2021/07/12 更新

写真a

オオハシ イサオ
大橋 功
OHASHI Isao
所属
教育学域 教授
職名
教授
プロフィール
京都教育大学教育学部卒業
兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了
一般社団法人日本実践美術教育学会 代表理事・会長
近畿色彩教育研究会 代表
一般社団法人日本美術教育学会 理事 事務局長
日本色彩教育研究会 理事
公益財団法人 美育文化協会 評議員
外部リンク

学位

  • 教育学修士

研究キーワード

  • 美術教育

  • 鑑賞教育

  • 美術科教育

  • 中学校教育

  • 表現教育

  • 国際情報交換

  • マルティメディア

  • 初等教育

  • 教員養成

  • ICT

  • 保育士養成

  • 幼児教育

  • 学士課程教育

研究分野

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

  • 人文・社会 / 教育工学

経歴

  • 岡山大学教育学研究科 教授

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院教育学研究科   Graduate School of Education   准教授

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 東京未来大学   教授

    2007年4月

      詳細を見る

  • 佛教大学 教育学部   School of Education   助教授

    1997年4月

      詳細を見る

  • 佛教大学教育学部   School of Education   講師

    1994年4月

      詳細を見る

所属学協会

  • 一般社団法人日本美術教育学会

    1989年4月 - 現在

      詳細を見る

 

書籍等出版物

  • 美術教育概論−新訂版

    大橋 功, 新関 伸也, 松岡 宏明, 藤本 陽三( 担当: 監修)

    日本文教出版  2018年10月  ( ISBN:9784536601030

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 美術教育ハンドブック

    大橋 功, 小野 康男, 佐藤 哲夫, 竹井 史, 直江 俊雄, 永守 基樹, 新関 伸也, 松岡 宏明, 水島 尚喜, 神林 恒道, 藤江 充

    三元社  2018年  ( ISBN:9784883034529

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 子どもが夢を叶える図工室・美術室 : 創造性が社会と出会う造形教育(ANCS)をめざして

    清田 哲男, 上田 久利, 大橋 功, 藤原 智也

    あいり出版  2018年  ( ISBN:9784865550573

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • ゼロから学べる小学校図画工作授業づくり

    西尾 環, 森實 祐里, 大橋 功

    明治図書出版  2016年  ( ISBN:9784182102226

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 美術教育概論

    大橋 功, 松岡 宏明, 藤本 陽三, 鈴木 光男, 佐藤 賢司, 新関 伸也

    日本文教出版  2009年3月  ( ISBN:4536600213

     詳細を見る

    総ページ数:231   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    researchmap

  • 美術教育概論

    大橋 功, 新関 伸也, 松岡 宏明, 藤本 陽三, 佐藤 賢司, 鈴木 光男

    日本文教出版  2009年  ( ISBN:9784536600217

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 美術教育概論

    大橋 功

    日本文教出版  2002年  ( ISBN:4536400508

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 教師をめざす若者たち

    大橋 功

    プレジデント社  2000年3月  ( ISBN:9784833490535

     詳細を見る

    総ページ数:247  

    ASIN

    researchmap

  • 教師をめざす若者たち

    大橋 功

    プレジデント社  2000年  ( ISBN:4833490536

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 鑑賞学習指導に関する海外調査報告 : 台湾

    大橋 功, 藤田 雅也

    美術教育 : 日本美術教育学会学会誌   ( 303 )   44 - 47   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 描画活動における知覚と表現の関係に注目した「表現タイプ」についての考察 : 「歯磨きの絵」にみる特徴的表現を通しての検討

    大橋 功

    美術教育 : 日本美術教育学会学会誌   ( 301 )   14 - 22   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 中学校美術科における鑑賞学習指導についての全国調査報告

    松岡 宏明, 赤木 里香子, 泉谷 淑夫, 大橋 功, 萱 のり子, 新関 伸也, 藤田 雅也

    美術教育 : 日本美術教育学会学会誌   ( 301 )   68 - 75   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 小学校図画工作科における鑑賞学習指導についての全国調査報告

    松岡 宏明, 赤木 里香子, 泉谷 淑夫, 大橋 功, 萱 のり子, 新関 伸也, 藤田 雅也

    美術教育 : 日本美術教育学会学会誌   ( 301 )   60 - 67   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 授業の導入と終結を活用したリフレクションによる効果的なクラスマネジメント

    大橋 功, 清田 哲男

    研究集録   ( 165 )   47 - 51   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学大学院教育学研究科  

    これまで,一コマ90 分(2単位)であった授業時間が一コマ60 分(1単位)となったことを契機に,この授業時間を積極的に活かした授業改善に取り組んできた。元々大橋・清田は,図画工作科授業研究と同内容研究で,同じ授業科目を担当し,その内容と方法を共有しながら授業改善に取り組んできた。その要点は,一方通行の「伝達−受容型」の授業を脱し,学生の主体的で能動的な学習を通して,実践的な学習指導力を形成することにある。とりわけ,授業の入口である導入部と授業の出口である終結部におけるリフレクションを有効に活用することで,短い授業時間における実質的な学習活動に使える時間を確保することが課題であった。本稿では,携帯端末を学習ツールとして利用できるICT活用システムの活用を中心に授業改善の成果と課題について報告する。

    CiNii Article

    researchmap

  • 授業実践の動画視聴と授業分析演習を組み合わせた学習指導力養成プログラムの開発

    清田 哲男, 大橋 功

    研究集録   ( 166 )   83 - 88   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山大学大学院教育学研究科  

    これまで,一コマ90 分(2単位)であった授業時間が一コマ60 分(1単位)となったことを契機に,この新しいカリキュラムを積極的に活かした授業改善が求められている。清田・大橋は,講座「図画工作科授業研究」と「図画工作科内容研究」を,共同で担当し,その内容と方法を共有しながら授業改善に取り組んできた。その要点は,一方通行の「伝達-受容型」の授業を脱し,学生の主体的で能動的な学習を通して,実践的な学習指導力を形成することにある。とりわけ,図画工作科では,教科書題材の目標や内容を理解し,児童の実態に合わせたものに修正あるいは改変する必要がある。それを,いかに指導するかを学ぶことが教師を目指す学生にとって重要である。本稿では,授業実践を記録した動画を視聴し,検討することを通して,教科書題材からどのように授業づくりが行われていくのか,学生自身が気づくための方法について考察を行った。

    CiNii Article

    researchmap

  • 鑑賞学習ルーブリックの作成とその活用に関する一考察

    藤田 雅也, 松岡 宏明, 赤木 里香子, 泉谷 淑夫, 大橋 功, 萱 のり子, 新関 伸也

    美術教育   2017 ( 301 )   24 - 30   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    We carried out a survey using questionnaires of art appreciation education which were given to elementary school teachers all over the country in 2014, as well as to junior high school teachers in 2015.<BR>From an analysis of the result, we found that many teachers wanted an index of goals and guidelines for the evaluation of art appreciation education. So, to encourage better art appreciation education, we made "the common rubric for art appreciation" and "the rubric for appreciation of each art work". Then we observed six classes practiced by utilizing those rubrics in kindergartens, elementary schools, junior high schools and high schools and observed the effect. In the study, it was confirmed that those rubrics can help teachers when making goals and planning the class contents of art appreciation. And it was effective for teachers to reflect on and improve their teaching methods.<BR>As the next research stage, we will reconsider the validity of level setting in the common rubric and propose the procedure of making "the rubric for appreciation of each art work" for teachers to spread and develop art appreciation education.

    CiNii Article

    researchmap

  • 描画活動における知覚と表現の関係に注目した「表現タイプ」についての考察:「歯磨きの絵」にみる特徴的表現を通しての検討

    大橋 功

    美術教育   2017 ( 301 )   14 - 22   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    As a result of verification by investigating with the "toothbrushing picture", I found that there were the "Expression Type" also in the time from the infancy to the childhood.<BR>What I have focused on this verification is that, the one who expresses in the "Haptic Type" starts drawing from somewhere related to the physical perception such as "tooth, mouth or toothbrush".<BR>In addition, even though the completed picture indicated the characteristics from the "Visual Type", it can be considered that the physical perception is working more than visual perception if the starting point of the drawing is around the mouth. In this case we have classified it to the "Medium Type".<BR>Another consideration is that, despite the fact that the "Haptic Type" can be called in case that tactual perception other than visual perception works more, it is also assumed that there are some cases that the one other than tactual perception is prioritized. Therefore, in this research, I do not use the term "Haptic Type" but us "Un-Visual Type" instead.<BR>In this article, I have studies and classified with the characteristics of expression and the starting point of the drawing on the "toothbrushing picture" and clarified that the "Visual Type" which prioritize the visual perception, "Un-Visual Type" which is based on the perception other than visual's and "Medium Type" which has both characteristics existed in each development stage from the infancy to the adulthood.

    CiNii Article

    researchmap

  • 国際人の基礎基本としての芸術教育をめざして : 造形芸術教育協議会・シンポジウム報告を兼ねて (特集 音楽科へのエール)

    大橋 功

    音楽教育学   45 ( 1 )   40 - 43   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本音楽教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 国際人の基礎基本としての芸術教育をめざして:―造形芸術教育協議会・シンポジウム報告を兼ねて―

    大橋 功

    音楽教育学   45 ( 1 )   40 - 43   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本音楽教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 共同討議 美術と教育と美術教育 : 美術教師の「みる力」 (第63回学術研究大会 兵庫大会(関西国際大学)報告)

    清田 哲男, 大橋 功, 岡田 隆史

    美術教育 : 日本美術教育学会学会誌   ( 299 )   42 - 59   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 幼児の想像的描画表現活動における共感性の働きについて:共感性の多次元的視点からの考察

    大橋 功

    美術教育   2014 ( 298 )   16 - 24   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    This study establishes the nature of appropriate support for infants' imaginative expressive drawing activities and the perspective of their improvement based on the mechanism of empathy. Therefore, we first took a general view of the current state and issues of research surrounding empathy. Then, we interpreted the results of empathy based particularly on a multidimensional view and investigated an example of infants' imaginative expressive drawing activities.<BR>In this example, the nursery teachers' encouragement promoted infants' "perspective taking" of becoming a lion and their "fantasy" of immersing themselves in an imaginary world. We found that their "personal distress," which treats the lion's pain as their own pain, and their helping behavior were evoked on the basis of their altruism, i.e., their "empathic concern" or their feeling of "I want to make the lion feel better."<BR>In the infants' drawing activities, they developed helping behavior for the lion while they were playing imagination games. In this manner, it was possible for the nursery teachers to introduce the infants' drawing activities as enjoyable play activities in the imaginary world. They could do this by thoroughly understanding the effect of infants' empathy and by appealing to the infants appropriately.<BR>However, we have only investigated one example in this study. The existence of other dimensions is also possible in other examples. Given the latest results in empathy research based on the multidimensional view, a wider range of cases needs to be more precisely examined.

    CiNii Article

    researchmap

  • 美術教育における活動主題を軸とした題材群設定についての研究 : 幼児の造形表現活動の具体的事例を通した一考察

    大橋 功

    美術教育学研究 = Studies in art education : 大学美術教育学会誌   ( 46 )   61 - 68   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大学美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 「岡山県立美術館 学校と美術館の連携委員会」の戦略と成果:伝統文化の学習支援プロジェクト:"スゴ技ながもち"とハブ教員

    山口 健二, 赤木 里香子, 大橋 功

    美術教育   2013 ( 297 )   34 - 42   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    In 2011 the Board for the Cooperation with Schools, organaized in Okayama Prefectural Museum of Art, has designed and produced thirty sets of learning materials for Japan's traditional art and begun to lend them to local schools. Here we show the purpose of the material sets and their production process, discuss their educational values, and propose an expected scheme of teachers' network which will bring further spread of the materials.<BR>Okayama Prefectural Museum of Art has involved in many projects in collaboration with local school teachers. The Board was set up in 2010 through the reexamination of those projects. The latest project initiated by the Board, which is expected to enhance the consistency and regularity of the museum-teacher cooperation, is discussed in this paper.

    CiNii Article

    researchmap

  • 子どもの主体的表現とまなざしの共有:幼児の造形活動に学ぶ

    大橋 功, 松岡 宏明

    美術教育   2009 ( 292 )   128 - 139   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 書評

    大橋 功

    美術教育   2009 ( 292 )   164 - 164   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 共同討議 子どもの主体的表現とまなざしの共有--幼児の造形活動に学ぶ (第57回[日本美術教育学会]学術研究大会 大阪大会報告)

    大橋 功, 松岡 宏明

    美術教育   ( 292 )   128 - 139   2009年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 色彩の芸術と科学

    大橋 功, 出村 洋二

    美術教育   2007 ( 290 )   158 - 158   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 台湾における美術教育の現状と課題:九年一貫課程と課程統合-領域化導入後の台湾美術教育についての一考察

    大橋 功

    美術教育   2007 ( 290 )   76 - 85   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 台湾における美術教育の現状と課題--九年一貫課程と課程統合--領域化導入後の台湾美術教育についての一考察 (特集 東アジアの美術と美術教育)

    大橋 功

    美術教育   ( 290 )   76 - 85   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 学校教育における鑑賞学習指導の実態と課題--2003年度鑑賞学習指導についての全国調査の考察を通して (仲介の感性論 鑑賞教育再考--学校と美術館を取り結ぶもの)

    大橋 功

    美術フォーラム21   11   109 - 114   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:美術フォーラム21刊行会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 学校美術教育における「鑑賞教育」の課題についての一考察

    大橋 功

    佛教大学教育学部学会紀要   ( 2 )   129 - 146   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:佛教大学教育学部学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 学校美術教育におけるカリキュラム改革の課題と展望:自己実現への課程としての美術教育

    大橋 功

    美術教育   1999 ( 278 )   1 - 10   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 学校美術教育におけるカリキュラム改革の課題と展望--自己実現への過程としての美術教育

    大橋 功

    美術教育   ( 278 )   1 - 10   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会学会誌編集委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 美術・図画工作科学習指導についての調査-1-京都府亀岡市立小学校の場合

    大橋 功

    美術教育   ( 274 )   14 - 21   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 美術教育からの手紙

    大橋 功

    美術教育   1997 ( 275 )   1 - 1   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 美術教育のこれからをめぐって 美術教育研究の課題と展望についての提言

    大橋 功

    美術教育   1996 ( 272 )   2 - 10   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • バウハウスのデザイン基礎教育 人間形成としての美術教育

    大橋 功

    美術教育   1995 ( 270 )   11 - 19   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 美術教育の拝啓と教育課程 そのI 全体論的立場からの考察

    大橋 功

    美術教育   1994 ( 269 )   2 - 11   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 美術教育における環境と学習構造:人間主義心理からの一考察

    大橋 功

    美術教育   1991 ( 263 )   62 - 65   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 美術科教育における人格陶冶目標の課題と展望

    大橋 功

    美術教育   1990 ( 261 )   2 - 13   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本美術教育学会  

    CiNii Article

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 美術鑑賞学習のルーブリック評価と授業モデルの普及に関する実践的研究

    2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新関伸也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ユニバーサルデザインによる課題発見・解決力を育む学習モデル開発のための実践的研究

    2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    清田哲男

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 多様な「知覚-表現タイプ」への理解に根ざした美術教育授業モデルの開発

    2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    大橋 功

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 創造性による課題発見・解決力を育む美術教育カリキュラム開発のための実践的研究

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    清田哲男

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当授業科目

  • 中等美術科内容構成Ⅰ (2021年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 中等美術科内容構成Ⅳ (2021年度) 第2学期  - 火3~4

  • 中等美術科内容構成Ⅴ(デザイン) (2021年度) 第4学期  - その他

  • 中等美術科内容構成Ⅴ(絵画) (2021年度) 第4学期  - その他

  • 中等美術科内容構成Ⅴ(鑑賞教育) (2021年度) 第4学期  - その他

  • 中等美術科内容論(美術理論・美術史Ⅰ) (2021年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 中等美術科内容論(美術理論・美術史Ⅱ) (2021年度) 第4学期  - 火5,火6

  • 中等美術科指導法開発B(1) (2021年度) 第2学期  - 月7~8

  • 中等美術科指導法開発B(2) (2021年度) 第4学期  - 月7~8

  • 中等美術科指導法B(1) (2021年度) 第3学期  - 月5,月6

  • 中等美術科指導法B(2) (2021年度) 第4学期  - 月5,月6

  • 中等美術科授業開発(基礎Ⅰ) (2021年度) 第1学期  - 月7~8

  • 中等美術科授業開発(基礎Ⅱ) (2021年度) 第2学期  - 月7~8

  • 中等美術科授業開発(応用Ⅰ) (2021年度) 第4学期  - 月3~4

  • 中等美術科授業開発(応用Ⅱ) (2021年度) 第4学期  - 月7~8

  • 中等美術科教育法(応用Ⅰ) (2021年度) 第3学期  - 月5,月6

  • 中等美術科教育法(応用Ⅱ) (2021年度) 第4学期  - 月5,月6

  • 図画工作科内容構成 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 図画工作科指導法開発(1) (2021年度) 特別  - その他

  • 図画工作科指導法開発(2) (2021年度) 特別  - その他

  • 図画工作科授業研究(1) (2021年度) 第3学期  - 火3,火4

  • 図画工作科授業研究(1) (2021年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 図画工作科授業研究(2) (2021年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 図画工作科授業研究(2) (2021年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 図画工作科授業開発 (2021年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 図画工作科授業開発 (2021年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 図画工作科教育法 (2021年度) 第3学期  - 火3,火4

  • 図画工作科教育法 (2021年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 地域社会と博物館(美術館) (2021年度) 特別  - その他

  • 工芸科指導法B(1) (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 工芸科指導法B(2) (2021年度) 第4学期  - 木3~4

  • 工芸科教育法(応用Ⅰ) (2021年度) 第3学期  - 木3~4

  • 工芸科教育法(応用Ⅱ) (2021年度) 第4学期  - 木3~4

  • 教職実践演習(中学校A) (2021年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教育科学の理念と今日的課題B (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教育科学プロジェクト研究概論 (2021年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 教育科学特論(美術科教育学ⅣA) (2021年度) 第3学期  - その他

  • 教育科学特論(美術科教育学ⅣB) (2021年度) 第4学期  - その他

  • 教育科学特論(美術科教育学ⅥA) (2021年度) 第1学期  - その他

  • 教育科学特論(美術科教育学ⅥB) (2021年度) 第2学期  - その他

  • 教育科学課題研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 美術の見方、楽しみ方 (2021年度) 第2学期  - 木3~4

  • PBLⅠ (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • PBLⅡ (2021年度) 第3学期  - 火1,火2

  • PBLⅢ (2021年度) 第4学期  - 火1,火2

  • PBL特論Ⅰ (2021年度) 第1学期  - 金5,金6

  • PBL特論Ⅱ (2021年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅲ (2021年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅳ (2021年度) 第4学期  - その他

  • PBL特論Ⅴ (2021年度) 第1学期  - その他

  • PBL特論Ⅵ (2021年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅶ (2021年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅷ (2021年度) 第4学期  - その他

  • 中等美術科内容構成Ⅰ (2020年度) 第2学期  - 木1,木2

  • 中等美術科内容論(美術史演習Ⅰ) (2020年度) 冬季集中  - その他

  • 中等美術科内容論(美術理論・美術史Ⅰ) (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 中等美術科内容論(美術理論・美術史Ⅱ) (2020年度) 第4学期  - 火5,火6

  • 中等美術科内容論(美術理論・美術史Ⅲ) (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 中等美術科内容論(美術理論・美術史Ⅳ) (2020年度) 3・4学期  - その他1

  • 中等美術科指導法開発A(1) (2020年度) 第2学期  - 月7,月8

  • 中等美術科指導法開発A(2) (2020年度) 第4学期  - 月7,月8

  • 中等美術科指導法B(1) (2020年度) 第3学期  - 月5,月6

  • 中等美術科指導法B(2) (2020年度) 第4学期  - 月5,月6

  • 中等美術科教育法(応用Ⅰ) (2020年度) 第3学期  - 月5,月6

  • 中等美術科教育法(応用Ⅱ) (2020年度) 第4学期  - 月5,月6

  • 図画工作科指導法開発(1) (2020年度) 特別  - その他

  • 図画工作科指導法開発(2) (2020年度) 特別  - その他

  • 図画工作科授業研究(1) (2020年度) 第3学期  - 火3,火4

  • 図画工作科授業研究(1) (2020年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 図画工作科授業研究(2) (2020年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 図画工作科授業研究(2) (2020年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 図画工作科授業開発 (2020年度) 第4学期  - 火3,火4

  • 図画工作科授業開発 (2020年度) 第4学期  - 木7,木8

  • 図画工作科教育法 (2020年度) 第3学期  - 火3,火4

  • 図画工作科教育法 (2020年度) 第3学期  - 木7,木8

  • 地域社会と博物館(美術館) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育科学の理念と今日的課題B (2020年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教育科学プロジェクト研究概論 (2020年度) 第1学期  - 火1,火2

  • 教育科学特論(美術理論・美術史B) (2020年度) 第3学期  - その他

  • 教育科学特論(美術科教育学ⅢA) (2020年度) 第3学期  - その他

  • 教育科学特論(美術科教育学ⅢB) (2020年度) 第4学期  - その他

  • 教育科学課題研究 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 美術の見方、楽しみ方 (2020年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 美術理論・美術史Ⅰ (2020年度) 第3学期  - 火5,火6

  • 美術理論・美術史Ⅱ (2020年度) 第4学期  - 火5,火6

  • 美術理論・美術史演習(1) (2020年度) 冬季集中  - その他

  • 美術理論・美術史演習(2) (2020年度) 第4学期  - その他

  • 美術科教育学研究Ⅰ (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 美術科教育学研究Ⅲ (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 課題研究 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • PBLⅠ (2020年度) 第2学期  - 火1,火2

  • PBLⅡ (2020年度) 第3学期  - 火1,火2

  • PBLⅢ (2020年度) 第4学期  - 火1,火2

  • PBL特論Ⅰ (2020年度) 第1学期  - 金5,金6

  • PBL特論Ⅱ (2020年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅲ (2020年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅳ (2020年度) 第4学期  - その他

  • PBL特論Ⅴ (2020年度) 第1学期  - その他

  • PBL特論Ⅵ (2020年度) 第2学期  - その他

  • PBL特論Ⅶ (2020年度) 第3学期  - その他

  • PBL特論Ⅷ (2020年度) 第4学期  - その他

▼全件表示