2021/10/14 更新

写真a

ワタナベ トシユキ
渡邊 敏之
WATANABE Toshiyuki
所属
岡山大学病院 助教(特任)
職名
助教(特任)
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2021年3月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 形成外科学

  • ライフサイエンス / 形態、構造  / 骨組織再生

経歴

  • 岡山大学病院   形成外科   助教

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   岡山大学病院   医員

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 住友別子病院   形成外科   科長

    2009年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   形成外科

    2008年5月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 岡崎市民病院   形成外科

    2006年4月 - 2008年5月

      詳細を見る

  • 豊橋市民病院   形成外科

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   形成外科

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 岡山済生会総合病院   研修医

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

  • 関西医科大学

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Pectoralis major and serratus anterior muscle flap for diaphragmatic reconstruction 査読

    Toshiyuki Watanabe, Hiroshi Matsumoto, Ryuichi Yoshida, Kazuya Yasui, Takahito Yagi, Yoshihiro Kimata

    The Annals of Thoracic Surgery In Press   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Flap Selection Algorithm Based on the Body Mass Index for Phalloplasty in Female-to-Male Transgender: Techniques and Outcomes 査読

    Toshiyuki Watanabe, Yuzaburo Namba, Yoshihiro Kimata

    Journal of Reconstructive Microsurgery Open   06 ( 02 )   e57 - e62   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Georg Thieme Verlag KG  

    <title>Abstract</title>
    Background Various phalloplasty methods have been reported; however, a consensus has not been reached. Therefore, we suggest an alternative algorithm for an ideal phalloplasty considering the factors that affect flap selection.


    Methods We retrospectively examined 32 phalloplasty cases of female-to-male transgender. Flaps used for phalloplasty were classified into three groups as follows: (1) radial forearm (RF) group, (2) anterolateral thigh (ALT) group, and (3) flap combination (FC) group. Statistical analyses were performed to determine the significance of age and body mass index (BMI) as well as differences in the rates of postoperative complication, reoperation, esthetic acceptability, tactile or erogenous sensibility, and the ability to urinate while standing.


    Results Ten cases were included in the RF group and 7 and 15 cases in the ALT and FC groups, respectively. With respect to BMI, the RF group (mean [standard deviation (SD)] = 25.9 [3.3]) showed significantly higher BMI than the ALT (21.7 [0.9]) or FC group (22.2 [4.5]). The RF (mean [SD] = 3.7 [0.4]) and ALT groups (3.5 [0.9]) had significantly higher esthetic acceptability evaluation scores (from 1 to 4) than the FC group (2.5 [1.2]). Moreover, the RF and ALT groups were superior than the FC group in terms of tactile or erogenous sensibility rates.


    Conclusion BMI effected flap choices for phalloplasty because of the correlation between BMI and skin thickness. FC becomes an option between ALT flap and RF flap in terms of flap choice based on BMI. Our alternative algorithm for an ideal phalloplasty based on BMI will be useful for objective flap choices.

    DOI: 10.1055/s-0041-1732373

    researchmap

  • Long-Term Effect of Honeycomb β-Tricalcium Phosphate on Zygomatic Bone Regeneration in Rats. 査読 国際誌

    Ryoko Nakagiri, Satoko Watanabe, Kiyofumi Takabatake, Hidetsugu Tsujigiwa, Toshiyuki Watanabe, Hiroshi Matsumoto, Yoshihiro Kimata

    Materials (Basel, Switzerland)   13 ( 23 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In recent years, artificial bones with high biocompatibility have been developed for hard tissue reconstruction. However, current bone replacement methods are inadequate for large defects, causing infection, exposure, and damage. We have developed a new honeycomb β-tricalcium phosphate (TCP) material, which achieved good bone regeneration after implantation in a rat complete zygomatic bone defect. In this study, we further investigated the ability of honeycomb β- TCP for remodeling after bone regeneration as a long-term result. Bone morphogenic protein (BMP)-2-free honeycomb β-TCP (TCP group) and honeycomb β-TCP with BMP-2 (BMP group) were implanted in the zygomatic bone of rats. Micro-computed tomography was performed to track the zygomatic bone morphology, and specimens were histologically examined for osteogenesis and remodeling. In the TCP group, no bone formation was observed at 1 month, but it was observed at 6 months. Bone formation was observed in the BMP group at 1 month, and β-TCP absorption reproducing the zygomatic bone morphology was observed at 6 months. This honeycomb β-TCP with BMP-2 may provide appropriate remodeling that reproduces good bone formation in the early stage and good morphology in the long term, offering an alternative bone reconstruction material to vascularized bone grafts.

    DOI: 10.3390/ma13235374

    PubMed

    researchmap

  • Effect of Honeycomb β-TCP Geometrical Structure on Bone Tissue Regeneration in Skull Defect. 査読 国際誌

    Toshiyuki Watanabe, Kiyofumi Takabatake, Hidetsugu Tsujigiwa, Satoko Watanabe, Ryoko Nakagiri, Keisuke Nakano, Hitoshi Nagatsuka, Yoshihiro Kimata

    Materials (Basel, Switzerland)   13 ( 21 )   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effect of the geometric structure of artificial biomaterials on skull regeneration remains unclear. In a previous study, we succeeded in developing honeycomb β-tricalcium phosphate (β-TCP), which has through-and-through holes and is able to provide the optimum bone microenvironment for bone tissue regeneration. We demonstrated that β-TCP with 300-μm hole diameters induced vigorous bone formation. In the present study, we investigated how differences in hole directions of honeycomb β-TCP (horizontal or vertical holes) influence bone tissue regeneration in skull defects. Honeycomb β-TCP with vertical and horizontal holes was loaded with BMP-2 using Matrigel and Collagen gel as carriers, and transplanted into skull bone defect model rats. The results showed that in each four groups (Collagen alone group, Matrigel alone group, Collagen + BMP group and Matrigel + BMP-2), vigorous bone formation was observed on the vertical β-TCP compared with horizontal β-TCP. The osteogenic area was larger in the Matrigel groups (with and without BMP-2) than in the Collagen group (with and without BMP-2) in both vertical β-TCP and horizontal β-TCP. However, when BMP-2 was added, the bone formation area was not significantly different between the Collagen group and the Matrigel group in the vertical β-TCP. Histological finding showed that, in vertical honeycomb β-TCP, new bone formation extended to the upper part of the holes and was observed from the dura side to the periosteum side as added to the inner walls of the holes. Therefore, we can control efficient bone formation by creating a bone microenvironment provided by vertical honeycomb β-TCP. Vertical honeycomb β-TCP has the potential to be an excellent biomaterial for bone tissue regeneration in skull defects and is expected to have clinical applications.

    DOI: 10.3390/ma13214761

    PubMed

    researchmap

  • The Novel Eryngii Method of Nipple Reduction for Female-to-Male Transsexuals. 査読

    Toru Sakurai, Toshiyuki Watanabe, Kensuke Manako, Syo Komagoe, Yuko Mukai, Yoshiro Kimata, Yuzaburo Namba

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   83 - 87   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Mastectomy is usually the first and most important surgical procedure in female-to-male (FTM) individuals with gender identity disorder. Nipple reduction is also important in the process of reconstructing the chest wall for a more male appearance. If the nipples remain large after a mastectomy, the results may be disappointing to many FTM transsexuals. Nipple reduction enables these individuals to go to the beach or Japanese public baths, where they may go topless in public. We therefore consider that nipple reduction is indicated for all FTM transsexuals who desire it. There are a variety of methods for the reduction of enlarged nipples for women or non-FTM patients, but only a few reports have described the process used to create masculine-appearing nipples for FTM transsexuals. We developed a novel technique called the Eryngii method for creating male-like nipples using a 4-mm diameter dermal punch knife. The name of the method refers to the Eryngii king trumpet mushroom, which the nipple resembles after the surgical process. The main strength of this method is that it permits the creation of ideal nipples without difficulty. Here we introduce the technique and discuss our history of surgical methods for nipple reduction, including improvements and elaborations.

    DOI: 10.18926/AMO/57958

    PubMed

    researchmap

  • Risk Factors for Postoperative Hematoma after Chest Wall Contouring for Female-to-Male Transsexuals: A Clinical Study. 査読

    Watanabe T, Sakurai T, Mukai Y, Kimata Y, Namba Y

    Acta medica Okayama   73 ( 5 )   441 - 447   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.18926/AMO/57375

    PubMed

    researchmap

  • Reverse-supercharged, distally based latissimus dorsi flap for lumbar defect: A case report. 査読

    Hamada R, Shinaoka A, Watanabe T, Yasui H, Kimata Y

    Microsurgery   39 ( 5 )   452 - 456   2019年7月

  • Laparoscopic Rectosigmoid Colon Vaginoplasty in Male-to-Female Transsexuals: Experience in Japan. 査読

    Mukai Y, Sakurai T, Watanabe T, Sako T, Sugimoto M, Kimata Y, Mori Y, Nagasaka T, Namba Y

    Acta medica Okayama   73 ( 3 )   205 - 211   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/56862

    PubMed

    researchmap

  • Flap Combination Phalloplasty in Female-to-Male Transsexuals. 査読

    Namba Y, Watanabe T, Kimata Y

    The journal of sexual medicine   16 ( 6 )   934 - 941   2019年6月

  • Pedicled Flaps Versus Free Flaps for Back Reconstruction. 査読

    Komagoe S, Watanabe T, Komatsu S, Kimata Y

    Annals of plastic surgery   81 ( 6 )   702 - 707   2018年12月

  • Recurrent branch of anterior interosseous artery perforator-based propeller flap for distal forearm injuries: Report of 2 cases. 査読

    Hamada R, Shinaoka A, Sugiyama N, Watanabe T, Miura Y, Kimata Y

    Microsurgery   38 ( 8 )   917 - 923   2018年11月

  • Raoultella planticola bacteremia-induced fatal septic shock following burn injury 査読

    Tetsuya Yumoto, Hiromichi Naito, Hiromi Ihoriya, Kohei Tsukahara, Tomoyuki Ota, Toshiyuki Watanabe, Atsunori Nakao

    ANNALS OF CLINICAL MICROBIOLOGY AND ANTIMICROBIALS   17   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC  

    Background: Raoultella planticola, a Gram-negative, aerobic bacillus commonly isolated from soil and water, rarely causes invasive infections in humans. Septic shock from R. planticola after burn injury has not been previously reported.Case presentation: A 79-year-old male was admitted to the emergency intensive care unit after extensive flame burn injury. He accidently caught fire while burning trash and plunged into a nearby tank filled with contaminated rainwater to extinguish the fire. The patient developed septic shock on day 10. The blood culture detected R. planticola, which was identified using the VITEK-2 biochemical identification system. Although appropriate antibiotic treatment was continued, the patient died on day 12.Conclusions: Clinicians should be aware of fatal infections in patients with burn injury complicated by exposure to contaminated water.

    DOI: 10.1186/s12941-018-0270-0

    Web of Science

    researchmap

  • Vaginoplasty with a Pudendal-groin Flap in Male-to-female Transsexuals 査読

    Yuko Mukai, Toshiyuki Watanabe, Morito Sugimoto, Yoshihiro Kimata, Yuzaburo Namba

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 5 )   399 - 405   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Many vaginoplasty techniques have been introduced to improve the outcomes of sex reassignment surgery for male-to-female transsexuals. Some vaginoplasty patients still require additional skin grafts, making dilation mandatory to overcome shrinkage. We developed a new vaginoplasty method (called the "pudendal-groin flap") that uses pudendal-groin flaps. One of this procedure's advantages is that skin grafts are unnecessary, even for patients with small penises and scrotums. We introduce the procedure here and describe our evaluation of its utility. We retrospectively analyzed the cases of the 15 patients who underwent vaginoplasty using pudendal-groin flaps from May 2010 to January 2016 at our institution. We compared the complications as well as the functional and aesthetic outcomes with those of previous studies. The most common complication was bleeding, which occurred at the corpus spongiosum or while creating a new vaginal cavity. Bleeding can be reduced with more careful hemostasis and dissection. Aside from inadequate vaginal depth in one patient, the incidence of other complications, sexual intercourse, and aesthetic outcomes were acceptable. The pudendal-groin flap is thin and pliable and can create sufficient vaginal depth without skin grafts. The resulting scar is inconspicuous. Our findings suggest that vaginoplasty using the pudendal- groin flap method is feasible.

    DOI: 10.18926/AMO/55437

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy of Honeycomb TCP-induced Microenvironment on Bone Tissue Regeneration in Craniofacial Area. 査読

    Satoko Watanabe, Kiyofumi Takabatake, Hidetsugu Tsujigiwa, Toshiyuki Watanabe, Eijiro Tokuyama, Satoshi Ito, Hitoshi Nagatsuka, Yoshihiro Kimata

    International journal of medical sciences   13(6) ( 466-76 )   466 - 476   2016年

     詳細を見る

  • Mastectomy in Female-to-male Transsexuals 査読

    Yuzaburo Namba, Toshiyuki Watanabe, Yoshihiro Kimata

    ACTA MEDICA OKAYAMA   63 ( 5 )   243 - 247   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    The first operative procedure in sex reassignment surgery (SRS) for female-to-male transsexuals (FTMTS) is mastectomy. This procedure includes the removal of mammary tissue, removal of excess skin, and reduction and proper repositioning of the nipple and areola complex. We have performed mastectomies in over 120 patients since January 2001 and want to describe the operative procedures we have developed. We classified our patients into 3 groups according to the patient's breast volume and the degree of ptosis, and we selected the operative procedure that was suitable for each group. At present all costs for SRS are assumed by the patient in Japan. If the FTMTS patient undergoes the entire series of SRS operations, he has to pay more than 3,000,000 yen. Thus the surgeon should select the proper operative procedure so that the patient can avoid unnecessary additional operations. We describe herein the techniques and the strategy for performing mastectomy in FTMTS.

    DOI: 10.18926/AMO/31841

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 【肉腫-基礎・臨床の最新知見-】肉腫の外科的治療 骨の再建 遊離血管柄付き骨移植の適応と評価法

    ( 担当: 分担執筆)

    2020年9月 

     詳細を見る

  • 外科系医師が知っておくべき創傷治癒のすべて

    渡邊敏之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 四肢)

    南江堂  2017年4月 

     詳細を見る

  • ICG Fluorescence imaging and navigation surgery ,

    渡邊敏之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Pre and intraoperetive identification of perforator vessels using MRA/MDCTA,Doppler Sonography,and ICG Fluorescence Angiography)

    Springer  2016年3月 

     詳細を見る

MISC

  • 膀胱破裂を起因として腹部壊死性軟部組織感染症を呈した1例 査読

    北口陽平, 渡邊敏之, 木股敬裕, 山川泰明

    形成外科   64 ( 3 )   340 - 347   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    83歳女性。腹部の発赤・水疱形成と無尿を主訴とした。事故で骨盤と腰椎を骨折し、前医で内固定術が施行された。受傷直後に血尿が出現し、術後に無尿となり腎機能障害を呈した。透析後、腹部に紫斑と水疱形成が出現し、CTで蜂窩織炎と診断された。デブリードマン後、感染が深筋膜に及び、壊死性軟部組織感染症と診断された。壊死組織の除去後も排膿が続き、当科に紹介された。細菌検査でEscherichia coli等が検出され、抗生剤を投与したが、受傷後24日に腹直筋前鞘の融解、腹直筋の一部壊死を認めた。デブリードマンを行ったところ、恥骨周囲の腹膜後隙に尿道カテーテルの先端が露出し、周囲に膀胱粘膜を認めた。膀胱損傷を受傷時に合併していたと判断し、膀胱の修復と膀胱瘻の造設を行った。腹壁の組織欠損は前外側大腿皮弁と大腿筋膜張筋皮弁の連合皮弁による再建を行い、腹膜欠損は外側広筋膜で被覆した。術後経過は良好である。

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00398&link_issn=&doc_id=20210225230014&doc_link_id=%2Fad3ksgke%2F2021%2F006403%2F019%2F0340b0347%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fad3ksgke%2F2021%2F006403%2F019%2F0340b0347%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • GID・FTMに対する乳房切除術と乳頭縮小術の一期的手術についての検討 査読

    櫻井透, 渡邊敏之, 木股敬裕, 灘波祐三郎

    形成外科   64 ( 3 )   310 - 316   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    性同一性障害(GID)のfemale-to-male(FTM)に対し、乳輪下半周切開法による乳房切除術と乳頭縮小術を一期的に行った94例188乳房を対象に、手術記録とカルテを用いて、術後経過を調査した。また、術後1ヵ月の記録写真を用いて術後の乳頭の状態を評価した。その結果、術後に乳頭壊死を認めた症例はなかった。乳頭の表皮壊死を3例3乳頭(1.6%)、乳頭の埋没を2例2乳頭(1.1%)に認め、表皮壊死は保存的治療で治癒した。乳頭の埋没で追加治療の希望はなく、経過観察となった。後に余剰皮膚切除などの修復術を追加した症例は6例12乳房であった。術後に血腫が原因で緊急手術となったのは6例6乳房で、いずれも乳頭の合併症(乳頭表皮壊死、乳頭埋没)は認めなかった。合併症の発症率と、年齢、ホルモン治療歴、喫煙歴、BMIの関連は、合併症例が少なく、統計学的に指摘できなかった。GID・FTMに対する乳房切除術と乳頭縮小術の一期的手術は有用と考えられた。

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00398&link_issn=&doc_id=20210225230010&doc_link_id=%2Fad3ksgke%2F2021%2F006403%2F015%2F0310b0316%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fad3ksgke%2F2021%2F006403%2F015%2F0310b0316%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • 岡山大学病院ジェンダーセンターにおける性同一性障害関連手術保険適用後の1年間の動向 保険診療と自費診療の比較 査読

    櫻井 透, 渡邊 敏之, 渡邉 聡美, 木股 敬裕, 難波 祐三郎

    GID(性同一性障害)学会雑誌   12 ( 1 )   141 - 145   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:GID(性同一性障害)学会  

    性同一性障害に対する身体的治療に関しては保険収載されておらず自費診療のため大きな負担となっていたが、ついに2018年4月より性別適合手術に対する健康保険の適用が開始された。しかし、ホルモン療法が自費診療のため、混合診療の観点からホルモン治療済み患者は対象とならず、実際にはホルモン未治療の患者の乳房切除のみ保険適用で手術可能となっている。性別適合手術の保険適用が開始されたことによるこの1年の動向を乳房切除の費用面を中心に自費診療と保険診療で比較した。当院では乳房切除術においてクリニカルパスを導入しているため、手術手技および入院による術後管理には大きな変化はない。費用面では保険診療による施行が19例で総支払額の平均は190,860円、自費診療による施行が18例で総支払額の平均は631,685円であった。ホルモン治療はガイドラインに沿った治療であるにも関わらず、ホルモン投与の有無によって費用面で大きな差が生じており、混合診療問題の早期解決が望まれる。(著者抄録)

    researchmap

  • 工夫!遊離前外側大腿皮弁を用いたアキレス腱再建 強度確保とトラブル回避のための工夫 査読

    木下 雅人, 渡邊 敏之, 櫻井 透, 小野田 聡, 木股 敬裕, 雑賀 建多

    形成外科   62 ( 8 )   916 - 921   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    CiNii Article

    researchmap

  • 保存的治療が有効であった直腸-S状結腸造腟術における術後縫合不全 査読

    浅田 遼, 渡邊 敏之, 木股 敬裕, 杉本 盛人, 母里 淑子, 永坂 岳司, 難波 祐三郎

    GID(性同一性障害)学会雑誌   10 ( 1 )   55 - 61   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:GID(性同一性障害)学会  

    男性から女性への性転換患者(42歳、性同一性障害)で、性別適合手術(直腸-S状結腸造腟術)を施行後、4日目に下腹部痛を認め、腸管縫合不全をきたした症例について報告した。本症例では、腸管背側に縫合不全が生じ限局性の膿瘍腔が形成され、患者からも整容面の希望があったことから、総合的に判断して傍仙骨ドレナージによる治療を選択し、治癒に至った。直腸-S状結腸造腟術は性同一性障害以外に先天性腟欠損症などの患者にも施行されており、一定の確率で縫合不全が起こりえるが、縫合不全によって生じた膿瘍が腸管背側に限局していれば保存的治療により治癒する可能性があることが示唆された。

    researchmap

  • 右環指に発生した神経鞘粘液腫の1例 査読

    三浦 佑樹, 渡邉 敏之, 木股 敬裕

    形成外科   59 ( 12 )   1317 - 1322   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    67歳女。右環指軟部腫瘤を主訴とした。右環指橈側のDIP関節付近に軽度隆起を伴う無痛性で弾性硬、可動性不良な腫瘤(1.5cm大)を認め、MRI所見ではT1で低信号、T2で等信号〜やや高信号を呈する辺縁不明瞭な腫瘤が描出された。複数回の手術操作により術前の確定診断が困難であり、画像検査や生検で悪性腫瘍の可能性が否定できなかったため、拡大切除を行い、屈筋腱の露出を伴う皮膚欠損に対して脂肪筋膜弁による再建を選択した。病理組織学的所見では真皮内に多結節状の小葉構造を有し、その小葉内には豊富な粘液基質と紡錘形または星芒状の細胞を認め、S-100蛋白陽性より神経鞘粘液腫と診断した。術後1年経過時点でDIP関節の屈曲制限と指尖部の知覚障害が残存するも、経過良好である。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00398&link_issn=&doc_id=20161214130008&doc_link_id=%2Fad3ksgke%2F2016%2F005912%2F012%2F1317-1322%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fad3ksgke%2F2016%2F005912%2F012%2F1317-1322%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 知覚神経付き遊離前外側大腿皮弁による足底再建の検討 査読

    渡邊 敏之, 安井 史明, 川井 啓太, 三浦 佑樹, 難波 裕三郎, 木股 敬裕

    日本マイクロサージャリー学会会誌   29 ( 3 )   150 - 155   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本マイクロサージャリー学会  

    知覚神経付き遊離前外側大腿皮弁による足底再建について検討した。足底部再建を知覚神経付き遊離前外側大腿皮弁で行った4例(男性、24〜66歳)を対象とした。知覚神経は4例とも外側大腿皮神経を皮弁に含めて採取した。全例部分壊死や術後感染などは認めず完全生着した。術後3週目からは弾性ストッキングによる圧迫を行い、術後8週目から荷重を開始した。Tinel signは4例で術後2週目から認めた。2例は、術後4週目から抗癌剤投与を開始し、投与期間中にはTinel signの消失を認めたが、投与終了後2週目から再度Tinel signを認めた。術後4週目のS-W testによる皮弁内知覚は4例ともRed 6.45であった。術後2ヵ月月でのS-W testでは、抗癌剤投与中の2例ではTinel signが消失しており、測定不能6.65であったが、残りの2例はRed 4.74、Red 5.88まで回復した。術後経過観察で、4例とも杖なしでの独歩と、術前使用していた靴での歩行が可能であり、皮弁の傷、靴擦れ、胼胝腫の発症は認めていない。

    DOI: 10.11270/jjsrm.29.150

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【私の勧める使える簡易で安全な皮弁】 前外側または前内側大腿皮弁の簡単で安全な採取法 査読

    青 雅一, 渡部 聡子, 松本 洋, 徳山 英二郎, 小松 星児, 片山 裕子, 渡邊 敏之

    日本マイクロサージャリー学会会誌   26 ( 2 )   49 - 54   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本マイクロサージャリー学会  

    DOI: 10.11270/jjsrm.26.49

    researchmap

  • 深部組織露出を伴う四肢高エネルギー外傷における陰圧閉鎖療法の経験 査読

    植村 享裕, 渡邊 敏之

    創傷   3 ( 4 )   205 - 211   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本創傷外科学会  

    創閉鎖まで陰圧閉鎖療法とデブリドマンを行い、受傷後72時間以上経過してから創閉鎖を行った2例を経験した。症例1は37歳男で、フォークリフトに挟まれ、右足関節開放性骨折を受傷した。受傷当日に洗浄・デブリドマンを施行し、顕微鏡下に右後脛骨動脈を端々吻合、右後脛骨神経を端々縫合した。皮膚欠損部に対し陰圧閉鎖療法を開始した。開放創のデブリドマンと陰圧閉鎖療法の交換を行った。受傷後7日目、皮弁による創閉鎖を施行した。皮弁は完全生着し、術後7ヵ月目には装具なしで歩行可能となった。症例2は36歳女で、交通事故にて、右手指骨開放性骨折を受傷した。受傷当日に洗浄・デブリドマンを施行した。左示指・中指をKワイヤーにて固定し、左環指・小指伸筋腱縫合を行い、陰圧閉鎖療法を開始した。受傷後10日目、遊離前外側大腿皮弁による再建を施行した。手指の機能は不良で、伸筋腱剥離術などを予定している。

    DOI: 10.11310/jsswc.3.205

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • カポジ水痘様発疹症を併発した幼児熱傷の治療経験 査読

    安井 史明, 渡邊 敏之

    熱傷   37 ( 5 )   292 - 296   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本熱傷学会  

    単純ヘルペスや水痘の病変が、熱傷部位や日焼け部位に集簇する場合があることが知られている。今回われわれは、熱傷部位に単純ヘルペス感染を併発し、カポジ水痘様発疹症にいたった症例を経験したので報告する。症例は1歳女児で、熱湯をこぼし下顎部から上腹部にかけて5%TBSAのII度のSDB・DDB混在の熱傷を受傷していた。受傷後7日目より口腔内アフタと熱傷部位周囲に多数の水疱形成を認め、採血にてHSV-IgM抗体の陽性を認めたため、単純ヘルペスの初感染によるカポジ水痘様発疹症と診断した。抗ウイルス剤・抗生剤の血管内投与を行い、創部に対しては銀含有ハイドロファイバー被覆材による保存的治療を行うことで、感染を重症化させることなくわずかな肥厚性瘢痕を残すのみで治癒を得た。広範熱傷や小児の顔面に及ぶ熱傷では、単純ヘルペス・水痘感染の可能性を考慮して治療を行う必要があると考えられた。(著者抄録)

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ICG蛍光リンパ管造影法を用いた上肢リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術 査読

    長谷川 健二郎, 渡邉 敏之, 杉山 成史, 徳山 英二郎, 木股 敬裕

    日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand   25 ( 5 )   659 - 662   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 【前外側大腿皮弁の徹底討論】 前外側大腿皮弁(前内側大腿皮弁)のための臨床血管解剖 査読

    青 雅一, 伊藤 聖子, 渡辺 聡子, 前 興治, 徳山 英二郎, 渡辺 敏之, 松本 洋, 平川 久美子

    形成外科   48 ( 10 )   1083 - 1092   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    1995年から9年4ヵ月に経験した前外側大腿皮弁および前内側大腿皮弁の移植を行った164例の臨床例を対象に,臨床血管解剖学的検討として大腿前外側面と前内側面に分布する穿通枝と外側大腿回旋動脈系の主要分枝の解剖学的変異を術中所見をもとに考察した.血管柄として使用できた穿通枝は84.4%は筋肉内穿通枝で,15.6%は筋間中隔穿通枝であった.下行枝は88.4%に存在し,それが欠損していた症例では外側広筋の筋枝の発達がよく,下行枝を代償しているものと考えられた.大腿前外側面に穿通枝がない症例はなかったことから,前外側大腿皮弁はすべての症例で挙上可能であると考えられた

    researchmap

  • 前外側大腿皮弁による腹壁全層欠損の再建の経験 査読

    渡辺 敏之, 青 雅一, 徳山 英二郎, 松本洋, 前興治

    形成外科   48   611 - 617   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    Five large through-and-through abdominal wall post tumor ablation defects were successfully reconstructed using anterolateral thigh flaps. A pedicled anterolateral thigh flap and a super-charged anterolateral flap with double vascular pedicles were used for one case each, and a free anterolateral thigh flap was used in three cases. Anterolateral thigh flaps provide large skin territories, sturdy fascia and long vascular pedicles without sacrificing main vessels and muscles. Therefore, lower abdominal wall defects can easily be covered by pedicled anterolateral thigh flaps. When a longer vascular pedicle based on a distal perforator is unavailable, a pedicled anterolateral thigh flap can be transferred to the epigastrium. When an anterolateral thigh flap is supplied by double perforators derived from separate branches of the lateral circumflex femoral system, a Siamese flap can also be elevated. The authors consider the anterolateral thigh flap to be a favorable alternative to conventional free flaps and the pedicled tensor fascia lata myocutaneous flap.

    Scopus

    researchmap

  • 有茎深下腹壁動脈穿通枝皮弁を用いた腹壁および鼠径部の再建 査読

    徳山 英二郎, 青 雅一, 渡邊 敏之, 松本 洋, 前 興治

    形成外科   47 ( 12 )   1393 - 1398   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

    2001年2月から2002年5月までの間に6例の腹壁および鼠径部の欠損に対する有茎DIEP flapを用いて再建を行った.症例の内訳は,大腸癌・イレウスによる開腹術後の創離開3例,乳房外Paget病切除後の再建陰茎の創離開1例,扁平上皮癌鼠系リンパ節転移切除後1例,人工透析シャント造設後の皮膚壊死による鼠径部皮膚欠損1例で,平均年齢は67.3歳であった.糖尿病性腎症がある1例を除いて,良好な皮弁の生着を認めた.1例では術後1ヵ月で腹壁ヘルニアの発生が認められた

    researchmap

  • 【穿通枝皮弁】 穿通枝皮弁を用いた各種再建 査読

    青 雅一, 松本 洋, 伊藤 聖子, 渡邊 敏之, 徳山 英二郎, 難波 祐三郎

    日本マイクロサージャリー学会会誌   17 ( 3 )   273 - 284   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本マイクロサージャリー学会  

    岡山済生会総合病院において1991〜2004年に使用した以下の穿通枝皮弁について,それぞれの作製方法,解剖学的特徴,生着域,治療成績などを概説した.1)前外側大腿皮弁.2)前内側大腿皮弁.3)腰臀部穿通枝皮弁.4)後脛骨動脈穿通枝皮弁.5)深下腹壁動脈穿通枝皮弁.6)前脛骨動脈穿通枝皮弁.7)背側中手骨動脈穿通枝皮弁.8)胸背動脈穿通枝皮弁.9)肋間動脈穿通枝皮弁.10)胸肩峰動脈穿通枝皮弁.11)Genu flaps

    researchmap

▼全件表示

産業財産権

  • 頭蓋骨接合部材

    辻極 秀次, 渡邊 敏之, 高畠 清文

     詳細を見る

    出願人:学校法人加計学園

    出願番号:特願2016-228643  出願日:2016年11月25日

    公開番号:特開2018-082963  公開日:2018年5月31日

    J-GLOBAL

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 骨内微小環境の再現を基盤とした新規頭蓋骨組織再建法の確立

    研究課題/領域番号:15K20309  2015年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    渡邊 敏之, 辻極 秀次

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    骨組織再生能が乏しい頭蓋骨欠損に対し、申請者らの開発した骨内微小環境を再現可能な口径300μmの貫通孔を有するハニカムβTCP(TCP)を用いて、垂直貫通孔と水平貫通孔の2種類を頭蓋骨欠損に適応した。TCP垂直孔は多数の細胞侵入と、硬膜側から骨膜側に向かって骨組織の形成が認められた。TCP水平孔は硬膜近側に骨組織の形成を認めるのみであった。
    硬膜と骨膜を貫通するTCP垂直孔構造は、硬膜側からの骨組織形成にかかわる幹細胞の遊走にとって重要であり、板間層を貫通する水平孔より効率的に骨組織形成に働くことが示唆された。ハニカムβTCP垂直孔は、頭蓋骨再建に非常に優れた生体材料となる可能性がある。

    researchmap