2021/04/22 更新

写真a

ヤマグチ ダイスケ
山口 大介
YAMAGUCHI Daisuke
所属
自然科学学域 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2014年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • アクチュエータ

  • 超音波モータ

  • 極限環境

  • ソフトロボット

  • ピエゾアクチュエータ

  • Filmotics

  • ポリイミド

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学

 

論文

  • 磁気浮上系のリセット要素による安定化(制振特性の調整法) 査読

    石野裕二, 水野毅, 髙﨑正也, 山口大介

    日本機械学会論文集86 ( 891 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.20-00015

    researchmap

  • Concept and Prototype of Soft Actuator for Liquid Nitrogen Temperature Environments 査読

    Daisuke Yamaguchi, Tatsuya Hanaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno

    Journal of Robotics and Mechatronics32 ( 5 ) 1019 - 1026   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press Ltd.  

    A prototype of a soft actuator for extreme environments was fabricated, and driven in a cryogenic temperature environment. Previous soft actuators cannot be used for robots in extreme environments because resin, the main fabrication material, exhibits weak environmental characteristics. Therefore, this study proposes the application of polyimide (PI) films to soft actuators. PI is characterized by excellent environmental resistance. However, the welding of PI is difficult because of its high resistance. In this study, a welding method was developed for PI films. This method does not require pretreatment, or the use of adhesives or additives to reduce resistance. Hence, an actuator that utilizes all the characteristics of PI was realized. The actuator was characterized in a cryogenic environment, which is one of the extreme environments, and was successfully driven at a liquid nitrogen temperature of 78 K. This proposed technology is not limited to cryogenic environments and is expected to provide extreme environmental resistance to existing soft robots.

    DOI: 10.20965/jrm.2020.p1019

    researchmap

  • Suspension Characteristics of Differentially Operated AC Magnetic Suspension System Using Magnetic Resonant Coupling 査読

    Arifur RAHMAN, Takeshi MIZUNO, Yuji ISHINO, Masaya TAKASAKI, Daisuke YAMAGUCHI

    Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics28 ( 2 ) 94 - 100   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics  

    DOI: 10.14243/jsaem.28.94

    researchmap

  • 微小磁性部品組み立てにおけるバイラテラル操作システム 査読

    文字山竜, 水野毅, 石野裕二, 髙﨑正也, 山口大介

      86 ( 888 ) 20 - 00004   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.20-00004

    researchmap

  • アクティブ動吸振器を利用したクライオポンプを対象とする振動制御 査読

    水野毅, 飯田隆仁, 石野裕二, 髙﨑正也, 原正之, 山口大介, 加納竹志

    日本機械学会論文集85 ( 873 ) 18-00461   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.18-00461

    researchmap

  • Realization of Stable Trajectory in Mass Measurement System Using Relay Feedback of Velocity and Restoring Force Compensation 査読

    T. Mizuno, K. Nishizawa, M. Takasaki, Y Ishino, M. Hara, D. Yamaguchi

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration12 ( 3 ) 68 - 75   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/jcmsi.12.68

    researchmap

  • Stabilization of Magnetic Suspension System by Using Only a First-Order Reset Element without a Derivative Element 査読

    Yuji Ishino, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Daisuke Yamaguchi

    Actuators8 ( 1 ) 24 - 24   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    The stabilization of a magnetic suspension system is achieved by using a low-pass filter (LPF) with a nonlinear integrator without any other element. A proportional-derivative (PD) control is commonly used as the simplest method of stabilizing a magnetic suspension system. Meanwhile, a first-order reset element (FORE) was applied to improve transient characteristics. The original FORE was a first-order LPF with a nonlinear reset integrator element. A magnetic suspension system cannot be stabilized by a linear LPF, nor the original FORE. In this work, the reset conditions of the FORE were modified for magnetic suspension. This modified FORE succeeded in stabilizing a magnetic suspension system. The efficacy of the modified FORE was demonstrated by simulations and experiments. A single degree of freedom magnetic suspension system was used in the experiment.

    DOI: 10.3390/act8010024

    researchmap

  • Modeling and Validation of Vertical Direction Force Estimation with a Three-Dimensional Force Measurement Instrument Based on a Zero-Compliance Mechanism 査読

    Md Nahiyan, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    Sensors19 ( 4 ) 799 - 799   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    The principle of a zero-compliance mechanism was used to develop a three-dimensional force measurement instrument. In each axis, the point of force is suspended by a zero-compliance mechanism. A vertical axis force estimation operation imitates the structure of a double series magnetic suspension system. An electromagnet directly controls the movement of the first suspended object (floator), which is denoted as a detection point, and indirectly controls the motion of the second floator, which is denoted as a point of force. Indirect control of the point of force is executed by the attractive force of a permanent magnet that is fixed to the bottom part of the detection point. To achieve zero-compliance, a Proportional-Integral-Derivative (PID) control is applied to the point of force, and to make the system stable, a Proportional-Derivative (PD) control is also applied to the detection point. In such suspension conditions, when force is exerted on the point of force, the displacement of the second floator is regulated to maintain its primary position while the detection point displaces in proportion to the applied force. Thus, a zero-compliance condition is maintained at the point of force, and the external force is measured from the linear displacement of the detection point. To restrict the motions of the detection point and the point of force in translation only, they are supported with leaf springs. This paper presents the modeling of the vertical direction force measurement operation of the developed three-axis force estimation instrument, and the theoretical analyses were validated by experiments of force measurement in both the millinewton and micronewton ranges.

    DOI: 10.3390/s19040799

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Design and control of active vibration isolation system with an active dynamic vibration absorber operating as accelerometer 査読

    Syed Mamun R Rasid, Takeshi Mizuno, Yuji Ishino, Masaya Takasaki, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    Journal of Sound and Vibration438   175 - 190   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Lateral vibration suppression by varying stiffness control in a vertically active magnetic suspension system 査読

    Asief Javed, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    Actuators7 ( 2 ) 1 - 13   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Reduction of vibration in passively supported lateral directions by varying stiffness control is discussed in a vertically active magnetic suspension system. In the target system, one pair of electromagnets is arranged in differential driving mode to actively control the vertical motion of the floator. Usually the floator is prone to vibrate in the lateral direction because it is passively supported by virtue of the edge effect of the electromagnets. In this work, such vibrations are reduced by incrementing or decrementing the currents simultaneously during vibration without changing the vertical position of the floator. This control strategy is implemented in a developed apparatus where an iron ball is suspended by differentially operated electromagnets without any mechanical contact. Experiments are carried out, and the results show the reduction of lateral vibrations without changing the vertical position of the floator.

    DOI: 10.3390/act7020021

    Scopus

    researchmap

  • Force Measurement Using Zero-Compliance Mechanism 査読

    Takeshi MIZUNO, Yuji ISHINO, Hiroki KAWADA, Yoichiro HAYASHI, Masaya TAKASAKI, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration11 ( 4 ) 341 - 348   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 二自由度制御型並列多重磁気浮上システムの基本特性 査読

    成澤慶宜, 水野 毅, 髙﨑正也, 石野裕二, 原正之, 山口大介

    日本機械学会論文集84 ( 861 )   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of Three-Dimensional Force Measurement Instrument Using Zero-Compliance Mechanism 査読

    Md .Helal An NAHIYAN, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

    Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics26 ( 1 ) 172 - 177   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 共通磁極を有する3自由度磁気浮上機構の開発(第一報:実験装置の試作) 査読

    山口 大介, 石野裕二, 水野毅, 髙﨑正也, 原正之, 山口大介

    日本AEM学会誌26 ( 1 ) 178 - 184   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 側配置型磁路制御を利用した3自由度制御形磁気浮上システムの開発 査読

    石橋 尚宜, 水野 毅, 石野 裕二, 髙﨑 正也, 山口 大介

    日本機械学会論文集   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>A magnetic suspension system with three flux-path control mechanisms are developed to achieve three-dimensional positioning of the suspended object (floator). In the flux-control mechanism, a ferromagnetic control plate is located in the lateral direction of the magnetic source (permanent magnet). It was shown that the attractive force acting on the floator could be varied by moving the control plate in the vertical direction. In addition, the lateral force was generated by using two control plates located on both sides of the floator and moving them differentially. In this work, an apparatus is fabricated which has three flux-path control mechanisms. The configurations of the apparatus are described. Stable suspension is achieved and basic characteristics are studied. In addition, 3-degree-of-freedom (3-DOF) control suspension is achieved by moving three control plates individually. The 3-DOF control is evaluated by moving the floator in circular orbits.</p>

    CiNii Article

    researchmap

  • Validation of multi-dimensional force measurement using zero-compliance mechanism 査読

    Md Helal An Nahiyan, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems and Manufacturing12 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Mechanical Engineers  

    A novel force measurement instrument is designed and fabricated to validate multi-dimensional force measurement using zero compliance mechanism. In each axis, there is a point of force and a detection point for zero-compliance force measurement. Both the detection point and the point of force are suspended in series and attached with the base frame through leaf springs. When external force is applied at the point of force, it moves from its original position. The motion of the point of force can be regulated by displacing the detection point in the same or opposite direction of the applied force. The control system is designed and implemented to control the movement of the point of force and the detection point in vertical and horizontal direction force measurement. The effect of applied force on the point of force is cancelled to maintain its position by displacing the detection point. The motion of the detection point is controlled in such a way that it displaces proportionally to the applied force. Thus, applied force can be estimated from the displacement of the detection point and zero-compliance is accomplished at the point of force. The effectiveness of the proposed instrument in multi-dimensional force measurement is demonstrated by the experimental results of the horizontal and vertical direction force measurement with good linearity and almost zero interference.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2018jamdsm0038

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • リレー制御を利用した質量測定における速度検出の遅れについての検討と補正式の導出 査読

    石橋尚宜, 水野 毅, 石野裕二, 髙﨑正也, 山口大介, 原正之, 渡邊怜

    日本機械学会論文集83 ( 849 ) 16-00404   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 二自由度制御形並列多重磁気浮上の実現 査読

    成澤慶宜, 水野 毅, 髙﨑正也, 原正之, 山口大介, 石野裕二

    日本機械学会論文集83 ( 848 ) 16-00512   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Development of a Compact Axial Active Magnetic Bearing with a Function of Two-Tilt-Motion Control 査読

    Yuji Ishino, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    Actuators6 ( 2 ) 14 - 14   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    DOI: 10.3390/act6020014

    Scopus

    researchmap

  • The Proposal of Magnetic Suspension using Laterally Control Flux-Path Mechanism 査読

    Naoki Ishibashi, Takeshi Mizuno, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Masayuki Hara, Masaya Takasaki, Kazuki Yamada

    Actuators6 ( 1 ) 11 - 11   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    DOI: 10.3390/act6010011

    Scopus

    researchmap

  • 超音波振動子と対向面を用いたポンプ(第1報:ポンプ効果の観測) 査読

    品田裕壮, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 髙﨑正也, 水野毅

    日本機械学会論文集83 ( 845 ) 16-00278   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Design and Fabrication of an Enlarged Wind Tunnel System for Spinning Body Using Magnetic Suspension 査読

    Shahajada Mahmudul Hasan, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics24 ( 3 ) 264 - 270   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14243/jsaem.24.264

    researchmap

  • Proposal of lateral vibration control based on force detection in magnetic suspension system 査読

    Asief Javed, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED ELECTROMAGNETICS AND MECHANICS52 ( 1-2 ) 223 - 229   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOS PRESS  

    A method of suppressing vibration in lateral directions is investigated based on varying stiffness strategy. A vertically controlled magnetic suspension system is often subjected to vibration in lightly damped lateral directions. In this paper, a novel approach is proposed to detect the lateral displacement of such magnetic suspension system, and how this displacement can be used to reduce vibration by varying stiffness control is presented. The principle of edge effect is applied to detect the lateral displacement in a magnetic suspension system operated in differential mode. A switching stiffness control and a modified control strategies are used to vary the stiffness of the system in order to reduce lateral vibration. Several experiments are carried out to validate the efficiency of the proposed method.

    DOI: 10.3233/JAE-162064

    Web of Science

    researchmap

  • A study on temperature dependence of an ultrasonic motor for cryogenic environment 査読

    Masahiro Nakazono, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori, Yuya Noguchi

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS54 ( 7 ) 07HE15   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    In this study, we have examined the temperature dependence of an ultrasonic motor for a cryogenic environment. When we use an ultrasonic motor at low temperatures, thermal stress is induced at the ultrasonic transducer owing to the difference in temperature. Thus, the preload for the transducer needs to be regulated for a cryogenic environment. By finite element method (FEM) analysis, we have simulated the thermal stress at piezoelectric elements of the transducer. We have designed the transducer consisting of a body and a nut made of SUS304, and a bolt made of titanium. We have fabricated and evaluated the transducer at temperatures from 4.5 to 293 K. To evaluate the temperature dependence of the relationship between the preload and the thermal stress, we have measured the clamping torque and admittance. The optimal clamping torque shows a low-temperature dependence from 4.5 to 293 K. We have also evaluated the performance of an ultrasonic motor of the transducer. The ultrasonic motor can be driven at temperatures from 4.5 to 293K without the regulation of the preload of the transducer. (C) 2015 The Japan Society of Applied Physics

    DOI: 10.7567/JJAP.54.07HE15

    Web of Science

    researchmap

  • Proposal of Pump Using Ultrasonic Transducer and Opposing Surface 査読

    H. Shinada, Y. Ishino, M. Hara, D. Yamaguchi, M. Takasaki, T. Mizuno

    Physics Procedia70   76 - 79   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.phpro.2015.08.046

    Scopus

    researchmap

  • An ultrasonic motor using a titanium transducer for a cryogenic environment 査読

    Dai Takeda, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yuya Noguchi

    Japanese Journal of Applied Physics52 ( 7 ) 07HE13   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have fabricated an ultrasonic motor using a titanium transducer. This motor is for driving in the cryogenic temperature condition with a highly intense magnetic field. Titanium has low magnetic permeability and a thermal expansion coefficient close to that of lead zirconate titanate (PZT). These features mean that a transducer made of titanium has good properties for use in such an environment. We have fabricated and evaluated the ultrasonic motor in a cryogenic environment and an intense magnetic field. We have simulated the thermal stress applied to PZT in consideration of nonlinear material properties in the cryogenic environment. The thermal stress of the titanium transducer is smaller than that of the SUS304 transducer. Moreover, we have achieved driving of the ultrasonic motor at 4.5 K. Additionally, we have confirmed that there is little effect of the intense magnetic field on the driving of the motor. © 2013 The Japan Society of Applied Physics.

    DOI: 10.7567/JJAP.52.07HE13

    Scopus

    researchmap

  • Light–Driven Actuator Using Hydrothermally Deposited PLZT Film 査読

    Daisuke Yamaguchi, Akimasa Tonokai, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines133 ( 8 ) 330 - 336   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejsmas.133.330

    Scopus

    researchmap

  • Ultrasonic motor using two sector-shaped piezoelectric transducers for sample spinning in high magnetic field 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Kazuya Fujisawa, Kiyonori Takegoshi, Takashi Mizuno

    Journal of Robotics and Mechatronics25 ( 2 ) 384 - 391   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press  

    This paper presents the design, fabrication process, and evaluation of an ultrasonic motor for sample spinning in a high magnetic field of solid-state Nuclear Magnetic Resonance (NMR). To decrease effects of the magnetic field on rotation, all motor components are made of materials that have low magnetic permeability. The motor, including the sample casing, is a maximum 31 mm in diameter and 50 mm high. The motor has two sector-shaped piezoelectric transducers. One transducer generates two different vibration modes, longitudinal and flexural, when two sinusoidal voltages are applied to transducers. To confirm that transducers can be driven in a high magnetic field, the effect of the magnetic field on the transducer was evaluated. The motor was driven at a frequency of 329.0 kHz. The maximum rotation speed and starting torque were 1.50 × 103 rpm and 26 μ Nm when applied voltage was 40 Vp-p. The rotation speed, controlled by a proportional-integral control system, was 1.20 × 103 rpm in a 7.0-T magnetic field. The motor was also applied to the sample spinning system of a high-resolution NMR spectrometer. We succeeded in obtaining 1 H-NMR signals of H2 O. The motor can therefore be used for a sample spinning system in a high magnetic field.

    DOI: 10.20965/jrm.2013.p0384

    Scopus

    researchmap

  • An ultrasonic motor for cryogenic temperature using bolt-clamped Langevin-type transducer 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL184   134 - 140   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    In this study, a small ultrasonic motor driven under cryogenic temperature conditions has been fabricated and evaluated.
    Since transducer performance generally decreases at cryogenic temperatures, we designed and fabricated a bolt-clamped Langevin-type transducer for operation at cryogenic temperature. We simulated the influence of thermal stress on the transducer. The results from simulation were used to design the transducer, and it was then used to fabricate an ultrasonic motor for cryogenic temperature. The maximum diameter and the height of the motor are 30 mm and 38.7 mm.
    To enable the motor to be driven at cryogenic temperature, we evaluated the relationship between the contact pre-load and the lowest rotatable temperature. The motor's driving performance was evaluated at both room temperature and cryogenic temperatures. In a 4.5 K helium gas ambient, the rotation speed and starting torque were 133 rpm and 0.03 mu N m when the applied voltage was 50 Vp-p. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sna.2012.06.024

    Web of Science

    researchmap

  • An Ultrasonic Motor for Use at Ultralow Temperature Using Lead Magnesium Niobate–Lead Titanate Single Crystal 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masataka Kuroda, Dai Takeda

    Japanese Journal of Applied Physics51 ( 7 ) 07GE09   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JJAP.51.07GE09

    Web of Science

    researchmap

  • Bolt-Clamped Langevin-Type Transducer for Ultrasonic Motor used at Ultralow Temperature 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING6 ( 1 ) 104 - 112   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    Ultralow temperature environments are important for advanced scientific research areas, for example, chemical analysis technology. Some devices need to be operated in an ultralow temperature environment. However, actuators used in such an environment have low output power. As a result, some applications in an ultralow temperature environment have limited functions. This research aims to achieve a piezoelectric actuator having high output power at an ultralow temperature. A bolt-clamped Langevin-type transducer for an ultrasonic motor used in an ultralow temperature environment is proposed. The piezoelectric materials used in the transducer are affected by thermal stress when the temperature decreases from room temperature to an ultralow one. As a result, the materials break down or the performance of the transducer decreases. Thermal stress was simulated with the finite element method using some non-linear properties of materials in the transducer. The influence of the stress was evaluated by driving a transducer at an ultralow temperature obtained by using helium gas. An ultrasonic motor for use at an ultralow temperature was fabricated and evaluated. The maximum diameter and the height of the motor are 22 and 30.5 mm, respectively. The motor was successfully rotated at an ultralow temperature.

    DOI: 10.1299/jamdsm.6.104

    Web of Science

    researchmap

  • Design and evaluation of ultrasonic motor located in cryogenic temperature environments 査読

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS   1214 - 1217   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    An ultrasonic motor driven in the cryogenic temperature environment has been designed, fabricated and evaluated. This motor has bolt-clamped Langevin-type transducer. The maximum diameter and length of the motor are 22 mm and 30.5 mm. The aim of this paper is to evaluate the specification of this motor at cryogenic temperature. By estimating the thermal stress of the transducer and adjusting the contact pre-load between the rotor and the transducer, we have succeeded in driving the motor into cryogenic helium gas. The rotation speed of the motor was evaluated at cryogenic temperature. The rotation speed was 65.4 rpm at 4.5 K. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/ULTSYM.2011.0299

    Scopus

    researchmap

  • PLZT film actuators deposited by a hydrothermal method 査読

    Akimasa Tonokai, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori

    2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2010   1584 - 1589   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Optical actuators are effective for a miniaturization of micro devices because those actuators can be driven by non-contact energy supply. PLZT is a ferroelectric material which has a photostrictive effect. In this study, a PLZT polycrystalline film has been deposited on a titanium substrate by using a hydrothermal method. The characteristics of the PLZT film have been evaluated. PLZT film actuators have been fabricated by depositing ITO transparent electrode on the surface of the PLZT film. Those actuators have been driven by the ultraviolet light. Performance of the photoresponse drive actuators have been evaluated by measuring displacement, electric current and surface temperature. © 2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/ROBIO.2010.5723566

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 極限環境下での作業用ロボットなどへの可能性を持った空圧ソフトアクチュエータの開発

    山口 大介( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 極限環境下での作業用ロボットなどへの可能性を持った空圧ソフトアクチュエータの開発)

    株式会社技術情報協会  2017年3月 

     詳細を見る

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 3Dプリンティングにより製作した樹脂型を用いたポリイミドフィルムの熱間圧空成型

    三宅大貴, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 極低温環境用超音波振動子での熱応力を利用した予圧印加の検討

    八木海吏, 西田匠, 神田岳文, 山口大介, 脇元修一

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 極限環境用空圧アクチュエータ材料としてのポリイミドフィルムの特性評価

    木村圭吾, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2種類のポリイミドフィルムの貼り合わせのみで製作可能な湾曲アクチュエータの試作

    遠藤一穂, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ボルトの締結力を利用した溶着装置によるテクスチャリングと湾曲アクチュエータの製作

    高原悠希, 山口大介, 脇元修一, 神田岳文

    2021年度精密工学会春季大会学術講演会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ポリイミドフィルム製可変剛性要素のフィルム積層数の変化と特性の評価

    野田拓希, 山口大介, 水野毅, 髙﨑正也, 石野裕二

    第21回システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  2020年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 複雑形状を有するポリイミド製空気室の簡易製作法と気室のモータへの適用

    山口大介, 森敬志, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    2020年度精密工学会秋季大会  2020年9月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月1日 - 2020年9月7日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 極低温環境用圧電振動子の予圧印加機構に関する検討

    神田岳文, 八木海吏, 西田匠, 山口大介, 脇元修一

    2020年度精密工学会秋季大会  2020年9月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月1日 - 2020年9月7日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ボタン押下感変更による認知への影響に関する研究に向けたシステム開発

    船橋 貴寛, 高崎 正也, 山口 大介, 石野 裕二, 水野 毅

    Dynamics and Design Conference 2020(D&D2020)  2020年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月1日 - 2020年9月4日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 負のばねを利用した二重動吸振器の提案

    富田 健司, 水野 毅, 石野 裕二, 髙﨑 正也, 山口 大介

    Dynamics and Design Conference 2020(D&D2020)  2020年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月1日 - 2020年9月4日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 側配置型磁路制御式磁気浮上機構の小型化に関する研究 (第2報:浮上の実現)

    水野 毅, 黒澤 繁範, 石野 裕二, 山口 大介, 髙﨑 正也

    Dynamics and Design Conference 2020(D&D2020)  2020年9月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月1日 - 2020年9月4日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of Three-degree-of-freedom Zero-compliance Mechanism for Micro Force Measurement with a Cantilever

    Takeshi MIZUNO, Yoichiro HAYASHI, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Daisuke YAMAGUCHI

    Preprints of the 21st World Congress of The International Federation of Automatic Control (IFAC World Congress 2020)  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月11日 - 2020年7月17日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ポリイミドフィルムの成型加工による極限環境用ソフトアクチュエータの製作

    山口大介, 田浦魁晟, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月29日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 直列二重磁気浮上を利用した隔壁センサレス磁気浮上

    水野毅, 水垂宏介, 石野裕二, 高崎正也, 山口大介

    第32回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD32)  2020年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月20日 - 2020年5月22日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ポリイミドフィルムとアルミニウム薄膜電極から構成されるアクチュエータへの供給電力に着目した湾曲量の評価

    小澤一彰, 山口大介, 坂井建宣, 石野裕二, 髙﨑正也, 水野 毅

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ジャミング転移を用いたポリイミドフィルム製可変剛性要素の特性評価

    野田拓希, 山口大介, 石野裕二, 髙﨑正也, 水野 毅

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ランジュバン型振動子による皮膚感覚提示のための振幅変調の検討

    吉原悠人, 髙﨑正也, 山口大介, 石野裕二, 水野 毅

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波支持の周波数依存性に関する研究—第2 報:圧力分布測定—

    窪田雅大, 髙﨑正也, 山口大介, 石野裕二, 水野 毅

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2枚の成型したポリイミドフィルムから構成される空圧アクチュエータの試作

    田浦魁晟, 山口大介, 石野裕二, 髙﨑正也, 水野 毅

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波振動子と対向子を用いたポンプの液体への適用

    山本翔也, 胡 永亮, 髙﨑正也, 山口大介, 石野裕二, 水野 毅

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 金型を必要としないポリイミドフィルム同士の溶着とバルーンの試作

    加藤陽祐, 山口大介, 石野裕二, 髙﨑正也, 水野 毅

    2020年度精密工学会春季大会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超小型探査機 OMOTENASHI 用ポリイミド製エアバッグ気室の開発

    石野 裕二, 山口 大介, 大槻 真嗣, 高橋 洋介, 佐藤 亮, 髙﨑 正也, 水野 毅

    第16回「運動と振動の制御」シンポジウム (MoViC2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月4日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真空圧を利用したポリイミドフィルム製可変剛性要素の試作

    野田 拓希, 山口 大介, 石野 裕二, 高崎 正也, 水野 毅

    第16回「運動と振動の制御」シンポジウム (MoViC2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月4日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 隔壁磁気浮上システムの開発 第1報 直列二重磁気浮上の適用

    水垂 宏介, 水野 毅, 石野 裕二, 髙崎 正也, 山口 大介

    第16回「運動と振動の制御」シンポジウム (MoViC2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月4日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 側配置型磁路制御式磁気浮上機構の小型化に関する研究 (第 1 報: 回転式磁路制御機構の提案)

    黒澤 繁範, 水野 毅, 石野 裕二, 山口 大介, 高崎 正也

    第16回「運動と振動の制御」シンポジウム (MoViC2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月4日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Realization of zero-power control in a two-degree-of-freedom double parallel magnetic suspension system

    Y. Narisawa, T. Mizuno, M. Takasaki, Y. Ishino, M. Hara, D. Yamaguchi

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017  2018年2月7日  Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月7日

    記述言語:英語  

    A basic single-degree-of-freedom magnetic suspension system consists of one floator, one electromagnet and one amplifier. For multi-degree-of-freedom control, multiple electromagnets and multiple amplifiers are necessary, which increases the cost of total system. As a means of overcoming this problem, parallel magnetic suspension has been proposed which controls multiple floators or multi-degree-of-freedom motions with a single power amplifier. This paper focuses on the zero-power control in a two-degree-of-freedom double parallel magnetic suspension system. The steady-state characteristics of this system are clarified by theoretical analysis. When the disturbance acts on one of the suspended points, a steady displacement appears only in the corresponding suspended point. The direction of the steady displacement is opposite to the direction of the disturbance. In addition, the direction of the transient response depends on the point that the disturbance acts on. In experimental apparatus, step response and frequency response are measured to verify the predictions.

    researchmap

  • Resonance frequency tracking control of ultrasonic transducer for diminished haptics

    Masaya Takasaki, Daisuke Yamaguchi, Masayuki Hara, Yuji Ishino, Takeshi Mizuno

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017  2018年2月7日  Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月7日

    記述言語:英語  

    Previously, 'diminished haptics' in which real surface texture can be transformed was proposed. Strong intensity ultrasonic vibration was applied to realize demonstration of the concept. To enjoy the demonstration, the intensity of the ultrasonic vibration on solid surface should be maintained. The ultrasonic transducer fabricated for this purpose consisted of a Langevin type ultrasonic transducer and a horn whose end was shaped in square. Large vibration amplitude can be acquired at resonance of the whole transducer as longitudinal vibration mode. On the other hand, resonant frequency easily changes due to operating conditions. To keep the amplitude, the resonant frequency should be tracked by real time. Tracking control with phase detection was applied with a newly developed control system. Step responses of oscillating frequency as results of tracking control are reported. The results show successful tracking control.

    researchmap

  • Zero-power control of flux-path control magnetic suspension system with flux-interrupting plates

    T. Mizuno, M. Takasaki, M. Hara, D. Yamaguchi, Y. Ishino

    LDIA 2017 - 11th International Symposium on Linear Drives for Industry Applications  2017年11月3日  Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月3日

    記述言語:英語  

    The feasibility of zero-power control in flux-path control magnetic suspension is discussed. In the flux-path control magnetic suspension system, ferromagnetic control plates are inserted between a permanent magnet (magnetic source) and a floator and moved to vary the flux from the magnetic source to the floator. The zero-power control has been applied in active magnetic suspension with a DC electromagnet. In the zero-power controlled system, the control current was kept virtually zero in the steady states. The applicability of the zero-power control to the flux-path control magnetic suspension is discussed in this paper. The conditions required to achieve the zero-power control is presented in an analytical form. Experiments are carried in a fabricated apparatus to certify the theoretical predictions.

    researchmap

  • Precise positioning characteristics of multi-mode ultrasonic motor

    Masaya Tkasaki, Zhang Shuo, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi, Yuji Ishino, Takeshi Mizuno

    2015 IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS 2015  2015年11月13日  Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月13日

    記述言語:英語  

    Previously developed multi-mode ultrasonic motor has three driving modes, which are fast driving mode with figure-of-eight locus resonant vibration, impact driving with saw tooth wave form and DC voltage driving mode. The impact driving mode can be divided into two categories. One utilized resonant vibration (fast) and the other uses individual off resonance vibration (slow). For precise positioning, characteristics of stable driving of the slow impact driving mode and stroke of the DC mode are important. This paper reports the characteristics obtained through experiments.

    researchmap

  • Comparison of zero-power controllers in double parallel magnetic suspension system with parallel connected coils

    Yoshinori Narisawa, Daisuke Yamaguchi, Masayuki Hara, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno, Yuji Ishino

    2015 10th Asian Control Conference: Emerging Control Techniques for a Sustainable World, ASCC 2015  2015年9月8日  Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月8日

    記述言語:英語  

    A basic single-degree-of-freedom magnetic suspension system consists of one floator, one electromagnet and one amplifier. For multi-degrees-of-freedom control, multiple electromagnets and multiple amplifiers are necessary, which increases the cost of total system. As a means of overcoming this problem, parallel magnetic suspension has been proposed where multiple floators are controlled with a single power amplifier. Parallel magnetic suspension systems are classified into two types according to the output of the power amplifier: current-controlled and voltage-controlled. Voltage-controlled parallel magnetic suspension systems are classified into two types: series connected and parallel connected. The feasibilities of these systems have been already demonstrated in the previous work. This paper focuses on the voltage-controlled parallel magnetic suspension system with parallel-connected coils. Three approaches to zero-power control are applicable in such a system. This paper compares these approaches in a viewpoint of pole assignment. In addition, a relationship in the feedback gains between the three approaches are presented numerically.

    researchmap

  • Development of non-contact carrier system using solar magnetic suspension (3ed report: Continuous 5-day and installation of sloping propulsion mechanism)

    Yuji Ishino, Masaya Takasaki, Daisuke Yamaguchi, Takeshi Mizuno, Masayuki Hara

    2015 10th Asian Control Conference: Emerging Control Techniques for a Sustainable World, ASCC 2015  2015年9月8日  Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月8日

    記述言語:英語  

    A solar-powered magnetic suspension carrier system is developed in which the carrier is powered without contact. There are two conventional methods of powering the coils of the magnetic suspension carrier: (i) through wire, (ii) onboard battery (wireless) power supply. The contactless is lost in the former while stations for charging the battery are necessary in the latter. These problems are overcome by the proposed carrier system using solar magnetic suspension that can attain continuous levitation. The magnetic suspension carrier is assumed to operate inside rooms like inside a factory building. Because the generation power by solar cells is small, power saving us acritical requirement. Therefore, the zero power control is applied for suspension. In addition, low-power peripheral devices are fabricated. The developed carrier system achieved a five-day levitation without external power supply in a bright environment. In addition, a sloping propulsion mechanism was introduced. The mechanism consists of a track rail and two pillars with actuators to move up and down the track rail. The carrier slides and moves to the lower direction due to gravity below a sloped rail.

    researchmap

  • Ultrasonic motor for sample spinning of solid-state nuclear magnetic resonance spectrometer in high magnetic field

    Daisuke Yamaguchi, Dai Takeda, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS  2014年10月20日  IEEE Computer Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月20日

    記述言語:英語  

    The aim of this paper is to realize a new sample spinning unit for a solid-state nuclear magnetic resonance (NMR). In the solid-state NMR analysis, a sample spinning in high magnetic field is an important function. We have designed and fabricated the sample spinning unit using a low-profile ultrasonic motor for high magnetic field. The unit could be driven in high magnetic flux at 9.4 T. Soli-state NMR analysis of glycine was measured using the unit. We have succeeded in applying the ultrasonic motor for solid-state NMR analysis.

    researchmap

  • Evaluation of thermal stress of transducers for cryogenic ultrasonic motors

    Yuya Noguchi, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS  2014年10月20日  IEEE Computer Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月20日

    記述言語:英語  

    An ultrasonic motor which can be driven at the condition from room temperature to cryogenic temperature has been designed, fabricated and evaluated. This motor has a bolt-clamped Langevin-type transducer which is suitable for cryogenic temperature. The aim of this paper is to evaluate the thermal stress of transducers. Each transducer is made of materials which had different thermal expansion coefficient, such as stainless, Ti, or invar. The thermal stress in the transducer made of Ti was the smallest. The rotation speed of the motor using the transducer made of Ti was evaluated at cryogenic temperature. The rotation speed was 1102 rpm at 4.6 K when the applied voltage was 100 V&lt inf&gt p-p&lt /inf&gt .

    researchmap

  • Evaluation of piezoelctric materials for cryogenic ultrasonic motor

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    IEEE International Ultrasonics Symposium, IUS  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:英語  

    This paper presents a fabrication and evaluation of an ultrasonic motor which can drive in an ultralow temperature environment. A piezoelectric performance of ferroelectric materials was evaluated at ultralow temperature. To measure the piezoelectric constant d31 of PMN-PT and PZT at ultralow temperature, the resonance-antiresonance method was applied. The d31 of the PMN-PT was higher than that of PZT at 4.5 K. Additionally, we have fabricated and evaluated an ultrasonic motor that have a bolt-clamped Langevin-type transducer. The performance of the transducer and the efficiency of the motor had similar decreasing tendency with driving temperature. © 2013 IEEE.

    researchmap

  • 極低温流域におけるPMN-PT単結晶と超音波モータの温度特性の評価

    山口 大介, 神田 岳文, 鈴森 康一, 野口 祐也

    超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集  2012年11月13日  超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月13日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 極低温環境での使用を目的とした超音波モータへのPMN‐PT単結晶の応用

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 黒田雅貴, 武田大

    電磁力関連のダイナミックスシンポジウム講演論文集  2012年5月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月16日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁気浮上系のリセット要素による安定化 第3報 積分補償器との併用

    石野 裕二, 水野 毅, 高崎 正也, 山口 大介

    第62回自動制御連合講演会  2019年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁路制御式磁気浮上の大ギャップ化に関する研究(第5報:浮上体の多自由度マニピュレーション)

    水野 毅, 石橋 尚宜, 石野 裕二, 高崎 正也, 山口 大介

    第62回自動制御連合講演会  2019年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • クライオポンプの冷凍機用除振ユニットの開発 第3報 観測部の振動特性と除振の試み

    高橋 洋介, 水野 毅, 石野 裕二, 高崎 正也, 山口 大介

    第62回自動制御連合講演会  2019年11月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁路制御式磁気浮上の大ギャップ化に関する研究(第5報:浮上体の多自由度マニピュレーション)

    水野 毅, 石橋 尚宜, 石野 裕二, 高崎 正也, 山口 大介

    第62回自動制御連合講演会  2019年11月10日 

     詳細を見る

  • Improving measuring accuracy in relay feedback mass measurement system by a modified period measurement

    Egawa Taku, Mizuno Takeshi, Takasaki Masaya, Ishino Yuji, Yamaguchi Daisuke

    The Asia Pacific Measurement Forum on Mechanical Quantities, 2019 (APMF2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 交流磁気浮上を用いた遠心血液ポンプの提案

    水野 毅, アイシャ ビンティ, アブドゥッラ ザイク, 桑名 克之, 高崎 正也, 山口 大介, 石野 裕二

    第28回MAGDAコンファレンス  2019年10月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study on Frequency Dependence of Ultrasonic Suspension

    Masahiro Kubota, Masaya Takasaki, Daisuke Yamaguchi, Yuji Ishino, Takeshi Mizuno

    The International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2019)  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Higher resonant frequency of bulk wave ultrasonic transducer for tactile display

    Hiroshi Kimura, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Takeshi Mizuno

    The International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2019)  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Non-uniqueness of Steady-state Trajectory of Mass Measurement System with Restoring Force Compensation in addition to Relay Feedback of Velocity

    Takeshi MIZUNO, Keisuke NISIZAWA, Yuji ISHINO, Masaya TAKASAKI, Daisuke YAMAGUCHI

    The 2019 19th International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS 2019)  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 超音波支持の周波数依存性に関する研究 -第一報 振動子の製作と基礎実験-

    窪田 雅大, 髙﨑 正也, 山口 大介, 石野 裕二, 水野 毅

    2019精密工学会秋季大会学術講演会  2019年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バルク振動を用いた皮膚感覚ディスプレイ用超音波振動子の高周波数化

    木村碩志, 髙﨑正也, 山口大介, 石野裕二, 水野 毅

    2019精密工学会秋季大会学術講演会  2019年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 複雑形状を有するポリイミド製空気室の製作と回転型モータの試作

    山口 大介, 永見 僚, 石野 裕二, 髙﨑 正也, 水野 毅

    2019精密工学会秋季大会学術講演会  2019年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Performance study on newly developed AC magnetic suspension system using magnetic resonance coupling

    Arifur Rahman, Takeshi Mizun, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi

    The the 19th International Symposium on Applied Electromagnetics and Mechanics(ISEM2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Suppression of Vibration Induced by Reciprocal Motion of Displacer in Cryopump with an Active Dynamic Vibration Absorber

    Takeshi MIZUNO, Takahito IIDA, Yuji ISHINO, Masaya TAKASAKI, Daisuke YAMAGUCHI

    IFAC MECHATRONICS & NOLCOS 2019  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Convergence of Intermediate Control in Mass Measurement System with Relay Feedback of Velocity and Linear Feedback of Displacement

    Takeshi Mizuno, Keisuke Nishizawa, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi

    The SICE Annual Conference (SICE2019), Hiroshima  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 3自由度ゼロコンプライアンス機構を用いたカンチレバー式力測定装置の開発

    水野 毅, 髙橋 弘享, 髙﨑 正也, 山口 大介, 石野 裕二

    Dynamics and Design Conference 2019  2019年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 微小磁性部品組み立てにおけるバイラテラル操作システムの開発

    文字山 竜, 水野 毅, 石野 裕二, 髙﨑 正也, 山口 大介

    Dynamics and Design Conference 2019  2019年8月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁気浮上系のリセット要素による安定化 第 2 報 制振特性の向上

    石野 裕二, 水野 毅, 髙﨑 正也, 山口 大介

    Dynamics and Design Conference 2019  2019年8月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Three-Dimensional Control of an Iron Ball by Flux-path Control Mechanisms Located around Magnetic Source

    Takeshi Mizuno, Naoki Ishibashi, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Masaya Takasaki

    The 12th international symposium on linear drives for industry applications (LDIA2019)  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Force Compensation Based on Observer for Assembly of Magnetized Components

    Ryu Monjiyama, Takeshi Mizuno, Yuji Ishino, Masaya Takasaki, Daisuke Yamaguchi

    The 2019 12th Asian Control Conference (ASCC2019)  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Stabilization of Magnetic Suspension System by using First-Order Reset Element without Derivative Feedback

    Yuji ISHINO, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Daisuke YAMAGUCHI

    The 2019 12th Asian Control Conference (ASCC2019)  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Intermediate Control for Stable Trajectory in a Relay-Feedback Mass Measurement System

    Takeshi MIZUNO, Keisuke NISHIZAWA, Yuji ISHINO, Masaya TAKASAKI, Daisuke YAMAGUCHI

    The 2019 12th Asian Control Conference (ASCC2019)  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Realization of Vibration Absorption at Multiple Frequencies on Vacuum Chamber with Cryopump

    Takeshi MIZUNO, Takahito IIDA, Yuji ISHINO, Masaya TAKASAKI, Daisuke YAMAGUCHI, Masayuki HARA

    The 2019 12th Asian Control Conference (ASCC2019)  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Proposal of Mass Estimation Regardless of Switching Position in a Relay Feedback Mass Measurement System

    Taku EGAWA, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Daisuke YAMAGUCHI

    The 2019 12th Asian Control Conference (ASCC2019)  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 交流磁気浮上モータの開発(第1報)基本構想と原理検証

    河田 大貴, 水野 毅, 髙﨑 正也, 石野 裕二, 山口 大介

    第31 回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD31)  2019年5月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study on AC magnetic suspension system using magnetic resonant coupling (1st report: Design and Fabrication of Apparatus for Examining Basic Characteristics)

    「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD31)  2019年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 高周波数における人の振動知覚閾値の周波数特性

    髙橋功至, 佐藤史樹, 髙﨑正也, 山口大介, 原正之, 石野裕二, 水野毅

    知覚情報研究会  2019年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 折り返し構造を有するアルミニウム薄膜電極の通電加熱によるポリイミドフィルムの湾曲

    小澤一彰, 山口大介, 石野裕二, 髙﨑正也, 水野毅

    ,精密工学会,2019年度春季大会  2019年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • OMOTENASHI探査機の衝撃緩和装置を利用した展開型アンテナの開発

    大槻真嗣, 菊池隼仁, 冨木淳史, 鳥居航, 山口大介, 石野裕二, 吉光 徹雄, 橋本樹明

    第20回宇宙科学シンポジウム  2019年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高周波振動提示時の指表面の振動追従観察

    髙橋功至, 佐藤史樹, 石野裕二, 山口大介, 髙﨑正也, 水野毅

    第19回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  2018年12月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁界共振結合を利用した完全無制御AC磁気浮上展示装置の製作

    石野裕二, 水野毅, 髙﨑正也, 山口大介

    第61回自動制御連合講演会  2018年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 遮束型磁路制御式磁気浮上機構の改良とゼロパワー制御の実現

    文字山竜, 水野毅, 髙﨑正也, 石野裕二, 山口大介

    第61回自動制御連合講演会  2018年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Vibration Amplitude Modulation for Roughness Sensation Rendering with Ultrasoinc Vibration

    Masaya Takasaki, Itaru Shimizu, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi, Yuji Ishino, Takeshi Mizuno

    IEEE International Ultrasonics Symposium 2018  2018年10月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A cryogenic rotary valve using bolt-clamped type transducer

    Takefumi Kanda, Taiki Yamada, Shuichi Wakimoto, Daisuke Yamaguchi

    IEEE International Ultrasonics Symposium 2018  2018年10月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Realization of Magnetic Suspension by Flux-Path Control Mechanisms Lying Lateral to Magnetic Source

    Takeshi Mizuno, Naoki Ishibashi, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Masaya Takasaki

    2018 18th International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS 2018)  2018年10月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Ultrasonic plate transducer for tactile display using multiple vibration modes

    Hiroshi Kimura, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Masayuki Hara, Takeshi Mizuno

    The International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2018)  2018年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of tactile display to investigate the perception threshold for high frequency vibration

    Koji Takahashi, Fumiki Sato, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno

    The International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators (IWPMA2018)  2018年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Trajectory Control in Mass Measurement System Using Relay Feedback of Velocity and Restoring Force Compensation

    Takeshi Mizuno, Keisuke Nishizawa, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

    The SICE Annual Conference 2018  2018年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 熱間圧空成型と熱溶着を利用したポリイミドフィルム製アクチュエータの製作

    田浦魁晟, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    2018年度精密工学会秋季大会学術講演会  2018年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Multi-Dimensional Force Measurement Apparatus using Zero-Compliance Principle in Microforce Measurement

    Md Helal An NAHIYAN, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

    The XXII IMEKO World Congress  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • クライオポンプを対象としたアクティブ動吸振器による特定周波数振動零化制御

    水野 毅, 飯田 隆仁, 石野 裕二, 髙﨑 正也, 原 正之, 山口 大介

    Dynamics and Design Conference 2018(D&D2018)  2018年8月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Variable stiffness approach to reduce vibration induced in passively-supported directions of an active magnetic suspension system

    Asief Javeda, Takeshi Mizuno, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi

    The 16Th International Symposium on Magnetic Bearings (ISMB16)  2018年8月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Compensation for Sensing Delay in Mass Measurement Using a Relay Feedback of Velocity

    Takeshi MIZUNO, Naoki ISHIBASHI, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Daisuke YAMAGUCHI

    The14th International Conference on Motion and Vibration Control(MoViC 2018)  2018年8月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Vertical Direction Static Force Measurement Using a Three-Dimensional Force Measurement Apparatus Based on Zero-Compliance Principle

    Md. Helal An NAHIYAN, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

    The 14th International Conference on Motion and Vibration Control(MoViC 2018)  2018年8月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Measurement of flow resistance in the gap of a pump using ultrasonic transducer and opposing surface

    Tomohiro Hara, Hiroaki Shinada, Masaya Takasaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi, Takeshi Mizuno

    Acoustofluidics2018  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Vibration Suppression in the Passively-Supported Direction by Varying Bias Currents in Magnetic Suspension System

    Takeshi MIZUNO, Asief JAVED, Yuji ISHINO, Daisuke YAMAGUCHI, Masaya TAKASAKI

    The 2018 European Control Conference (ECC)  2018年6月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 圧電振動子による極低温用バルブの試作とソフトアクチュエータの駆動

    山田大貴, 神田岳文, 脇元修一, 山口大介

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  2018年6月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超音波スケーラによる切削効率評価に関する研究

    窪田雅大, 髙﨑正也, 山口大介, 原正之, 石野裕二, 水野毅

    第30回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD30)  2018年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポリイミド溶着技術を応用した月面着陸用エアバック気室構造の改良

    髙橋洋介, 山口大介, 佐藤亮, 石野裕二, 大槻真嗣, 高崎正也, 水野毅

    2018年度精密工学会春季大会学術講演会  2018年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • うなりを利用した超音波振動子における振幅変調の検討

    清水親, 品田裕壮, 髙﨑正也, 石野裕二, 原正之, 山口大介, 水野毅

    2018年度精密工学会春季大会学術講演会  2018年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 月面着陸用エアバッグを対象とした大型ポリイミドフィルム溶着装置の製作

    佐藤亮, 山口大介, 髙橋洋介, 石野裕二, 髙崎正也, 水野毅

    2018年度精密工学会春季大会学術講演会  2018年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数の振動モードを用いた皮膚感覚ディスプレイ用振動子の開発

    木村碩志, 品田裕壮, 髙﨑正也, 石野裕二, 原正之, 山口大介, 水野毅

    2018年度精密工学会春季大会学術講演会  2018年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • OMOTENASHI探査機の着陸衝撃抑制装置の検討

    大槻, 真嗣, 山田, 哲哉, 丹野, 英幸, 山口, 大介, 石野, 裕二, 菊池, 隼仁, 吉光, 徹雄, 橋本, 樹明

    第18回宇宙科学シンポジウム  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Realization of Zero-Power Control in a Two-Degree-Of-Freedom Double Parallel Magnetic Suspension System

    Yoshinori NARISAWA, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

    The 11th Asian Control Conference (ASCC 2017)  2017年12月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Resonance Frequency Tracking Control of Ultrasonic Transducer for Diminished Haptics

    Masaya TAKASAKI, Daisuke YAMAGUCHI, Masayuki HARA, Yuji ISHINO, Takeshi MIZUNO

    The 11th Asian Control Conference (ASCC 2017)  2017年12月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 自走機能を有したソーラー磁気浮上搬送車の設計

    石野裕二, 水野毅, 高崎正也, 原正之, 山口 大介

    マグネティックス/モータドライブ/リニアドライブ合同研究会  2017年12月7日 

     詳細を見る

    記述言語:ジャワ語  

    researchmap

  • ヒトが生きられない極限環境を目指せ!人のように柔らかなアクチュエータ 招待

    山口大介

    2017年度精密工学会北陸信越支部学術講演会  2017年11月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • クライオポンプの冷凍機用除振ユニットの開発 (第2報:振動制御システムの設計)

    飯田隆仁, 水野毅, 石野裕二, 髙﨑正也, 原正之, 山口大介

    第60回自動制御連合講演会  2017年11月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁路制御式磁気浮上の大ギャップ化に関する研究 (第3報:磁路制御機構の検討)

    石橋尚宜, 水野毅, 石野裕二, 髙﨑正也, 原正之, 山口大介

    第60回自動制御連合講演会論文集  2017年11月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Diminished Haptics用超音波振動子の開発

    高崎正也, 山口大介, 原正之, 石野裕二, 水野 毅

    電気学会研究会  2017年10月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 月面着陸用エアバッグへの適用を目指したポリイミド製空気室の加圧試験

    山口大介, 髙橋洋介, 佐藤亮, 石野裕二, 大槻真嗣, 吉光徹雄, 吉川健人, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    2017年度精密工学会秋季大会  2017年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科用超音波スケーラの振動特性の計測

    原智大, 高崎正也, 山口大介, 原,正之, 石野裕二, 水野毅

    2017年度精密工学会秋季大会  2017年9月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Zero-Power Control of Flux-path Control Magnetic Suspension System with Flux-interrupting Plates

    Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI, Yuji ISHINO

    The 11th International Symposium on Linear Drives for Industry Applications  2017年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 超音波振動印加による液体の粘性制御の検討

    高橋功至, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 二自由度制御形並列多重磁気浮上系におけるゼロパワー制御の実現

    成澤慶宜, 水野毅, 髙﨑正也, 石野裕二, 原正之, 山口大介

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多重式磁気浮上システムの開発(第16報:二自由度制御型並列多重磁気浮上の基本特性)

    成澤慶宜, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第15回運動と振動の制御シンポジウム  2017年8月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ゼロコンプライアンス機構を用いた加速度計の開発(第1報)測定原理

    河田大貴, 水野毅, 髙﨑正也, 石野裕二, 原正之, 山口大介

    Dynamics and Design Conference 2017  2017年8月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of Three-Dimensional Force Measurement Instrument Using Zero-Comnpliance Mechanism

    第29回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD29)  2017年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 超音波振動を用いた液体の粘性制御の検討

    高橋功至, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第29回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD29)  2017年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多重式磁気浮上システムの開発(第15報:フィードバックの向きと安定性)

    成澤慶宜, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第29回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD29)  2017年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 共通磁極を有する 3 自由度磁気浮上機構の開発 -第一報:実験装置の試作-

    石野裕二, 水野毅, 高崎正也, 原正之, 山口大介

    第29回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム (SEAD29)  2017年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 液体窒素温度環境用空圧フィルムアクチュエータの成形加工による製作

    山口大介, 花木樹也, 高井和貴, 石野裕二, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクスメカトロニクス講演会2017  2017年5月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 温感ディスプレイを用いたヒトの身体所有感操作に関する研究

    原正之, 高橋弘享, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクスメカトロニクス講演会2017  2017年5月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 弾性表面波皮膚感覚ディスプレイによる高周波振動提示の検討

    高崎正也, 佐藤史樹, 原正之, 山口大介, 石野裕二, 水野毅

    ロボティクスメカトロニクス講演会2017  2017年5月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 矩形容器の水平加振による液中微小粒子の分別に関する検討

    原正之, 難波江裕之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクスメカトロニクス講演会2017  2017年5月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Observation of Gap of a Pump Using Ultrasonic Transducer and Opposing Surface

    Masaya TAKASAKI, Hiroaki SHINADA, Yuji ISHINO, Daisuke YAMAGUCHI, Masayuki HARA, Takeshi MIZUNO

    The 7th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology  2017年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 高周波に対応した振動知覚閾値測定装置の改良

    髙﨑正也, 佐藤史樹, 山口大介, 原正之, 石野裕二, 水野 毅

    電気学会研究会資料「力触覚提示デバイス」  2017年3月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 磁界共振結合を用いた交流磁気浮上に関する研究 第6報:基本特性の実験的評価

    清藤 温, 水野 毅, 髙﨑 正也, 石野 裕二, 原 正之, 山口 大介

    日本機械学会関東支部第23期総会・講演会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高周波に対応した振動知覚閾値測定装置の開発

    佐藤 史樹, 高崎 正也, 石野 裕二, 原 正之, 山口 大介, 水野 毅

    2017年度精密工学会春季大会学術講演会  2017年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動子と対向面を用いたポンプの開発(第5報)-ギャップ内圧力の推定-

    品田裕壮, 高崎正也, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 水野毅

    2017年度精密工学会春季大会学術講演会  2017年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二人称視点での自己インタラクションにおけるヒトの身体認識

    清水親, 原正之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2016年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 受動支持を併用した磁気軸受における剛性切換制御について

    水野 毅, 石野 裕二, 髙﨑 正也, 原 正之, 山口 大介

    マグネティックス・モータドライブ・リニアドライブ合同研究会  2016年12月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • High frequency vibration on SAW tactile display

    Masaya Takasaki, Fumiki Sato, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Masayuki Hara, Takeshi Mizuno

    AsiaHaptics2016  2016年11月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • カンチレバー式ゼロコンプライアンス機構を用いた力測定システムの開発(第2報:測定機構の製作)

    林 陽一郎, 水野 毅, 高崎 正也, 石野裕二, 山口大介, 原 正之

    第25回MAGDAコンファレンス  2016年11月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 二自由度支持形並列多重磁気浮上の実現

    成澤慶宜, 水野毅, 高崎正也, 石野裕二, 山口大介, 原正之

    第25回MAGDAコンファレンス  2016年11月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 制御系のリミットサイクルを利用した質量測定の高精度化(第2報:速度検出における遅れを考慮した補正式の導出)

    石橋尚宜, 水野毅, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 髙﨑正也

    59回自動制御連合講演会  2016年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • クライオポンプの冷凍機用除振ユニットの開発 第1報 実験装置の設計と製作

    飯田隆仁, 水野毅, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 髙﨑正也

    第59回自動制御連合講演会  2016年11月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高周波に対応した振動知覚閾値測定装置

    佐藤史樹, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 石野裕二, 水野毅

    知覚情報研究会  2016年10月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A Cryogenic Ultrasonic Actuator Using a Torsional Transducer

    Takefumi Kanda, Masataka Kuroda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori

    IEEE International Ultrasonics Symposium 2016  2016年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Simple Action of Right Index Finger Induces Rubber Hand Illusion to Static Left Hand

    Masayuki Hara, Nproalo Kanayama, Daisuke Yamaguchi, Yuji Ishino, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno

    The 2016 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2016)  2016年10月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 集束超音波を用いた微小径孔の脱水特性

    渡邉達也, 星貴之, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅, 石野裕二

    日本機械学会2016年度年次大会  2016年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 極低温環境用ソフトアクチュエータにおけるリーク量の屈曲回数依存性の評価

    花木樹也, 山口大介, 石野裕二, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    2016年度精密工学会秋季大会  2016年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超音波振動子と対向面を用いたポンプの開発(第4報)-ギャップの計測-

    品田裕壮, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    2016年度精密工学会秋季大会  2016年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pneumatic Actuator using Polyimide Film for Liquid Nitrogen Temperature

    D. Yamaguchi, T. Hanaki, R. Kamimura, Y. Ishino, M. Hara, M. Takasaki, T. Mizuno

    Actuator 2016  2016年6月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 極低温環境下で駆動可能なフィルモティクス用簡易配管方法の検討

    山口大介, 花木樹也, 上村崚太郎, 石野裕二, 原 正之, 高崎 正也, 水野毅

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 人称視点での自己インタラクションに関する研究

    清水親, 原正之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年6月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多重式磁気浮上システムの開発(第14報:柔軟構造を有する浮上体を用いた並列多重磁気浮上システムの可制御性と可観測性)

    成澤慶宜, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2016年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極限環境に適用可能なソフトアクチュエータの基礎特性評価

    山口大介, 花木樹也, 上村崚太郎, 石野裕二, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2016年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 磁路制御式磁気浮上の大ギャップ化に関する研究(第1報:制御板の磁力源側配置の提案)

    山田和樹, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 髙﨑正也, 水野毅

    第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2016年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 制御系のリミットサイクルを利用した質量測定の高精度化(第1報:センサとコントローラの遅れの影響)

    石橋尚宜, 渡邊怜, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2016年5月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動子と対向面を用いたポンプ(第3報)-ギャップの観測-

    品田裕壮, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第16回日本機械学会機素潤滑設計部門講演会  2016年4月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 極低温環境用空圧フィルムアクチュエータの性能向上を目的としたポリイミドフィルム溶着状態の評価

    上村崚太郎, 山口大介, 花木樹也, 原正之, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    2016年度精密工学会春季大会  2016年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動子と対向面を用いたポンプの開発(第2報)対向面形状の違いによる流れ方向の変化

    豅遥子, 品田裕壮, 石野裕二, 原正之, 山口大介, 高崎正也, 水野毅

    2016年度精密工学会春季大会  2016年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 運動とヒトの身体認知の関係ついての検討

    原正之, 松下光次郎, 鈴木雄大, 藤森勇佑, 山口大介, 石野裕二, 佐々木実, 高崎正也, 水野毅

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2015年12月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Driving Performance of Soft Film Actuator for Liquid Nitrogen Temperature Environment

    Tatsuya Hanaki, Daisuke Yamaguchi, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno

    The 19th International Conference on Mechatronics Technology (ICMT2015)  2015年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 屋外における長時間浮上を目的としたソーラー磁気浮上搬送車の構想と設計

    石野 裕二, 水野 毅, 高崎 正也, 原 正之, 山口 大介

    第58回自動制御連合講演会  2015年11月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 磁石の運動制御を利用した反発形磁気軸受におけるラジアル方向制振制御(第1報:制振の原理)

    水野 毅, 石野 裕二, 髙﨑 正也, 山口 大介, 原 正之

    第58回自動制御連合講演会  2015年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カンチレバー式ゼロコンプライアンス機構を用いた力測定システムの開発 第 1 報: 測定原理

    林 陽一郎, 水野 毅, 高崎 正也, 石野裕二, 山口大介, 原 正之

    第4回MAGDALENAコンファレンス  2015年11月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボット技術を用いたRHI実験システム

    原正之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    第七回多感覚研究会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 触り心地を変化させるDiminished Haptics Device

    山口大介, 落合陽一, 星貴之, 高崎正也

    第七回多感覚研究会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Precise Positioning Characteristics of Multi-Mode Ultrasonic Motor

    Masaya Takasaki, Shuo Zhang, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi, Yuji Ishino, Takeshi Mizuno

    2015 IEEE International Ultrasonics Symposium  2015年10月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Proposal of Lateral Vibration Control Based on Force Detection in Mag-netic Suspension System

    Asief JAVED, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Yuji SHINO, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

    The 17th International Symposium on Applied Electromagnetics and Mechanics (ISEM2015)  2015年9月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 磁界共振結合を用いた交流磁気浮上に関する研究 第5報:数学モデルに基づく安定性解析

    清藤温, 水野毅, 高崎正也, 石野裕二, 山口大介, 原正之

    第4回MAGDALENAコンファレンス  2015年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボットによる刺激提示を用いたFull Body Illusionの研究

    原正之, 難波江裕之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    第33回日本ロボット学会学術講演会  2015年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波支持における水平方向作用力発生原理の仮説と分類

    三宅健, 山口大介, 原正之, 石野裕二, 髙﨑正也, 水野毅

    2015年度精密工学会秋季大会学術講演会  2015年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 拮抗駆動型液体窒素温度環境用ソフトアクチュエータの試作と評価

    山口大介, 花木樹也, 上村崚太郎, 原正之, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    2015年度精密工学会秋季大会 学術講演会  2015年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 磁界共振結合を用いた交流磁気浮上に関する研究(第4報:浮上特性の評価)

    郡川智行, 水野毅, 高崎正也, 石野裕二, 原正之, 山口大介

    Dynamics and Design Conference 2015(D&D2015)  2015年8月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ゼロコンプライアンス機構を利用した三分力測定装置の開発(第1報:基本構想と測定機構の製作)

    飯田啓介, 水野毅, 髙崎正也, 石野裕二, 山口大介, 原正之

    Dynamics and Design Conference 2015(D&D2015)  2015年8月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Efficiency Evaluation Method for Vibration Energy Harvesting by Piezoelectric Bimorph

    Fumiki Sato, Shuo Zhang, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno

    ASPEN2015  2015年8月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Comparison of Zero-Power Controllers in Double Parallel Magnetic Suspension System With Parallel Connected Coils

    Yoshinori NARISAWA, Daisuke YAMAGUCHI, Masayuki HARA, Masaya TAKASAKI, Takeshi MIZUNO, Yuji ISHINO

    ASCC2015  2015年6月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of Non-contact Carrier System using Solar Magnetic Suspension 3rd

    Yuji ISHINO, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

    ASCC2015  2015年6月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Proposal of Pen Tablet Type Tactile Display Using Stylus with Built-in Ultrasonic Transducer

    Hasebe, Y. Ishino, M. Hara, D. Yamaguchi, M. Takasaki, T. Mizuno

    The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology  2015年5月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Proposal of Wind Power Generator using Solar Zero-power Magnetic Suspension

    Huajun CHEN, Takeshi MIZUNO, Yuji ISHINO, Daisuke YAMAGUCHI, Masayuki HARA, Masaya TAKASAKI

    The 4th Korea-Japan Joint Symposium on Dynamics and Control  2015年5月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fabrication and Evaluation of Soft Film Actuator for Low Temperature Environment

    Daisuke Yamaguchi, Tatsuya Hanaki, Yuji Ishino, Masayuki Hara, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno

    The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology  2015年5月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ポリイミドフィルムを用いた液体窒素温度環境用ガス圧ソフトアクチュエータの試作と評価

    花木樹也, 山口大介, 石野裕二, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒトの行動主体性と身体所有感の関係についての検討

    原正之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 宇宙環境における使用を目的としたソフトアクチュエータの提案と試作

    山口大介, 花木樹也, 石野裕二, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  2015年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 遮束型可変磁路式磁気浮上機構の極配置法に基づく制御系設計

    竹内倭, 原正之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2015年5月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Proposal of Pump Using Ultrasonic Transducer and Opposing Surface

    Hiroaki Shinada, Yuji Ishino, Daisuke Yamaguchi, Masaya Takasaki, Takeshi Mizuno

    International Congress on Ultrasonic  2015年5月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 遮束型可変磁路式磁気浮上機構のゼロパワー制御に関する研究

    竹内倭, 原 正之, 山口大介, 石野裕二, 高崎正也, 水野 毅

    関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会  2015年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 圧電振動子による振動エネルギ回生の効率測定法に関する研究

    佐藤史樹, 張爍, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  2015年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • カンチレバーを利用したゼロコンプライアンス行き微小力測定

    林 陽一郎, 山口大介, 石野裕二, 原 正之, 高崎正也, 水野 毅

    関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会  2015年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液体窒素温度環境用ソフトアクチュエータの試作

    花木 樹也, 山口大介, 石野裕二, 原 正之, 高崎正也, 水野 毅

    関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会  2015年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非接触給電機能を備えた磁気支持ジャイロセンサの開発

    清藤 温, 山口大介, 石野裕二, 原 正之, 高崎正也, 水野 毅

    関東学生会第54回学生員卒業研究発表講演会  2015年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動子と対向面を用いたポンプの開発(第1 報)-ポンプ効果の観測-

    品田裕壮, 石野裕二, 山口大介, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    2015年度精密工学会春季大会学術講演会  2015年3月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 強磁場環境下における触覚呈示を目的としたボルト締めランジュバン型振動子の試作設計

    山口大介, 原正之, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    2015年度精密工学会春期大会学術講演会  2015年3月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 超音波振動子内蔵方式ペンタブレット型皮膚感覚ディスプレイ

    長谷部和彦, 石野裕二, 山口大介, 高崎正也, 水野毅

    第15回公益社団法人計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  2014年12月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温環境用ソフトアクチュエータの提案と試作設計

    山口大介, 花木樹也, 石野裕二, 高崎正也, 水野毅

    第15回公益社団法人計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  2014年12月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温用超音波モータの駆動特性の温度依存性

    中薗正浩, 神田岳文, 山口大介, 鈴森康一

    第35回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2014年12月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超音波振動子と対向面によるポンプ効果

    品田裕壮, 石野裕二, 山口大介, 高崎正也, 水野毅

    第35回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2014年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ゼロコンプライアンス機構を利用したトルク計測装置の開発 第1報:測定原理と基礎実験装置の開発

    ムハマド イザーン, 石野裕二, 山口大介, 高崎正也, 水野毅

    第23回MAGDAコンファレンス  2014年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Driving System of Diminished Haptics: Transformation of Real World Textures

    Daisuke Yamaguchi, Yoichi Ochiai, Takayuki Hoshi, Jun Rekimoto, Masaya Takasaki

    Asia Haptics 2014  2014年11月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 極低温用超音波モータの等価回路を用いた特性評価

    山口大介, 野口祐也, 神田岳文, 鈴森康一

    2014年度精密工学会秋期大会学術講演会  2014年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Thermal Stress of Transducers for Cryogenic Ultrasonic Motors

    Yuya Noguchi, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    2014 IEEE International Ultrasonics Symposium  2014年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Ultrasonic Motor for sample spinning of solid-state nuclear magnetic resonance spectrometer in high magnetic field

    Daisuke Yamaguchi, Dai Takeda, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    2014 IEEE International Ultrasonics Symposium  2014年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 超音波モータの固体 NMR 分析用試料回転機構への応用

    山口大介, 武田大, 神田岳文, 鈴森康一, 竹腰清乃理, 水野敬, 山本啓太

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年5月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ねじり振動子共振駆動型極低温用超音波モータ

    黒田雅貴, 神田岳文, 鈴森康一, 山口大介

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014  2014年5月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温用ランジュバン型振動子の熱応力に関する検討

    中薗正浩, 神田岳文, 鈴森康 一, 山口大介, 野口祐也, 黒田雅貴

    第14回 日本機械学会 機素潤滑設計部門講演会  2014年4月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温用ボルト締めランジュバン型振動子の等価回路を用いた性能評価

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 黒田雅貴, 武田大, 野口祐也, 中薗正浩

    2014年度精密工学会春季大会学術講演会  2014年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温環境における振動子の性能と圧電性の関係

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2013年11月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温環境用超音波モータの振動子の試作・評価

    野口祐也, 神田岳文, 鈴森康一, 山口大介, 武田大, 黒田雅貴

    2013年度精密工学会秋季大会学術講演会  2013年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温環境における圧電性の温度依存性評価と振動子への応用

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 野口祐也

    2013年度精密工学会秋季大会学術講演会  2013年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温環境用アクチュエータへの適用を目的とした超音波振動子の検討

    神田岳文, 山口大介, 鈴森康一, 黒田雅貴, 武田大, 野口祐也

    日本機械学会 2013年度年次大会  2013年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 極低温超音波モータ用振動子の熱応力低減に関する研究

    野口祐也, 神田岳文, 鈴森康一, 山口大介, 黒田雅貴

    日本機械学会 2013年度年次大会  2013年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高・低速駆動可能な極低温用超音波モータの駆動評価

    黒田雅貴, 山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 野口祐也, 中薗正浩

    第31回日本ロボット学会学術講演会  2013年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Piezoelectric Materials for Cryogenic Ultrasonic Motor

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    2013 Joint UFFC, EFTF and PFM Symposium  2013年7月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Evaluation of Piezoelectric Materials for Transducer at Ultralow Temperature

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    10th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications and 8th Energy Harvesting Workshop  2013年7月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 極低温環境における圧電材料の評価と振動子への応用

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    2013年度精密工学会春季大会学術講演会  2013年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • チタンを用いた極低温環境用超音波モータ用振動子の評価

    武田大, 山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 野口祐也

    第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2012年11月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温領域におけるPMN-PT 単結晶と超音波モータの温度特性の評価

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 野口祐也

    第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2012年11月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温超音波モータ用振動子の改良とモータの評価

    黒田雅貴, 山口大介, 武田大, 野口祐也, 神田岳文, 鈴森康一

    第30回日本ロボット学会学術講演会  2012年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Using Bolt-clamped Langevin-type Transducer for Ultralow Temperature

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masataka Kuroda, Dai Takeda

    CTUATOR 2012, 13th International Conference on New Actuators  2012年6月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 固体NMR分析における試料回転機構への応用を目的とした超音波モータの駆動評価

    藤澤和也, 山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012  2012年5月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温用超音波モータに用いるボルト締めランジュバン型振動子の改良

    黒田雅貴, 山口大介, 武田大, 神田岳文, 鈴森康一

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会  2012年5月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温・強磁場の複合極限環境下での使用を目的とした超音波モータの試作・評価

    武田大, 山口大介, 藤澤和也, 神田岳文, 鈴森康一

    第12回機素潤滑設計部門講演会  2012年4月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Driving Performance of the Ultrasonic Motor Using PMN-PT Single Crystal at Ultralow Temperature

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Dai Takeda, Masataka Kuroda

    International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators 2012  2012年4月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • PMN-PT単結晶を用いた超音波モータの極低温環境における特性評価

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一, 武田大, 黒田雅貴

    2012年度 精密工学会春季大会  2012年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PMN-PT単結晶を用いた極低温用超音波モータの試作と評価

    第32回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム(USE2011)  2011年11月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Located in Cryogenic Temperature Environments

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    IEEE International Ultrasonics Symposium 2011  2011年10月20日 

     詳細を見る

  • 低温環境用圧電アクチュエータの検討

    神田岳文, 山口大介, 鈴森康一, 黒田雅貴

    第29回日本ロボット学会学術講演会  2011年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータの温度特性評価

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    第29回日本ロボット学会学術講演会  2011年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータの駆動特性評価

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年5月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 水熱合成法を用いたPLZT成膜条件の改良とアクチュエータの評価

    殿界明真, 山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  2011年5月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 極低温用超音波モータの駆動源を目的とした振動子の試作・評価

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    第23回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  2011年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A Design of Bolt-Clamped Langevin-Type Transducer for Cryo Ultrasonic Motor

    Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori

    The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology  2011年4月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータ

    山口大介, 神田岳文, 鈴森康一

    精密工学会 2011年度春季大会  2011年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PLZT Film Actuators Deposited by a Hydrothermal Method

    Akimasa Tonokai, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori

    IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2010)  2010年12月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 低温環境用圧電アクチュエータの試作設計

    神田岳文, 山口大介, 鈴森康一

    第28回日本ロボット学界学術講演会  2010年9月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水熱合成法PLZT薄膜を用いた光駆動アクチュエータの特性評価

    殿界明真, 神田岳文, 鈴森康一, 山口大介

    2010年度精密工学会春季大会学術講演会  2010年4月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水熱合成法を用いた圧電薄膜アクチュエータの紫外光駆動

    山口大介, 殿界明真, 神田岳文, 鈴森康一

    第1回マイクロ・ナノ工学シンポジウム  2009年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • フィルモティクスへの応用を目的とした極薄型バルブの原理確認

    山口大介, 真鍋達矢, 石野裕二, 原正之, 高崎正也, 水野毅

    第29回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD29) 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • FA財団論文賞

    2020年12月   一般社団法人FA財団   Force Measurement Using Zero-Compliance Mechanism

    Takeshi Mizuno, Yuji Ishino, Hiroki Kawada, Yoichiro Hayashi, Masaya Takasahi, Masayuki Hara, Daisuke Yamaguchi

     詳細を見る

  • 日本機械学会奨励賞(研究)

    2019年4月   日本機械学会   極限環境において駆動を実現するアクチュエータの研究

    山口大介

     詳細を見る

  • 日本AEM学会論文賞

    2017年10月   日本AEM学会  

    Shahajada Mahmudul HASAN, Takeshi MIZUNO, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO, Masayuki HARA, Daisuke YAMAGUCHI

     詳細を見る

  • SI2014優秀講演賞

    2014年12月   第15回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  

    山口 大介

     詳細を見る

  • 仁科賞

    2014年3月   仁科顕彰会  

    山口 大介

     詳細を見る

  • 超音波シンポジウム(USE2011)奨励賞

    2012年11月   第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会  

    山口 大介

     詳細を見る

  • [9] 2012年度精密工学会春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞

    2012年3月   精密工学会  

    山口 大介

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 複雑形状を有するPIフィルムに対する溶着技術の開発と空圧モータへの応用

    研究課題/領域番号:19K14874  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    山口 大介

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では,極限環境下で駆動を行う空圧ステッピングモータの開発を最終目標とし,異分野の研究とされる材料の加工技術の確立から機械要素(アクチュエータ)技術の設計・製作・評価までを一貫して取り組む.本年度は,新たな前処理・添加剤レス溶着の開発と,本溶着手法を用いてモータの駆動源となるポリイミド(PI)製気室の実現を行った.
    あらかじめ立体成型を行ったPIフィルムに対して,溶着部の平行度・表面粗さに大きく依存しない前処理・添加剤レス溶着の開発を行った.溶着面全体にかかる圧力を均等とすることで押付圧力による溶着の不均一さを減少させるために,本研究では,低弾性係数を有する耐熱材料を基準面と固定金型の間に敷き,その変形を利用することで金型同士の平行度を補正し,また溶着対象であるPIフィルムと金型の間にグリスを塗布することで金型の表面粗さの影響を緩和した.これにより,立体成型を行ったフィルムに対しても安定した溶着を実現した.
    また,これまで空圧シリンダによる予圧印加機構を採用していたが,がたつきの影響による成型フィルム同士の溶着しろのズレ,平行度における課題が存在していた.そこで金型同士をボルト締結により固定し,締め付けトルクを工夫することで予圧を均等に金型へ印加する設計手法について確立した.これにより,精密に位置決めを行った金型同士での溶着ができ,溶着代のズレを抑えた.また金型自体にヒータを接続できるようになった事から,加熱・冷却に必要となる時間を大幅に削減した.
    試作した空気室の特性評価を行い,モータを駆動するのに十分な性能を有していることを確認した.また試験的に空圧モータへ取り付けることでモータの駆動を確認した.

    researchmap

  • 極低温環境に対応したマイクロ圧電振動子による非接触駆動アクチュエータの試作研究

    研究課題/領域番号:19H02054  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    神田 岳文, 山口 大介

      詳細を見る

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    当該年度は1.極低温環境用アクチュエータの小型化を実現する予圧機構を用いた圧電振動子、および、2.極低温環境下でヘリウム中での音響放射圧を利用した浮上機構の2点について研究を行った。1.の項目では、予圧機構を実現するための設計手法に関する検討と、これに必要な各種材料定数を得るための実験環境の整備を行った。金属材料とセラミックスの圧電材料では膨張係数の差が大きく、圧電材料を金属材料で挟んだ状態の10cm3程度の大きさのアクチュエータにおいて、室温から極低温への300Kの変化により数十MPaの圧力変化が生じることが想定される。振動子設計のためのデータ収集とアクチュエータの評価を目的として、光学的・機械的測定系を構成して低温環境での変位・歪計測を行うために窓付きクライオスタットを導入した。また、有限要素法により温度依存性を考慮して設計を行った小型の予圧機構について導入した装置内での振動特性の評価を行い、予圧印加の効果が得られていることを示した。2.の項目では、極低温環境下のヘリウム中で超音波振動子により発生させた音響放射圧で、振動子先端に対向して配置した物体を浮上させることを目標とした。ヘリウムの密度は小さく、室温でも空気の7分の1程度であり、物体に作用する音響放射圧は、超音波振動子から媒質への音響放射効率は低下することが予想される。ヘリウムを媒質とした際に十分な音響放射圧が得られる振動子構成についてシミュレーションも交えて検討し、浮上が可能であることについてボルト締め型の圧電振動子により原理的な検証実験を行った。導入したクライオスタットを利用した装置内で光学的な測定を行い、低温環境で浮上が実現できていることを示した。

    researchmap

  • 超音波を利用した皮膚感覚ディスプレイにおける周波数の影響に関する研究

    研究課題/領域番号:18KK0107  2019年02月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    高崎 正也, 山口 大介, 水野 毅

      詳細を見る

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    人の触覚のひとつ皮膚感覚(つるつる・ざらざらといった感覚を受容)を提示するデバイス「皮膚感覚ディスプレイ」であって,プレート形超音波振動子表面での摩擦制御を利用しているものを対象としている.現在のところ,超音波の周波数がディスプレイのパフォーマンス・制御性・製造コスト等に及ぼす影響が未知の状態である.非線形現象を多く含むため,数値計算による検討は困難であり,実際にその周波数の超音波振動子を製作して実験的な検討を行う必要がある.従前より,埼玉大学では15 MHzの振動子を,リール大学では30 kHzの振動子をそれぞれ用いてきた.本研究では,埼玉大学チームが周波数を下げていき,リール大学チームが周波数を上げていくアプローチをとる.超音波皮膚感覚ディスプレイを開発する際の超音波周波数選択の指標のためのデータベース構築を目指している.
    30 kHzから周波数を上げていくアプローチでは,研究協力者(Frederic Giraud准教授)の指導を受けながらプレート材質・寸法・圧電素子の設計を行い,リール大学の技術的支援を受けながら製作・調整を行っている.金属板にPZTプレートを接着した振動子の製作を行った.
    15 MHzから周波数を下げていくアプローチでは,圧電セラミクス(チタン酸ジルコン酸鉛:PZT)の板に電極を形成して高次モードの振動を励振することで800 kHz近傍に共振周波数を持つことを見いだした.超音波振動を間欠的に励振したところ,500 Hzでのon/offに追従させることが出来た.また,画像処理を用いた簡易指位置計測による制御でザラザラ感を提示することが出来た.

    researchmap

  • 屋外環境下における自走機構を有するソーラー磁気浮上搬送装置の開発

    研究課題/領域番号:16K06146  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石野 裕二, 水野 毅, 髙﨑 正也, 原 正之, 山口 大介

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    太陽光発電器によって供給された電力のみを使用して,24時間365日の非接触浮揚を目指した,自走式メカニズムを備えた非接触磁気浮上搬送車の開発を行った.搬送車に電磁石が搭載された磁気浮上搬送システムは、軌道に電磁石があるシステムよりも初期コストが少ない. しかしながら,従来では,搬送車は一時的または,連続的に接触した電力線によって電力供給をする必要がある.このような接触を回避するために,太陽光発電による非接触給電と組み合わせた磁気浮上搬送車の開発を行った.開発した搬送システムは,十分な照度が得られないときに電力供給用に搭載された二次電池を充電しながら,外部電源なしで120時間の浮上を達成した.

    researchmap

  • 液体窒素温度におけるポリイミドフィルムの特性評価とソフトアクチュエータへの応用

    研究課題/領域番号:15K20908  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    山口 大介

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、液体窒素温度付近で柔軟に駆動可能なソフトアクチュエータについて研究を行った。
    極限環境で駆動可能なソフトアクチュエータを実現するために、本研究ではポリイミド(PI)フィルムの溶着技術の開発・評価を行った。本技術により、PI製バルーン、および湾曲動作を実現するPI製ソフトアクチュエータを実現した。
    開発したアクチュエータは、これまでのソフトアクチュエータでは実現不可能であった-195度付近において駆動を実現した。

    researchmap

  • 極低温環境用マイクロ電歪・圧電アクチュエータの試作研究

    研究課題/領域番号:25420091  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    神田 岳文, 山口 大介, 黒田 雅貴, 武田 大, 野口 祐也, 中薗 正浩, 山田 大貴

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    本研究は、極低温・強磁場環境下で使用することの出来るマイクロアクチュエータを、圧電・電歪材料を駆動源として実現することを目標として、アクチュエータ材料、構造、モデル化の3点について研究を進めた。温度環境の違いによる調整の必要がないアクチュエータを実現することを目的として、ボルト締めランジュバン型振動子の構造の検討と試作を行った。非線形的な特性を考慮した振動解析によりアクチュエータ構造を決定し、室温から極低温まで予圧調整の必要がない振動子を実現した。さらに、試作した振動子を用いたアクチュエータの駆動実験により、従来困難であった室温から極低温領域まで調整なしに連続的に回転駆動を行うことに成功した。

    researchmap

  • 超音波モータの極低温環境における駆動

    研究課題/領域番号:13J07608  2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    山口 大介

      詳細を見る

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1200000円 )

    極低温環境内において、高速回転操作を実現するアクチュエータが求められている。
    本研究の目的は、狭隘な極低温環境に設置可能な超音波モータの性能向上、および駆動源であるボルト締めランジュバン型振動子における予圧特性の温度依存性の低下である。本研究で得られた成果を要約すると、以下の通りである。
    1、ニオブ酸リチウムについて、極低温環境に共振・反共振法を適用することにより、極低温環境における圧電定数の測定を行った。ニオブ酸リチウムの圧電定数は小さいが、温度による依存が小さいことを確認した。
    2、室温から極低温までの温度低下により生じる熱応力を減少させることを目的とし、構造材料に純チタン、圧電材料にマグネシウムニオブ酸・チタン酸鉛固溶体(PMN-PT)を使用したボルト締めランジュバン型振動子を試作した。有限要素法解析および、極低温環境における駆動実験を通して、熱応力に関する評価を行った。これより、温度による温度依存性が減少し、使用温度に合わせた組み立て条件の調整が不要となった。
    3、上記、ボルト締めランジュバン型振動子を駆動源とする超音波モータの試作・評価を行った。90K以下の温度において、駆動実験を行い、いずれの温度においても回転を確認した。これより4.5Kにおいて印加電圧100Vp-p時に、1100rpmの回転数を実現した。
    4.5Kにおいて1000rpmを超える回転数を有する小型駆動源はこれまでになく、固体NMR分析をはじめ様々な分析機器に適用することで、装置の小型化・高性能化などが期待される。

    researchmap

  • 強磁場・極低温環境下用回転型マイクロ圧電アクチュエータに関する研究

    研究課題/領域番号:21760114  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    神田 岳文, 山口 大介

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究は、分析装置などで必要とされる、極低温、強磁場の環境下で高速回転するマイクロ圧電アクチュエータを実現することを目的とする。ボルト締めランジュバン型振動子に着目し、温度変化による予圧の変化を分析することにより、低温環境でも圧電振動子によるロータ駆動を可能とした。温度と強磁場に対する特性を考慮することによって、10K以下の低温環境、7Tの強磁場環境において使用可能な回転型のマイクロ圧電アクチュエータを試作し、駆動に成功した。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • システム工学演習 (2020年度) 第3学期  - 火8

  • システム工学総合Ⅱ (2020年度) 3・4学期  - 火4,火5,火6,火7

  • ロボット工学実験 (2020年度) 3・4学期  - 火4,火5,火6,火7

  • 情報処理入門2(情報機器の操作を含む) (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 機械システム工学演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示