2022/07/28 更新

写真a

オカザキ ミキオ
岡﨑 幹生
OKAZAKI Mikio
所属
医歯薬学域 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2007年3月   岡山大学 )

研究キーワード

  • 肺移植

  • 虚血再灌流障害

  • 拒絶反応

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器外科学

学歴

  • 岡山大学大学院    

    1999年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学医学部    

    1993年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

経歴

  • 岡山大学   学術研究院医歯薬学域 呼吸器・乳腺内分泌外科学   准教授

    2021年12月 - 現在

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   呼吸器外科   講師

    2020年4月 - 2021年11月

      詳細を見る

  • 岡山大学病院   呼吸器外科   助教

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 愛媛大学医学部附属病院   呼吸器外科   特任講師

    2010年7月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 四国がんセンター

    2009年6月 - 2010年6月

      詳細を見る

  • ワシントン大学   胸部外科

    2004年6月 - 2007年6月

      詳細を見る

▼全件表示

 

論文

  • Drug repositioning of tranilast to sensitize a cancer therapy by targeting cancer-associated fibroblast. 国際誌

    Kosuke Ochi, Ken Suzawa, Yin Min Thu, Fumiaki Takatsu, Shimpei Tsudaka, Yidan Zhu, Kentaro Nakata, Tatsuaki Takeda, Kazuhiko Shien, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Tadahiko Shien, Yoshiharu Okamoto, Shuta Tomida, Shinichi Toyooka

    Cancer science   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cancer-associated fibroblasts (CAFs) are a major component of the tumor microenvironment that mediate resistance of cancer cells to anticancer drugs. Tranilast is an antiallergic drug that suppresses the release of cytokines from various inflammatory cells. In this study, we investigated the inhibitory effect of tranilast on the interactions between non-small cell lung cancer (NSCLC) cells and the CAFs in the tumor microenvironment. Three EGFR-mutant NSCLC cell lines, two KRAS-mutant cell lines and three CAFs derived from NSCLC patients were used. To mimic the tumor microenvironment, the NSCLC cells were co-cultured with the CAFs in vitro, and the molecular profiles and sensitivity to molecular targeted therapy were assessed. Crosstalk between NSCLC cells and CAFs induced multiple biological effects on the NSCLC cells both in vivo and in vitro, including activation of the STAT3 signaling pathway, promotion of xenograft tumor growth, induction of epithelial-mesenchymal transition (EMT), and acquisition of resistance to molecular-targeted therapy, including of EGFR-mutant NSCLC cells to osimertinib and of KRAS-mutant NSCLC cells to selumetinib. Treatment with tranilast led to inhibition of IL-6 secretion from the CAFs, which, in turn, resulted in inhibition of CAF-induced phospho-STAT3 upregulation. Tranilast also inhibited CAF-induced EMT in the NSCLC cells. Finally, combined administration of tranilast with molecular-targeted therapy reversed the CAF-mediated resistance of the NSCLC cells to the molecular-targeted drugs, both in vitro and in vivo. Our results showed that combined administration of tranilast with molecular-targeted therapy is a possible new treatment strategy to overcome drug resistance caused by cancer- CAF interaction.

    DOI: 10.1111/cas.15502

    PubMed

    researchmap

  • Clinical features of patients with second primary lung cancer following head and neck cancer. 国際誌

    Fumiaki Takatsu, Ken Suzawa, Mikio Okazaki, Kazuhiko Shien, Hiromasa Yamamoto, Mototsugu Watanabe, Makio Hayama, Tsuyoshi Ueno, Ryujiro Sugimoto, Yuho Maki, Toshiya Fujiwara, Riki Okita, Hidetoshi Inokawa, Hiroyuki Tao, Yuji Hirami, Eisuke Matsuda, Kazuhiko Kataoka, Motohiro Yamashita, Yoshifumi Sano, Motoki Matsuura, Hisao Mizutani, Shinichi Toyooka

    The Annals of thoracic surgery   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Survivors of head and neck cancer (HNC) often develop second primary lung cancer (SPLC), due to a common risk factor, that is, smoking. Our multicenter experience has been reviewed to evaluate how the history of diagnosis of HNC affects the outcomes of patients undergoing pulmonary resection for SPLC. METHODS: A multicenter retrospective analysis of patients hospitalized between January 2012 and December 2018 has been performed. From a cohort of 4,521 patients undergoing therapeutic pulmonary resection for primary non-small cell lung cancer, 100 patients with previous history of HNC (HNC group) have been identified. They were compared with a control group consisting of 200 patients without HNC history from the same cohort pair-matched with operating facility, age, sex, and pathological stage of lung cancer. RESULTS: At the time of surgery for SPLC, the HNC group showed malnutrition with lower prognostic nutritional index (PNI) compared with the control group (p < 0.001). The HNC group were determined to have postoperative complications more frequently (p = 0.02). The 5-year overall survival rates in the HNC and control groups were 59.0% and 83.2%, respectively (p < 0.001). Statistically, HNC history, lower PNI, squamous cell lung cancer, and TNM stage were identified to be independently associated with poor survival. CONCLUSIONS: Patients with SPLC following primary HNC often present with malnutrition and are predisposed to have postoperative complications and poor survival after pulmonary resection.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2022.04.052

    PubMed

    researchmap

  • Survival and prognostic factors in patients undergoing pulmonary metastasectomy for lung metastases from retroperitoneal sarcoma. 国際誌

    Fumiaki Takatsu, Hiromasa Yamamoto, Yasuaki Tomioka, Shin Tanaka, Kazuhiko Shien, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Katsuhito Takahashi, Shinichi Toyooka

    World journal of surgical oncology   20 ( 1 )   114 - 114   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Soft-tissue sarcomas are rare malignancies that consist of many different histologic subtypes and arise in various locations in the body. In patients with lung metastases from retroperitoneal sarcomas, the long-term outcomes and prognostic factors are unknown. This study is a retrospective review of patients undergoing pulmonary metastasectomy for retroperitoneal sarcoma metastases at one institution, with the purpose of determining prognostic factors and clinical outcomes. METHODS: This is a single-center, retrospective cohort study of patients undergoing pulmonary metastasectomy for lung metastases from various sarcomas at Okayama University Hospital from January 2006 to December 2018. The Kaplan-Meier method and log-rank test were used for the analyses, and cut-off values of continuous variables were determined by a receiver operating characteristic curve analysis. RESULTS: Twenty-four patients underwent the first pulmonary metastasectomy for lung metastases from retroperitoneal sarcoma in our hospital. Leiomyosarcoma was the most common histologic subtype of retroperitoneal sarcoma (79.2%, n = 19). Median overall survival was 49.9 months, and the 3-year and 5-year survival rates after the first pulmonary metastasectomy were 62.5% and 26.4% respectively. In univariate analysis, age ≥56 years, disease-free interval < 15 months, and size of metastasis (≥ 27 mm) were associated with poor survival. CONCLUSION: Pulmonary metastasectomy can be considered as an effective management strategy in retroperitoneal sarcoma patients with lung metastases in appropriately selected cases, just as it is for other sarcomas.

    DOI: 10.1186/s12957-022-02552-y

    PubMed

    researchmap

  • ステレオタイプ・スレットという問題とニュースレターの果たす役割

    竹原 裕子, 溝尾 妙子, 小林 純子, 坂本 美咲, 新田 薫, 工藤 由里絵, 安井 和也, 菊池 覚次, 黒田 新士, 吉田 龍一, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 枝園 忠彦, 小谷 恭弘, 豊岡 伸一, 笠原 真悟, 藤原 俊義, 土井原 博義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   122回   SP - 6   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Paediatric lung transplantation: the impact of age on the survival.

    Shinji Otani, Haruchika Yamamoto, Shin Tanaka, Yasuaki Tomioka, Kei Matsubara, Dai Shimizu, Toshio Shiotani, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgery today   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: We herein review the outcomes of paediatric lung transplantation (LTx) and analyse subgroups divided by age. METHODS: We retrospectively reviewed 43 consecutive paediatric LTx recipients (< 18 years old: cadaveric LTx [n = 9], living-donor lobar LTx [n = 34]). We also analysed subgroups of patients 1-6 years old (n = 10) and 7-17 years old (n = 33). RESULTS: The 1-, 5- and 10-year overall survival (OS) rates in paediatric recipients were 93%, 82% and 67%, respectively. The 1-, 5- and 10-year graft dysfunction (GD)-free survival rates in paediatric recipients were 85%, 59% and 31%, respectively. The 1- and 5-year OS in the 1- to 6-year-old vs. 7- to 17-year-old groups were 70% vs. 100% and 48% vs. 93%, respectively (p < 0.0001). The 1- and 5-year GD-free survival rates in the 1- to 6-year-old vs. 7- to 17-year-old groups were 60% vs. 93% and 24% vs. 69%, respectively (p = 0.024). The 1- to 6-year-old group showed higher rates of non-standard LTx (p = 0.0001), interstitial pneumonia (p = 0.004) and ventilator dependency (p = 0.007) than the 7- to 17-year-old group. CONCLUSION: Paediatric recipients under 7 years old seemed to have a higher risk of mortality and GD than those 7 years old and older.

    DOI: 10.1007/s00595-022-02492-w

    PubMed

    researchmap

  • Completely Video-assisted Thoracoscopic Lobectomy for Congenital Lobar Emphysema in a Young Adult.

    Tsuyoshi Ryuko, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Acta medica Okayama   76 ( 1 )   89 - 92   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Congenital lobar emphysema (CLE) is defined as the hyperinflation of pulmonary lobes due to obstruction of the flow of air via a known or unknown etiology, which causes pressure symptoms in the adjacent organs. CLE is mainly diagnosed in the neonatal period, and very few adult cases have been reported. Here we report a 34-year-old male with muscular dystrophy who was diagnosed with CLE on examination. He underwent a right lower lobectomy via 3-portal completely video-assisted thoracoscopic surgery, and his symptoms improved. Thoracoscopic surgery helped preserve the respiratory muscles and led to the improvement of respiratory function in this patient.

    DOI: 10.18926/AMO/63217

    PubMed

    researchmap

  • Effect of preoperative long-term use of corticosteroids on the development of post-transplant lymphoproliferative disorders after lung transplantation: a single-center experience in Japan.

    Dai Shimizu, Shinji Otani, Seiichiro Sugimoto, Haruchika Yamamoto, Yasuaki Tomioka, Toshio Shiotani, Kentaroh Miyoshi, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgery today   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Post-transplant lymphoproliferative disorder (PTLD) is a major complication of lung transplantation (LTx). However, few studies on PTLD in Asian populations have been reported. We explored the characteristics of Japanese PTLD cases after LTx. METHODS: We retrospectively reviewed 195 cases of LTx at our institute. We summarized the clinical experiences of 7 PTLD cases and analyzed the patient characteristics and survival outcomes of patients with (n = 7) and without (n = 188) PTLD. RESULTS: All PTLD patients were taking corticosteroids preoperatively (p = 0.0030), and the duration of preoperative corticosteroid therapy was significantly longer in the PTLD group (p = 0.0064) than in the non-PTLD group. The overall survival after LTx was significantly worse in the PTLD group (p = 0.027) than in the non-PLTD group. Among the three patients who died within 1 year after the PTLD onset, two died of opportunistic infections without residual PTLD lesions. Chronic lung allograft dysfunction (CLAD) or bronchiolitis obliterans at an autopsy were diagnosed after PTLD treatment in four cases. CONCLUSIONS: Long-term preoperative corticosteroid therapy may be a risk factor for PTLD after LTx. Opportunistic infections are lethal complications of PTLD, regardless of the effectiveness of PTLD treatment. CLAD occurs at a high rate after PTLD treatment, and close monitoring is required.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02390-7

    PubMed

    researchmap

  • Protective effects of anti-HMGB1 monoclonal antibody on lung ischemia reperfusion injury in mice 国際誌

    Kentaro Nakata, Mikio Okazaki, Dai Shimizu, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Daiki Ousaka, Toshiaki Ohara, Akihiro Matsukawa, Masahiro Nishibori, Shinichi Toyooka

    Biochemical and Biophysical Research Communications   573   164 - 170   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    During ischemia reperfusion (IR) injury, high mobility group box 1 (HMGB1), a chromatin binding protein, is released from necrotic cells and triggers inflammatory responses. We assessed the therapeutic effect of a neutralizing anti-HMGB1 monoclonal antibody (mAb) on lung IR injury. A murine hilar clamp model of IR was used, where mice were divided into sham and IR groups with intravenous administration of anti-HMGB 1 mAb or control mAb. We analyzed the effect of anti-HMGB1 mAb against IR injury by assessing lung oxygenation, lung injury score, neutrophil infiltration, expression of proinflammatory cytokines and chemokines, levels of mitogen-activated protein kinase (MAPK) signaling, and measurement of apoptotic cells. Anti-HMGB1 mAb significantly decreased the plasma level of HMGB1 elevated by IR. The severity of IR injury represented by oxygenation capacity, lung injury score, and neutrophil infiltration was significantly improved by anti-HMGB1 mAb treatment. The expression of proinflammatory factors, including IL-1β, IL-6, IL-12, TNF-α, CXCL-1, and CXCL-2, and phosphorylation of p38 MAPK were both significantly reduced by anti-HMGB1 mAb treatment. Furthermore, anti-HMGB1 mAb treatment suppressed apoptosis, as determined through TUNEL assays. Overall, anti-HMGB1 mAb ameliorated lung IR injury by reducing inflammatory responses and apoptosis. Our findings indicate that anti-HMGB1 mAb has potential for use as a therapeutic to improve IR injury symptoms during lung transplantation.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.08.015

    PubMed

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 田中 真, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   61 ( 6 )   663 - 663   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当院での様々な開胸アプローチの経験

    田中 真, 富岡 泰章, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   61 ( 6 )   572 - 572   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • OSNA法を用いた肺がん所属リンパ節転移診断の臨床有用性の検討

    諏澤 憲, 難波 圭, 枝園 和彦, 三浦 章博, 荒木 恒太, 宮内 俊策, 中田 憲太郎, 富岡 泰章, 田中 真, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   61 ( 6 )   666 - 666   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • Lung transplantation for idiopathic multicentric Castleman disease: potential efficacy and tolerability of a humanized anti-interleukin-6 receptor monoclonal antibody. 国際誌

    Yasuaki Tomioka, Shinji Otani, Shin Tanaka, Kazuhiko Shien, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgical case reports   7 ( 1 )   209 - 209   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Idiopathic multicentric Castleman disease (iMCD) is a rare polyclonal lymphoproliferative disease caused by the overrepresentation of interleukin-6 (IL-6). Tocilizumab (TCZ) is a humanized monoclonal antibody that binds to the IL-6 receptor and is approved for the treatment of iMCD. The efficacy and tolerability of TCZ in patients with iMCD undergoing lung transplantation (LTx) remain unknown. CASE PRESENTATION: We present the case of a 48-year-old iMCD patient with end-stage lung disease (ESLD) who was successfully treated with cadaveric single-LTx. Intravenous TCZ was used to stabilize the iMCD patient every 2 weeks, except for withdrawal immediately after LTx. At 32 month post-transplant, the patient remained asymptomatic without evidence of rejection, development of de novo donor-specific antibody (DSA), and recurrent iMCD in the native lung. CONCLUSIONS: Single-LTx can be a feasible treatment option for ESLD caused by iMCD. TCZ can be used safely and may be beneficial in recipients with iMCD, and TCZ in combination with usual immunosuppression can be helpful in stabilizing iMCD patients pre- and post-LTx.

    DOI: 10.1186/s40792-021-01297-2

    PubMed

    researchmap

  • Prognostic Significance of Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio in Locally Advanced Non-small-cell Lung Cancer Treated with Trimodality Therapy 国際誌

    Shimpei Tsudaka, Hiromasa Yamamoto, Hiroki Sato, Kuniaki Katsui, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Katsuyuki Kiura, Susumu Kanazawa, Shinichi Toyooka

    Annals of Surgical Oncology   28 ( 9 )   4880 - 4890   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    PURPOSE: Current evidence suggests that the neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) is a prognostic factor in several types of cancer. In this study, we aimed to evaluate the prognostic impact of clinicopathological factors, including postoperative NLR, in patients with locally advanced non-small-cell lung cancer (LA-NSCLC) who underwent surgery after chemoradiotherapy (CRT) with or without postoperative adjuvant chemotherapy. METHODS: The medical records of LA-NSCLC patients treated with trimodality therapy at our institution between June 1999 and May 2019 were reviewed. The association between several clinicopathological factors and overall survival (OS) was analyzed. RESULTS: A total of 168 patients were included in this study. Regarding the prognosis, the 5-year OS rate was 68.1%, and the 2-year recurrence-free survival rate was 66.1% in the entire population. In multivariate analysis, we identified that high postoperative NLR, not pretreatment or preoperative NLR, was one of the independent factors for unfavorable OS (NLR high vs NLR low; hazard ratio = 2.45, 95% confidence interval: 1.53-3.94, p < 0.001). In addition, among patients with high postoperative NLR, patients who received postoperative adjuvant chemotherapy showed significantly better 5-year OS compared with those who did not (p = 0.016). On the other hand, postoperative adjuvant chemotherapy had no impact on the prognosis in patients with low NLR (p = 0.19). CONCLUSIONS: Our results suggest that high postoperative NLR was not only an independent unfavorable prognostic factor in patients with LA-NSCLC who were treated with trimodality therapy, but also a promising indicator for postoperative treatment in this population.

    DOI: 10.1245/s10434-021-09690-9

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1245/s10434-021-09690-9/fulltext.html

  • 肺移植に関連した感染症(待機中から術後慢性期まで) びまん性汎細気管支炎に対する肺移植後の慢性期管理と長期成績

    杉本 誠一郎, 三好 健太郎, 田中 真, 富岡 泰章, 石原 恵, 石上 恵美, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SSY4 - 5   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • マウス異所性気管移植モデルを用いたS100A8/A9抗体の慢性移植肺機能不全に対する効果の検討

    清水 大, 岡崎 幹生, 木下 理恵, 中田 憲太郎, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 阪口 政清, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   P2 - 11   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肺移植後CLADにおける2019年ISHLT新基準にもとづく予後評価

    松原 慧, 三好 健太郎, 大谷 真二, 川名 伸一, 久保 友次郎, 清水 大, 富岡 泰章, 田中 真, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   O23 - 1   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植におけるドナー不足にどう取組むか 心停止ドナー肺移植、スペインでの経験を踏まえて

    田中 真, 石上 恵美, 石原 恵, 富岡 泰章, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SSY9 - 4   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植後の慢性期合併症とその管理 肺移植後の慢性腎臓病に対して血液透析を導入した症例の検討

    富岡 泰章, 杉本 誠一郎, 川名 伸一, 久保 友次郎, 清水 大, 松原 慧, 田中 真, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SWS8 - 4   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植に関連した感染症(待機中から術後慢性期まで) Clostridioides difficile感染症診療ガイドライン作成に伴う当院での肺移植周術期の検討

    久保 友次郎, 田中 真, 石上 恵美, 石原 恵, 坂田 龍平, 富岡 泰章, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斉, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SSY4 - 4   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • Robot-assisted thoracoscopic lobectomy for severe incomplete interlober fissure 国際誌

    Mikio Okazaki, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Journal of Surgical Case Reports   2021 ( 8 )   rjab336   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>Abstract</title>
    An incomplete interlobar fissure makes thoracoscopic lobectomy difficult and is predictive of morbidity after thoracoscopic lobectomy. This report demonstrates the robot-assisted thoracoscopic (RATS) lobectomy technique for patients with severe incomplete interlobar fissures. A fissureless approach was chosen for pulmonary resection. Near-infrared fluorescence imaging with intravenous indocyanine green (ICG) was used to detect the interlobar line after transection of the bronchus, pulmonary artery and vein. Interlobar fissure was identified and divided by robotic staplers. This combined technique using ICG and fissureless lobectomy made RATS lobectomy safe for patients with severe incomplete interlobar fissures.

    DOI: 10.1093/jscr/rjab336

    PubMed

    researchmap

  • Emphysematous changes and lower levels of plasma irisin are associated with bronchiolitis obliterans syndrome after bilateral living-donor lobar lung transplantation

    Toshio Shiotani, Seiichiro Sugimoto, Haruchika Yamamoto, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Ken Suzawa, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgery Today   52 ( 2 )   294 - 305   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    PURPOSE: Decreased irisin levels may be associated with the development of emphysema. Similarly, emphysematous changes may develop in patients with chronic lung allograft dysfunction (CLAD) after living-donor lobar lung transplantation (LDLLT). We investigated the severity of emphysematous changes and the relationship between irisin levels and CLAD after bilateral LDLLT and cadaveric lung transplantation (CLT). METHODS: The subjects of this retrospective study were 59 recipients of bilateral LDLLT (n = 31) or CLT (n = 28), divided into a non-CLAD group (n = 41), a LDLLT-CLAD group (n = 11), and a CLT-CLAD group (n = 7). We compared the severity of emphysematous changes, the skeletal muscle mass, and the plasma irisin levels among the groups. RESULTS: The emphysematous changes were significantly more severe in the LDLLT-CLAD and CLT-CLAD groups (p = 0.046 and 0.036), especially in patients with bronchiolitis obliterans syndrome (BOS), than in the non-CLAD group. Although the skeletal muscle mass was similar in all the groups, the plasma irisin levels were significantly lower in the LDLLT-CLAD group (p = 0.022), especially in the patients with BOS after LDLLT, than in the non-CLAD group. CONCLUSION: Emphysematous changes and lower levels of plasma irisin were associated with CLAD, especially in patients with BOS, after bilateral LDLLT.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02339-w

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00595-021-02339-w/fulltext.html

  • The prognostic impact of sarcopenia on elderly patients undergoing pulmonary resection for non-small cell lung cancer

    Akihiro Miura, Hiromasa Yamamoto, Hiroki Sato, Yasuaki Tomioka, Toshio Shiotani, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgery Today   51 ( 7 )   1203 - 1211   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    PURPOSE: The number of elderly patients who undergo surgery is increasing, even though they are at a high risk due to a decreased physical strength. Furthermore, sarcopenia is generally associated with a poor prognosis in patients with non-small cell lung cancer (NSCLC). METHODS: This study included NSCLC patients  ≥ 65 years old who underwent pulmonary resection in our hospital between 2012 and 2015. Sarcopenia was assessed using the psoas muscle mass index based on computed tomography at the level of the third lumbar vertebra. We elucidated the impact of sarcopenia on short- and long-term outcomes after surgery. RESULTS: We enrolled 259 patients, including 179 with sarcopenia. Patients with sarcopenia before surgery tended to have postoperative complications (p = 0.0521), although they did not show a poor prognosis. In patients with sarcopenia, a multivariate analysis revealed that postoperative complications and the progression of sarcopenia 1 year after surgery were significant risk factors for a poor prognosis (p = 0.0169 and 0.00370, respectively). CONCLUSIONS: The progression of sarcopenia after surgery is associated with a poor prognosis in elderly NSCLC patients with sarcopenia. A strategy to prevent postoperative progressive sarcopenia may be necessary for improving the clinical outcome of this population.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02221-1

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00595-020-02221-1/fulltext.html

  • Lung transplantation for bronchiectasis due to hyper-immunoglobulin E syndrome 国際誌

    Dai Shimizu, Shinji Otani, Seiichiro Sugimoto, Haruchika Yamamoto, Yasuaki Tomioka, Toshio Shiotani, Kentaroh Miyoshi, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    The Annals of Thoracic Surgery   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Hyper-immunoglobulin E syndrome (HIES) is one of the primary immunodeficiencies characterized by recurrent staphylococcal skin and lung infections that result in lung destruction and critically diminished pulmonary function. Despite the lack of definitive treatment, there have been no reports of successful lung transplantation (LTx) for HIES patients. We report the case of a 42-year-old female HIES patient with progressive bronchiectasis whose pulmonary infection was controlled prior to transplantation and subsequent LTx was uneventful. LTx may be feasible in HIES if the patient is immunologically stable preoperatively, and peri-operative infections, especially Aspergillus infections, are well-controlled.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2021.05.088

    PubMed

    researchmap

  • Quality of life after partial lung resection with uniportal versus 3-port video-assisted thoracoscopic surgery: a prospective randomized controlled study

    Yoshifumi Sano, Mikio Okazaki, Hisayuki Shigematsu, Natsumi Yamashita, Ryujiro Sugimoto, Nobuhiko Sakao, Yu Mori, Shungo Yukumi, Hironori Izutani

    Surgery Today   51 ( 11 )   1755 - 1763   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    PURPOSE: The effect of uniportal video-assisted thoracoscopic surgery (uni-VATS) versus that of conventional VATS on postoperative quality of life (QOL) is unclear. This prospective randomized controlled study compared uni-VATS and conventional 3-port VATS in terms of QOL and patient satisfaction. METHODS: The subjects of this study were 84 patients with pulmonary nodules or bullous formation, randomized to undergo uniportal or conventional 3-port video-assisted thoracoscopic partial lung resection. The primary endpoint was postoperative pain, assessed using a numeric rating scale on postoperative day (POD) 1. RESULTS: No differences were found in the numeric rating scale on POD 1 after uni-VATS and conventional 3-port VATS. There were also no differences in blood loss, operative time, complication rate, surgical margin, analgesic requirement, vital capacity (VC), forced expiratory volume in 1 s (FEV1), the 6-min walk test (6MWT), C-reactive protein (CRP) levels, white blood cell count (WBC), or duration of chest tube drainage and hospital stay. Differences were found in the numeric rating scale on days 2, 3, 5, and 10 and in the patient satisfaction score on PODs 5 and 10. CONCLUSIONS: Uni-VATS is associated with less chest pain and better patient satisfaction in the short term but without differences in complication rates or surgical margins from the lesions. CLINICAL TRIAL REGISTRY NUMBER: University Hospital Medical Information Network Clinical Trial Registry (UMIN000015340 http://www.umin.ac.jp/english/ ).

    DOI: 10.1007/s00595-021-02294-6

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00595-021-02294-6/fulltext.html

  • Robot-assisted intrathoracic procedure for dumbbell tumour in the prone position 国際誌

    Mikio Okazaki, Tomoyuki Takigawa, Ken Suzawa, Shinichi Toyooka

    Interactive CardioVascular and Thoracic Surgery   33 ( 4 )   643 - 645   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <title>Abstract</title>
    A 24-year-old man presented with a dumbbell-shaped right posterior mediastinal mass. The patient was placed in the prone position following general anaesthesia and intubation. After laminectomy and dissection of the dorsal part of the tumour using a posterior approach were performed, the tumour was completely resected using a robotic approach in the thoracic cavity without repositioning. This is the first report of robotic resection for posterior mediastinal tumour in the prone position as well as a novel combined posterior approach and robotic resection for dumbbell tumours.

    DOI: 10.1093/icvts/ivab117

    PubMed

    researchmap

  • The prognostic nutritional index is correlated negatively with the lung allocation score and predicts survival after both cadaveric and living-donor lobar lung transplantation.

    Haruchika Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Toshio Shiotani, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Surgery today   51 ( 10 )   1610 - 1618   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The prognostic nutritional index (PNI), calculated based on the serum albumin levels and the total lymphocyte count, has been identified as a predictor of clinical outcomes in various fields of surgery. In this study, we investigated the relationship between the PNI and the lung allocation score (LAS) as well as the impact of the PNI on the outcomes of both cadaveric lung transplantation (CLT) and living-donor lobar lung transplantation (LDLLT). METHODS: We reviewed retrospective data for 127 recipients of lung transplantation (LT), including 71 recipients of CLT and 56 recipients of LDLLT. RESULTS: The PNI was correlated significantly and negatively with the LAS (r = - 0.40, P = 0.0000037). Multivariate analysis revealed that age (P = 0.00093), BMI (P = 0.00087), and PNI (P = 0.0046) were independent prognostic factors of a worse outcome after LT. In a subgroup analysis, survival after both CLT (P = 0.015) and LDLLT (P = 0.041) was significantly worse in the low PNI group than in the high PNI group. CONCLUSION: Preoperative nutritional evaluations using the PNI can assist with the assessment of disease severity in LT recipients and may predict survival after both CLT and LDLLT.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02244-2

    PubMed

    researchmap

  • Successful Bronchoscopic Treatment for Postoperative Bronchopleural Fistula Using N-butyl-2-cyanoacrylate (NBCA): Report of a Post-completion Pneumonectomy Case with a History of Induction Chemoradiotherapy Followed by Bilobectomy for Advanced Lung Cancer.

    Toshio Shiotani, Hiromasa Yamamoto, Riko Katsube, Yasuaki Tomioka, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Acta medica Okayama   75 ( 1 )   91 - 94   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bronchopleural fistula (BPF) is a severe complication following lung resection. We present the case of a patient with a history of advanced lung cancer, who had undergone induction chemoradiotherapy followed by right middle and lower lobectomy, and who developed BPF after completion right pneumonectomy. Although we had covered the bronchial stump with an omental pedicled flap, BPF was found on postoperative day 19. We covered the fistula with n-butyl-2-cyanoacrylate (NBCA) using bronchoscopy. Although we had to repeat the NBCA treatment, we ultimately cured the patient's BPF and no recurrence was observed up to 15.2 months after surgery.

    DOI: 10.18926/AMO/61440

    PubMed

    researchmap

  • The heterodimer S100A8/A9 is a potent therapeutic target for idiopathic pulmonary fibrosis. 国際誌

    Kota Araki, Rie Kinoshita, Nahoko Tomonobu, Yuma Gohara, Shuta Tomida, Yuta Takahashi, Satoru Senoo, Akihiko Taniguchi, Junko Itano, Ken-Ichi Yamamoto, Hitoshi Murata, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Kouichi Ichimura, Masahiro Nishibori, Nobuaki Miyahara, Shinichi Toyooka, Masakiyo Sakaguchi

    Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   99 ( 1 )   131 - 145   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In patients with interstitial pneumonia, pulmonary fibrosis is an irreversible condition that can cause respiratory failure. Novel treatments for pulmonary fibrosis are necessary. Inflammation is thought to activate lung fibroblasts, resulting in pulmonary fibrosis. Of the known inflammatory molecules, we have focused on S100A8/A9 from the onset of inflammation to the subsequent progression of inflammation. Our findings confirmed the high expression of S100A8/A9 in specimens from patients with pulmonary fibrosis. An active role of S100A8/A9 was demonstrated not only in the proliferation of fibroblasts but also in the fibroblasts' differentiation to myofibroblasts (the active form of fibroblasts). S100A8/A9 also forced fibroblasts to upregulate the production of collagen. These effects were induced via the receptor of S100A8/A9, i.e., the receptor for advanced glycation end products (RAGE), on fibroblasts. The anti-S100A8/A9 neutralizing antibody inhibited the effects of S100A8/A9 on fibroblasts and suppressed the progression of fibrosis in bleomycin (BLM)-induced pulmonary fibrosis mouse model. Our findings strongly suggest a crucial role of S100A8/A9 in pulmonary fibrosis and the usefulness of S100A8/A9-targeting therapy for fibrosis interstitial pneumonia. HIGHLIGHTS: S100A8/A9 level is highly upregulated in the IPF patients' lungs as well as the blood. S100A8/A9 promotes not only the growth of fibroblasts but also differentiation to myofibroblasts. The cell surface RAGE acts as a crucial receptor to the extracellular S100A8/A9 in fibroblasts. The anti-S100A8/A9 antibody effectively suppresses the progression of IPF in a mouse model. In idiopathic pulmonary fibrosis (IPF), S100A8/A9, a heterodimer composed of S100A8 and S100A9 proteins, plays a crucial role in the onset of inflammation and the subsequent formation of a feed-forward inflammatory loop that promotes fibrosis. (1) The local, pronounced increase in S100A8/A9 in the injured inflammatory lung region-which is provided mainly by the activated neutrophils and macrophages-exerts strong inflammatory signals accompanied by dozens of inflammatory soluble factors including cytokines, chemokines, and growth factors that further act to produce and secrete S100A8/A9, eventually making a sustainable inflammatory circuit that supplies an indefinite presence of S100A8/A9 in the extracellular space with a mal-increased level. (2) The elevated S100A8/A9 compels fibroblasts to activate through receptor for advanced glycation end products (RAGE), one of the major S100A8/A9 receptors, resulting in the activation of NFκB, leading to fibroblast mal-events (e.g., elevated cell proliferation and transdifferentiation to myofibroblasts) that actively produce not only inflammatory cytokines but also collagen matrices. (3) Finally, the S100A8/A9-derived activation of lung fibroblasts under a chronic inflammation state leads to fibrosis events and constantly worsens fibrosis in the lung. Taken together, these findings suggest that the extracellular S100A8/A9 heterodimer protein is a novel mainstay soluble factor for IPF that exerts many functions as described above (1-3). Against this background, we herein applied the developed S100A8/A9 neutralizing antibody to prevent IPF. The IPF imitating lung fibrosis in an IPF mouse model was effectively blocked by treatment with the antibody, leading to enhanced survival. The developed S100A8/A9 antibody, as an innovative novel biologic, may help shed light on the difficulties encountered with IPF therapy in clinical settings.

    DOI: 10.1007/s00109-020-02001-x

    PubMed

    researchmap

  • The neutrophil-to-lymphocyte ratio as a novel independent prognostic factor for multiple metastatic lung tumors from various sarcomas.

    Hiromasa Yamamoto, Kei Namba, Haruchika Yamamoto, Tomohiro Toji, Junichi Soh, Kazuhiko Shien, Ken Suzawa, Takeshi Kurosaki, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Katsuhito Takahashi, Toshiyuki Kunisada, Takahiro Oto, Shinichi Toyooka

    Surgery today   51 ( 1 )   127 - 135   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Sarcomas are among the most refractory malignant tumors and often recur as pulmonary metastasis. Although the presence of a high neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) has been associated with the prognosis of several malignancies, the relationship between the NLR and sarcoma with pulmonary metastasis is unclear. We investigated the impact of the NLR in patients who underwent surgical resection for metastatic lung tumors from various sarcomas. METHODS: The subjects of this retrospective study were 158 patients with metastatic lung tumors from various sarcomas, who underwent initial pulmonary metastasectomy between 2006 and 2015. We examined the clinicopathological variables, including the NLR and the characteristics of surgical procedures. Survival was estimated by the Kaplan-Meier method and prognostic factors were evaluated by multivariate analysis. RESULTS: Multivariate analysis revealed significantly better survival of the group with an NLR < 2.26 immediately before the most recent pulmonary metastasectomy, in addition to such factors as the largest resected lesion being < 22 mm, a disease-free interval of > 2 years, and 3 or more pulmonary metastasectomies. CONCLUSION: The NLR immediately before the most recent pulmonary metastasectomy is a novel independent prognostic factor, which may be helpful when considering repeated pulmonary metastasectomy.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02093-5

    PubMed

    researchmap

  • 外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方 充実した地域医療の実現を目指して

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   122 ( 1 )   83 - 85   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Unique Angiogenesis From Cardiac Arterioles During Pericardial Adhesion Formation. 国際誌

    Kenji Namiguchi, Tomohisa Sakaue, Mikio Okazaki, Kaho Kanno, Yuhei Komoda, Fumiaki Shikata, Mie Kurata, Noritaka Ota, Yoshiaki Kubota, Hirotsugu Kurobe, Takashi Nishimura, Junya Masumoto, Shigeki Higashiyama, Hironori Izutani

    Frontiers in cardiovascular medicine   8   761591 - 761591   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: The molecular mechanisms underlying post-operative pericardial adhesions remain poorly understood. We aimed to unveil the temporal molecular and cellular mechanisms underlying tissue dynamics during adhesion formation, including inflammation, angiogenesis, and fibrosis. Methods and Results: We visualized cell-based tissue dynamics during pericardial adhesion using histological evaluations. To determine the molecular mechanism, RNA-seq was performed. Chemical inhibitors were administered to confirm the molecular mechanism underlying adhesion formation. A high degree of adhesion formation was observed during the stages in which collagen production was promoted. Histological analyses showed that arterioles excessively sprouted from pericardial tissues after the accumulation of neutrophils on the heart surface in mice as well as humans. The combination of RNA-seq and histological analyses revealed that hyperproliferative endothelial and smooth muscle cells with dedifferentiation appeared in cytokine-exposed sprouting vessels and adhesion tissue but not in quiescent vessels in the heart. SMAD2/3 and ERK activation was observed in sprouting vessels. The simultaneous abrogation of PI3K/ERK or TGF-β/MMP9 signaling significantly decreased angiogenic sprouting, followed by inhibition of adhesion formation. Depleting MMP9-positive neutrophils shortened mice survival and decreased angiogenic sprouting and fibrosis in the adhesion. Our data suggest that TGF-β/matrix metalloproteinase-dependent tissue remodeling and PI3K/ERK signaling activation might contribute to unique angiogenesis with dedifferentiation of vascular smooth muscle cells from the contractile to the synthetic phenotype for fibrosis in the pericardial cavity. Conclusions: Our findings provide new insights in developing prevention strategies for pericardial adhesions by targeting the recruitment of vascular cells from heart tissues.

    DOI: 10.3389/fcvm.2021.761591

    PubMed

    researchmap

  • Prognostic nutrition index affects the prognosis of patients undergoing trimodality therapy for locally advanced non-small cell lung cancer.

    Junichi Soh, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Kuniaki Katsui, Masaomi Yamane, Katsuyuki Kiura, Susumu Kanazawa, Shinichi Toyooka

    Surgery today   50 ( 12 )   1610 - 1618   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Trimodality therapy, comprised of induction chemoradiotherapy (iCRT) followed by surgery, is a highly invasive treatment option for locally advanced non-small cell lung cancers (LA-NSCLCs; defined as a heterogenous disease). We conducted this study to investigate the prognostic nutritional index (PNI) of LA-NSCLC patients undergoing trimodality therapy, which has not been studied in detail before. METHODS: The subjects of this retrospective study were 127 patients who underwent trimodality therapy between 1999 and 2016. We measured the PNI at three points: before iCRT (pre-iCRT), before the operation, and after the operation. RESULTS: PNIs decreased significantly as treatment progressed. Patients with clinical T3/4 (cT3/4) disease had a significantly lower PNI than those with cT1/2 disease, but the extent of lymph-node metastasis did not affect the PNI at any point. Using the cut-off values of receiver-operating curve analyses, multivariable analyses revealed that a high PNI pre-iCRT correlated significantly with a better survival of LA-NSCLC patients, especially those with cT3/4 disease (hazard ratio 3.84; 95% confidential interval 1.34-12.5, P = 0.012). CONCLUSIONS: Measuring the PNI before trimodality therapy is important for predicting the clinical outcome of patients with LA-NSCLC, with differing predictive ability according to the disease extent. Perioperative intensive nutritional intervention must be considered for patients who undergo trimodality therapy for LA-NSCLC.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02067-7

    PubMed

    researchmap

  • A Simple Prognostic Benefit Scoring System for Sarcoma Patients with Pulmonary Metastases: Sarcoma Lung Metastasis Score. 国際誌

    Haruchika Yamamoto, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Etsuji Suzuki, Kei Namba, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Takashi Yorifuji, Katsuhito Takahashi, Shinichi Toyooka

    Annals of surgical oncology   28 ( 7 )   3884 - 3890   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Pulmonary metastasectomy could be considered one of the treatment options for disease control in sarcoma patients with pulmonary metastases; however, there is little consensus regarding the suitable criteria for predicting the likely outcomes in these patients. The aim of this study was to establish a prognostic benefit scoring system based on preoperatively examined prognostic factors for sarcoma patients with pulmonary metastases. METHODS: This was a single-center, retrospective cohort study conducted in a cohort of 135 sarcoma patients who underwent a first pulmonary metastasectomy at Okayama University Hospital between January 2006 and December 2015. Based on the results of a multivariable logistic regression analysis performed to determine the factors influencing 3-year mortality, a Sarcoma Lung Metastasis Score was created and its correlation with 3-year survival was analyzed. RESULTS: The results of the multivariate analysis revealed significant differences in the disease-free interval (< 2 years vs. ≥ 2 years; odds ratio (OR) 4.22, 95% confidence interval (CI) 1.67-10.70), maximum tumor diameter (≥ 15 mm vs. < 15 mm; OR 3.86, 95% CI 1.75-8.52), and number of pulmonary metastases (≥ 6 vs. < 6; OR 2.65, 95% CI 1.06-6.620). The Sarcoma Lung Metastasis Score, which was defined as the total score of these three factors, reliably predicted 3-year survival (score: 0, 89.5%; 1, 63.2%; 2, 39.0%; 3, 10.5%). CONCLUSIONS: Our newly proposed simple Sarcoma Lung Metastasis Score appears to be a useful prognostic predictor for sarcoma patients with pulmonary metastases, in that it could be helpful for the selection of appropriate treatments for these patients.

    DOI: 10.1245/s10434-020-09272-1

    PubMed

    researchmap

  • Chronic lung injury after trimodality therapy for locally advanced non-small cell lung cancer. 国際誌

    Junichi Soh, Seiichiro Sugimoto, Kei Namba, Akihiro Miura, Toshio Shiotani, Haruchika Yamamoto, Ken Suzawa, Kazuhiko Shien, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Kuniaki Katsui, Masaomi Yamane, Katsuyuki Kiura, Susumu Kanazawa, Shinichi Toyooka

    The Annals of thoracic surgery   112 ( 1 )   279 - 288   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Trimodality therapy is a treatment option for patients with locally advanced non-small cell lung cancer (LA-NSCLC). Thoracic radiation has both early (radiation pneumonitis) and late (chronic lung injury: CLI) adverse effects on the lung. While CLI is expected to result in various problems in long-term survivors, these manifestations have not been precisely investigated. METHODS: We enrolled 112 LA-NSCLC patients who had received induction chemoradiotherapy followed by surgery, and then undergone follow-up computed tomography (CT) every 6 months for >1 year. All chest CT images were reviewed to evaluate any injury of the pulmonary parenchyma. RESULTS: CLI at 1 year after surgery and its progression (pCLI) were observed in 94 (84%) and 38 (34%) patients, respectively. Progressive lung fibrosis (PLF) as the first manifestation of pCLI was most frequent after right middle and/or lower lobectomy. Cavity formation was the subsequent manifestation after PLF, and chronic infection was the final stage of CLI. The cumulative rate of chronic infection was 76.4% at 10 years in patients with cavity formation. Ten patients with chronic infection included seven cases of pulmonary aspergillosis and two cases of cavity infections with methicillin-resistant Staphylococcus aureus or Stenotrophomonas maltophili. Among them, 4 patients required surgical interventions including completion pneumonectomy or fenestration. CONCLUSIONS: CLI is a common incidence after trimodality therapy for LA-NSCLC. CLI frequently results in cavity formation, which is a precursor of highly refractory chronic infections requiring surgical intervention. Appropriate management needs to be established for CLI developing after trimodality therapy.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2020.07.068

    PubMed

    researchmap

  • Continuing surgical education of non-technical skills. 国際誌

    Masaomi Yamane, Seiichiro Sugimoto, Etsuji Suzuki, Keiju Aokage, Mikio Okazaki, Junichi Soh, Makio Hayama, Yuji Hirami, Takashi Yorifuji, Shinichi Toyooka

    Annals of medicine and surgery (2012)   58   177 - 186   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: The non-technical skills for surgeons (NOTSS) system was developed as a tool to assess surgical skills for patient safety during surgery. This study aimed to develop a NOTSS-based training system for surgical trainees to acquire non-technical skills using a chest surgery scenario in a wet lab. Materials and methods: Trainees were categorized into three subgroups according to the years of experience as follows: Level A: 6 years or more; Level B: 3-5 years; and Level C: 1-2 years. Three stages of surgical procedure were designed: 1. chest wall resection and right upper lobe lobectomy, 2. right middle lobe sleeve lobectomy, and 3. right lower lobe lobectomy. One instructor was assigned to each operation table, who evaluated each participant's NOTSS scores consisting of 16 elements. Results: When comparing average NOTSS score of all the three procedures, significant differences were observed between Level A, B, and C trainees. As an example of varying elements by procedure, Level A trainees demonstrated differences in Situation Awareness, and a significant difference was observed in Level C trainees regarding the elements of Decision Making. On the contrary, no significant difference was observed among Level B trainees. In the comparison between first-time and experienced participants, a significant improvement was observed in some elements in Level B and C trainees. Conclusion: This study highlights the usefulness and feasibility of the NOTSS scoring system for surgeons with different experiences and the effectiveness of providing feedback to trainees during intraoperative handoffs in a wet lab.

    DOI: 10.1016/j.amsu.2020.07.062

    PubMed

    researchmap

  • A Giant Thymic Cyst Accompanied by Acute Mediastinitis.

    Akihiro Miura, Kazuhiko Shien, Tomohiro Toji, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka

    Acta medica Okayama   74 ( 5 )   431 - 433   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We encountered a rare case of thymic cyst accompanied by mediastinitis. A 39-year-old Japanese male presented with fever and chest pain. The chest CT revealed a mass composed of a lobular cystic lesion with inflammation, suggesting the onset of mediastinitis. A definitive histological diagnosis was not obtained, and we performed a thymectomy. Pathologically, the thymic cyst was accompanied by multiple cavities, mimicking thymic cysts, caused by the inflammatory abscess. The surrounding adipose tissue showed inflammatory cell infiltrations with chronic fibrosis. These findings indicate that clinicians should be aware that thymic cysts may cause severe mediastinitis.

    DOI: 10.18926/AMO/60804

    PubMed

    researchmap

  • Effectiveness of scheduled intravenous acetaminophen in the postoperative pain management of video-assisted thoracic surgery.

    Yoshinobu Shikatani, Junichi Soh, Kazuhiko Shien, Takeshi Kurosaki, Shinji Ohtani, Hiromasa Yamamoto, Arata Taniguchi, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, Hiroshi Morimatsu, Shinichi Toyooka

    Surgery today   51 ( 4 )   589 - 594   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The scheduled administration of intravenous acetaminophen (scheduled-IV-AcA) is one of the more effective multimodal analgesic approaches for postoperative pain in abdominal/orthopedic surgeries. However, there is little evidence concerning scheduled-IV-AcA after general thoracic surgery, especially when limited to video-assisted thoracoscopic surgery (VATS). We investigated the efficacy of scheduled-IV-AcA administration in patients after undergoing VATS. METHODS: Ninety-nine patients who underwent VATS lobectomy or segmentectomy via an 8-cm access window and 1 camera port were retrospectively reviewed by categorizing them into groups either with scheduled-IV-AcA (Group AcA: n = 29) or without it (Group non-AcA: n = 70). Group AcA received 1 g of IV-AcA every 6 h from the end of the operation until the end of POD2. Postoperative pain was measured using a numeric rating scale (NRS) three times per day until discharge. RESULTS: NRS scores were significantly lower in Group AcA with motion (on POD1 to the first point of POD2) than in Group non-AcA. Group non-AcA was also more likely to use additional analgesics than Group AcA (39% vs. 17%, p = 0.058). CONCLUSIONS: Scheduled-IV-AcA administration is a safe and effective multimodal analgesic approach in patients undergoing VATS pulmonary resection via an 8-cm access window.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02127-y

    PubMed

    researchmap

  • Overcoming epithelial-mesenchymal transition-mediated drug resistance with monensin-based combined therapy in non-small cell lung cancer. 国際誌

    Kosuke Ochi, Ken Suzawa, Shuta Tomida, Kazuhiko Shien, Jui Takano, Shunsaku Miyauchi, Tatsuaki Takeda, Akihiro Miura, Kota Araki, Kentaro Nakata, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Tadahiko Shien, Masaomi Yamane, Kazuo Azuma, Yoshiharu Okamoto, Shinichi Toyooka

    Biochemical and biophysical research communications   529 ( 3 )   760 - 765   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The epithelial-mesenchymal transition (EMT) is a key process in tumor progression and metastasis and is also associated with drug resistance. Thus, controlling EMT status is a research of interest to conquer the malignant tumors. MATERIALS AND METHODS: A drug repositioning analysis of transcriptomic data from a public cell line database identified monensin, a widely used in veterinary medicine, as a candidate EMT inhibitor that suppresses the conversion of the EMT phenotype. Using TGF-β-induced EMT cell line models, the effects of monensin on the EMT status and EMT-mediated drug resistance were assessed. RESULTS: TGF-β treatment induced EMT in non-small cell lung cancer (NSCLC) cell lines and the EGFR-mutant NSCLC cell lines with TGF-β-induced EMT acquired resistance to EGFR-tyrosine kinase inhibitor. The addition of monensin effectively suppressed the TGF-β-induced-EMT conversion, and restored the growth inhibition and the induction of apoptosis by the EGFR-tyrosine kinase inhibitor. CONCLUSION: Our data suggested that combined therapy with monensin might be a useful strategy for preventing EMT-mediated acquired drug resistance.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.06.077

    PubMed

    researchmap

  • Pulmonary aspergillosis as a late complication after surgery for locally advanced non-small cell lung cancer treated with induction chemoradiotherapy.

    Seiichiro Sugimoto, Junichi Soh, Ken Suzawa, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, Susumu Kanazawa, Katsuyuki Kiura, Shinichi Toyooka

    Surgery today   50 ( 8 )   863 - 871   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Some long-term survivors after surgery for locally advanced non-small cell lung cancer (NSCLC) treated with induction chemoradiotherapy (trimodality treatment) develop chronic pulmonary aspergillosis (CPA). The aim of our study was to assess the characteristics and outcomes of CPA that develops after trimodality treatment. METHODS: We retrospectively reviewed the data of 187 NSCLC patients who underwent trimodality treatment between 1999 and 2018. RESULTS: Six male ever-smoker patients developed CPA. All 6 patients had undergone extended resection for NSCLC and had a history of either adjuvant chemotherapy (n = 3) or radiation pneumonitis (n = 4). Among the 4 patients with CPA localized in a single lung, 3 patients were treated surgically (completion pneumonectomy or cavernostomy) and 1 patient was treated with antifungal therapy alone. Both treatments led to the improved control of CPA. In contrast, patients with CPA in both lungs were not candidates for surgery, and died of CPA. The survival rates after trimodality treatment in the CPA group and the group without CPA were comparable (10-year survival rate, 50.0% vs. 57.6%, P = 0.59). CONCLUSION: The early diagnosis of CPA localized in a single lung after NSCLC surgery is critical to improving control and survival in patients with CPA.

    DOI: 10.1007/s00595-020-01960-5

    PubMed

    researchmap

  • Lung perfusion scintigraphy to detect chronic lung allograft dysfunction after living-donor lobar lung transplantation. 国際誌

    Haruchika Yamamoto, Seiichiro Sugimoto, Takeshi Kurosaki, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Takahiro Oto, Shinichi Toyooka

    Scientific reports   10 ( 1 )   10595 - 10595   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Because chronic lung allograft dysfunction (CLAD) develops predominantly on one side after bilateral living-donor lobar lung transplantation (LDLLT), lung perfusion scintigraphy (Q-scinti) was expected to show a perfusion shift to the contralateral unaffected lung with the development of CLAD. Our study examined the potential usefulness of Q-scinti in the diagnosis of CLAD after bilateral LDLLT. We conducted a single-center retrospective cohort study of 58 recipients of bilateral LDLLT. The unilateral shift values on Q-scinti were calculated and compared between the CLAD group (N = 27) and the non-CLAD group (N = 31) from 5 years before to 5 years after the diagnosis of CLAD. The unilateral shift values in Q-scinti were significantly higher in the CLAD group than in the non-CLAD group from 5 years before the diagnosis of CLAD to 5 years after the diagnosis (P < 0.05). The unilateral shift values in Q-scinti were significantly correlated with the percent baseline values of the forced expiratory volume in 1 s (P = 0.0037), the total lung capacity (P = 0.0028), and the forced vital capacity (P = 0.00024) at the diagnosis of CLAD. In patients developing unilateral CLAD after bilateral LDLLT, Q-scinti showed a unilateral perfusion shift to the contralateral unaffected lung. Thus, Q-scinti appears to have the potential to predict unilateral CLAD after bilateral LDLLT.

    DOI: 10.1038/s41598-020-67433-4

    PubMed

    researchmap

  • Antitumor Effects of Pan-RAF Inhibitor LY3009120 Against Lung Cancer Cells Harboring Oncogenic BRAF Mutation. 国際誌

    Shunsaku Miyauchi, Kazuhiko Shien, Tatsuaki Takeda, Kota Araki, Kentaro Nakata, Akihiro Miura, Yuta Takahashi, Eisuke Kurihara, Yusuke Ogoshi, Kei Namba, Ken Suzawa, Hiromasa Yamamoto, Mikio Okazaki, Junichi Soh, Shuta Tomida, Masaomi Yamane, Masakiyo Sakaguchi, Shinichi Toyooka

    Anticancer research   40 ( 5 )   2667 - 2673   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND/AIM: The therapeutic strategy for patients with non-small-cell lung cancer (NSCLC) harboring the BRAF non-V600E mutation has not been established. LY3009120, a newly discovered pan-RAF inhibitor, has shown strong antitumor effects in cancers with various BRAF genotypes. This study investigated the antitumor effects of LY3009120 in NSCLC cells harboring the BRAF non-V600E mutation. MATERIALS AND METHODS: We examined the antitumor effects of LY3009120 by MTS assay and flow cytometry. We analyzed the expression status of proteins by western blot. The mouse xenograft models were used for the in vivo experiments. RESULTS: LY3009120 suppressed BRAF-related downstream pathway molecules and induced cleavage of poly ADP-ribose polymerase in all examined NSCLC cell lines. LY3009120 also inhibited in vivo tumor growth in NSCLC cells harboring the BRAF non-V600E mutation. CONCLUSION: LY3009120 is a potent therapeutic agent for patients with BRAF non-V600E mutant NSCLC.

    DOI: 10.21873/anticanres.14237

    PubMed

    researchmap

  • Plasma micro-RNA Levels are Associated with the Development of Chronic Lung Allograft Dysfunction after Bilateral Living-Donor and Cadaveric Lung Transplantation

    T. Shiotani, S. Sugimoto, H. Yamamoto, D. Shimizu, K. Miyoshi, S. Otani, M. Okazaki, M. Yamane, T. Oto, S. Toyooka

    The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation   39 ( 4 )   S194   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc. PURPOSE: Micro-RNAs (miRNAs) regulate genes by selectively silencing their target messenger RNAs. Recently, serum levels of miRNA related to pulmonary fibrosis (miR-21 and miR-155), have been shown to be associated with the development of chronic lung allograft dysfunction (CLAD) after cadaveric lung transplantation (CLT). We investigated the relationship between miRNAs levels and CLAD after bilateral living-donor lobar lung transplantation (LDLLT) and CLT. METHODS: Blood samples were collected from a total of 70 patients who underwent bilateral LDLLT (n=39) and bilateral CLT (n=31), including patients with CLAD (the CLAD group, n=25) and those without CLAD (the non-CLAD group, n=45). Plasma miRNA levels (miR-21 and miR-155) were quantified using real-time PCR and compared between the two groups. The relationship between miRNA levels and the results of pulmonary function tests at the onset of CLAD was assessed. Appropriate cut-off values of miRNA levels were set for the diagnosis of CLAD. RESULTS: The median follow-up period was 3074 (1071-7523) days. Plasma miRNA levels of the CLAD group were significantly higher than those of the non-CLAD group (miR-21, P<0.001; miR-155, P=0.013) (Fig. 1). In the CLAD group, miRNA levels after LDLLT were comparable to those after CLT. Moreover, miRNA levels were significantly negatively correlated with the baseline values of forced expiratory volume in 1 second (FEV1) (miR-21, P<0.001; miR-155, P=0.039) and those of total lung cavity (TLC) (miR-21, P<0.001; miR-155, P=0.0012) (Fig. 2). An ROC analysis of the performance of miR-21 level as a marker of CLAD yielded an AUC of 0.94 at a threshold level of 6.51. Patients with miR-21 level≥6.51 showed significantly better CLAD-free survival than those with miR-21 level<6.51 (P<0.001) (Fig. 3). CONCLUSION: Plasma miRNA levels are associated with the development of CLAD after bilateral LDLLT and CLT, and might be a potential biomarker for the diagnosis of CLAD.

    DOI: 10.1016/j.healun.2020.01.792

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Prognostic Nutritional Index Negatively Correlates with Lung Allocation Score and Predicts Survival after Both Cadaveric and Living-Donor Lobar Lung Transplantation

    H. Yamamoto, S. Sugimoto, T. Shiotani, K. Miyoshi, S. Otani, M. Okazaki, M. Yamane, T. Oto, S. Toyooka

    The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation   39 ( 4 )   S311   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc. PURPOSE: The preoperative nutritional status affects the clinical outcome of surgery. To predict the clinical outcome, a prognostic nutritional index (PNI) calculated using serum albumin levels (ALB) and total lymphocyte count (TLC) has been shown to be valuable in various fields of surgery. In this study, we investigated the relationship between PNI and lung allocation score (LAS) as well as the impact of PNI on outcomes of lung transplantation (LT), including cadaveric lung transplantation (CLT) and living-donor lobar lung transplantation (LDLLT). METHODS: Between June 2003 and August 2016, a total of 127 patients underwent LT at Okayama University Hospital, including 71 recipients of CLT and 56 recipients of LDLLT. The PNI was calculated by the following equation: PNI = (10 × ALB(g/dl)+(0.005 × TLC(/mm3)). The overall survival was evaluated by univariate analysis (the log rank test) and multivariate analysis (the Cox proportional hazard regression model) using preoperative factors, including sex, age, BMI, diagnosis, oxygen concentration, mechanical ventilation, tracheostomy, ECMO support, use of glucocorticoids, serum creatinine level, diabetes mellitus, LAS, and PNI. RESULTS: PNI was significantly negatively correlated with LAS (r=-0.3, P=0.00062) (Fig. 1A). The univariate analysis revealed that the overall survival was significantly worse in the patients with age>28 (P=0.047), BMI<24.2 (P=0.0098), LAS>58.04 (P=0.000072), PNI<46.35 (P=0.018) (Fig. 1B). The multivariate analysis demonstrated that age (P=0.00093), BMI (P=0.0024), and PNI (P=0.0047) were independent prognostic factors of worse outcome. In the subgroup analysis, low PNI is a significant prognostic factor of worse survival after CLT (P=0.015) (Fig. 1C) and LDLLT (P=0.041) (Fig. 1D). CONCLUSION: Preoperative nutritional evaluation using PNI could contribute to the assessment of LT recipient's severity and predict survival after both CLT and LDLLT.

    DOI: 10.1016/j.healun.2020.01.700

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Favorable survival even with high disease-specific complication rates in lymphangioleiomyomatosis after lung transplantation-long-term follow-up of a Japanese center. 国際誌

    Takeshi Kurosaki, Shinji Otani, Kentaroh Miyoshi, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Manabu Suno, Masaomi Yamane, Motomu Kobayashi, Takahiro Oto, Shinichi Toyooka

    The clinical respiratory journal   14 ( 2 )   116 - 123   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Lung transplantation (LT) is a reliable therapeutic option for end-stage pulmonary lymphangioleiomyomatosis (LAM). Long-term outcome of LAM recipients after LT remains unknown. The aim of this study was to describe the outcomes of LT for LAM with a long-term follow-up, comparing those for other diseases in the same period. METHODS: We retrospectively reviewed consecutive 145 LT recipients between 1998 and 2015 at Okayama University Hospital with minimum 3-year follow-up. RESULTS: Twelve LAM recipients including nine sporadic-LAM and three tuberous sclerosis complex -LAM were identified. Nine of 12 underwent bilateral LT including four living-donor lobar LT. There was no significant difference in overall survival between the two groups. (P = 0.15). Chronic lung allograft dysfunction free survival rate in LAM compared with other diseases tended to be better (P = 0.058). However, the rate of requiring hemodialysis was significantly higher in LAM recipients than in the recipients of other diseases (P = 0.047). Notably, 8 of 12 (67%) LAM patients encountered LAM-related complication including chylothorax and pneumothorax, seven (58%) had proliferative diseases consisting of renal angiomyolipoma and recurrent LAM. Nine patients required mTOR inhibitors for LAM-related problems, contributing to improved control of LAM-related problems. While all nine recipients of bilateral LT have still survived, two patients died of diseases in their native lungs and one required re-LT among three recipients of single LT. CONCLUSION: Although the rates of LAM-related complications were unexpectedly high in the long term, LT is a feasible therapeutic option for patients with advanced pulmonary LAM.

    DOI: 10.1111/crj.13108

    PubMed

    researchmap

  • Two cases of granuloma mimicking local recurrence after pulmonary segmentectomy. 国際誌

    Mikio Okazaki, Yoshifumi Sano, Yu Mori, Nobuhiko Sakao, Syungo Yukumi, Hisayuki Shigematsu, Hironori Izutani

    Journal of cardiothoracic surgery   15 ( 1 )   7 - 7   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Fluorodeoxyglucose (FDG)-positron emission tomography (PET)/CT is the most sensitive non-invasive imaging method for the detection of tumor metastasis and recurrence, but sometimes reveals false-positive results. Herein, we report two cases of false-positive results on PET/CT scans along with elevated serum carcinoembryonic antigen (CEA) levels, mimicking local recurrence after pulmonary segmentectomy. CASE PRESENTATION: Case 1; A 75-year-old woman underwent thoracoscopic left basal segmentectomy for primary lung cancer. Follow-up at 6 months after the surgery revealed serum CEA level elevation and chest CT showed a nodule measuring 25 × 22 mm in the residual left lower lobe. PET/CT revealed FDG uptake in the nodule diagnosed as local recurrence of lung cancer, and the patient underwent partial resection of the nodule. Microscopic examination of the resected specimen revealed granuloma caused by polyglycolic acid (PGA) sheet. Case 2; A 58-year-old man underwent VATS right S1 segmentectomy for lung metastasis from rectal carcinoma. Serum CEA levels gradually increased after surgery, and PET/CT revealed FDG uptake in the stump diagnosed as local recurrence of the lung metastasis. The patient underwent completion lobectomy 6 months after the segmentectomy, and the pathology of the resected specimen revealed an inflammatory granuloma caused by PGA suture. CONCLUSIONS: Although suture and stapler granulomas have been reported, granuloma caused by PGA sheets has never been reported. Postoperative recurrence of lung cancer should be diagnosed with not only PET/CT scans and serum tumor markers but also pathological findings, to avoid unnecessary treatment such as chemotherapy, radiation, and difficult reoperation.

    DOI: 10.1186/s13019-020-1055-z

    PubMed

    researchmap

  • 当院における高齢者レシピエント症例の検討

    富岡 泰章, 大谷 真二, 清水 大, 松原 慧, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   55 ( Supplement )   253_1 - 253_1   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本移植学会  

    【背景】日本における高齢者レシピエントの長期成績に関しての報告は少ない.今回当院における高齢者レシピエントの長期成績について後方視的に検討した.【対象と方法】1998年1月~2020年1月に施行した18歳以上の肺移植症例161例を対象とした.60歳以上の高齢群(H群:n=10)と18-59歳の非高齢群(L群:n=151)の2群に分けて,全生存期間(OS)およびCLAD発症までの期間(CFS)について解析を行った.【結果】H群ではL群と比較して片肺移植(p=0.03),間質性肺炎(p=0.02),男性(p=0.04)の割合が有意に多かった.BMI,ドナー年齢,総虚血時間,LASスコアには有意差は認めなかった.H群とL群の5年OSはそれぞれ51.9%と75.5%であり,有意差を認めた(p=0.02).H群とL群の5年CFSはそれぞれ53.3%と72.5%であった.サブグループ解析では,H群の片肺移植症例(5年:OS 25%)は両肺移植症例(5年OS:75%)と比較してOSが悪い傾向にあった(p=0.08)が,H群の両肺移植症例はL群の両肺移植症例(5年OS:74.2%)と比較しても同等の成績であった(p=0.5).【結語】60歳以上のレシピエントの成績は60歳未満と比較し不良だが,両肺移植がより望ましい可能性が示唆された.

    DOI: 10.11386/jst.55.supplement_253_1

    CiNii Article

    researchmap

  • 肺移植におけるLiquid biopsy:ドナー由来血中遊離DNAとマイクロRNA

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 富岡 泰章, 石上 恵美, 石原 恵, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   55 ( Supplement )   242_2 - 242_2   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本移植学会  

    【背景】低侵襲に血液や体液を採取し解析を行うLiquid biopsyは、癌領域では既に臨床応用され治療方針の決定に一役買っているが、移植領域ではまだ発展途上である。当科では肺移植におけるLiquid biopsyとして、ドナー由来血中遊離DNA(dd-cf-DNA)とマイクロRNA(miRNA)を標的にした研究を行ってきたため、その成果を報告する。【方法】ドナーとレシピエントの一塩基多型を比較してdd-cf-DNAを測定し、生体肺移植後の急性拒絶反応(AR)における診断的意義を検討した。次にレシピエントのみの検体で評価できるmiRNAを測定し、脳死・生体肺移植後の移植片慢性機能不全(CLAD)における診断的意義を検討した。【結果】dd-cf-DNAは、感染群(p=0.028)や安定群(p=0.001)よりAR群で有意に増加しており、生体肺移植後ARの診断に有用であった(Sci Rep 2018)。また線維化に関与するmiRNAが、非CLAD群よりCLAD群で有意に増加しており(p=0.008)、一秒量の変化率とも相関し(p=0.014)、CLAD診断に有用であった。【結論】肺移植のLiquid biopsy として、dd-cf-DNAは生体肺移植後ARの診断に、またmiRNAはCLADの診断に有用である。今後の臨床応用を目指して症例数の集積と簡便で精度の高い方法の開発が望まれる。

    DOI: 10.11386/jst.55.supplement_242_2

    CiNii Article

    researchmap

  • Negative impact of recipient SPRED2 deficiency on transplanted lung in a mouse model. 国際誌

    Kohei Hashimoto, Masaomi Yamane, Seiichiro Sugimoto, Yutaka Hirano, Takeshi Kurosaki, Shinji Otani, Kentaroh Miyoshi, Toshiaki Ohara, Mikio Okazaki, Teizo Yoshimura, Takahiro Oto, Akihiro Matsukawa, Shinichi Toyooka

    Transplant immunology   57   101242 - 101242   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Ischemia-reperfusion injury (IRI) after lung transplantation mainly contributes to the development of primary graft dysfunction. The Sprouty-related EVH1-domain-containing (SPRED) protein family inhibits the mitogen activated protein kinase/extracellular-signal-regulated kinase (MAPK/ERK) pathway. Our study was aimed at examining the role of SPRED2 in IRI in mice that received orthotopic lung transplantation. Syngeneic mouse lung transplantation was performed in wild-type C57BL/6 J (WT) mice and Spred2 knockout (Spred2-/-) mice on the C57BL/6 J background from the WT donor. Four hours after reperfusion, blood gas analysis was performed, and lung grafts were sacrificed and analyzed. By using arterial oxygen tension measurements and histological evaluation using Lung Injury Score, we revealed more severe IRI in the grafts transplanted to Spred2-/- recipients, which manifested as exacerbated airway epithelial cell damage, interstitial edema with hemorrhage and neutrophil infiltration. Intragraft ERK1/2 activation and expression levels of proinflammatory cytokines and chemokines in Spred2-/- recipients were higher than those in WT recipients. SPRED2 plays an important role in protecting the lungs from IRI in lung transplantation recipients. We suggest that focused treatments suppressing the activity of the MAPK/ERK pathway in transplantation recipients could be the potential therapeutic option for the prevention of lung IRI.

    DOI: 10.1016/j.trim.2019.101242

    PubMed

    researchmap

  • Impact of chronic lung allograft dysfunction, especially restrictive allograft syndrome, on the survival after living-donor lobar lung transplantation compared with cadaveric lung transplantation in adults: a single-center experience.

    Seiichiro Sugimoto, Haruchika Yamamoto, Takeshi Kurosaki, Shinji Otani, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka, Takahiro Oto

    Surgery today   49 ( 8 )   686 - 693   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The differences in chronic lung allograft dysfunction (CLAD) between living-donor lobar lung transplantation (LDLLT) and cadaveric lung transplantation (CLT) remain unclear. We conducted this study to compare the impact of CLAD on the outcomes after LDLLT vs. CLT. METHODS: We conducted a retrospective review of the data of 97 recipients of bilateral lung transplantation, including 51 recipients of LDLLT and 46 recipients of CLT. RESULTS: The CLAD-free survival and overall survival after LDLLT were similar to those after CLT. CLAD and restrictive allograft syndrome (RAS), but not bronchiolitis obliterans syndrome (BOS), developed significantly later after LDLLT than after CLT (p = 0.015 and p = 0.035). Consequently, patients with CLAD and RAS, but not those with BOS, after LDLLT had a significantly better overall survival than those after CLT (p = 0.037 and p = 0.0006). Furthermore, after the diagnosis of CLAD, the survival of patients with RAS after LDLLT tended to be better than that after CLT (p = 0.083). CONCLUSION: CLAD, especially RAS, appears to develop later after LDLLT than after CLT and seems to have a lower impact on the overall survival after LDLLT than that after CLT.

    DOI: 10.1007/s00595-019-01782-0

    PubMed

    researchmap

  • A simple mouse model of pericardial adhesions. 国際誌

    Ai Kojima, Tomohisa Sakaue, Mikio Okazaki, Fumiaki Shikata, Mie Kurata, Yuuki Imai, Hirotomo Nakaoka, Junya Masumoto, Shunji Uchita, Hironori Izutani

    Journal of cardiothoracic surgery   14 ( 1 )   124 - 124   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Postoperative pericardial adhesions are considered a risk factor for redo cardiac surgery. Several large- and medium-size animal models of pericardial adhesions have been reported, but small animal models for investigating the development of anti-adhesion materials and molecular mechanisms of this condition are lacking. In this study, we aimed to establish a simple mouse model of pericardial adhesions to address this gap. METHODS: We administered blood, minocycline, picibanil, and talc into the murine pericardial cavity via one-shot injection. Micro-computed tomography analyses of contrast agent-injected mice were carried out for methodological evaluation. We investigated various dosages and treatment durations for molecules identified to be inducers of pericardial adhesion. The adhesive grade was quantified by scoring the strength and volume of adhesion tissues at sacrificed time points. Histological staining with hematoxylin and eosin and Masson's trichrome, and immunostaining for F4/80 or αSMA was performed to investigate the structural features of pericardial adhesions, and pathological features of the pericardial adhesion tissue were compared with human clinical specimens. RESULTS: Administration of talc resulted in the most extensive pericardial adhesions. Micro-computed tomography imaging data confirmed that accurate injection into the pericardial cavity was achieved. We found the optimal condition for the formation of strong pericardial adhesions to be injection of 2.5 mg/g talc for 2 weeks. Furthermore, histological analysis showed that talc administration led to an invasion of myofibroblasts and macrophages in the pericardial cavity and epicardium, consistent with pathological findings in patients with left ventricular assistive devices. CONCLUSIONS: We successfully established a simple mouse model of talc-induced pericardial adhesions, which mimics human pathology and could contribute to solving the clinical issues related to pericardial adhesions.

    DOI: 10.1186/s13019-019-0940-9

    PubMed

    researchmap

  • Ganetespib in Epidermal Growth Factor Receptor-Tyrosine Kinase Inhibitor-resistant Non-small Cell Lung Cancer. 国際誌

    Eisuke Kurihara, Kazuhiko Shien, Hidejiro Torigoe, Tatsuaki Takeda, Yuta Takahashi, Yusuke Ogoshi, Takahiro Yoshioka, Kei Namba, Hiroki Sato, Ken Suzawa, Hiromasa Yamamoto, Junichi Soh, Mikio Okazaki, Tadahiko Shien, Shuta Tomida, Shinichi Toyooka

    Anticancer research   39 ( 4 )   1767 - 1775   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The 90-kDa heat-shock protein (HSP90) is a chaperone protein expressed at high levels in cancer cells and is involved in the folding or stabilization of several client proteins, including epidermal growth factor receptor (EGFR). Ganetespib is a second-generation HSP90 inhibitor with a potent antitumor effect against various cancer types. MATERIALS AND METHODS: This study examined the antitumor effect of ganetespib in EGFR-mutant non-small cell lung cancer (NSCLC) cells and experimentally established EGFR-tyrosine kinase inhibitor (TKI)-resistant cells harboring various resistance mechanisms, including EGFR T790M mutation, met proto-oncogene amplification, and epithelial-mesenchymal transition. RESULTS: Ganetespib showed a potent antitumor effect at low concentrations, suppressing EGFR-related downstream pathway molecules and inducing cleavage of poly ADP-ribose polymerase in all examined EGFR-TKI-resistant cell lines in vitro. Ganetespib also inhibited in vivo tumor growth in resistant cells harboring EGFR T790M. CONCLUSION: Ganetespib might be a promising therapeutic option for the treatment of patients with EGFR-TKI-resistant NSCLC.

    DOI: 10.21873/anticanres.13283

    PubMed

    researchmap

  • Hoarseness after radical surgery with systematic lymph node dissection for primary lung cancer. 国際誌

    Yoshifumi Sano, Hisayuki Shigematsu, Mikio Okazaki, Nobuhiko Sakao, Yu Mori, Shungo Yukumi, Hironori Izutani

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   55 ( 2 )   280 - 285   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Radical surgery with systematic upper mediastinal node dissection for primary lung cancer can cause recurrent laryngeal nerve (RLN) paralysis, but this is poorly reported. METHODS: We retrospectively reviewed the clinical data for consecutive patients who underwent radical surgery for primary lung cancer with an observation period of at least 12 months. During follow-up, hoarseness and vocal fold movement were assessed clinically and laryngoscopically, respectively. RESULTS: Of the 365 patients included in this study, 22 (6.0%) experienced hoarseness as a complication. All 22 patients who experienced hoarseness had undergone upper mediastinal node dissection. Although 1 of the 22 patients refused to undergo laryngoscopy, we assessed the vocal fold movement in the remaining patients (95.5%). Among these, 5 patients (23.8%) had right RLN paralysis, and 15 (71.4%) had left RLN paralysis and showed no sign of RLN paralysis. Over 1-24 months, vocal cord movement improved in 61.1% (11/18); and over 1-28 months, hoarseness improved in 72.7% (16/22). All patients with right RLN paralysis improved without further treatment. CONCLUSIONS: We conclude that extensive follow-up is necessary to discern whether hoarseness is a temporary or permanent complication of radical surgery in patients with primary lung cancer who have undergone systematic lymph node dissection.

    DOI: 10.1093/ejcts/ezy246

    PubMed

    researchmap

  • Restrictive ventilatory impairment is associated with poor outcome in patients with cT1aN0M0 peripheral squamous cell carcinoma of the lung. 国際誌

    Hiroyuki Tao, Junichi Soh, Hiromasa Yamamoto, Toshiya Fujiwara, Tsuyoshi Ueno, Makio Hayama, Mikio Okazaki, Ryujiro Sugimoto, Motohiro Yamashita, Yoshifumi Sano, Kazunori Okabe, Motoki Matsuura, Kazuhiko Kataoka, Shigeharu Moriyama, Shinichi Toyooka, Shinichiro Miyoshi

    Journal of thoracic disease   9 ( 11 )   4325 - 4335   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Patients with squamous cell carcinoma (SqCC) of the lung sometimes have a comorbid pulmonary disease such as pulmonary emphysema or an interstitial lung disease (ILD), both of which negatively affect patient outcome. The aim of this study was to determine the outcome of patients in a multicenter database who underwent surgery for cT1aN0M0 peripheral SqCC lung cancer. Methods: The medical records of a total of 228 eligible patients from seven institutions were reviewed to evaluate the impact of concomitant impaired pulmonary function and other clinicopathological factors on overall survival (OS) and relapse-free survival (RFS). Results: Six patients with positive or unclear tumor margins were excluded. Of the 222 remaining study patients, 42 (18.9%) and 97 (43.7%) patients were found to have coexisting restrictive or obstructive ventilatory impairment, respectively. Over a median follow-up period of 30.6 months, the 5-year OS and RFS were 69.0% and 62.6%, respectively. By multivariate analysis, ILDs identified on high-resolution computed tomography (HRCT), pulmonary function test results indicating a restrictive ventilatory impairment, and wedge resection were found to be independent risk factors for poor OS. An increased level of serum squamous cell carcinoma antigen (SCC-Ag) (>1.5 ng/mL) and the same risk factors for poor OS were independent risk factors for recurrence. Among patients who underwent anatomical lung resection (lobectomy and segmentectomy, n=173), a restrictive ventilatory impairment was an independent risk factor for poor OS, and increased serum SCC-Ag level, ILDs on HRCT, and restrictive ventilatory impairment were independent risk factors for poor RFS by multivariate analysis. Factors such as visceral pleural invasion, and lymphatic or vascular invasion were not significantly associated with outcome. Conclusions: A restrictive ventilatory impairment negatively affects the outcome of patients with cT1aN0M0 peripheral SqCC lung cancer.

    DOI: 10.21037/jtd.2017.10.70

    PubMed

    researchmap

  • Proteomics-based analysis of lung injury-induced proteins in a mouse model of common bile duct ligation. 国際誌

    Tomohisa Sakaue, Fumiaki Shikata, Kaho Utsunomiya, Shunya Fukae, Mie Kurata, Hirotomo Nakaoka, Mikio Okazaki, Yujiro Kawanishi, Ai Kojima, Shigeki Higashiyama, Hironori Izutani

    Surgery   161 ( 6 )   1525 - 1535   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Lung injury is a life-threatening complication in patients with liver dysfunction. We recently provided an experimental lung injury model in mouse with common bile duct ligation. In this study, we aimed to characterize the pathologic and biochemical features of lung tissues in common bile duct ligation mice using a proteomic approach. METHODS: Common bile ducts of BALB/c mice, 8 weeks of age, were ligated operatively. CD31-expressing pulmonary cells were sorted with immunomagnetic microbeads, and protein profiles were examined by 2-dimensional gel electrophoresis. Based on the results of protein identification, immunohistochemistry and quantitative reverse transcription polymerase chain reaction were carried out in pulmonary and hepatic tissues. RESULTS: Two-dimensional gel electrophoresis revealed 3 major inflammation-associated proteins exhibiting considerable increases in the number of CD31-positive pulmonary cells after common bile duct ligation. Mass spectrometry analysis identified these proteins as SerpinB1a (48 kDa), ANXA1 (46 kDa), and S100A9 (16 kDa). Furthermore, the 3 proteins were more highly expressed in dilated pulmonary blood vessels of common bile duct ligation mice, in which neutrophils and monocytes were prominent, as shown by immunohistochemistry. More importantly, SerpinB1a mRNA and protein were significantly upregulated in the liver, whereas S100A9 and ANXA1 mRNA and protein were upregulated in the lungs, as shown by quantitative reverse transcription polymerase chain reaction and Western blotting. CONCLUSION: We identified 3 proteins that were highly expressed in the lung after common bile duct ligation using a proteomics-based approach.

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.12.017

    PubMed

    researchmap

  • Use of the forced-oscillation technique to estimate spirometry values. 国際誌

    Shoichiro Yamamoto, Seigo Miyoshi, Hitoshi Katayama, Mikio Okazaki, Hisayuki Shigematsu, Yoshifumi Sano, Minoru Matsubara, Naohiko Hamaguchi, Takafumi Okura, Jitsuo Higaki

    International journal of chronic obstructive pulmonary disease   12   2859 - 2868   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Spirometry is sometimes difficult to perform in elderly patients and in those with severe respiratory distress. The forced-oscillation technique (FOT) is a simple and noninvasive method of measuring respiratory impedance. The aim of this study was to determine if FOT data reflect spirometric indices. PATIENTS AND METHODS: Patients underwent both FOT and spirometry procedures prior to inclusion in development (n=1,089) and validation (n=552) studies. Multivariate linear regression analysis was performed to identify FOT parameters predictive of vital capacity (VC), forced VC (FVC), and forced expiratory volume in 1 second (FEV1). A regression equation was used to calculate estimated VC, FVC, and FEV1. We then determined whether the estimated data reflected spirometric indices. Agreement between actual and estimated spirometry data was assessed by Bland-Altman analysis. RESULTS: Significant correlations were observed between actual and estimated VC, FVC, and FEV1 values (all r>0.8 and P<0.001). These results were deemed robust by a separate validation study (all r>0.8 and P<0.001). Bias between the actual data and estimated data for VC, FVC, and FEV1 in the development study was 0.007 L (95% limits of agreement [LOA] 0.907 and -0.893 L), -0.064 L (95% LOA 0.843 and -0.971 L), and -0.039 L (95% LOA 0.735 and -0.814 L), respectively. On the other hand, bias between the actual data and estimated data for VC, FVC, and FEV1 in the validation study was -0.201 L (95% LOA 0.62 and -1.022 L), -0.262 L (95% LOA 0.582 and -1.106 L), and -0.174 L (95% LOA 0.576 and -0.923 L), respectively, suggesting that the estimated data in the validation study did not have high accuracy. CONCLUSION: Further studies are needed to generate more accurate regression equations for spirometric indices based on FOT measurements.

    DOI: 10.2147/COPD.S143721

    PubMed

    researchmap

  • Two young women with left-sided pneumothorax due to thoracic endometriosis

    Shungo Yukumi, Hideaki Suzuki, Masamitsu Morimoto, Hisayuki Shigematsu, Mikio Okazaki, Masahiro Abe, Sohei Kitazawa, Kenji Nakamura, Yoshifumi Sano

    Internal Medicine   55 ( 23 )   3491 - 3493   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2016 The Japanese Society of Internal Medicine. Pneumothorax associated with thoracic endometriosis (TE) generally occurs in women around 30 years old and it usually affects the right pleural cavity. We herein report two cases of TE associated with left-sided pneumothorax in young women. The prevalence of TE in younger patients may be underestimated if these cases are treated as spontaneous pneumothorax. Pneumothorax occurring in younger patients has not been reported to show laterality. TE-related or catamenial pneumothorax in young women must therefore represent a different clinical entity from the condition seen in older patients.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7187

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Early Growth Response-1 Plays an Important Role in Ischemia-Reperfusion Injury in Lung Transplants by Regulating Polymorphonuclear Neutrophil Infiltration. 国際誌

    Sumiharu Yamamoto, Masaomi Yamane, Osamu Yoshida, Naohisa Waki, Mikio Okazaki, Akihiro Matsukawa, Takahiro Oto, Shinichiro Miyoshi

    Transplantation   99 ( 11 )   2285 - 93   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Early growth response-1 (Egr-1) has been shown to be a trigger-switch transcription factor that is involved in lung ischemia-reperfusion injury (IRI). METHODS: Mouse lung transplants were performed in wild-type (WT) C57BL/6 and Egr1-knockout (KO) mice in the following donor → recipient combinations: WT → WT, KO → WT, WT → KO, and KO → KO to determine whether the presence of Egr-1 in the donor or recipient is the most critical factor for IRI. Pulmonary grafts were retrieved after 18 hours of ischemia after 4 hours of reperfusion. We analyzed graft function by analyzing arterial blood gas and histology in each combination and assessed the effects of Egr1 depletion on inflammatory cytokines that are regulated by Egr-1 as well on polymorphonuclear neutrophil (PMN) infiltration. RESULTS: Deletion of Egr1 improved pulmonary graft function in the following order of donor → recipient combinations: WT → WT < WT → KO < KO → WT < KO → KO. Polymerase chain reaction assays for Il1B, Il6, Mcp1, Mip2, Icam1, and Cox2 showed significantly lower expression levels in the KO → KO group than in the other groups. Immunohistochemistry demonstrated clear Egr-1 expression in the nuclei of pulmonary artery endothelial cells and PMN cytoplasm in the WT grafts. Flow cytometry analysis showed that Egr1 deletion reduced PMN infiltration and that the extent of reduction correlated with graft function. CONCLUSIONS: Both graft and recipient Egr-1 played a role in lung IRI, but the graft side contributed more to this phenomenon through regulation of PMN infiltration. Donor Egr-1 expression in pulmonary artery endothelial cells may play an important role in PMN infiltration, which results in IRI after lung transplantation.

    DOI: 10.1097/TP.0000000000000783

    PubMed

    researchmap

  • 自然気胸に対する単孔式胸腔鏡手術の有用性

    岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌   15 ( 2 )   107 - 109   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気胸・嚢胞性肺疾患学会  

    自然気胸に対する単孔式胸腔鏡手術(VATS)の有用性について検討した。自然気胸に対してVATS肺部分切除を施行した41例を対象とし、3-port VATS(I群)30例、単孔式VATS(II群)11例であった。II群は問題なく手術を終了し、術後経過も良好であった。平均手術時間は、I群70.3±5.2分に対して、II群63.2±8.6分であったが、両群間に有意差は認めなかった。術中出血量、自動縫合器使用本数も両群間で有意差はなかった。術後の平均ドレーン留置期間はI群2.0±0.2日に対して、II群1.3±0.3日で、II群で有意に短かった。術後合併症はI群で肺瘻遷延を1例認めたのみで、II群には認めなかったが、両群間で有意差は認めなかった。I群で2例、II群でで1例の再発を認めたが、両群間で有意差は認めなかった。術後の平均観察期間はI群のほうが長かったが、両群間で有意差は認めなかった。

    researchmap

  • A Case of Mediastinal Granular Cell Tumor with Horner's Syndrome.

    Yoshinobu Shikatani, Mikio Okazaki, Nobuhiko Sakao, Shungo Yukumi, Hisayuki Shigematsu, Sohei Kitazawa, Yoshifumi Sano

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   21 ( 6 )   567 - 9   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Granular cell tumor (GCT) is found in various organs but is rare in the mediastinum. We report a case of mediastinal GCT in a 19-year-old woman who presented with left ptosis and miosis. CT and MRI revealed a 29-mm well-circumscribed tumor located close to the first thoracic vertebra with features suggesting a neurogenic tumor. The tumor was completely excised using single-port video-assisted thoracoscopic surgery. Histopathological and immunohistochemical analysis revealed that the tumor was a benign GCT. Postoperatively, left ptosis and miosis had improved slightly. To our knowledge, this is the first report regarding mediastinal GCT presenting with preoperative Horner's syndrome.

    DOI: 10.5761/atcs.cr.15-00112

    PubMed

    researchmap

  • Combined atypical carcinoid tumour and squamous cell carcinoma of the lung.

    Mikio Okazaki, Yoshifumi Sano, Yoshiko Soga, Hitoshi Katayama, Nobuhiko Sakao, Yoshinobu Shikatani, Syungo Yukumi, Hisayuki Shigematsu, Atsuro Sugita, Hironori Izutani

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   54 ( 11 )   1385 - 8   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 71-year-old man diagnosed with lung cancer in the right lower lobe with invasion to the middle lobe underwent right lower and middle lobectomy with mediastinal lymph node dissection. The cancer was pathologically diagnosed as stage IIB (pT3N0M0) with combined squamous cell carcinoma and an atypical carcinoid tumour. To the best of our knowledge, this is the first report of a combined atypical carcinoid tumour and non-small cell lung cancer. This case further expands the histological spectrum of combined neuroendocrine tumours.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.3846

    PubMed

    researchmap

  • Pathophysiology of lung injury induced by common bile duct ligation in mice. 国際誌

    Fumiaki Shikata, Tomohisa Sakaue, Koh-ichi Nakashiro, Mikio Okazaki, Mie Kurata, Toru Okamura, Masahiro Okura, Masahiro Ryugo, Yuki Nakamura, Takumi Yasugi, Shigeki Higashiyama, Hironori Izutani

    PloS one   9 ( 4 )   e94550   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Liver dysfunction and cirrhosis affect vasculature in several organ systems and cause impairment of organ functions, thereby increasing morbidity and mortality. Establishment of a mouse model of hepatopulmonary syndrome (HPS) would provide greater insights into the genetic basis of the disease. Our objectives were to establish a mouse model of lung injury after common bile duct ligation (CBDL) and to investigate pulmonary pathogenesis for application in future therapeutic approaches. METHODS: Eight-week-old Balb/c mice were subjected to CBDL. Immunohistochemical analyses and real-time quantitative reverse transcriptional polymerase chain reaction were performed on pulmonary tissues. The presence of HPS markers was detected by western blot and microarray analyses. RESULTS: We observed extensive proliferation of CD31-positive pulmonary vascular endothelial cells at 2 weeks after CBDL and identified 10 upregulated and 9 down-regulated proteins that were associated with angiogenesis. TNF-α and MMP-9 were highly expressed at 3 weeks after CBDL and were less expressed in the lungs of the control group. CONCLUSIONS: We constructed a mouse lung injury model by using CBDL. Contrary to our expectation, lung pathology in our mouse model exhibited differences from that of rat models, and the mechanisms responsible for these differences are unknown. This phenomenon may be explained by contrasting processes related to TNF induction of angiogenic signaling pathways in the inflammatory phase. Thus, we suggest that our mouse model can be applied to pulmonary pathological analyses in the inflammatory phase, i.e., to systemic inflammatory response syndrome, acute lung injury, and multiple organ dysfunction syndrome.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0094550

    PubMed

    researchmap

  • Successful lung transplantation in a case with diffuse pulmonary arteriovenous malformations and hereditary hemorrhagic telangiectasia

    H. Fukushima, T. Mitsuhashi, T. Oto, Y. Sano, K. F. Kusano, K. Goto, M. Okazaki, H. Date, Y. Kojima, H. Yamagishi, T. Takahashi

    American Journal of Transplantation   13 ( 12 )   3278 - 3281   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Diffuse pulmonary arteriovenous malformations (AVMs) are associated with a poor prognosis and the therapeutic strategy remains controversial. We describe a pediatric patient with diffuse pulmonary AVMs associated with hereditary hemorrhagic telangiectasia (HHT), who presented with two cerebral AVMs in the parietal and occipital lobes as well. Of note, successful bilateral lung transplantation not only improved the hypoxemia but also resulted in size reduction of the cerebral AVMs. Although it is essential to consider involvements other than pulmonary AVMs, especially brain AVMs, to decide the indication, lung transplantation can be a viable therapeutic option for patients with diffuse pulmonary AVMs and HHT. The authors describe a successful lung transplant in a patient with diffuse pulmonary arteriovenous malformations and hereditary hemorrhagic telangiectasia, focusing on its potential to improve cerebral arteriovenous malformations. © Copyright 2013 The American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons.

    DOI: 10.1111/ajt.12499

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Impact of prolonged cold preservation on the graft function and gene expression levels in an experimental lung transplantation model.

    Osamu Yoshida, Masaomi Yamane, Sumiharu Yamamoto, Mikio Okazaki, Shinichi Toyooka, Takahiro Oto, Yoshifumi Sano, Shinichiro Miyoshi

    Surgery today   43 ( 1 )   81 - 7   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Ischemia reperfusion injury (IRI) remains a significant cause of morbidity and mortality after lung transplantation. Early growth response-1 (EGR1) drives the expression of inflammatory mediators and has an important role in IRI. We hypothesized that the severe IRI caused by a long preservation induces a specific expression pattern of EGR1 and its target genes which would correlate with the lung graft function. METHODS: SD rat lungs were preserved at 4 °C for 3 or 18 h, then transplanted and reperfused. Pulmonary grafts were evaluated for the blood gas oxygenation and pathological findings. The intra-graft mRNA levels of EGR1 and its downstream target genes were measured by real-time PCR. A Western blotting analysis of the EGR1 expression was used to validate the changes in the protein level. RESULTS: There was upregulation of EGR1, MIP-2 and PAI-1 when there was prolonged hypothermic preservation. The expression levels of MIP-2 and PAI-1 were observed to increase for up to 4 h in the 18 h preserved lungs. There were no differences in the expression levels of IL-1β and ICAM-1 between the lungs subjected to short and long periods of ischemia. CONCLUSIONS: Our data showed that prolonged hypothermic graft preservation deteriorates the pulmonary graft function, which was associated with the induction of EGR1 and its downstream target genes, which may aggravate IRI following lung transplantation.

    DOI: 10.1007/s00595-012-0234-5

    PubMed

    researchmap

  • Postpericardiotomy syndrome after thymothymectomy: report of two cases.

    Shungo Yukumi, Hideaki Suzuki, Yasuaki Kashu, Mikio Okazaki, Yoshifumi Sano

    General thoracic and cardiovascular surgery   60 ( 7 )   462 - 4   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Two cases of postpericardiotomy syndrome (PPS) after thymothymectomy associated with pericardiotomy are described. The incidence of PPS in cardiac operations is reportedly 10-30%. Although no reports have been described in the English literature, our retrospective analysis revealed similar incidents following mediastinal tumor operation associated with pericardiotomy in cardiac surgery. Clinicians should thus be aware of this syndrome.

    DOI: 10.1007/s11748-012-0021-7

    PubMed

    researchmap

  • Five-year update on the mouse model of orthotopic lung transplantation: Scientific uses, tricks of the trade, and tips for success. 国際誌

    Xue Lin, Wenjun Li, Jiaming Lai, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Sumiharu Yamamoto, Xingan Wang, Andrew E Gelman, Daniel Kreisel, Alexander Sasha Krupnick

    Journal of thoracic disease   4 ( 3 )   247 - 58   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It has been 5 years since our team reported the first successful model of orthotopic single lung transplantation in the mouse. There has been great demand for this technique due to the obvious experimental advantages the mouse offers over other large and small animal models of lung transplantation. These include the availability of mouse-specific reagents as well as knockout and transgenic technology. Our laboratory has utilized this mouse model to study both immunological and non-immunological mechanisms of lung transplant physiology while others have focused on models of chronic rejection. It is surprising that despite our initial publication in 2007 only few other laboratories have published data using this model. This is likely due to the technical complexity of the surgical technique and perioperative complications, which can limit recipient survival. As two of the authors (XL and WL) have a combined experience of over 2500 left and right single lung transplants, this review will summarize their experience and delineate tips and tricks necessary for successful transplantation. We will also describe technical advances made since the original description of the model.

    DOI: 10.3978/j.issn.2072-1439.2012.06.02

    PubMed

    researchmap

  • Peculiar mechanisms of graft recovery through anti-inflammatory responses after rat lung transplantation from donation after cardiac death. 国際誌

    Sumiharu Yamamoto, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Kentaro Miyoshi, Shinji Otani, Tomokazu Kakishita, Osamu Yoshida, Naohisa Waki, Shinichi Toyooka, Takahiro Oto, Yoshifumi Sano, Shinichiro Miyoshi

    Transplant immunology   26 ( 2-3 )   133 - 9   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Although lung transplantation from donation after cardiac death (DCD), especially uncontrolled DCD, is limited by warm ischemic periods, the molecular mechanism of warm ischemia-reperfusion-injury (IRI) has not been well elucidated. The purpose of this study was to clarify the particular longitudinal mechanisms of molecular factors involved in warm IRI. METHODS: Cold ischemic-time (CIT)-group lungs were retrieved and subjected to 3-h of cold preservation, whereas warm ischemic-time (WIT)-group lungs were retrieved after 3-h of warm ischemia. Orthotopic rat lung transplantation was performed and the grafts were reperfused for 1 or 4-h. The graft functions, gene expression, and activation of inflammatory molecules in the grafts were analyzed. Exhaled-carbon-monoxide-concentration (ExCO-C) was measured during reperfusion. RESULTS: Only the WIT-group showed obvious primary graft dysfunction at 1-h reperfusion, but the graft function was recovered during 4-h reperfusion. Most of pro-inflammatory cytokines and stress-induced molecules showed different expression and activation patterns between CIT and WIT groups. In the WIT-group, the expressions of anti-inflammatory molecules, IL-10 and HO-1, were significantly increased at 1-h reperfusion compared to the CIT-group, and these high levels were maintained through 4-h reperfusion. Furthermore, ExCO-C levels in the WIT-group increased immediately after reperfusion compared to the CIT-group. CONCLUSIONS: This study indicates that warm IRI may involve a different mechanism than cold IRI and anti-inflammatory pathways may play important roles in the graft recovery after lung transplantation from uncontrolled DCD.

    DOI: 10.1016/j.trim.2011.11.002

    PubMed

    researchmap

  • Egr1: a novel target for ameliorating acute allograft rejection in an experimental lung transplant model. 国際誌

    Naohisa Waki, Masaomi Yamane, Sumiharu Yamamoto, Mikio Okazaki, Seiichiro Sugimoto, Akihiro Matsukawa, Takahiro Oto, Shinichiro Miyoshi

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   41 ( 3 )   669 - 75   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Acute allograft rejection is one of the significant complications occurring in lung transplant recipients. Early growth response-1 (Egr-1), zinc-finger-type transcription factor, is known as a master switch regulator of diverse chemical mediators. We used an orthotopic mouse model of left lung transplant to elucidate the function of Egr-1 in acute pulmonary rejection. METHODS: Left lung grafts retrieved from C57BL/6 wild mice or C57BL/6 Egr-1-null mice were orthotopically transplanted into BALB/c mice; the lungs were harvested at day 1, 3, 5 or 7 after lung transplantation. The grade of acute rejection was histopathologically evaluated. The intragraft gene expression levels of Egr-1 and downstream target mediators were quantitatively measured by real-time polymerase chain reaction. Immunohistochemical analysis was used to determine the location and distribution of the Egr-1 protein in the pulmonary graft. RESULTS: Severe acute rejection was observed in allografts from wild-type mice at 5 days after transplantation. Only minimal rejection was seen in the lung graft from Egr-1-null donor mice at 5 days after transplantation. Strong upregulation of Egr-1 mRNA transcripts was observed at day 1, which then decreased during the next 5 days. The mRNA of Egr-1 target mediators [interleukin-1-beta (IL-1β), monocyte chemotactic protein-1 (MCP-1) and plasminogen activator inhibitor-1] reached maximal levels at day 5. Egr-1-null allografts exhibited significantly lower expressions of IL-1β and MCP-1 mRNA (P < 0.05). CONCLUSIONS: Our study showed that deletion of Egr-1 in lung allografts ameliorates severe acute rejection with the reduction of expression levels of chemical mediators, implying a new possible strategy for treating acute pulmonary allograft rejection.

    DOI: 10.1093/ejcts/ezr030

    PubMed

    researchmap

  • Emergency granulopoiesis promotes neutrophil-dendritic cell encounters that prevent mouse lung allograft acceptance. 国際誌

    Daniel Kreisel, Seiichiro Sugimoto, Jihong Zhu, Ruben Nava, Wenjun Li, Mikio Okazaki, Sumiharu Yamamoto, Mohsen Ibrahim, Howard J Huang, Kelsey A Toth, Jon H Ritter, Alexander S Krupnick, Mark J Miller, Andrew E Gelman

    Blood   118 ( 23 )   6172 - 82   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The mechanisms by which innate immune signals regulate alloimmune responses remain poorly understood. In the present study, we show by intravital 2-photon microscopy direct interactions between graft-infiltrating neutrophils and donor CD11c(+) dendritic cells (DCs) within orthotopic lung allografts immediately after reperfusion. Neutrophils isolated from the airways of lung transplantation recipients stimulate donor DCs in a contact-dependent fashion to augment their production of IL-12 and expand alloantigen-specific IFN-γ(+) T cells. DC IL-12 expression is largely regulated by degranulation and induced by TNF-α associated with the neutrophil plasma membrane. Extended cold ischemic graft storage enhances G-CSF-mediated granulopoiesis and neutrophil graft infiltration, resulting in exacerbation of ischemia-reperfusion injury after lung transplantation. Ischemia reperfusion injury prevents immunosuppression-mediated acceptance of mouse lung allografts unless G-CSF-mediated granulopoiesis is inhibited. Our findings identify granulopoiesis-mediated augmentation of alloimmunity as a novel link between innate and adaptive immune responses after organ transplantation.

    DOI: 10.1182/blood-2011-04-347823

    PubMed

    researchmap

  • Activations of mitogen-activated protein kinases and regulation of their downstream molecules after rat lung transplantation from donors after cardiac death

    S. Yamamoto, M. Yamane, O. Yoshida, M. Okazaki, N. Waki, S. Toyooka, T. Oto, S. Miyoshi

    Transplantation Proceedings   43 ( 10 )   3628 - 3633   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Accepting organs donated after cardiac death (DCD) is an effective approach to the donor shortage. However, lung transplantations from DCD donors show severe rapid pulmonary graft dysfunction (PGD) followed by warm ischemiareperfusion injury (IRI). This study sought to clarify the molecular mediators in warm IRI, including activation of mitogen-activated protein kinase (MAPK) and the downstream cascades. We performed single left lung transplantation using organs from male Sprague-Dawley rats after 0 (CIT group), 30 (30WIT group), or 180 (180WIT group) minutes of warm ischemia time. Pulmonary graft functions were estimated by blood gas analysis. At 1 hour after reperfusion, the phosphorylation status of MAPKs (ERK, p38, and JNK) and the gene expression levels of transcription factors (Egr-1 and ATF-3) and immune mediators (MCP-1, MIP-2, PAI-1, ICAM-1, TNF-α, IL-1β, IL-6, and COX-2) in the grafts were examined using Western blotting and real-time polymerase chain reaction assays. Severe PGD was observed in the 180WIT group compared with transplanted lungs in the other groups, which exhibited good pulmonary graft function. ERK and JNK activations, as well as mRNA levels of transcription factors (Egr-1 and ATF3) significantly increased with greater warm ischemic times. The pattern of JNK activation correlated with the severity of PGD. MCP-1, ICAM-1, IL-1β, IL-6, and COX-2 were also up-regulated among the 180WIT group, although MIP-2 and PAI-1 showed no significant differences among the groups. We suggest that the ERK and JNK pathways may play important roles to induce the injury caused by prolonged warm ischemia followed by reperfusion in the setting of lung transplantation from DCD donors. © 2011 Published by Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2011.09.075

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Primary lung cancer surgery after curative chemoradiotherapy for esophageal cancer patients. 国際誌

    Kazuhiko Shien, Motohiro Yamashita, Mikio Okazaki, Hiroshi Suehisa, Shigeki Sawada, Shinichiro Miyoshi

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   12 ( 6 )   1002 - 6   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The safety and perioperative problems of primary lung cancer surgery after curative chemoradiotherapy (CRT) for thoracic esophageal cancer (EC) are controversial. We retrospectively evaluated six patients who had received curative CRT for EC from 2003 to 2009, in whom the lung nodule was identified as a primary lung cancer and who subsequently underwent pulmonary resection. The treatment for EC consisted of chemotherapy with cisplatin and 5-fluorouracil with concurrent curative thoracic radiotherapy (60 Gy). The median age at the surgery was 75 years (range 69-80 years). The median time from radiation to pulmonary resection was 26 months (range 7-70 months). All patients had a predicted postoperative forced expiratory volume in 1 s (FEV(1))% of >40% before lung surgery. The surgical difficulty involves mediastinal lymph node dissection following tissue fibrotic changes after thoracic radiation. Postoperative complications occurred in two patients, and included arrhythmia and empyema. The patient who developed empyema had a massive pericardial effusion after CRT and underwent pericardial fenestration at the time of pulmonary resection. There was no operative mortality. Lung cancer surgery after curative CRT for EC is feasible in carefully evaluated and selected patients.

    DOI: 10.1510/icvts.2010.263509

    PubMed

    researchmap

  • Pulmonary mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma with a pulmonary arteriovenous fistula.

    Kazuhiko Shien, Motohiro Yamashita, Mikio Okazaki, Hiroshi Suehisa, Shigeki Sawada, Akira Kurita

    General thoracic and cardiovascular surgery   59 ( 5 )   371 - 5   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report an extremely rare case of pulmonary mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma with a pulmonary arteriovenous fistula (PAVF). A 60-year-old woman with vulvar carcinoma was admitted to our hospital for further examination of an abnormal shadow on chest computed tomography (CT). She showed hypoxemia in the arterial blood gas analysis. (18)F-Fluorodeoxyglucose positron emission tomography (FDG-PET) showed consolidations in the left lower lobe and soft-tissue density lesions in the anterior mediastinum. Each lesion showed heterogeneous FDG uptake. Although needle biopsy of these lesions was performed, a pathological diagnosis was not obtained. For the evaluation of hypoxemia, chest contrast-enhanced CT was performed, and a PAVF in the consolidation of the left lower lobe was revealed. For diagnostic and therapeutic purposes, we performed left lower lobectomy under video-assisted thoracoscopic surgery. In the surgical specimen the PAVF measured 3 cm, and histopathological examination revealed pulmonary MALT lymphoma adjacent to the PAVF.

    DOI: 10.1007/s11748-010-0671-2

    PubMed

    researchmap

  • Maintenance of IKKβ activity is necessary to protect lung grafts from acute injury. 国際誌

    Howard J Huang, Seiichiro Sugimoto, Jiaming Lai, Mikio Okazaki, Sumiharu Yamamoto, Alexander S Krupnick, Daniel Kreisel, Andrew E Gelman

    Transplantation   91 ( 6 )   624 - 31   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Signaling pathways that target I-κB kinase β (IKKβ) activation stimulate the expression of nuclear factor (NF)-κB-dependent genes and are thus believed to primarily promote inflammation and injury in solid organ grafts. METHODS: We examined the role of IKKβ in a mouse model of lung transplantation-mediated ischemia-reperfusion injury using NF-κB essential modulator (NEMO)-binding domain (NBD) peptide to pharmacologically inhibit IKK activation. As myeloid cells are primarily responsible for the production of acute inflammatory mediators after lung transplantation, we also investigated the effects of myeloid cell-specific IKKβ gene deletion on acute lung graft injury by transplanting mutant mice. RESULTS: When NBD was administered at a dose that partially inhibits IKKβ activation, we observed attenuated lung graft injury and blunted expression of intragraft proinflammatory mediators. Surprisingly, when the dose of NBD was increased to a level that ablates intragraft IKKβ activation, graft inflammation, and injury were significantly worse compared with recipients treated with control peptide. Similar to lung recipients with pharmacologically ablated IKKβ activity, donor-recipient transplant combinations with a myeloid cell-specific IKKβ gene deletion had marked intragraft inflammation and poor lung function. CONCLUSIONS: Our data show maintenance of IKKβ activity is critical for promoting graft homeostasis with important implications for targeting NF-κB-dependent signaling pathways for treating acute lung injury.

    DOI: 10.1097/TP.0b013e31820ba2a0

    PubMed

    researchmap

  • Suppression of inflammatory cytokines during ex vivo lung perfusion with an adsorbent membrane. 国際誌

    Tomokazu Kakishita, Takahiro Oto, Shiro Hori, Kentaroh Miyoshi, Shinji Otani, Sumiharu Yamamoto, Naohisa Waki, Osamu Yoshida, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka, Yoshifumi Sano, Shinichiro Miyoshi

    The Annals of thoracic surgery   89 ( 6 )   1773 - 9   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Lung grafts can be perfused ex vivo for 2 hours without edema formation; however, prolonged ex vivo lung perfusion (EVLP) eventually induces lung injury. This study evaluated the change in proinflammatory cytokines of the perfusate during EVLP and investigated the effect of cytokine removal using an adsorbent membrane. METHODS: Porcine heart-lung blocks were harvested after electrically induced cardiac arrest and underwent 12-hour EVLP with an adsorbent membrane (membrane group: n = 5) and without an adsorbent membrane (control group: n = 6). RESULTS: In the control group, both tumor necrosis factor-alpha and interleukin 8 levels were elevated in the perfusate 2 hours after perfusion. Although tumor necrosis factor-alpha and interleukin 8 levels were significantly lower in the membrane group than in the control group during the EVLP period, there was no significant difference in oxygenation, pulmonary vascular resistance, edema formation, or myeloperoxidase activity between the two groups. CONCLUSIONS: Tumor necrosis factor-alpha and interleukin 8 levels of the perfusate were elevated during EVLP. Although adverse effects of these inflammatory cytokines were anticipated, removal of inflammatory cytokines by the adsorbent membrane did not improve lung function during prolonged EVLP. Factors other than the cytokines may play a major role in causing lung injury during EVLP. Further research is needed to investigate the real mechanism of lung graft injury during prolonged EVLP and to establish longer EVLP duration for graft treatment. This strategy could contribute to the salvage of potentially damaged lungs, especially from cardiac death donors, and to expansion of the donor pool.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2010.02.077

    PubMed

    researchmap

  • CCR2 regulates monocyte recruitment as well as CD4+ T <inf>h</inf>1 allorecognition after lung transplantation

    A. E. Gelman, M. Okazaki, S. Sugimoto, W. Li, C. G. Kornfeld, J. Lai, S. B. Richardson, F. H. Kreisel, H. J. Huang, J. R. Tietjens, B. H. Zinselmeyer, G. A. Patterson, M. J. Miller, A. S. Krupnick, D. Kreisel

    American Journal of Transplantation   10 ( 5 )   1189 - 1199   2010年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Graft rejection remains a formidable problem contributing to poor outcomes after lung transplantation. Blocking chemokine pathways have yielded promising results in some organ transplant systems. Previous clinical studies have demonstrated upregulation of CCR2 ligands following lung transplantation. Moreover, lung injury is attenuated in CCR2-deficient mice in several inflammatory models. In this study, we examined the role of CCR2 in monocyte recruitment and alloimmune responses in a mouse model of vascularized orthotopic lung transplantation. The CCR2 ligand MCP-1 is upregulated in serum and allografts following lung transplantation. CCR2 is critical for the mobilization of monocytes from the bone marrow into the bloodstream and for the accumulation of CD11c+ cells within lung allografts. A portion of graft-infiltrating recipient CD11c+ cells expresses both recipient and donor MHC molecules. Two-photon imaging demonstrates that recipient CD11c+ cells are associated with recipient T cells within the graft. While recipient CCR2 deficiency does not prevent acute lung rejection and is associated with increased graft infiltration by T cells, it significantly reduces CD4+ Th1 indirect and direct allorecognition. Thus, CCR2 may be a potential target to attenuate alloimmune responses after lung transplantation. © 2010 The American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons.

    DOI: 10.1111/j.1600-6143.2010.03101.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Calcineurin inhibitor-related cholestasis complicating lung transplantation. 国際誌

    Takahiro Oto, Mikio Okazaki, Ken Takata, Moritoki Egi, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka, Yoshifumi Sano, Gregory I Snell, Keiji Goto, Shinichiro Miyoshi

    The Annals of thoracic surgery   89 ( 5 )   1664 - 5   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hepatotoxicity, including cholestasis, is a rare but significant complication of treatment with calcineurin inhibitors. Timely life-saving therapy with revision of immunosuppression is mandatory. A 43-year-old woman with pulmonary hypertension was found to have severe cholestasis (serum bilirubin up to 35 mg/dL) after a living-donor lobar lung transplantation. Calcineurin-inhibitor cholestasis markedly improved after withdrawal of the calcineurin inhibitor, initiation of sirolimus, and interleukin-2 receptor blockade. Awareness of the diagnostic criteria of this rare posttransplant complication is important to initiate timely therapy.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2009.09.081

    PubMed

    researchmap

  • Extracorporeal membrane oxygenation bridging to living-donor lobar lung transplantation. 国際誌

    Kentaroh Miyoshi, Takahiro Oto, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Shinichi Toyooka, Keiji Goto, Yoshifumi Sano, Shunji Sano, Shinichiro Miyoshi

    The Annals of thoracic surgery   88 ( 5 )   e56-7   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 21-year-old man with pulmonary fibrosis and a 27-year-old woman with idiopathic pulmonary hypertension, who were in pulmonary hypertensive crisis, were successfully treated by using venoarterial extracorporeal membrane oxygenation, followed by living-donor lobar lung transplantation. In both of the patients, bridging time of extracorporeal membrane oxygenation to lung transplantation was 2 days, and both could be weaned from cardiopulmonary support immediately after transplantation in the operating room. No major complications were seen, including primary graft dysfunction. The cardiopulmonary functions of these patients markedly improved after living-donor lobar lung transplantation.

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2009.07.089

    PubMed

    researchmap

  • Apyrase treatment prevents ischemia-reperfusion injury in rat lung isografts. 国際誌

    Seiichiro Sugimoto, Xue Lin, Jiaming Lai, Mikio Okazaki, Nitin A Das, Wenjun Li, Alexander S Krupnick, Ridong Chen, Soon Seog Jeong, G A Patterson, Daniel Kreisel, Andrew E Gelman

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   138 ( 3 )   752 - 9   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Endothelial cells express the ectoenzyme ectonucleoside adenosine triphosphate diphosphohydrolase, an apyrase that inhibits vascular inflammation by catalyzing the hydrolysis of adenosine triphosphate and adenosine diphosphate. However, ectonucleoside adenosine triphosphate diphosphohydrolase expression is rapidly lost following oxidative stress, leading to the potential for adenosine triphosphate and related purigenic nucleotides to exacerbate acute solid organ inflammation and injury. We asked if administration of a soluble recombinant apyrase APT102 attenuates lung graft injury in a cold ischemia reperfusion model of rat syngeneic orthotopic lung transplantation. METHODS: Male Fisher 344 donor lungs were cold preserved in a low-potassium dextrose solution in the presence or absence of APT102 for 18 hours prior to transplantation into syngeneic male Fisher 344 recipients. Seven minutes after reperfusion, lung transplant recipients received either a bolus of APT102 or vehicle (saline solution). Four hours after reperfusion, APT102- and saline solution-treated groups were evaluated for lung graft function and inflammation. RESULTS: APT102 significantly reduced lung graft extracellular pools of adenosine triphosphate and adenosine diphosphate, improved oxygenation, and protected against pulmonary edema. Apyrase treatment was associated with attenuated neutrophil graft sequestration and less evidence of tissue inflammation as assessed by myeloperoxidase activity, expression of proinflammatory mediators, and numbers of apoptotic endothelial cells. CONCLUSIONS: Administration of a soluble recombinant apyrase promotes lung function and limits the tissue damage induced by prolonged cold storage, indicating that extracellular purigenic nucleotides play a key role in promoting ischemia-reperfusion injury following lung transplantation.

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2009.04.049

    PubMed

    researchmap

  • Cutting edge: Acute lung allograft rejection is independent of secondary lymphoid organs. 国際誌

    Andrew E Gelman, Wenjun Li, Steven B Richardson, Bernd H Zinselmeyer, Jiaming Lai, Mikio Okazaki, Christopher G Kornfeld, Friederike H Kreisel, Seiichiro Sugimoto, Jeremy R Tietjens, John Dempster, G Alexander Patterson, Alexander S Krupnick, Mark J Miller, Daniel Kreisel

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   182 ( 7 )   3969 - 73   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is the prevailing view that adaptive immune responses are initiated in secondary lymphoid organs. Studies using alymphoplastic mice have shown that secondary lymphoid organs are essential to initiate allograft rejection of skin, heart, and small bowel. The high immunogenicity of lungs is well recognized and allograft rejection remains a major contributing factor to poor outcomes after lung transplantation. We show in this study that alloreactive T cells are initially primed within lung allografts and not in secondary lymphoid organs following transplantation. In contrast to other organs, lungs are acutely rejected in the absence of secondary lymphoid organs. Two-photon microscopy revealed that recipient T cells cluster predominantly around lung-resident, donor-derived CD11c(+) cells early after engraftment. These findings demonstrate for the first time that alloimmune responses following lung transplantation are initiated in the graft itself and therefore identify a novel, potentially clinically relevant mechanism of lung allograft rejection.

    DOI: 10.4049/jimmunol.0803514

    PubMed

    researchmap

  • Costimulatory Blockade-Mediated Lung Allograft Acceptance Is Abrogated by Overexpression of Bcl-2 in the Recipient

    M. Okazaki, S. Sugimoto, J. Lai, C. G. Kornfeld, R. S. Hotchkiss, S. B. Richardson, W. Li, F. H. Kreisel, H. J. Huang, G. A. Patterson, A. S. Krupnick, A. E. Gelman, D. Kreisel

    Transplantation Proceedings   41 ( 1 )   385 - 387   2009年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lung allografts are considered to be more immunogenic than other solid organs. Little is known about the effectiveness of immunosuppressive regimens after lung transplantation. Herein, we describe a novel model of murine vascularized orthotopic lung transplantation we used to study the effects of costimulatory blockade on lung rejection. Transplants were performed in the Balb → B6 strain combination. Recipients were either not immunosuppressed or received perioperative CD40/CD40L and CD28/B7 costimulatory blockade. Nonimmunosupressed Balb/c → B6 lung transplants had severe acute rejection 7 days after transplantation and CD8+ T cells outnumbered CD4+ T cells within the allografts. Alternatively, B6 recipients that received perioperative costimulatory blockade had minimal inflammation and there were nearly equal numbers of CD8+ and CD4+ T cells in these grafts. Approximately one third of graft-infiltrating CD4+ T cells expressed Foxp3. CD4+ T cells isolated from these grafts induced apoptosis of alloreactive CD8+ T cells that were stimulated with donor splenocytes in vitro. In contrast with wild-type B6 recipient mice, we observed severe rejection of Balb/c lungs 7 days after transplantation into Bcl-2 transgenic B6 recipients that had received costimulatory blockade. CD8+ T cells outnumbered CD4+ T cells in these immunosuppressed Bcl-2 transgenic recipients and, compared with immunosuppressed wild-type B6 recipients, a lower percentage of graft-infiltrating CD4+ T cells expressed Foxp3, and a higher percentage of graft-infiltrating CD8+ T cells expressed intereferon-γ. Thus, our results show that perioperative blockade of the CD40/CD40L and CD28/B7 costimulatory pathways markedly ameliorates acute rejection of lung allografts in wild type but not Bcl-2 transgenic recipients. © 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2008.10.068

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Monocyte Differentiation Is Controlled by MyD88 After Mouse Orthotopic Lung Transplantation

    S. Sugimoto, X. Lin, M. Okazaki, J. Lai, J. R. Tietjens, H. Huang, G. A. Patterson, A. S. Krupnick, D. Kreisel, A. E. Gelman

    Transplantation Proceedings   41 ( 1 )   388 - 390   2009年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In lung grafts, ischemia-reperfusion signals rapidly induce the recruitment and differentiation of host monocytes into macrophages and dendritic cells. The nature of ischemia-reperfusion signals are antigen independent, but have been hypothesized to initiate Toll-like receptor (TLR) and interleukin (IL)-1R-mediated signaling pathways that are thought to potentiate alloimmune responses. We wondered whether MyD88, an adaptor molecule critical for both TLR and IL-1R-mediated inflammatory responses, regulated monocyte differentiation in a mouse model of vascularized orthotopic lung transplantation. Orthotopic left lung transplants were performed in the following syngeneic combinations: CD45.1+ B6 → CD45.2+ MyD88-/- and CD45.1+ B6 → CD45.2+ B6. One day later, recipient-derived dendritic cells and macrophage numbers were assessed in the bronchiolar lavage by FACS analysis. Compared with the bronchiolar lavage of wildtype recipients, MyD88-/- recipients had lower numbers of dendritic cells in lung graft airways that were of recipient origin. Lower numbers of newly differentiated lung graft dendritic cells was coincident with the appearance of higher numbers of undifferentiated monocytes in the lung airways of MyD88-/- recipients as compared with wild-type recipients. Moreover, adoptive transfer experiments demonstrated that MyD88-/- monocytes were poorer at differentiating into lung dendritic cells as compared with wild-type monocytes. Taken together, these data show that MyD88 regulates graft-infiltrating monocyte differentiation and suggests a mechanism by which TLR/IL-1R-signaling pathways control adaptive responses in lung allografts through controlling monocyte fate. © 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2008.09.064

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Experimental orthotopic lung transplantation model in rats with cold storage.

    Ryujiro Sugimoto, Atsunori Nakao, Itaru Nagahiro, Junichi Kohmoto, Seiichiro Sugimoto, Mikio Okazaki, Masaomi Yamane, Hidetoshi Inokawa, Takahiro Oto, Kazunori Tahara, Jianghua Zhan, Yoshifumi Sano, Kenneth R McCurry

    Surgery today   39 ( 7 )   641 - 5   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This report describes a new experimental procedure, a rat unilateral, orthotopic lung transplantation with cold storage, and evaluates its relevancy and reliability to study the early events during cold ischemia/reperfusion (I/R) injury. This model, using the cuff technique, does not require extensive training and is relatively easy to be established. The model can induce reproducible degrees of pulmonary graft injury including impaired gas exchange, proinflammatory cytokine upregulation, or inflammatory infiltrates, depending on the preservation time. The results are consistent with the previous clinical evidence, thus suggesting that this model is a valid and reliable animal model of cold I/R injury.

    DOI: 10.1007/s00595-008-3929-x

    PubMed

    researchmap

  • Orthotopic mouse lung transplantation as experimental methodology to study transplant and tumor biology. 国際誌

    Alexander S Krupnick, Xue Lin, Wenjun Li, Mikio Okazaki, Jiaming Lai, Seiichiro Sugimoto, Steven B Richardson, Christopher G Kornfeld, Joel R Garbow, G Alexander Patterson, Andrew E Gelman, Daniel Kreisel

    Nature protocols   4 ( 1 )   86 - 93   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Unlike transplantation of other solid organs, vascularized mouse lung transplantation has only recently been developed. In this protocol, we describe a detailed method for performing a vascularized and aerated mouse orthotopic lung transplant, which to date represents the most physiological mouse model of lung transplantation. The procedure is divided into two separate portions consisting of donor harvest followed by implantation using the cuff technique for bronchovascular anastomoses. After a training period spanning several months, the procedure can be successfully mastered and, in experienced hands, requires approximately 90 min to perform. After an initial learning curve, perioperative survival is close to 100%. As the donor hematopoietic cells in the transplanted lung are replaced by those of the host over time, thereby creating a 'chimeric lung,' this model represents a novel research tool for the study of transplantation biology as well as other disease processes, such as malignancies.

    DOI: 10.1038/nprot.2008.218

    PubMed

    researchmap

  • Sirolimus ameliorated post lung transplant chylothorax in lymphangioleiomyomatosis. 査読

    Ohara T, Oto T, Miyoshi K, Tao H, Yamane M, Toyooka S, Okazaki M, Date H, Sano Y

    The Annals of thoracic surgery   86 ( 6 )   e7 - 8   2008年12月

  • The feasibility of diaphragmatic transplantation as potential therapy for treatment of respiratory failure associated with Duchenne muscular dystrophy: acute canine model. 国際誌

    Alexander Sasha Krupnick, Andrew E Gelman, Mikio Okazaki, Jiaming Lai, Nitin Das, Seiichiro Sugimoto, Thomas H Tung, Steven B Richardson, G Alexander Patterson, Daniel Kreisel

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   135 ( 6 )   1398 - 9   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2007.12.047

    PubMed

    researchmap

  • CD4+ T lymphocytes are not necessary for the acute rejection of vascularized mouse lung transplants. 国際誌

    Andrew E Gelman, Mikio Okazaki, Jiaming Lai, Christopher G Kornfeld, Friederike H Kreisel, Steven B Richardson, Seiichiro Sugimoto, Jeremy R Tietjens, G Alexander Patterson, Alexander S Krupnick, Daniel Kreisel

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   180 ( 7 )   4754 - 62   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Acute rejection continues to present a major obstacle to successful lung transplantation. Although CD4(+) T lymphocytes are critical for the rejection of some solid organ grafts, the role of CD4(+) T cells in the rejection of lung allografts is largely unknown. In this study, we demonstrate in a novel model of orthotopic vascularized mouse lung transplantation that acute rejection of lung allografts is independent of CD4(+) T cell-mediated allorecognition pathways. CD4(+) T cell-independent rejection occurs in the absence of donor-derived graft-resident hematopoietic APCs. Furthermore, blockade of the CD28/B7 costimulatory pathways attenuates acute lung allograft rejection in the absence of CD4(+) T cells, but does not delay acute rejection when CD4(+) T cells are present. Our results provide new mechanistic insight into the acute rejection of lung allografts and highlight the importance of identifying differences in pathways that regulate the rejection of various organs.

    PubMed

    researchmap

  • Long-term follow-up of living-donor single lobe transplantation for idiopathic pulmonary arterial hypertension in a child. 査読

    Toyooka S, Sano Y, Yamane M, Oto T, Okazaki M, Kusano KF, Date H

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   135 ( 2 )   451 - 452   2008年2月

  • Maintenance of airway epithelium in acutely rejected orthotopic vascularized mouse lung transplants. 国際誌

    Mikio Okazaki, Andrew E Gelman, Jeremy R Tietjens, Aida Ibricevic, Christopher G Kornfeld, Howard J Huang, Steven B Richardson, Jiaming Lai, Joel R Garbow, G Alexander Patterson, Alexander S Krupnick, Steven L Brody, Daniel Kreisel

    American journal of respiratory cell and molecular biology   37 ( 6 )   625 - 30   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lung transplantation remains the only therapeutic option for many patients suffering from end-stage pulmonary disease. Long-term success after lung transplantation is severely limited by the development of bronchiolitis obliterans. The murine heterotopic tracheal transplantation model has been widely used for studies investigating pathogenesis of obliterative airway disease and immunosuppressive strategies to prevent its development. Despite its utility, this model employs proximal airway that lacks airflow and is not vascularized. We have developed a novel model of orthotopic vascularized lung transplantation in the mouse, which leads to severe vascular rejection in allogeneic strain combinations. Here we characterize differences in the fate of airway epithelial cells in nonimmunosuppressed heterotopic tracheal and vascularized lung allograft models over 28 days. Up-regulation of growth factors that are thought to be critical for the development of airway fibrosis and interstitial collagen deposition were similar in both models. However, while loss of airway epithelial cells occurred in the tracheal model, airway epithelium remained intact and fully differentiated in lung allografts, despite profound vascular rejection. Moreover, we demonstrate expression of the anti-apoptotic protein Bcl-2 in airway epithelial cells of acutely rejected lung allografts. These findings suggest that in addition to alloimmune responses, other stimuli may be required for the destruction of airway epithelial cells. Thus, the model of vascularized mouse lung transplantation may provide a new and more physiologic experimental tool to study the interaction between immune and nonimmune mechanisms affecting airway pathology in lung allografts.

    PubMed

    researchmap

  • A mouse model of orthotopic vascularized aerated lung transplantation. 国際誌

    M Okazaki, A S Krupnick, C G Kornfeld, J M Lai, J H Ritter, S B Richardson, H J Huang, N A Das, G A Patterson, A E Gelman, D Kreisel

    American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons   7 ( 6 )   1672 - 9   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Outcomes after lung transplantation are markedly inferior to those after other solid organ transplants. A better understanding of cellular and molecular mechanisms contributing to lung graft injury will be critical to improve outcomes. Advances in this field have been hampered by the lack of a mouse model of lung transplantation. Here, we report a mouse model of vascularized aerated single lung transplantation utilizing cuff techniques. We show that syngeneic grafts have normal histological appearance with minimal infiltration of T lymphocytes. Allogeneic grafts show acute cellular rejection with infiltration of T lymphocytes and recipient-type antigen presenting cells. Our data show that we have developed a physiological model of lung transplantation in the mouse, which provides ample opportunity for the study of nonimmune and immune mechanisms that contribute to lung allograft injury.

    PubMed

    researchmap

  • Sphingosine 1-phosphate inhibits ischemia reperfusion injury following experimental lung transplantation. 国際誌

    M Okazaki, F Kreisel, S B Richardson, D Kreisel, A S Krupnick, G A Patterson, A E Gelman

    American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons   7 ( 4 )   751 - 8   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Ischemia reperfusion (I/R) injury following lung transplantation is exacerbated by the destruction of the endothelial cell barrier leading to pulmonary edema and dysregulated activated lymphocyte migration. Sphingosine 1-phosphate (S1P), a G-coupled protein receptor (GPCR) agonist, has been previously shown to promote endothelial cell tight junction formation and prevent monocyte chemotaxis. We asked if S1P treatment could improve pulmonary function and attenuate I/R injury following syngeneic rat lung transplantation. In comparison to vehicle-treated recipients, S1P administered before reperfusion significantly improved recipient oxygenation following transplantation. Improved graft function was associated with reduced inflammatory signaling pathway activation along with attenuated intragraft levels of MIP-2, TNF-alpha and IL-1beta. Moreover, S1P-treated recipients had significantly less apoptotic endothelial cells, pulmonary edema and graft accumulation of neutrophils than did vehicle-treated recipients. Thus our data show that S1P improves lung tissue homeostasis following reperfusion by enhancing endothelial barrier function and blunting monocytic graft infiltration and inflammation.

    PubMed

    researchmap

  • Post-mortem administration of urokinase in canine lung transplantation from non-heart-beating donors. 国際誌

    Ryujiro Sugimoto, Hiroshi Date, Seiichiro Sugimoto, Mikio Okazaki, Keiju Aokage, Hidetoshi Inokawa, Motoi Aoe, Yoshifumi Sano

    The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation   25 ( 9 )   1148 - 53   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We previously reported that post-mortem heparinization by closed-chest cardiac massage within 30 minutes after cardiac arrest is beneficial in lung transplantation (LTx) from non-heart-beating donors (NHBDs) by preventing formation of microthrombi. In this study, we evaluated the effects of post-mortem administration of urokinase 60 minutes after cardiac arrest. METHODS: Left LTx was performed in 12 pairs of mongrel dogs. Donors were sacrificed and left at room temperature for 2 hours. In Group 1 (n = 6), heparin sodium (1,000 U/kg) was administered intravenously 60 minutes after cardiac arrest, then closed-chest cardiac massage was performed for 1 minute to distribute the heparin. In Group 2 (n = 6), the donors were treated as in Group 1, except, in addition to heparin sodium, urokinase (120,000 U) was administered intravenously before and at the end of cardiac massage. After 2 hours of cardiac arrest, donor lungs were flushed with low-potassium dextran glucose solution. After left LTx, the right pulmonary artery was ligated, and recipients were followed up for 3 hours. Uni- and multivariate repeat analyses were performed to obtain statistical data. RESULTS: Group 2 had significantly better arterial oxygen tension, lower pulmonary vascular resistance and lower wet/dry weight ratio of the transplanted lung than Group 1. d-dimer level during the warm ischemia was significantly lower in Group 2 than in Group 1. CONCLUSIONS: Post-mortem administration of urokinase along with heparin is beneficial in LTx from NHBDs by fibrinolytic action on already formed pulmonary microthrombi in the cadaver donor lungs.

    PubMed

    researchmap

  • Optimal time for post-mortem heparinization in canine lung transplantation with non-heart-beating donors. 国際誌

    Mikio Okazaki, Hiroshi Date, Hidetoshi Inokawa, Daisuke Okutani, Keiju Aokage, Itaru Nagahiro, Motoi Aoe, Yoshifumi Sano, Nobuyoshi Shimizu

    The Journal of heart and lung transplantation : the official publication of the International Society for Heart Transplantation   25 ( 4 )   454 - 60   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: We previously reported that post-mortem heparinization by closed-chest cardiac massage is beneficial in lung transplantation from non-heart-beating donors by preventing formation of microthrombi. In this study, we evaluated the optimal time for post-mortem heparinization in canine lung transplantation from non-heart-beating donors. METHODS: Left lung transplantation was performed in 25 weight-matched pairs of mongrel dogs. Donors were killed with an intravenous injection of potassium chloride and left at room temperature for 2 hours. The cadaver donors were assigned randomly to one of five study groups. In Group H0, heparin sodium (1,000 U/kg) was given intravenously before cardiac arrest. In Groups H10, H30, H45 and H60, heparin sodium (1,000 U/kg) was given intravenously 10, 30, 45 and 60 minutes after cardiac arrest, respectively, followed by closed-chest cardiac massage for 2 minutes. After 2 hours of cardiac arrest, donor lungs were flushed with low-potassium dextran glucose solution and preserved for 60 minutes. After left lung allotransplantation, the right pulmonary artery was ligated, and recipient animals were followed up for 3 hours. Uni- and multivariate repeat analyses were utilized for statistical assessment. RESULTS: After transplantation, gas exchange was significantly worse in Groups H45 and H60 than in Groups H0, H10 and H30. Thrombin/anti-thrombin III complex concentration during warm ischemia was significantly higher in Groups H30, H45 and H60 than in Groups H0 and H10. CONCLUSIONS: The optimal time for post-mortem heparinization in lung transplantation from non-heart-beating donors is approximately 30 minutes after cardiac arrest.

    PubMed

    researchmap

  • A canine experimental study to assess the potential of unilateral double lobar lung transplantation. 国際誌

    Keiju Aokage, Hiroshi Date, Ryujiro Sugimoto, Mikio Okazaki, Daisuke Okutani, Hidetoshi Inokawa, Motoi Aoe, Nobuyoshi Shimizu

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   29 ( 1 )   40 - 4   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: We recently reported a technique of unilateral double lobar lung transplantation (UDLLT) in a canine model that was associated with satisfactory early pulmonary function. The purpose of the present experimental study was to assess the quality of bronchial healing, complication rates, survival rates and long-term pulmonary function of this new transplantation technique. METHODS: Unilateral double lobar lung transplantation was performed in 14 weight-matched pairs of dogs. In recipient animals, two grafts obtained from donor animals were implanted in the right hemithorax after right pneumonectomy. One graft (left graft) was implanted as a right upper lobe in an upside-down position and the other (right graft) was implanted in the natural anatomic position. The immunosuppressed recipients were observed for 3 weeks. Transplanted graft function was assessed under left main pulmonary artery occlusion at 1 and 3 weeks after transplantation. RESULTS: All animals survived the operation. Pulmonary artery kinking (3/14, 21%) and pulmonary venous thrombus (4/14, 29%) were exclusively observed in the graft implanted in the upside-down position. These complications decreased as the number of transplantations increased. Two of the first seven (29%) and five of the last seven recipient dogs (71%) survived for 3 weeks with excellent pulmonary function and good bronchial healing. CONCLUSIONS: This procedure was associated with a high complication incidence in the non-anatomically positioned graft. However, a precise surgical technique could decrease these complications. This technically demanding procedure provided excellent pulmonary function and good bronchial healing.

    PubMed

    researchmap

  • In vivo molecular imaging characterizes pulmonary gene expression during experimental lung transplantation. 国際誌

    Sekhar Dharmarajan, Makio Hayama, James Kozlowski, Takaaki Ishiyama, Mikio Okazaki, Phillip Factor, G Alexander Patterson, Daniel P Schuster

    American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons   5 ( 6 )   1216 - 25   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Experimental gene therapy is a promising strategy to prevent ischemia-reperfusion (I/R) injury and allograft rejection after lung transplantation, and methods will eventually be needed to characterize pulmonary transgene expression in vivo in humans. Therefore, we studied positron emission tomography (PET) as a means of performing in vivo molecular imaging in rodent models of lung transplantation. Rats were transfected endotracheally with adenovirus encoding a fusion gene of a mutant Herpes simplex virus-1 thymidine kinase and the green fluorescent protein gene (the former serving as an imaging reporter gene). Twenty-four hours after transfection, lungs were transplanted in groups representing normal transplantation, I/R injury and acute allograft rejection. Imaging was obtained either 24 h after transplantation to study reperfusion injury or 4 days after transplantation to study graft rejection. After imaging, lungs were excised and analyzed for thymidine kinase activity. Imaging detected transgene expression in transplanted lungs even in the presence of acute rejection or I/R injury. The PET imaging signal correlated with in vitro lung tissue assays of thymidine kinase activity (r(2) = 0.534). Thus, noninvasive molecular imaging with PET is a feasible, sensitive and quantitative method for characterizing pulmonary transgene expression in experimental lung transplantation.

    PubMed

    researchmap

  • Effects of postmortem heparinization in canine lung transplantation with non-heart-beating donors. 国際誌

    Hidetoshi Inokawa, Hiroshi Date, Mikio Okazaki, Daisuke Okutani, Keiju Aokage, Itaru Nagahiro, Motoi Aoe, Yoshifumi Sano, Nobuyoshi Shimizu

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   129 ( 2 )   429 - 34   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Microthrombus formation appears to be one of the major detrimental factors in lung transplantation from non-heart-beating donors. The purpose of this study was to evaluate the effects of postmortem heparinization by closed-chest cardiac massage in a canine model of left single-lung allotransplantation from non-heart-beating donors. METHODS: Left lung transplantation was performed in 18 weight-matched pairs of mongrel dogs. Donors were killed with an intravenous injection of potassium chloride and left at room temperature for 2 hours. The cadaveric donors were assigned randomly to one of the three groups. In group 1 (n = 6), no heparin was given as a control. In group 2 (n = 6), heparin sodium (1000 U/kg) was administered intravenously before cardiac arrest. In group 3 (n = 6), heparin sodium (1000 U/kg) was administered intravenously 10 minutes after death, then closed-chest cardiac massage was performed for 2 minutes. After 2 hours of cardiac arrest, donor lungs were flushed with low-potassium dextran-glucose solution and preserved for 60 minutes. After left lung transplantation, the right pulmonary artery was ligated, and recipient animals were followed up for 3 hours. Univariate and multivariate repeated analyses were used for statistics. RESULTS: Both groups 2 and 3 had significantly better gas exchange and lower pulmonary vascular resistance than group 1. Changes in thrombin-antithrombin III complex concentration during the warm ischemia indicated that postmortem heparinization suppressed clotting activation in the donor. CONCLUSIONS: Postmortem heparinization by cardiac massage is beneficial in lung transplantation from non-heart beating donors by preventing microthrombus formation.

    PubMed

    researchmap

  • The technique of unilateral double lobar lung transplantation in a canine model. 国際誌

    Daisuke Okutani, Hiroshi Date, Makio Hayama, Hidetoshi Inokawa, Mikio Okazaki, Itaru Nagahiro, Yoshifumi Sano, Motoi Aoe, Nobuyoshi Shimizu

    The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   127 ( 2 )   563 - 7   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVE: Bilateral living-donor lobar lung transplantation has become an accepted alternative to cadaveric lung transplantation. Because only one lobe is implanted in each chest cavity, this procedure seems to be best suited for children and small adults. The purpose of this study was to develop a technique of unilateral double lobar lung transplantation that can be applied to large adult patients. METHODS: Unilateral double lobar lung transplantation was performed in 6 weight-matched pairs of dogs. In donor animals the right middle, lower, and cardiac lobes were separated as a right graft, and the left lower lobe was separated as a left graft. In recipient animals these 2 grafts were implanted in the right hemithorax after right pneumonectomy. The left graft was implanted as a right upper lobe, having been rotated 180 degrees along the vertical axis and then 180 degrees along the horizontal axis. The right graft was implanted in the natural anatomic position. Function of the transplanted grafts was assessed for 3 hours after ligation of the left main pulmonary artery while the animals were ventilated with 100% oxygen. RESULTS: Morphologic adaptation of the 2 grafts in the right hemithorax was found to be excellent. All 6 animals survived the assessment period with excellent pulmonary function. At the end of the 3-hour assessment period, the arterial oxygen tension was 519 +/- 31 mm Hg, and the mean pulmonary artery pressure was 30.5 +/- 1.7 mm Hg. CONCLUSIONS: Unilateral double lobar lung transplantation was technically possible and associated with satisfactory early pulmonary function in a canine experimental model.

    PubMed

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • プレシジョン・メディシンの時代に呼吸器外科医が果たす役割

    枝園和彦, 枝園和彦, 諏澤憲, 山本寛斉, 岡崎幹生, 田中真, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 遠西大輔, 冨田秀太, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 心臓死ドナーを脳死ドナー基準で分類した場合の心臓死肺移植後成績

    田中真, MEJIRA Lucas Hoyos, GOMEZ-DE-ANTONIOA David, 松原慧, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 胸部薄切CTおよびFDG-PET/CTによる小型肺腺癌の組織学的悪性度予測

    吉川真生, 枝園和彦, 松原慧, 田中真, 諏澤憲, 三好健太郎, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 肉腫多発肺転移手術症例における好中球/リンパ球比(NLR)の検討

    山本寛斉, 松原慧, 田中真, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 胸骨骨折に伴うフレイルチェストに対してプレートとワイヤー固定法を用いて整復し得た一例

    調枝治樹, 田中真, 松原慧, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 肺尖部の死腔充填を企図した有効な有茎広背筋弁の採取・充填法

    氏家裕征, 三好健太郎, 松原慧, 田中真, 枝園和彦, 諏澤憲, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • ジャポニカアレイNEOを用いた肺移植後の慢性腎臓病に関連する一塩基多型の同定

    富岡泰章, 杉本誠一郎, 川名伸一, 久保友次郎, 清水大, 松原慧, 田中真, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 山本寛斉, 岡崎幹生, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 呼吸器外科ロボット手術の教育方針:Solo Surgery化と適応拡大へのステップアップ方法

    岡崎幹生, 田中真, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 脳死片肺移植の長期成績

    杉本誠一郎, 三好健太郎, 田中真, 松原慧, 諏澤憲, 枝園和彦, 山本寛斉, 岡崎幹生, 豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会総会(Web)   39th   2022年

     詳細を見る

  • 脳死両肺移植後CLADによる高炭酸ガス血症に対する治療戦略:日中のリハビリテーションと夜間の人工呼吸器管理

    調枝治樹, 田中真, 松原慧, 枝園和彦, 諏澤憲, 三好健太郎, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本肺および心肺移植研究会プログラム・抄録集   38th   2022年

     詳細を見る

  • 移植直前の二次性肺高血圧が片肺移植後の予後に与える影響~両肺移植との比較~

    清水大, 三好健太郎, 杉本誠一郎, 久保友次郎, 川名伸一, 松原慧, 田中真, 岡崎幹生, 豊岡伸一

    日本肺および心肺移植研究会プログラム・抄録集   38th   2022年

     詳細を見る

  • メチロシン投与下にパラガングリオーマを摘出し得た単心室症例

    佐々木 恵里佳, 稲垣 兼一, 伊藤 慶彦, 藤澤 諭, 和田 淳, 杜 徳尚, 赤木 禎治, 笠原 真悟, 岡崎 幹生, 早房 良, 有安 宏之

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   548 - 548   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • マウス異所性気管移植モデルを用いたS100A8/A9抗体の慢性移植肺機能不全に対する効果の検討

    清水 大, 岡崎 幹生, 木下 理恵, 中田 憲太郎, 三好 健太郎, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 阪口 政清, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   P2 - 11   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肺移植後CLADにおける2019年ISHLT新基準にもとづく予後評価

    松原 慧, 三好 健太郎, 大谷 真二, 川名 伸一, 久保 友次郎, 清水 大, 富岡 泰章, 田中 真, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   O23 - 1   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植に関連した感染症(待機中から術後慢性期まで) Clostridioides difficile感染症診療ガイドライン作成に伴う当院での肺移植周術期の検討

    久保 友次郎, 田中 真, 石上 恵美, 石原 恵, 坂田 龍平, 富岡 泰章, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斉, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SSY4 - 4   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植に関連した感染症(待機中から術後慢性期まで) びまん性汎細気管支炎に対する肺移植後の慢性期管理と長期成績

    杉本 誠一郎, 三好 健太郎, 田中 真, 富岡 泰章, 石原 恵, 石上 恵美, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SSY4 - 5   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植におけるドナー不足にどう取組むか 心停止ドナー肺移植、スペインでの経験を踏まえて

    田中 真, 石上 恵美, 石原 恵, 富岡 泰章, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SSY9 - 4   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植後の慢性期合併症とその管理 肺移植後の慢性腎臓病に対して血液透析を導入した症例の検討

    富岡 泰章, 杉本 誠一郎, 川名 伸一, 久保 友次郎, 清水 大, 松原 慧, 田中 真, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 総会臨時 )   SWS8 - 4   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • BKウイルス感染症による出血性膀胱炎で周術期治療に難渋した小児生体肺移植の1例

    富岡 泰章, 大谷 真二, 石上 恵美, 石原 恵, 松原 慧, 清水 大, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 1 )   100 - 100   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 脊柱側彎症患者に対する脳死両肺移植、術後合併症の経験

    山本 治慎, 大谷 真二, 清水 大, 松原 慧, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 1 )   102 - 102   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • シャント造設を契機に片側肺の肺水腫及び肺高血圧を来した両側生体肺移植後CLADの一例

    清水 大, 三好 健太郎, 東馬 智子, 松田 裕介, 松原 慧, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 1 )   104 - 104   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植後成績の芳しくないレシピエント群-乳幼児肺移植

    大谷 真二, 石原 恵, 石上 恵美, 松原 慧, 清水 大, 富岡 泰章, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   56 ( 1 )   76 - 76   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植における予後改善に向けての取組 生体肺移植と脳死肺移植の違いに着目した慢性移植肺機能不全(CLAD)の早期診断を目指した取り組み

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 富岡 泰章, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   PD2 - 4   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺がん治療発展を目指した呼吸器外科医の役割 家族性肺がんの経験

    諏澤 憲, 山本 寛斉, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   MO10 - 3   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援手術第2世代術者のラーニングカーブ

    大谷 真二, 岡崎 幹生, 坂田 龍平, 松田 直樹, 岩田 一馬, 高津 史明, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   MO58 - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植患者の周術期におけるClostridioides difficile感染症の検討

    坂田 龍平, 大谷 真二, 石上 恵美, 石原 恵, 土生 智大, 岩田 一馬, 久保 友次郎, 松田 直樹, 清水 大, 松原 慧, 富岡 泰章, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   O18 - 4   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植における最適な術前予後予測スコアリング法 9つの術前予後予測スコアリング法の検証から

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 清水 大, 松原 慧, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   O18 - 5   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • RATS? VATS? Uniportal VATS?〜あなたならどのアプローチを選ぶ?〜 肥満症例や不全分葉症例から見たRATSの有用性

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   PD3 - 3   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • N2肺癌に対する術前導入化学放射線療法後手術症例における好中球/リンパ球比の検討

    山本 寛斉, 津高 慎平, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   O8 - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植後移植片慢性機能不全におけるGoddard scoreの検討

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 富岡 泰章, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   O18 - 3   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • UNCX遺伝子多型と肺移植後の腎機能障害との関係

    富岡 泰章, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 清水 大, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   RO17 - 2   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Vessel sealerを常時用いたRATS手技

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 大谷 真二, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 3 )   RV5 - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 当院における小児肺移植の成績

    大谷 真二, 富岡 泰章, 松原 慧, 清水 大, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 高IgE症候群による気管支拡張症に対して両側脳死肺移植を施行した1例

    清水 大, 大谷 真二, 富岡 泰章, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 4 )   507 - 507   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 小児に対するABO血液型不一致の両側脳死肺移植の経験

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 松原 慧, 富岡 泰章, 清水 大, 山本 治慎, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 4 )   491 - 491   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 脳死片肺移植を施行した多中心性キャッスルマン病の1例

    富岡 泰章, 大谷 真二, 松原 慧, 清水 大, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 4 )   506 - 506   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植手術手技を応用した自家肺移植

    塩谷 俊雄, 大谷 真二, 青景 圭樹, 黒崎 毅史, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 坪井 正博, 大藤 剛宏

    移植   55 ( 4 )   451 - 451   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 反転肺移植術の可能性 当院で経験した3症例

    山本 治慎, 大谷 真二, 日笠 友起子, 黒崎 毅史, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 小林 求, 大藤 剛宏

    移植   55 ( 4 )   453 - 453   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科領域のロボット手術

    岡崎 幹生

    兵庫県外科医会会誌   55   5 - 9   2021年3月

  • 外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方 充実した地域医療の実現を目指して

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   122 ( 1 )   83 - 85   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 気胸の発症で明らかとなった骨肉腫肺転移の1例

    林 龍也, 重松 久之, 坂尾 伸彦, 杉本 龍士郎, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   35 ( 1 )   27 - 31   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    転移性肺腫瘍による続発性気胸は時に経験されるが、その原発腫瘍としては肉腫、特に骨肉腫による報告が多い。今回、骨肉腫の治療終了後、気胸の発症を契機に骨肉腫の肺転移を診断し、その後全身化学療法を施行して無再発生存を得ている症例を経験したので報告する。症例は14歳の男性で、左脛骨原発の骨肉腫と診断され、腫瘍広範切除術と人工関節置換術が施行された。術後化学療法が行われ、治療終了約6ヵ月後に右自然気胸となった。画像上、肺転移巣を疑う陰影は認めなかったが、右上葉胸膜直下に5mm大の嚢胞を認めた。術中同部位からの気漏を確認し、肺部分切除術を施行した。組織学的に骨肉腫の肺転移であり、胸膜直下の転移巣による胸膜の破綻が気胸の原因であると考えられた。骨肉腫の既往や治療後経過観察中に気胸を発症した場合は、骨肉腫の肺転移を疑い、診断と治療を兼ねた外科切除が有用であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J02256&link_issn=&doc_id=20210125360005&doc_link_id=10.2995%2Fjacsurg.35.27&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.2995%2Fjacsurg.35.27&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • さまざまの部位でのロボット支援縦隔腫瘍切除

    OKAZAKI Mikio, SUZAWA Ken, SHIOTANI Toshio, MIYOSHI Kentaro, OTANI Shinji, YAMAMOTO Hiromasa, SUGIMOTO Seiichiro, YAMANE Masaomi, TOYOOKA Shinichi

    日本内視鏡外科学会総会(Web)   33rd   2021年

     詳細を見る

  • 肺移植待機患者の予後予測におけるPrognostic Nutrition Index(PNI)の有用性

    松原 慧, 大谷 真二, 清水 大, 富岡 泰章, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 総会臨時 )   353 - 353   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植におけるLiquid biopsy ドナー由来血中遊離DNAとマイクロRNA

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 富岡 泰章, 石上 恵美, 石原 恵, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 総会臨時 )   242 - 242   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 当院における高齢者レシピエント症例の検討

    富岡 泰章, 大谷 真二, 清水 大, 松原 慧, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 総会臨時 )   253 - 253   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 当院の肺移植後リンパ増殖性疾患7例の検討 治療後のCLAD発症と日和見感染症による死亡をどう防ぐか

    清水 大, 大谷 真二, 富岡 泰章, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    移植   55 ( 総会臨時 )   246 - 246   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 間質性肺炎合併肺癌:To treat, or not to treat? 間質性肺炎合併肺癌に対する外科的治療

    山本 寛斉, 松原 慧, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   481 - 481   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 高分化腺癌-いつ切るの? すりガラス成分を有する小型肺癌に対する治療の至適介入時期

    諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   484 - 484   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌手術症例と末梢血リンパ球/単球比とその継時的変化の関連の検討

    富岡 泰章, 山本 寛斉, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   587 - 587   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 集学的治療が行われた局所進行肺癌患者における末梢血好中球/リンパ球比(NLR)の予後的意義について

    津高 慎平, 山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   658 - 658   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • ハイリスク症例をいかに手術に繋げるか? 導入放射線化学療法後の局所進行非小細胞肺癌に対する手術後に反回神経麻痺を発症した症例の検討

    杉本 誠一郎, 諏澤 憲, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   492 - 492   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 85歳以上高齢者肺癌手術の問題と課題について 多施設共同研究の結果から

    葉山 牧夫, 藤原 俊哉, 平見 有二, 渡邉 元嗣, 片岡 正文, 西川 仁士, 諏澤 憲, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   547 - 547   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 最新低侵襲手術におけるリンパ節郭清手技:単孔式VATS vs ロボット支援手術 RATSにおけるリンパ節郭清手技

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    肺癌   60 ( 6 )   464 - 464   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 左上顎洞腫瘤を契機に発見された左心室内への浸潤を伴う肺神経内分泌癌(小細胞癌)の集学的治療の一例

    平生 敦子, 加藤 有加, 西 達也, 岡崎 幹生, 二宮 貴一朗, 二宮 崇, 久保 寿夫, 頼 冠名, 市原 英基, 大橋 圭明, 山根 正修, 堀田 勝幸, 田端 雅弘, 豊岡 伸一, 前田 嘉信, 木浦 勝行

    肺癌   60 ( 6 )   683 - 683   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 気胸を合併し、発見された肺原発血管肉腫の1切除例

    毛利 謙吾, 岡崎 幹生, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   SP4 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 自然気胸後の器質化期膿胸に対する醸膿胸膜切除術 明瞭な臓側胸膜外層の同定に基づいた剥離

    清水 大, 三好 健太郎, 松原 慧, 山本 治慎, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   MO59 - 10   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • マウスモデルを用いた肺虚血再灌流障害の分子機序の解明

    薦田 悠平, 西田 俊太, 坂上 倫久, 岡崎 幹生, 重松 久之, 杉本 龍士郎, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   MO23 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植の問題点と改善策 高度無気肺を合併したドナー肺による移植成績

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   PD1 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 右下肺静脈・左心房経由で左心室まで浸潤した小細胞肺癌に対する緊急手術の1例

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   RV3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ウェットラボでのノンテクニカルスキル評価システムの有用性の検討

    山根 正修, 杉本 誠一郎, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   RO28 - 2   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 臨床的N0・病理学的リンパ節転移陽性肺がんに対する肺切除の現状

    諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下肺葉切除術時の肺動脈損傷に対する対応

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   V1 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 抗HMGB1抗体による肺虚血再灌流障害の抑制

    中田 憲太郎, 岡崎 幹生, 清水 大, 宮内 俊作, 荒木 恒太, 三浦 章博, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛弘, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O47 - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O44 - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方 充実した地域医療の実現を目指して

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   SP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肺移植から学ぶ呼吸器外科学 肺移植から学ぶゲノム医療

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 田中 真, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   S - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 抗HMGB1抗体による肺虚血再灌流障害の抑制

    中田 憲太郎, 岡崎 幹生, 清水 大, 宮内 俊作, 荒木 恒太, 三浦 章博, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛弘, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O47 - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植の問題点と改善策 高度無気肺を合併したドナー肺による移植成績

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   PD1 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ウェットラボでのノンテクニカルスキル評価システムの有用性の検討

    山根 正修, 杉本 誠一郎, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   RO28 - 2   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 気胸を合併し、発見された肺原発血管肉腫の1切除例

    毛利 謙吾, 岡崎 幹生, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   SP4 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植から学ぶ呼吸器外科学 肺移植から学ぶゲノム医療

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 田中 真, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   S - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ロボット支援下肺葉切除術時の肺動脈損傷に対する対応

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   V1 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 臨床的N0・病理学的リンパ節転移陽性肺がんに対する肺切除の現状

    諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 右下肺静脈・左心房経由で左心室まで浸潤した小細胞肺癌に対する緊急手術の1例

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   RV3 - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • マウスモデルを用いた肺虚血再灌流障害の分子機序の解明

    薦田 悠平, 西田 俊太, 坂上 倫久, 岡崎 幹生, 重松 久之, 杉本 龍士郎, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   MO23 - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 自然気胸後の器質化期膿胸に対する醸膿胸膜切除術 明瞭な臓側胸膜外層の同定に基づいた剥離

    清水 大, 三好 健太郎, 松原 慧, 山本 治慎, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   MO59 - 10   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   34 ( 3 )   O44 - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 気管支断端瘻閉鎖後の治癒経過から考える治療方針

    山本 治慎, 三好 健太郎, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本臨床外科学会雑誌   81 ( 6 )   1206 - 1206   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 心のう癒着防止剤の開発のためのモデルマウスの作成

    浪口 謙治, 坂上 倫久, 小嶋 愛, 薦田 宗則, 坂本 裕司, 杉浦 純也, 太田 教隆, 黒部 裕嗣, 西村 隆, 打田 俊司, 八杉 巧, 泉谷 裕則, 岡崎 幹生, 鹿田 文昭

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   50回   O10 - 5   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 心のう癒着防止剤の開発のためのモデルマウスの作成

    浪口 謙治, 坂上 倫久, 小嶋 愛, 薦田 宗則, 坂本 裕司, 杉浦 純也, 太田 教隆, 黒部 裕嗣, 西村 隆, 打田 俊司, 八杉 巧, 泉谷 裕則, 岡崎 幹生, 鹿田 文昭

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集   50回   O10 - 5   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 進行肺癌に対し完全治癒を目指した術前導入治療後の外科手術

    山根正修, 三好健太郎, 大谷真二, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • 肉腫多発肺転移手術症例における末梢血好中球/リンパ球比(NLR)の予後予測因子としての意義

    山本寛斉, 富岡泰章, 塩谷俊雄, 諏澤憲, 三好健太郎, 大谷真二, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • 抗胸腺細胞グロブリンをfirst lineとした肺移植後急性期抗体関連拒絶反応の治療成績

    三好健太郎, 大谷真二, 杉本誠一郎, 富岡泰章, 塩谷俊雄, 黒崎毅史, 諏澤憲, 山本寛斎, 岡崎幹生, 山根正修, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • ロボット支援手術におけるリンパ節郭清手技~VATS,単孔式VATSと比較して~

    岡崎幹生, 諏澤憲, 富岡泰章, 塩谷俊雄, 三好健太郎, 大谷真二, 山本寛斉, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • 肺移植における無気肺ドナーからの臓器保護的肺摘出法

    二萬英斗, 三好健太郎, 塩谷俊雄, 山本治慎, 黒崎毅史, 大谷真二, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • 心嚢内癒着モデルマウスを用いた癒着形成機序の組織学的解析

    浪口謙治, 坂上倫久, 原井川果歩, 小嶋愛, 倉田美恵, 岡崎幹生, 鹿田文昭, 泉谷裕則

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • 間質性肺炎合併肺癌の予後における末梢血好中球/リンパ球比(NLR)の影響

    松原慧, 山本寛斉, 富岡泰章, 塩谷俊雄, 諏澤憲, 三好健太郎, 大谷真二, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   73rd   2020年

     詳細を見る

  • 肺癌におけるPD-L1の発現制御メカニズムの解析

    坂上 倫久, 中岡 裕智, 岡崎 幹生, 重松 久之, 杉本 龍士郎, 泉谷 裕則, 佐野 由文

    肺癌   59 ( 6 )   791 - 791   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • Bリンパ球過形成を伴う小結節性胸腺腫瘍の1切除例

    上山 廉起, 岡崎 幹生, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   923 - 923   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌との鑑別が困難であった肺結節性リンパ過形成の1例

    富岡 泰章, 山本 寛斉, 松原 慧, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   878 - 878   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 複数回手術を施行し長期生存が得られた副腎皮質癌の両側多発肺転移の1例

    坂尾 伸彦, 重松 久之, 藻利 優, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 7 )   714 - 718   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    副腎皮質癌は稀な疾患で、しばしばその診断に難渋するため、進行した症例が多く予後不良とされる。症例は60歳代女性、検診発見の胸部異常陰影を精査したところ、両側多発肺結節と左副腎腫瘍を指摘された。左副腎腫瘍摘出術を施行し、副腎皮質癌と診断された。多発肺結節に対して両側肺部分切除術を施行し、副腎皮質癌の肺転移と診断した。術後化学療法としてミトタンの投与を開始したが、再度両側肺の新たな結節を認め、計5回の肺部分切除術を施行した。いずれも副腎皮質癌の肺転移と診断した。副腎皮質癌術後5年10ヵ月が経過しているが、現在も生存中である。両側多発肺転移を伴った副腎皮質癌であったが、原発巣の切除後、肺転移巣を積極的に外科的切除することにより、比較的長期生存を得られる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J02256&link_issn=&doc_id=20191119350007&doc_link_id=10.2995%2Fjacsurg.33.714&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.2995%2Fjacsurg.33.714&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   684 - 684   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • サルベージ治療・オリゴ再発に対する局所治療戦略 術前化学放射線療法後手術を行った局所進行肺癌術後再発症例の臨床経過

    諏澤 憲, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   586 - 586   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 腹臥位による後方アプローチ併用ロボット支援下ダンベル型神経鞘腫摘出術

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   745 - 745   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 頭頸部癌治療歴を有する非小細胞肺がん患者に対する手術症例の検討

    高津 史明, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   711 - 711   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 定型カルチノイドを伴うびまん性特発性肺神経内分泌過形成の1例

    富岡 泰章, 山本 寛斉, 松原 慧, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 6 )   878 - 878   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌におけるPD-L1の発現制御メカニズムの解析

    坂上 倫久, 中岡 裕智, 岡崎 幹生, 重松 久之, 杉本 龍士郎, 泉谷 裕則, 佐野 由文

    肺癌   59 ( 6 )   791 - 791   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • SPECT/CTを用いて切除範囲を評価した左肺底動脈大動脈起始症の1例

    山本 諒, 杉本 誠一郎, 中田 憲太郎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一, 末澤 孝徳

    肺癌   59 ( 5 )   509 - 509   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • ハイリスク症例に対する肺移植 高度の胸膜癒着を認めたレシピエントに対する肺移植

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 大河 知世, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   174 - 174   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • ドナー胸腔内所見により再斡旋によるレシピエント変更後に肺移植を行った1例

    松原 慧, 大谷 真二, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 二萬 英斗, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   315 - 315   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 新専門医制度の開始により見えてきたその現状と課題 多医療圏にまたがる広域外科専門研修プログラム運営の現状と課題

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 岸本 浩行, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   120 ( 5 )   601 - 603   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肺移植後移植片慢性機能不全の予防と治療-本邦における肺移植開始後20年での現状- 肺移植後移植片慢性機能不全(CLAD)における血中micro-RNA発現量の検討

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 松原 慧, 山本 治慎, 二萬 英斗, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   189 - 189   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • ハイリスク症例に対する肺移植 高度の胸膜癒着を認めたレシピエントに対する肺移植

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 大河 知世, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   174 - 174   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • ドナー胸腔内所見により再斡旋によるレシピエント変更後に肺移植を行った1例

    松原 慧, 大谷 真二, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 難波 圭, 二萬 英斗, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   315 - 315   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体・脳死肺移植における予後予測因子としてのPrognostic Nutrition Index(PNI)の有用性

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   215 - 215   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌におけるモネンシン併用療法によるEMT関連薬剤耐性の克服(Overcoming EMT-mediated drug resistance with Monensin-based combined therapy in non-small cell lung cancer)

    大智 宏祐, 諏澤 憲, 冨田 秀太, 荒木 恒太, 宮内 俊策, 三浦 章博, 武田 達明, 難波 圭, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 枝園 忠彦, 豊岡 伸一

    日本癌学会総会記事   78回   P - 1139   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

    researchmap

  • 新専門医制度の開始により見えてきたその現状と課題 多医療圏にまたがる広域外科専門研修プログラム運営の現状と課題

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 岸本 浩行, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会雑誌   120 ( 5 )   601 - 603   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生体・脳死肺移植における予後予測因子としてのPrognostic Nutrition Index(PNI)の有用性

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   215 - 215   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植後移植片慢性機能不全の予防と治療-本邦における肺移植開始後20年での現状- 肺移植後移植片慢性機能不全(CLAD)における血中micro-RNA発現量の検討

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 松原 慧, 山本 治慎, 二萬 英斗, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    移植   54 ( 総会臨時 )   189 - 189   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 災害ボランティア活動に参加した喘息患者の血痰精査中に発見された右胸部異常陰影の一例

    鹿谷 芳伸, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 中田 憲太郎, 難波 圭, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 久保 寿夫, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    岡山医学会雑誌   131 ( 2 )   113 - 113   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 肺癌術後運動耐容能および呼吸機能回復の推移 切除肺葉別での検討

    山田 貴代, 宮木 鉄平, 渡部 幸喜, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文

    形態・機能   18 ( 1 )   63 - 63   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:コ・メディカル形態機能学会  

    researchmap

  • 災害ボランティア活動に参加した喘息患者の血痰精査中に発見された右胸部異常陰影の一例

    鹿谷 芳伸, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 中田 憲太郎, 難波 圭, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 久保 寿夫, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    岡山医学会雑誌   131 ( 2 )   113 - 113   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 多医療圏にまたがる広域外科専門研修プログラム運営の現状と課題

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 岸本 浩行, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SP - 7   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 保険診療に向けた肺癌に対するロボット支援手術の導入

    岡崎 幹生, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   P17 - 7   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 両側生体肺移植後のChronic Lung Allograft Dysfunctionの早期診断 肺血流シンチグラフィーの可能性

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   P96 - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植へのゲノム医療の応用

    杉本 誠一郎, 山本 治慎, 田中 真, 諏澤 憲, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 8:[P]   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科医によるトランスレーショナルリサーチ トランスレーショナル研究の経験

    豊岡 伸一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   WS - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器以外の併存疾患を有する症例および高齢者肺癌の周術期管理 高齢者肺癌に対する多職種連携周術期管理による術後合併症減少の試み

    三浦 章博, 宗 淳一, 宮内 俊策, 荒木 恒太, 中田 憲太郎, 塩谷 俊雄, 高橋 優太, 黒崎 毅史, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   PD3 - 7   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 局所進行悪性胸部腫瘍に対する拡大手術 中枢進行型肺癌における自家肺移植(the Oto procedure)の長期成績

    塩谷 俊雄, 大谷 真二, 田中 真, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   PD2 - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • MET exon 14スキッピング変異肺癌に対する治療戦略 薬剤耐性克服を目指して

    諏澤 憲, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, ソムワー・ロメル, ラダニー・マーク, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO2 - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器感染症の外科治療 感染性肺疾患に対する肺移植の長期成績

    杉本 誠一郎, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   WS4 - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 術前放射線同時併用化学療法後手術を行った局所進行肺癌の術後再発に対する治療戦略 局所治療の有用性

    諏澤 憲, 宗 淳一, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO12 - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 生体肺移植後慢性拒絶反応と血中Irisin濃度の関係

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO11 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 手掌多汗症に対する胸腔鏡下胸部交感神経交通枝切離術の手術成績

    黒崎 毅史, 森山 重治, 葉山 牧夫, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RV6 - 5   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会雑誌   33 ( 3 )   RO20 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 左上葉切除術後6日目に診断しえた左上肺静脈断端血栓の1例

    本田 貴裕, 杉本 誠一郎, 鹿谷 芳伸, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 大藤 剛宏

    肺癌   59 ( 1 )   107 - 108   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • EGFR遺伝子検索が診断・治療の一助となった両側同時多発肺腺癌の1例

    梅田 将志, 山本 寛斉, 中田 憲太郎, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   59 ( 1 )   99 - 99   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • Reduced Port VATSの短期および長期成績 Uniportal VATSは本当に低侵襲なのか?

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 林 龍也, 田窪 衣里那

    日本内視鏡外科学会雑誌   23 ( 7 )   WS19 - 1   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 左胸腔からのアプローチで両側肺部分切除術を施行した1例

    坂尾 伸彦, 重松 久之, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本内視鏡外科学会雑誌   23 ( 7 )   DP74 - 3   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 肺癌におけるHeparin-binding Epidermal Growth factor(HB-EGF)の解析

    坂上 倫久, 重松 久之, 中岡 裕智, 倉田 美恵, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 東山 繁樹, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    肺癌   58 ( 6 )   599 - 599   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 導入化学放射線療法後手術を施行した局所進行非小細胞肺癌患者に発症した肺アスペルギルス症

    杉本 誠一郎, 宗 淳一, 枝園 和彦, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 木浦 勝行, 金澤 右, 豊岡 伸一

    肺癌   58 ( 6 )   569 - 569   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 免疫療法の新展開 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本 寛斉, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    肺癌   58 ( 6 )   441 - 441   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌切除術の周術期における肺葉別6分間歩行試験および呼吸機能検査

    山田 貴代, 宮木 鉄平, 渡部 幸喜, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   58 ( 6 )   556 - 556   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺移植後に発見された肺癌の検討

    大谷 真二, 黒崎 毅史, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 宗 淳一, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    肺癌   58 ( 6 )   526 - 526   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 局所進行非小細胞肺癌に対する導入療法後肺切除術の晩期肺障害を考える

    宗 淳一, 杉本 誠一郎, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 勝井 邦彰, 大藤 剛宏, 木浦 勝行, 金澤 右, 豊岡 伸一

    肺癌   58 ( 6 )   567 - 567   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 造血幹細胞移植後の肺移植 術前ステロイド投与が造血幹細胞移植後の肺移植に与える影響

    杉本 誠一郎, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    移植   53 ( 総会臨時 )   278 - 278   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺移植における気管支吻合と合併症対策 気管支吻合部合併症ゼロを目指して

    黒崎 毅史, 大谷 真二, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 鹿谷 芳伸, 田中 真, 橋本 好平, 二萬 英斗, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏

    移植   53 ( 総会臨時 )   248 - 248   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 臓器移植の増加に伴って見えてきた内科医との連携の重要 本邦の肺移植医療における呼吸器内科医の関与の仕方

    大谷 真二, 黒崎 毅史, 肥後 寿夫, 大河 知世, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏

    移植   53 ( 総会臨時 )   231 - 231   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 両側生体肺移植後のCLAD診断における肺血流シンチグラフィーの有用性

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    移植   53 ( 総会臨時 )   343 - 343   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 臓器移植の増加に伴って見えてきた内科医との連携の重要 本邦の肺移植医療における呼吸器内科医の関与の仕方

    大谷 真二, 黒崎 毅史, 肥後 寿夫, 大河 知世, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏

    移植   53 ( 総会臨時 )   231 - 231   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

    山本 寛斉, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 宗 淳一, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   22回   146 - 146   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本がん免疫学会  

    researchmap

  • 胸腔鏡下肺切除により診断された肺悪性リンパ腫症例の検討

    重松 久之, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    気管支学   40 ( Suppl. )   S347 - S347   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • IV期肺癌における呼吸器外科の役割は拡大しているか? 手術を契機に診断した胸膜播種・悪性胸水を伴うIVA期肺癌は切除非適応か? 多施設共同後方視的解析

    藤原 俊哉, 松浦 求樹, 宗 淳一, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 牧 佑歩, 上野 剛, 杉本 龍士郎, 岡崎 幹生, 田尾 裕之, 葉山 牧夫, 片岡 正文, 佐野 由文, 岡部 和倫, 山下 素弘, 川真田 修, 片岡 和彦, 森山 重治, 豊岡 伸一, 岡山大学呼吸器外科研究会

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   PD3 - 1   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺悪性腫瘍との鑑別が困難であった炎症性疾患切除例54例の臨床的検討

    林 龍也, 佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優, 坂上 倫久, 湯汲 俊悟, 泉谷 裕則

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1472 - 1472   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肺癌手術症例における予後因子としてのBody Mass Index(BMI)の意義

    重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優, 湯汲 俊悟, 泉谷 裕則, 佐野 由文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2516 - 2516   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器合併疾患を有する原発性肺癌手術の術式選択と術後合併症

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 林 龍也, 坂上 倫久, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   P51 - 9   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • GOLDIII期のCOPD合併肺癌症例に対する手術成績と予後に関する検討

    藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   P10 - 5   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 頸部気管癌に対する気管管状切除および輪状軟骨気管吻合を施行した1例

    岡崎 幹生, 林 龍也, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   V4 - 1   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌手術症例におけるABO血液型と予後との相関

    武田 将司, 重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優, 湯汲 俊悟, 泉谷 裕則, 佐野 由文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1482 - 1482   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌術後ホルモン療法終了後1年にて発症した閉経後胸腔内子宮内膜症を伴う女性気胸の1例

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 森本 真光, 重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   P67 - 1   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 高悪性度神経内分泌肺腫瘍におけるPD-L1の発現解析

    坂上 倫久, 中岡 裕智, 藻利 優, 岡崎 幹生, 重松 久之, 泉谷 裕則, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   32 ( 3 )   P60 - 4   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • モストグラフによるスパイロメトリ値の予測

    三好 誠吾, 中村 行宏, 加藤 高英, 山本 将一朗, 仙波 真由子, 濱田 千鶴, 濱口 直彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 松原 稔, 檜垣 實男

    日本呼吸器学会誌   7 ( 増刊 )   175 - 175   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • Pulmonary Neuroendocrine Tumorの多くはPD-L1を発現している 比較的新しい手術材料での検討

    佐野 由文, 坂上 倫久, 重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優

    日本呼吸器学会誌   7 ( 増刊 )   170 - 170   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 当院における間質性肺炎合併肺癌の術後急性増悪に関する検討

    加藤 高英, 中村 行宏, 仙波 真由子, 山本 将一朗, 濱田 千鶴, 三好 誠吾, 濱口 直彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 檜垣 實男

    日本呼吸器学会誌   7 ( 増刊 )   205 - 205   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 当院におけるIII期非小細胞肺癌に対する化学放射線療法(シスプラチン+ドセタキセル併用療法)に関する検討

    山本 将一朗, 中村 行宏, 加藤 高英, 仙波 真由子, 濱田 千鶴, 三好 誠吾, 濱口 直彦, 藻利 優, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 濱本 泰, 檜垣 實男

    日本呼吸器学会誌   7 ( 増刊 )   241 - 241   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術の検討

    山本寛斉, 難波圭, 枝園和彦, 宗淳一, 黒崎毅史, 大谷真二, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会(Web)   71st   2018年

     詳細を見る

  • 胸腔鏡下肺葉切除術における術後肺瘻症例の検討

    重松 久之, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP106 - 05   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当科における続発性気胸に対する胸腔鏡下手術症例の検討

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 7 )   EP172 - 03   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • エナメル上皮腫の両側肺転移に対する外科切除の1例

    重松 久之, 藻利 優, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   P154 - 5   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 肺気腫を背景とした続発性気胸手術症例の検討

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 森本 真光, 重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優, 佐野 由文

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   669 - 669   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科手術での起死回生の一手 胸部外科手術における術中出血のパターンと各々に対する一手

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優, 湯汲 俊悟, 泉谷 裕則

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   338 - 338   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • COPDが高齢者肺癌手術の予後に与える影響

    岡崎 幹生, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   57 ( 5 )   491 - 491   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 長期にわたり画像上変化を認めなかった悪性胸水・胸膜播種病変を伴った肺腺癌の一例

    藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    肺癌   57 ( 5 )   427 - 427   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • Oligometastatic diseaseという概念の妥当性に関する検討 結腸・直腸癌肺転移切除例の予後からの考察

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 藻利 優, 坂上 倫久, 湯汲 俊悟

    肺癌   57 ( 5 )   485 - 485   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺癌細胞におけるProgrammed Death-Ligand 1(PD-L1)の細胞内タンパク質代謝機序の解明

    坂上 倫久, 中岡 裕智, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 東山 繁樹, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    肺癌   57 ( 5 )   472 - 472   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺炎随伴性胸水・急性膿胸に対する胸腔鏡下掻爬術施行症例の検討

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 森本 真光, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 佐野 由文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肺癌組織におけるProgrammed Death-Ligand 1(PD-L1)の発現とその制御メカニズムの解析

    中岡 裕智, 坂上 倫久, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 東山 繁樹, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P11 - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 術前のCTで縮小を認めたが、手術を施行し肺癌と診断された2例

    坂尾 伸彦, 藻利 優, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 松野 剛

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P11 - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 外科的切除した肺癌組織を用いたHeparin Binding EGF Like Growth Factor(HB-EGF)の解析

    坂上 倫久, 中岡 裕智, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 倉田 美恵, 東山 繁樹, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P96 - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 3cmの皮膚切開による単孔式VATS肺葉切除術

    岡崎 幹生, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P78 - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 膿胸に対する治療パラダイムシフトの可能性についての考察

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P59 - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 当院における続発性気胸手術症例の検討

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 森本 真光, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P53 - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌手術症例における術前mGPS、PNI、PIの意義

    重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 泉谷 裕則, 佐野 由文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 5   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院における単孔式VATS手術成績

    岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 右肺下葉切除術後に乳糜心嚢液が貯留し、心嚢ドレナージを要した1例

    藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 3 )   P7 - 3   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • モストグラフは肺活量、1秒量を予測する(其の2)

    三好 誠吾, 片山 均, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 松原 稔, 大蔵 隆文, 檜垣 實男

    日本呼吸器学会誌   6 ( 増刊 )   319 - 319   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 右内側肺底区気管支(B7)・肺動脈(A7)の破格に対する右肺底区域切除術

    重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本内視鏡外科学会雑誌   21 ( 7 )   DP14 - 5   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 肺癌術後の縦隔リンパ節再発を疑ったが、PET/CT偽陽性であった1例

    井村 真, 岡崎 幹生, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   56 ( 6 )   759 - 759   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 転移性肺腫瘍に対する単孔式VATS部分切除術の検討

    藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    肺癌   56 ( 6 )   824 - 824   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 高齢者(75歳以上)非小細胞肺癌における術後再発症例についての検討

    重松 久之, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    肺癌   56 ( 6 )   806 - 806   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 左肺上葉切除後に左主肺動脈壁に血栓を形成した1例

    板本 進吾, 岡崎 幹生, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   56 ( 6 )   851 - 851   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 左上肺静脈断端に再発した転移性肺腫瘍の1切除例

    岡崎 幹生, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   56 ( 6 )   608 - 608   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺腺癌におけるLepidic growthと浸潤性の関連 ROC曲線による検討

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 湯汲 俊悟

    肺癌   56 ( 6 )   767 - 767   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 複数回手術を施行した副腎皮質癌の多発肺転移の1例

    坂尾 伸彦, 重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P78 - 7   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 大腸癌肺転移切除例に対する検討

    湯汲 俊悟, 渡部 祐司, 鈴木 秀明, 石丸 啓, 重松 久之, 森本 真光, 岡崎 幹生, 山本 祐司, 松野 裕介, 坂尾 伸彦, 佐野 由文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P78 - 8   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 肺扁平上皮癌におけるSUVmax値と臨床病理学的因子との関連

    重松 久之, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P15 - 3   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 肺動脈瘤を合併した肺動脈原発内膜血管肉腫の1例

    井手 香奈, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 水野 洋輔, 望月 輝一

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   52回   S550 - S550   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 無症状あるいは軽症状で発見された肺動脈血栓症症例について

    八杉 巧, 阪下 裕司, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    静脈学   27 ( 2 )   172 - 172   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈学会  

    researchmap

  • 30mm以下の原発性肺癌手術症例における確定診断方法の検討

    重松 久之, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    気管支学   38 ( Suppl. )   S233 - S233   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    researchmap

  • 肺内結節および肺動脈瘤で発見され、人工心肺補助下に切除しえた肺動脈内膜肉腫の一例

    藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   P30 - 7   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 当院における良性縦隔腫瘍に対する単孔式VATS縦隔腫瘍摘出術

    岡崎 幹生, 林 龍也, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   O20 - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 微小肺癌の臨床・病理学的特徴を探る

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 林 龍也, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   O9 - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 若年にて発症した左側胸腔内子宮内膜症の2例

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 森本 真光, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   30 ( 3 )   P57 - 8   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科における低侵襲医療の新たな展開としての単孔式胸腔鏡下手術は真に低侵襲なのか?

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 湯汲 俊悟, 浪口 謙治, 泉谷 裕則

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 小型肺癌に対する外科治療戦略 肺野末梢型cT1aN0M0扁平上皮癌の予後因子

    田尾 裕之, 宗 淳一, 藤原 俊哉, 葉山 牧夫, 岡崎 幹生, 杉本 龍士郎, 上野 剛, 岡部 和倫, 山下 素弘, 佐野 由文, 片岡 和彦, 松浦 求樹, 森山 重治, 豊岡 伸一, 三好 新一郎

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   SY - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • モストグラフは肺活量、1秒量を予測する

    三好 誠吾, 山本 千恵, 山本 将一郎, 仙波 真由子, 濱田 千鶴, 片山 均, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 大蔵 隆文, 檜垣 實男

    日本呼吸器学会誌   5 ( 増刊 )   289 - 289   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 小型肺癌の腫瘍径と病理組織学的因子の関連についての検討

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 片山 均, 三好 誠吾

    日本呼吸器学会誌   5 ( 増刊 )   287 - 287   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

    researchmap

  • 肺内穿破から肺膿瘍をきたした縦隔成熟奇形腫の1例

    植木 貴史, 佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 福岡 佳奈子

    肺癌   55 ( 7 )   1127 - 1127   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 単孔式胸腔鏡手術の適応と限界 胸腔鏡下肺部分切除術における単孔式と従来法の無作為化比較試験

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 湯汲 俊悟, 重松 久之

    日本内視鏡外科学会雑誌   20 ( 7 )   PD12 - 2   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 肺癌に対する肺切除後に発症した術後間質性肺炎症例の検討

    坂尾 伸彦, 重松 久之, 藻利 優, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    肺癌   55 ( 7 )   1130 - 1130   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当院における慢性膿胸に対する大網充填症例の検討

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 森本 真光, 石丸 啓, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 佐野 由文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   771 - 771   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院における低肺機能症例に対する肺癌手術の治療戦略および治療成績

    岡崎 幹生, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   55 ( 5 )   601 - 601   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 外科的切除を施行した80歳以上の高齢者の肺癌症例の検討

    重松 久之, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    肺癌   55 ( 5 )   584 - 584   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 区域切除後の断端再発を疑われ手術を施行した肉芽腫の2例

    藻利 優, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   55 ( 5 )   522 - 522   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 既往・併存症を有する肺癌に対する外科的治療を考える 術後合併症との関連について

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 湯汲 俊悟

    肺癌   55 ( 5 )   598 - 598   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 高齢者肺癌(80歳以上)術後再発症例についての検討

    重松 久之, 坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   1764 - 1764   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 小児に発症した縦隔PNET(Askin腫瘍)の1例

    井手 香奈, 田内 久道, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 望月 輝一

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   51回   S535 - S535   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 成人で発見されたアスペルギローマ合併congenital pulmonary airway malformationの1切除例

    岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌   15 ( 1 )   70 - 70   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気胸・嚢胞性肺疾患学会  

    researchmap

  • 当科におけるびまん性肺疾患に対する外科的肺生検の手法 単孔式アプローチの有用性

    重松 久之, 坂尾 伸彦, 鹿谷 芳伸, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    気管支学   37 ( Suppl. )   S255 - S255   2015年5月

  • Pure VATS Lobectomyにおける肺動脈出血原因のパターンとその対処方法

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 鹿谷 芳伸, 坂尾 伸彦, 藻利 優, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   V13 - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • ホルネル症候群を合併した縦隔原発顆粒細胞腫の1例

    藻利 優, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 鹿谷 芳伸, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   P57 - 10   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器 胸腔鏡下肺部分切除術における単孔式と従来法の無作為化比較試験

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 鹿谷 芳伸, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 泉谷 裕則

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 右上葉切除後中葉無気肺に対しNPPVが有効であった1例

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 森本 真光, 重松 久之, 岡崎 幹生, 鹿谷 芳伸, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   P42 - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺野末梢に発生した肺腺上皮性乳頭腫の1切除例

    坂尾 伸彦, 重松 久之, 藻利 優, 鹿谷 芳伸, 湯汲 俊悟, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   P29 - 10   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 根治的放射線化学療法後、人工心肺下に肺動脈形成を伴うサルベージ手術を施行した肺癌の1例

    鹿谷 芳伸, 佐野 由文, 重松 久之, 湯汲 俊悟, 岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 藻利 優

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   O2 - 2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 右下葉切除後の再発肺癌に対する残存中葉切除術

    岡崎 幹生, 藻利 優, 坂尾 伸彦, 鹿谷 芳伸, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 3 )   V22 - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 【新技術の呼吸器への応用を考える】細胞イメージング技術と呼吸器

    今村 健志, 大嶋 佑介, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    THE LUNG-perspectives   22 ( 4 )   392 - 395   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    近年、生きている動物の中で細胞や分子をリアルタイムにイメージングできる生物発光イメージングと蛍光イメージングの2つの生体光イメージング技術が生物学に革命的変化をもたらした。生体光イメージング技術を駆使すると、細胞や分子の体内動態のみならず、これまでは知りえなかった生体内での細胞内機能や細胞間相互作用が手に取るようにわかる。ただし、生体光イメージングには生体深部の観察が困難という欠点があり、特に肺は深部にあり、空気か存在し、呼吸動があるために生体蛍光イメージングには向いていない。そこで本稿では、癌細胞の追跡実験から細胞周期のイメージングまで、生体光イメージング技術を駆使したさまざまな細胞イメージングの応用例を紹介し、その生物学における有用性を考えるとともに、生体光イメージングの問題点を洗い出し、特に呼吸器研究分野における細胞イメージング技術の今後を考えたい。(著者抄録)

    researchmap

  • 肺動脈からの出血に対して完全鏡視下に左主肺動脈のテーピングおよび止血を行い、開胸を回避できた1例

    岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 鹿谷 芳伸, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    肺癌   54 ( 5 )   366 - 366   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当科における急性膿胸・肺炎随伴性胸水に対する胸腔鏡下手術症例の検討

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 重松 久之, 岡崎 幹生, 鹿谷 芳伸, 坂尾 伸彦, 佐野 由文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   676 - 676   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 所属リンパ節にtumorletを認めた肺腺癌の1例

    坂尾 伸彦, 重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    肺癌   54 ( 5 )   510 - 510   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 腫瘍径20mm以下の非小細胞肺癌におけるSUVmax値の意義

    重松 久之, 岡崎 幹生, 湯汲 俊吾, 鹿谷 芳伸, 坂尾 伸彦, 佐野 由文

    肺癌   54 ( 5 )   432 - 432   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 臓側胸膜子宮内膜症による若年発症左側月経随伴性気胸の1例

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 石丸 啓, 重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本内視鏡外科学会雑誌   19 ( 7 )   834 - 834   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器系および心血管系合併疾患を有する原発性肺癌手術症例の臨床的特徴

    佐野 由文, 坂尾 伸彦, 鹿谷 芳伸, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟

    肺癌   54 ( 5 )   648 - 648   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 単孔式 当院における単孔式VATSブラ切除術

    岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 鹿谷 芳伸, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌   14 ( 2 )   127 - 127   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気胸・嚢胞性肺疾患学会  

    researchmap

  • 術後1年以上経過して呼吸機能の改善が見られた重症閉塞性肺疾患に伴う肺癌の1例

    藻利 優, 坂尾 伸彦, 鹿谷 芳伸, 岡崎 幹生, 重松 久之, 佐野 由文, 湯汲 俊悟

    肺癌   54 ( 4 )   259 - 260   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 肺腺癌と肺扁平上皮癌における組織学的分化度の検討

    重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1700 - 1700   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 呼吸抵抗測定を加味した肺切除周術期呼吸機能評価

    岡崎 幹生, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   1 - 3   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科領域における専門教育についての一考察 定型化して教え込むか?応用力の滋養を重視するか?

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   O22 - 1   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 術前に悪性腫瘍との鑑別が困難であった肺良性疾患切除症例の検討

    坂尾 伸彦, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   O14 - 6   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 当科において切除した肺腺癌における組織学的グレードの検討

    重松 久之, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   1 - 3   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 安全かつ正確に血管および気管・気管支を露出するリンパ節郭清法とその意義

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   1 - 2   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢炎に対する経皮経肝胆嚢ドレナージが関連した急性膿胸の1例

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 石丸 啓, 久保 義一, 古田 聡, 植田 聖也, 重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   28 ( 3 )   1 - 2   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 当科における単孔式胸腔鏡下手術の検討

    重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    気管支学   36 ( Suppl. )   S181 - S181   2014年3月

  • Grunenwald Approachに後方アプローチを併用して切除し得た上縦隔悪性腫瘍の1例

    坂尾 伸彦, 佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 伊東 亮治, 片山 均, 三好 誠吾

    肺癌   53 ( 7 )   915 - 915   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当院における単孔式胸腔鏡下手術

    岡崎 幹生, 佐野 由文, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 泉谷 裕則

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   529 - 529   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 当院における術前診断可能であった肺癌切除症例の検討

    重松 久之, 佐野 由文, 岡崎 幹生

    肺癌   53 ( 5 )   512 - 512   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 原発性肺癌に対する完全胸腔鏡下手術を安全かつ根治的に行うための工夫 若手外科医の育成面を念頭に入れて

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 坂尾 伸彦, 湯汲 俊悟

    肺癌   53 ( 5 )   418 - 418   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 外傷による救急搬送時に進行癌を認めた3例

    馬越 健介, 菊池 聡, 松本 紘典, 相引 眞幸, 児島 洋, 佐藤 公一, 森本 真光, 吉田 素平, 山本 祐司, 古賀 繁宏, 桑原 淳, 大木 悠輔, 佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   859 - 859   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肺部分切除後に術中迅速病理診断で肺葉切除を施行した肺癌症例の検討

    重松 久之, 佐野 由文, 岡崎 幹生

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1982 - 1982   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 心停止ドナーにおける血管内皮細胞の破綻

    岡崎 幹生, 佐野 由文, 坂尾 信彦, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 泉谷 裕則

    移植   48 ( 総会臨時 )   411 - 411   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • ネマリンミオパチーに伴った自然気胸に対する治療経験

    重松 久之, 佐野 由文, 岡崎 幹生

    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌   13 ( 2 )   145 - 145   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気胸・嚢胞性肺疾患学会  

    researchmap

  • 当科における術前確診・未確診肺癌切除症例の比較検討

    重松 久之, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    気管支学   35 ( Suppl. )   S149 - S149   2013年5月

  • 高度不全分葉および巨大肺門リンパ節腫大を伴った肺癌に対する左肺下葉切除術

    岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   V04 - 06   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 完全胸腔鏡下手術をより安全により根治的に行うための工夫 低出力電気メス凝固モードの使用と鈍的剥離

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   V05 - 06   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 胸部外科手術における術中出血とその対応

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 3 )   370 - 370   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • PS-150-4 肺葉切除術後の呼吸抵抗の変化(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

    岡崎 幹生, 入船 和典, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   728 - 728   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 肺葉切除術後の呼吸抵抗の変化

    岡崎 幹生, 入船 和典, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文, 泉谷 裕則

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   728 - 728   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大動脈二尖弁での上行大動脈拡大の検討 上行大動脈径と下行大動脈径の比による解析

    中村 優貴, 泉谷 裕則, 大倉 正寛, 鹿田 文昭, 岡崎 幹生, 岡村 達, 重松 久之, 流郷 昌裕, 佐野 由文, 八杉 巧

    日本心臓血管外科学会雑誌   42 ( Suppl. )   436 - 436   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • VATSが呼吸抵抗に与える影響

    岡崎 幹生, 入船 和典, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 佐野 由文

    日本内視鏡外科学会雑誌   17 ( 7 )   766 - 766   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 低肺機能肺癌に対する肺切除術の臨床的特徴 %VC、FEV 1%、%DLCO 3つの視点より

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 重松 久之, 湯汲 俊悟, 泉谷 裕則

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   598 - 598   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肺癌術後間質性肺炎急性増悪に関わる諸因子の解析

    佐野 由文, 重松 久之, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 三好 誠吾, 片山 均, 入船 和典, 伊東 亮治

    肺癌   52 ( 5 )   567 - 567   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当院における心・脳疾患合併肺癌症例における周術期管理の検討

    重松 久之, 佐野 由文, 岡崎 幹生, 泉谷 裕則

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   1431 - 1431   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 病理病期IB期以上と診断された臨床病期IA原発性肺癌症例の検討

    岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 重松 久之, 三好 誠吾, 片山 均, 入船 和典, 伊東 亮治, 佐野 由文

    肺癌   52 ( 5 )   592 - 592   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 左自然気胸を呈した臨床的にKartagener症候群と考えられた1例

    重松 久之, 佐野 由文, 岡崎 幹生

    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌   12 ( 1 )   95 - 95   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気胸・嚢胞性肺疾患学会  

    researchmap

  • 中葉肺癌のリンパ節転移様式に関する検討

    枝園 和彦, 豊岡 伸一, 沢田 茂樹, 山下 素弘, 森山 重治, 林 達朗, 岡部 和倫, 西 英行, 重松 久行, 安藤 陽夫, 岡崎 幹生, 佐野 由文, 井野川 英利, 前田 宏也, 片岡 正文, 水谷 尚雄, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   26 ( 3 )   O08 - 05   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺切除術が呼吸抵抗に与える影響

    岡崎 幹生, 入船 和典, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   26 ( 3 )   P78 - 05   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 当院における心・脳疾患合併肺癌症例に対する周術期管理の実際

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 湯汲 俊吾, 泉谷 裕則

    日本呼吸器外科学会雑誌   26 ( 3 )   P73 - 04   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 高齢者(80歳以上)に対する肺癌手術症例の検討

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 石丸 啓, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   26 ( 3 )   P66 - 03   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 胸壁軟骨肉腫手術症例の臨床病理学的検討

    末久 弘, 山下 素弘, 岡崎 幹生, 古川 公之, 井野川 英利, 小谷 一敏, 水谷 尚雄, 安藤 陽夫, 三好 新一郎, 岡山大学呼吸器外科研究会

    日本呼吸器外科学会雑誌   26 ( 3 )   O29 - 02   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 超高齢者の弓部大動脈瘤に対する全弓部置換術 Eaves法による末梢側吻合の有用性

    流郷 昌裕, 中村 優貴, 鹿田 文昭, 岡崎 幹生, 岡村 達, 佐野 由文, 八杉 巧, 泉谷 裕則

    日本心臓血管外科学会雑誌   41 ( Suppl. )   322 - 322   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本心臓血管外科学会  

    researchmap

  • 肺多形癌と甲状腺未分化癌の重複癌の1例

    末久 弘, 岡崎 幹生, 澤田 茂樹, 山下 素弘, 山下 安彦, 寺本 典弘

    肺癌   52 ( 1 )   117 - 117   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当院におけるFDG-PET陽性縦隔リンパ節に対し縦隔鏡検査を施行した非小細胞肺癌症例の検討

    加藤 有加, 上月 稔幸, 野上 尚之, 新海 哲, 岡崎 幹生, 末久 弘, 澤田 茂樹, 山下 素弘, 井上 武, 西村 理恵子, 寺本 典弘, 木浦 勝行, 谷本 光音

    肺癌   52 ( 1 )   112 - 113   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 間質性肺炎合併肺癌手術後の急性増悪を予見し得るパラメーターの探索

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 湯汲 俊吾, 三好 誠吾, 濱口 直彦, 片山 均, 入船 和典, 伊東 亮治

    肺癌   51 ( 5 )   403 - 403   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 呼吸器外科手術創に対するシアノアクリレート系皮膚用接着剤(ダーマボンドHV)の有用性について

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 湯汲 俊吾, 鹿田 文昭, 岡村 達, 流郷 昌裕, 長嶋 光樹, 八杉 巧, 泉谷 裕則

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   444 - 444   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 急性膿胸・肺炎随伴性胸水の治療選択(胸腔内ウロキナーゼ投与と胸腔鏡下掻爬との比較)

    湯汲 俊悟, 鈴木 秀明, 石丸 啓, 岡崎 幹生, 佐野 由文

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   895 - 895   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 神経内分泌癌の診断と治療 I期肺大細胞神経内分泌癌切除症例に対する診断および治療成績 岡山大学呼吸器外科研究会共同研究

    岡崎 幹生, 佐野 由文, 山本 寛斉, 岡部 和倫, 末久 弘, 山下 素弘, 上野 剛, 豊岡 伸一, 中田 昌男, 重松 久之, 安藤 陽夫, 井野川 英利, 前田 宏也, 永廣 格, 片岡 正文, 森山 重治, 水谷 尚雄, 杉本 龍士郎, 小谷 一敏, 三好 新一郎

    肺癌   51 ( 5 )   354 - 354   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 胸腺癌切除後の再発症例における治療成績の検討

    重松 久之, 安藤 陽夫, 枝園 和彦, 井野川 英利, 前田 宏也, 末久 弘, 澤田 茂樹, 山下 素弘, 岡崎 幹生, 佐野 由文, 山本 寛斉, 岡部 和倫, 三好 新一郎

    肺癌   51 ( 5 )   506 - 506   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 扁平上皮癌と異型カルチノイドの共存した肺癌の1切除例

    小笠原 里絵, 佐野 由文, 岡崎 幹生, 濱口 直彦, 片山 均, 入船 和典, 伊藤 亮治, 曽我 美子, 杉田 敦郎

    肺癌   51 ( 4 )   318 - 318   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当院における1-Port+1-AccessによるVATS区域切除術の実際

    岡崎 幹生, 佐野 由文

    気管支学   33 ( 3 )   204 - 204   2011年5月

  • 非小細胞肺癌に対する標準手術を行うためのアプローチ 開胸手術vs.hybrid VATS vs.complete VATS

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 湯汲 俊悟, 河内 寛治

    日本呼吸器外科学会雑誌   25 ( 3 )   V12 - 02   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 胸膜播種との鑑別が必要だった胸膜サルコイド反応を伴った肺腺癌の1例

    岡崎 幹生, 山本 千恵, 湯汲 俊悟, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   25 ( 3 )   P38 - 02   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 遠位弓部大動脈瘤に対する手術治療戦略 Eaves法による末梢側吻合の有用性

    泉谷 裕則, 流郷 昌裕, 八木 巧, 鹿田 文昭, 岡村 達, 中田 達広, 岡崎 幹生, 佐野 由文, 長嶋 光樹, 河内 寛治

    日本血管外科学会雑誌   20 ( 2 )   331 - 331   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本血管外科学会  

    researchmap

  • CABG術後再心臓手術の問題点と工夫 CABG術後心臓再手術の問題点と工夫

    泉谷 裕則, 流郷 昌裕, 吉岡 大輔, 八杉 巧, 鹿田 文昭, 岡村 達, 中田 達広, 岡崎 幹生, 佐野 由文, 長嶋 光樹, 河内 寛治

    日本冠疾患学会雑誌   16 ( 4 )   312 - 312   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本冠疾患学会  

    researchmap

  • 肺葉切除症例における術中VATS肺生検の有用性と安全性の検討

    岡崎 幹生, 山下 素弘, 末久 弘, 澤田 茂樹

    肺癌   50 ( 5 )   548 - 548   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 緊急顆粒球形成による移植肺の生着阻害

    杉本 誠一郎, 岡崎 幹生, 脇 直久, 三好 健太郎, 大谷 真二, 原田 昌明, 山根 正修, 大藤 剛宏, Patterson G. Alexander, Kreisel Daniel, Gelman Andrew E., 三好 新一郎

    移植   45 ( 総会臨時 )   200 - 200   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 胸腺腫術後に発症した心膜切開後症候群の2例

    湯汲 俊悟, 佐野 由文, 加洲 保明, 岡崎 幹生, 河内 寛治

    日本臨床外科学会雑誌   71 ( 増刊 )   721 - 721   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるEGFR遺伝子変異statusの相違による臨床的背景のretrospective検討

    加藤 有加, 上月 稔幸, 野上 尚之, 岡崎 幹生, 末久 弘, 澤田 茂樹, 山下 素弘, 西村 理恵子, 寺本 典弘, 新海 哲

    肺癌   50 ( 5 )   707 - 707   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 当院における肺多形癌12手術症例の検討

    諏澤 憲, 山下 素弘, 岡崎 幹生, 末久 弘, 澤田 茂樹

    肺癌   50 ( 5 )   689 - 689   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • VATS生検で診断した肺クリプトコッカス症の3例

    末久 弘, 岡崎 幹生, 澤田 茂樹, 山下 素弘

    日本内視鏡外科学会雑誌   15 ( 7 )   394 - 394   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 禁煙クリティカルパスを用いた禁煙治療の効果に関する研究

    末久 弘, 加藤 有加, 澤田 茂樹, 加藤 安津子, 尾上 裕子, 村本 理美, 岡崎 幹生, 山下 素弘

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   20 ( Suppl. )   273s - 273s   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 当院におけるFDG-PET陽性縦隔リンパ節に対し縦隔鏡検査施行非小細胞肺癌症例の検討

    加藤 有加, 上月 稔幸, 野上 尚之, 岡崎 幹生, 末久 弘, 澤田 茂樹, 山下 素弘, 井上 武, 西村 理恵子, 寺本 典弘, 新海 哲, 木浦 勝行, 谷本 光音

    日本癌治療学会誌   45 ( 2 )   574 - 574   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 悪性疾患が強く疑われる術前未確診症例でのVATS生検省略の可能性

    末久 弘, 高橋 三奈, 岡崎 幹生, 澤田 茂樹, 山下 素弘

    気管支学   32 ( Suppl. )   S145 - S145   2010年5月

  • Bcl-3はマウス肺移植後の虚血再還流障害を負に制御する

    杉本 誠一郎, 岡崎 幹生, Gelman Andrew E., Kreisel Daniel, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   417 - 417   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺動静脈瘻に辺縁帯B細胞リンパ腫(BALToma)を合併した1例

    枝園 和彦, 山下 素弘, 岡崎 幹生, 末久 弘, 澤田 茂樹

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   527 - 527   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌pN2症例におけるFDG-PETによるN因子診断能と予後予測能

    岡崎 幹生, 山下 素弘, 枝園 和彦, 末久 弘, 澤田 茂樹

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   640 - 640   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • すりガラス状陰影(GGO)を伴う小型肺野病変の画像所見および病理所見に関する検討

    枝園 和彦, 山下 素弘, 岡崎 幹生, 末久 弘, 澤田 茂樹

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   583 - 583   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺移植後急性拒絶反応と抗ドナー特異的抗体価の推移 急性拒絶発症を予見できるか

    三好 健太郎, 佐野 由文, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 三好 新一郎

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   416 - 416   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺癌術後follow-upの有用性の検討

    沢田 茂樹, 末久 弘, 枝園 和彦, 岡崎 幹生, 山下 素弘

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 3 )   515 - 515   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • マウス肺移植後のグラフト障害におけるBcl3の役割 緊急の顆粒球形成の抑制による肺保護効果

    杉本 誠一郎, 岡崎 幹生, Patterson G. Alexander, Kreisel Daniel, Gelman Andrew E., 三好 新一郎

    日本外科学会雑誌   111 ( 臨増2 )   648 - 648   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胸腔鏡手術の結果胸腺adenosquamous cell carcinomaと診断された1例

    山下 素弘, 岡崎 幹生, 末久 弘, 澤田 茂樹

    日本内視鏡外科学会雑誌   14 ( 7 )   510 - 510   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 呼吸器周術期の上室性不整脈に対するランジオロール塩酸塩の使用経験

    沢田 茂樹, 末久 弘, 岡崎 幹生, 枝園 和彦, 小森 栄作, 山下 素弘

    Progress in Medicine   29 ( 12 )   3143 - 3145   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ライフ・サイエンス  

    呼吸器術後に発生した上室性不整脈に対するランジオロール塩酸塩の使用経験を報告した。症例は56歳男で、検診の胸部X線写真で異常を指摘された。気管支カメラの生検で扁平上皮癌と診断され、手術を施行した。#10、11リンパ節が腫大し転移が疑われたので、予定どおり左肺全摘を行った。術後8時間より心房組動を発症した。ジギタリスを使用したが効果なく、ランジオロール塩酸塩を0.01mg/kg/minで開始し、漸増し、0.04mg/kg/minで洞調律に戻ったため中止した。中止約2時間後、再度心房細動あり、ランジオロール塩酸塩投与を再開し、洞調律に戻った。その他3例のランジオロール塩酸塩の使用を経験し、ランジオロール塩酸塩にて、血圧低下なく心拍数をコントロールできた。また、投与前後で酸素飽和度の変化はなく、呼吸状態に対し影響はないようであった。

    researchmap

  • ブタ胸管のシーリングによって証明された、縦隔リンパ節郭清におけるハーモニックの有用性

    岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 大谷 真二, 山根 正修, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 三好 新一郎

    肺癌   49 ( 5 )   671 - 671   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 新たな胸骨吊り上げ法による胸腔鏡下縦隔腫瘍手術

    末久 弘, 土手 秀昭, 岡崎 幹生, 澤田 茂樹, 山下 素弘

    日本臨床外科学会雑誌   70 ( 増刊 )   419 - 419   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肺腫瘍に対する定位放射線治療後、局所再発に対してsalvage手術を行った6例

    多田 龍平, 山下 素弘, 枝園 和彦, 岡崎 幹生, 末久 弘, 沢田 茂樹, 濱本 泰, 片岡 正明

    肺癌   49 ( 5 )   650 - 650   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    researchmap

  • 原発性肺癌に対する内照射後に気管支狭窄を繰り返した1例

    渡邉 元嗣, 大藤 剛宏, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 佐野 由文, 三好 新一郎

    日本臨床外科学会雑誌   70 ( 増刊 )   812 - 812   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 心停止ドナー肺移植後虚血再灌流障害からの回復における抗炎症性因子の重要性

    山本 澄治, 岡崎 幹生, 山根 正修, 三好 健太郎, 大谷 真二, 柿下 大一, 脇 直久, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 三好 新一郎

    移植   44 ( 総会臨時 )   315 - 315   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺高血圧症crisisに対するVA-ECMOをbridgeとした両側生体肺移植

    三好 健太郎, 大藤 剛宏, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 佐野 由文, 三好 新一郎

    移植   44 ( 総会臨時 )   316 - 316   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • Costimulatory blockadeによる肺移植後免疫寛容とその阻害因子

    岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 三好 新一郎, Kreisel Daniel

    移植   44 ( 総会臨時 )   313 - 313   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • マウス肺移植後の急性拒絶反応におけるCD8+T細胞の役割

    杉本 誠一郎, 岡崎 幹生, Patterson G. Alexander, Gelman Andrew E., Kreisel Daniel, 三好 新一郎

    移植   44 ( 総会臨時 )   312 - 312   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • Egr-1ノックアウトマウスを用いた肺移植後再灌流障害

    山本 澄治, 山根 正修, 岡崎 幹生, 三好 健太郎, 大谷 真二, 柿下 大一, 脇 直久, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 三好 新一郎

    移植   44 ( 総会臨時 )   314 - 314   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 心臓死症例からのブタ肺移植において体外肺評価システムは移植後の移植片機能に影響を与えるか?(Does the ex-vivo lung evaluation system affect post-transplant graft function in swine donation after cardiac death lung transplantation?)

    大谷 真二, 大藤 剛宏, 三好 健太郎, 山本 澄治, 柿下 大一, 杉本 龍二郎, 岡崎 幹生, 脇 直久, 堀 志郎, 山根 正修, 佐野 由文, 三好 新一郎

    移植   44 ( 総会臨時 )   313 - 313   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肺移植のドナー手術における安全性の検討

    佐野 由文, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一, 山根 正修, 岡崎 幹生, 石原 恵, 三好 新一郎

    移植   44 ( 総会臨時 )   315 - 315   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肺移植後Calcineurin inhibitor起因性薬物性肝障害と、白血球貪食症候群

    大藤 剛宏, 山根 正修, 三好 健太郎, 大谷 真二, 柿下 大一, 堀 志郎, 脇 直久, 山本 澄治, 吉田 修, 岡崎 恵, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 佐野 由文

    移植   44 ( 3 )   266 - 267   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肺移植ドナー手術の認容性について岡山大学病院における93例の経験より

    佐野 由文, 大藤 剛宏, 山根 正修, 岡崎 幹生, 三好 健太郎, 吉田 修, 大谷 真二, 山本 澄治, 柿下 大一, 岡崎 恵, 豊岡 伸一

    移植   44 ( 3 )   270 - 271   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • VA-ECMOをbridgeとした両側生体肺移植

    三好 健太郎, 大藤 剛宏, 大谷 真二, 山本 澄治, 柿下 大一, 堀 志郎, 脇 直久, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 岡崎 恵, 佐野 由文

    移植   44 ( 3 )   271 - 271   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • ラット心停止肺移植ドナー(NHBDs)肺モデルを用いた温虚血再灌流障害における分子レベルでの検討 温虚血と冷虚血の違い

    山本 澄治, 山根 正修, 三好 健太郎, 大谷 真二, 柿下 大一, 脇 直久, 岡崎 幹生, 吉田 修, 堀 志郎, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    移植   44 ( 3 )   263 - 264   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対して緊急成人間生体-肺葉移植+術後予定ECMOを施行し、救命した1例

    岡崎 幹生, 大藤 剛宏, 山根 正修, 豊岡 伸一, 佐野 由文

    移植   44 ( 3 )   269 - 270   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • Nissen手術を要した食道裂孔ヘルニア合併肺癌に対する肺切除例の検討

    岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 岡田 真典, 枝園 和彦, 田尾 裕之, 山根 正修, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   23 ( 3 )   481 - 481   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • CTによる追加検査においてサイズの縮小が見られたブラより発生したFDG-PET陽性原発性肺癌(FDG-PET positive primary lung cancer arising from bulla reduced in size followed by CT)

    古川 公之, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   23 ( 3 )   410 - 410   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 肺・気管移植の基礎と臨床 生体肺移植におけるLung Allocation Scoreの有用性について

    大藤 剛宏, 山根 正修, 大谷 真二, 柿下 大一, 堀 志郎, 脇 直久, 吉田 修, 山本 澄治, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   23 ( 3 )   351 - 351   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Ex-vivo肺灌流回路における灌流液中サイトカインと吸着膜の肺機能に与える影響

    柿下 大一, 大藤 剛宏, 大谷 真二, 山本 澄治, 脇 直久, 吉田 修, 堀 志郎, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   23 ( 3 )   381 - 381   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 再発胸腺腫に対する静脈再建を伴う腫瘍摘出術 Balloon Occlusion法を併用した一時的バイパス法

    佐野 由文, 豊岡 伸一, 岡崎 幹生, 吉田 修, 大藤 剛宏, 山根 正修, 笠原 真悟

    日本呼吸器外科学会雑誌   23 ( 3 )   362 - 362   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 当科非小細胞肺癌切除例におけるIASLC提案新TNM分類の検討

    三好 健太郎, 豊岡 伸一, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    日本呼吸器外科学会雑誌   23 ( 3 )   419 - 419   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 骨髄細胞局所投与によるラット異所性移植気管における血管新生

    田尾 裕之, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    日本外科学会雑誌   110 ( 臨増2 )   666 - 666   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 転移性肺腫瘍に対するエビデンスに基づいた外科治療 大腸癌および腎癌肺転移に対するラジオ波焼灼術の有用性

    佐野 由文, 豊岡 伸一, 岡崎 幹生, 山根 正修, 大藤 剛宏, 金澤 右

    日本外科学会雑誌   110 ( 臨増2 )   162 - 162   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Donor Outcome after Living-Donor Lobar Lung Donation: 93 Donor Lobectomies in a Single-Center Experience

    Y. Sano, T. Oto, M. Yamane, S. Toyooka, M. Okazaki, M. Okazaki, S. Kasahara, S. Sano

    JOURNAL OF HEART AND LUNG TRANSPLANTATION   28 ( 2 )   S135 - S135   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 術前治療後肺切除時の有茎大網被覆術に伴う消化器合併症の検討

    枝園 和彦, 豊岡 伸一, 岡崎 幹生, 山根 正修, 羽藤 慎二, 伊野 英男, 大藤 剛宏, 内藤 稔, 土井原 博義, 佐野 由文

    日本臨床外科学会雑誌   69 ( 増刊 )   663 - 663   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 開胸時胸腔内洗浄細胞診におけるCTガイド下針生検による癌細胞胸腔内散布に関する検討

    佐野 由文, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 岡崎 幹生, 金澤 右

    肺癌   48 ( 5 )   423 - 423   2008年10月

  • 【肺癌のUp-To-Date】肺癌手術の実際

    山根 正修, 岡崎 幹生, 枝園 和彦, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 豊岡 伸一

    THE LUNG-perspectives   16 ( 4 )   469 - 473   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    肺癌、特に早期の非小細胞肺癌に対する治療において外科的切除は重要な位置を占める。医学の進歩により胸腔鏡を用いた手術、また、非浸潤肺癌に対する積極的縮小手術、術前導入療法、術後補助療法の付加など手術を取り巻く環境も次第に変化している。本稿では岡山大学で行っている肺癌手術を中心とした肺癌への取り組みについて述べる。(著者抄録)

    researchmap

  • 高齢者肺癌に対する新たな治療戦略 高齢者肺癌に対する新たな治療戦略としてのラジオ波焼灼術(RFA)

    佐野 由文, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 岡崎 幹生, 金澤 右

    日本癌治療学会誌   43 ( 2 )   293 - 293   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • EGFR薬剤感受性変異を有するも、ゲフィチニブ耐性を示した症例の病理組織学的検討

    岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 山本 寛斉, 山根 正修, 大藤 剛宏, 瀧川 奈義夫, 木浦 勝行, 佐野 由文

    肺癌   48 ( 5 )   512 - 512   2008年10月

  • 原発性肺癌に対するCTガイド下肺生検の功罪

    佐野 由文, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本臨床外科学会雑誌   69 ( 増刊 )   664 - 664   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 移植後のPrimary graft failureをいかに克服するか? marginal donorからDCDまで 海外の肺移植におけるDCDの現状と対策

    大藤 剛宏, 山根 正修, 吉田 修, 大谷 真二, 柿下 大一, 堀 志郎, 脇 直久, 山本 澄治, 犬飼 倫子, 森田 麻由美, 横山 千恵, 岡崎 恵, 角南 直美, 岡崎 幹生, 豊岡 伸一, 佐野 由文

    移植   43 ( 総会臨時 )   170 - 170   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 生体肺移植後の長期予後について

    佐野 由文, 山根 正修, 豊岡 伸一, 岡崎 幹生, 岡崎 恵, 大藤 剛宏, 伊達 洋至

    移植   43 ( 総会臨時 )   398 - 398   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺急性拒絶反応におけるCCR2の役割

    岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    移植   43 ( 総会臨時 )   396 - 396   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 気腫性肺嚢胞壁に発生した肺癌

    古川 公之, 野上 智弘, 岡崎 幹生, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    岡山医学会雑誌   120 ( 2 )   246 - 246   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 縦隔巨大軟骨肉腫に対して外科的切除を施行し得た1例

    平野 豊, 枝園 和彦, 古川 公之, 野上 智弘, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏, 佐野 由文

    岡山医学会雑誌   120 ( 2 )   246 - 246   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 左肺全摘、大網充填術後に胃の通過障害を来した1例

    枝園 和彦, 豊岡 伸一, 岡崎 幹生, 山根 正修, 羽藤 慎二, 大藤 剛宏, 内藤 稔, 土井原 博義, 佐野 由文

    岡山医学会雑誌   120 ( 2 )   249 - 249   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • 組織型が非常に稀な悪性胸膜中皮腫の1例

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 肥後 貴子, 岡崎 幹生, 田尾 裕之, 河本 純一, 山根 正修, 大藤 剛宏, 佐野 由文, 伊達 洋至

    岡山医学会雑誌   120 ( 1 )   119 - 119   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山医学会  

    researchmap

  • Bcl-3による肺虚血再灌流障害の抑制

    岡崎 幹生

    日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   431 - 431   2008年4月

  • IIIB期非小細胞肺癌に対する外科的治療は妥当か?

    佐野 由文, 豊岡 伸一, 岡崎 幹生, 田尾 裕之, 山根 正修, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   549 - 549   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • Donation after Cardiac Death(DCD)ドナーに対する、グラフト機能評価法について

    堀 志郎, 大藤 剛宏, 大谷 真二, 山本 澄治, 柿下 大一, 岡崎 幹生, 吉田 修, 山根 正修, 佐野 由文

    移植   43 ( 1 )   76 - 76   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 肺・心移植における急性・慢性拒絶反応の診断と治療 現状と将来 同所性マウス肺移植後の急性拒絶反応におけるCD4陽性T細胞の役割と共刺激阻害剤の有効性の検討

    岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, Alexander Patterson G., Andrew Gelman, Daniel Kreisel

    移植   42 ( 総会臨時 )   177 - 177   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 犬死体肺移植における心停止後ヘパリン,ウロキナーゼ投与の有効性

    杉本 龍士郎, 伊達 洋至, 青景 圭樹, 岡崎 幹生, 青江 基, 岡部 和倫, 佐野 由文, 清水 信義

    移植   40 ( 1 )   82 - 82   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 新しい生体肺移植Unilateral double lobar lung transplantation(UDLLT)における手術手技の工夫

    青景 圭樹, 伊達 洋至, 岡崎 幹生, 奥谷 大介, 永広 格, 青江 基, 佐野 由文, 清水 信義

    The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   52 ( Suppl. )   381 - 381   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    researchmap

  • 新しい生体肺移植手技Unilateral double lobar lung transplantationの慢性期犬モデル

    青景 圭樹, 伊達 洋至, 岡崎 幹生, 奥谷 大介, 永広 格, 青江 基, 佐野 由文, 清水 信義

    移植   39 ( 総会臨時 )   253 - 253   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 死体肺移植における心停止後ヘパリン投与の至適時間

    岡崎 幹生, 伊達 洋至, 青景 圭樹, 井野川 英利, 永廣 格, 青江 基, 佐野 由文, 清水 信義

    移植   39 ( 2 )   204 - 204   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本移植学会  

    researchmap

  • 二次性上皮小体機能亢進症に対する手術経験

    岡崎 幹生, 赤坂 尚三, 庄賀 一彦, 中島 正雄, 平井 隆二

    日本臨床外科学会雑誌   64 ( 8 )   1823 - 1826   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    二次性上皮小体機能亢進症に対する上皮小体全摘出後自家移植術9例について検討した.術式は,上皮小体全摘出後,肉眼上最も正常に近い上皮小体を用いて移植片を作製し,腕橈骨筋内に移植するものとした.切除上皮小体数は平均3.9腺で,過剰上皮小体や異所性上皮小体も認めた.病理組織診断はadenomaの1腺を除くと,いずれもhyperplasiaであった.血性intact-PTH値は,術前の平均値730.6pg/mlから術後11.5pg/mlに低下した.血性Ca値も,すべての症例で術後に低下した.残遺上皮小体症例を1例,移植上皮小体の再腫大による手術症例を1例認めた.この術式により,血性intact-PTH値はいずれの症例でも速やかに低下し,コントロール困難な機能低下症に陥る症例もなく,良好な成績が得られた.また,再発に対する局所麻酔下での腫大上皮小体の摘出も有用であり,上皮小体全摘出後自家移植は優れた治療法であると考えられた

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2003&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20030825070001&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.64.1823&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.64.1823&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • S状結腸mp癌会陰部皮膚転移の1例

    岡崎 幹生, 赤坂 尚三, 庄賀 一彦, 中島 正雄, 平井 隆二

    日本臨床外科学会雑誌   64 ( 5 )   1189 - 1192   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    76歳女.主訴は排便後の下血.原発性胆汁性肝硬変を指摘されていた.大腸内視鏡検査でS状結腸に4cm大の隆起性病変を認め,生検では腺管絨毛腺腫,Group3であった.S状結腸切除術,D2郭清を施行し,病理組織検査は,高分化腺癌,mp,INFβ,ly1,v0,n(-),stage Iであった.その後,肛門縁10時方向に2cm大の易出血性の腫瘤を認め,生検では腺癌が疑われ,手術を施行した.腫瘍から5mmのsurgical marginをとり局所切除した.内・外肛門括約筋への直接浸潤は認めなかった.病理組織学的にはS状結腸癌の転移と考えられた.術後経過良好にて退院し,肝機能不良のため術後化学療法などは施行していないが,その後2年間再発の徴候はない.本邦における大腸癌の会陰部皮膚転移の症例報告は,文献上検索し得た中では1例も見出せなかった.肛門腫瘤を認めた場合,肛門癌等の他にも内臓癌の皮膚転移も十分留意しなければならないと考えられた

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2003&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20030526080034&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.64.1189&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.64.1189&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 犬死体肺移植における心停止後ヘパリン投与の有効性

    井野川 英利, 岡崎 幹生, 永廣 格, 青江 基, 佐野 由文, 伊達 洋至, 安藤 陽夫, 清水 信義

    日本呼吸器外科学会雑誌   17 ( 3 )   421 - 421   2003年4月

  • CTガイド下肺生検時に左室内の空気を発見し,高気圧酸素療法で空気の消失を認め空気塞栓症を回避した1例

    岡崎 幹生, 伊達 洋至, 永広 格, 青江 基, 佐野 由文, 安藤 陽夫, 清水 信義

    日本呼吸器外科学会雑誌   17 ( 3 )   364 - 364   2003年4月

  • 新しい生体部分肺移植術式 Unilateral double lober lung transplantationの開発

    奥谷 大介, 伊達 洋至, 山根 正修, 葉山 牧夫, 井野川 英利, 岡崎 幹生, 板野 秀樹, 永廣 格, 佐野 由文, 青江 基, 安藤 陽夫, 清水 信義

    日本外科学会雑誌   104 ( 臨増 )   392 - 392   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 大動脈合併切除を伴った肺癌手術症例の検討

    岡崎 幹生, 伊達 洋至, 永廣 格, 青前 基, 岡部 和倫, 佐野 由文, 安藤 陽夫, 清水 信義

    日本呼吸器外科学会雑誌   16 ( 3 )   450 - 450   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    researchmap

  • 二次性上皮小体機能亢進症に対する上皮小体全摘出後前腕筋肉内自家移植術の検討

    岡崎 幹生, 赤坂 尚三, 庄賀 一彦, 中島 正雄, 平井 隆二

    日本臨床外科学会雑誌   62 ( 増刊 )   716 - 716   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 直腸脱を契機に発見された前仙骨部神経鞘腫の1例

    赤坂 尚三, 岡崎 幹生, 庄賀 一彦, 中島 正雄, 平井 隆二

    日本臨床外科学会雑誌   62 ( 増刊 )   548 - 548   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 軽微な打撲で巨大血腫を生じた腰背部pigmented neurofibromaの1例

    赤坂 尚三, 岡崎 幹生, 庄賀 一彦, 中島 正雄

    日本臨床外科学会雑誌   61 ( 増刊 )   756 - 756   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • SLEにみられた腹部大動脈瘤の1例

    赤坂 尚三, 岡崎 幹生, 葉山 牧夫, 高木 章司, 中島 正雄, 紀 幸一, 熊谷 功

    広島医学   53 ( 4 )   348 - 350   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:広島医学会  

    73歳女.SLEに合併した腹部大動脈瘤に対して,Y字型人工血管置換術を無輸血にて施行した.自験例における腹部大動脈瘤の成因として,動脈硬化の関与が考えられた

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 肺移植後成績の芳しくないレシピエント群-乳幼児肺移植

    大谷 真二, 石原 恵, 石上 恵美, 松原 慧, 清水 大, 富岡 泰章, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第57回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日 - 2021年9月20日

    researchmap

  • BKウイルス感染症による出血性膀胱炎で周術期治療に難渋した小児生体肺移植の1例

    富岡 泰章, 大谷 真二, 石上 恵美, 石原 恵, 松原 慧, 清水 大, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第57回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日 - 2021年9月20日

    researchmap

  • 脊柱側彎症患者に対する脳死両肺移植、術後合併症の経験

    富岡 泰章, 大谷 真二, 石上 恵美, 石原 恵, 松原 慧, 清水 大, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第57回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日 - 2021年9月20日

    researchmap

  • シャント造設を契機に片側肺の肺水腫及び肺高血圧を来した両側生体肺移植後CLADの一例

    清水 大, 三好 健太郎, 東馬 智子, 松田 裕介, 松原 慧, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第57回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月18日 - 2021年9月20日

    researchmap

  • 当院におけるロボット支援下呼吸器外科手術の現状と安全性確保の工夫

    岡崎 幹生, 田中 真, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第96回 中国四国外科学会総会  2021年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月3日 - 2021年9月4日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 左上葉切除後の低肺機能を伴った右下葉肺癌に対して左下葉と右上葉の術中換気により右S6スリーブ区域切除術を施行した1例

    林 直宏, 山本 寛斉, 土生智大, 氏家 裕征, 大亀 正義, 田中 真, 枝園 和彦, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    2021年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月3日 - 2021年9月4日

    researchmap

  • 肺移植後移植片慢性機能不全におけるGoddard scoreの検討

    塩谷 俊雄, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 富岡 泰章, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • 肺移植患者の周術期におけるClostridioides difficile感染症の検討

    坂田 龍平, 大谷 真二, 石上 恵美, 石原 恵, 土生 智大, 岩田 一馬, 久保 友次郎, 松田 直樹, 清水 大, 松原 慧, 富岡 泰章, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • 肺移植における最適な術前予後予測スコアリング法 9つの術前予後予測スコアリング法の検証から

    山本 治慎, 杉本 誠一郎, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 清水 大, 松原 慧, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • 肺がん治療発展を目指した呼吸器外科医の役割 家族性肺がんの経験

    諏澤 憲, 山本 寛斉, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • ロボット支援手術第2世代術者のラーニングカーブ

    大谷 真二, 岡崎 幹生, 坂田 龍平, 松田 直樹, 岩田 一馬, 高津 史明, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • 肺移植における予後改善に向けての取組 生体肺移植と脳死肺移植の違いに着目した慢性移植肺機能不全(CLAD)の早期診断を目指した取り組み

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 富岡 泰章, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • RATS? VATS? Uniportal VATS?〜あなたならどのアプローチを選ぶ?〜 肥満症例や不全分葉症例から見たRATSの有用性

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • UNCX遺伝子多型と肺移植後の腎機能障害との関係

    富岡 泰章, 杉本 誠一郎, 山本 治慎, 清水 大, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • Vessel sealerを常時用いたRATS手技

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 大谷 真二, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • N2肺癌に対する術前導入化学放射線療法後手術症例における好中球/リンパ球比の検討

    山本 寛斉, 津高 慎平, 富岡 泰章, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第38回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月20日 - 2021年5月21日

    researchmap

  • 当院における小児肺移植の成績

    大谷 真二, 富岡 泰章, 松原 慧, 清水 大, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第121回 日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    researchmap

  • Robot-assisted mediastinal tumor resection with various position

    第33回 日本内視鏡外科学会総会  2021年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月10日 - 2021年3月13日

    researchmap

  • Fissureless technique やICG を用いた不全分葉に対するRATS 肺葉切除

    岡崎 幹生, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第13回 日本ロボット外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月23日 - 2021年1月26日

    researchmap

  • 呼吸器外科におけるロボット支援手術 招待

    岡崎幹生

    第88回 兵庫県外科医会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 左上顎洞腫瘤を契機に発見された左心室内への浸潤を伴う肺神経内分泌癌(小細胞癌)の集学的治療の一例

    平生敦子、加藤有加、西達也、岡?幹生、二宮貴一朗、二宮崇、久保寿夫、頼冠名、市原英基、大橋圭明、山根正修、堀田勝幸、田端雅弘、豊岡伸一、前田嘉信、木浦勝行

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • RATSにおけるリンパ節郭清手技 招待

    岡崎幹生、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 間質性肺炎合併肺癌に対する外科的治療

    山本寛斉、松原慧、富岡泰章、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • すりガラス成分を有する小型肺癌に対する治療の至適介入時期

    諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 導入放射線化学療法後の局所進行非小細胞肺癌に対する手術後に反回神経麻痺を発症した症例の検討

    杉本誠一郎、諏澤憲、富岡泰章、塩谷俊雄、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡崎幹生、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 85歳以上高齢者肺癌手術の問題と課題について?多施設共同研究の結果から?

    葉山牧夫、藤原俊哉、平見有二、渡邉元嗣、片岡正文、西川仁士、諏澤憲、山本寛斉、岡?幹生、豊岡伸一

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非小細胞肺癌手術症例と末梢血リンパ球/単球比とその継時的変化の関連の検討

    富岡泰章、山本寛斉、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 集学的治療が行われた局所進行肺癌患者における末梢血好中球/リンパ球比(NLR)の予後的意義について

    津高慎平、山本寛斉、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第61回 日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 肺移植におけるLiquid biopsy ドナー由来血中遊離DNAとマイクロRNA

    杉本 誠一郎, 塩谷 俊雄, 富岡 泰章, 石上 恵美, 石原 恵, 諏澤 憲, 三好 健太郎, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第56回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月1日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 肺移植待機患者の予後予測におけるPrognostic Nutrition Index(PNI)の有用性

    松原 慧, 大谷 真二, 清水 大, 富岡 泰章, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第56回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月1日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 当院における高齢者レシピエント症例の検討

    富岡 泰章, 大谷 真二, 清水 大, 松原 慧, 山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第56回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月1日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 当院の肺移植後リンパ増殖性疾患7例の検討 治療後のCLAD発症と日和見感染症による死亡をどう防ぐか

    清水 大, 大谷 真二, 富岡 泰章, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 豊岡 伸一

    第56回 日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月1日 - 2020年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移手術症例における末梢血好中球/リンパ球比(NLR)の予後予測因子としての意義

    山本寛斉、富岡泰章、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第73回 日本胸部外科学会 定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボット支援手術におけるリンパ節郭清手技?VATS、単孔式VATSと比較して?

    岡崎幹生、諏澤憲、富岡泰章、塩谷俊雄、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第73回 日本胸部外科学会 定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 進行肺癌に対し完全治癒を目指した術前導入治療後の外科手術

    山根正修、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡崎幹生、杉本誠一郎、豊岡伸一

    第73回 日本胸部外科学会 定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 抗胸腺細胞グロブリンをfirst lineとした肺移植後急性期抗体関連拒絶反応の治療

    三好健太郎、大谷真二、富岡泰章、塩谷俊雄、黒崎毅史、諏澤憲、山本寛斉、岡崎幹生、山根正修、豊岡伸一

    第73回 日本胸部外科学会 定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 肺移植における無気肺ドナーからの臓器保護的肺摘出法

    二萬英斗、三好健太郎、塩谷俊雄、山本治慎、黒崎毅史、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第73回 日本胸部外科学会 定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 心嚢内癒着モデルマウスを用いた癒着形成機序の組織学的解析

    浪口謙治、坂上倫久、原井川果歩、小嶋愛、倉田美恵、岡崎幹生、鹿田文昭、泉谷 裕則

    第73回 日本胸部外科学会 定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 間質性肺炎合併肺癌の予後における末梢血好中球/リンパ球比(NLR)の影響

    松原慧、山本寛斉、富岡泰章、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第73回 日本胸部外科学会 定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気管支断端瘻閉鎖後の治癒経過から考える治療方針

    山本 治慎, 三好 健太郎, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 諏澤 憲, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    第82回 日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月29日 - 2020年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自然気胸後の器質化期膿胸に対する醸膿胸膜切除術?明瞭な臓側胸膜外層の同定に基づいた剥離?

    清水大、三好健太郎、松原慧、山本治慎、諏澤憲、大谷真二、山本寛斎、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 抗HMGB1 抗体による肺虚血再灌流障害の抑制

    中田憲太郎、岡崎幹生、清水大、宮内俊作、荒木恒太、三浦章博、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛弘、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気胸を合併し、発見された肺原発血管肉腫の1 切除例

    毛利謙吾、岡崎幹生、塩谷俊雄、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺移植から学ぶゲノム医療

    杉本誠一郎、塩谷俊雄、山本治慎、田中真、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡崎幹生、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 高度無気肺を合併したドナー肺による移植成績

    塩谷俊雄、杉本誠一郎、山本治慎、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡崎幹生、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • ウェットラボでのノンテクニカルスキル評価システムの有用性の検討

    山根正修、杉本誠一郎、岡崎幹生、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 右下肺静脈・左心房経由で左心室まで浸潤した小細胞肺癌に対する緊急手術の1 例

    岡崎幹生、諏澤憲、塩谷俊雄、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボット支援下肺葉切除術時の肺動脈損傷に対する対応

    岡崎幹生、諏澤憲、塩谷俊雄、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 臨床的N0・病理学的リンパ節転移陽性肺がんに対する肺切除の現状

    諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉、諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マウスモデルを用いた肺虚血再灌流障害の分子機序の解明

    薦田悠平、西田俊太、坂上倫久、岡崎幹生、重松久之、杉本龍士郎、佐野由文、泉谷裕則

    第37回 日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月29日 - 2020年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体肺移植ドナー手術において予定外の肺動脈再建が必要となった症例

    大谷真二,富岡泰章,松原 慧,清水 大,山本治慎,塩谷俊雄,諏澤 憲, 三好健太郎,山本寛斉,岡?幹生,杉本誠一郎,山根正修,豊岡伸一

    第95回 中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日 - 2020年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺癌との鑑別が困難であった器質化肺炎の 1 例

    富岡泰章,大谷真二,塩谷俊雄,諏澤 憲,三好健太郎,山本寛斉,岡崎幹生, 杉本誠一郎,山根正修,豊岡伸一

    第95回 中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日 - 2020年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺移植手技を用いた中枢型広域浸潤肺癌に対する右上中葉拡大スリーブ切除

    三好健太郎,伊達慶一,山本治慎,富岡泰章,塩谷俊雄,諏澤 憲,大谷真二, 山本寛斎,岡?幹生,杉本誠一郎,山根正修,豊岡伸一

    第95回 中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日 - 2020年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 完全胸腔鏡下に右下葉切除を施行し得た、若年成人の先天性肺葉性肺気腫の 1 例

    柳光剛志,山本寛斉,杉本誠一郎,富岡泰章,塩谷俊雄,諏澤 憲,三好健太郎, 大谷真二,岡?幹生,山根正修,豊岡伸一

    第95回 中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日 - 2020年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボット支援下肺区域切除術 招待

    岡崎幹生

    第95回 中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月18日 - 2020年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 地域枠医師に対する外科専門研修のあり方:充実した地域医療の実現を目指して

    黒田 新士, 吉田 龍一, 池田 宏国, 岡崎 幹生, 大澤 晋, 小谷 恭弘, 山根 正修, 杉本 誠一郎, 菊地 覚次, 安井 和也, 野田 卓男, 笠原 真悟, 豊岡 伸一, 土井原 博義, 藤原 俊義

    第120回 日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月13日 - 2020年8月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • RATSにおけるPowered Echelonの使用 招待

    岡崎幹生

    RATS Fusion Surgery  2020年8月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 術中に胸腔間交通による医原性両側気胸を発症した1例

    富岡 泰章, 大谷 真二, 高津史明 松原 慧, 津高慎平、山本 治慎, 塩谷 俊雄, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤剛宏、豊岡 伸一

    第63回 関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月25日 - 2020年6月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CVATSからRATSへ 当院における肺癌手術 欠かせないデバイス 招待

    岡?幹生

    第63回 関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月25日 - 2020年6月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • スリーブ区域切除を駆使した肺機能温存手術

    諏澤憲、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡崎幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一

    第63回 関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月25日 - 2020年6月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • コストを意識したロボット支援下肺葉切除術

    岡崎幹生、諏澤憲、塩谷俊雄、三好健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    第12回 日本ロボット外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bリンパ球過形成を伴う小結節性胸腺腫瘍の1切除例

    上山廉起、岡?幹生、塩谷 俊雄、諏澤 憲、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腹臥位による後方アプローチ併用ロボット支援下ダンベル型神経鞘腫摘出術

    岡崎 幹生、諏澤 憲、塩谷 俊雄、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺癌におけるPD-L1の発現制御メカニズムの解析

    坂上 倫久, 中岡 裕智, 岡崎 幹生, 重松 久之, 杉本 龍士郎, 泉谷 裕則, 佐野 由文

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頭頚部癌治療歴を有する非小細胞肺がん患者に対する手術症例の検討

    高津史明、諏澤 憲、枝園和彦、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺癌との鑑別が困難であった肺結節性リンパ過形成の1例?

    Tomioka Y,Yamamoto H,Matsubara K,Yamamoto H,Shiotani T,Nanba K,Suzawa K,Miyoshi K,Otani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Toyooka S

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 定型カルチノイドを伴うびまん性特発性肺神経内分泌過形成の1例?

    Tomioka Y,Yamamoto H,Matsubara K,Yamamoto H,Shiotani T,Nanba K,Suzawa K,Miyoshi K,Otani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Toyooka S

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 術前化学放射線療法後手術を行った局所進行肺癌術後再発症例の臨床経過

    諏澤 憲、枝園和彦、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉、諏澤 憲、三好健太郎、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気管支断端瘻閉鎖後の治癒経過から考える治療方針

    山本治慎、三好 健太郎、松原慧、塩谷 俊雄、諏澤 憲、大谷真二、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    岡山外科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 局所進行肺癌に対する導入療法後肺切除術後の晩期肺障害に関する検討

    宗淳一, 杉本誠一郎, 山本寛斉, 大谷真二, 岡崎幹生, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫肺転移患者における術前予後予測スコアリング : Sarcoma Scoreの有用性

    山本治慎, 宗淳一, 山本寛斉, 難波圭, 諏澤憲, 塩谷俊雄, 三好健太郎, 大谷真二, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • がん研究シーズの肺障害治療への応用

    豊岡伸一, 荒木恒太, 木下理恵, 諏澤憲, 山本寛斉, 岡崎幹生, 阪口政清

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Study for early diagnosis of malignant pleural mesothelioma focusing on microRNA-34b/c methylation in serum circulating cell-free DNA

    Yamamoto H,Sato H,Soh J,Tao H,Okabe K,Suzawa K,Miyoshi K,Ohtani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Oto T,Toyooka S

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺葉切除後の同側肺癌症例に対する治療方針と治療成績

    岡崎 幹生、諏澤 憲、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A simple prognostic risk scoring system for sarcoma patients with lung metastasis: Sarcoma Score

    Yamamoto H,Soh J,Yamamoto H,Namba K,Suzawa K,Shiotani T,Miyoshi K,,Otani S,Okazaki M,Sugimoto S, Oto T,Toyooka S

    日本胸部外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺移植後移植片慢性機能不全(CLAD)における血中micro-RNA発現量の検討

    塩谷俊雄、杉本誠一郎、松原慧、山本治慎、二萬英斗、三好 健太郎、大谷真二、岡?幹生、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドナー手術で想定外の胸腔内全面癒着が判明し,再斡旋によるレシピエント変更後に肺移植を行った1例

    松原慧、大谷真二、山本治慎、塩谷 俊雄、難波圭、二萬英斗、諏澤 憲、三好 健太郎、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体・脳死肺移植における予後予測因子としてのPrognostic Nutrition Index (PNI)の有用性

    山本治慎、杉本誠一郎、塩谷 俊雄、三好 健太郎、大谷真二、岡?幹生、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パネルディスカッション・高度の胸膜癒着を認めたレシピエントに対する肺移植

    Otani S,Shiotani T,Suzawa K,Miyoshi K,Yamamoto H,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Oto T,Toyooka S

    日本移植学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MET遺伝子を標的とした肺癌個別化治療

    諏澤 憲、枝園和彦、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、豊岡伸一

    肺癌バイオカンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食道癌治療歴を有する肺癌患者20症例の臨床的検討

    梅田将志, 諏澤憲, 塩谷俊雄, 三好健太郎, 大谷真二, 山本寛斉, 岡崎幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏 豊岡伸一

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pulmonary lobectomy and completion pneumonectomy for ipsilateral lung cancer after radical resection

    Mikio Okazaki

    World Conference on Lung Cancer  2019年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月7日 - 2019年9月10日

    researchmap

  • Anti-tumor effect of pan-RAF inhibitor in NSCLC cells harboring BRAF mutation

    Miyauchi S,Shien K,Araki K,Nakata K,Miura A,Namba K,Suzawa K,Yamamoto H,Okazaki M,Tomida S,Soh J,Toyooka S

    World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Surgical Treatment for Metastatic Lung Tumors from Sarcomas of Soft Tissue and Bone

    Yamamoto H,Namba K,Yamamoto H,Toji T,Soh J,Shien K,Suzawa K,Kurosaki T,Ohtani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Takahashi K,Kunisada T,Oto T,Toyooka S

    World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Clinical Outcome of Patients with Recurrent Non-small Cell Lung Cancer after Trimodality Therapy

    Suzawa K,Araki K,Nakata K,Miyauchi S,Miura A,Namba K,Otani S,Yamamoto H,Okazaki M,Toyooka S

    World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lung Cancer in Lung Transplant Recipients

    Otani S,Shiotani T,Suzawa K,Miyoshi K,Yamamoto H,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Oto T,Toyooka S

    World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 患側の同定に難渋した食道癌術後に発症した両側気胸症例

    村田光隆、諏澤 憲、岡?幹生、高津史明、塩谷 俊雄、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    中国四国外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺移植後移植片慢性機能不全早期発見に対する取り組み

    塩谷 俊雄、杉本誠一郎、山本治慎、三好 健太郎、大谷真二、岡?幹生、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    中四国臨床臓器移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lung lobectomy for elderly patients over 85 years old is a risk of a complication and long-term hospitalization compared with sublobar resection

    Nakata K,Suzawa K,Miyauchi S,Araki K,Miura A,Shiotani T,Miyoshi K,Ohtani S,Yamamoto H,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Oto T,Toyooka S

    World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SPECT/CTを用いて切除範囲を評価した左肺底動脈大動脈起始症の1例

    山本 諒,杉本誠一郎,中田憲太郎,末澤孝徳,塩谷俊雄,三好健太郎,大谷真二,山本寛斉,岡崎幹生,山根正修,大藤剛宏,豊岡伸一

    日本肺癌学会中国・四国支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺癌術後気管支断端瘻のリスクと対応

    諏澤 憲、高津史明、松原慧、富岡泰章、津高慎平、山本治慎、難波圭、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    岡山呼吸器外科カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • OUTSSG活動報告・共同データベース

    岡崎幹生

    岡山呼吸器外科カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気管支瘻の治療

    岡?幹生

    岡山呼吸器外科カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 導入療法後手術を行った局所進行肺がんの晩期に発症した肺アスペルギルス症に対して残肺全摘術を行った1例

    中田憲太郎、山本寛斉、宗淳一、黒崎毅史、枝園和彦、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    関西胸部外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高齢者肺癌に対する多職種連携周術期管理による術後合併症減少の試み

    三浦 章博, 宗 淳一, 宮内 俊策, 荒木 恒太, 中田 憲太郎, 塩谷 俊雄, 高橋 優太, 黒崎 毅史, 諏澤 憲, 枝園 和彦, 大谷 真二, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肉腫多発肺転移に対する肺切除術

    山本寛斉、枝園和彦、宗淳一、黒崎毅史、大谷真二、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 両側生体肺移植後のChronic Lung Allograft Dysfunction の早期診断:肺血流シンチグラフィーの可能性

    山本治慎、杉本誠一郎、塩谷 俊雄、黒崎毅史、三好 健太郎、大谷真二、岡?幹生、山根正修、豊岡伸一、大藤剛宏

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中枢進行型肺癌における自家肺移植の長期成績

    塩谷俊雄、大谷真二、田中真、黒崎毅史、枝園和彦、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、宗淳一、山根正修、豊岡伸一、大藤剛宏

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体肺移植後慢性拒絶反応と血中Irisin濃度の関係

    塩谷 俊雄、杉本誠一郎、山本治慎、諏澤 憲、黒崎毅史、枝園和彦、三好 健太郎、大谷真二、山本寛斉、岡?幹生、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 保険診療に向けた肺癌に対するロボット支援手術の導入

    岡崎 幹生、枝園和彦、黒崎毅史、大谷真二、山本寛斉、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラジオ波焼灼療法を契機に 発症した肺膿瘍と膿胸に 対する段階的治療の経験

    中田憲太郎、杉本誠一郎、黒崎毅史、枝園和彦、大谷真二、山本寛斉、岡?幹生、宗淳一、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 放射線同時併用化学療法後手術を行った局所進行肺癌の術後再発に対する治療戦略:局所治療の有用性

    諏澤 憲、宗淳一、枝園和彦、黒崎毅史、大谷真二、山本寛斉、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、大藤剛宏、豊岡伸一

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 感染性肺疾患に対する肺移植の長期成績

    杉本 誠一郎, 黒崎 毅史, 大谷 真二, 枝園 和彦, 山本 寛斉, 岡崎 幹生, 宗 淳一, 山根 正修, 豊岡 伸一, 大藤 剛宏

    日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Early Shift of Lung Perfusion to the Unilateral Lung Predicts the Development of Unilateral Chronic Lung Allograft Dysfunction after Bilateral Living-Donor Lobar Lung Transplantation

    Yamamoto H,Sugimoto S,Kurosaki T,Otani S,Okazaki M,Yamane M,Toyooka S, Oto T

    ISHLT Annual Meeting and Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pulmonary lobectomy and completion pneumonectomy for ipsilateral lung cancer after radical resection

    Okazaki M

    ISHLT Annual Meeting and Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Decreased serum levels of irisin are associated with the development of chronic lung allograft dysfunction after bilateral living-donor lobar lung transplantation

    Shiotani T,Sugimoto S,Yamamoto H,Kurosaki T,Otani S,Okazaki M,Yamane M,Toyooka S,Oto T

    ISHLT Annual Meeting and Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Differences in onset of chronic lung allograft dysfunction between living donor and cadaveric lung transplantation

    Sugimoto S,Yamamoto H,Kurosaki T,Otani S,Okazaki M, Yamane M,Toyooka S,Oto T

    ISHLT Annual Meeting and Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Inverted Lung Transplantation: Interposition of Pericardial Conduit for Pulmonary Venous Anastomosis

    Yamamoto H,Miyoshi K,Kurosaki T,Otani S,Okazaki M,Sugimoto S,Yamane M,Toyooka S, Oto T

    ISHLT Annual Meeting and Scientific Session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺移植手術手技を応用した自家肺移植

    塩谷 俊雄、大谷真二、黒崎毅史、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一、大藤剛宏

    日本肺および心肺移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反転肺移植術の可能性 ?当院で経験した3症例?

    山本治慎、大谷真二、日笠友起子、黒崎毅史、三好 健太郎、岡?幹生、杉本誠一郎、山根正修、豊岡伸一、小林求、大藤剛宏

    日本肺および心肺移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 肺癌に対する手術の最前線 招待

    岡﨑幹生

    第140回岡山県臨床放射線技師会セミナー  2021年11月28日 

     詳細を見る

  • RATSの安全導入と手技工夫 招待

    岡崎幹生

    Osaka Thoracic Seminar  2021年10月15日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 当院におけるRATS Console Surgeon輩出の実際 招待

    岡崎幹生

    2021年9月30日 

     詳細を見る

  • Treatment of Incomplete Fissure under Robotic Setting 招待

    Mikio Okazaki

    Aisian Thoracic Robotic Minimally Invasive Forum  2021年9月25日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • アシストポートから使用するRATS 招待

    岡崎幹生

    第59回 日本肺癌学会 中国・四国支部会学術集会  2021年8月8日 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 共同データベース活動報告

    岡崎幹生

    第9回 岡山呼吸器外科カンファレンス  2021年7月24日 

     詳細を見る

  • 共同データベース活動報告

    岡崎幹生

    第8回 岡山呼吸器外科カンファレンス  2020年7月4日 

     詳細を見る

  • 骨髄移植後に急速に増大した肺結節の1例

    富岡泰章, 大谷真二, 高津史明, 松原 慧, 津高慎平, 山本治慎, 塩谷俊雄, 難波 圭, 諏澤 憲, 三好健太郎, 山本寛斉, 岡﨑幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    第95回 岡山胸部疾患懇話会  2020年2月25日 

     詳細を見る

  • 高IgE症候群による気管支拡張症に対して両側脳死肺移植を施行した1例

    清水 大, 大谷 真二, 富岡 恭章, 松原 慧, 塩谷 俊雄, 山本 治慎, 三好 健太郎, 岡崎 幹生, 杉本 誠一郎, 山根 正修, 大藤 剛宏, 豊岡 伸一

    第36回 日本肺および心肺移植研究会  2020年1月25日 

     詳細を見る

  • 小児に対するABO血液型不一致の両側脳死肺移植の経験

    塩谷俊雄, 杉本誠一郎, 清水 大, 松原 慧, 富岡泰章, 三好健太郎, 大谷真二, 岡﨑幹生, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    第36回 日本肺および心肺移植研究会  2020年1月25日 

     詳細を見る

  • 脳死片肺移植を施行した多中心性キャッスルマン病の 1 例

    富岡泰章, 大谷真二, 松原 慧, 清水 大, 山本治慎, 塩谷俊雄, 三好健太郎, 岡﨑幹生, 杉本誠一郎, 山根正修, 大藤剛宏, 豊岡伸一

    第36回 日本肺および心肺移植研究会  2020年1月25日 

     詳細を見る

  • OX40 triggering breaks costimulation blockade-mediated lung allograft acceptance

    Mikio Okazaki

    The International Society for Heart and Lung Transplantation 29th Annual Meeting, Paris  2009年 

     詳細を見る

  • Costimulatory blockade-mediated lung allograft acceptance is abrogated by overexpression of Bcl-2 in the recipient

    Mikio Okazaki

    XXII International Congress of the Transplantation Society, Sydney  2009年 

     詳細を見る

  • Costimulatory blockade leads to accumulation of antigen-specific CD4+Foxp3+ Regulatory T cells in vascularized mouse lung transplant