2021/12/26 更新

写真a

オビカ ミカコ
小比賀 美香子
OBIKA Mikako
所属
医歯薬学域 講師
職名
講師

学位

  • 博士(医学) ( 2011年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 医学教育

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学  / 医学教育

学歴

  • 岡山大学大学院   医歯学総合研究科   生体情報医学専攻

    2004年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 長崎大学   School of Medicine  

    1992年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学大学院   医歯薬学総合研究科 総合内科学   講師

    2018年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   社会環境生命科学専攻 総合内科学分野   助教

    2016年1月 - 2018年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院   卒後臨床研修センター医科研修部門   副部門長

    2012年5月 - 2018年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:兼任

    researchmap

  • 岡山大学病院   卒後臨床研修センター医科研修部門   助教

    2010年11月 - 2015年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • ワシントン大学(シアトル)   総合診療内科   客員研究員

    2008年1月 - 2009年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

所属学協会

  • 日本東洋医学会

    2017年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本病院総合診療医学会

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本糖尿病医療学学会

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本プライマリ・ケア連合学会

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本医学教育学会

    2011年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本糖尿病学会

    2000年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本内科学会

    1998年5月 - 現在

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Clinical Characteristics of Japanese Patients Who Visited a COVID-19 Aftercare Clinic for Post-Acute Sequelae of COVID-19/Long COVID. 国際誌

    Yuki Otsuka, Kazuki Tokumasu, Yasuhiro Nakano, Hiroyuki Honda, Yasue Sakurada, Naruhiko Sunada, Daisuke Omura, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Mikako Obika, Keigo Ueda, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Cureus   13 ( 10 )   e18568   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CUREUS INC  

    Introduction The long-term clinical course, prognosis, and optimal management of symptoms and conditions after the acute phase of coronavirus disease 2019 (COVID-19) remain to be elucidated. The purpose of this study was to clarify the characteristics of patients referred to a COVID-19 aftercare (CAC) clinic established at a tertiary academic hospital in Japan. Methods This study was a descriptive case series study. All patients who visited the CAC clinic between February 15 and September 17 in 2021 were included. Patients' background, chief complaints, and clinical courses after the onset of COVID-19 were described. Results A total of 87 Japanese patients (median age, 40.0 years; interquartile range [IQR], 26.5-53.0 years; 52.9% women) were referred to the CAC clinic. The median interval between the onset of COVID-19 and the visit to the clinic was 79.0 (IQR, 52.5-112.0) days. Referral sources were hospitals (36 patients), clinics (47 patients), a local healthcare center (3 patients), and other (1 patient). The most common chief complaint was general fatigue (50.4%) followed by dysosmia (28.7%), dysgeusia (26.4%), hair loss (18.4%), headache (17.2%), dyspnea (16.1%), and dyssomnia (13.1%). Respiratory symptoms were common in the early stages of the disease but were less common as the chief complaints when visiting the clinic. On the other hand, neurological, psychiatric, and extremity symptoms were predominant one month after the onset of COVID-19. Conclusions Regardless of the severity in the acute phase, patients visiting our CAC clinic suffered from a variety of symptoms. General physicians skilled in using a comprehensive approach would be optimal to see patients with such complex symptoms.

    DOI: 10.7759/cureus.18568

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Gender-Dependent Characteristics of Serum 1,25-Dihydroxyvitamin D/25-Hydroxyvitamin D Ratio for the Assessment of Bone Metabolism. 国際誌

    Manami Fujita-Yamashita, Koichiro Yamamoto, Hiroyuki Honda, Yoshihisa Hanayama, Kazuki Tokumasu, Yasuhiro Nakano, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Mikako Obika, Hiroko Ogawa, Fumio Otsuka

    Cureus   13 ( 9 )   e18070   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CUREUS INC  

    Objectives Vitamin D deficiency, which is common worldwide, increases the risks of falls and fractures and can lead to increased morbidity and mortality. However, the clinical utility and relevance of vitamin D activation remain unknown. The aim of the present study was to clarify the clinical usefulness of serum 1,25-dihydroxyvitamin D (1,25D)/25-hydroxyvitamin D (25D) ratio for assessment of the extent of bone metabolism. Methods We retrospectively screened data for 87 patients whose serum 1,25D and 25D levels were measured. Eight patients who were taking vitamin D preparations were excluded, and data for 79 patients (33 males and 46 females) were analyzed. Since menopausal status can be associated with serum vitamin D level, we divided the patients by gender and divided the female patients into two groups at the age of 50 years. Results The median serum 1,25D/25D ratio was significantly lower in males than in females, with the most considerable difference in all males [4.1 (interquartile range: 2.3-5.8) × 10-3] versus elderly females (aged ≧50 years) [7.9 (3.3-10.1) × 10-3). Main disorders were endocrine (30.6%), inflammatory (18.5%), and bone-related (16.7%) disorders. The ratios of serum 1,25D/25D had significant negative correlations with femoral dual-energy X-ray absorptiometry % young adult mean (DEXA %YAM) (R=-0.35) and lumbar DEXA %YAM (R=-0.32). Significant correlations were found between the 1,25D/25D ratio and serum levels of inorganic phosphate (iP), parathyroid hormone, and alkaline phosphatase (ALP). The 1,25D/25D ratio had gender-specific characteristics: the ratio was significantly correlated with age in males (R=-0.49), while it was significantly correlated with BMI in females (R=0.34). Conclusions The results of this study suggested that vitamin D activity is negatively correlated with bone mineral density, being reduced in aged males but enhanced in obese females.

    DOI: 10.7759/cureus.18070

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Utility of the Ratio of Urinary Free Cortisol to Aldosterone as an Index for Inflammatory and Metabolic Dysregulation. 国際誌

    Yuki Otsuka, Yasuhiro Nakano, Kazuki Tokumasu, Hiroyuki Honda, Mikako Obika, Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Koichi Itoshima, Fumio Otsuka

    Annals of clinical and laboratory science   51 ( 3 )   352 - 358   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASSOC CLINICAL SCIENTISTS  

    OBJECTIVE: Urinary free cortisol (UFC) is a reliable marker to avoid cortisol fluctuation and the effects of binding proteins. However, UFC levels are affected by fluid intake and urine volume, and the normal levels range widely. METHODS: To discover the utility of the ratio of urinary cortisol to aldosterone excretions, 246 patients in whom daily excretions of UFC and aldosterone (UAC) were measured were retrospectively analyzed. RESULTS: The UFC/UAC ratio showed significant positive and negative correlations with the levels of serum cortisol (R=0.287) and aldosterone (R=-0.762), respectively. The UFC/UAC ratio increased with aging in female patients, while it was not altered by the level of BMI in either gender. Markers for metabolic and inflammatory status, including hemoglobin A1c (R=0.327), albumin (R=-0.331), C-reactive protein (R=0.317), ferritin (R=0.473), and D-dimer (R=0.569), showed correlations with the ratio of UFC/UAC that were more significant than the correlations with the serum level of cortisol or UFC alone. Of note, the UFC/UAC ratio was shown to be an indicator for the risk of diabetes (AUC: 0.765), hypoalbuminemia (0.839), hyper-CRPemia (0.748), and thrombophilia (0.824), in which the cut-off levels of the UFC/UAC ratio were around 12. CONCLUSION: The UFC/UAC ratio is a variable for detecting metabolic and inflammatory complications related to adrenocortical dysfunction.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Angina Simultaneously Diagnosed with the Recurrence of Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome. 国際誌

    Koki Li, Yuki Otsuka, Yasuhiro Nakano, Daisuke Omura, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Keigo Ueda, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Diagnostics (Basel, Switzerland)   11 ( 3 )   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    Myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome (ME/CFS) mainly affects young adults and can have a potential impact on social functioning. As this syndrome is associated with endothelial dysfunction, the heart can be damaged via ischemia due to endothelial damage. This might potentially lead to heart failure, which accounts for approximately 20% of deaths among patients with ME/CFS. While cardiac ischemia is thought be a pathophysiologically important manifestation of this syndrome, this is not yet reported. Herein, we present a case of a young female with newly diagnosed vasospastic or microvascular angina and concurrent exacerbation of ME/CFS severity. Her anginal symptoms, including exertional chest pain and transient chest discomfort, mimicked those of ME/CFS but were relieved after the administration of a calcium channel blocker. We emphasize the possibility of concurrent angina and exacerbation of ME/CFS and the importance of detecting cardiac ischemia to avoid unfavorable outcomes.

    DOI: 10.3390/diagnostics11030460

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on the Psychological Distress of Medical Students in Japan: Cross-sectional Survey Study. 国際誌

    Yoshito Nishimura, Kanako Ochi, Kazuki Tokumasu, Mikako Obika, Hideharu Hagiya, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Journal of medical Internet research   23 ( 2 )   e25232   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JMIR PUBLICATIONS, INC  

    BACKGROUND: The COVID-19 pandemic has negatively affected medical education. However, little data are available about medical students' distress during the pandemic. OBJECTIVE: This study aimed to provide details on how medical students have been affected by the pandemic. METHODS: A cross-sectional study was conducted. A total of 717 medical students participated in the web-based survey. The survey included questions about how the participants' mental status had changed from before to after the Japanese nationwide state of emergency (SOE). RESULTS: Out of 717 medical students, 473 (66.0%) participated in the study. In total, 29.8% (141/473) of the students reported concerns about the shift toward online education, mostly because they thought online education would be ineffective compared with in-person learning. The participants' subjective mental health status significantly worsened after the SOE was lifted (P<.001). Those who had concerns about a shift toward online education had higher odds of having generalized anxiety and being depressed (odds ratio [OR] 1.97, 95% CI 1.19-3.28) as did those who said they would request food aid (OR 1.99, 95% CI 1.16-3.44) and mental health care resources (OR 3.56, 95% CI 2.07-6.15). CONCLUSIONS: Given our findings, the sudden shift to online education might have overwhelmed medical students. Thus, we recommend that educators inform learners that online learning is not inferior to in-person learning, which could attenuate potential depression and anxiety.

    DOI: 10.2196/25232

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Characteristics of Low Androgen Status in Males with Type 2 Diabetes Mellitus.

    Jun Hamahara, Hiroyuki Honda, Koichiro Yamamoto, Kazuki Tokumasu, Yoshihisa Hanayama, Hideharu Hagiya, Mikako Obika, Keigo Ueda, Masayuki Kishida, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   75 ( 1 )   1 - 8   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    To determine the clinical characteristics of low androgen status in adult males with diabetes, we retrospectively analyzed the medical records of patients with type 2 diabetes mellitus in whom serum free testosterone (FT) levels were examined for 1 year. Among the 46 patients (56 ± 1.5 years old), decreases in serum FT levels to < 8.5 pg/ml (indicating the occurrence of late-onset hypogonadism [LOH]) were detected in 18 (39%). The per-centages of patients with low FT levels were high in the ≥ 50 years age group (83%), the HbA1c < 7% group (67%), and the 25 ≤ BMI < 30 kg/m2 group (56%). The serum FT levels tended to decrease age-dependently. The level of HbA1c was significantly correlated with the Heinemann Aging Male Symptoms (AMS) score (R = 0.47). The low-FT group had decreased levels of hemoglobin. Of note, the serum FSH level (R = -0.32) was negatively correlated with the serum FT level, whereas the serum TSH level (R = 0.36) was positively correlated with the serum FT level. Collectively, these results revealed that many diabetic males may have low FT levels and that the AMS score is related to the HbA1c level. A slightly anemic condition, thyroid dysfunction, and obesity (class 1) might be involved in LOH in middle-aged diabetic males.

    DOI: 10.18926/AMO/61424

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • De-escalation concept and MIC literacy among medical students and clinical residents. 国際誌

    Hideharu Hagiya, Kazuki Tokumasu, Mikako Obika, Fumio Otsuka

    Postgraduate medical journal   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:BMJ PUBLISHING GROUP  

    DOI: 10.1136/postgradmedj-2020-139562

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Manifestations of Patients with Influenza Differ by Age : A Prospective, Multi-centered Study in the Setouchi Marine Area.

    Ryosuke Takase, Hideharu Hagiya, Hiroyuki Honda, Yasuhiro Nakano, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Keigo Ueda, Hitomi Kataoka, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   75 ( 5 )   567 - 574   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Influenza potentially has a high mortality rate when it affects the elderly. We aimed to examine the differences in clinical manifestations in patients with influenza according to their age. This multicenter prospective study was performed in six medical institutions in Okayama and Kagawa prefectures (Japan). Between December 1, 2019 and March 31, 2020, we collected data on adult patients diagnosed with influenza type A, who were strat-ified into younger (20-49 years), middle-aged (50-64 years), and older groups (≥ 65 years). We compared the presence or absence of fever, respiratory symptoms, and extrapulmonary symptoms according to age group. In total, 203 patients (113, younger; 51, middle-aged; and 39, older) were eligible for the analysis. The maxi-mum body temperature and temperature at first physician visit in the older group were significantly lower than those in the younger group. The incidence of respiratory symptoms was not different among the three groups. Chills, muscle pain, and arthralgia as systemic symptoms were noted significantly more frequently in the younger (80.9%) and middle-aged (75.5%) groups than in the older group (51.3%) (p = 0.002). Fever and sys-temic symptoms were less likely to appear in older patients, possibly resulting in the delaying of hospital visits among older adults.

    DOI: 10.18926/AMO/62769

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Recurrence of Hypoglycemic Coma in a Patient with Anorexia Nervosa.

    Koichiro Yamamoto, Daisuke Omura, Mai Yamane, Reina Son, Kou Hasegawa, Hiroyuki Honda, Mikako Obika, Nozomu Minao, Satoru Edahiro, Norihito Yamada, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   75 ( 5 )   631 - 636   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Anorexia nervosa (AN) is occasionally complicated with hypoglycemic coma, which may cause sudden death by unknown mechanisms. We present the case of a 36-year-old woman with recurrent comas and a nineteen-year history of AN. She was found in a coma with remarkable hypoglycemia (28 mg/dL). Her BMI was 11.1 kg/m2. Endocrine workup revealed extremely low serum levels of glucagon, IGF-I and insulin. Asymptomatic hypoglycemia occurred with liver injury in the refeeding process. An aberrant glucose metabolism due to liver damage might have been involved in her susceptibility to hypoglycemia. This case suggests a possible mechanism of hypoglycemic coma in AN.

    DOI: 10.18926/AMO/62776

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Antimicrobial prescription practices for outpatients with acute respiratory tract infections: A retrospective, multicenter, medical record-based study. 国際誌

    Tomoharu Ishida, Hideharu Hagiya, Hiroyuki Honda, Yasuhiro Nakano, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Keigo Ueda, Hitomi Kataoka, Yoshihisa Hanayama, Fumio Otsuka

    PloS one   16 ( 11 )   e0259633   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Antimicrobial stewardship for outpatients with acute respiratory tract infections (ARTIs) should be urgently promoted in this era of antimicrobial resistance. Previous large-sample studies were based on administrative data and had limited reliability. We aimed to identify current antimicrobial prescription practices for ARTIs by directly basing on medical records. This multicenter retrospective study was performed from January to December in 2018, at five medical institutes in Japan. We targeted outpatients aged ≥18 years whose medical records revealed International Classification of Diseases (ICD-10) codes suggesting ARTIs. We divided the eligible cases into three age groups (18-64 years, 65-74 years, and ≥75 years). We defined broad-spectrum antimicrobials as third-generation cephalosporins, macrolides, fluoroquinolones, and faropenem. Primary and secondary outcomes were defined as the proportion of antimicrobial prescriptions for the common cold and other respiratory tract infections, respectively. Totally, data of 3,940 patients were collected. Of 2,914 patients with the common cold, 369 (12.7%) were prescribed antimicrobials. Overall, compared to patients aged ≥75 years (8.5%), those aged 18-64 years (16.6%) and those aged 65-74 years (12.1%) were frequently prescribed antimicrobials for the common cold (odds ratio [95% confidential interval]; 2.15 [1.64-2.82] and 1.49 [1.06-2.09], respectively). However, when limited to cases with a valid diagnosis of the common cold by incorporating clinical data, no statistical difference was observed among the age groups. Broad-spectrum antimicrobials accounted for 90.2% of the antimicrobials used for the common cold. Of 1,026 patients with other respiratory infections, 1,018 (99.2%) were bronchitis, of which antimicrobials were prescribed in 49.9% of the cases. Broad-spectrum antimicrobials were the main agents prescribed, accounting for nearly 90% of prescriptions in all age groups. Our data suggested a favorable practice of antimicrobial prescription for outpatients with ARTIs in terms of prescribing proportions, or quantitative aspect. However, the prescriptions were biased towards broad-spectrum antimicrobials, highlighting the need for further antimicrobial stewardship in the outpatient setting from a qualitative perspective.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0259633

    PubMed

    researchmap

  • Clinical relevance of insulin-like growth factor-1 to cardiovascular risk markers. 国際誌

    Ko Harada, Yoshihisa Hanayama, Mikako Obika, Koichi Itoshima, Ken Okada, Fumio Otsuka

    The aging male : the official journal of the International Society for the Study of the Aging Male   23 ( 5 )   1030 - 1038   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    OBJECTIVE: Insulin-like growth factor-1 (IGF-1) is an anabolic hormone, the levels of which decline with age. The present study aimed to determine the impact of age-related declines in serum IGF-1 levels on various physiological processes. DESIGN: We retrospectively reviewed the medical records of patients whose serum IGF-1 levels were estimated in our department, and assessed the relationships between serum IGF-1 levels and various physiological parameters. RESULTS: A total of 427 patients with a mean (± standard deviation) age of 52.8 (± 17.1) years were included in the analysis. The levels of serum IGF-1 showed significant positive correlation with those of hemoglobin and hematocrit, and negative correlation with the presence of inflammatory and fibrin-related markers including C-reactive protein (CRP) and procalcitonin (PCT), and D-dimer and fibrin degradation products (FDP). These tendencies persisted after exclusion of patients with pituitary disease. CONCLUSIONS: In this study population of diverse diseases and backgrounds, a decline in serum IGF-1 levels with age was associated with an increase in inflammatory and fibrin-related markers. This may explain the correlation between low serum IGF-1 levels and an increased risk of cardiovascular events. Our findings suggest that serum IGF-1 is a clinically relevant marker of cardiovascular risk, particularly in males.

    DOI: 10.1080/13685538.2019.1657083

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Application of the Ratio of Serum Bone Isoform to Total Alkaline Phosphatase in General Practice.

    Yuya Yokota, Yoshito Nishimura, Akemi Ando, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Keigo Ueda, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   74 ( 6 )   467 - 474   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Alkaline phosphatase (ALP) is an enzyme that is expressed in a variety of tissues. Among the isoforms of ALP, bone-specific alkaline phosphatase (BAP) is used as a marker for evaluating bone metabolism. We investigated the clinical usefulness of the ratio of serum BAP to total ALP for the diagnosis of various disorders in general practice. We retrospectively analyzed the cases of 107 Japanese patients whose serum BAP levels were exam-ined, focusing on clinical characteristics. We observed that the BAP/ALP ratios of the patients with fever and those with inflammatory diseases were significantly lower than the ratios of other patient groups. The BAP/ALP ratios of the patients with osteoporosis and those with metabolic bone diseases were higher than those of the patients with other conditions. The BAP/ALP ratio was found to be negatively correlated with age, a cor-relation that has not been found in other ethnicities. The serum BAP/ALP ratio was inversely correlated with serum CRP levels but was positively correlated with serum albumin levels and hemoglobin concentrations. Collectively, our results suggest that the BAP/ALP ratio could be a useful predictor for important geriatric con-ditions seen in general practice.

    DOI: 10.18926/AMO/61205

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Involvement of serum dehydroepiandrosterone sulfate in erythropoietic activity. 国際誌

    Ko Harada, Yoshihisa Hanayama, Mikako Obika, Koichi Itoshima, Ken Okada, Fumio Otsuka

    The aging male : the official journal of the International Society for the Study of the Aging Male   23 ( 5 )   756 - 763   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    PURPOSE: The aim of the present study was to determine how age-related decreases in serum dehydroepiandrosterone sulfate (DHEAS) levels affect various physiological processes. METHODS: We retrospectively reviewed the medical records of patients in whom serum DHEAS levels were measured in our department and assessed the relationships between serum DHEAS levels and various patient characteristics. RESULTS: Among the 149 patients included in our analysis (mean age: 52.7 ± 17.6 years, range: 15-84 years), 54 (36.2%) were men. Serum DHEAS levels inversely correlated with age in men (R = -0.810, p < .01) and to a lesser extent in women (R = -0.391, p < .01). Of note, there were significant positive associations between DHEAS levels and hemoglobin (R = 0.317, p ≤ .01) and hematocrit (R = 0.324, p ≤ .01) levels, which were observed in men, but not in women. CONCLUSIONS: Our study suggests that reduced DHEAS secretion inhibits erythropoietic activity in aging men, perhaps owing to the erythropoietic androgenic actions of DHEAS. Importantly, it suggests that the age-associated decline in DHEAS secretion might decrease erythropoietic activity in aging men. It is also possible that the adrenal cortex, the source of DHEAS, is dysfunctional in anemic men.

    DOI: 10.1080/13685538.2019.1592151

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of the Clinico-Microbiological Characteristics of Culture-Positive and Culture-Negative Septic Pulmonary Embolism: A 10-Year Retrospective Study. 国際誌

    Yoshito Nishimura, Hideharu Hagiya, Mikako Obika, Fumio Otsuka

    Pathogens (Basel, Switzerland)   9 ( 12 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    Septic pulmonary embolism (SPE) is a rare yet serious infectious disorder with nonspecific clinical findings due to microorganism-containing emboli disseminating from extrapulmonary infectious foci. It is unknown whether a positive blood culture correlates with a worse clinical outcome. We compared the clinical and microbiologic characteristics of patients with SPE divided into the culture-positive group and the culture-negative one. This study was a retrospective observational study of the patients diagnosed with SPE and treated in an academic hospital from April 2010 to May 2020. We identified six culture-positive and four culture-negative patients with SPE during the study period. The culture-positive group had significantly longer periods of hospitalization (median: 75 days, range: 45-125 days) than the culture-negative group (median: 14.5 days, range: 3-43 days) (p < 0.05), as well as significantly elevated serum C-reactive protein and procalcitonin. Patients with culture-negative SPE more commonly had odontogenic infections as the primary infectious foci. Our study highlights the importance of giving extra attention to SPE patients who have a positive blood culture, as they may have worse clinical outcomes. Physicians need to collaborate with dentists when faced with patients with culture-negative SPE, since they may have primary odontogenic infections.

    DOI: 10.3390/pathogens9120995

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Localized Lymph Node Light Chain Amyloidosis.

    Akira Yamamoto, Nobuharu Fujii, Mikako Obika, Taro Yamashita, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 19 )   2415 - 2418   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    The prognosis of systemic amyloid light chain (AL) amyloidosis is generally poor, hence requiring chemotherapy or hematopoietic stem cell transplantation, while the prognosis of localized AL amyloidosis without an abnormal monoclonal immunoglobulin light chain is good. Localized AL amyloidosis has been previously reported to be observed in pulmonary, urinary tract, gastrointestinal, oropharyngeal, and laryngeal sites. However, only a few cases of localized lymph node AL amyloidosis have so far been reported. We herein present a case of localized lymph node AL amyloidosis that could possibly be misdiagnosed as systematic AL amyloidosis.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4651-20

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Relevance of Serum Prolactin Levels to Inflammatory Reaction in Male Patients.

    Koichiro Yamamoto, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Kazuki Tokumasu, Tomoko Miyoshi, Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Koichi Itoshima, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   381 - 389   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    To clarify the relevance of prolactin (PRL) to clinical parameters in patients who visited our general medicine department, medical records of 353 patients in whom serum PRL levels were measured during the period from 2016 to 2018 were retrospectively reviewed. Data for 140 patients (M/F: 42/98) were analyzed after excluding patients lacking detailed records and patients taking dopaminergic agents. Median serum PRL levels were significantly lower in males than females: 6.5 ng/ml (IQR: 4.2-10.3) versus 8.1 ng/ml (5.9-12.9), respectively. Pain and general fatigue were the major symptoms at the first visit, and past histories of hypertension and dyslipidemia were frequent. Male patients with relatively high PRL levels (≥ 10 ng/ml) had significantly lower levels of serum albumin and significantly higher levels of serum LDH than those with low PRL (< 10 ng/ml). There were significant correlations of male PRL level with the erythrocyte sedimentation rate (R=0.62), serum LDH level (R=0.39) and serum albumin level (R=-0.52), while the level of serum CRP (R=0.33) showed an insignificant but weak positive correlation with PRL level. Collectively, these results show that PRL levels had gender-specific relevance to various clinical factors, with PRL levels in males being significantly related to inflammatory status.

    DOI: 10.18926/AMO/60797

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Invasive non-typeable Haemophilus influenzae infection due to endometritis associated with adenomyosis. 国際誌

    Yoshito Nishimura, Hideharu Hagiya, Kaoru Kawano, Yuya Yokota, Kosuke Oka, Koji Iio, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Tomoko Haruma, Sawako Ono, Hisashi Masuyama, Fumio Otsuka

    BMC infectious diseases   20 ( 1 )   521 - 521   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC  

    BACKGROUND: The widespread administration of the Haemophilus influenzae type b vaccine has led to the predominance of non-typable H. influenzae (NTHi). However, the occurrence of invasive NTHi infection based on gynecologic diseases is still rare. CASE PRESENTATION: A 51-year-old Japanese woman with a history of adenomyoma presented with fever. Blood cultures and a vaginal discharge culture were positive with NTHi. With the high uptake in the uterus with 67Ga scintigraphy, she was diagnosed with invasive NTHi infection. In addition to antibiotic administrations, a total hysterectomy was performed. The pathological analysis found microabscess formations in adenomyosis. CONCLUSIONS: Although NTHi bacteremia consequent to a microabscess in adenomyosis is rare, this case emphasizes the need to consider the uterus as a potential source of infection in patients with underlying gynecological diseases, including an invasive NTHi infection with no known primary focus.

    DOI: 10.1186/s12879-020-05193-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 物語能力(narrative competence)に注目した医学教育 査読

    小比賀美香子, 徳増一樹, 大塚文男

    医学教育   51 ( suppl. )   119 - 119   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • Clinical and biochemical characteristics of patients having general symptoms with increased serum IgG4. 国際誌

    Kou Hasegawa, Yoshihisa Hanayama, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Hiroko Ogawa, Eisei Kondo, Hitomi Kataoka, Yasuharu Sato, Fumio Otsuka

    Modern rheumatology   30 ( 4 )   721 - 728   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Objective: To differentiate patients with IgG4-related diseases (RD) from patients with other hyper IgG4 conditions who visit general medicine department.Methods: Fifty-six patients with high serum IgG4 levels (>135 mg/dL) were classified into three groups based on the final diagnosis: definite and possible IgG4-RD and others. Clinical and laboratory characteristics of the three groups of patients were retrospectively analyzed.Results: Major manifestations were renal dysfunction and general malaise, while thirst was the most frequent symptom in the definite group, in which submandibular glands and lymph nodes were likely to be affected. Biopsy of minor salivary glands was the least diagnostic for IgG4-RD despite the high frequency of biopsy. In the definite group, serum levels of IgG4 and IgG, IgG4/IgG ratio and basophil number were increased, while serum levels of CRP, IgA and complements were decreased. A negative correlation between serum levels of IgG4 and IgM was found in the definite group.Conclusion: The results indicated that in patients with renal dysfunction, malaise, thirst or weight loss, measurements of the levels of basophils, immunoglobulins and complements are helpful for diagnosing IgG4-RD. Considering distribution of affected tissues and localization of diagnostic biopsies, physical examination and laboratory workup are required for early diagnosis.

    DOI: 10.1080/14397595.2019.1642291

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Vision loss, tractional retinal detachment, and profound anemia due to rectal carcinoma. 国際誌

    Akira Yamamoto, Yoshito Nishimura, Mikako Obika, Yuki Morizane, Fumio Otsuka

    Clinical case reports   8 ( 7 )   1304 - 1305   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Profound anemia can cause severe proliferative retinopathy and tractional retinal detachment; therefore, it is important to closely investigate the cause of anemia. Endoscopy and computed tomography are valuable tools for this purpose.

    DOI: 10.1002/ccr3.2833

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Relevance of Blood Glucose and Gastroesophageal Reflux Symptoms to Depressive Status in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.

    Hiroyuki Honda, Yoshihisa Hanayama, Mikako Obika, Kou Hasegawa, Jun Hamahara, Masayuki Kishida, Hideharu Hagiya, Hiroko Ogawa, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   33 - 40   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    A relationship between diabetes and depression is apparent. To clarify the clinical relevance of diabetic patients' gastroesophageal symptoms to their psychological status, we retrospectively analyzed the data from a Selfrating Depression Scale (SDS) and a Frequency Scale for Symptoms of Gastroesophageal reflux disease (FSSG) among 143 type 2 diabetic patients who visited a general medicine department. Among the 45 Japanese patients enrolled, the group with relatively high SDS scores (≥ 36) showed higher (FSSG) dysmotility symptom scores versus the low-SDS (< 36) group, although the 2 groups' characteristics and laboratory data were not significantly different. Positive correlations of postprandial plasma glucose (PPG) levels with FSSG scores (R=0.321, p<0.05), particularly with reflux scores (R=0.455, p<0.01) were revealed. PPG and HbA1c levels were not correlated with SDS scores. The patients' SDS scores were significantly correlated with their FSSG scores (R=0.41, p<0.01), suggesting that depressive status is linked to GERD-related manifestations. Considering that the patients' PPG levels were correlated with GERD-related symptoms, diabetic patients' blood glucose levels are associated with depressive status. Collectively, key symptoms related to GERD and glucose level values would be helpful.

    DOI: 10.18926/AMO/57950

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Correlations between Depressive Condition and Gastroesophageal Reflux Symptoms in Patients Visiting a Department of General Medicine.

    Yu Suganami, Kosuke Oka, Yoshihisa Hanayama, Hiroyuki Honda, Jun Hamahara, Mikako Obika, Kazuya Kariyama, Masayuki Kishida, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   73 ( 6 )   479 - 486   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    To clarify the potential relevance of patients' chief complaints at a general medicine department to their self-rating depression scale (SDS) and frequency scale for symptoms of gastroesophageal reflux disease (GERD) (FSSG) scores, we analyzed data of 478 patients who visited our general medicine department. The chief complaints (553 symptoms of 447 patients) were categorized into major symptom-based groups: respiratory (31%), circulatory (3%), gastrointestinal (GI) tract (26%), neurology (8%), orthopedic and skin (10%), and systemic (22%) symptoms. The SDS score tended to be higher in females and younger patients. The FSSG score did not differ by gender but was higher in younger patients. The patients receiving social welfare had higher SDS and FSSG scores. A close inter-relationship between the FSSG (including both degrees of reflux and dysmotility) and SDS was observed in all patients. Although the averages of the SDS and FSSG scores were not significantly different among the symptom-based categories, we observed significantly positive correlations between the FSSG and SDS in each category, suggesting that depressive status may be closely related to GERD-related symptoms regardless of the patients' chief complaints. An initial checkup of patients' psychological condition and/or GERD-like symptoms could help screen for latent disorders in outpatients with uncertain complaints.

    DOI: 10.18926/AMO/57711

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Risk Factors for Low Bone Mineral Density Determined in Patients in a General Practice Setting.

    Akemi Ando, Toshiharu Mitsuhashi, Mitsugi Honda, Yoshihisa Hanayama, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   73 ( 5 )   403 - 411   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Osteoporosis increases the risk of bone fractures. It is diagnosed based on an individual's bone mineral density (BMD) or a fracture without trauma. BMD is usually measured by the dual energy X-ray absorptiometry (DXA) method. Here we investigated factors for the earliest possible prediction of decreased BMD by examining the relationships between patients' BMD values and changes in the patients' physical and laboratory values. We retrospectively reviewed the medical records of 149 patients who visited our department in 2014-2015 for a variety of reasons and underwent an area BMD examination by DXA. We analyzed the relationships between decreasing BMD and the patients' gender, age, body mass index (BMI), medical background, hemoglobin, electrolytes, and thyroid function. Thirty-nine of the patients were diagnosed with osteoporosis based on their T-scores. An adjusted analysis showed that female gender, aging, and increased serum calcium level were significantly related to decreasing femoral BMD, whereas high BMI was associated with an increase in femoral BMD. Collectively the results indicate that for the early detection of low BMD, it is important for general-practice physicians to consider conducting a BMD checkup when treating female and elderly patients with a low BMI and/or elevated serum calcium level.

    DOI: 10.18926/AMO/57370

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Factors related to burnout in resident physicians in Japan. 国際誌

    Yoshito Nishimura, Tomoko Miyoshi, Mikako Obika, Hiroko Ogawa, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    International journal of medical education   10   129 - 135   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT JOURNAL MEDICAL EDUCATION-IJML  

    Objectives: We explore the prevalence and characteristics of burnout among Japanese resident physicians and identifies factors associated with burnout. Methods: A cross-sectional study was conducted three times between April 2017 and March 2018 at a Japanese teaching hospital. Resident physicians were invited to answer an online survey that included existing valid instruments related to burnout, depression, and empathy. Demographic, background, occupational, and socioeconomic data were also collected. Participants were prompted to report the average daily work hours and the specialty they wish to pursue. Results: Overall, 39/76 (51%), 27/76 (36%), and 21/76 (28%) resident physicians responded to surveys in April 2017, October 2017, and March 2018, respectively. The percentages of participants with burnout for surveys in April 2017, October 2017, and March 2018 were 7/39 (18%), 6/27 (22%), and 7/21 (33.3%). Emotional exhaustion (EE) was the only burnout component strongly correlated with the severity of depression (r = .615, p < .001; r = .706, p < .001; r = .601, p < .01). EE and depersonalization (DP) had no significant correlation with average daily working hours (β = .156, p = .343 for EE; β = .061, p = .711 for DP). Conclusions: The results suggest that capping working hours alone may not be effective in reducing burnout in Japanese resident physicians. Medical educators might need to consider not only working hours but also individual job quality and satisfaction to address burnout. Future studies may need to incorporate qualitative methods to explore the characteristics of burnout.

    DOI: 10.5116/ijme.5caf.53ad

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Anterior Cutaneous Nerve Entrapment Syndrome Possibly Triggered by Oral Contraceptives.

    Daisuke Omura, Mikako Obika, Masaya Iwamuro, Satoko Nagao, Takahiro Nada, Takashi Matsuzaki, Yoshitaka Kondo, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 10 )   1507 - 1509   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We herein report a teenage girl who had been taking oral contraceptive pills for three months and complained of left lower abdominal pain that had continued for two months. A physical examination indicated anterior cutaneous nerve entrapment syndrome (ACNES), although no abnormality was found in various biochemical and imaging examinations. The pain was only transiently ameliorated by trigger-point injection, and neurectomy surgery was eventually effective. Sex steroids can be involved in the progress of local tissue edema causing ACNES. ACNES should be considered in cases of abdominal pain in patients taking oral contraceptives.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1361-18

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 総合内科診療における主訴と生化学データの関連 浸透圧マーカーに着目して 査読

    大村 大輔, 佐藤 明香, 岡 浩介, 小川 弘子, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   175 - 175   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Effects on postgraduate-year-I residents of simulation-based learning compared to traditional lecture-style education led by postgraduate-year-II residents: a pilot study. 国際誌

    Akira Yamamoto, Mikako Obika, Yasuhiro Mandai, Taku Murakami, Tomoko Miyoshi, Hideo Ino, Hitomi Kataoka, Fumio Otsuka

    BMC medical education   19 ( 1 )   87 - 87   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC  

    BACKGROUND: Simulation-based learning plays an important role in contemporary medical education, although there are problems providing tutors. Peer-assisted learning has begun being formally adopted in medical education. Although it is considered useful for simulation-based learning, its effectiveness remains unclear. This study was designed to compare the effect of simulation-based learning with that of traditional lectures conducted by postgraduate-year (PGY)-II residents on PGY-I residents. METHODS: This study was conducted at Okayama University Hospital over three years, for one week each year, before residents entered clinical practice. The study enrolled 76 PGY-I residents, who were randomized into two groups: simulation and lecture groups. PGY-II residents volunteered to conduct simulations and lectures. Knowledge evaluation was performed using pre- and post-tests, and self-evaluation of competence and behaviour-change and program evaluations were conducted using questionnaires. RESULTS: In both groups, knowledge test scores were found to improve significantly, and the score difference between pre- and post-tests in both the groups was not significant. Self-evaluation of competence and behaviour-change was found to be higher in the simulation group than the lecture group. The trainees in the simulation group valued the program and the PGY-II residents as teaching staff more than those in the lecture group. CONCLUSIONS: The combination of simulation-based learning and peer-assisted learning led by PGY-II residents is potentially more effective in improving the postgraduate education of PGY-I residents than the combination of lecture and peer-assisted learning.

    DOI: 10.1186/s12909-019-1509-y

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Changes in Serum Biochemical Markers in Relation to Chief Complaints and Aging in General Medicine. 査読

    Daisuke Omura, Asuka Sato, Kosuke Oka, Yoshihisa Hanayama, Hiroko Ogawa, Mikako Obika, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   72 ( 6 )   553 - 562   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    To clarify potential relationships between chief complaints of patients and laboratory data with a focus on aging-related changes, we retrospectively analyzed the data of 843 patients who visited a general medicine department for the first time. Their chief complaints were classified into 8 major symptoms: visceral pain, somatic pain, fever, cough, dizziness, fatigue, appetite loss, and edema. We compared the laboratory data obtained from the patients with complaints with the data of symptom-free (control) patients. The serum sodium and potassium levels in the fever group were decreased compared to those in the control group. In the fever group, the serum sodium level was inversely correlated with age. The ratio of serum urea nitrogen to creatinine (UN/Cr) was increased in the appetite-loss group. There were significant age-dependent increases in the UN/Cr ratio in the appetite-loss and edema groups. Of note, serum levels of free thyroxin were lower in the dizziness group compared to the control group. In addition, the free thyroxin level was inversely correlated with age in the dizziness group but not in the asymptomatic control group. Collectively, the results indicated that osmolality-related laboratory data are strongly associated with individual primary symptoms at the first visit regardless of the final diagnosis. The consideration of age-dependent changes of these markers is helpful for diagnosing latent disorders based on various primary symptoms.

    DOI: 10.18926/AMO/56372

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical relevance of low androgen to gastroesophageal reflux symptoms.

    Ko Harada, Yoshihisa Hanayama, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Mikako Obika, Hitomi Kataoka, Koichi Itoshima, Ken Okada, Fumio Otsuka

    Endocrine journal   65 ( 10 )   1039 - 1047   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN ENDOCRINE SOC  

    The aim of this study was to determine the relationships between free testosterone (FT) level and parameters including laboratory data and data from questionnaires and to determine symptoms leading to the detection of late onset hypogonadism (LOH). We retrospectively reviewed medical records of patients in whom serum FT was measured in our hospital. Aging Male Symptoms (AMS) score, self-rating depression scale (SDS) and frequency scale for the symptoms of gastroesophageal reflux disease (FSSG) score were used for questionnaires. A total of 205 patients were included in the analysis (55.2 ± 15.6 years of age, mean ± SD). Among them, 119 patients (58.0%) had an FT level of less than 8.5 pg/mL, which fulfills the diagnostic criterion of LOH syndrome according to the clinical practice manual for LOH in Japan. It was revealed that FSSG score was inversely correlated to serum FT levels (r = -0.3395, p < 0.001), although SDS and AMS scales did not show significant correlations to FT levels. Our study revealed a high prevalence of LOH syndrome among patients in whom the majority complained of general symptoms. Although GERD symptoms are generally not considered to be typical symptoms of LOH, our study indicates that those symptoms might be clues for the detection of LOH.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ18-0187

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Characteristics of Febrile Outpatients : Possible Involvement of Thyroid Dysfunction in Febrile Tachycardia. 査読

    Kosuke Oka, Yoshihisa Hanayama, Asuka Sato, Daisuke Omura, Miho Yasuda, Ko Hasegawa, Mikako Obika, Fumio Otsuka

    Acta medica Okayama   72 ( 5 )   447 - 456   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We retrospectively analyzed the cases of 148 febrile patients whose body temperature (BT) was ≥ 37.5°C at our hospital. We categorized them into seven groups; those with bacterial and viral infection, nonspecific inflammation, neoplasm, connective tissue disease (CTD), drug-induced disease, and unidentified causes. Our analysis revealed that the patient's BT at the 1st visit (BT-1st visit) and highest BT during the febrile period (BT-max) differed significantly among all categories except neoplasm. The greatest difference between BT-1st visit and BT-max was highest in the CTD group (1.5°C). Positive correlations of heart rate and C-reactive protein (CRP) level with BT-max and a negative correlation between serum sodium level with BT-max were uncovered. The serum thyroid-stimulating hormone (TSH) level and the ratio of TSH/free thyroxine were negatively correlated with BT-max, especially in the viral infection group, suggesting the existence of occult thyrotoxicosis in accord with a febrile condition, possibly leading to febrile tachycardia. A febrile gap between BT-1st visit and BT-max (except in the neoplasm group) was shown, in which BT-max was correlated with thyroid function. Clinicians should recognize the fluctuation of BT when diagnosing febrile patients, and tachycardia in such febrile patients may be, at least in part, associated with subclinical thyroid dysfunction.

    DOI: 10.18926/AMO/56242

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Manifestation of Central Diabetes Insipidus in a Patient with Thyroid Storm.

    Akiko Nakamichi, Kazuki Ocho, Kosuke Oka, Miho Yasuda, Kou Hasegawa, Masaya Iwamuro, Mikako Obika, Kammei Rai, Fumio Otsuka

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 13 )   1939 - 1942   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We herein report a case of central diabetes insipidus complicated with thyroid storm. A middle-aged woman who was receiving treatment for Graves' disease suddenly complained of polydipsia, polyuria and general fatigue. Laboratory tests showed hyperthyroidism, hypernatremia, hypoosmolar urine and a decreased plasma vasopressin level. The occurrence of central diabetes insipidus with hyperthyroidism was revealed on the basis of pituitary magnetic resonance imaging, a water deprivation test and a desmopressin test. The clinical co-existence of diabetes insipidus and hyperthyroidism is very rare; however, the complication should be considered when hypernatremia and/or dehydration progress in patients with Graves's disease as a common autoimmune-related etiology.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0063-17

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical relevance of low androgen to gastroesophageal reflux symptoms 査読

    Endocrine Journal   2018年7月

     詳細を見る

  • 典型的な経過を辿った急性食道粘膜病変の1例 査読

    岩室雅也, 大田剛由, 岡田裕之, 山岡英功, 柏原尚子, 大重和樹, 長谷川巧, 小比賀美香子, 花山宜久, 大塚文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   10 ( 2 )   41 - 45   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本病院総合診療医学会  

    症例は発熱とコーヒー残渣様嘔吐を呈した75歳女性。糖尿病、腎後性腎不全、腎盂腎炎および菌血症、肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症などの多数の基礎疾患を有していた。上部消化管内視鏡検査では下部食道に全周性の潰瘍を認めたほか、十二指腸にも広範な潰瘍がみられ、急性食道粘膜病変および十二指腸潰瘍と診断した。絶食とし酸分泌抑制薬と胃粘膜保護薬を投与するとともに基礎疾患の治療を行ったところ、食道および十二指腸の潰瘍は急速に改善した。(著者抄録)

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017072974

  • 女性医師のライフイベントを考慮したキャリア支援:岡山大学アンケート調査 査読

    片岡仁美, 関明穂, 川畑智子, 勅使川原早苗, 岩瀬敏秀, 小比賀美香子, 大西弘高

    医学教育   47 ( 2 )   111 - 123   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医学教育学会  

    <p>目的 : 女性医師のライフイベントとキャリアについて調査し支援に必要な要素を検討する.</p><p>方法 : 岡山大学卒業・入局の女性医師1,374名にライフイベント, 就労, 満足度等についての質問票を送付した.</p><p>結果 : 臨床医360名の解析を行った. 結婚, 出産時期は多くが適切としたが (82.1%, 65.2%), 若年層で遅くなる傾向があった. 子どもがいる医師 (70.2%) では臨床の満足度は変わらなかったが, 研究, 教育の満足度が低かった. 常勤の原職復帰者 (32.2%) は非常勤者と比べ満足度が高かった. 復職時に上司の理解, 家族のサポート等が必要とされた.</p><p></p><p>考察 : 理解の促進を含む環境整備とキャリア教育・支援が望まれる.</p>

    DOI: 10.11307/mededjapan.47.2_111

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016270204

  • 特別座談会 子育て世代の女性医師のワークライフバランス-真の男女共同参画とは- 査読

    西村真紀, 村田亜紀子, 小比賀美香子, 森敬良

    治療   97 ( 12 )   1646 - 1653   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南山堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016074594

  • Extracurricular activities to promote English skills at Okayama University Medical School (Special feature : extracurricular activities) 査読

    Sabina Mahmood, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Hitomi U.Kataoka

    14 ( 3 )   113 - 116   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Nurturing the Art of Professionalism in Japanese Medical Students at Okayama University Medical School 査読

    International Journal of School and Cognitive Psychology   2 ( 2 )   128 - 128   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Medical Students' Opinion of a Web-based Module to Teach Clinical Reasoning and Knowledge

    Gerald H. Stein, Hironobu Tokunaga, Hirotaka Ando, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Yasuharu Tokuda, Yoshinori Noguchi, Hitomi Kataoka, Hidekazu Terasawa

    JOURNAL OF GENERAL AND FAMILY MEDICINE   16 ( 2 )   76 - 83   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Background: Japanese medical student education lacks emphasis on teaching clinical reasoning skills. To partially remedy this situation, we developed a prototypic web-based module for tutors to teach clinical reasoning. We report the medical students' opinions of this module.Methods: Twenty-four students from two Japanese medical universities were randomly assigned to the two tutored virtual classrooms, each classroom with six students, or to the self-study group, 12 students, after taking the Internetbased Sequential Question and Answer pretest. After four weeks, each of the 24 students took the Sequential Question and Answer posttest. The entire 24 students answered a questionnaire about the Sequential Question and Answer tests; all 12 tutored students answered a questionnaire about the web-based tutored module.Results: Although both tutored and self-study Sequential Question and Answer posttest scores increased, the increases of the tutored group's posttest compared to the self-study posttest group were not statistically significant (p = 0.066).Ninety-two percent of the students rated the Sequential Question and Answer tests as an improved way to learn case presentation and clinical reasoning. Moreover, 79% of students felt that the Sequential Question and Answer tests were an effective way to learn clinical information. The tutored students rated the web-based tutored seminars as an 'excellent to fair' method to learn clinical reasoning using a five-point 'excellent to poor' scale.Conclusions: We developed a prototypic web-based module for tutors to teach clinical reasoning to medical students. The students' opinion supported the modular components of the web-based seminar format, Sequential Question and Answer test, and the tutoring syllabus as an effective way to improve learning clinical reasoning, case presentation, and medical information. Students also suggested refinements of the prototypic module.

    Web of Science

    researchmap

  • Clinical Reasoning Web-based Prototypic Module for Tutors Teaching 5th Grade Medical Students : A Pilot Randomized Study

    Gerald H. Stein, Hironobu Tokunaga, Hirotaka Ando, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Yasuharu Tokuda, Yoshinori Noguchi, Mitsuyo Kinjo, Shun Kohsaka, Hitoshi Honda, Yuka Kitano, Hidetaka Kitazono, Hitomi Kataoka, Hidekazu Terasawa

    JOURNAL OF GENERAL AND FAMILY MEDICINE   16 ( 1 )   13 - 25   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Background: At present clinical reasoning skills are not systematically taught in Japanese medical universities. We developed a prototypic preliminary module for clinical tutors to introduce clinical reasoning to Japanese medical students. We hypothesized that tutored medical students would outperform self-study students.Method: Using the web-based Sequential Question and Answer test that rewarded history and differential diagnosis as proxies for clinical reasoning, we compared the pre and posttest scores of 12 randomized fifth grade tutored students at two universities during four tutor-led 1.5-hour web-based seminars using a structured syllabus to 12 randomized self-study students.Results: The tutored and self-study groups' pretest scores were statistically similar at about 40 out of 100 weighted correct points. The tutored students' posttest scores were 62 points, significantly greater (p = 0.007) than the pretest mean 42 points, compared to the self-study students' posttest scores of 52 points, significantly greater (p = 0.012) than pretest mean 40 points. The difference between the two posttest groups was of borderline statistical significance (p = 0.08).Conclusions: We successfully assessed a prototypic module for tutors to introduce clinical reasoning to Japanese medical students. The tutored students achieved higher scores than the self-study students. Further research is needed to exploit the potential of our modular clinical reasoning system.

    DOI: 10.14442/general.16.13

    Web of Science

    researchmap

  • Factors Associated with Remission and/or Regression of Microalbuminuria in Type 2 Diabetes Mellitus 査読

    Tetsuichiro Ono, Kenichi Shikata, Mikako Obika, Nobuyuki Miyatake, Ryo Kodera, Daisyo Hirota, Jun Wada, Hitomi Kataoka, Daisuke Ogawa, Hirofumi Makino

    Acta Med. Okayama   68 ( 4 )   235 - 241   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    The aim of this study was to clarify the factors associated with the remission and/or regression of microalbuminuria in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. We retrospectively analyzed the data of 130 patients with type 2 diabetes mellitus with microalbuminuria for 2-6 years (3.39 +/- 1.31 years). Remission was defined as improving from microalbuminuria to normoalbuminuria using the albumin/creatinine ratio (ACR), and regression of microalbuminuria was defined as a decrease in ACR of 50% or more from baseline. Progression of microalbuminuria was defined as progressing from microalbuminuria to overt proteinuria during the follow-up period. Among 130 patients with type 2 diabetes mellitus with microalbuminuria, 57 and 13 patients were defined as having remission and regression, respectively, while 26 patients progressed to overt proteinuria. Sex (female), higher HDL cholesterol and lower HbAlc were determinant factors associated with remission/regression of microalbuminuria by logistic regression analysis. Lower systolic blood pressure (SBP) was also correlated with remission/regression, but not at a significant level. These results suggest that proper control of blood glucose, BP and lipid profiles may be associated with remission and/or regression of type 2 diabetes mellitus with microalbuminuria in clinical practice.

    Web of Science

    researchmap

  • Preliminary report of a Web-based instrument to assess and teach knowledge and clinical thinking to medical student. 国際誌

    Gerald H Stein, Hironobu Tokunaga, Hirotaka Ando, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Yasuharu Tokuda, Miho Bautista, Hitomi Kataoka, Hidekazu Terasawa

    International journal of medical education   5   1 - 6   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: We report the preliminary development of a unique Web-based instrument for assessing and teaching knowledge and developing clinical thinking called the "Sequential Questions and Answers" (SQA) test. Included in this feasibility report are physicians' answers to the Sequential Questions and Answers pre- and posttests and their brief questionnaire replies. METHODS: The authors refined the SQA test case scenario for content, ease of modifications of case scenarios, test uploading and answer retrieval. Eleven geographically distant physicians evaluated the SQA test, taking the pretest and posttest within two weeks. These physicians completed a brief questionnaire about the SQA test. RESULTS: Eleven physicians completed the SQA pre- and posttest; all answers were downloaded for analysis. They reported the ease of website login and navigating within the test module together with many helpful suggestions. Their average posttest score gain was 53% (p=0.012). CONCLUSIONS: We report the successful launch of a unique Web-based instrument referred to as the Sequential Questions and Answers test. This distinctive test combines teaching organization of the clinical narrative into an assessment tool that promotes acquiring medical knowledge and clinical thinking. We successfully demonstrated the feasibility of geographically distant physicians to access the SQA instrument. The physicians' helpful suggestions will be added to future SQA test versions. Medical schools might explore the integration of this multi-language-capable SQA assessment and teaching instrument into their undergraduate medical curriculum.

    DOI: 10.5116/ijme.52a7.7280

    PubMed

    researchmap

  • Factors associated with remission and/or regression of microalbuminuria in type 2 diabetes mellitus.

    Tetsuichiro Ono, Kenichi Shikata, Mikako Obika, Nobuyuki Miyatake, Ryo Kodera, Daisyo Hirota, Jun Wada, Hitomi Kataoka, Daisuke Ogawa, Hirofumi Makino

    Acta medica Okayama   68 ( 4 )   235 - 41   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to clarify the factors associated with the remission and/or regression of microalbuminuria in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. We retrospectively analyzed the data of 130 patients with type 2 diabetes mellitus with microalbuminuria for 2-6 years (3.39±1.31 years). Remission was defined as improving from microalbuminuria to normoalbuminuria using the albumin/creatinine ratio (ACR), and regression of microalbuminuria was defined as a decrease in ACR of 50% or more from baseline. Progression of microalbuminuria was defined as progressing from microalbuminuria to overt proteinuria during the follow-up period. Among 130 patients with type 2 diabetes mellitus with microalbuminuria, 57 and 13 patients were defined as having remission and regression, respectively, while 26 patients progressed to overt proteinuria. Sex (female), higher HDL cholesterol and lower HbA1c were determinant factors associated with remission/regression of microalbuminuria by logistic regression analysis. Lower systolic blood pressure (SBP) was also correlated with remission/regression, but not at a significant level. These results suggest that proper control of blood glucose, BP and lipid profiles may be associated with remission and/or regression of type 2 diabetes mellitus with microalbuminuria in clinical practice.

    PubMed

    researchmap

  • Content analysis of medical students' seminars: a unique method of analyzing clinical thinking. 国際誌

    Yukari Takata, Gerald H Stein, Kuniyuki Endo, Akiko Arai, Shun Kohsaka, Yuka Kitano, Hitoshi Honda, Hidetaka Kitazono, Hironobu Tokunaga, Yasuharu Tokuda, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Hitomi Kataoka, Hidekazu Terasawa

    BMC medical education   13   156 - 156   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC  

    BACKGROUND: The study of communication skills of Asian medical students during structured Problem-based Learning (PBL) seminars represented a unique opportunity to assess their critical thinking development. This study reports the first application of the health education technology, content analysis (CA), to a Japanese web-based seminar (webinar). METHODS: The authors assigned twelve randomly selected medical students from two universities and two clinical instructors to two virtual classrooms for four PBL structured tutoring sessions that were audio-video captured for CA. Both of the instructors were US-trained physicians. This analysis consisted of coding the students' verbal comments into seven types, ranging from trivial to advanced knowledge integration comments that served as a proxy for clinical thinking. RESULTS: The most basic level of verbal simple responses accounted for a majority (85%) of the total students' verbal comments. Only 15% of the students' comments represented more advanced types of critical thinking. The male students responded more than the female students; male students attending University 2 responded more than male students from University 1. The total mean students' verbal response time for the four sessions with the male instructor was 6.9%; total mean students' verbal response time for the four sessions with the female instructor was 19% (p < 0.05). CONCLUSIONS: This report is the first to describe the application of CA to a multi-university real time audio and video PBL medical student clinical training webinar in two Japanese medical schools. These results are preliminary, mostly limited by a small sample size (n = 12) and limited time frame (four sessions). CA technology has the potential to improve clinical thinking for medical students. This report may stimulate improvements for implementation.

    DOI: 10.1186/1472-6920-13-156

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Content analysis of medical students’ seminars: a unique method of analyzing clinical thinking 査読

    Yukari Takata, Gerald H Stein, Kuniyuki Endo, Akiko Arai, Shun Kohsaka, Yuka Kitano, Hitoshi Honda, Hidetaka Kitazono, Hironobu Tokunaga, Yasuharu Tokuda, Mikako Obika, Tomoko Miyoshi, Hitomi Kataoka, Hidekazu Terasawa

    BMC Medical Education   13 ( 1 )   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>
    <sec>
    <title>Background</title>
    The study of communication skills of Asian medical students during structured Problem-based Learning (PBL) seminars represented a unique opportunity to assess their critical thinking development. This study reports the first application of the health education technology, content analysis (CA), to a Japanese web-based seminar (webinar).


    </sec>
    <sec>
    <title>Methods</title>
    The authors assigned twelve randomly selected medical students from two universities and two clinical instructors to two virtual classrooms for four PBL structured tutoring sessions that were audio-video captured for CA. Both of the instructors were US-trained physicians. This analysis consisted of coding the students’ verbal comments into seven types, ranging from trivial to advanced knowledge integration comments that served as a proxy for clinical thinking.


    </sec>
    <sec>
    <title>Results</title>
    The most basic level of verbal simple responses accounted for a majority (85%) of the total students’ verbal comments. Only 15% of the students’ comments represented more advanced types of critical thinking. The male students responded more than the female students; male students attending University 2 responded more than male students from University 1. The total mean students’ verbal response time for the four sessions with the male instructor was 6.9%; total mean students’ verbal response time for the four sessions with the female instructor was 19% (p &lt; 0.05).


    </sec>
    <sec>
    <title>Conclusions</title>
    This report is the first to describe the application of CA to a multi-university real time audio and video PBL medical student clinical training webinar in two Japanese medical schools. These results are preliminary, mostly limited by a small sample size (n = 12) and limited time frame (four sessions). CA technology has the potential to improve clinical thinking for medical students. This report may stimulate improvements for implementation.


    </sec>

    DOI: 10.1186/1472-6920-13-156

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/1472-6920-13-156/fulltext.html

  • Diagnosis and evaluation of nonalcoholic fatty liver disease. 国際誌

    Mikako Obika, Hirofumi Noguchi

    Experimental diabetes research   2012   145754 - 145754   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI LTD  

    Nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) is the most common cause of elevated liver function tests results, after the commonly investigated causes have been excluded, and frequently coexists with type 2 diabetes mellitus (T2DM) because the conditions have common risk factors. As both T2DM and NAFLD are related to adverse outcomes of the other, diagnosis and valuation of fatty liver is an important part of the management of diabetes. Although noninvasive methods, such as biomarkers, panel markers, and imaging, may support a diagnostic evaluation of NAFLD patients, accurate histopathological findings cannot be achieved without a liver biopsy. As it is important to know whether steatohepatitis and liver fibrosis are present for the management of NAFLD, liver biopsy remains the gold standard for NAFLD diagnosis and evaluation. Therefore, new investigations of the pathogenesis of NAFLD are necessary to develop useful biomarkers that could provide a reliable noninvasive alternative to liver biopsy.

    DOI: 10.1155/2012/145754

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • COMPARISON OF TYPE 2 DIABETES CARE IN THE UNITED STATES AND JAPAN

    Mikako Obika, Dace L. Trence

    ENDOCRINE PRACTICE   16 ( 4 )   707 - 711   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER ASSOC CLINICAL ENDOCRINOLOGISTS  

    DOI: 10.4158/EP09312.CO

    Web of Science

    researchmap

  • Association of Serum Testosterone with CT- and MRS-Liver Fat in Relation to Insulin Resistance and Body Fat

    Mikako Obika, Edward J. Boyko, Elaine C. Tsai

    DIABETES   59   A489 - A490   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Comparison of MR Spectroscopy and CT in Liver Fat: Assessment and Association with Insulin Resistance

    Mikako Obika, Edward J. Boyko, Elaine C. Tsai

    DIABETES   58   A251 - A252   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Hepatitis B virus DNA in liver tissue and risk for hepatocarcinogenesis in patients with hepatitis C virus-related chronic liver disease. A prospective study. 査読

    Obika M, Shinji T, Fujioka S, Terada R, Ryuko H, Lwin A.A, Shiraha H, Koide

    Intervirology   51 ( 1 )   59 - 68   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • Hepatitis B virus DNA in liver tissue and risk for hepatocarcinogenesis in patients with hepatitis C virus-related chronic liver disease. A prospective study. 国際誌

    Mikako Obika, Toshiyuki Shinji, Shin-Ichi Fujioka, Ryo Terada, Hiromasa Ryuko, Aye Aye Lwin, Hidenori Shiraha, Norio Koide

    Intervirology   51 ( 1 )   59 - 68   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    AIMS: To prospectively study whether occult hepatitis B virus (HBV) infection can promote the development of hepatocellular carcinoma (HCC) in patients with hepatitis C virus (HCV)-related chronic liver disease. In addition, to evaluate the difference among HBV DNA-negative patients and patients with high and low HBV copy numbers. METHODS: A total of 167 patients with HCV-related chronic liver disease without HBV surface antigen (HBsAg) were studied. HBV DNA in liver tissue was determined using polymerase chain reaction (PCR). RESULTS: HBV DNA was detected in 9 of 167 patients (5.4%) by single PCR and in 25 patients (15.0%) by nested PCR. HCC developed in 12 of 167 patients (7.2%). Ten of 142 HBV DNA-negative patients (7.0%) and 2 of 9 patients with a high HBV copy number (22.2%) developed HCC, whereas none of 16 patients with a low HBV copy number developed HCC. The incidence rate of HCC in patients with a high HBV copy number was significantly higher than in HBV DNA-negative patients and patients with low HBV copy number. CONCLUSION: A high amount of HBV DNA in liver tissue of HBsAg-negative patients with HCV-related liver disease might be associated with HCC development.

    DOI: 10.1159/000121363

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Hepatitis C virus genotype distribution in Myanmar: Predominance of genotype 6 and existence of new genotype 6 subtype. 国際誌

    Aye Aye Lwin, Toshiyuki Shinji, Myo Khin, Ne Win, Mikako Obika, Shigeru Okada, Norio Koide

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37 ( 5 )   337 - 45   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    AIM: This study was performed to determine the prevalence and distribution of hepatitis C virus (HCV) genotypes in Myanmar. METHODS: A total of 1333 peripheral blood samples were collected from four different border cities of Myanmar. The anti-HCV antibody-positive serum samples were identified. HCV was genotyped by reverse transcriptase polymerase chain reaction, direct DNA sequencing and phylogenetic analysis on the partial core genome. RESULTS: The overall prevalence of HCV infection was 11.6% (154/1333). Regionally, it was 13.5% (47/349) in the north-eastern city, 12.8% (64/501) in the north-western city, 4.2% (16/380) in the southern city and 26.2% (27/103) in the western city. HCV was genotyped in 145/154 (94.2%) samples. Genotype 6 was the most prevalent genotype in this study (71/145, 49%), followed by genotype 3 (57/145, 39.3%), genotype 1 (16/145, 11%), and genotype 2 (1/145, 0.7%). Genotype 6 was mostly found in the northern cities and genotype 3 in the southern and western cities of Myanmar. Multiple HCV genotypes/subtypes were successfully characterized as 1a, 1b, 2a, 3a, 3b, 6m, 6n, and a new 6 subtype. Among them, subtype 6n was the most predominant subtype (38.6%), followed by subtype 3b (29.7%), 3a (9.6%), 6m (9%), 1b (6.9%), 1a (4.1%), new 6 subtype (1.4%) and 2a (0.7%). Subtype 6n was more widely distributed in the northern cities whereas subtype 3b was more common in the western city. The newly discovered genotype 6 subtype was from the northern cities. CONCLUSIONS: The results indicate there are regional differences of HCV genotype distribution in Myanmar. There is a distinct geographic variation from other South-East Asian countries in terms of the existence of the new genotype 6 subtype.

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2007.00053.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Hepatitis C virus genotype distribution in Myanmar: Predominance of genotype 6 and existence of new genotype 6 subtype 査読

    Aye Aye Lwin, Toshiyuki Shinji, Myo Khin, Ne Win, Mikako Obika, Shigeru Okada, Norio Koide

    Hepatology Research   ( 37 )   337 - 354   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Molecular epidemiology of hepatitis C virus in Myanmar with identification of new genotype 6 subtype

    Aye Aye Lwin, Toshiyuki Shinji, Myo Khin, Ne Win, Mikako Obika, Shigent Okada, Norio Koide

    GASTROENTEROLOGY   132 ( 4 )   A777 - A777   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Three type 6 hepatitis C virus subgroups among blood donors in the Yangon area of Myanmar are identified as subtypes 6m and 6n, and a novel subtype by sequence analysis of the core region.

    Toshiyuki Shinji, Aye Aye Lwin, Katsunori Gokan, Mikako Obika, Hiromasa Ryuko, Myo Khin, Shigeru Okada, Norio Koide

    Acta medica Okayama   60 ( 6 )   345 - 9   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Previously, using phylogenetic analysis of NS5b sequences, we found that three type 6 variant subgroups (M6-1, M6-2 and M6-3) exist in Myanmar. According to the new nomenclature of hepatitis C, M6-1 and M6-2 belong to subtypes 6m and 6n, respectively, but M6-3 is unassigned. In this study, we sequenced and phylogenetically analyzed the core region of these type 6 variant subgroups. Serum samples assigned as 6m or 6n by NS5b sequence were also identified as 6 m or 6n by core region analysis. The M6-3 (sample name MYAN-3E-3) remained unassigned to a subgroup based on its core region analysis. The findings of this study suggest that either the core region or the NS5b region can be analyzed for HCV subtype classification.

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 総合診療におけるカテコールアミン測定の有用性とその解釈

    砂田 匠彦, 花山 宜久, 灘 隆宏, 徳増 一樹, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   560 - 560   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 虹彩炎が治療導入の契機となった2型糖尿病の1例

    中本 健太, 本多 寛之, 平 佑貴, 庵谷 紘美, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   555 - 555   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医学教育と「アート」 〜医学教育に人文学を導入する意義とは〜 卒前教育におけるナラティブ・メディスンの実践

    小比賀 美香子

    医学教育   52 ( Suppl. )   65 - 65   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病女性患者の膀胱炎症状に対する猪苓湯の効果についての検討

    小比賀 美香子, 植田 圭吾, 江原 弘貴, 大塚 文男

    日本東洋医学雑誌   71 ( 別冊 )   209 - 209   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本東洋医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • アートは医学生を育むか ビジュアルアート教育をアセスメントする

    久保 卓也, 小比賀 美香子, 木股 敬裕, 大塚 益美, 岡本 裕子, 福冨 幸

    医学教育   52 ( Suppl. )   155 - 155   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 医療者のための「哲学カフェ」が参加者に与えた影響について

    小比賀 美香子, 松川 えり, 松元 享平, 徳増 一樹, 大塚 文男

    医学教育   52 ( Suppl. )   131 - 131   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 尿中コルチゾール/アルドステロン比を用いた代謝・炎症評価への有用性

    大塚 勇輝, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 大村 大輔, 花山 宜久, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   351 - 351   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 尿中遊離コルチゾール/アルドステロン比と代謝・炎症マーカーとの関連性

    大塚 勇輝, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 大村 大輔, 花山 宜久, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 4 )   1044 - 1044   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 症例を俯瞰する総合診療医の眼(第76回)上腹部の痛みを訴えた63歳男性

    徳増 一樹, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    診断と治療 = Diagnosis and treatment   109 ( 4 )   433,563 - 566   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 性腺機能低下を伴いコロナ禍で高度肥満を呈した成人21-水酸化酵素欠損症の1例

    山本 紘一郎, 岡 浩介, 長谷川 功, 越智 可奈子, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 4 )   1041 - 1041   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高度肥満・性腺機能低下を来した21-水酸化酵素欠損症成人男性の1例

    山本 紘一郎, 岡 浩介, 藤田 茉奈美, 孫 麗那, 長谷川 功, 越智 可奈子, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   351 - 351   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合診療における血清プロカルシトニン値と炎症・代謝マーカーの関連性

    荒木 晴, 岡 浩介, 山本 紘一郎, 花山 宜久, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 糸島 浩一, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   338 - 338   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ビタミンD活性化指標(1,25D/25D比)の臨床的有用性の検討

    藤田 茉奈美, 山本 紘一郎, 本多 寛之, 花山 宜久, 徳増 一樹, 中野 靖浩, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   337 - 337   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合内科診療に潜む内分泌代謝疾患 (2020年度日本内科学会生涯教育講演会) -- (Aセッション)

    大塚 文男, 小比賀 美香子, 長谷川 功, 中野 靖浩, 徳増 一樹

    日本内科学会雑誌   110 ( 3 )   486 - 491   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2021162863

  • 血中骨型アルカリホスファターゼ(BAP/ALP)比の臨床的有用性の検討

    横田 雄也, 西村 義人, 安藤 明美, 花山 宜久, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 植田 圭吾, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   110 ( Suppl. )   160 - 160   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 文学・芸術・哲学と医学教育 : より人間味のある医療をめざして (メディカル・ヒューマニティとナラティブ・メディスン) -- (医療と人文学)

    小比賀 美香子

    N:ナラティヴとケア   ( 12 )   30 - 36   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:遠見書房  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2021210732

  • 低血糖性昏睡を繰り返した神経性食思不振症の1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 山根 真衣, 孫 麗那, 中野 靖浩, 長谷川 功, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 皆尾 望, 枝廣 暁, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 3 )   788 - 788   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 男性2型糖尿病患者におけるアンドロゲン低下と臨床的特徴

    浜原 潤, 本多 寛之, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 花山 宜久, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 植田 圭吾, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 3 )   789 - 789   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • COVID-19外国人患者の受入れで明らかとなった課題と病院総合医に求められる役割

    大塚勇輝, 大村大輔, 李皓生, 藤田茉奈美, 山根真衣, 山本紘一郎, 孫麗那, 高瀬了輔, 中野靖浩, 岡浩介, 榮浩行, 徳増一樹, 長谷川功, 萩谷英大, 小比賀美香子, 片岡仁美, 大塚文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   17   2021年

     詳細を見る

  • 血中骨型アルカリホスファターゼ/アルカリホスファターゼ(BAP/ALP)比の臨床的有用性に関する検討

    横田雄也, 西村義人, 安藤明美, 花山宜久, 長谷川功, 萩谷英大, 小川弘子, 小比賀美香子, 植田圭吾, 大塚文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   17   2021年

     詳細を見る

  • 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の治療 ME/CFSに対する総合内科・総合診療科の対応

    片岡 仁美, 花山 宣久, 長谷川 功, 中野 靖浩, 水田 有紀, 徳増 一樹, 小比賀 美香子, 植田 圭吾, 大塚 文男

    日本疲労学会誌   16 ( 1 )   47 - 47   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本疲労学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 男性2型糖尿病患者におけるLOH症候群の潜在と臨床的特徴

    浜原 潤, 本多 寛之, 山本 絋一郎, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 花山 宜久, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 植田 圭吾, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   544 - 544   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 統合失調症患者に発症した薬剤誘発性腎性尿崩症の1例

    中野 靖浩, 佐住 洋祐, 水田 有紀, 栄 浩行, 櫻田 泰江, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 三好 智子, 小川 弘子, 新谷 敏夫, 高木 学, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   560 - 560   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 神経性食思不振症の経過中に反復する低血糖性昏睡を来した1例

    山本 紘一郎, 大村 大輔, 山根 真衣, 孫 麗那, 中野 靖浩, 長谷川 功, 本多 寛之, 小比賀 美香子, 皆尾 望, 枝廣 暁, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   563 - 563   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2型糖尿病患者における随時血糖・胃食道逆流症状が及ぼす心理状態への影響

    本多 寛之, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 岸田 雅之, 安田 美帆, 長谷川 功, 片岡 仁美, 大塚 文男

    糖尿病   63 ( 9 )   647 - 647   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 急速な腫大により気道狭窄を来した甲状腺悪性リンパ腫の1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 長谷川 功, 中野 靖浩, 原田 洸, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   305 - 305   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血清プロラクチン値と炎症パラメータの相関

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 安田 美帆, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   362 - 362   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 相対的副腎不全により冠攣縮性狭心症が惹起された1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 中野 靖浩, 長谷川 功, 萩谷 英大, 三好 智子, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   372 - 372   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【総合診療から高齢者医療の在り方を探る】総合診療医育成の場で行う老年医学教育

    花山 宜久, 横田 雄也, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    Geriatric Medicine   58 ( 7 )   591 - 598   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ライフ・サイエンス  

    高齢者診療においては、疾患分野別(臓器別)なアプローチ以外に、老年医学としてのアプローチを積極的に取り入れる必要がある。医療面接においての情報収集以外に、高齢者総合機能評価(CGA)による評価や、患者家族からの意見や看護師、介護士、ケアマネジャーなどの多職種からの情報も取り入れ、問題点の評価・診療計画・介入に当たってはコメディカルと相談・協力して行うことが望ましい。とりわけ総合診療において、老年医学は重要な位置づけにあり、医学生・若手医師に対して老年医学の実践を通じてその大切さを発信し、老年医学に対する興味を育てていく必要がある。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【真夏の診察室】夏に悪化しやすい症状・疾患とその予防・管理 夏の急性高血糖問題と予防的管理 糖尿病をコントロールして「夏」を安全に乗り切るために

    小比賀 美香子

    Medicina   57 ( 8 )   1280 - 1283   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>Point ◎夏は清涼飲料水を多飲する機会が多いため,清涼飲料水ケトーシスの発症に注意する.◎高齢者は自覚症状に乏しく,口渇感の訴えも少ないため,夏は高齢者の高浸透圧高血糖状態(HHS)進展リスクが高まる.◎夏の糖尿病ケトアシドーシス(DKA),HHS発症予防のため,シックデイルールを活用する.

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 症例を俯瞰する総合診療医の眼(第63回)菌血症治療中に出現した腹痛を訴えた65歳男性

    徳増 一樹, 小比賀 美香子

    診断と治療 = Diagnosis and treatment   108 ( 3 )   277,391 - 394   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【症状・治療歴から考える-薬の副作用の診断プロセス問題集60題】全身倦怠感を訴える定期外来通院中の慢性膵炎患者

    小比賀 美香子

    Medicina   57 ( 3 )   443 - 444   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【症状・治療歴から考える-薬の副作用の診断プロセス問題集60題】鎮静から目覚めない透析中の56歳男性

    萩谷 英大, 小比賀 美香子

    Medicina   57 ( 3 )   478 - 481   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2型糖尿病患者のうつ状態への血糖値・胃食道逆流症状の影響について

    本多 寛之, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 長谷川 功, 小川 弘子, 萩谷 英大, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   109 ( Suppl. )   237 - 237   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 内科疾患における血清PRL値の性差および炎症マーカーとの関連性

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 4 )   1451 - 1451   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下垂体卒中を契機に浸透圧性脱髄症候群を生じた非機能性下垂体腺腫の1例

    横田 雄也, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 山本 紘一郎, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 4 )   1452 - 1452   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 内科初診外来におけるSDSとFSSGスコアの有用性と相関性の検討

    菅波 由有, 岡 浩介, 花山 宜久, 浜原 潤, 小比賀 美香子, 本多 寛之, 狩山 和也, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   109 ( Suppl. )   230 - 230   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖尿病医療学の知の蓄積「晴れの国おかやまで考える医療学」

    小比賀美香子

    糖尿病医療学   2   2020年

     詳細を見る

  • 下垂体卒中による意識障害を契機に浸透圧性脱髄症候群を来した1例

    横田雄也, 岡浩介, 安田美帆, 長谷川功, 山本紘一郎, 萩谷英大, 小比賀美香子, 大塚文男

    間脳・下垂体・副腎系研究会プログラム・抄録集(Web)   31st   2020年

     詳細を見る

  • 2型糖尿病患者における随時血糖・胃食道逆流症状が及ぼす心理状態への影響

    本多寛之, 小比賀美香子, 花山宜久, 岸田雅之, 安田美帆, 長谷川功, 片岡仁美, 大塚文男

    糖尿病(Web)   63 ( 9 )   2020年

     詳細を見る

  • COVID-19によるパンデミック下での医学科5年生に対するオンラインを用いたプロフェッショナリズム・行動科学教育

    三好 智子, 松川 昭博, 大塚 愛二, 山根 正修, 小崎 吉訓, 片岡 仁美, 横田 雄也, 光田 栄子, 越智 可奈子, 小比賀 美香子, 伊野 英男

    医学教育   51 ( 3 )   279 - 281   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医学教育学会  

    DOI: 10.11307/mededjapan.51.3_279

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 内科医にとっての全人的医療とは?

    日本内科学会 専門医部会 全人的医療ワーキンググループ, 小比賀 美香子, 土屋 静馬, 今永 光彦, 川口 篤也, 三原 弘, 毛利 貴子, 森 雅紀, 東 光久, 柏木 秀行

    日本内科学会雑誌   109 ( 6 )   1155 - 1161   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.109.1155

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 全身倦怠感を主訴に発見された肺癌下垂体転移の1例

    石川 真悠子, 安田 美帆, 横田 雄也, 岡 浩介, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   584 - 584   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下垂体卒中を契機に浸透圧性脱髄症候群をきたした中枢性尿崩症の1例

    横田 雄也, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   588 - 588   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 冠攣縮性狭心症との関連が疑われた副腎皮質機能低下症の1例

    大塚 勇輝, 安田 美帆, 中野 靖浩, 山本 晃, 長谷川 功, 萩谷 英大, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   590 - 590   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合内科外来におけるうつ状態とGERD症状の相関関係について

    菅波 由有, 岡 浩介, 花山 宜久, 浜原 潤, 小比賀 美香子, 本多 寛之, 狩山 和也, 岸田 雅之, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   615 - 615   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大学病院の女性医師として考える医師の働き方改革

    小比賀 美香子

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 6 )   556 - 556   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2型糖尿病患者における血糖値・胃食道逆流症状とうつ状態の関連

    本多 寛之, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 岸田 雅之, 安田 美帆, 長谷川 功, 小川 弘子, 三好 智子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   753 - 753   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合診療における血清プロラクチン値の性差と炎症性病態への関与

    山本 紘一郎, 花山 宜久, 安田 美帆, 長谷川 功, 原田 洸, 徳増 一樹, 萩谷 英大, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   769 - 769   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 研修医に対するシミュレーション教育の救急当直時における効果についての研究

    村上 拓, 山本 晃, 万代 康弘, 三好 智子, 伊野 英男, 片岡 仁美, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    医学教育   50 ( Suppl. )   155 - 155   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腰背部の圧迫症状を呈した副腎骨髄脂肪腫に手術導入した1例

    須山 敦仁, 大村 大輔, 高瀬 了輔, 中野 靖浩, 徳増 一樹, 長谷川 功, 堀口 繁, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   185 - 185   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 著明な好酸球増多を伴った膵性胸水の一例

    今村 竜太, 原田 洸, 徳増 一樹, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   305 - 305   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 膵酵素とアミノ酸製剤補充により改善した吸収不良症候群の1例

    山本 紘一郎, 中野 靖浩, 大村 大輔, 徳増 一樹, 長谷川 功, 堀口 繁, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   311 - 311   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 沖縄県北部地区における総合内科の現状と役割

    徳増 一樹, 永田 恵蔵, 平辻 知也, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 久貝 忠男, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   193 - 193   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • アザチオプリンによる汎血球減少に感染性心内膜炎を合併した一例

    塩飽 孝宏, 山本 晃, 長尾 聡子, 徳増 一樹, 高原 政宏, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   260 - 260   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 変視を契機に発見され脈絡膜転移を呈した舌下腺原発腺様嚢胞癌の1例

    中野 靖浩, 中田 圭一, 徳増 一樹, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 小川 弘子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   265 - 265   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 40年間の増悪を経て診断治療に至ったBarre-Lieou症候群の一例

    大塚 勇輝, 徳増 一樹, 山本 晃, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   15 ( 3 )   301 - 301   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重症急性膵炎を契機に発見された原発性副甲状腺機能亢進症の1例

    山岡 主知, 安田 美帆, 長尾 聡子, 徳増 一樹, 長谷川 功, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 池田 宏国, 枝園 忠彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   489 - 489   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Staphylococcus lugdunensisによる下垂体膿瘍の1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 黒住 和彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   447 - 447   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【しまった!日常診療のリアルから学ぶ-エラー症例問題集】(Question14)ふらふらする.この間の注射をお願いします…

    小比賀 美香子

    Medicina   56 ( 5 )   615 - 616   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【しまった!日常診療のリアルから学ぶ-エラー症例問題集】(Question15)夏バテでしょうか…

    小比賀 美香子

    Medicina   56 ( 5 )   617 - 618   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【ジェネラリストのための診断がつかないときの診断学 非典型症例・複雑な症例に出会ったときの考え方とヒント】(第1章)診断困難症例に出会ったら 診断に困ったときにどうするか? 考え方、連携のススメ、支援ツールの活用

    徳増 一樹, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    Gノート   6 ( 2 )   179 - 187   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)羊土社  

    <Point>●診断困難症例への考え方:直感的思考と分析的思考、そして除外診断の重要性を理解しよう●他診療科との協力は、鑑別診断のためなのか、検査目的なのか、治療介入が必要なのか、目的を明確に伝える●「症例くん」と「PINACO」は、同様の症例を検索するのに便利●それでも診断がつかないときでも、患者の気持ちに寄り添い、患者への説明を十分に行う(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 再発下垂体腫瘍の術後に急速な肝機能異常を呈した若年男性の1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 越智 可奈子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 黒住 和彦, 大塚 文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   30   5 - 6   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:間脳・下垂体・副腎系研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合内科診療における骨密度低下に関する要因の検討

    安藤 明美, 三橋 利晴, 花山 宜久, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   108 ( Suppl. )   270 - 270   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合内科における浸透圧関連マーカーの意義 主訴と年齢に着目して

    大村 大輔, 佐藤 明香, 岡 浩介, 花山 宜久, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   108 ( Suppl. )   268 - 268   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 子宮脱の治療を契機に発症したStaphylococcus lugdunensisによる下垂体膿瘍の1例

    長谷川功, 安田美帆, 灘隆宏, 小川弘子, 三好智子, 小比賀美香子, 花山宜久, 黒住和彦, 大塚文男

    日本間脳下垂体腫瘍学会プログラム・抄録集   29th   2019年

     詳細を見る

  • 血清プロラクチン値の性差と炎症性病態への関与:内科臨床における検討

    山本紘一郎, 花山宜久, 安田美帆, 長谷川功, 原田洸, 徳増一樹, 萩谷英大, 三好智子, 小川弘子, 小比賀美香子, 大塚文男

    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集   34th   2019年

     詳細を見る

  • FDGの著明な取り込みを呈した縦隔に達する甲状腺腫の1例

    岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 細谷 武史, 平 成人, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 3 )   1047 - 1047   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 巨大な機能性甲状腺結節にBasedow病を合併した1例

    塩飽 孝宏, 安田 美帆, 岡 浩介, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 6 )   617 - 617   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 回腸末端に潰瘍病変を認めた不明熱の1例

    栗山 裕, 徳増 一樹, 山本 紘一郎, 中野 靖浩, 大村 大輔, 高原 政宏, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 6 )   663 - 663   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新しいツールを用いた卒前教育 総合診療としての役割、全人的医療をめざして

    徳増 一樹, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 6 )   600 - 600   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    researchmap

  • EUS/FNAの再検により診断し得たACTH産生性膵NETの1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 中野 靖浩, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 堀口 繁, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 加藤 博也, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   710 - 710   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 巨大な甲状腺腫を呈したMarine-Lenhart症候群の1例

    安田 美帆, 岡 浩介, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 枝園 忠彦, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   696 - 696   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • LOH症候群の検出におけるGERD症状の有効性について

    原田 洸, 花山 宜久, 安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 小川 弘子, 片岡 仁美, 小比賀 美香子, 糸島 浩一, 岡田 健, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   669 - 669   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 意識障害で発症し一過性全健忘を生じた下垂体機能低下症の1例

    山本 紘一郎, 徳増 一樹, 中野 靖浩, 大村 大輔, 安田 美帆, 長谷川 功, 三好 智子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   684 - 684   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多職種による研修医評価 看護師長による研修医評価の取り組みと導入前後での指導医からの研修医評価の推移

    佐藤 明香, 宇賀 麻由, 小川 弘子, 野間 和弘, 小比賀 美香子, 三好 智子, 片岡 仁美, 難波 志穂子, 前川 珠木, 大塚 文男

    医学教育   49 ( Suppl. )   236 - 236   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸腹水を欠いたTAFRO症候群の1例

    高瀬 了輔, 中野 靖浩, 西村 義人, 大村 大輔, 堀口 繁, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   450 - 450   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抜歯を契機に慢性頭痛を発症した斜台部骨髄炎の1例

    佐住 洋祐, 岡 浩介, 中野 靖浩, 堀口 繁, 大重 和樹, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 草野 展周, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   455 - 455   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医学生はいつ医師を志したのか

    三好 智子, 宇賀 麻由, 佐藤 明香, 小川 弘子, 野間 和広, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男, 金澤 右, 浜田 淳

    医学教育   49 ( Suppl. )   132 - 132   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 物語能力(narrative competence)に注目した取り組み

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 佐藤 明香, 小川 弘子, 三好 智子, 大塚 文男

    医学教育   49 ( Suppl. )   140 - 140   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 巨大肝嚢胞により複数の臓器障害を来した1例

    長尾 聡子, 岩室 雅也, 灘 隆宏, 戸川 雄, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 白羽 英則, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   441 - 441   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外来発熱患者における体温の特徴と頻脈及び臨床パラメーターとの関連

    岡 浩介, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   388 - 388   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 著明な心嚢液を呈したメサラジンアレルギーの1例

    中野 靖浩, 杉原 雄策, 小寺 順久, 西村 義人, 大村 大輔, 堀口 繁, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   408 - 408   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合性と専門性、そして大学と地域のハブとなる総合内科

    小比賀 美香子

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   320 - 321   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 7ヵ月間CRP陰性の不明熱を呈した急性リンパ性白血病の1例

    岡 浩介, 道谷 友, 堀口 繁, 頼 冠名, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   343 - 343   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合内科診療に診られた骨密度低下および骨粗鬆症発生の要因と特徴

    安藤 明美, 三橋 利晴, 花山 宜久, 灘 隆宏, 長谷川 功, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 4 )   354 - 354   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院医科臨床研修医に対するシミュレーション教育に関する介入研究

    山本 晃, 村上 拓, 三好 智子, 万代 康弘, 伊野 英男, 片岡 仁美, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    医学教育   49 ( Suppl. )   160 - 160   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 臨床実習前教育の一環としての研修医による講義について

    川口 満理奈, 禅正 和真, 宇賀 麻由, 佐藤 明香, 小川 弘子, 野間 和広, 小比賀 美香子, 三好 智子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    医学教育   49 ( Suppl. )   191 - 191   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 未治療の糖尿病を背景に発症した内因性眼内炎の3例

    長谷川 功, 安田 美帆, 大重 和樹, 木村 耕介, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 大塚 文男

    糖尿病   61 ( 5 )   347 - 347   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 低血糖発作を契機に下垂体卒中と診断しホルモン補充療法にて改善した1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 藤川 達也, 片岡 仁美, 大塚 文男

    糖尿病   61 ( 5 )   354 - 354   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Big-PRLの影響について考慮を要した高PRL血症の1例

    当真 貴志雄, 小比賀 美香子, 越智 可奈子, 細谷 武史, 原 孝行, 小松原 基志, 藤沢 諭, 西山 悠紀, 稲垣 兼一, 和田 淳, 糸島 浩一, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   371 - 371   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 頭蓋咽頭腫の術後に化学性髄膜炎を来した1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 灘 隆宏, 中道 晶子, 小川 弘子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   416 - 416   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 月経不順と甲状腺腫瘍を契機に発見されたマクロPRL血症の1例

    安田 美帆, 長谷川 功, 灘 隆宏, 中道 晶子, 三好 智子, 小比賀 美香子, 糸島 浩一, 真田 淳平, 宗 友厚, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   371 - 371   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 感染性髄膜炎との鑑別に苦慮した頭蓋咽頭腫術後化学性髄膜炎の1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 黒住 和彦, 大塚 文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   29   16 - 18   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:間脳・下垂体・副腎系研究会  

    40歳代男性。他院で頭蓋咽頭腫に対する腫瘍摘出開頭術を受けるも、2ヵ月後、腰痛と39℃台の発熱が出現したため再入院となった。髄液培養にてAcinetobacterが検出され、細菌性髄膜炎として抗生剤加療されたが、解熱せず、当院へ転院となった。当初、本症例は細菌性髄膜炎として薬剤をMEPMからABPC/SBTに変更し対処した。だが、奏効はせず、腰痛精査のため行った脊椎CTにてTh7/8・L4/5に骨破壊像が認められ、更にL4/5の椎体培養からCandida albicansが検出され、Candida椎体炎と診断した。診断後は抗真菌薬を併用したが効果は得られず、頭部MRIを行ったところ、髄膜炎が示唆され、髄液異常の原因は化学性髄膜炎と考えられた。治療は副腎不全に対する補充療法の継続ほか、汎下垂体機能症に対してはヒドロコルチゾン投与を行った。9ヵ月後の外来検査ではMRI-FLAIRの高信号は消失し、髄液所見は改善傾向にあった。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合内科における高IgG4血症の臨床的特徴の解析

    長谷川 功, 花山 宜久, 岩室 雅也, 小比賀 美香子, 近藤 英生, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本内科学会雑誌   107 ( Suppl. )   184 - 184   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンの皮下注射によりショックを呈した1例

    大村 大輔, 頼 冠名, 岸 良匡, 岡 浩介, 大重 和樹, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 1 )   32 - 32   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨髄生検で診断に至ったMixed cellularity classical Hodgkin lymphomaの一例

    臼杵 碧フィリーズ, 木村 耕介, 砂田 匠彦, 安田 美帆, 長谷川 功, 岩室 雅也, 花山 宜久, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 近藤 英生, 吉野 正, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 1 )   45 - 45   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生活習慣病の増悪を契機に診断・加療した高齢者クッシング症候群の1例

    高見 優男, 長谷川 功, 大村 大輔, 安田 美帆, 中道 晶子, 堀口 繁, 頼 冠名, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   14 ( 1 )   63 - 63   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • TRHに対してFT3の過大反応を呈したTSH産生腺腫の1例

    大塚文男, 長谷川功, 安田美帆, 三好智子, 小比賀美香子, 黒住和彦, 井下尚子

    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集   33rd   2018年

     詳細を見る

  • 総合診療専門医

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 小川 弘子, 大塚 文男

    岡山医学会雑誌   130 ( 3 )   167 - 172   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    DOI: 10.4044/joma.130.167

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新しい内科専門医制度

    小比賀 美香子, 大塚 文男, 岡田 裕之

    岡山医学会雑誌   130 ( 1 )   25 - 30   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    DOI: 10.4044/joma.130.25

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/56058

  • 糖尿病に関する臨床検査 : ホスピタリストが押さえておくべき検査とその頻度・タイミング (特集 糖尿病) -- (糖尿病の基礎知識)

    小比賀 美香子, 岡田 健, 大塚 文男

    Hospitalist = ホスピタリスト   6 ( 2 )   315 - 326   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2018300964

  • 一過性全健忘を生じた下垂体機能低下症の2例

    山本紘一郎, 徳増一樹, 中野靖浩, 大村大輔, 安田美帆, 長谷川功, 三好智子, 小比賀美香子, 花山宜久, 大塚文男

    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集   33rd   2018年

     詳細を見る

  • 低血糖発作を契機に下垂体卒中と診断しホルモン補充療法にて改善した1例

    安田美帆, 安田美帆, 長谷川功, 頼冠名, 小比賀美香子, 藤川達也, 片岡仁美, 大塚文男

    糖尿病(Web)   61 ( 5 )   2018年

     詳細を見る

  • 未治療の糖尿病を背景に発症した内因性眼内炎の3例

    長谷川功, 安田美帆, 大重和樹, 木村耕介, 小比賀美香子, 花山宜久, 片岡仁美, 大塚文男

    糖尿病(Web)   61 ( 5 )   2018年

     詳細を見る

  • バセドウ病の増悪を契機に中枢性尿崩症を来した1例

    中道 晶子, 大重 和樹, 岡 浩介, 安田 美帆, 長谷川 功, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 4 )   1232 - 1232   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 低血糖による意識障害を契機に発見された下垂体卒中の1例

    長谷川 功, 中道 晶子, 安田 美帆, 灘 隆宏, 小川 弘子, 三好 智子, 頼 冠名, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 2 )   603 - 603   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 熊本地震にて支援にあたった薬剤師が抱えた問題点に関する質的研究

    松元 亨平, 小比賀 美香子, 大谷 尚, 名倉 弘哲

    社会薬学   36 ( Suppl. )   97 - 97   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本社会薬学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医学科1年次に導入した行動科学がもたらしたもの

    三好 智子, 山根 正修, 飯田 淳義, 万代 康弘, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 那須 保友, 松川 昭博

    医学教育   48 ( Suppl. )   145 - 145   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院初期研修医に対する「共感性」スコアを使用した経時的調査について

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 三好 智子, 小川 弘子, 野間 和広, 佐藤 明香, 宇賀 麻由, 大塚 文男

    医学教育   48 ( Suppl. )   198 - 198   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学医学部におけるプロフェッショナリズム教育の取組

    片岡 仁美, 小比賀 美香子, 勅使川原 早苗, 川畑 智子, 佐藤 明香

    医学教育   48 ( Suppl. )   90 - 90   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 胃切除が要因と考えられた男性骨粗鬆症の1例

    安藤 明美, 花山 宜久, 灘 隆宏, 長谷川 功, 頼 冠名, 岩室 雅也, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   120 - 120   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 女性ホルモン製剤の関与が疑われた前皮神経絞扼症候群の1例

    大村 大輔, 小比賀 美香子, 長尾 聡子, 中道 晶子, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 頼 冠名, 小野 大輔, 松崎 孝, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   168 - 168   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗甲状腺薬に対する肝障害のため治療に難渋したバセドウ病の1例

    長谷川 功, 喜多村 勇大朗, 岡 浩介, 安田 美帆, 木村 耕介, 大村 大輔, 中道 晶子, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 頼 冠名, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 近藤 英生, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   121 - 121   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 健診でのALP高値から発見された原発性副甲状腺機能亢進症の1例

    安田 美帆, 喜多村 勇太朗, 岡 浩介, 中道 晶子, 長谷川 功, 灘 隆宏, 三好 智, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 浅野 洋介, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   148 - 148   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下垂体茎断裂による下垂体前葉機能低下からQOL低下を来した1例

    長谷川 功, 喜多村 勇大朗, 岡 浩介, 安田 美帆, 木村 耕介, 大村 大輔, 中道 晶子, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 頼 冠名, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 近藤 英生, 片岡 仁美, 越智 可奈子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   149 - 149   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 造影CT検査にて確定診断に至ったモンドール病の1例

    太田 友, 岩室 雅也, 岩本 高行, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 頼 冠名, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   166 - 166   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 研修医のモチベーションはどのように上がるのか

    徳増 一樹, 小比賀 美香子, 尾原 晴雄, 菊川 誠, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   82 - 82   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PBL(問題基盤型学習)を用いたIPE(inter-professional education 多学部間教育)の効果

    三好 智子, 岩室 雅也, 早稲田 公一, 村上 和敏, 小川 弘子, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 大塚 文男, 那須 保友

    日本病院総合診療医学会雑誌   13 ( 1 )   83 - 83   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 更年期症状 (特集 プライマリケアで知っておきたい漢方診療のコツ : 日常診療に役立つ臨床スキル) -- (プライマリケアで知っておきたい漢方診療 : 各領域への漢方アプローチ)

    小比賀 美香子, 植田 圭吾, 大塚 文男

    診断と治療 = Diagnosis and treatment   105 ( 6 )   745 - 751   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:診断と治療社  

    <Headline> 1 更年期障害の要因として、「内分泌学的要因」「環境要因」「心理的要因」の三つがあり、これらの要因は通常複雑に絡み合っている。2 更年期障害の診療において、対話は重要であり、対話から要因を探るだけでなく、対話自体が治療のひとつとなりうる。3 更年期障害の症状は、自律神経失調症状、精神的症状、その他の3種類に分けられる。4 更年期障害の治療法は、薬物療法としてホルモン補充療法(HRT)、漢方療法、向精神薬などが、非薬物療法としてカウンセリングや、心理療法などがある。5 漢方療法では、婦人科三大処方である、当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸などを中心に用い、まずは陰陽、虚実で使い分ける。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017283176

  • 抗甲状腺薬が奏効し多臓器の腫大を呈したバセドウ病の1例

    安田 美帆, 大重 和樹, 長谷川 功, 灘 隆宏, 岩室 雅也, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   278 - 278   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 著明な高血糖・高プロラクチン血症を呈したPRL産生腺腫の1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 灘 隆宏, 三好 智子, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   354 - 354   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 50代で多発骨折・集中力低下・抑うつを契機に来院した下垂体茎断裂の1例

    長谷川 功, 安田 美帆, 中道 晶子, 小川 弘子, 越智 可奈子, 小比賀 美香子, 頼 冠名, 花山 宜久, 大塚 文男

    ACTH RELATED PEPTIDES   28   25 - 26   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:間脳・下垂体・副腎系研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 学会報告2017 第14回日本病院総合診療医学会学術総会 : 総合性と専門性のハブとなる機能的な連携へ,そして総合診療分野で大学がこれから担う役割

    小比賀 美香子, 近藤 英生, 大塚 文男

    Hospitalist = ホスピタリスト   5 ( 2 )   388 - 391   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 高齢初産時の難産により発症したと思われるSheehan症候群の1例

    安田 美帆, 平田 愛美, 長谷川 功, 安藤 明美, 木村 耕介, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   11 ( 2 )   142 - 142   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 難産での出産後に発症した下垂体機能低下症の1例

    安田 美帆, 平田 愛美, 長谷川 功, 安藤 明美, 木村 耕介, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 細谷 武史, 稲垣 兼一, 大塚 文男

    日本内分泌学会雑誌   92 ( S.Branc )   264 - 264   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 褐色細胞腫様の発作性高血圧を呈したParkinson病の1例

    灘 隆宏, 柏原 尚子, 木村 耕介, 小比賀 美香子, 花山 宜久, 片岡 仁美, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   11 ( 2 )   169 - 169   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医療系ワークショップが参加者およびスタッフに与える影響についての前向き研究

    村上 拓, 山本 晃, 小比賀 美香子, 三好 智子, 万代 康弘, 伊野 英男, 片岡 仁美, 大塚 文男

    医学教育   47 ( Suppl. )   174 - 174   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院医科臨床研修医に対するシミュレーション教育に関する介入研究

    山本 晃, 村上 拓, 小比賀 美香子, 三好 智子, 万代 康弘, 伊野 英男, 片岡 仁美, 大塚 文男

    医学教育   47 ( Suppl. )   110 - 110   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院卒後臨床研修プログラムにおける地域医療研修の取り組み(第四報)

    片岡 仁美, 渡辺 文恵, 小比賀 美香子, 三好 智子, 野間 和広, 大塚 文男, 槇野 博史

    医学教育   46 ( Suppl. )   130 - 130   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 心嚢液貯留と甲状腺機能低下症を呈した多発性骨髄腫の1例

    岡野 美咲, 灘 隆宏, 中村 絵里, 佐藤 明香, 木村 耕介, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 村上 和敏, 近藤 英生, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   7 ( 2 )   109 - 109   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 初期臨床研修医の診療科選択における影響因子の解析

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 渡辺 文恵, 野間 和広, 三好 智子, 大塚 文男

    医学教育   45 ( Suppl. )   101 - 101   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 指導医講習会のワークショップ効果とその後の指導医のモチベーション

    三好 智子, 小比賀 美香子, 渡辺 文恵, 片岡 仁美, 野間 和広, 大智 恵理子, 西尾 広治, 大塚 文男, 槇野 博史

    医学教育   45 ( Suppl. )   103 - 103   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院卒後臨床研修プログラムにおける地域医療研修の取り組み(第三報)

    片岡 仁美, 渡辺 文恵, 小比賀 美香子, 三好 智子, 野間 和広, 大塚 文男, 槇野 博史

    医学教育   45 ( Suppl. )   142 - 142   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多様化する岡山大学病院卒後臨床研修センター事務スタッフの役割

    渡辺 文恵, 小比賀 美香子, 三好 智子, 野間 和広, 片岡 仁美, 大塚 文男

    医学教育   45 ( Suppl. )   169 - 169   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 医療羅針盤 私の提言(第77回)社会の医療ニーズを満たすために、多様な人材育成が必要である : 岡山大学病院・卒後臨床研修センターでの経験を踏まえて

    小比賀 美香子

    月刊新医療   41 ( 6 )   18 - 21   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:エム・イー振興協会 ; 1975-  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014243061

  • 【糖尿病「前熟考期」の壁-あなたはどうして平気でいられるの?】熟考期へのアドバイス 練達医師のワザを伝授 治療をためらう人へ 降圧薬

    小比賀 美香子, 四方 賢一

    糖尿病診療マスター   12 ( 4 )   420 - 423   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖尿病腎症第1期および第2期における腎機能低下要因の解析

    小比賀 美香子, 四方 賢一, 小野 哲一郎, 小寺 亮, 江口 潤, 廣田 大昌, 村上 和敏, 中司 敦子, 小川 大輔, 和田 淳, 片岡 仁美, 槇野 博史

    糖尿病   57 ( Suppl.1 )   S - 410   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総説 : 「日本の医学界におけるジェンダー平等について」を読んで

    小比賀 美香子

    医学教育   45 ( 5 )   363 - 363   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医学教育学会  

    DOI: 10.11307/mededjapan.45.5_363

    CiNii Article

    researchmap

  • 岡山大学病院卒後臨床研修プログラムの地域医療研修における3年間の取り組みと評価

    片岡仁美, 片岡仁美, 小比賀美香子, 三好智子, 渡辺文恵, 野間和広, 大塚文男, 金森達也, 岩瀬敏秀, 伊野英男, 佐藤勝

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   5th   2014年

     詳細を見る

  • 不明熱診断における検査の有効性とその進め方

    立古 浩雅, 草野 展周, 片岡 仁美, 三好 智子, 花山 宜久, 金森 達也, 江原 弘貴, 小川 弘子, 小比賀 美香子, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   5 ( 2 )   78 - 78   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外頸静脈を首座に発症したLemierre症候群

    萩谷 英大, 寺坂 友博, 木村 耕介, 佐藤 明香, 椎名 真里, 金森 達也, 小比賀 美香子, 三好 智子, 片岡 仁美, 早稲田 公一, 筑木 隆雄, 花山 宜久, 村上 和敏, 小川 弘子, 近藤 英生, 草野 展周, 大塚 文男

    日本病院総合診療医学会雑誌   5 ( 2 )   102 - 102   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医学生の臨床実習充実化のために研修医が果たす役割 岡山大学病院初期研修医の学生教育に対する意識調査

    三好 智子, 片岡 仁美, 小比賀 美香子, 渡辺 文恵, 別府 治恵, 森 祐子, 山根 正修, 松川 昭博, 尾崎 敏文, 谷本 光音

    医学教育   44 ( Suppl. )   112 - 112   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院卒後臨床研修プログラムにおける地域医療研修の取り組み(第二報)

    片岡 仁美, 小比賀 美香子, 三好 智子, 渡辺 文恵, 野間 和弘, 金森 達也, 佐藤 勝, 大塚 文男, 尾崎 敏文, 岩瀬 敏秀

    医学教育   44 ( Suppl. )   120 - 120   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院初期臨床研修における「たすきがけプログラム」 アンケート結果より

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 渡辺 文恵, 野間 和広, 三好 智子, 尾崎 敏文, 大塚 文男

    医学教育   44 ( Suppl. )   196 - 196   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院卒後臨床研修センターにおける専属事務スタッフの取り組み

    渡辺 文恵, 小比賀 美香子, 野間 和広, 三好 智子, 片岡 仁美, 尾崎 敏文, 大塚 文男

    医学教育   44 ( Suppl. )   197 - 197   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病における腎症の寛解および改善に関与する因子の解析

    小野 哲一郎, 四方 賢一, 小比賀 美香子, 梶谷 展生, 小寺 亮, 廣田 大昌, 村上 和敏, 堀口 千景, 小川 大輔, 和田 淳, 片岡 仁美, 槇野 博史

    糖尿病   56 ( Suppl.1 )   S - 181   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院で経験したIgG4関連疾患19例の臨床的検討

    平松 万尚, 水島 孝明, 片岡 仁美, 三好 智子, 花山 宜久, 金森 達也, 村上 和敏, 大森 一慶, 江原 弘貴, 小松 万寿美, 神崎 資子, 廣田 大昌, 小比賀 美香子, 椎名 真理, 立古 浩雅, 中村 好男, 池田 和真, 草野 展周, 越智 浩二, 小出 典男

    日本病院総合診療医学会雑誌   3 ( 2 )   96 - 96   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院における、初期研修医アンケートの結果

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 渡辺 文恵, 三好 智子, 金澤 右, 尾崎 敏文

    医学教育   43 ( Suppl. )   171 - 171   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院卒後臨床研修プログラムにおける地域医療研修の取り組み

    片岡 仁美, 小比賀 美香子, 三好 智子, 渡辺 文恵, 岩瀬 敏秀, 佐藤 勝, 金澤 右, 尾崎 敏文

    医学教育   43 ( Suppl. )   80 - 80   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • IgG4関連硬化性疾患患者のインスリン分泌能と治療効果についての検討

    片岡 仁美, 佐藤 千景, 平松 万尚, 村上 和敏, 神崎 資子, 水島 孝明, 小比賀 美香子, 和田 淳, 四方 賢一, 槇野 博史

    糖尿病   55 ( 6 )   420 - 420   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2型糖尿病における腎症の発症および進展に関与する因子の解析

    小野 哲一郎, 四方 賢一, 小比賀 美香子, 梶谷 展生, 小寺 亮, 宮本 聡, 廣田 大昌, 村上 和敏, 佐藤 千景, 小川 大輔, 和田 淳, 片岡 仁美, 槇野 博史

    糖尿病   55 ( Suppl.1 )   S - 333   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2型糖尿病患者の腎症に関連する因子の横断的解析

    小比賀 美香子, 四方 賢一, 小野 哲一郎, 梶谷 展生, 小寺 亮, 宮本 聡, 廣田 大昌, 村上 和敏, 佐藤 千景, 小川 大輔, 和田 淳, 片岡 仁美, 槇野 博史

    糖尿病   55 ( Suppl.1 )   S - 281   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 薬剤熱の特徴

    立古 浩雅, 越智 浩二, 小比賀 美香子, 草野 展周, 水島 孝明, 小出 典男

    日本内科学会雑誌   101 ( Suppl. )   317 - 317   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 女性医師のライフサイクルとキャリア形成に関する解析

    片岡 仁美, 川畑 智子, 小比賀 美香子, 別府 治恵, 倉橋 陽子, 佐藤 勝, 関 典子, 岩瀬 敏秀, 伊野 英男

    日本女性医学学会雑誌   19 ( Suppl. )   121 - 121   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本女性医学学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不明熱診療の現況における考察

    立古 浩雅, 越智 浩二, 水島 孝明, 片岡 仁美, 三好 智子, 花山 宜久, 金森 達也, 村上 和敏, 平松 万尚, 大森 一慶, 江原 弘貴, 小松 万寿美, 小比賀 美香子, 椎名 真理, 中村 好男, 池田 和真, 草野 展周, 小出 典男

    日本病院総合診療医学会雑誌   2 ( 1 )   47 - 48   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院におけるIgG4関連疾患の検討

    平松 万尚, 水島 孝明, 片岡 仁美, 三好 智子, 花山 宜久, 金森 達也, 村上 和敏, 大森 一慶, 更井 啓, 江原 弘貴, 小松 万寿美, 松村 雅代, 小比賀 美香子, 椎名 真理, 松下 公紀, 立古 浩雅, 中村 好男, 池田 和真, 草野 展周, 越智 浩二, 小出 典男

    日本病院総合診療医学会雑誌   2 ( 1 )   74 - 75   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病院総合診療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院における、米国Clinician-educatorによるTeaching Round

    小比賀 美香子, 三好 智子, 渡辺 文恵, 片岡 仁美, 金澤 右

    医学教育   42 ( Suppl. )   59 - 59   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • クリニカルクラークシップの評価に関する研究

    水島 孝明, 小川 弘子, 村上 和敏, 花山 宜久, 小比賀 美香子, 三好 智子, 寺戸 道久, 野間 和広, 谷本 光音

    医学教育   42 ( Suppl. )   83 - 83   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 岡山大学病院初期臨床研修オリエンテーションにおけるInter Professional Educationプログラムの有効性

    三好 智子, 小比賀 美香子, 片岡 仁美, 金澤 右, 伊野 英雄, 国平 茂子, 保科 英子

    医学教育   42 ( Suppl. )   108 - 108   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 経口薬で血糖コントロール不良の2型糖尿病患者に対する、2相性インスリンアナログ製剤夕食前1回追加投与の有用性の検討

    小比賀 美香子, 福田 哲也, 立古 浩雅, 小池 和子, 石川 恵理, 岡崎 悟

    糖尿病   54 ( Suppl.1 )   S - 94   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肝硬変を合併した糖尿病患者の特徴

    立古 浩雅, 福田 哲也, 小比賀 美香子, 小池 和子, 山本 和秀, 中村 進一郎, 大西 秀樹, 平松 万尚, 小出 典男

    糖尿病   54 ( Suppl.1 )   S - 376   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • インスリン抗体により血糖値が不安定であった2型糖尿病患者3例に対する治療法の検討

    立古 浩雅, 福田 哲也, 小比賀 美香子, 岡崎 悟

    糖尿病   53 ( Suppl.1 )   S - 301   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 経口薬でコントロール不良の2型糖尿病に対する混合型インスリン夕食前1回追加投与の有用性 基礎インスリン追加投与との比較

    小比賀 美香子, 福田 哲也, 石川 恵理, 岡崎 悟, 立古 浩雅, 小池 和子

    糖尿病   53 ( Suppl.1 )   S - 152   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 著明な脂肪肝を合併した2型糖尿病の1例

    梅岡 二美, 立古 浩雅, 大石 菜摘子, 木林 亮子, 小比賀 美香子, 坂口 孝作, 福田 哲也, 岡崎 悟

    糖尿病   50 ( 5 )   342 - 342   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 尋常性天疱瘡で治療中に化膿性脊椎炎を合併したステロイド誘発性糖尿病の一例

    岩戸 真紀, 福田 哲也, 原田 典子, 小比賀 美香子, 木林 亮子, 立古 浩雅, 大石 菜摘子, 米井 泰治, 白鳥 康史

    糖尿病   48 ( 6 )   463 - 463   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1型糖尿病患者におけるGlarginの有用性の検討

    立古 浩雅, 福田 哲也, 米井 泰治, 大石 菜摘子, 木林 亮子, 小比賀 美香子, 岩戸 真紀, 原田 典子, 白鳥 康史

    糖尿病   48 ( 6 )   447 - 447   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 種々の自己抗体が陽性であった高齢者発症1型糖尿病の1例

    小比賀 美香子, 福田 哲也, 木林 亮子, 大石 奈摘子, 箱田 知美, 立石 浩雅, 白鳥 康史

    糖尿病   47 ( 4 )   324 - 324   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 経皮経肝的静脈瘤塞栓術により血糖コントロールの改善がみられた肝硬変合併糖尿病の1例

    木林 亮子, 福田 哲也, 鈴木 貴博, 箱田 和美, 大石 菜摘子, 立古 浩雅, 小比賀 美香子, 白鳥 康史

    糖尿病   47 ( 4 )   339 - 339   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖尿病発症により発見されたPreclinical Cushing症候群の1例

    大石 菜摘子, 福田 哲也, 木林 亮子, 立古 浩雅, 小比賀 美香子, 箱田 知美, 白鳥 康史

    糖尿病   47 ( 4 )   327 - 327   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院で経験した非アルコール性脂肪性肝炎の患者背景と糖尿病の合併頻度

    立古 浩雅, 福田 哲也, 馬場 伸介, 木林 亮子, 大石 菜摘子, 小比賀 美香子, 白鳥 康史

    糖尿病   47 ( Suppl.1 )   S275 - S275   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生体部分肝移植後に糖尿病を合併した症例の臨床経過

    鈴木 貴博, 福田 哲也, 箱田 知美, 小比賀 美香子, 堀 和子, 木林 亮子, 小池 和子, 白鳥 康史, 八木 孝仁

    糖尿病   46 ( Suppl.1 )   S206 - S206   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 岡山医学振興会助成公募受賞(医学教育)

    2021年12月   岡山医学振興会  

    小比賀美香子

     詳細を見る

  • 天晴れジョイボスアワード奨励賞

    2021年12月  

    小比賀美香子

     詳細を見る

  • 医学部長特別表彰

    2020年11月  

    医学教育分野別評価対応プロジェクトチーム

     詳細を見る

  • 第 3 回 日本女医会提言論文賞

    2014年5月  

    小比賀美香子

     詳細を見る

  • 第1回MUSCAT Supporter Award

    2013年7月  

    小比賀美香子

     詳細を見る

  • 岡山医学会賞教育奨励賞

    2012年6月  

    小比賀美香子

     詳細を見る

  • 岡山医学振興会助成公募(国際教育研究交流事業)

    2006年6月   岡山医学振興会  

    小比賀美香子

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 医学における「ビジュアルアート教育」に関する調査研究

    研究課題/領域番号:21K10327  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小比賀 美香子, 木股 敬裕, 松本 洋

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 医学生・臨床研修医の「物語能力」教育プログラム開発のための調査研究

    研究課題/領域番号:18K10002  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 三好 智子

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    1991年、Guyattらにより、「科学的根拠に基づく医療 (Evidence Based Medicine: EBM)」が提唱されて以来、EBMは世界の医療の主流をなしている。1998年にGreenhalghらが、「物語と対話に基づく医療 (Narrative Based Medicine: NBM)」を提唱し、EBMとNBMは「患者中心の医療」を実践するための「車の両輪」に例えられるが、EBMの普及に比べ、NBMの臨床における実践手法、教育手法は十分に認識されておらず、研究報告も少ない。また近年、医師のプロフェッショナリズムが注目され、これまでの知識・技術偏重の医学教育への反省から、態度教育の重要性が論じられるようになった。その中で、我々は、医師がもつべき基本的能力として「物語能力(narrative competence)」に着目した。本研究の目的は、優れた「物語能力」をもつ医師を育成する教育プログラム開発のために、医学生、臨床研修医の「物語能力」に影響を及ぼす要因を、量的および質的研究にて明らかにすることである。
    総合内科での選択臨床実習(基本実習を終えた5-6年生2-4名、4週間)において、「ナラティブトレーニング合同実習」「パラレルチャート」を実施した。2019年度は7回実施した(計28名の医学生が参加)。実習終了後にはアンケートを施行した。ナラティブ・メディスンにおける主要概念は3つある。「注目」は物語能力の根幹で、目の前の対象に真摯に注意を向け、「表現」では認識したものを表現し、「参入」では表現されたものを共有し、関係を構築する。パラレルチャートを経時的に解析すると、医学生は患者との関係、また自己省察を通じて、心動かされており、注目、表現を経て参入できている学生もいた。

    researchmap

  • 再発性尿路感染症に対する乳酸菌膣坐剤の有効性に関する基礎・臨床的エビデンスの構築

    研究課題/領域番号:17K10017  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 狩山 玲子, 小比賀 美香子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    1.2019年度は、乳酸菌タブレットの直腸・膣内細菌叢に及ぼす効果に関する臨床試験で、次世代シーケンサーにより得られたデータ(47例)を使用して、タブレット服用後の細菌叢解析を行った。服用後の解析結果を属レベルで上位から3種類ずつ示すと、直腸ではBacteroidaceae属、Veillonellaceae属、Prevotellaceae属、膣ではPrevotellaceae属、Veillonellaceae属、Tissierellaceae属の順で、服用前後での上位3種類は同じであった。Lactobacillaceae属の存在は直腸では17.0%(8/47)、膣では29.8%(14/47)で服用前より増加していた。
    2.一方、2019年度に新たに反復性膀胱炎患者(1例)に乳酸菌膣坐剤を投与したが、同意撤回され中断した。2019年度に1年間の投与を終了した3例では、投与前の尿路感染症発症頻度は平均8.3回であったが、投与中は平均3.7回と減少していた。再発性膀胱炎患者に対する乳酸菌膣坐剤の有効性評価のために、膣内細菌叢サンプル(8例)の全ゲノム配列を次世代シーケンサーにより決定、解析した結果、膣培養検査では乳酸菌が検出されなかった症例で乳酸菌の定着を確認した。
    3.in vitro実験系(コロニーバイオフィルム法)を用いて、緑膿菌尿路バイオフィルム感染症に対する乳酸菌と抗菌薬の併用効果について検討を継続した。緑膿菌は乳酸菌により増殖が抑制され、4種の抗菌薬との併用でバイオフィルムの形成抑制効果の増強が示唆された。また、MRSAと大腸菌でも同様に検討した。MRSAは乳酸菌により増殖が抑制され、4種の抗菌薬との併用でバイオフィルムの形成抑制効果の増強が示唆された。大腸菌は乳酸菌により増殖が抑制されなかったが、2種の抗菌薬との併用でバイオフィルムの形成抑制効果の増強が示唆された。

    researchmap

  • 女性医師のキャリアとプロフェッショナリズムについての分析

    研究課題/領域番号:16K08871  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    片岡 仁美, 小比賀 美香子, 三好 智子, 勅使川原 早苗, 岩瀬 敏秀, 川畑 智子, 時信 亜希子, 渡邉 真由

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    育児や介護等の理由でフルタイム勤務が難しい医師を対象として柔軟な働き方を可能とする岡山大学病院のキャリア支援制度を利用した女性医師と上司・同僚に対する各種分析を行った。
    利用者(女性医師)の生涯学習についての分析では学ぶ意欲は高いものの家庭責任と学ぶ機会の確保の両立に関して自己評価の低さが認められた。上司・同僚に対するキャリア支援制度に対する導入10年後の意識調査では、同制度導入3年後のデータと比較して「同制度は利用者のみならず職場にとって有用である」、とする評価するスコアが有意に上昇していた。

    researchmap

  • 医療・心理・教育におけるナラティブ・データの分析手法の確立と文学研究への応用

    研究課題/領域番号:16K02606  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    奥田 恭士, 井上 靖子, 保坂 裕子, 糟屋 美千子, 内田 勇人, 寺西 雅之, 小比賀 美香子, 奥 聡一郎

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究の成果は、(1)ナラティブ・データの分析手法の確立に向けて、物語論・文体論・ディスコース分析から援用した分析手法を統合・発展させ、手法の改善と精度向上に寄与したこと(2)文学研究を認知科学や医療と関連づけることにより、少子高齢化社会において文学が新たなひとつの貢献をなし得る点を示したこと(3)本研究を通して非文学テクスト分析から得られた手法は、文学領域においても一定の有効性を持つ点が確認できたこと、の三点である。これらの成果は、本文に記載の二つのシンポジウムおよび本課題の総括を目的として発行した『研究成果報告書』で公表されている。

    researchmap

  • 初期臨床研修医の共感性 (Empathy) に関する量的および質的研究

    研究課題/領域番号:15K08551  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    小比賀 美香子, 片岡 仁美, 三好 智子, 大谷 尚

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究の経時的調査では、「共感性」スコアに大きな変化がない年度も認めた。女性研修医は男性研修医よりJSEスコアが高く、共感性が高いことが示唆されたが、研修開始後12ヶ月以降は、女性のスコアが低下し、男女差が消失した。志望診療科については、人間指向診療科を志望する研修医が、技術指向診療科を志望する研修医より共感性が高い傾向にあった。研修開始時のJSEスコアが高いほど、1年後、2年後のJSEスコアも高いことが示唆された一方、1年後、2年後にスコアが低下しやすいことも示唆された。研修医のインタビュー解析結果から、研修医が共感性育成を促進する要因と阻害する要因の間で葛藤している様子が窺えた。

    researchmap

  • 潜在性B型肝炎ウィルス感染と肝細胞癌発症との関連について

    2004年04月 - 2011年03月

      詳細を見る

▼全件表示

 

担当授業科目

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅰ (2021年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅱ (2021年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅲ (2021年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅳ (2021年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅴ (2021年度) 特別  - その他

  • 内科総論 (2021年度) 特別  - その他

  • 実践総合診療学(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 実践総合診療学(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 感染症(臓器・系別統合講義) (2021年度) 特別  - その他

  • 東洋医学 (2021年度) 特別  - その他

  • 統合科目 (2021年度) 特別  - その他

  • 総合内科学(基本臨床実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合内科学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合内科学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合内科学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合内科学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 総合診療医学(臓器・系別統合講義) (2021年度) 特別  - その他

  • 臨床病態演習 (2021年度) 特別  - その他

  • 質的研究方法論 (2021年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅰ (2020年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅱ (2020年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅲ (2020年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅳ (2020年度) 特別  - その他

  • プロフェッショナリズム・行動科学Ⅴ (2020年度) 特別  - その他

  • 内科総論 (2020年度) 特別  - その他

  • 実践総合診療学(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 実践総合診療学(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 感染症(臓器・系別統合講義) (2020年度) 特別  - その他

  • 東洋医学 (2020年度) 特別  - その他

  • 統合科目 (2020年度) 特別  - その他

  • 総合内科学(基本臨床実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合内科学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合内科学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合内科学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合内科学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 総合診療医学(臓器・系別統合講義) (2020年度) 特別  - その他

  • 臨床病態演習 (2020年度) 特別  - その他

  • 質的研究方法論 (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示

 

メディア報道

  • 2020年5月22日 (金)配信m3.com地域版 【岡山】医療者が「当たり前を問い直す」哲学カフェ インターネットメディア

    m3.com地域版  2020年5月

     詳細を見る

  • 2020年5月29日 (金)配信m3.com地域版 【岡山】「患者との対話」を意識したら医療が楽しくなった インターネットメディア

    m3.com地域版  2020年5月

     詳細を見る

  • 2019年10月28日山陽新聞朝刊『医療者の対話力磨く』 新聞・雑誌

    山陽新聞  山陽新聞  2019年10月

     詳細を見る

  • 山陽新聞 『高い職業意識養成-1年必修 患者の声などを聞く』 2015年5月13日朝刊 新聞・雑誌

    山陽新聞  山陽新聞  2015年5月

     詳細を見る