2021/10/02 更新

写真a

サトウ エイスケ
佐藤 英祐
SATO Eisuke
所属
自然科学学域 助教
職名
助教

経歴

  • 岡山大学大学院   自然科学研究科応用化学専攻   助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • Application of an Electrochemical Microflow Reactor for Cyanosilylation: Machine Learning-Assisted Exploration of Suitable Reaction Conditions for Semi-Large-Scale Synthesis

    Eisuke Sato, Mayu Fujii, Hiroki Tanaka, Koichi Mitsudo, Masaru Kondo, Shinobu Takizawa, Hiroaki Sasai, Takeshi Washio, Kazunori Ishikawa, Seiji Suga

    The Journal of Organic Chemistry   2021年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.1c01242

    researchmap

  • Cu-Catalyzed Dehydrogenative C–O Cyclization for the Synthesis of Furan-Fused Thienoacenes

    Koichi Mitsudo, Yoshiaki Kobashi, Kaito Nakata, Yuji Kurimoto, Eisuke Sato, Hiroki M, ai, Seiji Suga

    Organic Letters   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c01256

    researchmap

  • Synthesis of Morphinans through Anodic Aryl‐Aryl Coupling

    Nina Vierengel, Le, er Geske, Eisuke Sato, Till Opatz

    The Chemical Record   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/tcr.202100078

    researchmap

  • Electrosynthesis of Phosphacycles via Dehydrogenative C–P Bond Formation Using DABCO as a Mediator

    Yuji Kurimoto, Jun Yamashita, Koichi Mitsudo, Eisuke Sato, Seiji Suga

    Organic Letters   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c00807

    researchmap

  • Anodic Oxidation as an Enabling Tool for the Synthesis of Natural Products 査読

    Till Opatz, Leander Geske, Eisuke Sato

    Synthesis   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Georg Thieme Verlag KG  

    Electrochemistry provides a valuable toolbox for organic synthesis and offers an appealing, environmentally benign alternative to the use of stoichiometric quantities of chemical oxidants or reductants. Its potential to control current efficiency along with providing alternative reaction conditions in a classical sense makes electrochemistry a suitable method for large-scale industrial transformations as well as for laboratory applications in the synthesis of complex molecular architectures. Even though research in this field has intensified over the recent decades, many synthetic chemists still hesitate to add electroorganic reactions to their standard repertoire, and hence, the full potential of preparative organic electrochemistry has not yet been unleashed. This short review highlights the versatility of anodic transformations by summarizing their application in natural product synthesis.

    1 Introduction

    2 Shono-Type Oxidation

    3 C–N/N–N Bond Formation

    4 Aryl–Alkene/Aryl–Aryl Coupling

    5 Cycloadditions Triggered by Oxidation of Electron-Rich Arenes

    6 Spirocycles

    7 Miscellaneous Transformations

    8 Future Prospects

    DOI: 10.1055/s-0040-1707154

    researchmap

  • Design, synthesis and anti-malarial activities of synthetic analogs of biselyngbyolide B, a Ca2+ pump inhibitor from marine cyanobacteria 査読

    Eisuke Sato, Maho Morita, Haruo Ogawa, Masato Iwatsuki, Rei Hokari, Aki Ishiyama, Satoshi Omura, Arihiro Iwasaki, Kiyotake Suenaga

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.12.050

    researchmap

  • Total Synthesis of Biselyngbyaside 査読

    Eisuke Sato, Miho Sato, Yurika Tanabe, Naoya Nakajima, Akifumi Ohkubo, Kiyotake Suenaga

    The Journal of Organic Chemistry   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b00905

    researchmap

  • Total Synthesis of Biselyngbyaside 査読

    Eisuke Sato, Miho Sato, Yurika Tanabe, Naoya Nakajima, Akifumi Ohkubo, Kiyotake Suenaga

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   82 ( 13 )   6770 - 6777   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    The first total synthesis of biselyngbyaside, an 18-membered macrolide glycoside, was achieved. The glycoside bond was introduced using the Schmidt method before construction of the 18-membered ring due to the instability of the conjugated diene and the beta-hydrOxy ester moiety. The macrolactone ring was constructed using the Mitsunobu reaction followed by intramolecular the Stine coupling reaction.

    DOI: 10.1021/acsjoc.7b00905

    Web of Science

    researchmap

  • Total Synthesis of Biselyngbyolide B 査読

    Eisuke Sato, Yurika Tanabe, Naoya Nakajima, Akifumi Ohkubo, Kiyotake Suenaga

    Organic Letters   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b00660

    researchmap

  • Total Synthesis of Biselyngbyolide A 査読

    Yurika Tanabe, Eisuke Sato, Naoya Nakajima, Akifumi Ohkubo, Osamu Ohno, Kiyotake Suenaga

    Organic Letters   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol500996n

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 機械学習を利用した有機電解合成反応の効率的最適化

    2021年10月 - 2024年03月

    科学技術振興機構  JST戦略的創造研究推進事業 ACT-X 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • インドールの陽極酸化を伴う新規骨格形成反応の開発研究

    研究課題/領域番号:20K22534  2020年09月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    佐藤 英祐

      詳細を見る

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    researchmap

  • ビセリングビアサイド類の合成と生物活性

    研究課題/領域番号:17J03602  2017年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    佐藤 英祐

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本年度は、ビセリングビアサイド類をより効率良く合成するために、合成ルートの改善を行った。
    これまではトリメチレングリコールを出発原料とした合成ルートを用いてビセリングビアサイド類の全合成を行なっていたが、新たな合成計画においては不斉点を既に有するRocheエステルを出発原料として用いた。既に不斉点を有する化合物を用いることで、工程数を削減することができた。さらに、ヨウ化ビニル部分を合成の序盤で構築することによって、保護基の脱着や酸化段階の調整を減らすことが可能となった。さらに、以前の手法において毒性の高く高価な塩化クロムを大過剰用いる必要があったが、新しい合成ルートにおいてはヨウ化ビニルへの変換において安価なシュワルツ試薬を用いる手法が適用可能であり、大量合成を目指す上で重要性が高い。
    以前の合成手法での問題点としてあげられていた、不斉補助基を用いる方法についての改善を行った。不斉補助基を用いる反応は、新たな不斉点構築を行う際に選択性と収率の双方から信頼性の高い手法であったが、等量の不斉補助基を用いる点でアトムエコノミーの観点から問題視されていた。本研究においては、アルデヒドに対して不斉補助基を用いた立体選択的アルドール反応の代わりに、イリジウム触媒を用いた立体選択的なアリル化反応を適用することで問題の解決をはかった。アリル化反応の立体選択性は非常に高く目的の立体化学を有する化合物を与えることがわかったが、反応の進行が途中で止まってしまうことがわかった。本原因については現在調査中である。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 先端合成化学 (2021年度) 後期  - 金1,金2

  • 合成化学実験1 (2021年度) 第4学期  - 月5,月6,月7,月8,木5,木6,木7,木8

  • 合成化学実験1 (2021年度) 第4学期  - 月5,月6,月7,月8,木5,木6,木7,木8

  • 実践応用化学 (2021年度) 前期  - その他

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 工学基礎実験実習 (2021年度) 1・2学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 応用化学ゼミナール1 (2021年度) 前期  - その他

  • 応用化学ゼミナール2 (2021年度) 後期  - その他

  • 応用化学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 合成化学実験1 (2020年度) 第4学期  - 月4,月5,月6,月7,木4,木5,木6,木7

  • 合成化学実験1 (2020年度) 第4学期  - 月4,月5,月6,月7,木4,木5,木6,木7

▼全件表示