2022/03/06 更新

写真a

ハヤタ ケイ
早田 桂
HAYATA Kei
所属
岡山大学病院 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2020年1月   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 )

研究キーワード

  • 産科手術

  • 産科救急

  • 胎児超音波診断

  • 出生前診断

研究分野

  • ライフサイエンス / 遺伝学

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

学歴

  • 金沢医科大学    

    1995年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学病院   産科婦人科学教室   講師

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院   周産母子センター   講師

    2017年5月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   産科婦人科   助教

    2012年10月 - 2017年4月

      詳細を見る

  • 鳥取市立病院   産婦人科   医長

    2011年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

  • 広島市立広島市民病院   産科婦人科   医員

    2006年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 独立行政法人国立病院機構 岩国医療センター   産婦人科   医員

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部・歯学部付属病院   産科婦人科   医員

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 独立行政法人国立病院機構 福山医療センター   産婦人科   研修医

    2003年5月 - 2004年3月

      詳細を見る

  • 姫路赤十字病院   産婦人科   研修医

    2002年4月 - 2003年4月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部   産科婦人科学教室   研修医

    2001年5月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

▼全件表示

委員歴

  • 日本周産期・新生児医学会   評議員  

    2022年2月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本医療機能評価機構 産科医療補償制度運営部   原因分析担当  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 岡山県母性衛生学会   幹事  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 厚生労働省科学研究費補助金成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業   第2分科会研究分担者  

    2014年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

 

論文

  • Obesity's Influence on Insulin Resistance in Pregnant Women with Polycystic Ovary Syndrome.

    Eriko Eto, Kazumasa Tani, Jota Maki, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   76 ( 1 )   51 - 56   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Polycystic ovary syndrome (PCOS) is a common endocrine metabolic disorder that is associated with high insulin resistance and obesity. However, ~70% of women with PCOS in Japan are non-obese. We retrospectively analyzed the cases of 163 Japanese women with PCOS who visited our Ob/Gyn department in 2006-2018 to determine which has a greater effect on insulin resistance: PCOS or obesity. We reviewed the women's medical records and calculated their insulin resistance and insulin secretion. The women's mean age and pre-pregnancy body mass index (BMI) were 30±5.8 years and 24.8±5.6 kg/m2, respectively; their mean ± SD fasting plasma glucose, 94.1±13.7 mg/dL; HOMA-IR, 2.1±2.0; QUICKI, 0.4±0.0; and HOMA-β, 108.9±88.0%. Sixtyeight women were pregnant, and 37% (n=25) were obese (BMI ≥ 25 kg/m2). Obesity had a greater effect on insulin resistance: fasting plasma glucose F(1, 53)=6.134, p<0.05; fasting insulin F(1, 53)=31.606, p<0.01; HOMA-IR F(1, 53)=31.670, p<0.01; QUICKI F(1, 53)=16.156, p<0.01. There was no significant difference in values other than QUICKI and testosterone between the women with and without PCOS. Obesity thus had a greater effect on increased insulin resistance in pregnant women with PCOS. Further studies of the insulin resistance of non-obese women with PCOS is needed, as non-obese women with PCOS are common in Asia.

    DOI: 10.18926/AMO/63209

    PubMed

    researchmap

  • Prevalence of common aneuploidy in twin pregnancies. 国際誌

    Akiko Konishi, Osamu Samura, Jin Muromoto, Yoko Okamoto, Hironori Takahashi, Yasuyo Kasai, Mayuko Ichikawa, Naoki Yamada, Noriko Kato, Hiroshi Sato, Hiromi Hamada, Naoyuki Nakanami, Maya Machi, Kiyotake Ichizuka, Rei Sunami, Toshitaka Tanaka, Naoto Yonetani, Yoshimasa Kamei, Takeshi Nagamatsu, Mariko Matsumoto, Shinya Tairaku, Arisa Fujiwara, Hiroaki Nakamura, Takashi Harada, Takafumi Watanabe, Shoko Sasaki, Satoshi Kawaguchi, Sawako Minami, Masaki Ogawa, Kiyonori Miura, Nobuhiro Suzumori, Junya Kojima, Tomomi Kotani, Rumi Sasaki, Tsukasa Baba, Aya Toyofuku, Masayuki Endo, Naoki Takeshita, Takeshi Taketani, Masakatsu Sase, Keiichi Matsubara, Kei Hayata, Yoshinobu Hamada, Makiko Egawa, Toshiyuki Kakinuma, Sachio Matsushima, Michihiro Kitagawa, Tomomi Shiga, Ryuhei Kurashina, Hironori Hamada, Hiroaki Takagi, Akane Kondo, Norio Miharu, Michiko Yamashita, Madoka Horiya, Keiji Morimoto, Ken Takahashi, Aikou Okamoto, Akihiko Sekizawa, Haruhiko Sago

    Journal of human genetics   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The incidence of chromosomal abnormalities in twin pregnancies is not well-studied. In this retrospective study, we investigated the frequency of chromosomal abnormalities in twin pregnancies and compared the incidence of chromosomal abnormalities in dichorionic diamniotic (DD) and monochorionic diamniotic (MD) twins. We used data from 57 clinical facilities across Japan. Twin pregnancies of more than 12 weeks of gestation managed between January 2016 and December 2018 were included in the study. A total of 2899 and 1908 cases of DD and MD twins, respectively, were reported, and the incidence of chromosomal abnormalities in one or both fetuses was 0.9% (25/2899) and 0.2% (4/1908) in each group (p = 0.004). In this study, the most common chromosomal abnormality was trisomy 21 (51.7% [15/29]), followed by trisomy 18 (13.8% [4/29]) and trisomy 13 (6.9% [2/29]). The incidence of trisomy 21 in MD twins was lower than that in DD twins (0.05% vs. 0.5%, p = 0.007). Trisomy 21 was less common in MD twins, even when compared with the expected incidence in singletons (0.05% vs. 0.3%, RR 0.15 [95% CI 0.04-0.68]). The risk of chromosomal abnormality decreases in twin pregnancies, especially in MD twins.

    DOI: 10.1038/s10038-021-01001-0

    PubMed

    researchmap

  • A case report of successful vaginal delivery in a patient with severe uterine prolapse and a review of the healing process of a cervical incision. 国際誌

    Jota Maki, Tomohiro Mitoma, Sakurako Mishima, Akiko Ohira, Kazumasa Tani, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Case reports in women's health   33   e00375   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Background: The incidence of severe uterine prolapse during childbirth is approximately 0.01%. Moreover, to the best of our knowledge, no reports detail the healing process of the cervix during uterine involution. This report describes successful vaginal delivery and the healing process of postpartum uterine prolapse and cervical tears in a patient with severe uterine prolapse. Case presentation: A patient in her 40s (gravida 3, para 1, abortus 1) with severe uterine prolapse successfully delivered a live female baby weighing 3190 g at 38 + 5 weeks of gestation by assisted vaginal delivery. Uterine prolapse had improved to approximately 2° by 2 months postoperatively. On postpartum day 4, during the healing process of cervical laceration, the thread loosened in a single layer of continuous sutures due to uterine involution, and poor wound healing was observed. The wound was subsequently re-sutured with a two-layer single ligation suture (Gambee suture + vertical mattress suture). However, on postpartum day 11, a large thread ball was hindering the healing of the muscle layer, which improved with re-suturing. Conclusion: Although vaginal delivery in a patient with severe uterine prolapse is possible in some cases, the cervix should be sutured, while considering cervical involution after delivery.

    DOI: 10.1016/j.crwh.2021.e00375

    PubMed

    researchmap

  • EG-VEGF Induces Invasion of a Human Trophoblast Cell Line via PROKR2.

    Kazumasa Tani, Takashi Mitsui, Sakurako Mishima, Akiko Ohira, Jota Maki, Eriko Eto, Kei Hayata, Keiichiro Nakamura, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   75 ( 6 )   677 - 684   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Extravillous trophoblast (EVT) invasion is important for embryo implantation, placental development, and successful remodeling of the uterine spiral artery. Endocrine gland derived-vascular endothelial growth factor (EG-VEGF) and matrix metalloproteinases (MMPs) are implicated in EVT invasion; however, the high con-centrations found in pregnancy pathologies have not been investigated in non-tumor trophoblasts. The roles of EG-VEGF, prokineticin receptors (PROKR1/2), MMP-2, and MMP-9 in EVT invasion during spiral artery remodeling were evaluated using human EVT from HTR-8/SVneo cell lines. The expression of MMP-2, MMP-9, and mitogen-activated protein kinase (MAPK), and Akt pathways in HTR-8/SVneo cells treated with recom-binant EG-VEGF alongside anti-PROKR1 and/or anti-PROKR2 antibodies was evaluated using quantitative reverse transcription-PCR and western blotting. Wound-healing and cell invasion assays were performed to assess the migration and invasion of these treated cells. Interestingly, 20 nM EG-VEGF activated ERK1/2 sig-naling and upregulated MMP-2 and MMP-9. This effect was suppressed by anti-PROKR2 antibody via ERK1/2 downregulation. Anti-PROKR2 antibody inhibited the migration and invasion of EG-VEGF-stimulated HTR-8/SVneo cells. Elevated concentrations of EG-VEGF enhance EVT invasion in a human trophoblast cell line by upregulating MMP-2 and MMP-9 via PROKR2. These new insights into the regulation of epithelial cell invasion may help in developing therapeutic interventions for placental-related diseases during pregnancy.

    DOI: 10.18926/AMO/62806

    PubMed

    researchmap

  • Non-Invasive Prenatal Genetic Testing (NIPT) Leading to Prenatal Diagnosis of Trisomy 21 Mosaicism and 18q Deletion Syndrome: Two Cases.

    Kei Hayata, Sakurako Mishima, Akiko Ohira, Kazumasa Tani, Jota Maki, Eriko Eto, Chikako Ogawa, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   75 ( 6 )   745 - 750   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    NIPT is non-definitive testing to estimate the possibility that fetuses have trisomy 21, trisomy 18, or trisomy 13. However, in NIPT-positive and indeterminate cases, rare chromosomal disease may become apparent, requiring advanced genetic considerations and counseling skills. We experienced two such cases, a trisomy 21 mosaicism case triggered by NIPT-positive status and 18q deletion syndrome triggered by NIPT-indeterminate status. These cases have two clinical implications for NIPT. First, it was revealed that trisomy mosaicism might be found in NIPT-positive cases that have lower Z-Scores than those inferred from the fraction of fetal cfDNA in the case of standard trisomy. Second, it is possible that microdeletion syndrome could be the reason for an indeterminate NIPT result. Today's genetic counseling requires more expertise in ethics and communication as well as genetic science because NIPT can lead to totally unexpected results.

    DOI: 10.18926/AMO/62816

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Course of 60 Cesarean Scar Pregnancies.

    Takashi Mitsui, Sakurako Mishima, Kazumasa Tani, Jota Maki, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   75 ( 4 )   439 - 445   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Early diagnosis and therapy are important in a cesarean scar pregnancy (CSP), which can cause uterine rupture with resultant massive bleeding. However, there are some reports of CSPs continued to term. The optimal management of CSPs remains unclear; therefore, we investigated the clinical courses of CSPs diagnosed and treated at perinatal institutions in the Chugoku and Shikoku regions of Japan. We enrolled 60 women diag-nosed with CSP at 21 institutions from January 2006 to December 2015. Of the 60 women diagnosed with CSP, 57 were treated. Pregnancy was terminated in 48 women and continued in 9. Thirteen women underwent transabdominal hysterectomy; they experienced no postoperative complications or allogeneic blood transfu-sion. Nine women received therapies such as dilation and curettage, and 26 received non-surgical therapies such as methotrexate and topical administration of potassium chloride. Among 9 women who chose to con-tinue with their CSP, 7 successfully delivered newborns, 2 had uterine ruptures in the second trimester, and all women required transabdominal hysterectomy. Diagnosis and therapy in the first trimester of pregnancy are important in the management strategy of a CSP. When continuing a CSP, the risk of uterine rupture and trans-abdominal hysterectomy must be considered.

    DOI: 10.18926/AMO/62395

    PubMed

    researchmap

  • The Spiral Trial: A multicenter, randomized, controlled trial of Spiral thread sutures versus conventional thread sutures to prevent thinning of uterine scars following elective cesarean section. 国際誌

    Jota Maki, Hikari Nakatou, Kazumasa Tani, Eriko Eto, Kei Hayata, Dan Yamamoto, Kenji Kai, Takashi Tamada, Kazuyo Akamatsu, Kunihiro Kawanishi, Keiichiro Nakamura, Hisashi Masuyama

    Contemporary clinical trials   107   106449 - 106449   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The aim of this randomized controlled trial (RCT) is to investigate whether Spiral-thread sutures are superior to conventional sutures (0-Vicryl) for preventing uterine scar thinning following elective cesarean section. METHODS: This multicenter, parallel-group RCT will be conducted in four hospitals across three medical regions in Japan to assess 200 women (≥20 years old) with singleton pregnancies who are scheduled to undergo cesarean sections. Eligible women will be randomly assigned (1:1 ratio) to receive either the conventional uterine suture continuous absorption thread, which is most commonly used in Japan, or the Spiral thread. The primary endpoint is the degree of scar thinning, measured by transvaginal ultrasonography 6-7 months postoperatively, to evaluate the position of the uterus (anterior or posterior tilt) and myometrial wound thickness. The degree of thinning will be compared between the groups, and four measurements (mm) of the thinning area, including caudal distance, depth of the depression, remaining thickness of the myometrium on the serous side of the most depressed area, and width of the depression, will be recorded in the sagittal view on transvaginal ultrasound. Secondary endpoints will include total operative time, suture application time (from birth to the end of uterine suturing), operative blood loss, number of additional Z-sutures or continuous sutures required to stop bleeding, maternal abnormality frequency (surgical complications and postoperative infections), surgeon's years of experience, and clinical interpretation of individual subscale scores. DISCUSSION: This study shall provide important evidence on the optimal suture for preventing hysterotomy wound thinning after the first cesarean section. TRIAL REGISTRATION: National Institute of Public Health, Japan: jRCT1062200001 (May 7, 2020; https://rctportal.niph.go.jp/en/detail?trial_id=jRCT1062200001) and Okayama University Certified Review Board: CRB6180001 (April 9, 2020, version 3.0).

    DOI: 10.1016/j.cct.2021.106449

    PubMed

    researchmap

  • 過去10年間に37週以降で分娩となった母体における低出生体重児のリスク因子の変遷

    假谷 奈生子, 光井 崇, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科   69 ( 2 )   213 - 218   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    【目的】当院では妊娠37週以降の低出生体重児の出生率が増加傾向である。そこで当院の妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した母体のリスク因子を検討し、その増加の原因を明らかとすることを目的とした。【方法】2009年から2018年に当院で妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した妊婦223例を対象とし、母体や出生児の情報および母体のリスク因子を後方視的に検討した。低出生体重児の増加の原因を、2009年から2013年の5年間(前期群)と2014年から2018年の5年間(後期群)に分類し検討した。また、light-for-date(LFD)およびsmall-for-date(SFD)のみでの検討も行った。本研究は、当院の倫理委員会の承認を得て行った。【結果】2009年から2018年に当院で妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した223例のリスク因子を検討した結果、妊娠中の体重増加不良が99例(44.4%)と最も多く、次に母体年齢35歳以上が73例(32.7%)、非妊娠時BMI18.5未満が64例(28.7%)の順に多かった。年代別に比較検討した結果、前期群に比較し、後期群ではLFDが28例(30.7%)から65例(49.2%)、SFDが18例(19.8%)から32例(24.2%)と増加していた。リスク因子に関しては、いずれも妊娠中の体重増加不良、母体年齢35歳以上、非妊娠時BMI18.5未満の順に多く、過去10年間と同様の傾向を認めた。しかし、SFDを分娩した母体のみでリスク因子を検討すると、前期群と比較して後期群では妊娠中の体重増加不良を有する妊婦の有意な増加を認めた。【結論】当院の過去10年間における妊娠37週以降の低出生体重児を出産した母体のリスク因子として、やせや妊娠中の体重増加不良、高齢出産の妊婦が多かった。これらを改善するため、妊娠出産適齢期の女性の妊娠前からの体重管理や妊娠中の適切な体重増加を指導する必要があると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • hCG values and gestational sac size as indicators of successful systemic methotrexate treatment in cesarean scar pregnancy. 国際誌

    Takashi Mitsui, Sakurako Mishima, Akiko Ohira, Kazumasa Tani, Jota Maki, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Taiwanese journal of obstetrics & gynecology   60 ( 3 )   454 - 457   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To retrospectively investigate cesarean scar pregnancy (CSP) patients who received systemic methotrexate (MTX) and to clarify the criteria for administering systemic MTX to CSP patients. MATERIALS AND METHODS: Fifteen CSP patients who were initially treated with systemic MTX (50 mg/m2/week) were included. Nine patients, who needed a uterine artery embolization (UAE) or a laparotomy, including a transabdominal hysterectomy (TAH), were defined as the unsuccessful MTX group. Six patients who did not require UAE or a laparotomy were defined as the successful MTX group. Furthermore, the hCG cut-off value and the GS cut-off size at the time of CSP diagnosis, which differentiated successful and unsuccessful patients, were defined. MTX success rates were investigated by combining the hCG and gestational sac (GS) size cut-off values. RESULTS: The hCG cut-off value was 17757.0 mIU/mL, and the GS cut-off size was 10.4 mm. In patients with hCG values less than 17757.0 mIU/mL, the MTX success rate was 75.0%. Fewer patients needed UAE or a laparotomy compared to patients with hCG values higher than 17757.0 mIU/mL (P = 0.007). In patients with a GS size less than 10.4 mm, the MTX success rate was 80.0%. Fewer patients among them needed UAE or a laparotomy compared to those among patients with a GS size greater than 10.4 mm (P = 0.089). In patients with hCG values and GS sizes lower than the cut-off values, the MTX success rate was 80.0%. Fewer patients among them needed UAE or a laparotomy compared to those among patients with hCG values and/or GS sizes higher than the cut-off values, respectively (P = 0.010). CONCLUSION: Patients with hCG values less than 17757.0 mIU/mL and GS sizes less than 10.4 mm may have a greater chance of successful systemic MTX treatment when it is used as the first line of treatment for CSP.

    DOI: 10.1016/j.tjog.2021.03.011

    PubMed

    researchmap

  • The assessment of the fetal heart function using two-dimensional speckle tracking with a high frame rate. 国際誌

    Akiko Ohira, Kei Hayata, Sakurako Mishima, Kazumasa Tani, Jota Maki, Takashi Mitsui, Eriko Eto, Hisashi Masuyama

    Early human development   151   105160 - 105160   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Two-dimensional (2D) speckle tracking echography (STE) is a new diagnostic modality that allows for the assessment of myocardial deformation. The present study assessed the feasibility of fetal 2D-STE at a high frame rate and determined the reference values for left ventricular (LV)- and right ventricular (RV)- global longitudinal strain (GLS). METHODS: In this prospective study, 109 fetuses with gestational ages ranging from 18 to 38 weeks underwent 2D echocardiography between August 2018 and December 2019. All recordings were performed using the Aplio i800 (CANON Medical Systems Corporation, Tochigi, Japan) and a convex probe (4 MHz) for fetuses. RESULTS: Longitudinal peak systolic strain measurements were obtained in 98 of 109 healthy fetuses (90%). All ultrasound videos were recorded with a median frame rate of 172 (range, 100-274) frames/s. The LV-GLS was almost constant, regardless of the number of weeks since the second trimester (r = -0.0087, p = ns). The RV-GLS decreased significantly with gestational age (r = 0.39, p < 0.01). CONCLUSIONS: STE may be useful for quantifying the systolic myocardial function in a fetus.

    DOI: 10.1016/j.earlhumdev.2020.105160

    PubMed

    researchmap

  • A case of subclinical Cushing's syndrome in pregnancy with superimposed preeclampsia. 国際誌

    Eriko Eto, Takashi Mitsui, Shoko Tamada, Jota Maki, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Clinical case reports   8 ( 3 )   481 - 483   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    When we see preexistent hypertension in pregnancy, subclinical Cushing's syndrome should be considered in the differential diagnosis since this disorder can cause perinatal complications. MRI can be useful for identifying adrenal incidental tumors during pregnancy.

    DOI: 10.1002/ccr3.2592

    PubMed

    researchmap

  • Robson分類を用いた当院の帝王切開症例の特徴と適応症例の妥当性評価

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科   68 ( 1 )   65 - 70   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    今日、世界的に帝王切開率は上昇傾向にあるため、世界保健機関は帝王切開術が施行された症例を分娩歴、分娩開始、胎位、胎数、妊娠週数により10グループに分類するRobson分類を用いて検討することを推奨している。今回、当院の帝王切開症例をRobson分類を用いて当院の帝王切開症例の特徴および適応症例の妥当性評価を検討したので報告する。2013年から2017年に当院で分娩した1933例を対象とした。Robson分類に従って分類し、各グループの帝王切開数及び帝王切開率を後方視的に検討した。本研究は、本学の倫理委員会の承認を得て施行された。5年間における当院の帝王切開率は全体で36.3%(702/1933例)であり、既往帝王切開症例(グループ5)の帝王切開数が最も多く206例であり、全帝王切開症例の29.3%を占めていた。グループ1とグループ2を合計したTSCN(term、single、cephalic、nulliparous)の帝王切開数は185例と全帝王切開症例の26.4%であり、2番目に多く、グループ2の中で予定帝王切開術となった症例は子宮手術歴、前置胎盤、胎児疾患の順に多かった。当院では、既往帝王切開症例及びTSCN症例の帝王切開数が全分娩件数に占める割合が高い。国内の既存の報告と比較検討すると、当院では正期産、単胎、頭位の妊婦での予定帝王切開率が高かった。帝王切開後経腟分娩の適応症例及びTSCN症例への帝王切開術の適応をより慎重に行うことによって、帝王切開率を改善することが期待できるのではないかと考えられた。Robson分類は、当院における帝王切開症例の分類ごとの数や比率を把握することができ、問題点を抽出し、改善点を検討することができることに関して有用であった。また、今後施設間のRobson分類による帝王切開症例の比較検討を行うことにより施設や地域ごとの特性を知り、地域ごとの医療水準の向上に繋がるツールになることが期待できる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20191216480012&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2019%2F006801%2F012%2F0065-0070%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2019%2F006801%2F012%2F0065-0070%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Relationship between Intracellular Signaling of the (Pro)renin Receptor and the Pathogenesis of Preeclampsia.

    Shoko Tamada, Takashi Mitsui, Akiko Ohira, Kazumasa Tani, Jota Maki, Takeshi Eguchi, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   73 ( 5 )   433 - 440   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An association between preeclampsia and (pro)renin was recently reported. Intracellular signaling of the (pro) renin receptor [(P)RR] increases the expressions of TGF-β and PAI-1. In this study we sought to clarify the involvement of (pro)renin in the pathogenesis of preeclampsia via the intracellular signaling of (P)RR on preeclampsia placentas. Activated (pro)renin plasma concentrations were compared between pregnant women with (n=15) and without (n=28) preeclampsia. The placentas were immunohistochemically evaluated with anti-HIF-1α and anti-(P)RR antibodies. HTR-8/SVneo cells were cultured under hypoxic conditions and treated with human recombinant (pro)renin. The mRNA expressions of HIF-1α, (P)RR, PAI-1, TGF-β, and ET-1 were also examined by real-time RCR. The activated (pro)renin plasma concentration was significantly higher in the third vs. the second trimester in the preeclampsia patients. HIF-1α and (P)RR expressions were significantly increased in the preeclampsia placentas. The mRNA expressions of PAI-1, TGF-β, and ET-1 were significantly increased in the experiments using recombinant (pro)renin vs. hypoxic conditions. (P)RR expression in preeclampsia placentas is increased by persistent hypoxia through the second and third trimesters, and PAI-1, TGF-β, and ET-1 production is increased via (P)RR. Our results suggest that ET-1 production via the intracellular signaling of (P)RR is important in the pathogenesis of preeclampsia.

    DOI: 10.18926/AMO/57374

    PubMed

    researchmap

  • 羊水検査で18トリソミーとロバートソン転座を認め、診断告知から夫婦の保因者診断まで経時的に遺伝カウンセリングを行った1例

    早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 小川 千加子, 吉本 順子, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌   40 ( 3 )   109 - 113   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遺伝カウンセリング学会  

    羊水検査で18トリソミーとロバートソン転座を認め、2度の出産を経て両親の保因者診断まで継続対応した症例を報告する。36歳、初妊婦。妊娠30週に羊水染色体検査を行い、46,XX,inv(9)(p12q13)、der(14;22)(q10;q10)、+18が判明したが、18トリソミーのみ開示した。その後、女児を死産した。産褥期にロバートソン転座につき追加開示したが、保因者診断は希望せず、4ヵ月後に第2子を自然妊娠した。出生前遺伝学的検査は行わず、妊娠38週に男児を出産した。産褥期に自ら保因者診断を希望し、母46,XX、父45,XY、inv(9)、der(14;22)(q10;q10)より、父親由来のロバートソン転座が判明したが、両親は結果について受容可能な心理状況になっていた。開示時期と検査時期に配慮した遺伝カウンセリングが必要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J03823&link_issn=&doc_id=20191031560005&doc_link_id=20200226370005&url=http%3A%2F%2Fsearch.jamas.or.jp%2Flink%2Fbc%2F20200226370005&type=jamaslink&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F99999_1.gif

  • Assessment of glucose kinetics with real-time continuous glucose monitoring during labor. 国際誌

    Jota Maki, Eriko Eto, Shoko Tamada, Takashi Mitsui, Kei Hayata, Keiichiro Nakamura, Yuji Hiramatsu, Hisashi Masuyama

    The journal of obstetrics and gynaecology research   45 ( 9 )   1851 - 1859   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: Changes in glucose levels during labor have not been sufficiently investigated in pregnant women. Using real-time continuous glucose monitoring, we aimed to assess glucose kinetics during labor among pregnant women with gestational diabetes mellitus (PwGDM), and those with normal glucose tolerance (PwNGT). METHODS: Japanese PwGDM and PwNGT who had planned a transvaginal delivery at Okayama University Hospital were enrolled. The correlation between changes in glucose levels during labor among the PwGDM and PwNGT groups at four time periods was assessed: (i) active phase of 1st stage of labor; (ii) 2nd stage of labor; (iii) postpartum 0-12 h; and (iv) postpartum 12-48 h. RESULTS: In total, 18 and 22 PwGDM and PwNGT, respectively, were enrolled. During labor, both groups had similar changes in glucose levels over time, which peaked during period 3. The main effect of glucose level changes was the labor period (P < 0.001), not the presence of gestational diabetes mellitus. Furthermore, differences in glucose levels in the PwGDM group were observed between periods 1 and 2 (P = 0.037), 1 and 3 (P = 0.024), 3 and 4 (P = 0.005); differences in glucose levels in the PwNGT group were observed between periods 3 and 4 (P = 0.024). CONCLUSION: During labor, both PwGDM and PwNGT groups showed similar changes in glucose levels over time. During delivery, the PwGDM who regularly measured their own glucose levels could be managed using the same nutritional management methods as those for PwNGT.

    DOI: 10.1111/jog.14058

    PubMed

    researchmap

  • A Case of Nager Syndrome Diagnosed Before Birth.

    Kei Hayata, Hisashi Masuyama, Eriko Eto, Takashi Mitsui, Shoko Tamada, Takeshi Eguchi, Jota Maki, Kazumasa Tani, Akiko Ohira, Yosuke Washio, Junko Yoshimoto, Kosei Hasegawa

    Acta medica Okayama   73 ( 3 )   273 - 277   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Nager syndrome is a rare disease involving severe micrognathia and upper limb shortening. In this report, we describe a case in which micrognathia of the fetus was suspected based on the observation of upper limb shortening during detailed B mode and 3D/4D ultrasonographic observation, and combined fetal MRI and 3D-CT led to a prenatal diagnosis of Nager syndrome. Upon birth, because severe micrognathia caused airway obstruction and made it difficult to spread the larynx for intubation, effective ventilation could not be carried out and a tracheostomy was necessary. Since a differential diagnosis of Nager syndrome can be made based on the fact that micrognathia typically co-occurs with upper limb shortening, it is possible to diagnose the disease before birth and prepare for life-saving measures accordingly.

    DOI: 10.18926/AMO/56872

    PubMed

    researchmap

  • 分娩時のアロマテラピー使用の有用性について

    高原 悦子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    アロマテラピー学雑誌   20 ( 2 )   22 - 27   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本アロマ環境協会  

    古来より経験的に用いられてきたエッセンシャルオイルであるが、近年医療現場でもいろいろな目的で用いられるようになってきた。産科領域では分娩後などにサービスとしてトリートメントの提供を行っている産院も多くある。しかし、補完療法の一環として用いている病院は少ないと思われる。今回エッセンシャルオイルを分娩時に用い疼痛緩和や血圧低下、分娩時間の短縮が得られるかを検討した。疼痛緩和、分娩時間の短縮は認め、分娩時の被験者のリラクゼーションや満足度にはつながった。血圧変化、出血量の減少は認めず、今後データの蓄積が必要と思われた。産科領域でのアロマテラピーの使用は、治療というよりサービスの提供を希望する被験者が多く、現時点では補完療法としてのアロマテラピーは発展途上にあると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • Successful Delivery after Abdominal Radical Trachelectomy, Using Transabdominal Cerclage in Early Pregnancy.

    Shoko Tamada, Hisashi Masuyama, Kei Hayata, Eriko Eto, Takashi Mitsui, Takeshi Eguchi, Jota Maki, Kazumasa Tani

    Acta medica Okayama   73 ( 2 )   173 - 176   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Radical trachelectomy (RT) is a fertility-sparing surgery for cervical cancer. Postoperative pregnancies have a high risk of abortion and prematurity. To prevent this, a procedure involving transabdominal cerclage (TAC) was devised for shortened cervical canals post-RT. Here we describe the successful management of a pregnancy after abdominal RT (ART). The 34-year-old patient was gravida 1, para 0. When she was 27, she underwent ART for stage Ib1 cervical cancer, and she became pregnant 7 years later. Because her cervical canal was 16.7 mm during early pregnancy, we performed TAC at 12 weeks of pregnancy. Post-surgery, we administered an infusion of ritodrine hydrochloride for tocolysis. A selective caesarean section was performed at 36 weeks, with the delivery of a healthy infant.

    DOI: 10.18926/AMO/56653

    PubMed

    researchmap

  • Upregulation of Angiogenic Factors via Protein Kinase C and Hypoxia-induced Factor-1α Pathways under High-glucose Conditions in the Placenta.

    Takashi Mitsui, Kazumasa Tani, Jota Maki, Takeshi Eguchi, Shoko Tamada, Eriko Eto, Kei Hayata, Hisashi Masuyama

    Acta medica Okayama   72 ( 4 )   359 - 367   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Abnormal glucose metabolism during pregnancy is an established risk factor for preeclampsia (PE). Disruption of the balance between placental angiogenic factors is linked to PE pathophysiology. We examined whether hypoxia-induced factor-1α (HIF-1α) and protein kinase Cβ (PKCβ) are involved in the regulation of placental angiogenic factors under high-glucose conditions in vitro. The human choriocarcinoma cell lines BeWo and JEG-3, and the human trophoblast cell line HTR-8/SVneo were cultured with 10 and 25 mmol/L glucose [control glucose group (CG) and high-glucose group (HG), respectively]. We examined the changes in HIF-1α, soluble fms-like tyrosine kinase-1 (sFlt-1), placental growth factor (PlGF), and vascular endothelial growth factor (VEGF) expression in the CG and HG by real-time PCR and ELISA. PKC activation was also measured by ELISA. The expressions of HIF-1α, sFlt-1, PlGF, and VEGF were significantly higher in the HG than in the CG. PKC activity was significantly increased in the HG. High glucose affected the expression of angiogenic factors in choriocarcinoma cells via the PKCβ and HIF-1α pathways, suggesting their involvement in PE pathogenesis.

    DOI: 10.18926/AMO/56171

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of resting energy expenditure and body composition in Japanese pregnant women with diabetes.

    Eriko Eto, Jota Maki, Shoko Tamada, Takashi Mitsui, Kei Hayata, Yuji Hiramatsu, Hisashi Masuyama

    Journal of diabetes investigation   9 ( 4 )   959 - 966   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIMS/INTRODUCTION: To measure longitudinal changes in resting energy expenditure and body composition of Japanese pregnant women with or without diabetes. MATERIALS AND METHODS: The study population consisted of women who had delivered a live singleton neonate after 22 weeks' gestation at Okayama University Hospital from July 2013 to June 2017. Resting energy expenditure and body composition were measured in the first trimester, second trimester, third trimester and postpartum. RESULTS: A total of 144 women participated in this study: 103 with normal glucose tolerance and 41 with diabetes. The resting energy expenditure (kcal/day) of pregnant women with normal glucose tolerance was significantly higher in the third trimester (1,644 ± 234) than in the first (1,461 ± 215) and second trimesters (1,491 ± 219), and postpartum (1,419 ± 254), whereas that of pregnant women with diabetes did not significantly change during all periods (1,568 ± 404, 1,710 ± 332, 1,716 ± 251, 1,567 ± 249). The resting energy expenditure of women with good glycemic control was lower than that of women with poor control. Fat-free mass was closely correlated with resting energy expenditure. CONCLUSIONS: The resting energy expenditure of Japanese pregnant women with normal glucose tolerance was significantly increased in the third trimester. The resting energy expenditure of women with good glycemic control was lower than that of women with poor control. Resting energy expenditure and fat-free mass are potential indexes for medical nutrition therapy in pregnant women with diabetes.

    DOI: 10.1111/jdi.12795

    PubMed

    researchmap

  • Emergency Caesarean Section Saved Both an Anti-MuSK Antibody-positive Myasthenia Gravis Mother with Pregnancy-induced Hypertension and Her Premature Baby.

    Yoshiaki Takahashi, Toru Yamashita, Ryuta Morihara, Yumiko Nakano, Kota Sato, Mami Takemoto, Nozomi Hishikawa, Yasuyuki Ohta, Kei Hayata, Hisashi Masuyama, Tomoka Okamura, Yosuke Washio, Koji Abe

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 24 )   3361 - 3364   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We herein report the case of a 46-year-old pregnant woman with anti-muscle specific kinase (MuSK) antibody-positive myasthenia gravis (MG) who showed pregnancy-induced hypertension and developed respiratory failure at 30 weeks and 5 days of pregnancy, and who underwent an emergency caesarean section (CS). Her MG symptoms gradually improved in the subsequent weeks. The premature baby with positive MuSK antibodies was successfully delivered, but the male baby required temporary artificial ventilation. However, his condition also gradually improved over time. The present case suggests that an emergency CS could rescue both the mother, who was in critical condition, and the prematurely born baby, even when suffering from acute respiratory insufficiency.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8636-16

    PubMed

    researchmap

  • Discrepancy between Non-invasive Prenatal Genetic Testing (NIPT) and Amniotic Chromosomal Test due to Placental Mosaicism: A Case Report and Literature Review.

    Kei Hayata, Yuji Hiramatsu, Hisashi Masuyama, Eriko Eto, Takashi Mitsui, Shoko Tamada

    Acta medica Okayama   71 ( 2 )   181 - 185   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We experienced a case of advanced maternal age in which a fetus was found to be positive for trisomy 18 at re-examination following indeterminate non-invasive prenatal genetic testing (NIPT), the amniotic fluid chromosomal test revealed a normal karyotype, and confined placental mosaicism (CPM) was observed in an SNP microarray analysis of the placenta. The child was born with no defects or complications. In the present case, the result of the original NIPT at week 15 of pregnancy was indeterminate and the subsequent re-examination result was positive; since the definitive normal diagnosis was not reported until the latter half of week 21, the pregnant patient was subjected to psychological stress for a long period of time. The problem with NIPT is that most of the fetus-derived cell-free DNA in the maternal blood is not derived directly from the fetus but from the villus cells of the placenta, leading to indefinite diagnoses; for that reason, the pregnant patient was subjected to psychological stress for a long period of time. Of the 18,251 cases undergoing NIPT in the past 2 years in Japan, 51 had indeterminate results; this was the second case in which a subsequent re-examination gave a positive result for trisomy 18.

    DOI: 10.18926/AMO/54988

    PubMed

    researchmap

  • Successful pregnancy located in a uterine cesarean scar: A case report. 国際誌

    Shoko Tamada, Hisashi Masuyama, Jota Maki, Takeshi Eguchi, Takashi Mitsui, Eriko Eto, Kei Hayata, Yuji Hiramatsu

    Case reports in women's health   14   8 - 10   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Cesarean scar pregnancy (CSP) is a rare form of ectopic pregnancy. Because CSP carries a high risk of uterine rupture and life-threatening bleeding, the pregnancy should be terminated upon confirmation of diagnosis. There have been few reports of CSP with successful delivery. We present a case of CSP under expectant management, with delivery via planned cesarean section at 35 weeks of gestation. This report suggests that successful pregnancy outcome can be achieved in some women with uterine cesarean scar, but further analysis and additional studies are required in order to describe the optimal protocol of expectant management in CSP.

    DOI: 10.1016/j.crwh.2017.03.003

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of Kidney Function between Gestational Hypertension and Preeclampsia.

    Etsuko Nobumoto, Hisashi Masuyama, Jota Maki, Takeshi Eguchi, Shoko Tamada, Takashi Mitsui, Eriko Eto, Kei Hayata, Yuji Hiramatsu

    Acta medica Okayama   71 ( 2 )   161 - 169   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although gestational hypertension (GH) is thought to be different from preeclampsia (PE), in Japan GH and PE are usually treated as the same disease (i.e., pregnancy-induced hypertension). Here we sought to determine whether there are any differences in fetal growth and maternal kidney function between pregnancies with PE and those with GH. We retrospectively analyzed 61 GH patients and 60 PE patients with singleton pregnancies who delivered at Okayama University Hospital (2008-2015). We compared maternal and perinatal outcomes and maternal kidney function parameters between the GH and PE pregnancies. The mean values of maternal age (p=0.01), gestational age at delivery (p<0.0001), placental weight (p=0.002), birth weight and height (p<0.0001, p=0.0001), and head circumference standard deviation score (p=0.007) of newborns of the GH group were significantly higher than those of the PE group. The duration until termination of PE or GH was not significantly correlated with kidney function. The birth weight percentile was significantly correlated with kidney function in PE but not GH. However, GH patients with poor kidney function and small-for-gestational age infants showed perinatal outcomes similar to those of the PE group. Monitoring kidney function is thus important for determining the severity of PE and GH.

    DOI: 10.18926/AMO/54985

    PubMed

    researchmap

  • Prenatal diagnosis of umbilical arteriovenous malformation. 国際誌

    Izumi Suzui, Hisashi Masuyama, Yumika Hirano, Takeshi Nishida, Kei Hayata, Yuji Hiramatsu

    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians   30 ( 1 )   85 - 87   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Umbilical arteriovenous malformation (AVM) is a rare congenital malformation. We report a case of umbilical AVM that was prenatally diagnosed by further color Doppler ultrasonography because of fetal cardiomegaly. At 35 weeks gestation, a male newborn was delivered by emergent cesarean section because of rapid progress of cardiomegaly and breech presentation. Three-dimensional reconstructed computed tomography after birth demonstrated the shunt was spontaneously closed. This is the first case report of umbilical AVM, which was prenatally diagnosed, and the boy was successfully delivered, suggesting that, when fetal cardiomegaly is identified, umbilical AVM must be taken into consideration.

    PubMed

    researchmap

  • Prenatal Diagnosis of Interrupted Aortic Arch: Usefulness of Three-Vessel and Four-Chamber Views.

    Yumika Hirano, Hisashi Masuyama, Kei Hayata, Eriko Eto, Etsuko Nobumoto, Yuji Hiramatsu

    Acta medica Okayama   70 ( 6 )   485 - 491   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Interrupted aortic arch (IAA) is fatal if not diagnosed. Prenatal diagnosis is helpful, but it is difficult to detect IAA and even more so to differentiate types A and B prenatally. Our objectives were to find a way to detect IAA using 2 views-three-vessel view (3VV) and four-chamber view (4CV)-and to differentiate between types A and B. We retrospectively analyzed fetal echocardiographic images and medical records of eight IAA patients. All eight patients had a ventricular septal defect (VSD) on 4CV. The aorta/main pulmonary artery (Ao/MPA) diameter ratio on 3VV was significantly low, which is characteristic of type B IAA. The left/right ventricular diameter (LV/RV) ratio on 4CV was 0.61± 0.17 for type A and almost 1.0 for type B. The thymus was not observed on 3VV in some type B IAA patients. These findings suggest that we could increase the number of prenatal diagnoses of IAA using the Ao/MPA ratio on 3VV and the presence of VSD on 4CV. Additionally, we could differentiate types A and B with the LV/RV ratio on 4CV, the Ao/MPA ratio, and the presence of a thymus on 3VV, which results in better management of IAA after birth.

    PubMed

    researchmap

  • Differences in uterine artery blood flow and fetal growth between the early and late onset of pregnancy-induced hypertension.

    Takashi Mitsui, Hisashi Masuyama, Jota Maki, Shoko Tamada, Yumika Hirano, Eriko Eto, Etsuko Nobumoto, Kei Hayata, Yuji Hiramatsu

    Journal of medical ultrasonics (2001)   43 ( 4 )   509 - 17   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: We continuously measured bilateral uterine artery (UA) blood flow and compared differences in UA blood flow to investigate the differences in pathophysiology between early- and late-onset pregnancy-induced hypertension (PIH) and the usefulness of continuous monitoring of UA blood flow for the prediction of early-onset PIH. METHODS: The subjects were 76 PIH patients. The mean pulsatility index of bilateral UA (UAPI), an early diastolic notch in the velocity waveform, and regression curves were retrospectively examined and compared between early- and late-onset groups and the groups with and without fetal growth restriction (FGR). RESULTS: Regression curves of the UAPI in the early-onset group persisted at +2.0 standard deviations or more from the second to third trimester, while the UAPI in the late-onset group stayed within the normal range. A significantly higher mean UAPI with a high frequency of an early diastolic notch was observed in the early-onset group compared with the late-onset group in all pregnancy trimesters. There was a significant difference in UA resistance between the mild and severe groups and between the FGR and non-FGR groups, but to a small extent compared with the onset period. CONCLUSION: There was a difference in pathophysiology between early- and late-onset PIH. Continuous monitoring of UA blood flow might be useful for the prediction of early-onset PIH if high UA resistance has been observed.

    DOI: 10.1007/s10396-016-0729-6

    PubMed

    researchmap

  • Sex differences in early growth during the first three years of life in offspring from mothers with pregnancy-induced hypertension. 国際誌

    Takashi Mitsui, Hisashi Masuyama, Takeshi Eguchi, Shoko Tamada, Eriko Eto, Kei Hayata, Yuji Hiramatsu

    Pregnancy hypertension   6 ( 4 )   361 - 366   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Newborns born to mothers with pregnancy-induced hypertension (PIH) are thought to be at high risk for lifestyle-related diseases, such as obesity and hypertension, in adulthood. STUDY DESIGN: A longitudinal study of 78 pregnant women with PIH and their newborns, who visited Okayama University Hospital from 2009 to 2013. MAIN OUTCOME MEASURES: We investigated the change in growth of offspring born to mothers with PIH and compared it with the standard growth curve in Japanese to examine whether there was rapid catch-up growth during the first 3years of life. RESULTS: Subjects were 78 pregnant women with PIH and their offspring, who visited Okayama University Hospital from 2009 to 2013. Valid responses were obtained from 29 of 78 (37.1%) women. Body weight and length at birth were at the third percentile or less in females, and at the 10th percentile or less, in males. When body weight and length were compared at 6months, 18months, and 3years old between male and female toddlers, male toddlers slowly caught up until 3years old, but female toddlers rapidly caught up in the first 6months. Furthermore, in newborns with fetal growth restriction caused by the intrauterine environment of PIH, differences in physical development between male and female toddlers were more remarkable. CONCLUSIONS: There is a significant sex difference in catch-up growth during the first 3years, which might be involved in lifestyle-related diseases in adulthood, suggesting continuous follow-up is necessary, especially for female offspring.

    DOI: 10.1016/j.preghy.2016.08.238

    PubMed

    researchmap

  • A Pregnancy with Severe Hypertrophic Obstructive Cardiomyopathy after Surgery for an Implantable Cardioverter Defibrillator: A Case Report and Literature Review. 国際誌

    Takashi Mitsui, Hisashi Masuyama, Kentaro Ejiri, Kei Hayata, Hiroshi Ito, Yuji Hiramatsu

    Case reports in obstetrics and gynecology   2016   4690790 - 4690790   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hypertrophic obstructive cardiomyopathy (HOCM) is cardiac hypertrophy of ventricular myocardium with left ventricular outflow tract obstruction. We report a pregnancy with HOCM after defibrillator implantation surgery. The patient was a 33-year-old nulligravida and was categorized as New York Heart Association class II. Her brain natriuretic peptide (BNP) level was 724.6 pg/dL at preconception. She received careful pregnancy management. However, because frequent uterine contractions were observed at 25 weeks and 6 days of pregnancy, she was hospitalized, and magnesium sulfate was started as a tocolytic agent. At 27 weeks and 5 days of pregnancy, she had respiratory discomfort and orthopnea with a sudden decrease in peripheral oxygen saturation. Cardiac ultrasonography showed a worsened condition of HOCM and her BNP level was 1418.0 pg/mL. We performed an emergent cesarean section and she delivered a boy weighing 999 g. The Apgar score was 8 and 9 points at 1 and 5 minutes, respectively. The mother's heart failure quickly improved after birth and she was discharged at 10 days postoperatively. Fluctuations in circulatory dynamics during pregnancy may sometimes exacerbate heart disease. Therefore, the risks should be fully explained and careful assessment of cardiac function should be performed during pregnancy in patients with severe HOCM.

    PubMed

    researchmap

  • Creation of a cerebellar diameter reference standard and its clinical application to the detection of cerebellar hypoplasia unique to trisomy 18. 国際誌

    Kei Hayata, Yuji Hiramatsu, Hisashi Masuyama, Eriko Etou, Etsuko Nobumoto, Takashi Mitsui

    The journal of obstetrics and gynaecology research   41 ( 12 )   1899 - 904   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: We created a new reference standard focusing on the hemispheric anteroposterior cerebellar diameter (APCD) in addition to the transverse cerebellar diameter (TCD) and discussed whether or not the cerebellar measurement was useful for the detection of trisomy 18 (T18). MATERIAL AND METHODS: In 150 normal fetuses between 14 and 36 weeks of gestational age (GA), the TCD and APCD were prospectively measured. In 26 cases with T18, the value was compared with the control. RESULTS: At <22 weeks of gestation, the TCD reference standard was calculated as follows: TCD = (1.027 × GA) - 0.674 (R(2) = 0.97, P < 0.001). The reference standard of the APCD was calculated as follows: APCD = (0.682 × GA) - 3.925 (R(2) = 0.73, P < 0.001). In eight cases with T18, the TCD was below the 5th percentile value in 7/8 (88%) cases and the APCD was below the 5th percentile value in 8/8 (100%) cases. At >22 weeks of gestation, the reference standard of the TCD was calculated as follows: TCD = (1.603 × GA) - 13.216 (R(2) = 0.92, P < 0.001). The reference standard of the APCD was calculated as follows: APCD = (0.859 × GA) - 7.30 (R(2) = 0.84, P < 0.001). In 18 cases with T18, the TCD was below the 5th percentile value in 14/18 (78%) cases and the APCD was below the 5th percentile value in 18/18 (100%) cases. CONCLUSION: APCD reference standard, divided by the gestational age of more or less than 22 weeks, might be useful to diagnose T18.

    DOI: 10.1111/jog.12814

    PubMed

    researchmap

  • Pregnancy complications and glucose intolerance in women with polycystic ovary syndrome.

    Mari Sawada, Hisashi Masuyama, Kei Hayata, Yasuhiko Kamada, Keiichiro Nakamura, Yuji Hiramatsu

    Endocrine journal   62 ( 11 )   1017 - 23   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Polycystic ovary syndrome (PCOS) is a common endocrine disorder characterized by insulin resistance and hyperandrogenism. The interaction of these factors might result in increased risks of miscarriage and pregnancy complications such as gestational diabetes mellitus (GDM). To examine the pregnancy risks in women with PCOS, we compared obstetrical outcomes between patients with and without PCOS. We also studied the differences in maternal characteristics, glucose intolerance and pregnancy complications between PCOS patients with and without GDM, with and without obesity, and between successful pregnancies and miscarriages. We observed a high incidence of GDM and prevalence of GDM diagnosis in the first trimester in PCOS. Patients with GDM had higher body mass index (BMI) and lower homeostasis model assessment of β-cell function (HOMA-β) at preconception than those without GDM. Obese pregnant women with PCOS demonstrated a high incidence of GDM with severe insulin resistance, including high fasting insulin, HOMA of insulin resistance (HOMA-IR), and HOMA-β at preconception compared with normal-weight patients. BMI was significantly correlated with HOMA-IR or HOMA-β, and both indices were lower in PCOS patients with than without GDM for the same BMI. There were no significant differences in maternal characteristics (excluding maternal age) between PCOS patients with successful pregnancy and PCOS patients with miscarriages. Our data suggest that pregnant women with PCOS have an increased risk of GDM, especially if they have obesity and/or poorer insulin secretion. Measure of β-cell function, such as HOMA-β, at preconception might be a useful predictor of the risk of GDM in pregnant PCOS patients.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ15-0364

    PubMed

    researchmap

  • 妊娠21週に診断した胎内サイトメガロウイルス感染の胎児超音波所見

    早田 桂, 佐藤 麻夕子, 長治 誠, 清水 健治, 小松 玲奈, 石田 理, 吉田 信隆

    現代産婦人科   60 ( 2 )   419 - 424   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    中期中絶が可能な妊娠21週時の胎児超音波検査で、胎内サイトメガロウイルス感染と診断した1例を経験した。当初は胎児発育不全(-2.0SD)以外に明らかな胎児形態異常を認めないと思われたが、胎向の変化に伴い、胎児腹水や頭部皮下浮腫、脳内石灰化像を確認。5日後の再検査では胎児水腫は増悪していた。問診により保育所勤務と、妊娠19週に軽微な風邪症状を認めていたことが判明した。母体採血ではサイトメガロウイルスIgM陽性であり、画像所見を含め、症候性胎内サイトメガロウイルス感染と診断した。症候性胎内サイトメガロウイルス感染では、胎児発育不全や胎児腹水、脳内石灰化などを認めるが、推定体重計測程度の簡易な超音波検査では胎児異常のサインを見落とす可能性がある。妊娠22週未満でも胎児発育不全をきっかけに胎児を注意深く観察し、問診や他の検査を組み合わせることで、症候性胎内サイトメガロウイルス感染の早期診断につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20120816370042&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2011%2F006002%2F042%2F0419-0424%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2011%2F006002%2F042%2F0419-0424%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 妊娠中期胎児スクリーニング時の超音波胎盤計測より、胎児発育不全症例を検出する方法

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌   47 ( 4 )   911 - 917   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本周産期・新生児医学会  

    妊娠20〜21週に超音波Bモード画像により胎盤長径と推定体重を計測し、後に正期産で分娩に至った単胎347症例を対象とし、将来胎児発育不全(FGR)となる症例が検出できるかを前方視的に検討した。LFD(light-for-dates)症例18症例では非LFD症例329例よりも妊娠20-21週時点における胎盤長径と推定体重SD値は有意に小さく、分娩時の胎盤重量と胎盤長径も有意に小さかった。また、妊娠中期の胎盤長径と推定体重に関するROC曲線を作成し、将来FGRとなる症例の予知精度を比較した結果、推定体重よりも胎盤長径のほうが優れたスクリーニング検査であることが示され、胎盤長径11.1cmをcut-off値とした場合の陽性的中率は29%、陰性的中率は99%であった。FGR症例検出を目的とした胎盤長径計測は、臨床応用に有用であることが示唆された。

    researchmap

  • 胎児胸腔-羊水腔シャント術を施行し良好な経過をたどった胎児肺分画症の1例

    小松 玲奈, 中田 雅彦, 住江 正大, 早田 桂, 関野 和, 岡田 朋美, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 秋山 卓士

    超音波医学   38 ( 4 )   481 - 487   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    胎児胸水を伴う肺分画症の予後は不良である.胎児胸水除去及びシャント術を行うことで,胎児水腫や肺低形成が予防でき,予後の改善につながると言われている.胎児胸腔-羊水腔シャント術が有効であった胎児肺分画症の1例を経験したので報告する.症例は,34歳,経産婦.前医で胎児胸部腫瘤と心臓右方偏位を認め,妊娠28週6日に当科を紹介初診した.胎児超音波検査・MRI検査で左胸郭に43×46×41mmの腫瘤と多量の胸水を認めた.腫瘤は肺葉外に存在し,腹部大動脈から腫瘤へ向かう栄養血管を同定し肺葉外肺分画症と診断した.その他胎児構造異常や胎児水腫を認めず,ウィルス感染は否定的であった.同日胎児胸水を32ml除去したが,翌日には胸水の再貯留を認めたため,妊娠29週1日に胎児胸腔-羊水腔シャント術を施行(超音波ガイド下に八光社製ダブルバスケットカテーテルを留置)した.術後両肺は拡張し,胸水の再貯留・分画症肺の増大・羊水過多や切迫早産徴候なく経過した.妊娠38週5日,分娩誘発にて3,110gの女児をAS9/9で経腟分娩した.児はNICUに入院,人工呼吸管理は不要であったが,日齢1より胸水が貯留し胸腔持続ドレナージを開始,150-200ml/日の排液を認めた.日齢8に分画肺摘出術を施行し,経過良好で日齢17に退院した.本症例は無治療であれば胎児水腫などを合併し予後不良であったと予想され,胎児胸腔-羊水腔シャント術が有用であった.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00833&link_issn=&doc_id=20110818460010&doc_link_id=10.3179%2Fjjmu.38.481&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3179%2Fjjmu.38.481&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Hypophosphatasia及びhypochondrogenesisの胎児超音波所見の特徴

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 辰本 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    超音波医学   38 ( 3 )   283 - 289   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    骨系統疾患は100種類以上存在するが,個々の疾患頻度は低く診断に苦慮することが多い.中には予後不良な疾患も含まれ,正確な出生前診断を要する.今回,骨系統疾患を同時期に2例経験したので報告する.症例1は24歳.妊娠29週に大腿骨短縮を指摘され紹介.四肢全て短縮のため全肢節短縮型骨系統疾患と診断.胎児頭蓋内構造は明瞭に描出され,超音波プローブで胎児の頭蓋を圧迫すると骨変形を認め,hypophosphatasia(低フォスファターゼ症)を疑った.3D-CTでは頭蓋骨や椎体,両手足指の描出は骨化不良のため困難であった.出生児は生後20分後に死亡し,臍帯血ALP 5IU/Lであった.症例2は31歳.妊娠20週に大腿骨短縮を指摘され紹介.四肢全て短縮のため全肢節短縮型骨系統疾患と診断.大腿骨の短縮と骨幹端の末広がり,胸郭低形成より予後不良な四肢短縮症を疑い,正確な出生前診断には至らずも,同意のもと中期中絶を行った.後日死産児の全身X線写真よりhypochondrogenesis(軟骨低発生症)と診断した.2症例とも一般的に生命予後不良な四肢短縮症である.超音波補助診断として,近年3D-CTの有用性が報告され,胎児超音波によりスクリーニングを行い,3D-CTで確定診断を行う方法が適切との見方もある.3D-CTでは長管骨の計測に加え,細かい形態の変化や骨化の程度といった超音波では描出し難い所見を得ることが可能とされるからである.大腿骨短縮を認めた場合は四肢全ての計測を行い,胸郭低形成の有無を確認し,重症度の鑑別診断が重要である.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00833&link_issn=&doc_id=20110615460007&doc_link_id=%2Fed5choon%2F2011%2F003803%2F008%2F0283-0289%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fed5choon%2F2011%2F003803%2F008%2F0283-0289%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 低フォスファターゼ症の胎児超音波所見と3D-CTの特徴

    早田 桂, 小松 玲奈, 佐藤 麻夕子, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科   59 ( 2 )   259 - 263   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    骨系統疾患は100種類以上存在するが、個々の疾患頻度は低く診断に苦慮することが多い。中には予後不良な疾患も含まれ、正確な出生前診断を要する。今回低フォスファターゼ症を系統だって診断し得たので報告する。症例は24歳。0経妊0経産。妊娠29週に大腿骨短縮を指摘され紹介。四肢全て短縮のため全肢節短縮型骨系統疾患と診断。胎児頭蓋内構造は明瞭に描出され、超音波プローブで胎児の頭蓋を圧迫すると骨変形を認め、低フォスファターゼ症(hypophosphatasia)を疑った。3D-CTでは頭蓋骨や椎体、両手足指の描出は骨化不良のため困難であった。出生児は生後20分後に死亡し、臍帯血ALP 5IU/Lであった。低フォスファターゼ症は一般的に生命予後不良な四肢短縮症である。超音波補助診断として、近年3D-CTの有用性が報告され、胎児超音波によりスクリーニングを行い、3D-CTで確定診断を行う方法が適切との見方もある。3D-CTでは長管骨の計測に加え、細かい形態の変化や骨化の程度といった超音波では描出し難い所見を得ることが可能とされるからである。大腿骨短縮を認めた場合は四肢全ての計測を行い、胸郭低形成の有無を確認し、重症度の鑑別診断が重要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20110524470027&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2010%2F005902%2F027%2F0259-0263%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2010%2F005902%2F027%2F0259-0263%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 血流豊富な遺残胎盤に対して子宮動脈塞栓術施行後に子宮鏡下手術を行い出血なく摘出し得た1例

    三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科   58 ( 2 )   153 - 156   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    産褥期大量性器出血の原因として胎盤遺残・胎盤ポリープがあり、かつては盲目的な子宮内操作が行われ大量出血をきたし、子宮摘出を余儀なくされる場合があった。今回我々は、2回も大量性器出血を起こした血流豊富な遺残胎盤に対し、子宮動脈塞栓術を施行後に子宮鏡下手術を行い出血なく摘出し得たので報告する。症例は36歳の産褥婦。筋腫合併妊娠であったが、その他妊娠経過に問題なく、妊娠38週4日で3058gの女児を自然経腟分娩、胎盤は自然に欠損なく娩出された。分娩時弛緩出血を認め、約1800ml出血したが、子宮収縮剤の投与で止血、その後は異常出血なく産褥5日目に退院となった。しかし、産褥11日目に突然大量性器出血があり、超音波検査・MRIにて子宮頸部に血流豊富な腫瘤を認め、遺残副胎盤が疑われ子宮動脈塞栓術(UAE)にて止血を得た。遺残副胎盤の虚血による自然排出を期待し経過観察していたが、産褥27日目に再び大量性器出血があり、遺残副胎盤への血流の再灌流が疑われた。子宮温存を希望され子宮鏡下での摘出が予定されたが、摘出時止血困難となる可能性があり、再UAEを施行し血流を遮断した後に子宮鏡下手術を行った。ほとんど出血なく摘出でき、血流を豊富に有する遺残胎盤を摘出する際に大変有効な方法であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20100428480009&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2009%2F005802%2F009%2F0153-0156%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2009%2F005802%2F009%2F0153-0156%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当院での子宮外妊娠についての検討

    伊藤 裕徳, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科   56 ( 1 )   61 - 63   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国四国産科婦人科学会  

    当院の2000年より2006年までの7年間の子宮外妊娠について検討した。7年間の子宮外妊娠は計117例であり、毎年ほぼ同じ数であった。そのうち最初から開腹術を行った例は3例で、残り114例は腹腔鏡で行い、途中で開腹に移行した症例はなかった。クラミジア感染症は52%に認められたが、年齢による差は認められなかった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20071101350012&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2007%2F005601%2F012%2F0061-0063%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2007%2F005601%2F012%2F0061-0063%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

▼全件表示

MISC

  • 婦人科疾患合併妊娠 まるごと図解 イチから学ぶ 病態生理~妊娠・分娩管理 01 子宮筋腫 1)筋腫合併妊娠の病態生理と妊娠・分娩管理

    早田桂

    ペリネイタルケア   41 ( 2 )   2022年

     詳細を見る

  • 【専攻医必携! 術中・術後トラブル対処法-予期せぬ合併症で慌てないために】産科編 帝王切開術

    増山 寿, 早田 桂

    臨床婦人科産科   75 ( 7 )   620 - 626   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>●綿密な術前診察・検査にてリスク評価を行い,想定されるさまざまな状況に備えて対処法を熟知し,さらに次の手を考えておくことが重要である.●日頃から迅速,確実な手術手技を目指したトレーニングと周術期の評価および管理に習熟し,手術ごとに振り返り,考え,研鑽を積んでいくことが手術上達のコツである.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01564&link_issn=&doc_id=20210706150003&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1409210441&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1409210441&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 子宮頸管縫縮術 Shirodkar法

    早田 桂

    OGS NOW basic 産科手術を極める   5   78 - 83   2021年3月

     詳細を見る

  • 胎児超音波診断を活かす-産科医と新生児科医からの情報提供-腹部臓器疾患 腹壁破裂・臍帯ヘルニア

    早田桂, 吉本順子, 増山寿

    周産期医学   51 ( 9 )   2021年

     詳細を見る

  • 完全子宮脱合併妊娠の経腟分娩の経験~頸管裂傷の縫合治癒過程の詳細~

    牧尉太, 中藤光里, 三島桜子, 大平安希子, 谷和祐, 衛藤英理子, 早田桂, 増山寿

    日本産科婦人科学会雑誌   73   2021年

     詳細を見る

  • 【周産期超音波検査バイブル-エキスパートに学ぶ技術と知識のエッセンス】産科超音波検査の応用編 妊娠初期での染色体疾患のリスク評価

    早田 桂, 増山 寿, 佐々木 愛子

    臨床婦人科産科   74 ( 1 )   72 - 78   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>●NT測定をはじめとした染色体疾患の超音波検査によるリスク評価には技術が必要であり,いくつか計測上のポイントがある.●適切な画像でNT計測がされていないなかで,染色体疾患をはじめとした胎児疾患との関連を強調しすぎないような配慮が必要である.●NIPTが普及している昨今,諸外国においてNT計測は,単に染色体数的異常の検出を目的としたものではなく,心構築異常や胎児形態異常を診断するツールに移行してきている.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01564&link_issn=&doc_id=20200107230011&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1409209896&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1409209896&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 【当院の超音波検査を"最新"にしている理由】臨床で効果を上げる超音波診断 先進のアプリケーションを有する最新US装置がもたらす臨床的・運用的メリット

    早田 桂, 牧 尉太, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    新医療   44 ( 8 )   95 - 99   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エムイー振興協会  

    2016年11月に東芝メディカルシステムズ社製Aplio i800を導入した。導入に至る経緯と、先進のアプリケーションが産婦人科領域における診断のみならず超音波を用いた臨床研究に有用であるか否か、超音波画像診断の新しい可能性を示す。(著者抄録)

    researchmap

  • 【超音波診断装置の新境地-新しい血流イメージングが創る診断のブレイクスルー】周産期におけるSMIの診断能とその活用

    早田 桂

    映像情報Medical   49 ( 5 )   6 - 10   2017年5月

  • Team STEPPSと岡山大学病院周産母子センターにおける取り組み

    早田 桂

    岡山県母性衛生   ( 33 )   9 - 11   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山県母性衛生学会  

    researchmap

  • 【妊婦さんへの説明にそのまま使える イラストでハイリスク妊娠がわかる本】(第2章)合併症妊娠 子宮筋腫合併妊娠

    早田 桂, 平松 祐司

    ペリネイタルケア   ( 2015新春増刊 )   156 - 161   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    <保健指導のポイント>妊娠初期に大きな子宮筋腫を見つけた際、つい分娩方法は帝王切開と説明しがちです。結果的に帝王切開の可能性はありますが、子宮増大に伴い子宮筋腫の位置も変わるため、妊娠初期から妊婦さんを過度に不安がらせる必要はありません。しかし、多くの合併症が起こり、長期入院・点滴・安静の可能性があることを説明しておく必要があります。妊娠中の筋腫変性による一過性の疼痛は、痛みの程度に差はありますが多くの妊婦さんが経験するため、保健指導でも必ず伝えるべきポイントです。また、分娩後に子宮筋腫核出が必要と指導することもありますが、今回の妊娠が経腟分娩での出産にもかかわらず、その後筋腫核出を施行したために、次回妊娠が選択帝王切開での出産になることがあります。一方、さらに妊娠を希望する女性にとっては粘膜下筋腫、5cm以上の筋層内筋腫は妊娠率の低下を起こし、次の妊娠中の合併症も増加します。子宮筋腫核出の必要性は、これらの両面を考慮して指導するのがよいでしょう。(著者抄録)

    researchmap

  • 【子宮筋腫診療のすべて】開腹手術

    平松 祐司, 増山 寿, 早田 桂, 延本 悦子

    産婦人科の実際   63 ( 10 )   1335 - 1341   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • 【子宮筋腫-多様化した子宮温存療法】子宮温存療法の現況 子宮筋腫核出術 開腹術

    平松 祐司, 鎌田 泰彦, 早田 桂

    臨床婦人科産科   68 ( 2 )   209 - 214   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    開腹による筋腫核出術が核出術の基本であり,正しい層の発見法,切開ラインの決定,縫合法などを習得する.筋腫核出術の最も重要な点は正しい剥離離層の発見であり,非妊時手術で自信をもってできる人に限り,妊娠時,帝王切開時の核出を行ってよい.死腔を残さない縫合法,癒着を起こさない縫合法を習得する必要がある.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J01564&link_issn=&doc_id=20140225160004&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1409103611&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1409103611&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 胎児発育は胎盤重量に依存する

    早田 桂, 小松 玲奈, 佐藤 麻夕子, 浅野 令子, 関野 和, 香川 幸子, 舛本 明生, 依光 正枝, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 長治 誠, 清水 健治

    産科と婦人科   79 ( 4 )   503 - 508   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    胎児発育と胎盤発育の関係を明らかにするため、単胎・双胎の出生体重と分娩時に計測した胎盤重量につき後方視的に検討した。妊娠22週以降に分娩となった単胎1028例、双胎64例を対象とした。在胎週数に伴い、胎児発育同様に胎盤も発育し、両群ともに正の相関を認めた。AFD、LFD、HFDの3群とも胎盤重量は在胎週数に相関した。LFD症例ではAFD症例に比し胎盤重量は有意に小さく、HFD症例ではAFD症例に比し胎盤重量は有意に大きめであった。双胎の対象は64例あり、2絨毛膜2羊膜(DD)双胎43例、1絨毛膜2羊膜(MD)双胎21例であった。胎盤重量は在胎週数に相関した。DD双胎とMD双胎では分娩週数、胎盤重量ともに有意差がなかった。胎盤重量は簡便な指標でありながらFGRやPIH、GDMの病態を反映した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00525&link_issn=&doc_id=20120327220016&doc_link_id=%2Fae4sanke%2F2012%2F007904%2F021%2F0503-0508%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fae4sanke%2F2012%2F007904%2F021%2F0503-0508%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 重症胎児発育制限例における推定体重の検討

    関野 和, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    産婦人科の実際   60 ( 7 )   1087 - 1091   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    2004年6月〜2009年12月の5年6ヵ月間に著者らの施設で分娩した単胎で高度な胎児発育制限例(FGR)52症例(在胎週数29.4±2.3週)を対象に、推定体重と出生体重の差について検討した。その結果、52例中36例(69.2%)で推定体重が実際の出生体重よりも大きく測定されており、出生体重は887.5±247.2g、推定体重は948.8±288.4gと平均値には有意差が認められなかった。また、FGRのリスク因子を母体因子、胎児因子、臍帯・胎盤因子の3群に分けて調べたところ、母体胎因子である妊娠高血圧症候群(PIH)症例の26例中24例(92.3%)において推定体重が出生体重より大きく計測されていた。以上より、高度FGR症例において特にPIH症例では推定体重を大きく測定していることが多いことに注意しながら対処する必要があると考えられた。

    researchmap

  • 不妊治療後の妊娠とその予後

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 舛本 明生, 早田 桂, 小松 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 関野 和

    産婦人科の実際   60 ( 5 )   791 - 797   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    2007〜2009年に分娩となった3126例のうち、流産・品胎を除き、単胎妊娠の不妊治療なし2733例(平均30.9歳:正常単胎群)、不妊治療あり126例(平均34.5歳:不妊単胎群)、双胎妊娠の不妊治療なし130例(平均30.7歳:正常双胎群)、不妊治療あり58例(平均32.3歳:不妊双胎群)の予後について検討した。単胎妊娠では、分娩時年齢、経産回数が不妊単胎群で有意に高く、分娩時週数、出生時体重、Apgarスコア、分娩様式に差はなかった。経腟分娩で介入された割合は不妊単胎群で有意に多く、不妊単胎群では予定帝切の理由として筋腫合併・筋腫術後、胎児発育遅延が有意に多かった。双胎妊娠では、全分娩における双胎比率は不妊双胎群で有意に高く、分娩時年齢は不妊双胎群で、経産回数は正常双胎群で高く、出生時週数、分娩時体重、Apgarスコアについては不妊双胎群で予後良好で、一絨毛膜双胎の比率は正常双胎群で有意に高かった。なお、一絨毛膜双胎・二絨毛膜双胎についても児の予後は不妊治療群で良好であった。以上、不妊治療後の妊娠には、単胎・双胎妊娠とも母体年齢や妊娠継続に対しての積極性などが影響し、不妊治療そのものは影響を及ぼしていないことが示された。

    researchmap

  • 妊娠20週前半時の超音波胎盤検査にてFGRを抽出し、出生体重を推測する方法

    早田 桂, 小松 玲奈, 三村 朋子, 関野 和, 岡田 朋美, 舛本 明生, 野間 純, 吉田 信隆, 平松 祐司

    産婦人科の実際   59 ( 13 )   2213 - 2218   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    妊娠20週前半時の超音波2D画像にて胎盤計測を行い、測定結果から後にFGRとなる症例や出生体重が予測可能であるか否かを検討した。その結果、AFD 127例の妊娠20週前半時平均胎盤長径は12.4±1.0cmとなり、回帰直線から胎盤長径12.4cmの出生体重は3034gになると予測できた。更にLFD 8例の妊娠20週前半時胎盤長径は最長11.0cm、20週前半時に胎盤長径が11.0cm以上でAFDまたはHFDとなり、11.0cm未満で以後FGRとなる可能性が示唆された。以上より、胎盤長径計測はFGRの胎児スクリーニングとして有用であることが示唆された。

    researchmap

  • 子宮動脈塞栓術にて大量出血を予防できた胎盤遺残の1例

    迫田 慈子, 浦島 正喜, 松浦 明子, 松浦 範明, 大成 妙, 岡部 智行, 伊東 淳, 影本 正之, 西原 礼介, 早田 桂, 依光 正枝, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学   63 ( 7 )   549 - 552   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    30歳代(初妊初産婦)。妊娠38週4日で経腟分娩し、産褥11日目に大量性器出血を来たした。経腟超音波で子宮内に血流を有する腫瘤を認め、胎盤遺残が疑われ、子宮温存希望により止血目的で子宮動脈塞栓術(UAE)を施行した。造影検査で両側子宮動脈の拡張、子宮内に両側子宮動脈からの血流と思われる濃染域を認め、両側子宮動脈をゼラチンスポンジで塞栓したところ、濃染域は消失した。翌日のMRIで子宮体部内腔にT2強調像で高信号を示す45mm大の腫瘤を認め、UAE 5日目の超音波でも腫瘤に残存血流を確認したが、UAE前より低下しており、出血もなかったため、保存的に治療可能と判断して退院となった。しかし、UAE 8日目に再度出血を来たし、MRIで腫瘤は90×40mmと増大し、内部にflow voidを認め、二度目のUAEを施行した翌日に経頸管的子宮鏡下切除にて胎盤除去を施行した。術前UAEにより術中の出血は少量であった。病理組織診断は胎盤であった。

    researchmap

  • 不正性器出血を認める子宮体癌に対する子宮体部(内膜)細胞診の有用性と限界

    西川 忠曉, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 依光 正枝, 早田 桂, 小松 玲奈, 辰本 幸子

    産婦人科の実際   59 ( 5 )   819 - 822   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • 【良性腫瘍性疾患】CA125高値を伴い、卵巣癌との鑑別が困難であった巨大卵巣莢膜細胞腫によるMeigs症候群の1例

    辰本 幸子, 関野 和, 三村 朋子, 國宗 和歌菜, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島市立広島市民病院医誌   26 ( 1 )   29 - 32   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    Meigs症候群は、胸・腹水を伴うことにより卵巣癌IV期と類似した臨床症状を呈すため、術前に良悪性の鑑別に苦慮することが少なくない。今回我々は、卵巣癌との鑑別が困難であった巨大莢膜細胞腫によるMeigs症候群を経験した。症例は症状出現から約2週間で腹部膨満のため歩行・臥位が不可能となるほど急速に症状が進行し、超音波・MRI上内部不均一な腫瘍で、腫瘍マーカーはCA125:577.2U/mlと高値を示し、卵巣癌を疑った。右付属器切除術施行、卵巣腫瘍の病理組織検査では良性の莢膜細胞腫であった。原発腫瘍を摘出したことにより術後速やかに胸水は消失し、以後再発を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 子宮頸癌の術前検査におけるPET-CTの有用性についての検討

    依光 正枝, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由起子, 伊藤 祐徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    産婦人科の実際   58 ( 5 )   767 - 772   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • 【各科・各部門の救急診療】広島市民病院産婦人科の緊急手術の現状

    石田 理, 國宗 和歌菜, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    広島市立広島市民病院医誌   25 ( 1 )   21 - 26   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    広島市民病院における産婦人科手術は2007年7月より1年間で1,167例であり、そのうち緊急手術は237例(20.3%)を占めた。そのうち206例(86.9%)が妊娠に関わる手術であり、中でも緊急帝王切開が172例とそのうちの大多数を占めた。緊急帝王切開のうち、特に緊急を要する常位胎盤早期剥離の症例は11例あり、母体搬送された6例のうち3例(50%)は新生児仮死であったが、入院中に発症した3例では新生児仮死はなく、院内発症の常位胎盤早期剥離では素早く対応可能であったことが示されている。母体搬送の場合、前医で常位胎盤早期剥離と診断されていれば、すぐに手術室に搬入可能であり、到着から19分で児を娩出できた症例もある。しかしながら、母体搬送における前医での診断から児の娩出までの時間的対応にはまだ困難な部分も多いことが示された。子宮外妊娠手術は24例であり、早期に診断され、全てが腹腔鏡下手術で対応可能であった。すべての医師が腹腔鏡下手術で対応が可能なシステム作りの成果と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 教訓的症例から学ぶ産婦人科診療のピットフォール 卵管留血(水)腫を合併した子宮内膜ポリープに子宮鏡手術を施行し,卵管炎を併発した1例

    依光 正枝, 清水 美幸, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    臨床婦人科産科   62 ( 3 )   308 - 311   2008年3月

  • 婦人科がん領域におけるPET-CTの有用性について

    依光 正枝, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 石田 理, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    広島市立広島市民病院医誌   24 ( 1 )   47 - 50   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    著者らの施設における婦人科癌90例を対象にPET-CT検査の有用性について検討した。PET-CT検査適応の内訳は定期的なフォロー20例、再発の診断34例、病期診断23例、原発部位の検索5例、悪性の診断8例であった。その結果、1)原発部位の検索については、癌性腹膜炎になると腹膜原発の腫瘍か卵巣原発の腫瘍かの同定は困難であった。2)卵巣腫瘍の良・悪性の診断では、PET-CTはほぼ的確にその悪性度を把握することが可能であった。3)術前の病期診断は卵巣癌および子宮体癌においては大きく進展した場合を除き有意義ではなかった。4)子宮頸癌における術前病期診断においては、傍大動脈におよぶ広汎なリンパ節転移がある場合などは明らかな異常所見として検出された。5)再発の診断に関しては、PET-CT検査の有用性の判定は困難であった。

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍手術における低侵襲・機能温存の工夫 低侵襲手術としての広汎子宮全摘術における神経温存法とその予後

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 辰本 幸子, 大石 理恵

    産婦人科手術   ( 18 )   55 - 62   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    子宮頸癌に対する広汎子宮全摘術において、膀胱の機能を支配する神経の経路を考慮した神経温存法の実際とその効果について検討した。本法では子宮(腟)枝を包む膜の切断で、尿管は膀胱枝・骨盤神経叢・下腹神経・尿管枝を含む膜を垂れ下げたまま外側へ移動可能となり、傍腟組織の切除は神経を切断せずに広範囲に切断可能であった。本法を行った43例において、術後半年以降の排尿障害はなく、傍腟組織と考えられる部位からの骨盤内再発は認めなかった。

    researchmap

  • X線骨盤計測後に緊急帝王切開術となった不正軸進入,回旋異常症例

    早田 桂, 繁田 浩三, 河原 伸明, 太田 雅博, 赤松 信雄

    姫路赤十字病院誌   27   1 - 7   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:姫路赤十字病院図書学術委員会  

    X線骨盤計測後緊急帝王切開術となった4症例を報告した.症例1は23歳で,身長155cm,狭骨盤ではないが,胎児は母体の腹側を向いて回旋異常を認め,切迫子宮破裂兆候を認め手術となった.症例2は31歳で,身長152cm,子宮口は8cm開大するもStation-2で狭骨盤では無いが,児頭は高い位置で回旋し後頭前方高在縦の状態でその後切迫子宮破裂兆候を認め分娩停止と判断し手術となった.症例3は34歳で,身長156cm,破水入院し,後頭後方在縦と診断し経過観察していたが,23時間経過後も児頭の下降,有効陣痛共に認めず誘発分娩するもノンリアシュアリングな児の状態を認め手術となった.症例4は28歳で,154cm,狭骨盤ではないが,児頭の侵入方向は仙骨側に向かっており不正軸侵入を認めた.その3時間後,切迫子宮破裂兆候を認め分娩進行停止と判断し緊急手術となった

    researchmap

  • 高度蛋白尿をともない急性発症した遅発型重症妊娠中毒症の1症例

    平松 祐司, 早田 桂, 藤原 美佐保, 石井 恵子, 井下 秀司, 熊澤 一真, 増山 寿, 工藤 尚文, 杉山 斉, 槇野 博史, 佐藤 靖

    産婦人科の実際   51 ( 10 )   1461 - 1464   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    19歳の初妊婦で,妊娠34週に妊娠中毒症を生じた.高度蛋白尿(16.83g/日)を示し,眼底には周囲に浮腫をともなう軟性白斑を認めた.妊娠35週に破水し,緊急帝切で児娩出後,血圧と浮腫は急速に正常化した.尿蛋白量は産褥27日に2.02gとなり,101日には0.14g/日まで下降した

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 出生前診断の現状と遺伝カウンセリング 助産師に求められること

    早田 桂

    母性衛生  2021年9月  (公社)日本母性衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【専攻医必携! 術中・術後トラブル対処法-予期せぬ合併症で慌てないために】産科編 帝王切開術

    増山 寿, 早田 桂

    臨床婦人科産科  2021年7月  (株)医学書院

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

    <文献概要>●綿密な術前診察・検査にてリスク評価を行い,想定されるさまざまな状況に備えて対処法を熟知し,さらに次の手を考えておくことが重要である.●日頃から迅速,確実な手術手技を目指したトレーニングと周術期の評価および管理に習熟し,手術ごとに振り返り,考え,研鑽を積んでいくことが手術上達のコツである.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01564&link_issn=&doc_id=20210706150003&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1409210441&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1409210441&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 完全子宮脱合併妊娠の経腟分娩の経験 頸管裂傷の縫合治癒課程の詳細

    牧 尉太, 早田 桂, 三島 桜子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 増山 寿

    産婦人科手術  2021年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • COVID-19 周産期緊急搬送システム"iPicss"を用いた救急隊と搬送連携/災害発生後やCOVID-19妊婦の連携体制の構築

    牧 尉太, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2021年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨形成不全症と胎児診断され、遺伝カウンセリングに苦慮したXXX女性の一例

    衛藤 英理子, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 早田 桂, 長谷川 高誠, 吉本 順子, 大月 審一, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2021年6月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 過去10年間に37週以降で分娩となった母体における低出生体重児のリスク因子の変遷

    假谷 奈生子, 光井 崇, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2021年6月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    【目的】当院では妊娠37週以降の低出生体重児の出生率が増加傾向である。そこで当院の妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した母体のリスク因子を検討し、その増加の原因を明らかとすることを目的とした。【方法】2009年から2018年に当院で妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した妊婦223例を対象とし、母体や出生児の情報および母体のリスク因子を後方視的に検討した。低出生体重児の増加の原因を、2009年から2013年の5年間(前期群)と2014年から2018年の5年間(後期群)に分類し検討した。また、light-for-date(LFD)およびsmall-for-date(SFD)のみでの検討も行った。本研究は、当院の倫理委員会の承認を得て行った。【結果】2009年から2018年に当院で妊娠37週以降に低出生体重児を分娩した223例のリスク因子を検討した結果、妊娠中の体重増加不良が99例(44.4%)と最も多く、次に母体年齢35歳以上が73例(32.7%)、非妊娠時BMI18.5未満が64例(28.7%)の順に多かった。年代別に比較検討した結果、前期群に比較し、後期群ではLFDが28例(30.7%)から65例(49.2%)、SFDが18例(19.8%)から32例(24.2%)と増加していた。リスク因子に関しては、いずれも妊娠中の体重増加不良、母体年齢35歳以上、非妊娠時BMI18.5未満の順に多く、過去10年間と同様の傾向を認めた。しかし、SFDを分娩した母体のみでリスク因子を検討すると、前期群と比較して後期群では妊娠中の体重増加不良を有する妊婦の有意な増加を認めた。【結論】当院の過去10年間における妊娠37週以降の低出生体重児を出産した母体のリスク因子として、やせや妊娠中の体重増加不良、高齢出産の妊婦が多かった。これらを改善するため、妊娠出産適齢期の女性の妊娠前からの体重管理や妊娠中の適切な体重増加を指導する必要があると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 分娩後出血時のダイナミック造影CTは治療選択に必要不可欠である

    早田 桂, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2021年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中の母体体組成量および安静時代謝量の変化と出生児体重の関係

    衛藤 英理子, 三苫 智裕, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2021年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨形成不全症合併妊娠の一例

    横畑 理美, 衛藤 英理子, 三苫 智裕, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2021年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体より出生したSGA児のcatch-upに影響する因子

    三島 桜子, 光井 崇, 三苫 智裕, 横畑 理美, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 塚原 宏一, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2021年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における多職種連携死戦期帝王切開シミュレーションの実際

    谷 和祐, 横畑 理美, 三苫 智裕, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2021年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 院内発症の死戦期帝王切開と院外発症の死戦期帝王切開を経験して

    三苫 智裕, 早田 桂, 横畑 理美, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2021年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出産前診断が困難であった不全型Cantrell五徴症の一例

    谷 和祐, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    超音波医学  2021年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 抗凝固療法中に下肢静脈血栓症を発症した抗リン脂質抗体症候群合併妊娠の一例

    大石 恵一, 久保 光太郎, 楠元 理恵, 樫野 千明, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鎌田 泰彦, 中塚 幹也, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先天性横隔膜ヘルニアによる胸部異所性腎を出生前診断した1例

    杉原 花子, 光井 崇, 谷 和祐, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 完全子宮脱合併妊娠の経腟分娩の経験 頸管裂傷の縫合治癒過程の詳細

    牧 尉太, 中藤 光里, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Spiral糸による連続縫合は帝王切開創部の菲薄化を予防する

    中藤 光里, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 産科危機的出血時の造影CTは治療選択に必須である

    大前 彩乃, 早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児超音波診断を活かす-産科医と新生児科医からの情報提供-腹部臓器疾患 腹壁破裂・臍帯ヘルニア

    早田桂, 吉本順子, 増山寿

    周産期医学  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    researchmap

  • 胎児心エコーを用いたストレイン値の基準値作成と、フレームレート数の必要性について

    大平 安希子, 早田 桂, 三島 桜子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    超音波医学  2020年11月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児先天性心疾患症例への産科医、小児循環器科医の関わりと倫理的配慮

    衛藤 英理子, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 近藤 麻衣子, 馬場 健児

    超音波医学  2020年11月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Spiral糸による帝王切開創部の縫合 豚心臓子宮モデルシミュと92XXXX水頭症例の体部横切開での使用経験

    牧 尉太, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 若手産婦人科医が自信をもって子宮頸管縫縮術を行うために 予防的頸管縫縮術から緊急症例、TACまで

    早田 桂, 増山 寿

    産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多嚢胞性卵巣症候群患者のインスリン抵抗性と妊娠に関する検討

    衛藤 英理子, 樫野 千明, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠  2020年8月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語  

    多嚢胞性卵巣症候群(polycystic ovary syndrome:PCOS)は生殖年齢の約5%に認められる比較的多い疾患であり、インスリン抵抗性が病態の基盤である。当科で管理したPCOS患者163例を対象に、インスリン抵抗性、妊娠との関連を調べた。PCOS全体の34%が肥満であり、分娩に至った例でもその割合は同等であった。PCOS分娩例を肥満群(非妊時BMI≧25)23例と非肥満群(<25)45例に分けて比較検討すると、肥満群の方がインスリン抵抗性の指標は上昇しており、高コレステロール血症、脂質異常症も多かった。また周産期合併症の頻度も肥満群で高値であったPCOSと肥満どちらが母体の耐糖能や周産期予後に対する影響度が大きいか調べた結果、肥満はPCOSそのものよりもインスリン抵抗性、周産期合併症のリスクをさらに増大させる因子であった。PCOS肥満妊婦はハイリスク妊婦と認識すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 妊娠性エプーリスからの大量出血で母体管理のため帝王切開を選択した一例

    白河 伸介, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2020年6月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

    今回、我々は妊娠性エプーリスが急性増悪し、口腔内大量出血をきたしたため、耳鼻咽喉科による姑息的な止血手術を一時的に施行した。その後、母体管理のために選択的帝王切開術を施行した一例を経験した。【症例】19歳、女性。1妊0産。自然妊娠成立し妊娠11週に近医受診。同時期に歯肉腫脹を自覚した。近医歯科で歯肉炎と診断され、終診となっていた。妊娠25週に歯肉腫脹が増悪し、当院口腔外科を紹介受診となった。当院口腔外科にて腫脹箇所の切除の選択肢も提示されたが希望されず、経過観察の方針となった。妊娠35週0日、歯肉腫脹の増悪と持続的な強出血を認め、止血困難で救急搬送となった。来院時ショックバイタルであり、右下5舌側歯肉臼後部から動脈性の出血を認めた。病変は3cm程度で臨床所見から妊娠性エプーリスを疑った。緊急腫瘍摘出術を施行し止血は得られたが、根治手術は難しく姑息的手術となった。ICU入室後、再出血を認めず経過した。病変の再出血時は止血困難となる可能性を考慮し、早期の妊娠終了を協議の上決定し、妊娠35週4日に選択的帝王切開術を施行した。女児、2308g、アプガースコア9点/9点(1分/5分)の生児を得た。術後口腔内出血を認めず、残存腫脹は消退し産後9日目に退院した。【結語】妊娠性エプーリスは妊婦の1%程度に認め、その程度・出現時期・形態は多岐に渡る。本例では母体適応で35週の帝王切開術の方針としたが、分娩後は自然に縮小・消失することが特徴で正期産まで経過観察する選択肢も上げられる。母児両方の状態を考慮し治療方針を決定する必要性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • NIPTを契機に判明したモザイク型21トリソミーと18q欠失症候群症例について

    早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 小川 千加子, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2020年6月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における妊娠37週以降の低出生体重児の母体背景の検討

    假谷 奈生子, 光井 崇, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 特発性肺高血圧症合併妊娠の一例

    三島 桜子, 光井 崇, 楠元 理恵, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠22週未満の治療的流産における胎盤位置に関する出血量の検討

    白河 伸介, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における前置胎盤の検討

    上田 菜月, 玉田 祥子, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【周産期超音波検査バイブル-エキスパートに学ぶ技術と知識のエッセンス】産科超音波検査の応用編 妊娠初期での染色体疾患のリスク評価

    早田 桂, 増山 寿, 佐々木 愛子

    臨床婦人科産科  2020年1月  (株)医学書院

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語  

    <文献概要>●NT測定をはじめとした染色体疾患の超音波検査によるリスク評価には技術が必要であり,いくつか計測上のポイントがある.●適切な画像でNT計測がされていないなかで,染色体疾患をはじめとした胎児疾患との関連を強調しすぎないような配慮が必要である.●NIPTが普及している昨今,諸外国においてNT計測は,単に染色体数的異常の検出を目的としたものではなく,心構築異常や胎児形態異常を診断するツールに移行してきている.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01564&link_issn=&doc_id=20200107230011&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1409209896&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1409209896&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • Robson分類を用いた当院の帝王切開症例の特徴と適応症例の妥当性評価

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科  2019年12月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    今日、世界的に帝王切開率は上昇傾向にあるため、世界保健機関は帝王切開術が施行された症例を分娩歴、分娩開始、胎位、胎数、妊娠週数により10グループに分類するRobson分類を用いて検討することを推奨している。今回、当院の帝王切開症例をRobson分類を用いて当院の帝王切開症例の特徴および適応症例の妥当性評価を検討したので報告する。2013年から2017年に当院で分娩した1933例を対象とした。Robson分類に従って分類し、各グループの帝王切開数及び帝王切開率を後方視的に検討した。本研究は、本学の倫理委員会の承認を得て施行された。5年間における当院の帝王切開率は全体で36.3%(702/1933例)であり、既往帝王切開症例(グループ5)の帝王切開数が最も多く206例であり、全帝王切開症例の29.3%を占めていた。グループ1とグループ2を合計したTSCN(term、single、cephalic、nulliparous)の帝王切開数は185例と全帝王切開症例の26.4%であり、2番目に多く、グループ2の中で予定帝王切開術となった症例は子宮手術歴、前置胎盤、胎児疾患の順に多かった。当院では、既往帝王切開症例及びTSCN症例の帝王切開数が全分娩件数に占める割合が高い。国内の既存の報告と比較検討すると、当院では正期産、単胎、頭位の妊婦での予定帝王切開率が高かった。帝王切開後経腟分娩の適応症例及びTSCN症例への帝王切開術の適応をより慎重に行うことによって、帝王切開率を改善することが期待できるのではないかと考えられた。Robson分類は、当院における帝王切開症例の分類ごとの数や比率を把握することができ、問題点を抽出し、改善点を検討することができることに関して有用であった。また、今後施設間のRobson分類による帝王切開症例の比較検討を行うことにより施設や地域ごとの特性を知り、地域ごとの医療水準の向上に繋がるツールになることが期待できる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20191216480012&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2019%2F006801%2F012%2F0065-0070%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2019%2F006801%2F012%2F0065-0070%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 多嚢胞性卵巣症候群患者のインスリン抵抗性と妊娠に関する検討

    衛藤 英理子, 樫野 千明, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠  2019年11月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 羊水検査で18トリソミーとロバートソン転座を認め、診断告知から夫婦の保因者診断まで経時的に遺伝カウンセリングを行った1例

    早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 小川 千加子, 吉本 順子, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2019年10月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語  

    羊水検査で18トリソミーとロバートソン転座を認め、2度の出産を経て両親の保因者診断まで継続対応した症例を報告する。36歳、初妊婦。妊娠30週に羊水染色体検査を行い、46,XX,inv(9)(p12q13)、der(14;22)(q10;q10)、+18が判明したが、18トリソミーのみ開示した。その後、女児を死産した。産褥期にロバートソン転座につき追加開示したが、保因者診断は希望せず、4ヵ月後に第2子を自然妊娠した。出生前遺伝学的検査は行わず、妊娠38週に男児を出産した。産褥期に自ら保因者診断を希望し、母46,XX、父45,XY、inv(9)、der(14;22)(q10;q10)より、父親由来のロバートソン転座が判明したが、両親は結果について受容可能な心理状況になっていた。開示時期と検査時期に配慮した遺伝カウンセリングが必要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J03823&link_issn=&doc_id=20191031560005&doc_link_id=20200226370005&url=http%3A%2F%2Fsearch.jamas.or.jp%2Flink%2Fbc%2F20200226370005&type=jamaslink&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F99999_1.gif

  • 妊娠中にネフローゼ症候群を発症し、ステロイドを投与しながら妊娠を継続した一例

    假谷 奈生子, 光井 崇, 上野 麻美, 西脇 麻里子, 北川 正史, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 杉山 斉, 和田 淳

    現代産婦人科  2019年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前置癒着胎盤のCesarean hysterectomyに総腸骨動脈バルーン閉塞術(CIABO)を併用し総腸骨動脈解離を発症した一例

    築澤 良亮, 衛藤 英理子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 中村 圭一郎, 増山 寿

    現代産婦人科  2019年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における前置癒着胎盤症例の検討

    上田 菜月, 玉田 祥子, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2019年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠性エプーリスからの大量出血で母体管理のため帝王切開を選択した一例

    白河 伸介, 牧 尉太, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 光井 崇, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2019年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 静脈血栓塞栓症(VTE)予防における分娩後抗凝固療法の有無と、D-dimer値の関係について

    川西 貴之, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科  2019年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体より出生した児の3歳までの身体発育調査

    光井 崇, 三島 桜子, 大平 亜希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集  2019年9月  日本女性栄養・代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦の妊娠経過に伴う安静時代謝量の変化

    衛藤 英理子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠  2019年8月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語  

    糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦において,安静時代謝量(resting energy expenditure;REE)の動向に違いがあるか検討することを目的とした。DM群14例とGDM群27例において,妊娠前期,中期,後期および産後にREEを測定した。DM群では妊娠前期から産後にかけてREEが減少傾向にあったが,GDM群では妊娠前期から後期にかけてREEが増加し産後に減少していた。非肥満妊婦のREEはDM群では全期間を通して有意な変化はなかったものの減少傾向にあった。一方でGDM群では妊娠後期に向けて有意な上昇を認めた。肥満妊婦ではDM群で産後に向かっての減少傾向が強く、GDM群でも後期にかけての上昇はみられなかった。(著者抄録)

    researchmap

  • 前置胎盤帝王切開時に経腟エコーを用いて、胎盤剥離時期を判断する

    早田 桂, 牧 尉太, 大平 安希子, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    産婦人科手術  2019年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前置胎盤帝王切開術の応用 経腟超音波ドプラ法と手術室画像モニターの工夫

    牧 尉太, 早田 桂, 大平 安希子, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    産婦人科手術  2019年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 平成30年7月豪雨における災害時小児周産期リエゾン活動報告

    塚原 紘平, 影山 操, 渡部 晋一, 牧 尉太, 早田 桂

    日本小児科学会雑誌  2019年7月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血族結婚の家系で出現した血小板無力症の幼少期から分娩までの経過

    前口 武志, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2019年7月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 夫が均衡型相互転座を有し、NIPTで21番染色体長腕の部分欠失が疑われたためマイクロアレイ解析を追加実施した1例

    早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 吉本 順子, 酒本 あい

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2019年7月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖尿病モデルマウス(KK/TaJcl)の胎盤におけるHIF-1α及び血漿中のsFlt-1とPlGFの産生に関する検討

    光井 崇, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本女性栄養・代謝学会誌  2019年6月  日本女性栄養・代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 分娩時のアロマテラピー使用の有用性について

    高原 悦子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    アロマテラピー学雑誌  2019年6月  (公社)日本アロマ環境協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    古来より経験的に用いられてきたエッセンシャルオイルであるが、近年医療現場でもいろいろな目的で用いられるようになってきた。産科領域では分娩後などにサービスとしてトリートメントの提供を行っている産院も多くある。しかし、補完療法の一環として用いている病院は少ないと思われる。今回エッセンシャルオイルを分娩時に用い疼痛緩和や血圧低下、分娩時間の短縮が得られるかを検討した。疼痛緩和、分娩時間の短縮は認め、分娩時の被験者のリラクゼーションや満足度にはつながった。血圧変化、出血量の減少は認めず、今後データの蓄積が必要と思われた。産科領域でのアロマテラピーの使用は、治療というよりサービスの提供を希望する被験者が多く、現時点では補完療法としてのアロマテラピーは発展途上にあると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 妊娠肥満マウスを用いた肥満・耐糖能異常関連素因の世代間連鎖の解明

    増山 寿, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • チョコレート嚢胞破裂を保存的加療後に帝王切開同時片側附属器切除術を施行した血小板無力症合併妊娠の1例

    江口 武志, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衞藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 分娩後出血時の下腹部造影CTは治療選択に有用か

    早田 桂, 三島 桜子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 周産期緊急搬送システム"iPicss"を用いた周産期搬送連携および災害発生後の連絡体制の構築

    牧 尉太, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における新定義による妊娠高血圧症候群の周産期背景に関する後方視的検討

    谷 和祐, 三島 桜子, 大平 安希子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院におけるlate preterm児の転帰と早期新生児予後

    大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 森本 大作, 岡村 朋香, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2019年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における胎児診断された胎児心構築異常の分娩転機の検討

    江口 武志, 大平 安希子, 牧 尉太, 谷 和祐, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における帝王切開症例のRobson分類による検討

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前置胎盤症例に対する術中経腟エコーの有用性について

    早田 桂, 大平 安希子, 牧 尉太, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院におけるトリソミー児の診断とその転帰について

    大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦の妊娠経過に伴う安静時代謝量の変化

    衛藤 英理子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠  2018年11月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 低酸素条件下のヒト絨毛細胞株HTR-8/SVneoにおけるEG-VEGFとMMPsの産生

    谷 和祐, 大平 安希子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本妊娠高血圧学会雑誌  2018年11月  (一社)日本妊娠高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊婦の緊急搬送体制改善に向けた院内改革と県下の取り組み 搬送システムOKAYAMA Picssと搬送補助アプリiPicss Appの開発

    牧 尉太, 早田 桂, 大平 安希子, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 恵理子, 増山 寿

    現代産婦人科  2018年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における帝王切開症例のRobson分類による検討

    三苫 智裕, 光井 崇, 早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科  2018年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 常位胎盤早期剥離によるIUFDに対し経腟分娩を行った4症例の検討

    田中 奈緒子, 大平 安希子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2018年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「口唇裂・口蓋裂患者に対する包括的チームアプローチ」 口唇裂・口蓋裂の胎児超音波所見と、最新の超音波機器を用いた診断への取り組みについて

    早田 桂

    中・四国矯正歯科学会雑誌  2018年8月  中・四国矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 低用量アスピリン内服による妊娠高血圧症候群発症予防についての後方視的検討

    玉田 祥子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2018年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 帝王切開時筋腫核出術を施行した子宮下部巨大筋腫合併妊娠の一例

    谷村 吏香, 衛藤 英理子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2018年6月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

    帝王切開時筋腫核出術を施行した子宮下部巨大筋腫合併妊娠の一例を経験したので報告する。症例は31歳、4妊1産、自然妊娠成立し初期から近医で妊娠管理されていた。妊娠25週5日に性器出血を認め、翌日前医へ母体搬送となった。子宮下部に巨大筋腫を認め、出血も持続するため周産期管理目的に妊娠26週4日当院へ転院となった。初診時の経腟超音波検査では子宮前壁の頸部から体下部にかけて14cm径の子宮筋腫を認め、子宮頸管は圧迫により強く引き延ばされていた。経腹超音波検査では胎児は横位で推定体重970g(+0.04SD)であった。胎盤は子宮後壁に付着し、上縁は子宮底部、下縁は筋腫上端の高さに位置していた。入院後も筋腫は次第に増大し、上腹部圧迫感が増悪していった。妊娠34週5日選択帝王切開術+子宮筋腫核出術を施行した。子宮筋腫の上端から3cm離れた位置で子宮体部横切開を行い、骨盤位で児を娩出した。体重1888gの男児でアプガースコア8/9点であった。晩出部位の子宮筋層を縫合した後、筋腫一塊として核出した。手術時間は1時間58分、出血量は2320mlであった。術後7日目に退院し、産褥1ヵ月健診で異常所見は認めなかった。当院で過去に経験した筋腫合併妊娠症例をあわせて報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20180704460007&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2017%2F006602%2F007%2F0243-0247%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2017%2F006602%2F007%2F0243-0247%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 妊娠高血圧症候群の病態におけるプロレニンの影響

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2018年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新ACC/AHA高血圧ガイドラインにおける高血圧ステージ分類における周産期予後の検討

    江口 武志, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2018年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖尿病合併妊婦と妊娠糖尿病妊婦の妊娠経過に伴う安静時代謝量の変化

    衛藤 英理子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 早田 桂, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2018年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血糖モニター(リアルタイムCGM)を用いた糖代謝異常妊婦の陣痛発来後の血糖動態および血糖管理方法の検討

    牧 尉太, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 平松 祐司, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2018年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 全前脳胞症に22q11.2欠失症候群を合併した1例

    谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 岡村 朋香, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2018年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前置胎盤の帝王切開時、術中経腟エコーで胎盤血流の減少を認めず癒着胎盤であった一例

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    超音波医学  2018年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前置胎盤症例に対する術中経腟エコーの有用性について

    早田 桂, 牧 尉太, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    超音波医学  2018年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹式広汎子宮頸部摘出術後に自然妊娠し、妊娠初期に経腹的頸管縫縮術を施行した一例

    玉田 祥子, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    超音波医学  2018年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 帝王切開時筋腫核出術を施行した36例の検討

    谷村 吏香, 衛藤 英理子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児期に心臓に高エコー域を認め出生後Fetal cardiac calcificationと診断された1例

    谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 静脈血栓塞栓症(VTE)予防における分娩後抗凝固療法の有用性は,D-dimer値で評価可能か

    早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹式広汎子宮頸部摘出術後に自然妊娠し,妊娠初期に経腹的頸管縫縮術を施行した一例

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 常位胎盤早期剥離の搬送、システム 常位胎盤早期剥離の搬送体制改善に向けた院内改革と県下の現状 搬送システムOKAYAMA Perinatal Integrated Conveying Sheet System"Okayama Picss"の構築

    牧 尉太, 早田 桂, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 平松 裕司, 増山 寿

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2018年1月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮下部巨大筋腫合併妊娠の一例

    谷村 吏香, 衛藤 英理子, 玉田 祥子, 光井 崇, 牧 尉太, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2017年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体から出生した児の長期予後 妊娠高血圧症候群の母体より出生した児の3歳までの身体発育の性差

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    日本妊娠高血圧学会雑誌  2017年9月  (一社)日本妊娠高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 静脈血栓塞栓症(VTE)予防における分娩後抗凝固療法の有無と、D-dimer値の関係について

    早田 桂, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿

    現代産婦人科  2017年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 帝王切開瘢痕部妊娠に関する多施設共同研究

    光井 崇, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿

    現代産婦人科  2017年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OKAYAMA搬送シート運用から1年 振り返りと今後 県内母体搬送システムの構築に向けた活動

    牧 尉太, 早田 桂, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2017年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【当院の超音波検査を"最新"にしている理由】臨床で効果を上げる超音波診断 先進のアプリケーションを有する最新US装置がもたらす臨床的・運用的メリット

    早田 桂, 牧 尉太, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿

    新医療  2017年8月  (株)エムイー振興協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語  

    2016年11月に東芝メディカルシステムズ社製Aplio i800を導入した。導入に至る経緯と、先進のアプリケーションが産婦人科領域における診断のみならず超音波を用いた臨床研究に有用であるか否か、超音波画像診断の新しい可能性を示す。(著者抄録)

    researchmap

  • 糖代謝異常妊婦のエネルギー変化から食事指導を考える

    衛藤 英理子, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2017年8月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語  

    糖代謝異常妊婦のエネルギー変化から食事指導を再考するために、糖代謝正常群(N群)103例、異常群(D群)44例を対象として、妊娠前期、中期、後期、産後に安静時代謝量(REE)を測定した。N群のREEは前期と中期に比べて後期に有意に増加し、産後は減少していたが、D群では有意な増減は認めなかった。D群のうち血糖コントロール不良群では血糖コントロール良好群より妊娠中REEが有意に高値を示し、周産期合併症の頻度も高かった。糖代謝異常妊婦に対する食事指導では、エネルギー付加量を時期により増加させなくてもよいかもしれない。周産期合併症を予防するためには食事指導に加えて血糖コントロールも重要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J03986&link_issn=&doc_id=20170905430020&doc_link_id=%2Few4touny%2F2017%2F001702%2F023%2F5054-5056%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Few4touny%2F2017%2F001702%2F023%2F5054-5056%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 周産母子施設における妊娠22週未満の分娩方法と胎盤位置に関する出血量の検討

    牧 尉太, 早田 桂, 岡本 和浩, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の母体より出生した児の3歳までの身体発育の調査 SGA児の発育への影響因子の検討

    光井 崇, 増山 寿, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群を合併した間葉性異形成胎盤の一例

    玉田 祥子, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における分娩後の静脈血栓塞栓症予防の取り組み

    岡本 和浩, 増山 寿, 清時 毅典, 甲斐 憲治, 谷 和祐, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵管妊娠における当院での管理方法に関する検討

    相本 法慧, 牧 尉太, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 谷 和祐, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院搬送院外発症常位胎盤早期剥離症例における母児の転帰に関する検討

    甲斐 憲治, 牧 尉太, 相本 法慧, 清時 毅典, 谷 和祐, 岡本 和浩, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中の75gOGTTから産後の糖尿病発症を予測できるか?

    衛藤 英理子, 牧 尉太, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 岡本 和浩, 谷 和祐, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における胎盤ポリープ症例の検討

    清時 毅典, 玉田 祥子, 甲斐 憲二, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 巨大parasitic myomaの一例

    玉田 祥子, 田中 梓菜, 早田 桂, 楠本 知行, 鎌田 泰彦, 中村 圭一郎, 関 典子, 増山 寿, 平松 祐司

    産婦人科手術  2017年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で経験した気管無形成の3症例

    谷 和祐, 甲斐 憲治, 清時 毅典, 牧 尉太, 岡本 和浩, 江口 武志, 玉田 祥子, 岡村 朋香, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2017年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮内膜癌再発に対する妊孕性温存治療後、生殖補助医療で妊娠し生児を得た一例

    矢野 肇子, 酒本 あい, 安藤 まり, 樫野 千明, 松岡 敬典, 長谷川 徹, 早田 桂, 小谷 早葉子, 楠本 知行, 鎌田 泰彦, 中村 圭一郎, 関 典子, 増山 寿, 中塚 幹也, 平松 祐司

    現代産婦人科  2017年5月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    近年40歳以下の若年子宮内膜癌患者は増加しており、その妊孕性温存が注目されている。我々は子宮内膜癌IA期発症後にmedroxyprogesterone acetate(MPA)による高用量黄体ホルモン療法後の再発に対し再度MPA療法を行い、生殖補助医療により生児を得た症例を経験したので報告する。症例は32歳女性既婚、未経妊。不正性器出血を主訴に前医を受診した。子宮内膜組織診でendometrioid adenocarcinoma、Grade 1と診断され、当科紹介となった。当院での精査で、子宮内膜癌IA期相当と診断、妊孕性温存希望のため、MPA療法を6ヵ月間行った。子宮内膜組織診で悪性所見の消失を確認後、妊娠を試みるも妊娠成立せず、初回治療から3年2ヵ月後に組織診断でendometrioid adenocarcinomaの再発が指摘された。依然挙児希望は強く、リスクを十分に説明した上で再度MPA療法を6ヵ月間行った。子宮内膜組織診で悪性所見の消失を確認し、不妊治療を再開した。生殖補助医療を選択し、GnRHアンタゴニスト法で14個の卵子を採取し体外受精した。受精後6日目に胚盤胞まで達した3AA胚1個を凍結した。子宮内膜組織診で陰性を確認後、ホルモン補充周期で凍結融解胚移植を行い、妊娠成立した。妊娠経過は順調で、妊娠40週4日に胎児機能不全の適応で帝王切開術を施行した。MPA療法は治療後1〜3年以内に再発する症例が多く、寛解後早期の不妊治療開始が推奨され、体外受精により妊娠する症例が多い。本症例のように子宮内膜癌再発後にMPA療法と生殖補助医療を行い、生児を得た症例の報告は散見されるが、本邦のガイドラインでは推奨されていないため、十分な説明と同意のもとに慎重に行われるべきである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20170612460016&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006502%2F016%2F0217-0221%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006502%2F016%2F0217-0221%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【超音波診断装置の新境地-新しい血流イメージングが創る診断のブレイクスルー】周産期におけるSMIの診断能とその活用

    早田 桂

    映像情報Medical  2017年5月  産業開発機構(株)

  • 胎児完全房室ブロックに対してデキサメタゾン内服と塩酸リトドリン点滴にて治療を行った抗SS-A抗体陽性初産婦の一例

    三島 桜子, 玉田 祥子, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司, 沖本 直輝

    現代産婦人科  2017年5月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    抗SS-A抗体陽性母体児に房室ブロックが生じる確率は1〜7.5%と報告されており、適切な治療がなされなければ胎児死亡となってしまう症例も少なくない。今回我々は、胎児完全房室ブロックに対し、塩酸リトドリン点滴とデキサメタゾン内服にて胎児の心不全予防を行った一例を経験したので報告する。症例は27歳、0経妊0経産。妊娠24週の健診時、胎児徐脈および心嚢液貯留を認め、精査目的に前医を紹介受診した。心室拍数60bpm、心房拍数120-130bpmの完全房室ブロックを認めたため、入院し胎児心拍数改善目的に塩酸リトドリン持続点滴を開始した。また母体の抗SS-A/SS-B抗体陽性が判明し、デキサメタゾン4mg/日内服も開始した。妊娠30週より新生児治療を含めた周産期管理のため当院転院となった。入院時超音波検査では、胎児推定体重1839g(+1.7SD)、心室拍数65bpm、心房拍数120bpm、心胸郭比34%、左室収縮率60%で、心嚢液はごくわずかに貯留していたが、胎児水腫は認めなかった。デキサメタゾン内服と塩酸リトドリン点滴を継続し、心室拍数70bpmとわずかに改善し心嚢液貯留はほぼ消失した。しかし母体に塩酸リトドリンに対する薬疹が出現し投与を中止したところ、胎児心室拍数は次第に減少し55bpmを下回るようになり、心嚢液も増悪した。イソクスプリン持続点滴を開始し再び55bpm以上まで改善したが、早期娩出が望ましいと判断し35週6日に選択的帝王切開にて分娩に至った。出生児は男児、2413g、Apgar score 7/8(1分値/5分値)、臍帯動脈血pH7.384であった。出生時心拍60-70bpmの徐脈であり、イソプロテレノール点滴による加療を行ったが改善を認めず、日齢68に恒久的ペーシング埋め込み術を施行され、日齢91に退院となった。胎児完全房室ブロックを発症した場合、徐脈性心不全への進行を予防することが重要であり、胎児心拍数が55bpmを下回った場合胎児死亡となる可能性がある。本症例では、ステロイド内服とβ刺激剤点滴にて胎児徐脈の改善および心不全への進行を予防し、妊娠期間を延長することができた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20170612460017&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006502%2F017%2F0223-0227%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006502%2F017%2F0223-0227%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 子宮体癌再発に対する妊孕性温存治療後、生殖補助医療で妊娠し生児を得た1例

    安藤 まり, 酒本 あい, 樫野 千明, 松岡 敬典, 長谷川 徹, 早田 桂, 小谷 早葉子, 鎌田 泰彦, 関 典子, 増山 寿, 平松 祐司, 中塚 幹也

    日本生殖医学会雑誌  2017年4月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Beckwith-Wiedemann症候群を合併した間葉性異形成胎盤の一例

    衛藤 英理子, 岡本 和浩, 谷 和祐, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2017年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口唇裂をきっかけに出生前診断された分葉型全前脳胞症の一例

    玉田 祥子, 岡本 和浩, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2017年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で経験したNager症候群の1例

    早田 桂, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 衛藤 英理子, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2017年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 他科合同シミュレーションによって顕在化した部署間の意義の差について

    妻鳥 桃子, 牧 尉太, 早田 桂, 飯守 美和, 小野 夕貴, 山村 香織, 高取 佐智子, 増山 寿, 平松 祐司

    岡山県母性衛生  2017年3月  岡山県母性衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Team STEPPSと岡山大学病院周産母子センターにおける取り組み

    早田 桂

    岡山県母性衛生  2017年3月  岡山県母性衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 院内・県下の周産期救急の連携にむけて 緊急帝王切開シミュレーションとOKAYAMA母体搬送・産後出血チェックシートの導入

    牧 明日可, 牧 尉太, 妻鳥 桃子, 山村 香織, 高取 佐智子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    岡山県母性衛生  2017年3月  岡山県母性衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 漿液性網膜剥離を発症した重症妊娠高血圧症候群の一例

    三島 桜子, 早田 桂, 岡本 和浩, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠により急性増悪した常染色体優性多発性嚢胞腎合併妊娠の1例

    杉井 裕和, 牧 尉太, 岡本 和浩, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機械弁による心臓弁置換術後の妊娠管理経験、症例報告

    岡本 和浩, 増山 寿, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における超緊急帝王切開術 シミュレーションの成果とその後の変化

    玉田 祥子, 岡本 和浩, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 安静時代謝量の変化からみた糖代謝異常妊婦の至適エネルギー量

    衛藤 英理子, 岡本 和浩, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 左心低形成症候群における胎児心臓超音波所見と新生児経過の比較 新生児仮死との関連について

    江口 武志, 牧 尉太, 岡本 和浩, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中に顕在化した緩徐進行1型糖尿病の1例

    清時 毅典, 延本 悦子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2016年11月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語  

    【緒言】緩徐進行1型糖尿病(slowly progressive insulin dependent (type 1) diabetes mellitus:SPIDDM)は、発症時は食事や経口血糖降下薬のみで治療が可能な2型糖尿病の病態を呈するが、膵島自己抗体が持続陽性を示し、緩徐にインスリン分泌能が低下し、最終的にインスリン依存状態となる糖尿病である。頻度は抗グルタミン酸脱炭酸酵素抗体(抗Glutamic acid decarboxylase抗体:抗GAD抗体)陽性例に限ると日本人では2型糖尿病と思われている症例の約7〜10%に認められる。今回我々は、妊娠中に顕在化したSPIDDMの1例を経験したので報告する。【症例】29歳。1経妊0経産。非妊娠時BMI 30.3kg/m2。自然妊娠し、前医にて妊娠初期の随時血糖は91mg/dl。妊娠29週に尿糖陽性であり、食後2時間血糖値が192mg/dlと高値であった。食事療法にて管理されたが、75gOGTT前値118mg/dl 1時間値180mg/dl 2時間値256mg/dl、HbA1c 6.6%のため、妊娠31週に妊娠中の明らかな糖尿病として当科紹介となった。血液検査にて食後インスリン値(IRI:immunoreactive insulin)56.2μU/ml、抗GAD抗体10.3U/mlであり、抗GAD抗体は陽性であるがインスリン分泌能は保たれていた。食事療法とインスリン療法にて加療したが、胎児推定体重が+1.5SDのため、妊娠39週1日で誘発目的に入院。妊娠39週2日に高位破水を認め、妊娠39週4日、微弱陣痛、分娩停止、子宮内感染を疑い帝王切開施行。児は4202g、男児、Apgar score 1分4点、5分9点、UmA pH 7.284。分娩後の血糖は食事療法のみでコントロールできているが、厳重フォローの方針となった。【考察】今回妊娠によるインスリン抵抗性の増大により顕在化したSPIDDMの症例を経験した。妊娠中に発症する1型糖尿病は劇症型1型糖尿病が多くを占め、SPIDDMはまれである。また本症例のように2型糖尿病の病態を示すため見つかりにくく注意が必要である。今後内因性のインスリン分泌能が2型糖尿病と比較して速く低下することが予想され、インスリン治療が必要となると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20161227440021&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006501%2F021%2F0127-0131%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2016%2F006501%2F021%2F0127-0131%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 糖代謝異常妊婦のエネルギー変化から食事指導を考える

    衛藤 英理子, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2016年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠30週に劇症1型糖尿病を発症し、ケトアシドーシスから子宮内胎児死亡に至った1例

    松岡 敬典, 玉田 祥子, 楠元 理恵, 岡本 和浩, 牧 尉太, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2016年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中の75gOGTTから産後早期の境界型糖尿病発症を予測できるか?

    田村 奈悠, 衛藤 英理子, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2016年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児完全房室ブロックに対してデキサメタゾン内服と塩酸リトドリン点滴にて治療を行った抗SS-A抗体陽性初産婦の一例

    三島 桜子, 玉田 祥子, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2016年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生後早期に気道確保を必要とした上顎体、舌奇形腫、舌裂を合併した唇顎口蓋裂の一例

    江口 武志, 牧 尉太, 谷 和祐, 岡本 和浩, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 鷲尾 洋介, 吉本 順子, 飯田 征二, 平松 祐司

    現代産婦人科  2016年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 安心・安全な周産期医療のシステム県下統一に向かって OKAYAMA母体搬送・産後出血チェックシートの導入

    牧 尉太, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2016年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における左心低形成症候群の胎児診断からのリスク分類に基づいた治療計画

    近藤 麻衣子, 馬場 健児, 栗田 佳彦, 栄徳 隆裕, 重光 祐輔, 福嶋 遥佑, 平井 健太, 大月 審一, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 早田 桂

    日本小児循環器学会雑誌  2016年7月  (NPO)日本小児循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 体重差が少ないMD双胎の管理と母体・新生児予後の検討

    江口 武志, 柏原 麻子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司, 鷲尾 洋介, 吉本 順子

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群における発症週数や胎児発育による子宮動脈血流の相違

    光井 崇, 増山 寿, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖代謝異常妊婦の安静時代謝量

    衛藤 英理子, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠前の体格と妊娠中の体重増加量は、出生体重や胎盤重量に影響するか

    早田 桂, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧における腎機能検査と胎児発育についての検討

    延本 悦子, 牧 尉太, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「分娩第3期の予防的介入の効果」と「分娩後出血のリスク因子の解析及び予想モデルの検討」

    牧 尉太, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前置胎盤40例の検討

    岡本 和浩, 増山 寿, 柏原 麻子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 原発性心内膜線維弾性症に起因する胎児水腫からMirror症候群を発症した一例

    柏原 麻子, 平野 友美加, 岡本 和浩, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 帝王切開瘢痕部妊娠と診断されるも、本人の強い希望で妊娠継続し、生児を得た一例

    玉田 祥子, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2016年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 急性膵炎を契機に発見された胃癌合併妊娠の一例

    岡本 和浩, 瀬川 友功, 柏原 麻子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2016年5月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    胃癌合併妊娠は稀であるが、欧米と比較して日本では比較的高率である。妊娠に合併する胃癌は、症状としては悪心嘔吐、上腹部痛等があるがそれらは正常な妊娠経過でも経験し、特異的でないこと、また妊娠中は放射線検査が躊躇されることもあり発見が遅れることも多く、診断時に進行している症例が多く、予後は不良である。今回我々は急性膵炎を契機に発見された胃癌合併妊娠の一例を経験したので文献的考察を踏まえて報告する。症例は29歳、0経妊0経産。妊娠33週5日に背部痛を認め、翌日に前医救急外来を受診。血液検査で著明なアミラーゼ高値を認め、急性膵炎の診断となった。第3病日に今後の加療目的に当科紹介転院となった。第4病日に施行したMRI検査にて悪性腫瘍合併が疑われ、その他の画像検査と併せて胃癌合併が強く疑われた。既に妊娠34週に入っており、児の娩出は問題ないと判断し、第6病日・妊娠34週4日に帝王切開を行い、妊娠を終了した。帝王切開時、腹腔内に多発する転移巣を認め、胃幽門部に腫瘤性病変を認め、周囲のリンパ節腫大、胃から膵への直接浸潤を認めた。第10病日・帝王切開術後4日目に上部消化管内視鏡を行い、胃体下部に3型・潰瘍浸潤型の胃癌を認めた。第19病日・術後13日目より化学療法(5-FU+PTX)を開始した。第51病日に癌性髄膜症による急性水頭症を認め、V-P shunt術を施行した。その際の脳脊髄液細胞診はclassVであり、癌細胞は既知の胃癌として矛盾しない所見であった。第65病日早朝より除脳硬直が出現し、約1時間後に永眠された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20160624350054&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F054%2F0431-0434%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F054%2F0431-0434%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 胎児骨系統疾患の2例

    衛藤 英理子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2016年5月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    【緒言】胎児骨系統疾患は非常に稀であり、疾患によって予後も様々であるため正確な出生前診断を行うことが重要である。2009年1月から2014年12月までの間に当院で周産期管理された胎児骨系統疾患の2例を報告する。【症例1】28歳、1経妊1経産。家族歴に骨系統疾患なし。妊娠17週に四肢短縮を指摘され妊娠22週に紹介初診となった。胎児超音波検査では四肢の全肢節に-6〜-8SD程度の短縮がみられ、全肢節重度短縮型骨系統疾患と考えられた。妊娠29週の胎児3D-CTでは大きな頭蓋冠と側頭部の膨隆、ベル型胸郭、長管骨の著しい彎曲短縮と受話器様大腿骨等を認め、タナトフォリック骨異形成症が強く疑われた。羊水過多による切迫早産のため妊娠30週より入院管理。骨盤位および児頭大横径の拡大のため妊娠38週1日に選択的帝王切開で身長39cm、体重2772g、頭囲38.5cm、胸囲28cmの男児をアプガースコア2/2点で出産した。児は出生後31分で死亡した。【症例2】37歳、3経妊2経産。家族歴に骨系統疾患なし。妊娠27週頃より胎児大腿骨の発育を認めないため妊娠31週に紹介初診となった。胎児超音波検査では中等度の四肢短縮を示し、特に上腕骨や大腿骨で-5SD程度の短縮がみられ、近位肢節短縮型骨系統疾患と考えられた。妊娠29週の胎児3D-CTでは頭蓋冠の拡大、長管骨骨幹端のcupping、大腿骨の軽度彎曲像等を認め、軟骨無形成症が疑われた。骨盤位のため妊娠39週2日に選択的帝王切開で身長46cm、体重2898g、頭囲36.5cm、胸囲28cmの男児をアプガースコア8/9点で出産した。新生児の遺伝子検査で4p16.3にあるFGFR3遺伝子に変異が認められ、軟骨無形成症と診断された。現在外来管理中である。【結語】胎児超音波検査や3D-CT検査、遺伝子診断により正確な出生前診断を行うことができた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20160624350003&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F003%2F0159-0164%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F003%2F0159-0164%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当院における胎児心疾患症例の現状と課題

    衛藤 英理子, 渋川 昇平, 光井 崇, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司, 吉本 順子

    現代産婦人科  2016年5月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    【目的】先天性心疾患は新生児の約1%にみられる最も頻度の高い先天奇形の一つであるため、出生後に適切な治療を行う上で胎児診断が重要となっている。当院における胎児心疾患症例の現状と課題を把握することを目的とした。【研究方法】2011年4月から2014年3月までに当院で先天性心疾患疑いのため当院産科胎児超音波精査外来を受診した109例を対象に、診療録より母体背景、胎児診断名および診断週数、新生児診断名、染色体検査の有無、分娩方法、児の予後を抽出し、後方視的に検討した。また1997年から2013年までの胎児心疾患症例数を診療録より集計した。【研究成績】胎児心疾患症例は年々増加し、2000年と比較すると2013年は約9倍となっていた。109例のうち紹介例は102例(県外51例)、当院での胎児診断週数は32.9±3.8週であった。新生児診断では左心低形成症候群が23例と最も多く、心室中隔欠損症18例、両大血管右室起始症13例、肺動脈閉鎖症11例などであった。胎児診断と新生児診断を比較すると、特に完全大血管転位症、両大血管右室起始症、ファロー四徴症、総肺静脈還流異常症の胎児診断に苦慮する傾向がみられた。児の予後不良例は10例(子宮内胎児死亡1例、新生児死亡9例)あり、左心低形成症候群の重症型や18トリソミーの症例が多かった。胎児超音波検査で染色体異常が疑われて出生前に羊水染色体検査が行われた症例と、出生後に児の染色体検査が行われた症例とを合わせると、18トリソミー7例、21トリソミー5例、22q11.2欠失症候群1例という結果であった。【結語】当院は先天性心疾患の紹介例が多く、中でも左心低形成症候群が多いのが特徴であった。羊水染色体検査は適切な症例に施行すれば有用な情報が得られる。円錐動脈幹奇形や総肺静脈還流異常症の胎児診断率の向上が今後の課題である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20160624350018&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F018%2F0229-0233%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F018%2F0229-0233%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 有嚢性横隔膜ヘルニアの2例

    牧 尉太, 平野 友美加, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2016年5月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    最近当科で経験した有嚢性横隔膜ヘルニア(CDH)の2例を報告する。【症例1】初産、38週3日、胎児心奇形を疑い当科に紹介受診し、超音波精査でCDH、完全口唇口蓋裂、及び総肺静脈還流異常症(TAPVC)が疑われた。MRI検査では横隔膜の挙上が認められた。肺胸郭断面積比は0.22-0.28であり他科との相談の上、経腟分娩可能と判断、39週3日2,552g、女児、AP-s 3/3点自然分娩で出生。46XX、dup(5)q31.1-q33.1部分トリソミー、出生後大動脈離断症(IAA)、心室中隔欠損(VSD)、卵円孔開存(PFO)、動脈管開存症(PDA)と診断。Stabilization後、日齢1、開腹下で縫縮術を施行、術後診断は左有嚢性CDHであった。日齢20、心臓手術施行、術後経過良好。現在経過観察中である。【症例2】1経妊1経産。在胎9週3日多発性海綿状血管腫合併妊娠のため、当科紹介受診。その後FGR傾向が認められたが、明らかな胎児異常は認められず、38週3日母体適応による選択的帝王切開を施行。2,400g、女児、AP-s 8/8点、出生後呼吸状態が悪化し挿管となった。胸部CT検査で原因不明の左横隔膜挙上と左肺虚脱を認め、左横隔膜弛緩症が疑われ、日齢0、当院NICU入院。日齢2、胸腔鏡下で縫縮術を施行。術後診断は有嚢性CDHであった。経過良好で退院。【考察】高率で他の先天異常を合併し、出生後治療に向け画像検査で正確な評価が必要となるCDHに対し、予後判定に有用な指標が確立されつつある。症例1はその予後判定を行い、経腟分娩を選択し生児を得た後、CDH縫縮術及び心臓手術を無事施行できた。出生前診断が困難であったCDH単独発症の1例と併せ文献的考察を絡め報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20160624350010&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F010%2F0193-0197%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006402%2F010%2F0193-0197%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 胎児期に診断された心臓腫瘍の新生児経過と予後の検討

    江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司, 近藤 麻衣子, 馬場 健児

    超音波医学  2016年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 診断に難渋した先天性サイトメガロウイルス感染症の一例

    玉田 祥子, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2016年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 除細動器植え込み術後の閉塞性肥大型心筋症患者の妊娠を継続し、生児を得た一例

    光井 崇, 増山 寿, 江尻 健太郎, 江口 武志, 玉田 祥子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 伊藤 浩, 平松 祐司

    超音波医学  2016年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 有嚢性横隔膜ヘルニアの2例

    牧 尉太, 平野 友美加, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2016年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NIPT陽性9例に施行した胎児超音波検査所見について

    早田 桂, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2016年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児心臓腫瘍の3症例

    衛藤 英理子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 高原 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2016年3月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    稀な疾患である胎児心臓腫瘍を3例経験したので報告する.症例1は30歳の経産婦で,妊娠38週0日に当院へ紹介となった.胎児超音波検査では心室中隔から左心室内に径13mm大の高輝度腫瘤を認め一部が左室流出路に突出していた.妊娠39週1日3,966gの男児を経腟分娩した.日齢1に腫瘍切除術を行い組織診断は横紋筋腫であった.生後2ヵ月半の頭部MRI検査で結節性硬化症と診断され,てんかんを合併している.5歳の時点で腫瘍の再発は認めていない.症例2は30歳の経産婦で,妊娠29週5日に当院へ紹介となった.胎児超音波検査では左心室内,右心室内,右心房内にそれぞれ径14mm,17mm,5mm大の高輝度腫瘤を認めた.妊娠39週5日2,866gの女児を経腟分娩した.生後日齢3の頭部CT検査で結節性硬化症と診断され,てんかんを合併している.3歳の時点で腫瘍は不変である.症例3は36歳の初産婦で,妊娠19週5日当院へ紹介となった.胎児超音波検査では左心室内に径10mm大の高輝度腫瘤を認めた.妊娠37週4日に3,006gの女児を経腟分娩した.日齢13に心室頻拍を認め抗不整脈薬で治療を開始した.9ヵ月の時点で腫瘍は不変である.胎児心臓腫瘍の予後不良因子は腫瘍径20mm以上,胎児不整脈,胎児水腫といわれている.胎児診断の重要性を再認識するとともに,更なる予後因子の検討のためにも症例を蓄積することは意義深い.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00833&link_issn=&doc_id=20160323480009&doc_link_id=%2Fed5choon%2F2016%2F004302%2F011%2F0311-0315%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fed5choon%2F2016%2F004302%2F011%2F0311-0315%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • NIPT判定保留後の再検査で18トリソミー陽性を認め、出産後に胎盤のマイクロアレイ解析で胎盤性モザイクが判明した1例

    早田 桂, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 酒本 あい, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 小谷 早葉子, 増山 寿, 平松 祐司, 吉本 順子, 峠 和美

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2016年3月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不育症に対する妊娠早期の低用量アスピリン投与(ASA)の妊娠高血圧症候群の予防効果について

    平野 友美加, 増山 寿, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 酒本 あい, 小谷 早葉子, 鎌田 泰彦, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フィブリノゲン補充療法と抗凝固療法により妊娠管理を行った先天性低フィブリノゲン血症双胎妊娠の一例

    小谷 早葉子, 鎌田 泰彦, 藤田 志保, 長谷川 徹, 酒本 あい, 平野 友美加, 早田 桂, 増山 寿, 中塚 幹也, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の発症時期による新生児、乳幼児期の発育への影響

    光井 崇, 増山 寿, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 抗NMDA受容体抗体脳炎による心肺停止から回復後、自然妊娠し生児を得た一例

    玉田 祥子, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠初期の腟分泌物培養検査は流早産予防に関与するか

    鈴井 泉, 早田 桂, 松原 侑子, 牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠の栄養代謝 "Diabetes begets diabetes" メカニズムの解明に向けて

    増山 寿, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 日本における2年間の無侵襲的出生前遺伝学検査(NIPT)の現況

    佐村 修, 左合 治彦, 北川 道弘, 和田 誠司, 佐々木 愛子, 関沢 明彦, 浜之上 はるか, 三浦 清徳, 山下 隆博, 永松 健, 澤井 英明, 山田 崇弘, 室月 淳, 鈴森 伸宏, 種元 智洋, 遠藤 俊明, 福島 明宗, 生野 寿史, 平久 進也, 松原 圭一, 吉里 俊幸, 前田 和寿, 加地 剛, 小川 昌宣, 佐世 正勝, 難波 聡, 長田 久夫, 西澤 春紀, 岡本 陽子, 金川 武司, 柿ヶ野 藍子, 小川 正樹, 中村 博昭, 和泉 俊一郎, 片桐 由起子, 笠井 靖代, 成瀬 勝彦, 吉松 淳, 早田 桂, 兵頭 麻希, 近藤 朱音, 川野 由紀枝, 大場 隆, 横浜 祐子, 市塚 清健, 川島 英理子, 三春 範夫, 川上 浩介, 日本NIPTコンソーシアム

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)受講者における成人教育の指導方法に関する検討

    牧 尉太, 岡本 和浩, 柏原 麻子, 玉田 祥子, 江口 武志, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で経験した心疾患合併妊娠の検討

    松原 侑子, 延本 悦子, 鈴井 泉, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先天性第V因子欠乏症を合併した妊婦の一例

    安藤 まり, 瀬川 友功, 佐藤 麻夕子, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司, 木村 吉宏

    現代産婦人科  2015年11月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語  

    先天性第V因子欠乏症は、発症頻度100万人に1人といわれる稀な疾患である。今回、術前検査の凝固能異常から本疾患が判明した症例を経験したので報告する。38歳女性、1経妊1経産。出血傾向の既往や家族歴はなかった。自然妊娠後、経過順調であったが、骨盤位のため選択的帝王切開術とした。術前検査で凝固能異常を認め、妊娠36週、精査加療目的で血液内科に紹介となった。初診時、プロトロンビン時間(PT)48%(正常値:80〜120%)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)47秒(正常値:25〜36秒)と延長していた。凝固因子検査で第V因子活性が3%未満と低値で、先天性第V因子欠乏症と診断された。妊娠39週2日、入院管理のもと新鮮凍結血漿(FFP)15単位を輸血した。妊娠39週3日、手術開始前にFFP5単位投与を追加した。術直前の血液検査でPT77%、APTT31.9秒に改善していることを確認し、全身麻酔下での予定帝王切開術を施行した。術中出血量は、羊水込みで約2020mlと多かったが、子宮収縮不良による弛緩出血が主な原因であり、創部の止血や悪露の排出量に異常はなかった。FFPは、術終了後から術後3日目までは5単位、術後4日目から術後5日目までは2単位を12時間毎に輸血をした。期間中に出血傾向を認めず、術後6日目以降はFFPの追加補充を行うことはなかった。経過良好で術後7日目に退院となった。先天性第V因子欠乏症は、臨床症状が軽微なことから未診断の症例があるとされており、術前スクリーニングで凝固機能異常を認めた場合には本疾患を念頭において精査する必要があると考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20151215460025&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006401%2F025%2F0131-0134%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2015%2F006401%2F025%2F0131-0134%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当院における子宮収縮剤内服の適正使用の検討

    押目 奈々, 牧 尉太, 牧 明日可, 大橋 純子, 藤井 瑠梨, 飯守 美和, 土井 沙紀, 田中 文子, 高取 佐智子, 早田 桂

    日本クリニカルパス学会誌  2015年10月  (一社)日本クリニカルパス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊婦の糖代謝異常の診断時期による臨床像の差異について

    平野 友美加, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 高原 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2015年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠初期診断GDMの特徴と診断における有用性と意義 JAGS trialによる検討

    牧 尉太, 平松 祐司, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿

    糖尿病と妊娠  2015年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児心疾患における染色疾患及び心外奇形合併について

    平野 友美加, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 衛藤 英理子, 高原 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2015年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 急激に胎児水腫を発症しTAMと診断された2例

    松原 侑子, 延本 悦子, 鈴井 泉, 牧 尉太, 玉田 祥子, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2015年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ALSO in Okayama開催から始まる地域の枠を超えた安心・安全な周産期医療実現を目指して 受講者アンケートを通じて

    牧 尉太, 江口 武志, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 高原 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2015年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎盤病理検査が診断に有用であった先天性サイトメガロウイルス感染症の1例

    玉田 祥子, 鈴井 泉, 松原 侑子, 牧 尉太, 江口 武志, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 高原 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2015年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生殖補助医療反復不成功例に対し、卵管留水症および双角子宮に対する手術療法が有効であった一例

    乃美 志保, 酒本 あい, 久保 光太郎, 長谷川 徹, 小谷 早葉子, 早田 桂, 鎌田 泰彦, 増山 寿, 中塚 幹也, 平松 祐司

    現代産婦人科  2015年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 巨大胎盤血腫に対し抗凝固療法を施行し、生児を獲得した1例

    鈴井 泉, 早田 桂, 長谷川 徹, 松原 侑子, 牧 尉太, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 酒本 あい, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 中塚 幹也, 平松 祐司

    現代産婦人科  2015年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠糖尿病の血糖管理と血糖自己測定法(SMBG) GDMに対するSMBGの保険適応拡大に向けて

    平野 友美加, 光井 崇, 渋川 昇平, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2015年8月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の発症時期による病態や周産期経過の相違と新生児期の発育への影響

    光井 崇, 増山 寿, 玉田 祥子, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本妊娠高血圧学会雑誌  2015年8月  (一社)日本妊娠高血圧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ハイリスク妊婦に対する継続的子宮動脈血流測定の検討

    網師本 健佑, 増山 寿, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児発育は胎盤重量に依存する

    高知 佑輔, 早田 桂, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NIPT18トリソミー陽性例に施行した胎児超音波検査所見について

    早田 桂, 玉田 祥子, 光井 崇, 桐野 智江, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧と妊娠高血圧腎症の周産期予後に関する検討

    延本 悦子, 玉田 祥子, 渋川 昇平, 光井 崇, 桐野 智江, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群における子宮動脈血流の周産期経過や胎児発育に対する影響

    光井 崇, 増山 寿, 玉田 祥子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 重症肺炎と診断され紹介となった周産期心筋症の一例

    松本 菜見子, 平野 友美加, 玉田 祥子, 桐野 智江, 渋川 昇平, 光井 崇, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群(PIH)における胎盤病理の検討

    桐野 智江, 玉田 祥子, 渋川 昇平, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における胎児骨系統疾患の2例

    衛藤 英理子, 玉田 祥子, 桐野 智江, 渋川 昇平, 光井 崇, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 癒着胎盤における治療用電気手術器(LigaSure)の使用経験

    瀬川 友功, 藤原 晴菜, 光井 崇, 梶 笑美子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    産婦人科手術  2015年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大動脈離断症に対する胎児スクリーニングに有用な所見についての検討

    平野 友美加, 玉田 祥子, 桐野 智江, 渋川 昇平, 光井 崇, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における超緊急帝王切開術についての検討

    玉田 祥子, 平野 友美加, 桐野 智江, 渋川 昇平, 光井 崇, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2015年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 羊水検査で18トリソミーとロバートソン転座を認め、診断告知から夫婦の保因者診断まで経時的に遺伝カウンセリングを行った1例

    早田 桂, 玉田 祥子, 光井 崇, 平野 友美加, 小谷 早葉子, 酒本 あい, 延本 悦子, 小川 千加子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司, 吉本 順子, 峠 和美

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2015年5月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 無月経を呈したX-常染色体均衡型転座の1例

    小谷 早葉子, 鎌田 泰彦, 平野 友美加, 酒本 あい, 小川 千加子, 早田 桂, 平松 祐司

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2015年5月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 流産組織の絨毛染色体検査からみる胎児染色体異常の有無と、妊娠初期胎児心拍数増加に関する検討

    酒本 あい, 久保 光太郎, 乃美 志保, 長谷川 徹, 平野 友美加, 早田 桂, 小川 千加子, 小谷 早葉子, 鎌田 泰彦, 中塚 幹也, 平松 祐司

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2015年5月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における胎児心臓腫瘍の3例

    衛藤 英理子, 渋川 昇平, 光井 崇, 平野 友美加, 高原 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2015年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大学サッカー選手における傷害調査とケアについて

    小玉 京士朗, 早田 剛, 清水 健太, 降屋 丞, 桂 秀樹, 古山 喜一, 河合 洋二郎, 相澤 徹

    環太平洋大学研究紀要  2015年3月  環太平洋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    大学サッカー選手における傷害調査とケアについて検討した。サッカー部に所属している男子学生137例(18〜22歳)を対象に、アンケートを実施した。高校から現在に至るまでの障害の有無は、有り114例、無し23例であった。傷害の総発生件数は243件で、体幹29件、上肢26件、下肢188件であった。傷害における外傷は210件、障害は33件であった。外傷の内訳は、靱帯損傷101件、筋・腱損傷49件、骨折40件、軟骨損傷14軒、脱臼6件で、発生部位は足部89件、膝部45件、大腿部27件の順であった。障害の内訳は、骨・関節障害17件、筋・腱障害16件で、発生部位は腰臀部24件、鼠径部5件、下腿部2件の順であった。受診する医療機関は、病院79件、柔道整復52件、自己管理17件、トレーナー11件、鍼灸院9件、あんま・マッサージ3件、その他1件であった。

    researchmap

  • 妊娠17週にて子宮破裂を発症した既往帝王切開後妊娠の1例

    光井 崇, 西田 傑, 中村 圭一郎, 早田 桂, 谷 和祐, 河原 義文, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 18トリソミーに特徴的な小脳低形成検出を目的とした、小脳横径と小脳半球縦径の基準値作成と臨床応用

    早田 桂, 渋川 昇平, 光井 崇, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中に顕在化した緩徐進行1型糖尿病の1例

    清時 毅典, 延本 悦子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【妊婦さんへの説明にそのまま使える イラストでハイリスク妊娠がわかる本】(第2章)合併症妊娠 子宮筋腫合併妊娠

    早田 桂, 平松 祐司

    ペリネイタルケア  2015年1月  (株)メディカ出版

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    <保健指導のポイント>妊娠初期に大きな子宮筋腫を見つけた際、つい分娩方法は帝王切開と説明しがちです。結果的に帝王切開の可能性はありますが、子宮増大に伴い子宮筋腫の位置も変わるため、妊娠初期から妊婦さんを過度に不安がらせる必要はありません。しかし、多くの合併症が起こり、長期入院・点滴・安静の可能性があることを説明しておく必要があります。妊娠中の筋腫変性による一過性の疼痛は、痛みの程度に差はありますが多くの妊婦さんが経験するため、保健指導でも必ず伝えるべきポイントです。また、分娩後に子宮筋腫核出が必要と指導することもありますが、今回の妊娠が経腟分娩での出産にもかかわらず、その後筋腫核出を施行したために、次回妊娠が選択帝王切開での出産になることがあります。一方、さらに妊娠を希望する女性にとっては粘膜下筋腫、5cm以上の筋層内筋腫は妊娠率の低下を起こし、次の妊娠中の合併症も増加します。子宮筋腫核出の必要性は、これらの両面を考慮して指導するのがよいでしょう。(著者抄録)

    researchmap

  • 出生前診断における遺伝カウンセリングの実施体制及び支援体制に関する研究 一般産科診療から専門レベルに至る出生前診断に関する診療レベルの向上

    小西郁生, 福嶋義光, 山田重人, 三宅秀彦, 鮫島希代子, 澤井英明, 関沢明彦, 中込さと子, 早田桂, 山田崇弘, 山内泰子

    出生前診断における遺伝カウンセリングの実施体制及び支援体制のあり方に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    researchmap

  • 産科急性腹症の検討

    岡本 和浩, 瀬川 友功, 安藤 まり, 依田 尚之, 樫野 千明, 西條 昌之, 谷 和祐, 松岡 敬典, 衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 増田 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2014年11月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    妊娠時の急性腹症は早期診断されないと母児に多大な影響を与えるが、CT、MRI検査が制限されること、血液データに妊娠性変化があるため診断に苦慮する。本研究の目的は文献的考察をふまえ、我々の経験症例から妊娠時の急性腹症の早期診断において重要な点、それらをいかに治療するかについて検討することである。症例は岡山大学病院産婦人科において2008年4月から2013年3月までに妊娠中に急性腹症を呈した12症例。疾患の内訳は変性筋腫3例、卵巣嚢腫茎捻転3例、尿管結石3例、虫垂炎1例、穿通胎盤1例、胃癌末期1例の計12例。正診率は75%(9/12)、卵巣嚢腫茎捻転の1例は尿管結石、穿通胎盤は腸閉塞、胃癌末期は急性膵炎と初診時に診断されていた。初診時の診断では症状、身体診察、既往歴、エコー検査によってなされており、中でも既往歴は特に重要と思われ、変性筋腫の3/3例、卵巣嚢腫茎捻転の2/3例、尿管結石の2/3例は妊娠初期より筋腫、卵巣嚢腫、尿管結石を指摘されており、初診時に正診されている。血液検査は全例施行しており、WBC、CRPは妊娠を考慮すると明らかな異常値はなく、D-dimerは穿通胎盤、胃癌末期の症例において明らかな異常値であった。CTを施行した症例はなく、MRIは穿通胎盤、胃癌末期の症例で施行されており、正診されている。治療は卵巣嚢腫茎捻転の3例、穿通胎盤、胃癌末期の計5例が手術加療、その他の7例は保存的加療、なお尿管結石の1例は尿管ステント留置を施行されている。予後は胃癌末期の症例がその後癌性髄膜炎を発症して死亡、その他の11例は予後良好であった。妊娠時の急性腹症の診断では筋腫、卵巣嚢腫、尿管結石などの合併症を妊娠初期より診断し、上記妊娠合併症がある場合には後に急性腹症の原因となる可能性を念頭におく必要がある。血液検査ではWBC、CRPのみでは診断に結びつかない可能性が高い。妊娠を考慮しても明らかな異常値を呈する場合にはMRIを施行する必要があると思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20141216480015&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F015%2F0067-0071%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F015%2F0067-0071%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 短期間での貧血の進行を契機に慢性常位胎盤早期剥離を診断し得た1例

    依田 尚之, 早田 桂, 安藤 まり, 岡本 和浩, 樫野 千明, 西條 昌之, 谷 和祐, 松岡 敬典, 衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2014年11月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    血液検査で凝固異常の推移を追跡したところ偶然貧血の進行を認め、慢性常位胎盤早期剥離を診断し得た1例を経験した。外出血と血液凝固異常より常位胎盤早期剥離として母体搬送されるも、急速遂娩を要す異常がなく待機療法とした。4日後、外出血は消失し胎児心拍数波形異常もないが、短期間で貧血が進行しており、超音波で胎盤辺縁に血腫像を確認し慢性常位胎盤早期剥離と診断した。慢性常位胎盤早期剥離は外出血や下腹部痛が軽度なため、一度の診察のみでは見落とされる可能性がある。短期間に進行するHgb値低下を認めた場合、外出血や下腹部痛、胎児心拍数波形に異常がなくとも、立ちくらみのような貧血様症状の有無や、超音波断層法で胎盤を確認することが、慢性常位胎盤早期剥離の診断につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20141216480013&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F013%2F0059-0062%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2014%2F006301%2F013%2F0059-0062%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 妊娠糖尿病の血糖管理と血糖自己測定法(SMBG) GDMに対するSMBGの保険適応拡大に向けて

    平野 友美加, 光井 崇, 渋川 昇平, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2014年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【子宮筋腫診療のすべて】開腹手術

    平松 祐司, 増山 寿, 早田 桂, 延本 悦子

    産婦人科の実際  2014年10月  金原出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 耐糖能異常における早産と細菌性腟症の関係について

    延本 悦子, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2014年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における胎児発育不全症例の検討

    清時 毅典, 延本 悦子, 藤原 晴菜, 光井 崇, 衛藤 英里子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2014年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵管妊娠における血清hCGと治療法選択に関する検討

    大平 安希子, 早田 桂, 藤原 晴菜, 光井 崇, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2014年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 今月の画像 形質細胞白血病による肺腎症候群を生じた抗好中球細胞質抗体(MPO-ANCA)陽性間質性肺炎の1例

    石本 裕士, 澤山 靖, 矢寺 和博, 小田 桂士, 原 敦子, 早田 宏, 迎 寛

    呼吸  2014年7月  (一社)呼吸研究

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生前診断し得た臍動静脈瘻の1症例

    鈴井 泉, 平野 友美加, 渋川 昇平, 光井 崇, 村上 優子, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 亜鉛含有防錆剤に関連した急性呼吸窮迫症候群の2例

    石本 裕士, 矢寺 和博, 小田 桂士, 川波 敏則, 早田 宏, 河野 茂, 迎 寛

    産業医科大学雑誌  2014年6月  産業医科大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    亜鉛含有防錆剤に関連した急性呼吸窮迫症候群を呈した2例を報告する。症例1は、亜鉛を主成分とする防錆剤で加工された鉄板をアセチレンガスバーナーによって整形作業(歪み取り)している最中に急性呼吸窮迫症候群を生じていた。症例2は、亜鉛を多く含んだ防錆剤をエアレスコンプレッサーにて塗布する作業中に急性呼吸窮迫症候群が発生していた。両者ともに船倉内で防護具の使用を怠り作業にあたっていたことから、亜鉛ヒュームおよび亜鉛粉末の吸入が発症要因と考えた。本2症例の臨床経過は、金属熱様の症状とともに急速進行性の重篤な呼吸不全を呈し人工呼吸管理を必要としたが、その後の治療経過は良好であるなど類似点が多くみられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=20140612270007&doc_link_id=110009823335&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F110009823335&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Intrauterine fetal brain deathを疑った一例

    長谷川 徹, 渋川 昇平, 光井 崇, 村上 優子, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Trisomy18症例検出を目的とした、小脳径の基準値作成と臨床応用

    早田 桂, 渋川 昇平, 光井 崇, 藤原 晴菜, 梶 笑美子, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における分娩時大量出血症例における久保らが提唱した基準と従来基準の比較検討

    延本 悦子, 光井 崇, 渋川 昇平, 藤原 晴菜, 梶 笑美子, 岩永 優子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における糖代謝異常合併妊娠の周産期予後に関する検討

    亀井 裕子, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における胎児心疾患症例の特色

    衛藤 英理子, 渋川 昇平, 光井 崇, 藤原 晴菜, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司, 吉本 順子

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群の発症時期による病態や周産期経過の相違と新生児への影響

    光井 崇, 増山 寿, 渋川 昇平, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 薄く広い胎盤は癒着胎盤の可能性がある

    瀬川 友功, 渋川 昇平, 藤原 晴菜, 光井 崇, 梶 笑美子, 村上 優子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波にて胎盤因子による胎児発育不全が示唆された1例

    渋川 昇平, 早田 桂, 光井 崇, 藤原 明菜, 村上 優子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2014年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児超音波検査 胎児はどこまでチェックすべきか 教育

    早田 桂

    超音波医学  2014年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠22週未満でのTrisomy18症例検出を目的とした、小脳径の基準値作成と臨床応用

    早田 桂, 渋川 昇平, 黒川 晴菜, 光井 崇, 梶 笑美子, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2014年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【子宮筋腫-多様化した子宮温存療法】子宮温存療法の現況 子宮筋腫核出術 開腹術

    平松 祐司, 鎌田 泰彦, 早田 桂

    臨床婦人科産科  2014年3月  (株)医学書院

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開腹による筋腫核出術が核出術の基本であり,正しい層の発見法,切開ラインの決定,縫合法などを習得する.筋腫核出術の最も重要な点は正しい剥離離層の発見であり,非妊時手術で自信をもってできる人に限り,妊娠時,帝王切開時の核出を行ってよい.死腔を残さない縫合法,癒着を起こさない縫合法を習得する必要がある.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J01564&link_issn=&doc_id=20140225160004&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1409103611&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1409103611&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 短期間での貧血の進行から慢性常位胎盤早期剥離を超音波診断し児を救命した1例

    依田 尚之, 早田 桂, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 産科急性腹症の検討

    岡本 和浩, 瀬川 友功, 衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 癒着胎盤における治療法の工夫

    瀬川 友功, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高度肥満妊婦の周産期リスク

    衛藤 英理子, 平野 友美加, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Trisomy 18の胎内診断に有用となる胎児超音波所見の特徴

    早田 桂, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 分娩中に脳静脈洞血栓症をきたした一例

    谷 和祐, 延本 悦子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • やせ妊婦における体重増加および胎盤と周産期予後の検討

    延本 悦子, 平野 友美加, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 耐糖能異常と早産、前期破水の関連について

    延本 悦子, 衛藤 英理子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2013年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • II型糖尿病合併妊娠における血糖自己測定法(SMBG)の保険適応の拡大にむけて

    平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2013年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠糖尿病における血糖自己測定法(SMBG)の保険適応の拡大にむけて

    平野 友美加, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    糖尿病と妊娠  2013年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における羊水染色体検査の現状

    依田 尚之, 早田 桂, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2013年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科で経験した多脾症候群の4例

    谷 和祐, 延本 悦子, 衛藤 英里子, 早田 桂, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2013年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先天性第V因子欠乏症合併妊娠の一例

    安藤 まり, 瀬川 友功, 佐藤 麻夕子, 衛藤 英理子, 延本 悦子, 早田 桂, 木村 吉宏, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2013年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院におけるやせ妊婦の現状と周産期予後

    延本 悦子, 沖本 直輝, 早田 桂, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年9月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    2009年1月〜2012年6月までに分娩した1121名を対象に、やせ妊婦について児の出生体重や周産期合併症について検討した。対象は、非妊時BMIによりやせ群(BMI18.5未満)216名19%、普通体重群(BMI18.5以上25未満)771名69%、肥満群(BMI25以上)134名12%であった。やせ群は10代20代の妊婦が肥満群より有意に多く、有意に低出生体重児が多かった。また、やせ群の体重増加量は平均9.3kgで約50%は9kg未満であったが、適正体重増加量を満たさない場合は早産や低出生体重児が有意に多かった。以上より、やせ妊婦に対しては栄養管理による適正な体重増加の指導が必要であると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J04116&link_issn=&doc_id=20130920450010&doc_link_id=%2Fdy1jspnm%2F2013%2F004903%2F010%2F0949-0952%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdy1jspnm%2F2013%2F004903%2F010%2F0949-0952%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 恥骨上からのEZアクセスが有用であった若年巨大卵巣子宮内膜症性嚢胞の2例

    鎌田 泰彦, 佐藤 夕子, 酒本 あい, 福島 千加子, 早田 桂, 松田 美和, 清水 恵子, 楠本 知行, 平松 祐司

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2013年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 原疾患治療中に静脈血栓を発症した白血病患者に対し単孔式腹腔鏡下に卵巣部分切除および凍結保存を施行した一例

    酒本 あい, 鎌田 泰彦, 樫野 千明, 佐藤 麻夕子, 松田 美和, 清水 恵子, 福島 千加子, 早田 桂, 楠本 知行, 中塚 幹也, 平松 祐司

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2013年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下子宮全摘術後の付属器膿瘍

    佐藤 麻夕子, 楠本 知行, 酒本 あい, 福島 千加子, 早田 桂, 鎌田 泰彦, 平松 祐司

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2013年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先天性心疾患胎児における脳血流動態および頭部発育についての検討

    沖本 直輝, 延本 悦子, 早田 桂, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠高血圧症候群を発症し、妊娠32週で緊急帝王切開が必要となったHIV感染妊娠の1例

    春間 朋子, 瀬川 友功, 延本 悦子, 早田 桂, 沖本 直輝, 井上 誠司, 増山 寿, 吉本 順子, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊孕性温存を希望した頸管妊娠症例に対する保存的治療法の検討

    増山 寿, 井上 誠司, 延本 悦子, 早田 桂, 瀬川 友功, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 亡くなっていく胎児と家族へのケアに遺伝学的検査による確定診断は必要か

    早田 桂, 延本 悦子, 沖本 直輝, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における分娩時大量出血症例の検討

    川尻 智香, 延本 悦子, 早田 桂, 沖本 直輝, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における緊急産褥搬送の現状

    井上 誠司, 延本 悦子, 早田 桂, 沖本 直輝, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    現代産婦人科  2013年6月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    産褥期の緊急搬送は、妊娠中の母体搬送と比較し頻度は低いものの、とくに出産直後に生じる急性疾患は迅速な診断と治療が要求され、対応が遅れると母体死亡にいたる危険をはらんでいるが、逆に適切な処置により早期の回復が期待できる。今回われわれは、当科における緊急産褥搬送の現状について調査・検討を行った。2007年1月〜2012年6月において、当科に産褥期に緊急搬送された52症例を対象とし、その病態・入院時所見・治療内容について後方視的検討を行った。産褥搬送症例の内訳は、出血性疾患42例(弛緩出血13例、外陰腟壁血腫10例、癒着胎盤・胎盤遺残8例、頸管・腟壁裂傷4例、子宮破裂3例、子宮内反症2例、その他2例)および非出血性疾患10例であった。出血性疾患において入院時平均ヘモグロビン値は8.7g/dl(1.4-13.6)、推定総出血量2,657ml(130-15,000)、shock index 1.0以上であったのは13例(32%)であった。そのうち輸血は24例(57.1%)、外科的処置は22例(52.4%)、子宮動脈塞栓術は9例(21.4%)に施行された。緊急産褥搬送された症例は、高率に輸血や外科的介入を要するため、個々の症例の病態や重症度に応じて、迅速に評価・判断を行い適切な治療を行う必要がある。母体救命のためには、前医および関連各科との円滑な連携体制、迅速な血液製剤輸血の準備、手術室の整備が必須であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20130620480015&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2012%2F006102%2F015%2F0223-0226%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2012%2F006102%2F015%2F0223-0226%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 妊娠糖尿病管理におけるSMBGの適応拡大にむけて

    平野 友美加, 延本 悦子, 沖本 直輝, 早田 桂, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 癒着胎盤における治療用電気手術器(LigaSure)の使用経験

    瀬川 友功, 延本 悦子, 早田 桂, 沖本 直輝, 井上 誠司, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • frontonasal dysplasiaの1例

    村上 優子, 吉本 順子, 小寺 亜矢, 高杉 瑞恵, 塚原 宏一, 延本 悦子, 早田 桂, 沖本 直輝, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2013年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 亡くなっていく胎児と家族へのケアに遺伝学的検査による確定診断は必要か 13トリソミー症例を通して

    早田 桂, 延本 悦子, 沖本 直輝, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本遺伝カウンセリング学会誌  2013年5月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 将来胎児発育不全に陥る症例検出を目的とした超音波胎盤計測法と発症予知への臨床応用

    早田 桂, 延本 悦子, 沖本 直輝, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2013年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高脂肪食飼育子宮内環境の世代を超えた代謝エピゲノムへの影響と新たな治療標的の検討

    増山 寿, 延本 悦子, 早田 桂, 沖本 直輝, 井上 誠司, 瀬川 友功, 平松 祐司

    日本内分泌学会雑誌  2013年4月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3 vessel view観察による右大動脈弓スクリーニングの有用性について

    沖本 直輝, 延本 悦子, 早田 桂, 井上 誠司, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    超音波医学  2013年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高脂肪食飼育子宮内環境は、アディポサイトカイン遺伝子のエピゲノム変化を介して世代を超えてメタボリック症候群発症に関与する

    増山 寿, 延本 悦子, 沖本 直輝, 早田 桂, 井上 誠司, 瀬川 友功, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2013年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児発育は胎盤重量に依存する

    早田 桂, 佐藤 麻夕子, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2012年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 帝王切開術後疼痛における経静脈的自己調節鎮痛法と自己調節硬膜外鎮痛法の除痛効果について

    佐藤 麻夕子, 早田 桂, 長治 誠, 清水 健治, 舛本 明生, 吉田 信隆

    鳥取医学雑誌  2012年6月  (公社)鳥取県医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ウンドリトラクターを用いた小開腹法による子宮筋腫核出術

    早田 桂, 佐藤 麻夕子, 長治 誠, 清水 健治

    鳥取医学雑誌  2012年6月  (公社)鳥取県医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 周術期の血栓症予測にD-dimerは有用か

    佐藤 麻夕子, 早田 桂, 長治 誠, 清水 健治

    鳥取医学雑誌  2012年6月  (公社)鳥取県医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児発育は胎盤重量に依存する

    早田 桂, 小松 玲奈, 佐藤 麻夕子, 浅野 令子, 関野 和, 香川 幸子, 舛本 明生, 依光 正枝, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 長治 誠, 清水 健治

    産科と婦人科  2012年4月  (株)診断と治療社

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    胎児発育と胎盤発育の関係を明らかにするため、単胎・双胎の出生体重と分娩時に計測した胎盤重量につき後方視的に検討した。妊娠22週以降に分娩となった単胎1028例、双胎64例を対象とした。在胎週数に伴い、胎児発育同様に胎盤も発育し、両群ともに正の相関を認めた。AFD、LFD、HFDの3群とも胎盤重量は在胎週数に相関した。LFD症例ではAFD症例に比し胎盤重量は有意に小さく、HFD症例ではAFD症例に比し胎盤重量は有意に大きめであった。双胎の対象は64例あり、2絨毛膜2羊膜(DD)双胎43例、1絨毛膜2羊膜(MD)双胎21例であった。胎盤重量は在胎週数に相関した。DD双胎とMD双胎では分娩週数、胎盤重量ともに有意差がなかった。胎盤重量は簡便な指標でありながらFGRやPIH、GDMの病態を反映した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00525&link_issn=&doc_id=20120327220016&doc_link_id=%2Fae4sanke%2F2012%2F007904%2F021%2F0503-0508%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fae4sanke%2F2012%2F007904%2F021%2F0503-0508%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 周郭胎盤は胎児超音波診断可能か?

    早田 桂, 佐藤 麻夕子, 長治 誠, 清水 健治, 小松 玲奈, 吉田 信隆

    超音波医学  2012年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生前診断で18トリソミーと診断され胎児緩和ケアを選択した1症例

    浅野 令子, 早田 桂, 小松 玲奈

    広島市立広島市民病院医誌  2012年3月  広島市立広島市民病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠21週に診断した胎内サイトメガロウイルス感染の胎児超音波所見

    早田 桂, 佐藤 麻夕子, 長治 誠, 清水 健治, 小松 玲奈, 石田 理, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2012年3月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    中期中絶が可能な妊娠21週時の胎児超音波検査で、胎内サイトメガロウイルス感染と診断した1例を経験した。当初は胎児発育不全(-2.0SD)以外に明らかな胎児形態異常を認めないと思われたが、胎向の変化に伴い、胎児腹水や頭部皮下浮腫、脳内石灰化像を確認。5日後の再検査では胎児水腫は増悪していた。問診により保育所勤務と、妊娠19週に軽微な風邪症状を認めていたことが判明した。母体採血ではサイトメガロウイルスIgM陽性であり、画像所見を含め、症候性胎内サイトメガロウイルス感染と診断した。症候性胎内サイトメガロウイルス感染では、胎児発育不全や胎児腹水、脳内石灰化などを認めるが、推定体重計測程度の簡易な超音波検査では胎児異常のサインを見落とす可能性がある。妊娠22週未満でも胎児発育不全をきっかけに胎児を注意深く観察し、問診や他の検査を組み合わせることで、症候性胎内サイトメガロウイルス感染の早期診断につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20120816370042&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2011%2F006002%2F042%2F0419-0424%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2011%2F006002%2F042%2F0419-0424%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 将来胎児発育不全となる症例検出を目的とした妊娠中期超音波胎盤計測法と発症予知への臨床応用

    早田 桂, 佐藤 麻夕子, 長治 誠, 清水 健治, 小松 玲奈, 吉田 信隆, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会雑誌  2012年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中期胎児スクリーニング時の超音波胎盤計測より、胎児発育不全症例を検出する方法

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年12月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    妊娠20〜21週に超音波Bモード画像により胎盤長径と推定体重を計測し、後に正期産で分娩に至った単胎347症例を対象とし、将来胎児発育不全(FGR)となる症例が検出できるかを前方視的に検討した。LFD(light-for-dates)症例18症例では非LFD症例329例よりも妊娠20-21週時点における胎盤長径と推定体重SD値は有意に小さく、分娩時の胎盤重量と胎盤長径も有意に小さかった。また、妊娠中期の胎盤長径と推定体重に関するROC曲線を作成し、将来FGRとなる症例の予知精度を比較した結果、推定体重よりも胎盤長径のほうが優れたスクリーニング検査であることが示され、胎盤長径11.1cmをcut-off値とした場合の陽性的中率は29%、陰性的中率は99%であった。FGR症例検出を目的とした胎盤長径計測は、臨床応用に有用であることが示唆された。

    researchmap

  • 管理に苦慮した術後肺血栓塞栓症(PTE)・深部静脈血栓症(DVT)の1例

    河合 清日, 早田 桂, 長治 誠, 清水 健治

    鳥取医学雑誌  2011年12月  (公社)鳥取県医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 治療に難渋したOHSSの1例

    河合 清日, 早田 桂, 長治 誠, 清水 健治

    鳥取医学雑誌  2011年12月  (公社)鳥取県医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生前診断で18トリソミーと診断され、胎児緩和ケアを選択した1症例

    浅野 令子, 小松 玲奈, 早田 桂, 佐藤 麻夕子, 関野 和, 香川 幸子, 舛本 明生, 中務 日出輝, 依光 正枝, 野間 純, 石田 理, 吉田 信隆

    広島医学  2011年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PET-CTで診断し得た子宮体がんと横行結腸癌の重複癌の一例

    河合 清日, 早田 桂, 長治 誠, 清水 健治

    現代産婦人科  2011年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小開腹法による子宮筋腫核出術

    早田 桂, 佐藤 麻夕子, 関野 和, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    産婦人科手術  2011年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における治療的子宮頸管縫縮術の手術手技について

    辰本 幸子, 佐藤 麻夕子, 関野 和, 岡田 朋美, 小松 玲奈, 依光 正枝, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    産婦人科手術  2011年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 重症胎児発育制限例における推定体重の検討

    関野 和, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    産婦人科の実際  2011年7月  金原出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    2004年6月〜2009年12月の5年6ヵ月間に著者らの施設で分娩した単胎で高度な胎児発育制限例(FGR)52症例(在胎週数29.4±2.3週)を対象に、推定体重と出生体重の差について検討した。その結果、52例中36例(69.2%)で推定体重が実際の出生体重よりも大きく測定されており、出生体重は887.5±247.2g、推定体重は948.8±288.4gと平均値には有意差が認められなかった。また、FGRのリスク因子を母体因子、胎児因子、臍帯・胎盤因子の3群に分けて調べたところ、母体胎因子である妊娠高血圧症候群(PIH)症例の26例中24例(92.3%)において推定体重が出生体重より大きく計測されていた。以上より、高度FGR症例において特にPIH症例では推定体重を大きく測定していることが多いことに注意しながら対処する必要があると考えられた。

    researchmap

  • 胎児胸腔-羊水腔シャント術を施行し良好な経過をたどった胎児肺分画症の1例

    小松 玲奈, 中田 雅彦, 住江 正大, 早田 桂, 関野 和, 岡田 朋美, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 秋山 卓士

    超音波医学  2011年7月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    胎児胸水を伴う肺分画症の予後は不良である.胎児胸水除去及びシャント術を行うことで,胎児水腫や肺低形成が予防でき,予後の改善につながると言われている.胎児胸腔-羊水腔シャント術が有効であった胎児肺分画症の1例を経験したので報告する.症例は,34歳,経産婦.前医で胎児胸部腫瘤と心臓右方偏位を認め,妊娠28週6日に当科を紹介初診した.胎児超音波検査・MRI検査で左胸郭に43×46×41mmの腫瘤と多量の胸水を認めた.腫瘤は肺葉外に存在し,腹部大動脈から腫瘤へ向かう栄養血管を同定し肺葉外肺分画症と診断した.その他胎児構造異常や胎児水腫を認めず,ウィルス感染は否定的であった.同日胎児胸水を32ml除去したが,翌日には胸水の再貯留を認めたため,妊娠29週1日に胎児胸腔-羊水腔シャント術を施行(超音波ガイド下に八光社製ダブルバスケットカテーテルを留置)した.術後両肺は拡張し,胸水の再貯留・分画症肺の増大・羊水過多や切迫早産徴候なく経過した.妊娠38週5日,分娩誘発にて3,110gの女児をAS9/9で経腟分娩した.児はNICUに入院,人工呼吸管理は不要であったが,日齢1より胸水が貯留し胸腔持続ドレナージを開始,150-200ml/日の排液を認めた.日齢8に分画肺摘出術を施行し,経過良好で日齢17に退院した.本症例は無治療であれば胎児水腫などを合併し予後不良であったと予想され,胎児胸腔-羊水腔シャント術が有用であった.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00833&link_issn=&doc_id=20110818460010&doc_link_id=10.3179%2Fjjmu.38.481&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3179%2Fjjmu.38.481&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 18トリソミー胎児における小脳前後径計測の意義

    小松 玲奈, 多田 克彦, 早田 桂, 関野 和, 香川 幸子, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 宮木 康成

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 重症胎児発育制限例における胎児推定体重についての検討

    関野 和, 浅野 令子, 佐藤 麻夕子, 岡田 朋美, 香川 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における母体搬送の現況

    石田 理, 佐藤 麻夕子, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 舛本 明生, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 婦人科再発癌に対する手術療法についての検討

    野間 純, 関野 和, 依光 正枝, 小松 玲奈, 早田 桂, 石田 理, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2011年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生前診断で18トリソミーと診断され、胎児緩和ケアを選択した1症例

    浅野 令子, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 舛本 明生, 早田 桂, 小松 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 関野 和

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 漿液性腺癌の画像所見とその発生部位について

    吉田 信隆, 柳井 広之, 野間 純, 依光 正枝, 香川 幸子, 石田 理, 舛本 明生, 早田 桂, 小坂 由紀子, 小松 玲奈, 岡田 朋美, 関野 和, 佐藤 麻夕子

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2011年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児胸腔-羊水腔シャント術を施行し良好な経過をたどった胎児肺分画症の1例

    小松 玲奈, 中田 雅彦, 住江 正大, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 重度新生児仮死の原因と予後

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 小坂 由紀子, 舛本 明生, 早田 桂, 小松 玲奈, 香川 幸子, 岡田 朋美, 関野 和, 佐藤 麻夕子, 浅野 令子

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 帝王切開術後疼痛における経静脈的自己調節鎮痛法と自己調節硬膜外鎮痛法の除痛効果について

    佐藤 麻夕子, 浅野 令子, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖代謝異常のない妊婦におけるHbA1c値の変動と周産期予後の関連について

    舛本 明生, 浅野 令子, 佐藤 麻夕子, 岡田 朋美, 香川 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Trisomy18の胎内診断に有用な胎児超音波所見の特徴

    早田 桂, 小松 玲奈, 浅野 令子, 佐藤 麻夕子, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2011年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不妊治療後の妊娠とその予後

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 舛本 明生, 早田 桂, 小松 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 関野 和

    産婦人科の実際  2011年5月  金原出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    2007〜2009年に分娩となった3126例のうち、流産・品胎を除き、単胎妊娠の不妊治療なし2733例(平均30.9歳:正常単胎群)、不妊治療あり126例(平均34.5歳:不妊単胎群)、双胎妊娠の不妊治療なし130例(平均30.7歳:正常双胎群)、不妊治療あり58例(平均32.3歳:不妊双胎群)の予後について検討した。単胎妊娠では、分娩時年齢、経産回数が不妊単胎群で有意に高く、分娩時週数、出生時体重、Apgarスコア、分娩様式に差はなかった。経腟分娩で介入された割合は不妊単胎群で有意に多く、不妊単胎群では予定帝切の理由として筋腫合併・筋腫術後、胎児発育遅延が有意に多かった。双胎妊娠では、全分娩における双胎比率は不妊双胎群で有意に高く、分娩時年齢は不妊双胎群で、経産回数は正常双胎群で高く、出生時週数、分娩時体重、Apgarスコアについては不妊双胎群で予後良好で、一絨毛膜双胎の比率は正常双胎群で有意に高かった。なお、一絨毛膜双胎・二絨毛膜双胎についても児の予後は不妊治療群で良好であった。以上、不妊治療後の妊娠には、単胎・双胎妊娠とも母体年齢や妊娠継続に対しての積極性などが影響し、不妊治療そのものは影響を及ぼしていないことが示された。

    researchmap

  • Hypophosphatasia及びhypochondrogenesisの胎児超音波所見の特徴

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 辰本 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    超音波医学  2011年5月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    骨系統疾患は100種類以上存在するが,個々の疾患頻度は低く診断に苦慮することが多い.中には予後不良な疾患も含まれ,正確な出生前診断を要する.今回,骨系統疾患を同時期に2例経験したので報告する.症例1は24歳.妊娠29週に大腿骨短縮を指摘され紹介.四肢全て短縮のため全肢節短縮型骨系統疾患と診断.胎児頭蓋内構造は明瞭に描出され,超音波プローブで胎児の頭蓋を圧迫すると骨変形を認め,hypophosphatasia(低フォスファターゼ症)を疑った.3D-CTでは頭蓋骨や椎体,両手足指の描出は骨化不良のため困難であった.出生児は生後20分後に死亡し,臍帯血ALP 5IU/Lであった.症例2は31歳.妊娠20週に大腿骨短縮を指摘され紹介.四肢全て短縮のため全肢節短縮型骨系統疾患と診断.大腿骨の短縮と骨幹端の末広がり,胸郭低形成より予後不良な四肢短縮症を疑い,正確な出生前診断には至らずも,同意のもと中期中絶を行った.後日死産児の全身X線写真よりhypochondrogenesis(軟骨低発生症)と診断した.2症例とも一般的に生命予後不良な四肢短縮症である.超音波補助診断として,近年3D-CTの有用性が報告され,胎児超音波によりスクリーニングを行い,3D-CTで確定診断を行う方法が適切との見方もある.3D-CTでは長管骨の計測に加え,細かい形態の変化や骨化の程度といった超音波では描出し難い所見を得ることが可能とされるからである.大腿骨短縮を認めた場合は四肢全ての計測を行い,胸郭低形成の有無を確認し,重症度の鑑別診断が重要である.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00833&link_issn=&doc_id=20110615460007&doc_link_id=%2Fed5choon%2F2011%2F003803%2F008%2F0283-0289%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fed5choon%2F2011%2F003803%2F008%2F0283-0289%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 胎児期に著明な心拡大と動脈管狭小化をみとめた新生児心筋炎の一例

    関野 和, 三村 朋子, 岡田 朋美, 小松 玲奈, 早田 桂, 吉田 信隆

    超音波医学  2011年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 18トリソミーにおける胎児超音波所見の特徴

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 香川 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    超音波医学  2011年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生体重SD値の妊娠中期超音波胎盤長径に対する基準値曲線について

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 香川 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    超音波医学  2011年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 先天性小腸閉鎖の腸捻転により広範囲の腸壊死がおこり緊急帝王切開を必要とした1例

    三村 朋子, 関野 和, 岡田 朋美, 小松 玲奈, 早田 桂, 石田 理, 吉田 信隆

    超音波医学  2011年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 18トリソミー胎児における小脳低形成の形態学的特長 小脳前後径計測の意義

    小松 玲奈, 多田 克彦, 早田 桂, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 宮木 康成

    超音波医学  2011年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 低フォスファターゼ症の胎児超音波所見と3D-CTの特徴

    早田 桂, 小松 玲奈, 佐藤 麻夕子, 関野 和, 岡田 朋美, 香川 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2011年3月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    骨系統疾患は100種類以上存在するが、個々の疾患頻度は低く診断に苦慮することが多い。中には予後不良な疾患も含まれ、正確な出生前診断を要する。今回低フォスファターゼ症を系統だって診断し得たので報告する。症例は24歳。0経妊0経産。妊娠29週に大腿骨短縮を指摘され紹介。四肢全て短縮のため全肢節短縮型骨系統疾患と診断。胎児頭蓋内構造は明瞭に描出され、超音波プローブで胎児の頭蓋を圧迫すると骨変形を認め、低フォスファターゼ症(hypophosphatasia)を疑った。3D-CTでは頭蓋骨や椎体、両手足指の描出は骨化不良のため困難であった。出生児は生後20分後に死亡し、臍帯血ALP 5IU/Lであった。低フォスファターゼ症は一般的に生命予後不良な四肢短縮症である。超音波補助診断として、近年3D-CTの有用性が報告され、胎児超音波によりスクリーニングを行い、3D-CTで確定診断を行う方法が適切との見方もある。3D-CTでは長管骨の計測に加え、細かい形態の変化や骨化の程度といった超音波では描出し難い所見を得ることが可能とされるからである。大腿骨短縮を認めた場合は四肢全ての計測を行い、胸郭低形成の有無を確認し、重症度の鑑別診断が重要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20110524470027&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2010%2F005902%2F027%2F0259-0263%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2010%2F005902%2F027%2F0259-0263%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当科における前置胎盤症例の検討

    石田 理, 関野 和, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2011年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 再発癌に対する手術療法の有用性

    野間 純, 関野 和, 三村 朋子, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 石田 理, 吉田 信隆, 西川 忠曉

    日本産科婦人科学会雑誌  2011年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中のHbA1c値と周産期予後の関連について

    舛本 明生, 関野 和, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2011年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中期胎児スクリーニング時に胎盤を計測し、FGRとなる症例を抽出する方法

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2011年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠20週前半時の超音波胎盤検査にてFGRを抽出し、出生体重を推測する方法

    早田 桂, 小松 玲奈, 三村 朋子, 関野 和, 岡田 朋美, 舛本 明生, 野間 純, 吉田 信隆, 平松 祐司

    産婦人科の実際  2010年12月  金原出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    妊娠20週前半時の超音波2D画像にて胎盤計測を行い、測定結果から後にFGRとなる症例や出生体重が予測可能であるか否かを検討した。その結果、AFD 127例の妊娠20週前半時平均胎盤長径は12.4±1.0cmとなり、回帰直線から胎盤長径12.4cmの出生体重は3034gになると予測できた。更にLFD 8例の妊娠20週前半時胎盤長径は最長11.0cm、20週前半時に胎盤長径が11.0cm以上でAFDまたはHFDとなり、11.0cm未満で以後FGRとなる可能性が示唆された。以上より、胎盤長径計測はFGRの胎児スクリーニングとして有用であることが示唆された。

    researchmap

  • 先天性小腸閉鎖の腸捻転により広範囲の腸壊死がおこり緊急帝王切開を必要とした1例

    三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 岡田 朋美, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 石田 理, 吉田 信隆

    超音波医学  2010年11月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 診断に苦慮した羊水過多の一例

    岡田 朋美, 小松 玲奈, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 早田 桂, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    超音波医学  2010年11月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児静脈管無形成と診断した先天性門脈欠損症合併妊娠の母体・胎児経過

    小松 玲奈, 早田 桂, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 岡田 朋美, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    超音波医学  2010年11月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮内反症の7例

    三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2010年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮頸部円錐切除術におけるハーモニックスカルペルの有用性

    西川 忠曉, 三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2010年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児骨系統疾患の2例(低フォスファターゼ症/軟骨低発生症)

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2010年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 治療の同意が得られず難渋した躁病合併妊娠の1例

    小松 玲奈, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2010年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍が疑われ発見された悪性リンパ腫についての検討

    依光 正枝, 三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2010年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮動脈塞栓術にて大量出血を予防できた胎盤遺残の1例

    迫田 慈子, 浦島 正喜, 松浦 明子, 松浦 範明, 大成 妙, 岡部 智行, 伊東 淳, 影本 正之, 西原 礼介, 早田 桂, 依光 正枝, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2010年7月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    30歳代(初妊初産婦)。妊娠38週4日で経腟分娩し、産褥11日目に大量性器出血を来たした。経腟超音波で子宮内に血流を有する腫瘤を認め、胎盤遺残が疑われ、子宮温存希望により止血目的で子宮動脈塞栓術(UAE)を施行した。造影検査で両側子宮動脈の拡張、子宮内に両側子宮動脈からの血流と思われる濃染域を認め、両側子宮動脈をゼラチンスポンジで塞栓したところ、濃染域は消失した。翌日のMRIで子宮体部内腔にT2強調像で高信号を示す45mm大の腫瘤を認め、UAE 5日目の超音波でも腫瘤に残存血流を確認したが、UAE前より低下しており、出血もなかったため、保存的に治療可能と判断して退院となった。しかし、UAE 8日目に再度出血を来たし、MRIで腫瘤は90×40mmと増大し、内部にflow voidを認め、二度目のUAEを施行した翌日に経頸管的子宮鏡下切除にて胎盤除去を施行した。術前UAEにより術中の出血は少量であった。病理組織診断は胎盤であった。

    researchmap

  • 先天性心疾患の出生前診断における産科医の役割

    小松 玲奈, 早田 桂, 三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2010年6月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臍帯動脈血pHと周産期予後の検討

    石原 佳代, 舛本 明生, 関野 和, 三村 朋子, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣線維腫と診断された無腔副角タイプの単角子宮の1例

    西川 忠曉, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 小坂 由紀子, 舛本 明生, 依光 正枝, 小松 玲奈, 早田 桂, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 石原 佳代, 関野 和, 三村 朋子

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2010年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣腫瘍によって発見された悪性リンパ腫の2例

    依光 正枝, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2010年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MD双胎管理中にMirror症候群を発症した症例

    三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DIC型産後出血に対し、子宮摘出により救命でき、術後子宮型羊水塞栓症と診断された一例

    辰本 幸子, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 小坂 由紀子, 早田 桂, 小松 玲奈, 岡田 朋美, 三村 朋子, 関野 和, 金山 尚裕, 舛本 明生

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 重症胎児発育制限例における胎児推定体重についての検討

    関野 和, 舛本 明生, 三村 朋子, 石原 佳代, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児発育制限児は妊娠20週時の超音波による胎盤計測で推測可能か

    早田 桂, 小松 玲奈, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮・卵巣動静脈と産婦人科手術

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 小坂 由紀子, 舛本 明生, 依光 正枝, 小松 玲奈, 早田 桂, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 西川 忠暁, 関野 和, 三村 朋子

    産婦人科手術  2010年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 予後不良な染色体異常を胎児診断した際に産科医が行う胎児緩和ケアについて

    早田 桂, 小松 玲奈, 三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2010年6月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠糖尿病における母体体重と周産期合併症の検討

    舛本 明生, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不妊症治療後の妊娠とその予後

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 早田 桂, 香川 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児超音波における胎児異常所見の検出率 胎児超音波スクリーニング外来開始前後の比較

    小松 玲奈, 早田 桂, 関野 和, 三村 朋子, 石原 佳代, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小坂 由紀子, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2010年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不正性器出血を認める子宮体癌に対する子宮体部(内膜)細胞診の有用性と限界

    西川 忠曉, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 依光 正枝, 早田 桂, 小松 玲奈, 辰本 幸子

    産婦人科の実際  2010年5月  金原出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【良性腫瘍性疾患】CA125高値を伴い、卵巣癌との鑑別が困難であった巨大卵巣莢膜細胞腫によるMeigs症候群の1例

    辰本 幸子, 関野 和, 三村 朋子, 國宗 和歌菜, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島市立広島市民病院医誌  2010年3月  広島市立広島市民病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    Meigs症候群は、胸・腹水を伴うことにより卵巣癌IV期と類似した臨床症状を呈すため、術前に良悪性の鑑別に苦慮することが少なくない。今回我々は、卵巣癌との鑑別が困難であった巨大莢膜細胞腫によるMeigs症候群を経験した。症例は症状出現から約2週間で腹部膨満のため歩行・臥位が不可能となるほど急速に症状が進行し、超音波・MRI上内部不均一な腫瘍で、腫瘍マーカーはCA125:577.2U/mlと高値を示し、卵巣癌を疑った。右付属器切除術施行、卵巣腫瘍の病理組織検査では良性の莢膜細胞腫であった。原発腫瘍を摘出したことにより術後速やかに胸水は消失し、以後再発を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 子宮内胎児死亡(IUFD)を伴った常位胎盤早期剥離(早剥)の分娩方法に関する多施設共同研究

    瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司, 片山 富博, 三好 博史, 池上 信夫, 住江 正大, 岩部 富夫, 青木 昭和, 前田 和寿, 牛越 賢治郎, 堀 玲子, 立石 洋子, 三田尾 賢, 水田 正能, 伊庭 敬子, 小國 信嗣, 漆川 敬治, 上田 克憲, 佐村 修, 早田 桂, 洲脇 尚子, 寺本 秀樹, 野々垣 多加史, 林 和俊, 福家 義雄, 竹内 裕一郎, 高崎 彰久, 佐世 正勝, 中橋 徳文, 赤木 武文, 山中 研二, 入江 隆, 真鍋 敦, 横山 幹文, 藤原 道久, 後 賢, 澤崎 隆, 竹中 泰子, 池野 慎治, 伊原 直美, 河原 義文, 上田 敏子, 別宮 史朗, 松島 幸生, 江川 美砂, 矢野 秀明, 早田 裕, 山本 暖

    日本産科婦人科学会雑誌  2010年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 糖代謝異常合併妊娠におけるHbA1c値の重要性について

    舛本 明生, 関野 和, 三村 朋子, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2010年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児期に腸管拡張を指摘され小腸閉鎖が疑われた5症例の検討

    三村 朋子, 関野 和, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2010年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血流豊富な遺残胎盤に対して子宮動脈塞栓術施行後に子宮鏡下手術を行い出血なく摘出し得た1例

    三村 朋子, 関野 和, 石原 佳代, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2010年2月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    産褥期大量性器出血の原因として胎盤遺残・胎盤ポリープがあり、かつては盲目的な子宮内操作が行われ大量出血をきたし、子宮摘出を余儀なくされる場合があった。今回我々は、2回も大量性器出血を起こした血流豊富な遺残胎盤に対し、子宮動脈塞栓術を施行後に子宮鏡下手術を行い出血なく摘出し得たので報告する。症例は36歳の産褥婦。筋腫合併妊娠であったが、その他妊娠経過に問題なく、妊娠38週4日で3058gの女児を自然経腟分娩、胎盤は自然に欠損なく娩出された。分娩時弛緩出血を認め、約1800ml出血したが、子宮収縮剤の投与で止血、その後は異常出血なく産褥5日目に退院となった。しかし、産褥11日目に突然大量性器出血があり、超音波検査・MRIにて子宮頸部に血流豊富な腫瘤を認め、遺残副胎盤が疑われ子宮動脈塞栓術(UAE)にて止血を得た。遺残副胎盤の虚血による自然排出を期待し経過観察していたが、産褥27日目に再び大量性器出血があり、遺残副胎盤への血流の再灌流が疑われた。子宮温存を希望され子宮鏡下での摘出が予定されたが、摘出時止血困難となる可能性があり、再UAEを施行し血流を遮断した後に子宮鏡下手術を行った。ほとんど出血なく摘出でき、血流を豊富に有する遺残胎盤を摘出する際に大変有効な方法であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2010&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20100428480009&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2009%2F005802%2F009%2F0153-0156%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2009%2F005802%2F009%2F0153-0156%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 妊娠20週時の超音波胎盤計測にてFGRを抽出し、出生体重を推測する方法

    早田 桂, 関野 和, 三村 朋子, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2010年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における緊急子宮頸管縫縮術の手術方法とその治療成績

    辰本 幸子, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 舛本 明生, 依光 正枝, 早田 桂, 小松 玲奈, 岡田 朋美, 西川 忠曉, 三村 朋子, 関野 和

    日本産科婦人科学会雑誌  2010年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で施行された産後出血に対するUAE症例12例と子宮全摘術症例6例の比較検討

    関野 和, 三村 朋子, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 依光 正枝, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2010年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生体重は20週時の超音波による胎盤計測で推定可能か

    早田 桂, 小松 玲奈, 吉田 信隆

    超音波医学  2009年11月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で行った緊急手術についての検討

    石田 理, 関野 和, 三村 朋子, 國宗 和歌菜, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2009年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術の工夫

    西川 忠曉, 依光 正枝, 三村 朋子, 関野 和, 國宗 和歌菜, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2009年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血流豊富な遺残胎盤に対してUAE後に子宮鏡下手術を行い出血なく摘出し得た1例

    三村 朋子, 関野 和, 國宗 和歌菜, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 依光 正枝, 早田 桂, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2009年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下に摘出した後腹膜神経線維腫(NF1)の1例

    國宗 和歌菜, 野間 純, 三村 朋子, 関野 和, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 依光 正枝, 早田 桂, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 吉田 信隆

    広島医学  2009年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 予後不良な染色体異常を胎児診断した際に産婦人科医が行う胎児緩和ケアについて

    早田 桂, 小松 玲奈, 三村 朋子, 関野 和, 國宗 和歌菜, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2009年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • チョコレート嚢胞を合併したNF1の1症例

    野間 純, 西川 忠暁, 早田 桂, 依光 正枝, 吉田 信隆

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2009年9月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で施行された産後出血に対するUAE症例の検討

    関野 和, 三村 朋子, 国宗 和歌菜, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2009年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中に急性膵炎を発症した一例

    岡田 朋美, 関野 和, 三村 朋子, 西川 忠曉, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 舛本 明生, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2009年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 進行子宮頸癌に対するweekly paclitaxel、carboplatinによる化学療法併用放射線療法

    野間 純, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 依光 正枝, 早田 桂, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2009年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮筋腫核出時のピットホールについて

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋子, 西川 忠暁

    産婦人科手術  2009年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 遺伝子組換え活性型血液凝固第7因子製剤(ノボセブン)を使用した産科出血の一例

    延本 悦子, 早田 裕, 岸本 桂子, 赤堀 洋一郎, 井上 誠司, 住田 由美, 舛本 明生, 瀬川 友功, 増山 寿, 平松 祐司

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2009年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中に発生した絞扼性イレウスの1例

    石田 理, 國宗 和歌菜, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2009年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮筋腫合併が妊娠と分娩に及ぼす影響について

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 早田 桂, 小松 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 國宗 和歌菜

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2009年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高年初産婦のリスク

    岡田 朋美, 国宗 和歌奈, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2009年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 癌性腹膜炎により発見された再発乳がんの1例

    依光 正枝, 西川 忠暁, 國宗 和歌菜, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2009年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における胎児先天性心疾患のスクリーニング・出生前診断の現状

    小松 玲奈, 國宗 和歌菜, 辰本 幸子, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2009年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠41週以降の分娩方法について

    國宗 和歌菜, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2009年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生体重は20週時の超音波検査による胎盤計測で推定可能か

    早田 桂, 小松 玲奈, 國宗 和歌菜, 辰本 幸子, 小坂 由紀子, 石田 理, 岡田 朋美, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2009年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣腫瘍におけるPETCTの有用性について

    依光 正枝, 國宗 和歌菜, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 早田 桂, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2009年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮頸癌の術前検査におけるPET-CTの有用性についての検討

    依光 正枝, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由起子, 伊藤 祐徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    産婦人科の実際  2009年5月  金原出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎盤低形成によるIUGRを超音波検査にて出生前診断する試みについて

    早田 桂, 三村 朋子, 西川 忠暁, 國宗 和歌菜, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 小松 玲奈, 依光 正枝, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2009年5月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【各科・各部門の救急診療】広島市民病院産婦人科の緊急手術の現状

    石田 理, 國宗 和歌菜, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    広島市立広島市民病院医誌  2009年3月  広島市立広島市民病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    広島市民病院における産婦人科手術は2007年7月より1年間で1,167例であり、そのうち緊急手術は237例(20.3%)を占めた。そのうち206例(86.9%)が妊娠に関わる手術であり、中でも緊急帝王切開が172例とそのうちの大多数を占めた。緊急帝王切開のうち、特に緊急を要する常位胎盤早期剥離の症例は11例あり、母体搬送された6例のうち3例(50%)は新生児仮死であったが、入院中に発症した3例では新生児仮死はなく、院内発症の常位胎盤早期剥離では素早く対応可能であったことが示されている。母体搬送の場合、前医で常位胎盤早期剥離と診断されていれば、すぐに手術室に搬入可能であり、到着から19分で児を娩出できた症例もある。しかしながら、母体搬送における前医での診断から児の娩出までの時間的対応にはまだ困難な部分も多いことが示された。子宮外妊娠手術は24例であり、早期に診断され、全てが腹腔鏡下手術で対応可能であった。すべての医師が腹腔鏡下手術で対応が可能なシステム作りの成果と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科における1000g未満の子宮内胎児発育不全症例の検討

    香川 玲奈, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2009年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎盤低形成によるIUGRを超音波検査にて出生前診断する計測法についての検討

    早田 桂, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2009年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔内出血を併発した臨床的羊水塞栓症の1例

    伊藤 裕徳, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2009年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における分娩時体重3600g以上の児であった母体の検討

    岡田 朋美, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈, 辰本 幸子, 西川 忠曉

    日本産科婦人科学会雑誌  2009年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 32週未満のpretermPROMの管理とその予後について

    辰本 幸子, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2009年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 進行子宮頸癌に対するpaclitaxel,carboplatinによる化学療法併用放射線療法(CCRT)

    野間 純, 吉田 信隆, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 石田 理, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋美, 西川 忠曉

    日本産科婦人科学会雑誌  2009年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不正性器出血を認める子宮体癌症例に対する子宮体部細胞診の有用性と限界

    西川 忠曉, 早田 桂, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 香川 玲奈, 辰本 幸子, 岡田 朋美

    日本産科婦人科学会雑誌  2009年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 巨大子宮筋腫合併症妊娠の1例

    岡田 朋美, 西川 忠曉, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2008年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中期に胎内死亡を起こした前置胎盤合併妊娠の経腟分娩について

    早田 桂, 西川 忠曉, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2008年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵管結紮後の腹腔鏡下卵管再吻合の経験

    野間 純, 西川 忠暁, 辰本 幸子, 岡田 朋子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 祐徳, 石田 理, 吉田 信隆

    広島医学  2008年10月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • フレカイニドの経胎盤的治療が奏効した胎児上室性頻拍の1例

    香川 玲奈, 早田 桂, 西川 忠暁, 岡田 朋美, 辰本 幸子, 依光 正枝, 小坂 由起子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 鎌田 政博

    現代産婦人科  2008年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前置胎盤と癒着 癒着胎盤の成り立ちとその対処方法について

    吉田 信隆, 野間 純, 伊藤 裕徳, 石田 理, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈, 辰本 幸子, 清水 美幸

    産婦人科手術  2008年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵管結紮後に腹腔鏡下卵管端々吻合を行った1症例

    野間 純, 依光 正枝, 早田 桂, 伊藤 祐徳, 吉田 信隆

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2008年7月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 切迫早産治療中に発症した肺水腫に対しマスクCPAP(持続陽圧呼吸)が有効であった1例

    伊藤 裕徳, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2008年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 常位胎盤早期剥離 IUFDを伴った常位胎盤早期剥離における分娩方法についての検討

    瀬川 友功, 平松 祐司, 立石 洋子, 早田 裕, 矢野 秀明, 伊原 直美, 楠本 知行, 伊庭 敬子, 小國 信嗣, 山本 暖, 早田 桂, 洲脇 尚子

    日本産婦人科・新生児血液学会誌  2008年6月  日本産婦人科・新生児血液学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 最近経験したtrisomy 18の3例

    香川 玲奈, 大河原 美幸, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆, 林谷 道子

    広島医学  2008年6月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮体癌(内膜癌)におけるPET-CT検査の有用性について

    依光 正枝, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2008年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 孤発性脳転移に対し積極的治療を行った子宮体癌の2例

    香川 玲奈, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 石田 理, 野間 純

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2008年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 巨大腹部腫瘤にて紹介となった子宮頸癌の2例

    早田 桂, 吉田 信隆, 野間 純, 依光 正枝, 香川 玲奈, 辰本 幸子

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2008年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮内胎児発育遅延と妊娠高血圧症候群発症に関する検討

    香川 玲奈, 辰本 幸子, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2008年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎盤・臍帯因子による子宮内胎児発育不全と診断した症例の超音波画像と経過について

    早田 桂, 吉田 信隆, 石田 理, 伊藤 裕徳, 香川 玲奈, 辰本 幸子, 野間 純

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2008年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 教訓的症例から学ぶ産婦人科診療のピットフォール 卵管留血(水)腫を合併した子宮内膜ポリープに子宮鏡手術を施行し,卵管炎を併発した1例

    依光 正枝, 清水 美幸, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    臨床婦人科産科  2008年3月  (株)医学書院

  • 子宮頸部病変(分葉状内頸部腺過形成)

    松浦 博夫, 高田 晋一, 早田 桂, 吉田 信隆

    広島医学  2008年3月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 婦人科がん領域におけるPET-CTの有用性について

    依光 正枝, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 石田 理, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    広島市立広島市民病院医誌  2008年3月  広島市立広島市民病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    著者らの施設における婦人科癌90例を対象にPET-CT検査の有用性について検討した。PET-CT検査適応の内訳は定期的なフォロー20例、再発の診断34例、病期診断23例、原発部位の検索5例、悪性の診断8例であった。その結果、1)原発部位の検索については、癌性腹膜炎になると腹膜原発の腫瘍か卵巣原発の腫瘍かの同定は困難であった。2)卵巣腫瘍の良・悪性の診断では、PET-CTはほぼ的確にその悪性度を把握することが可能であった。3)術前の病期診断は卵巣癌および子宮体癌においては大きく進展した場合を除き有意義ではなかった。4)子宮頸癌における術前病期診断においては、傍大動脈におよぶ広汎なリンパ節転移がある場合などは明らかな異常所見として検出された。5)再発の診断に関しては、PET-CT検査の有用性の判定は困難であった。

    researchmap

  • 当院における過去4年間のdiscordant twinの検討

    辰本 幸子, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈

    日本産科婦人科学会雑誌  2008年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児エコーにて臍帯・胎盤因子によるIUGRと診断し、管理した症例について

    早田 桂, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2008年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科の子宮体癌に対する治療と予後についての検討

    野間 純, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2008年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における羊水過多症例の検討

    香川 玲奈, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2008年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 広汎子宮全摘術におけるリンパ節郭清時のリンパ嚢胞及び下肢浮腫予防

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈, 辰本 幸子

    日本産科婦人科学会雑誌  2008年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮頸癌における術前検査としてのPET-CTの有用性についての検討

    依光 正枝, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2008年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中に診断されたCIS(Carcinoma in situ)の管理について

    伊藤 裕徳, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2008年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 特徴的な胎盤血腫像を示した抗リン脂質抗体陽性妊婦の2症例

    佐々木 愛子, 野口 聡一, 小谷 早葉子, 早田 桂, 鎌田 泰彦, 安達 美和, 清水 恵子, Hao Lin, 平松 祐司, 中塚 幹也

    現代産婦人科  2007年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PET・CT検査にて子宮体癌に重複していた大腸癌が判明した症例

    石田 理, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由起子, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2007年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における羊水過多症例の検討

    香川 玲奈, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2007年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 子宮内反症により出血性ショックおよびDICに陥り、子宮動脈塞栓術試行では止血せず子宮全摘術を行わざる得なかった1例

    田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2007年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院での子宮外妊娠についての検討

    伊藤 裕徳, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    現代産婦人科  2007年7月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    当院の2000年より2006年までの7年間の子宮外妊娠について検討した。7年間の子宮外妊娠は計117例であり、毎年ほぼ同じ数であった。そのうち最初から開腹術を行った例は3例で、残り114例は腹腔鏡で行い、途中で開腹に移行した症例はなかった。クラミジア感染症は52%に認められたが、年齢による差は認められなかった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J05038&link_issn=&doc_id=20071101350012&doc_link_id=%2Fcv0mtrob%2F2007%2F005601%2F012%2F0061-0063%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcv0mtrob%2F2007%2F005601%2F012%2F0061-0063%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当科における羊水過多症例の検討

    香川 玲奈, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由起子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2007年6月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Non reassuring fetal statusと診断され急速遂娩した症例についての検討

    早田 桂, 辰 幸子, 香川 玲奈, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2007年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣癌の化学療法(T-J)後に発症したAMLの1例

    野間 純, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 依光 正枝, 早田 桂, 石田 理, 伊藤 祐徳, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2007年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PET-CTにより診断し得た再発卵巣癌の1例

    依光 正枝, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2007年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠中に発症したMusk抗体陽性重症筋無力症合併妊娠の一例

    伊藤 裕徳, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2007年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • どのような子宮内胎児発育遅延症例に妊娠高血圧症候群が合併するのか?

    香川 玲奈, 辰本 幸子, 早田 桂, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本周産期・新生児医学会雑誌  2007年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 術後に孤発性脳転移を認めた子宮体癌1c期(G3)の一例

    早田 桂, 田淵 和宏, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 依光 正枝, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2007年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で経験したMeigs症候群の3例

    辰本 幸子, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈, 田淵 和宏

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2007年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍手術における低侵襲・機能温存の工夫 低侵襲手術としての広汎子宮全摘術における神経温存法とその予後

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 辰本 幸子, 大石 理恵

    産婦人科手術  2007年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    子宮頸癌に対する広汎子宮全摘術において、膀胱の機能を支配する神経の経路を考慮した神経温存法の実際とその効果について検討した。本法では子宮(腟)枝を包む膜の切断で、尿管は膀胱枝・骨盤神経叢・下腹神経・尿管枝を含む膜を垂れ下げたまま外側へ移動可能となり、傍腟組織の切除は神経を切断せずに広範囲に切断可能であった。本法を行った43例において、術後半年以降の排尿障害はなく、傍腟組織と考えられる部位からの骨盤内再発は認めなかった。

    researchmap

  • 当科で経験した胎児四肢短縮症の4例

    石田 理, 大石 理恵, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    超音波医学  2007年3月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 産科大量出血における血漿フィブリノーゲンの意義について

    早田 桂, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 依光 正枝, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2007年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における腹腔鏡下子宮筋腫核出術

    依光 正枝, 大石 理恵, 辰本 幸子, 香川 玲奈, 早田 桂, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2007年2月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 広汎子宮全摘術におけるリンパ節郭清時の下肢浮腫予防

    吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈, 辰本 幸子

    日本産科婦人科学会雑誌  2007年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における重症妊娠高血圧症候群の検討

    香川 玲奈, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2007年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院における過去三年間の双胎分娩例の統計学的検討

    辰本 幸子, 吉田 信隆, 野間 純, 石田 理, 伊藤 裕徳, 小坂 由紀子, 依光 正枝, 早田 桂, 香川 玲奈

    日本産科婦人科学会雑誌  2007年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 開腹卵巣嚢腫術後に、骨盤内・残存卵巣内膿瘍をきたした1症例

    辰本 幸子, 大石 理恵, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2006年11月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • RPLS(reversible posterior leukoencephalopathy syndrome)の診断と対応

    大石 理恵, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 小坂 由紀子, 伊藤 祐徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    広島医学  2006年11月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 産科大量出血における血漿フィブリノーゲンの意義について

    早田 桂, 大石 理恵, 辰本 幸子, 依光 正枝, 伊藤 裕徳, 石田 理, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌  2006年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院で経験した胎児四肢短縮症の4例

    石田 理, 大石 理恵, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 伊藤 裕徳, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌  2006年9月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腹腔鏡下手術後に診断された悪性卵巣腫瘍症例についての検討

    野間 純, 大石 理恵, 辰本 幸子, 早田 桂, 依光 正枝, 橋本 一郎, 伊藤 祐徳, 吉田 信隆

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2006年7月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当院での子宮外妊娠症例についての検討

    伊藤 裕徳, 依光 正枝, 早田 桂, 野間 純, 吉田 信隆

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2006年7月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 胎児心嚢液貯留で発見された胎児血液疾患の一例

    立石 洋子, 早田 桂, 中務 日出輝, 舛本 明生, 松尾 環, 洲脇 尚子, 住田 由美, 瀬川 友功, 井下 秀司, 増山 寿, 水谷 靖司, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌  2005年2月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 経頸管的子宮腔内切除術(TCR)を施行した胎盤ポリープ10例の検討

    早田 桂, 洲脇 尚子, 水谷 靖司, 舛本 明生, 増山 寿, 中塚 幹也, 児玉 順一, 平松 祐司

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌  2005年2月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 経頸管的子宮腔内切除術(TCR)を施行した胎盤ポリープ8例の検討

    早田 桂, 洲脇 尚子, 水谷 靖司, 舛本 明生, 増山 寿, 中塚 幹也, 児玉 順一, 平松 祐司

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2004年7月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 難治性の慢性骨盤痛に対し腹腔鏡が有用であった2例

    水谷 靖司, 早田 桂, 洲脇 尚子, 舛本 明生, 増山 寿, 本郷 淳司, 中塚 幹也, 児玉 順一, 平松 祐司

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2004年7月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新生児期に重症感染症を発症した妊娠例について

    早田 桂, 繁田 浩三, 河原 伸明, 太田 雅博, 赤松 信雄

    姫路赤十字病院誌  2004年6月  姫路赤十字病院図書学術委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ITP合併妊娠の2症例

    早田 桂, 川原 正行, 澤井 秀秋, 山本 暖, 早瀬 良二

    広島医学  2004年2月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 再発子宮肉腫の1例

    澤井 秀秋, 早田 桂, 川原 正行, 山本 暖, 早瀬 良二

    広島医学  2004年2月  広島医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍に対するTJ療法の治療効果の検討

    早瀬 良二, 早田 桂, 澤井 秀秋, 山本 暖

    日本産科婦人科学会雑誌  2004年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 血管造影後に肺塞栓症をきたした再発子宮肉腫の一例

    澤井 秀秋, 早田 桂, 山本 暖, 早瀬 良二

    日本産科婦人科学会雑誌  2004年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 急性妊娠脂肪肝の1例

    山本 暖, 早田 桂, 川原 正行, 澤井 秀秋, 早瀬 良二

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌  2004年2月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • X線骨盤計測後に緊急帝王切開術となった不正軸進入,回旋異常症例

    早田 桂, 繁田 浩三, 河原 伸明, 太田 雅博, 赤松 信雄

    姫路赤十字病院誌  2003年6月  姫路赤十字病院図書学術委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語  

    X線骨盤計測後緊急帝王切開術となった4症例を報告した.症例1は23歳で,身長155cm,狭骨盤ではないが,胎児は母体の腹側を向いて回旋異常を認め,切迫子宮破裂兆候を認め手術となった.症例2は31歳で,身長152cm,子宮口は8cm開大するもStation-2で狭骨盤では無いが,児頭は高い位置で回旋し後頭前方高在縦の状態でその後切迫子宮破裂兆候を認め分娩停止と判断し手術となった.症例3は34歳で,身長156cm,破水入院し,後頭後方在縦と診断し経過観察していたが,23時間経過後も児頭の下降,有効陣痛共に認めず誘発分娩するもノンリアシュアリングな児の状態を認め手術となった.症例4は28歳で,154cm,狭骨盤ではないが,児頭の侵入方向は仙骨側に向かっており不正軸侵入を認めた.その3時間後,切迫子宮破裂兆候を認め分娩進行停止と判断し緊急手術となった

    researchmap

  • クリティカルパスを利用した短期入院による抗癌化学療法

    早田 桂, 繁田 浩三, 河原 伸明, 太田 雅博, 赤松 信雄

    産婦人科の進歩  2003年5月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2回の再発にCYVADIC-etoposide療法が奏効した子宮平滑筋肉腫の1例

    繁田 浩三, 早田 桂, 河原 伸明, 太田 雅博, 赤松 信雄

    産婦人科の進歩  2003年5月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【漢方医学と臨床検査】術前自己血貯血における十全大補湯の効果について

    青江 尚志, 太田 雅博, 河原 伸明, 早田 桂, 繁田 浩三, 赤松 信雄

    臨床検査  2003年4月  (株)医学書院

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    1997年5月より2001年7月までの期間に婦人科悪性腫瘍根治手術のため,術前に800ml以上の自己血を貯血した120例を対象として,鉄群,EPO群,十全群の3群に分けて検討した.EPO群と十全群は症例をランダムに振り分けた.同種血輸血回避率は95.8%であった.術前自己血貯血に際して,鉄剤のみで貯血に対応するよりも,鉄剤にエリスロポエチン製剤(EPO)を併用することにより術前ヘモグロビン増加量は有意に増加した.鉄剤とEPOに加えて十全大補湯を併用することは,鉄剤にEPOを併用するよりも,さらに有効な貯血法であることが示された

    researchmap

  • 卵巣腫瘤のエコーパターンの分類2000の有用性の検討(第二報)

    早田 桂, 赤松 信雄, 繁田 浩三, 太田 雅博, 河原 伸明, 福本 悟, 平井 武

    超音波医学  2003年4月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 癌終末期におけるステロイド投与について

    河原 伸明, 早田 桂, 太田 雅博, 繁田 浩三, 赤松 信雄

    産婦人科の進歩  2002年11月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 産婦人科では16種類の入院診療計画書様式のパス票を1,100枚(平成13年度)利用した 私どもの使用しているパス票とその使用実績について

    小原 由紀子, 世良 優子, 田内 千恵子, 出口 なをみ, 早田 桂, 太田 雅博, 河原 伸明, 繁田 浩三, 赤松 信雄

    日本クリニカルパス学会誌  2002年10月  (一社)日本クリニカルパス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高度蛋白尿をともない急性発症した遅発型重症妊娠中毒症の1症例

    平松 祐司, 早田 桂, 藤原 美佐保, 石井 恵子, 井下 秀司, 熊澤 一真, 増山 寿, 工藤 尚文, 杉山 斉, 槇野 博史, 佐藤 靖

    産婦人科の実際  2002年10月  金原出版(株)

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    19歳の初妊婦で,妊娠34週に妊娠中毒症を生じた.高度蛋白尿(16.83g/日)を示し,眼底には周囲に浮腫をともなう軟性白斑を認めた.妊娠35週に破水し,緊急帝切で児娩出後,血圧と浮腫は急速に正常化した.尿蛋白量は産褥27日に2.02gとなり,101日には0.14g/日まで下降した

    researchmap

  • 婦人科悪性腫瘍に対する抗癌化学療法にパスを利用した

    赤松 信雄, 繁田 浩三, 河原 伸明, 太田 雅博, 早田 桂

    日本癌治療学会誌  2002年9月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 妊娠23週で発症したHELLP症候群の1例

    繁田 浩三, 早田 桂, 太田 雅博, 河原 伸明, 赤松 信雄

    日赤医学  2002年8月  日本赤十字社医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 出生前診断し得た先天性心奇形の6例

    早田 桂, 井下 秀司, 石井 恵子, 橋本 一郎, 熊澤 一真, 増山 寿, 平松 祐司, 工藤 尚文

    日本新生児学会雑誌  2002年6月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 共通肺静脈閉鎖の有無で児の予後が大きく左右した胎児複雑心奇形の2例

    早田 桂, 井下 秀司, 石井 恵子, 中村 洋二郎, 橋本 一郎, 熊澤 一真, 増山 寿, 平松 祐司, 工藤 尚文

    日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌  2002年2月  中国四国産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 優秀演題賞

    2016年9月   第2回ALSO-Japan学術集会   より効率的な超緊急帝王切開シミュレーションを作り上げるには -ALSOで得た知識を活かしたケース・シナリオ作りと事前準備の重要性-

    早田 桂

     詳細を見る

  • 奨励賞

    2011年5月   日本超音波医学会   出生体重SD値の妊娠中期超音波胎盤長径に対する基準値曲線について

    早田 桂

     詳細を見る

 

担当授業科目

  • 産科・婦人科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 産科・婦人科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 産科・婦人科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 産科・婦人科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 産科・婦人科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 産科・婦人科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 産科・婦人科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 産科・婦人科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示

 

メディア報道

  • 新型出生前診断 開始5年で一般診療へ テレビ・ラジオ番組

    OHK  OHK プライムニュース  2018年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap

  • 生殖医療 命が始まるとき 第2部出生前診断伴走者として 新聞・雑誌

    中国新聞社  中国新聞  2017年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap

  • 新しい出生前診断 診断後の"選択" テレビ・ラジオ番組

    OHK  OHK Super NEWS  2013年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    researchmap