2021/07/12 更新

写真a

ヤナガワ ヨシナリ
柳川 佳也
YANAGAWA Yoshinari
所属
自然科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

研究キーワード

  • Production Management

  • 生産管理

  • 経営工学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学

所属学協会

 

論文

  • MODIFIED GENETIC AlGORITHM WITH VARIABLE-LENGTH CHROMOSOMES FOR BIN PACKING PROBLEM 査読

    Kyosuke Yamamoto, Yoshinari Yanagawa, Ikuo Arizono

    ICIM'2016: PROCEEDINGS OF THE 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   346 - 353   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    Bin packing problem treats to minimize the number of bins used to pack items with different volumes. It takes much time to get the optimum solution of the problem since it is a typical combination problem. In addition, many problems in the production control are expressed as combination optimization problems. Accordingly, it is an important subject to establish an efficient procedure for solving the bin packing problem which is one of the combination optimization problems. Meta-heuristic methods such as the Genetic Algorithm, GA, are used to obtain an approximate solution in the combination problem. Candidate solutions for a problem in GA are portrayed as the chromosome sets and the solutions are improved by repeating crossovers, mutations, evaluations and selections in their chromosomes sets.
    The length of the chromosome set portraying the solution has been fixed in the traditional GA. However, GA with variable-length chromosomes is more suitable to solve a bin packing problem than the traditional GA since the number of needed bins in the problem is unpredictable. And, the number of bins to describe each candidate solution might change with a generation transition in GA.
    In this paper, a modified GA with the variable-length chromosome would be proposed in which the number of bins in the initial generation was properly set and the evaluation and selection method were improved. The proposed GA was compared with the Best Fit method, BF method, which is generally used to solve the bin packing problem. As a result, the proposed GA was able to surpass the best solution of the BF method and previously proposed GA with the variable-length chromosomes.

    Web of Science

    researchmap

  • MIXED-MODEL ASSEMBLY LINE PROBLEM WITH CONSIDERATION OF CONVEYER SPEED 査読

    Kenji Kurashige, Yoshinari Yanagawa

    ICIM'2016: PROCEEDINGS OF THE 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   24 - 31   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    In this paper, we treat a mixed-model assembly line problem to maximize the work efficiency. There are some objectives for the point such as minimizing works congestion or line stop time. In case of minimizing line stop time, long cycle time compresses the stop time and makes evaluation value better. However, it increases idle time and makes work efficiency low. In other words, short cycle time increases line stop time but there is possibility to make work efficiency high. Many studies decided job sequence with fixed cycle time. If an assembly line system changes cycle time, it will make work efficiency high. This paper treats the assembly line system which can adjust conveyer speed to change cycle time and requires restart time from a line stop. In order to consider the work efficiency including idle time, line stop time and restart time, the objective function is set to minimize makespan as the time interval between the launch of the first product and the completion of the last product. The solution of this problem consists of job sequence and conveyer speed. We propose some methods using by Simulated Annealing(SA) and show the effect of the methods by numerical experiments.

    Web of Science

    researchmap

  • MIXED-MODEL ASSEMBLY LINE SCHEDULING IN CONSIDERATION OF WALKING BACK TIME AND LINE STOPS 査読

    Kenji Kurashige, Yoshinari Yanagawa

    ICIM2012: PROCEEDINGS OF THE ELEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   78 - 83   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:BEIHANG UNIV PRESS  

    The time-based goal chasing method (TBGC) has been proposed to keep the consumption rate of each part constant in consideration of the different assembly time. The good position of TBGC is able to consider the influence of idle time and line stop time in the total assembly time. We formulated work situations including line stop time and applied TBGC to assembly line with multiple work stations. However, the assembly line model is simplified under some assumptions. In this paper, we newly consider walking back time and simultaneous tasks with an adjacent worker in addition to the assembly line model in the past study.

    Web of Science

    researchmap

  • MIXED MODEL ASSEMBLY SCHEDULING BY CONSIDERING ASSEMBLY TIMES AND PARTS PRICES IN A SINGLE WORKSTATION 査読

    Jiajun Zhang, Shigeji Miyazaki, Yoshinari Yanagawa

    ICIM 2010: PROCEEDINGS OF THE TENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   116 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:BEIHANG UNIV PRESS  

    Just-in-time production systems are intended not only to trim total inventory levels, but also to trim the total inventory value and to thereby increase profits. We have proposed a heuristic method, Price Based Goal Chasing Method (PBGC), for different parts compositions and different parts prices in a mixed-model assembly scheduling situation at a single work station. The method is based on price-based goal chasing method to decrease variations in purchase expenses of parts.
    In this paper, we propose a new heuristic method, Assembly Time and Parts Prices Based Goal Chasing Method (TPBGC), considering the different assembly times of respective products. In addition, problems of neglecting the different assembly times of products are discussed through comparison of results obtained using PBGC and TPBGC. Numerous better results demonstrate the effectiveness of the new heuristic method.

    Web of Science

    researchmap

  • A PROPOSAL FOR CHILDREN'S GROUP COMPOSITION BY USING A SOCIOGRAM 査読

    Koudai Kanemoto, Yuki Fujita, Yoshinari Yanagawa, Shigeji Miyazaki

    ICIM 2010: PROCEEDINGS OF THE TENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   548 - 551   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:BEIHANG UNIV PRESS  

    The number of a child who stays alone in his/her home in daytime has increased as double-income family, women's participation into the society and the numbers of nuclear families are increasing. Therefore, the demand for After-school care for children has increased. However, some facilities have only accepted a limited number of children due to supervising instructor shortage and so on. So many children stay alone in their homes who hope to attend an after-school care facility.
    In this study, we developed an application which displays children's group composition by using a sociogram to support the after-school care for the children. We proposed a new sociogram that is possible to make the sociogram without conducting sociometric test by paying attention to data whom did a child play with and display the children's sociality.
    Children's group composition and sociality have been expressed through numerical experiment based on data from an after-school care for children. Some improvement points of the proposal method could be found for a future study.

    Web of Science

    researchmap

MISC

  • メイクスパン最小化を目指した混合組立ライン問題に対するメタヒューリスティック解法の適用

    倉重賢治, 柳川佳也

    日本経営工学会論文誌   66 ( 2 )   75 - 82   2015年

     詳細を見る

  • Application of Metaheuristics to a Mixed-model Assembly Line Problem for Minimizing Makespan

    Kenji KURASHIGE, Yoshinari YANAGAWA

    Journal of Japan Industrial Management Association   66 ( 2 )   75 - 82   2015年

     詳細を見る

  • 作業者の歩行時間とライン停止を考慮した混合組立ラインについて

    倉重 賢治, 柳川 佳也

    生産管理 : 日本生産管理学会論文誌 = Production management : transactions of the Japan Society for Production Management   20 ( 2 )   69 - 74   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A Proposal for the Children's Group Composition by Using the Sociogram

    Koudai KANEMOTO, Yoshinari YANAGAWA, Shigeji MIYAZAKI

    Transactions of the Japan Society for Production Management   21 ( 1 )   1 - 10   2014年

     詳細を見る

  • ソシオグラムを用いた学童保育業務支援の一提案

    金本孝泰, 柳川佳也, 宮崎茂次

    日本生産管理学会論文誌   21 ( 1 )   1 - 10   2014年

     詳細を見る

  • PRODUCTION/EMPLOYMENT PLANNING WITH EMPLOYMENT ADJUSTMENT UNDER BUSINESS UNCERTAINTIES

    Yutori Kei, Yanagawa Yoshinari, Okubo Hiroki, Miyazaki Shigeji

    ICIM2012: PROCEEDINGS OF THE ELEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   154 - 158   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BEIHANG UNIV PRESS  

    Jobless problem is one of the key political and economic issues in many countries [1]. Some countries use layoff scheme which is better able to economically respond to economic uncertainties than career employment scheme. Career employment scheme which is adopted by some socialistic countries brings less political issues under economic uncertainties but has a tendency to. keep higher labor costs than layoff scheme. Many private companies in Japan have employed not only permanent workers but also many temporary workers to avoid higher labor costs in recent years.
    On the basis of these facts, the purpose of this paper is to propose production/employment planning with employment adjustment under economic uncertainties. We would generate many scenarios of demand forecasts of productions which are based on the shipment of three types of digital appliances in Japan from 2004 to 2008. The appliances are digital camera, digital TV set and old-style mobile phone which correspond to growth, mature and decline products, respectively. Finally we would show some cases which have merits to discuss our proposed planning.

    Web of Science

    researchmap

  • 作業者能力を考慮した多品種生産ラインにおける工程編成アルゴリズムの研究

    大久保 寛基, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    生産管理   16 ( 2 )   53 - 61   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 待ち行列理論を用いた病院の外来患者待ち時間短縮の一提案

    紀 永儒, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会論文誌   60 ( 6 )   297 - 305   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    病院の外来患者待ち時間を短縮するために,本研究では,待ち行列理論を用いたイベント駆動型ネットワークの方法を利用する.そのため,まずは対象になる病院の診療科の待ち行列全体をイベント駆動型ネットワークモデルで構築し,病院の総合受付の到着分布とサービス分布のモデルはM/G/sとする.次に,患者歩行速度を所与とし,診療科間の距離に比例して診療科間の患者の移動時間を決めた上で,患者の期待滞留時間と期待サービス時間に基づく割振りディスパッチングルールを提案する.その後,患者が次に受診しうる診療科の窓口が複数ある場合とない場合,さらに複数のとき,それらの診療科の窓口が空いている場合と空いていない場合に対して,提案ディスパッチングルールによって患者をスケジューリングする.最後に数値実験を通して,患者の総待ち時間への提案の効果を検証する.

    DOI: 10.11221/jima.60.297

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • DEAとInverted DEAを用いた経営効率分析方法の改善一提案

    浮田 昌宏, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会論文誌   60 ( 3 )   119 - 127   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DEA(Data Envelopment Analysis)は事業体の相対的な効率性を比率尺度に基づいて計算し,算出する手法である.DEAは世界の各地で広く用いられ,さまざまなモデルが存在する.本研究ではDEAおよびDEAの一つのモデルであるIDEA(Inverted Data Envelopment Analysis)を用いた経営分析手法を扱う.この手法は評価対象を効率性・非効率性の両面から分析することができるが,相反する評価を下す領域が一点で接するなど問題点がある.この手法を改善し,よりよい経営分析手法を提案することが本研究の目的である.実際の数値を用いて数値実験を行い,元手法と提案する手法を評価・比較する.実験を行った結果,一般的な社会の実情にあった経営分析方法を提案することが確認できた.問題点として,効率・非効率の両面から評価するため,一元的に評価できないという点が残っている.しかし,提案法は効率の良し悪しを判断するには問題がなく,またパラメータを変更することで評価者の主観に副った判断もできる経営分析方法になる.

    DOI: 10.11221/jima.60.119

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単一工程における異なる組立時間及び部品価格に基づく製品の投入順序決定法--JIT生産方式における多品種の組立スケジューリング

    張 家俊, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    生産管理   14 ( 2 )   21 - 29   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    DOI: 10.14846/seisankanri1995.14.2_21

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A METHOD TO REDUCE WAITING TIME FOR OUTPATIENTS IN A HOSPITAL BY QUEUING THEORY

    Yongru Ji, Yoshinari Yanagawa, Shigeji Miyazaki

    ICIM 2008: PROCEEDINGS OF THE NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   11 - 16   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    Queuing theory consists of two probability distributions. One is the arrival distribution and the other is the service distribution at the queue. A model should be described with Kendall's notation to solve problems in the model which is set to reduce waiting time of outpatients. In this paper, the queuing model is, firstly, searched by queuing theory for an outpatient department. Secondly, an assignment rule is proposed by queuing simulations to reduce expected waiting time in waiting queues of outpatients. The rule is decided by four situations on the vacancy in outpatient department etc., and the sequence in the waiting lines. Finally, effectiveness of the proposed rule is verified through numerical experiments.

    Web of Science

    researchmap

  • AN IMPROVEMENT FOR A BUSINESS EFFCIENCY ANALYASIS METHOD FOR USING DEA AND INVERTED DEA

    Masahiro Ukita, Yoshinari Yanagawa, Shigeji Miyazaki

    ICIM 2008: PROCEEDINGS OF THE NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   746 - 751   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    DEA (Data Envelopment Analysis) is a technique to measure the relative effectiveness based on a ratio scale for industries. DEA is widely used in everywhere and for various models. IDEA (Inverted Data Envelopment Analysis) is an extended model of DEA. In this study, we would treat the business analysis using DEA and IDEA. These analysis methods analyses an object from the both sides of efficiency/inefficiency. However, a new problem has arisen in the business analysis which is contacting between domains of efficiency and inefficiency. We would propose an improvement suggesting better business analysis technique. We would evaluate by performing a numerical value experiment with real numerical value and compare the original technique with the proposed method. As a result by solving some examples, the proposed method meets some general social needed in business analysis. A problem has been left that a unitarily evaluation is not exist because the proposed method-evaluate the object from the both sides of efficiency/inefficiency. The proposed method has no problem to judge right or wrong of efficiency and can lead a result which will be accepted by the evaluation of personal changing parameters.

    Web of Science

    researchmap

  • THREE GENDERS GA WITH EDGE EXCHANGE CROSSOVER

    Yohei Miki, Yoshinari Yanagawa, Hiroki Okubo, Shigeji Miyazaki

    ICIM 2008: PROCEEDINGS OF THE NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   763 - 768   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    The traveling salesman problem (TSP) is a typical combinatorial problem in Operations Research. GA is a useful heuristic method and uses techniques which are based on the means of natural selection such as inheritance, selection, mutation and crossover. In this study, edge exchange crossover method (EXX) has been modified to introduce 3 genders to GA which may avoid fast convergence toward a local optimal. The three genders CA keeps various gene characteristics in populations and is going to solve the tendencies. The proposed three genders GA has been compared with normal EXX through some benchmark problems in TSPLIB. The proposed method has obtained better route than the EXX in large benchmark problems.

    Web of Science

    researchmap

  • DEAを用いた裁判所業務評価

    浮田 昌宏, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会論文誌   58 ( 1 )   54 - 61   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    地方自治体の行政評価の研究の一つにDEAを用いて評価する手法がある.本研究では,DEAを用いて分析対象を裁判所とし行政評価を試みる.さらにInverted DEAも用い,効率性だけでなく非効率性からも行政評価を試みる.裁判所には最高裁判所や高等裁判所などがあり,最高裁判所以外は複数存在する.そこで高等裁判所の行政評価を行う.また,都道府県ごとの地方裁判所,簡易裁判所や家庭裁判所を一つの集合と考えたものに対しても行政評価を行う.本研究を行った結果,ここ数年では評価に大きな変化が見られなかった.効率的な裁判所とは裁判官一人当たり訴訟件数が少なく,非効率的な裁判所とはその逆である.しかし裁判官一人当たり訴訟件数が少なすぎては裁判官数が超過し効率的ではない.効率を良くするためには一部の裁判官の多い裁判所では減らさなけれぼならないが,全体としては裁判官の増員が必要であるという結論を得た.

    DOI: 10.11221/jima.58.54

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 視認率を考慮した書店におけるディスプレイ法

    義若 紘史, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    生産管理   13 ( 1 )   11 - 18   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    DOI: 10.14846/seisankanri1995.13.11

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ガソリンスタンドにおける自動勤務表スケジューリング

    宮崎 茂次, 柳川 佳也

    生産管理   12 ( 2 )   85 - 91   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • テーマパークにおける人材教育と運営の効率

    金本 孝泰, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    生産管理   12 ( 2 )   25 - 33   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Sequencing Method for Products of Various Assembly Time and Different Parts Prices at a Single Workstation- Mixed-model Assembly Scheduling Problem in JIT Production System

    Jianjun Zhang, Shigeji Miyazaki, Yoshinari Yanagawa

    Proceeding of Seventeenth Annual POM Conference, CD-Proceeding   2006年

     詳細を見る

  • Automatic attendance sheet scheduling in a gas station

    Miyazaki Shigeji, Yanagawa Yoshinari

    Proceedings of the 11th International Conference on Industrial Engineering Theory, Applications; Practice   2006年

     詳細を見る

  • University education and employment in Japan. Students' perceptions on employment attributes and implications for university education

    Nguyen Danh Nguyen, Yanagawa Yoshinari, Miyazaki Shigeji

    Quality Assurance in Education   13 ( 3 )   202 - 218   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Purpose - The present research aims to explore students' perceptions of the needs of employers in terms of the personal qualities of higher education graduates. Design/methodology/approach - Questionnaires were delivered to students at four universities in the Chugoku area of Japan. The students were asked to indicate how important they thought each of the personal qualities that would be needed for their future employment, and their own evaluation of their capabilities with respect to each personal quality. In addition, respondents were asked to answer other questions in relation to satisfaction with their courses, job opportunities, and sources of their personal qualities. Findings - The key findings are that job-seeking students tend to have a lower assessment of their own abilities than their perceived importance of those abilities. In particular, students rated their abilities significantly lower in communication and presentation skills. Although they rated themselves highly in terms of optimism, cooperation, and responsibility, they were dissatisfied with their personal traits in terms of taking initiative, having flexibility, and (especially) in demonstrating an entrepreneurial mind. Research limitations/implications - The sample is limited to university students in a limited geographical area of Japan. The generalizability of the results could therefore be questioned. Practical implications - The study represents a useful source of information and impartial advice for undergraduate students planning to find a job, and for higher-education academic staff and administrators managing undergraduate programs. Originality/value - This paper fulfils an identified information and resources need, and offers practical help to reform teaching and career-development processes in Japanese higher education. © Emerald Group Publishing Limited.

    DOI: 10.1108/09684880510607945

    Scopus

    researchmap

  • 単一組立工程における異なる部品価格を考慮した製品の投入順序決定法

    張 家俊, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会論文誌   55 ( 5 )   227 - 233   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    JIT生産方式における多品種の組立スケジューリング問題では, 従来部品在庫量を減らすため, 組立工程で消費される部品の消費速度を一定に保つとしたスケジューリングが多かった.Just-in-time生産方式の最大の目的は, 「製造にかかるコストを極限まで低減させる」ことである.つまり資本生産性の上昇を図り, 会社全体の生産性向上を意図したものである.いままでいずれの研究においても, 生産コストのことは直接には触れられていない.したがって, 本研究では, 単一組立工程で異なる部品構成, および異なる部品価格をもつ多品種の製品組立スケジューリング・モデルにおいて, 部品の量だけではなく使用しているすべての部品の購入価格を考慮し, 部品購入費用のばらつきを減らすことを目的として, 目標追跡法に基づいた製品の投入順序解法を新たに提案する.さらに, 提案法を評価するために, 種々な数値例を解き, 提案法の有効性を示す.また, 提案法と目標追跡法を用いて得られた結果を比較する.

    DOI: 10.11221/jima.55.227

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Value of Higher Education Service: Different Viewpoints and Managerial Implications

    Nguyen Danh Nguyen, Yoshinari Yanagawa, Shigeji Miyazaki

    Proceeding of Second World Conference on POM and Fifteenth Annual POM Conference   2004年

     詳細を見る

  • Products sequencing method in consideration of different parts price in an assembly process price-based goal chasing method

    Y Yanagawa, Z Jiajun, M Shigeji

    ICIM' 2004: PROCEEDINGS OF THE SEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   291 - 298   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    A number of papers have dealt with the sequencing problem and proposed products sequencing methods since the original goal chasing method was proposed. The papers have targeted to reduce gap between actual inventory level based on actual products sequencing and ideal inventory level based on each proposed method because the goal chasing method and other many methods have targeted to keep consumption rate of each parts constant. To keep parts consumption rate is one of the most important purposes in Just-in-Time production system because it is difficult to operate pull system under fluctuating parts consumption rate.
    One of the purposes of JIT production system, however, is not only to trim total inventory level but also to trim total inventory value and to increase profits. We propose a new mixed-model products sequencing method based on Value-based goal chasing method to reduce variations in purchase expense of parts at an assembly process in JIT production system. We show effectiveness of the proposed heuristic methods by numerical experiments.

    Web of Science

    researchmap

  • Value of Higher Education : Different Viewpoints and Managerial Implications

    Nguyen Danh Nguyen, Yoshinari Yanagawa, Shigeji Miyazaki

    Proceeding of Eight International Conference on Manufacturing and Management   2004年

     詳細を見る

  • Using Lean Thinking to Identify Higher Education Improvement

    Nguyen Danh Nguyen, Yanagawa Yoshinari, Miyazaki Shigeji

    Proceedings of the Second International Conference on Management Education for 21st Century, Section of Management Education   2003年

     詳細を見る

  • Time-based goal chasing method for mixed-model assembly line problem with multiple work stations

    K Kurashige, Y Yanagawa, S Miyazaki, Y Kameyama

    PRODUCTION PLANNING & CONTROL   13 ( 8 )   735 - 745   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    In sequencing problems for mixed-model assembly line in JIT production system, the Goal Chasing method (GC) is widely used for parts used leveling goal. The difference in assembly time of each product is not taken into consideration in the Goal Chasing method. Assembly time usually varies with product types. In recent years, the Time-Based Goal Chasing method (TBGC) has been proposed. The advantage of TBGC is to consider the influence of different assembly time of each product and idle time in production period. TBGC, however, has been only applied to single work station problems. In this paper, TBGC is applied to an assembly line problem with multiple work stations. Furthermore, the sequencing method and use of Simulated Annealing (SA) or Local Search (LS) for this problem are proposed.

    DOI: 10.1080/0953728031000057325

    Web of Science

    researchmap

  • 2工程フローショップ・モデルにおける利益最大化スケジューリング

    栢木 紀哉, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本機械学会論文集. C編   68 ( 672 )   2502 - 2509   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    This paper presents a scheduling method to maximize total profit as a performance measure in a two-stage flow shop model. The profit is defined as the difference between the revenue and the cost of production, and a scheduling method to maximize total profit is proposed using the Branch and Bound method aiming at maximizing revenue and minimizing costs. This paper compares the optimal schedule which maximize total profit with the optimal schedule which minimize total flow time searched by Johnson's theory. This paper also shows the usefulness and some characteristics of the proposed method through various numerical experiments.

    DOI: 10.1299/kikaic.68.2502

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単一工程モデルでの利益最大化生産スケジューリング

    栢木 紀哉, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    システム制御情報学会論文誌   15 ( 4 )   203 - 212   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    Various scheduling methods have been proposed in order to minimize total flow time or total actual flow time, and thereby promote efficient production. However, such methods are not so effective to maximize company profit, given that requests from customers and the prices of products have grown widely diversified in recent years. In such a case, it must be determined whether the profit can be maximized when both flow times are minimized. This paper proposes an optimal scheduling method which maximizes total profit as a performance measure in a single machine model. Our computational experiments show the usefulness and characteristics of the proposed method.

    DOI: 10.5687/iscie.15.203

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単一工程モデルによる利益最大化スケジューリングの提案(統合オペレーション(1))

    栢木 紀哉, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   2002   68 - 69   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 炭素税の導入による国内貨物輸送への影響に関するシミュレーション・モデル

    若林 義啓, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    生産管理   8 ( 2 )   9 - 17   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Scheduling to Maximize Profit in a Single Machine Model Considering Due Date

    Noriya Kayaki, Yoshinari Yanagawa, Shigeji Miyazaki

    Proc. of Seventh International Pacific Conference on Manufacturing & Management   2002年

     詳細を見る

  • A simulation model regarding influence to domestic physical distribution by carbon tax

    Y Wakabayashi, Y Yanagawa, S Miyazaki

    ICIM' 2002: PROCEEDINGS OF THE SIXTH CHINA-JAPAN INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   477 - 483   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    The present domestic physical distribution in Japan mainly depends on trucks. The track, however, is not good for environment. It was decided internationally in recent years that the amount of discharged CO2 should be restrained because it is main cause of the global warming. We can, therefore, expect that carbon tax will be introduced in Japan, but influence to the distribution system by the carbon tax is unknown.
    In this research, we examine the influence how much the carbon. tax rate may affect the amount of discharged CO2 in the domestic physical distribution.

    Web of Science

    researchmap

  • 遊休時間とラインの停止を考慮した混合組立ラインのスケジューリング

    倉重 賢治, 柳川 佳也, 宮崎 茂次, 亀山 嘉正

    日本機械学会論文集. C編   67 ( 653 )   262 - 269   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In mixed-model assembly line problem in JIT production system, to keep the consumption rate of each part is very important. It is called parts usage leveling goal. The goal chasing method (GC) and a number of paper have been proposed to achieve this goal. Recently, the time-based goal chasing method (TBGC) that is consideration of the different assembly time among each product has been proposed. The good point of TBGC is able to consider the working situation at assembly line. However, TBGC has been only applied to simple assembly line problem. In the assembly line, line stops do not happen because working area is not restricted and total length of the line is assumed to be long enough. In this paper, working situations are formulated in order to apply TBGC to an aessembly line problem which has line stops.

    DOI: 10.1299/kikaic.67.262

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 最適打順についての一考察

    柳川 佳也, 宮崎 茂次

    生産管理   7 ( 2 )   193 - 196   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本生産管理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Mixed-model assembly line scheduling in consideration of idle time and line stops

    K Kurashige, Y Yanagawa, S Miyazaki, Y Kameyama

    ISIM'2000: PROCEEDINGS OF THE FIFTH CHINA-JAPAN INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   91 - 96   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    The time - based goal chasing method (TBGC) has been proposed to keep the consumption rate of each part constant in consideration of the different assembly time. The good point of TBGC is able to consider the influence of idle time and line stop time in the total assembly time. However, TBGC has been only applied to assembly line without line stop. In this paper, we apply TBGC to assembly line with line stops. Therefore, we formulate work situations on assembly line.

    Web of Science

    researchmap

  • Optimization of physical distribution and facility location in consideration of environmental problem based on "Modal Shift" for importation

    Y Wakabayashi, Y Yanagawa, S Miyazaki

    ISIM'2000: PROCEEDINGS OF THE FIFTH CHINA-JAPAN INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   48 - 53   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHINA AVIATION INDUSTRY PRESS  

    "Modal Shift" is advocated to shift the transport means from the truck to the railroad and/or the ship in recent years. The main means of the present domestic transport is the truck in Japan But we expect that the physical distribution only by the truck will become more difficult in the near future because of the increase in the driver's salary, the traffic congestion and the environmental problem by exhaust gas from trucks. Especially, in the environmental problem by exhaust gas, we expect that the environment lax will be introduced into Japan like Europe to regulate the amount of discharge of carbon dioxide which causes the global warming.
    In this research,we shall optimize the physical distribution and the facility location based on the modal shift for environment conservation with the environment tax and we also propose the way of employing them to domestic transport.

    Web of Science

    researchmap

  • Sequencing method for products in consideration of assembly time

    Kenji Kurashige, Yanagawa Yoshinari, Shigeji Miyazaki, Yoshimasa Kameyama

    International Journal of Production Economics   60   565 - 573   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier Science B.V.  

    In mixed-model assembly scheduling with a single workstation, there is a new sequencing method [time-based goal chasing method (TBGC)] in consideration of the different assembly times between jobs. In this paper, we propose a new objective function in expanding the TBGC. Furthermore, we propose some heuristic methods to minimize the objective function. And through numerical experiments, we show the effectiveness of our proposal.

    DOI: 10.1016/S0925-5273(98)00174-1

    Scopus

    researchmap

  • Sequencing method for products in consideration of assenbly time(共著)

    International Journal of Production Economics   60   565 - 573   1999年4月

     詳細を見る

  • Sequencing method for products in consideration of assembly time

    K Kurashige, Y Yanagawa, S Miyazaki, Y Kameyama

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION ECONOMICS   60-1   565 - 573   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In mixed-model assembly scheduling with a single workstation, there is a new sequencing method [time-based goal chasing method (TBGC)] in consideration of the different assembly times between jobs. In this paper, we propose a new objective function in expanding the TBGC. Furthermore, we propose some heuristic methods to minimize the objective function. And through numerical experiments, we show the effectiveness of our proposal. (C) 1999 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0925-5273(98)00174-1

    Web of Science

    researchmap

  • 新しい目的関数に基づく組立時間を考慮した製品の投入順序決定法

    倉重賢治, 柳川佳也, 宮崎茂次, 亀山嘉正

    日本経営工学会論文誌   1999年

     詳細を見る

  • 新しい目的関数に基づく組立時間を考慮した製品の投入順序決定法

    倉重 賢治, 柳川 佳也, 宮崎 茂次, 亀山 嘉正

    日本経営工学会論文誌   49 ( 6 )   384 - 392   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    JIT生産方式における多品種混合の組立ラインにおいて, 部品の平準化は重要な概念であり, この目的を達成するために, 目標追跡法が提案されている.しかし, 各製品の組立時間の違いは考慮されておらず, その違いが各部品の使用量平準化にどのような影響を与えるかについては述べられていない.最近, 各製品の異なる組立時間を考慮したTimeBased Goal Chasing Method(TBGC)が提案された.本研究では, このTBGCの目的関数を拡張し.新たな目的関数の最小化を目指したヒューリスティクな解法を提案する.最後に, 数値実験によって提案法の有効性を明らかにする.

    DOI: 10.11221/jima.49.384

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • フローショップ形FMSにおけるJIT生産を考慮した多目的スケジューリング

    Kawtummachai Ruengsak, 柳川 佳也, 大橋 和正, 宮崎 茂次

    日本機械学会論文集. C編   64 ( 627 )   4519 - 4524   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In an FMS, a most complicated problem to be solved may be the scheduling problem which is flexible due to the complexity of the system. FMS needs very high cost for installation, therefore in order to get high efficiency, the most appropriate schedule (in general means the schedule with the minimum cost) should be obtained in the stage of scheduling. In this article an FMS model which is a flow shop-type production system has been engaged. Scheduling method is based on the multiple objectives and the total objective function is to minimize the value of all concerned objectives. Consequently, scheduling algorithm has been composed by applying the backward scheduling with Simulated Annealing (SA) method to realize JIT theory. Finally, numerical example has been conducted to show how the scheduling algorithm works and especially to find the efficiency of the proposed algorithm. According to the numerical example, it is shown that the algorithm works well when it was applied with the concerned FMS system.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 組立時間を考慮した混合組立ラインのスケジューリング

    倉重 賢治, 柳川 佳也, 宮崎 茂次, 亀山 嘉正

    日本機械学会論文集. C編   64 ( 624 )   3238 - 3245   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In a mixed-model assembly line problem, two objectives has been proposed to decide the product scheduling. One is to minimize the work congestion and the other is keeping the consumption rate of each part. In JIT production system, the latter one is more important, so the goal chasing method (GC) has been prposed to achieve this goal. The difference of assembly time among each product was not cnsidered in any solution algorithms. Recently, the time based goal chasing method (TBGC) has been proposed in which the different assembly time among each product is considered. The good point of TBGC is able to consider the idle time contained in an assembly line. However, TBGC is only applied to a single work station problem. In this paper, TBGC is applied to an assembly line and numerical experiments are presented.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 並列機械に対する総実滞留時間最小化のもとでの最大総加工時間最小化スケジューリング

    小坂田 貴文, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会論文誌   49 ( 5 )   293 - 302   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    近年多くの企業で導入されているジャストインタイム生産方式の下では, 各機械に割り当てられたジョブの実滞留時間の和である総実滞留時間を評価尺度に用いるのが有効であり, 従来から, 総実滞留時間最小化のための研究がなされている.しかし, それらは総実滞留時間だけを評価尺度に用いて作成されたスケジュールで, 最大総加工時間最小化について考慮した最適解法は行われていない.そこで本研究では, 並列機械スケジューリングにおいて, 総実滞留時間を最小化し在庫費用を削減した上で, さらに配賦変動費を削減するようなスケジュールを得るため最大総加工時間最小化を行い, 最適スケジュールを導出する.導出時の最適化アルゴリズムとしては, 最新ノード探索法に基づく分岐限界法を用いる.また, アルゴリズムC言語でプログラム化して, 様々な数値例について数値実験を行い, 計算時間, 探索効率について考察する.

    DOI: 10.11221/jima.49.293

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単一工程における組立時間および部品消費割合に基づく多品種組立スケジューリング

    Wangwiwatsin Porndech, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本機械学会論文集. C編   63 ( 610 )   2181 - 2188   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Since the goal chasing method (GC) was first proposed to achieve a constant rate of parts usage goal in a mixed-model assembly scheduling problem, many studies have dealt with this problem. In these studies, however, the difference in assembly time among products which affects the scheduled result was not addressed. Consequently, we proposed a time-based goal chasing method (TBGC) in our previous work. In this paper, we present different definitions of the ideal number of parts used which lead to various evaluation measures, addressed and utilized in previous studies. We propose a new method, TBGC + ML, in which assemble time and usage quantities of parts are both considered evaluation measure. Then, through a number of numerical experiments, we show that our two proposed methods are superior to other methods, and discuss their effectiveness when used under different conditions.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • JIT/FMS環境へのバックワードスケジューリングルールの適用

    カオタマチャイ ルアンサック, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本機械学会論文集. C編   62 ( 600 )   3371 - 3377   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Scheduling in flexible manufacturing systems (FMSs) may require some complex solutions due to the complexity of the system. In practice, the application of just-in-time (JIT) theory to an FMS has become an attractive research topic, and heuristic scheduling rules are practical methods for scheduling job orders in real-time scheduling. This article presents a model of an FMS, and then applies the JIT theory with some heuristic scheduling rules to the backward scheduling method in particular. We carry out the simulation test for seeking the performance measures obtained by each rule. It is shown that some proposed heuristic scheduling rules give better results than the others. It is also shown that in JIT, the backward scheduling method can be a useful tool in helping the user to select the most suitable rules for the system at hand.

    DOI: 10.1299/kikaic.62.3371

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 分割化ラインバランシング問題への分岐限界法の適用

    倉重 賢治, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    精密工学会誌 = Journal of the Japan Society of Precision Engineering   62 ( 5 )   691 - 695   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人精密工学会  

    In large scale problems of line balancing, a weak point is to spend very effort of calculation when branch and bound method is adopted to solve the result. Therefore, in this paper, they propose the method which can seek the satisfactory result by split the problem into partition. Firstly, problem is divided into several parts, in each part the optimal line balancing is investigated, and then, the results of all parts are jointed together to search the trial solution for the whole part. Lastly, in order to improve the trial solution, line balancing of the union of partitional result is conducted again to search for the satisfactory result. Furthermore, computer is used for the result calculation, the result is compared with the convent ioal method to find the efficiency of this proposed method.

    DOI: 10.2493/jjspe.62.691

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 同一距離関係をもつ配置場所をグループ化したレイアウト解法

    永木 二郎, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本機械学会論文集. C編   62 ( 595 )   1204 - 1209   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Many previous researches for the Quadratic Assignment Problem (QAP) have been proposed and applied to several layout problems. Tabu Search setting up "tabu list" is one of the effective approaches in these researches. This paper proposes a heuristic method making use of the main features of Tabu Search for QAP. A suboptimal solution should be efficiently obtained by the proposed method which sets up some restricted and forbidden conditions under various situations. The algorithm in this method is coded in C language. Through a numerical example, steps of the algorithm are shown. The effectiveness of obtained solutions is investigated by the computational experiences.

    DOI: 10.1299/kikaic.62.1204

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 加工能率の異なる並列機械スケジューリング

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 平方 敏, 寺戸 信幸

    日本機械学会論文集. C編   62 ( 595 )   1156 - 1162   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    This paper concerns a sheduling problem for parallel machines with different machining efficiencies. Each job has a common due date. Neither tardiness nor early shipping are allowed. Therefore, Jobs completed early must be stored in the shop until the due date. Under these conditions the actual flow time of each job is measured from the starting time until the due date. The performance measure of schedules is the total actual flow time. An analytical procedure leads to some theorems to determine the assignment of jobs to each machine. An optimal algorithm based on these theorems is presented. A numerical example illustrates the procedure of the algorithm.

    DOI: 10.1299/kikaic.62.1156

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単一組立工程における異なる組立時間をもつ製品の投入順序決定法 : JIT生産方式における多品種の組立スケジューリング(第一報)

    ワンウィワッシン ポーンデット, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   47 ( 2 )   84 - 90   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    JIT生産方式における多品種の組立スケジューリング問題において, 最も重要な目標は, 組立工程で消費される部品の消費速度を一定に保つことである.この目標を達成するために, 目標追跡法をはじめ, 様々な解法が提案されている.種々な従来の研究で, 各製品の部品消費量が異なるという問題は取り扱われているが, 各製品の組立時間が異なるということは考えられておらず, 部品の消費速度一定の目標にどのような影響を与えるかは触れられていない.本報文では, 単一組立工程で異なる部品構成および異なる組立時間をもつ多品種の製品組立スケジューリング・モデルにおいて, 各製品の異なる組立時間を考慮して, 目標追跡法に基づいた製品の投入順序解法を新たに提案する.提案法を評価するために, 種々の数値例を解き, 提案法の有効性を示す.また, 各解法を用いて得られた結果を比較する.

    DOI: 10.11221/jimapre.47.2_84

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 微少引き取り部品に対するMRP/JIT方式の運用法

    中島 丈温, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   46 ( 4 )   284 - 290   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    近年, JIT生産が多くの企業に取り入れられ, ムダな在庫を削減した効率的な生産に成果を上げている.一方, 個人嗜好の高まりにより製品の多様化が急速に進展している.そのため, 生産工程において月に1個程度しか使用されない部品(微少引き取り部品)が多数生じている.そのような微少引き取り部品に対して, かんばん方式を適用すれば, 工場全体での工程間在庫量は膨大な量になる.そこで本報文では, かんばん方式において微少引き取り部品が引き起こす, このような問題を解消するために, かんばん方式にMRPの概念を統合したMRP/JIT方式と, 改良定量引き取りかんばん方式, MRP方式および定期引き取りかんばん方式を様々な条件下で比較し, 運用総費用について解析する.さらに, 各方式の有効性についても解析する.

    DOI: 10.11221/jimapre.46.4_284

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 比較かんばん方式における定期・定量引き取り方式の優位性に関する研究

    中島 丈温, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   45 ( 6 )   604 - 604   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.45.6_604_3

    CiNii Article

    researchmap

  • 積載量を考慮したかんばん方式最適運用法(特別セッション(2)ジャスト・イン・タイム生産システム)

    柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集   1994   165 - 166   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • An optimal operation planning for the fixed quantity withdrawal Kanban system with variable leadtimes(共著)

    International Journal of Production Economics   33 ( 1-3 )   163 - 168   1994年

     詳細を見る

  • 多段階生産システムにおける分割MRP/JIT方式運用法

    多田 典玄, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   45 ( 3 )   281 - 281   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.45.3_281_3

    CiNii Article

    researchmap

  • 微少引き取り部品におけるハイブリッドかんばん方式に関する研究

    中島 丈温, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   44 ( 6 )   543 - 544   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.44.6_543_7

    CiNii Article

    researchmap

  • 微少引き取り部品へのMRP/JIT方式の適用法

    中島 丈温, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   44 ( 3 )   254 - 254   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.44.3_254_6

    CiNii Article

    researchmap

  • 不良品による定期引取りかんばん方式運用法への影響

    柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   42 ( 6 )   440 - 444   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    かんばん方式を運用する際には, 不良部品を後工程には送り込まないということが前提と考えられており, かんばん方式に対する従来の研究を行う上でも, 「納入部品中には不良品は存在しない」という前提条件のもとで解析が進められている.本報文では, 納入部品中に不良品が存在した場合, かんばん方式の運用法にどのような影響があるかを調べる.具体的には, 定期引取りかんばん方式における運用総費用を最小とする, 最適引取り周期(R^*), および最適コンテナ容量(u^*)を, 不良品が存在することにより発生する過少在庫費用などを考慮にいれて求めた.その結果, R^*, u^*は, 単位時間, 単位量当りの過少在庫費用が小さくなるにつれて平均在庫量が少なくなるように変化することがわかった.

    DOI: 10.11221/jimapre.42.6_440

    CiNii Article

    researchmap

  • コンテナの部品収納数可変のかんばん方式運用法

    金田 康寿, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   43 ( 3 )   179 - 185   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    従来, 定期引き取り形態のかんばん方式について, 数理的な解析がなされてきたが, それらの研究では, 対象とする部品の単位時間当りの使用量は一定であるとの前提条件, およびコンテナ内に収納できる部品の量(コンテナ容量)は決められた所与の値であるとの前提条件に基づいていた.本報文では, 定期引き取り形態のかんばん方式で, 単位時間当りの部品使用量が変化する場合を対象に, コンテナの部品収納数可変の運用法, およびかんばん枚数可変の運用法に対して, かんばん方式運用総費用を最小にするアルゴリズムを示す.また, 具体的な数値例を提案アルゴリズムで解き, コンテナの部品収納数可変の運用法による費用とかんばん枚数可変の運用法による費用の比較を試みた.その結果, 運用総費用の面において, コンテナの部品収納数可変の運用法の方が有効であることが示された.

    DOI: 10.11221/jimapre.43.3_179

    CiNii Article

    researchmap

  • リードタイムの変動を考慮した定量引取りかんばん方式の最適運用法

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   43 ( 1 )   1 - 5   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    定期引取りかんばん方式に対し, 運用に関わる費用を最小にする最適運用法については様々な研究がなされている.しかし, 定量引取りかんばん方式に対する解析はあまりなされていない.本報文では, 単位時間当りの部品使用量が計画期間中の一定期間(期)ごとに変化し, かつ納入リードタイムが変動する場合の定量引取り形態の社内かんばんを対象とし, 安全在庫量, 各期の単位時間当りの部品使用量などを与え, シミュレーションにより, 対象とする部品の後工程における平均在庫量などを算出する.その結果より, 部品の在庫費用と引取り費用の和からなるかんばん方式運用総費用を平均的に最小にできる最適コンテナ容量を求める.ついで, 種々のパラメータを変化させた場合の最適運用法を示す.

    DOI: 10.11221/jimapre.43.1_1

    CiNii Article

    researchmap

  • コンテナの部品収納数を可変としたかんばん方式の最適運用法

    金田 康寿, 柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   42 ( 3 )   206 - 206   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.42.3_206_6

    CiNii Article

    researchmap

  • 不良品による定期引取りかんばん方式運用法への影響

    柳川 佳也, 宮崎 茂次

    日本経営工学会誌   41 ( 6 )   431 - 431   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.41.6_431_4

    CiNii Article

    researchmap

  • 納入リードタイムの変動を考慮したかんばん方式の最適運用法

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   40 ( 6 )   399 - 406   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    かんばん方式の運用総費用を最小にするための最適運用法についての従来の研究では, 納入リードタイムは一定であるとの前提が設定されている.しかしながら, 実際にかんばん方式を運用するうえで, 納入リードタイムは変動する場合も多くあると考えられる.本報文では, 納入リードタイムを確率変数として, 定期引取り形態のかんばん方式における最適引取り周期やかんばん枚数などの運用法について解析する.そのさい, 納入リードタイムのばらつきにより, 在庫量が安全在庫量を下回る状態が発生するので, このような状態においては, 在庫切れの発生確率が増大することによるリスクの費用として, 実際の在庫量と安全在庫量の差(過少在庫量)に比例する過少在庫費用の要因を新たに加える.また, 数値例を通して最適引取り周期やかんばん枚数の挙動の特性解析を行う.

    DOI: 10.11221/jimapre.40.6_399

    CiNii Article

    researchmap

  • リードタイムの変動を考慮した定量引取りかんばん方式の最適運用法(研究発表)

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   41 ( 3 )   217 - 217   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.41.3_217_5

    CiNii Article

    researchmap

  • 定量引取りかんばん方式の最適運用法

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   41 ( 1 )   37 - 42   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    定期引取りかんばん方式の運用に関わる費用を最小にする最適運用法についてはさまざまな研究がなされている.しかし, 定量引取りかんばん方式に対する解析はなされていない.本報文では, 部品使用量が計画期間中に一定間隔毎に変化する場合について, 定量引取り方式の社内かんばんを対象とし, 安全在庫量, 納入リードタイム, 各期ごとの単位時間当りの部品使用量等を与えることにより, 対象とする部品の後工程における平均在庫量, 必要かんばん枚数を与える式を導出する.次に, 部品の在庫費用と引取り費用の和からなるかんばん方式運用総費用を最小とするコンテナ容量を決定するアルゴリズムを与える.次いで, 1回の引取り費用, 単位時間当りの部品使用量の平均値, および部品使用量が一定である時間間隔のそれぞれの値を変化させた場合についての最適運用法を示す.

    DOI: 10.11221/jimapre.41.1_37

    CiNii Article

    researchmap

  • かんばん方式における混載部品の最適輸送計画

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   40 ( 6 )   407 - 413   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    かんばん方式の運用にかかわる費用を最小にする最適引取り周期, コンテナ容量と, そのさいに必要なかんばん枚数の決定手順が提案されている.しかし, 実際に複数の前後工程間で行われるかんばん方式の運用においては, 在庫費用だけでなく輸送方式による費用も併せて考える必要がある.つまり, 複数の外注先から異なる部品を混載して輸送するさいの最適方策の決定は重要な課題である.本報文では, 混載部品の代表的な輸送方式であるデポ方式と巡回方式のいずれが有利になるかを判断するとともに, 個々の部品の最適運用法を同時に決定する手法を提案する.さらに, 各種パラメータの値を変化させ, 両輸送方式の有利な範囲がどのようになるかを示し, それぞれの場合の最適引取り周期, コンテナ容量および必要かんばん枚数を与える.

    DOI: 10.11221/jimapre.40.6_407

    CiNii Article

    researchmap

  • 定量引取りかんばん方式の最適運用法

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   40 ( 5 )   363 - 363   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.40.5_363_4

    CiNii Article

    researchmap

  • かんばん方式の費用構造分析と最適運用法 : トヨタ生産システムにおけるかんばん方式の最適運用法(第2法)

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   40 ( 3 )   141 - 148   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    前報では, 定期引き取り形態のかんばん方式を対象に, かんばん方式運用総費用を最小にする最適引き取り周期の決定法を提案した.本報文では, 前工程のストアでの部品の在庫費用も考慮に入れ, まず各費用項目(在庫費用, 引取り費用, コンテナ費用)の構造を分析し, かんばん方式運用総費用の算定式を導出する.ついで, 引取り周期に加えコンテナ容量も決定変数として, 外注かんばんの最適運用法を与える.さらに, 企業の実際問題に適用し, 各種パラメータの値と最適運用法との関係を分析する.その結果, 安全在庫量が大きい場合, 最適解はコンテナの容量が大きいところで求められ, 単位時間当りの部品使用量が少ない場合, 最適解は引き取り周期の短いところで得られることなどの性質を示す.

    DOI: 10.11221/jimapre.40.3_141

    CiNii Article

    researchmap

  • かんばん方式における混載部分の最適輸送計画

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   40 ( 3 )   197 - 197   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.40.3_197_4

    CiNii Article

    researchmap

  • かんばん方式の費用構造分析と最適運用法 : トヨタ生産システムにおけるかんばん方式の最適運用法(第2報)

    柳川 佳也, 宮崎 茂次, 太田 宏

    日本経営工学会誌   39 ( 3 )   194 - 194   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本経営工学会  

    DOI: 10.11221/jimapre.39.3_194_4

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • NC 工作機械における段取作業を考慮した作業計画機能の研究

    日本生産管理学会第29回全国大会  2009年 

     詳細を見る

  • ソシオグラムを用いた学童保育業務支援の一提案

    日本生産管理学会第30回全国大会  2009年 

     詳細を見る

  • 予定出庫時刻に基づく駐車場内の車の配置法

    日本生産管理学会第30回全国大会  2009年 

     詳細を見る

  • 資金繰りに着目した製品投入順序計画

    日本生産管理学会第30回全国大会  2009年 

     詳細を見る

  • 学生と教員によるANP を用いた相互授業評価

    日本生産管理学会第30回全国大会  2009年 

     詳細を見る

  • 学習塾の業務効率化への改善活動

    日本生産管理学会第28回全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • 学生と教員の要望をふまえた研究室配属方法

    平成20年日本経営工学会秋季研究大会  2008年 

     詳細を見る

  • 作業者能力を考慮した多品種生産ラインにおける工程編成アルゴリズムの研究

    日本生産管理学会第27回全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • 作業者能力を考慮した要素作業の組合せ最適化問題の一考察

    日本生産管理学会第27回全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • Application of Six Sigma Methodology to Reduce Waiting Times at Okayama University Hospital

    日本生産管理学会第27回全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • タブサーチを用いたロット切替生産ラインにおける工程編成アルゴリズムの研究

    平成20年日本経営工学会春季大会  2008年 

     詳細を見る

  • トヨタ方式の個別指導学習塾への適応

    日本生産管理学会第25回全国大会  2007年 

     詳細を見る

  • 待ち行列理論を用いた病院の外来患者待ち時間短縮の一提案

    日本生産管理学会第25回全国大会  2007年 

     詳細を見る

  • 患者の立場に立った自動看護師スケジューリングソフトの作成

    日本生産管理学会第25回全国大会  2007年 

     詳細を見る

  • 共通部品のある3 段階組立工程への投入順序づけ問題

    日本生産管理学会第25回全国大会  2007年 

     詳細を見る

  • 複数の性により多様性を維持する遺伝的アルゴリズム

    日本経営工学会平成18年度秋季研究大会  2006年 

     詳細を見る

  • 児童警護パトロールの効果的巡回に関する一考察

    日本生産管理学会第23 全国大会  2006年 

     詳細を見る

  • モンテカルロ法を用いた研究室配属のシミュレーションと設計

    平成18年度日本経営工学会秋季研究大会  2006年 

     詳細を見る

  • 単一組立工程における部品の最適納入タイミング法

    日本生産管理学会第23回全国大会  2006年 

     詳細を見る

  • 不確定な病院の外来患者待ち時間短縮の一提案

    日本生産管理学会第24回全国大会  2006年 

     詳細を見る

  • DEAとInverted DEAを用いた効率分析方法の一考察

    平成18年度日本経営工学会秋季研究大会  2006年 

     詳細を見る

  • DEAを用いた裁判所業務評価

    日本経営工学会平成17年度春季大会  2005年 

     詳細を見る

  • ガソリンスタンドにおける自動勤務表スケジューリング

    日本生産管理学会第22回全国大会  2005年 

     詳細を見る

  • 単一工程における異なる部品価格及び組立時間に基づく製品の投入順序決定法

    日本生産管理学会第22回全国大会  2005年 

     詳細を見る

  • コンピュータを用いたトーナメント表自動作成スケジューリングの改善

    日本生産管理学会第22回全国大会  2005年 

     詳細を見る

  • テーマパークにおける人材教育と運営の効率

    第20回日本生産管理学会全国大会  2004年 

     詳細を見る

  • Value of Higher Educational Service: Customers' Viewpoint

    第19回日本生産管理学会全国大会  2004年 

     詳細を見る

  • 行列演算による条件付ネットワーク探索

    日本経営工学会平成16年度春季大会  2004年 

     詳細を見る

  • Lean Value Stream Mapping for Higher Education Process

    第20回生産管理学会全国大会  2004年 

     詳細を見る

  • 視認率を考慮した書店におけるディスプレイ法

    第20回日本生産管理学会全国大会  2004年 

     詳細を見る

  • 目標追跡法への一考察

    日本経営工学会,平成15年度秋季研究大会,講演番号D15  2003年 

     詳細を見る

  • Using Lean Thinking to Identify Higher Education Improvement

    日本生産管理学会,第18回全国大会、講演番号2-11  2003年 

     詳細を見る

  • 単一組立工程における異なる部品価格を考慮した製品の投入順序決定法

    スケジューリング学会、スケジューリング・シンポジウム2002  2002年 

     詳細を見る

  • 単一工程モデルによる利益最大化スケジューリングの提案

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会  2002年 

     詳細を見る

  • 納期を考慮した単一工程モデルの利益最大化スケジューリング

    日本経営工学会秋季研究大会  2001年 

     詳細を見る

  • 職場配置候補場所優先順位を考慮した相互関連基本構造体に基づく職場配置法

    日本経営工学会春季大会  2001年 

     詳細を見る

  • 整数計画法及びGAを用いた光ファイバーケーブルの敷設法

    スケジューリング学会スケジューリング・シンポジウム2001  2001年 

     詳細を見る

  • 利益を最大化した生産スケジューリング

    日本経営工学会平成12年度秋季研究大会  2000年 

     詳細を見る

  • 環境問題を考慮した国内輸送についての考察

    日本生産管理学会第11回全国大会  2000年 

     詳細を見る

  • 最適打順に関する一考察

    日本生産管理学会第12回全国大会  2000年 

     詳細を見る

  • 加工能率の異なる並列機械における総実滞留時間最小化のもとでの総加工時間均等化スケジューリング

    スケジューリング・シンポジウム’99  1999年 

     詳細を見る

  • モーダルシフトを前提に環境問題を考慮した海外調達における輸送と施設配置の最適化

    日本経営工学会平成11年度秋季研究大会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • オペレーションマネジメント (2021年度) 後期  - 金5,金6

  • オペレーションマネジメント (2021年度) 後期  - 金5~6

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2021年度) 第3学期  - 木1~2

  • 数理・データサイエンス(発展) (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • 機械システム工学演習1 (2021年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2021年度) 後期  - その他

  • 生産システム学 (2021年度) 第2学期  - 火5,火6,木5,木6

  • 生産決定論 (2021年度) 前期  - その他

  • 生産知能学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • 確率統計2 (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • オペレーションマネジメント (2020年度) 後期  - 金5,金6

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2020年度) 第3学期  - 木1,木2

  • 機械システム工学概論 (2020年度) 前期  - 金1,金2

  • 機械システム工学演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2020年度) 後期  - その他

  • 生産システム学 (2020年度) 第2学期  - 火5,火6,木5,木6

  • 生産システム知能化論 (2020年度) 第2学期  - 火5,火6,木5,木6

  • 生産決定論 (2020年度) 前期  - その他

  • 生産知能学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • 確率統計 (2020年度) 3・4学期  - 火1,火2

  • 確率統計1 (2020年度) 第3学期  - 火1,火2

  • 確率統計2 (2020年度) 第4学期  - 火1,火2

▼全件表示