2021/11/25 更新

写真a

ワタナベ トヨヒコ
渡邉 豊彦
WATANABE Toyohiko
所属
ヘルスシステム統合科学学域 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 経営学博士 ( 2020年3月   神戸大学 )

  • 医学博士 ( 1995年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 医療経営管理学

  • 医療経済学

  • 経営学

  • 尿路感染症

  • 神経泌尿器科学

  • 組織行動学

  • 泌尿器科学

  • 泌尿器内視鏡学

研究分野

  • 人文・社会 / 経営学

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

学歴

  • 神戸大学大学院   経営学研究科   博士課程後期課程

    2014年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 神戸大学大学院   経営学研究科  

    2012年4月 - 2013年9月

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    1991年4月 - 1995年4月

      詳細を見る

  • 岡山大学   医学部   医学科

    1985年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 岡山県国民健康保険診療報酬審査委員会   審議会等委員  

    2011年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

 

論文

  • Impact of paclitaxel, cisplatin, and gemcitabine as first-line chemotherapy in cisplatin-fit and -unfit patients with advanced/metastatic urothelial carcinoma. 査読 国際誌

    Satoshi Katayama, Yasuyuki Kobayashi, Atsushi Takamoto, Kohei Edamura, Takuya Sadahira, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Tomoko Sako, Koichiro Wada, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Urologic oncology   39 ( 10 )   731.e25-731.e32   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This study aimed to clarify the efficacy and toxicity of first-line combination treatment with paclitaxel, cisplatin, and gemcitabine (PCG) for advanced/metastatic urothelial carcinoma (UC) in cisplatin-unfit patients compared with cisplatin-fit patients. METHODS: We conducted a retrospective study of patients who received first-line PCG. Using international consensus criteria, patients were classified into cisplatin-fit and -unfit groups. Cisplatin-unfit patients received PCG with adjustment of the cisplatin dose after assessing 24-hour urinary creatinine clearance, without modifying the administration interval. RESULTS: From 2008 to 2017, 50 patients received first-line PCG, of whom 30 and 20 were classified into the cisplatin-fit and -unfit groups. After a median follow-up of 15.0 months, the median overall survival (OS) and progression-free survival (PFS) were 15.0 and 9.8 months in all patients, 15.0 and 10.0 months in the cisplatin-fit group, and 13.2 and 9.3 months in the cisplatin-unfit group, respectively. There was no significant difference in OS (hazard ratio [HR]: 1.33, 95% confidence interval [CI]: 0.69-2.54) or PFS (HR: 1.38, 95% CI: 0.74-2.55) between the groups. The overall response rate and complete response rate were 58% (95% CI: 43.2-71.8) and 32% (95% CI: 19.5-46.7) in all patients, and 55% (95% CI: 31.5-76.9) and 35% (95% CI: 15.4-59.2) in the cisplatin-unfit group, respectively. The common grade 3 of 4 adverse events experienced were neutropenia (78%), followed by thrombocytopenia (56%), anemia (46%), and febrile neutropenia (16%). The 24-hour urinary creatinine clearance did not differ significantly between the groups after one, two, or three courses of PCG. CONCLUSIONS: We found no significant difference regarding OS and PFS between the cisplatin-fit patients with a full dose of cisplatin and -unfit patients with cisplatin-dose-adjusted chemotherapy. In select cisplatin-unfit patients, PCG with dose adjustment of cisplatin may be useful for treating advanced/metastatic UC without any significant adverse events or impaired renal function compared with cisplatin-fit patients with a full dose of cisplatin.

    DOI: 10.1016/j.urolonc.2021.02.029

    PubMed

    researchmap

  • Impact of Sarcopenia on Erectile Function after Nerve-Sparing Robot-Assisted Radical Prostatectomy. 査読 国際誌

    Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Yuki Maruyama, Ryota Sato, Acosta Gonzalez Herik Rodrigo, Koichiro Wada, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    The world journal of men's health   39 ( 4 )   673 - 682   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To determine the impact of sarcopenia on erectile functional outcomes after a nerve-sparing (NS) robot-assisted radical prostatectomy (RARP) using patient-reported validated questionnaires. MATERIALS AND METHODS: In this retrospective study, RARP was performed on 841 patients at Okayama University Hospital, of which 132 underwent NS RARP. Erectile functional outcomes were assessed using the 5-item version of the International Index of Erectile Function (IIEF-5) and the Expanded Prostate Cancer Index Composite before and 1, 3, 6, and 12 months after surgery. Automated measurement of skeletal muscle at L3 was achieved using volume analyzer software and normalizing for height (cm²/m²) to calculate skeletal muscle index (SMI). Patients who had an IIEF-5≤4 comprised the group with erectile dysfunction (ED), and those with an IIEF-5≤5 made up the non-ED group. RESULTS: This study enrolled 95 patients of median age 65 years with a preoperative IIEF-5 of 16. There were no significant differences between patients with and without sarcopenia among those with preoperative IIEF-5. Postoperatively, in the ED group, SMI and preoperative IIEF-5 were significantly lower than in the non-ED group. Multiple linear regression analysis revealed that (1) both SMI and preoperative IIEF-5 were independent predictors of ED, and (2) sarcopenia and preoperative IIEF-5 were predictors of ED at 12 months after NS RARP. CONCLUSIONS: Patients with sarcopenia can have worse erectile functional outcomes after NS RARP. Sarcopenia and a lower preoperative IIEF-5 score may be predictive of postoperative ED.

    DOI: 10.5534/wjmh.200036

    PubMed

    researchmap

  • Blood concentrations of tacrolimus upon conversion from rabeprazole to vonoprazan in renal transplant recipients: Correlation with cytochrome P450 gene polymorphisms. 査読 国際誌

    Shogo Watari, Motoo Araki, Jun Matsumoto, Kasumi Yoshinaga, Takanori Sekito, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Risa Kubota, Shingo Nishimura, Koichiro Wada, Yasuyuki Kobayashi, Hidemi Takeuchi, Katsuyuki Tanabe, Masashi Kitagawa, Hiroshi Morinaga, Shinji Kitamura, Hitoshi Sugiyama, Noritaka Ariyoshi, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Drug metabolism and pharmacokinetics   40   100407 - 100407   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We evaluated the impact of vonoprazan on blood concentrations of tacrolimus via a retrospective analysis of 52 renal transplant recipients who took tacrolimus and converted from rabeprazole to vonoprazan between August 2018 and September 2019. We compared tacrolimus trough levels upon conversion among groups that were classified based on cytochrome P450 (CYP) gene polymorphisms. CYP3A5 groups were heterozygous or homozygous for CYP3A5∗1 and CYP3A5∗3 alleles. CYP2C19 genotypes were classified as extensive (∗1/∗1), intermediate (∗1/∗2 and ∗1/∗3) or poor metabolizers (∗2/∗2, ∗2/∗3 and ∗3/∗3). Tacrolimus trough levels increased only 0.3 ng/mL upon conversion in the CYP3A5∗3/∗3 group: 5.8 [3.4-7.2] vs 6.1 [3.8-7.9]; p = 0.06. No statistically significance changes in tacrolimus levels also occurred in the CYP3A5∗1/∗1 or CYP3A5∗1/∗3 groups. Subgroup analyses of CYP3A5∗3/∗3 demonstrated low changes for all three CYP2C19 subgroups: 5.2 [4.3-6.5] vs 6.2 [4.3-7.9]; p = 0.07, 6.1 [3.4-7.2] vs 6.7 [4.6-7.9]; p = 0.12 and 5.4 [3.6-6.5] vs 4.7 [3.8-6.3]; p = 1.00, respectively. Conversion to vonoprazan thus resulted in little increase of tacrolimus trough levels, even in the group predicted to be most susceptible (CYP3A5∗3/∗3 and 2C19∗1/∗1), thus supporting the safety of concomitant use of vonoprazan with tacrolimus.

    DOI: 10.1016/j.dmpk.2021.100407

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy of Lactobacillus vaginal suppositories for the prevention of recurrent cystitis: A phase II clinical trial. 査読 国際誌

    Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Motoo Araki, Ritsuko Mitsuhata, Masumi Yamamoto, Yuki Maruyama, Takehiro Iwata, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Reiko Kariyama, Yasutomo Nasu, Ayano Ishii

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   28 ( 10 )   1026 - 1031   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To prospectively assess the efficacy and safety of Lactobacillus vaginal suppositories for the prevention of recurrent cystitis. METHODS: In this single-arm, open-label, phase II clinical trial, participants used vaginal suppositories containing the GAI 98322 strain of Lactobacillus crispatus for 1 year either every 2 days or three times per week. The primary end-point was the response rate, as assessed by the number of episodes of recurrent cystitis during the year of administration. The secondary end-points were the response rate, as assessed by episodes of recurrent cystitis during the 1 year after completion of the administration period; the total number of episodes of recurrent cystitis before, during and after administration; adverse events; and changes in urine bacteria and the vaginal microbiome. RESULTS: A total of 28 women were enrolled, and 21 completed the study. A total of 18 patients achieved an effective response (86%) during administration. The suppressive effects of Lactobacillus vaginal suppositories on episodes of cystitis continued up to 1 year after the last suppository was administered. There was a significant reduction in the mean number of episodes of cystitis, both during and after administration of Lactobacillus vaginal suppositories. No treatment-related adverse events were observed. Amplicon sequencing analysis of the vaginal microbiome showed that Lactobacillus species colonized the vagina during the periods when episodes of cystitis were absent. CONCLUSIONS: Vaginal suppositories containing the GAI 98322 strain of Lactobacillus crispatus effectively prevent episodes of recurrent cystitis, both during administration and for at least 1 year after administration.

    DOI: 10.1111/iju.14636

    PubMed

    researchmap

  • Intraluminal diamond-like carbon coating with anti-adhesion and anti-biofilm effects for uropathogens: A novel technology applicable to urinary catheters. 査読 国際誌

    Shogo Watari, Koichiro Wada, Motoo Araki, Takuya Sadahira, Daiki Ousaka, Susumu Oozawa, Tatsuyuki Nakatani, Yuichi Imai, Junichi Kato, Reiko Kariyama, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To examine anti-adhesion and anti-biofilm effects of a diamond-like carbon coating deposited via a novel technique on the inner surface of a thin silicon tube. METHODS: Diamond-like carbon coatings were deposited into the lumen of a silicon tube with inner diameters of 2 mm. The surface of the diamond-like carbon was evaluated using physicochemical methods. We used three clinical isolates including green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa, Escherichia coli and Staphylococcus aureus. We employed a continuous flow system for evaluation of both bacterial adhesion and biofilm formation. Bacterial adhesion assays consisted of counting the number of colony-forming units and visualization of adhered bacterial cells by scanning electron microscope to evaluate the diamond-like carbon-coated/uncoated samples. The biofilm structure was analyzed by confocal laser scanning microscopy on days 3, 5, 7 and 14 for green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa. RESULTS: The smooth and carbon-rich structure of the intraluminal diamond-like carbon film remained unchanged after the experiments. The numbers of colony-forming units suggested lower adherence of green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa and Escherichia coli in the diamond-like carbon-coated samples compared with the uncoated samples. The scanning electron microscope images showed adhered green fluorescent protein-expressing Pseudomonas aeruginosa cells without formation of microcolonies on the diamond-like carbon-coated samples. Finally, biofilm formation on the diamond-like carbon-coated samples was lower until at least day 14 compared with the uncoated samples. CONCLUSIONS: Intraluminal diamond-like carbon coating on a silicone tube has anti-adhesion and anti-biofilm effects. This technology can be applied to urinary catheters made from various materials.

    DOI: 10.1111/iju.14675

    PubMed

    researchmap

  • Guidelines for Infection Control in the Urological Field, including Urinary Tract Management (revised second edition). 査読 国際誌

    Satoshi Takahashi, Soichi Arakawa, Kiyohito Ishikawa, Jun Kamei, Kanao Kobayashi, Katsumi Shigemura, Satoru Takahashi, Yoshiki Hiyama, Ryoichi Hamasuna, Hiroshi Hayami, Satoshi Yazawa, Mitsuru Yasuda, Yoshikazu Togo, Shingo Yamamoto, Koichiro Wada, Toyohiko Watanabe

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The Committee for the Development of Guidelines for Infection Control in the Urological Field, including Urinary Tract Management of the Japanese Urological Association, together with its systematic review team and external reviewers, have prepared a set of practice guidelines, an abridged version of which is published herein. These guidelines cover the following topics: (i) foundations of infection control, standard precautions, route-specific precautions, and occupational infection control (including vaccines); (ii) the relationship between urologists and infection control; (iii) infection control in urological wards and outpatient clinics; (iv) response to hepatitis B virus reactivation; (v) infection control in urological procedures and examinations; (vi) prevention of infections occurring in conjunction with medical procedures and examinations; (vii) responses to urinary tract tuberculosis and bacillus Calmette-Guérin; (viii) aseptic handling, cleaning, disinfection, and sterilization of urinary tract endoscopes (principles of endoscope manipulation, endoscope lumen cleaning, and disinfection); (ix) infection control in the operating room (principles of hand washing, preoperative rubbing methods, etc.); (x) prevention of needlestick and blood/bodily fluid exposure and response to accidental exposure; (xi) urinary catheter-associated urinary tract infection and purple urinary bag syndrome; and (xii) urinary catheter-associated urinary tract infections in conjunction with home care. In addressing these topics, the relevant medical literature was searched to the extent possible, and content was prepared for the purpose of providing useful information for clinical practice.

    DOI: 10.1111/iju.14684

    PubMed

    researchmap

  • Presence of decoy cells for 6 months on urine cytology efficiently predicts BK virus nephropathy in renal transplant recipients. 査読 国際誌

    Takanori Sekito, Motoo Araki, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Koichiro Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Katsuyuki Tanabe, Hidemi Takeuchi, Hiroshi Morinaga, Masashi Kitagawa, Shinji Kitamura, Hitoshi Sugiyama, Jun Wada, Hiroyuki Yanai, Yasutomo Nasu

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To investigate the association between duration of consecutive presence of decoy cells on urine cytology and BK virus nephropathy after kidney transplantation. METHODS: In total, 121 kidney transplant recipients were retrospectively evaluated. The best duration of consecutive presence of decoy cells that could be used to predict BK virus nephropathy was analyzed using the area under the curve for each duration, and recipients were divided into two groups based on the best predictive performance. The effectiveness of SV40 immunostaining on urinary cytology was also analyzed. RESULTS: In total, 2534 urine specimens as well as SV40 immunostaining in 2241 urine specimens were analyzed. Six consecutive months of decoy cell positivity had the best predictive performance for BK virus nephropathy (area under the curve = 0.832). The incidence of BK virus nephropathy in recipients with positive decoy cells for 6 months or more consecutive months (5/44) was significantly higher than in those who had positive decoy cells for less than 6 months (0/77; P = 0.005). Decoy cell positivity had a sensitivity, specificity, positive predictive value, and negative predictive value for BK virus nephropathy of 100%, 66%, 11%, and 100% respectively. SV40 immunostaining provided slightly better specificity (68%) and positive predictive value (12%). CONCLUSIONS: The detection of decoy cells at 6 months or more on urine cytology had high predictive value for BK virus nephropathy in kidney transplant recipients. SV40 immunostaining on urine cytology added minimal diagnostic accuracy.

    DOI: 10.1111/iju.14679

    PubMed

    researchmap

  • Feasible kidney donation with living marginal donors, including diabetes mellitus. 査読 国際誌

    Kasumi Yoshinaga, Motoo Araki, Koichiro Wada, Takanori Sekito, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Risa Kubota, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Katsuyuki Tanabe, Hidemi Takeuchi, Masashi Kitagawa, Shinji Kitamura, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Immunity, inflammation and disease   9 ( 3 )   1061 - 1068   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To compare the donor outcomes of living donor kidney transplantation between standard donors (SDs) and marginal donors (MDs) including diabetic patients (MD + DM). METHODS: MDs were defined according to Japanese guideline criteria: (a) age >70-years, (b) blood pressure ≤130/80 mmHg on hypertension medicine, (c) body mass index >25 to ≤32 kg/m2 , (d) 24-h creatinine clearance ≥70 to <80 ml/min/1.73 m2 , and (e) hemoglobin A1c > 6.2 or ≤6.5 with oral diabetic medicine. Fifty-three of 114 donors were MDs. We compared donor kidney functions until 60 months postoperatively. RESULTS: No kidney function parameters were different between SDs and MDs. When comparing SD and MD + DM, MD + DM had a lower postoperative eGFR (48 vs. 41 (1 (month), p = .02), 49 vs. 40 (12, p < .01), 48 vs. 42 (24, p = .04), 47 vs. 38 (36, p = .01)) and the percentage of residual eGFR (SD vs. MD + DM: 63 vs. 57 (1 (month), p < .01), 63 vs. 57 (2, p < .01), 64 vs. 56 (12, p < .01), 63 vs. 57 (24, p < .01), 63 vs. 52 (36, p = .02)). However, when MD with a single risk factor of DM was compared to SD, the difference disappeared. Nine out of 12 (75%) MD + DM had ≥2 risk factors. CONCLUSIONS: Although long-term observation of donor kidney function is necessary, careful MD + DM selection had the potential to expand the donor pool.

    DOI: 10.1002/iid3.470

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of intracorporeal versus extracorporeal urinary diversion after robot-assisted radical cystectomy at a medium-sized facility. 査読

    Takehiro Iwata, Yasuyuki Kobayashi, Yuki Maruyama, Tatsushi Kawada, Takuya Sadahira, Yuko Oiwa, Satoshi Katayama, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Koichiro Wada, Kohei Edamura, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    International journal of clinical oncology   26 ( 9 )   1714 - 1721   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The aim of this study is to compare the perioperative outcomes and learning curves between intracorporeal and extracorporeal urinary diversion at our medium-sized institution. METHODS: Between January 2018 and September 2020, a single surgeon at our institution performed 46 consecutive robot-assisted radical cystectomies with ileal conduit. We compared the perioperative outcomes between patients who underwent intracorporeal versus extracorporeal urinary diversion. We also investigated learning curves for the first and last 10 patients in each group. RESULTS: The extracorporeal group had shorter overall operative time (P = 0.003) and urinary diversion time (P < 0.0001) than the intracorporeal group. The intracorporeal group had shorter length of hospital stay (P = 0.02). There was no difference in complication and readmission rates. The extracorporeal group demonstrated no difference between the first and last 10 patients for overall operative time or time for cystectomy, lymph node dissection, or urinary diversion. However, the intracorporeal group had shorter urinary diversion time for the last 10 patients compared with the first 10 patients. The first 10 patients in the extracorporeal group had shorter overall operative time than the first 10 in the intracorporeal group, but there was no difference for the last 10 patients. CONCLUSIONS: Intracorporeal urinary diversion requires longer overall operative time than extracorporeal diversion for the first 10 patients, due to longer urinary diversion time. However, there is no difference in overall operative time for the last 10 patients. The benefit of intracorporeal over extracorporeal urinary diversion was not confirmed at our medium-sized institution.

    DOI: 10.1007/s10147-021-01957-1

    PubMed

    researchmap

  • 【これから始めるロボット支援下仙骨腟固定術】ロボット支援下仙骨腟固定術の導入に向けて 査読

    佐古 智子, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   34 ( 2 )   221 - 225   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • Nationwide surveillance of bacterial pathogens isolated from patients with acute uncomplicated cystitis in 2018: Conducted by the Japanese Research Group for Urinary Tract Infections (JRGU). 査読 国際誌

    Koichiro Wada, Teruhiko Yokoyama, Satoshi Uno, Motoo Araki, Takuya Sadahira, Yuki Maruyama, Herik Acosta, Hirochika Nakajima, Yoshiki Hiyama, Yasuharu Kunishima, Yoshikazu Togo, Takuhisa Nukaya, Hiroki Yamada, Katsumi Shigemura, Shin Ito, Masanobu Tanimura, Kanao Kobayashi, Hiroyuki Kitano, Jun Teishima, Mitsuru Yasuda, Shinya Uehara, Ryoichi Hamasuna, Toyohiko Watanabe, Tohru Nakagawa, Hiroshi Hayami, Jun Miyazaki, Satoshi Takahashi, Naoya Masumori, Kiyohito Ishikawa, Hiroshi Kiyota, Masato Fujisawa, Soichi Arakawa, Yasutomo Nasu, Shingo Yamamoto

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 8 )   1169 - 1180   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: The aim of this study was to monitor the development of drug-resistant bacteria isolated from acute uncomplicated cystitis (AUC) and to evaluate methodology of the survey conducted by collecting only clinical data. METHODS: We enrolled female patients at least 16 years of age diagnosed with AUC in 2018. Patient information including age, menopausal status, and results of bacteriological examination were collected and analyzed regardless of bacterial identification, antimicrobial susceptibility testing or extended-spectrum β-lactamase (ESBL) detection method. RESULTS: A total of 847 eligible cases were collected. Escherichia coli (E. coli) was the most frequently isolated bacterial species at about 70%, with proportions of fluoroquinolone-resistant E. coli (QREC) and ESBL-producing E. coli isolates at 15.6% and 9.5% of all E. coli isolates, respectively. The proportion of Staphylococcus saprophyticus (S. saprophyticus) was significantly higher in premenopausal women. Regarding the drug susceptibility of E. coli, isolates from Eastern Japan had significantly higher susceptibility to cefazolin, cefotiam and cefpodoxime and lower susceptibility to levofloxacin in postmenopausal women. ESBL-producing E. coli isolates had a high susceptibility to tazobactam-piperacillin, cefmetazole, carbapenems, aminoglycosides, and fosfomycin. In S. saprophyticus, the susceptibility to β-lactams including carbapenems was 40-60%. CONCLUSIONS: The proportions of QREC and ESBL-producing E. coli were increasing trends and lower susceptibility to LVFX in postmenopausal women was observed. Such surveillance, consisting of the collecting only clinical data, could be conducted easily and inexpensively. It is expected to be continuously performed as an alternative survey to conventional one collecting bacterial strains.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.03.012

    PubMed

    researchmap

  • 腎部分切除術を施行した巨大類上皮型腎血管筋脂肪腫の1例 査読

    横山 周平, 富永 悠介, 高本 篤, 定平 卓也, 関戸 崇了, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 3 )   175 - 180   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ハイリスク腎移植 game changers DSA陽性ハイリスク腎移植 査読

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 坪井 一朗, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 3 )   152 - 160   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Successful deceased donor kidney transplantation to a recipient with a history of COVID-19 treatment. 査読 国際誌

    Kasumi Yoshinaga, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kou Hasegawa, Takanori Sekito, Shuji Miyake, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Katsuyuki Tanabe, Hidemi Takeuchi, Yuri Nakashima, Masaru Kinomura, Herik Acosta, Yosuke Mitsui, Risa Kubota, Hirochika Nakajima, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Fumio Otsuka, Jun Wada, Yasutomo Nasu

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 7 )   1097 - 1101   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CASE PRESENTATION: A 49-year-old Asian male, who had undergone hemodialysis for >16 years, complained of a fever, dysgeusia and dysosmia, and was diagnosed with COVID-19 pneumonia based on severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 polymerase chain reaction (SARS-CoV-2 PCR) and computed tomography (CT). Treatment was started with oral favipiravir and ciclesonide inhalation. On the 10th day of treatment, the patient had a persistent high fever and a chest CT showed exacerbation of pneumonia, so dexamethasone was intravenously started. He was discharged after confirming two consecutive negative SARS-CoV-2 PCR tests. Three months after COVID-19 treatment, a SARS-CoV-2 PCR test was negative and he underwent a deceased donor kidney transplantation. Basiliximab induction with triple drug immunosuppression consisting of extended-release tacrolimus, mycophenolate mofetil and prednisolone, which is our regular immunosuppression protocol, was used. He was discharged on postoperative day 18 without the need for postoperative hemodialysis or any complications. The serum creatinine level was 1.72 mg/dL 95 days postoperatively and he had a favorable clinical course that was similar to deceased donor kidney recipients without a history of SARS-CoV-2 infection. CONCLUSION: We report the first case of a kidney transplantation after COVID-19 treatment in Japan and the fourth case globally. We would like to provide information about our successful case due to the anticipated increase in similar candidates in the near future.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.03.018

    PubMed

    researchmap

  • A Case of Metastatic Fumarate Hydratase-Deficient-like Renal Cell Carcinoma Successfully Managed by Ipilimumab plus Nivolumab. 査読

    Takanori Sekito, Atsushi Takamoto, Yasuyuki Kobayashi, Masao Mitsui, Shogo Watari, Risa Kubota, Takuya Sadahira, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Tomoko Sako, Motoo Araki, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Rei Shibata, Daisuke Ennishi, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   75 ( 3 )   397 - 402   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We report a 62-year-old male with metastatic fumarate hydratase-deficient renal cell carcinoma (FH-deficient RCC) without fumarate hydratase (FH) mutation (FH-deficient-like RCC). The International Metastatic RCC Database Consortium risk score was intermediate, and immunotherapy with nivolumab and ipilimumab (Ipi/ Nivo) was initiated. Four cycles of Ipi/Nivo and 5 cycles of nivolumab resulted in a complete response of the metastases. Hypophysitis occurred as an immune-related adverse event after four cycles of Ipi/Nivo. The prognosis of patients with FH-deficient RCC is generally poor. Few reports of FH-deficient RCC successfully treated with Ipi/Nivo have been published. Ipi/Nivo can be effective for treating FH-deficient RCC.

    DOI: 10.18926/AMO/62237

    PubMed

    researchmap

  • ABO Blood Incompatibility Positively Affects Early Graft Function: Single-Center Retrospective Cohort Study. 査読 国際誌

    Shogo Watari, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kasumi Yoshinaga, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Risa Kubota, Shingo Nishimura, Yasuyuki Kobayashi, Hidemi Takeuchi, Katsuyuki Tanabe, Masashi Kitagawa, Hiroshi Morinaga, Shinji Kitamura, Hitoshi Sugiyama, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Transplantation proceedings   53 ( 5 )   1494 - 1500   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We investigated the association between ABO-incompatible (ABO-I) kidney transplantation and early graft function. METHODS: We retrospectively analyzed 95 patients who underwent living donor kidney transplantation between May 2009 and July 2019. It included 61 ABO-compatible (ABO-C) and 34 ABO-I transplantations. We extracted data on immunologic profile, sex, age, cold ischemic time, type of immunosuppression, and graft function. Two definitions were used for slow graft function (SGF) as follows: postoperative day (POD) 3 serum creatinine level >3 mg/dL and estimated glomerular filtration rate (eGFR) <20 mL/min/1.73 m2. Logistic regression analysis was performed to analyze the effect of ABO-I on the incidence of SGF. RESULTS: The characteristics between the ABO-C and ABO-I were not different. ABO-I received rituximab and plasma exchange. Patients also received tacrolimus and mycophenolate mofetil for 2 weeks and prednisolone for 1 week before transplantation as preconditioning. Of the 95 study patients, 19 (20%) and 21 (22%) were identified with SGF according to POD 3 serum creatinine level or eGFR, respectively. Multivariable analysis revealed that ABO-I significantly reduced the incidence of SGF (odds ratio, 0.15; 95% confidence interval, 0.03-0.7; P = .02), and cold ischemic time >150 min increased the incidence of SGF (odds ratio, 6.5; 95% confidence interval, 1.7-25; P = .006). Similar results were identified in POD 3 eGFR. Inferior graft function in patients with SGF was identified up to 6 months after transplantation. CONCLUSION: ABO-I reduces the incidence of SGF, which is associated with an inferior graft function up to 6 months.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2021.03.043

    PubMed

    researchmap

  • 腎門部に発生した粘液嚢胞腺癌の1例

    三宅 修司, 岩田 健宏, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 久保 寿夫, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 2 )   100 - 105   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は79歳,男性。2年前に検診にて左腎嚢胞と診断され近医で経過観察となっていたが,増大傾向であったため当科紹介となった。造影CT検査でBosniak分類category IVの左嚢胞性腎癌を疑い,腹腔鏡下左腎摘除術を施行した。術後病理結果から,粘液嚢胞腺癌(Mucinous cystadenocarcinoma)と診断した。術後補助化学療法は行わずに経過観察としていたが,術後3ヵ月後に多発肺転移が出現し,化学療法(カルボプラチン+パクリタキセル)を開始した。5コース投与後の肺転移はSDであったため,一旦化学療法中止で経過観察の方針としたが,5ヵ月後に肺転移は増大傾向を認めたため術後14ヵ月目よりニボルマブの投与を開始した。ニボルマブ2コース投与後のCTで肺転移は縮小し,5コース投与後もPRを維持しているため現在も投与継続中である。(著者抄録)

    researchmap

  • Efficacy of holmium laser enucleation in patients with a small (less than 30 mL) prostate volume. 査読 国際誌

    Ichiro Tsuboi, Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Nobuyoshi Ando, Yasuhiro Nishiyama, Motoo Araki, Takushi Kurashige, Takaharu Ichikawa, Ryoji Arata, Noriaki Ono, Toyohiko Watanabe, Syunji Hayata, Hiroaki Shiina, Yasutomo Nasu

    Investigative and clinical urology   62 ( 3 )   298 - 304   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To evaluate the efficacy of holmium laser enucleation of the prostate (HoLEP) in patients with a small prostate volume (≤30 mL). MATERIALS AND METHODS: We retrospectively evaluated 1,135 patients who underwent HoLEP at two institutions between July 2007 and March 2020. Patients who were not evaluated for the International Prostate Symptom Score (IPSS) before or after HoLEP were excluded. We divided patients into two groups according to estimated prostate volume (ePV): ≤30 (n=198) and >30 mL (n=539). The patient characteristics, IPSS, peak urinary flow rate (Qmax), postvoid residual urine volume (PVR), and other data were compared before and after surgery in each group and between the two groups. Multivariate analysis was performed to identify the factors associated with the efficacy of HoLEP in the group with ePV ≤30 mL. RESULTS: A total of 737 patients were included in this retrospective study. ePV (23.4 mL vs. 50 mL; p<0.001) and PVR differed significantly between the two groups. The IPSS, IPSS-quality of life, PVR, and Qmax significantly improved after HoLEP in both groups. Improvements in the IPSS, IPSS-quality of life, Qmax, and PVR were greater in the >30 mL group (p<0.001), whereas operation time and morcellation time were significantly shorter in the ≤30 mL group. In the multivariate analysis, age <70 years was independently associated with improvement by HoLEP. CONCLUSIONS: HoLEP is an effective treatment for patients with a small prostate, even though the extent of improvement after HoLEP was greater in those with a larger prostate.

    DOI: 10.4111/icu.20200450

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy and safety of intravesical instillation of KRP-116D (50% dimethyl sulfoxide solution) for interstitial cystitis/bladder pain syndrome in Japanese patients: A multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled, clinical study. 査読 国際誌

    Naoki Yoshimura, Yukio Homma, Hikaru Tomoe, Atsushi Otsuka, Takeya Kitta, Naoya Masumori, Yoshiyuki Akiyama, Aya Niimi, Takahiko Mitsui, Masaharu Nanri, Takashige Namima, Mineo Takei, Akito Yamaguchi, Yuki Sekiguchi, Mitsuru Kajiwara, Shinya Kobayashi, Kaname Ameda, Yozo Ohashi, Sadaaki Sakamoto, Osamu Muraki, Toshihide Shishido, Shinji Kageyama, Koji Kokura, Homare Okazoe, Tomonori Yamanishi, Toyohiko Watanabe, Takashi Uno, Akira Ohinata, Tomohiro Ueda

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   28 ( 5 )   545 - 553   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: To evaluate the efficacy and safety of intravesical KRP-116D, 50% dimethyl sulfoxide solution compared with placebo, in interstitial cystitis/bladder pain syndrome patients. METHODS: Japanese interstitial cystitis/bladder pain syndrome patients with an O'Leary-Sant Interstitial Cystitis Symptom Index score of ≥9, who exhibited the bladder-centric phenotype of interstitial cystitis/bladder pain syndrome diagnosed by cystoscopy and bladder-derived pain, were enrolled. Patients were allocated to receive either KRP-116D (n = 49) or placebo (n = 47). The study drug was intravesically administered every 2 weeks for 12 weeks. RESULTS: For the primary endpoint, the change in the mean O'Leary-Sant Interstitial Cystitis Symptom Index score from baseline to week 12 was -5.2 in the KRP-116D group and -3.4 in the placebo group. The estimated difference between the KRP-116D and placebo groups was -1.8 (95% confidence interval -3.3, -0.3; P = 0.0188). Statistically significant improvements for KRP-116D were also observed in the secondary endpoints including O'Leary-Sant Interstitial Cystitis Problem Index score, micturition episodes/24 h, voided volume/micturition, maximum voided volume/micturition, numerical rating scale score for bladder pain, and global response assessment score. The adverse drug reactions were mild to moderate, and manageable. CONCLUSIONS: This first randomized, double-blind, placebo-controlled trial shows that KRP-116D improves symptoms, voiding parameters, and global response assessment, compared with placebo, and has a well-tolerated safety profile in interstitial cystitis/bladder pain syndrome patients with the bladder-centric phenotype.

    DOI: 10.1111/iju.14505

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of Neutrophil Dynamics Change by Protective Effect of Tadalafil After Renal Ischemia/Reperfusion Using In Vivo Real-time Imaging. 査読 国際誌

    Yuki Maruyama, Motoo Araki, Kengo Kidokoro, Yuji Sogawa, Kasumi Yoshinaga, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Naoki Kashihara, Yasutomo Nasu

    Transplantation   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Neutrophils play a major role in ischemia/reperfusion injury (IRI) in renal transplantation and acute kidney injury. However, it has been difficult to observe changes in neutrophil dynamics over time in living mice kidney. We investigate neutrophil dynamics in IRI in living mice using novel in vivo multiphoton microscope imaging techniques and characterize the renoprotective effects of a selective phosphodiesterase (PDE) 5 inhibitor, tadalafil. METHODS: Wild-type (WT) and eNOS knockout (eNOS-KO) mice, a model of endothelial dysfunction, were used to establish in vivo real-time imaging in living mouse kidneys. Neutrophils were labeled green with Ly-6G monoclonal antibody, and plasma flow was labeled red with bovine serum albumin. Tadalafil was administered orally 1 h before surgery. Both kidney pedicles were reperfused after 37° warm ischemia for 45 min. RESULTS: Our novel approach revealed that neutrophils were trapped in glomerulus within a few minutes after reperfusion. They gradually increased over time and Infiltrated neutrophils were observed in the tubular lumen and peritubular capillary. The neutrophils were clearly visualized rolling on peritubular capillary plexus at 3 μm/min. The administration of tadalafil significantly reduced neutrophil influx into the glomerulus in both WT and eNOS-KO mice. Reduced neutrophil infiltration in tadalafil groups, which was confirmed by flow cytometry, resulted in histopathologically decreased tubular injury. The expression of VCAM-1 and KIM-1 was partially prevented by tadalafil. CONCLUSIONS: Use of a novel technique contributed to elucidation of neutrophil dynamics after reperfusion. Tadalafil has a potential for inhibiting neutrophil infiltration in renal IRI.Supplemental Visual Abstract; http://links.lww.com/TP/C223.

    DOI: 10.1097/TP.0000000000003803

    PubMed

    researchmap

  • 遺伝性平滑筋腫症-腎細胞癌症候群関連腎細胞癌の術後骨転移に対してイピリムマブ・ニボルマブ併用療法が有効であった1例 査読

    渡部 智文, 榮枝 一磨, 津川 昌也, 関戸 崇了, 富永 悠介, 高本 篤, 定平 卓也, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 小田 和歌子, 黒田 直人, 十川 麗美, 山本 英喜, 平沢 晃, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 1 )   31 - 36   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 若年発症の前立腺炎症性偽腫瘍の1例 査読

    佐久間 貴文, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 高本 篤, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 1 )   54 - 58   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は19歳,男性。抗菌薬投与で改善しない排尿障害,排尿時痛を主訴に前医を受診。MRIで前立腺のT1強調像,T2強調像ともに低信号で,造影効果を伴う膀胱内に突出する腫瘤を指摘され当院紹介となった。血液,尿検査では特記事項なく,尿培養,尿細胞診は陰性であった。PSAを含め腫瘍マーカーの有意な上昇を認めなかった。膀胱鏡検査では前立腺部尿道に約35mmの非乳頭状広基性腫瘍を認めた。造影CTでは前立腺部にMRI同様の所見を認め,リンパ節腫大及び遠隔転移は認めなかった。排尿障害改善及び組織検査目的に経尿道的前立腺切除術(TUR-P)を施行した。切除組織は長紡錘形細胞の束状の増殖とリンパ球,形質細胞浸潤を認め,免疫染色でALK(anaplastic lymphoma kinase)陽性,α-smooth muscle actinが少数の細胞で陽性であり,前立腺炎症性偽腫瘍(inflammatory pseudtumor:IPT)と診断した。局所再発の可能性はあるものの,遠隔転移の可能性は低く,排尿状態の改善を得られたため経過観察の方針とした。術後10ヵ月現在で腫瘍の再燃を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • Photodynamic diagnostic ureteroscopy using the VISERA ELITE video system for diagnosis of upper-urinary tract urothelial carcinoma: a prospective cohort pilot study. 査読 国際誌

    Koichiro Wada, Motoo Araki, Ryuta Tanimoto, Takuya Sadahira, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Hirochika Nakajima, Herik Acosta, Satoshi Katayama, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    BMC urology   21 ( 1 )   45 - 45   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The advantages of photodynamic diagnostic technology using 5-aminolevulinic acid (ALA-PDD) have been established. The aim of this prospective cohort study was to evaluate the usefulness of ALA-PDD to diagnose upper tract urothelial carcinoma (UT-UC) using the Olympus VISERA ELITE video system. METHODS: We carried out a prospective, interventional, non-randomized, non-contrast and open label cohort pilot study that involved patients who underwent ureterorenoscopy (URS) to detect UT-UC. 5-aminolevulinic acid hydrochloride was orally administered before URS. The observational results and pathological diagnosis with ALA-PDD and traditional white light methods were compared, and the proportion of positive subjects and specimens were calculated. RESULTS: A total of 20 patients were enrolled and one patient who had multiple bladder tumors did not undergo URS. Fifteen of 19 patients were pathologically diagnosed with UT-UC and of these 11 (73.3%) were ALA-PDD positive. Fourteen of 19 patients were ALA-PDD positive and of these 11 were pathologically diagnosed with UC. For the 92 biopsy specimens that were malignant or benign, the sensitivity for both traditional white light observation and ALA-PDD was the same at 62.5%, whereas the specificities were 73.1% and 67.3%, respectively. Of the 38 specimens that were randomly biopsied without any abnormality under examination by both white light and ALA-PDD, 11 specimens (28.9%) from 5 patients were diagnosed with high grade UC. In contrast, four specimens from 4 patients, which were negative in traditional white light observation but positive in ALA-PDD, were diagnosed with carcinoma in situ (CIS). CONCLUSIONS: Our results suggest that ALA-PDD using VISERA ELITE is not sufficiently applicable for UT-UC. Nevertheless, it might be better particularly for CIS than white light and superior results would be obtained using VISERA ELITE II video system. TRIAL REGISTRATION: The present clinical study was approved by the Okayama University Institutional Review Board prior to study initiation (Application no.: RIN 1803-002) and was registered with the UMIN Clinical Trials Registry (UMIN-CTR), Japan (Accession no.: UMIN000031205).

    DOI: 10.1186/s12894-021-00819-2

    PubMed

    researchmap

  • Oncologic outcomes and safety of percutaneous cryoablation for biopsy-proven renal cell carcinoma up to 4 cm in diameter: a prospective observational study. 査読

    Hideo Gobara, Takao Hiraki, Toshihiro Iguchi, Yusuke Matsui, Jun Sakurai, Mayu Uka, Koji Tomita, Toshiyuki Komaki, Yasuyuki Kobayasi, Motoo Araki, Toyohiko Watanabe, Susumu Kanazawa

    International journal of clinical oncology   26 ( 3 )   562 - 568   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Percutaneous cryoablation is widely used for the treatment of renal cell carcinoma. We prospectively evaluated the oncologic outcomes and safety of percutaneous cryoablation for the treatment of tumors ≤ 4 cm in diameter. METHODS: We included patients aged ≥ 20 years, who had histologically proven renal cell carcinoma, tumor diameter ≤ 4 cm, a performance status of ≤ 1, acceptable laboratory parameters, were inoperable or refused to undergo surgery, and had signed a written informed consent. The primary endpoint was the cause-specific survival rate. The secondary endpoints were overall and progression-free survival, and adverse event frequency and grade. All procedures were percutaneously performed under computed tomography fluoroscopy guidance. RESULTS: From October 2013 to October 2015, 33 patients (mean age: 68 ± 14 years; sex: six women, 27 men) were enrolled. The mean tumor diameter was 2.1 ± 0.6 (range 1.0-3.4) cm. The median follow-up period was 60.1 (range 18.4-76.6) months. One patient died of non-renal cell carcinoma-related disease 46 months after percutaneous cryoablation. The cause-specific and overall survival rates were 100% and 96.8% at 3 years, and 100% and 96.8% at 5 years, respectively. There was no local tumor progression or distant metastasis. The incidence of severe urological (urinary fistula and perinephric infection) and non-urological adverse events (increased creatine kinase and skin ulceration) was 6% each. CONCLUSION: Percutaneous cryoablation for renal cell carcinoma ≤ 4 cm in diameter achieved good tumor control with a low complication frequency.

    DOI: 10.1007/s10147-020-01825-4

    PubMed

    researchmap

  • 神経線維腫症1型に合併した後腹膜悪性末梢神経鞘腫瘍の1例

    宗田 大二郎, 岩田 健宏, 定平 卓也, 富永 悠介, 片山 聡, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 中田 英二, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   82 ( 6 )   596 - 600   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は30代,女性。過去に左腋窩皮膚生検で神経線維腫と診断され,特徴的な皮膚所見や家族歴などから神経線維腫症1型(NF-1;von Recklinghausen病)を疑われていたが放置していた。20XX年2月に右大腿部痛,背部痛を主訴に近医を受診しMRI,造影CTで約13cm大の後腹膜腫瘤を指摘され,L2神経根からの発生と脊柱管内の浸潤も疑われ,神経線維腫の疑いとして手術目的に当科紹介された。合同での手術が必要と考えられたため,整形外科に紹介しMRIガイド下生検で悪性末梢神経鞘腫瘍の可能性を示唆された。同年6月に腫瘍の動脈塞栓術施行後に右後腹膜腫瘍摘出術を施行し,病理結果から悪性末梢神経鞘腫瘍と診断された。術後10ヵ月現在再発認めず,外来通院中である。後腹膜原発腫瘍において悪性末梢神経鞘腫瘍は極めて稀な症例であり,有効な治療法は確立されていない。今回,後腹膜原発の悪性末梢神経鞘腫瘍の1例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • Long-term ureteroscopic management of upper tract urothelial carcinoma: 28-year single-centre experience. 査読 国際誌

    Yuki Maruyama, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kasumi Yoshinaga, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Manoj Monga, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    Japanese journal of clinical oncology   51 ( 1 )   130 - 137   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Long-term survival outcomes of patients who undergo endoscopic management of non-invasive upper tract urothelial carcinoma remain uncertain. The longest mean follow-up period in previous studies was 6.1 years. This study reports the long-term outcomes of patients with upper tract urothelial carcinoma who underwent ureteroscopic ablation at a single institution over a 28-year period. METHODS: We identified all patients who underwent ureteroscopic management of upper tract urothelial carcinoma as their primary treatment at our institution between January 1991 and April 2011. Survival outcomes, including overall survival, cancer-specific survival, upper-tract recurrence-free survival and renal unit survival, were estimated using Kaplan-Meier methodology. RESULTS: A total of 15 patients underwent endoscopic management, with a mean age at diagnosis of 66 years. All patients underwent ureteroscopy, and biopsy-confirmed pathology was obtained. Median (range; mean) follow-up was 11.7 (2.3-20.9, 11.9) years. Upper tract recurrence occurred in 87% (n = 13) of patients. Twenty percent (n = 3) of patients proceeded to nephroureterectomy. The estimated cancer-specific survival rate was 93% at 5, 10, 15 and 20 years. Estimated overall survival rates were 86, 80, 54 and 20% at 5, 10, 15 and 20 years. Only one patient experienced cancer-specific mortality. The estimated mean and median overall survival times were 14.5 and 16.6 years, respectively. The estimated mean cancer-specific survival time was not reached. CONCLUSIONS: Although upper tract recurrence is common, endoscopic management of non-invasive upper tract urothelial carcinoma provides a 90% cancer-specific survival rate at 20 years in selected patients.

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa132

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of inflammation-based prognostic scores as predictors of survival outcomes in patients with germ cell tumors. 査読 国際誌

    Kasumi Yoshinaga, Takuya Sadahira, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takehiro Iwata, Koichiro Wada, Motoo Araki, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Investigative and clinical urology   62 ( 1 )   47 - 55   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The aim of this study was to compare the prognostic value of pretreatment inflammation-based scoring systems in terms of overall survival (OS) and progression-free survival (PFS) in patients with germ cell tumors (GCTs) receiving bleomycin, etoposide, and cisplatin (BEP) chemotherapy. MATERIALS AND METHODS: We evaluated 63 patients with GCTs retrospectively. The Glasgow prognostic score (GPS), neutrophil-to-lymphocyte ratio, prognostic index, platelet-to-lymphocyte ratio (PLR), prognostic nutritional index (PNI), systemic immune-inflammation index, and albumin-to-globulin ratio (AGR) were measured in all patients before chemotherapy. To assess the predictive ability of each scoring system, areas under the receiver operating characteristic curve were calculated, and multivariate analysis was performed to identify associations between the predictive scores and OS. RESULTS: Of all the inflammation-based scoring systems, the GPS had the greatest area under the curve (0.847) for predicting OS, followed by the PNI (0.829) and AGR (0.810). Kaplan-Meier analyses revealed that the GPS, PNI, and AGR were significantly associated with OS, whereas the GPS, PLR, and PNI were significantly associated with PFS. In the multivariate analysis, the GPS was an independent predictor of OS and PFS. CONCLUSIONS: We demonstrated that the GPS was the most valuable biomarker of OS and PFS in patients with GCTs.

    DOI: 10.4111/icu.20200103

    PubMed

    researchmap

  • A Clinical Trial Evaluating the Usefulness of Tailored Antimicrobial Prophylaxis Using Rectal-culture Screening Media Prior to Transrectal Prostate Biopsy: A Multicenter, Randomized Controlled Trial. 査読

    Takuya Sadahira, Yuki Maruyama, Yoshiki Hiyama, Hiroyuki Kitano, Hiroki Yamada, Takayuki Goto, Tsubasa Kondo, Katsumi Shigemura, Yosuke Mitsui, Takehiro Iwata, Kohei Edamura, Motoo Araki, Masami Watanabe, Tadasu Takenaka, Jun Teishima, Yasuyoshi Miyata, Kiyohito Ishikawa, Ei-Ichiro Takaoka, Jun Miyazaki, Satoshi Takahashi, Naoya Masumori, Hiroshi Kiyota, Masato Fujisawa, Shingo Yamamoto, Takafumi Sakuma, Norihiro Kusumi, Takaharu Ichikawa, Toyohiko Watanabe, Yoshitsugu Nasu, Masaya Tsugawa, Yasutomo Nasu, Koichiro Wada

    Acta medica Okayama   75 ( 5 )   663 - 667   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The aim of this report is to introduce an on-going, multicenter, randomized controlled trial to evaluate whether tailored antimicrobial prophylaxis guided by rectal culture screening prevents acute bacterial prostatitis following transrectal prostate biopsy (TRPB). Patients will be randomized into an intervention or non-intervention group; tazobactam-piperacillin or levofloxacin will be prophylactically administered according to the results of rectal culture prior to TRPB in the intervention group whereas levofloxacin will be routinely given in the non-intervention group. The primary endpoint is the occurrence rate of acute bacterial prostatitis after TRPB. Recruitment begins in April, 2021 and the target total sample size is 5,100 participants.

    DOI: 10.18926/AMO/62782

    PubMed

    researchmap

  • Low-dose rituximab induction therapy is effective in immunological high-risk renal transplantation without increasing cytomegalovirus infection. 査読 国際誌

    Kasumi Yoshinaga, Motoo Araki, Koichiro Wada, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Risa Kubota, Shingo Nishimura, Yasuyuki Kobayashi, Hidemi Takeuchi, Katsuyuki Tanabe, Masashi Kitagawa, Hiroshi Morinaga, Haruhito Adam Uchida, Shinji Kitamura, Hitoshi Sugiyama, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   27 ( 12 )   1136 - 1142   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: To analyze the effect and impact of low-dose rituximab induction therapy on cytomegalovirus infection in living-donor renal transplantation. METHODS: A total of 92 recipients undergoing living-donor renal transplantation at Okayama University Hospital from May 2009 to August 2018 were evaluated retrospectively. Indications for preoperative rituximab (200 mg/body) were the following: (i) ABO major mismatch; (ii) ABO minor mismatch; (iii) donor-specific anti-human leukocyte antigen antibody-positive; and (iv) focal segmental glomerulosclerosis. We excluded four recipients who were followed <3 months, five who received >200 mg/body rituximab and seven who received prophylactic therapy for cytomegalovirus. RESULTS: There were 59 patients in the rituximab group and 17 in the non-rituximab group. Groups differed significantly in age (median age 53 vs 37 years, respectively; P = 0.04), but not in sex (male 64% vs 65%, P = 1.00), focal segmental glomerulosclerosis (3% vs 0%, P = 1.00) or percentage of cytomegalovirus-seronegative recipients of renal allografts from cytomegalovirus-seropositive donors (12% vs 18%, P = 0.68). The estimated glomerular filtration rate did not differ significantly between groups until 24 months after transplantation. Cytomegalovirus clinical symptoms (10% vs 24%, P = 0.22), including fever ≥38°C (5% vs 12%, P = 0.31) and gastrointestinal symptoms (5% vs 12%, P = 0.31), and the 5-year survival rates of death-censored graft loss (90% vs 83%, P = 0.43) did not differ significantly between groups. CONCLUSIONS: Low-dose rituximab induction therapy is effective in immunological high-risk recipients without increasing cytomegalovirus infection in the absence of valganciclovir prophylaxis.

    DOI: 10.1111/iju.14382

    PubMed

    researchmap

  • 排尿障害を伴う全周性尿道憩室に対して外科的治療を行った1例 査読

    松尾 聡子, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 津島 友靖, 中村 あや, 定平 卓也, 和田里 章悟, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 5 )   514 - 517   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Combined Laparoscopic and CT Monitoring of the Ice-Ball Margin during Cryoablation for Renal Cell Carcinoma Associated with von Hippel-Lindau Disease: First Case. 査読

    Takanori Sekito, Motoo Araki, Takao Hiraki, Mayu Uka, Toshiyuki Komaki, Yusuke Matsui, Toshihiro Iguchi, Satoshi Katayama, Kasumi Yoshinaga, Shogo Watari, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Risa Kubota, Takuya Sadahira, Shingo Nishimura, Koichiro Wada, Atsushi Takamoto, Kohei Edamura, Tomoko Sako, Yasuyuki Kobayashi, Toyohiko Watanabe, Susumu Kanazawa, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   443 - 448   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We report a 47-year-old Japanese female with 10 previous treatments for multiple bilateral renal cell carcinoma (RCC) associated with von Hippel-Lindau disease. The 14-mm right lower pole renal tumor was in contact with the right ureter. Laparoscopic cryoablation was performed to protect the ureter wrapped with gauze. Computed tomography (CT) monitoring was used to confirm the precise ≥ 6 mm ice-ball margin. There was no local progression at 6-months post-surgery. The serum creatinine has been stable. This is apparently the first report of combined laparoscopic and CT monitoring of an ice-ball formation and its margin during cryoablation for RCC.

    DOI: 10.18926/AMO/60806

    PubMed

    researchmap

  • ニボルマブ・イピリムマブ併用療法による血球貪食症候群を発症した1例 査読

    笹岡 丈人, 平田 武志, 倉繁 拓志, 早田 俊司, 富永 悠介, 光井 洋介, 定平 卓也, 高本 篤, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 4 )   449 - 452   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    免疫チェックポイント阻害剤による稀な合併症の1つである血球貪食症候群を経験したので報告する。症例は59歳の男性。検診エコーで右腎腫瘤を指摘され、当院に紹介された。造影CTで右腎中極腹側に4cm、背側に2cm大の腎癌を疑う占拠性病変を認めた。右腎癌に対して、凍結療法や腎部分切除術も考慮したが、左腎は無機能腎であったことも考慮し、ニボルマブ・イピリムマブ併用療法を開始した。2サイクル投与後7日目に下痢、発熱のため受診され、補液で加療を行うも、入院後4日目に貧血、血小板の減少とフェリチンの異常高値、CTにて肝脾腫の出現を認めた。骨髄穿刺で血球貪食像を認め、ニボルマブ・イピリムマブ併用療法による血球貪食症候群と診断された。治療としてメチルプレドニゾロンを投与後、速やかに解熱し、血球の減少やフェリチンの異常高値の改善も認めた。免疫チェックポイント阻害剤による血球貪食症候群は、少数であるが報告もあり、重症例では致死的な疾患であるため注意を要する。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎摘除術を要した多房性気腫性腎盂腎炎の1例 査読

    小林 宏州, 高本 篤, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 前原 貴典, 大岩 裕子, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 4 )   465 - 469   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は55歳、女性。右腰背部痛を主訴に近医受診した。CTでClass 3Bの気腫性腎盂腎炎を認め、当院緊急搬送となった。未治療の2型糖尿病を有しており、HbA1cは13.4%であった。抗菌薬投与、血糖コントロール、ガンマグロブリン療法による保存的加療を開始したが、改善を認めなかった。CTガイド下経皮的ドレナージによる腎温存治療を最大限に検討したものの、広範で多房性にガス像を呈していたため穿刺部位を特定できず断念した。そのため入院4日後に経腰式右腎摘除術を施行した。術後の経過は良好で、入院30日後に退院となった。気腫性腎盂腎炎は腎実質やその周囲組織にガスの集簇を認める重篤な急性壊死性感染症である。適切に加療しなければ致死的となり得る疾患であるが、近年では保存的加療や経皮的ドレナージを中心とする腎温存を図る治療が多数ある。腎温存は施行できなかったが、腎摘除術を行うことで良好な経過を得られた症例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 【泌尿器がんに対するfocal therapyの現状と展望】小径腎がんに対する経皮的ラジオ波焼灼療法の現状と展望

    平木 隆夫, 宇賀 麻由, 冨田 晃司, 松井 裕輔, 生口 俊浩, 金澤 右, 荒木 元朗, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 郷原 英夫

    泌尿器科   12 ( 3 )   233 - 240   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • Tumor suppressor REIC/Dkk‑3 and its interacting protein SGTA inhibit glucocorticoid receptor to nuclear transport 査読 国際誌

    Takehiro Iwata, Takuya Sadahira, Kazuhiko Ochiai, Hideo Ueki, Takanori Sasaki, Peng Haung, Motoo Araki, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Masami Watanabe

    Experimental and Therapeutic Medicine   20 ( 2 )   1739 - 1745   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spandidos Publications  

    REIC/Dkk-3 is a tumor suppressor, and its expression is significantly downregulated in a variety of human cancer types. A previous study performed yeast two-hybrid screening and identified the small glutamine-rich tetratricopeptide repeat-containing protein α (SGTA), known as a negative modulator of cytoplasmic androgen receptor (AR) signaling, which is a novel interacting partner of REIC/Dkk-3. The previous study also indicated that the REIC/Dkk-3 protein interferes with the dimerization of SGTA and then upregulates the AR transport and signaling in human prostate cancer PC3 cells. Since the transport of some steroid receptors to nucleus is conducted similarly by dynein motor-dependent way, the current study aimed to investigate the role of SGTA and REIC/Dkk-3 in the transport of other glucocorticoid receptors (GR). In vitro reporter assays for the cytoplasmic GR transport were performed in human prostate cancer PC3 cells and 293T cells. As for the SGTA protein, a suppressive effect on the GR transport to the nucleus was observed in the cells. As for the REIC/Dkk-3 protein, an inhibitory effect was observed for the GR transport in PC3 cells. Under the depleted condition of SGTA by short-hairpin (sh)RNA, the downregulation of GR transport by REIC/Dkk-3 was significantly enhanced compared with the non-depleted condition in PC3 cells, suggesting a compensatory role of REIC/Dkk-3 in the SGTA mediated inhibition of GR transport. The current study therefore demonstrated that SGTA inhibited the cytoplasmic transport of GR in 293T and PC3 cells, and REIC/Dkk-3 also inhibited the cytoplasmic transport of GR in PC3 cells. These results may be used to gain novel insight into the GR transport and signaling in normal and cancer cells.

    DOI: 10.3892/etm.2020.8819

    PubMed

    researchmap

  • Correlation between lumbar skeletal muscle size and urinary incontinence after radical prostatectomy. 査読 国際誌

    Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Toyohiko Watanabe, Motoo Araki, Yuki Maruyama, Ryota Sato, Acosta Gonzalez Herik Rodrigo, Koichiro Wada, Masami Watanabe, Michael B Chancellor, Yasutomo Nasu

    Lower urinary tract symptoms   12 ( 3 )   245 - 252   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Urinary incontinence is a major concern after radical prostatectomy because it can decrease quality of life. The aim of the present study was to explore the effect of preoperative skeletal muscle on urinary quality of life after robot-assisted radical prostatectomy. METHODS: A total of 762 patients underwent robot-assisted radical prostatectomy. Longitudinal health-related quality of life was evaluated using the Expanded Prostate Cancer Index Composite instrument. The skeletal muscle area at the level of the third lumbar vertebra was assessed preoperatively by computed tomography and was standardized to height to obtain the skeletal muscle index. Reduced skeletal muscle size (RSMS) was defined as a skeletal muscle index ≤ 53 or ≤ 43 cm2 /m2 in patients with a body mass index (BMI) ≥25 or < 25, respectively. RESULTS: A total of 301 patients were included in this study, of whom 91 were classified as having RSMS (30.2%). Non-RSMS patients exhibited better urinary function at 12 months (P = .012) and better urinary continence recovery at 2 weeks and 12 months (P = .033 and P = .014, respectively) after prostatectomy compared with RSMS patients. Univariate and multivariate analyses identified preoperative RSMS as a significant and independent predictor of urinary incontinence (odds ratio = 1.77, P = .028). CONCLUSIONS: Patients with RSMS had a lower urinary quality of life compared with non-RSMS patients after robot-assisted radical prostatectomy, and RSMS, independent of age or BMI, was predictive of postoperative urinary incontinence.

    DOI: 10.1111/luts.12312

    PubMed

    researchmap

  • 【腎盂・尿管癌の治療を考える】腎盂・尿管癌における腹腔鏡下腎尿管全摘除術の適応

    吉永 香澄, 荒木 元朗, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 和田 耕一郎, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    泌尿器外科   33 ( 5 )   455 - 461   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    切除可能な腎盂・尿管癌において、外科的治療の標準術式は腎尿管全摘除術・膀胱部分切除術である。腹腔鏡手術は開放手術と比較して低侵襲であり、低リスク症例では前者が選択される傾向にあるが、pT3以上やリンパ節転移が疑われる症例では開放手術が推奨されている。また、腎機能に問題がある場合などに腎温存療法や化学療法が選択されることもある。本稿では腎盂・尿管癌における腹腔鏡手術の適応について考察する。(著者抄録)

    researchmap

  • Association of Severe Microscopic Hematuria with Successful Conservative Treatment of Single Uncomplicated Ureteral Calculus: A Multicenter Cohort Study. 査読 国際誌

    Satoshi Katayama, Takashi Yoshioka, Tomoko Sako, Wataru Murao, Motoo Araki, Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka

    European urology focus   7 ( 4 )   812 - 817   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Although detection of microscopic hematuria is a well-known diagnostic method for urolithiasis, its ability to predict urolithiasis treatment outcomes in adults is unknown. OBJECTIVE: To evaluate the role of microscopic hematuria in conservative treatment of ureteral calculus. DESIGN, SETTING, AND PARTICIPANTS: This cohort study involved 482 patients who were diagnosed with a single uncomplicated ureteral calculus (≤10 mm) using computed tomography and underwent conservative therapy at two Japanese community hospitals between 2013 and 2018. Patients were divided into three groups according to the severity of microscopic hematuria (no, ≤4; mild to moderate, 5-99; and severe, ≥100 red blood cells per high-power field) and as determined during the first emergency department or urologic outpatient clinic visit. OUTCOME MEASUREMENTS AND STATISTICAL ANALYSIS: A multivariate logistic regression analysis was performed to estimate the odds ratio for successful conservative therapy at 28 d after the diagnosis. Statistical significance was set at p < 0.05. RESULTS AND LIMITATIONS: Of the 482 patients, 81 (16.8%), 209 (43.4%), and 192 (39.8%) had no, mild to moderate, and severe microscopic hematuria, respectively. After adjustments for six relevant confounders, severe microscopic hematuria showed a significant association with successful conservative therapy at 28 d (adjusted odds ratio, 1.91; 95% confidence interval, 1.02-3.57; p = 0.043), whereas mild to moderate microscopic hematuria did not (adjusted odds ratio, 1.05; 95% confidence interval, 0.57-1.93; p = 0.872) when compared with no microscopic hematuria. CONCLUSIONS: Severe microscopic hematuria was significantly associated with successful conservative therapy for single uncomplicated ureteral calculus. PATIENT SUMMARY: Microscopic hematuria might have predictive value for conservative treatment of a single uncomplicated ureteral calculus. Using the presence or absence of blood in urine and other predictive factors, clinicians may lead patients with a single uncomplicated ureteral calculus to successful conservative therapy.

    DOI: 10.1016/j.euf.2020.04.004

    PubMed

    researchmap

  • Clinical guidelines for the diagnosis and treatment of lower urinary tract dysfunction in patients with spinal cord injury. 査読 国際誌

    Noritoshi Sekido, Yasuhiko Igawa, Hidehiro Kakizaki, Takeya Kitta, Atsushi Sengoku, Satoru Takahashi, Ryosuke Takahashi, Katsuyuki Tanaka, Takashige Namima, Masashi Honda, Takahiko Mitsui, Tomonori Yamanishi, Toyohiko Watanabe

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   27 ( 4 )   276 - 288   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present article is an abridged English translation of the Japanese clinical guidelines for the diagnosis and treatment of lower urinary tract dysfunction in patients with spinal cord injury updated as of July 2019. The patients are adult spinal cord injured patients with lower urinary tract dysfunction; special consideration of pediatric and elderly populations is presented separately. The target audience is healthcare providers who are engaged in the medical care of patients with spinal cord injury. The mandatory assessment includes medical history, physical examination, frequency-volume chart, urinalysis, blood chemistry, transabdominal ultrasonography, measurement of post-void residual urine, uroflowmetry and video-urodynamic study. Optional assessments include questionnaires on the quality of life, renal scintigraphy and cystourethroscopy. The presence or absence of risk factors for renal damage and symptomatic urinary tract infection affects urinary management, as well as pharmacological treatments. Further treatment is recommended if the maximum conservative treatment fails to improve or prevent renal damage and symptomatic urinary tract infection. In addition, management of urinary incontinence should be considered individually in patients with risk factors for urinary incontinence and decreased quality of life.

    DOI: 10.1111/iju.14186

    PubMed

    researchmap

  • Factors predicting pathological upgrading after prostatectomy in patients with Gleason grade group 1 prostate cancer based on opinion-matched biopsy specimens. 査読 国際誌

    Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Motoo Araki, Yosuke Mitsui, Koichiro Wada, Acosta Gonzalez Herik Rodrigo, Kazuaki Munetomo, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Hiroyuki Yanai, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Molecular and clinical oncology   12 ( 4 )   384 - 389   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present study investigated the concordance between Gleason scores assigned to prostate biopsy specimens by outside pathologists and a urological pathology expert, and determined the risk of upgrading between opinion-matched Gleason grade group (GGG) 1 biopsy specimens and radical prostatectomy specimens. Between January 2012 and May 2018, 733 patients underwent robot-assisted radical prostatectomy. Patients whose original biopsy specimens from outside hospitals were reviewed by a urological pathology expert Okayama University Hospital were included. Patients who had received neoadjuvant hormonal therapy were excluded. Logistic regression analysis was used to identify predictors of upgrading among GGG 1 diagnoses. A total of 403 patients were included in the present study. Agreement in GGG between initial and second-opinion diagnoses was present in 256 cases (63.5%). Although opinion-matched cases improved concordance between biopsy and prostatectomy specimen GGG compared with single-opinion cases (initial, 35.2%; second-opinion, 36.5%; matched, 41.4%), 71% (56/79) of cases classified as GGG 1 were upgraded after prostatectomy. Multivariate analysis revealed that prostate-specific antigen density and Prostate Imaging Reporting and Data System version 2 score were significant predictors of upgrading (odds ratio, 1.10; P=0.01; and odds ratio, 1.88; P=0.03, respectively). In conclusion, the GGG concordance rate between needle-core biopsy and radical prostatectomy specimens was higher in opinion-matched cases; however, 71% of opinion-matched GGG1 cases were upgraded after robot-assisted radical prostatectomy. Urologists should propose treatment strategies or further biopsy rather than active surveillance for patients with GGG1 and a high PSAD and/or PI-RADS score.

    DOI: 10.3892/mco.2020.1996

    PubMed

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮癌に対するpembrolizumabの治療経験 査読

    富永 悠介, 高本 篤, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 1 )   106 - 110   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    【目的】当科におけるpembrolizumabの治療成績について報告する。【対象と方法】2018年4月から2019年7月までの間に、当院で進行性尿路上皮癌に対してpembrolizumabを使用した19例を対象とした。後方視的に有効性と安全性について検討した。【結果】年齢中央値は68歳(39〜81歳)、性別は男性14例(74%)、女性5例(26%)であった。上部尿路腫瘍10例(53%)、膀胱腫瘍7例(37%)、その他2例(11%)であり、転移部位はリンパ節14例(74%)、肺9例(47%)、骨4例(21%)、肝2例(11%)であった。投与回数の中央値は3回(1〜16回)、観察期間の中央値は4ヵ月(1〜12ヵ月)であった。奏効率は24%、progression-free survival(PFS)の中央値は2.7ヵ月、overall survival(OS)の中央値は9.1ヵ月であった。PRを得られた症例(4例)では観察期間終了時点においても全例で継続可能であった。免疫関連有害事象は4例で経験した。好中球・リンパ球比とPFSは負の相関を認めた。【結論】当院におけるpembrolizumabの治療成績は他の報告と同等であった。奏効例についてはdurable responseを得られた。今後、臨床的に応用可能な効果予測因子のさらなる検討が必要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20200514090018&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2020%2F008201%2F018%2F0106-0110%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2020%2F008201%2F018%2F0106-0110%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Quality of Life and Mental Satisfaction Improve Slowly in Preemptive Kidney Transplantation Compared With Nonpreemptive Kidney Transplantation. 査読 国際誌

    Yosuke Mitsui, Motoo Araki, Yuki Maruyama, Kasumi Yoshinaga, Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Katsuyuki Tanabe, Masashi Kitagawa, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Transplantation proceedings   52 ( 3 )   740 - 747   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND AIMS: Preemptive kidney transplantation (PEKT) is recognized as the best therapy to avoid dialysis. However, it is not clear whether PEKT recipients experience an improvement in quality of life (QoL) after kidney transplantation (KT) that exceeds that of non-PEKT recipients, since PEKT recipients have not experienced the heavy burden of dialysis. The aim of this study was to compare the changes in QoL for PEKT and non-PEKT recipients following transplantation. METHODS: Patients included in this study underwent living donor KT in our hospital. We excluded patients with incomplete SF-36 scores and with factors that could affect QoL, such as complications or rejection. QoL was assessed by the Short Form 36-Item Health Survey version 2.0 preoperatively and 3 and 12 months postoperatively. RESULTS: Eighty-eight patients underwent living donor KT in our hospital. Twelve PEKT and 20 non-PEKT recipients were enrolled in this retrospective study. In the non-PEKT group, both the physical and mental domain scores dramatically improved from baseline at 3 months, and remained at a similar level at 12 months. In contrast, in the PEKT group, only 1 domain of the physical and mental score improved at 3 months, and the social functioning score gradually improved at 12 months. Although the mental component score showed significant improvement in the non-PEKT group, it did not change in the PEKT group. CONCLUSIONS: The improvement of QoL after transplantation is more evident in the non-PEKT group. PEKT recipients have less mental satisfaction than non-PEKT recipients.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2020.01.042

    PubMed

    researchmap

  • 非淋菌性尿道炎に対する1日200mg sitafloxacin投与法 査読

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌   68 ( 2 )   181 - 185   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    臨床的に遭遇する頻度の高い尿道炎は、初診時に淋菌性か非淋菌性か鑑別してマネジメントを行う。非淋菌性尿道炎(Non-gonococcal urethritis、NGU)の場合にはクラミジア性尿道炎をまず想定するが、保険収載の関係から淋菌(Neisseria gonorrhoeae)、クラミジア(Chlamydia trachomatis)以外の病原微生物に関する検査は行うことができない。検査の性格上、一次治療を開始したあとにC.trachomatisの有無が判明する。治療失敗例では、Mycoplasma genitaliumなど、C.trachomatis以外の病原体の存在を考慮して二次治療を開始する。その際、M.genitaliumの薬剤感受性が低下していることや治療失敗例が報告されており、薬剤の選択には十分な注意が必要である。わが国のガイドラインでは、NGUに対してsitafloxacin(STFX)が推奨薬の一つとして挙げられており、良好な治療効果も報告されている。現時点ではNGUに対してazithromycin(AZM)を第一選択、STFXを第二選択として使用されることが一般的であるが、AZMによる治療失敗例だけでなく、症例によっては初期からSTFXが採用されるべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • Robotic Renal Autotransplantation: A Feasibility Study in a Porcine Model. 査読

    Risa Kubota, Motoo Araki, Koichiro Wada, Kasumi Kawamura, Yuki Maruyama, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Yuichi Ariyoshi, Takehiro Iwata, Shingo Nishimura, Atsushi Takamoto, Tomoko Sako, Kohei Edamura, Yasuyuki Kobayashi, Yuzuki Kano, Masashi Kitagawa, Katsuyuki Tanabe, Hitoshi Sugiyama, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Acta medica Okayama   74 ( 1 )   53 - 58   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated the feasibility of robotic renal autotransplantation (RAT) in a porcine model to reduce invasiveness of RAT. Five pigs underwent robotic RAT using the da Vinci® robotic system. A robotic left nephrectomy was performed in all cases. Robotic RAT was performed on the left side in all but one case. Four ports were used. In 3 cases, the kidney was taken out through the GelPort® and irrigated on ice with Ringer's solution. In 2 cases, a complete intracorporeal robotic RAT was performed. An end-to-side anastomosis was performed between the renal vein and the external iliac vein and between the renal artery and the external iliac artery. Ureteroneocystostomy was also performed in 2 cases. All cases were performed robotically without open conversion. The median (IQR) console time was 3.1 (0.7) h, and the operative time was 3.8 (1.1) h. The estimated blood loss was 30 (0) ml. The warm ischemia time was 4.0 (0.2) min, and the cold ischemia time was 97 (17) min. Intracorporeal transarterial hypothermic renal perfusion was feasible in the 2 complete intracorporeal robotic RAT cases by using a perfusion catheter through a laparoscopic port. Robotic RAT has the potential to be a new minimally invasive substitute for conventional open surgery.

    DOI: 10.18926/AMO/57953

    PubMed

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科におけるロボット手術教育の現状 査読

    小林 泰之, 那須 保友, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 定平 卓也, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦

    Japanese Journal of Endourology   33 ( 2 )   221 - 224   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本泌尿器内視鏡学会  

    <p> 2009年にダビンチSが薬事承認, 2012年にロボット支援下腹腔鏡下前立腺全摘除術が保険収載されて以来, ロボット手術は急激に普及している. 岡山大学病院関連施設においても, この数年間でダビンチが急速に普及し, 13台 (岡山大学病院を含む) のダビンチが稼働し45名の術者が執刀を行っている. しかしながら, 各々施設での手術方法, 指導方法は全く同じではない. 関連施設内での人事異動にともない, 岡山大学病院においても, 様々な背景を有する術者が在籍するようになり, 同一施設内にも関わらず複数の手術方法が乱立した. この状態に当施設のロボット手術教育はうまく対応できず, 2015年頃より周術期成績も悪化の傾向を示した. この問題を解決するために, 腹腔鏡手術教育にて培った"手術内容を統一し手術内容の再現性を高め, 短いラーニングカーブを目指す"というコンセプトを応用し, この状況を乗り越えようと試みている.</p>

    DOI: 10.11302/jsejje.33.221

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J05817&link_issn=&doc_id=20201215380007&doc_link_id=10.11302%2Fjsejje.33.221&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11302%2Fjsejje.33.221&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Clinical pharmacokinetics of oral azithromycin in epididymal tissue. 査読 国際誌

    Sadahira T, Wada K, Ikawa K, Morikawa N, Mitsui M, Araki M, Fujiyoshi M, Ishii A, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 10 )   832 - 834   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.05.011

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of the predictive value among inflammation-based scoring systems for bleomycin pulmonary toxicity in patients with germ cell tumors. 査読 国際誌

    Maruyama Y, Sadahira T, Araki M, Mitsui Y, Wada K, Edamura K, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   26 ( 8 )   813 - 819   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.14017

    PubMed

    researchmap

  • Contrast-enhanced Computed Tomography-Guided Percutaneous Cryoablation of Renal Cell Carcinoma in a Renal Allograft: First Case in Asia. 査読

    Tsuboi I, Araki M, Fujiwara H, Iguchi T, Hiraki T, Arichi N, Kawamura K, Maruyama Y, Mitsui Y, Sadahira T, Kubota R, Nishimura S, Sako T, Takamoto A, Wada K, Kobayashi Y, Watanabe T, Yanai H, Kitagawa M, Tanabe K, Sugiyama H, Wada J, Shiina H, Kanazawa S, Nasu Y

    Acta medica Okayama   73 ( 3 )   269 - 272   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.18926/AMO/56871

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of longitudinal health-related quality-of-life outcomes between anterior and posterior surgical approaches to robot-assisted radical prostatectomy. 査読 国際誌

    Maruyama Y, Sadahira T, Araki M, Mitsui Y, Wada K, Tanimoto R, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Journal of robotic surgery   14 ( 2 )   255 - 260   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11701-019-00975-6

    PubMed

    researchmap

  • Pelvic magnetic resonance imaging parameters predict urinary incontinence after robot-assisted radical prostatectomy. 査読 国際誌

    Sadahira T, Mitsui Y, Araki M, Maruyama Y, Wada K, Edamura K, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Lower urinary tract symptoms   11 ( 3 )   122 - 126   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/luts.12245

    PubMed

    researchmap

  • Making a Case for Not Prescribing Antimuscarinic Drugs to Treat Overactive Bladder in Older Adults. 査読

    Chancellor MB, Watanabe T

    The Journal of urology   201 ( 4 )   676 - 677   2019年4月

  • Use of single-dose perioperative antimicrobial therapy is acceptable in recipients of living-donor renal transplants in the rituximab era. 査読 国際誌

    Nishimura S, Wada K, Araki M, Sadahira T, Maruyama Y, Mitsui Y, Tanimoto R, Kobayashi Y, Watanabe T, Nasu Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 4 )   247 - 252   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2018.11.013

    PubMed

    researchmap

  • 【腹腔鏡手術〜初心者に何をどう教えるべきか〜】ロボット支援腹腔鏡下手術時代における腹腔鏡教育 査読

    小林 泰之, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   32 ( 1 )   28 - 31   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    ロボット手術導入後より、腹腔鏡手術の手術件数は減少し、全盛期の半分となっている。これからの腹腔鏡教育はこのことを念頭に考えていかなければならない。&quot;手術教育の根幹となる手術&quot;は腹腔鏡手術の普及に伴い開腹手術から腹腔鏡に移行したが、近年ロボット手術に移行しつつある。しかしながら、ロボット手術は腹腔鏡手術の一種であり、開腹手術から腹腔鏡手術へといった大きなシフトではなく、ロボット手術と腹腔鏡手術は並列なものと捉え、相補的な教育を行っていくことが大切だと考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 経尿道的砕石術(TUL)を施行した小児腎結石症の1例 査読

    佐久間 貴文, 和田 耕一郎, 本郷 智拡, 前原 貴典, 高本 篤, 坪井 一朗, 松尾 聡子, 三井 將雄, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   243 - 244   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【泌尿器科周術期パーフェクト管理】総論 周術期の感染対策と抗菌薬投与

    渡邉 豊彦

    臨床泌尿器科   73 ( 4 )   019 - 021   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>Point ▼SSI予防抗菌薬はβ-lactamase阻害薬配合ペニシリン系または第一・二世代セファロスポリン系抗菌薬を基本とする.▼抗菌薬は手術開始30分前から手術開始直前までに投与する.▼尿路が開放される可能性のある手術で尿路感染症がある場合,術前に原因菌に感受性のある抗菌薬による治療を行う.

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01561&link_issn=&doc_id=20190412170008&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1413206518&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1413206518&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • Clinical impact of abdominal fat distribution measured by 3-D computed tomography volumetry on post-transplant renal function in recipients after living kidney transplantation: a retrospective study. 査読

    Mitsui Y, Sadahira T, Araki M, Maruyama Y, Wada K, Tanimoto R, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Clinical and experimental nephrology   23 ( 3 )   415 - 424   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10157-018-1643-6

    PubMed

    researchmap

  • The 3-D Volumetric Measurement Including Resected Specimen for Predicting Renal Function AfterRobot-assisted Partial Nephrectomy. 査読 国際誌

    Mitsui Y, Sadahira T, Araki M, Maruyama Y, Nishimura S, Wada K, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Urology   125   104 - 110   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.urology.2018.12.020

    PubMed

    researchmap

  • Loss of psoas major muscle volume during systemic chemotherapy is related to worse prognosis in testicular cancer. 査読 国際誌

    Mitsui Y, Sadahira T, Araki M, Maruyama Y, Wada K, Tanimoto R, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Japanese journal of clinical oncology   49 ( 2 )   183 - 189   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyy166

    PubMed

    researchmap

  • Clitoral Blood Flow Changes after Surgery with Tension-Free Vaginal Mesh for Pelvic Organ Prolapse. 査読

    Oiwa Y, Watanabe T, Sadahira T, Ishii A, Sako T, Inoue M, Wada K, Kobayashi Y, Araki M, Nasu Y

    Acta medica Okayama   73 ( 1 )   21 - 27   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/56455

    PubMed

    researchmap

  • 高位精巣摘除術後14年後に再発をきたしたStage I期セミノーマの1例(VERY LATE RELAPSE AND MANAGEMENT OF CLINICAL STAGE I SEMINOMA AFTER ORCHIECTOMY: A CASE REPORT) 査読

    和田里 章悟, 定平 卓也, 高本 篤, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   81 ( 1 )   45 - 48   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    Stage I期セミノーマの手術後には補助治療を行わず経過観察とするsurveillanceが現在の主流となっており、再発率は13〜20%と言われている。補助治療の有無によらず、再発の大半は手術後2年以内が占める。以降の再発は晩期再発と呼ばれ区別されているが、そのリスク因子は明確になっていない。手術後5年以降の再発は0.8%〜2.5%と報告されており、術後10年を超えての再発はさらに稀である。今回、我々は高位精巣摘除術14年後に発生したセミノーマ晩期再発を経験したので、若干の文献的考察を加え報告する。症例は40代、男性。右下腿浮腫、総腸骨リンパ節の腫大、骨盤内腫瘤を指摘され当科紹介受診した。患者は前医受診の14年前に右精巣腫瘍に対し高位精巣摘除術を行われており、セミノーマpT2N0M0 Stage IBとして術後6年間のフォローの後に終診となっていた。当科受診時にはLDH 667 U/l(120〜240U/l)、β-hCG 17.5mIU/l(&lt;0.5mIU/l)と高値を認め、骨盤内腫瘤生検によりセミノーマの再発と診断、救済化学療法としてBEP3コース、VeIP療法を3コース施行した。VeIP療法施行後、骨盤内残存腫瘤の切除を行った。摘出標本は壊死組織のみでviable cellは認めず、術後7ヵ月時点では局所再発、転移は認めていない。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20190222240009&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2019%2F008101%2F009%2F0045-0048%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2019%2F008101%2F009%2F0045-0048%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 高位精巣摘除術後14年後に再発をきたしたStage I期セミノーマの1例(VERY LATE RELAPSE AND MANAGEMENT OF CLINICAL STAGE I SEMINOMA AFTER ORCHIECTOMY: A CASE REPORT) 査読

    和田里 章悟, 定平 卓也, 高本 篤, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   81 ( 1 )   45 - 48   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    Stage I期セミノーマの手術後には補助治療を行わず経過観察とするsurveillanceが現在の主流となっており、再発率は13〜20%と言われている。補助治療の有無によらず、再発の大半は手術後2年以内が占める。以降の再発は晩期再発と呼ばれ区別されているが、そのリスク因子は明確になっていない。手術後5年以降の再発は0.8%〜2.5%と報告されており、術後10年を超えての再発はさらに稀である。今回、我々は高位精巣摘除術14年後に発生したセミノーマ晩期再発を経験したので、若干の文献的考察を加え報告する。症例は40代、男性。右下腿浮腫、総腸骨リンパ節の腫大、骨盤内腫瘤を指摘され当科紹介受診した。患者は前医受診の14年前に右精巣腫瘍に対し高位精巣摘除術を行われており、セミノーマpT2N0M0 Stage IBとして術後6年間のフォローの後に終診となっていた。当科受診時にはLDH 667 U/l(120〜240U/l)、β-hCG 17.5mIU/l(&lt;0.5mIU/l)と高値を認め、骨盤内腫瘤生検によりセミノーマの再発と診断、救済化学療法としてBEP3コース、VeIP療法を3コース施行した。VeIP療法施行後、骨盤内残存腫瘤の切除を行った。摘出標本は壊死組織のみでviable cellは認めず、術後7ヵ月時点では局所再発、転移は認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 女性過活動膀胱に対する牛車腎気丸の効果と冷えとの関係について 査読

    松本 裕子, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 松尾 聡子, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 井上 雅, 荒木 詞奈子, 石戸 則孝, 高本 均

    西日本泌尿器科   81 ( 1 )   12 - 16   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    牛車腎気丸には過活動膀胱症状を改善する効果があることが知られているが、末梢血流増加作用もある。女性過活動膀胱に対し牛車腎気丸を投与し、治療効果と冷えとの関係を検討した。成人女性過活動膀胱患者56例を対象とし、TJ-107ツムラ牛車腎気丸エキス顆粒(牛車腎気丸)1日7.5gを分3で4週間投与し、治療前、治療4週目に過活動膀胱質問票(Overactive Bladder Symptom Score;OABSS)、冷えに関する質問票で症状を確認し、非接触型赤外線温度計で体表温度(手掌、恥骨上、足蹠)を測定した。他の過活動膀胱治療薬を内服している場合は変更せず継続した。平均年齢は35〜90歳(平均64.1±13.8歳)で、OABSSは治療前7.57±3.36、後6.73±3.50と有意に改善した(p=0.006)。治療前後で体表温度の有意な上昇はみられなかったが、治療前に冷えを自覚した36例(64.3%、平均65.1±13.8歳)ではOABSSが治療前7.94±3.65、後6.86±3.61と有意に改善し(p=0.004)、治療前に冷えを自覚しなかった20例(35.7%、平均62.3±13.6歳)では改善傾向はあったが有意差はなかった。このことから、治療前に冷えの自覚があるほうが、自覚のない症例に比べて牛車腎気丸による治療効果が期待でき、治療の指標になりうると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20190222240003&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2019%2F008101%2F003%2F0012-0016%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2019%2F008101%2F003%2F0012-0016%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Burned-out Prostate Cancer ? Primary Metastatic Cancer Not Detected on Repeat Biopsy. 査読

    Mitsui Y, Sadahira T, Maruyama Y, Wada K, Tanimoto R, Sugimoto M, Araki M, Watanabe M, Yanai H, Watanabe T, Nasu Y

    Acta medica Okayama   72 ( 6 )   605 - 609   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/56380

    PubMed

    researchmap

  • 尿道腫瘤を認めたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例 査読

    河村 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 甲斐 誠二, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 田中 健大

    西日本泌尿器科   80 ( 12 )   678 - 683   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は64歳、女性。2007年に関節リウマチの診断を受け、2008年よりメトトレキサート(MTX)内服中であった。2015年に繰り返す発熱で近医を受診。CTで子宮頸癌および両肺多発転移を疑われた。当院婦人科で子宮頸部パンチ生検を施行するも悪性所見なく、肺結節も自然消退したため経過観察となっていた。2017年2月、症状が再燃し近医を受診した。CTで左下葉結節影、右肺門リンパ節腫脹、腹腔内リンパ節腫脹および左腎盂拡張を認め、PET-CTで左腎門部リンパ節、尿道、上咽頭に高集積を認めた。MTX関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)を疑い、施行した上咽頭生検はHodgkinリンパ腫の像を呈し、EBER-ISH陽性であった。MTX中止後は左尿管病変および尿道病変に著変はないものの、肺腫瘤とリンパ節は縮小傾向で現在経過観察中である。(著者抄録)

    researchmap

  • Red nodular melanoma of the penile foreskin: A case report and literature review. 査読 国際誌

    Maruyama Y, Sadahira T, Mitsui Y, Wada K, Tanimoto R, Kobayashi Y, Araki M, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y

    Molecular and clinical oncology   9 ( 4 )   449 - 452   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2018.1697

    PubMed

    researchmap

  • 再発性尿路感染症に対するプロバイオティクスの有効性

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 三井 將雄, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 10 )   505 - 509   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    尿路感染症に対する治療として中心的な役割を果たしてきた抗菌化学療法は大きな転機を迎えている。世界的な時流として耐性菌の問題や医療経済的にも抗菌薬の使用量を減少させる方向に移行している。尿路感染症においても例外ではなく、そのマネジメントに関して治療法の見直しだけでなく予防の重要性についての議論がなされている。そのうち、これまでに様々な臨床研究において有効性が確認されつつあるプロバイオティクスが抗菌薬とは異なる尿路感染症対策として注目されている。健常な閉経前の女性の腟内においては、基本的に乳酸菌が細菌叢(フローラ)を形成しているが、月経中や閉経後は乳酸菌が減少して腸内細菌が腟内に定着することとなる。その腟がリザーバーとなって細菌を供給し、頻繁に尿路の逆行性感染を引き起こすと考えられている。すなわち、腟内を乳酸菌中心のフローラに保つことで尿路感染症の再発(反復)リスクが低くなることが期待でき、実際にプロバイオティクスを用いた多くの研究が行われている。我々が現在行っている乳酸菌製剤のほか、プロバイオティクスの経口摂取が腟内フローラに与える影響に関しても検証が進んでおり、プロバイオティクスが尿路感染症の予防や治療に寄与することが期待されている。(著者抄録)

    researchmap

  • 再発性尿路感染症に対するプロバイオティクスの有効性 査読

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 三井 將雄, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology   80 ( 10 )   505 - 509   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    尿路感染症に対する治療として中心的な役割を果たしてきた抗菌化学療法は大きな転機を迎えている。世界的な時流として耐性菌の問題や医療経済的にも抗菌薬の使用量を減少させる方向に移行している。尿路感染症においても例外ではなく、そのマネジメントに関して治療法の見直しだけでなく予防の重要性についての議論がなされている。そのうち、これまでに様々な臨床研究において有効性が確認されつつあるプロバイオティクスが抗菌薬とは異なる尿路感染症対策として注目されている。健常な閉経前の女性の腟内においては、基本的に乳酸菌が細菌叢(フローラ)を形成しているが、月経中や閉経後は乳酸菌が減少して腸内細菌が腟内に定着することとなる。その腟がリザーバーとなって細菌を供給し、頻繁に尿路の逆行性感染を引き起こすと考えられている。すなわち、腟内を乳酸菌中心のフローラに保つことで尿路感染症の再発(反復)リスクが低くなることが期待でき、実際にプロバイオティクスを用いた多くの研究が行われている。我々が現在行っている乳酸菌製剤のほか、プロバイオティクスの経口摂取が腟内フローラに与える影響に関しても検証が進んでおり、プロバイオティクスが尿路感染症の予防や治療に寄与することが期待されている。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • 自然消失した膀胱炎症性偽腫瘍の1例 査読

    丸山 雄樹, 高本 篤, 光井 洋介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 甲斐 誠二, 和田 耕一朗, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 9 )   465 - 468   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は65歳、女性。繰り返す膀胱炎様症状で前医を受診。膀胱鏡検査で膀胱後壁に腫瘤性病変を認めた。尿細胞診は陰性、CT、MRIでは炎症波及による2次性膀胱腫瘤の可能性を指摘され、経尿道的膀胱腫瘍生検を行うも病理結果では悪性所見なく炎症性変化との診断であった。症状の改善なく本年2月に当院紹介受診となった。各種自己免疫疾患の検査はいずれも陰性であった。CT、MRIを再検したがやはり炎症性腫瘤を疑われ、再度経尿道的膀胱腫瘍生検を試みた。膀胱内を観察すると腫瘤性病変は消退しており前回生検時の瘢痕を残すのみであった。瘢痕部位を再度生検し病理検査に提出したが結果は炎症所見のみで悪性所見は認めず炎症性偽腫瘍と診断した。生検後は大幅な症状の改善を認め、さらなる侵襲的な検査は行わず、経過観察とした。術後15ヵ月現在、症状の再燃を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20180926230003&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2018%2F008009%2F003%2F0465-0468%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2018%2F008009%2F003%2F0465-0468%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 自然消失した膀胱炎症性偽腫瘍の1例 査読

    丸山 雄樹, 高本 篤, 光井 洋介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 甲斐 誠二, 和田 耕一朗, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 9 )   465 - 468   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は65歳、女性。繰り返す膀胱炎様症状で前医を受診。膀胱鏡検査で膀胱後壁に腫瘤性病変を認めた。尿細胞診は陰性、CT、MRIでは炎症波及による2次性膀胱腫瘤の可能性を指摘され、経尿道的膀胱腫瘍生検を行うも病理結果では悪性所見なく炎症性変化との診断であった。症状の改善なく本年2月に当院紹介受診となった。各種自己免疫疾患の検査はいずれも陰性であった。CT、MRIを再検したがやはり炎症性腫瘤を疑われ、再度経尿道的膀胱腫瘍生検を試みた。膀胱内を観察すると腫瘤性病変は消退しており前回生検時の瘢痕を残すのみであった。瘢痕部位を再度生検し病理検査に提出したが結果は炎症所見のみで悪性所見は認めず炎症性偽腫瘍と診断した。生検後は大幅な症状の改善を認め、さらなる侵襲的な検査は行わず、経過観察とした。術後15ヵ月現在、症状の再燃を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • Prognostic impact of bleomycin pulmonary toxicity on the outcomes of patients with germ cell tumors 査読

    Yuki Maruyama, Takuya Sadahira, Yosuke Mitsui, Motoo Araki, Koichiro Wada, Ryuta Tanimoto, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Medical Oncology   35 ( 6 )   80   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Humana Press Inc.  

    Bleomycin pulmonary toxicity (BPT) has been well described in patients with germ cell tumors treated with bleomycin etoposide and cisplatin chemotherapy (BEP). To assess the prognostic impact of BPT, we retrospectively identified 52 patients who underwent bleomycin etoposide and cisplatin chemotherapy from 2008 to 2017 in our institution, and evaluated the risk factors of BPT and its effect on prognosis. Patients who had received chemotherapy at another institution were excluded. BPT was defined as bleomycin discontinuation in response to pulmonary function test decline, pulmonary symptoms, or interstitial pneumonia on computed tomography without infection. We divided the patients into two groups according to this definition: BPT and non-BPT. Their median age was 34.2 years, and their median body mass index was 22.8 kg/m2. Twenty patients had a smoking history, 37 were diagnosed with non-seminoma, and 20 had lung metastasis. The median cumulative bleomycin dose was 270 mg/body. Fifteen patients were classified into the BPT group and 37 into the non-BPT group. Only body mass index &lt
    22 was identified as a predictor of BPT in multivariable logistic models. Age or use of granulocyte-colony stimulating factor did not have a significant impact. Kaplan–Meier analysis revealed that the presence of BPT had no significant impact on either 5-year overall survival or progression-free survival. Lower body mass index can increase the risk of BPT in patients with germ cell tumors undergoing BEP. However, discontinuation of bleomycin with BPT does not adversely influence the survival outcomes.

    DOI: 10.1007/s12032-018-1140-5

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Acute Inflammatory Syndrome Paradoxically Induced by De Novo Purine Inhibitors Synthesis Before Renal Transplantation: A Case Report and Review of the Literature 査読

    Y. Maruyama, T. Sadahira, Y. Mitsui, K. Wada, R. Tanimoto, S. Nishimura, Y. Kobayashi, T. Watanabe, Y. Nasu, M. Araki

    Transplantation Proceedings   50 ( 3 )   895 - 897   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier USA  

    Background: Mycophenolate mofetil (MMF) and mizoribine (MZR) are increasingly used as immunosuppressive agents for organ transplantation and chronic inflammation. We report a patient with rheumatoid arthritis who had an acute inflammatory syndrome triggered by preoperative immunosuppression therapy with both MMF and MZR. Case report: A 41-year-old woman with IgA nephropathy was referred to our department for living donor renal transplantation. She had rheumatoid arthritis that was adequately treated with prednisolone 5 mg once a day and salazosulfapyridine 2000 mg once a day. MMF 1000 mg twice a day was started for desensitization therapy. Three days later, the patient developed arthritis in the joints of her left hand and elevated inflammatory markers. On day 7, MMF was switched to MZR 150 mg 3 times a day. However, the symptoms extended to both shoulders and the joints of the right foot
    MZR was discontinued. The arthritis and inflammatory markers improved. Two months later, the patient was rechallenged with MMF followed by MZR, resulting in a similar clinical course as previously. Tacrolimus (TAC) 3 mg twice a day and everolimus (EVL) 0.5 mg twice a day were introduced as alternative immunosuppressant therapies. No arthritis occurred. ABO-compatible living donor renal transplantation was successfully performed. The patient received TAC, EVL, prednisolone, rituximab, and basiliximab, and her postoperative course was uneventful without arthritis or rejection. At 9 months postoperatively, the serum creatinine was 0.79 mg/dL. Conclusions: Acute inflammatory syndrome is an extremely rare complication triggered by preoperative immunosuppression therapy. If antimetabolites cannot be used in immunologically high-risk patients, transplantation becomes very difficult. Clinicians should keep in mind this paradoxical reaction.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2017.12.030

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Impact of a robotic surgical system on treatment choice for men with clinically organ-confined prostate cancer 査読

    Takashi Kobayashi, Kent Kanao, Motoo Araki, Naoki Terada, Yasuyuki Kobayashi, Atsuro Sawada, Takahiro Inoue, Shin Ebara, Toyohiko Watanabe, Tomomi Kamba, Makoto Sumitomo, Yasutomo Nasu, Osamu Ogawa

    International Journal of Clinical Oncology   23 ( 2 )   347 - 352   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Tokyo  

    Background: Introducing a new surgical technology may affect behaviors and attitudes of patients and surgeons about clinical practice. Robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy (RALP) was approved in 2012 in Japan. We investigated whether the introduction of this system affected the treatment of organ-confined prostate cancer (PCa) and the use of radical prostatectomy (RP). Methods: We conducted a retrospective multicenter study on 718 patients with clinically determined organ-confined PCa treated at one of three Japanese academic institutions in 2011 (n = 338) or 2013 (n = 380). Two patient groups formed according to the treatment year were compared regarding the clinical characteristics of PCa, whether referred or screened at our hospital, comorbidities and surgical risk, and choice of primary treatment. Results: Distribution of PCa risk was not changed by the introduction of RALP. Use of RP increased by 70% (from 127 to 221 cases, p &lt
     0.0001), whereas the number of those undergoing radiotherapy or androgen deprivation therapy decreased irrespective of the disease risk of PCa. Increased use of RP (from 34 to 100 cases) for intermediate- or high-risk PCa patients with mild perioperative risk (American Society of Anesthesiologists score 2) accounted for 70% of the total RP increase, whereas the number of low- or very low-risk PCa patients with high comorbidity scores (Charlson Index ≥ 4) increased from 8 to 25 cases, accounting for 18%. Use of expectant management (active surveillance, watchful waiting) in very low-risk PCa patients was 15% in 2011 and 12% in 2013 (p = 0.791). Conclusions: Introduction of a robotic surgical system had little effect on the risk distribution of PCa. Use of RP increased, apparently due to increased indications in patients who are candidates for RP but have mild perioperative risk. Although small, there was an increase in the number of RPs performed on patients with severe comorbidities but with low-risk or very low-risk PCa.

    DOI: 10.1007/s10147-017-1203-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 超高齢時代の筋層浸潤性膀胱癌に対する低侵襲手術 岡山大学における高齢者に対する腹腔鏡下膀胱全摘除術の経験

    小林 泰之, 大岩 裕子, 高本 篤, 和田 耕一郎, 杉本 盛人, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 4 )   132 - 136   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    岡山大学病院にて膀胱全摘除術を施行した81例(腹腔鏡下膀胱全摘除術(LRC)46例、開腹膀胱全摘除術(ORC)35例)を対象に、75歳以上を高齢者と定義し、75歳以上と75歳未満に層別し解析を行った。75歳以上の平均出血量(LRC 530ml、ORC 1,165ml:p=0.003)と術後14日目のヘモグロビン値(LRC 10.7g/dl、ORC 9.5g/dl:p=0.006)が統計学的に有意な差をもってLRCが優れた結果であった。平均入院日数は、75歳以上のLRC 30.4日、ORC 32.4日とLRCの方がやや短く、術後の平均歩行開始日はLRC 1.4日、ORC 2.3日(p=0.03)と統計学的に有意な差をもってLRCが早かった。術後の合併症(all grades)に関しては、75歳以上のLRC 50%、ORC 59%で、75歳未満のLRC 15.9%、ORC 33.3%に比べると高率に生じていた。今回の検討では、高齢者におけるLRCの低侵襲性が示され、また、LRCでは高齢者でも75歳未満の症例と同様の回復(術後ヘモグロビン値、歩行開始日)であった。しかしながら、高齢者ではLRCにおいても高率に術後合併症が発生しており、その適応は慎重に判断すべきである。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2018265375

  • 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング(第88回) 人生最大の危機脱出 日本泌尿器科学会総会直前に遭遇したフルニエ壊疽の1例

    渡邉 豊彦

    泌尿器外科   31 ( 2 )   169 - 172   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 抗菌薬の臨床評価方法に関するガイドライン 平成29年10月23日付け 薬生薬審発1023号第3号 厚生労働省医薬・生活衛生局 医薬品審査管理課長通知 査読

    河野 茂, 砂川 慶介, 二木 芳人, 東山 康仁, 堀 誠治, 荒川 創一, 八木澤 守正, 柳原 克紀, 小笠原 和彦, 小田島 正明, 小野 真, 加藤 研一, 高橋 誠, 津下 宏之, 長島 正人, 丸尾 彰範, 佐藤 淳子, 三鴨 廣繁, 赤松 浩彦, 大西 誉光, 山崎 修, 渡辺 晋一, 草地 信也, 竹末 芳生, 小谷 明弘, 弦本 敏行, 松下 和彦, 門田 淳一, 綿貫 祐司, 石川 清仁, 清田 浩, 重村 克己, 高橋 聡, 濱砂 良一, 速見 浩士, 村谷 哲郎, 安田 満, 山本 新吾, 渡邉 豊彦, 竹末 芳生, 野口 靖之, 吉村 和晃, 相楽 裕子, 外園 千恵, 中川 尚, 秦野 寛, 黒野 祐一, 鈴木 賢二, 山中 昇, 金子 明寛, 山根 伸夫, 岩田 敏, 尾内 一信, 坂田 宏, 舘田 一博, 抗菌薬臨床評価ガイドライン改定委員会

    日本化学療法学会雑誌   66 ( 1 )   1 - 81   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Impact of selective media for detecting fluoroquinolone-insusceptible/extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli before transrectal prostate biopsy 査読

    Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Motoo Araki, Ayano Ishii, Toyohiko Watanabe, Yoshitsugu Nasu, Masaya Tsugawa, Tadasu Takenaka, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   24 ( 12 )   842 - 847   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    ObjectivesTo investigate the prevalence of fluoroquinolone-insusceptible and/or extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli colonizing in the male rectum before transrectal prostate biopsy.
    MethodsWe carried out a prospective cohort study of men undergoing transrectal prostate biopsy. CHROMagar Orientation originally supplemented with levofloxacin and CHROMagar Orientation/extended-spectrum beta-lactamase were used for detecting fluoroquinolone-insusceptible and extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli. Rectal specimens were collected before prostate biopsy, and the results of cultures in the selective medium were compared with drug susceptibility measured by standard methods. Targeted prophylactic antimicrobials were administered to patients with drug-resistant Escherichia coli and the incidence of postoperative prostatitis was investigated. In the case of prostatitis, pathogens preoperatively isolated from the rectum and those from urine were compared using pulsed-field gel electrophoresis.
    ResultsRectal colonization of fluoroquinolone-insusceptible or extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli was detected in 217 of 694 (31.3%) and 85 of 640 (13.3%) participants, respectively. The sensitivity and specificity of fluoroquinolone-insusceptible selective media were 96.8% and 88.2%, respectively. A total of 618 participants underwent transrectal prostate biopsy, and postoperative acute prostatitis was observed in four of 618 (0.6%) participants. Escherichia coli strains isolated preoperatively from the rectum and postoperatively from urine were found to be identical.
    ConclusionsThe present findings showed accuracy and performance of the selective media. Screening cultures before transrectal prostate biopsy using selective media seems to be helpful for guiding antibiotic prophylaxis and thus decreasing the rate of post-biopsy acute prostatitis.

    DOI: 10.1111/iju.13447

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ureterolithotripsy for a Ureteral Calculus at the Ureteroureterostomy of a Renal-transplant Recipient 査読

    Yosuke Mitsui, Koichiro Wada, Motoo Araki, Takashi Yoshioka, Yuichi Ariyoshi, Shingo Nishimura, Yasuyuki Kobayashi, Katsumi Sasaki, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 5 )   449 - 452   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We describe a 40-year-old living-donor renal-transplant recipient who underwent successful ureterolithotripsy. He had been on hemodialysis for &gt;15 years pre-transplant and underwent ureteroureterostomy along with the surgery. One year post-transplant, ultrasound examination demonstrated hydronephrosis, and CT showed a 6-mm ureteral calculus at the ureteroureterostomy site. No pain and no elevated serum creatinine were present. As the ureter was easily accessed, we performed a ureterolithotripsy, which would confirm whether a suture caused the calculus. Despite ureteral tortuosity, laser stone fragmentation succeeded. The calculus was completely removed with an antegrade guidewire. Mild postoperative ureteral stenosis resolved with a temporary ureteral stent without balloon dilation. Ureterolithotripsy is effective even in renal transplant recipients with ureteroureterostomy.

    DOI: 10.18926/AMO/55445

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Cost-Effectiveness Analysis of Long-Term Intermittent Self-Catheterization with Hydrophilic-Coated and Uncoated Catheters in Patients with Spinal Cord Injury in Japan 査読

    Toyohiko Watanabe, Shingo Yamamoto, Momokazu Gotoh, Tadanori Saitoh, Osamu Yokoyama, Tatsunori Murata, Masayuki Takeda

    LUTS-LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS   9 ( 3 )   142 - 150   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    ObjectivesTo evaluate the cost effectiveness of disposable, hydrophilic-coated catheters in Japan.
    MethodsA Markov decision model previously applied in a European study was used to evaluate the cost effectiveness of intermittent self-catheterization (ISC) with hydrophilic-coated catheters in Japanese spinal cord injury (SCI) patients suffering from chronic urinary retention from a lifetime perspective. To adjust the model to a Japanese setting, relevant Japanese data regarding the baseline risk of urinary tract infection (UTI), the average age at onset of SCI, costs, and general mortality were extracted from published literature, national statistics, or the opinions of Japanese experts. The direct medical costs, quality-adjusted life years (QALYs) and life years gained (LYG) were calculated from the payers' perspective. An annual discount rate of 2% was applied to both the costs and the effects.
    ResultsThe incremental cost of hydrophilic-coated catheters was 1 279 886 yen (US$ 10 578 at an exchange rate of US$ 1 = 121 yen) per SCI patient, but they yielded an additional 0.334 QALYs and 0.781 LYG compared with uncoated catheters. The incremental cost-effectiveness ratio (ICER) of hydrophilic-coated catheters vs. uncoated catheters was 3 826 351 yen/QALY (US$ 31 623/QALY) gained and 1 639 562 yen/LYG (US$ 13 550/LYG).
    ConclusionsThe ICER of 3.8 million yen (US$ 31 405) falls well within the Japanese societal willingness to pay per QALY gained; therefore, hydrophilic-coated catheters can be considered highly cost-effective in Japan compared with uncoated catheters. However, because of the lack of relevant studies, a number of key parameters could not be based on Japanese data, and further research among people with SCI in Japan is recommended.

    DOI: 10.1111/luts.12122

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【尿膜管遺残症に対する腹腔鏡手術-術式とその問題点】経腹膜側方アプローチによる腹腔鏡下尿膜管摘除術 査読

    荒木 元朗, 小林 泰之, 高本 篤, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 和田 耕一郎, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   30 ( 2 )   119 - 122   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    尿膜管遺残は成人の0.02-2%に認められ、主に感染を来たした場合手術が考慮される。経過観察しても感染の再発率は約30%であり手術は必須ではない。本稿では経腹膜側方アプローチによる腹腔鏡下尿膜管摘除術について解説する。使用するポートは3本が多いが4本という報告も見られる。ポートの配置は右もしくは左に縦一列に置く方法が多い。我々は右下側臥位で左縦一列の3ポートで行っている。12mmカメラポートを一番頭側に置くことで尿膜管からの適切な距離が取れ、またその全長にわたって外側から描出することが可能となる。膀胱部分切除を行う場合は膀胱縫合のため正中側に5mmポートを追加する場合もある。手術は抗生剤治療で炎症が収まった後に施行することが多いため尿膜管=正中臍索がわかりにくいこともある。その際は側臍策の内側の構造物を剥離切除することによって結果的に尿膜管が摘出される。尾側はあまり深追いしすぎると膀胱損傷をきたす。切除範囲にコンセンサスはない。画像・検尿・膀胱鏡などで膀胱内への炎症の波及が認めなければ膀胱部分切除を行わないという報告があり我々も同様の考えである。臍に関しても合併切除を行う報告が多いが、臍を完全に切除しなくても再発率は0-20%と高くはない。また再発率20%とした報告は5例報告のうちの第1例目で、ポート位置のテクニカルエラーによる尿膜管不完全切除が強く疑われた症例である。我々も最近は臍切除を行わない症例が増えているが再発例を認めていない。以上、経腹膜側方アプローチによる腹腔鏡下尿膜管摘除術は、尿膜管を外側から全長にわたって確認しながら摘出が可能な優れたアプローチであり、低侵襲手術として患者のメリットも大きい。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J05817&link_issn=&doc_id=20171013250002&doc_link_id=%2Fcs5jjend%2F2017%2F003002%2F003%2F0119-0122%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcs5jjend%2F2017%2F003002%2F003%2F0119-0122%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Robotic Renal Autotransplantation: First Case Outside of North America 査読

    Motoo Araki, Koichiro Wada, Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Risa Kubota, Shingo Nishimura, Takashi Yoshioka, Yuichi Ariyoshi, Kei Fujio, Atsushi Takamoto, Morito Sugimoto, Katsumi Sasaki, Yasuyuki Kobayashi, Shin Ebara, Hideki Taninishi, Hiroyuki Amano, Masashi Inui, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 4 )   351 - 355   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    A 38-year-old woman with a 2.7-cm left ureteral stenosis requiring chronic ureteral stent exchange elected to undergo robotic renal autotransplantation. Left ureteropelvic junction obstruction (UPJO) was also suspected. Robotic donor nephrectomy contributed to the fine dissection for desmoplastic changes. The kidney was removed through a Gelport and examined on ice. UPJO was not seen. An end-to-side robotic anastomosis was created between the renal and external iliac vessels. The console time was 507 min, and the warm ischemia time was 4 min 5 sec. She became stent-free. Robotic renal autotransplantation is a new, minimally invasive approach to renal preservation.

    DOI: 10.18926/AMO/55313

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Antimicrobial susceptibilities of Chlamydia trachomatis isolated from the urethra and pharynx of Japanese males 査読

    Seiji Kai, Koichiro Wada, Takuya Sadahira, Motoo Araki, Ayano Ishii, Toyohiko Watanabe, Koichi Monden, Satoshi Uno, Tohru Araki, Yasutomo Nasu

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   23 ( 8 )   512 - 516   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: Sexually transmitted infections due to Chlamydia trachomatis (C. trachomatis) are a worldwide public health problem. The aim of this study was to investigate the drug susceptibilities of C. trachomatis strains isolated from the urethra and pharynx of Japanese males.
    Methods: Urethral and pharyngeal swabs were collected between 2013 and 2014 from Japanese males with urethritis. Using a McCoy cell line, 18 chlamydial strains were isolated from urethra in 18 patients and 7 from the pharynx in 7 of the 18 patients. The minimum inhibitory concentrations (MICs) of levofloxacin (LVFX) and azithromycin (AZM) were measured using the standard method of the Japanese Society of Chemotherapy.
    Results: The MICs of LVFX and AZM against urethral chlamydial strains were 0.125-0.5 mu g/mL and 0.125-0.25 mu g/mL, respectively. In pharyngeal strains, the MICs of LVFX and AZM were 0.125-0.25 mu g/mL and 0.125-0.25 mu g/mL, respectively. In 7 patients with chlamydial strains isolated from both the urethra and pharynx, the MICs of LVFX between these strains were identical in 3 of 6 patients (no growth was observed for one pharyngeal strain), while the MICs of AZM between these strains were identical in all 6 patients (not performed for one patient).
    Conclusions: Our data suggest that C. trachomatis strains isolated from the urethra and pharynx of Japanese males are susceptible to LVFX and AZM. Although measuring the MICs of chlamydial strains is labor intensive, it is a significant surveillance tool for treating chlamydial infections and preventing the spread of STIs. (C) 2017 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2017.04.005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The assessment of renal cortex and parenchymal volume using automated CT volumetry for predicting renal function after donor nephrectomy 査読

    Yosuke Mitsui, Takuya Sadahira, Motoo Araki, Koichiro Wada, Ryuta Tanimoto, Yuichi Ariyoshi, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    Clinical and Experimental Nephrology   22 ( 2 )   1 - 6   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Tokyo  

    Background: Contrast-enhanced CT is necessary before donor nephrectomy and is usually combined with a Tc-99m-mercapto-acetyltriglycine (MAG3) scan to check split renal function (SRF). However, all transplant programs do not use MAG3 because of its high cost and exposure to radiation. We examined whether CT volumetry of the kidney can be a new tool for evaluating SRF. Methods: Sixty-three patients underwent live donor nephrectomy. Patients without a 1.0 mm slice CT or follow-up for &lt
    12 months were excluded leaving 34 patients’ data being analyzed. SRF was measured by MAG3. Split renal volume (SRV) was calculated automatically using volume analyzer software. The correlation between SRF and SRV was examined. The association between the donor’s postoperative estimated glomerular filtration rate (eGFR) and predicted eGFR calculated by MAG3 or CT volumetry was analyzed at 1, 3, and 12 months post nephrectomy. Results: Strong correlations were observed preoperatively in a Bland–Altman plot between SRF measured by MAG3 and either CT cortex or parenchymal volumetry. In addition, eGFR after donation correlated with SRF measured by MAG3 or CT volumetry. The correlation coefficients (R) for eGFR Mag3 split were 0.755, 0.615, and 0.763 at 1, 3 and 12 months, respectively. The corresponding R values for cortex volume split were 0.679, 0.638, and 0.747. Those for parenchymal volume split were 0.806, 0.592, and 0.764. Conclusion: Measuring kidney by CT volumetry is a cost-effective alternative to MAG3 for evaluating SRF and predicting postoperative donor renal function. Both cortex and parenchymal volumetry were similarly effective.

    DOI: 10.1007/s10157-017-1454-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 当院で施行した先行的腎移植(Pre-emptive Renal Transplantation:PRT)の検討 査読

    光井 洋介, 荒木 元朗, 山下 里美, 吉岡 貴史, 有吉 勇一, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳

    日本臨床腎移植学会雑誌   5 ( 1 )   89 - 90   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • A Combination Therapy of Partial Nephrectomy and Cryoablation Achieved Good Cancer Control and Renal Function in Bilateral Synchronous Renal Cell Carcinoma 査読

    Atsushi Takamoto, Motoo Araki, Koichiro Wada, Morito Sugimoto, Yasuyuki Kobayashi, Katsumi Sasaki, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 2 )   187 - 190   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We report the case of a 58-year-old Japanese man with bilateral synchronous renal cell carcinoma (RCC). The diameters of the right and left tumors were 56 and 69 mm, respectively. Both tumors were endophytic. Cryoablation with prophylactic embolization was performed for the left tumor, and 1 month later, a right open partial nephrectomy was performed. No recurrence was observed during a 16-month follow-up, and the serum creatinine level has been stable. The prognosis of bilateral synchronous RCC is better than that of dialysis patients. The novel approach of combining cryoablation and partial nephrectomy can achieve good cancer control and renal function in bilateral RCC.

    DOI: 10.18926/AMO/54989

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical pharmacokinetics of oral levofloxacin and sitafloxacin in epididymal tissue. 査読

    Sadahira T, Wada K, Ikawa K, Morikawa N, Kurahashi H, Yoshioka T, Ariyoshi Y, Kobayashi Y, Araki M, Ishii A, Watanabe M, Uehara S, Watanabe T, Nasu Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23 ( 4 )   214 - 217   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.12.010

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Efficacy and safety of 3 day versus 7 day cefditoren pivoxil regimens for acute uncomplicated cystitis: multicentre, randomized, open-label trial 査読

    Takuya Sadahira, Koichiro Wada, Motoo Araki, Ayano Ishii, Atsushi Takamoto, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY   72 ( 2 )   529 - 534   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Background: Fluoroquinolone-non-susceptible Escherichia coli isolated from patients with acute uncomplicated cystitis are a matter of increasing concern. Cefditoren pivoxil is an oral, beta-lactamase-stable, extended-spectrum cephalosporin that is effective against fluoroquinolone-non-susceptible bacteria.
    Objectives: To evaluate the clinical and microbiological efficacies of cefditoren pivoxil against acute uncomplicated cystitis and to determine the optimal duration of cefditoren pivoxil treatment.
    Methods: We compared 3 and 7 day regimens of cefditoren pivoxil in a multicentre, randomized, open-label study.
    Results: A total of 104 female patients with acute uncomplicated cystitis were enrolled and randomized into 3 day (n = 51) or 7 day (n = 53) treatment groups. At first visit, 94 bacterial strains were isolated from the 104 participants of which 81.7% (85/104) were E. coli. Clinical and microbiological efficacies were evaluated 59 days following administration of the final dose of cefditoren pivoxil. The clinical efficacies of the 3 and 7 day groups were 90.9% (40/44) and 93.2% (41/44), respectively (P = 1.000). The microbiological efficacies of the 3 and 7 day groups were 82.5% (33/40) and 90.2% (37/41), respectively (P = 0.349). There were no adverse events due to cefditoren pivoxil treatment, with the exception of a mild allergic reaction in one patient, after which the cefditoren pivoxil was exchanged for another antimicrobial.
    Conclusions: Cefditoren pivoxil is safe and effective for uncomplicated cystitis, with no significant differences in clinical and microbiological efficacies between 3 and 7 day regimens.

    DOI: 10.1093/jac/dkw424

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【高齢化社会で増加する排尿障害】排尿障害を来す疾患 神経因性膀胱

    渡邉 豊彦

    臨牀と研究   94 ( 2 )   162 - 166   2017年2月

  • The Prostate in Female? Clear Cell Adenocarcinoma in a Female Urethral Diverticulum 査読

    Takuya Sadahira, Yuuki Maruyama, Motoo Araki, Yasuyuki Kobayashi, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    UROLOGY   99   E25 - E26   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Urethral diverticular clear cell adenocarcinoma in a female patient is extremely rare. This tumor sometimes displays a characteristic image on magnetic resonance imaging, surrounding the urethra like the prostate does in men. We report a patient with this tumor who underwent cystourethrectomy and ileal conduit diversion. We think that imaging studies could be useful to make the appropriate diagnosis. UROLOGY 99: e25-e26, 2017. (C) 2016 Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.urology.2016.10.021

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 後腹膜線維症に対し尿管剥離術および大網ラッピングを施行した1例 査読

    児島 宏典, 荒木 元朗, 藤尾 圭, 吉岡 貴史, 森 聰博, 高本 篤, 堀川 雄平, 杉本 盛人, 和田 耕一郎, 佐々木 克己, 小林 康之, 江原 伸, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   79 ( 1 )   12 - 15   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は62歳、男性。全身倦怠感で来院。CT、MRIにて後腹膜線維症による両側水腎症、腹部大動脈瘤(35mm)、左総腸骨動脈瘤(23mm)、右総腸骨動脈瘤(16mm)を認めた。血清Crは5.3mg/dLで腎後性腎不全の状態であったため両側尿管ステントを留置したところ血清Crは1.6mg/dLに低下した。その後3ヵ月ごとの尿管ステント交換を20ヵ月行った。経過中プレドニゾロン内服(30mg/dからの漸減5mg/d、11ヵ月)を行ったがステント抜去不可であった。またステロイド糖尿病を発症した。経過中両側尿管の狭窄が悪化、ガイドワイヤー挿入困難となった。将来的な尿管動脈瘻の出現も懸念されたため右尿管剥離、大網ラッピングを行った。Mag3腎シンチで左腎は無機能腎であったため同時に腎摘した。術後6週で尿管ステント抜去。術後9週において血清Crは1.3mg/dL、腎エコーで水腎grade II、Mag3腎シンチで3相形成が見られた。術後14ヵ月において血清Crは1.5mg/dL、腎エコーで水腎なく経過している。後腹膜線維症による水腎症に尿管剥離、大網ラッピングは有効な外科的治療である。(著者抄録)

    researchmap

  • Diagnostic Ureteroscopy for Cases Clinically Suspected of Carcinoma in Situ of the Upper Urinary Tract 査読

    Katsumi Sasaki, Koichiro Wada, Motoo Araki, Yasuyuki Kobayashi, Morito Sugimoto, Shin Ebara, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 3 )   227 - 232   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We elucidate the fate of cases clinically suspected of carcinoma in situ (Cis) of the upper tract with serial ureteroscopy. Of 143 patients who underwent ureteroscopy for suspected upper tract urothelial carcinoma (UTUC) between January 2008 and February 2016, 12 cases with consistently positive urine cytology and poorly detectable upper-tract malignancies by imaging were reviewed. In these 12 patients, 19 ureteroscopy procedures (25 renal units) were performed. Vesical random biopsy was performed before the 1st ureteroscopy to exclude malignancy of the bladder in all 12 cases. Median follow-up was 42 (13-67) months. Positive biopsy results at the 1st ureteroscopy were obtained in 3 (25%) patients and all were diagnosed wth Cis of the upper tract. Two (17%) of 9 patients who were negative or inconclusive at the 1st ureteroscopy were finally diagnosed as UTUC, but plural ureteroscopy procedures were needed for the diagnoses in both. Carcinoma of the bladder appeared in 5 (42%) patients during follow-up, despite the earlier ruling out of vesical malignancy. Four (33%) of those 5 patients never developed upper-tract urothelial carcinoma during follow-up. Caution is required before undertaking radical surgery for cases clinically suspected of Cis of the upper tract. In our experience, only 42% of such patients developed UTUC; another 33% eventually developed carcinoma of the bladder without UTUC.

    DOI: 10.18926/AMO/55205

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Japanese guideline for clinical research of antimicrobial agents on urogenital infections: Second edition 査読

    Mitsuru Yasuda, Tetsuro Muratani, Kiyohito Ishikawa, Hiroshi Kiyota, Hiroshi Sakata, Katsumi Shigemura, Satoshi Takahashi, Ryoichi Hamasuna, Hiroshi Hayami, Hiroshige Mikamo, Shingo Yamamoto, Toyohiko Watanabe, Soichi Arakawa

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   22 ( 9-10 )   651 - 661   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.07.018

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A Phase II Clinical Trial Evaluating the Preventive Effectiveness of Lactobacillus Vaginal Suppositories in Patients with Recurrent Cystitis 査読

    Koichiro Wada, Shinya Uehara, Ayano Ishii, Takuya Sadahira, Masumi Yamamoto, Ritsuko Mitsuhata, Atsushi Takamoto, Motoo Araki, Yasuyuki Kobayashi, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Katsuyuki Hotta, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   70 ( 4 )   299 - 302   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Urinary tract infections (UTIs) are the most common bacterial infections in women, and many patients experience frequent recurrence. The aim of this report is to introduce an on-going prospective phase II clinical trial performed to evaluate the preventive effectiveness of Lactobacillus vaginal suppositories for prevention of recurrent cystitis. Patients enrolled in this study are administered vaginal suppositories containing the GAI 98322 strain of Lactobacillus crispatus every 2 days or 3 times a week for one year. The primary endpoint is recurrence of cystitis and the secondary endpoints are adverse events. Recruitment began in December 2013 and target sample size is 20 participants.

    DOI: 10.18926/AMO/54508

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The Efficacy of Rituximab in High-risk Renal Transplant Recipients 査読

    Motoo Araki, Koichiro Wada, Yosuke Mitsui, Risa Kubota, Takashi Yoshioka, Yuichi Ariyoshi, Yasuyuki Kobayashi, Masashi Kitagawa, Katsuyuki Tanabe, Hiroshi Sugiyama, Jun Wada, Masami Watanabe, Toyohiko Watanabe, Katsuyuki Hotta, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   70 ( 4 )   295 - 297   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Although graft survival following renal transplantation (RTx) has improved, outcomes following highrisk RTx are variable. Preexisting antibodies, including donor-specific antibodies (DSA), play an important role in graft dysfunction and survival. We have designed a study to investigate the safety and efficacy of anti-CD20 monoclonal antibodies (rituximab) in high-risk RTx recipients. Major eligibility criteria include: 1) major and minor ABO blood group mismatch, 2) positive DSA. Thirty-five patients will receive 200 mg/body of rituximab. The primary endpoint is the incidence of B cell depletion. This study will clarify whether rituximab is efficacious in improving graft survival in high-risk RTx recipients.

    DOI: 10.18926/AMO/54507

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical analysis of bacterial strain profiles isolated from urinary tract infections: A 30-year study 査読

    Koichiro Wada, Shinya Uehara, Masumi Yamamoto, Takuya Sadahira, Ritsuko Mitsuhata, Motoo Araki, Yasuyuki Kobayashi, Ayano Ishii, Reiko Kariyama, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   22 ( 7-8 )   478 - 482   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: We analyzed bacterial strains isolated from urine samples of patients with urinary tract infections (UTI) at Okayama University Hospital over a 30-year period to characterize trends in species and antimicrobial susceptibilities.
    Methods: Clinical isolates were collected from in- and out-patients with pyuria and bacteriuria who were treated between 1984 and 2014 (one episode per patient and plural isolates were counted in poly microbial infection). We examined these isolates to identify pathogens and tested for antimicrobial susceptibility.
    Results: Isolates from complicated UTI over a 30-year period revealed Pseudomonas aeruginosa (P. aeruginosa) was the most frequently isolated in the first decade (1984-1994), MRSA in the second decade (1995-2004), and Escherichia coli (E. coli) in the latest decade (2005-2014). In uncomplicated UTI examined over 20 years, E. coli was the most frequently isolated species accounting for 47-94% of isolates. Fluoroquinolone (FQs)-insusceptible E. coli were first isolated in 1994 and increased to about 35% in 2013 in patients with complicated UTI.
    Conclusions: Complicated UTI involving P. aeruginosa and MRSA decreased over the last 10 years. Our data suggest that several factors such as shorter hospitalizations, shorter indwelling catheter use, and appropriate antimicrobial use has decreased colonization of P. aeruginosa and MRSA with relative increases in isolation of E. coli including FQs-insusceptible strains. We must continue our surveillance of antimicrobial-resistant bacteria isolated from urine samples and evaluate antibiograms, since their persistence in the urinary tract would be problematic. (C) 2016 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.04.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 長期透析患者に対する腎移植症例の検討 査読

    有吉 勇一, 荒木 元朗, 光井 洋介, 吉岡 貴史, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 江原 伸, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 山下 里美, 北川 正史, 田邊 克幸, 森永 裕士, 杉山 斉, 和田 淳

    日本臨床腎移植学会雑誌   4 ( 1 )   113 - 117   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    【目的】近年夫婦間移植の増加や献腎移植の待機年数の延長に伴い、長期透析患者に対する腎移植が増加しており、移植前透析期間が腎移植に与える影響を検証した。【方法】2009年から2015年12月までに岡山大学病院泌尿器科で腎移植を施行した59例(生体57例、献腎2例)を対象に透析歴10年以上の症例を長期透析群とし、患者背景、免疫学的リスク、感染症、移植腎機能、手術操作、術後合併症を透析歴10年未満の短期群と比較検討した。【結果】短期群52例、長期群7例で年齢の中央値は短期群42.5歳、長期群62歳で有意な差はなかった(p=0.0959)。長期群は2例(29%)が献腎移植症例でCMV D+R-は短期群12例(23%)のみに認めた。尿管吻合時間は短期群32分、長期群40分であった。術後血清Creは短期群1.34mg/dL、長期群1.17mg/dLでありCMV血症や拒絶反応も両群間で差がなかった。【結論】長期透析患者に対する腎移植では尿管吻合に難渋する症例を認めたが、移植腎機能や合併症は短期群と同等であった。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017011949

  • A Case of Metastatic Urachal Cancer Including a Neuroendocrine Component Treated with Gemcitabine, Cisplatin and Paclitaxel Combination Chemotherapy 査読

    Shin Ebara, Yasuyuki Kobayashi, Katsumi Sasaki, Motoo Araki, Morito Sugimoto, Koichirou Wada, Kei Fujio, Atsushi Takamoto, Toyohiko Watanabe, Hiroyuki Yanai, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   70 ( 3 )   223 - 227   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    The present case report describes a case of recurrent and advanced urachal carcinoma including neuroendocrine features with iliac bone metastasis after partial cystectomy and adjuvant chemotherapy consisting of irinotecan and cisplatin in a 32-year-old man. He received gemcitabine/cisplatin/paclitaxel (GCP) combination chemotherapy, consisting of gemcitabin (1,000mg/m(2)) on day 1, 8, cisplatin (70mg/m(2)) on day 1, and paclitaxel (80mg/m(2)) on day 1 and 8. After three cycles of chemotherapy, PET-CT showed complete regression of the disease. So the patient underwent total cystoure-threctomy, and histological examination showed an almost complete pathological response. External beam radiation therapy was also given to the ileac bone metastasis regions. However, PET-CT taken 17 months after the external beam radiation showed multiple lung metastases. He received GCP chemotherapy again, which resulted in a complete response again after three cycles of chemotherapy. This is the first report on GCP chemotherapy used not only as a salvage chemotherapy but also as a rechallenge regimen for metastatic urachal cancer including a neuroendocrine component.

    DOI: 10.18926/AMO/54423

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン(第2版) ガイドラインの改訂にあたって 査読

    荒川 創一, 石川 清仁, 清田 浩, 坂田 宏, 重村 克巳, 高橋 聡, 濱砂 良一, 速見 浩士, 三鴨 廣繁, 村谷 哲郎, 安田 満, 山本 新吾, 渡邉 豊彦, 公益社団法人日本化学療法学会尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン改訂委員会

    日本化学療法学会雑誌   64 ( 3 )   479 - 493   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Factors Predicting Adhesion between Renal Capsule and Perinephric Adipose Tissue in Partial Nephrectomy 査読

    Yasuyuki Kobayashi, Hiroaki Kurahashi, Yuko Matsumoto, Koichiro Wada, Katsumi Sasaki, Motoo Araki, Shin Ebara, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu

    ACTA MEDICA OKAYAMA   70 ( 2 )   69 - 74   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    In minimally invasive partial nephrectomy (MIPN), it is important to preoperatively predict the degree of difficulty of tumor resection. When severe adhesions occur between the renal capsule and perinephric adipose tissue, detachment can be difficult. Preoperative prediction of adhesion is thought to be useful in the selection of surgical procedure. Subjects were 63 patients of a single surgeon who had received MIPN between April 2008 and August 2013 at Okayama University Hospital. Of these patients, this study followed 47 in whom the presence or absence of adhesions between the renal capsule and perinephric adipose tissue was confirmed using intraoperative videos. Data collected included: sex, BMI, CT finding (presence of fibroids in perinephric adipose tissue), comorbidities and lifestyle. Adhesion was observed in 7 patients (14.9). The mean operative time was 291.6min in the adhesion group, and 226.3min in the group without. The increased time in the adhesions group was significant (p&lt;0.05). Predictive factors were a positive CT finding for fibroid structure and comorbidity of hypertension (p&lt;0.05). In MIPN, difficulty of surgery can be affected by the presence of adhesion of the perinephric adipose tissue. Predicting such adhesion from preoperative CT is thus important.

    DOI: 10.18926/AMO/54185

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • ロボット支援・開腹術における腎部分切除の工夫 査読

    荒木 元朗, 小林 泰之, 井上 陽介, 児島 宏典, 光井 洋介, 宗政 修平, 定平 卓也, 吉岡 貴史, 有吉 勇一, 森 聰博, 藤尾 圭, 高本 篤, 松本 裕子, 堀川 雄平, 和田 耕一郎, 杉本 盛人, 佐々木 克己, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   78 ( 4 )   194 - 195   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 不完全な尿管ステント留置と移植腎動脈下極枝の閉塞により尿管穿孔を生じた生体腎移植の一例

    和田 耕一郎, 荒木 元朗, 有森 千聖, 宗石 理沙, 有吉 勇一, 佐々木 克己, 小林 泰之, 渡部 昌実, 江原 伸, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳, 吉岡 貴史

    腎移植・血管外科   26 ( 1 )   82 - 87   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:腎移植・血管外科研究会  

    尿管の血流不全と不完全なステント留置による尿路合併症を経験した。症例は42歳のO型男性。血液透析歴2年。44歳A型の姉をドナーとした血液型不適合生体腎移植を施行した。グラフトに2本の腎動脈が認められ、下極枝は下腹壁動脈と端々吻合し、尿管膀胱吻合に尿管ステントを留置した。術後2日目に下極枝が閉塞、術後5日目のCTでステントの近位ループが腎盂より遠位側に認められた。術後16日目に手術創より尿が流出し、腎瘻を造設した。術後17日目に腎盂尿管移行部近位で移植尿管-自己尿管吻合を施行し、術後22ヵ月でs-Cr:1.49mg/dlで経過良好である。複数腎動脈例では可及的な血行再建と、適切な尿管ステント留置が尿路合併症の予防に重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 頻回再発性膀胱炎に対する乳酸菌腟坐剤の予防効果に関する臨床的検討 査読

    石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 狩山 玲子, 上原 慎也, 公文 裕巳

    感染症学雑誌   90 ( 2 )   260 - 261   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • The gender specific risk factors for prolonged hospitalization due to acute pyelonephritis in a Japanese tertiary emergency center 査読

    Risa Muneishi, Ryuta Tanimoto, Koichiro Wada, Philip Hsiao, Jun Eguchi, Motoo Araki, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Naoki Akebi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   22 ( 1-2 )   108 - 111   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objectives: The aim of this study is to characterize the potential differences between male and female patients with acute pyelonephritis (AP) and to predict the severity of AP based on the length of hospital stay.
    Methods: We conducted a retrospective medical chart review of 172 consecutive adult patients who were hospitalized in Tsuyama Central Hospital due to AP from January 2007 through June 2012. We analyzed the length of hospital stay by the proportional hazard model.
    Results: A total of 172 patients were identified who were admitted to our hospital with a diagnosis of AP. Of them, 62% (106/172) were female. Except for urological malignancy, there was no significant difference between men and women in underlying disease. Out of 26 variables, univariate analysis in male showed that only urolithiasis (OR 1.75, p = 0.0294) was significantly associated with longer hospital stay, while septic shock (OR 3.18, P = 0.003), urological malignancy (OR 2.94, P = 0.002), age over 65 (OR 1.66, p = 0.018) and neurogenic bladder (OR 1.92, p = 0.014) were all associated with longer hospital stay in female patients.
    Conclusions: This is the first report to identify the risk factors for prolonged hospital stay for the patients who were admitted with AP in the Japanese population. The risk factors causing prolonged hospital stay were totally different between males and females. Reviewing the medical history based on sex gender might enable a clinician to predict the severity of acute pyelonephritis during the initial evaluation. (C) 2015, Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2015.11.007

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • リツキシマブを使用した腎移植症例

    有吉 勇一, 荒木 元朗, 光井 洋介, 吉岡 貴史, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 山下 里美

    今日の移植   28 ( 6 )   705 - 706   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医学館  

    researchmap

  • 尿道ステント(Memokath)を用いた尿道狭窄症の治療成績 査読

    和田 耕一郎, 荒木 元朗, 小林 泰之, 佐々木 克己, 江原 伸, 渡邉 豊彦, 佐古 智子, 井上 雅, 上松 克利, 藤田 竜二, 上原 慎也, 門田 晃一, 小澤 秀夫, 三枝 道尚, 小野 憲昭, 那須 良次, 大橋 洋三, 津島 知靖, 光畑 直喜, 高本 均, 那須 保友, 永井 敦, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   77 ( 7 )   264 - 265   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Levofloxacin 500mg単回投与における前立腺組織移行性の検討 査読

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 上原 慎也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 能勢 宏幸, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   63 ( 4 )   406 - 410   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    フルオロキノロン系薬は濃度依存性に殺菌作用を示し、尿路性器感染症においても広く使用されている。近年は淋菌や大腸菌、緑膿菌などにおいてフルオロキノロン耐性化が問題となっているが、2009年にフルオロキノロン系薬の一つであるレボフロキサシン500mg製剤が販売開始となり、それまでの100mg製剤の投与に比べPK-PD理論に沿う投与法となった。今回、レボフロキサシン500mg単回投与の前立腺組織に対する移行性を検討した。対象は経尿道的前立腺切除術(TUR-P)を予定された患者で同意が得られた症例。尿路性器感染症を有する症例や1週間以内のフルオロキノロン系薬の投与歴のある患者、腎機能低下症(推定糸球体濾過量eGFR30mL/min/1.73m2以下)例は除外した。手術開始2時間前にレボフロキサシン500mgを経口摂取し、手術開始時に前立腺組織0.5gと血液を採取した。薬物濃度は液体クロマトグラフィータンデム質量分析(LC-MS/MS)法で測定し、患者背景や有害事象とともに解析した。エントリーされた5例の平均年齢は72.5±3.5歳、平均前立腺容積は56±21mL、術前の平均前立腺特異抗原(PSA)値は3.56±2.17ng/mL、推算糸球体濾過量eGFRは65.1±13.6mL/min/1.73m2であった。平均切除重量は25.0±13.0gで、術後平均7±3日で退院した。抗菌薬によると思われる有害事象、術後の尿路感染症はみられなかった。1例からGleason score:3+2の腺癌が検出された。血清中のレボフロキサシン濃度は平均5.97±0.50μg/mL、前立腺組織中のレボフロキサシン濃度は平均6.65±2.95μg/gであった。平均対血清比(前立腺組織内濃度/血清中濃度:T/S比)は1.115±0.445で、レボフロキサシンの高用量投与でも良好な前立腺組織への移行が示された。また有害事象や術後の感染症もみられず、臨床的にもレボフロキサシン500mg製剤の安全性、有用性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • A vaccine strategy with multiple prostatic acid phosphatase-fused cytokines for prostate cancer treatment 査読

    Kei Fujio, Masami Watanabe, Hideo Ueki, Shun-Ai Li, Rie Kinoshita, Kazuhiko Ochiai, Junichiro Futami, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    ONCOLOGY REPORTS   33 ( 4 )   1585 - 1592   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPANDIDOS PUBL LTD  

    Immunotherapy is one of the attractive treatment strategies for advanced prostate cancer. The US Food and Drug Administration (FDA) previously approved the therapeutic vaccine, sipuleucel-T, which is composed of autologous antigen-presenting cells cultured with a fusion protein [prostatic acid phosphatase (PAP) and granulocyte-macrophage colony-stimulating factor (GMCSF)]. Although sipuleucel-T has been shown to prolong the median survival of patients for 4.1 months, more robust therapeutic effects may be expected by modifying the vaccination protocol. In the present study, we aimed to develop and validate a novel vaccination strategy using multiple PAP-fused cytokines for prostate cancer treatment. Using a super gene expression (SGE) system that we previously established to amplify the production of a recombinant protein, significant amounts of PAP-fused cytokines [human GMCSF, interleukin-2 (IL2), IL4, IL7 and mouse GMCSF and IL4] were obtained. We examined the activity of the fusion proteins in vitro to validate their cytokine functions. A significant upregulation of dendritic cell differentiation from monocytes was achieved by PAP-GMCSF when used with the other PAP-fused cytokines. The PAP-fused human IL2 significantly increased the proliferation of lymphocytes, as determined by flow cytometry. We also investigated the in vivo therapeutic effects of multiple PAP-fused cytokines in a mouse prostate cancer model bearing prostate-specific antigen (PSA)- and PAP-expressing tumors. The simultaneous intraperitoneal administration of PAP-GMCSF, -IL2, -IL4 and -IL7 significantly prevented tumor induction and inhibited the tumor growth in the PAP-expressing tumors, yet not in the PSA-expressing tumors. The in vivo therapeutic effects with the multiple PAP-fused cytokines were superior to the effects of PAP-GMCSF alone. We thus demonstrated the advantages of the combined use of multiple PAP-fused cytokines including PAP-GMCSF, and propose a promising prostatic antigen-vaccination strategy to enhance the therapeutic effects.

    DOI: 10.3892/or.2015.3770

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 泌尿器がんの最新治療 ロボット支援下腎部分切除術の現状 査読

    小林 泰之, 荒木 元朗, 平田 武志, 和田 耕一郎, 佐々木 克己, 江原 伸, 那須 保友, 渡邉 豊彦, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   77 ( 4 )   124 - 128   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    小径腎癌に対するロボット支援下腎部分切除術(Robot assisted laparoscopicpartial nephrectomy以下:RALPN)は、腹腔鏡下腎部分切除術の弱点を補う手術方法として欧米を中心に広く行われている。岡山大学病院では、当院倫理委員会の承認を経て、2012年9月より本手術を開始し、これまでに10例に対し施行した。年齢中央値60歳(range:42〜71)、BMI 24.4kg/m2(同:20.2〜30.9)、腫瘍径2.5cm(同:1.1〜3.1)、RENAL nephrometry score 6(同:4〜9)、アプローチは経腹膜的4例、後腹膜的6例。手術時間230分(同:180〜400)、WIT 21分(同:9〜38)、出血量10ml(同:10〜150)、術前の平均eGFRは82.2ml/min/1.73m2、術後1ヵ月目の平均eGFRは73.4ml/min/1.73m2であった。切除断端はすべて陰性で、術後合併症や輸血を要した症例はなかった。術後入院日数は7日(同:6〜9)であった。近年、腎部分切除術の術後患側腎機能に影響を与える因子は、一定の阻血時間の条件では、阻血時間よりも腫瘍切除に伴う腎実質喪失が重要な因子であるとの報告がなされている。これまで腹腔鏡下腎部分切除術の手術手技は、いかに阻血時間を短縮するかが大きなテーマであったが、今後はこの腎実質喪失をいかにして少なくするかにシフトしていくと考えている。将来的には、腫瘍切除に関して腫瘍周囲の血管走行などを考慮した術前プランニングを行い、これらへの侵襲を必要最小限にする試みが重要であると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20150428370002&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2015%2F007704%2F002%2F0124-0128%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2015%2F007704%2F002%2F0124-0128%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【泌尿器科外来パーフェクトガイド 誰にでもすぐに使える!】下部尿路機能障害 過活動膀胱 蓄尿障害がみられる患者です

    渡邉 豊彦

    臨床泌尿器科   69 ( 4 )   113 - 116   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <Point>OABの診断,治療方針の決定,治療効果の判定のすべてにおいて,排尿記録は有用なツールである。初期治療後,症状が改善しない場合は,漫然と治療を継続するのではなく,他疾患の存在を疑うべきである。抗コリン薬はそれぞれ薬理作用,有効性,副作用の発現率が異なるため,複数の薬剤を試して,patient-orientedな治療の確立を目指すべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 【泌尿器科外来パーフェクトガイド 誰にでもすぐに使える!】下部尿路機能障害 混合性尿失禁 尿意切迫感に加え,くしゃみをすると尿が漏れるという患者です

    渡邉 豊彦

    臨床泌尿器科   69 ( 4 )   117 - 120   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <Point>混合性尿失禁では,腹圧性,切迫性尿失禁の比重で治療方針が変わる。切迫性の比重が高いときには,抗コリン薬をはじめとする薬物療法が中心になる。腹圧性の比重が高いときには,薬物療法や骨盤底筋訓練から開始するが,効果不良なら手術も考慮する。(著者抄録)

    researchmap

  • 過活動膀胱の診断と治療戦略

    渡邉 豊彦

    兵庫県医師会医学雑誌   57 ( 2 )   1 - 4   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)兵庫県医師会  

    researchmap

  • シタフロキサシン100mg単回投与における精巣、精巣上体組織移行性の検討 査読

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 猪川 和朗, 森川 則文, 公文 裕巳

    日本化学療法学会雑誌   63 ( 1 )   121 - 122   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • OprD欠損緑膿菌によるマウス大腿部感染モデルに対するクオラムセンシング阻害剤とビアペネムの併用効果 査読

    狩山 玲子, 堀 賢司, 村上 圭史, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳, 菅 裕明, 五十嵐 潤

    日本化学療法学会雑誌   63 ( 1 )   124 - 125   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 経直腸的前立腺針生検におけるレボフロキサシン500mg予防的単回投与の有効性と安全性についての検討(EFFICACY AND SAFETY OF PROPHYLACTIC SINGLE-DOSE LEVOFLOXACIN 500mg FOR TRANSRECTAL PROSTATE NEEDLE BIOPSY IN JAPANESE PATIENTS: A CASE CONTROL STUDY) 査読

    岸本 涼, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 公文 裕巳, 今村 牧夫, 上原 慎也, 門田 晃一, 山本 康雄, 石戸 則孝, 高本 均

    西日本泌尿器科   76 ( 12 )   453 - 459   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    今回我々は、経直腸的前立腺針生検施行時における抗菌薬の予防的投与において、術前レボフロキサシン(LVFX)500mgの単回投与の有効性と安全性について前向きに検討を行った。倉敷成人病センターにおいて院内の倫理委員会承認後、全患者に同意を取った上で2010年1月から2011年2月まで、検査数時間前にLVFX 500mgの経口単回投与を行った。参加患者には退院前に症状、合併症についての質問票を配布し、次回外来受診時に回収、解析を行った。期間中134名の患者が登録され、100名の患者より質問票を回収した。LVFX由来と思われる合併症は全例で認められず、1例において急性前立腺炎から敗血症へ移行した症例を認めた。今回の検討では生検後前立腺炎の発症頻度は従来報告と比べ同程度であり、LVFXの生検前単回投与は、既存の予防法と同等の有効性と安全性を有することが示唆された。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015138263

  • 新規マウス薬効評価系の構築に向けた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    狩山 玲子, 堀 賢司, 村上 圭史, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    緑膿菌感染症研究会講演記録   48回   64 - 67   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    ICR系マウス(雄)を用い、発光性緑膿菌の培養液中にポリエチレンチューブ(PT)を浸漬してバイオフィルムを形成させ、経尿道的にマウス膀胱内に留置し、緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルを作製した。感染実験開始6日前からアンピシリン含有水を3日間飲水させた。IVIS Luminaによる観察では、比較対照の大腿部感染モデルではプラスミド上に発光オペロンをコードしたPseudomonas aeruginosa PAO1-lux1株は、染色体上にコードしたP.aeruginosa Xen 5株やXen 41株より10〜100倍高い発光量を示し、染色体上にコードしたP.aeruginosa PAO1-lux2株はXen 5株やXen 41株と同程度の発光量を示した。尿路感染モデルではプラスミド上にコードしたP.aeruginosa PAO1-lux1株は半数のマウスでPT挿入2時間後に膀胱の発光像を認めたが、以後は発光が不安定で生菌数との関連性はなかった。染色体上にコードしたP.aeruginosa PAO1-lux2株の発光は1週間安定であった。

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術における断端陽性リスクの検討 査読

    荒木 元朗, 小林 泰之, 和田 耕一郎, 佐々木 克己, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 樋之津 史郎, 那須 保友, 公文 裕巳

    Japanese Journal of Endourology   27 ( 3 )   269 - 269   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 男子尿道、咽頭から分離されたChlamydia trachomatisのlevofloxacin、azithromycinに対する感受性 査読

    和田 耕一郎, 松本 明, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 宇埜 智, 門田 晃一, 荒木 徹, 公文 裕巳

    日本性感染症学会誌   25 ( 2 )   93 - 93   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    researchmap

  • 横紋筋肉腫への分化を伴った精巣原発奇形腫の1例 査読

    岡田 裕子, 和田 耕一郎, 高本 篤, 前原 貴典, 宗石 理沙, 定平 卓也, 倉橋 寛明, 杉本 盛人, 小林 泰之, 佐々木 克己, 荒木 元朗, 江原 伸, 渡邊 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   76 ( 9 )   339 - 340   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 前立腺癌永久密封小線源療法後のPSA bounce

    高本 篤, 江原 伸, 谷本 竜太, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    泌尿器外科   27 ( 8 )   1339 - 1340   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    前立腺癌に対する密封小線源療法は、優れたQOL保持やPSA非再発率などの長期治療成績が本邦でも確立されつつある。密封小線源療法後のフォローアップにおいてはPSA bounceに代表される特徴的な症候が認められる。PSA bounceについては、定義により異なるが、密封小線源療法を施行した症例全体の15〜87%に認められる一般的な症候であり、若い症例に多く認められる傾向や、PSA bounceを呈した症例は良好な予後が期待される報告が近年続いている。治療後3年以内のPSA bounceであるならば、まずは腰を構えて経過観察することが重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 泌尿器科領域における抗癌化学療法に伴う発熱性好中球減少症に関する多施設共同調査 査読

    和田 耕一郎, 谷本 竜太, 能勢 宏幸, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 速見 浩士, 永井 真吾, 安田 満, 出口 隆, 茂田 啓介, 矢澤 聰, 菊地 栄次, 大家 基嗣, 橋本 次朗, 上原 央久, 栗村 雄一郎, 桧山 佳樹, 高橋 聡, 塚本 泰司, 庄 武彦, 濱砂 良一, 宮崎 淳, 東郷 容和, 田岡 利宜也, 中尾 篤, 山本 新吾, 小林 加直, 松原 昭郎, 石川 清仁, 公文 裕巳, 松本 哲朗

    日本化学療法学会雑誌   62 ( 3 )   374 - 381   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    泌尿器科領域における精巣腫瘍、尿路上皮癌に対する抗癌化学療法は高頻度に行われているが、発熱性好中球減少症(febrile neutropenia:FN)に関する泌尿器科領域に特化した検討は少ない。今回、泌尿器癌に対する抗癌化学療法に伴うFNについて、後ろ向きに多施設共同調査を施行した。対象はUTI共同研究会に所属する泌尿器科メンバーの所属する10大学病院で、2010年1月から2011年12月に尿路上皮癌および精巣腫瘍に対して抗癌化学療法が開始された326症例、883コースとした。FNは326例中66例(20.2%)、883コース中81コース(9.2%)に認められ、治療として抗菌薬と顆粒球コロニー刺激因子(granulocyte-colony stimulating factor:G-CSF)の投与はそれぞれ69コース(85.2%)、77コース(95.1%)で投与されていた。一方、発熱を伴わない好中球減少症に対して抗菌薬とG-CSFはそれぞれ5コース(2.2%)、144コース(62.1%)で投与され、予防的投与として抗菌薬よりもG-CSFが頻用されていた。統計学的な検討では、尿路上皮癌において単変量・多変量解析ともに化学療法レジメンの種類のみ有意差がみられ(GC vs GCP;p=0.0073、GC vs M-VAC;p&lt;0.0001)、精巣腫瘍における単変量・多変量解析ではEPよりBEPで有意にFNの発症率が高かった。泌尿器科領域においても、さらに大規模で前向きなエビデンスを蓄積していくことでFNに対して適切なマネジメントを行っていくことが可能であると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科におけるpreemptive腎移植症例の検討

    有吉 勇一, 荒木 元朗, 宗石 理沙, 吉岡 貴史, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 佐々木 克己, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳, 清水 千聖, 赤木 滋, 森永 裕士, 田邊 克幸, 北川 正史, 杉山 斉, 和田 淳, 槇野 博史

    移植   49 ( 1 )   167 - 167   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   27   67 - 71   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    ラット尿路バイオフィルム感染症(膀胱内異物)モデルを応用してマウスモデルの作製を行い、その実験モデル系を使用して、IVIS imaging systemの応用性の検証ならびに経口抗菌薬の治療効果を検討した。前培養したPseudomonas aeruginosa PAO1-lux株の菌液中、螺旋形に形状記憶したポリエチレンチューブ(PT)を浸漬・浸盪培養してバイオフィルムを形成させた後、経尿道的に麻酔下のICR系マウス(雌、6〜7週齢)の膀胱内に留置し、尿道口を2時間閉鎖した。感染菌の排尿を確認したマウスを用いて5日後から抗菌薬の経口投与(1日1回)を開始した。最終投与翌日に膀胱内のPTを取り出し、生菌数を算出した。本膀胱内異物モデルは感染が21日以上持続し、PT挿入5日後の難治化した状態から14日間の長期抗菌薬投与による治療実験が可能であった。PT付着の生菌数を指標とした治療効果は、プルリフロキサシン(10mg/kg)単剤投与群の7〜14日間投与で認めた。また、プルリフロキサシン(10mg/kg)とホスホマイシン(100mg/kg)との併用群では、14日間投与で治療効果が増強した。IVIS Luminaによる感染病巣の観察では、約半数のマウスにおいてPT挿入2時間後に膀胱の発光像を確認したが、以降は発光が不安定で生菌数との関連性はなかった。今後、発光性緑膿菌の改良により、可視的で定量的な薬効評価系の確立を目指す。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎盂尿管移行部狭窄症に対するAnderson-Hynes法によるロボット支援腹腔鏡下腎盂形成術 査読

    小林 泰之, 荒木 元朗, 倉橋 寛明, 和田 耕一郎, 佐々木 克己, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳, 倉繁 拓志, 村尾 航

    Japanese Journal of Endourology   27 ( 1 )   162 - 168   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    岡山大学病院では、学内の倫理委員会の承認を経て2012年11月より成人の腎盂尿管移行部狭窄症に対しロボット支援腹腔鏡下腎盂形成術を開始した。2013年4月までに単一術者により3例施行した。手術は全例ロボット支援下に手術は完遂され、開腹への移行はなかった。手術時間は220分-267分、コンソール時間は162分-180分、推定出血量は10ml以下であった。術後合併症は認めず退院し、再入院や再手術は2013年8月現在認めていない。当施設でのロボット支援腹腔鏡下腎盂形成術の手術方法及び成績を報告し、問題点や今後の展望につき検討する。(著者抄録)

    researchmap

  • Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan Japanese Research Group for Urinary Tract Infection (JRGU) - A multi-center retrospective study 査読

    Yoshikazu Togo, Tatsuhiko Kubo, Rikiya Taoka, Yoshiki Hiyama, Teruhisa Uehara, Jiroh Hashimoto, Yuichiro Kurimura, Satoshi Takahashi, Taiji Tsukamoto, Jun Miyazaki, Hiroyuki Nishiyama, Shinichiro Kira, Hiroshi Kiyota, Satoshi Yazawa, Naoya Niwa, Hiroshi Hongo, Mototsugu Oya, Taku Kato, Mitsuru Yasuda, Takashi Deguchi, Kiyohito Ishikawa, Kiyotaka Hoshinaga, Minort Matsumoto, Katsumi Shigemura, Kazushi Tanaka, Soichi Arakawa, Masato Fujisawa, Koichiro Wada, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Hiromi Kumon, Kanao Kobayashi, Akio Matsubara, Masahiro Matsumoto, Takehiko Sho, Ryoichi Hamasuna, Tetsuro Matsumoto, Hiroshi Hayami, Masayuki Nakagawa, Shingo Yamamoto

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   20 ( 3-4 )   232 - 237   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    We retrospectively investigated the incidence of genitourinary tract infection in 5895 patients who underwent transrectal and/or transperineal prostate biopsy procedure between January and December 2011 at 46 institutions belonging to Japanese Research Group for Urinary Tract Infection (JRGU).
    The total rate of genitourinary tract infection after prostate biopsy was 0.76%, while that following transrectal procedure was 0.83% and following transperineal procedure was 0.57%, which were not significantly different. In contrast, febrile infection associated with a fever (&gt;= 38 degrees C) occurred significantly more frequently after transrectal (0.71%) than transperineal (0.16%) approach (P = 0.04). Notably, in infectious cases, Escherichia coli was most frequently isolated. Of the 9 E. coli strains isolated by urine culture, 6 (66.7%) produced extended spectrum B-lactamase (ESBL) and 7 (77.8%) showed levofloxacin resistance. Similarly, of 6 E. coli strains isolated by blood culture, 4 (66.7%) produced ESBL and 6 (100%) showed levofloxacin resistance.
    When the efficacy of antimicrobial prophylaxis (AMP) with levofloxacin for the patients undergoing transrectal or transperineal biopsy was compared between a single dose (500 mg) and that given for 2 or more days, no significant difference was observed for the rate of infection (transrectal: 0.82% vs. 1.04%, p = 0.94; transperineal: 0.30% vs. 0.46%, p = 0.68).
    Although a single dose of levofloxacin for AMP is sufficient to prevent genitourinary infection after transrectal or transperineal prostate biopsy, and recommended in this era of increased multi-drug resistant pathogens, the increase in fluoroquinolone-resistant E. coli and ESBL-producing E. coli has emerged as a profound problem for surveillance. (C) 2013, Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2013.10.003

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A Rare Complication: Misdirection of an Indwelling Urethral Catheter into the Ureter 査読

    Tsutomu Ishikawa, Motoo Araki, Takeshi Hirata, Masami Watanabe, Shin Ebara, Toyohiko Watanabe, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    ACTA MEDICA OKAYAMA   68 ( 1 )   47 - 51   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    We report 3 patients with the rare complication of an indwelling urethral catheter misdirected into the ureter. This is the largest series to date. Patients were referred to us for a variety of reasons following exchange of their chronic indwelling urinary catheters. CT in all cases demonstrated the urinary catheters residing in the left ureter. The ages of the patients were 37, 67 and 81 years old. All patients suffered from neurogenic bladder. Two patients were female, one was male, and 2 of the 3 had a sensory disorder inhibiting their pain response. The catheters were replaced with open-end Foley catheters. Extensive follow-up CT scans were obtained in one case, demonstrating improvement of hydronephrosis and no evidence of ureteral stenosis. Cystoscopy in this patient demonstrated normally positioned and functioning ureteral orifices. Although the placement of an indwelling urethral catheter is a comparatively safe procedure, one must keep in mind that this complication can occur, particularly in female patients with neurogenic bladder. CT without contrast is a noninvasive, definitive diagnostic tool.

    DOI: 10.18926/AMO/52144

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 産後1ヵ月時に尿失禁症状を有する褥婦への骨盤底筋体操指導の取り組み

    石井 亜矢乃, 大井 伸子, 山本 満寿美, 江国 一二美, 佐藤 久恵, 岡本 真由美, 寺本 直美, 真鍋 明子, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   122 - 126   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    【目的】産後1ヵ月健診時、保健指導担当と母乳育児担当の助産師の協力の下、尿失禁症状を有する褥婦に対し、ビデオと骨盤底筋筋電位評価装置を用いて骨盤底筋体操(PFMT)指導を行い、尿失禁症状の改善の有無を検討した。【対象・方法】産後1ヵ月健診時、尿失禁が継続している褥婦12人を対象とした。Incontinence Quality of Life(I-QOL)により自覚症状を把握し、PFMTのビデオを視聴した後、骨盤底筋筋電位評価装置を用いて指導を行った。指導1ヵ月後もテレビ機能付き携帯電話での母乳育児相談時にはPFMTの実施状況を確認した。指導3ヵ月後、骨盤底筋筋電位評価装置を用いてPFMTの再指導を行いI-QOLで評価した。【結果】褥婦の平均年齢は37.2歳であった。骨盤底筋筋電位は14.5±4.1μVから19.2±10.6μVに変化し(p=0.10)、I-QOLは81.4±7.9点から87.2±9.8点に有意に改善していた(p=0.03)。【結論】尿失禁症状は有意に改善しており、今後も尿失禁を有する褥婦に対して、PFMTの啓蒙活動・指導に取り組んでいきたい。(著者抄録)

    researchmap

  • Assessment of antimicrobial prophylaxis to prevent perioperative infection in patients undergoing prostate brachytherapy: multicenter cohort study 査読

    Rikiya Taoka, Yoshikazu Togo, Tatsuhiko Kubo, Masahito Kido, Kenta Miki, Hiroshi Kiyota, Shin Egawa, Takashi Sugawara, Mitsuru Yasuda, Masahiro Nakano, Takashi Deguchi, Masashi Nishino, Kiyohito Ishikawa, Ryoichi Shiroki, Minori Matsumoto, Katsumi Shigemura, Kazushi Tanaka, Soichi Arakawa, Masato Fujisawa, Koichiro Wada, Toyohiko Watanabe, Hiromi Kumon, Kanao Kobayashi, Akio Matsubara, Takehiko Sho, Ryoichi Hamasuna, Tetsuro Matsumoto, Hiroshi Hayami, Masayuki Nakagawa, Shingo Yamamoto

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   19 ( 5 )   926 - 930   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    To propose an appropriate prophylactic antimicrobial therapy for patients undergoing brachytherapy, we evaluated the relationships between various antimicrobial prophylaxis (AMP) protocols and the incidence of postimplant infections in a multicenter cohort study conducted in Japan. The records of 826 patients with localized prostate cancer who underwent a transperineal I-125 brachytherapy procedure between January 2009 and December 2010 were retrospectively reviewed. Perioperative infections, including surgical site and remote infections, were recorded up to postoperative day 30. A total of 6 (0.73 %) patients had a perioperative infection following seed implantation, of whom all received AMP for 1 or more days. None of the patients who received a single-dose protocol of AMP using fluoroquinolone p.o. or penicillin with a beta-lactamase inhibitor i.v. developed a perioperative infection. Statistical analysis showed that a single-dose protocol was more significantly related to a lower risk of perioperative infection as compared to the other AMP protocols examined (p = 0.045). Furthermore, our results indicated that bacteriuria and preoperative hair removal were risk factors of perioperative infection with statistical significance (p = 0.007, p = 0.004). Analysis of patient clinical parameters, including age, American Society of Anesthesiologists score, diabetes mellitus, prostate volume, numbers of implanted seeds and needle punctures, operation time, and indwelling duration time of the Foley catheter, did not reveal significant differences in terms of perioperative infection. Our results indicated that a single-dose AMP protocol is sufficient to prevent perioperative infections following seed implantation. On the other hand, AMP is only one of several measures to prevent perioperative infectious complications. It is necessary to know that the patient must have no bacteriuria and that preoperative hair removal should be avoided.

    DOI: 10.1007/s10156-013-0610-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【それぞれの立場からみた泌尿器診療-専門医とプライマリ・ケア医の診療スタイルとは?-】疾患-診断と治療、主に治療について-尿路感染症 専門医の立場から

    和田 耕一郎, 渡邉 豊彦

    治療   95 ( 9 )   1628 - 1633   2013年9月

  • 腹腔鏡下膀胱全摘除術における初期経験に関する報告 査読

    小林 泰之, 倉橋 寛明, 別宮 謙介, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 佐々木 克己, 荒木 元朗, 江原 伸, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 那須 保友

    西日本泌尿器科   75 ( 7 )   352 - 358   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    腹腔鏡下膀胱全摘除術(Laparoscopic radical cystectomy、LRC)は、これまで限られた施設でのみ先進医療で行うか、もしくは自費診療でのみ施行可能であったが、2012年度の診療報酬改定により保険診療として施行可能となった(腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術:89,380点)。岡山大学泌尿器科では、2011年より本術式導入の準備を進め、2012年7月より本手術を開始し、これまでに4例施行した。1例目:2010年右腎盂癌に対し右腎尿管全摘除術の既往あり。左腎盂癌に対し全尿路全摘除術(後腹膜鏡下左腎尿管全摘除術+LRC)を施行(手術時間:450分(LRC190分)出血量:700ml)。2例目:2011年4月尿管癌に対し右腎尿管全摘除術の既往あり。膀胱癌(BCG無効上皮内癌)に対しLRC+尿管皮膚瘻(手術時間:390分 出血量:1000ml)。3例目:膀胱癌(cT2N0M0)に対しLRC+リンパ節郭清(郭清領域:総腸骨、外腸骨、内腸骨、閉鎖、摘出リンパ節数:31個)、小切開下に回腸導管造設術施行(手術時間:510分 出血量:500ml)。4例目:膀胱癌(cT2N0M0)に対しLRC+リンパ節郭清(郭清領域:総腸骨、外腸骨、内腸骨、閉鎖、摘出リンパ節数:19個)、回腸導管造設術施行(手術時間:550分 出血量:335ml)。LRCの導入時の問題点としては手術適応、リンパ節郭清、尿路変向の手技などが挙げられる。(著者抄録)

    researchmap

  • マウスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルム感染症モデルの作製

    狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 村上 圭史, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 三宅 洋一郎, 公文 裕巳

    Bacterial Adherence & Biofilm 学術集会   27回   46 - 46   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 「泌尿器科領域における周術期感染予防ガイドライン」に関する多施設共同研究 査読

    和田 耕一郎, 上原 慎也, 吉良 慎一郎, 松本 正広, 庄 武彦, 栗村 雄一郎, 橋本 次朗, 上原 央久, 山根 隆史, 金丸 聰淳, 東郷 容和, 田岡 利宜也, 高橋 彰, 山田 祐介, 横溝 晃, 安田 満, 田中 一志, 濱砂 良一, 高橋 聡, 速見 浩士, 渡邉 豊彦, 門田 晃一, 清田 浩, 出口 隆, 内藤 誠二, 塚本 泰司, 荒川 創一, 藤澤 正人, 山本 新吾, 公文 裕巳, 松本 哲朗, UTI共同研究会

    日本泌尿器科学会雑誌   104 ( 3 )   505 - 512   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    (目的)2007年に日本泌尿器科学会が編集した「泌尿器科領域における周術期感染予防ガイドライン」は我が国初の泌尿器科、周術期に特化した感染予防ガイドラインである。今回、その妥当性、有用性を検証するため多施設で前向きに調査、解析を行った。(方法)対象は2008年7月から9月に全国の10施設において泌尿器科領域の手術を受けた513例。手術の内訳は経尿道的膀胱腫瘍切除術、経尿道的前立腺切除術、副腎摘除術、腎摘除術、腎尿管全摘除術、前立腺全摘除術、膀胱全摘除術である。患者背景、術式、予防投与した抗菌薬の種類と投与期間、SSI(Surgical Site Infection:手術部位感染)とRI(Remote Infection:遠隔感染)の有無を解析した。(結果)513例のガイドライン遵守率は75.4%であった。ガイドラインを遵守していた387例におけるSSI、RIの発生率はそれぞれ5.9、4.1%であった。SSIについてはASA(American Society of Anesthesiologists)手術リスク、糖尿病と手術時間が、RIについては手術時間が発生に寄与していた。(結語)同ガイドラインの妥当性、有用性の検証にはさらなる大規模な調査やエビデンスの蓄積が必要と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J01175&link_issn=&doc_id=20130529400003&doc_link_id=10031159424&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F10031159424&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • タクロリムス徐放製剤によるtherapeutic drug monitoringを用いた生体腎移植

    有吉 勇一, 荒木 元朗, 吉岡 貴史, 和田 耕一郎, 江原 伸, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳, 清水 千聖

    今日の移植   26 ( 3 )   267 - 269   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医学館  

    2010年7月〜2012年4月に行った生体腎移植10例を対象に、タクロリムス徐放製剤の薬物動態、拒絶反応頻度、腎毒性について検討した。免疫抑制剤はグラセプター、ミコフェノール酸モフェチル(MMF)、ステロイド、バシリキシマブ(BXM)の4剤を使いABO血液型不適合症例には抗CD20モノクローナル抗体のリツキシマブを投与、移植前血漿交換とし二重濾過血漿交換療法(DFPP)と全血漿交換を併用し、脾摘を回避した。レシピエントの平均年齢は51.6歳、原疾患は慢性糸球体腎炎4例、多発性嚢胞腎・糖尿病性腎症各2例、アルポート症候群・IgA腎症各1例であった。2例は先行的腎移植であった。グラセプターの平均トラフ値(ng/mL)と平均血清クレアチニン値(mg/dL)は各1週後、8.22、1.80、2週後、6.84、1.67、4週後、4.55、1.48、8週後、3.53、1.37、12週後、3.73、1.39、24週後、3.99、1.46であった。AUCと各測定時間での血中濃度の相関はC24での相関が最も強く、次にC2であった。移植後1ヵ月、1年後の移植腎生検で拒絶反応はなくCNI毒性が2例にみられた。低用量のタクロリムス徐放製剤でも生体腎移植の拒絶反応は少なく安全なことが示唆された。

    researchmap

  • A prospective multi-institutional analysis according to the "Japanese guidelines for prevention of perioperative infections in urological field" 査読

    Koichiro Wada, Shinya Uehara, Shinichiro Kira, Masahiro Matsumoto, Takehiko Sho, Yuichiro Kurimura, Jiro Hashimoto, Teruhisa Uehara, Takashi Yamane, Sojun Kanamaru, Yoshikazu Togo, Rikiya Taoka, Akira Takahashi, Yusuke Yamada, Akira Yokomizo, Mitsuru Yasuda, Kazushi Tanaka, Ryoichi Hamasuna, Satoshi Takahashi, Hiroshi Hayami, Toyohiko Watanabe, Koichi Monden, Hiroshi Kiyota, Takashi Deguchi, Seiji Naito, Taiji Tsukamoto, Soichi Arakawa, Masato Fujisawa, Shingo Yamamoto, Hiromi Kumon, Tetsuro Matsumoto

    Japanese Journal of Urology   104 ( 3 )   505 - 512   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Urological Association  

    (Objective) The "Japanese guidelines for prevention of perioperative infections in urological field" was edited by the Japanese Urological Association in 2007. They are the first Japanese guidelines for antimicrobial prophylaxis specifically to prevent perioperative infections in the urological field. We report here the results of a multicenter prospective study conducted to examine the validity and usefulness of these guidelines. (Patients and methods) The subjects were 513 patients who had undergone urological surgeries between July and September 2008 at 10 nationwide university institutions in the Japanese Society of UTI Cooperative Study Group. These surgeries were transurethral resection of bladder (TURBT), transurethral resection of prostate (TURP), adrenalectomy, nephrectomy, nephroureterectomy, radical prostatectomy and total cystectomy. Analysis was performed on patient information, surgical procedures, types and durations of administration of prophylactic antibiotic agents, and the presence of surgical site infections (SSI) and remote infections (RI). (Results) Of 513 patients, 387 (75.4%) were administered prophylactic antibiotic agents according to the guidelines. In these patients, the incidences of SSI and RI were 5.9% and 4.1%, respectively. Multivariate analysis showed that significant factors for SSI were the surgical risk (according to the ASA physical status classification system), diabetes, and operation time, and that the only significant factor for RI was the operation time. (Conclusions) More large-scale study and evidences are necessary in order to demonstrate the validity and usefulness of these guidelines.© 2013 The Japanese Urological Association.

    DOI: 10.5980/jpnjurol.104.505

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A questionnaire survey of antimicrobial prophylaxis to prevent perioperative infection in urological field in Japan 査読

    Yoshikazu Togo, Rikiya Taoka, Shingo Yamamoto, Yoshiki Hiyama, Teruhisa Uehara, Jiroh Hashimoto, Yuichiro Kurimura, Satoshi Takahashi, Taiji Tsukamoto, Jun Miyazaki, Hiroyuki Nishiyama, Hiroshi Kiyota, Satoshi Yazawa, Mototsugu Oya, Mitsuru Yasuda, Takashi Deguchi, Kiyohito Ishikawa, Kiyotaka Hoshinaga, Minori Matsumoto, Katsumi Shigemura, Kazushi Tanaka, Soichi Arakawa, Masato Fujisawa, Koichiro Wada, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Hiromi Kumon, Kanao Kobayashi, Akio Matsubara, Masahiro Matsumoto, Takehiko Sho, Ryoichi Hamasuna, Tetsuro Matsumoto, Hiroshi Hayami, Takashi Yamane, Masayuki Nakagawa

    Japanese Journal of Urology   104 ( 4 )   579 - 588   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Urological Association  

    (Purpose): To survey the present condition of administration method of the antimicrobial prophylactic (AMP) agents for the perioperative infection in Japan on revising "The Japanese guidelines for prevention of perioperative infections in urologic field (2006)". (Patients and methods): With the approval of the Japanese Urological Association (JUA) in 2011, all of the principal urological training institutions certified by JUA (n = 836) were encouraged to participate to survey their adherence to the JUA guidelines (published in 2006) for AMP to prevent perioperative infection in urological field, and 446 (53.3%) institutions responded to the questionnaire. (Results): The rates of following the JUA guidelines of, "completely", "mainly", "not too much", and "not at all" were 6.5%, 69.7%, 22.0% and 1.6%, respectively. The guidelines were followed for open clean operations in 48.5%, open clean-contaminated operations in 66.4%, open contaminated operations in 61.8%, laparoscopic clean operations in 54.1%, laparoscopic clean-contaminated operations in 61.2%, transurethral resection of bladder tumor in 71.5%, transurethral resection of prostate in 68.9%, ureteroscopy and transurethral ureterolithotomy in 68.2%, prostate biopsy in 43.2%, and cystoscopy were in 42.2%, respectively. However, in terms of duration of AMP administration, the longer duration than those recommended by the guidelines were observed for clean surgery, transurethral resection of bladder tumor, ureteroscopy and transurethral ureterolithotomy, prostate biopsy, and cystoscopy. (Conclusions): In terms of kinds of AMP, the guidelines were almostly followed in all operative procedures. However, the duration of AMP administration were longer than those recommended by the guidelines. On revision of "Japanese guidelines for prevention of perioperative infections in urologie field (2006)", these data would be taken into consideration to avoid dissociation between the guidelines and the practical side in the urologists. © 2013 The Japanese Urological Association.

    DOI: 10.5980/jpnjurol.104.579

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 遠隔地に居住する尿失禁患者に対する骨盤底筋体操指導の取り組み

    石井 亜矢乃, 大井 伸子, 山本 満寿美, 藤井 夕子, 梶岡 亘子, 中塚 安美, 村島 眞由美, 矢木 和香, 井上 雅, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    日本女性骨盤底医学会誌   9 ( 1 )   158 - 160   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    【目的】岡山県県北居住の尿失禁患者に対し、保健師の協力の下、ビデオやテレビ機能付き携帯電話を用いて、遠隔地で骨盤底筋体操指導を行い、尿失禁症状の改善の有無を検討した。【対象・方法】健康教室に参加する尿失禁患者28名を対象とした。Incontinence Quality of Life(I-QOL)により尿失禁症状を把握し、保健師がビデオで骨盤底筋体操を指導した。1ヵ月後、保健師がテレビ機能付き携帯電話を用いて腹部や大腿を撮影し、代替収縮の有無を遠隔で確認後、再指導した。3ヵ月後、I-QOLを再調査した。【結果】年齢は80歳代が最も多く、約25%で代替収縮が認められた。I-QOLは84.9±7.2点から91.2±8.9点に有意に改善していた(p&lt;0.05)。【結論】尿失禁症状は有意に改善しており、今後も骨盤底筋体操の啓蒙活動・指導に取り組んでいく予定である。(著者抄録)

    researchmap

  • 上部尿路腫瘍に対する内視鏡的治療 適応および治療成績 査読

    河内 啓一郎, 上原 慎也, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 佐々木 克己, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 門田 晃一, 小野 憲昭, 津川 昌也

    西日本泌尿器科   74 ( 11 )   599 - 604   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    腎尿管全摘除術は、上部尿路における尿路上皮癌(upper urinary tract urothelial carcinoma;UUT-UC)に対する標準的治療とされている。一方、腎を温存すべき患者(単腎あるいは腎不全)や合併症により根治的手術が困難な患者において、尿管鏡あるいは経皮的操作による内視鏡的治療が試みられている。近年、尿管鏡はより柔軟かつ細径となり操作性が格段に向上した。上部尿路癌に対する内視鏡的治療に関するこれまでの報告や我々の経験から、症例を選択すれば内視鏡的治療は安全かつ有効で腎尿管全摘除術に代わる選択肢となりうると考えられる。ただし、再発や病勢の進行もしばしば見られるため、厳重な経過観察を必要とするものである。(著者抄録)

    researchmap

  • Laparoscopic management of complicated urachal remnants in adults 査読

    Motoo Araki, Takashi Saika, Daiji Araki, Yasuyuki Kobayashi, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Kiyoshi Yamada, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    WORLD JOURNAL OF UROLOGY   30 ( 5 )   647 - 650   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Objectives The traditional surgical approach for removing a urachal remnant is via a large transverse or midline infraumbilical incision. We review our experience with laparoscopic urachal cyst excision and report the efficacy and outcomes of this approach as a less morbid, minimally invasive alternative.
    Methods Between August 2005 and March 2009, eight patients with a mean age of 26 years who had symptomatic urachal cysts underwent laparoscopic radical excision of the urachal remnant. Using three ports, the urachal remnant was dissected from the umbilicus to the bladder dome and then removed intact via the umbilicus. Umbilicoplasty was performed by a plastic surgeon. We retrospectively reviewed the perioperative records to assess morbidity and outcomes.
    Results All eight operations were completed successfully. No intraoperative or postoperative complications were reported at a mean follow-up of 3.2 years. Mean operative time was 147.5 min including umbilicoplasty. Pathological evaluation confirmed a benign urachal remnant in each case. There have been no recurrences of symptoms nor postoperative complications during follow-up. Mean time to full recovery, defined as return to normal life without pain, was 16 days. The patients with bladder cuff resection had a delayed full convalescence (25 vs. 13 days) due to a minimum degree of dysuria.
    Conclusion A laparoscopic approach with the removal of urachal remnants via the umbilicus appears to be a safe and effective alternative with better cosmesis when compared to an open approach.

    DOI: 10.1007/s00345-012-0829-x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Prevalence of pharyngeal Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae among heterosexual men in Japan 査読

    Koichiro Wada, Shinya Uehara, Ritsuko Mitsuhata, Reiko Kariyama, Hiroyuki Nose, Shinichi Sako, Ayano Ishii, Toyohiko Watanabe, Akira Matsumoto, Koichi Monden, Satoru Uno, Tohru Araki, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   18 ( 5 )   729 - 733   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Pharyngeal chlamydial and gonococcal infections can occur as a consequence of oral sex, and they also can be transmitted from the pharynx to the genital tract of sex partners. There have been many reports on the prevalence of pharyngeal Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae in men who have sex with men; however, there have been few reports on the prevalence of these pathogens in the pharynges of heterosexual men. In this study, we determined the prevalence of pharyngeal C. trachomatis and N. gonorrhoeae in 42 heterosexual men diagnosed with urethritis. Pharyngeal swabs and first-voided urine specimens were tested using the Gen-Probe APTIMA Combo 2 transcription-mediated amplification assay. The prevalence of pharyngeal C. trachomatis and N. gonorrhoeae in patients with urethritis was 2.4 % (1/42) and 11.9 % (5/42), respectively. Among patients with either chlamydial or gonococcal urethritis, 9.1 % (1/11) and 25.0 % (5/20) had pharyngeal C. trachomatis or N. gonorrhoeae, respectively. Our results suggest that screening for pharyngeal colonization by N. gonorrhoeae and C. trachomatis using validated nucleic acid amplification tests should be performed in heterosexual men diagnosed with urethritis.

    DOI: 10.1007/s10156-012-0410-y

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • CAN EXPERIENCE OF TURP SHORTEN THE LEARNING CURVE FOR HOLEP? 査読

    Ryo Kishimoto, Motoo Araki, Yuuko Seno, Toyohiko Watanabe, Takashi Saika, Yasuo Yamamoto, Noritaka Ishito, Nobuyuki Akazawa, Hitoshi Takamoto, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ENDOUROLOGY   26   A319 - A319   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 下大静脈腫瘍塞栓を伴ったCCSK(clear cell sarcoma of the kidney)の1例 査読

    森 聡博, 別宮 謙介, 佐々木 克己, 岸本 涼, 石井 和史, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳, 宮村 能子, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   74 ( 8 )   449 - 453   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は1歳4ヵ月の女児。急速に進行する腹部の膨満を主訴に近医受診した。CTにて肝静脈分枝部に達する下大静脈腫瘍塞栓を伴った最大径12.0cmの右腎腫瘍を認めたため、2010年2月1日当院入院となった。腫瘍生検を施行し腎明細胞肉腫(clear cell sarcoma of the kidney:CCSK)と診断、2月13日よりNational Wilms Tumor Study(NWTS)5のプロトコールに準じた化学療法(レジメンI)を2コース施行したが腫瘍塞栓の増大を認めたため、4月1日右腎全摘除および下大静脈内腫瘍摘出術を施行した。術後腫瘍床に放射線治療(計10.8Gy)を追加し、末梢血幹細胞移植を併用した化学療法(ICE療法)を2コース施行した。化学療法終了後1年以上経過した現在まで明らかな再発、転移を認めていない。CCSKは小児腎腫瘍のうち約4%を占める程度の稀な疾患である。骨転移を起こしやすいのが特徴であり、予後は不良である。下大静脈腫瘍塞栓を伴ったCCSKの報告は非常に稀であり、本邦では本症例が2例目となる。(著者抄録)

    researchmap

  • Ureteroscopic Management of Chronic Unilateral Hematuria: A Single-Center Experience over 22 Years 査読

    Motoo Araki, Shinya Uehara, Katsumi Sasaki, Koichi Monden, Masaya Tsugawa, Toyohiko Watanabe, Manoji Monga, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    PLOS ONE   7 ( 6 )   e36729   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Objective: To analyze the short and long term safety and efficacy of ureteroscopic evaluation and management of chronic unilateral hematuria.
    Methods: We retrospectively reviewed patients with chronic unilateral hematuria from 1987 to 2008. The distal to middle ureter was evaluated with a semi-rigid ureteroscope without a guidewire. Subsequently, the flexible ureteroscope was advanced into the upper ureter to the renal pelvis using a low-pressure automated irrigant system (Uromat (TM)). Lesions identified ureteroscopically were treated with diathermy fulguration.
    Results: One hundred and four (56 male, 48 female) patients were identified, with a median age of 37 (14-80) years and median follow-up of 139 (34-277) months. The median preoperative duration of gross hematuria was 5 (1-144) months. Endoscopic findings included 61 (56%) minute venous rupture (MVR; a venous bleeding without clear abnormalities), 21 (20%) hemangioma (vascular tumor-like structure), 3 (3%) varix (tortuous vein), 1 (1%) calculus and 18 (17%) no lesions. The incidence of "no lesions" was less in the recent 12 years (9%) than the first 10 years (27%), while the incidence of MVR increased from 40 to 66% (p&lt;0.05). All patients were treated endoscopically. Immediate success rate was 96% (100% in the recent 12 years). Long-term recurrent gross hematuria rate was 7%. Six resolved spontaneously and only 1 required ureteroscopy, revealing a different bleeding site.
    Conclusion: Ureteroscopy and diathermy fulguration is highly useful for evaluation and treatment of chronic unilateral hematuria. Sophisticated technique and improved instrumentation contributes to a better outcome.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0036729

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 緑膿菌性尿路バイオフィルムin vitro実験モデル系におけるコリスチンの有効性評価

    狩山 玲子, 光畑 律子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   25   43 - 46   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    新規マイクロデバイスを用いた緑膿菌性尿路バイオフィルムin vitro実験モデル系において、コリスチン(CMS)の有効性評価を行った。Pseudomonas aeruginosa OP14-210株およびGFP産生OP14-210(pMF230)株を用いた。人工尿における浮遊菌に対するCMSのMICは1μg/mLであった。マイクロデバイスに菌液を接種して人工尿を20mL/hrで灌流させ、薬剤無添加と薬剤作用後のバイオフィルムを共焦点レーザー走査型顕微鏡で観察した。GFP産生株に5 x MIC濃度でCMSを作用させて72時間後のバイオフィルム形成を観察すると、薬剤無添加に比較して阻害効果を認めた。GFP産生株が24時間で形成したバイオフィルムにCMSを10〜50 x MIC濃度で24時間作用させると、薬剤無添加のバイオフィルムに比較して、厚さが約1/2〜1/6に減少し、バイオフィルムの剥離が観察された。GFP非産生株が24時間で形成したバイオフィルムにCMSを20 x MIC濃度で48時間作用させて蛍光染色して観察すると、薬剤無添加のバイオフィルムに比較して死菌イメージが増強した。本検討においてバイオフィルム形成阻害効果を認めたCMSの5〜20 x MIC濃度は、ヒトへの通常投与量で尿中に達する濃度範囲にあることから、尿路における緑膿菌性バイオフィルム感染症の治療に有効である可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 【泌尿器科ベッドサイドマニュアル】ベッドサイドトラブル対処法 創感染症,創離開

    渡邉 豊彦

    臨床泌尿器科   66 ( 4 )   108 - 112   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

  • Laparoscopic-Assisted Tension-free Vaginal Mesh: An Innovative Approach to Placing Synthetic Mesh Transvaginally for Surgical Correction of Pelvic Organ Prolapse 査読

    Toyohiko Watanabe, Miyabi Inoue, Ayano Ishii, Toyoko Yamato, Masumi Yamamoto, Katsumi Sasaki, Yasuyuki Kobayashi, Motoo Araki, Shinya Uehara, Takashi Saika, Hiromi Kumon

    ACTA MEDICA OKAYAMA   66 ( 1 )   23 - 29   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Polypropylene mesh implants for the correction of pelvic organ prolapse (POP) are now available in Japan. We developed an innovative approach for correcting POP by placing polypropylene mesh transvaginally with laparoscopic assistance. From June 2007 through March 2010, sixteen consecutive patients with symptomatic stage 2 or 3 pelvic organ prolapse underwent the laparoscopic-assisted tension-free vaginal mesh procedure at Okayama University Hospital. All patients were evaluated before and at 1, 3, 6, and 12 months after surgery. Female sexual function was also evaluated with the Female Sexual Function Index (FSFI). The procedure was performed successfully without significant complications. Fifteen of 16 patients were considered anatomically cured (93.8%) at 12 months postoperatively. One patient with a recurrent stage 3 vaginal vault prolapse required sacral colpopexy six months postoperatively. Total FSFI scores improved significantly from 10.3 +/- 1.3 at baseline to 18.0 +/- 1.2 at 12 months after surgery. The laparoscopic-assisted trans-vaginal mesh is a safe, effective, and simple procedure for POP repairs. The procedure not only restores anatomic relationships but also improves sexual function.

    DOI: 10.18926/AMO/48078

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 収縮不全随伴性排尿筋過反射と考えられた症例に対する治療経験 査読

    大橋 輝久, 竹中 皇, 佐古 真一, 近藤 捷嘉, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   74 ( 1 )   16 - 20   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    我々は尿流動態検査でDHICと考えられた40例に対して、α1遮断剤であるウラピジルを中心とした薬物療法を施行し、その有用性について検討した。3ヵ月目の効果に関し、α1遮断剤単独例は16例中12例(75.0%)抗コリン剤併用が24例中15例(62.5%)の改善率を認めた。症状別効果については排尿困難、尿意切迫感に対する改善率が100.0%であった。また12ヵ月目における効果については、α1遮断剤単独例および抗コリン剤併用例とも3ヵ月とほぼ同じ改善率を認め、症状別でも3ヵ月目の改善率と変化がなかった。以上より、DHICに対する、α1遮断剤単独あるいは抗コリン剤併用の有用性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Pelvic surgeons caught in the meshes of the law. 査読

    Watanabe T, Chancellor MB

    Reviews in urology   14 ( 1-2 )   35 - 36   2012年

     詳細を見る

  • URETEROSCOPIC MANAGEMENT FOR UPPER TRACT UROTHELIAL CARCINOMA: LONG-TERM SINGLE INSTITUTION EXPERIENCE 査読

    Araki Motoo, Uehara Shinya, Watanabe Toyohiko, Koichi Monden, Masaya Tsugawa, Yasuyuki Kobayashi, Shin Ebara, Saika Takashi, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ENDOUROLOGY   25   A177 - A177   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における女性外来統計と患者アンケート調査 査読

    井上 雅, 石井 亜矢乃, 大和 豊子, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   73 ( 9 )   470 - 474   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    当院では2003年5月に女性医師のみで診察に当たる泌尿器科女性専門外来を開設した。そこで今回、2003年から2009年までの新患患者の年次変遷を調査し、臨床的検討を行った。また、新患患者に対し、満足度と傾向についてのアンケートを施行したので報告する。新患患者数は91人(2003年)、86人(2004年)、53人(2005年)、108人(2006年)、137人(2007年)、116人(2008年)、149人(2009年)と増加傾向であった。年齢は60〜70歳代が最も多く、全体の約半数であった。疾患別では尿漏れを主訴とする腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、混合性尿失禁で約30%を占めており、失禁を伴わない過活動膀胱は約10%であった。2007年の骨盤臓器脱患者は9.5%であったが、2008年以降、約20%まで増加した。骨盤臓器脱以外の疾患、患者年齢ともに年次的変化は認めなかった。総手術件数は、2006年以前は10件未満であったが、2007年にTVM、TOT手術を導入し、23件(2007年)、23件(2008年)、20件(2009年)と増加した。アンケート結果はインターネットをみて受診する患者が増加していた。また、ほとんどの患者は女性外来での診察に満足していた。新患患者数は増加傾向であり、尿失禁、過活動膀胱、骨盤臓器脱、そして今後はさらに女性性機能障害も治療対象となっていくと思われ、泌尿器科女性専門外来のニーズは高まると思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • 淋菌性尿道炎患者での咽頭における淋菌の分離状況に関する検討 査読

    石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡邉 豊彦, 狩山 玲子, 公文 裕巳

    日本性感染症学会誌   22 ( 1 )   108 - 113   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本性感染症学会  

    岡山近郊の3施設で加療された男性淋菌性尿道炎患者56例を対象に、咽頭における淋菌の分離状況を検討した。その結果、咽頭検体における淋菌陽性例は7例(13.0%)であった。感染の原因となった性行為はオーラルセックスのみ2例、腟性交のみ2例、オーラルセックス+腟成功1例、オーラルセックス+腟性交+ディープキス2例であった。尿道と咽頭の株がPFGE解析で同一パターンを示し、MICもほぼ同一であった症例は4例で、他の3例はPFGE解析で異なるパターンを示し、MICも異なっていた。

    researchmap

  • Nerve growth factor level in the prostatic fluid of patients with chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome is correlated with symptom severity and response to treatment 査読

    Toyohiko Watanabe, Miayabi Inoue, Katsumi Sasaki, Motoo Araki, Shinya Uehara, Koichi Monden, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon, Michael B. Chancellor

    BJU INTERNATIONAL   108 ( 2 )   248 - 251   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    OBJECTIVE
    To explore whether levels of nerve growth factor (NGF) in expressed prostatic secretions (EPS) are correlated with symptom severity in chronic prostatitis (CP) and chronic pelvic pain syndrome (CPPS).
    PATIENTS AND METHODS
    All patients with CP/CPPS underwent a complete history and physical examination, and were scored according to the National Institutes of Health Chronic Prostatitis Symptom Index (NIH-CPSI).
    Expressed prostatic secretion samples from 20 patients with CP/CPPS and from four asymptomatic control patients were collected and frozen, and NGF levels in EPS were measured by enzyme-linked immunosorbent assay.
    Patients were asked to complete NIH-CPSI questionnaires at baseline and 8 weeks after treatment and patients with at least a 25% decrease in total NIH-CPSI score from the baseline values were classified as responders to treatment.
    RESULTS
    The mean (+/-SD) NGF levels in EPS of patients with CP/CPPS and asymptomatic control patients were 7409 (+/-3788) pg/mL and 4174 (+/-1349) pg/mL, respectively. The NGF level in patients with CP/CPPS correlated directly with pain severity (P = 0.014, r = 0.541).
    There were no significant differences between NGF levels in EPS before and after treatment. However, successful treatment significantly decreased NGF levels in responders (P = 0.001).
    CONCLUSION
    Nerve growth factor might contribute to the pathophysiology of CP/CPPS as changes in NGF level in EPS occurred in proportion to pain severity. Therefore, these results suggest that NGF could be used as a new biomarker to evaluate the symptoms of CP/CPPS and the effects of treatment.

    DOI: 10.1111/j.1464-410X.2010.09716.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • SAFETY AND EFFECTIVENESS OF HOLMIUM LASER ENUCLEATION OF THE PROSTATE (HOLEP) IN PATIENTS ON ONGOING ORAL ANTIPLATELET THERAPY: A MULTICENTER PROSPECTIVE STUDY IN JAPAN 査読

    Toyohiko Watanabe, Miyabi Inoue, Ryo Kishimoto, Katsumi Sasaki, Takashi Saika, Hiromi Kumon, Yasuhiro Nishiyama, Takaharu Ichikawa, Shuniji Hayata, Teruhiko Yokoyama, Atsuhi Nagai, Hitoshi Takamoto, Noriaki Ono

    JOURNAL OF UROLOGY   185 ( 4 )   E840 - E840   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.juro.2011.02.2298

    Web of Science

    researchmap

  • URETEROSCOPIC EVALUATION AND TREATMENT OF CHRONIC UNILATERAL HEMATURIA: A 24-YEAR EXPERIENCE 査読

    Motoo Araki, Shinya Uehara, Koichi Monden, Toyohiko Watanabe, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   185 ( 4 )   E556 - E557   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.juro.2011.02.1240

    Web of Science

    researchmap

  • CHANGES IN CLITORIAL BLOOD FLOW FOLLOWING SURGERY WITH TENSION-FREE VAGINAL MESH FOR PELVIC ORGAN PROLAPSE 査読

    Toyohiko Watanabe, Miyabi Inoue, Ayano Ishii, Toyoko Yamato, Motoo Araki, Shinya Uehara, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   185 ( 4 )   E685 - E685   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.juro.2011.02.1894

    Web of Science

    researchmap

  • 手術指導と安全確保 岡山大学泌尿器科における腹腔鏡教育の取り組み 腹腔鏡技術認定医取得を目指した 査読

    小林 泰之, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   73 ( 4 )   161 - 164   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    岡山大学泌尿器科では、安全で確実な腹腔鏡手術手技の普及を目的に、2005年より腹腔鏡教育プログラムを作成し開始している。このプログラムの大きな柱は(1)術式の標準化、(2)術者の固定、(3)段階的なトレーニングカリキュラムである。これまでに14名がこの教育プログラムに参加した。今回、このプログラムの評価を行う。(著者抄録)

    researchmap

  • Impact of overactive bladder and lower urinary tract symptoms on sexual health in Japanese women 査読

    Tomoko Sako, Miyabi Inoue, Toyohiko Watanabe, Ayano Ishii, Teruhiko Yokoyama, Hiromi Kumon

    INTERNATIONAL UROGYNECOLOGY JOURNAL   22 ( 2 )   165 - 169   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER LONDON LTD  

    This study aims to assess whether lower urinary tract symptoms (LUTS) affect sexual function in Japanese females.
    A multi-component questionnaire was mailed to 576 female hospital workers. It contained the Female Sexual Function Index (FSFI) and a self-administered questionnaire pertaining to LUTS.
    Of the 276 responses (overall response rate, 47.9%), 146 questionnaires were evaluable. LUTS had been experienced by 72 (49.3%) of the respondents, 17 (11.6%) had urge urinary incontinence, and 35 (24.0%) had stress urinary incontinence (SUI). The mean overall FSFI score was 22.4 +/- 9.0. The mean FSFI score was not significantly different between women with LUTS and women without LUTS (23.2 +/- 9.3 and 21.6 +/- 8.8, respectively; P = 0.057). However, the mean FSFI score of women with SUI was significantly lower than that of women without it (P = 0.04). No other symptoms showed significant differences in FSFI scores.
    Our results suggest that sexual dysfunction is related to SUI.

    DOI: 10.1007/s00192-010-1250-x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 小径腎癌に対する腎温存手術 査読

    小林 泰之, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   73 ( 2 )   51 - 57   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    CTや超音波検査の普及に伴い、腎癌症例のうち小径腎癌が占める割合が増えてきている。小径腎癌の治療は、制癌だけでなく、腎機能温存、低侵襲性、合併症といった様々な要素を総合的に考慮して選択することが要求される。腹腔鏡下腎部分切除術は、開腹手術に比べ低侵襲であるが、阻血時間や合併症の頻度が高い。腹腔鏡下腎部分切除術に代わる手段として、欧米や韓国ではロボット補助下腎部分切除術が行われている。

    researchmap

  • 緑膿菌性尿路バイオフィルムin vivo感染症モデルへのリアルタイムイメージング装置の応用性に関する検討

    狩山 玲子, 堀 賢司, 光畑 律子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    緑膿菌感染症研究会講演記録   44回   98 - 103   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    ラット膀胱内に留置したポリエチレンチューブに緑膿菌バイオフィルムを形成させるin vivo実験モデル系を確立し、その実験モデル系を使用して抗菌薬の治療効果を評価した。IVIS imaging systemの応用性を検証するために、ラットのみならずマウスの膀胱内に留置したポリエチレンチューブに緑膿菌バイオフィルムを形成させ、IVIS Luminaでの観察を行った。IVIS Luminaによる観察において、貯尿時には発光を認めたが、排尿後には捉えることができず、ポリエチレンチューブに形成されたバイオフィルムのin vivo発光は検出限界以下であった。少なくとも7日間持続の再現性ある尿路バイオフィルム感染症モデルを作製することができた。経日的に測定した結果、バイオフィルム形成量と生菌数に相関性を認めた。

    researchmap

  • 腹腔鏡下尿膜管遺残摘出術の8例

    荒木 元朗, 雑賀 隆史, 荒木 大司, 小林 泰之, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    Japanese Journal of Endourology and ESWL   23 ( 3 )   160 - 160   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    researchmap

  • 女性腹圧性尿失禁に対する補中益気湯の有用性に関する検討

    井上 雅, 横山 光彦, 石井 亜矢乃, 渡辺 豊彦, 大和 豊子, 公文 裕巳

    日本東洋医学雑誌   61 ( 6 )   853 - 855   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本東洋医学会  

    女性腹圧性尿失禁患者に対して補中益気湯を4週間投与し、その臨床的有用性を検討した。女性腹圧性尿失禁患者13名に対し、食前に1日3回補中益気湯7.5gを4週間投与した。治療前、治療1ヵ月後に、VAS(visual analog scale)、IQOL(Incontinence-QOL)による自覚症状の変化を観察し、また排尿日誌を用いて排尿回数、尿失禁回数の変化、パッドテストによる失禁量の変化、尿流測定による他覚的な排尿状態の変化の確認を行った。また投与終了時の患者の満足度も検討した。結果は有意差は認めなかったが、VAS、IQOLスコア、いずれも改善傾向であった。パッドテスト、失禁回数は減少傾向であった。排尿回数、最大尿流量は変化なく、患者満足度は高かった。BMI別で検討すると非肥満型では有意にVAS、IQOLの改善を認めた。補中益気湯は排尿状態に影響を及ぼさず、尿失禁の程度、証などを考慮すれば有効であることが示唆された。副作用として重篤なものは認めなかった。(著者抄録)

    researchmap

  • 効果的効率的な泌尿器腹腔鏡手術医の育成 効果的・効率的な泌尿器腹腔鏡手術医の育成 岡山大学の取り組み 査読

    小林 泰之, 上松 克利, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   72 ( 6 )   294 - 296   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 耐性菌、難治性感染症とバイオフィルム メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能およびblaIMP-1遺伝子の伝達性に関する検討

    山本 満寿美, 狩山 玲子, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   23   71 - 75   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    プラスミド性の薬剤耐性遺伝子を保有するメタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌は、ほぼ全ての抗菌薬に高度耐性を示す傾向が強く、院内感染対策上、特に留意する必要がある。そこでMBL産生緑膿菌に着目し、バイオフィルム形成能およびblaIMP-1遺伝子の伝達性に関する検討を行った。A県3施設で分離されたIMP-1型MBL産生緑膿菌123株を対象とした。バイオフィルムアッセイにはマイクロプレートを用い、トリプトソイブイヨン培地中のバイオフィルム形成能を定量化した。フィルター法による接合伝達実験では、受容菌としてPseudomonas aeruginosa ML5017株、イミペネムとリファンピシン添加の選択培地を用いた。バイオフィルム高度形成群OD570≧1;29株(23.6%)、中等度1&gt;OD570≧0.5;47株(38.2%)、低度0.5&gt;OD570≧0;47株(38.2%)であった。高度・中等度形成群76株のうち、尿由来株は57株(75.0%)であった。35株の接合伝達実験を行った結果、33株でイミペネム耐性が伝達し、そのうち9株は伝達頻度が比較的高かった(10^-4〜10^-6)。PCR法およびパルスフィールドゲル電気泳動法により、24株中18株のblaIMP-1遺伝子の伝達性が確定できた。バイオフィルム形成能が高い緑膿菌は、環境中に長期に生息し、薬剤耐性遺伝子を獲得している可能性がある。MBL産生緑膿菌の伝播・拡散防止のためには、バイオフィルムを形成させないための医療・療養環境の管理が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • CLITORIAL BLOOD FLOW CHANGES AFTER SURGERY WITH TENSION-FREE VAGINAL MESH FOR PELVIC ORGAN PROLAPSE 査読

    Toyohiko Watanabe, Miyabi Inoue, Ayano Ishii, Toyoko Yamato, Hiroyuki Nose, Katsutoshi Uematsu, Katsumi Sasaki, Motoo Araki, Shinya Uehara, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   183 ( 4 )   E583 - E583   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.juro.2010.02.1250

    Web of Science

    researchmap

  • Cell-penetrating D-Isomer Peptides of p53 C-terminus: Long-term Inhibitory Effect on the Growth of Bladder Cancer 査読

    Daiji Araki, Kentaro Takayama, Miyabi Inoue, Toyohiko Watanabe, Hiromi Kumon, Shiroh Futaki, Hideki Matsui, Kazuhito Tomizawa

    UROLOGY   75 ( 4 )   813 - 819   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    OBJECTIVES To investigate whether a single application of the membrane-permeable D-isomer of the p53 C-terminus connected with a retro-inverso version of the NH(2)-terminal 20-amino acid peptide of the influenza virus hemagglutinin-2 protein (riHA2) inhibited the growth of bladder cancer cells. The transduction of p53 using poly-arginine is useful for targeting and suppressing the growth of bladder cancer cells. However, the protein&apos;s intracellular half-life is short, and repeated application is necessary to achieve an anti-tumor effect.
    METHODS The p53 carboxyl-terminal peptides covalently coupled with cell-penetrating peptides were synthesized with D- or L-amino acids. Moreover, the peptides were connected with riHA2 by a disulfide bridge. Human bladder cancer cell lines were incubated with each peptide and cell viability was assessed with the WST assay. Apoptotic cells were confirmed by Hoechst and active capase-3 staining. The p53 peptides were injected into severe combined immunodeficiency disease mice transplanted with J82 cells to investigate their anti-tumor effect on bladder tumors. A survival curve was plotted using the Kaplan-Meier method.
    RESULTS A single application of cell-penetrating D- isomer peptides of the p53 C-terminus connected with riHA2 (d11R-p53C&apos;-riHA2 and dFHV-p53C&apos;-riHA2) inhibited the growth and induced the apoptosis of bladder cancer cells. The tumor-bearing mice treated only with vehicle had a mean survival time of 12 days, whereas treatment with d11R-p53C&apos;-riHA2 resulted in a long-term survival rate of 50%.
    CONCLUSIONS Peptide transduction therapy using the D- isomer p53 C-terminal peptide with riHA2 may be an innovative method for the treatment of bladder cancer. UROLOGY 75: 813-819, 2010. (C) 2010 Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.urology.2009.10.002

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • URETEROSCOPIC EVALUATION AND TREATMENT OF CHRONIC UNILATERAL HEMATURIA: A 23-YEAR EXPERIENCE 査読

    Motoo Araki, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   183 ( 4 )   E494 - E494   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.juro.2010.02.846

    Web of Science

    researchmap

  • The future of urodynamics: Non-invasive ultrasound videourodynamics 査読

    Hideo Ozawa, Tatsuo Igarashi, Katsutoshi Uematsu, Toyohiko Watanabe, Hiromi Kumon

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   17 ( 3 )   241 - 249   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    A totally non-invasive transperineal urodynamic technique using Doppler ultrasonography has been developed. Normal urine doesn&apos;t have blood cells so urine was thought not to produce Doppler effects. However, basic studies confirmed that the decrease of pressure at high velocity (Bernoulli effects) caused dissolved gas to form microbubbles, which are detected by Doppler ultrasonography. Subjects sat and a probe was advanced via remote control to achieve gentle contact with the perineal skin. The digital uroflow data signals and the color Doppler ultrasound video images were processed on a personal computer. This method was viable to diagnose the degree of bladder outlet obstruction. The advantage of being rapid, effective, and equipped with no special attachments allows it to surpass any other non-invasive urodynamic methods. The difference between the echocardiogram and the ultrasound urodynamic system is only the frequency of obtaining velocity information: more than 50 times per minute vs once every several hours, respectively. Although the ultrasound urodynamic system is more difficult to develop than the echocardiogram, one principle is shared by both methods. The patient can void freely without interruptions, there is no contact between the penis and the equipment and it is specifically directed toward non-invasive diagnosis. The development of non-invasive Doppler ultrasound videourodynamics will dramatically expand understanding of voiding function.

    DOI: 10.1111/j.1442-2042.2010.02447.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【Female Urology 新たなartとevidence】腹腔鏡を併用した新しいTVM手術

    渡邉 豊彦

    Urology View   8 ( 1 )   94 - 99   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • リアルタイムin vivoイメージングシステムでの緑膿菌マウス大腿部感染モデルに対するビアペネムの有効性評価

    狩山 玲子, 堀 賢司, 落合 和彦, 光畑 律子, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳

    緑膿菌感染症研究会講演記録   43回   118 - 122   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    IVIS imaging systemの感染症領域への応用性を検証するため、緑膿菌マウス大腿部感染モデルを作製し、抗菌薬biapenem(BIPM)の治療効果をリアルタイムに観察した。生菌数測定の結果、BIPMは単回投与に比べ、頻回投与で有意に高い治療効果を示し、PK(pharmacokinetic)/PD(pharmacodynamic)におけるTime above MICが影響する薬剤であることが確認された。また、IVISによる測定の結果、BIPMの投与により経時的にマウス大腿部の発光強度の変化・消失のイメージが得られ、生菌数と関連性があると考えられた。更に生菌数とフォント数との関連性も確認された。

    researchmap

  • 尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン(第1版)

    松本 哲朗, 高橋 聡, 清田 浩, 安田 満, 石川 清仁, 高橋 彰, 山本 新吾, 荒川 創一, 門田 晃一, 村谷 哲郎, 濱砂 良一, 速水 浩士, 公文 裕巳, 渡辺 豊彦, 上原 慎也, 川原 元司, 中川 昌之, 山根 隆史, 石原 哲, 出口 隆, 菊池 達也, 内藤 誠二, 野村 博之, 平賀 紀行, 金丸 聰淳, 小川 修, 守殿 貞夫, 重村 克巳, 田中 一志, 中野 雄造, 藤澤 正人, 三浦 徹也, 国島 康晴, 塚本 泰司, 松川 雅則, 山田 陽司, 赤坂 聡一郎, 小野寺 昭一, 島 博基, 繁田 正信, 星長 清隆, 長田 幸夫, 和田 耕一郎, 日本化学療法学会UT, 薬効評価基準見直しのための委員会

    日本化学療法学会雑誌   57 ( 6 )   511 - 525   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Experimental and Clinical Studies on Fluoroquinolone-insusceptible Escherichia coli Isolated from Patients with Urinary Tract Infections from 1994 to 2007 査読

    Koichiro Wada, Reiko Kariyama, Ritsuko Mitsuhata, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Koichi Monden, Hiromi Kumon

    ACTA MEDICA OKAYAMA   63 ( 5 )   263 - 272   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    Urinary tract infections (UTIs) due to fluoroquinolone-insusceptible Escherichia coli have become increasingly common in recent years. We investigated the potential relationships between clinical measures to combat fluoroquinolone-insusceptible E. coli and experimental analyses on E. coli isolates. Over a 14-year period from 1994 through 2007, a total of 828 E. coli isolates were collected from patients (one isolate per patient) with UTI at the urology ward of Okayama University Hospital. We analyzed the mutations in quinolone resistance-determining regions of DNA gyrase (gyrA) and topoisomerase IV (parC). The production of biofilm by these isolates was also examined and the associated medical records were retrospectively reviewed. Seven of 189 (3.7%) strains from uncomplicated UTIs and 82 of 639 (12.8%) strains from complicated UTIs were insusceptible to fluoroquinolones. Amino acid replacements of type 11 topoisomerases were frequently observed at positions 83 and 87 in GyrA and at positions 80 and 84 in ParC. No significant difference in the biofilm-forming capabilities was observed between fluoroquinolone-susceptible and -insusceptible E. coli. Our study suggests that biofilm formation of fluoroquinolone-insusceptible E. coli isolates is not a major mechanism of resistance in patients with UTI.

    DOI: 10.18926/AMO/31836

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 質問BOX 尿路感染症の患者さんはDIC(汎発性血管内凝固)を併発して入院されることが多いので、そのときにどのような治療・ケアが行われるのかを教えてください

    渡邉 豊彦

    泌尿器ケア   14 ( 10 )   1000 - 1004   2009年10月

  • 尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能および分子疫学的検討

    石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 光畑 律子, 佐古 真一, 和田 耕一郎, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳

    BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   22   59 - 64   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    2001〜2006年に県下3施設で分離した尿路由来メタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌(Pa)75株を対象に、大学泌尿器科で同時期に分離した尿路由来MBL非産生Pa66株を比較対象に、尿路由来MBL産生Paのバイオフィルム(BF)形成能を検討し、パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)法により遺伝子解析した。尿路由来MBL産生Pa75株のBF形成能は尿路由来MBL非産生Pa66株に比べ約3倍の高値を示した。BF形成能は施設ごとに特徴があった。PFGE解析では尿素由来MBL産生Pa75株には同一株を認めなかったが一施設において類似株を2組認めた。そのうち1株はBF形成能が同値であり分離日の隔たりが4日であることから直接的な交差感染の可能性が考えられた。別の1組は分離日の隔たりが約3ヵ月で、環境中に生息していたMBL産生Paが変異し間接的に伝播した可能性が示唆された。

    researchmap

  • 【食中毒】ボツリヌス神経毒素を用いた尿失禁,尿排出障害の治療

    渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    臨床検査   53 ( 6 )   723 - 726   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

  • URETEROSCOPIC EVALUATION AND TREATMENT OF CHRONIC UNILATERAL HEMATURIA: A 22-YEAR EXPERIENCE 査読

    Motoo Araki, Shinichi Uehara, Koichi Monden, Toyohiko Watanabe, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   181 ( 4 )   450 - 450   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0022-5347(09)61279-9

    Web of Science

    researchmap

  • 尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン 第1版 最終案

    松本 哲朗, 荒川 創一, 村谷 哲郎, 安田 満, 高橋 彰, 公文 裕巳, 門田 晃一, 渡辺 豊彦, 上原 慎也, 川原 元司, 中川 昌之, 速見 浩士, 山根 隆史, 石原 哲, 出口 隆, 菊池 達也, 内藤 誠二, 野村 博之, 平賀 紀行, 金丸 聰淳, 小川 修, 守殿 貞夫, 重村 克巳, 田中 一志, 中野 雄造, 藤澤 正人, 三浦 徹也, 国島 康晴, 高橋 聡, 塚本 泰司, 松川 雅則, 山田 陽司, 赤坂 聡一郎, 小野寺 昭一, 清田 浩, 島 博基, 山本 新吾, 繁田 正信, 石川 清仁, 星長 清隆, 濱砂 良一, 長田 幸夫, 日本化学療法学会臨床評価法制定委員会

    日本化学療法学会雑誌   57 ( 2 )   np1 - 20   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Use of Doppler ultrasound for non-invasive urodynamic diagnosis 査読

    Hideo Ozawa, Toyohiko Watanabe, Katsutoshi Uematsu, Katsumi Sasaki, Miyabi Inoue, Hiromi Kumon

    Indian Journal of Urology   25 ( 1 )   110 - 115   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Objectives: A totally non-invasive transperineal urodynamic technique using Doppler ultrasonography has been developed. Methods: Since normal urine does not have blood cells, urine was thought not to produce the Doppler effects. However, basic studies confirmed that the decrease of pressure at high velocity (Bernouilli effect) caused dissolved gas to form microbubbles, which are detected by Doppler ultrasonography. Subjects sat and the probe was advanced via remote control to achieve gentle contact with the perineal skin. The digital uroflow data signals and the color Doppler ultrasound video images were processed on a personal computer. The flow-velocity curves from two sites
    the distal prostatic urethra just above the external sphincter (V1) and the sphincteric urethra (V2) were plotted against time. The parameters of both the pressure-flow studies and the Doppler ultrasound urodynamic studies were compared in men who had various degrees of obstruction. Results: Functional cross-sectional area at prostatic urethra (A1), calculated by Q max/V1, was lower in the group of bladder outlet obstruction (BOO) vs. control group. Velocity ratio (VR), which was calculated by V1/V2, was the parameter having the best correlation with BOO index, though A1 had a similar correlation. This method is viable to diagnose the degree of BOO. Conclusions: The development of non-invasive Doppler ultrasound videourodynamics (Doppler UDS) will dramatically expand the information on voiding function.

    DOI: 10.4103/0970-1591.45548

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Naftopidil and propiverine hydrochloride for treatment of male lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia and concomitant overactive bladder: A prospective randomized controlled study 査読

    Teruhiko Yokoyama, Katsutoshi Uematsu, Toyohiko Watanabe, Katsumi Sasaki, Hiromi Kumon, Atsushi Nagai

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF UROLOGY AND NEPHROLOGY   43 ( 4 )   307 - 314   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS AS  

    Objective. To assess the efficacy and safety of propiverine hydrochloride (antimuscarinic), naftopidil (1-adrenoceptor antagonist) or both in patients with male lower urinary tract symptoms (LUTS) suggestive of benign prostatic hyperplasia and concomitant overactive bladder (OAB). Material and methods. Men aged at least 50 years who had a total International Prostate Symptom Score (IPSS) of 8 or higher and bladder dairy documenting micturition frequency (more than eight micturitions/24 h) and urgency (more than one episode/24 h), with or without urgency urinary incontinence were randomized into three groups: group N, naftopidil (50 mg once daily) only; group P, propiverine hydrochloride (20 mg once daily); and group NP, naftopidil (50 mg once daily) plus propiverine hydrochloride (20 mg once daily) for a 4-week treatment regimen. Results. A total of 66 men, including 20 in group N, 23 in group P and 23 in group NP, were treated and 58 (87.9%) completed the 4 weeks of treatment. IPSS improved significantly in groups N and NP. Urinary frequency improved significantly in groups P and NP. Postvoid residual urine volume increased significantly in groups P and NP. Significant improvements in urgency episodes were noted in each group. One patient in group P required catheterization owing to acute urinary retention and another stopped medication because of difficulty in voiding. Conclusion. These results suggest that each treatment showed effectiveness for male LUTS with OAB. However, there are some possibilities of adverse effects with propiverine hydrochloride monotherapy.

    DOI: 10.1080/00365590902836740

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Initial Report of Hybrid Radical Prostatectomy for Prostate Cancer: Reduced Bleeding, Clear Vision, and Secure Surgical Margins 査読

    Takashi Saika, Yasuyuki Kobayashi, Toyohiko Watanabe, Daisuke Manabe, Shin Ebara, Shinya Uehara, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    ACTA MEDICA OKAYAMA   62 ( 6 )   379 - 384   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OKAYAMA UNIV MED SCHOOL  

    To evaluate morbidity in Hybrid Radical Prostatectomy (HRP, hybridized laparoscopic and open retropubic radical prostatectomy). The operative and pathological outcomes obtained in 25 consecutive patients who underwent HRP were reviewed. The median operating time was 220min, median blood loss was 550ml, and no patient required an allogenic blood transfusion. No severe postoperative complications were observed. The surgical margin was positive in 12% of all patients, and in 1 patient with pT2 or less (4.5 %). These results indicate that HRP is safe and may be able to combine the benefits of both laparoscopic and open procedures.

    DOI: 10.18926/AMO/30950

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • メタロ-β-ラクタマーゼ産生緑膿菌のバイオフィルム形成能と耐性遺伝子伝達性の検討

    山本 満寿美, 狩山 玲子, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳, 草野 展周

    緑膿菌感染症研究会講演記録   42回   95 - 99   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    岡山県下3施設にて2001〜2006年の6年間に分離されたメタロβラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌のバイオフィルム産生能を定量化し、耐性遺伝子の伝達性に関する検討及び分子疫学的検討を行った。その結果、材料別内訳はIMP-1型遺伝子保有株(131株)では尿:84株(64.1%)・喀痰:10株・便:10株・膿:7株・血液:2株・その他:18株で、VIM-2型遺伝子保有株(12株)では血液:4株・喀痰:2株・尿1株・膿:1株・その他4株であった。MBL産生緑膿菌143株のバイオフィルム形成能をOD570値から分類すると高度形成群(OD570≧1):34株(23.8%)、中等度形成群(1&gt;OD570≧0.5):49株(34.2%)、低形成群(0.5&gt;OD570≧0):60株(42.0%)であった。VIM-2型遺伝子保有株は12株全てが低形成群であり、バイオフィルム形成能の平均OD750値は0.69±0.04であった。143株中83株(58.0%)がバイオフィルム高度・中等度形成群に属する菌株で、83株中61株(73.5%)は尿由来であり、他の材料株に比して高いバイオフィルム形成能示す株が多く認められた。接合伝達性を検討したIMP-1型遺伝子保有15株(バイオフィルム形成能高度・中等度・低度各5株)中、高度形成群の2株・中等度形成群の1株・低度形成群の2株の計5株にイミペネム耐性の伝達を認め、伝達頻度は10^-3〜10^-5であった。

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科におけるがん薬物療法副作用対策マニュアルの有用性

    玉木 千尋, 名和 秀起, 庵谷 亜希子, 雑賀 隆史, 渡邉 豊彦, 相良 英憲, 河崎 陽一, 松永 尚, 千堂 年昭, 高山 房子, 五味田 裕, 公文 裕巳, 川崎 博巳

    医療薬学   34 ( 10 )   962 - 971   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療薬学会  

    岡山大学病院泌尿器科におけるがん薬物療法副作用対策マニュアルの有用性について検討した。作成したマニュアルを病棟医師13例に配布した。6ヵ月後にアンケート調査を行い、13例より回答を得た。マニュアルの使用頻度は、週1回が30.8%、月2〜3回が30.8%、月1回が30.8%、ほとんど使わないが7.7%であった。マニュアル記載項目のなかで最も使用頻度の高い項目は、投与量・投与時間・投与スケジュール、腎障害時・肝障害時の抗がん剤減量目安、副作用モニタリングシート、米国臨床腫瘍学会で推奨されている制吐薬の組み合わせ方であった。マニュアルの有用性に関して具体的に質問して、各質問項目を4段階で評価した。それぞれで3-4の評価が8割を超えた。マニュアルが役に立つ点では、「重篤な副作用の回避」および「適切な治療の提供」が6割を超えた。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J03520&link_issn=&doc_id=20081015410009&doc_link_id=%2Fdb5pharm%2F2008%2F003410%2F009%2F0962-0971%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdb5pharm%2F2008%2F003410%2F009%2F0962-0971%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 尿中カテコールアミン代謝産物が高値を示した副腎神経節細胞腫の1例 査読

    岸本 涼, 渡邉 豊彦, 赤澤 信幸

    西日本泌尿器科   70 ( 9 )   506 - 509   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    16歳女。2005年8月上旬より間歇的な左下腹部痛が出現し自然軽快したが、1ヵ月後に同部位に持続性の痛みが出現し、救急センターに受診し緊急入院となった。CTで左副腎部に4×4×7cmの上下に長く内部に石灰化を伴う腫瘍を認めた。入院1日後に尿中バニルマンデル酸(VMA)定性が陽性を示し、尿中VMA定量は4.5mg/dayと正常であったが、尿中ホモバニール酸(HVA)が6.5mg/dayと高値であった。CTで左副腎外側から下方へ、腎動静脈間へ拡がる造影効果のある長径約7cmの腫瘍を認めた。MRIではT1強調像で低信号、T2強調像で不均一な高信号を示し、周囲組織とは境界明瞭な非浸潤性の腫瘍を認め、神経節細胞腫と診断した。131I-MIBGシンチグラフィで左副腎腫瘍に集積を認め、悪性腫瘍の可能性を否定できず経腹式左副腎摘除術を施行した。腫瘍は腎動脈、腎静脈に強固に癒着し、剥離、腫瘍摘除に難渋したが、左腎を温存して腫瘍を完全に摘除した。術中迅速病理診断で神経節細胞腫と診断し可及的に腫瘍を切除した。病理組織学的所見では、異型性のない紡錘形細胞が柵状に配列し、その中にニッスル顆粒を伴う多数の島状に増殖する成熟した神経細胞群を認め神経節細胞腫の典型像を呈していた。術後施行したレノグラムで左腎は右の7割の機能を保っていた。2ヵ月後退院し再発等は認めなかった。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2008&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20080924330008&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2008%2F007009%2F008%2F0506-0509%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2008%2F007009%2F008%2F0506-0509%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 男性淋菌性尿道炎の患者背景および薬剤感受性の年次推移と尿道炎のアンケート結果 査読

    石井 亜矢乃, 河内 啓一郎, 和田 耕一郎, 佐古 真一, 上原 慎也, 渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳, 近藤 捷嘉, 大橋 輝久, 村尾 航, 赤澤 信幸, 村田 匡, 津川 昌也, 中村 あや, 西 光雄, 水野 全裕, 甲斐 誠二, 那須 良次, 小野 憲昭, 倉繁 拓志, 吉田 光宏, 亀井 義広

    西日本泌尿器科   70 ( 7 )   386 - 387   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 【泌尿器科の最前線 知っておきたい泌尿器科の新しい治療とケアの要点】過活動膀胱(OAB)に対する治療の最前線 ボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法

    渡邉 豊彦, 公文 裕巳

    泌尿器ケア   13 ( 7 )   693 - 695   2008年7月

  • Ureteroscopic evaluation and treatment of chronic unilateral hematuria: A 20-year experience 査読

    Motoo Araki, Kouichi Monden, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   179 ( 4 )   282 - 282   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0022-5347(08)60820-4

    Web of Science

    researchmap

  • A comparative study of the oncological long-term outcome of laparoscopic nephroureterectomy and standard nephroureterectomy for upper urinary tract transitional cell carcinoma 査読

    Yasuyuki Kobayashi, Daisuke Manabe, Shinya Uehara, Toyohiko Watanabe, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF UROLOGY   179 ( 4 )   291 - 291   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/S0022-5347(08)60847-2

    Web of Science

    researchmap

  • 1995年から2006年に分離された尿路由来フルオロキノロン耐性大腸菌に関する検討

    和田耕一郎, 河内啓一郎, 佐古真一, 光畑律子, 石井亜矢乃, 上原慎也, 渡辺豊彦, 門田晃一, 狩山玲子, 公文裕巳

    尿路感染症研究会記録集   ( 16 )   21 - 22   2008年

     詳細を見る

  • 尿路感染症由来緑膿菌のバイオフィルム形成能と臨床的因子および薬剤感受性との関連性に関する検討

    渡辺 豊彦, 上原 慎也, 光畑 律子, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 門田 晃一, 公文 裕巳

    緑膿菌感染症研究会講演記録   41回   94 - 98   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    1993〜2005年に当院で分離された尿路感染症由来緑膿菌166株のバイオフィルム形成能を測定し、臨床的因子(発熱・カテーテル留置の有無)、薬剤感受性との関連について検討した。結果、有熱群は非有熱群に比べてバイオフィルム形成能が有意に高く、カテーテル留置群は非留置群に比べて高い傾向にあった。薬剤感受性試験はPIPC、CAZ、IPM、GM、CPFXの5剤について行った。5剤とも耐性群と感受性あり群との間でバイオフィルム形成能に有意差を認めなかったが、いずれの薬剤もバイオフィルム高度形成群は非高度形成群に比べて耐性化傾向が強く、CPFXを除く4剤では有意差が認められた。

    researchmap

  • Preliminary report of hybrid radical prostatectomy for prostate cancer 査読

    Takashi Saika, Yasuyuki Kobayashi, Toyohiko Watanabe, Daisuke Manabe, Shinya Uehara, Shin Ebara, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon

    JOURNAL OF ENDOUROLOGY   21   A65 - A65   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:MARY ANN LIEBERT INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 慢性前立腺炎における新しいバイオマーカーとしてのNGFの有用性について 査読

    渡辺 豊彦, 上原 慎也, 荒木 大司, 井上 雅, 門田 晃一, 雑賀 隆史, 那須 保友, 公文 裕巳, 横山 光彦

    西日本泌尿器科   69 ( 10 )   578 - 583   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群(CP/CPPS)16例を対象に前立腺圧出液(EPS)中の神経成長因子(NGF)を測定し、National Institutes of Health chronic prostatitis symptom index(NIH-CPSI)による臨床症状との相関を検討した。その結果、EPS中NGFはコントロール群に比べCP/CPPS群で高値を示した。CP/CPPS群では、治療後にEPS中NGF値が低下傾向を示し、NIH-CPSIにおいて特に痛みスコアの改善とEPS中NGFの低下率との間に相関を認めた。

    researchmap

  • 前立腺癌におけるHybrid radical prostatectomyの初期報告 良い視野、少ない出血、確実なcancer control 査読

    雑賀 隆史, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 真鍋 大輔, 江原 伸, 上原 慎也, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   69 ( 10 )   573 - 577   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    限局性前立腺癌11例を対象にhybrid radical prostatectomy(HRP)を行ない、あわせて治療成績について検討した。その結果、HRPの平均手術時間は214±44分、平均カテーテル留置時間は7.2±1.6日、平均入院期間は13.3±1.5日で、従来の恥骨後式根治的前立腺摘除術(RRP:14例)と同等の成績であった。また、平均出血量は497±312gで、RRPよりも減少傾向がみられた。合併症は1例でポート挿入に伴う腹膜、腸管損傷があり修復を要した以外に、術中術後に大きな合併症はみられなかった。術後尿道造影では著明な尿漏出を認めた例はなく、切除断端陽性率は16.7%であった。術後2ヵ月のPSA検査では10例が0.01ng/ml以下、1例は0.1ng/mlまでの低下であったが、術後6ヵ月経過した時点では全例において尿禁制が得られた。

    researchmap

  • 尿路・腎疾患における超音波診断 非侵襲性超音波ドプラ排尿機能検査システム

    小澤 秀夫, 井上 雅, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    排尿障害プラクティス   15 ( 3 )   275 - 282   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    超音波ドプラ法による尿道内の流速測定に基づく非侵襲性排尿障害検査システムを開発した。超音波探触子を遠隔操作装置で会陰部に密着させ、座位での排尿を観察した。排尿時のドプラ画像を連続する画像ファイルとして保存し、外尿道口からの尿流率を同時測定した。排尿後、画像ファイルの尿道における色調を平均化、流速を経時的に算出し、流速曲線を作成させた。さらに、機能的断面積などのパラメーターを求めたところ下部尿路閉塞(BOO)の診断に有用であった。また、尿流率と流速を同一グラフにとった流速尿流グラフでは、尿道括約筋機能の評価に応用可能と思われた。経会陰超音波ドプラ法は、非侵襲的でありかつ排尿障害診断に有用な情報が得られる。(著者抄録)

    researchmap

  • Natural course of lower urinary tract symptoms following discontinuation of alpha-1-adrenergic blockers in patients with benign prostatic hyperplasia 査読

    Teruhiko Yokoyama, Toyohiko Watanabe, Takashi Saika, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon, Yoshiyuki Miyaji, Atsushi Nagai

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   14 ( 7 )   598 - 601   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Objectives: alpha 1-adrenergic blockers (alpha b) remain the first-line therapy in men with lower urinary tract symptoms (LUTS). The current published work advocates continued use of alpha b for their effect to be maintained. However, some patients decide to discontinue use of the medication after their symptoms are relieved and can keep good conditions. In this study, we investigated the natural course of LUTS after the discontinuation of successful treatment of alpha b.
    Methods: Among 75 patients with LUTS who stopped alpha b medication once their symptoms improved, 60 patients (age, 50-87 years; median, 70) who could be followed for at least 12 months after discontinuation of alpha b were analyzed in this study. Evaluations included a clinical determination of the International Prostate Symptom Score (IPSS), peak flow rate (Qmax) and postvoid residual urine volume (PVR). Upon patient request or in cases of PVR more than 100 mL, administration of alpha b was resumed.
    Results: Eighteen out of the 60 patients (30%) asked for re-treatment within 12 months after discontinuation (re-treatment group). The other 42 patents were able to maintain good condition without medication (discontinuation group). The IPSS was 15.9, 8.7, 10.1, 10.2, 9.7, 8.8 and 9.0, on the first visit, just before discontinuation, and 1, 3, 6, 9 and 12 months after stopping treatment among the discontinuation group, respectively. Similarly, Qmax was 10.6, 14.8, 14.2, 14.3, 14.7, 13.2 and 13.6 mL/ s, respectively. Treatment periods, prostatic volume and peak flow rates just before discontinuation of medication differed significantly between the re-treatment and discontinuation group.
    Conclusions: In spite of the short follow-up periods, these results suggest that selected patients with relatively small prostatic volume and good flow rates after therapy can discontinue alpha b medication after their symptoms improve.

    DOI: 10.1111/j.1442-2042.2007.01784.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【高齢者の排尿障害の病態と対策】慢性前立腺炎による排尿障害

    渡辺 豊彦, 門田 晃一, 公文 裕巳

    排尿障害プラクティス   14 ( 4 )   307 - 314   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    近年National Institute of Health(NIH)により、前立腺炎の病態が再編され、特に新しい疾患概念として提唱される慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群の病因・病態・診断について概説した。Chlamydiaなど病原微生物の関与、前立腺への逆流、前立腺液の停滞など前立腺そのものの異常、膀胱頸部機能不全(Primary bladder neck obstruction)など機能的ないし器質的下部尿路異常などがその病因として挙げられる。また最近、間質性膀胱炎との類似性が指摘されるようになり、特に慢性炎症に伴う知覚神経系の異常という共通の病態があり、膀胱・前立腺を含む骨盤内臓器の求心性知覚神経(C-fiber)の活動亢進が引き起こされていると考えられている。このように本疾患の病因は単一ではなく、これらの病因が複雑に関与し合い、また患者ごとに多様であることが病態解明を一層困難にしていると考えられ、今後のさらなる研究が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • Comparison of 25 and 75 mg/day naftopidil for lower urinary tract symptoms associated with benign prostatic hyperplasia: A prospective, randomized controlled study 査読

    Teruhiko Yokoyama, Hiromi Kumon, Yoshitsugu Nasu, Hitoshi Takamoto, Toyohiko Watanabe

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   13 ( 7 )   932 - 938   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Background: The present study investigated the efficacy, safety, and utility of starting an alpha(1d)-selective antagonist, naftopidil, at 75 or 25 mg/day in patients with lower urinary tract symptoms (LUTS) associated with benign prostatic hyperplasia (BPH).
    Methods: In this prospective comparative study, the subjects comprised 153 patients with LUTS associated with BPH. Patients were randomized to receive either 25 mg/day (Group LD) or 75 mg/day (Group HD) of naftopidil for 4 weeks. The lower urinary tract disease symptom score (LUTDSS), the International Prostate Symptom Score (IPSS), the Quality of life assessment index, the maximum flow rate (Q(max)), and the residual urine volume were compared between the groups.
    Results: In both groups, the LUTDSS and the IPSS were significantly improved at the endpoint and no significant intergroup differences were identified. However, the improvement in the Q(max) was significantly better for Group HD than for Group LD. The overall efficacy did not differ significantly between the groups. The degree of improvement in voiding symptoms and LUTDSS among patients with moderate symptoms was significantly greater for Group HD than for Group LD. The frequency of adverse reactions did not differ significantly between the groups.
    Conclusions: Starting administration at 75 mg/day rather than 25mg/day is helpful for LUTS associated with BPH for patients with moderate symptoms, particularly in improving voiding symptoms. The 75 mg/day administration was considered to be a recommendable therapeutic dose in some patients.

    DOI: 10.1111/j.1442-2042.2006.01443.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 尿中VMAが高値を示した副腎神経節細胞腫の1例 査読

    岸本 涼, 渡辺 豊彦, 赤澤 信幸

    西日本泌尿器科   68 ( 5 )   221 - 221   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • urosepsisで受診した尿路結石の3例 査読

    和田 耕一郎, 渡邉 豊彦, 赤澤 信幸

    西日本泌尿器科   68 ( 2 )   85 - 85   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 副腎性Cushing syndromeの2例

    岸本 涼, 渡邉 豊彦, 赤澤 信幸

    岡山済生会総合病院雑誌   37   31 - 35   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山済生会総合病院  

    外科的切除を行った副腎腺腫由来のCushing syndromeの2例を経験した。症例1(35歳女)。約1ヵ月前よりむくみが出現した。Cushing syndromeの疑いにて精査入院した。経腰式左副腎全摘除術を施行した。副腎不全の徴候なく順調に経過した。術後22日目に退院となり以後外来にてフォローとなった。症例2(57歳女)。1年前から糖尿病にて食事療法中であった。入院3かヵ月前の健康診断にて肝腫瘍を疑われた。CT上,肝嚢胞および左副腎に2.2cm大の腫瘤を指摘、MRIにて同部に脂肪成分を含む腺腫を指摘された。血液検査上,Cushing syndromeの疑いとして検査入院し、副腎腺腫によるCushing syndromeと診断した。経腰式左副腎全摘除術を施行した。術後20日目ごろより頭重感と頭痛が出現し、MRIにて多発性の陳旧性脳梗塞を疑われたがそのほかは大きな問題なく術後24日目に退院した。

    researchmap

  • 腹圧性尿失禁に対するTVTスリング法における術後5年間の尿禁制率 Stamey法、PBNS法との比較

    小澤 秀夫, 上松 克利, 大森 弘之, 大橋 輝久, 横山 光彦, 渡辺 豊彦, 佐々木 克己, 西口 潤, 公文 裕巳

    日本ウロギネコロジー研究会誌   2 ( 1 )   28 - 31   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本女性骨盤底医学会  

    researchmap

  • 動脈塞栓で縮小した4cm超腎血管筋脂肪腫の2例

    和田 耕一郎, 渡邉 豊彦, 赤澤 信幸, 安井 光太郎, 小林 洋二

    岡山済生会総合病院雑誌   36   50 - 54   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山済生会総合病院  

    症例1(33歳女),症例2(45歳女).いずれも腹部CT,MRIにて腎腫瘍の疑いがもたれ精査の結果,4cm超の腎血管筋脂肪腫(AML)が発見された.2例とも破裂リスクに対する予防的治療として血管造影による詳細な検討の後,選択的動脈塞栓術を行った.腫瘍成分は症例1では血管・筋成分が多く,症例2では脂肪性分が豊富であった.このことが画像検査における信号強度,造影効果,塞栓後の発熱・疼痛の強さや縮小率に影響を与えたと考えられた.術後経過は良好でいずれの症例も腫瘍は縮小した.AMLに対する予防的塞栓術は低侵襲かつ確実に腫瘍を縮小させ,症状緩和,破裂予防に有効な治療法と考えられた

    researchmap

  • 後腹膜鏡下腫瘍摘出術を施行したGerota筋膜内malignant lymphomaの1例 査読

    佐々木 克己, 渡辺 豊彦, 武田 克治, 朝日 俊彦

    西日本泌尿器科   66 ( 8 )   534 - 536   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    55歳男性.患者は左硬口蓋と右下眼瞼にMALTリンパ腫を認め,全身検索にて左後腹膜腫瘤を指摘され紹介となった.腹部CT,MRIではGerota筋膜内左腎後面に腫瘍を認めたが,生検にて確定診断が得られず,後腹膜鏡下で腫瘍摘出術を施行した.術中出血量はごく少量で,内視鏡挿入後約40分で摘出可能であった.病理組織学的にMALTリンパ腫と診断され,術後CHOP療法を行い,術後6ヵ月経過した現在,再発はみられない

    researchmap

  • Intravesical resiniferatoxin for patients with neurogenic detrusor overactivity 査読

    T Watanabe, T Yokoyama, K Sasaki, K Nozaki, H Ozawa, H Kumon

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   11 ( 4 )   200 - 205   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING ASIA  

    Background: Resiniferatoxin (RTX), a substance isolated from some species of Euphobia, is a specific C-fiber neurotoxin which produces desensitization rather than excitation. At first, we performed intravesical RTX therapy on eight patients with neurogenic detrusor overactivity. After we confirmed the safety and efficacy, a Japanese RTX study group was organized and a new protocol made. The multicenter trial was performed in Japan. However, the efficacy of the treatments was different among the institutions. Therefore, we have compared the results between the first protocol and the new one at our hospital.
    Methods: The first and second protocol involved the RTX solution (30 mL of 500 nM, and 100 mL of 1 muM, respectively) being instillated in the bladder for 30 min by almost the same procedures. Effects on bladder function were evaluated during treatment and at follow up.
    Results: For the first and second protocols, six out of eight patients noted symptomatic improvement while two patients did not notice any change in the degree of incontinence for one month. The mean urodynamic bladder capacity had significantly increased from 138.0 +/- 64.4 mL to 227.3 +/- 112.4 mL and 133.1 +/- 43.3 mL to 247.0 +/- 102.3 mL 1 month after RTX treatment for the first and second protocols, respectively (P &lt; 0.05). No severe side-effects were seen in either group.
    Conclusion: Intravesical RTX improved bladder capacity in patients with neurogenic detrusor overactivity in both protocols. The concentration of RTX did not exhibit any change in the effect and safety in our hospital. Intravesical RTX is a promising treatment for neurogenic detrusor overactivity.

    DOI: 10.1111/j.1442-2042.2003.00782.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Comparative study of effects of extracorporeal magnetic innervation versus electrical stimulation for urinary incontinence after radical prostatectomy 査読

    T Yokoyama, J Nishiguchi, T Watanabe, H Nose, K Nozaki, O Fujita, M Inoue, H Kumon

    UROLOGY   63 ( 2 )   264 - 267   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Objectives. To perform a randomized comparative study to investigate the clinical effects of extracorporeal magnetic innervation (ExMI) and functional electrical stimulation (FES) on urinary incontinence after retropubic radical prostatectomy.
    Methods. Thirty-six patients with urinary incontinence after radical prostatectomy were randomly assigned to three groups (12 patients each in the FES, ExMI, and control groups). For FES, an anal electrode was used. Pulses of 20-Hz square waves at a 300-mus pulse duration were used for 15 minutes twice daily for 1 month. For ExMI, the Neocontrol system was used. The treatment sessions were for 20 minutes, twice a week for 2 months. The frequency of the pulse field was 10 Hz for 10 minutes, followed by a second treatment at 50 Hz for 10 minutes. For the control group, only pelvic floor muscle exercises were performed. Objective measures included bladder diaries, 24-hour pad weight testing, and a quality-of-life survey, at 1, 2, and 4 weeks and 2, 3, 4, 5, and 6 months after removing the catheter.
    Results. The leakage weight during the 24 hours after removing the catheter was 684, 698, and 664 g for the FES, ExMI, and control groups, respectively. At 1 month, it was 72, 83, and 175 g (FES versus control, P &lt; 0.05) and at 2 months was 54, 18, and 92 g (ExMI versus control, P &lt; 0.05) in the FES, ExMI, and control groups, respectively. Finally, 6 months later, the average 24-hour leakage weight was less than 10 g in all groups. Quality-of-life measures decreased after surgery, but gradually improved over time in all groups. No complications were noted in any of the groups.
    Conclusions. ExMI and FES therapies offered earlier continence compared with the control group after radical prostatectomy. We consider ExMI and FES to be recommendable options for patients who want quick improvement of postoperative urinary incontinence.

    DOI: 10.1016/j.urology.2003.09.024

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【オピオイド鎮痛薬による痛みの治療の現況と展望】強オピオイド鎮痛薬投与にあたり患者・家族に説明・伝達すべき情報

    朝日 俊彦, 武田 克治, 渡辺 豊彦

    がん患者と対症療法   14 ( 2 )   29 - 34   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    一般的にがんの告知は行われるようになってきたものの,転移・再発などの予後不良な状況では納得いく説明がまだ不十分である.そのため,モルヒネなどの麻薬処方についても,丁寧な説明が不足している.そこで,コミュニケーションの取り方や,予後不良な患者との接し方などについて述べた.更に,医師の死生観を確立させるための取り組み方についても言及した.又,一般市民や医療職を対象に,痛みに関するアンケート調査を実施した.殆ど全ての人ががんによる痛みはとってほしいと望んでいた.ところが,モルヒネの使用については肯定的な意見が少なく,むしろモルヒネに対するマイナスイメージが強い印象であった

    researchmap

  • 腎癌を合併した膜性腎症の1例

    高野 耕志郎, 山本 修平, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 武田 克治, 朝日 俊彦

    香川県内科医会誌   39   109 - 110   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:香川県内科医会  

    researchmap

  • 移植腎機能廃絶後のacquired cystic disease of the kidney(ACDK)に発症した両側性固有腎細胞癌の1例 査読

    渡辺 豊彦, 武田 克治, 小林 泰之, 朝日 俊彦

    西日本泌尿器科   65 ( 2 )   65 - 68   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    50歳男性.移植腎機能廃絶後のacquired cystic disease of the kidney(ACDK)に発症した両側性固有腎細胞癌の1例を経験した.移植腎機能廃絶で血液透析再導入中,血尿,下腹部痛を主訴に受診し,CTで左側固有腎に腫瘤を認め入院した.CTでは固有腎は両側ともACDKを呈し,左側固有腎下極に内部不均一な径6cm大の充実性腫瘤を認めたが,右側固有腎には明らかな腫瘤は認めなかった.ACDKに発生した左側固有腎細胞癌と診断し,経腹的両側固有腎摘除術と移植腎摘除術を施行した.摘出標本では,固有腎は左右とも多数の嚢胞が形成され,左固有腎下極の腫瘍の割面は黄白色充実性で,右固有腎上極にも割面が黄白色充実性腫瘍を認めた.移植腎は萎縮していたが,腫瘍性変化は認めなかった.病理所見は左右ともrenal cell carcinoma,clear cell carcinomaであった.術後6ヵ月で再発・転移は認めていない

    researchmap

  • 医療TOPICS 男の更年期

    渡辺 豊彦

    看護実践の科学   28 ( 1 )   44 - 45   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)看護の科学社  

    researchmap

  • 超音波ドプラを用いた非侵襲的ビデオウロダイナミクスの開発 査読

    小澤 秀夫, 横山 光彦, 渡邉 雄一, 西口 潤, 野崎 邦浩, 佐々木 克己, 二部野 肇, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, Ding Yew Yoong, Chancellor Michael B.

    日本神経因性膀胱学会誌   12 ( 2 )   200 - 206   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    超音波ドプラを用いた尿流動態検査法を開発し,下部尿路閉塞(BOO)診断のためのパタメーター設定を試みた.各排尿において,前立腺部尿道全体の最大流速をV0,尿道括約筋直上の遠位部前立腺部尿道の流速をV1,膜様部尿道の流速をV2とし,これらの部位に対応する機能的断面積を最大尿流率/流速の式により求め,又,尿道括約筋前後の流速比をVRとして求めた.これらのパラメーターとプレッシャーフロースタディーにおける閉塞パラメーター(AG number)との相関を検討した結果,BOOを診断するさいに最も有用なパラメーターはVRであると考えられた

    researchmap

  • 【Overactive Bladder】Overactive Bladderの治療 膀胱腔内注入療法

    渡辺 豊彦, 小澤 秀夫, 公文 裕巳

    排尿障害プラクティス   8 ( 2 )   129 - 135   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 看護実践 間欠式バルーン・カテーテルによる高齢者の排尿管理

    濱田 有美, 宮村 純子, 日野 洋子, 小澤 秀夫, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳

    Urological Nursing   5 ( 1 )   82 - 86   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

    高齢者は,夜間多尿のため,夜間に頻回の導尿が必要である.間欠式バルーン・カテーテルを使用することで不眠の解消につながり,また外出時に一定の時間のみに使用し,行動範囲が拡大することが明らかとなった.間欠式バルーン・カテーテルの使用は,清潔間欠自己導尿の有力な補助手段となり得ると共に,高齢者の排尿管理に有用である

    researchmap

  • Beneficial effect of intranasal desmopressin for men with benign prostatic hyperplasia and nocturia: preliminary results. 査読

    Chancellor MB, Atan A, Rivas DA, Watanabe T, Tai HL, Kumon H

    Techniques in urology   5 ( 4 )   191 - 194   1999年12月

     詳細を見る

  • 治療法紹介 薬物療法 尿失禁 レジニフェラトキシン膀胱腔内注入療法

    渡辺 豊彦, 小澤 秀夫, 公文 裕巳

    排尿障害プラクティス   7 ( 4 )   325 - 331   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 女性腹圧性尿失禁に対するVESICATMによる膀胱頸部安定化術(PBNS)の経験 査読

    横山 光彦, 小澤 秀夫, 橋本 英昭, 渡辺 豊彦, 津島 知靖, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   61 ( 7 )   554 - 557   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    7例の女性腹圧性尿失禁患者に対してVESICA膀胱頸部吊り上げキットを用いて経皮的膀胱頸部安定術を施行しその有用性を確認した

    researchmap

  • 膀胱癌肉腫の1例 査読

    横山 光彦, 渡辺 豊彦, 津島 知靖, 公文 裕巳, 大枝 忠史

    西日本泌尿器科   61 ( 2 )   129 - 131   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    84歳男,肉眼的血尿を主訴とした.膀胱鏡では6.0×5.0cm大の大きな膀胱内腫瘤が後壁から発生していた.膀胱全摘出術と尿管皮膚瘻造設術を施行した.組織学的には膀胱腫瘤は肉腫性組織,骨軟骨肉腫及び移行細胞癌から成っていた.免疫組織化学的検査では,肉腫性領域はビメンチン,S-100,トルイジンブルー染色でのメタクロマジー,及びコラーゲンが陽性であったが,ケラチンとEMAは陰性であった.癌肉腫と診断した.術後15ヵ月間,腫瘍の再発はなく良好な結果を得ている

    researchmap

  • Development of noninvasive velocity flow video urodynamics using Doppler sonography. Part II: Clinical application in bladder outlet obstruction 査読

    H Ozawa, H Kumon, T Yokoyama, T Watanabe, MB Chancellor

    JOURNAL OF UROLOGY   160 ( 5 )   1792 - 1796   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Objectives: We have developed a totally noninvasive urodynamic technique based on the concept of Doppler sonography, which was tested in men with and without bladder outlet obstruction.
    Materials and Methods: An ultrasonic image directed Doppler system with a 3.75 MHz. micro-convex electro-probe was operated transperineally using a specially devised remote control robotic holder. Uroflow rates from the urethral meatus were also measured with a flowmeter. The color Doppler ultrasound image and digital now velocity data were processed by a personal computer. Color scale data were analyzed by customized software. Multiple rectangle sample volumes could be set in any size in any position, and the resulting color encoded data were averaged. Calculation was performed every 0.5 second and a flow velocity curve in the region of interest was obtained. A total of 12 men, 6 without (controls) and 6 with bladder outlet obstruction, were evaluated by conventional pressure flow study and the new Doppler ultrasound urodynamic system. Bladder outlet obstruction was determined using the nomogram of Abrams and Griffiths. The sample volume for a flow velocity curve was set only in the prostatic urethra and, thus, maximum flow velocity in and functional cross-sectional area of the prostatic urethra were determined.
    Results: Urinary stream in the male urethra was clearly detected and flow velocity in the prostatic urethra could be measured in all cases. Maximum flow rate measured by a flowmeter was significantly lower in the bladder outlet obstruction group. Maximum flow velocity by Doppler study was almost the same in the obstructed and control groups. Functional cross-sectional area, which was calculated by dividing maximum flow rate by maximum flow velocity, was lower in the bladder outlet obstruction (mean plus or minus standard deviation 0.31 +/- 0.16 cm.(2)) than control group (0.78 +/- 0.23 cm.(2)) (p = 0.006). Velocity flow plots were possible in both groups.
    Conclusions: The concept of noninvasive pressure flow-like urodynamic evaluation based on Doppler ultrasound is feasible. Parameters of flow velocity as well as functional cross-sectional area can be used in the diagnosis of bladder outlet obstruction and to localize the site of obstruction.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Development of noninvasive velocity flow video urodynamics using Doppler sonography - Part I: Experimental urethra 査読

    H Ozawa, H Kumon, T Yokoyama, T Watanabe, MB Chancellor

    JOURNAL OF UROLOGY   160 ( 5 )   1787 - 1791   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: We believed that a totally noninvasive video urodynamic system could be invented based on the concept of Doppler ultrasonography. To develop this system we measured flow velocity in an experimental urethra using 4 materials, including natural urine.
    Materials and Methods: A cellulose tube was inserted into a standoff pad as an experimental urethra. Degassed water, distilled water, urine and liposome (multi-lamellar particles) solution comprised the 4 materials used to compare signal intensity and flow velocity at various flow rates. The flow rate from the tube was measured with a uroflowmeter. The Doppler image and digital uroflow signal data were processed by a computer.
    Results: Doppler signals and flow velocity curves could be sufficiently obtained using distilled water, urine and liposome solution, while degassed water showed no Doppler signals at any flow rate. Minimum flow rate at which clear Doppler signals were continuously detected from the angle in the frontal plane was greater than 3.0 ml. per second for distilled water, greater than 1.5 for urine and greater than 0.3 for liposome solution. Maximum flow velocities were identical in these 3 materials at a flow rate of greater than 2.0 ml. per second. The functional cross-sectional area of the tube showed a constant value irrelevant to the initial flow rate.
    Conclusions: Flow velocity could be measured by Doppler ultrasound above a certain minimal flow rate. Dissolved gasses have an important role in creating Doppler signals. Flow velocity, velocity related parameters and functional cross-sectional area can diagnose and localize the area of bladder outlet obstruction. Liposome solution may be helpful in detecting velocity in low flow states in future systems.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ice-water test in the urodynamic evaluation of spinal cord injured patients. 査読

    Chancellor MB, Lavelle J, Ozawa H, Jung SY, Watanabe T, Kumon H

    Techniques in urology   4 ( 2 )   87 - 91   1998年6月

     詳細を見る

  • Inguinal cystoceles: A previously overlooked etiology of prostatism in men without bladder outlet obstruction 査読

    H Kumon, H Ozawa, T Yokoyama, DA Rivas, T Watanabe, MB Chancellor

    JOURNAL OF UROLOGY   159 ( 3 )   766 - 771   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: We determine whether inguinal cystoceles, a type of extraperitoneal herniation of the bladder, are responsible for symptoms consistent with prostatism in men without bladder outlet obstruction.
    Materials and Methods: From January 1996 to February 1997 inguinal cystoceles were treated with surgical repair of the floor of the inguinal canal in 8 men with a relatively long history of symptoms consistent with prostatism. The diagnosis of inguinal cystoceles was based on the filling phase of video urodynamic studies done with the patient standing. The clinical outcome of surgery was assessed using the International Prostate Symptom Score and urodynamic findings.
    Results: All inguinal cystoceles studied were physically occult but clearly detected as wide-mouthed, mild protrusions of the bladder wall in the inguinal region on cystograms obtained with the patient standing. Although clear cystoceles were present on radiography on the right side in 1 case, the left side in 2 and bilaterally in 5, apparent bilateral weakness in Hesselbach's triangle was noted in all at surgery. High detrusor opening pressure and a relatively long opening time mere regarded as urodynamic parameters characteristic of this condition. These parameters and subjective symptoms dramatically improved after bilateral surgical repair of the floor of the inguinal canal.
    Conclusions: Inguinal cystoceles negatively affect voiding dynamics by increasing opening pressure and opening time, indicating that they should be considered in the differential diagnosis of men with symptoms consistent with prostatism. Video urodynamics is mandatory to detect this condition, which to our knowledge has been previously overlooked on radiography and urodynamics.

    DOI: 10.1016/s0022-5347(01)63724-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • High incidence of occult neurogenic bladder dysfunction in neurologically intact patients with thoracolumbar spinal injuries - Comment 査読

    Perkash, I

    JOURNAL OF UROLOGY   159 ( 3 )   968 - 968   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 【前立腺肥大症治療とレーザー】前立腺肥大症に対するプロスタレーズTMによる経尿道的バルーン・レーザー高温度治療(TUBAL-T)

    那須 良次, 渡辺 豊彦, 櫻本 耕司

    日本レーザー医学会誌   19 ( 1 )   29 - 38   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本レーザー医学会  

    1993年12月から1994年11月迄にプロスタレーズシステムにより治療した20人を対象とした.治療は出力50W以上,治療時間60分とした.評価項目はAUA symptom score,最大尿流量率,平均尿流量率,残尿量ならびに経直腸超音波による前立腺体積である.TUBAL-T単独で3ヵ月めの評価が可能であった15例では,AUA symptom score,残尿量ならびに前立腺体積の有意の減少を認めたが,尿流量率は有意の改善を認めなかった.3年間の長期成績の検討ではTUBAL-T単独で満足する排尿状態を維持できたのは6例であった.4例に前立腺部尿道直腸側に尿道に交通する空洞形成を認めた.TUBAL-Tは,他の経尿道的前立腺高温度治療法とほぼ同等の有用性を有し,全身的合併症をもつBPH患者や外来治療を希望するBPH患者が対象と考えられた.しかし,確実な前立腺内部温度の維持と尿道粘膜温存が不可欠であり,治療用レーザープローブ,特に尿道冷却機構に更なる改良が必要である

    researchmap

  • Early predictors of bladder recovery and urodynamics after spinal cord injury 査読

    PJ Shenot, DA Rivas, T Watanabe, MB Chancellor

    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS   17 ( 1 )   25 - 29   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Our purpose was to determine if intact perianal (S4-5) pin sensation (PPS) and bulbocavernosus (S2-4) reflex (BCR) shortly after spinal cord injury (SCT) are predictive of bladder function recovery. Twenty-eight SCI patients (aged 18-68 years, Frankel Classification A-D, spinal injury level C4-T12), admitted within 72 hours of injury, underwent evaluation of initial PPS and BCR. The presence of intact PPS and BCR were correlated with the patient's voiding function and urodynamic evaluation results 1 year postinjury. Of the 28 patients within 72 hours of SCI, PPS was intact in 17 (60%) and absent in 11 (40%), while 15 patients (54%) demonstrated a positive BCR and 13 (46%) did not. One year after SCI, no patient with absent PPS voided unassisted, while of the 17 patients with preserved PPS, 11 (65%) were voiding spontaneously. Of these 11 patients, urodynamic evaluation revealed detrusor areflexia in 1 (9%), normal detrusor function in 2 (18%), and detrusor hyperreflexia in 8 (73%), with 3 of these 8 patients (38%) also demonstrating detrusor-sphincter dyssynergia. At 1 year postinjury, only 2 of 13 patients (15%) with an absent BCR voided spontaneously, while 9 of 15 patients (60%) with an intact BCR were able to void. Although PPS and BCR are moderately sensitive in predicting the return of spontaneous voiding, they cannot predict detrusor hyperreflexia and sphincter dyssynergia. Therefore, urodynamic study remains an essential component of initial urologic evaluation after SCI. (C) 1998 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/(sici)1520-6777(1998)17:1<25::aid-nau5>3.0.co;2-f

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Gracilis urethral myoplasty: Preliminary experience using an autologous urinary sphincter for post-prostatectomy incontinence 査読

    MB Chancellor, T Watanabe, DA Rivas, RD Hong, H Kumon, H Ozawa, Bourgeois, I

    JOURNAL OF UROLOGY   158 ( 4 )   1372 - 1375   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: We investigated the effect of a neurovascular intact gracilis muscle urethral wrap to restore urinary continence in men with severe stress urinary incontinence after radical retropubic prostatectomy.
    Materials and Methods: Three men with stress incontinence after radical retropubic prostatectomy and external beam radiation therapy for adenocarcinoma of the prostate underwent gracilis urethral myoplasty. Video urodynamic evaluation and cystourethroscopy revealed Valsalva leak point pressure of less than 40 cm, water and a damaged urinary sphincter mechanism in all 3 patients, One man underwent concomitant ileocystoplasty.
    Results: At 6 to 24-month followup all patients reported improved continence. Mean Valsalva leak point pressure increased from 26.3 +/- 3.2 cm. water before to 83.0 +/- 32.1 cm, water after surgery, The gracilis muscle urethral wrap did not have a deleterious effect on erectile function or ambulation, Complications included 1 wound infection.
    Conclusions: An autologous gracilis muscle urinary neosphincter can be constructed in the bulbous urethra in a fashion similar to that of the artificial urinary sphincter with encouraging results in this preliminary series, The gracilis neosphincter may be an alternative to the artificial sphincter, especially in patients at higher risk for complications, such as after radiation and cryotherapy.

    DOI: 10.1016/s0022-5347(01)64218-6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Fully hydrated images of Pseudomonas aeruginosa biofilm on the surface of catheter material. 査読

    Kumon H, Watanabe T, Vincent P, Nickel JC

    The Canadian journal of urology   4 ( 3 )   416 - 421   1997年9月

     詳細を見る

  • Gracilis urethromyoplasty - an autologous urinary sphincter for neurologically impaired patients with stress incontinence 査読

    MB Chancellor, RD Hong, DA Rivas, T Watanabe, JA Crewalk, Bourgeois, I

    SPINAL CORD   35 ( 8 )   546 - 549   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:STOCKTON PRESS  

    Purpose: To investigate the effect of a neurovascularly intact gracilis muscle urethral wrap, to be used to restore urinary continence as a transposed urinary sphincter graft. in patients with neurogenic lower urinary tract dysfunction. Methods: Five neurologically impaired men with a denervated and damaged urinary sphincter mechanisms were treated. The etiology of sphincteric insufficiency included sphincter denervation in three patients. external sphincterotomy in one, and urethral trauma due to a chronic indwelling catheter in one, All patients underwent gracilis urethromyoplasty sphincter reconstruction. Two patients also underwent concomitant ileocystoplasty and one patient ileocystostomy because of poor bladder compliance and a bladder capacity of &lt;200 ml. Results: The gracilis urethromyoplasty functioned as a new autologous sphincter with follow-ups ranging from 6-35 months. The surgery was successful in four patients. Three of the four patients were managed with intermittent catheterization, and one managed by ileocystostomy. The fifth patient continued to require an indwelling urethral catheter. Conclusion: Gracilis urethromyoplasty achieves compression of the urethra using a neurovascularly intact muscle graft, The functional urethral closure, obtained from the gracilis muscle wrap, assures dryness, and permits intermittent self-catheterization. It also avoids the risks of infection, erosion. or malfunction associated with the artificical urinary sphincter. The potential exists for electrical stimulation of this muscle graft to allow volitional control of the neo-sphincter mechanism, and voluntary voiding.

    DOI: 10.1038/sj.sc.3100444

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Rectus urethromyoplasty of radical prostatectomy anastomosis decreases postoperative incontinence and anastomotic stricture; Technique and preliminary results 査読

    MB Chancellor, S Strup, DA Rivas, T Watanabe, LG Gomella

    JOURNAL OF UROLOGY   157 ( 1 )   371 - 375   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: To investigate the effect of rectus urethromyoplasty on vesicourethral anastomosis healing during radical retropubic prostatectomy (RRP) and in an animal model.
    Materials and Methods: Three groups of 10 female rats were studied. After complete urethral transection, group A animals underwent a primary urethral anastomosis, while rectus urethromyoplasty was used to reinforce the anastomosis of the animals in group B. Group C animals served as controls. All animals underwent urodynamic evaluation one month postoperatively, then were sacrificed for histological analysis. In 3 clinical subjects at the time of RRP, a 2-3 cm x 6-8 cm. strip of rectus muscle was isolated with its blood supply intact, emanating from an inferior epigastric artery pedicle. This muscular band was used to encircle the vesico-urethral anastomosis, suspending it slightly but without tension, and securing it to the pubic symphysis.
    Results: The micturition pattern, bladder capacity, and leak point pressure of the 3 groups of animals were not significantly different. Histological examination of the rectus sling revealed viable muscle with histofibroblast, collagen, and blood vessel ingrowth from the vascular rectus muscle into the urethra. Three successful clinical rectus urethromyoplasty cases were performed with over 12 months of follow-up.
    Conclusions: Reinforcement of the vesico-urethral anastomosis using rectus urethromyoplasty at the time of radical prostatectomy may improve continence by increasing urethral support and mucosal coaptation. This technique may decrease the incidence of stricture formation by augmenting blood supply available for healing of the anastomosis. Rectus urethromyoplasty may be especially beneficial to patients with an increased risk of requiring adjuvant radiation therapy post-prostatectomy.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • In-vivo whole bladder response to anticholinergic and musculotropic agents in spinal cord injured rats 査読

    Patrick J. Shenot, Michael B. Chancellor, David A. Rivas, Toyohiko Watanabe, Hiromi Kumon, T. Ernesto Figueroa

    Journal of Spinal Cord Medicine   20 ( 1 )   31 - 35   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Paraplegia Society  

    The purpose of this study was to compare the effect on urodynamic parameters of anticholinergic and musculotropic agents in sham injured and spinal cord injured (SCI) rats. A standard rat SCI model induced by impact trauma was employed. Cystometrograms were performed under urethane anesthesia four weeks after SCI. Bladder capacity and voiding pressure were determined at the point of micturition monitored urodynamically and visually. The effect of oxybutynin chloride (0.01 - 0.1 mg/kg), propantheline bromide (0.05 - 0.5 mg/kg) and flavoxate hydrochloride (0.1 - 1.0 mg/kg) were assessed independently in sham injured and SCI rats (n=10 in each group). Bladder capacities were 0.6±0.2 and 7.1±1.6 ml in sham and SCI rats (p&lt
    0.01), respectively. Maximal filling pressure was 17.5±5 mmHg in sham and 25±5 mmHg in SCI rats (p&lt
    0.05). Bladder capacity increased with all three medications. Administration of oxybutynin, propantheline and flavoxate in sham rats resulted in bladder capacities of 0.88±0.3,0.71±0.3 and 0.8±0.2 ml, respectively (p&lt
    0.01 ). In SCI rats, these drugs resulted in bladder capacities of 9.8±1.1,7.9±1.3 and 8.8±2.0 ml, respectively (p&lt
    0.01). No significant change in maximum filling pressure occurred. We conclude that anticholinergic and musculotropic agents caused a similar increase in bladder capacity in both sham and SCI rats. Oxybutynin enhanced bladder capacity more than propantheline or flavoxate.

    DOI: 10.1080/10790268.1997.11719389

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The effect of urinary tract reconstruction on neurologically impaired women previously treated with an indwelling urethral catheter 査読

    T Watanabe, DA Rivas, R Smith, WE Staas, MB Chancellor

    JOURNAL OF UROLOGY   156 ( 6 )   1926 - 1928   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: We investigated the changes in sexuality and quality of life that evolve after lower urinary tract reconstruction in neurologically impaired women previously treated with an indwelling urethral catheter.
    Materials and Methods: A total of 18 neurologically impaired women treated with an indwelling urethral catheter underwent bladder reconstruction. Pubovaginal sling urethral compression was required to restore perineal dryness in 13 patients and was the only operation required in conjunction with intermittent catheterization in 3. Eight patients underwent ileocystostomy, that is creation of a ''bladder chimney,'' and 4 underwent augmentation cystoplasty with creation of a continent catheterizable stoma. In 3 patients ileocystoplasty alone with intermittent urethral catheterization was performed. All patients were followed 6 to 40 months (mean 18) after reconstructive surgery using a 9-part questionnaire to score numerically the effect of surgical reconstruction on sexuality and quality of life issues.
    Results: On a scale of 0 (worst) to 5 (best) mean scores for self-esteem improved from 1 preoperatively to 4 postoperatively, self-image from 1 to 4, sexual desire from 2 to 4 and ability to cope with disability from 1 to 4, respectively. In 4 of the 15 women who were sexually active preoperatively the frequency of sexual intercourse doubled from a mean of 3 to 6 times per month, respectively, and all 4 women reported improved sexual satisfaction. All 13 patients with pelvic pain and 5 with symptoms of autonomic dysreflexia noticed significant improvement if not complete resolution of the symptoms.
    Conclusions: Neurogenic lower urinary tract dysfunction treated with an indwelling urethral catheter is detrimental to sexuality and quality of life in neurologically impaired women. Urinary tract reconstruction restores not only quality of life but also sexuality by improving self-image, self-esteem and the ability to cope. Indwelling catheterization as a method of long-term urinary treatment should be avoided in women.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Gracilis muscle dynamic urethral sphincter myoplasty: Rat model experience 査読

    T Watanabe, DA Rivas, B Huang, AW Epple, TE Figueroa, MB Chancellor

    JOURNAL OF UROLOGY   156 ( 4 )   1507 - 1510   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: Dynamic urethral sphincter myoplasty (skeletal muscle urinary sphincter reconstruction) using a neurovascularly intact gracilis muscle was investigated in a rat model.
    Materials and Methods: In female Sprague-Dawley rats, a unilateral gracilis anticus muscle flap was dissected from the medial thigh, preserving the medial muscular insertion, vascular flow, and innervation This muscle graft was used to completely encircle the urethra and was fixed in position. Urodynamic leak point pressure (LPP) and bladder volume at leakage were measured with cystometry after 1 month, using an 18 gauge catheter placed through the bladder dome with a constant infusion rate of 0.2 mi. per minute. In addition, the effect of electrical stimulation of the gracilis myoplasty (current parameters: 1 to 10 mA, 1 to 60 Hz, 0.05 to 1 msec. duration) on intravesical leak point pressure was noted during cystometry.
    Results: The gracilis muscle measured 3.8 +/- 0.3 cm. in length, 0.5 +/- 0.1 cm. in width and 0.2 +/- 0.1 cm. in thickness. Blood flow rates to the grafted and contralateral gracilis myoplasty were similar at 43 +/- 26 and 51 +/- 30 g.cm.(3), respectively (p = 0.46). The leak point pressure (LPP) of control, unstimulated gracilis myoplasty and gracilis myoplasty with electrical stimulation were 28 +/- 8, 32 +/- 12, and 85 +/- 27 mm.Hg (p &lt; 0.01). Bladder volumes at LPP in the 3 respective groups were 0.5 +/- 0.2, 0.6 +/- 0.3 and 1.2 +/- 0.6 mi (p &lt; 0.01).
    Conclusions: Gracilis myoplasty is not obstructive, as substantiated by unchanged leak point pressure and leak point capacity. Myoplasty with low current stimulation, however, significantly increased LPP and leak point capacity.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Urodynamics of spinal cord injury 査読

    T Watanabe, DA Rivas, MB Chancellor

    UROLOGIC CLINICS OF NORTH AMERICA   23 ( 3 )   459 - &   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO  

    Historically, urologic complications have been the major source of morbidity and mortality among spinal cord injured (SCI) patients. All SCI patients should undergo urodynamic evaluation, with the initial urodynamics study done after the patient is beyond the spinal-shock phase. Management of the urinary tract in SCI individuals should be based on urodynamic principles and findings rather than on the neurologic history.

    DOI: 10.1016/s0094-0143(05)70325-6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Fascial sling correction of kinked efferent limb in patients with continent diversion and catheterization difficulty 査読

    MB Chancellor, PJ Shenot, RD Hong, T Watanabe, DA Rivas

    JOURNAL OF UROLOGY   156 ( 1 )   162 - 163   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: We determined the efficacy of-using a rectus fascial sling to revise an angulated efferent limb in patients with continent urinary diversion and difficulty with intermittent catheterization.
    Materials and Methods: Two spinal cord injured women who underwent modified Indiana pouch urinary diversion required revision of each efferent limb because of difficulty with catheterizatian. A strip section of anterior rectus sheath was harvested and used to fix the efferent limb in position, assuring freedom from angulation and facilitating catheterization.
    Results: Both patients remained continent fell more than 2 years postoperatively and neither had further difficulties with catheterization or required additional surgery.
    Conclusions: Use of the rectus fascial sling in continent urinary diversion enables fixation of the efferent limb to facilitate catheterization and enhance continence.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Intravesical capsaicin in neurologic impaired patients with detrusor hyperreflexia. 査読

    Das A, Chancellor MB, Watanabe T, Sedor J, Rivas DA

    The journal of spinal cord medicine   19 ( 3 )   190 - 193   1996年7月

  • Total incontinence secondary to sphincter destruction after prostate cryotherapy for recurrent prostatic carcinoma. 査読

    Watanabe T, Rivas DA, Miettinen M, Gomella L, Chancellor MB

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   3 ( 4 )   324 - 325   1996年7月

  • Epidemiology of current treatment for sexual dysfunction in spinal cord injured men in the USA model spinal cord injury centers. 査読

    Watanabe T, Chancellor MB, Rivas DA, Hirsch IH, Bennett CJ, Finocchiaro MV, Razi S, Bennett JK, Green BG, Foote JE, Killorian RW, Juma S, Linsenmeyer TA, Lloyd K

    The journal of spinal cord medicine   19 ( 3 )   186 - 189   1996年7月

  • Reversible clinical outcome after sphincter stent removal 査読

    MB Chancellor, DA Rivas, T Watanabe, JK Bennett, JE Foote, BG Green, EW Killorin, R MacMillan

    JOURNAL OF UROLOGY   155 ( 6 )   1992 - 1994   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILLIAMS & WILKINS  

    Purpose: We determined whether the self-expanding sphincter stent, a potential alternative to conventional external sphincterotomy for the treatment of detrusor external sphincter dyssynergia, causes a permanent effect on the lower urinary tract.
    Materials and Methods: Four spinal cord injured men with voiding symptoms of detrusor external sphincter dyssynergia as noted by complete urological evaluation, including a video urodynamic study, were treated with the self-expanding sphincter stent. However, the device was explanted 6 months or longer after insertion in all 4 cases due to stent migration (3) and difficulty with condom catheter urinary drainage (1).
    Results: All stents were removed completely without damage to the urethra. Mean voiding pressure decreased from 62.5 +/- 39.4 to 20.7 +/- 6.5 cm. water after sphincter stent placement. One year after stent explantation mean voiding pressure remained unchanged from preoperative values of 58.5 +/- 21.5 cm. water. No patient had stress urinary incontinence or endoscopically apparent urethral strictures.
    Conclusions: The stent can be removed even after complete epithelialization and an extended interval without damage to external sphincter function or urethral stricture formation. The urinary sphincter stent is an effective, reversible treatment for patients with detrusor external sphincter dyssynergia.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 泌尿器科領域におけるNM441の基礎的・臨床的検討 査読

    櫻本 耕司, 藤田 竜二, 渡辺 豊彦

    日本化学療法学会雑誌   44 ( Suppl.1 )   429 - 437   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    プロドラッグ型新規キノロン系経口合成抗菌薬NM441の活性本体NM394の,尿路感染症由来の教室保存株に対するMICを測定した.グラム陽性菌に対しては,同系薬剤であるciprofloxacin, ofloxacinとほぼ同等の,norfloxacinの1〜3管程度強い抗菌力を示した.グラム陰性菌に対しては,殆ど全ての菌種に強力な抗菌力を示した.NM441を1回100mgないし200mg,1日2回,5〜7日間投与し臨床的有用性を検討した.総合臨床効果は,急性単純性尿路感染症9例全てで著効,急性前立腺炎2例共に有効であった.又,複雑性尿路感染症では有効率88.9%であった.細菌学的効果では,急性単純性尿路感染症,急性前立腺炎の分離菌全てが消失した.複雑性尿路感染症の除菌率は86.2%であった

    researchmap

  • Robbins deviceを用いた細菌バイオフィルムの解析 緑膿菌バイオフィルムと大腸菌バイオフィルムの比較

    小野 憲昭, 藤田 竜二, 渡辺 豊彦

    BACTERIAL ADHERENCE研究会講演録   9   78 - 83   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    形成された細菌バイオフィルムの抗菌剤に対する抵抗性に関しては,緑膿菌,大腸菌両菌株に大きな差異はなく,大腸菌バイオフィルムも緑膿菌バイオフィルムと同様に,検討した全ての薬剤に強い抵抗性を示した.特に,高濃度のOFLXの効果は,むしろ緑膿菌バイオフィルムよりも強い抵抗性を示す結果であった

    researchmap

  • Clinical studies on advantages and safety of visual laser ablation for patients with benign prostatic hyperplasia 査読

    Yasutomo Nasu, Toyohiko Watanabe, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori

    International Journal of Urology   3 ( 1 )   s53 - s54   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Since 1992, we have been performing VLAP using a right-angle laser delivery system (Urolase) for BPH patients with significant underlying nonurological diseases such as diabetes mellitus, cardiovascular, pulmonary, and maligant diseases. Sufficient clinical results have been obtained without major complications during short-term and long-term observation. In this study, we discuss the clinical advantages and safety of VLAP, compared with TURP, through analysis of the clinical procedure for VLAP for patients treated with anticoagulant agents such as waríarin. In our study of 40 patients, 8 patients were treated with anticoagulants for cardiovascular disease. During the procedure and after the operation, no significant complications were encountered except for transient postoperative bleeding. The 8 patients who received simultaneous anticoagulant therapy also underwent TURP to draw a comparison. The time taken for the procedure and the volume of the blood loss were significantly reduced by VLAP. The hemostatic nature of YAG laser energy seems to result in a technical improvement over conventional I URP for patients undergoing anticoagulant therapy. © IUA/CLJ.

    DOI: 10.1111/j.1442-2042.1996.tb00087.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 複雑性尿路感染症に対するcefluprenamの基礎的・臨床的検討

    櫻本 耕司, 藤田 竜二, 渡辺 豊彦

    日本化学療法学会雑誌   43 ( Suppl.4 )   127 - 133   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症由来の14菌種210株に対する本剤の最小発育阻止濃度(MIC)を測定した.グラム陽性菌に対してはIPMにはやや劣るものの,その他の対照薬(CAZ,CPZ,LMOX)より優れた抗菌力を示した.Escherichia coli, Klebsiella pneumoniae, Proteus mirabilisに対しては,本剤が最も優れた成績であった.又,Serratia marcescens, Pseudomonas aeruginosaに対しては,IPMには若干劣るものの,CAZと同等の抗菌力を示した. 2)複雑性尿路感染症14例中UTI薬効評価基準により評価可能であった12例の総合臨床効果は著効2例,有効6例,無効4例で,有効率は66.7%であった.細菌学的効果では分離菌9菌種20株中17株が消失し,除菌率は85.0%であった.副作用及び臨床検査値の異常変動は1例も認められなかった

    researchmap

  • 泌尿器科領域におけるbalofloxacinの基礎的・臨床的検討

    竹中 皇, 藤田 竜二, 渡辺 豊彦

    日本化学療法学会雑誌   43 ( Suppl.5 )   324 - 329   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)教室保存株14菌種210株に対する本剤のMICを測定し,OFLX及びNFLXの抗菌力と比較した.本剤のグラム陽性菌に対する抗菌力は比較対照薬剤に比し優れており,グラム陰性菌に対しては全体としてOFLXには若干劣るものの,NFLXとほぼ同等の抗菌力を示した. 2)急性単純性膀胱炎4例,複雑性尿路感染症6例及び急性細菌性前立腺炎1例に対し,8日間投与し,臨床的検討を行った.急性単純性膀胱炎例では判定可能であった3例の内2例が著効,1例が有効であった.複雑性尿路感染症では著効3例,有効1例,無効1例であった.急性細菌性前立腺炎の1例では有効であった.複雑性UTIにおける細菌学的効果では12株中11株が消失した. 3)自他覚的副作用は1例も認めず,臨床検査値異常変動もなかった

    researchmap

  • 泌尿器科領域におけるpazufloxacinの基礎的・臨床的検討

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 櫻本 耕司

    日本化学療法学会雑誌   43 ( Suppl.2 )   363 - 376   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症由来株14菌種207株に対するPZFXのMICを測定し,norfloxacin(NFLX), ofloxacin(OFLX)と比較検討した.グラム陽性菌に対しては,OFLXとほぼ同等,グラム陰性菌に対しては,殆どの菌種に対して対照薬より優れた抗菌力を示した.P.aeruginosaに対する本剤及び対照薬の抗菌力は年次的に耐性化傾向が認められた. 2)急性単純性膀胱炎2例,複雑性尿路感染症19例,急性前立腺炎1例,及び慢性前立腺炎3例を対象にした.急性単純性膀胱炎2例では,主治医判定で共に有効以上であった.複雑性尿路感染症17例では,総合臨床効果は,著効7例,有効5例,無効5例で有効率71%であった

    researchmap

  • 岡山大学医学部付属病院において検出された腸球菌属の薬剤感受性とβ-lactamase産生能について 査読

    那須 良次, 渡辺 豊彦, 門田 晃一

    感染症学雑誌   69 ( 8 )   919 - 923   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    1990〜1994年迄の岡山大学付属病院で分離された腸球菌属の検討を行った. 1)腸球菌属の分離頻度は各年を通して全体の6%前後であった. 2)腸球菌属の中でEnterococcus faecalisの占める割合は減少していたが,Enterococcus faecium, Enterococcus aviumは増加していた. 3)薬剤感受性率の検討では,E.faecalis, E.aviumでofloxacin(OFLX)に対する耐性化傾向が認められた.E.faecalisでは第一選択薬であるampicillin(ABPC)で耐性化傾向が認められた. 4)少数ながらvancomycin(VCM)非感受性腸球菌属が検出された.VCM非感受性株はABPC, imipenem, gentamicin, OFLXにも低感受性を示す場合が多く多剤耐性の傾向が認められた. 5)腸球菌属から100株を選びニトロセフィン法,ヨード・デンプン法によりβ-lactamase産生能の有無を検討したが全て非産生株であった

    researchmap

  • Grepafloxacinの泌尿器科領域における基礎的・臨床的検討

    竹中 皇, 渡辺 豊彦, 櫻本 耕司

    日本化学療法学会雑誌   43 ( Suppl.1 )   397 - 404   1995年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1) 尿路感染症由来菌14菌種210株に対する本剤のMICを測定し,同系薬剤であるofloxacin(OFLX), ciprofloxacin(CPFX)およびnorfloxacin(NFLX)と比較した.全体として,CPFXに劣るものの,その他の同系薬剤とほぼ同等あるいはそれ以上の抗菌力を示した.2) 急性単純性膀胱炎4例,複雑性尿路感染症28例および急性細菌性前立腺炎2例に対し,本剤を1回量100〜300mg,1日1〜2回,1〜14日間投与し,UTI薬効評価基準に準じて臨床的検討を行った.急性単純性膀胱炎4例,急性細菌性前立腺炎1例に対してはどちらも有効以上であったが,複雑性尿路感染症に対しては著効5例,有効3例,無効14例であった.細菌学的効果では25株中15株が消失した.自・他覚的副作用は1例に一過性の左半身不快感を認め,臨床検査値異常では軽度の好酸球増多,GOT・GPTの上昇を各1例に認めた

    researchmap

  • Robbins deviceを用いた緑膿菌バイオフィルムの解析 緑膿菌バイオフィルムに対する各種抗菌剤の効果について

    小野 憲昭, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    BACTERIAL ADHERENCE研究会講演録   8   95 - 100   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    Robbins deviceをバイオフィルム・サンプラーとして用い,緑膿菌バイオフィルムで抗菌剤の効果を,ホタル・ルシフェリン・ルシフェラーゼ反応によるchemiluminescence法で測定し,更に電子顕微鏡で検討した.キノロン剤とfosfomycin(FOM)が人工尿中でも併用効果を挙げた.またレーザー走査電子顕微鏡は表層と深層での細胞密度の差を形態的に判定可能であった

    researchmap

  • 共焦点レーザー走査顕微鏡による細菌バイオフィルムの観察 P.aeruginosa biofilmとS.epidermidis biofilmの比較

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 櫻本 耕司

    BACTERIAL ADHERENCE研究会講演録   8   89 - 94   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    新しい共焦点レーザー走査電子顕微鏡でP.aeruginosa biofilmとS.epidermidis biofilmの蛍光染色性を比較した.ともに生の状態での生物資料の観察が可能であり,前者ではsafranineとFITC-ConAで識別可能であった.後者ではsafranineの二重染色は不能で,前者と共に単染色ではacridine orangeとFITC-ConAが現時点では最も優れた染色性を示した

    researchmap

  • 岡山大学泌尿器科における術後感染症の年次変遷 査読

    渡辺 豊彦, 妹尾 孝司, 井上 高明

    西日本泌尿器科   57 ( 3 )   240 - 243   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    1991年12月までの13年間に手術を行った3926例を対象とし,術後3週間以内の有熱性感染症,ならびに創感染を中心に集計し,年次的に検討を加え,入院患者における使用抗菌薬の変遷についても検討した。1)術後有熱性合併症としての感染症は,年次的に減少しており,特に前立腺術後有熱性感染症の減少が顕著であった。2)抗菌薬総使用量の年次的推移では,第3世代セフェム,ニューキノロン薬の使用量は1987年にピークに達し,最近ではむしろ減少していた。3)術後上部尿路感染症例よりのSerratiaの分離頻度は著明に減少したが,Pseudomonasにaeruginosaについては減少傾向は認められなかった

    researchmap

  • 難治性複雑性尿路感染症に対するazithromycinとofloxacinの併用効果に関する検討 査読

    小野 憲昭, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    日本化学療法学会雑誌   43 ( 2 )   222 - 230   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    カテーテル留置難治性複雑性尿路感染症に対し,AZMとOFLXの併用療法は有効な方法のひとつであると考えられ,また安全性にも問題は認められず,尿路のバイオフィルム感染症に対する治療法全般を検討していくうえでも意義深いものであると考えられた

    researchmap

  • 共焦点レーザー走査顕微鏡による緑膿菌バイオフィルムの観察 査読

    渡辺 豊彦

    感染症学雑誌   69 ( 1 )   114 - 122   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    modified Robbins deviceを用いて,silicon disk表面に形成させた緑膿菌バイオフィルムを,CLSMを用いることにより,水分を含んだ生の状態で観察することが可能であった。菌体とmatrixの染め分けを試みるため,種々の蛍光色素を用いて検討したところ,菌体の染色にはacridine orangeおよびsafranine,matrixの染色にはFITC標識ConA (FITC-ConA)が優れていた。また,pHの変化が色素の荷電,菌体表層の弱い陰性荷電,およびmatrix全体の強い陰性荷電に影響し,最終的に菌体およびmatrix全体の染色性を変化させていると考えられた。safranine, FITC-ConAの蛍光波長の違いを利用し,菌体とmatrixの染め分けと2重染色について検討し,matrixの陰性荷電がより強調されるpH 9.5の条件下ではほぼ満足すべき2重染色が得られた

    researchmap

  • Ritipenem acoxilの体内動態の検討 Cefotiam hexetilとの比較

    小野 憲昭, 藤田 竜二, 渡辺 豊彦

    日本化学療法学会雑誌   43 ( Suppl.3 )   286 - 291   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    健常成人男子ボランティアにRIPM-AC,CTM-HEともに200mg錠を単回投与し,クロスオーバー法で各薬剤の血漿中濃度,及び尿中排泄を検討した.最高血漿中濃度(Cmax)は,ritipenem(RIPM)では2.09μg/ml, cefotiam(CTM)では2.85μg/mlを示した.RIPM, CTMの血漿中濃度半減期(T1/2)は,それぞれ0.56h, 0.71h, 12時間までの血漿中濃度曲線下面積(AUC0-12)はそれぞれ2.10μg・h/ml, 4.99μg・h/ml.活性体の累積尿中排泄率は12時間までで,RIPM11.3%, CTM38.9%であった

    researchmap

  • 尿路感染症に対するritipenem acoxilの基礎的・臨床的検討

    小野 憲昭, 藤田 竜二, 渡辺 豊彦

    日本化学療法学会雑誌   43 ( Suppl.3 )   256 - 263   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症由来の14菌種210株に対するritipenem(RIPM)のMICを測定し,cefaclor(CCL), cefixime(CFIX), cefotiam(CTM)と比較検討した.グラム陽性菌,特にEnterococcus faecalisでは対照薬剤より優れた抗菌力を示した.グラム陰性菌に対してはCFIX, CTMよりやや劣るものの,CCLより優れた抗菌力を示した. 2)34例の尿路感染症患者(急性単純性膀胱炎4例, 複雑性尿路感染症30例)を対象に,本剤1日量450mg〜1500mgを1日3回,3〜14日間食後投与し,UTI薬効評価基準に基づき判定した.急性単純性膀胱炎では2例が効果判定可能で,著効1例,有効1例であった.複雑性尿路感染症では,著効6例,有効18例,無効4例であった

    researchmap

  • 緑膿菌性複雑性尿路感染症に対するcarindacillin(CIPC)の再評価 査読

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 門田 晃一

    日本化学療法学会雑誌   43 ( 1 )   89 - 95   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    CIPCはCarbenicillin (CBPC)の誘導体である。CBPCの尿路感染症由来緑膿菌235株に対するMIC70は400μg/mlと,NFLX, OFLXの100μg/mlに比しかなりの高値を示したが,CBPCでは耐性化の傾向は認められなかった。NFLX, OFLXでは,尿中での抗菌力の明らかな低下がみられるのに対し,CBPCでは尿中での抗菌力の低下は軽度であった。臨床的検討における解析対象例は21例であり,UTI判定では著効5例,有効8例,無効8例,総合有効率は61.9%であった。細菌学的効果では,投与前分離緑膿菌21株のうち12株が除菌された。投与前分離緑膿菌に対する本剤のMICは6.25〜&gt;1,600μg/mlの間に分布し,OFLXに比し高値を示した

    researchmap

  • Basic and clinical studies on grepafloxacin in the urological fiel 査読

    Tadasu Takenaka, Toyohiko Watanabe, Kohji Sakuramoto, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Noriaki Ono, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Yasuhiro Katayama, Akihiro Mizuno, Mikio Kishi, Ryoji Nasu

    Japanese Journal of Chemotherapy   43   397 - 404   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We studied the antibacterial activity and clinical usefulness of grepafloxacin (GPFX), a new quinolone, in the urological field. 1) Antibacterial activity: The MICs of GPFX were measured against 210 clinical isolates of 14 species from urinary tract infection and compared with those of ofloxacin (OFLX), ciprofloxacin (CPFX) and norfloxacin (NFLX). In general, the antibacterial activity of GPFX was inferior to CPFX, but equal or superior to those of other control drugs. 2) Clinical efficacy: Although the clinical efficacy in acute uncomplicated cystitis and chronic bacterial prostatitis was good, the overall clinical efficacy rate according to the criteria of the UTI Committee was 36.4%(8/22) in chronic complicated UTI. Fifteen of 25 (60%) strains isolated were eradicated. 3) Side effects: Temporary discomfort of the left side of the body was observed in one case. Mild elevation of eosinophils or GOT·GPT was observed in one case. © 1995, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1995.43.Supplement1_397

    Scopus

    researchmap

  • Pharmacokinetics of ritipenem acoxil 査読

    Noriaki Ono, Ryuji Fujita, Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka, Kouichi Monden, Satoshi Uno, Koushi Sakuramoto, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Yoshitsugu Nasu, Masaya Tsugawa, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Shin Irie, Tetsuzo Kaneshige

    Japanese Journal of Chemotherapy   43   286 - 291   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Ritipenem acoxil (RIPM-AC) is a new oral penem antibiotic. We investigated the pharmacokinetics of RIPM-AC and cefotiam hexetil (CTM-HE) by the cross-over method. The pharmacokinetics of RIPM-AC and CTM-HE, each orally administrated at a dose of 200 mg, were compared in healthy male volunteers. The Cmax values of ritipenem (RIPM) and cefotiam (CTM) were 2.09μgg/ml and 2.85μg/ml, respectively. The T1/2 of RIPM and CTM were 0.56 h and 0.71 h, and the AUC0-12 values were 2.10 μg·h/ml and 4.99 μg·h/ml. The mean urinary recovery rates of RIPM and CTM up to 12 h after a single oral administration were 11.3% and 38.9%. © 1995, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1995.43.Supplement3_286

    Scopus

    researchmap

  • Basic and clinical studies on ritipenem acoxil in urinary tract infection 査読

    Noriaki Ono, Ryuuji Fujita, Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka, Kouichi Monden, Koushi Sakuramoto, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Yoshitsugu Nasu, Masaya Tsugawa, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Katsuichi Nanba, Katsuyoshi Kondo, Teruhisa Ohhashi, Teruaki Akaeda, Yasuhiro Katayama

    Japanese Journal of Chemotherapy   43   256 - 263   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We studied the antibacterial activity and clinical efficacy of ritipenem acoxil (RIPM-AC), a neworal penem antibiotic, in urinary tract infections. 1) Antibacterial activity: We measured the MICs of ritipenem (RIPM) against 210 clinicalisolates of 14 species from urinary tract infections and compared them with those of cefaclor (CCL), cefixime (CFIX) and cefotiam (CTM). Against gram-positive organisms, the overallantibacterial activity of RIPM was superior to that of other antibiotics. Against gram-negativeorganisms, the activity of RIPM was almost equivalent to that of other antibiotics. 2) Clinical efficacy: Four patients with acute uncomplicated cystitis (AUC) and 30 patients withchronic complicated urinary tract infection were treated with ritipenem acoxil. According to thecriteria of the Japanese UTI Committee, the overall clinical efficacy rate was 100%(2/2) for AUC and 85.7%(24/28) for chronic complicated UTI. Bacteriologically, 28 of 32 strains (87.5%) wereeradicated. 3) Side effects: No side effects were observed. Abnormal laboratory findings, however, wereobserved in 2 cases, one with slight elevations of GOT and GPT and the other with decreases in RBC, Hb and Ht. © 1995, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1995.43.Supplement3_256

    Scopus

    researchmap

  • A study on the combined use of azithromycin and ofloxacin in refractory complicated urinary tract infection 査読

    Noriaki Ono, Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka, Koushi Sakuramoto, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Katsuyoshi Kondo, Teruhisa Ohashi, Katsuichi Namba, Teruaki Akaeda, Yasuhiro Katayama, Toshihiko Asahi, Masaya Tsugawa, Syunji Hayata, Yoshitsugu Nasu, Kazuhisa Takeda

    Japanese Journal of Chemotherapy   43 ( 2 )   222 - 230   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The efficacy and safety of combined therapy including azithromycin (AZM) and ofloxacin (OFLX) and single therapy with OFLX were compared in patients with rafractory complicated urinary tract infection (UTI) caused by catheters, to assess these methods of treating biofilm infection of the urinary tract. The subjects were patients with UTI who were treated with urethral catheter (including cystostomy). Seven days before the start of administration, the indwelling catheter was changed, and the course was observed without administration of any antimicrobial drug. Patients were registered at the time of this observation. The combined therapy group was given AZM at a single daily dose of 500 mg for 3 days and OFLX at a dose of 200 mg three times a day for 7 days. The single therapy group was given OFLX at a dose of 200 mg three times a day for 7 days. Eight days after the start of administration, the catheter was changed again. Urinary sediment and culture, and clinical tests were performed before and after the administration of drugs, and the surface of the catheter was observed by electron microscopy. Fifteen of the 37 patients were assigned to the combined therapy group and 17 to the single therapy group. The efficacy rates were 66.7% and 47.1% in the respective groups, as evaluated by the attending doctor. According to the criteria of the Japanease UTI committee, overall clinical efficacy was 60.0% in the combined therapy group and 41.2% in the single therapy group. The urine became negative for bacteria in 53.3% of the patients in the combined therapy group and 35.3% of those in the single therapy group. The bacteriological eradication rate was 91.2% in the combined therapy group and 68.8% in the single therapy group. There were no associated side effects or abnormal changes in clinical laboratory test values except for discomfort in the stomach of one patient in the combined therapy group. The inhibitory effect on biofilm formation as determined by electron microscopy tended to be superior in the combined therapy group. These results suggest that combined therapy with AZM and OFLX is an effective method of treating refractory complicated UTI in patients with a catheter. © 1995, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved. © 1995, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1995.43.222

    Scopus

    researchmap

  • Basic and clinical evaluation of carindacillin for complicated urinary tract infection caused by Pseudomonas aeruginosa 査読

    Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka, Koushi Sakuramoto, Kouichi Monden, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Noriaki Ono, Masaya Tsugawa, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Katsuyoshi Kondo, Syunji Hayata, Yoshitsugu Nasu, Teruaki Akaeda, Yasuhiro Katayama

    Japanese Journal of Chemotherapy   43 ( 1 )   89 - 95   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We evaluated the antibacterial activity and efficacy of carindacillin (CIPC), a synthetic penicillin, in the urological field. 1) Antimicrobial activities: Statistical studies were performed on Psudomonas aeruginosa isolated from patients with urinary tract infection from 1983 to 1991. Antimicrobial activities of new quinolones against these strains were annually reduced both in Muller-Hinton broth (MHB) and in artifical urine (AU). Antimicrobial activities of new quinolones in AU were more reduced than those in MHB, but the antimicrobial activities of CIPC were less reduced in both MHB and AU than those of the new quinolones. It was considered that the antimicrobial activities of the new quinolones were reduced due to low pH and high concentrations of magnesium and calcium in AU. 2) Clinical efficacy: According to the criteria of the Japanese UTI Committee, the overall clinical efficacy rate was 61.9% (13/21). Bacteriologically, 21 of 34 strains (61.8%) isolated were eradicated. The eradication rate for P. aeruginosa was 57.1% (12/21). 3) Side effects: No clinical side effects or abnormal laboratory changes were observed. Based on the above results, CIPC might be useful in the treatment of urinary tract infection caused by P. aeruginosa. © 1995, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1995.43.89

    Scopus

    researchmap

  • Basic and clinical studies on cefluprenam in urinary tract infections 査読

    Koushi Sakuramoto, Ryuji Fujita, Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka, Kouichi Monden, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Noriaki Ono, Yoshitsugu Nasu, Masaya Tsugawa, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Katsuichi Nanba, Yasuhiro Katayama, Teruaki Akaeda

    Japanese Journal of Chemotherapy   43   127 - 133   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We studied the antibacterial activity and clinical efficacy of cefluprenam (CFLP), a new injectable cephalosporin antibiotic, in urinary tract infections. 1) Antibacterial activity: The MICs of CFLP were measured against 210 clinical isolates of 14 species from urinary tract infections and compared with those of ceftazidime (CAZ), cefoperazone (CPZ), latamoxef (LMOX) and imipenem (IPM). In general, the antibacterial activity of CFLP was superior to those of other compared cephems except for IPM, but slightly inferior to that of IPM. 2) Clinical efficacy: Fourteen patients with complicated urinary tract infection were treated once or twice a day with 0.5g or 1.0g of CFLP. Out of 14, 12 cases were evaluated according to the criteria of the apanese UTI Committee. The overall clinical efficacy rate was 66.7%(8/12). Bacteriologically, 17 of 20 strains (85%) were eradicated. 3) Side effect: No clinical side effects and no abnormal laboratory changes were observed in any cases. © 1995, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1995.43.Supplement4_127

    Scopus

    researchmap

  • 泌尿器科領域感染症におけるbiapenemの基礎的・臨床的検討

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 林 俊秀

    日本化学療法学会雑誌   42 ( Suppl.4 )   486 - 496   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症分離株14菌種210株に対するBIPMのMICを測定し,imipenem (IPM), ceftazidime (CAZ), latamoxef (LMOX)およびcefoperazone (CPZ)と比べた。全体的に見ると本剤の抗菌力は,IPMとほぼ同等,CAZ, LMOXおよびCPZより3〜4管程度優れていた。2)複雑性尿路感染症30例を対象に,本剤1回150〜450mgを1日2回,4〜8日間投与した。評価可能であった23例の総合臨床効果は著効7例,有効10例,無効6例であった。細菌学的効果では35株中,消失30株,存続5株であった。急性前立腺炎の1例は主治医判定で有効であった。副作用および臨床検査値異常変動はなかった

    researchmap

  • ニューキノロン薬のPseudomonas aeruginosaに対する抗菌力の年次推移と尿中抗菌力について

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 桜本 耕司

    緑膿菌感染症研究会講演記録   28回   135 - 141   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:緑膿菌感染症研究会  

    MIC測定用broth中での緑膿菌に対する抗菌力は,今回検討したニューキノロン薬すべてにおいて年次的に耐性化が認められた。また,人工尿中における抗菌力は,多くのニューキノロン薬においてMIC測定用brothと比較して3管程度低下しており,年次的にも耐性化傾向が認められた。MIC測定用brothと人工尿の組成を比較したところpH, Mg2+濃度,Ca2+濃度に相違が認められ,人工尿のpHがMIC測定用brothに比し低値であること,また,Mg2+, Ca2+など2価の陽イオン濃度が高値であることが尿中MICの上昇に関与している

    researchmap

  • 複雑性尿路感染症に対するFK037の基礎的・臨床的検討

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 林 俊秀

    日本化学療法学会雑誌   42 ( Suppl.3 )   260 - 268   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)グラム陽性菌に対してはIPMには劣るものの,CAZ, CPZより強い抗菌力を示した。グラム陰性菌のEscherichia coli, Klebsiella pneumoniae, Proteus mirabilis, Serratia marcescensに対してはIPMとほぼ同等またはそれ以上の抗菌力を示し,CAZ, CPZより強い抗菌力を示した。Pseudomonas aeruginosaに対してはIPMには劣るものの,CAZとほぼ同等,CPZより優れた抗菌力を示した。2)評価可能であった12例の総合臨床効果は,著効3例,有効6例,無効3例で,有効率は75.0%であった。細菌学的効果では20株中18株が消失した。副作用として1例に発疹を認めたが一過性のものであった。臨床検査値異常変動は1例に好酸球増多を認めたが,軽度であり投与終了後5日目に正常化した

    researchmap

  • 泌尿器科領域におけるTazobactam/Piperacillin(PIPC)の基礎的・臨床的検討

    林 俊秀, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    日本化学療法学会雑誌   42 ( Suppl.2 )   541 - 552   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症分離株14菌種206株に対する本剤のMICを測定し,PIPC,sulbactam/cefoperazone (SBT/CPZ),latamoxef (LMOX),ceftazidime (CAZ)と比較した。本剤の抗菌力は,グラム陽性菌に対してはStaphylococcus epidermidisでSBT/CPZに劣るものの,PIPCとほぼ同等,LMOX, CAZより優れた抗菌力を示した。グラム陰性菌ではLMOX, CAZには劣るものの,SBT/CPZとほぼ同等,PIPCとは同等ないし1管程度優れた抗菌力を示した。2)複雑性尿路感染症37例に本剤1回1.25g〜2.5gを1日2回,4〜8日間連続点滴静注した。複雑性尿路感染症30例の総合臨床効果は著効4例,有効18例,無効8例であった。細菌学的効果では48株中,消失38株,存続10株であった。自・他覚的副作用はなかった。臨床検査値異常としてGPTの上昇を2例に,GOT, GPT, Al-P, γ-GTPの上昇を1例に,好酸球の増多を1例に認めた

    researchmap

  • 共焦点レーザー走査顕微鏡による細菌バイオフィルムの観察

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 林 俊秀

    BACTERIAL ADHERENCE研究会講演録   7   111 - 115   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 緑膿菌性複雑性尿路感染症に対するcarindacillin(CIPC)の再評価 査読

    渡辺 豊彦

    日本化学療法学会雑誌   42 ( 6 )   809 - 810   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • MRSAによる尿路感染結石(腎結石)症例について

    林 俊秀, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    BACTERIAL ADHERENCE研究会講演録   7   87 - 92   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオフィルム学会  

    researchmap

  • 尿路感染症に対するSY5555の基礎的・臨床的検討

    林 俊秀, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    日本化学療法学会雑誌   42 ( Suppl.1 )   475 - 484   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症分離菌14菌種210株に対する本剤のMICを測定し,cefaclor(CCL),cefixime(CFIX)及びofloxacin(OFLX)と比べた。グラム陽性球菌,特にE. faecalisには対照薬より優れた抗菌力を示した。グラム陰性菌に対してはCCLより強く,CFIXとほぼ同等,OFLXにはやや劣っていた。2)急性単純性尿路感染症13例及び複雑性尿路感染症17例に本剤1回100〜300mgを1日3回,3〜7日間投与し,UTI薬効評価基準に準じ臨床的検討を行った。急性単純性尿路感染症11例中著効8例,有効3例,複雑性尿路感染症では15例中著効7例,有効4例,無効4例であった。分離菌別細菌学的効果は18株中P. aeruginosa(2株)を除く16株が消失した

    researchmap

  • 尿路感染症に対するSY5555の基礎的・臨床的検討

    林 俊秀, 渡辺 豊彦, 竹中 皇, 畠 和宏, 小野 憲昭, 公文 裕巳, 大森 弘之, 近藤 捷嘉, 大橋 輝久, 赤枝 輝明, 片山 泰弘

    CHEMOTHERAPY   42 ( 1 )   475 - 484   1994年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Society of Chemotherapy  

    新規ペネム系経口抗生物質SY5555の抗菌力ならびに尿路感染症に対する有用性について検討を行った。<BR>1) 抗菌力: 尿路感染症分離菌14菌種210株に対する本剤のMICを測定し, cefaclor (CCL), cefixime (CFIX) 及びofloxacin (OFLX) と比較した。グラム陽性球菌, 特に<I>Enterococcus faecalis</I>については対照薬より優れた抗菌力を示した。グラム陰性菌に対してはCCLより強く, CFIXとほぼ同等, OFLXにはやや劣っていた。<BR>2) 臨床効果: 急性単純性尿路感染症13例及び複雑性尿路感染症17例に本剤1回100~300mgを1日3回, 3~7日間投与し, UTI薬効評価基準に準じ臨床的検討を行った。<BR>急性単純性尿路感染症11例中著効8例, 有効3例で有効率100%であった。<BR>また, 複雑性尿路感染症17例に対しては, 15例中著効7例, 有効4例, 無効4例で, 総合有効率は73.3%であった。分離菌別細菌学的効果は, 18株中 <I>Pseudomonas aemginosa</I> (2株) を除く16株が消失した。自・他覚的副作用は30例中全例に認められず, 臨床検査値異常も24例中本剤との関連性を疑われるものはなかった。

    DOI: 10.11250/chemotherapy1953.42.Supplement1_475

    CiNii Article

    researchmap

  • VLAPの臨床的有用性の検討:-長期成績ならびに, 抗凝固療法施行患者に対する安全性について-

    那須 保友, 渡辺 豊彦, 公文 裕巳, 大森 弘之

    日本レーザー医学会誌   15   281 - 284   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本レーザー医学会  

    Since 1992, we have performed the VLAP using right angle laser derivery system (Urolase) for the patients of BPH with significant underlying non-urological diseases such as cardiovascular disease, malignant disease, DM and pulmonary disease. Sufficient clinical outcome has obtained without major complication after a short term and a long term observation. In this study, we discuss the clinical advantages and safety in comparison with TUR-P through the analysis of the clinical courses of the VLAP for the patients treated with anticoagulant agents such as warfarin. In our series of 40 cases, 8 patients were treated with anticoagulant for the reason of cardiovascular disease. During the procedure and after the operation, no significant complications were encountered except for a transient postoperative bleeding.<BR>And 8 cases with anticoagulant therapy underwent TUR-P were also analyzed as a comparison. The time of the procedure and the volume of the blood loss were significantly reduced by VLAP. The hemostatic nature of YAG laser energy seems to result in a technical improvement on conventional TUR-P for the patients under anticoagulant therapy.

    DOI: 10.2530/jslsm1980.15.Supplement_281

    CiNii Article

    researchmap

  • Temafloxacinの泌尿器科領域における基礎的・臨床的検討

    畠 和宏, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    日本化学療法学会雑誌   41 ( Suppl.5 )   537 - 546   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)健常人ボランティア5名に本剤300mgを単回経口投与した時の前立腺液内濃度は,1,2,4時間後でそれぞれ0.33,0.71,0.66μg/mlで,対血清比は0.32,0.35,0.43であった。2)尿路感染症分離菌14菌種209株に対する本剤のMICを測定し,同系薬剤であるofloxacin,ciprofloxacin,enoxacinおよびnorfloxacinと比べた。全体としてCPFXには劣るものの,その他の同系薬剤とほぼ同等の抗菌力を示した。3)本剤を経口投与し,UTI薬効評価基準に準じて判定した総合臨床効果は,急性単純性膀胱炎の2例は著効1例,有効1例,複雑性尿路感染症13例では著効3例,有効6例,無効4例であった。細菌学的効果では14株中12株が消失した。細菌性前立腺炎2例の主治医判定は1例が有効で,1例はやや有効であった

    researchmap

  • 腎機能障害者におけるcefozopran点滴静注時の薬物体内動態および投与設計について

    竹中 皇, 渡辺 豊彦, 林 俊秀

    日本化学療法学会雑誌   41 ( Suppl.4 )   147 - 153   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    健常成人及び種々の程度の腎機能障害患者におけるCZOP単回点滴静注時の体内動態を,血中濃度はHPLC法,尿中濃度はBioassay法にて測定した。1)健常成人並びに種々の程度の腎機能障害患者に対し,CZOPを1回1.0g,30分間で点滴静注し,two-compartment modelを適用して薬動力学的に解析を加えた。健常成人におけるCZOPの血中半減期T1/2(β)は2.20時間,β相の消失速度定数βは0.321/hであり,腎機能障害の程度に応じてT1/2(β)は延長し,βは低下していた。投与開始24時間後迄の累積尿中回収率は健常成人70.0%であり,Ccrが30ml/min未満の高度腎機能障害患者では32.5%と低下していた

    researchmap

  • Cefozopranの泌尿器科領域における基礎的・臨床的検討

    畠 和宏, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    日本化学療法学会雑誌   41 ( Suppl.4 )   309 - 318   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症分離株14菌種206株に対するcefozopranのMICを測定し,imipenem(IPM),ceftazidime(CAZ),latamoxef(LMOX)およびcefoperazone(CPZ)と比較した。本剤の抗菌力はIPMより1管程度劣っているものの全菌種でおしなべて高い抗菌力を示し,CAZとほぼ同等,LMOX,CPZに比し1〜2管程度優れていた。2)複雑性尿路感染症59例,急性前立腺炎2例に本剤を1回250mg,500mg,1000mgまたは2000mg(力価),1日1回または2回,4〜10日間連続点滴静注した。評価可能であった複雑性尿路感染症47例の総合臨床効果は著効10例,有効27例,無効10例であった。細菌学的効果では47株中,消失41株,存続6株であった。急性前立腺炎で評価可能2例の総合臨床効果は有効2例であり,2例ともに菌は陰性化した

    researchmap

  • 粘液産生性前立腺癌の1例 査読

    渡辺 豊彦, 畠 和宏, 那須 保友

    西日本泌尿器科   55 ( 11 )   1654 - 1657   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • コレステロール結晶含有腎嚢胞の1例 査読

    渡辺 豊彦, 那須 保友, 公文 裕巳

    西日本泌尿器科   55 ( 11 )   1658 - 1661   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腎機能障害時における注射用塩酸バンコマイシン(VCM)の薬物体内動態およびその投与設計について 査読

    竹中 皇, 渡辺 豊彦, 林 俊秀

    日本化学療法学会雑誌   41 ( 10 )   1079 - 1089   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    注射用塩酸VCMの腎機能障害患者における投与設計につき検討を加えた。1)健常成人ならびに種々の程度の腎機能障害者に対し,VCMを1回0.5g,60分間で点滴静注し,two-compartment modelを適用して薬動力学的に解析を加えた。健常成人におけるVCMの血中半減期T1/2(β)は3.08時間,β相の消失速度定数βは0.233/hであり,腎機能障害の程度に応じてT1/2(β)は延長し,βは低下していた。また,投与開始24時間後までの累積尿中回収率は健常成人96.3%であり,腎機能障害の程度に応じて低下していた。2)血中濃度の解析によって得られた種々のパラメーターの中で,βをCcrに応じて変化するパラメーターとして投与設計を行った。この投与設計の妥当性は連続投与時の血中濃度の実測値と理論値との一致により確認され,腎機能障害の程度に応じた具体的な投与設計として有用性の高いものと考えられた

    researchmap

  • 泌尿器科領域におけるloracarbefの基礎的・臨床的検討

    渡辺 豊彦, 竹中 皇, 林 俊秀

    日本化学療法学会雑誌   41 ( Suppl.3 )   310 - 317   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)抗菌力:尿路感染症由来菌14菌種205株に対する本剤のMICを測定し,同系薬剤と比較検討した。全体としてCCLとほぼ同等,Staphylococcus epidermidis,Klebsiella oxytocaに対してはCCLより優れた抗菌力を示した。2)前立腺液移行:本剤200mg単回投与後の前立腺圧出液中濃度は全体としてばらつきが大きいものの,4時間後で0.48±0.16μg/ml(n=4)であった。3)臨床効果:16例の尿路感染症患者,急性細菌性前立腺炎1例を対象に,本剤1回量200〜400mgを1日2〜3回,3〜7日間食後投与し,UTI薬効評価基準に準じ臨床的検討を行った。急性単純性膀胱炎に対しては2例とも著効,急性単純性腎盂腎炎の1例は著効,複雑性尿路感染症に対しては著効4例,有効3例,無効1例であった。用量別には,1日400mg投与群が2例中2例,600mg投与群が8例中7例,800mg投与群が2例中2例が有効以上であった。細菌学的効果は91.7%(11/12)という高い除菌率であった

    researchmap

  • 尿路感染症に対するS-1108の基礎的・臨床的検討

    小野 憲昭, 渡辺 豊彦, 竹中 皇

    日本化学療法学会雑誌   41 ( Suppl.1 )   448 - 455   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    1)尿路感染症由来菌14菌種202株に対する本剤のMICを測定し,同系薬剤であるcefaclor(CCL),cefixime(CFIX),cefteram(CFTM)と比較した。全体として,CFIX,CFTMとほぼ同等,CCLに比し2〜6管優れた抗菌力を示した。2)急性単純性膀胱炎4例および複雑性尿路感染症24例を対象に,本剤75〜150mgを1日3回,3〜7日間投与した。急性単純性膀胱炎では効果判定可能の2例はいずれも著効であった。複雑性尿路感染症に対しては著効8例,有効8例,無効3例であり,用量別には1日225mg投与群で4例全例,300mg投与群で10例中9例,450mg投与群では5例中3例が有効以上であった。細菌学的効果では投与前分離菌10菌種22株の内21株が消失した。投与後出現菌としては5菌種5株が認められた。自・他覚的副作用および臨床検査値の異常変動は1例もなかった

    researchmap

  • 両側重複腎盂尿管に合併した膀胱尿管逆流症(VUR)の1例

    井上 高明, 郭 春鋼, 渡辺 豊彦

    福山医学   ( 3 )   149 - 153   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:福山市医師会  

    researchmap

  • Basic and clinical studies on temafloxacin in urogenital infections 査読

    Kazuhiro Hata, Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka, Satoshi Uno, Toshihide Hayashi, Noriaki Ono, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Katsuichi Nanba, Katsuyoshi Kondo, Shin Irie, Tetsuzo Kaneshige

    CHEMOTHERAPY   41   537 - 546   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The penetration into prostatic fluid, antibacterial activity and clinical usefulness of temafloxacin (TMFX), a new quinolone, were studied. 1) The concentrations of TMFX in the prostatic fluid were 0.33, 0.71 and 0.66 μg/ml at 1, 2 and 4 hours after a single administration of 300 mg of TMFX, and the ratios to serum level (prostatic fluid/serum) were 0.32, 0.35 and 0.43, respectively. 2) We determined the MICs of TMFX against clinical isolates (209 strains of 14 species) from urinary tract infections, and compared them with those of ofloxacin (OFLX), ciprofloxacin (CPFX), enoxacin (ENX) and norfloxacin (NFLX). The antibacterial activity of TMFX was inferior to that of CPFX but almost equal to those of other control drugs. 3) The overall clinical efficacy rate, evaluated according to the criteria of the Japanese UTI Committee, was 100% (2/2) in acute uncomplicated cystitis and 69.2% (9/13) in chronic complicated UTI. Bacteriologically, 12 of 14 strains (85.7%) were eradicated. Two patients with chronic prostatitis were evaluated as good and fair by the doctors. 4) No drug-related side effects, including abnormal laboratory findings, were observed in any of the 17 cases. © 1993, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1953.41.Supplement5_537

    Scopus

    researchmap

  • Pharmacokinetics of vancomycin and dosage planning in patients with renal insufficiency 査読

    Tadasu Takenaka, Toyohiko Watanabe, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Noriaki Ono, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Tetsuzou Kaneshige, Katsuichi Nanba, Hiroyuki Omori

    CHEMOTHERAPY   41 ( 10 )   1079 - 1089   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We assessed the pharmacokinetics and dosage regimen of vancomycin in patients with renal insufficiency. 1) Vancomycin (VCM), 500 mg, was administered to healthy volunteers and patients with varying degrees of impaired renal function by 60-minute drip infusion. Serum levels of VCM after a single dose were assayed by FPIA and urinary levels by bioassay. Pharmacokinetic parameters were determined using a two-compartment model. In healthy volunteers, mean T1/2(β) was 3.08h and mean β was 0.233/h. As the degree of renal insufficiency became more severe, T1/2(β) became more prolonged and β decreased. The mean 24-h urinary excretion rate was 96.3% in the healthy volunteers and decreased in accordance with the severity of the renal insufficiency. 2) To plan the dosage regimen, β was selected as a parameter which varied in accordance with the degree of impaired renal function as determined on the basis of creatinine clearance. The appropriateness of this regimen was confirmed in a multiple-dose study. © 1993, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1953.41.1079

    Scopus

    researchmap

  • Pharmacokinetics and dosage planning of cefozopran in patients with renal insufficiency 査読

    Tadasu Takenaka, Toyohiko Watanabe, Toshihide Hayashi, Kazuhiro Hata, Noriaki Ono, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori, Katsuichi Nanba, Tetsuzou Kaneshige, Hiroyuki Ohmori

    CHEMOTHERAPY   41   147 - 153   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated pharmacokinetics of cefozopran (CZOP), a new cephem antibiotic, in patients with renal insufficiency. Serum levels of CZOP after a single administration were assayed by HPLC and urinary levels by Bioassay. 1) 1.0g CZOP were administered to healthy volunteers and patients with varying degrees of impaired renal function by 30minutes drip infusion. Pharmacokinetic parameters were determined using a two-compartment model. In healthy volunteers, the mean values of T1/2 (β) was 2.20h and β was 0.321/h. As proceeded the renal insufficiency, T1/2 (β) was prolonged and β was decreased. The mean urinary excretion rate within 24h was 70.0% in healthy volunteers and decreased to 32.5% in Patients with severe renal insufficiency whose creatinine clearrance (Ccr) were below 30ml/min. 2) To plan a regimen, β was selected as the parameter which varied in accordance with the degree of impaired renal function as measured by Ccr. A recommended dosing regimen in patients with renal insufficiency was studied. © 1993, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1953.41.Supplement4_147

    Scopus

    researchmap

  • Basic and clinical studies on loracarbef in the urological field 査読

    Toyohiko Watanabe, Tadasu Takenaka, Toshihide Hayasi, Kazuhiro Hata, Noriaki Ono, Hiromi Kumon, Hiroyuki Ohmori

    CHEMOTHERAPY   41   310 - 317   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We studied the antibacterial activity and efficacy of loracarbef (LCBF), a new carbacephem antibiotic, in the urological field. 1) Antibacterial activity: The MICs of LCBF were measured against 205 clinical isolates of 14 species from urinary tract infections and compared with those of cefixime (CFIX), cefteram pivoxil (CFTM-PI) and cefaclor (CCL). In general, the antibacterial activities of LCBF were almost equal to those of CCL. 2) Clinical efficacy in complicated urinary tract infection was evaluated according to the criteria of the Japanese UTI Committee. The clinical response in 8 evaluable patients was considered excellent in 4, moderate in 3 and poor in 1. Seven (87.5%) of 8 strains isolated were eradicated. 3) The concentration of LCBF in expressed prostatic secretion (EPS) was studied after oral administration of the drug at a dose of 200 mg. Four hours after the administration of LCBF, the concentration in EPS reached 0.48±0.16 μg/ml (n=3), and the ratio between serum and EPS was 0.28±0.12. 4) Side effects: Diarrhea and abdominal pain were observed in 1 patient. Both symptoms were mild and transient. Based on the above findings, it is considered that LCBF is useful in the treatment of urinary tract infection. © 1993, Japanese Society of Chemotherapy. All rights reserved.

    DOI: 10.11250/chemotherapy1953.41.Supplement3_310

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • MBAが考えるヘルスケア経営 : その戦略と組織

    加護野, 忠男

    碩学舎,中央経済グループパブリッシング (発売)  2021年1月  ( ISBN:9784502364112

     詳細を見る

    総ページ数:13, 310p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • マージナルドナーから生体腎移植を受けたレシピエントの術後成績

    吉永 香澄, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 西村 慎吾, 奥村 美紗, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 定平 卓也, 枝村 康平, 佐古 智子, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   56 ( 総会臨時 )   O18 - 6   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • CFIR201S変異を認めたaHUSレシピエントに対する生体腎移植の一例

    山野井 友昭, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 西村 慎吾, 奥村 美紗, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   56 ( 総会臨時 )   P1 - 44   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 腎移植患者のタクロリムス血中濃度にボノプラザンが与える薬物相互作用の検討

    和田里 章悟, 荒木 元朗, 松本 准, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 竹内 英実, 田邊 克幸, 那須 保友

    移植   56 ( 総会臨時 )   O16 - 2   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 腎移植後の尿細胞診で6ヵ月以上持続するDecoy細胞陽性所見はBKウイルス腎症の発症予測に有効である

    関戸 崇了, 荒木 元朗, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 田邊 克幸, 竹内 英実, 和田 淳, 柳井 広之, 那須 保友

    移植   56 ( 総会臨時 )   O17 - 3   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • ABO血液型不適合生体腎移植後の細菌感染症が急性抗体関連拒絶反応に与える影響についての検討

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 山野井 友昭, 山下 里美, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   56 ( 総会臨時 )   O11 - 1   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 遺伝性平滑筋腫症-腎細胞癌症候群関連腎細胞癌の術後骨転移に対してイピリムマブ・ニボルマブ併用療法が有効であった1例

    渡部 智文, 榮枝 一磨, 津川 昌也, 関戸 崇了, 富永 悠介, 高本 篤, 定平 卓也, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 小田 和歌子, 黒田 直人, 十川 麗美, 山本 英喜, 平沢 晃, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 1 )   9 - 9   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腎門部に発生した粘液嚢胞腺癌の1例

    三宅 修司, 岩田 健宏, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 定平 卓也, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 久保 寿夫, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   83 ( 1 )   14 - 14   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 乳酸菌腟坐剤の反復性膀胱炎再発予防効果に関する臨床的検討

    石井 亜矢乃, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 岩田 健宏, 狩山 玲子, 和田里 章悟, 山本 満寿美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌   69 ( Suppl.A )   216 - 216   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 当科における尿中分離Extended Spectrum Beta Lactamase(ESBL)産生大腸菌株の薬剤感受性年次推移と分子生物学的解析

    和田里 章悟, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 山本 満寿美, 岩田 健宏, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌   69 ( Suppl.A )   277 - 277   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 高血圧・糖尿病に焦点を当てたマージナルドナーからの生体腎移植

    吉永 香澄, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 竹内 英実, 田邉 克幸, 森永 裕士, 杉山 斉, 和田 淳, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   54回   193 - 193   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 尿路バイオフィルム感染症に対する乳酸菌の有用性に関する基礎的検討

    狩山 玲子, 光畑 律子, 山本 満寿美, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本細菌学雑誌   76 ( 1 )   93 - 93   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本細菌学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルの長期治療成績

    河田 達志, 高本 篤, 横山 周平, 宗田 大二郎, 坪井 一馬, 長尾 賢太郎, 富永 悠介, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 6 )   605 - 605   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 保険委員会:Future vision 病院経営におけるこれからの泌尿器科医の役割

    渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   108回   381 - 381   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 排尿障害を伴う全周性尿道憩室に対して外科的治療を行った1例

    松尾 聡子, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 津島 友靖, 中村 あや, 定平 卓也, 和田里 章悟, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 5 )   514 - 517   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は46歳,女性.子宮筋腫術後フォローアップMRIで,膀胱頸部に約3cm大の嚢胞性病変を指摘されていた.X年3月,頻尿・排尿痛を主訴に前医泌尿器科を受診した.保存的加療では排尿障害の改善が得られず,精査加療のためX年11月に当院紹介となった.腹部超音波検査で残尿は認めなかったが,尿道周囲に嚢胞性病変を認めた.内診では腟前壁に弾性軟の腫瘤を認めた.経腟的嚢胞穿刺の上,インジゴカルミンを注入すると,尿道鏡下に尿道5時方向より色素の噴出を認め,尿道憩室と診断した.その後,排尿障害が軽快したため経過観察としていたが,X+1年10月に膀胱炎様症状および排尿困難が再燃し,MRIで憩室の再増大を認めたため,外科的治療の方針とした.X+2年2月,経腟的尿道憩室切除術を施行した.憩室口は縫合閉鎖,憩室壁は可及的に切除し,残存する憩室壁内腔を可及的に掻爬した後,尿道周囲筋膜・腟前壁を縫合閉鎖した.周術期合併症を認めず,術後も排尿症状なく経過している.本症例における診断および術式で工夫したポイントを,若干の文献的考察を加え報告する.(著者抄録)

    researchmap

  • 当院における開腹膀胱全摘術(ORC)と腹腔鏡下膀胱全摘術(LRC)の治療成績の比較

    和田里 章悟, 小林 泰之, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   108回   1138 - 1138   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 腎摘除術を要した多房性気腫性腎盂腎炎の1例

    小林 宏州, 高本 篤, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 前原 貴典, 大岩 裕子, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 4 )   465 - 469   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は55歳、女性。右腰背部痛を主訴に近医受診した。CTでClass 3Bの気腫性腎盂腎炎を認め、当院緊急搬送となった。未治療の2型糖尿病を有しており、HbA1cは13.4%であった。抗菌薬投与、血糖コントロール、ガンマグロブリン療法による保存的加療を開始したが、改善を認めなかった。CTガイド下経皮的ドレナージによる腎温存治療を最大限に検討したものの、広範で多房性にガス像を呈していたため穿刺部位を特定できず断念した。そのため入院4日後に経腰式右腎摘除術を施行した。術後の経過は良好で、入院30日後に退院となった。気腫性腎盂腎炎は腎実質やその周囲組織にガスの集簇を認める重篤な急性壊死性感染症である。適切に加療しなければ致死的となり得る疾患であるが、近年では保存的加療や経皮的ドレナージを中心とする腎温存を図る治療が多数ある。腎温存は施行できなかったが、腎摘除術を行うことで良好な経過を得られた症例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • ニボルマブ・イピリムマブ併用療法による血球貪食症候群を発症した1例

    笹岡 丈人, 平田 武志, 倉繁 拓志, 早田 俊司, 富永 悠介, 光井 洋介, 定平 卓也, 高本 篤, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 4 )   449 - 452   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    免疫チェックポイント阻害剤による稀な合併症の1つである血球貪食症候群を経験したので報告する。症例は59歳の男性。検診エコーで右腎腫瘤を指摘され、当院に紹介された。造影CTで右腎中極腹側に4cm、背側に2cm大の腎癌を疑う占拠性病変を認めた。右腎癌に対して、凍結療法や腎部分切除術も考慮したが、左腎は無機能腎であったことも考慮し、ニボルマブ・イピリムマブ併用療法を開始した。2サイクル投与後7日目に下痢、発熱のため受診され、補液で加療を行うも、入院後4日目に貧血、血小板の減少とフェリチンの異常高値、CTにて肝脾腫の出現を認めた。骨髄穿刺で血球貪食像を認め、ニボルマブ・イピリムマブ併用療法による血球貪食症候群と診断された。治療としてメチルプレドニゾロンを投与後、速やかに解熱し、血球の減少やフェリチンの異常高値の改善も認めた。免疫チェックポイント阻害剤による血球貪食症候群は、少数であるが報告もあり、重症例では致死的な疾患であるため注意を要する。(著者抄録)

    researchmap

  • ハイリスク腎移植game changers DSA陽性ハイリスク腎移植

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 岩田 健宏, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   90 - 90   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 難治性排尿障害の治療game changers 難治性OABに対する仙骨神経刺激療法

    渡邉 豊彦

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   96 - 96   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 新たなin vivoイメージング技術から明らかになった、タダラフィルによる腎虚血/再灌流後好中球浸潤低下(The novel in vivo imaging techniques for visualizing neutrophil infiltration following renal ischemia/reperfusion which was reduced by tadalafil)

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 城所 研吾, 十川 裕史, 吉永 香澄, 光井 洋介, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 柏原 直樹, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   136 - 136   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Pembrolizumabが著効した進行性尿膜管癌の一例

    横山 周平, 長尾 賢太郎, 河田 達志, 富永 悠介, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   184 - 184   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 生体腎移植において好中球・リンパ球比の高値の継続は腎機能低下の予後予測因子となる

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 吉永 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 山下 里美, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    移植   55 ( 総会臨時 )   355 - 355   2020年10月

  • 生体腎移植において低用量リツキシマブはウイルス感染症を増加させない

    吉永 香澄, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   55 ( 総会臨時 )   384 - 384   2020年10月

  • 腎移植後の尿細胞診におけるSV40染色はBKウイルス腎症の発症予測に有効である

    関戸 崇了, 荒木 元朗, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    移植   55 ( 総会臨時 )   384 - 384   2020年10月

  • 生体腎移植後に急性浸潤性の再燃を呈した副鼻腔真菌症の1例

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 吉永 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 山下 美里, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 村井 綾, 檜垣 貴哉, 那須 保友

    移植   55 ( 総会臨時 )   387 - 387   2020年10月

  • 後腹膜SFT(Solitary fibrous tumor)の一例

    坪井 一馬, 高本 篤, 関戸 崇了, 富永 悠介, 岩田 健宏, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 増刊 )   191 - 191   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 【泌尿器がんに対するfocal therapyの現状と展望】小径腎がんに対する経皮的ラジオ波焼灼療法の現状と展望

    平木 隆夫, 宇賀 麻由, 冨田 晃司, 松井 裕輔, 生口 俊浩, 金澤 右, 荒木 元朗, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 郷原 英夫

    泌尿器科   12 ( 3 )   233 - 240   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 術後感染予防抗菌薬(口腔外科、泌尿器科、脳外科、整形外科、大腸) 泌尿器科における術後感染予防抗菌薬の適正使用

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   68 ( Suppl.A )   157 - 157   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 乳酸菌タブレットの直腸および腟内細菌叢に及ぼす影響に関する検討

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 三井 將雄, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子, 岩田 健宏, 佐久間 貴文, 和田里 章悟

    日本化学療法学会雑誌   68 ( 3 )   449 - 449   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 尿路感染症・性感染症における多剤耐性菌の迅速診断 前立腺生検前の直腸内におけるキノロン耐性菌の迅速スクリーニング

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    感染症学雑誌   94 ( 3 )   361 - 361   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 尿路感染症・性感染症における多剤耐性菌の迅速診断 前立腺生検前の直腸内におけるキノロン耐性菌の迅速スクリーニング

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   68 ( 3 )   399 - 399   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮癌に対するpembrolizumabの治療経験

    富永 悠介, 高本 篤, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 1 )   106 - 110   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    【目的】当科におけるpembrolizumabの治療成績について報告する。【対象と方法】2018年4月から2019年7月までの間に、当院で進行性尿路上皮癌に対してpembrolizumabを使用した19例を対象とした。後方視的に有効性と安全性について検討した。【結果】年齢中央値は68歳(39〜81歳)、性別は男性14例(74%)、女性5例(26%)であった。上部尿路腫瘍10例(53%)、膀胱腫瘍7例(37%)、その他2例(11%)であり、転移部位はリンパ節14例(74%)、肺9例(47%)、骨4例(21%)、肝2例(11%)であった。投与回数の中央値は3回(1〜16回)、観察期間の中央値は4ヵ月(1〜12ヵ月)であった。奏効率は24%、progression-free survival(PFS)の中央値は2.7ヵ月、overall survival(OS)の中央値は9.1ヵ月であった。PRを得られた症例(4例)では観察期間終了時点においても全例で継続可能であった。免疫関連有害事象は4例で経験した。好中球・リンパ球比とPFSは負の相関を認めた。【結論】当院におけるpembrolizumabの治療成績は他の報告と同等であった。奏効例についてはdurable responseを得られた。今後、臨床的に応用可能な効果予測因子のさらなる検討が必要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20200514090018&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2020%2F008201%2F018%2F0106-0110%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2020%2F008201%2F018%2F0106-0110%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 後腹膜悪性末梢神経鞘腫の1例

    宗田 大二郎, 高本 篤, 荒木 元朗, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 吉永 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 富永 悠介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   82 ( 1 )   173 - 173   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 非淋菌性尿道炎に対する1日200mg sitafloxacin投与法

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌   68 ( 2 )   181 - 185   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    臨床的に遭遇する頻度の高い尿道炎は、初診時に淋菌性か非淋菌性か鑑別してマネジメントを行う。非淋菌性尿道炎(Non-gonococcal urethritis、NGU)の場合にはクラミジア性尿道炎をまず想定するが、保険収載の関係から淋菌(Neisseria gonorrhoeae)、クラミジア(Chlamydia trachomatis)以外の病原微生物に関する検査は行うことができない。検査の性格上、一次治療を開始したあとにC.trachomatisの有無が判明する。治療失敗例では、Mycoplasma genitaliumなど、C.trachomatis以外の病原体の存在を考慮して二次治療を開始する。その際、M.genitaliumの薬剤感受性が低下していることや治療失敗例が報告されており、薬剤の選択には十分な注意が必要である。わが国のガイドラインでは、NGUに対してsitafloxacin(STFX)が推奨薬の一つとして挙げられており、良好な治療効果も報告されている。現時点ではNGUに対してazithromycin(AZM)を第一選択、STFXを第二選択として使用されることが一般的であるが、AZMによる治療失敗例だけでなく、症例によっては初期からSTFXが採用されるべきである。(著者抄録)

    researchmap

  • 尿路性器感染症POCT"外来で求められる迅速検査" 尿路感染症領域のPOCTと課題

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    感染症学雑誌   94 ( 臨増 )   195 - 195   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 生体腎移植後slow graft functionのリスク因子の検討

    和田里 章悟, 荒木 元朗, 河村 香澄, 関戸 崇了, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   53回   242 - 242   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植レシピエントにおけるCT値と骨密度の関係と推移

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   53回   200 - 200   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 生体ドナー腎採取術における後腹膜鏡下手術の有用性

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 小林 泰之, 山下 里美, 関戸 崇了, 坪井 一朗, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 和田 耕一郎, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   53回   209 - 209   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植後に発症したBKウイルス腎症の2例

    関戸 崇了, 荒木 元朗, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 山下 里美, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 加納 弓月, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   53回   213 - 213   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 経皮的腎凍結療法の困難症例における術中CTと腹腔鏡の併用の有用性

    荒木元朗, 関戸崇了, 平木隆夫, 宇賀麻由, 片山聡, 高本篤史, 枝村康平, 小林泰之, 渡邉豊彦, 那須保友

    日本泌尿器内視鏡学会(Web)   34th   2020年

     詳細を見る

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮癌に対するpembrolizumabの治療経験

    富永 悠介, 高本 篤, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 6 )   656 - 656   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮癌に対するpembrolizumabの治療経験

    富永 悠介, 高本 篤, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 6 )   656 - 656   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 男女共同参画の推進を目指したポジティブアクション宣言とは 泌尿器科医・学会として取り組むべきこと

    鈴木 啓悦, 福原 浩, 宮北 英司, 渡辺 豊彦, 小島 聡子

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   127 - 127   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮腫瘍に対するpembrolizumabの治療経験

    高本 篤, 小林 泰之, 大岩 裕子, 片山 聡, 枝村 康平, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   183 - 183   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • S100A11 contributes to tumor progression with cross talking between muscle invasive bladder cancer cells and fibroblasts(和訳中)

    光井 洋介, 定平 卓也, 渡部 昌実, 丸山 雄樹, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 阪口 政清, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   138 - 138   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Fumarate hydratase(FH)欠損腎細胞癌によるリンパ節転移に対して、イピリムマブ+ニボルマブ併用療法が奏功した一例

    関戸 崇了, 高本 篤, 小林 泰之, 三井 將雄, 和田里 章吾, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 枝村 康平, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   151 - 151   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • セカンドルック前立腺生検標本を含めた病理標本の一致率の検討

    定平 卓也, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 荒木 元朗, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   199 - 199   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 反復性膀胱炎に対する乳酸菌腟坐剤の再発予防効果に関する臨床的検討

    石井 亜矢乃, 和田 耕一郎, 光畑 律子, 山本 満寿美, 定平 卓也, 岩田 健宏, 狩山 玲子, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   154 - 154   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者は腎部分切除術後一年で腎機能が低下する Propensity Score-Matched Analysis

    河村 香澄, 荒木 元朗, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   177 - 177   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 症例から学ぶ 治療変遷から読み解く腎癌治療 何を、どこまで、どのように? 下大静脈腫瘍塞栓を伴う腎腫瘍の新しい手術アプローチ

    荒木 元朗, 小林 泰之, 枝村 康平, 角南 亮輔, 関戸 崇了, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 大岩 裕子, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 渡部 昌実, 那須 保友, 楳田 佑三, 八木 孝仁

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   113 - 113   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における進行性尿路上皮腫瘍に対するpembrolizumabの治療経験

    高本 篤, 小林 泰之, 大岩 裕子, 片山 聡, 枝村 康平, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   183 - 183   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • S100A11は筋浸潤性膀胱癌細胞と線維芽細胞のクロストークに関与し腫瘍進行に寄与する(S100A11 contributes to tumor progression with cross talking between muscle invasive bladder cancer cells and fibroblasts)

    光井 洋介, 定平 卓也, 渡部 昌実, 丸山 雄樹, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 阪口 政清, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   138 - 138   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Fumarate hydratase(FH)欠損腎細胞癌によるリンパ節転移に対して、イピリムマブ+ニボルマブ併用療法が奏功した一例

    関戸 崇了, 高本 篤, 小林 泰之, 三井 將雄, 和田里 章吾, 窪田 理沙, 岩田 健宏, 枝村 康平, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 柳井 広之, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 増刊 )   151 - 151   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院泌尿器科における腹腔鏡教育プログラムの有用性 腹腔鏡下副腎摘除術

    和田里 章悟, 小林 泰之, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   32 ( 2 )   225 - 229   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    当院泌尿器科では2006年から独自の腹腔鏡手術教育プログラムを作成し手術教育を行っている。2009年3月から2017年11月までに当院で腹腔鏡技術認定医トレーニング中の泌尿器科医師が執刀した腹腔鏡下副腎摘除術76症例と、当院の腹腔鏡技術認定医が行った43症例との周術期成績の比較検討を行った。プログラム対象者は合計18人(卒後6-11年目)で、1人あたりの執刀症例数は中央値4例(range:1-9)、認定医の術者は9名で中央値2例(range:1-26)であった。患者背景には大きな差は認めなかった。手術時間は認定医群で有意に短かった(p=0.0122)ものの、両群において輸血や開腹移行症例、重篤な合併症はなかった。手術時間・出血量に急激なラーニングカーブは認めなかった。系統的な手術教育により腹腔鏡手術経験の未熟な術者の初期症例においても、安定した周術期成績を残すことが出来た。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J05817&link_issn=&doc_id=20191106410020&doc_link_id=%2Fcs5jjend%2F2019%2F003202%2F023%2F0225-0229%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcs5jjend%2F2019%2F003202%2F023%2F0225-0229%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 岡山大学病院泌尿器科における腹腔鏡教育プログラムの有用性 腹腔鏡下副腎摘除術

    和田里 章悟, 小林 泰之, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   32 ( 2 )   225 - 229   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    当院泌尿器科では2006年から独自の腹腔鏡手術教育プログラムを作成し手術教育を行っている。2009年3月から2017年11月までに当院で腹腔鏡技術認定医トレーニング中の泌尿器科医師が執刀した腹腔鏡下副腎摘除術76症例と、当院の腹腔鏡技術認定医が行った43症例との周術期成績の比較検討を行った。プログラム対象者は合計18人(卒後6-11年目)で、1人あたりの執刀症例数は中央値4例(range:1-9)、認定医の術者は9名で中央値2例(range:1-26)であった。患者背景には大きな差は認めなかった。手術時間は認定医群で有意に短かった(p=0.0122)ものの、両群において輸血や開腹移行症例、重篤な合併症はなかった。手術時間・出血量に急激なラーニングカーブは認めなかった。系統的な手術教育により腹腔鏡手術経験の未熟な術者の初期症例においても、安定した周術期成績を残すことが出来た。(著者抄録)

    researchmap

  • ロボット補助腹腔鏡下前立腺全摘術後尿失禁の予測因子としての骨盤MRIパラメーターの有用性

    定平 卓也, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本排尿機能学会誌   30 ( 1 )   321 - 321   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における腹腔鏡下と後腹膜鏡下ドナー腎採取術の比較検討

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 小林 泰之, 山下 里美, 坪井 一朗, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   201 - 201   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • サルコペニアが前立腺全摘除後の排尿関連QoLに与える影響 Expanded Prostate Cancer Index Compositeを用いた経時的変化

    光井 洋介, 渡邉 豊彦, 定平 卓也, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 那須 保友

    日本排尿機能学会誌   30 ( 1 )   255 - 255   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 腎虚血再灌流障害における好中球動態の2光子励起顕微鏡を用いた解析

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 城所 研吾, 和田 耕一郎, 河村 香澄, 光井 洋介, 定平 卓也, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 田邊 克幸, 和田 淳, 柏原 直樹, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   241 - 241   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植におけるドナー・レシピエントのQoL変化の相違の検討

    光井 洋介, 荒木 元朗, 山下 里美, 丸山 雄樹, 河村 香澄, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   253 - 253   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 岡山大学病院における腹腔鏡下と後腹膜鏡下ドナー腎採取術の比較検討

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 小林 泰之, 山下 里美, 坪井 一朗, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   201 - 201   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • マージナルドナーからの生体腎移植の検討

    河村 香澄, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   324 - 324   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 前立腺癌に対するロボット支援前立腺全摘除術における前方・後方アプローチ間での術後QOLの比較

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 荒木 元朗, 河村 香澄, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邊 豊彦, 那須 保友

    日本排尿機能学会誌   30 ( 1 )   255 - 255   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 生体腎移植8年後に回腸末端に発生したPTLDの一例

    和田里 章悟, 荒木 元朗, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   278 - 278   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 腎移植後に発生し治療により完治したリンパ嚢腫の2例

    窪田 理沙, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 西村 慎吾, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 加納 弓月, 北川 正史, 田邊 克幸, 和田 淳

    移植   54 ( 総会臨時 )   278 - 278   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植8年後に回腸末端に発生したPTLDの一例

    和田里 章悟, 荒木 元朗, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   278 - 278   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 腎移植後に発生し治療により完治したリンパ嚢腫の2例

    窪田 理沙, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 西村 慎吾, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 加納 弓月, 北川 正史, 田邊 克幸, 和田 淳

    移植   54 ( 総会臨時 )   278 - 278   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 腎虚血再灌流障害における好中球動態の2光子励起顕微鏡を用いた解析

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 城所 研吾, 和田 耕一郎, 河村 香澄, 光井 洋介, 定平 卓也, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 田邊 克幸, 和田 淳, 柏原 直樹, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   241 - 241   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植におけるドナー・レシピエントのQoL変化の相違の検討

    光井 洋介, 荒木 元朗, 山下 里美, 丸山 雄樹, 河村 香澄, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   253 - 253   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • マージナルドナーからの生体腎移植の検討

    河村 香澄, 荒木 元朗, 関戸 崇了, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   54 ( 総会臨時 )   324 - 324   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • サルコペニアが前立腺全摘除後の排尿関連QoLに与える影響 Expanded Prostate Cancer Index Compositeを用いた経時的変化

    光井 洋介, 渡邉 豊彦, 定平 卓也, 丸山 雄樹, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 那須 保友

    日本排尿機能学会誌   30 ( 1 )   255 - 255   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • ロボット補助腹腔鏡下前立腺全摘術後尿失禁の予測因子としての骨盤MRIパラメーターの有用性

    定平 卓也, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本排尿機能学会誌   30 ( 1 )   321 - 321   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 消化器癌による転移性尿管腫瘍の2例

    河村 香澄, 荒木 元朗, 定平 卓也, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   461 - 466   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    消化器癌を原発とする転移性尿管腫瘍の2例を経験したため報告する。【症例1】64歳、男性。2007年9月、下行結腸癌に対して下行結腸切除術を施行した。2014年、術後のCTで右尿管腫瘍を指摘され当科へ紹介となった。右尿管鏡検査時の生検病理結果より下行結腸癌の尿管転移と診断し、開腹腫瘍摘出術を行った。術後4ヵ月の時点で肝転移を認めたためTS-1 120mg内服療法を14ヵ月行い、様々な変更を経て現在はXELIRI + Bevacizumab療法8コース目を行っている。肝転移は緩徐に増大中である。【症例2】62歳、男性。2014年12月、多発胃癌に対して幽門側胃切除術、胆嚢摘出術およびRoux-en-Y再建術を施行し、術後TS-1 100mg内服療法を1年間行った。2017年、CTで右水腎症と尿管壁肥厚を指摘され、右尿管鏡検査を行うも狭窄が強く組織は採取できず、検査時の分腎尿細胞診はclass IVであった。再施行した右尿管鏡検査において狭窄尾側を生検したところ浸潤性尿路上皮癌の診断であったため、後腹膜鏡下右腎尿管摘除術を施行した。右尿管は腹膜およびS状結腸と著しく癒着し、漿膜ごと摘除した。病理結果は胃癌の右尿管転移であった。術後weekly PTX 100mgを開始したが骨転移の出現や腹膜転移の進行を認め、PTX + Ramucirumab 1コース施行した後に抗PD-1抗体180mgを5コース行ったが全身状態は徐々に悪化した。術後7ヵ月で緩和療法に移行し、術後11ヵ月で永眠された。転移性尿管腫瘍は術前生検しても診断が難しい場合がある。予後不良な疾患であり、悪性疾患の既往のある尿管腫瘍は転移性尿管腫瘍も鑑別に挙げる必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院におけるニボルマブ+イピリムマブの初期経験

    片山 聡, 高本 篤, 関戸 崇了, 角南 亮輔, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   483 - 484   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 消化器癌による転移性尿管腫瘍の2例

    河村 香澄, 荒木 元朗, 定平 卓也, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   461 - 466   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    消化器癌を原発とする転移性尿管腫瘍の2例を経験したため報告する。【症例1】64歳、男性。2007年9月、下行結腸癌に対して下行結腸切除術を施行した。2014年、術後のCTで右尿管腫瘍を指摘され当科へ紹介となった。右尿管鏡検査時の生検病理結果より下行結腸癌の尿管転移と診断し、開腹腫瘍摘出術を行った。術後4ヵ月の時点で肝転移を認めたためTS-1 120mg内服療法を14ヵ月行い、様々な変更を経て現在はXELIRI + Bevacizumab療法8コース目を行っている。肝転移は緩徐に増大中である。【症例2】62歳、男性。2014年12月、多発胃癌に対して幽門側胃切除術、胆嚢摘出術およびRoux-en-Y再建術を施行し、術後TS-1 100mg内服療法を1年間行った。2017年、CTで右水腎症と尿管壁肥厚を指摘され、右尿管鏡検査を行うも狭窄が強く組織は採取できず、検査時の分腎尿細胞診はclass IVであった。再施行した右尿管鏡検査において狭窄尾側を生検したところ浸潤性尿路上皮癌の診断であったため、後腹膜鏡下右腎尿管摘除術を施行した。右尿管は腹膜およびS状結腸と著しく癒着し、漿膜ごと摘除した。病理結果は胃癌の右尿管転移であった。術後weekly PTX 100mgを開始したが骨転移の出現や腹膜転移の進行を認め、PTX + Ramucirumab 1コース施行した後に抗PD-1抗体180mgを5コース行ったが全身状態は徐々に悪化した。術後7ヵ月で緩和療法に移行し、術後11ヵ月で永眠された。転移性尿管腫瘍は術前生検しても診断が難しい場合がある。予後不良な疾患であり、悪性疾患の既往のある尿管腫瘍は転移性尿管腫瘍も鑑別に挙げる必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後の腎癌尿管再発の1例

    角南 亮輔, 大岩 裕子, 高本 篤, 関戸 崇了, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   482 - 482   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後の腎癌尿管再発の1例

    角南 亮輔, 大岩 裕子, 高本 篤, 関戸 崇了, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 片山 聡, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   482 - 482   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 当院におけるニボルマブ+イピリムマブの初期経験

    片山 聡, 高本 篤, 関戸 崇了, 角南 亮輔, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 4 )   483 - 484   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後に再発した3症例の検討

    小林 泰之, 荒木 元朗, 枝村 康平, 西村 慎吾, 高本 篤, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    腎癌研究会会報   ( 49 )   40 - 40   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:腎癌研究会  

    researchmap

  • 腎移植、明日への挑戦 ロボット自家腎移植

    荒木 元朗, 和田 耕一郎, 西村 慎吾, 窪田 理沙, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 3 )   314 - 320   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    自家腎移植は本来摘出される腎臓を救済できる優れた手術だが、侵襲が大きく臨床応用の頻度は極めて少ない。2014年以降、傷の小さい低侵襲のロボット自家腎移植が北米を中心に臨床応用されている。当科ではまずブタでfeasibility studyを行いヒトへの臨床応用に移行した。対象は30代女性。左卵巣嚢腫破裂で緊急帝王切開および左付属器切除(出血量4L)。再出血のため左内腸骨動脈の血管塞栓術を施行。術後左尿管口より5cm頭側で長さ2.7cmの尿管狭窄に対し左尿管ステント留置。尿路造影にて左腎盂尿管移行部狭窄も疑われた。4年後、手術目的に当科を紹介されるも躊躇。さらに4年後、再診。創の小さいロボット自家腎移植を選択。傷も小さくステントフリーとなり患者は満足されている。ロボット自家腎移植は我々の症例も含め世界で4例報告されており、すべて距離の長い尿管狭窄に対して行われている。そうした症例に頻用されるileal ureterは腸管の尿の再吸収による代謝性アシドーシスなどが問題となり、Cr&gt;2mg/dlでは禁忌である。Cr&gt;2mg/dlの日本人は56万人も存在し、成人の179人に1人に相当することよりileal ureterを造設したときCr 2mg/dl以下でも、その患者が一生涯Cr 2mg/dl以下で過ごせる可能性は高くない。Boari flapは逆流防止がないもしくは困難で膀胱尿管逆流による尿路感染症などが問題となる。自家腎移植は尿の再吸収による代謝性アシドーシスがなく、逆流防止も可能な優れた手術である。ロボット自家腎移植は腎保存の新しい低侵襲手術である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01004&link_issn=&doc_id=20190627290007&doc_link_id=%2Fer9niuro%2F2019%2F008103%2F010%2F0314-0320%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fer9niuro%2F2019%2F008103%2F010%2F0314-0320%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 働き方改革〜日本泌尿器科学会が考えるFuture Vision〜 ダイバーシティ時代における提案

    鈴木 啓悦, 福原 浩, 宮北 英司, 渡辺 豊彦, 小島 聡子

    日本泌尿器科学会総会   107回   男女 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • ロボット支援腎部分切除術における切除皮質体積の重要性 切除組織からの3D再構築による精密測定を用いて

    光井 洋介, 定平 卓也, 荒木 元朗, 丸山 雄樹, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   107回   AOP - 105   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 前立腺全摘除術前における針生検病理標本second-lookの有用性

    定平 卓也, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   107回   PP1 - 070   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 尿路性器感染症における遺伝子解析 前立腺生検後の急性前立腺炎における原因微生物の遺伝子解析

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 荒木 元朗, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 藤田 竜二, 竹中 皇, 那須 良次, 津川 昌也, 津島 知靖, 那須 保友, 公文 裕巳

    日本泌尿器科学会総会   107回   SY10 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • PNにおける腎機能温存は生命予後に寄与しているのか? 腎部分切除術における腎機能温存と心血管イベントの関連性の検討

    枝村 康平, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   107回   SY15 - 3   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 胚細胞腫瘍におけるブレオマイシン関連薬剤性肺障害の炎症性バイオマーカーの探索

    丸山 雄樹, 定平 卓也, 荒木 元朗, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   107回   PP1 - 137   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 胚細胞腫瘍に対する化学療法前の炎症性バイオマーカーと生存率の比較検討

    河村 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   107回   OP - 248   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 経尿道的砕石術(TUL)を施行した小児腎結石症の1例

    佐久間 貴文, 和田 耕一郎, 本郷 智拡, 前原 貴典, 高本 篤, 坪井 一朗, 松尾 聡子, 三井 將雄, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 西村 慎吾, 佐古 智子, 枝村 康平, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   243 - 244   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 難治性過活動膀胱(OAB)に対する仙骨神経刺激療法(SNM)の初期経験と今後の治療戦略について

    渡邉 豊彦, 大岩 裕子, 佐久間 貴文, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 小林 泰之, 荒木 元朗, 那須 保友, 横山 光彦, 井上 雅, 小林 知子

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   245 - 245   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 【腹腔鏡手術〜初心者に何をどう教えるべきか〜】ロボット支援腹腔鏡下手術時代における腹腔鏡教育

    小林 泰之, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    Japanese Journal of Endourology   32 ( 1 )   28 - 31   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器内視鏡学会  

    ロボット手術導入後より、腹腔鏡手術の手術件数は減少し、全盛期の半分となっている。これからの腹腔鏡教育はこのことを念頭に考えていかなければならない。&quot;手術教育の根幹となる手術&quot;は腹腔鏡手術の普及に伴い開腹手術から腹腔鏡に移行したが、近年ロボット手術に移行しつつある。しかしながら、ロボット手術は腹腔鏡手術の一種であり、開腹手術から腹腔鏡手術へといった大きなシフトではなく、ロボット手術と腹腔鏡手術は並列なものと捉え、相補的な教育を行っていくことが大切だと考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 【泌尿器科周術期パーフェクト管理】総論 周術期の感染対策と抗菌薬投与

    渡邉 豊彦

    臨床泌尿器科   73 ( 4 )   019 - 021   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>Point ▼SSI予防抗菌薬はβ-lactamase阻害薬配合ペニシリン系または第一・二世代セファロスポリン系抗菌薬を基本とする.▼抗菌薬は手術開始30分前から手術開始直前までに投与する.▼尿路が開放される可能性のある手術で尿路感染症がある場合,術前に原因菌に感受性のある抗菌薬による治療を行う.

    researchmap

  • QOL向上をめざした泌尿器がん治療 岡山大学病院におけるロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術の経験

    小林 泰之, 三井 将雄, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 枝村 康平, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   81 ( 2 )   122 - 127   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    2018年にロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術が保険収載され、今後本邦においても普及していくことが予想される。今回、当院にて膀胱全摘除術を行った102例(ORC35例、LRC52例、RARC15例)を対象に後方視的に検討を行った。検討項目は、手術時間、出血量、術後合併症、入院日数、術後の歩行開始日、術後疼痛、術後発熱とした。手術時間はRARCが最も短く、出血量はRARCが最も少なかった。術後の合併症はいずれの群においても約33%(全グレード)認めた。術後の歩行開始日、発熱が持続した期間は鏡視下手術群がORCと比して優れた結果であった。入院日数においては3群に有意な差はなかった。RARCはORCに比べ術後早期に回復が期待できるだけでなく、症例ごとの術後経過に差が少なく安定した手術成績が期待できる。(著者抄録)

    researchmap

  • がん・生殖の現状と今後の展望地域ネットワークにおける泌尿器科医の役割は何か? 岡山大学病院におけるがん生殖医療の現状と課題

    佐古 智子, 杉本 盛人, 高山 修, 中塚 幹也, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本泌尿器科学会総会   107回   SY20 - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 当科におけるフロモキセフの使用経験と臨床的位置づけ

    和田 耕一郎, 山本 満寿美, 三井 將雄, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   67 ( Suppl.A )   243 - 243   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Azithromycinのヒト精巣上体組織への移行性の検討および部位特異的PK-PD解析による投与法の評価

    三井 將雄, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 猪川 和朗, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 森川 則文, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌   67 ( 2 )   229 - 230   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • Azithromycinのヒト精巣上体組織への移行性の検討および部位特異的PK-PD解析による投与法の評価

    三井 將雄, 定平 卓也, 和田 耕一郎, 猪川 和朗, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 森川 則文, 那須 保友

    日本化学療法学会雑誌   67 ( 2 )   229 - 230   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 当科における尿中ESBL産生大腸菌の分離状況と薬剤感受性

    和田 耕一郎, 山本 満寿美, 三井 將雄, 定平 卓也, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子

    日本化学療法学会雑誌   67 ( Suppl.A )   260 - 260   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 尿路性器感染症の問題点 尿路感染症における多剤耐性の現状

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    感染症学雑誌   93 ( 臨増 )   280 - 281   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • タゾバクタム/セフトロザン タゾバクタム/セフトロザンの尿路感染症における有用性

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 石井 亜矢乃, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 光畑 律子, 荒木 元朗

    日本化学療法学会雑誌   67 ( Suppl.A )   230 - 230   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

    researchmap

  • 尿路性器感染症の問題点 尿路感染症における多剤耐性の現状

    和田 耕一郎, 定平 卓也, 山本 満寿美, 光畑 律子, 石井 亜矢乃, 狩山 玲子, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    感染症学雑誌   93 ( 臨増 )   280 - 281   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本感染症学会  

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下と後腹膜鏡下ドナー腎採取術の比較検討

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 小林 泰之, 山下 里美, 坪井 一朗, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   217 - 217   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下開窓術を施行した腎移植後リンパ嚢腫の1例

    窪田 理沙, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 西村 慎吾, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 北川 正史, 田邊 克幸, 和田 淳

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   226 - 226   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 当院の生体腎移植におけるリツキシマブ投与の効果と有害事象

    河村 香澄, 荒木 元朗, 丸山 雄樹, 坪井 一朗, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   261 - 261   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植における術前抗ドナー抗体が治療成績にもたらす影響

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 坪井 一朗, 河村 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 山下 里美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   170 - 170   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡下と後腹膜鏡下ドナー腎採取術の比較検討

    西村 慎吾, 荒木 元朗, 小林 泰之, 山下 里美, 坪井 一朗, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   217 - 217   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 当院で施行した先行的腎移植の検討

    坪井 一朗, 荒木 元朗, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 窪田 理沙, 定平 卓也, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   142 - 142   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高位精巣摘除術後14年後に再発をきたしたStage I期セミノーマの1例(VERY LATE RELAPSE AND MANAGEMENT OF CLINICAL STAGE I SEMINOMA AFTER ORCHIECTOMY: A CASE REPORT)

    和田里 章悟, 定平 卓也, 高本 篤, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   81 ( 1 )   45 - 48   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    Stage I期セミノーマの手術後には補助治療を行わず経過観察とするsurveillanceが現在の主流となっており、再発率は13〜20%と言われている。補助治療の有無によらず、再発の大半は手術後2年以内が占める。以降の再発は晩期再発と呼ばれ区別されているが、そのリスク因子は明確になっていない。手術後5年以降の再発は0.8%〜2.5%と報告されており、術後10年を超えての再発はさらに稀である。今回、我々は高位精巣摘除術14年後に発生したセミノーマ晩期再発を経験したので、若干の文献的考察を加え報告する。症例は40代、男性。右下腿浮腫、総腸骨リンパ節の腫大、骨盤内腫瘤を指摘され当科紹介受診した。患者は前医受診の14年前に右精巣腫瘍に対し高位精巣摘除術を行われており、セミノーマpT2N0M0 Stage IBとして術後6年間のフォローの後に終診となっていた。当科受診時にはLDH 667 U/l(120〜240U/l)、β-hCG 17.5mIU/l(&lt;0.5mIU/l)と高値を認め、骨盤内腫瘤生検によりセミノーマの再発と診断、救済化学療法としてBEP3コース、VeIP療法を3コース施行した。VeIP療法施行後、骨盤内残存腫瘤の切除を行った。摘出標本は壊死組織のみでviable cellは認めず、術後7ヵ月時点では局所再発、転移は認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 腹腔鏡下開窓術を施行した腎移植後リンパ嚢腫の1例

    窪田 理沙, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 西村 慎吾, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 北川 正史, 田邊 克幸, 和田 淳

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   226 - 226   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植における術前抗ドナー抗体が治療成績にもたらす影響

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 坪井 一朗, 河村 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 山下 里美, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   170 - 170   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院の生体腎移植におけるリツキシマブ投与の効果と有害事象

    河村 香澄, 荒木 元朗, 丸山 雄樹, 坪井 一朗, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 山下 里美, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回   261 - 261   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    researchmap

  • 当院で施行した先行的腎移植の検討

    坪井一朗, 荒木元朗, 河村香澄, 丸山雄樹, 窪田理沙, 定平卓也, 西村慎吾, 和田耕一郎, 小林泰之, 渡邉豊彦, 北川正史, 田邊克幸, 杉山斉, 和田淳, 那須保友

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52nd   142 - 142   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高位精巣摘除術後14年後に再発をきたしたStage I期セミノーマの1例(VERY LATE RELAPSE AND MANAGEMENT OF CLINICAL STAGE I SEMINOMA AFTER ORCHIECTOMY: A CASE REPORT)

    和田里 章悟, 定平 卓也, 高本 篤, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 柳井 広之

    西日本泌尿器科   81 ( 1 )   45 - 48   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    Stage I期セミノーマの手術後には補助治療を行わず経過観察とするsurveillanceが現在の主流となっており、再発率は13〜20%と言われている。補助治療の有無によらず、再発の大半は手術後2年以内が占める。以降の再発は晩期再発と呼ばれ区別されているが、そのリスク因子は明確になっていない。手術後5年以降の再発は0.8%〜2.5%と報告されており、術後10年を超えての再発はさらに稀である。今回、我々は高位精巣摘除術14年後に発生したセミノーマ晩期再発を経験したので、若干の文献的考察を加え報告する。症例は40代、男性。右下腿浮腫、総腸骨リンパ節の腫大、骨盤内腫瘤を指摘され当科紹介受診した。患者は前医受診の14年前に右精巣腫瘍に対し高位精巣摘除術を行われており、セミノーマpT2N0M0 Stage IBとして術後6年間のフォローの後に終診となっていた。当科受診時にはLDH 667 U/l(120〜240U/l)、β-hCG 17.5mIU/l(&lt;0.5mIU/l)と高値を認め、骨盤内腫瘤生検によりセミノーマの再発と診断、救済化学療法としてBEP3コース、VeIP療法を3コース施行した。VeIP療法施行後、骨盤内残存腫瘤の切除を行った。摘出標本は壊死組織のみでviable cellは認めず、術後7ヵ月時点では局所再発、転移は認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 女性過活動膀胱に対する牛車腎気丸の効果と冷えとの関係について

    松本 裕子, 石井 亜矢乃, 山本 満寿美, 松尾 聡子, 佐古 智子, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 井上 雅, 荒木 詞奈子, 石戸 則孝, 高本 均

    西日本泌尿器科   81 ( 1 )   12 - 16   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    牛車腎気丸には過活動膀胱症状を改善する効果があることが知られているが、末梢血流増加作用もある。女性過活動膀胱に対し牛車腎気丸を投与し、治療効果と冷えとの関係を検討した。成人女性過活動膀胱患者56例を対象とし、TJ-107ツムラ牛車腎気丸エキス顆粒(牛車腎気丸)1日7.5gを分3で4週間投与し、治療前、治療4週目に過活動膀胱質問票(Overactive Bladder Symptom Score;OABSS)、冷えに関する質問票で症状を確認し、非接触型赤外線温度計で体表温度(手掌、恥骨上、足蹠)を測定した。他の過活動膀胱治療薬を内服している場合は変更せず継続した。平均年齢は35〜90歳(平均64.1±13.8歳)で、OABSSは治療前7.57±3.36、後6.73±3.50と有意に改善した(p=0.006)。治療前後で体表温度の有意な上昇はみられなかったが、治療前に冷えを自覚した36例(64.3%、平均65.1±13.8歳)ではOABSSが治療前7.94±3.65、後6.86±3.61と有意に改善し(p=0.004)、治療前に冷えを自覚しなかった20例(35.7%、平均62.3±13.6歳)では改善傾向はあったが有意差はなかった。このことから、治療前に冷えの自覚があるほうが、自覚のない症例に比べて牛車腎気丸による治療効果が期待でき、治療の指標になりうると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 尿道腫瘤を認めたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例

    河村 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 甲斐 誠二, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 田中 健大

    西日本泌尿器科   80 ( 12 )   678 - 683   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は64歳、女性。2007年に関節リウマチの診断を受け、2008年よりメトトレキサート(MTX)内服中であった。2015年に繰り返す発熱で近医を受診。CTで子宮頸癌および両肺多発転移を疑われた。当院婦人科で子宮頸部パンチ生検を施行するも悪性所見なく、肺結節も自然消退したため経過観察となっていた。2017年2月、症状が再燃し近医を受診した。CTで左下葉結節影、右肺門リンパ節腫脹、腹腔内リンパ節腫脹および左腎盂拡張を認め、PET-CTで左腎門部リンパ節、尿道、上咽頭に高集積を認めた。MTX関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)を疑い、施行した上咽頭生検はHodgkinリンパ腫の像を呈し、EBER-ISH陽性であった。MTX中止後は左尿管病変および尿道病変に著変はないものの、肺腫瘤とリンパ節は縮小傾向で現在経過観察中である。(著者抄録)

    researchmap

  • 超細径HDIGスコープを用いた直視下腎杯穿刺とPCNLの初期成績

    和田 耕一郎, 公文 裕巳, 谷本 竜太, 荒木 元朗, 本郷 智拡, 三井 將雄, 松尾 聡子, 坪井 一朗, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 杉本 盛人, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 12 )   700 - 700   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 男女共同参画「ダイバーシティ時代における提案」

    鈴木 啓悦, 福原 浩, 宮北 英司, 渡邉 豊彦, 小島 聡子

    日本泌尿器科学会雑誌   109 ( Suppl. )   S113 - S114   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • Azithromycinのヒト精巣上体組織への移行性の検討および部位特異的PK‐PD解析による投与法の評価

    三井將雄, 定平卓也, 和田耕一郎, 猪川和朗, 山本満寿美, 石井亜矢乃, 渡邉豊彦, 森川則文, 那須保友

    日本化学療法学会西日本支部総会プログラム・講演抄録   66th   157   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ロボット支援下腎部分切除におけるearly unclamp法の術後腎機能に対する有用性の検討

    和田里 章悟, 谷本 竜太, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 西村 慎吾, 高本 篤, 杉本 盛人, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 増刊 )   189 - 189   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 再発性尿路感染症に対するプロバイオティクスの有効性

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 三井 將雄, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 10 )   505 - 509   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    尿路感染症に対する治療として中心的な役割を果たしてきた抗菌化学療法は大きな転機を迎えている。世界的な時流として耐性菌の問題や医療経済的にも抗菌薬の使用量を減少させる方向に移行している。尿路感染症においても例外ではなく、そのマネジメントに関して治療法の見直しだけでなく予防の重要性についての議論がなされている。そのうち、これまでに様々な臨床研究において有効性が確認されつつあるプロバイオティクスが抗菌薬とは異なる尿路感染症対策として注目されている。健常な閉経前の女性の腟内においては、基本的に乳酸菌が細菌叢(フローラ)を形成しているが、月経中や閉経後は乳酸菌が減少して腸内細菌が腟内に定着することとなる。その腟がリザーバーとなって細菌を供給し、頻繁に尿路の逆行性感染を引き起こすと考えられている。すなわち、腟内を乳酸菌中心のフローラに保つことで尿路感染症の再発(反復)リスクが低くなることが期待でき、実際にプロバイオティクスを用いた多くの研究が行われている。我々が現在行っている乳酸菌製剤のほか、プロバイオティクスの経口摂取が腟内フローラに与える影響に関しても検証が進んでおり、プロバイオティクスが尿路感染症の予防や治療に寄与することが期待されている。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎癌に対するロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後の腹腔内再発の1例

    河村 香澄, 小林 泰之, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 杉本 盛人, 谷本 竜太, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 増刊 )   190 - 190   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腎尿管全摘術後ピラルビシン膀胱内注入療法の膀胱内再発予防効果

    前原 貴典, 小林 泰之, 江原 伸, 那須 良次, 宮地 禎幸, 竹中 皇, 津島 知靖, 明比 直樹, 佐々木 克己, 高本 篤, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    日本癌治療学会学術集会抄録集   56回   P36 - 3   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • ロボット支援下腎部分切除におけるearly unclamp法の術後腎機能に対する有用性の検討

    和田里 章悟, 谷本 竜太, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 西村 慎吾, 高本 篤, 杉本 盛人, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 増刊 )   189 - 189   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下膀胱全摘術および回腸導管による尿路変更後に空腸導管症候群様の症状を来した1例

    松尾 聡子, 杉本 盛人, 西村 慎吾, 河村 香澄, 大岩 裕子, 岩田 健宏, 高本 篤, 大西 章史, 北川 正史, 寺石 文則, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 増刊 )   180 - 180   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 移植腎における腎細胞癌に対して造影CTガイド下経皮的凍結療法を施行した1例

    坪井 一朗, 荒木 元朗, 藤原 寛康, 生口 俊浩, 有地 直子, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 椎名 浩昭, 金澤 右, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 増刊 )   165 - 165   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腎移植、明日への挑戦 ロボット自家腎移植

    荒木 元朗, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 増刊 )   134 - 134   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 尿路上皮癌リンパ節再発を来した血液透析患者にGC療法が奏功した一例

    川野 香, 和田里 章悟, 谷本 竜太, 三井 将雄, 西村 慎吾, 佐古 智子, 大西 章史, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 増刊 )   186 - 186   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 再発性尿路感染症に対するプロバイオティクスの有効性

    定平 卓也, 和田 耕一郎, 三井 將雄, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology   80 ( 10 )   505 - 509   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    尿路感染症に対する治療として中心的な役割を果たしてきた抗菌化学療法は大きな転機を迎えている。世界的な時流として耐性菌の問題や医療経済的にも抗菌薬の使用量を減少させる方向に移行している。尿路感染症においても例外ではなく、そのマネジメントに関して治療法の見直しだけでなく予防の重要性についての議論がなされている。そのうち、これまでに様々な臨床研究において有効性が確認されつつあるプロバイオティクスが抗菌薬とは異なる尿路感染症対策として注目されている。健常な閉経前の女性の腟内においては、基本的に乳酸菌が細菌叢(フローラ)を形成しているが、月経中や閉経後は乳酸菌が減少して腸内細菌が腟内に定着することとなる。その腟がリザーバーとなって細菌を供給し、頻繁に尿路の逆行性感染を引き起こすと考えられている。すなわち、腟内を乳酸菌中心のフローラに保つことで尿路感染症の再発(反復)リスクが低くなることが期待でき、実際にプロバイオティクスを用いた多くの研究が行われている。我々が現在行っている乳酸菌製剤のほか、プロバイオティクスの経口摂取が腟内フローラに与える影響に関しても検証が進んでおり、プロバイオティクスが尿路感染症の予防や治療に寄与することが期待されている。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • 生体腎移植レシピエントにおけるCT値を用いた骨密度の変化に関する検討

    丸山 雄樹, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 坪井 一朗, 河村 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 小林 泰之, 渡邊 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    移植   53 ( 総会臨時 )   490 - 490   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体腎移植におけるリツキシマブ投与の効果と有害事象

    河村 香澄, 荒木 元朗, 丸山 雄樹, 坪井 一朗, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 真吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 山下 里美, 北川 正史, 田邉 克幸, 杉山 斉, 和田 淳

    移植   53 ( 総会臨時 )   481 - 481   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リツキシマブは腎移植レシピエントの周術期細菌感染症のリスクになるか

    西村 慎吾, 和田 耕一郎, 荒木 元朗, 山下 里美, 坪井 一朗, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 窪田 理沙, 定平 卓也, 谷本 竜太, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    移植   53 ( 総会臨時 )   436 - 436   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自然消失した膀胱炎症性偽腫瘍の1例

    丸山 雄樹, 高本 篤, 光井 洋介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 甲斐 誠二, 和田 耕一朗, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 9 )   465 - 468   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は65歳、女性。繰り返す膀胱炎様症状で前医を受診。膀胱鏡検査で膀胱後壁に腫瘤性病変を認めた。尿細胞診は陰性、CT、MRIでは炎症波及による2次性膀胱腫瘤の可能性を指摘され、経尿道的膀胱腫瘍生検を行うも病理結果では悪性所見なく炎症性変化との診断であった。症状の改善なく本年2月に当院紹介受診となった。各種自己免疫疾患の検査はいずれも陰性であった。CT、MRIを再検したがやはり炎症性腫瘤を疑われ、再度経尿道的膀胱腫瘍生検を試みた。膀胱内を観察すると腫瘤性病変は消退しており前回生検時の瘢痕を残すのみであった。瘢痕部位を再度生検し病理検査に提出したが結果は炎症所見のみで悪性所見は認めず炎症性偽腫瘍と診断した。生検後は大幅な症状の改善を認め、さらなる侵襲的な検査は行わず、経過観察とした。術後15ヵ月現在、症状の再燃を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 前立腺に発生したSFT(Solitary fibrous tumor)の1例

    本郷 智拡, 高本 篤, 三井 將雄, 松尾 聡子, 坪井 一朗, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 西村 慎吾, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 9 )   497 - 497   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 排尿障害を伴う女性尿道憩室に対して手術治療を行った1例

    松尾 聡子, 杉本 盛人, 佐久間 貴文, 坪井 一朗, 本郷 智拡, 三井 將雄, 河村 香澄, 和田里 章悟, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 定平 卓也, 前原 貴典, 大岩 裕子, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 小林 泰之, 荒木 元朗, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 中村 あや, 津島 知靖

    西日本泌尿器科   80 ( 9 )   495 - 495   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自然消失した膀胱炎症性偽腫瘍の1例

    丸山 雄樹, 高本 篤, 光井 洋介, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 甲斐 誠二, 和田 耕一朗, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡辺 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友

    西日本泌尿器科   80 ( 9 )   465 - 468   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は65歳、女性。繰り返す膀胱炎様症状で前医を受診。膀胱鏡検査で膀胱後壁に腫瘤性病変を認めた。尿細胞診は陰性、CT、MRIでは炎症波及による2次性膀胱腫瘤の可能性を指摘され、経尿道的膀胱腫瘍生検を行うも病理結果では悪性所見なく炎症性変化との診断であった。症状の改善なく本年2月に当院紹介受診となった。各種自己免疫疾患の検査はいずれも陰性であった。CT、MRIを再検したがやはり炎症性腫瘤を疑われ、再度経尿道的膀胱腫瘍生検を試みた。膀胱内を観察すると腫瘤性病変は消退しており前回生検時の瘢痕を残すのみであった。瘢痕部位を再度生検し病理検査に提出したが結果は炎症所見のみで悪性所見は認めず炎症性偽腫瘍と診断した。生検後は大幅な症状の改善を認め、さらなる侵襲的な検査は行わず、経過観察とした。術後15ヵ月現在、症状の再燃を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • 腎移植患者における24時間蓄尿から見る1日塩分・蛋白摂取量の意義

    光井 洋介, 荒木 元朗, 丸山 雄樹, 坪井 一朗, 河村 香澄, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡辺 豊彦, 北川 正史, 田邊 克之, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友

    移植   53 ( 総会臨時 )   475 - 475   2018年9月

     詳細を見る