2021/12/26 更新

写真a

ヤマモト ヒロマサ
山本 寛斉
YAMAMOTO Hiromasa
所属
岡山大学病院 講師
職名
講師
ホームページ
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2005年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 分子腫瘍学

  • 肺癌

  • 胸部悪性腫瘍

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器外科学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine  

    2000年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Medical School   Faculty of Medicine

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学病院   呼吸器外科   講師

    2021年12月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院   呼吸器外科   助教

    2014年4月 - 2021年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院   呼吸器外科   特任助教

    2011年11月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 独立行政法人国立病院機構山口宇部医療センター   呼吸器外科

    2009年7月 - 2011年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 総合病院岡山赤十字病院   外科   医師

    2008年7月 - 2009年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院   呼吸器外科   医員

    2007年8月 - 2008年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター   ハマン癌センター   博士研究員

    2005年4月 - 2007年7月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

    researchmap

  • 岡山大学医学部附属病院   第二外科   医員

    2002年9月 - 2002年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 三豊総合病院   外科   研修医

    2000年9月 - 2002年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学医学部附属病院   第二外科   研修医

    2000年5月 - 2000年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学大学院医学研究科   第二外科   大学院生

    2000年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

▼全件表示

所属学協会

  • 日本遺伝性腫瘍学会

    2018年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本肉腫学会

    2016年12月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本呼吸器学会

    2016年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 世界肺癌学会

    2009年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 米国臨床腫瘍学会

    2009年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本呼吸器内視鏡学会

    2008年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本臨床腫瘍学会

    2007年11月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本肺癌学会

    2007年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 米国癌学会

    2006年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本癌学会

    2003年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本胸部外科学会

    2000年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本外科学会

    2000年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本呼吸器外科学会

    2000年6月 - 現在

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Oncogenic potential of human pluripotent stem cell-derived lung organoids with HER2 overexpression. 国際誌

    Akihiro Miura, Daisuke Yamada, Masahiro Nakamura, Shuta Tomida, Dai Shimizu, Yan Jiang, Tomoka Takao, Hiromasa Yamamoto, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Masaomi Yamane, Masakiyo Sakaguchi, Shinichi Toyooka, Takeshi Takarada

    International journal of cancer   149 ( 8 )   1593 - 1604   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lung adenocarcinoma (LUAD) is the most common types among lung cancers generally arising from terminal airway and understanding of multistep carcinogenesis is crucial to develop novel therapeutic strategy for LUAD. Here we used human induced pluripotent stem cells (hiPSCs) to establish iHER2-hiPSCs in which doxycycline induced the expression of the oncoprotein human epidermal growth factor receptor 2 (HER2)/ERBB2. Lung progenitors that differentiated from iHER2-hiPSCs, which expressed NKX2-1/TTF-1 known as a lung lineage maker, were cocultured with human fetal fibroblast and formed human lung organoids (HLOs) comprising alveolar type 2-like cells. HLOs that overexpressed HER2 transformed to tumor-like structures similar to atypical adenomatous hyperplasia, which is known for lung precancerous lesion and upregulated the activities of oncogenic signaling cascades such as RAS/RAF/MAPK and PI3K/AKT/mTOR. The degree of morphological irregularity and proliferation capacity were significantly higher in HLOs from iHER2-hiPSCs. Moreover, the transcriptome profile of the HLOs shifted from a normal lung tissue-like state to one characteristic of clinical LUAD with HER2 amplification. Our results suggest that hiPSC-derived HLOs may serve as a model to recapitulate the early tumorigenesis of LUAD and would provide new insights into the molecular basis of tumor initiation and progression.

    DOI: 10.1002/ijc.33713

    PubMed

    researchmap

  • Protective effects of anti-HMGB1 monoclonal antibody on lung ischemia reperfusion injury in mice

    Kentaro Nakata, Mikio Okazaki, Dai Shimizu, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Daiki Ousaka, Toshiaki Ohara, Akihiro Matsukawa, Masahiro Nishibori, Shinichi Toyooka

    Biochemical and Biophysical Research Communications   573   164 - 170   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.08.015

    researchmap

  • Lung transplantation for idiopathic multicentric Castleman disease: potential efficacy and tolerability of a humanized anti-interleukin-6 receptor monoclonal antibody. 国際誌

    Yasuaki Tomioka, Shinji Otani, Shin Tanaka, Kazuhiko Shien, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgical case reports   7 ( 1 )   209 - 209   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Idiopathic multicentric Castleman disease (iMCD) is a rare polyclonal lymphoproliferative disease caused by the overrepresentation of interleukin-6 (IL-6). Tocilizumab (TCZ) is a humanized monoclonal antibody that binds to the IL-6 receptor and is approved for the treatment of iMCD. The efficacy and tolerability of TCZ in patients with iMCD undergoing lung transplantation (LTx) remain unknown. CASE PRESENTATION: We present the case of a 48-year-old iMCD patient with end-stage lung disease (ESLD) who was successfully treated with cadaveric single-LTx. Intravenous TCZ was used to stabilize the iMCD patient every 2 weeks, except for withdrawal immediately after LTx. At 32 month post-transplant, the patient remained asymptomatic without evidence of rejection, development of de novo donor-specific antibody (DSA), and recurrent iMCD in the native lung. CONCLUSIONS: Single-LTx can be a feasible treatment option for ESLD caused by iMCD. TCZ can be used safely and may be beneficial in recipients with iMCD, and TCZ in combination with usual immunosuppression can be helpful in stabilizing iMCD patients pre- and post-LTx.

    DOI: 10.1186/s40792-021-01297-2

    PubMed

    researchmap

  • Robot-assisted thoracoscopic lobectomy for severe incomplete interlober fissure. 国際誌

    Mikio Okazaki, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Journal of surgical case reports   2021 ( 8 )   rjab336   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An incomplete interlobar fissure makes thoracoscopic lobectomy difficult and is predictive of morbidity after thoracoscopic lobectomy. This report demonstrates the robot-assisted thoracoscopic (RATS) lobectomy technique for patients with severe incomplete interlobar fissures. A fissureless approach was chosen for pulmonary resection. Near-infrared fluorescence imaging with intravenous indocyanine green (ICG) was used to detect the interlobar line after transection of the bronchus, pulmonary artery and vein. Interlobar fissure was identified and divided by robotic staplers. This combined technique using ICG and fissureless lobectomy made RATS lobectomy safe for patients with severe incomplete interlobar fissures.

    DOI: 10.1093/jscr/rjab336

    PubMed

    researchmap

  • Emphysematous changes and lower levels of plasma irisin are associated with bronchiolitis obliterans syndrome after bilateral living-donor lobar lung transplantation.

    Toshio Shiotani, Seiichiro Sugimoto, Haruchika Yamamoto, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Ken Suzawa, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgery today   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Decreased irisin levels may be associated with the development of emphysema. Similarly, emphysematous changes may develop in patients with chronic lung allograft dysfunction (CLAD) after living-donor lobar lung transplantation (LDLLT). We investigated the severity of emphysematous changes and the relationship between irisin levels and CLAD after bilateral LDLLT and cadaveric lung transplantation (CLT). METHODS: The subjects of this retrospective study were 59 recipients of bilateral LDLLT (n = 31) or CLT (n = 28), divided into a non-CLAD group (n = 41), a LDLLT-CLAD group (n = 11), and a CLT-CLAD group (n = 7). We compared the severity of emphysematous changes, the skeletal muscle mass, and the plasma irisin levels among the groups. RESULTS: The emphysematous changes were significantly more severe in the LDLLT-CLAD and CLT-CLAD groups (p = 0.046 and 0.036), especially in patients with bronchiolitis obliterans syndrome (BOS), than in the non-CLAD group. Although the skeletal muscle mass was similar in all the groups, the plasma irisin levels were significantly lower in the LDLLT-CLAD group (p = 0.022), especially in the patients with BOS after LDLLT, than in the non-CLAD group. CONCLUSION: Emphysematous changes and lower levels of plasma irisin were associated with CLAD, especially in patients with BOS, after bilateral LDLLT.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02339-w

    PubMed

    researchmap

  • Chronic Lung Injury After Trimodality Therapy for Locally Advanced Non-Small Cell Lung Cancer. 国際誌

    Junichi Soh, Seiichiro Sugimoto, Kei Namba, Akihiro Miura, Toshio Shiotani, Haruchika Yamamoto, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Kuniaki Katsui, Masaomi Yamane, Katsuyuki Kiura, Susumu Kanazawa, Shinichi Toyooka

    The Annals of thoracic surgery   112 ( 1 )   279 - 288   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Trimodality therapy is a treatment option for patients with locally advanced non-small cell lung cancer (LA-NSCLC). Thoracic radiation has both early (radiation pneumonitis) and late (chronic lung injury [CLI]) adverse effects on the lung. While CLI is expected to result in various problems in long-term survivors, these manifestations have not been precisely investigated. METHODS: We enrolled 112 LA-NSCLC patients who had received induction chemoradiotherapy followed by surgery, and then undergone follow-up computed tomography (CT) every 6 months for greater than 1 year. All chest CT images were reviewed to evaluate any injury of the pulmonary parenchyma. RESULTS: CLI at 1 year after surgery and its progression were observed in 94 (84%) and 38 (34%) patients, respectively. Progressive lung fibrosis as the first manifestation of CLI progression was most frequent after right middle and lower lobectomy. Cavity formation was the subsequent manifestation after progressive lung fibrosis , and chronic infection was the final stage of CLI. The cumulative rate of chronic infection was 76.4% at 10 years in patients with cavity formation. Ten patients with chronic infection included 7 cases of pulmonary aspergillosis and 2 cases of cavity infections with methicillin-resistant Staphylococcus aureus or Stenotrophomonas maltophilia. Among them, 4 patients required surgical interventions including completion pneumonectomy or fenestration. CONCLUSIONS: CLI is a common incidence after trimodality therapy for LA-NSCLC. CLI frequently results in cavity formation, which is a precursor of highly refractory chronic infections requiring surgical intervention. Appropriate management needs to be established for CLI developing after trimodality therapy.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.07.068

    PubMed

    researchmap

  • 肺がん治療発展を目指した呼吸器外科医の役割 家族性肺がんの経験

    諏澤 憲, 山本 寛斉, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   MO10 - 3   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • UNCX遺伝子多型と肺移植後の腎機能障害との関係

    富岡 泰章, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 清水 大, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   RO17 - 2   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • RATS? VATS? Uniportal VATS?〜あなたならどのアプローチを選ぶ?〜 肥満症例や不全分葉症例から見たRATSの有用性

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   PD3 - 3   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植における予後改善に向けての取組 生体肺移植と脳死肺移植の違いに着目した慢性移植肺機能不全(CLAD)の早期診断を目指した取り組み

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 富岡 泰章, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   PD2 - 4   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植後移植片慢性機能不全におけるGoddard scoreの検討

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 富岡 泰章, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   O18 - 3   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • N2肺癌に対する術前導入化学放射線療法後手術症例における好中球/リンパ球比の検討

    山本 寛斉, 津高 慎平, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   O8 - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Vessel sealerを常時用いたRATS手技

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 大谷 真二, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   RV5 - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援手術第2世代術者のラーニングカーブ

    大谷 真二, 岡崎 幹生, 坂田 龍平, 松田 直樹, 岩田 一馬, 高津 史明, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   MO58 - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Effectiveness of scheduled intravenous acetaminophen in the postoperative pain management of video-assisted thoracic surgery.

    Yoshinobu Shikatani, Junichi Soh, Kazuhiko Shien, Takeshi Kurosaki, Shinji Ohtani, Hiromasa Yamamoto, Arata Taniguchi, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, Hiroshi Morimatsu, Shinichi Toyooka

    Surgery today   51 ( 4 )   589 - 594   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The scheduled administration of intravenous acetaminophen (scheduled-IV-AcA) is one of the more effective multimodal analgesic approaches for postoperative pain in abdominal/orthopedic surgeries. However, there is little evidence concerning scheduled-IV-AcA after general thoracic surgery, especially when limited to video-assisted thoracoscopic surgery (VATS). We investigated the efficacy of scheduled-IV-AcA administration in patients after undergoing VATS. METHODS: Ninety-nine patients who underwent VATS lobectomy or segmentectomy via an 8-cm access window and 1 camera port were retrospectively reviewed by categorizing them into groups either with scheduled-IV-AcA (Group AcA: n = 29) or without it (Group non-AcA: n = 70). Group AcA received 1 g of IV-AcA every 6 h from the end of the operation until the end of POD2. Postoperative pain was measured using a numeric rating scale (NRS) three times per day until discharge. RESULTS: NRS scores were significantly lower in Group AcA with motion (on POD1 to the first point of POD2) than in Group non-AcA. Group non-AcA was also more likely to use additional analgesics than Group AcA (39% vs. 17%, p = 0.058). CONCLUSIONS: Scheduled-IV-AcA administration is a safe and effective multimodal analgesic approach in patients undergoing VATS pulmonary resection via an 8-cm access window.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02127-y

    PubMed

    researchmap

  • 当院における小児肺移植の成績

    大谷 真二, 富岡 泰章, 松原 慧, 清水 大, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Prognostic Significance of Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio in Locally Advanced Non-small-cell Lung Cancer Treated with Trimodality Therapy. 国際誌

    Shimpei Tsudaka, Hiromasa Yamamoto, Hiroki Sato, Kuniaki Katsui, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Katsuyuki Kiura, Susumu Kanazawa, Shinichi Toyooka

    Annals of surgical oncology   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Current evidence suggests that the neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) is a prognostic factor in several types of cancer. In this study, we aimed to evaluate the prognostic impact of clinicopathological factors, including postoperative NLR, in patients with locally advanced non-small-cell lung cancer (LA-NSCLC) who underwent surgery after chemoradiotherapy (CRT) with or without postoperative adjuvant chemotherapy. METHODS: The medical records of LA-NSCLC patients treated with trimodality therapy at our institution between June 1999 and May 2019 were reviewed. The association between several clinicopathological factors and overall survival (OS) was analyzed. RESULTS: A total of 168 patients were included in this study. Regarding the prognosis, the 5-year OS rate was 68.1%, and the 2-year recurrence-free survival rate was 66.1% in the entire population. In multivariate analysis, we identified that high postoperative NLR, not pretreatment or preoperative NLR, was one of the independent factors for unfavorable OS (NLR high vs NLR low; hazard ratio = 2.45, 95% confidence interval: 1.53-3.94, p < 0.001). In addition, among patients with high postoperative NLR, patients who received postoperative adjuvant chemotherapy showed significantly better 5-year OS compared with those who did not (p = 0.016). On the other hand, postoperative adjuvant chemotherapy had no impact on the prognosis in patients with low NLR (p = 0.19). CONCLUSIONS: Our results suggest that high postoperative NLR was not only an independent unfavorable prognostic factor in patients with LA-NSCLC who were treated with trimodality therapy, but also a promising indicator for postoperative treatment in this population.

    DOI: 10.1245/s10434-021-09690-9

    PubMed

    researchmap

  • The prognostic impact of sarcopenia on elderly patients undergoing pulmonary resection for non-small cell lung cancer.

    Akihiro Miura, Hiromasa Yamamoto, Hiroki Sato, Yasuaki Tomioka, Toshio Shiotani, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgery today   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The number of elderly patients who undergo surgery is increasing, even though they are at a high risk due to a decreased physical strength. Furthermore, sarcopenia is generally associated with a poor prognosis in patients with non-small cell lung cancer (NSCLC). METHODS: This study included NSCLC patients  ≥ 65 years old who underwent pulmonary resection in our hospital between 2012 and 2015. Sarcopenia was assessed using the psoas muscle mass index based on computed tomography at the level of the third lumbar vertebra. We elucidated the impact of sarcopenia on short- and long-term outcomes after surgery. RESULTS: We enrolled 259 patients, including 179 with sarcopenia. Patients with sarcopenia before surgery tended to have postoperative complications (p = 0.0521), although they did not show a poor prognosis. In patients with sarcopenia, a multivariate analysis revealed that postoperative complications and the progression of sarcopenia 1 year after surgery were significant risk factors for a poor prognosis (p = 0.0169 and 0.00370, respectively). CONCLUSIONS: The progression of sarcopenia after surgery is associated with a poor prognosis in elderly NSCLC patients with sarcopenia. A strategy to prevent postoperative progressive sarcopenia may be necessary for improving the clinical outcome of this population.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02221-1

    PubMed

    researchmap

  • Successful Bronchoscopic Treatment for Postoperative Bronchopleural Fistula Using N-butyl-2-cyanoacrylate (NBCA): Report of a Post-completion Pneumonectomy Case with a History of Induction Chemoradiotherapy Followed by Bilobectomy for Advanced Lung Cancer.

    Toshio Shiotani, Hiromasa Yamamoto, Riko Katsube, Yasuaki Tomioka, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Acta medica Okayama   75 ( 1 )   91 - 94   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Bronchopleural fistula (BPF) is a severe complication following lung resection. We present the case of a patient with a history of advanced lung cancer, who had undergone induction chemoradiotherapy followed by right middle and lower lobectomy, and who developed BPF after completion right pneumonectomy. Although we had covered the bronchial stump with an omental pedicled flap, BPF was found on postoperative day 19. We covered the fistula with n-butyl-2-cyanoacrylate (NBCA) using bronchoscopy. Although we had to repeat the NBCA treatment, we ultimately cured the patient's BPF and no recurrence was observed up to 15.2 months after surgery.

    DOI: 10.18926/AMO/61440

    PubMed

    researchmap

  • Lung Laceration Caused by Short Hookwire Placement Before Video-Assisted Thoracoscopic Surgery. 国際誌

    Kazuaki Munetomo, Yusuke Matsui, Toshihiro Iguchi, Takao Hiraki, Hiromasa Yamamoto, Shinichi Toyooka, Susumu Kanazawa

    Cardiovascular and interventional radiology   44 ( 2 )   339 - 341   2021年2月

     詳細を見る

  • The neutrophil-to-lymphocyte ratio as a novel independent prognostic factor for multiple metastatic lung tumors from various sarcomas.

    Hiromasa Yamamoto, Kei Namba, Haruchika Yamamoto, Tomohiro Toji, Junichi Soh, Kazuhiko Shien, Ken Suzawa, Takeshi Kurosaki, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Katsuhito Takahashi, Toshiyuki Kunisada, Takahiro Oto, Shinichi Toyooka

    Surgery today   51 ( 1 )   127 - 135   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Sarcomas are among the most refractory malignant tumors and often recur as pulmonary metastasis. Although the presence of a high neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) has been associated with the prognosis of several malignancies, the relationship between the NLR and sarcoma with pulmonary metastasis is unclear. We investigated the impact of the NLR in patients who underwent surgical resection for metastatic lung tumors from various sarcomas. METHODS: The subjects of this retrospective study were 158 patients with metastatic lung tumors from various sarcomas, who underwent initial pulmonary metastasectomy between 2006 and 2015. We examined the clinicopathological variables, including the NLR and the characteristics of surgical procedures. Survival was estimated by the Kaplan-Meier method and prognostic factors were evaluated by multivariate analysis. RESULTS: Multivariate analysis revealed significantly better survival of the group with an NLR < 2.26 immediately before the most recent pulmonary metastasectomy, in addition to such factors as the largest resected lesion being < 22 mm, a disease-free interval of > 2 years, and 3 or more pulmonary metastasectomies. CONCLUSION: The NLR immediately before the most recent pulmonary metastasectomy is a novel independent prognostic factor, which may be helpful when considering repeated pulmonary metastasectomy.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02093-5

    PubMed

    researchmap

  • Effect of isoflavones on breast cancer cell development and their impact on breast cancer treatments. 国際誌

    Minami Hatono, Hirokuni Ikeda, Yoko Suzuki, Yukiko Kajiwara, Kengo Kawada, Takahiro Tsukioki, Mariko Kochi, Ken Suzawa, Takayuki Iwamoto, Hiromasa Yamamoto, Tadahiko Shien, Masaomi Yamane, Naruto Taira, Hiroyoshi Doihara, Shinichi Toyooka

    Breast cancer research and treatment   185 ( 2 )   307 - 316   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Epidemiological studies have suggested that intake of soy isoflavones is associated with a reduced risk of development of breast cancer and an improved prognosis in patients with breast cancer. In addition, basic research has demonstrated the antitumor effects of these compounds on breast cancer cell lines. However, the detailed effects of the intake of equol, which is one of the metabolites of the soy isoflavones, are yet to be clarified on the risk of development and recurrence of breast cancer and its interactions with drugs used for treating breast cancer. This study aimed to determine the antitumor effects of equol and investigate the impact of adding equol to therapeutic agents for breast cancer using breast cancer cell lines. METHODS: We examined the antitumor effect of equol on breast cancer cell lines using MTS assay. We also studied the combined effect of equol and the existing hormonal or chemotherapeutic agents using combination index. We evaluated the expressions of the related proteins by Western blot analysis and correlated the findings with the antitumor effect. RESULTS: Equol showed bi-phasic protumor and antitumor effects; at a low concentration, it promoted the tumor growth in hormone receptor-positive cell lines, whereas antitumor effects were generally observed when an excessive amount of dose unexpected in the blood and the tissue was administered. When used with tamoxifen, equol might have some antagonistic effect, although it depends on equol concentration and the type of cancer cells. CONCLUSIONS: We confirmed that equol has dual action, specifically a tumor growth-promoting effect and an antitumor effect. Although the results suggested that equol might exert an antagonistic effect against tamoxifen depending on the concentration, equol did not exert an antagonistic effect on other therapeutic agents.

    DOI: 10.1007/s10549-020-05957-z

    PubMed

    researchmap

  • The heterodimer S100A8/A9 is a potent therapeutic target for idiopathic pulmonary fibrosis. 国際誌

    Kota Araki, Rie Kinoshita, Nahoko Tomonobu, Yuma Gohara, Shuta Tomida, Yuta Takahashi, Satoru Senoo, Akihiko Taniguchi, Junko Itano, Ken-Ichi Yamamoto, Hitoshi Murata, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Kouichi Ichimura, Masahiro Nishibori, Nobuaki Miyahara, Shinichi Toyooka, Masakiyo Sakaguchi

    Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   99 ( 1 )   131 - 145   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In patients with interstitial pneumonia, pulmonary fibrosis is an irreversible condition that can cause respiratory failure. Novel treatments for pulmonary fibrosis are necessary. Inflammation is thought to activate lung fibroblasts, resulting in pulmonary fibrosis. Of the known inflammatory molecules, we have focused on S100A8/A9 from the onset of inflammation to the subsequent progression of inflammation. Our findings confirmed the high expression of S100A8/A9 in specimens from patients with pulmonary fibrosis. An active role of S100A8/A9 was demonstrated not only in the proliferation of fibroblasts but also in the fibroblasts' differentiation to myofibroblasts (the active form of fibroblasts). S100A8/A9 also forced fibroblasts to upregulate the production of collagen. These effects were induced via the receptor of S100A8/A9, i.e., the receptor for advanced glycation end products (RAGE), on fibroblasts. The anti-S100A8/A9 neutralizing antibody inhibited the effects of S100A8/A9 on fibroblasts and suppressed the progression of fibrosis in bleomycin (BLM)-induced pulmonary fibrosis mouse model. Our findings strongly suggest a crucial role of S100A8/A9 in pulmonary fibrosis and the usefulness of S100A8/A9-targeting therapy for fibrosis interstitial pneumonia. HIGHLIGHTS: S100A8/A9 level is highly upregulated in the IPF patients' lungs as well as the blood. S100A8/A9 promotes not only the growth of fibroblasts but also differentiation to myofibroblasts. The cell surface RAGE acts as a crucial receptor to the extracellular S100A8/A9 in fibroblasts. The anti-S100A8/A9 antibody effectively suppresses the progression of IPF in a mouse model. In idiopathic pulmonary fibrosis (IPF), S100A8/A9, a heterodimer composed of S100A8 and S100A9 proteins, plays a crucial role in the onset of inflammation and the subsequent formation of a feed-forward inflammatory loop that promotes fibrosis. (1) The local, pronounced increase in S100A8/A9 in the injured inflammatory lung region-which is provided mainly by the activated neutrophils and macrophages-exerts strong inflammatory signals accompanied by dozens of inflammatory soluble factors including cytokines, chemokines, and growth factors that further act to produce and secrete S100A8/A9, eventually making a sustainable inflammatory circuit that supplies an indefinite presence of S100A8/A9 in the extracellular space with a mal-increased level. (2) The elevated S100A8/A9 compels fibroblasts to activate through receptor for advanced glycation end products (RAGE), one of the major S100A8/A9 receptors, resulting in the activation of NFκB, leading to fibroblast mal-events (e.g., elevated cell proliferation and transdifferentiation to myofibroblasts) that actively produce not only inflammatory cytokines but also collagen matrices. (3) Finally, the S100A8/A9-derived activation of lung fibroblasts under a chronic inflammation state leads to fibrosis events and constantly worsens fibrosis in the lung. Taken together, these findings suggest that the extracellular S100A8/A9 heterodimer protein is a novel mainstay soluble factor for IPF that exerts many functions as described above (1-3). Against this background, we herein applied the developed S100A8/A9 neutralizing antibody to prevent IPF. The IPF imitating lung fibrosis in an IPF mouse model was effectively blocked by treatment with the antibody, leading to enhanced survival. The developed S100A8/A9 antibody, as an innovative novel biologic, may help shed light on the difficulties encountered with IPF therapy in clinical settings.

    DOI: 10.1007/s00109-020-02001-x

    PubMed

    researchmap

  • Prognostic nutrition index affects the prognosis of patients undergoing trimodality therapy for locally advanced non-small cell lung cancer.

    Junichi Soh, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Kuniaki Katsui, Masaomi Yamane, Katsuyuki Kiura, Susumu Kanazawa, Shinichi Toyooka

    Surgery today   50 ( 12 )   1610 - 1618   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Trimodality therapy, comprised of induction chemoradiotherapy (iCRT) followed by surgery, is a highly invasive treatment option for locally advanced non-small cell lung cancers (LA-NSCLCs; defined as a heterogenous disease). We conducted this study to investigate the prognostic nutritional index (PNI) of LA-NSCLC patients undergoing trimodality therapy, which has not been studied in detail before. METHODS: The subjects of this retrospective study were 127 patients who underwent trimodality therapy between 1999 and 2016. We measured the PNI at three points: before iCRT (pre-iCRT), before the operation, and after the operation. RESULTS: PNIs decreased significantly as treatment progressed. Patients with clinical T3/4 (cT3/4) disease had a significantly lower PNI than those with cT1/2 disease, but the extent of lymph-node metastasis did not affect the PNI at any point. Using the cut-off values of receiver-operating curve analyses, multivariable analyses revealed that a high PNI pre-iCRT correlated significantly with a better survival of LA-NSCLC patients, especially those with cT3/4 disease (hazard ratio 3.84; 95% confidential interval 1.34-12.5, P = 0.012). CONCLUSIONS: Measuring the PNI before trimodality therapy is important for predicting the clinical outcome of patients with LA-NSCLC, with differing predictive ability according to the disease extent. Perioperative intensive nutritional intervention must be considered for patients who undergo trimodality therapy for LA-NSCLC.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02067-7

    PubMed

    researchmap

  • Detection of epidermal growth factor receptor mutations in exhaled breath condensate using droplet digital polymerase chain reaction. 国際誌

    Kazuya Nishii, Kadoaki Ohashi, Tomoki Tamura, Kiichiro Ninomiya, Takehiro Matsubara, Satoru Senoo, Hirohisa Kano, Hiromi Watanabe, Naohiro Oda, Go Makimoto, Hisao Higo, Yuka Kato, Takashi Ninomiya, Toshio Kubo, Hiromasa Yamamoto, Shuta Tomida, Katsuyuki Hotta, Masahiro Tabata, Shinichi Toyooka, Yoshinobu Maeda, Katsuyuki Kiura

    Oncology letters   20 ( 6 )   393 - 393   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The detection of certain oncogenic driver mutations, including those of epidermal growth factor receptor (EGFR), is essential for determining treatment strategies for advanced non-small cell lung cancer (NSCLC). The current study assessed the feasibility of testing exhaled breath condensate (EBC) for EGFR mutations by droplet digital PCR (ddPCR). Samples were collected from 12 patients with NSCLC harboring EGFR mutations that were admitted to Okayama University Hospital between June 1, 2014 and December 31, 2017. A total of 21 EBC samples were collected using the RTube™ method and EGFR mutations (L858R, exon 19 deletions or T790M) were assessed through ddPCR analysis (EBC-ddPCR). A total of 3 healthy volunteer samples were also tested to determine a threshold value for each mutation. Various patient characteristics were determined, including sex (3 males and 9 females), age (range 54-81 years; median, 66 years), smoking history (10 had never smoked; 2 were former smokers), histology (12 patients exhibited adenocarcinoma), clinical stage (9 patients were stage IV; 3 exhibited post-operative recurrence) and EGFR mutation type (4 had L858R; 8 had exon 19 deletions; 8 had T790M). EBC-ddPCR demonstrated positive droplets in 8 of the 12 patients. The sensitivity and specificity of each mutation was as follows: 27.3 and 80.0% for EGFR L858R, 30.0 and 90.9% for EGFR Ex19del, and 22.2 and 100% for EGFR T790M. EBC-ddPCR analysis of EGFR mutations exhibited modest sensitivity and acceptable specificity. EBC-ddPCR is a minimally invasive and replicable procedure and may be a complementary method for EGFR testing in patients where blood or tissue sampling proves difficult.

    DOI: 10.3892/ol.2020.12256

    PubMed

    researchmap

  • A Simple Prognostic Benefit Scoring System for Sarcoma Patients with Pulmonary Metastases: Sarcoma Lung Metastasis Score

    Haruchika Yamamoto, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Etsuji Suzuki, Kei Namba, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Takashi Yorifuji, Katsuhito Takahashi, Shinichi Toyooka

    Annals of Surgical Oncology   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1245/s10434-020-09272-1

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1245/s10434-020-09272-1/fulltext.html

  • A Giant Thymic Cyst Accompanied by Acute Mediastinitis.

    Akihiro Miura, Kazuhiko Shien, Tomohiro Toji, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   431 - 433   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We encountered a rare case of thymic cyst accompanied by mediastinitis. A 39-year-old Japanese male presented with fever and chest pain. The chest CT revealed a mass composed of a lobular cystic lesion with inflammation, suggesting the onset of mediastinitis. A definitive histological diagnosis was not obtained, and we performed a thymectomy. Pathologically, the thymic cyst was accompanied by multiple cavities, mimicking thymic cysts, caused by the inflammatory abscess. The surrounding adipose tissue showed inflammatory cell infiltrations with chronic fibrosis. These findings indicate that clinicians should be aware that thymic cysts may cause severe mediastinitis.

    DOI: 10.18926/AMO/60804

    PubMed

    researchmap

  • 肺移植におけるLiquid biopsy ドナー由来血中遊離DNAとマイクロRNA

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 富岡 泰章, 石上 恵美, 石原 恵, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 総会臨時 )   242 - 242   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 希少がん診断と治療 悪性軟部腫瘍の免疫ゲノムプロファイリング LOHはT・Bリンパ球浸潤と生存に相関する

    高橋 克仁, 宮地 康僚, 樋口 肇, 菰原 義弘, 相田 真一, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 高橋 侑子, 豊岡 伸一, 楢原 啓之, 四元 淳子, 大山 優, 矢嶋 淳, 大野 烈士, 寺岡 慧

    日本癌治療学会学術集会抄録集   58回   WS29 - 1   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌手術症例と末梢血リンパ球/単球比とその継時的変化の関連の検討

    富岡 泰章, 山本 寛斉, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   587 - 587   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 間質性肺炎合併肺癌:To treat, or not to treat? 間質性肺炎合併肺癌に対する外科的治療

    山本 寛斉, 松原 慧, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   481 - 481   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • ハイリスク症例をいかに手術に繋げるか? 導入放射線化学療法後の局所進行非小細胞肺癌に対する手術後に反回神経麻痺を発症した症例の検討

    杉本 誠一郎, 諏澤 憲, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   492 - 492   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 集学的治療が行われた局所進行肺癌患者における末梢血好中球/リンパ球比(NLR)の予後的意義について

    津高 慎平, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   658 - 658   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 最新低侵襲手術におけるリンパ節郭清手技:単孔式VATS vs ロボット支援手術 RATSにおけるリンパ節郭清手技

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   464 - 464   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 高分化腺癌-いつ切るの? すりガラス成分を有する小型肺癌に対する治療の至適介入時期

    諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   484 - 484   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 抗HMGB1抗体による肺虚血再灌流障害の抑制

    中田 憲太郎, 岡崎 幹生, 清水 大, 宮内 俊作, 荒木 恒太, 三浦 章博, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛弘, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O47 - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 自然気胸後の器質化期膿胸に対する醸膿胸膜切除術 明瞭な臓側胸膜外層の同定に基づいた剥離

    清水 大, 三好 健太郎, 松原 慧, 山本 治慎, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   MO59 - 10   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O44 - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下肺葉切除術時の肺動脈損傷に対する対応

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   V1 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 臨床的N0・病理学的リンパ節転移陽性肺がんに対する肺切除の現状

    諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植の問題点と改善策 高度無気肺を合併したドナー肺による移植成績

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   PD1 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 右下肺静脈・左心房経由で左心室まで浸潤した小細胞肺癌に対する緊急手術の1例

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   RV3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 気胸を合併し、発見された肺原発血管肉腫の1切除例

    毛利 謙吾, 岡崎 幹生, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   SP4 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植から学ぶ呼吸器外科学 肺移植から学ぶゲノム医療

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 田中 真, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   S - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 気胸を合併し、発見された肺原発血管肉腫の1切除例

    毛利 謙吾, 岡崎 幹生, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   SP4 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 抗HMGB1抗体による肺虚血再灌流障害の抑制

    中田 憲太郎, 岡崎 幹生, 清水 大, 宮内 俊作, 荒木 恒太, 三浦 章博, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛弘, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O47 - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 自然気胸後の器質化期膿胸に対する醸膿胸膜切除術 明瞭な臓側胸膜外層の同定に基づいた剥離

    清水 大, 三好 健太郎, 松原 慧, 山本 治慎, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   MO59 - 10   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 臨床的N0・病理学的リンパ節転移陽性肺がんに対する肺切除の現状

    諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O44 - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 右下肺静脈・左心房経由で左心室まで浸潤した小細胞肺癌に対する緊急手術の1例

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   RV3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下肺葉切除術時の肺動脈損傷に対する対応

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   V1 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植から学ぶ呼吸器外科学 肺移植から学ぶゲノム医療

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 田中 真, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   S - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植の問題点と改善策 高度無気肺を合併したドナー肺による移植成績

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   PD1 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 気管支断端瘻閉鎖後の治癒経過から考える治療方針

    山本 治慎, 三好 健太郎, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 6 )   1206 - 1206   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • CTガイド下生検では診断困難であった肺門部結節影

    松原 慧, 大谷 真二, 高津 史明, 富岡 泰章, 津高 慎平, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹雄, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    岡山医学会雑誌   132 ( 1 )   46 - 46   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • Pulmonary aspergillosis as a late complication after surgery for locally advanced non-small cell lung cancer treated with induction chemoradiotherapy. 査読

    Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, Susumu Kanazawa, Katsuyuki Kiura, Shinichi Toyooka

    Surgery today   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PURPOSE: Some long-term survivors after surgery for locally advanced non-small cell lung cancer (NSCLC) treated with induction chemoradiotherapy (trimodality treatment) develop chronic pulmonary aspergillosis (CPA). The aim of our study was to assess the characteristics and outcomes of CPA that develops after trimodality treatment. METHODS: We retrospectively reviewed the data of 187 NSCLC patients who underwent trimodality treatment between 1999 and 2018. RESULTS: Six male ever-smoker patients developed CPA. All 6 patients had undergone extended resection for NSCLC and had a history of either adjuvant chemotherapy (n = 3) or radiation pneumonitis (n = 4). Among the 4 patients with CPA localized in a single lung, 3 patients were treated surgically (completion pneumonectomy or cavernostomy) and 1 patient was treated with antifungal therapy alone. Both treatments led to the improved control of CPA. In contrast, patients with CPA in both lungs were not candidates for surgery, and died of CPA. The survival rates after trimodality treatment in the CPA group and the group without CPA were comparable (10-year survival rate, 50.0% vs. 57.6%, P = 0.59). CONCLUSION: The early diagnosis of CPA localized in a single lung after NSCLC surgery is critical to improving control and survival in patients with CPA.

    DOI: 10.1007/s00595-020-01960-5

    PubMed

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   684 - 684   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • Bリンパ球過形成を伴う小結節性胸腺腫瘍の1切除例

    上山 廉起, 岡崎 幹生, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   923 - 923   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 定型カルチノイドを伴うびまん性特発性肺神経内分泌過形成の1例

    富岡 泰章, 山本 寛斉, 松原 慧, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   878 - 878   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌との鑑別が困難であった肺結節性リンパ過形成の1例

    富岡 泰章, 山本 寛斉, 松原 慧, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   878 - 878   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部癌治療歴を有する非小細胞肺がん患者に対する手術症例の検討

    高津 史明, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   711 - 711   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 腹臥位による後方アプローチ併用ロボット支援下ダンベル型神経鞘腫摘出術

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   745 - 745   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • サルベージ治療・オリゴ再発に対する局所治療戦略 術前化学放射線療法後手術を行った局所進行肺癌術後再発症例の臨床経過

    諏澤 憲, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   586 - 586   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌II/IIIA期における術後CBDCA+S-1とS-1維持の忍容性試験SLCG1001 長期予後と分子マーカーの解析

    吉岡 弘鎮, 尾瀬 功, 奥村 典仁, 園部 誠, 中村 廣繁, 岡部 和倫, 片岡 正文, 山下 素弘, 中田 昌男, 片岡 和彦, 山下 芳典, 沖田 千佳, 能登原 憲司, 宗 淳一, 堀田 勝幸, 松尾 恵太郎, 坂本 純一, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 伊達 洋至

    肺癌   59 ( 6 )   747 - 747   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • SPECT/CTを用いて切除範囲を評価した左肺底動脈大動脈起始症の1例

    山本 諒, 杉本 誠一郎, 中田 憲太郎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一, 末澤 孝徳

    肺癌   59 ( 5 )   509 - 509   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • ドナー胸腔内所見により再斡旋によるレシピエント変更後に肺移植を行った1例 査読

    松原 慧, 大谷 真二, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 二萬 英斗, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   315 - 315   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 妊婦に合併した縦隔成熟奇形腫に対して手術を行った1例

    宮内 俊策, 枝園 和彦, 宗 淳一, 山本 寛斉, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 6 )   624 - 628   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    縦隔成熟奇形腫は無症状で検診発見されることが多いが、時に急速に増大することがある。今回我々は、妊婦に合併し急速に増大したため妊娠中に手術を施行した症例を経験した。症例は27歳、女性。検診で胸部異常陰影を指摘され当科受診となった。初診時、患者は妊娠10週の妊婦であった。胸部X線写真で右上肺野中枢側に8cm大の腫瘤影、単純MRIで前縦隔に10cm大の多房性嚢胞性病変を認め、成熟奇形腫が疑われた。右前胸部痛が出現しており、腫瘍の急速な増大が考えられ手術の方針とした。手術は妊娠15週に胸骨正中切開で縦隔腫瘍摘出術、右肺上葉・心膜合併部分切除術を施行した。腫瘍は成熟奇形腫の診断で未熟成分や悪性所見は認めなかった。術後経過は良好で、妊娠40週で正常分娩に至った。妊娠と急速増大との因果関係は不明であるが、本症例のような場合でも術前検査や手術時期・方法に注意すれば妊娠中でも安全に手術が行えると考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J02256&link_issn=&doc_id=20190920300008&doc_link_id=10.2995%2Fjacsurg.33.624&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.2995%2Fjacsurg.33.624&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 非小細胞肺癌におけるモネンシン併用療法によるEMT関連薬剤耐性の克服(Overcoming EMT-mediated drug resistance with Monensin-based combined therapy in non-small cell lung cancer)

    大智 宏祐, 諏澤 憲, 冨田 秀太, 荒木 恒太, 宮内 俊策, 三浦 章博, 武田 達明, 難波 圭, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 枝園 忠彦, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   78回   P - 1139   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • ネラチニブ耐性乳がんにおけるYES1の重要性(The importance of YES1 in neratinib-resistant breast cancer)

    武田 達明, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 北村 佳久, 千堂 年昭, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   78回   P - 3157   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 災害ボランティア活動に参加した喘息患者の血痰精査中に発見された右胸部異常陰影の一例

    鹿谷 芳伸, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 中田 憲太郎, 難波 圭, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 久保 寿夫, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    岡山医学会雑誌   131 ( 2 )   113 - 113   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • exSSSRs (extracellular S100 soil sensor receptors)-Fc fusion proteins work as prominent decoys to S100A8/A9-induced lung tropic cancer metastasis. 査読 国際誌

    Rie Kinoshita, Hiroki Sato, Akira Yamauchi, Yuta Takahashi, Yusuke Inoue, I Wayan Sumardika, Youyi Chen, Nahoko Tomonobu, Kota Araki, Kazuhiko Shien, Shuta Tomida, Hidejiro Torigoe, Kei Namba, Eisuke Kurihara, Yusuke Ogoshi, Hitoshi Murata, Ken-Ichi Yamamoto, Junichiro Futami, Endy Widya Putranto, I Made Winarsa Ruma, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Toshihiko Hibino, Masahiro Nishibori, Eisaku Kondo, Shinichi Toyooka, Masakiyo Sakaguchi

    International journal of cancer   144 ( 12 )   3138 - 3145   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Within the "seed and soil" theory of organ tropic cancer metastasis is a growing compilation of evidence that S100A8/A9 functions as a soil signal that attracts cancer cells to certain organs, which prove beneficial to their growth. S100A8/A9-sensing receptors including Toll-like receptor 4 (TLR4), advanced glycation end products (RAGE), and also important receptors we recently succeeded in identifying (EMMPRIN, NPTNβ, MCAM, and ALCAM) have the potential to become promising therapeutic targets. In our study, we prepared extracellular regions of these novel molecules and fused them to human IgG2-Fc to extend half-life expectancy, and we evaluated the anti-metastatic effects of the purified decoy proteins on metastatic cancer cells. The purified proteins markedly suppressed S100A8/A9-mediated lung tropic cancer metastasis. We hence expect that our novel biologics may become a prominent medicine to prevent cancer metastasis in clinical settings through cutting the linkage between "seed and soil".

    DOI: 10.1002/ijc.31945

    PubMed

    researchmap

  • EGFR-TKI耐性NSCLCに対するHSP90阻害剤ganetespibの有用性の検討

    栗原 英祐, 枝園 和彦, 鳥越 英次郎, 武田 達明, 荒木 恒太, 宮内 俊策, 三浦 章博, 高橋 優太, 諏澤 憲, 山本 寛斉, 宗 淳一, 冨田 秀太, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   O17 - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌におけるPrecision Medicineの現状と今後の展開 肺癌のゲノム異常と治療の課題

    豊岡 伸一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 冨田 秀太

    日本癌治療学会学術集会抄録集   56回   PD3 - 2   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • HER増幅胃癌におけるアファチニブ耐性機序(Acquired resistant mechanism to afatinib in HER2 amplified gastric cancer cells)

    吉岡 貴裕, 枝園 和彦, 難波 圭, 冨田 秀太, 山本 寛斉, 宗 淳一, 藤原 俊義, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   77回   1449 - 1449   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • EGFR変異陽性肺癌におけるLRIG1の抗腫瘍効果(Tumor-suppressive effect of LRIG1 in non-small cell lung cancer harboring mutant EGFR)

    鳥越 英次郎, 山本 寛斉, 阪口 政清, 難波 圭, 佐藤 博紀, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 宗 淳一, 冨田 秀太, 佃 和憲, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   77回   940 - 940   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 腫瘍浸潤リンパ球(TIL)を含んだ腫瘍解離細胞(DTC)の保存

    渡邊 元嗣, 高橋 優太, 冨田 秀太, 宗 淳一, 松原 岳大, 難波 圭, 佐藤 博紀, 森田 瑞樹, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 鵜殿 平一郎, 豊岡 伸一

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   22回   161 - 161   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本がん免疫学会  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   22回   146 - 146   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本がん免疫学会  

    researchmap

  • 【肺癌の集学的治療の現況】局所進行肺癌における集学的治療 局所進行非小細胞肺癌に対する術前導入化学放射線療法後手術

    三浦 章博, 宗 淳一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 豊岡 伸一

    胸部外科   71 ( 4 )   270 - 277   2018年4月

  • IV期肺癌における呼吸器外科の役割は拡大しているか? 手術を契機に診断した胸膜播種・悪性胸水を伴うIVA期肺癌は切除非適応か? 多施設共同後方視的解析

    藤原 俊哉, 松浦 求樹, 宗 淳一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 牧 佑歩, 上野 剛, 杉本 龍士郎, 岡崎 幹生, 田尾 裕之, 葉山 牧夫, 片岡 正文, 佐野 由文, 岡部 和倫, 山下 素弘, 川真田 修, 片岡 和彦, 森山 重治, 豊岡 伸一, 岡山大学呼吸器外科研究会

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   PD3 - 1   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 胸膜外肺全摘術と放射線療法で、術後13年無再発生存中の悪性胸膜中皮腫の1例

    岡部 和倫, 山本 寛斉, 宗 淳一, 豊岡 伸一

    肺癌   57 ( 7 )   895 - 895   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • Restrictive ventilatory impairment is associated with poor outcome in patients with cT1aN0M0 peripheral squamous cell carcinoma of the lung. 国際誌

    Hiroyuki Tao, Junichi Soh, Hiromasa Yamamoto, Toshiya Fujiwara, Tsuyoshi Ueno, Makio Hayama, Mikio Okazaki, Ryujiro Sugimoto, Motohiro Yamashita, Yoshifumi Sano, Kazunori Okabe, Motoki Matsuura, Kazuhiko Kataoka, Shigeharu Moriyama, Shinichi Toyooka, Shinichiro Miyoshi

    Journal of thoracic disease   9 ( 11 )   4325 - 4335   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Patients with squamous cell carcinoma (SqCC) of the lung sometimes have a comorbid pulmonary disease such as pulmonary emphysema or an interstitial lung disease (ILD), both of which negatively affect patient outcome. The aim of this study was to determine the outcome of patients in a multicenter database who underwent surgery for cT1aN0M0 peripheral SqCC lung cancer. Methods: The medical records of a total of 228 eligible patients from seven institutions were reviewed to evaluate the impact of concomitant impaired pulmonary function and other clinicopathological factors on overall survival (OS) and relapse-free survival (RFS). Results: Six patients with positive or unclear tumor margins were excluded. Of the 222 remaining study patients, 42 (18.9%) and 97 (43.7%) patients were found to have coexisting restrictive or obstructive ventilatory impairment, respectively. Over a median follow-up period of 30.6 months, the 5-year OS and RFS were 69.0% and 62.6%, respectively. By multivariate analysis, ILDs identified on high-resolution computed tomography (HRCT), pulmonary function test results indicating a restrictive ventilatory impairment, and wedge resection were found to be independent risk factors for poor OS. An increased level of serum squamous cell carcinoma antigen (SCC-Ag) (>1.5 ng/mL) and the same risk factors for poor OS were independent risk factors for recurrence. Among patients who underwent anatomical lung resection (lobectomy and segmentectomy, n=173), a restrictive ventilatory impairment was an independent risk factor for poor OS, and increased serum SCC-Ag level, ILDs on HRCT, and restrictive ventilatory impairment were independent risk factors for poor RFS by multivariate analysis. Factors such as visceral pleural invasion, and lymphatic or vascular invasion were not significantly associated with outcome. Conclusions: A restrictive ventilatory impairment negatively affects the outcome of patients with cT1aN0M0 peripheral SqCC lung cancer.

    DOI: 10.21037/jtd.2017.10.70

    PubMed

    researchmap

  • Estimation of age-related DNA degradation from formalin-fixed and paraffin-embedded tissue according to the extraction methods. 国際誌

    Mototsugu Watanabe, Shinsuke Hashida, Hiromasa Yamamoto, Takehiro Matsubara, Tomoaki Ohtsuka, Ken Suzawa, Yuho Maki, Junichi Soh, Hiroaki Asano, Kazunori Tsukuda, Shinichi Toyooka, Shinichiro Miyoshi

    Experimental and therapeutic medicine   14 ( 3 )   2683 - 2688   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Techniques for the extraction and use of nucleic acids from formalin-fixed and paraffin-embedded (FFPE) tissues, preserved over long time periods in libraries, have been developed. However, DNA extracted from FFPE tissues is generally damaged, and long-term storage may affect DNA quality. Therefore, it is important to elucidate the effect of long-term storage on FFPE tissues and evaluate the techniques used to extract DNA from them. In the present study, the yield, purity, and integrity of DNA in FFPE tissue samples was evaluated. Two DNA extraction techniques were used: A silica-binding DNA collection method using QIAamp DNA FFPE Tissue kit (QIA) and a total tissue DNA collection method using a WaxFree DNA extraction kit (WAX). A total of 25 FFPE tissues from lung adenocarcinomas were studied, which had been surgically resected and fixed at Okayama University Hospital prior to examination and subsequent storage at room temperature for 0.5, 3, 6, 9 and 12 years. Extracted DNA was quantified using ultraviolet absorbance, fluorescent dye, and quantitative polymerase chain reaction (qPCR). The quality of the DNA was defined by the absorbance ratio of 260 to 280 nm (A260/280) and Q-score, which is the quantitative value of qPCR product size ratio. The results demonstrated that the yield of total DNA extracted using WAX was significantly greater than when QIA was used (P<0.01); however, DNA extracted using WAX included more contaminants and was significantly more fragmented compared with DNA extracted using QIA (P<0.01). Aging had no significant effect on absolute DNA yield or DNA purity, although it did significantly contribute to increased DNA degradation for both QIA and WAX extraction (QIA P=0.02, WAX P=0.03; 0.5 years vs. 3 years, QIA P<0.01, WAX P=0.03; 9 years vs. 12 years). Both extraction methods are viable depending on whether high yield or high quality of extracted DNA is required. However, due to the increased degradation with age, storage time limits the available DNA in FFPE tissues regardless of the extraction method.

    DOI: 10.3892/etm.2017.4797

    PubMed

    researchmap

  • HER2遺伝子異常肺癌に対するマルチキナーゼ阻害剤Afatinb耐性獲得機序の解明

    鳥越 英次郎, 枝園 和彦, 吉岡 貴裕, 難波 圭, 佐藤 博紀, 山本 寛斉, 宗 淳一, 浅野 博昭, 冨田 秀太, 佃 和憲, 豊岡 伸一

    肺癌   57 ( 5 )   441 - 441   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 分子標的薬への耐性機構の解明 肺がんにおける分子標的薬耐性メカニズムの解明

    枝園 和彦, 佐藤 博紀, 鳥越 英次郎, 難波 圭, 吉岡 貴裕, 山本 寛斉, 宗 淳一, 豊岡 伸一

    肺癌   57 ( 5 )   377 - 377   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 第3世代EGFR-TKI Osimertinib耐性肺癌細胞株における獲得耐性機構の解明

    難波 圭, 枝園 和彦, 吉岡 貴裕, 鳥越 英次郎, 佐藤 博紀, 山本 寛斉, 宗 淳一, 浅野 博昭, 佃 和憲, 豊岡 伸一

    肺癌   57 ( 5 )   440 - 440   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 抗HER2療法耐性におけるYes1の重要性

    武田 達明, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 冨田 秀太, 難波 圭, 渡邉 元嗣, 枝園 和彦, 宗 淳一, 佃 和憲, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   76回   P - 3366   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 肺がん新治療の展望 HER2異常肺癌に対する治療戦略

    豊岡 伸一, 諏澤 憲, 二宮 崇, 山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 冨田 秀太, 木浦 勝行

    日本癌学会総会記事   76回   SST6 - 3   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 分子バーコード技術を用いた低頻度多重変異の同定

    難波 圭, 冨田 秀太, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 佃 和憲, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   76回   P - 3052   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • HER2陽性胃癌に対するアファチニブ・ネラチニブの抗腫瘍効果

    吉岡 貴裕, 枝園 和彦, 高橋 優太, 栗原 英祐, 難波 圭, 鳥越 英次郎, 佐藤 博紀, 山本 寛斉, 宗 淳一, 浅野 博昭, 佃 憲徳, 藤原 俊義, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   76回   P - 2336   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • Reconstruction of Anterior Chest Wall with Polypropylene Mesh: Two Primary Sternal Chondrosarcoma Cases

    Kawana Shinichi, Yamamoto Hiromasa, Maki Yuho, Sugimoto Seiichiro, Toyooka Shinichi, Miyoshi Shinichiro

    Acta Medica Okayama   71 ( 3 )   259 - 262   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Okayama University Medical School  

    Primary sternal chondrosarcoma is a rare malignant tumor that is refractory to chemotherapy and radiation. Effective therapy is radical resection of the tumor. We present two patients with primary sternal chondrosarcoma who underwent a radical resection of the lower half of the sternum and bilateral ribs, followed by reconstruction with 2 sheets of polypropylene mesh layered orthogonally. The patients have maintained almost the same pulmonary function as preoperative values, with stability of the chest wall. Although there are various ways to reconstruct the anterior chest wall, reconstruction with polypropylene mesh layered orthogonally is an easy-to-use and sufficient method.

    DOI: 10.18926/AMO/55210

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Optimal method for quantitative detection of plasma EGFR T790M mutation using droplet digital PCR system. 国際誌

    Ken Suzawa, Hiromasa Yamamoto, Kadoaki Ohashi, Shinsuke Hashida, Shuta Tomida, Toshio Kubo, Yuho Maki, Junichi Soh, Kazunori Tsukuda, Katsuyuki Kiura, Shinichiro Miyoshi, Shinichi Toyooka

    Oncology reports   37 ( 5 )   3100 - 3106   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Though patients with EGFR mutations are initially responsive to EGFR-tyrosine kinase inhibitors (TKIs), most tumors ultimately acquire resistance to EGFR-TKIs. The most frequently reported mechanism is EGFR T790M mutation. In this study, using a droplet digital PCR (ddPCR) system, we assessed optimal conditions for a mutation detection assay for EGFR T790M obtained from circulating cell-free DNA (cfDNA) in plasma. The advantages of locked nucleic acids (LNA) probe, short amplicon size, and blocking oligo using peptide nucleic acids (PNA) were assessed using control DNAs from cell lines to improve the sensitivity of mutation detection. T790M alleles were then analyzed using ddPCR in 59 plasma samples from 24 NSCLC patients with EGFR mutations, and compared to the T790M status which were determined thorough re-biopsies. The assessment of the optimal assay method revealed that the assay using the short amplicon can efficiently detect more fragmented-DNA. The LNA probe and PNA clamp contributed better separation between positive and negative droplets. This PNA-LNA-ddPCR clamp method can detect mutant alleles in the sample with a mutant allele content of 0.01%. In clinical plasma samples, T790M alleles were detected via ddPCR with a sensitivity of 42.8% and specificity of 97.3%. We established a highly-sensitive detection assay for the T790M allele using the PNA-LNA-ddPCR clamp method. ddPCR is a promising method for detecting non-invasive T790M mutation.

    DOI: 10.3892/or.2017.5567

    PubMed

    researchmap

  • Lung Cancer Panelを用いた多発小型肺癌のマルチプレックス遺伝子変異解析

    枝園 和彦, 冨田 秀太, 佐藤 博紀, 高橋 優太, 諏澤 憲, 山本 寛斉, 宗 淳一, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   RO16 - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Distant Bystander Effect of REIC/DKK3 Gene Therapy Through Immune System Stimulation in Thoracic Malignancies

    Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Huang Peng, Masakiyo Sakaguchi, Masami Watanabe, Shinsuke Hashida, Yuho Maki, Hiromasa Yamamoto, Shuta Tomida, Junichi Soh, Hiroaki Asano, Kazunori Tsukuda, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon, Shinichiro Miyoshi, Shinichi Toyooka

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 1 )   301 - 307   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background: Reduced expression in immortalized cell (REIC)/Dickkoph-3 (DKK3) is a tumor-suppressor gene, and its overexpression by adenovirus vector (Ad-REIC) exhibits a remarkable therapeutic effect on various human cancer types through a mechanism triggered by endoplasmic reticulum stress. Materials and Methods: We examined the direct anti-tumor effect of Ad-REIC gene therapy on lung cancer and malignant mesothelioma cell lines in vitro, and the distant bystander effect using immunocompetent mouse allograft models with bilateral flank tumors. Results: Ad-REIC treatment showed antitumor effect in many lung cancer and malignant mesothelioma cell lines in vitro. In an in vivo model, Ad-REIC treatment inhibited the growth not only of directly treated tumors but also of distant untreated tumors. By immunohistochemical analysis, infiltration of T-cells and natural killer (NK) cells and expression of the major histocompatibility complex (MHC) class I molecules were observed in bilateral tumors. Conclusion: Ad-REIC treatment not only had a direct antitumor effect but also an indirect bystander effect through stimulation of the immune system.

    DOI: 10.21873/anticanres.11321

    Web of Science

    researchmap

  • Interaction of cytokeratin 19 head domain and HER2 in the cytoplasm leads to activation of HER2-Erk pathway

    Tomoaki Ohtsuka, Masakiyo Sakaguchi, Hiromasa Yamamoto, Shuta Tomida, Katsuyoshi Takata, Kazuhiko Shien, Shinsuke Hashida, Tomoko Miyata-Takata, Mototsugu Watanabe, Ken Suzawa, Junichi Soh, Chen Youyi, Hiroki Sato, Kei Namba, Hidejiro Torigoe, Kazunori Tsukuda, Tadashi Yoshino, Shinichiro Miyoshi, Shinichi Toyooka

    SCIENTIFIC REPORTS   6   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    HER2 is a receptor tyrosine kinase and its upregulation via activating mutations or amplification has been identified in some malignant tumors, including lung cancers. Because HER2 can be a therapeutic target in HER2-driven malignancies, it is important to understand the molecular mechanisms of HER2 activation. In the current study, we identified that cytokeratin 19 (KRT19) binds to HER2 at the inside face of plasma membrane. HER2 and KRT19, which were concurrently introduced to a human embryonic kidney 293 T cells, revealed an association with each other and resulted in phosphorylation of HER2 with the subsequent activation of a downstream Erk-associated pathway. A binding assay revealed that both the NH2-terminal head domain of KRT19 and the COOH-terminal domain of HER2 were essential for their binding. To investigate the impact of the interaction between HER2 and KRT19 in lung cancer, we examined their expressions and localizations in lung cancers. We found that KRT19 was highly expressed in HER2-positive lung cancer cells, and KRT19 and HER2 were co-localized at the cell membrane. In conclusion, we found that KRT19 intracellularly binds to HER2, playing a critical role in HER2 activation.

    DOI: 10.1038/srep39557

    Web of Science

    researchmap

  • Active Secretion of Dimerized S100A11 Induced by the Peroxisome in Mesothelioma Cells. 国際誌

    Satomi Saho, Hiroki Satoh, Eisaku Kondo, Yusuke Inoue, Akira Yamauchi, Hitoshi Murata, Rie Kinoshita, Ken-Ichi Yamamoto, Junichiro Futami, Endy Widya Putranto, I Made Winarsa Ruma, I Wayan Sumardika, Chen Youyi, Ken Suzawa, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Shuta Tomida, Yoshihiko Sakaguchi, Ken Saito, Hidekazu Iioka, Nam-Ho Huh, Shinichi Toyooka, Masakiyo Sakaguchi

    Cancer microenvironment : official journal of the International Cancer Microenvironment Society   9 ( 2-3 )   93 - 105   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    S100A11, a small Ca2+ binding protein, acts extracellularly as a mediator of cancer progression. That raises the question of how a protein that lacks the classical secretory signal is able to be secreted outside cells without being damaged. Some insights into this question have been obtained, and there has been accumulating evidence indicating a pivotal role of a non-classical vesicle-mediated pathway using lysosomes or peroxisomes for the protein secretion. To obtain a more precise insight into the secretory mechanism of S100A11, we first screened representative cancer cells exhibiting significantly active secretion of S100A11. From the results of profiling, we turned our attention to aggressive cancer mesothelioma cells. In mesothelioma cells, we found that abundant dimeric S100A11 was produced selectively in the peroxisome after transportation of monomeric S100A11 through an interaction with PEX14, a peroxisome membrane protein, resulting in peroxisomal secretion of dimerized S100A11. In an extracellular environment in vitro, dimerized S100A11 promoted mesothelial cell invasion indirectly with the help of fibroblast cells. Overall, the results indicate that the peroxisome functions as an essential vesicle for the production of dimerized S100A11 and the subsequent secretion of the protein from mesothelioma cells and that peroxisome-mediated secretion of dimerized S100A11 might play a critical role in mesothelioma progression in a tumor microenvironment.

    DOI: 10.1007/s12307-016-0185-2

    PubMed

    researchmap

  • Usefulness of Thoracoscopic Debridement for Chronic Empyema after an Extrapleural Pneumonectomy.

    Hidejiro Torigoe, Shinichi Toyooka, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Shinichiro Miyoshi

    Acta medica Okayama   70 ( 6 )   507 - 510   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present the case of a 65-year-old Japanese man diagnosed with chronic empyema (without a bronchopleural fistula) that occurred 7 months after he underwent an extrapleural pneumonectomy for right malignant pleural mesothelioma (MPM). Following thoracic drainage and irrigation for 1 month, we performed surgery by a thoracoscopic approach, in light of his general condition. We performed debridement and removal of the Gore-Tex polytetrafluoroethylene (PTFE) patch that had been used for the reconstruction of the diaphragm and the pericardium. The empyema had not relapsed when he died from recurrence of the MPM at 4 months after the thoracoscopic surgery. This patient's case suggests that thoracoscopic debridement and patch removal can be a therapeutic option for not only early-stage (exudative or fibrinopurulent) empyema but also late-stage (organized and chronic) empyema without a bronchopleural fistula, particularly for patients in poor general condition.

    PubMed

    researchmap

  • 腸型肺腺癌の1切除例

    清水 大, 三好 健太郎, 目崎 久美, 枝園 和彦, 杉本 誠一郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   56 ( 6 )   682 - 682   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • NSCLCにおける分子バーコードシークエンス分析による複数の低頻度変異の検出(Detection of multiple low-frequency mutations by molecular-barcode sequencing in NSCLC)

    難波 圭, 冨田 秀太, 枝園 和彦, 鳥越 英次郎, 佐藤 博紀, 山本 寛斉, 宗 淳一, 佃 和憲, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    肺癌   56 ( 6 )   639 - 639   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫におけるS100A11の働き

    佐藤 博紀, 山本 寛斉, 難波 圭, 鳥越 英次郎, 下田 篤志, 吉岡 貴裕, 枝園 和彦, 宗 淳一, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   75回   J - 1061   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • The Feasibility of Median Sternotomy With or Without Thoracotomy for Locally Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Treated With Induction Chemoradiotherapy. 国際誌

    Hiroki Sato, Shinichi Toyooka, Junichi Soh, Katsuyuki Hotta, Kuniaki Katsui, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Takahiro Oto, Susumu Kanazawa, Katsuyuki Kiura, Shinichiro Miyoshi

    The Annals of thoracic surgery   102 ( 3 )   985 - 992   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: This study aimed to compare the morbidity and mortality of a median sternotomy approach and a lateral thoracotomy and to investigate the feasibility of a median sternotomy for locally advanced non-small cell lung cancer (NSCLC) after induction chemoradiotherapy. METHODS: The medical records of patients with locally advanced NSCLC who underwent induction chemoradiotherapy followed by surgery at our institution between January 1999 and September 2014 were reviewed. We compared the morbidity and mortality of a median sternotomy approach and a lateral thoracotomy. RESULTS: A total of 102 NSCLC patients were the subjects of this study. Among them, 31 patients underwent surgery with a median sternotomy approach and 71 patients underwent surgery with a lateral thoracotomy. Patients in the median sternotomy group had a significantly higher rate of postoperative arrhythmia than those in the lateral thoracotomy group (p = 0.0028). However, all the complications were manageable, and no treatment-related deaths occurred in the median sternotomy group. Regarding the prognosis, the 5-year overall survival rate was 72.7%, and the 2-year recurrence-free survival rate was 66.5% in the entire population. No significant differences in overall survival or recurrence-free survival were observed between the 2 approaches. CONCLUSIONS: Whereas the lateral thoracotomy approach is a standard procedure, our experience suggests that a median sternotomy approach for locally advanced NSCLC after induction chemoradiotherapy is a feasible procedure and can be a surgical option.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2016.03.092

    PubMed

    researchmap

  • Study about the Efficacy of Metformin to Immune Function in Cancer Patients

    Watanabe Mototsugu, Yamamoto Hiromasa, Eikawa Shingo, Shien Kazuhiko, Shien Tadahiko, Soh Junichi, Hotta Katsuyuki, Wada Jun, Hinotsu Shiro, Fujiwara Toshiyoshi, Kiura Katsuyuki, Doihara Hiroyoshi, Miyoshi Shinichiro, Udono Heiichiro, Toyooka Shinichi

    Acta Medica Okayama   70 ( 4 )   327 - 330   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Okayama University Medical School  

    A study to evaluate the effect of metformin on the immune system was commenced in July 2014. Metformin is one of the most commonly prescribed drugs for type 2 diabetes, and previous studies have reported that metformin has an anti-tumor effect. The aim of this study is to evaluate the efficacy of metformin on the immune system in human cancer patients in vivo. The primary outcome parameter will be the rate change in the population of CD8+ T cells, which produce multiple cytokines.

    DOI: 10.18926/AMO/54514

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Antitumor effect of afatinib, as a human epidermal growth factor receptor 2-targeted therapy, in lung cancers harboring HER2 oncogene alterations. 国際誌

    Ken Suzawa, Shinichi Toyooka, Masakiyo Sakaguchi, Mizuki Morita, Hiromasa Yamamoto, Shuta Tomida, Tomoaki Ohtsuka, Mototsugu Watanabe, Shinsuke Hashida, Yuho Maki, Junichi Soh, Hiroaki Asano, Kazunori Tsukuda, Shinichiro Miyoshi

    Cancer science   107 ( 1 )   45 - 52   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Human epidermal growth factor receptor 2 (HER2) is a member of the HER family of proteins containing four receptor tyrosine kinases. It plays an important role in the pathogenesis of certain human cancers. In non-small-cell lung cancer (NSCLC), HER2 amplification or mutations have been reported. However, little is known about the benefit of HER2-targeted therapy for NSCLCs harboring HER2 alterations. In this study, we investigated the antitumor effect of afatinib, an irreversible epidermal growth factor receptor (EGFR)-HER2 dual inhibitor, in lung cancers harboring HER2 oncogene alterations, including novel HER2 mutations in the transmembrane domain, which we recently identified. Normal bronchial epithelial cells, BEAS-2B, ectopically overexpressing wild-type HER2 or mutants (A775insYVMA, G776VC, G776LC, P780insGSP, V659E, and G660D) showed constitutive autophosphorylation of HER2 and activation of downstream signaling. They were sensitive to afatinib, but insensitive to gefitinib. Furthermore, we examined the antitumor activity of afatinib and gefitinib in several NSCLC cell lines, and investigated the association between their genetic alterations and sensitivity to afatinib treatment. In HER2-altered NSCLC cells (H2170, Calu-3, and H1781), afatinib downregulated the phosphorylation of HER2 and EGFR as well as their downstream signaling, and induced an antiproliferative effect through G1 arrest and apoptotic cell death. In contrast, HER2- or EGFR-non-dependent NSCLC cells were insensitive to afatinib. In addition, these effects were confirmed in vivo by using a xenograft mouse model of HER2-altered lung cancer cells. Our results suggest that afatinib is a therapeutic option as a HER2-targeted therapy for NSCLC harboring HER2 amplification or mutations.

    DOI: 10.1111/cas.12845

    PubMed

    researchmap

  • [SIGNIFICANCE OF NONCODING RNA IN SURGERY: NONCODING RNA IN LUNG CANCER].

    Hiromasa Yamamoto, Shinichi Toyooka, Yuho Maki, Junichi Soh, Shinichiro Miyoshi

    Nihon Geka Gakkai zasshi   116 ( 6 )   374 - 7   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recent advances in cancer research have revealed that noncoding RNAs such as microRNAs and long noncoding (lnc) RNAs play important roles in various cancers including lung cancer. Noncoding RNAs have the potential to become new biomarkers of cancer in the clinical setting, that is, they may be useful for the early detection, prognostic prediction, and prediction of sensitivity to chemotherapy and radiotherapy. It is also expected that noncoding RNAs can become new therapeutic targets. Aberrant expression of several microRNAs and lncRNAs has been reported in lung cancer, and there is a possibility of the identification of new therapeutic targets in the near future. To contribute to improved outcomes of lung cancer treatment, it is necessary to detect patients who are candidates for surgery in an earlier stage to increase the number undergoing radical surgery and to select those who are at high risk of recurrence postoperatively to increase opportunities for treatment to prevent it. Thus, it is important to discover new biomarkers for lung cancer. Surgeons can take the initiative in research, as they have easy access to specimens from lung cancer patients.

    PubMed

    researchmap

  • T790M変異を含むEGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌細胞株に対するTAE226の抗腫瘍効果

    山本 寛斉, 阪口 政清, 宗 淳一, 佃 和憲, 木浦 勝行, 猶本 良夫, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   74回   P - 2193   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • ドセタキセル耐性非小細胞肺癌細胞はEGFR-TKIにも交差耐性を示す

    Chen Haiyang, 諏澤 憲, 橋田 真輔, 大塚 智明, 渡邉 元嗣, 牧 祐歩, 山本 寛斉, 宗 淳一, 佃 和憲, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   74回   E - 1177   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • REIC/Dkk-3遺伝子治療の胸部悪性腫瘍に対する免疫刺激を介する抗腫瘍効果

    諏澤 憲, 枝園 和彦, 阪口 政清, 渡部 昌実, 橋田 真輔, 宗 淳一, 山本 寛斉, 牧 祐歩, 佃 和憲, 那須 保友, 公文 裕巳, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   74回   J - 1224   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • トランスレーショナルリサーチ 基礎から臨床応用へ EGFRチロシンキナーゼ阻害剤に対する獲得耐性の機序

    豊岡 伸一, 諏澤 憲, 冨田 秀太, 牧 佑歩, 山本 寛斉, 宗 淳一, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 5 )   359 - 359   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • Primary pulmonary melanoma: a report of two cases. 国際誌

    Mototsugu Watanabe, Hiromasa Yamamoto, Shinsuke Hashida, Junichi Soh, Seiichiro Sugimoto, Shinichi Toyooka, Shinichiro Miyoshi

    World journal of surgical oncology   13   274 - 274   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Malignant melanoma is a refractory malignancy with a dismal prognosis. It generally arises from the skin in most cases, and cases of primary pulmonary malignant melanoma are rare and often behave aggressively. We have treated two cases of localized primary pulmonary malignant melanoma using surgical resection. Pulmonary malignant melanomas often metastasize to the brain and liver; one of our cases exhibited metastasis to the cecum at about 8 months after surgery. Because cutaneous melanomas often carry activating mutations in the BRAF gene (V600E), we performed a BRAF mutational analysis using direct sequencing for both of these tumors arising from the lung. However, no BRAF mutations were detected. We detected a p53 mutation, which was thought to be a potential somatic mutation, in one of the two cases using a sequencing panel targeting 20 lung cancer-related genes. Although we also checked the expression of programmed death ligand 1 (PD-L1) on the surface of the tumor cells by immunohistochemical testing, neither of our two cases expressed PD-L1. Further molecular analyses may uncover the characteristics of primary pulmonary malignant melanomas.

    DOI: 10.1186/s12957-015-0695-2

    PubMed

    researchmap

  • Ethnicity affects EGFR and KRAS gene alterations of lung adenocarcinoma. 国際誌

    Junichi Soh, Shinichi Toyooka, Keitaro Matsuo, Hiromasa Yamamoto, Ignacio I Wistuba, Stephen Lam, Kwun M Fong, Adi F Gazdar, Shinichiro Miyoshi

    Oncology letters   10 ( 3 )   1775 - 1782   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mutations or copy number gains (CNGs) of the EGFR and KRAS genes are representative alterations in lung adenocarcinomas that are individually associated with patient characteristics such as ethnicity, smoking status and gender. However, the effects of combinations of these genetic alterations have not been statistically examined. The present study analyzed previously examined lung adenocarcinoma cases in Asian (n=166) and non-Asian (n=136) individuals in whom all four EGFR and KRAS alterations had been studied. The polynomial logistic regression models were used following adjustment for gender and smoking status, and using patients without any type of EGFR/KRAS alterations as a reference. Between the two ethnic groups, EGFR CNGs (gEGFR) occurred more frequently than EGFR mutations (mEGFR) (46 vs. 38% in Asians; 21 vs. 10% in non-Asians), whereas KRAS mutations (mKRAS) were more frequent than KRAS CNGs (gKRAS) (13 vs. 7% and 35 vs. 4%, respectively). Additionally, gEGFR and gKRAS occurred significantly more frequently in respective mutant cases, and all EGFR alterations were almost exclusive of all KRAS alterations. The polynomial logistic regression models confirmed that all types of EGFR alterations were significantly more frequent among Asian individuals than among non-Asian individuals, independent of gender and smoking status (odds ratios, 2.36-6.67). KRAS alterations occurred less frequently among Asian individuals than among non-Asian individuals, although a significant difference was not detected. The present study results indicated that the EGFR and KRAS profiles, including mutations and CNGs, differ between Asian and non-Asian individuals with lung adenocarcinoma, suggesting that ethnicity strongly affects the molecular characteristics of lung adenocarcinoma.

    PubMed

    researchmap

  • Anti-tumor effect of afatinib, an irreversible EGFR/HER2 dual inhibitor, in lung cancers harboring HER2 oncogene 査読

    Suzawa Ken, Toyooka Shinichi, Sakaguchi Masakiyo, Ohtsuka Tomoaki, Watanabe Mototsugu, Hashida Shinsuke, Maki Yuho, Yamamoto Hiromasa, Soh Junichi, Asano Hiroaki, Tsukuda Kazunori, Miyoshi Shinichiro

    CANCER RESEARCH   75   2015年8月

  • 【家族性腫瘍学-家族性腫瘍の最新研究動向-】臓器・領域別家族性腫瘍の臨床 家族性肺癌

    山本 寛斉, 牧 佑歩, 宗 淳一, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本臨床   73 ( 増刊6 家族性腫瘍学 )   433 - 436   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • 局所進行性肺癌に対する胸骨正中切開アプローチの利用可能性(Feasibility of median sternotomy approach for locally advanced lung cancer)

    佐藤 博紀, 豊岡 伸一, 岡田 真典, 伊賀 徳周, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   O39 - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫におけるDNAコピー数の増加(DNA copy number gains in malignant pleural mesothelioma)

    古川 公之, 豊岡 伸一, 林 達朗, 山本 寛斉, 宗 淳一, 橋田 真輔, 枝園 和彦, 浅野 博昭, 岡部 和倫, 佃 和憲, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   O56 - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する根治的放射線化学療法後手術の治療成績

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 諏澤 憲, 岡田 真典, 牧 佑歩, 伊賀 徳周, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 伊達 洋至, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   RO2 - 2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • TAE226, a Bis-Anilino Pyrimidine Compound, Inhibits the EGFR-Mutant Kinase Including T790M Mutant to Show Anti-Tumor Effect on EGFR-Mutant Non-Small Cell Lung Cancer Cells. 国際誌

    Hiroki Otani, Hiromasa Yamamoto, Munenori Takaoka, Masakiyo Sakaguchi, Junichi Soh, Masaru Jida, Tsuyoshi Ueno, Takafumi Kubo, Hiroaki Asano, Kazunori Tsukuda, Katsuyuki Kiura, Shinji Hatakeyama, Eiji Kawahara, Yoshio Naomoto, Shinichiro Miyoshi, Shinichi Toyooka

    PloS one   10 ( 6 )   e0129838   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    TAE226, a bis-anilino pyrimidine compound, has been developed as an inhibitor of focal adhesion kinase (FAK) and insulin-like growth factor-I receptor (IGF-IR). In this study, we investigated the effect of TAE226 on non-small-cell lung cancer (NSCLC), especially focusing on the EGFR mutational status. TAE226 was more effective against cells with mutant EGFR, including the T790M mutant, than against cells with wild-type one. TAE226 preferentially inhibited phospho-EGFR and its downstream signaling mediators in the cells with mutant EGFR than in those with wild-type one. Phosphorylation of FAK and IGF-IR was not inhibited at the concentration at which the proliferation of EGFR-mutant cells was inhibited. Results of the in vitro binding assay indicated significant differences in the affinity for TAE226 between the wild-type and L858R (or delE746_A750) mutant, and the reduced affinity of ATP to the L858R (or delE746_A750) mutant resulted in good responsiveness of the L858R (or delE746_A750) mutant cells to TAE226. Of interest, the L858R/T790M or delE746_A750/T790M mutant enhanced the binding affinity for TAE226 compared with the L858R or delE746_A750 mutant, resulting in the effectiveness of TAE226 against T790M mutant cells despite the T790M mutation restoring the ATP affinity for the mutant EGFR close to that for the wild-type. TAE226 also showed higher affinity of about 15-fold for the L858R/T790M mutant than for the wild-type one by kinetic interaction analysis. The anti-tumor effect against EGFR-mutant tumors including T790M mutation was confirmed in mouse models without any significant toxicity. In summary, we showed that TAE226 inhibited the activation of mutant EGFR and exhibited anti-proliferative activity against NSCLCs carrying EGFR mutations, including T790M mutation.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0129838

    PubMed

    researchmap

  • Validity of using lobe-specific regional lymph node stations to assist navigation during lymph node dissection in early stage non-small cell lung cancer patients 査読

    Shinichiro Miyoshi, Kazuhiko Shien, Shinichi Toyooka, Kentaroh Miyoshi, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Makio Hayama, Masaomi Yamane, Takahiro Oto

    SURGERY TODAY   44 ( 11 )   2028 - 2036   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Purpose The validity of our proposed lobe-specific regional lymph node stations (LSRLNS) was evaluated as a method for navigation during lymphadenectomy in patients with early stage non-small cell lung cancer (NSCLC).
    Methods A total of 725 NSCLC patients with c-T2N1M0 or less extensive disease who had undergone a curative operation with complete mediastinal lymph node dissection (MLND) were studied. The LSRLNS were #2, #3, #4 and #10 for the right upper lobe, #11i, #11s, #7 and #8 for the right lower lobe, #4, #5 and #6 for the left superior division, #11, #5 and #7 for the left lingular division and #11, #7 and #8 for the left lower lobe.
    Results If the LSRLNS were used for pathological examinations during surgery, 599 p-N0 and 39 p-N1 patients diagnosed with no metastasis would have been subjected to a selective MLND, while 20 p-N1 and 65 p-N2 patients who had a diagnosis of metastasis would have been navigated to a complete MLND. Two p-N2 patients with a diagnosis of no metastasis would have inappropriately undergone a selective MLND, resulting in the false negative rate at 0.3 %.
    Conclusion Intra-operative pathological examination using our LSRLNS may accurately reveal the status of metastasis, and appropriately lead to a selective or complete MLND in patients with c-T2N1M0 or less extensive disease.

    DOI: 10.1007/s00595-013-0772-5

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【肺癌:最新の分子標的療法】肺癌のマイクロRNA異常

    牧 佑歩, 山本 寛斉, 宗 淳一, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    Pharma Medica   32 ( 11 )   49 - 52   2014年11月

  • 家族性・孤発性肺腺癌におけるHER2膜貫通領域の新規遺伝子変異(Novel functional mutations in the transmembrane domain of HER2 gene in familial and sporadic lung adenocarcinomas)

    山本 寛斉, 日笠 幸一郎, 阪口 政清, 枝園 和彦, 宗 淳一, 市村 浩一, 佃 和憲, 瀧川 奈義夫, 松尾 恵太郎, 木浦 勝行, 三好 新一郎, 松田 文彦, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   73回   E - 2012   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • アファチニブ耐性を獲得した非小細胞肺癌細胞株の分子生物学的特徴(The molecular characters of acquired resistant non-small cell lung cancer cells to afatinib)

    橋田 真輔, 枝園 和彦, 渡邉 元嗣, 大塚 智昭, 諏澤 憲, 牧 佑歩, 山本 寛斉, 宗 淳一, 浅野 博昭, 佃 和憲, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   73回   J - 1044   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 新規HER2膜貫通部領域遺伝子変異の機能解析(Novel HER2 mutations in transmembrane dmain result in constitutive autophosphorylation of HER2)

    諏澤 憲, 阪口 政清, 山本 寛斉, 宗 淳一, 牧 佑歩, 橋田 真輔, 大塚 智昭, 渡邉 元嗣, 浅野 博昭, 佃 和憲, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   73回   P - 1328   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • がんマーカー、サイトケラチン19(CK19)機能の新展開 HER2活性化におけるCK19の役割(Critical role of Cytokeratin-19 in an oncogenic activation of HER2)

    大塚 智昭, 阪口 政清, 渡邉 元嗣, 諏澤 憲, 橋田 真輔, 牧 佑歩, 山本 寛斉, 宗 淳一, 浅野 博昭, 佃 和憲, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   73回   E - 2071   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • Field Cancerizationによる非小細胞肺癌発現遺伝子の探索(Analysis of molecular alterations in non-small cell lung cancers based on Field cancerization effect)

    牧 佑歩, 渡辺 元嗣, 大塚 智昭, 諏澤 憲, 橋田 真輔, 山本 寛斉, 宗 淳一, 浅野 博昭, 佃 和憲, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    日本癌学会総会記事   73回   J - 1068   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • Drug Resistance to EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors for Non-small Cell Lung Cancer

    Shien Kazuhiko, Yamamoto Hiromasa, Soh Junichi, Miyoshi Shinichiro, Toyooka Shinichi

    Acta Medica Okayama   68 ( 4 )   191 - 200   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Okayama University Medical School  

    Non-small cell lung cancer (NSCLC) harboring an activating mutation within the epidermal growth factor receptor (EGFR) was defined as a clinically distinct molecular group. These lesions show oncogene addiction to EGFR and dramatic responses to the EGFR tyrosine kinase inhibitors (TKIs). Several large Phase III trials have shown that EGFR-TKIs improved the progression-free survival of patients with EGFR mutant NSCLC compared to conventional chemotherapy. However, the long-term effectiveness of EGFR-TKIs is usually limited because of acquired drug resistance. To overcome this resistance to EGFR-TKIs, it will be essential to identify the specific mechanisms underlying the resistance. Many investigators have attempted to identify the mechanisms using preclinical models and drug-resistant clinical samples. As a result, several mechanisms have been showed to be responsible for the resistance, but not all of the relevant mechanisms have been uncovered. In this review, we provide an overview of mechanisms underlying drug-resistance to EGFR-TKIs, focusing on results obtained with preclinical models, and we present some possible strategies to overcome the EGFR-TKI resistance.

    DOI: 10.18926/AMO/52785

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015176262

  • 小児がん治療のUp to Date AYA世代のがんをどう治療するか? 稀少がん肉腫の新治療戦略 水平分業型治療連携とパゾパニブ血管新生阻害剤による分子標的治療

    高橋 克仁, 山村 倫子, 冨田 裕彦, 矢嶋 淳, 寺岡 慧, 波多江 亮, 大野 烈士, 宗 淳一, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 小池 幸宏, 烏野 隆博, 小山 隆文, 楢原 啓之, 大山 優

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   764 - 764   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • アスベスト問題 予防・診断・治療を科学する 悪性胸膜中皮腫におけるマイクロRNA異常

    豊岡 伸一, 宗 淳一, 橋田 真輔, 山本 寛斉, 牧 祐歩, 三好 新一郎

    日本衛生学雑誌   69 ( Suppl. )   S115 - S115   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    researchmap

  • Massive subcutaneous and mediastinal emphysema with little pneumothorax treated by surgery after pulmonary radiofrequency ablation. 国際誌

    Yusuke Konishi, Hiromasa Yamamoto, Takao Hiraki, Junichi Soh, Shinichi Toyooka, Susumu Kanazawa, Shinichiro Miyoshi

    Cardiovascular and interventional radiology   37 ( 2 )   548 - 51   2014年4月

     詳細を見る

  • 気管支鏡検査で診断し外科的切除を行った肺原発悪性黒色腫の1例

    萱谷 紘枝, 南 大輔, 渡邉 元嗣, 山本 寛斉, 宗 淳一, 久保 寿夫, 堀田 勝幸, 田端 雅弘, 豊岡 伸一, 三好 新一郎, 谷本 光音, 木浦 勝行

    気管支学   36 ( 2 )   208 - 208   2014年3月

  • Preclinical Evaluation of MicroRNA-34b/c Delivery for Malignant Pleural Mesothelioma

    Ueno Tsuyoshi, Toyooka Shinichi, Fukazawa Takuya, Kubo Takafumi, Soh Junichi, Asano Hiroaki, Muraoka Takayuki, Tanaka Norimitsu, Maki Yuho, Shien Kazuhiko, Furukawa Masashi, Sakaguchi Masakiyo, Yamamoto Hiromasa, Tsukuda Kazunori, Miyoshi Shinichiro

    Acta Medica Okayama   68 ( 1 )   23 - 26   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Okayama University Medical School  

    The microRNA-34s (miR-34s) have p53 response elements in their 5ʼ-flanking regions and demonstrate tumor-suppressive functions. In malignant pleural mesothelioma (MPM), we previously reported that expression of miR-34b and miR-34c (miR-34b/c) was frequently downregulated by methylation in MPM cell lines and primary tumors. The forced overexpression of miR-34b/c showed significant antitumor effects with the induction of apoptosis in MPM cells. In this study, we examined the in vivo antitumor effects of miR-34b/c using adenovirus vector on MPM. We subcutaneously transplanted NCI-H290, a human MPM cell line, into BALB/C mice and injected adenovirus vector expressing miR-34b/c, luciferase driven by the cytomegalovirus promoter (Ad-miR-34b/c or Ad-Luc), or PBS control into tumors over 5mm in diameter. A statistically significant growth inhibition of the tumor volume was observed in the Ad-miR-34b/c group from day 6 onward compared to the Ad-Luc group. The inhibitionrate of Ad-miR-34b/c, compared to the tumor volume treated with Ad-Luc, was 58.6% on day 10 and 54.7% on day13. Our results indicate that adenovirus-mediated miR-34b/c gene therapy could be useful for the clinical treatment of MPM.

    DOI: 10.18926/AMO/52140

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014376395

  • Adult mesenchymal hamartoma of the chest wall: report of a case.

    Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Koichi Ichimura, Yusuke Konishi, Shinichi Toyooka, Takayuki Nojima, Shinichiro Miyoshi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   20 Suppl   663 - 5   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present an adult case of the chest wall tumor, which was accidentally pointed out by a medical checkup. Surgical resection was performed for the tumor, as preoperative biopsy of the tumor suggested the possibility of malignancy. Postoperative pathological examination revealed the diagnosis of mesenchymal hamartoma of the chest wall, which usually occurs in early infancy and childhood. Immunohistochemical staining for Sox9 was positive for chondrocytes and partially positive for spindle tumor cells. It is considered that the present case was not pointed out until the patient became an adult, because the tumor was relatively small and thus asymptomatic.

    DOI: 10.5761/atcs.cr.13-00225

    PubMed

    researchmap

  • 【最新肺癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】肺癌の分子生物学と発癌機序 分子生物学 マイクロRNA変化

    山本 寛斉, 宗 淳一, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本臨床   71 ( 増刊6 最新肺癌学 )   109 - 113   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • 多数の具体的達成・評価項目票使用による診療参加型臨床実習の導入

    山根 正修, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 万代 康弘, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    医学教育   44 ( Suppl. )   110 - 110   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • Micropapillary componentを有する肺腺癌の遺伝子異常

    古川 公之, 豊岡 伸一, 市村 浩一, 宗 淳一, 橋田 真輔, 多田 龍平, 枝園 和彦, 山本 寛斎, 浅野 博昭, 佃 和憲, 三好 新一郎

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   552 - 552   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • DIRECT THERAPEUTIC EFFECT OF REIC/DKK-3-ENCODING ADENOVIRAL VECTOR FOR NON-SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Yamamoto Hiromasa, Tanaka Norimitsu, Toyooka Shinichi, Watanabe Masami, Sakaguchi Masakiyo, Soh Junichi, Shien Kazuhiko, Furukawa Masashi, Asano Hiroaki, Tsukuda Kazunori, Nasu Yasutomo, Huh Nam-ho, Kumon Hiromi, Miyoshi Shinichirou

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   7 ( 11 )   S463   2012年11月

  • 新規に樹立した悪性胸膜中皮腫細胞株の分子生物学的解析

    山本 寛斉, 多田 龍平, 枝園 和彦, 古川 公之, 宗 淳一, 三村 雄輔, 片山 英樹, 青江 啓介, 岡部 和倫, 松本 常男, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   550 - 550   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • まれなEGFR変異を有する肺腺癌の1例

    木村 紘爾, 山根 正修, 豊岡 伸一, 古川 公之, 難波 圭, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   650 - 650   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 微小乳頭状肺腺癌におけるEGFR、K-ras、EML4-ALKの変異の様式(EGFR, K-ras and EML4-ALK mutational profile of lung adenocarcinomas with micropapillary component)

    古川 公之, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   671 - 671   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 正常中皮細胞におけるmicroRNA34の抑制効果 Tiny RNA drives mesothelial cell mad

    田中 則光, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 佃 和憲, 枝園 和彦, 古川 公之, 村岡 孝幸, 牧 佑歩, 上野 剛, 久保 孝文, 山本 寛斎, 浅野 博昭, 大槻 剛巳, 三好 新一郎

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   1275 - 1275   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌に対する新たな個別化治療戦略 REIC/Dkk-3遺伝子治療の可能性

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 田中 則光, 渡部 昌実, 山本 寛斉, 阪口 政清, 許 南浩, 那須 保友, 公文 裕巳, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   26 ( 3 )   P17 - 01   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • The anti-proliferative effect of heat shock protein 90 inhibitor, 17-DMAG, on non-small-cell lung cancers being resistant to EGFR tyrosine kinase inhibitor. 国際誌

    Naruyuki Kobayashi, Shinichi Toyooka, Junichi Soh, Hiromasa Yamamoto, Hideaki Dote, Kensuke Kawasaki, Hiroki Otani, Takafumi Kubo, Masaru Jida, Tsuyoshi Ueno, Midori Ando, Atsuko Ogino, Katsuyuki Kiura, Shinichiro Miyoshi

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   75 ( 2 )   161 - 6   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Acquired resistance to epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors (EGFR-TKIs), gefitinib and erlotinib, is frequently observed after initiation of TKIs therapy. Non-small-cell lung cancers (NSCLC) with activating EGFR mutations were reported to be sensitive to heat shock protein 90 (Hsp90) inhibitors regardless of the secondary TKI-resistant T790M mutation. We established EGFR-TKI resistant clones for PC-9 cell lines, harboring EGFR exon 19 deletions, with or without the secondary T790M mutation. We examined the anti-proliferative effect of 17-dimethylaminoethylamino-17-demethoxygeldanamycin (17-DMAG), an orally active Hsp90 inhibitor, on the growth of NSCLC cell lines in vitro and in vivo. In MTS assay, the IC(50) values of 17-DMAG for 13 EGFR-mutant cell lines including eight EGFR-TKI resistant cell lines ranged from 0.04 to 0.16 μM while those for seven EGFR-wild type cell lines ranged from 1.6 to 27.4 μM. Western blot analysis revealed that phospho-EGFR, phospho-Akt, phospho-MAPK, cdk4, and cyclin D1 were more readily depleted by 17-DMAG treatment in EGFR-mutant cell lines than in EGFR-wild type cell lines. Cleaved PARP expression confirmed apoptosis in response to 17-DMAG treatment in EGFR-mutant cell lines but not in EGFR-wild type cell lines. In mice xenograft models, 17-DMAG significantly reduced the growth of EGFR-mutant lines irrespective of T790M mutation. These results suggested that 17-DMAG is a potential novel therapeutic agent for NSCLC patients with EGFR mutations with or without EGFR-TKI resistance.

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2011.04.022

    PubMed

    researchmap

  • 急速に増大し胸部放射線化学療法が著効した胸膜原発malignant solitary fibrous tumorと考えられた1例

    伊佐 勝典, 近森 研一, 青江 啓介, 岸野 大蔵, 畝川 芳彦, 片山 英樹, 村上 一生, 尾形 佳子, 大石 景士, 神徳 済, 坂本 健次, 関 千尋, 石田 浩一, 前田 忠士, 上岡 博, 榮 勝美, 山本 寛斉, 松田 英祐, 田尾 裕之, 岡部 和倫

    肺癌   52 ( 1 )   122 - 123   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 術後経過観察中に,サルコイド様反応によると考えられる縦隔リンパ節腫大を認めた肺腺癌の2例

    田尾 裕之, 山本 寛斉, 松田 英祐, 岡部 和倫, 杉 和郎

    気管支学   34 ( 3 )   246 - 251   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    背景.肺癌の切除術後に,サルコイド様反応による縦隔リンパ節腫大を認めることがあり,リンパ節転移との鑑別を要する.症例.症例1は64歳男性.臨床病期IAの肺腺癌に対して消極的縮小手術として楔状切除を施行した.術後3年目に縦隔リンパ節腫大を認め,超音波気管支鏡ガイド下針生検(endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration : EBUS-TBNA)により,非乾酪性肉芽腫を認めた.症例2は79歳女性.肺腺癌に対して左上葉切除を施行,病理病期IAであり外来で経過観察を行っていた.手術から2年8か月後に,経過観察のCTで縦隔リンパ節の腫大を認め, EBUS-TBNAにより非乾酪性肉芽腫を認めた.両者とも,眼・心・皮膚その他臓器にサルコイドーシスを示唆する病変を認めず,サルコイド様反応と考えた.結論.肺癌手術後にサルコイド様反応による縦隔リンパ節腫大を認める場合があり,再発との鑑別のために組織診断を行うことが望ましい.

    DOI: 10.18907/jjsre.34.3_246

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 胸腺癌切除後の再発症例における治療成績の検討

    重松 久之, 安藤 陽夫, 枝園 和彦, 井野川 英利, 前田 宏也, 末久 弘, 澤田 茂樹, 山下 素弘, 岡崎 幹生, 佐野 由文, 山本 寛斉, 岡部 和倫, 三好 新一郎

    肺癌   51 ( 5 )   506 - 506   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 神経内分泌癌の診断と治療 I期肺大細胞神経内分泌癌切除症例に対する診断および治療成績 岡山大学呼吸器外科研究会共同研究

    岡崎 幹生, 佐野 由文, 山本 寛斉, 岡部 和倫, 末久 弘, 山下 素弘, 上野 剛, 豊岡 伸一, 中田 昌男, 重松 久之, 安藤 陽夫, 井野川 英利, 前田 宏也, 永廣 格, 片岡 正文, 森山 重治, 水谷 尚雄, 杉本 龍士郎, 小谷 一敏, 三好 新一郎

    肺癌   51 ( 5 )   354 - 354   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫に対するマイクロRNA34b/cを用いたアデノウイルス遺伝子治療の可能性(Anti-proliferative effect of microRNA-34b/c adenoviral gene transfer on malignant pleural mesotheliomas)

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 久保 孝文, 上野 剛, 深澤 拓也, 阪口 政清, 佃 和憲, 浅野 博昭, 山本 寛斉, 許 南浩, 三好 新一郎

    日本癌学会総会記事   70回   267 - 267   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • Epigenetic silencing of microRNA-34b/c plays an important role in the pathogenesis of malignant pleural mesothelioma. 国際誌

    Takafumi Kubo, Shinichi Toyooka, Kazunori Tsukuda, Masakiyo Sakaguchi, Takuya Fukazawa, Junichi Soh, Hiroaki Asano, Tsuyoshi Ueno, Takayuki Muraoka, Hiromasa Yamamoto, Yasutomo Nasu, Takumi Kishimoto, Harvey I Pass, Hideki Matsui, Nam-Ho Huh, Shinichiro Miyoshi

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   17 ( 15 )   4965 - 74   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Malignant pleural mesothelioma (MPM) is an aggressive tumor with a dismal prognosis. Unlike other malignancies, TP53 mutations are rare in MPM. Recent studies have showed that altered expression of microRNA (miRNA) is observed in human malignant tumors. In this study, we investigated the alterations of miR-34s, a direct transcriptional target of TP53, and the role of miR-34s on the pathogenesis of MPM. EXPERIMENTAL DESIGN: Aberrant methylation and expression of miR-34s were examined in MPM cell lines and tumors. miR-34b/c was transfected to MPM cells to estimate the protein expression, cell proliferation, invasion, and cell cycle. RESULTS: Aberrant methylation was present in 2 (33.3%) of 6 MPM cell lines and 13 (27.7%) of 47 tumors in miR-34a and in all 6 MPM cell lines (100%) and 40 (85.1%) of 47 tumors in miR-34b/c. Expression of miR-34a and 34b/c in all methylated cell lines was reduced and restored with 5-aza-2'-deoxycytidine treatment. Because epigenetic silencing was the major event in miR-34b/c, we investigated the functional role of miR-34b/c in MPM. miR-34b/c-transfected MPM cells with physiologic miR-34b/c expression exhibited antiproliferation with G(1) cell cycle arrest and suppression of migration, invasion, and motility. The forced overexpression of miR-34b/c, but not p53, showed a significant antitumor effect with the induction of apoptosis in MPM cells. CONCLUSIONS: We show that the epigenetic silencing of miR-34b/c by methylation is a crucial alteration and plays an important role in the tumorigenesis of MPM, suggesting potential therapeutic options for MPM.

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-10-3040

    PubMed

    researchmap

  • 気管支鏡検査が診断に有用であった繰り返す肺炎の1例

    関 千尋, 尾形 佳子, 神徳 済, 大石 景士, 坂本 健次, 岡部 和倫, 田尾 裕之, 松田 英祐, 山本 寛斉, 小林 成紀, 杉 和郎, 前田 忠士, 青江 啓介, 近森 研一, 岸野 大蔵, 上岡 博

    気管支学   33 ( 3 )   200 - 200   2011年5月

  • 肺癌特異的癌抑制遺伝子であるLKB1遺伝子不活化メカニズムに関する検討

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 重松 久之, 上野 剛, 久保 孝文, 浅野 博昭, 山根 正修, 佃 和憲, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   501 - 501   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌診療の分子生物学的展開 肺腺癌の遺伝子異常はどこまで解明されたか? EGFR、KRAS遺伝子変異・増幅を中心に肺腺癌に迫る

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 重松 久之, 上野 剛, 久保 孝文, 浅野 博昭, 山根 正修, 佃 和憲, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   372 - 372   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌診療の分子生物学的展開 EGFR変異肺癌に対する治療戦略 現在と今後

    豊岡 伸一, 宗 淳一, 大谷 弘樹, 小林 成行, 久保 孝文, 上野 剛, 山本 寛斉, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   373 - 373   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • EGFR阻害剤耐性を示すEGFR変異陽性肺癌細胞株に対するHeat shock protein 90阻害剤の抗腫瘍効果の検討

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 小林 成行, 山本 寛斉, 土手 秀樹, 大谷 弘樹, 久保 孝文, 治田 賢, 上野 剛, 安藤 翠, 荻野 敦子, 木浦 勝行, 三好 新一郎

    組織培養研究   29 ( 1 )   122 - 123   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本組織培養学会  

    researchmap

  • 肺転移による気道狭窄に対しステント留置が有用であった前立腺癌の1例

    青江 啓介, 岸野 大蔵, 片山 英樹, 近森 研一, 前田 忠士, 上岡 博, 大石 景士, 尾形 佳子, 村上 一生, 畝川 芳彦, 山本 寛斉, 田尾 裕之, 松田 英祐, 岡部 和倫, 杉 和郎

    気管支学   32 ( 2 )   205 - 206   2010年3月

  • 肺癌細胞株におけるTAE226の変異型EGFRチロシンキナーゼ特異的な不活化作用とその抗腫瘍効果の検討

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 大谷 弘樹, 高岡 宗徳, 阪口 正清, 治田 賢, 久保 孝文, 山本 寛斉, 浅野 博昭, 佃 和憲, 木浦 勝行, 許 南浩, 猶本 良夫, 三好 新一郎

    組織培養研究   29 ( 1 )   121 - 121   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本組織培養学会  

    researchmap

  • The estrogen receptor influences microtubule-associated protein tau (MAPT) expression and the selective estrogen receptor inhibitor fulvestrant downregulates MAPT and increases the sensitivity to taxane in breast cancer cells. 国際誌

    Hirokuni Ikeda, Naruto Taira, Fumikata Hara, Takeo Fujita, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Shinichi Toyooka, Tomohiro Nogami, Tadahiko Shien, Hiroyoshi Doihara, Shinichiro Miyoshi

    Breast cancer research : BCR   12 ( 3 )   R43   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Microtubule-associated protein tau (MAPT) inhibits the function of taxanes and high expression of MAPT decreases the sensitivity to taxanes. The relationship between estrogen receptor (ER) and MAPT in breast cancer is unclear. In this study, we examined the correlation of MAPT expression with the sensitivity of human breast cancer cells to taxanes, and the relationship between ER and MAPT. METHODS: The correlation between MAPT expression and sensitivity to taxanes was investigated in 12 human breast cancer cell lines. Alterations in cellular sensitivity to taxanes were evaluated after knockdown of MAPT expression. ER expression was knocked down or stimulated in MAPT- and ER-positive cell lines to examine the relationship between ER and MAPT. The cells were also treated with hormone drugs (tamoxifen and fulvestrant) and taxanes. RESULTS: mRNA expression of MAPT did not correlate with sensitivity to taxanes. However, expression of MAPT protein isoforms of less than 70 kDa was correlated with a low sensitivity to taxanes. Downregulation of MAPT increased cellular sensitivity to taxanes. MAPT protein expression was increased by stimulation with 17-beta-estradiol or tamoxifen, but decreased by ER downregulation and by fulvestrant, an ER inhibitor. The combination of fulvestrant with taxanes had a synergistic effect, whereas tamoxifen and taxanes had an antagonistic effect. CONCLUSIONS: Expression of MAPT protein isoforms of less than 70 kDa is correlated with a low sensitivity to taxanes in breast cancer cells. ER influences MAPT expression and fulvestrant increases the sensitivity to taxanes in MAPT- and ER-positive breast cancer cells.

    DOI: 10.1186/bcr2598

    PubMed

    researchmap

  • Oncogene mutations, copy number gains and mutant allele specific imbalance (MASI) frequently occur together in tumor cells. 国際誌

    Junichi Soh, Naoki Okumura, William W Lockwood, Hiromasa Yamamoto, Hisayuki Shigematsu, Wei Zhang, Raj Chari, David S Shames, Ximing Tang, Calum MacAulay, Marileila Varella-Garcia, Tõnu Vooder, Ignacio I Wistuba, Stephen Lam, Rolf Brekken, Shinichi Toyooka, John D Minna, Wan L Lam, Adi F Gazdar

    PloS one   4 ( 10 )   e7464   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Activating mutations in one allele of an oncogene (heterozygous mutations) are widely believed to be sufficient for tumorigenesis. However, mutant allele specific imbalance (MASI) has been observed in tumors and cell lines harboring mutations of oncogenes. METHODOLOGY/PRINCIPAL FINDINGS: We determined 1) mutational status, 2) copy number gains (CNGs) and 3) relative ratio between mutant and wild type alleles of KRAS, BRAF, PIK3CA and EGFR genes by direct sequencing and quantitative PCR assay in over 400 human tumors, cell lines, and xenografts of lung, colorectal, and pancreatic cancers. Examination of a public database indicated that homozygous mutations of five oncogenes were frequent (20%) in 833 cell lines of 12 tumor types. Our data indicated two major forms of MASI: 1) MASI with CNG, either complete or partial; and 2) MASI without CNG (uniparental disomy; UPD), due to complete loss of wild type allele. MASI was a frequent event in mutant EGFR (75%) and was due mainly to CNGs, while MASI, also frequent in mutant KRAS (58%), was mainly due to UPD. Mutant: wild type allelic ratios at the genomic level were precisely maintained after transcription. KRAS mutations or CNGs were significantly associated with increased ras GTPase activity, as measured by ELISA, and the two molecular changes were synergistic. Of 237 lung adenocarcinoma tumors, the small number with both KRAS mutation and CNG were associated with shortened survival. CONCLUSIONS: MASI is frequently present in mutant EGFR and KRAS tumor cells, and is associated with increased mutant allele transcription and gene activity. The frequent finding of mutations, CNGs and MASI occurring together in tumor cells indicates that these three genetic alterations, acting together, may have a greater role in the development or maintenance of the malignant phenotype than any individual alteration.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0007464

    PubMed

    researchmap

  • 肺腺癌におけるKRAS遺伝子変化の生物学的活性および予後に対する効果の検討

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 重松 久之, 山根 正修, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 三好 新一郎

    肺癌   49 ( 5 )   624 - 624   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • MET gene amplification or EGFR mutation activate MET in lung cancers untreated with EGFR tyrosine kinase inhibitors. 国際誌

    Takafumi Kubo, Hiromasa Yamamoto, William W Lockwood, Ilse Valencia, Junichi Soh, Michael Peyton, Masaru Jida, Hiroki Otani, Tetsuya Fujii, Mamoru Ouchida, Nagio Takigawa, Katsuyuki Kiura, Kenji Shimizu, Hiroshi Date, John D Minna, Marileila Varella-Garcia, Wan L Lam, Adi F Gazdar, Shinichi Toyooka

    International journal of cancer   124 ( 8 )   1778 - 84   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We analyzed MET protein and copy number in NSCLC with or without EGFR mutations untreated with EGFR tyrosine kinase inhibitors (TKIs). MET copy number was examined in 28 NSCLC and 4 human bronchial epithelial cell lines (HBEC) and 100 primary tumors using quantitative real-time PCR. Positive results were confirmed by array comparative genomic hybridization and fluorescence in-situ hybridization. Total and phospho-MET protein expression was determined in 24 NSCLC and 2 HBEC cell lines using Western blot. EGFR mutations were examined for exon 19 deletions, T790M, and L858R. Knockdown of EGFR with siRNA was performed to examine the relation between EGFR and MET activation. High-level MET amplification was observed in 3 of 28 NSCLC cell lines and in 2 of 100 primary lung tumors that had not been treated with EGFR-TKIs. MET protein was highly expressed and phosphorylated in all the 3 cell lines with high MET amplification. In contrast, 6 NSCLC cell lines showed phospho-MET among 21 NSCLC cell lines without MET amplification (p = 0.042). Furthermore, those 6 cell lines harboring phospho-MET expression without MET amplification were all EGFR mutant (p = 0.0039). siRNA-mediated knockdown of EGFR abolished phospho-MET expression in examined 3 EGFR mutant cell lines of which MET gene copy number was not amplified. By contrast, phospho-MET expression in 2 cell lines with amplified MET gene was not down-regulated by knockdown of EGFR. Our results indicated that MET amplification was present in untreated NSCLC and EGFR mutation or MET amplification activated MET protein in NSCLC.

    DOI: 10.1002/ijc.24150

    PubMed

    researchmap

  • Alterations in genes of the EGFR signaling pathway and their relationship to EGFR tyrosine kinase inhibitor sensitivity in lung cancer cell lines. 国際誌

    Jeet Gandhi, Jianling Zhang, Yang Xie, Junichi Soh, Hisayuki Shigematsu, Wei Zhang, Hiromasa Yamamoto, Michael Peyton, Luc Girard, William W Lockwood, Wan L Lam, Marileila Varella-Garcia, John D Minna, Adi F Gazdar

    PloS one   4 ( 2 )   e4576   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Deregulation of EGFR signaling is common in non-small cell lung cancers (NSCLC) and this finding led to the development of tyrosine kinase inhibitors (TKIs) that are highly effective in a subset of NSCLC. Mutations of EGFR (mEGFR) and copy number gains (CNGs) of EGFR (gEGFR) and HER2 (gHER2) have been reported to predict for TKI response. Mutations in KRAS (mKRAS) are associated with primary resistance to TKIs. METHODOLOGY/PRINCIPAL FINDINGS: We investigated the relationship between mutations, CNGs and response to TKIs in a large panel of NSCLC cell lines. Genes studied were EGFR, HER2, HER3 HER4, KRAS, BRAF and PIK3CA. Mutations were detected by sequencing, while CNGs were determined by quantitative PCR (qPCR), fluorescence in situ hybridization (FISH) and array comparative genomic hybridization (aCGH). IC50 values for the TKIs gefitinib (Iressa) and erlotinib (Tarceva) were determined by MTS assay. For any of the seven genes tested, mutations (39/77, 50.6%), copy number gains (50/77, 64.9%) or either (65/77, 84.4%) were frequent in NSCLC lines. Mutations of EGFR (13%) and KRAS (24.7%) were frequent, while they were less frequent for the other genes. The three techniques for determining CNG were well correlated, and qPCR data were used for further analyses. CNGs were relatively frequent for EGFR and KRAS in adenocarcinomas. While mutations were largely mutually exclusive, CNGs were not. EGFR and KRAS mutant lines frequently demonstrated mutant allele specific imbalance i.e. the mutant form was usually in great excess compared to the wild type form. On a molar basis, sensitivity to gefitinib and erlotinib were highly correlated. Multivariate analyses led to the following results: 1. mEGFR and gEGFR and gHER2 were independent factors related to gefitinib sensitivity, in descending order of importance. 2. mKRAS was associated with increased in vitro resistance to gefitinib. CONCLUSIONS/SIGNIFICANCE: Our in vitro studies confirm and extend clinical observations and demonstrate the relative importance of both EGFR mutations and CNGs and HER2 CNGs in the sensitivity to TKIs.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0004576

    PubMed

    researchmap

  • Genetic predictors of MEK dependence in non-small cell lung cancer. 国際誌

    Christine A Pratilas, Aphrothiti J Hanrahan, Ensar Halilovic, Yogindra Persaud, Junichi Soh, Dhananjay Chitale, Hisayuki Shigematsu, Hiromasa Yamamoto, Ayana Sawai, Manickam Janakiraman, Barry S Taylor, William Pao, Shinichi Toyooka, Marc Ladanyi, Adi Gazdar, Neal Rosen, David B Solit

    Cancer research   68 ( 22 )   9375 - 83   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hyperactivated extracellular signal-regulated kinase (ERK) signaling is common in human cancer and is often the result of activating mutations in BRAF, RAS, and upstream receptor tyrosine kinases. To characterize the mitogen-activated protein kinase/ERK kinase (MEK)/ERK dependence of lung cancers harboring BRAF kinase domain mutations, we screened a large panel of human lung cancer cell lines (n = 87) and tumors (n = 916) for BRAF mutations. We found that non-small cell lung cancers (NSCLC) cells with both V600E and non-V600E BRAF mutations were selectively sensitive to MEK inhibition compared with those harboring mutations in epidermal growth factor receptor (EGFR), KRAS, or ALK and ROS kinase fusions. Supporting its classification as a "driver" mutation in the cells in which it is expressed, MEK inhibition in (V600E)BRAF NSCLC cells led to substantial induction of apoptosis, comparable with that seen with EGFR kinase inhibition in EGFR mutant NSCLC models. Despite high basal ERK phosphorylation, EGFR mutant cells were uniformly resistant to MEK inhibition. Conversely, BRAF mutant cell lines were resistant to EGFR inhibition. These data, together with the nonoverlapping pattern of EGFR and BRAF mutations in human lung cancer, suggest that these lesions define distinct clinical entities whose treatment should be guided by prospective real-time genotyping. To facilitate such an effort, we developed a mass spectrometry-based genotyping method for the detection of hotspot mutations in BRAF, KRAS, and EGFR. Using this assay, we confirmed that BRAF mutations can be identified in a minority of NSCLC tumors and that patients whose tumors harbor BRAF mutations have a distinct clinical profile compared with those whose tumors harbor kinase domain mutations in EGFR.

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-08-2223

    PubMed

    researchmap

  • The aberrant promoter methylation of BMP3b and BMP6 in malignant pleural mesotheliomas. 国際誌

    Kentaro Kimura, Shinichi Toyooka, Kazunori Tsukuda, Hiromasa Yamamoto, Hiroshi Suehisa, Junichi Soh, Hiroki Otani, Takafumi Kubo, Keisuke Aoe, Nobukazu Fujimoto, Takumi Kishimoto, Yoshifumi Sano, Harvery I Pass, Hiroshi Date

    Oncology reports   20 ( 5 )   1265 - 8   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bone morphogenetic proteins (BMPs) belong to the transforming growth factor-beta superfamily. Recent studies have showed that aberrant methylation of BMP genes is present in several types of human cancer. We examined the expression and methylation status of BMP3b and BMP6 in malignant pleural mesotheliomas (MPMs). The expression status of BMP3b, and BMP6 mRNAs were examined in seven MPM cell lines by RT-PCR assay. The expression of BMP3b was completely suppressed in 2 and partially suppressed in 2 of 7 cell lines and expression of BMP6 was partially suppressed in 2 cell lines. Methylation status of BMP3b in cell lines was determined by methylation-specific assay to find aberrant methylation in 6 cell lines which include 4 cell lines with suppressed BMP3b expression. Partial methylation of BMP6 was found in 2 cell lines whose expression was partially suppressed. Treatment with 5-Aza-dC restored BMP3b expression in methylated cell lines. Next, we examined the methylation status in 57 surgically resected MPM cases and found aberrant methylation of BMP3b in 9 (53%) out of 17 cases from Japan and 3 (8%) of 40 cases from USA and that of BMP6 in 4 (24%) cases from Japan and 12 (30%) cases from USA, showing significant difference in frequency of BMP3b methylation between MPMs of the two countries (P=0.0004). Our study indicated that BMP3b and BMP6 genes were suppressed by DNA methylation and methylation of BMP3b is significantly frequent in Japanese MPMs, suggesting its pathogenic role and the ethnic difference in MPMs.

    PubMed

    researchmap

  • 肺癌におけるPIK3CA遺伝子異常と機能解析

    山本 寛斉, 重松 久之, 野村 将春, ロックウッド・ウィリアム, 佐藤 光夫, 奥村 直樹, 宗 淳一, 鈴木 実, ウィストゥバ・イグナシオ, フォン・クワン, リー・ヒュエイ, 豊岡 伸一, 伊達 洋至, ラム・ワン, ミンナ・ジョン, ガズダー・アディ

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   797 - 797   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • ゲフィチニブ未使用肺癌におけるMET遺伝子増幅について

    久保 孝文, 山本 寛斉, 宗 淳一, 藤井 徹也, 大内田 守, 瀧川 奈義夫, 木浦 勝行, 清水 憲二, 伊達 洋至, 豊岡 伸一

    肺癌   48 ( 5 )   508 - 508   2008年10月

  • Frequent p16 inactivation by homozygous deletion or methylation is associated with a poor prognosis in Japanese patients with pleural mesothelioma. 国際誌

    Naruyuki Kobayashi, Shinichi Toyooka, Hiroyuki Yanai, Junichi Soh, Nobukazu Fujimoto, Hiromasa Yamamoto, Shuji Ichihara, Kentaro Kimura, Kouichi Ichimura, Yoshifumi Sano, Takumi Kishimoto, Hiroshi Date

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   62 ( 1 )   120 - 5   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study examined the p16 expression status and the P16 gene deletion and methylation status in specimens from Japanese patients with malignant pleural mesothelioma (MPM). Immunohistochemical staining for p16 protein and fluorescence in situ hybridization for the P16 gene were performed using specimens from 30 Japanese patients with primary MPM. The methylation status of the P16 gene was examined in 13 patients whose frozen tumor specimens were available using a methylation-specific PCR assay. Among the 30 patients, the loss of p16 protein expression was observed in 24 patients (80.0%). Twenty-one patients had homozygous deletions, and 9 patients retained the P16 gene. None of the patients with P16 homozygous deletions exhibited p16-positive expression, and 3 patients who retained the P16 gene did not exhibit p16-positive expression. Aberrant P16 methylation was present in two patients with an intact P16 gene but without p16 expression. These results suggest that either a homozygous deletion or methylation is responsible for P16 inactivation. Regarding the prognosis, patients with p16-negative expression had a significantly shorter survival time than those with p16-positive expression (P=0.040). Our study showed that P16 inactivation by homozygous deletions or methylation is a frequent event in Japanese patients with MPMs, relating to poor prognosis. Homozygous deletion is the major cause of P16 inactivation, but methylation also lead to the inactivation of P16 when the P16 alleles are retained.

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2008.02.013

    PubMed

    researchmap

  • EGFR遺伝子異常を伴う肺癌細胞株におけるTAE226の抗腫瘍効果

    大谷 弘樹, 豊岡 伸一, 渡辺 信之, 治田 賢, 高岡 宗徳, 久保 孝文, 山本 寛斉, 山根 正修, 大藤 剛宏, 大橋 圭明, 荻野 敦子, 木浦 勝行, 猶本 良夫, 佐野 由文

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   798 - 798   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • PIK3CA mutations and copy number gains in human lung cancers. 国際誌

    Hiromasa Yamamoto, Hisayuki Shigematsu, Masaharu Nomura, William W Lockwood, Mitsuo Sato, Naoki Okumura, Junichi Soh, Makoto Suzuki, Ignacio I Wistuba, Kwun M Fong, Huei Lee, Shinichi Toyooka, Hiroshi Date, Wan L Lam, John D Minna, Adi F Gazdar

    Cancer research   68 ( 17 )   6913 - 21   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the frequency and function of mutations and increased copy number of the PIK3CA gene in lung cancers. PIK3CA mutations are one of the most common gene changes present in human cancers. We analyzed the mutational status of exons 9 and 20 and gene copy number of PIK3CA using 86 non-small cell lung cancer (NSCLC) cell lines, 43 small cell lung cancer (SCLC) cell lines, 3 extrapulmonary small cell cancer (ExPuSC) cell lines, and 691 resected NSCLC tumors and studied the relationship between PIK3CA alterations and mutational status of epidermal growth factor receptor (EGFR) signaling pathway genes (EGFR, KRAS, HER2, and BRAF). We also determined PIK3CA expression and activity and correlated the findings with effects on cell growth. We identified mutations in 4.7% of NSCLC cell lines and 1.6% of tumors of all major histologic types. Mutations in cell lines of small cell origin were limited to two ExPuSC cell lines. PIK3CA copy number gains were more frequent in squamous cell carcinoma (33.1%) than in adenocarcinoma (6.2%) or SCLC lines (4.7%). Mutational status of PIK3CA was not mutually exclusive to EGFR or KRAS. PIK3CA alterations were associated with increased phosphatidylinositol 3-kinase activity and phosphorylated Akt expression. RNA interference-mediated knockdown of PIK3CA inhibited colony formation of cell lines with PIK3CA mutations or gains but was not effective in PIK3CA wild-type cells. PIK3CA mutations or gains are present in a subset of lung cancers and are of functional importance.

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-07-5084

    PubMed

    researchmap

  • ゲフィチニブ未使用肺癌におけるMET遺伝子増幅について(METGene Amplification in Lung Cancers Untreated With Gefitinib)

    久保 孝文, 山本 寛斉, 宗 淳一, 大内田 守, 瀧川 奈義夫, 木浦 勝行, 清水 憲二, 伊達 洋至, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   67回   275 - 275   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 縦隔巨大軟骨肉腫に対して外科的切除を施行し得た1例

    平野 豊, 枝園 和彦, 古川 公之, 野上 智弘, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    岡山医学会雑誌   120 ( 2 )   246 - 246   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • Non-BAC component but not epidermal growth factor receptor gene mutation is associated with poor outcomes in small adenocarcinoma of the lung. 国際誌

    Naruyuki Kobayashi, Shinichi Toyooka, Kouichi Ichimura, Junichi Soh, Hiromasa Yamamoto, Keitaro Matsuo, Hiroki Otani, Masaru Jida, Takafumi Kubo, Kazunori Tsukuda, Katsuyuki Kiura, Yoshifumi Sano, Hiroshi Date

    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   3 ( 7 )   704 - 10   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: The purpose of this study was to identify risk factors for poor clinical outcome after surgical resection of small lung adenocarcinoma. MATERIALS AND METHODS: Clinical records of 127 patients who had pathologic stage IA lung adenocarcinoma 20 mm or less and who had undergone a lobectomy with mediastinal lymph node dissection were reviewed. The percentage of non-bronchioloalveolar carcinoma (non-BAC) components quantified objectively, and epidermal growth factor receptor gene (EGFR) mutation determined by polymerase chain reaction-based assay were retrospectively linked with clinical data. RESULTS: Based on the percentage of non-BAC component, 127 patients were classified as follows: 26 in group I, BAC, 46 in group II mixed subtype with >or= 50% BAC, 18 in group III, mixed subtype with under 50% BAC, and 37 in group IV, mixed subtype with all non-BAC components or a pure pattern of one of the non-BAC components. Groups I and II were considered to be a "low non-BAC component type" and groups III and IV were considered to be a "high non-BAC component type." EGFR mutations in exon19 and exon21 were observed in 64 patients (50.4%). In terms of recurrence, the high non-BAC component type was the only independent factor for recurrence (p = 0.029). Regarding survival, the high age (p = 0.028) and high non-BAC component type (p = 0.046) were independent risk factors for poor overall survival. They were also independent risk factors for poor disease-free survival (p = 0.025 and p = 0.027, respectively). CONCLUSION: The high non-BAC component but not EGFR mutation status, is an independent risk factor for both recurrence and poor prognosis in patients with stage IA lung adenocarcinoma <or=20 mm.

    DOI: 10.1097/JTO.0b013e31817c6080

    PubMed

    researchmap

  • 組織型が非常に稀な悪性胸膜中皮腫の1例

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 肥後 貴子, 岡崎 幹生, 田尾 裕之, 河本 純一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 伊達 洋至

    岡山医学会雑誌   120 ( 1 )   119 - 119   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • Detection of EGFR gene mutations using the wash fluid of CT-guided biopsy needle in NSCLC patients. 国際誌

    Hiroki Otani, Shinichi Toyooka, Junichi Soh, Hiromasa Yamamoto, Hiroshi Suehisa, Naruyuki Kobayashi, Hideo Gobara, Hidefumi Mimura, Katsuyuki Kiura, Yoshifumi Sano, Susumu Kanazawa, Hiroshi Date

    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   3 ( 5 )   472 - 6   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: In this study, we examined whether epidermal growth factor receptor (EGFR) mutations were detectable using a polymerase chain reaction-based assay and wash fluid of computed tomography (CT)-guided lung biopsy needles. METHODS: DNA was extracted from wash fluid of CT-guided biopsy needles of 53 lung tumors (as diagnosed according to the results of the CT-guided biopsies). EGFR mutations, specifically exon19 deletions and exon21 L858R mutations, were examined using a mutant-enriched polymerase chain reaction assay. We also examined the presence of EGFR mutations in 26 surgically resected tumor specimens and compared the results with those obtained for the corresponding wash fluid samples. RESULTS: The amount of DNA obtained for the wash fluid of the CT-guided biopsy needles ranged from 35 to 2360 ng. There were no significant differences in the amount of extracted DNA according to the tumor characteristics, including tumor size and the percentage of ground glass opacity. Thirty-four of the 53 lung tumor samples were histologically diagnosed as non-small cell lung cancer (NSCLC). Exon19 deletions and exon21 L858R mutations in EGFR were detected in 4 (12%) and 13 (38%) of 34 NSCLC cases, respectively. No EGFR mutations were found in the non-NSCLC cases. The EGFR mutation status in the wash fluid samples was consistent with those obtained for all 26 corresponding surgical specimens. CONCLUSION: Our results indicate that EGFR mutations can be detected using wash fluid of CT-guided biopsy needles. In this manner, the DNA genotype can be determined even in extremely small clinical specimens using highly sensitive assays.

    DOI: 10.1097/JTO.0b013e31816de2cd

    PubMed

    researchmap

  • Sequential molecular changes during multistage pathogenesis of small peripheral adenocarcinomas of the lung. 国際誌

    Junichi Soh, Shinichi Toyooka, Shuji Ichihara, Hiroaki Asano, Naruyuki Kobayashi, Hiroshi Suehisa, Hiroki Otani, Hiromasa Yamamoto, Kouichi Ichimura, Katsuyuki Kiura, Adi F Gazdar, Hiroshi Date

    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   3 ( 4 )   340 - 7   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: We investigated EGFR and KRAS alterations among atypical adenomatous hyperplasia and small lung adenocarcinomas with bronchioloalveolar features to understand their role during multistage pathogenesis. METHODS: Sixty lesions measuring 2 cm or less were studied, including 38 noninvasive lesions (4 atypical adenomatous hyperplasias, 19 Noguchi type A and 15 type B) and 22 invasive lesions (type C) based on the World Health Organization classification and Noguchi's criteria. EGFR and KRAS mutations were examined using PCR-based assays. EGFR copy number was evaluated using fluorescence in situ hybridization. RESULTS: EGFR and KRAS mutations were found in 26 (43.3%) and 5 (8.3%) lesions, respectively. Increased EGFR copy number status was identified in 10 lesions (16.7%), both mutant and wild type. EGFR or KRAS mutations were present in 39.5% and 7.9% (respectively) of noninvasive lesions and 50% or 9.1% (respectively) of invasive lesions. EGFR copy number was increased in 7.9% and 31.8% of noninvasive and invasive lesions (P = 0.029). Multivariate analysis revealed that increased EGFR copy number was the only significant factor to associate with invasive lesions (P = 0.035). CONCLUSIONS: EGFR and KRAS mutations occur early during the multistage pathogenesis of peripheral lung adenocarcinomas. By contrast, increased EGFR copy number is a late event during tumor development and plays a role in the progression of lung adenocarcinoma independent of the initiating molecular events.

    DOI: 10.1097/JTO.0b013e318168d20a

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 間質性肺炎合併肺癌に関するステートメント

    日本呼吸器学会, 日本呼吸器学会腫瘍学術部会, 日本呼吸器学会びまん性肺疾患学術部会( 担当: 共著)

    南江堂  2017年10月  ( ISBN:9784524255368

     詳細を見る

    総ページ数:xi, 114p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 〜臨床・画像・病理を通して理解できる!〜呼吸器疾患:Clinical-Radiological-Pathologicalアプローチ

    ( 担当: 共著)

    南江堂  2017年4月 

     詳細を見る

MISC

  • 進行肺癌に対し完全治癒を目指した術前導入治療後の外科手術

    山根正修, 三好健太郎, 大谷真二, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • ドナー胸腔内所見により再斡旋によるレシピエント変更後に肺移植を行った1例

    松原 慧, 大谷 真二, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 二萬 英斗, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   315 - 315   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 災害ボランティア活動に参加した喘息患者の血痰精査中に発見された右胸部異常陰影の一例

    鹿谷 芳伸, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 中田 憲太郎, 難波 圭, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 久保 寿夫, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    岡山医学会雑誌   131 ( 2 )   113 - 113   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科医によるトランスレーショナルリサーチ トランスレーショナル研究の経験

    豊岡 伸一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   WS - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 手掌多汗症に対する胸腔鏡下胸部交感神経交通枝切離術の手術成績

    黒崎 毅史, 森山 重治, 葉山 牧夫, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RV6 - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO20 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 保険診療に向けた肺癌に対するロボット支援手術の導入

    岡崎 幹生, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   P17 - 7   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • MET exon 14スキッピング変異肺癌に対する治療戦略 薬剤耐性克服を目指して

    諏澤 憲, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, ソムワー・ロメル, ラダニー・マーク, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO2 - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器感染症の外科治療 感染性肺疾患に対する肺移植の長期成績

    杉本 誠一郎, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   WS4 - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 術前放射線同時併用化学療法後手術を行った局所進行肺癌の術後再発に対する治療戦略 局所治療の有用性

    諏澤 憲, 宗 淳一, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO12 - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ラジオ波焼灼療法を契機に発症した肺膿瘍と膿胸に対する段階的手術の経験

    中田 憲太郎, 杉本 誠一郎, 鹿谷 芳伸, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO8 - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器以外の併存疾患を有する症例および高齢者肺癌の周術期管理 高齢者肺癌に対する多職種連携周術期管理による術後合併症減少の試み

    三浦 章博, 宗 淳一, 宮内 俊策, 荒木 恒太, 中田 憲太郎, 塩谷 俊雄, 高橋 優太, 黒崎 毅史, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   PD3 - 7   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 生体肺移植後慢性拒絶反応と血中Irisin濃度の関係

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO11 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 局所進行悪性胸部腫瘍に対する拡大手術 中枢進行型肺癌における自家肺移植(the Oto procedure)の長期成績

    塩谷 俊雄, 大谷 真二, 田中 真, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   PD2 - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植へのゲノム医療の応用

    杉本 誠一郎, 山本 治慎, 田中 真, 諏澤 憲, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 036   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • EGFR遺伝子検索が診断・治療の一助となった両側同時多発肺腺癌の1例

    梅田 将志, 山本 寛斉, 中田 憲太郎, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 1 )   99 - 99   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 左上葉切除術後6日目に診断しえた左上肺静脈断端血栓の1例

    本田 貴裕, 杉本 誠一郎, 鹿谷 芳伸, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 大藤 剛宏

    肺癌   59 ( 1 )   107 - 108   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 縦隔炎合併前縦隔腫瘍の1例

    三浦 章博, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹夫, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    岡山医学会雑誌   130 ( 3 )   185 - 185   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 肺移植後に発見された肺癌の検討

    大谷 真二, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    肺癌   58 ( 6 )   526 - 526   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する導入療法後肺切除術の晩期肺障害を考える

    宗 淳一, 杉本 誠一郎, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 勝井 邦彰, 大藤 剛宏, 木浦 勝行, 金澤 右, 豊岡 伸一

    肺癌   58 ( 6 )   567 - 567   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 免疫療法の新展開 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   58 ( 6 )   441 - 441   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 導入化学放射線療法後手術を施行した局所進行非小細胞肺癌患者に発症した肺アスペルギルス症

    杉本 誠一郎, 宗 淳一, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 木浦 勝行, 金澤 右, 豊岡 伸一

    肺癌   58 ( 6 )   569 - 569   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 乳がんにおけるネラチニブ耐性化の機序解析(Analyses of the mechanisms of the resistance to neratinib in breast cancer)

    武田 達明, 山本 寛斉, 冨田 秀太, 高橋 優太, 栗原 英祐, 大越 祐介, 枝園 和彦, 宗 淳一, 北村 佳久, 千堂 年昭, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   77回   839 - 839   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 骨髄異形成症候群を合併した若年者自然気胸に対する再発予防手術の適応

    塩谷 俊雄, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌   18 ( 2 )   109 - 109   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気胸・嚢胞性肺疾患学会  

    researchmap

  • 上縦隔に発生した肺葉外肺分画症の1例

    三浦 章博, 大谷 真二, 林 直宏, 荒木 恒太, 宮内 俊策, 塩谷 俊雄, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 6 )   1340 - 1340   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 脳死両側肺葉移植後に胸骨ワイヤーの皮下への迷入を認めた1例

    林 直宏, 三浦 章博, 山本 治慎, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 6 )   1340 - 1340   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肺移植後気管支合併症は脳死肺移植より生体肺移植の予後に大きな影響を与える

    杉本 誠一郎, 山根 正修, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   RO17 - 6   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する化学放射線療法後の心大血管合併切除手術

    宗 淳一, 佐藤 博紀, 難波 圭, 鳥越 英次郎, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   348 - 348   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 妊婦に合併した縦隔成熟奇形腫に対して手術を行った1例

    宮内 俊策, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   P64 - 4   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 異なる癌腫におけるHER2膜貫通領域の遺伝子変異の同定と最適化治療

    山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2157 - 2157   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • cN1非小細胞肺癌に対する術前化学放射線療法後手術の可能性

    高橋 優太, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   O6 - 2   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Superior sulcus tumorに対するtransmanubrial approachとVATSを組み合わせた仰臥位での左肺上葉切除

    塩谷 俊雄, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   V15 - 2   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • cN2非小細胞肺癌に対する術前導入療法後手術の治療成績の検討 治療後再発因子に注目して

    三浦 章博, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   RO11 - 4   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 診断および周術期管理に苦慮した縦隔炎合併胸腺嚢胞の1例

    高橋 洋祐, 枝園 和彦, 宗 淳一, 栗原 英祐, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   57 ( 7 )   907 - 907   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術の検討

    山本寛斉, 難波圭, 枝園和彦, 宗淳一, 大谷真二, 杉本誠一郎, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   412 - 412   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 椎体浸潤局所進行肺癌に対する腹臥位アプローチによる根治切除術

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 金澤 右, 木浦 勝行

    肺癌   57 ( 5 )   403 - 403   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • G-CSF投与による増悪が示唆された肺癌術後壊疽性膿皮症の1例

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 大谷 真二, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    肺癌   57 ( 5 )   497 - 497   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術の検討

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏

    肺癌   57 ( 5 )   485 - 485   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • REIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本 寛斉, 豊岡 伸一

    腫瘍内科 = Clinical oncology   20 ( 2 )   165 - 170   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:科学評論社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017342217

  • EWSの空洞内への脱落により気管支充填術に難渋した術後有瘻性膿胸の1例

    西井 和也, 山本 寛斉, 頼 冠名, 南 大輔, 狩野 裕久, 渡邉 洋美, 秦 雄介, 妹尾 賢, 山根 正修, 三好 新一郎, 木浦 勝行

    気管支学   39 ( Suppl. )   S341 - S341   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左肺下葉切除後に冠状動脈損傷をきたした一例

    栗原 英祐, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 小谷 恭弘, 大越 祐介, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P102 - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    難波 圭, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   RO6 - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 悪性・良性疾患に対する気道外科手術 気道再建術の要点 局所進行肺癌に対する術前化学放射線療法後手術を中心に

    豊岡 伸一, 佐藤 博紀, 枝園 和彦, 宗 淳一, 山本 寛斉, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   PD2 - 5   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌の術前化学放射線療法後手術後の術後再発に対する局所治療は有効か?

    宗 淳一, 諏澤 憲, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   RO11 - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 外科における分子標的治療の役割

    山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 諏澤 憲, 渡邉 元嗣, 佐藤 博紀, 鳥越 英次郎, 難波 圭, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   RO9 - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • G-CSF投与による増悪が示唆された肺癌術後壊疽性膿皮症の1例

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 大谷 真二, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    岡山医学会雑誌   129 ( 1 )   70 - 70   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 肺移植患者における胸骨横切開術後胸骨合併症の検討

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 大谷 真二, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 三好 新一郎, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P99 - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 線維性縦隔炎の一例

    大越 祐介, 山本 寛斉, 牧 佑歩, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P47 - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 術前化学放射線療法が奏効し完全切除し得た左房浸潤を伴う局所進行肺癌の1例

    高橋 優太, 枝園 和彦, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大塚 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P10 - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Stage 3胸腺癌に対する導入放射線療法後の手術におけるsemi-clamshellアプローチ

    川名 伸一, 三好 健太郎, 橋本 好平, 黒崎 毅史, 牧 佑歩, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   56 ( 7 )   1087 - 1087   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 右残肺全摘後の気管支断端瘻に対し,ヒストアクリルによる閉鎖術が有効であった1例

    勝部璃子, 宗淳一, 豊岡伸一, 黒崎毅史, 枝園和彦, 三好健太郎, 大谷真二, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   57th ( 6 )   643 - 643   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 陽型肺腺癌の1切除例

    清水大, 三好健太郎, 目崎久美, 枝園和彦, 杉本誠一郎, 山本寛斉, 宗淳一, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   57th   682   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 導入療法後肺切除時の大網被覆により術後胃排出障害を生じた2例

    土生智大, 枝園和彦, 豊岡伸一, 宗淳一, 二萬英斗, 山本寛斉, 黒崎毅史, 三好健太郎, 大谷真二, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   57th ( 6 )   851 - 851   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 右肺三葉合流部に発生し,安全に切除できた巨大孤発性線維性腫瘍の一例

    鹿谷芳伸, 宗淳一, 下田篤史, 黒崎毅史, 三好健太郎, 大谷真二, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   57th ( 6 )   611 - 611   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • FDGの高集積を伴う巨大前縦隔腫瘍を呈したCastleman病の1切除例

    大谷真二, 杉本誠一郎, 田中顕之, 鹿谷芳伸, 黒崎毅史, 枝園和彦, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   57th ( 6 )   595 - 595   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非小細胞肺癌切除症例における術前血漿中抗RPL29抗体価と予後

    山本 寛斉, 高木 章乃夫, 林 達朗, 古川 公之, 田尾 裕之, 枝園 和彦, 宗 淳一, 大谷 真二, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 岡部 和倫, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    肺癌   56 ( 6 )   518 - 518   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌の術前化学放射線療法後手術における予後栄養指数(PNI)の治療効果への影響

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 木浦 勝行, 金澤 右

    肺癌   56 ( 6 )   782 - 782   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌に対する左上葉切除後に発症した食道アカラシアの1例

    二萬 英斗, 宗 淳一, 枝園 和彦, 豊岡 伸一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   56 ( 6 )   749 - 749   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肉腫肺転移に対して区域切除以上の肺切除を施行した患者における術前予後予測因子の検討

    山本 治慎, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 宗 淳一, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   56 ( 6 )   534 - 534   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 高線量照射による術前化学放射線療法後手術症例の検討

    鳥越 英次郎, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   56 ( 6 )   525 - 525   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 頭部血管肉腫の肺転移に対して胸腔鏡下肺部分切除術が奏効した1例

    山本 絢乃, 松田 真由子, 加持 達弥, 山崎 修, 岩月 啓氏, 大橋 圭明, 秦 雄介, 山本 寛斉, 山本 治慎

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 11 )   2137 - 2137   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 胸骨原発軟骨肉腫に対し、胸骨体・左右肋軟骨部分切除およびpolypropylene meshによる胸壁再建を施行した1例

    川名 伸一, 山本 寛斉, 牧 佑歩, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 7 )   1863 - 1863   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 多発性肺動静脈瘻に対するコイル塞栓部に生じた非結核性抗酸菌症の1例

    目崎 久美, 杉本 誠一郎, 大亀 剛, 黒崎 毅史, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 7 )   1863 - 1863   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 胸骨原発軟骨肉腫に対し、胸骨体・左右肋軟骨部分切除およびpolypropylene meshによる胸壁再建を施行した1例

    川名 伸一, 山本 寛斉, 牧 佑歩, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    岡山医学会雑誌   128 ( 1 )   80 - 81   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • CO2送気併用による、鏡視下胸腺摘出術の利点と欠点

    牧 佑歩, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   P42 - 2   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Pathologically proven cN2局所進行非小細胞肺癌に対する術前化学放射線治療後手術療法の治療成績

    目崎 久美, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 鳥越 英次郎, 佐藤 博紀, 黒崎 毅史, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   P8 - 8   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する術前導入化学放射線療法後のスリーブ肺葉切除術の検討

    豊岡 伸一, 宗 淳一, 山本 寛斉, 牧 佑歩, 大谷 真二, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   IS2 - 4   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌の分子生物学の進歩と外科診療への応用

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 諏澤 憲, 宗 淳一, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   SY2 - 1   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫肺転移に対する肺切除の検討

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 牧 佑歩, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   O5 - 4   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌に対する根治的放射線化学療法後手術の治療成績

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 牧 佑歩, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   O2 - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • がんのバイオマーカーと分子標的治療 胸部悪性腫瘍に対するREIC遺伝子治療

    豊岡 伸一, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 牧 佑歩, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 公文 裕巳, 三好 新一郎

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PD - 10   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • cN2 stage IIIA非小細胞肺癌に対する導入化学放射線治療後外科療法の成績

    目崎 久美, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 鳥越 英次郎, 諏澤 憲, 牧 祐歩, 山本 寛斉, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 伊達 洋至, 三好 新一郎

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 030   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 多発性肺動静脈瘻に対するコイル塞栓部に生じた非結核性抗酸菌症の1例

    目崎 久美, 杉本 誠一郎, 大亀 剛, 黒崎 毅史, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    岡山医学会雑誌   128 ( 1 )   81 - 81   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 肺移植 肺移植後気管支合併症の特徴と長期予後 生体肺移植と脳死肺移植の違い

    杉本 誠一郎, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 牧 佑歩, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 三好 新一郎, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   PD1 - 2   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 診療科横断的周術期管理による、呼吸器外科手術後の合併症対策

    牧 佑歩, 宗 淳一, 鳥越 英次郎, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 森田 瑞樹, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 094   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肺動静脈瘻に対するコイル塞栓術に起因した非結核性抗酸菌症の1手術例

    目崎 久美, 杉本 誠一郎, 大亀 剛, 山根 正修, 黒崎 毅史, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   P68 - 3   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 全診療科中で学生評価の最も高い呼吸器外科臨床実習の実践

    山根 正修, 杉本 誠一郎, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   O11 - 2   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 乳癌におけるトラスツズマブ耐性化の要因解析とその克服に向けた新規アプローチ

    武田達明, 神崎浩孝, 宗淳一, 山本寛斉, 北村佳久, 北村佳久, 豊岡伸一, 豊岡伸一, 三好新一郎, 千堂年昭

    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ( 1 )   ROMBUNNO.GS05‐1 - 325   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Stage3胸腺癌に対する導入放射線療法後の手術におけるsemi‐clamshellアプローチ

    川名伸一, 三好健太郎, 橋本好平, 黒崎毅史, 牧佑歩, 大谷真二, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌(Web)   56 ( 7 )   1087(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 前縦隔滑膜肉腫の1切除例

    下田 篤史, 宋 淳一, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 牧 佑歩, 大谷 真二, 山本 寛斎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 7 )   1115 - 1116   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 人工気胸下の胸腔鏡手術で切除可能であった胸腔内巨大孤立性線維性腫瘍の1例

    宮原 一彰, 宗 淳一, 牧 佑歩, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 7 )   1118 - 1118   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 局所進行肺癌に対する術中3DCTナビゲーションを使用した椎体合併切除術

    杉本 誠一郎, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 5 )   407 - 407   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 脳転移・多発縦隔リンパ節転移を伴った肺腺癌に対し、集学的治療により長期無再発生存を得た1例

    鹿谷 芳伸, 山根 正修, 牧 佑歩, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 5 )   728 - 728   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 4D-CTと術中人工気胸が腫瘍局在評価に有用であった横隔膜原発solitary fibrous tumorの1例

    目崎 久美, 宗 淳一, 宮原 一彰, 牧 佑歩, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 5 )   548 - 548   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本 寛斉, 枝園 和彦, 牧 佑歩, 宗 淳一, 大谷 真二, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 渡部 昌実, 那須 保友, 三好 新一郎, 豊岡 伸一

    肺癌   55 ( 5 )   502 - 502   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌の局所浸潤の評価における術前呼吸同期4D-CTの有用性

    難波 圭, 渡邊 元嗣, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 5 )   723 - 723   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 巨大胸壁腫瘍の輸血拒否患者に対し切除、胸壁再建した経験にみるチーム医療の重要性

    山根 正修, 牧 佑歩, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 5 )   722 - 722   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 仰臥位、腹臥位の肺癌手術における、胸腔内送気併用下での審査胸腔鏡の有用性

    牧 佑歩, 宗 淳一, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    肺癌   55 ( 5 )   447 - 447   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺がん治療のゲノム個別化と集学的治療の進化 cN2 stage IIIA非小細胞肺癌に対する集学的治療の成績

    豊岡 伸一, 宗 淳一, 堀田 勝幸, 勝井 邦彰, 諏澤 憲, 牧 祐歩, 山本 寛斉, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 伊達 洋至, 金澤 右, 木浦 勝行, 三好 新一郎

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   97 - 97   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する外科的治療の検討

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 高橋 克仁, 宗 淳一, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   2590 - 2590   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • Identification of a novel binding protein playing a critical role in HER2 activation in lung cancer cells

    Tomoaki Ohtsuka, Masakiyo Sakaguchi, Katsuyoshi Takata, Shinsuke Hashida, Mototsugu Watanabe, Ken Suzawa, Yuho Maki, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Hiroaki Asano, Kazunori Tsukuda, Shinichiro Miyoshi, Shinichi Toyooka

    CANCER RESEARCH   75   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-48

    Web of Science

    researchmap

  • 局所進行肺癌に対する導入化学放射線療法後の椎体合併切除術

    杉本 誠一郎, 岡田 真典, 大亀 剛, 伊賀 徳周, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   V6 - 2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • cN2IIIA期非小細胞癌に対する外科治療 呼吸器 cN2 IIIA期非小細胞肺癌に対する術前化学放射線治療後手術の治療成績の検討

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 諏澤 憲, 岡田 真典, 伊賀 徳周, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 伊達 洋至, 三好 新一郎

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   PD - 24   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肺癌に対する最適化治療 家族性肺癌家系におけるHER2新規遺伝子変異発見の経験から

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 牧 佑歩, 岡田 真典, 伊賀 徳周, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   P39 - 10   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 原発性肺癌と肋骨ランゲルハンス細胞組織球症を合併した一例

    宮原 一彰, 鳥越 英次郎, 大亀 剛, 牧 佑歩, 岡田 真典, 伊賀 徳周, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   O44 - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 心嚢内腫瘍として発症したIgG4関連疾患の一例

    岡田 真典, 杉本 誠一郎, 伊賀 徳周, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   P54 - 8   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 完全胸腔鏡下右下葉切除中に肺動脈出血を来たした一例

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 鳥越 英次郎, 古川 公之, 牧 佑歩, 岡田 真典, 伊賀 徳周, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   V29 - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 乳癌におけるHER2標的治療薬に対する耐性化機構

    武田達明, 神崎浩孝, 豊岡伸一, 宋淳一, 山本寛斉, 橋田真輔, 北村佳久, 三好新一郎, 千堂年昭

    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ( 4 )   ROMBUNNO.26PB-PM234S - 206   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 前縦隔滑膜肉腫の1切除例

    下田篤史, 宋淳一, 黒崎毅史, 三好健太郎, 牧佑歩, 大谷真二, 山本寛斎, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌(Web)   55 ( 7 )   1115‐1116(J‐STAGE)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • IV期非小細胞肺癌の切除症例の検討

    牧佑歩, 豊岡伸一, 宗淳一, 岡田真典, 伊賀徳周, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd ( 3 )   O42-6 (WEB ONLY) - 6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸膜肺全摘術後に発症した無瘻性膿胸の2例

    鳥越英次郎, 豊岡伸一, 牧佑歩, 伊賀徳周, 岡田真典, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd ( 3 )   O31-2 (WEB ONLY) - 2   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工気胸下の胸腔鏡手術で切除可能であった胸腔内巨大孤立性線維性腫瘍の1例

    宮原一彰, 宗淳一, 牧佑歩, 黒崎毅史, 三好健太郎, 大谷真二, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌(Web)   55 ( 7 )   1118(J‐STAGE)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高齢者肺癌手術における組織横断的周術期管理の導入効果

    鳥越英次郎, 宗淳一, 豊岡伸一, 牧佑歩, 伊賀徳周, 岡田真典, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd ( 3 )   GP-6 (WEB ONLY) - 6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左下葉原発局所進行肺癌に対し術前導入化学放射線療法を施行後,左下葉・舌区スリーブ切除術を施行した4例

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 牧佑歩, 岡田真典, 伊賀徳周, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd ( 3 )   RV2-1 (WEB ONLY) - 1   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する導入化学放射線治療後外科療法の成績

    豊岡伸一, 宗淳一, 諏澤憲, 牧祐歩, 山本寛斉, 伊賀周徳, 岡田真典, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   32nd ( 3 )   SY3-1 (WEB ONLY) - 1   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 導入化学放射線療法後に遠位大動脈弓部置換術を伴う広範囲切除を行ったcT4非小細胞肺癌の1例

    渡邉元嗣, 宗淳一, 入江真大, 岡田真典, 伊賀徳周, 牧佑歩, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   55th ( 5 )   357 - 357   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 80歳以上のI期肺癌手術症例における縮小手術の妥当性の検討

    鳥越英次郎, 宗淳一, 豊岡伸一, 牧佑歩, 伊賀徳周, 岡田真典, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   55th ( 5 )   383 - 383   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺腺癌におけるHER2膜貫通領域の遺伝子変異と機能解析

    山本寛斉, 阪口政清, 諏澤憲, 大塚智昭, 枝園和彦, 橋田真輔, 渡邉元嗣, 牧佑歩, 宗淳一, 岡田真典, 伊賀徳周, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎, 豊岡伸一

    日本肺癌学会総会号   55th ( 5 )   362 - 362   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術前放射線同時併用化学療法後手術を行った局所進行非小細胞肺癌の術後再発症例に対する局所治療の検討

    諏澤憲, 豊岡伸一, 堀田勝幸, 勝井邦彰, 宗淳一, 牧佑歩, 山本寛斉, 平木隆夫, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 金澤右, 木浦勝行, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   55th ( 5 )   409 - 409   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3期局所進行非小細胞肺癌に対する導入化学放射線治療後手術の治療成績

    宗淳一, 豊岡伸一, 枝園和彦, 岡田真典, 伊賀徳周, 牧佑歩, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 木浦勝行, 金澤右, 伊達洋至, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   55th ( 5 )   417 - 417   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 右側肺葉切除後,異時性肺癌に対し中葉温存肺葉切除を行った3例

    牧佑歩, 宗淳一, 豊岡伸一, 鳥越英次郎, 佐藤博紀, 大亀剛, 岡田真典, 伊賀徳周, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   55th ( 5 )   483 - 483   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PET/CTで胸腺腫と同時に左腋窩リンパ節にFDGの高集積を認めた1例

    福本侑麻, 杉本誠一郎, 岡田真典, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 葉山牧夫, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   176 - 176   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 呼吸同期‐CTが術前隣接臓器浸潤の評価に有用であった非小細胞肺癌の2例

    渡邉元嗣, 宗淳一, 入江真大, 岡田真典, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 葉山牧夫, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    岡山医学会雑誌   126 ( 2 )   176 - 176   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 孤立性肺結節影を呈した単中心性Castleman病(形質細胞型)の1例

    岡田 真典, 杉本 誠一郎, 伊賀 徳周, 牧 佑歩, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   54 ( 4 )   254 - 255   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科医育成に求められる質の高い指導医と研修プログラムを目指した取組み

    山根 正修, 岡田 真典, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 葉山 牧夫, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   RS5 - 1   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌術後の間質性肺炎急性増悪から回復後に発症した難治性気胸に対する1手術例

    岡田 真典, 杉本 誠一郎, 諏澤 憲, 西川 仁士, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 葉山 牧夫, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   1 - P52   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 術前3D-CTで気管支分岐/肺静脈還流異常を診断し、右肺低区域切除を行った多発肺線癌の1例

    宗 淳一, 渡邉 元嗣, 豊岡 伸一, 岡田 真典, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 葉山 牧夫, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   V9 - 5   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 家族性・孤発性肺腺癌におけるHER2膜貫通領域の新規遺伝子変異

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 橋田 真輔, 古川 公之, 宗 淳一, 岡田 真典, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 葉山 牧夫, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   O17 - 4   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺原発悪性黒色腫の一例

    渡邉 元嗣, 宗 淳一, 山本 寛斉, 入江 真大, 岡田 真典, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 葉山 牧夫, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   1 - P31   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植の現況と将来展望 当院における肺移植の現況と今後の展望 脳死肺葉移植の可能性

    杉本 誠一郎, 大藤 剛宏, 三好 健太郎, 岡田 真典, 山本 寛斉, 宗 淳一, 葉山 牧夫, 山根 正修, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   SY2 - 4   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 若年者女性に発症したMycobacterium avium complex症の一例

    渡邉 元嗣, 宗 淳一, 入江 真大, 岡田 真典, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 葉山 牧夫, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   2 - P22   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • EGFR阻害剤に対する獲得耐性の機構

    豊岡伸一, 枝園和彦, 宗淳一, 山本寛斉, 大塚智昭, 諏澤憲, 橋田真輔, 葉山牧夫, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 木浦勝行, 三好新一郎

    日本呼吸器学会誌   3 ( 増刊 )   23 - 23   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • cN2非小細胞肺癌に対する化学放射線療法後手術療法の成績

    豊岡伸一, 堀田勝幸, 勝井邦彰, 枝園和彦, 宗淳一, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 木浦勝行, 三好新一郎

    日本呼吸器学会誌   3 ( 増刊 )   57 - 57   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • SY-3-2 最適化医療時代における外科医 : 研究心という剪刀を携える(SY-3 シンポジウム(3)肺癌の個別化医療時代における外科医の役割,第114回日本外科学会定期学術集会)

    豊岡 伸一, 山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 葉山 牧夫, 岡田 真典, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 最適化医療時代における外科医:研究心という剪刀を携える

    豊岡伸一, 山本寛斉, 枝園和彦, 宗淳一, 葉山牧夫, 岡田真典, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   124 - 124   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸壁・横隔膜の手術―その1 1.診断 胸壁原発脂肪肉腫におけるFDG PET/CTの有用性

    山本治慎, 杉本誠一郎, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    胸部外科   67 ( 1 )   4 - 8   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    76歳男性。増大する右胸壁腫瘤と右上肢のしびれ、脱力感を主訴に近医を受診、精査にて右大小胸筋や鎖骨下動静脈を背側から圧排する10cm大の腫瘤を指摘された。今回、穿刺吸引細胞診にて多形性細胞肉腫の診断にて精査加療目的で著者らの施設へ紹介となった。胸部造影CTでは右胸壁の胸郭出口に10cm大の腫瘍が存在しており、内部は不均一で脂肪成分を含み、右鎖骨下動静脈を背側から圧排するも、右腕神経叢や骨性胸郭への明らかな浸潤は認められなかった。PET/CTでは腫瘍内部にはFDGの高集積がみられたが辺縁部は低集積であり、遠隔臓器転移は認められなかった。以上、これらの所見より、本症例は右胸壁原発脂肪肉腫が疑われ、治療は腫瘍辺縁部が低悪性度のため浸潤や癒着は軽度と予測して腫瘍摘出術が施行された。その結果、摘出標本は11.4×6.3×8.8cm大で、被膜に覆われ黄白色調であり、内部は充実性で一部に出血が認められた。また、病理組織学的所見では腫瘍の辺縁部には高分化型脂肪肉腫の増殖がみられ、腫瘍内部では多形性を示す異型性の強い細胞が出血・壊死を伴って増殖し、脱分化型脂肪肉腫と診断された。尚、術後1年でPETにて右腕神経叢腹側にFDGの高集積を認め腫瘍の局所再発と診断され、広範囲切除術が計画されたが、患者の意思により目下は近医にて放射線治療の施行中である。

    DOI: 10.15106/J00349.2014106921

    J-GLOBAL

    researchmap

  • O29-8 左上葉切除後に生じた気管支狭窄の1例(気道狭窄,一般演題(口演),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    葉山 牧夫, 三好 健太郎, 山本 寛斎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    気管支学   36 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 肺腺癌に合併し診断に苦慮した続発性クリプトコッカス症の2例

    森近大介, 南大輔, 二宮貴一郎, 入江真大, 葉山牧夫, 山本寛斎, 堀田勝幸, 宮原信明, 田端雅弘, 三好新一郎, 谷本光音, 木浦勝行

    気管支学   36 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • 臨床病期N0肺腺癌における潜在的リンパ節転移予測因子の検討

    平野 豊, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   53 ( 7 )   901 - 901   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌術後の間質性肺炎急性増悪から回復後に発症した難治性気胸に対する手術経験

    岡田 真典, 杉本 誠一郎, 諏澤 憲, 西川 仁士, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 宗 淳一, 葉山 牧夫, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   53 ( 7 )   907 - 908   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 術前診断し得た無症候性・機能性後縦隔傍神経節腫の1切除例

    入江 真大, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 岡田 真典, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 葉山 牧夫, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    肺癌   53 ( 7 )   902 - 902   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • TUMOR ARISING FROM LOWER LOBES IS A POOR PROGNOSTIC FACTOR IN NON-SMALL CELL LUNG CANCER PATIENTS WITH N2 DISEASE TREATED WITH INDUCTION CHEMORADIOTHERAPY

    Ken Suzawa, Shinichi Toyooka, Kazuhiko Shien, Junichi Soh, Hiromasa Yamamoto, Kentaroh Miyoshi, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, Kuniaki Katsui, Katsuyuki Kiura, Shinichiro Miyoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S854 - S854   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • EXTENDED SLEEVE LOBECTOMY AFTER INDUCTION CHEMORADIOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED NON-SMALL CELL LUNG CANCER

    Hiromasa Yamamoto, Shinichi Toyooka, Junichi Soh, Masaomi Yamane, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Seiichiro Sugimoto, Takahiro Oto, Shinichiro Miyoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S819 - S819   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 術前診断し得た後縦隔原発の無症候性かつ機能性傍神経節腫の1切除例

    諏澤憲, 山本寛斉, 岡田真典, 枝園和彦, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 宗淳一, 葉山牧夫, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   54th ( 5 )   655 - 655   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 分子標的治療と肺癌外科治療―EGFR阻害剤獲得耐性機構とその克服

    豊岡伸一, 枝園和彦, 宗淳一, 山本寛斉, 諏澤憲, 橋田真輔, 葉山牧夫, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 木浦勝行, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   54th ( 5 )   397 - 397   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術前導入放射線化学療法を施行した局所進行非小細胞肺癌に対する椎体合併切除術後に気脳症を発症した1例

    杉本誠一郎, 諏澤憲, 西川仁士, 岡田真典, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 葉山牧夫, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   54th ( 5 )   676 - 676   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PET‐CT上縦隔リンパ節転移陽性例における偽陽性関連因子の後方視的検討

    渡邉元嗣, 宗淳一, 三好健太郎, 山本寛斎, 杉本誠一郎, 葉山牧夫, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本肺癌学会総会号   54th ( 5 )   509 - 509   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術前PET検査が有用であった胸壁原発脂肪肉腫の一例

    山本治慎, 杉本誠一郎, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    岡山医学会雑誌   125 ( 1 )   91 - 91   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 巨大縦隔脂肪肉腫の1切除例

    平野豊, 山本寛斉, 豊岡伸一, 西川仁士, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 宗淳一, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    岡山医学会雑誌   125 ( 1 )   91 - 91   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 一側肺移植における仰臥位Semi-clamshell approach

    三好 健太郎, 大藤 剛宏, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   V14 - 01   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 稀な組織型の胸壁腫瘍の一例

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P62 - 09   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 喀血を繰り返し、完全鏡視下上大区域切除により治療的診断を行った肺嚢胞内出血の1例

    小西 祐輔, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 平野 豊, 諏澤 憲, 西川 仁士, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P59 - 06   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 巨大縦隔脂肪肉腫に対してClamshell切開に下部胸骨正中切開を加えることで切除可能であった1例

    平野 豊, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 西川 仁士, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P81 - 09   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺摘除後無瘻性膿胸に対する容易な閉創を企図した小開窓法

    西川 仁士, 三好 健太郎, 小西 祐輔, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P73 - 01   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 導入化学放射線療法後に左下葉・舌区スリーブ切除術を施行した局所進行左下葉原発肺癌の3例

    宗 淳一, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P15 - 07   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌に対する導入化学放射線療法後の拡大スリーブ切除術の予後

    豊岡 伸一, 宗 淳一, 山本 寛斉, 西川 仁士, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P15 - 06   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 臨床病期I期非小細胞肺癌における潜在的リンパ節転移の予測因子の検討

    平野 豊, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 西川 仁士, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P08 - 02   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • びまん性汎細気管支炎に対する肺移植

    杉本 誠一郎, 大藤 剛宏, 三好 健太郎, 西川 仁士, 山本 寛斉, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P56 - 10   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • まれなEGFR変異を有する肺腺癌の1例

    木村 紘爾, 山根 正修, 豊岡 伸一, 古川 公之, 大橋 俊孝, 山本 寛斉, 宗 淳一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   P04 - 06   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • PS-024-6 Micropapillary componentを有する肺腺癌の遺伝子異常(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    古川 公之, 豊岡 伸一, 市村 浩一, 宗 淳一, 橋田 真輔, 多田 龍平, 枝園 和彦, 山本 寛斎, 浅野 博昭, 佃 和憲, 三好 新一郎

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   552 - 552   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 局所進行非小細胞癌に対する導入化学放射線療法後肺切除術における周術期栄養状態の検討

    小西祐輔, 宗淳子, 豊岡伸一, 諏澤憲, 平野豊, 山本寛斎, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 木浦勝行, 三好新一郎

    静脈経腸栄養   28 ( 1 )   462 - 462   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 臨床病期N0肺腺癌における潜在的リンパ節転移予測因子の検討

    平野豊, 宗淳一, 豊岡伸一, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌(Web)   53 ( 7 )   901(J-STAGE)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2482/haigan.53.901

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 術前診断し得た無症候性・機能性後縦隔傍神経節腫の1切除例

    入江真大, 山本寛斉, 諏澤憲, 岡田真典, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 宗淳一, 葉山牧夫, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌(Web)   53 ( 7 )   902(J-STAGE)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺癌術後の間質性肺炎急性増悪から回復後に発症した難治性気胸に対する手術経験

    岡田真典, 杉本誠一郎, 諏澤憲, 西川仁士, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 葉山牧夫, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌(Web)   53 ( 7 )   907-908(J-STAGE)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 導入療法後肺門部局所進行肺癌切除における全摘回避の工夫―健常部自家肺移植の有用性

    三好健太郎, 大藤剛宏, 平山伸, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 三好新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   572 - 572   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重粒子線(炭素イオン線)治療を施行されたIA期非小細胞肺癌の局所再発に対する手術経験

    杉本誠一郎, 豊岡伸一, 諏澤憲, 西江尚貴, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   563 - 563   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 転移性肺腫瘍に対しラジオ波焼灼療法試行後に難治性皮下・縦隔気腫を呈した一例

    小西祐輔, 山本寛斉, 平木隆夫, 宗淳一, 豊岡伸一, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 金澤右, 三好新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   585 - 585   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸腺原発MALTリンパ腫の1切除例

    諏澤憲, 杉本誠一郎, 豊岡伸一, 平野豊, 小西祐輔, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   703 - 703   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 縦隔リンパ節転移陽性Stage III期非小細胞肺癌に対する治療

    豊岡伸一, 木浦勝行, 勝井邦彰, 宗淳一, 枝園和彦, 山本寛斉, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 久本晃子, 山根正修, 大藤剛宏, 伊達洋至, 金澤右, 三好新一郎

    肺癌   52 ( 5 )   505 - 505   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における最新の呼吸器外科周術期管理―周術期管理センター(PERIO)導入の効果―

    宗淳一, 豊岡伸一, 山本寛斉, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   60 ( Supplement )   710   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 局所進行肺癌に対する導入化学放射線療法後スリーブ肺葉切除術の成績と工夫

    豊岡伸一, 宗淳一, 山本寛斉, 枝園和彦, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 平山伸, 山根正修, 大藤剛宏, 伊達洋至, 三好新一郎

    Gen Thorac Cardiovasc Surg   60 ( Supplement )   275   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺癌の肺内転移と鑑別を要した肺クリプトコッカス症の1例

    諏澤憲, 杉本誠一郎, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌   52 ( 4 )   453 - 454   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左下葉原発肺癌に対し,術前導入化学放射線療法後に左下葉・舌区スリーブ切除術を施行した1例

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    肺癌   52 ( 4 )   450 - 450   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血清中microRNA34b/cメチル化同定による悪性胸膜中皮腫高感度スクリーニング法

    村岡孝幸, 宗淳一, 豊岡伸一, 枝園和彦, 古川公之, 牧佑歩, 上野剛, 山本寛斉, 青江啓介, 藤本伸一, 岸本卓巳, 大槻剛巳, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   RS06-03 (WEB ONLY) - 03   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 左上下葉気管支分岐部楔状切除を行った気管支カルチノイドの一切除例

    中田憲太郎, 山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 上野剛, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   P55-06 (WEB ONLY) - 06   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 甲状腺癌気管浸潤に対し,6cm長の気管切除を施行した1例

    豊岡伸一, 平成人, 宗淳一, 山本寛斉, 黒崎毅史, 三好健太郎, 上野剛, 杉本誠一郎, 平山伸, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   V09-02 (WEB ONLY) - 02   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院呼吸器外科における冠動脈ステント留置症例に対する周術期管理

    黒崎毅史, 豊岡伸一, 山本寛斎, 三好健太郎, 上野剛, 杉本誠一郎, 平山伸, 宗淳一, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   O23-03 (WEB ONLY) - 03   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺移植後気管支吻合部狭窄に対する血管用ステント留置術

    上野剛, 大藤剛宏, 山根正修, 平山伸, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 宗淳一, 豊岡伸一, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   V19-02 (WEB ONLY) - 02   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腫瘍原発部位はN2非小細胞肺癌に対する導入化学放射線治療後手術療法の予後因子である

    難波圭, 豊岡伸一, 枝園和彦, 宗淳一, 勝井邦彰, 山本寛斉, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 久本晃子, 山根正修, 大藤剛宏, 金澤右, 木浦勝行, 三好新一郎

    日本癌治療学会学術集会(CD-ROM)   50th ( 3 )   ROMBUNNO.PS2-021 - 2125   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する集学的治療の成績と今後の展望

    豊岡伸一, 木浦勝行, 勝井邦彰, 宗淳一, 枝園和彦, 山本寛斉, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 久本晃子, 山根正修, 大藤剛宏, 伊達洋至, 金澤右, 三好新一郎

    日本癌治療学会学術集会(CD-ROM)   50th ( 3 )   ROMBUNNO.S03-4 - 608   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺切除後心房細動例の検討

    山本治慎, 三好健太郎, 山本寛斎, 杉本誠一郎, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   P75-01 (WEB ONLY) - 01   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 非喫煙者肺腺癌におけるNFKBIA遺伝子発現の検討

    古川公之, 宗淳一, 豊岡伸一, 市村浩一, 枝園和彦, 牧佑歩, 村岡孝幸, 田中則光, 上野剛, 山本寛斎, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   RS06-01 (WEB ONLY) - 01   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 臓器移植法改正前後での脳死肺移植症例の比較検討

    杉本誠一郎, 大藤剛宏, 三好健太郎, 山本寛斉, 宗淳一, 山根正修, 豊岡伸一, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   RS08-03 (WEB ONLY) - 03   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 34. 左2nd carinaを含めた気管支楔状切除により肺切除を回避し得た気管支カルチノイドの1切除例(第20回 日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会)

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 三好 健太郎, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    気管支学   34 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PK/PD理論に基づいたMRSA膿胸に対するArbekacin局所洗浄療法

    上野剛, 豊岡伸一, 黒崎毅史, 平山伸, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 宗淳一, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   29th ( 3 )   P38-03 (WEB ONLY) - 03   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膿胸との鑑別を要した原発性肺癌の1例

    松田 英祐, 岡部 和倫, 山本 寛斉, 平澤 克敏, 杉 和郎

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   72 ( 6 )   1427 - 1430   2011年6月

     詳細を見る

  • 肺癌の分子生物学

    豊岡 伸一, 光冨 徹哉, 宗 淳一, 山本 寛斉, 三好 新一郎

    肺癌   50 ( 4 )   329 - 341   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本肺癌学会  

    遺伝子工学の発達は肺癌の分子生物学的異常の解明を可能にしてきた.主だった異常として1980年代から2000年にかけてP53 ,KRAS 遺伝子変異から染色体のloss of heterozygosity,癌関連遺伝子のDNAのメチル化などが精力的に研究された.2004年には非小細胞肺癌,特に腺癌において,oncogene addictionを引き起こす上皮成長因子受容体(EGFR )遺伝子変異が発見され,EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)の感受性と強く関連することからEGFR 並びに,他のEGFR ファミリー遺伝子の下流に位置する遺伝子について多くの知見が得られた.また2007年にはEML4-ALK 融合遺伝子の存在が非小細胞肺癌で発見され,EGFR-TKIと同様,この遺伝子転座を有している肺癌にはALK阻害剤が著効することが明らかになりつつある.これらの発見は,分子生物学の成果が直接,臨床腫瘍学の発展や肺癌患者の生存率の向上に直結することを如実に示している.本稿では進歩著しい肺癌,特に非小細胞肺癌における分子生物学の現在までの知見や今後の可能性について概説する.

    DOI: 10.2482/haigan.50.329

    CiNii Article

    researchmap

  • P-77 胸壁合併肺葉切除術7ヶ月後に両側副腎転移により再発したMET遺伝子高度増幅を伴う低分化肺腺癌の一例(癌遺伝子・癌抑制遺伝子,第49回日本肺癌学会総会号)

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 久保 孝文, 山根 正修, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    肺癌   48 ( 5 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肺癌学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-90 EGFR薬剤感受性変異を有するも,ゲフィチニブ耐性を示した症例の病理組織学的検討(分子標的治療1,第49回日本肺癌学会総会号)

    岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 山根 正修, 大藤 剛宏, 瀧川 奈義夫, 木浦 勝行, 佐野 由文

    肺癌   48 ( 5 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肺癌学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-44 肺癌細胞株におけるCD133の発現(基礎研究,第49回日本肺癌学会総会号)

    田尾 裕之, 久保 寿夫, 大谷 弘樹, 冨山 浩司, 山本 寛斎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    肺癌   48 ( 5 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肺癌学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P-85 EGFR遺伝子異常を伴う肺癌細胞株・中皮腫細胞株におけるTAE226の抗腫瘍効果(分子標的治療1,第49回日本肺癌学会総会号)

    大谷 弘樹, 豊岡 伸一, 渡辺 信之, 治田 賢, 高岡 宗徳, 久保 孝文, 山本 寛斉, 山根 正修, 大藤 剛宏, 大橋 圭明, 荻野 敦子, 木浦 勝行, 猶本 良夫, 佐野 由文

    肺癌   48 ( 5 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肺癌学会  

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉, 田中真, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 岡﨑幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一

    第62回日本肺癌学会学術集会  2021年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月26日 - 2021年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移における独立した予後予測因子としての好中球/リンパ球比 (NLR) の意義 招待

    山本寛斉

    第6回日本肉腫学会年次学術集会  2021年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する導入化学放射線療法後の複雑気管支形成術

    山本寛斉, 田中真, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 岡﨑幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会  2021年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月31日 - 2021年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移外科治療の独立した予後予測因子としての NLR 招待

    山本寛斉

    日本肉腫学会オープンシンポジウム  2021年6月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • N2肺癌に対する術前導入化学放射線療法後手術症例における好中球/リンパ球比の検討

    山本寛斉, 津髙慎平, 富岡泰章, 塩谷俊雄, 諏澤憲, 三好健太郎, 大谷真二, 岡﨑幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一

    第38回日本呼吸器外科学会学術集会  2021年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移症例における好中球/リンパ球比 (NLR) の新規予後因子としての意義

    山本寛斉

    日本肉腫学会2020オンラインライブ特別年次総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 間質性肺炎合併肺癌に対する外科治療

    山本寛斉、松原慧、富岡泰章、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第61回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移手術症例における末梢血好中球/リンパ球比 (NLR) の予後予測因子としての意義

    山本寛斉、富岡泰章、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月28日 - 2020年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉、諏澤 憲、三好健太郎、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月6日 - 2019年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study for early diagnosis of malignant pleural mesothelioma focusing on microRNA-34b/c methylation in serum circulating cell-free DNA

    Yamamoto H,Sato H,Soh J,Tao H,Okabe K,Suzawa K,Miyoshi K,Ohtani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Oto T,Toyooka S

    第72回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月30日 - 2019年11月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surgical Treatment for Metastatic Lung Tumors from Sarcomas of Soft Tissue and Bone

    Yamamoto H,Namba K,Yamamoto H,Toji T,Soh J,Shien K,Suzawa K,Kurosaki T,Ohtani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Takahashi K,Kunisada T,Oto T,Toyooka S

    20th World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月7日 - 2019年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉、枝園和彦、宗淳一、黒崎毅史、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第36回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月16日 - 2019年5月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本寛斉、枝園和彦、宗 淳一、黒崎毅史、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第59回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月29日 - 2018年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術の検討

    山本寛斉、難波圭、枝園和彦、宗 淳一、黒?毅史、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第71回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月3日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乳がんにおけるネラチニブ耐性化の機序解析

    武田達明、山本寛斉、冨田秀太、高橋優太、栗原英祐、大越祐介、枝園和彦、宗 淳一、北村佳久、千堂年昭、豊岡伸一

    第77回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月27日 - 2018年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Surgical treatment for metastatic lung tumors from various sarcomas

    Yamamoto H,Namba K,Takahashi K,Soh J,Shien K,Kurosaki T,Ohtani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Oto T,Toyooka S

    19th World Conference on Lung Cancer 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月23日 - 2018年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 術後難治性有瘻性膿胸に対して気管支充填術により瘻孔閉鎖を行った一例

    山本寛斉, 原尚史, 西井和也, 頼冠名, 木浦勝行, 豊岡伸一

    第41回日本呼吸器内視鏡学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 異なる癌腫におけるHER2膜貫通領域の遺伝子変異の同定と最適化治療

    山本寛斉、枝園和彦、宗 淳一、黒崎毅史、大谷真二、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第118回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月5日 - 2018年4月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 肉腫肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉, 宗 淳一, 枝園和彦, 黒?毅史, 大谷真二, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 高橋克仁, 豊岡伸一

    第2回日本肉腫学会・日本臨床肉腫学会合同年次総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月30日 - 2017年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術の検討

    山本寛斉, 難波 圭, 枝園和彦, 宗 淳一, 黒?毅史, 大谷真二, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    第79回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月23日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Surgical treatment for metastatic lung tumors from various sarcomas

    Hiromasa Yamamoto, Kei Namba, Katsuhito Takahashi, Junichi Soh, Kazuhiko Shieni, Takeshi Kurosaki, Shinji Ohtani, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, and Shinichi Toyooka

    18th World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月15日 - 2017年10月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術の検討

    山本寛斉, 豊岡伸一, 枝園和彦, 宗 淳一, 黒?毅史, 大谷真二, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏

    第58回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月14日 - 2017年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 外科における分子標的治療の役割

    山本寛斉、枝園和彦、宗淳一、諏澤憲、渡邉元嗣、佐藤博紀、鳥越英次郎、難波圭、 黒崎毅史、三好健太郎、大谷真二、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、三好新一郎、 豊岡伸一

    第34回日本呼吸器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌切除症例における術前血漿中抗RPL29抗体価と予後

    山本寛斉、高木章乃夫、林達朗、古川公之、田尾裕之、枝園和彦、宗淳一、大谷真二、三好健太郎、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、岡部和倫、三好新一郎、豊岡伸一

    第57回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月19日 - 2016年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • Impact of Preoperative Serum Anti-60S Ribosomal Protein L29 Levels on Prognosis in Patients Who Underwent Surgery for Non-Small Cell Lung Cancer

    Hiromasa Yamamoto, Akinobu Takaki, Tatsuro Hayashi, Msashi Furukawa, Hiroyuki Tao, Kazuhiko Shien, Junichi Soh, Kazunori Okabe, Shinichiro Miyoshi, and Shinichi Toyooka

    17th World Conference on Lung Cancer 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月4日 - 2016年12月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Vienna  

    researchmap

  • 肉腫肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉、豊岡伸一、高橋克仁、宗 淳一、枝園和彦、三好健太郎、大谷真二、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、三好新一郎

    第1回日本肉腫学会・日本臨床肉腫学会合同年次総会  日本肉腫学会・日本臨床肉腫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月1日 - 2016年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:御所西京都平安ホテル  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本寛斉, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 宗 淳一, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 三好 新 一郎, 豊岡 伸一

    第69回日本胸部外科学会定期学術集会  日本胸部外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月28日 - 2016年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山市  

    researchmap

  • 肉腫肺転移に対する肺切除の検討

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 牧佑歩, 黒崎毅史, 三好健太郎, 大谷真二, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第33回日本呼吸器外科学会総会  日本呼吸器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

    researchmap

  • 肺癌の分子生物学の進歩と外科診療への応用

    山本寛斉, 豊岡伸一, 諏澤憲, 宗淳一, 牧佑歩, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第33回日本呼吸器外科学会総会  日本呼吸器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月13日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都市  

    researchmap

  • Yes1 is the key molecule for the resistance to trastuzumab in breast cancer, and dasatinib overcomes the resistance

    Yamamoto H, Takeda T, Kanzaki H, Suzawa K, Namba K, Sato H, Torigoe H, Watanabe M, Mak Y, Soh J, Asano H, Tsukuda K, Kitamura Y, Sendo T, Miyoshi S, Toyooka S

    AACR Annual Meeting 2016  America Association for Cancer Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月16日 - 2016年4月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:New Orleans, LA, USA  

    researchmap

  • Surgical treatment for multiple metastatic lung tumors from various sarcomas

    Yamamoto H, Toyooka S, Takahashi K, Soh J, Maki Y, Miyoshi K, Sugimoto S, Yamane M, Oto T, Miyoshi S

    日本肉腫学会記念シンポジウム2015  日本肉腫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月3日 - 2015年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本寛斉, 枝園和彦, 牧佑歩, 宗淳一, 大谷真二, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 渡部昌実, 那須保友, 公文裕巳, 三好新一郎, 豊岡伸一

    第56回日本肺癌学会学術集会  日本肺癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月26日 - 2015年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する外科的治療の検討

    山本寛斉, 豊岡伸一, 高橋克仁, 宗 淳一, 牧 佑歩, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第53回日本癌治療学会学術集会  日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月29日 - 2015年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

    researchmap

  • Anti-tumor effect of a bis-anilino pyrimidine compound TAE226 on EGFR-mutant non-small cell lung cancer cells with or without T790M mutation

    Yamamoto H, Otani H, Takaoka M, Sakaguchi M, Soh J, Jida M, Ueno T, Kubo T, Asano H, Tsukuda K, Kiura K, Hatakeyama S, Kawahara E, Naomoto Y, Miyoshi S, Toyooka S

    第74回日本癌学会学術総会  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月8日 - 2015年10月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • TAE226, a bis-anilino pyrimidine compound, shows anti-tumor effect on EGFR-mutant non-small cell lung cancer cells including T790M mutant

    Yamamoto H, Omani H, Takaoka M, Sakaguchi M, Soh J, JIda M, Ueno T, Kubo T, Asano H, Tsukuba K, Kiura K, Hatakeyama S, Kawahara E, Naomoto Y, Miyoshi S, Toyooka S

    16th World Conference on Lung Cancer 2015  IASLC

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月6日 - 2015年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Denver, CO, USA  

    researchmap

  • 肉腫肺転移に対する肺切除の検討

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 岡田真典, 伊賀徳周, 牧佑歩, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第58回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月12日 - 2015年6月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する導入化学放射線療法後の気管支形成術

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 岡田真典, 伊賀徳周, 牧佑歩, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第58回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月12日 - 2015年6月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 肺癌に対する最適化治療?家族性肺癌家系におけるHER2 新規遺伝子変異発見の経験から

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 牧佑歩, 岡田真典, 伊賀徳周, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第32回日本呼吸器外科学会総会  日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月14日 - 2015年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松市  

    researchmap

  • 左下葉原発局所進行肺癌に対し術前導入化学放射線療法を施行後、左下葉・舌区スリーブ切除術を施行した4例

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗淳一, 牧佑歩, 岡田真典, 伊賀徳周, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第32回日本呼吸器外科学会総会  日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月14日 - 2015年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松市  

    researchmap

  • Anti-tumor effect of dasatinib in HER2-positive breast cancer with trastuzumab resistance

    Takeda T, Kanzaki H, Toyooka S, Watanabe M, Ohtsuka T, Suzawa K, Hashida S, Maki Y, Yamamoto H, Soh J, Asano H, Tsukuba K, Miyoshi S, Kitamura Y, Sendo T

    Anti-tumor effect of dasatinib in HER2-positive breast cancer with trastuzumab resistance  American Association for Cancer Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月18日 - 2015年4月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Philadelphia, PA, USA  

    researchmap

  • Surgical treatment for metastatic lung tumors from various sarcomas: a single institutional experience

    Hiromasa Yamamoto, Shinichi Toyooka, Junichi Soh, Kentaroh Miyoshi, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, Shinichiro Miyoshi

    The Japan-US International Workshop on the Sarcoma Research and Therapy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月4日 - 2014年12月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 肺腺癌におけるHER2膜貫通領域の遺伝子変異と機能解析

    山本寛斉, 阪口政清, 諏澤憲, 大塚智昭, 枝園和彦, 橋田真輔, 渡邉元嗣, 牧佑歩, 宗淳一, 岡田真典, 伊賀徳周, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎, 豊岡伸一

    第55回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月14日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Novel functional mutations in the transmembrane domain of HER2 gene in familial and sporadic lung adenocarcinomas

    Hiromasa Yamamoto, Koichiro Higasa, Masakiyo Sakaguchi, Kazuhiko Shien, Junichi Soh, Koichi Ichimura, Masashi Furukawa, Shinsuke Hashida, Kazunori Tsukuda, Nagio Takigawa, Keitaro Matsuo, Katsuyuki Kiura, Shinichiro Miyoshi, Fumihiko Matsuda, Shinichi Toyooka

    第73回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月25日 - 2014年9月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 家族性肺腺癌におけるHER2膜貫通領域の新規遺伝子変異

    山本寛斉

    第9回肺癌分子病態研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 家族性・孤発性肺腺癌におけるHER2膜貫通領域の新規遺伝子変異

    山本寛斉, 豊岡伸一, 枝園和彦, 橋田真輔, 古川公之, 宗淳一, 岡田真典, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 葉山牧夫, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第31回日本呼吸器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月29日 - 2014年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Novel germline G660D mutation in HER2 gene detected by whole-exome sequencing can predispose a patient to developing familial lung adenocarcinoma

    Hiromasa Yamamoto, Koichiro Higasa, Masakiyo Sakaguchi, Kazuhiko Shien, Junichi Soh, Koichi Ichimura, Masashi Furukawa, Shinsuke Hashida, Kazunori Tsukuda, Nagio Takigawa, Keitaro Matsuo, Katsuyuki Kiura, Shinichiro Miyoshi, Fumihiko Matsuda, Shinichi Toyooka

    AACR Annual Meeting 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月5日 - 2014年4月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する導入化学放射線療法後の拡大スリーブ肺葉切除術

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗 淳一, 枝園和彦, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第56回関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日 - 2013年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 稀な組織型の胸壁腫瘍の一例

    山本寛斉, 豊岡伸一, 宗 淳一, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 三好新一郎

    第30回日本呼吸器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月9日 - 2013年5月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Establishment and molecular characterization of cell lines from Japanese patients with malignant pleural mesothelioma

    Ryuhei Tada, Hiromasa Yamamoto, Masashi Furukawa, Kazuhiko Shien, Shinsuke Hashida, Junichi Soh, Hiroaki Asano, Kazunori Tsukuda, Shinichi Toyooka, Shinichiro Miyoshi

    AACR Annual Meeting 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月6日 - 2013年4月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新規に樹立した悪性胸膜中皮腫細胞株の分子生物学的解析

    山本寛斉, 多田龍平, 枝園和彦, 古川公之, 宗淳一, 三村雄輔, 片山英樹, 青江啓介, 田尾裕之, 岡部和倫, 松本常男, 豊岡伸一, 三好新一郎

    第53回日本肺癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月8日 - 2012年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院での悪性胸膜中皮腫細胞株樹立の試み

    山本寛斉, 田尾裕之, 佐野史歩, 松田英祐, 岡部和倫, 杉 和郎

    第29回日本呼吸器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月17日 - 2012年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 総合研究奨励賞(結城賞)

    2014年6月   岡山医学会  

     詳細を見る

  • 第99回米国癌学会年次総会 AACR-ITO EN, Ltd. Scholar-in-Training Award

    2008年4月   米国癌学会  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 三次元培養により出現する腫瘍細胞の特性解析に基づいた新規肺がん治療標的の探索

    研究課題/領域番号:21K08902  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 冨田 秀太, 諏澤 憲, 江口 傑徳, 加藤 竜司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • ドライバー遺伝子陽性肺癌が依存するパスウェイを標的とした次世代精密医療の開発

    研究課題/領域番号:20H03771  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    冨田 秀太, 豊岡 伸一, 大橋 圭明, 山本 寛斉, 諏澤 憲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    researchmap

  • 家族性肺癌に対する、次世代シーケンサーを用いた胚細胞性遺伝子変異と治療法の探索

    研究課題/領域番号:20K07606  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    牧 佑歩, 山本 寛斉, 豊岡 伸一, 冨田 秀太, 諏澤 憲, 山下 素弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 肺虚血再灌流障害におけるS100A8/A9の役割の解明と新しい治療法の開発

    研究課題/領域番号:20K09164  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岡崎 幹生, 大谷 真二, 山根 正修, 坂上 倫久, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 木下 理恵, 杉本 誠一郎, 阪口 政清

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • ダメージ関連分子パターンに着眼した肺線維化関連疾患に対する新規治療法の開発

    研究課題/領域番号:19H03746  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    豊岡 伸一, 冨田 秀太, 山本 寛斉, 宮原 信明, 阪口 政清, 宗 淳一, 諏澤 憲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    本研究は、特発性肺線維症(IPF: idiopathic pulmonary fibrosis) 中心とした肺線維化の発症と増悪に導くダメージ関連分子パターン(DAMPs)・RAGE・線維化パスウェイの中心的分子を同定し、肺の異常線維化に関連した疾患・病態に対する新規治療法の開発を目的としている。
    令和元年度はブレオマイシンによる肺線維症モデルマウスの作製プロトコールを確立し、抗S100A8/A9中和抗体の抗線維化作用の評価を行った。その結果として、抗S100A8/A9中和抗体投与により有意な肺線維化抑制効果が得られ、生存率の改善を認めた。また、線維芽細胞を用いてin vitroでの検討を行った。S100A8/9蛋白の刺激により線維芽細胞の増殖能は上昇し、下流の転写因子であるNF-κBの活性の上昇を認めた。さらに 抗S100A8/A9中和抗体投与により、活性型線維芽細胞のマーカーであるαSMAの発現低下、コラーゲン産生能の低下、NF-κBの活性の抑制効果を認めた。これらの結果は、抗S100A8/A9中和抗体が、線維芽細胞の活性化を抑制し、抗線維化治療法と有用であることを示すものと考えれられる。

    researchmap

  • HER2標的薬に対する乳癌細胞の獲得耐性克服を目指した治療戦略の開発

    研究課題/領域番号:19K09070  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    枝園 忠彦, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 諏澤 憲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    HER2標的薬耐性細胞株の樹立と耐性機序の解明
    HER2陽性乳癌細胞株に対し、我々が確立した薬剤曝露法であるStep-wise法、High-dose法によりHER2標的薬 (Neratinib, T-DM1) を曝露し耐性細胞株を作成す中であり、それぞれほぼ完成に近づいている。pertuzumab およびDS8201に関しては薬剤入手次第開始予定である。耐性細胞株が完成次第、これらの細胞株における耐性機序を検討する。はじめに従来の我々の知見から予測される耐性機序としてHER2およびYes1を中心とした関連遺伝子の変異・コピー数・発現変化、細胞内シグナル蛋白および EMT marker, Stem cell marker, pーglycoprotein等の発現を検討する。
    また、各薬剤の耐性に関与するシグナルの強制発現・抑制による薬剤感受性の獲得・復活を、遺伝子導入技術やノックダウンおよび阻害剤を用いてin vitroで検討する。
    臨床検体におけるYes1他獲得耐性に関与する因子の発現検討
    現在HER2陽性乳癌症例からバイオバンクを活用して臨床検体組織を収集中である。
    今後①原発巣におけるYes1の発現と予後(全生存、無増悪期間)の相関検討。②転移乳癌におけるYes1の発現とHER2標的薬の効果の検討。③原発巣におけるYes1の発現とTrastuzumabを含む術前ー化学療法の効果の相関検討を随時行っていく。

    researchmap

  • HER2異常肺癌に対する新しい治療法の開発

    研究課題/領域番号:19K09285  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    宗 淳一, 冨田 秀太, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 阪口 政清, 光冨 徹哉, 須田 健一, 諏澤 憲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    HER2変異・増幅に代表されるHER2異常の肺癌における頻度は5%程度であり、EGFR標的療法の獲得耐性の一因としてもHER2異常は注目されている。HER2異常肺癌へのHER2標的療法は、先行研究でその有効性が示唆されており、個別化治療として期待されるが、肺癌に対するHER2標的療法は適応外であり、対策が遅れている。ただ、多岐にわたるHER2異常スペクトル別にHER2標的薬の感受性が異なること、他の分子標的薬と同様にHER2標的薬への獲得耐性が生じること、が予想されている。本研究では、多岐にわたるHER2異常スペクトル別にHER2標的薬の効果とその獲得耐性の克服を検討することで、HER2異常肺癌に対するプレシジョン・メディシンの確立を目指した基礎的検討を実施する。具体的には、「#1. HER2 異常タイプ別のHER2 標的薬の効果の検討」「#2. HER2 標的薬耐性細胞株の樹立とオミックス解析による耐性機序の解明」「#3. 獲得耐性例の治療法および耐性例出現の抑制法の開発」を行う。
    これまで複数のHER標的薬について、肺癌・乳癌・胃癌のHER2異常細胞株を用いて、in vitro, in vivoにその効果を検討するとともに、長期暴露による薬剤耐性株を樹立し、耐性化の機序の解明と耐性株の治療法の開発を行い、複数の報告を行っている。今後は、新たなHER異常スペクトルそれぞれについて遺伝子異常を導入した細胞株を樹立し、HER2標的薬の効果と耐性化の機序と克服の検討を続けるとともに、耐性化出現の抑制法の開発に取り組む予定である。

    researchmap

  • 腫瘍幹細胞マーカーDCLK1を標的とした、悪性胸膜中皮腫に対する新規治療戦略

    研究課題/領域番号:19K09286  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    三好 新一郎, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 阪口 政清, 冨田 秀太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究は腫瘍幹細胞マーカーであるDCLK1の阻害が悪性胸膜中皮腫細胞に抗腫瘍効果を及ぼすことに着目し、悪性胸膜中皮腫において同タンパク質を抑制することによる抗腫瘍効果を検討し、さらに同タンパク質を標的とする薬剤を独自に構築する技術でスクリーニングし、当該疾患に対する新規治療法の確立を目指すものである。悪性胸膜中皮腫細胞株におけるDCLK1アイソフォームの発現パターンは細胞株によって異なっている。一方で正常中皮細胞株ではDCLK1の発現を認めなかった。DCLK1阻害による腫瘍増殖抑制効果は予備実験により明らかとなったが、アイソフォーム選択的に阻害した場合の効果は不明である。令和元年度は、DCLK1のアイソフォームであるshort form, long formを選択的に阻害するようにsiRNAをデザインし抗腫瘍効果を検討した。デザインしたsiRNAはアイソフォームを選択的に阻害していることが確認された。コロニーフォーメーションアッセイにより、siRNAによるDCLK1阻害後の細胞増殖を検討したところ、アイソフォームを同時に阻害することで細胞増殖抑制効果が認められた。この成果をAACR Annual Meeting 2019 (Atlanta, GA, USA) において発表した。

    researchmap

  • 難治性胸部悪性腫瘍の炎症性癌微小環境を標的とした画期的抗体療法

    研究課題/領域番号:18K19581  2018年06月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    豊岡 伸一, 枝園 和彦, 宗 淳一, 山本 寛斉, 冨田 秀太, 諏澤 憲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    腫瘍内にはがん細胞のほか、がん関連線維芽細胞(cancer-associated fibroblast, CAF)に代表されるがん細胞周囲間質細胞が存在している。それぞれの細胞は相互作用により癌微小環境と呼ばれるネットワークを形成し、がん細胞の悪性化や治療抵抗性に重要な役割を果たしていることが明らかとなりつつある。
    令和元年度は炎症・肺線維化(線維芽細胞の活性化)・肺がん治療抵抗性に関する検討をin vitro、in vivoモデルを用いて行った。
    肺がん手術検体を用いて、CAFおよび正常肺から分離抽出した正常肺由来線維芽細胞(NLF)のペア初代培養細胞を複数樹立し、肺がん細胞と線維芽細胞の共培養モデル作製し、腫瘍微小環境のin vitro再現モデルを構築した。このモデルを用いた検討により、インターロイキン6(IL-6)ファミリー炎症惹起性サイトカインを介したSTAT3経路の活性化が、肺がん細胞の薬剤耐性獲得に関与していることを明らかにした。さらに抗S100中和抗体による線維芽細胞活性の抑制効果を確認した。
    さらに、ブレオマイシン吸入による肺線維化マウスモデルの作製プロトコールを確立し、抗S100中和抗体投与による肺線維化抑制効果の検討を行った。その結果、抗S100中和抗体投与により有意な肺線維化抑制効果が得られることを明らかにした。

    researchmap

  • EGFR結合蛋白LRIG1に着目した、EGFR変異陽性肺癌に対する新規治療戦略

    研究課題/領域番号:18K08783  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 寛斉, 冨田 秀太, 豊岡 伸一, 枝園 和彦, 宗 淳一, 諏澤 憲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    LRIG1 という、EGFR に結合する膜貫通タンパク質に、EGFR の発現・リン酸化を抑制する効果があることが報告され、脳腫瘍の分野では野生型EGFR よりも変異型EGFR に対する抑制効果の方が強いと報告されている。しかし、最も変異型EGFRと関係が深い肺癌の分野ではLRIG1 の有用性に関する報告は無く、その役割も不明である。本研究はEGFR に結合し抑制性に働く膜貫通蛋白であるLRIG1 に着目し、EGFR 変異陽性肺癌における同蛋白の抗腫瘍効果を検討し、当該疾患に対する新規治療法の確立を目指すものである。令和元年度は、平成30年度に樹立したEGFR遺伝子変異を有するLRIG1安定発現肺癌細胞株およびEGFR遺伝子変異を有しないLRIG1安定発現肺癌細胞株に加えて、当科で樹立したEGFRチロシンキナーゼ阻害剤耐性肺癌細胞株を用いてLRIG1安定発現細胞株の作製を試みたが、現在までに細胞株の樹立には至っていない。また、LRIG1 の標的シグナル伝達経路・耐性因子の同定のためにバイオインフォマティクス解析を行っているが解析途中である。

    researchmap

  • 遺伝子発現と変異プロファイル解析に基づくEGFR変異肺癌に対する新規治療法の開発

    研究課題/領域番号:16H05431  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    豊岡 伸一, 三好 新一郎, 冨田 秀太, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 阪口 政清, 宗 淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    EGFR変異肺がん治療において、獲得耐性機序を治療前に予測すると同時にその耐性出現を防ぐ初期治療の確立を目指す研究を行った。高感度の検出が可能である分子バーコードを用いたDeepシークエンスにより、肺癌臨床検体で高率に複数のEGFR変異の共存が確認された。オシメルチニブに対する耐性を獲得した細胞株の検討では、EMT化による耐性獲得細胞では、高率にAXLが高発現し、AXL阻害剤であるカボザンチニブの上乗せにより耐性が解除されることを明らかにした。またドラッグリポジショニング解析から抗生物質モネンシンが抗EMT化作用を示し、その耐性獲得を抑制が可能であることを明らかにした。

    researchmap

  • 2型糖尿病治療薬メトホルミンと抗PD-1抗体を併用した新しい肺癌免疫療法の開発

    研究課題/領域番号:16K15637  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    三好 新一郎, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 阪口 政清, 宗 淳一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    肺癌において、メトホルミンによる腫瘍免疫担当細胞の機能増強作用と抗PD-1抗体による免疫寛容状態の解除作用に着目し、肺癌における両者の併用治療の確立を目指す研究を行った。癌患者における末梢血ならびに腫瘍組織中のリンパ球の機能評価を行い末梢血単核球および腫瘍浸潤性T細胞をメトホルミンの存在・非存在下で培養しT細胞に非特異的な刺激を与えたところ、メトホルミン存在下ではサイトカイン産生能が増加したことを確認した。また、初代培養肺癌細胞に対するメトホルミン処理T細胞+抗PD-1抗体の抗腫瘍効果の検討と、メトホルミン処理T細胞+抗PD-1抗体の抗腫瘍効果を予測するバイオマーカーの探索・同定を進めた。

    researchmap

  • HER2新規結合分子サイトケラチン19に着目したHER2活性癌の新規治療法

    研究課題/領域番号:16K10681  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    宗 淳一, 三好 新一郎, 冨田 秀太, 佃 和憲, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 阪口 政清, 浅野 博昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    HER2蛋白は、肺癌・胃癌などで活性化する。既存のHER2分子標的薬は効果や薬剤耐性の問題があり、HER2活性型腫瘍への新しい戦略が必要である。HER2蛋白活性化に関与する新規分子サイトケラチン19を同定した。胃癌細胞株に対するHER2分子標的薬(Afatinib)の治療効果(in vitro&vivo)を報告した。Afatinibの適応がないHER2変異陽性がん患者において、探索的に使用し、その治療効果を報告した。HER2活性型肺癌細胞株における汎HER阻害剤Neratinibの治療効果(in vitro&vivo)を報告した。

    researchmap

  • 肺癌におけるチロシンキナーゼ阻害剤耐性化後の放射線を併用した新しい治療法の開発

    研究課題/領域番号:15K10258  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    浅野 博昭, 佃 和憲, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 大塚 智昭, 陈 海洋

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    上皮成長因子受容体遺伝子に変異を有する非小細胞肺癌において、チロシンキナーゼ阻害剤に対する獲得耐性の克服が急務である。本研究では、HCC827とHCC4006とH1299肺癌細胞株から樹立した癌幹細胞様の特徴を有する耐性株において、薬剤耐性に関与するABCB1蛋白のmRNA発現が著しく増加していることを発見した。ABCB1のノックダウンにより、化学療法薬(ドセタキセル)に対する感受性を回復させることができた。第3世代ABCB1阻害剤であるElacridaの有用性について検討し、論文発表を行った。

    researchmap

  • 肺癌における上皮間葉系移行に関連するマイクロRNAに着目した薬剤耐性機構の解明

    研究課題/領域番号:15K19935  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    山本 寛斉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    ヒト上皮成長因子受容体(EGFR) 遺伝子に変異を有する肺癌においては、EGFR チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI) に対する耐性獲得の克服が課題となっている。EGFR-TKI に対する耐性獲得において上皮間葉系移行(EMT) とマイクロRNAの一つであるmiR-200が関与していた。またLIN28Bという遺伝子が薬剤耐性株で発現が上昇していた。薬剤耐性株においてmiR-200cを誘導させるかLIN28B遺伝子をノックダウンすることにより、細胞増殖が抑制されたため、LIN28BがEGFR-TKIに耐性を獲得した肺癌に対する治療標的となり得ると思われた。

    researchmap

  • REIC遺伝子治療による非小細胞肺癌新規治療戦略

    研究課題/領域番号:26670627  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    豊岡 伸一, 宗 淳一, 山本 寛斉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    REICはヒト正常線維芽細胞の不死化に伴って発現が減弱する遺伝子であり、種々のがん細胞で発現が低下している。がん細胞にREIC遺伝子を過剰発現させると、がん細胞に小胞体ストレスによるアポトーシスが誘導されることが認められるが、一方で正常細胞にREIC遺伝子を過剰発現させても傷害を与えないことがわかっている。著者らは基礎実験により非小細胞肺癌・悪性胸膜中皮腫細胞におけるREIC遺伝子発現アデノウイルスベクター (Ad-REIC) の抗腫瘍効果を確認した。また、肺癌および悪性胸膜中皮腫同種移植モデルでの実験で、REICの腫瘍に対する直接効果のみならず、免疫系を介した間接効果を確認した。

    researchmap

  • 肺癌の新しい癌化機構の解明と治療法確立に向けた基礎的研究

    研究課題/領域番号:26293318  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    三好 新一郎, 豊岡 伸一, 宗 淳一, 山本 寛斉, 佃 和憲, 阪口 政清, 片山 博志, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 大塚 智昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

    治療抵抗性で予後不良な疾患である肺癌の治療において、発癌に関わる新たな分子機序を解明することが重要と考えられてきた。我々は、ヒト上皮成長因子受容体関連物質2(HER2)遺伝子の新たな変異を発見し、その発癌への寄与について明らかにした。また、HER2と結合してその活性化に関与すると考えられる分子を見出し、新たな治療標的となる可能性を明らかにした。

    researchmap

  • 癌幹細胞関連マイクロRNAに着目した悪性胸膜中皮腫の新規治療法の開発

    研究課題/領域番号:25462195  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    宗 淳一, 三好 新一郎, 佃 和憲, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 浅野 博昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    悪性胸膜中皮腫(MPM)は治療抵抗性を示す予後不良な疾患で、病態の解明と新しい治療法の確立が急がれる。治療標的となる癌幹細胞と、癌幹細胞関連マイクロRNA(miRNA)に注目することで、MPMの病態解明と新しい治療法の開発を試みた。網羅的解析から、miRNA-34とmiRNA200ファミリーを候補miRNAとして、その発現や、遺伝子導入による幹細胞分子マーカー発現、細胞増殖や薬剤感受性の変化について解析を終了し、細胞株から癌細胞特性をもつ細胞を抽出し、解析することで、新たな候補miRNAを同定することを試みている。

    researchmap

  • 肺癌におけるEGFRチロシンキナーゼ阻害剤耐性化の解明と克服に向けた基礎的研究

    研究課題/領域番号:25293302  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    豊岡 伸一, 宗 淳一, 松田 文彦, 山本 寛斉, 佃 和憲, 浅野 博昭, 三好 新一郎, 枝園 和彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    本研究では、進行肺がんの治療を妨げる薬剤耐性の中でも、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI)と呼ばれる薬剤(いわゆる分子標的薬)に対する耐性化のメカニズムを解析し、新たな治療法を検討した。EGFR-TKI耐性化肺がん細胞は、様々なメカニズムにより薬剤耐性化をおこしていたが、なかでも幹細胞様特性と呼ばれる変化を認めた細胞は様々な薬剤に対して耐性を示したが、一方で一部の新規薬剤が有効であることも判明した。EGFR-TKI耐性に対しては、個々の耐性化メカニズムに応じた治療法が必要であると考えられた。

    researchmap

  • Hsp90阻害剤と放射線照射による新しい肺癌治療戦略

    研究課題/領域番号:24791462  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    山本 寛斉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    Hsp90阻害剤であるNVP-AUY922の肺癌細胞株に対する放射線増感作用および抗腫瘍効果を検討した。特に、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤であるゲフィチニブに対し耐性化した肺癌細胞株に対して検討した結果、MET増幅またはT790M変異を耐性化の機構として持つ細胞株ではNVP-AUY922の放射線増感作用および抗腫瘍効果を認めた。一方、癌幹細胞様の特質により耐性化した細胞株ではNVP-AUY922の放射線増感作用および抗腫瘍効果は認めなかった。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 呼吸器・乳腺内分泌外科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 呼吸器・乳腺内分泌外科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 呼吸器・乳腺内分泌外科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 呼吸器・乳腺内分泌外科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

 

学術貢献活動

  • 論文査読

    役割:査読

    Acta Medica Okayama  2021年12月14日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Acta Medica Okayama  2021年6月23日 - 2021年10月7日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    BMC Cancer  2021年6月13日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2021年5月11日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2021年3月8日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Cancer  2021年3月1日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2020年11月23日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2020年10月4日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2020年9月28日 - 2020年11月18日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2020年8月9日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2020年7月20日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2020年6月16日 - 2020年7月16日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2020年4月4日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of Thoracic Oncology  2020年1月15日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2019年10月6日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Gene Reports  2019年9月8日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2019年5月27日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Pathology - Research and Practice  2019年5月27日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of Thoracic Oncology  2019年5月27日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of Clinical Investigation  2019年3月24日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2019年3月23日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Cancer  2019年1月26日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Journal of International Medical Research  2018年12月20日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Cancer  2018年11月18日 - 2018年12月11日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2018年11月17日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Experimental Biology and Medicine  2018年9月6日 - 2018年11月11日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Cancer  2018年7月1日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2018年6月30日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2018年3月30日 - 2018年6月12日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Pathology - Research and Practice  2018年3月30日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Cancer  2018年3月22日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of Thoracic Oncology  2018年1月15日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery  2017年12月2日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Cancer  2017年11月26日 - 2018年1月2日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Cancer Science  2017年11月10日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2017年8月5日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2017年8月5日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2017年5月7日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Cancer  2017年4月15日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon  2017年2月25日 - 2017年3月13日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

▼全件表示