2021/12/22 更新

写真a

クスハラ トシマサ
楠原 俊昌
KUSUHARA Toshimasa
所属
保健学域 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2005年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 医用生体工学

  • 生体情報計測

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学

  • ライフサイエンス / 皮膚科学

  • ライフサイエンス / 医療福祉工学

学歴

  • 岡山大学    

    - 2005年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   学術研究院保健学域   助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • CNSからの刺激を入力としたペンドラムテストモデル-相動性反射の2次元評価指数の提案- 査読

    道西博行, 中村隆夫, 楠原俊昌, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾, 椿原彰夫

    電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J104-D ( 2 )   143 - 150   2021年

     詳細を見る

  • Effectiveness of impedance parameters for muscle quality evaluation in healthy men.

    Hiroki Sato, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Kobara Kenichi, Katsushi Kuniyasu, Takaki Kawashima, Kozo Hanayama

    The journal of physiological sciences : JPS   70 ( 1 )   53 - 53   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the relationship between impedance parameters and skeletal muscle function in the lower extremities, as well as the effectiveness of impedance parameters in evaluating muscle quality. Lower extremity impedance of 19 healthy men (aged 23-31 years) measured using the direct segmental multi-frequency bioelectrical impedance analysis were arc-optimized using the Cole-Cole model, following which phase angle (PA), [Formula: see text], and β were estimated. Skeletal muscle function was assessed by muscle thickness, muscle intensity, and isometric knee extension force (IKEF). IKEF was positively correlated with PA (r = 0.58, p < 0.01) and β (r = 0.34, p < 0.05) was negatively correlated with [Formula: see text] (r = - 0.43, p < 0.01). Stepwise multiple regression analysis results revealed that PA, β, and [Formula: see text] were correlated with IKEF independently of muscle thickness. This study suggests that arc-optimized impedance parameters are effective for evaluating muscle quality and prediction of muscle strength.

    DOI: 10.1186/s12576-020-00780-z

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of swallowing in motor neuron disease and Asidan/SCA36 patients with new methods "jointly worked"

    Nobutoshi Morimoto, Toru Yamashita, Kota Sato, Tomoko Kurata, Yoshio Ikeda, Toshimasa Kusuhara, Naomichi Murata, Koji Abe

    Journal of the Neurological Sciences   324 ( 1-2 )   149 - 155   2013年1月

     詳細を見る

  • Motion discrimination of throwing a baseball using forearm electrical impedance

    Nakamura, Takao, Kusuhara, Toshimasa, Yamamoto, Yoshitake

    Journal of Physics: Conference Series   434 ( 1 )   2013年

     詳細を見る

  • Detection of knee-joint motions using two linear accelerometers for pendulum test

    Toshimasa Kusuhara, Kazuaki Jikuya, Takao Nakamura, Hiroyuki Michinishi, Yoshitake Yamamoto, Takuji Okamoto

    Electronics and Communications in Japan   2C1 ( 3 )   456 - 458   2012年7月

     詳細を見る

  • Evaluations of Cooling Down Effects Using Lower Leg Electrical Impedance

    T. Nakamura, T. Kusuhara, Y. Yamamoto

    第26回生体・生理工学シンポジウム論文集 (BPES 2011)   2C1 ( 3 )   456 - 458   2011年9月

     詳細を見る

  • Detection method of knee-joint motions using two linear accelerometers for pendulum test

    Toshimasa Kusuhara, Kazuaki Jikuya, Takao Nakamura, Hiroyuki Michinishi, Yoshitake Yamamoto, Takuji Okamoto

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   131 ( 9 )   8 - 1569   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical Engineers of Japan  

    In order to solve nonlinear differential equations concerning with the spinal stretch reflexes in pendulum test, mutually synchronized values of angle, angular velocity and angular acceleration in the knee-joint are frequently used as their initial ones. In this study, we propose a method which can detect both angle and angular acceleration in the knee-joint at the same time by simple operations on the outputs of two accelerometers. Here, the principle of knee-joint motion detection, evaluation of amplitude accuracy in measured waveforms, that of synchronization accuracy are described in this order. © 2011 The Institute of Electrical Engineers of Japan.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.131.1564

    Scopus

    researchmap

  • 2個の一軸加速度計を用いたペンドラムテストのための膝関節運動の検出法

    楠原俊昌, 軸屋和明, 中村隆夫, 道西博行, 山本尚武, 岡本卓爾

    電気学会論文誌C   131 ( 9 )   1564 - 1569   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.131.1564

    researchmap

  • 投球障害予防のための前腕部電気インピーダンスを用いた投球動作の判別

    中村隆夫, 杉原誠治, 楠原俊昌, 山本尚武

    第25回生体・生理工学シンポジウム論文集   2D2 ( 4 )   317 - 318   2010年9月

     詳細を見る

  • ECIS法を用いた放射線被曝の実時間連続評価法の開発に関する研究

    山本尚武, 合田典子, 中村隆夫, 丸山敏則, 楠原俊昌

    Innervision   22 ( 7 )   2007年

     詳細を見る

  • Quantitative evaluation of nano-order micromotion of cultured cells using electric cell-substrate impedance sensing method

    N. Goda, Y. Yamamoto, N. Kataoka, T. Nakamura, T. Kusuhara, S. Mohri, K. Naruse, F. Kajiya

    13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL BIOIMPEDANCE AND THE 8TH CONFERENCE ON ELECTRICAL IMPEDANCE TOMOGRAPHY 2007   17   122 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Electric cell-substrate impedance sensing (ECIS) system can detect electrically micro-motion of the cell cultured in the gold electrode, originally developed by I. Giaever et al. The ECIS system makes data continuously on resistance and capacitance values change in electric impedance by the cell micro-motion at real time. Human umbilical vein endothelial cells were cultured on the ECIS electrode, and measured after chemical substance (estrogen) stimulation electric impedance over 40 hours. A parameter analyzed cellular motion by using the precise mathematical model simulated cell electric impedance based on the Cole-Cole model. This mathematical model agreed with the experiment value over Aide frequency range 25 Hz to 60 kHz. Impedance of the mathematical model in the ECIS system varied with the change in cell-cell distance A and cell-substrate distance h in the motion of the cultured cell. The parameter for the distance of A and h was defined as S-A and S-h to do the simple and easy evaluation of the cell micro-motion. Furthermore, the actual dimension evaluation of A, h was tired from these parameters. A change in impedance following estrogen stimulation was analyzed by using the mathematical model, and changes in A and h were estimated. As a result, it was proved that about 120 nm decreased A, and about 2 nm increased h after 40 hours.

    Web of Science

    researchmap

  • ANALYSIS OF EFFECT OF RADIATION EXPOSURE ON CULTURED CELLS USING ELECTRICAL CELL-SUBSTRATE IMPEDANCE SENSING (ECIS) METHOD

    N. Goda, Y. Yamamoto, T. Nakamura, T. Maruyama, T. Kusuhara, S. Mohri, N. Kataoka, F. Kajiya

    Official Journal of the Institute of Biocybernetics and Biomedical Engineering   27 ( 1/2 )   223 - 232   2007年

     詳細を見る

  • Formative Mechanism of Skin Potential Activity and Relationships between Skin Potential and Skin Impedance

    K. Shirai, Y. Yamamoto, T. Nakamura, T. Kusuhara

    WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING 2006, VOL 14, PTS 1-6   14   2694 - 2697   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    Electrodermal activity (EDA) is well known as sensing emotional activity and autonomous nerve activity easily. There are skin resistance change (SRC), skin impedance change (SIC) and skin potential activity (SPA) for measurement of EDA. SPA consisted of skin potential level (SPL) and skin potential reflex (SPR) has been used well in recent years. However, there are various kinds of patterns in SPR, and not enough is known about the formative mechanism of SPA. Then, we examined these things. In the measurement of SPL, we require a rigid standard electrode accompanied by removing of stratum corneum. This treatment accompanies by some pain to subjects. Inadequate removing of the stratum corneum will tend to bring uncertainty of measurement result. Therefore, if the relationship between the degree of fall of SIL and fall of SPL accompanied by removing of stratum corneum are clarified, and sufficient removing for construction of standard electrode is checked by impedance, this approach is reasonable. Then we proposed, in the standard electrode site, the stratum corneum should be abraded when the skin impedance is less than about 0.8 kohm. The SPL of standard electrode expected to be under 2mV. Next, we proposed the equivalent electrical circuit model of measuring system for SPA, which was based on EDA model proposed by Edelberg. We described the complex SPR phenomena by the model. Furthermore, by the relation with environmental temperature, EDA measurements in various body surface parts were performed, and the relevance of thermal perspiration and mental perspiration was considered. The EDA in skin of palm and forearm were characterized by independency and a relationship between sweating due to thermal agents and sweating due to mental or sensory agents. The relativity of sweating at every point of human body to mental and sensory activity was emphasized at the high room temperature condition.

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of Swallowing Functions Depend on Aging and Surgical Operation of Gullet Cancer Using Neck Bioelectrical Impedance

    T. Kusuhara, T. Nakamura, Y. Yamamoto

    WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING 2006, VOL 14, PTS 1-6   14   2730 - 2733   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    We have confirmed that observation of the neck electrical impedance was effective to evaluate swallowing functions. Consequently, we have proposed Impedance Pharyngography (IPG) which could record the neck electrical impedance during swallowing. However, it is not easy to compare different subject's IPG directly. We introduced the parameter analysis and the discriminant analysis. The parameter analysis can evaluate IPG waveforms quantitatively. And the discriminant analysis can classify swallowing functions into some groups using result of the parameter analysis. First of all, we obtained IPGs of 88 persons classified into the four groups. And we performed the parameter analysis and the discriminant analysis. As a result, we could obtain the hitting ratio of 65.9% and three discriminant functions. Next, we obtained IPGs of one gullet cancer patient. He is not included in above-mentioned 88 persons. His IPG waveforms were measured by several times before and after the surgical operation. We analyzed these using the parameter analysis and the discriminant functions obtained by the discriminant analysis of abovementioned 88 persons. These results corresponded with the state of his swallowing functions at that time. By using statistical processing, we obtained the inspection results which can compare a subject's swallowing functions with the other subjects' ones. Consequently, it can be said that the diagnostic value of this method is very useful.

    Web of Science

    researchmap

  • Electrical Cell-substrate Impedance Sensing(ECIS)法を用いた培養細胞の微細挙動の定量的評価法-細胞-細胞間隙と細胞-電極間隙の評価-

    GODA Noriko, YAMAMOTO Yoshitake, NAKAMURA Takao, KUSUHARA Toshimasa, MARUYAMA Toshinori

    岡山大学医学部保健学科紀要   17 ( 1 )   2007年

     詳細を見る

  • Parameter analysis of impedance pharyngography (IPG) for assessment of swallowing function

    Toshimasa Kusuhara, Takao Nakamura, Yasuhiro Shirakawa, Keiko Mori, Yoshio Naomoto, Yoshitake Yamamoto

    Systems and Computers in Japan   37 ( 13 )   20 - 27   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    With steady aging of society, the number of patients with dysphagia due to esophageal cancer and to muscular and neural diseases is increasing. This tendency is a problem from the viewpoint of social welfare. We intended to develop a simple quantitative evaluation method for the swallowing function, and we propose impedance pharyngography (IPG), which can measure noninvasively the electrical impedance of the neck during swallowing. Although the swallowing function is reflected in the IPG, the effect of swallowing function degradation on the waveform varies depending on the cause of the problem, making it difficult to compare simply the IPGs of subjects with various states of the swallowing function. In this study, four parameters are defined, based on the normal IPGs of normal young subjects, in order to evaluate the waveform features representing the swallowing function, namely, the pharynx transit time, the rate of impedance change, the similarity, and the timing of the swallowing sound. Then, a method is proposed to evaluate the IPG quantitatively. IPGs of two groups, young and elderly, are analyzed in terms of these parameters, and it is shown that the degradation of the lifting speed and the lifting distance of the larynx, and also degradation of smooth activity of the organs related to swallowing, can be detected as differences in the parameters. © 2006 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/scj.20588

    Scopus

    researchmap

  • Quantitative evaluation of micro-motion of vascular endothelial cells in Electrical Cell-substrate Impedance Sensing (ECIS) method using a precision mathematical model

    Noriko Goda, Yoshitake Yamamoto, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Satoshi Mohri, Noriyuki Kataoka, Fumihiko Kajiya

    2006 INTERNATIONAL CONFERENCE ON MICROTECHNOLOGIES IN MEDICINE AND BIOLOGY   23 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We constructed a precision mathematical model for quantitative evaluation of the micro-dynamics of cultured cells measured with ECIS (Electrical Cell-substrate Impedance Sensing) system that could separately estimate cell-to-cell distance and cell-to-substrate distance. For wide applications of this method, we constructed mathematical models describing for some kinds of cell and some kinds of confluent conditions. The mathematical models of these impedances could be fit well especially from 1 kHz to 10 kHz, which were most interesting frequency range for micro-dynamic analysis in ECIS methods.

    Web of Science

    researchmap

  • Development of high time resolution measurement system of frequency characteristics in bioelectrical impedance for biodynamic analysis

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    SIGNAL ANALYSIS, MEASUREMENT THEORY, PHOTO-ELECTRONIC TECHNOLOGY, AND ARTIFICIAL INTELLIGENCE, PTS 1 AND 2   6357   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    We have proposed biodynamic analysis using bioelectrical impedance at 50 kHz, which is measured with synchronous rectification method. In order to analyze impedance parameters in biodynamics, the measurement of frequency characteristics in bioelectrical impedance with a high time resolution are required. Therefore we have developed a high time resolution measurement system for bioelectrical impedance with 10 frequency points and time resolution of 1 ms. A voltage E-A, which consisted of fundamental wave and 9 kinds of harmonic wave from 1 kHz to 1 MHz, were converted to current. The current flowed through human body and a potential voltage, E-V was detected in the measured part. After A/D conversion of E-V and E-A in the sampling frequency 2 MHz, data number 2048 points, the impedance were calculated using Fast Fourier Transform. The measured time 1.024 ms was the period of the fundamental wave and time resolution of this system. The specification is enough accuracy for measurement of bioelectrical impedance for biodynamic analysis.

    DOI: 10.1117/12.717000

    Web of Science

    researchmap

  • 頸部電気インピーダンス計測と嚥下機能評価法

    中村隆夫, 楠原俊昌, 山本尚武

    日本バイオレオロジー学会誌   2005年

     詳細を見る

  • 臨床における生体計測のための皮膚インピーダンス標準化モデル

    白井喜代子, 山本尚武, 中村隆夫, 楠原俊昌

    岡山県母性衛生   ( 21 )   2005年

     詳細を見る

  • 嚥下機能評価のためのインピーダンス咽頭図(IPG)のパラメータ解析

    楠原俊昌, 中村隆夫, 白川靖博, 森恵子, 猶本良夫, 山本尚武

    電子情報通信学会論文誌   2005年

     詳細を見る

  • Impedance pharyngography to assess swallowing function

    T Kusuhara, T Nakamura, Y Shirakawa, K Mori, Y Naomoto, Y Yamamoto

    JOURNAL OF INTERNATIONAL MEDICAL RESEARCH   32 ( 6 )   608 - 616   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE MED PUBL  

    We evaluated impedance pharyngography (IPG), a new method to assess swallowing function based on changes in the electrical impedance of the neck during swallowing. The electrical impedance of the neck, recorded by the 4-electrode method, changed with the equivalent cross-sectional area of the route of the electric current due to reflex activities of related organs during swallowing. IPG waveforms accurately recorded the swallowing process, therefore. We recommend IPG for assessing swallowing function because we expect IPG to provide the following advantages over conventional diagnostic techniques: it is a quantitative method that allows for the objective assessment of swallowing function; it is a simple procedure that is convenient for the patient and could be used for screening; it is inexpensive and non-invasive, so could be performed repeatedly in situations such as rehabilitation; and it uses highly portable equipment suitable for community use.

    Web of Science

    researchmap

  • インピーダンス咽頭図(IPG)を用いた加齢による嚥下機能衰退の定量的評価法

    楠原俊昌, 中村隆夫, 森恵子, 山本尚武, 白川靖博, 猶本良夫

    岡山大学医学部保健学科紀要   2004年

     詳細を見る

  • 歩行能力の評価・訓練のための足踏み測定器の開発

    中村隆夫, 小西均, 辻博明, 楠原俊昌, 山本尚武

    岡山大学医学部保健学科紀要   2004年

     詳細を見る

  • Evaluating object and region of concentric electrode in bio-electrical impedance measurement

    Y Yamamoto, K Shirai, N Goda, T Nakamura, T Kusuhara, H Okuda

    IEEE EMBS APBME 2003   282 - 283   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Concentric electrode is easy to use and used widely for measuring bio-electrical impedance. But, its evaluating region was not investigated in detail. Then, the characteristics of concentric electrode were studied from various points of view. In case of use without electrode paste, impedance is determined with the contacting condition between electrode and skin surface over all frequency range. In case of use with electrode past, impedance is composed of stratum corneum in the frequency range of 20Hz-1 kHz and is mainly composed of subcutaneous tissue in the range of 200kHz-1MHz In the high frequency range, evaluating region of concentric electrode is the area less than the radius or the gap of center electrode.

    Web of Science

    researchmap

  • 浮腫評価のための体肢容積計の開発

    中村隆夫, 合田典子, 白井喜代子, 楠原俊昌, 山本尚武

    岡山大学医学部保健学科紀要   2003年

     詳細を見る

  • The adapting method of Impedance Pharyngography (IPG) to nodding swallowing

    T Kusuhara, T Nakamura, K Mori, Y Yamamoto

    IEEE EMBS APBME 2003   286 - 287   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We have so far proposed the Impedance Pharyngography (IPG) method which uses neck electrical impedance as a swallow appraisal method. Generating of the IPG is dependent on activity of participation organ by swallowing reflection. However, in the latest research, it has turned out that impedance change by nod operation during swallowing is disturbing the impedance change by swallowing. Patients with dysphagia performs nodding swallowing in many cases because of the sense of discomfort at swallowing. Moreover, nod operation is recommended in order to perform smooth swallowing activity in rehabilitation. Then, in this study, presumption of the impedance change by nod operation was enabled. And the corrected IPG was generated by removing this presumed waveform from the measured IPG waveform. When the IPG of the healthy person by nodding swallowing was corrected, it has checked that it could be used for functional evaluation of swallowing like the standard IPG without nodding.

    Web of Science

    researchmap

  • Using Electrodermal Activity for Analysis of the Effect of Different Sense Stimulations on Humans

    Kiyoko Shirai, Yoshitake Yamamoto, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Hiroyuki Okuda

    Journal of International Society of Life Information Science   2002年

     詳細を見る

  • 食道癌術後の嚥下感覚の変化に対する考察

    森恵子, 山本尚武, 中村隆夫, 楠原俊昌

    岡山大学医学部保健学科紀要   2001年

     詳細を見る

  • Impedance Pharyngography for Diagnosis of Swallowing Disorders

    Yoshitake Yamamoto, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Keiko Mori

    Lecture Notes of the ICB Seminars 5th Polish-Japanese Seminar on Biomedical Measurements -New Methods for Medical Diagnosis-   2001年

     詳細を見る

  • 嚥下機能評価のための嚥下音の計測法に関する研究

    山本尚武, 中村隆夫, 楠原俊昌, 津川英範

    厚生省長寿科学総合研究平成10年度研究報告   1999年

     詳細を見る

  • インピーダンス咽頭図を用いた嚥下活動の解析法の検討

    山本尚武, 中村隆夫, 楠原俊昌

    厚生省長寿科学総合研究平成9年度研究報告   リハビリテーション,看護・介護,082-2,pp.77-83   1998年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • Advanced Topics in Measurements

    InTech  2012年  ( ISBN:9789535101284

     詳細を見る

MISC

  • Electrical impedance myographyに用いるハンドヘルド型電極アレイの作製 -骨格筋インピーダンスの測定精度向上を目的とした検証-

    佐藤 宏樹, 楠原 俊昌, 中村 隆夫

    電子情報通信学会技術研究報告   MBE2021-12 ( 12 )   1 - 4   2021年7月

     詳細を見る

  • D-7-12 皮膚電気インピーダンスの経時変化に及ぼす皮膚表面状態の影響(D-7.MEとバイオサイバネティックスA/B,一般セッション)

    楠原 俊昌, 中村 隆夫, 山本 尚武

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 1 )   95 - 95   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Influences of Parameters of Forearm Electrical Impedance on Discrimination in Throwing Motion

    Proceedings of Life Engineering Symposium 2014   277 - 278   2014年9月

     詳細を見る

  • 前腕部電気インピーダンスを用いた投球動作の判別法の改善 (MEとバイオサイバネティックス)

    中村 隆夫, 阿部 勇輝, 楠原 俊昌, 山本 尚武

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 499 )   29 - 34   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    生体電気インピーダンスの高時間分解能測定システムを用いることにより,生体の各動作に対応したインピーダンスの周波数特性を比較的簡便に得ることができる.これを用いた手関節の動作や投球動作の判別法を提案し,これまでに投球動作の判別的中率は95.8%と高精度で判別できた.しかし,手関節の基本動作の検出に適した電極配置や投球動作の判別的中率向上のための電極配置については検討されていなかった.本研究では投球動作の判別的中率のさらなる向上を目指し,インピーダンスパラメータの変化率,変化量が大きく,再現性が高い最適な電極配置を検討した.さらに,電極配置を変更したため判別用の新しいパラメータについて検討した.前腕部の基本的な動作における前腕部インピーダンスの周波数特性に基づく5つのパラメータ(Z_0,Z_∞,R_i,f_m,β)を算出した.その結果,橈側手根屈筋の手関節側の電極配置ではパラメータ変化率は小さいものの,パラメータの変化量が大きく,再現性が高かった.よってこの電極配置が手関節の基本的な動作測定時の最適な電極配置となった.投球動作の判別には,新たなパラメータ(背屈が最大となる時刻から0.1,0.2,0.3,0.4,0.5s後のそれぞれのパラメータの変化率)を用い,その判別的中率は96.7%と従来行った判別結果を超える,より高精度な判別ができた.最適な電極配置および従来の電極配置による判別的中率に差はなかった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015113331

  • Construction of skin impedance model for evaluation of skin barrier functions in case wet-type electrode

    Yoshitake Yamamoto, K. Shirai, T. Kusuhara, T. Nakamura

    IFMBE Proceedings   43   825 - 827   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Verlag  

    Skin has barrier functions which prevent injection of bacteria and perspiration of water. In the field of clinic, there are many situations of failure in barrier functions by stimuli of apply and remove in tape in dialysis patient, by exchange of artificial anal (ostomate), and frequent disinfection. Then, simple evaluating method of skin barrier function is expected non-invasive and quantitatively. So, skin impedance model was proposed in order to develop the evaluation method of barrier functions. Various levels of skin barrier function were prepared artificially by cellulose adhesive tape stripping of forearm stratum corneum. The stripping was performed up to 32 times. Skin impedances were measured with applying PEG liquid wet concentric electrode by impedance meter over the frequency 20 Hz-2 MHz. Frequency characteristics of skin impedance satisfy Cole-Cole arc`s law. It is characterized by four parameters Z&lt
    inf&gt
    0&lt
    /inf&gt
    , f&lt
    inf&gt
    m&lt
    /inf&gt
    , C&lt
    inf&gt
    0&lt
    /inf&gt
    , and β estimated in impedance loci. Skin impedance varies over 1000 times in magnitude and decrease rapidly with increase of striping time. It is cleared that the relationship between magnitude of skin impedance and barrier function. Then, skin impedances were divided to six groups from magnitude in logarithmic scale. The standard values of arc`s parameters to each group were determined. They are, that is, skin impedance models for evaluation of barrier functions. From the consideration of fundamental characteristic in four parameters, when the skin barrier function is failure, Z&lt
    inf&gt
    0&lt
    /inf&gt
    is lower, f&lt
    inf&gt
    m&lt
    /inf&gt
    is higher, C&lt
    inf&gt
    0&lt
    /inf&gt
    is bigger, and β is smaller. Because these agree with experimental results, skin impedance models are useful to evaluation of barrier functions. If a skin impedance measurement result on subject is compared with these models, the barrier function in its site could be determined easily.

    DOI: 10.1007/978-3-319-02913-9_212

    Scopus

    researchmap

  • Estimation of Elbow Joint Angle in Flexion and Extension of the Elbow Using Upper Arm Electrical Impedance

    Proceedings of The 27th Symposium on Biological and Physiological Engineering   266 - 267   2012年9月

     詳細を見る

  • ペンドラムテストを利用した痙縮患者の膝関節反射の2次元的評価

    中村 隆夫, 楠原 俊昌, 道西 博行, 軸屋 和明, 山本 尚武, 岡本 卓爾, 目谷 浩通, 椿原 彰夫

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   111 ( 482 )   53 - 58   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    筆者等はこれまでペンドラムテストにより実測した痙縮患者の膝関節角加速度波形から反射を定量的に評価するためのシミュレータについて検討してきた.本研究では,これを改良して反射を2つの指標により定量化できるようにした.まず,既存のシミュレータの筋紡錘と脊髄のモデルを改良して,上位から脊髄に至る3つの刺激入力を反射の発生要因に対応する2つの入力,γ運動細胞への刺激F_γとシナプス前抑制細胞への刺激F_<ie>,に統合した.次に,このシミュレータを利用して,角加速度波形からF_γ,F_<ie>の値を算出し,これらの値により反射が2次元的に評価できることを確かめた.この手法が完成すれば,痙縮患者に対する反射評価(痙縮評価)の質が格段に向上すると期待される

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2012275904

  • ペンドラムテストモデルにおける上位からα運動細胞への入力値の範囲推定 -痙縮患者を対象として-

    中村隆夫, 楠原俊昌, 道西博行, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    電子情報通信学会技術報告書   MBE2011 ( 38 )   95 - 100   2011年7月

     詳細を見る

  • 2つの一軸加速度センサを用いた膝関節角加速度計の精度の検討

    楠原俊昌, 軸屋和明, 中村隆夫, 道西博行, 山本尚武, 岡本卓爾

    電子情報通信学会技術報告書   MBE2010 ( 19 )   17 - 20   2010年7月

     詳細を見る

  • ペンドラムテストモデルを利用した膝関節痙縮の定量評価

    中村隆夫, 楠原俊昌, 道西博行, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    電子情報通信学会技術報告書   MBE2010 ( 20 )   21 - 26   2010年7月

     詳細を見る

  • A Detailed Model for Knee Joint Acceleration Motions Obtained by Pendulum Test

    K. Jikuya, H. Michinishi, T. Nakamura, T. Kusuhara, Y. Yamamoto, T. Okamoto

    WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING, VOL 25, PT 4: IMAGE PROCESSING, BIOSIGNAL PROCESSING, MODELLING AND SIMULATION, BIOMECHANICS   25 ( IV )   472 - 475   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    This paper describes a detailed model (pendulum test model) to be able to utilize for simulations of knee joint motions obtained by pendulum test. First, we construct a simple pendulum test model based on existing organ models and clarify from the simulation results by the use of the model that there exist two difficulties impairing its accuracy. Next, in order to overcome them, we add two functions to some of the organ models in the simple pendulum test model. One is a function that the muscle viscosity in the muscle model changes nonlinearly according to dynamic state transition of actin/myosin. The other is a function that the threshold value of the firing in the alpha-motoneuron model slightly decreases in the early stage of the pendulum test by the amount proportional to the total of the first burst firing. Finally, we confirm from simulations of knee joint motions measured experimentally that the improved pendulum test model has an excellent performance of accuracy. The model will be very useful for estimation of spasticity.

    Web of Science

    researchmap

  • Precise Measurement System for Knee Joint Motions at Pendulum Test Using Accelerometer - Detection of Angular Acceleration by Two Linear Accelerometers

    Y. Yamamoto, K. Jikuya, T. Nakamura, T. Kusuhara, H. Michinishi, T. Okamoto

    WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING, VOL 25, PT 4: IMAGE PROCESSING, BIOSIGNAL PROCESSING, MODELLING AND SIMULATION, BIOMECHANICS   25 ( IV )   165 - 168   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    Pendulum test had been used for trial diagnoses of spastic human subjects. The angle. of knee joint had been measured with a potentiometer and the first and second order derivatives of. had been used for obtaining of angular velocity and angular acceleration, respectively. It was not easy however to hold the position of the potentiometer stable and even if the position slightly shifted, a large error might occur in the detected signal. Furthermore, the differential process trended to accompany a big noise. Then we developed a new method to measure the knee joint motions by the use of some accelerometer. The accelerometer could be attached to a lower leg easily and stably. If only one accelerometer was used however, both of knee joint angular velocity and knee joint angle calculated by integration might be accompanied with a large error, because it was under the influence of gravity. In order to overcome the difficulty, a measurement system for knee joint motions was constructed with a couple of accelerometers in this study. The accurate angular acceleration could be calculated as the difference between two output values of the accelerometers. The angular accelerations, angular velocities and angles in knee joint motions of normal subjects and spastic subjects were measured by the use of this system and it was shown that the error originated to the gravity decreased drastically comparing with the case of the only one accelerometer. This system would be useful for diagnosis of spastic patients by the use of pendulum test and for parameter decisions of the biomechanical and neural knee joint model.

    Web of Science

    researchmap

  • 下腿部電気インピーダンスを用いたランニング動作の検討

    中村隆夫, 北脇知己, 渡辺彰吾, 楠原俊昌, 矢野博己, 池田敏, 加藤浩, 山本尚武, 岡久雄

    電子情報通信学会技術研究報告   107 ( 154(MBE2007 20-43) )   39 - 42   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Quantitative Evaluation of Effect for Radiation Exposure to Cultured Cells Using Electrical Cell-substrate Impedance Sensing (ECIS) Method

    Y. Yamamoto, N. Goda, T. Nakamura, T. Kusuhara, T. Maruyama, S. Mohri, N. Kataoka, F. Kajiya

    IFMBE Proceedings volume 14 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006   2006年

     詳細を見る

  • Analysis of Parameters of Bioelectrical Impedance for Motion Discrimination

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    IFMBE Proceedings volume 14 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006   2006年

     詳細を見る

  • Construction of Mathematical Model Describing Some Kind of Cell Electrical Impedance for Electrode System in ECIS Method and Its Application for Real Time Analysis of Effect for Radiation Exposure

    Yoshitake Yamamoto, Noriko Goda, Takao Nakamura, Toshinori Maruyama, Toshimasa Kusuhara, Juichiro Shimizu, Satoshi Mohri, Noriyuki Kataoka, Fumihiko Kajiya

    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering, The 12th International Conference on Biomedical Engineering   2005年

     詳細を見る

  • Development of Inspection Method of Swallowing Function Using Bioelectrical Impedance

    Toshimasa Kusuhara, Takao Nakamura, Yasuhiro Shirakawa, Keiko Mori, Yoshio Naomoto, Yoshitake Yamamoto

    Proceedings of SICE Annual Conference 2005 in Okayama   2005年

     詳細を見る

  • Development of a Skin Impedance Standardization Model for the Measurement of Biological Parameters

    Yoshitake Yamamoto, Kiyoko Shirai, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara

    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering, The 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering   2005年

     詳細を見る

  • High Time Resolution Measurement System of Frequency Characteristics of Bioimpedance for Motion Analysis

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering, The 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering   2005年

     詳細を見る

  • Measuring System of Frequency Characteristics of Bioelectrical Impedance with High Time Resolution for Motion Analysis

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    Proceedings of SICE Annual Conference 2005 in Okayama   2005年

     詳細を見る

  • A Skin Impedance Standardization Model for the Measurement of Biological Parameters - Application of Correction Matrix Factors -

    Kiyoko Shirai, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Satoshi Dohi, Yoshitake Yamamoto

    Proceedings of SICE Annual Conference 2005 in Okayama   2005年

     詳細を見る

  • Consideration of Frequency Characteristics of Bioelectrical Impedance during Human Motion

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering, The 12th International Conference on Biomedical Engineering   2005年

     詳細を見る

  • Field Study of Water Content in Forearm Stratum Corneum on Women

    Kiyoko Shirai, Yoshitake Yamamoto, Hiroyuki Okuda, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Noriko Goda

    Proceedings of 11th International Congress on Biological and Medical Engineering   2002年

     詳細を見る

  • Study of Formative Mechnism of Electrodermal Activity -Skin Potential Activity and Skin Impedance Change-

    Yoshitake Yamamoto, Kiyoko Shirai, Toshimasa Kusuhara, Takao Nakamura, Hiroyuki Okuda

    Proceedings of 11th International Congress on Biological and Medical Engineering   2002年

     詳細を見る

  • Impedance Characteristics and Data Processing for Analysis of Human Movement

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    Proceeding of the XI International Conference on Electrical Bio-Impedance   2001年

     詳細を見る

  • IPGのパラメータ解析による嚥下活動評価法に関する研究

    楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武, 関八州彦, 明石謙, 軸屋和明

    電子情報通信学会技術研究報告   MBE98-44,pp.15-21   1998年

     詳細を見る

  • Consideration of conditions required for multi-channel simultaneous bioimpedance measurement

    Y Yamamoto, T Nakamura, T Kusuhara, Adli

    WHERE INSTRUMENTATION IS GOING - CONFERENCE PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2   1,pp.231-234   231 - 234   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    Impedance techniques have been widely applied to biomedical engineering field. In order to obtain the definite results from bioimpedance, multi-channel measurement is effective. A linearily of biological tissue and fundamental technical parameters for the instrument must be confirmed In this study, the fundamental conditions have been investigated for multi-channel bioimpedance measurement and the condition of measurement for biological tissue have been confirmed The differences of every measurement frequency should be appropriate 1 kHz And it has been cleared that the linearity of biological tissue is maintained Based on these results, 2 channel bioimpedance measurement instrument has been constructed.

    Web of Science

    researchmap

  • Measurement of Swallowing Using Multi-channel Impedance

    Yoshitake Yamamoto, Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara

    Proceedings of the 9th International Conference on Biomedical Engineering   1,pp.204-206   1997年

     詳細を見る

  • 嚥下活動評価のための多チャンネルインピーダンス測定によるIPGの検討

    楠原俊昌, 山本尚武, 中村隆夫, 関八州彦, 明石謙, 軸屋和明

    電子情報通信学会技術研究報告   MBE97-62,pp.31-37   1997年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Electrical impedance myographyに用いるハンドヘルド型電極アレイの作製 -骨格筋インピーダンスの測定精度向上を目的とした検証-

    佐藤 宏樹, 楠原 俊昌, 中村 隆夫

    MEとバイオサイバネティクス研究会  2021年7月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚バリア機能評価のための皮膚電気インピーダンスモデルの検討

    上原 治, 楠原 俊昌, 舟木 勇矢, 中村 隆夫

    第60回日本生体医工学会大会  2021年6月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月15日 - 2021年6月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下肢の形状を考慮したElectrical impedance myography に用いるハンドヘルド型電極アレイの作製

    佐藤 宏樹, 楠原 俊昌, 神野 俊克, 花山 耕三, 中村 隆夫

    第60回日本生体医工学会大会  2021年6月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月15日 - 2021年6月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Electrical Impedance Myographyにおける電極間距離と電流到達距離の関係性 ‐下肢筋の測定に向けた基礎的研究‐

    佐藤 宏樹, 中村 隆夫, 楠原 俊昌, 軸屋 和明, 河島 隆貴, 小原 謙一, 國安 勝司, 花山 耕三

    第58回日本生体医工学会大会  2019年6月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月6日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ペンドラムテスト開始時における大腿部動揺の下腿部運動波形への影響

    楠原俊昌, 中村隆夫, 道西博行, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    第57回日本生体医工学会大会  2018年6月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ペンドラムテスト開始時における大腿骨―脛骨接触点の 反射評価結果への影響

    道西博行, 楠原俊昌, 中村隆夫, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    第57回日本生体医工学会大会  2018年6月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ペンドラムテストにおける下腿部支持解除の反射評価結果への影響

    中村隆夫, 楠原俊昌, 道西博行, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    第57回日本生体医工学会大会  2018年6月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚バリア機能評価のための皮膚インピーダンス測定装置の開発

    上原治, 中村隆夫, 楠原俊昌, 松崎健一, 山本尚武

    第57回日本生体医工学会大会  2018年6月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リアルタイムストレス評価のためのRRI測定システムの構築

    楠原俊昌, 山口大貴, 中村隆夫, 山本尚武

    2018年電子情報通信学会総合大会  2018年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月20日 - 2018年3月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚電気インピーダンスを用いた経表皮水分蒸散量(TEWL)の推定法の改善

    中村 隆夫, 楠原 俊昌, 上原 治, 松崎 健一, 山本 尚武

    2017年電子情報通信学会総合大会  2017年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月22日 - 2017年3月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 各種測定機器から得られる角層水分量の皮膚電気インピーダンスを用いた推定法について

    中村 隆夫, 楠原 俊昌, 山本 尚武, 上原 治, 松崎 健一

    2017年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月15日 - 2017年3月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Monitoring of Stratum Corneum Moisture by Skin Admittance

    Toshimasa Kusuhara, Takao Nakamura, Kiyoko Shirai, Yoshitake Yamamoto

    16th International Conference on Electrical Bio-Impedance  2016年6月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月19日 - 2016年6月23日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A Portable System to Measure Multi-Frequency Impedance

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    16th International Conference on Electrical Bio-Impedance  2016年6月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月19日 - 2016年6月23日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 皮膚アドミタンスによる角層水分量の経時変化の検出

    楠原俊昌, 中村隆夫, 白井喜代子, 山本尚武

    平成28年電気学会全国大会  2016年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月16日 - 2016年3月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚バリア機能評価のための皮膚電気インピーダンスを用いたTEWL互換指標の検討

    楠原俊昌, 中村隆夫, 有吉華子, 山本尚武

    2016年電子情報通信学会総合大会  2016年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月15日 - 2016年3月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚バリア機能評価を目的とした皮膚インピーダンスからの角層成分の抽出

    楠原俊昌, 中村隆夫, 有吉華子, 山本尚武

    平成27年度(第66回)電気・情報関連学会中国支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚バリア機能低下における経表皮水分蒸散量と皮膚電気インピーダンスパラメータとの相関性について

    中村隆夫, 楠原俊昌, 沼田悟, 武田和広, 上原治, 丸山信幸, 山本尚武, 岩嵜徹治

    第3回看護理工学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月10日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚バリア機能評価のための携帯型インピーダンス測定装置の開発

    中村隆夫, 楠原俊昌, 沼田悟, 武田和広, 上原治, 丸山信幸, 山本尚武, 岩嵜徹治

    第54回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月8日 - 2015年5月9日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ペンドラムテストによる膝関節反射の2次元評価 -痙縮患者の場合-

    中村隆夫, 道西博行, 軸屋和明, 楠原俊昌, 山本尚武, 岡本卓爾

    第54回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月8日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • インピーダンス法による下肢血流の検出精度改善を目的とした不均一導体モデルの検討

    楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武

    平成27年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月24日 - 2015年3月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚電気インピーダンスの経時変化に及ぼす皮膚表面状態の影響

    楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武

    2015年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月10日 - 2015年3月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不均一導体モデルを用いたインピーダンスプレチスモグラフィによる下肢血流評価

    楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武

    平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 膝関節を対象とした痙縮の2次元評価例

    中村隆夫, 道西博行, 軸屋和明, 楠原俊昌, 山本尚武, 岡本卓爾

    第37回日本生体医工学会中国四国支部大会  2014年10月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月4日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influences of Parameters of Forearm Electrical Impedance on Discrimination in Throwing Motion

    T. Nakamura, T. Kusuhara, Y. Yamamoto

    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2014  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月17日 - 2014年9月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不均一導体モデルを用いたインピーダンスプレチスモグラフィの体肢血流評価法の改善

    楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武

    平成26年 電気学会全国大会  2014年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前腕部電気インピーダンスを用いた投球動作の判別法の改善

    中村隆夫, 阿部勇輝, 楠原俊昌, 山本尚武

    MEとバイオサイバネティックス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Construction of Skin Impedance Model for Evaluation of Skin Barrier Functions in Case Wet-type Electrode

    Y. Yamamoto, K. Shirai, T. Kusuhara, T. Nakamura

    The 15th International Conference on Biomedical Engineering  2013年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月4日 - 2013年12月7日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 体肢血流量のリアルタイム評価を目的とした生体電気インピーダンスの検出・評価手法の検討

    楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武

    第36回日本生体医工学会中国四国支部大会  2013年10月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Motion Discrimination in Throwing a Baseball Using Forearm Electrical Impedance

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    XVth International Conference on Electrical Bio-Impedance  2013年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月22日 - 2013年4月25日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Estimation of Elbow Joint Angle in Flexion and Extension of the Elbow Using Upper Arm Electrical Impedance

    T. Nakamura, A. Moriwaki, T. Kusuhara, Y. Yamamoto

    第27回 生体・生理工学シンポジウム  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月19日 - 2012年9月21日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pendulum test model suited to two dimensional estimation of spasticity

    Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Hiroyuki Michinishi, Kazuaki Jikuya, Yoshitake Yamamoto, Takuji Okamoto

    第51回生体医工学会全国大会  2012年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月10日 - 2012年5月12日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 疲労評価のための低レートサンプリングによるRRIの検出

    楠原俊昌, 加藤光典, 田中伸弥, 中村隆夫, 山本尚武

    平成24年 電気学会全国大会  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ペンドラムテストへの応用を目的とした2個の一軸加速度計による膝関節角度および角加速度の同時検出

    楠原俊昌, 中村隆夫, 軸屋和明, 道西博行, 山本尚武, 岡本卓爾

    第34回日本生体医工学会中国四国支部大会  2011年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体電気インピーダンスを用いた肘関節の屈曲伸展運動における角度推定

    森脇明啓, 中村隆夫, 楠原俊昌, 山本尚武

    第34回日本生体医工学会中国四国支部大会  2011年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluations of Cooling Down Effects Using Lower Leg Electrical Impedance

    中村隆夫, 楠原俊昌, 山本尚武

    第26回生体生理工学シンポジウム  2011年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月20日 - 2011年9月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ペンドラムテストモデルにおける上位からα運動細胞への入力値の範囲推定 -痙縮患者を対象として-

    中村隆夫, 楠原俊昌, 道西博行, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    MEとバイオサイバネティックス研究会  2011年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月8日 - 2011年7月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 痙縮の発生要因を識別することのできるペンドラムテストシミュレータ

    中村隆夫, 楠原俊昌, 道西博行, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    第50回日本生体医工学会全国大会  2011年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月29日 - 2011年5月1日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 皮膚バリア機能評価のための皮膚インピーダンスモデルの構築

    山本尚武, 清島繁幸, 宗美淳志, 白井喜代子, 楠原俊昌, 中村隆夫

    平成23年 電気学会全国大会  2011年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月16日 - 2011年3月18日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2個の1軸加速度計を用いた膝関節角度の測定システム

    楠原俊昌, 軸屋和明, 中村隆夫, 道西博行, 山本尚武, 岡本卓爾

    第33回日本生体医工学会中国四国支部大会  2010年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月24日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 投球障害予防のための前腕部電気インピーダンスを用いた投球動作の判別

    中村隆夫, 杉原誠治, 楠原俊昌, 山本尚武

    第25回生体・生理工学シンポジウム  2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月23日 - 2010年9月25日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2つの一軸加速度センサを用いた膝関節角加速度計の精度の検討

    楠原 俊昌, 軸屋 和明, 中村 隆夫, 道西 博行, 山本 尚武, 岡本 卓爾

    MEとバイオサイバネティックス研究会  2010年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ペンドラムテストモデルを利用した膝関節痙縮の定量評価

    中村隆夫, 楠原俊昌, 道西博行, 軸屋和明, 山本尚武, 岡本卓爾

    MEとバイオサイバネティックス研究会  2010年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Detection of Knee Joint Motions by Linear Accelerometers for Pendulum Test

    Toshimasa Kusuhara, Kazuaki Jikuya, Takao Nakamura, Hiroyuki Michinishi, Yoshitake Yamamoto, Takuji Okamoto

    第49回日本生体医工学会大会  2010年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月25日 - 2010年6月27日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 加速度計を用いたペンドラムテストにおける膝関節運動の測定システム -2個の1軸加速度計による角加速度の検出-

    第32回日本生体医工学会中国四国支部大会  2009年 

     詳細を見る

  • Precise Measurement System for Knee Joint Motions at Pendulum Test Using Accelerometer - Detection of Angular Acceleration by Two Linear Accelerometers. -

    MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING WORLD CONGRESS 2009  2009年 

     詳細を見る

  • 自動車運転時のドライバーの皮膚電気インピーダンスの計測

    第48回日本生体医工学学会大会  2009年 

     詳細を見る

  • A Detailed Model for Knee Joint Acceleration Motions Obtained by Pendulum Test

    MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING WORLD CONGRESS 2009  2009年 

     詳細を見る

  • 自動車運転時の覚醒水準のモニタリングを目的とした皮膚電気活動の計測

    計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2008  2008年 

     詳細を見る

  • 前腕部電気インピーダンスを用いた連続的な手関節動作の判別

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2008年 

     詳細を見る

  • 皮膚電気インピーダンスを用いた自動車運転時の覚醒水準のモニタリング

    第31回日本生体医工学会中国四国支部大会  2008年 

     詳細を見る

  • 皮膚電気活動におけるSkin Impedance Reflex (SIR) 評価法の改善の試み

    第47回日本生体医工学会大会  2008年 

     詳細を見る

  • 前腕部電気インピーダンスを用いた手関節動作の判別

    第47回日本生体医工学会大会  2008年 

     詳細を見る

  • Consideration of Running on Treadmill Using Lower Leg Electrical Impedance

    International Symposium on Biological and Physiological Engineering 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering  2008年 

     詳細を見る

  • ECIS法を用いたエストロゲン負荷細胞の微細動態の定量的評価

    第47回日本生体医工学会大会  2008年 

     詳細を見る

  • 下腿部電気インピーダンスを用いたシューズの違いによるランニングフォームへの影響についての検討

    第46回日本生体医工学会大会  2007年 

     詳細を見る

  • Quantitative evaluation of nano-order micromotion of cultured cells using electric cell-substrate impedance sensing method

    XIII International Conference on Electrical Bioimpedance  2007年 

     詳細を見る

  • Motion Discrimination Using Parameters of Bioelectrical Impedance

    XIII International Conference on Electrical Bioimpedance  2007年 

     詳細を見る

  • 下腿部電気インピーダンスを用いたランニング動作の検討

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2007年 

     詳細を見る

  • 下腿部電気インピーダンスを用いたトレッドミルでのランニング分析

    第20回バイオメカニズムシンポジウム  2007年 

     詳細を見る

  • Impedance development of high time resolution measurement system of frequency characteristics in bioelectrical impedance for biodynamic analysis

    Six International Symposium on Instrumentation and Control Technology, Signal Analysis, Measurement Theory, Photo-Electronic Technology, and Artificail Intelligence  2006年 

     詳細を見る

  • 身体運動の判別・評価のための生体電気インピーダンスのパラメータ分析

    第45回日本生体医工学会大会  2006年 

     詳細を見る

  • 前腕部電気インピーダンスのパラメータ分析による動作判別

    電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究会  2006年 

     詳細を見る

  • Quantitative Evaluation of Micro-motion of Vascular Endothelial Cells in Electrical Cell-substrate Impedance Sensing (ECIS) Method Using a Precision Mathematical Model

    2006 International Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology  2006年 

     詳細を見る

  • ECIS法を用いたX線照射細胞の微細動態のリアルタイム評価

    第45回日本生体医工学会大会  2006年 

     詳細を見る

  • 数学モデルを用いた細胞電気インピーダンス検出(ECIS: Electrical cell-substrate impedance sensing)の解析-細胞微細挙動の定量的評価-

    第29回日本生体医工学会中国四国支部大会  2006年 

     詳細を見る

  • 生体電気インピーダンスのパラメータ変動を用いた身体運動の判別法

    第21回生体・生理工学シンポジウム  2006年 

     詳細を見る

  • Analysis of Parameters of Bioelectrical Impedance for Motion Discrimination

    World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006  2006年 

     詳細を見る

  • Quantitative Evaluation of Effect for Radiation Exposure to Cultured Cells Using Electrical Cell-substrate Impedance Sensing (ECIS) Method

    World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006  2006年 

     詳細を見る

  • Evaluation of Swallowing Functions Depend on Aging and Surgical Operation of Gullet Cancer Using Neck Bioelectrical Impedance

    World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006  2006年 

     詳細を見る

  • 生体電気インピーダンスを用いた咀嚼のモニタリング

    第29回日本生体医工学会中国四国支部大会  2006年 

     詳細を見る

  • 生体電気インピーダンスのパラメータを用いた動作の判別分析

    第29回日本生体医工学会中国四国支部大会  2006年 

     詳細を見る

  • Formative Mechanism of Skin Potential Activity and Relationships between Skin Potential and Skin Impedance

    World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006  2006年 

     詳細を見る

  • 高時間分解能測定による生体インピーダンスのパラメータ解析

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2005年 

     詳細を見る

  • 皮膚性状診断のための電気特性を用いた定量的評価法の検討

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2005年 

     詳細を見る

  • Development of Inspection Method of Swallowing Function Using Bioelectrical Impedance

    SICE Annual Conference 2005 in Okayama  2005年 

     詳細を見る

  • 嚥下機能の経時変化の追跡のための生体電気インピーダンスの計測と解析

    第28回日本生体医工学会中国四国支部大会  2005年 

     詳細を見る

  • 各種身体運動に伴う生体電気インピーダンスのパラメータ分析

    第28回日本生体医工学会中国四国支部大会  2005年 

     詳細を見る

  • Measuring System of Frequency Characteristics of Bioelectrical Impedance with High Time Resolution for Motion Analysis

    SICE Annual Conference 2005 in Okayama  2005年 

     詳細を見る

  • A Skin Impedance Standardization Model for the Measurement of Biological Parameters - Application of Correction Matrix Factors -

    SICE Annual Conference 2005 in Okayama  2005年 

     詳細を見る

  • 各種前腕皮膚における電気特性の多変量解析を用いた検討

    第44回日本生体医工学会大会  2005年 

     詳細を見る

  • 食道癌手術前後の嚥下機能変化の評価におけるインピーダンス咽頭図(IPG)の有効性の検討

    第18回日本エム・イー学会秋季大会  2004年 

     詳細を見る

  • 生体情報計測のための皮膚インピーダンスの標準化モデルの構築に関する研究

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2004年 

     詳細を見る

  • 嚥下機能変化の定量評価のためのインピーダンス咽頭図(IPG)およびパラメータ解析法の適用

    電気学会計測研究会  2004年 

     詳細を見る

  • 身体運動時におけるFFTによる生体インピーダンス解析のための計測システム

    第43回日本エム・イー学会大会  2004年 

     詳細を見る

  • 身体運動時の生体インピーダンス解析のための高時間分解能測定システム

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2004年 

     詳細を見る

  • インピーダンス咽頭図(IPG)による加齢に伴う嚥下機能変化の分析

    第43回日本エム・イー学会大会  2004年 

     詳細を見る

  • インピーダンス咽頭図(IPG)による高齢者の嚥下機能評価

    第26回日本ME学会中国四国支部大会  2003年 

     詳細を見る

  • 身体運動解析のための生体インピーダンスの高時間分解能測定システムの開発

    第26回日本ME学会中国四国支部大会  2003年 

     詳細を見る

  • Evaluating Object and Region of Concentric Electrode in Bio-Electrical Impedance Measurement

    IEEE EMBS Asian-Pacific Conference on Biomedical Engineering 2003  2003年 

     詳細を見る

  • The Adapting Method of Impedance Pharyngography (IPG) to Nodding Swallowing

    IEEE EMBS Asian-Pacific Conference on Biomedical Engineering 2003  2003年 

     詳細を見る

  • 頷き嚥下におけるインピーダンス咽頭図の解析法

    第42回日本ME学会大会  2003年 

     詳細を見る

  • 頷き動作を伴う嚥下時のインピーダンス咽頭図の解析法

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2003年 

     詳細を見る

  • 臨床用嚥下機能診断装置のためのインピーダンス咽頭図(IPG)のパラメータ解析に関する検討

    第17回日本ME学会秋季大会  2003年 

     詳細を見る

  • Discussion on Evaluating Object of Concentric Electrode Measuring Bio-Electrical Impedance

    6th Polish-Japanese Symposium on Bio-Medical Engineering  2003年 

     詳細を見る

  • 生体インピーダンス測定用同心円電極の評価領域

    第42回日本ME学会大会  2003年 

     詳細を見る

  • 生体電位計測のための基準電極に及ぼす皮膚電気活動の影響

    第42回日本ME学会大会  2003年 

     詳細を見る

  • Study of Formative Mechnism of Electrodermal Activity -Skin Potential Activity and Skin Impedance Change-

    11th International Congress on Biological and Medical Engineering  2002年 

     詳細を見る

  • Field Study of Water Content in Forearm Stratum Corneum on Women

    11th International Congress on Biological and Medical Engineering  2002年 

     詳細を見る

  • 女性の前腕表皮角質層の水分測定

    第41回日本エム・イー学会大会  2002年 

     詳細を見る

  • 嚥下障害者におけるインピーダンス咽頭図(IPG)波形に対する考察

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2002年 

     詳細を見る

  • 嚥下活動評価のための嚥下音の特性に関する検討

    第41回日本ME学会大会  2002年 

     詳細を見る

  • 皮膚電気活動の発現機序に関する一考察

    第25回日本ME学会中国四国支部大会  2002年 

     詳細を見る

  • インピーダンス咽頭図(IPG)による食道癌患者の嚥下機能評価

    平成14年電気関係学会(電気学会・電子情報通信学会・情報処理学会・照明学会・映像情報メディア学会・計測自動制御学会・IEEE・電気設備学会)四国支部連合大会  2002年 

     詳細を見る

  • 頷き動作を伴う嚥下活動に対するインピーダンス咽頭図(IPG)の適応法

    第25回日本ME学会中国四国支部大会  2002年 

     詳細を見る

  • Impedance Pharyngography for Diagnosis of Swallowing Disorders

    63rd ICB Seminar 5th Polish-Japanese Seminar on Biomedical Measurements -New Methods for Medical Diagnosis-  2001年 

     詳細を見る

  • 成人女性の皮膚水分測定について

    第24回日本ME学会中国四国支部大会  2001年 

     詳細を見る

  • 嚥下障害者に対するインピーダンス咽頭図(IPG)の測定に関する検討

    平成13年度電気・情報関連学会(電気学会・電子情報通信学会・照明学会・情報処理学会・映像情報メディア学会・電気設備学会)中国支部第52回連合大会  2001年 

     詳細を見る

  • IPGおよび嚥下音を用いた食道癌患者の嚥下活動の評価

    第24回日本ME学会中国四国支部大会  2001年 

     詳細を見る

  • 頸部電気インピーダンスを用いた高齢者・障害者の嚥下機能の計測とその評価

    第16回生体・生理工学シンポジウム  2001年 

     詳細を見る

  • Impedance Characteristics and Data Processing for Analysis of Human Movement

    The XI International Conference on Electrical Bio-Impedance  2001年 

     詳細を見る

  • 嚥下障害者のインピーダンス咽頭図(IPG)に対する一考察

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2001年 

     詳細を見る

  • 嚥下活動解析への応用のための嚥下音の基本的特性に関する検討

    第38回日本ME学会大会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • システム制御工学実験 (2021年度) 第1学期  - 金1~6

  • 生体情報科学 (2021年度) 第3学期  - 火1~2

  • 生体情報科学演習 (2021年度) 第4学期  - 金3~4

  • 電子制御工学 (2021年度) 第2学期  - 木2~3

  • 電子工学実験 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]木4~6, [第4学期]木5~7

  • 電気工学実験 (2021年度) 1・2学期  - 木5~7

  • システム制御工学実験 (2020年度) 第1学期  - 金1,金2,金3,金4,金5,金6

  • 生体情報科学 (2020年度) 第3学期  - 火1,火2

  • 生体情報科学演習 (2020年度) 第4学期  - 金3,金4

  • 電子制御工学 (2020年度) 第2学期  - 木2,木3

  • 電子工学実験 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]木4,木5,木6, [第4学期]木5,木6,木7

  • 電気工学実験 (2020年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7

▼全件表示