2024/05/18 更新

写真a

ヨシダ ケイスケ
吉田 圭介
YOSHIDA Keisuke
所属
環境生命自然科学学域 准教授
職名
准教授
プロフィール

大学ホームページ1:https://soran.cc.okayama-u.ac.jp/html/ac32912fdfcb828774506e4da22f6611_ja.html

大学ホームページ2:http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~yoshida_k/

 

外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 京都大学 )

研究キーワード

  • 環境流体工学

  • 河川工学

  • 数値流体力学

  • 防災工学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 水工学

学歴

  • 京都大学    

    - 2005年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学    

    - 2002年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   Faculty of Engineering   School of Global Engineering

    - 2000年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   准教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 千葉工業大学   助教

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 東京工業大学   産学連携研究員

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • 国際水理学会

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本流体力学会

    2011年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 土木学会

    2000年4月 - 現在

      詳細を見る

委員歴

  • 土木学会   土木学会論文集水圏工学編集小委員会委員  

    2023年6月 - 2025年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 土木学会 土木情報学委員会   デジタルツインを活用した流域治水に関する研究 小委員会  

    2022年6月 - 2024年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 国土交通省中国地方整備局 ダム等管理フォローアップ委員会   委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 国土交通省中国地方整備局 小田川堤防調査委員会   委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 土木学会 水工学委員会   委員  

    2017年5月 - 2021年4月   

      詳細を見る

  • 土木学会 応用力学委員会   委員  

    2016年12月 - 現在   

      詳細を見る

  • 土木学会 水工学委員会 基礎水理部会   委員  

    2013年3月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本流体力学会   学会誌「ながれ」編集委員  

    2011年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • Comprehensive Analysis of On-Site Riparian Waste Pollution: A Case Study on the Hyakken River Basin 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Takashi KOJIMA

    Intelligence, Informatics and Infrastructure   5   98 - 103   2024年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Monitoring Human Activities in Riverine Space using 4K Camera Images with YOLOv8 and LLaVA: A Case Study from Ichinoarate in the Asahi River 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Yuki YAMADA, Takashi KOJIMA

    Intelligence, Informatics and Infrastructure   5   89 - 97   2024年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 航空レーザ計測と洪水解析による植生抗力の3次元分布推定と竹林倒伏・木本流失の再現計算 査読

    古谷崚, 吉田圭介, 岡田拓巳, 梶川勇樹, 西山哲

    土木学会論文集   80 ( 16 )   23-16161   2024年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-16161

    researchmap

  • ランダムフォレストを用いた多波長励起蛍光光度計による植物プランクトンの組成分類 査読

    矢島啓, 藤井陽, 管原庄吾, 吉田圭介

    土木学会論文集   80 ( 16 )   23-16032   2024年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-16032

    researchmap

  • ノリ養殖漁場でのクロダイの食害把握に向けた水中画像の深層学習と教師データ基準の検討 査読

    吉田圭介, 潘是均, 横山貴洋, 山下泰司, 上田勇輝, 杉野博之, 小島崇

    土木学会論文集   80 ( 16 )   23-16150   2024年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-16150

    researchmap

  • Mutual validation of remote hydraulic estimates and flow model simulations using UAV-borne LiDAR and deep learning-based imaging techniques 査読

    Md Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai

    Results in Engineering   20   101415 - 101415   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.rineng.2023.101415

    researchmap

  • Detection and Segmentation of Riparian Asphalt Paved Cracks Using Drone and Computer Vision Algorithms 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Satoshi NISHIYAMA

    Intelligence, Informatics and Infrastructure   4 ( 2 )   35 - 49   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Application of the Prompt Engineering-assisted Generative AI for the Drone-based Riparian Waste Detection 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Takashi KOJIMA

    Intelligence, Informatics and Infrastructure   4 ( 2 )   50 - 59   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Three-dimensional numerical modelling of floods in river corridor with complex vegetation quantified using airborne LiDAR imagery 査読

    Keisuke Yoshida, Yuki Kajikawa, Satoshi Nishiyama, Md. Touhidul Islam, Shin Adachi, Koichi Sakai

    Journal of Hydraulic Research   61 ( 1 )   88 - 108   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/00221686.2022.2106596

    researchmap

  • Promises and uncertainties in remotely sensed riverine hydro‐environmental attributes: Field testing of novel approaches to unmanned aerial vehicle‐borne lidar and imaging velocimetry 査読

    Md. Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai, Shin Adachi, Shijun Pan

    River Research and Applications   38 ( 10 )   1757 - 1774   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Recent advancements in remotely sensed techniques have markedly expanded data acquisition potential in riverine studies, but the techniques' applicability must be validated and improved because of uncertainties associated with diverse field conditions. This study is the first experimental evidence of using a newly designed unmanned aerial vehicle (UAV)-borne green lidar system (GLS) and deep learning-automated space–time image velocimetry (STIV) for remote investigation of hydraulic and vegetation quantities of the gravel-bed Asahi River in Okayama Prefecture, Japan. In addition to identifying bed deformation in waters shallower than 2 m, the GLS point clouds characterized the submerged infrastructure with block detailing patterns, thereby identifying positional displacement and severely damaged parts. This paper also presents a noncontact method of estimating incremental river discharge. Compared to benchmarked flow model estimates, remotely sensed discharges for three transects covering shallower, deeper, and partially submerged woody vegetation areas were overestimated by 1–11%, with 4% underestimation for another cross-section. The STIV analysis also showed complicated flow patterns that were reasonably confirmed by flow vectors from depth-averaged modeling. Ultimately, depth-averaged flow model estimates validated hydraulic parameters derived remotely from GLS and STIV, and vice versa. In addition to approximating vegetation growth rates, the study using GLS attributes accurately identified riparian vegetation types as herbaceous (70%), woody (86%), and bamboo groves (65%). Finally, our findings provide insight into the management of shallow clear-flowing vegetated rivers and remote sensing of streamflow to validate hydrodynamic-numerical methods.

    DOI: 10.1002/rra.4042

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/rra.4042

  • 堤防越水場に設置した裏法面被覆工の不陸が流体力特性へ及ぼす影響に関する研究 査読

    飯干富広, 佐々木海音, 安達森, 忰熊公子, 吉田圭介

    土木学会論文B1(水工学)   78 ( 2 )   I_655 - I_660   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 旭川感潮域におけるアユ産卵場面積の拡大を目的とした砂州の横断掘削とその効果の検証 査読

    吉田圭介, 足立真綾, 矢島啓, 山下泰司, 安達森, 藤井陽

    土木学会論文B1(水工学)   78 ( 2 )   I_1111 - I_1116   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    旭川感潮域の兵団地区においてアユの産卵場面積の拡大を目的に,自然産卵場周辺の砂州の一部を掘削し,平常の流量条件で新たに人工産卵場を造成した.本研究はこれに関連して現地観測と数値計算を行い,造成の成否に関わる水理環境の適性を検討した.また,造成に伴う既存の自然産卵場環境への影響の有無を調べた.その結果,産卵適地は常時,塩分上昇のない区域であり,河床粒度と産卵時間帯の水深,流速が既往研究での適性値内であるとの既往研究の知見が再検証された.また,造成箇所の産卵数密度は流況よりも粒径の適性に依存する可能性が示唆された.さらに,高解像度の平面2次元計算の結果から,本造成は既存の自然産卵場の水理環境をあまり変化させておらず,造成当初の目的である産卵場面積の増大に寄与したことが明らかになった.

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_1111

    researchmap

  • 旭川中原橋周辺の河道形状及び植生分布の違いが更正係数に与える影響に関する数値的検討 査読

    安達森, 梶川勇樹, 吉田圭介, 西山哲

    土木学会論文B1(水工学)   78 ( 2 )   I_1153 - I_1158   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The application of drone-assisted deep learning technology in riverbank garbage detection 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Afia S. BONEY, Satoshi NISHIYAMA

    Journal of JSCE, B1   78 ( 2 )   I_133 - I_138   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_133

    researchmap

  • 水中カメラの画像と深層学習による魚道を遡上する稚アユの検出に関する検討 査読

    潘是均, 古谷崚, 吉田圭介, 山下泰司, 小島崇, 白神義章

    土木学会論文B1(水工学)   78 ( 2 )   I_127 - I_132   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Drone-LiDAR-assisted Image Fusion methodology for Deep Learning-based Land Cover Classification 査読

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Takashi KOJIMA, Satoshi NISHIYAMA

    Intelligence, Informatics and Infrastructure   3 ( 3 )   15 - 25   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    This study uses an unmanned aircraft mounted green Light Detection and Ranging (LiDAR) system to verify the learnability associated with deep learning regarding land cover classification (i.e., evaluated by the average and the absolute difference value of label-based F1, overall accuracy or Macro F1 under the premise of cross-seasonal mutual-prediction). Image fusion method in this study mainly attempts to superimpose the visualized LiDAR data with the aerial photographs to provide new features. LiDAR data are visualized using high contrast color scale (default), average high contrast color scale (same color, different split points as default), and high contrast gray color scale (different color, same split points as default). The reason of setting these methods is to compare the impact of split points and point-associated color in the color scale on learnability of cross-seasonal data. It is worth noting, however from the view of the results, that relying solely on aerial photographs is not sufficient, comparing with image fusion method, especially when training and predicting using cross-seasonal data. From the comparison of the label-based F1, this study has proved the necessary impact of LiDAR on vegetation label-based land cover classification.

    DOI: 10.11532/jsceiii.3.3_15

    researchmap

  • YoloV5 analysis for juvenile ayu detection in underwater images of fishway 査読

    Shijun Pan, Ryo Furutani, Keisuke Yoshida

    Proc. of the 2022 Int. Symp. on Ecohydraulics   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Using airborne lidar bathymetry-aided transfer learning method in riverine land cover classification 査読

    Shijun Pan, Keisuke Yoshida, Takashi Kojima

    Proc. of the 2022 Int. Symp. on Ecohydraulics   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Developing 3-D numerical flood flow model for vegetated rivers: A case study for lower Asahi River flooding in Japan 査読

    Md. Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Yuki Kajikawa, Satoshi Nishiyama

    Proc. of 39th IAHR World Congress   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Novel UAV-borne green LiDAR versus traditional airborne LiDAR: A case study to characterize hydraulic and riparian vegetation attributes 査読

    Md. Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai

    Proc. of 39th IAHR World Congress   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Airborne LiDAR-assisted deep learning methodology for riparian land cover classification using aerial photographs and its application for flood modelling 査読

    Keisuke Yoshida, Shijun Pan, Junichi Taniguchi, Satoshi Nishiyama, Takashi Kojima, Md. Touhidul Islam

    Journal of Hydroinformatics   24 ( 1 )   179 - 201   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IWA Publishing  

    <title>Abstract</title>
    In response to challenges in land cover classification (LCC), many researchers have experimented recently with classification methods based on artificial intelligence techniques. For LCC mapping of the vegetated Asahi River in Japan, the current study uses deep learning (DL)-based DeepLabV3+ module for image segmentation of aerial photographs. We modified the existing model by concatenating data on its resultant output port to access the airborne laser bathymetry (ALB) dataset, including voxel-based laser points and vegetation height (i.e. digital surface model data minus digital terrain model data). Findings revealed that the modified approach improved the accuracy of LCC greatly compared to our earlier unsupervised ALB-based method, with 25 and 35% improvement, respectively, in overall accuracy and the macro F1-score for November 2017 dataset (no–leaf condition). Finally, by estimating flow-resistance parameters in flood modelling using LCC mapping-derived data, we conclude that the upgraded DL methodology produces better fit between numerically analyzed and observed peak water levels.

    DOI: 10.2166/hydro.2022.134

    Scopus

    researchmap

  • Characterizing vegetated rivers using novel unmanned aerial vehicle‐borne topo‐bathymetric green lidar: Seasonal applications and challenges 査読

    Md. Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai, Tomoyuki Tsuda

    River Research and Applications   38 ( 1 )   44 - 58   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/rra.3875

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/rra.3875

  • 旭川の感潮域におけるアユの好適な産卵場の検討 査読

    足立真綾, 吉田圭介, 矢島啓, 山下泰司

    土木学会論文B1(水工学)   77 ( 2 )   I_1429 - I_1434   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • UAVレーザ点群と航空写真を併用した深層学習による河道の地被分類法の検討 査読

    野村碧都, 吉田圭介, 谷口純一

    土木学会論文B1(水工学)   77 ( 2 )   I_913 - I_918   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Flood risk assessment in vegetated lower Asahi River of Okayama Prefecture in Japan using airborne topo-bathymetric LiDAR and depth-averaged flow model 査読

    Keisuke Yoshida, Kimihisa nagata, Shiro maeno, Koji mano, Satoshi nishiyama, Md. Touhidul Islam

    Journal of Hydro-environment Research   39   39 - 59   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    This paper describes application of airborne LiDAR bathymetry (ALB) with near-infrared and green pulsed lasers for gathering distributed vegetation conditions and topo-bathymetric data for rivers. For the lower Asahi River of Okayama Prefecture in Japan, the ALB data validity was verified using field observation data. This study also examined the applicability of ALB data for numerical simulations of the lower Asahi River flooding in early July 2018 in Japan, comparing simulated and observed data. Results demonstrated that the methodology for this study works well for parameterization of distributed vegetation on a reach scale. This study also applied numerical tests to investigate the effects of vegetation establishment on flood control plans for the lower Asahi River using parameters validated for flood flow simulations. Results demonstrate that the predicted water level markedly exceeds the high water level because of thick vegetation presently established along few-kilometerlong upstream sections of the targeted river reach. Therefore, we conclude that the present findings can support cost-effective management tasks for vegetated rivers.

    DOI: 10.1016/j.jher.2021.06.005

    Web of Science

    researchmap

  • Model-induced comparative study of ALB and UAV-borne green LiDAR systems on vegetated lower Asahi river assessment in Japan 査読

    Md. Touhidul ISLAM, Keisuke YOSHIDA, Koichi SAKAI, Satoshi NISHIYAMA, Tomoyuki TSUDA, Kimishisa NAGATA and Shiro MAENO

    土木学会論文集B1(水工学)   76 ( 2 )   I_529 - I_534   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ALB 点群データを援用した河川航空写真の深層学習による地被分類法の検討 査読

    吉田圭介,谷口純一,潘是均,小島崇,永田貴美久,渡邊明英

    土木学会論文集B1(水工学)   76 ( 2 )   I_1003 - I_1008   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    河道の地被分類は河川の治水や水環境の研究や実務において重要な基礎資料である.近年では豪雨による河川災害が危惧され,特に,地先単位の洪水疎通能力の評価において河積や,河道内の植生の高さおよび密生度が必要となり,例えば航空レーザー測深(ALB)データの更なる利用が期待される.本研究では岡山県旭川下流の国管理の約4.5kmの区間を対象に,ALB計測時に撮影される航空写真を活用し,ALB点群データから得られる植生高とレーザー点数を組み合わせることで新たな深層学習による地被分類方法を開発した.解析の結果,航空写真だけよりもALB点群データを併用することで,竹林・樹木と草本の分類性能が向上した.しかし,時期の異なるデータセットを相互に学習や推論に用いると,落葉などの影響で樹木と草本の分類性能が低下することが分かった.

    DOI: 10.2208/jscejhe.76.2_i_1003

    CiNii Article

    researchmap

  • 平成30 年7月豪雨時の旭川分流堰周辺の植生分布を考慮した3次元洪水流解析 査読

    吉田圭介,梶川勇樹,永田貴美久,西山哲,間野耕司,堺浩一,Md. Touhidul ISLAM,児子真也

    土木学会論文集B1(水工学)   76 ( 2 )   I_985 - I_990   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Verification of STIV analysis of flood discharge at Nakano observatory in the Ota River by flow analysis using ALB data 査読

    K. Yoshida, S. Nigo, S. Maeno, K. Mano, M. Nakano

    Proc. 22nd IAHR-APD Congress   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Flood simulation model coupled with woody vegetation wash-out in the lower Asahi River 査読

    K. Nagata, K. Yoshida, S. Maeno, S. Nigo, MD. T. Islam

    Proc. 22nd IAHR-APD Congress   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Estimation of distributed flow resistance in vegetated rivers using airborne topo-bathymetric LiDAR and its application to risk management tasks for Asahi River flooding 査読

    Keisuke Yoshida, Shiro Maeno, Shuhei Ogawa, Koji Mano and Shinya Nigo

    Journal of Flood Risk Management   13 ( 1 )   e12584   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/JFR3.12584

    researchmap

  • 植生高分布と限界掃流力を考慮した植生流出を伴う洪水流解析モデルの検討 査読

    吉田圭介,前野詩朗,永田貴美久,児子真也,赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 4 )   I_325 - I_330   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 環境DNA 分析と物理環境調査による旭川下流部におけるアユの産卵可能性の検討 査読

    吉田圭介,乾隆帝,宇田川涼平,前野詩朗,赤松良久,児子真也,?橋幸生,永田貴美久

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 4 )   I_529 - I_534   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2018 年7 月西日本豪雨時の岡山県での降雨特性と旭川水系での洪水被害の調査解析 査読

    吉田圭介,前野詩朗,工藤亮治,近森秀高,赤穗良輔,小川修平,永田貴美久

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 1 )   172 - 183   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.1_172

    researchmap

  • 2018 年豪雨による倉敷市真備地区の被災状況と包括型氾濫解析モデルによる氾濫シナリオの検討 査読

    前野詩朗,赤穗良輔,二瓶泰雄,赤松良久,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 1 )   387 - 402   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p> 2018年7月豪雨災害により,倉敷市真備町を流下する小田川及びその支流の末政川,高馬川,真谷川の複数箇所で堤防が決壊し,真備町では1200haの地域が浸水し,多くの方が犠牲となった.本研究では,現地調査により浸水状況を明らかにした.また,河道の洪水流と決壊箇所からの氾濫流を同時に解く包括型氾濫解析モデルを用いて,氾濫シナリオを検討した.解析では,最初に,決壊を生じさせない条件で解析を行い,氾濫開始時刻の推定を行い氾濫シナリオを検討した.次に,決壊させた条件で解析を行い,氾濫水の挙動を明らかにするとともに,解析により得られた浸水深は現地調査結果をよく再現できることを明らかにした.</p>

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.1_387

    CiNii Article

    researchmap

  • 太田川中野観測所におけるSTIV流量観測とALBデータを用いた水理解析による精度検証 査読

    児子真也,吉田圭介,前野詩朗,間野耕司,中野光隆

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 4 )   I_613 - I_618   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 数値浮子モデルとDIEX法をカップリングさせた洪水流量推定法の構築と現地適用 査読

    赤穗良輔,前野詩朗,中山彰人,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 4 )   I_625 - I_630   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Evaluation of discharge equation of lateral overflow located in the curved part of river, 査読

    M. Ishihara, R. Akoh, S. Maeno and K. Yoshida

    Proc. of 38th IAHR World Congress   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ALBによる河道地形の再現性向上に伴う 河床変動解析の改善効果の検討 査読

    山口華穂,吉田圭介,前野詩朗,間野耕司,赤穗良輔,西山哲

    土木学会論文集A2(応用力学)   74 ( 2 )   I_465 - I_474   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 水路湾曲部に設置される横越流堤の流量公式の検討 査読

    石原正義,赤穂良輔,前野詩朗,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 5 )   I_841 - I_846   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ALB計測データを用いた流況解析に基づく旭川下流部におけるアユの産卵場の物理環境評価 査読

    吉田圭介,前野詩朗,高橋幸生,児子真也,小川修平,赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 5 )   I_421 - I_426   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Estimation of hydrodynamic forces acting on concrete blocks of toe protection works for coastal dikes by tsunami overflows 査読

    Keisuke Yoshida, Shiro Maeno, Tomihiro Iiboshi, Daisuke Araki

    Applied Ocean Research   80   181 - 196   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The extraordinary tsunami generated by the Great East Japan Earthquake in 2011 destroyed coastal protection facilities in the Tohoku region. After the catastrophe, landward toe protection works comprising concrete blocks were proposed at damaged coastal areas. However, the hydrodynamic behavior of the protection works against tsunami overflows has not been fully elucidated by earlier experimental studies. Therefore, this study investigated validity of three-dimensional (3-D) numerical simulations of tsunami flows over a simulated coastal dike with protection works of concrete block models. This study also presented a method of estimating the hydrodynamic forces acting on block models under the tsunami overflows. After conducting basic validation of the present numerical method, we compared experimentally obtained results of hydrodynamic forces to results obtained from simulations. Results show that the simulation data are qualitatively consistent with experimental data for the considered cases of overflow depths of four kinds. They also presented that the characteristics of hydrodynamic forces depend mainly on both the distance from the dike foundation and tsunami overflow depth. The salient finding is that the hydrodynamic forces are affected to a considerable degree by the irregularity of the block model arrangement or surface asperity of the protection works. The impulsive force of tsunami overflows at actual coasts will perturb concrete blocks placed in orderly rows at the original installation. Therefore, the landward toe protection works using concrete blocks necessitate supportive constructions to enhance their structural stability.

    DOI: 10.1016/j.apor.2018.09.001

    Scopus

    researchmap

  • Estimating flow resistance by vegetation in rivers using high-resolution airborne laser bathymetry 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, K. Mano, S. Ogawa, and R. Akoh

    12th Int. Symp. on Ecohydraulics   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Remote sensing of morphodynamics and habitats in rivers using airborne LiDAR bathymetry 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, S. Nigo, K. Mamno, S. Takahashi, and R. Akoh

    12th Int. Symp. on Ecohydraulics   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 河床高データの解像度と計算格子サイズが河床変動解析に及ぼす影響に関する検討 査読

    中山彰人,赤穗良輔,前野詩朗,吉田圭介

    河川技術論文集   24   107 - 112   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ALB点群を用いた樹木群の密生度算定法の検討 査読

    吉田圭介,前野詩朗,小川修平,井関禎之,赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_547 - I_552   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 微地形を考慮した氾濫解析手法の検討と鬼怒川洪水氾濫域を対象とした数値実験 査読

    赤穗良輔,前野詩朗,高橋巧武,吉田圭介,石川忠晴

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_1441 - I_1446   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 都市氾濫解析に用いる建物群の空隙率の設定方法に関する実験的検討 査読

    赤穗良輔,前野詩朗,小川俊,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_1525 - I_1530   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 用水路網が南海トラフ地震下の津波氾濫に与える影響の検討 査読

    工代健太,前野詩朗,赤穗良輔,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_439 - I_444   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 航空レーザ測深を用いた河道の植生種分布の判定手法の検討 査読

    吉田圭介,前野詩朗, 間野耕司, 岩城智大, 小川修平, 赤穗良

    土木学会論文集A2(応用力学)   73 ( 2 )   I_607 - I_618   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 背面盛土内にジオテキスタイルを併設した粘り強い海岸堤防構造の検討 査読

    飯干富広,前野詩朗,田井祐介,吉田圭介,赤穂良輔

    土木学会論文集B2(海岸工学)   73 ( 2 )   1075 - 1080   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Application of high-resolution ALB data of shallow water to river flow analysis 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, K. Mano, K. Yamaguchi, and R. Akoh

    Proc. 3rd Int. Symp. on Shallow Flows   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Improvement of float measurement method for river discharge using quasi-3D flood analysis 査読

    R. Akoh, S. Maeno, and K. Yoshida

    Proc. 3rd Int. Symp. on Shallow Flows   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 適正な分流量を維持するための百間川分流部の固定堰周辺における植生管理方策の検討 査読

    平井康隆,前野詩朗,吉田圭介,岩城智大,小川修平,赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_1081 - I_1086   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 準三次元洪水流解析モデルを用いた浮子観測流量の高精度化手法の構築 査読

    赤穗良輔,前野詩朗,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_517 - I_522   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ALBを用いた河道地形計測の精度検証と流況解析の改善効果の検討 査読

    吉田圭介,前野詩朗,間野耕司,山口華穂,赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_565 - I_570   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • フーリエ解析を用いた岡山市沿岸における津波ピークのリアルタイム予測法の検討 査読

    工代健太,前野詩朗,赤穗良輔,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_1027 - I_1032   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 津波越流時における海岸堤防のブロックを用いた裏法尻保護工に作用する流体力の数値計算 査読

    吉田圭介,前野詩朗,竹内章人,赤穗良輔,飯干富広,荒木大輔

    土木学会論文集A2(応用力学)   72 ( 2 )   I_485 - I_494   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 市街地レイアウトを考慮した岡山市における津波到達前後の浸水範囲予測および避難時間の検討 査読

    赤穗良輔,前野詩朗,高橋巧武,工代健太,吉田圭介

    土木学会論文集B2(海岸工学)   72 ( 2 )   289 - 294   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 津波越流による海岸堤防裏法尻保護工の衝撃時の被災特性に関する実験的研究 査読

    前野詩朗,吉田圭介,荒木大輔,田井祐介,飯干富広,赤穗良輔

    土木学会論文集B2(海岸工学)   72 ( 2 )   1135 - 1140   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Forestation control works: secular change at the Gion area in the Asahi River 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, K. Yamaguchi, T. Iwaki, S. Fujita, Y. Hirai

    Proc. 20th IAHR-APD Congress   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Dam break experiment to characterize landward bed scouring for coastal dikes 査読

    T. Iiboshi, S. Maeno, K. Yoshida, Y. Tai, A. Takeuchi, R. Akoh

    Proc. 20th IAHR-APD Congress   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Sequential data assimilation for estimating bed roughness of vegetated flooded rivers 査読

    K. Yoshida, S. Maeno

    Proc. 20th IAHR-APD Congress   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Study of tidal effect on tsunami behavior striking offshore of Okayama city 査読

    K. Kudai, S. Maeno, K. Yoshida, R. Akoh

    Proc. 20th IAHR-APD Congress   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Improvement of diversion weir and surrounding vegetation condition effects on diversion discharge in the Asahi River 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, R. Akoh, K. Yamaguchi, T. Iwaki, S. Fujita, Y. Hirai

    Proc. 20th IAHR-APD Congress   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 旭川祇園地区における経年変化を考慮した礫河原再生効果の検討 査読

    前野詩朗,吉田圭介,平井康隆,岩城智大,山口華穂,藤田駿佑

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_1069 - I_1074   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 洪水時の河道内植生による流水抵抗の逆推定手法の検討 査読

    吉田圭介,前野詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_1063 - I_1068   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 植生消長モデルを用いた礫河原再生後の物理環境変化の検証 査読

    平井康隆,前野詩朗,吉田圭介,藤田駿佑,赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_1063 - I_1068   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 南海トラフ地震下の鳴門・明石海峡部の津波波形を用いた岡山市に襲来する津波の予測モデルの検討析 査読

    工代健太,前野詩朗,赤穗良輔,吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_397 - I_384   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Flood hydrograph estimation using an adjoint shallow-water model 招待 査読

    Keisuke Y., Tadaharu I.

    Journal of Hydro-environmental Research   9 ( 3 )   429 - 440   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jher.2014.12.003

    researchmap

  • Numerical prediction of hydrodynamic force acting on a natural stone in open-channel flows 査読

    K.Yoshida, S. Ushijima, R. Tanaka, N. Miyagi, S. Maeno

    Proc. 36th IAHR World Congress   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 旭川における植生分布の経年変化を考慮した洪水流の数値解析 査読

    吉田圭介,前野詩朗,藤田駿佑,松山悟,岩城智大,平井康隆

    土木学会論文集B1(水工学)   71 ( 4 )   I_1039 - I_1044   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アイスハーバー型魚道の流れの解析と低流量・河床低下時の機能改善 査読

    前野詩朗,吉田圭介,田中龍二

    土木学会論文集B1(水工学)   71 ( 4 )   I_1081 - I_1086   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • GPUによる分流を含む洪水流計算の高速化 査読

    吉田圭介,田中龍二,前野詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   71 ( 4 )   I_589 - I_594   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • GPUによる河川の浅水流計算の高速化 査読

    吉田圭介,田中龍二,前野詩朗

    土木学会論文集A1(応用力学)   70 ( 2 )   I_761 - I_768   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 開水路に置かれた自然石に作用する流体力の数値計算 査読

    吉田圭介,牛島省,田中龍二,宮木伸,前野詩朗

    土木学会論文集A1(応用力学)   70 ( 2 )   I_701 - I_708   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of landward slope protection and toe protection work shape at coastal dikes on landward bed scouring caused by tsunami overflow 査読

    Tomihiro Iiboshi, Shiro Maeno, Keisuke Yoshida, Daisuke Takata, Akira Yamamura

    Proc. of the 36th IAHR World Congress   4103 - 4111   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IAHR-INT ASSOC HYDRO-ENVIRONMENT ENGINEERING RESEARCH  

    Coastal dikes in Iwate, Miyagi, and Fukushima prefectures in Japan were damaged severely by tsunami overflow consequent to the 2011 off-the-Pacific coast of Tohoku Earthquake. A main factor of the failure was landward bed scouring following the tsunami overflow. Coastal dikes were destroyed completely or partially because of embankment material outflows caused by scouring of the landward bed. Because of this severe damage, the tsunami committee in Japan recommended several methods to produce resilient structures for coastal dikes. One method is landward toe protection works to reduce the landward toe bed scouring. It can improve the coastal dike stability. However, the relation of protection work shapes to landward bed scouring characteristics remains unclear. Therefore, we particularly examined the effects of landward slope and toe protection work shapes on landward bed scouring. We conducted small-scale experiments to clarify the effects of works with different characteristics. The obtained results demonstrate that a large scouring hole was formed around the landward toe area in any shape of the slope protection works without bed protection works. Landward bed protection works can reduce size of the scouring hole. A surface protuberances of landward toe protection works is more effective to reduce the scouring depths and areas.

    Web of Science

    researchmap

  • 津波越流による海岸堤防裏法尻の洗掘に及ぼす裏法被覆工と法尻保護工形状の影響 査読

    飯干富広,前野詩朗,吉田圭介,高田大資

    土木学会論文集B2(海岸工学)   70 ( 2 )   I_966 - I_970   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Inverse estimation of distributed roughness coefficients in vegetated flooded rivers 査読

    Keisuke Yoshida, Shiro Maeno

    Journal of Hydraulic Research   52 ( 6 )   811 - 823   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00221686.2014.932854

    researchmap

  • Study on characteristics of hydrodynamic force on slope and landward toe protection works of coastal dikes due to tsunami overflow 査読

    T. Iiboshi, S. Maeno, K. Yoshida, D. Takata

    19th IAHR-APD Congress   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Development and application of vegetation dynamics model for effective river management tasks in the Asahi River 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, S. Matsuyama, S. Fujita

    River Flow 2014   571 - 579   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Evaluation of hydrodynamic forces acting on bridge under flood in steep medium and small scale rivers 査読

    S. Maeno, K. Yoshida, R. Tanaka

    19th IAHR-APD Congress   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Numerical simulation of tsunami inundation in Okayama city, Japan 査読

    K. Kudai, K. Yoshida, S. Maeno

    19th IAHR-APD Congress   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Prediction of forestaion process in the Asahi river, Japan using a vegetation dynamics model 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, S. Fujita, S. Matsuyama

    19th IAHR-APD Congress   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 津波越流時に海岸堤防法面および法尻保護工に作用する流体力特性に関する研究 査読

    飯干富広,前野詩朗,吉田圭介,高田大資

    土木学会論文集B3(海洋開発)   70 ( 2 )   I_498 - I_503   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    東北地方太平洋沖地震時の大津波が堤防を越流し,裏法尻を洗掘させることで,岩手・宮城・福島県の海岸堤防は大きな被害を受けた.これは,これまでの設計では考慮されていなかった津波越流に起因する被害であり,堤防裏法面及び法尻保護工の重要性が認識されることとなった.しかし,これまでの研究では,越流した水塊が裏法尻部保護工に作用する流体力を評価したものはない.そこで,本研究では堤防裏法面被覆工および裏法尻保護工の形状の違いによる法面の圧力特性と裏法尻の流体力特性に着目し,水理模型実験による検討を行った.法尻保護工に作用する揚力は,津波波高の増加により一旦は増加するが,ある越流水深以上になると,逆に小さくなることが分かった.また,法尻保護工の表面粗度は,法尻部の流速を低減できるが,法尻保護工に作用する流体力は逆に大きくなるため,めくれや滑動対策を適切に行う必要があることがわかった.

    DOI: 10.2208/jscejoe.70.I_498

    CiNii Article

    researchmap

  • 南海トラフ巨大地震を想定した岡山市の津波遡上解析 査読

    工代健太,吉田圭介,前野詩朗

    土木学会論文集B3(海洋開発)   70 ( 2 )   I_289 - I_294   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 洪水時の急勾配中小河川の橋梁に作用する流体力の評価 査読

    前野詩朗,吉田圭介,田中龍二

    土木学会論文集B1(水工学)   70 ( 4 )   I_883 - I_888   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 旭川大原試験区における植生消長シミュレーションモデルの構築と検証 査読

    前野詩朗,吉田圭介,松山悟,藤田駿佑

    土木学会論文集B1(水工学)   70 ( 4 )   I_1369 - I_1374   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effects of groin installation on gravel bed restoration in the Tedori River 査読

    S. Maeno, K. Yoshida, K. Kaseguma and A. Yamamura

    12th Int. Symp. on River Sedimentation   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effect of flood impact on wash-out of vegetation and bed deformation in the Asahi River 査読

    K. Yoshida, S. Maeno, S. Matsuyama and N. Mishima

    12th Int. Symp. on River Sedimentation   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Three-Dimensional Flow Analysis around Permeable Hydraulic Structure Comprising Connected Stones 査読

    S. Maeno, K. Yoshida, K. Kaseguma and A. Yamamura

    Proc. 35th IAHR Congress   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Inverse estimation of flow resistance due to vegetation in the Asahi River during a flood 査読

    K. Yoshida and S. Maeno

    Proc. 35th IAHR Congress   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 射流場の護岸・根固めブロックに作用する流体力評価 査読

    忰熊公子,前野詩朗,吉田圭介,高田大資,山村明

    土木学会論文集B1(水工学)   69 ( 4 )   I_691 - I_696   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 2011年9月旭川洪水における河道内植生の流水抵抗特性の検討 査読

    吉田圭介,前野詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   69 ( 4 )   I_715 - I_720   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 手取川の洪水時の礫河原再生工の変形要因の検討 査読

    前野詩朗,忰熊公子,吉田圭介,山村 明

    土木学会論文集B1(水工学)   69 ( 4 )   I_721 - I_726   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 旭川の大原箇所における植生生長と洪水時の植生流出条件の検討 査読

    前野詩朗,吉田圭介,三島望,松山悟

    土木学会論文集B1(水工学)   69 ( 4 )   I_727 - I_732   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Estimation of river discharge hydrograph by using adjoint shallow-water model 査読

    Keisuke Y. and Tadaharu I.

    Proc. 18th IAHR-APD   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Unsteady tidal effects on flood flow in the estuarine channel of Yangtze river 査読

    Z. Wang, T. Ishikawa and K. Yoshida

    Proc. 3rd Int. Symp. on Shallow Flows   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Flood flow analysis using a quasi-three-dimensional flow model and aerial photos 査読

    Keisuke Y., Tadaharu I. and Yasuhisa M.

    Proc. 3rd Int. Symp. on Shallow Flows,   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Adjoint法による流量ハイドログラフ推定法に関する研究 査読

    吉田圭介, 石川忠晴

    水工学論文集   56 ( 4 )   I_1261 - I_1266   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 揚子江下流河道の洪水流に対する潮汐の非定常効果 査読

    王張嶠, 石川忠晴, 吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   68 ( 1 )   67 - 76   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 準3次元モデルによる利根川下流部1998年9月洪水流の再現 査読

    石川忠晴, 吉田圭介, 箕浦靖久

    土木学会論文集B1(水工学)   67 ( 3 )   155 - 167   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 浅水流adjointモデルによる河床粗度の時間変化の逆推定法に関する基礎的検討 査読

    吉田圭介

    応用力学論文集   14 ( 2 )   I_533 - I_540   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Inverse estimation of bed roughness coefficients of open-channel by using shallow-water adjoint model 査読

    Yoshida, K. and Ishikawa, T.

    Proc. 34th IAHR Congress   4392 - 4399   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 浅水流adjointモデルによる複断面河道の河床粗度の逆推定法に関する基礎的検討 査読

    吉田圭介

    水工学論文集   55   S_1009 - S_1014   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Inverse estimation of bed roughness coefficients of open-channel by using adjoint model in shallow-water flows 査読

    吉田圭介

    Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering   29 ( 1 )   1 - 13   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quasi-3D flow solver by CIP-Soroban scheme and its application to flood flow in Tone River 査読

    Yoshida, K. and Ishikawa, T.

    Proc. 17th APD-IAHR Congress   3a043   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 変分法と浅水流モデルを併用した河床粗度の逆推定法に関する研究 査読

    吉田圭介, 石川忠晴

    水工学論文集   54   991 - 996   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Derivation of upstream boundary condition for 3-D numerical simulation of sediment dispersion around the Yangtze River mouth, China 査読

    Wang, Z., Yoshida, K and Ishikawa, T.

    Proc. 3rd Int. Conf. on Estuaries & Coasts   754 - 761   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 準3次元CIP-Sorobanモデルによる利根川洪水流の大規模数値計算 査読

    吉田圭介, 石川忠晴, 箕浦靖久

    水工学論文集   53   877 - 882   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 実体視と画像相関解析を併用した洪水航空写真解析手法の構築と検証 査読

    箕浦靖久, 石川忠晴, 吉田圭介

    水工学論文集   53   997 - 1002   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quasi-3D solver of meandering river flows by CIP-Soroban scheme in cylindrical coordinates with support of boundary fitted coordinate method 査読

    Yoshida, K. and Ishikawa, T.

    Proc. 16th APD-IAHR Congress   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Flood flow analysis on aerial photos by image correlation method with support of stereo visualization 査読

    Minoura, Y., Ishikawa, T. and Yoshida, K.

    Proc. 16th APD-IAHR Congress   999 - 1004   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Flow solver of arbitrarily meandering river by CIP-Soroban-BFC scheme with quasi-3D method 査読

    Yoshida, K. and Ishikawa, T.

    Proc. 8th International Conference on HydroScience and Engineering   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Derivation of boundary condition for quasi-3D model of water exchange between Neijiang and Yangtze river 査読

    Zhao, L., Yoshida, K., Ishikawa, T. and Futagi, K.

    Proc. 16th APD-IAHR Congress   491 - 496   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Study on turbidity increase during flood in Myoginohana area of lake Kasumigaura 査読

    Yoshida, K., Ishikawa, T., Kobayashi, Y., Sasaki, F., Aoyama, S. and Ichiyama, M.

    Proc. 16th APD-IAHR Congress   472 - 477   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Depth-averaged numerical solver of meandering river flows by CIP-Soroban grids in cylindrical coordinate system 査読

    Yoshida,K, Ishikawa, T

    Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, JSCE   26 ( 1 )   11 - 28   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 鎮江市内江の流動計算のための長江水理条件の導出 査読

    趙聯芳, 吉田圭介, 石川忠晴, 二木敬右

    水工学論文集   52   1051 - 1056   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/prohe.52.1051

    researchmap

  • 円筒座標CIP-Soroban法と境界適合座標法を組み合わせた蛇行河川の準3次元計算法 査読

    吉田圭介, 石川忠晴

    水工学論文集   52   997 - 1002   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/prohe.52.997

    researchmap

  • Numerical prediction of meandering river flows by CIP-Soroban grids in cylindrical coordinate system 査読

    Yoshida, K. and Ishikawa, T.

    Proc. 32nd IAHR Congress   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 霞ヶ浦の妙技の鼻水域における出水時濁度上昇に関する研究 査読

    吉田圭介, 石川忠晴, 佐々木史, 青山貞雄, 市山誠

    河川技術論文集   Vol.13   13 - 18   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 実体視と相関解析の併用による洪水航空写真解析の効率化 査読

    箕浦靖久, 石川忠晴, 吉田圭介

    水工学論文集   Vol.51   1093 - 1098   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    Stereo images obtained from sequential aerial photographs of river freshets contain a lot of useful information for river hydraulics as well as river engineering works. The image correlation analysis is a standard technique for analyzing the images, but it sometimes produces anomalous results for the area where color fluctuation of the water surface is small. On the other hand, a classical manual analysis through stereo eyeglasses usually works well even in such unclear parts of the images, but the manual analysis costs much labor and time. <BR>In this study, a new technique to analyze stereo images of river flows is developed by combining the above mentioned two methods: A small amount of suggestions are made by using the results from the manual analysis for the image correlation analysis on a computer, and then the results of the second trial of the latter is much improved without any significant time consumption.

    DOI: 10.2208/prohe.51.1093

    CiNii Article

    researchmap

  • 円筒座標でCIP-Soroban法を拡張した蛇行河川の浅水流計算法 査読

    吉田圭介, 石川忠晴

    水工学論文集   Vol.51   805 - 810   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    A new numerical solver is developed for a shallow-water flow model to simulate meandering river flows. This solver can investigate the flows in the curved river channel, by means of the adaptive CIP-Soroban (CIP-S) scheme in a cylindrical coordinate system. Time development of water velocity and free-surface level is computed by the orthogonal curvilinear coordinate system without any transformation of the governing equations, and the advection term is calculated by the high-accuracy CIP scheme. The numerical grid points of the waterfront line at the river bank are moved and tracked by the kinematic condition so that the grid points are always located on the line, and the rearrangement of the positions of the girds is easily conducted by the original CIP-S method. From the verification of this solver by the pure advection problem and by the numerical solution of the meandering river flows, in comparison with the CIP-S method in a Cartesian coordinate system and with the boundary fitted coordinate (BFC) method, it is shown that the proposed numerical solver reasonably predicts the main flow profile and water surface elevation and will be a promising numerical method as one of the practical solutions.

    DOI: 10.2208/prohe.51.805

    CiNii Article

    researchmap

  • Fundamental investigation of depth-averaged numerical model with evolution of secondary currents in curved channels 査読

    Yoshida, K. and Ishikawa, T.

    Proc. 15th APD-IAHR Congress   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 2次流の時空間発展を考慮した水深積分モデルに関する基礎的検討 査読

    吉田圭介, 石川忠晴

    水工学論文集, 第50巻   pp.781-786   781 - 786   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/prohe.50.781

    researchmap

  • Direct numerical simulation of two-fluid system and its application to air-water turbulent flows with deformed interfaces 査読

    Yoshida, K., Ushijima, S. and Nezu, I.

    Proc. 31st IAHR Congress   836 - 846   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 風シアーと底面シアーが共存する開水路混成流における組織乱流構造と気液界面気体輸送過程に関する研究 査読

    吉田圭介,禰津家久

    土木学会論文集   803/II-73   57 - 67   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 逆流風波開水路混成場における乱れ構造と気体輸送に関する実験的研究 査読

    禰津家久, 福谷彰, 吉田圭介, 垂井晃一

    応用力学論文集   8   911 - 918   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/journalam.8.911

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 逆流風波開水路混成場における乱流特性に関する研究 査読

    禰津家久, 垂井晃一, 吉田圭介

    水工学論文集, 第49巻   49   505 - 510   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    This study describes an experimental investigation on turbulence characteristics and the water-surface fluctuations in adverse wind-driven open-channel flows by using both a laser Doppler Anemometer (LDA) and a wave gauge simultaneously. In this study, it was shown that the velocity fluctuations of water flow near the interface in not only cocurrent flow but also adverse flow are significantly affected by the water surface in every range of frequency. However turbulence characteristics in water layer in adverse wind-driven open-channel flows are different from those in cocurrent flow, and there exists a high correlation between turbulence and the surface fluctuations in predominant frequency due to high-sheared wind flow.

    DOI: 10.2208/prohe.49.505

    CiNii Article

    researchmap

  • 気液2流体界面を含む混相場の直接数値計算 査読

    吉田圭介, 牛島省, 禰津家久

    水工学論文集, 第49巻   49   709 - 714   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    In this study, a direct numerical simulation for analyzing the immiscible incompressible two-fluid flows was carried out with the 3-dimensional MARS method, and the applicability of this scheme was verified in the water column collapse phenomenon, 2-dimesional channel flows between two walls and 3-dimensinal air-water co-current flows between a non-slip wall and a free-slip wall. It was shown that the present numerical simulation was in good agreement with previous experimental and numerical results, and that the volume of fluid in flows was sufficiently conserved for the long simulation time step. However, it is pointed out in the 3-D air-water co-current flows that lack of simulation grids and inadequate averaged time generates the inaccurate results in this DNS.

    DOI: 10.2208/prohe.49.709

    CiNii Article

    researchmap

  • Experimental study on air-water interfacial turbulent hydrodynamics and gas transfer in wind-induced open-channel flows 査読

    Yoshida, K. and Nezu, I.

    Proc.4th International Symposium on Environmental Hydraulics   185 - 191   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Numerical prediction of incompressible two-fluid system and its application to stratified flows with water and silicone-oil, 査読

    K. Yoshida, S. Ushijima and I. Nezu

    Proc. 14th APD-IHAR   309 - 309   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 風シアーを伴う開水路乱流場における水層組織渦構造に関する研究 査読

    吉田圭介, 禰津家久, 垂井晃一

    応用力学論文集   Vol.7   1051 - 1060   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/journalam.7.1051

    researchmap

  • 水面上に風シアーが存在する開水路流場における水層乱れ構造と水面変動に関する研究 査読

    禰津家久, 吉田圭介, 垂井晃一

    水工学論文集   Vol.48   517 - 522   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/prohe.48.517

    CiNii Article

    researchmap

  • Fundamental study on air-water interfacial coherent structures in wind-induced water-waves flows by PIV measurements

    Nezu, I. and Yoshida, K.

    Proc. 30th IAHR Congress   C-1   235 - 242   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Computation of immiscible two-fluid flows with a unified numerical procedure 査読

    Yoshida, K., Ushijima, S. and Nezu, I.

    Proc. 30th IAHR Congress   D   663 - 670   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • PIV法を用いた風波界面近傍流体の組織構造に関する基礎的研究 査読

    禰津家久, 吉田圭介, 池田大輔

    水工学論文集   Vol.47   457 - 462   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    This paper describes an experimental study on turbulent bursting phenomena across air-water interface in wind-induced water waves by using Particle-Image Velocimetry (pry). The purpose of this study is to clarify coherent structures near the air-water interface in a wind-driven shear layer, and to evaluate an effect on momentum transport due to the busting events from the interfacial water to water-body flow. As the results of experiments, it is shown that the water flow is a combined flow with a wall shear flow and orbital motions, and that the wave-induced fluctuations have major power in the whole velocity fluctuations. In particular, when the bursting events are detected near the air-water interface by human eyes in the time-series of PIV raw images, only the low-frequency fluctuations are enhanced obviously at that time in wavelet-filter analysis. Therefore, it is inferred that the mechanism of water momentum transport is organized by the wave-induced fluctuations from the air-water interface to the water bulk, not by the bursting events with small fluctuations. It is also recognized by PIV measurements that the busting events are closely related to the unsteady wave-induced velocity fluctuations near the interface.

    DOI: 10.2208/prohe.47.457

    CiNii Article

    researchmap

  • 風波発生下における自由水面近傍での組織構造に関する基礎的研究 査読

    禰津家久, 吉田圭介, 池田大輔, 垂井晃一

    応用力学論文集   Vol.6   933 - 942   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/journalam.6.933

    researchmap

  • 水面上に風シアーが存在する開水路流れ場における水・空気層乱流構造に関する基礎的研究 査読

    禰津家久, 吉田圭介, 牛島省

    土木学会論文集   733/II-63 ( 733 )   67 - 76   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscej.2003.733_67

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • フラックス制御を利用する移流方程式の5次精度保存形スキーム 査読

    牛島省, 吉田圭介, 竹村雅樹, 禰津家久

    土木学会論文集   747/II-65 ( 747 )   85 - 94   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscej.2003.747_85

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 非圧縮性混相流場に対する数値解法と水-シリコンオイル成層流への適用性に関する考察 査読

    牛島省, 吉田圭介, 禰津家久

    応用力学論文集   6   891 - 898   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/journalam.6.891

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Experimental Study on Mutual Turbulent Structures across Air-Water Interface in Wind-Induced Water Waves by Synchronous LDA Measurements 査読

    Nezu,I, Yoshida,K, Ikeda,D

    Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, JSCE.   Vol.21 ( No.1 )   63 - 70   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 自由水面流れの数値計算における内部流動の解析精度に関する考察 査読

    牛島省, 禰津家久, 吉田圭介, 池田大輔

    水工学論文集   Vol.47   409 - 414   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/prohe.46.409

    researchmap

  • Numerical prediction of free surface flows with QSI scheme on collocated grid system 査読

    Ushijima, S., Yoshida, K., Takemura, M. and Nezu, I.

    Proc. 10th international symposium on flow visualization   F0162   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Turbulence visualization of multi-scale water velocity fluctuations of wind-driven water waves in air-water two-phase flows 査読

    I. Nezu, K. Yoshida and S. Ushijima

    Proc. 10th International symposium on flow visualization   F0088   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Experimental study on interfacial turbulent structures in wind-induced water waves by synchronous LDA measurements 査読

    I. Nezu, S. Ushijima and K. Yoshida

    Proc. 13th APD-IAHR Symp.   38 - 43   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Numerical prediction of free surface flows with QSI scheme on collocated grid system 査読

    S. Ushijima, I. Nezu and K. Yoshida

    Proc. 13th APD-IAHR Symp.   322 - 326   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 水・空気層の同時計測による風波界面近傍流体の相関構造に関する研究 査読

    禰津家久, 吉田圭介

    水工学論文集   Vol.46   547 - 552   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/prohe.46.547

    CiNii Article

    researchmap

  • Study on turbulent structures of air-induced water waves by using phase-averaged PIV measurements 査読

    Nezu, I., Ushijima, S., Onitsuka, K. and Yoshida, K

    Proc. 3rd Int. Symp. on Measurement Techniques for Multiphase Flows   211 - 220   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • PIV measurements of turbulent structures across air-water interface in wind-driven water waves 査読

    Nezu, I., Ushijima, S., Onitsuka, K. and Yoshida, K.

    Pcoc. 6th Asian Symp. on Visualization   363 - 365   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 砕波を伴う風波の界面乱流構造に関する研究 査読

    禰津家久, 牛島省, 吉田圭介

    土木学会論文集   684/II-56 ( 684 )   69 - 80   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscej.2001.684_69

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PIV法を用いた砕波を伴う風波の界面乱流構造に関する研究 査読

    禰津家久, 井上理恵, 吉田圭介

    応用力学論文集,Vol.3   3   775 - 786   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/journalam.3.775

    researchmap

▼全件表示

MISC

講演・口頭発表等

  • Deep learning riparian land cover classification methodology using aerial photograph

    Shijun PAN, Keisuke YOSHIDA, Junichi TANIGUCHI, and Akihide WATANABE

    39th IAHR World Congress  2022年6月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 環境DNA分析と水理特性調査による,旭川下流部でのアユの産卵可能性の検討

    宇田川涼平,髙橋幸生,吉田圭介,前野詩朗,赤穗良輔,乾隆帝,赤松良久,児子真也,笹田直樹,近藤正美

    第71回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 河川における根固め工変状抑制のために設置する小口止め補助構造物の効果に関する研究

    永田貴美久,飯干富広,前野詩朗,吉田圭介,赤穂良輔

    第71回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 砂州縁部における河岸浸食特性の実験的検討および数値解析の適用性に関する研究

    田中龍二,赤穂良輔,吉田圭介,前野詩朗

    第70回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ALBデータを用いた吉野川の洪水解析の改善効果に関する検討

    中山彰人,赤穗良輔,前野詩朗,吉田 圭介

    第70回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 氾濫形態及び斜面勾配の影響を考慮した避難経路策定モデルの提案と現地適用

    橋爪菜摘,前野詩朗,赤穗良輔,吉田圭介

    第70回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平成26年広島豪雨災害を対象とした土石流を含む内水氾濫解析

    高橋巧武,赤穗良輔,前野詩朗,吉田圭介

    第70回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ALB計測データを用いた流況解析に基づくPHABSIMによるアユの産卵場の物理環境の評価

    髙橋幸生,吉田圭介,前野詩朗,赤穂良輔

    第70回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ALB による河道地形の再現性向上に伴う河床変動解析の改善効果の検討

    山口華穂,吉田圭介,前野詩朗,間野耕司,赤穗良輔,西山哲

    第21回応用力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名城大学  

    researchmap

  • 旭川分流部周辺におけるALBの計測精度検証と植生分布判定手法の検討

    岩城智大,吉田圭介,赤穗良輔,間野耕司,前野詩朗,山口華穂,小川修平

    第69回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 航空レーザ測深を用いた河道の植生種分布判定手法の検討

    吉田圭介,前野詩朗,間野耕司,岩城智大,小川修平,赤穗良輔

    第20回応用力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 高梁川・小田川合流部周辺における平成18年7月洪水の数値シミュレーション

    平下慎也,赤穗良輔,前野詩朗,吉田圭介

    第69回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 旭川のケレップ水制域における季節的な塩水挙動の検討

    稲見俊輝,赤穗良輔,前野詩朗,吉田圭介

    第69回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ALBによる高解像度の地形・植生データを用いた旭川洪水流解析の精度改善

    小川修平,吉田圭介,前野詩朗,岩城智大,赤穗良輔,間野耕司

    第69回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 南海トラフ地震下の潮汐を考慮した岡山市沿岸における津波ピークのリアルタイム予測法

    工代健太,前野詩朗,赤穗良輔,吉田圭介

    第69回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 建物群を用いた市街地氾濫解析の透過係数に関する実験的検討

    下間智博,赤穗良輔,前野詩朗,吉田圭介,小川俊

    第69回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 逐次重点サンプリング法による洪水時の河道内植生による流水抵抗の逆推定

    吉田圭介,前野詩朗

    第69回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 市街地レイアウトを考慮した岡山市における津波到達前後の浸水範囲予測および避難時間の検討

    高橋巧武,赤穗良輔,前野詩朗,工代健太,吉田圭介

    第68回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 準三次元流況解析を用いた江の川における観測流量の検証

    中田博貴,赤穗良輔,前野詩朗,吉田圭介

    第68回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鉛直 2 次元解析モデルを用いた津波越流時の堤防裏法尻における局所洗掘に関する研究

    田中龍二,前野詩朗,吉田圭介,赤穗良輔

    第68回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 津波越流による海岸堤防裏法尻保護工の被災特性に関する実験的研究

    荒木大輔,前野詩朗,吉田圭介,田井祐介,赤穂 良輔

    第68回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 急斜面上の市街地を対象とした氾濫解析モデルの適用性の模型実験による検証

    小川俊,赤穂良輔,前野詩朗,吉田圭介

    第68回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 旭川祇園地区における切り下げ・埋戻しによる経年変化を考慮した樹林化抑制効果の検討

    山口華穂,吉田圭介,前野詩朗,赤穂良輔,岩城智大

    第68回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 津波越流時における海岸堤防の裏法尻保護工に作用する流体力の数値計算

    吉田圭介,前野詩朗,竹内章人,赤穗良輔,飯干富広,荒木大輔

    第19回応用力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 湾曲水路における横越流量算定公式に関する実験的研究

    荻田泰弘,石原正義,前野詩朗,吉田圭介,赤穂良輔

    第68回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 南海トラフ巨大地震を想定した倉敷市臨海部周辺における津波遡上解析

    工代健太,竹田直弥,前野詩朗,吉田 圭介

    第67回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2D-3Dハイブリッドモデルによる温井ダム湖と上下流河川の流況解析

    伊藤佑果,田中龍二,前野詩朗,吉田 圭介

    第67回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高梁川と小田川合流点付替えによる洪水時の流況変化の検討

    平下慎也,吉田圭介,前野詩朗

    第67回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 津波越流時に海岸堤防保護工に作用する流体力特性と圧力特性に関する研究

    田井祐介,飯干富広,吉田圭介,前野詩朗

    第67回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 旭川分流堰の改修とその周辺の植生繁茂状況が分流量に与える影響の検討

    岩城智大,藤田駿佑,吉田圭介,前野詩朗

    第67回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 開水路に置かれた自然石に作用する流体力の数値計算

    吉田圭介,牛島省,田中龍二,宮木伸,前野詩朗

    第17回応用力学シンポジウム講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • GPU による河川の浅水流計算の高速化

    吉田圭介,田中龍二,前野詩朗

    第17回応用力学シンポジウム講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 津波越流時に海岸堤防裏法尻保護工に作用する流体力特性に関する研究

    高田大資,飯干富広,吉田圭介,前野詩朗

    第66回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 組立式消波工の反射率に関する研究

    橋田和博,前野詩朗,吉田圭介,中西裕之,野村修治

    第66回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • GPGPUを用いた浅水流方程式に基づく数値解析の高速化

    田中龍二,吉田圭介,前野詩朗

    第66回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 旭川における植生動態モデルの検証と樹林化予測

    藤田駿佑,吉田圭介,前野詩朗

    第66回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2013年9月の出水を対象とした斐伊川及び放水路の流況解析

    原田健太郎,吉田圭介,前野詩朗,松本享之

    第66回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多相場モデルを用いた自然石に作用する流体力の並列数値計算

    宮木伸,牛島省,前野詩朗,吉田圭介

    計算工学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 南海・東南海地震発生時の岡山市内への津波遡上シミュレーション

    吉田圭介,仲村春香,前野詩朗

    第65回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 旭川大原箇所における植生流失限界に関する研究

    松山悟,吉田圭介,前野詩朗

    第65回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 旭川における植生消長シミュレーションモデルを用いた河道内の樹林化予測

    三島望,吉田圭介,前野詩朗

    第65回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 流水中の自然石に作用する流体力の評価

    竹内章人,吉田圭介,前野詩朗

    第65回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非構造格子有限体積法を用いた数値解析プログラムの精度向上

    松本享之,吉田圭介,前野詩朗

    第65回土木学会中国支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2011 東北地方太平洋沖地震における谷津干潟での被害調査

    深谷雄司, 本永 麻衣子, 吉田圭介, 矢内栄二

    土木学会学術年次講演会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CIP-Soroban法を利用した,利根川洪水流の準3次元解析

    吉田圭介, 箕浦靖久, 石川忠晴

    第23回数値流体力学シンポジウム  2009年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 航空写真解析による洪水流表面流線図の作成

    伊波信太郎, 吉田圭介, 石川忠晴

    土木学会学術年次講演会全国大会  2006年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 風シアーを伴う開水路乱流場における界面近傍組織構造について

    吉田圭介, 禰津家久, 垂井晃一

    土木学会関西支部学術年次講演会  2004年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 風波・開水路混成場における乱流特性の時空間構造に関する実験的研究

    垂井晃一, 禰津家久, 池田大輔, 吉田圭介

    土木学会関西支部学術年次講演会  2003年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 混合しない二相流体の数値解析法に関する研究

    吉田圭介, 岡崎慎一朗, 牛島省, 禰津家久

    土木学会関西支部学術年次講演会  2003年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 開水路・風波混成流れにおける水層乱流構造に関する研究

    禰津家久, 牛島省, 吉田圭介, 濱田悟

    土木学会関西支部学術年次講演会  2002年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水・空気2層開水路流場における空気層界面の乱流構造に関する基礎的研究

    禰津家久, 牛島省, 吉田圭介, 濱田悟

    土木学会関西支部学術年次講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 5次精度QSIスキームを用いた自由液面流れの数値解析手法

    牛島省, 禰津家久, 吉田圭介, 池田大輔

    第15回数値流体力学シンポジウム, E07-1.  2001年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PIV法による閉鎖水域場の風波界面乱流構造に関する研究

    禰津家久, 牛島省, 吉田圭介

    土木学会関西支部学術年次講演会  2001年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PIV法による砕波を伴う風波の界面乱流構造に関する研究

    禰津家久, 井上理恵, 吉田圭介

    土木学会関西支部学術年次講演会  2000年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Crack Detection in Asphalt-Paved Top Surface of River Embankments Using Unmanned Aerial Vehicles and Computer Vision Algorithms

    潘是均, 吉田圭介, 西山哲

    第75回土木学会中国支部研究発表会  2023年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 神西湖および差海川におけるヤマトシジミの形状特性・肥満度と生息環境場との関係

    勝海麻友, 矢島啓, 植田大貴, 管原庄吾, 吉田圭介

    第75回土木学会中国支部研究発表会  2023年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2021年の殿ダム貯水池におけるアオコ発生抑制に関する考察

    藤井陽, 矢島啓, 管原庄吾, 吉田圭介

    第74回土木学会中国支部研究発表会  2022年5月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Assessing performance of a novel UAV-borne green LiDAR on vegetated rivers characterization: comparison with traditional airborne LiDAR bathymetry

    Md. Touhidul Islam, Keisuke Yoshida, Satoshi Nishiyama, Koichi Sakai

    9th Int. Symp. on Environmental Hydraulics 2021  2021年7月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Riparian land-cover classification methodology of airborne laser bathymetry assisted deep learning of aerial photographs

    Shijun Pan, Keisuke Yoshida, Junichi Taniguchi, Akihide Watanabe

    9th Int. Symp. on Environmental Hydraulics 2021  2021年7月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 植生河川を特徴づける新たなUAVグリーンレーザーの可能性: 従来のALBとの比較

    Md. Touhidul ISLAM, Koichi SAKAI, Keisuke YOSHIDA, Satoshi NISHIYAMA

    第73回土木学会中国支部研究発表会  2021年6月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 河川堤防越流時の裏法面被覆コンクリートブロックに作用する流体力特性に関する基礎的研究

    安達森, 永田貴美久, 飯干富広, 忰熊公子, 吉田圭介

    第73回土木学会中国支部研究発表会  2021年6月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SLAM 技術を導入した LiDAR 計測による河川堤防モニタリング手法の開発

    秋山菜乃香, 矢原諒, 﨑田晃基, 吉田圭介, 西山哲, 山崎文明

    第72回土木学会中国支部研究発表会  2020年6月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 揚子江汽水域の流れの数値シミュレーション

    王 張嶠, 石川 忠晴, 吉田圭介

    第38回関東支部技術研究発表会  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • AI・データサイエンス奨励賞

    2022年12月   土木学会  

    潘是均, 吉田 圭介, 小島 崇, 西山 哲

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

    researchmap

  • 八雲賞

    2022年11月   公益財団法人 八雲環境科学振興財団   レーザー計測による3次元河道条件の推定と旭川分流堰周辺の洪水流解析への応用

    吉田圭介

     詳細を見る

  • 研究奨励賞

    2021年4月   公益財団 中国電力技術研究財団   航空レーザー測深データを活用した,洪水時の河川堤防の越流リスク予測手法の開発

    吉田圭介

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 航空レーザー測深とデータ同化手法を用いた河道内植生消長予測の高精度化

    研究課題/領域番号:18K04370  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    吉田 圭介

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    近年,川の中に樹木が密生し,洪水氾濫のリスクを高めている.本研究では岡山市を流れる旭川を対象に,航空レーザー測深(ALB)データを活用して河川洪水流の阻害要素や堤防越水リスクを把握し,また洪水位の数値予測精度の向上のために,新たに植生流出サブモデルを開発した.研究の結果,ALBデータを適切に処理することで,河川の地形,植生特性量および地被分類が適切に得られた.また,サブモデルを平成30年の洪水流解析に組み込んだ結果,従来よりも洪水後の植生流出状況を適切に再現することができた.

    researchmap

  • 戦略的河道管理のための河床動態・植生動態予測モデルの改良と現地への適用

    研究課題/領域番号:16K06511  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前野 詩朗, 吉田 圭介, 赤穂 良輔

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究では,戦略的河道管理のための河床動態・植生動態予測モデルの改良と現地適用のための基礎実験,シミュレーションモデルの構築などを実施した.
    グリーンレーザを用いた水面下も計測可能な航空レーザー測深(ALB)の結果を用いて,同洪水のシミュレーションを実施した結果,観測水位と大変よく一致することが示された.また,水際付近の植生の流失の精度向上を図るために,側岸浸食部における樹木の流失・倒伏状況と解析より得られる河床せん断力との関係を明らかにした.

    researchmap

  • 効率的な河道管理を目指した,河道内植生の動態に関する水理学的研究

    研究課題/領域番号:26820203  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    吉田 圭介

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究では樹林化が懸念される,岡山市を縦貫する一級河川・旭川を対象に,河道内植生による出水時の流水抵抗特性,および河道内植生の消長特性について現地観測と数値解析を手段として解明する.研究の結果,構築した植生消長モデルを用いることで,現地で生ずる10年程度の土砂動態や植生動態を定性的に説明することができた.また,粒子フィルタを用いたデータ同化手法により洪水時の植生による流水抵抗値の河道内分布を合理的に説明することができた.

    researchmap

  • 2次流と河岸水際の移動を考慮した,新しい準構造格子による河川流解析法の開発

    研究課題/領域番号:19760334  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    吉田 圭介

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:330000円 )

    河川実務に供する低負荷かつ高精度な計算モデルを構築し,併せて航空写真解析を行って,その実流動への適用性を検討した.主な成果は,(1)形状が不規則な実河川の広域流動を簡易に解析可能とした点,(2)二次流の効果を準三次元計算である程度表現した点,(3)少ない格子で高精度計算を実現するため,"斜めCIP-Soroban法"を創出した点である.また,航空写真解析では実体視と相関法を併用して高精度化と省力化を図った点も成果として挙げられる.

    researchmap

  • 数値流体計算と画像処理を併用した河川流の解析法の開発

    2005年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • 工業数学Ⅰ (2023年度) 1・2学期  - 木3~4

  • 数値水理学 (2023年度) 後期  - その他

  • 数値水理学 (2023年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 水害防御学 (2023年度) 前期  - 月3~4

  • 水工学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 水工学演習A (2023年度) 通年  - その他

  • 水工学演習A (2023年度) 前期  - その他

  • 水工学演習A (2023年度) 後期  - その他

  • 水工学特別演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 水工水理学 (2023年度) 後期  - 木3~4

  • 水工水理学 (2023年度) 後期  - 木3~4

  • 水理学及び演習 (2023年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]木5~8

  • 水理学及び演習A (2023年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]その他

  • 水理学及び演習B (2023年度) 第4学期  - 木5~8

  • 水理計測法及び実験 (2023年度) 3・4学期  - 火5,火7

  • 水理計測法及び実験A (2023年度) 3・4学期  - 火5,火7

  • 水理設計学及び演習 (2023年度) 第1学期  - 月5~8,金7~8

  • 水理設計学及び演習A (2023年度) 第1学期  - 月5~6,金7

  • 水理設計学及び演習B (2023年度) 第1学期  - 月7~8,金8

  • 河川環境学 (2023年度) 第1学期  - 火7~8,木7~8

  • 沿岸環境学 (2023年度) 特別  - その他

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 工業数学Ⅰ (2022年度) 1・2学期  - 木3~4

  • 数値水理学 (2022年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 水工学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 水工学演習A (2022年度) 前期  - その他

  • 水工学演習A (2022年度) 後期  - その他

  • 水工水理学 (2022年度) 後期  - 木3~4

  • 水理学及び演習 (2022年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]木5~8

  • 水理学及び演習A (2022年度) 第1学期  - その他

  • 水理学及び演習A (2022年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]その他

  • 水理学及び演習B (2022年度) 第2学期  - その他

  • 水理学及び演習B (2022年度) 第4学期  - 木5~8

  • 水理計測法及び実験A (2022年度) 第1学期  - 金3~4

  • 水理設計学及び演習A (2022年度) 第3学期  - 水5~7

  • 水理設計学及び演習B (2022年度) 第4学期  - 水5~7

  • 沿岸環境学 (2022年度) 第4学期  - 火7~9

  • 特別研究 (2022年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 数値水理学 (2021年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水工水理学 (2021年度) 後期  - 木2~3

  • 水理学及び演習 (2021年度) 1・2学期  - 水2~4

  • 水理学及び演習A (2021年度) 第1学期  - 水2~4

  • 水理学及び演習B (2021年度) 第2学期  - 水2~4

  • 水理計測法及び実験 (2021年度) 1~3学期  - [第1学期]金3~4, [第2学期]その他, [第3学期]木1~2

  • 水理計測法及び実験 (2021年度) 1~3学期  - [第1学期]金3~4, [第2学期]その他, [第3学期]木1~2

  • 水理計測法及び実験A (2021年度) 第1学期  - 金3~4

  • 水理設計学及び演習 (2021年度) 3・4学期  - 木5~7

  • 水理設計学及び演習A (2021年度) 第3学期  - 木5~7

  • 水理設計学及び演習B (2021年度) 第4学期  - 木6,木7,木8

  • 沿岸環境学 (2021年度) 第1学期  - その他

  • 沿岸環境学 (2021年度) 第3学期  - 火5~7

  • 沿岸環境学 (2021年度) 第3学期  - 火5~7

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • Civil Engineering II (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 土木工学I (2020年度) 第1学期  - 木2,木3

  • 土木工学II (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 数値水理学 (2020年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 水工水理学 (2020年度) 後期  - 木2,木3

  • 水理学及び演習 (2020年度) 1・2学期  - 水1,水2,水3

  • 水理学及び演習A (2020年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • 水理学及び演習B (2020年度) 第2学期  - 水1,水2,水3

  • 水理計測法及び実験 (2020年度) 1~3学期  - [第1学期]金7,金8, [第2学期]火2,火3, [第3学期]火2,火3

  • 水理計測法及び実験A (2020年度) 第1学期  - 金7,金8

  • 水理設計学及び演習 (2020年度) 3・4学期  - 木6,木7,木8

  • 水理設計学及び演習A (2020年度) 第3学期  - 木6,木7,木8

  • 水理設計学及び演習B (2020年度) 第4学期  - 木6,木7,木8

  • 沿岸環境学 (2020年度) 第3学期  - 火6,火7,火8

  • 沿岸環境学 (2020年度) 第3学期  - 火6,火7,火8

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 特別研究 (2020年度) その他  - [後期], [前期]

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • これからの水防災を考える

    役割:講師

    日本損害保険協会,山陽新聞社  西日本豪雨から5年防災シンポジウム  2023年8月10日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • おかやま学BOSAI(まなぼうさい)2023

    役割:運営参加・支援

    岡山市  おかやま学BOSAI(まなぼうさい)2023  2023年7月2日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    添付ファイル: flier.pdf

    researchmap

  • 気候変動下で頻発する水害への対応を考える

    役割:講師

    岡山大学  第74回SDGs岡大サイエンスカフェ  2019年11月8日

     詳細を見る

    種別:サイエンスカフェ

    researchmap

  • 気候変動で増加した水害から命を守る防災

    役割:講師

    岡山大学  岡山大学70周年記念シンポジウム「岡山の水とくらし」  2019年7月6日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap

  • 近年の水災害に関する課題と取り組み

    役割:講師

    岡山大学 環境理工学部  岡山大学環境理工学部公開講座:都市の防災を考える  2018年8月25日 - 2018年8月26日

     詳細を見る

    種別:講演会

    researchmap