2021/12/21 更新

写真a

キム ドウチュル
キム ドウチュル
KIM Doo-Chul
所属
環境生命科学学域 教授
職名
教授
ホームページ
外部リンク

学位

  • 文学修士 ( (韓国)ソウル大学 )

  • 博士(地理学) ( 名古屋大学 )

研究キーワード

  • 住民組織

  • 農村地理学

  • 農村開発

  • 過疎問題

  • 日韓比較

  • ベトナム地域研究

研究分野

  • 人文・社会 / 地理学

  • 人文・社会 / 地域研究  / ベトナム

  • 人文・社会 / 人文地理学  / 農村地理学

学歴

  • 名古屋大学    

    1993年4月 - 1996年6月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • ソウル大学   大学院地理学科修士課程  

    1989年3月 - 1991年2月

      詳細を見る

    国名: 大韓民国

    researchmap

  • ソウル大学   社会科学部   地理学科

    1982年3月 - 1989年2月

      詳細を見る

    国名: 大韓民国

    researchmap

経歴

  • Hue University   Honorary Professor

    2016年9月 - 現在

      詳細を見る

  • IGU Commission on Sustainabilty of Rural Systems   Co-chair

    2012年8月 - 2016年8月

      詳細を見る

  • 岡山大学   大学院環境生命科学研究科   教授

    2011年8月 - 現在

      詳細を見る

  • Okayama-Hue International Master's Program on Sustainability of Rural and Environmental System   Coordinator

    2006年9月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • The University of Auckland   Honorary Visiting Lecturer

    2001年3月 - 2001年12月

      詳細を見る

  • 筑波大学

    2000年 - 2002年

      詳細を見る

  • 岡山大学   環境理工学部   准教授

    1999年4月 - 2011年7月

      詳細を見る

  • 東北大学   理学研究科   助手

    1996年7月 - 1999年3月

      詳細を見る

  • 日本学述振興会 特別研究員

    1994年 - 1996年

      詳細を見る

  • JSPS Research Fellow for Young Scientist

    1994年 - 1996年

      詳細を見る

  • United Nations Centre for Regional Development(UNCRD)   UN Researcher

    1992年2月 - 1993年8月

      詳細を見る

  • 国連地域開発センター 研究員

    1992年 - 1993年

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本学生支援機構   留学生交流事業実施委員会  

    2020年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • NPO法人岡山県国際団体協議会(COINN)   実行委員会・委員  

    2020年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 地域地理科学会   幹事  

    1999年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    地域地理科学会

    researchmap

  • 日本地理学会   編集委員  

    1998年 - 1999年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本地理学会

    researchmap

  • 東北地理学会   編集委員  

    1996年 - 1998年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    東北地理学会

    researchmap

 

論文

  • Depopulation, aging, and rural restructuring in Japan 招待 査読

    Doo-Chul Kim

    Journal of Depopulation and Rural Development Studies   33   1 - 17   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • グローバル経済下におけるキャットフィッシュ養殖業の経営戦略― ベトナム南部カントー省を事例に― 査読

    NGUYEN The Hung, 本田恭子, 金枓哲

    経済地理学年報   67 ( 3 )   172 - 190   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Reconsidering rural land use and livelihood transition under the pressure of urbanization in Vietnam: A case study of Hanoi 査読

    Quang Nguyen, Doo-Chul Kim

    Land Use Policy   99   104896 - 104896   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.landusepol.2020.104896

    Web of Science

    researchmap

  • The Effects of Vietnam’s Tourism Development and Payments for Forest Environmental Services Policies on Local Livelihoods in Phong Nha-Kẻ Bàng National Park Areas 査読

    Thi Khanh Van MAI, KIM Doo-Chul

    Geographical review of Japan series B   93 ( 1 )   1 - 10   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Association of Japanese Geographers  

    DOI: 10.4157/geogrevjapanb.93.1

    Web of Science

    researchmap

  • Farmers’ landholding strategy in urban fringe areas: A case study of a transitional commune near Ho Chi Minh City, Vietnam 査読

    Quang Nguyen, Doo-Chul Kim

    Land Use Policy   83   95 - 104   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.landusepol.2019.01.038

    Web of Science

    researchmap

  • Balancing heritage and innovation: Pathways towards the sustainability of rural systems an introduction

    Ana Firmino, Doo Chul Kim

    BSGLg   69 ( 2 )   5 - 7   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    researchmap

  • Revitalizing depopulated mountainous areas through endogenous self-organization: A case study of Kawane Village, Akitakata City, Hiroshima Prefecture

    H. J. Bu, D. C. Kim

    Japanese Journal of Human Geography   62 ( 1 )   36 - 50   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recently, the Japanese government initiated an administrative process which has resulted in the merging of municipalities across the country. Since then, the quality of services provided to inhabitants by the local government has declined in depopulated areas. As a result, it has been suggested that there may be a role for self-organization in the revival of local governance. In many depopulated areas, the distance between local government and the local community has continued to grow, and this has led to the newly established local government transferring certain responsibilities to the local community. Consequently, the reorganization of the local community has become indispensable. Kawane Village is located in the mountainous area of Akitakata City, Hiroshima Prefecture, Japan. Despite having a rapidly aging population, this village has been particularly successful in revitalizing local governance through reorganization of the local community. This research examines a variety of the community activities involved, and the unique management methods behind them, in an attempt to ascertain the factors which have resulted in successful self-governance in this village. Since its establishment in 1972, the Kawane Promotion Association has experienced three crucial turning points. Initially, the Kawane Promotion Association, which had previously consisted of only a few households, encouraged every household in the village to become involved in the organization of cultural activities. Since the 1980s, the Kawane Promotion Association has begun to act as a representative for the local community, for example, in dealing with local problems and in communicating with the local government. Finally, since the 1990s, the Kawane Promotion Association has begun to manage private land resources and offer welfare services to individuals. The Kawane Promotion Association has instigated the development of eight related departments that are responsible for specific tasks or activities. This research shows that the success of the Kawane Promotion Association lies in its unique style of management, whereby there is no central authority ; instead, decision-making powers are transferred among units as required, ensuring full participation by local residents.

    DOI: 10.4200/jjhg.62.1_36

    Scopus

    researchmap

  • Rural Poverty and Livelihood Changes under the Aquacultural Development around Tam Giang Lagoon, Central Vietnam

    Huu Ngu NGUYEN, Doo-Chul KIM

    Geographical review of Japan series B   81 ( 1 )   79 - 94   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Association of Japanese Geographers  

    This research attempts to clarify the characteristics of the "poor" households in Phu An Commune, located on the shore of Tam Giang Lagoon, Central Vietnam. To understand the socioeconomic background of poverty in the area, the authors examine the changes in agriculture as well as shrimp aquaculture since the adoption of "Doi Moi", an open-door policy, in 1986. Then, the constraints which make it difficult for them to escape from poverty are discussed. The results of this study show that agricultural and aquacultural changes have diversified the locals' livehoods. The positive changes are reflected in the decline of the number of "poor" households as well as in their evaluation of their lives compared with 20 years ago. Nevertheless, there are still many constraints which cause the "poor" households to remain poor in spite of the remarkable economic growth during the last 20 years. Insight into the detailed situation of poverty in the area is given through the categorization of the residents by their livelihood: mobile gear fishing (usually called "Sampan people"), fixed gear fishing, farming, farming and fishing, and service. In the process of the "Doi Moi" policy and following the introduction of shrimp aquaculture around 1999, the water surface of Tam Giang Lagoon, which used to be an open-access common resource, was allocated to individuals for their exclusive use and exploited mainly for shrimp aquaculture. Due to these drastic changes in local resource, the "Sampan people", who have been engaged in only fishery in Tam Giang Lagoon, have changed their position in the commune from the greatest beneficiaries to those of sacrifices. Now the poorest in this area are those who engage in mobile gear fishing, the "Sampan people".

    DOI: 10.4157/geogrevjapanb.81.79

    CiNii Article

    researchmap

  • Symposium II: Regional transformation after fiscal crisis in Korea

    Kamiya Hiroo, Kazutoshi Abe, Satoru Itoh, Doo Chul Kim, Shin Kajita, Shizuaki Shibuya, Takatsugo Yamamoto

    Geographical Review of Japan   80 ( 5 )   120 - 123   2007年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • Some environmental issues caused by large-scale land reclamation projects

    Toshihisa Asano, Tatsuya Ito, Yukihiro Hirai, Toshihisa Asano, Osamu Matsuda, Doo Chul Kim, Seontae Hogn

    Geographical Review of Japan   78 ( 5 )   317 - 321   2005年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.4157/grj.78.317

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 自然の社会地理

    淺野, 敏久, 中島, 弘二, 小野, 有五, 石山, 徳子, Funck, Carolin, 菊地, 直樹, 伊賀, 聖屋, 河本, 大地, 金, 枓哲, Nguyen, Huu Ngu, 佐々木, 緑

    海青社  2013年3月  ( ISBN:9784860992750

     詳細を見る

    総ページ数:315p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Globalization and new challenges of agricultural and rural systems : proceeding of the 21st Colloquium of the Commission on the Sustainability of Rural Systems of the International Geographical Union (IGU) : Nagoya (Japan), August 2013

    金, 枓哲, Firmino, Ana, 市川, 康夫, International Geographical Union. Commission on the Sustainability of Rural Systems

    IGU Commission on the Sustainability of Rural Systems : Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University  2013年  ( ISBN:9784904316108

     詳細を見る

    総ページ数:v, 182 p.   記述言語:英語

    CiNii Books

    researchmap

  • 地方自治復活後の韓国農村部における「場所マーケッティング」と地方財政

    金, 枓哲

    金枓哲  2009年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:61p  

    CiNii Books

    researchmap

  • The Development of Information Technology and the Process of Rural Informatization in Japan: A Case Study in Yamada Municipality in Japan

    Gerhard Gustafsson (eds.) Communication and Regional Development, Karlstad University Studies  2004年 

     詳細を見る

  • Enhancing self-organizing capabilities of rural communities

    in A.M. Bicalho and S.W. Hoefle (eds.), The Regional Dimension and Contemporary Challenges to Rural Sustainability, Laget-UFRJ/CSRS-IGU  2004年 

     詳細を見る

  • Mismatching Labor Information in Rural Industrialization of South Korea

    Gerhard Gustafsson (eds.) Communication and Regional Development, Karlstad University Studies  2004年 

     詳細を見る

  • 過疎政策と住民組織 : 日韓を比較して

    金, 枓哲

    古今書院  2003年2月  ( ISBN:4772230300

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 255p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 韓国過疎山村における内生的住民組織の存立基盤―江原堂横城郡晴日面春堂1里を事例に

    石原 潤(編)『農村空間の研究(下), 大明堂  2003年 

     詳細を見る

  • Reality in Paradise: A Pilot Study of Korean Immigrants in New Zealand using the 1996 Census

    in Ishikawa,Y. and Montanari, A. (eds.): The New Geography of Human Moblity: Inequality Trends?, Home of Geography  2003年 

     詳細を見る

  • 過疎政策と住民組織―日韓を比較して

    古今書院  2003年 

     詳細を見る

  • Changes in Agricultural Land Use in the Sendai Metropolitan Area of Japan : 1970s-1990s

    Developing Sustainable Rural System  2001年 

     詳細を見る

  • Rural Development and Endogenous Self-Oranization in the Context of the Far-East Asia

    Local Knowledge and Innovation,MARG  1999年 

     詳細を見る

  • 過疎地域の変貌と地域の内発的対応に関する日韓比較研究-住民組織の変容と地方行政の役割に注目して

    博士論文  1997年 

     詳細を見る

  • Changes and Responses of Depopulated Remote Areas-A Comparative Study between South Korea and Japan with Special Emphasis on Self-organizing Capabilities and Local Governments

    Doctoral dissertation.  1997年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 中山間地域の高等学校によるESD学習の実践と課題:岡山県内の3高校を事例に

    岡本 彩花, 金 枓哲, 本田 恭子

    日本地理学会発表要旨集   2018   20 - 20   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地理学会  

    1.はじめに<br><br> 近年、日本は急速に少子高齢化が進み、地域の活気が失われている。特にこの傾向が顕著であるのが中山間地域である。中山間地域は土地は広いが年々人口が減少しており、学校の統廃合も進んでいる。そこで学校の統廃合を回避するために、中山間地域と高校の連携が進んでいる(例:島根県立隠岐島前高校の高校魅力化事業)。同様に、本研究の対象地である岡山県では、主に2000年代から中山間地域の高校が地域と連携したESD学習(持続可能な開発のための教育、Education for Sustainable Development)が先進的に取り組まれている。<br><br>2. 研究目的と方法<br><br> 本研究では、岡山県内の中山間地域に属するESD学習先進事例である岡山県立矢掛高校、和気閑谷高校、林野高校の取り組みを取り上げる。そしてESD学習の効果を教育と地域の面から評価することを通して、その現状と課題を明らかにする。教育の面からは、高校生と卒業生、教員などへの聞き取り調査を通じて、地域の面からは、地域住民への聞き取り調査を通じて評価する。調査対象者の内訳は次のとおりである。矢掛高校は高校生10名と教員2名(元矢掛高校教員を含む)、卒業生1名、関係先スタッフ4名、和気閑谷高校は高校生2名と教員1名、地域住民2名、地域おこし協力隊員1名、和気町教育委員会職員1名、卒業生保護者1名、林野高校は高校生7名と教員1名、NPO法人職員1名、地域住民1名である。なお、一部の高校生に対しては、数名のグループインタビューも行った。<br><br>3. 結果と分析<br><br> 教育の面では、ESD学習を通じて生徒にコミュニケーション能力や責任感など、内面的な発達が促されていることがわかった。そして教員の方が進学に関する効果を重視していることがわかった。地域との接点という視点では、まず矢掛高校では、生徒が週に1回矢掛町内の実習先で勤務している。和気閑谷高校では、閑谷学校ボランティアガイドとして生徒が閑谷学校の歴史などを説明する活動を行っている。林野高校では、地域のNPO法人が「みまさか学」のプログラムを考えたり授業をしたりしている。このように地域の面では、いずれの高校も地域との接点をもっている。しかし聞き取り調査では、矢掛高校の地域からの評価が高いことと対照的に、和気閑谷高校と林野高校は地域からの評価が低く、地域側と高校側で方向性の違いによるミスマッチが起きていることがわかった。この背景要因として①生徒のモチベーションの差、②学校側による生徒管理の難しさ、③「課題解決型学習」という目標設定上、地域の課題解決の姿勢が前面にでていることが指摘できる。①と②はプログラムの改善で解決できるが、③は地域と教育がどのように関わるべきかという本質的な問題であるといえる。<br><br>4. 価値創造型の地域づくりの必要性<br><br> これからの地域づくりは課題解決型ではなく、価値創造型の地域づくりが求められる(吉本,2011)。各学校の取り組みを分類すると、矢掛高校は価値創造型、和気閑谷高校と林野高校は課題解決型であるといえる。矢掛高校のESD学習である「やかげ学」では住民と一緒に働き、YKG60では矢掛の″価値″を再発見できるような活動(例:耕作放棄地を利用した雲の上カフェなど)を行っている。このため、取り組みの前提として「地域の″価値″を認める」という姿勢が考えられるからである。一方で和気閑谷高校と林野高校のESD学習の目標は「課題解決型学習」であり、その前提には地域の現状を問題視し、これを改善しようとする姿勢がみられる。このため、課題解決型に当てはまると考えられる。価値創造型の矢掛高校と対照的に、課題解決型の和気閑谷高校と林野高校はミスマッチが起きていることから、課題の解決に取り組む前に、まずは地域の″価値″を認めることが必要であると考える。すなわち地域にあるものを活かし、″価値″を見出していく。そして地域と高校が協働できる関係性を構築することが、ESDの望ましい形であり、本質的な問題を解決するための一助となると考える。

    DOI: 10.14866/ajg.2018a.0_20

    CiNii Article

    researchmap

  • 中山間地域における高齢者の買い物の現状 : 津山市阿波地区を事例に

    本田 恭子, 金 枓哲, 生方 史数

    地域地理研究 = Journal of systematic regional geography   23 ( 2 )   10 - 15   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地域地理科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 湿地の資源をめぐる権利とコミュニティ:――韓国済州道のラムサール条約湿地を事例に――

    金 枓哲

    地理科学   72 ( 3 )   134 - 140   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地理科学学会  

    DOI: 10.20630/chirikagaku.72.3_134

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 延辺朝鮮族自治州における農村社会の過疎化:― 龍井市東盛涌鎮仁化村を事例に ―

    金 枓哲

    人文地理学会大会 研究発表要旨   86 - 87   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:人文地理学会  

    DOI: 10.11518/hgeog.0.0_86

    CiNii Article

    researchmap

  • Negotiating the state-making in Vietnam borderland-case study of an ethnic minority group in central Vietnam

    Trinh Nguyen Minh Anh, Doo Chul Kim, Fumikazu Ubukata

    BELGEO   2016 ( 4 )   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    The human geography of Vietnam's upland area has been transformed significantly during the last 40 years due to the increasing control from the central government. We argue that State territorialisation, understood as a strategy of State-making and assertion of the State's authority, has the tendency to marginalise, socially and politically, local ethnic minority peoples by excluding them from indigenous social and economic geography and the use of natural resources. At the receiving end of these official policies, the local ethnic minority people do not passively accept their marginalisation but are able to initiate the use of traditional cross-border cultural resources to improve their condition. By analysing the tolerance from local official towards illicit cross-border activities daily carried out by local people, the case study provides some insights on the dynamics of power struggle between the State and local people. We concluded that local ethnic minority peoples actively re-negotiate with more powerful State and economic actors and re-shape local border politics while the State is not always uncompromising and monolithic as it is usually portrayed.

    DOI: 10.4000/belgeo.19409

    Scopus

    researchmap

  • ベトナム農村におけるゴム・アカシア農家の現状:Hue 省 Houng Binm 村 Bing Duong 集落を対象として

    駄田井 久, 二階堂 裕子, 生方 史数, Le Ngoc Phuong Quy, 金 枓哲

    農業経営研究   54 ( 3 )   109 - 114   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経営学会  

    DOI: 10.11300/fmsj.54.3_109

    CiNii Article

    researchmap

  • 農村観光における供給者ネットワーク形成 : ベトナム・プーコック島を事例に

    HOANG Chau Ngoc Minh, KIM Doo-Chul

    地域地理研究 = Journal of systematic regional geography   19 ( 2 )   25 - 46   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:地域地理科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 近年の地方分権と地域開発ー地方整備局への権限委譲を中心に

    科学研究費報告書『構造改革期における農山村・人口減小地域の変動と政策課題』   55-65   2005年

     詳細を見る

  • 中山間地域における自然再生と地域コミュニティー岡山県の棚田保全を中心にー

    溝口常俊・高橋誠(編)『自然再生と地域環境史』、自然再生のための地域環境史創出プロジェクト報告書   127-136   2005年

     詳細を見る

  • コリアン・ディアスポラの視点からみた済州道出身の海女と戦前の小作農民

    立命館言語文化研究   17-1、55-58   2005年

     詳細を見る

  • 韓国農村の内側

    歴史と地理   584   2005年

     詳細を見る

  • 村落社会の内生的住民組織論―日本と韓国を中心に

    地域地理研究   8   1 - 11   2003年

     詳細を見る

  • 山地における農耕地保全対策の模索―日本岡山県の棚田保全事業を事例にー

    大韓地理学会誌   37-2 ( 143-160 )   2002年

     詳細を見る

  • The Coservation Policy for Arable Land in Mountainous Areas-A Case Study of Okayama Prefecture in Japan-

    Journal of the Korean Geographical Society   37 ( 2 )   143 - 160   2002年

     詳細を見る

  • 戦後開田地域における農業生産およびコメ生産調整の現状と問題点―岩手県東和町新地集落を事例としてー

    福島地理論集   44、21-28   2001年

     詳細を見る

  • Investigating the effects of employment-housing change on migration: Evidence from Japan

    Boris A. Portnov, Doo-Chul Kim, Yoshitaka Ishikawa

    International Journal of Population Geography   7 ( 3 )   189 - 212   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The effect of employment growth on internal migration depends on corresponding adjustments of the local housing market. If employment growth in a geographical area is accompanied by a sharp increase in housing prices, the net outcome may be net out-migration rather than migration gain. In the present paper, this concept is tested using statistical data available for 47 prefectures in Japan. The analysis covers the two five-year periods of 1983-87 and 1988-92, and confirms that the use of a combined representation of employment and housing variables makes it possible to improve considerably the performance of an empirical migration model. Copyright © 2001 John Wiley &amp
    Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/ijpg.218

    Scopus

    researchmap

  • Imformatization in Rural Areas : A case Study of Yamada-mura, Toyama Prefecture

    92   44 - 49   2001年

     詳細を見る

  • 富山県山田村のコンピュータ利用状況調査(速報資料)

    地理学報告   92   44 - 49   2001年

     詳細を見る

  • 20世紀北朝鮮における土地利用・被覆変化-平壌周辺200Km四方を対象とするパイロット・サーベイー

    LU/GECプロジェクト報告書(]G0006[),国立環境研究所   281 - 288   2000年

     詳細を見る

  • Regional process of Dependency and Changes of Endogenous Self-organization in a Depopulated Remote Area : A Case Study of Namiai Village,Nagano Prefecture,Japan

    The Human Geography(Jinbun-Chiri)   52-1   28 - 50   2000年

     詳細を見る

  • Land-use/cover Changes of North Korea in 20 Century-A Pilot Survey of 200km×200km Area around Pyongyang -

    281 - 288   2000年

     詳細を見る

  • 過疎地域における従属的地域構造の形成過程と内生的住民組織の変容-長野県下伊那郡浪合村を事例に-

    人文地理   52-1   28 - 50   2000年

     詳細を見る

  • Can local government substitute for rural community? -An alternative framework for rural development in the context of the East Asia-

    Doo-Chul Kim

    Geographical Review of Japan, Series B   72 ( 2 )   100 - 110   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Association of Japanese Geographers  

    Comparing the remarkable economic growth of Japan and South Korea (hereafter, Korea), many scholars have adopted the modernization theory and/or the stages theory of development. They argue that development is about the modernization of traditional societies. Moreover, it is also widely accepted that developing countries could and should learn from the pioneer countries that have already developed. However, they fail to explain the opposite side of the remarkable economic growth in both countries
    namely rapid depopulation and wide collapse of rural communities. This study is an attempt to build an alternative theoretical framework for sustainable development of rural communities in East Asia, focusing on Japan and Korea. The endogenous self-organization that functions as a substantial social unit for rural development is emphasized. To accomplish this purpose, a case from each country is introduced and interpreted in an alternative way. The cases demonstrate that endogenous self-organizations function as a coordinator in policy implementation. While the two countries differ from each other in their method of local government intervention, the comparison of the two cases shows that rural development initiated by a local government cannot be sustainable without enhancing endogenous self-organizations. Ironically, it could be argued that no intervention strengthens the self-organizing capabilities of a rural community.

    DOI: 10.4157/grj1984b.72.100

    Scopus

    researchmap

  • 水稲単地域における米生産調整の推移と地域農業条件-岩手県東和町を事例として-(共著)

    関根 良平, 金 〓哲, 大場 聡

    季刊地理   51 ( 4 )   273 - 290   1999年

  • Process of Regional Adaptability to the Policy of Reducing Production in a Rice Growing Region : A Case Study of Towa-Cho,Iwate Prefecture,Northeastern Japan

    Ryohei SEKINE, Doo-Chul KIM, Satoshi ORA

    Quarterly Journal of Geography   51 ( 4 )   273 - 290   1999年

     詳細を見る

  • 岩手県東和町における農業経営の変遷と生産調整

    関根 良平, 金 〓哲, 大場 聡

    日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   54   192 - 193   1998年9月

     詳細を見る

  • On the concept of"Kaso"

    Quarterly Journal of Geography   50-2   157 - 159   1998年

     詳細を見る

  • The Geography of the Changes in Agricultural Land Use in the Sendai Metropolitan Area, Japan : An Examination of the Topographic Characteristics Using the Geographical Information System

    The Science Reports of the Tohoku University, 7th Series(Geography)   48 ( 1-2 )   35 - 64   1998年

     詳細を見る

  • Administration Area System and Policy Process in the Republic of Korea : Focus on Rural Areas

    Journal of Systematic Regional Geography   3   79 - 86   1998年

     詳細を見る

  • 韓国の行政区域体系と政策過程-農村部を中心に-

    地域地理科学   3   79 - 86   1998年

     詳細を見る

  • 過疎の概念について

    季刊地理   50-2   157 - 159   1998年

     詳細を見る

  • 隣接過疎山村における過疎対策の展開と内生的住民組織-長野県下伊那郡の浪合村と平谷村との比較-

    地域問題研究   54   16 - 24   1997年

     詳細を見る

  • Economic Growth, Migration and Rural Depopulation in the Republic of Korea : Comparison with Japan's Experiences

    Regional Development Studies   3   239 - 259   1997年

     詳細を見る

  • Tackles against Depopulation and Endogenous Self-organization-Case studies and their Comparison

    54   16 - 24   1997年

     詳細を見る

  • Regional Characteristics of Depopulated Areas in Korea- From a comparative perspective with Japan's experiences

    Geographical Perspectives on Sustainable Rural Systems   305 - 315   1996年

     詳細を見る

  • 韓国における農山村の人口減少に関する研究の動向と課題

    人文地理   47 ( 1 )   21 - 45   1995年

     詳細を見る

  • Current Trends and Issues in Studies of Rural Depopulation Areas in Korea

    THE HUMAN GEOGRAPHY(Jinbun-Chiri)   47 ( 1 )   21 - 45   1995年

     詳細を見る

  • Economic Impacts in the Development of Tourist Resorts-A Case Study of Paekam Hot Spring

    Journal of Geography(Jirihak Nonchong)   17   41 - 58   1990年

     詳細を見る

  • 観光開発の経済的な波及効果分析-白岩温泉を事例に-

    17   41 - 58   1990年

     詳細を見る

▼全件表示

Works(作品等)

  • International Migration in New Zealand

    2001年

     詳細を見る

  • ニージランドにおける国際人口移動

    2001年

     詳細を見る

  • 農村における地域情報化

    2000年

     詳細を見る

  • Rural Informatization

    2000年

     詳細を見る

  • 農村工業化

    1999年

     詳細を見る

  • Rural Industrialization

    1999年

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 地域地理科学会 学会賞

    2001年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 第1回人文地理学会論文賞

    2001年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • ベトナム・メコンデルタにおけるグローバル果樹産地の形成過程および土地制度との関係

    研究課題/領域番号:18K01140  2018年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    金 どぅ哲

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本年度は昨年度の成果を踏まえて、調査対象地であるティエンジャン省・チャウタン 郡・ヴィンキム村における果樹産地の形成過程と地域社会の変容に関する現地調査を行った。また、ヴィンキム村の特産物であるスターアップルの流通経路を確認するため、ホーチミン市を中心に市場調査を並行して行った。主な成果は下記のとおりである。
    ヴィンキム村は、かつては一般的なメコンデルタ農村のように自給的な水田農業に依存していたが、1980年代半ば以降急激にスターアップルを中心とする果樹栽培へと転換させた。現在は、果樹栽培の大幅な拡大によって、村内には水田として利用されている農地が全く無い。このような果樹生産集積地が比較的短期間に形成された要因としては、世帯当たりの水田面積が小さく生活に必要な収入を得るためには果樹生産へ転換せざるを得なかったという自然環境的な要因のほかにも、1980年代以降に大消費地(ホーチミン市)への陸路でのアクセスが可能であったことや仲買人による分業化が市場システムの構築へとつながったことが挙げられる。
    一方、ヴィンキム村のスターアップルは全国的な知名度を持っているにもかかわらず、サプライチェーンの未成熟により、消費地では他地域のスターアップルと混じってしまい、知名度の優位性が十分に発揮できない状況であった。また、ヴィンキム村のスターアップル生産農家の多くは認証制度(VietGAPなど)を受けているが、独自のサプライチェーンが構築されておらず、認証制度のメリットも実現されていない。

    researchmap

  • 集落再編の国際比較と生活空間論による再考

    研究課題/領域番号:16H01963  2016年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    小島 泰雄, 金 どぅ哲, 佐藤 廉也, 今里 悟之, 作野 広和, 中川 秀一, 筒井 一伸, 磯田 弦, 中條 曉仁, 中辻 享, 吉田 国光, 小方 登, 山村 亜希

      詳細を見る

    配分額:38350000円 ( 直接経費:29500000円 、 間接経費:8850000円 )

    本研究課題の3年目にあたる本年度は、1月12日に京都大学楽友会館において国際シンポジウム International Workshop for the Reorganization of Rural Settlement System を開催した。科研メンバーに加えて、国内と海外(イギリス・エチオピア・ラオス)から研究者を招聘し、日本、中国、韓国、スコットランド、エチオピア、ラオスにおける集落再編の国際比較をめぐる討論を通して、研究成果の国際交流を実現するとともに、集落再編と農村の地域特性が深く結びつく様態に関する認識共有が醸成されたことは、今後の農村研究の展開に対する貢献として特筆されよう。
    6月に刊行された「月刊地理」(古今書院)において「変わる農村と田園回帰」の特集を組んだ。科研メンバーによる日本における農村変化のフロンティアを理論・実証・実践の3つの位相から地理学的に定位した論考を掲載することにより、地理学界内部における研究の方向性を示すとともに、地理教育関係者などひろく社会一般に対しても研究成果を発信することとなった。
    10月5日~7日に東京日本橋等において「都市と地方・農村を結ぶしかけ―東京の拠点を訪ねる」と題した臨地研究集会を開催し、農村の商品化の諸相について討論を行った。とくに都市の側で農村交流にかかわるキーパーソンを採訪したことは、農村研究の新たなフィールドの存在を印象づけるものであった。
    このほか科研メンバーはそれぞれのフィールドにおける調査研究を進め、多数の論著を発表している。

    researchmap

  • 中国朝鮮族の韓国への移住と適応過程からみた「韓民族」言説の多重性

    研究課題/領域番号:26370925  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    金 どぅ哲

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    中国朝鮮族が,国籍としては「中国」,民族としては「漢民族」として認識しており,これらの多重アイデンティティは話者と相手との関係によってその強弱を変えられる。現在、中国朝鮮族の韓国への移住の歴史も20年を超えており,中国朝鮮族コミュにティの中でも階層分化が生じている。
    一方、1990年代から始まった中国朝鮮族の出稼ぎにより、中国朝鮮族集住の農村地域では激しい過疎化が進行している。その結果、不足する農業労働力は地域外から出稼ぎにきた漢族によって担われており、その結果水田から畑への転作が進行している。

    researchmap

  • 湿地のワイズユース再考:グリーン経済化の流れとその問題点

    研究課題/領域番号:25284166  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    淺野 敏久, 伊藤 達也, 金 どぅ哲, 平井 幸弘, 香川 雄一, フンク カロリン

      詳細を見る

    配分額:13000000円 ( 直接経費:10000000円 、 間接経費:3000000円 )

    日韓欧越のラムサール条約湿地の保全と利用を調査した。ラムサール条約は国際的に定められた一つの制度であるにも関わらず,その受容には国による差が大きい。日本と韓国では対応が似ているものの,住民に与える影響を最小にしようとする(保護の観点からすると登録効果が薄い)日本と,環境管理を重視し住民の関与を減らそうとする韓国との間に対照的な差が認められた。ドイツやフランスでは,ラムサール条約はEUの保護制度の下に埋没している。ベトナムでは,ワイズユースとは住民に保護区の自然資源を違法に使わせないように管理することを意味し,先進国のように観光や教育に利用することが重視されるのとは異なっている。

    researchmap

  • 中国東北における地域構造の変化に関する地理学的調査研究

    研究課題/領域番号:24401035  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    小島 泰雄, 秋山 元秀, 小野寺 淳, 松村 嘉久, 高橋 健太郎, 柳井 雅也, 小方 登, 金 どぅ哲, 阿部 康久, 柴田 陽一, 石田 曜

      詳細を見る

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本研究は、中国東北で進行している地域構造の変化を地理学的な調査に基づいて解明することをめざして、3年間にわたって行われた。フィールド調査は、初年度が長春、2年度が松原、3年度が延吉という、吉林省の異なった性格をもつ3つの地域で行われた。農業と農村は近代的開発としてのフロンティア性を残す一方、都市は資源・生産依存から消費志向へと発展軸を交替させていることなど、本研究は構造変化の多様性を実態的に明らかにした。

    researchmap

  • ベトナムにおける韓国人ディアスポラの融合・隔離・妥協

    研究課題/領域番号:23520954  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    金 どぅ哲

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    本研究では,ホーチミン市に居住する韓国人ディアスポラの属性と彼らの定住意識を明らかにすると共に,彼らのホスト社会と融合・隔離・妥協について現地調査を行った。調査の結果,就業目的の移住が最も多く,居住期間は5年未満が約半数を占めていた。ベトナム語能力は片言の会話程度の初級レベルが大半で,日常生活にも不自由を感じているが,約6割の人々がベトナム生活に満足していた。居住地域は外国人集中地区であるPhu My Hung地区をはじめ数ヵ所に限られており,空間的な隔離が進んでいることがわかる。また,韓国人とベトナム人のカップルで形成する「 韓ベ家族」を除けば,定住意識は総じて低い水準であった。

    researchmap

  • ベトナム北部の少数民族による棚田開発とその生業形態の持続可能性

    研究課題/領域番号:23520972  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    磯田 弦, キム ドゥチュル, 四本 幸夫

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    ベトナム・サパ地域における、衛星画像による土地利用変化の分析と農家調査による分析により以下の知見を得た:(1)棚田の面積は1970年代より約2倍に拡大し、現在も拡大している、(2)新しい棚田はより傾斜の大きい斜面にて開発された、(3)新しい棚田は、化学肥料の用量・用法によっては高い単収を得うる、(4)当地の少数民族は、ハイブリッド米を採用することにより単収を2倍にした、(5)観光やカルダモン生産による現金収入は、種、化学肥料、農業機械の購入にあてられ、自給的農業の近代化に貢献している、(6)農地の外延化と集約化により、過去40年間に年率3%の人口急増を超える米の生産量増加を実現した。

    researchmap

  • ラムサール条約登録湿地の保全と利用をめぐる政治地理学的研究

    研究課題/領域番号:22320171  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    淺野 敏久, 伊藤 達也, 金 どぅ哲, 平井 幸弘, 香川 雄一

      詳細を見る

    配分額:11180000円 ( 直接経費:8600000円 、 間接経費:2580000円 )

    ラムサール条約湿地は,地域づくりの資源として戦略的に利用されている。日本では,世界遺産やジオパークなどと比べると,ラムサール湿地は「保護のための制度」という意識が強く,経済的に積極活用が図られているところは少ない。韓国では保護する場所と開発する場所の差が大きく,保全よりは活用への社会的関心が高い。しかし,保護区においては,日本とは対照的に,トップダウン的「住み分け型」環境管理がなされる場合がある。

    researchmap

  • 新自由主義政策環境下の過疎地域の日韓比較研究-政策スタイルと住民組織に注目して

    研究課題/領域番号:20520686  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    金 どぅ哲

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では、日韓の過疎政策と住民組織が近年の新自由主義という新たな政策環境の下で、どのように変容し顕在化しているかを明らかにした。その結果,韓国の過疎地域(全羅北道鎮安郡)では,従来「マウル(集落)=基礎組織」単位で完結していた住民組織の議論構造や意志決定プロセスが複数のマウル(集落)の連合体へ移行しつつあることが明らかとなった。一方,日本の過疎地域(広島県安芸高田市)では,合併後に統一したガイドラインのもとに自治組織の再編を行ったにもかかわらず、合併前の住民組織の在り方により、合併後の住民組織の再編の方向性とその後の運営に相違が見られた。

    researchmap

  • 東アジアにおける湖沼と干潟の環境問題と共有資源の管理システム

    研究課題/領域番号:19500883  2007年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    浅野 敏久, 伊藤 達也, 金 どぅ哲, 平井 幸弘

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では,日韓中越各国の水環境問題の現場を調査した。湖沼や干潟の環境保全や資源利用において,市民の要望や活動(管理や利用をめぐる市民運動)の有無や強弱の差(日韓と中越の差)が施策展開速度の違いとして現れること,環境対策と都市・地域開発との結びつき方(それが連動する中国と,環境対策は環境対策として行われる日本,その中間に位置する韓国)が環境対策をとる行政の姿勢を左右することなどが重要な視点になる。

    researchmap

  • 地方自治復活後の韓国農村部における「場所マーケッティング」と地方財政

    研究課題/領域番号:17520537  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    金 どぅ哲

      詳細を見る

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:300000円 )

    近年、「場所マーケティング」の概念を取り入れ、新しい地域のイメージを創り出し、地域経済の活性化を図る動きが盛んになっている。本研究では固有の場所性とは関係のない(もしくは薄い)要素を導入し「場所マーケティング」に成功している事例に注目し、場所マーケティングの主体たる自治体や地域住民が如何なるプロセスで新しい場所性を創り出し、それを「商品」としてマーケティングしているのか、またその過程で人為的に形成された場所性が地域住民にとって「自分のもの」として認識されていくのか否かを明らかにした。韓国全羅南道咸平郡の「チョウまつり」においては、固有の場所性とは関係のない要素、すなわち「チョウ」に代表される環境アイコンを導入し、都市住民に生態的なサービスを提供することで、自らの地域を「商品」としてマーケティングする戦略を取ってきた。咸平郡の事例は初期における都市部からの反響が、人為的に形成された新たな場所性を地域住民にも「自分のもの」として認識させるきっかけになったと言える。一方、兵庫県豊岡市のコウノトリの野生復帰事業の事例では、害鳥としての認識と新たなまちのシンボルとしての認識が共存しながらも、コウノトリの野生復帰事業に対する全国からの反響、すなわち「外部からの目」によりそれらの矛盾が繋ぎ合わさっている。韓国咸平郡の事例と兵庫県豊岡市の事例に共通することは、(1)環境アイコンとして外部や地元住民ともに分かりやすい生物を選んでいること、(2)その環境アイコン自体に美しさと希少性が含まれていること、(3)小規模な自治体であるゆえ、単一の環境アイコンに集中する場所マーケティングを行ったこと、(4)農業と環境との矛盾を無理に解決しようとせず、その矛盾を抱え込む戦略を取ったこと、(5)「外部からの目」に投影された己の姿や評価が人為的に形成された場所性を「自分のもの」として認識させる過程で少なからず役割をしたこと、などである。

    researchmap

  • 東アジアとその周辺地域における伝統的地理思考の近代地理学の導入による変容過程

    研究課題/領域番号:16202023  2004年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    千田 稔, 鳴海 邦匡, 渡邊 欣雄, 秋山 元秀, 藤巻 正己, 野間 晴雄, 土居 浩, 澁谷 鎮明, 金 ドウ哲, 金坂 清則, 八木 康幸, 南出 眞助, 石原 潤

      詳細を見る

    配分額:33540000円 ( 直接経費:25800000円 、 間接経費:7740000円 )

    研究成果は、以下の5項目に集約できる。
    (1)東アジアの伝統的地理学は、今も各地に足跡を残している。とりわけ風水思想は、中国、韓国や、日本の沖縄で、土地占いの方法として、現在も日常生活の中で意味をもっている。
    (2)近代地理学の導入は、東アジアとその周辺地域では、年代差があるが、ヨーロッパ地理学の受容によって、世界観の拡大がもたらされた。
    (3)植民地となった諸地域の地理学は、宗主国の地理学の影響を受けながら、地理学の近代化をはかった。ベトナム、マレーシア、韓国について事例的な検討を試みた。
    (4)近代における東アジアは、ヨーロッパ地理学の方法論による研究対象であった。例えば、ムギ作農業はヨーロッパ地理学にとっては、関心があったが、稲作については、本格的な研究がされることはなかった。そのような偏りの反作用として、アジアにおける稲作観が熱帯地理学の新しい局面を切り開いた。
    (5)現代の東アジアとその周辺諸国の地理学は、欧米と類似した体系のもとで、研究活動がなされているが国家計画に参画する割合は、国によって異なる。

    researchmap

  • 金融危機後の韓国における地方都市および農村の社会変動

    研究課題/領域番号:15401031  2003年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    神谷 浩夫, 山田 正浩, 阿部 和俊, 伊藤 悟, 渋谷 鎮明, 金 科哲, 梶田 真

      詳細を見る

    配分額:13200000円 ( 直接経費:13200000円 )

    1.地方都市では金融危機後、全国展開する企業の支店・支所の廃止や再編が行われた。その結果、韓国の都市システムにおいてソウルの地位が以前にもまして上昇した。逆に地方都市は相対的に地位が低下した。
    2.交通ネットワークから見ると、金融危機による地方都市への影響ははっきりしない。バス交通と鉄道交通、道路網のネットワークは、高速道路やKTXなどの整備によって、地方都市間のアクセスが最近20年間で格段に改善された。
    3.大邱の労働市場は、繊維産地であるため輸出依存度が高く金融危機の影響を強く受けた。事業所規模が縮小し、男性ブルーカラーでは正規職から非正規職への転換が進んだ。しかし大邱繊維産地では、こうした影響は女性生産職従事者の減少となって現れた。これは、金融危機への対応はコスト削減が主であって、高付加価値への産業構造の転換が進んでいないことを示していることが明らかとなった。
    4.農村への工業立地が金融危機後に進んだが、その影響はかなり断片的である。
    5.農村における産地形成は、高度成長期における都市市場の成立を契機としていた。金融危機によって都市から帰農者が一時的に増えたが、全体としてみればそれほど大きいものではない。
    6.地方自治体主導の地域振興策は、金融危機後にさらに活発となったが、これは1995年の地方自治制の導入や中央-地方間の税配分制度の見直しと切り離して考えることはできない。

    researchmap

  • 日本と韓国の大規模干拓事業をめぐる環境問題論争への地理学的アプローチ

    研究課題/領域番号:15500684  2003年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    淺野 敏久, 伊藤 達也, 金 どう哲, 平井 幸弘

      詳細を見る

    配分額:4200000円 ( 直接経費:4200000円 )

    本研究の目的は,日本と韓国の社会問題化した大規模干拓事業を取り上げ,それをめぐり展開される環境問題論争を分析し,それぞれの国において,いかに問題が構築されるのか,その際にいかなる利害関係,地域的背景が関わっているのかを明らかにすることである。研究の結果として以下がわかった。
    1.韓国においてセマングム干拓事業という大規模な事業が進められており,大きな社会問題になっている。この事業は韓国南西海岸開発の一環と位置づけられるが,規模が大きく環境への影響が甚大なことが懸念されている。特に先行したシファ干拓が環境悪化により断念されて以降,セマングムでの環境悪化への懸念が国民的関心を集めるようになった。
    2.韓国においては,民主化運動を経て,市民運動の影響力が強く,環境運動も例外でない。セマングム問題も中央の環境団体によって反対運動が主導されることにより大きな社会問題となった。
    3.一方,韓国では道による経済格差が大きく,セマングム開発が計画される全羅北道は後進地域にあたり,道民の開発志向が強く,セマングム問題は全国的な環境問題への関心と地方的な経済開発への関心という次元の異なる論点からの議論が錯綜する中に成立している。
    4.ただ,全羅北道の中にあっても干潟との関わりの深かった漁村では事業に反対する活動がある。これらは道をあげての推進運動の中で孤立した存在となり,中央の環境団体と結びつくことによって,その立場をアピールし続けている。しかし,この1,2年の状況の変化により,孤立化が深まっているように見受けられる。
    5.セマングムの事例をみるにつけ,諫早湾や中海・宍道湖のような日本の干拓問題との類似点(問題の社会経済的背景や公共事業システム)が強く認識されるとともに,環境運動の性格や進められ方にみる両国の相違点,特に日本の環境運動の独特な性格について気づくことができた。

    researchmap

  • 構造改革期における農山村・人口減少地域の変動と政策課題

    研究課題/領域番号:15520497  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    堤 研二, 西原 純, 岡橋 秀典, 西野 寿章, 関戸 明子, 金 科哲

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    構造改革の流れの中で、現在、農山漁村・旧産炭地域などの人口減少地域をめぐる経済・政治・社会構造に大きな変動が生じつつある。そして、従来の人口減少地域を支えていた構造が崩れ、新たな方向への転換が緊急に求められてきている。こうした状況をふまえた本研究の目的は、構造改革による大変動期を迎えた中での人口減少地域・農山村を対象として、(1)これまでの地域政策を「点検」し、(2)当該地域での現実問題を整理して、「現状分析」を行い、(3)これらの地域がいかなる方向に動きつつあるのか、またそれに対応してどのような政策課題や地域生活機能の問題が新たに生じ、今後構想されるべき政策・対策は何かを「展望」することであった。
    初年度の平成15年度には、本科学研究費の実質的支出が可能となった7月の第一回目の会合で研究分担を確認し、年度末には初年度の総括と次年度の計画・分担の確認を行うための第二回目の研究代表者・研究分担者による会合を開催、また中部山岳地帯の先進的林業地域の視察調査を行った。二年度目の平成こ16年度には、'研究進捗状況確認と報告書作成のための会合を11月に開催した。この二年間で、個別の調査・研究として、関戸は北海道、金は諌早湾、堤は中国山地などを各々フィールドとした農山漁村の調査を行った。堤は国際学会でも二回発表した。岡橋は関西大学での学会発表と資料収集を行った。西原は産業地域ごとの特色を踏まえながら地域変動・地域振興の情報を整理する作業に従事し、西野は林業振興に関する資料収集を行った。それぞれの担当地域で現状を観察し、現在の政策課題について整理した。
    その結果、地域政策の見直しを早急に行うべきこと、地域生活機能の自立を促進すべきこと、NPOなどの組織の有効活用の重要性などを明らかにした。さらに地域振興関係の法令や地域振興政策に関するデータベース構築も行い、最終年度内に報告書の印刷・刊行も行うことができた。

    researchmap

  • 戦後国土開発の日韓比較-折衷型開発パラダイムと過疎地域の形成過程に注目しつつ-

    研究課題/領域番号:13780058  2001年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    金 どぅ哲

      詳細を見る

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

    本研究は日本と韓国における国土開発の類似性と異なる結果に着目し、(1)両国の戦後国土開発を開発パラダイムの観点から比較・検討し、類似点と相違点を明らかにするとともに、(2)「折衷型開発パラダイム」への転換後の結果の違いを、実行計画への反映と実際の財政配分および地方行政の役割といった3つの側面から比較・検討し、「折衷型開発パラダイム」の可能性と限界を明らかにするものである。
    以上のような研究目的を鑑み、今年度は昨年度の成果を踏まえ、国土開発の成果の比較分析を行った。すなわち、(1)地域別の建設受注額と種類や地域内生産と家計消費の経年変化等を分析し、国土開発計画の成果を定量的に把握した。(2)地方行政の裁量権の拡大など非定量的な側面を評価するため、地方行政に権限が委ねられる地方交付税の経年変化を分析した。(3)国土開発計画の策定に関わる専門家に対する深層インタビューを行い、国土開発計画における技術的な側面とイデオロギー的な側面を突き止め、計画と実行そして結果との乖離の原因を比較分析した。(4)過疎対策関連の財政投資の経年変化を比較分析し、過疎地域の形成・維持と国土開発との関連について検討した。
    以上の分析から、次のような成果が得られた。すなわち、(1)韓国における国土開発は、1990年代の第3次国土総合開発計画以降「地方分散型開発戦略」を標榜しているが、地域別の建設受注量は依然として京釜軸(ソウルと釜山をつなぐ地域軸)及び東南臨海地域に集中している。しかし、1990年代後半以降全羅南道および江原道にも地方中心都市を中心に局地的に建設受注量を伸ばしていることは注目に値する。一方、家計消費の推移は1990年代後半の金融危機の時期を除けば、飛躍的に増加している。(2)自治体の歳入に占める地方交付税の比重は全般的に増加しているものの、基礎自治団体である「郡」の管轄区域が広範に及ぶため、ミクロレベルでの地方交付税による財の配分にはいまなお課題が残る。(3)しかしながら、全般的な傾向としては韓国の国土開発も1990年代以降日本と同様に「折衷型開発パラダイム」にシフトしていると言える。

    researchmap

  • 韓国の農村工業化はなぜ兼業化を伴わないのか-戦後日本の農村工業化との比較-

    研究課題/領域番号:11780060  1999年 - 2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    金 どぅ哲

      詳細を見る

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

    今年度は平成11年度の成果を踏まえて、韓国の農工団地の典型的な事例として慶尚南道陝川郡に位置する「栗谷農工団地」とその周辺地域に対するフィールドワークを行った。また、農村工業化の日韓比較のため、富山県八尾町と鳥取県日南町における現地調査もあわせて実施した。主な研究成果は次の通りである。
    1.栗谷農工団地は1987年に農工団地の指定を受け、1990年から操業を始めており、現在19の企業に474人の従業員が働いている。最寄りの大都市であるテグからの通勤は不可能であるため、生産職はほとんど地元出身であるが、管理職および熟練労働者は大都市から招いてこなければ確保できず、熟練労働力の不足は深刻である。立地企業のほとんどは中間財を下請けで生産する、従業員30人未満の零細企業であり、雇用の波及効果が及ぼす範囲は陝川郡の郡庁所在地である陝川邑とその周辺といったごく限られていた。
    2.1997年以降の韓国における金融危機以降、栗谷農工団地にも企業の倒産が相次ぎ、1998年頃まで稼働率は55%まで落ち込んだが、最近輸出の好調を追い風に回復に向かっている。
    3.陝川郡では行政(郡庁)が求人・求職の斡旋を行い、成果を上げているが、日雇いのが多く低賃金であるため、大都市への移出・転職が多く、人口減少の歯止めにはなっていない。
    4.また、それぞれの企業の技術水準と地元住民の雇用状況との関連でみると、明らかな傾向が認められる。すなわち、技術力の低い生産工程を持つ企業は、付帯施設の費用が削減できる上、必要な労働力を迅速に確保できるというメリットから地元住民の雇用を希望するが、技術力の高い生産工程を持つ企業は、地元住民の場合、農繁期での無断欠勤など労働倫理が希薄であるという理由で地元住民の雇用を控えるという両極の現象が見られる。
    こうしたことは本研究の仮説であった、「地域労働市場をめぐる供給側(地域住民)と需要(誘致企業)とのミス・マッチ」を支持することであり、その原因の一つは外部から移転してきた企業が該当地域のライフパターンと調整(regulation)されていないことと言えよう。
    以上のような結果を日本の事例と比較してみると、日本の場合は周辺的でありながらも地域との連携により着実に技術力を高めてきた企業が中枢をなしているが、韓国の場合は依然として低賃金と行政の誘導策に依存する企業が多いと言えよう。

    researchmap

  • 過疎地域における内生的住民組織の変容と地方行政の役割-大分県湯布院町と山形県小国町の事例

    研究課題/領域番号:09780110  1997年 - 1998年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    金 〓哲

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

    今年度は山形県小国町において過疎問題への対応をめぐる政策プロセスや住民組織のあり方を中心に調査を行った.さらに,山村のみならず平野農村における過疎問題との比較も行うべく,水田単作農村である岩手県東和町での調査をも並行して行った.今年度の調査により得たおもな成果は以下の通りである.
    1. 山形県小国町の面積は東京23区よりもやや広く,一時期には115を数えるほどの集落が町全域に散らばっており,昭和30年代以降激しい人口流出が生じたが,その空間的構造は町役場所在地を中心に同心円構造をなしていた.こうした問題に対処すべく小国町では拠点集落方式による集落再編成が行われた.すなわち,二次生活圏(町全域),一次生活圏(主に旧村),基礎集落圏の3段階に定住体系を築き,それぞれの中心を拠点集落として諸施設を整備しようとするものであった.しかし集落の移転は,結果として都会への挙家離村を促し,過疎を促進する結果となってしまった.また,旧滝集落からの移転によって形成された幸町の例から,内生的住民組織は移転先においても伝統行事の担い手として引き継がれていることが確認できた.
    2. 岩手県東和町における生産調整は牧草転作を主な態様として推移してきたが,1990年代は牧草転作以外の態様を迫られている.農家個別的な農業生産が展開している開田地域では,調整水田の増加が特徴的であるが,総じて圃場条件の優劣が生産調整の対応を規定する.伝統的水田地域では,政策的な受け皿として設立された生産組合の特性ごとに,農家の階層分化の度合いが異なり,生産調整態様の推移にも差異がみられる.組合の形骸化によって下層農家の脱農化が進行している館では粗放的な態様が増加しているのに対し,生産調整に対して集団的な対応をとる沖では,組合農家の農地を有効に利用し,高収益の見込める作物を導入することで,牧草に依存しない生産調整態様が可能となっている.

    researchmap

  • 日韓比較文化論

    1992年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Camparative Study of Culture and Society between Korea and Japan

    1992年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Change of Endogenous self-organization in Depopulated Rural Areas

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 環境政策と環境マネジメント

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Environmental Policy and management

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 過疎地域における内生的住民組織の変容

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • Community Development in Asia (2021年度) 第4学期  - 月7,月8,木7

  • 国際農村環境学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 国際農村環境学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 国際農村環境学演習 (2021年度) 後期  - その他

  • 国際農村環境学演習 (2021年度) 前期  - その他

  • 持続的農村システム学 (2021年度) 前期  - 水3~4

  • 持続的農村システム特論 (2021年度) 前期  - その他

  • 特別研究 (2021年度) 前期  - その他

  • 特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 特別研究 (2021年度) 後期  - その他

  • 環境と地理 (2021年度) 第1学期  - 月3,木1~2

  • 環境と地理 (2021年度) 第1学期  - 月3,木1~2

  • 環境と地理 (2021年度) 第1学期  - 月3,木1~2

  • 環境地理学 (2021年度) 第1学期  - 木3~4,金3~4

  • 環境地理学演習 (2021年度) 第4学期  - 月7~8,木7

  • Community Development in Asia (2020年度) 第4学期  - 月7,月8,木7,木8

  • 国際農村環境学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 国際農村環境学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 国際農村環境学演習 (2020年度) 後期  - その他

  • 国際農村環境学演習 (2020年度) 前期  - その他

  • 土地利用計画学演習 (2020年度) 第4学期  - 月7,月8,木7

  • 地域開発論 (2020年度) 第1学期  - 木3,木4,金2,金3

  • 持続的農村システム学 (2020年度) 前期  - 水2,水3

  • 持続的農村システム特論 (2020年度) 前期  - その他

  • 特別研究 (2020年度) 後期  - その他

  • 特別研究 (2020年度) 通年  - その他

  • 環境と地理 (2020年度) 第1学期  - 月3,木1,木2

  • 環境と地理 (2020年度) 第1学期  - 月3,木1,木2

  • 環境と地理 (2020年度) 第1学期  - 月3,木1,木2

  • 環境地理学 (2020年度) 第1学期  - 木3,木4,金2,金3

  • 環境地理学演習 (2020年度) 第4学期  - 月7,月8,木7

▼全件表示