2022/07/01 更新

写真a

ハセガワ コウ
長谷川 功
HASEGAWA Kou
所属
岡山大学病院 講師
職名
講師
外部リンク

研究キーワード

  • IgG4関連疾患

  • 内分泌・代謝学

研究分野

  • ライフサイエンス / 内科学一般  / IgG4関連疾患

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 内分泌・代謝

学歴

  • 岡山大学大学院   医師薬学総合研究科   社会環境生命科学専攻

    2015年4月 - 2019年12月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学病院   総合内科・総合診療科   講師

    2020年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   総合内科・総合診療科   助教

    2018年4月 - 2020年6月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   総合内科・総合診療科   医員

    2014年2月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 京都大学医学部附属病院   初期診療救急科   専門修練医

    2012年6月 - 2013年12月

      詳細を見る

  • 京都大学医学部附属病院   循環器内科   専門修練医

    2012年4月 - 2012年5月

      詳細を見る

  • 京都大学医学部附属病院   初期研修医

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本内科学会中国支部   評議員  

    2018年11月 - 現在   

      詳細を見る

 

論文

  • Late-Onset Hypogonadism in a Male Patient with Long COVID Diagnosed by Exclusion of ME/CFS. 国際誌

    Yoshiaki Soejima, Yuki Otsuka, Kazuki Tokumasu, Yasuhiro Nakano, Ko Harada, Kenta Nakamoto, Naruhiko Sunada, Yasue Sakurada, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Keigo Ueda, Fumio Otsuka

    Medicina (Kaunas, Lithuania)   58 ( 4 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    After the acute phase of COVID-19, some patients have been reported to have persistent symptoms including general fatigue. We have established a COVID-19 aftercare clinic (CAC) to provide care for an increasing number of these patients. Here, we report the case of a 36-year-old man who developed post-COVID fatigue after acute infection with SARS-CoV-2. In the acute phase of COVID-19, the patient's fever resolved within four days; however, general fatigue persisted for three months, and he visited our CAC 99 days after the initial infection. Examination revealed a high Aging Male's Symptoms (AMS) score of 44 and low free testosterone (FT) level of 5.5 pg/mL, which meet the Japanese criteria of late-onset hypogonadism (LOH) syndrome. Imaging studies revealed an atrophic pituitary in addition to fatty liver and low bone mineral density. Anterior pituitary function tests showed a low follicle-stimulating hormonelevel and delayed reaction of luteinizing hormone (LH) after gonadotropin-releasing hormone (GnRH) stimulation, indicating the possibility of hypothalamic hypogonadism in addition to primary hypogonadism seen in patients with post-COVID-19 conditions. After the initiation of Japanese traditional medicine (Kampo medicine: hochuekkito followed by juzentaihoto), the patient's symptoms as well as his AMS score and serum FT level were noticeably improved. Furthermore, follow-up tests of GnRH stimulation revealed improvements in LH responsiveness. Although many patients have been reported to meet the criteria of ME/CFS such as our case, we emphasize the possibility of other underlying pathologies including LOH syndrome. In conclusion, LOH syndrome should be considered a cause of general fatigue in patients with post-COVID-19 conditions and herbal treatment might be effective for long COVID symptoms due to LOH (264 words).

    DOI: 10.3390/medicina58040536

    PubMed

    researchmap

  • Relationship between patients' characteristics and efficacy of calcimimetics for primary hyperparathyroidism in the elderly. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Yasuhiro Nakano, Kazuki Tokumasu, Hiroyuki Honda, Kou Hasegawa, Asuka Sato, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   10 ( 4 )   e05713   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Calcimimetic treatment has been reported to be effective for primary hyperparathyroidism (PHPT). Nine elderly PHPT patients who had been treated with calcimimetics were retrospectively analyzed. It was found that calcimimetics can reduce elevated serum calcium levels in elderly PHPT patients with low femoral DEXA %YAM and low urinary cAMP levels.

    DOI: 10.1002/ccr3.5713

    PubMed

    researchmap

  • Hemothorax and bloody ascites caused by vascular Ehlers-Danlos syndrome. 国際誌

    Shuichi Tanaka, Hiroyuki Honda, Kou Hasegawa, Koji Tomita, Reimi Sogawa, Hideki Yamamoto, Takao Hiraki, Akira Hirasawa, Fumio Otsuka

    The American journal of medicine   2022年3月

     詳細を見る

  • Persistent methicillin-resistant Staphylococcus aureus bacteremia in an adult patient with Netherton's syndrome: A case report. 国際誌

    Misa Takahashi, Hideharu Hagiya, Shuichi Tanaka, Koichiro Yamamoto, Hiroyuki Honda, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Netherton's syndrome, a rare congenital disorder, is clinically characterized by chronic dermatologic disorders such as ichthyosiform erythroderma and ichthyosis linearis circumflexa. Curable treatment is yet to be established, and corticosteroid ointment is required to maintain good dermatological condition. Because of the permanent skin barrier impairment, patients with Netherton's syndrome are considered to be vulnerable to cutaneous infections. However, its clinical characteristics are yet to be elucidated due to the limited number of reported cases. Herein, we describe the clinical course of a patient who developed persistent methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) bacteremia. A 19-year-old Japanese woman who had been diagnosed with Netherton's syndrome in her infancy and had been applying topical corticosteroid agents all over her body since her then, was referred to our hospital because of persistent MRSA bacteremia and secondary adrenal insufficiency. The patient was diagnosed with a central line-associated bloodstream infection and was appropriately treated with antibiotics and corticosteroid therapies. We assume that the damaged skin barrier due to the congenital dermatological disorder causes a disruption in the normal bacterial flora of the skin, leading to the invasion of harmful bacteria, such as S. aureus. In addition, internal (humoral immunodeficiency by decreased antibody against bacterial polysaccharide antigens) and external (prolonged and systemic use of corticosteroid ointment) factors bring about an immunodeficiency state in such patients. We highlight that in the absence of radical treatment, clinicians need to recognize that patients with Netherton's syndrome are vulnerable to bacterial infections owing to the mixture of immunosuppressive factors.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.02.021

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Utility of 4C Mortality Scores among Japanese COVID-19 Patients: A Multicenter Study. 国際誌

    Kazuki Ocho, Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Kouji Fujita, Fumio Otsuka

    Journal of clinical medicine   11 ( 3 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We analyzed data from COVID-19 patients in Japan to assess the utility of the 4C mortality score as compared with conventional scorings. METHODS: In this multicenter study, COVID-19 patients hospitalized between March 2020 and June 2021, over 16 years old, were recruited. The superiority for correctly predicting mortality and severity by applying the receiver operating characteristic (ROC) curve was compared. A Cox regression model was used to compare the length of hospitalization for each risk group of 4C mortality score. RESULTS: Among 206 patients, 21 patients died. The area under the curve (AUC) (95% confidential interval (CI)) of the ROC curve for mortality and severity, respectively, of 4C mortality scores (0.84 (95% CI 0.76-0.92) and 0.85 (95% CI 0.80-0.91)) were higher than those of qSOFA (0.66 (95% CI 0.53-0.78) and 0.67 (95% CI 0.59-0.75)), SOFA (0.70 (95% CI 0.55-0.84) and 0.81 (95% CI 0.74-0.89)), A-DROP (0.78 (95% CI 0.69-0.88) and 0.81 (95% CI 0.74-0.88)), and CURB-65 (0.82 (95% CI 0.74-0.90) and 0.82 (95% CI 0.76-0.88)). For length of hospitalization among survivors, the intermediate- and high- or very high-risk groups had significantly lower hazard ratios, i.e., 0.48 (95% CI 0.30-0.76)) and 0.23 (95% CI 0.13-0.43) for discharge. CONCLUSIONS: The 4C mortality score is better for estimating mortality and severity in COVID-19 Japanese patients than other scoring systems.

    DOI: 10.3390/jcm11030821

    PubMed

    researchmap

  • Threat of Staphylococcus aureus Pneumonia in Severe COVID-19 Patients. 国際誌

    Shuichi Tanaka, Koichiro Yamamoto, Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Cureus   14 ( 2 )   e22486   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Coronavirus disease 2019 (COVID-19) has been spreading worldwide with unprecedented rapidity. Staphylococcus aureus is reported to frequently cause bacterial complications in patients with COVID-19. We herein present two additional cases of S. aureus pneumonia involving such patients. The first case was an obese 48-year-old man without any particular underlying diseases. The second case was another patient, a 72-year-old man, with hypertension, dyslipidemia, and steatohepatitis. Both patients developed methicillin-susceptible S. aureus pneumonia in the clinical course of COVID-19, to which antibiotic therapy with cefazolin was effectively administered. Through these cases, we emphasize that S. aureus secondary infections should be well cared with a high degree of caution in a case of critically ill COVID-19 patients.

    DOI: 10.7759/cureus.22486

    PubMed

    researchmap

  • Aging-related Characteristics of Subclinical Hypothyroidism Detected in General Practice.

    Masao Takami, Koichiro Yamamoto, Yoshihisa Hanayama, Yasuhiro Nakano, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Hideharu Hagiya, Masanori Furukawa, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   76 ( 1 )   7 - 15   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Subclinical hypothyroidism (SCH) is diagnosed when serum thyrotropin (TSH) is elevated despite a normal thyroxine level and is known to increase the risk of metabolic disorders. This study was conducted to identify potential laboratory markers suspicious for latent SCH. We retrospectively reviewed 958 outpatients in whom thyroid functions had been examined. Eighty-five (9.1%) of the 939 analyzed subjects had SCH (73% females). In the SCH group, median serum TSH and FT4 levels were 5.04 μU/ml and 1.19 ng/dl, respectively, and auto-thyroid antibodies were detected in 53.8% of patients. SCH group patients were significantly older than patients in the euthyroid group, while there was no intergroup difference in BMI. However, 56.5% of the SCH patients were asymptomatic. In the SCH group, serum aspartate aminotransferase and low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) levels were significantly higher, and the estimated glomerular filtration rate (eGFR) was significantly lower than in the euthyroid group. Among patients less than 65 years of age, SCH patients tended to have lower eGFR and higher LDL-C than euthyroid patients. Age-dependent reductions of red blood cells and serum albumin were more prominent in the SCH than the euthyroid group. Biochemical changes with aging are useful as potential clues for suspecting latent SCH.

    DOI: 10.18926/AMO/63203

    PubMed

    researchmap

  • Fear of an unprecedented, invisible enemy: Difficulties experienced in establishing criteria for the release of COVID-19 patients from isolation in a Japanese University Hospital. 国際誌

    Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    PloS one   17 ( 4 )   e0266853   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: The novel coronavirus disease 2019 (COVID-19) has emerged as a global pandemic, and the United States and European authorities established criteria for the release of COVID-19 patients from isolation in October 2020. However, a huge discrepancy exists between the hospital-discharge protocol for COVID-19 patients and the release of patients from in-hospital isolation. Our initially proposed criteria for in-hospital release from isolation was not adhered to by healthcare workers (HCWs) due to prevailing concerns regarding disease infectivity. Herein, we report difficulties encountered in attempting to establish a common understanding of the management of emerging infections. METHODS: We performed a Google Form-based questionnaire survey targeting HCWs from Okayama University Hospital, Japan, via e-mail on January 21-28, 2021. The anonymous investigation required respondents to provide information regarding their background as well as perceptions regarding the requirement, level of understanding, and readiness for developing release criteria. RESULTS: We obtained 150 eligible responses, including 57 (38.0%) from medical doctors and 53 (35.3%) from nurses. Most HCWs managing COVID-19 patients advocated for the implementation of the criteria, whereas those not working in that capacity did not (p<0.001). Over half of the HCWs indicated discomfort at seeing COVID-19 patients transitioning to general management even after meeting the criteria. CONCLUSIONS: It was challenging to establish a common understanding regarding the ideal criteria for in-hospital release of COVID-19 patients from isolation in our hospital. The dissemination of our experiences and multifaceted discussions with HCWs would be of great value as a countermeasure against the emergent pandemic.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0266853

    PubMed

    researchmap

  • Burnout of Healthcare Workers Amid the COVID-19 Pandemic: A Follow-Up Study. 国際誌

    Yoshito Nishimura, Tomoko Miyoshi, Asuka Sato, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Yoshinori Kosaki, Fumio Otsuka

    International journal of environmental research and public health   18 ( 21 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic has posed a significant challenge to the modern healthcare system and led to increased burnout among healthcare workers (HCWs). We previously reported that HCWs who engaged in COVID-19 patient care had a significantly higher prevalence of burnout (50.0%) than those who did not in November 2020 (period 1). We performed follow-up surveys in HCWs in a Japanese national university hospital, including basic demographics, whether a participant engaged in care of COVID-19 patients in the past 2 weeks, and the Maslach Burnout Inventory in February 2021 (period 2) and May 2021 (period 3). Periods 1 and 3 were amid the surges of COVID-19 cases, and period 2 was a post-surge period with a comparatively small number of COVID-19 patients requiring hospitalization. Response rates to the surveys were 33/130 (25.4%) in period 1, 36/130 (27.7%) in period 2, and 56/162 (34.6%) in period 3, respectively. While no consistent tendency in the prevalence of burnout based on variables was observed throughout the periods, the prevalence of burnout tends to be higher in periods 1 and 3 in those who engaged in COVID-19 patient care in the last 2 weeks (50.0%, 30.8%, 43.1% in period 1, 2, and 3, respectively). Given the prolonged pandemic causing stigmatization and hatred against HCWs leading to increased prevalence of burnout, high-level interventions and supports are warranted.

    DOI: 10.3390/ijerph182111581

    PubMed

    researchmap

  • Clinical utility of urinary levels of catecholamines and their fraction ratios related to heart rate and thyroid function.

    Naruhiko Sunada, Yoshihisa Hanayama, Koichiro Yamamoto, Yasuhiro Nakano, Takahiro Nada, Hiroyuki Honda, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Fumio Otsuka

    Endocrine journal   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Urinary catecholamines (CAs) have been examined for the screening of pheochromocytomas. The decision to perform screening is based on symptoms suggesting secondary hypertension or hyperactivities of the sympathetic nervous system. To elucidate the usefulness of urinary fractions and ratios of CAs, 79 patients in whom 24-h excretions of urinary CAs including adrenaline (AD), noradrenaline (NA) and dopamine (DA) had been examined from 2015 until 2020 were retrospectively analyzed. There were no significant differences in urinary CA levels between two age groups, gender groups and two BMI groups. Patients with histories of preexisting hypertension and diabetes showed significantly higher levels of urinary NA excretion, and the urinary ratio of NA/DA was also increased in the patients with a history of hypertension. Heart rate (HR) was significantly correlated with the urinary ratio of NA/DA. Serum free thyroxine (FT4) concentration and ratio of FT4/thyrotropin (TSH) were correlated with the level of urinary AD. The levels of TSH and FT4/TSH showed negative and positive correlations, respectively, with the urinary NA/DA ratio. Thus, increases of HR are related to the enhanced conversion of DA to NA and increased thyroid hormones are involved in the increase in urinary AD and the conversion of DA to NA. History of lifestyle-related diseases and changes of HR and thyroid functions need to be considered for the evaluation of urinary CAs and their ratios.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ21-0488

    PubMed

    researchmap

  • Subcutaneous edema as rare complication of abdominal paracentesis. 国際誌

    Yuki Otsuka, Hirokazu Nagaoka, Yasuhiro Nakano, Hiroyuki Sakae, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   9 ( 11 )   e05116   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although ascites leakage to the skin is the most frequent complication after abdominal paracentesis, leakage to the subcutaneous space has not been reported. Here, we report a subcutaneous effusion after paracentesis suggesting ascites leakage. We should be aware of this rare complication due to the potential risk of dissemination.

    DOI: 10.1002/ccr3.5116

    PubMed

    researchmap

  • Radiologic features of Erdheim-Chester disease. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Yasuhiro Nakano, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Rheumatology (Oxford, England)   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rheumatology/keab799

    PubMed

    researchmap

  • Celiac artery dissection in polycystic kidney disease. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Kou Hasegawa, Kosuke Oka, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   9 ( 10 )   e04922   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Autosomal-dominant polycystic kidney disease (ADPKD) is rarely complicated by celiac artery dissection. Dissection of the aorta and its major branches should be carefully differentiated in ADPKD patients with acute-onset abdominal pain.

    DOI: 10.1002/ccr3.4922

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Characteristics of Japanese Patients Who Visited a COVID-19 Aftercare Clinic for Post-Acute Sequelae of COVID-19/Long COVID. 国際誌

    Yuki Otsuka, Kazuki Tokumasu, Yasuhiro Nakano, Hiroyuki Honda, Yasue Sakurada, Naruhiko Sunada, Daisuke Omura, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Mikako Obika, Keigo Ueda, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Cureus   13 ( 10 )   e18568   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Introduction The long-term clinical course, prognosis, and optimal management of symptoms and conditions after the acute phase of coronavirus disease 2019 (COVID-19) remain to be elucidated. The purpose of this study was to clarify the characteristics of patients referred to a COVID-19 aftercare (CAC) clinic established at a tertiary academic hospital in Japan. Methods This study was a descriptive case series study. All patients who visited the CAC clinic between February 15 and September 17 in 2021 were included. Patients' background, chief complaints, and clinical courses after the onset of COVID-19 were described. Results A total of 87 Japanese patients (median age, 40.0 years; interquartile range [IQR], 26.5-53.0 years; 52.9% women) were referred to the CAC clinic. The median interval between the onset of COVID-19 and the visit to the clinic was 79.0 (IQR, 52.5-112.0) days. Referral sources were hospitals (36 patients), clinics (47 patients), a local healthcare center (3 patients), and other (1 patient). The most common chief complaint was general fatigue (50.4%) followed by dysosmia (28.7%), dysgeusia (26.4%), hair loss (18.4%), headache (17.2%), dyspnea (16.1%), and dyssomnia (13.1%). Respiratory symptoms were common in the early stages of the disease but were less common as the chief complaints when visiting the clinic. On the other hand, neurological, psychiatric, and extremity symptoms were predominant one month after the onset of COVID-19. Conclusions Regardless of the severity in the acute phase, patients visiting our CAC clinic suffered from a variety of symptoms. General physicians skilled in using a comprehensive approach would be optimal to see patients with such complex symptoms.

    DOI: 10.7759/cureus.18568

    PubMed

    researchmap

  • 不明熱精査からirAEによるACTH単独欠損症と診断した2例

    平仲 凪, 山本 紘一郎, 田中 秀一, 孫 麗那, 高橋 美砂, 本多 寛之, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   488 - 488   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 高用量ステロイド治療が奏功した重症COVID-19妊婦の1例

    山本 紘一郎, 萩谷 英大, 牧 尉太, 岡原 修司, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   568 - 568   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 肺非結核性抗酸菌症を合併したACTH分泌不全症の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 山本 紘一郎, 越智 可奈子, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   499 - 499   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 抗PD-1抗体による早期の甲状腺障害後にACTH分泌不全を呈した1例

    安田 美帆, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 長谷川 功, 越智 可奈子, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   503 - 503   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 歯科受診を契機に発見された先端巨大症の1例

    中野 靖浩, 中本 健太, 平 佑貴, 庵谷 紘美, 長谷川 功, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   505 - 505   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • COVID-19肺炎を発症した高Ca血症・肺病変を伴うMEN1の1例

    大塚 勇輝, 田中 秀一, 本多 寛之, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小松原 基志, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   548 - 548   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 虹彩炎が治療導入の契機となった2型糖尿病の1例

    中本 健太, 本多 寛之, 平 佑貴, 庵谷 紘美, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   555 - 555   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 総合診療におけるカテコールアミン測定の有用性とその解釈

    砂田 匠彦, 花山 宜久, 灘 隆宏, 徳増 一樹, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   560 - 560   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 心不全・肝不全から発見された高齢橋本病の1例

    上枝 礼佳, 山本 紘一郎, 田中 秀一, 孫 麗那, 本多 寛之, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   516 - 516   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • COVID-19外国人入院診療の実際

    大塚 勇輝, 萩谷 英大, 中野 靖浩, 大村 大輔, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本医師会雑誌   150 ( 7 )   1237 - 1241   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医師会  

    国際化を背景に、在日外国人も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患しているが、本邦でその診療上の課題に関する文献はない。2020年2月からの1年間に岡山大学病院総合内科・総合診療科に入院した、外国人COVID-19患者全5人を対象として、患者背景や言語状況、入院中のトラブルや解決策について診療録から抽出した。全員が日本語の書字・読字が全く不能であり、うち1人は日常会話も困難で電話医療通訳サービスを要したが、担当医や看護師に加えて、国際診療支援センターや臨床栄養部、精神科などと連携することで隔離解除まで入院継続が可能であった。COVID-19では本人の希望に沿わない入院や予定外入院のため、通常の外国人診療に比して負担・課題が大きい。特に言語面での制約は、隔離管理下での意思疎通や同意書の取得などの面で障壁となることが明らかとなった。院内組織の連携と、病院を超えた情報共有による病軟な対応が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 炎症性動脈瘤を合併し仮面尿崩症を呈した下垂体機能低下症の1例

    平 佑貴, 中野 靖浩, 中本 健太, 庵谷 紘美, 長谷川 功, 萩谷 英大, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   491 - 491   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • COVID-19後の後遺症が診断の契機となったLOH症候群の1例

    副島 佳晃, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 大塚 勇輝, 櫻田 泰江, 本多 寛之, 中本 健太, 長谷川 功, 萩谷 英大, 植田 圭吾, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   496 - 496   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • Sternoclavicular Joint Hypertrophy Involved in Polymyalgia Rheumatica.

    Koichiro Yamamoto, Kosuke Oka, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 18 )   3057 - 3057   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6860-20

    PubMed

    researchmap

  • Gender-Dependent Characteristics of Serum 1,25-Dihydroxyvitamin D/25-Hydroxyvitamin D Ratio for the Assessment of Bone Metabolism. 国際誌

    Manami Fujita-Yamashita, Koichiro Yamamoto, Hiroyuki Honda, Yoshihisa Hanayama, Kazuki Tokumasu, Yasuhiro Nakano, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Mikako Obika, Hiroko Ogawa, Fumio Otsuka

    Cureus   13 ( 9 )   e18070   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives Vitamin D deficiency, which is common worldwide, increases the risks of falls and fractures and can lead to increased morbidity and mortality. However, the clinical utility and relevance of vitamin D activation remain unknown. The aim of the present study was to clarify the clinical usefulness of serum 1,25-dihydroxyvitamin D (1,25D)/25-hydroxyvitamin D (25D) ratio for assessment of the extent of bone metabolism. Methods We retrospectively screened data for 87 patients whose serum 1,25D and 25D levels were measured. Eight patients who were taking vitamin D preparations were excluded, and data for 79 patients (33 males and 46 females) were analyzed. Since menopausal status can be associated with serum vitamin D level, we divided the patients by gender and divided the female patients into two groups at the age of 50 years. Results The median serum 1,25D/25D ratio was significantly lower in males than in females, with the most considerable difference in all males [4.1 (interquartile range: 2.3-5.8) × 10-3] versus elderly females (aged ≧50 years) [7.9 (3.3-10.1) × 10-3). Main disorders were endocrine (30.6%), inflammatory (18.5%), and bone-related (16.7%) disorders. The ratios of serum 1,25D/25D had significant negative correlations with femoral dual-energy X-ray absorptiometry % young adult mean (DEXA %YAM) (R=-0.35) and lumbar DEXA %YAM (R=-0.32). Significant correlations were found between the 1,25D/25D ratio and serum levels of inorganic phosphate (iP), parathyroid hormone, and alkaline phosphatase (ALP). The 1,25D/25D ratio had gender-specific characteristics: the ratio was significantly correlated with age in males (R=-0.49), while it was significantly correlated with BMI in females (R=0.34). Conclusions The results of this study suggested that vitamin D activity is negatively correlated with bone mineral density, being reduced in aged males but enhanced in obese females.

    DOI: 10.7759/cureus.18070

    PubMed

    researchmap

  • High-Dose Corticosteroids for a Pregnant Woman Critically Ill With Coronavirus Disease 2019. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Hideharu Hagiya, Jota Maki, Shuji Okahara, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Cureus   13 ( 8 )   e17398   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Pregnancy was reported to be a risk factor for coronavirus disease 2019 (COVID-19), with an increased risk for premature birth. Corticosteroids and remdesivir are used for patients with COVID-19; however, there is no established treatment for these patients. In particular, the effective management of pregnant, critically ill patients with COVID-19 remains unknown. We describe a 34-year-old, critically ill woman at 30 weeks of gestation with COVID-19, who was successfully treated with remdesivir and combined high-dose betamethasone (12 mg/day for two days) and methylprednisolone (125 mg/day for three days) followed by steroid tapering. During treatment, fetal biophysical profile scores on obstetric ultrasound were normal; her pregnancy course progressed well. Since high-dose corticosteroids improve fetal lung maturation and as well as cytokine storm due to COVID-19, this case provides an insight into the management of pregnant COVID-19 patients.

    DOI: 10.7759/cureus.17398

    PubMed

    researchmap

  • An Elderly Male with Primary Sjögren's Syndrome Presenting Pleuritis as the Initial Manifestation.

    Yukichika Yamamoto, Yuki Otsuka, Takayuki Katsuyama, Yoshito Nishimura, Kosuke Oka, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   75 ( 4 )   539 - 542   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Primary Sjögren's syndrome (SS) is an autoimmune disease that usually affects the exocrine glands in mid-dle-aged women. Fifteen percent of SS patients experience severe systemic extraglandular complications, and pleuritis is one of the rare complications of SS. We report the case of an elderly Japanese man who initially pre-sented with a prolonged fever and chest pain and was finally diagnosed with primary SS-associated pleuritis. Of the nine reported cases of primary SS that initially presented with pleuritis, up to six cases were elderly males. This case highlights the complication of pleuritis among elderly males with primary SS.

    DOI: 10.18926/AMO/62409

    PubMed

    researchmap

  • High-dose steroids for the treatment of severe COVID-19: comment. 国際誌

    Shuichi Tanaka, Koichiro Yamamoto, Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Internal and emergency medicine   16 ( 5 )   1415 - 1416   2021年8月

     詳細を見る

  • Successful deceased donor kidney transplantation to a recipient with a history of COVID-19 treatment. 国際誌

    Kasumi Yoshinaga, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kou Hasegawa, Takanori Sekito, Shuji Miyake, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Katsuyuki Tanabe, Hidemi Takeuchi, Yuri Nakashima, Masaru Kinomura, Herik Acosta, Yosuke Mitsui, Risa Kubota, Hirochika Nakajima, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Fumio Otsuka, Jun Wada, Yasutomo Nasu

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 7 )   1097 - 1101   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CASE PRESENTATION: A 49-year-old Asian male, who had undergone hemodialysis for >16 years, complained of a fever, dysgeusia and dysosmia, and was diagnosed with COVID-19 pneumonia based on severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 polymerase chain reaction (SARS-CoV-2 PCR) and computed tomography (CT). Treatment was started with oral favipiravir and ciclesonide inhalation. On the 10th day of treatment, the patient had a persistent high fever and a chest CT showed exacerbation of pneumonia, so dexamethasone was intravenously started. He was discharged after confirming two consecutive negative SARS-CoV-2 PCR tests. Three months after COVID-19 treatment, a SARS-CoV-2 PCR test was negative and he underwent a deceased donor kidney transplantation. Basiliximab induction with triple drug immunosuppression consisting of extended-release tacrolimus, mycophenolate mofetil and prednisolone, which is our regular immunosuppression protocol, was used. He was discharged on postoperative day 18 without the need for postoperative hemodialysis or any complications. The serum creatinine level was 1.72 mg/dL 95 days postoperatively and he had a favorable clinical course that was similar to deceased donor kidney recipients without a history of SARS-CoV-2 infection. CONCLUSION: We report the first case of a kidney transplantation after COVID-19 treatment in Japan and the fourth case globally. We would like to provide information about our successful case due to the anticipated increase in similar candidates in the near future.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.03.018

    PubMed

    researchmap

  • A patient with human coronavirus NL63 falsely diagnosed with COVID-19; Lesson learned for the importance of definitive diagnosis. 国際誌

    Yuki Otsuka, Hideharu Hagiya, Yasuhiro Nakano, Daisuke Omura, Kou Hasegawa, Haruto Yamada, Koji Iio, Tomoyuki Honda, Fumio Otsuka

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 7 )   1126 - 1128   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The gold standard for the diagnosis of coronavirus disease 2019 (COVID-19) is a nucleic acid detection test for severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2), which may occasionally reveal false-positive or false-negative results. Herein, we describe a case of a patient infected with human coronavirus NL63 (HCoV-NL63) who was falsely diagnosed with COVID-19 using the Ampdirect™ 2019-nCoV detection kit (Shimadzu Corporation, Japan) and SARS-CoV-2 Detection Kit (TOYOBO co., ltd.), and was admitted to a COVID-19 hospital ward. We suspected a cross-reaction between HCoV-NL63 and SARS-CoV-2; however, the reported genome sequences of HCoV-NL63 and N1/N2 primers for SARS-CoV-2 do not correspond. Thus, the PCR result was supposed to be a false positive possibly due to contamination or human error. Although the issue of a false-negative result has been the focus of much attention to prevent the spread of the disease, a false positive is fraught with problems as well. Physicians should recognize that unnecessary isolation violates human rights and a careful diagnosis is indispensable when the results of laboratory testing for COVID-19 are unclear. Generally, in cases such as a duplicate PCR test was partially positive, either N1 or N2 alone was positive, PCR testing for two or more target regions resulted in a positive only for single region, a high cycle threshold >35 was obtained, a false positive should be suspected. Especially, when these conditions coincide, we should recognize the high likelihood of a false positive.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.05.001

    PubMed

    researchmap

  • Large-vessel vasculitis induced by granulocyte colony-stimulating factor administration after chemotherapy. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Nayu Tamura, Kosuke Oka, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Madoka Hokama, Joji Ishida, Fumio Otsuka

    Modern rheumatology case reports   5 ( 2 )   322 - 326   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) is a relatively new drug that is used for recovery of chemotherapy-associated neutropenia. It is known to cause bone pain, headache and fatigue as side-effects; however, large-vessel vasculitis is extremely rare and its relation with G-CSF remains unknown. We describe a 49-year-old woman in whom arteritis developed after chemotherapy and subsequent G-CSF administration. She had experienced pinealoma 3 months ago and received surgery and chemotherapy, leading to neutropenia. After administration of lenograstim at 100 μg/day for 1 week, high fever and neck pain appeared. White blood cell count and serum levels of C-reactive protein and interleukin-6 were increased to 37,930/μL, 23.71 mg/dL, and 241 pg/mL, respectively. Contrast-enhanced computed tomography revealed thickened walls of large vessels including the bilateral common carotid artery (CCA), right brachiocephalic artery, and ascending aorta. Ultrasonography showed wall thickening of the CCA (maximum of intima media thickness: right, 2.9 mm; left, 3.2 mm). As differential diagnoses, infection, chemotherapy, autoimmune diseases, and cancer were considered other than G-CSF. Blood culture tests, lumbar puncture, β-D-glucan tests, and tests for viral antibodies indicated no active infection, and autoantibodies were negative. Empirical antibiotic therapy was ineffective. The score of Naranjo's algorithm to lenograstim was 6, indicating "probable" causality. Considering the clinical course and test results, we made a diagnosis of G-CSF-associated arteritis and commenced glucocorticoid therapy, which drastically improved the symptoms and inflammation. Clinicians should be aware of this uncommon but significant complication of GCS-F administration, for which glucocorticoid treatment can be a useful therapeutic option.

    DOI: 10.1080/24725625.2020.1857022

    PubMed

    researchmap

  • Acute pancreatitis without abdominal pain induced by administration of nivolumab and ipilimumab. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Kosuke Oka, Reina Son, Hiroyuki Honda, Hiroyuki Sakae, Kou Hasegawa, Shigeru Horiguchi, Hironari Kato, Osamu Yamasaki, Fumio Otsuka

    Modern rheumatology case reports   5 ( 2 )   425 - 430   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Immune checkpoint inhibitors (ICIs) such as nivolumab and ipilimumab are emerging agents for the treatment of cancers including melanoma. ICIs are known to cause immune-related adverse events (irAEs), including the development of enterocolitis, dermatitis, and nephritis. However, ICI-induced pancreatitis has seldom been reported, and its pathophysiology and clinical importance remain largely unknown. We describe a 76-year-old man with melanoma who developed acute pancreatitis without abdominal pain after immunotherapy with nivolumab and ipilimumab. The patient was referred due to 2-week-long general fatigue, anorexia, and dermatitis after his second immunotherapy. Laboratory examinations in serum showed high inflammation and renal dysfunction. Plain computed tomography (CT) on admission showed no new lesions including colitis or pancreatitis. On the 4th day of hospitalisation, serum pancreatic enzymes were extremely elevated. Amylase was increased to 683 U/L (normal range: 44-132) and lipase was increased to 1520 U/L (13-55), but he had no abdominal tenderness. Contrast-enhanced CT showed enlarged pancreatic parenchyma and magnetic resonance cholangiopancreatography showed peripancreatic fat stranding, suggesting pancreatitis. Blood culture tests and empirical antibiotic therapy with ceftriaxone indicated no active infectious diseases. We diagnosed ICI-induced pancreatitis and treated him with 0.5 mg/kg/day of prednisolone, which improved his general fatigue, anorexia, dermatitis, and pancreatitis. The potential significance of asymptomatic elevations of pancreatic enzymes has been unclear; however, this case suggested that ICI-induced pancreatitis without abdominal tenderness could be clinically significant. Clinicians should pay attention to the development of latent pancreatitis in patients receiving ICIs, even those without abdominal pain.

    DOI: 10.1080/24725625.2021.1899444

    PubMed

    researchmap

  • Adult Hypogonadism Due to Testicular Adrenal Rest Tumors.

    Koichiro Yamamoto, Kosuke Oka, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6501-20

    PubMed

    researchmap

  • Isolated adrenocorticotropin deficiency induced by pembrolizumab for hypopharyngeal cancer: A case report. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Kazuki Tokumasu, Kosuke Oka, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   9 ( 6 )   e04305   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a case of isolated adrenocorticotropin deficiency caused by pembrolizumab. This condition can be fatal, but its rarity causes under-recognition. Oncologists should pay attention to adrenal insufficiency due to pembrolizumab.

    DOI: 10.1002/ccr3.4305

    PubMed

    researchmap

  • Orbital mass and hairy kidney as characteristics of Erdheim-Chester disease. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Kosuke Oka, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   9 ( 6 )   e04333   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Erdheim-Chester disease (ECD) is a rare non-Langerhans cell histiocytosis, involving multiple organs. We report a case of ECD with typical features of an orbital mass and "hairy kidneys," whose recognition can lead to early diagnosis and treatment.

    DOI: 10.1002/ccr3.4333

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Utility of the Ratio of Urinary Free Cortisol to Aldosterone as an Index for Inflammatory and Metabolic Dysregulation. 国際誌

    Yuki Otsuka, Yasuhiro Nakano, Kazuki Tokumasu, Hiroyuki Honda, Mikako Obika, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Koichi Itoshima, Fumio Otsuka

    Annals of clinical and laboratory science   51 ( 3 )   352 - 358   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Urinary free cortisol (UFC) is a reliable marker to avoid cortisol fluctuation and the effects of binding proteins. However, UFC levels are affected by fluid intake and urine volume, and the normal levels range widely. METHODS: To discover the utility of the ratio of urinary cortisol to aldosterone excretions, 246 patients in whom daily excretions of UFC and aldosterone (UAC) were measured were retrospectively analyzed. RESULTS: The UFC/UAC ratio showed significant positive and negative correlations with the levels of serum cortisol (R=0.287) and aldosterone (R=-0.762), respectively. The UFC/UAC ratio increased with aging in female patients, while it was not altered by the level of BMI in either gender. Markers for metabolic and inflammatory status, including hemoglobin A1c (R=0.327), albumin (R=-0.331), C-reactive protein (R=0.317), ferritin (R=0.473), and D-dimer (R=0.569), showed correlations with the ratio of UFC/UAC that were more significant than the correlations with the serum level of cortisol or UFC alone. Of note, the UFC/UAC ratio was shown to be an indicator for the risk of diabetes (AUC: 0.765), hypoalbuminemia (0.839), hyper-CRPemia (0.748), and thrombophilia (0.824), in which the cut-off levels of the UFC/UAC ratio were around 12. CONCLUSION: The UFC/UAC ratio is a variable for detecting metabolic and inflammatory complications related to adrenocortical dysfunction.

    PubMed

    researchmap

  • Pseudoacromegaly with acromegalic features in radiography. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Kosuke Oka, Hiroyuki Honda, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   9 ( 5 )   e04095   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pseudoacromegaly is a condition characterized by acromegalic physical features without growth hormone excess, for which radiographic observation has seldom been reported. This is a rare case of pseudoacromegaly.

    DOI: 10.1002/ccr3.4095

    PubMed

    researchmap

  • Droopy eyelid due to IgG4-related dacryoadenitis. 国際誌

    Ryosuke Takase, Hideharu Hagiya, Kazuki Tokumasu, Yoshito Nishimura, Atsunobu Sakurai, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    Postgraduate medical journal   97 ( 1147 )   333 - 334   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/postgradmedj-2020-138416

    PubMed

    researchmap

  • An adrenal incidentaloma caused by synchronous and isolated metastasis. 国際誌

    Koichiro Yamamoto, Kosuke Oka, Hiroyuki Honda, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Tomofumi Watanabe, Yusuke Tominaga, Atsushi Takamoto, Takayuki Hara, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   9 ( 4 )   2494 - 2495   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a patient with adrenal incidentaloma due to synchronous and isolated metastasis from lung cancer, which is a relatively rare condition. Close checkups for incidentaloma in oncologic patients are mandatory, leading to successful operation.

    DOI: 10.1002/ccr3.3996

    PubMed

    researchmap

  • Angina Simultaneously Diagnosed with the Recurrence of Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome. 国際誌

    Koki Li, Yuki Otsuka, Yasuhiro Nakano, Daisuke Omura, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Keigo Ueda, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Diagnostics (Basel, Switzerland)   11 ( 3 )   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome (ME/CFS) mainly affects young adults and can have a potential impact on social functioning. As this syndrome is associated with endothelial dysfunction, the heart can be damaged via ischemia due to endothelial damage. This might potentially lead to heart failure, which accounts for approximately 20% of deaths among patients with ME/CFS. While cardiac ischemia is thought be a pathophysiologically important manifestation of this syndrome, this is not yet reported. Herein, we present a case of a young female with newly diagnosed vasospastic or microvascular angina and concurrent exacerbation of ME/CFS severity. Her anginal symptoms, including exertional chest pain and transient chest discomfort, mimicked those of ME/CFS but were relieved after the administration of a calcium channel blocker. We emphasize the possibility of concurrent angina and exacerbation of ME/CFS and the importance of detecting cardiac ischemia to avoid unfavorable outcomes.

    DOI: 10.3390/diagnostics11030460

    PubMed

    researchmap

  • Salivary gland enlargement manifested in recurred acromegaly

    Koichiro Yamamoto Kosuke, Oka Kou, Hasegawa, Tomoko Miyoshi, Mikako Obika, Hiroko Ogawa, Hitomi, Kataoka, Fumio Otsuka

    Journal of Hospital General Medicine   3 ( 1 )   36 - 37   2021年1月

     詳細を見る

  • Extreme Hyperferritinemia due to Alcoholic Liver Disease:Secondary Hemochromatosis

    Koichiro Yamamoto, Yoshito Nishimura, Mai Yamane, Reina Son, Daisuke Omura, Kou Hasegawa, Youhei Marukawa, Fumio Otsuka

    Journal of Hospital General Medicine   3 ( 1 )   33 - 35   2021年1月

     詳細を見る

  • Recurrence of Hypoglycemic Coma in a Patient with Anorexia Nervosa.

    Koichiro Yamamoto, Daisuke Omura, Mai Yamane, Reina Son, Kou Hasegawa, Hiroyuki Honda, Mikako Obika, Nozomu Minao, Satoru Edahiro, Norihito Yamada, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   75 ( 5 )   631 - 636   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Anorexia nervosa (AN) is occasionally complicated with hypoglycemic coma, which may cause sudden death by unknown mechanisms. We present the case of a 36-year-old woman with recurrent comas and a nineteen-year history of AN. She was found in a coma with remarkable hypoglycemia (28 mg/dL). Her BMI was 11.1 kg/m2. Endocrine workup revealed extremely low serum levels of glucagon, IGF-I and insulin. Asymptomatic hypoglycemia occurred with liver injury in the refeeding process. An aberrant glucose metabolism due to liver damage might have been involved in her susceptibility to hypoglycemia. This case suggests a possible mechanism of hypoglycemic coma in AN.

    DOI: 10.18926/AMO/62776

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Application of the Ratio of Serum Bone Isoform to Total Alkaline Phosphatase in General Practice.

    Yuya Yokota, Yoshito Nishimura, Akemi Ando, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Keigo Ueda, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   74 ( 6 )   467 - 474   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Alkaline phosphatase (ALP) is an enzyme that is expressed in a variety of tissues. Among the isoforms of ALP, bone-specific alkaline phosphatase (BAP) is used as a marker for evaluating bone metabolism. We investigated the clinical usefulness of the ratio of serum BAP to total ALP for the diagnosis of various disorders in general practice. We retrospectively analyzed the cases of 107 Japanese patients whose serum BAP levels were exam-ined, focusing on clinical characteristics. We observed that the BAP/ALP ratios of the patients with fever and those with inflammatory diseases were significantly lower than the ratios of other patient groups. The BAP/ALP ratios of the patients with osteoporosis and those with metabolic bone diseases were higher than those of the patients with other conditions. The BAP/ALP ratio was found to be negatively correlated with age, a cor-relation that has not been found in other ethnicities. The serum BAP/ALP ratio was inversely correlated with serum CRP levels but was positively correlated with serum albumin levels and hemoglobin concentrations. Collectively, our results suggest that the BAP/ALP ratio could be a useful predictor for important geriatric con-ditions seen in general practice.

    DOI: 10.18926/AMO/61205

    PubMed

    researchmap

  • A rare complication: Infection in acromegalic renal cysts. 国際誌

    Yuki Mori, Yuki Otsuka, Yasuhiro Nakano, Hiroyuki Sakae, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   8 ( 12 )   3551 - 3552   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Renal cysts are detected in one third of acromegaly patients, especially in uncontrolled cases. Clinicians should pay attention to unexpected infection of enlarged renal cysts in acromegaly patients.

    DOI: 10.1002/ccr3.3108

    PubMed

    researchmap

  • Disseminated Mycobacterium genavense infection mimicking TAFRO syndrome. 国際誌

    Kosuke Oka, Mai Yamane, Yuya Yokota, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Takumi Fujimori, Koji Iio, Hideharu Hagiya, Fumio Otsuka

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   26 ( 10 )   1095 - 1099   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    TAFRO syndrome is a rare variant of idiopathic multicentric Castleman's disease, for which disseminated non-tuberculous mycobacteria (NTM) infection must be excluded. However, due to the slow and fastidious growth of the organisms, identification of the pathogen is often challenging. We herein describe a case of disseminated Mycobacterium genavence infection, in which manifestations of the patient were confusingly similar to those of TAFRO syndrome. A 69-year-old Japanese man presented with prolonged fever accompanying pain in his back and ribs on the right side. Systemic investigations revealed thrombocytopenia, marked elevation of alkaline phosphatase, anasarca (pleural effusion and ascites), megakaryocytosis in the bone marrow, and hepatomegaly. Magnetic resonance imaging (MRI) showed diffuse, T1-and T2-low-intensity spotted lesions on his vertebral bodies, but biopsy showed inconclusive results. The patient met the diagnostic criteria of TAFRO syndrome and was started on prednisolone, which improved his general condition shortly thereafter. Blood culture after 42 days of incubation revealed the presence of Mycobacterium; however, we considered it a contamination at that time because no organisms grew on conventional agars, and the patient was discharged. Ten weeks after the isolation of Mycobacterium, he developed persistent fever and was readmitted. This time, vertebral bone mallow biopsy demonstrated a large amount of mycobacterium, which was later successfully identified as M. genavense by sequencing analysis. Under a final diagnosis of disseminated M. genavense infection, we treated the patient with clarithromycin, rifampicin, and ethambutol. This case highlighted that disseminated NTM infection may follow a similar clinical course as that of TAFRO syndrome.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.06.020

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Relevance of Serum Prolactin Levels to Inflammatory Reaction in Male Patients.

    Koichiro Yamamoto, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Kazuki Tokumasu, Tomoko Miyoshi, Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Koichi Itoshima, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   381 - 389   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To clarify the relevance of prolactin (PRL) to clinical parameters in patients who visited our general medicine department, medical records of 353 patients in whom serum PRL levels were measured during the period from 2016 to 2018 were retrospectively reviewed. Data for 140 patients (M/F: 42/98) were analyzed after excluding patients lacking detailed records and patients taking dopaminergic agents. Median serum PRL levels were significantly lower in males than females: 6.5 ng/ml (IQR: 4.2-10.3) versus 8.1 ng/ml (5.9-12.9), respectively. Pain and general fatigue were the major symptoms at the first visit, and past histories of hypertension and dyslipidemia were frequent. Male patients with relatively high PRL levels (≥ 10 ng/ml) had significantly lower levels of serum albumin and significantly higher levels of serum LDH than those with low PRL (< 10 ng/ml). There were significant correlations of male PRL level with the erythrocyte sedimentation rate (R=0.62), serum LDH level (R=0.39) and serum albumin level (R=-0.52), while the level of serum CRP (R=0.33) showed an insignificant but weak positive correlation with PRL level. Collectively, these results show that PRL levels had gender-specific relevance to various clinical factors, with PRL levels in males being significantly related to inflammatory status.

    DOI: 10.18926/AMO/60797

    PubMed

    researchmap

  • Multiple Deep-seated Dentofacial Abscesses Caused by Multidrug-resistant Viridans Group Streptococci.

    Shinnosuke Fukushima, Hideharu Hagiya, Yuki Mizuta, Yasuhiro Nakano, Masahiro Takahara, Kayo Okamoto, Yuko Hayashi, Kiyoshi Yamada, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 16 )   2067 - 2070   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Odontogenic infections, generally caused by dental caries and periodontal disease, can result in fatal illness. We herein report a 71-year-old Japanese woman with type 2 diabetes and hemodialysis who suffered from multiple dentofacial abscesses mainly caused by multidrug-resistant Streptococcus oralis. She complained of pain and swelling of her face, with an extraoral fistula from the left cheek. Following 3 surgical debridement procedures and partial mandibulectomy, in addition to 12 weeks of antimicrobial therapy, the multiple dentofacial abscesses were ameliorated. A combination of surgical and antimicrobial treatments following an early diagnosis is essential for reducing further complications.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4283-20

    PubMed

    researchmap

  • Coronary Spastic Angina Induced by Adrenal Insufficiency.

    Yuki Otsuka, Ko Harada, Miho Yasuda, Yasuhiro Nakano, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 15 )   1873 - 1877   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Adrenal insufficiency patients are treated with glucocorticoid replacement therapy. However, mimicking the in vivo circadian rhythm of cortisol levels is challenging, and suboptimal replacement increases the risk of mortality from cardiovascular disease. We herein report a case of coronary spastic angina (CSA) with simultaneous low early-morning serum cortisol levels in a patient undergoing corticosteroid replacement therapy for primary adrenal insufficiency. Steroid therapy is reportedly effective for refractory angina, but underlying adrenal deficiency has never been revealed. Our case intimates the probable risk of CSA as a complication of relative adrenal insufficiency and highlights the effectiveness of dexamethasone in these patients.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4337-19

    PubMed

    researchmap

  • Invasive non-typeable Haemophilus influenzae infection due to endometritis associated with adenomyosis. 国際誌

    Yoshito Nishimura, Hideharu Hagiya, Kaoru Kawano, Yuya Yokota, Kosuke Oka, Koji Iio, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Tomoko Haruma, Sawako Ono, Hisashi Masuyama, Fumio Otsuka

    BMC infectious diseases   20 ( 1 )   521 - 521   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The widespread administration of the Haemophilus influenzae type b vaccine has led to the predominance of non-typable H. influenzae (NTHi). However, the occurrence of invasive NTHi infection based on gynecologic diseases is still rare. CASE PRESENTATION: A 51-year-old Japanese woman with a history of adenomyoma presented with fever. Blood cultures and a vaginal discharge culture were positive with NTHi. With the high uptake in the uterus with 67Ga scintigraphy, she was diagnosed with invasive NTHi infection. In addition to antibiotic administrations, a total hysterectomy was performed. The pathological analysis found microabscess formations in adenomyosis. CONCLUSIONS: Although NTHi bacteremia consequent to a microabscess in adenomyosis is rare, this case emphasizes the need to consider the uterus as a potential source of infection in patients with underlying gynecological diseases, including an invasive NTHi infection with no known primary focus.

    DOI: 10.1186/s12879-020-05193-2

    PubMed

    researchmap

  • Clinical and biochemical characteristics of patients having general symptoms with increased serum IgG4. 国際誌

    Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Hiroko Ogawa, Eisei Kondo, Hitomi Kataoka, Yasuharu Sato, Fumio Otsuka

    Modern rheumatology   30 ( 4 )   721 - 728   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: To differentiate patients with IgG4-related diseases (RD) from patients with other hyper IgG4 conditions who visit general medicine department.Methods: Fifty-six patients with high serum IgG4 levels (>135 mg/dL) were classified into three groups based on the final diagnosis: definite and possible IgG4-RD and others. Clinical and laboratory characteristics of the three groups of patients were retrospectively analyzed.Results: Major manifestations were renal dysfunction and general malaise, while thirst was the most frequent symptom in the definite group, in which submandibular glands and lymph nodes were likely to be affected. Biopsy of minor salivary glands was the least diagnostic for IgG4-RD despite the high frequency of biopsy. In the definite group, serum levels of IgG4 and IgG, IgG4/IgG ratio and basophil number were increased, while serum levels of CRP, IgA and complements were decreased. A negative correlation between serum levels of IgG4 and IgM was found in the definite group.Conclusion: The results indicated that in patients with renal dysfunction, malaise, thirst or weight loss, measurements of the levels of basophils, immunoglobulins and complements are helpful for diagnosing IgG4-RD. Considering distribution of affected tissues and localization of diagnostic biopsies, physical examination and laboratory workup are required for early diagnosis.

    DOI: 10.1080/14397595.2019.1642291

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Relevance of Blood Glucose and Gastroesophageal Reflux Symptoms to Depressive Status in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.

    Hiroyuki Honda, Yoshihisa Hanayama, Mikako Obika, Kou Hasegawa, Jun Hamahara, Masayuki Kishida, Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   33 - 40   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A relationship between diabetes and depression is apparent. To clarify the clinical relevance of diabetic patients' gastroesophageal symptoms to their psychological status, we retrospectively analyzed the data from a Selfrating Depression Scale (SDS) and a Frequency Scale for Symptoms of Gastroesophageal reflux disease (FSSG) among 143 type 2 diabetic patients who visited a general medicine department. Among the 45 Japanese patients enrolled, the group with relatively high SDS scores (≥ 36) showed higher (FSSG) dysmotility symptom scores versus the low-SDS (< 36) group, although the 2 groups' characteristics and laboratory data were not significantly different. Positive correlations of postprandial plasma glucose (PPG) levels with FSSG scores (R=0.321, p<0.05), particularly with reflux scores (R=0.455, p<0.01) were revealed. PPG and HbA1c levels were not correlated with SDS scores. The patients' SDS scores were significantly correlated with their FSSG scores (R=0.41, p<0.01), suggesting that depressive status is linked to GERD-related manifestations. Considering that the patients' PPG levels were correlated with GERD-related symptoms, diabetic patients' blood glucose levels are associated with depressive status. Collectively, key symptoms related to GERD and glucose level values would be helpful.

    DOI: 10.18926/AMO/57950

    PubMed

    researchmap

  • Risk Factors for Low Bone Mineral Density Determined in Patients in a General Practice Setting.

    Akemi Ando, Toshiharu Mitsuhashi, Mitsugi Honda, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   73 ( 5 )   403 - 411   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Osteoporosis increases the risk of bone fractures. It is diagnosed based on an individual's bone mineral density (BMD) or a fracture without trauma. BMD is usually measured by the dual energy X-ray absorptiometry (DXA) method. Here we investigated factors for the earliest possible prediction of decreased BMD by examining the relationships between patients' BMD values and changes in the patients' physical and laboratory values. We retrospectively reviewed the medical records of 149 patients who visited our department in 2014-2015 for a variety of reasons and underwent an area BMD examination by DXA. We analyzed the relationships between decreasing BMD and the patients' gender, age, body mass index (BMI), medical background, hemoglobin, electrolytes, and thyroid function. Thirty-nine of the patients were diagnosed with osteoporosis based on their T-scores. An adjusted analysis showed that female gender, aging, and increased serum calcium level were significantly related to decreasing femoral BMD, whereas high BMI was associated with an increase in femoral BMD. Collectively the results indicate that for the early detection of low BMD, it is important for general-practice physicians to consider conducting a BMD checkup when treating female and elderly patients with a low BMI and/or elevated serum calcium level.

    DOI: 10.18926/AMO/57370

    PubMed

    researchmap

  • A novel case of myxoid variant of adrenocortical carcinoma in a patient with multiple endocrine neoplasia type 1.

    Ko Harada, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Yuto Yamazaki, Hironobu Sasano, Fumio Otsuka

    Endocrine journal   66 ( 8 )   739 - 744   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Adrenocortical carcinoma (ACC) is a rare malignancy arising from adrenocortical parenchymal cells. Myxoid ACC is one of the newly identified, rare, but important histological variants of ACC, characterized by the presence of abundant extracellular Alcian Blue-positive myxoid material. Multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN1) is an autosomal dominant cancer predisposition syndrome, and the incidence of ACC in MEN1 patients has been reported to be between 1.4% and 6%. Here, we report the case of a 68-year-old Japanese woman harboring the past history of MEN1 associated with insulinoma, pituitary tumor, and hyperparathyroidism. She presented to our hospital with hypertension and hypokalemia. Imaging studies revealed a right adrenal tumor, and histological examination revealed myxoid ACC. Despite surgical resection of the tumor and mitotane therapy, the patient died 6 months after the surgery. To the best of our knowledge, this is the first reported case of the myxoid variant of ACC in a patient with MEN1. The patient's clinical course was characterized by the development of both multiple endocrine and non-endocrine neoplasm, hyperaldosteronism, and aggressive biological behavior. This case confirmed that myxoid morphology was also associated with aggressive behavior in ACC, but further studies are required to clarify the association between MEN1 and myxoid ACC.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0067

    PubMed

    researchmap

  • Swollen Hands and "Fist Sign" in Acromegaly. 国際誌

    Ko Harada, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    The American journal of medicine   132 ( 7 )   e618-e619   2019年7月

     詳細を見る

  • FDG uptake in toxic multinodular goiter

    Kazuki Ocho, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Journal of Hospital General Medicine   1 ( 2 )   14 - 15   2019年7月

     詳細を見る

  • Diffuse Vascular FDG Uptake in Late Onset Takayasu Arteritis. 国際誌

    Ko Harada, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    The American journal of medicine   132 ( 5 )   e560-e561   2019年5月

     詳細を見る

  • A Case of Juvenile Hypertension Suggestive of Adrenomedullary Hyperplasia.

    Yoshito Nishimura, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 2 )   311 - 311   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1182-18

    PubMed

    researchmap

  • Clinical relevance of low androgen to gastroesophageal reflux symptoms.

    Ko Harada, Yoshihisa Hanayama, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Hitomi Kataoka, Koichi Itoshima, Ken Okada, Fumio Otsuka

    Endocrine journal   65 ( 10 )   1039 - 1047   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to determine the relationships between free testosterone (FT) level and parameters including laboratory data and data from questionnaires and to determine symptoms leading to the detection of late onset hypogonadism (LOH). We retrospectively reviewed medical records of patients in whom serum FT was measured in our hospital. Aging Male Symptoms (AMS) score, self-rating depression scale (SDS) and frequency scale for the symptoms of gastroesophageal reflux disease (FSSG) score were used for questionnaires. A total of 205 patients were included in the analysis (55.2 ± 15.6 years of age, mean ± SD). Among them, 119 patients (58.0%) had an FT level of less than 8.5 pg/mL, which fulfills the diagnostic criterion of LOH syndrome according to the clinical practice manual for LOH in Japan. It was revealed that FSSG score was inversely correlated to serum FT levels (r = -0.3395, p < 0.001), although SDS and AMS scales did not show significant correlations to FT levels. Our study revealed a high prevalence of LOH syndrome among patients in whom the majority complained of general symptoms. Although GERD symptoms are generally not considered to be typical symptoms of LOH, our study indicates that those symptoms might be clues for the detection of LOH.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ18-0187

    PubMed

    researchmap

  • Enterovaginal and colovesical fistulas as late complications of pelvic radiotherapy.

    Masaya Iwamuro, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Hitomi Kataoka, Takehiro Tanaka, Yoshitaka Kondo, Fumio Otsuka

    Journal of general and family medicine   19 ( 5 )   166 - 169   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    A 72-year-old Japanese woman presented with a fever, diarrhea, intermittent spotting, and constant fluid discharge from the vagina. Imaging studies revealed an enterovaginal fistula. She underwent radical hysterectomy and radiotherapy 35 years previously. She also had a surgical history of nephrostomy, nephrectomy, ileoascending anastomosis, and colostomy. As bleeding from the enterovaginal fistula was uncontrollable, ileocecal resection was performed. However, a colovesical fistula with urinary tract infection occurred 3 months later. The present case indicates that fistula formation occurs and causes various symptoms in patients who underwent postpelvic radiotherapy, particularly in those with prior surgeries in the irradiated field.

    DOI: 10.1002/jgf2.184

    PubMed

    researchmap

  • Manifestation of Central Diabetes Insipidus in a Patient with Thyroid Storm.

    Akiko Nakamichi, Kazuki Ocho, Kosuke Oka, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Masaya Iwamuro, Mikako Obika, Kammei Rai, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 13 )   1939 - 1942   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We herein report a case of central diabetes insipidus complicated with thyroid storm. A middle-aged woman who was receiving treatment for Graves' disease suddenly complained of polydipsia, polyuria and general fatigue. Laboratory tests showed hyperthyroidism, hypernatremia, hypoosmolar urine and a decreased plasma vasopressin level. The occurrence of central diabetes insipidus with hyperthyroidism was revealed on the basis of pituitary magnetic resonance imaging, a water deprivation test and a desmopressin test. The clinical co-existence of diabetes insipidus and hyperthyroidism is very rare; however, the complication should be considered when hypernatremia and/or dehydration progress in patients with Graves's disease as a common autoimmune-related etiology.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0063-17

    PubMed

    researchmap

  • Colonoscopy examination requires a longer time in patients with acromegaly than in other individuals.

    Masaya Iwamuro, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Satoshi Fujisawa, Kanako Ogura-Ochi, Yuusaku Sugihara, Keita Harada, Sakiko Hiraoka, Hiroyuki Okada, Fumio Otsuka

    Endocrine journal   65 ( 2 )   151 - 157   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to determine the prevalence of colorectal neoplasms and to investigate the rate of and time required for cecal intubation in patients with acromegaly. A database search performed at our institution identified 29 patients with acromegaly who underwent colonoscopy. Data regarding the endoscopic, biological, and pathological examinations performed were retrospectively reviewed from the clinical records. Subsequently, the rate of and time required for cecal intubation were investigated in 23 patients with acromegaly and compared with the corresponding data of the control group. Control subjects were selected from a 2:1 matched historical control cohort, according to baseline characteristics. The mean age of the acromegaly group (17 female and 12 male) was 60.4 ± 12.6 years. Twelve patients had adenoma (41.4%), eight patients had hyperplastic polyps (27.6%), three patients had sessile serrated adenoma/polyps (10.3%), and three patients had colon cancer (10.3%). Successful cecal intubation was achieved in all patients in both groups. The difference in the time required for successful intubation between the acromegaly group (15.7 ± 9.8 minutes) and the control group (8.7 ± 6.0 minutes) was statistically significant. Linear regression analysis revealed that increased patient age was significantly related to longer colonoscope insertion times. In conclusion, although cecal intubation during colonoscopy was successful in all participants, it required a longer time in patients with acromegaly. Our results underscore the importance of and certain technical difficulties involved in colonoscopy procedures in patients with acromegaly, especially in older patients.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ17-0322

    PubMed

    researchmap

  • Far East Scarlet-like Fever Masquerading as Adult-onset Kawasaki Disease.

    Kazuki Ocho, Masaya Iwamuro, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Kammei Rai, Tetsuya Yumoto, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 3 )   437 - 440   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A previously healthy 31-year-old man was referred to us with refractory septic shock accompanied by bilateral conjunctival congestion and erythema of his right lower limb. Nine days after admission, he had bilateral desquamation of the fingertips, and his presentation satisfied the criteria for Kawasaki disease. A serological examination was positive for Yersinia pseudotuberculosis, and he was diagnosed with Far East scarlet-like fever (FESLF). Interestingly, his 11-month-old baby boy had similar symptoms around the same time, indicating the intrafamilial transmission of the pathogen. We should consider FESLF when we encounter a familial occurrence of systemic manifestations of Kawasaki disease.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9250-17

    PubMed

    researchmap

  • Successful treatment with glucocorticoid for secondary Fanconi syndrome caused by sarcoidosis. 国際誌

    Daisuke Omura, Hideharu Hagiya, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Hiroshi Morinaga, Atsue Kikuta, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Modern rheumatology   27 ( 3 )   545 - 547   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 77-year-old female with renal dysfunction, hypercalcemia, and hypercalciuria was presented. Systemic investigations including renal biopsy showed that the patient had Fanconi syndrome secondary to renal sarcoidosis. Treatment with 25 mg per day of prednisolone was initiated and her condition improved. Complication of Fanconi syndrome in patients with sarcoidosis is extremely rare. Although the pathological mechanism is still unknown, corticosteroid therapy was effective for ameliorating proteinuria, glycosuria, hypercalciuria, and aminoaciduria.

    DOI: 10.3109/14397595.2014.1002163

    PubMed

    researchmap

  • 繰り返す胸膜炎として治療されていた 再発性肺動脈血栓塞栓症の一例

    山岡英功, 岩室雅也, 柏原尚子, 大重和樹, 長谷川功, 早稲田公一, 花山宜久, 大塚文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   12 ( 1 )   20 - 24   2017年3月

     詳細を見る

  • Paroxysmal Hypertension Induced by an Insulinoma.

    Ko Harada, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Masaya Iwamuro, Hideharu Hagiya, Ryuichi Yoshida, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 4 )   413 - 417   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Insulinoma is a rare, usually benign, pancreatic neuroendocrine tumor. The clinical features of an insulinoma are fasting hypoglycemia with neuroglycopenic symptoms including confusion and unusual behavior, while hypertension is usually not associated with the disease. We herein report a patient with insulinoma who manifested paroxysmal hypertension and neuroglycopenic symptoms. The possible etiology of hypertension induced by an insulinoma is catecholamine release in response to hypoglycemia, which may cause acute hypertension through activation of the sympatho-adrenal system. This case implies that sustained hyperinsulinemia due to insulinoma can be functionally linked to the induction of paroxysmal hypertension.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7758

    PubMed

    researchmap

  • A Rare Case of Diffuse Large B-cell Lymphoma in a Patient with IgG4-Related Autoimmune Pancreatitis.

    Yoshito Nishimura, Masaya Iwamuro, Kazuki Ocho, Kou Hasegawa, Kosuke Kimura, Yoshihisa Hanayama, Eisei Kondo, Takehiro Tanaka, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   70 ( 4 )   279 - 83   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    A 61-year-old Japanese man with IgG4-related autoimmune pancreatitis was referred to our hospital because of perspiration during food intake. Abdominal computed tomography (CT) with contrast media revealed multiple mesenteric lymphadenopathies. An open surgical abdominal biopsy and subsequent histopathological analysis revealed abnormally large lymphoid cells that were negative for CD3, CD5, and c-myc and positive for CD20 and bcl-2, leading to a diagnosis of diffuse large B-cell lymphoma. Here, we discuss the risk of malignancies, particularly malignant lymphoma in patients with IgG4-related disease. The importance of pathological analysis to reach the appropriate diagnosis in such cases should be emphasized.

    PubMed

    researchmap

  • Increased Serum KL-6 Levels Induced by Pulmonary Mycobacterium Avium Complex Infection in a Patient with RA-associated Lung Disease.

    Koichi Waseda, Kazuki Ocho, Kou Hasegawa, Kosuke Kimura, Masaya Iwamuro, Yoshihisa Hanayama, Eisei Kondo, Nobuaki Miyahara, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   70 ( 3 )   217 - 221   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    KL-6 is a glycoprotein found predominantly on type II pneumocytes and alveolar macrophages, and often shows increased serum levels in patients with interstitial pneumonia. We report a case of mycobacterium avium complex (MAC) infection whose disease activity was correlated with KL-6 levels in serum. During treatment of rheumatoid arthritis (RA)-associated interstitial lung disease (ILD) with prednisolone, chest image findings improved in association with decreased KL-6 levels. Following tapering of prednisolone, chest image findings deteriorated again as levels of KL-6 increased, suggesting recurrence of RA-ILD. Bronchoscopic examination revealed active MAC infection. Treatment of MAC infection not only improved chest image findings but also decreased KL-6 levels in serum, suggesting that KL-6 was increased by active MAC infection by itself, not by recurrence of RA-ILD. To the best of our knowledge, this is the first documentation of KL-6 elevation in serum in association with active MAC infection.

    PubMed

    researchmap

  • Reactivation of Human Herpes Virus-6 in the Renal Tissue of a Patient with Drug-induced Hypersensitivity Syndrome/Drug Rash with Eosinophilia and Systemic Symptoms (DIHS/DRESS).

    Hideharu Hagiya, Masaya Iwamuro, Takehiro Tanaka, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Maya Kimura, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   55 ( 13 )   1769 - 74   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 74-year-old man who had been administered trimethoprim-sulfamethoxazole for three weeks suffered from drug-induced hypersensitivity syndrome/drug rash with eosinophilia and systemic symptoms (DIHS/DRESS). In the early stage of the clinical course, he developed renal dysfunction. A renal biopsy showed granulomatous tubulointerstitial nephritis accompanying the proliferation of human herpes virus (HHV)-6 in tubular epithelial cells. With corticosteroid therapy, the systemic rash and renal function gradually improved. The present patient is the second case of DIHS/DRESS demonstrating a possible reactivation of HHV-6 in the renal tissue. The clinical role of viral reactivation in DIHS/DRESS must be further elucidated.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6287

    PubMed

    researchmap

  • Pheochromocytoma Manifesting Persistent Right Shoulder Pain and Hypochondralgia

    Hideharu Hagiya, Eri Nakamura, Tomohiro Terasaka, Kou Hasegawa, Kikuko Asano, Takahiro Nada, Kosuke Kimura, Koichi Waseda, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    JOURNAL OF GENERAL AND FAMILY MEDICINE   16 ( 4 )   292 - 296   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    We report a 42-year-old female who initially complained of sub-acute onset of right upper quadrant abdominal pain with right shoulder pain. A CT scan incidentally revealed an adrenal tumor, and a final diagnosis of pheochromocytoma was made on the basis of endocrinological examinations. Symptomatically, the pheochromocytoma in our patient mimicked a hepato-biliary disease by presenting abdominal pain accompanying right shoulder pain that was assumed to be referred pain via the right phrenic nerve. Physicians may need to consider the possibility of pheochromocytoma in patients with abdominal symptoms.

    DOI: 10.14442/jgfm.16.4_292

    Web of Science

    researchmap

  • Atypical Onset of Eosinophilic Granulomatosis with Polyangitis in a Patient with Long-term Well-controlled Bronchial Asthma

    Satoshi Akao, Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Takahiro Nada, Eri Nakamura, Kosuke Kimura, Koichi Waseda, Yoshihisa Hanayama, Kentaro Deguchi, Fumio Otsuka

    JOURNAL OF GENERAL AND FAMILY MEDICINE   16 ( 2 )   99 - 102   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Eosinophillic glanuromatosis with polyangitis (EGPA) usually occurs in patients with a recent history (usually less than 10 years) of uncontrolled bronchial asthma. Here we describe a case of EGPA that occurred in a 68-year-old female who had well-controlled bronchial asthma for 17 years. A leukotriene receptor antagonist that had been prescribed one week before onset might have triggered the disease. Our case shows that there is a wide spectrum of clinical characteristics of EGPA, making diagnosis difficult in a primary care setting.

    Web of Science

    researchmap

  • Infective Internal Iliac Artery Aneurysm Caused by Campylobacter fetus.

    Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Yusuke Takahashi, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   54 ( 16 )   2021 - 4   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 67-year-old man with a persistent high fever was diagnosed to have an infective aneurysm in his left internal iliac artery. A blood culture detected a gram-negative spiral rod that was first identified as Campylobacter fetus subsp. venerealis based on a matrix-assisted laser desorption/ionization time of flight mass spectrometry (MALDI-TOF MS) analysis. However, the strain was finally confirmed to be Campylobacter fetus subsp. fetus based on a genetic analysis. The infection was successfully treated with emergency resection of the aneurysm, followed by 4 weeks of antibiotic therapy. Involvement of the peripheral artery is uncommon in cases of C. fetus-infective aneurysm. To figure out the epidemiology and pathogenicity of C. fetus infection, the accurate identification of the responsible organisms is essential.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.4845

    PubMed

    researchmap

  • Complication of chronic eosinophilic pneumonia in an elderly patient with Sjögren syndrome.

    Koichi Waseda, Hideharu Hagiya, Yoshihisa Hanayama, Tomohiro Terasaka, Kosuke Kimura, Takao Tsuzuki, Kou Hasegawa, Takahiro Nada, Eri Nakamura, Kazutoshi Murakami, Eisei Kondo, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   69 ( 2 )   123 - 7   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An 81-year-old Japanese male with primary Sjögren syndrome (pSS) developed a low-grade fever and productive cough which were refractory to antibiotic therapy. Based on the high level of eosinophils observed in his bronchial alveolar lavage, he was diagnosed with chronic eosinophilic pneumonia (CEP) and successfully treated by oral prednisolone. Interstitial lung diseases associated with pSS (pSS-ILDs) usually present as nonspecific interstitial pneumonia or usual interstitial pneumonia; therefore, the present case is extremely unique in that the patient's condition was complicated with CEP. A diagnosis of advanced gallbladder cancer was made in the patient's clinical course, suggesting the advisability of a whole-body workup in cases of pSS, especially in elderly patients.

    PubMed

    researchmap

  • Myopathy and eosinophilic pneumonia coincidentally induced by treatment with daptomycin.

    Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Kikuko Asano, Tomohiro Terasaka, Kosuke Kimura, Takahiro Nada, Eri Nakamura, Koichi Waseda, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   54 ( 5 )   525 - 9   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 34-year-old man with 22q11.2 deletion syndrome (DiGeorge syndrome) concurrently suffered from myopathy and eosinophilic pneumonia shortly after receiving daptomycin (DAP) for right-sided infective endocarditis. The simultaneous occurrence of these phenomena in relation to DAP therapy has not been previously well described. An allergic reaction was suspected as a possible etiology of these DAP-related complications. This case highlights the need for close observation in order to detect both musculoskeletal and respiratory disorders from the start of DAP therapy. Physicians should pay more attention to this new drug, which is expected to be frequently used in various clinical settings.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.3397

    PubMed

    researchmap

  • A Nephrostomy-associated Urinary Tract Infection Caused by Elizabethkingia meningoseptica.

    Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Yusuke Takahashi, Kou Hasegawa, Masaya Iwamuro, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   54 ( 24 )   3233 - 6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a case of nephrostomy-associated urinary tract infection caused by Elizabethkingia meningoseptica that occurred in a patient with retroperitoneal fibrosis. Though conventional identification methods failed to detect the causative organism, it was identified on the basis of the complete sequencing of 16S rRNA. Four weeks of levofloxacin and minocycline administration successfully eradicated the infection. E. meningoseptica rarely causes urinary tract infections, and we believe that this is the first such case in which the isolate was genetically confirmed. The accurate identification of the organism is necessary for the provision of appropriate treatment and to obtain a better understanding of its epidemiology and pathogenicity.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.4998

    PubMed

    researchmap

  • CT visualising infective vegetation. 国際誌

    Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Kikuko Asano, Fumio Otsuka

    BMJ case reports   2014   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bcr-2014-207572

    PubMed

    researchmap

  • Ceftriaxone-induced biliary sludge in a patient with uncontrolled diabetes.

    Hideharu Hagiya, Kou Hasegawa, Kikuko Asano, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   53 ( 21 )   2549 - 50   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • Fosfomycin for the treatment of prostate infection.

    Hideharu Hagiya, Megumi Ninagawa, Kou Hasegawa, Tomohiro Terasaka, Kosuke Kimura, Koichi Waseda, Yoshihisa Hanayama, Toshiaki Sendo, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   53 ( 22 )   2643 - 6   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 69-year-old man with diabetes mellitus was diagnosed with a prostate abscess. Although the pathogen was fluoroquinolone-resistant Escherichia coli and the oral administration of trimethoprim-sulfamethoxazole was initiated, the infection recurred after three months. The antibiotic therapy was subsequently changed to intravenous fosfomycin, and the patient's condition promptly improved. Four weeks of fosfomycin therapy was successfully continued without any adverse events. In the era of antibiotic resistance, revival of forgotten drugs is an important issue for clinicians. Fosfomycin can be applied as an alternative option for prostate infections, considering the remaining susceptibility of multidrug-resistant pathogens to fosfomycin and the good pharmacokinetics of this drug in prostatic tissue.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Hospitalist(ホスピタリスト)2021年2号内分泌疾患2

    栗原 勲, 大塚 文男, 小比賀 美香子, 鈴木 利彦, 藤谷 茂樹( 担当: 分担執筆)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2021年12月  ( ISBN:9784815720025

     詳細を見る

  • 下垂体疾患診療マニュアル

    平田, 結喜緒, 高橋, 裕, 山田, 正三, 成瀬, 光栄( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社  2021年12月  ( ISBN:9784787824912

     詳細を見る

    総ページ数:xxvii, 315p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本内科学会雑誌第110巻第3号

    日本内科学会( 担当: 分担執筆)

    日本内科学会  2021年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 最新ガイドラインに基づく代謝・内分泌疾患診療指針

    門脇, 孝, 下村, 伊一郎( 担当: 分担執筆)

    総合医学社  2021年9月  ( ISBN:9784883787388

     詳細を見る

    総ページ数:511p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 総合内科病棟マニュアル : 疾患ごとの管理

    筒泉, 貴彦, 山田, 悠史, 小坂, 鎮太郎( 担当: 分担執筆)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2021年7月  ( ISBN:9784815730208

     詳細を見る

    総ページ数:xviii, 845p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 総合内科I II III・消化器・循環器・内分泌・代謝・腎臓

    ( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2021年4月  ( ISBN:9784260043335

     詳細を見る

    総ページ数:ix, 405p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • General Mindで攻める総合内科で診る内分泌疾患

    大塚, 文男( 担当: 分担執筆)

    中外医学社  2020年4月  ( ISBN:9784498020849

     詳細を見る

    総ページ数:iv,369p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 目からウロコのかぜ診療

    忽那, 賢志( 担当: 分担執筆)

    羊土社  2015年12月  ( ISBN:9784758115605

     詳細を見る

    総ページ数:p2382-2542   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • カルシウム受容体作動薬で治療した原発性副甲状腺機能亢進症患者の臨床的特徴

    山本 紘一郎, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 三好 智子, 小川 弘子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   111 ( Suppl. )   173 - 173   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 総合診療における甲状腺機能低下状態の潜在とその特徴

    高見 優男, 山本 紘一郎, 花山 宜久, 中野 靖浩, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 萩谷 英大, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 4 )   961 - 961   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • GH補充療法により脂肪肝の著明な改善を認めたAGHDの1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 山本 紘一郎, 越智 可奈子, 本多 寛之, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 4 )   951 - 951   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • MEN1疑いの家族歴と上縦隔に進展する副甲状腺癌を認めた1例

    大塚 勇輝, 長谷川 功, 原田 洸, 西村 義人, 岡 浩介, 小野 早和子, 枝園 忠彦, 平沢 晃, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 4 )   946 - 946   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 肺癌治療中の発熱を契機に発見されたペムブロリズマブによるirAEの1例

    平仲 凪, 山本 紘一郎, 田中 秀一, 孫 麗那, 高橋 美砂, 本多 寛之, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 4 )   951 - 951   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • COVID-19後の倦怠感を契機に発見されたLOH症候群の1例

    副島 佳晃, 中野 靖浩, 中本 健太, 大塚 勇輝, 櫻田 泰江, 徳増 一樹, 本多 寛之, 長谷川 功, 萩谷 英大, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 4 )   958 - 958   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染症対策における慰労金交付事業の影響およびその評価

    萩谷 英大, 三好 智子, 西村 義人, 徳増 一樹, 本多 寛之, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 頼藤 貴志, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   17 ( 6 )   608 - 616   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    新型コロナウイルス感染症対策の一環として,「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」が実施されたが,その影響・有効性に関するデータは乏しい。2021年4月26日〜5月31日に,岡山県・香川県・広島県の医療機関に勤務する職員を対象にウェブ・アンケートによる横断調査を実施した。1001名からの回答において,慰労金受給率は95.8%であり,59.5%は本事業に満足したと回答した。職種別満足度は,医師(60.8%),メディカルスタッフ(63.9%)に比べて看護職(46.3%)で低かった(p<0.001)。医療機関内職員のみならず,救急隊員,保健所職員,高齢者介護施設の職員も慰労金が支払われるべき業種として高率に理解を得た。慰労金交付事業は,医療従事者等の外的モチベーションとして概ね機能したと考えられるが,給付金額や対象者の選定に関しては検討の余地がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 肺非結核性抗酸菌症を合併したACTH分泌不全症の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 山本 紘一郎, 越智 可奈子, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   499 - 499   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 高用量ステロイド治療が奏功した重症COVID-19妊婦の1例

    山本 紘一郎, 萩谷 英大, 牧 尉太, 岡原 修司, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   568 - 568   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 総合診療におけるカテコールアミン測定の有用性とその解釈

    砂田 匠彦, 花山 宜久, 灘 隆宏, 徳増 一樹, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   560 - 560   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 虹彩炎が治療導入の契機となった2型糖尿病の1例

    中本 健太, 本多 寛之, 平 佑貴, 庵谷 紘美, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   555 - 555   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • COVID-19外国人入院診療の実際

    大塚 勇輝, 萩谷 英大, 中野 靖浩, 大村 大輔, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本医師会雑誌   150 ( 7 )   1237 - 1241   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医師会  

    国際化を背景に、在日外国人も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患しているが、本邦でその診療上の課題に関する文献はない。2020年2月からの1年間に岡山大学病院総合内科・総合診療科に入院した、外国人COVID-19患者全5人を対象として、患者背景や言語状況、入院中のトラブルや解決策について診療録から抽出した。全員が日本語の書字・読字が全く不能であり、うち1人は日常会話も困難で電話医療通訳サービスを要したが、担当医や看護師に加えて、国際診療支援センターや臨床栄養部、精神科などと連携することで隔離解除まで入院継続が可能であった。COVID-19では本人の希望に沿わない入院や予定外入院のため、通常の外国人診療に比して負担・課題が大きい。特に言語面での制約は、隔離管理下での意思疎通や同意書の取得などの面で障壁となることが明らかとなった。院内組織の連携と、病院を超えた情報共有による病軟な対応が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • COVID-19後の後遺症が診断の契機となったLOH症候群の1例

    副島 佳晃, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 大塚 勇輝, 櫻田 泰江, 本多 寛之, 中本 健太, 長谷川 功, 萩谷 英大, 植田 圭吾, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   496 - 496   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 炎症性動脈瘤を合併し仮面尿崩症を呈した下垂体機能低下症の1例

    平 佑貴, 中野 靖浩, 中本 健太, 庵谷 紘美, 長谷川 功, 萩谷 英大, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   491 - 491   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 不明熱精査からirAEによるACTH単独欠損症と診断した2例

    平仲 凪, 山本 紘一郎, 田中 秀一, 孫 麗那, 高橋 美砂, 本多 寛之, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   488 - 488   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 心不全・肝不全から発見された高齢橋本病の1例

    上枝 礼佳, 山本 紘一郎, 田中 秀一, 孫 麗那, 本多 寛之, 長谷川 功, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   516 - 516   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 歯科受診を契機に発見された先端巨大症の1例

    中野 靖浩, 中本 健太, 平 佑貴, 庵谷 紘美, 長谷川 功, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   505 - 505   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 抗PD-1抗体による早期の甲状腺障害後にACTH分泌不全を呈した1例

    安田 美帆, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 長谷川 功, 越智 可奈子, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   503 - 503   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • COVID-19肺炎を発症した高Ca血症・肺病変を伴うMEN1の1例

    大塚 勇輝, 田中 秀一, 本多 寛之, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小松原 基志, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   548 - 548   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 下垂体卒中による意識障害を契機に浸透圧性脱髄症候群を来した1例

    横田 雄也, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 山本 紘一郎, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   31   26 - 28   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:間脳・下垂体・副腎系研究会  

    researchmap

  • CYP11B1/B2キメラ遺伝子を確認した家族性アルドステロン症小児例

    中野 靖浩, 岩田 菜穂子, 長谷川 高誠, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 山本 英喜, 平沢 晃, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( Suppl.Update )   71 - 73   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    約20年前にCYP11B1/B2キメラ遺伝子を確認しグルココルチコイド反応性アルドステロン症(GRA)と診断された日本人1家系3例(発端者、母、妹)のうち、発端者が出産した5歳と3歳の男児に対し遺伝子検査を行った。その結果、男児2人ともキメラ遺伝子を検出しGRA保因者であることが明らかとなった。また、キメラ遺伝子の交叉部位について検討した結果、2児と発端者は同一のシークエンスで、交叉部位はエクソン3とイントロン5間であった。2児とも高血圧を認めないが低レニン・高アルドステロン症を伴っており、今後、成人期までの慎重な経過観察が必要である。

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01160&link_issn=&doc_id=20210811280023&doc_link_id=%2Fcq6naibu%2F2021%2F0097s1%2F024%2F0071-0073%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcq6naibu%2F2021%2F0097s1%2F024%2F0071-0073%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • CYP11B1/B2キメラ遺伝子を確認した家族性アルドステロン症小児例

    中野 靖浩, 岩田 菜穂子, 長谷川 高誠, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 山本 英喜, 平沢 晃, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( Suppl.Update )   71 - 73   2021年7月

  • 【内分泌疾患2】(Part 2)どこまでを専門家がみて,どこから総合内科医がみるのか? 副腎 Cushing症候群,サブクリニカルCushing症候群,副腎偶発腫瘍

    長谷川 功

    Hospitalist   9 ( 2 )   389 - 396   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    <文献概要>key point ▼Cushing症候群を疑うきっかけは,中心性肥満などの身体的特徴のほか,年齢不相応の骨粗鬆症や白血球増多・好酸球減少などの検査異常もあり,多様である。▼24時間尿中遊離コルチゾールや一晩少量(1mg)デキサメタゾン抑制試験によるスクリーニングで陽性の症例は,内分泌専門医に紹介する。▼副腎性Cushing術後でグルココルチコイド補充中の症例の管理を内分泌専門医から引き継いだ場合,補充期間は症例によりさまざまであることを念頭に,個々の自覚症状を注視して漸減中止していく。副腎偶発腫瘍で非機能性と診断された症例の管理を内分泌専門医から引き継いだ場合,腫瘍径が増大傾向にあれば早期に内分泌専門医へ再紹介する。

    researchmap

  • 【内分泌疾患2】(Part 1)内分泌疾患を疑うきっかけは? 症状から疑う内分泌疾患 心不全症状から疑う内分泌疾患とは?

    長谷川 功

    Hospitalist   9 ( 2 )   301 - 303   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    <文献概要>key point ▼心不全の患者をみた際には甲状腺機能は必ず確認する。▼特徴的顔貌や四肢末端肥大を伴う心不全患者では,先端巨大症を疑い,手袋や靴下のサイズの変化,頭痛や複視の有無,家族に顔貌の変化がないかを確認する。▼粘液水腫性昏睡の治療に際しては,相対的副腎不全を考慮したコルチゾール/ACTHの測定を行う。

    researchmap

  • 【内分泌疾患2】(Part 1)内分泌疾患を疑うきっかけは? 症状から疑う内分泌疾患 動悸から疑う内分泌疾患とは?

    長谷川 功

    Hospitalist   9 ( 2 )   299 - 300   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    <文献概要>key point ▼動悸が主訴の患者では,発汗や体重減少を確認し,甲状腺機能検査を行う。▼動悸が主訴で,加えて下痢があれば甲状腺機能亢進症を,便秘があれば褐色細胞腫を念頭におく。▼甲状腺機能亢進症では心房細動を伴いやすく,心房細動の患者も甲状腺機能亢進症を合併し得る。

    researchmap

  • 倦怠感と肝機能障害を契機に発見されたSchmidt症候群の1例

    安田 美帆, 大塚 勇輝, 中野 靖浩, 大村 大輔, 長谷川 功, 守屋 昭男, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   365 - 365   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 先端巨大症性関節症により嚥下困難を呈した1例

    中野 靖浩, 藤田 茉奈美, 高瀬 了輔, 榮 浩行, 長谷川 功, 灘 隆宏, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   294 - 294   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 不明熱・後腹膜線維症で発症したErdheim-Chester病の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 杉原 百芳, 山根 真衣, 榮 浩行, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   292 - 292   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 著明なALP高値を契機に発見された若年発症の副甲状腺癌の1例

    長谷川 功, 大塚 勇輝, 原田 洸, 中野 靖浩, 安田 美帆, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小野 早和子, 枝園 忠彦, 平沢 晃, 柳井 広之, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   277 - 277   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 尿中コルチゾール/アルドステロン比を用いた代謝・炎症評価への有用性

    大塚 勇輝, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 大村 大輔, 花山 宜久, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   351 - 351   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 高度肥満・性腺機能低下を来した21-水酸化酵素欠損症成人男性の1例

    山本 紘一郎, 岡 浩介, 藤田 茉奈美, 孫 麗那, 長谷川 功, 越智 可奈子, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   351 - 351   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • ビタミンD活性化指標(1,25D/25D比)の臨床的有用性の検討

    藤田 茉奈美, 山本 紘一郎, 本多 寛之, 花山 宜久, 徳増 一樹, 中野 靖浩, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   337 - 337   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 慢性疲労症候群・線維筋痛症から診断されたACTH/GH分泌不全症の1例

    大塚 文男, 徳増 一樹, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 中野 靖浩, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 片岡 仁美

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   301 - 301   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 体重減少を契機に発見された腎癌精査中にACTH分泌不全を認めた1例

    安田 美帆, 山本 紘一郎, 藤田 茉奈美, 孫 麗那, 岡 浩介, 長谷川 功, 松村 吉晃, 竹丸 紘史, 上松 克利, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 4 )   1046 - 1046   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 尿中遊離コルチゾール/アルドステロン比と代謝・炎症マーカーとの関連性

    大塚 勇輝, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 大村 大輔, 花山 宜久, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 4 )   1044 - 1044   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 性腺機能低下を伴いコロナ禍で高度肥満を呈した成人21-水酸化酵素欠損症の1例

    山本 紘一郎, 岡 浩介, 長谷川 功, 越智 可奈子, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 4 )   1041 - 1041   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 松果体腫瘍の術後化学療法中に発症したG-CSF関連血管炎の1例

    田村 奈悠, 山本 紘一郎, 岡 浩介, 長谷川 功, 萩谷 英大, 大塚 文男

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   721 - 721   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本リウマチ学会  

    researchmap

  • 総合内科診療に潜む内分泌代謝疾患

    大塚 文男, 小比賀 美香子, 長谷川 功, 中野 靖浩, 徳増 一樹

    日本内科学会雑誌   110 ( 3 )   486 - 491   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 血中骨型アルカリホスファターゼ(BAP/ALP)比の臨床的有用性の検討

    横田 雄也, 西村 義人, 安藤 明美, 花山 宜久, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 植田 圭吾, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   110 ( Suppl. )   160 - 160   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • グルココルチコイド反応性アルドステロン症の1家系に発症前診断しえた2例

    中野 靖浩, 岩田 菜穂子, 長谷川 高誠, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 山本 英喜, 平沢 晃, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 3 )   782 - 782   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 先端巨大症に合併した腎嚢胞感染の1例

    森 悠記, 大塚 勇輝, 西村 義人, 中野 靖浩, 長谷川 功, 榮 浩行, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 3 )   791 - 791   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 低血糖性昏睡を繰り返した神経性食思不振症の1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 山根 真衣, 孫 麗那, 中野 靖浩, 長谷川 功, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 皆尾 望, 枝廣 暁, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 3 )   788 - 788   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 血中骨型アルカリホスファターゼ/アルカリホスファターゼ(BAP/ALP)比の臨床的有用性に関する検討

    横田雄也, 西村義人, 安藤明美, 花山宜久, 長谷川功, 萩谷英大, 小川弘子, 小比賀美香子, 植田圭吾, 大塚文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   17   2021年

     詳細を見る

  • 再発性の低血糖性昏睡を合併した神経性食思不振症の1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 長谷川 功, 本多 寛之, 皆尾 望, 枝廣 暁, 山田 了士, 大塚 文男

    総合病院精神医学   32 ( Suppl. )   S - 163   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本総合病院精神医学会  

    researchmap

  • 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療 ME/CFSに対する総合内科・総合診療科の対応

    片岡 仁美, 花山 宣久, 長谷川 功, 中野 靖浩, 水田 有紀, 徳増 一樹, 小比賀 美香子, 植田 圭吾, 大塚 文男

    日本疲労学会誌   16 ( 1 )   47 - 47   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本疲労学会  

    researchmap

  • 統合失調症患者に発症した薬剤誘発性腎性尿崩症の1例

    中野 靖浩, 佐住 洋祐, 水田 有紀, 栄 浩行, 櫻田 泰江, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 三好 智子, 小川 弘子, 新谷 敏夫, 高木 学, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   560 - 560   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • ALP高値から上縦隔に発見されたMEN1疑い副甲状腺機能亢進症の1例

    大塚 勇輝, 西村 義人, 原田 洸, 岡 浩介, 長谷川 功, 小川 弘子, 三好 智子, 花山 宜久, 枝園 忠彦, 平沢 晃, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   549 - 549   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • CYP11B1/B2キメラ遺伝子を確認した家族性アルドステロン症小児例

    中野 靖浩, 岩田 菜穂子, 長谷川 高誠, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 山本 英喜, 平沢 晃, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   535 - 535   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 皮疹を契機に発見され視床下部障害を呈した成人発症LCHの1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 佐住 洋祐, 水田 有紀, 榮 浩行, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 森実 真, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   510 - 510   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 神経性食思不振症の経過中に反復する低血糖性昏睡を来した1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 山根 真衣, 孫 麗那, 中野 靖浩, 長谷川 功, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 皆尾 望, 枝廣 暁, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   563 - 563   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者における随時血糖・胃食道逆流症状が及ぼす心理状態への影響

    本多 寛之, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 岸田 雅之, 安田 美帆, 長谷川 功, 片岡 仁美, 大塚 文男

    糖尿病   63 ( 9 )   647 - 647   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 急速な腫大により気道狭窄を来した甲状腺悪性リンパ腫の1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 長谷川 功, 中野 靖浩, 原田 洸, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   305 - 305   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 再発下垂体腫瘍の術後に急速な肝機能異常を呈した若年男性の1例

    安田美帆, 長谷川 功, 越智可奈子, 三好智子, 小比賀美香子, 黒住和彦, 大塚文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   30   5 - 6   2020年8月

     詳細を見る

  • 後腹膜腫瘤と判別が困難であった副腎皮質癌の1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 高瀬 了輔, 原田 洸, 中野 靖浩, 灘 隆宏, 三好 智子, 山崎 有人, 笹野 公伸, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   374 - 374   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 相対的副腎不全により冠攣縮性狭心症が惹起された1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 三好 智子, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   372 - 372   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 血清プロラクチン値と炎症パラメータの相関

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 安田 美帆, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   362 - 362   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 強直性脊椎炎との鑑別を要した成人期X連鎖性低リン血症の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 水田 有紀, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 長谷川 高誠, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   315 - 315   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 下垂体卒中を契機に浸透圧性脱髄症候群を生じた非機能性下垂体腺腫の1例

    横田 雄也, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 山本 紘一郎, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 4 )   1452 - 1452   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 内科疾患における血清PRL値の性差および炎症マーカーとの関連性

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 4 )   1451 - 1451   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者のうつ状態への血糖値・胃食道逆流症状の影響について

    本多 寛之, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 長谷川 功, 小川 弘子, 萩谷 英大, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   109 ( Suppl. )   237 - 237   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 倦怠感で発症し急速な経過で下垂体不全を来した視床下部原発悪性リンパ腫の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 水田 有紀, 安田 美帆, 長谷川 功, 高原 政宏, 萩谷 英大, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 3 )   1173 - 1173   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者における随時血糖・胃食道逆流症状が及ぼす心理状態への影響

    本多寛之, 小比賀美香子, 花山宜久, 岸田雅之, 安田美帆, 長谷川功, 片岡仁美, 大塚文男

    糖尿病(Web)   63 ( 9 )   2020年

     詳細を見る

  • 全身倦怠感を主訴に発見された肺癌下垂体転移の1例

    石川 真悠子, 安田 美帆, 横田 雄也, 岡 浩介, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   584 - 584   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • リンパ節の再生検からHodgkinリンパ腫の診断に至った不明熱の1例

    荒木 晴, 徳増 一樹, 原田 洸, 山本 晃, 高原 政宏, 長谷川 功, 萩谷 英大, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   602 - 602   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 冠攣縮性狭心症との関連が疑われた副腎皮質機能低下症の1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 中野 靖浩, 山本 晃, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   590 - 590   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 下垂体卒中を契機に浸透圧性脱髄症候群をきたした中枢性尿崩症の1例

    横田 雄也, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   588 - 588   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 侵襲性肺炎球菌感染症の治療中に発症した感染性腹部大動脈瘤の一例

    福島 伸乃介, 原田 洸, 徳増 一樹, 長谷川 功, 萩谷 英大, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   587 - 587   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 全身倦怠感で受診し仮面尿崩症を呈した転移性下垂体腫瘍の1例

    石川 真悠子, 安田 美帆, 中野 靖浩, 長谷川 功, 灘 隆宏, 萩谷 英大, 小川 弘子, 三好 智子, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   717 - 717   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 急激に下垂体機能低下を生じた視床下部原発悪性リンパ腫の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 水田 有紀, 安田 美帆, 長谷川 功, 高原 政宏, 萩谷 英大, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   716 - 716   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • Pasireotideが奏功している術後再発Cushing病の1例

    安田 美帆, 中野 靖浩, 長谷川 功, 灘 隆宏, 萩谷 英大, 小川 弘子, 三好 智子, 井下 尚子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   710 - 710   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 総合診療における血清プロラクチン値の性差と炎症性病態への関与

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 安田 美帆, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   769 - 769   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者における血糖値・胃食道逆流症状とうつ状態の関連

    本多 寛之, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 岸田 雅之, 安田 美帆, 長谷川 功, 小川 弘子, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   753 - 753   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 総合診療における高IgG4血症の内分泌領域の臨床的特徴の解析

    長谷川 功, 安田 美帆, 三好 智子, 小川 弘子, 萩谷 英大, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   720 - 720   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 感染性髄膜炎との鑑別に苦慮した頭蓋咽頭腫術後化学性髄膜炎の1例

    長谷川功, 安田美帆, 三好智子, 小川弘子, 小比賀美香子, 黒住和彦, 大塚文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   29   16 - 18   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 腰背部の圧迫症状を呈した副腎骨髄脂肪腫に手術導入した1例

    須山 敦仁, 大村 大輔, 高瀬 了輔, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 長谷川 功, 堀口 繁, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   185 - 185   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 膵酵素とアミノ酸製剤補充により改善した吸収不良症候群の1例

    山本 紘一郎, 中野 靖浩, 大村 大輔, 徳増 一樹, 長谷川 功, 堀口 繁, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   311 - 311   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 著明な好酸球増多を伴った膵性胸水の一例

    今村 竜太, 原田 洸, 徳増 一樹, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   305 - 305   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 40年間の増悪を経て診断治療に至ったBarre-Lieou症候群の一例

    大塚 勇輝, 徳増 一樹, 山本 晃, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   301 - 301   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 変視を契機に発見され脈絡膜転移を呈した舌下腺原発腺様嚢胞癌の1例

    中野 靖浩, 中田 圭一, 徳増 一樹, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   265 - 265   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • アザチオプリンによる汎血球減少に感染性心内膜炎を合併した一例

    塩飽 孝宏, 山本 晃, 長尾 聡子, 徳増 一樹, 高原 政宏, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   260 - 260   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 急速な低K血症と高血圧を呈したMEN1合併副腎癌の1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 田端 雅弘, 吉田 龍一, 小林 泰之, 那須 保友, 山崎 有人, 笹野 公伸, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   483 - 483   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 重症急性膵炎を契機に発見された原発性副甲状腺機能亢進症の1例

    山岡 主知, 安田 美帆, 長尾 聡子, 徳増 一樹, 長谷川 功, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   489 - 489   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 加齢によるDHEASの低下と男性における血色素量減少への関与

    原田 洸, 安田 美帆, 長谷川 功, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   472 - 472   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • Staphylococcus lugdunensisによる下垂体膿瘍の1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 黒住 和彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   447 - 447   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 総合内科診療における骨密度低下に関する要因の検討

    安藤 明美, 三橋 利晴, 花山 宜久, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   108 ( Suppl. )   270 - 270   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 子宮脱の治療を契機に発症したStaphylococcus lugdunensisによる下垂体膿瘍の1例

    長谷川功, 安田美帆, 灘隆宏, 小川弘子, 三好智子, 小比賀美香子, 花山宜久, 黒住和彦, 大塚文男

    日本間脳下垂体腫瘍学会プログラム・抄録集   29th   2019年

     詳細を見る

  • MEN1に合併し血圧上昇と低K血症を来した副腎皮質癌myxoid variantの1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 吉田 龍一, 小林 泰之, 那須 保友, 山崎 有人, 笹野 公伸, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 3 )   1038 - 1038   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • FDGの著明な取り込みを呈した縦隔に達する甲状腺腫の1例

    岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 細谷 武史, 平 成人, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 3 )   1047 - 1047   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 巨大な機能性甲状腺結節にBasedow病を合併した1例

    塩飽 孝宏, 安田 美帆, 岡 浩介, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 6 )   617 - 617   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 回腸末端に潰瘍病変を認めた不明熱の1例

    栗山 裕, 徳増 一樹, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 大村 大輔, 高原 政宏, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 6 )   663 - 663   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • LOH症候群の検出におけるGERD症状の有効性について

    原田 洸, 花山 宜久, 安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 片岡 仁美, 小比賀 美香子, 糸島 浩一, 岡田 健, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   669 - 669   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • EUS/FNAの再検により診断し得たACTH産生性膵NETの1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 中野 靖浩, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 堀口 繁, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 加藤 博也, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   710 - 710   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 若年性脳梗塞を契機に発見された両側副腎髄質過形成の1例

    西村 義人, 原田 洸, 安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 新家 崇義, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   706 - 706   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 巨大な甲状腺腫を呈したMarine-Lenhart症候群の1例

    安田 美帆, 岡 浩介, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 枝園 忠彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   696 - 696   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 意識障害で発症し一過性全健忘を生じた下垂体機能低下症の1例

    山本 紘一郎, 徳増 一樹, 中野 靖浩, 大村 大輔, 安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   684 - 684   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 50代で多発骨折・集中力低下・抑うつを契機に来院した下垂体茎断裂の1例

    長谷川功, 安田美帆, 中道晶子, 小川弘子, 越智可奈子, 小比賀美香子, 頼冠名, 花山宜久, 大塚文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   28   25 - 26   2018年8月

     詳細を見る

  • 総合内科診療に診られた骨密度低下および骨粗鬆症発生の要因と特徴

    安藤 明美, 三橋 利晴, 花山 宜久, 灘 隆宏, 長谷川 功, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   354 - 354   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 未治療の糖尿病を背景に発症した内因性眼内炎の3例

    長谷川 功, 安田 美帆, 大重 和樹, 木村 耕介, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 大塚 文男

    糖尿病   61 ( 5 )   347 - 347   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 低血糖発作を契機に下垂体卒中と診断しホルモン補充療法にて改善した1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 藤川 達也, 片岡 仁美, 大塚 文男

    糖尿病   61 ( 5 )   354 - 354   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 頭蓋咽頭腫の術後に化学性髄膜炎を来した1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 灘 隆宏, 中道 晶子, 小川 弘子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   416 - 416   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 月経不順と甲状腺腫瘍を契機に発見されたマクロPRL血症の1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 灘 隆宏, 中道 晶子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 糸島 浩一, 真田 淳平, 宗 友厚, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   371 - 371   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 先端巨大症患者における大腸内視鏡検査時の盲腸到達時間に関する検討

    大塚 文男, 岩室 雅也, 安田 美帆, 長谷川 功, 藤澤 諭, 越智 可奈子

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   325 - 325   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 総合内科における高IgG4血症の臨床的特徴の解析

    長谷川 功, 花山 宜久, 岩室 雅也, 小比賀 美香子, 近藤 英生, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   107 ( Suppl. )   184 - 184   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 日本での労務中にTSH産生腺腫が発見されたベトナム人女性の1例

    中道 晶子, 戸川 雄, 大村 大輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 頼 冠名, 浅野 洋介, 黒住 和彦, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 1 )   62 - 62   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 骨髄生検で診断に至ったMixed cellularity classical Hodgkin lymphomaの一例

    臼杵 碧フィリーズ, 木村 耕介, 砂田 匠彦, 安田 美帆, 長谷川 功, 岩室 雅也, 花山 宜久, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 近藤 英生, 吉野 正, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 1 )   45 - 45   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 生活習慣病の増悪を契機に診断・加療した高齢者クッシング症候群の1例

    高見 優男, 長谷川 功, 大村 大輔, 安田 美帆, 中道 晶子, 堀口 繁, 頼 冠名, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 1 )   63 - 63   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 未治療の糖尿病を背景に発症した内因性眼内炎の3例

    長谷川功, 安田美帆, 大重和樹, 木村耕介, 小比賀美香子, 花山宜久, 片岡仁美, 大塚文男

    糖尿病(Web)   61 ( 5 )   2018年

     詳細を見る

  • TRHに対してFT3の過大反応を呈したTSH産生腺腫の1例

    大塚文男, 長谷川功, 安田美帆, 三好智子, 小比賀美香子, 黒住和彦, 井下尚子

    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集   33rd   2018年

     詳細を見る

  • 低血糖発作を契機に下垂体卒中と診断しホルモン補充療法にて改善した1例

    安田美帆, 安田美帆, 長谷川功, 頼冠名, 小比賀美香子, 藤川達也, 片岡仁美, 大塚文男

    糖尿病(Web)   61 ( 5 )   2018年

     詳細を見る

  • 片側副腎結節を認めるも、局在に迷った原発性アルドステロン症の2例

    安田 美帆, 長谷川 功, 灘 隆宏, 中道 晶子, 頼 冠名, 小川 弘子, 三好 智子, 花山 宜久, 稲垣 兼一, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 3 )   940 - 940   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • バセドウ病の増悪を契機に中枢性尿崩症を来した1例

    中道 晶子, 大重 和樹, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 4 )   1232 - 1232   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 血圧調節に苦慮した原発性アルドステロン症合併妊娠の2例

    安田 美帆, 長谷川 功, 灘 隆宏, 中道 晶子, 小川 弘子, 三好 智子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 2 )   573 - 573   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 日本での労務中にTSH産生腺腫が発見されたベトナム人女性の1例

    中道 晶子, 安田 美帆, 戸川 雄, 大村 大輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 頼 冠名, 浅野 洋介, 黒住 和彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 2 )   547 - 547   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 比較的急速な高血圧・高血糖を契機として発見された高齢Cushing病の1例

    長谷川 功, 花山 宜久

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回   448 - 448   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本高血圧学会  

    researchmap

  • 低血糖による意識障害を契機に発見された下垂体卒中の1例

    長谷川 功, 中道 晶子, 安田 美帆, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 2 )   603 - 603   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 口腔内潰瘍で発症し骨髄不全症候群と腸管ベーチェット病の合併が疑われた1例

    山本 紘一郎, 木村 耕介, 岩室 雅也, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   165 - 165   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 敗血症を呈したYersinia pseudotuberculosis感染症の一例

    大重 和樹, 萩谷 英大, 長谷川 功, 岩室 雅也, 頼 冠名, 草野 展周, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   161 - 161   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 下垂体茎断裂による下垂体前葉機能低下からQOL低下を来した1例

    長谷川 功, 喜多村 勇大朗, 岡 浩介, 安田 美帆, 木村 耕介, 大村 大輔, 中道 晶子, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 頼 冠名, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 近藤 英生, 片岡 仁美, 越智 可奈子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   149 - 149   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 健診でのALP高値から発見された原発性副甲状腺機能亢進症の1例

    安田 美帆, 喜多村 勇太朗, 岡 浩介, 中道 晶子, 長谷川 功, 灘 隆宏, 三好 智, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 浅野 洋介, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   148 - 148   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 治療抵抗性の後天性血友病の一例

    大塚 勇輝, 木村 耕介, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 大村 大輔, 岩室 雅也, 頼 冠名, 花山 宜久, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   144 - 144   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 抗甲状腺薬に対する肝障害のため治療に難渋したバセドウ病の1例

    長谷川 功, 喜多村 勇大朗, 岡 浩介, 安田 美帆, 木村 耕介, 大村 大輔, 中道 晶子, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 頼 冠名, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 近藤 英生, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   121 - 121   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 胃切除が要因と考えられた男性骨粗鬆症の1例

    安藤 明美, 花山 宜久, 灘 隆宏, 長谷川 功, 頼 冠名, 岩室 雅也, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   120 - 120   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 総合内科を受診した高IgG4血症患者の臨床的特徴の解析

    長谷川 功, 花山 宜久, 大村 大輔, 岡 浩介, 木村 耕介, 岩室 雅也, 頼 冠名, 早稲田 公一, 近藤 英生, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   78 - 79   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 初発症状で発作性高血圧を呈したイスリノーマの1例

    花山 宜久, 原田 洸, 長谷川 功, 岩室 まさや, 萩谷 英大, 吉田 龍一, 大塚 文男

    日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回   178 - 178   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本高血圧学会  

    researchmap

  • 発作性高血圧を呈し褐色細胞腫との鑑別を要したParkinson病の1例

    灘 隆宏, 木村 耕介, 安田 美帆, 長谷川 功, 小川 弘子, 三好 智子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   269 - 269   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 著明な高血糖・高プロラクチン血症を呈したPRL産生腺腫の1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 灘 隆宏, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   354 - 354   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 抗甲状腺薬が奏効し多臓器の腫大を呈したバセドウ病の1例

    安田 美帆, 大重 和樹, 長谷川 功, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   278 - 278   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 繰り返す胸膜炎として治療されていた再発性肺動脈血栓塞栓症の一例

    山岡 英功, 岩室 雅也, 柏原 尚子, 大重 和樹, 長谷川 功, 早稲田 公一, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   12 ( 1 )   20 - 24   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    40歳代女性。当院受診の4年前より胸痛を主訴に3度の入院歴がある。いずれも胸膜炎の診断で抗菌薬にて加療され、軽快していた。今回、発熱および胸痛を主訴に当院受診し、胸部X線検査にて浸潤影が認められた。経口避妊薬の内服と胸膜炎を繰り返していた既往から造影CT検査を施行したところ、肺動脈血栓と下肢深部静脈血栓を認めた。入院後、抗菌薬とヘパリン、ワルファリンにて治療を行った。退院時CT検査にて、肺炎像は消退傾向であり、血栓は全て消失していた。肺動脈血栓症は肺炎と類似した所見を示すことがあるため、経過や症状、リスク因子などから疑われる場合には、造影CT検査などを用いて積極的に検索を行うことが重要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05937&link_issn=&doc_id=20170413400004&doc_link_id=%2Ffg3byoin%2F2017%2F001201%2F004%2F0020-0024%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffg3byoin%2F2017%2F001201%2F004%2F0020-0024%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 経気管支肺生検で診断に至った血管内大細胞型B細胞リンパ腫の二例

    清水 和久, 木村 耕介, 灘 隆宏, 安藤 明美, 長谷川 功, 早稲田 公一, 岩室 雅也, 花山 宜久, 近藤 英生, 吉野 正, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   11 ( 2 )   201 - 201   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 難産での出産後に発症した下垂体機能低下症の1例

    安田 美帆, 平田 愛美, 長谷川 功, 安藤 明美, 木村 耕介, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 細谷 武史, 稲垣 兼一, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   92 ( S.Branc )   264 - 264   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 不明熱を精査し慢性活動性EBウイルス感染症の診断に至った二例

    古谷 奈緒, 木村 耕介, 灘 隆宏, 長谷川 功, 大重 和樹, 岩室 雅也, 早稲田 公一, 花山 宜久, 近藤 英生, 吉野 正, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   11 ( 2 )   162 - 162   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 高齢初産時の難産により発症したと思われるSheehan症候群の1例

    安田 美帆, 平田 愛美, 長谷川 功, 安藤 明美, 木村 耕介, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   11 ( 2 )   142 - 142   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 甲状腺機能亢進症治療中に口渇を生じ中枢性尿崩症を合併した1例

    中道 晶子, 大重 和樹, 清水 和久, 原田 洸, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 頼 冠名, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   92 ( 2 )   515 - 515   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 集学的治療で救命し得たTAFRO症候群の一例

    牧田 美友紀, 木村 耕介, 灘 隆宏, 寺坂 絵里, 長谷川 功, 大重 和樹, 花山 宜久, 早稲田 公一, 岩室 雅也, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   205 - 205   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 肺MAC症の加療によりKL-6の低下を認めたリウマチ関連肺疾患の1例

    早稲田 公一, 大重 和樹, 長谷川 功, 木村 耕介, 岩室 雅也, 花山 宜久, 近藤 英生, 宮原 信明, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   140 - 140   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 典型的な経過を辿った急性食道粘膜病変の1例

    岩室 雅也, 大田 剛由, 岡田 裕之, 山岡 英功, 柏原 尚子, 大重 和樹, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   41 - 45   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    症例は発熱とコーヒー残渣様嘔吐を呈した75歳女性。糖尿病、腎後性腎不全、腎盂腎炎および菌血症、肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症などの多数の基礎疾患を有していた。上部消化管内視鏡検査では下部食道に全周性の潰瘍を認めたほか、十二指腸にも広範な潰瘍がみられ、急性食道粘膜病変および十二指腸潰瘍と診断した。絶食とし酸分泌抑制薬と胃粘膜保護薬を投与するとともに基礎疾患の治療を行ったところ、食道および十二指腸の潰瘍は急速に改善した。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J05937&link_issn=&doc_id=20160722470007&doc_link_id=%2Ffg3byoin%2F2016%2F001002%2F007%2F0041-0045%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffg3byoin%2F2016%2F001002%2F007%2F0041-0045%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 原発不明癌に続発した二次性後腹膜線維症の1例

    大重 和樹, 岩室 雅也, 花山 宜久, 長谷川 功, 横田 智紗子, 萩谷 英大, 安藤 明美, 松本 裕子, 黒田 新士, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   35 - 40   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    後腹膜線維症は通常自己免疫学的機序で発症するが、種々の疾患に続発する形で発症するケースもある。原発不明癌に続発した後腹膜線維症を報告する。症例は頻尿を主訴に近医で加療されていた60歳代の男性。両側尿管狭窄による腎後性腎機能障害に対して腎瘻が造設され、後腹膜線維症の疑いで当院に紹介された。血清腫瘍マーカーが高値であり(CA19-9 653.1U/mL、SPan-1 456.4U/mL)、悪性腫瘍に続発する後腹膜線維症を疑ったが、画像検査および腹腔鏡下腹膜生検で悪性腫瘍の所見が得られなかった。特発性後腹膜線維症としてステロイド、タモキシフェンによる加療を行うも無効であった。診断7ヵ月後にS状結腸穿孔を来たし、切除断端近傍の組織所見から上皮性悪性腫瘍の病理診断を得た。原発不明癌として化学療法を行い、腫瘍マーカーの低下および尿管狭窄の改善を一時的に認めたが、最終的に死亡した。後腹膜線維症の診療では常に悪性腫瘍の潜在に注意すべきである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J05937&link_issn=&doc_id=20160722470006&doc_link_id=%2Ffg3byoin%2F2016%2F001002%2F006%2F0035-0040%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffg3byoin%2F2016%2F001002%2F006%2F0035-0040%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 本邦で発症した非熱帯熱マラリアの1例

    李 大賢, 大重 和樹, 岩室 雅也, 長谷川 功, 柏原 尚子, 花山 宜久, 三好 智子, 草野 展周, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   202 - 202   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 繰り返す胸膜炎として治療されていた再発性肺動脈血栓症の1例

    山岡 英功, 岩室 雅也, 柏原 尚子, 大重 和樹, 長谷川 功, 早稲田 公一, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   158 - 158   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 急速な症状発現を認めた高齢クッシング病の1例

    長谷川 功, 中村 絵里, 萩谷 英大, 木村 耕介, 三好 智子, 花山 宜久, 黒住 和彦, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   208 - 208   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • MP療法が奏効したCastleman病variant of POEMSの一例

    木村 耕介, 長谷川 功, 寺坂 友博, 灘 隆宏, 萩谷 英大, 中村 絵里, 早稲田 公一, 花山 宜久, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 1 )   93 - 94   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 耳鳴と眩暈のみを主訴に来院した特発性副甲状腺機能低下症の1例

    中村 絵里, 卜部 登紀子, 灘 隆宏, 木村 耕介, 安藤 明美, 長谷川 功, 大重 和樹, 萩谷 英大, 花山 宜久, 村上 和敏, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 1 )   110 - 111   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • IgG4関連自己免疫性膵炎の経過中に発症したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例

    西村 義人, 長谷川 功, 大重 和樹, 岩室 雅也, 木村 耕介, 花山 宜久, 近藤 英生, 松本 裕子, 近藤 喜太, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 1 )   96 - 97   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 難治進行性の後腹膜線維症を呈した原発不明癌の1例

    大重 和樹, 横田 智紗子, 長谷川 功, 岩室 雅也, 萩谷 英大, 安藤 明美, 灘 隆宏, 中村 絵里, 花山 宜久, 木村 耕介, 近藤 英生, 松本 裕子, 黒田 新士, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 1 )   83 - 83   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 症例で見につける!病院総合診療医の視点 患者さんの小さなサインも見逃さず、診断・治療・予防へつなげる(Part2)(第3回) 多彩な肺外症状を呈した市中肺炎

    長谷川 功, 萩谷 英大, 大塚 文男

    レジデントノート   17 ( 13 )   2471 - 2477   2015年12月

  • 細菌性眼内炎を契機に発見された侵襲性肺炎球菌感染症の2例

    木村 耕介, 萩谷 英大, 長谷川 功, 灘 隆宏, 中村 絵里, 早稲田 公一, 花山 宜久, 村上 和敏, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   8 ( 2 )   106 - 107   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 治療方針決定に免疫染色が有用だった腺癌の1例

    石川 俊二郎, 岩室 雅也, 灘 隆宏, 木村 耕介, 中村 絵里, 萩谷 英大, 長谷川 功, 浅野 喜久子, 早稲田 公一, 花山 宜久, 近藤 英生, 大塚 文夫

    日本病院総合診療医学会雑誌   8 ( 2 )   86 - 87   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 高血圧を契機に発見されたインスリノーマの1例

    花山 宜久, 池上 良一, 長谷川 功, 萩谷 英大, 浅野 喜久子, 灘 隆宏, 村上 和敏, 早稲田 公一, 片岡 仁美, 吉田 龍一, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   8 ( 2 )   97 - 97   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 血中と尿・唾液中のコルチゾール値に乖離を認めた副腎サブクリニカルクッシングの1例

    長谷川 功, 中村 絵里, 萩谷 英大, 花山 宜久, 蔭山 和則, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   91 ( 1 )   294 - 294   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 視野障害で発生し大脳白質病変を伴った下垂体腫大の1例

    中村 絵里, 灘 隆宏, 岡野 美咲, 木村 耕介, 長谷川 功, 花山 宜久, 黒住 和彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   91 ( 1 )   377 - 377   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 副腎サブクリニカルクッシングで血中・尿中・唾液中コルチゾールに乖離を認めた1例

    中村 絵里, 長谷川 功, 萩谷 英大, 花山 宜久, 蔭山 和則, 大塚 文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   26   30 - 31   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:間脳・下垂体・副腎系研究会  

    researchmap

  • Fanconi症候群を呈した腎サルコイドーシスの1例

    大村 大輔, 長谷川 功, 萩谷 英大, 浅野 喜久子, 菊田 温恵, 花山 宜久, 近藤 英生, 片岡 仁美, 森永 裕士, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   7 ( 2 )   72 - 73   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 総合内科における化学療法への挑戦

    木村 耕介, 長谷川 功, 灘 隆宏, 萩谷 英大, 中村 絵里, 花山 宜久, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   7 ( 2 )   90 - 90   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • 血管内塞栓術にて止血を得られた特発性大網出血の一症例

    長谷川 功, 武信 洋平, 森 智治, 趙 晃済, 大鶴 繁, 西山 慶, 佐藤 格夫, 鈴木 崇生, 古田 昭寛, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   24 ( 8 )   637 - 637   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 大量服薬と低体温により心肺停止に至り、遷延する意識障害の後に完全回復した1例

    邑田 悟, 佐藤 格夫, 長谷川 功, 森 智治, 趙 晃済, 武信 洋平, 大鶴 繁, 西山 慶, 鈴木 崇生, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   24 ( 8 )   628 - 628   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • Lewy小体型認知症に亜急性両側声帯麻痺を合併し、緊急気管切開を施行した一例

    森 智治, 長谷川 功, 邑田 悟, 趙 晃済, 武信 洋平, 大鶴 繁, 佐藤 格夫, 西山 慶, 鈴木 崇生, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   24 ( 8 )   699 - 699   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 人工内耳埋め込み後の頭部外傷にて髄液耳漏をきたした1例

    北野 正之, 鈴木 崇生, 武信 洋平, 佐藤 格夫, 西山 慶, 大鶴 繁, 趙 晃済, 森 智治, 長谷川 功, 邑田 悟, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   24 ( 8 )   657 - 657   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 血漿アポリポ蛋白濃度低下、必須脂肪酸欠乏を呈していたRefeeding syndromeの一症例

    伊藤 次郎, 佐藤 格夫, 武信 洋平, 大鶴 繁, 邑田 悟, 長谷川 功, 鈴木 崇生, 西山 慶, 森 智治, 趙 晃済, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   24 ( 8 )   654 - 654   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 出血性十二指腸潰瘍の経過中に後天性血友病Aの発症が疑われ、内視鏡的止血術に難渋した1例

    稲垣 真裕, 大鶴 繁, 長谷川 功, 森 智治, 趙 晃済, 武信 洋平, 鈴木 崇生, 西山 慶, 佐藤 格夫, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   24 ( 8 )   702 - 702   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 重症患者の栄養管理 栄養管理プロの技 重症患者に対する私たちの経腸栄養開始へのアプローチ

    佐藤 格夫, 大鶴 繁, 武信 洋平, 邑田 悟, 鈴木 崇生, 西山 慶, 長谷川 功, 小池 薫

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   180 - 180   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 体外式膜型人工肺ECMOと高頻度振動換気装置HFOVを用い気道熱傷によるARDSが改善した一例

    長谷川 功, 佐藤 格夫, 武信 洋平, 邑田 悟, 大鶴 繁, 西山 慶, 鈴木 崇生, 石橋 一馬, 中倉 真人, 小池 薫

    日本集中治療医学会雑誌   20 ( Suppl. )   359 - 359   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 気道熱傷により発症した急性呼吸促迫症候群に対してECMOと間歇的なHFOVを用い集中治療により救命し得た一例

    長谷川功, 佐藤格夫, 武信洋平, 邑田悟, 大鶴繁, 西山慶, 鈴木崇生, 石橋一馬, 中倉真人, 小池薫

    日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集   35th   2013年

     詳細を見る

  • 若手救急外科医のためのoff the job trainingと育成

    佐藤 格夫, 播磨 裕, 岡村 昌彦, 邑田 悟, 中野 良太, 大鶴 繁, 武信 洋平, 西山 慶, 鈴木 崇生, 長谷川 功, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   23 ( 10 )   536 - 536   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 【sepsis・SIRS-いま生かす!最新の病態把握に基づく適切な診療へ-】ICUにおけるsepsisの治療 栄養管理 経腸栄養に何を期待する?経静脈栄養をいつ開始する?

    佐藤 格夫, 長谷川 功, 邑田 悟

    救急・集中治療   24 ( 9-10 )   1196 - 1203   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)総合医学社  

    <point>●早期経腸栄養が可能かを探ろう。●それぞれの経腸栄養剤の特徴を知っておこう。●経腸栄養の中止、中断の判断の目安となる患者さんからの合図はしっかりと見逃さないようにしよう。●経静脈栄養の投与時は五大栄養素をしっかりと意識しよう。(著者抄録)

    researchmap

  • 皮質型クモ膜下出血を呈した脳静脈血栓症の2例

    武信 洋平, 鈴木 崇生, 佐藤 格夫, 西山 慶, 大鶴 繁, 邑田 悟, 長谷川 功, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   23 ( 10 )   664 - 664   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • ペースメーカーの電磁干渉による誤作動を心腔内心電図で確認出来た1例

    長谷川 功, 西山 慶, 邑田 悟, 武信 洋平, 柚木 知之, 大鶴 繁, 佐藤 格夫, 鈴木 崇生, 小池 薫

    日本救急医学会雑誌   23 ( 10 )   633 - 633   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本救急医学会  

    researchmap

  • 意識障害にて来院され,水中毒および悪性症候群により重篤な低Na血症と高CK血症をきたした一例

    大谷大輔, 浅田礼光, 長谷川功, 邑田悟, 大鶴繁, 西山慶, 武信洋平, 篠塚建, 鈴木崇生, 佐藤格夫, 小池薫

    日本救急医学会雑誌   23 ( 10 )   2012年10月

     詳細を見る

  • 【臨床栄養トピックス2012】(Part-2)臨床栄養学 急性呼吸不全による人工呼吸患者の栄養管理ガイドライン

    佐藤 格夫, 長谷川 功, 大鶴 繁

    臨床栄養   121 ( 4 )   426 - 431   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • コロナアフターケア外来受診を契機に発見された2型糖尿病の1例

    田中秀一, 本多寛之, 山本紘一郎, 高橋美砂, 長谷川功, 小比賀美香子, 片岡仁美, 大塚文男

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会  2022年5月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月12日 - 2022年5月14日

    researchmap

  • 外傷性脳損傷後に中枢性尿崩症を発症した1例

    加藤篤之, 山本紘一郎, 田中秀一, 高橋美砂, 本多寛之, 長谷川功, 大塚文男

    第126回内科学会中国地方会  2022年5月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月8日

    researchmap

  • 4C mortality scoreを用いたCOVID-19予後予測の臨床的有用性

    大重和樹, 萩谷英大, 長谷川功, 藤田浩二, 大塚文男

    第126回内科学会中国地方会  2022年5月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月8日

    researchmap

  • ハンセン病治療中に播種性糞線虫症を発症し死亡した1例

    羽原悠平, 中本健太, 平佑貴, 庵谷紘美, 中野靖浩, 長谷川功, 萩谷英大, 光畑朋美, 梅川康弘, 大塚文男

    医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2022  2022年4月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月16日

    researchmap

  • 21-水酸化酵素欠損症(21-OHD)の経過中に性腺機能低下を生じた2例から

    山本紘一郎, 本多寛之, 中野靖浩, 徳増一樹, 長谷川功, 小比賀美香子, 花山宜久, 大塚文男

    第33回間脳・下垂体・副腎系研究会  2022年4月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月9日 - 2022年4月22日

    researchmap

  • 右肩・上腕痛及び右手先しびれから見つかった食道癌の一例

    吉田 純, 田中秀一, 山本紘一郎, 高橋美砂, 本多寛之, 長谷川功, 大塚文男

    第24回日本病院総合診療医学会 学術総会  2022年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月26日 - 2022年2月27日

    researchmap

  • COVID-19後遺症状の診療において大学病院総合内科が果たせる役割

    大塚勇輝, 徳増一樹, 中野靖浩, 本多寛之, 萩谷英大, 砂田匠彦, 櫻田泰江, 山本幸近, 大村大輔, 松田祐依, 長谷川功, 小比賀美香子, 植田圭吾, 片岡仁美, 大塚文男

    第24回日本病院総合診療医学会 学術総会  2022年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月26日 - 2022年2月27日

    researchmap

  • 骨格性下顎前突を指摘され歯科からの紹介を契機に診断された先端巨大症の1例

    中野 靖浩, 中本 健太, 平 佑貴, 庵谷 紘美, 長谷川 功, 三好 智子, 大塚 文男

    第32回日本間脳下垂体腫瘍学会  2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月18日 - 2022年2月19日

    researchmap

  • ステロイド抵抗性Erdheim-Chester病にIFN-αが奏効した1例

    庵谷紘美, 長谷川功, 中本健太, 平佑貴, 山本紘一郎, 中野靖浩, 三好智子, 小川弘子, 白羽英則, 大塚文男

    第89回岡山内分泌同好会  2022年2月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月9日

    researchmap

  • コロナ後遺症にみるLOH症候群の潜在について

    山本幸近, 大塚勇輝, 徳増一樹, 中野靖浩, 本多寛之, 櫻田泰江, 砂田匠彦, 大村大輔, 長谷川功, 萩谷英大, 小比賀美香子, 植田圭吾, 片岡仁美, 大塚文男

    第89回岡山内分泌同好会  2022年2月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月9日

    researchmap

  • 歯科受診を契機に発見された先端巨大症の1例

    中野靖浩, 中本健太, 平佑貴, 庵谷紘美, 長谷川功, 三好智子, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 総合診療におけるカテコールアミン測定の有用性とその解釈

    砂田匠彦, 花山宜久, 灘隆宏, 徳増一樹, 山本紘一郎, 中野靖浩, 長谷川功, 萩谷英大, 小比賀美香子, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • COVID-19肺炎を発症した高Ca血症・肺病変を伴うMEN1の1例

    大塚勇輝, 田中秀一, 本多寛之, 長谷川功, 萩谷英大, 小松原基志, 岸田雅之, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 心不全・肝不全から発見された高齢橋本病の1例

    上枝礼佳, 山本紘一郎, 田中秀一, 孫麗那, 本多寛之, 長谷川功, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 高容量ステロイド治療が奏功した重症COVID-19妊婦の1例

    山本紘一郎, 萩谷英大, 牧尉太, 岡原修司, 長谷川功, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 虹彩炎が治療導入の契機となった2型糖尿病の1例

    中本健太, 本多寛之, 平佑貴, 庵谷紘美, 中野靖浩, 長谷川功, 萩谷英大, 小比賀美香子, 片岡仁美, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 抗PD-1抗体による早期の甲状腺障害後にACTH分泌不全症を呈した1例

    安田美帆, 山本紘一郎, 中野靖浩, 長谷川功, 越智可奈子, 三好智子, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 肺非結核性抗酸菌症を合併したACTH分泌低下症の1例

    髙瀬了輔, 中野靖浩, 山本紘一郎, 越智可奈子, 長谷川功, 三好智子, 小川弘子, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 不明熱精査からirAEによるACTH単独欠損症と診断した2例

    平仲凪, 山本紘一郎, 田中秀一, 孫麗那, 高橋美砂, 本多寛之, 長谷川功, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • COVID-19後の後遺症が診断の契機となったLOH症候群の1例

    副島佳晃, 中野靖浩, 徳増一樹, 大塚勇輝, 櫻田泰江, 本多寛之, 中本健太, 長谷川功, 萩谷英大, 植田圭吾, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 炎症性動脈瘤を合併し仮面尿崩症を呈した下垂体機能低下症の1例

    平佑貴, 中野靖浩, 中本健太, 庵谷紘美, 長谷川功, 萩谷英大, 三好智子, 大塚文男

    第31回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月27日

    researchmap

  • 潜在性甲状腺機能低下症の総合診療外来における検出とその特徴

    高見優男, 山本紘一郎, 中野靖浩, 長谷川 功, 大塚文男

    第64回日本甲状腺学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月18日 - 2021年11月20日

    researchmap

  • 内科外来での潜在性甲状腺機能低下症の検出に関する検討

    高見優男, 山本紘一郎, 花山宜久, 中野靖浩, 長谷川 功, 萩谷英大, 小比賀美香子, 小川弘子, 片岡仁美, 大塚文男

    第125回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月6日

    researchmap

  • Cushing病術後にバセドウ病再燃と高Ca血症を来した1例

    萩原万瀧, 中野靖浩, 平佑貴, 中本健太, 庵谷紘美, 長谷川功、大塚勇輝、佐々木恵里佳、岸田雅之、大塚文男

    第125回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月6日

    researchmap

  • 胸鎖関節肥厚を契機に診断されたリウマチ性多発筋痛症の1例

    孫麗那, 山本紘一郎, 岡浩介, 長谷川功, 萩谷英大, 大塚文男

    第125回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月6日

    researchmap

  • 非機能性下垂体腺腫を伴った偽性クッシング症候群の 1 例

    山本紘一郎, 花山宜久, 中野靖浩, 大村大輔, 本多寛之, 長谷川功, 大塚文男

    第47回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日 - 2021年10月31日

    researchmap

  • 不明熱の精査より診断した高齢特発性 ACTH 単独欠損症の 1 例

    上枝礼佳, 山本紘一郎, 田中秀一, 孫麗那, 本多寛之, 長谷川功, 大塚文男

    第47回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月30日 - 2021年10月31日

    researchmap

  • 維持透析中の2型糖尿病患者に発症したフルニエ壊疽の1例

    庵谷 紘美, 本多 寛之, 平 佑貴, 中本 健太, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    第59回日本糖尿病学会中国・四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月22日 - 2021年10月23日

    researchmap

  • 胸鎖関節炎・頸部膿瘍を契機に診断した2型糖尿病の1例

    中本 健太, 本多 寛之, 平 佑貴, 庵谷 紘美, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    第59回日本糖尿病学会中国・四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月22日 - 2021年10月23日

    researchmap

  • 原発性副甲状腺機能亢進症に対するカルシウム受容体作動薬の反応性

    山本紘一郎, 中野靖浩, 須山敦仁, 副島佳晃, 徳増一樹, 本多寛之, 長谷川功, 小比賀美香子, 三好智子, 小川弘子, 花山宜久, 大塚文男

    第88回内分泌同好会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日

    researchmap

  • 下咽頭癌肺転移に対するペンブロリズマブ投与中に発症した ACTH 単独欠損症の1例

    山本紘一郎, 徳増一樹, 孫麗那, 岡浩介, 長谷川功, 大塚文男

    第32回間脳・下垂体・副腎系研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日 - 2021年10月1日

    researchmap

  • Clinical and biochemical characteristics of patients having general symptoms with increased serum IgG4.

    長谷川功

    第23回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日 - 2021年9月19日

    researchmap

  • GH補充療法により脂肪肝の著明な改善を認めたAGHDの1例

    高瀬了輔, 中野靖浩, 山本紘一郎, 越智可奈子, 本多寛之, 長谷川功, 三好智子, 小川弘子, 大塚文男

    第22回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月4日

    researchmap

  • 肺癌治療中の発熱を契機に発見されたペムブロリズマブによるirAEの1例

    平仲凪、山本紘一郎、田中秀一、孫麗那、高橋美砂、本多寛之、長谷川功、大塚文男

    第22回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月4日

    researchmap

  • COVID-19後の倦怠感を契機に発見されたLOH症候群の1例

    副島佳晃, 中野靖浩, 中本健太, 大塚勇輝, 櫻田泰江, 徳増一樹, 本多寛之, 長谷川功, 萩谷英大, 大塚文男

    第22回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月4日

    researchmap

  • 総合診療における甲状腺機能低下状態の潜在とその特徴

    高見優男, 山本紘一郎, 花山宜久, 中野靖浩, 長谷川功, 小比賀美香子, 萩谷英大, 大塚文男

    第22回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月4日

    researchmap

  • MEN1疑いの家族歴と上縦隔に進展する副甲状腺癌を認めた1例

    大塚勇輝, 長谷川功, 原田洸, 西村義人, 岡浩介, 小野早和子, 枝園忠彦, 平沢晃, 大塚文男

    第22回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月4日

    researchmap

  • コロナ禍における医療従事者のストレスと持続可能な医療システム

    三好智子, 西村義人, 萩谷英大, 長谷川功, 赤穂宗一郎, 大塚文男

    第62回全日本病院学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月21日 - 2021年8月22日

    researchmap

  • 全身倦怠感の精査から診断に至った高齢ACTH単独欠損症の1例

    山本紘一郎, 本多寛之, 田中秀一, 孫麗那, 長谷川功, 大塚文男

    第35回下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月19日 - 2021年8月21日

    researchmap

  • 尿中遊離コルチゾール/アルドステロン比を用いた代謝・炎症の評価指標への応用

    大塚勇輝, 中野靖浩, 徳増一樹, 本多寛之, 大村大輔, 花山宜久, 長谷川 功, 小比賀美香子, 小川弘子, 大塚文男

    第124回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月20日

    researchmap

  • COVID-19加療中に急性膵炎を発症した1例

    田中秀一, 山本紘一郎, 孫麗那, 岡浩介, 榮浩行, 長谷川功, 萩谷英大, 大塚文男

    第124回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月20日

    researchmap

  • 松果体腫瘍の術後化学療法中に発症したG-CSF関連血管炎の1例

    田村 奈悠, 山本 紘一郎, 岡 浩介, 長谷川 功, 萩谷 英大, 大塚 文男

    第65回日本リウマチ学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月26日 - 2021年4月28日

    researchmap

  • 倦怠感と肝機能障害を契機に発見されたSchmidt症候群の1例

    安田 美帆, 大塚 勇輝, 中野 靖浩, 大村 大輔, 長谷川 功, 守屋 昭男, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 尿中コルチゾール/アルドステロン比を用いた代謝・炎症評価への有用性

    大塚 勇輝, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 大村 大輔, 花山 宜久, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 体重減少を契機に発見された腎癌精査中にACTH分泌不全を認めた1例

    安田 美帆, 山本 紘一郎, 藤田 茉奈美, 孫 麗那, 岡 浩介, 長谷川 功, 松村 吉晃, 竹丸 紘史, 上松 克利, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 性腺機能低下を伴いコロナ禍で高度肥満を呈した成人21-水酸化酵素欠損症の1例

    山本 紘一郎, 岡 浩介, 長谷川 功, 越智 可奈子, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 高度肥満・性腺機能低下を来した21-水酸化酵素欠損症成人男性の1例

    山本 紘一郎, 岡 浩介, 藤田 茉奈美, 孫 麗那, 長谷川 功, 越智 可奈子, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 先端巨大症性関節症により嚥下困難を呈した1例

    中野 靖浩, 藤田 茉奈美, 高瀬 了輔, 榮 浩行, 長谷川 功, 灘 隆宏, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • CYP11B1/B2キメラ遺伝子を確認した家族性アルドステロン症小児例

    中野 靖浩, 岩田 菜穂子, 長谷川 高誠, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 山本 英喜, 平沢 晃, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 著明なALP高値を契機に発見された若年発症の副甲状腺癌の1例

    長谷川 功, 大塚 勇輝, 原田 洸, 中野 靖浩, 安田 美帆, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小野 早和子, 枝園 忠彦, 平沢 晃, 柳井 広之, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 慢性疲労症候群・線維筋痛症から診断されたACTH/GH分泌不全症の1例

    大塚 文男, 徳増 一樹, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 中野 靖浩, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 片岡 仁美

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • ビタミンD活性化指標(1,25D/25D比)の臨床的有用性の検討

    藤田 茉奈美, 山本 紘一郎, 本多 寛之, 花山 宜久, 徳増 一樹, 中野 靖浩, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 不明熱・後腹膜線維症で発症したErdheim-Chester病の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 杉原 百芳, 山根 真衣, 榮 浩行, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月22日 - 2021年4月24日

    researchmap

  • 中枢性塩類喪失症候群を合併した細菌性髄膜炎の1例

    長岡寛和, 大塚勇輝, 中野靖浩, 大村大輔, 徳増一樹, 長谷川功, 萩谷英大, 花山宜久, 大塚文男

    医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月10日

    researchmap

  • Utility of Urinary Ratio of Cortisol to Aldosterone as Inflammatory and Metabolic Parameters

    Yuki Otsuka, Yasuhiro Nakano, Kazuki Tokumasu, Hiroyuki Honda, Mikako Obika, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    ENDO2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月23日

    researchmap

  • 性腺機能低下を伴いコロナ禍で高度肥満を呈した成人21-水酸化酵素欠損症の1例

    山本紘一郎、岡浩介、長谷川功、越智可奈子、中野靖浩、徳増一樹、本多寛之、小比賀美香子、大塚文男

    第28回日本ステロイドホルモン学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月27日

    researchmap

  • 尿中遊離コルチゾール/アルドステロン比と代謝・炎症マーカーとの関連性

    大塚勇輝, 中野靖浩, 徳増一樹, 本多寛之, 大村大輔, 花山宜久, 長谷川 功, 小比賀美香子, 小川弘子, 大塚文男

    第28回日本ステロイドホルモン学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月27日

    researchmap

  • 体重減少を契機に発見された腎癌精査中にACTH分泌不全を認めた1例

    安田美帆, 山本紘一郎, 藤田茉奈美, 孫麗那, 岡浩介, 長谷川功, 松村吉晃, 竹丸紘史, 上松 克利, 大塚文男

    第28回日本ステロイドホルモン学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月27日

    researchmap

  • 皮疹・骨病変・視床下部腫瘍性病変を呈した成人発症多臓器型ランゲルハンス細胞組織球症の一例

    髙瀬了輔, 中野靖浩, 佐住洋祐, 水田有紀, 榮浩行, 長谷川功, 三好智子, 小川弘子, 森実真, 大塚文男

    第31回日本間脳下垂体腫瘍学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月19日 - 2021年2月20日

    researchmap

  • 薬物治療が奏功した高齢者の原発副甲状腺機能亢進症の1例

    須山敦仁, 山本紘一郎, 岡野真理, 山根真衣, 孫麗那, 大村大輔, 長谷川功, 萩谷英大, 大塚文男

    第87回岡山内分泌同好会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月17日

    researchmap

  • 再発性の低血糖性昏睡を合併した神経性食思不振症の1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 長谷川 功, 本多 寛之, 皆尾 望, 枝廣 暁, 山田 了士, 大塚 文男

    第33回日本総合病院精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月7日 - 2020年12月13日

    researchmap

  • 下垂体卒中による意識障害を契機に浸透圧性脱髄症候群を来した1例

    横田雄也, 岡浩介, 安田美帆, 長谷川功, 山本紘一郎, 萩谷英大, 小比賀美香子, 大塚文男

    第31回間脳・下垂体・副腎系研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月26日 - 2020年12月9日

    researchmap

  • ME/CFSに対する総合内科・総合診療科の対応

    片岡仁美, 花山宜久, 長谷川功, 中野靖浩, 水田有紀, 徳増一樹, 小比賀美香子, 植田圭吾, 大塚文男

    第16回日本疲労学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月7日 - 2020年11月8日

    researchmap

  • 複数の基礎疾患を有した高齢者COVID-19感染症の一例

    孫麗那, 山本紘一郎, 藤田茉奈美, 岡浩介, 山根真衣, 大塚勇輝, 高瀬了輔, 中野靖浩, 大村大輔, 栄浩行, 長谷川功, 萩谷英大, 大塚文男

    第22回日本病院総合診療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月12日 - 2020年11月24日

    researchmap

  • COVID-19外国人患者の受入れで明らかとなった課題と病院総合医に求められる役割

    大塚勇輝, 大村大輔, 李皓生, 藤田茉奈美, 山根真衣, 山本紘一郎, 孫麗那, 高瀬了輔, 中野靖浩, 岡浩介, 榮浩行, 徳増一樹, 長谷川功, 萩谷英大, 小比賀美香子, 片岡仁美, 大塚文男

    第22回日本病院総合診療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月12日 - 2020年11月24日

    researchmap

  • 高齢の原発性副甲状腺機能亢進症に対し、シナカルセトが奏効した1例

    須山敦仁, 山本紘一郎, 岡野真理, 山根真衣, 孫 麗那, 大村大輔, 長谷川 功, 萩谷英大, 大塚文男

    第21回日本病院総合診療医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月26日 - 2020年9月27日

    researchmap

  • COVID-19の経過中に発症した静脈血栓症の1例

    岡野真理, 山本紘一郎, 須山敦仁, 高瀬了輔, 西村義人, 岡浩介, 大村大輔, 長谷川 功, 萩谷英大, 大塚文男

    第21回日本病院総合診療医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月26日 - 2020年9月27日

    researchmap

  • 先端巨大症に合併した腎嚢胞感染の1例

    森 悠記, 大塚 勇輝, 西村 義人, 中野 靖浩, 長谷川 功, 榮 浩行, 三好 智子, 小川 弘子, 大塚 文男

    第21回日本内分泌中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月5日

    researchmap

  • グルココルチコイド反応性アルドステロン症の1家系に発症前診断しえた2例

    中野 靖浩, 岩田 菜穂子, 長谷川 高誠, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 山本 英喜, 平沢 晃, 大塚 文男

    第21回日本内分泌中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月5日

    researchmap

  • 低血糖性昏睡を繰り返した神経性食思不振症の1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 山根 真衣, 孫 麗那, 中野 靖浩, 長谷川 功, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 皆尾 望, 枝廣 暁, 大塚 文男

    第21回日本内分泌中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月5日

    researchmap

  • 周期的な発熱を主訴に来院し、 びまん性汎細気管支炎の診断に至った1例

    坂田麻理子, 佐住洋佑, 原田洸, 徳増一樹, 長谷川功, 萩谷英大, 花山宜久, 大塚文男

    医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月9日

    researchmap

  • 2型糖尿病患者のうつ状態への血糖値・胃食道逆流症状の影響について

    本多 寛之, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 長谷川 功, 小川 弘子, 萩谷 英大, 岸田 雅之, 大塚 文男

    第117回日本内科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月7日 - 2020年8月9日

    researchmap

  • 再発下垂体腫瘍の術後に急速な肝機能異常を呈した若年男性の1例

    安田美帆, 長谷川 功, 越智可奈子, 三好智子, 小比賀美香子, 黒住和彦, 大塚文男

    第30回間脳・下垂体・副腎系研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    researchmap

  • 内科疾患における血清PRL値の性差および炎症マーカーとの関連性

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 相対的副腎不全により冠攣縮性狭心症が惹起された1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 三好 智子, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 血清プロラクチン値と炎症パラメータの相関

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 安田 美帆, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 強直性脊椎炎との鑑別を要した成人期X連鎖性低リン血症の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 水田 有紀, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 長谷川 高誠, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 急速な腫大により気道狭窄を来した甲状腺悪性リンパ腫の1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 長谷川 功, 中野 靖浩, 原田 洸, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 三好 智子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 神経性食思不振症の経過中に反復する低血糖性昏睡を来した1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 山根 真衣, 孫 麗那, 中野 靖浩, 長谷川 功, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 皆尾 望, 枝廣 暁, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 統合失調症患者に発症した薬剤誘発性腎性尿崩症の1例

    中野 靖浩, 佐住 洋祐, 水田 有紀, 栄 浩行, 櫻田 泰江, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 三好 智子, 小川 弘子, 新谷 敏夫, 高木 学, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • ALP高値から上縦隔に発見されたMEN1疑い副甲状腺機能亢進症の1例

    大塚 勇輝, 西村 義人, 原田 洸, 岡 浩介, 長谷川 功, 小川 弘子, 三好 智子, 花山 宜久, 枝園 忠彦, 平沢 晃, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 後腹膜腫瘤と判別が困難であった副腎皮質癌の1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 高瀬 了輔, 原田 洸, 中野 靖浩, 灘 隆宏, 三好 智子, 山崎 有人, 笹野 公伸, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • CYP11B1/B2キメラ遺伝子を確認した家族性アルドステロン症小児例

    中野 靖浩, 岩田 菜穂子, 長谷川 高誠, 越智 可奈子, 山本 紘一郎, 高瀬 了輔, 長谷川 功, 堀口 繁, 山本 英喜, 平沢 晃, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 皮疹を契機に発見され視床下部障害を呈した成人発症LCHの1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 佐住 洋祐, 水田 有紀, 榮 浩行, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 森実 真, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 倦怠感で発症し急速な経過で下垂体不全を来した視床下部原発悪性リンパ腫の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 水田 有紀, 安田 美帆, 長谷川 功, 高原 政宏, 萩谷 英大, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 下垂体卒中を契機に浸透圧性脱髄症候群を生じた非機能性下垂体腺腫の1例

    横田 雄也, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 山本 紘一郎, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    第93回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月4日 - 2020年6月6日

    researchmap

  • 2型糖尿病患者における随時血糖・胃食道逆流症状が及ぼす心理状態への影響

    本多 寛之, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 岸田 雅之, 安田 美帆, 長谷川 功, 片岡 仁美, 大塚 文男

    第63回日本糖尿病学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月21日 - 2020年5月23日

    researchmap

  • 経食道心エコー疣贅を認めた成人発症スティル病の1例

    岡浩介、横田雄也、長谷川功、萩谷英大、大塚文男

    第20回日本病院総合診療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 繰り返したセルブロック標本を作製することにより原発性滲出性リンパ腫様と診断した1例

    長谷井稜子、佐住洋祐、徳増一樹、長谷川功、萩谷英大、藤井伸治、花山宜久、大塚文男

    第20回日本病院総合診療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • TAFRO症候群との鑑別に難渋した播種性Mycobacterium genavense感染症の1例

    山根真衣、横田雄也、岡浩介、長谷川功、萩谷英大、大塚文男

    第20回日本病院総合診療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 数年来,慢性疲労症候群として加療されていたACTH単独欠損症の一例

    筒井ほのか、徳増一樹、原田洸、安田美帆、長谷川功、萩谷英大、花山宜久、大塚文男

    第20回日本病院総合診療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 精神科入院患者に合併した腎性尿崩症の1例

    中野靖浩、佐住洋祐、水田有紀、榮浩行、長谷川功、萩谷英大、新谷敏夫、?木学、大塚文男

    第86回岡山内分泌同好会抄録集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 総合内科における高IgG4血症の内分泌領域の臨床的特徴の解析

    長谷川功,安田美帆,三好智子,小川弘子,萩谷英大,花山宜久,大塚文男

    第29回臨床内分泌代謝update  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知市文化プラザかるぽーと  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者における血糖値・胃食道逆流症状とうつ状態の関連

    本多寛之、花山宣久、小比賀美香子、岸田雅之、安田美帆、長谷川功、小川弘子、三好智子、大塚文男

    第29回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 全身倦怠感で受診し仮面尿崩症を呈した転移性下垂体腫瘍の1例

    石川真悠子、安田美帆、中野靖浩、長谷川功、灘隆宏、萩谷英大、小川弘子、三好智子、頼冠名、大塚文男

    第29回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 急激に下垂体機能低下を生じた視床下部原発悪性リンパ腫の1例

    高瀬了輔、中野靖浩、水田有紀、安田美帆、長谷川功、高原政宏、萩谷英大、大塚文男

    第29回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Pasireotide が奏功している術後再発 Cushing 病の1例

    安田美帆、中野靖浩、長谷川功、灘隆宏、萩谷英大、小川弘子、三好智子、井下尚子、大塚文男

    第29回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 総合診療における血清プロラクチン値の性差と炎症性病態への関与

    山本紘一朗、花山宣久、安田美帆、長谷川功、原田洸、徳増一樹、萩谷英大、三好智子、小川弘子、小比賀美香子、大塚文男

    第29回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 内科疾患における血清PRL値の性差および炎症マーカーとの関連

    山本紘一郎、花山宜久、長谷川功、原田洸、徳増一樹、萩谷英大、三好智子、小川弘子、小比賀美香子、大塚文男

    第46回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下垂体卒中を契機に浸透圧性脱髄症候群を生じた非機能性下垂体脱腫の1例

    横田雄也、岡浩介、安田美帆、長谷川功、山本紘一郎、萩谷英大、小比賀美香子、大塚文男

    第46回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多彩な症状を呈し診断に苦慮した特発性多中心性キャッスルマン病の1例

    水田有紀、福島伸乃介、高瀬了輔、中野靖浩、安田美帆、長谷川功、?原政宏、萩谷英大、大塚文男

    第121回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低Na血症を契機に診断に至った視床下部原発悪性リンパ腫の1例

    松本顕、中野靖浩、高瀬了輔、水田有紀、長谷川功、?原政宏、萩谷英大、小比賀美香子、大塚文男

    第121回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Refeeding syndromeとたこつぼ型心筋症を来した神経性食思心振症の1例

    川野香、山本晃、徳増一樹、長谷川功、萩谷英大、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第121回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 月経周期と一致する周期的発熱から診断した家族性地中海熱の1例

    佐住洋祐、徳増一樹、長谷川功、萩谷英大、花山宜久、大塚文男、山口裕崇

    第121回内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 冠攣縮性狭心症との関連が疑われた副腎皮質機能低下症の1例

    大塚勇輝、安田美帆、中野靖浩、山本晃、長谷川功、萩谷英大、小比賀美香子、片岡仁美、大塚文男

    第19回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日 - 2019年9月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下垂体卒中を契機に浸透圧性脱髄症候群をきたした中枢性尿崩症の1例

    横田雄也、岡浩介、安田美帆、長谷川功、萩谷英大、小比賀美香子、大塚文男

    第19回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日 - 2019年9月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浸襲性肺炎球菌感染症の治療中に発症した感染性腹部大動脈瘤の一例

    福島伸乃介、原田洸、徳増一樹、長谷川功、萩谷英大、花山宜久、大塚文男

    第19回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日 - 2019年9月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 全身倦怠感を主訴に発見された肺癌下垂体転移の1例

    石川真悠子、安田美帆、横田雄也、岡浩介、長谷川功、萩谷英大、小比賀美香子、頼冠名、大塚文男

    第19回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日 - 2019年9月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • リンパ節の再生兼からHodgkinリンパ腫の診断に至った不明熱の1例

    荒木晴、徳増一樹、原田洸、山本晃、?原政宏、長谷川功、萩谷英大、花山宜久、大塚文男

    第19回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日 - 2019年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 倦怠感で発症し急速な経過で下垂体不全を来した視床下部原発悪性リンパ腫の1例

    高瀬了輔、中野靖浩、水田有紀、安田美帆、長谷川功、?原政宏、萩谷英大、大塚文男

    第20回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 血清プロラクチン値の性差と炎症性病態への関与:内科臨床における検討

    山本紘一郎、花山宜久、安田美帆、長谷川功、原田洸、徳増一樹、萩谷英大、三好智子、小川弘子、小比賀美香子、大塚文男

    第34回日本下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月7日 - 2019年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰背部の圧迫症状を呈した副腎骨髄脂肪腫の1例

    高瀬了輔、大村大輔、中野靖浩、徳増一樹、長谷川功、堀口繁、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第120回日本内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頭痛を主訴に発見されたStaphylococcus Lugdunensisによる下垂体腫瘍から広汎な下垂体機能障害を来した1例

    長谷川功、安田美帆、小川弘子、三好智子、萩谷英大、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第120回日本内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 視力低下を契機として診断されたMSSA菌血症の1例

    石田智治、塩飽孝宏、長尾聡子、山本晃、徳増一樹、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第120回日本内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 急速な低K血症と高血圧を呈したMEN1合併副腎癌の1例

    安田美帆、長谷川功、灘隆宏、小川弘子、三好智子、田端雅弘、吉田龍一、小林泰之、那須保友、山崎有人、笹野公伸、大塚文男

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 加齢によるDHEASの低下と男性における血色素量減少への関与

    原田洸、安田美帆、長谷川功、花山宜久、大塚文男

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Staphylococcus Lugdunensisによる下垂体腫瘍の1例

    長谷川功、安田美帆、灘隆宏、小川弘子、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、黒住和彦、大塚文男

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 重症急性膵炎を契機に発見された原発性副甲状腺機能亢進症の1例

    山岡主知、安田美帆、長尾聡子、徳増一樹、長谷川功、灘隆宏、小川弘子、三好智子、小比賀美香子、池田宏国、枝園忠彦、大塚文男

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 洞不全症候群とCO2ナルコーシスを呈した粘液水腫性昏睡の1例

    村上俊太郎、原田洸、徳増一樹、戸川雄、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第116回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関節リウマチに対してプレドニゾロン長期内服中に非結核性抗酸菌症を起こした1例

    上田弥生、徳増一樹、原田洸、中野靖浩、安田美帆、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第116回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 急速な気道狭搾を来した甲状腺悪性リンパ腫の1例

    大塚勇輝、安田美帆、徳増一樹、長尾聡子、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、池田宏国、西森久和、大塚文男

    第116回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 総合内科診療における骨密度低下に関する要因の検討

    安藤明美、三橋利晴、花山宜久、長谷川功、小比賀美香子、片岡仁美、大塚文男

    第116回日本内科学会総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月26日 - 2019年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Involvement of Serum Dehydroepiandrosterone Sulfate in Male Erythropoietic Activity

    Harada K, Hanayama Y, Yasuda M, Hasegawa K, Obika M, Miyoshi T, Ogawa H, Kataoka H, Otsuka F

    ENDO2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月23日 - 2019年4月25日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Analysis of Risk Factors for Low Bone Mineral Density in Patients Who Visited a Department of General Medicine

    Ando A, Hanayama Y, Nakano Y, Hasegawa K, Obika M, Kataoka H, Otsuka F

    ENDO2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月23日 - 2019年4月25日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 再発下垂体腫瘍の術後に急速な肝機能異常を呈した若年男性の1例

    安田美帆、長谷川功、越智加奈子、三好智子、小比賀美香子、黒住和彦、大塚文男

    第30回間脳・下垂体・副腎系研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月9日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 子宮脱の治療を契機に発症したStaphylococcus lugdunensisによる下垂体脳膿瘍の1例

    長谷川功、安田美帆、灘隆宏、小川弘子、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、黒住和彦、大塚文男

    第29回日本間脳下垂体腫瘍学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月22日 - 2019年2月23日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 膵炎を契機に副甲状腺機能亢進症が発見され術後結晶性関節炎を合併した1例

    安田美帆、長尾聡子、徳増一樹、長谷川功、池田宏国、枝園忠彦、大塚文男

    第85回岡山内分泌同好会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 著明な好酸球増多を伴った膵性胸水の一例

    今村竜太、原田洸、徳増一樹、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第18回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰背部の圧迫症状を呈した副腎骨髄脂肪腫に手術導入した1例

    須山敦仁、大村大輔、?瀬了輔、中野靖浩、徳増一樹、長谷川功、堀口繁、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第18回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アザチオプリンによる汎血球減少に感染性心内膜炎を合併した一例

    塩飽孝宏、山本晃、長尾聡子、徳増一樹、高原政宏、長谷川功、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第18回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変視を契機に発見され脈絡膜転移を呈した舌下腺原発腺様嚢胞癌の1例

    中野靖浩、中田圭一、徳増一樹、長谷川功、小比賀美香子、小川弘子、花山宜久、大塚文男

    第18回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 40年間の増悪を経て診断治療に至ったBarre-Lieou症候群の一例

    大塚勇輝、徳増一樹、山本晃、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、片岡仁美、大塚文男

    第18回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 膵酵素とアミノ酸製剤補充により改善した吸収不良症候群の1例

    山本紘一郎、中野靖浩、大村大輔、徳増一樹、長谷川功、堀口繁、花山宜久、小比賀美香子、小川弘子、大塚文男

    第18回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 重症貧血による両側網膜症の1例

    皆尾望、山本晃、西村義人、?原政宏、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第119回日本内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 著明な肝機能障害を呈した菊池病の1例

    東千加、岡浩介、原田洸、安田美帆、長谷川功、小比賀美香子、大塚文男

    第119回日本内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EUS/FNAの再検により診断し得たACTH産生性膵NETの1例

    長谷川功、安田美帆、中野靖浩、灘隆宏、小川弘子、三好智子、堀口繁、小比賀美香子、花山宜久、加藤博也、大塚文男

    第28回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 巨大な甲状腺腫を呈したMarine-Lenhart症候群の1例

    安田美帆、岡浩介、長谷川功、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、枝園忠彦、大塚文男

    第28回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • LOH症候群の検出におけるGERD症状の有効性について

    原田洸、花山宜久、安田美帆、長谷川功、三好智子、小川弘子、片岡仁美、小比賀美香子、糸島浩一、岡田健、大塚文男

    第28回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 意識障害で発症し一過性全健忘を生じた下垂体機能低下症の1例

    山本紘一郎、徳増一樹、中野靖浩、大村大輔、安田美帆、長谷川功、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第28回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 若年性脳梗塞を契機に発見された両側副腎髄質過形成の1例

    西村義人、原田洸、安田美帆、長谷川功、三好智子、新家崇義、大塚文男

    第28回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 巨大な機能性甲状腺結節にBasedow病を合併した1例

    塩飽孝宏、安田美帆、岡浩介、長谷川功、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、片岡仁美、大塚文男

    第17回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月15日 - 2018年9月16日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 回暘末端に潰瘍病変を認めた不明熱の1例

    栗山裕、徳増一樹、山本紘一郎、中野靖浩、大村大輔、?原政宏、長谷川功、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第17回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月15日 - 2018年9月16日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 診断確定に苦慮したACTH産生性膵NETの1例

    長谷川功、安田美帆、中野靖浩、灘隆宏、小川弘子、三好智子、堀口繁、小比賀美香子、花山宜久、加藤博也、大塚文男

    第84回岡山内分泌同好会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MEN1に合併し血圧上昇と低K血症を来した副腎皮質癌myxoid variantの1例

    安田美帆、長谷川功、三好智子、吉田龍一、小林泰之、那須保友、山崎有人、笹野公伸、大塚文男

    第19回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FDGの著名な取込みを呈した縦隔に達する甲状腺腫の1例

    岡浩介、安田美帆、長谷川功、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、細谷武史、平成人、大塚文男

    第19回日本内分泌学会中国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TRHに対してFT3の過大反応を呈したTSH産生腺腫の1例

    大塚文男、長谷川功、安田美帆、三好智子、小比賀美香子、黒住和彦、井下尚子

    第33回日本下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月17日 - 2018年8月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 一過性全健忘を生じた下垂体機能低下症の2例

    山本紘一郎、徳増一樹、中野靖浩、大村大輔、安田美帆、長谷川功、三好智子、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第33回日本下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月17日 - 2018年8月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 急激な低Na血症のためICU管理されたACTH分泌低下症の1例

    川口満理奈、長谷川功、安田美帆、頼冠名、三好智子、小比賀美香子、大塚文男

    第118回日本内科学会中国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月19日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頭蓋咽頭腫の術後に化学性髄膜炎を来した1例

    長谷川功、安田美帆、灘隆宏、中道晶子、小川弘子、三好智子、小比賀美香子、大塚文男

    第91回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 月経不順と甲状腺腫瘍を契機に発見されたマクロPRL血症の1例

    安田美帆、長谷川功、灘隆宏、中道晶子、三好智子、小比賀美香子、糸島浩一、真田淳平、宗友厚、大塚文男

    第91回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先端巨大症患者における大腸内視鏡検査時の盲腸到達時間に関する検討

    大塚文男、岩室雅也、安田美帆、長谷川功、藤澤諭、越智可奈子

    第91回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2型糖尿病を合併した乾癬性関節炎の1例

    孫麗那、長谷川功、西村義人、長尾聡子、安田美帆、頼冠名、花山宜久、小比賀美香子、松本佳則、大塚文男

    第115回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 総合内科における高IgG4血症の臨床的特徴の解析

    長谷川功,花山宜久,岩室雅也,早稲田公一,小比賀美香子,近藤英生,片岡仁美,大塚文男

    第115回日本内科学会総会  日本内科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月13日 - 2018年4月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都勧業館(みやこめっせ)/ロームシアター  

    researchmap

  • 感染性髄膜炎との鑑別に苦慮した頭蓋咽頭腫術後化学性髄膜炎の1例

    長谷川功、安田美帆、三好智子、小比賀美香子、黒住和彦、大塚文男

    第29回間脳・下垂体・副腎系研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 総合内科診療に診られた骨密度低下および骨粗鬆症発生の要因と特徴

    安藤明美、三橋利晴、花山宜久、灘隆宏、長谷川功、頼冠名、小比賀美香子、片岡仁美、大塚文男

    第18回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月2日 - 2018年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低Na血症と不明熱を契機に発見されたACTH分泌不全の1例

    安田美帆、長谷川功、灘隆宏、中道晶子、三好智子、小川弘子、小比賀美香子、大塚文男

    第84回岡山内分泌同好会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 降圧に苦慮したPA合併妊娠の2例

    安田美帆、中野靖浩、長谷川功、花山宜久、小比賀美香子、大塚文男

    第5回PA・Aldosterone関連疾患研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 無月経と甲状腺腫から明らかとなったマクロPRL血症の1例

    安田美帆、長谷川功、小川弘子、藤井敬子、糸島浩一、岡田健、大塚文男

    第14回合同地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活習慣病の増悪が発見の契機となった高齢クッシング症候群の2例

    長谷川功、大塚文男

    第五回ホルモンと代謝研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低血糖による意識障害を契機に発見された下垂体卒中の1例

    長谷川功、中道晶子、安田美帆、灘隆宏、小川弘子、三好智子、頼冠名、小比賀美香子、大塚 文男

    第27回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 未治療の糖尿病を背景に発症した内因性眼内炎の3例

    長谷川功、安田美帆、大重和樹、木村耕介、小比賀美香子、花山宜久、片岡仁美、大塚文男

    第55回日本糖尿病学会中国四国地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月10日 - 2017年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 比較的急速な高血圧・高血糖を契機として発見された高齢Cushing病の1例

    長谷川功、花山宜久

    第40回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月20日 - 2017年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • バセドウ病として加療されていた下垂体TSH産生腺腫の1例

    長谷川功、中道晶子、安田美帆、頼冠名、小比賀美香子、三好智子、黒住和彦、大塚文男

    第82回岡山内分泌同好会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下垂体茎断裂により 汎下垂体機能低下症を来たした2例

    長谷川功、大塚文男

    AGHD Academy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 著明な高血糖・高プロラクチン血症を呈したPRL産生腫瘍の1例

    長谷川功、安田美帆、灘隆宏、三好智子、小川弘子、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第90回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 50代で多発骨折・集中力低下・抑うつを契機に来院した下垂体茎断裂の1例

    長谷川功、安田美帆、小川弘子、越智可奈子、小比賀美香子、花山宜久、大塚文男

    第28回間脳下垂体副腎系研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 総合内科を受診した高IgG4血症患者の臨床的特徴の解析

    長谷川功,花山宜久,大村大輔,岡浩介,木村耕介,岩室雅也,頼冠名,早稲田公一,近藤英生,片岡仁美,大塚文男

    第14回日本病院総合診療医学会学術総会  日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月3日 - 2017年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学病院  

    researchmap

  • 下垂体茎断裂による下垂体前葉機能低下からQOL低下を来した1例

    長谷川功、喜多村勇大朗、岡浩介、安田美帆、木村耕介、大村大輔、灘隆宏、岩室雅也、頼冠名、三好智子、小川弘子、小比賀美香子、花山宜久、片岡仁美、越智可奈子、大塚 文男

    第14回日本病院総合診療医学会学術総会  日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月3日 - 2017年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学病院  

    researchmap

  • 抗甲状腺薬に対する肝障害のため治療に苦渋したバセドウ病の1例

    長谷川功、喜多村勇大朗、岡浩介、安田美帆、木村耕介、大村大輔、灘隆宏、岩室雅也、頼冠名、三好智子、小川弘子、小比賀美香子、花山宜久、片岡仁美、大塚文男

    第14回日本病院総合診療医学会学術総会  日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月3日 - 2017年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学病院  

    researchmap

  • 抗甲状腺薬に対する肝障害のため治療に難渋したバセドウ病の1例

    長谷川功、岡浩介、安田美帆、木村耕介、三好智子、小川弘子、野上智弘、土井原博義、大塚文男

    第81回岡山内分泌同好会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 急速な症状発現を認めた高齢クッシング病の1例

    長谷川功、中村絵里、萩谷英大、木村耕介、三好智子、花山宜久、黒住和彦、大塚文男

    第13回日本病院総合診療医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日 - 2016年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カベルゴリンにて加療した高血糖を伴う巨大プロラクチノーマの1例

    長谷川功、柏原尚子、大重和樹、岩室雅也、安藤明美、灘隆宏、木村耕介、花山宜久、片岡仁美、大塚文男

    第114回日本内科学会中国地方会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月7日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 血中と尿・唾液中のコルチゾール値に乖離を認めた副腎サブクリニカルクッシングの1例

    長谷川功、中村絵里、花山宜久、蔭山和則、大塚 文男

    第88回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月23日 - 2015年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 全身倦怠感と体重減少の精査にて明らかとなった巨細胞性動脈炎(GCA)の1例

    長谷川功、寺坂友博、萩谷英大、木村耕介、早稲田公一、花山宜久、近藤英生、杉山晃一、片岡仁美、大塚文男

    第110回日本内科学会中国地方会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 血管内塞栓術にて止血を得られた特発性大網出血の一症例

    長谷川 功, 武信 洋平, 森 智治, 趙 晃済, 大鶴 繁, 西山 慶, 佐藤 格夫, 鈴木 崇生, 古田 昭寛, 小池 薫

    第41回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月21日 - 2013年10月23日

    researchmap

  • 人工内耳埋め込み後の頭部外傷にて髄液耳漏をきたした1例

    北野 正之, 鈴木 崇生, 武信 洋平, 佐藤 格夫, 西山 慶, 大鶴 繁, 趙 晃済, 森 智治, 長谷川 功, 邑田 悟, 小池 薫

    第41回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月21日 - 2013年10月23日

    researchmap

  • 血漿アポリポ蛋白濃度低下、必須脂肪酸欠乏を呈していたRefeeding syndromeの一症例

    伊藤 次郎, 佐藤 格夫, 武信 洋平, 大鶴 繁, 邑田 悟, 長谷川 功, 鈴木 崇生, 西山 慶, 森 智治, 趙 晃済, 小池 薫

    第41回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月21日 - 2013年10月23日

    researchmap

  • 大量服薬と低体温により心肺停止に至り、遷延する意識障害の後に完全回復した1例

    邑田 悟, 佐藤 格夫, 長谷川 功, 森 智治, 趙 晃済, 武信 洋平, 大鶴 繁, 西山 慶, 鈴木 崇生, 小池 薫

    第41回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月21日 - 2013年10月23日

    researchmap

  • Lewy小体型認知症に亜急性両側声帯麻痺を合併し、緊急気管切開を施行した一例

    森 智治, 長谷川 功, 邑田 悟, 趙 晃済, 武信 洋平, 大鶴 繁, 佐藤 格夫, 西山 慶, 鈴木 崇生, 小池 薫

    第41回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月21日 - 2013年10月23日

    researchmap

  • 出血性十二指腸潰瘍の経過中に後天性血友病Aの発症が疑われ、内視鏡的止血術に難渋した1例

    稲垣 真裕, 大鶴 繁, 長谷川 功, 森 智治, 趙 晃済, 武信 洋平, 鈴木 崇生, 西山 慶, 佐藤 格夫, 小池 薫

    第41回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月21日 - 2013年10月23日

    researchmap

  • 気道熱傷により発症した急性呼吸促迫症候群に対してECMOと間歇的なHFOVを用い集中治療により救命し得た一例

    長谷川功, 佐藤格夫, 武信洋平, 邑田悟, 大鶴繁, 西山慶, 鈴木崇生, 石橋一馬, 中倉真人, 小池薫

    第35回日本呼吸療法医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月20日 - 2013年7月21日

    researchmap

  • 体外式膜型人工肺ECMOと高頻度振動換気装置HFOVを用い気道熱傷によるARDSが改善した一例

    長谷川 功, 佐藤 格夫, 武信 洋平, 邑田 悟, 大鶴 繁, 西山 慶, 鈴木 崇生, 石橋 一馬, 中倉 真人, 小池 薫

    第40回日本集中治療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月28日 - 2013年3月2日

    researchmap

  • 重症患者の栄養管理 栄養管理プロの技 重症患者に対する私たちの経腸栄養開始へのアプローチ

    佐藤 格夫, 大鶴 繁, 武信 洋平, 邑田 悟, 鈴木 崇生, 西山 慶, 長谷川 功, 小池 薫

    第40回日本集中治療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月28日 - 2013年3月2日

    researchmap

  • ペースメーカーの電磁干渉による誤作動を心腔内心電図で確認出来た1例

    長谷川 功, 西山 慶, 邑田 悟, 武信 洋平, 柚木 知之, 大鶴 繁, 佐藤 格夫, 鈴木 崇生, 小池 薫

    第40回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月13日 - 2012年11月15日

    researchmap

  • 皮質型クモ膜下出血を呈した脳静脈血栓症の2例

    武信 洋平, 鈴木 崇生, 佐藤 格夫, 西山 慶, 大鶴 繁, 邑田 悟, 長谷川 功, 小池 薫

    第40回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月13日 - 2012年11月15日

    researchmap

  • 公開 若手救急外科医のためのoff the job trainingと育成

    佐藤 格夫, 播磨 裕, 岡村 昌彦, 邑田 悟, 中野 良太, 大鶴 繁, 武信 洋平, 西山 慶, 鈴木 崇生, 長谷川 功, 小池 薫

    第40回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月13日 - 2012年11月15日

    researchmap

  • 意識障害にて来院され,水中毒および悪性症候群により重篤な低Na血症と高CK血症をきたした一例

    大谷大輔, 浅田礼光, 長谷川功, 邑田悟, 大鶴繁, 西山慶, 武信洋平, 篠塚建, 鈴木崇生, 佐藤格夫, 小池薫

    第40回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月13日 - 2012年11月15日

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 楷の木賞特別賞 岡山大学病院

    2022年3月  

     詳細を見る

  • 令和3年度大藤内分泌医学賞

    2021年8月   岡山大学病院  

     詳細を見る

  • 楷の木賞特別賞

    2021年3月   岡山大学病院  

     詳細を見る

  • 学会賞

    2020年8月   日本病院総合診療医学会  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 総合診療における高IgG4血症の臨床的および血清学的特徴の解析

    研究課題/領域番号:20K16521  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    長谷川 功

      詳細を見る

    配分額:2080000円 ( 直接経費:1600000円 、 間接経費:480000円 )

    researchmap