2022/08/17 更新

写真a

コバシ ヨシミツ
小橋 好充
所属
自然科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 同志社大学 )

研究キーワード

  • 燃焼

  • 燃料

  • Combustion

  • Fuel

  • 内燃機関

  • 噴霧

  • Internal Combustion Engines

  • Spray

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

学歴

  • 同志社大学    

    - 2007年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 同志社大学    

    - 2004年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 同志社大学    

    - 2002年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   学術研究院自然科学学域   准教授

    2022年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 北海道大学   大学院工学研究院   助教

    2016年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • University of Wisconsin - Madison   客員研究員

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 金沢工業大学   工学部   講師

    2009年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 金沢工業大学   基礎実技教育課程プロジェクト教育センター   講師

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 同志社大学   研究開発推進機構   特別研究員

    2007年 - 2008年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 日本機械学会   エンジンシステム部門 広報委員会 幹事  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 自動車技術会北海道支部   学自研担当理事  

    2018年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本液体微粒化学会   事業部会 部会長  

    2017年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 自動車技術会北海道支部   庶務担当理事  

    2016年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本機械学会   エンジンシステム部門 幹事  

    2016年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本マリンエンジニアリング学会   ディーゼル機関研究委員会委員  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本液体微粒化学会   理事  

    2015年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本液体微粒化学会   研究部会 第3研究委員会 委員長  

    2014年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本機械学会 エンジンシステム部門 北信越エンジンシステム研究会 幹事  

    2009年 - 2012年   

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Steady-state kinetic modeling of NH3-SCR by monolithic Cu-CHA catalysts 査読

    Gen Shibata, Naoki Shibayama, Keita Araki, Yoshimitsu Kobashi, Hideyuki Ogawa, Yuta Nakasaka, Ken-ichi Shimizu

    Catalysis Today   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2022.06.012

    researchmap

  • Effects of Chemical Compositions and Cetane Number of Fischer–Tropsch Fuels on Diesel Engine Performance 査読

    Haoyu Yuan, Takuma Tsukuda, Yurui Yang, Gen Shibata, Yoshimitsu Kobashi, Hideyuki Ogawa

    Energies   15 ( 11 )   4047 - 4047   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/en15114047

    researchmap

  • Spark knock suppression in spark ignition engines with hydrogen addition under low and high engine speeds 査読

    Jun Goto, Yoshimitsu Kobashi, Yusuke Matsumura, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa, Naoyoshi Kuragaki

    International Journal of Hydrogen Energy   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2022.03.286

    researchmap

  • Fuel Reformation by Piston Compression of Rich Air-fuel Mixture 査読

    Gen Shibata, Go Asai, Shuntaro Ishiguro, Yusuke Watanabe, Yoshimitsu Kobashi, Hideyuki Ogawa

    International Journal of Engine Research   first published online   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Mechanism of thermal efficiency improvement in twin shaped semi-premixed diesel combustion 査読

    Kazuki Inaba, Yanhe Zhang, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    International Journal of Engine Research   146808742110264 - 146808742110264   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    Improvements of the thermal efficiency in twin shaped semi-premixed diesel combustion mode with premixed combustion in the primary stage and spray diffusive combustion in the secondary stage with multi-stage fuel injection were investigated with experiments and 3D-CFD analysis. For a better understanding of the advantages of this combustion mode, the results were compared with conventional diesel combustion modes, mainly consisting of diffusive combustion. The semi-premixed mode has a higher thermal efficiency than the conventional mode at both the low and medium load conditions examined here. The heat release in the semi-premixed mode is more concentrated at the top dead center, resulting in a significant reduction in the exhaust loss. The increase in the cooling loss is suppressed to a level similar to the conventional mode. In the conventional mode the rate of heat release becomes more rapid and the combustion noise increases with advances in the combustion phase as the premixed combustion with pilot and pre injections and the diffusive combustion with the main combustion occurs simultaneously. In the semi-premixed mode, the premixed combustion with pilot and primary injections and the diffusive combustion with the secondary injection occurs separately in different phases, maintaining a gentler heat release with advances in the combustion phase. The mechanism of the cooling loss suppression with the semi-premixed mode at low load was investigated with 3D-CFD. In the semi-premixed mode, there is a reduction in the gas flow and quantity of the combustion gas near the piston wall due to the suppression of spray penetration and splitting of the injection, resulting in a smaller heat flux.

    DOI: 10.1177/14680874211026429

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/14680874211026429

  • Optimization of Gasoline Compression Ignition Combustion with Ozone Addition and Two-stage Direct-injection at Middle Loads 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Tu Dan Dan Da, Ryuya Inagaki, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    International Journal of Engine Research   1 - 11   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • EGR gas composition effects on ignition delays in diesel combustion 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Masaki Todokoro, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa, Toshihiro Mori, Daichi Imai

    Fuel   281   118730 - 118730   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2020.118730

    researchmap

  • Mechanism of Thermal Efficiency Improvement in Twin Shaped Semi-Premixed Diesel Combustion 査読

    Kazuki Inaba, Yanhe Zhang, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    THIESEL 2020 Conference on Thermo- and Fluid Dynamic Processes in Direct Injection Engines   220 - 232   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Kinetic Modeling of Steady-state NH3-SCR over a Monolithic Cu-CHA 査読

    Wataru Eijima,, Gen Shibata, Naoki Shibayama, Yoshimitsu Kobashi, Hideyuki Ogawa, Ken-ichi Shimizu

    Catalysis Today   352   237 - 242   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Fuel adhesion and oil splash on oil-wet cylinder walls with post diesel fuel injections 査読

    Gen Shibata, Shogo Nishiuchi, Shuntaro Takai, Yoshimitsu Kobashi, Hiroki Kanbe, Eriko Matsumura

    International Journal of Engine Research   146808742091414 - 146808742091414   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1468087420914142

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/1468087420914142

  • Optimization of combustion noise and thermal efficiency in diesel engines over a wide speed and load operational range 査読

    Gen Shibata, Kohei Yamamoto, Mikito Saito, Yuto Inoue, Yasumasa Amanuma, Yoshimitsu Kobashi

    International Journal of Engine Research   21 ( 4 )   698 - 712   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    Pre-mixed diesel combustion has the potential of offering high thermal efficiency with low emissions; however, this may result in loud combustion noise because of the high maximum rate of pressure rise. Combustion noise and thermal efficiency work in a trade-off relation, and it has not been possible to achieve high thermal efficiency with low combustion noise, so far. Our laboratory has worked on combustion noise simulations calculated from the heat release history, and it is now possible to calculate a heat release shape for high thermal efficiency with low combustion noise. In this article, the objective of the research is the reduction of combustion noise by multiple fuel injections with high indicated thermal efficiency for a wide range of engine speeds and loads. The engine employed in the simulations and experiments is a supercharged, single-cylinder direct-injection diesel engine, with a high-pressure common rail fuel injection system. The heat release is approximated by Wiebe functions, and the combustion noise and indicated thermal efficiency are calculated in simulations. The engine operational range was divided into 12 conditions, four engine speed conditions each at three engine load conditions, and the optimum heat release shape for low combustion noise with high indicated thermal efficiency was calculated by a genetic-based algorithm method. The parameters for the genetic-based algorithm simulation were the number of injections, each injection timing, the heating value in each heat release, and the combustion period of each injection. The optimum heat release shape is a delta triangle (Δ)-shaped heat release (the heat release increase in the expansion stroke) with a high degree of constant volume for all conditions; however, the optimum number of heat releases and the injection timing are different depending on the engine speed and load conditions. The simulated results were confirmed by engine tests.

    DOI: 10.1177/1468087419866069

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/1468087419866069

  • Effect of Storage Conditions on the Quality of Jatropha curcas Oils 査読

    Alberto Julião Macamo, Carlos Lucas, Katia Marcos Boene, Lucrécio Biquiza, Yoshimitsu Kobashi, Satoshi Kato

    Energy&Fuels   1 - 5   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Measurements of fuel adhesion on cylinder walls and fuel wall-flow behavior with post diesel fuel injections 査読

    Gen Shibata, Shogo Nishiuchi, Puqing Xie, Shuntaro Takai, Hideyuki Ogawa, Yoshimitsu Kobashi

    International Journal of Engine Research   21 ( 2 )   352 - 366   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    Post fuel injection in the expansion stroke is used for diesel particulate filter regeneration; however, fuel spray impinges on the cylinder liner due to the low temperature and pressure conditions. Fuel adhesion and fuel flowing down across the cylinder liner, the so-called “wall-flow,” was observed by high-speed video images, and this adhesion is a cause of diesel engine lubricant oil dilution and the deterioration of fuel consumption in diesel engines. In this article, the fuel adhesion and the wall-flow of post diesel fuel injections were investigated with a high pressure-temperature constant volume optical chamber. The in-cylinder temperatures and pressures at 30, 60, and 90 °CA ATDCs, conditions commonly employed in post fuel injection timings, were measured by an actual engine, and similar conditions were created in the constant volume chamber by the combustion of a pre-mixed gas of ethylene, oxygen, and nitrogen. Fuel masses of 0.6, 1.1, and 1.7 mg per hole were injected at each ATDC setting. The weight of the adhered fuel on the wall and the fuel in the piston-cylinder crevice were measured by precision balance, and the liquid–vapor phases in the spray were observed by Mie scattering and shadowgraph methods. To measure the thickness of the adhered fuel on the cylinder wall, the laser-induced fluorescence method was employed. The results show that the fuel spray penetration and adhesion on the cylinder wall were different in the test conditions investigated here. With the early post injection, most of the injected fuel vaporizes without penetrating to the cylinder liner and gaseous diesel fuel is condensed on the cylinder wall. A thin and widely spread out fuel film is formed on the cylinder wall; however, no wall-flow could be confirmed by the high-speed video images. With late post fuel injections, the strong penetration of liquid fuel reaches the cylinder wall, and a thick and widely spread out fuel film was formed on the cylinder wall and the wall-flow phenomenon was observed here. However, the quantity of fuel involved in the wall-flow was smaller than that of the fuel adhering to the cylinder wall. The effects of in-cylinder pressure and temperature on the fuel adhesion on the cylinder wall were investigated. With the increase in pressure and temperature, the quantity of adhering fuel was reduced, suggesting that the boost pressure increase by turbo charging and a higher engine load is effective to reduce fuel adhesion. Furthermore, the effects of multiple post fuel injections on fuel adhesion to the cylinder wall were investigated, maintaining the total fuel injection amounts. With increases in the number of fuel injections, the total percentage of adhering post fuel on the cylinder wall was reduced. In the multiple fuel injections, it was observed that fuel motion takes place during the spray pass after the first and second fuel injections and that the penetration length of the second and third fuel sprays increases.

    DOI: 10.1177/1468087419855200

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/1468087419855200

  • Modeling wall film formation and vaporization of a gasoline surrogate fuel 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Yoshio Zama, Tatsuya Kuboyama

    International Journal of Heat and Mass Transfer   147   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 反射衝撃波背後における3成分ガソリンサロゲート燃料の煤生成特性 査読

    田中万里子, 永田勇気, 石井一洋, 小橋好充

    自動車技術会論文集   50 ( 5 )   1224 - 1229   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Investigation of the Effects of Engine Size and Rotation Speed on Diesel Combustion based on Similarity Rules 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Yuma Tanaka, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    SAE Technical Paper 2019-01-2181   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Study of a Lean Homogeneous Combustion Engine System with a Fuel Reformer Cylinder 査読

    Go Asai, Yuki Tokuoka, Thomas Bayer, Shuntaro Ishiguro, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa, Yoshimitsu Kobashi, Yusuke Watanabe

    SAE Technical Paper 2019-01-2177   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study for Ignition Characteristics and Potential of Gasoline Autoignition Combustion with Spark Assist 査読

    Kaname Naganuma, Koki Tanaka, Tsubasa Ito, Yoshimitsu Kobashi

    SAE Technical Paper 2019-01-2317   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Thermal Efficiency Improvements with Split Primary Fuel Injections in Semi-Premixed Diesel Combustion with Multi-Peak Shaped Heat Release 査読

    Kazuki Inaba, Yosuke Masuko, Yanhe Zhang, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    SAE Technical Paper 2019-01-2170   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Ignition Control in a Gasoline Compression Ignition Engine with Ozone Addition Combined with a Two-Stage Direct-Injection Strategy 査読

    Y. Kobashi, Y. Wang, G. Shibata, H. Ogawa, K. Naganuma

    Fuel   249   154 - 160   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 気筒内燃料改質ガスを用いたディーゼル混焼機関の研究(第2報) 査読

    朝井豪, 石黒俊太郎, 三本連太郎, 渡辺勇介, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    自動車技術会論文集 20194559   Vol. 50 ( No. 4 )   1030 - 1035   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 気筒内燃料改質ガスを用いたディーゼル混焼機関の研究(第1報) 査読

    石黒俊太郎, 朝井豪, 渡辺勇介, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    自動車技術会論文集 20194558   Vol. 50 ( No.4 )   1024 - 1029   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Thermal Efficiency Improvement and its Mechanism at Low Load Conditions in Semi-Premixed Diesel Combustion with Twin Peak Shaped Heat Release 査読

    Kazuki Inaba, Yosuke Masuko, Yanhe Zhang, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    SAE Technical Paper 2019-01-1153   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アンモニアSCR用Cu-ZSM-5触媒の定常反応モデルの構築 査読

    永島渉, 小祝隆太郎, 柴田元, 小橋好充, 小川英之, 清水研一, 草鹿仁

    自動車技術会論文集   50 ( 2 )   323 - 327   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 画像相関法を用いたディーゼル噴霧火炎の乱流特性と冷却損失に関する研究 査読

    伊藤佑記, 小橋好充, 長沼要

    自動車技術会論文集   50 ( 2 )   242 - 247   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Flash boiling spray of diesel fuel mixed with ethane and its effects on premixed diesel combustion 査読

    Y. Kobashi, S. HIrako, A. Matsumoto, K. Naganuma

    Fuel   237   686 - 693   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2018.10.042

    researchmap

  • Kinetic Modeling of Ammonia-SCR and Experimental Studies over Monolithic Cu-ZSM-5 Catalyst 査読

    Wataru Eijima, Gen Shibata, Yoshimitsu Kobashi, Ryutaro Koiwai, Hideyuki Ogawa, Kenichi Shimizu, Jin Kusaka

    SAE Technical Paper 2019-01-0024   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4271/2019-01-0024

    researchmap

  • Thermal Efficiency Improvement with Super-Charging and Cooled Exhaust Gas Recirculation in Semi-premixed Diesel Combustion with a Twin Peak Shaped Heat Release 査読

    Kazuki Inaba, Yuto Ojima, Yosuke Masuko, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    International Journal of Engine Research   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1468087418817967

    researchmap

  • Flow fields and turbulent characteristics in non-evaporating diesel sprays 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Kazuhiro Yokogawa, Hiro Miyabe, Ryosuke Hase, Satoshi Kato

    Atomization and Sprays   28 ( 8 )   735 - 749   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1615/AtomizSpr.2018026468

    researchmap

  • Thermal Efficiency Improvement with Super-Charging and Cooled EGR in Semi-premixed Diesel Combustion with a Twin Peak Shaped Heat Release 査読

    Kazuki Inaba, Yuto Ojima, Yosuke Masuko, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    THIESEL 2018 Conference on Thermo- and Fluid Dynamic Processes in Direct Injection Engines   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • NH3-SCR by Monolithic Cu-ZSM-5 and Cu-AFX Catalysts: Kinetic Modeling and Engine Bench Tests 査読

    Gen Shibata, Wataru Eijima, Ryutaro Koiwai, Ken-ichi Shimizu, Yuta Nakasaka, Yoshimitsu Kobashi, Yoshihiro Kubota, Masaru Ogura, Jin Kusaka

    Catalysis Today   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2018.06.023

    researchmap

  • 噴霧分配型燃焼室を用いた双峰形部分予混合化ディーゼル燃焼(第2報 噴霧分配効果に対する実験的検討) 査読

    稲葉一輝, 小島悠人, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    自動車技術会論文集   49 ( 2 )   205 - 210   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究(第3報)燃料加熱が熱流束に及ぼす影響 査読

    巽 健, 前田 篤志, 中田 将徳, 小橋 好充, 桑原 一成, 松村 恵理子, 千田 二郎

    自動車技術会論文集 Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan   49 ( 2 )   138 - 143   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自動車技術会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究(第4報)噴孔径が熱流束に及ぼす影響 査読

    巽 健, 前田 篤志, 中田 将徳, 小橋 好充, 松村 恵理子, 千田 二郎

    自動車技術会論文集 Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan   49 ( 2 )   144 - 149   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自動車技術会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 噴霧分配型燃焼室を用いた双峰形部分予混合化ディーゼル燃焼(第1報)CFD解析による噴霧分配特性の検討 査読

    稲葉 一輝, 小島 悠人, 小橋 好充, 柴田 元, 小川 英之

    自動車技術会論文集 Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan   49 ( 2 )   205 - 210   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自動車技術会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ディーゼル燃料過濃予混合気のピストン圧縮改質 査読

    朝井豪, 渡辺勇介, 石黒俊太郎, 柴田元, 小川英之, 小橋好充, 鈴木拓哉

    自動車技術会論文集 20184028   Vol. 49 ( No. 1 )   24 - 29   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Chemical Reaction Processes of Fuel Reformation by Diesel Engine Piston Compression of Rich Homogeneous Air-Fuel Mixture 査読

    Go Asai, Yusuke Watanabe, Shuntaro Ishiguro, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa, Yoshimitsu Kobashi

    SAE Paper   ( 2017-32-0120 )   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究(第2報) —パイロット噴射が熱流束に及ぼす影響— 査読

    巽 健, 前田篤志, 中田将徳, 小橋好充, 桑原一成, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会論文集   48 ( 5 )   969 - 974   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Auto-ignition Characteristics of Gasoline Sprays with Two-Stage Injection in CI Engines 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Shuhei Yuze, Hideyuki Ogawa, Gen Shibata, Satoshi Kato, Yoshiaki Nishijima, Wakichi Kondo, Shingo Morishima, Shinichiro Kawakita, Tomoki Fujino, Takamasa Ito

    COMODIA 2017   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1299/jmsesdm.2017.9.B201

    researchmap

  • エタン混合燃料による減圧沸騰の効果が予混合化ディーゼル燃焼に及ぼす影響 査読

    松本 彬良, 小橋 好充, 加藤 聰, 長沼 要, 伊藤 貴政, 川北 晋一郎, 森島 信悟, 近藤 和吉

    自動車技術会論文集   48 ( 4 )   795 - 800   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of an Ammonia-SCR Reaction Computation Model and Experimental Studies of Zeolite Catalysts 査読

    Wataru Eijima, Ryutaro Koiwai, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa, Yoshimitsu Kobashi

    COMODIA 2017   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1299/jmsesdm.2017.9.A311

    researchmap

  • 気泡核生成モデルを考慮したノズル内キャビテーションに関する数値解析 査読

    村上 伸吾, 稲垣 良介, 小橋 好充, 松村 恵理子, 千田 二郎

    自動車技術会論文集   48 ( 3 )   745 - 749   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Combustion Noise Reduction with High Thermal Efficiency by the Control of Multiple Fuel Injections in Premixed Diesel Engines 査読

    Gen Shibata, Hideyuki Ogawa, Yuki Okamoto, Yasumasa Amanuma, Yoshimitsu Kobashi

    SAE International Journal of Engines   10 ( 3 )   1128 - 1142   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAE International  

    Premixed diesel combustion is effective for high thermal efficiency and reductions of NOx and PM emissions, but a reduction of combustion noise is necessary for medium-high load engine operation. The control of the fuel injection has become more accurate because of the technical progress of the common rail fuel injection system, and the target heat release shape, calculated by computation, can be achieved by control of EGR, boosting, fuel injection timing, and injection quantity of multiple fuel injections. In this paper, the reduction of premixed diesel combustion noise maintaining high thermal efficiency has been investigated by the control of injection timings and heating values of multiple fuel injections. There are two aspects of the combustion noise reduction by multiple fuel injections. One is the reduction of the maximum rate of pressure rise in each combustion cycle, and the other is noise reduction effects by the noise cancelling spike (NCS) combustion. The research was conducted with both engine simulations and experiments. In combustion noise simulations, the heat release history of multiple injections was approximated by Wiebe functions and the simulated combustion noise was calculated from the fitted curve of the heat release and the coherence transfer function. The structural attenuation (SA) of the test engine was calculated from the power spectrum of the FFT analysis of the in-cylinder pressure wave data and the cross power spectrum of the sound pressure of the engine noise by the coherence method, then the combustion noise (CNL) can be calculated from the structural attenuation and cylinder pressure level (CPL) in the simulation, as shown in equation 4. The simulation results were confirmed by the engine tests. First, the combustion noise reduction by two stage fuel injection was investigated. The maximum rate of pressure rise changes depending on the combustion occurring separately in the compression and expansion strokes. One heat release was set at TDC and the second before or after the TDC. In the late two stage combustion as shown in Figure 12 (b), the combustion noise reduction was most effectively achieved when the heating value of Q2nd is higher than that of Q1st, however in the early two stage combustion in Figure 12 (a), the Q1st heat release occurs during the compression stroke and the combustion noise reduction by the early two stage NCS combustion is more effective than the combustion noise reduction by the late two stage NCS combustion. Three stage combustion simulations were also investigated at 0.6MPa IMEP and 2000 rpm. The optimum heat release shape for low combustion noise and high indicated thermal efficiency was calculated and the role of each part of the heat release in the three stage combustion is discussed. The simulation predicted 87.1 dBA of combustion noise and 50.3 % of indicated thermal efficiency. Finally, the effects of multiple fuel injections on the degree of constant volume and combustion noise are analyzed and discussed.

    DOI: 10.4271/2017-01-0706

    Scopus

    researchmap

  • ゼオライト触媒を用いたNH3-SCR 反応モデルの開発 査読

    永島渉, 小祝隆太郎, 柴田元, 小川英之, 小橋好充, 草鹿仁, 植西徹

    自動車技術会論文集   48 ( 2 )   299 - 304   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 詳細反応機構の解読にもとづくノルマルトリデカンの簡略化反応機構の構築 査読

    桑原 一成, 松尾 直, 酒井 康行, 小橋 好充, 堀 司, 松村 恵理子, 千田 二郎

    自動車技術会論文集   48 ( 1 )   27 - 33   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Investigation of the Transient DPF Pressure Drop under Cold Start Conditions in Diesel Engines 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Shun Oooka, Lin Jiang, Jun Goto, Hideyuki Ogawa, Gen Shibata

    SAE Technical Papers   2017-   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SAE International  

    To monitor emission-related components/systems and to evaluate the presence of malfunctioning or failures that can affect emissions, current diesel engine regulations require the use of on-board diagnostics (OBD). For diesel particulate filters (DPF), the pressure drop across the DPF is monitored by the OBD as the pressure drop is approximately linear related to the soot mass deposited in a filter. However, sudden acceleration may cause a sudden decrease in DPF pressure drop under cold start conditions. This appears to be caused by water that has condensed in the exhaust pipe, but no detailed mechanism for this decrease has been established. The present study developed an experimental apparatus that reproduces rapid increases of the exhaust gas flow under cold start conditions and enables independent control of the amount of water as well as the gas flow rate supplied to the DPF. The results show that the sudden decrease in the DPF pressure drop is caused by the water in the developed system used here. Observations of the soot cake layers in the DPF show that the decrease in the DPF pressure drop is caused by peeling-off and separation of the soot cake layer from the walls of the DPF. An increase in the water flow rate thins the soot cake layer and decreases the DPF pressure drop. Further, numerical simulation using a DPF model developed by a research group at Waseda University was also performed, and the calculated DPF pressure drop captures the changes obtained by the experiments well.

    DOI: 10.4271/2017-01-2372

    Scopus

    researchmap

  • ガソリン圧縮着火燃焼における二段噴射の役割 査読

    小橋好充, 松本彬良, 武藤涼, 加藤聰, 藤野友基, 川北晋一郎, 近藤和吉, 西島義明

    自動車技術会論文集   47 ( 1 )   87 - 92   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究 —噴射圧力が熱流束に及ぼす影響— 査読

    巽 健, 前田 篤志, 宮田 哲次, 小橋 好充, 桑原 一成, 松村 恵理子, 千田 二郎

    47 ( 6 )   1291 - 1296   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Reduction of Reaction Mechanism for n -Tridecane Based on Knowledge of Detailed Reaction Paths 査読

    Kazunari Kuwahara, Tadashi Matsuo, Yasuyuki Sakai, Yoshimitsu Kobashi, Tsukasa Hori, Eriko Matsumura, Jiro Senda

    SAE Technical Papers   2016-   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SAE International  

    n-Tridecane is a low boiling point component of gas oil, and has been used as a single-component fuel for diesel spray and combustion experiments. However, no reduced chemical kinetic mechanisms for n-tridecane have been presented for three-dimensional modeling. A detailed mechanism developed by KUCRS (Knowledge-basing Utilities for Complex Reaction Systems), contains 1493 chemical species and 3641 reactions. Reaction paths during ignition process for n-tridecane in air computed using the detailed mechanism, were analyzed with the equivalence ratio of 0.75 and the initial temperatures of 650 K, 850 K, and 1100 K, which are located in the cool-flame dominant, negative-temperature coefficient, and blue-flame dominant regions, respectively. Based on knowledge derived from the reaction path analysis, a skeletal mechanism containing 49 species and 85 reactions, was developed and validated for representing ignition characteristics over a wide range of initial conditions computed using the detailed mechanism. The skeletal mechanism includes C3H7, C2H5, and CH3 as representative fragmental alkyl radicals, C7H14, C3H6, and C2H4 as representative alkenes, and C3H7CHO and CH2O as representative aldehydes. C3-series reactions beginning with O2 addition to C3H7, were expressed using parameters for C6-series reactions, which took similar reactions for larger alkyl radicals into consideration. Ignition delay times and low-temperature oxidation induction times with the initial temperatures between 600 K and 1200 K using the skeletal mechanism, and their dependences on pressure and equivalence ratio in lean and stoichiometric cases agree well with those using the detailed mechanism. However, the agreement becomes worse as equivalence ratio is increased in rich cases.

    DOI: 10.4271/2016-01-2238

    Scopus

    researchmap

  • ガソリン系燃料のオクタン価が二燃料成層自着火の着火と燃焼過程に及ぼす影響 査読

    武藤涼, 髙木圭一朗, 横川和弘, 小橋好充, 加藤聰

    自動車技術会論文集   47 ( 2 )   299 - 305   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 化学反応速度論にもとづくオクタン価リファレンス燃料の着火遅れ式(第2報) −低温酸化反応を経由する低温条件の着火過程− 査読

    中谷匡希, 桑原一成, 多田卓矢, 古谷正広, 小橋好充, 酒井康行, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会論文集   47 ( 1 )   9 - 15   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Premixed Fuel Effect on Ignition and Combustion of Dual Fuel Compression Ignition Engine 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Ryo Muto, Satoshi Kato

    SAE Technical Papers   2015- ( September )   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SAE International  

    Effects of chemical reaction characteristics of premixed fuel were experimentally studied in a dual fuel compression ignition engine using port injection (PI) of gasoline-like component and direct injection (DI) of diesel fuel. Octane number of port injection fuels, direct injection timing and injection amount ratio between PI and DI were swept to assess the interaction between chemical reaction and mixture distribution in a combustion chamber. Chemical kinetic study using multi-zone modeling was also performed in order to explain experimental results under quiescent condition.

    DOI: 10.4271/2015-01-1789

    Scopus

    researchmap

  • Artificial Control of Diesel Spray and Flame Feature by using Dual-component Fuel 査読

    Satoshi Miyata, Yu Kuwahara, Yoshimitsu Kobashi, Kazunari Kuwahara, Eriko Matsumura, Jiro Senda

    SAE Technical Papers   2015- ( September )   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SAE International  

    Fuel design approach has been proposed as the control technique of spray and combustion processes in diesel engine to improve thermal efficiency and reduce exhaust emissions. In order to kwow if this approach is capable of controlling spray flame structure and interaction between the flame and a combustion chamber wall, the present study investigated ignition and flame characteristics of dual-component fuels, while varying mixing fraction, fuel temperature and ambient conditions. Those characteristics were evaluated through chemiluminescence photography and luminous flame photography. OH radical images and visible luminous flame images were analyzed to reveal flame shape aspect ratio and its fractal dimension.

    DOI: 10.4271/2015-01-1916

    Scopus

    researchmap

  • 種々の二成分混合燃料を用いたディーゼル燃焼における着火および火炎構造に関する研究 査読

    千田二郎, 味岡将士, 向山智之, 宮田哲次, 桑原悠, 小橋好充, 桑原一成, 松村恵理子

    自動車技術会論文集   46 ( 2 )   349 - 354   2015年3月

     詳細を見る

  • 化学反応速度論にもとづくオクタン価リファレンス燃料の着火遅れ式 −低温酸化反応を経由しない高温条件の着火過程− 査読

    桑原一成, 多田卓矢, 古谷正広, 大嶋元啓, 小橋好充, 酒井康行, 安東弘光, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会論文集   46 ( 5 )   851 - 857   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 自動車技術会  

    KUCRS が提供する詳細反応モデルを用いてノルマルヘプタンとイソオクタンのそれぞれについて着火遅れ式を導出する.この着火遅れ式は,着火遅れ時間の燃料濃度依存性,酸素濃度依存性,第三体濃度依存性,熱容量依存性などを分離して記述し,シリンダー内のあらゆる着火現象に適用することを想定したものである.

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.46.851

    CiNii Article

    researchmap

  • ジャトロファ油/灯油混合燃料を用いたコモンレール式ディーゼル機関の特性 査読

    朝香勝義, 横川和弘, 小橋好充, 加藤聰, 鈴木康允, Alberto MACAMO

    日本機械学会論文集   81 ( 824 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.14-00527

    researchmap

  • A Comparative Analysis of Combustion Process, Performance and Exhaust Emissions in Diesel Engine Fueled with Blends of Jatropha Oil-Diesel Fuel and Jatropha Oil-Kerosene 査読

    Takaaki Yamaji, Katsuyoshi Asaka, Yoshimitsu Kobashi, Satoshi Kato, Yasumitsu Suzuki, Albert Macamo

    SAE Technical Paper 2015-32-0797   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Analysis of Turbulence in Diesel Spray Using Time-Resolved PIV 査読

    Kazuyoshi.Yokogawa, Yoshimitsu.Kobashi, Satoshi.Kato

    13th Triennial International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Exhaust Emission Characteristics of Diesel Engine Using Jatropha Crude Oil Blends 査読

    Satoshi Kato, Yoshimitsu Kobashi, Yasumitsu Suzuki, Koji Tosa, Katsuyoshi Asaka, Alberto Macamo

    SAE Technical Papers   2014-   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SAE International  

    Jatropha biofuel is promising renewal oil to produce biodiesel fuel through transesterification method which is shown in many papers. The ideal diesel alternative fuel obtained considering Jatropha as materials is Fatty Acid Methyl Ester (FAME). It is more desirable than the viewpoint of economical efficiency and CO&lt
    inf&gt
    2&lt
    /inf&gt
    control to operate a diesel engine with Jatropha crude (JC) oil. It is the purpose of this research to examine a possibility of using advantageous JC oil direct use as diesel engine fuel, in consideration of the sustainable production of the Jatropha biofuel in Mozambique. The adaptability to the diesel engine of diesel oil and the mixed fuel of JC was examined. Jatropha crude oil contains phorbol ester (PEs) which is a promoter of cancer. Measurement of the concentration of PEs in an exhaust gas was performed using High Performance Liquid Chromatography (HPLC). Skip cycle operation was performed for diesel engine with an electronically-controlled fuel injection system, and it was checked that the PEs concentration in the exhaust gas in low load operation which imitated cold starting condition. As a result of conducting the experiment by the JC mixed fuel up to JC60 had little influence on indicated thermal efficiency and the exhaust gas components except PM, and it has checked the possibility of utilization. However, PM in an exhaust gas increased in proportion to the mixed ratio of JC. Also in the skip cycle which imitated cold starting, it checked that the PEs concentration in an exhaust gas was below a detection limit.

    DOI: 10.4271/2014-01-2770

    Scopus

    researchmap

  • Experimental Validation of a Droplet Vaporization Model for Ethanol-Blended Fuels and its Application to Spray Simulation 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Yusuke Kimoto, Satoshi Kato

    SAE Technical Papers   2014-   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SAE International  

    Ethanol is a promising alternative to fossil fuels because it can be made from biomass resources that are renewable. In the most cases, however, ethanol is blended with conventional fuels because of the limited amount of production. Ethanol-fuel blends are typically azeotropic and have a unique characteristic in vapor pressure and phase equilibrium, which is different from that of blends composed of simple aliphatic hydrocarbons. The current studies by the authors have developed a numerical vaporization model for ethanol-gasoline blends, which takes into account vapor-liquid equilibrium of azeotrope and high latent heat of vaporization of ethanol, in order to update the authors' multicomponent fuel spray model and to investigate effects of blending ethanol on droplet vaporization processes. In this paper, the developed vaporization model was validated through a comparison with experimentally-observed vaporization rate for single droplets of ethanol-n-heptane blends. The predicted results were in a good agreement with experimental data. The results also showed that the latent heat of vaporization of ethanol plays an important role in a droplet vaporization rate while the increase of the vapor pressure due to mixing ethanol has less effect and that consideration of the phase equilibrium composition is required to correctly predict the temporal change of the composition in a vaporizing droplet. Finally, the developed vaporization model was incorporated into authors' multicomponent fuel spray model. The effects of liquid-vapor equilibrium of ethanol-n-heptane blends and the latent heat of vaporization of ethanol were evaluated for vaporizing fuel spray.

    DOI: 10.4271/2014-01-2733

    Scopus

    researchmap

  • ジャトロファ油混合燃料を用いたディーゼル機関の特性と排気微粒子中のホルボールエステル 査読

    小橋好充, 朝香勝義, 加藤佳也, 加藤聰, 土佐光司, 鈴木康允

    自動車技術会論文集   45 ( 2 )   185 - 190   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.45.185

    researchmap

  • エタノール-ノルマルヘプタン混合燃料の液滴蒸発モデルの評価と蒸発噴霧への適用 査読

    木本裕輔, 小橋好充, 加藤聰

    自動車技術会論文集   45 ( 5 )   817 - 822   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 直接噴射方式におけるノズル内キャビテーションが噴霧特性に及ぼす影響(第2報:供試液体中の溶存空気濃度を変化させた際の衝撃加速度と噴流の関係) 査読

    松本雅至, 井上欣也, 安富友香, 小橋好充, 松村恵理子, 神田睦美, 千田二郎

    日本機械学会論文集(B編)   79 ( 806 )   2160 - 2169   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.79.2160

    Scopus

    researchmap

  • Numerical simulation of evaporating sprays of ethanol fuel blends 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Yusuke Kimoto, Satoshi Kato

    SAE Technical Papers   11   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Ethanol is a promising alternative to fossil fuels because it can be produced from biomass resources that are renewable. Due to the amount of production, however, the usage would be limited to blends with other conventional fuels. Ethanol-fuel blends are azeotropic and have unique vaporization characteristics different from blends composed of aliphatic hydrocarbons, so that the present study developed a numerical scheme which takes into account the vapor-liquid equilibrium of azeotrope in order to update the author's original version of the multi-component fuel CFD model and to evaluate the effect of mixing ethanol into gasoline on the evaporation process. The numerical simulation was implemented for evaporating sprays of ethanol-n-heptane blends, which are injected through a single hole nozzle. In addition to the vapor-liquid equilibrium, the effect of the latent heat of vaporization was investigated. The result clearly shows the effect of azeotropic phenomenon on the evaporation process while indicating that the latent heat of vaporization plays more significant role on the evaporation for the case of higher mixing fraction of ethanol. Copyright © 2013 SAE International and Copyright © 2013 KSAE.

    DOI: 10.4271/2013-01-2552

    Scopus

    researchmap

  • SPRAY VAPORIZATION AND IGNITION CHARACTERISTICS IN DUAL-COMPONENT MIXED FUELS 査読

    Chang-Eon Lee, Seungro Lee, Masanori Okada, Masashi Matsumoto, Yoshimitsu Kobashi, Jiro Senda

    ATOMIZATION AND SPRAYS   23 ( 2 )   141 - 164   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BEGELL HOUSE INC  

    In this study, the ignition characteristics and vaporization characteristics of a dual-component mixed fuel composed of low boiling temperature (LBT) fuels were investigated experimentally in terms of fuel composition and mass fraction (Y-LBT) using a constant volume combustion vessel. For this purpose, two groups of mixed fuels were tested: The first group was a mixture of the high boiling temperature (HBT) fuel nC13 as the base fuel and various LBT fuels with similar BTs ranging from 350 to 380 K but with different ignition temperatures (ITs), and second group was a mixture of HBT fuel and various LBT fuels with ITs similar to the IT of nC13 but different BTs. The results indicate that although the type and mass fraction of the LBT fuels in the dual-component mixed fuels were varied, small changes in density did not produce changes in the spray behavior of the fuels, which is described by the spray tip penetration under the no-combustion condition. The ignition delay times for nearly all of the mixed fuels were the same as the delay time of pure nC(13) below Y-LBT = 0.5; however, the ignition delay times rapidly increased with the characteristics of the boiling curve diagrams of the mixed fuels.

    DOI: 10.1615/AtomizSpr.2013007513

    Web of Science

    researchmap

  • 二成分混合燃料噴霧による圧縮着火機関の圧力上昇率およびエミッションの低減 査読

    前川浩輝, 小橋好充, 加藤聰, 千田二郎

    自動車技術会論文集   43 ( 6 )   1263 - 1268   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自動車技術会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Simultaneous Reduction of Pressure Rise Rate and Emissions in a Compression Ignition Engine by Use of Dual-Component Fuel Spray 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Hiroki Maekawa, Satoshi Kato, Jiro Senda

    SAE International Journal of Fuels and Lubricants   5 ( 3 )   1404 - 1413   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Ignition, combustion and emissions characteristics of dual-component fuel spray were examined for ranges of injection timing and intake-air oxygen concentration. Fuels used were binary mixtures of gasoline-like component i-octane (cetane number 12, boiling point 372 K) and diesel fuel-like component n-tridecane (cetane number 88, boiling point 510 K). Mass fraction of i-octane was also changed as the experimental variable. The experimental study was carried out in a single cylinder compression ignition engine equipped with a common-rail injection system and an exhaust gas recirculation system. The results demonstrated that the increase of the i-octane mass fraction with optimizations of injection timing and intake oxygen concentration reduced pressure rise rate and soot and NOx emissions without deterioration of indicated thermal efficiency. Numerical investigation into the pressure rise rate reduction mechanism was also performed by use of a multi-component fuel model developed by the authors. The calculated result showed that the pressure rise rate was reduced due to the difference in the vapor concentrations between two components which have difference reactivity. © 2012 SAE Japan.

    DOI: 10.4271/2012-32-0031

    Scopus

    researchmap

  • Effects of Fuel Composition on Flame Lift-off Length and Pollutant Formation in Dual-component Fuel Spray 査読

    Masanori Okada, Daisuke Shigetomi, Masashi Matsumoto, KOBASHI, YOSHIMITSU, Jiro Senda

    The Proceedings of the Eighth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA)   323 - 328   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 着火性の異なる燃料の二段噴射により形成される混合気分布がPCCI燃焼の着火・燃焼過程に及ぼす影響 査読

    松本雅至, 岸裏雅登, 小橋好充, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会論文集   43 ( 4 )   875 - 880   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.43.875

    researchmap

  • Chemical Thermodynamics Modeling of Vaporization and Ignition Processes in Dual-component Fuel Spray 査読

    Masashi Matsumoto, Chang Eon-Lee, Daisuke Shigetomi, Masanori Okada, KOBASHI, YOSHIMITSU, Jiro Senda

    The Proceedings of the Eighth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA)   635 - 640   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 各種アルコール燃料の混合がバイオディーゼル燃料の燃焼特性に及ぼす影響 査読

    松浦貴, 小橋好充, 桑原一成, 千田二郎

    自動車技術会論文集   43 ( 2 )   455 - 460   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料噴霧の着火・燃焼機構と燃焼制御性に関する数値解析 査読

    小橋好充, 藤森健太, 前川浩輝, 加藤聰, 川野大輔, 千田二郎

    自動車技術会論文集   43 ( 1 )   123 - 128   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.43.123

    researchmap

  • 二燃料の混合気濃度と燃焼位相が圧縮着火機関の性能・排気特性に及ぼす影響 査読

    小橋好充, 田中大二郎, 丸小鉄平, 加藤聰

    日本機械学会論文集(B編)   78 ( 788 )   939 - 947   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.78.939

    Scopus

    researchmap

  • 直接噴射方式におけるノズル内キャビテーションが噴霧特性に及ぼす影響(第1報:噴射圧力および供試液体の飽和蒸気圧を実験変数とした噴孔内圧力の計測) 査読

    松本雅至, 井上欣也, 小橋好充, 松村恵理子, 千田二郎

    日本機械学会論文集(B編)   78 ( 794 )   1759 - 1768   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.78.1759

    Scopus

    researchmap

  • Modeling of Auto-Ignition and combustion processes for dual-component fuel spray 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Kenta Fujimori, Hiroki Maekawa, Satoshi Kato, Daisuke Kawano, Jiro Senda

    SAE International Journal of Engines   4 ( 2 )   2193 - 2206   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Auto-ignition and combustion processes of dual-component fuel spray were numerically studied. A source code of SUPERTRAPP (developed by NIST), which is capable of predicting thermodynamic and transportation properties of pure fluids and fluid mixtures containing up to 20 components, was incorporated into KIVA3V to provide physical fuel properties and vapor-liquid equilibrium calculations. Low temperature oxidation reaction, which is of importance in ignition process of hydrocarbon fuels, as well as negative temperature coefficient behavior was taken into account using the multistep kinetics ignition prediction based on Shell model, while a global single-step mechanism was employed to account for high temperature oxidation reaction. Computational results with the present multi-component fuel model were validated by comparing with experimental data of spray combustion obtained in a constant volume vessel. The results showed a good agreement in terms of spray tip penetration, liquid length, ignition delay and so on, for several kinds of dual-component fuels. Additional investigation into a combustion control methodology using dual-component fuel, which aims to mitigate combustion rate of premixed charge, was performed. Consequently, the feasibility of this approach was confirmed. © 2011 SAE International.

    DOI: 10.4271/2011-24-0001

    Scopus

    researchmap

  • 急速圧縮膨張装置を用いた二段噴射燃料の着火・燃焼過程に関する研究 査読

    小橋 好充, 城戸 良仁, 岸裏 雅登, 千田 二郎, 藤本 元, 柴田 元

    自動車技術会論文集   42 ( 2 )   477 - 482   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Visualization of the cavitating flow inside the nozzle hole using by enlarged acrylic nozzle 査読

    M. Matsumoto, Y. Inoue, E. Matsumura, Y. Kobashi, J. Senda

    SAE Technical Papers   1644 - 1653   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, it is purpose to make clear the effect of cavitation phenomenon on the spray atomization. In this report, the cavitation phenomenon inside the nozzle hole was visualized and the pressure measurements along the wall of the nozzle hole were carried out by use of 25-times enlarged acrylic nozzle. For the representatives of regular gasoline, single and two-component fuels were used as a test fuel. In addition, various cavitating flow patterns same as experimental conditions were simulated by use of Barotropic model incorporated in commercial code of Star-CD scheme, and compared with experimental results. © Copyright 2011 Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. and SAE International.

    DOI: 10.4271/2011-01-2062

    Scopus

    researchmap

  • Effects of mixedness and ignition timings on PCCI combustion with a dual fuel operation 査読

    Yoshimitsu Kobashi, Daijiro Tanaka, Teppei Maruko, Satoshi Kato, Masato Kishiura, Jiro Senda

    SAE Technical Papers   699 - 713   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    A dual fuel operation with different reactivity fuels has the possibility of optimizing performance and emissions in premixed charge compression ignition engines by controlling the spatial concentration and distribution of both fuels. In the present study, n-heptane and i-octane were independently injected through two different injectors. In-cylinder pressure analysis and emissions measurement were performed in a compression ignition engine. Injection timings, fuel quantity ratio between the injections were changed for the two cases, in which one fuel was injected using a port fuel injection system while the other was directly injected into the cylinder, in order to drastically vary mixture distributions and ignition timings. In addition, an optical diagnostic was performed in a rapid compression and expansion machine to develop an understanding of the ignition processes of the two mixtures. The experimental results show that not only the mixedness of the more reactive fuel n-heptane but also that of the less reactive fuel i-octane have significant impacts on the ignition timings, burn rates and emissions. As a first step to establish an optimum method of controlling burn rate, engine performance and emissions formation processes, the present study developed an understanding of the effects of the mixture distributions and ignition timings of two fuels on emissions and thermal efficiency. © Copyright 2011 Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. and SAE International.

    DOI: 10.4271/2011-01-1768

    Scopus

    researchmap

  • Chemical kinetics study on ignition characteristics of biodiesel surrogates 査読

    Kazunari Kuwahara, Koryu Nakahara, Yoshimitsu Wada, Jiro Senda, Yasuyuki Sakai, Hiromitsu Ando

    SAE Technical Papers   780 - 797   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Methyl butanoate (MB) and methyl decanoate (MD) are surrogates for biodiesel fuels. According to computational results with their detailed reaction mechanisms, MB and MD indicate shorter ignition delays than long alkanes such as n-heptane and n-dodecane do at an initial temperature over 1000 K. The high ignitability of these methyl esters was computationally analyzed by means of contribution matrices proposed by some of the authors. Due to the high acidity of an α-H atom in a carbonyl compound, hydroperoxy radicals are generated out of the equilibrium between forward and backward reactions of O2 addition to methyl ester radicals by the internal transfer of an α-H atom in the initial stage of an ignition process. Some of the hydroperoxy methyl ester radicals can generate OH to activate initial reactions. MB has an efficient CH3O formation path via CH3 generated by the β-scission of an MB radical which has a radical site on the α-C atom to the carbonyl group. MB has also other CH3O formation paths via some of fragmental oxygenated radicals. Therefore, the CH3O concentration is remarkably high in a thermal ignition preparation phase. The rich CH3O decomposes into CH2O and H, and then H combines with O2 into HO2. This exothermic reaction, H + O 2 + M = HO2 + M, plays a key role in promoting initial heat release. MD has efficient paths for initial heat release starting from the O2 addition to some of fragmental methyl ester radicals and ending in the OH formation via the internal transfer of an α-H atom. These paths considerably contribute not only to promoting initial heat release but also to generating OH in the initial stage of an ignition process. In conclusion, these mechanisms for the high ignitability are caused by a common local structure of methyl ester molecules, a carbonyl group in the molecule. © Copyright 2011 Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. and SAE International.

    DOI: 10.4271/2011-01-1926

    Scopus

    researchmap

  • 直接サンプリングによるDIディーゼル機関の燃焼室内PMにDMC添加燃料が及ぼす影響解析 査読

    五十嵐 智紀, 田浦 寛斉, 小橋 好充, 加藤 聰

    自動車技術会論文集   41 ( 6 )   1335 - 1340   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自動車技術会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Spatial-Temporal Combustion Control in a CI Engine Based on Two-Stage Fuel Injection : Fundamental Study in a Rapid Compression and Expansion Machine 査読

    KOBASHI, YOSHIMITSU, Yoshihito KIDO, Masato KISHIURA, Yoji Oyama, Masashi MATSUMOTO, Jiro SENDA, Hajime Gen, FUJIMOTO

    THIESEL 2010 Conference on Thermo- and Fluid Dynamic Processes in Diesel Engines   235 - 251   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Proposal on Controlled Spray Evaporation and Mixture Formation by Use of Multi-Component Mixing Fuel Spray Model 査読

    KOBASHI, YOSHIMITSU, Masashi MATSUMOTO, Eriko MATSUMURA, Jiro SENDA

    International Council on Combustion Engines (CIMAC2010)   ( 118 )   1 - 15   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Feasible Study of Spray and Combustion Control Using Dual Component Fuel Based on Multicomponent Spray Model 査読

    International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料の減圧沸騰噴霧を用いた部分予混合燃焼に関する研究 査読

    和田好充, 真柄紀幸, 大山洋司, 千田二郎, 藤本元

    自動車技術会論文集   40 ( 1 )   123 - 128   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Demonstrating the potential of mixture distribution control for controlled combustion and emissions reduction in premixed charge compression ignition engines 査読

    Yoshimitsu Wada, Jiro Senda

    SAE Technical Papers   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The objective of this study is to explore the relation among mixture distribution condition, chemical character of fuel, combustion processes, and emissions characteristics with premixed charge compression ignition (PCCI) operation. The present experiment employs two fuel injectors which are capable of port injection and direct one. The former was used to supply a highly-homogeneous mixture and the latter with late injection timing was employed to control the mixture heterogeneity. Thus, these sets of injection equipments are capable of setting a wide variety of mixture heterogeneity. Furthermore, two primary reference fuels were used in order to know the influences of chemical character. The experiments were conducted in order to clarify the combustion and emissions characteristics through engine tests. Optical diagnostic was also performed to gain additional insight into the combustion processes for a wide variety of mixture distribution. The results using the port injection showed that the steepness of the combustion was affected by the local equivalence ratio rather than the overall one. The double injection using both injection equipments demonstrated that the ignition source was the mixture formed by the direct injection and there was the optimum mass fraction of direct injection to reduce the maximum pressure rise rate in the case of combination of lower octane number fuel and lower compression ratio. In contrast, the different tendency was observed for the combination of higher octane number fuel and higher compression ratio. Copyright © 2009 SAE International.

    DOI: 10.4271/2009-01-0498

    Scopus

    researchmap

  • ポート噴射と直接噴射の各種組み合わせにおけるPCCI燃焼の時空間的進行過程と排出ガス特性 査読

    小橋 好充, 上田 圭佑, 城戸 良仁, 千田 二郎, 藤本 元

    日本機械学会論文集(B編)   75 ( 759 )   2329 - 2337   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.75.759_2329

    Scopus

    researchmap

  • Combustion Control in DI Compression Ignition Engines with Partially Premixed Charge Operation Using Flashing Spray of Mixed Fuel 査読

    Yoshimitsu Wada, Noriyuki Magara, Jiro Senda, Hajime Gen Fujimoto

    International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA)   151 - 158   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 各種脂肪酸メチルエステルのディーゼル噴霧燃焼特性に関する実験的研究(第2報)-噴霧の巨視的特性およびすす生成特性に関する基礎解析- 査読

    池田智樹, 羽原輝晃, 桜井翔, 和田好充, 鶴谷和司, 千田二郎, 藤本元

    自動車技術会論文集   39 ( 2 )   269 - 274   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 各種脂肪酸メチルエステルのディーゼル噴霧燃焼特性に関する実験的研究(第1報)-着火特性および熱発生率の基礎解析- 査読

    池田智樹, 羽原輝晃, 桜井翔, 和田好充, 千田二郎, 藤本元, 鶴谷和司

    自動車技術会論文集   39 ( 2 )   263 - 268   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Improvement of combustion and emissions in diesel engines by means of enhanced mixture formation based on flash boiling of mixed fuel 査読

    J. Senda, Y. Wada, D. Kawano, H. Fujimoto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENGINE RESEARCH   9 ( 1 )   15 - 27   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PROFESSIONAL ENGINEERING PUBLISHING LTD  

    A novel approach to reduce diesel engine emissions at relatively low injection pressures is proposed. This approach is based on the use of a mixed fuel where an additive or a low boiling point fuel such as CO(2), gas fuel, or gasoline is mixed with a higher boiling point fuel such as diesel gas oil. When producing such a fuel, the vapour-liquid equilibrium in the two-phase region where the liquid and vapour phases of both components coexist is taken into account. In designing a mixed fuel, the authors intend to control both the physical process in the spray such as fuel evaporation and vapour air mixing and the chemical processes including spontaneous ignition and with reactions with regard to NO(x), particulate matter (PM), and hydrocarbon (HC) formation. In this study flash boiling of mixed fuel is particularly focused on enhancing the mixing process in the spray because it has the potential to achieve fast evaporation and relatively lean and homogeneous mixtures. Experiments were carried out using two types of mixed fuel, both of which can generate flash boiling during injection events. In an experiment using a rapid compression machine (RCM) and an optical engine, mixed fuels consisting of liquefied CO(2) as an additive and n-tridecane representing gas oil were employed with the aim of simultaneously reducting soot and NO(x) emissions. The high-speed images acquired for sprays reacting in the RCM and the engine clearly showed a significant reduction of soot formation in the spray. Reductions of soot and NO(x) emissions as well as the fuel consumption were also confirmed by emission measurements and a combustion analysis respectively. In other experiments, different types of mixed fuel consisting of gas or gasoline and gas oil were tested to see the effects on both the evaporation and ignition processes. The result of an engine experiment showed marked reductions of soot and HC emissions and fuel consumption.

    DOI: 10.1243/14680874JER02007

    Web of Science

    researchmap

  • Controlling PCCI Combustion with Mixed Fuel - Effect of Fuel Ignitability, Compression Ratio and Charge Heterogeneity- 査読

    Yoshimitsu Wada, Keisuke Ueda, Naoki Kitamura, Noriyuki Magara, Yuji Nishimura, Jiro Senda, Hajime Fujimoto

    Review of Automotive Engineering   29 ( 29 )   65 - 71   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 混合燃料による予混合圧縮着火燃焼の制御-燃料の着火性、混合気濃度不均一性および圧縮比の影響- 査読

    和田好充, 上田圭佑, 北村直樹, 真柄紀幸, 西村優史, 千田二郎, 藤本元

    自動車技術会論文集   38 ( 6 )   59 - 64   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Controlling PCCI Combustion with Mixed Fuel - Application of Flashing Spray to Early Injection - 査読

    KOBASHI, YOSHIMITSU, Yuji Nishimura, Akihiro Yamaguchi, Noriyuki Magara, Jiro Senda, Hajime Fujimoto

    SAE Technical Paper, No. 2007-01-0624   1 - 19   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4271/2007-01-0624

    researchmap

  • 燃料の着火性と濃度不均一性が直接噴射式PCCI機関の燃焼特性・運転範囲に及ぼす影響 査読

    和田好充, 沖本和樹, 北村直樹, 上田圭佑, 千田二郎, 藤本元

    日本機械学会論文集(B編)   73 ( 728 )   1121 - 1128   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.73.1121

    researchmap

  • Spray and Combustion Characteristics for Reformulated Mixing Fuel of Biodiesel with Lower Boiling Point Fuel 査読

    Jiro Senda, Tomoki Ikeda, Teruaki Haibara, Sho Sakurai, KOBASHI, YOSHIMITSU, Hajime Fujimoto

    SAE Technical Paper, No. 2007-01-0621   1 - 11   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 混合燃料による予混合圧縮着火機関の燃焼制御(第1報)-種々の過熱度および雰囲気条件下における減圧沸騰噴霧の特性- 査読

    和田好充, 山口晃弘, 西村優史, 真柄紀幸, 尹俊圭, 千田二郎, 藤本元

    自動車技術会論文集   38 ( 1 )   85 - 90   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 混合燃料による予混合圧縮着火機関の燃焼制御(第2報)-減圧沸騰噴霧の適用による燃焼改善- 査読

    和田好充, 西村優史, 山口晃弘, 真柄紀幸, 千田二郎, 藤本元

    自動車技術会論文集   38 ( 1 )   91 - 96   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of octane rating and charge stratification on combustion and operating range with di PCCI operation 査読

    Yoshimitsu Wada, Kazuki Okimoto, Naoki Kitamura, Keisuke Ueda, Jiro Senda, Hajime Fujimoto

    SAE Technical Papers   1 - 13   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    A single cylinder engine has been run with direct-injection premixed charge compression ignition (PCCI) operation. The operation is fueled with primary reference fuels for a wide variety of injection timing and equivalence ratio to investigate the effect of charge stratification and octane rating on PCCI combustion. The test results showed that although the change of the injection timing can gain the high combustion efficiency for a wide range of equivalence ratio, the combustion phasing where the high combustion efficiency is accomplished is not varied only by changing the injection timings. Therefore, the only change of injection timings does not improve the thermal efficiency which is influenced by the combustion phasing. On the other hand, at the fixed compression ratio, inlet air temperature and so on, the octane rating is useful in altering the combustion phasing. The experiments in which the octane rating was changed demonstrated that for the lean air-fuel mixture which produces low NOx emission without EGR, the combustion phasing must be advanced to gain the better combustion efficiency at low load. By contrast, higher equivalence ratio allows the combustion phasing to be retarded with keeping high combustion efficiency. Copyright © 2007 SAE International.

    DOI: 10.4271/2007-01-0053

    Scopus

    researchmap

  • 相平衡理論およびソノケミストリーを用いた重質系燃料の改質に関する基礎的研究(第1報:燃料におけるソノケミストリー) 査読

    花田俊一, 上田一生, 和田好充, 千田二郎, 渡辺好章

    日本機械学会論文集(B編)   72 ( 724 )   2984 - 2991   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.72.2984

    researchmap

  • キャビテーション気泡の成長・崩壊を考慮した多成分燃料噴霧における微粒化過程のモデリング 査読

    和田好充, 千田二郎

    日本機械学会論文集(B編)   72 ( 724 )   3113 - 3120   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.72.3113

    researchmap

  • 燃料の物理・化学的特性を駆使した低環境負荷型圧縮着火燃焼に関する研究

    小橋 好充

    同志社大学   2006年11月

     詳細を見る

  • Fuel Design Approach for Low Emission Spray Combustion by Use of Several Mixing Fuels 査読

    Jiro Senda, KOBASHI, YOSHIMITSU, Daisuke Kawano, Hajime Fujimoto

    Conference on Thermo-and fluid dynamic processes in Diesel Engines   297 - 308   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ガソリン系燃料を用いた多段燃焼法の研究 査読

    原口茂則, 沖本和樹, 和田好充, 千田二郎, 藤本元

    自動車技術会論文集   37 ( 5 )   51 - 56   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cavitation Induced Breakup Model for Multi-Component Fuel Spray 査読

    KOBASHI, YOSHIMITSU, Jiro Senda

    International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, No.B4-05-106   1 - 8   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Experimental Study on Flash Boiling Spray using Two-Component Fuel under the Condition of Advanced Injection HCCI 査読

    Yuji Nishimura, KOBASHI, YOSHIMITSU, Akihiro Yamaguchi, Jun-Kyu Yoon, Jiro Senda, Hajime Fujimoto

    International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, No.D4-07-134   1 - 7   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 混合燃料の化学的性質と蒸発特性がディーゼル噴霧の自着火過程に及ぼす影響 査読

    和田好充, 橘田佳明, 山口晃弘, 西村優史, 千田二郎, 藤本元

    日本機械学会論文集(B編)   72 ( 717 )   1371 - 1377   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.72.1371

    researchmap

  • A fundamental study on ignition characteristics of two-component fuel in a diesel spray 査読

    Yoshimitsu Wada, Yoshiaki Kitta, Akihiro Yamaguchi, Yuji Nishimura, Jiro Senda, Hajime Fujimoto

    SAE Technical Papers   1 - 10   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The authors have explored the potential of fuel to control spray and its combustion processes in a diesel engine. Fuel has some potential for low emission and high thermal efficiency because its volatility and ignitability are one of the ultimate performing factors of the engines. In present study, the ignition process of mixed fuel spray was investigated in a constant volume combustion vessel and in a rapid compression and expansion machine, The ignition delay based on the diagram of rate of the heat release, the imaging of natural flame emissions and the numerical simulation were carried out to clarify the effect of the physical and chemical properties of mixed fuel on ignition characteristics. Copyright © 2006 SAE International.

    DOI: 10.4271/2006-01-3383

    Scopus

    researchmap

  • 4814 キャビテーション気泡の成長・崩壊を考慮した多成分燃料噴霧の分裂モデル(S54-1 スプレーダイナミックス-計測とモデリング-(1),S54 スプレーダイナミックス-計測とモデリング-)

    和田 好充, 千田 二郎

    年次大会講演論文集   2006   329 - 330   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    A new primary breakup model of fuel spray with multi-component is proposed by considering the turbulent energy induced by the cavitation bubble. The model proposed here deals with bubble behavior inside nozzle, namely, the process of the growth, the shrinkage and the collapse processes are taken into account by applying Rayleigh-Plesset equation. The resultant energy contributes to the enhancement of initial perturbations on the spray surface and the perturbations grow under the action of aerodynamic force. The model proposed is implemented into KIVA-3V code in order to validate the effect of energy generated by the cavitation on the primary breakup of the discharging jet.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2006.3.0_329

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 4835 二成分混合燃料を用いたソノケミカル反応に関する基礎的解明(J10-4 次世代燃料及び潤滑油のためのエンジン適合技術(4),J10 次世代燃料及び潤滑油のためのエンジン適合技術)

    上田 一生, 和田 好充, 千田 二郎, 渡辺 好章

    年次大会講演論文集   2006   229 - 230   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In this study, authors aim to convert heavy fuel or solid fuel into lighter liquid fuel with high quality and, authors propose fuel reformulation through sonochemistry and fuel design approach. Concept of Fuel design approach is to control fuel properties by mixing fuel. Its origin is Chemical-Thermodynamics and, heavy fuel converts into lighter fuel by it. The origin of sonochemistry is acoustic cavitation: creation, growth, implosive collapse of gas bubble by irradiation of high intensity ultrasonic. The sonochemical effect on organic liquid causes cleavage of C-C bond by hot spot conditions (more than 5000[K] and 100[MPa]) that are generated in collapse. In this paper, sonochemical reaction of mixing fuel was analyzed for ultrasonic of 20[kHz] and its result shows interaction of each components by fuel design approach with sonochemistry approach.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2006.7.0_229

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 3116 ディーゼル雰囲気場における二成分混合燃料の着火特性(S46-1 着火と燃焼の基礎,S46 着火と燃焼)

    山口 晃弘, 和田 好充, 西村 優史, 千田 二郎, 藤本 元

    年次大会講演論文集   2005   69 - 70   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    In the present study, we have proposed a novel fuel design concept in order to achieve low emissions and combustion control in diesel engine systems. According to the fuel design concept proposed in this work, the characteristics of vaporization during mixture formation process as well as of combustion can be reasonably improved due to the formation of two-phase region. Although some potential exits in this approach because spray and combustion phenomena are initiated by fuel, few studies similar to this research have been conducted. In this paper, the ignition characteristics of mixed fuel were investigated through a constant volume vessel and analysis of results shows the physical and chemical effect of each component consisted in mixed fuel on ignition processes.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2005.3.0_69

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 低エミッション・燃焼制御のための燃料設計コンセプト(第4報)-混合燃料の燃焼・排気特性- 査読

    川野大輔, 和田好充, 島田敦史, 千田二郎, 藤本元, 後藤雄一, 小高松男, 石井泰, 鈴木央一

    自動車技術会論文集   35 ( 1 )   63 - 68   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 各種混合燃料を用いたディーゼル噴霧の着火特性に関する基礎的研究(エンジンと新燃料(2),エンジンと新燃料)

    和田 好充, 橘田 佳明, 山口 晃弘, 千田 二郎, 藤本 元

    年次大会講演論文集   2004   73 - 74   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    We have proposed a conceptual research with fuel approach to develop understanding for potential use of fuels in terms of further improvement of thermal efficiency and exhaust emissions because they provide the significant effect on diesel engine performance. As a result, we could conclude that mixing of high volatile fuel into low volatile fuel has a possibility to control the spray and combustion processes. However, for instance, high volatility component has low ignitability, which leads to longer ignition delay, with regard to straight-chain alkane. Thus, understanding the ignition behavior of mixed fuel consisting of high and low ignitability fuels is of particular importance as ignition delay dominates the combustion process related to exhaust emissions and thermal efficiency. In this paper, an ignition experiment was conducted to investigate the ignition characteristics of mixed fuel. The experiment includes the measurement of pressure waveform and CH chemiluminescence, which indicates the onset of heat release, in order to discuss about ignition processes of mixed fuel. The results provided conclusions that the ignition of mixed fuel was initiated by high ignitability fuel and affected by volatility of high ignitability fuel.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2004.3.0_73

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Exhaust emission through diesel combustion of mixed fuel oil composed of fuel with high volatility and that with low volatility 査読

    H. Fujimoto, J. Senda, D. Kawano, Y. Wada

    SAE Technical Papers   CD-ROM   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The mixed fuel composed of two kinds of fuel oil whose boiling temperature is different each other forms the fine spray with minute droplets when its condition crosses over the two-phase region. It is expected that the fuel with low volatility dominates the ignition delay and that with high volatility does the generation of particulate matter. The experiments were carried out in a rapid compression and expansion machine and in an actual high-speed small sized diesel engine by use of this kind of fuel. The experimental results prove this expectation. Copyright © 2004 SAE International.

    DOI: 10.4271/2004-01-1845

    Scopus

    researchmap

  • 多成分燃料噴霧における蒸発過程のモデリング 査読

    川野大輔, 千田二郎, 和田好充, 藤本元, 石井素, 鈴木央一, 後藤雄一, 小高松男

    日本機械学会論文集(B編)   70 ( 696 )   2213 - 2219   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.70.2213

    Scopus

    researchmap

  • Fuel design concept for low emission in engine systems 4th report: Effect of spray characteristics of mixed fuel on exhaust concentrations in diesel engine 査読

    Daisuke Kawano, Jiro Senda, Yoshimitsu Wada, Hajime Fujimoto

    SAE Technical Papers   1 - 10   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, the novel fuel design concept has been proposed in order to realize the low emission and combustion control in engine systems. In this fuel design concept, the mixed fuels with a high volatility fuel (gasoline or gaseous fuel components) and a low volatility fuel (gas oil or fuel oil components) are used in order to improve the spray characteristics by flash boiling. In our previous papers on this study, the fundamental characteristics of spray and its combustion of mixed fuel were reported. In this paper, heat release and exhaust emission (smoke, NOx and THC) characteristics of single cylinder diesel engine operated with the mixed fuels were investigated under each load. The exhaust performance of diesel engine could be improved using mixed fuel, because fuel properties and spray characteristics were controlled by changing mixing fraction of the mixed fuel. Moreover, in this exhaust gas concentration measurement, initial fuel temperature was employed for experimental parameter in order to control flash boiling process in mixed fuel spray, for flash boiling can be easily occurred by increasing initial fuel temperature. As a preliminary investigation of the flash boiling effect, the spray experiment for mixed fuel was conducted using constant volume vessel. As a result, it was confirmed that flash boiling had the potential of drastic reduction of smoke emission since flash boiling improved the atomization and vaporization of mixed fuel spray with rapid fuel-air mixing. Copyright © 2003 SAE International.

    DOI: 10.4271/2003-01-1038

    Scopus

    researchmap

  • Numerical simulation of multicomponent fuel spray 査読

    Daisuke Kawano, Jiro Senda, Yoshimitsu Wada, Hajime Fujimoto, Yuichi Goto, Matsuo Odaka, Hajime Ishii, Hisakazu Suzuki

    SAE Technical Papers   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Fuel design for internal combustion engines has been proposed in our study. In this concept, the multicomponent fuel with high and low volatility fuels are used in order to control the spray and combustion processes in internal combustion engine. Therefore, it is necessary to understand the spray and combustion characteristics of the multicomponent fuels in detail. In the present study, the modeling of multicomponent spray vaporization was conducted using KIVA3V code. The physical fuel properties of multicomponent fuel were estimated using the source code of NIST Mixture Property Database. Peng-Robinson equation of state and fugacity calculation were applied to the estimation of liquid-vapor equilibrium in order to take account for non-ideal vaporization process. Two-zone model in which fuel droplet was divided into droplet surface and inner core was introduced in order to simply consider the temperature distribution in fuel droplet. Furthermore, droplet diameter after breakup was optimized by changing the parameters in original TAB model, because original TAB model underestimated a droplet diameter. The effects of fuel composition and initial fuel temperature on spray tip penetration, liquid droplet and vapor distribution, vapor mass and evaporation rate were investigated by using the multicomponent fuel spray model composed of these above sub models. From the numerical results, it was confirmed that the spray characteristics of multicomponent fuel drastically varied with a change in mixing fraction in multicomponent fuel and initial fuel temperature. Copyright © 2003 Society of Automotive Engineers, Inc.

    DOI: 10.4271/2003-01-1838

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 基礎からわかる自動車エンジンのシミュレーション

    金子成彦, 草鹿仁, 高林徹, 溝渕泰寛, 南部太介, 尾形陽一, 高木正英, 川内智詞, 小橋好充, 周蓓霓, 堀司, 神長隆史, 森井雄飛, 橋本淳( 担当: 共著)

    コロナ社  2019年7月 

     詳細を見る

MISC

  • DPFへの凝縮水流入による差圧降下現象

    大岡 峻, 姜 林, 小橋 好充, 柴田 元, 小川 英之

    年次大会   2017 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>To maintain the performance of after-treatment devices, current diesel engine regulations require the use of on-board diagnostics (OBD). For diesel particulate filters (DPF), the pressure drop across the DPF is monitored to determine problems in the performance or PM over-accumulation. It is known that heavy accelerations during cold starting cause a sudden decrease in DPF pressure-drop. This appears to be caused by water condensed in the exhaust pipe, but no detailed mechanism has been established. The present study developed an experimental apparatus that reproduces heavy accelerations with high gas flow rate and a water supply. The results indicated that the sudden decrease in the DPF pressure drop is caused by a peeling-off and separation of the soot cake from the walls of the DPF, and the increase of the water flow rate causes the decrease of the DPF pressure drop.</p>

    CiNii Article

    researchmap

  • コモンレール式ディーゼル機関におけるジャトロファクルードオイル混合軽油の燃焼・排出ガス特性

    加藤 佳也, 小橋 好充, 加藤 聰

    エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集   31   175 - 178   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:エネルギー・資源学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 持続的生産可能なバイオマス燃料の燃焼・排ガス特性

    加藤 聰, 小橋 好充

    エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集   30   269 - 272   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:エネルギー・資源学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不均一混合気における予混合圧縮着火燃焼プロセスの可視化

    小橋 好充, 千田 二郎

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan   31 ( 120 )   21 - 26   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:可視化情報学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 多成分燃料噴霧における着火・燃焼過程の数値シミュレーション

    藤森 健太, 小橋 好充, 加藤 聰, 千田 二郎

    微粒化シンポジウム講演論文集 = Symposium (ILASS-Japan) on Atomization   19   224 - 229   2010年12月

     詳細を見る

  • 燃料の着火性および混合気の不均一性によるHCCI燃焼の限界究明

    和田 好充, 沖本 和樹, 北村 直樹, 上田 圭祐, 千田 二郎, 藤本 元

    同志社大学理工学研究報告   47 ( 3 )   136 - 142   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:同志社大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1117 燃料の着火性および混合気の不均一性によるHCCI燃焼の限界究明(GS-6 燃焼(1))

    沖本 和樹, 北村 直樹, 和田 好充, 千田 二郎, 藤本 元

    関西支部講演会講演論文集   2006 ( 81 )   "11 - 17"   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1222 ソノケミストリーを用いた重質系燃料改質の基礎研究(GS-6 流動可視化)

    花田 俊一, 上田 一生, 和田 好充, 千田 二郎, 藤本 元

    関西支部講演会講演論文集   2006 ( 81 )   "12 - 22"   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 217 燃料設計コンセプトに基づく燃焼制御手法の提案研究(FM-1 非在来型燃料における最適利用技術)

    西村 優史, 和田 好充, 山口 晃弘, 千田 二郎, 藤本 元

    関西支部講演会講演論文集   2006 ( 81 )   "2 - 28"   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 予混合圧縮着火機関への適用を考慮した二成分混合燃料における減圧沸騰現象の解明

    西村 優史, 山口 晃弘, 和田 好充, 千田 二郎, 藤本 元, 尹 俊圭

    微粒化シンポジウム講演論文集 = Symposium (ILASS-Japan) on Atomization   14   61 - 66   2005年11月

     詳細を見る

  • 低温・低密度場における二成分混合燃料噴霧の基礎的特性

    山口 晃弘, 和田 好充, 橘田 佳明, 千田 二郎, 藤本 元

    微粒化シンポジウム講演論文集 = Symposium (ILASS-Japan) on Atomization   13   219 - 224   2004年12月

     詳細を見る

  • 燃料噴霧および火炎のレーザー計測

    千田 二郎, 伊藤 貴之, 和田 好充

    日本エネルギー学会誌 = Journal of the Japan Institute of Energy   83 ( 9 )   702 - 709   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本エネルギー学会  

    Recently, the development of advanced laser-based diagnostics has provided a means for making detailed in-situ measurements of the processes occurring inside fuel spray. These techniques allow heterogeneous distribution of air/fuel mixture and turbulence within the fuel spray to be measured with high spatial and temporal resolution. Up to now, laser diagnostics have been applied to diesel and gasoline engines in order to provide an abundance of new information on their spray and combustion processes. In this paper, Laser Induced Exciplex Fluorescence and Double-wavelength Laser Infra-Red Absorption Method were introduced as measurement methods of vapor concentration inside fuel spray. In addition, Time-Resolved Laser Induced Incandescence was attempted to investigate the soot formation process in a diesel spray flame.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 同志社大学工学部・工学研究科 : 噴霧・燃焼工学研究室

    千田 二郎, 藤本 元, 和田 好充

    日本エネルギー学会誌 = Journal of the Japan Institute of Energy   83 ( 7 )   519 - 521   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本エネルギー学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 減圧沸騰を伴う二成分混合燃料の噴霧特性

    橘田 佳明, 川野 大輔, 和田 好充, 千田 二郎, 藤本 元

    微粒化シンポジウム講演論文集 = Symposium (ILASS-Japan) on Atomization   12   221 - 226   2003年12月

     詳細を見る

  • Experimental Study on Atomization and Evaporation Processes of Two-Component Fuel Spray

    WADA Yoshimitsu, KITTA Yoshiaki, SENDA Jiro, FUJIMOTO Hajime

    微粒化シンポジウム講演論文集 = Symposium (ILASS-Japan) on Atomization   12   33 - 40   2003年12月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Improvements in Thermal Efficiency and Exhaust Emissions with Ozone Addition in a Natural Gas Dual-Fuel Engine

    Yoshimitsu Kobashi, Ryuya Inagaki, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    The 10th International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2022)  2022年7月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月5日 - 2022年7月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of an Ignition Delay Equation with the Livengood-Wu Integral for Wide Ranges of Intake Gas Conditions and Fuel Injection Pressures in Diesel Combustion

    Yuhei Sakane, Ryota Kanno, Yang Yurui, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    The 10th International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2022)  2022年7月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月5日 - 2022年7月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mechanism of the Reduction in Afterburning and Thermal Efficiency Improvement with Highly Oxygenated Fuels in Diesel Combustion

    Takao Kawabe, Kazuhiro Inoue, Kazuma Mori, Tomoki Ishikawa, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    The 10th International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2022)  2022年7月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月5日 - 2022年7月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パラフィン系炭化水素燃料の低温ディーゼル燃焼特性

    楊 俣睿, 附田 拓真, 菅野 椋太, 袁 昊昱, 小橋 好充, 柴田 元, 小川 英之

    日本機械学会 2021年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月5日 - 2021年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effects of Size and Velocity of Impinging Diesel Spray Flames on Heat Transfer

    Qian Chen, Ryoga Hirai, Hirofumi Niiyama, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    日本機械学会 2021年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月5日 - 2021年9月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 火花点火アシストガソリン自着火燃焼の燃焼形態解明

    三宅良汰, 長沼要, 小橋好充

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 含酸素燃料のディーゼル噴霧火炎構造と後燃え低減機構

    河辺隆夫, 井ノ上和憲, 森一磨, 石川友貴, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内燃機関のピストン圧縮によるサロゲートナフサの部分酸化改質

    森大成, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガソリン燃料組成が水素添加による火花ノック抑制効果に及ぼす影響

    永澤錬, 小橋好充, 柴田元, 小川英之, 後藤隼, 倉垣内直賢

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オゾン添加による天然ガスデュアルフューエル機関の高熱効率化およびメタンスリップ抑制

    稲垣龍弥, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 含酸素燃料によるディーゼル燃焼の高効率・低エミッション化

    井ノ上和憲, 河辺隆夫, 森一磨, 石川友貴, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ノズル噴孔配置および燃焼室形状の最適化による噴霧間干渉の抑制とディーゼル燃焼の改善

    森一磨, 井ノ上和憲, 石川友貴, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 燃料のセタン価がディーゼル噴霧燃焼特性に及ぼす影響

    小橋好充, 稲葉一輝, 柴田元, 小川英之

    第29回微粒化シンポジウム  2020年12月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Livengood-Wu積分に適用可能なディーゼル燃焼の着火遅れ予測式

    坂根悠平, 菅野椋太, 楊俣睿, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大小噴孔を交互配置した多噴孔燃料噴射ノズルによる噴霧間干渉の抑制効果(単噴孔ノズルを用いた噴孔径および燃料噴射速度の影響検討)

    新山紘史, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モノリスCu-CHA触媒におけるFast SCR反応解析およびNH3-SCR定常モデリング

    柴山直己, 荒木啓汰, 柴田元, 小川英之, 小橋好充, 清水研一

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Improvements in Gasoline Compression Ignition Combustion with Ozone Addition and Two-stage Direct Fuel Injection

    Tu Dan Dan Da, Ryuya Inagaki, Yoshimitsu Kobashi, Gen Shibata, Hideyuki Ogawa

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 燃料着火性の適合による噴霧分配型燃焼室を用いた部分予混合化ディーゼル燃焼の熱効率改善

    井上裕斗, 稲葉一輝, 張焔嚇, 森一磨, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改質ガス添加によるノッキング抑制効果の機関回転速度依存性

    松村優佑, 小橋好充, 南部湧, 柴田元, 小川英之, 後藤隼, 倉垣内直賢

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サロゲート燃料を用いたガソリン直噴エンジンの微粒子排出特性に関する研究 -冷却水温度と燃料噴射時期が微粒子排出特性に及ぼす影響ー

    金尚明, 窪山達也, 森吉泰生, 有川純一, 秋濱一弘, 橋本淳, 小橋好充

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サロゲート燃料を用いたガソリン直噴エンジンの微粒子排出特性に関する研究 -負荷と空燃比が微粒子排出特性に及ぼす影響ー

    有川純一, 金尚明, 窪山達也, 森吉泰生, 橋本淳, 小橋好充, 秋濱一弘

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内燃機関を用いたディーゼル燃料の部分酸化改質

    奥野圭将, 森大成, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Elucidation of the Partial Oxidation Phenomenon of Post Fuel Injection in Diesel Engines

    Yuanzhe Li, Gen Shibata, Yoshimitsu Kobashi, Hideyuki Ogawa

    第31回内燃機関シンポジウム  2020年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スケール則を考慮したディーゼル燃焼改善に関する検討 招待

    小橋好充, 新山紘史, 柴田元, 小川英之

    第90回マリンエンジニアリング学術講演会  2020年10月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 過給・EGR条件下におけるディーゼル燃焼の着火遅れとセタン価

    菅野椋太, 山﨑泰助, 楊俣睿, 坂根悠平, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    自動車技術会 2020年秋季大会学術講演会  2020年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 後期噴霧に対する前期予混合化燃焼の干渉抑制による双峰形部分予混合化ディーゼル燃焼の特性改善

    稲葉一輝, 張焔赫, 桑衛輝, Bianco Del Lucia, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    自動車技術会 2020年秋季大会学術講演会  2020年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development and Validation of a Model for the Formation, Heat Transfer, and Evaporation of Liquid Films in Direct Injection Gasoline Engines

    Yoshimitsu KOBASHI, Tatsuya KUBOYAMA, Yoshio ZAMA

    第20回微粒化アジア会議  2019年12月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル燃焼の相似則に基づく機関回転速度の影響検討

    田中 佑磨, 新山 紘史, 小橋 好充, 柴田 元, 小川 英之

    第30回内燃機関シンポジウム  2019年12月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼルエンジンにおける着火遅れの運転条件に対する依存性

    山﨑泰助, 菅野椋太, 坂根悠平, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第30回内燃機関シンポジウム  2019年12月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル燃焼により生成されるスートの潤滑油混入メカニズムの解明

    高井 俊太郎, 李 遠哲, 柴田 元, 小川 英之, 小橋 好充

    第30回内燃機関シンポジウム  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 双峰形部分予混合化ディーゼル燃焼の熱効率およびエミッションの改善効果

    張焔赫, 稲葉一輝, 増子曜介, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    自動車技術会秋季学術講演会  2019年10月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル燃焼の多段化による燃焼騒音低減メカニズムの解

    齊藤幹人, 井上裕斗, 山本航平, 柴田元, 小橋好充, 小川英之

    自動車技術会秋季学術講演会  2019年10月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モノリスCu-CHA触媒を用いたNH3-SCR反応のメカニズム解析とモデリングへの拡張

    永島渉, 柴山直己, 柴田元, 小橋好充, 小川英之, 清水研一

    自動車技術会秋季学術講演会  2019年10月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼルエンジンにおける燃焼および熱効率のサイズ依存性 招待

    小橋 好充

    日本機械学会2019年度年次大会  2019年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ガソリンエンジンEGR系内水蒸気改質による熱効率向上特性の燃料種依存性

    南部湧, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    日本機械学会2019年度年次大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • EGR Gas Composition Effects on Ignition Delays in Diesel Combustion

    Y. Kobashi, M. Todokoro, G. Shibata, H. Ogawa

    SAE World Congress  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シリンダ壁に付着するポスト噴射噴霧の挙動解析と燃料によるオイル希釈

    西内奨悟, 髙井俊太郎, 柴田元, 小川英之, 小橋好充, 謝溥慶

    第29回内燃機関シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オゾンの吸気添加によるガソリン直接噴射圧縮着火エンジンの着火制御

    王宇星, 小橋好充, 柴田元, 小川英之, 近藤和吉, 本江勇介, 伊藤貴政

    第29回内燃機関シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガソリンエンジンEGR系内水蒸気改質反応の燃料種依存性

    小川佑世, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第29回内燃機関シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多段噴射を用いたディーゼルエンジンの全運転領域における高熱効率低燃焼騒音の実現

    山本航平, 齊藤幹人, 柴田元, 小川英之, 小橋好充, 天沼泰将

    第29回内燃機関シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 相似則に基づいたディーゼル機関の燃焼および性能解析

    田中佑磨, 新井琢也, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第29回内燃機関シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 燃料噴射の分割による双峰形部分予混合化ディーゼル燃焼の熱効率改善特性

    増子曜介, 稲葉一輝, 張焔赫, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第29回内燃機関シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 吸気条件が双峰形部分予混合化ディーゼル燃焼の熱効率関連因子におよぼす影響

    稲葉 一輝, 増子 曜介, 張 焔赫, 小橋 好充, 柴田 元, 小川 英之

    自動車技術会秋季学術講演会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EGRガスの組成がディーゼル燃焼の着火遅れに及ぼす影響

    外処将貴, 大岡峻, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    自動車技術会秋季学術講演会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アンモニアSCR用Cu-ZSM-5触媒の定常反応モデルの構築

    永島渉, 小祝隆太郎, 柴田元, 小橋好充, 小川英之, 清水研一, 草鹿仁

    自動車技術会秋季学術講演会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気筒内燃料改質ガスを用いたディーゼル混焼機関の研究(第1報)-改質ガス生成プロセスの解明とガス組成制御法の検討ー

    石黒竣太郎, 朝井豪, 渡邊勇介, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    自動車技術会秋季学術講演会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気筒内燃料改質ガスを用いたディーゼル混焼機関の研究(第2報)-改質ガスの組成が出力気筒の燃焼に与える影響の解析-

    朝井豪, 石黒竣太郎, 三本連太郎, 渡邊勇介, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    自動車技術会秋季学術講演会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガソリンエンジンEGR系内の燃料改質における触媒劣化特性と触媒組成

    小川佑世, 丁穎, 小橋好充, 柴田元, 小川英之, 新城崇, 水野秀昭, 寺地淳

    日本機械学会2018年度年次大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反射衝撃波背後におけるガソリンサロゲート燃料の煤生成に及ぼす雰囲気圧力の影響

    田中万里子, 永田勇気, 石井一洋, 小橋好充

    自動車技術会春季学術講演会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 双峰形部分予混合化ディーゼル燃焼における熱効率影響因子とその最適条件

    増子曜介, 稲葉一輝, 小島悠人, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    自動車技術会春季学術講演会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Engine-Size Dependence in Diesel Combustion

    Y. Kobashi, T. Arai, T. Arisawa, G. Shibata, H. Ogawa

    SAE World Congress  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液化エタン混合燃料の減圧沸騰が予混合化ディーゼル燃焼の性能向上に及ぼす効果

    平子真之祐, 長沼要, 小橋好充

    第26回微粒化シンポジウム  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遺伝的アルゴリズムを用いた予混合化ディーゼルエンジンの燃焼騒音と熱効率の最適化

    天沼泰将, 岡本雄樹, 山本航平, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    第28回内燃機関シンポジウム  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル燃焼のサイズ依存性に関する実験的考察

    新井琢也, 有澤達陽, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第28回内燃機関シンポジウム  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ピストン圧縮による過濃混合気の燃料改質

    渡邊勇介, 石黒竣太郎, 朝井豪, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    第28回内燃機関シンポジウム  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反射衝撃波背後におけるガソリンサロゲート燃料の煤生成に及ぼす当量比の影響

    田中万里子, 永田勇気, 石井一洋, 小橋好充

    燃焼シンポジウム  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガソリンサロゲート燃料のすす粒子生成モデルに関する研究

    生井裕樹, 由井寛久, 岩田和也, 今村宰, 小橋好充, 橋本淳, 石井一洋, 秋濱一弘

    燃焼シンポジウム  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二段噴射ガソリン圧縮着火燃焼の化学反応解析

    湯瀬秀平, 小橋好充, 柴田元, 小川英之, 伊藤貴政, 川北晋一郎, 森島信悟, 近藤和吉

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DPFへの凝縮水流入による差圧降下現象

    大岡峻, 姜林, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CFD and Experimental Analysis on Combustion Similarity in Diesel Engines

    Y. Kobashi, T. Arai, T. Arisawa, H. Ogawa, G. Shibata

    International Conference on Advanced Automotive Technology  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像相関法を用いた燃料噴射圧力がディーゼル噴霧火炎の乱流特性に及ぼす影響

    伊藤佑記, 小橋好充, 長沼要

    自動車技術会春季学術講演会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気筒内改質プロセスを用いたディーゼル燃料の軽質化

    朝井豪, 渡邊勇介, 石黒竣太郎, 柴田元, 小川英之, 小橋好充, 鈴木拓哉

    自動車技術会春季学術講演会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 衝突噴霧によるガソリン自着火および燃焼制御可能性に関する研究

    髙木圭一朗, 小橋好充, 長沼要, 伊藤貴政, 川北晋一郎, 森島信悟, 近藤和吉

    自動車技術会春季学術講演会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 衝突噴霧火炎による壁面熱損失の低減手法の提案

    前田篤志, 中田将徳, 巽健, 小橋好充, 松村恵理子, 千田二郎

    第25回微粒化シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 詳細反応機構の解読にもとづくノルマルトリデカンの簡略化反応機構の構築

    桑原 一成, 松尾 直, 酒井 康行, 小橋 好充, 堀 司, 松村 恵理子, 千田 二郎

    自動車技術会春季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ホールノズルから噴射される蒸発噴霧の乱流混合特性

    小橋好充, 横川和弘, 宮部尋, 長谷亮介, 加藤聰

    2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PIVによるディーゼル噴霧内の速度と乱れの解析

    小橋好充, 横川和弘, 宮部尋, 長谷亮介, 加藤聰

    自動車技術会秋季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気泡核生成モデルを考慮したノズル内キャビテーションに関する数値解析

    村上 伸吾, 稲垣 良介, 小橋 好充, 松村 恵理子, 千田 二郎

    自動車技術会春季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究(第2報) —パイロット噴射が熱流束に及ぼす影響—

    巽健, 前田篤志, 宮田哲次, 小橋好充, 桑原一成, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会秋季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究 —噴射圧力が熱流束に及ぼす影響—

    巽健, 前田篤志, 宮田哲次, 小橋好充, 桑原一成, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会春季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究(第3報)燃料加熱が熱流束に及ぼす影響

    巽 健, 前田 篤志, 中田 将徳, 小橋 好充, 桑原 一成, 松村 恵理子, 千田 二郎

    2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼルエンジン冷間始動時におけるDPF差圧降下現象の解明

    姜林,大岡峻, 小橋好充, 小川英之, 柴田元

    自動車技術会秋季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ゼオライト触媒を用いたNH3-SCR反応モデルの開発

    永島渉, 小祝隆太郎, 柴田元, 小川英之, 小橋好充, 草鹿仁, 植西徹, 小倉賢, 大西武士

    自動車技術会秋季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エタン混合燃料による減圧沸騰の効果が予混合化ディーゼル燃焼に及ぼす影響

    松本 彬良, 小橋 好充, 加藤 聰, 長沼 要, 伊藤 貴政, 川北 晋一郎, 森島 信悟, 近藤 和吉

    自動車技術会秋季学術講演会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧火炎における壁面熱損失に関する研究(第4報)噴孔径が熱流束に及ぼす影響

    巽 健, 前田 篤志, 中田 将徳, 小橋 好充, 松村 恵理子, 千田 二郎

    第25回微粒化シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多段噴射を用いた熱発生率分割化による予混合化ディーゼル燃焼の燃焼騒音低減

    岡本雄樹, 天沼泰将, 柴田元, 小川英之, 小橋好充

    第27回内燃機関シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 燃料組成がガソリンエンジンのEGR系内水蒸気改質の水素生成特性に及ぼす影響

    塚越友貴, 丁穎, 小橋好充, 柴田元, 小川英之, 芦田耕一

    第27回内燃機関シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼルエンジンのサイズ依存性に対するCFD解析

    有澤達陽, 新井琢也, 坂根悠平, 小橋好充, 柴田元, 小川英之

    第27回内燃機関シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 圧縮膨張機関内に実現されたディーゼル噴霧火炎における乱流特性値の評価

    横川和弘, 小橋好充, 堀司, 桑原一成, 松村恵理子, 千田二郎

    日本機械学会北陸信越支部 第53期総会・講演会講演論文集  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 直噴ガソリン機関に適用可能な多成分燃料噴霧モデル

    小橋 好充

    日本機械学会北陸信越支部 第53期総会・講演会講演論文集  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料を用いたディーゼル噴霧火炎の人為的制御(第3報) -燃料温度による影響-

    宮田哲次, 巽健, 桑原悠, 小橋好充, 桑原一成, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会春季学術講演会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガソリン系燃料のオクタン価が二燃料成層自着火の着火・燃焼過程に及ぼす影響

    武藤涼, 髙木圭一朗, 横川和弘, 小橋好充, 加藤聰

    自動車技術会春季学術講演会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガソリン圧縮着火燃焼における二段噴射の役割

    小橋好充, 松本彬良, 武藤涼, 加藤聰, 藤野友基, 川北晋一郎, 近藤和吉, 西島義明

    自動車技術会春季学術講演会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成層自着火燃焼における混合気の当量比分布と熱発生率の関係

    小橋好充, 武藤涼, 松本彬良, 髙木圭一朗, 加藤聰, 藤野友基, 川北晋一郎, 近藤和吉, 西島義明

    日本機械学会2015年度年次大会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディーゼル噴霧の乱流混合過程に関する実験的解析

    小橋好充, 横川和弘, 加藤聰

    第24回微粒化シンポジウム講演論文集  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非蒸発ディーゼル噴霧に生じる乱れがその内部構造に及ぼす影響

    松浦信教, 横川和弘, 小橋好充, 加藤聰

    2014年度ウォータージェット技術年次報告会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非定常噴霧挙動に及ぼすノズル内キャビテーションに関する研究 -キャビテーションモデルを適用した数値解析的研究-

    稲垣良介, 山崎貴義, 小橋好充, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会春季学術講演会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 化学反応動力学にもとづくオクタン価リファレンス燃料の着火遅れ式(第1報)

    桑原一成, 多田卓矢, 古谷正広, 大嶋元啓, 小橋好充, 酒井康行, 安東弘光, 松村恵理子, 千田二郎

    自動車技術会春季学術講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 燃料設計手法を用いたディーゼル噴霧における混合気形成過程に関する研究

    桑原悠, 宮田哲次, 向山智之, 小橋好充, 松村恵理子, 千田二郎

    第23回微粒化シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エタノール-ノルマルヘプタン混合燃料の液滴蒸発モデルの評価と蒸発噴霧への適用

    木本裕輔, 小橋好充, 加藤聰

    自動車技術会春季学術講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Investigation of Combustion Characteristics of Jatropha Oil Cake

    S. Kato, Y. Kobashi, K. Tosa, T. Taniguchi, Y. Suzuki, A. Macamo

    Grand Renewable Energy  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料を用いたディーゼ ル噴霧火炎の人為的制御(第2報,雰囲気温度および雰囲気酸素濃度による影響)

    宮田哲次, 向山智之, 桑原悠, 小橋好充, 桑原一成, 松村恵理子, 千田二郎

    第25回内燃機関シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジャトロファ油/灯油混合燃料のコモンレール式ディーゼル機関における適応性

    朝香勝義, 横川和弘, 小橋好充, 加藤聰, 鈴木康允, Macamo Alberto

    第25回内燃機関シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 急速圧縮膨張装置を用いたディーゼル燃焼の解析

    渡井拓矢, 小橋好充, 加藤聰

    日本機械学会北陸信越支部 第51期総会・講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 筒内直接サンプリングを用いた低温ディーゼル燃焼におけるPM及びNOxの時系列的変化に関する研究

    吉筋大祐, 小橋好充, 加藤聰

    日本機械学会北陸信越支部 第51期総会・講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二燃料PCCI燃焼の燃料噴射条件が着火および熱発生率履歴に及ぼす影響

    武藤涼, 小橋好充, 加藤聰

    日本機械学会北陸信越支部 第51期総会・講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多段噴射による熱発生率制御がディーゼル機関の性能に及ぼす影響

    鈴木秀矢, 渡井拓矢, 小橋好充, 加藤聰

    日本機械学会北陸信越支部 第50期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料噴霧における混合気形成過程 に関する研究

    味岡将士, 桑原悠, 岡田理典, 小橋好充, 松村恵理子, 千田二郎

    第22回微粒化シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 種々の二成分混合燃料を用いたディーゼル燃焼における着火および火炎構造に関する研究

    味岡将士, 小橋好充, 桑原一成, 松村恵理子, 千田二郎

    第24回内燃機関シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジャトロファ油混合燃料を用いたディーゼル機関の特性と排気微粒子中のホルボールエステル

    小橋好充, 朝香勝義, 加藤佳也, 加藤聰, 土佐光司, 鈴木康允

    第24回内燃機関シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ガソリン機関のノッキング抑制を目的とした非平衡プラズマによる炭化水素燃料の改質に関する研究

    吉村太希, 小橋好充, 加藤聰, 大澤直樹, 花岡良一

    日本機械学会北陸信越支部 第50期総会・講演会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジャトロファクルードオイル混合軽油の機械式燃料噴射装置を用いたディーゼル機関への適応

    朝香勝義, 小橋好充, 加藤聰, 鈴木康允

    第83回マリンエンジニアリング学術講演会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 燃料の多成分性を考慮した噴霧燃焼の数値モデリング

    小橋好充, 加藤聰, 千田二郎

    第83回マリンエンジニアリング学術講演会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジャトロファ植物由来の固形燃料の燃焼特性

    谷口竜也, 小橋好充, 土佐光司, 加藤聰, 鈴木康允

    日本機械学 会東北支部第49期秋季講演会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 各種アルコール燃料の混合がバイオディーゼル燃料の着火燃焼および排気特性に及ぼす影響

    日本機械学会関西支部第87期定時総会講演会講演論文集  2012年 

     詳細を見る

  • キャビテーション崩壊時に伴う衝撃力が噴流乱れに及ぼす影響

    安富友香, 松本雅至, 小橋好充, 松村恵理子, 神田睦美, 千田二郎

    第16回キャビテーションに関するシンポジウム  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ノズル内キャビテーションの気泡崩壊による衝撃加速度と噴流挙動

    安富友香, 井上欣也, 松本雅至, 小橋好充, 松村恵理子, 神田睦美, 千田二郎

    第21回微粒化シンポジウム  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エタノール-ガソリン系噴霧の数値解析

    木本裕輔, 小橋好充, 加藤聰

    第21回微粒化シンポジウム  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エタノール-n-ヘプタン系の気液平衡特性に関する数値解析

    木本裕輔, 小橋好充, 加藤聰

    日本機械学会2012年 度年次大会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二段噴射による低着火生燃料の着火制御

    原田脩平, 小橋好充, 加藤聰

    第82回マリンエンジニアリング学術講演会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料の燃料組成が燃焼・排気特性に及ぼす影響

    岡田理典, 重富大輔, 小橋好充, 千田二郎

    第23回内燃機関シンポジウム  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料噴霧による圧縮着火機関の圧力上昇率およびエミッションの低減

    前川浩輝, 小橋好充, 加藤聰, 千田二郎

    自動車技術会春季学術講演会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジャトロファオイルケーキの毒性物質除去法の検討

    飯野浩典, 加藤聰, 小橋好充, 鈴木康充, 土佐光司

    第31 回エネルギー・資源学会研究発表会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • コモンレール式ディーゼル機関におけるジャトロファクルードオイル混合軽油の燃焼・排出ガス特性

    加藤佳也, 小橋好充, 加藤聰

    第31回エネルギー・資源学会研究発表会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポート噴射と直接噴射による層状混合気とその燃焼位相が圧縮着火燃焼に及ぼす影響

    丸小鉄平, 小橋好充, 加藤聰

    2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二成分混合燃料による混合気形態がPCCI燃焼の時空間的進行過程に及ぼす影響

    日本機械学会関西支部第87期定時総会講演会講演論文集  2012年 

     詳細を見る

  • 筒内直接サンプリングを用いた低温ディーゼル燃焼機関におけるSootおよびNOxの低減機構の解明

    日本機械学会北陸信越支部49期総会・講演会講演論文集  2012年 

     詳細を見る

  • 高着火性燃料の希薄予混合気を用いた二段噴射式圧縮着火燃焼に関する検討

    日本機械学会北陸信越支部49期総会・講演会講演論文集  2012年 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料噴霧の燃焼特性および排気特性に関する基礎的研究

    日本機械学会関西支部第87期定時総会講演会講演論文集  2012年 

     詳細を見る

  • 不均一混合気における予混合圧縮着火燃焼プロセスの可視化

    小橋 好充, 千田 二郎

    可視化情報学会誌  2011年1月 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料の燃料組成が噴霧の蒸発特性および着火特性に及ぼす影響

    内燃機関シンポジウム講演論文集  2011年 

     詳細を見る

  • 二段燃料噴射により混合気濃度不均一性を与えた圧縮着火燃焼に関する研究

    日本機械学会北陸信越支部48期総会・講演会講演論文集  2011年 

     詳細を見る

  • 持続的生産可能なバイオマス燃料の燃焼・排ガス特性

    第30回エネルギー・資源学会 研究発表会 講演論文集  2011年 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料の噴霧特性とその着火・燃焼機構に関する数値解析

    自動車技術会春季学術講演会前刷集  2011年 

     詳細を見る

  • エタノール/メチルエステル混合燃料の着火特性に関する反応論的研究

    日本機械学会関西支部第86期定時総会講演会  2011年 

     詳細を見る

  • ETBE混合燃料の物理・化学的特性が予混合圧縮着火(PCCI)機関の性能に及ぼす影響

    日本機械学会北陸信越支部48期総会・講演会講演論文集  2011年 

     詳細を見る

  • 液体の溶存空気量がオリフィス内部で発生するキャビテーション現象に及ぼす影響

    日本機械学会2011年度年次大会講演論文集,S0504015,in DVD  2011年 

     詳細を見る

  • 持続的生産可能なバイオマス燃料の燃焼・排ガス特性(オイルケーキ中に含まれるホルボールエステルの挙動調査)

    第30回エネルギー・資源学会 研究発表会 講演論文集  2011年 

     詳細を見る

  • 各種アルコール燃料の混合がバイオディーゼル燃料の燃焼特性に及ぼす影響

    自動車技術会秋季学術講演会前刷集  2011年 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料噴霧の着火遅れ期間に関する熱力学的考察

    内燃機関シンポジウム講演論文集  2011年 

     詳細を見る

  • 噴霧微粒化に対するキャビテーションの影響の解明 (第2報,気泡力学に立脚したノズル内

    松本 雅至, 小橋 好充, 松村 恵理子, 千田 二郎

    同志社大学理工学研究報告  2010年10月 

     詳細を見る

  • ノズル内キャビテーションを伴う噴霧微粒化過程のモデリング

    小橋 好充

    微粒化  2010年3月 

     詳細を見る

  • ETBE混合燃料が衝突・分散(OSKA)方式予混合圧縮着火(PCCI)機関の性能に及ぼす影響

    自動車技術会春期学術講演会前刷集  2010年 

     詳細を見る

  • 直接サンプリングによるDIディーゼル機関の燃焼室内PMにDMC添加燃料が及ぼす影響

    自動車技術会春期学術講演会前刷集  2010年 

     詳細を見る

  • ETBE混合燃料が衝突・分散(OSKA)方式予混合圧縮着火(PCCI)機関の性能に及ぼす影響

    自動車技術会春期学術講演会前刷集  2010年 

     詳細を見る

  • 直噴ガソリンエンジン用噴射ノズル内の燃料流れ解析-拡大モデルを用いた噴孔部圧力の計測-

    日本機械学会関西支部第85期定時総会講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 二段燃料噴射における低温酸化反応と濃度不均一性がPCCI燃焼に与える影響

    日本機械学会 北陸信越支部 第47期総会・講演会  2010年 

     詳細を見る

  • 二段燃料噴射時の時空間的着火・燃焼進行度に関する研究-急速圧縮膨張装置を用いた基礎研究-

    自動車技術会春季学術講演会前刷集  2010年 

     詳細を見る

  • 直接サンプリングによるDIディーゼル機関の燃焼室内PMにDMC添加燃料が及ぼす影響

    自動車技術会春期学術講演会前刷集  2010年 

     詳細を見る

  • 二段燃料噴射時の時空間的着火・燃焼進行度に関する研究-急速圧縮膨張装置を用いた基礎研究

    自動車技術会春季学術講演会前刷集  2010年 

     詳細を見る

  • 多成分燃料噴霧における着火・燃焼過程の数値シミュレーション

    第19回微粒化シンポジウム講演論文集  2010年 

     詳細を見る

  • 二段異種燃料噴射における濃度不均一性が予混合圧縮着火燃焼に与える影響

    内燃機関シンポジウム講演論文集  2010年 

     詳細を見る

  • Numerical Prediction of Cavitating Flow inside Nozzle Hole Based on Cavitation Bubble Dynamics

    Proceedings of the 14th Annual Conference on Liquid Atomization and Spray System-Asia  2010年 

     詳細を見る

  • 多成分燃料噴霧による時空間的着火・燃焼制御法の提案

    小橋 好充

    エンジンテクノロジーレビュー  2009年10月 

     詳細を見る

  • Demonstrating the Potential of Mixture Distribution Control for Controlled Combustion and Emissions Reduction in Premixed Charge Compression Ignition Engine

    The 3rd International Workshop of Energy Conversion(IWEC-2009)  2009年 

     詳細を見る

  • 多成分燃料噴霧内における時空間的な成分および濃度の分離現象を用いた燃焼制御法に関する研究

    第18回微粒化シンポジウム  2009年 

     詳細を見る

  • 燃料混合気濃度分布の差異がPCCI燃焼の着火特性および燃焼進行度に及ぼす影響

    第47回燃焼シンポジウム  2009年 

     詳細を見る

  • 減圧沸騰噴霧とノズル内キャビテーション 招待

    小橋 好充

    日本機械学会関西支部 第84期定時総会講演会講演論文集 フォーラム”噴霧燃焼過程の基礎”  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 混合燃料の物理・化学的性質がディーゼル噴霧ならびに予混合圧縮着火燃焼の着火特性に及ぼす影響

    和田好充, 千田二郎

    日本マリンエンジニアリング学会誌  2008年1月 

     詳細を見る

  • ノズル内キャビテーションに関する現象論的モデル化手法の提案

    日本機械学会2008年度年次大会講演論文集  2008年 

     詳細を見る

  • 混合気の不均一性を考慮したPCCI燃焼における燃焼制御の検討

    日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 混合燃料の減圧沸騰噴霧を用いた部分予混合燃焼に関する研究

    自動車技術会学術講演会前刷集  2008年 

     詳細を見る

  • KIVA3Vを用いた混合燃料噴霧に関する数値解析

    日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 実走行オンボード計測システムを用いたディーゼル車両の排出ガス計測―マイクロダイリューショントンネルによるPM重量評価―

    日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 燃料設計を適用した混合気濃度の不均一化による高負荷PCCI運転の検討

    日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会  2008年 

     詳細を見る

  • 燃料の着火性および混合気の不均一性がPCCI燃焼に与える影響

    自動車技術会学術講演会前刷集  2008年 

     詳細を見る

  • 2成分混合燃料におけるソノケミカル反応を利用した重質系燃料の改質

    日本機械学会2007年度年次大会講演会  2007年 

     詳細を見る

  • 混合燃料による予混合圧縮着火燃焼の制御―燃料の着火性,混合気濃度不均一性および圧縮比の影響―

    自動車技術会学術講演会前刷集  2007年 

     詳細を見る

  • 実機形状ノズル内キャビテーションとモデリング 招待

    第16回微粒化シンポジウム講演論文集  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 多段噴射によるディーゼル燃焼がPM粒径分布に及ぼす影響

    自動車技術会学術講演会前刷集  2007年 

     詳細を見る

  • 燃料の着火性および混合気の不均一性によるHCCI燃焼の限界究明

    和田好充, 沖本和樹, 北村直樹, 上田圭佑, 千田二郎, 藤本元

    日本機械学会関西支部第81期定時総会講演会講演論文集  2006年11月 

     詳細を見る

  • ディーゼル噴霧およびすす粒子のレーザー計測技術

    千田二郎, 和田好充

    日本マリンエンジニアリング学会誌  2006年5月 

     詳細を見る

  • 燃料の着火性および混合気の不均一性を考慮した二段燃料噴射による燃焼制御の検討

    自動車技術会学術講演会前刷集  2006年 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料による予混合圧縮着火機関の燃焼制御-減圧沸騰噴霧の適用―

    自動車技術会学術講演会前刷集  2006年 

     詳細を見る

  • ソノケミストリーを用いた重質系燃料改質の基礎研究

    日本機械学会関西支部第81期定時総会講演会講演論文集  2006年 

     詳細を見る

  • 燃料設計コンセプトに基づく燃焼制御手法の提案研究

    日本機械学会関西支部第81期定時総会講演会講演論文集  2006年 

     詳細を見る

  • キャビテーション気泡の成長・崩壊を考慮した多成分燃料噴霧の分裂モデル

    日本機械学会2006年度年次大会講演会  2006年 

     詳細を見る

  • 燃料の着火性および混合気の不均一性がHCCI機関の燃焼特性に与える影響

    自動車技術会学術講演会前刷集  2006年 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料を用いたソノケミカル反応に関する基礎的解明

    日本機械学会2006年度年次大会講演会  2006年 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料による予混合圧縮着火機関の燃焼制御(第2報)-減圧沸騰を伴う二成分混合燃料噴霧の壁面衝突挙動-

    自動車技術会学術講演会前刷集  2006年 

     詳細を見る

  • New Concept of Multiple-Stage Combustion in CI Engine

    The 18th Internal Combustion Engine Symposium ( International)  2005年 

     詳細を見る

  • 予混合圧縮着火機関への適用を考慮した二成分混合燃料における減圧沸騰現象の解明

    第14回微粒化シンポジウム講演論文集  2005年 

     詳細を見る

  • ディーゼル雰囲気場における二成分混合燃料の着火特性

    日本機械学会2005年度年次大会講演会講演論文集  2005年 

     詳細を見る

  • 燃料噴霧および火炎のレーザー計測

    千田二郎, 伊藤貴之, 和田好充

    日本エネルギー学会誌  2004年9月 

     詳細を見る

  • 減圧沸騰を伴う二成分混合燃料噴霧に関する実験的研究

    和田好充, 橘田佳明, 山口晃弘, 千田二郎, 藤本元

    同志社大学理工学研究報告  2004年7月 

     詳細を見る

  • 二成分混合燃料噴霧の着火特性に関する基礎的研究

    第42回燃焼シンポジウム  2004年 

     詳細を見る

  • 各種混合燃料を用いたディーゼル噴霧の着火特性に関する基礎的研究

    日本機械学会2004年度年次大会講演会講演論文集  2004年 

     詳細を見る

  • ガソリン系燃料を用いた多段燃焼法による高効率・低エミッション燃焼法の提案研究-急速圧縮膨張装置を用いた予混合気中におけるガソリン系燃料の着火・燃焼特性に関する研究-

    第42回燃焼シンポジウム  2004年 

     詳細を見る

  • 低温・低密度場における二成分混合燃料噴霧の基礎的特性

    第13回微粒化シンポジウム講演論文集  2004年 

     詳細を見る

  • 新燃焼方式によるディーゼル機関の高効率化・超低公害化に関する研究

    小高松男, 後藤雄一, 小池章介, 塚本雄次郎, 石井泰, 鈴木央一, Kevin Sholes, Rahman Montajir, 千田二郎, 川野大輔, 島田敦史, 和田好充, 川上和也

    交通安全環境研究所所報  2003年10月 

     詳細を見る

  • Experimental Study on Atomization and Evaporation Processes of Two-Component Fuel Spray

    The 8th Annual Conference on Liquid Atomization and Spray Systems-Asia  2003年 

     詳細を見る

  • 減圧沸騰を伴う二成分混合燃料の噴霧特性

    第12回微粒化シンポジウム講演論文集  2003年 

     詳細を見る

  • 低エミッション・燃焼制御のための燃料設計コンセプト-第6報:KIVA3Vによる混合燃料噴霧の数値シミュレーション-

    自動車技術会学術講演会前刷集  2002年 

     詳細を見る

  • 低エミッション・燃焼制御のための燃料設計コンセプト-第5報:混合燃料の燃焼・排気特性-

    自動車技術会学術講演会前刷集  2002年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 優秀講演賞

    2015年12月   日本液体微粒化学会  

    小橋 好充

     詳細を見る

  • 学術講演会優秀講演賞

    2013年9月   日本マリンエンジニアリング学会  

    小橋 好充

     詳細を見る

  • Special Recognition Award

    2012年10月   SAE International /自動車技術会  

    小橋 好充

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • Low Emission Mixing-controlled Combustion Using Gasoline

    2011年 - 2015年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Soot Formation and Oxidation in a LTC Diesel Engine

    2011年 - 2015年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Fuel Reforming by Means of Non-Thermal Plasma

    2010年 - 2015年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Numerical Study of Ignition and Combustion Processes for Multi-component Fuel Spray

    2008年 - 2013年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Numerical Study of Cavitation Effects on Spray Atomization

    2004年 - 2014年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap