2021/11/13 更新

写真a

クロサキ ヨウコ
黒﨑 陽子
KUROSAKI Yoko
所属
岡山大学病院 助教(特任)
職名
助教(特任)
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 補綴系歯学  / 補綴系歯学

学歴

  • 岡山大学大学院     医歯薬学総合研究科インプラント再生補綴学分野

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部    

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   新医療研究開発センター   助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学   クラウンブリッジ補綴科   医員

    2015年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 岡山大学病院 歯科 卒後臨床研究医

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Risk factors for root caries annual incidence and progression among older people requiring nursing care: A one-year prospective cohort study.

    Kana Tokumoto, Aya Kimura-Ono, Takuya Mino, Suguru Osaka, Ken Numoto, Eri Koyama, Yoko Kurosaki, Shinsuke Nakagawa, Yuki Amano, Ha Thi Thu Nguyen, Takaharu Higuchi, Kumiko Nawachi, Mitsuaki Ono, Yoshitomo Kobayashi, Michiyo Yamamoto, Kenji Maekawa, Takuo Kuboki

    Journal of prosthodontic research   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: We aimed to determine root caries annual incidence (RCAI) and root caries annual progression (RCAP) and risk factors for them among older people requiring nursing care. METHODS: The target population comprised 186 dentate individuals aged ≥ 65 years who required nursing care while living in nursing homes (NHs) or their own homes (OHs) in Okayama, Japan. Survey items included presence/absence and severity of root caries, age, sex, living environment (NH or OH), the Clinical Dementia Rating, and the Barthel Index (BI). Baseline surveys were conducted from 2015 to 2017; subjects were followed up for one year. RCAI and RCAP per tooth and per person were calculated, and risk factors for them were identified using generalized estimating equations. RESULTS: In total, 104 individuals (mean age: 82.0 ± 12.4 years) completed the follow-up survey. RCAIs per tooth and per person were 14.6% (173/1188) and 59.6% (62/104), respectively. RCAP per tooth was 22.5% (51/227 teeth with root caries at baseline). Significant risk factors for RCAI were living environment (OH, odds ratio [OR]: 2.14), sex (male, OR: 1.84), clasped tooth (OR: 1.82), and older age (OR: 1.05) at baseline. Significant risk factors for RCAP were sex (male, OR: 5.20), regular dental checkup (OR: 2.74), and high BI score (OR: 1.02) at baseline. CONCLUSIONS: At one-year follow-up, 59.6% of the subjects developed at least one root caries. Risk factors for RCAI were living environment (OH), male, clasped tooth, and older age, whereas those for RCAP were male, regular dental checkup, and high BI score.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_20_00272

    PubMed

    researchmap

  • 予後不良な歯の抜歯により生じた無歯顎欠損にインプラント支持補綴装置を適用した症例

    黒崎 陽子

    日本補綴歯科学会誌   13 ( 3 )   241 - 244   2021年7月

  • Six-year follow-up assessment of prosthesis survival and oral health-related quality of life in individuals with partial edentulism treated with three types of prosthodontic rehabilitation.

    Yoko Kurosaki, Aya Kimura-Ono, Takuya Mino, Hikaru Arakawa, Eri Koyama, Shinsuke Nakagawa, Ha Thi Thu Nguyen, Suguru Osaka, Mamiko Saeki, Hajime Minakuchi, Mitsuaki Ono, Kenji Maekawa, Takuo Kuboki

    Journal of prosthodontic research   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The purpose of the study was to compare the long-term performance of three prostheses for partial edentulism: implant-supported, fixed denture (IFD), fixed partial denture (FPD), and removable partial denture (RPD), in terms of prosthesis survival and oral health-related quality of life (OHRQoL). METHODS: The 138 patients in our previous study (Kimura et al., 2012) received one of the three prosthetic treatments and answered a validated OHRQoL questionnaire before and immediately after treatment. In the present study, the patients were followed up six years after treatment using medical records and OHRQoL examinations to evaluate prosthesis survival and change in OHRQoL. The cumulative survival rates were calculated using the Kaplan-Meier analysis. The Steel-Dwass test was used to compare the median OHRQoL scores at the three time points. RESULTS: For the 105 patients (66.8 ± 10.8 years, IFD/FPD/RPD: 58/27/20 patients) who successfully completed the follow-up assessments, the six-year estimated cumulative survival rates of the IFDs, FPDs, and RPDs were 94.7%, 77.4%, and 33.3%, respectively. The log-rank tests indicated that the survival curves were significantly different (IFDs vs. FPDs: p = 0.01; RPDs vs. IFDs, FPDs: p < 0.01). The median OHRQoL scores of the IFD group immediately after treatment and six years after treatment were significantly higher than those observed before treatment (p < 0.01). There was no significant difference in the median OHRQoL scores among the three time points in the RPD or FPD groups. CONCLUSIONS: IFDs showed significantly longer survival rates than FPDs and RPDs in partially edentulous patients. Only in the IFD patients was the OHRQoL level six years after treatment significantly higher than that b efore treatment.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_20_00095

    PubMed

    researchmap

  • Newly developed data-matching methodology for oral implant surgery allowing the automatic deletion of metal artifacts in 3D-CT images using new reference markers: A case report.

    Hiroaki Shimizu, Hikaru Arakawa, Takuya Mino, Yoko Kurosaki, Kana Tokumoto, Takuo Kuboki

    Journal of prosthodontic research   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PATIENTS: The patient was a 55-year-old woman with left upper molar free-end edentulism and 9 full cast metal crowns in her mouth. Three three-dimensional (3D) images were superimposed: a computed tomography (CT) image with the patient wearing the CT-matching template (CTMT) with six glass ceramic markers, which hardly generate any artifacts, on the template surface, and oral plaster model surfaces with and without CTMTs. Metal artifacts were automatically removed by a Boolean operation identifying unrealistic images outside the oral plaster model surface. After the preoperative simulation, fully guided oral implant surgery was performed. Two implant bodies were placed in the left upper edentulism. The placement errors calculated by comparing the preoperative simulation and actual implant placement were then assessed by a software program using the 3D-CT bone morphology as a reference. The 3D deviations between the preoperative simulation and actual placement at the entry of the implant body were a maximum 0.48 mm and minimum 0.26 mm. Those at the tip of the implant body were a maximum 0.56 mm and a minimum 0.25 mm. DISCUSSION: In this case, the maximum 3D deviations at the entry and tip section were less than in previous studies using double CT. CONCLUSIONS: Accurate image fusion utilizing CTMT with new reference markers was possible for a patient with many metal restorations. Using a surgical guide manufactured by the new matching methodology (modified single CT scan method), implant placement deviation can be minimized in patients with many metal restorations.

    DOI: 10.2186/jpr.JPOR_2019_429

    PubMed

    researchmap

  • Full Digital Workflow for Use of a Scanbody to Accurately Transfer Morphology From Provisional to Final Implant-Supported Fixed Restoration 査読 国際誌

    Mino T, Kurosaki Y, Maekawa K, Tokumoto K, Izumi K, Ueda A, Kimura-Ono A, Kuboki T.

    Journal of Oral Implantology   45 ( 6 )   494 - 498   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1563/aaid-joi-D-19-00064

    PubMed

    researchmap

  • Fifteen-year survival of resin-bonded vs full-coverage fixed dental prostheses. 査読

    Yoshida T, Kurosaki Y, Mine A, Kimura-Ono A, Mino T, Osaka S, Nakagawa S, Maekawa K, Kuboki T, Yatani H, Yamashita A.

    Journal of Prosthodontic Research   63 ( 3 )   374 - 382   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpor.2019.02.004

    PubMed

    researchmap

  • 下顎右側第一大臼歯部に抜歯後即時埋入による口腔インプラント治療を行った1症例 査読

    黒﨑陽子

    日本口腔インプラント学会誌   32 ( 1 )   E37 - E38   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    症例は62歳女性で、46の補綴装置が脱離したため開業医を受診したところ、同部の抜歯およびブリッジによる補綴治療を勧められたが、残存歯への過重負担を不安に思い放置していた。その後、知人より口腔インプラント治療を勧められ当科を受診した。46骨縁下う蝕、45、47二次う蝕と診断し、46を抜歯の後、インプラント体を一回法で埋入した。さらに、45、46、47に暫間補綴装置を装着し、約8ヵ月間咬合状態、清掃性や機能的満足を確認した。その後、審美領域でない47には全部鋳造冠を、45には陶材焼付鋳造冠を先に製作、装着し歯根膜支持を確立した。経過観察の後、46部にジルコニアアバットメントにポーセレンを焼成したスクリュー固定式の最終補綴装置を装着した。3年2ヵ月経過した現在、患者の主観では良好な咀嚼状態を維持しており、口腔インプラント治療に満足が得られている。

    researchmap

  • Digital transfer of the subgingival contour and emergence profile of the provisional restoration to the final bone-anchored fixed restoration. 査読

    Kurosaki Y, Mino T, Maekawa K, Izumi K, Kuboki T

    Journal of prosthodontic research   63 ( 1 )   125 - 129   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpor.2018.10.004

    PubMed

    researchmap

  • 調整済みの暫間上部構造の形態を口腔インプラントの最終上部構造へ反映させる新規デジタルワークフロー

    和泉 幸治, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 大野 彩, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   30 ( 4 )   294 - 300   2017年12月

  • 少数歯欠損患者における補綴歯科治療後6年経過時の口腔関連Quality of Lifeの評価

    黒崎 陽子

    岡山歯学会雑誌   34 ( 1 )   1 - 9   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:岡山歯学会  

    2003年〜2007年のKimuraらが実施した治療前後の口腔関連QOL調査の追跡調査で、2003年4月〜2007年3月に、口腔インプラントにより最終上部構造を装着した全患者(口腔インプラント群78名)、2005年11月〜2007年3月にブリッジを装着した全患者(ブリッジ群37名)、および2005年11月〜2007年3月に床義歯を装着した全患者(床義歯群23名)を対象に、補綴歯科治療前後の口腔関連QOL評価を行った。少数歯欠損患者の追跡調査を行い、口腔インプラント、ブリッジ、床義歯の装着後トラブルの発生状況、各補綴装置の生存率を比較すること、治療後の口腔関連QOLレベルが長期間維持されているか明らかにするため、治療法別に治療前後の口腔関連QOLレベルを追跡調査時と比較し、追跡調査時の口腔関連QOLレベルを追跡調査時と比較し、口腔関連QOLレベルの変動に起因するものを明らかにすることを試みた。最終解析対象者は105名(男31名、女74名、平均66.8歳±10.8歳)となった。口腔インプラント群の補綴装置6年累積生存率(94.7%)はブリッジ群(77.4%)、床義歯群(33.3%)と比べ有意に高く、治療により有意に改善し、口腔関連QOLが平均6.1年経過後も変化なく継続維持されていたことが示唆された。一方、ブリッジ群では治療前と比べ、治療直後、追跡調査時の口腔関連QOLが若干上昇する傾向があったが、いずれの調査時の口腔関連QOLにも有意差は認められなかった。床義歯群では治療前、治療直後、追跡調査時の順に平均口腔関連QOLが上昇する傾向があったが、いずれの調査時の口腔関連QOLにも有意差は認められなかった。研究で観察された治療前と治療平均6.1年経過後の口腔関連QOLの差には、治療法の違い、即ち口腔インプラント治療の特殊性が独立して関連していることが示唆された。

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • インプラントセラピー 臨床的アプローチと成功の根拠

    黒﨑陽子, 園山 亘, 窪木拓男( 範囲: インプラントの長期的成功:パートⅠ、Ⅱ、Ⅲ)

    クインテッセンス出版  2020年10月 

     詳細を見る

MISC

  • Recommend The Article いま読んでおきたい論文 アルツハイマー病患者における栄養状態と脳の構造変化の関連:NUDAD(Nutrition, the Unrecognized Determinant in Alzheimer's Disease)プロジェクト

    黒﨑陽子, 三野卓哉, 窪木拓男

    81 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Recommend The Article いま読んでおきたい論文 長期機能下のインプラント支持補綴装置と隣在歯間の隣接面コンタクト喪失陽性率と関連因子の検討

    黒﨑陽子, 三野卓哉, 窪木拓男

    日本歯科評論   81 ( 6 )   154 - 155   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Recommend The Article いま読んでおきたい論文 短縮歯列症例の歯周状態:10年追跡ランダム化比較試験

    黒﨑陽子, 三野卓哉, 窪木拓男

    日本歯科評論   81 ( 2 )   150 - 151   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 献体を利用したインプラント術前検査としての歯槽骨密度測定の信頼性と妥当性

    樋口隆晴, 樋口隆晴, 大野彩, 大野彩, 大野充昭, 大野充昭, 黒崎陽子, 黒崎陽子, 大森江, 大森江, 徳本佳奈, 中川晋輔, 三野卓哉, 三野卓哉, 石橋啓, 石橋啓, 坂本和基, 坂本和基, 下村侑司, 下村侑司, 窪木拓男, 窪木拓男

    日本補綴歯科学会誌(Web)   13   2021年

     詳細を見る

  • 一歯中間欠損補綴法の違いが生活隣在歯の予後に影響するか?-後ろ向きコホート研究-

    大國峻, 前川賢治, 三野卓哉, 黒崎陽子, 窪木拓男

    日本補綴歯科学会誌(Web)   13   2021年

     詳細を見る

  • Recommend The Article いま読んでおきたい論文 CBCTと口腔内スキャンデータを基にデジタル設計した歯牙支持型ドリルガイドを用いたインプラント体埋入手術の精度:前向きコホート研究

    黒﨑陽子, 三野卓哉, 窪木拓男

    日本歯科評論   80 ( 10 )   150 - 151   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 口腔インプラント治療に対するカダバー外科トレーニングの取り組み

    大野 充昭, 秋山 謙太郎, 三野 卓哉, 大野 彩, 水口 一, 黒崎 陽子, 園山 亘, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   33 ( 特別号 )   423 - 423   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の根面う蝕発生および重症化のリスク因子に関する前向きコホート研究

    徳本 佳奈, 大野 彩, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 沼本 賢, 小山 絵理, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 天野 友貴, 樋口 隆晴, 縄稚 久美子, 大野 充昭, 山本 道代, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   233 - 233   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • Recommend The Article いま読んでおきたい論文 咀嚼能力と死亡率:フランス大規模前向きコホート研究

    黒﨑陽子, 三野卓哉, 窪木拓男

    日本歯科評論   80 ( 6 )   146 - 147   2020年6月

     詳細を見る

  • 献体を利用したインプラント術前検査としての歯槽骨密度評価の信頼性・妥当性の検討

    樋口 隆晴, 大野 彩, 大野 充昭, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 大森 江, 石橋 啓, 徳本 佳奈, 三野 卓哉, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   121 - 121   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 暫間上部構造形状を最終上部構造へ反映させるデジタル新技法の有効性に関する介入研究

    三野 卓哉, 黒崎 陽子, 徳本 佳奈, 和泉 幸治, 光宗 浩, 上田 明広, 仲野 友人, 瀬島 淳一, 大野 彩, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   81 - 81   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 小臼歯CAD/CAM冠用レジンブロックで作製した大臼歯クラウンの40症例

    峯 篤史, 大野 彩, 黒崎 陽子, 三野 卓哉, 伴 晋太朗, 腰原 輝純, 細木 真紀, 原田 章生, 江草 宏, 松香 芳三, 佐藤 亨, 窪木 拓男, 矢谷 博文

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   266 - 266   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • Recommend The Article いま読んでおきたい論文 (虚弱) 高齢者における下顎インプラントオーバーデンチャー-20年間の追跡調査による前向き研究

    黒﨑陽子, 三野卓哉, 窪木拓男

    日本歯科評論   80 ( 2 )   154 - 155   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Recommend The Articleいま読んでおきたい論文 骨粗鬆症/骨減少症の女性における口腔インプラント治療の予後評価のための多施設前向き研究:5年間の結果.

    黒﨑陽子, 三野卓哉, 窪木拓男

    日本歯科評論   79 ( 10 )   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 献体を利用したインプラント術前検査としての歯槽骨密度評価の信頼性の検討

    樋口 隆晴, 大野 彩, 中川 晋輔, 黒崎 陽子, 三野 卓哉, 石橋 啓, 大野 充昭, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   32 ( 特別号 )   226 - 226   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の根面う蝕年間新規発生率および重症化リスクの検討

    徳本 佳奈, 大野 彩, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 沼本 賢, 小山 絵理, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 天野 友貴, 樋口 隆晴, 小林 芳友, 山本 道代, 前川 賢治, 窪木 拓男

    老年歯科医学   34 ( 2 )   153 - 154   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 各種サージカルガイドプレート作製法がインプラント体埋入精度に及ぼす影響に関する臨床研究

    清水 浩明, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 荒川 光, 徳本 佳奈, 大野 彩, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   32 ( 特別号 )   168 - 168   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • サージカルガイドプレートを用いた上下無歯顎即時修復インプラント治療の臨床技術教育を目的とした臨床応用解剖研修

    國友 由理, 三野 卓哉, 大野 充昭, 大野 彩, 黒崎 陽子, 清水 浩明, 徳本 佳奈, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   32 ( 特別号 )   403 - 403   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • メタルアーチファクトを回避できる新規ガラスセラミクス製リファレンスマーカーを用いたシングルCTスキャン法

    清水 浩明, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 荒川 光, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   32 ( 2 )   E87 - E88   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の根面う蝕年間新規発生率および重症化リスクの検討

    徳本 佳奈, 大野 彩, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 沼本 賢, 小山 絵理, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 天野 友貴, 樋口 隆晴, 小林 芳友, 山本 道代, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   30回   課題1 - 5   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • Recommend The Articleいま読んでおきたい論文 インプラント周囲炎の治療とサポーティブケアの臨床成績:システマティックレビュー.

    黒﨑陽子, 窪木拓男

    日本歯科評論   79 ( 6 )   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 予後不良な歯の抜歯により生じた無歯顎欠損にインプラント支持補綴装置を適用した症例

    黒崎 陽子

    日本補綴歯科学会誌   11 ( 特別号 )   359 - 359   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の口腔形態要素を評価する歯列崩壊指数の考案と信頼性・妥当性の検討

    沼本 賢, 大野 彩, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 黒崎 陽子, 小山 絵理, 中川 晋輔, 徳本 佳奈, 樋口 隆晴, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   11 ( 特別号 )   134 - 134   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯学部5年生におけるデジタルワックスアップ実習の成果物に対する客観評価の試み

    三野 卓哉, 黒崎 陽子, 樋口 隆晴, 徳本 佳奈, 中野田 紳一, 沼本 賢, 土佐 郁恵, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   11 ( 特別号 )   328 - 328   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 3ユニットの接着および従来型ブリッジの予後に関する15年間の後向きコホート研究

    黒崎 陽子, 吉田 利正, 峯 篤史, 大野 彩, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 中川 晋輔, 前川 賢治, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦

    日本補綴歯科学会誌   11 ( 特別号 )   136 - 136   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 平成30年度岡山医療介護総合確保基金事業「死生学とアドバンスケアプランニングを取り入れた要介護高齢者の尊厳を最期まで守る多職種連携航空栄養関連サービスの推進事業」報告書

    縄稚久美子,水口真実,前田あずさ,菊谷 武,高橋賢晃,戸原 雄,田代晴基,佐川敬一朗,三野卓哉,三木春奈,黒崎陽子,中川晋輔,徳本佳奈,水口 一,前川賢治,窪木拓男

    2019年3月

     詳細を見る

  • 要介護高齢者の根面う蝕の発生および重症度変化に関する前向きコホート研究

    徳本 佳奈, 大野 彩, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 沼本 賢, 黒崎 陽子, 小山 絵理, 天野 友貴, 樋口 隆晴, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔リハビリテーション学会雑誌   31 ( 1 )   50 - 50   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 歯学部5年生におけるデジタルワックスアップ実習の成果物を採点するための客観評価の試み

    樋口 隆晴, 黒崎 陽子, 三野 卓哉, 徳本 佳奈, 沼本 賢, 土佐 郁恵, 中野田 紳一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    岡山歯学会雑誌   37 ( 2 )   88 - 88   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 審美領域における結合組織移植術を用いたインプラント体周囲の垂直的組織増生 埋入時の水平的な硬組織増生と同時に行った結合組織移植術の形態学的臨床評価

    小田 師巳, 中田 光太郎, 園山 亘, 黒崎 陽子, 三野 卓哉, 秋山 謙太郎, 荒川 光, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   31 ( 3 )   E162 - E163   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 歯学生が設計したデジタルワックスアップの汎用CADソフトを用いた定量評価の試み

    黒崎 陽子, 三野 卓哉, 徳本 佳奈, 樋口 隆晴, 土佐 郁恵, 中野田 紳一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   37回   124 - 124   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 口腔インプラント支持暫間上部構造の形態を最終上部構造へ反映させるデジタル新技法を応用した一例 暫間上部構造を作製した作業模型を利用する方法

    黒崎 陽子, 三野 卓哉, 和泉 幸治, 瀬島 淳一, 上田 明広, 大野 彩, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   31 ( 2 )   E81 - E82   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 老老介護により通院制限が生じた口腔インプラントを有する後期高齢者に歯科介入を行った1症例

    黒崎 陽子

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   29回   [認定P - 06]   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 暫間ブリッジ形態を最終補綴装置へ反映する新規フルデジタルワークフロー

    徳本 佳奈, 三野 卓哉, 小崎 剛志, 黒崎 陽子, 和泉 幸治, 仲野 友人, 上田 明広, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   10 ( 特別号 )   298 - 298   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 要支援・要介護者の口腔内環境や全身状態と、根面う蝕の関係に関する多施設横断疫学調査

    沼本 賢, 大野 彩, 逢坂 卓, 三野 卓哉, 徳本 佳奈, 小山 絵理, 天野 友貴, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 小林 芳友, 山本 道代, 前川 賢治, 窪木 拓男

    老年歯科医学   32 ( 2 )   197 - 198   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 岡山県における栄養管理多職種連携を推進する人材養成セミナーの取り組み

    縄稚 久美子, 水口 真実, 前田 あずさ, 三野 卓哉, 三木 春奈, 黒崎 陽子, 小山 絵理, 中川 晋輔, 沼本 賢, 國友 由理, 野村 優, 前川 賢治, 窪木 拓男

    老年歯科医学   32 ( 2 )   234 - 235   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の栄養管理を支えるミールラウンドを模した多職種連携ワークショップの試み

    縄稚 久美子, 水口 真実, 前田 あずさ, 三野 卓哉, 三木 春奈, 黒崎 陽子, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36回   149 - 149   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 汎用CAD/CGソフトを用いた歯冠補綴装置作製のためのデジタルワックスアップ実習の開発

    三野 卓哉, 中野田 紳一, 黒崎 陽子, 徳本 佳奈, 土佐 郁恵, 樋口 隆晴, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36回   95 - 95   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の口腔内環境や全身状態と、根面う蝕の関係に関する多施設横断疫学調査

    沼本 賢, 大野 彩, 逢坂 卓, 三野 卓哉, 徳本 佳奈, 小山 絵理, 天野 友貴, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 小林 芳友, 山本 道代, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   28回   185 - 185   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 汎用CADソフトを用いた歯冠補綴装置作製のためのデジタルワックスアップ実習の導入

    三野 卓哉, 中野田 紳一, 黒崎 陽子, 上田 明広, 仲野 友人, 逢坂 卓, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   9 ( 特別号 )   279 - 279   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 欠損補綴治療における治療1年後の口腔関連QOLとレスポンスシフト 予備的検討

    逢坂 卓, 大野 彩, 中川 晋輔, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 小山 絵理, 沼本 賢, 天野 友貴, 徳本 佳奈, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   9 ( 特別号 )   222 - 222   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 岡山県における栄養管理多職種連携を推進する人材養成セミナーの取り組み

    縄稚 久美子, 水口 真実, 前田 あずさ, 三野 卓哉, 三木 春奈, 黒崎 陽子, 小山 絵理, 中川 晋輔, 沼本 賢, 國友 由理, 野村 優, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   28回   211 - 211   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 口腔内で調整した暫間上部構造と歯肉形態を口腔インプラントの最終上部構造へ反映させるデジタル新技法

    黒崎 陽子, 三野 卓哉, 和泉 幸治, 大野 彩, 前川 賢治

    歯科審美   29 ( 2 )   176 - 176   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科審美学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の根面う蝕と口腔および全身状態の関連

    徳本 佳奈, 逢坂 卓, 大野 彩, 三野 卓哉, 小山 絵理, 黒崎 陽子, 沼本 賢, 天野 友貴, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔リハビリテーション学会雑誌   29 ( 1 )   68 - 68   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔リハビリテーション学会  

    researchmap

  • インプラント治療後に来院が途絶えた要介護高齢者の口腔・全身状態および介護環境に関する報告

    黒崎 陽子, 沼本 賢, 大野 彩, 三野 卓哉, 山本 道代, 小山 絵理, 前川 賢治, 窪木 拓男

    老年歯科医学   31 ( 2 )   267 - 268   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 日本人を対象とした過去20年間の口腔インプラント治療の臨床成績に関するシステマティック・レビュー

    三野 卓哉, 中川 晋輔, 荒川 光, 黒崎 陽子, 大野 彩, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集   46回   P - 2   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 日本人を対象とした過去20年間の口腔インプラント治療の臨床成績に関するシステマティック・レビュー

    三野 卓哉, 中川 晋輔, 荒川 光, 黒崎 陽子, 大野 彩, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集   46回   P - 38   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 固定性ブリッジおよび部分床義歯患者の口腔関連QOL評価における最小有効差の検討

    中川 晋輔, 大野 彩, 黒崎 陽子, 小山 絵理, 逢坂 卓, 沼本 賢, 三野 卓哉, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   8 ( 特別号 )   173 - 173   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    DOI: 10.2186/ajps.8.173

    researchmap

  • 要支援・要介護高齢者における生命予後および低体重発生のリスク因子の検討

    小山 絵理, 大野 彩, 山本 道代, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 逢坂 卓, 沼本 賢, 縄稚 久美子, 水口 真実, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   8 ( 特別号 )   117 - 117   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • インプラント治療後に来院が途絶えた要介護高齢者の口腔・全身状態および介護環境に関する報告

    黒崎 陽子, 沼本 賢, 大野 彩, 三野 卓哉, 山本 道代, 小山 絵理, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   27回   213 - 213   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 要介護認定を受けた高齢インプラント患者の口腔状態および歯科介入環境に関する報告

    沼本 賢, 大野 彩, 黒崎 陽子, 三野 卓哉, 山本 道代, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔リハビリテーション学会雑誌   28 ( 1 )   59 - 59   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 岡山大学歯学部5年生のブリッジ・インプラント技工実習へのCAD(computer aided design)/CAM(computer aided manufacturing)実習の導入

    三野 卓哉, 黒崎 陽子, 國友 雅義, 小盛 大志, 逢坂 卓, 野村 優, 沼本 賢, 前川 賢治, 窪木 拓男

    岡山歯学会雑誌   34 ( 2 )   70 - 70   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 要支援・要介護高齢者における低体重発生のリスク因子の検討

    小山 絵理, 大野 彩, 山本 道代, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 瀧内 博也, 縄稚 久美子, 水口 真実, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    老年歯科医学   30 ( 2 )   105 - 106   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の口腔健康および摂食と主たる介護者の介護負担感との関連

    山本 道代, 大野 彩, 小山 絵理, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 瀧内 博也, 水口 真実, 水口 一, 縄稚 久美子, 前川 賢治, 窪木 拓男

    老年歯科医学   30 ( 2 )   135 - 135   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 全身機能が低下した高齢インプラント患者の口腔状態および歯科介入環境に関する報告

    黒崎 陽子, 大野 彩, 三野 卓哉, 沼本 賢, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   28 ( 特別号 )   294 - 294   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 接着および従来型ブリッジの長期予後調査

    吉田 利正, 峯 篤史, 黒崎 陽子, 大野 彩, 中川 晋輔, 三野 卓哉, 小山 絵理, 前川 賢治, 矢谷 博文, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   7 ( 特別号 )   309 - 309   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の口腔健康および摂食と主たる介護者の介護負担感との関連

    山本 道代, 大野 彩, 小山 絵理, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 瀧内 博也, 水口 真実, 水口 一, 縄稚 久美子, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   26回   138 - 138   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 要支援・要介護高齢者における低体重発生のリスク因子の検討

    小山 絵理, 大野 彩, 山本 道代, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 瀧内 博也, 縄稚 久美子, 水口 真実, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   26回   113 - 113   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 補綴治療介入前の主要な「困りごと」と口腔関連QOLとの関連

    中川 晋輔, 大野 彩, 黒崎 陽子, 小山 絵理, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   7 ( 特別号 )   306 - 306   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の口腔健康と主たる介護者の介護負担感との関連

    山本 道代, 大野 彩, 小山 絵理, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 瀧内 博也, 水口 真実, 作田 篤代, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   7 ( 特別号 )   272 - 272   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の認知症の重症度と口腔内環境およびBody Mass Indexの関連

    小山 絵理, 大野 彩, 山本 道代, 瀧内 博也, 中川 晋輔, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 縄稚 久美子, 水口 真実, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    老年歯科医学   29 ( 2 )   117 - 118   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 少数歯欠損患者における補綴治療後5年経過時の口腔関連Quality of Lifeの評価

    黒崎 陽子, 大野 彩, 瀧内 博也, 佐伯 真未子, 小山 絵里, 三野 卓哉, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   27 ( 3 )   386 - 386   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 少数歯欠損患者におけるインプラント治療後6年経過時の口腔関連QOL評価

    黒崎 陽子, 大野 彩, 小山 絵理, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   27 ( 特別号 )   233 - 233   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 要介護高齢者の認知症の重症度と口腔内環境およびBody Mass Indexの関連

    小山 絵理, 大野 彩, 山本 道代, 瀧内 博也, 中川 晋輔, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 縄稚 久美子, 水口 真実, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   25回   120 - 120   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    researchmap

  • 要介護状態を見据えた高齢者への口腔インプラント治療の適否 現存する臨床研究データからこれからの課題を探る

    荒川 光, 黒崎 陽子, 窪木 拓男

    日本歯科評論   74 ( 6 )   129 - 136   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヒョーロン・パブリッシャーズ  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014258499

  • 要介護高齢者の口腔内環境および摂食状態と主たる介護者の介護負担感との関連

    山本 道代, 大野 彩, 瀧内 博也, 小山 絵理, 中川 晋輔, 三野 卓哉, 黒崎 陽子, 水口 真実, 水口 一, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 特別号 )   149 - 149   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 少数歯欠損患者における補綴治療後6年経過時の口腔関連QOLの評価

    黒崎 陽子, 大野 彩, 瀧内 博也, 佐伯 真未子, 小山 絵理, 三野 卓哉, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 特別号 )   307 - 307   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • インプラント体埋入手術後の食物摂取状態の実態調査

    黒崎 陽子, 縄稚 久美子, 大野 彩, 園山 亘, 前川 賢治, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   26 ( 特別号 )   351 - 351   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 上顎洞底挙上術後に埋入したインプラントの予後に関する多施設臨床評価 術式選択に係わる関連要因の検討

    小田 師巳, 荒川 光, 木村 彩, 瀧内 博也, 黒崎 陽子, 佐伯 真未子, 葭矢 啓介, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   25 ( 特別号 )   235 - 235   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 上顎洞底挙上術に関する多施設臨床評価 クレスタルとラテラルアプローチの比較

    小田 師巳, 荒川 光, 木村 彩, 三野 卓哉, 瀧内 博也, 黒崎 陽子, 佐伯 真未子, 葭矢 啓介, 小室 寧, 小室 甲, 窪木 拓男

    日本補綴歯科学会誌   4 ( 特別号 )   135 - 135   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 上顎洞底挙上の多施設臨床評価 クレスタルアプローチとラテラルアプローチの比較

    小田 師巳, 荒川 光, 木村 彩, 瀧内 博也, 黒崎 陽子, 佐伯 真未子, 葭矢 啓介, 窪木 拓男

    日本口腔インプラント学会誌   24 ( 特別号 )   190 - 190   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 各種サージカルガイドプレート作製法がインプラント体埋入精度に及ぼす影響に関する臨床研究

    清水浩明,三野卓哉,黒﨑陽子,荒川 光,徳本佳奈,大野 彩,前川賢二,窪木拓男

    第49回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日 - 2019年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • サージカルガイドプレートを用いた上下無歯顎即時修復インプラント治療の臨床技術教育を目的とした臨床応用解剖研修.

    國友由理,三野卓哉,黒﨑陽子,徳本佳奈,大野充昭,大野 彩,秋山謙太郎,窪木拓男.

    第49回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日 - 2019年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 献体を利用したインプラント術前検査としての歯槽骨密度評価の信頼性の検討

    樋口隆晴,大野 彩,中川晋輔,黒﨑陽子,三野卓哉,石橋 啓,大野充昭,窪木拓男.

    第49回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日 - 2019年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • スキャンボディを用いて暫間上部構造形状を最終上部構造へ反映させるフルデジタル技法

    三野卓哉,黒﨑陽子,前川賢治,徳本佳奈,和泉幸治,上田明広,大野 彩,窪木拓男

    令和元年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月1日 - 2019年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メタルアーチファクトを回避できる新規マーカーを用いたサージカルガイド作製法

    清水浩明,三野卓哉,黒﨑陽子,徳本佳奈,荒川 光,窪木拓男

    令和元年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月1日 - 2019年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多職種連携ミールラウンドを模した認知症高齢者の栄養管理に関わるワーックショップの試み

    縄稚久美子, 水口真実, 前田あずさ, 菊谷 武, 高橋賢晃, 戸原 雄, 田代晴基, 佐川敬一郎, 三野卓哉, 三木春奈, 黒﨑陽子, 中川晋輔, 徳本佳奈, 水口 一, 前川賢治, 窪木拓男

    認知症と口腔機能研究会第1回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月3日 - 2019年8月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 要介護高齢者の根面う蝕年間新規発生率および重症化リスクの検討

    徳本佳奈, 大野 彩, 三野卓哉, 逢坂 卓, 沼本 賢, 小山絵理, 黒﨑陽子, 中川晋輔, 天野友貴, 樋口隆晴, 小林芳友, 山本道代, 前川賢治, 窪木拓男

    一般社団法人日本老年歯科医学会第30回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月6日 - 2019年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メタルアーチファクトを回避できる新規リファレンスマーカーを用いたサージカルガイド作製ワークフロー

    清水浩明, 三野卓哉, 黒﨑陽子, 徳本佳奈, 荒川 光, 窪木拓男

    Straumann FORUM2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月18日 - 2019年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ストローマンガイドを用いた上下無歯顎即時修復インプラント治療の臨床技術教育を目的とした臨床応用解剖実習

    國友由理, 三野卓哉, 大野充昭, 大野 彩, 黒﨑陽子, 清水浩明, 徳本佳奈, 仲野友人, 上田明宏, 秋山謙太郎, 大塚愛二, 窪木拓男

    Straumann FORUM2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月18日 - 2019年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スキャンボディを用いて暫間上部構造の形状を最終上部構造へ反映させるフルデジタルワークフロー

    三野卓哉, 黒﨑陽子, 前川賢治, 徳本佳奈, 和泉幸治, 上田明広, 大野 彩, 窪木拓男

    Straumann FORUM2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月18日 - 2019年5月19日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 学部5年生におけるデジタルワックスアップ実習の成果物に対する客観評価の試み

    三野卓哉, 黒﨑陽子, 樋口隆晴, 徳本佳奈, 中野田紳一, 沼本 賢, 土佐郁恵, 前川賢治, 窪木拓男

    第128回公益社団法人日本補綴歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月11日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 予後不良な歯の抜歯により生じた無歯顎欠損にインプラント支持補綴装置を適用した症例

    黒﨑陽子

    公益社団法人日本補綴歯科学会第128回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月10日 - 2019年5月12日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 要介護高齢者の口腔形態要素を評価する歯列崩壊指数の考案と信頼性・妥当性の検討

    沼本 賢, 大野 彩, 三野卓哉, 逢坂 卓, 黒﨑陽子, 小山絵理, 中川晋輔, 徳本佳奈, 樋口隆晴, 前川賢治, 窪木拓男

    公益社団法人日本補綴歯科学会第128回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月10日 - 2019年5月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3ユニットの接着および従来型ブリッジの予後に関する15年間の後向きコホート研究

    黒﨑陽子,吉田利正,峯 篤史,大野 彩,三野卓哉,逢坂 卓,中川晋輔,前川賢治,窪木拓男,矢谷博文,山下 敦

    公益社団法人日本補綴歯科学会第128回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月10日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 腸内エコシステムの観点からのフレイルの病態理解

    大森 江,大野充昭,大野 彩,後藤和義,天野友貴,水口真実,小山絵理,黒﨑陽子,松下 治,窪木拓男,大橋俊孝.

    第8回補綴若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月9日 - 2019年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 口腔形態要素を評価する新指数の信頼性・妥当性の検討

    沼本 賢, 大野 彩, 三野卓哉, 逢坂 卓, 黒﨑陽子, 小山絵理, 中川晋輔, 徳本佳奈, 樋口隆晴, 前川賢治, 窪木拓男

    第8回補綴若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月9日 - 2019年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 日本補綴歯科学会第130回学術大会デンツプライシロナ賞

    2021年6月   日本補綴歯科学会   一歯中間欠損補綴法の違いが生活隣在歯の予後に影響するか?-後ろ向きコホート研究-

    大國峻, 前川賢治, 三野卓哉, 黒崎陽子, 窪木拓男

     詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会第129回学術大会課題口演賞

    2020年6月   日本補綴歯科学会   暫間上部構造形状を最終上部構造へ反映させるデジタル新技法の有効性に関する介入研究

    三野 卓哉, 黒崎 陽子, 徳本 佳奈, 和泉 幸治, 光宗 浩, 上田 明広, 仲野 友人, 瀬島 淳一, 大野 彩, 前川 賢治, 窪木 拓男

     詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会第129回学術大会デンツプライシロナ賞

    2020年6月   日本補綴歯科学会   要介護高齢者の根面う蝕発生および重症化のリスク因子に関する前向きコホート研究

    徳本 佳奈, 大野 彩, 三野 卓哉, 逢坂 卓, 沼本 賢, 小山 絵理, 黒崎 陽子, 中川 晋輔, 天野 友貴, 樋口 隆晴, 縄稚 久美子, 大野 充昭, 山本 道代, 前川 賢治, 窪木 拓男

     詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会第128回学術大会課題口演賞

    2019年5月   日本補綴歯科学会   3ユニットの接着および従来型ブリッジの予後に関する15年間の後向きコホート研究

    黒﨑陽子,吉田利正,峯 篤史,大野 彩,三野卓哉,逢坂 卓,中川晋輔,前川賢治,窪木拓男,矢谷博文,山下 敦

     詳細を見る

  • ポスター賞

    2019年5月   Straumann FORUM2019   ストローマンガイドを用いた上下無歯顎即時修復インプラント治療の臨床技術教育を目的とした臨床応用解剖実習

    國友由理, 三野卓哉, 大野充昭, 大野 彩, 黒﨑陽子, 清水浩明, 徳本佳奈, 仲野友人, 上田明宏, 秋山謙太郎, 大塚愛二, 窪木拓男

     詳細を見る

  • ポスター賞

    2019年5月   Straumann FORUM2019   スキャンボディを用いて暫間上部構造の形状を最終上部構造へ反映させるフルデジタルワークフロー

    三野卓哉, 黒﨑陽子, 前川賢治, 徳本佳奈, 和泉幸治, 上田明広, 大野 彩, 窪木拓男

     詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会 第126回学術大会 カボデンタル賞

    2017年6月   日本補綴歯科学会   汎用CADソフトを用いた歯冠補綴装置作製のためのデジタルワックスアップ実習の導入

    三野卓哉, 中野田紳一, 黒崎陽子, 上田明広, 仲野友人, 逢坂 卓, 前川賢治, 窪木拓男

     詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会 第125回学術大会 課題口演優秀賞

    2016年7月   日本補綴歯科学会   要支援・要介護高齢者における生命予後および低体重発生のリスク因子の検討

    小山絵理, 大野 彩, 山本道代, 三野卓哉, 黒崎陽子, 中川晋輔, 逢坂 卓, 沼本 賢, 縄稚久美子, 水口真実, 水口 一, 前川賢治, 窪木拓男

     詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会 第124回学術大会 カボデンタル賞

    2015年5月   日本補綴歯科学会   接着および従来型ブリッジの長期予後調査

    吉田利正, 峯 篤史, 黒﨑陽子, 大野 彩, 中川晋輔, 三野卓哉, 小山絵理, 前川賢治, 矢谷博文, 窪木拓男

     詳細を見る

  • 9th International Dental Collaboration of the Mekong River Region 1st Winner Poster Presentation

    2014年12月   9th International Dental Collaboration of the Mekong River Region   A prospective cohort study on risk factors for underweight and mortality in institutionalized the elderly

     詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会 第124回学術大会 カボデンタル賞

    2014年5月   日本補綴歯科学会   少数歯欠損患者における補綴治療後6年経過時の口腔関連QOLの評価

    黒崎陽子, 大野 彩, 瀧内博也, 佐伯真未子, 小山絵理, 三野卓哉, 前川賢治, 窪木拓男

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • インプラント周囲の骨吸収発生予知を目的とした歯槽骨骨密度評価の有用性の検討

    研究課題/領域番号:19K19090  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    黒崎 陽子

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、インプラント周囲炎を診断するための検査として、デンタルエックス線画像から歯槽骨密度(al-BMD)を定量的に評価できる市販ソフトウェア(BoneRight、デンタルグラフィック・コム社)を用いたインプラント体周囲al-BMD評価法を確立し、その信頼性および検査精度の検証を行なう。
    まず、被曝による不利益の考慮が必要ない献体でインプラント体埋入部位を想定した欠損部のal-BMD測定法の信頼性を評価した。生前に臨床研究への協力に同意を得た献体22名(死亡時平均年齢84.1歳、男/女:17/5名)のデンタルエックス線撮影を行った。al-BMDの測定領域は、インプラント体周囲の骨吸収が歯槽骨上縁から生じることを考慮し、歯槽骨頂直下から3領域を設定した。50枚(上顎/下顎:26/24枚、前歯部/臼歯部:18/32枚)のデンタルエックス線画像から、事前にキャリブレーションした検者2名が独立してal-BMDを2回測定した結果、検者内一致度はICC:0.956、検者間一致度はICC:0.955と良好だった。さらに、デンタルエックス線撮影部位と同部位を市販ソフトウェア(OsiriX、NEWTON GRAPHICS社)で測定した歯槽骨密度とBoneRightで測定したal-BMDとの相関関係を評価し、妥当性の検討を行った。25枚(上顎/下顎:8/17枚、前歯部/臼歯部:6/19枚)のデンタルエックス線画像を用いて検討した結果、al-BMDと歯槽骨密度との相関係数は0.697(p<0.01)で、有意な正の相関を認めた。
    今後は倫理委員会承認後に、岡山大学病院クラウンブリッジ補綴科でメインテナンスを受けているインプラント患者のインプラント周囲炎罹患インプラント体と健全インプラント体のデンタルエックス線画像を用いて、インプラント周囲al-BMD測定プロトコールの検証を開始予定である。

    researchmap

  • 咀嚼が認知機能に与える影響の検討および認知症早期診断バイオマーカーの網羅的探索

    研究課題/領域番号:19K10205  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    三野 卓哉, 窪木 拓男, 大野 彩, 大野 充昭, 山下 徹, 黒崎 陽子

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究の目的は,①ヒト高齢者において,試験的咀嚼運動刺激が,唾液や血液中BDNF濃度に及ぼす影響を検討すること,②ある要介護高齢者集団において,唾液や血液中のBDNF濃度が咀嚼能力ならびに認知機能と関連しているかを検討すること,③BDNFに加えて認知症発症の早期バイオマーカーを唾液中から網羅的に探索することである.
    本年は,まずは目的①のための倫理委員会審査書類の作成を行った.また,倫理委員会審査書類の作成と並行して目的②のために,他の研究で毎年行っている岡山県下の老人介護施設(3施設)へ調査に出向き,基礎疾患,認知機能,ADLなどの臨床情報に加えて口腔内診査(残存歯数,機能歯数,カリエス数など)や摂食嚥下機能などを評価し,高齢者疫学調査データベースのアップデートを行った.現時点で、63名の要介護高齢者(認知機能健全:4名,MCI:10名,軽度認知症:7名,中等度認知症:23名,重度認知症:19名)を得ている.
    今後は倫理委員会承認後に、岡山大学病院に所属する教職員のうち全身疾患ならびに服薬を認めない20歳以上の健康成人,あるいはクラウンブリッジ補綴科にてメインテナンスを行なっている患者のうち全身疾患ならびに服薬を認めない65歳以上の健康高齢患者からボランティアを募り,無刺激ガムによる試験的咀嚼運動刺激が,唾液や血液中BDNF濃度に及ぼす影響をランダム化クロスオーバーデザインにて検討する予定である.

    researchmap

  • 要介護高齢者の口腔インプラント予後評価と上部構造維持様式変更の有効性

    研究課題/領域番号:16K20498  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    黒崎 陽子

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    口腔インプラントを有する要介護高齢者15名(平均年齢:80.7±8.3歳,男/女:7/8名)のうち,14名は調査時点で口腔インプラント部にトラブルを認めず,1名はインプラント体が破折していたが,既に可撤性床義歯による再補綴処置を受けていた.総インプラント体本数47本中,4mm以上の深いプロービング値を認めたものは24本で,インプラント体周囲の腫脹,発赤を認めたものは2本,排膿を認めたものは1本のみだった.口腔インプラント部のトラブルが全身・口腔に大きな問題を引き起こしている対象者はいなかった.

    researchmap

  • 接着性および従来型ブリッジの超長期予後調査と次世代臨床データ蓄積システムの構築

    研究課題/領域番号:23792227  2011年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    峯 篤史, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 大野 彩, 吉田 利正, 黒崎 陽子, 三野 卓哉

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    1989年4月から1992年3月の間に岡山大学歯学部附属病院第一補綴科で装着された3ユニット接着ブリッジ群(n = 86)と3ユニット従来型ブリッジ群(n = 100)の予後を調査した.接着ブリッジおよび従来型ブリッジの10年生存率は69 %と72 %,25年累積生存率は50 %と46 %であり,累積生存率に有意な差は認められなかった(p = 0.88).
    トラブルの内容比較としては「除去」が従来型ブリッジで有意に多かったが(p = 0.01).「ブリッジの種類」「性別」「年齢」「残存歯数」「装着部位」「支台歯の状態」はトラブル発生の有無に影響を与える因子とならなかった(p = 0.82).

    researchmap

その他研究活動

  • 日本補綴歯科学会専門医

    2021年05月
    -
    2026年09月

     詳細を見る

  • 老年歯科医学会認定医

    2018年07月
    -
    2023年07月

     詳細を見る

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

    2018年03月
    -
    2023年07月

     詳細を見る

  • 口腔顔面痛学会認定医

    2017年04月
    -
    2022年03月

     詳細を見る

  • 日本口腔インプラント学会専修医

    2017年03月
    -
    2022年03月

     詳細を見る