2024/05/25 更新

写真a

クワハラ ミホ
桑原 実穂
KUWAHARA Miho
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士 ( 2021年3月   岡山大学 )

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences  

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

 

論文

  • 既製NSVの改良開発(第一報) 設計と形状

    庄賀 春生, 宮崎 文伸, 太田 圭二, 松岸 諒, 桑原 実穂, 吉實 舞, 兒玉 直紀, 田中 祐貴, 古西 隆之, 藤田 隼平, 瀬島 淳一, 窪木 拓男

    日本口腔顎顔面技工学会学術大会プログラム・抄録集   25回   28 - 28   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔顎顔面技工学会  

    researchmap

  • 軟骨組織におけるCCN3の老化マーカーとしての役割と、CCN3の異所性発現による加齢様退行性変化の促進

    桑原 実穂, 廣瀬 一樹, 近藤 星, 古松 毅之, 中田 英二, 原 哲也, 久保田 聡, 服部 高子

    日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集   55回   158 - 158   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会  

    researchmap

  • 日常生活中の筋電図記録に混入し得るノイズ信号に関する研究

    皆木 省吾, 兒玉 直紀, 中原 龍一, 尾崎 敏文, 古寺 寛志, 北川 佳祐, 萬田 陽介, 田中 祐貴, 杉本 皓, 森 慧太朗, 山田 蘭子, 松岸 諒, 桑原 実穂

    日本顎口腔機能学会雑誌   29 ( 2 )   124 - 125   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本顎口腔機能学会  

    researchmap

  • Elevated Expression of CCN3 in Articular Cartilage Induces Osteoarthritis in Hip Joints Irrespective of Age and Weight Bearing. 国際誌

    Kazuki Hirose, Miho Kuwahara, Eiji Nakata, Tomonori Tetsunaga, Kazuki Yamada, Kenta Saiga, Masaharu Takigawa, Toshifumi Ozaki, Satoshi Kubota, Takako Hattori

    International journal of molecular sciences   23 ( 23 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Osteoarthritis (OA) occurs not only in the knee but also in peripheral joints throughout the whole body. Previously, we have shown that the expression of cellular communication network factor 3 (CCN3), a matricellular protein, increases with age in knee articular cartilage, and the misexpression of CCN3 in cartilage induces senescence-associated secretory phenotype (SASP) factors, indicating that CCN3 promotes cartilage senescence. Here, we investigated the correlation between CCN3 expression and OA degenerative changes, principally in human femoral head cartilage. Human femoral heads obtained from patients who received total hip arthroplasty were categorized into OA and femoral neck fracture (normal) groups without significant age differences. Gene expression analysis of RNA obtained from femoral head cartilage revealed that CCN3 and MMP-13 expression in the non-weight-bearing part was significantly higher in the OA group than in the normal group, whereas the weight-bearing OA parts and normal cartilage showed no significant differences in the expression of these genes. The expression of COL10A1, however, was significantly higher in weight-bearing OA parts compared with normal weight-bearing parts, and was also higher in weight-bearing parts compared with non-weight-bearing parts in the OA group. In contrast, OA primary chondrocytes from weight-bearing parts showed higher expression of CCN3, p16, ADAMTS4, and IL-1β than chondrocytes from the corresponding normal group, and higher ADAMTS4 and IL-1β in the non-weight-bearing part compared with the corresponding normal group. Acan expression was significantly lower in the non-weight-bearing group in OA primary chondrocytes than in the corresponding normal chondrocytes. The expression level of CCN3 did not show significant differences between the weight-bearing part and non-weight-bearing part in both OA and normal primary chondrocytes. Immunohistochemical analysis showed accumulated CCN3 and aggrecan neoepitope staining in both the weight-bearing part and non-weight-bearing part in the OA group compared with the normal group. The CCN3 expression level in cartilage had a positive correlation with the Mankin score. X-ray analysis of cartilage-specific CCN3 overexpression mice (Tg) revealed deformation of the femoral and humeral head in the early stage, and immunohistochemical analysis showed accumulated aggrecan neoepitope staining as well as CCN3 staining and the roughening of the joint surface in Tg femoral and humeral heads. Primary chondrocytes from the Tg femoral head showed enhanced expression of Ccn3, Adamts5, p16, Il-6, and Tnfα, and decreased expression of Col2a1 and -an. These findings indicate a correlation between OA degenerative changes and the expression of CCN3, irrespective of age and mechanical loading. Furthermore, the Mankin score indicates that the expression level of Ccn3 correlates with the progression of OA.

    DOI: 10.3390/ijms232315311

    PubMed

    researchmap

  • 軟骨組織の加齢変性におけるCCN3の機能

    桑原 実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 服部 高子, 久保田 聡

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   95回   1T14a - 08   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 持続的な甘味刺激が唾液分泌量に及ぼす影響

    山田 蘭子, 杉本 皓, 田中 祐貴, 北川 佳祐, 古寺 寛志, 足立 れいみ, 市川 知香, 松岸 諒, 森 慧太郎, 桑原 実穂, 萬田 陽介, 兒玉 直紀, 吉田 竜介, 皆木 省吾

    日本補綴歯科学会誌   14 ( 中国・四国支部学術大会特別号 )   22 - 22   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • Maternal Gut Microbiome Decelerates Fetal Endochondral Bone Formation by Inducing Inflammatory Reaction. 国際誌

    Yoko Uchida-Fukuhara, Takako Hattori, Shanqi Fu, Sei Kondo, Miho Kuwahara, Daiki Fukuhara, Md Monirul Islam, Kota Kataoka, Daisuke Ekuni, Satoshi Kubota, Manabu Morita, Mika Iikegame, Hirohiko Okamura

    Microorganisms   10 ( 5 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To investigate the effect of the maternal gut microbiome on fetal endochondral bone formation, fetuses at embryonic day 18 were obtained from germ-free (GF) and specific-pathogen-free (SPF) pregnant mothers. Skeletal preparation of the fetuses' whole bodies did not show significant morphological alterations; however, micro-CT analysis of the tibiae showed a lower bone volume fraction in the SPF tibia. Primary cultured chondrocytes from fetal SPF rib cages showed a lower cell proliferation and lower accumulation of the extracellular matrix. RNA-sequencing analysis showed the induction of inflammation-associated genes such as the interleukin (IL) 17 receptor, IL 6, and immune-response genes in SPF chondrocytes. These data indicate that the maternal gut microbiome in SPF mice affects fetal embryonic endochondral ossification, possibly by changing the expression of genes related to inflammation and the immune response in fetal cartilage. The gut microbiome may modify endochondral ossification in the fetal chondrocytes passing through the placenta.

    DOI: 10.3390/microorganisms10051000

    PubMed

    researchmap

  • Maternal Gut Microbiome Decelerates Fetal Endochondral Bone Formation by Inducing Inflammatory Reaction

    Yoko Uchida-Fukuhara, Takako Hattori, Shanqi Fu, Sei Kondo, Miho Kuwahara, Daiki Fukuhara, Md Monirul Islam, Kota Kataoka, Daisuke Ekuni, Satoshi Kubota, Manabu Morita, Mika Iikegame, Hirohiko Okamura

    Microorganisms   10 ( 5 )   2022年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To investigate the effect of the maternal gut microbiome on fetal endochondral bone formation, fetuses at embryonic day 18 were obtained from germ-free (GF) and specific-pathogen-free (SPF) pregnant mothers. Skeletal preparation of the fetuses’ whole bodies did not show significant morphological alterations; however, micro-CT analysis of the tibiae showed a lower bone volume fraction in the SPF tibia. Primary cultured chondrocytes from fetal SPF rib cages showed a lower cell proliferation and lower accumulation of the extracellular matrix. RNA-sequencing analysis showed the induction of inflammation-associated genes such as the interleukin (IL) 17 receptor, IL 6, and immune-response genes in SPF chondrocytes. These data indicate that the maternal gut microbiome in SPF mice affects fetal embryonic endochondral ossification, possibly by changing the expression of genes related to inflammation and the immune response in fetal cartilage. The gut microbiome may modify endochondral ossification in the fetal chondrocytes passing through the placenta.

    DOI: 10.3390/microorganisms10051000

    Scopus

    researchmap

  • 持続的な味刺激による唾液分泌量の経時変化に関する研究

    山田 蘭子, 杉本 皓, 田中 祐貴, 北川 佳祐, 古寺 寛志, 足立 れいみ, 才本 大稀, 小室 奈央, 谷地 開, 桑原 実穂, 萬田 陽介, 兒玉 直紀, 吉田 竜介, 皆木 省吾

    日本顎口腔機能学会雑誌   28 ( 2 )   76 - 77   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本顎口腔機能学会  

    researchmap

  • Lack of occlusal support did not impact amyloid β deposition in APP knock-in mice.

    Asuka Murakami, Tetsuya Hara, Chie Yamada-Kubota, Miho Kuwahara, Tomoka Ichikawa, Shogo Minagi

    Journal of prosthodontic research   66 ( 1 )   161 - 166   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The lack of occlusal support is an epidemiological risk factor linked to Alzheimer's disease. This study sought to assess the relationship between amyloid β (Aβ) deposition and the lack of occlusal support in amyloid precursor protein (APP) knock-in mice. METHODS: Sixteen experimental animals were divided into two groups. The upper molars were extracted in the extraction group (group E), and a sham operation was performed in the control group (group C). The Morris water maze test was performed 4 months after the tooth extraction. Aβ immunohistochemical staining and Nissl staining of the hippocampus were performed. Hippocampal plasma corticosterone and Aβ protein levels were measured. RESULTS: In the maze task, the escape latency was significantly longer in group E than in group C. In the probe trials, the time elapsed in the target quadrant was significantly shorter in group E than in group C. The number of hippocampal neurons decreased in group E. There was no significant difference in the plasma corticosterone levels between the two groups, indicating that there was no effect of chronic stress on the behavioral results. Hippocampal Aβ40 and Aβ42 protein levels and Aβ deposition areas by immunohistochemical staining were not significantly different between the two groups. CONCLUSIONS: Aβ deposition was not increased in the hippocampus of molarless APP knock-in mice. As such, it appears that cognitive impairment due to a lack of occlusal support was not related to Aβ deposition.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_20_00205

    PubMed

    researchmap

  • Newly designed flat surface artificial tongue system for speech improvement in glossectomy patients: A preliminary study.

    Hiroaki Nagatsuka, Shigehisa Kawakami, Miho Kuwahara, Chie Kubota, Naoki Kodama, Shogo Minagi

    Journal of prosthodontic research   66 ( 1 )   87 - 92   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To design an efficient tongue prosthesis with reproducibility and to objectively evaluate improvement in speech function. METHODS: A silicon anatomical artificial tongue (AT) and a flat surface artificial tongue system (FTS) were used in our study. Twenty healthy participants (10 males and 10 females, 26.3 ± 1.8 years) were fitted with a tongue movement suppression appliance (TSA) that fit the dental arch to simulate the glossectomy condition. TSA, TSA + FTS, and TSA + AT simulated the state of glossectomy patients without artificial tongue, with normal artificial tongue, and newly designed artificial tongue, respectively. Three speech intelligibility tests were performed for each of the following conditions: pronouncing 100 Japanese monosyllables, 40 Japanese words, and reading a short story. One-way ANOVA, Wilcoxon signed-rank test, and Tukey-Kramer post-hoc test were used for statistical analyses. RESULTS: Significant differences were observed for 100 Japanese monosylla bles and 40 Japanese words between the TSA + FTS, TSA, and TSA + AT conditions (p ‹ 0.05). Regarding the speech intelligibility test for reading a short story, the TSA + FTS condition resulted in a significantly higher speech intelligibility than the TSA and TSA + AT conditions (p ‹ 0.05). CONCLUSIONS: A flat surface artificial tongue system contributed to the improvement in speech function. This structure can be easily used in cases where conventional artificial tongue are applicable, regardless of variation in the oral condition; thus, making it a widely applicable treatment option for glossectomy patients.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_20_00230

    PubMed

    researchmap

  • CCN3 (NOV) Drives Degradative Changes in Aging Articular Cartilage. 国際誌

    Miho Kuwahara, Koichi Kadoya, Sei Kondo, Shanqi Fu, Yoshiko Miyake, Ayako Ogo, Mitsuaki Ono, Takayuki Furumatsu, Eiji Nakata, Takako Sasaki, Shogo Minagi, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota, Takako Hattori

    International journal of molecular sciences   21 ( 20 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Aging is a major risk factor of osteoarthritis, which is characterized by the degeneration of articular cartilage. CCN3, a member of the CCN family, is expressed in cartilage and has various physiological functions during chondrocyte development, differentiation, and regeneration. Here, we examine the role of CCN3 in cartilage maintenance. During aging, the expression of Ccn3 mRNA in mouse primary chondrocytes from knee cartilage increased and showed a positive correlation with p21 and p53 mRNA. Increased accumulation of CCN3 protein was confirmed. To analyze the effects of CCN3 in vitro, either primary cultured human articular chondrocytes or rat chondrosarcoma cell line (RCS) were used. Artificial senescence induced by H2O2 caused a dose-dependent increase in Ccn3 gene and CCN3 protein expression, along with enhanced expression of p21 and p53 mRNA and proteins, as well as SA-β gal activity. Overexpression of CCN3 also enhanced p21 promoter activity via p53. Accordingly, the addition of recombinant CCN3 protein to the culture increased the expression of p21 and p53 mRNAs. We have produced cartilage-specific CCN3-overexpressing transgenic mice, and found degradative changes in knee joints within two months. Inflammatory gene expression was found even in the rib chondrocytes of three-month-old transgenic mice. Similar results were observed in human knee articular chondrocytes from patients at both mRNA and protein levels. These results indicate that CCN3 is a new senescence marker of chondrocytes, and the overexpression of CCN3 in cartilage may in part promote chondrocyte senescence, leading to the degeneration of articular cartilage through the induction of p53 and p21.

    DOI: 10.3390/ijms21207556

    PubMed

    researchmap

  • Circadian production of melatonin in cartilage modifies rhythmic gene expression. 国際誌

    Shanqi Fu, Miho Kuwahara, Yoko Uchida, Sei Koudo, Daichi Hayashi, Yuji Shimomura, Asami Takagaki, Takashi Nishida, Yusuke Maruyama, Mika Ikegame, Atsuhiko Hattori, Satoshi Kubota, Takako Hattori

    The Journal of endocrinology   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Endochondral ossification, including bone growth and other metabolic events, is regulated by circadian rhythms. Herein, we provide evidence that melatonin has a direct effect on the circadian rhythm of chondrocytes. We detected mRNA expression of the genes which encode the melatonin-synthesizing enzymes AANAT (arylalkylamine N-acetyltransferase) and HIOMT (hydroxyindole O-methyltransferase), as well as the melatonin receptors MT1 and MT2 in mouse primary chondrocytes and cartilage. Production of melatonin was confirmed by mass spectrometric analysis of primary rat and chick chondrocytes. Addition of melatonin to primary mouse chondrocytes caused enhanced cell growth and increased expression of Col2a1, Aggrecan, and Sox9, but inhibited Col10a1 expression in primary BALB/c mouse chondrocytes. Addition of luzindole, an MT1 and MT2 antagonist, abolished these effects. These data indicate that chondrocytes produce melatonin, which regulates cartilage growth and maturation via the MT1 and MT2 receptors. Kinetic analysis showed that melatonin caused rapid upregulation of Aanat, Mt1, Mt2, and Pthrp expression, followed by Sox9 and Ihh. Furthermore, expression of the clock gene Bmal1 was induced, while that of Per1 was downregulated. Chronobiological analysis of synchronized C3H mouse chondrocytes revealed that melatonin induced the cyclic expression of Aanat and modified the cyclic rhythm of Bmal1, Mt1, and Mt2. In contrast, Mt1 and Mt2 showed different rhythms from Bmal1 and Aanat, indicating the existence of different regulatory genes. Our results indicate that exogenous and endogenous melatonin work in synergy in chondrocytes to adjust rhythmic expression to the central suprachiasmatic nucleus clock.

    DOI: 10.1530/JOE-19-0022

    PubMed

    researchmap

  • 軟骨におけるメラトニンとその受容体の日周的合成は軟骨の律動的遺伝子発現に影響を及ぼす(Circadian production of melatonin and its receptors in cartilage influences chondrocyte rhythmic gene expression)

    Fu Shanqi, 桑原 実穂, 内田 瑶子, 林 大智, 下村 侑司, 高垣 安紗美, 西田 崇, 丸山 雄介, 池亀 美華, 服部 淳彦, 服部 高子, 久保田 聡

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   91回   [1T14m - 250)]   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • BMP2含有光重合型PDVAで補強したコラーゲンスポンジによる吸収性骨補填材

    山田 知枝, 原 哲也, 田仲 持郎, 清瀧 優也, 村上 明日香, 桑原 実穂, 伊志嶺 知沙[黒田], 坂本 隼一, 荒木 大介[飯田], 玉田 祥与, 宮崎 貴子, 皆木 省吾

    日本補綴歯科学会誌   10 ( 特別号 )   272 - 272   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • CCN3の軟骨特異的過剰発現は内軟骨性骨形成の遅延を誘発する

    角谷 宏一, 服部 高子, 桑原 実穂, 大野 充昭, 星島 光博, 窪木 拓男, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   138 - 138   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • CCNファミリー研究のメルティングポット 軟骨特異切CCN3過剰発現による内軟骨性骨形成の修飾

    服部 高子, 大野 充昭, 星島 光博, 角谷 宏一, 桑原 実穂, 三宅 佳子, 窪木 拓男, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   94 - 94   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • CCN3は関節軟骨の加齢性変性を促進する

    桑原 実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   138 - 138   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 軟骨細胞老化促進因子としてのCCN3

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   33rd   2020年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 小浦 卓, 服部 高子, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 8 )   S1583 - S1583   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 持続的な甘味刺激が唾液分泌量に及ぼす影響

    山田 蘭子, 杉本 皓, 田中 祐貴, 北川 佳祐, 古寺 寛志, 足立 れいみ, 市川 知香, 松岸 諒, 森 慧太郎, 桑原 実穂, 萬田 陽介, 兒玉 直紀, 吉田 竜介, 皆木 省吾

    日本補綴歯科学会誌   14 ( 中国・四国支部学術大会特別号 )   22 - 22   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    移植   56 ( 4 )   455 - 455   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • メトホルミンによる非コードRNA誘導と軟骨細胞分化促進作用

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   34th   2022年

     詳細を見る

  • 変形性股関節症とCCN3発現の相関

    廣瀬一樹, 廣瀬一樹, 服部高子, 桑原実穂, 滝川正春, 中田英二, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 小浦卓, 尾崎敏文, 久保田聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(CD-ROM)   40th   2022年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞におけるメトホルミンによるlong non-coding RNA,UCA1およびCCN2の発現制御

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 薬師寺翔太, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   45th   2022年

     詳細を見る

  • メトホルミンによるUCA1を介した軟骨保護作用の解析

    近藤 星, 服部 高子, 桑原 実穂, Fu Shanqi, 西田 崇, 薬師寺 翔太, 吉岡 洋祐, 森谷 徳文, 飯田 征二, 滝川 正春, 久保田 聡

    岡山歯学会雑誌   40 ( 2 )   38 - 39   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症モデルとしてのCCN3過剰発現マウス

    廣瀬 一樹, 服部 高子, 中田 英二, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 尾崎 敏文, 滝川 正春, 久保田 聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   151 - 151   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1506 - S1506   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬 一樹, 中田 英二, 服部 高子, 鉄永 智紀, 山田 和希, 佐藤 嘉洋, 桑原 実穂, 滝川 正春, 久保田 聡, 尾崎 敏文

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 8 )   S1506 - S1506   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    researchmap

  • 変形性肩関節症とCCN3発現上昇との相関について

    廣瀬一樹, 中田英二, 服部高子, 鉄永智紀, 山田和希, 佐藤嘉洋, 桑原実穂, 滝川正春, 久保田聡, 尾崎敏文

    移植(Web)   56 ( 4 )   2021年

     詳細を見る

  • non-coding RNAを介したメトホルミンの抗線維化作用の解析

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 滝川正春, 久保田聡

    日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集   75th   2021年

     詳細を見る

  • メトホルミンのUCA1誘導および軟骨細胞分化促進作用

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本生化学会大会(Web)   94th   2021年

     詳細を見る

  • メトホルミンの軟骨細胞におけるUCA1誘導をともなった分化促進作用

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   44th   2021年

     詳細を見る

  • アルツハイマーモデルマウスを用いた咬合支持の欠如によるアミロイドβ沈着の変化

    村上 明日香, 原 哲也, 山田 知枝, 桑原 実穂, 荒木 大介, 皆木 省吾

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   202 - 202   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 軟骨組織におけるCCN3の老化促進作用

    桑原実穂, 桑原実穂, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 皆木省吾, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   43rd   2020年

     詳細を見る

  • アルツハイマーモデルマウスを用いた咬合支持の欠如によるアミロイドβ沈着の変化

    村上明日香, 原哲也, 山田知枝, 桑原実穂, 荒木大介, 皆木省吾

    日本補綴歯科学会誌(Web)   12   2020年

     詳細を見る

  • ヒト関節軟骨細胞におけるリズム遺伝子発現に対するメラトニンの効果

    FU Shanqi, 桑原実穂, 内田瑶子, 林大智, 下村侑司, 高垣安紗美, 西田崇, 中田英二, 古松毅之, 近藤星, 丸山雄介, 服部淳彦, 久保田聡, 服部高子

    日本生化学会大会(Web)   93rd   2020年

     詳細を見る

  • non-coding RNAを介したメトホルミンの抗線維化作用の解析

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 西田崇, 吉岡洋祐, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   43rd   2020年

     詳細を見る

  • メトホルミンの軟骨細胞分化に対する作用の解析

    近藤星, 近藤星, 服部高子, 桑原実穂, FU Shanqi, 森谷徳文, 飯田征二, 滝川正春, 久保田聡

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 腸内細菌の有無が胎児内軟骨成長に与える影響

    内田瑶子, 服部高子, 福原大樹, FU Shanqi, 近藤星, 桑原実穂, ISLAM Monirul, 片岡広太, 江國大輔, 久保田聡, 森田学

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   33rd   2020年

     詳細を見る

  • ヒト関節軟骨での律動的遺伝子発現におけるメラトニンの作用

    フシャンキ, 桑原実穂, 内田瑶子, 近藤星, 西田崇, 池亀美華, 久保田聡, 服部高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(CD-ROM)   38th   2020年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞は松果体由来のメラトニン刺激で概日リズムを持ってメラトニンを産生し,増殖を促進し,肥大化を抑制する

    FU Shanqi, 桑原実穂, 内田揺子, 近藤星, 西田崇, 池亀美華, 久保田聡, 服部高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   37th   2019年

     詳細を見る

  • CCNは軟骨細胞の加齢に伴い発現上昇し,過剰発現は軟骨加齢を促進する

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    岡山歯学会雑誌   38 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞は加齢にともなってCCN3を高発現し,その過剰発現は軟骨加齢を促進する

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd   2019年

     詳細を見る

  • 長鎖(約6kb)lssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによるノックインの試み

    近藤星, 桑原実穂, FU Shanqi, 武内聡子, 池田健司, 石川崇典, 大野充昭, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    日本生化学会大会(Web)   92nd   2019年

     詳細を見る

  • 長鎖(約6kb)ssODNおよびCRISPR/Cas9を用いたヒト科霊長類特異的lncRNAのマウス受精卵へのエレクトロポレーションによる高効率ノックインの試み

    近藤星, 桑原実穂, FU Shanqi, 池田健司, 石川崇典, 大野充昭, 西田崇, 久保田聡, 服部高子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st   2018年

     詳細を見る

  • BMP2含有光重合型PDVAで補強したコラーゲンスポンジによる吸収性骨補填材

    山田知枝, 原哲也, 田仲持郎, 清瀧優也, 村上明日香, 桑原実穂, 伊志嶺(黒田)知沙, 坂本隼一, 荒木大介, 玉田(飯田)祥与, 宮崎貴子, 皆木省吾

    日本補綴歯科学会誌(Web)   10   2018年

     詳細を見る

  • 軟骨組織におけるメラトニン合成とその受容体発現は概日リズムを持ち,軟骨細胞の代謝に影響を及ぼす

    服部高子, FU Shanqi, 桑原実穂, 内田瑶子, 近藤星, 林大智, 下村侑司, 高垣安紗美, 西田崇, 丸山雄介, 池亀美華, 服部淳彦, 久保田聡

    日本生化学会大会(Web)   90th   2017年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現は内軟骨性骨化の遅延と関節変性を誘発する

    服部高子, 角谷宏一, 桑原実穂, 大野充昭, 星島光博, 星島光博, 窪木拓男, 久保田聡, 久保田聡, 滝川正春, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33rd   2015年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現は内軟骨性骨形成の遅延による骨梁形成の低下を誘発する

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 大家遥, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   26th   2013年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現による内軟骨性骨形成の修飾

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN3過剰発現は内軟骨性骨形成の不全より骨異形性を誘発する

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th   2013年

     詳細を見る

  • CCN3の軟骨特異的過剰発現は内軟骨性骨形成の遅延を誘発する

    角谷宏一, 服部高子, 桑原実穂, 大野充昭, 星島光博, 窪木拓男, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • CCN3/NOVの軟骨特異的過剰発現は軟骨分化の最終段階に影響を及ぼす事により骨形成不全をきたす

    服部高子, 大野充昭, 星島光博, 角谷宏一, 桑原実穂, 三宅佳子, 窪木拓男, 滝川正春

    日本生化学会大会(Web)   85th   2012年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • CCN3は関節軟骨の加齢性変性を促進する

    桑原 実穂, 近藤 星, Fu Shanqi, 大野 充昭, 古松 毅之, 中田 英二, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2021年10月  (一社)日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 軟骨細胞老化促進因子としてのCCN3

    桑原実穂, 武内聡子, 近藤星, FU Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 久保田聡, 服部高子

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    researchmap

  • 軟骨組織の加齢変性におけるCCN3の機能

    桑原実穂, 近藤星, Fu Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 服部高子, 久保田聡

    第95回日本生化学会大会  2022年10月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月9日 - 2022年10月11日

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 軟骨組織の加齢変性におけるCCN3の機能

    桑原実穂, 近藤星, Fu Shanqi, 大野充昭, 古松毅之, 中田英二, 滝川正春, 服部高子, 久保田聡

    第95回日本生化学会大会  2022年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月9日 - 2022年10月11日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 持続的な味刺激による唾液分泌量の経時的変化に関する研究

    山田蘭子, 杉本皓, 田中祐貴, 北川佳祐, 古寺寛志, 足立れいみ, 桑原実穂, 萬田陽介, 兒玉直紀, 吉田竜介, 皆木省吾

    日本顎口腔機能学会第66回学術大会  2021年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月4日 - 2021年12月5日

    researchmap

  • 持続的な甘味刺激が唾液分泌量に及ぼす影響

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • CCN3を介した新たな軟骨細胞老化制御機構の解明

    研究課題/領域番号:20K18601  2020年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    桑原 実穂

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究ではヒト初代関節軟骨細胞において年齢とCCN3遺伝子発現レベルに正の相関関係を認めたこと、老化誘導によりCCN3発現亢進を認めたことから、加齢によるCCN3発現促進が示唆された。さらに、軟骨特異的CCN3過剰発現マウスの関節軟骨に変性所見を認め、細胞老化関連分泌形質(SASP)因子の産生亢進が確認された。またプロモータージーンアッセイによる解析から、CCN3はp53の誘導を介しp21の活性を上昇させることが示唆された。

    researchmap

  • 顎関節軟骨の老化を制御する新規メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:22K17137  2022年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    桑原 実穂

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 歯根膜刺激が減少すると海馬錐体細胞が減少するメカニズムの解明 青斑を介した伝導路

    研究課題/領域番号:21K10000  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    原 哲也, 桑原 実穂, 村上 明日香

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    抜歯に伴って海馬錐体細胞が減少して記憶・認知機能が低下するメカニズムは,歯根膜刺激の減少によるものと考察されているが,歯根膜から海馬に至る伝導路の詳細は不明である。そこで歯根膜刺激の感覚核である三叉神経中脳路核に隣接し,中枢系の広範囲にノルアドレナリン(NA)を放出する青斑核がこのメカニズムに及ぼす影響について,臼歯抜歯したラットの行動学的解析,海馬のNA濃度と細胞数,青斑核の細胞数などの変化を観察することによって検討する。
    5週齢のWistar系雄性ラット20匹を上顎臼歯抜歯群と対照群に分け固形飼料を与えた。6週齢時にメデトミジン+ミダゾラム+ベトルファールの腹腔内投与による深麻酔下で上顎6臼歯を抜歯した。18週齢時から各群の動物にはステップスルーテスト(受動的回避実験)を行った。暗闇を好むラットが暗箱へ移動したことが赤外線センサーによって感知されると,ショックジェネレーターから床面のグリッドを通して電気刺激(0.8mA,3秒間)が伝わる設定とした。獲得試行では,ラットが300秒明箱に待機できるようになるまで試行した。再生試行では,電気刺激を与えない点以外は獲得試行を同じ状態で試行し,明室での回避時間を指標して評価した。獲得試行の2日目にはいずれのラットも300秒以上明箱に留まるようになった。再生試行では,対照群は記憶を保持していたが,臼歯抜歯群では7,8日目以降は対照群と比較して有意に短時間で暗箱に入ったが10日後以降は対照群の回避時間の短縮に伴い有意差はなくなった。術後14日後に深麻酔下に灌流固定を施し,海馬と脳幹を摘出した。

    researchmap

 

担当授業科目

  • 歯科医療演習 (2023年度) 1・2学期  - 火1~3