Updated on 2021/11/10

写真a

 
MOTOMURA Masafumi
 
Organization
Interdisciplinary Science and Engineering in Health Systems Professor
Position
Professor
External link

Degree

  • 博士(文学) ( 東北大学 )

Research Interests

  • 介護・看取り

  • 死生観

  • 村岡典嗣

  • 近世日本思想史

  • 儒教

  • 老い

  • 老年学

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / History of thought  / 日本思想史、老年学、死生観、看取り、介護

Education

  • Tohoku University   文学研究科   文化科学専攻日本思想史専攻分野

    - 2003

      More details

    Country: Japan

    researchmap

  • Tohoku University   The Faculty of Arts and Letters  

    - 1994

      More details

    Country: Japan

    researchmap

Research History

  • Okayama University   学術研究院ヘルスシステム統合科学学域   Professor

    2021.4

      More details

    Country:Japan

    researchmap

  • Okayama University   大学院ヘルスシステム統合科学研究科   Professor

    2018.4

      More details

  • 北京日本学研究センター   派遣教授(国際交流基金派遣)

    2017.12 - 2018.1

      More details

  • Okayama University   Graduate School of Humanities and Social Sciences   Professor

    2017.4 - 2018.3

      More details

  • Okayama University   Graduate School of Humanities and Social Sciences   Associate Professor

    2013.4 - 2017.3

      More details

  • Ohu University   The School of Pharmaceutical Science

    2011.4

      More details

  • Ohu University   Faculty of Dentistry

    2011.4

      More details

  • Tohoku University   Tohoku University Archives, The Center for Academic Resources and Archives

    2010.4

      More details

  • (財)東北多文化アカデミー非常勤職員

    2010.4 - 2011.3

      More details

  • 東北大学百年史編纂室・教育研究支援者

    2006.10 - 2010.3

      More details

  • 東北薬科大学非常勤講師(担当:文章の表現Ⅰ・Ⅱ)

    2001.9

      More details

  • Tohoku University   Graduate School of Arts and Letters

    2000.4 - 2003.3

      More details

▼display all

Professional Memberships

▼display all

Committee Memberships

  • 日本思想史学会   評議員  

    2020.10   

      More details

    Committee type:Academic society

    researchmap

  •   日本文芸研究会大会運営委員  

    2009   

      More details

  •   日本文芸研究会編集委員  

    2004 - 2005   

      More details

  •   日本文芸研究会常任委員  

    1999   

      More details

  • 日本文芸研究会   常任委員  

    1999   

      More details

    Committee type:Academic society

    日本文芸研究会

    researchmap

 

Papers

  • Aspects of "Meiwaku" in the Edo period : Focusing on Kankoku-Kōgiroku Reviewed

    Journal of humanistic gerontology   ( 2 )   21 - 37   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 「反対の調和」-村岡典嗣の古代ギリシア哲学受容の一側面-

    本村昌文

    吉葉恭行ほか編『帝国大学における研究者の知的基盤-東北帝国大学を中心として-』こぶし書房   227 - 252   2020.3

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • A survey of the studies on the perception of burden related to aging, dying, and death in Japan Reviewed

    Journal of humanistic gerontology   ( 1 )   35 - 46   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 長生きはめでたいことなのか?-『徒然草』注釈から見る17世紀における「老い」の観念

    本村昌文

    本村昌文ほか編『老い-人文学・ケアの現場・老年学-』ポラーノ出版   205 - 224   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

    researchmap

  • 『徒然草摘議』における「老い」の観念―『徒然草』第7段の理解を中心として―

    本村 昌文

    『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』   45   27 - 46   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 近代日本における「老年学」―寺澤嚴男の「老年学」構想をめぐって―

    本村 昌文

    『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』   43   21 - 40   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 村岡典嗣「PlatoノStaatノ研究」に関する一考察

    本村 昌文

    『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』   ( 41 )   27 - 42   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 治癒と臨床

    本村昌文

    苅部直ほか編『日本思想史講座』第5巻   232 - 249   2015.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

    researchmap

  • 林羅山の死別体験

    本村昌文

    東北大学日本思想史研究室+冨樫進編『カミと人と死者』岩田書院   143 - 165   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

    researchmap

  • 村岡典嗣と人文科学研究費

    本村 昌文

    『東北大学史料館紀要』   ( 8 )   54 - 64   2013.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 村岡典嗣『日本思想史研究』

    本村昌文

    『岩波講座 日本の思想』第1巻   282 - 292   2013.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

    researchmap

  • 村岡典嗣「日本国民性ノ精神史的研究」執筆の背景

    本村 昌文

    『東北大学史料館紀要』   ( 7 )   34 - 45   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 江戸前期「陽明学派」の中庸注釈・中庸論

    本村昌文

    市來津由彦ほか編『東アジア海域叢書第5巻 江戸儒学の中庸注釈』   295 - 316   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

    researchmap

  • 村岡典嗣と広島高等師範学校―村岡典嗣文書所収の講義ノートをめぐって―

    本村昌文

    『東北大学史料館紀要』   ( 6 )   60 - 72   2011

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 霊魂の行方―清水春流の死生観―

    本村昌文

    『研究 東洋』   ( 創刊号 )   71 - 86   2011

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 17世紀日本における「死生観」小考

    本村昌文

    『東北大学臨床死生学研究会研究報告』   2010

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

    researchmap

  • 村岡典嗣「停年制疑義」について

    本村昌文

    『東北大学史料館紀要』   ( 4 )   64 - 74   2009

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 村岡典嗣文書とその周辺

    本村昌文

    『季刊日本思想史』   ( 74 )   72 - 84   2009

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 熊沢蕃山の死生観 Reviewed

    本村昌文

    『日本思想史学』   ( 40 )   78 - 96   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 『翁問答』と『何物語』―その仏教批判と死生観―

    本村昌文

    『日本思想史研究』   ( 39 )   1 - 14   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 三宅尚齊の「末疏」批判―「明明徳」解釈をめぐって―

    本村昌文

    『日本思想史研究』   ( 38 )   1 - 16   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 松永尺五の死生観

    本村昌文

    『日本思想史研究』   37   22 - 38   2005

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 江戸前期における朱子学の受容と変容―仮名草子の仏教批判をめぐって―

    本村昌文

    『日本思想史研究』   34   1 - 15   2002

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • 林羅山の仏教批判―死生観を中心として― Reviewed

    本村昌文

    『日本思想史学』   33   112 - 128   2001

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 向井元升と『孝経』―連続する「本性」 Reviewed

    本村昌文

    『文芸研究』   149   21 - 33   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 二つの「気」―中江藤樹の人間観と修養論― Invited

    『季刊日本思想史』   ( 54 )   83 - 103   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 明末『孝経』研究グループと中江藤樹―『孝経大全』と『孝経啓蒙』―

    本村昌文

    『日本思想史研究』   ( 30 )   15 - 29   1998

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

▼display all

Books

  • 帝国大学における研究者の知的基盤 : 東北帝国大学を中心として

    吉葉, 恭行, 加藤, 諭, 本村, 昌文( Role: Joint editor)

    こぶし書房  2020.3  ( ISBN:9784875593553

     More details

    Total pages:261, viip   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

  • 老い : 人文学・ケアの現場・老年学

    本村, 昌文, 加藤, 諭, 近田, 真美子, 日笠, 晴香, 吉葉, 恭行( Role: Joint editor)

    ポラーノ出版  2019.3  ( ISBN:9784908765179

     More details

    Total pages:453p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

  • 『いまを生きる江戸思想―17世紀における仏教批判と死生観―』

    本村 昌文( Role: Sole author)

    ぺりかん社  2016.9 

     More details

  • 『岩波講座 日本の思想』第1巻

    本村 昌文( Role: Contributor ,  村岡典嗣『日本思想史研究』(282頁-292頁))

    岩波書店  2013.4 

     More details

  • 東北における産学官連携-二十一世紀の東北を考える懇談会の軌跡-(共著、第2章・第4章・第6章執筆)

    東北大学出版会  2011 

     More details

  • 『東北大学百年史三 通史三』(共著、第一編「理念と学風」11頁~72頁)

    東北大学  2010 

     More details

  • 『東北大学百年史二 通史二』(共著、第五編第二章「分校の統合と教養部の設置」37頁~67頁、第五編第三章「教員養成課程の分離」68頁~117頁、第五編第六章「歯学部の設置」216頁~240頁)

    東北大学  2009 

     More details

  • 『東北大学百年史一 通史一』(共著、第二編第五章「昭和初期の東北帝国大学」275頁~342頁)

    ( Role: Contributor)

    東北大学  2007 

     More details

▼display all

MISC

  • 2019年の歴史学界-回顧と展望-(日本 近世 思想・宗教)

    本村昌文

    史学雑誌   129 ( 5 )   135 - 138   2020.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

    researchmap

  • 「儒仏論争」

    本村昌文

    日本思想史事典編集委員会編『日本思想史事典』   394 - 395   2020.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    researchmap

  • Book Review

    Journal of Japanese Intellectual History   ( 51 )   178 - 183   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • SYMPOSIUM : Study on the Intellectual Foundation of Imperial University Researchers in Japan

    ( 290 )   188 - 195   2019.7

     More details

  • 〈資料紹介〉村岡典嗣「Herakuleitos」

    本村昌文

    東北大学史料館紀要   ( 14 )   21 - 34   2019.3

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • A Case Study of the Flipped Classroom Methodology in Teaching Classical Japanese in a Japanese Senior High School, E-Learn: World Conference on E-Learning in Corporate

    Ayano Ohsaki, Hiroyuki Nagataki, Masafumi Motomura

    Government, Healthcare, and Higher Education 2018   745 - 748   2018.10

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)  

    researchmap

  • ケアの現場と人文学研究との協働による新たな〈老年学〉の構築

    本村 昌文

    『地域ケアリング』19-12   83 - 86   2017.12

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 〔資料紹介〕無窮会専門図書館天淵文庫蔵『孝経刊誤考例』

    本村 昌文

    『日本思想史研究』   ( 44 )   68 - 85   2012.3

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 在宅ホスピスの現場における日本思想史研究の可能性―「病院死」を選択する日本人

    本村昌文, 桐原健真

    『日本思想史学』   ( 42 )   2010

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

    researchmap

  • 〔資料紹介〕村岡典嗣『仙台の吉利支丹について』

    本村昌文, 中嶋英介

    『東北大学史料館紀要』   ( 5 )   39 - 63   2010

     More details

  • 昨日、今日とは思はざりしを―死や病気に悩み、苦しんだ近世の人々―

    本村昌文

    『月間ケアマネジメント』   21 ( 5 )   19 - 21   2010

     More details

  • 山崎闇斎『文会筆録』巻三「四書」大学訳注稿(3)

    本村昌文

    『季刊日本思想史』   ( 74 )   160 - 182   2009

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • 〔翻刻〕村岡典嗣『古事記序文講義』

    中嶋英介, 本村昌文

    『日本思想史研究』   ( 41 )   201 - 221   2009

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • 「研究第一主義」小考―『東北大学五十年史』をめぐって―

    本村昌文

    『東北大学史料館紀要』   ( 3 )   1 - 14   2008

     More details

  • 日本の私塾 藤樹書院 藤樹書院の中江藤樹が教え説いた今も昔も変わらない若者の悩み

    本村 昌文

    人間会議   ( 2008夏 )   248 - 253   2008

     More details

  • 長崎・興福寺と大学門

    本村昌文

    『まほら』   ( 57 )   2008

     More details

  • 山崎闇斎『文会筆録』巻三「四書」大学訳注稿(2)

    本村昌文

    『季刊日本思想史』   ( 73 )   119 - 136   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • 山崎闇斎『文会筆録』巻三「四書」大学訳注稿(1)

    本村昌文

    『季刊日本思想史』   ( 71 )   123 - 141   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

▼display all

Presentations

  • 「迷惑をかけたくない」という思いの過去と現在 Invited

    本村 昌文

    日本エンドオブライフケア学会第4回学術集会 シンポジウム「老い・看取り・死をめぐる「迷惑をかけたくない」という思いについて考える」  2021.9.18 

     More details

    Event date: 2021.9.18 - 2021.9.19

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    researchmap

  • 日本における超高齢者に関する研究の動向

    岡崎瑞生, 兵藤好美, 本村昌文

    日本老年看護学会第25回学術集会  2020.6.21 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    researchmap

  • 迷惑をかけない死とは何かー老いと死をめぐる人文学研究の立場から

    本村昌文

    第27回総会・第64回集会・緩和医療研究会  2019.3.31 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 「日本精神論」の展開と村岡典嗣

    本村昌文

    日本科学史学会第64回年会、シンポジウム「帝国大学における研究者の知的基盤に関する研究」  2018.5.26 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    researchmap

  • 老い・看取り・死―人文学を基幹とした新たな〈老年学〉の構築― International conference

    本村 昌文

    西安外国語大学日本文化経済学院系列講座(西安外国語大学)  2018.3.26 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 村岡典嗣の「日本精神論」

    本村 昌文

    科研費・基盤研究C 知的基盤研究・第3回研究会  2018.3.10 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 江戸期における儒学の死生観

    本村 昌文

    平成29年度「歴史と文学の講座」  2018.1.20 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 長生きはめでたいことなのか?―『徒然草』注釈からみる17世紀における「老い」の観念― International conference

    本村 昌文

    成果公開シンポジウム「ケアの現場と人文学研究との協働による新たな〈老年学〉の構築」、科研費・基盤研究B「ケアの現場と人文学研究との協働による新たな〈老年学〉の構築」(北京日本学研究センター)  2017.12.23 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 村岡典嗣の思想をめぐる知的基盤

    本村 昌文

    科研費・基盤研究C 知的基盤研究・第2回研究会  2017.9.16 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 江戸期における老い・死・死後―『徒然草』第7段の注釈を中心に―

    本村 昌文

    明治大学人文科学研究所総合研究「現象学の異境的展開」、第4回講演会「江戸の身体観・死生観~現象学的アプローチ~」  2017.8.26 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 『徒然草』注釈からみる江戸期における「老い」の観念

    本村 昌文

    第8回ネオ・ジェロントジー研究会  2017.3.19 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 文科系分野の研究者の「知的基盤」研究へのアプローチ

    本村 昌文

    科研費・基盤研究C「帝国大学における研究者の知的基盤に関する研究」研究会  2016.11.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 日本人の死生観に寄り添う医療とは?―「迷惑をかけたくない」という意識をめぐって―

    本村 昌文

    第248回岡山県耳鼻咽喉科集談会・講演  2016.11 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 「老い」をめぐる研究の回顧と問題設定

    本村 昌文

    第5回ネオ・ジェロントロジー研究会  2016.9.10 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 老いは「恥」か、「若きにまされる」か―17世紀日本における「老い」の諸相―

    本村 昌文

    シンポジウム「死の受容の最前線―死ぬまえ 死ぬとき 死んだあと―」、科研費・挑戦的萌芽研究「現代日本における「死のケア」のための異分野融合研究」  2016.6.25 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 日本における老年学研究―橘覚勝の老年学研究をめぐって― International conference

    本村 昌文

    科研費・基盤B「ケアの現場と人文学研究との協働による新たな〈老年学〉の構築」、日中国際シンポジウム「少子高齢化社会への人文学研究からのアプローチ」(岡山大学)  2015.11.27 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 江戸時代儒者の孟子受容について International conference

    本村 昌文

    北京日本学研究センター設立30周年記念国際シンポジウム(北京日本学研究センター)  2015.10.25 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 村岡典嗣と古代ギリシア哲学―プラトン『国家』をめぐって― International conference

    本村 昌文

    第3回蘭州大学日本語・日本文化研究会(中国・蘭州大学)  2015.9.24 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 大浦まり子・時本麻衣・長崎歩・本村昌文・名倉弘哲・赤瀬佳代「死や生について体的に考え、語り、発信する大学生の活動報告―看取り経験豊かな訪問看護師に学び、語り合うことの意味―」

    本村 昌文

    第20回日本緩和医療学会学術大会  2015.6.19 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    researchmap

  • 中江藤樹 International conference

    本村 昌文

    「共通善教育研究会」国際シンポジウム(岡山大学)  2015.2.28 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 新たな〈老年学〉への日本思想史研究からのアプローチ

    本村 昌文

    科研費・基盤B「ケアの現場と人文学研究との協働による新たな〈老年学〉の構築」―第1回研究会  2014.11.16 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 「〈介護者〉の人生」を視座とした近世日本思想史研究

    本村 昌文

    2014年度岡山大学文学部プロジェクト研究「〈介護者〉の人生に即した介護と看取りの分野横断的研究」研究会  2014.11.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 日本における「老年学」研究 International conference

    本村 昌文

    国際シンポジウム「多文化視野の中の日本学」(中国・山東大学)  2014.9.20 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 介護・看取り・近世の死生観 Invited

    本村 昌文

    日本文芸研究会第66回総会・研究発表大会  2014.6.14 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • 近世知識人の老いと死生観―林羅山を中心に―

    本村 昌文

    2013年度岡山大学文学部プロジェクト研究「貧困・死に相対する宗教者・思想家と社会的コンテクスト」  2013.11.15 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 西安外国語大学日本文化研究会シンポジウム「伝統的死生観から考える介護と看取り」、中国・西安外国語大学 International conference

    本村 昌文

    日本学術振興会・二国間交流事業・オープンパートナーシップセミナー「介護と看取りの現場に根ざす新たな思想史・文化史研究の構築」(中国・北京日本学研究センター)  2013.11.2 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 現代の介護・看取りと日本思想史研究の接点 International conference

    本村 昌文

    西安外国語大学日本文化研究会シンポジウム「伝統的死生観から考える介護と看取り」(中国・西安外国語大学)  2013.9.27 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 17世紀日本における死生観―中村惕斎を中心に― International conference

    本村 昌文

    中日国交正常化40周年記念国際シンポジウム「日本研究の新展開」(中国・北京日本学研究センター)  2012.12.2 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 霊魂の行方―17世紀日本の死生観と現代の介護・看取りとの接点― International conference

    本村 昌文

    蘭州大学日本語・日本文化研究会(中国・蘭州大学)  2012.9.14 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 村岡典嗣と人文科学研究費 International conference

    本村 昌文

    シンポジウム「戦前期帝国大学における研究体制の形成過程」(中国・北京日本学研究センター)  2012.9.8 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 日本思想史からみた現代日本の介護と看取り International conference

    本村 昌文

    蘭州大学学術講座・招待講演(中国・蘭州大学)  2012.3.16 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 生と死をみつめる生活支援 Invited

    本村 昌文

    日本介護福祉士養成施設協会・平成23年度全国教職員研修会・シンポジウム  2011.11.26 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    researchmap

  • すみやかに消滅する「霊魂」-17世紀日本における朱子学の死生観-

    国際シンポジウム-東北アジアにおける多文化共生の実態研究-(中国・内モンゴル・シリンホト)  2011 

     More details

  • 門戸開放・連携・脱地域-介護者応援ネットワークみやぎ-

    2010年度ケアラー(介護者)支援フォーラム・パネルディスカッション  2010 

     More details

  • 17世紀後半における医療と介護―『河内屋可正旧記』を素材として―

    日本思想史学会2009年度大会・パネルセッション「在宅ホスピスの現場における日本思想史研究の可能性~「病院死」を選択する日本人~」  2009 

     More details

  • 「介護の現場に対して人文学研究は何ができるか」

    東北大学臨床死生学研究会シンポジウム「人文学と現場の協業による臨床死生学の創生に向けて」  2009 

     More details

  • 介護者を支える―体験と歴史からのアプローチ―

    仙台ターミナル・ケアを考える会第112回セミナー  2009 

     More details

  • 清水春流の死生観

    日本文芸研究会平成20年度第2回研究発表会  2008 

     More details

  • 在宅ホスピスの現場との対話からみえる17世紀日本の死と生をめぐる研究の可能性

    「平成17年度~平成21年度 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成―寧波を焦点とする学際的創生―」文化交流部門「東アジアにおける死と生の景観」平成20年度第4回講演会  2008 

     More details

  • 学力向上を目指す授業Ⅰ

    平成18年度高等学校国語科研修会模擬授業  2006 

     More details

  • 十七世紀前半における仏教批判と死生観

    日本思想史学会2001年度大会研究発表  2001 

     More details

  • 林羅山の仏教批判-死生観の問題を中心として-

    日本文芸研究会平成12年度第1回研究発表会  2000 

     More details

  • 向井元升と『孝経』

    日本思想史学会平成10年度大会研究発表  1998 

     More details

  • 『孝経大全』と『孝経啓蒙』

    日本思想史学会平成8年度大会研究発表  1996 

     More details

▼display all

Research Projects

  • 日本社会の「老い」をめぐる分野横断的研究-「迷惑」と「ジリツ」の観点から

    Grant number:20H00007  2020.04 - 2025.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A)  Grant-in-Aid for Scientific Research (A)

    本村 昌文, 佐藤 弘夫, 中谷 文美, 吉葉 恭行, 小野 真由美, 加藤 諭, 工藤 洋子, 山本 栄美子, 鈴木 晴香, 島田 雄一郎

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\37830000 ( Direct expense: \29100000 、 Indirect expense:\8730000 )

    researchmap

  • 18世紀後半における「儒者」の総合的研究――頼春水とその周辺

    Grant number:19K00118  2019.04 - 2022.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    清水 則夫, グラムリヒ・オカ ベティーナ, 高橋 恭寛, 本村 昌文, 浅井 雅

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount:\4290000 ( Direct expense: \3300000 、 Indirect expense:\990000 )

    本年度は、頼春水を含めた寛政期朱子学者の出現に至るまでの思想史的経緯を、とくに朱子学に注目して明らかにした。また春水の交友関係を中心とした人的ネットワークのデータベース化を実施した。
    春水を含め、寛政期に活躍した正学派や懐徳堂の思想史的ルーツは、18世紀前半の朱子学に求められる。当該期朱子学の思想的課題は、一つは「文」と「道徳」の関係であり、もう一つが「道徳」の内実である。
    「文」と「道徳」の問題は、徂徠学派との対立に関わる。徂徠学派は一般的に朱子学者以上に能文だったため、朱子学者は道徳を主張してこれに対抗するのが通例であった。しかしその「道徳」の内実をめぐり、朱子学者はむしろ分裂を深めた。朱子学に依拠した道徳の主張は、忠誠論において二つの問題を引き起こす。第一に朝廷と幕府が併存するなかでの忠誠対象の選択、もう一つは日本での忠誠を朱子学という外来思想で根拠づけることの是非である。これらは垂加神道を経由して「文」と「道徳」の関係にもフィードバックして学者間の意見対立を生み、状況を一層複雑化した。
    この状況を克服する可能性は五井蘭洲の思想に認められ、これが後の懐徳堂や正学派の思想および人的交流に影響したものと考えられる。
    またデータベースは既に公開されており利用可能である(https://jbdb.jp/#/)。随時見直しとデータの追加を行った。今年度は新たに『春水日記』以外に、藤樹書院訪問者のデータが収集された。

    researchmap

  • 平成28年度科学研究費助成事業・学術研究助成基金助成金・基盤研究(C)「懐徳堂をめぐる学術交流の思想史的研究」(分担)〔代表:清水則夫〕

    2016 - 2018

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成28年度科学研究費助成事業・学術研究助成基金助成金・基盤研究(C)「帝国大学における研究者の知的基盤に関する研究」(分担)〔代表:吉葉恭行〕

    2016 - 2018

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成28年度文学部プロジェクト研究「人文学研究を基幹とした介護と看取りの新たな研究領域の開拓と実践」(代表)

    2016

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成28年度文学部プロジェクト研究「21世紀の貧困学」(分担)〔代表:大貫俊夫〕

    2016

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成27年度科学研究費助成事業・学術研究助成基金助成金・挑戦的萌芽研究「ハンセン病と戦争体験の英知を活かした被災コミュニティーレジリエンスモデルの構築(分担)〔代表:近藤真紀子〕

    2015 - 2017

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成27年度岡山大学文学部プロジェクト研究「〈介護者〉の人生に即した介護と看取りの分野横断的研究」(代表)

    2015

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成27年度岡山大学文学部プロジェクト研究「貧困とマイノリティ/マージナリティ:人文・社会諸科学による学際的アプローチ:」(分担)〔代表:大貫俊夫〕

    2015

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • Establishment of neo-gerontorogy with collaboration humanities research and practical care settings

    Grant number:26310105  2014.07 - 2019.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    MOTOMURA Masafumi, MOROOKA ryousuke, HIKASA haruka, SHIMADA yuichiro, TANAKA natsumi, KOIZUMI reiko, UEMURA yukako

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\16120000 ( Direct expense: \12400000 、 Indirect expense:\3720000 )

    The main results of this research are the three points: 1) In modern Japan (in the late Meiji and Taisho periods), humanities research was positioned in the overall concept of “Gerontorogy”.2) From the past to the present, "40 years old" and "40s" are considered to be the beginning of "old age" from physical problems, from the past to the present, and it is important to reconsider the meaning of this age.3) In Japan, when thinking about "old age", there is a common sense that "Meiwaku wo kaketakunai".We consider this consciousness historically and comparatively culturally.

    researchmap

  • 平成26年度科学研究費助成事業・学術研究助成基金助成金・挑戦萌芽研究「現代日本における「死のケア」のための異分野融合研究」(分担)〔代表:鈴木岩弓〕

    2014 - 2016

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成26年度岡山大学大学院社会文化科学研究科共同研究「山鹿素行の思想形成に関する基礎的研究―中国明代の学術動向との関わりを中心として―」(代表)

    2014

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成26年度岡山大学文学部プロジェクト研究「岡山大学附属病院にかかる診療記録類の保存と活用にむけた資料学的基礎研究」(分担)〔代表:今津勝紀〕

    2014

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成26年度岡山大学文学部プロジェクト研究「〈貧困社会〉概念とその実態に関する学際的研究」(分担)〔代表:出村和彦〕

    2014

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成26年度岡山大学文学部プロジェクト研究「〈介護者〉の人生に即した介護と看取りの分野横断的研究」(代表)

    2014

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成25年度科学研究費助成事業・学術研究助成基金助成金・基盤研究(C)「帝国大学における研究者の知的基盤に関する基礎的研究」(分担)〔研究代表者:吉葉恭行〕

    2013 - 2015

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成25年度岡山大学大学院社会文化科学研究科共同研究「柳宗悦の基礎的研究―江戸思想との関わりを中心に―」(代表)

    2013

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成25年度岡山大学文学部プロジェクト研究「貧困・死に相対する宗教者・思想家と社会的コンテクスト」(分担)〔代表:出村和彦〕

    2013

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成25年度岡山大学文学部プロジェクト研究「介護と看取りの現場に応ずる新たな人文学研究の構築」(代表)

    2013

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 地域社会プログラム/東日本大震災対応「特定課題」「「介護」をキーワードとした地域における「集い」の場づくりと地域と地域をつなぐネットワークの構築」

    2012

    2011年度トヨタ財団 

    本村 昌文

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成23年度科学研究費助成事業・学術研究助成基金助成金・基盤研究(C) 介護と看取りの現場に根ざした近世日本思想史研究の構築(研究代表者)

    2011 - 2013

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 平成22年度科学研究費補助金・基盤研究(C) 戦時下の帝国大学における研究体制の形成過程とその実態に関する研究(分担) 〔研究代表者:吉葉恭行〕

    2010 - 2012

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

  • 東北大学若手研究者萌芽研究育成プログラム「医療現場との対話による「臨床死生学」の確立―歴史的・文化的アプローチに基づいた「死生」観研究とそのアーカイブ化」(分担)〔研究代表者:桐原健真〕

    2007 - 2010

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

▼display all

 

Class subject in charge

  • Cluster Essence (2021academic year) Summer concentration  - その他

  • Cluster Essence (2021academic year) Fourth semester  - 水3~4

  • Cluster Essence (2021academic year) Second semester  - 水3~4

  • Scientific investigation of human beings (2021academic year) Third semester  - 月1~2

  • Introduction to Human Care Innovation and Health Care (2021academic year) Prophase  - その他

  • Introduction to Human Care Innovation (2021academic year) Prophase  - 金5~6

  • Advanced Internship for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Year-round  - その他

  • Internship for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Year-round  - その他

  • Technical English for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Late  - その他

  • Technical English for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Late  - その他

  • Introduction to Interdisciplinary Science and Engineering in Health Systems (2021academic year) Prophase  - 金3~4

  • Exercises for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Late  - その他

  • Research Works for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Year-round  - その他

  • Research Works for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Year-round  - その他

  • General Exercises for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Late  - その他

  • Think about how to live after graduation (2021academic year) special  - その他

  • Introductory Seminar in Humanities (2021academic year) Third semester  - 水1

  • Introduction to Japanese Intellectual History a (2021academic year) Second semester  - 月7~8

  • Introduction to Japanese Intellectual History b (2021academic year) Fourth semester  - 月7~8

  • Lecture on Japanese Intellectual History (2021academic year) 1st and 2nd semester  - 火7~8

  • Practical Internship (2021academic year) Year-round  - その他

  • Practical Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2021academic year) Year-round  - その他

  • Seminar in Intellectual History a (2021academic year) 1st semester  - 木7~8

  • Seminar in Intellectual History b (2021academic year) Second semester  - 木7~8

  • Seminar in Intellectual History b (2021academic year) Fourth semester  - 木7~8

  • Technical Writing and Presentation (2021academic year) Late  - その他

  • Technical Writing and Presentation (2021academic year) Late  - その他

  • Culture and Thought of Japan (2021academic year) Summer concentration  - その他

  • Study of life and death by Japanese intellectual history (2021academic year) Late  - その他

  • Study of aging in East Asia by intellectual history (2021academic year) Late  - その他

  • Study of the history of ideas and cultural history regarding aging (2021academic year) Prophase  - その他

  • The implications for humanities of the current state of care (2021academic year) Fourth semester  - 木3~4

  • The implications for humanities of the current state of terminal care (2021academic year) Second semester  - 火3~4

  • Bioethics (2021academic year) special  - その他

  • Introduction to the humanities of aging,end-of-life care, death and the afterlif (2021academic year) Late  - その他

  • Old age, care and death from the perspective of Japanese intellectual historyⅠ (2021academic year) Prophase  - 木3~4

  • Old age, care and death from the perspective of Japanese intellectual historyⅡ (2021academic year) Late  - 火7~8

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2021academic year) 1st semester  - 金7~8

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2021academic year) Fourth semester  - 金7~8

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2021academic year) Third semester  - 金7~8

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2021academic year) Second semester  - 金7~8

  • Cluster Essence (2020academic year) Summer concentration  - その他

  • Cluster Essence (2020academic year) Fourth semester  - 水3,水4

  • Cluster Essence (2020academic year) Second semester  - 水3,水4

  • Scientific investigation of human beings (2020academic year) Third semester  - 月1,月2

  • Introduction to Human Care Innovation and Health Care (2020academic year) Prophase  - 金5,金6

  • Advanced Internship for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2020academic year) Year-round  - その他

  • Internship for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2020academic year) Year-round  - その他

  • Technical English for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2020academic year) Late  - その他

  • Exercises for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2020academic year) Late  - その他

  • Research Works for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2020academic year) Year-round  - その他

  • General Exercises for Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2020academic year) Late  - その他

  • Topics in Humanities (2020academic year) Fourth semester  - 火3

  • Introductory Seminar in Humanities (2020academic year) Third semester  - 水1

  • Introduction to Ethics 2a (2020academic year) Second semester  - 月7,月8

  • Introduction to Ethics 2b (2020academic year) Fourth semester  - 月7,月8

  • Lecture on on Intellectual History (2020academic year) 1st and 2nd semester  - 火7

  • General Study of Ethics 2 (2020academic year) 2-4 semesters  - [第2学期]月7,月8, [第3学期]その他, [第4学期]月7,月8

  • Practical Internship (2020academic year) Year-round  - その他

  • Practical Interdisciplinary Medical Sciences and Engineering (2020academic year) Late  - その他

  • Seminar in Intellectual History a (2020academic year) 1st semester  - 木7,木8

  • Seminar in Intellectual History b (2020academic year) Second semester  - 木7,木8

  • Seminar in Intellectual History b (2020academic year) Fourth semester  - 木7,木8

  • Professional subject and Jobs (2020academic year) 3rd and 4th semester  - その他

  • Seminar on Thought (2020academic year) 1st and 2nd semester  - 木7,木8

  • Technical Writing and Presentation (2020academic year) Late  - その他

  • Culture and Thought of Japan (2020academic year) special  - その他

  • Study of life and death by Japanese intellectual history (2020academic year) Late  - 火7,火8

  • Study of aging in East Asia by intellectual history (2020academic year) Late  - その他

  • Study of the history of ideas and cultural history regarding aging (2020academic year) Prophase  - 木3,木4

  • The implications for humanities of the current state of care (2020academic year) Fourth semester  - 木3,木4

  • The implications for humanities of the current state of terminal care (2020academic year) Second semester  - 木5,木6

  • Bioethics (2020academic year) special  - その他

  • Introduction to the humanities of aging,end-of-life care, death and the afterlif (2020academic year) Late  - その他

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2020academic year) 1st semester  - 金7,金8

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2020academic year) Fourth semester  - 金7,金8

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2020academic year) Third semester  - 金7,金8

  • Research Seminar in Philosophy and Ethics (2020academic year) Second semester  - 金7,金8

▼display all