2022/05/03 更新

写真a

トクミツ ヒロシ
德光 浩
TOKUMITSU Hiroshi
所属
ヘルスシステム統合科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士 ( 1991年3月   名古屋大学 )

研究キーワード

  • SAD-kinase

  • CaM-kinase I

  • insulin

  • 包括脳ネットワーク

  • プロテインキナ-ゼ

  • インスリン

  • 糖尿病

  • glucose

  • グルコース

  • PREB

  • CaM-kinase kinase

  • CaMKK

  • CaM-kinase IV

  • TIM-062

  • KN-62

  • S100 protein

  • TIM-063

  • CaM-キナーゼ

  • リン酸化酵素カスケード

  • カルモデュリン

  • シグナル伝達

  • CaM-キナーゼカスケード

  • CREB

  • 細胞内カルシウム

  • タンパク質リン酸化酵素阻害剤

  • Numbl

  • タンパク質リン酸化

  • タンパク質リン酸化反応

  • タンパク質リン酸化酵素

  • 細胞内情報伝達

  • MLCK-A

  • STO-609

  • 線虫

  • Numb

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 機能生物化学

経歴

  • 岡山大学   学術研究院ヘルスシステム統合科学学域   教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院ヘルスシステム統合科学研究科   教授

    2018年 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   教授

    2012年 - 2018年

      詳細を見る

  • 香川大学   医学部   准教授

    2007年 - 2012年

      詳細を見る

  • 香川大学   医学部   助教授

    2003年 - 2007年

      詳細を見る

  • 香川医科大学   医学部   助教授

    2000年 - 2003年

      詳細を見る

  • 名古屋大学   医学部   助手

    1991年 - 1992年

      詳細を見る

  • 名古屋大学   医学部   日本学術振興会特別研究員

    1991年

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Substrate recognition by Arg/Pro‐rich insert domain in calcium/calmodulin‐dependent protein kinase kinase for target protein kinases 査読

    Riku Kaneshige, Satomi Ohtsuka, Yuhei Harada, Issei Kawamata, Masaki Magari, Naoki Kanayama, Naoya Hatano, Hiroyuki Sakagami, Hiroshi Tokumitsu

    The FEBS Journal   in press   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/febs.16467

    researchmap

  • Conformation-Dependent Reversible Interaction of Ca²⁺/Calmodulin-Dependent Protein Kinase Kinase with an Inhibitor, TIM-063 査読 国際誌

    Satomi Ohtsuka, Taisei Okumura, Yuna Τabuchi, Tomoyuki Miyagawa, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Naoya Hatano, Hiroyuki Sakagami, Futoshi Suizu, Teruhiko Ishikawa, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemistry   61 ( 7 )   545 - 553   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biochem.1c00796

    PubMed

    researchmap

  • Oligomerization of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase 査読

    Yusei Fukumoto, Yuhei Harada, Satomi Ohtsuka, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Naoya Hatano, Hiroyuki Sakagami, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemical and Biophysical Research Communications   587   160 - 165   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.11.105

    PubMed

    researchmap

  • A temporal Ca²⁺-desensitization of myosin light chain kinase in phasic smooth muscles induced by CaMKKβ/PP2A pathways. 査読

    Toshio Kitazawa, Toshiyasu Matsui, Shuichi Katsuki, Akira Goto, Kai Akagi, Naoya Hatano, Hiroshi Tokumitsu, Kosuke Takeya, Masumi Eto

    American Journal of Physiology-Cell Physiology   321 ( 3 )   C549 - C558   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Regulation of the tubulin polymerization-promoting protein by Ca²⁺/S100 proteins 査読

    Seita Doi, Naoki Fujioka, Satomi Ohtsuka, Rina Kondo, Maho Yamamoto, Miwako Denda, Masaki Magari, Naoki Kanayama, Naoya Hatano, Ryo Morishita, Takafumi Hasegawa, Hiroshi Tokumitsu

    Cell Calcium   96   102404   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Identification and Biochemical Characterization of High Mobility Group Protein 20A as a Novel Ca²⁺/S100A6 Target 査読

    Maho Yamamoto, Rina Kondo, Haruka Hozumi, Seita Doi, Miwako Denda, Masaki Magari, Naoki Kanayama, Naoya Hatano, Ryo Morishita, Hiroshi Tokumitsu

    Biomolecules   11 ( 4 )   510   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development and Characterization of Novel Molecular Probes for Ca²⁺/Calmodulin-Dependent Protein Kinase Kinase, Derived from STO-609. 査読 国際誌

    Satomi Ohtsuka, Yui Ozeki, Moeno Fujiwara, Tomoyuki Miyagawa, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Naoya Hatano, Futoshi Suizu, Teruhiko Ishikawa, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemistry   59 ( 17 )   1701 - 1710   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/acs.biochem.0c00149

    PubMed

    researchmap

  • Phosphorylation and dephosphorylation of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase β at Thr144 in HeLa cells. 査読 国際誌

    Shota Takabatake, Yusei Fukumoto, Satomi Ohtsuka, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Hiroyuki Sakagami, Naoya Hatano, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemical and Biophysical Research Communications   525 ( 1 )   251 - 257   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.02.056

    PubMed

    researchmap

  • IL-34 cell surface localization regulated by the 78 kDa glucose-regulated protein facilitates the differentiation of monocytic cells. 査読

    Sayaka Ogawa, Yukiko Matsuoka, Miho Takada, Kazue Matsui, Fumihiro Yamane, Eri Kubota, Shiori Yasuhara, Kentaro Hieda, Naoki Kanayama, Naoya Hatano, Hiroshi Tokumitsu, Masaki Magari

    The Journal of Biological Chemistry   294 ( 7 )   2386 - 2396   2019年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA118.006226

    PubMed

    researchmap

  • Regulation of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase β by cAMP signaling. 査読

    Shota Takabatake, Satomi Ohtsuka, Takeyuki Sugawara T, Naoya Hatano, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Hiroyuki Sakagami, Hiroshi Tokumitsu

    Biochimica et Biophysica Acta. General Subjects   1863 ( 4 )   672 - 680   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2018.12.012

    PubMed

    researchmap

  • Interaction of S100A6 with Target Proteins In Vitro and in Living Cells. 査読

    Kyohei Sakane, Fuminori Yamaguchi, Mitsumasa Tsuchiya, Rina Kondo, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Naoya Hatano, Ryoji Kobayashi, Hiroshi Tokumitsu

    Methods in Molecular Biology (Clifton, N.J.)   1929   367 - 377   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-9030-6_23

    PubMed

    researchmap

  • ヘルスシステムの理解とその応用 濾胞樹状細胞による抗体の親和性成熟の制御機構の解明(Interdisciplinary Science and Engineering in Health Systems Immunological functions of follicular dendritic cells on affinity maturation of antibody)

    Magari Masaki, Ogawa Sayaka, Matsuoka Yukiko, Takada Miho, Kanayama Naoki, Tokumitsu Hiroshi

    生物物理   58 ( Suppl.1-2 )   S197 - S197   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本生物物理学会  

    researchmap

  • Expression of Collagenase is Regulated by the VarS/VarA Two-Component Regulatory System in Vibrio alginolyticus. 査読 国際誌

    Takehiko Mima, Kazuyoshi Gotoh, Yumiko Yamamoto, Keiko Maeda, Taku Shirakawa, Shunsuke Matsui, Yumi Murata, Takaki Koide, Hiroshi Tokumitsu, Osamu Matsushita

    The Journal of Membrane Biology   251 ( 1 )   51 - 63   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00232-017-9991-9

    PubMed

    researchmap

  • AMP-activated protein kinase-mediated feedback phosphorylation controls the Ca²⁺/calmodulin (CaM) dependence of Ca²⁺/CaM-dependent protein kinase kinase β. 査読

    Akihiro Nakanishi, Naoya Hatano, Yuya Fujiwara, Arian Sha'ri, Shota Takabatake, Hiroki Akano, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Naohito Nozaki, Hiroshi Tokumitsu

    The Journal of Biological Chemistry   292 ( 48 )   19804 - 19813   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M117.805085

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Identification and characterization of a centrosomal protein, FOR20 as a novel S100A6 target 査読

    Kyohei Sakane, Miyu Nishiguchi, Miwako Denda, Fuminori Yamagchi, Masaki Magari, Naoki Kanayama, Ryo Morishita, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemical and Biophysical Research Communications   491 ( 4 )   980 - 985   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.07.161

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • SRSF1-3 contributes to diversification of the immunoglobulin variable region gene by promoting accumulation of AID in the nucleus 査読

    Yuka Kawaguchi, Hiroaki Nariki, Naoko Kawamoto, Yuichi Kanehiro, Satoshi Miyazaki, Mari Suzuki, Masaki Magari, Hiroshi Tokumitsu, Naoki Kanayama

    Biochemical and Biophysical Research Communications   485 ( 2 )   261 - 266   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.02.097

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Oxidative Stress Impairs the Stimulatory Effect of S100 Proteins on Protein Phosphatase 5 Activity 査読

    Fuminori Yamaguchi, Mitsumasa Tsuchiya, Seiko Shimamoto, Tomohito Fujimoto, Hiroshi Tokumitsu, Masaaki Tokuda, Ryoji Kobayashi

    Tohoku Journal of Experimental Medicine   240 ( 1 )   67 - 78   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1620/tjem.240.67

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Identification of striated muscle activator of Rho signaling (STARS) as a novel calmodulin target by a newly developed genome-wide screen 査読

    Yusui Furuya, Miwako Denda, Kyohei Sakane, Tomoko Ogusu, Sumio Takahashi, Masaki Magari, Naoki Kanayama, Ryo Morishita, Hiroshi Tokumitsu

    Cell Calcium   60 ( 1 )   32 - 40   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ceca.2016.04.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Differential AMP-activated Protein Kinase (AMPK) Recognition Mechanism of Ca²⁺/Calmodulin-dependent Protein Kinase Kinase Isoforms 査読

    Yuya Fujiwara, Yoshinori Kawaguchi, Tomohito Fujimoto, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Hiroshi Tokumitsu

    The Journal of Biological Chemistry   291 ( 26 )   13802 - 13808   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.727867

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • NUMB phosphorylation destabilizes p53 and promotes self-renewal of tumor-initiating cells by a NANOG-dependent mechanism in liver cancer 査読

    Hifzur R. Siddique, Douglas E. Feldman, Chia-Lin Chen, Vasu Punj, Hiroshi Tokumitsu, Keigo Machida

    Hepatology   62 ( 5 )   1466 - 1479   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.27987

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Analysis of Distinct Roles of CaMKK Isoforms Using STO-609-Resistant Mutants in Living Cells 査読

    Yuya Fujiwara, Yuri Hiraoka, Tomohito Fujimoto, Naoki Kanayama, Masaki Magari, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemistry   54 ( 25 )   3969 - 3977   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biochem.5b00149

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Compartmentalized AMPK Signaling Illuminated by Genetically Encoded Molecular Sensors and Actuators 査読

    Takafumi Miyamoto, Elmer Rho, Vedangi Sample, Hiroki Akano, Masaki Magari, Tasuku Ueno, Kirill Gorshkov, Melinda Chen, Hiroshi Tokumitsu, Jin Zhang, Takanari Inoue

    Cell Reports   11 ( 4 )   657 - 670   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2015.03.057

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Oxidized S100A4 inhibits the activation of protein phosphatase 5 through S100A1 in MKN‑45 gastric carcinoma cells. 査読

    Mitsumasa Tsuchiya, Fuminori Yamaguchi, Seiko Shimamoto, Tomohito Fujimoto, Hiroshi Tokumitsu, Masaaki Tokuda, Ryoji Kobayashi

    International Journal of Molecular Medicine   34 ( 6 )   1713 - 1719   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijmm.2014.1947

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ca²⁺/S100 proteins inhibit the interaction of FKBP38 with Bcl-2 and Hsp90. 査読

    Seiko Shimamoto, Mitsumasa Tsuchiya, Fuminori Yamaguchi, Yasuo Kubota, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    The Biochemical Journal   458 ( 1 )   141 - 152   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20130924

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Suramin is a Novel Activator of PP5 and Biphasically Modulates S100-Activated PP5 Activity 査読

    Fuminori Yamaguchi, Sho Yamamura, Seiko Shimamoto, Hiroshi Tokumitsu, Masaaki Tokuda, Ryoji Kobayashi

    Applied Biochemistry and Biotechnology   172 ( 1 )   237 - 247   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12010-013-0522-6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ca²⁺/S100 proteins regulate HCV virus NS5A-FKBP8/FKBP38 interaction and HCV virus RNA replication. 査読

    Joji Tani, Seiko Shimamoto, Kyoko Mori, Nobuyuki Kato, Kohji Moriishi, Yoshiharu Matsuura, Hiroshi Tokumitsu, Mitsumasa Tsuchiya, Tomohito Fujimoto, Kiyohito Kato, Hisaaki Miyoshi, Tsutomu Masaki, Ryoji Kobayashi

    Liver International : Official Journal of the International Association for the Study of the Liver   33 ( 7 )   1008 - 1018   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:7  

    DOI: 10.1111/liv.12151

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ca²⁺/S100 proteins act as upstream regulators of the chaperone-associated ubiquitin ligase CHIP (C terminus of Hsc70-interacting protein). 査読

    Seiko Shimamoto, Yasuo Kubota, Fuminori Yamaguchi, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   288 ( 10 )   7158 - 7168   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:10  

    DOI: 10.1074/jbc.M112.436758

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • In vitro substrate phosphorylation by Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase using guanosine-5'-triphosphate as a phosphate donor. 査読

    Saki Yurimoto, Tomohito Fujimoto, Masaki Magari, Naoki Kanayama, Ryoji Kobayashi, Hiroshi Tokumitsu

    BMC Biochemistry   13   27   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2091-13-27

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • S100 proteins modulate protein phosphatase 5 function: a link between Ca²⁺ signal transduction and protein dephosphorylation. 査読

    Fuminori Yamaguchi, Yoshinori Umeda, Seiko Shimamoto, Mitsumasa Tsuchiya, Hiroshi Tokumitsu, Masaaki Tokuda, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   287 ( 17 )   13787 - 13798   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:17  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.329771

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Local application of neurotrophins specifies axons through inositol 1,4,5-trisphosphate, calcium, and Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinases. 査読

    Shinichi Nakamuta, Yasuhiro Funahashi, Takashi Namba, Nariko Arimura, Marina R. Picciotto, Hiroshi Tokumitsu, Thomas R. Soderling, Akira Sakakibara, Takaki Miyata, Hiroyuki Kamiguchi, Kozo Kaibuchi

    Science Signaling   4 ( 199 )   ra76   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:199  

    DOI: 10.1126/scisignal.2002011

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Generation of Autonomous Activity of Ca²⁺/Calmodulin-Dependent Protein Kinase Kinase β by Autophosphorylation. 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Naoya Hatano, Tomohito Fujimoto, Said Yurimoto, Ryoji Kobayashi

    Biochemistry   50 ( 38 )   8193 - 8201   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi201005g

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Analysis of CaM-kinase signaling in cells 査読

    Gary A. Wayman, Hiroshi Tokumitsu, Monika A. Davare, Thomas R. Soderling

    Cell Calcium   50 ( 1 )   1 - 8   2011年7月

     詳細を見る

  • Identification of a novel CaMKK substrate 査読

    Tomohito Fujimoto, Naoya Hatano, Naohito Nozaki, Saki Yurimoto, Ryoji Kobayashi, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemical and Biophysical Research Communications   410 ( 1 )   45 - 51   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.05.102

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Exendin-4 regulates GLUT2 expression via the CaMKK/CaMKIV pathway in a pancreatic β-cell line. 査読

    Ke Chen, Xiao Yu, Koji Murao, Hitomi Imachi, Junhua Li, Tomie Muraoka, Hisashi Masugata, Guo-Xing Zhang, Ryoji Kobayashi, Toshihiko Ishida, Hiroshi Tokumitsu

    Metabolism: Clinical and Experimental   60 ( 4 )   579 - 585   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:4  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2010.06.002

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Regulation of nuclear localization signal-importin alpha interaction by Ca²⁺/S100A6 査読

    Maki Takata, Seiko Shimamoto, Fuminori Yamaguchi, Masaaki Tokuda, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    FEBS Letters   584 ( 22 )   4517 - 4523   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2010.09.052

    Web of Science

    researchmap

  • Identification and characterization of PRG-1 as a neuronal calmodulin-binding protein 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Naoya Hatano, Mitsumasa Tsuchiya, Saki Yurimoto, Tomohito Fujimoto, Naoki Ohara, Ryoji Kobayashi, Hiroyuki Sakagami

    Biochemical Journal   431 ( 1 )   81 - 91   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20100637

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Inactivation of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase I by S-glutathionylation of the active-site cysteine residue. 査読 国際誌

    Toshie Kambe, Tao Song, Tsuyoshi Takata, Naoya Hatano, Yoshiaki Miyamoto, Naohito Nozaki, Yasuhito Naito, Hiroshi Tokumitsu, Yasuo Watanabe

    FEBS Letters   584 ( 11 )   2478 - 84   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:11  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2010.04.059

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Exendin-4 regulates pancreatic ABCA1 transcription via CaMKK/CaMKIV pathway 査読

    Junhua Li, Koji Murao, Hitomi Imachi, Hisashi Masugata, Hisakazu Iwama, Satoshi Tada, Guo-Xing Zhang, Ryoji Kobayashi, Toshihiko Ishida, Hiroshi Tokumitsu

    Journal of Cellular and Molecular Medicine   14 ( 5 )   1083 - 1087   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1582-4934.2009.00955.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • S100 proteins regulate the interaction of Hsp90 with Cyclophilin 40 and FKBP52 through their tetratricopeptide repeats 査読

    Seiko Shimamoto, Yasuo Kubota, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    FEBS Letters   584 ( 6 )   1119 - 1125   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2010.02.055

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Breast cancer cells expressing stem cell markers CD44+ CD24 lo are eliminated by Numb-1 peptide-activated T cells 査読

    Takashi Mine, Satoko Matsueda, Yufeng Li, Hiroshi Tokumitsu, Hui Gao, Cristopher Danes, Kwong-Kwok Wong, Xinhui Wang, Soldano Ferrone, Constantin G. Ioannides

    Cancer Immunology, Immunotherapy   58 ( 8 )   1185 - 1194   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cancer stem cells (CSC) are resistant to chemo- and radiotherapy. To eliminate cells with phenotypic markers of CSC-like we characterized: (1) expression of CD44, CD24, CD133 and MIC-A/B (NKG2 receptors) in breast (MCF7) and ovarian (SK-OV-3) cells resistant to gemcitabine (GEM), paclitaxel (PTX) and 5-fluorouracil (5-FU) and (2) their elimination by Numb- and Notch-peptide activated CTL. The number of cells in all populations with the luminal CSC phenotype [epithelial specific antigen+ (ESA) CD44hi CD24lo, CD44hi CD133+, and CD133+ CD24lo] increased in drug-resistant MCF7 and SK-OV-3 cells. Similarly, the number of cells with expressed MIC-A/B increased 4 times in drug-resistant tumor cells compared with drug-sensitive cells. GEMRes MCF7 cells had lower levels of the Notch-1-extracellular domain (NECD) and Notch trans-membrane intracellular domain (TMIC) than GEMSens MCF7. The levels of Numb, and Numb-L-[P]-Ser265 were similar in GEM Res and GEMSens MCF7 cells. Only the levels of Numb-L (long)-Ser295 decreased slightly. This finding suggests that Notch-1 cleavage to TMIC is inhibited in GEMRes MCF7 cells. PBMC activated by natural immunogenic peptides Notch-1 (2112-2120) and Numb-1 (87-95) eliminated NICDpositive, CD24hi CD24lo MCF7 cells. It is likely that the immunogenic Numb-1 peptide in MCF7 cells originated from Numb, [P]-lated by an unknown kinase, because staurosporine but not wortmannin and MAPK-inhibitors decreased peptide presentation. Numb and Notch are antagonistic proteins which degrade each other to stop and activate cell proliferation, respectively. Their peptides are presented alternatively. Targeting both antagonistic proteins should be useful to prevent metastases in patients whose tumors are resistant to conventional treatments. © 2008 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/s00262-008-0623-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Identification and Characterization of Wolframin, the Product of the Wolfram Syndrome Gene (WFS1), as a Novel Calmodulin-Binding Protein 査読

    Saki Yurimoto, Naoya Hatano, Mitsumasa Tsuchiya, Kiyohito Kato, Tomohito Fujimoto, Tsutomu Masaki, Ryoji Kobayashi, Hiroshi Tokumitsu

    Biochemistry   48 ( 18 )   3946 - 3955   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi900260y

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Interactions of S100A2 and S100A6 with the tetratricopeptide repeat proteins, Hsp90/Hsp70-organizing protein and kinesin light chain 査読

    Seiko Shimamoto, Maki Takata, Masaaki Tokuda, Fumikazu Oohira, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   283 ( 42 )   28246 - 28258   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M801473200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Calmodulin-kinases: Modulators of neuronal development and plasticity 査読

    Gary A. Wayman, Yong-Seok Lee, Hiroshi Tokumitsu, Alcino Silva, Thomas R. Soderling

    Neuron   59 ( 6 )   914 - 931   2008年9月

  • The role of calcium/calmodulin-dependent protein kinase cascade on MIP-1 alpha gene expression of ATL cells 査読

    Kensuke Matsumoto, Koji Murao, Hitomi Imachi, Takamasa Nishiuchi, Wenming Cao, Xiao Yu, Junhua Li, Rania A. M. Ahmed, Hisakazu Iwama, Ryoji Kobayashi, Hiroshi Tokumitsu, Toshihiko Ishida

    Experimental Hematology   36 ( 4 )   390 - 400   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exphem.2007.11.013

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Activation of SAD kinase by Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase. 査読

    Fujimoto T, Yurimoto S, Hatano N, Nozaki N, Sueyoshi N, Kameshita I, Mizutani A, Mikoshiba K, Kobayashi R, Tokumitsu H

    Biochemistry   47 ( 13 )   4151 - 4159   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:13  

    DOI: 10.1021/bi702528r

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 14-3-3 Proteins directly regulate Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase alpha through phosphorylation-dependent multisite binding. 査読

    Tohru Ichimura, Masato Taoka, Yasukazu Hozumi, Kaoru Goto, Hiroshi Tokumitsu

    FEBS Letters   582 ( 5 )   661 - 665   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:5  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2008.01.037

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Distinct developmental expression of two isoforms of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinases and their involvement in hippocampal dendritic formation. 査読

    Akifumi Kamata, Hiroyuki Sakagami, Hiroshi Tokumitsu, Masashi Sanda, Yuji Owada, Kohji Fukunaga, Hisatake Kondo

    Neuroscience Letters   423 ( 2 )   143 - 148   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2007.07.003

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Spatiotemporal expression of four isoforms of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase I in brain and its possible roles in hippocampal dendritic growth. 査読

    Akifumi Kamata, Hiroyuki Sakagami, Hiroshi Tokumitsu, Yuji Owada, Kohji Fukunaga, Hisatake Kondo

    Neuroscience Research   57 ( 1 )   86 - 97   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:1  

    DOI: 10.1016/j.neures.2006.09.013

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Knockdown of nuclear Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase phosphatase causes developmental abnormalities in zebrafish 査読

    Takaki Nimura, Noriyuki Sueyoshi, Atsuhiko Ishida, Yukihiro Yoshimura, Makoto Ito, Hiroshi Tokumitsu, Yasushi Shigeri, Naohito Nozaki, Isamu Kameshita

    Archives of Biochemistry and Biophysics   457 ( 2 )   205 - 216   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.abb.2006.09.034

    Web of Science

    researchmap

  • Phosphorylation of Numb regulates its interaction with the clathrin-associated adaptor AP-2 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Naoya Hatano, Shigeyuki Yokokura, Yuka Sueyoshi, Naohito Nozaki, Ryoji Kobayashi

    FEBS Letters   580 ( 24 )   5797 - 5801   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2006.09.043

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Phosphorylation of Numb family proteins. Possible involvement of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinases. 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Naoya Hatano, Hiroyuki Inuzuka, Yuka Sueyoshi, Shigeyuki Yokokura, Toru Ichimura, Naohito Nozaki, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   280 ( 42 )   35108 - 35118   2005年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:42  

    DOI: 10.1074/jbc.M503912200

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Role of calcium-calmodulin-dependent protein kinase cascade in thyrotropin (TSH)-releasing hormone induction of TSH and prolactin gene expression 査読

    Koji Murao, Hitomi Imachi, Wen M Cao, Xiao Yu, Hiroshi Tokumitsu, Hiroyuki Inuzuka, Norman C W Wong, Margaret A Shupnik, Ryoji Kobayashi, Toshihiko Ishida

    Endocrinology   145 ( 11 )   4846 - 4852   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2004-0544

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mechanism of the generation of autonomous activity of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase IV. 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Naoya Hatano, Hiroyuki Inuzuka, Shigeyuki Yokokura, Naohito Nozaki, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   279 ( 39 )   40296 - 40302   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:39  

    DOI: 10.1074/jbc.M406534200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Calcium/calmodulin-dependent protein kinase I inhibits neuronal nitric-oxide synthase activity through serine 741 phosphorylation. 査読 国際誌

    Tao Song, Naoya Hatano, Mariko Horii, Hiroshi Tokumitsu, Fuminori Yamaguchi, Masaaki Tokuda, Yasuo Watanabe

    FEBS Letters   570 ( 1-3 )   133 - 7   2004年7月

     詳細を見る

  • The role of calcium/calmodulin-dependent protein kinase cascade in glucose upregulation of insulin gene expression 査読

    Xiao Yu, Koji Murao, Yoshitaka Sayo, Hitomi Imachi, Wen M Cao, Shouji Ohtsuka, Michio Niimi, Hiroshi Tokumitsu, Hiroyuki Inuzuka, Norman C W Wong, Ryoji Kobayashi, Toshihiko Ishida

    Diabetes   53 ( 6 )   1475 - 1481   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/diabetes.53.6.1475

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Regulation of axonal extension and growth cone motility by calmodulin-dependent protein kinase I 査読

    Gary A Wayman, Stefanie Kaech, Wilmon F Grant, Monika Davare, Soren Impey, Hiroshi Tokumitsu, Naohito Nozaki, Gary Banker, Thomas R Soderling

    Journal of Neuroscience   24 ( 15 )   3786 - 3794   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3294-03.2004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • S100A1 is a novel molecular chaperone and a member of the Hsp70/Hsp90 multichaperone complex 査読

    Miki Okada, Takashi Hatakeyama, Hideaki Itoh, Naoki Tokuta, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   279 ( 6 )   4221 - 4233   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M309014200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Regulatory mechanism of Dictyostelium myosin light chain kinase A 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Naoya Hatano, Hiroyuki Inuzuka, Yumi Ishikawa, Taro QP Uyeda, Janet L Smith, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   279 ( 1 )   42 - 50   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M309621200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Hsp90 is a direct target of the anti-allergic drugs disodium cromoglycate and amlexanox 査読

    Miki Okada, Hideaki Itoh, Takashi Hatakeyama, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    The Biochemical Journal   374   433 - 441   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20030351

    Web of Science

    researchmap

  • Identification and characterization of novel components of a Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase cascade in HeLa cells. 査読

    Yumi Ishikawa, Hiroshi Tokumitsu, Hiroyuki Inuzuka, Maki Murata-Hori, Hiroshi Hosoya, Ryoji Kobayashi

    FEBS Letters   550 ( 1-3 )   57 - 63   2003年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:1-3  

    DOI: 10.1016/S0014-5793(03)00817-2

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Post-synaptic density-95 promotes calcium/calmodulin-dependent protein kinase II-mediated Ser847 phosphorylation of neuronal nitric oxide synthase. 査読 国際誌

    Yasuo Watanabe, Tao Song, Katsuyoshi Sugimoto, Mariko Horii, Nobukazu Araki, Hiroshi Tokumitsu, Tohru Tezuka, Tadashi Yamamoto, Masaaki Tokuda

    The Biochemical Journal   372 ( Pt 2 )   465 - 71   2003年6月

     詳細を見る

  • A single amino acid difference between alpha and beta Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase dictates sensitivity to the specific inhibitor, STO-609. 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Hiroyuki Inuzuka, Yumi Ishikawa, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   278 ( 13 )   10908 - 10913   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:13  

    DOI: 10.1074/jbc.M213183200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Characterization of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase I as a myosin II regulatory light chain kinase in vitro and in vivo. 査読

    Suizu F, Fukuta Y, Ueda K, Iwasaki T, Tokumitsu H, Hosoya H

    The Biochemical Journal   367 ( 2 )   335 - 345   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pt 2  

    DOI: 10.1042/BJ20020536

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • A CaMK cascade activates CRE-mediated transcription in neurons of Caenorhabditis elegans 査読

    Yoshishige Kimura, Ethan E Corcoran, Koh Eto, Keiko Gengyo-Ando, Masa-Aki Muramatsu, Ryoji Kobayashi, Jonathan H Freedman, Shohei Mitani, Masatoshi Hagiwara, Anthony R Means, Hiroshi Tokumitsu

    EMBO Reports   3 ( 10 )   962 - 966   2002年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/embo-reports/kvf191

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Transcriptional regulation of nuclear orphan receptor, NOR-1, by Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase cascade. 査読

    Hiroyuki Inuzuka, Hiroshi Tokumitsu, Naganari Ohkura, Ryoji Kobayashi

    FEBS Letters   522 ( 1-3 )   88 - 92   2002年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:1-3  

    DOI: 10.1016/S0014-5793(02)02890-9

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • STO-609, a specific inhibitor of the Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase. 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Hiroyuki Inuzuka, Yumi Ishikawa, Masahiko Ikeda, Ikutaro Saji, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   277 ( 18 )   15813 - 15818   2002年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:18  

    DOI: 10.1074/jbc.M201075200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Interaction of S100 proteins with the antiallergic drugs, olopatadine, amlexanox, and cromolyn: Identification of putative drug binding sites on S100A1 protein 査読

    Miki Okada, Hiroshi Tokumitsu, Yasuo Kubota, Ryoji Kobayashi

    Biochemical and Biophysical Research Communications   292 ( 4 )   1023 - 1030   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.2002.6761

    Web of Science

    researchmap

  • Differential regulatory mechanism of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase isoforms 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Masato Iwabu, Yumi Ishikawa, Ryoji Kobayashi

    Biochemistry   40 ( 46 )   13925 - 13932   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Target-induced conformational adaptation of calmodulin revealed by the crystal structure of a complex with nematode Ca²⁺/calmodulin-dependent kinase kinase peptide 査読

    Hirofumi Kurokawa, Masanori Osawa, Hiroyuki Kurihara, Naoko Katayama, Hiroshi Tokumitsu, Mark B Swindells, Masatsune Kainosho, Mitsuhiko Ikura

    Journal of Molecular Biology   312 ( 1 )   59 - 68   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/jmbi.2001.4822

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Regulatory mechanism of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Masa-aki Muramatsu, Mitsuhiko Ikura, Ryoji Kobayashi

    The Journal of Biological Chemistry   275 ( 26 )   20090 - 20095   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Identification of tranilast-binding protein as 36-kDa microfibril-associated glycoprotein by drug affinity chromatography, and its localization in human skin 査読

    Hiromi Furuichi, Kayoko Yamashita, Miki Okada, Tetsuhiko Toyoshima, Yuiro Hata, Shigehiko Suzuki, Toshifumi Itano, Tsuyoshi Shishibori, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi

    Biochemical and Biophysical Research Communications   270 ( 3 )   1002 - 1008   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.2000.2480

    Web of Science

    researchmap

  • A novel target recognition revealed by calmodulin in complex with Ca²⁺-calmodulin-dependent kinase kinase 査読

    Masanori Osawa, Hiroshi Tokumitsu, Mark B Swindells, Hiroyuki Kurihara, Masaya Orita, Tadao Shibanuma, Toshio Furuya, Mitsuhiko Ikura

    Nature Structural Biology   6 ( 9 )   819 - 824   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase cascade in Caenorhabditis elegans - Implication in transcriptional activation 査読

    Koh Eto, Naomi Takahashi, Yoshishige Kimura, Yasuhiko Masuho, Ken-ichi Arai, Masa-aki Muramatsu, Hiroshi Tokumitsu

    The Journal of Biological Chemistry   274 ( 32 )   22556 - 22562   1999年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Substrate recognition by Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase - Role of the Arg-Pro-rich insert domain 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Naomi Takahashi, Koh Eto, S Yano, Thomas R Soderling, Masa-aki Muramatsu

    The Journal of Biological Chemistry   274 ( 22 )   15803 - 15810   1999年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Calcium promotes cell survival through CaM-K kinase activation of the protein-kinase-B pathway 査読

    Shigetoshi Yano, Hiroshi Tokumitsu, Thomas R Sodeling

    Nature   396 ( 6711 )   584 - 587   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Identification of mouse ULK1, a novel protein kinase structurally related to C-elegans UNC-51 査読

    Jin Yan, Hidehito Kuroyanagi, Asato Kuroiwa, Yo-ichi Matsuda, Hiroshi Tokumitsu, Toshifumi Tomoda, Takuji Shirasawa, Masa-aki Muramatsu

    Biochemical and Biophysical Research Communications   246 ( 1 )   222 - 227   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.8546

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The Ca²⁺/calmodulin-dependent kinase type IV is involved in the CD5-mediated signaling pathway in human T lymphocytes 査読

    Sonja I Gringhuis, Lou FMH de Leij, Gary A Wayman, Hiroshi Tokumitsu, Edo Vellenga

    The Journal of Biological Chemistry   272 ( 50 )   31809 - 31820   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Calcium/calmodulin-dependent protein kinase kinase: Identification of regulatory domains 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Gary A Wayman, Masa-aki Muramatsu, Thomas R Soderling

    Biochemistry   36 ( 42 )   12823 - 12827   1997年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Inhibitory cross-talk by cAMP kinase on the calmodulin-dependent protein kinase cascade 査読

    Gary A Wayman, Hiroshi Tokumitsu, Thomas R Soderling

    The Journal of Biological Chemistry   272 ( 26 )   16073 - 16076   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Regulation of mitogen-activated protein kinases by a calcium/calmodulin-dependent protein kinase cascade 査読

    Herve Enslen, Hiroshi Tokumitsu, Philip JS Stork, Roger J Davis, Thomas R Soderling

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   93 ( 20 )   10803 - 10808   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Requirements for calcium and calmodulin in the calmodulin kinase activation cascade 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Thomas R Soderling

    The Journal of Biological Chemistry   271 ( 10 )   5617 - 5622   1996年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization of a Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase cascade. Molecular cloning and expression of calcium/calmodulin-dependent protein kinase kinase 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Herve Enslen, Thomas R Soderling

    The Journal of Biological Chemistry   270 ( 33 )   19320 - 19324   1995年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • The long amino-terminal tail domain of annexin XI is necessary for its nuclear localization 査読

    Akihiro Mizutani, Naoko Watanabe, Toshinori Kitao, Hiroshi Tokumitsu, Hiroyoshi Hidaka

    Archives of Biochemistry and Biophysics   318 ( 1 )   157 - 165   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/abbi.1995.1216

    Web of Science

    researchmap

  • Phosphorylation of CREB by CaM-kinase IV activated by CaM-kinase IV kinase 査読

    Herve Enslen, Hiroshi Tokumitsu, Thomas R Soderling

    Biochemical and Biophysical Research Communications   207 ( 3 )   1038 - 1043   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • NFATx, a novel member of the nuclear factor of activated T cells family that is expressed predominantly in the thymus 査読

    Esteban S. Masuda, Yoshiyuki Naito, Hiroshi Tokumitsu, Dave Campbell, Fumiko Saito, Charles Hannum, Ken-Ichi Arai, Naoko Arai

    Molecular and Cellular Biology   15 ( 5 )   2697 - 2706   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.15.5.2697

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Activation mechanisms for Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase IV. Identification of a brain CaM-kinase IV kinase 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Debra A Brickey, John Glod, Hiroyoshi Hidaka, James Sikela, Thomas R Ssoderling

    The Journal of Biological Chemistry   269 ( 46 )   28640 - 28647   1994年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Calcineurin potentiates activation of the granulocyte-macrophage colony-stimulating factor gene in T cells: involvement of the conserved lymphokine element 0 査読

    AkioTsuboi, EstebanS.Masuda, YoshiyukiNaito, Hiroshi Tokumitsu, Ken-ichi Arait, Naoko Arai

    Molecular Biology of the Cell   5 ( 1 )   119 - 128   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • The granulocyte-macrophage colony-stimulating factor promoter cis-acting element CLE0 mediates induction signals in T cells and is recognized by factors related to AP1 and NFAT 査読

    Esteban S Masuda, Hiroshi Tokumitsu, Akio Tsuboi, Joseph Shlomai, Peggy Hung, K en-ichi Arai, Naoko Arai

    Molecular and Cellular Biology   13 ( 12 )   7399 - 7407   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Binding site of annexin XI on the calcyclin molecule. 査読

    Masato Watanabe, Yuko Ando, Hiroshi Tokumitsu, Hiroyoshi Hidaka

    Biochemical and Biophysical Research Communications   196 ( 3 )   1376 - 1382   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Purification of the 120 kDa component of the human nuclear factor of activated T cells (NF-AT): reconstitution of binding activity to the cis-acting element of the GM-CSF and IL-2 promoter with AP-1 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Esteban S Masuda, Akio Tsuboi, Ken-ichi Arai, Naoko Arai

    Biochemical and Biophysical Research Communications   196 ( 2 )   737 - 744   1993年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Phosphorylation of annexin XI (CAP-50) in SR-3Y1 cells 査読

    Akihiro Mizutani, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi, Hiroyoshi Hidaka

    The Journal of Biological Chemistry   268 ( 21 )   15517 - 15522   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Calcyclin-binding site located on the NH2-terminal domain of rabbit CAP-50 (annexin XI): functional expression of CAP-50 in Escherichia coli 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Akihiro Mizutani, Hiroyoshi Hidaka

    Archives of Biochemistry and Biophysics   303 ( 2 )   302 - 306   1993年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Site-directed mutation makes rabbit calcyclin dimer 査読

    Yuhko Ando, Masato Watanabe, Hajime Akatsuka, Hiroshi Tokumitsu, Hiroyoshi Hidaka

    FEBS Letters   314 ( 2 )   109 - 113   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Molecular cloning of rabbit CAP-50, a calcyclin-associated annexin protein 査読

    Hiroshi Tokumitsu, AkihiroMizutani, Masa-akiMuramatsu, TakashiYokota, Ken-ichiArai, HiroyoshiHidaka

    Biochemical and Biophysical Research Communications   186 ( 3 )   1227 - 1235   1992年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Specific binding of CAP-50 to calcyclin. 査読 国際誌

    H Minami, H Tokumitsu, A Mizutani, Y Watanabe, M Watanabe, H Hidaka

    FEBS letters   305 ( 3 )   217 - 9   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CAP-50, a calcyclin-associated protein with an apparent molecular mass of 50 kDa, was purified and proved to be a novel annexin [Tokumitsu, H. et al. (1992) J. Biol. Chem. 267, 8919-8924]. We examined the binding of CAP-50 to other Ca(2+)-binding proteins which have two of four EF-hand structures, by a co-precipitation assay with phospholipid (phosphatidylserine). Among nine Ca(2+)-binding proteins (calcyclin, S-100 proteins, p11, calgizzarin, calvasculin, calmodulin and troponin C) examined, only calcyclin interacted with CAP-50. These results clearly show that the interaction of CAP-50 to calcyclin is specific, i.e. other Ca(2+)-binding proteins with the EF-hand structure could not substitute for calcyclin, thereby suggesting the possible role in specific regulation of the function of CAP-50 by Ca2+/calcyclin.

    PubMed

    researchmap

  • CAP-50, a newly identified annexin, localizes in nuclei of cultured fibroblast 3Y1 cells 査読

    Akihiro Mizutani, Nobuteru Usuda, Hiroshi Tokumitsu, HiroyukMiinami, KiyoshiYasui, Ryoji Kobayashi, Hiroyoshi Hidak

    The Journal of Biological Chemistry   267 ( 19 )   13498 - 13504   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • A calcyclin-associated protein is a newly identified member of the Ca²⁺/phospholipid-binding proteins, annexin family 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Akihiro Mizutani, Hiroyuki Minami, Ryoji Kobayashi, Hiroyoshi Hidaka

    The Journal of Biological Chemistry   267 ( 13 )   8919 - 8924   1992年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Acidic calmodulin binding protein, ACAMP-81, is MARCKS protein interacting with synapsin I 査読

    Akihiro Mizutani, Hiroshi Tokumitsu, HiroyoshiHidaka

    Biochemical and Biophysical Research Communications   182 ( 3 )   1395 - 1401   1992年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Identification of two subtypes of protein kinase C in human placenta 査読

    Seiji Nomura, Hiroshi Tokumitsu, Shigehiko Mizutani, Osamu Narita, Yutaka Tomada, Hiroyoshi Hidaka

    Placenta   12 ( 6 )   605 - 613   1991年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Ca²⁺/calmodulin-dependent protein phosphorylation associated with the cytoskeleton of quiescent rat fibroblast (3Y1) cells 査読

    Motomu Terasawa, Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi, Hiroyoshi Hidaka

    The Journal of Biochemistry   110 ( 3 )   417 - 422   1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • A calcium-binding protein from rabbit lung cytosol identified as the product of growth-regulated gene (2A9) and its binding proteins 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Ryoji Kobayashi, Hiroyoshi Hidaka

    Archives of Biochemistry and Biophysics   288 ( 1 )   202 - 207   1991年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Phosphorylation of bovine brain 81-kDa acidic calmodulin binding protein (ACAMP-81) in vitro 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Akihiro Mizutani, Masato Watanabe, Hiroyoshi Hidaka

    Archives of Biochemistry and Biophysics   286 ( 1 )   94 - 98   1991年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • KN-62, 1-[N,O-bis(5-isoquinolinesulfonyl)-N-methyl-L-tyrosyl]-4-phenylpiperazine, a specific inhibitor of Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase II 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Takashi Chijiwa, Masatoshi Hagiwara, Akihiro Mizutani, Motomu Terasawa, Hiroyoshi Hidaka

    The Journal of Biological Chemistry   265 ( 8 )   4315 - 4320   1990年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Novel and selective inhibitors of CaM-kinase II and other calmodulin-dependent enzymes 査読

    Hiroyoshi Hidaka, Masato Hagiwara, Hiroshi Tokumitsu

    Advances in Experimental Medicine and Biology   269   159 - 162   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Anti-gizzard MLCK monoclonal antibody MM13 inhibits superprecipitation and phosphorylation of bovine aortic smooth muscle actomyosin 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Masatoshi Hagiwara, Koji Onoda, Hiroyoshi Hidaka

    The Journal of Biochemistry   106 ( 3 )   511 - 514   1989年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Purification and characterization of 81K, heat stable calmodulin-binding protein from bovine brain 査読

    Hiroshi Tokumitsu, Akihiro Mizutani, Seiji Nomura, Masato Watanabe, Hiroyoshi Hidaka

    Biochemical and Biophysical Research Communications   163 ( 1 )   581 - 588   1989年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • Monoclonal antibody assessment of tissue- and species-specific myosin light chain kinase isozymes 査読

    Masatoshi Hagiwara, Hiroshi Tokumitsu, Koji Onoda, Toshio Tanaka, Masaaki Ito, Nobuo Kato, Hiroyoshi Hidaka

    The Journal of Biochemistry   106 ( 1 )   71 - 75   1989年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase —カルシウムシグナル伝達から創薬へ—

    徳光 浩( 担当: 単著 ,  範囲: 全て)

    公益財団法人 日本生化学会  2018年8月 

     詳細を見る

MISC

  • BCRシグナル伝達を介したAID発現制御の解析

    石橋朋之, 梶浦雄也, 久原亜弓, 大柳翔, 秋山美咲, 曲正樹, 徳光浩, 金山直樹

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • 新規S100A6標的分子(HMG20A)の同定と相互作用解析

    山本真穂, 近藤里奈, 傳田美和子, 土居青太, 金山直樹, 曲正樹, 森下了, 徳光浩

    日本生化学会大会(Web)   92nd   2019年

     詳細を見る

  • 筋肉特異的Calmodulin結合分子,Striated Muscle Activator of Rho Signaling(STARS)の分子間相互作用解析

    赤木魁, 田中啓之, 金山直樹, 曲正樹, 波多野直哉, 徳光浩

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • CaMKKβのリン酸化/脱リン酸化による動的制御機構の解明

    高畠翔太, 福本侑世, 金山直樹, 曲正樹, 波多野直哉, 徳光浩

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • 濾胞樹状細胞表面に発現するIL-34がB細胞活性化能力を有する単球系細胞の分化に関与する

    曲正樹, 小川紗也香, 松岡由希子, 高田美帆, 金山直樹, 波多野直哉, 徳光浩

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • 濾胞樹状細胞の活性化に伴い高発現する分子の探索とその機能解析

    西岡美玖, 西岡美穂, 小川紗也香, 波多野直哉, 金山直樹, 徳光浩, 曲正樹

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase kinase—カルシウムシグナル伝達から創薬へ— 査読

    徳光 浩

    生化学   90 ( 4 )   452 - 461   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2018.900452

    researchmap

  • GRP78により発現制御される濾胞樹状細胞表面のIL-34が単球系細胞の分化に関与する

    小川紗也香, 松岡由希子, 高田美帆, 松井一恵, 山根文寛, 安原詩織, 金山直樹, 波多野直哉, 徳光浩, 曲正樹

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st   2018年

     詳細を見る

  • Analysis of a role for SRSF1-3 in a transcription-coupled process during IgV hypermutation

    Y. Kawaguchi, K. Yokoyama, N. Kawamoto, H. Nariki, Y. Matsuyama, Y. Kanehiro, T. Hikasa, M. Magari, H. Ohmori, H. Tokumitsu, N. Kanayama

    EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   46   1267 - 1268   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • SRSF1-3 has a role in nuclear localization of AID by regulating its nuclear export

    N. Kanayama, Y. Kawaguchi, N. Kawamoto, H. Nariki, S. Miyazaki, K. Yokoyama, M. Magari, H. Ohmori, H. Tokumitsu

    EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   46   1142 - 1142   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • IL-34-dependent differentiation of monocytic cell with B cell stimulating activity

    M. Magari, S. Ogawa, Y. Toya, K. Hieda, F. Yamane, N. Kanayama, H. Tokumitsu, H. Ohmori

    EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   46   1139 - 1139   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • インターラクトーム解析法を用いたヒトS100A6標的分子の探索

    坂根恭平, 西口みゆ, 古谷雄穂, 傳田美和子, 山口文徳, 曲正樹, 金山直樹, 森下了, 徳光浩

    日本生化学会大会(Web)   88th   1P0204 (WEB ONLY) - [1P0204]   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Ca2+/Calmodulin結合型転写因子の網羅的同定

    太尾田泰成, 大西和貴, 古谷雄穂, 傳田美和子, 金山直樹, 曲正樹, 森下了, 徳光浩

    日本生化学会大会(Web)   88th   3P0185 (WEB ONLY)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒトCalmodulin標的分子の網羅的同定

    古谷雄穂, 西口みゆ, 傳田美和子, 曲正樹, 金山直樹, 森下了, 徳光浩

    日本生化学会大会(Web)   87th   4T14A-01(3P-324) (WEB ONLY) - 01]   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3P-032 変異能力を備えたB細胞株を用いた抗体の機能改変(抗体工学,一般講演)

    金山 直樹, 渡邊 康二, 古賀 舞, 川上 夏奈江, 植月 英智, 徳光 浩, 曲 正樹, 大森 斉

    日本生物工学会大会講演要旨集   66   202 - 202   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生物工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016046032

  • S 100 PROTEINS MODULATE PROTEIN PHOSPHATASE 5 FUNCTION : A LINK BETWEEN Ca2+ SIGNAL TRANSDUCTION AND PROTEIN DEPHOSPHORYLATION

    Fuminori Yamaguchi, Yoshinori Umeda, Seiko Shimamoto, Mitsumasa Tsuchiya, Hiroshi Tokumitsu, Masaaki Tokuda, Ryoji Kobayashi

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63   S139 - S139   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Web of Science

    researchmap

  • 3P-002 B細胞抗原レセプター依存性アポトーシスの制御によるニワトリB細胞株DT40-SWを用いた高親和性抗体の作製

    古賀 舞, 池田 美香, 小嶋 宏侑, 川上 夏奈江, 渡邊 康二, 徳光 浩, 曲 正樹, 大森 斉, 金山 直樹

    日本生物工学会大会講演要旨集   65   188 - 188   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生物工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014247581

  • 3P-003 変異能力を有するB細胞株DT40-SWを用いたタンパク質ディスプレーシステムにおけるタンパク質進化

    渡邊 康二, 日笠 卓哉, 植月 英知, 徳光 浩, 曲 正樹, 大森 斉, 金山 直樹

    日本生物工学会大会講演要旨集   65   189 - 189   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生物工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014247582

  • [Small-molecule modulator of calcium signaling]. 査読

    Kobayashi R, Tokumitsu H, Fujimoto T

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70 Suppl 8   277 - 280   2012年11月

     詳細を見る

  • CaMKKの自己リン酸化による活性調節メカニズム

    徳光 浩, 横倉 沙紀, 本, 波多野 直哉, 藤本 智仁, 小林 良二

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回   3T10p - 6   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • ATPアナログを用いたCaMKKの新規標的基質分子の同定

    藤本 智仁, 波多野 直哉, 野崎 直仁, 横倉 沙紀, 本, 小林 良二, 徳光 浩

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回   3P - 0376   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 新しいニューロン性カルモジュリン結合蛋白PRG-1(可塑性関連遺伝子1)(PRG-1 (plasticity related gene 1), a novel neuronal calmodulin-binding protein)

    徳光 浩, 波多野 直哉, 土屋 光正, 揺本 沙紀, 藤本 智仁, 小原 直樹, 小林 良二, 阪上 洋行

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回   3P - 0346   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • Calmodulin-Kinases: Modulators of Neuronal Development and Plasticity (vol 59, pg 914, 2008)

    Gary A. Wayman, Yong-Seok Lee, Hiroshi Tokumitsu, Alcino J. Silva, Thomas R. Soderling

    NEURON   64 ( 4 )   590 - 590   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CELL PRESS  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2009.11.012

    Web of Science

    researchmap

  • Exendin-4 regulates Glucokinase expression by CaMKK/CaMKIV pathway in pancreatic β cell line. 査読

    MURAO Koji, LI Junhua, IMACHI Hitomi, MURAOKA Tomie, MASUGATA Hisashi, ZHANG Gun-Xing, KOBAYASHI Ryoji, ISHIDA Toshihiko, TOKUMITSU Hiroshi

    Diabetes Obes Metab.   11 ( 10 )   939 - 946   2009年10月

     詳細を見る

  • 新規カルモデュリン結合タンパク質、PRG-1の同定と生化学的解析

    土屋 光正, 波多野 直哉, 揺本 沙紀, 倉, 小林 良二, 阪上 洋行, 徳光 浩

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回   4T4a - 2   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 機能的プロテオミクス法を用いたカルモデュリン結合タンパク質の網羅的探索

    揺本 沙紀, 横倉, 藤本 智仁, 波多野 直哉, 土屋 光正, 中野 重治, 掛川 寿夫, 小林 良二, 徳光 浩

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回   1T15 - 12   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • Signal transduction of CaM-kinase cascade and its specific inhibitor

    H Tokumitsu

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94   38P - 38P   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuronal calcium sensor proteins are direct targets of the insulinotropic agent repaglinide

    M Okada, D Takezawa, S Tachibanaki, S Kawamura, H Tokumitsu, R Kobayashi

    BIOCHEMICAL JOURNAL   375 ( 1 )   87 - 97   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PORTLAND PRESS  

    The NCS (neuronal calcium sensor) proteins, including neurocalcins, recoverins and visinin-like proteins are members of a family of Ca2+-sensitive regulators, each with three Ca2+-binding EF-hand motifs. In plants. lily CCaMK [chimaeric Ca2+/CaM (calmodulin)-dependent protein kinase] and its PpCaMK (Physcomitrella patens CCaMK) homologue are characterized by a visinin-like domain with three EF-hands. In the present study, in an effort to discover NCS antagonists. we screened a total of 43 compounds using Ca2+-dependent drug affinity chromatography and found that the insulinotropic agent repaglinide targets the NCS protein family. Repaglinide was found to bind to NCS proteins, but not to CaM or S 100 proteins, in a Ca2+-dependent manner. Furthermore. the drug antagonized the inhibitory action of recoverin in a rhodopsin kinase assay with IC50 values of 400 muM. Moreover, repaglinide tightly bound to the visinin-like domain of CCaMK and PpCaMK in a Ca2+-dependent manner and antagonized the regulatory function of the domain with IC50 values of 55 and 4 muM for CCaMK and PpCaMK respectively. Although both repaglinide and a potent insulin secretagogue, namely glibenclamide, blocked K-ATP channels with similar potency, glibenclamide had no antagonizing effect on the Ca2+-stimulated CCaMK and PpCaMK autophosphorylation, mediated by their visinin-like domain. In addition, a typical CaM antagonist, trifluoperazine, had no effect on the CCaMK and PpCaMK autophosphorylation. Repaglinide appears to be the first antagonist of NCS proteins and visinin-like domain-bearing enzymes. It may serve as a useful tool for evaluating the physiological functions of the NCS protein family. In addition, since repaglinide selectively targets NCS proteins among the EF-hand Ca2+-binding proteins, it is a potential lead compound for the development of more potent NCS antagonists.

    DOI: 10.1042/BJ20030376

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • STO-609, a specific inhibitor of the Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase kinase. (vol 277, pg 15813, 2002)

    H Tokumitsu, H Inuzuka, Y Ishikawa, M Ikeda, Saji, I, R Kobayashi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   278 ( 6 )   4368 - 4368   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Web of Science

    researchmap

  • The Ca2+/Calmodulin-dependent Kinase Type IV is involved in the glucose-induced glucokinase transcription in INS-1 cells

    Y Sayo, K Murao, S Ohtuka, H Tokumitsu, H Imachi, H Hosokawa, WM Cao, M Sato, T Ishida

    DIABETES   51   A393 - A393   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 新規ミオシン調節軽鎖キナーゼとして同定されたCaM‐KIの解析

    水津太, 福田康朗, 上田こずえ, 菊池麻子, 村田(堀)麻希, 徳光浩, 細谷浩史

    生化学   73 ( 8 )   812   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • The Ca2+/calmodulin-dependent kinase type IV is involved in the glucose-induced insulin transcription in INS-1 cells

    Y Sayo, K Murao, H Tokumitsu, H Imachi, H Hosokawa, M Sato, T Ishida, J Takahara

    DIABETES   49   A255 - A255   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • MUTAGENESIS STUDY OF CAM-KINASE-IV

    H TOKUMITSU, D BRICKEY, TR SODERLING

    FASEB JOURNAL   8 ( 7 )   A1224 - A1224   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

    researchmap

  • CLE0, THE GM-CSF PROMOTER CIS-ACTING ELEMENT, MEDIATES INDUCTION SIGNALS IN T-CELLS AND IS RECOGNIZED BY FACTORS RELATED TO AP1 AND NF-AT

    N ARAI, ES MASUDA, H TOKUMITSU, K ARAI, N ARAI

    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY   17 - 17   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Web of Science

    researchmap

  • CLEO, A COMPLEX CIS-ACTING ELEMENT REGULATING GM-CSF EXPRESSION IN T-CELLS

    E MASUDA, H TOKUMITSU, A TSUBOI, Y NAITO, K ARAI, N ARAI

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY   150 ( 8 )   A51 - A51   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • SEARCH FOR THE FUNCTIONAL SUBSTRATE PROTEINS OF PROTEIN-KINASES AND THEIR SELECTIVE INHIBITORS

    H HIDAKA, M WATANABE, H TOKUMITSU

    BIOLOGY AND MEDICINE OF SIGNAL TRANSDUCTION   24   485 - 490   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:RAVEN PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • SEARCH FOR THE FUNCTIONAL SUBSTRATE PROTEINS OF PROTEIN-KINASES AND THEIR SELECTIVE INHIBITORS

    H HIDAKA, M WATANABE, H TOKUMITSU

    ADVANCES IN SECOND MESSENGER AND PHOSPHOPROTEIN RESEARCH   24   485 - 490   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • CaMKKシグナル伝達の制御機構解明とそれに基づく分子標的薬創製

    研究課題/領域番号:21H02429  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    徳光 浩, 石川 彰彦, 渡辺 泰男, 曲 正樹

      詳細を見る

    配分額:16380000円 ( 直接経費:12600000円 、 間接経費:3780000円 )

    researchmap

  • 繊毛タンパクによる転写制御機構の証明

    研究課題/領域番号:19H03447  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    水津 太, 徳光 浩, 平田 徳幸, 松岡 達臣

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    researchmap

  • CaMKKβ/AMPKシグナル伝達制御の解明と分子標的薬の創製

    研究課題/領域番号:18K06113  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    徳光 浩, 曲 正樹

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    Ca2+/Calmodulin(CaM)依存性プロテインキナーゼ活性化キナーゼβ(CaMKKβ)は、CaMキナーゼⅠやCaMキナーゼⅣ、5’-AMP活性化キナーゼ(AMPK)をリン酸化依存的に活性化し、遺伝子発現や神経発生、代謝調節やがん細胞増殖に至る多様な細胞内Ca2+に応答した生理機能を調節する。これまでの研究より、cAMP/PKA経路がCaMKKβ(Thr144)のリン酸化に関与しており、細胞内Ca2+とcAMP経路がCaMKKβ分子上においてクロストークしていることが明らかとなった。
    そこで本研究では、細胞内における主要な脱リン酸化酵素であるProtein Phosphatase 2A/1 (PP2A/1)の選択的阻害剤(オカダ酸:OA)を用いた解析により、CaMKKβ(Thr144)の脱リン酸化を検証した。その結果、未刺激の状態においてCaMKKβ(Thr144)は、PP2A/PP1により脱リン酸化状態を保つことが分かった。さらに、細胞内CaMKKβキナーゼ活性の測定の結果、OAの処理時間に依存してCaMKKβキナーゼ活性が上昇し、脱リン酸化酵素阻害により活性化するCaMKKβ(Thr144)キナーゼの存在が示唆された。しかしこのキナーゼは、阻害剤による薬理学的実験から、これまでに示されたAMPK やPKAとは異なると考えられる。以上の結果より、CaMKKβは細胞内において、PKAを含めたリン酸化酵素および脱リン酸化酵素によりThr144残基のリン酸化/脱リン酸化制御が動的に調節されていることが明らかとなった。

    researchmap

  • スプライシング因子の新規機能を利用した動物細胞ディスプレー技術の高度化

    研究課題/領域番号:15H04196  2015年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    金山 直樹, 徳光 浩, 曲 正樹

      詳細を見る

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

    申請者は、抗体遺伝子の変異能力を有するニワトリB細胞株DT40を利用して動物細胞ディスプレー技術を構築した。本研究では、抗原結合による生存シグナルの惹起と抗体遺伝子変異の誘導におけるSRSF1の機能の一端を明らかにし、スプライシング因子の発現操作により、外来からDT40細胞に導入した抗体遺伝子、非抗体遺伝子への変異導入効率を向上させるのに有効であることを見いだした。一方、変異導入効率に有効な導入遺伝子の最適化法も見いだした。

    researchmap

  • カルモデュリンキナーゼカスケードの動作原理と新しいリン酸化制御機構の解明

    研究課題/領域番号:26440056  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    徳光 浩, 波多野 直哉, 曲 正樹

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    細胞内カルシウムイオンをセカンドメッセンジャーとする細胞内情報伝達機構においては、カルシウム受容タンパク質であるカルモデュリン(CaM)を活性化因子とする多機能性CaM-依存性タンパク質リン酸化酵素群(CaMK)がその中心的な役割を担っている。本研究においては、Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase kinase betaの構造機能解析より、基質認識機構の詳細な分子機構が明らかとなった。

    researchmap

  • 膵β細胞における脂肪毒性解除にむけた治療戦略

    研究課題/領域番号:24591352  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    村尾 孝児, 井町 仁美, 徳光 浩, 大森 浩二

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    糖尿病は予備軍を含めれば実に2200万人との報告され、国民病として理解されつつある。最近、インスリン分泌不全の原因として膵β細胞における糖毒性(glucotoxicity)のみならず、脂肪毒性(lipotoxicity)が注目されており、グルコース感受性の低下が指摘されている。我々は、膵β細胞における脂肪毒性の細胞内情報伝達系メカニズムを網羅的に解明し、インスリン分泌不全の病態を解明する。また治療に関しては、脂肪毒性の解除に向けたインクレチン療法の効果および細胞内情報伝達系への影響、さらには新たなトランスレーショナルによる膵β細胞の機能改善について検討した。

    researchmap

  • 機能プロテオミクスを用いたカルモデュリン標的分子の網羅的同定と情報伝達機構の解明

    研究課題/領域番号:21570143  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    徳光 浩, 小林 良二, 波多野 直哉

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    ラット脳組織よりカルモデュリンーGST融合タンパク質を用いたカルモデュリン標的分子の網羅的単離法およびLC-MS/ MSを使用することにより、WolframinとPRG. 1の二つの新規カルモデュリン標的分子の同定に成功した。さらに、この新規カルモデュリン標的分子の生化学的解析によりWolfram症候群をきたす遺伝子変異がWolframinのカルモデュリン結合性を失うことを明らかにした。

    researchmap

  • インスリン遺伝子発現機序の解明と新たな膵β細胞の再生

    研究課題/領域番号:19591054  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石田 俊彦, 村尾 孝児, 徳光 浩, 井町 仁美

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    糖尿病の病因はインスリンの作用不足であり、進行した病態では膵β細胞からのインスリン合成/分泌不全が生じる。インスリン遺伝子転写の生理的刺激は血中糖濃度の変化であり、インスリン遺伝子プロモーター内にグルコース応答領域が数カ所存在している。我々は新たな転写因子PREBがグルコース応答領域に結合してインスリン遺伝子転写を促進することを明らかにした。さらにグルコース応答に関与するglucokinaseを調節することで、膵β細胞の機能改善をおこなうことを明らかにした。

    researchmap

  • カルモデュリン・キナーゼIVの標的基質分子同定と情報伝達機構の解明

    研究課題/領域番号:19570134  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    徳光 浩, 小林 良二, 波多野 直哉

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    機能プロテオミクス法によりCaM-キナーゼの新規標的リン酸化酵素を探索した。その結果、神経特異的リン酸化酵素であるSAD-キナーゼがCaMKKの標的酵素であることを見いだした。試験管内においてSAD-キナーゼはCaMKKによってそのThr189がリン酸化されることにより、約60倍の活性化を示した。このSAD-キナーゼの活性化は培養細胞系においても確認され、CaMKK/SAD-キナーゼという新しい細胞内カルシウムシグナル伝達経路が示唆された

    researchmap

  • 細胞内カルシウムシグナル分子を標的とする創薬基礎科学

    研究課題/領域番号:18300123  2006年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    小林 良二, 徳光 浩

      詳細を見る

    配分額:8520000円 ( 直接経費:7200000円 、 間接経費:1320000円 )

    S100タンパク質 (S100)、Neuronal calcium sensor (NCS)、CaMKKの分子標的薬を開発し、新しいCaシグナル機構の生理学的意義を明らかにした。新しいS100活性測定法を案出し、S100拮抗薬を見いだした。NCS分子標的薬のスクリーニング法としてPpCaMKが有用であることを見いだし、スクリーニング法を確立し、NCS拮抗薬を発見した。更に、CaMKK阻害薬(STO609)を利用し、新しいCaMKKカスケードの標的分子を発見した。

    researchmap

  • 機能プロテオミクス解析法を用いたカルモデュリン・キナーゼカスケードの生理機能解明

    研究課題/領域番号:17570115  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    徳光 浩, 小林 良二, 波多野 直哉

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    生体内において細胞内カルシウムは細胞内情報伝達因子として、神経伝達物質の放出さらには、遺伝子発現調節にいたる様々な独立した細胞内反応機構を介して、統合的に高次機能を制御していると考えられる。特に、カルシウム受容タンパク質であるカルモデュリン(CaM)を活性化因子とするCa^<2+>/CaM-依存性タンパク質リン酸化酵素群(CaM-キナーゼ)によるリン酸化反応を介した情報伝達機構が、これら多様なカルシウムシグナル伝達の中心的なメカニズムの一つと考えられている。近年、2種類の多機能性CaM-キナーゼ(CaM-KIおよびCaM-KIV)がCaM-KKによるリン酸化反応を介して機能調節を受けることが明らかとなり、CaM-キナーゼカスケードと呼ばれる新しいカルシウム情報伝達機構の概念が提唱された。
    17年度の本研究において、CaM-キナーゼカスケードの標的リン酸化基質分子の一つとして神経細胞運命決定因子Numb/Numblを機能プロテオミクス法を用いて同定するとともに、リン酸化特異抗体の作成に成功した。本抗体によりNumb/Numblのリン酸化は生理的な現象である事が明らかとなった。18年度においては、このNumb/Numblのリン酸化反応の生理的意義を生化学的、分子生物学的に検討したところ、14-3-3タンパク質がリン酸化依存的に相互作用する事が明らかとなった。またNumbは非リン酸化状態ではエンドサイトーシス関連タンパク質であるAP-2複合体と相互作用しているが、この物理的相互作用はリン酸化により解除されることが明らかとなった。これらのことから哺乳動物のカルモデュリン依存性キナーゼカスケードを介したタンパク質リン酸化反応をともなう情報伝達機構によりエンドサイトーシスの調節が行われる可能性を示唆するものとなった。

    researchmap

  • グルコース感受性のメカニズムの解明と新たな膵β細胞の再生

    研究課題/領域番号:17590937  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石田 俊彦, 徳光 浩, 村尾 孝児, 大西 宏明, 井町 仁美

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    糖尿病の病因はインスリンの作用不足であり、進行した病態では膵β細胞からのインスリン合成/分泌不全が生じる。インスリン遺伝子転写の生理的刺激は血中糖濃度の変化であり、インスリン遺伝子プロモーター内にグルコース応答領域が数カ所存在している。現在までにグルコース応答領域に結合する転写因子がいくつか報告されているが、我々はPDX-1がサイトカインに応答してインスリン遺伝子発現を制御すること(Eur J Biochem 2000)、また新たな転写因子PREBがグルコース応答領域に結合してインスリン遺伝子転写を促進することを明らかにした(Diabetologia 2006)。またグルコースによるインスリン遺伝子発現の細胞内情報伝達系としてCaMKK/CaMKIVカスケードを新規に同定してきた(Diabetes 2004)。これらの研究の最終目的は糖尿病患者の治療方法の改善にある。そこで現在までの研究を利用して新たな膵β細胞の再生実験を計画した。膵β細胞の再生実験は国内外の研究室でおこなわれており、ES細胞(embryonic stem cell)から膵β細胞が分化誘導されること、膵臓の外分泌細胞または腸管の未分化細胞からインスリン分泌細胞が誘導できること、肝細胞、骨髄幹細胞から誘導できることが知られている。我々が目指す再生膵β細胞は、生理的でより安全かつ簡便に作成できる細胞である。また、我々は血液疾患の治療として骨髄移植を手掛けてきた経験を生かして、多能性幹細胞としてのヒトの骨髄中のmesenchymal stem cellに着目している。今回の研究はこのmesenchymal stem cellから膵β細胞を分化誘導し、さらにグルコース応答性インスリン遺伝子発現機構の解明から得られた知見を利用して、再生膵β細胞に生理的なグルコース応答性を獲得させるものである。

    researchmap

  • 膵β細胞におけるインスリン発現機序の解明と新たな膵β細胞の再生

    研究課題/領域番号:15590944  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石田 俊彦, 村尾 孝児, 徳光 浩, 佐用 義孝, 大西 宏明

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    糖尿病の病因はインスリンの作用不足であり、進行した病態では膵β細胞からのインスリン合成/分泌不全が生じる。我々は現在までに膵β細胞におけるインスリン遺伝子転写機構について検討してきた。インスリン遺伝子転写の生理的刺激は血中グルコース濃度の変化であり、インスリン遺伝子プロモーター内にグルコース応答領域が数カ所存在する。現在までにグルコース応答領域に結合する転写因子がいくつか報告されているが、我々はPDX-1がサイトカインに応答してインスリン遺伝子発現を制御することを報告してきた。また新たな転写因子PREBがグルコース刺激に応答して膵ベータ細胞で発現誘導されてグルコース応答領域に結合してインスリン遺伝子転写を促進することを明らかにした(投稿中)。またグルコースによるインスリン遺伝子発現の細胞内情報伝達系としてCaMKK/CaMKIVカスケードを新規に同定してきた(Diabetes 2004)。グルコース刺激によりCaMKK/CaMKIVが活性化され、CaMKK/CaMKIVの阻害によってグルコース応答性インスリン遺伝子転写が抑制された。一方、膵β細胞の再生実験として、転写因子IB-1遺伝子に注目した。IB-1遺伝子は膵ベータ細胞に発現しており、膵ベータ細胞のアポトーシスを抑制していることが報告されているが、その分子学的機序としてIB-1遺伝子はPPAR-γに応答することを見出している。今後は、これらに知見をもとに新たな再生膵β細胞を樹立する予定である。

    researchmap

  • カルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素カスケードの生理機能解明

    研究課題/領域番号:14580649  2002年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    徳光 浩, 小林 良二, 村尾 孝児, 石田 俊彦, 佐治 幾太郎

      詳細を見る

    配分額:4000000円 ( 直接経費:4000000円 )

    1 カルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素カスケードの生理機能解明のため、本情報伝達機構の調節酵素であるカルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素活性化リン酸化酵素(CaM-KK)に対する特異的阻害剤、STO-609 (7H-Benzimidazo[2,1-a]benz[de]isoquinoline-7-one-3-carboxylic acid)を世界に先駆け開発した。酵素阻害剤は一般的にその非特異的効果が大きな問題である。そこで本研究において遺伝子改変によりSTO-609低感受性変異体を作成することに成功した。このSTO-609低感受性変異体CaM-KKを導入した培養細胞は阻害剤に対する感受性を消失する結果を得た。このことからSTO-609の薬理学的効果の中でSTO-609低感受性変異体CaM-KKの遺伝子導入によりその効果が消失する反応を解析することにより、カルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素カスケードを介した特異的応答を明らかにすることができると考えられる。
    2 カルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素カスケードの生理機能の一つと考えられる遺伝子発現調節機構について、アデノウイルスを用いた恒常的活性型のカスケード分子群(CaM-KK/CaM-KIV)の遺伝子導入法とDNA-アレイ解析法を組み合わせることにより、NOR-1遺伝子がこの新しいカルシウム情報伝達機構の標的遺伝子として同定された。
    3 カルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素カスケードのひとつであるCaM-KK/CaM-KIカスケードの生理機能についてHeLa細胞への遺伝子強制発現系を用いて検討した。その結果本カスケードはHeLa細胞においてミオシンII調節軽鎖のSer19のリン酸化反応を介した収縮反応、特にアクチン繊維の再構築を調節することが導きだされた。HeLa細胞より新しいカルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素カスケードの構成因子としてCaM-KIδおよびCaM-KKβ-3の遺伝子クローニングに成功し、その生化学的性質について明らかにした。
    4 細胞性粘菌においてミオシン軽鎖リン酸化酵素(MLCK-A)の活性化機構について、CaM-KK変異体を用いて明らかにした。この結果、細胞性粘菌におけるMLCK-Aの活性化は哺乳動物のカルシウム/カルモデュリン-依存性リン酸化酵素カスケード類似のリン酸化酵素カスケード反応により調節されていることが推測された。

    researchmap

  • ウェルシュ菌イプシロン毒素の構造生物学的ならびに分子病理学的研究

    研究課題/領域番号:13470060  2001年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    岡部 昭延, 小林 良二, 宮田 茂, 松下 治, 徳田 雅明, 徳光 浩

      詳細を見る

    配分額:10300000円 ( 直接経費:10300000円 )

    Clostridium perfringensのε毒素(N末端にFactor Xa siteを導入し、His-tag付加したもの)をSeleno-methionine置換し、その結晶構造を解析した。Twin crystalのコンピュター解析を行ったが、構造決定には至っていない。ε毒素のHeptameric poreの形成は脂質ラフトに依存することを明らかにした。さらにラフトの脂質組成が膜孔形成に及ぼす影響について検討した。ラフト脂質の主要成分であるコレステロールの除去はヘプタマーの形成を阻害し、ガングリオシドの合成阻害はヘプタマー形成を促進した。このことからラフト膜の脂質環境が毒素分子の集合や膜挿入に影響を与える可能性が示唆された。分子病理学的な検討を行うために、マウスに^<35>S_-標識毒素を投与し、Whole body autoradiographyを行い、全身の臓器への分布を調べた。腎臓、脳、脊髄ならびに鼻粘膜に毒素の集積が見られた。最も集積の著しい腎臓の組織内分布を調べるために、免疫染色を行ったところ、糸球体、毛細血管への顕著な分布が認められ、遠位尿細管、集合管にも多量の毒素が検出された。腎臓の病理学的変化としては、糸球体の収縮と集合管上皮の軽度の変性・脱落が見られた。しかし脳の変化(血管周囲の浮腫、神経細胞変性)に比し軽微であった。腎臓における毒素蓄積の生物学的意義を明らかにするため、腎摘出マウスを用いてε毒素投与後の死亡時間を計測した。非摘出マウスに比し、死亡時間が顕著に短縮した。α毒素、ボツリヌス毒素では腎摘出は死亡時間を短縮させず、ε毒素の腎臓への集積は、中枢神経系に対する致死的な毒素作用を軽減するための生体防御であると結論した。Yeast two hybrid systemを用いてレセプター蛋白を構成するペプチドと考えられる遺伝子を単離し、その解析を進める一方、毒素耐性MDCK細胞を用いて、レセプターの同定と毒素作用の分子機構について解析を進めている。

    researchmap

  • カルシウム/カルモデュリン依存性リン酸化酵素カスケードを介した遺伝子発現調節

    研究課題/領域番号:12680637  2000年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    徳光 浩, 木村 芳滋, 小林 良二, 村尾 孝児

      詳細を見る

    配分額:3800000円 ( 直接経費:3800000円 )

    1)新しい細胞内カルシウム情報伝達系として見い出されたカルモデュリン依存性キナーゼカスケードは上流のカルモデュリン依存性キナーゼ活性化リン酸化酵素(CaM-KK)による標的下流カルモデュリン依存性キナーゼのリン酸化を介した活性化により成り立っている。ラットCaM-KKもカルモデュリン依存性キナーゼであり、そのカルモデュリン結合の立体構造をNMRを用いて明らかにしたところ、これまでに報告のあるカルモデュリン依存性キナーゼとはその結合方向性を逆にするものであった。本研究においては、この特徴的なカルモデュリン結合をこれまでに同定した線虫CaM-KKのカルモデュリン結合ペプチドとカルモデュリンとのX-線結晶構造解析により詳細に検討し哺乳動物CaM-KKと同様であることを見い出した。一方、ラットCaM-KKαは構造解析からも明らかなように、その活性発現にはカルモデュリン結合を必要とする。本研究においてCaM-KKの他のアイソフォームであるCaM-KKβがカルシウム/カルモデュリン非在下に高い活性を発現することを見い出した。CaM-KKαはその自己抑制領域に存在するlle441によりカルシウム/カルモデュリン非存在下には不活性状態に保たれているが、CaM-KKβはこの自己抑制機構が触媒領域のN-末端に存在する129番から151番のアミノ酸残基に由来する領域による阻害により生じることを明らかとした。
    2)CRE-GFPを有するレポーター遺伝子を保持させた線虫を作成することに成功し、活性型線虫CaM-Klの導入に伴うGFP発現を線虫個体で観察することができ、線虫においてカルモデュリン依存性キナーゼカスケードがCREBを介した遺伝子発現調節に積極的に関与するこをin vivoにおいて明らかとした。またこのカルモデュリンキナーゼカスケード依存性のGFP発現は線虫CREBの遺伝子破壊された個体では見られなかった。

    researchmap

  • 卵巣癌細胞における薬剤耐性克服薬の新規開発とその機能

    研究課題/領域番号:04152058  1992年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 がん特別研究  がん特別研究

    日高 弘義, 徳光 浩, 渡辺 正人

      詳細を見る

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2600000円 )

    卵巣癌の化学療法では薬剤耐性が大きな障害となっており、P糖蛋白やグルタチオンSトランスフェラーゼ(GST)が耐性のメカニズムに関わるとされている。新規開発薬剤W-77がGSTと結合するという事実から我々は、W-77とアドリアマイシン(ADR)耐性との関わりを以下の方法を用いて研究した。ドラッグアフィニティーカラムクロマトグラフィーを用い、W-77とGSTとの結合について調べた。W-77のGST活性抑制効果を吸光度を用いて測定した。卵巣癌耐性株NOS2、NOS3およびADR耐性の細胞株NOS2AR、NOS3ARを確立し、MDR1とGSTの発現を調べた。MTTアッセイでW-77とベラパミリによる癌細胞のADRに対する感受性の変化を測定し比較した。^<14>C-ADRを用い、細胞内のADRの量への薬剤の影響を調べた。[結果]W-77は、直接GSTと強く結合した。W-77は、下拮抗的にGSTの活性を阻害し、1mMグルタチオン、1mMCDNB存在下300μMで47.3%に低下させた。P-糖蛋白とGSTは、耐性株で過剰発現した。ADR感受性試験ではNOS2に対し67.8倍の耐性を持つNOS2ARは10μMW-77の投与により10.6倍に低下するが、10μMベラパミルでは17.5倍であった。NOS3に対し18.8倍の耐性を持つNOS3ARは、10μMW-77の投与により6.0倍に低下するが、10μMベラパミルでは9.6倍であった。耐性株の細胞内ADR量は10μMW-77は10μMベラパミルと共にNOS2ARでは約1.5倍、NOS3ARでは約2.2倍に増加させた。[結語]以上より、W-77は、P-糖蛋白とGSTの両方の活性を阻害することにより耐性を克服することが判明し、それはP-糖蛋白の活性阻害剤であるベラパミルより有効であった。

    researchmap

  • 特異的阻害剤によるプロテインキナーゼの立体構造の推定方法の開発

    研究課題/領域番号:02557009  1990年 - 1992年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 試験研究(B)  試験研究(B)

    日高 弘義, 徳光 浩, 渡辺 正人, 萩原 正敏, 小林 良二

      詳細を見る

    配分額:11600000円 ( 直接経費:11600000円 )

    プロテインキナーゼは蛋白質分子に燐酸基を導入する反応を触媒する酵素だが、この反応がダイナミックに、また時には繊細に、細胞機能調節に関与していることが明かになってきた。今やプロテインキナーゼの種類は100種類以上にも昇り、これら個々のプロテインキナーゼの生理機能解明にはその構造的・機能的研究が必須である。本研究では独自の阻害剤データベースを駆使して、プロテインキナーゼの機能ドメインの三次構造の推定、新しい特異的阻害剤の開発、そしてこれらから各プロテインキナーゼの生理機能に迫ることを目的とした。その結果、カルモデュリンキナーゼII(キナーゼII)が平滑収縮、中枢性血圧調節、インスリン・エンドセリンの分泌現象をはじめとする様々な細胞応答に関与することをキナーゼIIの特異的阻害剤、KN-62を用いることによって明かにした。また、cAMP依存性蛋白質燐酸化酵素(Aキナーゼ)がc-fos mRNAの増加、或いはimmedeiate early geneのインダクションに関与することをAキナーゼの特異的阻害剤、H-89を用いて明かにした。新たな特異的阻害剤の開発として、キナーゼII、及び現在最も注目を集めている、Mitogen Activated Proteinキナーゼ(MAPキナーゼ)の下流に位置する新しいキナーゼの特異的阻害剤を阻害剤データベースのデータを基にして夫々開発した。キナーゼIIの特異的阻害剤、KN-62が、我々が新しく発見したカルモデュリンキナーゼVをもカルモデュリン拮抗的に阻害することを発見し、一部のカルモデュリン依存性キナーゼでは、カルモデュリン結合部位が極めてよく保存されていることが間接的にではあるが証明された。
    この様に、各プロテインキナーゼの生理機能を明かにし、また阻害剤データベースを基にした新しいいプロテインキナーゼ特異的阻害剤開発の成功、そして特異的阻害剤を用いたプロテインキナーゼの分子構造解明を成しえたことで当初の目的はほぼ達成されたと考える。

    researchmap

  • 平滑筋及び非筋細胞の収縮反応におけるミオシンリン酸化説の統合と再構築

    研究課題/領域番号:01044066  1989年 - 1991年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際学術研究  国際学術研究

    日高 弘義, HARTSHORNE D, 徳光 浩, 渡辺 正人, 小林 良二, 萩原 正敏

      詳細を見る

    配分額:7300000円 ( 直接経費:7300000円 )

    カルモデュリン依存性ミオシン軽鎖キナ-ゼ(MLCK)によるミオシン軽鎖リン酸化反応は、平滑筋収縮に必須である。しかし、脱リン酸化後の張力維持機構や他のプロテインキナ-ゼによる制御、あるいは、非筋細胞におけるアクトミオシン系の役割やその調節機構については不明な点が多い。本研究は、平滑筋・非筋細胞での収縮制御機構の分子モデルを構築することを目的として、平成元年度から平成3年度までの3年間、米国アリゾナ大学ハ-トショ-ン教授らと国際共同研究を行ない以下の成果を得た。MLCKは、平滑筋のみならず、血小板など非筋細胞や骨格筋にも多量に存在している。そこでまず、ニワトリ砂のうMLCKを抗原としてモノクロ-ン抗体を作成し、12種のエピト-プの異なる抗体を得た。ウヱスタンブロッテングにより各組織のMLCKとの交叉反応を調べるとMLCKには平滑筋・非筋細胞・心筋・骨格筋型の少なくとも4種のアイソザイムが存在し、平滑筋と非筋細胞のMLCKは高い相同性を有するが、骨格筋MLCKは他の組織とは全く異なる酵素であることが判明した。また、MLCK活性を阻害するモノクロ-ン抗体の添加によってアクトミオシンの超沈殿反応が阻害されることを明らかにした。脱リン酸化後の張力維持などミオシン軽鎖リン酸化反応だけでは説明できない現象を明らかにするためMLCK以外のCa^<2+>依存性プロテインキナ-ゼの関与についても検討し、平滑筋においてカルデスモンをリン酸化する酵素を発見し、これが脳のカルモデュリンキナ-ゼII(CaM KII)と同一であることを証明した。次に、平滑筋収縮におけるCaM KIIの役割を解明するために独自に創製したカルモデュリンキナ-ゼII特異的阻害剤KNー62の作用を検討した。KNー62は、CaM KIIをKi値0.9μMでカルモデュリンに競合的に阻害するが、他のプロテインキナ-ゼには影響がなかった。KNー62は、ウサギ頸動脈ラセン条片のノルエピネフリン・セロトニン・ヒスタミンあるいは脱分極筋のCa^<2+>収縮などを非競合的に抑制した。また、イオノマイシン刺激ウシ気管平滑筋細胞のFulaー2法で測定した細胞内Ca^<2+>濃度の増加にはKNー62は影響しなかった。Ca^<2+>動員性のアゴニスト刺激で、ウシ気管平滑筋は、ミオシン軽鎖とともにMLCKもリン酸化され、ミオシン軽鎖のリン酸化は、KNー62の前処理によりコントロ-ルよりも増加した。これらの知見は、CaM KIIが、平滑筋収縮に関与している可能性を示すものである。
    さらに、カルモデュリンを含めたCa^<2+>結合蛋白がリン酸化反応によらない平滑筋収縮調節機構に関与している可能性が示唆されているが、我々は、3種類の新しいCa^<2+>結合蛋白質を同定・発見した。カルサイクリン・カルヴァスキュリン・カルギザリンと命名した3つのCa^<2+>結合蛋白質はいずれも分子量が約1,100の酸性蛋白で、よく似ており、cDNAクロ-ニングの結果得られたアミノ酸の一次構造上S100蛋白質ファミリ-に属することが判明した。これらの蛋白質の機能は現在不明であるが、カルサイクリンとカルヴァスキュリンの標的蛋白質としてそれぞれアネキシンファミリ-に属するCAPー50と細胞外マトリックスに存在する36kDa MAPを発見した。少なくとも3つのCa^<2+>受容体が平滑筋に存在することは、新しいCa^<2+>情報系の存在が考えられ平滑筋の収縮制御機構を解明するうえで重要である。一方、脱リン酸化酵素については、PNPPを基質としてLiらの方法で活性を測定し、超遠心分離・硫安分画・DEAEセルロ-スクロマトグラフィ-で部分精製を行ない、3つの活性ピ-クを分離した。ピ-クIIおよびIIIは、基質のリン酸化ミオシンを脱リン酸化した。興味深いことにピ-クIIは、どのプロテインキナ-ゼでリン酸化したミオシンも脱リン酸化したが、ピ-クIIIは、Cキナ-ゼによってリン酸化されたミオシンだけが脱リン酸化された。これらの脱リン酸化酵素の平滑筋収縮における役割を今後の検討課題である。
    最後に、この研究の遂行ならびに結果の公表には双方の研究代表者・分担者・協力者を必要に応じて派遣・招へいし、効果的な研究費補助金の使用に努め、当初目的以上の成果が得られたと考える。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • シグナル伝達創薬 (2021年度) 後期  - その他

  • バイオ・創薬科学概論 (2021年度) 前期  - その他

  • バイオ・創薬科学概論 (2021年度) 前期  - 木1~2

  • ヘルスシステム統合科学アドバンストインターンシップ (2021年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特論 (2021年度) 前期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学総合演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 分子生物学 (2021年度) 第2学期  - 火5,火6,金3,金4

  • 実務インターンシップ (2021年度) 通年  - その他

  • 実践ヘルスシステム統合科学 (2021年度) 通年  - その他

  • 技術表現法 (2021年度) 3・4学期  - 月5,月6,月7,月8

  • 技術表現法 (2021年度) 3・4学期  - 月5~6

  • 技術表現発表学 (2021年度) 後期  - その他

  • 技術表現発表学 (2021年度) 後期  - その他

  • 生化学3 (2021年度) 第1学期  - 火3,火4,金3,金4

  • 生物学基礎 (2021年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎 (2021年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎 (2021年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎 (2021年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎 (2021年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎 (2021年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎1 (2021年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎1 (2021年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎1 (2021年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎2 (2021年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎2 (2021年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎2 (2021年度) 第4学期  - 金1,金2

  • シグナル伝達創薬 (2020年度) 後期  - その他

  • バイオ・創薬科学概論 (2020年度) 前期  - 木1,木2

  • ヘルスシステム統合科学アドバンストインターンシップ (2020年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学インターンシップ (2020年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学専門英語 (2020年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • ヘルスシステム統合科学特論 (2020年度) 前期  - その他

  • ヘルスシステム統合科学総合演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 分子生物学 (2020年度) 第2学期  - 火5,火6,金3,金4

  • 実務インターンシップ (2020年度) 通年  - その他

  • 実践ヘルスシステム統合科学 (2020年度) 後期  - その他

  • 技術表現法 (2020年度) 3・4学期  - 月5,月6

  • 技術表現法 (2020年度) 3・4学期  - 月5,月6

  • 技術表現発表学 (2020年度) 後期  - その他

  • 生化学3 (2020年度) 第1学期  - 火3,火4,金3,金4

  • 生物学基礎 (2020年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎 (2020年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎 (2020年度) 3・4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎1 (2020年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎1 (2020年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎1 (2020年度) 第3学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎2 (2020年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎2 (2020年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 生物学基礎2 (2020年度) 第4学期  - 金1,金2

  • 細胞内シグナル伝達科学 (2020年度) 前期  - 月3,月4

▼全件表示

 

学術貢献活動

  • 日本生化学会評議員・代議員

    役割:企画立案・運営等

    日本生化学会  2018年 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap