2022/10/03 更新

写真a

オオザワ ススム
大澤 晋
OOZAWA Susumu
所属
岡山大学病院 講師(特任)
職名
講師(特任)
プロフィール

Apr 2000 - Jul 2000 Okayama University Hospital, Okayama (Surgical Resident)
Jun 2008 – Jun 2009 Dept. of Cardiovascular Surgery, Okayama University Hospital (Surgeon)
Feb 2009 – Jun 2011 Dept. of Vascular Surgery, Dusseldorf University Hospital, Dusseldorf, NRW, Germany (Fellow)
Feb 2011 – Jul 2016 Dept. Cardiovascular Surgery, Okayama University Hospital, Okayama (Assistant Professor)
Aug 2016 –Feb 2020 Dept. Cardiovascular Surgery, Okayama University Hospital, Okayama (Lecturer)

Mar 2020- present Division of Clinical Safety Management (Lecturer)

外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 岡山大学大学院 )

研究キーワード

  • 人工血管

  • 血管外科

  • ポータブル超音波

  • スポーツ心電図

  • 弾性ストッキング

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学  / 血管外科

学歴

  • 岡山大学大学院   医歯薬学総合研究科   心臓血管外科学

    2004年4月 - 2009年6月

      詳細を見る

  • 信州大学   Medicine   Medilcal

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学病院   医療安全管理部   専従講師

    2020年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   心臓血管外科   講師

    2016年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   心臓血管外科   助教

    2011年2月 - 2016年7月

      詳細を見る

  • デュッセルドルフ大学病院   血管外科   客員医師

    2009年2月 - 2011年1月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   心臓血管外科   医員

    2004年8月 - 2009年1月

      詳細を見る

  • 松山市民病院   心臓血管外科   研修医

    2003年8月 - 2004年7月

      詳細を見る

  • 広島市民病院   心臓血管外科   研修医

    2002年8月 - 2003年7月

      詳細を見る

  • 近森病院   外科   研修医

    2000年8月 - 2002年7月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部付属病院   心臓血管外科   研修医

    2000年5月 - 2000年7月

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本血管外科学会   評議員  

    2016年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本脈管学会   評議員  

    2015年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本静脈学会   評議員  

    2015年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)   審査員  

    2015年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

 

論文

  • Trial of Sportswear Type ECG Sensor Device for Cardiac Safety Management during Marathon Running

    Takahiro Yamane, Kazuya Hirano, Kenta Hirai, Daiki Ousaka, Noriko Sakano, Mizuki Morita, Susumu Oozawa, Shingo Kasahara

    ADVANCED BIOMEDICAL ENGINEERING   11   151 - 161   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC MEDICAL & BIOLOGICAL ENGINEERING  

    Cardiac arrest has been reported during participation in several sports. Of these sports, marathon running is a particularly popular sport but imposes high cardiac load. Indeed, its popularity has been growing worldwide. Risk of cardiac arrest during marathon races is also expected to increase. Several studies have recorded electrocardiographic (ECG) information during marathon races to protect athletes from cardiac arrest. Although evaluable ECG data have been obtained and analyzed, cost-effectiveness of the system, data quality, and clinical significance remain inadequate. This report is the first to describe an economical electrocardiograph built into a T-shirt for use during marathon race. Twenty healthy runners aged 20 to 59 years (mean 36 years) wore the ECG device while running. The ECG data were monitored and analyzed to assess the observed frequencies of specified arrhythmias and the sections of the marathon in which the arrhythmias occurred. Of the ECG data obtained from 14 runners who completed the full marathon, six ECG datasets were evaluable. In some runners, there was inadequate contact between the electrode and body surface or poor Bluetooth connection between the ECG wireless transmitter and smartphone. Regarding arrhythmia analysis, all evaluable data that were analyzed showed some rhythm fluctuations. In conclusion, this economical T-shirt type ECG sensor provided evaluable ECG data during marathon races, although the evaluable rate was not high. The data were used to analyze specified arrhythmias, but some difficulties were encountered. The ECG sensor did not function properly because of a system error. The ECG sensor was not adequately moistened to record ECGs accurately. Moreover, some runners chose an unsuitable shirt size, which impaired the stability and strength of the electrode-skin contact. These shortcomings produced noise in the ECG data, which made it difficult to analyze arrhythmias. The next step will be to solve these problems and acquire data from a large number of runners.

    DOI: 10.14326/abe.11.151

    Web of Science

    researchmap

  • Initial evaluation of a novel electrocardiography sensor-embedded fabric wear during a full marathon.

    Daiki Ousaka, Kenta Hirai, Noriko Sakano, Mizuki Morita, Madoka Haruna, Kazuya Hirano, Takahiro Yamane, Akira Teraoka, Kazuo Sanou, Susumu Oozawa, Shingo Kasahara

    Heart and vessels   37 ( 3 )   443 - 450   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Sudden cardiac accident (SCA) during a marathon is a concern due to the popularity of the sport. Preventive strategies, such as cardiac screening and deployment of automated external defibrillators have controversial cost-effectiveness. We investigated the feasibility of use of a new electrocardiography (ECG) sensor-embedded fabric wear (SFW) during a marathon as a novel preventive strategy against SCA. Twenty healthy volunteers participated in a full marathon race. They were equipped with a SFW hitoe® with a transmitter connected via Bluetooth to a standard smartphone for continuous ECG recording. All data were stored in a smartphone and used to analyze the data acquisition rate. The adequate data acquisition rate was > 90% in 13, 30-90% in 3, and < 10% in 4 runners. All of 4 runners with poorly recorded data were female. Inadequate data acquisition was significantly associated with the early phase of the race compared with the mid phase (P = 0.007). Except for 3 runners with poor heart rate data, automated software calculation was significantly associated with manual analysis for both the mean (P < 0.001) and maximum (P = 0.014) heart rate. We tested the feasibility of continuously recording cardiac data during a marathon using a new ECG sensor-embedded wearable device. Although data from 65% of runners were adequately recorded, female runners and the early phase of the race tended to have poor data acquisition. Further improvements in device ergonomics and software are necessary to improve ability to detect abnormal ECGs that may precede SCA.

    DOI: 10.1007/s00380-021-01939-3

    PubMed

    researchmap

  • Intraluminal diamond-like carbon coating with anti-adhesion and anti-biofilm effects for uropathogens: A novel technology applicable to urinary catheters. 国際誌

    Shogo Watari, Koichiro Wada, Motoo Araki, Takuya Sadahira, Daiki Ousaka, Susumu Oozawa, Tatsuyuki Nakatani, Yuichi Imai, Junichi Kato, Reiko Kariyama, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   28 ( 12 )   1282 - 1289   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To examine anti-adhesion and anti-biofilm effects of a diamond-like carbon coating deposited via a novel technique on the inner surface of a thin silicon tube. METHODS: Diamond-like carbon coatings were deposited into the lumen of a silicon tube with inner diameters of 2 mm. The surface of the diamond-like carbon was evaluated using physicochemical methods. We used three clinical isolates including green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa, Escherichia coli and Staphylococcus aureus. We employed a continuous flow system for evaluation of both bacterial adhesion and biofilm formation. Bacterial adhesion assays consisted of counting the number of colony-forming units and visualization of adhered bacterial cells by scanning electron microscope to evaluate the diamond-like carbon-coated/uncoated samples. The biofilm structure was analyzed by confocal laser scanning microscopy on days 3, 5, 7 and 14 for green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa. RESULTS: The smooth and carbon-rich structure of the intraluminal diamond-like carbon film remained unchanged after the experiments. The numbers of colony-forming units suggested lower adherence of green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa and Escherichia coli in the diamond-like carbon-coated samples compared with the uncoated samples. The scanning electron microscope images showed adhered green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa cells without formation of microcolonies on the diamond-like carbon-coated samples. Finally, biofilm formation on the diamond-like carbon-coated samples was lower until at least day 14 compared with the uncoated samples. CONCLUSIONS: Intraluminal diamond-like carbon coating on a silicone tube has anti-adhesion and anti-biofilm effects. This technology can be applied to urinary catheters made from various materials.

    DOI: 10.1111/iju.14675

    PubMed

    researchmap

  • ウエアラブル心拍計によるマラソンランナーの心事故予防のための自己スクリーニング法の試み 新しい心電図自己スクリーニングシステムの構築にむけて

    坂野 紀子, 逢坂 大樹, 平野 和也, 森田 瑞樹, 珠玖 隆行, 大澤 晋, 佐能 量雄, 笠原 真悟

    日本遠隔医療学会雑誌   16 ( 補刊号 )   59 - 59   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遠隔医療学会  

    researchmap

  • マラソン中の心事故予防に向けた心電モニタリングシステムの開発

    笠原 真悟, 逢坂 大樹, 坂野 紀子, 森田 瑞樹, 珠玖 隆行, 大澤 晋

    日本遠隔医療学会雑誌   16 ( 補刊号 )   32 - 32   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遠隔医療学会  

    researchmap

  • 岡山大学外科GRAPESの活動とこれから

    竹原 裕子, 吉田 龍一, 溝尾 妙子, 剱持 礼子, 小林 純子, 新田 薫, 工藤 由里絵, 元木 崇之, 片岡 正文, 池田 宏国, 菊池 覚次, 黒田 新士, 枝園 忠彦, 山根 正修, 小谷 恭弘, 大澤 晋, 土井原 博義, 豊岡 伸一, 笠原 慎悟, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 岡山大学外科GRAPESの活動とこれから

    竹原 裕子, 吉田 龍一, 溝尾 妙子, 剱持 礼子, 小林 純子, 新田 薫, 工藤 由里絵, 元木 崇之, 片岡 正文, 池田 宏国, 菊池 覚次, 黒田 新士, 枝園 忠彦, 山根 正修, 小谷 恭弘, 大澤 晋, 土井原 博義, 豊岡 伸一, 笠原 慎悟, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • マラソン中の心事故予防に向けた心電モニタリングシステムの開発

    笠原 真悟, 逢坂 大樹, 坂野 紀子, 森田 瑞樹, 珠玖 隆行, 大澤 晋

    日本遠隔医療学会学術大会プログラム・抄録集   24回   144 - 144   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遠隔医療学会  

    researchmap

  • マラソン中の心事故予防に向けた心電モニタリングシステムの開発

    笠原 真悟, 逢坂 大樹, 坂野 紀子, 森田 瑞樹, 珠玖 隆行, 大澤 晋

    日本遠隔医療学会学術大会プログラム・抄録集   24回   144 - 144   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遠隔医療学会  

    researchmap

  • タバコ窩内シャントファースト戦略での橈骨動脈AVFの臨床成績

    藤井 泰宏, 大澤 晋, 村岡 玄哉, 木佐森 永理, 小松 弘明, 横田 豊, 迫田 直也, 辻 龍典, 小林 泰幸, 堀尾 直裕, 小林 純子, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 廣田 真規, 末澤 孝徳, 小谷 恭弘, 笠原 真悟

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   51回   OP10 - 5   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方 充実した地域医療の実現を目指して

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   122 ( 1 )   83 - 85   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方 充実した地域医療の実現を目指して

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   122 ( 1 )   83 - 85   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Nanostructural analysis of distinct nucleation sites in pathological mineralization

    Emilio Satoshi Hara, Susumu Oozawa, Noriyuki Nagaoka, Masahiro Okada, Shingo Kasahara, Takuya Matsumoto

    Materials Advances   2 ( 13 )   4423 - 4431   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    <p>Vesicular and non-vesicular phospholipids were the nucleation sites in atherosclerotic calcification. Mineralization <italic>in vitro</italic> showed that LDL, PS and PC mineralized in 2 days. PS mineralized more than PC.</p>

    DOI: 10.1039/d1ma00273b

    researchmap

  • Diamond-like carbon成膜技術を応用したePTFE人工血管の血液適合性評価 先天性心疾患術後の合併症軽減を目指して

    逢坂 大樹, 合山 尚志, 村岡 玄哉, 中谷 達行, 今井 裕一, 桑田 憲明, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 笠原 真悟

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 242   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 内シャント再設置術の成績・術式・リスク因子の検討

    藤井 泰宏, 大澤 晋, 内田 治仁, 竹内 英実, 大高 望, 笠原 真悟

    脈管学   60 ( Suppl. )   S161 - S161   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方 充実した地域医療の実現を目指して

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するRV-PA shuntを用いたNorwood-Sano手術

    笠原 真悟, 辻 龍典, 小林 泰幸, 迫田 直也, 横田 豊, 堀尾 直裕, 村岡 玄哉, 後藤 拓弥, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 大澤 晋, 末澤 孝徳, 廣田 正規

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SSF - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 小児期の房室弁に対する外科治療(単心室を含む) 房室中隔欠損症に対する治療成績 two patch repair vs modified single patch repair

    笠原 真悟, 辻 龍典, 小林 泰幸, 迫田 直也, 横田 豊, 堀尾 直裕, 村岡 玄哉, 後藤 拓弥, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 大澤 晋, 末澤 孝徳, 廣田 正規

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   50回   SY8 - 6   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 小児期左室流出路狭窄に対する、術式の選択を含めた包括的外科治療

    小谷 恭弘, 横田 豊, 辻 龍典, 迫田 直也, 小林 泰幸, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 村岡 玄哉, 大澤 晋, 末澤 孝徳, 廣田 真規, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 笠原 真悟

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   50回   PR12 - 4   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • Diamond-Like CarbonコーティングePTFE人工血管の可能性

    藤井 泰宏, 村岡 玄哉, 合山 尚志, 逢坂 大樹, 後藤 拓也, 堀尾 直裕, 辻 龍典, 小林 泰幸, 迫田 直也, 末澤 孝徳, 衛藤 弘毅, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 廣田 真規, 小谷 恭弘, 横田 豊, 大澤 晋, 笠原 真悟

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   50回   P39 - 2   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • Duplex Doppler ultrasonography with normal pulsatile features has misleading diagnostic potential in acute limb ischemia: a case report.

    Daiki Ousaka, Nao Ikemoto, Megumi Fujiwara, Tetsuro Hanabata, Akira Teraoka, Susumu Oozawa, Shingo Kasahara

    Journal of medical ultrasonics (2001)   47 ( 1 )   147 - 148   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10396-019-00986-8

    PubMed

    researchmap

  • ウエアラブル心拍計によるマラソンランナーの心事故予防のための自己スクリーニング法の試み 新しい心電図自己スクリーニングシステムの構築にむけて

    坂野 紀子, 逢坂 大樹, 平野 和也, 森田 瑞樹, 珠玖 隆行, 大澤 晋, 佐能 量雄, 笠原 真悟

    JTTA Spring Conference 抄録集   2020   16 - 16   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遠隔医療学会  

    researchmap

  • 市民マラソンでの遠隔モニタリングを用いた安全安心の循環管理

    笠原 真悟, 坂野 紀子, 大澤 晋, 逢坂 大樹, 森田 瑞樹, 珠玖 隆行, 佐能 量雄

    日本遠隔医療学会学術大会プログラム・抄録集   23回   64 - 64   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本遠隔医療学会  

    researchmap

  • Diamond-Like CarbonコーティングePTFE人工血管によるArteriovenous Graftの開存性の向上

    合山 尚志, 村岡 玄哉, 逢坂 大樹, 中谷 達行, 今井 裕一, 藤井 泰宏, 奥山 倫弘, 小林 泰幸, 笠原 真悟, 大澤 晋

    脈管学   59 ( Suppl. )   S168 - S168   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • A new approach to prevent critical cardiac accidents in athletes by real-time electrocardiographic tele-monitoring system: Initial trial in full marathon 査読

    Daiki Ousaka, Noriko Sakano, Mizuki Morita, Takayuki Shuku, Kazuo Sanou, Shingo Kasahara, Susumu Oozawa

    Journal of Cardiology Cases   20 ( 1 )   35 - 38   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2019.03.008

    PubMed

    researchmap

  • 成人先天性心疾患の外科治療と問題点 高危険度成人患者における両大静脈肺動脈吻合手術の中期と長期転帰(Mid- to long-term outcome of total Cavo-Pulmonary connection in High-Risk adult candidates)

    小谷 恭弘, 辻 龍典, 迫田 直也, 小林 泰幸, 川田 幸子, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 村岡 玄哉, 衛藤 弘城, 黒子 洋介, 末澤 孝徳, 大澤 晋, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PD - 3   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するRV-PA shuntと自己組織大動脈再建法を用いたNorwood手術

    笠原 真悟, 辻 龍典, 迫田 直也, 田井 龍太, 小林 泰幸, 門脇 幸子, 堀尾 直裕, 村岡 玄哉, 後藤 拓弥, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 大澤 晋, 立石 篤史, 末澤 孝徳

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [Ex - 4]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 新生児・乳児期の先天性大動脈弁狭窄に対する直視下弁形成術の治療成績

    堀尾 直裕, 小谷 恭弘, 田井 龍太, 迫田 直也, 辻 龍典, 小林 泰幸, 川田 幸子, 村岡 玄哉, 衛藤 弘城, 大澤 晋, 黒子 洋介, 末澤 孝徳, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PR38 - 4]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • EVAR時代の開腹人工血管置換術後First truck コスト管理も含めて

    大澤 晋, 村岡 玄哉, 衛藤 弘城, 末澤 孝徳, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 小林 泰幸, 笠原 真悟

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   49回   [PR33 - 5]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 重度低心機能患者に発症した重症下肢虚血、糖尿病性壊疽に対し集学的治療を行った一例 査読

    大塚 寛昭, 戸田 洋伸, 江尻 健太郎, 奥山 倫弘, 大澤 晋, 山田 潔, 三好 亨, 中村 一文, 伊藤 浩

    日本下肢救済・足病学会誌   10 ( 1 )   83 - 83   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本下肢救済・足病学会  

    researchmap

  • A case of conservative management for left ventricular giant pseudoaneurysm without ST segment changes 査読

    Daiki Ousaka, Naruki Obara, Megumi Fujiwara, Koushi Nakagawa, Akira Teraoka, Shingo Kasahara, Susumu Oozawa

    Journal of Cardiology Cases   17 ( 5 )   167 - 170   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Left ventricular (LV) rupture after myocardial infarction (MI) occasionally results in formation of LV pseudoaneurysm (LVPA) which is prone to rupture because of its thin wall. However, cases of LVPA without ST changes including segment elevation in electrocardiogram (ECG) are rare. In this case, we describe a patient who had relatively mild symptoms and giant LVPA with no specific ECG changes following MI with a confirmed diagnosis via transthoracic echocardiography. Although surgical treatment options are often recommended, conservative therapy was adopted, following which the patient had been well-medicated using antihypertensive drugs and anticoagulants. &lt
    Leaning objectives: Left ventricular pseudoaneurysm (LVPA) is usually accompanied by ST segment changes on electrocardiogram (ECG) due to myocardial damage. However, we should take into account a LVPA without ECG specific changes, so echocardiography is better to be considered for an identification. Although many LVPA patients undergo surgery because of risk for rupture, some cases with stable hemodynamic status can have long-term survival with conservative therapy such as anti-hypertension and coagulation.&gt

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.01.006

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 大動脈弓部を含む左心系流出路狭窄に対する外科治療 TGA/VSD/CoA症例に対するSwing back techniqueによる大動脈弓再建を用いた根治術

    小谷 恭弘, 黒子 洋介, 衛藤 弘城, 佐野 俊和, 後藤 拓弥, 堀尾 直裕, 川田 幸子, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 奥山 倫弘, 大澤 晋, 増田 善逸, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回   48 - 48   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • Novel DLC Coating Technique on an Inner-wall of Extended Polytetrafluoroethylene Vascular Grafts Using Methane Plasma Produced by AC HV Discharge 査読

    Tatsuyuki Nakatani, Yuichi Imai, Yasuhiro Fujii, Takashi Goyama, Susumu Ozawa

    JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY   31 ( 3 )   373 - 377   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TECHNICAL ASSOC PHOTOPOLYMERS,JAPAN  

    Expanded-polytetrafluoroethylene (ePTFE) generally exhibits good compatibility with blood in the form of a vascular graft material; however, the small diameter grafts exhibit a low patency rate. ePTFE, with a diameter of less than 6 mm, is usually not used to perform a bypass surgery because of its high occlusion rate due to thrombosis or thick neointimal formation. Therefore, to improve the patency rate of ePTFE, coating the inner surface of ePTFE using Diamond-like Carbon (DLC), which exhibits outstanding biocompatibility, is investigated. However, in reality, medical applications for a long-sized tube that has a diameter of less than 6 mm with a DLC-coated inner wall are scarce. Hence, in this study, AC high-voltage methane plasma Chemical Vapor Deposition is employed to form the bio-compatibilized inner wall of a small-diameter long-sized medical tube, and a Hydrogenated Amorphous Carbon (a-C:H) deposition technique is developed. Further, methane plasma discharge is confirmed to be confined within the ePTFE vascular graft tube (inner diameter of 4 mm and an overall length of 150 mm) with the inner wall being successfully coated by the a-C:H film.

    DOI: 10.2494/photopolymer.31.373

    Web of Science

    researchmap

  • EVAR Eraの腹部大動脈瘤人工血管置換術

    藤井 泰宏, 大澤 晋, 衛藤 弘城, 増田 善逸, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   26 ( Suppl. )   P22 - 9   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • Decreased Serum Levels of High Mobility Group Box 1 (HMGB-1) after Graft Replacement or Stenting of Abdominal Aortic Aneurysm 査読

    Daiki Ousaka, Yasuhiro Fujii, Susumu Oozawa, Masahiro Nishibori, Yosuke Kuroko, Zenichi Masuda, Shunji Sano

    ANNALS OF VASCULAR SURGERY   41   265 - 270   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Background: High-mobility group box 1 (HMGB-1) is a key substance mediating inflammation and development of atherosclerotic lesions (ALs), including abdominal aortic aneurysms (AAA). Serum levels of HMGB-1 are increased in patients with AAA than those in normal controls because the ALs in AAAs secrete HMGB-1. We therefore postulate that the serum HMGB-1 level should decrease after endovascular aortic repair (EVAR) or open aortic repair (OAR). However, there is no evidence of this in the literature. The purpose of this study was to investigate the changes in HMGB-1 levels after surgical intervention for AAA. We also aimed to determine if the HMGB-1 levels varied between the two procedures.
    Methods: Serum HMGB-1 levels were determined in 24 patients with AAA and 25 healthy controls. Twelve of the 24 AAA patients underwent EVAR, whereas the other half underwent OAR. The relationship between HMGB-1 levels and presence of AAA or influence of operative methods on the serum HMGB-1 level were prospectively investigated.
    Results: Serum HMGB-1 levels in AAA patients were significantly higher than those in healthy controls (9.4 +/- 5.7 vs. 4.1 +/- 2.0 ng/mL, P &lt; 0.01). The serum HMGB-1 levels in both the EVAR group and the OAR group were significantly decreased from baseline at both 3 mo and 1 y after surgery.
    Conclusions: Removal or isolation of AL via surgical intervention significantly decreases serum HMGB-1 levels. The significant postoperative reduction in HMGB-1 levels suggests that important endocrinological changes occur after surgical treatment of AAA.

    DOI: 10.1016/j.avsg.2016.08.017

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • EVARにおけるtype 2エンドリークの検討 術前塞栓の必要性を中心に

    大澤 晋, 藤井 康宏, 増田 善逸, 黒子 洋介, 藤原 寛康, 生口 俊浩, 松井 裕輔, 平木 隆夫, 郷原 英夫, 金澤 右

    IVR: Interventional Radiology   32 ( Suppl. )   248 - 248   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会  

    researchmap

  • 小児大動脈弁疾患の外科治療戦略 新生児・乳児期の先天性大動脈弁狭窄症に対する治療戦略と遠隔期成績

    笠原 真悟, 佐野 俊和, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 小林 純子, 衛藤 弘城, 石神 修大, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回   474 - 474   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • Fontan手術の将来展望 遠隔成績から検討した当院の段階的治療戦略

    笠原 真悟, 堀尾 直裕, 佐野 俊和, 後藤 拓弥, 小林 純子, 衛藤 弘城, 石神 修大, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回   750 - 750   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • Bridge to recoveryとして行った小児補助循環(ECMO)の経験

    堀尾 直裕, 笠原 真悟, 井上 善紀, 枝木 大治, 小林 泰幸, 川田 幸子, 石神 修大, 衛藤 弘樹, 藤井 泰宏, 小谷 恭弘, 大澤 晋, 増田 善逸, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   47回   924 - 924   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 超音波検査にて経過観察が可能であった巨細胞性動脈炎の1例 査読

    武本 梨佳, 内田 治仁, 戸田 洋伸, 江尻 健太郎, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 竹内 英実, 鳴海 淳子, 料治 三恵, 麻植 浩樹, 岡田 健, 大塚 文男, 伊藤 浩, 和田 淳

    脈管学   56 ( Suppl. )   S232 - S232   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 腹部大動脈瘤に対して、慢性腎臓病は危険因子であり、糖尿病は防御因子である

    竹内 英実, 内田 治仁, 奥山 倫弘, 垣尾 勇樹, 奥山 由加, 梅林 亮子, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 吉田 賢司, 大島 祐, 佐野 俊二, 和田 淳

    脈管学   56 ( Suppl. )   S125 - S125   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • VAIVTにおける短期狭窄例の検討

    竹内 英実, 内田 治仁, 垣尾 勇樹, 奥山 由加, 奥山 倫弘, 梅林 亮子, 氏家 一尋, 橋本 洋夫, 河本 紀一, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 杉山 斉, 和田 淳

    日本透析医学会雑誌   49 ( Suppl.1 )   712 - 712   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本透析医学会  

    researchmap

  • 膠原病はタバコ窩内シャント閉塞のリスクファクターである

    藤井 泰宏, 大澤 晋, 奥山 倫弘, 増田 善逸, 黒子 洋介, 竹内 英実, 内田 治仁, 佐野 俊二, 後藤 拓弥, 堀尾 直裕, 枝木 大治, 小松 弘明, 木村 紘爾

    静脈学   27 ( 2 )   235 - 235   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • Fontan循環を避けるための、PA/IVS患者に対する治療戦略

    藤井 泰宏, 佐野 俊二, 笠原 真悟, 新井 禎彦, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 増田 善逸, 大澤 晋

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患の外科治療成績と現在の問題点

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 黒子 洋介, 藤井 泰宏, 小林 純子, 大澤 晋, 増田 善逸, 佐野 俊和, 衛藤 弘樹, 枝木 大治, 木村 公爾, 堀尾 直裕, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 5   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • HLHSの外科治療 合併症回避のための治療戦略 左心低形成症候群に対する連続135例のModified Norwood-Sano手術の治療成績

    笠原 真悟, 枝木 大治, 佐野 俊和, 木村 紘爾, 堀尾 直裕, 後藤 拓弥, 小林 純子, 石神 修大, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 小谷 恭弘, 大澤 晋, 増田 善逸, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回   PD2 - 1   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 成人先天性心疾患心機能低下例の治療 成人期Fontan手術およびTCPC conversionにおける低心機能例の検討

    小谷 恭弘, 笠原 真悟, 黒子 洋介, 枝木 大治, 佐野 俊和, 木村 紘爾, 堀尾 直裕, 小林 純子, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 増田 善逸, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   46回   PR26 - 3   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • Chronic Kidney Disease Is Positively and Diabetes Mellitus Is Negatively Associated with Abdominal Aortic Aneurysm 査読 国際誌

    Takeuchi H, Okuyama M, Uchida H. A, Kakio Y, Umebayashi R, Okuyama Y, Fujii Y, Ozawa S, Yoshida M, Oshima Y, Sano S, Wada J

    PLoS One   11 ( 10 )   e0164015   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0164015

    PubMed

    researchmap

  • 下大静脈フィルター閉塞が誘因となった症候性下肢動静脈瘻の2症例 査読

    大澤 晋, 藤井 泰宏, 藤原 寛康, 増田 善逸, 黒子 洋介, 戸田 洋伸, 内田 治仁, 村上 和敏, 江尻 健太郎, 高樽 由美, 料治 三恵, 逢坂 大樹, 竹内 英実, 武本 梨佳, 本田 雅子, 三宅 麻希, 佐野 俊二

    脈管学   55 ( Suppl. )   S212 - S212   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 下肢動脈血栓塞栓症に対するEVTと外科的血栓除去の選択について 査読

    戸田 洋伸, 江尻 健太郎, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 武本 梨佳, 内田 治仁, 中村 一文, 伊藤 浩

    脈管学   55 ( Suppl. )   S216 - S216   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 有痛性手指チアノーゼを来した若年男性の1例

    竹内 英実, 内田 治仁, 奥山 由加, 垣尾 勇樹, 梅林 亮子, 武本 梨佳, 戸田 洋伸, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 村上 和敏, 大塚 文男, 和田 淳

    脈管学   55 ( Suppl. )   S246 - S247   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 下大静脈平滑筋肉腫の1例

    大澤 晋, 藤井 泰宏, 田端 雅弘, 上野 洋資, 樽井 俊, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    静脈学   26 ( 2 )   158 - 158   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • EVAR時代における腹部大動脈人工血管置換術

    藤井 泰宏, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 佐野 俊二, 大澤 晋

    日本血管外科学会雑誌   24 ( 3 )   681 - 681   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 大学における血管外科医教育 シームレスな育成のために

    大澤 晋, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 藤井 泰宏, 赤木 禎治, 吉積 功, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   24 ( 1 )   74 - 74   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患に合併した肺動脈瘤に対し外科治療を施行した成人の3例

    樽井 俊, 堀尾 直裕, 石神 修大, 後藤 拓弥, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 吉積 功, 増田 善逸, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 ( Suppl. )   361 - 361   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 肺静脈還流異常を合併した左心低形成症候群に対し段階的2心室修復を行った2治験例

    後藤 拓弥, 笠原 真悟, 上野 洋資, 堀尾 直裕, 樽井 俊, 藤井 泰宏, 小谷 恭弘, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 大澤 晋, 増田 善逸, 吉積 功, 新井 禎彦, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   44 ( Suppl. )   446 - 446   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • A Case of Cross-Pubic Venous Bypass (Palma procedure) for the Treatment of Left Iliac Vein Occlusion and Ipsilateral Ilio-Femoral Arteriovenous Fistulae. 査読

    大澤 晋

    日本血管外科学会雑誌   24   1001 - 1005   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOCIETY FOR VASCULAR SURGERY  

    要旨:症例は58 歳女性.42 歳時に脳出血後左片麻痺となり,50 歳時に深部静脈血栓に伴う肺塞栓症にて左総腸骨静脈内に下大静脈フィルターが留置されていた.その後,フィルター部の左総腸骨静脈完全閉塞となり,続いて左下肢腫脹を伴う症候性動静脈瘻(arteriovenous fistula: AVF)が出現した.近医にて左鼠径部AVF 結紮術を試みたが,有効ではなかった.当院にて両大腿静脈間圧較差30 mmHg 以上を確認の上,両大腿静脈間自家静脈バイパス(Palma bypass)を施行した.術後は,左下肢の腫脹軽減および静脈圧低下を認めた.本邦では,Palma bypass の報告例が少ないが,片側性腸骨静脈閉塞に動静脈瘻を合併した症例に対し,有用な手術方法と考えられた.

    DOI: 10.11401/jsvs.15-00063

    CiNii Article

    researchmap

  • 高度進行性強皮症に対し自家静脈内シャントを行った一症例

    藤井 泰宏, 大澤 晋, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 増田 善逸, 小谷 恭弘, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 堀尾 直裕, 後藤 拓哉, 田邊 克幸, 佐野 俊二

    脈管学   54 ( Suppl. )   S223 - S223   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 繰り返す感染性心内膜炎に対しホモグラフトを用いて4度目の大動脈基部置換術を施行した不全型ベーチェット病合併の1例

    後藤 拓弥, 増田 善逸, 益田 智章, 堀尾 直裕, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 大澤 晋, 吉積 功, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   175 - 175   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • A First Case Report of Ideopathic Arteriovenous Fistula in the Brachial Artery. 査読

    大澤 晋

    静脈学   25   346 - 349   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.7134/phlebol.13-27

    researchmap

  • 血管外科領域の臨床実習における新たな取り組み

    大澤 晋, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 増田 善逸, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   23 ( 2 )   494 - 494   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • A New Hemostasis Tool after Percutaneous Angioplasty: The Hemcontm Pad Hemostasis Device. 査読

    大澤 晋

    J Vasc Med Surg   2   125 - 125   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Usefulness of high mobility group box 1 protein as a plasma biomarker in patient with peripheral artery disease 査読

    Susumu Oozawa, Shunji Sanoa, Masahiro Nishibori

    Acta Medica Okayama   68 ( 3 )   157 - 162   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Okayama University  

    Atherosclerosis is often associated with chronic vascular inflammation. High-mobility group box 1 protein (HMGB1) plays various roles, not only as a transcriptional regulatory factor in the nucleus, but also as an inflammatory mediator. A previous study suggested that flbrinogen is an important factor associated with atherosclerosis progression. The present study was performed to examine the levels of plasma HMGB1 protein in atherosclerosis patients. We studied 24 patients with peripheral artery disease (PAD) with atherosclerosis, and 10 healthy controls. We found that the concentrations of HMGB1 were increased in the plasma of the patients with atherosclerosis, and there were significant correlations between the plasma HMGB1 and flbrinogen levels. Plasma HMGB1 may play a key role in the pathogenesis of clinical and experimental atherosclerosis. © 2014 by Okayama University Medical School.

    DOI: 10.18926/AMO/52656

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 当院における内シャント作成の治療方針と静脈拡張例における短期成績

    大澤 晋, 林田 智博, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   22 ( 2 )   440 - 440   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 小児心臓ECMOにおける危険因子に関する検討

    伊藤 英史, 笠原 真悟, 藤井 泰宏, 川畑 拓也, 小谷 康弘, 桜井 茂, 大澤 晋, 堂口 琢磨, 井上 陽一, 大島 祐, 吉積 功, 新井 禎彦, 三井 秀也, 佐野 俊二

    膜型肺   ( 32 )   43 - 46   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:膜型人工肺研究会  

    1997年1月から2008年5月に実施された3100例の先天性心疾患手術症例の内、術後にExtracorporeal Membrane Oxygenation(ECMO)を導入した54例を生存群(20例)と非生存群(34例)に分け、月齢、身長、体重、体表面積、ECMO灌流量、ECMO補助期間、心臓手術中の体外循環時間、大動脈遮断時間を比較検討した。更に、ECMO補助期間についてNorwood手術後症例とその他の群、単心室形態症例群と両心室形態症例群において、生存群と非生存群に分けて多重比較による追加検討を行った。小児心臓ECMOに対する危険因子を分析した結果、低体重・低年齢の身体の小さな患者、ECMO導入期間、Norwood術後、単心室形態を持つ症例がECMO離脱困難症例であった。

    researchmap

  • Steroid Therapy in a Surgical Case of Ventricular Septal Defect with Congenital Adrenocortical Insufficiency. 査読

    大澤 晋

    日本心臓血管外科学会雑誌   38 ( 8 )   276 - 279   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4326/jjcvs.38.276

    researchmap

  • Effects of HMGB1 on ischemia-reperfusion injury in the rat heart 査読

    Susumu Oozawa, Shuji Mori, Toru Kanke, Hideo Takahashi, Keyue Liu, Yasuko Tomono, Masato Asanuma, Ikuko Miyazaki, Masahiro Nishibori, Shunji Sano

    CIRCULATION JOURNAL   72 ( 7 )   1178 - 1184   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE CIRCULATION SOC  

    Background Coronary ischemia-reperfusion (I/R) injury causes cardiomyocyte necrosis in a multi-step process that includes an inflammatory reaction. A recent study has suggested that high-mobility group box 1 (HMGB 1) is a late mediator of lethal sepsis and an early mediator of inflammation and necrosis following I/R injury. In the present study a neutralizing monoclonal antibody (mAb) for HMGB1 was used to clarify the role of HMGB 1 in cardiac I/R injury.
    Methods and Results Rats underwent 30 min of left coronary artery occlusion followed by 60 min reperfusion. An intravenous injection of anti-HMGB1 mAb or control IgG was administered just before reperfusion. The infarct size was enlarged in the anti-HMGB1 mAb group in comparison with the control group (p&lt;0.05). The treatment of anti-HMGB1 mAb significantly increased the plasma troponin-T and norepinephrine (NE) content in the heart in comparison with the control (p&lt;0.05). Moreover, the production of dihydroxyphenylglycol was reduced in the anti-HMGB1-treated group (p&lt;0.05).
    Conclusion This study shows for the first time the effects of treatment with neutralizing anti-HMGB1 mAb on I/R injury in the rat heart. The findings support the novel view that I/R-induced HMGB1 may be an important factor in the modulation of interstitial NE.

    DOI: 10.1253/circj.72.1178

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Blood coagulation in obstructive arteriosclerosis. 査読

    大澤 晋

    日本血管外科学会雑誌   14 ( 4 )   489 - 494   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of HMGB1 on ischemia-reperfusion injury in the rat heart 査読

    Susumu Oozawa, Shuji Mori, Tom Kanke, Hideo Takahashi, Keyue Liu, Yasuko Tomono, Masato Asanuma, Ikuko Miyazaki, Masahiro Nishibori, Shunji Sano

    Circulation Journal   72 ( 7 )   1178 - 1184   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background Coronary ischemia-reperfusion (I/R) injury causes cardiomyocyte necrosis in a multi-step process that includes an inflammatory reaction. A recent study has suggested that high-mobility group box 1 (HMGB1) is a late mediator of lethal sepsis and an early mediator of inflammation and necrosis following I/R injury. In the present study a neutralizing monoclonal antibody (mAb) for HMGB1 was used to clarify the role of HMGB1 in cardiac I/R injury. Methods and Results Rats underwent 30min of left coronary artery occlusion followed by 60min reperfusion. An intravenous injection of anti-HMGB1 mAb or control IgG was administered just before reperfusion. The infarct size was enlarged in the anti-HMGB1 mAb group in comparison with the control group (p&lt
    0.05). The treatment of anti-HMGB1 mAb significantly increased the plasma troponin-T and norepinephrine (NE) content in the heart in comparison with the control (p&lt
    0.05). Moreover, the production of dihydroxyphenylglycol was reduced in the anti-HMGB1-treated group (p&lt
    0.05). Conclusion This study shows for the first time the effects of treatment with neutralizing anti-HMGB1 mAb on I/R injury in the rat heart. The findings support the novel view that I/R-induced HMGB1 may be an important factor in the modulation of interstitial NE. (Circ J 2008
    72:1178-1184).

    DOI: 10.1253/circj.72.1178

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 圧迫療法、足挙上による静脈性潰瘍治療の成績

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 櫻井 茂, 佐野 俊二

    脈管学   47 ( Suppl. )   S118 - S118   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 足潰瘍の治療戦略 連続160例の経験

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 櫻井 茂, 佐野 俊二

    脈管学   47 ( Suppl. )   S191 - S191   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 圧迫療法、足挙上による静脈性潰瘍治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 佐野 俊二

    静脈学   18 ( 2 )   118 - 118   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 一時的下大静脈フィルターと経口抗凝固療法による深部静脈血栓症治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 佐野 俊二

    静脈学   18 ( 2 )   95 - 95   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 足部潰瘍の治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   500 - 500   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 重症虚血肢に対するDVA(Distal Venous Arterialization)術式

    三井 秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   503 - 503   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 日常診療における末梢性閉塞性動脈疾患のリスク指標

    大澤 晋, 川畑 拓也, 三井 秀也, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   391 - 391   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療の早期及び遠隔期成績 腸骨動脈完全閉塞例に対する血管内治療(特に順行性アプローチの有用性)

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 宮原 義典, 笠原 真悟, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌   16 ( 2 )   249 - 249   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 重症心不全を示すBland-White-Garland症候群の術後に機械的循環補助を用いて救命し得た1乳幼児例

    中島 真人, 笠原 真悟, 大崎 悟, 小谷 恭弘, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 鵜垣 伸也, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 桜井 茂, 高橋 研, 神吉 和重, 三井 秀也, 石野 幸三, 泉本 浩史, 佐野 俊二

    膜型肺   ( 29 )   44 - 47   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:膜型人工肺研究会  

    症例は3ヵ月女児で、高度左室機能低下・僧帽弁逆流を伴う左冠状動脈肺動脈起始異常症と診断された。胸部X線写真は、心胸比70%と右無気肺を示した。心電図で洞性頻脈、軽度ST低下、陰性T波、異常Q波、左室肥大を認めた。左冠状動脈は造影されなかった。経食道心臓超音波検査では、駆出率:測定不能、短縮率:10%、高度〜中等度僧帽弁逆流、左室中隔の壁運動低下がみられた。心房間交通を作成し、大動脈遮断解除後、約30分間の左心補助を行い、右房脱血、上行大動脈送血によるV-A extracorporeal membrane oxygenation(ECMO)へ移行継続した。カテコラミン・血管拡張剤の増量、ECMO補助流量の段階的減量により術後7日目に人工呼吸器から離脱し、短縮率・僧帽弁逆流は改善傾向となり、心胸比も縮小した。修復術後に肺うっ血や肺高血圧の可能性がある症例への心房間交通の作成とECMOを組み合わせた機械的循環補助は、有効であると思われた。

    researchmap

  • Nonpenetrating traumatic injury of the thoracic aorta and left subclavian artery; report of a case. 査読

    大澤 晋

    胸部外科   58 ( 7 )   573 - 575   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 経後腹膜的閉塞性動脈硬化症手術後に診断治療に難渋した合併症を認めた1例

    藤井 泰宏, 三井 秀也, 河田 政明, 神吉 和重, 黒子 洋介, 川畑 拓也, 大澤 晋, 鵜垣 伸也, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   117 ( 2 )   164 - 164   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • [Nonpenetrating traumatic injury of the thoracic aorta and left subclavian artery; report of a case]. 査読

    Oozawa S, Aoki A, Otsubo S, Miyajima Y, Ishimaru Y

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   58 ( 7 )   573 - 575   2005年7月

     詳細を見る

  • A Case of Right Atrial Reduction for Giant Right Atrium. 査読

    大澤 晋

    心臓   37 ( 7 )   603 - 605   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Case of Primary Right Atrium Angiosarcoma Involving Cardiac Tamponade. 査読

    大澤 晋

    日本心臓血管外科学会雑誌   34 ( 8 )   382 - 385   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society for Cardiovascular Surgery  

    症例は46歳,女性.胸部違和感,労作時息切れを主訴に当院内科を受診した.緩解増悪をくり返す心嚢液貯留を認め保存的治療を行っていたが,5ヵ月後に超音波検査で右房内に可動性のない腫瘍を認めたため入院となった.血管造影検査にて右冠動脈から右房内腫瘍への血流を認め,MRI検査などの結果より右房原発悪性腫瘍の診断で腫瘍摘出術を施行し,術後放射線療法を追加した.術後4ヵ月目に肺,肝転移を認めたため,免疫療法,肝動脈塞栓療法など集学的治療を行ったが,術後355日目に肝転移にて永眠された.

    DOI: 10.4326/jjcvs.34.382

    CiNii Article

    researchmap

  • Wound Bed Preparetion(WBP)としてのMDT(Maggot Debridement Therapy)

    三井 秀也, 川畑 拓也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 富井 奉子, 佐野 俊二

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集   34回   63 - 63   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本創傷治癒学会  

    researchmap

  • 腹腔内出血を来たした胃GISTの一例

    神山 陽一, 北川 尚史, 北村 龍彦, 山本 彰, 井上 敦, 安原 清司, 赤松 順, 榎 栄治, 大澤 晋, 近森 正幸, 戸井 慎, 円山 英昭

    日本臨床外科学会雑誌   64 ( 11 )   2951 - 2951   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Adventitial Cystic Disease of the Popliteal Artery. 査読

    大澤 晋

    日本心臓血管外科学会雑誌   32ページ ( 8 )   256 - 259   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4326/jjcvs.32.256

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 新専門医制度の開始により見えてきたその現状と課題 多医療圏にまたがる広域外科専門研修プログラム運営の現状と課題

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 岸本 浩行, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   120 ( 5 )   601 - 603   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 多医療圏にまたがる広域外科専門研修プログラム運営の現状と課題

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 岸本 浩行, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SP - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 多医療圏にまたがる広域外科専門研修プログラム運営の現状と課題 (定期学術集会特別企画記録 第119回日本外科学会定期学術集会) -- (新専門医制度の開始により見えてきたその現状と課題)

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡﨑 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 岸本 浩行, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society   120 ( 5 )   601 - 603   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • EVAR時代の人工血管置換術の成績

    大澤 晋

    脈管学   58 ( Suppl. )   S175 - S175   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 自家動静脈内シャントにA群溶血性連鎖球菌による壊死性筋膜炎をきたした1例

    村岡 玄哉, 大澤 晋

    脈管学   58 ( Suppl. )   S226 - S226   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • EVAR時代の開腹手術の現状

    大澤 晋, 藤井 泰宏, 奥山 倫弘, 黒子 洋介, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 笠原 真悟

    日本血管外科学会雑誌   27 ( Suppl. )   P11 - 1   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 上肢重症虚血に対して静脈のarterializationを行い救肢しえた1例

    村岡 玄哉, 大澤 晋

    日本血管外科学会雑誌   27 ( Suppl. )   P14 - 5   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 新生児開心術の工夫 当院における新生児開心術 26年間の変遷、工夫と治療成績

    小谷 恭弘, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 小林 純子, 佐野 俊和, 後藤 拓弥, 堀尾 直裕, 川田 幸子, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 奥山 倫弘, 衛藤 弘城, 大澤 晋, 増田 善逸, 佐野 俊二, 笠原 真悟

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   478 - 478   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大動脈弓部を含む左心系流出路狭窄に対する外科治療 TGA/VSD/CoA症例に対するSwing back techniqueによる大動脈弓再建を用いた根治術

    小谷 恭弘, 黒子 洋介, 衛藤 弘城, 佐野 俊和, 後藤 拓弥, 堀尾 直裕, 川田 幸子, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 奥山 倫弘, 大澤 晋, 増田 善逸, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   48回   48 - 48   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 先天性大血管転位修正後の成人患者における三尖弁閉鎖不全症と右室不全に対する肺動脈banding(Pulmonary artery banding for tricuspid regurgitation and right ventricular failure in the adult patient with congenitally corrected transposition of the great arteries)

    川田 幸子, 小谷 恭弘, 小林 泰幸, 村岡 玄哉, 堀尾 直裕, 奥山 倫弘, 衛藤 弘城, 大澤 晋, 増田 善逸, 黒子 洋介, 新井 禎彦, 笠原 真悟

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   7 ( 1 )   184 - 184   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 異種タンパク質生産に有用なC1酵母のメタノールセンシング機構

    由里本 博也, 大澤 晋, 阪井 康能

    バイオサイエンスとインダストリー   76 ( 1 )   30 - 34   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:バイオインダストリー協会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Vasohibin-2は大動脈瘤モデルマウスにおいてVEGFとは独立して胸部大動脈瘤を増悪させる

    奥山 倫弘, 内田 治仁, 垣尾 勇樹, 梅林 亮子, 田邊 克幸, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 佐藤 靖史, 和田 淳

    脈管学   57 ( Suppl. )   S128 - S128   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 治療に難渋した壊死性好酸球性心筋炎の1例

    小出 祐嗣, 中村 一文, 木村 朋生, 中川 晃志, 三好 亨, 西井 伸洋, 伊藤 浩, 大澤 晋, 笠原 慎吾, 田中 健大, 柳井 広之, 安藤 翠, 大郷 恵子, 山中 俊明

    心臓   49 ( Suppl.1 )   159 - 167   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は16歳男性。血圧低下をきたし前医搬送。冠動脈造影・左室造影・心筋生検を施行。好酸球性心筋炎と診断し3日間メチルプレドニゾロン(m-PSL)1g/日投与。その後PSLを減量するも好酸球数再増加を伴う血行動態悪化を認め、計3度のmPSL大量投与、γ-glb大量療法およびアザチオプリン投与を併用することで好酸球増多は認めなくなり心筋炎は改善した。その後PSL漸減可能となった。第27病日、感染契機に頻脈、血圧低下しPCPS挿入。第29病日PCPS挿入側の右下肢腫脹を認め減張切開施行。第45病日右下肢壊疽に対して右大腿切断術施行。第57病日小腸穿孔による急性汎発性腹膜炎をきたたし緊急手術を施行し小腸切除、ストーマ造設。その後感染コントロールが付いた後にPSLを漸減。PSL 5mgまで減量し、第188日ストーマ閉鎖。第211病日、リハビリ目的に前医転院となった。その後復学し現在外来通院中。ステロイド単剤では治療に難渋したが、アザチオプリンを追加投与することで治療し得た。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • 病院薬剤師対象シミュレーション教育実践に向けた研究会発足 病院薬剤師教育実践報告と教育効果の考察

    万代 康弘, 小川 敦, 山田 あかね, 西宮 祐輔, 日野 隼人, 白石 奈緒子, 勝部 理早, 蔵田 靖子, 大月 理恵子, 大川 恭昌, 山地 恵民, 錦織 淳美, 名和 秀起, 大澤 晋, 千堂 年昭, 那須 保友

    新しい医学教育の流れ   17 ( 2 )   106 - 109   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岐阜大学医学教育開発研究センター  

    2050年には、国民の4割が高齢者となって、高齢者1人を1.2人の現役世代が支える社会が到来することが見込まれている。このため、チーム医療推進をはじめとする医療提供体制の実現に向けた様々な取組みが行われている。薬剤師を取り巻く社会情勢の変化に対応するために、岡山大学医療教育統合開発センター(以下、教育センター)主導の下、岡山大学病院薬剤部(以下、薬剤部)と連携し、2014年3月より、岡山臨床薬剤師シミュレーション研究会(Clinical Pharmacist Okayama Simulation Training:以下、CPOST)を設立した。CPOSTは、フィジカルアセスメントやインタビューなどによる患者からの情報収集能力および臨床現場での薬剤選択に関わる観察力ならびに判断力を養う目的で、定期的にシミュレーショントレーニングプログラム(以下、Pharma SIM)を開催している。Pharma SIM開催初期時には、受講者からバイタルサインの見方についての質問が比較的多かった。Pharma SIMで教育を受けた薬剤師は、自覚症状、身体所見、検査所見、および処方薬から総合的な考察を行った上で医師に対して薬剤に関する提案を行うことが可能になると考えられ、臨床現場での患者に提供する医療の質は向上に寄与するものと思われたので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 重症肺高血圧症を伴う心室中隔欠損症に対して"treat and repair"を実施した成人3症例についての検討

    川田 幸子, 笠原 真悟, 井上 喜紀, 枝木 大治, 小林 泰幸, 堀尾 直裕, 石神 修大, 藤井 泰宏, 小谷 恭弘, 増田 善逸, 大澤 晋, 新井 禎彦, 赤木 禎治, 佐野 俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   6 ( 1 )   140 - 140   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 症例 脳梗塞に対する血栓溶解療法後に診断にいたった急性大動脈解離の1例

    宮本 陽介, 増田 善逸, 小谷 恭弘, 樽井 俊, 黒子 洋介, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 佐野 俊二

    胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery   69 ( 12 )   1037 - 1040   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/J00349.2017078319

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 21-6-O9-04 臨床薬剤師におけるシミュレーション教育 : Simulation training for Clinical Pharmacist(医療安全・薬学教育他,口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-)

    大澤 晋, 小川 敦, 白石 奈緒子, 山地 民恵, 日野 隼人, 武本 あかね, 西宮 祐輔, 川島 理恵子, 蔵田 靖子, 勝部 理早, 大川 恭昌, 川崎 元弘, 福永 桂子, 名和 秀起, 錦織 淳美, 万代 康弘, 北村 佳久, 佐野 俊二, 千堂 年昭

    日本医療薬学会年会講演要旨集   25   204 - 204   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医療薬学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 臨床薬剤師におけるシミュレーション教育―Simulation training for Clinical Pharmacist―

    大澤晋, 小川敦, 白石奈緒子, 白石奈緒子, 山地民恵, 日野隼人, 武本あかね, 西宮祐輔, 川島理恵子, 蔵田靖子, 勝部理早, 大川恭昌, 川崎元弘, 福永桂子, 名和秀起, 錦織淳美, 万代康弘, 北村佳久, 佐野俊二, 千堂年昭

    日本医療薬学会年会講演要旨集   25th   204   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 薬剤師の臨床能力開発を目的としたシミュレーション教育の実践~顧客満足度分析を用いた学習効果の評価~

    武本あかね, 小川敦, 田坂健, 西宮祐輔, 日野隼人, 白石奈緒子, 山地恵民, 香西佳美, 錦織淳美, 名和秀起, 大澤晋, 万代康弘, 北村佳久, 千堂年昭

    医療薬学フォーラム講演要旨集   23rd   344   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨盤内臓全摘後に外腸骨動脈仮性動脈瘤-回腸導管瘻を来した一例

    河田 達志, 平田 武志, 高本 篤, 小林 泰之, 佐々木 克己, 荒木 元朗, 江原 伸, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 藤原 寛康

    泌尿器外科   28 ( 臨増 )   877 - 877   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 臨床薬剤師におけるシミュレーション教育

    大澤 晋, 万代 康弘, 名和 秀起, 錦織 淳美, 香西 佳美, 小川 敦, 武本 あかね, 白石 奈緒子, 西宮 祐輔, 日野 隼人, 山地 恵民, 山田 隆子, 岡本 亜紀, 佐野 俊二, 千堂 年昭

    日本薬学会年会要旨集   135年会 ( 4 )   213 - 213   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    researchmap

  • 薬剤師主導による多職種連携医療シミュレーション教育の取り組み

    西宮祐輔, 名和秀起, 錦織淳美, 小川敦, 山田あかね, 日野隼人, 白石奈緒子, 山地恵民, 香西佳美, 万代康弘, 大澤晋, 北村佳久, 千堂年昭

    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ( 4 )   ROMBUNNO.27D-PM04 - 213   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外腸骨動脈仮性動脈瘤-回腸導管瘻に対してF-Fバイパス術及び右総腸骨、内外腸骨コイル塞栓術を施行した一例

    河田 達志, 平田 武志, 高本 篤, 小林 泰之, 佐々木 克己, 荒木 元朗, 江原 伸, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳, 藤井 泰宏, 大澤 晋, 藤原 寛康

    西日本泌尿器科   76 ( 増刊 )   129 - 129   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 外科研修医に対するシミュレーターを用いた周術期急変時の初期対応評価の試み

    杉本誠一郎, 山根正修, 万代康弘, 大澤晋, 内海方嗣, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    医学教育   45 ( Suppl. )   130   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した腎血管性高血圧の1 例

    田中 景子, 平岡 佐規子, 寺坂 律子, 杉山 斉, 和田 淳, 内田 治仁, 平松 澄恵, 天田 雅文, 井上 章子, 奥山 由加, 梅林 亮子, 郷原 英夫, 大澤 晋

    脈管学   54 ( 10 )   167 - 172   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脈管学会  

    腎血管性高血圧はさまざまな疾患を原因とする。今回我々は,潰瘍性大腸炎に腎血管性高血圧を合併した症例を経験した。症例は40 歳男性。造影CT と血管造影で右腎動脈の閉塞と側副血行路の発達を認めた。さらに左腎区域動脈と肝動脈の狭小化,両側内腸骨動脈の閉塞と腹部大動脈の一部壁不整がみられた。FDG-PET で大動脈炎症候群は否定的であった。皮疹や結腸粘膜の生検で血管炎の所見は得られず,診断に苦慮した症例であった。

    DOI: 10.7133/jca.14-00031

    CiNii Article

    researchmap

  • AVSDに対するmodified single patch repair

    笠原真悟, 林田智博, 奥山倫弘, 平田昌敬, 樽井俊, 小林純子, 石神修大, 川畑拓也, 大澤晋, 黒子洋介, 立石篤史, 吉積功, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   42 ( Supplement )   244 - 244   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人期Fontan手術における問題点

    笠原真悟, 後藤拓弥, 林田智博, 奥山倫弘, 平田昌敬, 小林純子, 樽井俊, 川畑拓也, 大澤晋, 黒子洋介, 立石篤史, 吉積功, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   60 ( Supplement )   272   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺高血圧を持つFontan手術の遠隔成績症例の検討

    笠原真悟, 後藤拓弥, 林田智博, 奥山倫弘, 平田昌敬, 小林純子, 樽井俊, 川畑拓也, 大澤晋, 黒子洋介, 立石篤史, 吉積功, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   60 ( Supplement )   296   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • AVSDに対するSimplified single patch法における分割線決定の技術的考察

    笠原真悟, 平田昌敬, 樽井俊, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 大澤晋, 立石篤史, 藤田康文, 吉積功, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Supplement )   342 - 342   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 動脈スイッチ手術の長期成績

    立石篤史, 笠原真悟, 奥山倫弘, 小林純子, 平田昌敬, 樽井俊, 大澤晋, 川畑拓也, 黒子洋介, 藤田康文, 吉積功, 新井禎彦, 高垣昌巳, 佐野俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Supplement )   394   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Heterotaxy症候群合併症例に対する治療成績

    笠原真悟, 平田昌敬, 小林純子, 樽井俊, 川畑拓也, 黒子洋介, 大澤晋, 立石篤史, 藤田康文, 吉積功, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Supplement )   174 - 174   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 心房中隔欠損症に対する経カテーテル的閉鎖術の合併症の検討

    藤田康文, 赤木禎治, 大澤晋, 川畑拓也, 黒子洋介, 立石篤史, 高垣昌巳, 新井禎彦, 笠原真悟, 佐野俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Supplement )   369   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Damus-Kaye-Stansel吻合

    藤井 泰宏, 佐野 俊二, 新井 禎彦, 笠原 真悟, 立石 篤史, 高垣 昌巳, 藤田 康文, 大澤 晋

    岡山医学会雑誌   124 ( 1 )   9 - 13   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    DOI: 10.4044/joma.124.9

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 術前肺高血圧症を持つFontan手術症例の検討

    笠原真悟, 平田昌敬, 樽井俊, 小林純子, 川畑拓也, 大澤晋, 立石篤史, 藤田康文, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   59 ( Supplement )   387   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対するprimary Norwood手術―RV‐PA shuntを用いた連続104例の検討―

    笠原真悟, 平田昌敬, 樽井俊, 小林純子, 川畑拓也, 大澤晋, 立石篤史, 藤田康文, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   59 ( Supplement )   391   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 完全大血管転位症および両大血管右室起始症の動脈スイッチ手術の中期成績

    立石篤史, 笠原真悟, 平田昌敬, 樽井俊, 小林純子, 川畑拓也, 大澤晋, 藤田康文, 高垣昌巳, 新井禎彦, 佐野俊二

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   59 ( Supplement )   412   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成長を考慮した異物を用いない手術術式の工夫―左心低形成症候群とFontan

    佐野俊二, 笠原真悟, 吉積功, 小谷恭弘, 藤井泰宏, 徳永宣之, 川畑拓也, 宮原義典, 鵜垣伸也, 桜井茂, 大澤晋, 高垣昌巳, 三井秀也, 石野幸三, 河田政明

    日本心臓血管外科学会雑誌   38 ( Supplement )   125   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 心室中隔欠損症に先天性副腎皮質機能不全を合併した乳児に対し周術期糖質コルチコイド補充療法を施行した1手術例

    大澤 晋, 笠原 真悟, 小谷 恭弘, 佐野 俊二

    日本心臓血管外科学会雑誌   38 ( 4 )   276 - 279   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本心臓血管外科学会  

    症例は5カ月女児.先天性副腎皮質機能不全にて近医で副腎皮質ホルモン補充療法を行っている.出生時より心雑音を指摘され近医転院,心室中隔欠損症の診断にて薬物療法を行っていた.生後4カ月までに心不全の状態は改善し,生後5カ月の時点で心カテーテル検査を施行した結果,肺体血流比2.9と高値であり,心不全の急性増悪をきたす恐れが強く,哺乳量が増えず体重増加があまり期待できないこと,易感染性であることから,早期に手術すべきと判断され,当院紹介となった.手術は心室中隔欠損症に対するパッチ閉鎖術を行った.周術期の糖質コルチコイド補充量は体表面積から投与ステロイド量を推定し,周術期の血中コルチゾール濃度の経時的変化を参考にしながら投与することで,良好な結果を得ることができた.乳幼児における開心術における糖質コルチコイド補充療法の報告は少なく,体表面積から投与量を推定することで良好な周術期管理を行うことができた.

    DOI: 10.4326/jjcvs.38.276

    CiNii Article

    researchmap

  • 閉塞性動脈硬化症における血液凝固系の検討

    大澤 晋, 三井 秀也, 佐野 俊二

    日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery   17 ( 4 )   489 - 494   2008年6月

     詳細を見る

  • 糖尿病性壊疽に対するマゴット治療

    三井秀也, 川畑 拓也, 桜井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 大澤 晋, 高橋 研, 笠原 真悟, 神吉 和重, 石野 幸三, 佐野 俊二

    日本外科学会雑誌   107 ( 2 )   570 - 570   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 重症虚血肢における血行再建不能例に対する治療戦略 : ウジムシ治療について(第86回日本循環器学会中国地方会)

    大澤 晋, 川畑 拓也, 三井 秀也, 藤井 泰宏, 黒子 洋介, 佐野 俊二

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   69 ( 0 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Diabetic foot に対するウジムシ治療

    三井 秀也, 川畑 拓也, 黒子 洋介, 鵜垣 伸也, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    脈管学   45 ( 7 )   443 - 450   2005年7月

     詳細を見る

  • 症例 外傷性胸部大動脈破裂および鎖骨下動脈損傷の1例

    大澤 晋, 青木 淳, 大坪 晋

    胸部外科   58 ( 7 )   573 - 575   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南江堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 59) 巨大心房に対する心房縫縮術の一例(第84回日本循環器学会四国地方会)

    大澤 晋, 青木 淳

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68 ( 0 )   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 109) 心タンポナーゼにて発症した右房原発血管肉腫の一例(第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会)

    大澤 晋, 久持 邦和, 大庭 治

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68 ( 0 )   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 当院における急性大動脈解離症(Stanford A)の成績(第82回日本循環器学会中国地方会)

    柚木 継二, 七条 健, 久持 邦和, 大澤 晋, 木川 雄一郎, 大庭 治

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67 ( 0 )   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 上腸間膜動脈解離の1例(第82回日本循環器学会中国地方会)

    大澤 晋, 柚木 継二, 七条 健

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67 ( 0 )   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 診断に難渋した胸腹部解離性大動脈瘤の一例(第82回日本循環器学会中国地方会)

    木川 雄一郎, 柚木 継二, 七条 健, 大澤 晋

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67 ( 0 )   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 膝窩動脈外膜嚢腫の1治験例

    大澤 晋, 入江 博之, 森田 照正

    日本心臓血管外科学会雑誌   32 ( 4 )   256 - 259   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会  

    膝窩動脈外膜嚢腫は,血管の外膜に発生する嚢腫で,動脈内腔の狭窄および閉塞をきたす希な疾患である.症例は32歳男性.生来健康であったが,突然の左下肢脱力にて発症.血管造影検査などで,平滑な三日月状の陰影欠損が認められた.手術は,嚢腫切除,および人工血管をパッチとして用いた血管形成術を行った.術後1年後も再発の症状を認めず,良好な経過である.

    DOI: 10.4326/jjcvs.32.256

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 一期的胸部大動脈(亜)全置換術の11例

    柚木 継二, 七条 健, 久持 邦和, 片山 達也, 大澤 晋, 木川 雄一郎, 大庭 治

    日本外科学会雑誌   104 ( 0 )   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 87)早期離床を目指す心臓手術(日本循環器学会 第79回中国四国地方会)

    大澤 晋, 入江 博之, 森田 照正, 川井 和哉, 窪川 渉一, 関 秀一, 浜重 直久

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66 ( 0 )   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 188)巨大瘤化を伴った冠動静脈瘻の1手術例(日本循環器学会 第79回中国四国地方会)

    森田 照正, 入江 博之, 大澤 晋, 浜重 直久, 川井 和哉, 窪川 渉一, 関 秀一

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66 ( 0 )   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-67 術前経気管支鏡的処置が無気肺解除に有効であった肺カルチノイドの一治験例

    山本 彰, 大澤 晋, 榎 栄治, 神山 陽一, 安原 清司, 井上 敦, 赤松 順, 北川 尚史, 北村 龍彦, 近森 正幸

    肺癌   41 ( 5 )   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肺癌学会  

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • 成膜方法

    今井 裕一, 中谷 達行, 大澤 晋, 藤井 泰宏, 内田 治仁

     詳細を見る

    出願人:ストローブ株式会社, 学校法人加計学園, 国立大学法人 岡山大学

    出願番号:特願2017-042037  出願日:2017年3月6日

    公開番号:特開2018-145478  公開日:2018年9月20日

    J-GLOBAL

    researchmap