2022/04/22 更新

写真a

モリ ケイコ
森 恵子
MORI Keiko
所属
保健学域 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • Master of Nursing Studies ( 2005年5月 )

  • 博士保健学 ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • がん看護

  • クリティカルケア看護

  • 周手術期看護

  • appearance care( chemotherapy induced alopecia )

  • アピアランスケア(脱毛)

  • 移植看護

  • 災害看護

  • Qualitative research

  • Adult care nursing

  • Cancer rehabilitation

  • Esophageal cancer

  • Oncology nursing

  • Perioperative nursing

  • Transplant nursing

  • Disaster nursing

  • Critical care nursing

  • 成人看護

  • がんリハビリテーション

  • 食道がん

  • 質的研究

研究分野

  • ライフサイエンス / 臨床看護学  / クリティカルケア看護、周術期看護、がん看護、災害看護、移植看護、成人看護

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Health Sciences  

    2006年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

  • La Trobe University   Faculty of Health Sciences, Master of Nursing Studies  

    2001年5月 - 2005年5月

      詳細を見る

    国名: オーストラリア連邦

  • 岡山大学医学部附属看護学校    

    1983年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   学術研究院保健学域   教授

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 浜松医科大学   医学部看護学科(急性・重症患者看護専門看護師コース専任教員)   教授

    2013年 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 徳島大学   大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(がん看護専門看護師コース専任教員)   准教授

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 浜松医科大学   医学部看護学科(急性・重症患者看護専門看護師コース専任教員)   講師

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   医学部保健学科   助手

    1999年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   看護師

    1986年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

▼全件表示

 

論文

  • Usefulness of fitness tracking devices in patients undergoing esophagectomy 査読

    Junko Honke, Yoshihiro Hiramatsu, Sanshiro Kawata, Eisuke Booka, Tomohiro Matsumoto, Yoshifumi Morita, Hirotoshi Kikuchi, Kinji Kamiya, Keiko Mori, Hiroya Takeuchi

    Esophagus   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: Honke_Esophagus2021.pdf

    researchmap

  • クリティカルケア看護におけるモニタリングの意味 査読

    増田喜昭, 森恵子

    17   69 - 79   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 17_69.pdf

    DOI: 10.11153/jaccn.17.0_69

    researchmap

  • 高齢者看護学実習における学生のセルフケア・エージェンシーのアセスメント 査読

    今井芳枝, 雄西智恵美, 森恵子, 板東孝枝

    JNI: The Journal of Nursing Investigation   13 ( 1-2 )   12 - 19   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • がん看護の発展につながる学術論文の意義と輩出 ─量的研究論文作成・査読能力を高める─ 査読

    近藤 真紀子, 廣瀬 規代美, 国府 浩子, 浅野 美知恵, 梅田 恵, 大石 ふみ子, 瀬山 留加, 村上 好恵, 森 恵子, 山﨑 智子, 小松 浩子

    日本がん看護学会誌   28 ( 1 )   37 - 40   2014年

     詳細を見る

  • 手術患者を対象とした成人看護実習における手術室での学生の学習体験 査読

    板東孝枝, 雄西智恵美, 今井芳枝, 森恵子, 市原多香子

    日本看護学教育学会誌   22 ( 2 )   13 - 25   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「がん看護に関するキャリアディベロップメント」に関する実態調査 査読

    今井芳枝, 雄西智恵美, 板東孝枝, 森恵子, 多田敏子, 太田浩子

    JNI:The Journal of Nursing Investigation   11   41 - 50   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • リンパ浮腫未発症の乳がん術後患者におけるリンパ浮腫予防行動の実態 査読

    今井芳枝, 中川美砂子, 雄西智恵美, 板東孝枝, 近藤和也, 森恵子, 丹黒章

    JNI: The Journal of Nursing Investigation   12 ( 1 )   12 - 23   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • がん化学療法に伴う脱毛体験が患者の日常生活に及ぼす影響. 査読

    森恵子, 三原典子, 宮下茉記, 寺岡知里, 梅村知佳, 今井芳枝, 雄西智恵美, 板東孝枝, 三木幸代

    JNI:The Journal of Nursing Investigation   11   14 - 23   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 食道切除術後の回復過程において補助療法を受けた患者の術後生活再構築過程 査読

    森恵子, 秋元典子

    日本がん看護学会誌   26 ( 1 )   22 - 31   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 26_22.pdf

    DOI: 10.11477/mf.7007200394

    researchmap

  • 若年子宮頸がん患者の手術決意過程 査読

    秋元典子, 森恵子, 中塚幹也

    日本がん看護学会誌   24 ( 2 )   5 - 14   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.7007200278

    researchmap

  • 食道切除術に加え喉頭合併切除術を受けた食道がん患者の体験 査読

    森恵子

    日本がん看護学会誌   21 ( 2 )   23 - 31   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.7007200110

    researchmap

  • Parameter Analysis of Impedance Pharyngography(IPG) for Assesument of Swallowing Function 査読

    Toshimasa Kusuhara Takao Nakamura Yasuhiro Shirakawa Keiko Mori Yoshio Naomoto

    Systems and Computers in Japan   137 ( 13 )   1291 - 1297   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 食道がんのために食道切除術を受けた患者が抱える生活上の困難と対処に関する研究 査読

    森恵子, 秋元典子

    岡山大学医学部保健学科紀要   16 ( 1 )   39 - 48   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Impedance pharyngography to assess swallowing function 査読

    T Kusuhara, T Nakamura, Y Shirakawa, K Mori, Y Naomoto, Y Yamamoto

    JOURNAL OF INTERNATIONAL MEDICAL RESEARCH   32 ( 6 )   608 - 616   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE MED PUBL  

    We evaluated impedance pharyngography (IPG), a new method to assess swallowing function based on changes in the electrical impedance of the neck during swallowing. The electrical impedance of the neck, recorded by the 4-electrode method, changed with the equivalent cross-sectional area of the route of the electric current due to reflex activities of related organs during swallowing. IPG waveforms accurately recorded the swallowing process, therefore. We recommend IPG for assessing swallowing function because we expect IPG to provide the following advantages over conventional diagnostic techniques: it is a quantitative method that allows for the objective assessment of swallowing function; it is a simple procedure that is convenient for the patient and could be used for screening; it is inexpensive and non-invasive, so could be performed repeatedly in situations such as rehabilitation; and it uses highly portable equipment suitable for community use.

    Web of Science

    researchmap

  • 看護への動機づけを促進する臨床実習指導の方法 査読

    秋元典子, 森本美智子, 森恵子

    Quality Nursing   10 ( 8 )   783 - 794   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インピーダンス咽頭図(IPG)を用いた加齢による嚥下機能減退の定量的評価法 査読

    楠原俊昌, 中村隆夫, 森恵子, 山本尚武, 白川靖博, 猶本良夫

    岡山大学医学部保健学科紀要   15 ( 1 )   1 - 7   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 食道がん患者に対する術前インフォームド・コンセントの検討 査読

    森恵子, 金尾直美, 難波佳代, 石川孝子, 斉藤信也, 猶本良夫

    岡山大学医学部保健学科紀要   13 ( 2 )   67 - 75   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 成人看護実習(慢性期)における実習目標の到達度 査読

    林優子, 景山甚郷, 中西代志子, 石崎博之, 森本美智子, 森恵子, 坪井桂子

    岡山大学医学部保健学科紀要   13 ( 2 )   83 - 90   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:岡山大学医学部保健学科  

    慢性期看護実習の内容改善に役立てる基礎資料にするために,平成14年度の看護実習の目的に沿った具体的な実習目標において,学生の到達度及び実習目標間の関係を明らかにした.実習目標の到達度は,「自己の看護観や自己成長を培う」が最も高かく,「疾患の病態生理や検査・治療についての理解と看護援助」「セルフケアに向けた看護援助」「危機に直面している患者の看護援助」等の看護実践面に関する目標が高値を示していた.実習目標間の関係では,各実習目標との間に相関が見られ,それらは信頼性のある妥当な慢性期看護実習の目標であった

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2003&ichushi_jid=J03360&link_issn=&doc_id=20030617290003&doc_link_id=0300002&url=https%3A%2F%2Fkango-sakuin.nurse.or.jp%2Fnid%2F0300002&type=%8D%C5%90V%8A%C5%8C%EC%8D%F5%88%F8Web&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00014_1.gif

  • 食道癌のために喉頭切除術を受けた患者が体験している困難とそれへの対処方法 査読

    森恵子

    岡山大学医学部保健学科紀要   14 ( 1 )   75 - 83   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 食道癌術後の嚥下感覚の変化に対する術前ICの必要性 査読

    森恵子, 石川貴子, 斎藤佳代

    第32回日本看護学会論文集成人看護Ⅱ   51 - 53   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 食道癌術後の嚥下感覚の変化に対する考察-頸部電気インピーダンスおよび嚥下音を用いた嚥下活動評価 査読

    森恵子, 山本尚武, 中村隆夫, 楠原俊昌

    岡山大学医学部保健学科紀要   12 ( 1 )   53 - 62   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 就職後1ヵ月の新人看護婦の抱えるストレスの実態調査 査読

    森恵子

    岡山大学医学部保健学科紀要   11 ( 2 )   71 - 76   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 食道癌患者の術前における非言語的コミュニケーション訓練の有効性 ICUでの状況に適応するために

    山田佐登美, 片山徳子, 森恵子

    看護実践の科学   15 ( 2 )   57 - 59   1990年

     詳細を見る

  • 食道癌患者の術前における非言語的コミュニケーション訓練の有効性

    古谷知恵, 山田佐登美, 片山徳子, 森恵子, 白石治美

    第20回日本看護学会論文集成人看護Ⅰ   45 - 48   1989年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 緩和・ターミナルケア看護論第2版

    森恵子( 担当: 共著 ,  範囲: ターミナル期にある人とその家族への看護援助 6.心身の安楽を維持するリハビリテーション)

    ヌーベル・ヒロカワ  2011年 

     詳細を見る

  • がん化学療法・バイオセラピー看護実践ガイドライン

    佐藤禮子( 担当: 共訳 ,  範囲: Ⅲ化学療法の原則,表4.細胞障害性抗がん剤)

    医学書院  2009年 

     詳細を見る

  • がん看護コアカリキュラム

    小島操子, 佐藤禮子( 担当: 共訳 ,  範囲: 第Ⅲ部 消化器と泌尿器の機能 15排泄 腸閉塞)

    医学書院  2007年 

     詳細を見る

  • 周手術期看護論

    森恵子, 雄西智恵美, 秋元典子( 担当: 共著 ,  範囲: 開復術を受ける人の看護.265-276)

    ヌーベル・ヒロカワ  2005年 

     詳細を見る

  • シリーズ・基礎からの社会福祉⑤介護福祉概論

    国定美香, 山岡喜美子, 三浦美子, 宇野真智子, 住居広士, 安藤宙子, 樋口美智子, 濱田洋数, 井上力, 加藤登美子, 日高正己, 斎藤圭介, 笠原幸子, 棚田裕二, 曳木久美, 松本百合美, 森恵子, 富岡美佳, 原田由美子, 谷口泰司, 徳山ちえみ( 担当: 共著 ,  範囲: 第8章 医療と介護福祉,)

    ミネルヴァ書房  2005年 

     詳細を見る

  • マネジドケアとは何か 社会保障における市場原理の開放と統制

    住居広士, 清水ミシェル・アイズマン, 武田瑠美子, 有村大士, 森恵子( 担当: 共訳)

    ミネルヴァ書房  2004年 

     詳細を見る

  • ターミナルを生きる

    秋元典子, 三木明子, 森恵子, 坪井桂子, 戸谷美紀, 辻さとみ, 倉戸みどり, 鈴木紀子( 担当: 共著 ,  範囲: 第Ⅲ章ターミナル期にある患者とその周囲の人々への看護 わずかな体動が激しい痛みを誘発する患者)

    学研  2003年 

     詳細を見る

  • 障害ってどんなこと〈5〉体を動かせないってどんなこと ゆまにバリアフリーブック

    一番ヶ瀬康子, 清水ミシェル・アイズマン, 住居広士, 森恵子( 担当: 共訳)

    ゆまに書房  2001年 

     詳細を見る

  • 障害ってどんなこと〈3〉見えないってどんなこと ゆまにバリアフリーブック

    一番ヶ瀬康子, 清水ミシェル・アイズマン, 住居広士, 森恵子( 担当: 共訳)

    ゆまに書房  2001年 

     詳細を見る

  • 障害ってどんなこと〈1〉聞こえないってどんなことゆまにバリアフリーブック

    一番ヶ瀬康子, 清水ミシェル・アイズマン, 住居広士, 森恵子( 担当: 共訳)

    ゆまに書房  2001年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 【手術をめぐるがん看護~意思決定支援から術後リハビリテーション看護まで~】 (第V章)がん手術患者に対するリハビリテーション看護 リハビリテーション看護の特徴(解説/特集)

    森恵子

    がん看護   18 ( 2 )   235 - 239   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 【手術をめぐるがん看護~意思決定支援から術後リハビリテーション看護まで~】 (第V章)がん手術患者に対するリハビリテーション看護 食道がんで食道切除術および食道再建術を受けた患者の看護

    森恵子

    がん看護   18 ( 2 )   259 - 62   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 看護編 (疾患と看護がわかる看護過程 ナーシングプロセス 食道がん)

    森恵子

    クリニカルスタディー   32 ( 8 )   684 - 697   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 周術期ケアの現在とエビデンス

    森恵子, 秋元典子

    EBNURSING   7 ( 1 )   28 - 35   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 胸壁皮下経路再建術が食道がん患者の術後QOLに及ぼす影響

    森恵子, 秋元典子, 猶本良夫

    2005年度財団法人岡山医学振興会研究助成報告書   2006年

     詳細を見る

  • 胸壁前皮下経路での再建術を受けた食道がん術後患者が抱える生活上の困難体験に関する研究

    森恵子 秋元典子 猶本良夫

    2004年度財団法人日本科学協会研究助成報告書   2005年

     詳細を見る

  • がん医療における患者教育の重要性(MDACC留学プログラムに参加して)

    森恵子

    平成16年度聖ルカ・ライフサイエンス研究所研究助成報告書   2005年

     詳細を見る

  • がん看護 部位別にみたがんの特徴とケア 第16回 食道がん

    森恵子

    ナース専科   24 ( 7 )   46 - 49   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 食道がん切除術を受けた患者が体験している生活上の困難さに関する研究

    森恵子, 秋元典子, 猶本良夫

    2003年度木村看護教育振興財団研究助成金報告書   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 【癌看護 看護のリーダーシップが問われるとき】 インフォームド・コンセントにおける看護の役割 ICルームを新設して

    森恵子

    看護実践の科学   24 ( 9 )   35 - 40   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • The “actual feeling of recovery” experienced at discharge by patients who have undergone gastrectomy for stomach cancer

    Keiko Mori

    EAFONS 2022:25th East Asian Forum of Nursing Scholars Conference  2022年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月21日 - 2022年4月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Perioperative physical activity and motivation for exercise among esophageal cancer patients

    Junko Honke, Keiko Mori

    EAFONS 2022:25th East Asian Forum of Nursing Scholars Conference  2022年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月21日 - 2022年4月22日

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 食道切除術を受けた患者の退院時における食行動への認識

    森恵子, 本家淳子

    第36回日本がん看護学術集会  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月19日 - 2022年2月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 周術期食道癌患者の身体活動量に関連する因子の検討

    本家淳子, 森恵子

    第36回日本がん看護学術集会  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月19日 - 2022年2月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • クリティカルケア看護における モニタリングの意味

    増田喜昭, 森恵子

    第17回日本クリティカルケア看護学会学術集会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月1日 - 2021年7月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Contents of support activity of nurses who were dispatched to earthquake disaster areas

    Keiko Mori, Kumiko Kanno

    ICN Congress 2019,Singapore  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日 - 2019年7月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of chemotherapy induced alopecia on male stomach cancer Patients

    Keiko Mori

    ICN Congress 2019,Singapore  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月26日 - 2019年7月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外来通院を継続する術後若年乳がん患者の配偶者の体験.

    増田育美, 森恵子

    第33回日本がん看護学会学術集会,福岡  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月23日 - 2019年2月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外来通院を継続する術後若年乳がん患者の配偶者の体験

    増田育美, 森恵子

    第33回日本がん看護学会学術集会  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月23日 - 2019年2月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Experience of patients living with ambivalence while being aware of the potential risk of recurrent cardiopulmonary arrest.

    Mieko Hayashi, Keiko Mori

    22th EAFONS, Singapore  2019年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月17日 - 2019年1月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Awareness and actions of postoperative ICU inpatients receiving mechanical ventilation on ascertaining their own condition.

    Atsuko Miura, Keiko Mori

    22th EAFONS, Singapore  2019年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月17日 - 2019年1月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 器械出しを行う手術室看護師の専門性に関する研究

    人見啓介, 森恵子

    第32回日本手術看護学会年次集会,横浜  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月23日 - 2018年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 院外心肺停止から社会復帰した患者の体験.

    林美恵子, 森恵子

    第20回日本救急看護学会学術集会,和歌山  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月19日 - 2018年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ICUにおける、術後せん妄発症予測に関するベテラン看護師のアセスメント視点

    吉澤香奈絵, 牧村知佳, 杉山知里, 渡邊志保, 豊崎曜子, 古橋玲子, 森恵子

    第12回日本クリティカルケア看護看護学会学術集会,自治医科大学  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月19日 - 2018年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 永久的ストマ造設術を受けた患者の術前から退院後の現在に至るまでの体験

    早川夢乃, 森恵子

    第49回日本看護学会-慢性期看護-学術集会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月27日 - 2018年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 術後補助化学療法を継続する胃がん患者の就労体験

    後藤佳代子, 森恵子

    第49回日本看護学会-慢性期看護-学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月27日 - 2018年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Experience of narrowing of sphere of daily life due to adjuvant therapy during post-esophagectomy recovery process.

    Keiko Mori, Noriko Akimoto, Keiko, Ujihara

    ICCN 2018, Auckland, New Zealand 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月23日 - 2018年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Fathers’ Experiences Informing Children of Their Mother’s Early-Onset Breast Cancer.

    Ikumi Masuda, Keiko Mori

    ICCN 2018, Auckland, New Zealand 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月23日 - 2018年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地震災害発生時に現地において被災者支援に携わった看護師の体験

    渡部みさき, 鈴木亜佑実, 佐野有希, 森恵子, 菅野久美

    第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会,船堀 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月30日 - 2018年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • トリアージ演習に参加した看護学生に生じる戸惑い 倫理的葛藤に焦点を当てて.

    勝嵜栞, 森恵子

    第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会,船堀 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月30日 - 2018年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 人工心肺稼働下で心臓血管外科手術を受けた患者のICUでの離床時の体験.

    中村珠実, 今井将人, 村上惠美, 飯田晃佑, 目秦文子, 森恵子

    第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月30日 - 2018年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人工呼吸器が装着されていた患者のICU入室中の体験.

    中村 珠実、今井 将人, 村上 惠美, 飯田 晃佑, 目秦 文子, 森 恵子

    第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会,船堀 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月29日 - 2018年7月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 認知症高齢者に対する身体拘束回避に向けた看護師の臨床判断 ~老人看護専門看護師・認知症看護認定看護師の実践に焦点をあてて~

    秋山友喜美, 森恵子

    第24回老年看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月23日 - 2018年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Experience of patients living with ambivalence while being aware of the potential risk of recurrent cardiopulmonary arrest

    Mieko Hayashi, Keiko Mori

    22th EAFONS  2018年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月17日 - 2018年1月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Staff training by expert nurses in discouraging use of physical restraint to prevent onset and exacerbation of delirium and behavioral and psychological symptoms of dementia among elderly people with dementia

    Yukimi Akiyama, Keiko mori

    22th EAFONS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月17日 - 2018年1月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Awareness and actions of postoperative ICU inpatients receiving mechanical ventilation on ascertaining their own condition

    Atsuko Miura, Keiko Mori

    22th EAFONS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月17日 - 2018年1月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 看護系大学の看護学実習において、術後せん妄を発症した患者と直接関わりを持った看護学生の体験

    森恵子, 杉山琴美, 河島光代

    第36回日本看護科学学会学術集会,東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月10日 - 2016年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 救命救急センターに救急搬送された患者の治療決定場面に立ち会う看護師の体験

    笠原真弓, 森恵子

    第18回日本救急看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月29日 - 2016年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 急性期看護実習における看護学生の手術台上での臥床体験

    森恵子, 河島光代, 杉山琴美, 岡美帆

    日本看護学教育学会第26回学術集会,東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月22日 - 2016年8月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 看護系大学4年次生のトリアージ演習における学び

    森恵子, 杉山琴美, 河島光代

    日本看護学教育学会第26回学術集会,東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月22日 - 2016年8月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ICUにおける後せん妄発症予測に関する ベテラン看護師のアセスメント視点

    吉澤香奈絵, 牧村知佳, 杉山知里, 渡邊志保, 豊崎曜子, 古橋玲子, 森恵子

    第12回日本クリティカルケア看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月4日 - 2016年4月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EXPERIENCE OF PATIENTS WITH ESOPHAGEAL CANCER WHO UNDERWENT RECONSTRUCTION VIA SUBCUTANEOUS ROUTE.

    Keiko Mori, Noriko Akimoto, Keiko Ujihara

    ICCN2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月8日 - 2015年7月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 侵襲度の高い心臓手術を受けた高齢患者の退院時における退院後の生活管理に対する認識

    大達さな枝, 森恵子

    第11回日本クリティカルケア看護学会学術集会,福岡 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月27日 - 2015年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 看護系大学4年次生のトリアージ演習における学び

    森恵子, 杉山 琴美, 河島 光代

    第25回日本看護学教育学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 4年制大学での学部教育における看護学生へのキャリア形成に向けた教育

    森恵子, 片山はるみ

    第25回日本看護学教育学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 文献の概観によるがん患者の希望に関する介入研究の動向

    板東孝枝, 雄西智恵美, 今井芳枝, 森恵子

    第27回日本がん看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 肺がん患者の術後不快症状経過に関する縦断的調査

    板東孝枝, 雄西智恵美, 今井芳枝, 森恵子

    第26回日本がん看護学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月11日 - 2012年2月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食道切除術後の回復過程において補助療法を受けた患者の術後生活再構築過程

    森恵子, 秋元典子

    第26回日本がん看護学会学術集会,島根 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月11日 - 2012年2月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Symptoms and knowledge of lymphedema among postoperative breast cancer patients without lymphedema

    Yoshie Imai, Misako Nakagawa, Chiemi Onishi, Keiko Mori, Takae Bando, Kazuya Kondo, Akira Tangoku

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 成人の保健行動の理解を目的とした演習に対する学生の自己評価の分析

    板東孝枝, 雄西智恵美, 今井芳枝, 森恵子

    第31回日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月2日 - 2011年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • オレムセルフケア理論を基盤とした高齢者看護学実習の学習促進のためのカンファレンスのあり方の検討

    森恵子, 雄西智恵美, 今井芳枝, 板東孝枝

    第21回日本看護学教育学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月30日 - 2011年8月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 若年子宮頸がん患者の手術決意過程

    秋元典子, 森恵子

    第25回日本がん看護学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月12日 - 2011年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食道がんのために食道切除術を受けた患者の術後生活再構築プロセス

    森恵子, 秋元典子

    第25回日本がん看護学会学術集会,神戸 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月12日 - 2011年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 看護学生の『がん患者へ関わり』に関するロールプレイからの気づきと学び

    森恵子, 雄西智恵美, 板東孝枝, 今井芳枝

    第24回日本がん看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月13日 - 2010年2月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 若年子宮頸がん患者の手術決意過程

    秋元典子, 森恵子

    第24回日本がん看護学会学術集会,静岡 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月13日 - 2010年2月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 手術を受けた肺がん患者の退院時と術後1ヵ月後の術後不快症状の検討

    板東孝枝, 雄西智恵美, 今井芳枝, 森恵子

    第24回日本がん看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月13日 - 2010年2月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 治療過程にある肺がん患者の不快症状に関する国内文献レビュー

    板東孝枝, 雄西智恵美, 今井芳枝, 森恵子

    第25回日本がん看護学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月12日 - 2010年2月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外来通院中の高齢がん患者の"がんと共に生きる"ことへの受け止めと心理的適応状態の関連

    今井芳枝, 雄西智恵美, 森恵子, 板東孝枝

    第25回日本がん看護学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月12日 - 2010年2月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳がんのために 乳房切除術を受けた退院後の患者が必要としている援助

    藤井かおり, 森恵子

    徳島乳腺研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 胃切除術を受けた胃がん患者が食生活への不安を軽減するための情報提供に関する研究~術後の食生活再構築過程からの一考察~

    小八重和子, 森恵子

    第23回日本がん看護学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月7日 - 2009年2月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 頭頸部がんのために喉頭全摘出術を受けた患者が抱える日常生活上の困難

    長崎ひとみ, 森恵子

    第23回日本がん看護学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月7日 - 2009年2月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 手術療法を受けた上部消化器がん患者が抱える食に関する困難体験~今後の生活への思い

    森恵子, 秋元典子, 長崎ひとみ

    第23回日本がん看護学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月7日 - 2009年2月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 胃切除術を受けた胃がん患者が食生活への不安を軽減するための情報提供に関する研究 術後の食生活再構築過程からの一考察

    小八重和子, 森恵子

    第23回日本がん看護学会学術集会,沖縄 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月7日 - 2009年2月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外来で手術の必要性を伝えられた若年子宮頸がん患者の体験

    秋元典子, 森恵子

    第22回日本がん看護学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月9日 - 2008年2月10日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 上部消化器がんのために手術療法を受けた患者が抱える食行動への影響が,術後の健康管理行動に与える影響

    森恵子

    日本がん看護学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 乳房温存術が乳がん患者の社会復帰希求に及ぼす要因

    牧田由加, 森恵子

    第12回日本緩和医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月22日 - 2007年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 胃がんのために胃切除術を受けた患者が体験する「食べる」ことへの思い

    山田安耶, 森恵子

    第12回日本緩和医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月22日 - 2007年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Factors that narrow the living sphere of patients who underwent esophagectomy in the treatment of esophageal cancer

    Keiko Mori, Noriko Akimoto

    2th International Conference Japanese Society of Cnacer Nursing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月9日 - 2007年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A study on difficult experiences of postoperative esophageal cancer patients following ante-thoracic subcutaneous route reconstruction

    Keiko Mori, Noriko Akimoto

    6th Kyungpook-Hamamatsu Joint Medical Symposium (KHJMS)Hamamatsu Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月26日 - 2006年10月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 胸骨前皮下経路再建術が食道がん切除術後患者にもたらす生活上の影響

    森恵子, 秋元典子

    第11回日本緩和医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月23日 - 2006年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道がんのために食道切除術を受けた患者が体験している生活上の困難さに関する研究

    森恵子, 秋元典子

    第20回日本がん看護学会学術集会,福岡 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月11日 - 2006年2月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食道がんに対する治療の動向と看護

    森恵子

    第5回医工学際研究・交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MDACCにおける看護師の集学的治療におけるかかわり

    森恵子

    第2回がん集学的治療セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MDアンダーソン癌センターにおける臨床薬剤師の関与

    日野 美波理, 信濃 裕美, 森 恵子, 細川 恵子, 津川 浩一郎, 松岡 順治, 二神 幸次郎, 五味田 裕

    日本医療薬学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Decision-making by Uterine Cancer Patients Regarding Post-Operative Chemotherapy in Japan.

    Noriko Akimoto, Keiko Mori

    13th INTERNATIONAL CANCER NURSING 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • インピーダンス咽頭図(IPG)による高齢者の嚥下機能評価

    楠原 俊昌, 中村 隆夫, 森 恵子, 山本 尚武

    生体医工学 : 日本エム・イー学会 (第26回中国四国支部大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インフォームドコンセントの問題点 食道癌手術症例における検討

    斎藤信也, 森恵子, 猶本良夫, 田中紀章

    日本外科系連合学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月20日 - 2003年6月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 喉頭切除術を受けた患者に対する生活の再構築に対する援助

    森恵子

    第28回日本看護研究学会学術集会,横浜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月8日 - 2002年8月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道癌術後におこる嚥下感覚の変化に対する インフォームド・コンセントの重要性

    森恵子

    第16回日本がん看護学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • IPGおよび嚥下音を用いた食道癌術後患者の嚥下活動の評価

    森恵子, 楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武

    BME 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道癌患者に対する多職種による肺理学療法への関わりの重要性

    斎藤佳代, 近藤ひろ子, 築山尚志, 羽井佐実, 猶本良夫, 森恵子

    第24回日本呼吸療法医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道癌術後におこる嚥下感覚の変化への適応

    森恵子, 斎藤佳代, 石川貴子

    第32回日本看護学会,成人看護Ⅱ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道癌患者への治療選択における自己決定を指向したインフォームド・コンセントの検討

    森恵子, 金尾直美, 石川貴子, 斎藤佳代, 山田了士, 猶本良夫, 斎藤信也

    第6回緩和医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • IPGおよび嚥下音測定を用いた食道癌術後患者の嚥下活動評価

    森恵子, 楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武

    第24回日本ME学会中国四国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道癌周術期における術前活動量の術後経過に対する影響

    本家 淳子, 平松 良浩, 川田 三四郎, 高尾 昌資, 白井 祐佳, 森田 剛文, 菊池 寛利, 深澤 貴子, 神谷 欣志, 森 恵子, 竹内 裕也

    日本食道学会学術集会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食道切除術後の合併症と術前身体機能との関連

    高尾 昌資, 渡邉 浩司, 本家 淳子, 川田 三四郎, 平松 良浩, 森 恵子, 菊池 寛利, 神谷 欣志, 竹内 裕也, 山内 克哉

    日本食道学会学術集会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道切除術前後の運動耐容能と筋力の変化

    高尾 昌資, 渡邉 浩司, 本家 淳子, 川田 三四郎, 菊池 寛利, 平松 良浩, 神谷 欣治, 森 恵子, 竹内 裕也, 山内 克哉

    第74回日本食道学会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • wearable fitness tracking deviceを用いた食道癌周術期支援プログラムの短期的効果

    本家 淳子, 平松 良浩, 川田 三四郎, 渡邉 浩司, 森 恵子, 白井 祐佳, 高尾 昌資, 菊池 寛利, 神谷 欣志, 竹内 裕也

    第74回日本食道学会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 手術を勧められた若年性子宮頸がん患者の情報リテラシー向上のための育成プログラムの構成要素の検討

    氏原恵子, 森恵子

    第34回日本がん看護学会学術集会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 食道切除術を受けた患者が退院時に感じる社会復帰への思い

    森恵子, 本家淳子

    第34回日本がん看護学会学術集会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • がん患者に対するwearable fitness tracking deviceの有用性に関する文献レビュー

    本家淳子, 森恵子

    第34回日本がん看護学会学術集会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • イノベーションで代謝栄養学の未来をつくる 周術期食道癌患者に対するwearable fitness tracking deviceの有用性に関する検討

    川田 三四郎, 平松 良浩, 本家 淳子, 渡邉 浩司, 白井 祐佳, 位田 文香, 羽田 綾馬, 曽根田 亘, 廣津 周, 松本 知拓, 森田 剛文, 菊池 寛利, 神谷 欣志, 森 恵子, 今野 弘之, 竹内 裕也

    日本外科代謝栄養学会  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳死下臓器提供を経験した看護師の体験

    稲木 美香, 中野 悦代, 林 美恵子, 森 恵子

    せいれい看護学会学術集会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 永久的ストーマのある高齢患者をケアする家族の体験

    奈木志津子, 森恵子, 菅野久美

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • がん看護の発展に貢献する研究論文 学術奨励賞研究部門表彰論文から学ぶ研究の進め方・取り組み方

    国府 浩子, 雄西 智恵美, 浅野 美知恵, 小濱 京子, 近藤 真紀子, 望月 留加, 宮下 美香, 村上 好恵, 森 恵子, 山崎 智子, 大釜 徳政, 新貝 夫弥子, 黒澤 やよい

    日本がん看護学  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The experience of chemotherapy-induced alopecia of cancer patients.

    Keiko Mori

    15th Kyungpook-Hamamatsu Joint Medical Symposium (KHJMS)Hamamatsu Meeting  2015年10月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 看護学生の"災害看護マインド"を育む看護教育の試み

    片岡 美佳, 竹崎 久美子, 森 恵子, 高木 彩

    日本看護学教育学会学術集会  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 嚥下機能の経時変化の追跡のための生体電気インピーダンスの計測と解析

    楠原 俊昌, 中村 隆夫, 白川 靖博, 森 恵子, 猶本 良夫, 山本 尚武

    生体医工学 : 日本エム・イー学会誌第28回中国四国支部大会  2006年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 第18回日本ME学会研究奨励賞

    2004年11月   日本ME学会   食道癌手術前後の嚥下機能変化におけるインピーダンス咽頭図(IPG)の有効性の検討

    楠原俊昌, 中村隆夫, 山本尚武, 森恵子

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 食道切除術を受ける食道がん患者のQOL関連要因~抑うつとSense of Coherenceとの関連

    2022年04月 - 2023年03月

    公益財団法人安田記念医学財団  令和3年度(2021年度)癌看護研究助成 

    藤井宏子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 急性期看護-在宅看護をシームレスにつなぐ持続可能な看護教育体制を構築するためのリカレント教育プログラム

    2021年10月 - 2022年03月

    岡山大学  2021年度大学機能強化戦略経費 

    藤井宏子、小野美穂、谷垣静子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • レジリエンス促進支援を必要とする早期乳がん患者の特徴の解明

    2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 食道切除後術患者のサルコペニア予防を目的としたモバイルヘルスプログラムの開発

    2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

    本家淳子 森恵子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 災害時における在日外国人のセルフリスクアセスメント

    2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費助成事業  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 胸部食道がん術後長期サバイバーに対する日常生活支援看護モデルの構築

    研究課題/領域番号:18H03081  2018年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    森 恵子, 雄西 智恵美, 竹内 裕也, 本家 淳子, 白川 靖博, 秋元 典子, 片山 はるみ, 末田 朋美

      詳細を見る

    配分額:13390000円 ( 直接経費:10300000円 、 間接経費:3090000円 )

    本研究の全体構想は、胸部食道がん術後長期サバイバーの日常生活上の困難の実態とQOL
    との関連について明らかにし、胸部食道がん術後長期サバイバーに対する日常生活支援看護モデルを構築することである。本年度の研究目的は、胸部食道がん術後長期サバイバーの日常生活上の困難の実態について明らかにすることである。言語的コミュニケーションに問題のない、胸部食道がんのために食道切除術を受け、術後5年以上経過している、研究への参加に同意の得られた患者2名(男性1名、女性1名、平均年齢67.3歳)に対して、研究者が作成したインタビューガイドをもとに、半構造化面接を実施した。面接内容の逐語録を作成し、Krippendorff.K(2001)の内容分析の手法を用いて個別分析を行った。

    researchmap

  • 外来化学療法を受けるがん患者の心身緊張緩和を促進する看護実践指針の検証

    研究課題/領域番号:16K12060  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    菅野 久美, 森 恵子

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究の目的は,外来化学療法を受けるがん患者の心身の緊張緩和を促進するための看護実践指針の検証である.看護実践指針の修正と心身緊張を評価するアセスメント項目を抽出するため,関連文献のレビューと先行研究の再分析を行った.また,アセスメント項目を検討し,研究フィールドで使用されている問診票を改訂した.この改訂版問診票を使用する患者の状態と看護実践の実態調査を行い,看護実践指針の適用可能性とアセスメントツールとしての有効性を考察した.これにより,臨床導入するためにフローチャートの原案も作成し試用するとともに,臨床応用に向けた実践的評価を重ねていくことが課題となった.

    researchmap

  • 手術を勧められた若年性子宮頸がん患者の情報リテラシー能力育成プログラムの構築

    研究課題/領域番号:15K15179  2015年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    氏原 恵子, 森 恵子

      詳細を見る

    配分額:1950000円 ( 直接経費:1500000円 、 間接経費:450000円 )

    本研究の目的は「手術を勧められた若年性子宮頸がん患者の情報リテラシー能力育成プログラムの構築」である。研究代表者が所属する患者会の研究協力の得られた対象者にインタビューによるデータ収集を行い、得られたデータを分析し、以下のような結果が得られた。若年性子宮頸がん患者の情報収集のツールはインターネットが主であった。対象者を若年性子宮頸がん患者に焦点化したことで若年者の情報収集行動の特徴を捉えることができ、「正しい情報を得る力」「情報整理をする力」「情報を自己の個別に照らし活用する力」の3つが情報リテラシー能力育成プログラムの中心となることが分かった。

    researchmap

  • 集学的治療を受ける食道がん患者の「回復の実感」獲得を促進する看護実践モデルの構築

    研究課題/領域番号:26463339  2014年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    森 恵子, 雄西 智恵美, 氏原 恵子, 秋元 典子, 今野 弘之, 神谷 欣志

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    食道がんのために集学的治療(手術療法後に補助療法として化学療法、放射線治療のいずれか、あるいは両方)を受けた患者、22名に対して、半構造化面接を実施し、修正版グラウンデッドセオリーアプローチ(MGTA)の手法を用いて分析を行った。その結果、食道がんのために集学的治療を受けた患者が、治療プロセスの中で「回復の実感」を獲得するためには、1.食べる楽しみを取り戻せ、回復への期待、回復の実感が得られる支援、2.外来受診時や電話訪問による患者の体験の傾聴、3.家族、友人からの援助協力を求める支援、4.ピアサポートの活用、5.がんサロンの運営、等の看護支援が必要であることが明らかとなった。

    researchmap

  • 集学的治療を受ける食道がん患者に対するがんリハビリテーション看護プログラムの構築

    研究課題/領域番号:22592444  2010年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    森 恵子, 秋元 典子, 雄西 智恵美

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    食道切除術後の回復過程において補助療法を受けた患者の術後生活再構築過程を明らかにする目的で、食道がん治療目的で食道切除術を受け退院後6ヶ月以上経過し,術後補助療法が終了している外来通院中の患者22名である.外来受診時に半構成的面接を行い,修正版グランデッド・セオリー・アプローチの手法を用いて分析した.その結果,食道切除術後の回復過程において術後補助療法を受けた患者の術後生活再構築過程は≪生活圏の狭小化≫及び≪命と引き替えに生活圏の狭小化を受け入れ自分流の暮らし方を獲得する≫をコアカテゴリーとする過程として説明できた.

    researchmap

  • 上部消化器がんのために手術療法を受けた患者が抱える食行動への影響が,術後の健康管理行動に与える影響

    2007年06月 - 2008年03月

    政策医療財団  政策医療財団助成

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 食道切除術を体験した食道がん患者の術後生活再構築過程を支援する看護モデルの構築

    研究課題/領域番号:19592486  2007年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    森 恵子, 秋元 典子, 猶本 良夫

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    食道がんのために食道切除術を受けた患者が、食道切除術に伴う困難体験に対してどのように自ら対処しているかを明らかにし、そのことから、食道切除術を体験した食道がん患者の術後生活再構築過程を支援する看護モデルの構築を行う。

    researchmap

  • 若年子宮頚がん患者の初期治療に対する意思決定を支える看護実践モデルの構築

    研究課題/領域番号:18592357  2006年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    秋元 典子, 森 恵子, 中塚 幹也, 奥田 博之

      詳細を見る

    配分額:2900000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:300000円 )

    若年子宮頸がん患者が初期治療を決意する過程を支援する看護とは, (1)患者個々の意思決定内容を確認する, (2)患者個々の決定を支持しつつ, 決意の揺らぎや疑問が生じたときには, 随時外来へ電話してよいと伝え, 相談に応じる,(3)特にがんの再発・転移, 術後の流産の可能性およびその他疑問に思うことについては医師に直接聞いてよいと伝え, また聞く力がつくよう支援する, (4)自由に看護師に相談できる窓口を婦人科外来とは離れた場所に設置する,(5)看護師による電話相談のシステム(かける・受けるの双方向)を作り, 活用を促す, 特に医療費ついて相談にのる,である。

    researchmap

  • がん医療における患者教育の重要性(MDACC留学プログラムに参加して)

    2004年05月 - 2004年06月

    聖ルカ・ライフサイエンス研究所  聖ルカ・ライフサイエンス研究所平成16年度研究助成

      詳細を見る

  • 胸壁前皮下経路での再建術を受けた食道がん術後患者が抱える生活上の困難体験に関する研究

    2004年04月 - 2005年02月

    財団法人日本科学協会研究助成金  平成16年度財団法人日本科学協会研究助成金  財団法人日本科学協会研究助成金

    秋元典子, 猶本良夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 胸壁前皮下経路再建術が食道がん患者の術後QOLに及ぼす影響

    2004年04月 - 2005年02月

    財団法人岡山医学振興会  平成16年度財団法人岡山医学振興会医学研究助成

    秋元典子, 猶本良夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 食道切除術を受けた患者が体験している生活上の困難さに関する研究

    2003年04月 - 2004年09月

    木村看護教育振興財団  平成15年度木村看護教育振興財団看護研究助成  看護研究助成

    秋元典子, 猶本良夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 食道切除術を経験した食道がん患者の新たな嚥下方法獲得のプロセスを促進する看護介入

    研究課題/領域番号:15592268  2003年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    森 恵子, 秋元 典子, 猶本 良夫

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    本研究の目的は,食道がんのために食道切除術を受け,自宅で生活する患者が直面している,嚥下障害をはじめとする生活上の困難及びそれらへの対処の実態を明らかにすることである。
    対象者は,研究参加に同意が得られた外来通院中の30名で,その内訳は男性26名,女性4名であった。年齢は,39歳〜81歳で,平均年齢は66.1歳であった。食道切除術後の再建方法は,胸壁前皮下経路再建術を受けた患者が17名,後縦隔内経路再建術を受けた患者が12名,胸骨後経路再建術を受けた患者が1名であった。インタビュー時における術後経過日数は,2ヶ月〜9年8ヶ月であった。29名の患者から面接に対する録音許可が得られ,総面接時間は1272分,平均面接時間は約40分であった。録音許可の得られなかった1名に関しては,面接内容を筆記するとともに,面接終了後速やかに面接内容を記録した。面接内容を逐語訳し,内容分析の手法を用いて,質的・帰納的分析を行った。
    分析の結果,食道がんのために食道切除術を受けた患者が抱える術後の生活上の困難は,【予想をはるかに超えて苦痛と化した摂食行動】【生活圏の狭小化】【ボディ・イメージの変化】【胃液・食物の逆流に伴う苦痛感】【再発・転移の不安】【社会生活継続への懸念】の6の大表題に集約された。
    また,食道がんのために食道切除術を受けた患者が抱える術後の生活上の6つの困難に対する対処法は,《生きるために自分流の食べ方を体得する》《時間をかけて変化に慣れる》《命と引き換えに変化を受け入れ行動する》《逆流を防ぐための方策を捜し求める》《定期的に病院を受診しながら用心して生活する》の5つの大表題に集約された。

    researchmap

  • 臓器移植患者及び親のスピリチュアリティとスピリチュアリティを支えるための看護ケア

    研究課題/領域番号:14657653  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    林 優子, 成田 常雄, 吉谷 啓次, 森本 美智子, 森 恵子, 坪井 桂子

      詳細を見る

    配分額:3100000円 ( 直接経費:3100000円 )

    本研究は、臓器移植患者の体験からスピリチュアリティを引き出し、スピリチュアリティを支える看護ケアについて検討することである。臓器移植患者に非構造的面接法により印象に残っている出来事や体験について自由に語ってもらった。面接回数は1人2〜4回、1回の面接時間は約1〜2時間であった。データ分析は、人間存在を時間性を基盤にして解釈する立場に立つ解釈学的方法論を用いて分析した。解釈の妥当性は分析結果を研究参加者に確認してもらった。ここでは2事例について報告する。事例1(腎機能獲得と喪失を体験し再透析になった女性):患者は喪失体験による実存的な苦しみに苦悩しているとき、大きな木に出会った。その大木に生命力を感じ、木も自分も同じ「命」を共にする存在であることを知覚し、木が木のために生きているように「自分は自分のために生きればいい」ことに気づいた。その木によってその人のスピリチュアリティは解き放たれ、木が「命」を共にする存在として見いだされた。事例2(心臓移植後にクローン病を再発した男性):患者は心臓移植で与えられた命によって生きる力が喚起された。カテーテル検査、クローン再発、失職などが繰り返されるなかで、ボランティア活動、結婚、仕事探し、就職と前向きに行動していた。生きることを励ます妻や友人や親など他者とのつながりが生きる力を与えていた。他者が「生きる」という目的に向かって共に進む存在として見いだされた。それらの結果から、スピリチュアリティを支えるには、患者と何かを共にする存在が重要であることが明らかになった。臨床の場で病む人間のスピリチュアリティを支える看護ケアには、「何かを共にする存在」としての看護者の存在が必要であると思われる。そのために、看護者は患者の求めている何かを共有できるように、まずは患者の語りをじっくり聴きことであり、そこからケアが始まることが示された。

    researchmap

  • 食道癌術後の食事摂取時の感覚の変化と、術後の嚥下リハビリテーション訓練の考案

    研究課題/領域番号:13771518  2001年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    森 恵子

      詳細を見る

    配分額:600000円 ( 直接経費:600000円 )

    食道癌術後患者に,術後の嚥下感覚の変化の有無,術後の嚥下感覚の変化に対するインフォームド・コンセント(以下IC)の有無,患者が術後に嚥下感覚の変化をどのように認識しているか等について,半構成的質問用紙を作成し,10名の患者にインタビューを実施した。同時に,食道癌術後の嚥下状態について評価するために,13名の術後患者に対して,頸部電気インピーダンス(以下IPG)および嚥下音測定を実施した。インタビューの結果,患者は術前のICにおいては,疾患名,術式,術後の状態などについて詳しく説明を受けていたが,術後の嚥下感覚の変化については説明されておらず,術後,嚥下感覚の変化を自覚した時点で,驚きと不安を感じていた。しかし,その認識の仕方は患者によって差があった。また,IPG及び嚥下音測定結果を青年健常者の測定結果と比較してみると,食道癌術後患者では,IPG波形の多相化,嚥下音聴取時期のズレが認められた。IPG波形の多相化から,食道癌術後患者は,一度口に入れた食物を,一度で飲み込み切れておらず,何度かに分けて飲み込んでいると考察された。また,嚥下音が,咽頭期以外の時期で聴取されていることから,咽頭を食物が通過するときに,気管入口部が完全に閉鎖されていないことが考察された。このことから,誤嚥を起こす可能性が示唆された。以上より,食道癌術後患者には,嚥下活動自体に変化が起こっていることが明らかとなった。また,患者は術前のICにおいて,術後の嚥下感覚の変化について説明を受けておきたいと希望していることから,担当医師との調整を行い,説明の中に術後の嚥下感覚の変化が起こる可能性についての説明を加えている。術後の嚥下機能の変化,その感じ方は患者個々によって異なることより,今回の研究で有効なリハビリテーションを考察することができなかった。今後は,IPG及び嚥下音測定を経時的に実施し,嚥下機能の経時的変化を追跡すると共に,患者がどのようなプロセスを経て新しい嚥下方法を身につけているかについて,インタビューを継続して行いながら,有効なリハビリテーションについて考察していきたいと考えている。

    researchmap

  • 平成11年度木村看護教育振興財団海外研修助成

    1999年09月 - 1999年10月

    木村看護教育振興財団 

      詳細を見る

▼全件表示

その他研究活動

  • MD Anderson Cancer Center留学

    2012年03月

     詳細を見る

    MD Anderson Cancer Centerにおいて、CNL(Clinical Nurse Leader)の教育について、担当教員及び学生にインタビューを行い、CNL教育に関する情報収集を1週間行った。

    researchmap

  • Johns Hopkins Singapore International Medical Centre(JHSIMC)

    2011年03月

     詳細を見る

    Johns Hopkins Singapore International Medical Centre(JHSIMC)において、外来化学療法について2週間の研修を受けた。

    researchmap

  • University of Calgary

    2005年05月

     詳細を見る

    University of Calgaryにおいて、カルガリ一大学看護学部家族看護ユニットエクスターンシップ2000に参加し,カルガリー家族看護モデルについて研修を受けた。

    researchmap

  • Mayo Medical Center

    2005年04月

     詳細を見る

    Mayo Medical Centerにおいて、周術期看護、手術室看護について2週間の研修を行った

    researchmap

  • MD Anderson Cancer Center留学

    2004年05月

     詳細を見る

    MD Anderson Cancer Centerにおいて、がんのチーム医療について3週間の留学プログラムに参加。

    researchmap

  • Mayo Medical Center留学

    1999年09月

     詳細を見る

    米国、Mayo Medical Centerにおいて、周手術期看護、移植看護、終末期看護等について4週間の留学プログラムに参加した。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • ヘルスプロモーション科学 (2021年度) 前期  - 月7

  • 卒業研究 (2021年度) 1~4学期  - その他

  • 成人看護学実習II (2021年度) 1・2学期  - その他

  • 成人看護学実習II (2021年度) その他  - その他

  • 成人看護学II (2021年度) 1・2学期  - [第1学期]火6~7, [第2学期]金4~5

  • 成人看護科学演習 (2021年度) 後期  - 火7

  • 成人看護科学特講 (2021年度) 前期  - 火7

  • 看護倫理 (2021年度) 前期  - 金7

  • 看護理論 (2021年度) 後期  - 木7

  • 看護理論 (2021年度) 第2学期  - 月2~3

  • 統合実習 (2021年度) 2~4学期  - その他

  • 臨床応用看護学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 臨床応用看護学特別研究 (2021年度) 通年  - その他

  • 卒業研究 (2020年度) 1~4学期  - その他

  • 成人看護学実習II (2020年度) 1・2学期  - その他

  • 成人看護学II (2020年度) 1・2学期  - [第1学期]火7,火8, [第2学期]金4,金5

  • 看護倫理 (2020年度) 前期  - 金7

  • 看護理論 (2020年度) 第2学期  - 月2,月3

  • 統合実習 (2020年度) 2~4学期  - その他

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 岡山県精神科医療センター看護研究計画発表会講評

    役割:コメンテーター

    岡山県精神科医療センター  2021年11月29日

  • 岡山県精神科医療センター看護研究究計画発表会講評

    役割:コメンテーター

    岡山県精神科医療センター  2021年11月29日

     詳細を見る

    種別:研究指導

    researchmap

  • 宮崎・鹿児島irAEマネジメントチーム医療ワークショップ

    役割:コメンテーター

    中外製薬  2021年11月20日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 卵巣がんチーム医療ワークショップ

    役割:講師

    中外製薬  2021年7月31日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    researchmap

  • 井原市立井原市民病院看護部研究支援

    役割:講師

    2021年7月 - 現在

     詳細を見る

    種別:研究指導

    researchmap

学術貢献活動

  • 日本がん看護学会 会則・渉外委員会委員

    役割:企画立案・運営等

    2021年4月 - 現在

     詳細を見る

  • JJNS( Japan Journal of Nursing Science)Subject Editor

    役割:査読

    2015年 - 2016年

     詳細を見る

  • 日本看護研究学会 専任査読員

    役割:査読

    2013年 - 現在

     詳細を見る

  • 日本がん看護学会編集委員

    役割:査読

    2013年 - 2016年

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    researchmap