2021/12/17 更新

写真a

オバタ キョウイチ
小畑 協一
OBATA Kyouichi
所属
岡山大学病院 助教
職名
助教
プロフィール

歯科医師
(公社)日本口腔外科学会認定「口腔外科専門医」
(公社)日本口腔外科学会認定「口腔外科認定医」
歯科医師臨床研修指導歯科医

学位

  • 博士(歯学) ( 2017年3月   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 )

研究キーワード

  • 口腔癌

  • 顎変形症

  • 頸部リンパ節転移

  • 医原性リンパ増殖性疾患

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

学歴

  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科   病態制御科学専攻 口腔顎顔面外科学  

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 岡山大学   Dental School  

    2006年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 奈良学園高等学校    

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

経歴

  • 岡山大学病院   口腔外科・口腔顎顔面外科部門   助教

    2020年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   高度救命救急センター   医員

    2020年4月 - 2020年9月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   口腔外科(病態系)   医員

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 津山中央病院   歯科・歯科口腔外科   主任

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 津山中央病院   歯科・歯科口腔外科   研修医

    2012年12月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学卒後臨床研修センター   歯科研修部門   研修医

    2012年4月 - 2012年11月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 日本救急医学会

    2020年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本口腔内科学会

    2017年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本口腔腫瘍学会

    2013年11月

      詳細を見る

  • 日本口腔外科学会

    2012年8月 - 現在

      詳細を見る

 

論文

  • Comparative Study on Epstein-Barr Virus-Positive Mucocutaneous Ulcer and Methotrexate-Associated Lymphoproliferative Disorders Developed in the Oral Mucosa: A Case Series of 10 Patients and Literature Review. 国際誌

    Kyoichi Obata, Tatsuo Okui, Sawako Ono, Koki Umemori, Shoji Ryumon, Kisho Ono, Mayumi Yao, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki

    Diagnostics (Basel, Switzerland)   11 ( 8 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Methotrexate-associated lymphoproliferative disorder (MTX-LPD) is an iatrogenic immunodeficiency-associated lymphoproliferative disorder that occurs mainly with MTX use. This disorder has been associated with Epstein-Barr virus (EBV) infection. In 2017, the WHO newly defined the disease concept of EBV-positive mucocutaneous ulcer (EBV-MCU) as a good-prognosis EBV-related disease. Here, we report 10 cases of MTX-LPD or EBV-MCU in the oral mucosa. This retrospective, observational study was conducted with MTX-LPD or EBV-MCU in the oral mucosa patients who visited us during the nine year period from 2012 to 2021. We gathered the basic information, underlying disease, histopathological evaluation, treatment and prognosis for the subjects. All were being treated with MTX for rheumatoid arthritis. EBV infection was positive in all cases by immunohistochemistry. A complete or partial response was obtained in all cases with the withdrawal of MTX. Our results suggests that the most common risk factor for developing EBV-MCU is the use of immunosuppressive drugs. The most common site of onset is the oral mucosa, which may be attributed to the mode of EBV infection and the high incidence of chronic irritation of the oral mucosa. A small number of patients had been diagnosed with MTX-LPD, but we consider that these cases were EBV-MCU based on our study.

    DOI: 10.3390/diagnostics11081375

    PubMed

    researchmap

  • Expression of Neurokinin B Receptor in the Gingival Squamous Cell Carcinoma Bone Microenvironment 査読 国際誌

    Shoko Yoshida, Tsuyoshi Shimo, Kiyofumi Takabatake, Yurika Murase, Kyoichi Obata, Tatsuo Okui, Yuki Kunisada, Soichiro Ibaragi, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    Diagnostics   11 ( 6 )   1044 - 1044   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Gingival squamous cell carcinoma (SCC) frequently invades the maxillary or mandibular bone, and bone destruction is known as a key prognostic factor in gingival SCCs. Recently, Neurokinin 3 receptor (NK-3R), the receptor ligand for NK-3, which is a member of the tachykinin family expressed in the central nervous system, was identified through pathway analysis as a molecule expressed in osteoclasts induced by the hedgehog signal. Although the expression of NK-3R has been detected in osteoclast and SCC cells at the bone invasion front, the relationship between NK-3R expression and the prognosis of gingival SCC patients remains unclear. In the present study, we retrospectively reviewed 27 patients with gingival SCC who had undergone surgery with curative intent. Significantly higher NK-3R expression in tumor cells was found in a case of jawbone invasion than in a case of exophytic poor jawbone invasion. On the other hand, no significant association was observed between NK-3R tumor-positive cases and tumor size, TNM stage, or tumor differentiation. The survival rate tended to be lower in NK-3R tumor-positive cases, but not significantly. However, the disease-specific survival rate was significantly lower in patients with a large number of NK-3R-positive osteoclasts than in those with a small number of them at the tumor bone invasion front. Our results suggest that NK-3R signaling in the gingival SCC bone microenvironment plays an important role in tumor bone destruction and should be considered a potential therapeutic target in advanced gingival SCC with bone destruction.

    DOI: 10.3390/diagnostics11061044

    PubMed

    researchmap

  • A case of langerhans cell histiocytosis of the mandible that spontaneously regressed after biopsy in a child

    Kisho Ono, Tatsuo Okui, Yuki Kunisada, Kyoichi Obata, Masanori Masui, Shoji Ryumon, Soichiro Ibaragi, Tomoya Nakamura, Akira Sasaki

    Clinical Case Reports   9 ( 6 )   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ccr3.4321

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ccr3.4321

  • Localizing the nerve to the mylohyoid using the mylohyoid triangle 査読

    Joe Iwanaga, Hee-Jin Kim, Grzegorz Wysiadecki, Kyoichi Obata, Yosuke Harazono, Soichiro Ibaragi, R. Shane Tubbs

    Anatomy & Cell Biology   2021年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Korean Association of Anatomists  

    DOI: 10.5115/acb.21.019

    researchmap

  • Comprehensive review of lower third molar management: A guide for improved informed consent 査読 国際誌

    Joe Iwanaga, Yuki Kunisada, Masanori Masui, Kyoichi Obata, Yohei Takeshita, Kotaro Sato, Shogo Kikuta, Yushi Abe, Yuki Matsushita, Jingo Kusukawa, R. Shane Tubbs, Soichiro Ibaragi

    Clinical Anatomy   34 ( 2 )   224 - 243   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Lower third molar removal is the most commonly performed dental surgical procedure. Nevertheless, it is difficult to ensure that all the informed consent forms given to patients are based on the best evidence as many newer publications could change the conclusions of previous research. Therefore, the goal of this review article is to cover existing meta-analyses, randomized control trials, and related articles in order to collect data for improved and more current informed consent.

    DOI: 10.1002/ca.23693

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ca.23693

  • Incidence and characteristics of medical emergencies related to dental treatment: a retrospective single‐center study 査読

    Kyoichi Obata, Hiromichi Naito, Hiromasa Yakushiji, Takafumi Obara, Kisho Ono, Tsuyoshi Nojima, Kohei Tsukahara, Taihei Yamada, Akira Sasaki, Atsunori Nakao

    Acute Medicine & Surgery   8 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ams2.651

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ams2.651

  • 薬剤関連性顎骨壊死の併発が考えられたEBV陽性皮膚粘膜潰瘍(EBV-MCU)の2例

    竜門 省二, 岸本 晃治, 吉岡 徳枝, 小畑 協一, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   38 - 39   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • Septic pulmonary emboli caused by Tsukamurella inchonensis: A case report. 査読

    Gotoh K, I Putu Bayu Mayura, Hagiya H, Obata K, Ogawa T, Iio K, Fujimori T, Otsuka F, Matsushita O

    Journal of Infection and Chemotherapy   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • High mobility group box 1 induces bone pain associated with bone invasion in a mouse model of advanced head and neck cancer

    Tomoya Nakamura, Tatsuo Okui, Kazuaki Hasegawa, Shoji Ryumon, Soichiro Ibaragi, Kisho Ono, Yuki Kunisada, Kyoichi Obata, Masanori Masui, Tsuyoshi Shimo, Akira Sasaki

    Oncology Reports   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spandidos Publications  

    DOI: 10.3892/or.2020.7788

    researchmap

  • 頬粘膜に発生した腺房細胞癌の1例—本邦における小唾液腺腺房細胞癌に関する文献的検討—. 査読

    小畑 協一, 岸本 晃治, 小野 喜章, 河合 穂高, 柴田 茜, 奥井 達雄, 矢尾 真弓, 伊原木 聰一郎, 佐々木 朗

    日本口腔腫瘍学会誌   32 ( 3 )   77 - 82   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 津山中央病院における外来化学療法患者に対する歯科的介入の役割について 査読

    矢尾真弓, 高橋貴子, 廣田美香, 金谷 恵, 山田理恵子, 田口 恵, 竜門幸司, 野島鉄人, 小畑協一

    津山中央病院医学雑誌   34 ( 1 )   3 - 14   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A case of oral cancer with delayed occipital lymph node metastasis: Case report. 査読

    Ono K, Yoshioka N, Masui M, Obata K, Kunisada Y, Okui T, Ibaragi S, Kawai H, Nagatsuka H, Sasaki A

    Clinical Case Reports   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • High-mobility group box 1 induces bone destruction associated with advanced oral squamous cancer via RAGE and TLR4. 査読

    Sakamoto Y, Okui T, Yoneda T, Ryumon S, Nakamura T, Kawai H, Kunisada Y, Ibaragi S, Masui M, Ono K, Obata K, Shimo T, Sasaki A

    Biochemical and biophysical research communications   531 ( 3 )   422 - 430   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Methotrexate-Associated Lymphoproliferative Disorder Developed Ectopically in the Maxillary Gingiva and Bilateral Lungs. 査読

    Kyoichi Obata, Tatsuo Okui, Koji Kishimoto, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki

    Case Reports in Medicine.   11   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Expression and Role of IL-1β Signaling in Chondrocytes Associated with Retinoid Signaling During Fracture Healing.

    Shimo T, Takebe H, Okui T, Kunisada Y, Ibaragi S, Obata K, Kurio N, Shamsoon K, Fujii S, Hosoya A, Irie K, Sasaki A, Iwamoto M

    International Journal of Molecular Sciences   21 ( 7 )   2020年3月

     詳細を見る

  • 顎関節脱臼を繰り返す高齢患者に関節結節切除術を施行した1症例 査読

    神尾 咲智子, 竜門 幸司, 小畑 協一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   33 ( 1 )   109 - 112   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    顎関節脱臼とは下顎頭が下顎窩から外に出て顎関節運動の範囲外にあり、元の位置に戻らない状態のことを示す。特に高齢者の顎関節脱臼の頻度は高く、今後も増加すると推定されている。今回われわれは、高齢者の習慣性顎関節脱臼に対し関節結節切除術を施行した症例を経験したので、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 三叉神経第三枝領域の帯状疱疹に合併した抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の1例 査読

    小畑 協一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 野島 鉄人, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   65 ( 5 )   371 - 375   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A case of intraoral plasmablastic lymphoma spontaneously regressed after biopsy in HIV-negative patient

    Kisho Ono, Tatsuo Okui, Soichiro Ibaragi, Hotaka Kawai, Kyoichi Obata, Mariko Fujita, Akira Sasaki

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   31 ( 4 )   280 - 283   2019年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2019.03.012

    researchmap

  • Nicotine promotes lymph node metastasis and cetuximab resistance in head and neck squamous cell carcinoma. 査読 国際誌

    Shimizu R, Ibaragi S, Eguchi T, Kuwajima D, Kodama S, Nishioka T, Okui T, Obata K, Takabatake K, Kawai H, Ono K, Okamoto K, Nagatsuka H, Sasaki A

    International Journal of Oncology   54 ( 1 )   283 - 294   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2018.4631

    PubMed

    researchmap

  • 津山中央病院における周術期口腔機能管理の現状-過去3年間の臨床統計学的検討-. 査読

    3) 小畑協一, 竜門幸司, 野島鉄人, 岸本晃治, 佐々木朗, 西山明慶, 平良明彦

    津山中央病院医学雑誌   32 ( 1 )   9 - 13   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    周術期口腔機能管理は、手術または放射線治療、化学療法もしくは緩和ケアを実施する患者に対し口腔環境を整えることで、周術期における肺炎等の感染性合併症を予防する効果があるだけでなく、摂食嚥下機能の改善等、QOLの向上にも関与しているとされている。今回われわれは2014年4月から2017年3月までの3年を対象に統計学的な検討を行った結果、術後肺炎発症率の有意な低下を認めたため、若干の考察を加え報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • ゾレドロン酸水和物注射液によりMRONJの再発を繰り返したと思われる1症例 査読

    井上 大基, 竜門 幸司, 小畑 協一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶

    津山中央病院医学雑誌   32 ( 1 )   95 - 100   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    ビスフォスフォネート(Bisphosphonate:BP)製剤は、骨粗鬆症や悪性腫瘍の骨転移、多発性骨髄腫などさまざまな疾患の予防と治療に用いられるが、侵襲的歯科治療や慢性炎症の存在などによって薬剤関連顎骨壊死(Medication-related osteonecrosis of the jaws:MRONJ)が生じることが報告されている。今回われわれは、ゾレドロン酸水和物注射液投与を受け、MRONJを発症した患者の長期症例を経験したので、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • Low-intensity pulsed ultrasound stimulation promotes osteoblast differentiation through hedgehog signaling. 査読

    Matsumoto K, Shimo T, Kurio N, Okui T, Ibaragi S, Kunisada Y, Obata K, Masui M, Pai P, Horikiri Y, Yamanaka N, Takigawa M, Sasaki A

    Journal of Cellular Biochemistry   119 ( 6 )   4352 - 4360   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Oral Squamous Cell Carcinoma-derived Sonic Hedgehog Promotes Angiogenesis. 査読 国際誌

    Anticancer Research   37 ( 12 )   6731 - 6737   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 嗅神経芽細胞腫の陽子線治療患者に対して口腔機能管理を行った1症例 査読

    薬師寺 翔太, 竜門 幸司, 野島 鉄人, 兒玉 真一, 小畑 協一, 岸本 晃治, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   31 ( 1 )   123 - 127   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    今回嗅神経芽細胞腫の陽子線治療患者の口腔機能管理を行うことで、口腔周囲組織の有害事象出現を防止し、術中、術後のQOLを向上させ、円滑に陽子線治療を進めることに寄与していることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Role of Neurokinin 3 Receptor Signaling in Oral Squamous Cell Carcinoma. 査読

    Kyoichi Obata, Tsuyoshi Shimo, Tatsuo Okui, Kenichi Matsumoto, Hiroyuki Takada, Kiyofumi Takabatake, Yuki Kunisada, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Koji Kishimoto, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    Anticancer Research   37 ( 11 )   6119 - 6123   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Semaphorin 4D promotes bone invasion in head and neck squamous cell carcinoma. 査読

    International Journal of Oncology   51 ( 2 )   625 - 632   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 下顎に発生した顎放線菌症の1例-本邦における顎放線菌症の過去集計と現状との比較検討- 査読

    小畑 協一, 伊原木 聰一郎, 矢尾 真弓, 柴田 茜, 吉岡 徳枝, 志茂 剛, 佐々木 朗

    日本口腔内科学会雑誌   23 ( 1 )   23 - 27   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • セツキシマブ投与にてアナフィラキシー様のinfusion reactionを発症したマダニ咬傷既往のある口腔癌患者の1例 査読

    岡山歯学会雑誌   36   1 - 6   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Drug-induced hypersensitivity syndrome caused by carbamazepine used for the treatment of trigeminal neuralgia. 査読

    Ono Y, Shimo T, Shirafuji Y, Hamada T, Masui M, Obata K, Yao M, Kishimoto K, Sasaki A

    Case Reports in Dentistry   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tachykinin Receptor 3 Distribution in Human Oral Squamous Cell Carcinoma. 査読

    Kyoichi Obata, Tsuyoshi Shimo, Tatsuo Okui, Kenichi Matsumoto, Hiroyuki Takada, Kiyofumi Takabatake, Yuki Kunisada, Soichiro Ibaragi, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    Anticancer Research   36 ( 12 )   6335 - 6341   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The Role of Sonic Hedgehog Signaling in Osteoclastogenesis and Jaw Bone Destruction. 査読 国際誌

    PLoS ONE   11 ( 3 )   e0151731   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0151731

    PubMed

    researchmap

  • Successful treatment of osteonecrosis-induced fractured mandible with teriparatide therapy: A case report. 査読

    International Journal of Surgery Case Reports   21   151 - 153   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Expression and Role of Sonic Hedgehog in the Process of Fracture Healing with Aging. 査読

    Matsumoto K, Shimo T, Kurio N, Okui T, Obata K, Masui M, Pang P, Horikiri Y, Sasaki A

    In Vivo   30 ( 2 )   99 - 105   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 上顎歯肉に発生したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例-本邦の口腔領域における発症例に関する文献的検討-. 査読

    小畑 協一, 岸本 晃治, 西山 明慶, 吉田 祥子, 野島 鉄人, 佐々木 朗

    日本口腔外科学会雑誌   61 ( 1 )   20 - 24   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A case of adenoid cystic carcinoma associated with IgG4-related disease. 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Mayumi Yao, Yuichiro Takebe, Yuko Ono, Kyoichi Obata, Naito Kurio, Soichiro Ibaragi, Norie Yoshioka, Koji Kishimoto, Yoshinobu Yanagi, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    International journal of surgery case reports   10   12 - 6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: Immunoglobulin G4-related disease (IgG4-RD) is an inflammatory condition associated with elevated serum IgG4 levels and tissue infiltration by IgG4-expressing plasma cells. We present a case of adenoid cystic carcinoma (ACC) of the submandibular gland with possible involvement of IgG4-RD. PRESENTATION OF CASE: The patient was a 59-year-old man presenting with a swollen right submandibular gland. Laboratory tests revealed IgG4 levels of 176mg/dl (reference range: 4.8-105). An initial open biopsy for histological diagnosis showed chronic sialadenitis. The region was monitored on an outpatient basis, and finally the right submandibular was totally resected because malignant tumor could not be excluded. Histological examination of the submandibular gland showed an ACC with lymphocytic infiltration containing many IgG4-positive plasma cells in the tumor stroma. DISCUSSION: We have described a case that indicated a possible involvement of ACC with IgG4-RD. This allows us to speculate that longstanding IgG4-RD may progress to malignancy or infiltration of IgG4-positive plasma cells through the signals of tumor stimuli. Further investigations are required to determine the potential pathogenic mechanism underlying this unique tumor. CONCLUSION: This case underscores that caution is needed in the diagnosis of masses with high serum IgG4 levels, as the differential diagnosis includes malignancy.

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2015.01.022

    PubMed

    researchmap

  • 津山中央病院における術後早期口腔機能管理への取り組み 査読

    松田 祐典, 竜門 幸司, 兒玉 真一, 野島 鉄人, 岸本 晃治, 小畑 協一, 佐々木 朗, 西山 明慶, 野島 靖子

    津山中央病院医学雑誌   28 ( 1 )   33 - 41   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    当科では2012年2月より周術期口腔機能管理を行っている。しかし、患者数の増加に伴い術前術後の口腔内環境の変化が著しい症例も増加してきた。そこで周術期口腔機能管理を行った症例から問題点を抽出し、解決を図るべく術前後の基本的口腔ケアのパンフレットを作成し臨床で活用している。今回我々は2013年2月〜2014年1月までの1年間における周術期口腔機能管理に関する患者数等の集計と我々が問題点を抽出した症例から以下の結論を得た。1.周術期口腔機能管理を行うためには相応の人員が必要となる。2.術前口腔機能管理の効果を十分発揮するためには、できうる限り早い時期に歯科受診を行う必要がある。3.総合的な判断を行うため複数のスタッフで診断を行う。4.パンフレットやチェックシートを活用し術直前、術直後における口腔機能管理漏れに対し有効な手段を取る必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 6歳男児に認められた両側性顎下腺管唾石症の1例 査読

    小畑協一, 竜門幸司, 野島鉄人, 岸本晃治, 佐々木朗, 西山明慶, 野島靖子

    津山中央病院医学雑誌   27 ( 1 )   161 - 165   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    唾石症は唾液腺体内もしくは導管内に結石が形成される疾患である。一般に小児には稀な疾患として扱われており、さらに両側性に顎下腺管内唾石を認めた症例は国内で数例しか報告されていない。症例は6歳男児で、臨床所見から両側性顎下腺管唾石症と診断し、口内アプローチによる摘出術を施行し、良好な結果を得たので報告する。(著者抄録)

    researchmap

  • 津山中央病院における周術期口腔機能管理について 査読

    小畑協一, 竜門幸司, 野島鉄人, 岸本晃治, 佐々木朗, 西山明慶, 野島靖子

    津山中央病院医学雑誌   27 ( 1 )   93 - 100   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一財)津山慈風会津山中央病院  

    当科では2012年2月より周術期口腔機能管理を行っている。周術期口腔機能管理は術後の全身的合併症の発生予防や、早期摂食開始に伴うQOL向上等を図ることが可能であり、実際我々も循環器科、呼吸器科等と連携をとり、良好な術後経過をみている。今回2012年2月〜2013年1月までの1年間における周術期口腔機能管理に関する患者数等のデータを集計したため、我々が体験した2症例に、若干の考察を加え報告する。(著者抄録)

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Clinical anatomy of the inferior labial gland: a narrative review

    Daniel Shen, Kisho Ono, Quang Do, Hiroe Ohyama, Ken Nakamura, Kyoichi Obata, Soichiro Ibaragi, Koichi Watanabe, R. Shane Tubbs, Joe Iwanaga

    GLAND SURGERY   10 ( 7 )   2284 - 2292   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:AME PUBL CO  

    Objective: In this article we review the literature on the inferior labial gland from a clinical and anatomical perspective.Background: Regardless of its importance in clinical practice, there are no medical literature that comprehensively reviewed the inferior labial gland.Method: A database search using PubMed and Google Scholar was conducted. The following keywords were used in the search: "lower labial salivary gland", "lower labial gland", "inferior labial salivary gland", AND "inferior labial gland".Conclusion: The human labial glands are types of minor salivary gland that continuously secrete small amounts of mucous and serous substances to maintain oral health. The inferior labial glands are innervated by the inferior labial branch of the mental nerve, and the inferior labial branch of the facial artery is the main arterial supply to the lower lip. Although they only have an auxiliary role in saliva production compared to the major salivary glands, minor salivary glands provide a certain amount of lubrication in the oral cavity by the continuous outflow of saliva. The inferior labial gland not only promotes moisturization in the oral cavity but also secretes substances with antibacterial effects, which is important for the function of the oral cavity. A recent study showed that the rate of salivary secretion from the inferior labial glands does not change with age, and in some cases the inferior labial glands are used for diagnosing intractable diseases such as Sjogren's syndrome and cystic fibrosis. In addition, since the inferior labial glands themselves can be the site of cyst and/or neoplasia development, we should be careful to distinguish them from other diseases. Elucidation of the anatomy, physiology, and pathology of the inferior labial glands, is important for understanding human health and diseases.

    DOI: 10.21037/gs-21-143

    Web of Science

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 岡山大学病院歯科外来において歯科治療に関連した全身的偶発症に関する検討

    小畑協一,薬師寺泰匡,山本浩継, 塚原紘平, 山田太平, 内藤宏道, 佐々木 朗,中尾篤典

    第48回日本救急医学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月18日 - 2020年11月20日

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SAPHO症候群と考えられたびまん性硬化性下顎骨骨髄炎の1例

    岸本晃治,小畑協一,竜門省二,廣瀬泰良,坂本裕美,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月13日 - 2020年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 頸部郭清術後に後頭リンパ節への後発転移を認めた舌癌の一例

    小野喜章, 吉岡徳枝,増井正典, 小畑協一, 國定勇希, 奥井達雄, 伊原木聰一郎, 河合穂高, 長塚 仁, 佐々木 朗

    第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月13日 - 2020年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 薬剤関連性顎骨壊死の併発が考えられたEBV陽性皮膚粘膜潰瘍(EBV-MCU)の2例

    竜門省二,岸本晃治,奥井達雄,吉岡徳枝,小畑協一,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第41回岡山歯学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術を契機としてバセドウ病と診断された1例

    國定勇希,吉岡徳枝,小畑協一,柴田 茜,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第30回日本顎変形症学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月24日 - 2020年6月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高齢者口腔癌治療に関する臨床的検討

    吉岡徳枝,小畑協一,柴田 茜,岸本晃治,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第44回日本頭頸部癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月5日 - 2020年6月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • メトトレキサート休薬により消退したEBV-positive mucocutaneous ulcerに関する検討

    小畑協一,吉岡徳枝,柴田 茜,矢尾真弓,岸本晃治,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第44回日本頭頸部癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月5日 - 2020年6月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨の化性を伴った巨大な右側頬部脂肪腫の1例

    矢尾真弓,岸本晃治,小畑協一,西山明慶,佐々木 朗

    第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月23日 - 2020年1月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームを介したシスプラチン耐性機構の解明

    小野喜章,奥井辰雄,国定勇希,小畑協一,吉岡徳枝,中村友哉,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月23日 - 2020年1月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 習慣性顎関節脱臼に対し外科的治療を行い積極的な口腔ケアが行えるようになった1例

    小畑協一,岸本晃治,西山明慶,野島鉄人,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第40回岡山歯学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における著名人のマスコミへの病名公表による受診率の影響について

    柴田 茜,岸本晃治,小畑協一,國定勇希,吉岡?枝,奥井達雄,西山明慶,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第40回岡山歯学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ケルビズムと診断された上下顎骨中心性巨細胞肉芽腫の1例

    小畑協一,岸本晃治,西山明慶,柴田 茜,小野喜章,野島鉄人,佐々木 朗

    第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における骨吸収抑制薬投与によるARONJ患者の臨床的検討

    矢尾真弓,岸本晃治,小畑協一,西山明慶,野島鉄人,佐々木 朗

    第64回日本口腔外科学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 上顎歯肉および両肺に発症したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例

    小畑協一, 岸本晃治, 西山明慶, 竜門幸司, 野島鉄人, 佐々木 朗

    第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月24日 - 2019年1月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における口腔扁平上皮癌患者の過去 10 年間の動向について

    柴田 茜,岸本晃治,矢尾真弓,坂本裕美,角谷宏一,小畑協一,伊原木聰一郎,佐々木 朗

    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月2日 - 2018年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 進行癌に対するセツキシマブの臨床経験

    矢尾真弓,吉岡徳枝,小畑協一,柴田 茜,伊原木聰一郎,岸本晃治,志茂 剛,佐々木 朗

    第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月25日 - 2018年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 癌骨破壊に対する血管新生阻害薬Ammonium Tetrathiomolybdate の治療的効果の検討

    森澤綾香,奥井達雄,小畑協一,増井正典,佐々木 朗

    第62回日本口腔外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月20日 - 2017年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当科における薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)患者の臨床的検討

    角谷宏一,矢尾真弓,吉岡?枝,柴田 茜,坂本裕美,小畑協一,志茂 剛,佐々木 朗

    第62回日本口腔外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月20日 - 2017年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山大学病院口腔外科(病態系)医科歯科連携における MRONJ 患者の調査

    坂本裕美,志茂 剛,國定勇希,増井正典,小畑協一,吉岡?枝,矢尾真弓,柴田 茜,伊原木聰一郎,奥井達雄,吉田祥子,村瀬友里香,岸本晃治,西山明慶,佐々木 朗

    第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌における Neurokinin B/Neurokinin 3 receptor の発現とその役割の検討

    小畑協一,志茂 剛,奥井達雄,伊原木聰一郎,國定勇希,松本健一,佐々木 朗

    第35回日本骨代謝学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月27日 - 2017年7月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 癌細胞が産生する乳酸が知覚神経に与える影響

    奥井達雄,志茂 剛,小畑協一,佐々木 朗

    第46回日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Neurokinin B 受容体の口腔扁平上皮癌における発現の検討

    小畑協一,志茂 剛,高田紘行,高畠清文,奥井達雄,伊原木聰一郎,長塚 仁,佐々木 朗

    第71回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月27日 - 2017年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 若年者口腔悪性腫瘍における臨床統計学的検討

    清水理恵子,吉岡?枝,矢尾真弓,小畑協一,増井正典,伊原木聰一郎,岸本晃治,志茂 剛, 佐々木 朗

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月26日 - 2017年1月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 自然消退をきたした上顎歯肉原発形質芽細胞性リンパ腫の1 例

    長谷川利聡,吉岡?枝,矢尾真弓,小畑協一,伊原木聰一郎,中野敬介,志茂 剛,長塚 仁, 佐々木 朗

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月26日 - 2017年1月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔癌頸部リンパ節転移を判別分析や数量化理論から得られた予測式で術前に評価する

    小畑協一,岸本晃治,長谷川利聡,矢尾真弓,志茂 剛,佐々木 朗

    第26回日本口腔内科学会・第29日本口腔診断学会合同学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月24日 - 2016年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 下顎歯肉に発生した形質芽細胞性リンパ腫の1例

    小野喜章,伊原木聰一郎,小畑協一,河合穂高,志茂 剛,長塚 仁,佐々木 朗

    第45回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下顎歯肉癌顎骨浸潤部における Neurokinin B の発現とその役割の検討

    小畑協一,志茂 剛,奥井達雄,松本憲一,高田紘行,高畠清文,伊原木聰一郎,長塚 仁, 佐々木 朗

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月26日 - 2016年1月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔癌頸部リンパ節転移の統計学的な評価方法の検討

    小畑協一,岸本晃治,藤井由紀子,矢尾真弓,志茂 剛, 佐々木 朗

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月21日 - 2016年1月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 唇に発生した粘液貯留嚢胞と鑑別が困難であった腺房細胞癌の 1 例

    矢尾真弓,志茂 剛,小畑協一,藤井由紀子,長塚 仁,佐々木 朗

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月21日 - 2016年1月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌患者における頸部リンパ節転移の有無を術前に評価する?多変量解析を用いた統計学的なアプローチ?

    小畑協一,岸本晃治,藤井由紀子,矢尾真弓, 志茂 剛,佐々木朗

    第14回中四国口腔癌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • がん化学療法において静脈血栓塞栓症を発症した口腔癌の臨床的検討

    吉岡徳枝,銅前昇平,伊原木聰一郎,矢尾真弓,増井正典,小畑協一,岸本 晃治,志茂 剛, 佐々木 朗

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月29日 - 2015年1月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔癌頸部リンパ節転移に対する造影 CT と FDG-PET/CT の評価に関する検討

    矢尾真弓,岸本晃治,小畑協一,藤井由紀子,吉岡?枝,志茂 剛,佐々木 朗

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔癌頸部リンパ節転移に対する造影 CT と FDG-PET/CT の診断能−臨床統計学的評価の検討−

    小畑協一,岸本晃治,藤井由紀子,矢尾真弓,志茂 剛,佐々木 朗

    第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 優秀ポスター賞

    2021年9月   一般社団法人 日本頭頸部癌学会   口腔領域に発生したEBV-positive mucocutaneous ulcerに関する統計学的検討

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 人工知能を用いた口腔癌頸部リンパ節転移の診断システムの開発

    研究課題/領域番号:20K18668  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    小畑 協一

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap