2022/04/28 更新

写真a

タカオ トモカ
髙尾 知佳
TAKAO Tomoka
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 保健学修士 ( 神戸大学 )

  • 医学博士 ( 九州大学 )

研究キーワード

  • 細胞シグナル

  • 間葉系幹細胞

  • 幹細胞

  • 子宮内膜症

  • 軟骨再生

  • 軟骨再生

  • 胎盤

  • 再生医療

  • 組織修復

  • 骨形成

  • 多能性幹細胞

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学  / 胎盤・子宮

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 骨・軟骨代謝

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 幹細胞

学歴

  • 九州大学    

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 神戸大学    

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 岡山理科大学    

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   組織機能修復学分野   助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   医歯薬学総合研究科 組織機能修復学分野   助教

    2019年12月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 慶應義塾大学   産科婦人科学教室   特任助教

    2016年8月 - 2019年11月

      詳細を見る

  • 京都大学   医学研究科AKプロジェクト   特定研究員

    2013年4月 - 2016年8月

      詳細を見る

  • 九州大学   環境発達医学研究センター   特任助教

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 九州大学   環境発達医学研究センター   学術研究員

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 日本軟骨代謝学会

    2020年

      詳細を見る

  • 日本骨代謝学会

    2020年

      詳細を見る

  • 日本生殖医学会

    2019年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本生殖内分泌学会

    2018年

      詳細を見る

  • 日本分子生物学会

    2015年 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • Induction and expansion of human PRRX1+ limb-bud-like mesenchymal cells from pluripotent stem cells. 査読 国際誌

    Daisuke Yamada, Masahiro Nakamura, Tomoka Takao, Shota Takihira, Aki Yoshida, Shunsuke Kawai, Akihiro Miura, Lu Ming, Hiroyuki Yoshitomi, Mai Gozu, Kumi Okamoto, Hironori Hojo, Naoyuki Kusaka, Ryosuke Iwai, Eiji Nakata, Toshifumi Ozaki, Junya Toguchida, Takeshi Takarada

    Nature biomedical engineering   5 ( 8 )   926 - 940   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Current protocols for the differentiation of human pluripotent stem cells (hPSCs) into chondrocytes do not allow for the expansion of intermediate progenitors so as to prospectively assess their chondrogenic potential. Here we report a protocol that leverages PRRX1-tdTomato reporter hPSCs for the selective induction of expandable and ontogenetically defined PRRX1+ limb-bud-like mesenchymal cells under defined xeno-free conditions, and the prospective assessment of the cells' chondrogenic potential via the cell-surface markers CD90, CD140B and CD82. The cells, which proliferated stably and exhibited the potential to undergo chondrogenic differentiation, formed hyaline cartilaginous-like tissue commensurate to their PRRX1-expression levels. Moreover, we show that limb-bud-like mesenchymal cells derived from patient-derived induced hPSCs can be used to identify therapeutic candidates for type II collagenopathy and we developed a method to generate uniformly sized hyaline cartilaginous-like particles by plating the cells on culture dishes coated with spots of a zwitterionic polymer. PRRX1+ limb-bud-like mesenchymal cells could facilitate the mass production of chondrocytes and cartilaginous tissues for applications in drug screening and tissue engineering.

    DOI: 10.1038/s41551-021-00778-x

    PubMed

    researchmap

  • Optogenetic regulation of embryo implantation in mice using photoactivatable CRISPR-Cas9 査読

    Tomoka Takao, Moritoshi Sato, Tetsuo Maruyama

    Proceedings of the National Academy of Sciences   117 ( 46 )   28579 - 28581   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the National Academy of Sciences  

    Embryo implantation is achieved upon successful interaction between a fertilized egg and receptive endometrium and is mediated by spatiotemporal expression of implantation-associated molecules including leukemia inhibitory factor (LIF). Here we demonstrate, in mice, that LIF knockdown via a photoactivatable CRISPR-Cas9 gene editing system and illumination with a light-emitting diode can spatiotemporally disrupt fertility. This system enables dissection of spatiotemporal molecular mechanisms associated with embryo implantation and provides a therapeutic strategy for temporal control of reproductive functions in vivo.

    DOI: 10.1073/pnas.2016850117

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://syndication.highwire.org/content/doi/10.1073/pnas.2016850117

  • Establishment of a tTA-dependent photoactivatable Cre recombinase knock-in mouse model for optogenetic genome engineering 査読 国際誌

    Tomoka Takao, Yuichi Hiraoka, Kenji Kawabe, Daisuke Yamada, Lu Ming, Kohichi Tanaka, Moritoshi Sato, Takeshi Takarada

    Biochemical and Biophysical Research Communications   526 ( 1 )   213 - 217   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    The Cre-loxP recombination system is widely used to generate genetically modified mice for biomedical research. Recently, a highly efficient photoactivatable Cre (PA-Cre) based on reassembly of split Cre fragments has been established. This technology enables efficient DNA recombination that is activated upon blue light illumination with spatiotemporal precision. In this study, we generated a tTA-dependent photoactivatable Cre-loxP recombinase knock-in mouse model (TRE-PA-Cre mice) using a CRISPR/Cas9 system. These mice were crossed with ROSA26-tdTomato mice (Cre reporter mouse) to visualize DNA recombination as marked by tdTomato expression. We demonstrated that external noninvasive LED blue light illumination allows efficient DNA recombination in the liver of TRE-PA-Cre:ROSA26-tdTomato mice transfected with tTA expression vectors using hydrodynamic tail vein injection. The TRE-PA-Cre mouse established here promises to be useful for optogenetic genome engineering in a noninvasive, spatiotemporal, and cell-type specific manner in vivo.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.03.015

    PubMed

    researchmap

  • Inhibition of AHR transcription by NF1C is affected by a single-nucleotide polymorphism, and is involved in suppression of human uterine endometrial cancer 査読

    D Li, T Takao, R Tsunematsu, S Morokuma, K Fukushima, H Kobayashi, T Saito, M Furue, N Wake, K Asanoma

    Oncogene   32 ( 41 )   4950 - 4959   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1038/onc.2012.509

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/onc2012509

  • The Maternally Expressed Gene Tssc3 Regulates the Expression of MASH2 Transcription Factor in Mouse Trophoblast Stem Cells through the AKT-Sp1 Signaling Pathway* 査読

    Tomoka Takao, Kazuo Asanoma, Ryosuke Tsunematsu, Kiyoko Kato, Norio Wake

    Journal of Biological Chemistry   287 ( 51 )   42685 - 42694   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1074/jbc.m112.388777

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Isolation and Characterization of Human Trophoblast Side-Population (SP) Cells in Primary Villous Cytotrophoblasts and HTR-8/SVneo Cell Line 査読

    Tomoka Takao, Kazuo Asanoma, Kiyoko Kato, Kotaro Fukushima, Ryosuke Tsunematsu, Toshio Hirakawa, Sueo Matsumura, Hiroyuki Seki, Satoru Takeda, Norio Wake

    PLoS ONE   6 ( 7 )   e21990 - e21990   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science (PLoS)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0021990

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Oncogenic potential of human pluripotent stem cell-derived lung organoids with HER2 overexpression. 査読 国際誌

    Akihiro Miura, Daisuke Yamada, Masahiro Nakamura, Shuta Tomida, Dai Shimizu, Yan Jiang, Tomoka Takao, Hiromasa Yamamoto, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Masaomi Yamane, Masakiyo Sakaguchi, Shinichi Toyooka, Takeshi Takarada

    International journal of cancer   149 ( 8 )   1593 - 1604   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lung adenocarcinoma (LUAD) is the most common types among lung cancers generally arising from terminal airway and understanding of multistep carcinogenesis is crucial to develop novel therapeutic strategy for LUAD. Here we used human induced pluripotent stem cells (hiPSCs) to establish iHER2-hiPSCs in which doxycycline induced the expression of the oncoprotein human epidermal growth factor receptor 2 (HER2)/ERBB2. Lung progenitors that differentiated from iHER2-hiPSCs, which expressed NKX2-1/TTF-1 known as a lung lineage maker, were cocultured with human fetal fibroblast and formed human lung organoids (HLOs) comprising alveolar type 2-like cells. HLOs that overexpressed HER2 transformed to tumor-like structures similar to atypical adenomatous hyperplasia, which is known for lung precancerous lesion and upregulated the activities of oncogenic signaling cascades such as RAS/RAF/MAPK and PI3K/AKT/mTOR. The degree of morphological irregularity and proliferation capacity were significantly higher in HLOs from iHER2-hiPSCs. Moreover, the transcriptome profile of the HLOs shifted from a normal lung tissue-like state to one characteristic of clinical LUAD with HER2 amplification. Our results suggest that hiPSC-derived HLOs may serve as a model to recapitulate the early tumorigenesis of LUAD and would provide new insights into the molecular basis of tumor initiation and progression.

    DOI: 10.1002/ijc.33713

    PubMed

    researchmap

  • PRRX1 promotes malignant properties in human osteosarcoma 査読 国際誌

    Ryoji Joko, Daisuke Yamada, Masahiro Nakamura, Aki Yoshida, Shota Takihira, Tomoka Takao, Ming Lu, Kohei Sato, Tatsuo Ito, Toshiyuki Kunisada, Eiji Nakata, Toshifumi Ozaki, Takeshi Takarada

    Translational Oncology   14 ( 1 )   100960 - 100960   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Paired related homeobox 1 (PRRX1) is a marker of limb bud mesenchymal cells, and deficiency of p53 or Rb in Prrx1-positive cells induces osteosarcoma in several mouse models. However, the regulatory roles of PRRX1 in human osteosarcoma have not been defined. In this study, we performed PRRX1 immunostaining on 35 human osteosarcoma specimens to assess the correlation between PRRX1 level and overall survival. In patients with osteosarcoma, the expression level of PRRX1 positively correlated with poor prognosis or the ratio of lung metastasis. Additionally, we found PRRX1 expression on in 143B cells, a human osteosarcoma line with a high metastatic capacity. Downregulation of PRRX1 not only suppressed proliferation and invasion but also increased the sensitivity to cisplatin and doxorubicin. When 143B cells were subcutaneously transplanted into nude mice, PRRX1 knockdown decreased tumor sizes and rates of lung metastasis. Interestingly, forskolin, a chemical compound identified by Connectivity Map analysis using RNA expression signatures during PRRX1 knockdown, decreased tumor proliferation and cell migration to the same degree as PRRX1 knockdown. These results demonstrate that PRRX1 promotes tumor malignancy in human osteosarcoma.

    DOI: 10.1016/j.tranon.2020.100960

    PubMed

    researchmap

  • UDP-glucose, a cellular danger signal, and nucleotide receptor P2Y14 enhance the invasion of human extravillous trophoblast cells 査読

    Satomi Katakura, Tomoka Takao, Toru Arase, Yushi Yoshimasa, Shoko Tomisato, Sayaka Uchida, Hirotaka Masuda, Hiroshi Uchida, Mamoru Tanaka, Tetsuo Maruyama

    Placenta   101   194 - 203   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.placenta.2020.09.061

    PubMed

    researchmap

  • The orientation of a decellularized uterine scaffold determines the tissue topology and architecture of the regenerated uterus in ratsdagger 査読

    F. Miki, T. Maruyama, K. Miyazaki, T. Takao, Y. Yoshimasa, S. Katakura, H. Hihara, S. Uchida, H. Masuda, H. Uchida, T. Nagai, S. Shibata, M. Tanaka

    Biol Reprod   100 ( 5 )   1215 - 1227   2019年5月

     詳細を見る

    A decellularized uterine scaffold (DUS) prepared from rats permits recellularization and regeneration of uterine tissues when placed onto a partially excised uterus and supports pregnancy in a fashion comparable to the intact uterus. The underlying extracellular matrix (ECM) together with an acellular, perfusable vascular architecture preserved in DUS is thought to be responsible for appropriate regeneration of the uterus. To investigate this concept, we examined the effect of the orientation of the DUS-preserving ECM and the vascular architecture on uterine regeneration through placement of a DUS onto a partially defective uterine area in the reversed orientation such that the luminal face of the DUS was outside and the serosal face was inside. We characterized the tissue structure and function of the regenerated uterus, comparing the outcome to that when the DUS was placed in the correct orientation. Histological analysis revealed that aberrant structures including ectopic location of glands and an abnormal lining of smooth muscle layers were observed significantly more frequently in the reversed group than in the correct group (70% vs. 30%, P < 0.05). Despite the changes in tiss

    DOI: 10.1093/biolre/ioz004

    PubMed

    researchmap

  • The orientation of a decellularized uterine scaffold determines the tissue topology and architecture of the regenerated uterus in rats† 査読

    Fumie Miki, Tetsuo Maruyama, Kaoru Miyazaki, Tomoka Takao, Yushi Yoshimasa, Satomi Katakura, Hanako Hihara, Sayaka Uchida, Hirotaka Masuda, Hiroshi Uchida, Toshihiro Nagai, Shinsuke Shibata, Mamoru Tanaka

    Biology of Reproduction   100 ( 5 )   1215 - 1227   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    DOI: 10.1093/biolre/ioz004

    PubMed

    researchmap

  • 子宮内膜幹細胞と上皮間葉転換をターゲットとした非内分泌的な子宮内膜症の新規治療

    升田博隆, 古谷正敬, 丸山哲夫, 高尾知佳, 内田浩, 内田明花, 吉政佑之, 片倉慧美, 吉村泰典, 片渕秀隆, 田中守

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 4 (Web) )   1426(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Regulation of the Mechanism ofTWIST1Transcription by BHLHE40 and BHLHE41 in Cancer Cells 査読

    Kazuo Asanoma, Ge Liu, Takako Yamane, Yoko Miyanari, Tomoka Takao, Hiroshi Yagi, Tatsuhiro Ohgami, Akimasa Ichinoe, Kenzo Sonoda, Norio Wake, Kiyoko Kato

    Molecular and Cellular Biology   35 ( 24 )   4096 - 4109   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Society for Microbiology  

    BHLHE40 and BHLHE41 (BHLHE40/41) are basic helix-loop-helix type transcription factors that play key roles in multiple cell behaviors. BHLHE40/41 were recently shown to be involved in an epithelial-to-mesenchymal transition (EMT). However, the precise mechanism of EMT control by BHLHE40/41 remains unclear. In the present study, we demonstrated that BHLHE40/41 expression was controlled in a pathological stage-dependent manner in human endometrial cancer (HEC). Our<italic>in vitro</italic>assays showed that BHLHE40/41 suppressed tumor cell invasion. BHLHE40/41 also suppressed the transcription of the EMT effectors<italic>SNAI1</italic>,<italic>SNAI2</italic>, and<italic>TWIST1</italic>. We identified the critical promoter regions of<italic>TWIST1</italic>for its basal transcriptional activity. We elucidated that the transcription factor SP1 was involved in the basal transcriptional activity of<italic>TWIST1</italic>and that BHLHE40/41 competed with SP1 for DNA binding to regulate gene transcription. This study is the first to report the detailed functions of BHLHE40 and BHLHE41 in the suppression of EMT effectors<italic>in vitro</italic>. Our results suggest that BHLHE40/41 suppress tumor cell invasion by inhibiting EMT in tumor cells. We propose that BHLHE40/41 are promising markers to predict the aggressiveness of each HEC case and that molecular targeting strategies involving BHLHE40/41 and SP1 may effectively regulate HEC progression.

    DOI: 10.1128/mcb.00678-15

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Aryl hydrocarbon receptor SNP –130 C/T associates with dioxins susceptibility through regulating its receptor activity and downstream effectors including interleukin 24 査読

    Ge Liu, Kazuo Asanoma, Tomoka Takao, Kiyomi Tsukimori, Hiroshi Uchi, Masutaka Furue, Kiyoko Kato, Norio Wake

    Toxicology Letters   232 ( 2 )   384 - 392   2015年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.toxlet.2014.11.025

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The thermosensitive TRPV3 channel contributes to rapid wound healing in oral epithelia 査読

    Reona Aijima, Bing Wang, Tomoka Takao, Hiroshi Mihara, Makiko Kashio, Yasuyoshi Ohsaki, Jing‐Qi Zhang, Atsuko Mizuno, Makoto Suzuki, Yoshio Yamashita, Sadahiko Masuko, Masaaki Goto, Makoto Tominaga, Mizuho A. Kido

    The FASEB Journal   29 ( 1 )   182 - 192   2015年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1096/fj.14-251314

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1096/fj.14-251314

  • Establishment of a new diagnostic method for hydropic villi by using TSSC3 antibody

    Norio Wake, Tomoka Takao, Kazuo Asanoma, Hidenori Kato

    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   39 ( 7 )   1230 - 1235   2013年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/jog.12100

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effect of allergen sensitization on external root resorption 査読

    N. Murata, H. Ioi, M. Ouchi, T. Takao, H. Oida, R. Aijima, T. Yamaza, M. A. Kido

    Journal of Dental Research   92 ( 7 )   641 - 647   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In orthodontic tooth movement (OTM), we should be concerned about external root resorption (ERR) as an undesirable iatrogenic problem, but its mechanisms are not fully understood. Since our previous epidemiologic studies found that patients with allergic diseases showed higher rates of ERR during orthodontic treatment, we explored the possible effect of allergic sensitization on ERR. In ovalbumin (OVA)-sensitized Brown-Norway rats, the amounts of ERR and OTM were greater than those in animals subjected to orthodontic force alone. The expression levels of RANKL and pro-inflammatory cytokines were increased in the periodontal tissues of sensitized rats with OTM, compared with control rats. Furthermore, leukotriene B4 (LTB4), a potent lipid mediator of allergic inflammation, and enzymes of the 5-lipoxygenase pathway, the biosynthetic pathway of leukotrienes, were also up-regulated. We found that low doses of aspirin suppressed ERR in allergen-sensitized rats, as well as the expressions of RANKL, pro-inflammatory cytokines, and LTB4. The present findings indicate that allergen sensitization has adverse effects on ERR under OTM, and that aspirin is a potential therapeutic agent for combating ERR. © International &amp
    American Associations for Dental Research.

    DOI: 10.1177/0022034513488787

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Oxidative Stress Produced by Xanthine Oxidase Induces Apoptosis in Human Extravillous Trophoblast Cells 査読

    Masaharu MURATA, Kotaro FUKUSHIMA, Tomoka TAKAO, Hiroyuki SEKI, Satoru TAKEDA, Norio WAKE

    Journal of Reproduction and Development   59 ( 1 )   7 - 13   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Animal Reproduction  

    DOI: 10.1262/jrd.2012-053

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effect of transient TCDD exposure on immortalized human trophoblast-derived cell lines 査読

    K. Fukushima, K. Tsukimori, D. Li, T. Takao, S. Morokuma, K. Kato, H. Seki, S. Takeda, S. Matsumura, N. Wake

    HUMAN & EXPERIMENTAL TOXICOLOGY   31 ( 6 )   550 - 556   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    Low level, antenatal exposure to dioxins is associated with low birth weight, which in turn is associated with long-term sequelae. We exposed the human extravillous cytotrophoblast (EVT) lines HTR-8/SV40 and TCLI to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) and assessed cell growth, invasion, and differentiation. TCDD had no effect on cell proliferation, invasion, or tube formation in Matrigel. The EVT-derived cells expressed a functional aryl hydrocarbon receptor protein; however, TCDD exposure did not alter expression levels of proteins involved in EVT differentiation in early pregnancy, including hypoxia-inducible factor IA (HIFIA), vascular endothelial growth factor (VEGF), Integrin AI, A6, and AVB3. These results suggest that the reduction in fetal weight induced by dioxin is not the result of vascular remodeling via EVT dysfunction.

    DOI: 10.1177/0960327111424305

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sodium Butyrate Inhibits the Self-Renewal Capacity of Endometrial Tumor Side-Population Cells by Inducing a DNA Damage Response 査読

    Kiyoko Kato, Aya Kuhara, Tomoko Yoneda, Takafumi Inoue, Tomoka Takao, Tatsuhiro Ohgami, Li Dan, Ayumi Kuboyama, Soshi Kusunoki, Satoru Takeda, Norio Wake

    Molecular Cancer Therapeutics   10 ( 8 )   1430 - 1439   2011年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Association for Cancer Research (AACR)  

    DOI: 10.1158/1535-7163.mct-10-1062

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Endometrial Cancer Side-Population Cells Show Prominent Migration and Have a Potential to Differentiate into the Mesenchymal Cell Lineage 査読

    Kiyoko Kato, Tomoka Takao, Ayumi Kuboyama, Yoshihiro Tanaka, Tatsuhiro Ohgami, Shinichiro Yamaguchi, Sawako Adachi, Tomoko Yoneda, Yousuke Ueoka, Keiji Kato, Shinichi Hayashi, Kazuo Asanoma, Norio Wake

    The American Journal of Pathology   176 ( 1 )   381 - 392   2010年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.2353/ajpath.2010.090056

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • TRPV2 expression in rat oral mucosa 査読

    Daiji Shimohira, Mizuho A. Kido, Atsushi Danjo, Tomoka Takao, Bing Wang, Jing-Qi Zhang, Takayoshi Yamaza, Sadahiko Masuko, Masaaki Goto, Teruo Tanaka

    Histochemistry and Cell Biology   132 ( 4 )   423 - 433   2009年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00418-009-0616-y

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00418-009-0616-y/fulltext.html

  • Homeobox gene HOPX is epigenetically silenced in human uterine endometrial cancer and suppresses estrogen-stimulated proliferation of cancer cells by inhibiting serum response factor 査読

    Shinichiro Yamaguchi, Kazuo Asanoma, Tomoka Takao, Kiyoko Kato, Norio Wake

    International Journal of Cancer   124 ( 11 )   2577 - 2588   2009年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ijc.24217

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF HUMAN TROPHOBLAST PROGENITOR CELLS IN PRIMARY VILLOUS CYTOTROPHOBLASTS AND HTR-8/SVNEO CELL LINE

    Tomoka Takao, Kazuo Asanoma, Norio Wake

    PLACENTA   33 ( 9 )   A27 - A27   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • The analysis of human trophoblast side-population (SP) cells in primary villous cytotrophoblasts and HTR-8/SVneo cell line

    Tomoka Takao, Kazuo Asanoma, Kiyoko Kato, Kotaro Fukushima, Hiroyuki Seki, Satoru Takeda, Norio Wake

    PLACENTA   32 ( 9 )   A168 - A168   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO LTD  

    Web of Science

    researchmap

講演・口頭発表等

  • Heterogeneity and its hierarchy of Prrx1-positive cells during limb development

    ANZBMS 2021  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マウス四肢骨格発生過程の一細胞遺伝子発現解析

    髙尾知佳

    第39回日本骨代謝学会学術集会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光応答性CRISPR/CAS9システムによる生殖能のin vivo制御

    髙尾知佳

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 光応答性CRISPR/CAS9システムを用いたマウス子宮における胚着床のin vivo制御

    髙尾知佳

    第24回日本生殖内分泌学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光応答性ゲノム編集を用いた生殖関連遺伝子発現と生殖機能のin vivo制御システムの構築

    髙尾知佳

    第64回日本生殖医学会学術講演会・総会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 光応答性CRISPR/CAS9システムによる生殖能のin vivo制御

    髙尾知佳

    第71回日本産科婦人科学会学術講演会  2019年4月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト正常子宮平滑筋細胞に対する子宮筋腫関連遺伝子 MED12の 変異導入による機能的病因解析

    髙尾知佳

    第23回日本生殖内分泌学会学術集会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 子宮体癌細胞の幹様細胞とそれを治療標的とする既存薬の 探索;Effects of candidate drugs targeting cancer stem-like cells in endometrial carcinoma cell line

    髙尾知佳

    第41回日本分子生物学会年会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • CRISPR/CAS9 システムにより MED12 変異を導入したヒト 子宮筋腫モデルの開発の試み

    髙尾知佳

    第70回日本産科婦人科学会学術講演会  2018年5月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒト子宮内膜症モデル細胞におけるAd4BP/SF-1の新たな役割

    髙尾知佳

    第88回日本内分泌学会学術集会  2015年4月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト子宮内膜症モデル細胞におけるAd4BP/SF-1の新たな役割

    髙尾知佳

    第19回日本生殖内分泌学会学術集会  2015年1月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト子宮内膜症モデル細胞における Ad4BPSF1の新たな役割

    髙尾知佳

    第36回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会  2015年1月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒト子宮内膜症モデル細胞におけるAd4BP/SF-1の新たな 役割

    髙尾知佳

    日本内分泌学会第32回内分泌代謝学サマーセミナー  2014年7月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Isolation and characterization of human trophoblast progenitor cells in primary villous cytotrophoblasts and HTR-8/SVneo cell line

    Tomoka Takao

    International Federation of Placenta Associations (IFPA) 2012  2012年9月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 1塩基多型(SNPs)依存的なAryl Hydrocarbon Receptor(AHR)の転写制御

    髙尾知佳

    平成24年度環境研究総合推進費「ダイオキシン類暴露による継世代健康影響と遺伝的感受性要因との関連に関する研究」アドバイザリー会合  2012年7月 

     詳細を見る

  • 1塩基多型(SNPs)依存的なAryl Hydrocarbon Receptor(AHR)の転写制御

    髙尾知佳

    平成24年度厚生労働省全国油症治療研究班会議  2012年6月 

     詳細を見る

  • マウス栄養膜幹細胞におけるTssc3の機能解析

    髙尾知佳

    第34回日本分子生物学会年会  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒトTrophoblast stem like cellsの単離と同定/Isolation and Identification of human trophoblast stem-like cells in trophoblast cells

    髙尾知佳

    第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Isolation and identification of Side population cells in Human trophoblast cell line

    髙尾知佳

    第32回日本分子生物学会年会 MBSJ2009  2009年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マウス栄養膜幹細胞におけるTssc3の機能解析

    髙尾知佳

    第14回生殖医学フォーラム  2009年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウスTS細胞(栄養膜幹細胞)におけるTssc3の機能解析

    髙尾知佳

    第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会BMB2008  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 日本生殖医学会学術奨励賞

    2021年11月   一般社団法人日本生殖医学会  

    髙尾知佳

     詳細を見る

  • 第3回SMF論文表彰事業 優秀賞

    2021年11月   公益財団法人杉山記念財団  

    髙尾知佳

     詳細を見る

  • 学術奨励賞

    2020年1月   第24回日本生殖内分泌学会学術集会   光応答性CRISPR/CAS9システムを用いたマウス子宮における胚着床のin vivo制御

    髙尾知佳

     詳細を見る

  • 高得点日本語演題賞

    2019年4月   第71回日本産科婦人科学会学術講演会   光応答性CRISPR/CAS9システムによる生殖能のin vivo制御

    高尾 知佳

     詳細を見る

  • Y.W. Loke New Investigator Travel Awards

    2012年9月   国際胎盤学会   Isolation and characterization of human trophoblast progenitor cells in primary villous cytotrophoblasts and HTR-8/SVneo cell line

    高尾 知佳

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • ヒト軟骨前駆細胞を使用した創薬Screening技術の開発

    2021年12月 - 2023年09月

    公益財団法人 アステラス病態代謝研究会  研究助成 

    高尾知佳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 光技術を用いたヒトiPS細胞由来関節組織構築モデルの開発

    2021年12月 - 2022年12月

    公益財団法人 岡山医学振興会  研究助成 

    高尾知佳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 光操作技術を利用した時間・空間・細胞種特異的な細胞ラベリング技術の開発と、生体内細胞動態研究への応用

    2021年09月 - 2022年09月

    公益財団法人 両備檉園  研究助成 

    高尾知佳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • ヒト関節オルガノイドを用いた関節病態の理解と、治療薬の開発

    2021年09月 - 2022年08月

    公益財団法人 寺岡記念育英会  研究活動費助成 

    高尾知佳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • iPS細胞由来ヒト軟骨前駆細胞ペースト(Chondro-paste)の開発

    2021年04月 - 2023年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラム 岡山大学拠点  橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA 

    高尾知佳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 光応答性CRISPR/CAS9による生殖能の時間的制御モデルの構築

    研究課題/領域番号:19K18705  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    高尾 知佳

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究は光照射による生殖能の時間的制御マウスモデルを構築することを目的とする。光CAS9における女性生殖器の生殖能を時間的に制御するin vivoモデルは、現在全く構築されていない。
    本年度はモデル構築の過程の中で、マウス個体に影響がなくかつ光CAS9の効果が得られる光照射条件を検討及び決定した。これまでヌードマウスを用いた皮下腫瘍モデルを用いて光Cas9のLED照射効果を確認したが、毛の生えているICRマウスで生殖制御モデルマウスを作製する際、子宮への到達には1.2-1.5倍の照射量が必要であった。この量は通常にコントロールマウスでは着床に重要な時期に照射をしても妊孕能に影響はもたらさなかった。
    次に、既存の着床制御因子LifのsgRNAを作成し、通常のCRISPR/Cas9でゲノムDNAを切断することを確認した。このsgRNAを用いて光応答性CRISPR/CAS9による生殖能の時間的制御マウスモデルを作成に着手した。交配後のマウスにLifまたはControl_sgRNAをin vivoトランスフェクション試薬とともに腹腔内投与し、その後24時間LED照射を行った。妊娠コントロール群をsgCtrl+青色光照射群およびsgLif+青色光非照射群とし,ノックアウト群をsgLif +青色光照射として、子宮を採取した。結果として、Lif蛋白質発現は減少していることを確認した。さらに妊孕能の確認を行った結果、ノックアウト群で有意に着床数は減少していた。このことから、Lifを用いた光応答性CRISPR/CAS9による生殖能の時間的制御マウスモデルを作製することに成功した。

    researchmap

  • 間葉上皮転換(MET)モデル作製とモデルを用いた生体内MET分子制御機構の解明

    研究課題/領域番号:16K20189  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    高尾 知佳

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    近年、間葉上皮転換(MET)は組織・器官形成など多くの重要な生命現象に関与しているが、その詳細な機構はあまり明らかにされていない。これまで間葉系幹細胞がある条件培養またはマウス移植モデルで上皮様マーカーが発現することがわかってきた。本研究はMET現象をin vitro/in vivoで再現し、リアルタイムで観察できるモデル構築を目的とした。上皮様細胞をin vivoで再現することはできたが、モデル化までは至らなかった。しかしながら、薬剤添加研究の結果、Raf-MEKまたはWnt/βカテニンシグナルがMETに関与する可能性が示された。この結果はMETシグナル制御の足掛かりになることが示唆された。

    researchmap

  • ヒト栄養膜幹細胞分化制御シグナルの解明

    研究課題/領域番号:25462562  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高尾 知佳, 和氣 徳夫

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究ではヒト絨毛細胞株HTR-8/SVneo細胞を用いて各細胞系列における新規分化制御遺伝子の解析を行った。HTR-8/SVneo細胞より栄養膜幹細胞群、合胞体栄養膜細胞そして絨毛外栄養膜細胞へ、各々の機能を持ち備えている細胞を単離した。さらに各細胞で高発現する遺伝子をマイクロアレイ解析の結果より選択し、栄養膜幹細胞群へ遺伝子導入を行った。結果として、各分化細胞特有の遺伝子マーカー(HLAGやHCGB)の発現上昇が認めれ、これらの遺伝子が栄養膜幹細胞群の分化を誘導することが示唆された。

    researchmap

  • 光遺伝子操作技術を用いた口腔-脳-腸連関における味覚機能の解明

    研究課題/領域番号:21K19601  2021年07月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    吉田 竜介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    researchmap

  • ヒト関節軟骨オルガノイドを利用した革新的創薬スクリーニング技術の開発

    研究課題/領域番号:21H02643  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    宝田 剛志, 高尾 知佳, 山田 大祐, 戸口田 淳也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    researchmap

  • ヒト肉腫自然発症モデルを利用した血中悪性化指標マーカーの探索

    研究課題/領域番号:21K07192  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山田 大祐, 中田 英二, 宝田 剛志, 高尾 知佳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 光活性型Creシステムを利用した生体内遺伝子操作法の開発

    研究課題/領域番号:20K21373  2020年07月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    宝田 剛志, 高尾 知佳, 山田 大祐, 佐藤 守俊

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    researchmap

  • 幹細胞工学とゲノム編集の技術を用いた雌性生殖器官の機能・再生・疾患の光による制御

    研究課題/領域番号:20H03826  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    丸山 哲夫, 佐藤 守俊, 高尾 知佳, 升田 博隆, 内田 浩, 宮崎 薫

      詳細を見る

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    researchmap

  • 脱細胞化骨格を用いた霊長類子宮の再生とその機能解析

    研究課題/領域番号:17K19731  2017年06月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    丸山 哲夫, 升田 博隆, 高尾 知佳, 宮崎 薫, 三木 史恵, 吉政 佑之

      詳細を見る

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    子宮脱細胞化骨格(DUS)を用いた子宮再生の技術を臨床応用すべく、滋賀医科大学動物生命科学研究センターを霊長類実験の実施場所として選定・決定し、実施に必要な体制とチームを整えた。その基盤知見・技術を強固にするためラットを用いた研究も並行して行い、内膜欠損モデルにおいて、DUS移植により腺管構造を有する内膜を再構築することが出来た。しかし、その構築効率は必ずしも高くないため、DUSに子宮構成細胞に分化し得る細胞を予め搭載して再細胞化することにした。胚様体形成とWNT/CTNNB1経路の活性化を通じてヒトiPS細胞をプロゲステロン応答性の子宮内膜間質細胞へ分化誘導する方法を共同研究により確立した。

    researchmap

  • 光遺伝学と組織工学の技術を用いた子宮内膜機能の制御と治療への展開

    研究課題/領域番号:16H05474  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    丸山 哲夫, 内田 浩, 升田 博隆, 小野 政徳, 高尾 知佳, 宮崎 薫, 三木 史恵, 吉政 佑之

      詳細を見る

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    齧歯類における脱細胞化子宮内膜組織(DES)を用いた内膜再生技術と光応答性CRISPR/CAS9(光CAS9)による遺伝子編集システムの開発を行った。内膜菲薄化・欠損モデルにおいて、DES移植により腺管構造を有する内膜の再構築が可能であった。その際、正しく再構築されるためには、用いるDESの構造極性が重要であった。一方、光CAS9の遺伝子編集を通じて、in vitroでの遺伝子の発現を抑制・増強できること、さらにin vivo子宮においてもその遺伝子編集により生殖能を任意に制御することが可能であった。両技術の融合による子宮内膜の再生を目指した新しい治療法・研究ツールの基盤知見・技術が得られた。

    researchmap

  • CRISPR/CAS9を用いた子宮筋腫発生モデルの開発

    研究課題/領域番号:15K15610  2015年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    丸山 哲夫, 高尾 知佳, 内田 浩, 升田 博隆, 小野 政徳, 荒瀬 透

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    正常子宮平滑筋組織から分離した子宮平滑筋細胞には、分離直後は幹様細胞が多く存在するが、その後培養を続けると幹様細胞は激減した。そこで、幹様細胞ではなく正常子宮平滑筋細胞に対して、CRISPR/CAS9システムを用いて子宮筋腫の約70%に存在するMED12変異の導入を試みたところ、MED12変異導入細胞が得られた。これを用いて子宮筋腫に特徴的なホルモン依存性の細胞増殖とコラーゲン発現について調べた。MED12変異導入細胞では野生型と比較して増殖に影響はなかったが、変異及びホルモン依存的にコラーゲン発現の増加傾向が認められた。現在in vivo子宮筋腫モデルの作製を進めている。

    researchmap

  • 子宮内膜細胞の老化逸脱へのゲノム多様性の関与

    研究課題/領域番号:23249075  2011年11月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    和氣 徳夫, 浅野間 和夫, 劉 格, 恒松 良祐, 高尾 知佳, 井上 貴史

      詳細を見る

    配分額:30160000円 ( 直接経費:23200000円 、 間接経費:6960000円 )

    1)子宮内膜細胞の老化逸脱へのゲノム多様性の関与
    MDM2 SNP309 G/G+G/TとTP53コドン72Arg/Argの組み合わせは子宮体癌発症odds比2.53(1.03-6.21)と両遺伝子間に統計学的有意な相互作用を示し、子宮体癌発症リスクを増大する。
    2)AhR-130 C/T SNPによる転写制御
    AhR-130 T/T遺伝子型はC/C遺伝子型に比しmRNAレベルで1.7倍、蛋白レベルで2倍のAhR発現亢進を示した。NF1C転写抑制因子結合サイトがC/C型では維持されT/T型で消失するためである。AhR T/T型の頻度は全体の10%程度であるが進行子宮体癌で有意に高頻度に検出される。AhRが癌細胞にEpithelial Mesenchymal Transition(EMT)を誘発し癌の進展に関与するためである。
    マイクロアレイ法にてAhR下流でTCDD応答性発現変化する遺伝子を同定した。そのうちIL24遺伝子はT/T遺伝子型でC/C遺伝子型に比しTCDD非存在下の発現が有意に亢進しており、TCDD非存在性、AhR依存性AhR転写制御の存在が強く示唆された。TCDD存在下でのIL24発現もT/T型で有意に高値であった。ダイオキシン類高濃度被曝例として、油症患者の血中IL24濃度を測定した。T/T遺伝子型油症患者の血中IL24濃度はC/C遺伝子型と比較し有意に高値であった。これらの結果から、AhR-130bp C/T SNP及びIL24血中濃度はダイオキシン類による病態発症を予知出来るバイオマーカーとして使用可能であることが示唆された。

    researchmap

▼全件表示