2021/04/08 更新

写真a

ヤマダ ヨウスケ
山田 庸介
YAMADA Yosuke
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • emesis

  • oral and maxillofacial surgery

  • 口腔外科

  • dental implant

  • 歯科インプラント

  • 悪心

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

学歴

  • 大阪歯科大学   歯学部   歯学

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 大阪歯科大学   Faculty of Dentistry  

    - 1987年

      詳細を見る

経歴

  • - 岡山大学岡山大学病院 助教

    2000年

      詳細を見る

  • - Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University

    2000年

      詳細を見る

所属学協会

 

MISC

  • 頭頸部癌における頭頸部外科,形成外科,口腔外科3科合同手術における口腔外科の役割:下顎再建症例における3D石膏造形モデルを利用した術前プレート屈曲法

    水川 展吉, 冨永 進, 木股 敬裕, 小野田 友男, 杉山 成史, 山近 英樹, 山田 庸介, 木村 卓爾, 竹内 哲男, 植野 高章, 高木 慎

    岡山医学会雑誌   120 ( 3 )   299 - 305   2008年

     詳細を見る

  • Cisplatin-induced long-term dynorphin A-immunoreactivity in cell somata of rat area postrema neurons

    Goichi Tsukamoto, Hiroyuki Ichikawa, Motoi Kobashi, Yosuke Yamada, Takeshi Kikuchi, Hiroshi Mese, Akira Sasaki

    NEUROSCIENCE LETTERS   424 ( 2 )   122 - 126   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    We evaluated long-term dynorphin A-immunoreactivity in the rat area postrema (AP) after the administration of cisplatin. First, rats were given 1, 5 and 10 mg/kg body weight cisplatin (i.p.) and their behavior was monitored for 72 h. We observed a delayed increase in pica 24-72 h after injection, compared to the 24 h before injection. We attributed this to the cisplatin injection. Pica was defined as an increase in the intake of non-nutritional matter such as kaolin. Administration of 1, 5 and 10 mg/kg cisplatin led to an increase in kaolin intake on day 1. Administration of 5 and 10 mg/kg of cisplatin led to decreased intake of laboratory chow (MF) on days 1-3, but 10 mg/kg cisplatin causes an excessive aggravation of their condition. Following this behavioral experiment, we immunohistochemically examined the induction of dynorphin A in the AP at 24, 48 and 72 h post-administration of 1 and 5 mg/kg cisplatin. Administration of 5 mg/kg cisplatin caused dynorphin A to accumulate gradually in the neurosoma of the AP neurons, and the numbers of positive AP neurosomata at 48 and 72 h post-administration were higher than following an equal dosage of 0.9% NaCl. These findings suggest that dynorphin A increases in the central nervous system for a long time following administration, and causes certain behavioral and clinical changes, including those related to appetite and nausea. (C) 2007 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2007.07.044

    Web of Science

    researchmap

  • 岡山大学歯学部におけるチュートリアル教育(2) ー5年次生に導入された「Evidence-based medicine (EBM)に基づく歯科医療」の解析と評価ー.

    宮本 学, 窪木拓男, 高務朋将, 西谷佳浩, 鷲尾憲文, 水口 一, 若狭 亨, 多田 徹, 原 哲也, 高木 慎, 福永城司, 真野隆充, 山田庸介, 尾形小霧, 松尾龍二, 永井教之, 矢谷博文, 滝川正春, 山本照子

    岡山歯学会雑誌   2003年

     詳細を見る

  • 出血制御のために動脈塞栓術を施行した末期口腔癌の3例.

    吉濱泰斗, 西山明慶, 山田庸介, 木村卓爾, 目瀬 浩, 佐々木 朗, 松村智弘

    日本口腔腫瘍学雑誌   2003年

     詳細を見る

  • 皮弁・筋皮弁による口腔癌再建手術の臨床的検討.

    目瀬 浩, 吉濱泰斗, 真野隆充, 山田庸介, 塚本剛一, 岸本晃治, 西山明慶, 木村卓爾, 佐々木朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 口腔悪性黒色腫4例の臨床的検討.

    花村美穂子, 目瀬 浩, 佐々木朗, 木村卓爾, 西山明慶, 岸本晃治, 塚本剛一, 山田庸介, 真野隆充, 松村智弘

    日本口腔腫瘍学会誌   2002年

     詳細を見る

  • 岡山大学歯学部におけるチュートリアル教育(2) 5年次生に導入されたEvidence-based medicine (EBM)に基づく歯科医療の解析と評価

    宮本学, 窪木拓男, 高務朋将, 西谷佳浩, 鷲尾憲文, 水口一, 若狭亨, 多田徹, 原哲也, 高木慎, 福永城司, 真野隆充, 山田庸介, 尾形小霧, 松尾龍二, 永井教之, 矢谷博文, 滝川正春, 山本照子

    岡山歯学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 頭頸部領域腺様嚢胞癌20例の臨床統計的検討.

    目瀬 浩, 中山周子, 吉濱泰斗, 山田庸介, 岸本晃治, 木村卓爾, 佐々木朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2002年

     詳細を見る

  • 外傷による歯牙欠損に対しインプラント治療を施行した症例の検討

    田村彰規, 真野隆充, 上山吉哉, 岸本晃治, 山田庸介, 完山 学, 荒川 光, 園山 亘, 窪木拓男, 矢谷博

    岡山歯学会雑誌   2001年

     詳細を見る

  • Abdominal vagi mediate c-Fos expression induced by X-ray irradiation in the nucleus solitarii of the rat

    Yousuke Yamada, Goichi Tsukamoto, Motoi Kobashi, Akira Sasaki, Tomohiro Matsumura

    Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical   2000年

  • 歯性感染症から縦隔洞炎を生じたガス産生性深頚部感染症の1例

    岸本晃治, 小林敏康, 新谷 悟, 山田庸介, 富澤洪基, 佐々木 朗, 上山吉哉, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2000年

     詳細を見る

  • 嚢胞摘出術を施行した上顎洞粘液嚢胞の3例

    吉岡徳枝, 新谷 悟, 上山吉哉, 清田章之, 三原真理子, 小野桂一郎, 山田庸介, 岸本晃治, 佐々木 朗, 松村智弘

    岡山歯学会雑誌   2000年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 下顎再建症例における耳鼻科、形成外科、口腔外科3科合同手術―インクジェット法による術前プレート屈曲法

    日本頭頸部癌学会  2008年 

     詳細を見る

  • cisplatin誘発遅延性悪心反応におけるラット最後野でのdynorphin発現

    第51回日本口腔外科学会総会  2006年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌患者の喫煙歴に関する検討.

    第22回 日本口腔腫瘍学会.  2004年 

     詳細を見る

  • 舌癌と歯・補綴物などの機械的刺激に関する臨床的観察.

    第22回 日本口腔腫瘍学会.  2004年 

     詳細を見る

  • 口腔癌患者の出血に対し,動脈塞栓術を施行した4例

    日本口腔腫瘍学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • 陳旧性顎関節脱臼に対する非観血的整復法の1例 -残存歯が骨植不良であった患者に対しての工夫-

    日本口腔科学会中国・四国地方部会  2003年 

     詳細を見る

  • 顔貌変形を伴った巨大な骨形成性エプーリスの1例

    日本口腔科学会総会  2003年 

     詳細を見る

  • エナメル上皮線維腫の3例

    日本口腔外科学会中四国地方会  2002年 

     詳細を見る

  • 当科で加療した悪性黒色腫4例の臨床的検討

    日本口腔科学会中四国地方会  2001年 

     詳細を見る

  • 外傷による歯牙欠損に対しインプラント治療を施行した症例の検討

    岡山歯学会  2000年 

     詳細を見る

  • X線照射による悪心発現機構の解析

    日本生理学会大会  2000年 

     詳細を見る

  • 舌癌と歯・補綴物などの機械的刺激に関する臨床的観察.

    日本口腔外科学会中・四国地方会  1999年 

     詳細を見る

  • X線照射による悪心発現経路の免疫組織化学的検討.

    日本口腔外科学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • A study on correlationship between radiographic and histological evaluation of bone resorption mediated with oral cancer.

    International Conference of Dento-Maxillo-Facial Radiology.  1999年 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌症例に対する生検の検討.

    日本口腔科学会・中国四国地方部会  1999年 

     詳細を見る

  • 嚢胞摘出術を施行した上顎洞粘液 胞の3例.

    岡山歯学会総会  1999年 

     詳細を見る

  • 入院治療を要した重症歯性感染症の検討.

    日本口腔科学会・中国四国地方部会.  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示