2022/07/16 更新

写真a

ヤマダ ユタカ
山田 寛
YAMADA Yutaka
所属
自然科学学域 講師
職名
講師
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 九州大学 )

研究キーワード

  • 濡れ性

  • 相変化

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

学歴

  • 九州大学     Department of Aeronautics and Astronautics

    2012年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   講師

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   助教

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 九州大学   カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所   学術研究員

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • コンピュータグラフィックソフトを応用したふく射の指向性の汎用的評価手法

    磯部 和真, 山田 寛, 堀部 明彦

    日本伝熱学会論文集   30 ( 2 )   23   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人 日本伝熱学会  

    DOI: 10.11368/tse.30.23

    researchmap

  • EFFICIENT FOG HARVESTING THROUGH OUT-OF-PLANE UNIDIRECTIONAL DROPLET TRANSPORT 査読

    Yutaka Yamada, Eiji Sakata, Kazuma Isobe, Akihiko Horibe

    2nd Asian Conference on Thermal Science (2nd ACTS)   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Wettability Difference Induced Out-of-plane Unidirectional Droplet Transport for Efficient Fog Harvesting 査読

    Yutaka Yamada, Eiji Sakata, Kazuma Isobe, Akihiko Horibe

    ACS Applied Materials & Interfaces   13   35079 - 35085   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Thermal properties and related core/shell structure of n-tetracosane microencapsulated by calcium carbonate 査読

    Applied Thermal Engineering   178   115512   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 糖アルコール系潜熱蓄熱材と熱媒油の直接接触凝固挙動 査読

    堀部明彦, 山田寛

    鉄と鋼   106 ( 8 )   518 - 526   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sessile Droplet Freezing on Hydrophobic Structured Surfaces under Cold Ambient Conditions 査読

    Yutaka Yamada, Genki Onishi, Akihiko Horibe

    Langmuir   35   16401 - 16406   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • THERMAL PROPERTIES OF TETRACOSANE/CALCIUM CARBONATE CORE/SHELL MICROCAPSULES WITH DIAMETER OF LESS THAN 2 MICROMETER 査読

    Yutaka Yamada, Akihiko Horibe

    2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Heat Storage and Release Behavior in a Thin Vessel Heat Storage Unit Using Salt Hydrate Latent Heat Storage Material 査読

    Naoto Haruki, Akihiko Horibe, Yutaka Yamada

    Heat and Mass Transfer   55   2797 - 2807   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 粒状収着剤を用いた気流式二槽循環流動槽による気流間水分移動-第1報:システムの試作と基礎的水分移動特性- 査読

    堀部明彦, 山田寛

    日本冷凍空調学会論文集   36   141 - 148   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Meniscus Motion and Void Generation Inside Carbon Nanotubes 査読

    Yamada Yutaka, Taguchi Kanoko, Ikuta Tatsuya, Horibe Akihiko, Takahashi Koji

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   122 ( 38 )   21910 - 21918   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.8b06406

    Web of Science

    researchmap

  • EFFECT OF CHARACTERISTIC DIMENSION OF SURFACE STRUCTURE AND PARTICLES ON THE CONTACT LINE MOTION OF SESSILE SUSPENDED DROPLET EVAPORATION 査読

    Yutaka Yamada, Akihiko Horibe

    Proc. 16th International Heat Transfer Conference (IHTC16)   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • STUDY ON FORMATION MECHANISM OF THE FLOW DRAG AND HEAT TRANSFER REDUCTION EFFECT OF THE ORGANIC BRINE WITH SURFACTANT 査読

    Naoto Haruki, Akihiko Horibe, Yutaka Yamada, Touru Kawaguchi

    Proc. 16th International Heat Transfer Conference (IHTC16)   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Discontinuous contact line motion of evaporating particle-laden droplet on superhydrophobic surfaces 査読

    Yutaka Yamada, Akihiko Horibe

    Physical Review E   97 ( 4 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society  

    The three-phase contact line motion on a superhydrophobic surface through particle-laden sessile droplet evaporation was investigated. Sample surfaces with micro- and nanoscale structures were generated by various durations of chemical treatment and SiO2 spherical particles with different sizes were used as additives of test liquid. The contact angle and contact radius profiles were studied, and the discontinuous motion of those profiles on micro- and nanostructured hierarchical surfaces was observed, while it was not observed on a nanostructured superhydrophobic surface. Suspensions with low particle concentration induced a relatively large contact radius jump compared to the high-concentrated condition
    in contrast, the previous report showed the opposite trend for flat surfaces. In order to explain this result, a simple explanation was provided - that the stacked particles at the contact line region suppressed to the deformation of the liquid-vapor interface near the contact line. This is confirmed by side-view images of the deposition results because the contact line region after evaporation of the dense suspension showed a large contact angle compared to that of the diluted suspension. In addition, deposition at the contact line region was observed by scanning electron microscopy to discuss the effect of the characteristic length scale of the surface structure and particles on the contact line motion. We believe that these results will help one to understand the deposition phenomenon during particle-laden droplet evaporation on the superhydrophobic surface and its applications such as evaporation-driven materials deposition.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.97.043113

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Reduction of the Solidification Height of Phase-change Material in Direct-contact Latent Heat Storage Vessel 査読

    Than Tun Naing, Akihiko Horibe, Naoto Haruki, Yutaka Yamada

    Thermal Science and Engineering   26 ( 1 )   19 - 27   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11368/tse.26.19

    researchmap

  • Thermal conductivity of liquid/carbon nanotube core-shell nanocomposites 査読

    Yutaka Yamada, Alexandros Askounis, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata, Khellil Sefiane

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   121 ( 1 )   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Hollow carbon nanotubes (CNTs) were impregnated with an ionic liquid, resulting in a composite core-shell nanostructure. Liquid infusion was verified by transmission electron microscopy and rigorous observations unveiled that the nanocomposite is stable, i.e., liquid did not evaporate owing to its low vapor pressure. A series of individual nanostructures were attached on T-type heat sensors and their thermal behavior was evaluated. The liquid core was found to reduce the thermal conductivity of the base structure, CNT, from ca. 28W/mK to ca. 15 W/mK. These findings could contribute to a better understanding of nanoscale thermal science and potentially to applications such as nanodevice thermal management and thermoelectric devices. Published by AIP Publishing.

    DOI: 10.1063/1.4973488

    Web of Science

    researchmap

  • Melting and Solidification Heat Transfer Characteristics of a Phase-Change Material in a Latent Heat Storage Vessel: Effects of a Perforated Partition Plate and Metal Fiber 査読

    Than Tun Naing, Akihiko Horibe, Naoto Haruki, Yutaka Yamada

    Journal of Power and Energy Engineering   5   13 - 29   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 矩形流路におけるマイクロカプセルスラリーの上面・下面加熱時の熱伝達特性 査読

    堀部明彦, Hyungsup Im, 山田 寛, 春木直人

    日本冷凍空調学会論文集   34 ( 4 )   353 - 363   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • On the linear dependence of a carbon nanofiber thermal conductivity on wall thickness 査読

    Alexandros Askounis, Yutaka Yamada, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata, Khellil Sefiane

    AIP ADVANCES   6 ( 11 )   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Thermal transport in carbon nanofibers (CNFs) was thoroughly investigated. In particular, individual CNFs were suspended on T-type heat nanosensors and their thermal conductivity was measured over a range of temperatures. Unexpectedly, thermal conductivity was found to be dependent on CNF wall thickness and ranging between ca. 28 and 43 W/(m.K). Further investigation of the CNF walls with high resolution electron microscopy allowed us to propose a tentative description of how wall structure affects phonon heat transport inside CNFs. The lower thermal conductivities, compared to other CNTs, was attributed to unique CNF wall structure. Additionally, wall thickness is related to the conducting lattice length of each constituent graphene cone and comparable to the Umklapp length. Hence, as the wall thickness and thus lattice length increases there is a higher probability for phonon scattering to the next layer. (C) 2016 Author(s).

    DOI: 10.1063/1.4968831

    Web of Science

    researchmap

  • Wettability on Inner and Outer Surface of Single Carbon Nanotubes 査読

    Yutaka Yamada, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata, Khellil Sefiane

    LANGMUIR   32 ( 28 )   7064 - 7069   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The surface wettability of a liquid on the inner and outer surface of single carbon nanotubes (CNTs) was experimentally investigated. Although these contact angles on both surfaces were previously studied separately, the available data are of limited help to elucidate the effect of curvature orientation (concave or convex) on wettability due to the difference in surface structure. Here, we report on the three-phase contact region and wettability on the outer surface of CNT during the dipping and withdrawing experiment of CNT into an ionic liquid. Furthermore, the wettability on the inner surface was measured using a liquid within the same CNT. Our results show that the contact angle on the outer surface of the CNT is larger than that on the flat surface and that on the inner surface is smaller than that on the flat one. These findings suggest that the surface curvature orientation has a noticeable effect on the contact angle at the nanoscale because both inner and outer surfaces expose the same graphite wall structure and the contact line tension will be negligible in this situation. The presented results are rationalized using the free energy balance of liquid on curved surfaces.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.6b01366

    Web of Science

    researchmap

  • Hydrophilic Domains Enhance Nanobubble Stability 査読

    Takashi Nishiyama, Koji Takahashi, Tatsuya Ikuta, Yutaka Yamada, Yasuyuki Takata

    CHEMPHYSCHEM   17 ( 10 )   1500 - 1504   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Highly stable nanoscale gas states at solid/liquid interfaces, referred to as nanobubbles, have been widely studied for over a decade. In this study, nanobubbles generated on a hydrophobic Teflon amorphous fluoroplastic thin film in the presence and absence of hydrophilic carbon domains are investigated by peak force quantitative nanomechanics. On the hydrophobic surface without hydrophilic domains, a small number of nanobubbles are generated and then rapidly decrease in size. On the hydrophobic surface with hydrophilic domains, the hydrophilic domains have a significant effect on the generation and stability of nanobubbles, with bubbles remaining on the surface for up to three days.

    DOI: 10.1002/cphc.201501181

    Web of Science

    researchmap

  • SURFACE WETTABILITY TUNING FOR SUBMICRON-SCALE CONDENSATION AND EVAPORATION 査読

    Yutaka Yamada, Tatsuya Ikuta, Takashi Nishiyama, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata, Khellil Sefiane

    Proc. 1st Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC)   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • UNCOVERING THE POTENTIAL OF CNTS AS NANO-HEAT PIPES

    Alexandros Askounis, Yutaka Yamada, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata, Khellil Sefiane

    Proc. 1st Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC)   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Tuning Surface Wettability at the Submicron-Scale: Effect of Focused Ion Beam Irradiation on a Self-Assembled Monolayer 査読

    Yutaka Yamada, Koji Takahashi, Tatsuya Ikuta, Takashi Nishiyama, Yasuyuki Takata, Wei Ma, Atsushi Takahara

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   120 ( 1 )   274 - 280   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Realizing surface wettability tuning at the submicron-scale resolution is expected to enable the fabrication of micro/nano-structured fluidic devices and is particularly important in nanobiotechnology and high-resolution printing. Herein, we propose an approach to modify the wettability of self-assembled monolayer surfaces using focused ion beam (FIB) irradiation. The contact angle of the irradiated region changed from hydrophobic to hydrophilic by increasing the ion dosage. The chemical composition and associated depth profile of the sample surfaces were analyzed by glow discharge-optical emission spectroscopy. The results indicated that the content of fluorine at the surface decreased after FIB irradiation of the samples. A submicron-scale hydrophobic-hydrophilic hybrid surface was then fabricated by forming hydrophilic dots with diameters of similar to 110 nm on a hydrophobic surface by FIB irradiation. The difference in wettability of the hydrophobic and hydrophilic areas on the surface was confirmed by microscale condensation and evaporation experiments. Condensed droplets with diameters of similar to 300 nm appeared on the surface according to the fabricated pattern, thus suggesting that condensation preferentially occurred on the hydrophilic dots than on the hydrophobic surface. Furthermore, tiny droplets remained on the hydrophilic dots following evaporation of the larger droplets. The current approach provides a means to control wettability-driven phenomena.

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.5b09019

    Web of Science

    researchmap

  • ナノスケールの親水部を有する撥水面での凝縮に関する研究 査読

    山田 寛, 草場 彰, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史, 高田保之

    日本機械学会論文集   81 ( 823 )   1 - 7   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.14-00495

    researchmap

  • Metastable Nanobubbles at the Solid-Liquid Interface Due to Contact Angle Hysteresis 査読

    Takashi Nishiyama, Yutaka Yamada, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata

    LANGMUIR   31 ( 3 )   982 - 986   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Nanobubbles exist at solidliquid interfaces between pure water and hydrophobic surfaces with very high stability, lasting in certain cases up to several days. Not only semispherical but also other shapes, such as micropancakes, are known to exist at such interfaces. However, doubt has been raised as to whether or not the nanobubbles are gas-phase entities. In this study, surface nanobubbles at a pure waterhighly ordered pyrolytic graphite (HOPG) interface were investigated by peak force quantitative nanomechanics (PF-QNM). Multiple isolated nanobubbles generated by the solvent-exchange method were present on the terraced areas, avoiding the steps of the HOPG surface. Adjacent nanobubbles coalesced and formed metastable nanobubbles. Coalescence was enhanced by the PF-QNM measurement. We determined that nanobubbles can exist for a long time because of nanoscale contact angle hysteresis at the waterHOPG interface. Moreover, the hydrophilic steps of HOPG were avoided during coalescence, providing evidence that the nanobubbles are truly gas phase.

    DOI: 10.1021/la5036322

    Web of Science

    researchmap

  • Droplet Nucleation on a Well-Defined Hydrophilic-Hydrophobic Surface of 10 nm Order Resolution 査読

    Yutaka Yamada, Tatsuya Ikuta, Takashi Nishiyama, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata

    LANGMUIR   30 ( 48 )   14532 - 14537   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Water condensation on a hybrid hydrophilic-hydrophobic surface was investigated to reveal nucleation mechanisms at the microscale. Focused ion beam (FIB) irradiation was used to change the wettability of the hydrophobic surface with 10 nm order spatial resolution. Condensation experiments were conducted using environmental scanning electron microscopy; droplets, with a minimum diameter of 800 nm, lined up on the FIB-irradiated hydrophilic lines. The heterogeneous nucleation theory was extended to consider the water molecules attracted to the hydrophilic area, thereby enabling explanation of the nucleation mechanism under unsaturated conditions. Our results showed that the effective surface coverage of the water molecules on the hydrophilic region was 0.1-1.1 at 0.0 degrees C and 560 Pa and was dependent on the width of the FIB-irradiated hydrophilic lines and hydrophobic area. The droplet nucleation mechanism unveiled in this work would enable the design of new surfaces with enhanced dropwise condensation heat transfer.

    DOI: 10.1021/la503615a

    Web of Science

    researchmap

  • Wettability-Driven Water Condensation at the Micron and Submicron Scale 査読 国際誌

    Yutaka Yamada, Akira Kusaba, Tatsuya Ikuta, Takashi Nishiyama, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata

    Proceedings of the 15th International Heat Transfer Conference (IHTC-15)   827 - 834   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Begel House  

    DOI: 10.1615/IHTC15.cds.009177

    Scopus

    researchmap

  • Growth and Coalescence of Condensed Microdroplets on Graphite Surface 査読

    Yutaka Yamada, Akira Kusaba, Tatsuya Ikuta, Takashi Nishiyama, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata

    Proc. 5th International Conference on Heat Transfer and Fluid Flow in Microscale (HTFFM-V)   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • EXPERIMENTAL STUDY ON THERMAL CONTACT RESISTANCE OF MULTI-WALLED CARBON NANOTUBES 査読

    Kazunari Tsuru, Yutaka Yamada, Tatsuya Ikuta, Takashi Nishiyama, Koji Takahashi

    PROCEEDINGS OF THE ASME 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MICRO/NANOSCALE HEAT AND MASS TRANSFER - 2013   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    Heat transfer at solid-solid interface is very fascinating where no one knows the full mechanism which has a huge impact in many applications in engineering and science. In many kinds of interfaces, we treat a van der Waals contact of perfectly-smooth surfaces by using multi-walled carbon nanotubes (CNTs). Their thermal contact resistance (TCR) is estimated by comparing measured thermal conductivity of CNT specimen and numerical simulation result. The TCR per unit area is estimated as 1.58 similar to 3.33x10(-8) m(2)K/W at room temperature in vacuum, which is much higher than our previous result in air. It was also found that TCR is inversely proportional with the temperature to the 1.92th power different from the simple phonon model represented by the diffuse mismatch model.

    Web of Science

    researchmap

  • SUBMICRON-SCALE CONDENSATION ON HYDROPHOBIC AND HYDROPHILIC SURFACES 査読

    Yutaka Yamada, Tatsuya Ikuta, Takashi Nishiyama, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata

    PROCEEDINGS OF THE ASME INTERNATIONAL MECHANICAL ENGINEERING CONGRESS AND EXPOSITION, 2013, VOL 15   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    Condensation heat transfer is a widely-used technique for industrial applications represented by heat exchanger because of its high heat transfer coefficient. To enhance its performance, a suitable surface is required, where both condensation and droplet removal smoothly occur. In this study, we compared wettability of a graphene surface and an amorphous carbon surface. The result shows that an amorphous carbon surface is more hydrophilic. Then we prepared a graphite surface which has nanoscale hydrophilic regions in large hydrophobic area. We observed the submicron-scale droplet condensation occurs preferentially on the hydrophilic graphite step by using environmental scanning electron microscope (ESEM).

    Web of Science

    researchmap

  • Quantitative Evaluation of Carbon Nanotube Fin for Chip Cooling 査読

    Yutaka Yamada, Jun Hirotani, Tatsuya, Ikuta, Takashi Nishiyama, Koji Takahashi

    Proc. 23rd International Symposium on Transport Phenomena   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Macro and Microscopic Measurement of Thermal Boundary Resistance of Carbon Nanotube 査読

    Yutaka Yamada, Takahiro Yasuhara, Jun Hirotani, Takashi Nishiyama, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi

    Proc. 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • EFFECT OF NANOSCALE STRUCTURE ON THERMAL CONTACT RESISTANCE OF CARBON NANOTUBES 査読

    Yutaka Yamada, Takashi Nishiyama, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi

    PROCEEDINGS OF THE ASME SUMMER HEAT TRANSFER CONFERENCE, 2012, VOL 1   173 - 177   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    Carbon nanotube is a promising material for thermal-management of micro devices because of its high intrinsic thermal conductivity. However, most bulk nanotubes show very low thermal conductivity due to the high thermal contact resistance. There are very few reliable experimental data for the contact issue of nanotubes. This paper uses three kinds of multi-walled carbon nanotubes; pristine, thermally-oxidized, and acidized nanotube. Each has unique nanoscale structure in their outermost surface. We measured thermal conductivity of their pellets and simultaneously conducted computational analysis treating random network model of spherocylinders. By comparing both results, thermal contact resistances between nanotubes are estimated and the effect of defected structure is discussed. The reliability of our method is also successfully confirmed compared with reported data using individual nanotubes.

    Web of Science

    researchmap

  • Thermal Boundary Conductance between Multi-Walled Carbon Nanotubes 査読

    Yutaka Yamada, Takashi Nishiyama, Takahiro Yasuhara, Koji Takahashi

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   7 ( 1 )   190 - 198   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    Interfacial thermal transport of multi-walled carbon nanotubes (MWNTs) is investigated by using bulk pellet specimens. Steady-state conduction method gives thermal conductivity of 1 to 4 W/mK for the pellets with mass density from 0.2 to 0.35 g/cm(3). This low thermal conductivity is due to the thermal boundary conductance between the nanotubes. Computational analysis is conducted for the pellet modeled as a random network of spherocylinders (SCs) and calculated dependency of thermal conductivity on pellet density shows good agreement with experimental data when we treat non-uniform SCs. By comparing the experimental and computational results, the thermal boundary conductance between two MWNTs can be taken as 1.5x10(-8) W/K. This result agrees well with the reported data obtained by individual measurement, which suggests this simple method is applicable to probe the interfacial thermal phenomena of nanomaterials. An improved scaling law, k proportional to rho(2.14), for thermal conductivity of MWNTs aggregations is also proposed and discussed.

    DOI: 10.1299/jtst.7.190

    Web of Science

    researchmap

  • Experimental and Computational Analysis of Heat Conduction of Carbon Nanotube Pellet 査読

    Yutaka Yamada, Takashi Nishiyama, Takahiro Yasuhara, Koji Takahashi

    Proc. 4th International Conference on Heat Transfer and Fluid Flow in Microscale (HTFFM)   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • スリットを有する円管状フィンを設置した水平加熱面上の自然対流熱伝達

    下山力生, 浅田拓真, 山田寛, 磯部和真, 堀部明彦

    熱工学コンファレンス2021講演論文集   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 皺状傾斜構造面上における液滴挙動

    山田寛, 磯部和真, 堀部明彦

    熱工学コンファレンス2021講演論文集   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Heat Transfer Characteristics of a Closed Heat Storage System Using Organic Sorbent

    Takumi Sato, Akihiko Horibe, Yutaka Yamada, Kazuma Isobe, Shinnosuke Maeda, Kazuhiro Idei, Tomohiro Maruyama

    The 9th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2020)   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 複数液滴の関係を模擬した環境における液滴の蒸発挙動

    宮下翼, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    熱工学コンファレンス2020講演論文集   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 有機系収着剤を用いた水蒸気収着蓄熱システムの放熱特性

    堀部明彦, 山田寛, 佐藤匠, 前多信之介, 出居一博, 丸山智弘

    熱工学コンファレンス2019講演論文集   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 隙間を有する円管状フィンが水平加熱面の自然対流熱伝達に及ぼす影響

    下山力生, 堀部明彦, 山田寛, 井上拓哉

    熱工学コンファレンス2019講演論文集   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Flow Resistance and Heat Transfer Characteristics of Heat Transfer Fluid on The Rugged Heating Surface

    Naoto Haruki, Akihiko Horibe, Yutaka Yamada

    Proc. 7th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2018)   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Fundamental study on hydration reaction of water and material for chemical thermal storage

    Naoki Hase, Akihiko Horibe, Yutaka Yamada

    Proc. 7th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2018)   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Effect of physical and chemical factors on the three-phase contact line motion of droplet

    Yutaka Yamada, Akihiko Horibe

    Proc. 7th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2018)   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 発熱円筒を設置した水平発熱面上の自然対流熱伝達-発熱円筒のスリットが及ぼす影響-

    下山力生, 堀部明彦, 山田寛, 井上拓哉

    熱工学コンファレンス2018講演論文集   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • MASS TRANSFER CHARACTERISTICS OF ORGANIC SORBENT PARTICLES IN A CIRCULAR TUBE AND CIRCULATING FLUIDIZED BEDS

    Akihiko HORIBE, Yutaka YAMADA, Keisuke YAMASHITA

    Proceedings of the 9th Asian Conference on Refrigeration and Air-conditioning   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Combined Convection Heat Transfer or Microcapsule Slurry in a Horizontal Duct: Effects of Duct Height

    Hyungsup IM, Akihiko HORIBE, Naoto HARUKI, Yutaka YAMADA, Shintaro MAEDA

    Proc. 1st International Conference on Energy and Material Efficiency and CO2 Reduction in the Steel Industry   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • TREE-PHASE CONTACT LINE BEHAVIOR ON THE INNER AND OUTER SURFACE OF CNT AND VOIDS TRAPPED IN THE FILLING LIQUID OF CNT

    Yutaka Yamada, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata, Khellil Sefiane, Naoto Haruki, Akihiko Horibe

    Proc. 1st Asian Conference on Thermal Science (ACTS2017)   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Fluidization and Mass Transfer Characteristics of Composite Organic Sorbent Particles in a Fluidized Bed

    Akihiko HORIBE, Naoto HARUKI, Yutaka YAMADA

    Proceedinga of International Sorption Heat Pump Conference 2017   2017年

     詳細を見る

  • マイクロスケールの表面構造が液滴の動的濡れ性に与える影響

    山田 寛, 佐田野 正崇, 春木 直人, 堀部 明彦

    日本冷凍空調学会年次大会講演論文集 Proceedings of the JSRAE Annual Conference   A322 - 1-5   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本冷凍空調学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • スリットを有する円筒発熱体が水平発熱面の自然対流熱伝達に及ぼす影響

    下山 力生, 堀部 明彦, 山田 寛, 山本 諒馬

    日本冷凍空調学会年次大会講演論文集 Proceedings of the JSRAE Annual Conference   A341 - 1-4   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本冷凍空調学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • HEAT TRANSFER CHARACTERISTICS OF THE MICRO-CAPSULE SLURRY IN A HORIZONTAL DUCT HEATED UPPER/LOWER SURFACE

    Akihiko HORIBE, Hyungsup IM, Naoto HARUKI, Yutaka YAMADA, Shintaro MAEDA

    Proc. 4th International Forum on Heat Transfer (IFHT2016)   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Wettability of Ionic Liquid on Single Carbon Nanotubes

    Yutaka Yamada, Koji Takahashi, Yasuyuki Takata, Khellil Sefiane, Naoto Haruki, Akihiko Horibe

    Prceedings of The Fourth International Forum on Heat Transfer (IFHT2016)   2016年

     詳細を見る

  • 複合収着剤粒子層の有効熱伝導率測定

    堀部 明彦, 春木 直人, 山田 寛, 瀬川 稜介

    日本冷凍空調学会年次大会講演論文集 Proceedings of the JSRAE Annual Conference   D141 - 1-6   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本冷凍空調学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • FIB照射による濡れ性変化を用いた液滴核生成の制御

    山田寛, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史, 高田保之

    熱工学コンファレンス2015講演論文集   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • C215 ESEMを用いたグラファイト面上の液滴凝縮過程に関する研究(OS-9:沸騰・凝縮伝熱および混相流の最近の展開(3))

    山田 寛, 草場 彰, 生田 竜也, 西山 貴史, 高橋 厚史, 高田 保之

    熱工学コンファレンス講演論文集   2013   333 - 334   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Heat transfer performance of dropwise condensation is higher than filmwise one due to droplet removal from the condensed surface. In order to further enhancement of its performance, removal of microscale droplet is a key issue. However, condensation mechanism at microscale on hydrophobic-hydrophilic hybrid surface is not understood, although all surfaces are consisted with those combinations. In this study, we conducted condensation experiments on a graphite surface at 0℃ and 550 to 600 Pa by using environmental scanning electron microscope (ESEM). Nanoscale step-terrace structures on graphite surface are obtained by using an atomic force microscope (AFM) before ESEM experiments. It was found that condensed droplets with diameter of 150 to 300 nm are lined up along step edges at over 150 nm intervals. In addition, we found that most droplets are on the steps of height of 1 nm and shorter droplet intervals are induced by higher steps and shorter terrace width. Our results were analyzed by an extended nucleation theory and we found that water molecules attracted on steps play an important role for droplet condensation.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B121 カーボンナノチューブ-周囲気体間の熱伝達に関する実験的研究(OS-6:マイクロ・ナノ熱工学(2))

    廣谷 潤, 山田 寛, 生田 竜也, 西山 貴史, 高橋 厚史

    熱工学コンファレンス講演論文集   2012   43 - 44   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Carbon nanotubes (CNTs) have high intrinsic thermal conductivity and high surface-to-volume ratio, thus CNT-based fins is considered to be promising for hign performance device cooling. In addition, exploring the heat transfer between a CNT and gases is important not only for CNT-based gas sensors but also for scientific interest oi mterfacial heat transport. In this work, we have developed novel technique for measuring heat transfer coefficients between an individual carbon nanotube and surrounding gases (Air, N_2, Ar, He) using platinum hot film sensor. Measured heat transfer coefficients quantitatively show good agreement with estimated values by kinetic gas theory at atmospheric pressure but do not match with theoretical prediction at low pressure regime.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • テトラコサン内包シリカ系マイクロカプセルの作製と評価

    奥野恭輔, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    第10回潜熱工学シンポジウム  2021年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月29日 - 2021年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 潜熱マイクロカプセルスラリーの水平加熱円柱周りの複合対流伝熱挙動

    岡峯佑樹, 堀部明彦, 山田寛, 磯部和真

    第10回潜熱工学シンポジウム  2021年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月29日 - 2021年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皺状傾斜構造面上における液滴挙動

    山田寛, 磯部和真, 堀部明彦

    日本機械学会熱工学コンファレンス2021  2021年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月9日 - 2021年10月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • デシケーターを模擬した高分子収着剤粒子ユニットの水蒸気脱着特性

    堀田健介, 堀部明彦, 山田寛, 磯部和真, 齊藤利幸, 武井智行

    第42回日本熱物性シンポジウム  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EFFICIENT FOG HARVESTING THROUGH OUT-OF-PLANE UNIDIRECTIONAL DROPLET TRANSPORT

    2nd Asian Conference on Thermal Science (2nd ACTS)  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高分子収着剤粒子層における熱・物質移動挙動

    野澤誠瑛, 堀部明彦, 山田寛, 磯部和真, 齊藤利幸, 武井智行

    第42回日本熱物性シンポジウム  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二酸化バナジウム-シリカ界面における表面フォノン制御

    磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    第42回日本熱物性シンポジウム  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スリットを有する円管状フィンを設置した水平加熱面上の自然対流熱伝達

    下山力生, 浅田拓真, 山田寛, 磯部和真, 堀部明彦

    日本機械学会熱工学コンファレンス2021  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高分子収着剤膜を用いた直交型湿度交換ユニットの物質移動特性

    上田健太郎, 堀部明彦, 山田寛, 磯部和真, 西田良祐

    2021年度日本冷凍空調学会年次大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 近接する2液滴周囲の水蒸気濃度が蒸発に与える影響

    山田寛, 宮下翼, 磯部和真, 堀部明彦

    第58回日本伝熱シンポジウム  2021年5月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月25日 - 2021年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 金属-絶縁体相転移によるふく射吸収率スイッチング

    富岡穂, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    第58回日本伝熱シンポジウム  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 細線の濡れ性や配置が霧からの水分回収量に与える影響

    佐方瑛二, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    日本機械学会中国四国支部第59期講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 振動により誘起される液滴凍結促進の定量的評価

    島垣浩樹, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    日本機械学会中国四国支部第59期講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水平加熱円柱周りのマイクロカプセルスラリーの複合対流熱伝達

    永田健, 堀部明彦, 山田寛, 磯部和真

    日本機械学会中国四国支部第59期講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二酸化バナジウム薄膜の波長選択的ふく射吸収率の温度依存性

    富岡穂, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    日本機械学会中国四国支部第59期講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数液滴の関係を模擬した環境における液滴の蒸発挙動

    宮下翼, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    日本機械学会熱工学コンファレンス2020  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Heat Transfer Characteristics of a Closed Heat Storage System Using Organic Sorbent

    The 9th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2020)  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸化バナジウム(IV)を用いた多層膜メタマテリアルの放射率スペクトル

    磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    第41回日本熱物性シンポジウム  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 潜熱蓄熱マイクロカプセル合成時のpHが粒径と蓄熱物質含有率に及ぼす影響

    佐藤健, 磯部和真, 山田寛, 堀部明彦

    第41回日本熱物性シンポジウム  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 垂直加熱面におけるエマルションの複合対流熱伝達特性

    Kim Joungmin, 木成遼太郎, 山田寛, 磯部和真, 堀部明彦

    2020年度日本冷凍空調学会年次大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有機系収着剤による密閉型水蒸気収着蓄熱システムの放熱挙動

    堀部明彦, 山田寛, 佐藤匠, 前多信之介, 出居一博, 丸山智弘

    第57回日本伝熱シンポジウム  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 相変化物質含有エマルションの垂直加熱面での複合対流伝熱挙動

    Kim Joungmin, 堀部明彦, 山田寛, 木成遼太郎

    第57回日本伝熱シンポジウム  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数の液滴が近接する系における液滴の内部流動

    山田寛, 長絵理菜, 島垣浩樹, 宮下翼, 堀部明彦

    第57回日本伝熱シンポジウム  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 磁力で駆動する構造面の液滴輸送特性

    森本智成, 山田寛, 堀部明彦

    日本機械学会中国四国支部第58期講演会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 糖アルコール類の凝固特性

    堀部明彦, 山田寛, 田畑勇海, 高橋和雄

    日本機械学会中国四国支部第58期講演会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脂肪酸を内包したナノ/マイクロ無機カプセルの作製と評価

    三宅信聖, 山田寛, 堀部明彦

    第9回潜熱工学シンポジウム  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THERMAL PROPERTIES OF TETRACOSANE/CALCIUM CARBONATE CORE/SHELL MICROCAPSULES WITH DIAMETER OF LESS THAN 2 MICROMETER

    2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference (PRTEC2019)  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • しわ状構造を有するPDMS面上での液滴移動に関する研究

    山田寛, 飯尾啓太, 堀部明彦

    第10回マイクロ・ナノ工学シンポジウム  2019年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月19日 - 2019年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • テトラコサン内包無機マイクロカプセルの基礎熱物性評価

    山田寛, 堀部明彦

    第40回日本熱物性シンポジウム  2019年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月28日 - 2019年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 収着剤塗布膜ユニットによる気流間の水分移動

    堀部明彦, 山田寛, 新中健太, 高崎英幸, 清水聡, 川俣達, 丸山智弘

    第40回日本熱物性シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 隙間を有する円管状フィンが水平加熱面の自然対流熱伝達に及ぼす影響

    下山力生, 堀部明彦, 山田寛, 井上拓哉

    日本機械学会熱工学コンファレンス2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有機系収着剤を用いた水蒸気収着蓄熱システムの放熱特性

    堀部明彦, 山田寛, 佐藤匠, 前多信之介, 出居一博, 丸山智弘

    日本機械学会熱工学コンファレンス2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロ/ナノ構造面に付着した液滴の凍結遅延に関する研究

    山田寛, 堀部明彦

    2019年度日本冷凍空調学会年次大会  2019年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月11日 - 2019年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有機系収着剤粒子を用いた蓄熱槽における収着特性

    堀部明彦, 山田寛, 丸野智広

    2019年度日本冷凍空調学会年次大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 潜熱蓄熱エマルションの垂直加熱面における複合対流熱伝達

    Kim Joungmin, 堀部明彦, 山田寛, 和田尚也

    第56回日本伝熱シンポジウム  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 近接する2つの液滴の蒸発に関する基礎的研究

    長絵理菜, 島垣浩樹, 山田寛, 堀部明彦

    第56回日本伝熱シンポジウム  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下部に隙間を有する円管状フィンを設置した水平発熱面の自然対流熱伝達

    下山力生, 堀部明彦, 山田寛, 井上拓哉

    第56回日本伝熱シンポジウム  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 潜熱蓄熱エマルションの生成と伝熱特性

    堀部明彦, 山田寛, 和田尚也, Kim Joungmin

    日本機械学会中国四国支部第57期講演会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロカプセルスラリーの水平加熱円柱周りの複合対流熱伝達

    堀部明彦, 山田寛, 森田浩司

    日本機械学会中国四国支部第57期講演会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Flow Resistance and Heat Transfer Characteristics of Heat Transfer Fluid on The Rugged Heating Surface

    7th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EFFECT OF CHARACTERISTIC DIMENSION OF SURFACE STRUCTURE AND PARTICLES ON THE CONTACT LINE MOTION OF SESSILE SUSPENDED DROPLET EVAPORATION

    16th International Heat Transfer Conference (IHTC16)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fundamental study on hydration reaction of water and material for chemical thermal storage

    7th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of physical and chemical factors on the three-phase contact line motion of droplet

    7th Joint Conference on Renewable Energy and Nanotechnology (JCREN2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 混合溶融塩の凝固融解挙動

    堀部明彦, 山田寛, 杉谷志朗

    第8回潜熱工学シンポジウム  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有機系収着剤膜の水蒸気透過特性

    堀部明彦, 山田寛, 中村一貴, 永井哲

    第39回日本熱物性シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 毛管現象によりカーボンナノチューブ内に侵入するメニスカスの挙動と液体内でのボイド生成

    山田寛, 田口佳野子, 生田竜也, 堀部明彦, 高橋厚史

    第9回マイクロ・ナノ工学シンポジウム  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月30日 - 2018年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 発熱円筒を設置した水平発熱面上の自然対流熱伝達-発熱円筒のスリットが及ぼす影響-

    下山力生, 堀部明彦, 山田寛, 井上拓哉

    日本機械学会熱工学コンファレンス2018  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高分子収着剤の水蒸気収脱着速度

    永井哲, 堀部明彦, 山田寛

    2018年度日本冷凍空調学会年次大会  2018年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 無機物の殻を有するマイクロカプセル化相変化物質の基礎熱物性

    板野裕, 山田寛, 堀部明彦

    2018年度日本冷凍空調学会年次大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複合有機系収着剤粒子層の熱移動特性

    堀部明彦, 山田寛, 村田智規

    2018年度日本冷凍空調学会年次大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • STUDY ON FORMATION MECHANISM OF THE FLOW DRAG AND HEAT TRANSFER REDUCTION EFFECT OF THE ORGANIC BRINE WITH SURFACTANT

    16th International Heat Transfer Conference (IHTC16)  2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mass transfer characteristics of organic sorbent particles in a circular tube and circulating fluidized beds

    9th Asian Conference on Refrigeration and Air-conditioning (ACRA2018)  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不連続な三相界線移動を伴う超撥水面上での懸濁液滴の蒸発

    山田寛, 堀部明彦

    第55回日本伝熱シンポジウム  2018年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月29日 - 2018年5月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 糖アルコール混合物を用いた直接接触熱交換槽における熱交換方法の検討

    藤澤拓己, 堀部明彦, 山田寛, 篠田雅一

    第55回日本伝熱シンポジウム  2018年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高分子収着剤の水蒸気収着機構

    永井哲, 堀部明彦, 山田寛

    第55回日本伝熱シンポジウム  2018年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有機系収着剤を用いた密閉式蓄熱ユニットにおける放熱挙動

    堀部明彦, 山田寛, 富山椋介, 長絵理菜, 丸山智弘, 前多信之介

    第55回日本伝熱シンポジウム  2018年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 銅板表面の粗さが液滴三相界線の移動に与える影響

    山田寛, 草加仁, 佐田野正孝, 春木直人, 堀部明彦

    第54回日本伝熱シンポジウム  2017年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月24日 - 2017年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ壁面の濡れ性に与える表面曲率の影響

    山田寛, 高田保之, Khellil Sefiane

    第53回日本伝熱シンポジウム  2016年5月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月24日 - 2016年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FIB照射による濡れ性変化を用いた液滴核生成の制御

    山田寛, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史, 高田保之

    日本機械学会熱工学コンファレンス2015  2015年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月24日 - 2015年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FIBを用いた撥水・親水複合面での液滴核生成

    山田寛, 草場彰, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史, 高田保之

    2015年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月3日 - 2015年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サブミクロンスケールの液滴と線張力のサイズ依存性

    山田寛, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史, 高田保之

    日本混相流シンポジウム2014  2014年7月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月28日 - 2014年7月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • グラファイト面上におけるサブミクロンスケールの液滴核生成と成長

    山田寛, 草場彰, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史, 高田保之

    第51回日本伝熱シンポジウム  2014年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月21日 - 2014年5月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ESEMを用いたグラファイト面上の液滴凝縮過程に関する研究

    山田寛, 草場彰, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史, 高田保之

    日本機械学会熱工学コンファレンス2013  2013年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月19日 - 2013年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ間の接触熱抵抗の温度依存性に関する研究

    津留和成, 山田寛, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史

    第50回日本伝熱シンポジウム  2013年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブ-周囲気体間の熱伝達に関する実験的研究

    廣谷潤, 山田寛, 生田竜也, 西山貴史, 高橋厚史

    日本機械学会熱工学コンファレンス2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 欠陥を有するカーボンナノチューブの接触熱コンダクタンスの巨視的測定

    山田寛, 西山貴史, 安原崇弘, 高橋厚史

    第49回日本伝熱シンポジウム  2012年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月30日 - 2012年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カーボンナノチューブの界面熱コンダクタンスに関する研究

    山田寛, 安原崇弘, 廣谷潤, 西山貴史, 生田竜也, 高橋厚史

    第32回日本熱物性シンポジウム  2011年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月21日 - 2011年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液滴同士が近接する環境における蒸発挙動と液滴内部流動の可視化 招待

    山田寛

    第10.0回相変化界面研究会  2020年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 液滴蒸発のダイナミクスとその予測について 招待

    山田寛

    第65回熱エネルギー有効利用研究会  2019年11月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 固液の物理・化学的性質が三相界線移動におよぼす影響 招待

    山田寛

    岡山工学振興会学術研究助成授賞式  2019年7月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 固気液三相界線の移動と物質堆積に関する研究 招待

    山田 寛

    第3回相変化界面研究会  2018年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Thermal conductivity of liquid infused carbon nanotube 招待

    山田 寛

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 第7回若手研究会  2017年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Spatial Control of Condensation and Evaporation at Nanoscale 招待

    山田 寛Yutaka Yamada, Naoto Haruki, Akihiko Horibe

    6th International Symposium on Micro and Nano Technology  2017年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 若手優秀講演表彰

    2019年2月   日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門   毛管現象によるカーボンナノチューブ内に侵入するメニスカスの挙動と液体内でのボイド生成

    山田 寛

     詳細を見る

  • 日本伝熱学会奨励賞

    2016年5月   日本伝熱学会   濡れ性を制御した面におけるサブ行く論スケールの液滴凝縮メカニズムに関する研究

    山田 寛

     詳細を見る

  • 日本機械学会奨励賞(研究)

    2016年4月   日本機械学会   親水・撥水複合面におけるサブミクロンスケール液滴の凝縮メカニズムの研究

    山田 寛

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 周囲液滴の存在により誘起される液滴内対流非対称化の物理解明

    研究課題/領域番号:21K03898  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山田 寛

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 近接する液滴の蒸発によって誘起される液滴移動と物質堆積パターンの理解

    研究課題/領域番号:19K14910  2019年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    山田 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 磁力を用いた液滴の動きやすさの時空間的自在制御

    2017年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金 若手(B) 

    山田 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • 伝熱工学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • 偏微分方程式 (2021年度) 第2学期  - 水3,水4

  • 偏微分方程式 (2021年度) 第2学期  - 水3,水4

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 情報処理入門2(情報機器の操作を含む) (2021年度) 第2学期  - 月1~2

  • 機械システム工学概論 (2021年度) 前期  - 金1,金2

  • 機械システム工学演習1 (2021年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2021年度) 後期  - その他

  • 相変化現象利用学 (2021年度) 後期  - その他

  • 相変化界面工学 (2021年度) 後期  - 火3,火4

  • 伝熱工学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • 偏微分方程式 (2020年度) 第2学期  - 水3,水4

  • 偏微分方程式 (2020年度) 第2学期  - 水3,水4

  • 工学基礎実験実習 (2020年度) 1・2学期  - 火4,火5,火6,火7

  • 工学基礎実験実習 (2020年度) 1・2学期  - 水4,水5,水6,水7

  • 工学基礎実験実習 (2020年度) 1・2学期  - 火4,火5,火6,火7

  • 工学基礎実験実習 (2020年度) 1・2学期  - 水4,水5,水6,水7

  • 情報処理入門2(情報機器の操作を含む) (2020年度) 第2学期  - 月1,月2

  • 機械システム工学セミナーⅡ (2020年度) 第3学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーⅡ (2020年度) 第3学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーI (2020年度) 第1学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーI (2020年度) 第1学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2020年度) 後期  - その他

  • 産業技術実践 (2020年度) 後期  - 水5,水6,水7,水8

  • 相変化現象利用学 (2020年度) 特別  - その他

  • 相変化界面工学 (2020年度) 後期  - 火3,火4

▼全件表示