2021/11/30 更新

写真a

エグチ ヤスオ
江口 泰生
EGUCHI Yasuo
所属
社会文化科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(文学) ( 九州大学 )

研究キーワード

  • ロシア資料

  • Japanese morphonology

  • 形態音韻論

  • 音韻

研究分野

  • 人文・社会 / 日本語学

学歴

  • 九州大学    

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 昭和57年4月1982.4 岡山大学大学院文学研究科修士課程国語国文学専攻入学    

    1982年 - 1985年

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 九州大学    

    1986年

      詳細を見る

経歴

  • - Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

  • - 岡山大学社会文化科学研究科 教授

    2004年

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 西日本国語国文学会   西日本国語国文学会編集委員、査読委員(2018年10月まで)  

    2015年10月 - 2018年10月   

      詳細を見る

  • 日本語学会   日本語学会大会企画委員副委員長(2018年5月まで)  

    2015年6月 - 2018年5月   

      詳細を見る

  • 日本語学会、日本方言研究会、訓点語学会、日本近代語研究会、秋季大会開催校代表者   開催校代表  

    2006年10月   

      詳細を見る

  • - 岡山大学言語国語国文学会 会計(1991-)  

    1977年   

      詳細を見る

 

論文

  • 令和3年6月 2021.6「東国文献の開音・合音・ウ段音」(『語文研究』130・131合併号、pp.1~15) 査読

    江口泰生

    『語文研究』130・131合併号、pp.1~15)   1 - 15   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2021.3「ロシア資料と上代特殊仮名遣エ列音-下二段動詞の場合-」 (『筑紫語学論叢Ⅲ』風間書房、pp.136-162) 査読

    江口泰生

    『筑紫語学論叢Ⅲ』風間書房、pp.136-162)   136 - 162   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2020.3 タタリノフ『レクシコン』の特殊拍(『坂口至教授退職記念 日本語論集』創想社pp.63-86) 査読

    江口泰生

    『坂口至教授退職記念 日本語論集』創想社pp.63-86)   63 - 86   2020年3月

     詳細を見る

  • 2019.12 A.タタリノフ『レクシコン』注釈9(Ц~Я)(『岡山大学文学部紀要』72、pp.29-37) http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/58253

    江口泰生

    2019『岡山大学文学部紀要』72、pp.29-37) http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/58253   29 - 37   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2019.11 近代語研究雑感(『語学・文学』226、pp.101~104) 招待 査読

    江口泰生

    2019.11 近代語研究雑感(『語学・文学』226、pp.101~104)   101 - 104   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 古代日本語の長母音 査読

    江口泰生

    『国語と国文学』平成30年4月号   50 - 68   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2017.11「江戸時代ロシア漂流者の記録にみる嗜好品文化の研究」 『平成28年度 公益財団法人たばこ総合研究センター 助成研究報告』(公益財団法人たばこ総合研究センターTASC) pp.104~135 査読

    江口泰生

    『平成28年度 公益財団法人たばこ総合研究センター 助成研究報告』(公益財団法人たばこ総合研究センターTASC) pp.104~135   104 - 135   2017年11月

     詳細を見る

  • A.タタリノフ『レクシコン』注釈8(У~Х)―付:ザ行とダ行の混同について-(『岡山大学文学部紀要』66 pp.55~66)

    江口泰生

    『岡山大学文学部紀要』66 pp.55~66)   ( 66 )   55 - 5566   2016年12月

     詳細を見る

  • A.タタリノフ『レクシコン』注釈5(М~Н)(『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』41 pp.1-12)

    江口泰生

    『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』41 pp.1-12)   ( 41 )   1 - 112   2016年3月

     詳細を見る

  • A.タタリノフ『レクシコン』注釈6(О~Р)(『岡山大学文学部紀要』64 pp.49-56)

    江口泰生

    『岡山大学文学部紀要』64 pp.49-56)   ( 64 )   49 - 56   2016年3月

     詳細を見る

  • 18世紀下北方言の母音無声化- 付:A.タタリノフ『レクシコン』注釈7(С~Т)―岡山大学『文化共生学研究』15 pp.39-51) 査読

    江口泰生

    『文化共生学研究』15 pp.39-51)   39 - 51   2016年3月

     詳細を見る

  • A.タタリノフ『レクシコン』注釈4(К~Л)(『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』40 pp.1~11)

    江口泰生

    『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』40 pp.1~11)   ( 40 )   1 - 11   2015年11月

     詳細を見る

  • 『レクシコン』からみた18世紀下北佐井方言の四つ仮名 査読

    江口泰生

    国語と国文学   ( 9 )   50 - 66   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • A.タタリノフ『レクシコン』注釈3(ж~и)(『岡山大学文学部紀要』63 pp.49~63)

    江口泰生

    『岡山大学文学部紀要』63 pp.49~63)   ( 63 )   49 - 63   2015年7月

     詳細を見る

  • A.タタリノフ『レクシコン』注釈2(В~Е)(『岡大国文論稿』43)pp.14~pp.20 査読

    江口泰生

    『岡大国文論稿』43)pp.14~pp.20   ( 43 )   14 - 20   2015年3月

     詳細を見る

  • A.タタリノフ『レクシコン』注釈1(А~Б)(『岡山大学文学部紀要』62 39pp.~49pp.

    江口泰生

    『岡山大学文学部紀要』62 39pp.~49pp.   ( 62 )   39 - 49   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2014.7 音韻(史的研究)『日本語の研究』10-3(『国語学』通巻258号)p.49~57 招待 査読

    江口泰生

    『日本語の研究』10-3(『国語学』通巻258号)p.49~57   10 ( 103 )   49 - 57   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • ペトロワの『レキシコン』研究について(後)

    江口 泰生

    岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   ( 37 )   1 - 11   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学大学院社会文化科学研究科  

    DOI: 10.18926/52374

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/52374

  • レザノフ『日本語学習の手引き』第9章「会話」篇からみた18世紀末石巻方言の敬語 『語文研究』116、p1~18 査読

    江口泰生

    『語文研究』116、p1~18   ( 116 )   1 - 18   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • ペトロワの『レキシコン』研究について(前) 『岡山大学文学部紀要』60 p59~68

    江口泰生

    『岡山大学文学部紀要』60 p59~68   ( 60 )   59 - 68   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2013.12 レザノフ『日本語学習の手引き』第9章「会話」篇からみた18世紀末石巻方言の敬語 『語文研究』110、p1~18

    江口泰生

    『語文研究』110、p1~18   ( 110 )   1 - 16   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2012.12 レザノフ「会話」からみた18世紀末石巻方言のマスとマスル 『国語国文』 81-12、pp.1~12 査読

    江口泰生

    『国語国文』 81-12、pp.1~12   81 ( 12 )   1 - 12   2012年12月

     詳細を見る

  • レザノフ「会話」からみた18世紀末石巻方言の敬語体系 『筑紫日本語研究』2011、p49~p59 査読

    江口泰生

    『筑紫日本語研究』2011、p49~p59   49 - 59   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • レザノフ資料の日本語 『語文研究』 108・109合併号 p1~16 査読

    江口泰生

    『語文研究』 108・109合併号 p1~16   ( 108019 )   1 - 16   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 推敲・造型・感覚・言葉―近現代小説の言語― 山口県国語部会 『国語』69 p2~16 招待

    江口泰生

    山口県国語部会 『国語』69 p2~16   ( 69 )   2 - 16   2010年3月

     詳細を見る

  • 佐賀方言戯作の終助詞バイとバン『岡大国文論稿』38 p54~58 http://doi.org/10.18926/okadaironkou/60057 査読

    江口泰生

    『岡大国文論稿』38 p54~58 http://doi.org/10.18926/okadaironkou/60057   ( 38 )   54 - 58   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2006.5 鎌倉時代擬音擬態語の特殊拍 『筑紫語学論叢 Ⅱ』 風間書房 p140~157

    江口泰生

    『筑紫語学論叢 Ⅱ』 風間書房 p140~157   140 - 157   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 日本語の中の「九州方言」・世界の言語の中の「九州方言」(11)九州方言文献二種--戯作資料・ロシア資料

    江口 泰生

    日本語学   25 ( 3 )   78 - 86   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:明治書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 九州方言文献二種 明治書院『日本語学』2006-2 招待

    江口泰生

    明治書院『日本語学』2006-2   2006 ( 2 )   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2003.3 形態音韻論の射程 『岡大国文論稿』31 p27~35

    江口泰生

    『岡大国文論稿』31 p27~35   ( 31 )   27 - 35   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 形態音韻論の射程

    江口泰生

    『岡大国文論稿』   2003年

     詳細を見る

  • 「簡単な報告」中の日本語 『国語国文』71-2 p38~53 査読

    江口泰生

    『国語国文』71-2 p38~53   71 ( 2 )   38 - 53   2002年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 音質と音数

    江口泰生

    『大友信一博士古稀記念 リョウ(木篇+稜旁)伽林學報』   2001年

     詳細を見る

  • マイ・マジイの判断基盤

    江口泰生

    『日本文化研究』大連理工大学出版会   2001年

     詳細を見る

  • ロシア資料のエ列音

    江口泰生

    『筑紫語学論叢』   2001年

     詳細を見る

  • 『和名類聚抄』の語彙

    江口泰生

    『日本語学』   2000年

     詳細を見る

  • 1997.9 凡例及び説明 鹿児島県立図書館『図解感覚世界』所収

    江口泰生

    鹿児島県立図書館『図解感覚世界』所収   1997年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 1996.3 一八世紀初頭薩隅方言における促音と撥音の音価について 『文献探究』34 p1~15

    江口泰生

    『文献探究』34 p1~15   ( 34 )   1 - 15   1996年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 一八世紀初頭薩隅方言における促音と撥音の音価について

    江口泰生

    文献探究34   ( 34 )   79 - 92   1996年

     詳細を見る

  • 「外国資料」としてのロシア資料

    江口泰生

    岡山大学文学部紀要   ( 24 )   16,105-120 - 120   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 連濁と語構造

    江口泰生

    岡大国文論稿22   22   366 - 375   1994年

     詳細を見る

  • 漢語連濁の一視点-貞享版『補忘記』における- 査読

    江口泰生

    『国語国文』62-12   62 ( 12 )   15 - 28   1993年

     詳細を見る

  • 国語方言史からみたロシア資料の対照言語学的考察1

    江口泰生

    洋学資料による日本文化史の研究V   1993年

     詳細を見る

  • 「背負う」・「担ぐ」の表現 査読

    江口泰生

    国語学(Kokugogaku)   171   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 母音の無声化と清濁

    江口泰生

    鹿児島大学教育学部研究紀要   43   1992年

     詳細を見る

  • 形態音韻論的観点からみた-アウ型動詞

    江口泰生

    鹿児島大学教育学部紀要   42   1991年

     詳細を見る

  • 一八世紀初頭の薩隅方言における「ノ」と「ガ」の用法

    江口泰生

    語文研究(Gobun Kenkyu)   69   1990年

     詳細を見る

  • 形態言誤論的観点からみた-八世紀初頭の薩隅方言-助同「の」の撥音化について-

    江口泰生

    『文献探究』23   ( 23 )   18 - 29   1989年

     詳細を見る

  • 1987.3 研究余滴 佐賀方言の「動作進行態」と「状態継続態」 『文献探究』19 pp.20

    江口泰生

    『文献探究』19 pp.20   ( 19 )   20 - 2020   1987年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 東国文献としての「天正狂言本」-動詞の音便形について-

    江口泰生

    文献探究(bunkentankyu)   20   1987年

     詳細を見る

  • 形態音韻論的観点からみた一八世紀初頭の薩隅方言-助詞「ノ」の撥音化-

    江口泰生

    文献探究(bunkentankyu)   23   1987年

     詳細を見る

  • 『大般船若波羅密多経』読誦音について

    江口泰生

    語文研究(Gobun Kenkyu)   62   1986年

     詳細を見る

  • 『和名類聚抄』の「俗」音注 査読

    江口泰生

    国語学(Kokugogaku)   141   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 古辞書・ロシア資料による日本語形態音韻の研究

    私家版  2009年 

     詳細を見る

  • これが九州方言の底力

    大修館  2009年 

     詳細を見る

  • ロシア資料による日本語研究

    和泉書院 文部科学省出版助成図書  2006年 

     詳細を見る

  • 『日本語学研究辞典』項目執筆

    朝倉書店  2006年 

     詳細を見る

  • 『日本国語大辞典 第二版』の語誌の項目

    小学館  2002年 

     詳細を見る

  • 『友好会話手本集』 (『十八世紀薩隅方言における音節・音配列構造と語形式の研究』に所収)

    科研費報告書  2002年 

     詳細を見る

  • ロシア資料の形態音韻的研究

    岡山大学文学部研究叢書  2002年 

     詳細を見る

  • 日本国語大辞典 第二版 の語誌項目の執筆

    小学館  2001年 

     詳細を見る

  • 『図解感覚世界』凡例及び説明

    鹿児島県立図書館  1997年 

     詳細を見る

  • 1997.9 江口泰生・駒走昭二 『図解感覚世界』A4版656頁 鹿児島県立図書館

    鹿児島県立図書館  1997年 

     詳細を見る

  • 鎌倉時代の辞書

    世界思想社  1995年 

     詳細を見る

  • 佐賀方言研究史

    桜楓社  1989年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 2021.9「OB訪問 中島匡子さん」『岡大国文論稿』49

    江口泰生

    『岡大国文論稿』49   ( 49 )   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2020.3 「追悼 大坪併治先生」

    江口泰生

    『岡大国文論稿』48   ( 48 )   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 2019.3 「OB訪問 阿知波大輔さん」『岡大国文論稿』47

    江口泰生

    『岡大国文論稿』47   ( 47 )   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 古代日本語の長母音

    『国語と国文学』平成30年4月号   2018年

     詳細を見る

  • 2015.8 『レクシコン』からみた18世紀下北佐井方言の四つ仮名

    江口泰生

    国語と国文学   ( 9 )   50 - 66   2015年

     詳細を見る

  • 2014.7 音韻(史的研究)『日本語の研究』10-3(『国語学』通巻258号)

    2014.7 音韻(史的研究)『日本語の研究』10-3(『国語学』通巻258号)   ( 258 )   2014年

     詳細を見る

  • 2013.12 レザノフ『日本語学習の手引き』第9章「会話」篇からみた18世紀末石巻方言の敬語 『語文研究』110、p1~18

    『語文研究』110、p1~18   110   1 - 16   2013年

     詳細を見る

  • 小林一郎・柏原伸也『脱・社内奴隷』ユナイテッド・ブックス

    江口泰生

    『岡大国文論稿』39   ( 39 )   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 大学院の日本語研究2010 『日本語学』

    『日本語学』   29 ( 8 )   2010年8月

     詳細を見る

  • 大学院の日本語研究2009 『日本語学』

    大学院の日本語研究2008 『日本語学』27-8   28 ( 8 )   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 2008.10 大学院の日本語研究2008 『日本語学』27-8

    『日本語学』27-8   27 ( 8 )   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 2007.3 自著紹介 江口泰生『ロシア資料による日本語研究』和泉書院 『岡大国文論稿』35

    江口泰生

    2007.3 自著紹介 江口泰生『ロシア資料による日本語研究』和泉書院 『岡大国文論稿』35   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 書評: 片茂鎮『交隣須知』の基礎的研究

    江口泰生

    『岡大国文論稿』35   ( 35 )   2007年

     詳細を見る

  • 2006.6 「ロシア資料」の研究あれこれ 言語学出版社フォーラムホームページ

    言語学出版社フォーラムホームページ http://www.shohyo.co.jp/gengosf/index.html   2006年6月

     詳細を見る

  • 2006.3 清水教子著『平安後期公卿日記の日本語学的研究』幹林書房 『岡大国文論稿』34

    江口泰生

    『岡大国文論稿』34   ( 34 )   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • ロシア資料『友好会話手本集』の敬語

    江口泰生

    和泉書院『いずみ通信』   2005年

     詳細を見る

  • 紹介 大友信一・佐藤武義・木村晟・片山晴賢『古辞書抄物 韻府群玉・玉塵抄』

    江口泰生

    『岡大国文論稿』   2003年

     詳細を見る

  • 形態音韻論の射程

    江口泰生

    『岡大国文論稿』   2003年

     詳細を見る

  • 『十八世紀薩隅方言における音節・音配列構造と語形式の研究』

    江口泰生

    科研費報告書   2002年

     詳細を見る

  • ロシア資料のエ列音

    江口泰生

    『筑紫語学論叢』   2001年

     詳細を見る

  • マイ・マジイの判断基盤

    江口泰生

    『日本文化研究』大連理工大学出版会   2001年

     詳細を見る

  • 音質と音数

    江口泰生

    『大友信一博士古稀記念 リョウ(木篇+稜旁)伽林學報』   2001年

     詳細を見る

  • 『和名類聚抄』の語彙

    江口泰生

    『日本語学』   2000年

     詳細を見る

  • 紹介 太田紘子編著 『二葉亭四迷『あひゞき』の表記研究と本文・索引』

    江口泰生

    『岡大国文論稿』   1999年

     詳細を見る

  • 一八世紀初頭薩隅方言における促音と撥音の音価について

    江口泰生

    文献探究34   ( 34 )   79 - 92   1996年

     詳細を見る

  • 「外国資料」としてのロシア資料

    江口泰生

    岡山大学文学部紀要   ( 24 )   16,105-120   1995年

     詳細を見る

  • 連濁と語構造

    江口泰生

    岡大国文論稿22   22   366 - 375   1994年

     詳細を見る

  • 1993.3 大坪併治博士著『石山寺本大方廣佛華嚴經古點の國語學的研究』 『岡大国文論稿』21 pp.131~132

    江口泰生

    『岡大国文論稿』21 pp.131~132   ( 21 )   131 - 132   1993年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 大友信一・佐藤武義・木村晟・片山晴賢『古辞書抄物 韻府群玉・玉塵抄』 『岡大国文論稿』27 pp.77~78

    江口泰生

    『岡大国文論稿』27 pp.77~78   ( 27 )   77 - 78   1993年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 漢語連濁の一視点-貞享版『補忘記』における-

    江口泰生

    『国語国文』62-12   62 ( 12 )   15 - 28   1993年

     詳細を見る

  • 国語方言史からみたロシア資料の対照言語学的考察1

    江口泰生

    洋学資料による日本文化史の研究V   1993年

     詳細を見る

  • 母音の無声化と清濁

    江口泰生

    鹿児島大学教育学部研究紀要   43   1992年

     詳細を見る

  • 「背負う」・「担ぐ」の表現

    江口泰生

    国語学(Kokugogaku)   171   1992年

     詳細を見る

  • 形態音韻論的観点からみた-アウ型動詞

    江口泰生

    鹿児島大学教育学部紀要   42   1991年

     詳細を見る

  • 一八世紀初頭の薩隅方言における「ノ」と「ガ」の用法

    江口泰生

    語文研究(Gobun Kenkyu)   69   1990年

     詳細を見る

  • 形態言誤論的観点からみた-八世紀初頭の薩隅方言-助同「の」の撥音化について-

    江口泰生

    『文献探究』23   ( 23 )   18 - 29   1989年

     詳細を見る

  • 形態音韻論的観点からみた一八世紀初頭の薩隅方言-助詞「ノ」の撥音化-

    江口泰生

    文献探究(bunkentankyu)   23   1987年

     詳細を見る

  • 東国文献としての「天正狂言本」-動詞の音便形について-

    江口泰生

    文献探究(bunkentankyu)   20   1987年

     詳細を見る

  • 『大般船若波羅密多経』読誦音について

    江口泰生

    語文研究(Gobun Kenkyu)   62   1986年

     詳細を見る

  • 『和名類聚抄』の「俗」音注

    江口泰生

    国語学(Kokugogaku)   141   1985年

     詳細を見る

  • 1983.3 大友信一・木村晟編『日本一鑑[名彙]本文と索引』岡大国文論稿』11 pp.117~118

    江口泰生

    岡大国文論稿』11 pp.117~118   ( 11 )   117 - 118   1983年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 2019.6.29(土) 九州大学国語国文学会特別講演 ロシア資料と日本語音韻 九州大学伊都キャンパス イースト2号館Ⅾ-105教室

    2019年6月 

     詳細を見る

  • 2017.8.9 TASC研究助成報告会「江戸時代ロシア漂流民の記録にみる嗜好品文化の研究」霞ヶ関東海大学オフィス

    2017年8月 

     詳細を見る

  • 2017.7.22 岡山大学言語国語国文学会(文学部会議室) 「8世紀奈良時代日本語の長母音」

    2014年10月 

     詳細を見る

  • 2014.10.17 第317日本近代語研究会(北海道大学文系共同講義棟(軍艦講堂2番教室)「A.タタリノフ『レクシコン』の語彙と音韻現象」

    2014年10月 

     詳細を見る

  • 2012.7 岡山大学言語国語国文学会 「一八世紀末東日本方言の敬語について」(岡山大学総合研究棟2F共同研究室)

    2012年7月 

     詳細を見る

  • 2011.8 筑紫日本語研究会 「レザノフ「会話」からみた18世紀末石巻方言の敬語体系」(九重共同研修所 8.8~8.10))

    2011年11月 

     詳細を見る

  • 2010.11 日本語学会中国四国支部大会(於 山口大学人文学部講義棟2階大講義室 平成21年11月13日「レザノフ「会話」の敬語」

    江口泰生

    2010年11月 

     詳細を見る

  • レザノフ資料の日本語(於 岩手大学 平成20年11月1日)

    2008.11 日本方言研究会  2008年 

     詳細を見る

  • レザノフ資料の日本語(於 九重共同研修所 平成20年8月7.8.9日)

    2008.8 第222回筑紫日本語研究会  2008年 

     詳細を見る

  • レザノフ資料の子音有声化(於 熊本大学文学部会議室 平成20年3月30日)

    2008.3 第219回筑紫日本語研究会 レザノフ資料の子音有声化(於 熊本大学文学部会議室 平成20年3月30日)  2008年 

     詳細を見る

  • レザノフ『日本語学習の手引き』について

    筑紫日本語研究会  2006年 

     詳細を見る

  • ロシア資料と洋学資料

    筑紫国語学談話会  2006年 

     詳細を見る

  • 佐賀方言戯作の文末表現

    2006.6 平成18年度九州大学国語国文学会(於九州大学留学生センター国際ホール 平成18年6月4日)  2006年 

     詳細を見る

  • 佐賀方言の文末表現

    2006.3 平成18年筑紫国語学談話会(於 熊本大学くすのき会館)  2006年 

     詳細を見る

  • ロシア資料の敬語

    筑紫国語学談話会  2005年 

     詳細を見る

  • 『名語記』の語彙

    岡山大学言語国語国文学会  2005年 

     詳細を見る

  • 『名語記』のオノマトペ

    平成16年度筑紫国語学談話会  2004年 

     詳細を見る

  • ロシア資料の語彙

    語彙史研究会  2003年 

     詳細を見る

  • アウ型動詞の諸問題

    筑紫国語談話会  2002年 

     詳細を見る

  • アイ連母音のエ列化について

    平成13年度秋季国語学会全国大会  2001年 

     詳細を見る

  • アイ連母音のエ列化について

    平成13年筑紫国語学談話会  2001年 

     詳細を見る

  • ai〜e:の展開

    平成13年度九州大学国語国文学会  2001年 

     詳細を見る

  • 日本語の特徴――話し言葉の特徴と要約筆記――

    岡山要約筆記の会  2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

Works(作品等)

  • 西日本諸方言アスペフトの地域差に関する報告書

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 2020~2022 基盤C-20K00630 ロシア資料による日本語音韻史における音韻化・異音化についての機能論的研究

    2020年04月 - 2022年03月

    文科省  科研 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 2017~2019 平成29年~31年 基盤c-17K02774「ゴンザ・タタリノフ・レザノフのロシア資料について集大成のための文献学的研究」

    2017年04月 - 2019年03月

    文科省  科研 

    駒走昭二(神奈川大学)、久保薗愛(愛知県立大学)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 「近世期ロシア漂流者の記録にみる嗜好品文化の研究」 共同研究者 駒走昭二(神奈川大学)、久保薗愛(愛知県立大学)

    2016年04月 - 2017年03月

    TASC  研究助成 

    駒走昭二, 久保薗愛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 2014~2016 平成26年~28年 基盤c-26370536 「十八世紀青森下北方言を反映するタタリノフ『レキシコン』についての文献方言史的研究」(

    2014年04月 - 2016年03月

    文科省  科研 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 2010~2012 平成22年~平成24年 基盤(C)22520468 「ロシア資料の文献方言史学的研究」

    2010年04月 - 2012年03月

    文科省  科研 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 2005~2008(基盤(C)17520300) 2005~2008 「古辞書・ロシア資料による日本語形態音韻の研究」

    2005年04月 - 2008年03月

    文科省  科研 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 2005平成17年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費) 2005 ロシア資料による日本語研究』和泉書院

    2005年

    文科省  出版助成 

      詳細を見る

  • 「十八世紀薩隅方言における音節・音配列構造と語形式の研究」

    2000年04月 - 2002年03月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 人文学の基礎 (2021年度) 1・2学期  - [第1学期]水2, [第2学期]水1

  • 人文学の基礎A (2021年度) 1・2学期  - [第1学期]水2, [第2学期]水1

  • 人文学概説(日本語学1) (2021年度) 1・2学期  - 木3~4

  • 実践演習(日本語学) (2021年度) 3・4学期  - 木3~4

  • 日本言語論 (2021年度) 特別  - その他

  • 日本言語論演習1 (2021年度) 特別  - その他

  • 日本言語論演習2 (2021年度) 特別  - その他

  • 日本語の諸相 (2021年度) 第1学期  - 金1

  • 日本語の諸相 (2021年度) 第2学期  - 金1

  • 日本語構造論演習1 (2021年度) 後期  - 金3

  • 日本語構造論2 (2021年度) 前期  - 金3

  • 課題演習(日本語学) (2021年度) 1・2学期  - 火5~6

  • 課題演習(日本語学) (2021年度) 3・4学期  - 火5~6

  • 人文学の論点 (2020年度) 第1学期  - 火3

  • 人文学概説(日本語学1a) (2020年度) 第1学期  - 木3,木4

  • 人文学概説(日本語学1b) (2020年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 基礎演習1(日本・アジア文化専攻) (2020年度) 前期  - その他

  • 基礎演習2(日本・アジア文化専攻) (2020年度) 後期  - その他

  • 実践演習(日本語学a) (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 実践演習(日本語学b) (2020年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 日本言語論 (2020年度) 特別  - その他

  • 日本言語論演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 日本言語論演習2 (2020年度) 特別  - その他

  • 日本語の諸相 (2020年度) 第1学期  - 金1

  • 日本語の諸相 (2020年度) 第3学期  - 金1

  • 日本語の諸相 (2020年度) 第2学期  - 金1

  • 日本語構造論演習2 (2020年度) 後期  - 金3

  • 日本語構造論1 (2020年度) 前期  - 金3

  • 特別演習1(日本・アジア文化専攻) (2020年度) 前期  - その他

  • 特別演習2(日本・アジア文化専攻) (2020年度) 前期  - その他

  • 特別演習2(日本・アジア文化専攻) (2020年度) 後期  - その他

  • 課題演習(日本語学) (2020年度) 第1学期  - 火5,火6

  • 課題演習(日本語学) (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 課題演習(日本語学) (2020年度) 第2学期  - 火5,火6

  • 課題演習(日本語学) (2020年度) 第4学期  - 火5,火6

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 2021.4.24(土) 日本語の特徴(手話講座 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館(きらめきプラザ)

    役割:講師

    2021年4月21日

     詳細を見る

    種別:資格認定講習

    researchmap

  • 2021.7.11日本語の特徴(要約筆記者養成事業 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館(きらめきプラザ 401教室)

    役割:講師

    日本語の特徴(要約筆記者養成事業 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館(きらめきプラザ 401教室)  1992年 - 現在

     詳細を見る

    種別:資格認定講習

    researchmap

学術貢献活動

  • 日本語学会シンポジウム企画委員

    役割:企画立案・運営等

    2016年10月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap

  • 西日本国語国文学会編集委員、査読委員

    役割:査読

    2015年10月 - 2017年9月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 日本語学会大会企画委員副委員長

    役割:企画立案・運営等

    2015年6月12日 - 2018年5月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 『日本語の研究』常任査読委員

    役割:査読

    2010年4月 - 2012年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 2007~2008 科学研究費奨励研究審査委員

    役割:審査・評価

    2007年 - 2008年

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    researchmap