2021/12/27 更新

写真a

コウノ カナ
河野 加奈
KONO Kana
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2015年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 歯科矯正学

研究分野

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences   Science of Functional Recovery and Reconstruction

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Dental School   School of Dentistry

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Faculty of Environmental Science and Technology   Department of Environmental Management Engineering

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   矯正歯科   助教

    2018年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   矯正歯科   医員

    2016年3月 - 2018年2月

      詳細を見る

  • 岡山大学   矯正歯科   医員(レジデント)

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   医員(研修医)

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 中・四国矯正歯科学会   学術幹事  

    2020年4月 - 現在   

  • 中・四国矯正歯科学会   選挙管理委員  

    2019年4月 - 現在   

 

論文

  • 歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価

    河野加奈, 村上 隆, 川邉紀章, 藤澤厚郎, 谷崎沙織, 星島光博, 上岡 寛

    第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議プログラム・抄録集   174 - 174   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 矯正歯科治療による犬歯間幅径および臼歯間幅径の変化とそれに影響を及ぼす歯性・骨格性因子についての検討

    谷崎沙織, 岩城颯良, 木曽紗矢香, 河野加奈, 川邉紀, 上岡寛

    第64回中・四国矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   20 - 20   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    researchmap

  • 歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価 −その1−

    河野加奈,村上 隆,川邉紀章,藤澤厚郎,谷崎沙織,星島光博,上岡 寛

    第64回中・四国矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   19 - 19   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下垂体機能低下を伴う中隔視神経異形成症患者の矯正歯科治療症例 査読

    河野加奈, 柳田剛志, 井澤俊, 上岡寛

    岡山歯学会雑誌   40 ( 1 )   1 - 10   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Wire mesh fitting 解析を用いたマウス顎骨表面の3次元定量的解析ー食餌の硬さの影響ー

    河野加奈, 谷川千尋, 上岡寛, 山城隆

    公益社団法人日本顕微鏡学会第63回シンポジウムプログラム・抄録集   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Comparison between advantages and disadvantages of indirect and direct bonding method

    Kana Kono, Takashi Murakami, Noriaki Kawanabe, Atsuro Fujisawa, Mitsuhiro Hoshijima, Hiroshi Kamioka

    The 9th International Orthodontic Congress programme   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 上下顎歯列の三次元的な変形を認める上顎前突症例に顎矯正手術を行った1例

    河野 加奈, 川邉 紀章, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 上岡 寛

    第30回日本顎変形症学会総会、学術大会プログラム・抄録集   30 ( 2 )   177 - 177   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • Three-dimensional changes in the craniofacial complex associated with soft-diet feeding. 査読 国際誌

    Kana Kono, Chihiro Tanikawa, Yuka Murata, Hiroshi Kamioka, Takashi Yamashiro

    European journal of orthodontics   42 ( 5 )   509 - 516   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    BACKGROUND AND OBJECTIVES: The masticatory force affects craniofacial development. We aimed to quantify the topological deviation of the growing craniofacial structure due to soft-food diet feeding and to map the region where the phenotypes appeared on three-dimensional (3D) images. MATERIAL AND METHODS: Mice were fed a powdered soft diet (SD) or conventional hard diet (HD) of regular rodent pellets at 3 weeks of age until 9 weeks of age. The heads, excluding the mandibles, were scanned by micro-computed tomography. The topographic deviation of the bony surface was quantitatively assessed by a wire mesh fitting analysis. The actual displacement and significant differences were mapped and visualized in each x-, y-, and z-axis on the 3D craniofacial image. On these reconstructed images, two-dimensional linear measurements between the landmark points confirmed the 3D skeletal displacement. RESULTS: In the transverse direction, the zygomatic arches and the region in which the temporal muscle attaches to the parietal and temporal bones were narrow in the SD group. The temporal muscle attachment regions significantly shifted anteriorly, and consequently, the sagittal zygomatic arch shortened. Although the cranial sagittal length was not affected, the vertical height was also reduced in the SD group compared to the HD group. CONCLUSIONS: Our 3D surface-based analysis demonstrated that SD feeding resulted in reduced 3D bony development at the region where the chewing muscles attach to the zygomatic arches and the temporal and parietal bones. Interestingly, SD feeding induced an anterior shift in the temporal and parietal bone regions, which can affect the skeletal inter-jaw relationship.

    DOI: 10.1093/ejo/cjaa007

    PubMed

    researchmap

  • 歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価−その1−

    河野加奈, 村上隆, 川邉紀章, 藤澤厚郎, 星島光博, 上岡寛

    第40回岡山歯学会総会・学術大会プログラム・抄録集   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴う高齢期の下顎前突症患者に対して包括的歯科治療を行った1例

    河野加奈, 中村政裕, 川邉紀章, 上岡寛

    第78回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴う高齢期の下顎前突症患者に対して外科的矯正治療を行った1例

    河野 加奈, 中村 政裕, 川邉 紀章, 吉岡 徳枝, 西山 明慶, 佐々木 朗, 上岡 寛

    日本顎変形症学会雑誌プログラム・抄録集   29 ( 2 )   189 - 189   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 咬合平面傾斜と下顎両側側切歯先天欠如を伴う叢生症例に対し歯科矯正用アンカースクリューを併用し治療を行った1症例 査読

    河野加奈, 柳田剛志, 上岡 寛

    中・四国矯正歯科学会雑誌   1 ( 1 )   39 - 48   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Role of the inferior alveolar nerve in rodent lower incisor stem cells 査読

    Hayano S, Fukui Y, Kawanabe N, Kono K, Nakamura M, Ishihara Y, Kamioka H

    Journal of Dental Research   97 ( 8 )   945 - 961   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 食餌性状がマウス上顎骨の三次元形態に及ぼす影響

    河野加奈, 谷川千尋, 柳田剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    76回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   138 - 138   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎の垂直的な変化を抑制するために歯科矯正用アンカースクリューとスライディングメカニクスを用いた上下顎両側第二小臼歯を抜去して治療を行った上下顎前突症例 査読

    川邉紀章, 河野加奈, 片岡伴記, 中村政裕, 上岡寛

    中・四国矯正歯科学会雑誌   29 ( 1 )   27 - 36   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A Novel Method to Detect 3D Mandibular Changes Related to Soft-Diet Feeding 査読

    Kana Kono, Chihiro Tanikawa, Takeshi Yanagita, Hiroshi Kamioka, Takashi Yamashiro

    FRONTIERS IN PHYSIOLOGY   8   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FRONTIERS MEDIA SA  

    Craniofacial morphology varies among individuals, which is regulated by the interaction between genes and the environment. Soft-diet feeding is a widely-used experimental model for studying the association between the skeletal morphology and muscle-related loading on the bone. Traditionally, these studies have been based on linear and angular measurements provided on two-dimensional (2D) radiographs in the lateral view. However, 2D observation is based on simplification of the anatomical structures and cannot detect three-dimensional (3D) changes in detail. In this study, we newly developed a modified surface-based analysis with micro-3D computed tomography (CT) to examine and detect the 3D changes in the mandible associated with soft-diet feeding. Mice at 3 weeks of age were fed a powdered soft-diet (SD) or hard-diet (HD) of regular rodent pellets until 9 weeks of age. Micro-CT images were taken at age 9 weeks to reconstruct the anatomical architecture images. A computer-generated averaged mandible was superimposed to directly visualize the morphological phenotypes. Gross observation revealed the apparent changes at the posterior body of the mandible, the angular process and the condyle between HD and SD mice. Significant differences in the mapping indicated the regions of significant displacement in the SD mice over the averaged 3D image of the HD mice. This map revealed that vertical displacement was most evident in 3D changes. We also noted a combination of vertical, transverse and anteroposterior directions of displacement in the condylar growth, resulting in complicated shape changes in the whole condylar process in SD mice. In contrast, transverse displacement was more significant in the coronoid process. The map analysis further showed the significant outward displacement of the inner surface of the alveolar process, which consequently resulted in thinning of the alveolar process.

    DOI: 10.3389/fphys.2017.00567

    Web of Science

    researchmap

  • 食餌性状がマウス下顎骨の三次元的形態変化に及ぼす影響 査読

    河野 加奈, 谷川 千尋, 柳田 剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    中・四国矯正歯科学会雑誌   29 ( 1 )   79 - 79   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:中・四国矯正歯科学会  

    researchmap

  • 上顎骨前方部骨延長術を行った両側性口唇口蓋裂の一症例

    河野加奈, 中村政裕, 柳田剛志, 松村達志, 山田智明, 飯田征二, 上岡寛

    第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 食餌性状がマウス下顎骨の三次元形態に及ぼす影響

    河野加奈, 谷川千尋, 柳田剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    第75回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   149 - 149   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 岡山大学病院矯正歯科を受診している患者の矯正治療に対する意識と満足度の調査 岡山歯学会雑誌 査読

    河野加奈, 川邉紀章, 柳田剛志, 古森紘基, 加藤ゆい, 田川淳平, 加野小奈美, 片岡伴記, 上岡寛

    岡山歯学会雑誌   34 ( 2 )   33 - 45   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 下顎前歯部の多数歯埋伏を伴う非症候群性重度エナメル質形成不全症の一例

    河野加奈, 柳田剛志, 住吉久美, 上岡寛

    第74回日本矯正歯科学会大会学術集会プログラム・抄録集   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Hardness of food influences the characteristics of masseter muscle subsequently to Myh genes expression

    Yanagita T, Kono K, Yamashiro T, Kamioka H

    第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 岡山大学病院矯正歯科を受診している患者の矯正治療に対する意識と満足度の調査 岡山歯学会雑誌

    河野加奈, 川邉紀章, 柳田剛志, 古森紘基, 加藤ゆい, 田川淳平, 加野小奈美, 片岡伴記, 上岡寛

    第36回岡山歯学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 食餌性状の違いはMyh遺伝子群の発現を変化させマウス咬筋の筋線維の種類と下顎骨形態に影響を及ぼす 査読

    河野 加奈

    岡山歯学会雑誌   34 ( 1 )   1 - 10   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • 粉末餌で飼育されたマウスでは、咬筋でのMyh遺伝子の発現様態と下顎骨形態に変化を生じる

    河野 加奈, 柳田 剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    中・四国矯正歯科学会雑誌プログラム・抄録集   27 ( 1 )   87 - 87   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:中・四国矯正歯科学会  

    researchmap

  • Hardness of food influences the characteristics of masseter muscle subsequently to Myh genes expression

    Kono K, Yanagita T, Kamioka H, Yamashiro T

    91st Congress of The European Orthodontic Society programme   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • 食餌の硬さはMYH遺伝子群の発現を変化させ、マウス咬筋の筋繊維特性と下顎骨形態に影響を及ぼす

    河野 加奈, 柳田 剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   157 - 157   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 粉末食で飼育したマウスの下顎骨形態変化

    河野 加奈, 柳田 剛志, 久保田 聡, 滝川 正春, 上岡 寛, 山城 隆

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   32回   314 - 314   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 粉末食で飼育したマウスの下顎骨形態変化 micro 3D-CTによる形態解析

    柳田 剛志, 河野 加奈, 石本 和也, 星島 光博, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   72回   155 - 155   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 透明中隔・視神経欠損症における頭蓋顔面領域の特徴的所見

    柳田 剛志, 河野 加奈, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71回   255 - 255   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 口蓋裂発生におけるRunx/Cbfbシグナリングの関与

    伊藤 慎将, 三原 聖美, 黒坂 寛, 柳田 剛志, 河野 加奈, 上岡 寛, 山城 隆

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   280 - 280   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価

    河野加奈, 村上 隆, 川邉紀章, 藤澤厚郎, 谷崎沙織, 星島光博, 上岡 寛

    第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月3日 - 2021年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価 −その1−

    河野加奈,村上 隆,川邉紀章,藤澤厚郎,谷崎沙織,星島光博,上岡 寛

    第64回中・四国矯正歯科学会大会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月12日 - 2021年8月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Wire mesh fitting 解析を用いたマウス顎骨表面の3次元定量的解析ー食餌の硬さの影響ー

    河野加奈, 谷川千尋, 上岡寛, 山城隆

    公益社団法人日本顕微鏡学会第63回シンポジウム  2020年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月20日 - 2020年11月21日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Comparison between advantages and disadvantages of indirect and direct bonding method

    Kana Kono, Takashi Murakami, Noriaki Kawanabe, Atsuro Fujisawa, Mitsuhiro Hoshijima, Hiroshi Kamioka

    The 9th International Orthodontic Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月4日 - 2020年10月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 上下顎歯列の三次元的な変形を認める上顎前突症例に顎矯正手術を行なった1例

    第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会, 学術大会

    2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月24日 - 2020年7月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価−その1−

    河野加奈, 村上隆, 川邉紀章, 藤澤厚郎, 星島光博, 上岡寛

    第40回岡山歯学会総会・学術大会  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月14日 - 2019年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴う高齢期の下顎前突症患者に対して包括的歯科治療を行った1例

    河野加奈, 中村政裕, 川邉紀章, 上岡寛

    第78回日本矯正歯科学会大会  2019年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月20日 - 2019年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多数歯欠損を伴う高齢期の下顎前突症患者に対して包括的歯科治療を行った1例

    河野加奈, 中村政裕, 川邉紀章, 吉岡徳枝, 西山明慶, 佐々木朗, 上岡寛

    第29回日本顎変形症学会総会  2019年6月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月8日 - 2019年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 咬合平面傾斜と下顎両側側切歯先天欠如を伴う叢生症例を歯科矯正用アンカースクリューを用い治療した1症例

    河野加奈, 柳田剛志, 上岡寛

    第77回日本矯正歯科学会大会  2018年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月30日 - 2018年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A novel method of detecting three-dimensional maxilla changes related to soft-diet feeding

    Kana Kono, Chihiro Tanikawa, Takeshi Yanagita, Hiroshi Kamioka, Takashi Yamashiro

    94rd European Orthodontic Society Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月17日 - 2018年6月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食餌性状がマウス下顎骨の三次元的形態変化に及ぼす影響

    河野加奈, 谷川千尋, 柳田剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    第60回中・四国矯正歯科学会大会  2017年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 上顎骨前方部骨延長術を行った両側性口唇口蓋裂の一症例

    河野加奈, 中村政裕, 柳田剛志, 松村達志, 山田智明, 飯田征二, 上岡寛

    第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食餌性状がマウス下顎骨の三次元形態に及ぼす影響

    河野加奈, 谷川千尋, 柳田剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    第75回日本矯正歯科学会大会  2016年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下顎前歯部の多数歯埋伏を伴う非症候群性重度エナメル質形成不全症の一例.

    河野加奈, 柳田剛志, 住吉久美, 上岡寛

    第74回日本矯正歯科学会大会  2015年11月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月18日 - 2015年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hardness of food influences the characteristics of masseter muscle subsequently to Myh genes expression

    Yanagita T, Kono K, Yamashiro T, Kamioka H

    第74回日本矯正歯科学会大会  2015年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 粉末食で飼育したマウスの下顎骨形態変化

    河野加奈, 柳田剛志, 上岡寛, 山城隆

    日本骨代謝学会学術集会  2015年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Hardness of food influences the characteristics of masseter muscle subsequently to Myh genes expression.

    Kono K, Yanagita T, Kamioka H, Yamashiro T

    91st Congress of The European Orthodontic Society  2015年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月13日 - 2015年6月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食餌の硬さはMyh遺伝子群の発現を変化させ、マウス咬筋の筋線維特性と下顎骨形態に影響を及ぼす

    河野加奈, 柳田剛志, 上岡寛, 山城隆

    第73回日本矯正歯科学会大会  2014年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粉末食で飼育したマウスの下顎骨形態変化

    河野加奈, 柳田剛志, 久保田聡, 滝川正春, 上岡寛, 山城隆

    第32回日本骨代謝学会学術総会  2014年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 粉末食で飼育したマウスの下顎骨形態変化-micro 3D-CTによる形態解析

    柳田剛志, 河野加奈, 石本和也, 星島光博, 山城隆

    第72回日本矯正歯科学会大会  2013年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 透明中隔・視神経欠損症における頭蓋顔面領域の特徴的所見

    柳田 剛志, 河野 加奈, 山城 隆

    第71回日本矯正歯科学会学術大会  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食餌性状がマウス上顎骨の三次元形態に及ぼす影響

    河野加奈, 谷川千尋, 柳田剛志, 上岡 寛, 山城 隆

    76回日本矯正歯科学会大会  2017年10月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 岡山大学病院矯正歯科を受診している患者の矯正治療に対する意識と満足度の調査

    河野 加奈

    第36回岡山歯学会総会・学術集会  2015年9月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞

    2016年11月   日本矯正歯科学会  

    河野加奈, 谷川千尋, 柳田剛志, 上岡 寛

     詳細を見る

  • 第74回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞

    2015年11月   日本矯正歯科学会  

    Yanagita T, Kono K, Yamashiro T, Kamioka H

     詳細を見る

  • 第73回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞

    2014年10月   日本矯正歯科学会  

    伊藤慎将, 三原聖美, 黒坂寛, 柳田剛志, 河野加奈, 上岡寛, 山城隆

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • マルチブラケット装置を装着した患者に対するプラークおよび歯肉炎症軽減への歯ブラシ形態の影響

    2019年04月 - 現在

    株式会社ピー・エム・ジェー  株式会社ピー・エム・ジェーからの受託研究 

    河野加奈、谷崎沙織、川邉 紀章、上岡寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:100000円 )

  • 顎骨の形態決定におよぼすエピジェネティック制御の関与を探る

    2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金若手研究 

    河野加奈

      詳細を見る

  • 食餌性状の違いがマウス下顎骨の形態を変化させるメカニズムの解析

    2017年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金若手研究 (B) 

    河野 加奈

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

その他研究活動

  • 歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価

    2015年
    -
    現在

     詳細を見る

    2015年より臨床研究(申請番号:d10001)「歯科矯正治療におけるインダイレクト・ボンディング法の包括的臨床評価」を行なっている。
    【目的】マルチブラケット治療では、術者がブラケットを直接目視下にて装着させるダイレクト・ボンディング法(DBS)が広く用いられてきた。これは、簡便である反面、目視下で装着するため、正確なポジショニングが難しく再装着を迫られるケースも珍しくない。一方、予めブラケットを装着させるためのジグを技工上作成し、これを用いて装置装着を正確に行おうとするインダイレクト・ボンディング法(IDBS)が開発されてきている。これは、適切な位置へブラケットをポジショニングしやすい反面、咬合干渉が生じやすいことや、事前の技工作業が必要となるデメリットを有する。そのため本研究は、IDBSにおける包括的臨床評価を行い、DBSと詳細な比較検討を行うことにより、マルチブラケット治療におけるIDBSの包括的臨床評価を行うことを目的とする。

 

担当授業科目

  • 小児矯正学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 小児矯正学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(実習(臨床実習)) (2021年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 早期見学実習 (2021年度) 通年

  • 歯科矯正学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 自由研究演習 (2021年度) 第3学期

  • EBMとプロフェッショナリズムへの覚醒 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2,火3

  • 小児矯正学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 小児矯正学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(実習(臨床実習)) (2020年度) 特別  - その他

  • 成人矯正学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 早期見学実習 (2020年度) 通年

  • 歯科矯正学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科矯正学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 自由研究演習 (2020年度) 第3学期

  • 早期見学実習 (2019年度) 通年

  • 自由研究演習 (2019年度) 第3学期

▼全件表示

 

学術貢献活動

  • 中・四国矯正歯科学会 学術幹事

    役割:企画立案・運営等, 査読

    中・四国矯正歯科学会  2020年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    中・四国矯正歯科学会の学術幹事として学会大会の運営および症例発表、学術発表等の査読を行う。

  • 中・四国矯正歯科学会 学術幹事

    役割:企画立案・運営等, 査読

    中・四国矯正歯科学会  2020年4月 - 現在

     詳細を見る

  • Orthodontic waves

    役割:査読

    日本矯正歯科学会  2016年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Orthodontic waves

    役割:査読

    日本矯正歯科学会  2016年3月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap