2021/10/28 更新

写真a

テラサワ タカフミ
寺澤 孝文
TERASAWA Takafumi
所属
教育学域 教授
職名
教授
通称等の別名
寺澤孝文
外部リンク

学位

  • 博士(心理学) ( 筑波大学 )

研究キーワード

  • 認知心理学

  • Educational Psychology

  • Education Technology

  • Memory and Learning

  • Cognitive Psychology

  • 教育工学

  • 記憶と学習

  • 異種通信システム融合技術

  • マイクロステップ計測技術

  • 感覚記憶の超長期持続性

  • 教育心理学:教育ビッグデータ

研究分野

  • 人文・社会 / 教育工学

  • 人文・社会 / 実験心理学

  • 人文・社会 / 教育心理学

所属学協会

▼全件表示

委員歴

  • 日本教育心理学会   機関誌編集委員  

    2004年 - 2006年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本教育心理学会

    researchmap

 

論文

  • 学習アプリにおけるコミュニケーション機能による学習行動の継続促進効果およびその個人差 査読

    澤山 郁夫, 三宮 真智子, 寺澤 孝文

    情報コミュニケーション学会誌   15   印刷中   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 社会科における生徒の苦手知識を一人ひとり可視化する試み:中学生による自己評価の信頼性及び妥当性の検討 査読

    澤山 郁夫, 髙松 昭彦, 寺澤 孝文

    教育情報研究   34 ( 1 )   35 - 45   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20694/jjsei.34.1_35

    researchmap

  • The effect of interconnections between learners on the duration of academic workload in e-learning for rote exercises 査読

    Ikuo SAWAYAMA, Takafumi TERASAWA

    Educational technology research   38   21 - 34   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15077/etr.39072

    researchmap

  • PC008 eラーニング上の学習者同士の繋がる仕組みによって学習を回避してしまう者の特徴(教授・学習・認知,ポスター発表C)

    澤山 郁夫, 三宮 真智子, 寺澤 孝文

    日本教育心理学会総会発表論文集   56   359 - 359   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育心理学会  

    DOI: 10.20587/pamjaep.56.0_359

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PF-082 Web上での学習者間相互交流の仕組みがeラーニングに対する動機づけに与える効果(II)(教授・学習,ポスター発表)

    澤山 郁夫, 寺澤 孝文

    日本教育心理学会総会発表論文集   55   534 - 534   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育心理学会  

    DOI: 10.20587/pamjaep.55.0_534

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PA-090 Web上での学習者間相互交流の仕組みがeラーニングに対する動機づけに与える効果(教授・学習,ポスター発表)

    澤山 郁夫, 寺澤 孝文

    日本教育心理学会総会発表論文集   54   90 - 90   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本教育心理学会  

    DOI: 10.20587/pamjaep.54.0_90

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Unconscious Stage of Learning in the Acquisition of a Second Language : Experimental Designs in Long-Term Everyday Learning Situations 査読

    Takafumi Terasawa, Tetsuya Yoshida, Nobuo Ohta

    JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY   56 ( 4 )   510 - 522   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE ASSOC EDUCATIONAL PSYCHOLOGY  

    The present research was conducted in the context of the view that implicit memory, may be involved in the process of learning general vocabulary. The present authors' research on implicit memory has showed that effects of repeated minimal studying are maintained for extended periods (e.g., Ueda & Terasawa, 2008). The prediction made in the present study was that effects of general learning Would continue to accumulate over time. The participants in the learning experiment were 15 high school students. The stimulus materials were over 1,000 English words. In the experiment, which continued for 8 months, the students studied English vocabulary words that usually take a long time to acquire. A new methodology was used that controlled the learning and test schedule in detail for each word. The students continued to Study at home using a computerized program that resembled vocabulary cards. Analysis of the very large amount of reaction data obtained illustrated how the effects of learning were accumulating at unconscious levels. This confirmed the effectiveness of the scheduling method used. The discussion deals with the possibility that vocabulary skills might not increase monotonically.

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 記憶の心理学

    放送大学教育振興会  2008年 

     詳細を見る

  • 記憶の心理学

    放送大学教育振興会  2008年 

     詳細を見る

  • マイクロステップ計測法による英単語学習の個人差の測定

    風間書房  2007年 

     詳細を見る

  • 記憶の心理学と現代社会

    2006年 

     詳細を見る

  • 理論からの心理学入門

    培風館  2005年 

     詳細を見る

  • Dynamic cognitive processes

    Springer-Verlag  2005年 

     詳細を見る

  • 「生涯個別学習を可能にするデータ蓄積型CAIシステム―長期学習実験と記憶理論に基づく学習効果予測モジュールの開発―」(平成11〜13年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書)

    2003年 

     詳細を見る

  • 認知科学パースペクティブ-心理学からの10の視点-

    信山社出版  2002年 

     詳細を見る

  • 社会的認知ハンドブック

    北大路書房  2001年 

     詳細を見る

  • 「認知心理学を語る① おもしろ記憶のラボラトリー」

    北大路書房  2001年 

     詳細を見る

  • 知性と感性の心理

    福村出版  2000年 

     詳細を見る

  • 頭の働きを理解する

    大日本図書  2000年 

     詳細を見る

  • Memory and problem solvings

     詳細を見る

  • Familiarity of KANJI words

    Psychology and Education for words 

     詳細を見る

  • 漢字の熟知度

    言葉の心理と教育,福沢周亮編,教育出版 

     詳細を見る

  • 再認メカニズムと記憶の永続性

    風間書房 

     詳細を見る

  • Familiarity of KANJI words

    Psychology and Education for words 

     詳細を見る

  • The mechanism of recognition judgment and the permanent nature of memory

    Kazama Shobou 

     詳細を見る

  • Memory and problem solvings

     詳細を見る

  • The mechanism of recognition judgment and the permanent nature of memory

    Kazama Shobou 

     詳細を見る

  • 頭の働きを理解する

    松井豊(編著)高校生のための心理学大日本図書 

     詳細を見る

  • 記憶と問題解決

    子どもの発達と学習,濱口佳和他編,北樹出版 

     詳細を見る

  • 一度見た情報は決して忘れない-超長期的記憶現象-

    行場次朗・箱田裕司(編著)「知性と感性の心理」福村出版 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 先行経験が再認判断に及ぼす抑制的効果の検討

    益岡都萌, 西山めぐみ, 寺澤孝文

    日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   37th   2020年

     詳細を見る

  • ビッグデータのスケジューリング技術により見えなかった"学習効果"を可視化

    寺澤孝文

    月刊J-LIS(地方公共団体情報システム機構)   ( 4 )   32 - 37   2015年

     詳細を見る

  • 教育ビッグデータの大きな可能性とアカデミズムに求められるもの -情報工学と社会科学のさらなる連携の重要性-

    寺澤孝文

    コンピュータ&エデュケーション(コンピュータ利用教育学会)   38   28 - 38   2015年

  • 視覚的長期記憶が変化検出過程に与える影響

    益岡都萌, 西山めぐみ, 寺澤孝文

    日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   32nd   2015年

     詳細を見る

  • Assessment of Improvement in Vocabulary Learning with Longitudinal Big Data: Application of the Scheduling Principle Controlling Temporal Dimension Factors to Education

    Yuka Kawasaki, Takafumi Terasawa

    Conference on Educational Media and Technology (Ed-Media 2014)   2131 - 2139   2014年

     詳細を見る

  • 一問一答式eラーニングにおける学習者同士の繋がる仕組みが学習者の学習量推移に与える効果

    澤山郁夫, 寺澤孝文

    日本教育工学会論文誌   38 ( 1 )   1 - 18   2014年

  • 縦断的ビッグデータによる行動予測の本質的問題の解決;時間次元の要因を統制するスケジューリング原理の教育活用

    寺澤孝文, 吉田哲也, 太田信夫

    第12回情報科学技術フォーラム(FIT2013)講演論文集   557 - 564   2013年

     詳細を見る

  • 「附属学校園におけ る幼・小・中一貫教育の理論と実践-考える力を育てる言葉の教育-

    岡山大学教育学部一貫教育専門委員会報告書   13 - 34   2013年

     詳細を見る

  • 未知顔の潜在記憶 ―間接再認手続きによる検討―

    西山めぐみ, 寺澤孝文

    心理学研究   83   526 - 535   2013年

     詳細を見る

  • 入学初期の看護大学生が抱く看護師イメージの構造と職業的アイデンティティとの関連

    江口瞳, 片山はるみ, 寺澤孝文

    山陽看護学研究会誌   1 ( 1 )   21 - 30   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山陽学園大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013302925

  • 間接再認手続きによる言語的符号化困難な音列の潜在記憶の検出

    上田紋佳

    心理学研究   81   413 - 419   2010年

     詳細を見る

  • 高不安者の注意バイアスと記憶バイアスの検討

    上田紋佳, 猪原敬介, 寺澤孝文

    日本心理学会第73回大会   2009年8月

     詳細を見る

  • 看護学生の看護実践に対する自己効力感尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

    江口瞳, 寺澤孝文

    広島国際大学看護学ジャーナル   5   15 - 25   2008年

     詳細を見る

  • 無作為に作られた聴覚刺激の学習の長期的な効果-教育的応用に向けた予備的研究-

    上田紋佳, 寺澤孝文

    岡山大学教育学部付属教育実践総合センター紀要   ( 8 )   81 - 88   2008年

     詳細を見る

  • A Study on the Long-term Effect of Computer-Based Learning

    Yuka Kawasaki, Hironori Sasaki, Yumi Yamaguchi, Takafumi Terasawa, Haruhisa Yamaguchi

    Association for the Advancement of Computing in Education(E-Learn 2008)   2211 - 2218   2008年

     詳細を見る

  • 聴覚刺激の偶発学習が長期インターバル後の再認実験の成績に及ぼす影響

    上田紋佳, 寺澤孝文

    認知心理学研究   6   35 - 45   2008年

     詳細を見る

  • 英単語学習における自覚できない学習段階の検出--長期に連続する日常の場へ実験法を展開する

    寺澤孝文, 吉田哲也, 太田信夫

    教育心理学研究   56   510 - 522   2008年

     詳細を見る

  • 学習の効果は本当に積み重なっていくのか?-自覚できない学習段階がみえてきた-

    森 熊男, 稲田佳彦, 跡部鉱三, 安藤元紀, 寺澤孝文

    2006年度 学部・附属学校園相互乗り入れ授業報告   23 - 26   2007年

     詳細を見る

  • 指導に生かせるテストと評価を目指して

    北尾倫彦, 池田 央, 寺澤孝文, 三宅貴久子, 太田信夫, 松宮 功

    教育心理学年報,46集,pp.19-21   46   19 - 21   2007年

     詳細を見る

  • 看護師イメージの因子構造と学年進行による看護師イメージ得点の変化

    日本看護研究学会   2006年

     詳細を見る

  • 一般性自己効力感と看護実践に対する自己効力感の学年間の相違

    江口 瞳, 寺澤孝文

    広島国際大学看護学ジャーナル   2005年

     詳細を見る

  • 看護師イメージの因子構造と学年の影響 -入学時と卒業時の比較-

    江口瞳, 寺澤孝文

    旭川荘研究年報   2004年

     詳細を見る

  • 老人の顕在・潜在記憶 -記憶減退の防止要因を探る-

    太田信夫, 高橋秀明, 茂呂雄二, 寺澤孝文

    平成8〜10年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書   1999年

     詳細を見る

  • 高齢者の記憶 -潜在記憶研究を中心に-

    太田信夫, 竹形理佳, 石原 治, 寺澤孝文, 高橋秀明, 河野理恵

    心理学評論   1999年

     詳細を見る

  • 学習の効果は本当に積み重なっていくのか?-6ヵ月の英単語学習の積み重ねの効果-

    寺澤孝文, 太田信夫, 小山 茂, 岩井木綿子

    日本教材学会年報   1999年

     詳細を見る

  • Systematic long-lasting effects of incidental learning on item recognition

    T Terasawa, H Yamauchi, M Kuwabara, M Takahashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   31 ( 3-4 )   28423 - 28423   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PSYCHOLOGY PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • Systematic long-lasting effects of incidental learning on item recognition

    T Terasawa, H Yamauchi, M Kuwabara, M Takahashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   31 ( 3-4 )   28423 - 28423   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PSYCHOLOGY PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • Systematic long-lasting effects of incidental learning on item recognition. (共著)

    Abstracts of the XXVI International Congress of Psychology   31 ( 3-4 )   28423 - 28423   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    Web of Science

    researchmap

  • Nonlinearity of interference in recognition memory for multiple contexts

    Takafumi Terasawa

    Shinrigaku Kenkyu   67 ( 2 )   141 - 146   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Psychological Association  

    It is logically inferred that in a recognition judgment, subjects unconsciously discriminate an experimental episode from past episodes concerning the test item. This implies that the interference effect reported in the list specific recognition task (Anderson &amp
    Bower, 1974) must also appear in the standard recognition judgment. This paper investigated the nature of such an interference effect. In the experiment subjects were presented with a target list following non-target lists, and then performed a YES-NO recognition test. Each previously-studied list contained both targets and distracters in a different order. The subjects were divided into four groups according to the number of prior study lists (O, 1, 2, 3). Results indicate that recognition performance deteriorated as the number of prior lists increased. The most important result was that the rate of increase of the interference effect, especially when estimated based on the increment of false alarms, decreased as the number of prior lists increased. This paper calls this phenomenon non-linearity of interference effect.

    DOI: 10.4992/jjpsy.67.141

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 不登校児の学習意欲を高めるマイクロステップ学習支援

    日本認知心理学会第6回大会  2008年 

     詳細を見る

  • A Study on the Long-term Effect of Computer-Based Learning

    Association for the Advancement of Computing in Education(E-Learn 2008)  2008年 

     詳細を見る

  • コンピューター画面上での英単語学習における長期持続的学習効果の研究

    日本教育工学会第24回全国大会  2008年 

     詳細を見る

  • 非シンボリック情報のみからシンボルは生成される ― 感覚情報を唯一の情報源と仮定する認識理論 ―

    日本理論心理学会第54回大会  2008年 

     詳細を見る

  • 新しいスケジューリング技術による客観的絶対評価の実現

    日本産業技術教育学会第23回情報分科会(岡山)研究発表会  2008年 

     詳細を見る

  • 聴覚の潜在記憶の音色による知覚特定性効果の検討

    日本心理学会第72回大会  2008年 

     詳細を見る

  • 長期インターバルがメロディの単純接触効果に与える影響

    日本認知心理学会第5回大会発表論文集,184.  2007年 

     詳細を見る

  • 自覚できない潜在記憶を実感できる記憶教材の開発

    日本認知心理学会第5回発表論文集,6.  2007年 

     詳細を見る

  • 無意味な聴覚刺激の学習が2ヵ月後の再認実験成績に与える影響

    日本認知心理学会第5回大会発表論文集,199.  2007年 

     詳細を見る

  • 学習の効果は自覚できないレベルで確実に積み重なる:マイクロステップ計測により見えてきた微細な学習段階

    第34回全国英語教育学会  2007年 

     詳細を見る

  • 全ての英単語に客観的到達度評価を提供できる英単語学習ソフト ―最先端の測定技術を実装した任天堂DS専用英単語ソフトの開発―

    教育工学研究協議会(抄録はCD)  2007年 

     詳細を見る

  • ランダムなメロディの学習が2ヵ月後の再認判断に与える影響 ―音楽経験の効果の検討―

    日本心理学会第71回大会  2007年 

     詳細を見る

  • テストの測定精度を飛躍的に高める新しい測定技術 -任天堂DS用英単語学習ソフトによる実証研究-

    日本テスト学会第5回大会発表論文抄録集, pp.122-125.  2007年 

     詳細を見る

  • The Effects of 2-second Learning 12 weeks before on a Recognition Test: The Perspective of the Manner of Study

    5th International Conference of the Cognitive Science  2006年 

     詳細を見る

  • 文系的なアイデアを特許にするためには -超えなければいけない3つの壁-

    岡山大学地域共同研究センターセミナー  2006年 

     詳細を見る

  • 準備委員会企画シンポジウム4 指導に生かせるテストと評価をめざして

    日本教育心理学会第48回総会  2006年 

     詳細を見る

  • 音刺激を用いて検出される顕著な潜在記憶現象

    日本認知心理学会第4回大会  2006年 

     詳細を見る

  • 無作為に作成されたメロディの記憶を人は2ヶ月間保持するのか

    日本認知心理学会第4回大会発表  2006年 

     詳細を見る

  • インターバルの違いが学習の長期的な効果に及ぼす影響 ―12週間インターバルと13週間インターバルの違い―

    日本認知科学会第23回大会  2006年 

     詳細を見る

  • メロディの偶発学習が2ヵ月後の再認判断に与える影響

    日本認知科学会第23回大会  2006年 

     詳細を見る

  • 聴覚刺激を用いて示される長期的記憶現象

    日本認知心理学会第3回大会(発表論文集,p2-30).  2005年 

     詳細を見る

  • dynamic testingによるe-learningの新展開

    日本教育工学会大会(抄録集,809-810).  2005年 

     詳細を見る

  • OCRを使ったドリル学習支援システム

    日本教育工学会大会(講演論文集, 811-812).  2005年 

     詳細を見る

  • Observed individual differences by controlling any timings of occurrences of vast study events.

    the 46h Annual Meeting of The Psychonomic Society  2005年 

     詳細を見る

  • マイクロステップ・テクノロジーによる実験計画法の日常場面への展開

    記憶・認知研究会(法政大学)  2005年 

     詳細を見る

  • 3ヶ月前の2秒の偶発学習回数が再認記憶の成績に与える影響

    日本認知心理学会第3回大会(発表論文集, p2-32).  2005年 

     詳細を見る

  • 数ヶ月以前の聴覚刺激の呈示回数が再認成績に及ぼす影響

    日本認知心理学会第3回大会(発表論文集, p2-31).  2005年 

     詳細を見る

  • 一般性自己効力感と看護実践に対する自己効力感の学年変化にみられる相違

    日本看護学教育学会第15回学術集会(誌, 73).  2005年 

     詳細を見る

  • マイクロステップ計測法による次世代教育評価の実現

    日本テスト学会第2回大会(発表論文集,81-84).  2005年 

     詳細を見る

  • Examining the applicability of the new method to measure long-lasting effect of learning.

    the 46h Annual Meeting of The Psychonomic Society  2005年 

     詳細を見る

  • 無意味な音刺激を用いて示される長期的記憶現象

    日本心理学会第67回大会(発表論文集, 831).  2004年 

     詳細を見る

  • 自己評定の個人データに見られる5分間英単語ドリル学習の効果

    日本認知心理学会第2回大会(発表論文集,o3-03.)  2004年 

     詳細を見る

  • Examining long-lasting effect of learning and individual differences in English word acquisition.

    Tsukuba International Conference on Memory  2004年 

     詳細を見る

  • 看護実践に対する自己効力感と看護師イメージの関連性の検討

    日本心理学会第68回大会(大会論文集, 199).  2004年 

     詳細を見る

  • 看護実践に対する自己効力感の実態と学年進行による影響

    日本看護学教育学会第14回学術集会(誌, 117).  2004年 

     詳細を見る

  • ドリル学習に対するやる気を高める新しい到達度評価の可能性

    日本教育心理学会第46回総会(発表論文集,458).  2004年 

     詳細を見る

  • 看護実践に対する自己効力感向上のための実験的検討-イメージトレーニング導入の有効性-

    日本教育心理学会第46回総会(発表論文集, 442).  2004年 

     詳細を見る

  • 個人データに見られる5 分間ドリル学習の効果-客観テストデータに関して-

    日本認知心理学会第2回大会(発表論文集,o3-04)  2004年 

     詳細を見る

  • 膨大な時系列データを生み出す新しい個人情報サービスの実現-時間次元の要因を考慮した実験計画法とデータベース技術の融合-

    日本認知科学会第21回大会(発表論文集, 44-45)  2004年 

     詳細を見る

  • 潜在記憶と人間の認知メカニズム:解決しなければならない新しい問題

    東芝研究開発センター研修会(講演会)  2004年 

     詳細を見る

  • 「経験」を変数化し解析対象にする-無数のスケジュールを生成し膨大な時系列経験データを収集するための原理-

    日本理論心理学会第50回大会(発表要旨集,6).  2004年 

     詳細を見る

  • 潜在記憶研究から英語教育への貢献―新しい学習効果測定法の可能性―

    日本教育心理学会第45回総会  2003年 

     詳細を見る

  • マイクロステップ計測法の方法論(2)―タイミング相殺法―

    日本認知心理学会第1回大会  2003年 

     詳細を見る

  • わずかな英単語学習の積み重ねで客観テストの成績は上昇するか

    日本心理学会第67回大会  2003年 

     詳細を見る

  • 英単語の5分間ドリル学習の継続が到達度に与える影響(1)―自己評定データに見られる5週間のドリル学習の効果―

    日本心理学会第67回大会  2003年 

     詳細を見る

  • マイクロステップ計測法の方法論(1)―種まき法―

    日本認知心理学会第1回大会  2003年 

     詳細を見る

  • Examining the relation between subjective evaluation and objective performance of word test in long-lasting English words learning.

    The 4-th Tsukuba International Conference on Memory  2003年 

     詳細を見る

  • Individual differences emerged in the study effect of 6-month learning of second-language words by using tightly controlled learning method.

    The 44th Annual Meeting of The Psychonomic Society  2003年 

     詳細を見る

  • Introducing the "Sowing Method" for controlling occurrences of a magnitude of events: A framework for Micro-Step Estimation.

    The 44th Annual Meeting of The Psychonomic Society  2003年 

     詳細を見る

  • Does five-minutes exercise in learning second-language words improve learner's lexical ability?

    The 4-th Tsukuba International Conference on Memory  2003年 

     詳細を見る

  • Fuzzy-trace theory and memory(Translated presentation for the invited speech of Dr. Charles Brainerd).

    The 4-th Tsukuba International Conference on Memory  2003年 

     詳細を見る

  • Examining the long-lasting font size effects in contingent recognition task by using Japanese Kanji words.

    2002年 

     詳細を見る

  • How long does it take to master 1,000 words in a second language perfectly?

    The third Tsukuba International Conference on Memory  2002年 

     詳細を見る

  • ニューロンレベルで記憶表象をとらえる -スキーマ,プロトタイプ,シンボルは何から作られるのか-

    日本心理学会第66回大会  2002年 

     詳細を見る

  • 大学受験に必要な英単語に関する調査データの解析

    日本認知科学会第19回大会  2002年 

     詳細を見る

  • 客観的絶対評価の実現にむけた学習-テストスケジュールの構築

    日本教育工学会第18大会  2002年 

     詳細を見る

  • 数ヶ月前の接触頻度が好意度評定に与える影響 ―イラスト刺激を用いて―

    日本心理学会第68回大会  2002年 

     詳細を見る

  • (招待講演)自覚できない学習到達度の測定-マイクロステップ測定法の英語教育への応用-

    京都大学教育学研究科教育認知心理学講座講演会  2002年 

     詳細を見る

  • Individual differences in time needed for mastering 1,000 words in second language.

    the 43h Annual Meeting of The Psychonomic Society  2002年 

     詳細を見る

  • 「経験の変数化」にむけて -膨大なイベントの生起タイミングを統制し効果を測定するための問題-

    日本教育工学会第18大会  2002年 

     詳細を見る

  • 単純接触効果に与える長期インターバルの影響-絵刺激に対する好意度が10週間前の遭遇回数に対応して変化する-

    日本認知科学会第18回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 1000語の英単語をマスターするのに何ヵ月必要か ―6ヵ月までの学習データに基づく予測―

    日本教育心理学会第25回総会  2001年 

     詳細を見る

  • 半年間の英単語学習で単語テストの成績は上昇するか?

    日本教育心理学会第25回総会  2001年 

     詳細を見る

  • 英単語学習における客観テストの成績と自己評定の関係

    日本教育工学会第17回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 長期インターバル後にみられる単純接触効果

    日本心理学会65回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 半年間の単語学習における客観テストの成績の個人差

    日本心理学会65回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 客観的絶対評価の実現にむけて-英単語学習の到達度に描き出されるマイクロステップ-

    日本教育工学会第17回大会  2001年 

     詳細を見る

  • 英単語一語の学習のために半年間で費やす時間 ―客観的絶対評価に向けた情報の収集―

    日本心理学会第65回大会  2001年 

     詳細を見る

  • Long-term learning study of second language word acquisition.

    XXVII International Congress of Psychology  2000年 

     詳細を見る

  • 4ヵ月前の刺激との接触頻度が好悪判断に与える影響

    日本心理学会第64回大会  2000年 

     詳細を見る

  • 学習データの新しい蓄積・解析法-データ蓄積型CAIおよびフリーアキュムレーション法の提案-

    教育工学関連学協会連合第6回全国大会  2000年 

     詳細を見る

  • 絶対的個人差の測定-英単語学習のマイクロステップに現れる大きな個人差-

    日本教育心理学会第24回総会  2000年 

     詳細を見る

  • プライミング効果がレミニッセンス的特徴を持つ可能性

    日本心理学会第64回大会  2000年 

     詳細を見る

  • Comparing brain activities for targets and distractors in list specific recognition judgments: An fMRI study.

    The 2nd International Conference on Cognitive Science  1999年 

     詳細を見る

  • 無意味なパターンと色の組み合わせ情報を人は2ヵ月保持できるか--Mu-Theoryの提案--

    日本心理学会第63回大会  1999年 

     詳細を見る

  • 学習の効果は自覚できないレベルで蓄積されていく--英単語を材料とした長期学習実験--

    日本教育心理学会第41回総会  1999年 

     詳細を見る

  • Effects of brief encounters with words continue to exist at least for 10 weeks

    The 40th Annual Meeting of The Psychonomic Society  1999年 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • 平成5年度データベース論文及びデータベースシステム システム部の佳作

    1994年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 第6回ソフトウェアコンファレンス優秀賞

    1990年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

担当授業科目

  • 学問の方法 (2021年度) 第1学期  - 火1~2

  • 学校教育心理学A (2021年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学AⅠ (2021年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学AⅡ (2021年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学B (2021年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学BⅠ (2021年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学BⅡ (2021年度) 第2学期  - 水1~2

  • 学校教育心理学C (2021年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学習心理学(1) (2021年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習心理学(2) (2021年度) 第2学期  - 木5,木6

  • 学習心理学演習(1) (2021年度) 第1学期  - その他

  • 学習心理学演習(2) (2021年度) 第2学期  - その他

  • 学習心理学演習Ⅰ (2021年度) 第1学期  - その他

  • 学習心理学演習Ⅱ (2021年度) 第2学期  - その他

  • 学習心理学特論ⅠA (2021年度) 前期  - 水1

  • 学習心理学特論ⅠA (2021年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 学習心理学特論ⅠB (2021年度) 前期  - 水1

  • 学習心理学特論ⅠB (2021年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学習心理学特論演習A (2021年度) 第3学期  - 水1,水2

  • 学習心理学特論演習B (2021年度) 第4学期  - 水1,水2

  • 学習心理学A (2021年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習心理学B (2021年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習心理学C (2021年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習意欲向上の原理と方法A(1) (2021年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 学習意欲向上の原理と方法A(2) (2021年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 学習意欲向上の原理と方法B(1) (2021年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 学習意欲向上の原理と方法B(2) (2021年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 教職実践演習(小学校) (2021年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教育心理学基礎演習(1) (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習(2) (2021年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学基礎演習Ⅰ (2021年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習Ⅱ (2021年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学実験(1) (2021年度) 第3学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験(2) (2021年度) 第4学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2021年度) 第3学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2021年度) 第3学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2021年度) 第4学期  - 月1~4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2021年度) 第4学期  - 月1~4

  • 教育心理学概説A (2021年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学概説B (2021年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学概説C (2021年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学演習 (2021年度) 第4学期  - その他

  • 教育心理学特殊実験E(1) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育心理学特殊実験E(2) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法EⅠ(心理学研究法1) (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育心理学研究法EⅡ(心理学研究法2) (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 教育心理学研究法EⅠ(心理学研究法1) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法EⅡ(心理学研究法2) (2021年度) 特別  - その他

  • 教育科学の理念と今日的課題B (2021年度) 第1学期  - 金1,金2

  • 教育科学研究の方法(調査法,実験法) (2021年度) 第4学期  - 木3,木4

  • 教育科学課題研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 青年心理学特論A (2021年度) 前期  - 金3,金4

  • 青年心理学特論B (2021年度) 前期  - 金3,金4

  • 学校教育心理学 (2020年度) 1・2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学A (2020年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学AⅠ (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学AⅡ (2020年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学B (2020年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学BⅡ (2020年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学校教育心理学C (2020年度) 第2学期  - 水1,水2

  • 学習心理学(1) (2020年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習心理学(2) (2020年度) 第2学期  - 木5,木6

  • 学習心理学演習(1) (2020年度) 第1学期  - その他

  • 学習心理学演習(2) (2020年度) 第2学期  - その他

  • 学習心理学演習Ⅰ (2020年度) 第1学期  - その他

  • 学習心理学演習Ⅱ (2020年度) 第2学期  - その他

  • 学習心理学特論ⅡA (2020年度) 前期  - 木3,木4

  • 学習心理学特論ⅡA (2020年度) 第1学期  - 木3,木4

  • 学習心理学特論ⅡB (2020年度) 前期  - 木3,木4

  • 学習心理学特論ⅡB (2020年度) 第2学期  - その他

  • 学習心理学特論演習A (2020年度) 第3学期  - その他

  • 学習心理学特論演習B (2020年度) 第4学期  - その他

  • 学習心理学A (2020年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習心理学B (2020年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習心理学C (2020年度) 第1学期  - 木5,木6

  • 学習意欲向上の原理と方法 (2020年度) 3・4学期  - 火7~8

  • 学習意欲向上の原理と方法A(1) (2020年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 学習意欲向上の原理と方法A(2) (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 学習意欲向上の原理と方法B(1) (2020年度) 第3学期  - 火7,火8

  • 学習意欲向上の原理と方法B(2) (2020年度) 第4学期  - 火7,火8

  • 教職実践演習(小学校) (2020年度) 1~4学期  - 水7,水8

  • 教育心理学基礎演習(1) (2020年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習(2) (2020年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学基礎演習Ⅰ (2020年度) 第2学期  - 火1,火2

  • 教育心理学基礎演習Ⅱ (2020年度) 第3学期  - 金5,金6

  • 教育心理学実験(1) (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験(2) (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅰ(心理学実験1) (2020年度) 第3学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学実験Ⅱ(心理学実験2) (2020年度) 第4学期  - 月1,月2,月3,月4

  • 教育心理学概説A (2020年度) 第1学期  - 水1,水2

  • 教育心理学演習 (2020年度) 第4学期  - その他

  • 教育心理学特殊実験E(1) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育心理学特殊実験E(2) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法EⅠ(心理学研究法1) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育心理学研究法EⅡ(心理学研究法2) (2020年度) 特別  - その他

  • 教育科学研究の方法(調査法,実験法) (2020年度) 第2学期  - 木3,木4

  • 教育科学課題研究 (2020年度) 1~4学期  - その他

▼全件表示