2024/05/11 更新

写真a

チバ ユウタ
千葉 裕太
CHIBA YUTA
所属
文明動態学研究所 助教(特任)
職名
助教(特任)
外部リンク

学位

  • 修士(国際文化) ( 2014年3月   愛知県立大学 )

研究キーワード

  • 物質文化

  • 人類学

  • 考古学

  • メソアメリカ

  • 石材利用の文化史

研究分野

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学  / 民俗医療

  • 人文・社会 / 地域研究  / メキシコ

  • 人文・社会 / 考古学  / メソアメリカ

学歴

  • 愛知県立大学   Graduate School of International Cultural Studies  

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 愛知県立大学   Graduate School of International Cultural Studies  

    - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学   文明動態学研究所   特任助教

    2023年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 南山大学   非常勤講師

    2022年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 名古屋学院大学   非常勤講師

    2022年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 南山大学   外国語学部 スペイン・ラテンアメリカ学科   特別任用講師

    2021年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 愛知県立大学   非常勤講師

    2018年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

  • 中京大学   非常勤講師

    2018年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • 愛知県立大学   多文化共生研究所   客員共同研究員

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 保育・介護・ビジネス名古屋専門学校   非常勤講師

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 物質文化研究会

    2014年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 古代アメリカ学会

    2012年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本ラテンアメリカ学会

    2012年6月 - 現在

      詳細を見る

委員歴

  • 古代アメリカ学会   運営委員(会報担当)  

    2018年1月 - 2022年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

書籍等出版物

  • ディアロゴス ネクスト・ステージ

    泉水浩隆, 柿原武史, 千葉裕太( 担当: 共著)

    三修社  2024年2月  ( ISBN:9784384420241

     詳細を見る

  • Constructing, Deconstructing, and Reconstructing Social Identity: 2,000 Years of Monumentality in Teotihuacan and Cholula, Mexico

    Kabata, Shigeru, Yuta Chiba( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 3: Procurement, Symbolism, and Materialization: Obsidian Artifacts from Teotihuacan Monuments)

    Cultural Symbiosis Research Institute, Aichi Prefectural University  2013年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:19-40   記述言語:日本語

    researchmap

MISC

  • 理化学分析とLiDAR 測量によるテオティワカン遺跡出土火山岩製遺物の産地同定 招待

    千葉裕太

    月刊考古学ジャーナル   795 ( 2024年5月 )   35 - 38   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ニュー・サイエンス社  

    researchmap

  • 琥珀産地シモホベルでの滞在―石と人との関わりを探る 招待

    古代アメリカ学会会報   ( 38 )   6 - 8   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 黒曜石と共存する生活とは-原産地調査を行って- 招待

    古代アメリカ学会会報   ( 34 )   12 - 13   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • Una posibilidad de preferencia de color: la importancia de la obsidian verde y meca para los teotihuacanos

    Chiba, Yuta

    6a Mesa Redonda de Teotihuacan: orígenes, auge, colapso y herencia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月18日

    記述言語:スペイン語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Juan Teotihuacan  

    researchmap

  • テオティワカン―さらなる謎への挑戦― 招待

    千葉裕太

    第33回RIDCマンスリー研究セミナー  2024年4月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • テオティワカン―最新の研究動向とさらなる謎への挑戦― 招待

    千葉裕太

    2024年メキシコ歴史文化講演会  2024年4月11日  メキシコ・日本アミーゴ会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:在日メキシコ大使館、東京  

    メキシコ・日本アミーゴ会主催、在日メキシコ大使館、(社)ラテンアメリカ協会協力。
    [講演概要]
    テオティワカン遺跡では、メキシコ・アメリカ・日本の研究機関による国際共同調査が長年にわたり行われてきた。第2 回講演ではまず、都市を南北につらぬく「死者の大通り」と、3つの主要なモニュメント「月のピラミッド」「太陽のピラミッド」「城塞―羽毛の蛇ピラミッド」に注目して、テオティワカンの概要を述べる。さらに、特別展「古代メキシコ」にも展示された様々な出土品の解説を交えて、テオティワカン文化と人々の生活を紹介する。
    世界中の研究者たちによる長年の調査をもってしても、テオティワカンにはいまだ不明な部分が多い。しかし、最新技術を用いた調査・分析により、近年解き明かされようとしている謎もある。本講演の後半では、3 つのモニュメントに続けて発掘が行われている建築複合群「石柱の広場コンプレックス」の出土品が示すテオティワカンとマヤとのつながり、LiDAR と呼ばれるレーザー測量技術を用いた調査やそこから見込まれる成果など、今まさに行われている「テオティワカンの謎への挑戦」を紹介する。

    researchmap

  • 日本における古代アメリカの研究と教育 招待

    千葉裕太

    2022年12月16日  南山大学ラテンアメリカ研究センター

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • アメリカ大陸の歴史をコロンブスによる『発見』から始めてはいけない! 招待

    千葉裕太

    2021年12月20日  南山大学ラテンアメリカ研究センター

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン(Zoomミーティング)  

    researchmap

  • 石材の呪医的利用―黒曜石を中心とした古代メキシコの事例―

    千葉裕太

    日本ラテンアメリカ学会第42回定期大会  2021年6月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テオティワカンにおける黒曜石の象徴性と色の「選好」

    千葉裕太

    古代アメリカ学会 第9回西日本部会研究懇談会  2019年2月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テオティワカンにおける黒曜石選好性の推移―墓内副葬品分析を中心に―

    千葉裕太

    日本ラテンアメリカ学会第39回定期大会  2018年6月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 黒曜石を用いた世界観の物質化―テオティワカンの埋葬墓における型式分類と空間分析より―

    千葉裕太

    古代アメリカ学会第5回西日本部会研究懇談会  2016年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 黒曜石の呪医的利用-色に象徴化された治癒力-

    千葉裕太

    日本ラテンアメリカ学会 平成26年度中部部会研究会  2014年12月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 植民地期初期メキシコ中央高原における黒曜石の呪医的利用

    千葉裕太

    日本文化人類学会中部地区研究懇談会  2014年5月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Symbolism, Materialization, and Procurement: An Analysis of Obsidian Artifacts From Teotihuacan Monuments

    Kabata, Shigeru, Yuta Chiba

    American Anthropological Association 2012 Annual Meeting  2012年11月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco  

    researchmap

  • テオティワカンのモニュメントから出土した黒曜石の政治性

    嘉幡茂, 千葉裕太

    日本ラテンアメリカ学会第33回定期大会  2012年6月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 理化学分析とLiDAR測量によるテオティワカン遺跡出土火山岩製遺物の産地同定

    研究課題/領域番号:23K18710  2023年08月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    千葉 裕太

      詳細を見る

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    researchmap

  • 史料解読に基づくアステカ王国拡張の歴史的経緯ならびに政治的・宗教的概念の解明

    研究課題/領域番号:23K11614  2023年04月 - 2027年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岩崎 賢, 井上 幸孝, 千葉 裕太

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • テオティワカンにおける黒曜石の象徴性と色の選択傾向の変移

    2021年04月 - 2022年03月

    南山大学  2021年度パッヘ研究奨励金 I-A-2 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:400000円

    researchmap