynes Convention Center, Boston, USA  

    researchmap

  • Analysis of Complex Spatiotemporal Structures of Vortices in High Reynolds Number Turbulence

    Takashi Ishihara, Yuji Hattori

    Twelfth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2015)  2015年10月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • カノニカル乱流の大規模直接数値シミュレーション

    石原 卓

    第2回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 成果報告会  2015年10月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本科学未来館  

    researchmap

  • 宇宙規模流動現象解明のための計算科学

    石原 卓

    第7回「学際計算科学による新たな知の発見・統合・創出」シンポジウム」  2015年10月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • 平行二等温壁間のノルマルヘプタンの自 己着火過程の直接数値シミュレーション

    加藤 正人, 石原 卓, 芳松 克則

    日本流体力学会 年会2015  2015年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ノルマルヘプタン予混合気自己着火過程 の温度場のパーシステントホモロジーを 用いた解析

    石原 卓, 末吉史弥, 荒井 迅, Mischaikow Konstantin

    日本流体力学会 年会2015  2015年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ノルマルヘプタンの予混合自己着火過程 における流れの役割解明のための数値 実験

    末吉 史弥, 石原 卓, 芳松 克則

    日本流体力学会 年会2015  2015年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大規模直接数値シミュレーションによる乱流のエネルギースペクトル

    石原卓, 森下浩二, 横川三津夫, 宇野篤也, 金田行雄

    日本物理学会2015年秋季大会  2015年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 一様等方性乱流中の高渦度領域の動的形状解析II

    服部裕司, 石原卓

    日本物理学会2015年秋季大会  2015年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学  

    researchmap

  • 乱流の直接数値計算による原始惑星 系円盤中の粒子運動に対する鉛直重力の影響の解析

    小林直樹, 江野畑圭, 石原卓, 白石賢二, 梅村雅之

    日本天文学会 2015年秋季大会  2015年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学  

    researchmap

  • 電磁流体乱流の直接数値シミュレー ションによる原始惑星系円盤内の粒子運動の解析

    高橋良輔, 江野畑圭, 岡本直也, 芳松克則, 石原卓, 白石賢二, 梅村雅之

    日本天文学会 2015年秋季大会  2015年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 微惑星形成過程解明のための乱流の直接数値計算と粒子追跡

    江野畑圭, 石原 卓, 白石賢二, 森下浩二, 中本泰史, 梅村雅之

    日本天文学会 2015年秋季大会  2015年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学  

    researchmap

  • Accurate Parallel Algorithm for Tracking Inertial Particles in Large-Scale Direct Numerical Simulations of Turbulence

    Takashi Ishihara, Kei Enohata, Koji Morishita, Mitsuo Yokokawa, Katsuya Ishii

    PaCT2015 13th International Conference on Parallel Computing Technologies  2015年8月31日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Petrozavodsk, Russia  

    researchmap

  • Direct numerical simulation and dissipation element analysis of an auto-ignition process in a homogeneous n-heptane/air mixture turbulence with temperature fluctuations

    Takashi Ishihara

    Workshop on Conditional statistics along lines and trajectories in turbulence  2015年8月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:RWTH Aachen University, Germany  

    researchmap

  • 超多自由度複雑流動現象解明のための計算科学

    石原 卓

    学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第7回 シンポジウム  2015年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:THE GRAND HALL(品川)  

    researchmap

  • Coherent vorticity in turbulent channel flow: a wavelet viewpoint

    Katsunori Yoshimatsu, Teluo Sakurai, Kai Schneider, Marie Farge, Koji Morishita, Takashi Ishihara

    Ninth International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena  2015年6月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The University of Melbourne, Australia  

    researchmap

  • 超多自由度複雑流動現象解明のための高効率な並列計算コード開発

    石原 卓

    名古屋大学HPC 計算科学連携研究プロジェクト成果報告シンポジウム  2015年6月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学ES 総合館1 階ES ホール  

    researchmap

  • Scalar and momentum transfer processes across stratified sheared turbulent interfaces

    J.C.R. Hunt, M. Moustaoui, A. Mahalov, T. Ishihara, J. Westerweel, M. Braza

    EUROMECH Colloquium 567: Turbulent mixing in stratified flows  2015年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Direct numerical simulation of high reynolds number turbulence by the K computer

    T. Ishihara, K.Morishita, M.Yokokawa, A.Uno, Y.Kaneda

    JAPAN-RUSSIA WORKSHOP ON SUPERCOMPUTER MODELING, INSTABILITY AND TURBULENCE IN FLUID DYNAMICS  2015年3月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Keldysh Institute for Applied Mathematics RAS, Moscow, Russia  

    researchmap

  • カノニカル乱流の大規模直接数値計算

    石原 卓

    第27回 理論懇シンポジウム 「理論天文学・宇宙物理学と境界領域」  2014年12月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国立天文台 三鷹キャンパス すばる棟大セミナー室  

    researchmap

  • 乱流燃焼の大規模直接数値シミュレーション

    石原 卓

    第22回LBM研究会  2014年12月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 乱流境界層における慣性粒子の運動の直接数値シミュレーション

    平田 亮介, 石原 卓

    第28回数値流体力学シンポジウム  2014年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀, 東京  

    researchmap

  • ノルマルヘプタン予混合気のHCCI乱流燃焼の散逸要素解析

    浅田 宗志, 石原 卓, 芳松 克則

    第28回数値流体力学シンポジウム  2014年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀, 東京  

    researchmap

  • 一様等方性乱流の直接数値シミュレーションコードの京コンピュータ向け最適化

    森下 浩二, 横川 三津夫, 宇野 篤也, 石原 卓, 金田 行雄

    第205回ARC・第147回HPC合同研究発表会(HOKKE-22)  2014年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:小樽経済センター  

    researchmap

  • Computational science of high Reynolds number turbulence

    石原 卓

    流体方程式の構造と特異性に迫る数値解析・数値計算  2014年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • Coherent vorticity extraction in turbulent channel flow using anisotropic wavelets

    Katsunori Yoshimatsu, Teluo Sakurai, Kai Schneider, Marie Farge, Koji Morishita, Takashi Ishihara

    67th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2014年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Moscone Center, San Francisco, USA  

    researchmap

  • Interfacial phenomena in turbulent magnetohydrodynamic channel flows at low magnetic Reynolds number

    Naoya Okamoto, Yusuke Otake, Takashi Ishihara

    67th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2014年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Moscone Center, San Francisco  

    researchmap

  • Energy Spectra of Higher Reynolds Number Turbulence by the DNS with up to 122883 Grid Points

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda, Koji Morishita, Mitsuo Yokokawa

    67th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2014年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Moscone Center, San Francisco  

    researchmap

  • カノニカル乱流の大規模直接数値シミュレーション

    石原 卓

    第1回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 成果報告会  2014年10月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:コクヨホール  

    researchmap

  • 宇宙規模流動現象解明のための計算科学

    石原 卓

    第6回「学際計算科学による新たな知の発見・統合・創出」シンポジウム  2014年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学 計算科学研究センター  

    researchmap

  • Thin shear layers in homogeneous high Reynolds number turbulence and in turbulent boundary layer

    Takashi Ishihara, Julian, C.R. Hunt

    Takashi Ishihara, Julian C.R. Hunt  2014年10月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Vortical Structures in High Reynolds Number Turbulence (Re~105) by Large-Scale DNS on K computer

    Takashi Ishihara

    Seminar at Imperial College London  2014年10月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Dissipation element analysis of an auto-ignition process in a homogeneous n-heptane/air mixture turbulence with temperature fluctuations

    Takashi Ishihara

    JSPS Supported Meeting on Interscale Transfers and Flow Topology in Equilibrium and Nonequilibrium Turbulence  2014年9月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Sheffield  

    researchmap

  • Coherent vorticity extraction in turbulent channel flow using orthogonal wavelets

    T. Sakurai, K. Yoshimatsu, K. Schneider, M. Farge, K. Morishita, T. Ishihara

    European Fluid Mechanics Conference 10  2014年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Vortical Structures in the DNS of Turbulence at Reynolds Number Higher Than 104

    Takashi Ishihara

    Mini-Workshop for Turbulence Research  2014年7月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:香港大学  

    researchmap

  • Vortical structures in homogeneous high Reynolds number turbulence

    石原 卓

    大阪大学ジョイントセミナー  2014年4月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  • 大気境界層乱流現象解明のための計算科学

    石原 卓

    平成25年度地球シミュレータ利用報告会 プログラム  2014年1月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の薄い剪断層とその時間変化について

    石原 卓, Pradeep Jha, 金田行雄, Julian Hunt

    大スケール流体運動と乱流揺らぎ 京大 数理解析研究所 共同研究集会  2014年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京大 数理解析研究所  

    researchmap

  • 「京」コンピュータを用いたカノニカル乱流の大規模直接数値シミュレーション

    石原 卓, 森下浩二, 横川三津夫, 宇野篤也, 金田行雄

    第27回 数値流体力学シンポジウム  2013年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 低磁気レイノルズ数MHDチャネル乱流における乱流・非乱流界面

    大竹悠介, 岡本直也, 石原 卓

    第27回 数値流体力学シンポジウム  2013年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • ノルマルヘプタンの自己着火過程の3次元DNSと温度場に着目したデータ解析

    伊藤貴政, 石原 卓

    第27回 数値流体力学シンポジウム  2013年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • Structure of the turbulent/non-turbulent interface of turbulent boundary layers - DNS results

    Takashi Ishihara, Hiroki Ogasawara, Julian C.R. Hunt

    APS-66th Annual DFD meeting  2013年11月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Pittsburgh, Pennsylvania, USA  

    researchmap

  • Inertial Subrange Spectra in the Log-Law Layer of Turbulent Channel Flow

    Yukio Kaneda, Koji Morishita, Takashi Ishihara

    APS-66th Annual DFD meeting  2013年11月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Pittsburgh, Pennsylvania, USA  

    researchmap

  • Temporal behavior of strong shear layers in high Reynolds number turbulence

    Pradeep K. Jha, Takashi Ishihara

    APS-66th Annual DFD meeting  2013年11月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Pittsburgh, Pennsylvania, USA  

    researchmap

  • カノニカル乱流の大規模直接数値シミュレーション (hp120242)

    石原 卓

    平成25年度 「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 中間報告会  2013年10月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タイム24ビル(東京都江東区)  

    researchmap

  • 一様等方性乱流中の高渦度領域の動的形状解析

    服部裕司, 石原 卓

    日本物理学会 2013年秋季大会  2013年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の剪断層の時間発展

    石原 卓, Jha Pradeep, 金田行雄, Julian Hunt

    日本流体力学会 年会2013  2013年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大  

    researchmap

  • Structure of the turbulent/non-turbulent interface of turbulent boundary layers-DNS results

    Takashi Ishihara

    Turbulence Colloquium TCM2013  2013年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:チュニジア  

    researchmap

  • Dynamic Geometrical Analysis of High-Enstrophy Structures in Isotropic Turbulence

    Yuji Hattori, Takashi Ishihara

    European Turbulence Conference(ETC)14  2013年9月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lyon, France  

    researchmap

  • Thin Shear Layers In High Reynolds Number Turbulence- A Coherent-structure Model

    Julian Hunt, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    ETC14  2013年9月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lyon  

    researchmap

  • Thin Shear Layers In High Reynolds Number Turbulence-Dns Results

    Takashi Ishihara, Julian Hunt, Yukio Kaneda

    ETC14  2013年9月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lyon  

    researchmap

  • 超多自由度複雑流動現象解明のための計算科学

    石原 卓

    学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第5回シンポジウム  2013年7月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:THE GRAND HALL(東京)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流の渦構造について

    石原 卓

    「宇宙生命計算科学連携拠点」ワークショップ  2013年6月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学計算科学研究センター ワークショップ室  

    researchmap

  • Conditional Analysis of Statics Obtained Near the Turbulent/Non-Turbulent Interface of Turbulent Boundary Layers

    T. Ishihara, H. Ogasawara

    ERCOFTAC SYMPOSIUM on Unsteady Separation in Fluid-Structure Interaction  2013年6月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:St John Hotel, Mykonos, Greece  

    researchmap

  • Turbulence Near Interfaces- Modelling and Simulations

    J.C.R. Hunt, T. Ishihara, Y. Hoarau, M. Braza

    ERCOFTAC SYMPOSIUM on Unsteady Separation in Fluid-Structure Interaction  2013年6月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:St John Hotel, Mykonos, Greece  

    researchmap

  • 乱流境界層の乱流・非乱流界面近傍の条件付き統計解析

    石原 卓, 小笠原浩樹

    九大応力研共同利用研究集会「壁乱流における大規模構造の統計法則と動力学に果たす役割」  2013年2月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 高レイノルズ数チャネル乱流の非等方スペクトル

    森下 浩二, 石原 卓, 金田 行雄

    九大応力研共同利用研究集会「壁乱流における大規模構造の統計法則と動力学に果たす役割」  2013年2月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の強い渦の組織構造

    石原 卓

    RIMS 共同研究 研究集会「偏微分方程式の背後にある確率過程と解の族が示す統計力学的な現象の解析」  2013年2月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • ノルマルヘプタンの自己着火過程における反応と乱流の相互作用の3次元DNSとデータ解析

    三木貴史, 生田博也, 寺地 淳, 石原 卓

    第26回数値流体力学シンポジウム  2012年12月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立オリンピック記念青少年総合センター  

    researchmap

  • 乱流境界層のDNSにおける乱流・非乱流界面近傍の構造と統計

    小笠原浩樹, 石原 卓

    第26回数値流体力学シンポジウム  2012年12月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立オリンピック記念青少年総合センター  

    researchmap

  • Strong Shear Layer in High Re Turbulence - DNS Results

    Takashi Ishihara

    Mini Workshop on Urban Research a Review & Outlook on the Hong Kong Built Environment  2012年12月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • n-Heptane予混合圧縮自己着火過程の3次元直接数値シミュレーションに基づくデータ解析

    三木貴史, 生田博也, 寺地 淳, 石原 卓

    第50回燃焼シンポジウム  2012年12月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知県産業労働センターウインクあいち  

    researchmap

  • Small-scale statistics in direct numerical simulation of turbulent channel flow up tp Ret=5120

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    APS 65th annual DFD meeting  2012年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego Convention Center  

    researchmap

  • Intense dissipative mechanisms of strong thin shear layers in high Reynolds number turbulence

    Takashi Ishihara, Julian C.R.Hunt, Yukio Kaneda

    APS 65th annual DFD meeting  2012年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego Converntion Center  

    researchmap

  • Conditional analysis of the statistics near the turbulent/non-turbulent interface of turbulent boundary layers

    Hiroki Ogasawara, Takashi Ishihara

    APS 65th annual DFD meeting  2012年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego Converntion Center  

    researchmap

  • ノルマルヘプタン自己着火過程における反応と乱流の相互作用の三次元DNS 解析

    寺地 淳, 生田博也, 三木貴史, 石原 卓

    第23回内燃機関シンポジウム  2012年10月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • Strong thin shear layers in homogeneous high Re turbulence- structures and statistics

    Takashi Ishihara, Julian, C.R. Hunt, Yukio Kaneda

    First Multiflow Conference on the Turbulent-Non turbulent interface, Madrid, Spain  2012年10月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 4D visualization of isotropic turbulence and dynamics of high-enstrophy structures

    Yuji Hattori, Takashi Ishihara

    JSST2012 International Conference on Simulatin Technology  2012年9月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kobe Univeristy  

    researchmap

  • Interactive visualizations of the large-scale data generated by the DNS of isotropic turbulence on 40963 grid points

    Takashi Ishihara, Kensaku Mori

    JSST2012 International Conference on Simulatin Technology  2012年9月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • Improvement of Reality of CG Motion Pictures by Hydrodynamic Effects

    Takashi Ishihara, Yuji Hattori

    Ninth International Conerence on Flow Dynamics  2012年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tohoku University  

    researchmap

  • レイノルズ数の異なる 4096 3 DNS 乱流のマルティフラクタルPDF理論による比較解析

    武智公平, 有光直子, 有光敏彦, 金田行雄, 石原 卓

    日本物理学会 2012年秋季大会  2012年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学  

    researchmap

  • 乱流境界層の直接数値シミュレーションを用いた乱流・非乱流界面の解析

    小笠原浩樹, 石原 卓, 金田行雄

    日本流体力学会年会2012  2012年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • 一様磁場中における電磁流体チャネル乱流の直接数値計算

    大竹悠介, 岡本直也, 石原 卓

    日本流体力学会年会2012  2012年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • 高レイノルズ数一様等方性乱流中の強い剪断層

    石原 卓, Hunt Julian C.R, 金田行雄

    日本流体力学会年会2012  2012年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • 大規模直接数値シミュレーションによる周期境界乱流中のエネルギー散逸率とエネルギースペクトル

    金田行雄, 石原 卓, 横川三津夫, 板倉憲一, 宇野篤也

    日本流体力学会年会2012  2012年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • 直接数値計算による三次元レイリー・ベナール対流乱流の渦構造

    丹羽佑太, 星野邦雄, 芳松克則, 石原 卓

    日本流体力学会年会2012  2012年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • Numerical Analysis of Effect of Intermediate Species Diffusion on Low Temperature Oxidation Process in a Homogeneous n-Heptane Mixture

    Atsushi Teraji, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    COMODIA 2012  2012年7月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流の計算科学

    石原 卓

    流体若手夏の学校2012  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • Volume Penalization 法による翼果まわりの流れの数値解析

    澤村陽一, 石原 卓

    研究集会「生物流体力学における同期および関連する現象」  2012年5月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数値解析研究所  

    researchmap

  • 乱流の計算科学

    石原卓

    九州大学大学院総合理工学府 大気海洋環境システム学専攻 集中講義  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学大学院総合理工学府  

    researchmap

  • nヘプタンの簡略反応モデルを用いた自己着火過程の3次元直接数値シミュレーション

    生田博也, 石原 卓, 寺地 淳

    第25回数値流体力学シンポジウム  2011年12月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学コンベンションセンター  

    researchmap

  • Volume Penalization 法による翼果モデルまわりの流れの数値解析

    澤村陽一, 石原 卓

    第25回数値流体力学シンポジウム  2011年12月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学コンベンションセンター  

    researchmap

  • High-performance computing of canonical high-Reynolds-number turbulent flows

    Takashi Ishihara

    ICTS-TIFR Discussion Meeting-2011  2011年12月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Strong thin shear layers in high Reynolds number turbulence

    Takashi Ishihara, Julian, C.R. Hunt, Yukio Kaneda

    64th annual meeting of the APS division of fluid dynamics  2011年11月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The structure of the vorticity field in the near-wall region of turbulent channel flow at high-Reynolds number

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    64th annual meeting of the APS division of fluid dynamics  2011年11月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レイノルズ数平行平板間乱流DNSにおける小スケール統計

    森下浩二, 石原 卓, 金田行雄

    平成23年度共同利用研究集会「乱流現象及び非平衡系の多様性と普遍性」  2011年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学応用力学研究所  

    researchmap

  • nヘプタンの簡略反応モデルを用いた乱流中の自己着火現象の直接数値計算

    生田博也, 石原 卓, 寺地 淳

    平成23年度共同利用研究集会「乱流現象及び非平衡系の多様性と普遍性」  2011年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学応用力学研究所  

    researchmap

  • Improvement of reality of CG motion pictures by hydrodynamic effects

    Takashi Ishihara, Yuji Hattori

    第8回流動ダイナミクスに関する国際会議  2011年11月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DNS study of the small-scale statistics in turbulent channel flow at high-Reynolds numbers

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    CCS Symposium Autumn 2011  2011年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Strong shear layers in high Reynolds number homogeneous turbulence

    Takashi Ishihara

    CCS Symposium Autumn 2011  2011年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 40963DNS乱流のマルティフラクタル確率密度関数理論による解析

    有光直子, 武智公平, 有光敏彦, 金田行雄, 石原 卓

    日本物理学会2011年秋季大会  2011年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Conditional analysis near strong shear layers in DNS of isotropic turbulence at high Reynolds number

    Takashi Ishihara, J.C.R. Hunt, Yukio Kaneda

    13 European Turbulence Conference  2011年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ワルシャワ大学  

    researchmap

  • Small-scale statistics in direct numerical simulation of turbulent channel flow at high-Reynolds number

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    13 European Turbulence Conference  2011年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ワルシャワ大学  

    researchmap

  • 渦・境界相互作用の大規模数値計算による研究

    石原 卓

    第2回数学領域シンポジウム  2011年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アキバプラザ  

    researchmap

  • 2D direct numerical simulation of intermediate species diffusion in low temperature oxidation process

    Atsushi Teraji, Takahiro Morikawa, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    ICDERS  2011年7月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of California, Irvine  

    researchmap

  • 超多自由度複雑流動現象解明のための計算科学

    石原 卓

    学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第3回シンポジウム  2011年7月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Conditional statistics near strong thin shear layers in DNS of high Reynolds number turbulence

    Takashi Ishihara

    Seminar at the University of Hong Kong  2011年6月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 超多自由度複雑流動現象解明のための高効率な並列計算コード開発

    石原 卓

    名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト成果報告シンポジウム  2011年5月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学高等研究院  

    researchmap

  • Conditional statistics near strong thin shear layers in DNS of high Re turbulence

    Takashi Ishihara

    KITP Program: The Nature of Turbulence  2011年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Conditional statistics near strong thin shear layers in DNS of isotropic turbulence at high Reynolds number

    Takashi Ishihara, Julian C.R. HUNT, Yukio Kaneda

    The School of Mathematical & Statistical Sciences (SoMSS) Seminar  2011年4月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Arizona State University  

    researchmap

  • Local-isotropy in direct numerical simulation of turbulent channel flow at high-Reynolds number

    Koji Morishita, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    SIAM Conference on Computational Science and Engineering  2011年2月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nヘプタンの簡略化反応モデルを用いた自己着火過程の2次元直接数値計算 - 自己着火過程の温度依存性の検討

    森川貴弘, 西田成志, 寺地 淳, 石原 卓, 金田行雄

    第24回数値流体力学シンポジウム  2010年12月20日  日本流体力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学日吉キャンパス  

    researchmap

  • 高レイノルズ数チャネル乱流の局所等方性のDNSによる検証

    森下浩二, 石原 卓, 金田行雄

    第24回数値流体力学シンポジウム  2010年12月20日  日本流体力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学日吉キャンパス  

    researchmap

  • Conditional statistics near strong thin shear layers in DNS of isotropic turbulence at high Reynolds number

    Takashi Ishihara, Julian, C.R. Hunt, Yukio Kaneda

    63rd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics  2010年11月21日  American Physical Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Long Beach, California  

    researchmap

  • 乱流混合層DNSを用いた乱流/非乱流界面近傍の渦構造の条件付き統計の解析

    石原 卓, 後藤 崇, 金田行雄

    平成22年度共同利用研究集会「乱流現象及び非平衡系の多様性と普遍性」  2010年11月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学応用力学研究所  

    researchmap

  • ノルマルヘプタン均質予混合場における中間生成物拡散が低温酸化反応過程に与える影響の数値解析

    寺地 淳, 西田成志, 森川貴弘, 石原 卓, 金田行雄

    第21回内燃機関シンポジウム  2010年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学  

    researchmap

  • Large-scale and high-resolution direct numerical simulation of turbulent boundary layer: dynamics of hairpin vortex structures

    Takashi Ishihara

    Japan-Russia Workshop on Numerical Investigation of Hydrodynamic Instabilities and Turbulence with High-performance Computing  2010年10月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okayama, Japan  

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流の大規模直接数値シミュレーション -乱流の大規模データベースの生成・解析・可視化-

    石原 卓

    第一回計算科学セミナー  2010年9月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学環境総合館, 名古屋市  

    researchmap

  • 乱流の大規模直接数値計算データを用いた4次速度構造関数及び圧力勾配・速度構造関数の解析

    中西崇仁, 石原 卓

    日本物理学会 平成22年度 秋季大会  2010年9月23日  日本物理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • 乱流境界層の直接数値シミュレーションにおけるヘアピン渦構造の力学

    石原 卓, 加藤雅之, 金田行雄

    日本流体力学会 年会2010  2010年9月9日  日本流体力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 乱流混合層における乱流/非乱流界面近傍の渦構造と条件付き統計

    後藤 崇, 石原 卓, 金田行雄

    日本流体力学会 年会2010  2010年9月9日  日本流体力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • nヘプタンの簡略化反応モデルを用いた自己着火過程の2次元直接数値シミュレーション

    西田成志, 寺地淳, 石原 卓, 金田行雄

    第23回数値流体力学シンポジウム  2009年12月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スペクトル法を用いた乱流境界層の直接数値計算

    石原 卓, 加藤雅之, 金田行雄

    第87期日本機械学会流体工学部門講演会  2009年11月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Computational analysis of high Reynolds number turbulence using pressure gradient vector field

    Takashi Ishihara, Kazuki Takahashi

    RIMS Workshop on Mathematics and Physics across the Diversity of Turbulence Phenomena, the Kobe Institute  2009年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 大規模DNSデータを用いたKolmogorovの4/5法則の検証

    吉野 順也, 石原 卓, 金田 行雄

    第21回数値流体力学シンポジウム  2007年12月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋葉原コンベンションホール, 東京都千代田区  

    researchmap

  • 大規模DNSデータを用いたKolmogorovの4/5法則の検証

    吉野 順也, 石原 卓, 金田 行雄

    九州大学応用力学研究所平成19年度共同利用研究集会「乱流現象及び多自由度系の動力学,構造と統計法則」  2007年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学応用力学研究所, 福岡県春日市  

    researchmap

  • Some Attempts at Computer Aided Understanding of Turbulence

    Yukio Kaneda, Takashi Ishihara, Koji Morishita, Yoshinori Mizuno

    IUTAM Symposium 2006 NAGOYA `Computational Physics and New Perspectives in Turbulence'  2006年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Ultra Direct Numerical Simulation of Turbulence on the Earth Simulator

    Takashi Ishihara

    6th World Congress on Computational Mechanics, Beijing, China  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 乱流のUltra DNSデータの解析

    石原 卓

    統計数理解析研究所 研究集会:乱流の統計理論とその応用  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 乱流の Ultra DNS データの解析 -エネルギースペクトルのレイノルズ数依存性-

    石原 卓, 金田 行雄

    第17回数値流体力学シンポジウム  2003年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立オリンピック記念青少年センター, 東京  

    researchmap

  • 大規模直接数値計算による非圧縮乱流場のデータ解析ーエネルギー散逸・エンストロフィー・圧力のスペクトルについて

    石原 卓, 金田行雄

    九州大学応用力学研究所 研究集会:乱流研究の異分野融合と新たな創成  2003年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Reynolds number dependence of the one-point statistics of velocity-derivatives in high-resolution DNS of incompressible turbulence

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    The American Physical Society, 56th Annual Meeting of the Division of Fluid Dynamics  2003年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:NYC/New Jersey, USA  

    researchmap

  • 一様せん断乱流における慣性小領域の非等方的構造

    吉田 恭, 石原 卓, 金田 行雄

    第52回理論応用力学講演会  2003年1月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 地球シミュレータによる乱流の ultra simulation

    金田 行雄, 石原 卓, 横川 三津夫, 板倉 憲一, 宇野 篤也

    九州大学応用力学研究所研究集会「乱流現象の多様性と普遍性」  2002年12月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学応用力学研究所, 春日市  

    researchmap

  • 乱流のUltra Simulation

    石原 卓, 金田行雄, 横川三津夫, 板倉憲一, 宇野篤也

    第6回シミュレーション・サイエンスシンポジウム  2002年12月  核融合科学研究所

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 16.4-Tflops Direct Numerical Simulation of Turbulence by a Fourier Spectral Method on the Earth Simulator

    Mitsuo Yokokawa, Kenichi Itakura, Atsuya Uno, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Super Computing 2002  2002年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Baltimore, USA  

    researchmap

  • High Resolution DNS of Incompressible Homogeneous Forced Turbulence -Time Dependence of the Statistics-Statistical Theories and Computational Approaches to Turbulence; Modern Perspectives and Applications to Global-Scale Flows

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Yukio Kaneda and Toshiyuki Gotoh (Eds.), Springer-Verlag Tokyo  2002年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Spectra of Fourth Order Velocity Moment in Homogeneous Isotropic Turbulence:Direct Numerical simulation and Lagrangian Theory

    Yukio Kaneda, Takashi Ishihara

    IUTAM Sympojium on Reynolds Number Scaling in Turbulent Flow  2002年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Princeton, NJ, USA  

    researchmap

  • 乱流の非等方スペクトルとそのReynolds数依存性

    吉田恭, 石原卓, 金田行雄

    日本流体力学会年会2002  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台国際センター, 仙台市  

    researchmap

  • 一様等方性乱流のシミュレーション:スペクトル法vs高次精度線の方法

    芳松克則, 石原卓, 山崎陽介, 金田行雄, 西田秀利, 中井聡, 里深信行

    日本物理学会第57回年次大会,  2002年3月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学, 草津市  

    researchmap

  • 一様シアー乱流の非等方スペクトル

    石原卓, 吉田恭, 金田行雄

    日本物理学会第57回年次大会  2002年3月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学, 草津市  

    researchmap

  • 成層乱流のラージ・エディ・シミュレーションとサブグリッド・モデリング

    吉田恭, 石原卓, 金田行雄

    第3回非静力学モデルに関するワークショップ  2001年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:学術総合センター, 東京都  

    researchmap

  • 三次元乱流場の予測可能性 ― 大規模渦のデータ同化の影響

    林一樹, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会2001年秋季大会  2001年9月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島分理大学, 徳島市  

    researchmap

  • 三次元乱流場における二粒子拡散について ― 慣性小領域の有限性の影響

    石原卓, 金田行雄

    日本物理学会2001年秋季大会  2001年9月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島分理大学, 徳島市  

    researchmap

  • 成層乱流のスペクトルLES

    吉田恭, 石原卓, 金田行雄

    日本流体力学会年会2001  2001年7月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:工学院大学, 東京都  

    researchmap

  • 乱流の慣性小領域におけるラグランジュ統計

    石原卓, 金田行雄

    研究集会:乱流構造の数理 ― 発生・動力学・統計・応用(Study of Turbulence Structure ― Generation, Dynamics, Statistics and Application)  2001年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

  • 3次元等方性乱流の予測可能性の評価

    藤田大志, 吉田恭, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会第56回年次大会  2001年3月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中央大学多摩キャンパス, 八王子市  

    researchmap

  • 2次元乱流における予測可能性とLES

    山平倫道, 吉田恭, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会第56回年次大会  2001年3月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中央大学多摩キャンパス, 八王子市  

    researchmap

  • 非等方性乱流のLESスペクトル理論モデルの a posteriori テスト

    藤村宣昭, 山崎陽介, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会春の分科会  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学, 吹田市  

    researchmap

  • 慣性小領域における3波相互作用の相似性

    石原卓, 金田行雄

    日本物理学会春の分科会  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学, 吹田市  

    researchmap

  • 大規模乱流DNSデータの可視化

    石原卓, 大野哲也, 森建策, 末永康仁, 石井克哉, 金田行雄

    九州大学応用力学研究所研究集会  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成層乱流のラージ・エディ・シミュレーション

    藤村宣昭, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会第55回年次大会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学, 新潟市  

    researchmap

  • 大規模乱流シミュレーションにおける高波数成分の取り扱い方の影響

    山崎陽介, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会第55回年次大会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学, 新潟市  

    researchmap

  • Statistics of small-scale structure of homogeneous isotropic turbulence

    Takashi Ishihara, Yousuke Yamazaki, Yukio Kaneda

    IUTAM Symposium on Geometry and Statistics of Turbulence  1999年11月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shonan International Village Center, Hayama, Japan  

    researchmap

  • 一様等方乱流中の微細構造の統計(大規模DNSデータベース解析)

    石原卓, 山崎陽介, 金田行雄

    九州大学応用力学研究所研究集会  1999年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乱流の大規模数値実験

    石原 卓

    九州大学応用力学研究所 研究集会:流体方程式の解と縮約解析  1999年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Leithによる2次元LESモデルの検証

    大川新太朗, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会秋の分科会  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学, 盛岡市  

    researchmap

  • 3次元乱流のLESスペクトル理論モデルの a posteriori テスト

    石川綱一郎, 石原卓, 金田行雄

    日本物理学会秋の分科会  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学, 盛岡市  

    researchmap

  • Numerical studies of large scale turbulent flows in two and three dimensions

    Kamen N. Beronov, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Oxford-Kobe seminar: The Second Scientific Meeting on System Engineering and Applied Mathematics  1998年12月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kobe, Japan  

    researchmap

  • Numerical Studies of Large Scale Turbulent Flows in Two and Three Dimensions

    Kamen N. Beronov, Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Oxford Kobe Seminars: The Second Scientific Meeting on Systems Engineering and Applied Mathematics  1998年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kobe, Japana  

    researchmap

  • 回転乱流中の粒子拡散

    山崎陽介, 石原卓, 金田行雄

    九州大学応用力学研究所研究集会「乱流現象とその周辺」  1998年11月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡県春日市  

    researchmap

  • 一様等方乱流中の微細構造の統計(大規模DNSデータベース解析)

    石原卓, 山崎陽介, 金田行雄

    九州大学応用力学研究所研究集会「乱流現象とその周辺」  1998年11月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡県春日市  

    researchmap

  • 一様ストレイン場中の渦層の Analytic Structure

    石原卓, 金田行雄

    研究集会:計算流体力学に関わる数理的諸問題  1996年6月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

  • Singularity Formation in the Shape of a Vortex Sheet in Three-Dimensions - Numerical Simulation

    Takashi Ishihara, Yukio Kaneda

    Proceedings of the Second International Workshop on Vortex Flows and Related Numerical Methods  1995年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Mountains, Canada  

    researchmap

  • Spontaneous Singularity Formation in the Shape of Vortex Sheet in Three-Dimensional Flow: Analysis and Numerical Simulation

    石原卓, 金田行雄

    研究集会:Mathematical Fluid Mechanics and Modeling  1994年5月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

  • 3次元的渦面の運動の解析と数値シミュレーション

    石原卓, 金田行雄

    研究集会:流体における波動現象の数理とその応用  1993年10月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

  • Lagrange 的 Strain Tensor の相関時間

    石原卓, 金田行雄

    研究集会:乱流の発生と統計法則  1992年1月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 令和3年度学会賞 ベストオーサー賞

    2021年8月   日本シミュレーション学会   宇宙物理におけるナビエ・ストークス方程式の直接数値計算―原始惑星系円盤乱流中のダスト成長

    梅村 雅之, 石原 卓

     詳細を見る

  • 2011年度学会賞 論文賞

    2012年2月   日本流体力学会   大規模直接数値シミュレーションによる周期境界乱流中の エネルギー散逸率とエネルギースペクトル

    金田行雄, 石原卓, 横川三津夫, 板倉憲一, 宇野篤也

     詳細を見る

  • SC2002 Gordon Bell Award

    2002年11月   IEEE   16.4-Tflops Direct Numerical Simulation of Turbulence by a Fourier Spectral Method on the Earth Simulator

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 複雑流動場における極端現象の新しい予測・診断技術創出のためのデータ記述科学の開拓

    研究課題/領域番号:23H04473  2023年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  学術変革領域研究(A)

    石原 卓

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 乱流の大規模直接数値計算から探る原始惑星系円盤のダスト成長の新シナリオ

    研究課題/領域番号:20H01948  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    石原 卓, 奥住 聡, 梅村 雅之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    原始惑星系円盤のダスト成長の新シナリオ構築のため乱流の大規模直接数値計算を活用した研究を進めている。本年度は慣性の大きさの異なるダスト粒子の乱流中の運動について、弱圧縮性乱流の高精度高解像度差分法に基づく直接数値計算(DNS)で得られたデータの解析を行なった。その結果を非圧縮性乱流のフーリエスペクトル法に基づくDNSの結果と比較することで、圧縮性乱流場では非圧縮性乱流場とは異なり、速度の圧縮成分の存在に起因する密度や圧力の変動が観察されるが、圧縮性の弱い(マッハ数0.3以下の)乱流中のダストの運動は本質的には速度のソレノイダル成分に支配されていることを明らかにした。そして、同様な結果が等温を仮定した圧縮性乱流のDNSにおいても得られることを確認した。これにより原始惑星系円盤中のダスト成長を考える際の乱流は理論的には非圧縮として扱って特に問題ないことを実証した。また、高レイノルズ数乱流場の特徴として、小スケールにおける速度変動が著しく非一様であり、局所的な慣性力と粘性力の比として定義される局所レイノルズ数も非一様となることが知られていたが、非圧縮性乱流の大規模DNSデータを用いた新たな解析により、テイラー長に基づくレイノルズ数が1100と高い乱流場においても、局所レイノルズ数は揺らぎが大きいものの平均は70程度と小さいこと、および、局所的な渦度の大きさに依存しないことを明らかにした。さらに、高レイノルズ数乱流中においては平均的なエンストロフィーの値が高いアクティブな領域と低い非アクティブな領域が存在することが知られているが、乱流DNSを用いた粒子追跡シミュレーションのデータの解析により、乱流中の粒子の相対拡散の仕方が初期粒子位置に依存して、古典的なリチャードソンの法則に従わない場合があることを明らかにした。

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流中の微粒子の著しい集中促進メカニズム解明のための計算科学

    研究課題/領域番号:15H03603  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    石原 卓, 森下 浩二, 岡本 直也, 金田 行雄, 芳松 克則, 石井 克哉, ハント ジュリアン, 江野畑 圭, 小林 直樹, 濱端 航平, 櫻井 幹記

      詳細を見る

    配分額:16380000円 ( 直接経費:12600000円 、 間接経費:3780000円 )

    乱流中の微粒子の運動を解析するための高精度かつ効率的な並列プログラムを開発し、大規模な数値シミュレーションを実現することで、高レイノルズ数乱流に特有の渦構造(渦クラスタ)と慣性粒子の運動の関係を調べた。その結果、慣性の大きい粒子は渦クラスタの外部の際に集中する傾向があることを明らかにした。また、慣性の大きい粒子の振る舞いのレイノルズ数依存性を明らかにし、原始惑星系円盤中の微惑星形成過程における乱流の役割について信頼性の高い結果を与えた。

    researchmap

  • 乱流境界層の統計理論の展開

    研究課題/領域番号:26400410  2014年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    金田 行雄, 石原 卓

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    自然や科学技術の諸分野でしばしば固体壁近傍で流れが空間的に急激に変化する層(境界層)が現れ、その存在は流れ場全体にも大きな影響を与える。本研究では平行2平板間乱流(TCF)の大規模直接数値シミュレーション(DNS)のデータ解析に基づいて乱流境界層を特徴づけるいくつかの代表的な長さ(スケール)の壁からの距離と方向への依存性について定量的な知見を得た。
    また、熱平衡系の統計力学で知られた線形応答理論の考えを一般化し、乱流境界層の速度場のいくつかの統計量に対する理論を導き、その結果がTCFの大規模DNSデータとよく一致することを示した。

    researchmap

  • 一様磁場中における平行二平板間電磁流体乱流の界面構造とその動力学の解明

    研究課題/領域番号:26390129  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岡本 直也, 石原 卓, 芳松 克則

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    一様磁場下における電磁流体チャネル乱流中に、乱流・非乱流界面が存在することを示すため直接数値計算(DNS)を行った。得られたDNSデータの渦度場の可視化によりチャネル中に、乱れの強い壁近傍の境界層領域と乱れの弱いコア領域があることが明らかになった。境界層領域とコア領域の間にあると考えられる界面を定量化するため、条件付き統計解析を行った結果、その解析により定義される界面の近傍で、渦度成分の大きさの条件付き平均がシャープな勾配をもつことが明らかになった。これは、通常の流体シア乱流で過去に観察されたものと類似する。また電磁流体乱流に特徴的なジュール散逸も界面近傍でシャープな勾配をもつことがわかった。

    researchmap

  • ペタスケールコンピューティングによる乱流直接数値シミュレーションの最適化

    研究課題/領域番号:26390130  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    横川 三津夫, 石原 卓, 森下 浩二

      詳細を見る

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    境界壁を持たない乱流の中で周期境界条件を満たす最も規範的な一様等方性非圧縮性乱流(カノニカル乱流)の振る舞いのシミュレーションを目的に,周期境界条件を課した3次元立方体領域においてナビエ・ストークス方程式を解く2軸方向の領域分割による並列化直接数値シミュレーション(DNS)コードを開発した.空間離散化にフーリエ・スペクトル法,時間積分には4次ルンゲ・クッタ法を用い,OpenMPとMPIによるハイブリッド並列化を行った.格子点数12288の3乗のDNSをスーパーコンピュータ「京」上で実行し,レイノルズ数Rλ≒2300の乱流データを得た.実行効率約2.2%(192x128ノード使用時)を達成した.

    researchmap

  • 計算科学的手法による非等方性乱流の動力学の解明及び情報縮約手法の開発

    研究課題/領域番号:25390149  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    芳松 克則, 岡本 直也, 石原 卓

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    直接数値計算を用いて3次元一様乱流の動力学、特に、(1)誤差場の発展、(2)小スケール渦の大スケールの統計への影響、(3)パッシブスカラー乱流の減衰、について調べた。(1)大スケール統計は、小スケールの渦構造に鈍感であること、(2)誤差場のエネルギーは低波数側で波数の4乗、時間の6乗に従って自己相似的に発展すること、大スケールの誤差場が主要な寄与をしていること、(3) スカラー場の大スケール不変量の存在を示した。平行二平板間乱流の直交ウェーブレット解析に基づく情報縮約手法を開発した。約数%の自由度から成る秩序場が、乱流場の統計や渦構造をよく再現することを示した。

    researchmap

  • 高レイノルズ数乱流特有の渦組織構造とその動力学の情報縮約法の開発と計算科学的解明

    研究課題/領域番号:23560194  2011年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石原 卓, 芳松 克則, 岡本 直也

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    一様等方性乱流の大規模直接数値計算(格子点数4096の3乗)で得られたデータを可視化・解析し,高レイノルズ数乱流では,強い渦管が密集して層状の強い組織構造(剪断層)を形成し,低レイノルズ数乱流とは定性的に異なること,および,渦の組織構造(剪断層)はシャープな界面を有し,その界面には速度変動をブロックする働きがあることを明らかにした.また,時系列データの解析によりその剪断層中で非常に強い渦が頻繁に生成・消滅することも明らかにした.さらに,乱流境界層の乱流・非乱流界面が高レイノルズ数乱流中の剪断層と類似の性質を有することを直接数値計算を活用したデータ解析により明らかにした.

    researchmap

  • 乱流-非乱流境界面近傍の構造とエネルギー・物質輸送機構

    研究課題/領域番号:23540447  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    金田 行雄, 石原 卓

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    自然や科学技術に現れるさまざまな流れにおいて、しばしば乱れの非常に強い領域と弱い領域の境界面(乱流ー非乱流境界面:T-NT境界面)が現れる。本研究では乱流中のT-NT境界面近傍の乱流場の構造とエネルギー・物質輸送機構に着目して研究を行った。とくに格子点数が4096の3乗におよぶ一様等方性乱流の大規模な乱流の直接数値シミュレーションのデータの条件付き統計解析によって、その構造やエネルギー輸送などについていくつかの特徴を明らかにした。

    researchmap

  • 高精度数値スキームを用いた3次元キャビティ流れの研究

    研究課題/領域番号:21540383  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 克哉, 石原 卓, 安逹 静子, 平野 靖, 金田 行雄

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    高精度高解像度の結合コンパクト差分を開発し、3次元キャビティ定常流れを数値シミュレーションで解いた。直方体キャビティ形状としては、流れ方向の長さを基にしたスパン方向のアスペクト比が1と6. 55の2ケースについて、深さ方向のアスペクト比が0.4, 0.6, 1.0, 1.4等のケースについて、非圧縮流れの計算を行った。計算結果の速度ベクトルを使って、高い精度で複数の流線を得、各流線に対して、移動面の運動方向に垂直なある平面を通過する数百点で描かれたポアンカレ断面図をレイノルズ数100から500程度の範囲について得た。流線には、1)ある閉曲線近くに局在した流線構造と、2)カオス的に広い空間を覆う流線構造がある。これにより、ポアンカレ断面図の中には、不変トーラス、共鳴による島構造を表す点がキャビティの側面近くに存在し、他の空間部分には不規則にカオス的に分布する点が存在することを見出した。これらの構造は非自励1自由度ハミルトン力学系の構造と同等になっている。特に、レイノルズ数の変化によって、3 : 1と2 : 1の共鳴の変化が起こり、2 : 1共鳴が起こったレイノルズ数以上ではカオス的な流線しか見つからない。これらの流線構造が、種々の直方体形状内のキャビティ流れに対して、一般的に発生することを示した。

    researchmap

  • 非線形偏微分方程式の大域的適切性

    研究課題/領域番号:20224013  2008年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    小薗 英雄, 柳田 英二, 石毛 和弘, 中村 誠, 久保 英夫, 金田 行雄, 石原 卓, 芳松 克則, 隠居 良行, 栄 伸一郎

      詳細を見る

    配分額:146120000円 ( 直接経費:112400000円 、 間接経費:33720000円 )

    まずKeller-Segel方程式系の解の局所存在定理と有限時間爆発について考察した.一般高次元の領域において,放物型-楕円型の半線型Keller-Segel方程式系のCauchy問題に対して,初期データが可積分および p-乗可積分空間に属するとき,解の局所存在時間の特徴付けを行った.また,初期データの全積分量と2次モーメントの比が,解の有限時刻における爆発にどのような影響を及ぼすかを方程式に現れる係数との相関も含めて明らかにした.応用として,解の爆発時刻付近での漸近挙動は,pに依存して決まる一定の指数オーダーの比率で爆発するのか,あるいは全積分量がある定数以上の振幅で振動するかの二者択一であることを証明した.次に多重連結領域における非斉次境界条件下でのNavier-Stokes方程式の定常問題を考察した.与えらた境界値がそれぞれの境界の連結成分における流量の総和がゼロという条件下では同問題の可解性は未解決である.本研究では,境界値の領域全体へのソレノイダル拡張されたベクトル場の調和部分が非自明な定常Euler 方程式系から決まる圧力勾配と直交していれば,すべての粘性係数について可解であることを証明した.更に応用として,Leray の不等式の整合性と領域の位相幾何学的な性質との関連を特徴づけた.

    researchmap

  • 高いレイノルズ数の乱流における普遍性の計算科学的検証

    研究課題/領域番号:20340099  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    金田 行雄, 石井 克哉, 石原 卓, 芳松 克則

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    大規模直接数値シミュレーションによるデータの解析によって高いレイノルズ数の乱流における統計的普遍性およびその考え方を、とくに(A)乱流のダイナミクスに内在する普遍性、(B)壁乱流(固体壁近傍の乱流)における普遍性について着目し、計算科学的に検証した。また、乱流場の情報縮約の視点から、ウェーブレット解析による秩序渦の抽出に基づいて乱流場をモデル化する秩序渦シミュレーション手法の有効性を検証した。

    researchmap

  • カノニカルな非一様性乱流の高精度・高解像度大規模直接数値計算法の開発

    研究課題/領域番号:19560064  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石原 卓, 金田 行雄, 石井 克哉, 芳松 克則

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    カノニカルな非一様性乱流の高精度・高解像度な大規模直接数値計算(DNS)実現に向け、スペクトル法コードの高効率化、Sinc関数を用いた新DNS手法の開発、精度と効率の比較検討を実施した。その結果、新DNS手法では適当なパラメータ選択により高精度計算可能なこと、チャネル乱流ではスペクトル法と同程度であるが壁乱流や乱流混合層では従来手法より効率的に高精度大規模DNSが実現しうることなど、大規模DNS実現のための重要な知見を得た。

    researchmap

  • 乱流の計算物理学の新展開

    研究課題/領域番号:17340117  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    金田 行雄, 石井 克哉, 石原 卓, 芳松 克則, 吉田 恭

      詳細を見る

    配分額:15040000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究の主な成果は以下のとおりである。
    1.乱流場の普遍的構造:
    (1)乱流の世界最大規模直接数値シミュレーション(DNS)のデータを用いて、乱流中の小スケール渦の統計を解析し、とくにエネルギー散逸率の間欠性については、乱流の間欠性の現象論でよく用いられている仮定が成立していないことを明らかにした。
    (2)シミュレーション領域をこれまでで最大のものに拡大したDNSによって、大スケールにおける普遍性についてのロイチャンスキー仮説を支持する数値的証拠を得た。
    2.乱流場の情報縮約手法:
    (1)上記1-(1)のデータを用いて、Large Eddy Simulationの方法で重要となる大きな渦から小さな渦へのエネルギー輸送について解析し、その統計の粗視化の方法、スケールへの依存性を明らかにした。
    (2)同じく1-(1)のデータのウェーブレット解析を行い、秩序渦、無秩序渦の統計法則について調べた。その結果、秩序渦の自由度の全自由度に対する割合が、レイノルズ数の増加と共に減少することなどを明らかにした。
    3.壁乱流:
    壁乱流DNSのための新しい計算手法を提案し、従来手法との比較を行なった。乱流境界層については、精度の面では従来のJacobi関数展開法、精度・効率の両面からは新たに提案したSincガラーキン法が有力であることを示した。また、平行平板間乱流の物理的知見に基づきDNSにおける慣性小領域実現の可能性を見積もった。
    1,2の成果はいずれも従来のレベルの小規模のDNSでは得られなかったものであり、3の成果は壁乱流の超大規模壁乱流DNS実現のための基盤となる知見である。それぞれ、今後の乱流の統計理論・モデリングの開発、および計算科学的解明に重要な一ステップであると位置づけられる。

    researchmap

  • 乱流のウルトラ・シミュレーションに基づく高レイノルズ数乱流のモデル計算手法の開発

    研究課題/領域番号:17560051  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石原 卓, 金田 行雄, 石井 克哉, 芳松 克則

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    本研究は、地球シミュレータで実施した一様等方性乱流の世界最大規模直接数値計算(ウルトラDNS)および名古屋大学のHPC2500上における平行二平板間乱流の大規模DNSを基に、高レイノルズ数乱流の経験則に頼らないモデル計算手法を開発することを目的とし、乱流の大規模DNS手法の開発、乱流の大規模DNSの実施、乱流の大規模DNSデータを用いた、ラージ・エディ・シミュレーション(LES)のために必要な基礎統計データの解析、LESモデル計算手法の開発、開発したモデル計算手法の性能評価を行った。
    LESのために必要な基礎統計データの解析では、一様等方性乱流の大規模DNSデータを用いて、(1)乱流の慣性小領域におけるエネルギー輸送率Tの統計の解析、及び、(2)乱流場の間欠性のマルチフラクタル解析を行った。(1)では慣性小領域においては、Tの空間平均が用いるフィルターのスケールによらず一定となるのに対し、分散、skewnessとflatnessはkの増加関数であり、積分長Lでよくスケールし、簡単な冪則に従うこと、また、(2)では、乱流のエネルギー散逸率とエンストロフィーについて、各々の間欠性を特徴つける特異性の空間分布が慣性小領域のスケールで互いによく一致することを発見した。
    平行二平板間乱流の大規模DNSデータを用いたLESモデル開発では、Moser等のOptimal LESの有効性とそのレイノルズ数依存性を調べ、レイノルズ数が大きいほどモデルの壁近傍における性能が向上することを発見した。
    乱流の大規模DNS手法の開発では、平行平板間乱流のSinc関数を用いたDNSの計算手法を開発し、コードを作成した。従来のスペクトル法と比較した結果、同程度の計算コストで同程度の精度が得られた。半無限領域における乱流境界層のDNSに対してもSinc関数を用いた計算手法を開発し、予備的なDNSを実施した。

    researchmap

  • 移植性の高い流体方程式の高精度並列差分解法に関する研究

    研究課題/領域番号:16605004  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 克哉, 金田 行雄, 長谷川 明生, 石原 卓, 永井 亨, 吉田 恭

      詳細を見る

    配分額:3800000円 ( 直接経費:3800000円 )

    本研究では、PCなどの複数の計算機を使って流体現象を詳しく解明する際に、必要とされる計算科学的問題の中で、(1)少ない格子点数でも信頼できる結果を得るための高精度高解像度の流体方程式の並列化数値手法の開発、(2)ポータビリティを保証するJAVA環境での長時間にわたる数値計算の実行環境の整備の二つの方向で研究を進め、以下のような成果を得た。
    (1)結合コンパクト差分法をもちいた高精度高解像度数値手法の開発
    高精度高解像度な結合コンパクト差分の安定性、境界条件、衝撃波捕獲スキームとの適合性を数学的あるいは数値実験的に調べ、様々な状況の流れ解析を可能とする非圧縮流れ、および圧縮性流れに対する結合コンパクト差分スキームを使用した解析プログラムの開発を行った。このとき、スレッド並列、プロセス並列の二つの並列化の適切な組み合の効率など、実用的な計算にための調査も実行している。
    (2)ポータビリティを保証する数値計算環境の整備
    様々な異なる計算機を使った並列計算を容易に実行でき、その中の1台または複数台の計算機が故障しても計算を継続させる耐故障性や計算途中で別の計算機を追加して計算を高速化するための数値計算環境を、JAVA言語とJINI技術あるいはJXTA技術を用いることにより設計・構築を行い、数値計算実行時での計算効率のテスト、および計算機数の変動による数値計算の影響を調査した。
    以上の二つの方向の研究は、(1)の研究での高精度差分法での計算機間での通信量を想定しながら(2)の開発を行うなど連携を取って研究を進めた。結果は、従来のものより時間がかかるものの数倍程度にとどまり、今後の高速化研究を進めることにより、実用化できると考えている。

    researchmap

  • 乱流のウルトラ・シミュレーション結果の公開プラットホームの開発

    研究課題/領域番号:15607011  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石原 卓, 金田 行雄, 石井 克哉, 吉田 恭

      詳細を見る

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    我々のグループは従来の非圧縮一様等方性乱流直接数値計算(DNS)とはけた違いに大規模なDNS(N^3=2048^3,Rλ〜730、及びN^3=4096^3,Rλ,〜1200)「ウルトラ・シミュレーション」を世界最速クラスのスーパーコンピュータである地球シミュレータ(ES)上で実現した.得られたウルトラ・シミュレーション結果は乱流を解明するために非常に貴重なデータであり、最終的には世界中の乱流研究者が様々な視点から解析出来ることが望ましい.そこで,本研究では,乱流ウルトラDNS結果の公開プラットホームの構築を目指し以下の研究を行った.
    1.乱流のウルトラ・シミュレーションで得られた基本的な乱流統計データの発表(乱流場を特徴つける統計量:縦速度微分のPDFや高次モーメント、エネルギースペクトル、圧力のスペクトル、速度構造関数等を過去及び最新の乱流実験データと比較し、結果を公開した.)
    2.並列化手法をFortranやMPI等の使用による解析プログラムの汎用化(DNSデータを地球シミュレータ以外にも名古屋大学情報連携基盤センター(ITC)でも解析可能にした.)
    3.上記DNSデータ(まずはN^3=2048^3)を各研究者が有効に利用できる形態の確立(N^3=1024^3までのデータをwebで公開した.ユーザーは乱流データを(http://www.fluid.cse.nagoya-u.ac.jp/〜dns/pub/dnsdata/dns.html)からダウンロード可能である.また,N^3=2048^3のデータは情報連携基盤センターにアカウントがあれば解析可能である.現在、ウェーブレット解析など国外の研究者によるデータ解析も行われつつある.)
    4.上記大規模データの有効な可視化手法の開発(ES宇野氏の協力を得て4096^3の乱流場の可視化に成功した.この可視化では、高レイノルズ数乱流場の多階層的な渦構造が確認できる.これにより、これまで支配的であった「微細渦が乱流場を支配している」という認識に対して疑問がもたれるようになってきた.)
    5.平面ポアズイユ乱流の並列プログラムの開発と実行(フーリエ・チェビシェフタウ法のコードを作成しMoser等により公開されている統計データと比較して結果の検証を行った.次にMPIで並列化し、格子点数1024×512×1024の大規模DNSを実現し、Ret=l300の準定常チャネル乱流場の解析を行った。)

    researchmap

  • 非一様非等方乱流場の普遍的構造の解析と統計理論の展開

    研究課題/領域番号:14340033  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    金田 行雄, 後藤 俊幸, 石井 克哉, 石原 卓, 吉田 恭

      詳細を見る

    配分額:11000000円 ( 直接経費:11000000円 )

    本研究は、非一様非等方乱流の統計理論の構築のために不可欠な乱流場の普遍構造の解明と統計理論の展開を目的として行なったものである。乱流の統計理論的方法と大規模直接数値シミュレーション(DNS)を用い、主として概略以下に述べる成果を得た。
    (A)乱流DNSとそのデータ解析:
    格子点数4096の3乗、自由度総数10の11乗以上、非線形相互作用数10の22乗以上に及ぶ世界最大規模の乱流ウルトラDNSデータの解析を行い、(i)種々の統計量のReynolds(Re)依存性、(ii)高いReにおける漸近的普遍性、を明らかにした。また、これまでのDNSでは困難であった高いReにおける(iii)Kolmogorovの相似仮説の定量的検証、iv)Large Eddy Simulationにおける渦粘性仮説の検証を行なった。
    (B)非等方性乱流の普遍構造とモデル化:
    一様剪断乱流についてLagrange的スペクトル理論による解析を行い、非等方スペクトル成分の小さなスケールにおける一般形を導いた。また、成層乱流についても、非等方エネルギースペクトルの一般形を理論的に導き、DNSとの検証により、その有効性を確認し、非平衡系に対する線形応答理論に類似の考え方が成り立つことを示した。
    (C)壁乱流のDNSとデータ解析:
    平面Poiseuille乱流は固体壁あるいは境界層乱流を伴う乱流の中でもっとも基本的なものである。そのDNSを行なうため、Chebyshev-tau法と結合コンパクト差分スキームとによる2種類のコードを開発し、性能を検証した。DNSにより、とくにこれまでほとんど報告のなかった壁に垂直な方向の速度相関スペクトルの解析等によって、乱流中の渦のスケール分布の壁からの距離への依存性、およびReへの依存性を明らかにした。

    researchmap

  • 乱流場の予測可能性

    研究課題/領域番号:14654073  2002年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  萌芽研究

    金田 行雄, 後藤 俊幸, 吉田 恭, 石原 卓

      詳細を見る

    配分額:3100000円 ( 直接経費:3100000円 )

    巨大自由度が強く非線形相互作用する系である乱流においては、初期条件、境界条件、外力などの制御できない小さな誤差が時間とともに増大するため、長時間発展の予測は困難である、と考えられてきた。ところが、近年の低レイノルズ数乱流の数値実験において、大スケールの正確な情報が時々刻々与えれれば、小スケールの誤差がむしろ減少し、予測可能な時間が増えることが示唆された。
    そこで、本研究では、この数値実験を推し進め、前年(平成14年)度は、大規模直接数値シミュレーション(DNS)により、慣性小領域を持つ高レイノルズ数3次元乱流場の大スケールのデータ同化の実験を行い、小スケールの誤差を抑制するために必要なデータ同化量のレイノルズ数に依存しない定量的評価を得た。
    本年(平成15年)度は、前年度の数値実験の解析により、データ同化を行う最小スケールと誤差の減衰率との間の関係が、エネルギー散逸率と動粘性係数で決まる特徴的空間スケールと時間スケールによる規格化で、レイノルズ数に依存しなくなることを見出した。このことは、誤差の抑制機構がエネルギー散逸スケールの量で決まっていることを意味している。
    また、地球規模の流体運動は、鉛直方向のスケールが水平方向のスケールに比べて十分に小さいため、2次元流体の運動で近似される。本研究では、本年度2次元乱流においてもデータ同化の実験を行った。その結果、3次元乱流とは異なり、2次元乱流においては、(エンストロフィーの)散逸スケールではなくもっと大きいスケールのデータ同化だけで誤差が抑制されることが明らかになった。本結果は、地球規模流体運動の長時間予測においての、大スケールデータ同化の有効性を示唆するものである。

    researchmap

  • 乱流の超大規模数値実験データベース公開方法の開発

    研究課題/領域番号:13750059  2001年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    石原 卓

      詳細を見る

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    乱流の直接数値シミュレーション(DNS)は、実験における測定誤差やデータの不確定性等の問題とは無縁の正確で詳細な乱流データを提供する。ただし、DNSにより微細な渦構造にいたる小スケールまで正しくシミュレートし、高レイノルズ数の乱流を実現することは、高速で大容量の計算機を必要とするため非常に困難であった。しかし、近年のスーパーコンピュータの目覚しい発達により数年前とはけた違いに巨大な自由度を高速に扱うことが可能となってきている。
    私は、日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「計算科学」プロジェクトの一つである「地球規模流動現象解明のための計算科学-数理・物理モデルと計算アルゴリズムの開発(研究代表者:金田行雄教授)」において、開発する乱流モデルの検証を行うため、大規模な乱流のDNS(格子点数1024の3乗)を実行し、乱流の大規模な基礎データの構築を行った。得られた乱流の大規模な基礎データを乱流研究者の間で有効に共有する方法を開発することを目的として、平成13年度には(1)必要とされるデータの調査、(2)データの試験的な共有、(3)データの可視化、(4)時系列の動画作成のための技術開発を行った。
    平成14年度は、上記(1)-(4)の知見と技術を用いてデータを整備し、Web (http://www.fluid.cse.nagoya-u.ac.jp/~ishihara/cgi-bin/dns.html)にて試験的なデータ公開を行った。また、名古屋大学と東北大学間のデータ転送の実験結果は、67MBの転送に75秒かかるというものであった。これにより1024の3乗の乱流速度場を完全に再現しうる必要最小限のデータ(8GB)を転送するのに約2時間半かかることが分かった。平成14年度はまた、地球シミュレータ(ES)のグループと協力し、ESを用いた世界最速の乱流DNS(格子点数2048の3乗、16.4TFlops)および、世界最大規模(格子点数4096の3乗)の乱流DNSを実現した。このけた違いに大規模な乱流のDNSデータの共有は、スーパーSINET上のGrid技術を用いることにより実現しうるという感触を得ることができた。

    researchmap

  • 流体方程式の数値計算における境界条件の高精度化

    研究課題/領域番号:10440028  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    石井 克哉, 大原 義郎, 石原 卓, 金田 行雄

      詳細を見る

    配分額:8500000円 ( 直接経費:8500000円 )

    流体方程式を高精度化に計算するうえで、固体の境界条件、あるいは流体間の変形する境界面をどのように扱うかという問題は重要である。本研究では(1)Level Set 法を用いた三次元自由境界、(2)渦運動と音波の相互作用を調べる境界、(3)複雑な流れ場を解析するための計算、を取り上げ、それぞれの問題に対する計算スキームと境界条件の高精度化を検討し、次のような成果を得た。
    (1)液体中に気泡あるいは液滴が存在する場合の取り扱い方法として界面の位置、曲率などの量を容易に計算できるレベルセット法を取り上げ、三次元計算で異なる粘性比や、1:1000という大きな密度比の二流体を、精度よく計算できるコードの開発を行った。これを用いて、二気泡の合体、気泡の自由表面付近で崩壊過程、変形容器での界面の振動を解析した。
    (2)渦運動が局在している現象を渦度-ポテンシャル法による数値計算の方法を開発した。この中で、渦度集中領域、滑り球に近接した境界点でのポテンシャル値を積分により求めると高精度の計算ができ、渦音など流れ中の微少な変化に依存する現象を十分解析できることを、様々な流れにより示した。
    (3)外部からの音波の導入により境界層を制御する機構を、無反射境界条件を使い解析し、実験とほぼ一致する結果を得た。これの計算を基に、アニメーションなどの可視化により、異なる迎角について渦剥離に対する音の影響を解析した。
    (4)複雑な流れ解析のため、境界付近などに格子点が集中する不等間隔格子系に対する高精度高解像度の結合コンパクトスキームの開発を行い、より少ない格子点数で精度のよい計算ができることを示した。
    (5)熱塩対流や回転剪断流などを含む、様々な乱流の直接計算を実行し、理論との比較、モデルの検証などを行った。

    researchmap

  • 乱流の解析的統計理論の展開と検証

    研究課題/領域番号:09440076  1997年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    金田 行雄, 石原 卓, 後藤 俊幸, 小薗 英雄, 石井 克哉

      詳細を見る

    配分額:7700000円 ( 直接経費:7700000円 )

    本研究の目的は等方性乱流だけではなく非等方乱流にも実際に適用可能な乱流の解析的統計理論を展開し、数値シミュレーションによる検証を行うことにある。その主な研究成果は以下のとおりである。
    (1) 安定成層乱流中の乱流拡散に対して、線形近似(Rapid Distortion Theory)とCorssinの仮説に基づく解析的統計理論を構成し、成層度が強いときその鉛直方向の拡散が抑制される機構を明らかにした。また、一様剪断乱流中において、従来の乱流モデルでは説明できない異常乱流拡散が起きることを理論的に示した。さらにこれらの理論結果を数値シミュレーションとの比較により検証した。
    (2) 2次元Navier-Stokes方程式にラグランジュ的繰り込み近似(LRA)を適用し、良く知られたKraichnan-Batchelor-Lieth(KBL)による2次元乱流のエネルギースペクトルのk^<-3>則とそのべき-3は一致するけれど必ずしもKBLの理論に従わない新しい種類のスペクトルが現れることを示した。また、惑星など回転球面上の流体運動モデルとして知られるベータ面モデルに対するラグランジュ的な乱流の統計理論を構成し、波(ロスビー波)と乱流との相互作用による位相変調を明らかにした。これらの理論結果と直接数値シミュレーション(DNS)とが良く合うことを検証した。
    (3) 乱流による物質や熱輸送の研究において重要な役割を果たすラグランジュ的2時刻相関関数を効率的に求める新しい近似計算法開発した。その方法は時間についてのテイラー展開とパデ近似を利用するものであり、一粒子自己速度相関だけでなく、2粒子相関についても、さらに等方性乱流だけでなく非等方軸対称乱流の場合についても、その方法が有効であり、DNSとよい一致を示すことを検証した。

    researchmap

  • 多次元領域における内部遷移層をもった定常解の存在と安定性について

    研究課題/領域番号:08640261  1996年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    池田 榮雄, 石原 卓, 菊池 万里, 水野 透, 小林 久寿雄, 鈴木 正昭

      詳細を見る

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

    二成分の反応拡散方程式系に対して、二次元以上の空間領域における内部遷移層を持つ定常解の存在と安定性について考察した。まず、空間二次元の全領域において回転対称な定常解に着目して、特異摂動法を利用して大きい解と小さい解の二種類を構成した。ワークステション等を使った数値実験によると、第一成分の時定数が比較的小さい時は大きい解は安全であるように見えるが、その時定数が大きくなるとこの定常解は不安定となり、あるモード数を持った新しい解が出現(分岐)する。また、定数定常解も存在し、これは時定数に関係なく安定である。SLEP法等を用いて線形化固有値問題を解析すると、小さい定常解は不安定であることは証明出来る。しかし、大きい解の安定性については完全には解決出来なかった。ある特定の大きさの固有値とあるタイプの固有関数に限定すれば、上記の数値実験の結果は正しいように思われる。すなわち、時定数が小さい時は限定された範囲で実部正の固有値は存在せず、時定数を減少させていくと、実固有値が虚軸を横切り、正固有値が出現する。
    これと平行して、従来の空間一次元問題に対する方法を利用するために、空間二次元の問題を空間一次元の問題で表現し(その代わり解くべき方程式の数は増加するが)、その近似がどれほど有効であるかを確かめた。具体的には、至る所神経繊維で覆われた心臓表面の神経パルスの伝播モデルに対して考察した。一次元的な平面波に関しては両者の結果は数学的に一致するが、スパイラルパターンに関しては、近似した方程式では安定に存在しないことを数値的に確認した。

    researchmap

  • 2次元的渦面の運動の数値計算法の開発

    研究課題/領域番号:07740149  1995年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  奨励研究(A)

    石原 卓

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    本年度の研究「3次元的渦面の運動の数値計算法の開発」では、渦面の3次元運動において現れる特異性を解明するために数値計算法の精度を高めること、及び大規模数値計算に備えて計算の高速化を行うことが目的であった。研究により得られた知見は以下の通りである。
    1、(計算精度について)前年度までの数値計算法においては、計算の便宜上、スムージングパラメタを導入していた。渦面に現れる特異性を調べるためには非常に細かいスケールの分解能が要求され、上記パラメタの導入がその妨げになっていた。本年度の研究では、数値計算法の細部の見直し(微分演算をFFTを用いて求める等)による計算精度の向上、及びKrasny(1986)の技巧の適用により、上記スムージングパラメタをゼロとした計算が渦面の3次元運動に対しても可能であることが判明した。
    2、(渦面に現れる特異性について)1により数値計算結果の弱非線形解析結果Ishihara & Kaneda(1994)との定量的比較が可能になった。数値計算結果は解析結果と定量的にも矛盾しないものであった。また、Ishihara & Kaneda(1995)では渦面に現れる特異性について幾つかの解釈が可能であることが判明したが、数値計算によりその解釈の断定が行えた。(この結果、国際会議「SECOND INTERNATIONAL WORKSHOP ON VORTEX FLOWS AND RELATED NUMERICAL METHODS(MONTREAL,CANADA,1995)」において発表した。)
    3、(計算の高速化について)渦面の2次元運動の数値計算において「fast multipole method」の可能性を調べた。実際、高速化に対し有効であることが分かったが、計算の精度との間にトレードオフの関係があり、計算精度の要求される「特異性の解明のための数値計算」には応用困難であった。ただ、大規模数値計算には非常に有効であるという感触を得たので、計算の並列化等の今後も引き続き行う予定である。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • データ活用実践演習 (2023年度) 第1学期  - 火3~4,金5~6

  • 偏微分方程式の数値解析 (2023年度) 前期  - 木3~4

  • 偏微分方程式の数値解析 (2023年度) 前期  - 木3~4

  • 卒業論文 (2023年度) 1~4学期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 応用解析学B (2023年度) 第4学期  - 月5~6,木3~4

  • 情報・電気・数理データサイエンス系概論 (2023年度) 第3学期  - 水1~2

  • 情報・電気・数理データサイエンス系概論 (2023年度) 第3学期  - 水1~2

  • 情報・電気・数理データサイエンス系概論 (2023年度) 第3学期  - 水1~2

  • 情報・電気・数理データサイエンス系概論 (2023年度) 第3学期  - 水1~2

  • 数値シミュレーションⅡ-1 (2023年度) 第3学期  - 月5,木5

  • 数値シミュレーションⅡ-2 (2023年度) 第3学期  - 月6,木6

  • 数値シミュレーション基礎 (2023年度) 第1学期  - 月5~6,木1~2

  • 数値シミュレーション応用 (2023年度) 第3学期  - 月5~6,木5~6

  • 数値シミュレーションI-1 (2023年度) 第1学期  - 月5,木1

  • 数値シミュレーションI-2 (2023年度) 第1学期  - 月6,木2

  • 数理モデリング特論B (2023年度) 第2学期  - その他

  • 数理科学の世界A (2023年度) 第2学期  - 金5~6

  • 特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 現象数値解析学演習A (2023年度) 通年  - その他

  • 現象数値解析学演習A (2023年度) 通年  - その他

  • 現象数値解析学演習B (2023年度) 通年  - その他

  • 現象数値解析学演習B (2023年度) 通年  - その他

  • 現象数値解析学特別演習 (2023年度) 通年  - その他

  • 環境数理モデル特論B (2023年度) 第2学期  - その他

  • 環境数理学科インターンシップ(短期) (2023年度) 特別  - その他

  • 環境数理学科インターンシップ(長期) (2023年度) 特別  - その他

  • 複素関数論 (2023年度) 第4学期  - 月5~6,木3~4

  • 計算科学特論 (2023年度) 前期  - その他

  • 計算科学特論 (2023年度) 前期  - その他

  • Seminar on Computational Science (2022年度) 第3学期  - 月7~8

  • 卒業論文 (2022年度) 1~4学期  - その他

  • 大規模数値計算論 (2022年度) 前期  - 木3~4

  • 応用数値解析学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 応用解析学B (2022年度) 第4学期  - 月5~6,木5~6

  • 情報課題研究 (2022年度) 1~4学期  - その他

  • 数値シミュレーションⅡ-1 (2022年度) 第3学期  - 火5~6

  • 数値シミュレーションⅡ-2 (2022年度) 第4学期  - 火5~6

  • 数値シミュレーションI-1 (2022年度) 第1学期  - 火1~2

  • 数値シミュレーションI-2 (2022年度) 第2学期  - 火1~2

  • 特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 環境数理モデル特論B (2022年度) 夏季集中  - その他

  • 環境数理学科インターンシップ(短期) (2022年度) 特別  - その他

  • 環境数理学科インターンシップ(長期) (2022年度) 特別  - その他

  • 複素関数論 (2022年度) 第4学期  - 月5~6,木5~6

  • 計算科学特論 (2022年度) 前期  - その他

  • 計算科学講究 (2022年度) 第3学期  - 月7~8

  • Elementary Mathematical Science (2021年度) 第3学期  - 火1,火2

  • プログラミング言語B-1 (2021年度) 第3学期  - 月5~6

  • プログラミング言語B-2 (2021年度) 第4学期  - 月5~6

  • プログラミング言語II (2021年度) 3・4学期  - 月5~6

  • 偏微分方程式の数値解析 (2021年度) 前期  - 木3~4

  • 初等数理科学 (2021年度) 第3学期  - 火1~2

  • 力学系とモデリング (2021年度) 3・4学期  - 木3~4

  • 力学系とモデリング1 (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 力学系とモデリング2 (2021年度) 第4学期  - 木3~4

  • 卒業論文 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 卒業論文 (2021年度) その他  - その他

  • 卒業論文 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 幾何学基礎 (2021年度) 1・2学期  - 水3~4

  • 幾何学基礎A (2021年度) 第1学期  - 水3~4

  • 幾何学基礎B (2021年度) 第2学期  - 水3~4

  • 幾何学要論 (2021年度) 1・2学期  - 金1~2

  • 幾何学要論A (2021年度) 第1学期  - 金1~2

  • 幾何学要論B (2021年度) 第2学期  - 金1~2

  • 応用数値解析学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 応用解析学A (2021年度) 第1学期  - 月1~2,木4

  • 応用解析学A (2021年度) 第1学期  - 月1~2,木4

  • 応用解析学B (2021年度) 第3学期  - 月1~2,木3

  • 応用解析学B (2021年度) 第3学期  - 月1~2,木3

  • 情報数理インターンシップ (2021年度) 特別  - その他

  • 情報課題研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 情報課題研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 数値シミュレーションⅡ-1 (2021年度) 第3学期  - 火5~6

  • 数値シミュレーションⅡ-2 (2021年度) 第4学期  - 火5~6

  • 数値シミュレーションI (2021年度) 1・2学期  - 火3~4

  • 数値シミュレーションI-1 (2021年度) 第1学期  - 火3~4

  • 数値シミュレーションI-2 (2021年度) 第2学期  - 火3~4

  • 数値シミュレーションII (2021年度) 3・4学期  - 火5~6

  • 数理科学の世界A (2021年度) 第2学期  - 金5~6

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 現象数値解析学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 環境数理学科インターンシップ(短期) (2021年度) 特別  - その他

  • 環境数理学科インターンシップ(長期) (2021年度) 特別  - その他

  • 計算科学特論 (2021年度) 前期  - その他

  • Seminar on Computational Science (2020年度) 第3学期  - 月7,月8

  • プログラミング言語B-1 (2020年度) 第3学期  - 月4,月5

  • プログラミング言語B-2 (2020年度) 第4学期  - 月4,月5

  • プログラミング言語II (2020年度) 3・4学期  - 月4,月5

  • 大規模数値計算論 (2020年度) 前期  - 木2,木3

  • 幾何学基礎 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]木1,木2, [第4学期]木2,木3

  • 幾何学基礎A (2020年度) 第3学期  - 木1,木2

  • 幾何学基礎B (2020年度) 第4学期  - 木2,木3

  • 応用数値解析学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 応用数値解析学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 数値シミュレーションⅡ-1 (2020年度) 第3学期  - 火6,火7

  • 数値シミュレーションⅡ-2 (2020年度) 第4学期  - 火6,火7

  • 数値シミュレーションI (2020年度) 1・2学期  - 火2,火3

  • 数値シミュレーションI-1 (2020年度) 第1学期  - 火2,火3

  • 数値シミュレーションI-2 (2020年度) 第2学期  - 火2,火3

  • 数値シミュレーションII (2020年度) 3・4学期  - 火6,火7

  • 数理科学の世界A (2020年度) 第2学期  - 金5,金6

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 現代の環境問題と科学・技術 (2020年度) 第4学期  - 木5,木6

  • 環境数理モデル特論B (2020年度) 第3学期  - その他

  • 環境数理モデル特論B (2020年度) 第3学期  - その他

  • 線形代数Ⅱ-1 (2020年度) 第3学期  - 金4,金5

  • 線形代数Ⅱ-1 演習 (2020年度) 第3学期  - 金6,金7

  • 線形代数Ⅱ-2 (2020年度) 第4学期  - 金4,金5

  • 線形代数Ⅱ-2 演習 (2020年度) 第4学期  - 金6,金7

  • 線形代数Ⅲ-1 (2020年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 線形代数Ⅲ-2 (2020年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 線形代数III (2020年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 計算科学特論 (2020年度) 特別  - その他

  • 計算科学講究 (2020年度) 第3学期  - 月7,月8

▼全件表示