2021/07/12 更新

写真a

トミサト シゲル
冨里 繁
TOMISATO Shigeru
所属
自然科学学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 大阪大学 )

研究キーワード

  • 移動通信

  • 無線通信

  • LED visible light communication

  • OFDM transmission

  • Mobile communication

  • Radio communication

  • LED可視光通信

  • OFDM伝送

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

学歴

  • 大阪大学   Faculty of Engineering   Communications Engineering

    - 1987年

      詳細を見る

  • 大阪大学   工学部   通信工学科

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • - Associate Professor,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University

    2003年

      詳細を見る

  • - 岡山大学自然科学研究科 准教授

    2003年

      詳細を見る

所属学協会

 

書籍等出版物

  • 無線通信の基礎技術

    オーム社  2014年  ( ISBN:9784274216558

     詳細を見る

MISC

  • A Non-Linear Distortion Compensation Method for Transmitters and Receivers of LED Visible Light Communications

    71 ( 2 )   J80-J86   2017年

     詳細を見る

  • Transmission Quality Improvement by LED Back-off Optimization for Visible Light Wireless Communications

    Takahiro Chikamori, Shigeru Tomisato, Satoshi Denno, Kazuhiro Uehara

    Proc. of the 20th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC 2014   2017年

     詳細を見る

  • LED可視光通信用送受信回路の非線形歪補償法

    熊谷貴明, 近森太洋, 冨里繁, 田野哲, 古野辰男, 小田恭弘

    映像情報メディア学会   71 ( 2 )   J80-J86   2017年

     詳細を見る

  • A non-linear distortion compensation method for transmitters and receivers of LED visible light communications

    Takaaki Kumagai, Takahiro Chikamori, Shigeru Tomisato, Satoshi Denno, Tatsuo Furuno And, Yasuhiro Oda

    Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers, Terebijon Gakkaishi   71 ( 2 )   J80-J86   2017年

     詳細を見る

  • コグニティブ無線用OFDM送信機における変調方式に応じた非線形歪雑音制御手法

    冨里 繁, 片岡 蓮, 藤澤 佑介, 秦 正治

    電子情報通信学会論文誌B   J99-B ( 3 )   219 - 229   2016年

     詳細を見る

  • センサネットワーク用適応送信型センサ協調ビーム形成法

    藤田 将大, 別府 多久哉, 冨里 繁, 田野 哲, 秦 正治

    電子情報通信学会論文誌B   J98-B ( 10 )   1146 - 1154   2015年

     詳細を見る

  • Iterative SVD-based frequency offset estimation with decorrelation for wireless sensor networks

    Satoshi Denno, Masataka Hasebe, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    Proc. of the 17th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC 2014   2014年

     詳細を見る

  • 第三世代移動通信システムの国際標準化への取組み

    秦 正治, 佐藤 孝平

    電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン B-plus   2014 Autumn ( 30 )   91 - 94   2014年

     詳細を見る

  • センサネットワークシステムのための特異値分解を用いた繰返し周波数オフセット推定

    田野 哲, 長谷部 雅孝, 冨里 繁, 秦 正治

    電子情報通信学会論文誌B   J97-B ( 12 )   1199 - 1212   2014年

     詳細を見る

  • Path Loss Prediction Model for a Sloped Area in Microcell Based on Scale Model and Real Environment Measurements

    Takanori Seo, Hideaki Yukue, Takuya Kuribayashi, Takuya Tsutsumi, Shinichi Ichitsubo, Masaharu Hata, Shigeru Tomisato

    2014 IEEE ASIA PACIFIC CONFERENCE ON WIRELESS AND MOBILE   78 - 83   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    We propose a model for predicting the path loss of a sloped area in a microcell service area of a mobile communication system. This is the prediction model to be proposed that targets a microcell. For practical use, a model requires parameters such as the base station height, angle of the sloped area, and distance from the base station to the sloped area. The proposed model uses a correction method based on the characteristics of the base station height to predict the path loss of the sloped area based on the path loss of flat terrain. The proposed model is verified based on measurements of a scale model and real environments. A 1/70 scale model is constructed of a residential area and the path losses are measured at 10.5 GHz. In real environments, the path losses are measured at 902 MHz. The measurement results show that the path losses predicted using the proposed model are close to the measured results.

    DOI: 10.1109/APWiMob.2014.6920281

    Web of Science

    researchmap

  • A non-linear distortion noise power control method for multi-band OFDM transmission

    Shohei Masaki, Shigeru Tomisato, Satoshi Denno, Masaharu Hata, Tatsuo Furuno, Yasuhiro Oda

    Proc. of the 17th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC 2014   2014年

     詳細を見る

  • Iterative frequency offset estimation based on singular value decomposition

    Masataka Hasebe, Satoshi Denno, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    ISPACS 2013 - 2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   125 - 130   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    This paper proposes an iterative frequency offset estimation based on singular value decomposition (SVD). The proposed technique achieves high resolution estimation of frequency offset even in the presence of strong co-channel and inter-symbol interference. Moreover, the proposed technique can estimate large frequency offset, e.g., ΔfT = 12.8 with high precision. The proposed technique comprises two new ideas. One is frequency offset estimation by using SVD and an adaptive filter. The other is iteration of the above frequency offset estimation followed by a frequency offset reduction. The iteration of the frequency offset estimation improves the estimation performance. In fact, it is evaluated by computer simulation that estimate the frequency offset normalized by a symbol duration, ΔfT = 12.8, in wireless sensor networks with direct sequence spread spectrum (DS-SS). © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISPACS.2013.6704533

    Scopus

    researchmap

  • SVD-based frequency offset estimation in the presence of co-channel interference for DS-SS sensor networks

    Masataka Hasebe, Satoshi Denno, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    2013 International Conference on Sensor Network and Mobile Computing, ICSNMC 2013   24.1-24.5   2013年

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおけるブロックコンバータの飽和によるOFDM信号の帯域外ふく射電力推定

    冨里 繁, 藤井 啓正, 秦 正治

    電子情報通信学会論文誌B   J96-B ( 8 )   850 - 858   2013年

     詳細を見る

  • センサネットワークシステムのための同一チャネル干渉下での周波数オフセット推定法

    松本 祐也, 田野 哲, 冨里 繁, 秦 正治

    電子情報通信学会論文誌B   J96-B ( 2 )   171 - 179   2013年

     詳細を見る

  • Out-of-band distortion noise power estimation of OFDM signals caused by low noise block converter saturation in spectrum sharing

    IEICE Transaction B   J96-B ( 8 )   850 - 858   2013年

     詳細を見る

  • Highly accurate estimation of frequency offset in wireless sensor network systems

    IEICE Transaction B   J96-B ( 2 )   171 - 179   2013年

     詳細を見る

  • Non-linear distortion noise control by clipping and filtering in spectrum sharing systems

    Seiichiro Okamoto, Shigeru Tomisato, Hiromasa Fujii, Masaharu Hata, Shunji Miura, Hidetoshi Kayama

    Proc. of 2012 IEEE 75th Vehicular Technology Conference Spring, VTC2012-Spring   2012年

  • An Adaptive Non-Linear Distortion Noise Control Method for Spectrum Sharing Systems

    Seiichiro Okamoto, Shigeru Tomisato, Hiromasa Fujii, Masaharu Hata, Shunji Miura, Hidetoshi Kayama

    18TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC 2012): GREEN AND SMART COMMUNICATIONS FOR IT INNOVATION   272 - 277   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes an adaptive non-linear distortion noise control method for low-priority systems under spectrum sharing environments. The proposed method adaptively controls distortion noise power of a transmitter to improve reception quality of shared bands with transmission power control. The distortion power is reduced to meet a required transmission quality. In this paper, the spectrum property and BER performance with the method are evaluated by computer simulations. The results confirm that the proposed method can effectively reduce the distortion power and adaptively control transmission SNRs according to the required transmission quality.

    DOI: 10.1109/APCC.2012.6388146

    Web of Science

    researchmap

  • A Study of Mobile Path Loss Estimation Models for a Sloping Terrain Area in Cellular Systems

    Tomohiro Ohira, Takanori Hirai, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    18TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC 2012): GREEN AND SMART COMMUNICATIONS FOR IT INNOVATION   472 - 477   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    Mobile path loss estimation models for small cell area on a sloping terrain become important function in the radio link design of cellular systems. Okumura and Lee models are known for the sloping terrain path loss estimation, but the applicable cell size is lager than today's small cell area with less than 1.5km radius. Recently, a new estimation model called Fujitani model has been proposed for such a small cell including sloping terrain area. However, there were no comparison discussions about the estimation by the other models. In this paper, the path loss estimation comparisons by Okumura, Fujitani, and Lee models are discussed based on the same data measured in a typical short distance sloping terrain area. The result shows that Fujitani model is prospective for such sloping terrain path loss estimation in a small cell, but further measurement studies in various slope terrain areas and additional parameter considerations are needed to realize general applicability.

    DOI: 10.1109/APCC.2012.6388183

    Web of Science

    researchmap

  • An extension of clustering algorithm for smart-antenna use in wireless mesh networks

    Shigeto Tajima, Nobuo Funabiki, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata, Teruo Higashino

    Proc. of the 1st IEEE Global Conference on Consumer Electronics 2012, GCCE 2012   647 - 651   2012年

  • An Iterative Peak Power Reduction Method with Adaptive Intermediary Over-Sampling for Wireless OFDMA Systems

    Kazuhiko Fujimoto, Shigeru Tomisatot, Masaharu Hata, Hiromasa Fujii

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E94B ( 2 )   576 - 579   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper proposes an iterative peak power reduction method with adaptive intermediary over-sampling which uses the necessary minimum bandwidth according to iteration number for wireless OFDMA systems. The required bandwidth to each iteration number is evaluated by computer simulation, and over-sampling numbers in iterative processing are controlled by using the simulation results. The results show that the required bandwidth is 1.6, 2.0, and 2.7 times of the used signal bandwidth at the iteration number of 1, 2, and 3, respectively. The proposed adaptive over-sampling method can reduce its multiplication number by 13%.

    DOI: 10.1587/transcom.E94.B.576

    Web of Science

    researchmap

  • An extension of active access-point selection algorithm for throughput maximization in wireless mesh networks

    Nobuo Funabiki, Junki Shimizu, Toru Nakanishi, Kan Watanabe, Shigeru Tomisato

    Proceedings - 3rd IEEE International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems, INCoS 2011   367 - 372   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    In order to offer an inexpensive, scalable Internetaccess wireless network, we have studied the architecture, protocols, and design optimizations of the wireless Internet-access mesh network (WIMNET) that adopts multiple access-points (APs) connected by wireless links. WIMNET can improve the dependability to failures of links and/or APs by allocating APs redundantly in the network field. Because redundant APs may increase the operational cost and degrade the throughput due to increasing radio interferences, only the necessary APs for the connectivity between the hosts and the Internet gateway should be activated in communications. Previously, we have defined the active AP selection problem of selecting the minimum number of active APs, and proposed its heuristic algorithm. However, the throughput should be maximized in WIMNET as a bandlimited wireless network, even if the number of active APs is slightly increased. In this paper, we propose the extension of the active AP selection algorithm for the throughput maximization using the average hop count. We confirm the effectiveness of our algorithm extension through simulations in three instances, where the throughput is improved by about 10% with 7-14 additional active APs on average. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/INCoS.2011.50

    Scopus

    researchmap

  • An active access-point selection approach for dependable wireless mesh networks

    Nobuo Funabiki, Junki Shimizu, Masaharu Hata, Shigeru Tomisato, Toru Nakanishi, Kan Watanabe

    Journal of Interconnection Networks   12 ( 3 )   137 - 154   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:World Scientific Publishing Co. Pte Ltd  

    As an inexpensive, flexible, and scalable Internet-access wireless network, we have studied the architecture, protocols, and design optimizations of the Wireless Internet-access Mesh NETwork (WIMNET) that adopts multiple access-points (APs) connected through wireless links. WIMNET can improve the dependability to failures of APs and/or their links by allocating APs redundantly in the network field. Because redundant APs may increase the operational cost and degrade the throughput due to increasing radio interferences, only the necessary APs for connectivity between the hosts and the Internet gateway should be activated in communications. In this paper, we first define the active AP selection problem of selecting the minimum number of active APs, and prove the NP-completeness of its decision version through reduction from the known minimum set cover problem. Then, we propose an active AP selection algorithm of deactivating APs one by one until no more AP can be deactivated. Due to the limited transmission capacity in WIMNET, we further present an algorithm extension for throughput maximization. We verify the effectiveness of our proposal through simulations in three instances, where the number of active APs is reduced by more than 40% and the throughput is improved by more than 10% from the original in any instance. © 2011 World Scientific Publishing Company.

    DOI: 10.1142/S0219265911002915

    Scopus

    researchmap

  • A smart access-point selection algorithm for scalable wireless mesh networks

    IAENG International Journal of Computer Science   38 ( 3 )   260 - 267   2011年

     詳細を見る

  • Interference power regrowth of spectrum sharing systems with non-linear distortion

    The 7th IEEE VTS Asia Pacific Wireless Communication Symposium, APWCS 2011   MA1   1 - 5   2011年

     詳細を見る

  • 簡易な信号処理を用いるセンサ協調型ビーム形成法の検討

    中野 淳次郎, 駒田 善紀, 冨里 繁, 田野 哲, 秦 正治

    電子情報通信学会論文誌B   J94-B ( 2 )   137 - 146   2011年

     詳細を見る

  • Sensor Collaborative Beam Forming with Low-Complexity Signal Processing

    IEICE Transaction B   J94-B ( 2 )   137 - 146   2011年

     詳細を見る

  • 可変フィルタリングによるOFDM伝送用ピーク電力低減信号の段階的生成法

    鳥羽 倫太郎, 冨里 繁, 秦 正治, 藤井 啓正

    電子情報通信学会論文誌B   J93-B ( 5 )   769 - 780   2010年

     詳細を見る

  • Performance evaluation of mobile relay transmission with non-linear amplifiers

    URSI Asia-Pacific Radio Science Conference, AP-RASC’10   CBDFK-4   1 - 1   2010年

     詳細を見る

  • Experimental study of mobile propagation loss correction formula for a slope terrain area

    IEEE 72nd Vehicular Technology Conference Fall, VTC2010-Fall   1B.4   1 - 5   2010年

     詳細を見る

  • A study on applying nonlinear models for spectrum shape estimation

    IEEE International Conference on Wireless Information Technology and Systems, ICWITS2010   212.4   1 - 4   2010年

     詳細を見る

  • Out-of-band distortion of OFDM transmission caused from low noise block converters

    IEEE International Conference on Wireless Information Technology and Systems, ICWITS2010   212.3   1 - 4   2010年

     詳細を見る

  • A Two-Stage Generating Method of Peak Power Reduction Signals for OFDM Transmission

    R. Toba, S. Tomisato, M. Hata, H. Fujii, H. Yoshino

    Proc. of IEEE APWCS 2008   T14-3-1-T14-3-5   2008年

     詳細を見る

  • Power Saving Effect of Sensor Collaborative Beam Forming for Wireless Ubiquitous Network Systems

    Sousuke Tokunaga, Yoshihisa Kawakami, Kenichi Hashimoto, Shigeru Tomisato, Satoshi Denno, Masaharu Hata

    Proc. CD of the 14th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC2008)   2008年

     詳細を見る

  • An Intermediary Over-Sampling Method in Iterative Peak Power Reduction for Wireless OFDMA Systems

    K. Fujimoto, N. Tominaga, S. Tomisato, M. Hata, H. Fujii, H. Yoshino

    Proc. of IEEE APWCS 2008   T14-4-1-T14-4-5   2008年

     詳細を見る

  • Peak reduction improvement in iterative clipping and filtering with a graded band-limiting filter for OFDM transmission

    Toshiyuki Matsuda, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata, Hiromasa Fujii, Junichiro Hagiwara

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E90A ( 7 )   1362 - 1365   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The large PAPR of orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) transmission is one of the serious problems for mobile communications that require severe power saving. Iterative clipping and filtering is an effective method for the PAPR reduction of OFDM signals. This paper evaluates PAPR reduction effect with a graded band-limiting filter in the iterative clipping and filtering method. The evaluation result by computer simulation shows that the excellent peak reduction effect can be obtained in the fewer iteration numbers by using a roll-off filter instead of the conventional rectangular filter, and the iteration number with the roll-off filter achieving the same PAPR is fewer by twice. The result confirms that the clipping and filtering method by using a graded band-limiting filter can achieve low peak OFDM transmission with less computational complexity.

    DOI: 10.1093/ietfec/e90-a.7.1362

    Web of Science

    researchmap

  • An Iterative Peak-Power Reduction Method Applicable to OFDMA Systems for Broadband Wireless Communications

    Shigeru Tomisato, Masaharu Nishizaki, Masaharu Hata, Hiromasa Fujii, Junichiro Hagiwara

    Proc. CD of the 16th IST Mobile & Wireless Communications Summit, IST Summit 2007   2007年

  • A Transmit Beamforming Method with Sensor Collaboration for Wireless Ubiquitous Network Systems

    Shigeru Tomisato, Satoshi Dennoa, Masaharu Hata

    Proc. CD of the 10th International Symposium on Microwave and Optical Technology, ISMOT 2007   2007年

     詳細を見る

  • Transmission performance evaluation for designing an OFDM transmitter that offers iterative peak reduction

    Akiko Kubo, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata, Hitoshi Yoshino

    IEICE Trans. Fundamentals   2006年

  • PAPR Performance of Iterative Clipping and Filtering with a Roll-off Filter for OFDM Transmission

    Toshiyuki Matsuda, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata, Hiromasa Fujii, Hitoshi Yoshino

    Proc. of the 3rd IEEE VTS Asia Pacific Wireless Communication Symposium, APWCS 2006   2006年

     詳細を見る

  • Transmission performance of OFDM signals with iterative peak reduction by using a non-linear power amplifier

    Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    International Journal of Microwave and Optical Technology, IJMOT   2006年

     詳細を見る

  • Highly efficient OFDM transmission by using adaptive peak-reduction signal processing

    Shigeru Tomisato, Akiko Kubo, Hiromasa Fujii, Masaharu Hata

    Proc. CD of the 15th IST Mobile & Wireless Communications Summit, IST Summit 2006   2006年

     詳細を見る

  • Cellular CDMA system capacity in a service area with tapered traffic distribution

    Masaharu Hata, Narihiro Shiraishi, Shigeru Tomisato

    Proc. CD of the IEEE Wireless Communications & Networking Conference, WCNC 2006   2006年

     詳細を見る

  • Peak power reduction method using adaptive peak reduction signal level control for OFDM transmission systems

    S Tomisato, M Hata

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E88A ( 7 )   1897 - 1902   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Future broadband mobile communication systems are necessary to achieve the bit rates of 100 Mbit/s. Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) transmission is an attractive technology because it can remove the influence of frequency selective fading in broadband transmission by adding a suitable guard interval to each OFDM symbol. However, peak-to-average power ratio (PAPR) is very large in OFDM transmission. In this paper, we propose a new PAPR reduction method which can be applied even when unusable bands are inside the system band. In the proposed method, peak reduction signals are generated by iterative signal processing only in the usable frequency band, and filtering to remove out-of-band components of the peak reduction signals is incorporated into the iterative signal processing. The results of computer simulation show that the proposed method can effectively reduce peak power without expanding the spectrum both outside the system band and into unusable bands inside the system band. By using the proposed method, the broadband mobile communication system with low peak power and high flexibility of frequency band use can be realized.

    DOI: 10.1093/ietfec/e88-a.7.1897

    Web of Science

    researchmap

  • Performance enhancement of SC/S-MMSE turbo receiver for MIMO-SDM/OFDM transmission

    T Abe, H Fujii, H Suda, S Tomisato

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E88B ( 5 )   2110 - 2119   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper aims to improve the performance of the soft canceller followed by simplified minimum mean-square error (SC/SMMSE) turbo receiver [11] for multiple-input and multiple-output space-division multiplexing/orthogonal frequency division multiplexing (MIMO-SDM/OFDM) transmission; it performs iterative parallel soft interference cancellation and MMSE filtering, and stream-wise soft-input and soft-output decoding. For this aim, we newly introduce two detection techniques: 1) serial interference cancellation, and 2) cyclic redundancy check (CRC)-assisted interference cancellation and MMSE filter tap computation. Various computer simulations are conducted to evaluate the performance enhancement obtained via the use of the two detection techniques. The computer simulation results show that this paper's proposed serial SC/SMMSE turbo receiver with CRC achieves frame error rate (FER) performance gain over existing MIMO receivers (MMSE receiver, V-BLAST receiver, parallel SC/MMSE-matched filter (MF) turbo receiver, and parallel SC/S-MMSE turbo receiver) for QPSK, 16QAM and 64QAM modulation while keeping the comparable complexity order.

    DOI: 10.1093/ietcom/e88-b.5.2110

    Web of Science

    researchmap

  • Transmission performance of highly efficient OFDM signals with iterative peak reduction

    Akiko Kubo, Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    Proc. of the 2nd IEEE VTS Asia Pacific Wireless Communication Symposium, APWCS 2005   2005年

     詳細を見る

  • Transmission performance of OFDM signals with iterative peak reduction by using a non-linear power amplifier

    Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    Proc. CD of the 10th International Symposium on Microwave and Optical Technology, ISMOT 2005(招待講演)   2005年

     詳細を見る

  • Capacity degradation due to external interference in mobile communication systems

    Masaharu Hata, Shigeru Tomisato

    Proc. CD of the 14th IST Mobile & Wireless Communications Summit, IST Summit 2005   2005年

     詳細を見る

  • PAPR Reduction Method Using Iterative Processing for OFDM Transmission Systems

    Shigeru Tomisato, Hirohito Suda, Masaharu Hata

    Proc. of the 1st IEEE VTS Asia Pacific Wireless Communication Symposium, APWCS 2004   2004年

     詳細を見る

  • PAPR Reduction Method Using Adaptive Peak Reduction Signal Control for OFDM Transmission Systems

    Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    Proc. of the Wireless Personal and Mobile Communication, WPMC 2004   2004年

  • A Study on Integration of Mobile Communication and TV Broadcasting Systems Operating in UHF Band

    Masaharu Hata, Shigeru Tomisato

    Proc. of the IEEE TECON 2004   2004年

     詳細を見る

  • Efficient Spectrum Utilization by Time Division Beam Control Scheme in Cellular Systems

    Masaharu Hata, Shigeru Tomisato, Hitoshi Yoshino

    Proc. of the Mobile Venue '04 - Radio Network Management '04 (RNM '04)   2004年

     詳細を見る

  • A MIMO turbo equalizer for frequency-selective channels with unknown interference

    T Abe, S Tomisato, T Matsumoto

    IEEE TRANSACTIONS ON VEHICULAR TECHNOLOGY   52 ( 3 )   476 - 482   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    A new space-time turbo equalization algorithm is derived for frequency-selective multiple-input-multiple-output (MIMO) channels with unknown interference. The algorithm is an extension of our proposed MIMO equalization algorithm [12], which performs joint channel estimation, multiple user's signal detection, and decoding, all in an iterative manner. This paper's proposed algorithm uses estimates of the correlation matrix of composite unknown interference-plus noise components to suppress the unknown interference while effectively separating multiple users' signals to be detected (referred to as "known user'' later). The correlation matrix of the composite unknown interference-plus-noise, components can be estimated by time averaging the instantaneous emperical correlation matrix over the training period. Since the iterative channel estimation Yields better channel estimates as more iterations are performed, thereby the estimate of the correlation matrix of the unknown interference-plus-noise components also becomes more accurate. This results in better, signal detection performances, even in the presence of unknown interferers. A series of computer simulations show that this paper's proposed algorithm can properly separate known users' signals while suppressing unknown interference.

    DOI: 10.1109/TVT.2003.811615

    Web of Science

    researchmap

  • Spectrum Efficiency of Cellular System using Time Division Beam Control Scheme

    Masaharu Hata, Hitoshi Yoshino, Shigeru Tomisato, Toru Otsu

    Proc. of the 12th IST Summit on Mobile & Wireless Communications, IST Summit 2003   2003年

     詳細を見る

  • A Peak Reduction Scheme Based on Control Signal Insertion for Multi-carrier Mobile Communication Systems

    Shigeru Tomisato, Hiroshi Suzuki

    IEICE Transaction on Communications   2003年

     詳細を見る

  • A Serial SC/S-MMSE Turbo Receiver for MIMO-SDM/OFDM Transmission in High Data Rate Mobile Communications

    Tetsushi Abe, Hiromasa Fujii, Shigeru Tomisato, Hirohito Suda

    Proc. of the 6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC 2003   2003年

     詳細を見る

  • Turbo Receiver with SC/Simplified-MMSE (S-MMSE) Type Equalizer for MIMO Channel Signal Transmission

    Hiromasa Fujii, Shigeru Tomisato, Hirohito Suda

    Proc. of the 58th IEEE Vehicular Technology Conference 2003-Fall, VTC 2003-Fall   2003年

     詳細を見る

  • Recent Technologies for MIMO Channel Signal Transmission in Future Broadband Mobile Communication Systems

    Shigeru Tomisato, Masaharu Hata

    Proc. of the 9th International Symposium on Microwave and Optical Technology, ISMOT 2003(招待講演)   2003年

     詳細を見る

  • A complex baseband platform for spatial-temporal mobile radio channel simulations

    S Tsukamoto, T Sasoh, T Sakaki, T Okamura, S Tomisato, T Asai, T Matsumoto

    IEEE TRANSACTIONS ON VEHICULAR TECHNOLOGY   51 ( 5 )   989 - 997   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Recently, joint spatial-temporal signal processing has been recognized as the key to reducing the effects of the intersymbol and cochannel interference seen in very high bit-rate mobile radio communications systems. Developing hardware simulators that can simulate mobile radio propagation scenarios in time and space domains is essential for evaluating the real-time performance of spatial-temporal signal processing schemes. This paper outlines a complex baseband platform developed for spatial-temporal mobile radio channel simulations. The platform consists of a complex baseband fading/array response simulator, a digital signal processor (DSP) board, and a general-purpose parameter estimator that uses systolic array implementation of the recursive least square (RLS) algorithm. Results of experiments conducted using the developed platform are presented to confirm the proper operation of the system.

    DOI: 10.1109/TVT.2002.801772

    Web of Science

    researchmap

  • A Hybrid MIMO System Using Spatial Correlation

    Tetsushi Abe, Hiromasa Fujii, Shigeru Tomisato

    The 5th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications: WPMC2002   2002年

  • A Joint Spatial and Temporal Equalizer Using Separated Spatial and Temporal Signal Processing for Broadband Mobile Radio Communications

    Shigeru Tomisato, Tadashi Matsumoto

    3rd IEEE Signal Processing Workshop on Signal Processing Advances in Wireless Communications   2001年

  • 実伝搬データを用いた時空等化器性能評価

    山田 武史, 冨里 繁, 松本 正

    ドコモテクニカルジャーナル   Vol.9, No.3, pp.86-91   2001年

     詳細を見る

  • Performance Evaluation of a Space-Time Turbo Equalizer in Frequency Selective MIMO Channels Using Field Measurement Data

    Tetsushi Abe, Shigeru Tomisato, Tadashi Matsumoto

    IEE MIMO Communications Systems from Concept to Implementations   2001年

     詳細を見る

  • FPGAを用いて実現した干渉キャンセラTCCのリアルタイム室内伝送実験

    村田 英一, 塚本 悟司, 冨里 繁, 松本 正, 吉田 進

    電子情報通信学会論文誌, B   2001年

     詳細を見る

  • Performance Evaluation of FTDL-Spatial/MLSE-Temporal Equalizer in the Presence of Co-channel Interference

    Takefumi Yamada, Shigeru Tomisato, Tadashi Matsumoto, Uwe Trautwein

    IEICE Transaction on Communications   2001年

     詳細を見る

  • Result of Link-Level Simulation Using Field Measurement Data for an FTDL-Spatial/MLSE-Temporal Equalizer

    Takefumi Yamada, Shigeru Tomisato, Tadashi Matsumoto, Uwe Trautwein

    IEICE Transaction on Communications   2001年

     詳細を見る

  • Field Test Results for a Beam and Null Simultaneous Steering S/T-Equalizer in Broadband Mobile Communication Environments

    Takahiro Asai, Shigeru Tomisato, Tadashi Matsumoto

    IEICE Transaction on Communications   2001年

     詳細を見る

  • Performance Evaluation for FDTL-Spatial/MLSE-Temporal Equalizer Using Field Measurement Data

    Takefumi Yamada, Tadashi Matsumoto, Shigeru Tomisato, Uwe Trautwein

    3rd IEEE Signal Processing Workshop on Signal Processing Advances in Wireless Communications   2001年

  • Coherent Frequency Hopping Multiple Access (CFHMA) with Multiuser Detection for Mobile Communication Systems

    Shigeru Tomisato, Kazuhiko Fukawa, Hiroshi Suzuki

    IEEE Trans. Veh. Technol.   2000年

     詳細を見る

  • ビーム/ヌル同時ステアリング方式を用いた時空等化器

    冨里 繁, 三木 信彦, 浅井 孝浩, 松本 正

    ドコモテクニカルジャーナル   Vol.8, No.3, pp.48-55   2000年

     詳細を見る

  • Field Test Results for Beam and Null Simultaneous Steering S/T-Equalizer in Broadband Mobile Communication Environment

    Nobuhiko Miki, Takahiro Asai, Shigeru Tomisato, Tadashi Matsumoto

    The 50th IEEE Vehicular Technology Conference: VTC2000   2000年

     詳細を見る

  • Coherent Hydrid DS-FFH CDMA with Adaptive Interference Cancelling for Cellular Mobile Communications

    IEICE Transactions on communications   E77-B ( 5 )   589 - 597   1998年

     詳細を見る

  • Coherent Hydrid DS-FFH CDMA with Adaptive Interference Cancelling for Cellular Mobile Communications

    IEICE Transactions on communications   E77-B ( 5 )   589 - 597   1998年

     詳細を見る

  • コーヒーレントハイブリットDS-FFH CDMA方式-移動無線における基本特性-

    電子情報通信学会論文誌、B   J77-B-Ⅱ ( 1 )   1 - 10   1998年

     詳細を見る

  • 送信増幅における電力効率を改善した包絡線制御形ディジタル変調方式-移動通信用トレイス符号化8PSKへの応用

    電子情報通信学会論文誌、B   J75-B-Ⅱ ( 12 )   918 - 928   1996年

     詳細を見る

  • QPSK移動無線通信における近似ナイキスト伝送の検討

    電子情報通信学会論文誌、B   J74-B-Ⅱ ( 7 )   405 - 412   1995年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Receiver Noise Impact in Non-Linear Distortion Compensation for LED Visible Light Communications

    2018年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信の空間多重化における干渉特性評価

    平成30年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2018年 

     詳細を見る

  • マルチバンド方式の信号帯域幅制御による場所率改善効果

    平成30年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2018年 

     詳細を見る

  • 周波数共用を行うマルチバンドシステムの 適応帯域幅制御による干渉低減効果

    2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2018年 

     詳細を見る

  • LED可視光無線通信における送受協調型非線形歪補償法の検討

    2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2018年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信用送受信機における非線形歪補償の検討

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2018年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおけるマルチバンド使用時の システム間干渉評価

    電子情報通信学会スマート無線研究会  2018年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信の非線形歪補償における受信機雑音の影響

    2018年電子情報通信学会総合大会  2018年 

     詳細を見る

  • An Experimental and Computational Study of Radio Propagation Modeling for Underground Structure

    2018年 

     詳細を見る

  • Coverage Evaluation by Bandwidth Control in Spectral Sharing Multi-Band Systems

    2018年 

     詳細を見る

  • Interference Characteristic Evaluation in Spatial Multiplexing in LED Visible Light Wireless Communications

    2018年 

     詳細を見る

  • A Study on Optimal Window Function Selecting Method for Signal Separation by Accumulation Batch signal processing

    2018年 

     詳細を見る

  • Interference Characteristic Evaluation in Spatial Multiplexing for LED Visible Light Communication

    2018年 

     詳細を見る

  • Coverage Improvement by Bandwidth Control in Multi-Band Systems

    2018年 

     詳細を見る

  • Interference Reduction Effect by Adaptive Bandwidth Control of Multi-Band Systems

    2018年 

     詳細を見る

  • A collaborative non-linear distortion compensation method in both transmitter and receiver

    2018年 

     詳細を見る

  • A Compensation Method of Non-Linear Distortion in Both Transmitter and Receiver of LED Visible Light Communications

    2018年 

     詳細を見る

  • Inter-System Interference Evaluation in Spectrum Sharing Systems with Multiple Frequency Bands

    2018年 

     詳細を見る

  • 蓄積一括信号処理による信号分離における 最適窓関数選択方法の一検討

    平成30年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2018年 

     詳細を見る

  • 地下構造物の電波伝搬モデリングに関する実験と計算による検討

    The 20th IEEE Hiroshima Student Symposium  2018年 

     詳細を見る

  • 周波数共用を行うマルチバンド方式の帯域幅制御による場所率評価

    The 20th IEEE Hiroshima Student Symposium  2018年 

     詳細を見る

  • LED可視光無線通信の空間的多重化における干渉特性の検討

    The 20th IEEE Hiroshima Student Symposium  2018年 

     詳細を見る

  • LED可視光無線通信用受信機における非線形歪補償法

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2017年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信用歪補償法における非線形定数の誤差による性能評価

    The 19th IEEE Hiroshima Student Symposium  2017年 

     詳細を見る

  • マルチバンドを用いる周波数共用システムにおける受信特性改善手法の検討

    The 19th IEEE Hiroshima Student Symposium  2017年 

     詳細を見る

  • 可視光無線通信用LEDの受信機における非線形歪補償法の検討

    平成29年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • 帯域幅制御を用いたマルチバンド周波数共用システムの受信特性

    平成29年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2017年 

     詳細を見る

  • 可視光無線通信用LEDにおけるバックオフ最適化の検討

    2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2017年 

     詳細を見る

  • Transmission Performance of Visible Light Communications Using Saturated LEDs

    2017年 

     詳細を見る

  • マルチバンド方式における非線形歪雑音電力制御による 伝送効率改善効果

    電子情報通信学会スマート無線研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 可視光通信におけるLEDの飽和制御による受信特性改善効果

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2017年 

     詳細を見る

  • 可視光通信におけるLED線形化による受信特性改善効果

    2017年電子情報通信学会総合大会  2017年 

     詳細を見る

  • LEDの飽和領域を利用する可視光通信の受信特性

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2017年 

     詳細を見る

  • Performance Evaluation by Non-Linear Factor Error in a Distortion Compensation Method

    2017年 

     詳細を見る

  • A Reception Performance Improvement Method of Multi-Band Frequency Sharing Systems

    2017年 

     詳細を見る

  • A Non-Linear Distortion Compensation Method in a Receiver for LEDs of Visible Light Communications

    2017年 

     詳細を見る

  • Reception characteristic of Multi-Band Frequency Sharing Systems Using Bandwidth Control

    2017年 

     詳細を見る

  • Backoff Optimization of LEDs for Visible Light Wireless Communications

    2017年 

     詳細を見る

  • A Non-Linear Distortion Compensation Method in a Receiver of LED Visible Light Communications

    2017年 

     詳細を見る

  • Transmission Efficiency Improvement by Non-Liner Distortion Noise Power Control in Multi-Band Systems

    2017年 

     詳細を見る

  • Transmission Performance Improvement by Saturation Control of LEDs in Visible Light Communication

    2017年 

     詳細を見る

  • Transmission Performance Improvement by LED Linearization in Visible Light Communications

    2017年 

     詳細を見る

  • Performance Evaluation by Input Power Limiting in Linearized LEDs for Visible Light Communications

    2016年 

     詳細を見る

  • 可視光通信用LEDの非線形歪による伝送特性劣化とその改善手法

    平成28年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • 可視光通信用LEDの線形化における入力電力制限の影響評価

    2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2016年 

     詳細を見る

  • 傾斜地に市街地伝搬損失推定式を適用するための補正式の一検討

    2016年電子情報通信学会総合大会  2016年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信における非線形歪補償の効果

    2016年電子情報通信学会総合大会  2016年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信の伝送回路における非線形歪補償法の検討

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2016年 

     詳細を見る

  • Performance Improvement by Pre-Distortion for LED Non-Linearity in Visible Light Communications

    2016年 

     詳細を見る

  • Out-of-Band Noise Reduction Effect of Noise Control Signals in Multi-Band Systems

    2016年 

     詳細を見る

  • Transmission Efficiency Improvement by Non-Linear Distortion Noise Power Control in Multi-Band Systems

    2016年 

     詳細を見る

  • Noise Reduction Effect of Out-of-Band Noise Control Signals in Multi-Band Systems

    2016年 

     詳細を見る

  • Transmission Performance Degradation by Non-Linear Distortion of LEDs and its Compensation Method in Visible Light Communications

    2016年 

     詳細を見る

  • マルチバンド方式における帯域外雑音制御信号の雑音低減効果

    平成28年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2016年 

     詳細を見る

  • 可視光通信用LEDにおけるプリディストーションによる非線形性の改善

    The 18th IEEE Hiroshima Student Symposium  2016年 

     詳細を見る

  • マルチバンドシステムにおける雑音制御信号による帯域外雑音低減効果

    The 18th IEEE Hiroshima Student Symposium  2016年 

     詳細を見る

  • マルチバンド方式における非線形歪雑音電力制御による干渉低減効果

    電子情報通信学会スマート無線研究会  2016年 

     詳細を見る

  • マルチバンド方式の帯域外輻射電力を低減する使用帯域割当方法の検討

    The 17th IEEE Hiroshima Student Symposium  2015年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおける帯域外輻射低減時の非線形歪雑音の配分方法

    The 17th IEEE Hiroshima Student Symposium  2015年 

     詳細を見る

  • モバイル中継伝送における フェージング変動補償法の検討

    The 17th IEEE Hiroshima Student Symposium  2015年 

     詳細を見る

  • 市街地伝搬損失推定式の傾斜地補正における見通し率の適用性に関する検討

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2015年 

     詳細を見る

  • マルチバンド方式の帯域外輻射電力を低減する使用帯域割当方法の検討

    平成27年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送を用いたLED可視光通信の周波数特性の影響評価

    平成27年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムの送信機における非線形歪雑音の配分方法の検討

    平成27年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 基地局が傾斜地エリアを見下ろす場合の仰角補正法の適用性に関する検討

    平成27年度年電気・情報関連学会九州支部連合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 基地局が見下ろす場合の異なる傾斜地エリアにおける移動伝搬損失特性の比較検討

    2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2015年 

     詳細を見る

  • 可視光通信用LEDの非線形歪による伝送品質への影響評価

    2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2015年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信における非線形歪補償方法の検討

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2015年 

     詳細を見る

  • 市街地伝搬損失推定式の傾斜地補正における見通し率の定義に関する検討

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2015年 

     詳細を見る

  • コグニティブ無線用送信機における 非線形歪雑音電力配分手法の検討

    電子情報通信学会スマート無線研究会  2015年 

     詳細を見る

  • LED可視光通信における変調精度の実験的検討

    2015年電子情報通信学会総合大会  2015年 

     詳細を見る

  • 道路地理情報を考慮した傾斜地における市街地伝搬損失推定に関する一検討

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2015年 

     詳細を見る

  • コグニティブ無線用OFDM伝送システムにおける非線形歪雑音電力制御手法

    電子情報通信学会スマート無線研究会  2014年 

     詳細を見る

  • 可視光通信を用いたLTE信号伝送実験における変調精度評価

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2014年 

     詳細を見る

  • モバイル中継伝送におけるマルチパスフェージングの影響に関する検討

    The 16th IEEE Hiroshima Student Symposium  2014年 

     詳細を見る

  • セルラ基地局が傾斜地エリアを見下ろす場合の伝搬損失補正式の検討

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2014年 

     詳細を見る

  • Non-linear distortion noise control according to modulation schemes for spectrum sharing systems

    電子情報通信学会スマート無線研究会  2014年 

     詳細を見る

  • モバイル中継伝送におけるフェージング変動の影響評価

    平成26年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • 災害時における船舶携帯無線基地局の運用条件に関する検討

    平成26年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送を用いた周波数共用システムにおけるクリップレベル最適化の検討

    平成26年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • マルチバンドセルラ方式における帯域外輻射を考慮した適応フィルタリング手法

    平成26年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • マルチバンドOFDM伝送における繰り返しクリップとフィルタリング手法の効果

    2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2014年 

     詳細を見る

  • 見通しがあるときの傾斜地伝搬損失推定の検討

    平成26年度年電気・情報関連学会九州支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送を用いた周波数共用システムにおける非線形歪雑音電力配分法の検討

    The 16th IEEE Hiroshima Student Symposium  2014年 

     詳細を見る

  • 市街地伝搬損失推定式を傾斜地に適用するための補正式に関する一検討

    平成26年度年電気・情報関連学会九州支部連合大会  2014年 

     詳細を見る

  • 適応送信型センサ協調ビーム形成法の受信特性

    電子情報通信学会無線通信システム研究会  2014年 

     詳細を見る

  • センサネットワークシステムのための特異値分解を用いた繰返し周波数オフセット推定

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2014年 

     詳細を見る

  • 異なる市街地の傾斜地エリアにおける伝搬損失特性の比較検討

    2014年電子情報通信学会総合大会  2014年 

     詳細を見る

  • マルチバンドOFDM伝送における非線形歪雑音低減手法

    2014年電子情報通信学会総合大会  2014年 

     詳細を見る

  • 適応送信型センサ協調ビーム形成法における送信位相誤差の影響評価

    2014年電子情報通信学会総合大会  2014年 

     詳細を見る

  • マルチバンドを用いるOFDM伝送の帯域外輻射特性

    電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会  2014年 

     詳細を見る

  • 傾斜地伝搬損失推定に対するスケールモデルと実環境測定に基づく補正法の検討

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2014年 

     詳細を見る

  • 適応送信型センサ協調ビーム形成法における周波数オフセットの影響

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2014年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおけるサブキャリア間隔による帯域利用率

    2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2013年 

     詳細を見る

  • 異なる傾斜地エリアに対する伝搬損失補正式の適用性の検討

    2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2013年 

     詳細を見る

  • センサ協調ビーム形成法における適応送信手法による受信特性改善効果

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2013年 

     詳細を見る

  • 干渉電力推定に基づく周波数共用帯域の送信電力制御手法

    電子情報通信学会無線通信システム研究会  2013年 

     詳細を見る

  • 干渉電力推定を用いる周波数共用システムの未使用帯域利用効率

    2013年電子情報通信学会総合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 周波数共用における非優先システムの干渉電力推定手法

    電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会  2013年 

     詳細を見る

  • 複数の傾斜地を考慮した携帯電話の電波伝搬損失特性の検討

    情報処理学会モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会  2013年 

     詳細を見る

  • 傾斜地エリアに対する伝搬損失補正式の適用性の比較検討-岡山と小倉の場合-

    The 15th IEEE Hiroshima Student Symposium  2013年 

     詳細を見る

  • スケールモデルと実環境の測定による傾斜地伝搬損失を推定する補正方法の検討

    第577回URSI-F会合  2013年 

     詳細を見る

  • 傾斜地エリアを見下ろすセルラ基地局に関する伝搬損失特性の検討

    平成25年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 適応送信を用いたセンサ協調ビーム形成法における省電力効果

    平成25年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムの変調方式を考慮した送信電力制御手法

    平成25年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • マルチバンドを利用するセルラ方式における帯域外輻射特性評価

    平成25年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • スケールモデル手法による傾斜地伝搬損失特性の検討

    平成25年度年電気・情報関連学会九州支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 傾斜地エリアを見上げるセルラ基地局に関する伝搬損失特性の検討

    平成25年度年電気・情報関連学会九州支部連合大会  2013年 

     詳細を見る

  • 傾斜地伝搬損失補正における要素パラメータの事前推定法の検討

    The 15th IEEE Hiroshima Student Symposium  2013年 

     詳細を見る

  • 適応送信型センサ協調ビーム形成法の消費電力低減効果

    The 15th IEEE Hiroshima Student Symposium  2013年 

     詳細を見る

  • モバイル中継伝送における伝搬遅延の影響評価

    電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • SVDを用いた周波数オフセット推定法における特性改善法

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2012年 

     詳細を見る

  • セルラ方式における傾斜地エリア伝搬損失推定法の比較検討

    The 14th IEEE Hiroshima Student Symposium  2012年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおけるスペクトラム整形による干渉低減効果

    The 14th IEEE Hiroshima Student Symposium  2012年 

     詳細を見る

  • 周波数共用における非優先システムの干渉推定に基づく送信電力制御法

    電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • センサネットワーク用協調ビーム形成法における適応送信手法の検討

    電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • Leeモデルによる傾斜地エリア移動伝搬損失特性推定法の一検討

    電気・情報関連学会中国支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 傾斜地における伝搬損失特性

    電気・情報関連学会九州支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 市街地における傾斜地エリア伝搬損失特性の実験検討

    電気・情報関連学会九州支部連合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 周波数共用における変調方式に応じた非線形歪雑音制御手法

    2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2012年 

     詳細を見る

  • 周波数共用における非線形歪雑音制御による受信特性改善効果

    電子情報通信学会無線通信システム研究会  2012年 

     詳細を見る

  • 同一チャネル干渉下におけるセンサネットワーク用周波数オフセット推定法の検討

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2012年 

     詳細を見る

  • センサネットワーク用送信センサ選択型協調ビーム形成法の一検討

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2012年 

     詳細を見る

  • 無線メッシュネットワークにおけるWDSクラスタ分割アルゴリズムのスマートアンテナ拡張の一般化

    電子情報通信学会ネットワークシステム研究会  2012年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおける非線形歪雑音の適応制御手法の検討

    2012年電子情報通信学会総合大会  2012年 

     詳細を見る

  • 同一チャネル干渉下での周波数オフセット推定法の検討

    電子情報通信学会無線通信システム研究会  2012年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおける非線形歪電力制御の検討

    電子情報通信学会無線通信システム研究会  2011年 

     詳細を見る

  • 無線メッシュネットワークでの2個のスマートアンテナ使用アクセスポイントを有するWDSクラスタへの分割アルゴリズム

    電子情報通信学会ネットワークシステム研究会  2011年 

     詳細を見る

  • フェムトセルを用いるセルラ方式の屋外干渉特性の検討

    The 13th IEEE Hiroshima Student Symposium  2011年 

     詳細を見る

  • 分散MIMOチャネル伝送における高精度タイミング同期手法

    The 13th IEEE Hiroshima Student Symposium  2011年 

     詳細を見る

  • OFDMA方式におけるクリップレベル制御によるピーク電力低減効果

    The 13th IEEE Hiroshima Student Symposium  2011年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおけるOFDM信号の送信スペクトラム整形手法

    平成23年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2011年 

     詳細を見る

  • モバイルアドホック通信用送信端末選択型協調ビーム形成法の検討

    平成23年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2011年 

     詳細を見る

  • 中山間地域WiMAXシステムにおける基地局配置の検討

    平成23年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2011年 

     詳細を見る

  • BWAシステムの中山間地域におけるエリア推定法の検討

    第16回岡山リサーチパーク研究・展示発表会  2011年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおけるサブキャリア間隔による干渉電力

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2011年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおける非線形歪電力制御手法

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2011年 

     詳細を見る

  • ゲートウェイにMIMOを用いた無線メッシュネットワークでのWDSクラスタ分割アルゴリズム

    電子情報通信学会ネットワークシステム研究会  2011年 

     詳細を見る

  • 周波数共用システムにおける非線形歪による干渉電力増大

    電子情報通信学会総合大会  2011年 

     詳細を見る

  • センサネットワーク用送受信協調ビーム形成法の省電力効果

    平成22年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2010年 

     詳細を見る

  • 周波数共用時のOFDMA方式における干渉特性評価

    電子情報通信学会無線通信システム研究会  2010年 

     詳細を見る

  • 送受信センサ協調ビーム形成法におけるフェージング変動の影響

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2010年 

     詳細を見る

  • センサ協調ビーム形成法における協調受信センサ数による消費電力低減効果

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2010年 

     詳細を見る

  • 屋内無線システムの隣接エリア漏洩電力に関する実験的検討

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2010年 

     詳細を見る

  • セルラ方式の無線回線設計における傾斜地伝搬損失補正の検討

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2010年 

     詳細を見る

  • 電力増幅器の歪電力を考慮したOFDMA方式におけるSINR分布特性

    平成22年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2010年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送用ピーク電力低減用サブキャリア逐次選択法による伝送特性評価

    平成22年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2010年 

     詳細を見る

  • 無線LANの建物内外における受信レベル特性の一検討

    平成22年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2010年 

     詳細を見る

  • MIMOチャネル中継伝送における非線形歪の影響評価

    平成22年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2010年 

     詳細を見る

  • 周波数共用時のLNBによる非線形歪特性

    電子情報通信学会総合大会  2010年 

     詳細を見る

  • 市街地伝搬損失推定式の傾斜地補正に関する一検討

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2010年 

     詳細を見る

  • OFDMA方式における送信電力制御時のスペクトラム特性

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2010年 

     詳細を見る

  • LNBによる非線形歪評価における非線形モデル適用に関する検討

    電子情報通信学会総合大会  2010年 

     詳細を見る

  • ブロードバンドOFDM伝送における高効率化技術

    益々拡大するOFDM技術のワイヤレスへの応用  2009年 

     詳細を見る

  • 傾斜地エリアにおける移動伝搬損失推定式の一検討

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2009年 

     詳細を見る

  • 市街地および郊外地キャンパスにおける移動伝搬損失特性

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2009年 

     詳細を見る

  • 送受信センサ協調型ビーム形成法の伝送特性

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2009年 

     詳細を見る

  • MIMOチャネル中継伝送用アンテナ選択法のフェージング伝搬路における受信特性

    The 11th IEEE Hiroshima Student Symposium  2009年 

     詳細を見る

  • センサネットワーク用送受信協調ビーム形成法の検討

    平成21年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2009年 

     詳細を見る

  • MIMOチャネル中継伝送におけるフェージング変動の影響評価

    平成21年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2009年 

     詳細を見る

  • セルラCDMA方式の傾斜地エリアにおける電波伝搬特性

    平成21年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2009年 

     詳細を見る

  • DFTS-OFDM伝送における非線形歪の影響評価

    2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2009年 

     詳細を見る

  • OFDMA方式用ソフトクリップ手法による歪電力制御特性

    2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2009年 

     詳細を見る

  • OFDMA方式用繰り返しピーク低減のためのクリップ雑音キャンセラ

    2009年日本シミュレーション学会大会  2009年 

     詳細を見る

  • クリップ雑音キャンセラを用いたOFDMA方式における非線形歪の影響評価

    2009年電子情報通信学会総合大会  2009年 

     詳細を見る

  • ソフトクリップ制御を用いたOFDMA方式の帯域外輻射特性

    2009年電子情報通信学会総合大会  2009年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送におけるピーク電力低減信号段階的生成法

    2008年電子情報通信学会総合大会  2008年 

     詳細を見る

  • UWB端末の屋内無線LANへの干渉距離に関する検討

    The 10th IEEE Hiroshima Student Symposium  2008年 

     詳細を見る

  • 地方都市におけるワンセグTV放送の移動受信レベル推定

    The 10th IEEE Hiroshima Student Symposium  2008年 

     詳細を見る

  • 市街地キャンパスにおけるセルラCDMA方式の電波伝搬特性

    平成20年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2008年 

     詳細を見る

  • 歪電力制御手法を用いた低ピークOFDM送信信号生成法の検討

    平成20年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2008年 

     詳細を見る

  • CI符号化OFDM伝送におけるスペクトラム整形の効果

    平成20年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2008年 

     詳細を見る

  • 中山間地域におけるBWAシステムの実証実験-無線回線設計-

    2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2008年 

     詳細を見る

  • 移動通信の伝搬損失推定における建物占有面積率の近似方法

    2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2008年 

     詳細を見る

  • 中間オーバサンプリング手法を用いたOFDMA方式の伝送特性

    2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2008年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送用適応ピーク低減サブキャリア挿入法

    2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2008年 

     詳細を見る

  • OFDMA方式用繰り返しピーク電力低減における演算量削減手法

    2008年日本シミュレーション学会大会  2008年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送用ピーク電力低減信号の段階的生成法

    2008年日本シミュレーション学会大会  2008年 

     詳細を見る

  • OFDMA方式用繰り返しピーク電力低減手法の検討

    2008年電子情報通信学会総合大会  2008年 

     詳細を見る

  • スペクトラム整形を用いたCI符号化OFDM信号の伝送特性

    The 10th IEEE Hiroshima Student Symposium  2008年 

     詳細を見る

  • サイト/セクタ間ダイバーシチを用いるMIMOチャネル伝送方式の受信特性

    平成19年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2007年 

     詳細を見る

  • センサ協調型送信ビーム形成法における送信位相誤差の影響

    The 9th IEEE Hiroshima Student Symposium  2007年 

     詳細を見る

  • 屋内無線通信におけるアクセスポイント配置の検討

    The 9th IEEE Hiroshima Student Symposium  2007年 

     詳細を見る

  • UWBシステムと無線LANとの周波数共用に関する一検討

    平成19年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2007年 

     詳細を見る

  • ピーク低減サブキャリア挿入とクリッピングによる低ピークOFDM信号生成法

    平成19年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2007年 

     詳細を見る

  • MIMOチャネル中継伝送における送受信アンテナ選択法の検討

    平成19年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2007年 

     詳細を見る

  • 屋内エリアにおけるセルラCDMA方式の伝搬損失特性

    平成19年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2007年 

     詳細を見る

  • セルラCDMA方式の受信点高の関する屋外伝搬損失特性

    平成19年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2007年 

     詳細を見る

  • OFDMA方式におけるクリッピングによる受信特性への影響評価

    2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2007年 

     詳細を見る

  • 電力増幅器非線形歪を考慮した低ピーク化OFDM信号の伝送特性

    2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2007年 

     詳細を見る

  • 帯域外輻射を考慮したOFDM信号低ピーク電力化手法

    2007年電子情報通信学会総合大会  2007年 

     詳細を見る

  • ピーク低減用サブキャリアによるOFDM信号の低ピーク電力化

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2006年 

     詳細を見る

  • センサネットワークにおけるセンサ協調型ビーム形成法の検討

    The 8th IEEE Hiroshima Student Symposium  2006年 

     詳細を見る

  • 高能率変調を用いた繰り返しピーク電力低減型OFDM伝送方式

    平成18年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2006年 

     詳細を見る

  • 中継局を用いるMIMOチャネル伝送方式の受信特性

    平成18年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2006年 

     詳細を見る

  • セルラCDMA方式の大学キャンパスにおける電波伝搬特性

    平成18年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2006年 

     詳細を見る

  • OFDMシンボル間の不連続性による帯域外輻射特性評価

    2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2006年 

     詳細を見る

  • ピーク低減用サブキャリア挿入による低ピークOFDM信号生成法

    2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2006年 

     詳細を見る

  • センサネットワーク用協調ビーム形成法の検討

    2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2006年 

     詳細を見る

  • OFDM信号繰り返しピーク低減法における帯域制限の影響

    2006年電子情報通信学会総合大会  2006年 

     詳細を見る

  • MIMOチャネル伝送におけるセクタ間ダイバーシティの受信特性改善効果

    平成18年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2006年 

     詳細を見る

  • 繰り返し生成による低ピークOFDM信号の受信特性

    2005年電子情報通信学会総合大会  2005年 

     詳細を見る

  • OFDM伝送における他システム共存時の受信特性

    平成17年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2005年 

     詳細を見る

  • MIMOチャネル伝送におけるサイトダイバーシティによる受信特性改善効果

    平成17年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2005年 

     詳細を見る

  • CDMA移動通信における分散アンテナ技術を用いた屋内エリア構成法

    平成17年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2005年 

     詳細を見る

  • UHF帯TV放送と移動通信の隣接干渉に関する一考察

    2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2005年 

     詳細を見る

  • CDMA移動通信におけるエリア内集中トラヒック分布時のシステム容量

    2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2005年 

     詳細を見る

  • 繰り返し適応ピーク低減信号生成法を用いたOFDM伝送の受信特性

    2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2005年 

     詳細を見る

  • UHF帯におけるCDMA移動通信とTV放送との周波数共用に関する検討

    The 7th IEEE Hiroshima Student Symposium  2005年 

     詳細を見る

  • CDMA移動通信におけるトラヒック分布特性とシステム容量の検討

    The 7th IEEE Hiroshima Student Symposium  2005年 

     詳細を見る

  • 高能率OFDM伝送における適応ピーク低減信号生成法の検討

    The 7th IEEE Hiroshima Student Symposium  2005年 

     詳細を見る

  • UHF帯における通信放送融合システムの一検討

    2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2004年 

     詳細を見る

  • CDMA移動通信の上り回線容量とシャドウイングに関する解析的検討

    The 6th IEEE Hiroshima Student Symposium  2004年 

     詳細を見る

  • 移動通信におけるシステム間干渉とシステム容量の一検討

    平成16年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2004年 

     詳細を見る

  • ピーク電力低減型OFDM伝送における非線形歪補償法の検討

    The 6th IEEE Hiroshima Student Symposium  2004年 

     詳細を見る

  • セクタセル構成におけるサイトダイバーシティとブランチ数

    平成16年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2004年 

     詳細を見る

  • TSDMA移動通信における上り回線の周波数利用率

    平成16年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2004年 

     詳細を見る

  • CDMA移動通信における上り回線容量の解析的検討

    平成16年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2004年 

     詳細を見る

  • セルラ方式におけるトラヒック分布とシステム容量

    平成16年度年電気・情報関連学会中国支部連合大会  2004年 

     詳細を見る

  • フィードバック遅延を考慮した固有ビーム分割多重型MIMOチャネル伝送法

    電子情報通信学会総合大会  2003年 

     詳細を見る

  • 最適電力配分を行う送信アンテナ選択型MIMOチャネル伝送方式

    電子情報通信学会総合大会  2003年 

     詳細を見る

  • MIMOチャネル伝送用SC/Simplified-MMSE(SC/S-MMSE)型ターボ受信機

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2003年 

     詳細を見る

  • 周波数選択性チャネルにおけるE-SDMに関する検討

    電子情報通信学会総合大会  2003年 

     詳細を見る

  • フレーム内共通フィルタ係数を用いたSC/MMSE型MIMOターボ受信機

    電子情報通信学会総合大会  2003年 

     詳細を見る

  • アングルスプレッドの距離特性に対するMIMOチャネルキャパシティ評価

    電子情報通信学会総合大会  2003年 

     詳細を見る

  • パスダイバーシチ効果を考慮した時空等化器用シンボル同期法

    電子情報通信学会 ソサイエティ大会  2002年 

     詳細を見る

  • 検出シンボルの外部情報値を利用するMIMOターボ等化法

    電子情報通信学会 ソサイエティ大会  2002年 

     詳細を見る

  • 周波数選択性MIMOチャネルにおける時空ターボ等化器受信特性

    電子情報通信学会総合大会  2002年 

     詳細を見る

  • 広帯域移動通信用時空等化器シンボル同期タイミング検出法の検討

    電子情報通信学会総合大会  2002年 

     詳細を見る

  • 周波数選択性MIMOチャネルにおけるSC/MMSE型繰返し等化器

    電子情報通信学会総合大会  2002年 

     詳細を見る

  • 整合フィルタ近似を用いたSC/MMSE型時空MIMOターボ等化器に関する検討

    電子情報通信学会総合大会  2002年 

     詳細を見る

  • 広帯域移動通信用分離処理型時空等化器の伝送特性

    電子情報通信学会総合大会  2001年 

     詳細を見る

  • 実伝搬データを用いたMIMOチャネル伝送用時空ターボ等化器の伝送特性評価

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2001年 

     詳細を見る

  • 移動通信用MIMOチャネル信号伝送における無線信号処理

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2001年 

     詳細を見る

  • 多次元チャネルサウンディング測定データを用いた広帯域移動通信リンクレベル性能評価

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2001年 

     詳細を見る

  • 実伝搬データを用いた分離処理型時空等化器受信特性評価

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2001年 

     詳細を見る

  • 実伝搬データを用いた時空等化器システムレベルシミュレーション評価

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2001年 

     詳細を見る

  • 実伝搬データを用いた時空等化器最適設計法の検討

    電子情報通信学会総合大会  2001年 

     詳細を見る

  • 実伝搬データを用いた時空等化器のシステム評価

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2000年 

     詳細を見る

  • 実伝搬データに基づく移動通信用時空等化器受信特性評価

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2000年 

     詳細を見る

  • 繰り返しトレーニングによる分離処理型時空等化器の受信特性改善効果

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2000年 

     詳細を見る

  • 実伝搬データを用いた時空等化器の伝送特性評価

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2000年 

     詳細を見る

  • ビーム/ヌル同時ステアリング方式を用いた時空等化器の受信特性

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2000年 

     詳細を見る

  • 移動通信用分離処理型時空等化器の伝送特性

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  2000年 

     詳細を見る

  • ビーム/ヌル同時ステアリング型時空等化器による場所率改善効果

    電子情報通信学会総合大会  2000年 

     詳細を見る

  • 移動通信用分離処理型時空等化器の受信特性

    電子情報通信学会総合大会  2000年 

     詳細を見る

  • TDD移動通信システムにおける時空プリイコライゼーションの受信特性

    電子情報通信学会総合大会  1999年 

     詳細を見る

  • 高速伝送用メトリック合成型時間・空間ダイバーシチ適応等化器の構成と受信特性

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  1999年 

     詳細を見る

  • アダプティブアレーアンテナによる場所率改善効果 -レイトレーシングを用いた推定-

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  1999年 

     詳細を見る

  • 移動通信時間/空間分離処理型時空等化器の受信特性

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  1999年 

     詳細を見る

  • レイトレーシング法を用いたアダプティブアレーアンテナシステム場所率改善効果の推定

    電子情報通信学会 無線通信システム研究会  1999年 

     詳細を見る

  • メトリック合成型時間ダイバーシチ適応等化器の特性

    電子情報通信学会総合大会  1999年 

     詳細を見る

  • 適応等化特性に対する電力増幅器非線形歪の影響

    電子情報通信学会総合大会  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 電子情報通信学会短距離無線通信研究会優秀学生賞

    2017年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 電子情報通信学会中国支部連合大会奨励賞

    2017年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • IEEE広島支部学生シンポジウム優秀研究賞

    2017年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 電子情報通信学会中国支部連合大会奨励賞

    2016年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • IEEE広島支部学生シンポジウム優秀研究賞

    2015年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 電子情報通信学会中国支部連合大会奨励賞

    2015年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成25年度通信ソサイエティ活動功労賞

    2013年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成23年度通信ソサイエティ活動功労賞

    2011年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成22年度通信ソサイエティ活動功労賞

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成18年度通信ソサイエティ活動功労賞

    2006年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • WPMC''03 Excellent Paper Award

    2003年  

     詳細を見る

  • WPMC''03 Excellent Paper Award

    2003年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 電子情報通信学会学術奨励賞

    1998年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • スペクトラム拡散通信特論 (2021年度) 前期  - 月3,月4

  • モバイル通信 (2021年度) 第2学期  - 月5,月6,木7,木8

  • モバイル通信伝送論 (2021年度) 後期  - その他

  • モバイル通信学演習 (2021年度) 通年  - その他

  • モバイル通信方式 (2021年度) 第2学期  - 月5,月6,木7,木8

  • 通信工学 (2021年度) 第3学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 電子情報システム工学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • インターンシップ (2020年度) 夏季集中  - その他

  • スペクトラム拡散通信特論 (2020年度) 前期  - 月3,月4

  • モバイル通信 (2020年度) 第2学期  - 月5,月6,木7,木8

  • モバイル通信伝送論 (2020年度) 後期  - その他

  • モバイル通信学演習 (2020年度) 通年  - その他

  • モバイル通信方式 (2020年度) 第2学期  - 月5,月6,木7,木8

  • 専門英語Ⅱ (2020年度) 1・2学期  - [第1学期], [第2学期]

  • 通信ネットワーク工学実験I (2020年度) 1・2学期  - 水2,水3,水4,水5,水6

  • 通信工学 (2020年度) 第3学期  - 火1,火2,金5,金6

  • 電子情報システム工学特別研究 (2020年度) 通年  - その他

▼全件表示