2021/12/17 更新

写真a

タグチ マサヒロ
田口 雅弘
TAGUCHI Masahiro
所属
社会文化科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 修士(経済学) ( ワルシャワ中央計画統計大学(ポーランド) )

  • 経済学博士 ( 京都大学 )

研究キーワード

  • Poland

  • Economic Policy

  • Transition

  • Central Europe

  • ポーランド

  • 経済政策

  • 移行期

  • 中欧

研究分野

  • 人文・社会 / 経済史

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 経済政策

学歴

  • 京都大学    

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 京都大学   Graduate School, Division of Economics  

    - 1988年

      詳細を見る

  • ワルシャワ中央計画統計大学   財政・統計学部   国民経済計画学科

    - 1984年

      詳細を見る

  • Szkola Glowna Planowania i Statystyki     Planowanie Gospodarki Narodowej (National Economic Planning)

    - 1984年

      詳細を見る

    国名: ポーランド共和国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学学術研究院社会文化科学学域教授

    2021年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • ワルシャワ経済大学教授(世界経済研究所)

    2019年4月 - 2020年2月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院社会文化科学研究科副研究科長

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学学長補佐

    2016年2月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Institute of Global Human Resource Development

    2013年 - 2015年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Center for Global Partnerships and Education

    2013年 - 2015年

      詳細を見る

  • 岡山大学   Center for Global Partnerships and Education

    2010年 - 2015年

      詳細を見る

  • - 岡山大学社会文化科学研究科 教授

    2004年

      詳細を見る

  • - Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University

    2004年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • Polskie Towarzystwo Ekonomiczne

      詳細を見る

  • Japan Association for the Comparative Studies of Management

      詳細を見る

  • Society of Evolutionary Studies, Japan

      詳細を見る

  • Polskie Towarzystwo Ekonomiczne

      詳細を見る

  • Japan Association for the Comparative Studies of Management

      詳細を見る

  • Society of Evolutionary Studies, Japan

      詳細を見る

  • ポーランド経済学会(Polskie Towarzystwo Ekonomiczne)

      詳細を見る

  • The Japanese Society for Slavic and East European Studies

      詳細を見る

  • 比較経済体制学会

      詳細を見る

  • 日本進化学会

      詳細を見る

  • The Japanese Association for Russian and East European Studies

      詳細を見る

  • ロシア・東欧学会

      詳細を見る

  • Forum Poland

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • ロシア・東欧学会   学会開催校代表  

    2014年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    ロシア・東欧学会

    researchmap

  • ロシア・東欧学会   理事  

    2014年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    ロシア・東欧学会

    researchmap

  • フォーラム・ポーランド2013年会議「変貌する世界地図とポーランド――その今日・明日」   オーガナイザー  

    2013年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    フォーラム・ポーランド2013年会議「変貌する世界地図とポーランド――その今日・明日」

    researchmap

  • Forum Poland   organizer  

    2013年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    Forum Poland

    researchmap

  • フォーラム・ポーランド2012年会議「《ポロネーズをめぐって」   オーガナイザー  

    2012年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    フォーラム・ポーランド2012年会議「《ポロネーズをめぐって」

    researchmap

  • Forum Poland   organizer  

    2012年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    Forum Poland

    researchmap

  • Forum Poland   organizer  

    2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    Forum Poland

    researchmap

  • フォーラム・ポーランド2011年会議「《ポーランドとその隣人たち》 シリーズ第一回」   オーガナイザー  

    2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    フォーラム・ポーランド2011年会議「《ポーランドとその隣人たち》 シリーズ第一回」

    researchmap

  • Forum Poland   organizer  

    2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    Forum Poland

    researchmap

  • フォーラム・ポーランド2010年会議「「連帯」運動とその遺産」   オーガナイザー  

    2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    フォーラム・ポーランド2010年会議「「連帯」運動とその遺産」

    researchmap

  • 比較経済体制学会   プログラム委員  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    比較経済体制学会

    researchmap

  • Forum Poland   organizer  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    Forum Poland

    researchmap

  • フォーラム・ポーランド2009年会議「ショパン」   オーガナイザー  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    フォーラム・ポーランド2009年会議「ショパン」

    researchmap

  • 日本進化学会   大会実行委員  

    2008年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本進化学会

    researchmap

  • 比較経済体制学会   幹事、編集委員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    比較経済体制学会

    researchmap

  • The Japanese Society for Slavic and East European Studies   理事  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    The Japanese Society for Slavic and East European Studies

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • 研究利用可能な小論文データに基づく参照文書を利用した小論文採点手法の開発 査読

    竹内孔一, 大野雅幸, 泉仁宏太, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    情報処理学会論文誌   62 ( 9 )   1586 - 1604   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 現代ポーランドの国家発展戦略と経済成長の原動力

    田口 雅弘, 岡﨑 拓

    岡山大学経済学会雑誌   51 ( 2 )   15 - 37   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    In this paper, authors analyze the changes in the national development strategies of the Polish government since the First World War, the state investment that became the driving force of economic development, the trends and positions of foreign capital, and the changes in the economic environment surrounding the Polish economy. In the Second Republic, economic liberalism was a widely supported philosophy in the business world and academic society. However, in order to support very weak economic fundamentals, the government seized the key industry and tried to rebuild the economy. Although foreign capital played a very important role in economic development, Polish people's distrust in foreign capital was strong. After the Great Depression, the Central Industrial District( CUP) was built under the leadership of the government. However, with the outbreak of World War II, the formation of a strong core industrial base was suspended.<br/> After the Second World War, the government initially aimed to build a Peoples Democracy system based on pluralism. However, when the Cold War sharpened, rapid industrialization and collectivization of agriculture were forced. The Stalinist economic development strategy failed in a few years. Nevertheless, from the end of the 1950s, mining development and industrialization based on the mechanical and chemical industries were carried out again. This industrialization of capital goods sector-oriented production has distorted the people's consumer life. However, in the long run, it cannot be denied that the industrialization of that time became the basis for the formation of the wide promising fields of the Polish industry. Since 1970, an open economic strategy has been adopted. Modernization was attempted by introducing licenses from the west. However, new investments did not lead to expansion of export, and cumulative debt increased. During the economic crisis, the" Solidarity" movement quickly grew into a national movement, but this did not lead to a fundamental economic system change. Economic reform was also attempted in the 1980s. However, the socialist economic system was unable to adapt to the new global economic system driven by innovation. The inflexible system lost its growth potential.<br/> After the collapse of socialist system in 1989, radical liberalization policies drastically improved economic imbalances, and the economic policy enabled high growth. During the transition period, foreign capital greatly contributed to growth. The automobile industry is a good example. This industry is associated with wide parts production. Many domestic intermediate goods manufacturers increased their orders, and their technical capabilities were rapidly improved through the guidance of foreign capital. In addition, export has improved significantly due to the expansion of production by foreign-affiliated companies. In contrast to the Second Republic, foreign capital played a major role in nurturing domestic industries. By the end of the 1990s, the Russian economy had had no effect on the Polish economy. At the transition period, the Polish industry shifted rapidly to the EU. At the same time, since the manufacturing field was the foundation of Polish growth, the impact of the 2007 global financial crisis wasn't serious. Not only that, Poland maintained positive growth in 2008 as most countries in Europe fell into negative Currently, low-wage, low-value-added production based on FDI inflows and abundant labor force is the driving force for growth. In the medium and long term, the Polish economy cannot grow if it stays in the current subcontract production status of industrialized countries. The key to Poland's escape from the "middle-income trap" is how to develop" new Polish companies" that produce high-value-added products and services under global competition.

    DOI: 10.18926/OER/58070

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Improving Japanese semantic-role-labeling performance with transfer learning as case for limited resources of tagged corpora on aggregated language.

    Takuya Okamura, Koichi Takeuchi, Yasuhiro Ishihara, Masahiro Taguchi, Yoshihiko Inada, Masaya Iizuka, Tatsuhiko Abo, Hitoshi Ueda

    2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/paclic/2018

  • ポーランド経済の成長と地方自治政策および地方自治体の財政状況

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   44 ( 2 )   39 - 61   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    This paper conducts a critical analysis on the political-economic situation of Poland and the current financial condition of the Polish local governments.Poland was the only country in the EU that avoided recession in 2009, i.e. just after the financial crisis it the world in 2008. While a number of studies suggest that the strong exports and individual consumption expenditures have been supporting the economy, they tend to miss the crucial fact that local government finance in the country is relatively well-balanced, and it became one of the factors of the economic stability. Aiming at examining such curious steadiness of the Polish local governments, this paper first focuses on the political and economic situation in Poland to understand the background of the financial condition of the local governments. Secondly, the system of local autonomy and its changes will be reviewed. Thirdly, the paper outlines the current political situation of the country, particularly the outcome of the general election held in 2012. Different regional strategies of the major political parties will be analyzed as well. Finally, the condition of local government finance will be examined to clarify their problems and challenges.From the analysis of this paper, the following points will be elucidated:(1) The solid economic performance has been maintained in Poland even after the global economic crisis.(2) The disparity of economic growth by prefecture and the disparity of the domestic product per capita by prefecture both show observable trend of its increase.(3) There is a big difference in the regional policy between the two major political parties in the country. The ruling party, the Civic Platform (Platforma Obywatelska; PO), bases its policy on the EU cohesion fund and adopts the economic growth model, in which the economies of metropolises are the engine to lead the country's economy. On the other hand, the main opposition party, Law and Justice (Prawo i Sprawiedliwość; PiS), sets the liquidation of domestic disparities based on the "Polish" policies as its main goal.(4) The local government system of Poland is characterized by the great authority of commune (gmina) and the securing of tax revenue by the state. This model has been ensuring financial stability of the local government.(5) Many state-owned real estates have been changed to come under local government ownership during the period of systemic transformation. The incomes from the real estates and gains upon their sale have been contributing to the stability of local government finance.(6) Local governments have been one of the factors of Poland's stable growth. However, many local governments recently started to fall into deficit. The causes of the deficit are as follows: a slowdown in tax revenues due to the recession; the falling real estate prices, the rising prices of construction materials for public works; the rising energy prices; and natural disasters that occur frequently in recent years.(7) The reduction policy of the state budget, directly bound up with the tighter condition of local government finance, as well as the decrease of financial supports from the EU Cohesion Fund and its related cuts in budgets for public works, has a negative impact on the local economy. They consequently affect the growth of the Polish economy to cause its slowing down.

    DOI: 10.18926/OER/48989

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/48989

  • カリーニングラードとポーランド東部クロスボーダー・リージョン

    田口雅弘

    ロシア・ユーラシアの経済と社会   ( 948 )   32 - 38   2011年

     詳細を見る

  • Mechanizm upadku socjalistycznego systemu gospodarczego

    Masahiro Taguchi

    Ekonomia   26   3 - 28   2011年

     詳細を見る

  • Agglomeration and Institutional Effects on Dynamics in Regional Disparities: Experience from Poland and Japan. (共著)

    Ryohei Nakamura, Masahiro Taguchi

    Ekonomia   ( 25 )   3 - 31   2011年

     詳細を見る

  • 世界金融危機下のポーランド経済

    ミャチスワフ・W・ソハ, 田口雅弘

    ロシア・ユーラシアの経済と社会   342   18 - 30   2011年

     詳細を見る

  • Mechanizm upadku socjalistycznego systemu gospodarczego

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   42 ( 2 )   69 - 93   2010年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    In this article, I will try to present the mechanism of the collapse of the socialist economic system based on empirical analysis of reforms of the Polish socialist economy. In Poland, there were several attempts to carry outeconomic reforms, but in most cases, the experiments failed. I therefore examined why the reforms failed, and why reform ultimately stalled in deadlock. I focused on the stiffness of basic architecture of the "traditional" system, the structural cyclicity of the reforms, the political limits of deepening of socialist reforms, compatibility and interactivity between the platform of the system and functioning mechanisms. Reasons for inability to build an effective system through reform of the socialist economy can be traced back to the rigidity of the platform. The logic wove into the basic architecture withdraw the functioning mechanism, which was partially improved in order to fit the environment, to the original logic. This rigidity of the platform formed cyclicity of the economic reform. Therefore, the system does not function efficiently if the platform is not essentially replaced. However, the basic architecture of the platform is an ideological base of the socialist system, and changing this lead to the denial of socialism. These are the limitations of economic reforms in the socialist system. This inflexibility also caused the collapse of the system and it inevitably led to the systemic transformation.

    DOI: 10.18926/OER/40217

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/40217

  • 道州制と地域政策の諸問題 -EU地域政策に見る地域格差是正の試み-

    田口雅弘

    研究報告書(岡山大学産業経営研究会)   ( 44 )   1 - 28   2009年

     詳細を見る

  • ポーランドの体制転換とキャッチアップ

    田口雅弘

    ロシア・ユーラシア研究 -研究と資料-   ( 928 )   133 - 142   2009年

     詳細を見る

  • EU東部地域の地域格差問題とその構造

    田口雅弘

    『北東アジア経済研究』(岡山大学社会文化科学研究科)   ( 6 )   45 - 58   2008年

     詳細を見る

  • 両大戦間期ポーランドにおける国家主義の台頭--成長戦略としてのエタティズム

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   37 ( 2 )   187 - 203   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    Introducing the discussions and practices of Polish etatism in 1930's, this article presents the historical process that the state control was strengthened and etatism became a main development strategy of the Polish government. One of the main problems of the economic policy of interwar Poland was economic backwardness and stagnation. The economic liberalism was a main current of economic ideology in the government (as an at least official standpoint), as well as the industrial world and academic circles. However, the economic liberalism and the political democratization couldn't solve these economic problems. The political situation was stabilized by Pilsudski's Coup D'etat, but the economic structural problem was still left (Chapter 1). Chapter 2 introduces arguments about interventionism and the controversy over an economic planning. The thoughts of an economic planning of the Polish Communist Party of Poland (KPP), the Polish cooperatism, the economic calculation debate, and the development policy of technocrats, would be worth paying attention. The so called "April Constitution" (1935) and the Great Depression (1929−1935) are analyzed in Chapters 3 and Chapter 4. The Great Depression shook the trust in market and the fundamental idea of economic liberalism. In 1935, new constitution was promulgated, and the president got a strong authority. Such a situation strengthened the tendency to etatism. In Chapter 5, the Central Industrial Region (COP) constructed on the base of etatistic ideology is empirically analyzed. It seemed effective not only in temporary economic stabilization, but in structural change of Polish economy that stands in long−term perspective. However, the construction of the Central Industrial Region was interrupted by World War II.

    DOI: 10.18926/OER/12428

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12428

  • 1970年代ポーランドにおける対外債務累積のメカニズム

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   36 ( 4 )   431 - 446   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    In this paper, the author clarifies the mechanism of the Polish external debt accumulation in 1970's which had become one of the causes of the system collapse. A basic strategy of 70's economic development was established at the 6th Congress of the Polish United Workers' Party (PZPR) held in 1971. The system reform in full scale started in 1973 based on this strategy. On the other hand, economic growth was at the peak in 1973. It decelerated afterwards, and a lot of economic difficulties were already caused in 1974. And the system reform was frustrated. Though the "economic adjustment" was introduced in 1976, the external debt accumulated rapidly, and the national income produced recorded negative growth in 1979. Finally, the financial crunch and the external debt crisis were generated. A Polish socialist system became dysfunction, and the system collapsed in 1989. The cause to which the external debt accumulates is as follows : (1) soft control of the foreign currency management in the relatively centralized economic system, (2) inefficient production system caused by the price distortion, (3) failure of domestic industry policy, especially agricultural policy. The following reform was necessary to solve these problems : (1) introduction of profit and loss account based on market prices, (2) bankruptcy processing of enterprise which loses solvency of external debt, (3) activation of private farms. However, it is a solution which obviously contradicts the socialistic principles. In such a meaning, the failure of the economic policy and the system design in 1970's could be the begining of the end of the Polish socialist system.

    DOI: 10.18926/OER/12438

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12438

  • 「両大戦間期ポーランドにおける国家主義の台頭 -成長戦略としてのエタティズム-」

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   2005年

     詳細を見る

  • 「1970年代ポーランドにおける対外債務累積のメカニズム」

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   2005年

     詳細を見る

  • 「社会主義経済システム崩壊のメカニズム ―ポーランドのケースに基づく崩壊プロセスのモデル化―」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   2004年

     詳細を見る

  • 社会主義経済システム崩壊のメカニズム--ポーランドのケースに基づく崩壊プロセスのモデル化 (特集 社会主義の崩壊,移行そして再生)

    田口 雅弘

    比較経済体制研究   0 ( 11 )   38 - 52   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:比較経済体制研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 移行期ポーランドにおける政治変動と経済変動の相互依存

    田口雅弘

    立命館国際研究   2003年

     詳細を見る

  • EU東方拡大プロセスにおける体制移行国の国家戦略 ―ポーランドの場合―

    田口雅弘

    『研究報告書』(岡山大学産業経営研究会)   2002年

     詳細を見る

  • Japanese Approach to the Transition Economies.

    Masahiro Taguchi

    "TIGER Working Paper Series" (Warsaw: WSPiZ)   2002年

     詳細を見る

  • 両大戦間期ポーランドにおける民主化と経済的自由主義政策の挫折

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   33 ( 1 )   35 - 51   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    This article is to analyze the reasons of the failure of democratization and economic liberalism in Poland in the interwar period. Poland had failed to establish assembly democracy and a liberal market economy system, which allowed the Pilsudski's coup d'etat and etatism (economic interventionism of the state) to become dominant. This article will attempt to show why the Polish liberal economic policy collapsed and what political and economic conditions were instrumental to the rapid growth of authoritarianism by analyzing not only the economic aspects but the relationship between the parliament, government and president, etc. The economic liberalization and democratization tried out in newborn Poland successively failed due to the immature political bodies, conflict among the parliament, president and government, and the immature market. The administration established after the coup d'etat of Pilsudski was backed up by the worldwide economic recovery and stabilized economic situations of the mid twenties, but not able to take any effective measures against the world financial crisis post 1929. During the 20 years of the interwar period, economic liberalism was always in the mainstream of economic policy, but there was no positive and strong ideology in the background of the appearance of etatism. The market was too feeble to support the unstable Polish economy, and under those conditions, strong intervention by the state in the economy could not be avoided.

    DOI: 10.18926/OER/12544

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12544

  • 両大戦間期ポーランドにおける民主化と経済的自由主義政策の挫折

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   第33巻第1号、pp.35-51.   2001年

     詳細を見る

  • ポーランド体制転換政策と「ワシントン・コンセンサス」」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   第8号、pp.48-60.   2001年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける転換ショックとセーフティネット構築

    田口雅弘

    『比較経済体制学会会報』   第38巻、pp.42-47.   2001年

     詳細を見る

  • ポーランド体制転換政策と「ワシントン・コンセンサス」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   2001年

     詳細を見る

  • 両大戦間期ポーランドにおける民主化と経済的自由主義政策の挫折

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   2001年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける転換ショックとセーフティネット構築

    田口雅弘

    『比較経済体制学会会報』   2001年

     詳細を見る

  • ポーランド体制転換政策と「ワシントン・コンセンサス」 (特集 グローバリズムと移行経済)

    田口 雅弘

    比較経済体制研究   0 ( 8 )   48 - 60   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:比較経済体制研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 両大戦間期ポーランドの国家と市場

    田口雅弘

    中山昭吉・松川克彦編『ヨーロッパ史研究の新地平 -ポーランドからのまなざし-』(昭和堂)   2000年

     詳細を見る

  • 両大戦間期ポーランドの国家と市場

    田口雅弘

    中山昭吉・松川克彦編『ヨーロッパ史研究の新地平 -ポーランドからのまなざし-』(昭和堂)   pp.256-274.   2000年

     詳細を見る

  • ポーランドの体制転換プログラムとその実施過程における諸問題

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   1999年

     詳細を見る

  • 移行期における失業と失業率をめぐる諸問題 : ポーランドの場合

    田口 雅弘

    Japanese Slavic and East European studies   19 ( 0 )   25 - 49   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society for Slavic and East European Studies  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • The Unemployment Rate and Structure of Unemployment in Transition: The Polish Case.

    Masahiro Taguchi

    "Japanese Slavic and East European Studies"   Vol.19、pp.25-49.   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド

    田口雅弘

    小山洋二編『東欧経済』(世界思想社)   pp.114-140.   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド現代史における国家と経済

    田口雅弘

    『比較経営学会研究年報』   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド

    田口雅弘

    小山洋二編『東欧経済』(世界思想社)   1999年

     詳細を見る

  • The Unemployment Rate and Structure of Unemployment in Transition: The Polish Case.

    Masahiro Taguchi

    "Japanese Slavic and East European Studies"   1999年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける失業問題の基本構造

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド現代史における国家と経済

    田口雅弘

    『比較経営学会研究年報』   第24号   1999年

     詳細を見る

  • ポーランドの体制転換プログラムとその実施過程における諸問題

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   pp.139-158.   1999年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける失業問題の基本構造

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   pp.159-184.   1999年

     詳細を見る

  • バルツェロヴィチ理論再考

    田口雅弘

    『ロシア・ユーラシア経済調査資料』   1998年

     詳細を見る

  • 中欧移行経済の比較分析と理論的諸問題

    田口雅弘

    『ロシア・東欧学会年報 1997年版』   1998年

     詳細を見る

  • ポーランド経済移行期における貿易統計の現状と諸問題

    田口雅弘

    『比較経済体制学会会報』   1998年

     詳細を見る

  • 「ポーランド体制転換の経済理論 バルツェロヴィチ・プランの起源」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   1997年

     詳細を見る

  • ポ-ランド体制転換の経済理論--バルツェロヴィチ・プランの起源 (特集「経済体制転換諸理論の鳥瞰」)

    田口 雅弘

    比較経済体制研究   ( 4 )   8 - 13   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:比較経済体制研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ポ-ランドの外国貿易の発展

    田口 雅弘

    アジア経済   28 ( 8 )   p16 - 30   1987年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学術雑誌目次速報データベース由来  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 人民民主主義期ポーランドの経済計画化をめぐる論争

    田口 雅弘

    Japanese Slavic and East European studies   7 ( 0 )   69 - 88   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本スラヴ・東欧学会  

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 第三共和国の誕生 ポーランド体制転換 1989年

    田口雅弘( 担当: 単著 ,  範囲: 単著)

    群像社  2021年12月 

     詳細を見る

  • 中欧・東欧文化事典

    中欧, 東欧文化事典編集委員会, 羽場 久美子, 井, 壽乃, 大津留 厚, 桑名 映子, 田口 雅弘, 中澤 達哉, 長與 進, 三谷 恵子, 山崎 信一( 担当: 共編者(共編著者))

    丸善出版  2021年8月  ( ISBN:9784621306161

     詳細を見る

    総ページ数:xxix, 823p, 図版 [8] p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 体制転換における国家と市場の相克 : ロシア,中国,中欧

    池本, 修一, 盛田, 常夫, 溝端, 佐登史, 岩崎, 一郎, Bod, Péter Ákos, Potůček, Martin, 梶谷, 懐, 渡邉, 真理子, 杉浦, 史和, 日臺, 健雄, 田中, 宏, 田口, 雅弘

    日本評論社  2021年2月  ( ISBN:9784535559912

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 304p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ポーランド語スポーツ用語辞典 = Słownik sportu : Polsko-Japoński,Japońsko-Polski

    田口, 雅弘, 森本, 史絵

    ふくろう出版  2020年5月  ( ISBN:9784861867903

     詳細を見る

    総ページ数:ii, 91p  

    CiNii Books

    researchmap

  • これからの日中韓経済学

    田口, 雅弘, 金, 美徳

    えにし書房  2018年3月  ( ISBN:9784908073502

     詳細を見る

    総ページ数:311p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 東アジア教養人のための日中韓経済論

    田口, 雅弘, 金, 美徳

    ふくろう出版  2017年2月  ( ISBN:9784861866913

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 270p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 東アジアの伝統思想への誘い : 共通善を求めて

    荒木, 勝, 孫, 路易, 田口, 雅弘

    ふくろう出版  2017年2月  ( ISBN:9784861866883

     詳細を見る

    総ページ数:v, 159p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ポーランドとその隣人たち2 フォーラム・ポーランド2015年会議録 Polska i jej sąsiedzi—Część II Forum Polska Konferencja 2015

    NPOフォーラム・ポーランド組織委員会  2017年 

     詳細を見る

  • 東アジアの経済協力と共通利益

    田口, 雅弘, 金, 美徳

    ふくろう出版  2016年2月  ( ISBN:9784861866685

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 236p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • アンジェイ・ワイダ = Andrzej Wajda

    フォーラム・ポーランド, 関口, 時正, 田口, 雅弘, フォーラム・ポーランド組織委員会

    ふくろう出版  2015年5月  ( ISBN:9784861866524

     詳細を見る

    総ページ数:97p  

    CiNii Books

    researchmap

  • 『フォーラム・ポーランド2012年会議録 アンジェイ・ワイダ Andrzej Wajda』

    ふくろう出版  2015年 

     詳細を見る

  • 変貌する世界地図とポーランド-その今日・明日 = Polska dziś i jutro - w poszukiwaniu swojego miejsca na zmieniającej się mapie świata

    フォーラム・ポーランド, 関口, 時正, 田口, 雅弘

    ふくろう出版  2014年6月  ( ISBN:9784861866074

     詳細を見る

    総ページ数:101p  

    CiNii Books

    researchmap

  • フォーラム・ポーランド2013年会議録 変貌する世界地図とポーランド―その今日・明日 Polska dzis i jutro - w poszukiwaniu swojego miejsca na zmieniajacej sie mapie swiata

    ふくろう出版  2014年 

     詳細を見る

  • ポロネーズをめぐって = Wokół poloneza

    関口, 時正, 田口, 雅弘, フォーラム・ポーランド

    ふくろう出版  2013年12月  ( ISBN:9784861865763

     詳細を見る

    総ページ数:119p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 現代ポーランド経済発展論 : 成長と危機の政治経済学

    田口, 雅弘, 岡山大学経済学部

    岡山大学経済学部  2013年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:ii, 189p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • (書評)スレイマン・イブラヒム・コーヘン著(溝端佐登史,岩﨑一郎,雲和広,徳永昌弘監訳)『国際比較の経済学 グローバル経済の構造と多様性』 (NTT出版,2012年,x+449pp)

    比較経済体制研究  2013年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド2012年会議録 ポロネーズをめぐって Wokol poloneza

    ふくろう出版  2013年 

     詳細を見る

  • Economic Development of Contemporary Poland. Political Economy of Development and Crisis.

    Faculty of Economics, Okayama University  2012年 

     詳細を見る

  • Poland and Their Neighbours I

    Fukuro Publishing  2012年 

     詳細を見る

  • 現代ポーランド経済発展論 成長と危機の政治経済学

    岡山大学経済学部  2012年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド2011年会議録 ポーランドとその隣人たち 1 Polska i jej sssiedzi - Czesc I

    ふくろう出版  2012年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド2010年会議録 ポーランド「連帯」運動とその遺産 ―民主化と変革―

    ふくろう出版  2011年9月  ( ISBN:9784861864889

     詳細を見る

    総ページ数:90p  

    CiNii Books

    researchmap

  • Studies on the Common Property at the Boundary Region of Eastern Europe I -Galicia-

    Tokyo University of Foreign Studies / Bikosha  2011年  ( ISBN:9784925243827

     詳細を見る

  • ヨーロッパ東部境界地域の共有遺産研究Ⅰ -ガリッツィア-

    東京外国語大学/美巧社  2011年  ( ISBN:9784925243827

     詳細を見る

  • Regional Integration. European Experiences and East Asia

    Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University  2010年 

     詳細を見る

  • Forum Poland. Conference 2009

    The Organizing Committee for FORUM POLAND  2010年 

     詳細を見る

  • Forum Poland Conference 2010 "Solidarity" Activities and its Heritage

    Forum Poland. Conference 2009  2010年 

     詳細を見る

  • Forum Poland Conference 2011. "Solidarity and Its Legacy"

    Fukuro Publishing  2010年  ( ISBN:9784861864889

     詳細を見る

  • 地域統合 ヨーロッパの経験と東アジア

    岡山大学大学院社会文化科学研究科  2010年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド2009会議録 Forum Polska. Konferencja 2009

    特定非営利活動法人フォーラム・ポーランド組織委員会  2010年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド2010年会議録 ポーランド「連帯」運動とその遺産 ―民主化と変革― Forum Polska. Konferencje 2010 Ruch NSZZ "Solidarnosc" i jego dziedzictwo ―Demokratyzacja i rewolucja―

    特定非営利活動法人フォーラム・ポーランド組織委員会  2010年 

     詳細を見る

  • 拡大するEUとバルト経済圏の胎動

    昭和堂  2009年 

     詳細を見る

  • 拡大するEUとバルト経済圏の胎動(共著)

    昭和堂  2009年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド2008会議録 Forum Polska. Konferencja 2008

    ふくろう出版  2009年 

     詳細を見る

  • Japonia na początku XXI wieku. Polityka, gospodarka, społeczeństwo i stosunki z Polską.

    Toruń: Wydawnictwo Adam Marszałek  2008年 

     詳細を見る

  • Varieties of Capitalisms and Transformation. Papers from the International Seminar on "Varieties of Capitalisms and Transformation"

    Kyoto: Bunrikaku Publisher  2008年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド : 会議録 = Forum Polska : konferencje

    フォーラム・ポーランド, 関口, 時正, 田口, 雅弘, フォーラム・ポーランド組織委員会

    ふくろう出版  2007年4月  ( ISBN:9784861863158

     詳細を見る

    総ページ数:冊  

    CiNii Books

    researchmap

  • フォーラム・ポーランド2007会議録/Forum Polska. Konferencja 2007

    ふくろう出版  2007年 

     詳細を見る

  • ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン

    平成16年度〜平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B)16330052)研究成果報告書  2007年 

     詳細を見る

  • フォーラム・ポーランド2005-2006会議録/Forum Polska. Konferencje 2005-2006

    ふくろう出版  2007年 

     詳細を見る

  • ノーザンディメンション -拡大EUとスラブ圏の域際交流によるヨーロッパ経済空間の再編-(平成16年度〜平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B)16330052)研究成果報告書)

    2007年 

     詳細を見る

  • ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(3)

    『岡山大学経済学会雑誌』、第39巻第1号  2007年 

     詳細を見る

  • 「ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(2)」

    『岡山大学経済学会雑誌』、第38巻第3号、岡山大学経済学会  2006年 

     詳細を見る

  • 『進化経済学ハンドブック』

    共立出版  2006年 

     詳細を見る

  • 「ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(1)」

    『岡山大学経済学会雑誌』、第38巻第2号、岡山大学経済学会  2006年 

     詳細を見る

  • 『EUの軌跡とベクトル』

    慶應義塾大学出版会  2006年 

     詳細を見る

  • ポーランドの高校歴史教科書 : 現代史

    Garlicki, Andrzej, 渡辺, 克義, 田口, 雅弘, 吉岡, 潤

    明石書店  2005年7月  ( ISBN:4750321435

     詳細を見る

    総ページ数:900p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ポーランド体制転換論 : システム崩壊と生成の政治経済学

    田口, 雅弘, 岡山大学経済学部

    岡山大学経済学部  2005年3月  ( ISBN:4275003756

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 272p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 「ショック」から「真の療法」へ : ポスト社会主義諸国の体制移行からEU加盟へ

    Kołodko, Grzegorz W., 家本, 博一, 田口, 雅弘, 吉井, 昌彦

    三恵社  2005年3月  ( ISBN:4883612643

     詳細を見る

    総ページ数:373p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 『ポーランドの高校歴史教科書【現代史】』(世界の教科書シリーズ12)

    明石書店  2005年 

     詳細を見る

  • 『ポーランド体制転換論 システム崩壊と生成の政治経済学』

    御茶の水書房  2005年 

     詳細を見る

  • 『「ショック」から「真の療法」へ -ポスト社会主義諸国の体制移行からEU加盟へ-』

    三恵社  2005年 

     詳細を見る

  • 「制度と政策および経済成長」

    『岡山大学経済学会雑誌』、第37巻第1号  2005年 

     詳細を見る

  • 『ポーランド語スポーツ用語辞典(Polsko-japonski, japonsko-polski slownik sportu)』

    西日本法規出版  2003年 

     詳細を見る

  • 新興市場経済におけるグローバル化とキャッチ・アップ

    『立命館国際研究』  2003年 

     詳細を見る

  • Globalizacja Marginalizacja Rozwoj.

    Warszawa: WSPiZ  2003年 

     詳細を見る

  • Emerging Market Economies: Globalization and Development.

    Aldershot: Ashgate Publishing  2003年 

     詳細を見る

  • 『新訂増補 東欧を知る事典』(「クファシニェフスキ」、「ポーランドの政治、経済、社会・文化、対日関係(追補)」の旧版修正の他、ポーランド関係の項目を全てチェックした。

    平凡社  2001年 

     詳細を見る

  • 社会主義資本主義体制転換

    Balcerowicz, Leszek, 家本, 博一, 田口, 雅弘

    多賀出版  2000年7月  ( ISBN:4811558413

     詳細を見る

    総ページ数:vi, 482p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • L.バルツェロヴィチ

    多賀出版  2000年 

     詳細を見る

  • 東欧経済

    小山, 洋司, 田中, 宏, 溝端, 佐登史, 田口, 雅弘, 堀林, 巧, 池田, 俊明, 吉井, 昌彦, 岩林, 彪, 金森, 俊樹

    世界思想社  1999年9月  ( ISBN:479070775X

     詳細を見る

    総ページ数:ix, 283p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ミェチスワフ・W・ソハ、ウルシュラ・シュタンダルスカ

    日本評論社  1999年 

     詳細を見る

  • マレック・マズール

    『岡山大学経済学会雑誌』第29巻第1号  1997年 

     詳細を見る

  • 奇跡の脱出 : アウシュヴィッツの生き証人は訴える

    Motyka, Lucjan, 田口, 雅弘

    グリーンピース出版会  1990年6月  ( ISBN:4906302076

     詳細を見る

    総ページ数:57p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • コメコン諸国の経済発展と対外経済関係

    貝出, 昭, 田口, 雅弘, 平泉, 公雄, 難波, 修, 秋津, 那美子, 名島, 修三

    アジア経済研究所,アジア経済出版会 (発売)  1989年3月  ( ISBN:4258043818

     詳細を見る

    総ページ数:323p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ソ連、東欧5カ国(東ドイツ、ポーランド、ルーマニア、ユーゴスラヴィア、ハンガリー)の食糧、農業問題及び当面の農政上の課題

    国際農林業協力協会, 金田, 辰夫, 谷口, 信和, 田口, 雅弘, 上垣, 彰, 暉峻, 衆三, 南塚, 信吾

    国際農林業協力協会  1988年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:168p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 対訳ポーランド語経済用語小辞典

    田口, 雅弘

    [田口雅弘]  1985年 

     詳細を見る

    総ページ数:380p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ポーランド

    世界思想社.小山洋司編『東欧経済』 

     詳細を見る

  • Poland

    Sekai-Shisosha, Yoji Koyama(ed. )"Economies in Eastern Europe" 

     詳細を見る

  • Challenges and Failures of Economic Reforms -A Polish Case

    "Economic System in Transition" Sekai-Shiso-Sha 

     詳細を見る

  • Challenges and Failures of Economic Reforms -A Polish Case

    "Economic System in Transition" Sekai-Shiso-Sha 

     詳細を見る

  • Development and Friction of Economic Society

    "Introduction to Poland" Kobundo 

     詳細を見る

  • Maky s(]E83AC[)ownik ekonomiczny polsko-angielsko-japo(]E85F5[)ski (Small Polish-English-Japanese Economic Dictionary)

     詳細を見る

  • Economic Growth Cycles in Poland

    "Growth Cycles in CMEA Countries" Institute of Developing Economics 

     詳細を見る

  • Foreign Trade in Poland

    "Economic Development and International Economic Relations of CMEA Countries" Institute of Developing Economies 

     詳細を見る

  • Continuity and Discoutinuity in the Economic History of Contemporary Poland

    Monographies on the History of Poland 

     詳細を見る

  • Transition to Market Economy and Labour Market in Poland

    Nihon-hyoronsha, "Transformation of the Economic Systems and Labour Markets" 

     詳細を見る

  • Structure of Unemployment in Poland

    Nihon-hyoronsha, "Transformation of the Economic Systems and Labour Market 

     詳細を見る

  • 経済社会の発展と軋轢

    弘文堂 『もっと知りたいポーランド』 

     詳細を見る

  • Development and Friction of Economic Society

    "Introduction to Poland" Kobundo 

     詳細を見る

  • Maky s(]E83AC[)ownik ekonomiczny polsko-angielsko-japo(]E85F5[)ski (Small Polish-English-Japanese Economic Dictionary)

     詳細を見る

  • Economic Growth Cycles in Poland

    "Growth Cycles in CMEA Countries" Institute of Developing Economics 

     詳細を見る

  • Foreign Trade in Poland

    "Economic Development and International Economic Relations of CMEA Countries" Institute of Developing Economies 

     詳細を見る

  • Continuity and Discoutinuity in the Economic History of Contemporary Poland

    Monographies on the History of Poland 

     詳細を見る

  • Transition to Market Economy and Labour Market in Poland

    Nihon-hyoronsha, "Transformation of the Economic Systems and Labour Markets" 

     詳細を見る

  • Structure of Unemployment in Poland

    Nihon-hyoronsha, "Transformation of the Economic Systems and Labour Market 

     詳細を見る

  • Poland

    Sekai-Shisosha, Yoji Koyama(ed. )"Economies in Eastern Europe" 

     詳細を見る

  • 経済改革の挑戦と挫折 -ポーランドの諸改革を中心に

    世界思想社 『経済システムの転換』 

     詳細を見る

  • ポーランドの経済成長循環

    アジア経済研究所 『コメコン経済の成長循環』 

     詳細を見る

  • ポーランド外国貿易の展開

    アジア経済研究所 『コメコン諸国の経済発展と対外経済関係』 

     詳細を見る

  • ポーランド現代史における継続と断絶

    ポーランド史論集 

     詳細を見る

  • ポートランドにおける市場移行と労働市場

    日本評論社『経済システム転換と労働市場の展開』 

     詳細を見る

  • ポーランドにおける失業問題の基本構造

    日本評論社『経済システム転換と労働市場の展開』 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 小論文の自動採点に向けたオープンな基本データの構築および現段階での自動採点手法の評価

    竹内孔一, 大野雅幸, 泉仁宏太, 田口雅弘, 稲田佳彦, 飯塚誠也, 阿保達彦, 上田均

    言語処理学会第23回年次大会発表論文集   839 - 842   2017年

     詳細を見る

  • ポーランドにおけるNPO、NGO活動の現状と課題について

    田口雅弘

    比較経営研究   38   15 - 29   2014年

     詳細を見る

  • 書評 スレイマン・イブラヒム・コーヘン著 溝端佐登史,岩﨑一郎,雲和広,徳永昌弘監訳『国際比較の経済学 : グローバル経済の構造と多様性』 (学会機関誌50巻記念特集号)

    田口 雅弘

    比較経済研究   50 ( 2 )   58 - 63   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:比較経済体制学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ポーランド年金制度における金融機関の役割 (特集 ポーランドの歴史と現在)

    マズール マレク, 田口 雅弘

    ロシア・ユーラシアの経済と社会   ( 955 )   2 - 18   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ユーラシア研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 欧州の戦略拠点ポーランド

    MUFG BizBuddy   2012年

     詳細を見る

  • The Development of Polish Economy and the Economic Policy, the Fiscal Situation of Local Governments.

    Okayama Economic Review   44 ( 2 )   1 - 23   2012年

     詳細を見る

  • The Results of the Genaral Election in Poland in 2011.

    Masahiro Taguchi

    Russian Eurasian Economy & Society   ( 955 )   36 - 37   2012年

     詳細を見る

  • ポーランド経済の成長と地方自治政策および地方自治体の財政状況

    岡山大学経済学会雑誌   44 ( 2 )   1 - 23   2012年

     詳細を見る

  • 2011年ポーランド総選挙結果

    田口雅弘

    ロシア・ユーラシアの経済と社会   ( 955 )   36 - 37   2012年

     詳細を見る

  • パネルディスカッション「歴史の中の体制転換」(司会:林忠行 パネリスト:塩川伸明、柴宣弘、田口雅弘、望月哲男)

    林忠行, 塩川伸明, 柴宣弘, 田口雅弘, 望月哲男

    ロシア・東欧研究   39   26 - 56   2011年

     詳細を見る

  • Mechanism of the Collapse of the Socialistic Economic System

    Economics   26   3 - 28   2011年

     詳細を見る

  • Polish Economy in the World Financial Crisis

    Mieczyslaw W. Socha, Masahiro Taguchi

    Rusian Eurasian Economy & Society   342   18 - 30   2011年

     詳細を見る

  • Kaliningrad-Poland Cross-Border Region.

    Masahiro Taguchi

    Russian Eurasian Economy & Society   ( 948 )   32 - 38   2011年

     詳細を見る

  • Panel discussion "Systemic Transformation in History"

    Tadayuki Hayashi, Nobuaki Shiokawa, Nobuhiro Shiba, Masahiro Taguchi, Tetsuo Mochizuki

    Russian and East European Studies   39   26 - 56   2011年

     詳細を見る

  • Mechanizm upadku socjalistycznego systemu gospodarczego

    Masahiro Taguchi

    Ekonomia   26   3 - 28   2011年

     詳細を見る

  • Agglomeration and Institutional Effects on Dynamics in Regional Disparities: Experience from Poland and Japan. (共著)

    Ryohei Nakamura, Masahiro Taguchi

    Ekonomia   ( 25 )   3 - 31   2011年

     詳細を見る

  • 世界金融危機下のポーランド経済

    ミャチスワフ・W・ソハ, 田口雅弘

    ロシア・ユーラシアの経済と社会   342   18 - 30   2011年

     詳細を見る

  • カリーニングラードとポーランド東部クロスボーダー・リージョン

    田口雅弘

    ロシア・ユーラシアの経済と社会   ( 948 )   32 - 38   2011年

     詳細を見る

  • 書評 アルカディウシュ・タルノフスキ『ポーランドと日本 1989-2004 政治、経済、文化関係』

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   41 ( 4 )   275 - 282   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    DOI: 10.18926/OER/20116

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/20116

  • Agglomeration and Institutional Effects on Dynamics in Regional Disparities: Experience from Poland and Japan

    Ryohei Nakamura, Masahiro Taguchi

    Discussion Paper Series, The Economic Association of Okayama University   ( I-77 )   1 - 36   2010年

     詳細を見る

  • Review: Arkadeusz Tarnowski, "Poland and Japan 1989-2004"

    Masahiro Taguchi

    Okayama Economic Review   41 ( 4 )   47 - 54   2010年

     詳細を見る

  • Agglomeration and Institutional Effects on Dynamics in Regional Disparities: Experience from Poland and Japan

    中村良平, 田口雅弘

    Discussion Paper Series, The Economic Association of Okayama University   ( I-77 )   1 - 36   2010年

     詳細を見る

  • 書評:アルカディウシュ・タルノフスキ『ポーランドと日本 1989-2004 政治、経済、文化関係』

    田口雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   41 ( 4 )   47 - 54   2010年

     詳細を見る

  • 道州制と地域政策の諸問題 -EU地域政策に見る地域格差是正の試み-

    田口雅弘

    研究報告書(岡山大学産業経営研究会)   ( 44 )   1 - 28   2009年

     詳細を見る

  • ポーランドの体制転換とキャッチアップ

    田口雅弘

    ロシア・ユーラシア研究 -研究と資料-   ( 928 )   133 - 142   2009年

     詳細を見る

  • ポーランド欧州統合委員会評価レポート 「ポーランドEU加盟の4年間」要約とコメント(後半)

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   40 ( 3 )   339 - 346   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ポーランド欧州統合委員会評価レポート 「ポーランドEU加盟の4年間」要約とコメント(前半)

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   40 ( 2 )   195 - 206   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    ポーランドの欧州統合委員会(Urz d Komitetu Integracji Europejskiej : UKIE)は2008年6月、145ページにおよぶ「ポーランドEU 加盟の4年間欧州連合加盟による社会・経済的利益とコストのバランスシート(2004年5月1日~2008年5月1日)」("4 lata cz onkostwa Polski w UE. Bilans korzysci i kosztów spo eczno−gospodarczych zwi zanych z cz onkostwem w Unii Europejskiej. 1 maja 2004 r.− 1 maja2008 r .")を発表した。ポーランドの欧州統合委員会は、毎年こうした評価レポートを発表している。しかし、今回のレポートが対象としている期間(2004年5月1日~2008年5月1日)には、失業率の大幅低下、労働移民の拡大、シェンゲン協定の適用など、ポーランドのEU 加盟を評価し今後の展望を考える上で重要な要素が含まれている。そこで、この評価レポートの内容を紹介しながら、ポイントを分析したい。

    DOI: 10.18926/OER/13286

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/13286

  • ポーランド欧州統合委員会評価レポート「ポーランドEU加盟の4年間」(要約とコメント 前半)

    田口雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   40 ( 2 )   49 - 60   2008年

     詳細を見る

  • EU東部地域の地域格差問題とその構造

    田口雅弘

    『北東アジア経済研究』(岡山大学社会文化科学研究科)   ( 6 )   45 - 58   2008年

     詳細を見る

  • 分野横断的な人的交流と人材育成を (カントリー・イン・フォーカス ポーランド)

    田口 雅弘

    外交フォーラム   20 ( 11 )   36 - 39   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:都市出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 翻訳 ミェチスワフ・W・ソハ,バルトゥウォミェイ・ロキツキ ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(3)

    Socha Mieczyslaw W., Rokicki Bartlomiej, 田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   39 ( 1 )   75 - 95   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 書評 羽場久美子・小森田秋夫・田中素香編 『ヨ-ロッパの東方拡大』(岩波書店、2006年)

    田口雅弘

    『ロシア・東欧研究』(ロシア・東欧学会)   ( 第35号(2006年版) 2007.3 )   pp.136-138.   2007年

     詳細を見る

  • 翻訳 ミェチスワフ・W・ソハ,バルトゥウォミェイ・ロキツキ ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(2)

    Socha Mieczyslaw W., Rokicki Bartlomiej, 田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   38 ( 3 )   343 - 375   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    本稿は,ミェチスワフ・W・ソハ(Mieczys aw W. Socha)教授(ワルシャワ大学経済学部マクロ経済・外国貿易理論講座),バルトゥウォミェイ・ロキツキ(Bart omiej Rokicki)氏(ワルシャワ大学経済学部博士課程院生)の共著による「ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(Euroregiony na wschodniej granicy Polski)」(Feb., 2005, mimeo)の翻訳である。これは,文部科学省科学研究費補助金研究「ノーザンディメンション-拡大EU とスラブ圏の域際交流の拡大によるヨーロッパ経済空間の再編-」(基盤研究B(1),課題番号16330052),研究代表者:立正大学経済学部・蓮見雄)の基礎研究として執筆された報告書の翻訳である。4.ポーランド東部地域を含むユーロリージョンa.ユーロリージョン・バルトb.ユーロリージョン・ブグc.ユーロリージョン・カルパチアd.ユーロリージョン・ウィナ=ワヴァe.ユーロリージョン・ニエメンf.ユーロリージョン・ビャウォヴィエジャ原生林5.ポーランド東部諸県の経済の特徴(以上,本号)

    DOI: 10.18926/OER/12402

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12402

  • 翻訳 ミェチスワフ・W・ソハ,バルトゥウォミェイ・ロキツキ ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(1)

    Socha Mieczyslaw W., Rokicki Bartlomiej, 田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   38 ( 2 )   273 - 285   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    本稿は,ミェチスワフ・W・ソハ(Mieczys aw W. Socha)教授(ワルシャワ大学経済学部マクロ経済・外国貿易理論講座),バルトゥウォミェイ・ロキツキ(Bart omiej Rokicki)氏(ワルシャワ大学経済学部博士課程院生)の共著による「ポーランド東部国境地帯のユーロリージョン(Euroregiony na wschodniej granicy Polski)」(Feb., 2005, mimeo)の翻訳である。これは,文部科学省科学研究費補助金研究「ノーザンディメンション-拡大EU とスラブ圏の域際交流の拡大によるヨーロッパ経済空間の再編-」(基盤研究B(1),課題番号16330052),研究代表者:立正大学経済学部・蓮見雄)の基礎研究として執筆された報告書の翻訳である。はじめに1.EU におけるトランスボーダーリージョン間協力発展の必要性の理論的根拠2.EU のトランスボーダーリージョン3.ユーロリージョン活動におけるINTERREGⅢの役割(以上,本号)

    DOI: 10.18926/OER/12396

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12396

  • 'Mechanizm upadku socjalistycznego systemu gospodarczego', Discussion Paper Series, I-56, The Economic Association of Okayama University, May 2006.

    Masahiro Taguchi

    Discussion Paper Series, I-56, The Economic Association of Okayama University   2006年

     詳細を見る

  • 書評 田中宏『EU加盟と移行の経済学』ミネルヴァ書房,2005年,273pp.+3.

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   37 ( 3 )   387 - 393   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    DOI: 10.18926/OER/12448

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12448

  • 「1970年代ポーランドにおける対外債務累積のメカニズム」

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   2005年

     詳細を見る

  • 「両大戦間期ポーランドにおける国家主義の台頭 -成長戦略としてのエタティズム-」

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   2005年

     詳細を見る

  • 現地レポート ポーランド 西欧から東欧への進出 (特集 欧州史の再統一--拡大EUの可能性)

    田口 雅弘

    外交フォーラム   17 ( 8 )   69 - 71   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:都市出版  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 「社会主義経済システム崩壊のメカニズム ―ポーランドのケースに基づく崩壊プロセスのモデル化―」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   2004年

     詳細を見る

  • 移行期ポーランドにおける政治変動と経済変動の相互依存

    田口雅弘

    立命館国際研究   2003年

     詳細を見る

  • 中・東欧人材バンク ポーランド調査報告書 対ポーランド経済戦略再構築への一考察

    田口雅弘

    外務省中・東欧人材バンク事業報告書一部ネットで公開 http://www.e.okayama-u.ac.jp/~taguchi/kansai/stg-pol.pdf   2003年

     詳細を見る

  • EU東方拡大プロセスにおける体制移行国の国家戦略 ―ポーランドの場合―

    田口雅弘

    『研究報告書』(岡山大学産業経営研究会)   2002年

     詳細を見る

  • Japanese Approach to the Transition Economies.

    Masahiro Taguchi

    "TIGER Working Paper Series" (Warsaw: WSPiZ)   2002年

     詳細を見る

  • 両大戦間期ポーランドにおける民主化と経済的自由主義政策の挫折

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   第33巻第1号、pp.35-51.   2001年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける転換ショックとセーフティネット構築

    田口雅弘

    『比較経済体制学会会報』   2001年

     詳細を見る

  • 両大戦間期ポーランドにおける民主化と経済的自由主義政策の挫折

    田口雅弘

    『岡山大学経済学会雑誌』   2001年

     詳細を見る

  • ポーランド体制転換政策と「ワシントン・コンセンサス」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   2001年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける転換ショックとセーフティネット構築

    田口雅弘

    『比較経済体制学会会報』   第38巻、pp.42-47.   2001年

     詳細を見る

  • ポーランド体制転換政策と「ワシントン・コンセンサス」」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   第8号、pp.48-60.   2001年

     詳細を見る

  • 吉井昌彦著『ルーマニアの市場経済移行--失われた90年代?』

    田口 雅弘

    比較経済体制研究   ( 8 )   189 - 192   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:比較経済体制研究会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 両大戦間期ポーランドの国家と市場

    田口雅弘

    中山昭吉・松川克彦編『ヨーロッパ史研究の新地平 -ポーランドからのまなざし-』(昭和堂)   pp.256-274.   2000年

     詳細を見る

  • 両大戦間期ポーランドの国家と市場

    田口雅弘

    中山昭吉・松川克彦編『ヨーロッパ史研究の新地平 -ポーランドからのまなざし-』(昭和堂)   2000年

     詳細を見る

  • The Unemployment Rate and Structure of Unemployment in Transition: The Polish Case.

    Masahiro Taguchi

    "Japanese Slavic and East European Studies"   Vol.19、pp.25-49.   1999年

     詳細を見る

  • ポーランドの体制転換プログラムとその実施過程における諸問題

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   1999年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける失業問題の基本構造

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   1999年

     詳細を見る

  • The Unemployment Rate and Structure of Unemployment in Transition: The Polish Case.

    Masahiro Taguchi

    "Japanese Slavic and East European Studies"   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド

    田口雅弘

    小山洋二編『東欧経済』(世界思想社)   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド現代史における国家と経済

    田口雅弘

    『比較経営学会研究年報』   1999年

     詳細を見る

  • ポーランドにおける失業問題の基本構造

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   pp.159-184.   1999年

     詳細を見る

  • ポーランドの体制転換プログラムとその実施過程における諸問題

    田口雅弘

    大津定美、吉井昌彦編著『経済システム転換と労働市場の展開』(日本評論社)   pp.139-158.   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド

    田口雅弘

    小山洋二編『東欧経済』(世界思想社)   pp.114-140.   1999年

     詳細を見る

  • ポーランド現代史における国家と経済

    田口雅弘

    『比較経営学会研究年報』   第24号   1999年

     詳細を見る

  • バルツェロヴィチ理論再考

    田口雅弘

    『ロシア・ユーラシア経済調査資料』   1998年

     詳細を見る

  • ポーランド経済移行期における貿易統計の現状と諸問題

    田口雅弘

    『比較経済体制学会会報』   1998年

     詳細を見る

  • 中欧移行経済の比較分析と理論的諸問題

    田口雅弘

    『ロシア・東欧学会年報 1997年版』   1998年

     詳細を見る

  • マレック・マズ-ル「ポ-ランド銀行セクタ-の発展と諸課題」

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   29 ( 1 )   159 - 173   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    This is a translation of the paper (mimeo) written by Mark Mazur, the economic adviser to the Deputy of the Minister of Finance in Poland. The subject of considerations in this paper is the development of the Polish banking system and its current problems. The banking sector in Poland is in the process of restructuring and development. State banks have been privatized and financially restructured. Many small banks have established. On the other side, banking sector has been affected by diffictlties asocciated with the period of transformation to a market economy. The author analizes the process and its problems from the viewpoints of credibility, quality, of service, competition, privatization and consolidation. The author indicates; decreasing trend of bad dubts, passive financing activities of banks to private sector and inclination to investment into the state bonds, regional and segmental monopolization of the main banks, and difficulties in the process of consolidation.

    DOI: 10.18926/OER/12675

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12675

  • 「ポーランド体制転換の経済理論 バルツェロヴィチ・プランの起源」

    田口雅弘

    『比較経済体制研究』   1997年

     詳細を見る

  • 'Japonia. Stopy procentowe. Czekanie na podwyzke', June 15, 1997.

    Masahiro Taguchi

    "Gazeta Bankowa", June 15, 1997.   1997年

     詳細を見る

  • ポ-ランドにおける体制転換と専門用語をめぐる諸問題

    田口 雅弘

    岡山大学経済学会雑誌   28 ( 1 )   91 - 122   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学経済学会  

    This note refers to recent problems of the technical terms used in the social sciences in Poland. The current system transformation process in Poland has a great influence upon the political, economic and social life. Many new technical terms are flowing into Poland with the progress of the radical transformation of the system. In part one, the author presents the general situation of the inflow of the words of foreign origin, the occurence of the new words and concepts in connection with the change of economic relations, the social life and the basic ideology of society. Part two is an introduction of new Polish basic dictionaries, other dictionaries of technical terms for social sciences, and the new texts of economics. The author also makes some comments on these dicitionaries and texts. This note is an attempt to make clear the main problems of current Polsh language for the editing work on "The Polish-Japanese-English Dictionary of Political Economic Terms".

    DOI: 10.18926/OER/12695

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/12695

  • モデルなき経済改革めざすポ-ランド--来春までに構想提示を迫られる「連帯」 (正念場のソ連・東欧改革<特集>)

    田口 雅弘

    エコノミスト   67 ( 40 )   p22 - 26   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:毎日新聞社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 社会主義における経済成長循環

    Kolodko Grzegorz W., 田口 雅弘

    アジア経済   30 ( 7 )   p77 - 88   1989年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:アジア経済研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 初期人民ポ-ランドにおける計画化思想とその実践 (ソ連・東欧の経済<特集>)

    田口 雅弘

    アジア経済   26 ( 8 )   p74 - 95   1985年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:アジア経済研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 人民民主主義政権成立以前のポ-ランドにおける計画化思想

    田口 雅弘

    アジア経済   26 ( 7 )   p42 - 56   1985年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:アジア経済研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 小論文の自動採点に向けたオープンな基本データの構築および現段階での自動採点手法の評価

    言語処理学会第23回年次大会  2017年 

     詳細を見る

  • 欧州に見るグローバル化が生んだ反グローバルの潮流

    就実グローカル・フォーラム2017「グローバル化の新局面とわが国の対応」  2017年 

     詳細を見る

  • ポーランドにおけるNPO、NGO活動の現状と課題について

    日本比較経営学会第38回全国大会  2013年 

     詳細を見る

  • パネルディスカッション「歴史の中の体制転換」

    ロシア・東欧学会  2010年 

     詳細を見る

  • Panel Dicussion "Systemic Transformation in the Perspective of History""

    The Japanese Association for Russian and East European Studies  2010年 

     詳細を見る

  • ポーランド政治・経済の成長循環メカニズム

    ポーランド史研究会  2009年 

     詳細を見る

  • Comment: Japanese Approach to the Transition Economies

    The International Seminar. Varieties of Capitalism and Transformation, The 21 Century COE Programme  2008年 

     詳細を見る

  • ポーランド国内、EU東部クロスボーダー地域、EU域内経済格差の構造と政治・経済的帰結

    第16回東西合同ポーランド史研究集会  2007年 

     詳細を見る

  • 成長と摩擦のポーランド経済 21世紀の展望

    EU加盟後のポーランド -ヨーロッパ化とアイデンティティ-  2007年 

     詳細を見る

  • Comments and discussion for "The Effect of Poland's Integration with the EU: Financial Transfers and Eastern Border Regions Economic Development"(Socha, Mieczyslaw, Warsaw University)

    比較経済体制学会2006年度秋季大会  2006年 

     詳細を見る

  • ポーランドとEU

    慶応義塾大学21世紀COEプログラム「多文化多世代交差世界の政治社会秩序形成・多文化世界における市民意識の動態」研究会  2006年 

     詳細を見る

  • 「《ヨーロッパ回帰》の経済・社会的軋轢」

    フォーラム・ポーランド 共通論題「「ヨーロッパへの回帰」をめぐって」  2005年 

     詳細を見る

  • 社会主義経済システム崩壊のメカニズム再考

    第22回比較経済体制研究会夏期研究大会  2003年 

     詳細を見る

  • Japanese Approach to the Transition Economies.

    Globalization and Catching-up in Emerging Market Economies.  2002年 

     詳細を見る

  • Stracona dekada gosdpodarki japonskiej.

    Collegium Civitas, Wyklad Centrum Badan nad Japonia.  2002年 

     詳細を見る

  • Japonska reforma gospodarcza: Zasadnicze problemy teoretyczne i praktyczne.

    Wyklad Wydzialu Nauk Ekonomicznych Uniwersytetu Warszawskiego.  2002年 

     詳細を見る

  • EU東方拡大プロセスにおける体制移行国の国家戦略 ―ポーランドの場合-

    岡山大学産業経営研究会  2002年 

     詳細を見る

  • 「ポーランドにおけるポスト体制転換の政治経済学 -国家の役割を中心に-」

    比較経済体制研究会  2001年 

     詳細を見る

  • 家本 博一(名古屋学院大学)「EU正式加盟問題の現実とその基本性格-ポーランド」に対する討論と共通論題Ⅱへのパネル・ディスカッションのパネラー

    比較経済体制学会  2000年 

     詳細を見る

  • 「ポーランド体制転換の理論的諸問題」

    関西学院大学経済学部研究会  1999年 

     詳細を見る

  • 「ポーランド現代史における国家と経済」

    比較経営学会  1999年 

     詳細を見る

  • 「ポーランド体制改革の10年の軌跡」

    名古屋学院大学特別講座「中欧ポーランドの歴史と文化」  1999年 

     詳細を見る

  • 「ポーランド体制転換とバルツェロヴィチ・プラン」

    東京大学社会科学研究所シンポジウム  1998年 

     詳細を見る

  • 「旧東欧諸国における環境問題 -ポーランドを中心として-」

    北海道東海大学環境シンポジウム  1998年 

     詳細を見る

  • 「中欧移行経済の比較分析と理論的諸問題」

    ロシア・東欧学会  1997年 

     詳細を見る

  • 「ポーランド経済移行期における貿易統計の現状と諸問題」

    比較経済体制学会  1997年 

     詳細を見る

  • 'The Unemployment Rate and Structure of Unemployment in Transition: The Polish Case'

    Budapest Seminar of Labour Market in Transition  1997年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • ポーランド共和国功労勲章オフィツェルスキ十字型章

    2009年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 2006年度ポーランド外務大臣表彰

    2007年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • グローバル経済入門 (2021年度) 3・4学期  - 火1~2

  • グローバル経済入門 (2021年度) 3・4学期  - 月10

  • グローバル経済入門 (2021年度) 3・4学期  - 月10

  • グローバル経済入門 (2021年度) 3・4学期  - 火1~2

  • ヨーロッパ経済論 (2021年度) 1・2学期  - 月1~2

  • 中東欧経済論 (2021年度) 後期  - 月5

  • 卒業研究(1・2学期) (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 卒業研究(3・4学期) (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 基礎研究(3学期) (2021年度) 第3学期  - 火7~8

  • 移行期経済論 (2021年度) 前期  - 月6

  • 財政・金融・経済を学ぶ (2021年度) 第3学期  - 水7~8

  • グローバル経済の読み方 (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • グローバル経済入門 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2

  • グローバル経済論 (2020年度) 3・4学期  - 火10

  • グローバル経済論 (2020年度) 3・4学期  - 火10

  • テーマ学修指導 (2020年度) 1・2学期  - [第1学期], [第2学期]

  • テーマ学修指導 (2020年度) 3・4学期  - [第3学期], [第4学期]

  • ヨーロッパ経済論 (2020年度) 第3学期  - 月3,月4

  • ヨーロッパ経済論演習 (2020年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 中東欧経済論演習 (2020年度) 後期  - 火3

  • 卒業研究(1・2学期) (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 卒業研究(3・4学期) (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 卒業研究(3年次・1・2学期) (2020年度) 1・2学期  - 金7,金8

  • 卒業研究(3年次・3・4学期) (2020年度) 3・4学期  - 月7,月8

  • 卒業論文 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 基礎研究(3学期) (2020年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 基礎研究(4学期) (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 移行期経済論演習 (2020年度) 前期  - 火3

  • 財政・金融・経済を学ぶ (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

▼全件表示