2021/11/22 更新

写真a

サケモト リュウタ
酒本 隆太
SAKEMOTO Ryuta
所属
社会文化科学学域 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位

  • Ph.D. in Economics ( 2018年6月   Heriot-Watt University )

研究キーワード

  • コモディティ価格

  • キャリートレード

  • 市場の共変動

  • 市場の不確実性

  • Time-varying model

  • ファクターモデル

  • 通貨ポートフォリオ

  • リスクファクター

研究分野

  • 人文・社会 / 金融、ファイナンス  / アセットプライシング

学歴

  • ヘリオット・ワット大学   社会科学   経済学部

    2014年9月 - 2017年10月

      詳細を見る

    国名: グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

    researchmap

  • エクセター大学   ビジネススクール   経済学・計量経済学

    2013年9月 - 2014年8月

      詳細を見る

    国名: グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

    researchmap

  • 筑波大学   ビジネス科学研究科   経営システムコース

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京大学   Public Policy School   Economic Policy

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 慶應義塾大学   商学部  

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   大学院社会文化科学研究科   准教授

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • ワイジェイFX株式会社

    2018年1月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 大和住銀投信投資顧問株式会社

    2009年4月 - 2013年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

所属学協会

  • European Finance Association

    2021年1月 - 現在

      詳細を見る

  • Financial Management Association

    2021年1月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本ファイナンス学会

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本金融・証券計量・工学学会

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • The conditional volatility premium on currency portfolios 査読

    Joseph P. Byrne, Ryuta Sakemoto

    Journal of International Financial Markets, Institutions and Money   74   101415 - 101415   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.intfin.2021.101415

    researchmap

  • Carry trades and commodity risk factors 査読

    Joseph P. Byrne, Boulis Maher Ibrahim, Ryuta Sakemoto

    Journal of International Money and Finance   96   121 - 129   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    © 2019 This paper investigates the importance of commodity prices for the returns of currency carry trade portfolios. We adopt a recently developed empirical factor model to capture commodity commonalities and heterogeneity. Agricultural material and metal price risk factors are found to have explanatory power on the cross-section of currency returns, while commodity common and oil factors do not. Although stock market risk is strongly linked to currencies in developed countries, the agricultural material factor is more important for emerging currencies compared to the stock market factor. This suggests that emerging currencies are somewhat segmented from a common financial market shock.

    DOI: 10.1016/j.jimonfin.2019.04.004

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Commodity price co-movement: heterogeneity and the time-varying impact of fundamentals 査読

    Joseph P Byrne, Ryuta Sakemoto, Bing Xu

    European Review of Agricultural Economics   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/erae/jbz017

    researchmap

  • Currency carry trades and the conditional factor model 査読

    Ryuta Sakemoto

    International Review of Financial Analysis   63   198 - 208   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 Elsevier Inc. This study employs a conditional factor model in order to investigate the time-varying profitability of currency carry trades. To that end, I estimate conditional alphas and betas on the popular dollar and carry factors through the use of a nonparametric approach. The empirical results illustrate that the alphas and betas vary over time. Furthermore, I find that the alpha of a high interest rate currency portfolio increases in a trough in a business cycle and in a state of high market uncertainty. However, the beta on the dollar factor decreases in these market conditions, suggesting that investors reduce the foreign currency risk exposure.

    DOI: 10.1016/j.irfa.2019.03.007

    Scopus

    researchmap

  • Common information in carry trade risk factors 査読

    Joseph P. Byrne, Boulis Maher Ibrahim, Ryuta Sakemoto

    Journal of International Financial Markets, Institutions and Money   52   37 - 47   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    © 2017 Elsevier B.V. Carry returns have been widely observed in the FX market. This study exploits the common information embedded in several factors previously identified as relevant to carry trade returns. We find that the extracted common factor successfully models the time series and cross-sectional characteristics of carry returns. Empirical evidence is presented that the common factor produces smaller pricing errors than other well known factors, such as innovations of exchange rate volatility and the downside stock market excess return. Our results also suggest that stock market risk is somewhat segmented from FX market risk.

    DOI: 10.1016/j.intfin.2017.11.003

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • COVID-19 and the forward-looking stock-bond return relationship 査読

    Xiaojing Cai, Yingnan Cong, Ryuta Sakemoto

    Applied Economics Letters   1 - 5   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13504851.2021.1985060

    researchmap

  • Cryptocurrency network factors and gold 査読

    Kei Nakagawa, Ryuta Sakemoto

    Finance Research Letters   102375 - 102375   2021年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.frl.2021.102375

    researchmap

  • 国内輸入に伴う貿易通貨比率とゴトオビアノマリーの関係 査読

    秋山 朋也, 酒本 隆太, 杉本 誠忠, 鈴木 智也

    ジャフィー・ジャーナル   19   57 - 78   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Multi‐scale inter‐temporal capital asset pricing model 査読

    Ryuta Sakemoto

    International Journal of Finance & Economics   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijfe.2372

    researchmap

  • 多重解像度解析を用いた株式市場の将来予想と構造解明 査読

    瀬之口 潤輔, 小畑 崇弘, 酒本 隆太, 倉橋 節也

    現代ファイナンス   42   71 - 89   2020年7月

     詳細を見る

  • Direct Estimation of Lead–Lag Relationships Using Multinomial Dynamic Time Warping 査読

    Katsuya Ito, Ryuta Sakemoto

    Asia-Pacific Financial Markets   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019, Springer Japan KK, part of Springer Nature. This paper investigates the lead–lag relationships in high-frequency data. We propose multinomial dynamic time warping (MDTW) that deals with non-synchronous observation, vast data, and time-varying lead–lag. MDTW directly estimates the lead–lags without lag candidates. Its computational complexity is linear with respect to the number of observation and it does not depend on the number of lag candidates. The experiments adopting artificial data and market data illustrate the effectiveness of our method compared to the existing methods.

    DOI: 10.1007/s10690-019-09295-z

    Scopus

    researchmap

  • Do precious and industrial metals act as hedges and safe havens for currency portfolios? 査読

    Ryuta Sakemoto

    Finance Research Letters   24   256 - 262   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    © 2017 Elsevier Inc. This study explores whether metals act as hedges and safe havens for currency investing portfolios. Three widely used currency investment strategies: carry, momentum and value are adopted. The empirical results argue that gold and silver do exhibit hedge and safe haven properties for all three strategies. Silver works as a strong hedge during extreme market conditions. However, these hedge and safe haven properties became weaker after the year 2000. We also find that industrial metals do not work as either hedges or safe havens for carry portfolios.

    DOI: 10.1016/j.frl.2017.09.011

    Scopus

    researchmap

  • The intertemporal relation between expected returns and conditional correlations between precious metals and the stock market 査読

    Ryuta Sakemoto

    Economics and Business Letters   7 ( 1 )   24 - 35   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2018, Oviedo University Press. All rights reserved. This study explores whether conditional correlations between precious metals and stock markets impact upon expected returns on precious metals. The empirical evidence presents that there is no significant trade–off between conditional correlations and expected returns. This study reveals that the impacts of conditional correlation are dependent upon the level of the expected returns. Interestingly, high absolute values of conditional correlations lead to increases in expected returns, suggesting that the unstable cross-asset market condition is associated with the expected returns. This result is due to a safe haven property for precious metals, and the impact is stronger on silver than on gold.

    DOI: 10.17811/ebl.7.1.2018.24-35

    Scopus

    researchmap

  • Co-movement between equity and bond markets 査読

    Ryuta Sakemoto

    International Review of Economics and Finance   53   25 - 38   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    © 2017 Elsevier Inc. This study explores the co-movement between equity and bond markets and decomposes it into the equity-bond, equity, and bond co-movements. Moreover, the estimation method captures the heterogeneity between developed and emerging equity markets. It reveals that both equity-bond and equity co-movements are important for the developed equity markets. Although the idiosyncratic component plays a substantial role in the emerging equity and bond markets, the global financial crisis has impacted on the co-movement of the emerging equity markets, while does not have an effect on that of the emerging bond markets. The co-movements depend upon market uncertainty measured by VIX.

    DOI: 10.1016/j.iref.2017.10.013

    Scopus

    researchmap

  • The Nonlinear Dynamic Relationship between Stock Prices and Exchange Rates in Asian Countries 査読

    Ryuta Sakemoto

    International Journal of Financial Research   8 ( 2 )   40 - 40   2017年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sciedu Press  

    DOI: 10.5430/ijfr.v8n2p40

    researchmap

  • 多国間株式市場における条件付き相関について 査読

    酒本 隆太

    証券アナリストジャーナル   52 ( 2 )   64 - 71   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本証券アナリスト協会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Macro factors in the returns on cryptocurrencies

    2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2139/ssrn.3749918

    researchmap

  • COVID-19 and the Forward-Looking Stock-Bond Return Relationship

    Xiaojing Cai, Yingnan Cong, Ryuta Sakemoto

    SSRN Electronic Journal   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.2139/ssrn.3820642

    researchmap

  • Economic Evaluation of Cryptocurrency Investment

    2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2139/ssrn.3694404

    researchmap

  • Risk-Return Trade-Off on the Currency Portfolios

    2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2139/ssrn.3231564

    researchmap

  • 近年の通貨投資に関する研究動向

    酒本隆太

    岡山大学経済学会雑誌   52 ( 2 )   25 - 32   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • どの資産がビットコイン投資家にとってヘッジあるいはSafe Havenになるのか?

    酒本 隆太, ホ エルデン, 市川 佳彦

    人工知能学会全国大会論文集   2019 ( 0 )   2O3J1303 - 2O3J1303   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 人工知能学会  

    <p>本研究ではビットコインにとってのヘッジとSafe Haven資産を分析する。ビットコインはその高い変動性から近年大きな注目は集めている。ファイナンス研究としてはその代替資産としての性質に注目が集まっており、株や債券のリスクを分散するためにビットコインを利用するという前提でのアプローチが取られている。一方、本研究ではビットコイン投資家の立場を取り、どのようにビットコインのリスクをコントロールすればよいかという点に焦点を当てる。我々は厳密なヘッジ、Safe Havenの定義を用いて、さらに弱いヘッジとSafe Havenと強いヘッジとSafe Havenも区別する。本研究の分析では国際株式や国際債券といった伝統的な資産はビットコインにとって、弱いヘッジ資産となることがわかった。さらにビットコイン相場の下落時には金が強いヘッジ資産となることがわかったが、その数字的なインパクトは限定的なものとなった。我々の長期、あるいはビットコインの下落時に強いSafe Havenとなる資産は存在しなかった。これはビットコイン投資家にとっての下落相場でリスクマネジメントすることの難しさを示唆する。</p>

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2019.0_2O3J1303

    CiNii Article

    researchmap

  • GLOBAL EYE(第39回)イギリスにおける大学院生活

    酒本 隆太

    人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   33 ( 2 )   240 - 243   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:人工知能学会 ; 2014-  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • The Time-Varying Risk Price of Currency Carry Trades

    Byrne, Joseph P, Ibrahim, Boulis Maher, Sakemoto, Ryuta

    MPRA Paper   80788   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • The Long-run Risk Premium in the ICAPM: International Evidence

    Ryuta Sakemoto

    日本ファイナンス学会第3回秋季研究大会  2021年11月20日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Risk-return Trade-off on the Currency Portfolios

    酒本隆太

    第27回日本ファイナンス学会全国大会  2019年6月22日 

     詳細を見る

  • What is a Hedge or Safe Haven Asset for Bitcoin Investors?

    酒本隆太

    第33回日本人工知能学会全国大会  2019年6月5日 

     詳細を見る

  • Risk-return Trade-off on the Currency Portfolios

    酒本隆太

    第49回JAFEE大会  2018年8月25日 

     詳細を見る

  • Time-Varying Risk Price of Currency Carry Trades

    酒本隆太

    第26回日本ファイナンス学会全国大会  2018年6月24日 

     詳細を見る

  • Currency Carry Trades and the Conditional Factor Model

    酒本隆太

    7th International Conference of the Financial Engineering and Banking Society  2017年6月2日 

     詳細を見る

  • Currency Carry Trades and the Conditional Factor Model

    酒本隆太

    Workshop on Financial Econometrics and Empirical Modeling of Financial Markets  2017年4月20日 

     詳細を見る

  • Time-Varying Risk Price of Currency Carry Trades

    Ryuta Sakemoto

    Royal Economic Society 2017 Annual Conference  2017年4月11日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Time-Varying Risk Price and Currency Carry Trades

    酒本隆太

    Money, Macro, and Finance Research Group 48th Annual Conference  2016年9月8日 

     詳細を見る

  • Currency Carry Trades and Risk Factors: A Dynamic Hierarchical Factor Model Approach

    酒本隆太

    Money, Macro, and Finance Research Group 47th Annual Conference  2015年9月10日 

     詳細を見る

  • Currency Carry Trades and Risk Factors: A Dynamic Hierarchical Factor Model Approach

    酒本隆太

    PhD conference in Monetary and Financial Economics  2015年6月27日 

     詳細を見る

  • Currency Carry Trades and Risk Factors: A Dynamic Hierarchical Factor Model Approach

    酒本隆太

    2nd Young Finance Scholar’s Conference  2015年6月25日 

     詳細を見る

  • 多国間株式市場における相関と情報伝搬

    酒本隆太

    第39回JAFEE大会  2013年8月4日 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 2019年度JAFEE若手優秀論文賞

    2020年4月   一般社団法人 日本金融・証券計量・工学学会   Direct Estimation of Lead–Lag Relationships Using Multinomial Dynamic Time Warping

     詳細を見る

  • Exeter Business School Dean’s Commendation

    2015年1月   エクセター大学  

     詳細を見る

  • 成績優秀賞(東京大学大学院公共政策学教育部)

    2009年3月   東京大学大学院公共政策学教育部  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 金融市場におけるリスク・リターンの研究

    研究課題/領域番号:20K22092  2020年09月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    酒本 隆太

      詳細を見る

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    researchmap

 

担当授業科目

  • コーポレートファイナンス (2021年度) 1・2学期  - 火10

  • コーポレートファイナンス (2021年度) 1・2学期  - 火10

  • コーポレートファイナンス1 (2021年度) 前期  - 火5

  • コーポレートファイナンスI (2021年度) 1・2学期  - 月5~6

  • コーポレートファイナンスII (2021年度) 3・4学期  - 木5~6

  • コーポレートファイナンスII (2021年度) 3・4学期  - 木5~6

  • コーポレートファイナンス論 (2021年度) 特別  - その他

  • コーポレートファイナンス論演習1 (2021年度) 特別  - その他

  • コーポレートファイナンス論演習2 (2021年度) 特別  - その他

  • ファイナンスⅠ (2021年度) 前期  - 火5

  • ファイナンス1 (2021年度) 前期  - 火5

  • 卒業研究(1・2学期) (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 卒業研究(3・4学期) (2021年度) 3・4学期  - その他

  • 卒業研究(3年次・1・2学期) (2021年度) 1・2学期  - 月7~8

  • 卒業研究(3年次・3・4学期) (2021年度) 3・4学期  - 月7~8

  • 基礎研究(4学期) (2021年度) 第4学期  - 火7~8

  • 現代地方自治経営論 (2021年度) 3・4学期  - 水5~6

  • 現代地方自治経営論 (2021年度) 3・4学期  - 水5~6

  • 経営者特別講義 (2021年度) 後期  - 木6

  • 経営者特別講義 (2021年度) 後期  - 木6

  • 課題演習1(組織経営専攻) (2021年度) 前期  - その他

  • 課題演習2(組織経営専攻) (2021年度) 前期  - その他

  • コーポレートファイナンスⅡ (2020年度) 第4学期  - 木5,木6

  • コーポレートファイナンス演習B (2020年度) 3・4学期  - 木9

  • コーポレートファイナンス1 (2020年度) 前期  - 火5

  • コーポレートファイナンス2 (2020年度) 後期  - 月6

  • コーポレートファイナンスI (2020年度) 1・2学期  - [第1学期]月5,月6, [第2学期]月1,月2

  • ファイナンスⅠ (2020年度) 前期  - 火5

  • ファイナンスⅡ (2020年度) 後期  - 月6

  • ファイナンス1 (2020年度) 前期  - 火5

  • ファイナンス2 (2020年度) 後期  - 月6

  • 卒業研究(1・2学期) (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 卒業研究(3・4学期) (2020年度) 3・4学期  - その他

  • 卒業研究(3年次・1・2学期) (2020年度) 1・2学期  - 火7,火8

  • 卒業研究(3年次・3・4学期) (2020年度) 3・4学期  - 月7,月8

  • 基礎研究(1学期) (2020年度) 第1学期  - 月7,月8

  • 基礎研究(3学期) (2020年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 基礎研究(4学期) (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

▼全件表示

 

メディア報道

  • 「コモディティ価格」って何?投資をする上で知っておくべきこととは インターネットメディア

    株式会社キュービック  エフプロ  https://www.fx-cube.jp/content/i033  2021年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

学術貢献活動

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of International Financial Markets, Institutions & Money  2021年9月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Applied Economics  2021年9月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    International Review of Financial Analysis  2021年8月20日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Asia-Pacific Financial Markets.  2021年8月4日

     詳細を見る

  • 論文査読

    役割:査読

    Applied Economics  2021年7月31日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 博士論文外部審査員

    役割:審査・評価

    東北大学大学院経済学研究科  2021年7月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Asia-Pacific Financial Markets  2021年5月21日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • Grant review

    役割:審査・評価

    Xi'an Jiaotong-Liverpool University  2021年5月3日

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of International Financial Markets, Institutions and Money  2021年4月20日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of International Money and Finance  2021年2月26日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    The Indian Economic Journal  2021年1月21日

     詳細を見る

  • 論文査読

    役割:査読

    International Review of Economics and Finance  2021年1月8日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Asia-Pacific Financial Markets  2020年12月26日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Finance Research Letters  2020年11月19日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    North American Journal of Economics and Finance  2020年5月1日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of Multinational Financial Management  2020年3月25日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Research in International Business and Finance  2019年12月19日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Financial Innovation  2019年12月1日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Journal of International Money and Finance  2019年9月1日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Economics and Business Letters  2019年7月24日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Japanese Economic Review  2019年3月24日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • 論文査読

    役割:査読

    Emerging Markets Finance and Trade  2017年11月3日

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

▼全件表示