2021/12/16 更新

写真a

イワモト タカユキ
岩本 高行
IWAMOTO Takayuki
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2008年9月   岡山大学 )

  • 医学博士 ( 2008年9月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

 

論文

  • 乳癌組織における免疫細胞組成と臨床病理学的因子の関連に関する探索的解析

    花村 徹, 北野 滋久, 各務 博, 山下 万貴子, 寺尾 まやこ, 津田 万里, 岡村 卓穂, 熊木 伸枝, 穂積 勝人, 原田 直樹, 岩本 高行, 本田 周子, 黒住 献, 新倉 直樹

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   27 - 27   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • A Multicenter Study of Docetaxel at a Dose of 100 mg/m2 in Japanese Patients with Advanced or Recurrent Breast Cancer.

    Taizo Hirata, Shinji Ozaki, Masahiro Tabata, Takayuki Iwamoto, Shiro Hinotsu, Akinobu Hamada, Takayuki Motoki, Tomohiro Nogami, Tadahiko Shien, Naruto Taira, Junji Matsuoka, Hiroyoshi Doihara

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 8 )   1183 - 1190   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective This study examined the pharmacokinetics, safety and anti-tumor activity of docetaxel at a dose of 100 mg/m2 in Japanese patients with advanced or recurrent breast cancer. Methods Japanese patients with advanced or recurrent breast cancer received docetaxel at a dose of 100 mg/m2 intravenously every three weeks. The pharmacokinetics were assessed during the first cycle. The patients were allowed to receive supportive care drugs based on the indications and dosages in Japan. Results Six eligible patients aged 39-65 years old and 27 treatment cycles were analyzed. All patients experienced one or more adverse events (AEs). The common AEs were neutropenia, thrombocytopenia, alopecia, rash, diarrhea, neuropathy (sensory), fatigue, nausea, fever, hypoalbuminemia, alanine transaminase (ALT) increased, constipation, and taste alteration. Grade 3 or 4 AEs included neutropenia, leukopenia, anemia, lymphopenia, decreased appetite, γ-glutamyl transpeptidase (GTP) increased, aspartate transaminase (AST) increased, ALT increased, hypertension and cellulitis which were all reversible. There were no cases of febrile neutropenia, serious AEs or deaths. The median number of cycles was six. Dose reductions were not observed and most cycles were administered at their intended doses. No complete response and three partial responses were observed in four assessable patients with evaluable lesions. The maximum concentration and area under the blood concentration-time curve were 3,417.5 ng/mL and 4.35 μg・hr/mL (mean), respectively. Conclusion Docetaxel at a dose of 100 mg/m2 was tolerable with acceptable safety profiles and effective for Japanese patients with advanced or recurrent breast cancer with appropriate supportive therapies, and pharmacokinetic (PK) profiles which corresponded approximately with the findings of previous clinical studies.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5089-20

    PubMed

    researchmap

  • Relationships of physical and breast cancer phenotypes with three single-nucleotide polymorphisms (rs2046210, rs3757318, and rs3803662) associated with breast cancer risk in Japanese women.

    Kengo Kawada, Naruto Taira, Taeko Mizoo, Yoko Suzuki, Yukiko Kajiwara, Minami Hatono, Takahiro Tsukioki, Mariko Kochi, Yuko Abe, Keiko Nishiyama, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Tadahiko Shien, Hiroyoshi Doihara, Setsuko Ishihara, Hiroshi Kawai, Kensuke Kawasaki, Yoichi Ishibe, Yutaka Ogasawara, Shinichi Toyooka

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   28 ( 2 )   478 - 487   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Recent genome-wide association studies have shown that many single-nucleotide polymorphisms (SNPs) are associated with breast cancer risk. However, it is often unclear how these SNPs are related to breast cancer. Analysis of associations between SNPs and phenotypes may be important for determining mechanisms of action, including carcinogenesis. METHODS: In previous case-control studies, we found three SNPs (rs2046210, rs3757318, and rs3573318) associated with breast cancer risk in Japanese women. Among these SNPs, two (rs2046210 and rs3757318) are located at 6q25.1, in proximity to the estrogen receptor 1 gene (ESR1). Using data from these studies, we examined associations between factors related to breast cancer risk, such as height, weight, and breast density, and the three SNPs in cases and controls. We also investigated whether the SNPs correlated with breast cancer features, such as estrogen receptor (ER), progesterone receptor (PgR), and human epidermal growth factor receptor type-2 (HER2) status, and clinical stage. RESULTS: There was a significant difference in mean height between risk and non-risk allele carriers for rs2046210 (156.0 ± 5.8 vs. 154.3 ± 5.5 cm, p = 0.002), and rs3757318 (155.8 ± 5.7 vs. 154.7 ± 5.6 cm, p = 0.035) in cases, but no significant associations between height and these SNPs in controls. There was also a significant difference in breast density between risk and non-risk allele carriers for rs2046210 (p = 0.040) and rs3757318 (p = 0.044) in cases. rs2046210 and rs3757318 risk allele carriers tended to have higher breast density in all subjects and in controls. In cases, rs3757318 risk allele carriers were also significantly more likely to be ER-negative compared to non-risk allele carriers (ER-positive rate: 77% vs. 84%, p = 0.036). CONCLUSIONS: SNPs rs2046210 and rs3757318, which are associated with breast cancer risk in Japanese women, were significantly associated with height and high breast density, and this association was particularly strong in those with breast cancer. These findings suggest that SNPs in the ESR1 gene region affect phenotypes such as height and breast density.

    DOI: 10.1007/s12282-020-01185-x

    PubMed

    researchmap

  • Effect of isoflavones on breast cancer cell development and their impact on breast cancer treatments. 国際誌

    Minami Hatono, Hirokuni Ikeda, Yoko Suzuki, Yukiko Kajiwara, Kengo Kawada, Takahiro Tsukioki, Mariko Kochi, Ken Suzawa, Takayuki Iwamoto, Hiromasa Yamamoto, Tadahiko Shien, Masaomi Yamane, Naruto Taira, Hiroyoshi Doihara, Shinichi Toyooka

    Breast cancer research and treatment   185 ( 2 )   307 - 316   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Epidemiological studies have suggested that intake of soy isoflavones is associated with a reduced risk of development of breast cancer and an improved prognosis in patients with breast cancer. In addition, basic research has demonstrated the antitumor effects of these compounds on breast cancer cell lines. However, the detailed effects of the intake of equol, which is one of the metabolites of the soy isoflavones, are yet to be clarified on the risk of development and recurrence of breast cancer and its interactions with drugs used for treating breast cancer. This study aimed to determine the antitumor effects of equol and investigate the impact of adding equol to therapeutic agents for breast cancer using breast cancer cell lines. METHODS: We examined the antitumor effect of equol on breast cancer cell lines using MTS assay. We also studied the combined effect of equol and the existing hormonal or chemotherapeutic agents using combination index. We evaluated the expressions of the related proteins by Western blot analysis and correlated the findings with the antitumor effect. RESULTS: Equol showed bi-phasic protumor and antitumor effects; at a low concentration, it promoted the tumor growth in hormone receptor-positive cell lines, whereas antitumor effects were generally observed when an excessive amount of dose unexpected in the blood and the tissue was administered. When used with tamoxifen, equol might have some antagonistic effect, although it depends on equol concentration and the type of cancer cells. CONCLUSIONS: We confirmed that equol has dual action, specifically a tumor growth-promoting effect and an antitumor effect. Although the results suggested that equol might exert an antagonistic effect against tamoxifen depending on the concentration, equol did not exert an antagonistic effect on other therapeutic agents.

    DOI: 10.1007/s10549-020-05957-z

    PubMed

    researchmap

  • A Correlation Analysis Between Metabolism-related Genes and Treatment Response to S-1 as First-line Chemotherapy for Metastatic Breast Cancer: The SELECT BC-EURECA Study

    Tsutomu Takashima, Fumikata Hara, Takayuki Iwamoto, Yukari Uemura, Shozo Ohsumi, Daisuke Yotsumoto, Yasuo Hozumi, Takanori Watanabe, Tsuyoshi Saito, Ken ichi Watanabe, Junji Tsurutani, Tatsuya Toyama, Hiromitsu Akabane, Reiki Nishimura, Naruto Taira, Yasuo Ohashi, Hirofumi Mukai

    Clinical Breast Cancer   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Introduction: The previous randomized phase 3 trial (SELECT BC) showed that S-1 as a first-line chemotherapy for metastatic breast cancer (MBC) is non-inferior to taxane with respect to overall survival. This study aimed to identify the usefulness of metabolism-related genes as predictive biomarkers for the response to S-1 compared with taxane using tumor tissue samples from the previous trial. Patients and Methods: In this SELECT BC-EURECA study, 147 patients with human epidermal growth factor 2 (HER2)-negative MBC who received either S-1 or taxane were evaluated. Formalin-fixed paraffin-embedded specimens were collected, and 14 genes involved in the pyrimidine metabolic pathway, estrogen receptor, progesterone receptor, HER2, Ki67, and beta-tubulin were measured using reverse transcription polymerase chain reaction in microdissected tumor specimens. The expression of each gene was categorized as low, intermediate, and high by tertile values. Results: Interaction tests to identify biomarkers for the response to S-1 compared with taxane, revealed the following as the top 3 biomarkers: RRM1 (P value = 0.24), GGH (P value = 0.25), and MTHFR (P value = 0.28). In the S-1 group, lower GGH and higher MTHFR expression were significantly correlated with better time to treatment failure. In the taxane group, there was no gene that was identified as a significant indicator of treatment failure. Conclusion: This biomarker analysis from SELECT BC did not identify any predictive biomarkers for the response to S-1 compared with taxane. Future studies with larger sample size and information on not only mRNA, but also protein and DNA for broad functional analyses are needed. Our previous randomized phase 3 trial showed that S-1 as a first-line chemotherapy for metastatic breast cancer is noninferior to taxane with respect to overall survival. In this study, we investigated the usefulness of metabolism-related genes as predictive biomarkers of treatment response to S-1 from the previous trial. We found no association between metabolic-related genes and treatment response to S-1.

    DOI: 10.1016/j.clbc.2021.01.018

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation of Prognosis of Juvenile Differentiated Thyroid Carcinoma.

    Takahiro Tsukioki, Tadahiko Shien, Yusuke Ohtani, Miwa Fujihara, Yoko Suzuki, Yukiko Kajihara, Minami Hatono, Kengo Kawada, Mariko Kochi, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Naruto Taira, Hiroyoshi Doihara

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   401 - 406   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Differentiated thyroid carcinoma (DTC) in juvenile patients is often an extensive and aggressive disease with a high frequency of recurrence. However, the prognosis is excellent, with a low mortality rate even when advanced disease is present, although prognostic factors and treatment strategy remain uncertain. Between April 2004 and March 2017, 33 juvenile patients (< 30 years old) were diagnosed with DTC and treated at our institution. We retrospectively investigated prognosis and factors including sex, reason for discovery, treatment, pathological factors and treatment progress to clarify the risk factors. All patients underwent curative surgical treatment. Pathologically, lymph node metastasis was identified in 25 patients (75%). Thirteen patients (39%) had bilateral cervical metastasis. In addition, 9 (27%) had more than 10 metastatic lymph nodes. The 2 patients with more than 20 metastatic lymph nodes were treated with radioactive iodine (RAI). Five patients (15%) had local recurrences and received surgery. There have been no further recurrences or deaths. However, no factors were determined to significantly predict the recurrence of juvenile DTC. Local recurrent disease was treated with surgery and/or RAI until remission, and survival was excellent in juvenile DTC.

    DOI: 10.18926/AMO/60799

    PubMed

    researchmap

  • Breast cancer survival among Japanese individuals and US residents of Japanese and other origins: a comparative registry-based study

    Rin Ogiya, Naoki Niikura, Hiraku Kumamaru, Yoshinori Takeuchi, Takuho Okamura, Takayuki Kinoshita, Kenjiro Aogi, Keisei Anan, Kotaro Iijima, Takanori Ishida, Takayuki Iwamoto, Masaaki Kawai, Yasuyuki Kojima, Takashi Sakatani, Yasuaki Sagara, Naoki Hayashi, Hideji Masuoka, Masayuki Yoshida, Hiroaki Miyata, Hitoshi Tsuda, Shigeru Imoto, Hiromitsu Jinno

    Breast Cancer Research and Treatment   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10549-020-05869-y

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10549-020-05869-y/fulltext.html

  • Influences of preoperative metformin on immunological factors in early breast cancer. 国際誌

    Takahiro Tsukioki, Tadahiko Shien, Takehiro Tanaka, Yoko Suzuki, Yukiko Kajihara, Minami Hatono, Kengo Kawada, Mariko Kochi, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Naruto Taira, Hiroyoshi Doihara, Shinichi Toyooka

    Cancer chemotherapy and pharmacology   86 ( 1 )   55 - 63   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Metformin has been suggested to possibly reduce cancer risk. However, the mechanism underlying the positive effects of metformin on cancer treatment remains unclear. We conducted a prospective study to evaluate the effects of preoperative metformin in patients with early breast cancer. METHOD: We evaluated the effects on immunological factors (TILs, CD4 + , CD8 + , PD-L1, IFNγ and IL-2) by comparing core needle biopsies (CNB) obtained before metformin treatment with surgical specimens. Seventeen patients were enrolled in this prospective study from January to December 2016. We also analyzed 59 patients undergoing surgery during the same period to reveal the correlation of immune factors between CNB and surgical specimen. RESULT: There was a moderate correlation between CNB and surgical specimens on TILs and CD8 + lymphocyte. (TILs Rs = 0.63, CD4 + Rs = 0.224, CD8 + Rs = 0.42) In the metformin group, TILs increases were confirmed in five (29%) patients, while a decrease was confirmed in two (12%). The expressions of CD4 + and CD8 + by TILs were increased in 41% and 18% of surgical specimens, respectively. However, TILs number (p = 0.0554), CD4+ (p = 0.0613) and CD8 + (p = 0.0646) expressions did not significantly increased. Furthermore, IFNγ expression appeared to be increased in response to metformin (p = 0.08). CONCLUSION: Preoperative metformin tends to increase TILs, as well as the numbers of CD4 and CD8 positive lymphocytes, and IFNγ levels. Metformin might improve immune function and have a possibility of chemo-sensitivity and thereby increase the effectiveness of immunotherapy, based on the results of this preliminary study.

    DOI: 10.1007/s00280-020-04092-2

    PubMed

    researchmap

  • The efficacy of sequential second-line endocrine therapies (ETs) in postmenopausal estrogen receptor-positive and HER2-negative metastatic breast cancer patients with lower sensitivity to initial ETs. 査読

    Takayuki Iwamoto, Tomomi Fujisawa, Tadahiko Shien, Kazuhiro Araki, Kentaro Sakamaki, Takafumi Sangai, Yuichiro Kikawa, Shintaro Takao, Reiki Nishimura, Masato Takahashi, Tomohiko Aihara, Hirofumi Mukai, Naruto Taira

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Second-line endocrine therapy (ET) for estrogen receptor (ER)-positive and human epidermal growth factor 2 (HER2)-negative metastatic breast cancer (MBC) is offered based on the response to first-line ET. However, no clinical trials have evaluated the efficacy and safety of secondary ETs in patients with poor responses to initial ET. This study evaluated the efficacy of second-line ET in ER-positive and HER2-negative postmenopausal MBC patients with low or very low sensitivity to initial ET. METHODS: This multicenter prospective observational cohort study evaluated the response of 49 patients to second-line ETs in postmenopausal MBC patients with low or very low sensitivity to initial ET. The primary endpoint was the clinical benefit rate (CBR) for 24 weeks. RESULTS: Of the 49 patients assessed, 40 (82%) received fulvestrant in the second line, 5 (10%) received selective estrogen receptor modulators, 3 (6%) received aromatase inhibitors (AIs) alone, and 1 received everolimus with a steroidal AI. The overall CBR was 44.9% [90% confidence interval (CI): 34.6-57.6, p = 0.009]; CBR demonstrated similar significance across the progesterone receptor-positive (n = 39, 51.3%, 90% CI: 39.6-65.2, p = 0.002), very low sensitivity (n = 17, 58.8%, 90% CI: 42.0-78.8, p = 0.003), and non-visceral metastases (n = 25, 48.0%, 90% CI: 34.1-65.9, p = 0.018) groups. The median progression-free survival was 7.1 months (95% CI: 5.6-10.6). CONCLUSION: Second-line ET might be a viable treatment option for postmenopausal patients with MBC with low and very low sensitivity to initial ET. Future studies based on larger and independent cohorts are needed to validate these findings.

    DOI: 10.1007/s12282-020-01095-y

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of Therapeutic Target Gene Expression Based on Residual Cancer Burden Classification After Neoadjuvant Chemotherapy for HER2-Negative Breast Cancer. 国際誌

    Yuko Takahashi, Takayuki Iwamoto, Yoko Suzuki, Yukiko Kajiwara, Minami Hatono, Takahiro Tsukioki, Kengo Kawada, Mariko Kochi, Hirokuni Ikeda, Tadahiko Shien, Naruto Taira, Junji Matsuoka, Hiroyoshi Doihara, Shinichi Toyooka

    Clinical breast cancer   20 ( 2 )   117 - 124   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Patients with residual disease usually have a poor prognosis after neoadjuvant chemotherapy for breast cancer. The aim of this study was to explore therapeutic targets and potential additional adjuvant treatments for patients with residual disease after standard neoadjuvant chemotherapy. PATIENTS AND METHODS: We retrieved publicly available complementary DNA microarray data from 399 human epidermal growth factor receptor 2 (HER2)-negative primary breast cancer samples from patients who underwent standard neoadjuvant chemotherapy. We analyzed the messenger RNA (mRNA) expression levels of key breast cancer markers and therapeutic target genes according to residual cancer burden (RCB) classification: RCB-0/I, RCB-II, and RCB-III. RESULTS: Among hormone receptor-positive samples, there were more luminal A tumors by PAM50 (Prediction Analysis of Microarray 50 [Prosigna], aka Prosigna Breast Cancer Prognostic Gene Signature Assay) in RCB-III than in RCB-0/I and RCB-II (P < .01). The mRNA expressions of ESR1 and PGR were significantly higher, and that of MKI67 was lower in RCB-II and RCB-III than in RCB-0/I. The mRNA expression of cyclin D1 was up-regulated in RCB-III and that of CDKN2A was down-regulated in RCB-III (P = .027 and < .01). Among triple-negative (TN) samples, RCB-III had higher clinical stage and more lymph node-positive samples than RCB-0/1 and RCB-II (P < .01). In both subtypes, VEGF-C expression was significantly higher in RCB-III than in RCB-0/I and RCB-II. CONCLUSION: In hormone receptor-positive breast cancer, biological features such as luminal A were associated with RCB; this trend was not observed in TN breast cancer. Further, some targeted therapies should be tested as new strategies after standard neoadjuvant chemotherapy in future clinical trials.

    DOI: 10.1016/j.clbc.2019.07.001

    PubMed

    researchmap

  • Influence of breast density on breast cancer risk: a case control study in Japanese women.

    Keiko Nishiyama, Naruto Taira, Taeko Mizoo, Mariko Kochi, Hirokuni Ikeda, Takayuki Iwamoto, Tadahiko Shien, Hiroyoshi Doihara, Setuko Ishihara, Hiroshi Kawai, Kensuke Kawasaki, Yoichi Ishibe, Yutaka Ogasawara, Shinichi Toyooka

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   27 ( 2 )   277 - 283   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Mammography is the standard examination for breast cancer screening of woman aged ≥ 40 years. High breast density on mammography indicates that mammary gland parenchyma occupy a high percentage of the breast. The objective of this study was to investigate factors associated with breast density and the risk of high breast density for breast cancer. METHODS: A multicenter case-control study was performed in 530 patients and 1043 controls. Breast density was classified as C1-C4 using the Breast Imaging Reporting and Data System (BI-RADS). Clinical factors were obtained from questionnaires or medical records, and the influence of each factor (breast density, menopausal status, body mass index (BMI), parity, presence or absence of breastfeeding history, age at menarche, age at first birth, and familial history of breast cancer) on breast cancer risk in all patients was calculated as an age-adjusted odds ratio (OR). Multivariate logistic regression analyses were then performed in all patients and in pre- and postmenopausal and BMI-stratified groups using factors with a significant age-adjusted OR as adjustment factors. RESULTS: Age-adjusted ORs for breast cancer were significant for breast density, BMI, parity, and breast feeding, but not for age at menarche, age at first birth, or family history of breast cancer. In multivariate analysis, there was a significant correlation between breast density and breast cancer in postmenopausal women (OR for C1 vs. C2 1.90 [95% CI 1.34-2.70]; C1 vs. C4 2.85 [95% CI 1.10-7.16]). This correlation was also significant in patients in the third BMI quartile (22.3-24.5 kg/m2) (OR for C1 vs. C4 8.76 [95% CI 2.38-42.47]); and fourth BMI quartile (>24.5 kg/m2) (OR for C1 vs. C2 1.92 [95% CI 1.17-3.15]; C1 vs. C4 11.89 [95% CI 1.56-245.17]). CONCLUSION: Breast density on mammography is a risk factor for breast cancer after adjustment for other risk factors. This risk is particularly high in postmenopausal women and those with a high BMI.

    DOI: 10.1007/s12282-019-01018-6

    PubMed

    researchmap

  • Recurring radiation-induced angiosarcoma of the breast that was treated with paclitaxel chemotherapy: a case report. 国際誌

    Yoko Suzuki, Kohei Taniguchi, Minami Hatono, Yukiko Kajiwara, Yuko Abe, Kengo Kawada, Takahiro Tsukioki, Mariko Kochi, Keiko Nishiyama, Takayuki Iwamoto, Hirokuni Ikeda, Tadahiko Shien, Naruto Taira, Masahiro Tabata, Hiroyuki Yanai, Hiroyoshi Doihara

    Surgical case reports   6 ( 1 )   25 - 25   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Angiosarcoma of the breast is very rare and can be divided into primary and secondary angiosarcoma. Radiation-induced angiosarcoma (RIAS) is classified as secondary angiosarcoma. Diagnosis of RIAS is difficult due to its rarity, and the interpretation of pathological imaging is complicated. In the National Comprehensive Care Network (NCCN) guidelines, the first choice of treatment is surgery with negative margins. Adjuvant radiotherapy (RT) for close soft tissue margins should be considered. Preoperative or adjuvant chemotherapy of nonmetastatic disease is not recommended for angiosarcoma. We report a case of RIAS, which was impossible to diagnose with core needle biopsy (CNB) but was diagnosed by excisional biopsy. The patient was then administered adjuvant chemotherapy using conjugated paclitaxel (PTX). CASE PRESENTATION: A 62-year-old woman noticed a tumor in her right breast. She had a history of right breast cancer and had undergone breast-conserving surgery, RT, and tamoxifen therapy 8 years previously. CNB, which was performed twice, was inconclusive. The tumor was surgically excised and pathological analysis yielded a diagnosis of angiosarcoma. She then underwent a right mastectomy. One month after she underwent right mastectomy, a nodule reappeared on the skin of her right breast, and excisional biopsy revealed recurrence of angiosarcoma. A few weeks later another nodule reappeared near the post-operative scar and excisional biopsy revealed recurrence of angiosarcoma. We assumed that surgical therapy was insufficient because the patient experienced relapse of angiosarcoma after complete mastectomy. After the second recurrence, we treated her with systemic chemotherapy using PTX. There was no evidence of recurrence 8 months after chemotherapy. CONCLUSION: Although angiosarcoma is difficult to diagnose, many patients have a poor prognosis. Therefore, prompt treatment intervention is desired. Moreover, there is little evidence regarding adjuvant therapy of angiosarcoma since it is a rare disease. We consider that adjuvant therapy helped to effectively prevent recurrence in the patient after complete excision.

    DOI: 10.1186/s40792-020-0790-7

    PubMed

    researchmap

  • Distinct gene expression profiles between primary breast cancers and brain metastases from pair-matched samples. 国際誌

    Takayuki Iwamoto, Naoki Niikura, Rin Ogiya, Hiroyuki Yasojima, Ken-Ichi Watanabe, Chizuko Kanbayashi, Michiko Tsuneizumi, Akira Matsui, Tomomi Fujisawa, Tsutomu Iwasa, Tadahiko Shien, Shigehira Saji, Norikazu Masuda, Hiroji Iwata

    Scientific reports   9 ( 1 )   13343 - 13343   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Our objectives were to determine whether clinic-pathological markers and immune-related gene signatures in breast cancer exhibit any change upon brain metastasis and whether previously reported genes significantly associated with brain metastases and the epithelial-mesenchymal transition (EMT) were reproducible and consistent in our dataset. Sixteen pair-matched samples from primary breast cancers and brain metastases diagnosed were collected from the Japan Clinical Oncology Group Breast Cancer Study Group. Gene expression profiles for immune-, brain metastases-, and EMT-related genes were compared between primary breast cancers and brain metastases. Potential therapeutic target genes of 41 FDA-approved or under-investigation agents for brain metastases were explored. Immune-related signatures exhibited significantly lower gene expression in brain metastases than in primary breast cancers. No significant differences were detected for the majority of genes associated with brain metastases and EMT in the two groups. Among 41 therapeutic target candidates, VEGFA and DNMT3A demonstrated significantly higher gene expression in brain metastases. We found that distinct patterns of gene expression exist between primary breast cancers and brain metastases. Further studies are needed to explore whether these distinct expression profiles derive from or underlie disease status and compare these features between metastases to the brain and other sites.

    DOI: 10.1038/s41598-019-50099-y

    PubMed

    researchmap

  • Predictive and prognostic value of stromal tumour-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy in triple negative and HER2-positive breast cancer. 査読 国際誌

    Tomohiro Ochi, Giampaolo Bianchini, Michiko Ando, Fumi Nozaki, Daiki Kobayashi, Carmen Criscitiello, Giuseppe Curigliano, Takayuki Iwamoto, Naoki Niikura, Hiroyuki Takei, Atsushi Yoshida, Junko Takei, Koyu Suzuki, Hideko Yamauchi, Naoki Hayashi

    European journal of cancer (Oxford, England : 1990)   118   41 - 48   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    AIM: Lymphocyte predominant breast cancer (BC) is associated with higher pathological complete response (pCR) rate after neoadjuvant therapy (NAT) and favorable outcome in triple negative breast cancer (TNBC) and HER2+ BC. The predictive and prognostic impact of stromal tumour-infiltrating lymphocytes (TILs) after NAT and the change of TILs before (pre-) and after (post-) NAT are not well studied. We aimed to assess the predictive and prognostic value of pre- and post-NAT TILs, as well as their pharmacodynamics modulation and their change for TNBC and HER2+ BC. MATERIALS AND METHODS: Two-hundred and nine consecutive patients (n = 80 TNBC, n = 129 HER2+ BC) who received NAT between 2001 and 2009 in a single institution were included. We evaluated the association between pre-NAT TILs and pCR, and the association between pre- and post-NAT TILs, as well as their immunodynamics change with relapse-free survival (RFS) for patients with residual disease (RD). RESULTS: Low pre-NAT TILs compared to int/high were significantly associated with lower pCR rate (TNBC: 4.0% vs 43.6%; HER2+ BC: 26.0% vs 51.9%). The median follow-up period was 98 months. In TNBC with RD, low pre-NAT TILs showed significant association with shorter RFS (HR = 3.844 [1.190-12.421], p = 0.024) in multivariate analysis. Low post-NAT TILs showed borderline significant association with shorter RFS (HR = 2.836 [0.951-8.457], p = 0.061). The change in TILs was not associated with RFS. In HER2+ BC, low pre-NAT TILs were not associated with RFS. CONCLUSION: In TN and HER2+ BCs, low pre-NAT TILs tumours had a low likelihood of achieving pCR. In TNBC with RD, both low pre- and post-NAT TILs were associated with shorter RFS. These results suggest that TILs information should be taken into account when additional therapies may be given in the post-neoadjuvant setting.

    DOI: 10.1016/j.ejca.2019.05.014

    PubMed

    researchmap

  • Role of Postmastectomy Radiotherapy After Neoadjuvant Chemotherapy in Breast Cancer Patients: A Study from the Japanese Breast Cancer Registry. 査読

    Miyashita M, Niikura N, Kumamaru H, Miyata H, Iwamoto T, Kawai M, Anan K, Hayashi N, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Iijima K, Masuda S, Tsugawa K, Kinoshita T, Tsuda H, Nakamura S, Tokuda Y

    Annals of surgical oncology   26 ( 8 )   2475 - 2485   2019年8月

  • Taxane-based combinations as adjuvant chemotherapy for node-positive ER-positive breast cancer based on 2004-2009 data from the Breast Cancer Registry of the Japanese Breast Cancer Society. 査読

    Hojo T, Masuda N, Iwamoto T, Niikura N, Anan K, Aogi K, Ohnishi T, Yamauchi C, Yoshida M, Kinoshita T, Masuoka H, Sagara Y, Sakatani T, Kojima Y, Tsuda H, Kumamaru H, Miyata H, Nakamura S

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   2019年7月

  • 内分泌療法耐性ER陽性転移乳癌に対する二次内分泌療法のコホート研究 HORSE-BC-研究報告 査読

    藤澤 知巳, 平 成人, 荒木 和浩, 岩本 高行, 木川 雄一郎, 坂巻 顕太郎, 相原 智彦, 高橋 將人, 向井 博文, 三階 貴史, 高尾 信太郎

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   716 - 716   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Marine-Lenhart症候群の一例

    西村 碧フィリーズ, 河内 麻里子, 枝園 忠彦, 鈴木 陽子, 梶原 友紀子, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 河田 健吾, 高橋 侑子, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   842 - 842   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Changes in Tumor Expression of HER2 and Hormone Receptors Status after Neoadjuvant Chemotherapy in 21,755 Patients from the Japanese Breast Cancer Registry. 査読

    Niikura N, Tomotaki A, Miyata H, Iwamoto T, Kawai M, Anan K, Hayashi N, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Iijima K, Masuda S, Tsugawa K, Kinoshita T, Nakamura S, Tokuda Y

    Annals of Oncology   27 ( 3 )   480 - 487   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdv611

    PubMed

    researchmap

  • Low tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) to predict and refine risk in patients not achieving a pathological complete response (pCR) in HER2-positive breast cancers. 査読

    Hayashi Naoki, Bianchini Giampaolo, Murai Michiko, Suzuki Koyu, Uno Mieko, Uchida Shiro, Yagata Hiroshi, Yoshida Atsushi, Iwamoto Takayuki, Niikura Naoki, Nakamura Seigo, Yamauchi Hideko

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 15 )   2015年5月

  • Assessment of the prognostic and predictive ability of a gene signature compared to histological grade in estrogen receptor positive, HER2 negative breast cancer 査読

    Iwamoto Takayuki, Kelly Catherine, Bianchini Giampalo, Mizoo Takeo, Nogami Tomohiro, Motoki Takayuki, Shien Tadahiko, Taira Naruto, Hayashi Naoki, Niikura Naoki, Fujiwara Toshiyoshi, Doihara Hiroyoshi, Matsuoka Junji

    CANCER RESEARCH   75   2015年5月

  • Comparison of tumor-infiltrating lymphocytes between primary and metastatic tumors in breast cancer patients. 査読

    Rin Ogiya, Nobue Kumaki, Giampaolo Bianchini, Takayuki Iwamoto, Naoki Hayashi, Toshiya Tanaka, Naoki Niikura, Yutaka Tokuda

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 15 )   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Proliferation and estrogen signaling can distinguish patients at risk for early versus late relapse among estrogen receptor positive breast cancers 査読

    Giampaolo Bianchini, Lajos Pusztai, Thomas Karn, Takayuki Iwamoto, Achim Rody, Catherine M. Kelly, Volkmar Mueller, Marcus Schmidt, Yuan Qi, Uwe Holtrich, Sven Becker, Libero Santarpia, Angelica Fasolo, Gianluca Del Conte, Milvia Zambetti, Christos Sotiriou, Benjamin Haibe-Kains, W. Fraser Symmans, Luca Gianni

    BREAST CANCER RESEARCH   15 ( 5 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Introduction: We examined if a combination of proliferation markers and estrogen receptor (ER) activity could predict early versus late relapses in ER-positive breast cancer and inform the choice and length of adjuvant endocrine therapy.
    Methods: Baseline affymetrix gene-expression profiles from ER-positive patients who received no systemic therapy (n = 559), adjuvant tamoxifen for 5 years (cohort-1: n = 683, cohort-2: n = 282) and from 58 patients treated with neoadjuvant letrozole for 3 months (gene-expression available at baseline, 14 and 90 days) were analyzed. A proliferation score based on the expression of mitotic kinases (MKS) and an ER-related score (ERS) adopted from Oncotype DX r were calculated. The same analysis was performed using the Genomic Grade Index as proliferation marker and the luminal gene score from the PAM50 classifier as measure of estrogen-related genes. Median values were used to define low and high marker groups and four combinations were created. Relapses were grouped into time cohorts of 0-2.5, 0-5, 5-10 years.
    Results: In the overall 10 years period, the proportional hazards assumption was violated for several biomarker groups indicating time-dependent effects. In tamoxifen-treated patients Low-MKS/Low-ERS cancers had continuously increasing risk of relapse that was higher after 5 years than Low-MKS/High-ERS cancers [0 to 10 year, HR 3.36; p = 0.013]. High-MKS/High-ERS cancers had low risk of early relapse [0-2.5 years HR 0.13; p = 0.0006], but high risk of late relapse which was higher than in the High-MKS/Low-ERS group [after 5 years HR 3.86; p = 0.007]. The High-MKS/Low-ERS subset had most of the early relapses [0 to 2.5 years, HR 6.53; p &lt; 0.0001] especially in node negative tumors and showed minimal response to neoadjuvant letrozole. These findings were qualitatively confirmed in a smaller independent cohort of tamoxifen-treated patients. Using different biomarkers provided similar results.
    Conclusions: Early relapses are highest in highly proliferative/low-ERS cancers, in particular in node negative tumors. Relapses occurring after 5 years of adjuvant tamoxifen are highest among the highly-proliferative/high-ERS tumors although their risk of recurrence is modest in the first 5 years on tamoxifen. These tumors could be the best candidates for extended endocrine therapy.

    DOI: 10.1186/bcr3481

    Web of Science

    researchmap

  • Comparison of molecular subtype distribution in triple-negative inflammatory and non-inflammatory breast cancers 査読

    Hiroko Masuda, Keith A. Baggerly, Ying Wang, Takayuki Iwamoto, Takae Brewer, Lajos Pusztai, Kazuharu Kai, Takahiro Kogawa, Pascal Finetti, Daniel Birnbaum, Luc Dirix, Wendy A. Woodward, James M. Reuben, Savitri Krishnamurthy, W. Fraser Symmans, Steven J. Van Laere, Francois Bertucci, Gabriel N. Hortobagyi, Naoto T. Ueno

    BREAST CANCER RESEARCH   15 ( 6 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Introduction: Because of its high rate of metastasis, inflammatory breast cancer (IBC) has a poor prognosis compared with non-inflammatory types of breast cancer (non-IBC). In a recent study, Lehmann and colleagues identified seven subtypes of triple-negative breast cancer (TNBC). We hypothesized that the distribution of TNBC subtypes differs between TN-IBC and TN-non-IBC. We determined the subtypes and compared clinical outcomes by subtype in TN-IBC and TN-non-IBC patients.
    Methods: We determined TNBC subtypes in a TNBC cohort from the World IBC Consortium for which IBC status was known (39 cases of TN-IBC; 49 cases of TN-non-IBC). We then determined the associations between TNBC subtypes and IBC status and compared clinical outcomes between TNBC subtypes.
    Results: We found the seven subtypes exist in both TN-IBC and TN-non-IBC. We found no association between TNBC subtype and IBC status (P = 0.47). TNBC subtype did not predict recurrence-free survival. IBC status was not a significant predictor of recurrence-free or overall survival in the TNBC cohort.
    Conclusions: Our data show that, like TN-non-IBC, TN-IBC is a heterogeneous disease. Although clinical characteristics differ significantly between IBC and non-IBC, no unique IBC-specific TNBC subtypes were identified by mRNA gene-expression profiles of the tumor. Studies are needed to identify the subtle molecular or microenvironmental differences that contribute to the differing clinical behaviors between TN-IBC and TN-non-IBC.

    DOI: 10.1186/bcr3579

    Web of Science

    researchmap

  • Refractory response to growth factors impairs liver regeneration after hepatectomy in patients with viral hepatitis. 査読

    Umeda Y, Iwagaki H, Ozaki M, Ogino T, Iwamoto T, Yoshida R, Shinoura S, Matsuda H, Sadamori H, Tanaka N, Yagi T

    Hepato-gastroenterology   56 ( 93 )   971 - 977   2009年7月

     詳細を見る

  • Endoluminal gastroplication for gastroesophageal reflux appearing after gastric surgery 査読

    Hitoshi Idani, Takashi Ishikawa, Takayuki Iwamoto, Shinichiro Watanabe, Minoru Ukida

    DIGESTIVE ENDOSCOPY   19 ( 2 )   93 - 96   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Endoluminal gastroplication (ELGP) is a new endoscopic treatment for gastroesophageal reflux disease (GERD). However, its efficacy has been reported only for primary GERD but not for postoperative GERD. Here we report the first two cases of GERD that appeared after gastric surgery and were successfully treated by ELGP. Both patients developed GERD after gastric surgery. Esophagogastrofiberscopy showed esophagitis and small hiatal hernia. The symptoms failed to disappear after medical therapy and ELGP was performed. ELGP involved the use of the BARD (EndoCinch (TM)) endoscopic suturing system, where two to three plications were placed at the esophagogastric junction. Procedure time, start of soft diet and hospital stay were 55 min, the first postoperative day (POD), 5 days and 60 min, 1 POD and 5 days, for patients 1 and 2, respectively. No adverse events were noted apart from mild and transient epigastric pain. The GERD-related symptoms markedly improved after ELGP Improvements were also noted in acid exposure time and bile reflux time after the procedure. ELGP is safe and effective for GERD that develops after surgery although this needs to be confirmed in long-term follow-up studies. ELGP is potentially suitable for GERD after Billroth-I distal gastrectomy with lymph node dissection for gastric cancer.

    DOI: 10.1111/j.1443-1661.2007.00679.x

    Web of Science

    researchmap

  • Development of a Japanese version of the BREAST-Q and the traditional psychometric test of the mastectomy module for the assessment of HRQOL and patient satisfaction following breast surgery.

    Saiga M, Taira N, Kimata Y, Watanabe S, Mukai Y, Shimozuma K, Mizoo T, Nogami T, Iwamoto T, Motoki T, Shien T, Matsuoka J, Doihara H

    Breast Cancer   EPub   2006年5月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • がん遺伝子パネル検査を施行した乳癌症例のGermline findingsに関する検討

    河内麻里子, 河内麻里子, 山本英喜, 坂井美佳, 梶原友紀子, 笹原麻子, 十川麗美, 二川摩周, 浦川優作, 岩本高行, 枝園忠彦, 平成人, 土井原博義, 平沢晃

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • 家族歴と血縁者のMSI-High大腸癌からLynch症候群を疑いMLH1がVUSであった大腸癌・乳癌の重複癌の1例

    梶原友紀子, 枝園忠彦, 藤原みわ, 鈴木陽子, 鳩野みなみ, 笹原麻子, 十川麗美, 二川摩周, 浦川優作, 河内麻里子, 河内麻里子, 山本英喜, 岩本高行, 平成人, 平沢晃, 土井原博義

    日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   26th   2020年

     詳細を見る

  • HER2陽性原発性乳癌の治療最適化 NCD解析から見えてくるHER2陽性pT1乳癌の予後と治療効果

    久保 真, 河合 賢朗, 隈丸 拓, 中村 清吾, 津田 均, 徳田 裕, 吉田 正行, 青儀 健二郎, 阿南 敬生, 飯島 耕太郎, 石田 孝宣, 坂谷 貴司, 新倉 直樹, 増岡 秀次, 宮田 裕章, 小島 康幸, 相良 安昭, 林 直輝, 岩本 高行

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   273 - 273   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん患者におけるマンモグラフィーでの高濃度乳房症例の検討

    河田 健吾, 吉岡 遼, 宇野 摩耶, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 高橋 侑子, 河内 麻里子, 岩本 高行, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   783 - 783   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Taxotereを含む補助療法を受けた症例でのリンパ浮腫の検討

    突沖 貴宏, 枝園 忠彦, 吉岡 遼, 宇野 摩耶, 河内 麻里子, 鳩野 みなみ, 高橋 侑子, 河田 健吾, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   554 - 554   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん術後患者のストレス対処行動から見たリンパ浮腫セルフケア現状調査

    赤井 千尋, 安東 智恵, 中村 恵子, 横山 浩子, 竹内 美夏, 十見 香織, 鳴海 淳子, 本田 雅子, 松山 宜之, 露無 祐子, 難波 志穂子, 岩本 高行, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   554 - 554   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 血漿中イソフラボンが乳癌発症リスクに及ぼす影響 日本人における症例対象研究

    鳩野 みなみ, 平 成人, 溝尾 妙子, 原 暁生, 川崎 賢祐, 石部 洋一, 小笠原 豊, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 岩本 高行, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   437 - 437   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌検診において地域が抱える問題点と検診率向上のための取り組みについて

    池田 宏国, 上林 千鶴, 西本 敦子, 木村 美枝子, 柏原 昌代, 山中 利斗子, 西 宏行, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   380 - 380   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ホルモン受容体陽性HER 2陰性乳癌の術前化学療法後予後不良症例に対する新規追加補助療法の検討

    高橋 侑子, 岩本 高行, 吉岡 遼, 宇野 摩耶, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 河田 健吾, 河内 麻里子, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   337 - 337   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳腺化生癌の2例

    元木 崇之, 岩本 高行, 大森 昌子, 松岡 順治

    岡山医学会雑誌   130 ( 1 )   19 - 23   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    症例1は32歳女性で、急速に増大する右乳房腫瘤を主訴に受診した。右女房に径7cm大の腫瘤認め、針生検で乳癌と診断した。右乳房切除+センチネルリンパ節生検術を施行し、術中のセンチネルリンパ節には転移を認めなかった。手術病理結果で化生癌と診断した。術後補助化学療法としてAC療法4クールおよびtri-docetaxel療法4クールを施行したのちに、胸壁照射を施行した。術後経過1年2ヵ月、無再発生存中である。症例2は66歳女性で、左乳房腫瘤を自覚した。左乳房AC境界部に径2cm大の腫瘤認め、針生検で乳癌と診断した。左乳房切除+センチネルリンパ節生検術を施行し、術中のセンチネルリンパ節には転移を認めなかった。手術病理結果で化生癌と診断した。術後補助化学療法としてAC療法4クールおよびtri-docetaxel療法4クールを施行した。術後経過10ヵ月、無再発生存中である。

    DOI: 10.4044/joma.130.19

    CiNii Article

    researchmap

  • バセドウ病術後再発例に対する再手術症例の検討

    突沖 貴宏, 土井原 博義, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 鳩野 みなみ, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2500 - 2500   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 非浸潤癌に対する治療 低侵襲治療を実現するための非浸潤性乳管癌の術前診断の精度に関する検討

    河内 麻里子, 枝園 忠彦, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   543 - 543   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における進行再発甲状腺癌に対するレンバチニブの使用経験

    鳩野 みなみ, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34 ( Suppl.2 )   S265 - S265   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 内分泌療法耐性転移乳癌に対する二次内分泌療法のコホート研究 治療選択の現状

    三階 貴史, 藤澤 知巳, 平 成人, 荒木 和浩, 岩本 高行, 木川 雄一郎, 枝園 忠彦, 高尾 信太郎, 佐藤 雅子, 後藤 與四成, 吉田 崇, 高橋 將人, 相原 智彦, 坂巻 顕太郎, 向井 博文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   O18 - 2   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 「それぞれの癌」最善の治療とは?乳癌 薬物療法と手術療法の将来 Stage IV乳がんに対する手術療法の将来

    枝園 忠彦, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河内 麻里子, 突沖 貴宏, 高橋 侑子, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 岩本 高行, 池田 宏国, 平 成人, 土井原 博義

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   PD8 - 6   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 臨床試験から視た乳癌手術 臨床試験からみたStage IV乳癌に対する原発巣切除術

    枝園 忠彦, 鳩野 みなみ, 河田 健吾, 突沖 貴宏, 池田 宏国, 河内 麻理子, 岩本 高行, 平 成人, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   336 - 336   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院における若年者甲状腺癌(30歳以下)の検討

    突沖 貴宏, 鳩野 みなみ, 宇野 摩耶, 吉岡 遼, 河田 健吾, 高橋 侑子, 河内 麻里子, 池田 宏国, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34 ( Suppl.2 )   S273 - S273   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    DOI: 10.11226/jaesjsts.34.Supplement2_S273

    researchmap

  • 一次乳房再建患者における乳輪乳頭温存例と切除例の術後満足度・HRQOLの比較

    雑賀 美帆, 渡部 聡子, 向井 裕子, 中桐 僚子, 木股 敬裕, 鳩野 みなみ, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   408 - 408   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳房再建術後再発症例の検討

    鳩野 みなみ, 枝園 忠彦, 向井 裕子, 雑賀 美帆, 渡部 聡子, 河田 健吾, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 三好 雄一郎, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 木股 敬裕, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   383 - 383   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 若年性トリプルネガティブ乳がんの遺伝子学的検討

    高橋 侑子, 岩本 高行, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 河田 健吾, 三好 雄一郎, 野上 智弘, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   331 - 331   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ER陽性HER2陰性原発乳癌に対するアンスラサイクリンにタキサンを追加した術後化学療法の有用性の検討

    北條 隆, 増田 慎三, 岩本 高行, 青儀 健二郎, 阿南 敬生, 飯島 耕太郎, 石田 孝宣, 河合 賢朗, 坂谷 貴司, 新倉 直樹, 増岡 秀次, 宮田 裕章, 隈丸 拓, 小島 康幸, 相良 安昭, 林 直輝, 吉田 正行, 徳田 裕, 中村 清吾, 津田 均

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   258 - 258   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • National Clinical Database(ビッグデータから得られるもの) NCD乳癌登録の利活用

    岩本 高行

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   240 - 240   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 抗悪性腫瘍薬の有害事象に対するマネジメント 発熱性好中球減少への対処から骨塩量低下に対する支持療法まで 外来にて多職種によるチームで取り組む経口抗悪性腫瘍剤のマネジメント

    枝園 忠彦, 露無 祐子, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 高橋 侑子, 河田 健吾, 三好 雄一郎, 河内 麻里子, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   222 - 222   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 一次再建症例におけるセンチネルリンパ節生検結果による術後経過の検討

    渡部 聡子, 木股 敬裕, 向井 裕子, 中桐 僚子, 雑賀 美帆, 徳山 英二郎, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   401 - 401   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 造影CT検査にて確定診断に至ったモンドール病の1例

    太田 友, 岩室 雅也, 岩本 高行, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   166 - 166   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 乳腺化成癌の2例

    元木 崇之, 松岡 順治, 岩本 高行, 河内 麻里子, 高橋 侑子, 鳩野 みなみ, 突沖 貴宏, 河田 健吾, 枝園 忠彦, 平 成人, 大森 昌子, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   739 - 739   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌術後内分泌療法中に再発したER陽性・HER2陰性症例20例の検討

    河田 健吾, 鳩野 みなみ, 高橋 侑子, 突沖 貴宏, 三好 雄一郎, 西山 慶子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   517 - 517   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法でcN1からcN0となった乳癌の腋窩郭清 するvsしない しない

    枝園 忠彦, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 土井原 博義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   DB - 9   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • ミャンマーでのiPad proを使用した検診マンモグラフィ読影自己学習用教材による講習会の試み

    石部 洋一, 土井原 博義, 岩本 高行, 元木 崇之, 逸見 典子, 岡田 茂, 服部 裕昭

    日本乳癌検診学会誌   25 ( 3 )   394 - 394   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • 成人に発症した頸部リンパ管腫の3症例

    鳩野 みなみ, 枝園 忠彦, 河田 健吾, 高橋 侑子, 三好 雄一郎, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   836 - 836   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.77.1192

    researchmap

  • 当院におけるFulvestrantの使用経験

    野上 智弘, 板野 陽子, 河田 健吾, 河内 麻里子, 三好 雄一郎, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   443 - 443   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 本邦における腫瘍医と緩和ケア医へのがん性疼痛緩和に関する意識調査

    那須 淳一郎, 南 大輔, 岩本 高行, 西江 宏行, 齊藤 信也, 松岡 順治, 岡山大学病院緩和ケアチーム

    Palliative Care Research   11 ( Suppl. )   S321 - S321   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本緩和医療学会  

    researchmap

  • PTTMにより急速に進行する呼吸不全を来したtriple negative乳癌の一例

    溝尾 妙子, 板野 陽子, 河田 健吾, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義, 柴田 嶺, 柳井 広之

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   628 - 628   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 性同一性障害に対し女性から男性への性別適合手術施行後に発症した乳癌の一例

    元木 崇之, 片山 裕子, 岩本 高行, 板野 陽子, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 渡部 聡子, 枝園 忠彦, 平 成人, 木股 敬裕, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   619 - 619   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院におけるエベロリムスの使用状況と治療効果

    板野 陽子, 土井原 博義, 河田 健吾, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   444 - 444   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん初期治療後の運動介入プログラムが、長期的な身体活動性に及ぼす影響を検証するランダム化比較試験

    河田 健吾, 平 成人, 土井原 博義, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇行, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 溝田 友里, 山本 精一郎

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   347 - 347   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • TIL関連遺伝子アッセイを用いた化学療法効果予測および予後予測に関する検討

    河内 麻里子, 岩本 高行, 新倉 直樹, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 増田 しのぶ, 土井原 博義, 藤原 俊義, 徳田 裕, 松岡 順治

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   345 - 345   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 命にかかわらない乳癌をいかに見極められるか 検診発見乳癌の生物学的特徴 乳癌登録データより205,544例の検討

    岩本 高行, 隈丸 拓, 宮田 裕章, 友滝 愛, 新倉 直樹, 河合 賢朗, 阿南 敬生, 林 直輝, 増田 しのぶ, 津川 浩一郎, 青儀 健二郎, 石田 孝宣, 増岡 秀次, 松岡 順治, 土井原 博義, 木下 貴之, 中村 清吾, 徳田 裕, 日本乳癌学会登録委員会

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   225 - 225   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 一次乳房再建術が乳癌の予後に及ぼす影響 単施設短期解析結果

    片山 裕子, 平 成人, 渡部 聡子, 雑賀 美帆, 木股 敬裕, 板野 陽子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   363 - 363   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Breast Cancer Triple-Negative/Cytotoxics/Local Therapy

    Takeo Fuji, Takahiro Kogawa, Wenli Dong, Jennifer Keating Litton, Stacy L. Moulder, Debu Tripathy, Kelly Hunt, Takayuki Iwamoto, Lajos Pusztai, Bora Lim, Yu Shen, Naoto T. Ueno

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34 ( 15 )   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Tumor Infiltrating lymphocytes (TIL) related genomic signature associated with chemotherapy response and prognosis in subtypes of breast cancer

    M. Kochi, N. Niikura, T. Iwamoto, G. Bianchini, T. Mizoo, T. Nogami, T. Shien, T. Motoki, N. Taira, S. Masuda, H. Doihara, T. Fujiwara, Y. Tokuda, J. Matsuoka

    CANCER RESEARCH   76   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS15-P5-08-14

    Web of Science

    researchmap

  • 乳房切除における整容性向上のための工夫 局所進行がんに対する術前化学療法施行後乳房一期再建症例の検討

    枝園 忠彦, 河田 健吾, 溝尾 妙子, 河内 真理子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   474 - 474   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 高カルシウム血症に関連する症状を有する副甲状腺機能亢進症症例の検討

    野上 智弘, 板野 陽子, 河田 健吾, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   971 - 971   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるEribulinの使用経験

    安部 優子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   605 - 605   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 甲状腺機能亢進症術後に生じる副甲状腺機能低下に関する検討

    野上 智弘, 板野 陽子, 河田 健吾, 河内 麻里子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   32 ( Suppl.2 )   S271 - S271   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 喫煙による乳癌罹患リスクに対してNAT2遺伝子多型が及ぼす影響

    原 暁生, 平 成人, 溝尾 妙子, 西山 慶子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 石原 節子, 河合 央, 川崎 賢祐, 石部 洋一, 小笠原 豊, 菰池 佳史, 三好 新一郎

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   392 - 392   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ビッグデータの活用 NCD-乳癌登録を用いた臨床研究及び、クォリティーインディケーターへの展開 乳癌登録の現状と課題

    木下 貴之, 阿南 敬生, 福井 直仁, 石田 孝宣, 津川 浩一郎, 岩本 高行, 増田 しのぶ, 増岡 秀次, 新倉 直樹, 宮田 裕章, 徳田 裕

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   239 - 239   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ビッグデータの活用 NCD-乳癌登録を用いた臨床研究及び、クォリティーインディケーターへの展開 National Clinical Database(NCD)乳癌登録データを利用した研究課題の公募と選考基準

    阿南 敬生, 木下 貴之, 増岡 秀次, 石田 孝宣, 林 直輝, 飯島 耕太郎, 青儀 健二郎, 新倉 直樹, 増田 しのぶ, 津川 浩一郎, 河合 賢朗, 岩本 高行, 宮田 裕章, 徳田 裕

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   239 - 239   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 地域におけるチーム医療の普及のための多職種による瀬戸内乳がんチーム医療研修会

    枝園 忠彦, 渡部 聡子, 鍛治園 誠, 藤原 聡子, 西本 仁美, 平田 泰三, 田端 雅弘, 岡部 伸幸, 露無 祐子, 平 成人, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   390 - 390   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • NCD-乳癌登録を用いた乳がん患者におけるBody mass indexと再発・死亡リスクとの関連

    河合 賢朗, 友滝 愛, 宮田 裕章, 新倉 直樹, 岩本 高行, 阿南 敬生, 木下 貴之, 増田 しのぶ, 津川 浩一郎, 徳田 裕

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   305 - 305   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • NCD乳癌登録を用いた術前化学療法におけるER、PgR、HER2の変化の検討

    新倉 直樹, 友滝 愛, 宮田 裕章, 岩本 高行, 河合 賢朗, 阿南 敬生, 木下 貴之, 増田 しのぶ, 津川 浩一郎, 徳田 裕, 日本乳癌学会登録委員会

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   304 - 304   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Personalized medicineへの挑戦

    岩本 高行

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   297 - 297   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 緩和医療 乳癌患者スクリーニングシートによる診断時からの緩和医療の導入

    松岡 順治, 元木 崇之, 岩本 高行, 高下 典子, 露無 佑子, 土井原 博, 南 大輔, 藤原 俊義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   295 - 295   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ビッグデータの活用 NCD-乳癌登録を用いた臨床研究及び、クォリティーインディケーターへの展開 乳癌登録を用いた乳癌治療の均てん化へ向けた研究

    新倉 直樹, 岩本 高行, 友滝 愛, 宮田 裕章, 河合 賢明, 阿南 敬生, 木下 貴之

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   240 - 240   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ビッグデータの活用 NCD-乳癌登録を用いた臨床研究及び、クォリティーインディケーターへの展開 NCD乳癌登録の現状と医療の質向上の向けた今後の論点

    宮田 裕章, 隈丸 拓, 新倉 直樹, 岩本 高行, 友滝 愛, 河合 賢朗, 阿南 敬生, 木下 貴之, 徳田 裕

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   240 - 240   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • HER2陰性転移再発乳癌に対するGemcitabine・nab-Paclitaxel併用療法の第I相臨床試験

    吉富 誠二, 平 成人, 土井原 博義, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 小笠原 豊, 松岡 順治, 辻 尚志

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   588 - 588   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 皮下乳腺全摘後のティシュエキスパンダーによる一次二期乳房再建とソフトウェアを用いた乳頭位置評価

    渡部 聡子, 木股 敬裕, 片山 裕子, 雑賀 美帆, 徳山 英二郎, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   537 - 537   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院におけるT-DM1の使用経験

    安部 優子, 鳥越 英次郎, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   492 - 492   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Contribution of immune system and tumor-related interferon signaling to epirubicin response in triple-negative (TN) breast cancers.

    Giampaolo Bianchini, Maurizio Callari, Takayuki Iwamoto, Michela Riba, Lucia Vigano', Alberta Locatelli, Milvia Zambetti, Thomas Karn, Lajos Pusztai, Luca Gianni

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 15 )   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Neoadjuvant chemotherapy in the real world: A study of 22,819 patients from the Japanese National Clinical Database-Breast Cancer Registry.

    Naoki Niikura, Ai Tomotaki, Hiroaki Miyata, Takayuki Iwamoto, Masaaki S. Kawai, Keisei Anan, Takayuki Kinoshita, Shinobu Masuda, Koichiro Tsugawa, Yutaka Tokuda

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 15 )   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • The heterogeneous clinical behavior of luminal breast cancers is associated with different mutational landscapes

    Giampaolo Bianchini, Eugenia Galeota, Tingting Jiang, Maurizio Callari, Milvia Zambetti, Takayuki Iwamoto, Thomas Karn, Christos Hatzis, Lajos Pusztai, Luca Gianni

    CANCER RESEARCH   75   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS14-P2-03-05

    Web of Science

    researchmap

  • Neoadjuvant chemotherapy with or without the concurrent hormone therapy that has downregulated estrogen level in estrogen receptor positive breast cancer: NACED randomized multicenter phase II trial.

    Naoki Watanabe, Takayuki Iwamoto, Takayuki Motoki, Kumi Sugiu, Masako Omori, Mitsuya Ito, Takeshi Yuasa, Shoichiro Ohtani, Hiroshi Sonobe, Kenji Higaki, Toshiyoshi Fujiwara, Junji Matsuoka

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 15 )   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • A prospective comparison of ER, PR, Ki67 and gene expression in paired sequential core biopsies of primary, untreated breast cancer.

    Alastair Mark Thompson, Sirwan M. Hadad, Lee Jordan, Pankaj Roy, Colin Purdie, Takayuki Iwamoto, Lajos Pusztai, Stacy L. Moulder

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 15 )   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • NCD乳癌登録を用いた長期アウトカムに基づく診療の評価

    徳田 裕, 新倉 直樹, 阿南 敬生, 岩本 高行, 宮田 裕章, 友滝 愛, 木下 貴之

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   SP - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • マンモグラフィ検診の有効性に関する最近の動向

    岩本 高行, 元木 崇之, 土井原 博義, 松岡 順治

    乳癌の臨床   29 ( 5 )   503 - 508   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    マンモグラフィ検診の目的は早期発見・早期治療である。マンモグラフィ検診によって死亡率を16%減少させることができたという代表的な8つのランダム化比較試験のメタアナリシスは乳癌検診の普及率向上に貢献しており、現在、欧米を中心に検診率は70%を超えている。しかし、近年、乳癌検診の死亡率減少の有効性に対するnegativeな報告が続いており、ついに2014年、Swiss Medical Boardはマンモグラフィ検診の見直しの勧告を報告した。今回われわれは乳癌検診が乳癌死亡率に与える影響が限定される理由について生物学的または臨床病理学的に考察を行った。今後は、マンモグラフィ検診の意義(Benefit &amp; harm)についてのインフォームドコンセントを行い、受診者自身がマンモグラフィ検診を受けるかどうかを選択することが必要であると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 局所進行乳癌に対する外科療法と薬物療法の新展開 StageIV乳癌に対する効果的な原発巣切除術とは 手術の目的とタイミングの検討

    枝園 忠彦, 土井原 博義, 阿部 優子, 原 暁生, 三好 雄一郎, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   319 - 319   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳房再建手術の最前線 チーム医療で行う乳房再建術の向上を目指して

    土井原 博義, 安部 優子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 平 成人, 枝園 忠彦, 岩本 高行, 元木 崇之, 松岡 順治

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   303 - 303   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 甲状腺嚢胞性病変との鑑別を要した機能性副甲状腺嚢胞の3例

    野上 智弘, 稲垣 兼一, 田中 健大, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   31 ( Suppl.2 )   S271 - S271   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 当院における家族性乳がん相談外来の現況

    鳩野 みなみ, 平 成人, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 松岡 順治, 土井原 博義

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   177 - 177   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 乳癌脳転移症例の臨床病理学的特徴と治療戦略

    鳩野 みなみ, 枝園 忠彦, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   561 - 561   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 遺伝子マーカー時代における臨床病理学的マーカーの位置づけ 1,373例の検討

    岩本 高行, 松岡 順治, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 林 直輝, 藤原 俊義, 土井原 博義, 鳩野 みなみ, 原 暁生, 三好 雄一郎, 伊藤 麻衣子

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   273 - 273   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 腋窩リンパ節転移陽性乳癌におけるALDH1と転写因子の共発現は予後予測因子となり得るか

    伊藤 麻衣子, 枝園 忠彦, 鳩野 みなみ, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義, 大森 昌子

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   272 - 272   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ER陽性HER2陽性原発乳癌におけるPR発現の意義

    高橋 侑子, 林 直輝, 岩本 高行, 松田 直子, 吉田 敦, 中村 清吾, 矢形 寛, 山内 英子

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   258 - 258   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌ビックデータを用いたガイドラインの評価と予後予測ツールの開発に向けて

    岩本 高行, 宮田 裕章, 友滝 愛, 新倉 直樹, 阿南 敬生, 木下 貴之, 徳田 裕

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   232 - 232   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌登録を用いたQuality Indicatorの算出と医療の均てん化に向けて

    新倉 直樹, 宮田 裕章, 友滝 愛, 岩本 高行, 穂積 康夫, 徳田 裕

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   231 - 231   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳房再建患者における肩関節ROMと患者の主観的な上肢能力評価との関連性

    松山 宜之, 平 成人, 枝園 忠彦, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 渡部 聡子, 松岡 順治, 木股 敬裕, 土井原 博義, 溝尾 妙子, 鳩野 みなみ

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   495 - 495   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節同定における術前SPECTの有用性

    原 暁生, 枝園 忠彦, 鳩野 みなみ, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   370 - 370   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 画像所見による術前化学療法の治療効果予測の検討

    溝尾 妙子, 鳩野 みなみ, 伊藤 麻衣子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   370 - 370   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 薬物療法を受ける患者に対するカウンセリングと妊孕性温存 大学での試みから地域ネットワーク発足へ

    枝園 忠彦, 露無 裕子, 鳩野 みなみ, 伊藤 麻衣子, 三好 雄一郎, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 土井原 博義, 松岡 順治

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   300 - 300   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 病理医間のKi67の一致率の検討 Ki67リングスタディの結果から

    新倉 直樹, 坂谷 貴司, 有馬 信之, 大井 恭代, 本間 尚子, 鹿股 直樹, 吉田 一也, 角舎 学行, 玉城 研太朗, 森谷 卓也, 熊木 伸枝, 岩本 高行, 杉江 知治

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   276 - 276   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ER陽性乳癌の再発時期と治療予後の検討

    三好 雄一郎, 枝園 忠彦, 鳩野 みなみ, 原 暁生, 岩本 高行, 野上 智弘, 溝尾 妙子, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   563 - 563   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Assessment of the Ki67 labeling index: A Japanese validation ring study.

    Naoki Niikura, Takashi Sakatani, Nobuyuki Arima, Yasuyo Ohi, Naoko Honma, Naoki Kanomata, Kazuya Yoshida, Takayuki Kadoya, Kentaro Tamaki, Nobue Kumaki, Takayuki Iwamoto, Tomoharu Sugie, Takuya Moriya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32 ( 15 )   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • An immune-related signature for prediction of risk of late recurrences beyond proliferation and ER-related genes in ER-positive breast cancer.

    Giampaolo Bianchini, Gabriella Rossi, Maurizio Callari, Takayuki Iwamoto, Eugenia Galeota, Thomas Karn, Catherine Margaret Kelly, Milvia Zambetti, Libero Santa Rpia, Lajos Pusztai, Luca Gianni

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32 ( 15 )   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • 早期乳癌におけるOne-step Nucleic Acid Amplification(OSNA)法によるセンチネルリンパ節転移診断の検討

    溝尾 妙子, 枝園 忠彦, 伊藤 麻衣子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    岡山医学会雑誌   126 ( 1 )   25 - 30   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    One-step nucleic acid amplification(OSNA法)の精度と利便性を検証するために、3ヵ月間の試験運用を経て2011年に導入し、試験運用および導入後の結果と現行法の結果を比較検討した。cStag 0-II、cN0の乳癌患者2009年11月〜2010年2月まで試験運用期間の27例、2011年4月〜2012月7月まで導入後の157症例を対象とした。試験運用期間では平均59歳、平均腫瘍径±SDは15.0±12.52mmであった。OSNA陽性は5リンパ節で陽性率13.8%、OSNA(+)4例、OSNA(++)1例であった。導入後157症例、217リンパ節の平均年齢は54.9歳、平均腫瘍径±SDは17.0±13.0mm、OSNA陽性は30症例36リンパ節でOSNA陽性率は16.5%、そのうちOSNA(++)は13症例16リンパ節、OSNA(+)は17症例20リンパ節であった。

    DOI: 10.4044/joma.126.25

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-094-5 乳癌におけるアンドロゲンレセプター発現と予後との関係(OP-094 乳腺 ホルモン・放射線・分子標的治療,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    新倉 直樹, 岩本 高行, 林 直輝, 徳田 裕

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-075-3 良性の術前診断にて手術を施行した甲状腺腫瘍の検討(PS-075 甲状腺-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    野上 智弘, 鳩野 みなみ, 西山 慶子, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 乳癌におけるアンドロゲンレセプター発現と予後との関係

    新倉 直樹, 岩本 高行, 林 直輝, 徳田 裕

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   481 - 481   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 良性の術前診断にて手術を施行した甲状腺腫瘍の検討

    野上 智弘, 鳩野 みなみ, 西山 慶子, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   724 - 724   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Breast cancer risk-related gene polymorphisms, ESR1/6q25.1-rs2046210 and rs3757318, and clinical characteristics of breast cancer patients

    N. Taira, T. Mizoo, K. Nishiyama, T. Nogami, T. Iwamoto, T. Motoki, T. Shien, J. Matsuoka, H. Doihara, S. Ishihara, H. Kawai, K. Kawasaki, Y. Ogasawara, Y. Ishibe

    CANCER RESEARCH   73   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/0008-5472.SABCS13-P3-07-10

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of the relationship between breast cancer risk-related gene polymorphisms, ESR1/6q25.1-rs2046210 and mammographic breast density

    T. Nogami, N. Taira, T. Mizoo, K. Nishiyama, T. Iwamoto, T. Motoki, T. Shien, J. Matsuoka, H. Doihara, S. Ishihara, H. Kawai, K. Kawasaki, Y. Ogasawara, Y. Ishibe

    CANCER RESEARCH   73   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/0008-5472.SABCS13-P2-01-07

    Web of Science

    researchmap

  • 側頸部嚢胞性腫瘤として発見された異所性腺腫様甲状腺腫の1例

    鳩野 みなみ, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   586 - 586   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 潜在性乳癌として治療した原発不明癌の一例

    野上 智弘, 鳩野 みなみ, 西山 慶子, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   899 - 899   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • ER陰性/PR陽性乳がんにおけるER mRNAの発現とMolecularサブタイプ

    岩本 高行, 松岡 順治, 鳩野 みなみ, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 林 直輝, 新倉 直樹, 藤原 俊義, 土井原 博義

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2639 - 2639   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 当院におけるパゾパニブの使用経験

    元木 崇之, 松岡 順治, 岩本 高行, 藤原 俊義

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2079 - 2079   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • HER2陽性乳がんにおける免疫関連遺伝子のバイオマーカーとしての可能性 2,091例の検討

    岩本 高行, 松岡 順治, 新倉 直樹, 林 直輝, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 藤原 俊義, 土井原 博義, ジャンパウロ・ビアンキニ, 河田 健吾, 伊藤 麻衣子, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 野上 智弘

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   265 - 265   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • エストロゲン受容体陽性進行再発乳癌に対するFulvestrantの使用経験

    野上 智弘, 西山 慶子, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   458 - 458   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌リスク関連遺伝子多型,ESR1/6q25.1-rs2046210、rs3757318と乳癌患者の臨床像

    石部 洋一, 平 成人, 溝尾 妙子, 西山 慶子, 小笠原 豊, 河合 央, 川崎 賢祐, 石原 節子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 菰池 佳史

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   431 - 431   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ライフスタイルと遺伝子多型が乳癌リスクに及ぼす影響 岡山・香川地域でのcase-control study

    溝尾 妙子, 平 成人, 西山 慶子, 小笠原 豊, 石部 洋一, 河合 央, 川崎 賢祐, 石原 節子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 菰池 佳史

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   431 - 431   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌リスク関連遺伝子多型,ESR1/6q25.1-rs2046210と乳腺濃度との関連性解析

    元木 崇之, 平 成人, 溝尾 妙子, 石部 洋一, 川崎 賢祐, 石原 節子, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 菰池 佳史, 西山 慶子, 小笠原 豊, 河合 央, 岩本 高行, 野上 智弘

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   431 - 431   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳房再建術後評価と患者評価の整合性

    渡部 聡子, 木股 敬裕, 雑賀 美帆, 野上 智弘, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義, 目谷 雅恵

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   430 - 430   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 妊娠可能期乳癌患者に対する生殖機能温存に関するカウンセリングの現状

    伊藤 麻衣子, 枝園 忠彦, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義, 本間 知子, 露無 裕子

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   348 - 348   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳腺濃度と乳癌リスク 岡山・香川地域でのcase-control study

    西山 慶子, 平 成人, 溝尾 妙子, 小笠原 豊, 石部 洋一, 河合 央, 秋山 一郎, 川崎 賢祐, 石原 節子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 菰池 佳史

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   286 - 286   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 一期的乳房再建を行った進行乳癌に対する術後化学療法及び放射線療法の検討

    河田 健吾, 枝園 忠彦, 渡邊 聡子, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 平 成人, 松岡 順治, 木俣 敬裕, 土井原 博義, 岩本 高行, 元木 崇之

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   281 - 281   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 異所性甲状腺癌の1例

    伊藤 麻衣子, 河田 健吾, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    岡山医学会雑誌   125 ( 1 )   90 - 90   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 当院で経験した硝子化索状腫瘍3例

    河田 健吾, 枝園 忠彦, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 田中 健大, 柳井 広之, 土井原 博義

    岡山医学会雑誌   125 ( 1 )   90 - 90   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • VSY-10-3 岡山大学病院乳がん治療・再建センターでの乳房再建(VSY ビデオシンポジウム,第113回日本外科学会定期学術集会)

    渡部 聡子, 平 成人, 雑賀 美帆, 目谷 雅恵, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 木股 敬裕, 土井原 博義

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-130-2 当院における原発性副甲状腺機能充進症の検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    野上 智弘, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PS-006-4 原発乳癌のERステータスによる骨転移特異関連遺伝子とpathwayの違い(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    林 直輝, 岩本 高行, Qi Yuan, 新倉 直樹, 山内 英子, Santarpia Libero, 中村 清吾, N.Hortobagyi Gabriel, Pusztai Lajos, Symmans W.Fraser, T.Ueno Naoto

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 乳癌手術のup to date 根治性と整容性を求めて 岡山大学病院乳がん治療・再建センターでの乳房再建

    渡部 聡子, 平 成人, 雑賀 美帆, 目谷 雅恵, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 木股 敬裕, 土井原 博義

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   196 - 196   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における原発性副甲状腺機能亢進症の検討

    野上 智弘, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   698 - 698   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 原発乳癌のERステータスによる骨転移特異関連遺伝子とpathwayの違い

    林 直輝, 岩本 高行, Qi Yuan, 新倉 直樹, 山内 英子, Santarpia Libero, 中村 清吾, Hortobagyi Gabriel N, Pusztai Lajos, Symmans W. Fraser, Ueno Naoto T

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   525 - 525   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術前化学療法により壁が菲薄化し組織学的寛解(pCR)となった巨大嚢胞内乳癌の1例

    今田 孝子, 松岡 順治, 元木 崇之, 岩本 高行, 大森 昌子, 伊波 茂道, 本後 登志江, 逸見 典子, 真壁 幹夫, 野上 浩實

    岡山医学会雑誌   124 ( 3 )   243 - 247   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    31歳女。2ヵ月前に右乳房腫瘤の増大があり、乳癌が疑われたため紹介された。右AC領域に5cm大の腫瘤を触知し、境界明瞭で緊満し、可動性不良で圧痛があり、わずかにdimplingを認めた。マンモグラフィ、乳腺超音波、造影MRI、充実部dynamic MRIおよび穿刺吸引細胞診では確定診断に至らず、針生検にて乳管癌細胞が乳管壁に浸潤した浸潤性乳管癌が示唆された。また、間質に付随する慢性炎症も認めた。免疫染色では、ER、PgR、HER-2、Ki67が陽性で、増殖能の高い腫瘍と考えられ、浸潤性乳管癌T3N0M0 stage IIBと診断された。術前化学療法としてPTXを12回→FECを4回施行し、PTX終了後の腫瘤に変化はないが、腫瘤壁や内部隔壁部が一部薄くなり、FEC終了後は、壁は薄く嚢胞様構造として描出された。腫瘤径は若干縮小し、壁を構成する充実成分は縮小していた。受診6ヵ月後に乳房全摘出術+センチネルリンパ節生検、二次再建のティシュエキスパンダー挿入を施行した。病理所見では、腫瘍部は壊死物を含む嚢胞で、HE染色では単房性の嚢胞状病変を認め、嚢胞壁に上皮、乳管内癌成分、腫瘍成分は認められず、リンパ節転移もなく、Grade 3の治療効果が認められた。

    DOI: 10.4044/joma.124.243

    CiNii Article

    researchmap

  • Effect of lifestyle and single nucleotide polymorphisms on breast cancer risk: A case-control study in Japanese women

    T. Mizoo, N. Taira, K. Nishiyama, T. Nogami, T. Iwamoto, T. Motoki, T. Shien, J. Matuoka, H. Doihara, S. Ishihara, N. Kawai, K. Kawasaki, Y. Ishibe, Y. Ogasawara

    CANCER RESEARCH   72   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/0008-5472.SABCS12-P3-07-10

    Web of Science

    researchmap

  • 急速に増大した頸部リンパ管腫の一例

    野上 智弘, 河田 健吾, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 田中 健大, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   986 - 986   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 一般市民へのがん治療、緩和医療啓発活動

    松岡 順治, 土井原 博義, 元木 崇之, 岩本 高行, 露無 祐子, 高下 典子

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   1041 - 1041   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 【疾患別知識獲得特集 医師の指示が理解できる!治療の最前線がわかる!治療の最新事情と看護師に求められる役割 乳がん】 終末期患者のケア・かかわりのポイント

    松岡 順治, 市原 英基, 元木 崇之, 岩本 高行, 高下 典子, 野上 浩實

    がん患者ケア   6 ( 1 )   40 - 45   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日総研出版  

    researchmap

  • Low-Estrogen Receptor-Positive Breast Cancer: The Impact of Tissue Sampling, Choice of Antibody, and Molecular Subtyping Reply

    Lajos Pusztai, Takayuki Iwamoto

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   30 ( 23 )   2931 - 2931   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    DOI: 10.1200/JCO.2012.43.5990

    Web of Science

    researchmap

  • 薬物療法を受ける乳癌患者に対する生殖機能温存相談システムの構築を目標とした妊娠可能期乳癌患者に対するアンケート調査

    枝園 忠彦, 岡田 知子, 露無 祐子, 江見 弥生, 西山 慶子, 増村 京子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 岩本 高行, 元木 崇之, 平 成人, 松岡 順治, 中塚 幹也, 片岡 明美, 増田 慎三, 川畑 貴美子, 宮下 美香, 徳永 えり子, 土井原 博義

    乳癌の臨床   27 ( 3 )   313 - 320   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    45歳以下の乳癌患者において、術後療法または経過観察が行われている21名を対象に、現在の患者の考えやニーズを把握するために聞き取り調査を行った。その結果、1)現段階でどの程度、薬物療法が生殖機能に影響を及ぼすかについての説明は、乳腺科医が担当患者に説明を行っていたにもかかわらず、33%の患者が説明されていなかったと答えていた。更に説明がされていても、患者が正確に理解していない例も認められた。2)生殖機能温存を無駄なく適切に行う上で、患者の挙児希望を的確に把握することについては、「既婚である」「既に子供がいる」「40歳以上である」といった点などで初診時に医療者側が一律に拳児希望と判断することは困難であることが明らかとなった。3)一方、診断時に個別的に拳児希望の確認をとっても、以下の「乳癌診断の衝撃によりその他のことが正常に判断できなかった」「乳癌=死という考えから子供が欲しくても何より自分の命を最優先する」といった考えが先行し、実際は治療が進んで少し落ち着いた時点で改めて拳児希望がでる可能性もあることが分かった。

    researchmap

  • バイオロジーからみた乳癌の治療戦略 トリプルネガティブ乳癌モデルを用いた癌幹細胞特性の解明と治療法開発

    甲斐 千晴, 岩本 高行, 佐谷 秀行, 上野 直人

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   193 - 193   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん初期治療後の生活習慣の変容に関する横断研究

    西山 慶子, 平 成人, 溝尾 妙子, 小笠原 豊, 河合 央, 石部 洋一, 川崎 賢祐, 石原 節子, 増村 京子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 菰池 佳史

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   384 - 384   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳腺濃度における出産・授乳歴との関連性について

    元木 崇之, 平 成人, 川崎 賢祐, 石部 洋一, 石原 節子, 増村 京子, 岩本 高行, 溝尾 妙子, 西山 慶子, 野上 智弘, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 菰池 佳史

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   319 - 319   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 日本人女性の乳癌リスク 岡山・香川地域での症例対照研究

    溝尾 妙子, 平 成人, 西山 慶子, 小笠原 豊, 河合 央, 石部 洋一, 川崎 賢祐, 石原 節子, 増村 京子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 松岡 順治, 土井原 博義, 菰池 佳史

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   319 - 319   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • エストロゲン受容体弱陽性(免疫染色法:1-9%)乳がんにおける遺伝子発現パターンの検討

    岩本 高行, 松岡 順治, 溝尾 妙子, 野上 智宏, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 土井原 博義, Lajos Pusztai

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   298 - 298   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Microarrayを用いた遺伝子予後解析と免疫染色を用いたKi67の相関関係

    新倉 直樹, 岩本 高行, 増田 しのぶ, 熊木 伸枝, 岡村 卓穂, 齋藤 雄紀, 鈴木 育宏, 森 一茂, 白根 正智, 徳田 裕

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   296 - 296   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院における家族性乳がん外来の現況報告

    増村 京子, 平 成人, 松岡 順治, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   291 - 291   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 進行再発乳癌患者に対するエリブリンの使用経験

    野上 智弘, 西山 慶子, 増村 京子, 溝尾 妙子, 岩本 高行, 枝園 忠彦, 元木 崇之, 平 成人, 田端 雅弘, 松岡 順治, 土井原 博義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   478 - 478   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • DNA repair metagene signature as a prognostic and predictive factor in molecular breast cancer subtypes

    Libero Santarpia, Takayuki Iwamoto, Angelo Di Leo, Naoki Hayashi, Martha Stampfer, Cristina Guarducci, William Fraser Symmans, Gabriel N. Hortobagyi, Lajos Pusztai, Bianchini Giampaolo

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   30 ( 15 )   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • A dendritic metagene that predicts prognosis and endocrine resistance in breast cancer

    Bianchini Giampaolo, Lajos Pusztai, Yuan Qi, Takayuki Iwamoto, Catherine M. Kelly, Milvia Zambetti, William Fraser Symmans, Luca Gianni

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   30 ( 15 )   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Molecular comparison of human triple-negative inflammatory breast cancer (TN-IBC) and human triple-negative noninflammatory breast cancer (TN-non-IBC)

    Hiroko Masuda, Keith Baggerly, Ying Wang, Takayuki Iwamoto, Takae Brewer, Lajos Pusztai, Kazuharu Kai, Wendy A. Woodward, James M. Reuben, Steven J. Van Laere, Francois Bertucci, Gabriel N. Hortobagyi, Naoto T. Ueno

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   30 ( 15 )   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Epithelial-to-mesenchymal transition in vitro: clinical implications for breast cancer biology

    Kazuharu Kai, Takayuki Iwamoto, Hiroko Masuda, Dongwei Zhang, Gabriel N. Hortobagyi, Naoto T. Ueno

    CANCER RESEARCH   72   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-2982

    Web of Science

    researchmap

  • Reply to E.A. Rakha et al

    Lajos Pusztai, Takayuki Iwamoto

    Journal of Clinical Oncology   30 ( 23 )   2931   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.2012.43.5990

    Scopus

    researchmap

  • Intrinsic subtypeと治療戦略 乳癌のMolecular Subtypesによる予後と化学療法の効果に関連するGene Pathways

    岩本 高行, 元木 崇之, 林 直輝, 新倉 直樹, プスタイライオス, 松岡 順治

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   177 - 177   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • Reverse-phase protein arrayを用いたHER2乳癌におけるHER2リン酸化の予後的意義の検討

    林 直輝, 岩本 高行, Gonzalez-Angulo Ana Maria, Ferrer-Lozano Jaime, Lluch Ana, 新倉 直樹, Bartholomeusz Chandra, 中村 清吾, Hortobagyi Gabriel, 上野 直人

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   273 - 273   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • An integrated analysis of three distinct IBC/non-IBC Affymetrix gene expression data sets to study the transcriptional heterogeneity both between IBC and non-IBC and within IBC

    Steven J. Van Laere, Naoto Ueno, Pascal Finetti, Peter B. Vermeulen, Anthony Lucci, Daniel Birnbaum, Fredika Robertson, Takayuki Iwamoto, Peter Van Dam, Wendy Woodward, Patrice Viens, Luc Y. Dirix, James Reuben Reuben, Francois Bertucci

    CANCER RESEARCH   71   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-328

    Web of Science

    researchmap

  • Mouse mammary tumor model relevant to human triple negative breast cancer

    Kazuharu Kai, Kaoru Mogushi, Hiroshi Tanaka, Takayuki Iwamoto, Lajos Pusztai, Gabriel N. Hortobagyi, Hideyuki Saya, Naoto T. Ueno

    CANCER RESEARCH   71   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-2376

    Web of Science

    researchmap

  • Small-for-size graftの診断と治療 Small for size syndromeに対する予防的脾動脈塞栓術・結紮術の効果

    楳田 祐三, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 水野 憲治, 吉田 龍一, 佐藤 太祐, 岩本 高行, 保田 裕子, 田中 紀章

    移植   44 ( 1 )   117 - 117   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 当院における消化管穿孔手術症例317例の臨床的検討

    渡辺 めぐみ, 林 同輔, 青山 克幸, 岩本 高行, 松本 朝子, 松村 年久, 野中 泰幸, 黒瀬 通弘, 徳田 直彦

    日本臨床外科学会雑誌   69 ( 増刊 )   616 - 616   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 緊急開胸術を要した胸部外傷20例の検討

    林 同輔, 渡邉 めぐみ, 青山 克幸, 岩本 高行, 松本 朝子, 松村 年久, 野中 泰幸, 黒瀬 通弘, 徳田 直彦

    日本臨床外科学会雑誌   69 ( 増刊 )   618 - 618   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植のドナー肝conditionと予後

    八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    移植   43 ( 総会臨時 )   291 - 291   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • THE IMPACT OF PIOGLITAZONE HYDROCHLORIDE ON ACUTE RELAPSE OF NONALCOHOLIC STEATHEPATITIS AFTER LIVING DONOR LIVER TRANSPLANTATION.

    Takahito Yagi, Takayuki Iwamoto, Ryuichi Yoshida, Daisuke Sato, Yuzo Umeda, Susumu Shinoura, Hiroaki Matsuda, Hiriyoshi Matsukawa, Hiroshi Sadamori, Gotarou Yamada

    LIVER TRANSPLANTATION   14 ( 7 )   S90 - S91   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JOHN WILEY & SONS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • LIVING DONOR LIVER TRANSPLANTATION FOR UNRESECTABLE REPATOBLASTOMA AFTER RESECTION OF LUNG METASTASIS AND HIGH-DOSE CHEMOTHERAPY INCLUDING AUTO BONE MARROW TRANSPLANTATION

    Ryuichi Yoshida, Takahito Yagi, Hiroshi Sadamori, Hiroyoshi Matsukawa, Hiroaki Maysuda, Susumu Shinoura, Yuzo Umeda, Kenji Mizuno, Daisuke Sato, Takayuki Iwamoto, Noriaki Tanaka

    LIVER TRANSPLANTATION   14 ( 7 )   S160 - S161   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JOHN WILEY & SONS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • POSTERIOR LEUKOENCEPHALOPATHY SYNDROME AFTER LIVING DONOR LIVER TRANS PLANTATION

    Yuzo Umeda, Takahito Yagi, Hiroshi Sadamori, Hiroyoshi Matsukawa, Hiroaki Matsuda, Susumu Shinoura, Kenji Mizuno, Ryuichi Yoshida, Daisuke Satou, Takayuki Iwamoto, Noriaki Tanaka

    LIVER TRANSPLANTATION   14 ( 7 )   S138 - S138   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JOHN WILEY & SONS INC  

    Web of Science

    researchmap

  • The impact of donor age on the outcome of adult living donor liver transplantation

    Takayuki Iwamoto, Daisuke Sato, Takahito Yagi, Ryuiti Yoshida, Kenji Mizuno, Yuso Umeda, Susumu Shinoura, Takayoshi Matsukawa, Hiroaki Matsuda, Hiroshi Sadamori, Noriaki Tanaka

    AMERICAN JOURNAL OF TRANSPLANTATION   8   538 - 538   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Web of Science

    researchmap

  • DP-099-4 術後再発様式,予後を踏まえた進行胆嚢癌切除術式の検討(第108回日本外科学会定期学術集会)

    松田 浩明, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • SF-082-2 進行膵癌症例に対する外科的切除と化学療法の位置づけ(第108回日本外科学会定期学術集会)

    佐藤 太祐, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • SF-056-2 生体肝移植におけるmarginal graftの移植成績におよぼす影響(第108回日本外科学会定期学術集会)

    岩本 高行, 八木 孝仁, 佐藤 太輔, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 水野 健治, 篠浦 先, 松田 浩明, 松川 啓義, 貞森 裕, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PD-8-5 巨大軟部悪性腫瘍に対する外科治療戦略 : 多臓器合併切除例を中心に(第108回日本外科学会定期学術集会)

    吉田 龍一, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • DP-138-7 肝門部胆管癌に対する治療戦略と成績(第108回日本外科学会定期学術集会)

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 軟部悪性腫瘍に対する治療戦略 巨大軟部悪性腫瘍に対する外科治療戦略 多臓器合併切除例を中心に

    吉田 龍一, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 臨増2 )   136 - 136   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝門部胆管癌に対する治療戦略と成績

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 臨増2 )   621 - 621   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術後再発様式、予後を踏まえた進行胆嚢癌切除術式の検討

    松田 浩明, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 臨増2 )   542 - 542   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 進行膵癌症例に対する外科的切除と化学療法の位置づけ

    佐藤 太祐, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 臨増2 )   289 - 289   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植におけるmarginal graftの移植成績におよぼす影響

    岩本 高行, 八木 孝仁, 佐藤 太輔, 吉田 龍一, 楳田 祐三, 水野 健治, 篠浦 先, 松田 浩明, 松川 啓義, 貞森 裕, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   109 ( 臨増2 )   256 - 256   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体肝移植におけるCMV感染症からみたHCV陽性レシピエントにおける潜在的免疫抑制

    八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 裕三, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 水野 憲治, 吉田 龍一, 田中 紀章

    移植   42 ( 総会臨時 )   229 - 229   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肝移植におけるposterior leukoencephalopathy syndrome

    水野 憲治, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 吉田 龍一, 岩本 高行, 田中 紀章

    移植   42 ( 5 )   479 - 480   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肝移植術後に発症した深在性トリコスポロン症の1例

    吉田 龍一, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 保田 裕子, 田中 紀章

    移植   42 ( 総会臨時 )   384 - 384   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 原発性アミロイドーシスに対して生体部分肝移植を施行した1例

    松田 浩明, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 篠浦 先, 楳田 祐三, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    移植   42 ( 総会臨時 )   298 - 298   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • ウイルソン病に対する生体肝移植の治療成績

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍一, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 保田 裕子, 田中 紀章

    移植   42 ( 総会臨時 )   297 - 297   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 高度門脈シャントを合併した生体肝移植における成績と問題点

    貞森 裕, 八木 孝仁, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 佐藤 太祐, 岩本 高行, 田中 紀章

    移植   42 ( 総会臨時 )   287 - 287   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肝移植におけるドナー加齢のおよぼす影響

    岩本 高行, 八木 孝仁, 楳田 祐三, 佐藤 太祐, 貞森 裕, 岩垣 博巳, 田中 紀章

    移植   42 ( 総会臨時 )   221 - 221   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院におけるPBCに対する肝移植(免疫抑制療法を中心に)

    佐藤 太祐, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 水野 憲治, 吉田 龍二, 岩本 高行, 田中 紀章

    移植   42 ( 総会臨時 )   218 - 218   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • Complications in living liver donor operation - Analysis of single center 150 experiences

    Hiroyoshi Matsukawa, Takahito Yagi, Hiroshi Sadamori, Hiroaki Matsuda, Susumu Shinoura, Yuzo Umeda, Michiki Narushima, Takayuki Iwamoto, Daisuke Sato, Noriaki Tanaka

    TRANSPLANT INTERNATIONAL   20   270 - 270   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Web of Science

    researchmap

  • The decrement of active STAT-3 and the increment of active ERK-1/2 in aged grafts impair prognosis in adult living donor liver transplantation

    Takayuki Iwamoto, Takahito Yagi, Yuzo Umeda, Daisuke Sato, Mitiki Narushima, Susumu Shinoura, Hiroaki Matsuda, Hiroyoshi Matsukawa, Hiroshi Sadamori, Hiromi Iwagaki, Noriaki Tanaka

    TRANSPLANT INTERNATIONAL   20   277 - 277   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Web of Science

    researchmap

  • Proximal splenic artery embolization ameliorates small-for-size syndrome

    Yuzo Umeda, Takahito Yagi, Hiroshi Sadamori, Hiroyoshi Matsukawa, Hiroaki Matsuda, Susumu Shinoura, Takayuki Iwamoto, Daisuke Satoh, Noriaki Tanaka

    TRANSPLANT INTERNATIONAL   20   263 - 263   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Web of Science

    researchmap

  • PD-6-5 肝細胞癌に対する生体肝移植の治療成績と課題(パネルディスカッション6 肝臓癌に対する肝移植の現況と課題,第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • W-8-4 肝細胞癌切除後再発に対する治療成績 : 治療法の変遷とRFAの可能性(ワークショップ8 肝異時性多発癌に対する治療戦略,第62回日本消化器外科学会定期学術総会)

    楳田 祐三, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 成島 道樹, 佐藤 太祐, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例

    戸田 桂介, 坂田 龍彦, 岡 哲也, 岩本 高行, 大塚 眞哉, 三好 和也, 大崎 俊英, 淵本 定儀

    広島医学   60 ( 7 )   457 - 457   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    researchmap

  • 肝異時性多発癌に対する治療戦略 肝細胞癌切除後再発に対する治療成績 治療法の変遷とRFAの可能性

    楳田 祐三, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 成島 道樹, 佐藤 太祐, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1067 - 1067   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肝臓癌に対する肝移植の現況と課題 肝細胞癌に対する生体肝移植の治療成績と課題

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1040 - 1040   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 手術手技 腹腔鏡下テーラーメイドNissen噴門形成術

    井谷 史嗣, 浅海 信也, 石川 隆, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎, 金 仁洙

    手術   61 ( 4 )   459 - 461   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    researchmap

  • DP-039-7 生体肝移植におけるドナー加齢と酸化的細胞障害が移植成績に及ぼす影響(第107回日本外科学会定期学術集会)

    岩本 高行, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝細胞癌切除における再発・予後因子の解析 再発予後の向上を目指して

    楳田 祐三, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 成島 道樹, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   108 ( 臨増2 )   184 - 184   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 生体肝移植における術後合併症とその対策、特にウイルス感染症について サイトメガロウイルス中心に

    八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 岩本 高行, 田中 紀章

    今日の移植   20 ( 2 )   125 - 130   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医学館  

    今回、1996年以降の生体肝移植142例につき、術後のサイトメガロウイルス(CMV)感染に対し、臨床的症状、発症に関わる因子、生存率に与える影響、他のウイルスとの相互作用などを検討した。術前CMV IgGがドナー(+)/レシピエント(-)の症例は12例(9%)であった。CMV antigenemia陽性細胞数10個を境として、CMV非発症群と発症群にわけられた。CMV antigenemia陽性率は74例(53%)と比較的高いが、発症率は12例(8.6%)と必ずしも高くなかった。CMV antigenemia陽性化に関与した因子は、ABO血液型不適合症例と急性拒絶反応の有無であった。CMV陰性群、非発症群、発症群の生存率を比較すると、有意差はないものの、発症群に低い傾向がみられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 生体肝移植におけるドナー加齢と酸化的細胞障害が移植成績に及ぼす影響

    岩本 高行, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   108 ( 臨増2 )   407 - 407   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Kartagener症候群を伴う完全内臓逆位症に対して肝切除を施行した1例

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   40 ( 12 )   1915 - 1920   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    内臓逆位症は合併奇形が多く,かつ内臓逆位による診断治療の困難性が診療上問題である.完全内臓逆位症,Kartagener症候群に合併した肝腫瘍に肝拡大後区域切除を安全に施行した1例を経験した.症例はKartagener症候群(気管支拡張症,副鼻腔炎,右胸心)の55歳の女性で,腹部臓器も逆位の完全内臓逆位症で,肝後区域中心に13cm径の血管性腫瘍を認めた.内臓奇形・変異としては肝部下大静脈欠損・奇静脈連結・上大静脈還流,肝静脈右房還流,右腎静脈半奇静脈還流,多脾,膵体尾部欠損,腸回転異常がみられた.術中所見では肝部下大静脈欠損により解剖学的肝右葉は後腹膜に固定されず,解剖学的右三角間膜から後腹膜無漿膜野はほとんどみられなかった.完全内臓逆位症に対する肝切除も,左右鏡像関係,腹部臓器・脈管の変異を念頭におき,解剖学的構造を同定認識し手術操作を行うことで通常の肝切除例と同等な切除手術が可能であった.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.40.1915

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝細胞癌に対する生体肝移植の治療成績

    谷口 信将, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松川 啓義, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 濱野 亮輔, 岩本 高行, 佐藤 太祐, 田中 紀章

    移植   41 ( 5 )   466 - 466   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 小児劇症肝不全に対する生体肝移植症例の検討

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 村田 宏, 濱野 亮輔, 岩本 高行, 湯淺 壮司, 田中 紀章

    移植   41 ( 5 )   509 - 509   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肝細胞癌に対する生体肝移植における再発関連因子の検討

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 成島 道樹, 濱野 亮輔, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本消化器病学会雑誌   103 ( 臨増大会 )   A941 - A941   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 乳癌に対するセンチネルリンパ節生検

    石井 辰明, 金 仁洙, 井谷 史嗣, 室 雅彦, 石川 隆, 野島 洋樹, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 岩本 高行, 渡辺 伸一郎

    福山医学   ( 14-15 )   203 - 203   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:福山市医師会  

    researchmap

  • 胃食道逆流症に対する経内視鏡的噴門部縫縮術

    井谷 史嗣, 石川 隆, 岩本 高行, 室 雅彦, 石井 辰明, 野島 洋樹, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 渡邉 伸一郎, 金 仁洙

    福山医学   ( 14-15 )   199 - 199   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:福山市医師会  

    researchmap

  • 0664 生体肝移植を施行した肝細胞癌症例の治療成績(生体肝移植4,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 村田 宏, 濱野 亮輔, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1249 慎重な周術期管理を要した重症SLE合併進行食道癌の一例(食道癌治療2,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会)

    藤原 康宏, 猶本 良夫, 岩本 高行, 金澤 卓, 白川 靖博, 山辻 知樹, 藤原 俊義, 岩垣 博巳, 磯崎 博司, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 生体肝移植を施行した肝細胞癌症例の治療成績

    松川 啓義, 八木 孝仁, 貞森 裕, 松田 浩明, 篠浦 先, 楳田 祐三, 村田 宏, 濱野 亮輔, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   1119 - 1119   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 慎重な周術期管理を要した重症SLE合併進行食道癌の一例

    藤原 康宏, 猶本 良夫, 岩本 高行, 金澤 卓, 白川 靖博, 山辻 知樹, 藤原 俊義, 岩垣 博巳, 磯崎 博司, 田中 紀章

    日本消化器外科学会雑誌   39 ( 7 )   1196 - 1196   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるN4食道癌の治療

    白川 靖博, 猶本 良夫, 岩本 高行, 小林 正彦, 山辻 知樹, 小林 直哉, 藤原 俊義, 松原 長秀, 岩垣 博巳, 松岡 順治, 羽井佐 実, 田中 紀章

    岡山医学会雑誌   118 ( 1 )   85 - 85   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • SLEを合併した進行食道癌の一切除例

    岩本 高行, 猶本 良夫, 小林 正彦, 白川 靖博, 山辻 知樹, 小林 直哉, 藤原 俊義, 松原 長秀, 岩垣 博巳, 松岡 順治, 田中 紀章

    岡山医学会雑誌   118 ( 1 )   85 - 85   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 当科におけるN4食道癌に対する治療戦略

    白川 靖博, 猶本 良夫, 岩本 高行, 櫻間 一史, 小林 正彦, 山辻 知樹, 羽井佐 実, 松岡 順治, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   107 ( 臨増2 )   277 - 277   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 腹腔鏡下テーラーメイドNissen噴門形成術の有用性

    井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 浅海 信也, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 野島 洋樹, 岩本 高行, 渡邊 伸一郎

    日本外科学会雑誌   107 ( 臨増2 )   354 - 354   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 下部直腸癌に対する反転法を用いた腹腔鏡下低位前方切除術

    井谷 史嗣, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 石川 隆, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎

    外科   67 ( 11 )   1359 - 1362   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    38歳女.下血を主訴とした.注腸造影像および大腸内視鏡像で,Rbを中心に左側壁に径約3cmの2&#039;型直腸癌を認めた.直腸指診では腫瘍の肛門縁からの距離は約5cmであった.初診後7日に反転法を用いた腹腔鏡下低位前方切除術を施行,直腸を反転し病変を直視下に確認,洗浄の後に腫瘍肛側端を2cmとりTA45で直腸を切離した.手術時間は2時間45分,出血量は50mlであった.術後は当院での腹腔鏡下大腸切除のクリニカルパスを適用し,抗生物質はcefmetazole sodiumを術中1g投与したのみで,ドレーンも第2病日に抜去した.術後経過は非常に良好で,術翌日より水分,2日目より流動食,3日目より全粥を摂取し,第7病日に退院となった.また自律神経障害は全く認められなかった.本法は直腸肛門側断端が直視下に決定でき,腸管の洗浄も容易なこと,開腹創が最小限ですむことなどから,非常に有用な術式であると思われた

    researchmap

  • 硬変肝におけるグリソン処理先行S2亜区域切除

    貞森 裕, 八木 孝仁, 松川 啓義, 篠浦 先, 楳田 祐三, 濱野 亮輔, 岩本 高行, 児島 享, 田中 紀章

    日本臨床外科学会雑誌   66 ( 増刊 )   256 - 256   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 高度肥満の腹壁ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術の1例(全般9, 第60回日本消化器外科学会総会)

    岩本 高行, 井谷 史嗣, 渡邊 伸一郎, 久保 慎一郎, 丸山 昌伸, 石井 辰明, 石川 隆, 室 雅彦, 金 仁洙

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 腹壁ヘルニアに対する腹腔鏡下腹壁ヘルニア修復術の有用性(腹膜ヘルニア4, 第60回日本消化器外科学会総会)

    丸山 昌伸, 井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 久保 慎一郎, 岩本 高行, 渡邊 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆流性食道炎に対する腹腔鏡下噴門形成術の有用性(逆流性食道炎-外科治療をめぐって, 第60回日本消化器外科学会総会)

    井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 野島 洋樹, 岩本 高行, 渡邊 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆流性食道炎 外科治療をめぐって 逆流性食道炎に対する腹腔鏡下噴門形成術の有用性

    井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 野島 洋樹, 岩本 高行, 渡邊 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   973 - 973   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 高度肥満の腹壁ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術の1例

    岩本 高行, 井谷 史嗣, 渡邊 伸一郎, 久保 慎一郎, 丸山 昌伸, 石井 辰明, 石川 隆, 室 雅彦, 金 仁洙

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   1192 - 1192   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 腹壁ヘルニアに対する腹腔鏡下腹壁ヘルニア修復術の有用性

    丸山 昌伸, 井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 久保 慎一郎, 岩本 高行, 渡邊 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   1013 - 1013   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌に対する腹腔鏡下手術における予防的抗生剤の至適投与法(第105回日本外科学会定期学術集会)

    井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 野島 洋樹, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎

    日本外科学会雑誌   106 ( 0 )   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 胃手術後に生じた胃食道逆流症に対する経内視鏡的噴門部縫縮術の有用性

    井谷 史嗣, 石川 隆, 岩本 高行

    Gastroenterological Endoscopy   47 ( Suppl.1 )   813 - 813   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    researchmap

  • 大腸癌に対する腹腔鏡下手術における予防的抗生剤の至適投与法

    井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 野島 洋樹, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎

    日本外科学会雑誌   106 ( 臨増 )   521 - 521   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 消化器良性疾患に対する内視鏡外科手術 胃食道逆流症および食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下噴門形成術

    井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, まるやま 昌信, 久保 慎一郎, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 増刊 )   230 - 230   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • S状結腸癌による狭窄により症状が顕在化した高齢者Bochdalek孔ヘルニアの一例

    渡邉 伸一郎, 井谷 史嗣, 室 雅彦, 石川 隆, 石井 辰明, 野島 洋樹, 丸山 昌伸, 久保 慎一郎, 岩本 高行, 金 仁洙

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 増刊 )   710 - 710   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • VSE-5-04 胃食道逆流症および食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下噴門形成術における合併症(食道1)

    井谷 史嗣, 金 仁沫, 室 雅彦, 吉鷹 知也, 石川 隆, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PPS-2-006 腹膜播種・肝転移を伴い18年間生存中の胃GISTの一例(胃GIST3)

    石井 辰明, 金 仁洙, 室 雅彦, 井谷 司嗣, 吉鷹 知也, 石川 隆, 野島 洋樹, 丸山 昌伸, 岩本 高行, 渡辺 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PPS-1-201 閉塞性大腸炎穿孔症例の臨床病理学的検討(イレウス2)

    石川 隆, 井谷 史嗣, 室 雅彦, 吉鷹 知也, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎, 金 仁洙

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 胃食道逆流症および食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下噴門形成術における合併症

    井谷 史嗣, 金 仁洙, 室 雅彦, 吉鷹 知也, 石川 隆, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   1126 - 1126   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 腹膜播種・肝転移を伴い18年間生存中の胃GISTの一例

    石井 辰明, 金 仁洙, 室 雅彦, 井谷 史嗣, 吉鷹 知也, 石川 隆, 野島 洋樹, 丸山 昌伸, 岩本 高行, 渡辺 伸一郎

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   1211 - 1211   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 閉塞性大腸炎穿孔症例の臨床病理学的検討

    石川 隆, 井谷 史嗣, 室 雅彦, 吉鷹 知也, 石井 辰明, 丸山 昌伸, 岩本 高行, 渡邉 伸一郎, 金 仁洙

    日本消化器外科学会雑誌   37 ( 7 )   1164 - 1164   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 術前に強い炎症所見を示した胆嚢腺扁平上皮癌の1例

    稲垣 優, 岡山 哲弘, 戸田 桂介, 岩本 高行, 黒木 慶一郎, 大塚 眞哉, 三好 和也, 高橋 正彦, 大崎 俊英, 淵本 定儀

    日本臨床外科学会雑誌   64 ( 増刊 )   1011 - 1011   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 大腸内視鏡検査により早期発見可能であった虫垂粘膜癌の一例

    谷口 信将, 岩本 高行, 木村 幸男, 甲斐 恭平, 山田 隆年, 石塚 真示, 中島 明, 青山 正博, 松本 三明, 佐藤 四三, 中島 晃, 鍋山 晃

    日赤医学   55 ( 1 )   166 - 166   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本赤十字社医学会  

    researchmap

  • 経腹的アプローチにてfundic patchを用いて縫合閉鎖した特発性食道破裂の一治験例

    戸田 桂介, 坂田 龍彦, 高橋 正彦, 岡 哲広, 岩本 高行, 遠藤 芳克, 大塚 眞哉, 三好 和也, 大崎 俊英, 淵本 定儀

    日本消化器外科学会雑誌   36 ( 7 )   1022 - 1022   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 腹腔内出血で発症した直腸inflammatory myofibroblastic tumorの1例

    岩本 高行, 三好 和也, 大塚 眞哉, 坂田 龍彦, 大崎 俊英, 淵本 定儀

    日本消化器外科学会雑誌   36 ( 11 )   1636 - 1640   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    26歳男.急激な腹痛を主訴とした.腹部超音波検査にて腹腔内に大量の液体の貯留を認め,緊急開腹術を行った.腹腔内には1000mlの汚染のない血性腹水を認め,骨盤腔には400gの凝血が貯留していた.出血源を検索すると,上部直腸の漿膜側に2個の硬結を認め,本病変から出血したものと判断し,病変を含んだ20cmの直腸を切除,端々吻合を行った.病理所見では,好酸性の胞体と明瞭な核小体を有する紡錘形の腫瘍細胞が粘膜下から漿膜下に増殖していた.リンパ球,好酸球,好中球等の炎症細胞浸潤を伴い,核分裂像と組織内出血を認めた.免疫組織学的検索の結果,inflammatory myofibroblastic tumorと診断された

    DOI: 10.5833/jjgs.36.1636

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討

    酒井 亮, 大塚 眞哉, 淵本 定儀, 大崎 俊英, 坂田 龍彦, 三好 和也, 遠藤 芳克, 三木 厚, 岩本 高行

    日本大腸肛門病学会雑誌   55 ( 9 )   539 - 539   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 大腸癌リンパ節転移と縮小手術

    大塚 真哉, 淵本 定儀, 大崎 俊英, 坂田 龍彦, 三好 和也, 遠藤 芳克, 酒井 亮, 三木 厚, 岩本 高行

    日本大腸肛門病学会雑誌   55 ( 9 )   543 - 543   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    researchmap

  • 急速に形態変化をきたした胃内分泌細胞癌の1例

    木村 臣一, 磯崎 博司, 水野 憲治, 岩本 高行, 田中 紀章

    臨床外科   57 ( 4 )   543 - 547   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    65歳男.高血圧症で9年前から狭心症にかかっていた.検診目的の胃内視鏡検査で胃体下部小彎に陥凹性病変を指摘され,生検でgroup 5で,小型の異型細胞が柵状ないしリボン状に増殖していた.免疫染色でchromogranin Aが陽性であり,胃内分泌細胞癌と診断した.内視鏡検査と合わせIIc+IIa型胃内分泌細胞癌と診断した.開腹手術を施行した.最終診断は胃内分泌細胞癌M小2.5×2.Ocm Type 3 T2N2HOPOCYOMO Stage IIIBとなり,根治度はBであった.術後補助療法を術後5週目からlow doseCDDP+UFTで8週間施行し,術後3ヵ月の現在,再発の兆候はない

    DOI: 10.11477/mf.1407904841

    researchmap

  • 縦隔内骨髄脂肪腫の一例

    遠藤 芳克, 井上 文之, 岩本 高行, 酒井 亮, 三木 厚, 西崎 正彦, 伴 秀利, 大塚 眞哉, 三好 和也, 坂田 龍彦

    日本呼吸器外科学会雑誌   16 ( 3 )   430 - 430   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 残胃の癌の検討

    木村 臣一, 磯崎 博司, 岩本 高行, 田中 紀章

    日本外科学会雑誌   103 ( 臨増 )   354 - 354   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 胃内分泌細胞癌の1切除例

    岩本 高行, 木村 臣一, 磯崎 博司, 水野 憲治, 田中 紀章

    岡山医学会雑誌   113 ( 3 )   313 - 313   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

▼全件表示