2021/07/12 更新

写真a

オグリ ヒロフミ
小栗 寛史
OGURI Hirofumi
所属
社会文化科学学域 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 修士(法学) ( 慶應義塾大学 )

  • 博士(法学) ( 九州大学 )

研究キーワード

  • 国際法

  • 近代ヨーロッパ国際法

  • 国際法史

  • 国際法の法源

研究分野

  • 人文・社会 / 国際法学

学歴

  • 九州大学   大学院法学府   法政理論専攻 博士後期課程

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 慶應義塾大学   Graduate School of Law   Master's Programs

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 慶應義塾大学   法学部   法律学科

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   大学院社会文化科学研究科   講師

    2020年10月 - 現在

      詳細を見る

  • ウィーン大学   法学部 法制史・国制史研究所   客員研究員

    2019年10月 - 2020年2月

      詳細を見る

  • マックス・プランク比較公法・国際法研究所   客員研究員

    2019年1月 - 2019年8月

      詳細を見る

  • 放送大学   大学院文化科学研究科   日本学術振興会特別研究員PD

    2018年4月 - 2020年9月

      詳細を見る

  • マックス・プランク比較公法・国際法研究所   客員研究員

    2017年12月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員DC2

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

 

論文

  • 田中耕太郎の世界法理論における国際法の構想――その「自然法的基礎付け」と法の一般原則の機能を中心に――

    小栗 寛史

    世界法年報   39   64 - 92   2020年3月

     詳細を見る

  • 国際法学説史における合意主義理論の構造と展開――オッペンハイムの共通の同意論をめぐって

    小栗 寛史

    博士学位請求論文(九州大学)   1 - 237   2018年3月

     詳細を見る

  • 国際法の形成における国家の同意の役割――国家の同意は衰退したのか? 査読

    小栗 寛史

    社会科学研究   68 ( 2 )   61 - 95   2017年3月

     詳細を見る

  • オッペンハイムの慣習国際法理論――黙示の同意と国際法の普遍性 査読

    小栗 寛史

    法政研究   83 ( 3 )   269 - 295   2016年12月

     詳細を見る

MISC

  • オッペンハイムの国際法理論における一般国際法

    小栗 寛史

    九州法学会会報2016   1 - 4   2017年2月

     詳細を見る

  • 〔紹介〕Hugh Thirlway, The Sources of International Law (Oxford University Press, 2014, xxi + 239 pp.) 査読

    小栗 寛史

    国際法外交雑誌   115 ( 2 )   212 - 216   2016年8月

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • Nationalsozialistisches Völkerrechtsdenken: Aus der Perspektive zeitgenössischer japanischer Völkerrechtler 招待

    小栗 寛史

    Seminar aus Völkerrechtsgeschichte: Nationalsozialismus und Völkerrecht (Masarykovy univerzity)  2020年1月14日 

     詳細を見る

  • Dogmengeschichte of Customary International Law in the 19th Century 招待

    小栗 寛史

    Rechtshistorisches Präsentations- und Forschungsseminar (Universität Wien)  2019年11月12日 

     詳細を見る

  • 田中耕太郎の世界法理論――国際法の法源論との関係を中心に

    小栗 寛史

    世界法学会2019年度研究大会  2019年5月19日 

     詳細を見る

  • 田中耕太郎の世界法理論――国際法の法源論との関係を中心に

    小栗 寛史

    国際法研究会(京都大学)  2019年4月20日 

     詳細を見る

  • Taming Politics in the Historiographies of International Law: Between Naïve Positivism and Agnosticism

    小栗 寛史

    International Conference: “Politics and the Histories of International Law”, Max Planck Institute for Comparative Public Law and International Law under the auspices of Journal of the History of International Law  2019年2月15日 

     詳細を見る

  • Pacta sunt servanda as the Intersubjective but Universal Principle: Oppenheim’s Common Consent within the Family of Nations

    小栗 寛史

    European Society of International Law 14th Annual Conference: “International Law and Universality” (The University of Manchester)  2018年9月14日 

     詳細を見る

  • 国際法学説史における合意主義理論の構造と展開――オッペンハイムの共通の同意論を中心に

    小栗 寛史

    第5回世界法若手研究会(京都大学)  2018年5月20日 

     詳細を見る

  • What is the Place of Sources/the Concept of Law for International Legal Scholarship in Japan?

    小栗 寛史

    International Workshop (Kobe University): “Japan and International Law”, chaired by Prof. Jean d’Aspremont (The University of Manchester/Science Po)  2018年5月18日 

     詳細を見る

  • オッペンハイムの「共通の同意」論 ――著作間における議論の整合性に関する検討を中心に

    小栗 寛史

    第177回九州国際法学会例会(西南学院大学)  2017年10月21日 

     詳細を見る

  • 近代国際法における立法条約論

    小栗 寛史

    第173回九州国際法学会例会(九州大学)  2016年9月22日 

     詳細を見る

  • オッペンハイムの国際法理論における一般国際法

    小栗 寛史

    九州法学会第121回学術大会(久留米大学)  2016年6月25日 

     詳細を見る

  • Decomposing ‘Consent’: The Fundamental Concept of International Law Revisited

    小栗 寛史

    European Society of International Law Research Forum: “The Making of International Law” (Koç University)  2016年4月21日 

     詳細を見る

  • Unilateral Withdrawal from Multilateral Treaties: Focusing on ‘Prior Notice’ as a Requirement

    小栗 寛史

    German-Japanese Symposium: “Law and Behaviour” (Göttingen University)  2016年2月25日 

     詳細を見る

  • 条約の形成における国家の合意の機能――明示的同意に基づかない法形成に着目して

    小栗 寛史

    第170回九州国際法学会例会(九州大学)  2015年12月19日 

     詳細を見る

  • Comitas Gentium Revisited: The Distinction between ‘Custom’, ‘Usage’ and ‘Comity’ in the Teaching of Lassa Oppenheim

    小栗 寛史

    Kyushu-Kanazawa Joint Law Forum for Graduate Students (Kanazawa University)  2015年11月3日 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 国際法学説史における自然法論の再検討――近代国際法完成期及び戦間期を中心に

    研究課題/領域番号:20K13332  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    小栗 寛史

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 近代国際法における主権観念成立史研究――現代国際法学の再構成のために

    研究課題/領域番号:19K01315  2019年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    明石 欽司, 小栗 寛史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 慣習国際法論の変容――ヨーロッパ国際法の普遍化の帰結として

    2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費 

    小栗 寛史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ‘Objectivity' in the Subjective International Law: The Late 19th Century German Perspective

    2017年12月 - 2018年03月

    日本学術振興会  若手研究者海外挑戦者プログラム 

    小栗 寛史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 国際法学における「合意」概念の再検討――条約合意の変質とその理論化

    2016年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費 

    小栗 寛史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • 国際法 (2021年度) 前期  - 火4

  • 国際法各論I (2021年度) 3・4学期  - 火10

  • 国際法各論I (2021年度) 3・4学期  - 火10

  • 国際法各論a (2021年度) 第1学期  - 水1~2

  • 国際法各論bc (2021年度) 3・4学期  - 木5~6

  • 国際法各論bc (2021年度) 3・4学期  - 木5~6

  • 国際法演習 (2021年度) 後期  - 木4

  • 国際法論 (2021年度) 特別  - その他

  • 国際法論演習1 (2021年度) 特別  - その他

  • 国際法論演習2 (2021年度) 特別  - その他

  • 演習I (2021年度) 1・2学期  - 水3~4

  • 演習II (2021年度) 1~4学期  - 火3~4

  • 演習II (2021年度) 1~4学期  - 火3~4

  • 演習II (2021年度) 1~4学期  - 火3~4

  • 国際法各論II (2020年度) 3・4学期  - 月10

  • 国際法各論c (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 国際法論 (2020年度) 特別  - その他

  • 国際法論演習1 (2020年度) 特別  - その他

  • 国際法論演習2 (2020年度) 特別  - その他

  • 国際法適用論演習 (2020年度) 後期  - 金2

▼全件表示