2021/07/28 更新

写真a

サカモト ワタル
坂本 亘
SAKAMOTO Wataru
所属
環境生命科学学域 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 1998年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 統計科学

研究分野

  • 情報通信 / 統計科学  / 計算統計学,正則化法,ベイズ統計

学歴

  • 大阪大学   大学院基礎工学研究科   数理系専攻 博士後期課程

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 大阪大学   大学院基礎工学研究科   数理系専攻 博士前期課程

    1993年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   理学部  

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    備考: 主として数学を専攻

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科 環境科学専攻 人間生態学講座   教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 大阪大学   大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 数理科学領域   准教授

    2007年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:職名変更

    researchmap

  • 大阪大学   大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 数理科学領域   助教授

    2003年10月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 大阪大学   大学院基礎工学研究科   助手

    1998年4月 - 2003年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 国際統計計算学会 アジア地域部会 (IASC-ARS)   評議員  

    2015年12月 - 2019年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    国際統計計算学会 (International Association for Statistical Computing)

    researchmap

  • 国際計算統計学会 (IASC)   Scientific Secretary  

    2009年8月 - 2011年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本計算機統計学会   評議員・理事  

    2001年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    評議員 (2003-2016, 2018-2020)
    庶務理事 (2001-2006)
    企画理事 (2007-2010)
    渉外理事 (2013-2014)
    欧文誌編集理事 (2015-2018)
    国際交流理事 (2019-2020)

    researchmap

  • 情報・システム研究機構・統計数理研究所   統計思考院運営委員会  

    2017年2月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本計量生物学会   評議員  

    2013年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本統計学会   理事(広報)  

    2006年9月 - 2008年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 特定非営利活動法人 医学統計研究会   理事  

    2006年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    医学統計研究会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Bias‐reduced marginal Akaike information criteria based on a Monte Carlo method for linear mixed‐effects models 査読

    Wataru Sakamoto

    Scandinavian Journal of Statistics   46 ( 1 )   87 - 115   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/sjos.12339

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/sjos.12339

  • 日本の「メタボリック・シンドローム」診断基準の統計的問題 査読

    坂本 亘, 五十川直樹, 後藤昌司

    行動計量学   35 ( 2 )   177 - 192   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 罰則付きスプラインによる非線形回帰構造の推測 査読

    坂本 亘, 井筒理人, 白旗慎吾

    計算機統計学   21 ( 1-2 )   55 - 94   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Extracting non-linear additive regression structure with power-additive smoothing splines 査読

    Wataru Sakamoto

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics,   20 ( 1 )   83 - 108   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5183/jjscs1988.20.83

    researchmap

  • MARS: selecting basis functions and knots with an empirical Bayes method 査読

    Wataru Sakamoto

    COMPUTATIONAL STATISTICS   22 ( 4 )   583 - 597   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    An empirical Bayes method to select basis functions and knots in multivariate adaptive regression spline (MARS) is proposed, which takes both advantages of frequentist model selection approaches and Bayesian approaches. A penalized likelihood is maximized to estimate regression coefficients for selected basis functions, and an approximated marginal likelihood is maximized to select knots and variables involved in basis functions. Moreover, the Akaike Bayes information criterion (ABIC) is used to determine the number of basis functions. It is shown that the proposed method gives estimation of regression structure that is relatively parsimonious and more stable for some example data sets.

    DOI: 10.1007/s00180-007-0075-7

    Web of Science

    researchmap

  • ベキ重み付き平滑化スプラインによる分散均一性の診断 査読

    坂本 亘

    応用統計学   33 ( 1 )   27 - 49   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5023/jappstat.33.27

    researchmap

  • 制限付き最尤推定法による平滑化パラメータの選定:効率的な計算方式とその適用 査読

    坂本 亘

    計算機統計学   15 ( 1 )   19 - 45   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Likelihood-based cross-validation score for selecting the smoothing parameter in maximum penalized likelihood estimation 査読

    W Sakamoto, S Shirahata

    COMMUNICATIONS IN STATISTICS-THEORY AND METHODS   28 ( 7 )   1671 - 1698   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MARCEL DEKKER INC  

    Maximum penalized likelihood estimation is applied in non(semi)-parametric regression problems, and enables us exploratory identification and diagnostics of nonlinear regression relationships. The smoothing parameter lambda controls trade-off between the smoothness and the goodness-of-fit oof a function. The method of cross-validation is used for selecting lambda, but the generalized cross-validation, which is based on the squared error criterion, shows bad behavior in non-normal distribution and can not often select reasonable lambda. The purpose of this study is to propose a method which gives more suitable lambda and to evaluate the performance of it.
    A method of simple calculation for the delete-one estimates in the likelihood-based cross-validation (LCV) score is described. A score of similar form to the Akaike information criterion (AIC) is also derived. The proposed scores are compared with the ones of standard procedures by using data sets in literatures. Simulations are performed to compare the patterns of selecting lambda and overall goodness-of-fit and to evaluate the effects of some factors.
    The LCV scares by the simple calculation provide good approximations to the exact one if lambda is not extremely small. Furthermore the LCV scores by the simple calculation have little risk of choosing extremely small lambda and make it possible to select lambda adaptively. They have the effect of reducing the bias of estimates and provide better performance in the sense of overall goodness of-fit. These scores are useful especially in the case of small sample size and in the case of binary logistic regression.

    Web of Science

    researchmap

  • Simple calculation of likelihood-based cross-validation score in maximum penalized likelihood estimation of regression functions 査読

    Sakamoto, W, Shirahata, S

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   10 ( 1 )   27 - 40   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5183/jjscs1988.10.27

    researchmap

  • セミパラメトリック回帰問題におけるスプライン平滑化 査読

    坂本 亘, 白旗慎吾

    計算機統計学   9 ( 1 )   13 - 35   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Multiple mutations in RNA polymerase β-subunit gene (rpoB) in Streptomyces incarnatus NRRL8089 enhance production of antiviral antibiotic sinefungin: modeling rif cluster region by density functional theory 査読

    Saori Ogawa, Hitomi Shimidzu, Koji Fukuda, Naoki Tsunekawa, Toshiyuki Hirano, Fumitoshi Sato, Kei Yura, Tomohisa Hasunuma, Kozo Ochi, Michio Yamamoto, Wataru Sakamoto, Kentaro Hashimoto, Hiroyuki Ogata, Tadayoshi Kanao, Michiko Nemoto, Kenji Inagaki, Takashi Tamura

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   85 ( 5 )   1275 - 1282   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>ABSTRACT</title>
    Streptomyces incarnatus NRRL8089 produces the antiviral, antifungal, antiprotozoal nucleoside antibiotic sinefungin. To enhance sinefungin production, multiple mutations were introduced to the rpoB gene encoding RNA polymerase (RNAP) β-subunit at the target residues, D447, S453, H457, and R460. Sparse regression analysis using elastic-net lasso-ridge penalties on previously reported H457X mutations identified a numeric parameter set, which suggested that H457R/Y/F may cause production enhancement. H457R/R460C mutation successfully enhanced the sinefungin production by 3-fold, while other groups of mutations, such as D447G/R460C or D447G/H457Y, made moderate or even negative effects. To identify why the rif cluster residues have diverse effects on sinefungin production, an RNAP/DNA/mRNA complex model was constructed by homology modeling and molecular dynamics simulation. The 4 residues were located near the mRNA strand. Density functional theory–based calculation suggested that D447, H457, and R460 are in direct contact with ribonucleotide, and partially positive charges are induced by negatively charged chain of mRNA.

    DOI: 10.1093/bbb/zbab011

    researchmap

    その他リンク: http://academic.oup.com/bbb/article-pdf/85/5/1275/37329090/zbab011.pdf

  • Clustering Regions Based on Socio-Economic Factors Which Affected the Number of COVID-19 Cases in Java Island 査読

    Septian Rahardiantoro, Wataru Sakamoto

    Journal of Physics: Conference Series   1863 ( 1 )   012014 - 012014   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    DOI: 10.1088/1742-6596/1863/1/012014

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1742-6596/1863/1/012014/pdf

  • がん対策立案・評価における意思決定に寄与するマイクロシミュレーションの構築:大腸がんを事例に 査読

    加茂憲一, 福井敬祐, 坂本亘, 伊藤ゆり

    計量生物学   41 ( 2 )   93 - 115   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Meta-analysis of a continuous outcome combining individual patient data and aggregate data: a method based on simulated individual patient data 査読

    Yusuke Yamaguchi, Wataru Sakamoto, Masashi Goto, Jan A. Staessen, Jiguang Wang, Francois Gueyffier, Richard D. Riley

    Research Synthesis Methods   5 ( 4 )   322 - 351   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/jrsm.1119

    Web of Science

    researchmap

  • Lasso調整型確率化平衡樹木による回帰解析 査読

    中村将俊, 下川敏雄, 坂本亘, 後藤昌司

    計算機統計学   26 ( 1 )   17 - 31   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20551/jscswabun.26.1_17

    researchmap

  • An evaluation of treatment-covariate interaction in meta-analysis with marginalizing the missing individual patient data 査読

    Yamaguchi Y, Sakamoto W, Shirahata S, Goto M

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   26 ( 1 )   1 - 16   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5183/jjscs.1212001_203

    researchmap

  • Bayes 流予測モデル診断法の性能評価 査読

    五十川直樹, 坂本 亘, 後藤昌司

    計算機統計学   25 ( 1 )   1 - 13   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20551/jscswabun.25.1_1

    researchmap

  • 「保健指導」に関する評価の試み 査読

    五十川直樹, 池邉淑子, 坂本 亘, 後藤昌司

    行動計量学   38 ( 1 )   51 - 63   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Relationship between Transmission Intensity and Incidence of Dengue Hemorrhagic Fever in Thailand 査読

    Suwich Thammapalo, Yoshiro Nagao, Wataru Sakamoto, Seeviga Saengtharatip, Masaaki Tsujitani, Yasuhide Nakamura, Paul G. Coleman, Clive Davies

    PLoS Neglected Tropical Diseases   2 ( 7 )   e263 - e263   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science (PLoS)  

    DOI: 10.1371/journal.pntd.0000263

    researchmap

  • 関数データの判別分析―線形的手法と関数部分空間法 査読

    Dou Xiaoling, 白旗慎吾, 坂本 亘

    計算機統計学   19 ( 1 )   13 - 30   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • AICによるウェーブレット基底関数の選択 査読

    松嶋優貴, 白旗慎吾, 坂本 亘

    応用統計学   33 ( 2 )   201 - 219   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Statistical evaluation of umbrella dose-response relationships 査読

    Baba M, Fujisawa M, Sakamoto W, Goto M

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   15 ( 2 )   281 - 294   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 有限区間における回帰直線の信頼帯の構成 査読

    藤澤正樹, 馬場光正, 坂本 亘, 後藤昌司

    計算機統計学   14 ( 1 )   29 - 44   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2相直線回帰分析における尤度比検定 査読

    辺 旗, 坂本 亘, 白旗慎吾

    応用統計学   26 ( 3 )   135 - 150   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 統計学辞典

    白旗慎吾, 内田雅之, 熊谷悦生, 黒木 学, 阪本雄二, 坂本 亘

    共立出版  2010年10月  ( ISBN:9784320019393

     詳細を見る

    総ページ数:vi, 512p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • Inference on variance components near boundary in linear mixed effect models 査読

    Wataru Sakamoto

    Wiley Interdisciplinary Reviews: Computational Statistics   11 ( 6 )   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/wics.1466

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/wics.1466

  • p 値と仮説検定:どう教えればよいか

    坂本 亘

    2017年度統計関連学会連合大会 講演報告集   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Cluster detection of disease mapping data based on latent Gaussian Markov random field models 査読

    Sakamoto, W

    Proceedings of COMPSTAT 2016: 22th International Conference on Computational Statistics (Oviedo, Spain)   267 - 277   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 医学統計概論―多変量解析とは―

    坂本 亘, 後藤昌司

    日本心血管インターベンション治療学会誌   2 ( 4 )   295 - 302   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • MARS: selecting basis and knots with the empirical Bayes method 査読

    Sakamoto, W

    Compstat 2006: Proceedings in Computational Statistics (CD-ROM) (Rome, Italy)   1397 - 1404   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 数理モデルによる大腸腫瘍発生過程のシミュレーション

    坂本 亘, 伊森晋平, 加茂憲一

    厚労科研総括・分担報告書   22 - 25   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • An analysis of Japanese liver cancer mortality data with Bayesian age-period-cohort models

    Sakamoto, W

    Proceedings of the International Conference for JSCS 30th Anniversary in Seattle   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 数理モデルによる腫瘍発生過程のシミュレーション

    坂本 亘, 伊森晋平, 加茂憲一

    厚労科研総括・分担研究報告書   26 - 30   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 数理モデルによる腫瘍発生のマイクロシミュレーション

    坂本 亘, 伊藤ゆり, 加茂憲一

    厚労科研総括・分担研究報告書   32 - 35   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • メタ・アナリシスの要点と解釈

    山口祐介, 坂本亘, 後藤昌司

    骨粗鬆症治療   14 ( 3 )   264 - 267   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 一般化線形混合モデルに対するINLAによるBayes流推測の性能評価

    萩原 駿祐, 坂本 亘

    日本計算機統計学会第27回シンポジウム論文集   131 - 134   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • A meta-analysis method based on simulated individual patient data 査読

    Yamaguchi Y, Sakamoto W, Shirahata S, Goto M

    The 58th World Statistical Congress of the International Statistical Institute (ISI 2011): Proceedings (USB media, 6 pages). (Dublin, Ireland)   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • Failure Prediction method for network management system by using Bayesian network and Shared database 査読

    Harahap E, Sakamoto W, Nishi H

    8th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2010) : Proceedings (in e-media) (Sarawak, Malaysia)   2010年6月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • データ復元・拡大問題における計算統計の展望

    坂本 亘

    日本計算機統計学会・第24回シンポジウム講演論文集   105 - 108   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Selecting an appropriate transformation of responses for fitting a linear or additive mixed model 査読

    Sakamoto, W

    Proceedings of the 57th Session of the International Statistical Institute (ISI 2009) (2 pages). Durban, South Africa)   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • Selecting an appropriate transformation of responses for fitting a semiparametric mixed model 査読

    Sakamoto, W

    IASC2008: Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASC on Computational Statistics & Data Analysis: Proceedings (CD-ROM: 6 pages). (Yokohama, Japan)   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • A simulation study on evaluating contribution of variables with empirical Bayes MARS 査読

    Sakamoto, W

    Bulletin of the International Statistical Institute 56th Session: Proceedings (CD-ROM: 4 pages). (Lisbon, Portugal)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 経験Bayes法による多変量適応的回帰スプラインの基底および節点の選定

    坂本 亘

    日本計算機統計学会第20回大会講演論文集   165 - 168   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • MARS: selecting basis and knots with the empirical Bayes method 査読

    Sakamoto, W

    Proceedings of the 5th IASC Asian Conference on Statistical Computing (Hong Kong)   135 - 138   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • Diagnosing non-linear regression structure with power additive smoothing splines

    Sakamoto, W

    Proceedings of the ISM/KIER Joint Conference on Nonparametric and Semiparametric Statistics (Tokyo, Japan)   249 - 262   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 近似最大周辺尤度法:平滑化スプライン・モデルへの応用

    坂本 亘

    「ノンパラメトリック・セミパラメトリック法を用いた統計解析理論とその学際的応用」研究報告書   217 - 229   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

    researchmap

  • Exploring nonlinear structure with nonparametric regression 査読

    Sakamoto, W

    Proceedings of the 54th Conference of the International Statistical Institute (CD-ROM) (Berlin, Germany)   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • Approximation of maximum marginal likelihood in non-Gaussian nonparametric regression models 査読

    Sakamoto, W

    Proceedings of the 4th ARS Conference of the IASC (Busan, Korea)   22 - 25   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 制限付き最尤推定法による平滑化パラメータの選定:シミュレーションによる評価

    坂本 亘

    日本計算機統計学会第16回シンポジウム講演論文集   101 - 104   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Statistical evaluation of umbrella dose-response relationships 査読

    Baba M, Sakamoto W, Goto M

    Proceedings of the 4th ARS Conference of the IASC (Busan, Korea)   185 - 186   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 制限付き最尤推定法による平滑化パラメータの選定

    坂本 亘

    統計数理研究所・共同研究リポート, No. 143, pp. 51-68.   143   51 - 68   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • 平滑化スプラインによる非線形構造の探索

    坂本 亘

    統計数理研究所・共同研究リポート   134   27 - 42   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • 制約付き最尤推定法による平滑化パラメータの選定

    坂本 亘

    第68回日本統計学会講演報告集   217 - 218   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 平滑化パラメータの選定における制約付き最尤推定法の適用とその評価

    坂本 亘

    統計数理研究所・共同研究リポート   118   109 - 118   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • 平滑化パラメータの選定における制約付き最尤推定法の適用とその評価

    坂本 亘

    第67回日本統計学会講演報告集   404 - 405   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • ノンパラメトリック回帰における平滑化パラメータの制約付き最尤推定

    坂本 亘

    日本計算機統計学会第12回シンポジウム講演論文集   49 - 52   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Simple calculation of likelihood-based cross-validation score in maximum penalized likelihood estimation 査読

    Sakamoto W, Shirahata S

    Multivariate Analysis and Computing: Proceedings of the Ninth Korea and Japan Joint Conference of Statistics (KJCS-97), (Jeju-do, Korea)   267 - 272   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • 罰則付き最尤推定における尤度に基づく交差確認得点の簡便計算

    坂本 亘, 白旗慎吾

    日本計算機統計学会第10回シンポジウム講演論文集   20 - 23   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Analysis of disease mapping data: how to detect clusters of higher prevalence more flexibly 招待

    Sakamoto, W

    ICMSDS 2020 (Bogor, Indonesia: Online)  2020年11月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Analysis of Spatial Data with a Gaussian Mixture Markov Random Field Model

    Sakamoto, W

    IASC-ARS/NZSA 2017  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bayes 階層モデリングによる疾病地図解析

    坂本 亘

    大分統計談話会第60回大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 時空間従属構造を考慮した高リスク集積領域の同定

    坂本 亘

    大分統計談話会第58回大会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • R Shiny implementation of lasagna plot: interactive manipulation and visualization of longitudinal data

    Sakamoto W, Kaneda M

    IFCS 2017  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベイズ統計:結果から原因を推測する

    坂本 亘

    岡山大学公開講座2017「身近に広がる数学II」  2017年7月30日 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Cluster detection of disease mapping data based on latent Gaussian Markov random field models 招待

    Wataru Sakamoto

    2016 IASC-ARS Conference (Daejeon, Korea)  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Environmental and medical applications of latent Gaussian Markov random field models 招待

    Sakamoto, W.

    Utah State University Math and Stat Special Research Colloquium  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 統計的推測の基本

    坂本 亘

    医学統計研究会・定例シンポジウム2016 「医療で必要とされる統計的基礎知識」  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • R による計量データの解析:パッケージと開発環境

    坂本 亘

    医学統計研究会特定主題セミナー「臨床評価における計算環境Rとその課題」  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Performance of Bayes inference with integrated nested Laplace approximation in generalized linear mixed effect models

    Hagihara, S, Sakamoto, W

    The 24th South Taiwan Statistics Conference and 2015 Chinese Institute of Probability and Statistics Annual Meeting (STSC/CIPS2015)  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Information criteria for linear mixed effect models: bias correction based on a Monte Carlo method

    Sakamoto, W

    岡山地域部会第52回研究会  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 潜在構造を伴う統計モデルの推測と その複雑さの制御 招待

    坂本 亘

    広島大学統計科学研究拠点セミナー  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 医学統計の実践で起こる過誤~科学論文に見られる誤用から学ぶ~

    坂本 亘

    医学統計研究会・定例シンポジウム2012 「医療に必要とされる統計的基礎知識」  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Selecting an optimal mixed effect model based on information criteria 招待

    Sakamoto, W

    ISBIS 2012 (Bangkok, Thailand)  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Selecting variance structure in mixed effect models by information criteria based on Monte Carlo approximations

    Sakamoto, W

    Joint Meeting of the 2011 Taipei International Statistical Symposium and 7th Conference of the Asian Regional Section of the IASC  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Selecting an optimal mixed effect model based on information criteria

    Sakamoto, W

    COMPSTAT'2010 (Paris, France)  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rによる統計的シミュレーション入門

    医学統計研究会特定主題シンポジウム「臨床評価における計算環境Rとその周辺:S-Plusによる妥当性確認」  2010年6月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • シミュレーションの前と後:統計的観点

    五十川直樹, 坂本 亘, 後藤昌司

    医学統計研究会特定主題セミナー「臨床評価過程におけるシミュレーションとその実際」  2010年3月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Bayes 流接近法の基礎

    坂本 亘

    医学統計研究会特定主題シンポジウム「臨床評価におけるBayes 流接近法」  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 生存時間解析に必要な統計的基礎知識

    坂本 亘

    医学統計研究会特定主題シンポジウム「患者像に基づく臨床評価の過程:癌患者の治療を中心に」  2009年9月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Bayes 流接近法の基礎

    坂本 亘

    医学統計研究会特定主題シンポジウム「臨床評価におけるBayes 流接近法」  2009年3月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Selecting an appropriate transformation of responses for fitting a semiparametric mixed model 招待

    Sakamoto, W.

    日本・韓国・台湾統計学会合同セッション  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 「メタボリック・シンドローム」診断基準の統計的問題

    坂本 亘

    第92回行動計量学会シンポジウム  2008年6月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 「メタボリック・シンドローム」の統計的論拠について

    坂本 亘

    大分統計談話会・第37回大会  2008年2月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Rによる統計的シミュレーション入門

    坂本 亘

    BRA特定主題セミナー「臨床評価における計算環境Rとその周辺:S-Plusによる妥当性確認」  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 「医学統計学」とその周辺:誤用と対策

    坂本 亘

    医学統計研究会定例シンポジウム「医療で必要とされる統計的基礎知識2007」  2007年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 生存時間解析に必要な統計的基礎知識

    坂本 亘

    医学統計研究会特定主題セミナー「癌治療の評価における生存時間解析の方法  2007年9月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Rによる統計的シミュレーション入門

    坂本 亘

    医学統計研究会特定主題シンポジウム「臨床評価における計算環境Rとその周辺:S-Plusによる妥当性確認」  2007年3月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 「医学統計学」とその周辺:誤用と対策

    坂本 亘

    医学統計研究会定例シンポジウム「医療で必要とされる統計的基礎知識2006」  2006年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 経験Bayes法による多変量適応的回帰スプラインの推定

    坂本 亘

    大分統計談話会・第34回大会  2006年10月 

     詳細を見る

  • Selecting basis and knots in MARS with an empirical Bayes method

    Sakamoto, W

    Conference on Nonparametric Statistics and Related Topics (Carleton University, Ottawa, Canada)  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bayes 流樹木構造接近法の有用性

    大分統計談話会・第32回大会  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Diagnosing non-linear regression structure with power additive smoothing splines

    Sakamoto, W

    14th International Workshop on Matrices and Statistics (Auckland, NZ)  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非正規型ノンパラメトリック回帰問題における平滑化パラメータの選定 : 近似最大周辺尤度法

    坂本 亘

    大分統計談話会・第26回大会  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ノンパラメトリック回帰の諸法

    坂本 亘

    大分統計談話会・第20回会合  1999年9月30日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • IASC Young Researchers Award

    2006年9月   COMPSTAT2006 (Rome, Italy)  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 空間データの潜在構造を表現する統計モデルの効率的な推測・選択

    研究課題/領域番号:26330042  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    坂本 亘

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    地図・空間上のデータに潜む複雑な構造を明らかにするために,高次元の潜在変数を伴う統計モデルを考え,効率的な推測・選択を行う方法を研究した.疾病地図データへの適用で提案した,推定空間効果を用いた領域同定の方法は,従来の方法に比べて高リスク領域を適切に同定する可能性が高いことが示された.また,年齢・時代・コホート (APC) モデルによるがん死亡率データの解析で検討されたモデル選択の方法は,各効果を適切に推定し,解釈上の新たな知見を与えることが示唆された.

    researchmap

  • シミュレーションに基づく最適な混合効果モデルの選定:理論と応用

    研究課題/領域番号:21500275  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    坂本 亘

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    混合効果モデルは,個体ごとに繰り返し測定されたデータの解析に有用であり,医学・生物学など様々な分野に応用されている.しかしながら,最適なモデルを選択する方法の研究はこれまで十分には行われていなかった.本研究では,理論上適切でかつ実用に即したモデル選定の規準を提案した.この規準は乱数を用いて近似的に計算することができる.提案した規準は,倹約な(パラメータの少ない)モデルを誤って選択する危険を減らすことを確認した.

    researchmap

  • がん対策推進基本計画の効果検証と目標設定に関する研究

    2014年 - 2016年

    厚生労働省  厚生労働科学研究費  H26-がん政策-一般-015

    加茂憲一(研究代表者), 田中純子, 高橋秀人, 坂本亘, 片野田耕太, 伊藤ゆり, 雑賀公美子, 松田 彩子, 伊森晋平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ノンパラメトリック回帰による多次元構造の探索:推定方式の改良と実装

    研究課題/領域番号:17700280  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    坂本 亘

      詳細を見る

    配分額:3100000円 ( 直接経費:3100000円 )

    本研究は、非線形構造の探索・診断という観点からノンパラメトリック回帰の方法論を再整備し、ノンパラメトリック回帰をより強力な探索的データ解析の道具にすることを目的とした。とくに交互作用効果を含む多次元ノンパラメトリック回帰モデルの有用性を探った。
    前年度までに提案・開発した、多変量適応的回帰スプライン(MARS)における経験Bayes法による基底関数および節点の選定方式は、Friedman による従来の方式(一般化交差確認法の利用)での回帰構造の解釈などの難点を克服することを目標としている。これについて、本年度は以下のような研究を行った。
    1.変数寄与の測度の再検討
    回帰構造の解釈に必要となる、各々の説明変数の寄与(主効果・交互作用効果)の測度について、従来の「相対重要度」はかなりアドホックな定義であった。より合理的・包括的な測度として、分散分析などで用いられる平方和分解に類似した変動の分解に基づいて、条件付き分散を用いて定義することを検討した。
    2.シミュレーションなどによる性能評価
    前述の条件付き分散に基づく測度を用いて、従来の方式(Friedmanが提案した交差確認法などによる方法)に比べて、回帰構造、とくに交互作用効果を正しく抽出できることを実証した。

    researchmap

  • ノンパラメトリック回帰による非線形構造の探索とその実装

    研究課題/領域番号:14780171  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    坂本 亘

      詳細を見る

    配分額:3100000円 ( 直接経費:3100000円 )

    本研究の目標は,データの背後にある複雑な非線形構造を探索・抽出するための道具として,ノンパラメトリック回帰,とくに平滑化スプラインの有用性を実証し,その方法を実装したアプリケーションを開発することであった。
    本年度に実施した研究内容は以下のとおりである。
    1.応答のベキ変換による加法モデルの拡張
    加法モデルにおける仮定(加法性,分散均一性,正規性など)の妥当性を評価するために,ベキ加法化平滑化スプラインやベキ重み付き平滑化スプラインなどを提案し,Fortranプログラムによる実装を行った。応答のベキ変換パラメータを分散・平滑化パラメータと同時に最大周辺尤度法(経験Bayes法)によって選定する。ベキ加法化平滑化スプラインでは周辺尤度の正確な計算は困難であるため,その近似方式を提案した。本方式の近似精度,および本方式を用いた場合の加法関数の推定性能を,事例研究やシミュレーションを通じて評価し,推定されるベキ変換が非線形構造を考慮しながら加法性や分散均一性などの要件を達成するという妥当な結果を得ることができた。
    2.ABIC(赤池Bayes情報量基準)による最適なモデルの選定
    平滑化スプラインの線形混合モデルによる表現を利用することにより,包括的な階層型のモデル族を構築することが可能となる。モデルが非線形(ノンパラメトリック)成分を含むかどうかの診断は,線形混合モデルのランダム効果に関する診断に帰着され,必要となる分散パラメータの個数の選定にはABICを用いることができる。本方式の有用性を事例研究などにより確認した。

    researchmap

  • 非線形構造の探索・抽出のためのノンパラメトリック回帰とその有用性の研究

    研究課題/領域番号:12780177  2000年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    坂本 亘

      詳細を見る

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    ノンパラメトリック回帰の代表的な方法であるスプライン平滑化では,平滑化パラメータが推定関数の滑らかさを制御する.本研究では,制限付き最尤推定法(REML)による平滑化パラメータの選定方式に着目し,非線形構造の探索・抽出という観点からその性能評価を行った.そして,REMLによる選定方式を用いることで,スプライン平滑化が探索的データ解析の有用な道具となる可能性を追求してきた.
    13年度の研究で得られた知見・成果は以下のとおりである.
    1.シミュレーションによるREMLの性能評価
    REMLによる非線形構造や相関構造の抽出能力,さらに関数および分散・相関パラメータの推定性能を評価した.その結果,REMLは非線形構造をほぼ適切に抽出し,相関がある場合にもこれを適切に検出することができること,さらにREMLは標本サイズが比較的小さい場合にも有用であることがわかった.平滑化スプラインとREMLの組み合わせにより,ノンパラメトリック回帰は非線形構造の探索・診断を行うための道具としての有用性をもつといえる.
    今後は以上の成果について学会発表や投稿論文による報告を行う予定である.加法モデルや交互作用モデルなど種々のモデルヘのREMLの適応とその評価についても今後の検討課題としたい.
    2.非正規型ノンパラメトリック回帰モデルヘのREMLの適用についての考察
    非正規型平滑化スプライン・モデルを一般化線形混合効果モデルによって表現し,回帰関数を求めるための反復方程式に基づいて構成される近似的な制限付き対数尤度を最大化する.簡単な数値実験を行ったところ,観測が同じ説明変数値で反復される場合にはREMLによって平滑化パラメータが良好に選定されるのに対して,異なる説明変数値において観測される場合にはやや滑らかな関数を推定することがわかった.
    今後は上記の問題点の改良を行い,より包括的な性能評価を行う予定である.

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Seminar on Statistical Science (2021年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 多変量分布論 (2021年度) 前期  - 月5~6

  • 情報・電気・数理データサイエンス系入門 (2021年度) 第1学期  - 水1~2

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2021年度) 第3学期  - 木5~6

  • 数理・データサイエンス(発展) (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • 数理統計学Ⅱ-1 (2021年度) 第1学期  - 月1~2

  • 数理統計学Ⅱ-2 (2021年度) 第2学期  - 月1~2

  • 数理統計学II (2021年度) 1・2学期  - 月1~2

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 環境データ分析 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境統計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 環境統計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境統計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境統計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 確率統計2 (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • 統計科学講究 (2021年度) 第4学期  - 月1~2

  • Elementary Statistical Science (2020年度) 第3学期  - 火1,火2

  • キャリア形成論 (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3

  • キャリア形成論 (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3

  • ベイズ統計解析学 (2020年度) 前期  - 月2,月3

  • 初等統計科学 (2020年度) 第3学期  - 火1,火2

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2020年度) 第3学期  - 月1,月2

  • 数理統計学Ⅱ-1 (2020年度) 第1学期  - 月6,月7

  • 数理統計学Ⅱ-2 (2020年度) 第2学期  - 月6,月7

  • 数理統計学II (2020年度) 1・2学期  - 月6,月7

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 環境データ分析 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境統計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 環境統計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境統計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境統計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 線形代数I (2020年度) 第1学期  - 火3,金1,金2

  • 線形代数I (2020年度) 第1学期  - 火3,金1,金2

▼全件表示

 

学術貢献活動

  • Computational Statistics: Editor-in-Chief

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2018年7月1日 - 2020年12月31日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 2015年度統計関連学会連合大会(運営委員長)

    役割:企画立案・運営等

    2015年9月6日 - 2015年9月9日

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap

  • 日本計算機統計学会欧文誌 (JJSCS) 編集理事

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2015年1月1日 - 2018年4月30日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • DSSV2019: LOC member

    役割:企画立案・運営等

    2019年8月13日 - 2019年8月15日

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap

  • 日本行動計量学会 岡山地域部会 世話人

    役割:企画立案・運営等

    2018年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 統計関連学会連合欧文誌 (JJSD) 編集委員

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2018年1月1日 - 2018年12月31日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • Computational Statistics: Co-editor

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2015年4月1日 - 2018年6月30日

     詳細を見る

  • 行動計量学 編集委員

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2015年4月 - 2018年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 日本行動計量学会欧文誌 (Behaviormetrika) 編集委員

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2012年4月 - 2015年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 計算機統計学 編集委員

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2009年1月 - 2014年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • IASC2008 実行委員

    役割:企画立案・運営等

    2008年12月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap

  • Computational Statistics: Associate Editor

    役割:査読

    2008年5月1日 - 2015年3月31日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • ICNCB 事務局担当

    役割:企画立案・運営等

    2001年8月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap

▼全件表示