2022/01/05 更新

写真a

ヒロタ マサノリ
廣田 真規
HIROTA Masanori
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 岡山大学大学院医歯薬総合研究科 博士課程 ( 2005年12月 )

研究キーワード

  • MICS(低侵襲心臓手術)

  • 心臓弁膜症/冠動脈バイパス手術

研究分野

  • ライフサイエンス / 心臓血管外科学

学歴

  • 岡山大学医学部    

    1990年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

  • 私立高田高等学校    

    1986年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学大学院医歯薬総合研究科   心臓血管外科   助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 東京ハートセンター

    2018年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 町田市民病院

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 都立広尾病院

    2015年3月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 葉山ハートセンター 心臓血管外科

    2010年7月 - 2015年2月

      詳細を見る

  • 昭和大学病院 胸部心臓血管外科

    2009年9月 - 2010年8月

      詳細を見る

  • 昭和大学 藤が丘病院 心臓血管外科

    2009年4月 - 2009年8月

      詳細を見る

  • 川崎社会保険病院 心臓血管外科

    2006年7月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 昭和大学病院 胸部心臓血管外科

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部附属病院 心臓血管外科

    2000年8月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 今治病院 心臓血管外科

    2000年2月 - 2000年7月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部附属病院 心臓血管外科

    1999年8月 - 2000年1月

      詳細を見る

  • 土肥病院 心臓血管外科

    1998年8月 - 1999年7月

      詳細を見る

  • 広島市民病院一般外科

    1996年8月 - 1998年7月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部心臓血管外科

    1996年4月 - 1996年7月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 日本外科学会

    1996年1月

      詳細を見る

  • 日本循環器学会

    1996年1月

      詳細を見る

  • 日本胸部外科学会

    1996年1月

      詳細を見る

  • 日本心臓血管外科学会

    1996年1月

      詳細を見る

委員歴

  • 岡山大学病院   臨床工学部運営委員会  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山大学病院   病院機能改善ワーキング  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 岡山大学病院   包括適正請求審査小委員会及び診療記録の監視に関する小委員会  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

 

論文

  • The Growth Potential and Patency of Free Right Internal Thoracic Arteries Verified by Computed Tomography Angiography. 国際誌

    Tadashi Isomura, Masanori Hirota, Minoru Yoshida, Shunsuke Yamagishi, Kohei Sumi, Shigehiko Yoshida

    The Annals of thoracic surgery   112 ( 6 )   1990 - 1996   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The use of the left internal thoracic artery (LITA) is the gold standard in coronary artery bypass graft surgery (CABG). Multiarterial grafting for CABG is being increasingly emphasized. This study aimed to resolve the utility of the right internal thoracic artery (RITA) for multiple CABG as "free" RITA and described new evidence. METHODS: One hundred sixty-three patients received solo CABG with bilateral internal thoracic arteries between 2005 and 2018. The RITA was used as in situ RITA, group A (n = 62), and the composite graft created with saphenous vein graft (SVG), group B (n = 101). The patency rate and graft size of the composite free RITA and SVG were examined by coronary computed tomography angiography. RESULTS: The average number of distal anastomoses per patient was 3.4 ± 1.0 in group A, and 4.2 ± 1.1 in group B (P < .001). The sequential grafting with free RITA was in 86 patients. The patency rate of both LITA and RITA was similar in both groups. In group B, 40 patients received late computed tomography angiography at a mean of 46 months (range, 17 to 175). The late patency rate was 95.1% in LITA and 96.9% in free RITA. The diameter of free RITA increased from 2.06 ± 0.34 mm to 2.37 ± 0.23 mm (P = .036); that of in situ LITA increased from 2.08 ± 0.51 mm to 2.44 ± 0.49 mm (P = .047); and that of composite SVG decreased from 4.1 ± 0.9 mm to 2.6 ± 0.7 mm (P < .001). CONCLUSIONS: Multiple bypass grafting can be sufficiently achieved with LITA and free RITA. The growth potential of free RITA and in situ LITA might play the important role of expected long-term patency.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.01.015

    PubMed

    researchmap

  • Successful Handmade Monobloc Aortomitral Valve Replacement for Extensive Aortic Root Abscess. 国際誌

    Takanori Suezawa, Masanori Hirota, Naoya Sakoda, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   112 ( 2 )   e131-e134   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Aortic root abscess is one of the most catastrophic complications of aortic valve endocarditis. Complete débridement is recommended regardless of the kind of infected lesion. A 37-year-old man with extensive aortic root abscess due to prosthetic aortic valve endocarditis was surgically treated. The main lesion was the aortomitral continuity extending to the commissure between the left and right coronary cusps. After débridement, the aortic annulus underneath the left coronary artery was reconstructed using a handmade aortomitral monobloc valve without aortic annuloplasty. This valve was required for the extensive root abscess of the left and noncoronary sinus to achieve complete débridement.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.11.046

    PubMed

    researchmap

  • Endocardial Hemangioma of the Right Ventricle: Complete Excision With Right Ventricular Restoration. 国際誌

    Masanori Hirota, Takanori Suezawa, Yasuyuki Kobayashi, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Hiroshi Ito, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   111 ( 6 )   e411-e413   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Primary cardiac tumor can arise from any location in the right and left cardiac chamber. Complete excision is generally recommended because of uncertainty regarding malignancy; however it is important to minimize the resultant functional deterioration after surgery. We report a case of endocardial hemangioma (4 × 3 × 3 cm) on the free wall of the right ventricle, located between the anterior and posterior papillary muscles. We describe details of the procedure to preserve the right ventricular volume and competence of the tricuspid valve.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.09.078

    PubMed

    researchmap

  • Papillary-ventricular complex tugging for ischemic/functional mitral regurgitation. 国際誌

    Masanori Hirota, Takanori Suezawa, Takuya Kawabata, Yosuke Kuroko, Yasuhiro Kotani, Fumi Yokohama, Yoichi Takaya, Hiroshi Ito, Shingo Kasahara

    The Annals of thoracic surgery   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Surgical restoration of subvalvular geometry is very important to prevent recurrence of ischemic/functional mitral regurgitation (MR). We evaluated an approach to the radical repair of left ventricular (LV) remodeling for three different cases with responsible coronary lesions. Leaflet tethering was corrected by tugging of the papillary-ventricular complex, which consists of the base of papillary muscles and posterior LV wall. The main lesion of the postinfarction scar was concomitantly excluded. Restoration of LV remodeling diminished MR with minimal leaflet tethering and improved systolic LV function. This technique may be an aggressive and encouraged approach for patients with ischemic/functional MR.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.03.095

    PubMed

    researchmap

  • [Redo Valve Replacement of Wada-Cutter Prosthetic Valve at Tricuspid Valve Position 47 Years After Implantation;Report of a Case].

    Fusahiko Ito, Masazumi Watanabe, Go Kataoka, Haruna Seki, Dai Tasaki, Masanori Hirota

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   71 ( 13 )   1118 - 1121   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    We experienced an explantation of Wada-Cutter prosthetic tilting disk valve of 47 years after implantation. The patient was 53 years old female who underwent the 1st operation for Ebstein's anomaly, which included tricuspid valve replacement (TVR), closure of atrial septal defect (ASD) and posterior annulorrhaphy when she was 6 years old. She was doing well after the 1st operation without symptom,but dyspnea and systemic edema worsened recently though increased admission of diuretics. Echocardiography revealed severe tricuspid valve stenosis, severe tricuspid valve insufficiency, and increased right atrium volume. The tilting disk of the valve was almost fixed. The patient underwent repeat TVR. The explanted Wada-Cutter valve was covered by pannus the whole casing and disk. The structure of the valve was preserved but the occlusion disk was almost fixed by pannus formation, not distorted or dislodged.

    PubMed

    researchmap

  • [A Resected Case of the Vaginal Metastasis from Rectal Cancer].

    Akinobu Yasuyama, Shingo Noura, Tae Matsumura, Masanori Hirota, Akihiro Takada, Chikato Koga, Chizu Kameda, Masahiro Murakami, Ryohei Kawabata, Junzo Shimizu, Junichi Hasegawa

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1434 - 1436   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The vaginal metastasis from colorectal cancer has rarely been reported. Here, we report a resected case of the vaginal metastasis from rectal cancer. A 51-year-old woman underwent radical hysterectomy and bilateral oophorectomy for uterus cancer. Five years after the operation, vaginal tumor was observed during an internal examination. Biopsy was positive for adenocarcinoma. Enhanced computed tomography demonstrated the wall thickening of the lower rectum and the mass of 20 mm at the inferior lobe of the left lung. Colonoscopy revealed the wall thickening of the lower rectum, and biopsy indicated a diagnosis of rectal cancer. We performed abdominoperineal resection and partial resection of the vagina. Pathological examination confirmed the vaginal metastasis from the rectal cancer.

    PubMed

    researchmap

  • Immunohistochemical identification of Propionibacterium acnes in granuloma and inflammatory cells of myocardial tissues obtained from cardiac sarcoidosis patients. 国際誌

    Naoya Asakawa, Keisuke Uchida, Mamoru Sakakibara, Kazunori Omote, Keiji Noguchi, Yusuke Tokuda, Kiwamu Kamiya, Kanako C Hatanaka, Yoshihiro Matsuno, Shiro Yamada, Kyoko Asakawa, Yuichiro Fukasawa, Toshiyuki Nagai, Toshihisa Anzai, Yoshihiko Ikeda, Hatsue Ishibashi-Ueda, Masanori Hirota, Makoto Orii, Takashi Akasaka, Kenta Uto, Yasushige Shingu, Yoshiro Matsui, Shin-Ichiro Morimoto, Hiroyuki Tsutsui, Yoshinobu Eishi

    PloS one   12 ( 7 )   e0179980   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Although rare, cardiac sarcoidosis (CS) is potentially fatal. Early diagnosis and intervention are essential, but histopathologic diagnosis is limited. We aimed to detect Propionibacterium acnes, a commonly implicated etiologic agent of sarcoidosis, in myocardial tissues obtained from CS patients. METHODS AND RESULTS: We examined formalin-fixed paraffin-embedded myocardial tissues obtained by surgery or autopsy and endomyocardial biopsy from patients with CS (n = 26; CS-group), myocarditis (n = 15; M-group), or other cardiomyopathies (n = 39; CM-group) using immunohistochemistry (IHC) with a P. acnes-specific monoclonal antibody. We found granulomas in 16 (62%) CS-group samples. Massive (≥14 inflammatory cells) and minimal (<14 inflammatory cells) inflammatory foci, respectively, were detected in 16 (62%) and 11 (42%) of the CS-group samples, 10 (67%) and 10 (67%) of the M-group samples, and 1 (3%) and 18 (46%) of the CM-group samples. P. acnes-positive reactivity in granulomas, massive inflammatory foci, and minimal inflammatory foci were detected in 10 (63%), 10 (63%), and 8 (73%) of the CS-group samples, respectively, and in none of the M-group and CM-group samples. CONCLUSIONS: Frequent identification of P. acnes in sarcoid granulomas of originally aseptic myocardial tissues suggests that this indigenous bacterium causes granuloma in many CS patients. IHC detection of P. acnes in massive or minimal inflammatory foci of myocardial biopsy samples without granulomas may be useful for differentiating sarcoidosis from myocarditis or other cardiomyopathies.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0179980

    PubMed

    researchmap

  • Mid-term results of mitral valve palsty in patients with mitral sclerotic lesion. 国際誌

    Masanori Hirota, Tadashi Isomura, Chieko Katsumata, Fusahiko Ito, Masazumi Watanabe

    Journal of cardiothoracic surgery   11 ( 1 )   81 - 81   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Mitral valve repair is preferred over prosthetic replacement. We surgically repaired mitral valve with degenerated sclerotic lesion and demonstrated mid-term results. METHODS: Mitral valve plasty (MVP) was performed with several procedures including ring annuloplasty, leaflet slicing and decalcification. RESULTS: There were 19 males and 19 females with a mean age of 67 ± 12 y.o (n = 38). All patients were successfully treated MVP except one case with unrepairable injuries of the thin leaflet. In patients underwent MVP (n = 37), MVP included ring annuloplasty with a rigid full ring of 32 ± 2 mm (n = 37), leaflet slicing (n = 37), decalcification (n = 15) and artificial chordae (n = 14). Mitral valve area was statistically enlarged by MVP (1.65 ± 0.57 vs 2.51 ± 0.58 cm(2), p < 0.001). Left atrial diameter was statistically reduced after the operation (55 ± 10 vs 46 ± 9 mm, p < 0.001). Severity of MR and right ventricular systolic pressure (RVSP) were statistically decreased after the operation (MR; 1.8 ± 1.0 vs 0.7 ± 0.9, p < 0.001, RVSP; 38 ± 15 vs 30 ± 9 mm Hg, p < 0.001). There were 4 cases with residual MR (Grade II, n = 3; Grade III, n = 1). The 30-days mortality was 0 %. There was one late death due to non-cardiogenic cause (the 3-year survival rate of 97 %) and no redo case due to deterioration of the mitral valve during follow-up period of 21 ± 13 months. CONCLUSIONS: Successful mid-term survival and freedom from reoperation might expect to the durability of MVP in patients with mitral sclerotic lesion.

    DOI: 10.1186/s13019-016-0473-4

    PubMed

    researchmap

  • Post-Thoracic Endovascular Aortic Repair Complicated with Mycotic Aneurysm Rupture, Repaired by Redo Thoracic Endovascular Aortic Repair. 国際誌

    Taichi Kondo, Masanori Hirota, Shunichi Kondo, Joji Hoshino, Minoru Yoshida, Tadashi Isomura

    Annals of vascular surgery   33   228.e1-4   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycotic aneurysms although rare can be devastating. We encountered a dialysis patient with rapidly expanding distal aortic arch aneurysm who underwent axilloaxillary bypass and thoracic endovascular aortic repair (TEVAR). Three months later, he suffered mycotic aneurysm rupture for which redo TEVAR was performed. Antibiotic therapy was discontinued 16 weeks after the second operation, and renal transplantation was performed 6 months later. Dialysis was discontinued in the patient without infection recurrence.

    DOI: 10.1016/j.avsg.2015.10.037

    PubMed

    researchmap

  • Subvalvular Pannus Overgrowth after Mosaic Bioprosthesis Implantation in the Aortic Position.

    Masanori Hirota, Tadashi Isomura, Minoru Yoshida, Chieko Katsumata, Fusahiko Ito, Masazumi Watanabe

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   22 ( 2 )   108 - 11   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Although pannus overgrowth by itself was not the pathology of structural valve deterioration (SVD), it might be related to reoperation for SVD of the bioprostheses. METHODS: We retrospectively reviewed patients undergoing reoperation for SVD after implantation of the third-generation Mosaic aortic bioprosthesis and macroscopic appearance of the explanted valves was examined to detect the presence of pannus. RESULTS: There were 10 patients and the age for the initial aortic valve replacement was 72 ± 10 years old. The duration of durability was 9.9 ± 2.0 years. Deteriorated valve presented stenosis (valvular area of 0.96 ± 0.20 cm(2); pressure gradient of 60 ± 23 mmHg). Coexisting regurgitant flow was detected in two cases. Macroscopically, subvalvular pannus overgrowth was detected in 8 cases (80%). The proportion of overgrowth from the annulus was almost even and pannus overgrowth created subvalvular membrane, which restricted the area especially for each commissure. In contrast, opening and mobility of each leaflet was not severely limited and pannus overgrowth would restrict the area, especially for each commissure. In other two cases with regurgitation, tear of the leaflet on the stent strut was detected and mild calcification of each leaflet restricted opening. CONCLUSION: In patients with the Mosaic aortic bioprosthesis, pannus overgrowth was the major cause for reoperation.

    DOI: 10.5761/atcs.oa.15-00293

    PubMed

    researchmap

  • Preoperative transaortic forward flow: Prediction of surgical outcomes in patients with DCM and mitral regurgitation. 国際誌

    Masanori Hirota, Minoru Yoshida, Joji Hoshino, Taichi Kondo, Tadashi Isomura

    Asian cardiovascular & thoracic annals   23 ( 7 )   781 - 6   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: In patients with dilated cardiomyopathy and mitral regurgitation, preoperative prognostic factors are very important. METHODS: We hypothesized that preoperative transaortic forward flow might be related to postoperative survival, despite mitral regurgitant volume. We retrospectively evaluated surgical outcomes and echocardiographic parameters, including forward flow through the aortic valve. RESULTS: Seventy-nine patients (54 males, 25 females; mean age 59 ± 12 years) with dilated cardiomyopathy and mitral regurgitation were divided into two groups according to postoperative outcome: 19 patients in group A suffered cardiac death, 60 in group B survived or died of another cause. In group A, death occurred after 227 ± 116 days, group B patients survived (except one who died of infection) for 505 ± 446 days; p < 0.01. Preoperatively, there was no significant difference in ejection fraction, end-diastolic and end-systolic volume index, mitral regurgitant volume, effective regurgitant orifice area, or right ventricular systolic pressure. Preoperative transaortic forward flow was significantly lower in group A vs. group B (1.57 ± 0.33 vs. 1.81 ± 0.46 L m(-2); p 0.04). In group B, transaortic forward flow was increased significantly before discharge (1.81 ± 0.51 vs. 2.43 ± 0.62 L m(-2); p < 0.01). Ejection fraction was significantly alleviated before discharge (28% ± 9% vs. 23% ± 8%; p < 0.01) and recovered to the preoperative value without repeat dilation of the left ventricle in late follow-up. CONCLUSIONS: Preoperative transaortic forward flow may be a predictor of survival in patients with dilated cardiomyopathy and mitral regurgitation, irrespective of mitral regurgitant volume.

    DOI: 10.1177/0218492315583764

    PubMed

    researchmap

  • Sublocalization of Cardiac Involvement in Sarcoidosis and Surgical Exclusion in Patients With Congestive Heart Failure. 国際誌

    Masanori Hirota, Minoru Yoshida, Joji Hoshino, Taichi Kondo, Tadashi Isomura

    The Annals of thoracic surgery   100 ( 1 )   81 - 7   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: In sarcoidosis, cardiac involvement can cause fatal conditions such as left ventricular (LV) dysfunction and rhythm disturbance. We surgically treated critical patients with congestive heart failure due to cardiac sarcoidosis. METHODS: During 14 years, 384 patients with nonischemic dilated cardiomyopathy were operated. Among them, 14 patients (3.6%) with New York Heart Association (NYHA) class IV (male/female, 3/11; 57 ± 11 years) caused by sarcoidosis underwent surgery (elective/emergent, 12/2). The akinetic lesion, as identified by speckle-tracking echocardiography, was excluded. RESULTS: Localization of akinetic lesions was achieved in 13 patients (93%). In the short axis, lesional distribution was higher in the anterior (62%) and septal segments (54%) when compared with the posterior (31%) and lateral segments (23%). Along the long axis, regional distribution was higher in the mid (85%) and apical segments (69%) when compared with the basal segment (31%). The main lesions were excluded by septal anterior ventricular exclusion (n = 5), posterior restoration procedure (n = 3), endoventricular circular patch plasty (n = 3), and linear resection (n = 2). Mitral valve surgery included mitral valve plasty (n = 7) and replacement (n = 7). In patients undergoing elective surgery, early results showed that 10 patients survived (83%) and NYHA class improved (6 patients in class II and 4 in class III). Patients who underwent emergent surgery did not survive. The observation period was 55 ± 59 months in survivors. During follow-up, 4 patients died after 42 ± 48 months. The other 5 patients have survived for 71 ± 61 months. The 3- and 5-year survival rates were 65% and 52%, respectively. CONCLUSIONS: Sarcoidosis can result in sublocalized LV involvement, which can be surgically excluded.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2015.02.043

    PubMed

    researchmap

  • Posterior restoration procedures and the long-term results in indicated patients with dilated cardiomyopathy †. 国際誌

    Tadashi Isomura, Masanori Hirota, Yuichi Notomi, Joji Hoshino, Taichi Kondo, Yu Takahashi, Minoru Yoshida

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   20 ( 6 )   725 - 31   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Non-transplant surgery for dilated cardiomyopathy (DCM) has been in the process of development. We performed posterior restoration for dilated akinetic or dyskinetic lesions in patients with DCM and obtained favourable outcomes. The early and long-term results of the procedures are discussed. METHODS: Between 2005 and 2013, posterior restoration procedures (PRPs) for DCM were electively performed in 58 patients (17 with ischaemic and 41 with non-ischaemic DCM). There were 45 men and 13 women with a mean age of 56 ± 12 years old. The mean preoperative ejection fraction was 24% and the preoperative New York Heart Association functional class was Class III in 24 and Class IV in 34 patients with intravenous inotrope support. Indications for PRPs were determined by using speckle-tracking echocardiography of the posterior region of the left ventricle before surgery (GE ultrasound machine, Vivid 7 or Vivid E9). After cardioplegic arrest, mitral surgery or coronary artery bypass grafting (CABG) was performed and the posterior left ventricular (LV) muscle between bilateral papillary muscles was incised or resected. The LV apex was preserved and cryoablation was applied between the cut edge and the posterior mitral annulus. All patients were followed up by transthoracic echocardiography. RESULTS: In addition to PRP, mitral surgery was performed in 56 (plasty 51, replacement 5), tricuspid annuloplasty in 21, CABG in 17, cardiac resynchronization therapy in 6 and LV lead implantation in 27 patients. Perioperative intra-aortic balloon pumping was used in 9 patients and there was no hospital mortality. After the operation, 35 patients (60%) improved their functional class to Class I or II. In the late follow-up, there were 14 cardiac deaths (congestive heart failure 10, ventricular arrhythmia 4). The 3- and 8-year survival rates were 77 or 66%, respectively. CONCLUSIONS: DCM with posterior akinesis or dyskinesis indicated by speckle-tracking echocardiography can be surgically treated with PRP. Our results demonstrated that 60% of the selected patients could avoid heart transplantation with relief of their symptoms.

    DOI: 10.1093/icvts/ivv019

    PubMed

    researchmap

  • Tricuspid annuloplasty with the MC3 ring and septal plication technique. 国際誌

    Tadashi Isomura, Masanori Hirota, Joji Hoshino, Yasuhisa Fukada, Taichi Kondo, Yu Takahashi

    Asian cardiovascular & thoracic annals   23 ( 1 )   5 - 10   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Functional tricuspid regurgitation is caused by annular dilation mainly in the posterior annulus. However, ring annuloplasty does not always prevent the recurrence of tricuspid regurgitation due to dilation of the septal annulus. We developed a septal plication technique with a 3-dimensional MC3 ring. METHODS: Between 2006 and 2011, 76 patients (male/female 30/46; mean age 68 ± 11 years) with functional tricuspid regurgitation received tricuspid ring annuloplasty. After placement of the annular sutures, the 3 commissural ring portions were fixed on the equivalent commissures to plicate the anterior and posterior annulus. The end of the septal ring portion was fixed at the optimal annular position to obtain minimal tricuspid regurgitation. All patients were followed-up for a mean of 47 ± 18 months; the longest duration was 79 months. RESULTS: Although there was no operative death, one patient died of sepsis during hospitalization (hospital mortality 1.3%). After implantation of the MC3 ring (mean size 31.0 ± 3.3 mm), additional edge-to-edge sutures were required for minor leakage in 5 (7%) patients. The degree of tricuspid regurgitation was significantly reduced at discharge (0.5 ± 0.6) and midterm (0.6 ± 0.6) compared to 2.5 ± 0.7 before the operation (p < 0.0001). CONCLUSIONS: The surgical durability of the MC3 ring was satisfactory at early and midterm follow-up, suggesting that correct plication of the septal annulus is effective for tricuspid ring annuloplasty with a 3-dimensional MC3 ring.

    DOI: 10.1177/0218492314529953

    PubMed

    researchmap

  • Prediction of Long-Term Survival in Patients with End-Stage Heart Failure Secondary to Ischemic Heart Disease: Surgical Correction and Volumetric Analysis.

    Minoru Yoshida, Masanori Hirota, Joji Hoshino, Taichi Kondo, Tadashi Isomura

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   21 ( 6 )   551 - 6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Ischemic heart disease (IHD) may result in lethal conditions such as ischemic cardiomyopathy (ICM) and mitral regurgitation (MR). METHODS: We hypothesized preoperative LV volume would be highly associated with long-term survival in such patients. We retrospectively evaluated effects of LV end-systolic volume index (LVESVI) on survival. RESULTS: Patients were divided into two groups according to LVESVI; Group S (n = 19, <100 ml/m(2)), and L (n = 55, >100 ml/m(2)). There were 74 patients (male 61, female 13; 61 ± 10 y.o.). There was no statistical significance in preoperative parameters, including ejection fraction (EF), severity of MR, severity of tricuspid regurgitation (TR), and right ventricular systolic pressure (RVSP). After operation, LVESVI and severity of MR were statistically reduced in both groups. However, EF, severity of TR and RVSP were not statistically alleviated in both groups. In Group S, 5- and 10-year survival rates were 93% and 48%. In Group L, 5- and 10-year survival rates were 50% and 29%. There was a statistical difference in long-term survival between two groups. CONCLUSIONS: Preoperative LV volume would be one of the risk factors for long-term survival in patients with congestive heart failure secondary to IHD. Careful follow-up and optimal treatment should be recommended before LV dimension becomes too large.

    DOI: 10.5761/atcs.oa.15-00122

    PubMed

    researchmap

  • Temporary epicardial pacing wire migrating to and exiting from the jaw. 国際誌

    Taichi Kondo, Masanori Hirota, Joji Hoshino, Yu Takahashi, Yuichi Notomi, Tadashi Isomura

    The Annals of thoracic surgery   98 ( 6 )   2221 - 3   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 63-year-old woman underwent cardiac surgery, with atrial and ventricular temporary epicardial pacing wires being placed at the end of the procedure. Four months after the operation, the patient experienced tooth decay and underwent a tooth extraction. Thereafter, the patient developed an infected, swollen neck; computed tomography revealed that one of the temporary pacing wires had migrated into her neck. The patient was readmitted for removal of the wire, but it spontaneously exited through the skin of the lower jaw; the infection was resolved with intravenous antibiotic therapy.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2014.02.055

    PubMed

    researchmap

  • [Effectiveness of tolvaptan for postoperative heart failure in a patient with combined valvular disease and pulmonary hypertension].

    Taichi Kondo, Joji Hoshino, Yasuhisa Fukada, Masanori Hirota, Yu Takahashi, Tadashi Isomura

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   67 ( 2 )   117 - 20   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a case of a 60-year-old man with postoperative congestive heart failure( CHF) successfully treated with tolvaptan. The patient was diagnosed with pulmonary hypertension due to mitral stenosis and regurgitation combined with tricuspid regurgitation. He underwent mitral and tricuspid valvuloplasty. His postoperative course was uneventful until CHF symptoms secondary to volume overload appeared on the 4th day. Congestion with pulmonary hypertension was treated with 0.042 μg/kg/min of intravenous human atrial natriuretic peptide (hANP). His condition improved, and on the 11th postoperative day, he was weaned off hANP;oral administration of 40 mg per day of furosemide was initiated. However, 2 days after discontinuation of intravenous hANP, CHF recurred and serum sodium decreased to 128 mEq/l. Oral tolvaptan 7.5 mg per day was added to the furosemide, and CHF and hyponatremia subsequently improved. In this case, oral tolvaptan was effective for the treatment of refractory CHF with pulmonary hypertension after cardiac surgery.

    PubMed

    researchmap

  • Posterior restoration of left ventricle and mitral valve repair in patients with muscular dystrophy. 国際誌

    Masanori Hirota, Joji Hoshino, Yasuhisa Fukada, Taichi Kondo, Yu Takahashi, Yuichi Notomi, Tadashi Isomura

    The Annals of thoracic surgery   97 ( 2 )   577 - 81   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Congestive heart failure (CHF) is major risk factor for survival among patients with muscular dystrophy (MD). The degenerative postero-lateral wall of the left ventricle (LV), which results in systolic dysfunction and functional mitral regurgitation (MR) at the time of CHF, is not well described in MD. METHODS: We restored the LV and repaired the mitral valves of 6 patients (mean age, 43 ± 9 years) during emergency and elective procedures. Two and 4 patients were in New York Heart Association (NYHA) functional classes III and IV, respectively. One patient required emergency preoperative intraaortic balloon pump support. Before operation, speckle-tracking echocardiography was applied to detect the myocardial lesion. The postero-lateral LV wall that is critically affected in MD was excluded during posterior restoration. Functional MR was repaired using a combination of ring annuloplasty, papillary muscle approximation, and chordal cutting. The LV myocardium between the end of the LV incision line and the mitral annulus was cryoablated to prevent late ventricular arrhythmia. RESULTS: All patients survived (100%) for a mean follow-up of 59±39 (range; 5 to 101) months. The NYHA functional classes improved to I and II (n=3 each). Left ventricular end-diastolic diameter significantly decreased from 77±13 to 59±4 mm (p=0.0088), whereas ejection fraction did not significantly improve (0.24±0.1 vs 0.29±0.11, p=0.2451), although MR severity was significantly eliminated (3.5±0.5 vs 0.5±0.6, p=0.0003). No cardiac events were associated with CHF or arrhythmia during follow-up. CONCLUSIONS: Posterior restoration of the LV and mitral repair are useful for treating CHF in patients with MD, and improve survival.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2013.09.030

    PubMed

    researchmap

  • [Management of cardiopulmonary bypass during cardiac surgery for patients with heparin-induced thrombocytopenia].

    Taichi Kondo, Masanori Hirota, Joji Hoshino, Yasuhisa Fukada, Tadashi Isomura

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   66 ( 5 )   366 - 9   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We experienced 4 cases of open heart surgeries under preoperative diagnosis of heparin-induced thrombocytopenia(HIT). We performed operation with argatroban instead of heparin. The argatroban was administered intravenously with a bolus of 100 μg/kg. After activated clotting time(ACT)reached over 200 seconds, continuous infusion of argatroban was started, 1~2 μg/kg/min until the level of ACT over 250 in the case of off-pump coronary artery bypass grafting(OPCAB), with 6~10 μg/kg/min, or the level of ACT over 400 with the use of cardiopulmonary bypass (CPB). All cases required more than 60 minutes to achieve the target ACT level after starting the argatroban. In 1 case it was impossible to achieve target level of ACT by argatroban alone, and heparin was used concomitantly. In 1 case there was a complication of membrane occlusion of CPB. Open cardiac surgery with the use of argatroban required specific care for coagulation to complete operation.

    PubMed

    researchmap

  • [Preserving autologous heart operation for dilated cardiomyopathy].

    Joji Hoshino, Yasuhisa Fukada, Masanori Hirota, Taichi Kondo, Tadashi Isomura

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   66 ( 1 )   31 - 6   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: We report non transplant surgical procedure (preserving autologous heart operation) for the patients with dilated cardiomyopathy( DCM), clinical outcomes, and the factor of predict prognosis. PATIENT AND METHOD: Since May 2000, 258 patients received surgical procedure for 11 years. SURGICAL PROCEDURES: We performed mitral surgery (plasty or replacement) for the patients with more than mild mitral regurgitation (MR). We performed papirally muscule plication since 2005, and we performed 2nd chordal cutting since 2008, for the patients with MR due to mitral tethering. The surgical left ventricular reconstruction( SVR) was performed for the patients with dilated left ventricular. We use spackle tracking echocardiography to decide the type of SVR since 2008. RESULT: Hospital death was 18.2%, and late cardiac death was 27.5%.Almost the cause of death was congestive heart failure and ventricular arrhythmia. Five years survival was 58%, 10 years survival was 39%. Preoperative condition, emergent operation, inotropic support, intra aortic balloon pumping(IABP),affect the prognosis. But left ventricular size did not affect it. CONCLUSION: Surgical treatment for the patient with DCM should be performed with stable preoperative condition.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Marfan症候群に先天性第XI因子欠乏症とvon Willebrand病(VWD)を合併した患者の心臓弁膜症手術の周術期管理

    大山 矩史, 淺田 騰, 末澤 孝徳, 新谷 憲治, 廣田 真規, 池内 一廣, 北村 亘, 高須賀 裕樹, 藤原 英晃, 遠西 大輔, 西森 久和, 藤井 伸治, 松岡 賢市, 笠原 真悟, 前田 嘉信

    臨床血液   62 ( 6 )   663 - 663   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 自己免疫性溶血性貧血を合併した慢性活動性サルコイドーシスの1例

    安東 優, 廣田 昇馬, 内田 そのえ, 菅 貴将, 表 絵里奈, 坂田 真規, 宮崎 泰彦

    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌   40 ( サプリメント号 )   62 - 62   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本サルコイドーシス  

    researchmap

  • 移植後47年で再弁置換を施行した三尖弁位Wada-Cutter弁の1例

    伊藤 聡彦, 渡邊 正純, 片岡 豪, 関 晴永, 田崎 大, 廣田 真規

    胸部外科   71 ( 13 )   1118 - 1121   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    53歳女性。三尖弁位に対するWada-Cutter弁移植後47年目に浮腫、労作時呼吸困難が出現した。利尿薬を投与するも症状は悪化し、経胸壁心エコーにて三尖弁狭窄兼閉鎖不全を認め、更に人工弁のディスク固着と各オリフィスに一致する流入・逆流ジェットが確認された。以上より、本症例は人工弁機能不全と診断され、生体弁による再弁置換術が行われた。その結果、術後は右房径の縮小、全身浮腫の軽快を認め、経過良好にて術後17日目に独歩退院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20181129140017&doc_link_id=40021736842&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40021736842&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 心臓外科周術期の肺高血圧における一酸化窒素吸入療法の効果判定について

    林 進太郎, 吉田 稔, 廣田 真規, 山田 将志, 林 直人, 磯村 正, 遠藤 真弘

    人工臓器   47 ( 2 )   S - 149   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工臓器学会  

    researchmap

  • 大内論文に対するEditorial Comment

    廣田 真規

    心臓   50 ( 9 )   998 - 998   2018年9月

  • Type IIエンドリークにより巨大化した腹部大動脈瘤に対する外科治療の1例 瘤切開の必要性

    高橋 一哉, 廣田 真規, 勝又 千英子, 伊藤 聡彦, 渡邉 正純

    日本血管外科学会雑誌   25   85 - 88   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    われわれはEndovascular aneurysm repair後残存するtype IIエンドリークにより巨大化した腹部大動脈瘤に対して血管内治療を試みたが、不成功に終わったため外科的に治療を施行した。瘤が巨大であり、流入する腰動脈処理のために瘤を脱転するとステントグラフトの脱落を引き起こす危険性があったため、瘤を直接開き瘤内よりエンドリークの原因となっている腰動脈を直接処理することにより治療し得た。瘤が巨大かつカテーテルでの治療が困難な場合には、瘤外から腰動脈を確実に処理することは困難であるため、本症例のように瘤を切開して瘤内より血管を処理する方法が有効であった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J02873&link_issn=&doc_id=20170404480017&doc_link_id=%2Ffj4kekka%2F2016%2F002500%2F017%2F0085-0088%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffj4kekka%2F2016%2F002500%2F017%2F0085-0088%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Ebstein病に対する三尖弁置換術(Wada-Cutter弁)47年後の再手術経験

    奥村 裕士, 廣田 真規, 伊藤 聡彦, 渡邊 正純

    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   ( 171回 )   26 - 26   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胸部外科学会-関東甲信越地方会  

    researchmap

  • EVAR時代における破裂性腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術の妥当性

    近藤 太一, 廣田 真規, 星野 丈二, 吉田 稔, 磯村 正

    日本血管外科学会雑誌   24 ( 3 )   650 - 650   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 冠動脈バイパス術を同時施行した超高齢者大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術の早期・中期成績

    深田 靖久, 星野 丈二, 廣田 真規, 近藤 太一, 高橋 雄, 磯村 正

    日本冠疾患学会雑誌   21 ( 1 )   14 - 19   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本冠疾患学会  

    冠動脈病変(CAD)を合併した80歳以上の超高齢者ASに対するAVR+CABG術後の早期・遠隔成績を検討した。対象は2006年以降の80歳以上のAVR+CABG症例44例で、平均年齢は83.5±3.0歳、術前のNYHA機能分類は20例(45%)がIIIからIV度であり、ロジスティックEuroSCOREは17.5±13.4であった。大動脈弁口面積は0.75±0.41cm2、大動脈弁最大圧較差は78.7±36.5mmHgであった。全例生体弁を使用し、バイパス枝数は平均1.8枝であった。手術死亡はなく、術後合併症は呼吸不全、消化管出血、房室ブロック、難治性胸水であった。術後在院日数の中央値は22日であった。NYHA機能分類は術前2.4±1.0度から術後1.3±0.6度に改善した(p<0.01)。1年、3年生存率は100%、74.4±12.3%であった。今後のTAVIの導入にあたり、超高齢者の手術リスクを過大評価することなく適切に評価する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 心臓再手術のPitfalls 心臓胸部大血管再手術に対する手術法の工夫と成績

    磯村 正, 星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 近藤 太一, 高橋 雄, 飯田 浩司

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   171 - 171   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 山崎論文に対するEditorial Comment

    廣田 真規

    心臓   46 ( 3 )   404 - 405   2014年3月

  • 術前術後管理 肺高血圧症合併連合弁膜症術後のうっ血性心不全に対するtolvaptan投与

    近藤 太一, 星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 高橋 雄, 磯村 正

    胸部外科   67 ( 2 )   117 - 120   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    症例は60歳男性で、労作時息切れを主訴とした。臨床経過および心臓カテーテル造影検査の結果、慢性心房細動、肺高血圧症を合併した僧帽弁閉鎖不全兼狭窄症と診断し、僧帽弁の弁尖肥厚部および交連癒合部をメスでピーリング・切開し、Physio IIリング34mmを用いて形成術を行った。三尖弁はMCリング34mmを使用して形成術を行った。術後はうっ血性心不全を発症したが、tolvaptanの経口投与にて改善し、第29病日に軽快退院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20140124200008&doc_link_id=40019953407&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019953407&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 臨床と研究 Heparin起因性血小板減少症に対するargatrobanを使用した人工心肺管理

    近藤 太一, 廣田 真規, 星野 丈二, 深田 靖久, 磯村 正

    胸部外科   66 ( 5 )   366 - 369   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    術前にHeparin起因性血小板減少症と診断された4例を対象にargatroban(A)を使用して開心術を行った。その結果、症例4のOPCAB例では目標の開胸後活性凝固時間(ACT)値を250秒に設定しAを投与したが、60分後にACT値209秒となり、120分でACT値220秒まで延長したもののその後30分で手術が終了したため、ACT値はそれ以上延長しなかった。他の3例(CABG、MVP、MVP+SAVE)は人工心肺を使用し、症例1はA投与後60分でACT値が目標に到達しなかったため、heparinを併用して手術を行った。また、症例2、3はA投与後60分でACT値が目標に到達したため、on-pumpが開始可能であったが、症例3は術中に人工肺の膜閉塞を合併したためAを追加で大量投与し、回路交換を行った。その後、ACT値は1201秒まで延長し、術中に赤血球・新鮮凍結血漿・血小板の大量輸血と長時間の止血を要した。症例3も術中に血小板数が著明に減少し、血小板の大量輸血を要した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20130426100005&doc_link_id=40019684769&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019684769&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 末梢動脈瘤に対するステント留置後のコイル塞栓術併用の有効性

    近藤 太一, 高橋 雄, 廣田 真規, 星野 丈二, 磯村 正

    日本血管外科学会雑誌   22 ( 2 )   261 - 261   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 僧帽弁形成術の成績安定のための工夫とその治療成績 器質的僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術の成績安定のための工夫とその治療成績 術中心表面エコーの重要性と形成術式の標準化

    磯村 正, 星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 近藤 太一

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   350 - 350   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Stanford A型急性大動脈解離に合併した上腸間膜動脈解離の1例

    近藤 太一, 磯村 正, 星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 片平 晋太郎, 尭天 孝之

    胸部外科   66 ( 3 )   234 - 236   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    症例は73歳男性で、胸部圧迫感を主訴に近医救急搬送となり、胸腹部造影CTにてStanford A型急性大動脈解離と診断のもと、発症から3時間後に当院へ搬送された。術前腹部造影CTではStanford A型急性大動脈解離に合併した上腸間膜動脈(SMA)解離が明らかとなり、まず右外腸骨動脈-大伏在静脈-SMAバイパス術を行い、次に弓部大動脈人工血管置換術で3分枝を再建した。術後1日目より麻痺性イレウスを合併したがイレウス管挿入にて軽快し、術後67日目に退院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20130221030018&doc_link_id=40019595566&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019595566&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 肺全摘後の再CABG

    深田 靖久, 星野 丈二, 廣田 真規, 近藤 太一, 磯村 正

    胸部外科   66 ( 3 )   192 - 195   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    症例は77歳男性で、61歳時に肺癌に対する左肺全摘術を受け、73歳時に不安定狭心症のため胸骨正中切開、人工心肺心停止下で冠状動脈バイパス術(CABG)を受けた。今回、安静時胸痛を主訴に当科を受診し、不安定性狭心症の診断にて緊急入院となった。冠状動脈造影ではLAD#6に99%狭窄を認め、LADへの心拍動下CABGが予定された。本症例は肺全摘後の再CABGであり、術前CTで縦隔は左胸腔内に偏位し、LADは胸骨左縁より3.5cm左方に位置していたため、rib-cross法によるアプローチを選択したところ、良好な手術経過を得ることができた。術後は胸痛が改善し、術後21日目に自宅退院となった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20130221030007&doc_link_id=40019595337&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019595337&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • CABG術後遠隔期の心臓再手術 冠動脈バイパス術後の遠隔期の心臓再手術 正中re-entryでの手術法のtip and pitfall

    廣田 真規, 磯村 正, 星野 丈二, 深田 靖久, 近藤 太一

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   178 - 178   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 【重症心不全に対する外科治療】拡張型心筋症に対する自己心温存手術 術式の変遷,遠隔期成績,予後規定因子

    星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 近藤 太一, 磯村 正

    胸部外科   66 ( 1 )   31 - 36   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    自己心温存手術を行った非虚血性拡張型心筋症(DCM)258例(男性187例、女性71例、平均年齢57.9歳)を対象に、術式とその成績、予後規定因子に行いて報告した。術前のNew York Heart Association(NYHA)分類III度以上が233例(90.3%)、駆出率(EF)は平均28.3%、左室拡張末期径(LVDd)は平均72.1mm、緊急手術は34例(13.2%)、再手術例は5例(1.9%)であった。病院死亡は47例(18.2%:心不全36例、不整脈7例、敗血症4例)、遠隔期死亡は71例(27.5%:心不全53例、不整脈18例)、遠隔期生存率は心臓関連死亡で5年58%、10年39%であった。予後規定因子では緊急手術(ハザード比3.90)、術前IABP使用(同2.87)、術前カテコラミン依存(同1.89)などがハザード比高値を示し、LVDdのサイズ別では90mm以上の群で最も予後不良となり、LVDd 60〜70mm群では70〜80mm群、80〜90mm群より予後不良となる傾向であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20130107010008&doc_link_id=issn%3D0021-5252%26volume%3D66%26issue%3D1%26spage%3D31&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0021-5252%26volume%3D66%26issue%3D1%26spage%3D31&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • 虚血性心筋症の治療戦略 血行再建から再生医療まで 虚血性心筋症の外科治療戦略

    磯村 正, 星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 近藤 太一

    日本冠疾患学会雑誌   18 ( 4 )   305 - 305   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本冠疾患学会  

    researchmap

  • もう一度見たいあのビデオ(CABG) 頻回な内科的、外科的治療後の冠動脈血行再建術 非定型症例に対する外科治療

    片平 晋太郎, 星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 磯村 正

    日本冠疾患学会雑誌   18 ( 4 )   360 - 360   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本冠疾患学会  

    researchmap

  • Vein hood-free ITA composite graftの早期成績

    星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 近藤 太一, 磯村 正

    日本冠疾患学会雑誌   18 ( 4 )   428 - 428   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本冠疾患学会  

    researchmap

  • Stanford A型解離に合併したSMA解離の1手術例

    近藤 太一, 廣田 真規, 星野 丈二, 深田 泰久, 磯村 正

    日本血管外科学会雑誌   21 ( 7 )   858 - 858   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 葉山ハートセンターにおけるステントグラフト開始から今日まで

    近藤 太一, 廣田 真規, 星野 丈二, 深田 泰久, 近藤 俊一, 磯村 正

    日本血管外科学会雑誌   21 ( 7 )   860 - 860   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • フィブロガミンP症例 心臓血管外科領域 胸部大血管術後難治性胸水に血液凝固第XIII因子製剤が有効であった1例

    星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 近藤 太一, 磯村 正

    Medical Torch   8 ( 1 )   42 - 43   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)フォレストプリンコム  

    心臓血管外科治療において術後の胸水貯留は日常茶飯事である。なかには長期間ドレーン留置や、頻回の胸水穿刺を余儀なくされる症例もある。今回筆者らは、大動脈弁置換・弓部大動脈置換術後、遷延する難治性胸水の症例に血液凝固第XIII因子(FXIII)製剤が著効した症例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • OPCAB後に発症した非閉塞性腸管虚血

    深田 靖久, 星野 丈二, 片平 晋太郎, 廣田 真規, 尭天 孝之, 磯村 正

    胸部外科   65 ( 7 )   534 - 537   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    85歳男。労作時胸痛を主訴とした。冠状動脈造影で右冠状動脈、左冠状動脈、左冠状動脈主幹部に狭窄を認めた。高齢、頸動脈狭窄、上行大動脈石灰化などのため心拍動下冠状動脈バイパスを施行した。バイパスに使用する血管は左内胸動脈、右内胸動脈、大伏在静脈から採取した。術直後の血行動態は安定しており、術後6時間で人工呼吸器を離脱した。しかし、術後9時間より代謝性アシドーシスに続いて著明な腹痛や全身性の大理石紋様が出現し、非閉塞性腸管虚血(NOMI)を疑った。上腸間膜動脈(SMA)造影を施行したところ、SMA分枝の全域にわたる攣縮を認め、NOMIの診断となった。Papaverine hydrochlorideを動注したが、改善しなかった。翌朝の血液検査でCPK、AST、LDHの逸脱酵素の高値を認め、腸管壊死が決定的となった。その後、全身状態が進行性に悪化し、多臓器不全で術後3日に死亡した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20120621060005&doc_link_id=40019360697&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019360697&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 弓部・上行大動脈置換術における確実な大動脈末梢吻合

    星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 片平 晋太郎, 近藤 太一, 尭天 孝之, 磯村 正

    日本血管外科学会雑誌   21 ( 3 )   402 - 402   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • Aortic homograftを使用したBentall術後の再手術症例に対する解剖学的特徴と治療戦略

    尭天 孝之, 廣田 真規, 星野 丈二, 深田 靖久, 近藤 太一, 片平 晋太郎, 磯村 正

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   404 - 404   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 【虚血性心筋症に対する外科治療戦略】虚血性心筋症に対する自己心温存手術

    星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 片平 晋太郎, 尭天 孝之, 磯村 正

    胸部外科   64 ( 11 )   981 - 984   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    虚血性心筋症に対し、冠状動脈バイパス術、弁形成または弁置換術、左室形成術、心臓再同期療法を組み合わせて施行する自己心温存手術の術式を紹介し、同手術212例(男187例・女25例・平均61.7±10.6歳)の成績を報告した。New York Heart Association(NYHA)分類III度以上が199例で、心エコーでの左室駆出率(EF)は平均32.8%、左室拡張末期径(LVDd)は65.5mm、緊急手術4例、再手術10例であった。病院死亡は17例で、心不全11例、不整脈4例、敗血症2例であった。遠隔期死亡は21例で、このうち心臓関連死亡17例の原因は不整脈9例、心不全8例であった。病院死亡を除いたKaplan-Meier法による遠隔生存率は、全体では5年75%、10年66%、心臓関連死亡ではそれぞれ78%、73%であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00349&link_issn=&doc_id=20111004110007&doc_link_id=40019001081&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019001081&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 心サルコイドーシスに対する外科的治療

    廣田 真規, 星野 丈二, 深田 靖久, 片平 晋太郎, 堯天 孝之, 磯村 正

    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌   31 ( サプリメント号 )   38 - 38   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本サルコイドーシス  

    researchmap

  • 急速に進展し心タンポナーデを起こした心外膜原発多形型悪性線維性組織球腫/未分化多形細胞肉腫Pleomorphic malignant fibrous histiocytoma/Undifferentiated high grade pleomorphic sarcomaの1剖検例

    塩沢 英輔, 大井 正也, 廣田 真規, 白井 崇生, 前田 朱美, 矢持 淑子, 瀧本 雅文, 太田 秀一

    診断病理   28 ( 4 )   247 - 253   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

    70代男性がX線検査で胸部異常陰影を指摘され、胸部CT検査で心嚢内腫瘍を認めた。開胸心嚢内腫瘍生検で多形型悪性線維性組織球腫/未分化多形細胞肉腫Pleomorphic malignant fibrous histiocytoma/Undifferentiated high grade pleomorphic sarcomaと診断した。腫瘍は手術切除困難で、化学療法に不応であり、全経過5ヵ月で急速に進行する心タンポナーデで死亡した。剖検で左室側壁の心外膜原発であることが判明した。心外膜原発例は極めて稀であり、その臨床病理学的特徴は明らかではない。文献的考察を含めて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 心房細動に対するカテーテルアブレーション後に生じた肺静脈狭窄に対する肺静脈形成術

    村松 賢一, 深田 靖久, 星野 丈二, 片平 晋太郎, 廣田 真規, 磯村 正

    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   ( 156回 )   17 - 17   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胸部外科学会-関東甲信越地方会  

    researchmap

  • 好酸球増多症に合併した大動脈弁血栓弁の一例

    片平 晋太郎, 星野 丈二, 深田 靖久, 廣田 真規, 村松 賢一, 磯村 正

    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   ( 156回 )   7 - 7   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胸部外科学会-関東甲信越地方会  

    researchmap

  • 開心術中に術中大動脈解離を合併した2症例

    近藤 太一, 磯村 正, 星野 丈二, 深田 靖久, 岩崎 倫明, 廣田 真規, 片平 晋太郎, 村松 賢一

    日本血管外科学会雑誌   20 ( 2 )   522 - 522   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 冠動脈瘤合併冠動脈瘻に対するoff-pump手術 3D-CT検査による心外膜面からの術前イメージングの重要性

    前田 敦雄, 廣田 真規

    日本心臓血管外科学会雑誌   40 ( 1 )   19 - 21   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    我々は冠動脈瘤合併冠動脈瘻に対して、術前の心外膜面からの詳細なイメージングにより、冠動脈瘻の流入部と流出部を結紮可能と判断し、低侵襲なoff-pump手術を予定し、治療し得た。特に3D-CT検査による術前の解剖学的位置関係の把握は、冠動脈瘻に対する術式選択において重要であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 上腸間膜動脈解離の4例

    川浦 洋征, 尾本 正, 大野 正裕, 大井 正也, 廣田 真規, 宮内 忠雅, 石川 昇, 手取屋 岳夫

    日本血管外科学会雑誌   19 ( 2 )   308 - 308   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • 真菌性感染性心内膜炎術後に感染性腸骨動脈瘤を合併した1例

    丸田 一人, 尾本 正, 石川 昇, 廣田 真規, 大井 正也, 福隅 正臣, 大野 正裕, 川田 忠典, 手取屋 岳夫

    日本心臓血管外科学会雑誌   36 ( 4 )   188 - 192   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    症例は6ヵ月間の発熱病歴を有し、小児期より心室中隔欠損症(VSD)と診断されていた44歳の男性である。平成16年7月、VSDに伴った感染性心内膜炎による大動脈弁閉鎖不全症と診断し、生体弁による弁置換術およびVSDのパッチ閉鎖術を施行した。しかし術後、炎症反応は陰転化せず、術後3ヵ月目に血中からCandida albicansが検出された。人工弁感染が疑われたため、術後3.5ヵ月でFree styleブタ大動脈弁により大動脈基部置換およびVSDの再閉鎖術を行った。その後、抗真菌剤の内服を継続して外来経過観察していたが、平成17年5月に再び発熱が出現、CTで左総腸骨動脈瘤を認め、Candida albicansによるmycotic aneurysmを疑い手術を施行した。活動型感染性心内膜炎では抗生剤投与が長期にわたると真菌症を併発することを認識すべきである。真菌性感染性心内膜炎は感染制御の困難性から長期予後は不良とされ、術後の経過観察は長期間、厳重に行うことが必要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J01122&link_issn=&doc_id=20070725200004&doc_link_id=10.4326%2Fjjcvs.36.188&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.4326%2Fjjcvs.36.188&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 淋菌感染による感染性心内膜症の一例

    大野 正裕, 福隅 正臣, 大井 正也, 廣田 真規, 尾本 正, 石川 昇, 川田 忠典, 手取屋 岳夫

    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   ( 139回 )   11 - 11   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胸部外科学会-関東甲信越地方会  

    researchmap

  • 原発性肺動脈悪性腫瘍の一手術例

    大井 正也, 手取屋 岳夫, 石川 昇, 尾本 正, 廣田 真規, 丸田 一人, 福隅 正臣, 大野 正裕, 川田 忠典

    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   ( 138回 )   10 - 10   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胸部外科学会-関東甲信越地方会  

    researchmap

  • 僧帽弁閉鎖不全症を伴った肥大型心筋症と診断された心アミロイドーシス症の一例

    大野 正裕, 福隅 正臣, 大井 正也, 丸田 一人, 廣田 真規, 尾本 正, 石川 昇, 川田 忠典, 手取屋 岳夫

    昭和医学会雑誌   66 ( 3 )   221 - 221   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:昭和大学・昭和学士会  

    researchmap

  • 大動脈弁置換術を施行した心血管Behcet病の1例

    福隅 正臣, 大野 正裕, 大井 正也, 丸田 一人, 廣田 真規, 尾本 正, 石川 昇, 山田 眞, 川田 忠典, 手取屋 岳夫

    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集   ( 137回 )   27 - 27   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胸部外科学会-関東甲信越地方会  

    researchmap

  • 下肢重症虚血潰瘍に対して骨髄幹細胞移植,血行再建術等の集学的治療により救肢を得た1例

    高橋 研, 桜井 茂, 藤井 泰宏, 鵜垣 伸也, 川畑 拓也, 廣田 真規, 笠原 真悟, 神吉 和重, 三井 秀也, 石野 幸三, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   117 ( 3 )   257 - 257   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • ポータブル内視鏡下手術トレーニングシステムとNetMeetingを用いた遠隔内視鏡下手術教育の実際

    山本 滋, 門倉 光隆, 片岡 大輔, 大野 正裕, 福隅 正臣, 大井 正也, 丸田 一人, 廣田 真規, 石川 昇, 毛利 亮, 尾本 正, 山田 眞, 川田 忠典, 手取屋 岳夫, 伊藤 隆延

    昭和医学会雑誌   65 ( 6 )   511 - 511   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:昭和大学・昭和学士会  

    researchmap

  • 補助循環の使用が有効であった周術期重症左心不全症例の経験

    中倉 真人, 神吉 和重, 小泉 淳一, 小谷 恭弘, 大崎 悟, 末澤 孝徳, 本浄 修己, 立石 篤史, 廣田 真規, 甲元 拓志, 石野 幸三, 河田 政明, 佐野 俊二

    膜型肺   ( 28 )   45 - 46   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:膜型人工肺研究会  

    49歳男.胸部圧迫感,呼吸困難が出現した.胸部X線・心電図より急性心筋梗塞による急性左心不全を疑われた.画像所見により前壁から中隔領域にわたる広範囲の陳旧性梗塞に新たな切迫心筋梗塞が加わっていると考え,緊急冠動脈バイパス手術を施行した.吻合終了後,LOSのために人工心肺離脱不能と判断し,左房脱血-大動脈送血による左心バイパスを導入し人工心肺を離脱した.IABPは上室性不整脈が頻発するため効果的に駆動せず,経食道心エコーにてARの増悪も認め,OFFした.VT,Vf等の致死性不整脈を認めるようになり,左心バイパスからPCPSへの移行を行い,ICD埋め込み術を施行した.術後13日目,カテコラミンを増量し補助循環を離脱した.術後128日目,独歩退院となった

    researchmap

  • 【交感神経系による血圧調節 最近の進歩】高血圧での血管内皮由来弛緩反応の変化

    井内 洋介, 廣田 真規, 梶谷 昌史, 上甲 剛, 梶谷 文彦

    血圧   12 ( 6 )   647 - 650   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)先端医学社  

    高血圧などの病態では血管内皮障害が生じ血流調節異常を引き起こすことが知られている.われわれは高血圧モデルラットを用い,高血圧刺激に対する冠循環での内皮由来弛緩因子の機能変化に注目し,in vivoにて検討をおこなったので報告する(著者抄録)

    researchmap

  • 冠微小循環の階層性血管調節機能におけるNOとEDHFの関与

    山本 岳玄, 廣田 真規, 井内 洋介, 梶谷 昌史, 清岡 崇彦, 森本 太郎, 岩崎 達雄, 森實 祐基, 宮坂 武寛, 毛利 聡, 清水 壽一郎, 梶谷 文彦

    日本生理学雑誌   67 ( 4 )   165 - 165   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    researchmap

  • 冠微小循環の可視化による高血圧および正常血圧ラットの年齢に応じた血管内皮由来弛緩因子の関与

    井内 洋介, 廣田 真規, 清岡 崇彦, 梶谷 昌史, 森本 太郎, 森實 祐基, 岩崎 達雄, 包 金花, 宮坂 武寛, 毛利 聡, 清水 壽一郎, 平松 修, 小笠原 康夫, 上甲 剛, 梶谷 文彦

    生体医工学   42 ( 2 )   147 - 147   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生体医工学会  

    researchmap

  • 超音波照射による超音波コントラスト剤破壊の微小循環への影響 Land-mine explosion in capillary

    清岡 崇彦, 島田 建永, 平松 修, 氷見 直之, 望月 精一, 小笠原 康夫, 辻岡 克彦, 森本 太郎, 森實 祐基, 廣田 真規, 岩崎 達雄, 宮坂 武寛, 毛利 聡, 清水 壽一郎, 梶谷 文彦

    日本生理学雑誌   66 ( 2 )   68 - 68   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    researchmap

  • 【21世紀の新しい外科治療】移植 心停止ドナー(NHBD)からの心臓移植

    廣田 真規, 石野 幸三, 佐野 俊二

    現代医療   36 ( 1 )   73 - 78   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)現代医療社  

    researchmap

  • CCD生体顕微鏡を用いたラット瞳孔膜微小循環の可視化

    森實 祐基, 毛利 聡, 森本 太郎, 清岡 崇彦, 廣田 真規, 岩崎 達雄, 包 金花, 井内 洋介, 栗栖 美絵, 清水 壽一郎, 小笠原 康夫, 大月 洋, 梶谷 文彦

    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   103 ( 183 )   1 - 4   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)電子情報通信学会  

    生後8日目のラットに硫酸アトロピン,塩酸ジクロロイソプロテレノール,塩酸フェノキシベンザミンを点眼し,中等度散瞳状態における瞳孔膜血管をペンシルプローブCCD生体顕微鏡で観察した.瞳孔膜の血管網は,瞳孔中央で十文字に吻合する細動静脈と,その間をつなぐ毛細血管網から構成されていた.血管径は,細動脈が21.6μm,細静脈が23.3μm,毛細血管が8.7μmであり,細動脈は向かい合う瞳孔縁の二点から各々瞳孔中央の吻合部に向かって流れ,細静脈は吻合部から向かい合う瞳孔縁の二点に向かって各々流れていた.次に生後3〜14日目のラットで瞳孔膜血管の全分岐点の数を調べたところ,生後8日目までは一定で,14日目に0となった.更に生後12日目のラットで,虹彩の動きに伴う瞳孔膜の形態及び血行動態の変化を観察した.縮瞳時には虹彩によって瞳孔膜血管は強く屈曲し,血流が停止した.散瞳時には瞳孔膜血管が伸展し,血流は再開した

    researchmap

  • 体心室右室を有する疾患に対する外科治療戦略

    廣田 真規, 河田 政明, 石野 幸三, 竹内 護, 大月 審一, 佐野 俊二

    日本小児循環器学会雑誌   19 ( 3 )   239 - 239   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • Unguarded tricuspid orifice with pulmonary atresiaの手術治験

    廣田 真規, 峰 良成, 河田 政明, 石野 幸三, 佐野 俊二

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   51 ( Suppl. )   141 - 141   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 心停止心の臨床応用の可能性(In situ Isolated perfusion technique)

    廣田 真規

    移植   37 ( 5 )   242 - 242   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 心臓移植用心筋保護液の心筋保護効果に関する心臓力学的・エネルギー学的検討

    大島 祐, 石野 幸三, 手取屋 岳夫, 加藤 源太郎, 増田 善逸, 伊藤 篤志, 浅井 友浩, 栗山 充仁, 廣田 真規, 佐野 俊二

    移植   37 ( 5 )   239 - 239   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 小児開心術中の経食道心エコーモニター

    伊藤 篤志, 増田 善逸, 大島 祐, 栗山 充仁, 加藤 源太郎, 前谷 繁, 浅井 友浩, 藤田 康文, 峰 良成, 廣田 真規

    超音波医学   29 ( Suppl. )   S264 - S264   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

    researchmap

  • 責任病変が対角枝であった左室自由壁破裂の1例

    末澤 孝徳, 手取屋 岳夫, 中井 幹三, 廣田 真規, 立石 篤史, 佐野 俊二

    岡山医学会雑誌   113 ( 3 )   324 - 324   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 乳幼児複雑心奇形に対する無輸血手術の試み 静脈-右房バイパスによる乳児両方向性Glenn手術

    峰 良成, 佐野 俊二, 河田 政明, 加藤 源太郎, 徳永 宣之, 廣田 真規, 伊藤 篤志

    岡山医学会雑誌   113 ( 1 )   56 - 56   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 単冠動脈を伴った大動脈縮窄症,Taussig-Bing奇形に対する冠動脈移植を行わない一期的根治術

    佐野 俊二, 河田 政明, 石野 幸三, 藤澤 恵美, 廣田 真規, 大月 審一, 森田 潔, 脇 研自, 新垣 義夫, 馬場 清

    日本小児循環器学会雑誌   17 ( 2 )   331 - 331   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • T≦3cm・N0/1a乳癌に対するType Oriented Therapyの試み

    桧垣 健二, 岡村 進介, 田邊 和照, 宇野 太, 廣田 真規, 朝倉 晃, 影本 正之, 藤井 誠志, 立山 義朗, 松浦 博夫

    乳癌の臨床   14 ( 4 )   482 - 490   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    1)T≦3cm・NO/1a乳癌に対して生検的Lumpectomyを行い得られた組織所見により,腋窩非郭清と乳房非照射の適応を決定した. 2)腋窩非郭清の適応基準を満たした症例は,郭清を省略した場合81例中1例(5年再発率:1.2%)に腋窩再発がみられたが遠隔転移はみられなかった. 3)乳房非照射の適応基準を満たした症例は,照射を省略しても103例中1例(5年再発率:1.4%)に乳房再発をきたしたが遠隔転移はみられなかった. 4)腋窩非郭清の適応基準と乳房非照射の適応基準を満たしたために,両治療を省略した場合55例中1例(5年再発率:1.4%)に腋窩再発がみられたが乳房再発や遠隔転移はみられなかった. 5)生検的Lumpectomyにより得られた組織所見により治療法を決定するType oriented therapyは根治性を損なわずに,機能性,そして経済性に優れたDay Surgeryも可能な治療法であり,臨床的に意義のある治療法と言える

    researchmap

  • 心タンポナーデを合併した上行大動脈解離に対して急性期に人工血管置換術を施行した1例

    有岡 一郎, 今西 薫, 佐藤 克敏, 廣田 真規, 土肥 俊之, 岡谷 泰治, 平見 有二, 平井 章三, 弓場 雅夫

    広島医学   52 ( 9 )   872 - 872   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)に対する当院の治療成績 最近1年間での検討

    平井 章三, 弓場 雅夫, 今西 薫, 有岡 一郎, 佐藤 克敏, 廣田 真規, 土肥 俊之

    広島医学   52 ( 9 )   872 - 872   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • PCPS補助下にPTCA行い治療改善した急性冠症候群の2例

    平井 章三, 弓場 雅夫, 今西 薫, 有岡 一郎, 佐藤 克敏, 廣田 真規, 土肥 俊之

    広島医学   52 ( 9 )   872 - 872   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • Off pump bypassによって改善した不安定狭心症の1例

    廣田 真規, 今西 薫, 有岡 一郎, 佐藤 克敏, 土肥 俊之, 弓場 雅夫, 平井 章三

    広島医学   52 ( 9 )   872 - 872   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 生検的Lumpectomyによる乳癌に対する腋窩非郭清の適応決定

    桧垣 健二, 岡村 進介, 田邊 和照, 宇野 太, 廣田 真規, 豊田 昌弘, 朝倉 晃, 藤井 誠志, 立山 義朗, 松浦 博夫

    乳癌の臨床   14 ( 1 )   24 - 30   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    1)組織学的浸潤径(hT),組織型,組織波及度,リンパ管侵襲の有無は乳癌の腋窩リンパ節転移のよい予測因子となった. 2)生検的Lumpectomyにより上記の4つの予測因子を調べ,その結果により腋窩非郭清の適応を決定した.絶対的適応:非浸潤癌,hT≦2.0cmの粘液癌・gでly-の乳頭腺管癌,hT≦0.5cmのly-乳癌相対的適応:hT≦2.0cmのly-乳癌適応外:ly+の乳癌 3)現在のところ,この適応を満たす腋窩リンパ節非郭清症例での再発はみられておらず,臨床的に意義のある適応条件であると考えた

    researchmap

  • 「PC-ORDERING97」による注射処方支援システムの構築

    竹中 智子, 久田 真規子, 新家 恵子, 倉光 明美, 栗谷 良孝, 西井 諭司, 廣田 好恵, 日月 裕

    日本薬学会年会要旨集   119年会 ( 4 )   169 - 169   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    researchmap

  • 根治性とQOLの向上を目指した粘液癌に対する縮小手術の試み

    檜垣 健二, 岡村 進介, 宇野 太, 廣田 真規, 二宮 基樹, 池田 俊行, 小林 直広, 朝倉 晃, 立山 義朗, 松浦 博夫

    乳癌の臨床   13 ( 4 )   791 - 795   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    1)純型粘液癌は腫瘤径が3.0cm以下であれば39例中1例もリンパ節転移が認められなかった.2)純型粘液癌に対する術後補助療法の意義は明らかではなかった.3)術前に純型粘液癌と確診する方法は生検的lumpectomyを行う以外はない.これにより純型粘液型であり,脈管侵襲がなく,切除断端に癌の露出がみられない6例に対し,それ以外の付加治療を行わず経過をみているが再発はみられていない

    researchmap

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術の術中胆道損傷と予後

    塩崎 滋弘, 岡村 進介, 立石 篤史, 宇野 太, 廣田 真規, 田邊 和照, 豊田 昌弘, 森田 克行, 伴 秀利, 吉鷹 知也

    日本消化器外科学会雑誌   31 ( 12 )   2421 - 2421   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 総胆管結石に対する治療法の検討

    塩崎 滋弘, 岡村 進介, 立石 篤夫, 廣田 真規, 宇野 太, 田邊 和照, 森多 克行, 伴 秀利, 原野 雅生, 吉鷹 知也

    日本臨床外科学会雑誌   59 ( 増刊 )   226 - 226   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 気腫性胆嚢炎の1例

    塩崎 滋弘, 岡村 進介, 濱井 洋一, 立石 篤史, 宇野 太, 廣田 真規, 田邊 和照, 森多 克行, 伴 秀利, 原野 雅生, 吉鷹 知也, 小野田 正, 大野 聡, 二宮 基樹, 檜垣 健二, 池田 俊行, 小林 直広, 朝倉 晃

    社会保険広島市民病院医誌   14 ( 1 )   32 - 35   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    researchmap

  • 再発率に基づいた乳癌術後のType oriented follow-up

    檜垣 健二, 岡村 進介, 宇野 太, 廣田 真規, 豊田 昌弘, 立石 篤史, 森多 克行, 田辺 和照, 伴 秀利, 原野 雅生, 吉鷹 知也, 小野田 正, 塩崎 滋弘, 大野 聡, 二宮 基樹, 池田 俊行, 小林 直広, 朝倉 晃

    社会保険広島市民病院医誌   14 ( 1 )   27 - 31   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島市立広島市民病院  

    乳癌の術後2年間に起こる再発部位と再発頻度をみると,骨への再発はT1n0乳癌で1.6%,T2n1α乳癌で3.5%,組織学的リンパ節転移が10個以上の乳癌(n+≧10乳癌)で11,9%と進行度により大きく異なった.また,縦隔リンパ節転移はT2n1α乳癌の6.0%にみられたにすぎなかった.この事実により,T1n0乳癌やT2n1α乳癌での骨シンチや肺CTは施行するとしても,その回数は少なくてよく,n+≧10乳癌では逆にその回数を多くする必要があると思われた.術後のfollow-up検査はその進行度に合わせて検査項目と回数を決定するtype oriented follow-upを行うべきである

    researchmap

  • 進行乳癌に対するneoadjuvant therapy下での乳房温存療法の経験

    廣田 真規

    広島医学   51 ( 6 )   819 - 819   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 乳房温存療法と術後補助療法を行わない乳房切除術との術後QOLの比較

    檜垣 健二, 岡村 進介, 廣田 真規

    乳癌の臨床   13 ( 2 )   320 - 326   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    術後照射とtamoxifen(TAM)投与を行った乳房温存療法施行例(BPT群)42例と術後補助療法を行わないAuchincloss術式施行例(MST)35例の術後QOLを比較検討した.1)活動性,身体状況,精神・心理状態には差は認められなかった.2)社会性,とりわけ経済的負担感はMST群が良好な結果を示した.3)機能性,とりわけ運動性と疼痛面ではMST群が良好な結果を示した.4)落胆度では術後3ヵ月より12ヵ月迄の間はBPT群が良好な結果を示したものの,術後1ヵ月と24ヵ月では両群間に差がみられなかった

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 右室自由壁原発心内膜下腫瘍に対する biventricular repair を目指した右室形成術

    廣田 真規

    第30回中四国心臓血管外科手術手技研究会  2022年1月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    添付ファイル: プログラム-第30回岡山心臓血管外科研究会.pdf

    researchmap

  • 先天性心疾患姑息手術後の集中治療室におけるリハビリ

    黒子洋介, 福田智美, 鈴木浩之, 小川達也, 岸 良匡, 山内悠輔, 木佐森永理, 小松弘明, 枝木大治, 辻 龍典, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 小谷恭弘, 廣田真規, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ステントグラフトによる片側内腸骨動脈閉鎖に起因した臀筋跛行に対する集学的治療戦略

    奥山倫弘, 廣田真規, 枝木大治, 衛藤弘城, 鈴木浩之, 小松弘明, 木佐森永理, 横田 豊, 辻 龍典, 迫田直也, 村岡玄哉, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 24時間安全に実施できる急性大動脈解離手術を目指して

    迫田直也, 廣田真規, 衛藤弘城, 奥山倫弘, 鈴木浩之, 枝木大治, 小松弘明, 木佐森永理, 辻 龍典, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第119回日本循環器学会中国地方会  2021年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月27日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fontan術後の末梢肺動脈狭窄への治療戦略:まずはカテーテル治療を、他の心修復が必要なら積極的な外科手術を!

    小林純子, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 横田 豊, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 村岡玄哉, 衛藤弘城, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Norwood手術後およびArterial switch手術後の遠隔期における大動脈弁・大動脈基部の手術経験

    黒子洋介, 鈴木浩之, 横山翔平, 木佐森永理, 小松弘明, 枝木大治, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 村岡玄哉, 小林純子, 衛藤弘城, 川畑拓也, 小谷恭弘, 廣田真規, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Transannular patchを用いたファロー四徴症修復術の遠隔成績は良好である

    小谷恭弘, 小林泰幸, 横山翔平, 鈴木浩之, 木佐森永理, 枝木大治, 小松弘明, 横田 豊, 辻 龍典, 迫田直也, 村岡玄哉, 衛藤弘城, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 笠原真悟

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 冠動脈起始異常に対する解剖学的修復術

    小谷恭弘, 小林泰幸, 横田 豊, 村岡玄哉, 迫田直也, 辻 龍典, 木佐森永理, 小松弘明, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 笠原真悟

    第26回日本冠動脈外科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月15日 - 2021年7月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 虚血性・機能性僧帽弁閉鎖不全症に対する弁下手技としての乳頭筋接合術とつり上げ術

    迫田直也, 廣田真規, 衛藤弘城, 小松弘明, 木佐森永理, 横田豊, 辻龍典, 村岡玄哉, 小林泰幸, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第26回日本冠動脈外科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月15日 - 2021年7月16日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 左心低形成症候群に対する非定型的な大動脈弓再建

    小林純子 , 小谷恭弘 , 木佐森永理 , 小松弘明 , 辻 龍典 , 迫田直也 , 小林泰幸 , 横田 豊 , 村岡玄哉 , 堀尾直裕 , 川畑拓也 , 廣田真規 , 黒子洋介 , 笠原真悟

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MACに感染を伴う僧帽弁位IEに対してMVRを施行した一例

    迫田直也, 廣田真規, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 笠原真悟, 横濱ふみ, 高谷陽一, 赤木 達, 伊藤 浩, 大塚勇輝, 中野靖浩, 大村大輔, 萩谷英大

    第64回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児患者における左冠動脈主幹部閉塞の1例

    岸 良匡, 黒子洋介, 大賀勇輝, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 迫田直也, 小林泰幸, 横田 豊, 堀尾直裕, 小林純子, 川畑拓也, 廣田真規, 小谷恭弘, 笠原真悟

    小児患者における左冠動脈主幹部閉塞の1例 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月17日 - 2021年6月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファロー四徴症術後の肺動脈弁逆流に対する側開胸肺動脈弁置換術

    小松弘明, 黒子洋介, 小谷恭弘, 川畑拓也, 小林純子, 廣田真規, 笠原真悟

    第116回・第118回日本循環器学会 中国・四国合同地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月5日 - 2021年6月6日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Norwood手術の合併症は長期予後に影響するか?

    小谷恭弘, 小林泰幸, 堀尾直裕, 迫田直也, 辻 龍典, 横田 豊, 村岡玄哉, 小松弘明, 木佐森永理, 小林純子, 藤井泰宏, 黒子洋介, 川畑拓也, 末澤孝徳, 廣田真規, 笠原真悟

    第121回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Ebstein病の外科治療―新生児から高齢者までの三尖弁形成術―

    笠原真悟, 木佐森永理, 小松弘明, 辻 龍典, 小林泰幸, 迫田直也, 横田 豊, 堀尾直裕, 村岡玄哉, 小林純子, 藤井泰宏, 川畑拓也, 黒子洋介, 小谷恭弘, 末澤孝徳, 廣田真規

    第121回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 岡山大学における純型肺動脈閉鎖症の段階的二心室治療戦略

    笠原真悟 , 小谷恭弘 , 辻 龍典 , 木佐森永理 , 小松弘明 , 小林泰幸 , 迫田直也 , 横田 豊 , 堀尾直裕 , 村岡玄哉 , 小林純子 , 川畑拓也 , 黒子洋介 , 末澤孝徳 , 廣田真規

    第51回日本心臓血管外科学会学術総会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月19日 - 2021年2月21日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • タバコ窩内シャントファースト戦略での橈骨動脈AVFの臨床成績

    藤井泰宏, 大澤 晋, 村岡玄哉, 木佐森永理, 小松弘明, 横田 豊, 迫田直也, 辻 龍典, 小林泰幸, 堀尾直裕, 小林純子, 川畑拓也, 黒子洋介, 廣田真規, 末澤孝徳, 小谷恭弘, 笠原真悟

    第51回日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月19日 - 2021年2月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Marfan症候群に先天性第Ⅺ因子欠乏症とvon Willebrand病(VWD)を合併した患者の心臓弁膜症手術の周術期管理

    大山矩史, 淺田 騰, 末澤孝徳, 新谷憲治, 廣田真規, 池内一廣, 北村 亘, 高須賀裕樹, 藤原英晃, 遠西大輔, 西森久和, 藤井伸治, 松岡賢市, 笠原真悟, 前田嘉信

    第60回日本血液学会中国四国地方会  2021年3月13日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 日本冠疾患学会最優秀賞

    2014年12月   第16回特定非営利活動法人  

     詳細を見る

  • 短期研究助成

    2005年1月   (財)東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団  

     詳細を見る

  • Young Investigator’s Award

    2004年5月   第84回日本循環器学会 中国地方会  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 心停止ドナーの心移植を目的とした心機能評価装置を搭載した体外式搬送システムの開発

    研究課題/領域番号:20K12690  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    廣田 真規, 黒子 洋介, 清水 秀二, 笠原 真悟, 小谷 恭弘

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

 

担当授業科目

  • 心筋梗塞特論 (2021年度) 特別  - その他