2024/04/22 更新

写真a

ヤマダ カズキ
山田 和希
YAMADA Kazuki
所属
医歯薬学域 助教(特任)
職名
助教(特任)
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2019年3月   岡山大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences  

    2015年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 山形大学   Faculty of Medicine   School of Medicine

    2003年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学学術研究院医歯薬学域   運動器医療材料開発講座   助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

    2018年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 産業医科大学若松病院 整形外科   修練指導医

    2017年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

    2016年1月

      詳細を見る

  • 旭川療育園・医療センター

    2015年10月 - 2015年12月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

    2015年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

  • 水島中央病院   整形外科   医員

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 岡山医療センター   整形外科   レジデント

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 恩師財団済生会山形済生病院   初期臨床研修医

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • ORS(Orthopaedic Research Society)

      詳細を見る

  • 日本股関節鏡研究会

      詳細を見る

  • 人工関節を語る若手研究会

      詳細を見る

  • 中国・四国整形外科学会

      詳細を見る

  • 日本小児股関節研究会

      詳細を見る

  • 日本骨折治療学会

      詳細を見る

  • 中部日本整形外科・災害外科学会

      詳細を見る

  • 日本人工関節学会

      詳細を見る

  • 日本リハビリテーション医学会

      詳細を見る

  • 日本整形外科スポーツ医学会

      詳細を見る

  • 日本小児整形外科学会

      詳細を見る

  • 日本股関節学会

      詳細を見る

  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)

      詳細を見る

  • 日本整形外科学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本股関節学会   診療ガイドライン査読委員(FAI担当)  

    2021年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • 自宅でできるリハビリテーション(第17回) 股関節唇損傷に対するリハビリテーション

    山田 和希, 山根 秀平, 西井 彩, 福場 美賀夫, 太田 晴之, 濱田 全紀, 堅山 佳美, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    Loco Cure   10 ( 1 )   84 - 88   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)先端医学社  

    <ポイント>・股関節唇損傷におけるリハビリテーションでは,骨盤,脊椎,胸郭,肩甲帯をはじめとした全身の機能障害に対するアプローチが重要である.・インナーコアユニットを構成する横隔膜,腹横筋,多裂筋,骨盤底筋や,腹斜筋および前鋸筋の賦活化を目的としたエクササイズが有効である.(著者抄録)

    researchmap

  • Elevated Expression of CCN3 in Articular Cartilage Induces Osteoarthritis in Hip Joints Irrespective of Age and Weight Bearing. 国際誌

    Kazuki Hirose, Miho Kuwahara, Eiji Nakata, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Kenta Saiga, Masaharu Takigawa, Toshifumi Ozaki, Satoshi Kubota, Takako Hattori

    International journal of molecular sciences   23 ( 23 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Osteoarthritis (OA) occurs not only in the knee but also in peripheral joints throughout the whole body. Previously, we have shown that the expression of cellular communication network factor 3 (CCN3), a matricellular protein, increases with age in knee articular cartilage, and the misexpression of CCN3 in cartilage induces senescence-associated secretory phenotype (SASP) factors, indicating that CCN3 promotes cartilage senescence. Here, we investigated the correlation between CCN3 expression and OA degenerative changes, principally in human femoral head cartilage. Human femoral heads obtained from patients who received total hip arthroplasty were categorized into OA and femoral neck fracture (normal) groups without significant age differences. Gene expression analysis of RNA obtained from femoral head cartilage revealed that CCN3 and MMP-13 expression in the non-weight-bearing part was significantly higher in the OA group than in the normal group, whereas the weight-bearing OA parts and normal cartilage showed no significant differences in the expression of these genes. The expression of COL10A1, however, was significantly higher in weight-bearing OA parts compared with normal weight-bearing parts, and was also higher in weight-bearing parts compared with non-weight-bearing parts in the OA group. In contrast, OA primary chondrocytes from weight-bearing parts showed higher expression of CCN3, p16, ADAMTS4, and IL-1β than chondrocytes from the corresponding normal group, and higher ADAMTS4 and IL-1β in the non-weight-bearing part compared with the corresponding normal group. Acan expression was significantly lower in the non-weight-bearing group in OA primary chondrocytes than in the corresponding normal chondrocytes. The expression level of CCN3 did not show significant differences between the weight-bearing part and non-weight-bearing part in both OA and normal primary chondrocytes. Immunohistochemical analysis showed accumulated CCN3 and aggrecan neoepitope staining in both the weight-bearing part and non-weight-bearing part in the OA group compared with the normal group. The CCN3 expression level in cartilage had a positive correlation with the Mankin score. X-ray analysis of cartilage-specific CCN3 overexpression mice (Tg) revealed deformation of the femoral and humeral head in the early stage, and immunohistochemical analysis showed accumulated aggrecan neoepitope staining as well as CCN3 staining and the roughening of the joint surface in Tg femoral and humeral heads. Primary chondrocytes from the Tg femoral head showed enhanced expression of Ccn3, Adamts5, p16, Il-6, and Tnfα, and decreased expression of Col2a1 and -an. These findings indicate a correlation between OA degenerative changes and the expression of CCN3, irrespective of age and mechanical loading. Furthermore, the Mankin score indicates that the expression level of Ccn3 correlates with the progression of OA.

    DOI: 10.3390/ijms232315311

    PubMed

    researchmap

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 小浦 卓, 服部 高子, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 8 )   S1583 - S1583   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 滑膜骨軟骨腫症に対する股関節鏡手術の成績

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 遠藤 裕介, 尾崎 敏文

    Hip Joint   48   506 - 510   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 人工股関節全置換術の術後鎮痛としての腰方形筋ブロックの検討

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    Hip Joint   48   534 - 537   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 変形性股関節症における大腿骨の大転子と小転子の位置についての検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    Hip Joint   48   484 - 488   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 術前術後CTと術中に計測した骨盤傾斜の角度の差についての比較検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文, 山田 和希

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 1 )   1 - 5   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 術前術後CTと術中に計測した骨盤傾斜の角度の差についての比較検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文, 山田 和希

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 1 )   1 - 5   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    Zimmer Biomet社Augmented Reality Hip Navigation System(AR Hip Navi)を用いてTHAを施行した11例11股を対象に検討した。骨盤傾斜角の計測方法は、術前・術後はCTデータをもとに三次元術前計画ソフトZedHipを用いて計測し、術中はAR Hip Naviを用いて計測した。結果、術前CTでの計測値は平均3.8度、術中AR Hip Naviでの計測値は平均-2.6度、術後CTでの計測値は平均4.1度であった。術前計測値と術中計測値との差の絶対値(術前-術中)は10.1度、術中計測値と術後計測値との差の絶対値(術中-術後)は9.9度、術前計測値と術後計測値との差の絶対値(術前-術後)は2.3度であり、術前-術後の計測値差に比べて術前-術中の計測値差と術中-術後の計測値差は有意に大きかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2022&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20220608080001&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2022%2F003401%2F001%2F0001-0005%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2022%2F003401%2F001%2F0001-0005%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Recommendations from the ICM-VTE: General

    ICM-VTE General Delegates:Kazuki Yamada, Toshifumi Ozaki, Yutaka Inaba, et al.

    Journal of Bone and Joint Surgery   104 ( Suppl 1 )   4 - 162   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health)  

    DOI: 10.2106/jbjs.21.01531

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    移植   56 ( 4 )   455 - 455   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 股関節痛を契機に診断された強直性脊椎炎の1例

    山田 和希, 那須 義久, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 2 )   166 - 170   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    股関節痛を契機に診断に至った、強直性脊椎炎:ankylosing spondylitis(以下、AS)の1例を経験したので報告する。症例は16歳男子で、右股関節痛のため近医を受診した。大腿骨寛骨臼インピンジメントの診断で当科に紹介された。当科初診時、右股関節痛は安静時と夜間に強く、運動時には感じなかった。右股関節の可動域制限を認め疼痛誘発テストは陽性であった。詳細に問診したところ、過去に腰臀部痛と両股関節痛を繰り返していた。単純X線では左仙腸関節に硬化像を認め、MRIでは右股関節水腫と両仙腸関節周囲の骨髄浮腫像を認めた。血液検査では炎症反応が上昇し、HLA-B27は陽性であった。ASと診断し、疾患活動性が高かったため、Infliximabの適応とした。治療は奏効し、現在も継続している。詳細な病歴聴取により早期の診断と治療が行えたため、短期の成績ではあるが経過良好であった。(著者抄録)

    researchmap

  • Cemented Metal-Backed cupの再置換経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 浅海 浩二, 難波 良文, 三谷 茂, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   51   371 - 372   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    再置換全人工股関節置換術(THA)を行ったCemented Metal Backed cup(MBC)症例の自験例について検討した。MBCの再置換自験症例は9例12股であり、全例が他院における初回THA術後であった。使用されていたインプラントはStryker社製が7股、Mizuho社製が5股で、全例が無菌性のゆるみであった。再置換までの期間は初回THA後平均19年であった。有症状となってからカップが早期に脱転し、一気に歩行不可能となる症例が半数程度存在した。再置換術の内容はセメントレスカップ単独が9股、KTプレート併用セメントカップが3股であり、7股に同種骨移植を行った。手術時間は平均2.9時間、出血量は平均498mLであり、ステム側も再置換を行った症例では手術時間、出血量も増加した。全例で感染、脱臼の合併症なく、疼痛は消失し歩行能力の回復が得られた。

    researchmap

  • Mechanical stretching induces calcification and cartilage matrix metabolism, causing degeneration of the acetabular labrum. 国際誌

    Yoshi Kawamura, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Yoshihiro Sato, Aki Yoshida, Takayuki Furumatsu, Toshifumi Ozaki

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   11207000211044675 - 11207000211044675   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The acetabular labrum plays an important role in joint lubrication, and damage to this structure leads to osteoarthritis. This study aimed to histologically classify the degree of degeneration of the acetabular labrum and to investigate the changes in gene expression induced by mechanical stretching. METHODS: We obtained acetabular labrum cells from patients with hip osteoarthritis during total hip arthroplasty (n = 25). The labrum was stained with safranin O, and images were histologically evaluated using a new parameter, the red/blue (R/B) value. The samples were divided into the degenerated group (D group: n = 18) and the healthy group (H group: n = 7) in accordance with the Kellgren-Lawrence (KL) grade. The cultured acetabular labral cells were subjected to loaded uniaxial cyclic tensile strain (CTS). After CTS, changes in gene expression were examined in both groups. RESULTS: Spearman's correlation analysis revealed that the R/B value was significantly correlated with the KL grade and the Krenn score. The expression levels of genes related to cartilage metabolism, osteogenesis and angiogenesis significantly increased after CTS in the H group, while gene expression in the D group showed weaker changes after CTS than that in the H group compared to the nonstretched control group. CONCLUSIONS: The degree of labral degeneration could be classified histologically using the R/B value and the KL grade. Mechanical stretching caused changes in gene expression that support the pathological features of labral degeneration.

    DOI: 10.1177/11207000211044675

    PubMed

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1506 - S1506   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Femoral head collapse rate among Japanese patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head. 国際誌

    Ryuta Asada, Hiroyasu Abe, Hidetoshi Hamada, Yusuke Fujimoto, Hyonmin Choe, Daisuke Takahashi, Shusuke Ueda, Yutaka Kuroda, Takaki Miyagawa, Kazuki Yamada, Takeyuki Tanaka, Juji Ito, Satoshi Morita, Michiaki Takagi, Tomonori Tetsunaga, Ayumi Kaneuji, Yutaka Inaba, Sakae Tanaka, Shuichi Matsuda, Nobuhiko Sugano, Haruhiko Akiyama

    The Journal of international medical research   49 ( 6 )   3000605211023336 - 3000605211023336   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: In this study, we aimed to elucidate the relationship between the duration from diagnosis to femoral head collapse and the collapse rate among patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head (ONFH). METHODS: In this retrospective, observational, multicenter study, we analyzed 268 patients diagnosed with ONFH and classified them using the Japanese Investigation Committee classification. The primary endpoint was duration from the time of diagnosis to femoral head collapse for each type of ONFH. RESULTS: The 12-, 24-, and 36-month collapse rates among participants were 0%, 0%, and 0% for type A, respectively; 0%, 2.0%, and 10.8% for type B, respectively; 25.5%, 40.8%, and 48.5% for type C-1, respectively; and 57.4%, 70.3%, and 76.7% for type C-2 ONFH, respectively. A comparison of unilateral and bilateral ONFH, using Kaplan-Meier survival curves demonstrated similar collapse rates. CONCLUSIONS: The lowest collapse rate was observed for ONFH type A, followed by types B, C-1, and C-2. Additionally, a direct association was observed between the collapse rate and location of the osteonecrotic lesion on the weight-bearing surface.

    DOI: 10.1177/03000605211023336

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of the labrum on postoperative magnetic resonance images: a predictor of acetabular development in developmental dysplasia of the hip. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Tomoko Tetsunaga, Hirofumi Akazawa, Kazuki Yamada, Takayuki Furumatsu, Toshifumi Ozaki

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   11207000211004917 - 11207000211004917   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Residual acetabular dysplasia of the hip after open reduction can complicate the treatment of developmental dysplasia of the hip (DDH) due to the potential need for corrective surgery. This retrospective study aimed to determine the predictive factors for acetabular development using postoperative radiographs and magnetic resonance imaging (MRI). METHODS: We retrospectively investigated 74 hips of patients with DDH who underwent open reduction after reaching walking age and were followed up radiologically until skeletal maturity. We evaluated the cartilaginous acetabulum and labrum using a new method that measures the cartilaginous and labral landmarks on coronal and axial MR T2*-weighted images in patients aged 5 years. The mean age at the time of surgery was 22 months and that at the final survey was 20 years. Severin classification was determined at the final follow-up. Groups with good (53 hips) and poor (21 hips) outcomes were compared using the postoperative radiographic and MRI parameters recorded at 5 years of age. Factors predicting acetabular development were identified using univariate and multiple logistic analyses. RESULTS: There were no significant differences in the bony-acetabular index (AI) and centre-edge (CE) angle between the good and poor outcome groups. However, the poor outcome group had significantly larger cartilaginous- and labral-AIs but significantly smaller cartilaginous- and labral-CE angles than the good outcome group (both p < 0.05). Multiple logistic regression analysis showed that labral-AI and labral-CE angle were predictors of acetabular development after open reduction for DDH, and their optimal cut-offs were 4° (77% sensitivity, 76% specificity) and 37° (68% sensitivity, 85% specificity), respectively. DISCUSSION: Normal cartilaginous acetabulum development occurs in childhood, and evaluation using only radiographs is difficult. However, labral-AI ⩾4° and labral-CE angle <37° on MRI at 5 years of age offer useful indications for corrective surgery in patients with DDH.

    DOI: 10.1177/11207000211004917

    PubMed

    researchmap

  • Osteosynthesis for Geriatric Acetabular Fractures: An Epidemiological and Clinico-Radiological Study Related to Marginal or Roof Impaction.

    Madoka Inoue, Tomoyuki Noda, Takenori Uehara, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Taichi Saito, Yasunori Shimamura, Yasuaki Yamakawa, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   75 ( 2 )   177 - 185   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This retrospective study sought to elucidate the incidence rates of roof impaction (RI) and marginal impaction (MI) and radiological and clinical outcomes of open reduction and internal fixation (ORIF) for RI and MI in geriatric acetabular fractures. The cases of 68 patients aged ≥ 65 years (mean 71 years) treated with ORIF were analyzed. MI was present in 12 fractures (67%) and an RI of the weight-bearing surface was present in 24 (46%) of the potential fracture types. Regarding the reduction quality, 54% of the reductions were graded as anatomical, 37% as imperfect, and 9% as poor. In the clinical evaluations of the 45 patients who had > 1-year follow-up (follow-up rate: 66.2%), 18% were graded as excellent, 53% as good, 16% as fair, and 13% as poor. An anatomic reduction was strongly associated with good or excellent clinical and radiological outcomes. CT was superior to radiographs for detecting the residual displacement postoperatively. Postoperative deep infection occurred in four patients. Three patients (6.7%) underwent a total hip arthroplasty conversion due to secondary osteoarthritis of the hip. We recommend ORIF as the preferred surgical treatment option for displaced acetabular fractures in elderly patients.

    DOI: 10.18926/AMO/61895

    PubMed

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全(DDH)に対する広範囲展開法術後の関節包は菲薄化する MRIとX線学的評価による症例対照研究

    山田 和希, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 2 )   S132 - S132   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 当院で施行したACTISを用いたTHAの術後1年の成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   50 ( 追補版 )   879 - 880   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    当院でACTISを用いてTHAを行った20例20股(男性1股、女性19股、手術時平均年齢66.9歳)を対象に、術後1年の成績を検討した。その結果、X線学的評価ではステム沈下、骨折はなく、良好な初期固定性が得られていた。zone 1、7に8例(40%)のstress shieldingが認められたが、II度以上のstress shieldingはみられなかった。また、術後合併症や再置換を要した症例はなく、JOAスコアは術前平均49.7点から最終調査時平均88.6点へ有意に改善していた。

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後での三次元的大腿骨頭移動はADLに影響するか

    鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 鉄永 倫子, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S972 - S972   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Bipolar Hip Arthroplasty Using a Conjoined Tendon-preserving Posterior Approach in Geriatric Patients.

    Tomonori Tetsunaga, Tomoko Tetsunaga, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Yoshi Kawamura, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   75 ( 1 )   25 - 30   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In bipolar hemiarthroplasty (BHA), it is important to preserve soft tissue to reduce the risk of postoperative dislocation. A variety of surgical approaches for BHA are available, but extra care is needed with muscle- and tendon-preserving approaches in geriatric patients. We investigated the usefulness of BHA using a conjoined tendon-preserving posterior (CPP) approach, in which only the external obturator muscle is dissected, in geri-atric patients. We retrospectively analyzed the cases of 40 femoral neck fracture patients (10 men, 30 women) aged ≥ 80 years who underwent BHA using the CPP approach. The patients' average age was 85.8 years (80-94 years). We examined the operation time, bleeding, preservation of short external rotator muscles, complica-tions, and stem alignment and subsidence from postoperative radiographs. Although gemellus inferior muscle injury was detected in 4 patients (10%), the hip joint stability was very excellent in all cases. There was no intraoperative fracture or postoperative dislocation. On postoperative radiographs, all femoral stems were in a neutral position. There was no stem subsidence in all 40 patients. BHA using the CPP approach appeared to be useful even in geriatric patients.

    DOI: 10.18926/AMO/61430

    PubMed

    researchmap

  • The Thickness of the Medial Wall of the Acetabulum Prevents Acetabular Fracture during the Insertion of a Cementless Cup in Total Hip Arthroplasty: A Biomechanical Study.

    Tomoaki Sanki, Tomonori Tetsunaga, Takayuki Furumatsu, Kazuki Yamada, Yoshi Kawamura, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   75 ( 1 )   71 - 77   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Intra-operative acetabular fracture is a total hip arthroplasty complication that can occur during cementless cup insertion, especially in osteoporotic patients. We conducted this biomechanical study to investigate the impact resistance of the acetabulum with simulated bones of different density by drop-weight impact testing. Low- and high-density polyurethane foam blocks were used as osteoporotic and healthy bone models, respectively. Polyurethane blocks were used as the acetabular cancellous bone. Composite sheets were used as the acetabu-lum's medial cortex. The testing revealed that the osteoporotic bone model's impact resistance was significantly lower than that the healthy bone model'. In the healthy bone model, even thin acetabular cancellous bone with ≥ 1 mm acetabulum medial cortex was less likely to fracture. In the osteoporotic bone model, fracture was pos-sible without ≥ 1 mm medial cortex of the acetabulum and thick acetabular cancellous bone. Although impac-tion resistance differs due to bone quality, the impaction resistance in this osteoporotic bone model was equiv-alent to that healthy bone model's when a thick medial wall was present. To avoid intra-operative acetabulum fracture, surgeons should consider both the bone quality and the thicknesses of the medial cortex and acetabu-lar cancellous bone.

    DOI: 10.18926/AMO/61437

    PubMed

    researchmap

  • 当院で施行した創外固定を用いた骨延長術の短期成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   29 ( 2 )   238 - 242   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    当院の小児対象の創外固定を用いた下肢骨延長術の治療成績を報告する。対象は2008年から2018年に当院で手術加療を行った20症例34肢である。大腿骨延長15肢に単支柱型創外固定を、下腿骨延長19肢にリング型創外固定器を用いた。検討項目は骨延長距離、創外固定指数(EFI)、プレート固定追加の有無、術後合併症とした。大腿の骨延長は平均6.0cm、EFIは平均39.0日/cm、7肢でplate conversionを行った。3肢で創外固定抜去後骨折、plate conversion後1肢でプレート折損、プレート抜釘後1肢で骨折を生じた。下腿の骨延長は平均5.6cm、EFIは平均54.6日/cm、4肢でplate conversionを行った。1肢で創外固定抜去後骨折、1肢で偽関節、plate conversion後1肢で感染を生じた。当院では長期の創外固定装着を避けるためplate conversionを行っている。軟部組織の厚い大腿に比べ、軟部組織の薄い下腿のplate conversionは軟部組織トラブルを生じる危険性がある。本シリーズでも1肢で感染を生じ、また、手術回数を増やす弊害もあり、適応は慎重にすべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • セメントレスインプラント挿入時におけるナイロンハンマーとステンレスハンマーの打ち込み力の差の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   50   697 - 698   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    模擬骨を用いてセメントレスインプラント挿入時におけるナイロンハンマー(Nハンマー)とステンレスハンマー(Sハンマー)の打ち込み力の差を比較検討した。その結果、打ち込み力はSハンマーがNハンマーよりも有意に大きいことが明らかになった。また、術者間では打ち込み力にばらつきが示されたものの、同一術者内ではNハンマーがSハンマーの打ち込み力を上回ることはなかった。以上、今回の検討から術中骨折を回避するためには、打ち込み力の差を念頭に入れた上でハンマーを選択することが重要であると考えられた。

    researchmap

  • Preserve αステムを用いた人工股関節全置換術の1年以上経過した短期成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   50   505 - 506   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    当院でPreserve αステムを用いて人工股関節全置換術を行い、1年以上経過した20例(男性2例、女性18例、手術時平均年齢69歳)の短期成績を検討した。その結果、術中・術後の合併症はなく、JOAスコアは術前平均44.0±11.3点が術後1年時には平均79.3±6.8点へと改善が認められた。3度以上の内外反挿入例はなく、2mm以上のsubsidenceを認めた症例もみられなかった。SSは95%と高率に認められたものの、不安定性を生じた症例はなかった。また、ステム挿入時のcortical ring温存と近位部移植により、RLLの発生率は20%に抑えることが可能であった。

    researchmap

  • 初回THA術後に頻回脱臼となったシャルコー関節と考えられる1例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   50   515 - 516   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    68歳女性。両側の高度変形性股関節症に対しTHAを施行した。術後は両股とも頻回脱臼を生じたため再置換術を繰り返しており、シャルコー関節と考えられた。本症例では拘束型ライナーを使用しても再脱臼を認め、QOL維持のために慎重な経過観察と人工関節の維持に努める必要があると考えられた。

    researchmap

  • 外反膝変形を伴う臀筋内脱臼に対するTHAの1例

    遠藤 裕介, 宮澤 慎一, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   50   767 - 768   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    80歳女性。5歳時に左先天性股関節脱臼を指摘されるも未治療であった。今回、右股痛と左膝痛による歩行困難が出現し、当院へ紹介となった。歩行レベルは屋内が4点杖と伝い歩きで、屋外は車椅子を使用していた。X線像により著明な外反膝変形を伴う臀筋内脱臼と診断され、短縮骨切り術とLCPを併用した人工股関節全置換術を行い、術後2ヵ月目に人工膝関節置換術(TKA)を予定した。経過中に再脱臼を認め、再置換術を要したが、その1週後にTKAを予定通り施行することができた。その結果、術後1年経過で左膝の可動域は15〜100度で、再脱臼や疼痛はみられず、20分程度の杖歩行が可能である。

    researchmap

  • アナトミカルショートモジュラーネックステムの初期固定様式に関する3次元的解析

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   50   727 - 728   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    アナトミカルショートモジュラーネックステム(Mainstayステム)を用いて人工股関節全置換術を施行した12股(男性3股、女性9股)を対象に、ステムの初期固定様式を3次元的に解析した。その結果、全例でステム近位においては皮質骨との良好な接触が獲得されていたが、遠位においては内側・前方での接触が少ないことが明らかになった。

    researchmap

  • 当院で施行したPrime-Nを用いたTHAの術後3年の成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 2 )   339 - 342   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    当院でPrime-Nを用いてTHAを行った29例31股を対象に、術後3年の成績を検討した。その結果、最終観察時に合併症、再置換を要した症例はなく、良好な固定性が得られていた。JOAスコアは術前平均49点が最終調査時には88点へ有意な改善を認めた。原疾患、ステムの挿入方向、ステムの髄腔占拠率により、術後JOAスコアに有意差はみられなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20201001180024&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2020%2F003202%2F024%2F0339-0342%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2020%2F003202%2F024%2F0339-0342%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 落錘式衝撃試験による模擬骨を用いた寛骨臼の衝撃抵抗性の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 8 )   S2018 - S2018   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 機械的刺激によって股関節唇の脂肪細胞分化が誘導される

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 8 )   S1919 - S1919   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Acetabular depth, an early predictive factor of acetabular development: MRI in patients with developmental dysplasia of the hip after open reduction. 国際誌

    Yoshi Kawamura, Tomonori Tetsunaga, Hirofumi Akazawa, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Yoshihiro Sato, Eiji Nakata, Toshifumi Ozaki

    Journal of pediatric orthopedics. Part B   30 ( 6 )   509 - 514   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Early prediction of future acetabular development is important to determine an additional surgery for developmental dysplasia of the hip (DDH). The purpose of this study was to investigate the predictive factors of acetabular development using MRI. We retrospectively investigated dislocated 40 hips and 34 normal hips in 37 pediatric patients (9 males and 28 females) with DDH who underwent open reduction after walking age. We evaluated the cartilaginous acetabulum and labrum of the patients using coronal MRI T2*-weighted images at 5 years of age. The mean age at the time of surgery was 22 months, and the mean age at the final survey was 19 years. We divided patients into two groups in accordance with the Severin classification at the final follow-up. Groups with good outcomes (affected 26 hips and unaffected 27 hips) and poor outcomes (14 hips and 7 hips) were compared using the MRI parameters on each side. Predictive factors of acetabular development were identified using univariate and multiple logistic regression analyses. Using multiple logistic regression analysis, labral acetabular roof depth and labral hip center distance at 5 years of age represented predictors after open reduction (odds ratio 0.27, P = 0.035; odds ratio 3.4, P = 0.028, respectively) on the affected side, and bony hip center distance represented a predictor on the unaffected side (odds ratio 2.6, P = 0.049). Acetabular development in the unaffected side could be predicted by bony assessment, while acetabular development in the affected side had to be assessed by labrum using MRI.

    DOI: 10.1097/BPB.0000000000000799

    PubMed

    researchmap

  • Cam type FAIに対する骨軟骨形成術においてcam切除量を定量化した1例

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   428 - 430   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 股関節の関節裂隙開大距離と関節弛緩性およびX線学的指標についての検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   566 - 570   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全股における骨頭被覆とX線学的指標の比較検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 2 )   1031 - 1034   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    当院で寛骨臼形成不全股に対し寛骨臼回転骨切り術を施行した35関節を対象に、CTによる骨頭被覆率と二次元的X線学的指標の比較検討を行った。その結果、骨頭被覆率に対してCE角とAHIは強い正の相関、AROは強い負の相関を認めた。

    researchmap

  • 6歳で発見された両側股関節脱臼の1例

    遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 2 )   993 - 998   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    6歳女児。幼稚園の運動会で跳び箱をした際に股関節痛が出現した。X線所見より両側股関節脱臼と診断し、広範囲展開法による観血的整復術と二期的にSalter骨盤骨切り術による治療を行う方針とした。術前X線、CT評価より臼蓋形成不全と頸部捻転が強い左側より手術を行い、すべての手術(4回)を1年2ヵ月かけて終了した。1年8ヵ月後には自由歩行も安定し、小学2年生の2学期より体育も制限なく通常の学校生活へと復学することができた。

    researchmap

  • 股関節唇の染色性と変形性関節症との関連

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 2 )   866 - 869   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    人工股関節全置換術(THA)を行った変形性股関節症(OA)12例12検体及び特発性大腿骨頭壊死症(ONFH)3例3検体を対象に、股関節唇のSafranin Oと染色性股関節唇変性との関連を検討した。対象は男性5例、女性10例、27〜85歳(平均61歳)であった。その結果、OAが進行するほどSafranin Oで関節唇が赤く染色され、Safranin Oの赤染性とOAの変性の程度との相関が明らかとなった。Safranin O染色は硝子軟骨基質を赤染することより、線維軟骨から成る股関節唇の変性によって硝子軟骨基質が産生されたと推察した。

    researchmap

  • Cam type FAIに対する骨軟骨形成術においてcam切除量を定量化した1例

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   428 - 430   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    cam type femoroacetabular impingementの診断で股関節鏡視下骨軟骨形成術を行った45歳男性を対象として、三次元術前計画ソフトを用いcam切除体積の定量化を試みた。術前後の単純CT像から再構成した大腿骨3Dモデルを重ね合わせ、術前3Dモデルが術後3Dモデルからはみ出した部位をcam切除部位として、その体積を計測したところ、cam切除量は1150.78mm3であり、単純X線Dunn viewを用いて計測したα angleは術前71°から術後41°に改善していた。また、Yosifらの報告を参考に切除体積を計測した場合、本症例の推定切除量は850mm3であり、camが過剰に切除されていた可能性がある。

    researchmap

  • 股関節の関節裂隙開大距離と関節弛緩性およびX線学的指標についての検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    Hip Joint   46 ( 1 )   566 - 570   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    2016年8月〜2018年12月に股関節鏡手術を施行した20例21関節(男4関節、女17関節、平均年齢30.8歳)を対象に、術前ベイトンスコア、X線学的指標、牽引時の補正関節裂隙開大距離についてそれぞれの相関を検討した。疾患の内訳は発育性股関節形成不全14関節、境界型寛骨臼形成不全1関節、寛骨臼大腿骨インピンジメント3関節、股関節唇損傷3股であった。術前ベイトンスコアは平均3.8点、牽引力は平均37kgであった。ベイトンスコアとX線学的指標、ベイトンスコアと補正開大距離、X線学的指標と補正開大距離との間では有意な相関は認めなかった。補正開大距離が3mm未満の関節弛緩性なし群10関節と3mm以上の関節弛緩性あり群11関節との比較では、後者においてcenter edge角とacetabular head indexが有意に低値であった。

    researchmap

  • An accelerometer-based navigation system provides acetabular cup orientation accuracy comparable to that of computed tomography-based navigation during total hip arthroplasty in the supine position. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Tomoko Tetsunaga, Tomoaki Sanki, Yoshi Kawamura, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic surgery and research   15 ( 1 )   147 - 147   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Inadequate acetabular component orientation is associated with postoperative impingement, dislocation, and accelerated polyethylene wear. Computed tomography (CT)-based navigation systems provide accuracy for total hip arthroplasty (THA) but are not available in all facilities. Accelerometer-based navigation systems are inexpensive, but their accuracy remains undetermined. This study compares the accuracy of cup orientation in THA using CT-based and accelerometer-based navigation systems. METHODS: This retrospective study included 35 consecutive patients (11 males, 24 females; mean age, 65 years) who underwent primary cementless THA via an anterolateral approach in the supine position. Both CT-based and accelerometer-based navigation systems were used simultaneously. The accuracy of cup orientation was compared between the two systems using postoperative CT. RESULTS: The accuracy of cup inclination was 2.7° ± 2.0° in the CT-based group and 3.3° ± 2.4° in the accelerometer-based group. The accuracy of cup anteversion was 2.8° ± 2.6° in the CT-based group and 3.4° ± 2.2° in the accelerometer-based group. No significant difference was observed in cup inclination (p = 0.29) or cup anteversion (p = 0.34) between CT-based and accelerometer-based navigation. CONCLUSIONS: The accuracy of cup positioning did not differ significantly between CT-based and accelerometer-based navigation systems.

    DOI: 10.1186/s13018-020-01673-y

    PubMed

    researchmap

  • 後方股関節唇の肥大による大腿骨頭の陥没と後方インピンジメントを来した症例に対する股関節鏡手術の経験

    佐藤 嘉洋, 山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 春季学会 )   137 - 137   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるエイトプレートを使用した骨端抑制術の治療経過

    寺本 亜留美, 赤澤 啓史, 青木 清, 山田 和希

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   113 - 117   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    小児下肢変形に対しエイトプレートを用いて骨端抑制術を行い、術後1年以上経過観察できた8例15肢を対象に、立位全下肢X線像を用いてMAD、mLDFA、mMPTA、SDAを計測し、合併症の有無も調査した。その結果、内反膝変形(5例10肢)ではMAD(10肢)、mLDFA(8肢)、mMPTA(8肢)が術前と比較して術後1年、最終観察時ともに改善した。mLDFAは全例が標準域に達し、mMPTAは4肢が標準域に達した。SDAは全例が経過と共に開大した。合併症は矯正不足1例2肢、変形の再発1例2肢、スクリューの彎曲8肢であった。外反膝変形(3例5肢)ではMAD(5肢)、mLDFA(5肢)、mMPTA(2肢)が術前と比較して術後1年、最終観察時ともに改善した。mLDFAは全例が標準域に達し、mMPTAは1肢が標準域に達した。SDAは全例が経過と共に開大した。合併症は変形の再発1例1肢、スクリューの彎曲1例2肢であった。エイトプレートを用いた骨端抑制術は有用と考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20200602230024&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2020%2F003201%2F024%2F0113-0117%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2020%2F003201%2F024%2F0113-0117%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 打撲後皮下血腫により皮膚壊死が生じTHA感染に至ったvon Willebrand病の1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   208 - 208   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Femoroacetabular impingement(FAI)に対して股関節鏡手術を施行した1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 尾崎 敏文, 古市 州郎, 三谷 茂

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   177 - 178   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 治療に難渋している片側肥大症の1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 青木 清, 寺本 亜留美

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   212 - 212   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 臀筋内完全脱臼に対するTHAの2例

    遠藤 裕介, 大森 敏規, 宮澤 慎一, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   209 - 209   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当科のBurch-Schneider cageの使用経験

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   205 - 205   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Cemented Metal-Backed cupの再置換経験

    遠藤 裕介, 大森 敏規, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   209 - 210   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 股関節手術における3Dプリンター活用の試み

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   32 ( 1 )   207 - 207   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における恥骨骨切り面の接触評価 恥骨骨切り面の接触面積は恥骨偽関節発生に関与する

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S1185 - S1185   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後での大腿骨頭移動に関する三次元的解析

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S1184 - S1184   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全股に対する寛骨臼回転骨切り術前後における骨頭被覆とX線学的指標の比較検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S1185 - S1185   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Comparison of the accuracy of CT- and accelerometer-based navigation systems for cup orientation in total hip arthroplasty. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Tomoko Tetsunaga, Takayuki Furumatsu, Tomoaki Sanki, Yoshi Kawamura, Toshifumi Ozaki

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   31 ( 5 )   1120700020904940 - 1120700020904940   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The accuracies of various navigation systems in total hip arthroplasty (THA) have been described; however, the accuracy of cup orientation with an accelerometer-based navigation system has not been reported. The purpose of this study was to compare the accuracies of computed tomography (CT)- and accelerometer-based navigation systems for cup orientation in THA. METHODS: In this prospective study, 30 patients who underwent cementless THA via anterolateral approach in the lateral decubitus position were analysed. A CT-based navigation system (30 hips) and an accelerometer-based navigation system (30 hips) were used simultaneously. The accuracy of cup orientation (absolute difference between intraoperative vs. postoperative measurements) was compared between the navigation systems using postoperative CT. RESULTS: The accuracy of cup inclination was 3.2 ± 2.4° in the CT-based navigation group and 4.1 ± 3.7° in the accelerometer-based navigation group (p = 0.3035). The accuracy of cup anteversion was 3.0° ± 2.5° in the CT-based navigation group and 6.8° ± 4.8° in the accelerometer-based navigation group. Cup anteversion was significantly more accurate with the CT-based navigation system than with accelerometer-based navigation (p = 0.0009). Multiple regression analysis demonstrated that the malposition in cup anteversion was positively correlated with the change in pelvic tilt and loosening of the reference antenna. CONCLUSIONS: Although, these results are only true for this specific accelerometer system, cup positioning was significantly more accurate with the CT-based navigation system than an accelerometer-based navigation in the lateral decubitus position. This is because of considerable discrepancies in the sagittal pelvic tilt, resulting in variability in cup anteversion angle with the use of an accelerometer-based navigation system.

    DOI: 10.1177/1120700020904940

    PubMed

    researchmap

  • Ten-Year Outcomes of Total Hip Arthroplasty Using Fit-and-Fill Type Cementless Collared Straight Stem Implants: Relationship between the Initial Contact Status and Stress Shielding.

    Tomoaki Sanki, Hirosuke Endo, Tomonori Tetsunaga, Takayuki Furumatsu, Kazuki Yamada, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   7 - 15   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the relationship between the initial contact status and stress shielding in total hip arthroplasty (THA) using fit-and-fill type straight-stem implants. In addition we evaluated the clinical and radiographic outcomes. Subjects were 100 hips of 94 patients who underwent THA and were followed-up for ≥10 years. Contact areas with the femoral cortical bone were investigated according to the zonal distribution of Gruen using postoperative CT images. Depending on the number of contact areas, the patients were classified into high contact [HC], medium contact [MC], and low contact [LC] groups. Radiographic and clinical outcomes were evaluated. In the HC group (20 hips), severe stress shielding was observed in 12 hips, which was statistically significant (p=0.008). In the LC group (29 hips), mild stress shielding was observed in 27 hips which was statistically significant (p<0.001). No significant differences were observed among the 3 groups in clinical outcomes, Harris hip score (p=0.719) or Japanese Orthopedic Association (JOA) score (p=0.301). In insertion of cementless collared fit-and-fill type straight-stem implants, severe late stress shielding of the femoral bone may occur if high contact of the femoral component is achieved. However, the degree of stress shielding does not result in adverse clinical outcomes.

    DOI: 10.18926/AMO/57947

    PubMed

    researchmap

  • Idiopathic Chondrolysis of the Hip Treated by Immunosuppressive Therapy and Arthroscopic Intervention.

    Hirosuke Endo, Hirofumi Akazawa, Masato Yashiro, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Tomonori Tetsunaga, Keiichiro Nishida, Takayuki Furumatsu, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   77 - 81   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Idiopathic chondrolysis of the hip (ICH), a very rare disorder of unknown etiology, occurs mainly in female adolescents. Characterized by pain, limp, stiffness and radiological narrowing joint space from the rapid destruction of the articular cartilage, ICH sometimes results in ankyloses. We present the case of a 10-year-old girl diagnosed with ICH based on arthroscopic inspection and synovium biopsy. The femoral deformity appeared gradually, like a cam-type femoroacetabular impingement. She was treated with intensive rehabilitation and immunosuppressive drug. We later performed an arthroscopic bumpectomy for residual symptoms. She achieved a favorable outcome as a 15-year-old at the latest follow-up.

    DOI: 10.18926/AMO/57957

    PubMed

    researchmap

  • THA後の骨盤骨折に対して一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   49   277 - 278   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    症例1は93歳女で、76歳時に右変股症に対してmetal backed cup THAを施行された。91歳頃から歩行時の右股痛があり、前医でカップmigrationを認められ、当科に紹介された。CTで寛骨臼横骨折を認め、AAOS Type IVのpelvic discontinuityと診断した。再置換術の方法は、側臥位でKocher-Langenbeckアプローチにより進入し、先に後柱をプレート固定した後にインプラントを抜去し、同種骨とKTプレートを用いて寛骨臼を再建した。ステムはセメントインセメントで固定し、術後経過良好であった。症例2は78歳女で、両変股症に対し前医で右股のセメントレスTHAを施行され、原臼位から3cmを越える高位にカップが設置されていた。術後数日で歩行時痛が増悪し、X線でカップの脱転、CTで骨盤骨折を認められた。術後2週時に全インプラントを抜去され、同時に同種骨を留置された。当院へ転院となり、CTでAAOS Type IIIと診断した。手術は、まず仰臥位でStoppa-Hoffaアプローチにより進入し、リコンプレート2枚で骨接合術を行った。続いて側臥位へ体位変換し、後方アプローチで同種骨とKTプレートを用いて寛骨臼を再建し、術後経過良好であった。

    researchmap

  • IBGによるステム再置換の治療経験

    遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文, 浅海 浩二, 真鍋 博規, 三谷 茂, 難波 良文, 三宅 由晃, 河本 豊広, 古市 州郎

    日本人工関節学会誌   49   71 - 72   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    2011〜2017年にIBG(Impaction bone grafting)によるステム再置換を行った14例について報告した。男性4例、女性10例、手術時年齢は58〜79歳であった。術前のX線評価でEndo-Klinik分類grade Iが4例、IIが8例、IIIが2例、AAOS分類Type IIが12例、IIIが2例、Paprosky分類Type 1が8例、2Aが4例、2Bが1例、3Aが1例であった。手術でメッシュを併用したものが3例、骨折予防目的にプレート固定を行ったものが7例あった。手術時間は平均4.3時間、出血量は平均1000mlで、術後1〜7年の経過観察中に再置換を要したものが2例(14%)あった。代表例5例を提示した。

    researchmap

  • Metal-on-Poly摺動面人工股関節置換術後に生じたARMDの1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   49   173 - 174   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    84歳女性。80歳時に変形性股関節症に対しCo-Cr-MoヘッドとMetal-on Poly摺動面を使用した人工股関節置換術を施行した。術後3年6ヵ月に両鼠径部の腫瘤と左股関節の違和感が出現し、単純CTで両鼠径部に液体貯留を伴う嚢胞形成を認めた。左股のMRIでは関節内と骨盤内壁に連続した液体貯留を伴う単房性嚢胞性腫瘤を認めた。両鼠径部をエコーガイド下に穿刺し、右股は黄色透明、左股は黒色透明の排液があった。細菌監視培養は両側とも陰性であった。遅延性金属アレルギーと診断し、骨頭置換術を施行した。術中、ライナーに破損部位はなく、ヘッドとネックの嵌合部に穿刺液と同性状の黒色漿液を認めた。メタルヘッドをセラミックヘッドに置換し、病理検査でaseptic lymphocyte-dominated vasculitis-associated lesion(ALVAL)を示唆する所見を認めた。術後、症状が改善し、術後2ヵ月の現在まで再発を認めていない。

    researchmap

  • THA術後エドキサバン内服例のVTE予測因子について

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   49   185 - 186   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    過去2年間の人工股関節全置換術(THA)後のエドキサバン内服症例210例(男性38例、女性172例、18〜93歳、平均年齢65歳)をエドキサバン30mg群78例(A群)、15mg群44例(B群)、非投与群88例(C群)に分類し、静脈血栓塞栓症(VTE)発生率および予測因子について比較検討した。その結果、多重比較法では3群で年齢、体重、出血量、手術時間に有意差を認めたが、VTE発生率に有意差は認めなかった。多重ロジスティック回帰分析によるVTE発生予測因子は、A群は有意でなかったが、B群、C群はD-dimer値が有意な予測因子であった。

    researchmap

  • 股関節唇の染色性と変形性関節症との関連

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   394 - 394   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • ナイロンハンマーとステンレスハンマーの打ち込み力の差の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   398 - 398   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当院で施行したPrime-Nを用いたTHAの術後3年の成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 3 )   399 - 399   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 過去60年間における筋性斜頸手術件数の推移

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   28 ( 1 )   44 - 47   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【目的】近年、筋性斜頸の手術件数は、少子化だけでは説明がつかないほどに激減している。当院における筋性斜頸の手術例の推移と産科学的データの推移との関連を調査した。【対象・方法】1953年以降に岡山県で出生し、当院で手術を施行した筋性斜頸328例を対象とした。年間出生数に対する筋性斜頸の割合の推移と、帝王切開率・早産率・過期産率・出生体重の推移との関連を調査した。【結果】年間出生数に対する手術数の割合は1970年前後に多く、最大で0.08%であった。1980年代後半以降は減少し、最小で0.005%であった。一方、出産時の帝王切開率は1970年ごろには10%であったが、1980年代から急増し2000年代以降は19%に増加していた。早産率も1970年代は3.5%であったが、2000年以降は6%に増加していた。その半面で、過期産率は1970年代には5%であったが、2000年以降は1%未満に減少していた。また、出生時平均体重は1970年代には3.5kgであったが、2000年代は3.0kgに減少していた。【結論】帝王切開率の増加や過期産の減少なども、筋性斜頸の減少に寄与している可能性があった。(著者抄録)

    researchmap

  • 脚延長後に仮骨形成不良であった若年者の2例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   28 ( 1 )   58 - 62   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    若年者で創外固定器を用いた脚延長術において、著しい仮骨形成不良例を2例経験したので報告する。症例1は現在17歳の男子で、15歳時に4cmの脚長不等に対してOrthofix創外固定器で脚延長術を行った。仮骨形成不良で経過中に延長量速度を調整した。15週で4cmの骨延長を終了し20週時にMinimally Invasive Plate Osteosynthesis(MIPO)をナロープレートで行ったが、術後に大腿骨内反変形が進行し、6週時にブロードプレートで再固定した。術後8ヵ月時に転倒受傷によりプレート折損し、髄内釘に変更した。症例2は現在15歳の女子で、13歳時に前医で右大腿と下腿の同時骨延長術をIlizarov創外固定器で施行された。大腿4cm、下腿2cmの延長で、術後3ヵ月時に仮骨形成不良で紹介された。両側同時にMIPOを行い、下腿骨延長部に骨髄血を注入した。最終観察時術後14ヵ月時には仮骨形成を認め、装具装着下で独歩可能であった。(著者抄録)

    researchmap

  • 8歳以上で発症したペルテス病の治療成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   28 ( 1 )   107 - 110   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    【目的】8歳以上で発症したペルテス病の単純X線の経過を検討すること。【方法】8歳以上でペルテス病を発症し、1990年6月から2018年6月の間に岡山大学病院を受診し、定期的に単純X線を撮影できた15例(男児13例、女児2例)を対象とした。治療法は保存療法7例、手術療法8例であった。以上の症例に対しCatterall分類(Ca)、保存療法での%Lateral pillarの推移、Stulberg分類(St)を評価した。【結果】保存療法でCaI・II型(4例)が最終調査時StI型3例、II型1例であり、CaIII・IV型(3例)はStII型2例、III型1例であった。手術療法ではCaII型(3例)が最終調査時StI型2例、II型1例であり、CaIII・IV型(5例)はStI型1例、III型1例、IV型3例であった。【結語】保存療法ではおおむね治療成績は良好であったが、手術を行ったとしても発症年齢が高齢になるほど成績不良であった。治療法にかかわらず、経過中の%LPの低下が成績不良につながるため、十分な入院免荷が重要と考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • Changes in acetabular component alignment due to screw fixation in patients with hip dysplasia. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Kazuo Fujiwara, Hirosuke Endo, Tomoko Tetsunaga, Takamasa Miyake, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Toshifumi Ozaki

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   29 ( 5 )   535 - 542   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Adequate initial stability of the acetabular cup is essential for total hip arthroplasty (THA). However, changes in the alignment of the acetabular component caused by screw fixation are concerning in patients with inadequate bone stock. This study aimed to investigate the effects of screw fixation on the alignment of the acetabular component in THA patients with hip dysplasia. METHODS: We retrospectively examined 256 hips (range 28-87 years) that underwent THA using a navigation system. Patients were divided into 2 groups based on the presence or absence of changes in the alignment of the intraoperative acetabular cup, and univariate and multivariate analyses were performed to identify factors that were predictive of changes in acetabular component alignment after screw fixation in 2 dimensions: inclination and anteversion. RESULTS: Screw fixation led to a mean change in inclination of 1.6° (range 0-10°) and a mean change in anteversion of 1.4° (range 0-14°). The Crowe classification, the presence of bone cysts, and the use of an inferior quadrant screw were identified as factors that correlated with acetabular cup alignment changes in inclination (odds ratios, 6.01, 5.94 and 0.03, respectively). Only the Crowe classification was identified as a factor that correlated with intraoperative alignment changes in anteversion (odds ratio, 2.08). CONCLUSIONS: Screw fixation altered the acetabular cup alignment. The inclination changes were related to the extent of the dysplasia, and the risk was reduced when the inferior quadrant screw was used. Surgeons should use caution during screw fixation in THAs performed on severely dysplastic hips.

    DOI: 10.1177/1120700019828708

    PubMed

    researchmap

  • 成人後に骨軟化症(くる病)の大腿骨不全骨折に対して手術加療した1例

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 5 )   863 - 864   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    44歳女。主訴は右膝痛で、小児期にくる病の下肢変形により10回以上手術を施行されていた。単純X線像と3D-CT像で右大腿骨の外彎および前彎変形と骨切り部の外側骨皮質の不連続性を認め、骨シンチで同部位に異常集積があることから骨切り部の不全骨折と診断し、血液検査でFGF23関連低リン性くる病・骨軟化症と診断された。リンとビタミンD補充療法では改善せず、3ヵ月後に右大腿骨不全骨折部の矯正骨切り術を施行し、Synthes Curved Broad Plate 12穴を併用し固定した。術後3ヵ月で独歩可能となり、X線上骨癒合が得られ、3年4ヵ月時にプレート抜釘を施行した。術後3年10ヵ月時にはX線上で骨折部はリモデリングし、痛みもなく、骨シンチでの異常集積も改善していた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20191121010033&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2019.863&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2019.863&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 股関節唇細胞の周期的伸長刺激に対する代謝と遺伝子発現の変化

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 8 )   S1692 - S1692   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における術後矯正損失の検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 浅海 浩二, 梶谷 充, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    Hip Joint   45 ( 1 )   39 - 43   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    著者等はRAOにおける移動骨片の固定に2000年からpartial threadの吸収性スクリューを使用していたが、術後矯正損失の大きい症例を経験し、その原因の一つとしてpartial thread screw(PTS)による移動骨片の偏位が考えられたため、固定材料をfull thread screw(FTS)に変更した。今回その効果を調べるため、2015〜2018年に同一術者がRAOを施行した27関節を対象とし、PTS使用群(17関節)とFTS使用群(10関節)に分け、術後矯正損失の程度を比較した。評価方法は、術直後と最終観察時の両股関節正面X線像から[CE角][Sharp角][Acetabular roof obliquity]の3項目を計測し、術直後と最終観察時の差が5°以上の項目が一つ以上あれば"矯正損失あり"と判定した。結果、PTS使用群では矯正損失ありが5関節(29%)あったのに対しFTS使用群には全くなかった。

    researchmap

  • 若年者における歩行困難を訴えた股関節唇単独損傷の2例

    遠藤 裕介, 三喜 知明, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    Hip Joint   45 ( 2 )   850 - 855   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    症例1は33歳女性で、歩行困難を主訴とした。X線、3D-CT、MRIで異常を認めず、初診後1ヵ月に診断と治療を兼ねて鏡視下手術を施行した。前上方の関節唇基部の一部に断裂所見を認めたが、断裂部の基部は安定していた。シュリンケージのみ行い、周囲の滑膜増生を焼灼した。術直後に疼痛が改善し、通常の座位が可能となった。5日後に独歩可能となり、術後3ヵ月に看護師に仕事復帰した。術後3年にJOAスコアは術前47点が100点に改善していた。症例2は24歳女性で、歩行困難を主訴とした。X線、3D-CT、MRIで異常を認めず、初診後1ヵ月に鏡視下手術を施行した。関節唇が膨化し、基部が断裂していた。関節内への嵌頓を認め、アンカー2本を用いて関節唇縫合術を行った。術後早期に疼痛が軽減し、術後3週に独歩可能となった。術後3ヵ月にスポーツジムのインストラクターに仕事復帰し、術後1年にJOAスコアは術前42点が100点に改善していた。

    researchmap

  • 若年者における外傷性広範囲大腿骨頭壊死の1例

    遠藤 裕介, 河村 涌志, 山田 和希, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    Hip Joint   45 ( 2 )   805 - 810   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    12歳男児。自転車走行中に自動車と衝突し前医に救急搬送された。Delbet-Colonna分類Type IIIの左大腿骨頸部骨折の診断で骨接合術が施行され、骨接合が得られた。術後3ヵ月に大腿骨頭壊死はないと判断され、荷重が許可された。術後約1年に疼痛が出現し、MRIで広範囲壊死が認められ、免荷が指示された。しかし、免荷は守られず、14歳時に当院紹介受診となった。著明な跛行を認め、X線像はType C2、Stage IIIBで、骨頭は二段頂に変形し嚢胞状であった。体重管理と免荷の指示を徹底し、外来経過観察を行った。長期免荷で嚢胞状の骨頭に再血行による骨硬化像が見られる様になり、疼痛も軽快したが、外転不可能で関節適合性も不良であった。社会的事情により手術困難となっていたが、骨頭内側部のリモデリングが得られ、16歳時に大腿骨外反骨切り術とbumpectomyを施行した。関節温存や除痛、可動域の改善が得られ、独歩可能となった。

    researchmap

  • 広範囲展開法後のDDH症例に対するRAOの治療経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    Hip Joint   45 ( 2 )   839 - 845   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    小児片側脱臼に対し広範囲展開法(田邊法)で観血的整復術後(OR)を行った後に形成不全股となった女性3例を対象に、寛骨臼回転骨切り術(RAO)を行った。これらの症例のRAO前後のX線像、手術時間、出血量、合併症、杖なし歩行が可能になった時期、JOAスコアを調査した。OR時は平均3.2歳、RAO時は平均19歳で、RAO後の平均経過観察期間は19ヵ月であった。その結果、RAO前のX線像におけるCE角は平均7°、VCA角は平均0.3°、Sharp角は平均48°であった。最終観察時のCE角は平均33°、VCA角は平均45°、Sharp角は平均38°であった。手術時間は平均3.5時間、出血量は平均585mlであり、1例で坐骨神経領域の知覚障害が生じた。JOAスコアは術前平均60点が術後平均83点に改善した。杖なし歩行が可能になった時期はそれぞれ3ヵ月、5ヵ月、1年6ヵ月であった。OR後の形成不全股に対しRAOは有用と考えられた。

    researchmap

  • 遺伝性痙性対麻痺による尖足に対してアキレス腱延長術を行った1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    運動器リハビリテーション   30 ( 2 )   196 - 196   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本運動器科学会  

    researchmap

  • 股関節鏡手術における関節裂隙開大距離に関する検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    JOSKAS   44 ( 4 )   448 - 448   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • THA後の骨盤骨折に対して一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 湧志, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 1 )   151 - 151   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • THA再置換術後に遅発性Bacteroides感染を生じ再燃を繰り返した1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文, 皆川 寛, 三宅 孝昌

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 1 )   153 - 153   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 対応に苦慮しているシャルコー関節と考えられる1例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 1 )   154 - 155   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • THA術後のステムゆるみで複数回ステム再置換となった1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   31 ( 1 )   156 - 156   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における術後矯正損失に関与する因子の検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 浅海 浩二, 梶谷 充, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S916 - S916   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 成人後に骨軟化症(くる病)の大腿骨不全骨折に対して手術加療した1例

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 春季学会 )   199 - 199   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 成人後の股関節形成は寛骨臼の深さで小児期に予測できるか

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   S77 - S77   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • DDH治療後の股関節骨形態と外旋制限の検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S748 - S748   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 8歳以上で発症したPerthes病において入院免荷療法は有用か

    鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 高橋 右彦, 青木 清, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   S78 - S78   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Anterolateral supineでのportable navigationとCT based navigationのカップアライメント精度の比較検討

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   S268 - S268   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Predicting acetabular growth in developmental dysplasia of the hip following open reduction after walking age.

    Takamasa Miyake, Tomonori Tetsunaga, Hirosuke Endo, Kazuki Yamada, Tomoaki Sanki, Kazuo Fujiwara, Eiji Nakata, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 2 )   326 - 331   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Acetabular dysplasia of the hip following open reduction can complicate the treatment of developmental dysplasia of the hip (DDH). The purposes of this retrospective study were to investigate the long-term results of open reduction performed via an extensive anterolateral approach for DDH after walking age and to predict acetabular development using postoperative radiographs and arthrograms. METHODS: From 1973 to 2001, we performed open reduction for 131 hips in 119 pediatric patients with DDH after failed closed reduction. Of these, 85 hips of 73 patients who underwent arthrography at 5 years old were followed-up radiologically until skeletal maturity. Mean age at the time of surgery was 17 ± 4.6 months (range, 10-33 months), and mean age at final survey was 19 ± 5.7 years (range, 14-33 years). Mean follow-up time was 17.7 ± 5.8 years (range, 13-32 years). Groups with satisfactory outcomes (66 hips) and unsatisfactory outcomes (19 hips) according to the Severin classification were compared. Factors predicting acetabular development were identified using univariate and multiple logistic analyses. RESULTS: Univariate analysis showed a significant between-group difference in acetabular index (AI) at 2 months postoperatively, and in center-edge (CE) angle, cartilaginous AI (CAI), and cartilaginous CE angle at 5 years old (p < 0.05 each). In multiple logistic regression analysis, CAI at 5 years old represented a predictor of acetabular development after open reduction for DDH (odds ratio, 1.81; 95% confidence interval (CI), 1.04-3.13; p < 0.05). Area under the receiver operating characteristic curve for CAI at 5 years old was 0.93 (95%CI, 0.85-1.0), and the optimal cut-off was 10° (81.8% sensitivity, 92% specificity). CONCLUSIONS: A CAI ≥10° on hip arthrograms at 5 years old may offer a useful indicator of the need for corrective surgery following open reduction after walking age.

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.09.015

    PubMed

    researchmap

  • Transtibial pullout repair of medial meniscus posterior root tear restores physiological rotation of the tibia in the knee-flexed position. 国際誌

    Yuki Okazaki, Takayuki Furumatsu, Yuya Kodama, Tomohito Hino, Yusuke Kamatsuki, Yoshiki Okazaki, Shin Masuda, Shinichi Miyazawa, Hirosuke Endo, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Toshifumi Ozaki

    Orthopaedics & traumatology, surgery & research : OTSR   105 ( 1 )   113 - 117   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Medial meniscus posterior root tear (MMPRT) results in joint overloading and degenerative changes in the knee. Favorable clinical outcomes have been reported after transtibial pullout repair of MMPRT. To date, however, in vivo tibial rotational changes before and after root repair remain poorly understood. The purpose of this study was to investigate postoperative changes in tibial rotation following MMPRT pullout repair. HYPOTHESIS: Pathological external rotation of the tibia in the knee-flexed position is caused by MMPRT and is reduced after transtibial pullout repair. PATIENTS AND METHODS: Fifteen patients who underwent MMPRT pullout repair and 7 healthy volunteers were included. Magnetic resonance imaging examinations were performed in the 10° and 90° knee-flexed positions. The angles between the surgical epicondylar axis and a line between the medial border of the patellar tendon and the apex of the medial tibial spine were measured. Baseline was defined as a line lying at a right angle to the other, and a value was positive and negative when the tibia rotated internally and externally, respectively. RESULTS: In the volunteer's normal knees, tibial internal rotation was +1.00°±3.27° at 10° flexion and +4.14°±3.46° at 90° flexion. In the MMPRT preoperative knees, tibial internal rotation was +1.07°±3.01° at 10° flexion and +1.27°±2.96° at 90° flexion. In the postoperative knees, tibial internal rotation was +1.60°±2.85° at 10° flexion and +4.33°±2.89° at 90° flexion. DISCUSSION: This study demonstrates discontinuity of the MM posterior root may induce a pathological external rotation of the tibia during knee flexion and that MMPRT pullout repair reduces the pathological external rotation of the tibia in the knee-flexed position. LEVEL OF EVIDENCE: III, comparative retrospective study.

    DOI: 10.1016/j.otsr.2018.10.005

    PubMed

    researchmap

  • Avulsion fracture of the ischial tuberosity treated with the suture bridge technique: a case report. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Hirosuke Endo, Tomoko Tetsunaga, Kazuki Yamada, Takayuki Furumatsu, Toshifumi Ozaki

    BMC musculoskeletal disorders   20 ( 1 )   9 - 9   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: In cases of avulsion fracture of the ischial tuberosity in which the bone fragments are substantially displaced, nonunion may cause pain in the ischial area. Various surgical procedures have been reported, but achieving sufficient fixation strength is difficult. CASE PRESENTATION: We treated a 12-year-old male track-and-field athlete with avulsion fracture of the ischial tuberosity by suture anchor fixation using the suture bridge technique. The boy felt pain in the left gluteal area while running. Radiography showed a left avulsion fracture of the ischial tuberosity with approximately 20-mm displacement. Union was not achieved by conservative non-weight-bearing therapy, and muscle weakness persisted; therefore, surgery was performed. A subgluteal approach was taken via a longitudinal incision in the buttocks, and the avulsed fragment was fixed with five biodegradable suture anchors using the suture bridge technique. CONCLUSIONS: Although the majority of avulsion fractures of the ischial tuberosity can be treated conservatively, patients with excessive displacement require surgical treatment. The suture bridge technique provided secure fixation and enabled an early return to sports activities.

    DOI: 10.1186/s12891-018-2377-z

    PubMed

    researchmap

  • 当科における股関節鏡の合併症

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   153 - 154   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    股関節鏡手術を施行した127例(男性27例、女性100例・手術時平均37歳)を対象に、周術期合併症、1年以内の人工股関節全置換術(THA)移行について調査した。その結果、周術期合併症は11例(8.7%)に認め、陰部神経麻痺1例、外側大腿皮神経麻痺5例、器具破損4例、下腿静脈血栓症1例であった。THA移行例は3例(2.4%)で、術後平均10ヵ月で施行していた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20190412110071&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2019.153&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2019.153&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • Mega prosthesisによるステム再置換の治療経験

    遠藤 裕介, 三喜 知明, 三宅 孝昌, 鉄永 智紀, 山田 和希, 尾崎 敏文, 高木 徹, 伊達 宏和

    日本人工関節学会誌   48   111 - 112   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    KLS(Kyocera limb salvage system)を使用してTHA再置換術を施行した5例(男性2例、女性3例、平均年齢77歳)を対象に、その治療成績について検討した。術後観察期間は平均20ヵ月であった。ステムはセメントレス1例、セメント4例で、カップ側再置換は2例がライナー置換のみ、3例はセメントレスカップで再置換した。当院での再置換術までの手術回数は他院での初回THAを含めて2例で2回、3例で3回の手術加療歴があり、全例が無菌性のゆるみであった。手術時間は平均180分、出血量は平均570mlで、神経血管損傷、感染の合併症はなかった。術後の離床は車椅子もしくは歩行器で平均5日であった。2例で術後脱臼を生じ、症例2は術後10日目で脱臼しギプスと外転装具で保存的に加療し、症例3は術後9週で脱臼し拘束型ライナーに再置換を行った。

    researchmap

  • セメントステム周囲骨折に対するセメントロングステムによる治療経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 尾崎 敏文, 高木 徹, 伊達 宏和

    日本人工関節学会誌   48   113 - 114   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    症例1は46歳男性で、45歳時に一次性股関節症でTHAを施行後、自転車走行中に自動車にはねられ受傷し救急搬送された。術前CTで粉砕を認め、ステムを除去しロングステムを挿入、プレートで追加固定を行った。症例2は79歳女性で、THA後11年目に自宅で転倒し受傷した。近位の骨片を整復して内側と前側を自家腓骨プレートで補強し、さらにLCPプレートで追加固定を行った。症例3は67歳女性で、THA後11年月に大転子偽関節のため頻回脱臼となり、再置換施行後1年時に自宅で転倒し受傷した。SCロングステムを挿入し、近位内側の骨片をネスプロンで締結のみ行った。症例4は74歳女性で、THA後12年目に自宅で転倒し受傷した。SCロングステムを挿入し、近位内側の骨片をネスプロンで締結のみ行った。

    researchmap

  • 前十字靱帯断裂に合併した外側半月板後角断裂に対するcurved Jugger knot soft anchorを用いた修復術

    山田 和希, 高田 信一朗, 鍋島 貴行, 酒井 昭典, 内田 宗志

    整形外科と災害外科   67 ( 4 )   877 - 878   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本整形・災害外科学会  

    researchmap

  • 当科における股関節鏡の合併症

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 ( 秋季学会 )   112 - 112   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • THAのcup設置におけるCT based navigationとCT free navigationの有用性の比較検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   30 ( 2 )   189 - 194   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    当科で初回THA(人工股関節全置換術)を行った72例(男性12例、女性60例、手術時平均年齢62歳)を対象に、CT based navigationとCT free navigationにおけるcup設置精度を比較検討した。CT based naviは無作為にFluoro navi(fluoro群36例)とLandmark navi(landmark群36例)に割り当てて使用し、CT free navi(CT free群72例)はCT based naviと同時に併用した。その結果、cup設置精度はfluoro群がlandmark群、CT free群に比べ外方開角、前方開角ともに精度が高かった。また、サブグループ解析の結果からFluoro naviは患者因子の影響を受けていなかったが、Landmark naviは骨盤傾斜の大きな症例で前方開角の精度が低下し、骨棘のある症例では外方開角の精度が低下する傾向が示された。CT free naviでは、骨棘のある症例で外方開角および前方開角ともに精度の低下がみられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J02438&link_issn=&doc_id=20181019080004&doc_link_id=%2Fcm4ortho%2F2018%2F003002%2F005%2F0189-0194%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcm4ortho%2F2018%2F003002%2F005%2F0189-0194%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 骨延長後仮骨形成不良の2例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 河村 涌志, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   30 ( 2 )   303 - 303   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 8歳以上で発症したペルテス病の治療成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   30 ( 2 )   304 - 304   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 股関節鏡手術に際し電気凝固メスの破損を生じた2例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    Hip Joint   44 ( 2 )   725 - 729   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    症例1は初診時46歳女性で、特に誘因なく左股関節痛が出現し、49歳時に手術加療を希望された。X線上CE角0°と形成不全股であり、左寛骨臼回転骨切り術(RAO)前に股関節鏡を施行し関節唇断裂に対して電気凝固メス(VAPR)でシュリンケージを施行した。その後、スロットカニューラからVAPRを出す際に先端を回転させ破損した。関節内には破損片は認められず、関節内洗浄後にイメージで確認したところ外側ポータルの関節外に破損片が認められた。イメージ下にコッヘルでつかんで除去できており、器具が破損したが摘出できた旨を説明し、予定通り4週後に左RAOを施行した。症例2は初診時39歳女性で、特に誘因なく両股関節痛が出現し、40歳時に右RAOを施行、左側も41歳時に手術を希望された。骨切り術前に股関節鏡を施行し関節唇断裂に対してVAPRでシュリンケージを施行したが、ポータルの入れ替え時に助手がVAPRを入れる際に完全に先端がカニューラ先から出る前に回転させ破損した。関節内には破損片は認められたが深部へと落ち込み、器具が到達できない部位へ移動した。2週後の再入院時のX線像で破損片の関節内の移動を認め、RAO手術時に一部関節包を切開し破片を回収した。予定とおり左RAOを施行し、摘出した破損片は2.5mmのサイズで破損部に合致し術後X線像からも完全に除去できたと考えられた。

    researchmap

  • Lecture 股関節鏡手術の適応と限界

    山田 和希, 内田 宗志

    臨床整形外科   53 ( 8 )   719 - 726   2018年8月

  • FAIに合併した大腿骨頸部疲労骨折に対し股関節鏡手術を施行した2例

    山田 和希, 鈴木 仁士, 畠山 昌久, 高田 信一朗, 下平 浩揮, 池田 直史, 酒井 昭典, 内田 宗志

    Hip Joint   44 ( 2 )   8 - 9   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • Endoscopic Shelf Acetabuloplasty for Treating Acetabular Large Bone Cyst in Patient With Dysplasia. 国際誌

    Kazuki Yamada, Dean K Matsuda, Hitoshi Suzuki, Akinori Sakai, Soshi Uchida

    Arthroscopy techniques   7 ( 7 )   e691-e697   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Acetabular bone cyst is usually associated with dysplastic secondary osteoarthritis of the hip joint. Acetabular reorientation osteotomy is one of the most common therapeutic options for treating patients with hip dysplasia. However, it may be too invasive for athletes and can also lead to some complications including intraoperative fracture and postoperative bone necrosis especially in patients with acetabular large bone cysts. Endoscopic shelf acetabuloplasty offers a less invasive option for athletic patients with dysplasia of severity greater than those indicated for isolated hip arthroscopy. This Technical Note demonstrates endoscopic shelf acetabuloplasty with bone grafting, simultaneously addressing a large bone cyst and acetabular undercoverage, as part of a comprehensive approach addressing chondrolabral pathology while restoring capsular integrity in an athlete with moderate dysplasia.

    DOI: 10.1016/j.eats.2018.03.005

    PubMed

    researchmap

  • Suture bridge法にて固定した坐骨骨端線離開の1例

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 尾崎 敏文

    JOSKAS   43 ( 4 )   542 - 542   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • コリジョンアスリートのfemoroacetabular impingement(FAI)に対する股関節鏡手術の治療成績

    山田 和希, 内田 宗志, 畠山 昌久, 金崎 志帆, 大西 康央, 下平 浩揮, 鈴木 仁士, 高田 真一朗, 酒井 昭典

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S1124 - S1124   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • Accuracy of Cup Positioning With the Computed Tomography-Based Two-dimensional to Three-Dimensional Matched Navigation System: A Prospective, Randomized Controlled Study. 国際誌

    Kazuki Yamada, Hirosuke Endo, Tomonori Tetsunaga, Takamasa Miyake, Tomoaki Sanki, Toshifumi Ozaki

    The Journal of arthroplasty   33 ( 1 )   136 - 143   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The accuracy of various navigation systems used for total hip arthroplasty has been described, but no publications reported the accuracy of cup orientation in computed tomography (CT)-based 2D-3D (two-dimensional to three-dimensional) matched navigation. METHODS: In a prospective, randomized controlled study, 80 hips including 44 with developmental dysplasia of the hips were divided into a CT-based 2D-3D matched navigation group (2D-3D group) and a paired-point matched navigation group (PPM group). The accuracy of cup orientation (absolute difference between the intraoperative record and the postoperative measurement) was compared between groups. Additionally, multiple logistic regression analysis was performed to evaluate patient factors affecting the accuracy of cup orientation in each navigation. RESULTS: The accuracy of cup inclination was 2.5° ± 2.2° in the 2D-3D group and 4.6° ± 3.3° in the PPM group (P = .0016). The accuracy of cup anteversion was 2.3° ± 1.7° in the 2D-3D group and 4.4° ± 3.3° in the PPM group (P = .0009). In the PPM group, the presence of roof osteophytes decreased the accuracy of cup inclination (odds ratio 8.27, P = .0140) and the absolute value of pelvic tilt had a negative influence on the accuracy of cup anteversion (odds ratio 1.27, P = .0222). In the 2D-3D group, patient factors had no effect on the accuracy of cup orientation. CONCLUSION: The accuracy of cup positioning in CT-based 2D-3D matched navigation was better than in paired-point matched navigation, and was not affected by patient factors. It is a useful system for even severely deformed pelvises such as developmental dysplasia of the hips.

    DOI: 10.1016/j.arth.2017.08.001

    PubMed

    researchmap

  • 強直股に対する人工股関節全置換術の治療経験

    鉄永 智紀, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 尾崎 敏文

    日本人工関節学会誌   47   675 - 676   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本人工関節学会  

    強直股に対して THA(人工股関節全置換術)を行った11例12股(男性5股、女性7股、手術時平均年齢64歳)の術後成績について検討した。手術はCT basedナビゲーションシステム使用例が5例、非使用例が7例であった。術後平均観察期間35ヵ月の結果、手術に伴う合併症は異所性骨化が2例、ナビゲーションを使用しなかった1例で術中骨折、Hardingeで行った1例で中殿筋部の疼痛を認めた。隣接関節痛である腰痛や膝関節痛は術前に6例で認められていたが、最終調査時には5例で軽減していた。JOAスコアは術前平均46点から最終調査時平均79点へ改善していた。

    researchmap

  • Tibial eminence width can predict the presence of complete discoid lateral meniscus: A preliminary study.

    Tomohito Hino, Takayuki Furumatsu, Masataka Fujii, Yuya Kodama, Shinichi Miyazawa, Yusuke Kamatsuki, Kazuki Yamada, Toshifumi Ozaki

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22 ( 6 )   1084 - 1088   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: To compare the plain knee radiograph finding of tibial eminence width between knees with complete discoid lateral meniscus, incomplete discoid lateral meniscus, and normal lateral meniscus. MATERIALS AND METHODS: The study included 27 knees with discoid lateral meniscus, including 13 knees with complete discoid lateral meniscus and 14 knees with incomplete discoid lateral meniscus. A control group of 14 knees with normal lateral meniscus was also included. Tibial eminence width and the lateral slope angle of the medial tibial eminence were assessed using plain frontal knee radiographs. Individual differences in knee size were corrected by dividing tibial eminence width by tibial width to obtain the tibial eminence width percentage. RESULTS: Mean tibial eminence width and tibial eminence width percentage in the complete discoid lateral meniscus group was significant larger than other groups. Mean lateral slope angle in the complete discoid lateral meniscus group was significantly smaller than other groups. A tibial eminence width cut-off of 13.9 mm showed a sensitivity and specificity of 100% and 83%, respectively. A tibial eminence width percentage cut-off of 18.8% showed a sensitivity and specificity of 100% and 90%, respectively. A lateral slope angle cut-off of 27.1° showed a sensitivity and specificity of 71% and 83%, respectively. CONCLUSION: There were clear differences in tibial eminence width, tibial eminence width percentage, and lateral slope angle between the complete discoid lateral meniscus group and the other groups. The plain radiographic parameters identified by this study could be useful for complete discoid lateral meniscus screening. STUDY DESIGN: Clinical.

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.07.011

    PubMed

    researchmap

  • Residual Femoral Deformity and Femoroacetabular Impingement after Intertrochanteric Osteotomy for Slipped Capital Femoral Epiphysis.

    Yosuke Fujii, Hirosuke Endo, Shigeru Mitani, Hirofumi Akazawa, Tomonori Tetsunaga, Takamasa Miyake, Kazuki Yamada, Kiyoshi Aoki, Toshifumi Ozaki

    Acta medica Okayama   71 ( 4 )   315 - 323   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We retrospectively reviewed 29 hips in which intertrochanteric osteotomies were performed for severe slipped capital femoral epiphyses. Mean age at surgery: 12.6 years. Mean follow-up period: 6 years. At the final follow-up evaluation, one patient had coxalgia, and six hips showed a limited range of motion. A pistol-grip deformity was observed in 13 hips, osteoarthritis in two hips, and a bump existed in 19 hips on the latest radiographs. Gradual remodeling of the bumps was observed post-operatively in 22 hips. The mean α and β angles and offset α and β improved over time. The remodeling proceeded rapidly for 1 year post-surgery. We compared hips classified as β angles of ≥ 63° to < 63° at the final follow-up evaluation, the mean β angle 1 year post-surgery, and the mean ratio of improvement of the β angle per year from 1 year post-surgery to the final follow up, which differed significantly. Nearly all of the patients who underwent intertrochanteric osteotomies had residual morphologic abnormalities, but few had clinical symptoms. The β angle 1 year post-surgery and the ratio of remodeling of the bump from 1 year post-surgery to the final follow-up can be regarded as a potential predictor of morphologic results after intertrochanteric osteotomy.

    DOI: 10.18926/AMO/55308

    PubMed

    researchmap

  • 骨切り術と外腹斜筋移行術を併用し治療した麻痺性股関節亜脱臼の2例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 尾崎 敏文

    Hip Joint   43 ( 1 )   634 - 639   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    症例1:12歳男児。出生時に二分脊椎を認め、脂肪腫摘出術、髄膜瘤修復術を施行された。10歳時に脊椎後方固定術を施行された。11歳時より歩行時の右股関節痛が出現・増悪したためコンサルトされ、麻痺レベルはL3で、短下肢装具で歩行可能であった。両股関節正面X線像で右股関節は亜脱臼位で、臼蓋形成不全を伴っていた。股関節造影では内転位で容易に脱臼し、外転位で整復された。症例2:10歳女児。1歳3ヵ月時に動脈管開存症の術後に脊髄梗塞を生じ、両下肢の不全麻痺を来した。左股関節が亜脱臼であり、長下肢装具を使用しリハビリテーションの継続で経過観察していたが、亜脱臼が継続して歩行時の鈍痛も生じてきた。知覚は両側L1以下の触覚、痛覚、温度覚の鈍麻があり、左中臀筋と母趾背屈筋がMMT4、軟性装具で歩行可能であった。両股関節正面X線像で左股関節は亜脱臼位で、臼蓋形成不全を伴っていた。なお、外転位で求心位が得られていた。2例とも弛緩性麻痺に伴う股関節亜脱臼と診断し、関節包縫縮術、Pemberton骨盤骨切り術、大腿骨内反骨切り術、大転子下降術と外腹斜筋移行術を一期的に施行した。術後hip spica固定を3週とシーネ固定を3週行い、術後6週より徐々に荷重歩行を開始した。術後5ヵ月に自宅退院し学校生活に復帰し、歩行時の股関節は消失、歩行時の動揺も軽度改善し、患者・家族の満足度は高かった。

    researchmap

  • 寛解臼形成不全におけるcyst像と関節内所見の検討

    遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾崎 敏文

    Hip Joint   43 ( 1 )   76 - 80   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    ERAOの術前に股関節鏡を施行した22例24関節(男性2例、女性20例、平均36歳)を対象に、cyst像と関節内所見について検討を行った。X線画像上でcystを認めた症例は6関節(25%)であり、全例寛骨臼側のみであった。CT水平断でcystを荷重部に認めた症例は13関節(54%)で、最大横径は平均12mmであった。関節唇断裂は前方部で22関節(91%)、上外側で15関節(62.5%)、後方で7関節(29%)に認め、後方まで断裂を認めた7関節は前方〜上外側〜後方まで広範囲に断裂を認めた症例であった。Beckの分類に基づいて点数化した関節軟骨の評価では0〜3点が12関節(50%)、4〜6点が12関節(20.5%)、7点以上が7関節(29%)であった。軟骨状態の悪い7関節と残り17関節を比較検討したところ、年齢、BMI、X線上の荷重部関節裂隙幅、cystの有無、CT上のcyst横径に有意差を認めた。

    researchmap

  • A new aiming guide can create the tibial tunnel at favorable position in transtibial pullout repair for the medial meniscus posterior root tear 査読

    T. Furumatsu, Y. Kodama, M. Fujii, T. Tanaka, T. Hino, Y. Kamatsuki, K. Yamada, S. Miyazawa, T. Ozaki

    Revue de Chirurgie Orthopedique et Traumatologique   103 ( 3 )   248   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Masson SAS  

    Introduction Injuries to the medial meniscus (MM) posterior root lead to accelerated cartilage degeneration of the knee. An anatomic placement of the MM posterior root attachment is considered to be critical in transtibial pullout repair of the medial meniscus posterior root tear (MMPRT). However, tibial tunnel creation at the anatomic attachment of the MM posterior root is technically difficult using a conventional aiming device. The aim of this study was to compare two aiming guides. We hypothesized that a newly-developed guide specifically designed creates the tibial tunnel at an adequate position rather than a conventional device. Materials and methods Twenty-six patients underwent transtibial pullout repairs. Tibial tunnel creation was performed using the Multi-use guide (8 cases) or the PRT guide that had a narrow twisting/curving shape (18 cases). Three-dimensional computed tomography images of the tibial surface were evaluated using the Tsukada's measurement method postoperatively. Expected anatomic center of the MM posterior root attachment and tibial tunnel center were evaluated using the percentage-based posterolateral location on the tibial surface. Percentage distance between anatomic center and tunnel center was calculated. Results Anatomic center of the MM posterior root footprint located at a position of 78.5% posterior and 39.4% lateral. Both tunnels were anteromedial but tibial tunnel center located at a more favorable position in the PRT group: percentage distance was significantly smaller in the PRT guide group (8.7%) than in the Multi-use guide group (13.1%). Discussion The PRT guide may have great advantage to achieve a more anatomic location of the tibial tunnel in MMPRT pullout repair. Level of evidence IV.

    DOI: 10.1016/j.rcot.2017.02.008

    Scopus

    researchmap

  • 股関節鏡手術に際しVAPRの破損を生じた2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 尾崎 敏文

    JOSKAS   42 ( 4 )   692 - 692   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • A novel suture technique using the FasT-Fix combined with Ultrabraid for pullout repair of the medial meniscus posterior root tear. 国際誌

    Masataka Fujii, Takayuki Furumatsu, Yuya Kodama, Shinichi Miyazawa, Tomohito Hino, Yusuke Kamatsuki, Kazuki Yamada, Toshifumi Ozaki

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   27 ( 4 )   559 - 562   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Medial meniscus posterior root has an important role in the maintenance of knee articular cartilage. Although pullout repair of the medial meniscus posterior root tear has become a gold standard, it has several difficulties for suturing. We have developed a modified Mason-Allen suture technique using the FasT-Fix all-inside suture device combined with Ultrabraid. The present suture technique allows a strong grasping of the medial meniscus posterior horn for arthroscopic pullout repair.

    DOI: 10.1007/s00590-017-1930-z

    PubMed

    researchmap

  • Charcot股関節に対しTHAを施行した1例

    山田 和希, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 塩田 直史, 佐藤 徹, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   29 ( 1 )   145 - 145   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Anatomic alignment法における脛骨骨切り面形状の解析 Mechanical alignment法との比較

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 井上 博登, 児玉 有弥, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 尾崎 敏文, 塩田 直史

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S918 - S918   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • An analysis of the characteristics and improved use of newly developed CT-based navigation system in total hip arthroplasty

    Yosuke Fujii, Kazuo Fujiwara, Tomonori Tetsunaga, Takamasa Miyake, Kazuki Yamada, Hirosuke Endo, Nobuhiro Abe, Naohiko Sugita, Mamoru Mitsuishi, Takayuki Inoue, Yoshio Nakashima, Toshifumi Ozaki

    Acta Medica Okayama   71 ( 4 )   279 - 289   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed a surface matching-type computed tomography (CT)-based navigation system for total hip arthroplasty (the N-navi; TEIJIN NAKASHIMA MEDICAL, Okayama, Japan). In the registration step, surface matching was performed with digitizing points on the pelvic bone surface after coarse paired matching. In the present study, we made model bones from the CT data of patients whose acetabular shapes had various deformities. We measured the distances and angles after surface matching from the fiducial points and evaluated the ability to correct surface-matching registration on each pelvic form, using several areas and numbers of points. When the surface-matching points were taken on the superior area of the acetabulum, the correction was easy for the external direction, but it was difficult to correct for the anterior and proximal directions. The correction was difficult for external and proximal directions on the posterior area. Each area of surface-matching points has particular directions that are easily corrected and other directions that are difficult to correct. The shape of the pelvis also affected the correction ability. Our present findings suggest that checking the position after coarse paired matching and choosing the surface-matching area and points that are optimal to correct will improve the accuracy of total hip arthroplasty and reduce surgical times.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • CEMOVERの使用経験

    山田 和希, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 井上 淳, 池田 吉宏, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   28 ( 3 )   452 - 452   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 解剖学的二重束前十字靱帯再建における脛骨骨孔位置と外側半月板逸脱に関する検討

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 釜付 祐輔, 日野 知仁, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 8 )   S1786 - S1786   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 低侵襲人工膝関節置換術におけるsemi-active骨切除ロボット操作で要求される術者の動作評価

    山田 和希, 藤原 一夫, 三宅 孝昌, 藤井 洋佑, 尾崎 敏文, 阿部 信寛, 江口 透, 山本 江, 杉田 直彦, 光石 衛

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 8 )   S1700 - S1700   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 解剖学的二重束前十字靱帯再建における脛骨骨孔位置と術後外側半月板逸脱に関する比較検討

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 釜付 祐輔, 日野 知仁, 尾崎 敏文

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   36 ( 4 )   509 - 509   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本整形外科スポーツ医学会  

    researchmap

  • 解剖学的2重束前十字靱帯再建術における脛骨骨孔角度と骨孔位置の検討

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 釜付 祐輔, 尾崎 敏文

    JOSKAS   41 ( 4 )   164 - 164   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • Four-Year Results of Summit Stems for Total Hip Arthroplasty in Japanese Patients

    Tomonori Tetsunaga, Toru Sato, Naofumi Shiota, Tomoko Tetsunaga, Yoshiki Okazaki, Kazuki Yamada

    HIP International   25 ( 6 )   553 - 556   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE Publications  

    <sec><title>Purpose</title> A retrospective study to evaluate the clinical and radiographic outcome of the Summit primary total hip arthroplasty (THA) at a minimum follow-up of 4 years.

    </sec><sec><title>Methods</title> 87 hips in 84 Japanese patients underwent THA using Summit stems. 3 patients were lost to follow-up, and 4 patients were excluded because a Summit stem was judged to be inappropriate for their narrow femoral canals. The remaining 80 hips in 77 patients were evaluated. Mean age was 66 years (range, 33-86 y). Mean postoperative follow-up period was 52 months (range, 48-66 m).

    </sec><sec><title>Results</title> There was no early stem subsidence after surgery. Of the 80 hips, 60 (75%) showed radiographic signs of stem osseointegration including zones 3 and 5 at final follow-up. Stress shielding occurred in 50 hips (62.5%), and third-degree stress shielding was observed in 12 hips (15%). 3 patients experienced postoperative thigh pain due to distal fixation.

    </sec><sec><title>Conclusions</title> These short-term results indicate that the Summit stem achieved good initial fixation, although there were some cases of distal fixation. Careful long-term follow-up and observation will be necessary for hips in which stress shielding occurs.

    </sec>

    DOI: 10.5301/hipint.5000287

    researchmap

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.5301/hipint.5000287

  • 後十字靱帯付着部裂離骨折に対する術中3D-imageを用いた低侵襲内固定法

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 井上 洋一, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   27 ( 2 )   373 - 373   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Comparison of Continuous Epidural Analgesia, Patient-Controlled Analgesia with Morphine, and Continuous Three-in-One Femoral Nerve Block on Postoperative Outcomes after Total Hip Arthroplasty. 国際誌

    Tomonori Tetsunaga, Toru Sato, Naofumi Shiota, Tomoko Tetsunaga, Masahiro Yoshida, Yoshiki Okazaki, Kazuki Yamada

    Clinics in orthopedic surgery   7 ( 2 )   164 - 70   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Postoperative pain relief can be achieved with various modalities. However, there are only few reports that have analyzed postoperative analgesic techniques in total hip arthroplasty patients. The aim of this retrospective study was to compare the postoperative outcomes of three different analgesic techniques after total hip arthroplasty. METHODS: We retrospectively reviewed the influence of three analgesic techniques on postoperative rehabilitation after total hip arthroplasty in 90 patients divided into three groups (n = 30 patients per group). Postoperative analgesia consisted of continuous epidural analgesia (Epi group), patient-controlled analgesia with morphine (PCA group), or a continuous femoral nerve block (CFNB group). We measured the following parameters relating to postoperative outcome: visual analog scale scores, the use of supplemental analgesia, side effects, length of the hospital stay, plasma D-dimer levels, and the Harris hip score. RESULTS: Each group had low pain scores with no significant differences between the groups. The PCA group had a lower frequency of supplemental analgesia use compared to the Epi and CFNB groups. Side effects (nausea/vomiting, inappetence) and day 7 D-dimer levels were significantly lower in the CFNB group (p < 0.05). There were no significant differences between the groups in terms of the length of the hospital stay or the Harris hip score. CONCLUSIONS: Although there were no clinically significant differences in outcomes between the three groups, the CFNB provided good pain relief which was equal to that of the other analgesics with fewer side effects and lower D-dimer levels in hospitalized patients following total hip arthroplasty.

    DOI: 10.4055/cios.2015.7.2.164

    PubMed

    researchmap

  • 腋窩動脈損傷を合併した上腕骨近位部骨折の2例

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美

    整形・災害外科   57 ( 13 )   1773 - 1777   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    腋窩動脈損傷を合併した上腕骨近位部骨折2例を経験した。症例1は80歳女で、転倒して右肩関節脱臼骨折を受傷し、徒手整復術後に末梢動脈触知不能となり、CT-angiographyで腋窩動脈から上腕動脈の閉塞を認めた。症例2は75歳女で、自転車運転中に転倒して右上腕骨近位部骨折(AO分類11-C2)を受傷、橈骨動脈の拍動の強さが健側よりも弱くCT-angiographyにて右腋窩動脈閉塞を認めた。2例とも緊急で外科的血行再建術と観血的整復内固定術を行い、血行再建までに12時間以上を要した症例1は阻血性麻痺のために術後機能は不良であったが、約8時間で血行再建を行い得た症例2は軽度の手指の拘縮が残存するのみで機能予後は良好であった。動脈損傷の早期診断と迅速な治療が機能予後に大きな影響を与えることを実感した。

    researchmap

  • 脛骨高原後顆骨折に対する鏡視下併用骨接合術

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 井上 洋一, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 2 )   367 - 367   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • TKA感染例に対する二期的再置換術の短期成績

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 井上 洋一, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 2 )   355 - 355   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Image free navigation TKAにおける異なる機種間でのインプラント適合性の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 岡崎 良紀

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 5 )   1161 - 1162   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    内反型変形性膝関節症に対してnavigation TKAを施行した43膝を使用機種別にPFC Σ RPF 21膝(D群)とNexGen 22膝(Z群)に分け、術後gapとインプラント適合性に与える影響をnavigation systemを用いて比較検討した。その結果、両群とも中間可動域においてgap差が開大する傾向を示したが、術後1年における平均可動域およびJOAスコアは両群間で有意差を認めなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20141216150097&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2014.1161&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2014.1161&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 非定型大腿骨骨折の治療経過の検討

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 岡崎 良紀, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 4 )   705 - 706   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    非定型大腿骨骨折12例を対象に、ビスフォスフォネート内服の有無、骨折部位、対側骨皮質肥厚の有無、骨癒合期間について検討した。対象は全例女性で、軽微な外傷に関連して発症していた。平均年齢は73.4歳で、ビスフォスフォネート内服は5例(42%)で認めた。対側骨皮質肥厚所見は6例で認め、うち1例は対側も完全骨折を生じていた。骨折部位は骨幹部が6例、infraisthmusが5例、転子下が1例であった。Primaryの手術で骨癒合を得たのは9例(75%)で、初療より当科で加療開始した症例においては10例中9例(90%)で骨癒合を得た。平均骨癒合期間は7.3ヵ月であった。以上、非定型大腿骨骨折はPrimaryでの髄内釘固定を適切に行えば比較的予後は良好であると考えられた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20141002180003&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2014.705&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2014.705&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 足関節果部骨折(AO 44-C type)における術後脛腓間開大の予測因子の検討

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   36 ( 3 )   725 - 728   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】足関節果部骨折type Cの受傷時の足関節CT axial像に注目し、後果骨片の形状と術後脛腓間開大の関連性を検討した。【対象と方法】対象は2008〜13年までに手術を施行した足関節果部骨折(AO 44-C type)21例。男性15例、女性6例、平均年齢は47.3歳であり全例足関節CT axial像を健側と比較し脛腓間の開大を測定した。【結果】平均脛腓間距離が2mm以上開大した症例は4例で全例type C3であった。今回脛腓間開大を認めた症例4例のうち、2例が後果小骨片の裂離を伴うパターンであり、受傷時MRIにてinterosseous tibio-fibular ligament(以下、IOL)断裂を疑う所見を認めた。【考察】今回認めた後果小骨片裂離を認めるパターンではMRI上、後果裂離骨片とIOLの連続性を疑う所見を認めた。このケースの場合、AITFは基本的に直視下に断裂確認後縫合していることと、後果骨片の存在からIOL損傷が脛腓間開大に関与している可能性が示唆される。また後果骨片を伴わず、受傷時axial CTにて明らかに腓骨切痕全範囲において腓骨が離開している場合はAITF、IOL、PITFLすべての靱帯性損傷が疑われ、この損傷パターンにおいてもスクリュー抜去後脛腓間開大の可能性は高くなるものと思われる。以上2つの損傷パターン(three ligaments rupture pattern、IOL injury associated with posterior fragment pattern)において脛腓間スクリューの長期留置を要する可能性があると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 骨脆弱性骨盤輪骨折に対する観血的治療

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   36 ( 3 )   576 - 580   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    骨脆弱性骨盤輪骨折を生じ、強力な骨粗鬆症治療薬も併用して保存治療を3ヵ月以上行っても遷延癒合となり歩行困難を呈した症例、もしくは骨折部が転位して神経症状を呈した合計6例に手術治療を行った。骨癒合が遷延した症例では、骨密度は年齢相応であるが、血清NTX値が異常高値を示し手術治療の判断材料の1つとなる可能性がある。仙骨H型やU型骨折と骨破壊が強く圧安定性がある場合は早期に手術治療への切り替えが必要である。手術治療を行う場合は、ロッキングプレートやspinal instrument、長いrim screw等を用い強固な内固定が必要であるが、併せて小侵襲も求められる。骨欠損部が大きい場合、ある程度の骨盤輪全体の変形を許容して骨性コンタクトを求め、それでも残る骨欠損部には十分な自家骨移植を行い治療する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • navigation TKAにおける異なる機種間でのインプラント適合性の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 春季学会 )   224 - 224   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • PCL付着部裂離骨折に対する術中3D-imageを用いた低侵襲内固定法

    山田 和希, 塩田 直史, 吉田 昌弘, 山田 晋也

    JOSKAS   39 ( 1 )   178 - 179   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • 脆弱性骨折に対するロッキングプレートの問題点と今後の課題

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   36 ( 2 )   410 - 413   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    著明な骨粗鬆を合併した骨折に対し、ロッキングプレートを用いて内固定を行った症例を検討し、その問題点と対策について、最新治験を明らかにすることを目的にした。上腕骨近位端骨折は内側皮質骨のコンタクトが得られない場合、内反変形を生じ易いためcalcar support screwの挿入を考慮すべきであり、骨幹部間に大きな欠損を認める症例では骨移植あるいは短縮固定が考慮される。上腕骨遠位部および橈骨遠位部骨折ではプレート形状が高齢者の小さな骨格に合わない場合も多く、インプラントの選択には注意する必要がある。人工関節周囲骨折では骨折型に応じた内固定法の選択、すなわち単純骨折では絶対的安定性を、粉砕骨折では相対的安定性を目指した内固定法を選択すべきである。骨癒合が獲得できなければインプラントは生理的負荷で破損する可能性が高くなることを念頭に、早期対策がなされるべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 後外側骨片を有した大腿骨転子部骨折に対するtrochanteric stabilizing plateの使用経験

    岡崎 良紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希

    骨折   36 ( 1 )   85 - 89   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    後外側骨片を有する大腿骨転子部骨折に対して、sliding hip screw(SHS)にtrochanteric stabilizing plate(TSP)を併用した症例の治療成績を検討した。症例は全22例で、性別は、男性10例、女性12例、平均年齢は81.6歳、観察期間は平均27.9週であった。骨折型は、後外側骨片を有するもので、AO分類ではA2.1:9例、A2.2:13例であった。手術は、SHSで内固定した後、TSP先端を後方へベンディングを行い、後外側骨片に対しバットレスプレートとして用いて整復した。術後3D-CTで、大腿骨前縁から骨片後縁までの距離を計測することで後外側骨片の整復位を評価した。後外側骨片は平均11.8mm整復されており全例再転位なく骨癒合が得られた。またラグスクリューのsliding量は最終観察時平均5.2mmであり良好な成績が得られていた。したがって、後外側骨片対し、TSPで支持を行うことは転位防止手段となり、後外側骨片を有する大腿骨転子部骨折に対してTSPを併用したSHS固定は有用であると考察した。(著者抄録)

    researchmap

  • 新開発した上肢骨折手術用手台の有用性

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 ( 5 )   1071 - 1072   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY  

    DOI: 10.11359/chubu.2014.1071

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015166083

  • 観血的矯正を行った足関節外果部疲労骨折の1例

    井上 洋一, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   26 ( 1 )   145 - 148   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    Stress fractures of the lateral malleolus of the ankle joint are rare. Almost all cases are treated conservatively, for example with a casting and/or protected weight-bearing. We report a case of stress fracture of the lateral malleolus of the ankle joint for which correction osteotomy was needed. The patient, a 41-year-old woman, complained of pain in her right ankle after she had starting jogging one month previously. X-ray and CT examinations revealed a distal fibula fracture. X-ray showed a sclerotic change valgus angulation deformity, which seemed to put the malleolus at risk of stress fracture.Therefore, we performed surgical correction.

    DOI: 10.11360/jcsoa.26.145

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014365478

  • 脛骨高原骨折術後の関節軟骨と半月板の関節鏡による評価

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 寺本 亜留美, 望月 雄介, 岡崎 良紀, 山田 晋也

    中国・四国整形外科学会雑誌   25 ( 2 )   450 - 451   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Posterior buttress plate with locking compression plate for Hoffa fracture.

    Tomonori Tetsunaga, Toru Sato, Naofumi Shiota, Masahiro Yoshida, Yusuke Mochizuki, Tomoko Tetsunaga, Arubi Teramoto, Yoshiki Okazaki, Kazuki Yamada

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   18 ( 5 )   798 - 802   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Many difficulties are associated with treating fractures of the posterior condyle of the femur (Hoffa fractures). Anatomical reduction and internal fixation are optimum for such intra-articular fractures. Some surgeons use anteroposterior screws to achieve direct stability. However, screw fixation is not adequate in some cases. To increase stability, we treat Hoffa fractures with a posterior buttress plate; we use a twisted, 1/3 tubular plate at the posterior surface and a supplementary, locking compression plate (LCP) for additional stability. METHODS: Patients who had sustained Hoffa fractures between January 2006 and March 2009 were included in this study. Patients comprised three males and two females with a mean age of 73.6 years at the time of surgery. A 3.5-mm 1/3 tubular plate was twisted and applied to the posterolateral aspect of the distal femur. This was combined with an LCP on the distal femur to achieve a rafting effect. RESULTS: All fractures were healed within 15 weeks. There were no instances of nonunion, infection, or implant removal. The mean range of motion was -3° to 121°. Four patients had no pain in the treated limb and one had mild pain on weight bearing. The average Oxford Knee Score was 44.6 points. All patients achieved satisfactory joint function and regained their walking ability with good clinical results. CONCLUSIONS: Improved stability associated with this technique enables patients to begin range-of-motion training and return to their normal activities sooner; this resulted in good outcome.

    DOI: 10.1007/s00776-013-0410-5

    PubMed

    researchmap

  • 後十字靱帯付着部裂離骨折に対する術中3D-imageを用いた低侵襲内固定法

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 山田 晋也

    JOSKAS   38 ( 4 )   525 - 525   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  

    researchmap

  • Image-free navigationを用いたTKAにおける脛骨コンポーネント設置角度の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 3 )   701 - 702   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    2010年にImage-free navigation(Navi)を用いず人工膝関節置換術(TKA)を行った従来群34関節(男性5膝、女性28膝、平均年齢73.8歳)とNaviを用いてTKAを行ったNavi群33関節(男性5膝、女性28膝、74.8歳)の2群間における脛骨コンポーネントの設置角度について比較検討した。その結果、手術時間は両群間に有意差は認められなかったが、下肢機能軸に対する脛骨コンポーネント設置角度は従来群で平均0.76°外反(5°外反〜3°内反)、Navi群で平均0.29°内反(2.5°外反〜2.6°内反)と有意差を認められた。また、設置角度が3°を超えるoutlierの割合も従来群17.6%、Navi群0%で有意差が認められた。以上、Navi使用により冠状面において従来法と比べ、正確な脛骨コンポーネントの設置が可能であった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20130726120082&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2013.701&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2013.701&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  • 大腿骨転子部骨折における術中整復位の評価と成績 ほんとうに良好な整復位が得られているのか

    塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   35 ( 2 )   345 - 348   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    Sliding hip screwを使用して大腿骨転子部骨折に対する手術を行った23例について、術中単純イメージ像で正確に整復位が確認できるかどうかを後ろ向きに検証し、術中単純イメージを使用しても確認できる"良好な整復位"を獲得する方法を検討した。術中単純イメージのみで"良好な整復位の獲得"を判断することは26.1%で困難だった。改善するには、転位のある31-A1では内側皮質部over腹側anatomicalに整復し、転位のある31-A1もしくは-A2において内側皮質部over腹側overに整復するべきである。加えて術中3D imageを使用して整復位の確認を行うこと、もしくは使用しないのであれば骨折部を直接指でさわり主骨片同士の骨性コンタクトを確認する方法をとることで"良好な整復位を獲得"することが可能であると考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 胸腰椎破裂骨折に対する前方低侵襲手術 AO A3.2 typeに対するmono-segment fusionの意義とVATSの有用性

    山田 和希, 竹内 一裕, 中原 進之介, 高橋 雅也, 高畑 智宏, 寺本 亜留美

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 春季学会 )   97 - 97   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 股関節骨折手術後の静脈血栓塞栓症予防におけるエドキサバンとフォンダパリヌクスの無作為化比較試験

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 2 )   S301 - S301   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 遠位脛腓靱帯間結合が離開している足関節果部骨折の治療経験

    岡崎 良紀, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 山田 和希

    骨折   35 ( 1 )   186 - 189   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    遠位脛腓靱帯間結合が離開している足関節果部骨折において、positioning screw固定し6週で抜去した後の脛腓間距離と臨床成績に関して検討した。対象は、追跡調査が6ヵ月以上可能であった8例とした。男性5例、女性3例、平均年齢は51.2歳。骨折型はAO分類44-B3:1例、C1:1例、C2:4例、C3:2例であった。整復、内固定を行った後、positioning screwを挿入し、術後6週で抜去を行い荷重開始した。抜去後の単純X線より脛腓間距離を測定し、臨床成績を調査した。脛腓間距離は、抜去後から3ヵ月目までに離開する傾向がみられた。臨床成績は、good:6例、fair:2例であり、脛腓間離開が2mm以上の症例において、足関節部疼痛が残存した。2mm以上の離開例は、靱帯主体の損傷であった。固定期間は、6週間では不十分であることが示唆され、症例別に固定期間を選別・再考する必要があると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 足関節果部骨折(AO 44-C type)に対する治療法の検討 腓骨の正確な整復位の獲得法について

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   35 ( 1 )   190 - 193   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】腓骨の短縮や外旋転位固定は距腿関節における接触面積の減少あるいは関節の不安定性を引き起こし、高率に外傷後関節症の発生を引き起こすことが知られている。特にtypeC骨折は、術中に腓骨の整復位を正確に評価することは難しい。今回、我々は当院で治療した足関節果部骨折(AO44-C type)を評価し腓骨の正確な整復位の獲得法について検討した。【対象および方法】対象は2009年より当院で治療された足関節果部骨折(AO44-C type)8症例であり平均年齢51.5歳、C2 4例、C3 4例であった。健側のCT所見と比較することで、術後の腓骨の整復位の垂直転位、回旋角度、脛腓間距離、前後移動について検討した。【結果】8症例のうち健側のCT所見と比較した結果、腓骨の回旋角度は平均5.02°の外旋、腓骨の前後移動は平均0.06mmの後方移動、脛腓間は平均0.87mmの短縮、腓骨の垂直方向転移に関しては明らかな症例は認めなかった。【考察】今回の検討の結果、足関節果部骨折(AO44-C type)の治療において健側と比較すると腓骨の軽度外旋位、後方移動、脛腓間短縮固定が確認された。腓骨の正確な整復位を確認するには、特に回旋に関しては術前に健側のCT所見にて脛骨の腓骨切痕と腓骨の前後軸のなす角度を計測しておき、これを参考にすることで正確な回旋位を獲得することができると思われる。(著者抄録)

    researchmap

  • 烏口突起骨折における術中3D-CT navigation system使用の有用性について

    吉田 昌弘, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 望月 雄介, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   211 - 212   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.211

    CiNii Article

    researchmap

  • 上腕骨骨幹部骨折後癒合不全の治療経験

    岡崎 良紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山田 和希

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 5 )   1115 - 1116   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.1115

    CiNii Article

    researchmap

  • 大腿骨後顆骨折(Hoffa骨折)に対してバットレスプレートを用いた治療経験

    望月 雄介, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山脇 正, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀, 山田 和希

    中国・四国整形外科学会雑誌   25 ( 2 )   247 - 249   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    Posterior condyle fractures of the femur (Hoffa fractures) are generally treated by anterior to posterior-directed screw fixation. However, such screw fixation sometimes failes because of poor bone quality. To enhance the fixation strength, posterior buttress plate was used, and the clinical results including union time, ROM of the knee joint and gait ability were estimated. Although all cases were geriatric fractures, the reduction position was maintained without any displacement. Therefore, the posterior buttress plating method appears to be advantageous in this setting.

    DOI: 10.11360/jcsoa.25.247

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014097067

  • 上腕動脈損傷を併った上腕骨近位部骨折の2例

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀

    中国・四国整形外科学会雑誌   24 ( 3 )   522 - 522   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • Image-free navigationを用いたTKAにおける脛骨コンポーネントの設置角度の検討

    山田 和希, 佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 望月 雄介

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 ( 秋季学会 )   74 - 74   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 胸腰椎破裂骨折に対する前後方固定術の治療成績とMISの有用性

    山田 和希, 中原 進之介, 竹内 一裕, 高橋 雅也, 橋本 敏行, 寺本 亜留美, 岡崎 良紀

    骨折   34 ( Suppl. )   S210 - S210   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    researchmap

  • 人工股関節周囲骨折に対する観血的治療

    佐藤 徹, 塩田 直史, 鉄永 智紀, 山脇 正, 吉田 昌弘, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀

    骨折   34 ( 2 )   345 - 348   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    全人工股関節置換術(THA)後骨折の骨折型と治療法の関連性および問題点を検討し、治療のプロトコールを作成することを目的にした。20例中18例で骨接合術が選択された。骨折部の粉砕のない症例は骨折部にギャップを生じない整復位を得ることが骨癒合の遷延化を予防する。近位骨片の固定性を得るためにケーブルワイヤープレートの使用は必須であり、プレートのcontourの必要性はロッキングプレートで軽減した。人工股関節・膝関節周囲骨折例合併例は2例とも著明な骨粗鬆を合併した関節リウマチ例で、粉砕骨折となり、最小侵襲プレート骨接合法(MIPO法)で良好な骨癒合が得られた。治療上のキーポイントは応力集中を避けることと、どのような安定性を獲得するのか、ということを術前に計画し、インプラントの長さ、種類を選択することである。Revision THAが2例で選択されたが、いずれも骨癒合は遷延化した。(著者抄録)

    researchmap

  • 腰椎分離すべり症に対するS4 SRIを用いたPLIFの治療成績

    山田 和希, 中原 進之介, 竹内 一裕, 高橋 雅也, 橋本 敏行, 寺本 亜留美

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 ( 春季学会 )   49 - 49   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡下椎間板切除術(MED)の再手術例の検討 MEDの利点と問題点

    山田 和希, 中原 進之介, 竹内 一裕, 高橋 雅也, 橋本 敏行, 寺本 亜留美

    Journal of Spine Research   3 ( 3 )   248 - 248   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    researchmap

  • SUMMIT stemの短期成績

    鉄永 智紀, 佐藤 徹, 塩田 直史, 吉田 昌弘, 山脇 正, 望月 雄介, 寺本 亜留美, 山田 和希, 岡崎 良紀

    中国・四国整形外科学会雑誌   24 ( 2 )   227 - 230   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    The present study examined the short-term results of cementless total hip arthroplasty (THA) using SUMMIT stems. We treated 30 patients during the period between May 2009 and May 2010. The average age of the patients at the time of surgery was 68 years, and the average postoperative follow-up period was 16 months. There was no early stem subsidence after surgery. The average Japanese Orthopaedic Association hip scores increased from a preoperative mean of 42 to a mean of 93 at one year after surgery. No complications occurred. Of the 30 hips, 20 (66%) showed roentgenographic signs of stem osseointegration at one year. Stress shielding occurred in 17 hips (59%), but was not progressive. These short-term data indicate that the SUMMIT stem is capable of delivering good results.

    DOI: 10.11360/jcsoa.24.227

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013107542

  • 内視鏡下椎間板切除術(MED)の有用性と問題点の検討

    山田 和希, 橋本 敏行, 中原 進之介, 竹内 一裕, 高橋 雅也, 寺本 亜留美

    中国・四国整形外科学会雑誌   23 ( 3 )   445 - 445   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当科における鎖骨遠位端骨折に対するtension band wiring法の治療成績

    山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 鉄永 智紀, 吉田 昌弘, 山脇 正

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 ( 秋季学会 )   43 - 43   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    researchmap

  • 鼠径部ガングリオンの圧迫による総大腿静脈狭窄が原因と考えられた下肢静脈瘤の1例

    山田 和希, 廣岡 茂樹, 外田 洋孝, 折田 博之

    静脈学   21 ( 2 )   179 - 179   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 整形外科 SURGICAL TECHNIQUE BOOKS7 若手医師のための超入門関節鏡視下手術

    山田 和希, 内田 宗志( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章 股関節鏡視下手術 08 鏡視下中殿筋修復術,小転子切除術,坐骨神経剥離術)

    メディカ出版  2020年5月  ( ISBN:9784840472234

     詳細を見る

    総ページ数:262p   担当ページ:199-206   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

  • Hip Surgery: Tricks of the Trade 国際共著

    Yamada K, Pascual-Garrido C, Uchida S( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Arthroscopic Osteochondral Autologous Transplantation (OAT) of the Femoral Head and Acetabulum)

    Thieme Publishers 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • THA後の腸腰筋障害に対する股関節鏡下腸腰筋腱部分切離術の治療経験

    安藤 輝彦, 山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 井上 智博, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   392 - 392   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • THA後の腸腰筋障害とその対策

    廣瀬 一樹, 山田 和希, 鉄永 智紀, 小浦 卓, 井上 智博, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   392 - 392   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 人工股関節全置換術における軟部組織保護に対する取り組み

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 井上 智博, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   389 - 389   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるAR Hip Navigation Systemのカップアライメント精度

    井上 智博, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 3 )   388 - 388   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 大腿骨延長後骨折の変形治癒に対して3次元骨切り術を施行した片側肥大の1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 井上 智博, 尾崎 敏文, 赤澤 啓史, 青木 清, 寺本 亜留美, 田中 千晴

    中国・四国整形外科学会雑誌   34 ( 2 )   325 - 325   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中国・四国整形外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるAR Hip Navigation Systemを用いたカップ設置の精度の検討

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 8 )   S1711 - S1711   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 小児化膿性股関節炎に対するα-ディフェンシン検出キットの使用経験

    小浦 卓, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   45回   224 - 224   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨・関節感染症学会  

    researchmap

  • 【発育性股関節形成不全の基礎と臨床】DDHの画像診断

    山田 和希, 鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 遠藤 裕介, 三谷 茂, 尾﨑 敏文

    関節外科   41 ( 4 )   354 - 362   2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    DOI: 10.18885/JJS.0000000945

    researchmap

  • 【発育性股関節形成不全の基礎と臨床】歩行開始後DDHに対する観血的整復術(広範囲展開法)の実際と臨床成績

    鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 尾﨑 敏文

    関節外科   41 ( 4 )   411 - 418   2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    DOI: 10.18885/JJS.0000000951

    researchmap

  • DDH加療後のColonna手術後症例と保存的cast加療後の症例に対するTHAの手術成績比較 半世紀の経過観察

    遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 難波 良文, 三谷 茂, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 3 )   S788 - S788   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する広範囲展開法術後の三次元動態解析

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 遠藤 裕介, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 2 )   S312 - S312   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 廣瀬一樹, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦卓, 尾崎敏文, 久保田聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(CD-ROM)   40th   2022年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3の相関

    廣瀬一樹, 廣瀬一樹, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 小浦卓, 井上智博, 服部高子, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   49th   2022年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 服部高子, 滝川正春, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦卓, 尾崎敏文, 久保田聡

    日本骨形態計測学会雑誌   32 ( 1 )   2022年

     詳細を見る

  • 発育性股関節形成不全に対するSalter innominate osteotomyの短期成績

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 3 )   S84 - S84   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    researchmap

  • 腰仙椎の癒合がpincer lesionの原因と考えられた若年アスリートに発症した大腿骨寛骨臼インピンジメントの1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 小浦 卓, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 3 )   S131 - S131   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症モデルとしてのCCN3過剰発現マウス

    廣瀬 一樹, 服部 高子, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 尾崎 敏文, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   151 - 151   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1506 - S1506   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 当院で施行したキアリ骨盤骨切り術の術後成績

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 尾崎 敏文

    Hip Joint   47 ( 1 )   365 - 369   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における恥骨骨切り面の接触評価 恥骨骨切り面の接触面積は恥骨偽関節発生に関与する

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    Hip Joint   47 ( 1 )   386 - 390   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    researchmap

  • DDH治療後の腸腰筋断面積の検討

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 1 )   44 - 46   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    発育性股関節形成不全(以下、DDH)に対して、当院では観血的整復術(広範囲展開法:田邊法、以下、OR)の適応を保存的整復不成功例や歩行開始後の診断遅延例とし、ORで腸腰筋前方移行を行っている。本研究の目的は、腸腰筋の断面積をOR群とRiemenbuegel装具による保存的整復(以下、CR)群で比較し、ORにおける腸腰筋前方移行の影響を明らかにすることである。対象はDDH症例26例26股(女:男23:3)。OR群13例、CR群13例、CT axial viewで、S2椎間孔、臼蓋上縁、恥骨結合の各高位で腸腰筋断面積の健側に対する患側の割合(以下、%Area)を求め、OR群とCR群で比較した。結果、各高位の%Area(%)はOR群で有意に小さく、腸腰筋前方移行により長期的には腸腰筋のボリュームが低下していた。腸腰筋の機能として股関節屈曲、腰椎屈曲、側屈に加え姿勢制御がある。最終観察時に症状はなかったが、長期的には腰痛等生じる可能性はあり、注意深い経過観察が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • DDH治療後の腸腰筋断面積の検討

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾崎 敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   30 ( 1 )   44 - 46   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児整形外科学会  

    発育性股関節形成不全(以下、DDH)に対して、当院では観血的整復術(広範囲展開法:田邊法、以下、OR)の適応を保存的整復不成功例や歩行開始後の診断遅延例とし、ORで腸腰筋前方移行を行っている。本研究の目的は、腸腰筋の断面積をOR群とRiemenbuegel装具による保存的整復(以下、CR)群で比較し、ORにおける腸腰筋前方移行の影響を明らかにすることである。対象はDDH症例26例26股(女:男23:3)。OR群13例、CR群13例、CT axial viewで、S2椎間孔、臼蓋上縁、恥骨結合の各高位で腸腰筋断面積の健側に対する患側の割合(以下、%Area)を求め、OR群とCR群で比較した。結果、各高位の%Area(%)はOR群で有意に小さく、腸腰筋前方移行により長期的には腸腰筋のボリュームが低下していた。腸腰筋の機能として股関節屈曲、腰椎屈曲、側屈に加え姿勢制御がある。最終観察時に症状はなかったが、長期的には腰痛等生じる可能性はあり、注意深い経過観察が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 体外式膜型人工肺装着患者の理学療法介入に伴う乳酸値の変化に着目した1症例

    山田 和希, 西田 昌平, 米田 千夏, 田村 将臣, 尾田 友広, 藤田 健亮

    理学療法学   47 ( Suppl.1 )   PS8 - 41   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本理学療法士協会  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後での三次元的大腿骨頭移動はADLに影響するか

    鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 鉄永 倫子, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S972 - S972   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 小児循環器領域血管撮影における患者被ばく低減の試み

    山田 和希, 山田 雅亘, 林 輝仁, 堀之内 宏樹, 喜多 嘉伸, 村川 圭三, 福田 哲也

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   77回   161 - 162   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • Actisの1年経過時臨床成績

    鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 廣瀬一樹, 尾崎敏文

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   51st   2021年

     詳細を見る

  • 当院で施行したActisを使用したTHAのZedHipを用いた術後評価

    佐藤嘉洋, 鉄永智紀, 山田和希, 廣瀬一樹, 尾崎敏文

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   51st   2021年

     詳細を見る

  • 当院でのαディフェンシン検出キットの使用経験

    廣瀬一樹, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 尾崎敏文

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   51st   2021年

     詳細を見る

  • 新しいイメージレスナビゲーションシステム「Naviswiss」のカップ設置精度

    山田和希, 鉄永智紀, 佐藤嘉洋, 廣瀬一樹, 尾崎敏文

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   51st   2021年

     詳細を見る

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬一樹, 中田英二, 服部高子, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    移植(Web)   56 ( 4 )   2021年

     詳細を見る

  • 上顎悪性腫瘍術後の腓骨皮弁にインプラント義歯による咬合再建を行った1例

    谷口 弘樹, 平井 大輝, 山本 莉菜, 波多野 魁人, 山田 和希, 千田 正, 矢田 光絵, 山田 龍平, 石原 修

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   19 ( 3 )   200 - 200   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 股関節炎を契機に診断された強直性脊椎炎の1例

    山田和希, 那須義久, 鉄永智紀, 佐藤嘉洋, 廣瀬一樹, 中原龍一, 西田圭一郎, 尾崎敏文

    日本小児整形外科学会雑誌   29 ( 3 )   2020年

     詳細を見る

  • HipAlignの脚延長精度の検討

    鉄永智紀, 鉄永智紀, 山田和希, 三喜知明, 河村涌志, 佐藤嘉洋, 尾崎敏文

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   50th   2020年

     詳細を見る

  • 股関節唇のSafranin O染色性の局在と影響を与える因子

    佐藤嘉洋, 鉄永智紀, 河村涌志, 山田和希, 廣瀬一樹, 尾崎敏文

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   47th ( 2 )   737 - 739   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本股関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • メカニカルストレスにより関節唇変性が誘導される

    河村涌志, 鉄永智紀, 山田和希, 三喜知明, 佐藤嘉洋, 尾崎敏文

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   33rd   2020年

     詳細を見る

  • 仰臥位用HipAlignのカップアライメント精度

    鉄永智紀, 遠藤裕介, 山田和希, 三喜知明, 河村涌志, 尾崎敏文

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   49th   2019年

     詳細を見る

  • 高齢者に対するConjoined Tendon Preserving Posteriorアプローチによる人工骨頭置換術

    鉄永智紀, 鉄永智紀, 藤原一夫, 遠藤裕介, 三宅孝昌, 山田和希, 三喜知明, 尾崎敏文

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   48th   2018年

     詳細を見る

  • THA後の骨盤骨折に対し一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    根津智史, 遠藤裕介, 山田和希, 野田知之, 三喜知明, 鉄永智紀, 河村涌志, 尾崎敏文

    中国・四国整形外科学会雑誌   30 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • THA再置換術後に遅発性Bacteroides感染を生じた1例

    三宅孝昌, 遠藤裕介, 鉄永智紀, 藤井洋佑, 山田和希, 尾崎敏文

    日本人工関節学会誌   47   2017年

     詳細を見る

  • Fixation transtibiale des l?sions de la racine post?rieure du m?nisque m?dial. Un guide de vis?e sp?cifique am?liore le positionnement du tunnel tibial

    T. Furumatsu, Y. Kodama, M. Fujii, T. Tanaka, T. Hino, Y. Kamatsuki, K. Yamada, S. Miyazawa, T. Ozaki

    Revue de Chirurgie Orthopedique et Traumatologique, Revue de Chirurgie Orthopedique et Reparatrice de l'Appareil Moteur, Revue d'orthope?die et de chirurgie de l'appareil moteur   103 ( 3 )   1 - 50   2017年

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 著明に肥大した後方関節唇による股関節後方インピンジメントの1例

    山田 和希, 佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第12回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月17日 - 2020年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳性麻痺患者の脱臼性股関節症に対し人工股関節全置換術を行った1例

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第31回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日 - 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DDH 治療後の腸腰筋断面積の検討

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第31回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日 - 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節炎を契機に診断された強直性脊椎炎の1例

    山田 和希, 那須 義久, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 中原 龍一, 西田 圭一郎, 尾﨑 敏文

    第31回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日 - 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前外側アプローチ THA の前方関節包修復群と切除群における術後外旋可動域の比較

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第28回岡山関節外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HipAlign lateral position と supine position の精度検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における恥骨骨切り面の接触評価 - 恥骨骨切り面の接触状態は恥骨偽関節発生に関与する -

    山田 和希, 鉄永 智紀, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 当院で施行したキアリ骨盤骨切り術の術後成績

    廣瀬 一樹, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節唇の Safranin O 染色性の局在と影響を与える因子

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文, 河村 涌志

    第47回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月23日 - 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 機械的刺激によって股関節唇の脂肪細胞分化が誘導される

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 廣瀬 一樹, 尾﨑 敏文

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 落錘式衝撃試験による模擬骨を用いた寛骨臼の衝撃抵抗性の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月15日 - 2020年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後での大腿骨頭移動に関する三次元的解析

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全股に対する寛骨臼回転骨切り術前後における骨頭被覆と X 線学的指標の比較検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The use of partial thread absorbable screws is a risk factor of the correction loss following rotational acetabular osteotomy

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における恥骨骨切り面の接触評価 - 恥骨骨切り面の接触面積は恥骨偽関節発生に関与する -

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月11日 - 2020年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 後方股関節唇の肥大による大腿骨頭の陥没と後方インピンジメントを来した症例に対する股関節鏡手術の経験

    佐藤 嘉洋, 山田 和希, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第134回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月10日 - 2020年4月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院で施行した ACTIS を用いた THA の術後1年の成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セメントレスインプラント挿入時におけるナイロンハンマーとステンレスハンマーの打ち込み力の差の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 初回 THA 術後に頻回脱臼となったシャルコー関節と考えられる1例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外反膝変形を伴った殿筋内脱臼に対する THA の1例

    遠藤 裕介, 宮澤 慎一, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • アナトミカルショートモジュラーネックステムの初期固定様式に関する3次元的解析

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Preserve αステムを用いた人工股関節全置換術の1年以上経過した短期成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HipAlign の脚延長精度の検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第50回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Mechanical stretch induces ossification of the acetabular labrum

    Kawamura Y, Tetsunaga T, Yamada K, Sanki T, Sato Y, Ozaki T

    ORS 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The impaction resistance of the acetabulum in relation to bone quality and the thickness of the medial wall during insertion of a cementless cup in total hip arthroplasty : a biomechanical study

    Sanki T, Tetsunaga T, Kawamura Y, Yamada K, Ozaki T, Sumasu Y, Inoue T, Nakashima Y

    ORS 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日 - 2020年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 殿筋内完全脱臼に対する THA の2例

    遠藤 裕介, 大森 敏規, 宮澤 慎一, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 打撲後皮下血腫により皮膚壊死が生じ THA 感染に至った von Willebrand 病の1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節手術における3D プリンター活用の試み

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cemented Metal-Backed cup の再置換経験

    遠藤 裕介, 大森 敏規, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第26回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院で施行した Prime-N を用いた THA の術後3年の成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節唇の染色性と変形性股関節症との関連

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ナイロンハンマーとステンレスハンマーの打ち込み力の差の検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第52回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月23日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大腿骨内反骨切り術後の CT による頚体角の評価

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 当院で施行した創外固定を用いた骨延長術の短期成績

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 広範囲展開法術後症例に対する寛骨臼回転骨切り術の検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 赤澤 啓史, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DDH 治療後の骨成熟時における3次元的骨頭被覆と X 線学的指標の関連

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する広範囲展開法後の偽関節包の MRI 評価

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 遠藤 裕介, 尾﨑 敏文

    第30回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節の関節裂隙開大距離と関節弛緩性およびX線学的指標についての検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 6歳で発見された両側股関節脱臼の1例

    遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術前後の大腿骨頭移動の検討

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cam-type FAI に対する骨軟骨形成術において cam 切除量を定量化した1例 - camの至適切除量の定量化にむけた試み -

    佐藤 嘉洋, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全股における骨頭被覆とX線学的指標の比較検討

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節唇の染色性と変形性股関節症との関連

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 寛骨臼骨折の治療戦略 - 外傷外科医の立場より -

    野田 知之, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Prediction of acetabular development after open reduction in developmental dysplasia of the hip

    Yamada K, Tetsunaga T, Miyake T, Sanki T, Kawamura Y, Ozaki T

    RCOST 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月20日 - 2019年10月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節唇細胞の周期的伸長刺激に対する代謝と遺伝子発現の変化

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第34回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月17日 - 2019年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 治療に難渋している片側肥大症の1例

    山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 青木 清, 寺本 亜留美

    第9回中国・四国小児整形外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節鏡手術における牽引時関節裂隙開大距離に関する検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第15回日本股関節鏡研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科の Burch-Schneider cage の使用経験

    鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 佐藤 嘉洋, 尾﨑 敏文

    第25回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スポーツ選手の鼠径部痛に対する当科の取り組み

    山田 和希

    第43回岡山スポーツ医科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遺伝性痙性対麻痺による尖足に対してアキレス腱延長術を行った1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第31回日本運動器科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月6日 - 2019年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 男子中学生に生じた変形性股関節症の1例

    鉄永 智紀, 河村 涌志, 山田 和希, 三喜 知明, 佐藤 嘉洋, 赤澤 啓史, 尾﨑 敏文

    第58回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 6歳の未治療両側脱臼に対する治療経験

    遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第58回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MRI での発育性股関節形成不全(DDH)の予後

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第58回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月28日 - 2019年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • The ultrasonic imaging of the sternocleidomastoid muscle in case of the natural healing and the residual tightness

    Aoki K, Akazawa H, Teramoto A, Yamada K, Tetsunaga T

    KJCOS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月21日 - 2019年6月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 股関節鏡手術における関節裂隙開大距離に関する検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月13日 - 2019年6月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 8歳以上で発症した Perthes 病において入院免荷療法は有用か

    鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 高橋 右彦, 青木 清, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における術後矯正損失に関与する因子の検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 浅海 浩二, 梶谷 充, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Anterolateral supine での portable navigation と CT based navigation のカップアライメント精度の比較検討

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • DDH 治療後の股関節骨形態と外旋制限の検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 成人後の股関節形成は寛骨臼の深さで小児期に予測できるか

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人後に骨軟化症(くる病)の大腿骨不全骨折に対して手術加療した1例

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第132回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月5日 - 2019年4月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • IBG によるステム再置換の治療経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文, 浅海 浩二, 真鍋 博規, 三谷 茂, 難波 良文, 三宅 由晃

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 術後エドキサバン内服例の VTE 予測因子について

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Metal-on-Poly 摺動面人工股関節置換術後に生じた ARMD の1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 仰臥位用 HipAlign のカップアライメント精度

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • THA 後の骨盤骨折に対して一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第49回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月15日 - 2019年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The correction loss following rotational acetabular osteotomy

    Yamada K, Endo H, Tetsunaga T, Sanki T, Kawamura Y, Ozaki T

    ORS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月2日 - 2019年2月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Investigation of the resistance of acetabulum in insertion of acetabular cup implants using drop weight impact testing

    Sanki T, Tetsunaga T, Yamada K, Kawamura Y, Sumasu Y, Inoue T, Nakashima Y, Ozaki T

    ORS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月2日 - 2019年2月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 対応に苦慮しているシャルコー関節と考えられる1例

    遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第24回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 術後のステムゆるみで複数回ステム再置換となった1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第24回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 再置換術後に遅発性 Bacteroides 感染を生じ再燃を繰り返した1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 三喜 知明, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 皆川 寛, 三宅 孝昌

    第24回岡山 THA 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 8歳以上で発症したペルテス病の治療成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第29回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月14日 - 2018年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨延長後仮骨形成不良の2例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第29回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月14日 - 2018年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 当院における筋性斜頚の手術件数の推移

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 赤澤 啓史, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第29回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月14日 - 2018年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 後の骨盤骨折に対し一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    根津 智史, 遠藤 裕介, 山田 和希, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第51回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月24日 - 2018年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA における fit and fill 型 straight stem の初期骨接触状態と骨反応の関連性の検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第46回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月9日 - 2018年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼回転骨切り術における術後矯正損失の検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 浅海 浩二, 梶谷 充, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第45回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日 - 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 歩行困難を訴えた若年性股関節唇単独損傷の2例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第45回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日 - 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 若年者における外傷性広範囲大腿骨頭壊死の1例

    河村 涌志, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第45回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日 - 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 片側性発育性股関節形成不全(脱臼)の対側股関節形成の評価

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第45回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月26日 - 2018年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Femoroacetabular impingement (FAI) に対して股関節鏡手術を施行した1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 古市 州郎, 三谷 茂, 尾﨑 敏文

    第26回岡山関節外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT based landmark matching navigation における参照点追加による THA cup 設置精度の比較検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月11日 - 2018年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 当科における股関節鏡の合併症

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第131回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月5日 - 2018年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Labral tear of the hip in young adults complaining of walking difficulty: report of two cases

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 河村 涌志, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第14回日本股関節鏡研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Clinical Outcome and Return to Play Following Hip Arthroscopic Surgery for Femoroacetabular Impingement Syndrome in Collision Athletes

    山田 和希, 畠山 昌久, 大西 康央, 下平 浩揮, 高田 真一朗, 酒井 昭典, 内田 宗志

    第14回日本股関節鏡研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平成30年度岡山大学整形外科桃整会夏季セミナー 招待

    山田 和希

    平成30年度岡山大学整形外科桃整会夏季セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 骨延長後仮骨形成不良の2例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第8回中国・四国小児整形外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • IBG による大腿骨再建の治療経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 浅海 浩二, 真鍋 博規, 三谷 茂, 難波 良文, 三宅 由晃

    第23回岡山THA懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 8歳以上で発症したペルテス病の治療成績

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第8回中国・四国小児整形外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 後の骨盤骨折に対して一期的に骨接合術と再置換術を施行した2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 野田 知之, 三喜 知明, 鉄永 智紀, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第23回岡山THA懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 再置換術後に遅発性 Bacteroides 感染を生じ再燃を繰り返した1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 鉄永 智紀, 山田 和希, 皆川 寛, 尾﨑 敏文

    第41回日本骨・関節感染症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ステム周囲骨折に対するセメントロングステム再置換

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 高木 徹, 臼井 正明, 藤井 洋佑, 高尾 敦

    第44回日本骨折治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サッカー選手に生じた変形性股関節症の1例

    河村 涌志, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第57回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月22日 - 2018年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大腿骨頭低形成の1例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 山田 和希, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第57回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月22日 - 2018年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 化膿性股関節炎の2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第57回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月22日 - 2018年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全 (DDH) の健側と患側で予後予測に差はあるか

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 山田 和希, 三喜 知明, 河村 涌志, 尾﨑 敏文

    第57回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月22日 - 2018年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寛骨臼形成不全(DDH)、境界型DDH (BDDH)、大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)の MRI における関節外病変の発生頻度

    下平 浩揮, 鈴木 仁士, 畠山 昌久, 髙田 真一朗, 山田 和希, 内田 宗志

    第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月14日 - 2018年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Suture bridge 法にて固定した坐骨骨端線離開の1例

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月14日 - 2018年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Accuracy of Cup Positioning with the CT-Based 2D-3D Matched Navigation System : A Prospective,Randomized and Controlled Study

    Yamada K, Endo H, Tetsunaga T, Sanki T, Ozaki T

    The 28th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月14日 - 2018年6月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HipAlign Lateral Position と CT based navigation system のカップアライメント精度の比較検討

    鉄永 智紀, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA cup 設置における CT free ナビと CT based ナビの精度検証

    遠藤 裕介, 三喜 知明, 山田 和希, 鉄永 智紀, 藤原 一夫, 三宅 孝昌, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新規開発の股関節用 CT ベースナビゲーションシステムの精度解析

    藤原 一夫, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 遠藤 裕介, 井上 貴之, 中島 義雄, 杉田 直彦, 光石 衛, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • コリジョンアスリートの Femoroacetabular impingement (FAI) に対する股関節鏡手術の治療成績

    山田 和希, 内田 宗志, 畠山 昌久, 金崎 志帆, 大西 康央, 下平 浩揮, 鈴木 仁士, 高田 真一朗, 酒井 昭典

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人後の股関節形成は小児期に予測できるか

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 藤原 一夫, 尾﨑 敏文

    第91回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Investigation of cup contact ratio by newly developed three dimensional templating software in total hip arthroplasty

    Sanki T, Fujiwara K, Tetsunaga T, Miyake T, Yamada K, Mitsuishi M, Inoue T, Nakashima Y, Ozaki T

    ORS 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月10日 - 2018年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • THA セメントステム周囲骨折に対するセメントロングステムの治療経験

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 高木 徹, 伊達 宏和, 尾﨑 敏文

    第48回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月23日 - 2018年2月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mega prosthesis による再置換の治療経験

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 鉄永 智紀, 山田 和希, 尾﨑 敏文, 高木 徹, 伊達 宏和

    第48回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月23日 - 2018年2月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新規開発 THA 用 CT ベースナビゲーションシステムの精度評価

    藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 遠藤 裕介, 杉田 直彦, 光石 衛, 井上 貴之, 中島 義雄, 尾﨑 敏文

    第48回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月23日 - 2018年2月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高齢者に対する Conjoined Tendon Preserving Posterior アプローチによる人工骨頭置換術

    鉄永 智紀, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第48回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月23日 - 2018年2月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 先天性内反足を伴ったNager症候群の2例

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 島村 安則, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 藤原 一夫, 尾﨑 敏文

    第28回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月7日 - 2017年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビタミンE添加ポリエチレンライナー使用THAの短期成績

    三喜 知明, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第37回整形外科バイオマテリアル研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 独自開発三次元計画ソフトウェアによる THA のカップ接触面積の検討

    三喜 知明, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 遠藤 裕介, 光石 衛, 井上 貴之, 中島 義雄, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工股関節全置換術における寛骨臼内参照点を用いたregistration精度

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 遠藤 裕介, 阿部 信寛, 杉田 直彦, 光石 衛, 井上 貴之, 中島 義雄, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 内側半月板後根断裂に対する縫合法の破断強度比較 - ブタ膝を用いた研究 -

    藤井 政孝, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 児玉 有弥, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 山田 和希, 岡﨑 良紀, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA cup設置におけるCT based fuloro matching navigationとlandmark maching navigationのRCTによる精度比較

    遠藤 裕介, 山田 和希, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 藤原 一夫, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第32回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月26日 - 2017年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節鏡手術に際し VAPR の破損を生じた2例

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 山田 和希, 三宅 孝昌, 尾﨑 敏文

    第44回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月20日 - 2017年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HipAlign Lateral Position を併用した THA のカップアライメントの検討

    鉄永 智紀, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第44回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月20日 - 2017年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA cup 設置における CT based navigation と CT free navigation の有用性の比較検討

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 山田 和希, 鉄永 智紀, 藤原 一夫, 尾﨑 敏文

    第50回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月14日 - 2017年10月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mega prosthesisによるTHA再置換の治療経験

    三喜 知明, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 鉄永 智紀, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第129回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月6日 - 2017年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FAI に合併した大腿骨頚部疲労骨折に対し股関節鏡手術を施行した2例

    山田 和希, 鈴木 仁士, 畠山 昌久, 高田 信一郎, 下平 浩揮, 池田 直史, 酒井 昭典, 内田 宗志

    第13回日本股関節鏡研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新体操選手に生じた股関節症の1例

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第56回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月23日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する観血的整復術後成績不良因子の検討

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第56回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月23日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先天性多発関節拘縮症に伴う股関節脱臼に対する広範囲展開法の長期成績

    三喜 知明, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文, 赤澤 啓史

    第56回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月23日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内側半月板後根損傷に対する pullout repair による半月板逸脱抑制効果の検討

    釜付 祐輔, 古松 毅之, 藤井 政孝, 児玉 有弥, 井上 博登, 日野 知仁, 山田 和希, 宮澤 慎一, 尾﨑 敏文

    第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 股関節鏡手術に際し VAPR の破損を生じた2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 尾﨑 敏文

    第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ブタ膝半月板縫合における縫合糸張力と断裂部にかかる圧の解析

    藤井 政孝, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 児玉 有弥, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 脛骨顆間隆起間の開大は完全円板状外側半月の存在を示唆する

    日野 知仁, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文

    第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前十字靭帯再建術前後における外側半月板後節の変化 - Open MRI による解析 -

    日野 知仁, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文

    第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Combination therapy with continuous femoral nerve block and periarticular multimodal drug infiltration after total hip arthroplasty

    Tetsunaga T, Fujiwara K, Endo H, Miyake T, Yamada K, Sanki T, Ozaki T

    The27th Korean-Japanese Combined Orthopaedic Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月25日 - 2017年5月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院の先天性内反足に対する治療成績

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脛骨顆間隆起間距離の開大は完全型円板状外側半月板の診断指標となる

    日野 知仁, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Anatomic alignment 法における脛骨骨切り面形状の解析 - Mechanical alignment 法との比較 -

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 井上 博登, 児玉 有弥, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文, 塩田 直史

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TKA 術後出血および VTE 発生に及ぼすトラネキサム酸関節内投与の影響

    釜付 祐輔, 宮澤 慎一, 古松 毅之, 藤井 政孝, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 日野 知仁, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HA cup 設置における CT based navigation と CT free navigation の精度比較

    遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 山田 和希, 鉄永 智紀, 藤原 一夫, 藤井 洋佑, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する観血的整復術後成績不良因子の検討

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 藤原 一夫, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tensioning によるヒト自家移植腱と縫合部位における伸長距離の解析

    藤井 政孝, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 妹尾 則孝, 増田 賢二, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TKA 術後の矢状面骨盤傾斜に影響を与える因子の検討

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第90回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月18日 - 2017年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tibial eminence width can predict the presence discoid lateral meniscus

    Hino T, Furumatsu T, Miyazawa S, Fujii M, Inoue H, Kodama Y, Yamada K, Kamatsuki Y, Ozaki T

    OARSI 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月27日 - 2017年4月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tibial eminence width percentage can predict the presence of complete discoid lateral meniscus

    Hino T, Furumatsu T, Miyazawa S, Fujii M, Inoue H, Kodama Y, Yamada K, Kamatsuki Y, Ozaki T

    ORS 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月19日 - 2017年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lateral meniscal Extrusion can be an indicator to estimate severity of the lateral meniscus posterior root tear in anterior cruciate ligament-injured Knees

    Kamatsuki Y, Furumatsu T, Kodama Y, Miyazawa S, Fujii M, Inoue H, Yamada K, Hino T, Ozaki T

    ORS 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月19日 - 2017年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tibal Tunnel position Can Affect Extrusion of the Lateral Meniscus Following Anatomic Dobule-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstrustruction

    Yamada K, Furumatsu T, Miyazawa S, Fujii M, Inoue H, Kodama Y, Hino T, Kamatsuki Y, Ozaki T

    ORS 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月19日 - 2017年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内側半月板後根断裂に対する Fast-Fix を用いた Modified Mason-Allen pullout 縫合

    藤井 政孝, 古松 毅之, 児玉 有弥, 宮澤 慎一, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第29回関西関節鏡・膝研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA におけるセメントレスステム挿入時の圧力測定

    三宅 孝昌, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 山田 和希, 遠藤 裕介, 井上 貴之, 中島 義雄, 尾﨑 敏文

    第11回日本CAOS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月9日 - 2017年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA における surface matching と morphing のレジストレーション精度の比較

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 山田 和希, 三宅 孝昌, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 杉田 直彦, 光石 衛, 井上 貴之

    第11回日本CAOS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月9日 - 2017年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工膝関節全置換術支援ロボットの精度評価 - 従来の navigation 手術との比較 -

    藤原 一夫, 山田 和希, 阿部 信寛, 杉田 直彦, 光石 衛, 谷本 圭司, 井上 貴之, 中島 義雄, 尾﨑 敏文

    第11回日本CAOS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月9日 - 2017年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工股関節全置換術後の骨盤腰椎矢状面アライメント変化

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA 再置換術後に遅発性 bacteroides 感染を生じた1例

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Charco 股関節に対し THA を施行した1例

    山田 和希, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 塩田 直史, 佐藤 徹, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工膝関節術後感染による骨欠損に対して metaphyseal sleeve を用いて再置換術を行った1例

    釜付 祐輔, 宮澤 慎一, 古松 毅之, 藤井 政孝, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 日野 知仁, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TKA 術後出血と VTE 発生に及ぼすトラネキサム酸関節内投与による影響

    釜付 祐輔, 宮澤 慎一, 古松 毅之, 藤井 政孝, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 日野 知仁, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CT-based ナビゲーションを用いた 3D ポーラスセメントレスカップの設置精度

    藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関節リウマチによる外反膝に対する TKA の治療成績

    日野 知仁, 宮澤 慎一, 古松 毅之, 藤井 政孝, 児玉 有弥, 山田 和希, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 強直股に対する人工股関節全置換術の治療経験

    鉄永 智紀, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 塩田 直史, 佐藤 徹, 尾﨑 敏文

    第47回日本人工関節学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月24日 - 2017年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内側半月板後角断裂に対して施行した Fast Fix を用いた pullout repair の小経験

    児玉 有弥, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 山田 和希, 尾﨑 敏文, 田中 孝明

    第13回岡山関節鏡・内視鏡研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Charcot 股関節に対し THA を施行した1例

    山田 和希, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 塩田 直史, 佐藤 徹, 尾﨑 敏文

    第20回岡山THA懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 弛緩性麻痺による股関節亜脱臼の治療経験

    山田 和希, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 尾﨑 敏文

    第27回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月1日 - 2016年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内内足に対する後方解離術の治療成績

    三宅 孝昌, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 山田 和希, 三喜 知明, 尾﨑 敏文

    第27回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月1日 - 2016年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する観血的整復術の術後求心位についての検討

    鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 内野 崇彦, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 藤原 一夫, 尾﨑 敏文

    第27回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月1日 - 2016年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 内側半月板後角断裂に対し Fast Fix を用いて Modified Mason-Allen pullout 縫合を行った1例

    藤井 政孝, 古松 毅之, 児玉 有弥, 宮澤 慎一, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第24回岡山関節外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折の診断と治療

    藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 岡田 芳樹, 内田 陽一郎, 尾﨑 敏文

    第44回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月11日 - 2016年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 形成不全股における術前 cyst 像と関節内所見の検討

    遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第43回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セメントレス THA ステムの打ち込み力測定

    藤原 一夫, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 鉄永 智紀, 遠藤 裕介, 井上 貴之, 中島 義雄, 尾﨑 敏文

    第43回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨切り術と外腹斜筋移行術を併用し治療した麻痺性股関節亜脱臼の2例

    山田 和希, 遠藤 祐介, 赤澤 啓史, 三宅 孝昌, 藤井 洋佑, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文

    第43回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 日本股間節学会海外研修制度帰朝報告- Boston Children's Hospital-

    鉄永 智紀, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第43回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DDH(脱臼)における小児から成人股関節への治療

    遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 赤澤 啓史, 三谷 茂, 尾﨑 敏文

    第43回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 人工股関節置換術前後による矢状面骨盤腰椎アライメントの変化とその関連性の検討

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第43回日本股関節学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における MIS THA の変遷

    藤井 洋佑, 遠藤 裕介, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工関節置換術支援ロボットの開発

    藤原 一夫, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛, 杉田 直彦, 光石 衛, 谷本 圭司, 井上 貴之, 中島 義雄

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • COMOVER の使用経験

    山田 和希, 遠藤 裕介, 藤井 洋佑, 井上 淳, 池田 吉宏, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 解剖学的二重前十字靭帯再建における脛骨骨孔位置と外側半月板逸脱に関する検討

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 釜付 祐輔, 日野 智仁, 尾﨑 敏文

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低侵襲人工膝関節置換術における semi-active 骨切除ロボット操作で要求される術者の動作評価

    山田 和希, 藤原 一夫, 三宅 孝昌, 藤井 洋佑, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛, 山口 透, 山本 江, 杉田 直彦, 光石 衛

    第49回中国・四国整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月22日 - 2016年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工関節置換術支援ロボットの開発

    藤原 一夫, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 山田 和希, 鉄永 智紀, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛, 杉田 直彦, 光石 衛, 谷本 圭司, 井上 貴之, 中島 義雄

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 解剖学的2重束前十字靭帯再建における脛骨骨孔位置と外側半月板逸脱に関する検討

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 井上 博登, 児玉 有弥, 日野 知仁, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA におけるセメントレスシステム挿入時の圧測定

    三宅 孝昌, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 山田 和希, 尾﨑 敏文, 井上 貴之, 中島 義雄

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • THA におけるセメントレスステム挿入時の圧測定

    三宅 孝昌, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 山田 和希, 尾﨑 敏文, 井上 貴之, 中島 義雄

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低侵襲人工関節置換術における semi-active 骨切除ロボット操作で要求される術者の動作評価

    山田 和希, 藤原 一夫, 三宅 孝昌, 藤井 洋佑, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛, 江口 透, 山本 江, 杉田 直彦, 光石 衛

    第31回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月13日 - 2016年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The influence of the surgical approach to the accuracy of newly developed CT- based navigation system in THA

    Fujii Y, Fujiwara K, Endo H, Tetunaga T, Miyake T, Yamada K, Abe N, Sugita N, Mituishi M, Inoue T, Ozaki T

    International Society for Technology in Arthroplasty 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月5日 - 2016年10月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pressure measurement at the time of the cement -less stem inserted in THA

    Miyake T, Fujiwara K, Tetunaga T, Fujii Y, Yamada K, Endo H, Inoue T, Nakashima Y, Ozaki T

    29th Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月5日 - 2016年10月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ACL 損傷に伴う外側半月板損傷と半月板の逸脱

    釜付 祐輔, 古松 毅之, 児玉 有弥, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 井上 博登, 山田 和希, 日野 知仁, 尾﨑 敏文

    第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日 - 2016年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 解剖学的二重束前十字靭帯再建における脛骨骨孔位置と術後外側半月板逸脱に関する比較検討

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 釜付 祐輔, 日野 知仁, 尾﨑 敏文

    第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日 - 2016年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 円板状外側半月板における脛骨顆間隆起部の画像評価

    日野 知仁, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文

    第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日 - 2016年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lateral meniscal extrusion can be an indicator to estimate severity of the lateral meniscus posterior root tear in anterior cruciate ligament-injured knees

    Kamatsuki Y, Furumatsu T, Kodama Y, Miyazawa S, Fujii M, Tanaka T, Inoue H, Yamada K, Hino T, Ozaki T

    37th SICOT Orthopaedic World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月8日 - 2016年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 解剖学的2重束前十字靭帯再建術における脛骨骨孔角度と骨孔位置の検討

    山田 和希, 古松 毅之, 宮澤 慎一, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文

    JOSKAS 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月28日 - 2016年7月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前十字靭帯損傷に合併しhた外側半月板後角損傷と半月板の逸脱

    釜付 大輔, 古松 毅之, 児玉 有弥, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 田中 孝明, 井上 博登, 山田 和希, 日野 知仁, 尾﨑 敏文

    JOSKAS 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月28日 - 2016年7月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工股関節置換術前後による矢状面骨盤腰椎アライメントの変化と影響因子の検討

    藤井 洋佑, 藤原 一夫, 遠藤 裕介, 鉄永 智紀, 三宅 孝昌, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第25回MX人工股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工股関節全置換術における静脈血栓塞栓症症例の検討

    山田 和希, 遠藤 裕介, 藤原 一夫, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 尾﨑 敏文

    第6回岡山VTE研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨切り術と外腹斜筋移行術を併用し治療した麻痺性股関節亜脱臼の2例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 藤井 洋佑, 三宅 孝昌, 尾﨑 敏文

    第6回中国四国小児整形外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二分脊椎を伴う亜脱臼性股関節症の1例

    山田 和希, 遠藤 裕介, 三宅 孝昌, 赤澤 啓史, 鉄永 智紀, 香川 洋平, 藤井 洋佑, 尾﨑 敏文

    第55回日本小児股関節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月24日 - 2016年6月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Prediction of acetabular development after open reduction in developmental dysplasia of the hip

    Miyake T, Tetsunaga T, Endo H, Fujii Y, Yamada K, Fujiwara K, Ozaki T

    The 26th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月26日 - 2016年5月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Prediction of acetabular development after open reduction in developmental dysplasia of the hip

    Miyake T, Tetsunaga T, Endo H, Fujii Y, Yamada K, Fujuwara K, Ozaki T

    The 26th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月26日 - 2016年5月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 膝関節 Baker嚢腫に対する関節鏡視下穿通術の治療経験

    宮澤 慎一, 古松 毅之, 田中 孝明, 井上 博登, 児玉 有弥, 山田 和希, 釜付 祐輔, 尾﨑 敏文, 阿部 信寛

    第89回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前十字靭帯損傷に伴う外側半月板後角損傷と半月板の逸脱

    釜付 祐輔, 古松 毅之, 児玉 有弥, 宮澤 慎一, 田中 孝明, 井上 博登, 山田 和希, 柏原 尚子, 尾﨑 敏文

    第89回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 前十字靭帯損傷に伴う外側半月板後角損傷と半月板の逸脱

    釜付 祐輔, 古松 毅之, 児玉 有弥, 宮澤 慎一, 藤井 政孝, 田中 孝明, 井上 博登, 山田 和希, 尾﨑 敏文

    第12回岡山関節鏡・内視鏡研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 2020年 Kokubun-Kita Fellowship

    2020年6月   一般社団法人 日本小児整形外科学会  

     詳細を見る

  • 令和2年度股関節国内研修助成

    2020年5月   公益財団法人日本股関節研究振興財団  

     詳細を見る

  • 学術奨励賞

    2019年12月   岡山大学整形外科桃整会  

     詳細を見る

  • 優秀ポスター賞

    2013年5月   第86回日本整形外科学会学術総会   股関節骨折手術後の静脈血栓塞栓症予防におけるエドキサバンとフォンダパリヌクスの無作為化比較試験

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 変形性股関節症に対する軟骨再生の新規治療の開発

    研究課題/領域番号:23K08590  2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山田 和希

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • 変形性股関節症におけるCCN3を介した新たな軟骨細胞老化制御機構の解明

    研究課題/領域番号:21K16686  2021年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    山田 和希

      詳細を見る

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

    今回、CCN3が変形性股関節症に関与するという仮定のもと、CCN3の分子的メカニズムの解明とその軟骨変性の進行作用を解明することとCCN3が関節軟骨変性を促進するメカニズムが明らかにし変形性股関関節症の発生および進行を予防する新規の治療法の開発という目的で研究を開始した。人工股関節全置換術で採取した骨頭をOA群、人工骨頭全置換術で採取した骨頭をNormal群とし、骨頭の上方を荷重部、前下方を非荷重部と定義し、それぞれの領域から軟骨を採取した。軟骨は組織よりmRNAを抽出したものと培養してからmRNAを抽出したものの両方を解析している。解析の結果、双方のmRNAでCCN3が荷重部と非荷重部に依存することなく、OA群で有意に上昇していた。また、その他OA関連因子もOA群で有意に上昇していた。荷重部と非荷重部から組織を採取し、それぞれSafranin O染色しMankin scoreで評価したところ、OA群で有意に上昇していた。また、CCN3の発現量とMankin scoreを解析したところ、CCN3の増加に従いMankin scoreも有意に上昇しており、双方から正の相関が得られた。また、同一組織をCCN3で免疫染色したところOA群で有意に染色の増強を認めた。次にCCN3を軟骨に特異的に過剰増殖させたトランスジェニックマウスを作成した。大腿骨頭軟骨を培養しmRNAを抽出したところ、トランスジェニックマウスはワイルドタイプマウスと比較しで有意にCCN3の上昇を認めた。X線検査ではトランスジェニックマウスでOA様変化を認め、CCN3の免疫染色をしたところトランスジェニックマウスで有意に染色の増強を認めた。ここまでの研究結果で年齢や荷重による因子に関与することなく変形性股関節症とCCN3の相関が証明できたと考えている。

    researchmap

  • 発育性股関節形成不全に対する広範囲展開法後の股関節安定性評価

    公益財団法人整形災害外科学研究助成財団  令和2年度研究助成 旭化成ファーマ賞 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

 

担当授業科目

  • 整形外科学 (2023年度) 第1学期  - 月1

  • 整形外科学(基本臨床実習) (2023年度) 特別  - その他

  • 運動器系(臓器・系別統合講義) (2023年度) 特別  - その他

  • 整形外科学(基本臨床実習) (2022年度) 特別  - その他

  • 運動器系(臓器・系別統合講義) (2022年度) 特別  - その他