2022/09/07 更新

写真a

ミヤザキ サトル
宮崎 悟
Miyazaki Satoru
所属
研究推進機構 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 農学修士 ( 名古屋大学 )

  • MBA ( 神戸大学 )

  • 博士(経営学) ( 兵庫県立大学 )

研究キーワード

  • 医工連携

  • イノベーション

  • 産業クラスター

  • エコシステム

  • 産学連携

研究分野

  • 人文・社会 / 経営学

  • 人文・社会 / 地域研究

所属学協会

 

論文

  • 行動嗜癖としてのギャンブル,ネット・ゲーム依存

    曽良一郎, 宮崎悟

    日本精神科病院協会雑誌   41 ( 7 )   608 - 613   2022年7月

     詳細を見る

  • 日本の医工連携における行動様式に関する戦略研究 査読

    宮崎 悟, 三崎 秀央

    医工連携と産業   1   7 - 25   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 日本の医療機器クラスターから大学発医療機器を社会実装するためのキーストーン戦略に関する調査研究

    宮崎 悟, 三崎 秀央

    公益財団法人医療機器センター附属医療機器産業研究所リサーチペーパー   No.33   1 - 86   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 神戸医療産業都市におけるイノベーションに関する考察

    宮崎 悟

    星稜台論集   51 ( 3 )   49 - 83   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 国立大学附属病院経営の現状と課題

    宮崎 悟

    星稜台論集   51 ( 2 )   23 - 47   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 公共と非営利の経営

    宮崎 悟

    星稜台論集   51 ( 1 )   25 - 66   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 産学連携の公益性と私益性:大学における技術移転のあり方

    宮崎 悟

    星稜台論集   50 ( 3 )   1 - 30   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 大学外部型承認TLOのあり方:TLOからTMO・KMOへ

    宮崎 悟

    星稜台論集   50 ( 3 )   31 - 66   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sleep properties of CS mice with spontaneous rhythm splitting in constant darkness 査読

    Shizufumi Ebihara, Satoru Miyazaki, Hirotake Sakamaki, Takashi Yoshimura

    Brain Research   980 ( 1 )   121 - 127   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    In mice, genetic differences between inbred strains have been shown for several parameters of sleep and circadian activity rhythms. Our previous studies have demonstrated that CS mice have three remarkable characteristics in the circadian rhythm of locomotor activity: (1) high activity both during the day and night, (2) unstable freerunning period and (3) spontaneous rhythm splitting. In order to characterize sleep properties of CS mice, we compared circadian sleep patterns of CS with those of C57BL/6J and C3H/He mice which have normal circadian activity rhythms. Although C57BL/6J and C3H/He mice exhibited clear daily sleep-wake rhythms in the amount of each sleep parameter (Awake, SWS, PS), CS mice did not show clear rhythms in these parameters. The differences were particularly conspicuous in PS
    no apparent day-night differences in the amount of PS, PS counts and PS interval (the interval between successive PS episodes) in CS mice. In addition, the ratio of PS to total sleep time was significantly larger in CS mice than other strains. Of these parameters, the most considerable was PS latency which was extremely short and direct transition from Awake to PS without appearance of SWS frequently occurred in these mice. These results indicate that CS mice may be useful for the understanding of sleep mechanisms and its dysfunction. © 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0006-8993(03)02947-0

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The effect of "living high-training low" on physical performance in rats 査読

    Satoru Miyazaki, Akio Sakai

    International Journal of Biometeorology   44 ( 1 )   24 - 30   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer New York  

    In this research, we hypothesized that, in rats, adaptation to high altitude (2500 m) plus training at low altitude (610 m), "living high-training low", improves physical performance at low altitude more than living and training at low altitude (610 m). Rats were divided into four groups: (1) living at low altitude (LL, n=12), (2) living and training at low altitude (LLTL, n=13), (3) living at high altitude (LH, n=12), (4) living at high altitude and training at low altitude (LHTL, n=13). The program for living at high altitude involved raising rats under hypobaric hypoxia (equivalent to 2500 m), and the training program consisted of running on a treadmill at low altitude. All groups were raised at each altitude and trained to run at 35 m/min for 40 min/day, 6 days/week for 6 weeks. During this program, we measured heart rates both at rest and during exercise, and performed running-time trials. The mean heart rate during exercise was lower in groups with training than in groups without training, and the groups receiving training could run longer than the untrained groups. The LHTL group especially showed the lowest mean heart rate during exercise and the longest running time among all groups. After 6 weeks of the training program, all rats had a catheter implanted into the carotid artery, and the mean systemic arterial pressure was continuously measured during treadmill running. The rate of increase of this pressure as the running intensity increased was lower in groups with training than in groups without training, especially in the LHTL group. Finally, we anesthetized all the rats and extracted both the right and left ventricles, and the triceps surae and liver. Training increased the weight of the left ventricle, triceps surae, and liver. The increase in weight of the left ventricle and triceps surae was higher in the LHTL group than in the LLTL group in particular. It appeared that living high-training low may be an effective strategy to improve performance ability at low altitude.

    DOI: 10.1007/s004840050135

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • “医薬品・医療機器・再生医療”開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集

    宮崎 悟, 保多 隆裕, 永井 洋士, 祇園 景子, 鶴田 宏樹, 福本 巧( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章第2節:医療機関と企業との“共創的”連携による医療機器イノベーション創出の取り組み)

    技術情報協会  2018年7月 

     詳細を見る

  • 次世代ヘルスケア機器の新製品開発

    宮崎 悟( 担当: 共著 ,  範囲: 第14章第2節:異分野から医療機器事業に参入する際のリスクとビジネスチャンスの考え方)

    技術情報協会  2014年5月 

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • 大学発ベンチャーにかかる組織的取組 ~岡山大学 IMaC ベンチャー支援フィールドの事例~

    松島 和季, 前原 有也美, 宮崎 悟

    産学連携学会 第20回大会  2022年6月 

     詳細を見る

  • 神戸大学を中心とするネット・ゲーム依存対策拠点構想

    宮崎 悟, 曽良 一郎

    産学連携学会 関西・中四国支部 第12回研究・事例発表会  2021年2月 

     詳細を見る

  • 日本の医療機器クラスターにおける大学病院のキーストーン戦略に関する研究

    宮崎 悟

    日本経営学会 第94回全国大会  2020年9月 

     詳細を見る

  • 医療機器産業クラスターの地理的近接性と範囲の拡張から分析した医工連携戦略についての事例研究 招待

    宮崎 悟

    第29回 日本医工ものづくりコモンズシンポジウム  2020年6月 

     詳細を見る

  • 日本の医療機器エコシステムに関する体系的研究

    宮崎 悟

    日本経営学会 関西部会 第649回例会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • "メディカル・デバイス・プロデューサー" 育成研修プログラムの開発

    保多 隆裕, 祇園 景子, 鶴田 宏樹, 宮崎 悟, 水野 佳子, 猿渡 昌子, 平田 健一, 永井 洋士, 福本 巧

    第58回 日本生体医工学会大会  2019年6月 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 兵庫発・小児外科医の手技向上を図るための外視鏡訓練システムの開発・事業化

    2022年06月 - 2023年03月

    兵庫県  成長産業育成のための研究開発支援事業 

    宮崎悟(研究分担者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 日本の医療機器エコシステムにおける医工連携の地域性に関する戦略研究

    2021年09月 - 2022年09月

    公益財団法人医療機器センター 医療機器産業研究所  調査研究助成【公募型リサーチペーパー】 

    宮崎 悟(研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染リスクを低減させる革新的な頭頚部放射線治療患者固定具の開発

    2020年10月 - 2021年03月

    兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)応用ステージ研究 

    宮崎 悟(研究分担者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 新型コロナウイルスによる臨時休校・外出規制に伴う青少年のネット・ゲーム依存の予防に関する調査研究

    2020年08月 - 2021年03月

    兵庫県ポストコロナ社会の具体化に向けた調査検討費補助事業 

    宮崎 悟(研究分担者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 神戸外科手技教育エコシステム構築のための携帯型外科手技研鑽キットの開発・事業化

    2020年06月 - 2021年03月

    兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)可能性調査・研究 

    宮崎 悟(研究分担者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 神戸発外科手技教育エコシステムの拠点形成

    2020年04月 - 2023年03月

    公益財団法人神戸医療産業都市推進機構  神戸医療産業都市研究開発助成金 

    宮崎 悟(研究分担者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 日本の医療機器クラスターにおける研究型病院を中心とした地理的近接性と範囲の拡張に関する分析と、研究型病院のキーストーン戦略に関する調査研究

    2020年02月 - 2021年01月

    公益財団法人医療機器センター 医療機器産業研究所  調査研究助成【公募型リサーチペーパー】 

    宮崎 悟(研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示