2024/04/04 更新

写真a

アコウ リョウスケ
赤穗 良輔
AKOH Ryosuke
所属
環境生命自然科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工) ( 2009年3月   東京工業大学 )

研究キーワード

  • 洪水流解析

  • 水工学

  • 氾濫解析

  • 防災水工学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 水工学

学歴

  • 東京工業大学   Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering  

    2004年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京工業大学   School of Engineering  

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   学術研究院環境生命自然科学学域   准教授

    2023年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   学術研究院環境生命科学学域   准教授

    2021年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   准教授

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   助教

    2015年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 東京工業大学   大学院総合理工学研究科   助教

    2011年12月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 東京工業大学   大学院総合理工学研究科   産学官連携研究員

    2010年4月 - 2011年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 東京工業大学   大学院総合理工学研究科   特別研究員

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

▼全件表示

委員歴

  • 国土交通省 中国地方整備局   「明日の高梁川を語る会」委員(オブザーバー)  

    2022年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 国土交通省 中国地方整備局   「明日の吉井川を語る会」委員(オブザーバー)  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 国土交通省 中国地方整備局   「明日の旭川を語る会」委員(オブザーバー)  

    2022年4月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

 

論文

  • Evaluation of behavior of floating litter during flooding with levee breach by using inundation analysis 査読

    Weijian Hua, Ryosuke Akoh, Kexin Liu, Shiro Maeno

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   79   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 流域治水に向けた田んぼダムの効率的解法の提案と現地適用 査読

    赤穗良輔, 宅野智紀, 松井大生, 前野詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   79   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 本川の超過洪水に伴う支川背水の影響に関する調査~高梁川支川新本川を対象として~ 査読

    石川忠晴, 河内敦, 赤穗良輔

    河川技術論文集   29   407 - 412   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11532/river.29.0_407

    researchmap

  • Application of Running Water-Type Retarding Basin to Old Kinu River Floodplain, Japan 査読

    Tadaharu Ishikawa, Ryosuke Akoh

    Hydrology   10 ( 4 )   94 - 94   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    In the upper and middle reaches of rivers in Japan, river channels used to meander in a comparatively narrow floodplain and heavy rain runoff used to naturally expand over the entire floodplain, retarding floods toward the downstream. Recent continuous levee building to prevent river overflow has had two kinds of negative effects, namely an increase in flood damage in areas of a floodplain closed by levees and river terraces at the time of runoff over the river channel capacity, and an increase in the flood peak toward the downstream. This study introduces the concept of a running water-type retarding basin that mitigates flood damage by allowing excess runoff to pass through the floodplain, restoring a natural hydrological process. After a description of the concept of the facility design, a design example is presented for a closed floodplain of the Kinu River Floodplain, where excess runoff caused severe flood damage in 2015, to quantify the performance and effects of the running water-type retarding basin.

    DOI: 10.3390/hydrology10040094

    researchmap

  • Measurement and Computational Study of Underwater Topography 査読

    Satoshi Iwakami, Masahiko Tamega, Masahide Sanada, Michiaki Mohri, Yoshitaka Iwakami, Naoki Okamoto, Eishi Mitsui, Hidetaka Chikamori, Ryosuke Akoh, Shuji Jimbo, Masaji Watanabe

    Journal of Geoscience and Environment Protection   11 ( 4 )   203 - 209   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/gep.2023.114012

    researchmap

  • Flood Disaster Mitigation Strategy in the Early Modern Age in Japan (The Beginning of 17th to the Mid-19th Century) 査読

    Tadaharu Ishikawa, Ryosuke Akoh, Hiroshi Senoo

    International Journal of Environmental Impacts   6 ( 1 )   1 - 6   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Information and Engineering Technology Association  

    DOI: 10.18280/ijei.060101

    researchmap

  • 逆サイホンを用いた閉鎖性氾濫原からの氾濫水の早期排除と超過洪水対策に関する考察 査読

    赤穂 良輔, 石川 忠晴

    土木学会論文集B1(水工学)   78 ( 2 )   I_229 - I_234   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_229

    researchmap

  • 高梁川水系軽部川における田んぼを活用した流域治水対策の検討 査読

    赤穗 良輔, 池尻 悠人, 前野 詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   78 ( 2 )   I_253 - I_258   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_253

    researchmap

  • NUMERICAL SIMULATION OF COUPLED DEBRIS FLOW AND INUNDATION DISASTER CONSIDERING MICROTOPOGRAPHY: A CASE STUDY OF NIIMI CITY, 2019 査読

    Weijian HUA, Ryosuke AKOH, Shiro MAENO

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering)   78 ( 2 )   I_673 - I_678   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_673

    researchmap

  • 砂川の洪水氾濫解析と決壊予測手法を用いた堤防決壊リスク評価 査読

    赤穗 良輔, 西俣 孝一, 池尻 悠人, 前野 詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   78 ( 2 )   I_667 - I_672   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.78.2_i_667

    researchmap

  • PHYSICAL ENVIRONMENTAL CHARACTERISTICS OF THE OTOGO TIDAL FLAT IN THE YOSHII RIVER AND PROPOSAL OF NEW TIDAL FLAT CREATION SITES 査読

    Mohammed AL-BAGHDADI, Ryosuke AKOH, Shiro MAENO

    Journal of JSCE   10 ( 1 )   467 - 478   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    DOI: 10.2208/journalofjsce.10.1_467

    researchmap

  • 川辺川合流点上流の球磨川氾濫原の変化が令和2年出水に及ぼした影響の概略評価 査読

    石川 忠晴, 赤穂 良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   77 ( 1 )   185 - 190   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.77.1_185

    researchmap

  • 倉敷市真備地区の洪水解析結果を用いた堤防越流 による決壊予測に関する研究 査読

    赤穗 良輔, 華 威鑒, 前野 詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   77 ( 2 )   I_367 - I_372   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 内水氾濫と外水氾濫を考慮した効果的な避難場所設置と避難開始時刻の検討 査読

    赤穗 良輔, 西俣 孝一, 池尻 悠人, 華 威鑒, 前野 詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   77 ( 2 )   I_1495 - I_1500   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 数値シミュレーションによる山間河川における流水型遊水地の水理機能に関する考察 査読

    伊藤 康, 石川 忠晴, 赤穗 良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   76 ( 2 )   I_451 - I_456   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.76.2_i_451

    researchmap

  • 治水安全度向上のための流水型遊水地の試験的設計と数値実験による評価 査読

    原田 翔太, 石川 忠晴, 赤穂 良輔, 前野 詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   76 ( 2 )   I_457 - I_462   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.76.2_i_457

    researchmap

  • Assessment of flood risk management in lowland Tokyo areas in the seventeenth century by numerical flow simulations 査読

    Tadaharu Ishikawa, Ryosuke Akoh

    Environmental Fluid Mechanics   19 ( 5 )   1295 - 1307   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10652-018-9616-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10652-018-9616-6/fulltext.html

  • Flooding Along Oda River Due to the Western Japan Heavy Rain in 2018 査読

    Yasuo Nihei, Asataro Shinohara, Kaho Ohta, Shiro Maeno, Ryosuke Akoh, Yoshihisa Akamatsu, Takashi Komuro, Tomoya Kataoka, Shiho Onomura, Ryo Kaneko

    Journal of Disaster Research   14 ( 6 )   874 - 885   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press Ltd.  

    The heavy rain that hit Western Japan in July 2018 triggered the worst rain-related disaster in the Heisei era, with the total of dead and missing persons exceeding 230, mainly in the Hiroshima and Okayama Prefectures. At several locations along Oda River (of the Takahashi river system) and its tributaries, dikes were breached due to large-scale flood, leaving 51 persons dead. This paper aims to shed light on the scale of inundation along Oda River and its tributaries and identify the characteristics of and critical factors for human damage. Field surveys were conducted to measure flood marks in flooded areas and river channels, and gauge the extent of damage to people and property. The surveys found that a large area was inundated on the north side of Oda River, with an inundation depth exceeding 5 m for 1 km in the south-north direction and 3.5 km in the east-west direction, which made vertical evacuation of residents difficult. The findings that about 80% of the dead were found on the first floor of their houses, with those who had lived in a one-story house and those who had lived in a two-story house accounting for 50% each of the deceased, indicate how difficult even vertical evacuation was. The findings appear to be related to the considerable inundation depth and high rate of water level increase, along with the fact that the majority of the deceased were elderly people.

    DOI: 10.20965/jdr.2019.p0874

    researchmap

  • 2018年7月豪雨時の高梁川中流域の被災状況及び数値解析による氾濫状況の検討 査読

    赤穗 良輔, 前野 詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 1 )   378 - 386   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.1_378

    researchmap

  • 数値浮子モデルとDIEX法をカップリングさせた洪水流量推定法の構築と現地適用 査読

    赤穗 良輔, 前野 詩朗, 中山 彰人, 吉田 圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 2 )   I_625 - I_630   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.2_i_625

    researchmap

  • 2018年豪雨による倉敷市真備地区の被災状況と包括型氾濫解析モデルによる氾濫シナリオの検討 査読

    前野 詩朗, 赤穗 良輔, 二瓶 泰雄, 赤松 良久, 吉田 圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 1 )   387 - 402   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.1_387

    researchmap

  • 植生高分布と限界掃流力を考慮した植生流出を伴う洪水流解析モデルの検討 査読

    吉田 圭介, 前野 詩朗, 永田 貴美久, 児子 真也, 赤穗 良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 2 )   I_325 - I_330   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.2_i_325

    researchmap

  • 2018年7月西日本豪雨時の岡山県での降雨特性と旭川水系での洪水被害の調査解析 査読

    吉田 圭介, 前野 詩朗, 工藤 亮治, 近森 秀高, 赤穗 良輔, 小川 修平, 永田 貴美久

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 1 )   172 - 183   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.1_172

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 現地情報の同化による浸水深分布の推定 -実用手法の提案と平成30年7月豪雨による小田川水害への適用- 査読

    佐山 敬洋, 清水 涼太郎, 井口 真生子, 南 良忠, 赤穗 良輔, 寶 馨

    土木学会論文集B1(水工学)   75 ( 2 )   I_1465 - I_1470   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.75.2_i_1465

    researchmap

  • 河床高データの解像度と計算格子サイズが河床変動解析に及ぼす影響に関する検討 査読

    中山彰人, 赤穗良輔, 前野詩朗, 吉田圭介

    河川技術論文集   24   107 - 112   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10652-018-9616-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10652-018-9616-6/fulltext.html

  • 微地形を考慮した氾濫解析手法の検討と鬼怒川洪水氾濫域を対象とした数値実験 査読

    赤穗良輔, 前野詩朗, 高橋巧武, 吉田圭介, 石川忠晴

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_1441 - I_1446   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.i_1441

    researchmap

  • 低水路河岸浸食の解析高精度化のための基礎実験と最適計算格子サイズの検討 査読

    田中 龍二, 赤穗 良輔, 前野 詩朗, 中山 彰人

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 5 )   I_1117 - I_1122   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.5_i_1117

    researchmap

  • 数値シミュレーションによる山間河川における堤防開口部の水理機能に関する考察 査読

    伊藤康, 赤穗良輔, 石川忠晴, 前野詩朗

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 5 )   I_1531 - I_1536   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.5_i_1531

    researchmap

  • 水路湾曲部に設置される横越流堤の流量公式の検討 査読

    石原正義, 赤穗良輔, 前野詩朗, 吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 5 )   I_841 - I_846   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.5_i_841

    researchmap

  • 用水路網が南海トラフ地震下の津波氾濫に与える影響の検討 査読

    工代健太, 前野詩朗, 赤穗良輔, 吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_439 - I_444   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.i_439

    researchmap

  • ALB点群を用いた樹木群の密生度算定法の検討 査読

    吉田圭介, 前野詩朗, 小川修平, 井関禎之, 赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_547 - I_552   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.i_547

    researchmap

  • 都市氾濫解析に用いる建物群の空隙率の設定方法に関する実験的検討 査読

    赤穗良輔, 前野詩朗, 小川俊, 吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 4 )   I_1525 - I_1530   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.i_1525

    researchmap

  • ALB計測データを用いた流況解析に基づく旭川下流部におけるアユの産卵場の物理環境評価 査読

    吉田圭介, 前野詩朗, 高橋幸生, 児子真也, 小川修平, 赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   74 ( 5 )   I_421 - I_426   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.74.5_i_421

    researchmap

  • ALBによる河道地形の再現性向上に伴う河床変動解析の改善効果の検討

    山口 華穂, 吉田 圭介, 前野 詩朗, 間野 耕司, 赤穗 良輔, 西山 哲

    土木学会論文集A2(応用力学)   74 ( 2 )   I_465 - I_474   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年,航空レーザ測深(ALB:Airborne Laser Bathymetry)技術の向上により,水域・陸域の面的な地形データの取得が可能となった.詳細な河道地形は,流れと河床変動の数値解析の精度を向上させることが考えられるが,ALBデータによる地形の再現性が河床変動解析結果に及ぼす影響については具体的に検討されていない.<br>そこで本研究では,まず,ALB計測により得られたデータについて精度検証を行った.次に,ALBデータと定期横断測量データを用いて旭川洪水時の河床変動解析を行い,これらの結果と洪水前後のALB計測の河床高の差分を比較し,解析に用いる地形データの影響について検討した.<br>ALB計測で得られた地形データは,定期横断測量結果と同様の地形形状を描くことができた.また,河床変動解析結果とALB計測の差分の比較より,ALBデータを用いた解析結果の方が差分と近い傾向を示した.

    DOI: 10.2208/jscejam.74.I_465

    CiNii Article

    researchmap

  • High-resolution modeling of tsunami run-up flooding: a case study of flooding in Kamaishi city, Japan, induced by the 2011 Tohoku tsunami 査読

    Ryosuke Akoh, Tadaharu Ishikawa, Takashi Kojima, Mahito Tomaru, Shiro Maeno

    Natural Hazards and Earth System Sciences   17 ( 11 )   1871 - 1883   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Copernicus GmbH  

    Abstract. Run-up processes of the 2011 Tohoku tsunami into the city of Kamaishi, Japan, were simulated numerically using 2-D shallow water equations with a new treatment of building footprints. The model imposes an internal hydraulic condition of permeable and impermeable walls at the building footprint outline on unstructured triangular meshes. Digital data of the building footprint approximated by polygons were overlaid on a 1.0 m resolution terrain model. The hydraulic boundary conditions were ascertained using conventional tsunami propagation calculation from the seismic center to nearshore areas. Run-up flow calculations were conducted under the same hydraulic conditions for several cases having different building permeabilities. Comparison of computation results with field data suggests that the case with a small amount of wall permeability gives better agreement than the case with impermeable condition. Spatial mapping of an indicator for run-up flow intensity (IF = (hU2)max, where h and U respectively denote the inundation depth and flow velocity during the flood, shows fairly good correlation with the distribution of houses destroyed by flooding. As a possible mitigation measure, the influence of the buildings on the flow was assessed using a numerical experiment for solid buildings arrayed alternately in two lines along the coast. Results show that the buildings can prevent seawater from flowing straight to the city center while maintaining access to the sea.

    DOI: 10.5194/nhess-17-1871-2017

    researchmap

  • 数値シミュレーションによる日本堤システムの洪水調整機能の評価 査読

    石川忠晴, 赤穗良輔, 小林裕貴

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_1387 - I_1392   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejhe.73.i_1387

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 準三次元洪水流解析モデルを用いた浮子観測流量の高精度化手法の構築 査読

    赤穗良輔, 前野詩朗, 吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_517 - I_522   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejhe.73.i_517

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ALBを用いた河道地形計測の精度検証と流況解析の改善効果の検討 査読

    吉田圭介, 前野詩朗, 間野耕司, 山口華穂, 赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_565 - I_570   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejhe.73.i_565

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • フーリエ解析を用いた岡山市沿岸における津波ピークのリアルタイム予測法の検討 査読

    工代健太, 前野詩朗, 赤穗良輔, 吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_1027 - I_1032   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejhe.73.i_1027

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 適正な分流量を維持するための百間川分流部の固定堰周辺における植生管理方策の検討 査読

    平井康隆, 前野詩朗, 吉田圭介, 岩城智広, 小川修平, 赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   73 ( 4 )   I_1081 - I_1086   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejhe.73.i_1081

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 背面盛土内にジオテキスタイルを併設した粘り強い海岸堤防構造の検討 査読

    飯干富広, 前野詩朗, 吉田圭介, 赤穗良輔, 田井祐介

    土木学会論文集B2(海岸工学)   73 ( 2 )   I_1075 - I_1080   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    津波が海岸堤防を越流すると法尻部で洗掘が生じ,それにより海岸堤防が半壊や全壊する事例が報告されている.今後の海岸堤防整備では,想定を超える津波に対して粘り強い構造であることが求められている.本研究では,防護に加えて環境や景観に配慮した堤防背面に大規模な盛土を有する構造に着目し,より粘り強さを向上させる方法について検討した.また,盛土流出時には被覆工に流れが作用するため,その際の流体力特性についても検討した.その結果,盛土内に防水シートとめくれ防止用ブロックを取付けた洗掘防止シートを設置することで盛土流出までの時間を延伸できることがわかった.また,被覆工表面に土砂滑落防止用に粗度要素を設けると,滑面に比べて作用する流体力は大きくなる傾向を示すが,得られた流体力を用いた安定照査結果では,抜け出しや転動は起こらないことが確認された.

    DOI: 10.2208/kaigan.73.i_1075

    CiNii Article

    researchmap

  • Estimation of flood risk management in 17th Century on Okayama Alluvial plain, Japan, by numerical flow simulation 査読

    Tadaharu Ishikawa, Ryosuke Akoh

    International Journal of Safety and Security Engineering   6 ( 3 )   455 - 465   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Information and Engineering Technology Association  

    DOI: 10.2495/safe-v6-n3-455-465

    researchmap

  • Soil salinity reduction by river water irrigation in a reed field: A case study in Shuangtai Estuary Wetland, Northeast China 査読

    Qian Lin, Tadaharu Ishikawa, Ryosuke Akoh, Fenglin Yang, Shushen Zhang

    Ecological Engineering   89   32 - 39   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ecoleng.2016.01.003

    researchmap

  • 数値シミュレーションによる江戸期百間川放水路の洪水調節機能の評価 査読

    石川忠晴, 赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_343 - I_348   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.72.i_343

    researchmap

  • 複断面河道合流部における洪水流の現地研究-利根川・渡良瀬川合流部を例としてー 査読

    石川忠晴, 赤穗良輔, 新井奈々絵, 田潤

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_331 - I_336   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.72.i_331

    researchmap

  • 南海トラフ地震下の鳴門・明石海峡部の津波波形を用いた岡山市に襲来する津波の予測モデルの検討 査読

    工代健太, 前野詩朗, 赤穗良輔, 吉田圭介

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_379 - I_384   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.72.i_379

    researchmap

  • 植生消長モデルを用いた礫河原再生後の物理環境変化の検証 査読

    平井康隆, 前野詩朗, 吉田圭介, 藤田駿佑, 赤穗良輔

    土木学会論文集B1(水工学)   72 ( 4 )   I_1063 - I_1068   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.72.i_1063

    researchmap

  • 市街地レイアウトを考慮した岡山市における津波到達前後の浸水範囲予測および避難時間の検討 査読

    赤穗良輔, 前野詩朗, 高橋巧武, 工代健太, 吉田圭介

    土木学会論文集B2(海岸工学)   72 ( 2 )   I_289 - I_294   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    岡山市南部の沿岸域は海抜0m地帯が広がっており,また液状化危険度が非常に高いため,地震発生直後から堤防沈下による浸水が発生する可能性がある.また,避難計画の高度化には,最大浸水深だけでなく津波の到達時刻や氾濫経路を再現できる氾濫解析モデルの利用が有効である.そこで本研究では三角形格子を用いた津波解析モデルを用いて,市街地レイアウトおよび堤防沈下を考慮した南海トラフ地震津波の氾濫解析を行い,岡山市における津波到達前後の浸水特性を予測した.さらに,氾濫解析結果を用いて津波到達前の浸水状況下での避難経路および避難時間について検討した.浸水深と流速による歩行速度の低下を考慮することで,歩行速度が遅い高齢者の場合は,避難時間が平均1.6倍,最大で28分増加する結果となり,浸水を考慮した避難計画の重要性が示唆された.

    DOI: 10.2208/kaigan.72.i_289

    CiNii Article

    researchmap

  • 津波越流による海岸堤防裏法尻保護工の衝撃時の被災特性に関する実験的研究 査読

    前野詩朗, 吉田圭介, 荒木大輔, 田井祐介, 飯干富広, 赤穗良輔

    土木学会論文集B2(海岸工学)   72 ( 2 )   I_1135 - I_1140   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    東日本大震災以降,海岸堤防の設計には津波越流時に粘り強く堤防機能を発揮する構造が求められている.その対策として,法尻保護工を設置することが提案されているが,既往の研究では津波越流初期に法尻保護工に作用する衝撃的な力については十分に検討されていない.<br> 本研究では,津波越流初期における衝撃力が法尻保護工の被災特性に及ぼす影響を実験的に考察した.実験ではブロック形状と,津波高さを系統的に変化させ動画撮影及び流体力計測を行った.その結果として保護工の被災は,津波越流初期に作用する揚力が起因となることを明らかにした.またブロックの初期流出箇所は,津波の越流水深とブロックの形状によって概ね決定されることを示した.

    DOI: 10.2208/kaigan.72.i_1135

    CiNii Article

    researchmap

  • 津波越流時における海岸堤防のブロックを用いた裏法尻保護工に作用する流体力の数値計算 査読

    吉田圭介, 前野詩朗, 竹内章人, 赤穗良輔, 飯干富広, 荒木大輔

    土木学会論文集A2(応用力学)   72 ( 2 )   I_485 - I_494   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.72.i_485

    researchmap

  • 水田灌漑が河川流量に与える影響について――宮城県江合川下流部を対象として―― 査読

    張 怡, 浅井 勇磨, 石川 忠晴, 赤穂 良輔, 嶋 国吉, 磯部 久貴, 安藤 誠

    土木学会論文集B1(水工学)   71 ( 4 )   I_337 - I_342   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    Irrigation process for paddy field and its influence on river flow rate was investigated in the lower reach of the Eai River which is one of the representative rice producing areas in Tohoku district. The water stage, intake rate and outflow rate was measured continuously in a paddy field through the whole irrigation period from the puddling stage to the final drying stage in 2014. After the water balance analysis including the terms of evapotranspiration, infiltration and rainfall, the empirical rule for rice paddy operation was formulated to predict the response of paddy field to weather condition. The model performance was examined and verified for condition in 2013.

    DOI: 10.2208/jscejhe.71.i_337

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 江戸期の百間川築造に関する水理学的考察 査読

    石川忠晴, 赤穗良輔, 吉川秀夫, 小林裕貴

    土木学会論文集B1(水工学)   71 ( 4 )   I_613 - I_618   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    This paper presents a set of numerical flow simulations to investigate the flood control ability of the Hyakken River channel which was constructed as a floodway of the Asahi River for preventing inundation of Okayama Castle in the 17th century when the modern hydraulics had not been developed. Calculation conditions like the channel topography and the design flood discharge were estimated by comparing the old description about the channel with the numerical data obtained in recent days. The computation by using unsteady shallow water equations showed the results which correspond to the records of flood events of the day, and the results also suggested that the channel was designed very reasonably even without the modern knowledge of hydraulics.

    DOI: 10.2208/jscejhe.71.i_613

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 岩手県釜石市街地における2011年東北地方太平洋沖地震津波の氾濫解析 査読

    赤穗 良輔, 石川 忠晴, 畠山 峻一, 小島 崇, 都丸 真人, 中村 恭志

    土木学会論文集B1(水工学)   71 ( 1 )   16 - 27   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    三角形非構造格子を用いて建物等の形状を一つ一つ表現することにより,集中発散を伴いながら市街地を遡上する津波のシミュレーションモデルを構成した.建物等は内外水位差により氾濫水が侵入できる半透過壁とした.このモデルを2011年東北地方太平洋沖地震津波による岩手県釜石市街地における氾濫に適用した.災害時のビデオ画像および災害後の現地調査との比較から計算モデルの再現性を検証した.その結果,半透過壁の透過係数を調整することにより,津波の侵入速度,最大水位の空間分布などが概ね再現しうることがわかった.

    DOI: 10.2208/jscejhe.71.16

    CiNii Article

    researchmap

  • 非構造三角形格子と有限体積法に基づく津波数値解析における計算誤差とAMR法の有効性に関する検討 査読

    曾新翔, 中村恭志, 赤穗良輔, 石川忠晴

    土木学会論文集B1(水工学)   70 ( 4 )   I_793 - I_798   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    Features of numerical errors of Tsunami simulation using unstructured triangular meshes with finite volume methods investigated quantitatively. A series of test simulations of the Tsunami wave propagating in thedee(are) p area shows that the numerical diffusion errors strongly depend on the spatial size of mesh, kind of the adopted numerical scheme and the travel distance to be solved. Furthermore, introduction of an Adaptive Mesh Refinement (AMR) technique to the triangular unstructured mesh system is investigated. By conducting numerical simulation of the Tsunami propagation for 2011 Tohoku Earthquake, it is found that the AMR technique can suppress the numerical errors and reduce the required computational loads.

    DOI: 10.2208/jscejhe.70.i_793

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20010509966?from=CiNii

  • 小川原湖の塩分状態変化に関する長期シミュレーション 査読

    木下隆史, 赤穗良輔, 石川忠晴, 鶴田泰士

    土木学会論文集B1(水工学)   70 ( 4 )   I_1609 - I_1614   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    Lake Ogawara is becoming eutrophicated very rapidly due to the contaminant upwelling from the anaerobic saline water layer. The authors have already developed a practical simulation model to predict the saline water intruding in winter. In this paper, the previous model is improved by adding the effect of thermal stratification and the current in saline layer. Then, year-round calculation was conducted to investigate the expansion of the anaerobic saline water layer in the recent ten years. The model reasonably reproduced the field measurement results on seasonal change and long-term expansion of saline water layer. The simulation result confirms that the expansion of saline water layer and the saline water entrainment are the primary reasons for the eutrophication in surface layer. It also suggests these events occur mainly in winter, when seawater intrudes frequently and thermal stratification is absent.

    DOI: 10.2208/jscejhe.70.i_1609

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20010509232?from=CiNii

  • 高瀬川の塩分遡上に関する二次元分散モデルの開発 査読

    赤穗良輔, 石川忠晴, 安河内美咲, 鶴田泰士

    土木学会論文集B1(水工学)   70 ( 4 )   I_877 - I_882   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    This study proposes a new depth-averaged two-dimensional convection-dispersion model to investigate the seawater intrusion in well-mixed estuary. The new model considers both barotropic salinity flux and the baroclinic flux caused by weak salinity stratification. Liner salinity profile was assumed and physically meaningful baroclinic flux model was constructed base on hydrodynamic consideration. Then, model verification was carried out by simulating seawater intrusion in Takase River. In the new model, the salinity front arrived earlier and the peak value became stronger, which agrees better with the field data measured at Takase Bridge.

    DOI: 10.2208/jscejhe.70.i_877

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20010509133?from=CiNii

  • 小川原湖の長期塩分状態変化モデルの基礎的検討 査読

    石川忠晴, 木下隆史, 赤穗良輔

    河川技術論文集   19   549 - 554   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.70.i_1609

    researchmap

  • 揚子江汽水河道の脈動的土砂移動とその季節特性について 査読

    王張嶠, 石川 忠晴, 赤穗 良輔

    河川技術論文集   19   199 - 204   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 非構造三角形格子に基づく津波数値解析のGPGPUによる高速化 査読

    曾新翔, 赤穗良輔, 石川忠晴, 中村恭志

    土木学会論文集B1(水工学)   69 ( 4 )   I_619 - I_624   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejhe.69.i_619

    CiNii Article

    researchmap

  • 中国の双台湿地葦原における灌漑期後の土壌水分変化 査読

    林倩, 石川忠晴, 赤穗良輔, 楊 鳳林, 張 樹深

    土木学会論文集B1(水工学)   69 ( 4 )   I_529 - I_534   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejhe.69.i_529

    CiNii Article

    researchmap

  • Rapid Tsunami Simulator on GPU using Unstructured Mesh System 査読

    Xinxiang Zeng, Takashi Nakamura, Ryosuke Akoh, Tadaharu Ishikawa

    PROCEEDINGS OF THE 35TH IAHR WORLD CONGRESS, VOLS III AND IV   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:TSINGHUA UNIV  

    The powerful Tsunami triggered by 2011 Tohoku earthquake (also known as the Great East Japan Earthquake) have attacked Japan's northeast Pacific coast and caused tremendous devastation there. The run-up Tsunami were observed in rivers connecting with Pacific Ocean and even intruded into inland of northeast Japan which was expanded the extent of the damages indeed. In that context, it is necessary to give accurate early warning to safeguard the populations from Tsunami. Meanwhile, detailed numerical analysis of run-up Tsunami in rivers using finer mesh is also a topic should be studied immediately. However, on account of the huge spatial scale, the computational load of Tsunami simulation tends to be too large to afford. Furthermore, it is essential to use finer mesh to reproduce the complex topography of coastline and rivers accurately. In order to overcome these difficulties, a rapid numerical simulator has been constructed by applying the GPGPU technology in solving the 2-dimensional shallow water equations. An explicit finite volume scheme is used to discrete the shallow water equations on unstructured triangular mesh system. Owing to the use of unstructured triangle mesh, the complex boundary such as coastline and river banks is represented well. With the power of GPGPU, real-time simulation of Tsunami movement is achieved, even though using finer meshes, which are small to 15 meters in rivers. Specifically, compared with a CPU, about 50-times speed-up is enabled even using a single GPU. For the sake of validating this simulator, a simulation of run-up Tsunami in Tone River caused by 2011 Tohoku earthquake is performed. Both of the arriving time of first wave and the wave height fit observation data very well.

    Web of Science

    researchmap

  • 平成23年東北地方太平洋沖地震津波における利根川下流の津波遡上再現計算

    赤穗 良輔, 石川 忠晴

    土木学会論文集B1(水工学)   68 ( 4 )   I_1543 - I_1548   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejhe.68.i_1543

    researchmap

  • 三角形格子におけるCIP有限体積法を用いた準三次元浅水乱流計算モデルの開発 査読

    赤穗良輔, 石川忠晴

    水工学論文集   55   1207 - 1212   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A multi-moment finite volume formulation for shallow water equations on unstructured mesh

    Ryosuke Akoh, Satoshi Ii, Feng Xiao

    Journal of Computational Physics   229 ( 12 )   4567 - 4590   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jcp.2010.02.023

    researchmap

  • 非構造格子に基づく浅水流計算モデルの開発と数値実験 査読

    赤穗良輔, 肖鋒

    水工学論文集   54   1153 - 1158   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A CIP/multi-moment finite volume method for shallow water equations with source terms

    R. Akoh, S. Ii, F. Xiao

    International Journal for Numerical Methods in Fluids   56 ( 12 )   2245 - 2270   2008年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/fld.1616

    researchmap

  • Development of high performance simulator for tsunami 査読

    Ryosuke Akoh, Satoshi II, Feng Xiao

    SYSTEMS MODELING AND SIMULATION: THEORY AND APPLICATIONS, ASIA SIMULATION CONFERENCE 2006   29 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG TOKYO  

    Most of the existing numerical models for the simulation of Tsunami are based on the 2D shallow water equations. However, for many situations, it is necessary to use the 3D model in addition to the shallow water models to evaluate the damage in the coast region with a reliable accuracy. So, we propose the multi-scale warning system for Tsunami by coupling the 2D shallow water model and the 3D Navier-Stokes model that solves explicitly the free water surface to cover the physical phenomena that have diverse scales in both time and space. As a part of such a system, we, in this paper, present the essential numerics of the models based on the CIP/MM FVM (CIP/Multi-Moment Finite Volume Method) and some simulation results with the real geographical data for the 2D large-scale cases.

    DOI: 10.1007/978-4-431-49022-7_6

    Web of Science

    researchmap

  • Unified formulation for compressible and incompressible flows by using multi-integrated moments II: Multi-dimensional version for compressible and incompressible flows

    Feng Xiao, Ryosuke Akoh, Satoshi Ii

    Journal of Computational Physics   213 ( 1 )   31 - 56   2006年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jcp.2005.08.002

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 三角形非構造格子におけるCIP/Multi-Moment有限体積法による浅水波方程式の数値モデル

    赤穂良輔, 伊井仁志, XIAO Feng

    日本計算工学会論文集(Web)   2008   2008年

     詳細を見る

  • 非構造格子に基づく高性能津波シミュレーターの開発および数値実験

    赤穂良輔, 伊井仁志, XIAO Feng

    計算工学講演会論文集   13 ( 2 )   2008年

     詳細を見る

  • CIP/Multi-Moment有限体積法を用いた非構造格子津波シミュレーターの開発

    赤穂良輔, 伊井仁志, XIAO Feng

    数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   21st   2007年

     詳細を見る

  • 非構造格子に基づく高性能津波シミュレーターの開発

    赤穂良輔, 伊井仁志, XIAO Feng

    計算工学講演会論文集   12 ( 2 )   2007年

     詳細を見る

  • マルチ・スケール津波警報システムの開発(2)

    赤穂良輔, 伊井仁志, XIAO Feng

    日本機械学会年次大会講演論文集   2006 ( Vol.1 )   2006年

     詳細を見る

  • マルチ・スケール津波警報システムの開発(1)

    赤穂良輔, 伊井仁志, 紫牟田将一, XIAO Feng

    日本機械学会年次大会講演論文集   2005 ( Vol.1 )   2005年

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 水理観測データが不足する中小河川の氾濫予測と避難経路予測手法の構築

    研究課題/領域番号:20K05047  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前野 詩朗, 赤穂 良輔

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では,中小河川で流量・水位データが殆ど無い河川に対する,ローカルな地形条件などを考慮できる精度良い被災予測モデルを構築することで,今後の被災防止に向けて河道の弱点箇所の抽出手法を確立し,安全な避難経路を提示するシステムを構築することを目的として実施した.
    最初の課題に対して,具体的には,まず,初年度に構築した高梁川の右支川小田川と3つの支川で発生した洪水を再現出来るモデルを用いて,本年度も継続して簡易に堤防の弱点箇所を抽出するための手法を改良した.その結果,流況に関わる要因から,①越流の有無:解析において越流が発生する.②内外水位差:外水位が堤防高-0.2mを上回ってから1時間の平均内外水位差.但し,1時間以内に内水位が堤防高を上回る場合は,それまでの時間平均内外水位差とする.③堤防形状係数:天端幅B,裏法勾配1:Mとして,B×Mを用いることで越流による堤防決壊を精度良く再現できることが分かった.本手法を小田川とその支川で発生した数箇所の決壊箇所に適用したところ,90%以上の精度で堤防決壊を予測出来たことが分かった.本手法を,平成30年豪雨災害で決壊した百間川の支川砂川と令和2年に発生した球磨川水害の決壊箇所に定期要した結果,何れも結果の有無を予測出来ることが分かった.
    つぎに,平成30年7月豪雨時の降雨量データを用いて,小田川とその支川の末政川,高馬川に囲まれた地域を対象として,浸水ハザードマップに記載されている避難箇所とした場合と,さらに浸水による避難路の浸水を考慮して避難場所を追加した場合の避難時間を検討した.その結果,避難所を追加することで避難時間を軽減できる住家がかなり増えること,また,安全に避難するための避難経路予測を実施した結果,避難開始時刻は,高梁川上流の日羽の水位が氾濫危険水位に達する時刻で避難を開始する必要があったことが示された.

    researchmap

  • 準三次元洪水流モデルを用いた浮子観測流量の高精度化に関する研究

    研究課題/領域番号:17K14730  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    赤穂 良輔

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では,河川流量観測手法の1つである浮子観測による流量算定手法について,準三次元洪水流解析に基づく数値浮子モデルと観測流速を用いて面的な流速分布を推定するDIEX法を併用し,従来の浮子観測による結果を利用して推定精度を向上させる新たな洪水流量推定法の構築および現地適用を行った.直線水路を用いた模型実験および数値実験より,提案手法の基本的なフローの検討および修正効果の検討を行い,最大で約15%の推定精度改善を達成された.さらに,岡山県旭川の中原橋観測所における既往洪水について洪水流解析および本提案手法による推定流量を比較検討した結果,最大で約7%の改善が示され,実務への有用性が示唆された.

    researchmap

  • 戦略的河道管理のための河床動態・植生動態予測モデルの改良と現地への適用

    研究課題/領域番号:16K06511  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前野 詩朗, 吉田 圭介, 赤穂 良輔

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究では,戦略的河道管理のための河床動態・植生動態予測モデルの改良と現地適用のための基礎実験,シミュレーションモデルの構築などを実施した.
    グリーンレーザを用いた水面下も計測可能な航空レーザー測深(ALB)の結果を用いて,同洪水のシミュレーションを実施した結果,観測水位と大変よく一致することが示された.また,水際付近の植生の流失の精度向上を図るために,側岸浸食部における樹木の流失・倒伏状況と解析より得られる河床せん断力との関係を明らかにした.

    researchmap

  • 準三次元計算と航空写真解析の併用による河道計画手法の高度化に関する研究

    研究課題/領域番号:24560618  2012年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石川 忠晴, 赤穂 良輔, 中村 恭志

      詳細を見る

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    沖積低地の複断面河道改修では合流点の設計が一つのポイントとなる。本研究では、洪水航空写真のステレオ解析と、樹林抵抗を考慮した三角形非構造格子準三次元浅水流モデルを用いて実用的合流点設計手法を提案した。
    本手法を利根川・渡良瀬川合流部の1981年洪水流に適用したところ、ステレオ解析から詳細な水面流況が示され、準三次元数値計算はそれらをうまく再現するとともに、合流河道設計に必要な三次元流況に関する情報を提供することができた。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 工業数学Ⅱ (2023年度) 3・4学期  - 木3~4

  • 微分方程式 (2023年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2023年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2023年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2023年度) 第4学期  - 火3~4

  • 応用解析学A (2023年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 情報処理及び演習C (2023年度) 第1学期  - 月7~8

  • 情報処理及び演習C (2023年度) 第1学期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 水害防御学 (2023年度) 前期  - 月3~4

  • 水工学演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2023年度) 後期  - その他

  • 水工学演習B (2023年度) 通年  - その他

  • 水工学演習B (2023年度) 前期  - その他

  • 水工学演習B (2023年度) 後期  - その他

  • 水工学特別演習 (2023年度) 前期  - その他

  • 水工環境設計学 (2023年度) 後期  - 月3~4

  • 水工環境設計学 (2023年度) 後期  - 月3~4

  • 水理学及び演習 (2023年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]木5~8

  • 水理学及び演習A (2023年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]その他

  • 水理学及び演習B (2023年度) 第4学期  - 木5~8

  • 水理計測法及び実験 (2023年度) 3・4学期  - 火5,火7

  • 水理計測法及び実験A (2023年度) 3・4学期  - 火5,火7

  • 水理計測法及び実験B (2023年度) 夏季集中  - その他

  • 特別研究 (2023年度) その他  - その他

  • 特別研究 (2023年度) 通年  - その他

  • 環境解析学IA (2023年度) 第2学期  - 金1~2

  • 環境解析学IB (2023年度) 第4学期  - 水5~6

  • 防災水工学 (2023年度) 後期  - その他

  • 防災水工学 (2023年度) 後期  - その他

  • 工業数学Ⅱ (2022年度) 3・4学期  - 木3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式 (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式1 (2022年度) 第3学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 微分方程式2 (2022年度) 第4学期  - 火3~4

  • 応用解析学A (2022年度) 3・4学期  - 火3~4

  • 情報処理及び演習C (2022年度) 第1学期  - 月7~8

  • 情報処理及び演習C (2022年度) 第1学期  - 月7~8

  • 水域環境設計学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 水工学演習 (2022年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2022年度) 後期  - その他

  • 水工学演習B (2022年度) 前期  - その他

  • 水工学演習B (2022年度) 後期  - その他

  • 水工環境設計学 (2022年度) 後期  - 月3~4

  • 水理学及び演習 (2022年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]木5~8

  • 水理学及び演習A (2022年度) 第1学期  - その他

  • 水理学及び演習A (2022年度) 3・4学期  - [第3学期]木5~6, [第4学期]その他

  • 水理学及び演習B (2022年度) 第2学期  - その他

  • 水理学及び演習B (2022年度) 第4学期  - 木5~8

  • 水理計測法及び実験A (2022年度) 第1学期  - 金3~4

  • 水理計測法及び実験B (2022年度) 第3学期  - 水1~2

  • 特別研究 (2022年度) 通年  - その他

  • 環境解析学IA (2022年度) 第2学期  - 金1~2

  • 環境解析学IA (2022年度) 第4学期  - 水5~6

  • 環境解析学IB (2022年度) 第2学期  - 金1~2

  • 環境解析学IB (2022年度) 第4学期  - 水5~6

  • 防災水工学 (2022年度) 後期  - その他

  • Civil Engineering I (2021年度) 第1学期  - 木2,木3

  • Civil Engineering II (2021年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 土木工学I (2021年度) 第1学期  - 木2~3

  • 土木工学II (2021年度) 第2学期  - 金3~4

  • 微分方程式 (2021年度) 3・4学期  - 火3,火4

  • 微分方程式 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]火3,火4, [第4学期]火3~4

  • 微分方程式 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]火3,火4, [第4学期]火3~4

  • 微分方程式1 (2021年度) 第3学期  - 火3,火4

  • 微分方程式2 (2021年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 情報処理及び演習 (2021年度) 1~4学期  - [第1学期]月7~8, [第2学期]月7~8, [第3学期]木1~2, [第4学期]木3~4

  • 情報処理及び演習 (2021年度) その他  - [第3学期]木1~2, [第4学期]木3~4, [第1学期]月7~8

  • 情報処理及び演習 (2021年度) その他  - [第3学期]木1~2, [第4学期]木3~4, [第1学期]月7~8

  • 情報処理及び演習C (2021年度) 第1学期  - 月7~8

  • 情報処理及び演習C (2021年度) 第1学期  - 月7~8

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 水工学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 水工環境設計学 (2021年度) 後期  - 月2~3

  • 水理学及び演習 (2021年度) 1・2学期  - 水2~4

  • 水理学及び演習A (2021年度) 第1学期  - 水2~4

  • 水理学及び演習B (2021年度) 第2学期  - 水2~4

  • 水理計測法及び実験 (2021年度) 1~3学期  - [第1学期]金3~4, [第2学期]その他, [第3学期]木1~2

  • 水理計測法及び実験 (2021年度) 1~3学期  - [第1学期]金3~4, [第2学期]その他, [第3学期]木1~2

  • 水理計測法及び実験A (2021年度) 第1学期  - 金3~4

  • 水理計測法及び実験B (2021年度) 第3学期  - 木1~2

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 環境解析学I (2021年度) 3・4学期  - 月8~9

  • 環境解析学IA (2021年度) 第3学期  - 月8~9

  • 環境解析学IA (2021年度) 第4学期  - 月8~9

  • 環境解析学IB (2021年度) 第3学期  - 月8~9

  • 環境解析学IB (2021年度) 第4学期  - 月8~9

  • 防災水工学 (2021年度) 後期  - その他

  • Civil Engineering I (2020年度) 第1学期  - 木2,木3

  • Civil Engineering II (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 情報処理及び演習 (2020年度) 第1学期  - 月7,月8

  • 情報処理及び演習 (2020年度) 1~4学期  - [第1学期]月7,月8, [第2学期]木4,木5, [第3学期]木4,木5, [第4学期]木4,木5

  • 情報処理及び演習C (2020年度) 第1学期  - 月7,月8

  • 情報処理及び演習C (2020年度) 第1学期  - 月7,月8

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 水域環境設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 水工環境設計学 (2020年度) 後期  - 月2,月3

  • 水理学及び演習 (2020年度) 1・2学期  - 水1,水2,水3

  • 水理学及び演習A (2020年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • 水理学及び演習B (2020年度) 第2学期  - 水1,水2,水3

  • 水理計測法及び実験 (2020年度) 1~3学期  - [第1学期]金7,金8, [第2学期]火2,火3, [第3学期]火2,火3

  • 水理計測法及び実験A (2020年度) 第1学期  - 金7,金8

  • 水理計測法及び実験B (2020年度) 第3学期  - 火2,火3

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 環境解析学I (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]火4,火5, [第4学期]火7,火8

  • 環境解析学IA (2020年度) 第3学期  - 火4,火5

  • 環境解析学IA (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 環境解析学IB (2020年度) 第3学期  - 火4,火5

  • 環境解析学IB (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 自然災害と環境問題 (2020年度) 第4学期  - 木1,木2

  • 防災水工学 (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示