2021/12/28 更新

写真a

ツボイ カズヤ
坪井 和也
TSUBOI Kazuya
所属
自然科学学域 助教
職名
助教

学位

  • 学士(工学) ( 大阪府立大学 )

  • 修士(工学) ( 東北大学 )

  • 博士(工学) ( 東北大学 )

研究キーワード

  • 燃焼工学

  • 数値流体力学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

学歴

  • 東北大学   Graduate School of Engineering   Department of Aerospace Engineering

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 東北大学   Graduate School of Engineering   Department of Aerospace Engineering

    1999年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 大阪府立大学   工学部   機械工学科

    1992年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   学術研究院自然科学学域   助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   助教

    2008年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • フランス国立科学研究センター   燃焼爆轟研究所   招聘研究員

    2007年5月 - 2007年8月

      詳細を見る

  • フランス国立科学研究センター   燃焼爆轟研究所   招聘研究員

    2006年10月 - 2006年11月

      詳細を見る

  • 名古屋大学   エコトピア科学研究所   研究機関研究員

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • Performance, emissions and end-gas autoignition characteristics of PREMIER combustion in a pilot fuel-ignited dual-fuel biogas engine with various CO2 ratios 査読

    Alireza Valipour Berenjestanaki, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    FUEL   286   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Biogas, a renewable and alternative energy, has recently gained attention as an environmentally friendly fuel for power generation in internal combustion (IC) engines. This study aimed to investigate the effect of the carbon dioxide (CO2) to methane (CH4) ratio in a dual-fuel gas engine. It is known that gaseous fuel combustion at high loads is accompanied by knocking if an appropriate combustion controlling strategy is not applied. Therefore, premixed mixture ignition in the end-gas region (PREMIER) combustion was proposed under high load conditions. Experiments were carried out using a dual-fuel gas engine under supercharged conditions, with an intake pressure of 200 kPa. Simulated biogas consisting of CH4 and CO2 was used as a primary fuel and diesel was used as a pilot fuel. The pilot fuel injection timing was varied during the experiments. The indicated mean effective pressure (IMEP) and thermal efficiency increased as injection timing was advanced. With the addition of CO2, the thermal efficiency of PREMIER combustion was slightly increased, although the IMEP was slightly decreased. The unburned gas temperature for PREMIER combustion increases as a function of the CO2 content of the mixture. Due to compression by flame propagation, high unburned gas temperatures in dual-fuel gas engines are important for achieving autoignition inside the end-gas region under PREMIER combustion conditions.

    DOI: 10.1016/j.fuel.2020.119330

    Web of Science

    researchmap

  • End-gas autoignition characteristics of PREMIER combustion in a pilot fuel- ignited dual-fuel biogas engine(共著) 査読

    Alireza Valipour Berenjestanaki, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    Fuel   254   115634   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2019.115634

    Web of Science

    researchmap

  • Influence of Particle Diameter on Numerical PIV Measurement Using DNS Data of Turbulent Premixed Flame(共著) 査読

    Yusei Naka, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita, Tatsuya Hasegawa

    The Proceedings of 12th Asia-Pacific Conference on Combustion   ASPACC2019-1469   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation of Combustion Characteristics of Ultra Low Sulphur Fuel Oil by Using OCA (Optical Combustion Analyzer) and a Two Stroke Test Diesel Engine(共著) 査読

    Eiji Tomita, Yuya KUBOTA, Nobuyuki KAWAHARA, Kazuya TSUBOI, Ken MIYACHI, Morio KONDO

    The 29th CIMAC Congress 2019   181   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Differences between PREMIER combustion in a natural gas spark-ignition engine and knocking with pressure oscillations(共著) 査読

    Nobuyuki Kawahara, Kim Yungjin, Hisashi Wadahama, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    Proceedings of the Combustion Institute   37 ( 4 )   4983 - 4991   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.proci.2018.08.055

    Web of Science

    researchmap

  • Advanced Combustion in Natural Gas-Fueled Engines 査読

    Ulugbek Azimov, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    215 - 250   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Singapore  

    DOI: 10.1007/978-981-13-3307-1_8

    researchmap

  • Construction of Numerical Measurement Using DNS Data of Turbulent Premixed Flames 査読

    Kazuya Tsuboi, Takahiro Tomeda, Eiji Tomita, Tatsuya Hasegawa

    The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference   TFEC9-1540   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Extension of PREMIER Combustion Operation Range Using Split Micro Pilot Fuel Injection in a Dual Fuel Natural Gas Compression Ignition Engine: A Performance-Based and Visual Investigation 査読

    Cagdas Aksu, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Morio Kondo, Eiji Tomita

    Fuel   185   243 - 253   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2016.07.120

    Web of Science

    researchmap

  • Combustion characteristics and NOX emissions of biogas fuels with various CO2 contents in a micro co-generation spark-ignition engine 査読

    Yungjin Kim, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    Applied Energy   182   539 - 547   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apenergy.2016.08.152

    Web of Science

    researchmap

  • Combustion characteristics of wet ethanol ignited using a focused Q-switched Nd:YAG nanosecond laser 査読

    Kazi Mostafijur Rahman, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    Fuel   165   331 - 340   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2015.10.067

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of Experimental Measurement and Analysis on the Flame Displacement Speed Using DNS Data of Turbulent Premixed Flames 査読

    Kazuya Tsuboi, Shingo Morishita, Eiji Tomita, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the 10th Asia-Pacific Conference on Combustion   223   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Experimental Study on Combustion Characteristics of Wet Ethanol Ignited by Laser-Induced Breakdown 査読

    Kazi Mostafijur Rahman, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    The 3rd Laser Ignition Conference   W3A.2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effect of ambient pressure on local concentration measurement of transient hydrogen jet in a constant-volume vessel using spark-induced breakdown spectroscopy 査読

    Md Tasyrif Abdul Rahman, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    International Journal of Hydrogen Energy   40 ( 13 )   4717 - 4725   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2015.01.121

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Hydrogen Concentration on Engine Performance, Exhaust Emissions and Operation Range of PREMIER Combustion in a Dual Fuel Gas Engine Using Methane-Hydrogen Mixtures 査読

    Cagdas Aksu, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Shun Nanba, Eiji Tomita, Morio Kondo

    JSAE/SAE 2015 International Powertrains, Fuels & Lubricants Meeting   JSAE20159176 / SAE2015-01-1792   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Visualization and Concentration Measurement of a Direct-Injection Hydrogen Jet in a Constant-Volume Vessel Using Spark-Induced Breakdown Spectroscopy 査読

    Md Tasyrif Abdul Rahman, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    International Journal of Hydrogen Energy   39 ( 31 )   17896 - 17905   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2014.08.146

    Web of Science

    researchmap

  • Consideration on the Flow Velocity in the Experimental Analysis of the Flame Displacement Speed Using DNS Data of Turbulent Premixed Flames with Different Lewis Numbers 査読

    Kazuya Tsuboi, Shingo Morishita, Eiji Tomita

    Open Journal of Fluid Dynamics   4 ( 3 )   278 - 287   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ojfd.2014.43021

    researchmap

  • DNS Analysis on the Indirect Relationship between the Local Burning Velocity and the Flame Displacement Speed of Turbulent Premixed Flames 査読

    Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    Open Journal of Fluid Dynamics   4 ( 3 )   288 - 297   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ojfd.2014.43022

    researchmap

  • Evaluation of the Local Burning Velocity Using DNS Data of Turbulent Premixed Flames 査読

    Kazuya Tsuboi, Ryoji Matsugi, Eiji Tomita

    Natural Science   6 ( 12 )   1030 - 1036   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ns.2014.612093

    researchmap

  • 燃焼の直接数値シミュレーション(DNS)の使い道 -実験解析手法の評価- 招待 査読

    坪井 和也

    日本機械学会誌   117 ( 1148 )   479   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Laser Ignition Characteristics of Hydrous Ethanol 査読

    Kazi Mostafijur Rahman, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    The 2nd Laser Ignition Conference   LIC3-5   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Laser-induced plasma generation and evolution in a transient spray 査読

    Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita

    Optics Express   22 ( 1 )   A44 - A52   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1364/OE.22.000A44

    Web of Science

    researchmap

  • Chemical Effects on Turbulent Premixed Flames nearby a Wall Surface(共著) 査読

    Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita, Tatsuya Hasegawa

    24th International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems   187   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • DNS including the Chemical Process on a Solid Surface in Turbulent Premixed Flames 査読

    Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the Eighth KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference   GST04-012   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Multidimensional CFD simulation of syngas combustion in a micro-pilot-ignited dual-fuel engine using a constructed chemical kinetics mechanism 査読

    Ulugbek Azimov,Masahiro Okuno,Kazuya Tsuboi,Nobuyuki Kawahara,Eiji Tomita

    International Journal of Hydrogen Energy   36 ( 21 )   13793 - 13807   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2011.07.140

    Web of Science

    researchmap

  • DNS analysis on local burning velocity and flame displacement speed of turbulent premixed flames with different density ratio 査読

    Kazuya Tsuboi,Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the ASME/JSME 2011 8th Thermal Engineering Joint Conference   719 - +   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Local burning velocity and flame displacement speed of turbulent premixed flames using DNS database with different Lewis number(共著) 査読

    Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the 8th Asia-Pacific Conference on Combustion   75 - 78   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Evaluation of the Flame Lift-off Length in Diesel Spray Combustion Based on Flame Extinction(共著) 査読

    Ulugbek AZIMOV, Nobuyuki KAWAHARA, Eiji TOMITA, Kazuya TSUBOI

    Journal of Thermal Science and Technology   5 ( 2 )   238 - 251   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jtst.5.238

    Web of Science

    researchmap

  • DNS Analysis on Correlation between Local Burning Velocity and Local Stretch Rate for Turbulent Premixed Flames with Different Lewis Numbers 査読

    Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the 7th Asia-Pacific Conference on Combustion   208   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Statistical Analysis on Turbulent Premixed Flames Using DNS 査読

    Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    DNS and LES of Reacting Flows   27 - 28   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Statistical Analysis of Turbulent Premixed Flames Using DNS 査読

    Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of The Seventh JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC7)   C143   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Analysis on local burning velocities of turbulent premixed flames using DNS databases 査読

    Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    32nd International Symposium on Combustion   90 - 90   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Modelling of the correlation between velocity and reactive scalar gradients in turbulent premixed flames based on DNS data 査読 国際共著 国際誌

    Arnaud Mura, Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    Combustion Theory and Modelling   12 ( 4 )   671 - 698   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13647830801975154

    Web of Science

    researchmap

  • An Analysis of Local Quantities of Turbulent Premixed Flames Using DNS Databases 査読

    Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki, Tatsuya Hasegawa

    Journal of Thermal Science and Technology   3 ( 1 )   103 - 111   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jtst.3.103

    Web of Science

    researchmap

  • Local structure of turbulent premixed flames obtained by DNS 査読

    Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of International Symposium on EcoTopia Science 2007   236 - 239   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Analysis of Local Quantities of Turbulent Premixed Flames Using DNS Databases 査読

    Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki and Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the 7th ASME-JSME Thermal Engineering and Summer Heat Transfer Conference   1   623 - 629   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1115/HT2007-32794

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Local Quantities Analysis of Turbulent Premixed Flames Using DNS Databases 査読

    Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the 21st International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems   88   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Small scale reactive scalar dynamics in turbulent premixed flames Part I: mean reactive scalar dissipation 査読 国際共著 国際誌

    Arnaud Mura, Vincent Robin, Michel Champion, Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the 21st International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems   126   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Analysis of Local Quantities of Turbulent Premixed Flames Using DNS Databases 査読

    Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki and Tatsuya Hasegawa

    Proceedings of the 6th Asia-Pacific Conference on Combustion   348 - 351   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • Direct numerical simulations for intrinsic instabilities of premixed planar flames 査読

    Kazuya Tsuboi and Goro Masuya

    Proceedings of the 4th Asia-Pacific Conference on Combustion   136 - 139   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • 二次元水素-空気予混合火炎の固有不安定におよぼす微小擾乱の影響に関する直接数値シミュレーション 査読

    坪井 和也, 升谷 五郎

    日本燃焼学会誌   45 ( 133 )   184 - 190   2003年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

MISC

  • 計算境界の影響のない水素/空気予混合火炎の固有不安定性のDNSの構築

    上原弘之, 坪井和也, 冨田栄二

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   59th   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DNSデータを用いた数値レーザトモグラフィ法による計測精度向上に向けた取り組み

    松家隆雄, 坪井和也, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   58th   2020年

     詳細を見る

  • 乱流予混合火炎のDNSデータに対する数値レーザトモグラフィ法確立への進展

    坪井和也, 花浴匡維, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   57th   2019年

     詳細を見る

  • 光学的燃焼可視化装置による燃料噴射ノズル内部の旋回流が燃焼特性に及ぼす影響の調査

    山下裕雅, 河原伸幸, 坪井和也, 冨田栄二, 藤井幹, 森中和宏

    マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集   89th   2019年

     詳細を見る

  • LESによる舶用ディーゼルインジェクタ内部構造が噴孔内キャビテーションに及ぼす影響

    牧野琢巳, 坪井和也, 冨田栄二, 藤井幹, 森中和宏

    マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集   88th   2018年

     詳細を見る

  • DNSデータを用いた乱流予混合火炎の数値PIV計測におけるサブピクセル補間に関する検討

    中雄誠, 坪井和也, 冨田栄二, 長谷川達也

    日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集(CD-ROM)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 光学的燃焼可視化装置(OCA)による極低硫黄燃料油の着火性および燃焼性の評価

    窪田裕也, 冨田栄二, 河原伸幸, 坪井和也, 宮地健, 近藤守男

    マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集   88th   2018年

     詳細を見る

  • DNSデータを用いた乱流予混合火炎の数値レーザトモグラフィ法の確立に向けた検討

    花浴匡維, 坪井和也, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   56th   2018年

     詳細を見る

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた数値レーザトモグラフィ法の構築

    花浴匡維, 坪井和也, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   55th   2017年

     詳細を見る

  • ルイス数の異なるDNSデータを用いた乱流予混合火炎の数値計測

    坪井和也, 留田貴弘, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   54th   2016年

     詳細を見る

  • 1011 2次元DNSを用いた火炎の固有不安定性に及ぼす境界条件の影響(燃焼・エンジンシステムII)

    徳重 和輝, 坪井 和也, 冨田 栄二

    講演論文集   2015 ( 53 )   "1011 - 1"-"1011-2"   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • J0550401 DNSデータを用いた乱流燃焼場における局所流速の模擬PIV計測

    留田 貴弘, 坪井 和也, 冨田 栄二

    年次大会   2015   _J0550401 - -_J0550401-   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    It is necessary for the control of turbulent combustion to investigate the local flame structure and combustion properties. However, the detailed local flame structure has yet to be elucidated. Local flow velocity are necessary to evaluate flame stretch rate and strain rate in relation to the flame structure. The evaluation methods of these properties are different in numerical and experimental analyses: in the numerical analyses, direct numerical simulation (DNS) is used, while in the experimental analyses, visualization techniques are needed. Therefore, it is difficult to compare the results obtained from both techniques and to evaluate quantitative relationships. In this study, the differences between the experimental and numerical analyses on local flow velocity were investigated. The Particle Image Velocimetry (PIV) analysis was performed with the DNS data of hydrogen/air turbulent premixed flames. As a result, the vector map and probability density function (PDF) of the local flow velocity obtained from simulated PIV system is in good agreement with those from DNS.

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2015._J0550401-

    CiNii Article

    researchmap

  • ルイス数の異なるDNSデータを用いた火炎変位速度の実験解析手法に関する評価

    片山達哉, 坪井和也, 冨田栄二

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   53rd   2015年

     詳細を見る

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた局所火炎構造に関する模擬PIVによる数値計測

    留田貴弘, 坪井和也, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   53rd   2015年

     詳細を見る

  • 乱流予混合火炎の3次元DNSデータを用いた2次元火炎変位速度の実験解析手法に関する評価と検討

    坪井和也, 森下真吾, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   52nd   2014年

     詳細を見る

  • 213 固体壁面とその近傍での熱化学的条件が水素-空気乱流予混合火炎に及ぼす影響

    坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    計算力学講演会講演論文集   2013 ( 26 )   "213 - 1"-"213-2"   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • G061055 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた火炎変位速度の実験的解析手法に関する検討([G061-05] 熱工学部門,一般セッション(5) : ふく射,燃焼(1))

    森下 真吾, 坪井 和也, 冨田 栄二

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2013   "G061055 - 1"-"G061055-5"   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    The relation of the flame displacement speeds of turbulent premixed flame obtained by both of an experimental analysis method and a numerical calculation was researched using the three-dimensional DNS database of the turbulent premixed flame. The two-dimensional flame displacement speed is experimentally evaluated by a laser sheet imaging approach. In this study, firstly, the flame displacement speeds were obtained by the numerical calculation using both the three-dimensional set and the two-dimensional component of DNS data, and were compared. It was found that negative flame displacement speed appeared only in the two-dimensional calculation. Secondly, the flame displacement speed was evaluated by the analysis method imitated experimental imaging approach, and was compared with the two-dimensional flame displacement speed obtained by the numerical calculation. As a result, it was found that the statistics of the flame displacement speed differed depending on the way to consider the local velocity in experimental analyses.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軽油着火式二元燃料ガスエンジンにおける筒内燃焼の数値解析-Syngas化学反応機構のバイオガス燃焼への適用-

    河副瑠惟, 河原伸幸, 冨田栄二, 坪井和也, 脇坂知行, 近藤守男

    内燃機関シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   24th   2013年

     詳細を見る

  • 火炎変位速度の実験的解析手法に関する乱流予混合火炎の3次元DNSデータを用いた評価

    森下真吾, 坪井和也, 冨田栄二

    燃焼シンポジウム講演論文集   51st   2013年

     詳細を見る

  • 固体壁面とその近傍での熱化学的条件が水素-空気乱流予混合火炎に及ぼす影響

    坪井和也, 冨田栄二, 長谷川達也

    日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM)   26th   2013年

     詳細を見る

  • C115 固体壁面並びにその近傍での熱化学的条件を考慮した水素-空気予混合火炎のDNS(OS-5: これからの燃焼研究(1))

    坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    熱工学コンファレンス講演論文集   2012   75 - 76   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Various turbulent combustion models are currently used with RANS (Reynolds-Averaged Navier-Stokes Simulation) or LES (Large Eddy Simulation) for the analyses and developments of IC (internal combustion) engines. Their models are, however, insufficient for their analyses and developments because the models are constructed by considering only the combustion in the gas phase without considering the chemical process on the internal surface of engine cylinder. In actual IC engines, the effects of chemical process on solid surfaces on the combustion should not be negligible because the combustion takes place in a very small volume surrounded by cylinder liner, cylinder head and piston. In this study, DNS (Direct Numerical Simulation) of premixed flames with a detailed chemical kinetics of hydrogen/air including the chemical processes in the bulk and on the solid surface were implemented. It was found that heat release rate near the wall increased temporally in the case of both a turbulent flame and a planar flame. This may be due to the Lewis number effect or adiabatic wall condition.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • G060011 固体壁面での化学的過程が水素-空気予混合火炎の振舞いに及ぼす影響

    坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2012   "G060011 - 1"-"G060011-3"   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Various turbulent combustion models are currently used with RANS (Reynolds-Averaged Navier-Stokes Simulation) or LES (Large Eddy Simulation) for the analyses and developments of IC (internal combustion) engines. Their models are, however, insufficient for their analyses and developments because the models are constructed by considering only the combustion in the gas phase without considering the chemical process on the internal surface of engine cylinder. In actual IC engines, the effects of chemical process on solid surfaces on the combustion should not be negligible because the combustion takes place in a very small volume surrounded by cylinder liner, cylinder head and piston. In this study, DNS (Direct Numerical Smilation) of premixed flames with a detailed chemical kinetics of hydrogen/air including the chemical processes in the bulk and on the solid surface were implemented. It was found that under the adiabatic wall conditions the flame adjacent to the adiabatic walls as solid surface quenches due to almost no existence of adsorbates.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 予混合圧縮自着火機関筒内現象の数値解析(燃料噴射時期が燃焼に与える影響)

    河原伸幸, 冨田栄二, 坪井和也, 高橋育子, 脇坂知行, 近藤守男

    日本機械学会・自動車技術会内燃機関シンポジウム講演論文集   23rd   2012年

     詳細を見る

  • 固体壁面並びにその近傍での化学的過程を考慮した水素-空気乱流予混合火炎のDNS

    坪井和也, 冨田栄二, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   50th   2012年

     詳細を見る

  • 1302 平面予混合火炎における固有不安定性の励起に関する直i接数値シミュレーション(エンジンシステムI)

    松木 亮治, 冨田 栄二, 坪井 和也

    講演論文集   2011 ( 49 )   393 - 394   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 1301 二元燃料ガスエンジン筒内燃焼現象の数値シミュレーション(エンジンシステムI)

    奥野 真弘, 坪井 和也, Ulugbek Azimov, 冨田 栄二

    講演論文集   2011 ( 49 )   391 - 392   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 乱流予混合火炎における固体壁面での化学的過程に関するDNSによる検討

    坪井和也, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   49th   2011年

     詳細を見る

  • バイオガスを用いた二元燃料ガスエンジン筒内燃焼の数値解析

    田中雅高, 冨田栄二, 河原伸幸, 坪井和也, 脇坂知行

    燃焼シンポジウム講演論文集   49th   2011年

     詳細を見る

  • 水素-空気予混合平面火炎における固有不安定性の励起に関する2次元DNS

    前田典宏, 坪井和也, 冨田栄二

    燃焼シンポジウム講演論文集   49th   2011年

     詳細を見る

  • E114 乱流予混合火炎における局所燃焼速度と火炎変位速度に関するDNS解析(OS-12:次世代の燃焼技術(I))

    坪井 和也, 長谷川 達也

    熱工学コンファレンス講演論文集   2010   125 - 126   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    To investigate the relationship between local burning velocity and flame displacement speed with different density ratio, a numerical analysis was performed using DNS database of turbulent premixed flames. Since it is impossible that the local burning velocity is obtained experimentally, the numerical results using the local burning velocity cannot be compared with any experimental data. The flame displacement speed can be obtained and compared easily with experiments. Thus, to realize comparison of numerical results using the local burning velocity with some experimental ones, it is necessary to reveal the relationship between the local burning velocity and the flame displacement speed.

    DOI: 10.1299/jsmeted.2010.125

    CiNii Article

    researchmap

  • 乱流予混合火炎における局所燃焼速度と火炎変位速度の関係

    坪井和也, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   48th   2010年

     詳細を見る

  • 局所燃焼速度と火炎伸長率との相関に関するDNS解析(反応・多相系 燃焼・反応(2),一般講演)

    坪井 和也, 長谷川 達也

    日本流体力学会年会講演論文集   2009   90 - 90   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本流体力学会  

    To investigate the effects of Lewis number on local burning velocity and stretch rate, a numerical analysis was performed using DNS databases of statistically steady and fully developed turbulent premixed flames. In our previous study, it was found that a probability density function (pdf) of local burning velocity is affected by Lewis number and especially the pdf for lower Lewis number had a wide distribution. To explain the above results, the present work focused on the correlation between local burning velocity and each of local stretch rate, local tangential strain rate and local flame curvature and on the distribution of reaction rates.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNS解析における局所燃焼速度と火炎変位速度

    坪井和也, 長谷川達也

    燃焼シンポジウム講演論文集   47th   2009年

     詳細を見る

  • 603 DNSに基づく乱流予混合火炎の局所量解析(OS4-1 燃焼場の数値解析(1),OS4 燃焼および燃焼技術の進展)

    坪井 和也, 錦 慎之助, 長谷川 達哉

    東海支部総会講演会講演論文集   2008   397 - 398   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmetokai.2008.57.397

    CiNii Article

    researchmap

  • DNSによる乱流予混合火炎の統計解析

    坪井和也, 長谷川達哉

    燃焼シンポジウム講演論文集   46th   2008年

     詳細を見る

  • 乱流予混合火炎のDNSに基づく局所量の特性に関する解析

    坪井和也, 錦慎之助, 長谷川達哉

    燃焼シンポジウム講演論文集   45th   2007年

     詳細を見る

  • 5004 DNSデータベースを用いた乱流予混合火炎の局所量解析(S50-1 乱流燃焼の実験と数値シミュレーション(1),S50 乱流燃焼の実験と数値シミュレーション)

    坪井 和也, 錦 慎之助, 野村 佳洋, 長谷川 達哉

    年次大会講演論文集   2006   351 - 352   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    An analysis of flame area was performed for DNS database of turbulent premixed flames. A local flame front at a prescribed progress variable was identified as a local three-dimensional polygon. The polygon was divided into some triangles and local flame area was evaluated. The turbulent burning velocity was evaluated using the ratio of the total turbulent flame area to the planar flame area and compared with that obtained by the reaction rate.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2006.3.0_351

    CiNii Article

    researchmap

  • D223 DNSデータベースに基づく乱流予混合火炎の局所量に関する解析(反応性流れの基礎と応用2)

    坪井 和也, 錦 慎之助, 野村 佳洋, 長谷川 達哉

    熱工学コンファレンス講演論文集   2006   331 - 332   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    An analysis of flame area was performed for DNS database of turbulent premixed flames. A local flame front at a prescribed progress variable was identified as a local three-dimensional polygon. The polygon was divided into some triangles and local flame area was evaluated. The turbulent burning velocity was evaluated using the ratio of the total turbulent flame area to the planar flame area and compared with that obtained by the reaction rate.

    DOI: 10.1299/jsmeted.2006.331

    CiNii Article

    researchmap

  • DNSデータベースを用いた乱流予混合火炎の局所層流燃焼速度等に関する解析

    坪井和也, 錦慎之助, 野村佳洋, 長谷川達哉

    燃焼シンポジウム講演論文集   44th   2006年

     詳細を見る

  • 乱流予混合火炎の局所量に関するDNSデータベース解析

    坪井和也, 錦慎之助, 野村佳洋, 長谷川達哉

    数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   20th   2006年

     詳細を見る

  • 乱流予混合火炎の局所層流燃焼速度に関するDNSデータベース解析

    坪井和也, 錦慎之助, 長谷川達哉

    日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   43rd   2006年

     詳細を見る

  • ハイブリッド乱流モデルによる乱流予混合火炎のシミュレーション

    押領司一浩, 錦慎之助, 坪井和也, 長谷川達哉

    燃焼シンポジウム講演論文集   43rd   2005年

     詳細を見る

  • 高圧下における水素-空気予混合火炎の固有不安定性

    坪井和也, 升谷五郎

    燃焼シンポジウム講演論文集   42nd   2004年

     詳細を見る

  • 水素-空気予混合平面火炎の固有不安定に及ぼす圧力の影響

    坪井和也, 升谷五郎

    燃焼シンポジウム講演論文集   41st   2003年

     詳細を見る

  • 二次元予混合平面火炎の固有不安定に関する直接数値シミュレーション

    坪井和也, 升谷五郎

    燃焼シンポジウム講演論文集   40th   2002年

     詳細を見る

  • 二次元水素-空気予混合火炎の不安定性に関する直接数値シミュレーション

    坪井和也, 升谷五郎

    日本航空宇宙学会北部支部講演会講演論文集   2002   2002年

     詳細を見る

  • 微小重力場高圧雰囲気中におけるメタノール液滴の燃焼

    田久修, 坪井和也, 瀬川大資, 角田敏一, 竹下保弘

    日本機械学会関西支部定時総会講演会講演論文集   72nd   1997年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • DNSデータに従う仮想粒子を用いた乱流予混合火炎面近傍の流れ場の調査

    松家 隆雄, 坪井 和也

    第59回燃焼シンポジウム  2021年11月22日  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月22日 - 2021年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB(岐阜)  

    researchmap

  • 計算境界の影響のない水素/空気予混合火炎の固有不安定性のDNSの構築

    上原弘之, 坪井和也, 冨田栄二

    日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DNSデータを用いた数値レーザトモグラフィ法による計測精度向上に向けた取り組み

    松家 隆雄, 坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    第58回燃焼シンポジウム  2020年12月3日  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月2日 - 2020年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB(松山)  

    researchmap

  • DNSデータを用いた乱流予混合火炎の数値レーザトモグラフィ法における散乱光に関する検討

    松家 隆雄, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第50回学生員卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 舶用ディーゼルインジェクタの構造が内部流れに及ぼす影響に関する数値的研究

    柳 尚紀, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第50回学生員卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータに対する数値レーザトモグラフィ法確立への進展

    坪井 和也, 花浴 匡維, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    第57回燃焼シンポジウム  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月20日 - 2019年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 光学的燃焼可視化装置による燃料噴射ノズル内部の旋回流が燃焼特性に及ぼす影響の調査

    山下 裕雅, 河原 伸幸, 坪井 和也, 冨田 栄二, 藤井 幹, 森中 和宏

    第89回マリンエンジニアリング学術講演会  日本マリンエンジニアリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月2日 - 2019年10月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:函館  

    researchmap

  • Influence of Particle Diameter on Numerical PIV Measurement Using DNS Data of Turbulent Premixed Flame

    Yusei Naka, Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita, Tatsuya Hasegawa

    The 12th Asia-Pacific Conference on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月1日 - 2019年7月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka  

    researchmap

  • Evaluation of Combustion Characteristics of Ultra Low Sulphur Fuel Oil by Using OCA (Optical Combustion Analyzer) and a Two Stroke Test Diesel Engine

    Eiji Tomita, Yuya KUBOTA, Nobuyuki KAWAHARA, Kazuya TSUBOI, Ken MIYACHI, Morio KONDO

    The 29th CIMAC Congress 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月10日 - 2019年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 水素-空気予混合火炎のDNSデータを用いた数値PLIF計測の構築に向けた検討

    上原 弘之, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第49回学生員卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学  

    researchmap

  • A Study of PREMIER combustion in a pilot ignited dual fuel biogas engine

    Alireza VALIPOUR, 河原 伸幸, 坪井 和也, 冨田 栄二

    第56回燃焼シンポジウム  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月14日 - 2018年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:堺市産業振興センター  

    researchmap

  • DNSデータを用いた乱流予混合火炎の数値レーザトモグラフィ法の確立に向けた検討

    花浴 匡維, 坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    第56回燃焼シンポジウム  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月14日 - 2018年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:堺市産業振興センター  

    researchmap

  • 光学的燃焼可視化装置(OCA)による極低硫黄燃料油の着火性および燃焼性の評価

    窪田 裕也, 冨田 栄二, 河原 伸幸, 坪井 和也, 宮地 健, 近藤 守男

    第88回マリンエンジニアリング学術講演会  日本マリンエンジニアリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月29日 - 2018年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山コンベンションセンター  

    researchmap

  • LESによる舶用ディーゼルインジェクタ内部構造が噴孔内キャビテーションに及ぼす影響

    牧野 琢巳, 坪井 和也, 冨田 栄二, 藤井 幹, 森中 和宏

    第88回マリンエンジニアリング学術講演会  日本マリンエンジニアリング学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月29日 - 2018年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山コンベンションセンター  

    researchmap

  • DNSデータを用いた乱流予混合火炎の数値PIV計測におけるサブピクセル補間に関する検討

    中 雄誠, 坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    熱工学コンファレンス2018  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月20日 - 2018年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた数値PIV計測におけるサブピクセル補間の評価

    中 雄誠, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第48回学生員卒業研究発表講演会  2018年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 舶用ディーゼルエンジンにおけるインジェクタノズル内構造が内部流動および噴霧に及ぼす影響に関するCFDシミュレーション

    牧野 琢巳, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第48回学生員卒業研究発表講演会  2018年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた数値レーザトモグラフィ法の構築

    花浴 匡維, 坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    第55回燃焼シンポジウム  2017年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月13日 - 2017年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた数値レーザトモグラフィ法による火炎変位速度の精度評価

    花浴 匡維, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第47回学生員卒業研究発表講演会  2017年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • ルイス数の異なるDNSデータを用いた乱流予混合火炎の数値計測

    坪井 和也, 留田 貴弘, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    第54回燃焼シンポジウム  2016年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月23日 - 2016年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた火炎変位速度の実験計測における精度評価

    伊森 大記, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第46回学生員卒業研究発表講演会  2016年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた局所火炎構造に関する模擬PIVによる数値計測

    留田 貴弘, 坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    第53回燃焼シンポジウム  2015年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月16日 - 2015年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば  

    researchmap

  • DNSデータを用いた乱流燃焼場における局所流速の模擬PIV計測

    留田 貴弘, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 2015年度年次大会  2015年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月13日 - 2015年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • ルイス数の異なるDNSデータを用いた火炎変位速度の実験解析手法に関する評価

    片山 達哉, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国支部 第53期総会・講演会  2015年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 2次元DNSを用いた火炎の固有不安定性に及ぼす境界条件の影響

    徳重 和輝, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国支部 第53期総会・講演会  2015年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島  

    researchmap

  • 1011 2次元DNSを用いた火炎の固有不安定性に及ぼす境界条件の影響(燃焼・エンジンシステムII)

    徳重 和輝, 坪井 和也, 冨田 栄二

    講演論文集  2015年2月27日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月27日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Effect of Hydrogen Concentration on Engine Performance and Operation Range of PREMIER Combustion in a Dual Fuel Gas Engine using Methane-Hydrogen mixtures

    Cagdas AKSU, Eiji TOMITA, Nobuyuki KAWAHARA, Kazuya TSUBOI, Shun NANBA, Morio KONDO

    第52回燃焼シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月3日 - 2014年12月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎の3次元DNSデータを用いた2次元火炎変位速度の実験解析手法に関する評価と検討

    坪井 和也, 森下 真吾, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    第52回燃焼シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月3日 - 2014年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Evaluating Effect of Elevated Water content on Laser-ignition Characteristics of Premixed charge of Ethanol-Air

    Kazi Mostafijur RAHMAN, Nobuyuki KAWAHARA, Kazuya TSUBOI, Eiji TOMITA

    第52回燃焼シンポジウム  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月3日 - 2014年12月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Effect of split micro-pilot fuel injection on engine performance, exhaust emissions, flame development and operation range of PREMIER combustion in a dual fuel engine using natural gas

    Cagdas Aksu, Eiji Tomita, Nobuyuki Kawahara, Kazuya Tsuboi, Shun Nanba, Morio Kondo

    35th International Symposium on Combustion  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月3日 - 2014年8月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • DNS analysis of thermochemical effects on turbulent premixed flames nearby a wall surface

    Kazuya Tsuboi, Eiji Tomita, Tatsuya Hasegawa

    35th International Symposium on Combustion  2014年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月3日 - 2014年8月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた局所火炎曲率に関する実験解析手法の評価

    留田 貴弘, 坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国学生会 第44回学生員卒業研究発表講演会  2014年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取  

    researchmap

  • 火炎変位速度の実験的解析手法に関する乱流予混合火炎の3次元DNSデータを用いた評価

    森下 真吾,坪井 和也,冨田 栄二

    第51回燃焼シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月4日 - 2013年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Pt表面とその近傍での熱化学的条件が水素?空気乱流予混合火炎に及ぼす影響

    坪井 和也,冨田 栄二,長谷川 達也

    第51回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月4日 - 2013年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 軽油着火式二元燃料ガスエンジンにおける筒内燃焼の数値解析 -Syngas化学反応機構のバイオガス燃焼への適用-

    河副 瑠惟,河原 伸幸,冨田 栄二,*坪井 和也,脇坂 知行,近藤 守男

    第24回内燃機関シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月26日 - 2013年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 固体壁面とその近傍での熱化学的条件が水素?空気乱流予混合火炎に及ぼす影響

    坪井 和也,冨田 栄二,長谷川 達也

    日本機械学会 第26回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月2日 - 2013年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀  

    researchmap

  • 213 固体壁面とその近傍での熱化学的条件が水素-空気乱流予混合火炎に及ぼす影響

    坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    計算力学講演会講演論文集  2013年11月2日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月2日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた火炎変位速度の実験的解析手法に関する検討

    森下 真吾,坪井 和也,冨田 栄二

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日 - 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • G061055 乱流予混合火炎のDNSデータを用いた火炎変位速度の実験的解析手法に関する検討([G061-05] 熱工学部門,一般セッション(5) : ふく射,燃焼(1))

    森下 真吾, 坪井 和也, 冨田 栄二

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan  2013年9月8日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月8日

    記述言語:日本語  

    The relation of the flame displacement speeds of turbulent premixed flame obtained by both of an experimental analysis method and a numerical calculation was researched using the three-dimensional DNS database of the turbulent premixed flame. The two-dimensional flame displacement speed is experimentally evaluated by a laser sheet imaging approach. In this study, firstly, the flame displacement speeds were obtained by the numerical calculation using both the three-dimensional set and the two-dimensional component of DNS data, and were compared. It was found that negative flame displacement speed appeared only in the two-dimensional calculation. Secondly, the flame displacement speed was evaluated by the analysis method imitated experimental imaging approach, and was compared with the two-dimensional flame displacement speed obtained by the numerical calculation. As a result, it was found that the statistics of the flame displacement speed differed depending on the way to consider the local velocity in experimental analyses.

    researchmap

  • 固体壁面並びにその近傍での化学的過程を考慮した水素?空気乱流予混合火炎のDNS

    坪井 和也,冨田 栄二,長谷川 達也

    第50回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月5日 - 2012年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 固体壁面並びにその近傍での熱化学的条件を考慮した水素?空気予混合火炎のDNS

    坪井 和也,冨田 栄二,長谷川 達也

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月17日 - 2012年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本  

    researchmap

  • C115 固体壁面並びにその近傍での熱化学的条件を考慮した水素-空気予混合火炎のDNS(OS-5: これからの燃焼研究(1))

    坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    熱工学コンファレンス講演論文集  2012年11月16日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月16日

    記述言語:日本語  

    Various turbulent combustion models are currently used with RANS (Reynolds-Averaged Navier-Stokes Simulation) or LES (Large Eddy Simulation) for the analyses and developments of IC (internal combustion) engines. Their models are, however, insufficient for their analyses and developments because the models are constructed by considering only the combustion in the gas phase without considering the chemical process on the internal surface of engine cylinder. In actual IC engines, the effects of chemical process on solid surfaces on the combustion should not be negligible because the combustion takes place in a very small volume surrounded by cylinder liner, cylinder head and piston. In this study, DNS (Direct Numerical Simulation) of premixed flames with a detailed chemical kinetics of hydrogen/air including the chemical processes in the bulk and on the solid surface were implemented. It was found that heat release rate near the wall increased temporally in the case of both a turbulent flame and a planar flame. This may be due to the Lewis number effect or adiabatic wall condition.

    researchmap

  • 予混合圧縮自着火機関筒内現象の数値解析

    河原 伸幸,冨田 栄二,*坪井 和也,高橋 育子,脇坂 知行,近藤 守男

    第23回内燃機関シンポジウム  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月31日 - 2012年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 固体壁面での化学的過程が水素?空気予混合火炎の振舞いに及ぼす影響

    坪井 和也,冨田 栄二,長谷川 達也

    日本機械学会2012年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月9日 - 2012年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢  

    researchmap

  • G060011 固体壁面での化学的過程が水素-空気予混合火炎の振舞いに及ぼす影響

    坪井 和也, 冨田 栄二, 長谷川 達也

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan  2012年9月9日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月9日

    記述言語:日本語  

    Various turbulent combustion models are currently used with RANS (Reynolds-Averaged Navier-Stokes Simulation) or LES (Large Eddy Simulation) for the analyses and developments of IC (internal combustion) engines. Their models are, however, insufficient for their analyses and developments because the models are constructed by considering only the combustion in the gas phase without considering the chemical process on the internal surface of engine cylinder. In actual IC engines, the effects of chemical process on solid surfaces on the combustion should not be negligible because the combustion takes place in a very small volume surrounded by cylinder liner, cylinder head and piston. In this study, DNS (Direct Numerical Smilation) of premixed flames with a detailed chemical kinetics of hydrogen/air including the chemical processes in the bulk and on the solid surface were implemented. It was found that under the adiabatic wall conditions the flame adjacent to the adiabatic walls as solid surface quenches due to almost no existence of adsorbates.

    researchmap

  • DNS analysis on correlation between local burning velocity and flame displacement speed of turbulent premixed flames

    Kazuya Tsuboi,Tatsuya Hasegawa

    34th International Symposium on Combustion  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月29日 - 2012年8月3日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Warsaw  

    researchmap

  • DNS including the Chemical Process on a Solid Surface in Turbulent Premixed Flames

    Kazuya Tsuboi,Tatsuya Hasegawa

    Eighth KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月18日 - 2012年3月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Incheon  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎における固体壁面での化学的過程に関するDNSによる検討

    坪井 和也, 長谷川 達也

    第49回燃焼シンポジウム  2011年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月5日 - 2011年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • バイオガスを用いた二元燃料ガスエンジン筒内燃焼の数値解析

    田中 雅高, 冨田 栄二, 河原 伸幸, 坪井 和也, 脇坂 知行

    第49回燃焼シンポジウム  2011年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月5日 - 2011年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 水素?空気予混合平面火炎における固有不安定性の励起に関する2次元DNS

    前田 典弘, 坪井 和也, 冨田 栄二

    第49回燃焼シンポジウム  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月5日 - 2011年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • An Analysis on Local Burning Velocity and Flame Displacement Speed Using DNS Database

    *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    13th International Conference on Numerical Combustion  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月27日 - 2011年4月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Corfu  

    researchmap

  • DNS analysis on local burning velocity and flame displacement speed of turbulent premixed flames with different density ratio

    *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    ASME/JSME 2011 8th Thermal Engineering Joint Conference  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月13日 - 2011年3月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Honolulu  

    researchmap

  • 二元燃料ガスエンジン筒内燃焼現象の数値シミュレーション

    奥野 真弘, Ulugbek Azimov, *坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国支部第49期総会・講演会  2011年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 平面予混合火炎における固有不安定性の励起に関する直接数値シミュレーション

    松木 亮治, *坪井 和也, 冨田 栄二

    日本機械学会 中国四国支部第49期総会・講演会  2011年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • 1302 平面予混合火炎における固有不安定性の励起に関する直i接数値シミュレーション(エンジンシステムI)

    松木 亮治, 冨田 栄二, 坪井 和也

    講演論文集  2011年2月23日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月23日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 1301 二元燃料ガスエンジン筒内燃焼現象の数値シミュレーション(エンジンシステムI)

    奥野 真弘, 坪井 和也, Ulugbek Azimov, 冨田 栄二

    講演論文集  2011年2月23日  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月23日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Local burning velocity and flame displacement speed of turbulent premixed flames using DNS database with different Lewis number

    *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    8th Asia-Pacific Conference on Combustion  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月10日 - 2010年12月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hyderabad  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎における局所燃焼速度と火炎変位速度の関係

    坪井 和也, 長谷川 達也

    第48回燃焼シンポジウム  2010年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月1日 - 2010年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎における局所燃焼速度と火炎変位速度に関するDNS解析

    坪井 和也, 長谷川 達也

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2010  2010年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月30日 - 2010年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNS解析における局所燃焼速度と火炎変位速度

    *坪井 和也, 長谷川 達也

    第47回燃焼シンポジウム  2009年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月2日 - 2009年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNS(直接数値シミュレーション)及びDNSデータを用いた統計解析

    *坪井 和也

    自動車技術会第11回ガソリン機関部門委員会  2009年  自動車技術会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:豊田  

    researchmap

  • 局所燃焼速度と火炎伸長率との相関に関するDNS解析

    *坪井 和也, 長谷川 達也

    日本流体力学会年会2009  2009年  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月2日 - 2009年9月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • DNS Analysis on Correlation between Local Burning Velocity and Local Stretch Rate for Turbulent Premixed Flames with Different Lewis Numbers

    *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    7th Asia-Pacific Conference on Combustion  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月24日 - 2009年5月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taipei  

    researchmap

  • DNSによる乱流予混合火炎の統計解析

    *坪井 和也, 長谷川 達哉

    第46回燃焼シンポジウム  2008年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月3日 - 2008年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • Statistical Analysis on Turbulent Premixed Flames Using DNS

    *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    DNS and LES of Reacting Flows  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月22日 - 2008年10月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Maastricht  

    researchmap

  • Statistical Analysis of Turbulent Premixed Flames Using DNS

    *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月13日 - 2008年10月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo  

    researchmap

  • DNS データベースを用いた乱流予混合火炎の統計解析

    *坪井 和也, 長谷川 達哉

    日本流体力学会年会2008  2008年  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月4日 - 2008年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • A statistical study on turbulent premixed flames using DNS

    *Kazuya Tsuboi

    11th International Workshop on Premixed Turbulent Flames  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月9日 - 2008年8月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal  

    researchmap

  • An Analysis on local burning velocities of turbulent premixed flames using DNS databases

    *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    32nd International Symposium on Combustion  2008年  The Combustion Institute

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月3日 - 2008年8月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Montreal  

    researchmap

  • An analysis on turbulent premixed flames with different Lewis numbers using DNS databases

    *K. Tsuboi

    Workshop on Modeling of Turbulent Combustion  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya  

    researchmap

  • DNSに基づく乱流予混合火炎の局所量解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 長谷川 達哉

    日本機械学会東海支部第57期総会・講演会  2008年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月10日 - 2008年3月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • DNSを用いた乱流予混合火炎の局所燃焼速度に関する解析

    *坪井 和也, 長谷川 達哉

    第23回生研TSFDシンポジウム  2008年  東京大学生産技術研究所TSFD研究グループ

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎のDNSに基づく局所量の特性に関する解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 長谷川 達哉

    第45回燃焼シンポジウム  2007年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月5日 - 2007年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • Local structure of turbulent premixed flames obtained by DNS

    *Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki, Tatsuya Hasegawa

    International Symposium on EcoTopia Science 2007  2007年  EcoTopia Science Institute, Nagoya University

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月23日 - 2007年11月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya  

    researchmap

  • DNSによる乱流予混合火炎の局所量解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 長谷川 達哉

    第5回日本流体力学会中部支部講演会  2007年  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • Small scale reactive scalar dynamics in turbulent premixed flames Part I: mean reactive scalar dissipation

    Arnaud Mura, Vincent Robin, Michel Champion, *Kazuya Tsuboi, Tatsuya Hasegawa

    21st International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems  2007年  Institute of Dynamics of Explosions and Reactive Systems

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月23日 - 2007年7月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Poitiers  

    researchmap

  • Local Quantities Analysis of Turbulent Premixed Flames Using DNS Databases

    *Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki, Tatsuya Hasegawa

    21st International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems  2007年  Institute of Dynamics of Explosions and Reactive Systems

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月23日 - 2007年7月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Poitiers  

    researchmap

  • An Analysis of Local Quantities of Turbulent Premixed Flames Using DNS Databases

    *Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki and Tatsuya Hasegawa

    7th ASME-JSME Thermal Engineering and Summer Heat Transfer Conference  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月8日 - 2007年7月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Vancouver  

    researchmap

  • Analysis of Local Quantities of Turbulent Premixed Flames Using DNS Databases

    *Kazuya Tsuboi, Shinnosuke Nishiki and Tatsuya Hasegawa

    6th Asia-Pacific Conference on Combustion  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月20日 - 2007年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya  

    researchmap

  • DNSデータベースを用いた乱流予混合火炎の解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 長谷川 達哉

    第22回生研TSFDシンポジウム  2007年  東京大学生産技術研究所TSFD研究グループ

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎の局所量に関するDNSデータベース解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 野村 佳洋, 長谷川 達哉

    第4回日本流体力学会中部支部講演会  2006年  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月18日 - 2006年12月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • DNSデータベースを用いた乱流予混合火炎の局所層流燃焼速度等に関する解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 野村 佳洋, 長谷川 達哉

    第44回燃焼シンポジウム  2006年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月6日 - 2006年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

    researchmap

  • DNSデータベースに基づく乱流予混合火炎の局所量に関する解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 野村 佳洋, 長谷川 達哉

    日本機械学会熱工学コンファレンス2006  2006年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月24日 - 2006年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎の局所量に関するDNSデータベース解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 野村 佳洋, 長谷川 達哉

    第20回数値流体力学シンポジウム  2006年  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • DNSデータベースを用いた乱流予混合火炎の局所量解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 野村 佳洋, 長谷川 達哉

    日本機械学会2006年度年次大会  2006年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月18日 - 2006年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本  

    researchmap

  • 乱流予混合火炎の局所層流燃焼速度に関するDNSデータベース解析

    *坪井 和也, 錦 慎之助, 長谷川 達哉

    第43回日本伝熱シンポジウム  2006年  日本伝熱学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月31日 - 2006年6月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • ハイブリッド乱流モデルによる乱流予混合火炎のシミュレーション

    押領司 一浩, 錦 慎之助, *坪井 和也, 長谷川 達哉

    第43回燃焼シンポジウム  2005年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月5日 - 2005年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 圧力変化に対する水素?空気層流予混合火炎の固有不安定に関するDNS

    *坪井 和也, 升谷 五郎, 長谷川 達也

    第3回日本流体力学会中部支部講演会  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜  

    researchmap

  • 高圧下における水素?空気予混合火炎の固有不安定性

    *坪井 和也, 升谷 五郎

    第42回燃焼シンポジウム  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月1日 - 2004年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜  

    researchmap

  • Intrinsic Instabilities of Hydrogen/air Premixed Planar Flames under High Pressure

    *Kazuya Tsuboi and Goro Masuya

    5th Japan-Korea Seminar on Combustion and Heat Transfer & CERC Workshop  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月11日 - 2004年11月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai  

    researchmap

  • 水素?空気予混合平面火炎の固有不安定に及ぼす圧力の影響

    *坪井 和也, 升谷 五郎

    第41回燃焼シンポジウム  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月3日 - 2003年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば  

    researchmap

  • Direct numerical simulations for intrinsic instabilities of premixed planar flames

    *Kazuya Tsuboi and Goro Masuya

    The 4th Asia-Pacific Conference on Combustion  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月23日 - 2003年11月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing  

    researchmap

  • DNS for the Effects of Pressure on the Intrinsic Instability of Premixed Planar Flames

    *Kazuya Tsuboi and Goro Masuya

    4th Korea-Japan Seminar on Combustion and Heat Transfer & CERC Workshop  2003年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月28日 - 2003年9月29日

    記述言語:英語  

    開催地:Jeju  

    researchmap

  • 二次元予混合平面火炎の固有不安定に関する直接数値シミュレーション

    *坪井 和也, 升谷 五郎

    第40回燃焼シンポジウム  2002年  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月4日 - 2002年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • DNS for Instabilities of Premixed Planar Flames

    *Kazuya Tsuboi and Goro Masuya

    3rd Japan-Korea Seminar on Combustion and Heat Transfer  2002年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月25日 - 2002年8月27日

    記述言語:英語  

    開催地:Sendai  

    researchmap

  • DNS for instabilities of premixed planar flames

    *Tsuboi, K. and Masuya, G.

    29th Symposium (International) on Combustion (Work-in-Progress Session)  2002年  The Combustion Institute

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月21日 - 2002年7月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sapporo  

    researchmap

  • 二次元水素?空気予混合火炎の不安定性に関する直接数値シミュレーション

    *坪井 和也, 升谷 五郎

    日本航空宇宙学会北部支部2002年講演会ならびに第3回再使用型宇宙推進系シンポジウム  日本航空宇宙学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月12日 - 2002年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 微小重力場高圧雰囲気中におけるメタノール液滴の燃焼

    田久 修, *坪井 和也, 瀬川 大資, 角田 敏一, 竹下 保弘

    日本機械学会関西支部第72期定時総会講演会  1997年  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月21日 - 1997年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 固体壁面とその近傍での熱化学的条件が水素-空気乱流予混合火炎に及ぼす影響

    日本機械学会 第26回計算力学講演会  2013年 

     詳細を見る

  • Pt表面とその近傍での熱化学的条件が水素-空気乱流予混合火炎に及ぼす影響

    第51回燃焼シンポジウム  2013年 

     詳細を見る

  • 固体壁面での化学的過程が水素-空気予混合火炎の振舞いに及ぼす影響

    日本機械学会2012年度年次大会  2012年 

     詳細を見る

  • 固体壁面並びにその近傍での化学的過程を考慮した水素-空気乱流予混合火炎のDNS

    第50回燃焼シンポジウム  2012年 

     詳細を見る

  • 固体壁面並びにその近傍での熱化学的条件を考慮した水素-空気予混合火炎のDNS

    日本機械学会 熱工学コンファレンス2012  2012年 

     詳細を見る

  • 水素-空気予混合平面火炎における固有不安定性の励起に関する2次元DNS

    第49回燃焼シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

  • 圧力変化に対する水素-空気層流予混合火炎の固有不安定に関するDNS

    第3回日本流体力学会中部支部講演会  2005年 

     詳細を見る

  • 高圧下における水素-空気予混合火炎の固有不安定性

    第42回燃焼シンポジウム  2004年 

     詳細を見る

  • 水素-空気予混合平面火炎の固有不安定に及ぼす圧力の影響

    第41回燃焼シンポジウム  2003年 

     詳細を見る

  • 二次元水素-空気予混合火炎の不安定性に関する直接数値シミュレーション

    日本航空宇宙学会北部支部2002年講演会ならびに第3回再使用型宇宙推進系シンポジウム  2002年 

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 次世代乱流燃焼モデル開発のための燃焼室形状と熱化学条件を考慮した乱流火炎のDNS

    研究課題/領域番号:24560235  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    坪井 和也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5460000円 ( 直接経費:4200000円 、 間接経費:1260000円 )

    輸送・発電用燃焼器内で主として発生している乱流燃焼をより正確に計算出来、モデル定数の修正や調整、付加項が必要であった従来の乱流燃焼モデルに代わり、燃焼器の開発や設計ツールとして利用可能な新たな乱流燃焼モデルを開発する為に、従来考慮されなかった壁面近傍に於ける様々な熱的条件並びに化学的条件を可能な限り考慮した乱流燃焼場の直接数値計算(DNS)を実行した。壁面近傍に於ける様々な熱的条件並びに化学的条件を可能な限り考慮した乱流燃焼場に於ける、壁面近傍での乱流火炎の経時的な振舞いや、壁面に於ける熱的条件が乱流火炎に及ぼす影響、更に、壁面上での吸着種の詳細について、一定程度明らかにする事が出来た。

    researchmap

  • 次世代乱流燃焼モデル開発のための直接数値計算を用いたデータベースの構築

    研究課題/領域番号:22760152  2010年04月 - 2012年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    坪井 和也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、燃焼器内での燃焼をより正確に計算でき、その開発や設計に利用可能な乱流燃焼モデルを開発するため、従来考慮されなかった燃焼器内の気体と壁面の間及び壁面上の化学種の振舞いを考慮した乱流燃焼場の直接数値計算(DNS)をスーパーコンピュータで実行した。その結果、壁面とその近傍の化学種の振舞いを考慮すると、火炎は壁面で消炎してその近傍で熱発生率は増大せず、火炎に大きな影響を及ぼすことが分かり、燃焼器内についてより現実的な条件で行われたDNSによる燃焼計算データが得られた。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 創造工学実験 (2021年度) 1~4学期  - [第1学期]火5,火6,火7,火8, [第2学期]その他, [第3学期]火5,火6,火7,火8, [第4学期]火5,火6,火7,火8

  • 創造工学実験 (2021年度) 1~4学期  - [第1学期]火5,火6,火7,火8, [第2学期]その他, [第3学期]火5,火6,火7,火8, [第4学期]火5,火6,火7,火8

  • 創造工学実験Ⅱ (2021年度) 3・4学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 創造工学実験I (2021年度) 第1学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 機械システム工学演習1 (2021年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2021年度) 後期  - その他

  • 創造工学実験 (2020年度) 1~4学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 創造工学実験 (2020年度) 1~4学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 創造工学実験Ⅱ (2020年度) 3・4学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 創造工学実験I (2020年度) 第1学期  - 火5,火6,火7,火8

  • 機械システム工学演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2020年度) 後期  - その他

▼全件表示