2021/07/12 更新

写真a

モリタ ヒロシ
森田 宏
MORITA Hiroshi
所属
医歯薬学域 教授
職名
教授
ホームページ
外部リンク

研究キーワード

  • Cardiovascular Medicine

  • Arrhythmia

  • 突然死

  • 不整脈学

  • 循環器内科学

  • Sudden cardiac death

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

 

論文

  • Emerging Role of Coronary Computed Tomography Angiography in Lipid-Lowering Therapy: a Bridge to Image-Guided Personalized Medicine. 査読 国際誌

    Toru Miyoshi, Kazuhiro Osawa, Keishi Ichikawa, Kazuki Suruga, Takashi Miki, Masashi Yoshida, Koji Nakagawa, Hironobu Toda, Kazufumi Nakamura, Hiroshi Morita, Hiroshi Ito

    Current cardiology reports   21 ( 8 )   72 - 72   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE OF REVIEW: To summarize the current status of coronary computed tomography angiography (CTA) in the assessment of coronary plaques and discuss the ability of serial coronary CTA to quantitatively measure changes in the plaque burden in response to lipid-lowering therapy. RECENT FINDINGS: Recent advances in coronary CTA have allowed identification of high-risk coronary features in acute coronary syndrome and measurement of changes in the coronary plaque burden with good reproducibility. Statin therapy may delay plaque progression and change some plaque features. However, the clinical relevance of quantitative changes in coronary plaques and the optimal methods to reduce the plaque burden remain unclear. Despite guideline-directed lipid-lowering therapy, adverse events still occur in substantial numbers of patients receiving statins. Coronary CTA is noninvasive and has high diagnostic performance in patients with coronary artery disease, making change in the plaque burden an applicable biomarker for individualized assessment of future risk.

    DOI: 10.1007/s11886-019-1170-4

    PubMed

    researchmap

  • CLI診療(循環器内科医に求められる役割について) 査読

    大塚 寛昭, 戸田 洋伸, 江尻 健太郎, 三好 亨, 中村 一文, 森田 宏, 伊藤 浩

    日本下肢救済・足病学会誌   11 ( 1 )   58 - 58   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本下肢救済・足病学会  

    researchmap

  • Coral reef aorta一連の病変と考えられた移植腎動脈狭窄に対する血管内治療の1例 査読

    戸田 洋伸, 大塚 寛昭, 江尻 健太郎, 内田 治仁, 杜 徳尚, 中川 晃志, 渡邊 敦之, 三好 亨, 西井 伸洋, 中村 一文, 森田 宏, 伊藤 浩

    脈管学   58 ( Suppl. )   S206 - S206   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 顕性蛋白尿をきたした腎動脈狭窄症に対するPTRAの腎保護効果についての検討 査読

    戸田 洋伸, 内田 治仁, 竹内 英実, 江尻 健太郎, 大塚 寛昭, 中川 晃志, 渡邊 敦之, 西井 伸洋, 三好 亨, 中村 一文, 森田 宏, 和田 淳, 伊藤 浩

    脈管学   57 ( Suppl. )   S138 - S138   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

    researchmap

  • 冠動脈ハイリスクプラークの予測におけるトリグリセリド/HDLコレステロール比の有用性について 査読

    三木 崇史, 三好 亨, 小出 祐嗣, 江尻 健太郎, 戸田 洋伸, 吉田 雅言, 中村 一文, 森田 宏, 伊藤 浩

    日本心臓病学会学術集会抄録   64回   P - 116   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • Alogliptin ameliorates postprandial lipemia and postprandial endothelial dysfunction in non-diabetic subjects: a preliminary report 査読

    Yoko Noda, Toru Miyoshi, Hiroki Oe, Yuko Ohno, Kazufumi Nakamura, Norihisa Toh, Kunihisa Kohno, Hiroshi Morita, Kengo Kusano, Hiroshi Ito

    CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY   12   8   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: Postprandial hyperlipidemia impairs endothelial function and participates in the development of atherosclerosis. We investigated the postprandial effects of a dipeptidyl peptidase IV inhibitor, alogliptin, on endothelial dysfunction and the lipid profile.
    Methods: A randomized cross-over trial design in 10 healthy volunteers (8 males and 2 females, 35 +/- 10 years) was performed. The postprandial effects before and after a 1-week treatment of 25 mg/day alogliptin on endothelial function were assessed with brachial artery flow-mediated dilation (FMD) and changing levels of lipids, apolipoprotein B48 (apoB-48), glucose, glucagon, insulin, and glucagon-like peptide-1 (GLP-1) during fasting and at 2, 4, 6, and 8 h after a standard meal loading test.
    Results: Alogliptin treatment significantly suppressed the postprandial elevation in serum triglyceride (incremental area under the curve [AUC]; 279 +/- 31 vs. 182 +/- 32 mg h/dl, p = 0.01), apoB-48 (incremental AUC; 15.4 +/- 1.7 vs. 11.7 +/- 1.1 mu g h/ml, p = 0.04), and remnant lipoprotein cholesterol (RLP-C) (incremental AUC: 29.3 +/- 3.2 vs. 17.6 +/- 3.3 mg h/dl, p = 0.01). GLP-1 secretion was significantly increased after alogliptin treatment. Postprandial endothelial dysfunction (maximum decrease in% FMD, from -4.2 +/- 0.5% to -2.6 +/- 0.4%, p = 0.03) was significantly associated with the maximum change in apoB-48 (r = -0.46, p = 0.03) and RLP-C (r = -0.45, p = 0.04).
    Conclusion: Alogliptin significantly improved postprandial endothelial dysfunction and postprandial lipemia, suggesting that alogliptin may be a promising anti-atherogenic agent.

    DOI: 10.1186/1475-2840-12-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Impact of Hypertriglyceridemia on Endothelial Dysfunction During Statin +/- Ezetimibe Therapy in Patients With Coronary Heart Disease 査読

    Kei Yunoki, Kazufumi Nakamura, Toru Miyoshi, Kenki Enko, Motoki Kubo, Masato Murakami, Yoshiki Hata, Kunihisa Kohno, Hiroshi Morita, Kengo F. Kusano, Hiroshi Ito

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   108 ( 3 )   333 - 339   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EXCERPTA MEDICA INC-ELSEVIER SCIENCE INC  

    Despite the use of statin therapy and achieving the target for low-density lipoprotein cholesterol, a substantial number of coronary events are not prevented, and residual risk factors remain unsettled. Recently, ezetimibe has been shown to reduce not only low-density lipoprotein cholesterol but also triglyceride (TG) levels. The aim of this study was to investigate the associations of residual risk factors, mainly hypertriglyceridemia, with endothelial function during statin therapy in patients with coronary heart disease and examine the effect of ezetimibe add-on therapy. A total of 109 consecutive patients with coronary heart disease during statin therapy were enrolled. Lipid profile was measured and endothelial function was assessed by flow-mediated dilation (FMD) of the brachial artery in a fasting state. Next, 32 patients with high TG levels (>= 150 mg/dl) were prospectively assigned to the ezetimibe add-on group or the no-ezetimibe group, and endothelial function was assessed after 3 months. Multivariate linear regression analysis demonstrated that serum TG and high-density lipoprotein cholesterol levels were independent determinants of percentage FMD (beta = -0.210 and 0.208, respectively, p <0.05). In patients with high TG levels, ezetimibe add-on therapy significantly improved percentage FMD (from 3.3 +/- 1.1% to 4.0 +/- 1.1%, p <0.005), whereas no significant change was observed in the no-ezetimibe group. Moreover, the improvement in percentage FMD was significantly associated with reduction in serum TG levels (beta = -0.387, p <0.05) independent of the change in serum low-density lipoprotein cholesterol levels. In conclusion, hypertriglyceridemia is independently associated with endothelial dysfunction in patients with coronary heart disease during statin therapy. Ezetimibe add-on therapy improves endothelial function in these high-risk populations. (C) 2011 Elsevier Inc. All rights reserved. (Am J Cardiol 2011;108:333-339)

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2011.03.049

    Web of Science

    researchmap

  • Ezetimibe improves postprandial hyperlipemia and its induced endothelial dysfunction 査読

    Kei Yunoki, Kazufumi Nakamura, Toru Miyoshi, Kenki Enko, Kunihisa Kohno, Hiroshi Morita, Kengo F. Kusano, Hiroshi Ito

    ATHEROSCLEROSIS   217 ( 2 )   486 - 491   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Objective: Postprandial hyperlipemia has been shown to impair endothelial function and contribute to the development of atherosclerosis. We investigated the association between postprandial lipid profiles and endothelial function, and we examined the effects of ezetimibe on postprandial hyperlipemia and lipemia-induced endothelial dysfunction.
    Methods: A randomized prospective trial in which 10 mg/day of ezetimibe was administered to 10 subjects for 4 weeks and not administered to 10 subjects (control group) was performed. Lipid profiles and endothelial function, assessed by brachial artery flow-mediated dilation (FMD) during a fasting state and at 2, 4, 6 and 8 h after an oral cookie loading test, were determined before and after treatment for 4 weeks.
    Results: In all subjects before treatment, the maximum reduction in postprandial % FMD was significantly correlated with the maximum increases in postprandial triglyceride (TG) (r = -0.499, P < 0.05) and apolipoprotein B-48 (apoB-48) concentrations (r = -0.551, P < 0.05). Ezetimibe treatment for 4 weeks significantly suppressed postprandial elevation in TG (area under the incremental curve, from 1419 +/- 594 to 968 +/- 321 mg h/dl, P < 0.05), remnant lipoprotein cholesterol (from 66.9 +/- 27.6 to 38.9 +/- 15.4 mg h/dl, P < 0.01) and apoB-48 (from 58.8 +/- 27.5 to 36.2 +/- 17.0 mu gh/ml, P < 0.05) concentrations, and postprandial endothelial dysfunction assessed by % FMD (maximum reduction in % FMD, from -2.6 +/- 1.1% to -1.2 +/- 0.8%, P < 0.05), whereas no significant changes were observed in the control group.
    Conclusion: Postprandial hyperlipemia is closely correlated with transient endothelial dysfunction. Ezetimibe improves postprandial hyperlipemia and its induced endothelial dysfunction. (C) 2011 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.04.019

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 重症不整脈源性右室心筋症に対するFontan手術の検討(共著)

    三好章仁, 永瀬 聡, 中川晃志, 久保元基, 上岡 亮, 西井伸洋, 中村一文, 森田 宏, 伊藤 浩, 佐野俊二

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   107 - 107   2015年

     詳細を見る

  • 心房中隔欠損症患者における心房細動カテーテルアブレーション後の欠損孔の変化(共著)

    中川晃志, 赤木禎治, 永瀬 聡, 高谷陽一, 西井伸洋, 中村一文, 森田 宏, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   118 - 118   2015年

     詳細を見る

  • 肺高血圧症患者におけるドプラ法を用いた肺血管抵抗推定の有用性(共著)

    麻植浩樹, 池田まどか, 赤木 達, 大野佑子, 更科俊洋, 渡辺修久, 中村一文, 森田 宏, 伊藤 浩

    呼吸と循環   63 ( 8 )   S42-S42   2015年

     詳細を見る

  • 心臓サルコイドーシスにおける加算平均心電図による心室遅延電位 (LP : Late Potential) の特徴(共著)

    寒川睦子, 森田 宏, 中川晃志, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 河野晋久, 伊藤 浩, 草野研吾, 大江 透

    心電図   35 ( suppl-1 )   5023 - 5023   2015年

     詳細を見る

  • 巨大右室を必須緩徐伝導路とするマクロリエントリー性心室頻拍を合併した成人Ebstein奇形の一例(共著)

    永瀬 聡, 中川晃志, 久保元基, 上岡 亮, 高谷陽一, 西井伸洋, 中村一文, 森田 宏, 伊藤 浩

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   4 ( 1 )   172 - 172   2015年

     詳細を見る

  • 心室細動を初発症状とした心アミロイドーシスの1例(共著)

    小野 環, 森田 宏, 木村朋生, 時岡浩二, 中川晃志, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 伊藤 浩, 田中健大, 柳井広之, 安藤 翠, 由谷親夫

    心臓   47 ( suppl-1 )   33 - 37   2015年

  • リードがブレイクするも,アウターシース内に格納することで全抜去に成功したデバイス感染の1例

    三好章仁, 西井伸洋, 久保元基, 中川晃志, 田中正道, 永瀬聡, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二, 庄田守男

    日本循環器学会中国地方会(Web)   102nd   CHUGOKU.SHIKOKU102,45 (WEB ONLY)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 複数の静脈アプローチにて成功しえた経皮的ペースメーカリード抜去術の1例

    中川晃志, 西井伸洋, 田中正道, 久保元基, 永瀬聡, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二, 庄田守男

    J Arrhythmia   28 ( Supplement )   388   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 繰り返すデバイス感染で治療に難渋した1例

    三好章仁, 西井伸洋, 久保元基, 中川晃志, 田中正道, 永瀬聡, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二, 庄田守男

    日本循環器学会中国地方会(Web)   100th   CHUGOKU.SHIKOKU100,216 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における植込み型デバイス感染症例に対するデバイス抜去の経験

    西井伸洋, 三好章仁, 久保元基, 木島康文, 中川晃志, 田中正道, 永瀬聡, 中村一文, 森田宏, 河野晋久, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二, 庄田守男

    日本循環器学会中国地方会(Web)   100th   CHUGOKU.SHIKOKU100,215 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スネアとエキシマレーザーを使用しデバイス全抜去に成功した超高齢者の1例

    三好章仁, 西井伸洋, 久保元基, 中川晃志, 田中正道, 永瀬聡, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二, 庄田守男

    日本循環器学会中国地方会(Web)   101st   CHUGOKU101,115 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 複数の静脈アプローチにて成功し得た経皮的リード抜去術の一例

    久保元基, 西井伸洋, 高垣昌巳, 庄田守男, 橋本克史, 永瀬聡, 中村一文, 河野晋久, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩

    日本循環器学会中国地方会(Web)   100th   CHUGOKU.SHIKOKU100,206 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 繰り返す仮性大動脈瘤形成に加えLMT狭窄による不安定狭心症を併発した血管ベーチェットの一例

    鵜川聡子, 麻植浩樹, 大澤和宏, 杜徳尚, 永瀬聡, 中村一文, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二

    日本循環器学会中国地方会(Web)   100th   CHUGOKU.SHIKOKU100,201 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺動脈性肺高血圧症患者におけるニカルジピンによる急性肺血管反応性試験の安全性と有用性

    斎藤幸弘, 中村一文, 宮地克維, 赤木達, 溝口博喜, 小川愛子, 福家聡一郎, 清岡崇彦, 永瀬聡, 河野晋久, 森田宏, 草野研吾, 松原広己, 大江透, 伊藤浩

    日本心臓病学会誌   6 ( Supplement 1 )   421   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • エキシマレーザー心内リード抜去システムを用い,感染デバイスの抜去に成功した1例

    三好章仁, 西井伸洋, 時岡浩二, 旦一宏, 久保元基, 永瀬聡, 中村一文, 河野晋久, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二

    日本循環器学会中国地方会(Web)   98th   CHUGOKU.SHIKOKU98,O057 (WEB ONLY)   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院で経験した先天性大動脈四尖弁の3症例

    麻植浩樹, 内藤洋一郎, 時岡浩二, 杜徳尚, 吉田賢治, 三好享, 西井伸洋, 永瀬聡, 中村一文, 河野晋久, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二

    日本循環器学会中国地方会(Web)   98th   CHUGOKU.SHIKOKU98,O067 (WEB ONLY)   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • エキシマレーザーを使用したが,感染デバイス抜去に難渋した一例

    西井伸洋, 久保元基, 中川晃志, 田中正道, 杜徳尚, 吉田賢司, 村上正人, 永瀬聡, 中村一文, 河野晋久, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 笠原真悟, 佐野俊二

    日本循環器学会中国地方会(Web)   98th   CHUGOKU.SHIKOKU98,O056 (WEB ONLY)   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左総頚動脈解離の翌日に大動脈解離(Stanford type A)を来した一例

    内藤洋一郎, 森本芳正, 武寛, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二, 永井正浩, 井田潤, 岩崎淳, 吉川昌樹, 岡岳文

    日本循環器学会中国地方会(Web)   98th   CHUGOKU.SHIKOKU98,O025 (WEB ONLY)   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Cogan症候群に伴う左冠動脈主幹部分岐部急性冠症候群の1症例

    麻植浩樹, 内藤洋一郎, 村上正人, 杜徳尚, 吉田賢治, 三好亨, 西井伸洋, 中村一文, 河野晋久, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 梅林亮子, 槇野博史, 高垣昌巳, 佐野俊二

    日本循環器学会中国地方会(Web)   97th   CHUGOKU97,25 (WEB ONLY)   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大動脈四尖弁による閉鎖不全症に対し弁形成術を施行した1例

    内藤洋一郎, 麻植浩樹, 杜徳尚, 西井伸洋, 永瀬聡, 中村一文, 河野晋久, 森田宏, 草野研吾, 伊藤浩, 高垣昌巳, 佐野俊二

    日本循環器学会中国地方会(Web)   97th   CHUGOKU97,109 (WEB ONLY)   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • QT延長を伴わないNifekalantによる心室頻拍の催不整脈作用を認めた1例(共著)

    川合晴朗, 森田 宏, 西井伸洋, 永瀬 聡, 幡 芳樹, 中村一文, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   524   2009年

     詳細を見る

  • 急性心筋炎に伴う多剤抵抗性心室頻拍に対してアミオダロン静注が有効であった乳児の1例(共著)

    中川晃志, 細木信吾, 伴場主一, 多田 毅, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 幡 芳樹, 森田 宏, 草野研吾, 大江透

    PROGRESS IN MEDICINE   29   609 - 613   2009年

     詳細を見る

  • 心房端の電気的隔離術により根治に成功した心外膜側後中隔副伝導路の1例(共著)

    多田 毅, 永瀬 聡, 平松茂樹, 村上正人, 西井伸洋, 田中正道, 中川晃志, 森田 宏, 草野研吾, 伊藤 浩, 大江 透

    心臓   41 ( 4 )   18 - 26   2009年

  • 心臓MRIにて遅延造影を認め電気生理検査で伝導遅延所見を認めたBrugada症候群の1例(共著)

    永瀬 聡, 多田 毅, 西井伸洋, 村上正人, 平松茂樹, 宮地晃平, 三浦大志, 中村一文, 森田 宏, 岡 岳文, 草野研吾, 大江 透

    臨床心臓電気生理   32   265 - 272   2009年

     詳細を見る

  • 薬剤負荷心電図で診断されたカテコラミン誘発性多形性心室頻拍の1例(共著)

    木島康文, 平松茂樹, 多田 毅, 村上正人, 西井伸洋, 永瀬 聡, 幡 芳樹, 中村一文, 森田 宏, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   499   2009年

     詳細を見る

  • 家族内集積を認めた左室緻密化障害を合併した完全房室ブロックの1例(共著)

    野坂和正, 西井伸洋, 永瀬 聡, 幡 芳樹, 中村一文, 森田 宏, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   484   2009年

     詳細を見る

  • 左室後乳頭筋起源と考えられた心室期外収縮に対しアブレーションを施行した1例(共著)

    多田 毅, 永瀬 聡, 村上正人, 平松茂樹, 田中正道, 中川晃志, 西井伸洋, 森田 宏, 草野研吾, 大江 透

    Journal of Arrhythmia,   25   472   2009年

     詳細を見る

  • ミトコンドリア心筋症に複数の副伝導路を認めアブレーションにて根治し得た1例(共著)

    田中正道, 木島康文, 多田 毅, 村上正人, 平松茂樹, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 幡 芳樹, 森田 宏, 草野研吾, 由谷親夫, 大江 透

    Journal of Arrhythmia   25   287   2009年

     詳細を見る

  • 後天性にBrugada型心電図を呈した5例(共著)

    森田 宏, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 幡 芳樹, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   333   2009年

     詳細を見る

  • 心室細動の一次予防に植込み型除細動器植込み術を施行した筋強直性ジストロフィーの1例(共著)

    尾上 豪, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 幡 芳樹, 森田 宏, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   406   2009年

     詳細を見る

  • 非虚血性心筋症に伴う心室頻拍に対するカテーテル・アブレーションの検討(共著)

    永瀬 聡, 村上正人, 平松茂樹, 多田 毅, 西井伸洋, 中村一文, 幡 芳樹, 森田 宏, 草野研吾, 大江 透

    Journal of Arrhythmia   25   221   2009年

     詳細を見る

  • 植込み型除細動器植込み術時における除細動閾値テストの心機能に与える影響についての(共著)

    杜 徳尚, 西井伸洋, 森田 宏, 谷口 学, 永瀬 聡, 中村一文, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   407   2009年

     詳細を見る

  • 非Brugada型特発性心室細動12例の検討(共著)

    平松茂樹, 森田 宏, 中川晃志, 田中正道, 村上正人, 多田 毅, 西井伸洋, 永瀬 聡

    心臓   41 ( 3 )   54 - 60   2009年

  • Brugada症候群の再分極異常とVF発症との関連性の検討(共著)

    寒川睦子, 中津高明, 豊永慎二, 間島圭一, 森田 宏, 西井伸洋, 三浦大志, 多田 毅, 村上正人, 平松茂樹, 永瀬 聡, 中村一文, 幡 芳樹, 草野研吾, 草地省蔵, 大江 透

    Journal of Arrhythmia   25   376   2009年

     詳細を見る

  • 植込み型除細動器を植込まれたBrugada症候群患者における適切作動, 不適切作動の(共著)

    西井伸洋, 森田 宏, 中川晃志, 田中正道, 平松茂樹, 多田 毅, 村上正人, 永瀬 聡, 中村一文, 幡 芳樹, 草野研吾

    ournal of Arrhythmia   25   293   2009年

     詳細を見る

  • 症候性Brugada症候群におけるSCN5A遺伝子異常とベプリジルの有用性の関連につい(共著)

    村上正人, 多田 毅, 平松茂樹, 西井伸洋, 永瀬 聡, 幡 芳樹, 中村一文, 森田 宏, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   292   2009年

     詳細を見る

  • 無症候性Brugada症候群におけるEPSの適応-岡山大学での適応の変遷-(共著)

    森田 宏, 草野研吾, 永瀬 聡, 西井伸洋, 多田 毅, 村上正人, 平松茂樹

    Japanese Journal of Electrocardiology   29 ( 4 )   S-4-50-S-4-55   2009年

     詳細を見る

  • 重症心室不整脈に対するリドカイン、ニフェカラント、アミオダロン静注薬の位置づけ4.ニフェカラント抵抗性心室頻拍・心室細動に対するアミオダロン静注の有用性(共著)

    草野研吾, 中川晃志, 多田 毅, 永瀬 聡, 中村一文, 森田 宏, 西井伸洋

    Japanese Journal of Electrocardiology   29 ( 1 )   26 - 33   2009年

     詳細を見る

  • 長期間のDDD pacingで左室流出路圧較差が改善した閉塞性肥大型心筋症の1例(共著)

    高谷陽一, 西井伸洋, 永瀬 聡, 幡 芳樹, 中村一文, 森田 宏, 草野研吾

    Journal of Arrhythmia   25   343   2009年

     詳細を見る

  • 頻回な心室性不整脈を呈したBrugada症候群に対する低用量Isoproterenolの治療効果の検討

    渡邊敦之, 草野研吾, 森田宏, 三浦大二, 角田和歌子, 平松茂樹, 伴場主一, 西井伸洋, 永瀬聡, 中村一文, 桜木悟, 大江透

    岡山医学会雑誌   12 ( 9 )   95 - 99   2008年

     詳細を見る

  • SCN5A遺伝子変異を有するBrugada症候群の心電図および電気生理学的特徴-ピルジカイニド負荷試験を中心に-

    伴場主一, 草野研吾, 中村一文, 永瀬 聡, 渡邊敦之, 西井伸洋, 三浦大志, 森田 宏, 櫻木 悟, 大江 透

    Japanese Journal of Electrocardiology   26,4,S-4-97-S-4-101   2006年

     詳細を見る

  • 頻回の心室細動発作に対してキニジンが著効したBrugada症候群の1例

    渡辺敦之, 森田 宏, 草野研吾, 角田和歌子, 伴場主一, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 斎藤博則, 大江 透

    心臓   37,SUPPL.3,68-72   2005年

  • 睡眠時無呼吸症候群にて肺高血圧をきたし,CPAPにて改善を認めた一例

    角田和歌子, 渡辺敦之, 小川愛子, 藤尾栄起, 宮地克維, 中村一文, 森田宏, 斎藤博則, 江森哲郎

    Circ J   68 ( Supplement 3 )   948   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PGI<sub>2</sub>持続静注療法を施行した肺高血圧症35例の検討

    小川愛子, 松原広己, 藤尾栄起, 宮地克維, 永瀬聡, 中村一文, 森田宏, 斎藤博則, 伊達洋至

    Ther Res   25 ( 10 )   1965 - 1966   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PGI2持続静注療法中の抗凝固療法について

    小川愛子, 松原広己, 藤尾栄起, 宮地克維, 渡辺敦之, 永瀬 聡, 中村一文, 森田 宏, 斎藤博則, 江森哲郎, 伊達洋至, 清水信義, 大江 透

    Progress in Medicine   24,1,310-313   2004年

     詳細を見る

  • 特発性心室細動と考えられた2症例 -Short coupled variant of torsades de pointesとの比較検討-

    渡辺敦之, 森田 宏, 伴場主一, 西井伸洋, 永瀬 聡, 中村一文, 斎藤博則, 草野研吾, 江森哲郎, 大江 透

    Japanese Journal of Electrocardiology   24,4,S4-61-S4-67   2004年

     詳細を見る

  • β遮断薬による心不全・不整脈治療の基礎と臨床ーカルベジロールを中心としてー3.β遮断薬と酸化ストレス

    中村一文, 垣下幹夫, 草野研吾, 三浦 綾, 久松研一, 永瀬 聡, 森田 宏, 斎藤博則, 江森哲郎, 浅沼幹人, 小川紀雄, 宮崎正博, 中村陽一, 松原広己, 伏見和郎, 豊國伸哉, 大江 透

    Japanese Journal of Electrocardiology   24 ( 1 )   15 - 21   2004年

  • 高齢にて発症したQT延長症候群の1例 -同一家系内で異なる発症様式を示したLQT1の1家系ー

    三浦大志, 中村一文, 久松研一, 森田 宏, 森田志保, 永瀬 聡, 斎藤博則, 草野研吾, 江森哲郎, 大江 透, 大内田 守, 清水憲二, 西内崇将, 幡 芳樹, 水尾浩三, 大杉 保

    Therapeutic Research   25,11,2137-2141   2004年

     詳細を見る

  • 著明なT wave alternans現象を示したLQT1の一家系

    森田 宏, 中村一文, 大田恵子, 森田志保, 三浦大志, 斎藤博則, 草野研吾, 江森哲郎, 大江 透, 幡 芳樹, 水尾浩三

    心臓   36,3,136-141   2004年

  • 心不全における酸化ストレスの関与-基礎的ならびに臨床的検討

    中村一文, 草野研吾, 垣下幹夫, 三浦 綾, 久松研一, 西井伸洋, 伴場主一, 渡辺敦之, 藤尾栄起, 宮地克維, 永瀬 聡, 森田 宏, 斎藤博則, 江森哲郎, 浅沼幹人, 宮崎正博, 中村陽一, 松原広己, 大江 透

    岡山医学会雑誌   116,9-16   2004年

  • LQT/Brugada症候群での遺伝子解析の意義.

    中村一文, 三浦大志, 森田 宏, 大江 透

    Cardiac Practice   14,4,27-33   2003年

     詳細を見る

  • Pulmonary Veno‐Occ1usive Disease(PVOD)により肺高血圧を呈した2症例

    小川愛子, 藤尾栄起, 大郷剛, 中村一文, 森田宏, 江森哲郎, 松原広己, 大江透

    Ther Res   23 ( 11 )   2139 - 2141   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 111) KvLQT1の遺伝子異常を有する先天性QT延長症候群の一例

    大田 恵子, 森田 宏, 竹中 志保, 中村 一文, 赤木 達, 草野 研吾, 松原 広己, 大江 透, 岩佐 泰靖, 田中 敏博

    Japanese circulation journal   65   2001年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 内科学 (2021年度) 1・2学期  - [第1学期]月4,月5,水6, [第2学期]月4,月5,金6

  • 循環器内科学(基本臨床実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 循環器系(臓器・系別統合講義) (2021年度) 特別  - その他

  • 心筋梗塞特論 (2021年度) 特別  - その他

  • 内科学 (2020年度) 1・2学期  - [第1学期]月4,月5,水6, [第2学期]月4,月5,金6

  • 循環器内科学(基本臨床実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 循環器内科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 循環器系(臓器・系別統合講義) (2020年度) 特別  - その他

  • 社会医歯科学 (2020年度) 集中  - その他

▼全件表示