2021/12/22 更新

写真a

ゴトウ サチコ
後藤 佐知子
GOTO Sachiko
所属
保健学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 修士(学術) ( 大阪教育大学 )

  • 博士(情報学) ( 京都大学 )

研究キーワード

  • 医用画像解析

  • Medical Image Analysis

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学

学歴

  • 京都大学   Graduate School, Division of Information and Communication  

    - 2004年

      詳細を見る

  • 京都大学    

    - 2004年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 大阪教育大学   Graduate School, Division of Education  

    - 2001年

      詳細を見る

  • 大阪教育大学    

    - 2001年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学医療技術短期大学部   医療技術学部   診療放射線技術学科

    - 1992年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • - 岡山大学保健学研究科 准教授

    2004年

      詳細を見る

  • - Associate Professor,Graduate School of Health Sciences,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 日本放射線技術学会   実行委員  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本放射線技術学会

    researchmap

 

論文

  • Effect of the Number of Projected Images on the Noise Characteristics in Tomosynthesis Imaging 査読

    Ryohei Fukui, Ryutaro Matsuura, Katsuhiro Kida, Sachiko Goto

    Progress in Medical Physics   32 ( 2 )   50 - 58   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14316/pmp.2021.32.2.50

    researchmap

  • Image Evaluation of Free-breathing Navigator Echo and Triggered Cardiac-gated Delayed 査読

    Ryutaro Matsuura, Sachiko Goto, Shuhei Sato, Noriaki Akagi, Seiji Tahara

    Acta Med Okayama   72 ( 3 )   267 - 273   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • High spatial resolution MRA of renal arteries using contrast behavior between fat and water during transient phase before reaching a steady state 査読

    Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma

    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY   81 ( 5 )   846 - 850   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Purpose: Our aim is high spatial resolution imaging of maximum intensity projection (MIP) images in renal magnetic resonance angiography (MRA) by constructing a protocol for acquiring three-dimensional volume data with isotropic voxels.
    Materials and methods: We eliminated water-selective excitation (WATS) and utilized effective contrast behavior between fat and water before reaching a steady state-that is, during the transient phase-to cover fat suppression by WATS. In a phantom study, the optimal flip angle was investigated under the "low-high Y" profile order using distilled water and baby oil to construct a protocol with isotropic voxels. Signal intensity, contrast, noise and signal-to-noise ratio were investigated to compare image qualities between the conventional and the constructed isotropic protocols. In a clinical study, three radiologists and two radiological technologists visually evaluated clinical images of 20 volunteers for spatial resolution, contrast and overall reader confidence in two protocols.
    Results: We constructed an isotropic protocol with voxel dimensions of 0.78 mm x 0.78 mm x 0.78 mm at a flip angle of 90 degrees. We maintained the scan time but enlarged the x-y pixel dimensions from 0.59 mm x 0.59 mm to 0.78 mm x 0.78 mm and shortened image height from 48 mm to 42.9 mm. Data from the phantom study were worse in the isotropic protocol than in the conventional protocol. However, overall reader confidence in the clinical images was significantly better in the isotropic protocol than in the conventional protocol (p < .001).
    Conclusion: Our study indicated the value of addressing high spatial resolution imaging of MIP images for renal MRA by constructing an isotropic protocol. (C) 2011 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2011.02.031

    Web of Science

    researchmap

  • 頭部MRIのT1強調画像における各種Contrast to Noise Ratio (CNR) 算出法の比較 査読

    木田勝博, 後藤佐知子, 東 義晴, 梶谷 努

    日本放射線技師会雑誌   59 ( 702 )   81 - 86   2012年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    researchmap

  • 頚部MRI脂肪抑制T1強調画像における磁化率アーチファクト軽減補助具(Sat-Pad)の作製 査読

    木田勝博, 後藤佐知子, 梶谷努, 東義晴

    岡山赤十字病院医学雑誌   22 ( 1 )   27 - 30   2011年

     詳細を見る

  • Computed Radiography(CR)マンモグラフィにおける乳腺含有率の推定 査読

    辻田直子, 後藤佐知子, 東 義晴, 白石順

    日本放射線技術学会雑誌   67 ( 12 )   1540 - 1547   2011年

     詳細を見る

  • 高エネルギーX線に対するRadiochromic filmの濃度測定精度の検討 査読

    青山 英樹, 東 義晴, 後藤 佐知子, 田原 誠司, 宇野 弘文, 稲村 圭司, 門久 繁文, 中桐 義忠, 金澤 右, 住本 哲宏, 東 眞美

    日本放射線技術学会雑誌   2004年

  • 放射線治療時の治療部外散乱被曝線量に関する研究 査読

    川辺睦, 中桐義忠, 小橋一輝, 安村直樹, 山下剛央, 後藤佐知子, 丸山敏則, 杉田勝彦

    岡山大学医学部保健学科紀要   2003年

     詳細を見る

  • 線量測定用 GAFCHROMIC XR TYPE T の特性 査読

    窪津真理子, 中桐義忠, 氏福亜矢子, 谷口友季子, 八谷美穂, 東義晴, 後藤佐知子, 丸山敏則, 青山英樹, 田原誠司, 稲村圭司, 渡邊敏充, 杉田勝彦

    岡山大学医学部保健学科紀要   2003年

     詳細を見る

  • 発泡剤とバリウムの投与順序の相違による飲みやすさと流出程度 査読

    澁谷光一, 三宅浩, 大枝嗣人, 藤照正, 中桐義忠, 東 義晴, 丸山敏則, 後藤佐知子, 杉田勝彦, 平木祥夫

    日本放射線技術学会雑誌   2001年

  • 股関節X線撮影時の女性生殖腺防護についての検討 査読

    中桐義忠, 丸山敏則, 後藤佐知子, 東義晴, 澁谷光一, 田村恵里, 谷本江利子, 鳥居史子, 竹田芳弘, 杉田勝彦

    岡山大学医学部保健学科紀要   2001年

     詳細を見る

  • 股関節X線撮影における女性生殖腺の防護について 査読

    中桐義忠, 丸山敏則, 後藤佐知子, 谷本江利子, 田村恵里, 鳥居史子, 渋谷光, 東義晴

    岡山県放射線技師会会誌   2001年

     詳細を見る

  • 片面増感紙/片面乳剤フィルムシステムの特性-空気減弱によるX線エネルギーの影響- 査読

    丸山敏則, 後藤佐知子, 東 義晴, 中桐義忠, 住本哲宏, 山本秀樹

    電子情報通信学会技術研究報告   2001年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    researchmap

  • Breast Dosimetry System in Screen/Film Mammography 査読

    Sachiko GOTO, Yoshiharu AZUMA, Toshinori MARUYAMA, Yoshitada NAKAGIRI, Yoshihiro TAKEDA, Katsuhiko SUGITA, Shigefumi KADOHISA

    Bull Fac Health Sci, Okayama Univ Med Sch   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 発泡剤と硫酸バリウム造影剤の投与順序の検討 査読

    澁谷光一, 大枝嗣人, 三宅浩ー, 丹谷延義, 中桐義忠, 東 義晴, 丸山敏則, 後藤佐知子, 杉田勝彦, 平木祥夫

    日本放射線技術学会誌   2000年

  • マンモグラフィにおけるextended-cycle processの応用-描出能向上への効果- 査読

    丸山敏則, 後藤佐知子, 東 義晴, 中桐義忠, 杉田勝彦

    日本放射線技術学会誌   2000年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00001357361

    researchmap

  • マンモグラフィ用フィルムにおけるExtended-cycle Processの基礎的研究-粒状度- 査読

    東 義晴, 後藤 佐知子, 丸山 敏則, 中桐 義忠, 杉田 勝彦

    日本放射線技術学会雑誌   56 ( 7 )   937 - 945   2000年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00001357002

    researchmap

  • マンモグラフィ用増感紙/フィルムシステムの特性曲線における空気減弱の影響 査読

    丸山敏則, 後藤佐知子, 東 義晴, 中桐義忠, 渋谷光ー, 杉田勝彦

    岡山大学医学部保健学科紀要   2000年

     詳細を見る

  • 撮影条件からの腹部X線被曝線量の算定-岡山県下の現況- 査読

    中桐義忠, 丸山敏則, 後藤佐知子, 東 義晴, 渋谷光一, 井上龍也, 門久繁文, 森岡泰樹

    岡山県放射線技師会会誌   1999年

     詳細を見る

  • Improvement of image quality on mammographic screen-film system by extended-cycle process 査読

    Sachiko GOTO, Toshinori MARUYAMA, Yoshiharu AZUMA, Yoshitada NAKAGIRI, Yoshihiro TAKEDA, Katsuhiko SUGITA, Fumie KIMURA, Shigefumi KADOHISA

    Bull Fac Health Sci, Okayama Univ   1999年

     詳細を見る

  • マンモグラフィ用フィルムにおけるフィルム粒状度の測定 査読

    後藤佐知子, 東 義晴, 丸山敏則, 中桐義忠, 杉田勝彦

    日本放射線技術学会誌   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00000921418

    researchmap

  • 腹部単純X線撮影時の被曝線量 -岡山県下の病院の現況- 査読

    環境制御   ( 20 )   17 - 21   1998年

     詳細を見る

  • The Influence of Film Processing Temperature and Time on Mammographic film Characteristics 査読

    Bull.Sch.Health Sci.Okayama Uni.   Vol.8 No.2   1998年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • 診断X線の基礎 物理法則と臨床応用

    オーム社  2004年 

     詳細を見る

MISC

  • CT減弱補正におけるCT撮影条件が骨SPECTの定量値に与える影響

    中澤健吾, 中嶋真大, 後藤佐知子, 竹田芳弘, 本田貢

    第17回 中四国放射線医療技術フォーラム   62 - 62   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 高吸収体がトモシンセシス画像ノイズ測定に与える影響

    福井良性, 太田雄大, 沼田美保, 谷口菜摘子, 西岡早紀, 松浦龍太郎, 木田勝博, 後藤佐知子, 本田貢, 平木隆夫

    第17回 中四国放射線医療技術フォーラム   62 - 62   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Exploration of brain activations by passive hand movements and subject’s intention based on Kawahira method using 3T-fMRI

    Takushi Kawashima, Katsuhiro Kida, Satoshi Kuwahara, Takahiko Yokote, Tomoka Doi, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma

    2012 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference Record   2012年

  • Exploration of brain activations by passive hand movements and subject's intention based on Kawahira method using 3T-fMRI

    Takushi Kawashima, Katsuhiro Kida, Satoshi Kuwahara, Takahiko Yokote, Tomoka Doi, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma

    2012 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference Record   2012年

  • Detection of Calcification in Human Breast Using Phase Image of Magnetic Resonance Imaging

    Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Tomoka Doi, Tsutomu Kajitani, Yoshiharu Azuma

    2012 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference Record   2012年

  • Observation of activation brain areas in response to the stimulation by the right hand movement of Kawahira method using fMRI

    Takahiko Yokote, Katsuhiro Kida, Satoshi Kuwahara, Takushi Kawashima, Tomoka Doi, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma

    2012 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference Record   2012年

  • Detection of Calcification in Human Breast Using Phase Image of Magnetic Resonance Imaging

    Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Tomoka Doi, Tsutomu Kajitani, Yoshiharu Azuma

    2012 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference Record   2012年

  • Observation of activation brain areas in response to the stimulation by the right hand movement of Kawahira method using fMRI

    Takahiko Yokote, Katsuhiro Kida, Satoshi Kuwahara, Takushi Kawashima, Tomoka Doi, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma

    2012 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference Record   2012年

  • Detection of calcification using high-pass filtered phase image in magnetic resonance imaging for breast cancer screening

    Katsuhiro Kida, Tsutomu Kajitani, Sachiko Goto, Yoko Tsuji, Toshinori Maruyama, Yoshiharu Azuma

    2011 IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques, IST 2011 - Proceedings   224 - 228   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    To achieve detection of calcifications using magnetic resonance imaging (MRI) for breast cancer screening, we investigated combinations of an echo time (TE) and a high-pass filter size on phase images using a breast phantom. The breast phantom was made from gel area of 0.1 mmol/L gadopentetate dimeglumine and 2.0 wt% agar containing imitation calcifications to simulate calcification in the breast. To use the phase image for calcification assessment, optimization of TE was required since a difference of phase is enhanced at sufficiently long TE. However, longer TE tends to increase the static field inhomogeneity effects. To remove the static field inhomogeneity effects, we employed a high-pass filter processing. Then, several different filter sizes were tested to optimize the visualization of calcification. TE of 48 msec had the highest contrast between imitation calcifications and gel area. The high-pass filter size of 6464 pixels was able to remove efficiently the background phase effects. The high-pass filtered phase image was able to show imitation calcifications as hyperintense areas. Although the limit of detection of imitation calcifications was 1.0 mm, it suggests a possibility that the high-pass filtered phase image is able to use for breast cancer screening and diagnosis without pain by compression or the use of ionizing radiation. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/IST.2011.5962192

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation of the ability of nonlinear noise reduction filter to the low-contrast object in Multi-Detector Row Computed Tomography using a digital phantom and power spectrum

    S. Kondo, S. Goto, Y. Hyodo, T. Maruyama, Y. Azuma, R. Matsuura, K. Inamura

    2011 IEEE International Conference on Imaging Systems and Techniques, IST 2011 - Proceedings   160 - 164   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We propose a quantitative method to evaluate the ability of adaptive image filters for reducing noise to low-contrast objects in Multi-Detector Row Computed Tomography (MDCT). The digital phantom for evaluating the ability of a nonlinear noise reduction filter to a low-contrast object in a MDCT image was produced. The digital phantom consists of a water phantom image of MDCT and a bar pattern with a known contrast and spatial frequency. The edge-preserving adaptive filter for selectively eliminating noise in low-dose scanning known as the Quantum Denoising System developed by Toshiba Medical Systems was chosen as a nonlinear noise reduction filter for this paper. In this paper, two non-linear noise reduction filters, Q1 and Q2 in QDS were employed. By analyzing the power spectrum (PS) of a digital phantom, the filter performance as regards the contrast and spatial frequency of an object was investigated. The contrast-to-noise ratio from PS could express the feature of the filter briefly. That is, the validity of a filter can be shown based on the combined information of the contrast and spatial frequency of an object. Probably, this simple method will contribute to evaluating various noise reduction filters efficiently. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/IST.2011.5962206

    Scopus

    researchmap

  • The single emission spectrum densitometry for radiochromic films by flat-bed document scanner with transparency unit employing light emitting diode

    Yoshiharu Azuma, Hideki Aoyama, Sachiko Goto

    2008 IEEE INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT TECHNOLOGY CONFERENCE, VOLS 1-5   294 - 298   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    We developed an infrared flat-bed scanner with a transparency unit (IR-4000, iMeasure, Inc.) in order to increase the sensitivity of the measuring density of Radiochromic film, Gafchromic film EBT model. Radiochromic film hay been used for many years as a two-dimensional radiation detector for dosimetry in radiotherapy. One of the commercially available Radiochromic films today is the Gafchromic film EBT model (EBT) manufactured by ISP (International Speciality Products, Wayne, NJ). EBT has the absorption spectrum with a maximum absorption band centered at 636 nm Consequently the response of EBT will be enhanced by measuring with a red light. The transparency unit of IR-4000 for EBT hay a light emitting diode (LED) with a peak wavelength of 630 nm, and was produced by replacing a white light in the transparency unit for the flat-bed scanner (ES-2200, Seiko Epson Corp) with the LEDs. IR-4000 could improve the sensitivity for EBT in all dose ranges However, we had to consider the methods for decreasing noise. We examined for IR-4000 how to keep the high sensitivity and reduce noise. Multiple scans and the reduction of the image resolution by pixel averaging, which was effective in noise reductio?; were employed. IR-4000 is a useful densitometry device to GAFs since optional transparency units which have various single emission spectra are prepared

    DOI: 10.1109/IMTC.2008.4547049

    Web of Science

    researchmap

  • Magnetic Resonance Angiography of Renal Arteries using Contrast Behavior between Water and Fat during the Transient Phase of Steady State of Signal on Balanced Turbo Field Echo Sequence

    Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma

    2008 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference Proceedings   1223 - 1228   2008年

  • Relations Between Accuracy of Vessel Measurement and Physical Image Quality Characteristics inMulti-detector CT Scanner

    Y. Azuma, T. Akagawa, H. Hamaguchi, S. Goto, T. Sumimoto

    Instrumentation and Measurement Technology   2006年

  • Detectibility of renal artery under high resolution MR angiography using steady state free precession sequence in phantom study

    Katsuhiro Kida, Yoshiharu Azuma, Sachiko Goto, Tsutomu Kajitani, Tetsuhiro Sumimoto

    the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006(WC2006)   2006年

     詳細を見る

  • Development of infrared flat-bed scanner with transparency unit employing light emitting diode for Gafchromic EBT film

    Hideki Aoyama, Yoshiharu Azuma, Sachiko Goto, Hirofumi Hato, Tetsuhiro Sumimoto

    the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006(WC2006)   2006年

     詳細を見る

  • Increasing the sensitivity of the dosimetry system for high energy x-rays, using Gafchromic EBT film and a flat-bed scanner with sharp cut

    Hirofumi Hato, Hideki Aoyama, Yoshiharu Azuma, Sachiko Goto, Tetsuhiro Sumimoto

    the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006(WC2006)   2006年

     詳細を見る

  • High accuracy measuring method of absorbed dose using Radiochromic Film and a micro-densitometer for high-energy x-rays

    Hideki Aoyama, Yoshiharu Azuma, Sachiko Goto, Tetsuhiro Sumimoto

    SIGNAL ANALYSIS, MEASUREMENT THEORY, PHOTO-ELECTRONIC TECHNOLOGY, AND ARTIFICIAL INTELLIGENCE, PTS 1 AND 2   6357   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    Radiochromic film has been applied to mapping of dose distributions in radiation therapy. However, this particular RCF product suffers from intrinsic nonuniform response. In this study, we have carefully measured the nonuniformity of unirradiated RCF, and the response of irradiated RCF in pixel-to-pixel as function of various absorbed doses, in order to create a method of predicting the error of irradiated, unirradiated RCF.

    DOI: 10.1117/12.716968

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of influence of digital mammography on the individual average glandular dose against screen-film system

    Y. Azuma, S. Goto, T. Sumimoto, Y. Takeda

    the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006(WC2006)   2006年

     詳細を見る

  • Estimation of breast density on digital mammograms

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Hideki Aoyama, Tetsuhiro Sumimoto

    SIGNAL ANALYSIS, MEASUREMENT THEORY, PHOTO-ELECTRONIC TECHNOLOGY, AND ARTIFICIAL INTELLIGENCE, PTS 1 AND 2   6357   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    We built an estimation system of individual breast density from digital mammograms by using breast tissue equivalent phantoms that are able to change the mixture ratio of adipose and glandular tissue and the thickness. The method was compared with a visual assessment of breast density by the radiologists as a gold standard. The clinical image data set that consisted of 49 mammograms of 21 patients were analyzed. The average of the estimated glandular rate was 35.0%, while varying from 12.0% to 67.0%. This system can apply in clinical practice such as the visual estimation of breast density.

    DOI: 10.1117/12.716998

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of BGA defects by tomographic images

    T. Sumimoto, T. Maruyama, Y. Azuma, S. Goto, M. Mondou, N. Furukawa, S. Okada

    SIGNAL ANALYSIS, MEASUREMENT THEORY, PHOTO-ELECTRONIC TECHNOLOGY, AND ARTIFICIAL INTELLIGENCE, PTS 1 AND 2   6357   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    To improve the cost of performance in manufacturing IC packages, it is required to inspect BGA defects in the online process. The problems of image analysis for the detection of defects are the detection accuracy and image processing time according to a line speed of production. Using the X-ray penetration equipment, we have captured images of an IC package to search an abnormal BGA. To get design data for the development of the inspection system, which can be used easily in the surface mount process, we tried to capture the tomographic images utilizing the latest imaging techniques.

    DOI: 10.1117/12.716986

    Web of Science

    researchmap

  • 放射線治療におけるGAFクロミックフィルム用線量分布測定装置の開発

    東 義晴, 後藤佐知子

    平成16年度〜平成17年度科学研究費補助金( 基盤研究(C)(2))研究成果報告書   2006年

     詳細を見る

  • Measurement of Breast Density on DigitalMammograms

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Tetsuhiro Sumimoto, Yoshihiro Takeda, Naoko Tsujita, Shigefumi Kadohisa

    Instrumentation and Measurement Technology   2006年

  • High Accuracy Measurement System of Absorbed Dose Using Combination of Radiochromic Film and Micro-Densitometer for Radiation Therapy

    Hideki Aoyama, Yoshiharu Azuma, Sachiko Goto, Hirofumi Hato, Tetsuhiro Sumimoto

    Instrumentation and Measurement Technology   2006年

  • Head multidetector-row CT angiography with low kV settings:improved vessel enhancement and noise reduction in phantom studies

    Hiroyuki Hamaguchi, Takuya Akagawa, Youji Kimura, Koutarou Hashimoto, Kazutoshi Tsunou, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma

    the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006(WC2006)   2006年

     詳細を見る

  • Influence of image quality characteristics on the accuracy of vessel measurement using Multi-detector CT scanner

    T. Akagawa, Y. Azuma, S. Goto, T. Sumimoto

    The Society of Instrument and Control Engineers   2005年

     詳細を見る

  • Tomographic Image Analysis for Detection of Defects at BGA

    T. Sumimoto, T. Maruyama, Y. Azuma, S. Goto, M. Mondou, N. Furukawa, S. Okada

    The Society of Instrument and Control Engineers   2005年

     詳細を見る

  • Estimation of Breast Density on Digital Mammograms

    N. Tsujita, S. Goto, Y. Azuma, T. Sumimoto, S. Kadohisa

    The Society of Instrument and Control Engineers   2005年

     詳細を見る

  • Improvement in Measuring Accuracy of Radiochromic Film Density for High-Energy X-Rays

    H. Aoyama, Y. Azuma, S. Goto, T. Sumimoto

    The Society of Instrument and Control Engineers   2005年

     詳細を見る

  • X-ray image analysis of defects at BGA for manufacturing system reliability

    T Sumimoto, T Maruyama, Y Azuma, S Goto, M Mondou, N Furukawa, S Okada

    Advanced Reliability Modeling   507 - 514   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    This paper deals with the image analysis of defects at BGA for the reliability in PC boards by using X-ray imaging. To assure the manufacturing reliability, an inspection system of BGA is required in the surface mount process. As we can find mostly solder bridge defects, we pay attention to detecting solder bridge in a production line. The problems of image analysis for the detection of defects at BGA solder joints are the detection accuracy and image processing time according to a line speed. To get design data for the development of the inspection system, which can be used easily in the surface mount process, we attempt to measure the shape of BGA based on X-ray imaging.

    Web of Science

    researchmap

  • GAFクロミックフィルムを用いた放射線治療における線量分布測定精度に関する研究

    東 義晴, 中桐義忠, 後藤佐知子

    平成14年度〜平成15年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書   2004年

     詳細を見る

  • Automatic Pattern Classification of The Digitized Mammographic Breast Density

    Yoshiharu AZUMA, Sachiko GOTO, Tetsuhiro SUMIMOTO

    Cybernetics and Information Technologies, Systems and Applications   2004年

     詳細を見る

  • Detection of Defects of BGA by Tomography Imaging

    TETSUHIRO SUMIMOTO, TOSHINORI MARUYAMA, YOSHIHARU AZUMA, SACHIKO GOTO, MUNEHIRO MONDOU, NOBORU FURUKAWA AND, SABURO OKADA

    Cybernetics and Information Technologies, Systems and Applications   2004年

     詳細を見る

  • Automatic pattern classification reliability of the digitized mammographic breast density

    T Sumimoto, S Goto, Y Azuma

    Advanced Reliability Modeling   499 - 506   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    The computer aided-system for the breast density pattern classification was built based on the researches of the objective quantification which converts breast density into glandular rate employing the phantom of the synthetic breast-equivalent resin material, and the subjective quantification of radiologists' visual assessment with the method of analysis of paired comparisons employing the Thurstone-Mosteller model. The system consists of the two processes. In the first process, pixels of a digitized mammogram are converted into glandular rates using the neural network to which the exposure conditions and the breast thickness were inputted. In the second process, the pattern classification and the glandular rate computation were performed taking visual assessment into consideration by the neural network to which feature values of the histogram of the glandular rate image converted into gray level were inputted. As a result of receiver operating characteristics (ROC) analysis estimating the pattern classification reliability to visual assessment in 93 samples, the area A(Z) under ROC curve was 0.95 or more values in each pattern. In the computed glandular rate to visual assessment, the maximum absolute error was 13% and the average absolute error was 3.4%.

    Web of Science

    researchmap

  • GAFクロミックフィルムを用いた放射線治療における線量分布測定精度に関する研究

    東 義晴, 中桐義忠, 後藤佐知子

    INNERVISION   2004年

     詳細を見る

  • Shape Measurement of BGA for Analysis of Defects by X-Ray Imaging

    T. Sumimoto, T. Maruyama, Y. Azuma, S. Goto, M. Mondou, N. Furukawa, S. Okada

    Instrumentation and Control Technology   2003年

     詳細を見る

  • Classification of the mammographic breast density by the histogram approach using neural networks

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Tetsuhiro Sumimoto, Shigeru Eiho

    Instrumentation and Control Technology   2003年

     詳細を見る

  • Estimating AverageGlandular Dose by Measuring Glandular Rate in Mammograms

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Tetsuhiro Sumimoto, Shigeru Eiho

    MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY   2003年

     詳細を見る

  • Image Analysis Techniques for the Detection of Defectsat BGA by X-Ray

    T. Sumimoto, T. Maruyama, Y. Azuma, S. Goto, M. Mondou, N. Furukawa, S. Okada

    ADC Modeling and Testing   2003年

     詳細を見る

  • Development of image analysis for detection of defects of BGA by using x-ray images

    T Sumimoto, T Maruyama, Y Azuma, S Goto, M Mondou, N Furukawa, S Okada

    IMTC/O3: PROCEEDINGS OF THE 20TH IEEE INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT TECHNOLOGY CONFERENCE, VOLS 1 AND 2   1131 - 1136   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    In the surface mount technology, Ball Grid Array (BGA) has been used in a production of PC boards, because of their excellent characters such as high density of the lead pin pitch, better lead rigidity and self-alignment during re-flow processing. This paper deals with the development of image analysis for the detection of defects at BGA solder joints in PC boards by using X-ray images. In the conventional IC boards, it is possible to detect defects of solder joints by visual inspection, because the lead of IC package is set on its outside. However, we can't detect visually defects at BGA solder joints, because they are hidden under the IC package. In a production line, the inspection of BGA in PC boards depends on the function test of electric circuits in the final process. To improve a cost performance and the reliability of PC boards, an inspection of BGA is required in the surface mount process. Types of defects at BGA solder joints are solder bridge, missing connection, solder voids, open connection and miss-registration of parts. As we can find mostly solder bridge in these defects, we pick up this to detect solder bridge in a production line. The problems of image analysis for the detection of defects at BGA solder joints are the detection accuracy and image processing time according to a line speed of production. To get design data for the development of the inspection system, which can be used easily in the surface mount process, it is important to develop image analysis techniques based on X-ray image data. At the first step of our study, we attempt to detect the characteristics of the solder bridges based on an image analysis.

    Web of Science

    researchmap

  • Estimation of the digitized mammographic breast density by the histogramapproach using theneural network

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Tetsuhiro Sumimoto, Yoshihiro Takeda, Shigeru Eiho

    ADC Modeling and Testing   2003年

     詳細を見る

  • Detection of Defects at BGA Solder Joints by Using X-ray Imaging

    Sumimoto T, Maruyama T, Azuma Y, Goto S, Mondo M, Okada S

    2002 IEEE International Conference on Industrial Technology, Proceedings   2002年

  • Image Analysis for Detection of Defects of BGA by Using X-ray Imaging

    Sumimoto T, Maruyama T, Azuma Y, Goto S, Mondo M, Okada S

    Proceeding of International Conference on Contorol, Automation and Systems   2002年

     詳細を見る

  • A Neural Network Approach to Classification on Mammographic Density

    Goto S, Azuma Y, Sumimoto T, Eiho S

    2nd European Medical and Biological Engineering Confernce   2002年

     詳細を見る

  • Development of Measurement System for Patient Exposure Dose on X-Ray Screening Mammography

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Tetsuhiro Sumimot, Toshinori Marnyama, Shigeru Eiho

    Proceedings of Environmental Signal Processing and Noise Controlling Techllology   2001年

     詳細を見る

  • Measurement of Patient Exposure Dose on X-Ray Screening Mammography

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Tetsuhiro Sumimoto, Toshinori Maruyama, Shigeru Eiho

    Proceeding of the 18th IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference   2001年

     詳細を見る

  • Evaluation of Breast Composition for Radiation Absorbed Dose in Mammography

    Med. Phys   Vol.27 No.6 1399   2000年

     詳細を見る

  • 診断領域X線の測定と被曝低減

    中桐義忠, 丸山敏則, 後藤佐知子, 東義晴, 渋谷光一, 杉田勝彦

    INNERVISION   2000年

     詳細を見る

  • 乳がんX線検診における被曝線量の計測

    後藤佐知子, 東 義晴, 住本哲宏

    電子情報通信学会技術研究報告   2000年

     詳細を見る

  • 乳房X線撮影における医療被曝

    後藤佐知子, 東 義晴, 丸山敏則, 住本哲宏

    計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   2000年

     詳細を見る

  • 乳がんX線検診における被曝線量の計測

    電子情報通信学会技術研究報告   100 ( 273 )   1 - 6   2000年

     詳細を見る

  • 乳房X線撮影における医療被曝

    第9回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集   610-611   2000年

     詳細を見る

  • Evaluation of Breast Composition for Radiation Absorbed Dose in Mammography

    Med. Phys   Vol.27 No.6 1399   2000年

     詳細を見る

  • Computer Assisted System for Breast Dosimetry on Mammography

    Proceedings of the 14th International Congress and Exhibition Computer Assisted Radiology and Surgery   CARS 2000 1214 1007   2000年

     詳細を見る

  • Evaluation of Breast Composition for Radiation Absorbed Dose in Mammography

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Toshinori Maruyam, Yoshihiro Takeda, Masami Azuma

    Medical Physics   2000年

     詳細を見る

  • Computer Assisted System for Breast Dosimetry on Mammography

    Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Toshinori Maruyam, Yoshihiro Takeda, Yoshio Hiraki

    Computer Assisted Radiology and Surgery Proceedings of the 14th International Congress and Exhibition   2000年

     詳細を見る

  • 診断領域X線の測定と被曝低減について

    中桐義忠, 杉田勝彦, 東義晴, 渋谷光一, 後藤佐知子

    文部省 科研費研究課題の成果   2000年

     詳細を見る

  • Computer Assisted System for Breast Dosimetry on Mammography

    Proceedings of the 14th International Congress and Exhibition Computer Assisted Radiology and Surgery   CARS 2000 1214 1007   2000年

     詳細を見る

  • Evaluation of Breast Composition for Radiation Absorbed Dose in Mammography

    Med. Phys   Vol.27 No.6 1399   2000年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • CT減弱補正におけるCT撮影条件が骨SPECTの定量値に与える影響

    中澤健吾, 中嶋真大, 後藤佐知子, 竹田芳弘, 本田貢

    第17回 中四国放射線医療技術フォーラム  2021年12月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月18日 - 2021年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高吸収体がトモシンセシス画像ノイズ測定に与える影響

    福井亮平, 太田雄大, 沼田美保, 谷口菜摘子, 西岡早紀, 松浦龍太郎, 木田勝博, 後藤佐知子, 本田貢, 平木隆夫

    第17回 中四国放射線医療技術フォーラム  2021年12月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月18日 - 2021年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Comparison of Accuracy of Myocardial T1 Mapping Using 3D Inversion Recovery T1-weighted

    Kaito Sou, Katsuhiro Kida, Sachiko Goto

    第76回 日本放射線技術学会総会学術大会  2020年4月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月9日 - 2020年4月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3D T1 Mapping of Myocardium Using Inversion Recovery T1-weighted Turbo Field-Echo Sequence -Improving Visibility-

    Shotaro Ono, Katsuhiro Kida, Hideki Inamoto, Masahiro Terashima, Sachiko Goto, Yoshiharu

    第75回 日本放射線技術学会総会学術大会  2019年4月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月12日 - 2019年4月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Brief Breath-Holding for Increasing the Number of Slices in Myocardial Multi-slice T1 Mapping

    Katsuhiro Kida, Shotaro Ono, Hideki Inamoto, Masahiro Terashima, Sachiko Goto, Yoshiharu

    第75回 日本放射線技術学会総会学術大会  2019年4月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月11日 - 2019年4月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Myocardial Multi-slice T1 Mapping Using Inversion Recovery T1 Turbo Field Echo (IR-T1TFE)

    Shotaro Ono, Katsuhiro Kida, Masahiro Terashima, Hideki Inamoto, Ryutaro Matsuura, Sachiko Goto

    25th European Congress of Radiology  2019年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月27日 - 2019年3月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ワイヤ法による Digital Breast Tomosynthesis での情報伝達特性の周波数解析

    荒尾 圭子, 後藤佐知子

    第28回 日本乳癌検診学会学術総会  2018年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月23日 - 2018年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Calculation of Aortic Regurgitation Rate by Differential Analysis of Multi Location Time Enhancement Curve Using Test Injection in CT Examination

    Takuya Akagawa, Sachiko Goto, Ryutaro Mastuura, Yoshiharu Azuma

    RSNA 2017  2017年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月28日 - 2017年12月3日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • T1 MAPPING FOR MYOCARDIAL MRI USING T1-WEIGHTED TURBO FIELD ECHO SEQUENCE

    Yuka Tanaka, Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Ryutaro Matsuura, Yumi Orihara, Yoshiharu Azuma

    SMRT 26th ANNUAL MEETING  2017年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月21日 - 2017年4月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Evaluation of Motion Artifact in Readout Segmented DWI with multiple b-value

    Ryutaro Matsuura, Sachiko Goto, Yumi Orihara, Yuka Tanaka, Yoshiharu Azuma

    SMRT 26th ANNUAL MEETING  2017年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月21日 - 2017年4月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Motion Artifact Control in Readout Segmented DWI

    Yumi Orihara, Sachiko Goto, Ryutaro Matsuura, Yuka Tanaka, Yoshiharu Azuma, Toshi Matsushita, Seiji Tahara

    SMRT 26th ANNUAL MEETING  2017年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月21日 - 2017年4月25日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Influences of Pitch Factors and Rotation Times on Response Characteristics of a Tube Current in Chest CT for Infants under a CT-Auto Exposure Control: Phantom Study

    T Akagawa, S Goto, Y Azuma

    RSNA 2016  2016年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月27日 - 2016年12月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A Gradient- and Spin-echo (GRASE) Sequence for Breath-hold Three-dimensional (3D) Magnetic Resonance Cholangiopancreatography (MRCP) at 3.0 T

    Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Ryutaro Matsuura, Yuka Tanaka, Tsutomu Kajitani, Yoshiharu Azuma

    RSNA 2016  2016年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月26日 - 2016年12月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Addition of DTI tractography to fMRI for hand movement

    Tomoki Ii, Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Ryutaro Matsuura, Tsutomu Kajitani, Yoshiharu Azuma

    SMRT 25th ANNUAL MEETING  2016年5月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月7日 - 2016年5月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Phantom Study of T1 Mapping Using Inversion Recovery Turbo Field Echo Sequence for Breast Tumor at 3.0 T

    Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Ryutaro Matsuura, Tomoki Ii, Tsutomu Kajitani, Yoshiharu Azuma

    SMRT 25th ANNUAL MEETING  2016年5月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月7日 - 2016年5月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Image Quality and Dose Performance in Pediatric Heart Computed Tomography Diagnosis Using a High Pitch Double Spiral Scan Technique

    Ryutaro Matsuura, Sachiko Goto, Yoshiharu Azuma, Noriaki Akagi, Tomoyuki Ii, Shuhei Sato, Seiji Tahara

    RSNA 2015  2015年12月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月29日 - 2015年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Scan Time Reduction for 3D TOF MR Angiography of the Brain using Single Slab at 3 T

    Katsuhiro Kida, Sachiko Goto, Ryutaro Matsuura, Tomoki Ii, Tsutomu Kajitani, Yoshiharu Azuma

    RSNA 2015  2015年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月29日 - 2015年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 人工無能を実装したマンモグラフィ用ポジショニングドールによるアクティブラーニング

    研究課題/領域番号:19K12268  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    後藤 佐知子

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    診療放射線技師を養成するにあたり,病院施設での臨床実習は教育課程における必要不可欠な必修科目である。その内容は多岐にわたり,学生は実際の装置,患者を相手に学習を行っているが,その中で実習が許可されにくい撮影がある。それがマンモグラフィである。特に男子学生にいたっては見学さえも不可能であり,就職試験,国家試験等において多大な不利益を被っている。そこで本研究では,マンモグラフィ技術養成用ポジショニングドールの開発を提案する。このポジショニングドールは圧迫可能な疑似乳房を持ち,さらにICTのひとつである人工無能(自動応答プログラム)によって,①モンスター(自己中心)型,②不安訴え型,③ノーマル型に育成された模擬患者人格を実装する。人工無能とは,人工知能に対する用語で,人間が持っている知能をコンピュータ上で実現することを目的とした,人工知能(AI)ほどインテリジェンスは無いが,自然な会話を行わせることによって「人間らしさ」を実現しようとアプローチ・学習させることを目的とする。平成31年度では,この人工無能による知的対話型アプリケーションの開発を行った。その際,主な機械学習用ライブラリとしてTensorFlowを採用し,学習用言語ソースとして日本語版Wikipediaを利用した。機械学習のモデルとしてはRNN,LSTM,CNNを採用し,それぞれを比較,検討を行っている。平行して,カメラおよび超音波センサを搭載した自走型架台ロボットを導入し,ポジショニングドールの基礎を開発している。

    researchmap

  • ニューラルネットワークを用いた乳がんカテゴリーへの自動分類システムの構築

    研究課題/領域番号:16790731  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    後藤 佐知子

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本研究は,乳房X線撮影における乳がんのカテゴリー分類を,ニューラルネットワークを用いて自動分類することを目的とする.ニューラルネットワークの構築は,放射線科専門医による主観的な,つまり経験的な判断機序を用いて試みる.最終的に,乳房X線写真からの画像情報をニューラルネットワークによって擬人化させたコンピュータ上にて分析させ,American College of Radiology (ACR)によるBreast imaging Reporting and Data System (BI-RADS)に沿った乳がんカテゴリーへの自動分類システムの構築を目指す.
    BI-RADSにおける乳がんカテゴリー分類のプロセスは以下の4段階に分けられる.
    (1)乳房全体の乳腺濃度の観察
    (2)腫瘤の有無(あれば腫瘤の大きさ,形状の観察)
    (3)石灰化陰影の有無(あればその数,分布,形状の観察)
    (4)以上を総合しカテゴリーI〜Vのリスクに分類する.
    17年度は,BI-RADSカテゴリーの自動分類をニューラルネットワークを用いて構築することを目的として研究を行った.先ず,16年度において解析した「知識」の特徴値を入力,カテゴリー分類を出力として,階層構造ニューラルネットワークを用いて初期状態の構築(プリワイヤ)を行った.その後,16年度で使用した試料画像を用い,ニューラルネットワークの学習を行った.学習方法は誤差逆伝播法を用いた.プリワイヤを学習課程において改良していき,最適条件を決定した後.最終的に構築したシステムの精度について,ニューラルネットワークの研究分野で頻繁に用いられているLeave-One-Out方法によって確認した.そして本研究において構築したシステムの有用性を分析した.

    researchmap

  • 放射線治療におけるGAFクロミックフィルム用線量分布測定装置の開発

    研究課題/領域番号:16591205  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    東 義晴, 後藤 佐知子

      詳細を見る

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    基盤研究(C)(2)(平成14〜15年度)を受け、GAFクロミックフィルムの測定誤差を医用画像処理の研究から蓄積したサブトラクション処理や撮影用X線フィルム面の不均一補正の技術を利用し、放射線治療技術の精度管理上必要な誤差である数%にできることが、測定装置の改造等を通して確認できた。ただし、高価なマイクロデンディトメータやレーザデンシトメータ等が必要なことや、測定時間がかかり過ぎる欠点もあった。そこでフラットヘッドスキャナを改良しGAFクロミックフィルムの高エネルギーX線・線量分布測定精度の向上のための安価で高速な測定装置の開発を行うことを目的とした。まず16年度、GAFクロミックフィルムの濃度測定器として、汎用フラットヘッドスキャナES-2200(EPSON)の透過ユニットの測定光源を670nmの波長に改造した。製品としては赤外線イメージスキャナIR-4000(アイメジャー有限会社)のカスタマイズとなった。このIR-4000の入荷は平成16年末になったためスキャナの性能評価を16年度に続き行うとともに測定精度の確認を中心に行った。また、GAFクロミックフィルムMD-55、HSに加え、EBTも発売されたため、測定波長630nmの透過ユニットの発注を行い、同様にEBTに対するスキャナの性能評価を行った。
    以下にその結果の概略をまとめる。
    1.GAFクロミックフイルムへの測定光源波長への対応
    MD-55およびHSは670nm、EBTは630nmを持つ光に対し最大吸収を示す。これらの特性に対応するため、汎用フラットヘッドスキャナの本体は共通にして、測定光源のLEDを取り換えた透過ユニットのみを交換する形式とした。これにより安価で多用途のスキャナが実現できた。
    2.測定感度の向上
    測定光源を各GAFクロミックフィルムへの最大吸収波長に合わせたことから、従来の汎用フラットヘッドスキャナの使用に比較して1.5〜1.8の高感度の濃度測定システムを完成することができた。さらに、ノイズ対策をうまく行えば、測定精度を飛躍的に向上させることが可能になった。

    researchmap

  • GAFクロミックフィルムを用いた放射線治療における線量分布測定精度に関する研究

    研究課題/領域番号:14570859  2002年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    東 義晴, 後藤 佐知子, 中桐 義忠

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    放射線治療分野においても急速な技術革新が行われ,線量評価もさらに複雑となり高精度化が要求されている。その中で,二次元の線量分布評価を行う線量計の一つとしてRadiochromic filmが開発され,目されている。測定誤差においては,Gafchromic film自体がもつ濃度不均一性が直接関与し,さらに,濃度測定器の構造やその光源特性においては,Gafchromic filmと濃度測定器とのマッチングの問題も指摘されている。そこで,本研究は,Gafchromic filmの濃度測定における精度について調べるとともに照射前の光学濃度(初期濃度)が照射後の濃度に与える影響についての解析を行い,その補正方法を検討した。
    まず,X線フィルム測定用Laser Densitometer Model 1710 (Computerized Medical Systems社製)とGafchromic film MD-55-2(ISP TECHNOLOGIES社製)の構成からなる線量測定系を対象に,吸収線量1〜60Gyにおける濃度測定精度の確認や濃度データの二次元画像化によるアーチファクトの有無の観察を行った。その結果,3D-CRTやIMRTにおける複雑な線量分布評価を行うなど,高精細のピクセルレベルでの測定精度が求められる場合は,二重露光技術に代表されるような濃度不均一性の補正過程をさらに加える必要があると考えられた。
    さらに,Gafchromic filmの照射前の光学濃度(初期濃度)が照射後の濃度に与える影響についての解析を行い,その補正方法を検討した。その結果,Gafchromic filmの吸収線量の測定精度を向上させるために,誤差の原因の一つとして挙げられる照射前のフィルムの濃度(ピクセル値)に着目し,照射前後の試料ピクセル値の関係を調べると,照射前の試料ピクセル値が高くなるにしたがい,照射後の試料ピクセル値も高くなることがわかった。さらに,両者間の関係を直線近似できたことから,各照射前の試料ピクセル値ごとにピクセル値-吸収線量変換曲線を作成し照射後の試料ピクセル値を補正する方法を採用した。この方法により,従来の濃度-吸収線量変換曲線のみで行う測定より精度に高い測定結果を得ることができた。

    researchmap

  • 乳癌検診における医療被曝と受診効率の推定

    研究課題/領域番号:12770489  2000年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    後藤 佐知子

      詳細を見る

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

    乳癌は乳腺に限局して発生する癌であるため,X線マンモグラフィにおける医療被曝は乳腺組織に吸収された平均線量で表すのが,最も有効な被曝線量の指標となる.すなわち,乳腺組織量の多少によって医療被曝は左右されることになる.乳腺組織量は個人差の最も大きい臓器であり,また同一個人であっても年齢を重ねる事によって千差万別に変化していく.そこで本研究は,乳腺組織量の多少に関係すると思われる要因,年齢,乳房厚,出産回数,授乳歴,ホルモン療法の既往歴別にX線マンモグラフィ受診者の医療被曝をデータベース化し,被曝(リスク)と早期発見(利益)についての妥当性を検討した.結果,乳腺量に影響を及ぼす最大の要因は加齢であった.また,ホルモン療法の既往歴は,個人によっては治療後,かなりの期間が経っても組織の乳腺様化が持続し,加齢による要因に負の影響を与えた.出産回数では,回数別では大きな差は見られなかったが,出産0回,未出産については高齢でも高い乳腺組織量を保っていた.授乳歴では,同一個人における乳腺量の左右差に大きな影響を与えた.X線マンモグラフィを用いた乳がん検診のリスク・利益分析についての先行研究では,リスクを寿命の短縮とした上で,利益とのバランス関係が成立するのは約30歳としている.しかし,30歳の乳腺組織量は出産の有無に関係なく非常に多く,乳房厚も厚いため医療被曝は多くなる.その反面,X線マンモグラフィの診断的価値はかなり低いものとなる場合が多い.本研究では,リスクを医療被曝,利益を早期発見(診断的価値)として統計的分析をニューラルネットワークにて行った結果,バランス関係は約45歳と考えられた.

    researchmap

  • X線マンモグラフィの被曝線量の測定と低減

    研究課題/領域番号:10770445  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    後藤 佐知子

      詳細を見る

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

    X線マンモグラフィにおける医療被曝の測定及び低減を目的として,平成11年度は以下の調査,研究を行った.
    まず,医療被曝を推定するために,平成10年度で得られたデータベースから以下のルックアップテーブルを作成した.
    1.乳房組織構成比別(乳腺:脂肪組織)の平均乳腺組織線量
    2.空中における入射線量
    3.乳房組織構成比別のディジタル値
    以上のルックアップテーブルにX線マンモグラフィにおける撮影条件を参照させ,マンモグラフィをディジタイズする事により,患者の医療被曝を推定できるシステムを完成した.そして以下のような検討・考察を行った.
    1.本システムにより,日本人女性における乳房組織構成比の妥当性
    2.平成10年度に行ったアンケート調査と,乳房組織構成比の相関
    3.実際の臨床における平均乳腺組織線量の推定
    4.X線マンモグラフィでのガイドラインと,3.の比較,および限度値低減の可能性
    本研究の結果より,平均的な日本人女性の乳房は欧米人に比べ乳腺組織が多い傾向にある事が分かった.従って,欧米人を対象として作成されたガイドラインをそのまま参照する事は,医療被曝を過小評価する危険性をもたらす.また,高年齢,出産回数,授乳状況,婦人科などにおけるホルモン療法によって乳房構成比は大きく異なり,負の相関がある事がわかった.すなわち,乳房構成を一律に想定し(乳腺50%:脂肪組織50%),X線装置の撮影条件のみで算出する従来の医療被曝推定法では,患者の個人被曝を推定するには不十分であると思われた.

    researchmap

  • 診断領域X線の測定と被曝低減について

    研究課題/領域番号:09670935  1997年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    中桐 義忠, 渋谷 光一, 東 義晴, 杉田 勝彦, 後藤 佐知子

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    X線診断領域における患者の臓器の被曝線量を算定するために、表面線量とPDDデータの測定を行った。このデータを用いて、X線撮影条件から体内深部にある任意の関心臓器の被曝線量が推定できる。X線診断において関心の深い妊娠中の胎児の被曝について、岡山県下の病院に撮影条件のアンケートを行い、腹部単純撮影1枚毎の胎児の被曝線量を算定したところ、結果は非常にばらついた値となった。その平均値を胎児の生物学的影響のしきい値に照らした結果、撮影枚数164枚でしきい値に達することがわかった。
    更に、腰部側面撮影のように胎児の前に骨が存在する場合の影響について実験を行った。その結果、骨直下では骨の吸収による影響があるが、骨から10cm以上離れるとほとんど影響がないことがわかった。
    被曝の低減方法については、附加フィルターを放射口に装着して総濾過を大きくした場合のPDDの変化を調べたところ、体内深部においては表面線量ほどの線量の低減はなく、管電圧が高いほど、またフィルターが簿いほど低減率は悪かった。
    本実験の結果を見ると、X線診断領域で使用される線量は生物学的に患者に急性の障害を引き起こす量ではないが、しきい値がないとされる確率的影響を考えれば、正確な線量測定データに照らし、被曝低減に留意する必要があろう。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • ボランティア実践 (2021年度) 3・4学期  - 火7~8

  • ボランティア実践 (2021年度) 3・4学期  - 火7~8

  • ボランティア実践 (2021年度) 3・4学期  - 火7~8

  • ボランティア実践 (2021年度) 3・4学期  - 火7~8

  • 医用情報理工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 医用情報理工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 医用機器安全管理学 (2021年度) 第1学期  - 水2~3

  • 医用画像処理学 (2021年度) 第3学期  - 水5~6

  • 医用画像処理学演習 (2021年度) 第4学期  - 金4~6

  • 医用画像検査機器工学 (2021年度) 第2学期  - 金5~6

  • 医用画像管理機器工学 (2021年度) 第3学期  - 月3~4

  • 医用画像解析・診断技術学演習 (2021年度) 後期  - 月7

  • 医用画像解析・診断技術学特講 (2021年度) 前期  - 木7

  • 医用画像解析学演習 (2021年度) 後期  - 水7

  • 医用画像解析学特論 (2021年度) 前期  - 水7

  • 医用画像評価学 (2021年度) 第3学期  - 月5~6

  • 医療情報学 (2021年度) 第2学期  - 木6~7

  • 医療情報学演習 (2021年度) 第1学期  - 水4~5

  • 卒業研究 (2021年度) 1~3学期  - その他

  • 危機管理学 (2021年度) 後期  - 木7

  • 基礎医用画像情報学実験 (2021年度) 第2学期  - 月1~6

  • 放射線写真科学 (2021年度) 第1学期  - 月4~5

  • 放射線機器工学実験 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]火5~8,金5~8, [第4学期]火5~8,水5~8

  • 放射線機器工学I (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 放射線機器工学II (2021年度) 第4学期  - 月6~7

  • 放射線機器工学III (2021年度) 第4学期  - 木3~4

  • 放射線計測学実験I (2021年度) 第2学期  - 火1~6

  • 数理・データサイエンスの基礎 (2021年度) 第3学期  - 月1~2

  • 画像解剖学 (2021年度) 第1学期  - 木1~2

  • 臨床医学特別実習 (2021年度) 第4学期  - 月4~6,水4~6

  • 臨床技能演習 (2021年度) 夏季集中  - その他

  • 診療撮影技術学実習 (2021年度) 3・4学期  - [第3学期]火1~4,金1~4, [第4学期]火1~4,水1~4

  • 診療撮影技術学IV (2021年度) 第3学期  - 水3~4

  • Exploratory Practice Ⅰ (2021年度) 夏季集中  - その他

  • Exploratory Practice Ⅱ (2021年度) 夏季集中  - その他

  • Exploratory Practice Ⅲ (2021年度) 夏季集中  - その他

  • Introduction course for Health Sciences (2021年度) 前期  - 水5

  • ボランティア実践 (2020年度) 3・4学期  - 火7,火8

  • ボランティア実践 (2020年度) 3・4学期  - 火7,火8

  • ボランティア実践 (2020年度) 3・4学期  - 火7,火8

  • 医用情報理工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 医用情報理工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 医用機器安全管理学 (2020年度) 第1学期  - 水2,水3

  • 医用画像処理学 (2020年度) 第3学期  - 水5,水6

  • 医用画像処理学演習 (2020年度) 第4学期  - 金4,金5,金6

  • 医用画像検査機器工学 (2020年度) 第2学期  - 金5,金6

  • 医用画像管理機器工学 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4

  • 医用画像解析・診断技術学演習 (2020年度) 後期  - 月7

  • 医用画像解析・診断技術学特講 (2020年度) 前期  - 木7

  • 医用画像解析学演習 (2020年度) 後期  - 水7

  • 医用画像解析学特論 (2020年度) 前期  - 水7

  • 医用画像評価学 (2020年度) 第3学期  - 月5,月6

  • 医療情報学 (2020年度) 第2学期  - 木6,木7

  • 医療情報学演習 (2020年度) 第1学期  - 水4,水5

  • 危機管理学 (2020年度) 後期  - 木7

  • 基礎医用画像情報学実験 (2020年度) 第2学期  - 月1,月2,月3,月4,月5,月6

  • 放射線機器工学実験 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]火5,火6,火7,火8,金5,金6,金7,金8, [第4学期]火5,火6,火7,火8,水5,水6,水7,水8

  • 放射線機器工学I (2020年度) 第3学期  - 木3,木4

  • 放射線機器工学II (2020年度) 第4学期  - 月6,月7

  • 放射線機器工学III (2020年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 放射線物理学I (2020年度) 第2学期  - 月7,月8

  • 放射線物理学II (2020年度) 第3学期  - 水5,水6

  • 放射線物理学III (2020年度) 第4学期  - 月4,月5

  • 臨床医学特別実習 (2020年度) 第4学期  - 月4,月5,月6,水4,水5,水6

  • 臨床技能演習 (2020年度) 夏季集中  - その他

  • 診療撮影技術学I (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 診療撮影技術学III (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 診療撮影技術学IV (2020年度) 第3学期  - 水3,水4

  • Exploratory Practice Ⅰ (2020年度) 夏季集中  - その他

  • Exploratory Practice Ⅱ (2020年度) 夏季集中  - その他

  • Exploratory Practice Ⅲ (2020年度) 夏季集中  - その他

  • Introduction course for Health Sciences (2020年度) 前期  - 水5

  • MRI撮影技術学 (2020年度) 第3学期  - 水7,水8

▼全件表示