2022/03/30 更新

写真a

キム ビョンス
金 秉洙
Kim Byeongsu
所属
環境生命科学学域 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

研究キーワード

  • 地盤防災

  • 不飽和土

  • 数値シミュレーション (FEM & DEM)

  • 地盤材料改良

  • せん断強度・変形

  • 疎水性地盤材料

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 不飽和土の保水性が浸透特性に及ぼす影響について

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 法面不浸透層用の疎水性地盤材料の選定基準の確立

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / キャピラリーバリア盛土への疎水材の適用性評価

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 不飽和土構造物のせん断強度・変形特性の評価

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / DEMシミュレーションを用いた土のせん断挙動における解析的研究

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 一面せん断試験の隙間幅の設定基準に関する解析的研究

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 室内盛土実験による地盤材料改良の適用性の評価

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 地盤の力学的挙動評価のための数値解析(DEMFEM)

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 地盤災害軽減のための防災システム開発及び地盤安定性評価

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学  / 地盤材料の改良及び新材料の開発

▼全件表示

学歴

  • 神戸大学   Graduate School of Engineering  

    2007年10月 - 2010年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 檀国大学 (Korea)   工科大学院   土木環境工学 博士前期課程

    2005年3月 - 2007年2月

      詳細を見る

  • 檀国大学 (Korea)   工学部土木環境工学科  

    1998年3月 - 2005年2月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   学術研究院環境生命科学学域   准教授

    2020年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   助教

    2013年6月 - 2020年9月

      詳細を見る

  • 神戸大学   大学院工学研究科   学術研究員

    2010年10月 - 2013年5月

      詳細を見る

所属学協会

  • 地盤工学会 (韓国)

    2012年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 土木学会

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 地盤工学会

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • メンブレン境界を有する三主応力制御試験の個別要素法解析およびそれを用いた土の破壊規準の検討 査読

    韓 雨松, 加藤 正司, 金 秉洙, Seong-Wan Park

    地盤工学ジャーナル   17 ( 1 )   101 - 113   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3208/jgs.17.101

    researchmap

  • Characterizing suction stress and shear strength for unsaturat-ed geomaterials under various confining pressure conditions 査読

    Byeong-Su Kim, Seong-Wan Park, Tara N. Lohani, Shoji Kato

    Transportation Geotechnics   100747 - 100747   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trgeo.2022.100747

    researchmap

  • Establishing selection criteria of water repellent sandy soils for use in impervious layer of engineered slope 査読

    Byeong-Su Kim, Daoju Ren, Seong-Wan Park, Shoji Kato

    293   123551 - 123551   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2021.123551

    researchmap

  • Effects of Grain Shape on Mechanical Behavior of Granular Materials Using DEM Analysis 査読

    Byeong-Su Kim, Tatsuo Sakakibara, Seong-Wan Park, Shoji Kato

    2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12205-021-0582-z

    researchmap

  • Evaluation of the Water Shielding Performance of a Capillary Barrier System through a Small-Scale Model Test 査読

    Byeong-Su Kim

    11 ( 11 )   5231 - 5231   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app11115231

    researchmap

  • Assessment of Water Retention Test by Continuous Pressurization Method 査読

    Byeong-Su Kim, Masanori Hatakeyama, Seong-Wan Park, Hyun-Su Park, Yuji Takeshita, Shoji Kato

    44 ( 2 )   20190410 - 20190410   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1520/gtj20190410

    researchmap

  • Comparative Study on Predicting the Wetting Band Depth of Unsaturated Road Slope 査読

    Byeong-Su Kim, Seong-Wan Park

    22 ( 5 )   13 - 23   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7855/ijhe.2020.22.5.013

    researchmap

  • Disaster report of 2018 July heavy rain for geo-structures and slopes in Okayama 査読

    S. Nishimura, Y. Takeshita, S. Nishiyama, S. Suzuki, T. Shibata, T. Shuku, M. Komatsu, B. Kim

    60 ( 1 )   300 - 314   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2020.01.009

    researchmap

  • 一面せん断試験の隙間幅の設定基準に関する解析的研究 査読

    金 秉洙, 加藤 正司, Seong-Wan PARK, 竹下 祐二

    土木学会論文集A2(応用力学)   76 ( 1 )   1 - 6   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p> 本研究では,数種類の砂質土試料を用いて行った一面せん断試験結果から提案された,上下せん断箱間の隙間幅設定の基準となると考えられるスレスホルドライン(TL)の有効性を個別要素法(DEM)により検討した.平均粒径および粒度が異なる4種類の試料を作製して一面せん断試験の状況をDEMにより再現し,試験時の隙間幅の大きさを変化させたシミュレーションを行った.その結果,DEMシミュレーションにより得られたスレスホルドポイント(T.P)はTLに比べて最大差が0.17mm程度となり,実材料実験より得られたTLとほぼ同様な傾向を示すことが分かった.今回の結果および過去の検討結果から,TLは試料の平均粒径および粒度の影響を受けない傾向があり,一面せん断試験でのせん断箱の隙間幅設定において有効な指標となる可能性があることが示唆された.</p>

    DOI: 10.2208/jscejam.76.1_1

    CiNii Article

    researchmap

  • 疎水性地盤材料の作製方法とその遮水性能に関する研究 査読

    金 秉洙, 加藤 正司, Seong-Wan Park, 竹下 祐二

    地盤工学ジャーナル   14 ( 4 )   343 - 352   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    <p>本研究では,土材料の疎水化方法の違いが遮水機能に与える影響について検討を行った。疎水化方法としてシラン処理及びコンクリート被覆養生材を利用した疎水化処理を用いた。処理した試料を用いて,接触角測定試験,水滴浸入時間試験,及び新たに考案した水浸入水頭試験の3種類の試験を行い,試料の疎水性の程度を評価した。そして,2種類の処理方法における処理溶液の混合率や希釈率を変化させて,それぞれの方法の特徴や作製に要する費用を検討し,より効率的な方法について調べた。得られた結果として,シラン試薬による処理は高い遮水機能が発揮されるが,作製費用も高くなることが示された。一方で,コンクリート被覆養生材による疎水化方法の場合,作製費用は抑えられるが遮水機能も低下することが判明した。以上の結果を総合的に評価すると,今回使用した薬剤を用いた場合,シラン試薬による処理の方がより効率的な作製方法であると判断される。</p>

    DOI: 10.3208/jgs.14.343

    CiNii Article

    researchmap

  • Assessment of continuous pressurization method for soil-water characteristic curve 査読

    Park, H.S, Kim, B.S, Lee, E.R, Park, S.W

    35 ( 9 )   5 - 13   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Experimental approach to estimate strength for compacted geomaterials at low confining pressure 査読

    Kim, B.S, Kato, S, Park, S.W

    18 ( 5 )   459 - 469   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of suction stress on strength characteristics of a compacted silty soil under low confining pressure 査読

    Kato Shoji, Lohani Tara Nidhi, Kim Byeong-Su, Park Seong-Wan

    Japanese Geotechnical Society Special Publication   7 ( 2 )   46 - 51   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    <p>In order to study the effects of suction stress on undrained shear strength of unsaturated soil under low confining pressure, unconfined compression tests and constant water content shear tests, in which the suction value and the volume change were measured, were carried out using the compacted specimen of a silty soil. The calculated failure stress state parameters were then analyzed with the equivalent confining pressure by taking into account of three kinds of suction stress; one is obtained from the soil water retention curve corresponding to the degree of saturation and the measured suction, and the others are obtained from the soil water retention curve for the water content and suction value, s* decided by the suction stress - SWRC method (SSM). A unique failure line was obtained for both saturated and unsaturated cases. This verifies the relevance of new suction stress estimation method. In addition, the results also suggests that the unsaturated shear strength can be predicted from uniaxial compression test with specimens at different initial moisture contents if the SWRC for water content is known. </p>

    DOI: 10.3208/jgssp.v07.006

    CiNii Article

    researchmap

  • 平成30年7月豪雨における岡山の土構造物及び斜面の災害 査読

    西村伸一, 柴田俊文, 珠玖隆行, 竹下祐二, 小松 満, 金 秉洙

    地盤工学会誌   67 ( 7 )   18 - 21   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 連続加圧式保水性試験装置による疎水性砂の水分特性曲線とヒステリシスに関する研究 査読

    金 秉洙, 畠山 正則, 加藤 正司, 竹下 祐二

    地盤工学ジャーナル   14 ( 2 )   111 - 121   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    <p>本研究では,連続加圧方式による加圧板法の保水性試験装置を用いて親水・疎水性砂の保水特性について調べた。試験試料として豊浦砂を用い,シラン処理により人工的に疎水性砂を作製し,無処理砂(親水性砂)と共に連続加圧方式の保水性試験を行った。連続加圧方式を用いることによって水分特性曲線の排水・吸水過程に要する試験時間が段階加圧方式の試験方法に比べて短縮された。また,親水性砂と疎水性砂の水分特性曲線の比較により,空気侵入値は疎水性砂の場合が高い値を示すが,水浸透値に関しては,親水性砂の場合が高い値を示すことが分かった。これらの結果から,親水性砂より疎水性砂において,水分特性曲線のヒステリシスが大きくなる傾向が明らかになった。</p>

    DOI: 10.3208/jgs.14.111

    CiNii Article

    researchmap

  • Field Monitored Unsaturated Hydraulic Behavior on a Roadside Soil Slope : a Case Study 査読

    Jung-Su Kim, Hyun-Su Park, Byeong-Su Kim, Seong-Wan Park

    International Journal of Highway Engineering   21 ( 1 )   43 - 50   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Korean Society of Road Engineers  

    DOI: 10.7855/ijhe.2019.21.1.043

    researchmap

  • 細粒分含有率が河川堤防の安全性に及ぼす影響に関する研究 査読

    金 秉洙, 小林 弘昌, 加藤 正司, 朴 宬完, 竹下 祐二

    地盤と建設, 地盤工学会中国支部論文報告集   35 ( 1 )   37 - 44   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A simple method for estimating wetting path of soil water char-acteristic curve on unsaturated soils 査読

    Park, H.S, Kim, B.S, Park, S.W

    Journal of Korean Geotechnical Society   33 ( 6 )   37 - 48   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 河川堤防材料の細粒分含有率が浸透特性に及ぼす影響 査読

    金 秉洙, 渡 優樹, 加藤 正司, 竹下 祐二

    地盤と建設, 地盤工学会中国支部論文報告集   34 ( 1 )   45 - 5   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of Suction Stress on Critical State of Compacted Silty Soils under Low Confining Pressure 査読

    Byeong-Su Kim, Seong-Wan Park, Yuji Takeshita, Shoji Kato

    International Journal of Geomechanics   16 ( 6 )   D4016010-1-11   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society of Civil Engineers (ASCE)  

    DOI: 10.1061/(asce)gm.1943-5622.0000665

    researchmap

  • Condition Assessment of Various Types of Road Cavities Using DEM 査読

    Yeonho Kim, Hyunsu Park, Byeongsu Kim, Seong-Wan Park

    International Journal of Highway Engineering   18 ( 5 )   39 - 47   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Korean Society of Road Engineers  

    DOI: 10.7855/ijhe.2016.18.5.039

    researchmap

  • Impacts of rainfall events and distribution on unsaturated soil slope analysis 査読

    Kim, J.H, Kim, H.G, Kim, B.S, Park, S.W

    Journal of Korean Geotechnical Society   32 ( 1 )   35 - 43   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • DEMシミュレーションによる一面せん断試験の隙間幅に関する検討 査読

    金 秉洙, 加藤 正司, Seong-Wan PARK, 竹下 祐二

    地盤工学ジャーナル   11 ( 1 )   21 - 31   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    一面せん断試験において上下せん断箱間に隙間を設けた場合,その隙間幅の大きさが強度特性に影響を与えることが報告されている.このためKimら1)は,数種類の砂質土試料を用いた一面せん断試験結果から,上下せん断箱間の隙間幅設定の基準となるスレスホルドライン(TL)を提案した.本研究ではKimら1)による一面せん断試験の状況を個別要素法(Distinct Element Method)により再現し,平均粒径を固定しながら粒度分布を変化させた試料を用いて隙間幅の大きさを変化させたシミュレーションを行い,TLの有効性について検討した.その結果,異なる粒度分布を持つ試料のスレスホルドポイント(T.P)が,Kimら1)の実材料実験より得られたTLとほぼ同様な傾向を示すことが示された.この結果は,せん断箱の隙間幅の設定に関して,提案されているTLが有効であることを示唆している.

    DOI: 10.3208/jgs.11.21

    CiNii Article

    researchmap

  • Effect of fine grain content on unsaturated shear strength of embankment material

    Kim Byeongsu, Kato Shoji, Park Seong-Wan, Takeshita Yuji

    Japanese Geotechnical Society Special Publication   4 ( 4 )   60 - 63   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    <p>An embankment material is generally comprised of the gravel, sand, silt and clay. In particular, the fine grain content (Fc, under sieve #200) affects the mechanical characteristics of an embankment under unsaturated state such as the shear strength and the infiltration at a rainfall. Thus, a series of the constant water content compression tests in this study is performed on the Fc from 10% to 50% using a decomposed granite soil of the embankment. The shear behavior according to the Fc are examined with the degree of saturation. The increase of the shear strength, that is, an apparent cohesion due to the suction on the Fc is also examined through the comparison with the theoretical result based on the Suction stress - SWRC Method (SSM). It could be understood that the effect on the shear strength over Fc= 25% is maximized, and the soil sample over Fc= 25% would have a decided advantage as an embankment material.</p>

    DOI: 10.3208/jgssp.v04.j02

    CiNii Article

    researchmap

  • Study on opening between shear boxes using DEM simulation

    Kim Byeong-Su, Takeshita Yuji, Park Seong-Wan, Kato Shoji

    Japanese Geotechnical Society Special Publication   2 ( 18 )   681 - 684   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    The slope failure so far has been occurred due to the heavy rainfall, and induced losses of a human life and properties. In order to prevent these damages, the measurement and the evaluation for the strength characteristics of the ground such as the shear strength and the angle of internal friction should be required. The direct shear test (DST) which is one of testing methods for this has been generally used, and has several experimental limitations. In particular, it should be recognized that there is no the standard of the opening size between the shear boxes in the DST, and the strength characteristics can vary according to the opening size. Thus, Kim et al. (2012) suggested that the opening size is determined based on the Threshold-Line. In this study, the Threshold-Line (TL) proposed by Kim et al. (2012) was examined through the distinct element method (DEM) simulation. As a result, the shear behaviors in the DEM simulation are similar to the experimental results by Kim et al. (2012). Through the results of the DEM simulation, it can be confirmed that the TL can be a standard for the opening size in the DST.

    DOI: 10.3208/jgssp.TC103-01

    CiNii Article

    researchmap

  • プレッシャーインフィルトロメーターを用いた現場飽和透水係数の測定方法に関する考察 査読

    竹下 祐二, 金 秉洙, 森井 俊広

    地盤と建設, 地盤工学会中国支部論文報告集   33 ( 1 )   181 - 186   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 不飽和状態の親・疎水性砂のせん断挙動に及ぼすメニスカス水の影響

    金 秉洙, 加藤 正司, Seong-Wan PARK, 竹下 祐二

    地盤工学ジャーナル   10 ( 2 )   267 - 276   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    自然状態の土は一般的に親水性材料であるが,オイル流出などの有機汚染や環境汚染,また山火事などの自然災害により疎水性の土へと変化する場合がある.土の疎水性は土中水の接触角やその分布に影響を及ぼすため,力学特性が変化する可能性が考えられる.しかしこれまでの不飽和土の研究分野では,親水性材料に限って研究が進められており,疎水性を持つ不飽和土に関するデータがほとんどないのが現状である.よって本研究では,韓国産のジュムンジン砂を用いて人工的に疎水砂を作製し,メニスカス水が不飽和状態でのせん断挙動に及ぼす影響について実験的に検討した.また,実験より得られた不飽和土せん断強度に対してサクション応力の考え方を用い,その適用性について検討した.

    DOI: 10.3208/jgs.10.267

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DEM simulation on deformation mode and stress state for specimen shape in direct shear test 査読

    BYEONG-SU KIM, SEONG-WAN PARK, SHOJI KATO

    International Journal of Computational Methods   11 ( 02 )   1342004 - 1342004   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific Pub Co Pte Lt  

    In order to examine the deformation mode and the stress state according to the specimen shape in the direct shear test (DST), a series of the three-dimensional DEM (distinct element method) simulations of the DST for sandy soils were carried out with the circular and the rectangular specimens. From the obtained results, the deformation mode of the rectangular specimen was under the plane strain condition, while the deformation mode of the circular specimen could not be explained as a plane strain condition. In addition, the principal stress states around the potential shear plane were analyzed and discussed by means of the analysis of the soil particle level.

    DOI: 10.1142/s0219876213420048

    researchmap

  • 兵庫県北西部地域における2009年台風9号による山腹斜面崩壊の実態と発生メカニズムについて 査読

    鏡原聖史, 鳥居宣之, 金秉洙, 川尻峻三, 澁谷啓

    地盤工学ジャーナル   8 ( 3 )   489 - 504   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人地盤工学会  

    2009年8月,台風9号による豪雨によって兵庫県北西部において,洪水災害および山腹斜面崩壊・土石流・がけ崩れなどの土砂災害が多数箇所で発生した。この台風による土砂災害の内,過去の風倒木被害地で発生した山腹斜面崩壊が多数を占めていた。そこで,本論文では,この台風で発生した山腹斜面崩壊の地形的特徴を整理した。さらに山腹斜面崩壊地周辺での調査,室内試験(不撹乱試料を用いた低圧一面せん断試験など)ならびに無限平衡斜面における安定解析を行った。その結果,過去に発生した風倒木被害地で70%近くの山腹斜面崩壊が発生していたこと,等が明らかとなった。また,表層が飽和することで土の粘着力が大きく低下し,安定解析で不安定となる厚さと崩壊深さが一致する。このことから,過去の風倒木被害地での山腹斜面崩壊は,降雨浸透による地盤強度の低下が主たる原因で発生すると考えられた。

    DOI: 10.3208/jgs.8.489

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Density effect on suction stress characteristics on compacted weathered gneiss soils 査読

    Park, S.W, Kim, B.S, Kwon, H.G, Lim, J.S

    Journal of Korean Geotechnical Society   29 ( 8 )   15 - 25   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of rainfall-patterns on slope stability in unsaturated weathered soils 査読

    Kim, B.S, Park, S.W

    Journal of Korean Geotechnical Society   33 ( 3 )   1027 - 1035   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Suction stress and its application on unsaturated direct shear test under constant volume condition 査読

    B.S. Kim, S. Shibuya, S.W. Park, S. Kato

    Engineering Geology   155   10 - 18   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.enggeo.2012.12.020

    researchmap

  • 大型土槽実験によるジオシンセティックス L型排水盛土防水工の補強土壁への適用性

    白 濟民, 澁谷 啓, 許 晋碩, 尾方 武文, 金 秉洙, 忠野 祐介

    ジオシンセティックス論文集   28 ( 0 )   353 - 360   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国際ジオシンセティックス学会日本支部  

    本論文では,澁谷ら(2008)が提案するジオシンセティックス排水材を用いたL型排水盛土防水工をテールア ルメ補強土壁へ適用することにより,豪雨時の安定性が確保できることを大型土槽実験により検証した結果を 述べている.裏込め材として細粒分含有率が33%の自然土を締固め度90%となるように転圧し,防水工がない 場合とある場合の2ケースの浸透実験を実施した.壁面変位および盛土内に配置した傾斜計,水分計,サクシ ョン計,水位計により補強土壁全体の挙動を詳細に観察し,浸透流解析シミュレーションにより防水効果を確 認した.L型排水盛土防水工は,補強土壁背面からの浸透流に対して,補強土壁全体の安定性を確保する上で 抜群の効果があることが明らかとなった.

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.28.353

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/90003305

  • Effect of opening on the shear behavior of granular materials in direct shear test 査読

    Byeong-Su Kim, Satoru Shibuya, Seong-Wan Park, Shoji Kato

    KSCE Journal of Civil Engineering   16 ( 7 )   1132 - 1142   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s12205-012-1518-4

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s12205-012-1518-4/fulltext.html

  • DEM simulation of collapse behaviours of unsaturated granular materials under general stress states

    B.S. Kim, S.W. Park, S. Kato

    Computers and Geotechnics   42   52 - 61   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.compgeo.2011.12.010

    researchmap

  • Application of suction stress for estimating unsaturated shear strength of soils using direct shear testing under low confining pressure 査読

    Byeong-Su Kim, Satoru Shibuya, Seong-Wan Park, Shoji Kato

    Canadian Geotechnical Journal   47 ( 9 )   955 - 970   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Canadian Science Publishing  

    The primary objective of this study is to evaluate effects of suction on shear strength of unsaturated soils under low confining pressure and to examine the relationships between suction, shear strength behavior, and volumetric deformation using newly developed direct shear testing equipment for compacted weathered granite soils. The soil-water retention curves (SWRCs) of unsaturated soils were obtained under various overburden pressures. To analyze test results from the direct shear test under unsaturated conditions, a new method, suction stress–SWRC method (SSM), is proposed to determine the suction value for each overburden pressure and the suction stresses. As a result, it has been found that the stress states at the peak shear strength point are on the same failure line for the saturated state when the suction stress is treated as a component of confining pressure. The relationship between stress ratio and dilatancy for the saturated state can be extended to the unsaturated state. It is also noted that the estimated unsaturated shear strengths using the SSM agree well with the measured values from laboratory testing.

    DOI: 10.1139/t10-007

    researchmap

    その他リンク: http://www.nrcresearchpress.com/doi/pdf/10.1139/T10-007

  • Effect of suction on unconfined compressive strength in partly saturated soils 査読

    Jonggil Chae, Byeongsu Kim, Seong-wan Park, Shoji Kato

    KSCE JOURNAL OF CIVIL ENGINEERING   14 ( 3 )   281 - 290   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KOREAN SOCIETY OF CIVIL ENGINEERS-KSCE  

    Unconfined compression tests are performed in this study to evaluate the effect of matric suction on the strength and the deformation characteristics of dynamically and statically compacted silt soils. In order to estimate the suction stress, the change in suction and the volume change of the soil samples are measured, and the relationship between suction stress and unconfined strength is established. Under different conditions of the initial degree of saturation and the dry density in soils, the relationship between suction and the degree of saturation at failure can be expressed by a unique soil-water characteristic curve. This result shows a similar tendency to that of a predicted equation using the same parameters for the soil-water characteristic curves. The unconfined compressive strength is also affected by the suction stress which seems to work as a confining pressure for unsaturated conditions. These results demonstrate that the suction stress can be used for estimating the relationship between suction and the unconfined compression test.

    DOI: 10.1007/s12205-010-0281-7

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s12205-010-0281-7/fulltext.html

  • 低圧条件下での不飽和土の一面せん断試験に対するサクション応力の適用について 査読

    金 秉洙, 加藤 正司, 澁谷 啓

    応用力学論文集, JSCE   12   353 - 362   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 限界状態へ至るまでの構造変化に関する個別要素法による基礎的検討

    韓 雨松, 加藤 正司, 金 秉洙

    第55回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2020年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月21日 - 2020年7月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都(2020年7月)  

    researchmap

  • サクションの測定方法による不飽和せん断強度の推定に関する研究

    金秉洙, 任道駒, 岩田成史, 竹下祐二, 加藤正司

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • 疎水性地盤材料の遮水性能の評価に関する研究

    KIM Byeongsu, REN Daoju, 岡本良太, 竹下祐二, 加藤正司

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • 疎水性地盤材料の斜面への適用性の評価に関する研究

    KIM Byeongsu, REN Daoju, 岡本良太, 竹下祐二, 加藤正司

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • Evaluation of capillary barrier system under lateral non-flow condition of sand layer 国際共著 国際会議

    Kim, B.S, Takeshita, Y, Kato, S, Park, S.W

    Proc. 7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月23日 - 2019年8月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan  

    23-25 Aug., 2019, Nagoya, Japan, pp. EA08-1-2.

    researchmap

  • 疎水性地盤材料を混合したキャピラリーバリア材の遮水性能に関する研究

    KIM Byeongsu, 小林弘昌, 森啓史朗, 竹下祐二, 加藤正司

    地盤工学研究発表会発表講演集(Web)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    researchmap

  • キャピラリーバリアの砂層における浸透水の非側方流動性を考慮した解析的研究

    金 秉洙, 小林 弘昌, 竹下 祐二, 加藤 正司

    全国大会 第73回年次学術講演会(平成30年8月),土木学会  2018年8月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月29日 - 2018年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Water retention characteristics of water repellent soils using continuous pressurization method 国際共著 国際会議

    Kim, B.S, Kato, S, Park, S.W, Takeshita, Y

    Proc. 7th International Conference on Unsaturated Soils  2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月3日 - 2018年8月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong  

    Hong Kong, 3-5th August 2018, pp. 709-713.

    researchmap

  • キャピラリーバリアの被覆層における疎水材の適用性の検討 -その1: 疎水材の物理・保水特性-

    金 秉洙, 小林 弘昌, 黒木 優, 竹下 祐二, 加藤 正司

    第53回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月24日 - 2018年7月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シラン処理による土質材料の疎水性に関する基礎的研究

    加藤正司, 藤本涼平, 金秉洙

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    researchmap

  • キャピラリーバリアの被覆層における疎水材の適用性の検討-その2:室内模型実験の実施-

    KIM Byeongsu, 小林弘昌, 松本一樹, 竹下祐二, 加藤正司

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    researchmap

  • キャピラリーバリアの砂層における浸透水の非側方流動性を考慮した解析的研究

    金秉洙, 小林弘昌, 竹下祐二, 加藤正司

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    researchmap

  • Verification of threshold line in direct shear test using DEM simulation 国際共著 国際会議

    Kim, B.S, Takeshita, Y, Kato, S, Park, S.W

    Proc. 19th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering (ICSMGE)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月17日 - 2017年9月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Seoul, Korea  

    17~22 Sept. 2017, Seoul, Korea, pp. 1043-1046.

    researchmap

  • 降雨浸透による河川堤防内の水分動態計測に関する考察

    竹下祐二, 津國遼太郎, 金秉洙, 児子真也

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    researchmap

  • 一面せん断試験のDEMシミュレーションを用いた隙間幅の設定基準の検討

    金秉洙, 加藤正司, 竹下祐二

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2016年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    researchmap

  • 飽和・不飽和ベントナイトの圧密特性とそのモデル化

    山本修一, 志村友行, 加藤正司, 金秉洙, 林秀郎, 朝野英一

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    researchmap

  • 一般応力状態でのせん断試験における粒状材料の構造変化

    韓 雨松, 加藤 正司, 金 秉洙

    第56回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2021年7月12日  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形(Online)  

    山形(2021年7月), 12-4-1-07.

    researchmap

  • Numerical analysis for application of water-repellent soil as geomaterial for impermeable layer of embankment slope

    KIM B.S, REN D, MATSUI Y, KATO S

    第56回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2021年7月12日  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形(2021年7月)  

    researchmap

  • 疎水性高炉水砕スラグの盛土斜面への適用性に関する研究

    金 秉洙, 松井 祐太, 任 道駒, 岩本 大地, 加藤 正司

    第56回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2021年7月12日  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形(2021年7月)  

    researchmap

  • 疎水材を用いた高遮水層の開発のための実証試験疎水材を用いた高遮水層の開発のための実証試験

    加藤 正司, 金 秉洙, Lohani Taradhi, 津田 航匡, 村田 祐輔

    第56回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2021年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サクション応力の低拘束圧下での不飽和土のせん断強度への影響 国際共著

    加藤 正司, 金 秉洙, Park Seong-Wan, 竹下 祐二, Lohani Tarardhini

    第55回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都(2020年7月)  

    23-1-4-01

    researchmap

  • Empirical approach for estimating wetting path of soil water characteristic curve

    Park, H.S, Kim, B.S, Kato, S, Park, S.W

    Proc. 16th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taipei, Taiwan  

    14-18, Oct., 2019, Taipei, Taiwan, SF01-02-006

    researchmap

  • Applicability of unsaturated soil mechanics for resilient modulus: Case study of a Korean experience 国際共著 国際会議

    Park, S.W, Park, H.S, Kim, B.S, Kato, S

    Proc. 16th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotech-nical Engineering  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taipei, Taiwan  

    TC202-004

    researchmap

  • Experimental verification of the continuous pressurization method on SWCC 国際共著 国際会議

    Park, H.S, Kim, B.S, Kato, S, Park, S.W

    Proc. 7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of suction stress on strength characteristics of a compacted silty soil under low confining pressure 国際共著 国際会議

    Kato, S, Lohani, T.N, Kim, B.S, Park, S.W

    Proc. 7th Asia-Pacific Conference on Unsaturated soils  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan  

    23-25 Aug., 2019, Nagoya, Japan, pp. 46-51.

    researchmap

  • シラン処理による土質材料の疎水性に関する基礎的研究(その2: せん断強度特性)

    加藤 正司, 金 秉洙, ロハニ タラディ, 竹下 祐二, 原口 穣

    第54回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キャピラリーバリア盛土における疎水性混合土の適用性評価

    金 秉洙, 小林 弘昌, 竹下 祐二

    第45回地盤工学セミナー報告会,ポスターセッション,地盤工学会中国支部  2019年6月22日  地盤工学会中国支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山口県周南市  

    researchmap

  • 疎水性地盤材料の作製方法とその遮水性能に関する研究

    金 秉洙, 小林 弘昌, 門吉 峻斗, 竹下 祐二

    第71回土木学会中国支部研究発表会  2019年6月  地盤工学会中国支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山(2019年6月1日)  

    researchmap

  • せん断時に圧縮する不飽和土へのサクション応力の適用性について

    加藤 正司, 金 秉洙, Seong-Wan Park

    2019年度 不飽和土研究会論文集  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 疎水材のキャピラリーバリア盛土への適用とその限界について

    金 秉洙, 竹下 祐二, 加藤 正司

    2019年度 不飽和土研究会論文集  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉  

    2019年5月30日~31日,応用地質,埼玉, pp. 58-61.

    researchmap

  • キャピラリーバリア盛土における疎水性地盤材料の適用性の検討

    金 秉洙, 小林 弘昌, 竹下 祐二

    第44回地盤工学セミナー報告会,ポスターセッション,地盤工学会中国支部  2018年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 地中レーダによる河川堤防表層における浸透挙動の調査事例

    片山 頌嵩, 竹下 祐二, 新開 竜大, 金 秉洙

    第53回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和土の一軸圧縮試験および定含水比せん断試験の強度特性へのサクション応力の影響とSSMの適用性

    加藤 正司, ロハニ タラディ, 金 秉洙, 竹下 祐二

    第53回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • キャピラリーバリアの被覆層における疎水材の適用性の検討 -その2: 室内模型実験の実施-

    金 秉洙, 小林 弘昌, 松本 一樹, 竹下 祐二, 加藤 正司

    第53回地盤工学研究発表会,地盤工学会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Applicability evaluation of water repellent soil to the sand layer of capillary barrier 国際共著 国際会議

    Kobayashi, H, Kim, B.S, Takeshita, Y, Kato, S

    Proc. 5th Japan-Korea Joint Workshop on Unsaturated Soils  2018年5月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seoul, Korea  

    18 May. 2018, Seoul, Korea, pp. 113-120.

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 2014年若手研究者に対する国際最優秀論文賞

    2014年7月   国際地盤工学会の不飽和土分野技術委員会(TC106)  

    金 秉洙

     詳細を見る

 

担当授業科目

  • Civil Engineering I (2021年度) 第1学期  - 木2,木3

  • Civil Engineering II (2021年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 土木工学I (2021年度) 第1学期  - 木2~3

  • 土木工学II (2021年度) 第2学期  - 金3~4

  • 土質力学I (2021年度) 1・2学期  - 月5~7

  • 土質力学I及び演習B (2021年度) 第2学期  - 月5~7

  • 土質試験法及び実験 (2021年度) 3・4学期  - 金6,金8

  • 土質試験法及び実験 (2021年度) 3・4学期  - 金5,金6,金7,金8

  • 土質試験法及び実験A (2021年度) 第3学期  - 金6,金8

  • 土質試験法及び実験B (2021年度) 第4学期  - 金6,金8

  • 地盤・地下水学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 地盤・地下水学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 地盤・地下水学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 地盤・地下水学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 地盤力学 (2021年度) 前期  - 木6~7

  • 地盤環境設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 地盤環境設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 地盤環境設計学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 地盤環境設計学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 地盤防災工学 (2021年度) 後期  - その他

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 環境解析学I (2021年度) 3・4学期  - 月8~9

  • 環境解析学IA (2021年度) 第3学期  - 月8~9

  • 環境解析学IA (2021年度) 第4学期  - 月8~9

  • 環境解析学IB (2021年度) 第3学期  - 月8~9

  • 環境解析学IB (2021年度) 第4学期  - 月8~9

  • 線形代数 (2021年度) 1・2学期  - 金5,金6

  • 線形代数 (2021年度) 1・2学期  - 金5,金6

  • 線形代数1 (2021年度) 第1学期  - 金5,金6

  • 線形代数2 (2021年度) 第2学期  - 金5,金6

  • 線形代数I (2021年度) 1・2学期  - 金5~6

  • Civil Engineering I (2020年度) 第1学期  - 木2,木3

  • Civil Engineering II (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 土木工学I (2020年度) 第1学期  - 木2,木3

  • 土木工学II (2020年度) 第2学期  - 金3,金4

  • 土質力学I (2020年度) 1・2学期  - 月6,月7

  • 土質力学I及び演習B (2020年度) 第2学期  - 月6,月7,月8

  • 土質試験法及び実験 (2020年度) 3・4学期  - 金6,金8

  • 土質試験法及び実験 (2020年度) 3・4学期  - 金5,金6,金7,金8

  • 土質試験法及び実験A (2020年度) 第3学期  - 金6,金8

  • 土質試験法及び実験B (2020年度) 第4学期  - 金6,金8

  • 地盤環境工学 (2020年度) 後期  - 木4,木5

  • 地盤環境設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 地盤環境設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 地盤環境設計学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 地盤環境設計学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 応用地盤環境工学 (2020年度) 後期  - その他

  • 環境解析学I (2020年度) 3・4学期  - [第3学期]火4,火5, [第4学期]火7,火8

  • 環境解析学IA (2020年度) 第3学期  - 火4,火5

  • 環境解析学IA (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 環境解析学IB (2020年度) 第3学期  - 火4,火5

  • 環境解析学IB (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

▼全件表示

 

学術貢献活動

  • 論文査読

    役割:査読

    Soils and Foundations  2021年10月13日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Geotechnical Engineering  2021年9月24日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Soils and Foundations  2021年9月4日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    KSCE Journal of Civil Engineering  2021年7月23日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Journal of Geotechnical Engineering  2021年7月11日 - 2021年11月30日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • Review Editor (Geotechnical Engineering, Frontiers in Built Environment)

    役割:審査・評価, 査読

    Jie Han, Ph.D.  2021年6月15日 - 現在

     詳細を見る

  • 「地盤と建設」編集委員委員会 委員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 査読

    地盤工学会 中国支部  2021年4月1日 - 2023年3月31日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 地盤工学会 中国支部 表彰委員会委員

    役割:審査・評価

    地盤工学会 中国支部  2021年4月1日 - 2023年3月31日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Geomachanics and Engieering  2021年3月22日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 地盤工学会誌のモニター委員

    役割:審査・評価

    地盤工学会  2020年4月1日 - 2022年3月31日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Soils and Foundations  2020年1月22日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 実行委員会 委員(7th Asia-Pacific Conference On Unsaturated Soils)

    役割:企画立案・運営等

    Feng ZHANG, Yuji KOHGO, Yuji TAKESHITA  2019年8月23日 - 2019年8月25日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • 地盤工学会 中国支部 中国支部地域幹事会 委員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    地盤工学会 中国支部  2013年6月1日 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

▼全件表示