2021/07/12 更新

写真a

ウエモリ タケシ
上森 武
UEMORI Takeshi
所属
自然科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 広島大学 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学

学歴

  • 広島大学    

    - 2001年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 広島大学   Graduate School, Division of Engineering  

    - 2001年

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   大学院自然科学研究科   准教授

    2014年12月 - 現在

      詳細を見る

  • 近畿大学   工学部機械工学科   准教授

    2012年4月 - 2014年11月

      詳細を見る

  • 近畿大学   工学部機械工学科   講師

    2008年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 広島大学   大学院工学研究科   助教

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • - 広島大学助手

    2001年

      詳細を見る

  • - Hiroshima University, Research Assistant

    2001年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Effect of contact pressure applied on tool surface during cold forging on fatigue life of tool steel 査読

    上森 武

    Procedia Manufacturing   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cyclic stress and strain responses of AZ31 magnesium alloy sheet metal at elevated temperatures 査読

    上森 武

    Procedia Manufacturing   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Elastic and Plastic Microscopic Undulation on the Surface of Polycrystalline Pure Titanium Under Tension 査読

    上森 武

    Journal of Pressure Vessel Technology, Transactions of the ASME   139 ( 6 )   1180 - 189   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Evaluation of thin copper wire and lead-free solder joint strength by pullout tests and wire surface observation 査読

    上森 武

    Crystals   7 ( 8 )   1410 - 1412   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Cracking behavior of thin gold strip deposited on polycarbonate plate under cyclic and stepwisely-increased tension 査読

    上森 武

    MATEC Web of Conferences   108   61 - 71   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Effect of Hardening Rule for Spring Back Behavior of Forging 査読

    Shinobu Narita, Kunio Hayakawa, Yoshihiro Kubota, Takafumi Harada, Takeshi Uemori

    Procedia Engineering   207   167 - 172   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    Geometrical discrepancy between formed part and designed one is one of the major problems for metal forming processes. Spring back behavior is one of the most important factors on the discrepancy, in not only sheet metal forming but also cold forging process. For cold forging process, it is difficult to observe the change in geometry of forgings before and after release of tools/dies, since the workpiece during forging is covered by tools/dies in most cases. Uncertainty remains for the precision on geometrical prediction after spring back of the cold forged part. In the present research, the diameters of extruded shaft at the bottom dead center and after the release of tools/dies were measured to investigate the spring back behavior in the cold forging process. As a result of experiment, the diameter of extruded shaft was increased at the bottom dead center by spring back and decreased after the release by re-extrusion. For these series of change in diameter, FE analyses using isotropic and kinematic hardening models were performed in order to evaluate influence of spring back on the material hardening models in forging process. For kinematic hardening model, Yoshida-Uemori model modified for large strain region was employed. As a result of calculation, both the isotropic and kinematic hardening models showed the similar tendency on the change in diameter with the experimental one.

    DOI: 10.1016/j.proeng.2017.10.756

    Scopus

    researchmap

  • Theoretical predictions of fracture and springback for high tensile strength steel sheets under stretch bending 査読

    Takeshi Uemori, Tetsuo Naka, Naoya Tada, Hidenori Yoshimura, Takashi Katahira, Fusahito Yoshida

    Procedia Engineering   207   1594 - 1598   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    For the last two decades, strong demands for the light weighted structures of automobiles have been increasing in all over the world. In order to satisfy the demands, the high strength steel sheets (hereafter HSSs) have been widely utilized in the various automobile related companies. However, for the companies, it is still one of the hard tasks to apply HSSs for the automobile parts with complex shapes, due to low ductility and large springback of the HSSs. In the present research, we assumed fracture limits in stretch bending are theoretically obtained with the assumption that fracture occurs when stretching force reaches its maximum value. The authors proposed an explicitly theoretical analysis method based on the maximum load criterion that can easily and rapidly allow us to predict the fracture and springback of HSSs by using two no dimensional parameters (limited wall stretch L/L0 (L: limit wall length of a sheet, L0: initial wall length) and bending radius t/R (t: sheet thickness, R: bending radius)). For the evaluations of this method, the comparisons between stretching bending experiments of HSSs and the corresponding theoretical calculations were conducted. From the comparisons, the calculated results by our proposed method have good agreements with the experimental observations.

    DOI: 10.1016/j.proeng.2017.10.1054

    Scopus

    researchmap

  • Influence of Bauschinger Effect and Anisotropy on Springback of Aluminum Alloy Sheets 査読

    Takeshi Uemori, Satoshi Sumikawa, Tetsuo Naka, Ninshu Ma, Fusahito Yoshida

    MATERIALS TRANSACTIONS   58 ( 6 )   921 - 926   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN INST METALS  

    For accurate springback calculations, the development of accurate constitutive equation Yoshida-Uemori model must always be taken into account. However, several springback calculations of other sheet metals by Yoshida-Uemori model have shown wrong agreements with the corresponding experimental data. The reason is why most of them have been calculated from the view point of the accuracy of Bauschinger effect without the strong anisotropy of sheet metal. In the present paper, we have investigated how the initial anisotropy affects the amount of springback for aluminum sheet metals with Bauschinger effect. Specifically, hat bending experiments in R.D. and T.D. were compared with the corresponding calculations. From the above mentioned comparisons, we found that the optimum combination of an anisotropic yield functions and Yoshida-Uemori model is very important for accurate springback analysis.

    DOI: 10.2320/matertrans.L-M2017812

    Web of Science

    researchmap

  • Asymmetric-Shaped Bending of Adhesively Bonded Sheet Metals 査読

    上森 武

    Advances in Engineering Plasticity and its Application XIII   725   630 - 635   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Description of Closure of Cyclic Stress-Strain Loop and Ratcheting Based on Y-U Model 査読

    上森 武

    Advances in Engineering Plasticity and its Application XIII   725   351 - 358   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 間多段鍛造による非調質ボルトの成形および強度解析に及ぼす硬化則の影響 査読

    上森 武

    塑性と加工   57 ( 670 )   50 - 56   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9773/sosei.57.1070

    researchmap

  • 異種金属接着板の引張り曲げ・曲げ戻しおける接着層のせん断変形挙動 査読

    上森 武

    日本接着学会誌   51 ( 7 )   347 - 354   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11618/adhesion.51.347

    researchmap

  • 主せん断ひずみエネルギーによる成形限界の評価 査読

    上森 武

    軽金属   65 ( 5 )   190 - 195   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2464/jilm.65.190

    researchmap

  • Die-dending of adhesively bonded sheet metals 査読

    Michihiro Takiguchi, Taro Tokuda, Tetsuya Yoshida, Takeshi Uemori, Fusahito Yoshida

    Key Engineering Materials   626   103 - 108   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Trans Tech Publications Ltd  

    In this paper, the deformation behavior of adhesive layer in die-Bending for adhesively bonded sheet metals was investigated by experiments and finite element method (FEM). We paid special attention to the bending/unbending shear deformation of the adhesive layer during the die-Bending of adhesively bonded sheet metals by using highly ductile acrylic adhesive. Major results obtained are summarized as follows: (1) The bending/unbending shear deformation of the adhesive layer was observed during the die-Bending. (2) The punch radius has a large influence on the die-Bending in the adhesively bonded sheet metals. (3) It is desirable to perform die-Bending at high speed as well as air-Bending. © (2015) Trans Tech Publications, Switzerland.

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.626.103

    Scopus

    researchmap

  • アルミニウム合金板のスプリングバックに及ぼすバウシンガ効果と異方性の影響 査読

    上森 武, 澄川 智史, 中 哲夫, 麻 寧緒, 吉田 総仁

    軽金属   65 ( 11 )   582 - 587   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 軽金属学会  

    For accurate springback calculations, the development of accurate constitutive equation “Yoshida–Uemori model” must always be taken into account. However, several springback calculations of other sheet metals by Yoshida–Uemori model have shown wrong agreements with the corresponding experimental data. The reason is why most of them have been calculated from the view point of the accuracy of Bauschinger effect without the strong anisotropy of sheet metal. In the present paper, we have investigated how the initial anisotropy affects the amount of springback for aluminum sheet metals with Bauschinger effect. Specifically, hat bending experiments in R.D. and T.D. were compared with the corresponding calculations. From the above mentioned comparisons, we found that the optimum combination of an anisotropic yield functions and Yoshida–Uemori model is very important for accurate springback analysis.

    DOI: 10.2464/jilm.65.582

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Finite element analysis of high tensile strength steel sheet by using complex step derivative approximations 査読

    Takeshi Uemori, Hiroshi Miyake, Tetsuo Naka, Michihiro Takiguchi, Fusahito Yoshida

    Key Engineering Materials   626   187 - 192   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Trans Tech Publications Ltd  

    The framework for the complex step derivative approximations (hereafter CDSA) to calculate the consistent tangent moduli is studied. The present methods is one of the most effective methods to implement any material constitutive equations to the commercial finite element codes and does not suffer from calculation conditions and errors. In order to confirm the efficiency of CDSA, we developed the user subroutine code based on the CDSA using associative J2 flow rules with general nonlinear isotropic hardening rules that is commonly and widely utilized in commercial finite element codes. In this study, the user material subroutine 'Hypela2' of MSC.Marc (ver.2013.0.0) was utilized. The finite element calculation result by the proposal method shows a good agreement with the corresponding result by the MSC.Marc default setting. Also we apply the Yoshida-Uemori back stress model to the CDSA and evaluate this new technique to predict the deformation behavior of high tensile strength steel sheet. © (2015) Trans Tech Publications, Switzerland.

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.626.187

    Scopus

    researchmap

  • 金属薄板材料の塑性異方性を再現できる使いやすい三次元降伏関数

    上森 武

    45   119 - 139   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijplas.2013.01.010

    Web of Science

    researchmap

  • 応力経路変化を伴うアルミニウム板材の応力-ひずみ関係構成方程式

    上森 武

    2012年12月

     詳細を見る

  • 平面応力状態におけるIF鋼の弾塑性変形挙動とそのマクロ-メゾモデリング

    上森 武

    ISIJ International   52 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

    平面応力状態におけるIF鋼の弾塑性変形挙動とそのマクロ-メゾモデリングについて検討している

    DOI: 10.2355/isijinternational.52.735

    researchmap

  • 降伏関数の違いが吉田上森モデルの材料パラメータに与える影響

    上森 武

    Steel Research International   830 - 835   2011年10月

     詳細を見る

    降伏関数の違いが吉田上森モデルの材料パラメータに与える影響について検討している

    researchmap

  • 応力経路変化時におけるバウシンガー効果の構成式

    上森 武

    Steel Research International   819 - 823   2011年10月

     詳細を見る

    応力経路変化時において生じるバウシンガー効果の実験結果とそのモデリングについて検討している

    researchmap

  • 面内異方性を持つIF鋼板の弾塑性特性とそのマクロ-メゾモデリング

    北山功志郎, 上森 武

    2011年4月

  • プレス成形シミュレーションにおける材料モデルの検討

    上森 武

    2010年

     詳細を見る

  • 二軸応力経路が変化した際の高張力鋼板の弾塑性変形挙動

    上森 武

    2010年

     詳細を見る

  • 二軸応力経路が変化する場合の高張力鋼板の弾塑性変形挙動

    上森 武

    2009年

     詳細を見る

  • 板材の引張試験, 変形特性と成形性の評価試験

    上森 武

    2009年

     詳細を見る

  • ショットピーニングによるコールドバットジョイント

    上森 武, 兵庫県立大

    2009年

     詳細を見る

  • 高張力鋼板と異種金属のショットピーニングによるバットジョイント

    上森 武, 兵庫県立大

    2009年

     詳細を見る

  • ひずみ速度,温度,板厚の影響がAZ31マグネシウム合金板の降伏曲面に与える影響

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    201 ( 1-3 )   395 - 400   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmatprotec.2007.11.189

    Web of Science

    researchmap

  • 調質圧延における鋼板の不均一塑性変形と降伏点除去過程のFEMシミュレーション

    上森 武

    2008年

  • 非比例変形時における高張力鋼板の塑性変形挙動とそのモデル化

    上森 武

    2008年

     詳細を見る

  • 温間ストレッチ下におけるAZ31板FLDとその予測

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2008年

     詳細を見る

  • AZ31マグネシウム合金板のひずみ速度と温度が降伏曲面に与える影響

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2007年

     詳細を見る

  • 非比例変形を受ける高張力鋼板の塑性変形挙動とそのモデル化

    上森 武

    2007年

     詳細を見る

  • 高精度スプリングバック解析に必要な大ひずみ繰返し塑性構成式

    上森 武

    2007年

     詳細を見る

  • 大ひずみ繰返し塑性構成式とスプリングバック解析への応用

    上森 武

    45 ( 10 )   1687 - 1702   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijmecsci.2003.10.013

    Web of Science

    researchmap

  • 大ひずみ繰返し塑性構成式とスプリングバック解析への応用

    上森 武

    45 ( 10 )   1687 - 1702   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijmecsci.2003.10.013

    Web of Science

    researchmap

  • 5083アルミニウム合金の降伏曲面に与える温度の影響

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    140   494 - 499   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0924-0136(03)00780-5

    Web of Science

    researchmap

  • 5083アルミニウム合金の降伏曲面へのひずみ速度と温度が与える影響

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2003年

▼全件表示

MISC

  • Investigation of Cyclic Elasto-Plastic Behavior of Coppeer Sheet

    Key Engineering Materials   2002年

     詳細を見る

  • A model of large-strain cyclic plasticity describing the Bauschinger effect and workhardening stagnation

    F Yoshida, T Uemori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PLASTICITY   18 ( 5-6 )   661 - 686   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This paper presents a constitutive model that has a high capability of describing the deformation behavior of large-strain cyclic plasticity and also the stress-strain responses at small-scale re-yielding after large prestrain. A new equation of backstress evolution is proposed for an accurate simulation of the transient Bauschinger effect. Furthermore, an original idea of a non-isotropic-hardening surface defined in the stress space is presented for the description of the workhardening stagnation appearing under reverse deformation, as well as the strain-range and mean-strain dependencies of cyclic hardening characteristics. The validity of this model is confirmed by comparing the cyclic stress-strain responses calculated by the model with the experimental observations on some steel sheets and an aluminum sheet. (C) 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0749-6419(01)00050-X

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • スプリングバック解析におけるバウシンガー効果の適切なモデル化の重要性

    塑性と加工   43 ( 498 )   65 - 69   2002年

     詳細を見る

  • A Constitutive Equation for Description of Large-Strain Cyclic Plasticity

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers   68 ( 667 )   415 - 421   2002年

     詳細を見る

  • Importance of Appropriate Modeling of the Bauschinger Effect in Springback Analysis

    Journal of the Japan Society for Technology of Plasticity   43 ( 498 )   65 - 69   2002年

     詳細を見る

  • Investigation of Cyclic Elasto-Plastic Behavior of Coppeer Sheet

    Key Engineering Materials   2002年

     詳細を見る

  • Elastic-plastic behavior of steel sheets under in-plane cyclic tension-compression

    YOSHIDA F, UEMORI T, FUJIWARA K

    International Journal of Plasticity   18 ( 5/6 )   633 - 659   2002年

  • A model of large-strain cyclic plasticity describing the Bauschinger effect and workhardening stagnation

    Fusahito Yoshida, Takeshi Uemori

    International Journal of Plasticity   18 ( 5-6 )   661 - 686   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    This paper presents a constitutive model that has a high capability of describing the deformation behavior of large-strain cyclic plasticity and also the stress-strain responses at small-scale re-yielding after large prestrain. A new equation of backstress evolution is proposed for an accurate simulation of the transient Bauschinger effect. Furthermore, an original idea of a non-isotropic-hardening surface defined in the stress space is presented for the description of the workhardening stagnation appearing under reverse deformation, as well as the strain-range and mean-strain dependencies of cyclic hardening characteristics. The validity of this model is confirmed by comparing the cyclic stress-strain responses calculated by the model with the experimental observations on some steel sheets and an aluminum sheet. © 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0749-6419(01)00050-X

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 大ひずみ繰返し塑性変形挙動を記述する構成式

    吉田総仁, 上森武

    日本機会学会論文集(A編)   68 ( 667 )   415 - 421   2002年

  • Elastic-plastic behavior of steel sheets under in-plane cyclic tension-compression

    International Journal of Plasticity   18 ( 5/6 )   633 - 659   2002年

  • 高張力鋼板の面内応力反転時の弾塑性挙動とそのモデル化

    塑性と加工   43 ( 494 )   59 - 63   2002年

     詳細を見る

  • Plasticity Models Describing the Bauschinger Effect and Yield-Point Phenomena

    INZYNIERIA MATERIALOWA   974?980   2001年

     詳細を見る

  • 軟鋼板の大ひずみ繰返し塑性変形挙動とその構成モデル

    塑性と加工   30 ( 338 )   358 - 364   2001年

     詳細を見る

  • Plasticity Models Describing the Bauschinger Effect and Yield-Point Phenomena

    INZYNIERIA MATERIALOWA   974?980   2001年

     詳細を見る

  • FE analysis of springback in hat-bending with consideration of initial anisotropy and the Bauschinger effect

    Key Engineering Materials   497?502   2000年

     詳細を見る

  • FE analysis of springback in hat-bending with consideration of initial anisotropy and the Bauschinger effect

    Key Engineering Materials   497?502   2000年

     詳細を見る

  • Simulation of springback in V-bending process by elasto-plastic finite element method with consideration of Bauschinger effect

    Metals and Materials   311?314   1998年

     詳細を見る

  • Simulation of springback in V-bending process by elasto-plastic finite element method with consideration of Bauschinger effect

    Metals and Materials   311?314   1998年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • AZ31合金の双晶変形に及ぼす集合組織の影響

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2013年6月 

     詳細を見る

  • 金属接着板の加圧曲げ加工

    上森 武, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校

    2013年6月 

     詳細を見る

  • 複素数階微分法による高張力鋼板のスプリングバック解析

    上森 武, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校

    2013年6月 

     詳細を見る

  • 弾粘塑性構成方程式を用いた高延性接着材の有限要素解析

    上森 武, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校

    2013年6月 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の面内繰返し変形挙動実験観察とそのモデル化

    上森 武

    2013年3月 

     詳細を見る

  • 金属材料の基礎的研究

    上森 武

    2013年3月 

     詳細を見る

  • 矯正工程による残留応力を考慮した板成形有限要素解析

    上森 武

    2013年3月 

     詳細を見る

  • 複素数階微分法による高延性接着材の弾粘塑性変形挙動有限要素解析

    上森 武, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校, 広島商船高等専門学校

    2013年3月 

     詳細を見る

  • 吉田6次降伏関数を用いたアルミニウム合金および鋼板の絞りしごきの成形性評価

    上森 武, JSOL

    2012年11月 

     詳細を見る

  • 析出硬化型マグネシウム合金の結晶方位ランダム化とプレス成形性(第2報)

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2012年11月 

     詳細を見る

  • 応力反転時におけるバウシンガー効果のモデル化

    上森 武

    2012年9月 

     詳細を見る

  • 多結晶塑性理論によるアルミニウム合金の降伏曲面とバウシンガー効果の検討

    上森 武

    2012年6月 

     詳細を見る

  • 析出硬化型マグネシウム合金の結晶方位ランダム化とプレス成形性

    上森 武, 大阪府大, 大阪府大, 弓削商船高等専門学校

    2012年6月 

     詳細を見る

  • 応力テンソルの線形変換と不変量による異方性降伏関数の表現

    上森 武

    2012年6月 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の成形シミュレーションに及ぼす異方性降伏関数の影響

    上森 武

    2012年6月 

     詳細を見る

  • 異方性降伏関数とバウシンガー効果を考慮した高張力鋼板の成形シミュレーション

    上森 武, JOSL

    2012年6月 

     詳細を見る

  • 結晶塑性理論によるアルミニウム合金の降伏曲面とバウシンガー効果の検証

    上森 武

    2012年5月 

     詳細を見る

  • 応力経路が変化するバウシンガー効果のモデル化

    上森 武

    2011年5月 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の形状凍結性に及ぼす引張力の影響(第3報)

    橋本友彰, 上森 武

    2011年5月 

     詳細を見る

  • 鋼板のr値と流動応力の異方性を記述する降伏関数の提案

    吉田総仁, 上森 武

    2011年5月 

     詳細を見る

  • オーステナイト系ステンレス鋼の大ひずみ繰返し変形挙動とそのモデル化

    濱崎洋, 上森 武

    2011年5月 

     詳細を見る

  • オーステナイト系ステンレス鋼の大ひずみ繰返し変形挙動とそのモデル化

    兼折直樹, 上森 武

    2011年3月 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の穴広げ成形シミュレーションの高精度化

    田村翔平, 上森 武

    2011年3月 

     詳細を見る

  • 非比例負荷時の応力-ひずみ応答の解析

    上森 武

    2011年3月 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の曲げによるスプリングバックに及ぼすパンチ先端半径の影響

    橋本友彰, 上森 武

    2011年 

     詳細を見る

  • 結晶塑性理論に基づくアルミニウム合金の異方性と降伏曲面予測

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 結晶塑性理論によるr値予測

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板のスプリングバック解析

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 5000,6000系アルミニウム合金の弾塑性変形挙動実験観察

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 塑性異方性の影響がアルミニウム合金板のスプリングバック解析に与える影響

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 均質化手法による軽量多孔質板の塑性変形挙動シミュレーション

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 5000系および6000系アルミニウム合金板の弾塑性挙動実験観察とその材料モデル の検証

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 純アルミニウムにおける弾塑性挙動の実験観察

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 結晶塑性理論を用いたfcc金属弾塑性変形挙動数値シミュレーション

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • 均質化手法による金属薄板繰返し応力-ひずみ関係の数値シミュレーション

    上森 武

    2010年 

     詳細を見る

  • オーステナイト系ステンレス鋼の応力-ひずみ関係に及ぼすひずみ経路の影響

    上森 武

    2009年 

     詳細を見る

  • 結晶塑性理論による鋼の弾塑性変形特性の解析的予測

    上森 武

    2009年 

     詳細を見る

  • 5000系アルミニウム合金板の二軸引張りおよび繰返し弾塑性変形挙動

    上森 武

    2009年 

     詳細を見る

  • オーステナイト系ステンレス鋼の繰返し変形挙動と応力誘起マルテンサイト変態の影響

    上森 武

    2009年 

     詳細を見る

  • 種々の異方性降伏関数と吉田-上森モデルの組合せによるアルミニウム合金板のスプリングバック解析

    上森 武

    2009年 

     詳細を見る

  • 繰り返し負荷試験と最適化手法による金属板材の材料パラメータ同定

    上森 武

    2009年 

     詳細を見る

  • 二軸応力経路変化時における高張力鋼板の弾塑性変形挙動

    上森 武

    2009年 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の非比例塑性変形挙動とそのモデル化

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • AZ31マグネシウム合金の温間FLDとその予測

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2008年 

     詳細を見る

  • 大ひずみ繰返し構成式とそのスプリングバック解析とその補償例への適用

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • アルミニウム合金板のスプリングバック解析に及ぼす異方性降伏関数の影響

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • 結晶塑性理論による鋼の繰返し弾塑性変形挙動解析

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • 変形経路を考慮したAZ31Mg合金板の温間FLDの予測

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2008年 

     詳細を見る

  • メゾ-ミクロ領域における数値解析

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • AZ31マグネシウム合金板の温間非比例FLDとその解析的予測(等二軸張出し後のFLD)

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2008年 

     詳細を見る

  • 5000系および6000系アルミニウム合金板の弾塑性変形挙動とそのモデル化

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • AZ31板の非比例張出し成形に及ぼす温度と速度の影響(単軸引張り後のFLD)

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2008年 

     詳細を見る

  • 結晶塑性理論によるBCC金属の解析的降伏曲面予測

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • 多軸予変形を受けたオーステナイト系ステンレス鋼板の応力ひずみ関係

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • 5000系アルミニウム合金板の二軸および繰返し変形挙動の実験観察

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の応力経路変化における応力―ひずみ応答の実験観察とそのモデル化

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • AZ31 Mg合金板の温間非比例成形限界予測

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2008年 

     詳細を見る

  • 多孔質積層板の基礎的変形挙動とその数値解析

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • 高張力鋼板の引張り曲げ成形限界の解析的予測

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2008年 

     詳細を見る

  • 5000系アルミニウム合金板の二軸および繰返し変形挙動の実験観察

    上森 武

    2008年 

     詳細を見る

  • ひずみ速度,温度そして板厚の違いがAZ31マグネシウム合金板の降伏曲面に与える影響

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2007年 

     詳細を見る

  • 正確なスプリングバック解析のため大ひずみ繰返し塑性構成式

    上森 武

    2007年 

     詳細を見る

  • 応力経路変化を考慮した高張力鋼板の弾塑性変形挙動とそのモデル化

    上森 武

    2007年 

     詳細を見る

  • 鋼板のひずみ経路変化における応力-ひずみ応答の実験観察

    上森 武

    2007年 

     詳細を見る

  • AZ31降伏曲面に与えるひずみ速度,温度の影響

    上森 武, 弓削商船高等専門学校

    2007年 

     詳細を見る

  • 非比例変形下における高張力鋼板の塑性変形挙動とそのモデル化

    上森 武

    2007年 

     詳細を見る

  • 正確なスプリングバック解析のための大ひずみ塑性構成式

    上森 武

    2006年 

     詳細を見る

  • 塑性異方性のモデル化とスプリングバック解析への適用

    上森 武

    2006年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 日本塑性加工学会論文賞

    2002年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 塑性加工学会新進賞

     詳細を見る

  • 塑性加工学会論文賞

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 高精度大ひずみ弾塑性材料モデルを用いた一貫成形FEMの開発とその応用

    2015年11月 - 2018年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費基盤研究(C) 

    上森 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 弾塑性FEMによるハット曲ゲスプリングバック解析

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 材料・力学メタモデル構築によるスプリングバック補正プレス金型の最適設計

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費基盤研究(B) 

    吉田 総仁, 上森 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Springback analysis for Hat-bending by the elasto-plastic FEM

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 冷間鍛造部品の供用時強度評価シミュレーションの高精度化

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費基盤研究(C) 

    早川 邦夫, 上森 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • 基本機械システム製図 (2021年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 基本機械システム製図 (2021年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 塑性工学 (2021年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 塑性工学 (2021年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 応用固体力学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • 数値計算法 (2021年度) 第4学期  - 月5,月6,月7

  • 数値計算法 (2021年度) 第4学期  - 月5,月6,月7

  • 材料力学Ⅱ (2021年度) 第3学期  - 月1,月2,水1,水2

  • 材料力学Ⅱ (2021年度) 第3学期  - 月1,月2,水1,水2

  • 材料応用設計学 (2021年度) 後期  - 金1,金2

  • 材料設計工学 (2021年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習1 (2021年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2021年度) 後期  - その他

  • CAD (2021年度) 1・2学期  - 金5,金6

  • CAD (2021年度) 1・2学期  - 金5,金6

  • 基本機械システム製図 (2020年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 基本機械システム製図 (2020年度) 1・2学期  - 木5,木6,木7,木8

  • 塑性工学 (2020年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 塑性工学 (2020年度) 第4学期  - 月1,月2

  • 応用固体力学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • 数値計算法 (2020年度) 第4学期  - 月5,月6,月7

  • 数値計算法 (2020年度) 第4学期  - 月5,月6,月7

  • 材料力学Ⅱ (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,水1,水2

  • 材料力学Ⅱ (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,水1,水2

  • 材料応用設計学 (2020年度) 後期  - 金1,金2

  • 材料設計工学 (2020年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学セミナーⅡ (2020年度) 第3学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーⅡ (2020年度) 第3学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーⅡ (2020年度) 第3学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーⅡ (2020年度) 第3学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーI (2020年度) 第1学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーI (2020年度) 第1学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーI (2020年度) 第1学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学セミナーI (2020年度) 第1学期  - 水5,水6,水7,水8

  • 機械システム工学概論 (2020年度) 前期  - 金1,金2

  • 機械システム工学演習1 (2020年度) 前期  - その他

  • 機械システム工学演習2 (2020年度) 後期  - その他

  • CAD (2020年度) 1・2学期  - 金5,金6

  • CAD (2020年度) 1・2学期  - 金5,金6

▼全件表示