2022/05/31 更新

写真a

ハラダ ナホコ
原田 奈穂子
HARADA Nahoko
所属
ヘルスシステム統合科学学域 教授
職名
教授

学位

  • 博士 ( ボストンカレッジ大学(アメリカ) )

研究キーワード

  • 支援者支援

  • 看護

  • 精神保健及び心理社会的支援

  • 災害

研究分野

  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

学歴

  • Boston College   William F. Connell Scool of Nursing  

    2009年10月 - 2015年5月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

    researchmap

  • University of Pennsylvania   School of Nursing  

    2006年1月 - 2009年8月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

    researchmap

  • 聖路加国際大学   看護学部   看護学科

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 宮崎大学   医学部 看護学科 地域・精神看護学講座 精神看護学分野   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 東北大学   医学系研究科保健学専攻公衆衛生看護学分野   講師

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 防衛省 防衛医科大学校   成人看護学講座   講師

    2013年10月 - 2015年3月

      詳細を見る

所属学協会

  • 日本災害医学会

    2011年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本公衆衛生学会

      詳細を見る

  • 日本トラウマティックストレス学会

      詳細を見る

  • 看護科学学会

      詳細を見る

委員歴

  • World Association for Disaster and Emergency Medicine   Science Chair, Special Interest Group of Nursing  

    2019年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本災害医学会   WADEM Tokyo 運営員会  

    2019年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本プライマリケア連合学会   災害システム委員会  

    2016年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Reasons for Suicide During the COVID-19 Pandemic in Japan. 査読 国際誌

    Masahide Koda, Nahoko Harada, Akifumi Eguchi, Shuhei Nomura, Yasushi Ishida

    JAMA network open   5 ( 1 )   e2145870   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Importance: Although the suicide rate in Japan increased during the COVID-19 pandemic, the reasons for suicide have yet to be comprehensively investigated. Objective: To assess which reasons for suicide had rates that exceeded the expected number of suicide deaths for that reason during the COVID-19 pandemic. Design, Setting, and Participants: This national, population-based cross-sectional study of data on suicides gathered by the Ministry of Health, Labor, and Welfare from January 2020 to May 2021 used a times-series analysis on the numbers of reason-identified suicides. Data of decedents were recorded by the National Police Agency and compiled by the Ministry of Health, Labor, and Welfare. Exposure: For category analysis, we compared data from January 2020 to May 2021 with data from December 2014 to June 2020. For subcategory analysis, data from January 2020 to May 2021 were compared with data from January 2019 to June 2020. Main Outcomes and Measures: The main outcome was the monthly excess suicide rate, ie, the difference between the observed number of monthly suicide deaths and the upper bound of the 1-sided 95% CI for the expected number of suicide deaths in that month. Reasons for suicide were categorized into family, health, economy, work, relationships, school, and others, which were further divided into 52 subcategories. A quasi-Poisson regression model was used to estimate the expected number of monthly suicides. Individual regression models were used for each of the 7 categories, 52 subcategories, men, women, and both genders. Results: From the 29 938 suicides (9984 [33.3%] women; 1093 [3.7%] aged <20 years; 3147 [10.5%] aged >80 years), there were 21 027 reason-identified suicides (7415 [35.3%] women). For both genders, all categories indicated monthly excess suicide rates, except for school in men. October 2020 had the highest excess suicide rates for all cases (observed, 1577; upper bound of 95% CI for expected number of suicides, 1254; 25.8% greater). In men, the highest monthly excess suicide rate was 24.3% for the other category in August 2020 (observed, 87; upper bound of 95% CI for expected number, 70); in women, it was 85.7% for school in August 2020 (observed, 26; upper bound of 95% CI for expected number, 14). Conclusions and Relevance: In this study, observed suicides corresponding to all 7 categories of reasons exceeded the monthly estimates (based on data from before or during the COVID-19 pandemic), except for school-related reasons in men. This study can be used as a basis for developing intervention programs for suicide prevention.

    DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2021.45870

    PubMed

    researchmap

  • ボランティアベースの災害支援者に向けた組織に 求められる支援者支援と女性支援者への配慮 査読

    福島奏子, 新福洋子, 原田奈穂子

    日本災害医学会誌   27 ( 1 )   26 - 34   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Suicide by gender and 10-year age groups during the COVID-19 pandemic vs previous five years in Japan: an analysis of national vital statistics 査読

    Akifumi Eguchi, Shuhei Nomura, Stuart Gilmour, Nahoko Harada, Haruka Sakamoto, Peter Ueda, Daisuke Yoneoka, Yuta Tanoue, Takayuki Kawashima, Takehiko I. Hayashi, Yuzo Arima, Motoi Suzuki, Masahiro Hashizume

    Psychiatry Research   114173 - 114173   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.psychres.2021.114173

    researchmap

  • Culturally sensitive disaster nursing by Public health nurses in Japan

    Miki Marutani, Nahoko Harada, Kanae Takase, Hiroko Okuda, Yukiko Anzai

    Public Health Nursing   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/phn.12939

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/phn.12939

  • Consequences of Visiting restrictions during the COVID-19 pandemic: An integrative review 査読

    Karin Hugelius, Nahoko Harada, Miki Marutani

    International Journal of Nursing Studies   104000 - 104000   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    添付ファイル: 1-s2.0-S0020748921001474-main.pdf

    DOI: 10.1016/j.ijnurstu.2021.104000

    researchmap

  • Expected Scopes of Health Emergency and Disaster Risk Management (Health EDRM): Report on the Expert Workshop at the Annual Conference for the Japanese Association for Disaster Medicine 2020 招待 査読

    18 ( 9 )   4447 - 4447   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph18094447

    researchmap

  • Trends in suicide in Japan by gender during the COVID-19 pandemic, through December 2020

    Shuhei Nomura, Takayuki Kawashima, Nahoko Harada, Daisuke Yoneoka, Yuta Tanoue, Akifumi Eguchi, Stuart Gilmour, Yumi Kawamura, Masahiro Hashizume

    Psychiatry Research   113913 - 113913   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.psychres.2021.113913

    researchmap

  • GIS Mapping Analysis of Damages and Countermeasures Against the Nankai Trough Earthquake among Primary Care Facilities in Miyazaki 査読

    Nahoko Harada, Masahide Koda, Toshiaki Saito, Hisashi Yoshimoto, Atsushi Obata

    An Official Journal of the Japan Primary Care Association   44 ( 1 )   2 - 10   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Primary Care Association  

    DOI: 10.14442/generalist.44.2

    researchmap

  • Trends in suicide in Japan by gender during the COVID-19 pandemic, up to September 2020. 査読 国際誌

    Shuhei Nomura, Takayuki Kawashima, Daisuke Yoneoka, Yuta Tanoue, Akifumi Eguchi, Stuart Gilmour, Yumi Kawamura, Nahoko Harada, Masahiro Hashizume

    Psychiatry research   295   113622 - 113622   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Suicide is an extreme consequence of the psychological burden associated with the coronavirus disease 2019 (COVID-19) counter-measures. A quasi-Poisson regression was applied to monthly suicide mortality data obtained from the National Police Agency to estimate the gender-specific excess/exiguous suicide deaths during the COVID-19 pandemic in Japan up to September 2020. We found excess suicide deaths among women in July, August and September, but not among men. Our results indicate the importance of COVID-19 related suicide prevention, especially for women. Timely access to mental health care and financial and social support is urgently needed, as is optimal treatment for mental illness.

    DOI: 10.1016/j.psychres.2020.113622

    PubMed

    researchmap

  • Cultural safety in disaster nursing 査読

    NAHOKO HARADA, LEV ZHURAVSKY, MIKI MARUTANI AND BECKY, HICKMOTT

    27 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    researchmap

  • Mental health of family, friends, and co-workers of COVID-19 patients in Japan. 査読 国際誌

    Yuta Tanoue, Shuhei Nomura, Daisuke Yoneoka, Takayuki Kawashima, Akifumi Eguchi, Shoi Shi, Nahoko Harada, Hiroaki Miyata

    Psychiatry research   291   113067 - 113067   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    As the coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic rages on, the mental health of both the infected and non-infected is a rising concern. We used administrative survey data (16402 responses in the last two weeks) using a chatbot on LINE, the most popular social networking service (SNS) in Japan, to show that people with COVID-19 patients in a close setting had higher psychological distress level than those without. We believe that the results indicate an urgent need to prioritize the establishment and implementation of mental health and psychosocial support tailored to family, close relatives, and friends of COVID-19 patients.

    DOI: 10.1016/j.psychres.2020.113067

    PubMed

    researchmap

  • 東日本大震災被災地における避難施設内真菌叢に関する研究 査読

    渡辺 麻衣子, 横瀬 英里子, 小沼 ルミ, 入倉 大祐, 小林 直樹, 角 泰人, 原田 奈穂子, 大橋 博樹, 小西 良子, 工藤 由起子, 高鳥 浩介, 矢内 勝, 鎌田 洋一, 林 健太郎

    日本防菌防黴学会誌   48 ( 1 )   3 - 9   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本防菌防黴学会  

    東日本大震災被災地の4避難施設において、真菌叢調査を行った。その結果、室内空気中の浮遊真菌数は、真菌汚染の基準とされる1,000CFU/m3以上となった施設は無く、ヒト危害性の高い菌種の検出濃度も低かったことから、直接的な健康被害の原因となる真菌の異常発育は確認されなかった。しかし、Aspergillus属菌の菌数および菌種は、一般家屋室内と比較して異常な状態を示し、注意が必要と考えられた。また、避難施設の清掃ボランティアチームの衛生活動と施設内の真菌叢変動との関連性について検討したところ、本活動は、避難施設内の真菌叢正常化に対して一定の効果をもたらしたことが示された。しかし、効果の継続性はなく、定期的な清掃が必要不可欠であることが明らかとなった。避難施設は真菌叢が変化しやすい環境であることを認識し、衛生状態に留意しなくてはならない。(著者抄録)

    researchmap

  • Japanese public health nurses’ culturally sensitive disaster nursing for small island communities 査読

    Miki Marutani, Shimpei Kodama, Nahoko Harada

    Island Studies Journal   15 ( 1 )   371 - 386   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Island Studies  

    Objective: To clarify the tacit knowledge of Japanese public-health nurses who administer culturally sensitive disaster nursing for small island communities. Design: Qualitative and inductive study. Sample: Eleven public-health nurses who provided disaster aid on one of six affected islands. Measurements: Semi-structured interviews, with qualitative analysis of data. Nursing actions that were based on consideration for islanders’ culture were categorized in terms of similarity. Results: Categories of culturally sensitive disaster nursing were identified for each disaster phase of the recovery process. These included confirming islanders’ safety and using existing interpersonal bonds to notify others (acute phase); assisting shelter management by facilitating the application of local rules and bonds (semi-acute phase); compensating for weakened neighbour-based relationships through public services (mid-term phase); and supporting the completion of necessary procedures by utilizing/adjusting islanders’ existing relationships with local government personnel (long-term phase). Cultural elements included interpersonal bonds and relationship, which emerged across phases. Conclusion: Public-health nurses should utilize culture not only to comfort islanders, but also to strengthen their sense of coherence and resilience as islander. They should also remember the nursing principle of compensating for a lack of self-care. To provide effective aid, the changes in cultural influences with recovery phases should be considered.

    DOI: 10.24043/isj

    researchmap

  • 文化的に安全な災害看護の提供:日本とニュージーランドの視点から 招待 査読

    Zhuravsky Lev, 原田奈穂子

    保健医療科学   68 ( 4 )   334 - 342   2019年10月

  • 【健康先進国に求められる文化に即した保健医療-災害保健活動に焦点を当てて-】文化に即した災害時公衆衛生看護活動の概念整理 査読

    丸谷 美紀, 原田 奈穂子, 高瀬 佳苗, 安齋 由貴子, 奥田 博子, 春山 早苗

    保健医療科学   68 ( 4 )   343 - 351   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立保健医療科学院  

    日本および世界で多発する自然災害に対し、世界基準の対策が整備されつつある。これらの世界基準を各地の実情に即して、より効果的に適応するために、文化に即して災害時公衆衛生看護活動をすることが必要となる。これらは未だ暗黙知といえ、形式知として世界の看護職と共有するべく、筆者らは研究を進めている。本稿では、文化に即した災害時公衆衛生看護活動の概念枠組みを提示することを目的として、災害・文化・看護に関する汎用されている諸説・定義を整理した。まず、本稿では災害を次のように整理し定義した。「自然現象や人の行為により、人と取り巻く環境に損害を受け、コミュニティの機能が維持できなくなり、外からの援助なしには人々の基本的ニードを満たすための行動様式の維持が困難になる状態」。次に、文化を次のように定義した。「一定の生活圏域の人々が獲得・蓄積・共有・伝承してきた、災害を含む世界観・価値観・信念・規範に基づく思考・態度・行動様式、これらは人々の考え・意思決定・行動を導き、パーソナリティや存在意義を形成する」災害時公衆衛生看護活動は次のように定義した。「災害発生前から事後までの全過程を通じて、人々とコミュニティが、病気や障がいの予防・健康維持と回復・平穏な死に向けて、平常時との落差を縮小して生活行動と政策を含めた環境を整えられるよう、人々とコミュニティと協働し、公正で安全な社会の維持・再構築を目指す活動」。補足として、文化に即した災害時保健活動の成果、及び活動時の留意点を述べる。成果として、看護のアウトカムとしての安寧をもたらす一助となり、アイデンティティクライシスの予防にもなり得、さらに人々の規範や知恵を活かした効果的な活動となりうる。留意点は、保健師自身の文化を自覚し、文化的に安全(cultural safety)な活動を推進することが求められる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J03876&link_issn=&doc_id=20191126390005&doc_link_id=10.20683%2Fjniph.68.4_343&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.20683%2Fjniph.68.4_343&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • The Psychological Impact of the Great East Japan Earthquake on Japan Ground Self-Defense Force Personnel: A Three-Wave, One-Year Longitudinal Study 査読 国際誌

    Masanori Nagamine, Taisuke Yamamoto, Jun Shigemura, Masaaki Tanichi, Aihide Yoshino, Go Suzuki, Yoshitomo Takahashi, Masaki Miyazaki, Yasuhide Uwabe, Nahoko Harada, Kunio Shimizu

    Psychiatry Interpersonal and Biological Processes   81 ( 3 )   288 - 296   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00332747.2017.1333340

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 在宅医療における防災・危機管理 被災地から学び、日々につなげる 地域に住まう人が災害を経験した時に大切なこと 招待

    原田 奈穂子

    日本在宅医学会大会   19回   76 - 76   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本在宅医学会  

    researchmap

  • 地域に住まう人が災害を経験した時に大切なこと 招待

    原田奈穂子

    日本在宅医学会雑誌   19 ( 1 )   72 - 73   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本在宅医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • The longitudinal mental health impact of Fukushima nuclear disaster exposures and public criticism among power plant workers: the Fukushima NEWS Project study

    Y. Tanisho, J. Shigemura, K. Kubota, T. Tanigawa, E. J. Bromet, S. Takahashi, Y. Matsuoka, D. Nishi, M. Nagamine, N. Harada, M. Tanichi, Y. Takahashi, K. Shimizu, S. Nomura, A. Yoshino

    PSYCHOLOGICAL MEDICINE   46 ( 15 )   3117 - 3125   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    Background. The Fukushima Daiichi and Daini Nuclear Power Plant workers experienced multiple stressors as both victims and onsite workers after the 2011 Great East Japan Earthquake and subsequent nuclear accidents. Previous studies found that disaster-related exposures, including discrimination/ slurs, were associated with their mental health. Their long-term impact has yet to be investigated.
    Method. A total of 968 plant workers (Daiichi, n = 571; Daini, n = 397) completed self-written questionnaires 2-3 months (time 1) and 14-15 months (time 2) after the disaster (response rate 55.0%). Sociodemographics, disaster-related experiences, and peritraumatic distress were assessed at time 1. At time 1 and time 2, general psychological distress (GPD) and post-traumatic stress response (PTSR) were measured, respectively, using the K6 scale and Impact of Event Scale Revised. We examined multivariate covariates of time 2 GPD and PTSR, adjusting for autocorrelations in the hierarchical multiple regression analyses.
    Results. Higher GPD at time 2 was predicted by higher GPD at time 1 (beta = 0.491, p &lt; 0.001) and discrimination/ slurs experiences at time 1 (beta = 0.065, p = 0.025, adjusted R-2 = 0.24). Higher PTSR at time 2 was predicted with higher PTSR at time 1 (beta = 0.548, p &lt; 0.001), higher age (beta = 0.085, p = 0.005), and discrimination/ slurs experiences at time 1 (beta = 0.079, p = 0.003, adjusted R-2 = 0.36).
    Conclusions. Higher GPD at time 2 was predicted by higher GPD and discrimination/ slurs experience at time 1. Higher PTSR at time 2 was predicted by higher PTSR, higher age, and discrimination/ slurs experience at time 1.

    DOI: 10.1017/S003329171600194X

    Web of Science

    researchmap

  • The effects of living environment on disaster workers: a one-year longitudinal study. 査読 国際誌

    Masanori Nagamine, Nahoko Harada, Jun Shigemura, Kosuke Dobashi, Makiko Yoshiga, Naoki Esaki, Miyuki Tanaka, Masaaki Tanichi, Aihide Yoshino, Kunio Shimizu

    BMC psychiatry   16 ( 1 )   358 - 358   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    BACKGROUND: Defense Force workers engaged in disaster relief activities might suffer from strong psychological stress due to the tasks that they had been involved. We evaluated how living environments, work environments, and individual factors psychologically affect those who engaged in disaster relief activities. METHOD: Data generated with 1506 personnel engaged in the Great East Japan Earthquake relief activity were analyzed. Those who scored ≥25 points on the Impact of Events Scale-Revised and the Kessler Psychological Distress Scale (K10) were allocated into the high post-traumatic stress response (high-PTSR) group, and the high general psychological distress (high-GPD) group, respectively. RESULTS: The multiple logistic regression analysis extracted living environment (camping within the shelter sites) as the significant risk factor for both high-PTSR (OR = 3.39, 95 % CI 2.04-5.64, p < 0.001) and high-GPD (OR = 3.35, 95 % CI 1.77-6.34, p < 0.001) groups. CONCLUSION: It is desirable for disaster workers to have a living environment in which they can keep an appropriate distance from the victims.

    DOI: 10.1186/s12888-016-1058-4

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mental health support for healthcare workers after the Great East Japan Earthquake: Five years on. 国際誌

    Jun Shigemura, Nahoko Harada, Aihide Yoshino

    Nursing & health sciences   18 ( 1 )   1 - 3   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    DOI: 10.1111/nhs.12276

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Peacekeepers deserve more mental health research and care. 査読

    Shigemura J, Nagamine M, Harada N, Tanichi M, Shimizu K, Yoshino A

    BJPsych open   2 ( 2 )   e3 - e4   2016年3月

  • Rumor-Related and Exclusive Behavior Coverage in Internet News Reports Following the 2009 H1N1 Influenza Outbreak in Japan. 査読 国際誌

    Jun Shigemura, Nahoko Harada, Masaaki Tanichi, Masanori Nagamine, Kunio Shimizu, Yoshiaki Katsuda, Shinichi Tokuno, Gentaro Tsumatori, Aihide Yoshino

    Disaster medicine and public health preparedness   9 ( 4 )   459 - 63   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    OBJECTIVE: We sought to elucidate news article reporting of adverse public psychosocial behaviors, in particular, rumor-related coverage (eg, panic, demagoguery) and exclusive behavior coverage (negative behaviors, eg, discrimination, bullying) during the 2009 influenza A (H1N1) influenza pandemic in Japan. METHODS: We examined 154 Internet news-site articles reporting adverse public psychosocial responses in the first 60 days of the outbreak. Rumor-related coverage and exclusive behavior coverage were dichotomously coded as included or not. Moreover, we assessed whether or not health information (eg, coping methods, virus toxicity information) or emphasis on information quality (eg, importance of information, cautions about overreactions) were simultaneously reported. RESULTS: Rumor-related coverage (n=120, 77.9%) was less likely to simultaneously report public health information (eg, toxicity information, health support information, and cautions about overreactions; P<.05). Conversely, exclusive behavior coverage (n=41, 26.6%) was more likely to report public health information (P<.05). CONCLUSIONS: Rumor-related coverage was less likely to have accompanying public health information, whereas exclusive behavior coverage was more likely to include it. During public health crises, it is essential to understand that rumors and exclusive behaviors have adverse effects on the public and that accompanying public health information may help people take proactive coping actions.

    DOI: 10.1017/dmp.2015.57

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mental health and psychological impacts from the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster: a systematic literature review. 査読 国際誌

    Nahoko Harada, Jun Shigemura, Masaaki Tanichi, Kyoko Kawaida, Satomi Takahashi, Fumiko Yasukata

    Disaster and military medicine   1   17 - 17   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: On March 11, 2011, Japan experienced an unprecedented combination of earthquake/tsunami/nuclear accidents (the Great East Japan Earthquake; GEJE). We sought to identify mental health and psychosocial consequences of this compound disaster. METHOD: A systematic literature review was conducted of quantitative research articles addressing mental health of survivors and the psychological impact of the GEJE. For articles between March 2011 and December 2014, PubMed, PsychINFO, and EMBASE databases were searched with guidance on literature review method. RESULTS: Forty-nine studies met the inclusion criteria. A substantial proportion of the affected individuals experienced considerable psychological distress. Mental health outcomes included, but were not limited to, posttraumatic stress disorder, depression, and anxiety symptoms. Physical health changes, such as sleeping and eating disturbances, also occurred. In Fukushima, radioactive release induced massive fear and uncertainty in a large number of people, causing massive distress among the affected residents, especially among mothers of young children and nuclear plant workers. Stigma was additional challenge to the Fukushima residents. The review identified several groups with vulnerabilities, such as disaster workers, children, internally displaced people, patients with psychiatric disorders, and the bereaved. CONCLUSIONS: Following the GEJE, a considerable proportion of the population was mentally affected to a significant degree. The affected individuals showed a wide array of mental and physical consequences. In Fukushima, the impact of nuclear disaster was immense and complex, leading to fear of radiation, safety issues, and stigma issues.

    DOI: 10.1186/s40696-015-0008-x

    PubMed

    researchmap

  • 【東日本大震災と保健医療】東日本大震災における医療系民間ボランティア団体現地派遣員の活動内容と活動期間と帰任後の心理状態 査読

    原田 奈穂子, 新福 洋子, 重村 淳, 安酸 史子

    日本保健医療行動科学会雑誌   29 ( 1 )   40 - 47   2014年6月

  • Avian influenza A(H7N9): information-sharing through government web sites in the Western Pacific Region 査読

    Harada N, Alexander N, Olowokure B

    Western Pacific surveillance and response journal : WPSAR   4 ( 2 )   44 - 46   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Western Pacific surveillance and response journal : WPSAR  

    DOI: 10.5365/WPSAR.2013.4.2.010

    researchmap

  • 日本プライマリ・ケア連合学会東日本大震災支援プロジェクトPCAT(Primary Care for All Team)の取り組み

    林 健太郎, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次, 古屋 聡

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   642 - 642   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • 東日本大震災の石巻圏「ショートステイベース」における「入院未満避難所以上」患者の診療および行政との連携による集団避難生活困難者への対応

    坂西 雄太, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 林 健太郎, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   642 - 642   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • COPCプロセスを用いた震災亜急性期における要介護者のための避難所の設立の報告

    泉水 信一郎, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 林 健太郎, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   640 - 640   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • サイコロジカル・ファーストエイド「心理的応急処置」の有効性

    原田 奈穂子, 守屋 章成, 林 健太郎, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   716 - 716   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • 災害時初期医療におけるプライマリ・ケア医の重要性、具体的場面からの考察

    古屋 聡, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 林 健太郎, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   643 - 643   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • 東日本大震災亜急性期における海外の支援団体受け入れの経験

    角 泰人, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 林 健太郎, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   669 - 669   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • 事例報告 災害時のプライマリ・ケアにおける心のケア支援

    若林 英樹, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 小笠原 知子, 林 健太郎, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   689 - 689   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • Caring for the forensic population: Recognizing the educational needs of emergency department nurses and physicians 査読

    Henderson E, Harada N, Amar A

    Journal of Forensic Nursing   8 ( 4 )   170 - 177   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Forensic Nursing  

    The Emergency Department (ED) is a point of contact for victims of violence after an act of criminal activity has occurred. Hence, ED clinicians are in a key position to have a significant impact on both the medical and legal outcomes of the forensic patient population. The purpose of this study was to describe and compare forensic knowledge, practice, and experiences of ED nurses and physicians. Specific aims were to (1) describe experiences of nurses and physicians related to forensic practice; (2) compare clinical forensic knowledge and experience between nurses and physicians; and (3) describe forensic learning needs. This descriptive, correlational study utilized a survey questionnaire completed by 134 ED nurses and physicians. Results of the survey revealed no significant differences in the education, knowledge, and confidence with forensic patients between ED nurses and physicians. However, just over half of the sample reported feeling confident in managing forensic patients indicating a need for increased forensic education. Practice implications indicate that forensic education is needed and desired among ED nurses and physicians within the clinical setting. Further studie

    DOI: 10.1111/j.1939-3938.2012.01144.x

    researchmap

  • 日本プライマリ・ケア連合学会東日本大震災支援プロジェクトPCAT派遣医師による検視協力とその背景

    林 健太郎, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   693 - 693   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • 多団体協働による避難所の衛生対策活動(ダニバスターズ)の活動報告

    横瀬 英里子, 守屋 章成, 林 健太郎, 角 泰人, 大橋 博樹, 前沢 政次, 原田 奈穂子

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   699 - 699   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • 研修医派遣による東日本大震災被災病院への継続的支援

    角 泰人, 守屋 章成, 原田 奈穂子, 林 健太郎, 大橋 博樹, 前沢 政次

    日本集団災害医学会誌   17 ( 4 )   714 - 714   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本災害医学会  

    researchmap

  • Closed suctioning system: Critical analysis for its use 査読

    Nahoko Harada

    JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE   7 ( 1 )   19 - 28   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Aim:
    To determine the efficacy and effectiveness of the closed suctioning system.
    Method:
    Literature review articles were accessed from the following databases: PubMed, EMBASE, CINAHL, and Cochrane Library. The literature review criteria included: all publication styles except meta-analysis, participants that were &gt;= 18 years, written in English, and published between 1973 and 2008.
    Results:
    This literature review revealed that the efficacy and effectiveness of the closed suctioning system remains to be demonstrated. The device manufacturers&apos; studies focused on cost reduction, cross-contamination, and preservation of the oxygen saturation of patients during endotracheal suctioning; however, the clinical studies focused on the use of closed suctioning systems to prevent ventilator-associated pneumonia. The reviewed studies had small sample sizes with heterogeneous demographics and non-randomized controls. Recent studies suggest that closed suctioning systems are no better than open suctioning systems in terms of mortality, morbidity, or the cost-benefit ratio. A few studies did indicate that the closed suctioning system might reduce the loss of lung volume and oxygen desaturation.
    Conclusion:
    The studies reviewed in this article suggest that the evidence on the efficacy and effectiveness of closed suctioning systems is inconclusive. Only limited populations will benefit clinically from the use of this device. There is a need for further studies with randomized controlled trials to explore the use of closed suction systems and to update current clinical practise guidelines.

    DOI: 10.1111/j.1742-7924.2010.00143.x

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • スフィアハンドブック : 人道憲章と人道支援における最低基準

    Sphere Association( 担当: 編集)

    支援の質とアカウンタビリティ向上ネットワーク  2019年10月  ( ISBN:9784991102103

     詳細を見る

    総ページ数:x, 406p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Textbook of Disaster Psychiatry

    Robert J. Ursano( 担当: 共著)

    Cambridge University Press  2018年  ( ISBN:9781316481424

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 災害歯科医学

    槻木恵一, 中久木康一

    医歯薬出版  2018年  ( ISBN:9784263422434

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 災害時の歯科保健医療対策 : 連携と標準化に向けて

    中久木, 康一, 北原, 稔, 安藤, 雄一, 日本災害時公衆衛生歯科研究会( 担当: 分担執筆)

    一世出版  2015年6月  ( ISBN:9784870781795

     詳細を見る

    総ページ数:345p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 公衆衛生

    神馬 征峰, 大森 純子, 宮本 有紀, 吉岡 京子

    医学書院  2015年  ( ISBN:9784260019897

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 巨大惨禍への精神医学的介入 : 自然災害・事故・戦争・テロ等への専門的備え

    Ritchie, Elspeth Cameron, Watson, Patricia J., Friedman, Matthew J., 計見, 一雄, 鈴木, 満( 担当: 共訳)

    弘文堂  2013年12月  ( ISBN:9784335651618

     詳細を見る

    総ページ数:xviii, 501p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 人道行動における子供の保護の最低基準

    ( 担当: 共訳)

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 今後の災害精神保健医療福祉活動のあり方 「4Ws、つなぎマップ」を用いた災害時精神保健心理社会的支援における地域連携の検討

    丸山 嘉一, 池田 美樹, 原田 奈穂子

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2020年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 南海トラフ地震に向けて宮崎県内における包括的な災害対応基盤構築

    原田 奈穂子

    日本災害看護学会誌  2020年9月  (一社)日本災害看護学会編集委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス流行下での避難所の環境を考える スフィア基準に基づいた環境の模索

    原田 奈穂子, 千島 佳也子, 宮本 純子

    日本災害看護学会誌  2020年9月  (一社)日本災害看護学会編集委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地方における在宅系事業所の災害対応の現状とBCP作成のプロセス:マルチメソッド研究

    原田奈穂子

    日本在宅医療連合学会大会プログラム・講演抄録集  2020年  (一社)日本在宅医療連合学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 宮崎県内の在宅療養を支える訪問系の医療・介護サービスにおけるBCPに対する意識調査

    蓮池 恵理子, 原田 奈穂子, 田上 博喜

    Japanese Journal of Disaster Medicine  2019年2月  (一社)日本災害医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 災害福祉支援研修の歩みと実績と展望III 研修実績と展望

    原田 奈穂子, 山本 克彦, 笹岡 眞弓, 香田 将英

    Japanese Journal of Disaster Medicine  2019年2月  (一社)日本災害医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 災害福祉支援研修の歩みと実績と展望II 研修プログラムの構築

    原田 奈穂子, 笹岡 眞弓, 山本 克彦, 香田 将英, 森谷 就慶

    Japanese Journal of Disaster Medicine  2019年2月  (一社)日本災害医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 災害福祉支援:災害福祉支援連絡協議会準備会の設立

    原田奈穂子, 笹岡眞弓, 森谷就慶, 香田将英, 山本克彦

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 「避難者に我慢させない支援」を実現する「スフィアプロジェクト」研修

    谷寛文, 原田奈穂子, 甲斐聡一朗, 児玉光也, 宮本純子, 坂東淳

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 平成30年度大規模地震時医療活動訓練において,計画立案および本部運営を行い見えてきた,小児周産期リエゾンの現在の課題と今後の展望

    白尾英仁, 今井一徳, 原田奈穂子, 高橋礼子, 岬美穂, 平川(濱田)薫

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 災害福祉支援研修の歩みと実績と展望 I:研修発足までの歩み

    原田奈穂子, 笹岡眞弓, 山本克彦, 香田将英, 森谷就慶

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 災害時避難所における子どもの居場所(CFS)の設置訓練と地域への啓発

    三好好枝, 原田奈穂子, 藤村涼子, 直野慶子

    九州精神神経学会・九州精神医療学会プログラム・抄録集  2019年  精神医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 災害拠点精神科病院の機能と今後の課題

    松尾寿栄, 原田奈穂子, 三好良英, 香田将英, 石田康

    九州精神神経学会・九州精神医療学会プログラム・抄録集  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 小児周産期医療における災害時の人材育成における課題~平成30年度大規模地震時医療活動訓練の振り返りから~

    今井一徳, 白尾英仁, 原田奈穂子, 平川(濱田)薫, 高橋礼子, 岬美穂

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 生活支援に携わるJRATに期待すること

    原田奈穂子

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 災害福祉支援研修の歩みと実績と展望 III:研修実績と展望

    原田奈穂子, 山本克彦, 笹岡眞弓, 香田将英

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 災害福祉支援研修の歩みと実績と展望 II:研修プログラムの構築

    原田奈穂子, 笹岡眞弓, 山本克彦, 香田将英, 森谷就慶

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 地域レジリエンスを高める避難所運営訓練:国際人道支援における最低基準に基づいた訓練

    原田奈穂子, 野口幸洋, 水谷嘉浩, 田上博喜, 相星裕真

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 災害急性期における災害時小児周産期リエゾンの情報戦略~平成30年度大規模地震時医療活動訓練の振り返りから~

    今井一徳, 白尾英仁, 原田奈穂子, 平川(濱田)薫, 高橋礼子, 岬美穂

    Japanese Journal of Disaster Medicine (Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • 不眠が社会に与える影響(社会的コスト)系統的レビュー

    相星裕真, 吉永尚紀, 田上博喜, 原田奈穂子

    九州精神神経学会・九州精神医療学会プログラム・抄録集  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    researchmap

  • 自分の地域で発災した時のために-大阪の取り組み

    Harada N

    J. of Clinical Rehabilitation  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 災害時医療支援における小児へのケア・小児医療チームの役割の検討

    上吉原良実, 上吉原良実, 浦部優, 浦部優, 野口幸洋, 原田奈穂子

    日本小児救急医学会雑誌  2018年  (一社)日本小児救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A multisector approach environmental management project to alleviate overcrowded evacuation shelters: an intervention to facilitate mental health a psychosocial wellness in evacuees.

    Nahoko Harada, Masahide Koda, Mitsuya Kodama, Yosuke Takada, Soichiro Kai, Kayako Chishima

    The 5th International Conference on Healthcare System Preparedness and Response to Emergencies & Disasters  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ウェブ調査における災害のリスク認知と対策実施の状況について

    杉山 賢明, 山本 貴文, 五十嵐 彩夏, 原田 奈穂子, 草間 太郎, 坪谷 透, 相田 潤, 小坂 健

    日本公衆衛生学会総会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • シンポジウム 在宅医療における防災・危機管理 地域に住まう人が災害を経験した時に大切なこと

    原田奈穂子

    第19回日本在宅医学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大規模災害時多職種による情報共有基盤の構築:高汎用性ラピッドアセスメントシートの開発

    原田奈穂子, 坪山宜代, 中久木康一, 久保達彦, 市川学, 金谷泰宏

    第23回⽇本集団災害医学会総会・学術集会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 後ろ向きチャートレビューによる行動療法的アプローチに基づいた患者行動変化と看護展開の分析

    相星裕真, 嶋元和子, 田上博喜, 原田奈穂子

    第63回九州精神医療学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 徳島県における地域の大規模災害対応能力強化への取り組み

    谷 寛文, 原田 奈穂子, 甲斐 聡一朗, 宮本 純子, 児玉 光也, 中村 安秀, 金谷 泰宏, 石本 寛子, 坂東 淳

    日本公衆衛生学会総会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 災害医療における 公衆衛生学的アプローチ ~スフィア・プロジェクトを災害現場へ~

    原田奈穂子

    日本災害医療薬剤師学会 第7回学術大会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ユマニチュードに関する文献検討:病棟看護に活かすために

    上山寛満, 戸高奈々恵, 池田遥, 嶋元和子, 田上博喜, 原田奈穂子

    第63回九州精神医療学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地域包括ケアシステムにおける災害対応の準備状況の把握 全国市区町村調査

    山本 貴文, 原田 奈穂子, 相田 潤, 坪谷 透, 杉山 賢明, 五十嵐 彩夏, 小坂 健

    日本公衆衛生学会総会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地域包括ケアシステムにおける災害対応の準備状況の把握:地域包括支援センター調査

    原田奈穂子, 山本貴文, 杉山賢明, 坪谷透, 小坂健

    第23回⽇本集団災害医学会総会・学術集会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多職種連携のためのツール:スフィアスタンダード2018

    原田奈穂子, 香田将英, 甲斐聡一朗, 千島佳也子, 児玉光也, 佐藤隼人

    第23回⽇本集団災害医学会総会・学術集会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 災害時の地域のメンタルヘルスを守るために:予防医療の観点から

    原田奈穂子, 松尾寿栄, 田上博喜, 石田康

    第70回九州精神神経学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A holistic approach of disaster mental health and psychosocial support: A nurse led disaster aid project

    Nahoko Harada

    International Conference on Ethics, Esthetics, and Empirics in Nursing: Driving Force for Better Health Faculty of Nursing  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • シンポジウム 在宅医療における防災・危機管理 地域に住まう人が災害を経験した時に大切なこと 招待

    原田奈穂子

    第19回日本在宅医学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Quality people-centered crisis management: A collaborative training initiative involving local government and the community.

    Nahoko Harada, Hiroko Ishimoto, Makoto Bando, Hirofumi Tani, Manabu Ichikawa, Yasuhiro Kanatani

    The 5th International Conference on Healthcare System Preparedness and Response to Emergencies & Disasters  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A multisector approach environmental management project to alleviate overcrowded evacuation shelters: an intervention to facilitate mental health a psychosocial wellness in evacuees.

    Nahoko Harada, Masahide Koda, Mitsuya Kodama, Yosuke Takada, Soichiro Kai, Kayako Chishima

    The 5th International Conference on Healthcare System Preparedness and Response to Emergencies & Disasters  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 災害時の地域のメンタルヘルスを守るために:予防医療の観点から

    原田奈穂子, 松尾寿栄, 田上博喜, 石田康

    第70回九州精神神経学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地域包括ケアシステムにおける災害対応の準備状況の把握 全国市区町村調査

    山本 貴文, 原田 奈穂子, 相田 潤, 坪谷 透, 杉山 賢明, 五十嵐 彩夏, 小坂 健

    日本公衆衛生学会総会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ウェブ調査における災害のリスク認知と対策実施の状況について

    杉山 賢明, 山本 貴文, 五十嵐 彩夏, 原田 奈穂子, 草間 太郎, 坪谷 透, 相田 潤, 小坂 健

    日本公衆衛生学会総会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 徳島県における地域の大規模災害対応能力強化への取り組み

    谷 寛文, 原田 奈穂子, 甲斐 聡一朗, 宮本 純子, 児玉 光也, 中村 安秀, 金谷 泰宏, 石本 寛子, 坂東 淳

    日本公衆衛生学会総会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • そう、私たちの診ている地域ては自然災害が起こるのです 招待

    高柳宏史, 原田奈穂子, 小山耕太

    日本プライマリ・ケア連合学会冬季セミナー  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 後ろ向きチャートレビューによる行動療法的アプローチに基づいた患者行動変化と看護展開の分析

    相星裕真, 嶋元和子, 田上博喜, 原田奈穂子

    第63回九州精神医療学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ユマニチュードに関する文献検討:病棟看護に活かすために

    上山寛満, 戸高奈々恵, 池田遥, 嶋元和子, 田上博喜, 原田奈穂子

    第63回九州精神医療学会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 地域包括ケアシステムにおける災害対応の準備状況の把握:地域包括支援センター調査

    原田奈穂子, 山本貴文, 杉山賢明, 坪谷透, 小坂健

    第23回⽇本集団災害医学会総会・学術集会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多職種連携のためのツール:スフィアスタンダード2018

    原田奈穂子, 香田将英, 甲斐聡一朗, 千島佳也子, 児玉光也, 佐藤隼人

    第23回⽇本集団災害医学会総会・学術集会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 大規模災害時多職種による情報共有基盤の構築:高汎用性ラピッドアセスメントシートの開発

    原田奈穂子, 坪山宜代, 中久木康一, 久保達彦, 市川学, 金谷泰宏

    第23回⽇本集団災害医学会総会・学術集会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 災害医療における 公衆衛生学的アプローチ ~スフィア・プロジェクトを災害現場へ~ 招待

    原田奈穂子

    日本災害医療薬剤師学会 第7回学術大会  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Quality people-centered crisis management: A collaborative training initiative involving local government and the community.

    Nahoko Harada, Hiroko Ishimoto, Makoto Bando, Hirofumi Tani, Manabu Ichikawa, Yasuhiro Kanatani

    The 5th International Conference on Healthcare System Preparedness and Response to Emergencies & Disasters  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • そう、私たちの診ている地域ては自然災害が起こるのです

    高柳宏史, 原田奈穂子, 小山耕太

    日本プライマリ・ケア連合学会冬季セミナー  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A holistic approach of disaster mental health and psychosocial support: A nurse led disaster aid project

    Nahoko Harada

    International Conference on Ethics, Esthetics, and Empirics in Nursing: Driving Force for Better Health Faculty of Nursing  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 避難所環境整備のための国際基準を日本・先進国版へ改定する取り組み

    研究課題/領域番号:17K12521  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    原田 奈穂子, 圓山 琢也, 笠岡 宜代

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究は、内閣府が発行した避難所運営マニュアルにも環境を整える上で参考にすべき文献として引用されているスフィア基準を日本版に改訂し,看護職のみならず,避難所運営を担う住民リーダーも活用できるスマートフォン用アプリケーションを開発することを目的としている。
    本年度は、目標2である基準の補正と実践的妥当性、文化的妥当性の検討のための、エキスパートミーティングをほぼ終了しデータ解析を進めた。国際基準が2018年版新基準を踏まえての指標のコンテクスト化を進めるため追加のコンサルテーションヒアリングを行った。補正した基準について,国内外のスフィア基準の専門家・実践家エキスパートパネル・コンサルテーションを行った。その一環で、ニュージーランドの病院・保健省担当者からクライストチャーチ地震に際しての避難所の環境についてヒアリングを行い、本研究の研究成果について意見交換を行った。先進国における避難所環境の相違を明らかにした。またフィリピン大学看護学部と、台風ハイエンにおける避難所の環境についてヒアリングを行い、本研究の研究成果について意見交換を行った。
    前年と同様に、指標を試験的に利用して九州沖縄DMATブロック訓練に際して、宮崎県高原町と協働し、住民参加型・体験型訓練を行った。訓練を通し、5つの行政団体、20の支援機関、住民、指標に基づいた避難所環境についてフィードバックを受けることができた。
    アプリケーション試用プラットフォーム作成のため、本研究成果を共有するウェブサイトを作成した。2019年12月末からの新型コロナウイルス流行を受けて、本研究の一部を成果を公表した。

    researchmap

  • 環太平洋島嶼国における地域の文化に即した全人的災害時保健活動モデルの構築

    研究課題/領域番号:17H04470  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    丸谷 美紀, 高瀬 佳苗, 奥田 博子, 原田 奈穂子, 安齋 由貴子, 上林 美保子, 塩満 芳子

      詳細を見る

    配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

    本課題は日本、フィリピン、ニュージーランドの3つの環太平洋島嶼国において、保健師が地域の文化に即して、どのように全人的に災害時に活動するかを調査しモデルを構築することを目的としている。2017年度は日本において、地震・津波・豪雨に関して、被災地保健師・住民・応援保健師に対して調査を行った。
    2018年度は、2017年度の日本における調査結果を、被災地保健師・住民・応援保健師という対象ごとに分析した。その検討結果を踏まえて、保健師の行為と意図を分けて分析をしたところ、保健活動自体は従来の災害保健活動に加えて、ニーズ抽出や安寧のための行為が多く見られた。また、文化の内容は従来の文化看護の項目と類似していたが、災害周期の時期に応じて文化の影響が変化していることが明らかになった。
    上記の結果を踏まえて、フィリピンタクロバン及びサマールにて、スーパー台風の被災に関して、被災地保健師・住民・応援保健師に対して調査を行った。タガログ語の翻訳が遅滞しているため、分析は途中経過であるが、日本の結果と類似する点と、異なる点が見受けられた。例えば、台風が通過し避難所から街の復興に出向く際に、最初に教会をたてなおした、というスピリチュアルな点は、日本においても位牌の持ち出し等において見られたが、スピリチュアルなよりどころの強さは語られていなかった。また、復興において、自給自足で通貨を用いない集落の復興のために、裁縫や農業などの労働力と農作元の物々交換などの工夫が見られた。日本においても生きがい対策としての農作業をや伝統工芸品づくりああったが、生計維持の意味合いは薄かった。
    以上、分析過程ではあるが、文化の項目に「貨幣価値」「スピリチュアルケアのコミュニティ」が新たに加わる見通しである。

    researchmap

 

社会貢献活動

  • 宮崎大学医学部看護学科公開講座

    役割:講師, 企画

    宮崎県 宮崎市  2017年11月8日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    researchmap

  • 宮崎県難病支援ネットワーク県民公開講演

    役割:講師, 企画

    宮崎県難病支援ネットワーク  宮崎県 宮崎市  2017年6月24日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    researchmap

学術貢献活動

  • 国立保健医療科学院客員研究員

    役割:学術調査立案・実施

    2018年4月 - 現在

     詳細を見る

  • 国立保健医療科学院健康危機管理部客員研究員

    役割:学術調査立案・実施

    ( 東京都 ) 2013年7月 - 2018年3月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

    researchmap