2021/07/12 更新

写真a

フルマツ ノリコ
古松 紀子
FURUMATSU Noriko
所属
社会文化科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 修士(経済学) ( 名古屋大学 )

  • 博士(経済学) ( 名古屋大学 )

研究キーワード

  • Public Economics

  • 公共経済学

研究分野

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 経済政策

経歴

  • - Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    2014年

      詳細を見る

  • - 岡山大学社会文化科学研究科 教授

    2014年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    2004年 - 2014年

      詳細を見る

  • 岡山大学社会文化科学研究科 准教授

    2004年 - 2014年

      詳細を見る

所属学協会

 

書籍等出版物

  • The Economics of Education

    Nippon Hyoron Sha  2013年  ( ISBN:9784535557727

     詳細を見る

  • 教育の経済学

    日本評論社  2013年  ( ISBN:9784535557727

     詳細を見る

  • 公共経済学研究Ⅴ

    中京大学経済学部付属経済研究所  2012年 

     詳細を見る

  • 公共経済学研究Ⅳ

    勁草書房  2007年 

     詳細を見る

  • 教育の公共経済学的分析

    2006年 

     詳細を見る

  • 公共経済学研究Ⅲ

    勁草書房  2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • Scale and scope economies of Japanese private universities revisited with an input distance function approach

    Jiro Nemoto, Noriko Furumatsu

    JOURNAL OF PRODUCTIVITY ANALYSIS   41 ( 2 )   213 - 226   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    This paper examines the scale and scope economies of higher education institutions in Japan assuming the presence of productive inefficiency. The standard approach to testing the scope economies is to apply the cost function. However, the cost function approach often entails the difficulty of obtaining reliable data on input prices, especially the input prices of capital for higher education institutions. This paper proposes a duality approach based on the input distance function. The scope economies are tested under a necessary and sufficient condition by retrieving the costs of joint and separate production from the input distance function. We apply the testing procedure to data pertaining to 218 Japanese private universities in 1999 and 2004. The results indicate the scale economies and the scope diseconomies.

    DOI: 10.1007/s11123-013-0378-3

    Web of Science

    researchmap

  • A New Testing Procedure for Scope Economies Using the Input Distance Function (共著)

    Jiro Nemoto, Noriko Furumatsu

    The Empirical Economics Letters   9 ( 12 )   2010年

     詳細を見る

  • Cost Structure and Efficiency of Japanese Private Universities Revised

    Jiro Nemoto, Noriko Furumatsu

    Okayama University, Discussion Paper Series I-64   2008年

     詳細を見る

  • Effects of Educational Policies and Tax Burdens on Long-Run Income Differentials

    Noriko Furumatsu

    Okayama University, Discussion Paper Series I-65   2008年

     詳細を見る

  • The Optimal Subsidies to Higher Education, with Reference to Education and Research

    Furumatsu, N, M. Shirai

    Okayama Economic Review   2005年

     詳細を見る

  • Optimal Allocation of Inter-Regional Educatinal Public Investment with Threshold Externality

    代表者, 奥野信宏, 名のうちに古松

    「人的資本の地域間偏在と教育政策」科学研究費補助金(基盤研究B1)研究成果報告書 9章   2000年

     詳細を見る

  • The Optimal Subsidies to Higher Education, with Special Reference to Education and Research

    代表者, 奥野信宏, 名のうちに古松

    「人的資本の地域間偏在と教育政策」科学研究費補助金(基盤研究B1)研究成果報告書 11章   2000年

     詳細を見る

  • Optimal Allocation of Inter-Regional Educational Public Investment with Threshold Externality

    代表者, 奥野信宏, 名のうちに古松

    「人的資本の地域間偏在と教育政策」科学研究費補助金(基盤研究B1)研究成果報告書9章   2000年

     詳細を見る

  • Popularization in the Higher Education and Optimal Educational Policies

    Noriko Furumatsu

    Okayama Economic Review   2000年

     詳細を見る

  • 高等教育補助に関する動学均衡分析

    古松紀子

    岡山大学産業経営研究会研究報告書   1999年

     詳細を見る

  • The Effect of Public Education on the Long-Run Income Distribution

    Noriko Furumatsu

    Okayama Economic Review   1999年

     詳細を見る

  • Individual Preference for Education and Optimal Policies

    Noriko Furumatsu

    Economic Science   1997年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Scale and Scope Economies of Japanese Private Universities Revisited with an Input Distance Function Approach

    North American Productivity Workshop Ⅶ  2012年 

     詳細を見る

  • Cost Structure and Efficiency of Japanese Private Universities Revisited

    DEA Symposium 2009  2009年 

     詳細を見る

  • 教育とプレステッジ

    2001年度日本経済学会秋季大会  2001年 

     詳細を見る

  • Do Public Educational Expenditures Raise Economic Growth?

    2000年度日本経済学会秋季大会  2000年 

     詳細を見る

  • Education, Research and Endogenous Growth

    1999年度日本経済学会秋季大会  1999年 

     詳細を見る

  • The Optimal Subsidies to Higher Education, with Special Reference to Education and Research

    1998年度日本財政学会全国大会  1998年 

     詳細を見る

  • The Effect of Public Education on the Long-Run Income Distribution

    1997年度日本経済学会春季大会  1997年 

     詳細を見る

  • Optimal Allocation of Inter-regional Educational Public Investment with Threshold Externality

    1997年度日本経済学会秋季大会  1997年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • マクロ経済学 (2021年度) 3・4学期  - 火10

  • マクロ経済学 (2021年度) 3・4学期  - 火10

  • マクロ経済学I (2021年度) 1・2学期  - 木1~2

  • マクロ経済学入門 (2021年度) 3・4学期  - 火5~6

  • マクロ経済学入門 (2021年度) 3・4学期  - 火5~6

  • 公共経済学 (2021年度) 前期  - 金2

  • 公共経済学 (2021年度) 特別  - その他

  • 公共経済学演習 (2021年度) 後期  - 金2

  • 公共経済学演習1 (2021年度) 特別  - その他

  • 公共経済学演習2 (2021年度) 特別  - その他

  • 卒業研究(1・2学期) (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 卒業研究(3・4学期) (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 卒業研究(3年次・1・2学期) (2021年度) 1・2学期  - 木7~8

  • 卒業研究(3年次・3・4学期) (2021年度) 3・4学期  - 木7~8

  • 卒業研究(3年次・3・4学期) (2021年度) 3・4学期  - 木7~8

  • 基礎研究(3学期) (2021年度) 第3学期  - 金7~8

  • マクロ経済学 (2020年度) 1・2学期  - [第1学期]水3,水4, [第2学期]水1,水2

  • マクロ経済学演習B (2020年度) 1・2学期  - 水9

  • 公共経済学 (2020年度) 特別  - その他

  • 公共経済学演習1 (2020年度) 特別  - その他

  • 公共経済学演習2 (2020年度) 特別  - その他

  • 卒業研究(1・2学期) (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 卒業研究(3・4学期) (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 卒業研究(3年次・1・2学期) (2020年度) 1・2学期  - 金7,金8

  • 卒業研究(3年次・3・4学期) (2020年度) 3・4学期  - 木7,木8

  • 基礎研究(1学期) (2020年度) 第1学期  - 木7,木8

  • 基礎研究(3学期) (2020年度) 第3学期  - 金7,金8

  • 基礎研究(4学期) (2020年度) 第4学期  - 金7,金8

  • 教育経済学 (2020年度) 前期  - 金2

  • 教育経済学演習 (2020年度) 後期  - 金2

  • 課題演習1(経済理論・政策専攻) (2020年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(経済理論・政策専攻) (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示