2024/05/13 更新

写真a

エグチ タカノリ
江口 傑徳
EGUCHI Takanori
所属
医歯薬学域 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
通称等の別名
タカ
プロフィール

江口 傑徳(えぐち たかのり)は、岡山大学の准教授,歯科医師.創造,問題解決,原理理解,協調をモットーとしている.近年は,エクソソームをはじめとする細胞外小胞学を軸に,生体の微小環境と遺伝子の関係に着目し,がんのメカニズム解明と治療薬開発に取り組んでいる.国際活動や留学生指導などグローバルに活動している.

研究開発: 細胞外小胞,がん分子生物学,ストレス応答,遺伝子制御,微小環境をキーワードに、これまでに90報以上の論文・著書を発表している.

Sheta M et al, Eguchi T*. Extracellular vesicles: new classification and tumor immunosuppression. Biology (Basel) 2023, 12(1):110. Top 1% 論文.細胞外小胞(EV)と腫瘍免疫

Ono K et al, Eguchi T*. Triple Knockdown of CDC37, HSP90-alpha and HSP90-beta Diminishes Extracellular Vesicles-Driven Malignancy Events and Macrophage M2 Polarization in Oral Cancer. Journal of Extracellular Vesicles 2020, 9(1):1769373. Top 2% 論文.口腔癌,細胞外小胞(EV), マクロファージ

Taha EA, Ono K, Eguchi T*.Roles of Extracellular HSPs as Biomarkers in Immune Surveillance and Immune Evasion. International Journal of Molecular Sciences 2019, 20(18):4588. Top 2% 論文, 被引用回数100回以上.免疫監視・免疫回避のバイオマーカー,細胞外小胞,細胞外ヒートショックプロテイン

Ono K, Eguchi T* et al. HSP-enriched properties of extracellular vesicles involve survival of metastatic oral cancer cells. Journal of Cellular Biochemistry 2018, 119(9):7363-7376. Top 2%論文,被引用回数100回以上.口腔癌,細胞外小胞(EV)とヒートショックプロテイン

Eguchi T* et al. Comprehensive Method for Exosome Isolation and Proteome Analysis for Detection of CCN Factors in/on Exosomes. In: Takigawa M (eds) CCN Proteins. Methods in Molecular Biology 2023, vol 2582. Humana, New York, NY. pp.59-76. Top 2%論文.エクソソーム抽出法とプロテオーム解析

Ono K et al, Eguchi T*. Western Blot Protocols for Analysis of CCN Proteins and Fragments in Exosomes, Vesicle-free Fractions, and Cells. In: Takigawa M. (eds) CCN Proteins. Methods in Molecular Biology 2022, vol 2582. Humana, New York, NY. pp.39-57.  Top 2%論文.エクソソームとCCNタンパク質断片

Eguchi T* et al. Cancer Extracellular Vesicles, Tumoroid Models and Tumor Microenvironment. Seminars in Cancer Biology 2022,86(Pt 1):112-126. Top 3% 論文.細胞外小胞(EV), 癌オルガノイド, 腫瘍微小環境

Eguchi T* et al. Organoids with Cancer Stem Cell-like Properties Secrete Exosomes and HSP90 in a 3D Nanoenvironment. PLoS One 2018, 13(2):1-34. Top 3% 論文,被引用回数100回以上.エクソソーム,オルガノイド, がん幹細胞

Eguchi T* et al. OstemiR: A Novel Panel of microRNA Biomarkers in Osteoblastic and Osteocytic Differentiation from Mesenchymal Stem Cells. PLoS One 2013, 8(3):e58796. Top 3% 論文.被引用回数100回以上.骨代謝,間葉系幹細胞, マイクロRNA 

Eguchi T et al. Novel Transcription-Factor-Like Function of Human Matrix Metalloproteinase 3 Regulating the CTGF/CCN2 Gene. Molecular and Cellular Biology 2008, 28(7): 2391-2413. Top 3% 論文.被引用回数200回以上.軟骨, 関節炎, 癌,メタロプロテアーゼ, 転写因子

国内,海外での多くの共同研究の実績がある.

Oo MW, Kawai H*, et al, Eguchi T, et al. Resident Stroma-secreted Chemokine CCL2 Governs Myeloid-derived Suppressor Cells in the Tumor Microenvironment. JCI Insight 2022, 7(1):e148960. Top 4% 論文.

Seyama M, Yoshida K*, et al, Eguchi T, et al. Outer membrane vesicles of Porphyromonas gingivalis attenuate insulin sensitivity by delivering gingipains to the liver. Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Basis of Disease 2020, 1866(6):165731. Top 4%論文

大学院生,留学生,学部学生、ポスドクを指導し,ハーバード大学,京都大学,北京大学,テキサス大学,コロンビア大学,フレッドハッチンソンがん研究センターへの留学,就職,共同研究へと繋げている.

略歴:岡山大学大学院・博士(歯学)、日本学術振興会特別研究員、国立長寿医療研究センター室長、ハーバード大学医学大学院リサーチフェロー・インストラクターを経て、岡山大学に帰還。受賞歴: 日本軟骨代謝学会賞、International CCN Society Springer Scholarship、岡山歯学会優秀論文賞・奨励論文賞など。

所属:岡山大学学術研究院医歯薬学域(歯科薬理学分野),岡山大学大学院医歯薬学総合研究科,岡山大学歯学部,岡山大学歯学部先端領域研究センター

共に学び働く仲間を歓迎します

学位

  • 博士 ( 2003年 )

  • 歯科医師 ( 1999年 )

研究キーワード

  • 細胞間コミュニケーション

  • 細胞外小胞

  • 癌オルガノイド

  • 三次元培養システム

  • オルガノイド

  • 細胞外粒子

  • エクソソーム

  • 非コードRNA

  • 遺伝子発現制御

  • オミクス

  • 細胞分子生物学

  • ムーンライティングタンパク質

  • RNA

  • タンパク質

研究分野

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

▼全件表示

学歴

  • 岡山大学   Graduate School of Medicine , Dentistry and Pharmaceutical Sciences  

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学   Dental School  

    1993年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

  • 広島大学附属福山高校    

    1990年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

経歴

  • ハーバード大学医学大学院   インストラクター

    2011年9月 - 2015年12月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学 学術研究院 医歯薬学域   講師   博士(歯学)

    2021年11月 - 2024年3月

      詳細を見る

  • 岡山大学大学院医歯薬学研究科   助教   博士(歯学)

    2016年4月 - 2021年10月

      詳細を見る

  • ハーバード大学医学大学院   リサーチフェロー

    2011年7月 - 2011年8月

      詳細を見る

  • 国立研究開発法人国立長寿医療研究センター   室長

    2009年1月 - 2011年6月

      詳細を見る

  • 国立長寿医療センター研究所   流動研究員

    2007年9月 - 2008年12月

      詳細を見る

▼全件表示

所属学協会

  • 日本細胞外小胞学会

    2017年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本癌学会

    2016年 - 現在

      詳細を見る

  • 国際細胞外小胞学会

    2019年 - 2022年

      詳細を見る

  • 日本薬理学会

    2017年1月 - 2020年12月

      詳細を見る

  • 日本臨床ストレス応答学会

    2016年 - 現在

      詳細を見る

  • アメリカ生化学・分子生物学会

    2013年 - 2016年

      詳細を見る

  • 歯科基礎医学会

    2001年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本軟骨代謝学会

    2001年 - 2010年

      詳細を見る

  • 日本生化学会

    2001年 - 2008年

      詳細を見る

  • アメリカ骨代謝学会

    2001年 - 2007年

      詳細を見る

  • 日本骨代謝学会

    2001年 - 2005年

      詳細を見る

  • 岡山歯学会

    2000年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本分子生物学会

    2000年 - 2019年

      詳細を見る

  • International CCN Society

      詳細を見る

  • エピジェネティクス研究会

      詳細を見る

  • 日本歯周病学会

      詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会

      詳細を見る

  • 日本CCN研究会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴

  • 日本臨床ストレス応答学会   広報  

    2022年 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本臨床ストレス応答学会   若手奨励賞審査委員  

    2022年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 岡山大学歯学部   学校推薦型選抜Ⅱ及びバカロレア選抜選考委員  

    2022年   

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部   公募問題(CBT)作成部会委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部   国家試験対策委員  

    2021年3月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本臨床ストレス応答学会   幹事  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 岡山大学歯学部   OSCE部会委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部   ARCOCS委員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部   早期見学実習検討部会委員  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部   アクティブラーニング検討部会委員  

    2016年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

  • 岡山大学歯学部   国際担当部会委員  

    2016年4月   

      詳細を見る

  • 日本臨床ストレス応答学会   評議員  

    2016年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▼全件表示

 

論文

  • エクソソーム 招待 査読

    江口 傑徳

    岡山医学会雑誌   136 ( 1 )   33 - 36   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Extracellular Vesicles: New Classification and Tumor Immunosuppression. 招待 査読 国際誌

    Mona Sheta, Eman A Taha, Yanyin Lu, Takanori Eguchi

    Biology   12 ( 1 )   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Extracellular vesicles (EVs) are cell-derived membrane-surrounded vesicles carrying various types of molecules. These EV cargoes are often used as pathophysiological biomarkers and delivered to recipient cells whose fates are often altered in local and distant tissues. Classical EVs are exosomes, microvesicles, and apoptotic bodies, while recent studies discovered autophagic EVs, stressed EVs, and matrix vesicles. Here, we classify classical and new EVs and non-EV nanoparticles. We also review EVs-mediated intercellular communication between cancer cells and various types of tumor-associated cells, such as cancer-associated fibroblasts, adipocytes, blood vessels, lymphatic vessels, and immune cells. Of note, cancer EVs play crucial roles in immunosuppression, immune evasion, and immunotherapy resistance. Thus, cancer EVs change hot tumors into cold ones. Moreover, cancer EVs affect nonimmune cells to promote cellular transformation, including epithelial-to-mesenchymal transition (EMT), chemoresistance, tumor matrix production, destruction of biological barriers, angiogenesis, lymphangiogenesis, and metastatic niche formation.

    添付ファイル: 2023 01 Sheta et al, Eguchi, Biology EVs Review ★.pdf

    DOI: 10.3390/biology12010110

    PubMed

    researchmap

  • Minimal information for studies of extracellular vesicles (MISEV2023): from basic to advanced approaches 招待 査読

    Joshua A Welsh, Deborah C.I. Goberdhan, Lorraine O'Driscoll, et al, MISEV Consortium, Takanori Eguchi, et al, Clotilde Thery, Kenneth W Witwer

    Journal of Extracellular Vesicles   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • SCAND1 Reverses Epithelial-to-Mesenchymal Transition (EMT) and Suppresses Prostate Cancer Growth and Migration 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Eva Csizmadia, Hotaka Kawai, Mona Sheta, Kunihiro Yoshida, Thomas L. Prince, Barbara Wegiel, Stuart K. Calderwood

    Cells   11 ( 24 )   3993   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Epithelial-mesenchymal transition (EMT) is a reversible cellular program that transiently places epithelial (E) cells into pseudo-mesenchymal (M) cell states. The malignant progression and resistance of many carcinomas depend on EMT activation, partial EMT, or hybrid E/M status in neoplastic cells. EMT is activated by tumor microenvironmental TGFβ signal and EMT-inducing transcription factors, such as ZEB1/2, in tumor cells. However, reverse EMT factors are less studied. We demonstrate that prostate epithelial transcription factor SCAND1 can reverse the cancer cell mesenchymal and hybrid E/M phenotypes to a more epithelial, less invasive status and inhibit their proliferation and migration in DU-145 prostate cancer cells. SCAND1 is a SCAN domain-containing protein and hetero-oligomerizes with SCAN-zinc finger transcription factors, such as MZF1, for accessing DNA and the transcriptional co-repression of target genes. We found that SCAND1 expression correlated with maintaining epithelial features, whereas the loss of SCAND1 was associated with mesenchymal phenotypes of tumor cells. SCAND1 and MZF1 were mutually inducible and coordinately included in chromatin with hetero-chromatin protein HP1γ. The overexpression of SCAND1 reversed hybrid E/M status into an epithelial phenotype with E-cadherin and β-catenin relocation. Consistently, the co-expression analysis in TCGA PanCancer Atlas revealed that SCAND1 and MZF1 expression was negatively correlated with EMT driver genes, including CTNNB1, ZEB1, ZEB2 and TGFBRs, in prostate adenocarcinoma specimens. In addition, SCAND1 overexpression suppressed tumor cell proliferation by reducing the MAP3K-MEK-ERK signaling pathway. Of note, in a mouse tumor xenograft model, SCAND1 overexpression significantly reduced Ki-67(+) and Vimentin(+) tumor cells and inhibited migration and lymph node metastasis of prostate cancer. Kaplan-Meier analysis showed high expression of SCAND1 and MZF1 to correlate with better prognoses in pancreatic cancer and head and neck cancers, although with poorer prognosis in kidney cancer. Overall, these data suggest that SCAND1 induces expression and coordinated heterochromatin-binding of MZF1 to reverse the hybrid E/M status into an epithelial phenotype and, inhibits tumor cell proliferation, migration, and metastasis, potentially by repressing the gene expression of EMT drivers and the MAP3K-MEK-ERK signaling pathway.

    添付ファイル: cells-11-03993.pdf

    DOI: 10.3390/cells11243993

    PubMed

    researchmap

  • Cancer Extracellular Vesicles, Tumoroid Models and Tumor Microenvironment 招待 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Mona Sheta, Masanori Fujii, Stuart K. Calderwood

    Seminars in Cancer Biology   86 ( Pt 1 )   112 - 126   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2022 01 Eguchi Semin Cancer Biol.pdf

    DOI: 10.1016/j.semcancer.2022.01.003

    PubMed

    researchmap

  • Triple knockdown of CDC37, HSP90-alpha and HSP90-beta diminishes extracellular vesicles-driven malignancy events and macrophage M2 polarization in oral cancer. 査読 国際誌

    Kisho Ono, Chiharu Sogawa, Hotaka Kawai, Manh Tien Tran, Eman A Taha, Yanyin Lu, May Wathone Oo, Yuka Okusha, Hirohiko Okamura, Soichiro Ibaragi, Masaharu Takigawa, Ken-Ichi Kozaki, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki, Kuniaki Okamoto, Stuart K Calderwood, Takanori Eguchi

    Journal of extracellular vesicles   9 ( 1 )   1769373 - 1769373   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2020 06 Ono JEV ★.pdf

    DOI: 10.1080/20013078.2020.1769373

    PubMed

    researchmap

  • Knockout of MMP3 Weakens Solid Tumor Organoids and Cancer Extracellular Vesicles. 査読 国際誌

    Eman A Taha, Chiharu Sogawa, Yuka Okusha, Hotaka Kawai, May Wathone Oo, Abdellatif Elseoudi, Yanyin Lu, Hitoshi Nagatsuka, Satoshi Kubota, Ayano Satoh, Kuniaki Okamoto, Takanori Eguchi

    Cancers   12 ( 5 )   1 - 29   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2020 05 Taha cancers.pdf

    DOI: 10.3390/cancers12051260

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular Vesicles Enriched with Moonlighting Metalloproteinase Are Highly Transmissive, Pro-Tumorigenic, and Trans-Activates Cellular Communication Network Factor (CCN2/CTGF): CRISPR against Cancer. 査読 国際誌

    Yuka Okusha, Takanori Eguchi, Manh T Tran, Chiharu Sogawa, Kaya Yoshida, Mami Itagaki, Eman A Taha, Kisho Ono, Eriko Aoyama, Hirohiko Okamura, Ken-Ichi Kozaki, Stuart K Calderwood, Masaharu Takigawa, Kuniaki Okamoto

    Cancers   12 ( 4 )   1 - 27   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2020 04 Okusha Cancers MMP3 KO.pdf

    DOI: 10.3390/cancers12040881

    PubMed

    researchmap

  • Cell Stress Induced Stressome Release Including Damaged Membrane Vesicles and Extracellular HSP90 by Prostate Cancer Cells. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Kisho Ono, Masaki Matsumoto, Manh Tien Tran, Yuka Okusha, Benjamin J Lang, Kuniaki Okamoto, Stuart K Calderwood

    Cells   9 ( 3 )   1 - 24   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2020 03 Eguchi Cells Stressome★.pdf

    DOI: 10.3390/cells9030755

    PubMed

    researchmap

  • Roles of Extracellular HSPs as Biomarkers in Immune Surveillance and Immune Evasion. 査読 国際誌

    Eman A Taha, Kisho Ono, Takanori Eguchi

    International journal of molecular sciences   20 ( 18 )   1 - 32   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms20184588

    PubMed

    researchmap

  • HSP-enriched properties of extracellular vesicles involve survival of metastatic oral cancer cells. 査読 国際誌

    Kisho Ono, Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Stuart K Calderwood, Junya Futagawa, Tomonari Kasai, Masaharu Seno, Kuniaki Okamoto, Akira Sasaki, Ken-Ichi Kozaki

    Journal of cellular biochemistry   119 ( 9 )   7350 - 7362   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcb.27039

    PubMed

    researchmap

  • Organoids with cancer stem cell-like properties secrete exosomes and HSP90 in a 3D nanoenvironment. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Yuka Okusha, Kenta Uchibe, Ryosuke Iinuma, Kisho Ono, Keisuke Nakano, Jun Murakami, Manabu Itoh, Kazuya Arai, Toshifumi Fujiwara, Yuri Namba, Yoshiki Murata, Kazumi Ohyama, Manami Shimomura, Hirohiko Okamura, Masaharu Takigawa, Tetsuya Nakatsura, Ken-Ichi Kozaki, Kuniaki Okamoto, Stuart K Calderwood

    PloS one   13 ( 2 )   e0191109 - 2332   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0191109

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Intracellular MMP3 Promotes HSP Gene Expression in Collaboration With Chromobox Proteins. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Stuart K Calderwood, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota, Ken-Ichi Kozaki

    Journal of cellular biochemistry   118 ( 1 )   43 - 51   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcb.25607

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • OstemiR: a novel panel of microRNA biomarkers in osteoblastic and osteocytic differentiation from mesencymal stem cells. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Ken Watanabe, Emilio Satoshi Hara, Mitsuaki Ono, Takuo Kuboki, Stuart K Calderwood

    PloS one   8 ( 3 )   e58796   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    MicroRNAs (miRNAs) are small RNA molecules of 21-25 nucleotides that regulate cell behavior through inhibition of translation from mRNA to protein, promotion of mRNA degradation and control of gene transcription. In this study, we investigated the miRNA expression signatures of cell cultures undergoing osteoblastic and osteocytic differentiation from mesenchymal stem cells (MSC) using mouse MSC line KUSA-A1 and human MSCs. Ninety types of miRNA were quantified during osteoblastic/osteocytic differentiation in KUSA-A1 cells utilizing miRNA PCR arrays. Coincidently with mRNA induction of the osteoblastic and osteocytic markers, the expression levels of several dozen miRNAs including miR-30 family, let-7 family, miR-21, miR-16, miR-155, miR-322 and Snord85 were changed during the differentiation process. These miRNAs were predicted to recognize osteogenic differentiation-, stemness-, epinegetics-, and cell cycle-related mRNAs, and were thus designated OstemiR. Among those OstemiR, the miR-30 family was classified into miR-30b/c and miR-30a/d/e groups on the basis of expression patterns during osteogenesis as well as mature miRNA structures. In silico prediction and subsequent qRT-PCR in stable miR-30d transfectants clarified that context-dependent targeting of miR-30d on known regulators of bone formation including osteopontin/spp1, lifr, ccn2/ctgf, ccn1/cyr61, runx2, sox9 as well as novel key factors including lin28a, hnrnpa3, hspa5/grp78, eed and pcgf5. In addition, knockdown of human OstemiR miR-541 increased Osteopontin/SPP1 expression and calcification in hMSC osteoblastic differentiation, indicating that miR-541 is a negative regulator of osteoblastic differentiation. These observations indicate stage-specific roles of OstemiR especially miR-541 and the miR-30 family on novel targets in osteogenesis.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0058796

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Novel transcription-factor-like function of human matrix metalloproteinase 3 regulating the CTGF/CCN2 gene. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Kazumi Kawata, Yoshiki Mukudai, Junji Uehara, Toshihiro Ohgawara, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki, Takuo Kuboki, Masaharu Takigawa

    Molecular and cellular biology   28 ( 7 )   2391 - 413   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    Matrix metalloproteinase 3 (MMP3) is well known as a secretory endopeptidase that degrades extracellular matrices. Recent reports indicated the presence of MMPs in the nucleus (A. J. Kwon et al., FASEB J. 18:690-692, 2004); however, its function has not been well investigated. Here, we report a novel function of human nuclear MMP3 as a trans regulator of connective tissue growth factor (CCN2/CTGF). Initially, we cloned MMP3 cDNA as a DNA-binding factor for the CCN2/CTGF gene. An interaction between MMP3 and transcription enhancer dominant in chondrocytes (TRENDIC) in the CCN2/CTGF promoter was confirmed by a gel shift assay and chromatin immunoprecipitation. The CCN2/CTGF promoter was activated by overexpressed MMP3, whereas a TRENDIC mutant promoter lost the response. Also, the knocking down of MMP3 suppressed CCN2/CTGF expression. By cytochemical and histochemical analyses, MMP3 was detected in the nuclei of chondrocytic cells in culture and also in the nuclei of normal and osteoarthritic chondrocytes in vivo. The nuclear translocation of externally added recombinant MMP3 and six putative nuclear localization signals in MMP3 also were shown. Furthermore, we determined that heterochromatin protein gamma coordinately regulates CCN2/CTGF by interacting with MMP3. The involvement of this novel role of MMP3 in the development, tissue remodeling, and pathology of arthritic diseases through CCN2/CTGF regulation thus is suggested.

    DOI: 10.1128/MCB.01288-07

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Stress biology: Complexity and multifariousness in health and disease. 国際誌

    Matthias P Mayer, Laura Blair, Gregory L Blatch, Thiago J Borges, Ahmed Chadli, Gabriela Chiosis, Aurélie de Thonel, Albena Dinkova-Kostova, Heath Ecroyd, Adrienne L Edkins, Takanori Eguchi, Monika Fleshner, Kevin P Foley, Sotirios Fragkostefanakis, Jason Gestwicki, Pierre Goloubinoff, Jennifer A Heritz, Christine M Heske, Jonathan D Hibshman, Jenny Joutsen, Wei Li, Michael Lynes, Marc L Mendillo, Nahid Mivechi, Fortunate Mokoena, Yuka Okusha, Veena Prahlad, Elizabeth Repasky, Sara Sannino, Federica Scalia, Reut Shalgi, Lea Sistonen, Emily Sontag, Patricija van Oosten-Hawle, Anniina Vihervaara, Anushka Wickramaratne, Shawn Xiang Yang Wang, Tawanda Zininga

    Cell stress & chaperones   29 ( 1 )   143 - 157   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Preserving and regulating cellular homeostasis in the light of changing environmental conditions or developmental processes is of pivotal importance for single cellular and multicellular organisms alike. To counteract an imbalance in cellular homeostasis transcriptional programs evolved, called the heat shock response, unfolded protein response, and integrated stress response, that act cell-autonomously in most cells but in multicellular organisms are subjected to cell-nonautonomous regulation. These transcriptional programs downregulate the expression of most genes but increase the expression of heat shock genes, including genes encoding molecular chaperones and proteases, proteins involved in the repair of stress-induced damage to macromolecules and cellular structures. Sixty-one years after the discovery of the heat shock response by Ferruccio Ritossa, many aspects of stress biology are still enigmatic. Recent progress in the understanding of stress responses and molecular chaperones was reported at the 12th International Symposium on Heat Shock Proteins in Biology, Medicine and the Environment in the Old Town Alexandria, VA, USA from 28th to 31st of October 2023.

    DOI: 10.1016/j.cstres.2024.01.006

    PubMed

    researchmap

  • Rab11 suppresses head and neck carcinoma by regulating EGFR and EpCAM exosome secretion. 査読 国際誌

    Kunihiro Yoshida, Kaung Htike, Takanori Eguchi, Hotaka Kawai, Htoo Shwe Eain, Manh Tien Tran, Chiharu Sogawa, Koki Umemori, Tatsuo Ogawa, Hideka Kanemoto, Kisho Ono, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki, Soichiro Ibaragi, Kuniaki Okamoto

    Journal of oral biosciences   66 ( 1 )   205 - 216   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Rab11(Rab11a and Rab11b) localizes primarily along recycling endosomes in cells and is involved in various intracellular trafficking processes, including membrane receptor recycling and secretion of exosomes or small extracellular vesicles (EVs). Although Rab11 is closely associated with the progression and metastasis of various cancer types, little is known about Rab11' role in head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC). In this study, we investigated the roles of Rab11a and Rab11b in HNSCC. METHODS: The clinical significance of Rab11 expression in HNSCC was investigated using a public database and tissue microarray analysis. Stable cell lines with loss and gain of Rab11a or Rab11b were originally established to investigate their roles in the proliferative, migratory, and invasive capabilities of HNSCC cells. RESULTS: Database analysis revealed a significant association between Rab11b mRNA expression and a favorable patient survival rate in HNSCC. Tissue microarray analysis revealed that Rab11b expression was the highest in normal tissues and gradually decreased across the stages of HNSCC progression. Overexpression of Rab11a or Rab11b resulted in a decrease in epidermal growth factor receptor (EGFR), Epithelial cell adhesion molecule (EpCAM) exosome secretion, and the migratory and invasive potential of HNSCC cells. The knockdown of Rab11a or Rab11b increased EpCAM/CD9 exosome secretion in addition to the migratory and invasive potential of HNSCC cells. CONCLUSIONS: Rab11 suppresses HNSCC by regulating EGFR recycling and EpCAM exosome secretion in HNSCC cells. Our results indicate that Rab11b is a superior prognostic indicator of HNSCC and holds promise for developing novel therapeutic strategies.

    添付ファイル: 2023 12 Yoshida K Rab11 HNSC Exosome.pdf

    DOI: 10.1016/j.job.2023.11.007

    PubMed

    researchmap

  • EpEX, the soluble extracellular domain of EpCAM, resists cetuximab treatment of EGFR-high head and neck squamous cell carcinoma. 査読 国際誌

    Koki Umemori, Kisho Ono, Takanori Eguchi, Hotaka Kawai, Tomoya Nakamura, Tatsuo Ogawa, Kunihiro Yoshida, Hideka Kanemoto, Kohei Sato, Kyoichi Obata, Shoji Ryumon, Hirokazu Yutori, Naoki Katase, Tatsuo Okui, Hitoshi Nagatsuka, Soichiro Ibaragi

    Oral oncology   142   106433 - 106433   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Cetuximab (Cmab) is a molecularly targeted monoclonal antibody drug for head and neck squamous cell carcinoma (HNSC), although cetuximab resistance is a serious challenge. Epithelial cell adhesion molecule (EpCAM) is an established marker for many epithelial tumors, while the soluble EpCAM extracellular domain (EpEX) functions as a ligand for epidermal growth factor receptor (EGFR). We investigated the expression of EpCAM in HNSC, its involvement in Cmab action, and the mechanism by which soluble EpEX activated EGFR and played key roles in Cmab resistance. MATERIALS AND METHODS: We first examined EPCAM expression in HNSCs and its clinical significance by searching gene expression array databases. We then examined the effects of soluble EpEX and Cmab on intracellular signaling and Cmab efficacy in HNSC cell lines (HSC-3 and SAS). RESULTS: EPCAM expression was found to be enhanced in HNSC tumor tissues compared to normal tissues, and the enhancement was correlated with stage progression and prognosis. Soluble EpEX activated the EGFR-ERK signaling pathway and nuclear translocation of EpCAM intracellular domains (EpICDs) in HNSC cells. EpEX resisted the antitumor effect of Cmab in an EGFR expression-dependent manner. CONCLUSION: Soluble EpEX activates EGFR to increase Cmab resistance in HNSC cells. The EpEX-activated Cmab resistance in HNSC is potentially mediated by the EGFR-ERK signaling pathway and the EpCAM cleavage-induced nuclear translocation of EpICD. High expression and cleavage of EpCAM are potential biomarkers for predicting the clinical efficacy and resistance to Cmab.

    添付ファイル: 2023 05 Umemori Ono EpEX.pdf

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2023.106433

    PubMed

    researchmap

  • Stress-Inducible SCAND Factors Suppress the Stress Response and Are Biomarkers for Enhanced Prognosis in Cancers. 招待 査読 国際誌

    Mona Sheta, Kunihiro Yoshida, Hideka Kanemoto, Stuart K Calderwood, Takanori Eguchi

    International journal of molecular sciences   24 ( 6 )   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The cell stress response is an essential system present in every cell for responding and adapting to environmental stimulations. A major program for stress response is the heat shock factor (HSF)-heat shock protein (HSP) system that maintains proteostasis in cells and promotes cancer progression. However, less is known about how the cell stress response is regulated by alternative transcription factors. Here, we show that the SCAN domain (SCAND)-containing transcription factors (SCAN-TFs) are involved in repressing the stress response in cancer. SCAND1 and SCAND2 are SCAND-only proteins that can hetero-oligomerize with SCAN-zinc finger transcription factors, such as MZF1(ZSCAN6), for accessing DNA and transcriptionally co-repressing target genes. We found that heat stress induced the expression of SCAND1, SCAND2, and MZF1 bound to HSP90 gene promoter regions in prostate cancer cells. Moreover, heat stress switched the transcript variants' expression from long noncoding RNA (lncRNA-SCAND2P) to protein-coding mRNA of SCAND2, potentially by regulating alternative splicing. High expression of HSP90AA1 correlated with poorer prognoses in several cancer types, although SCAND1 and MZF1 blocked the heat shock responsiveness of HSP90AA1 in prostate cancer cells. Consistent with this, gene expression of SCAND2, SCAND1, and MZF1 was negatively correlated with HSP90 gene expression in prostate adenocarcinoma. By searching databases of patient-derived tumor samples, we found that MZF1 and SCAND2 RNA were more highly expressed in normal tissues than in tumor tissues in several cancer types. Of note, high RNA expression of SCAND2, SCAND1, and MZF1 correlated with enhanced prognoses of pancreatic cancer and head and neck cancers. Additionally, high expression of SCAND2 RNA was correlated with better prognoses of lung adenocarcinoma and sarcoma. These data suggest that the stress-inducible SCAN-TFs can function as a feedback system, suppressing excessive stress response and inhibiting cancers.

    添付ファイル: 2023 03 Sheta IJMS Stress +supple.pdf

    DOI: 10.3390/ijms24065168

    PubMed

    researchmap

  • Multiple Targeting of HSP Isoforms to Challenge Isoform Specificity and Compensatory Expression. 国際誌

    Kisho Ono, Takanori Eguchi

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2693   141 - 161   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Heat shock proteins (HSPs) are molecular chaperones that assist in protein folding, trafficking, and metabolism. Intracellular chaperone functions of HSPs had been well-investigated, but extracellular and exosomal HSPs have been recently found. Exosomal HSPs are intercellularly transferred, while extracellular HSPs play cytokine-like roles called chaperokines. We have shown that exosomal HSPs play key roles in intercellular communication between tongue carcinoma and tumor-associated macrophages in the tumor microenvironment. Notably, HSP90 isoforms consist of HSP90alpha, HSP90beta, mitochondrial TRAP1, and GRP94 in the endoplasmic reticulum. Moreover, many pseudogenes of HSP90 can be transcribed into RNA. Besides, the function of HSP90 is defined by their cochaperones, such as CDC37 or AHA1. Therefore, isoform-specific small interfering RNA (siRNA) is necessary for precisely targeting each HSP90 isoform and cochaperone. Nevertheless, we often encountered compensatory expression of HSP90 isoforms in the knockdown studies. Here, we provide dual and triple knockdown methods to target multiple RNA for challenging isoform-specific roles and compensatory expression of intracellular, extracellular, and exosomal HSPs.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-3342-7_12

    PubMed

    researchmap

  • Proteomic Profiling of the Extracellular Vesicle Chaperone in Cancer. 国際誌

    Kisho Ono, Takanori Eguchi

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2693   233 - 249   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Molecular chaperones are widely distributed intracellular proteins that play essential roles in maintaining proteome function by assisting in the folding of client proteins. Molecular chaperones, such as heat shock proteins (HSPs), are found intracellularly and extracellularly. Extracellular vesicles (EVs), such as exosomes, contain HSPs and horizontally transfer the functional chaperones into various recipient cells. Besides, mass spectrometry has enabled a comprehensive analysis of exosomal and EV proteins, which is useful in basic biomedical research to clinical biomarker search. We have performed deep proteome analysis of EVs, including exosomes, from metastatic tongue and prostate cancers and detected >700 protein types, including cytoplasmic, ER, mitochondrial, small, and large HSPs. Here, we provide protocols for isolating exosomes/EVs and deep proteome analysis to detect the EV chaperone.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-3342-7_18

    PubMed

    researchmap

  • Large-Scale Databases and Portals on Cancer Genome to Analyze Chaperone Genes Correlated to Patient Prognosis. 国際誌

    Kisho Ono, Takanori Eguchi

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2693   293 - 306   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Molecular chaperones, such as heat shock proteins (HSPs), have attracted attention as molecules involved in malignant events in cancers and are potential therapeutic targets and biomarkers for tumor therapy. Furthermore, mutations in chaperones can significantly impact cancer risk and prognosis. Bioinformatics is a particularly useful method for developing biomarkers as a practical consideration for the immediate clinical application of data. Many large-scale databases and portals on cancer genome are nowadays publicly available, including the International Cancer Genome Consortium (ICGC); The Cancer Genome Atlas (TCGA), renamed as Genomic Data Commons (GDC); Catalogue of Somatic Mutations in Cancer (COSMIC); and Cancer Cell Line Encyclopedia (CCLE). Referring to these databases, advanced web portals are publicized, including cBioPortal, Human Protein Atlas (HPA), Kaplan-Meier (KM) plotter, Gene Expression Profiling Interactive Analysis 2 (GEPIA2), Genomics of Drug Sensitivity in Cancer (GDSC), and Dependency Map (DepMap). Here, we assemble these databases and portals to clarify what is available and useful for current cancer research and provide protocols to utilize the HPA, KM plotter, and GEPIA2 for studies on chaperone genes in cancer patients. Utilizing these portals will reveal the correlation between tumor subtype-specific high expression of chaperone genes and patient prognosis. Our protocols are useful to increase systematic awareness of chaperones and find new biomarkers for diagnosis and prognosis and new targets for anticancer drugs.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-3342-7_22

    PubMed

    researchmap

  • Monitoring of the Heat Shock Response with a Real-Time Luciferase Reporter. 国際誌

    Andrew Ackerman, Toshiki Kijima, Takanori Eguchi, Thomas L Prince

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2693   1 - 11   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The heat shock response (HSR) is a cellular mechanism for counteracting acute proteotoxic stress. In eukaryotes, transcriptional activation of the HSR is regulated by heat shock factor 1 (HSF1). Activation of HSF1 induces the expression of heat shock proteins (HSPs) that function as molecular chaperones to fold and maintain the three-dimensional structure of misfolded proteins. The regulation of the degree and duration of the HSR is controlled by multiple biochemical mechanisms that include posttranslational modification of HSF1 and numerous protein-protein interactions. In this chapter, we describe a method to evaluate the activation and deactivation of the HSR at the transcriptional level using a short half-life luciferase reporter assay. This assay can be used to further characterize the HSR or as a screen for small molecule inducers, amplifiers, or repressors.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-3342-7_1

    PubMed

    researchmap

  • Western Blot Protocols for Analysis of CCN Proteins and Fragments in Exosomes, Vesicle-Free Fractions, and Cells. 査読 国際共著 国際誌

    Kisho Ono, Yuka Okusha, Manh Tien Tran, Koki Umemori, Takanori Eguchi

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2582   39 - 57   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cellular Communication Network (CCN) proteins are growth factors that play key roles in many pathophysiological events, including bone formation, wound healing, and cancer. CCN factors and fragments generated by metalloproteinases-dependent cleavage are often associated with extracellular matrix (ECM) or small extracellular vesicles (sEVs) such as exosomes or matrix-coated vesicles. We provide reliable methods and protocols for Western blotting to analyze CCN factors and fragments in cells, sEVs, and vesicle-free fractions.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-2744-0_5

    PubMed

    researchmap

  • Cdc37 as a Co-chaperone to Hsp90 招待 査読 国際誌

    Thomas L Prince, Benjamin J Lang, Yuka Okusha, Takanori Eguchi, Stuart K Calderwood

    Sub-cellular biochemistry   101   141 - 158   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-031-14740-1_5

    PubMed

    researchmap

  • Protocol for CRISPR/Cas Genome Editing for Investigating Cell Communication Network. 招待 査読 国際誌

    Yuka Okusha, Takanori Eguchi

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2582   157 - 167   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The Cellular Communication Network Factor (CCN) family is composed of six members: CCN1/CYR61, CCN2/CTGF, CCN3/NOV, CCN4/WISP1, CCN5/WISP2, and CCN6/WISP3. The second member, CCN2/CTGF is a matricellular protein that promotes extracellular matrix (ECM) synthesis and controls angiogenesis. On the other hand, moonlighting/matrix metalloproteinase 3 (MMP3) is an ECM-degrading enzyme that also functions as an intracellular transcription factor. Importantly, extracellular MMP3 is uptaken into cells, translocating into nuclei, and transcriptionally activating CCN2/CTGF gene in cancer and chondrocytes. Thus, the MMP3-CTGF axis balances the matrix metabolism and turnover in the tissue and tumor microenvironments. We established an MMP3 knockout cell line using the CRISPR/Cas9 system, demonstrating the sequential regulatory events of the MMP3-CCN2 axis in the microenvironment. Notably, our protocol is useful for generation of CCN knockout cells as well. Here we serve a protocol of the CRISPR/Cas9-based gene targeting in cultured cells for investigating cellular communication network.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-2744-0_11

    PubMed

    researchmap

  • Transfection, Spinfection, Exofection, and Luciferase Assays for Analysis of CCN Genes Expression Mechanism. 招待 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Yanyin Lu, Eman A Taha, Yuka Okusha

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2582   103 - 126   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cell communication network factor 2 (CCN2), also known as connective tissue growth factor (CTGF), is protein inducible in response to TGFβ/Smad signal or the transcriptional activity of matrix metalloproteinase 3 (MMP3). We discovered that MMP3 in exosomes is transferable to recipient cells and then translocates into cell nuclei to transactivate the CCN2/CTGF gene. Exosomes and liposomes enable molecular transfection to recipient cells in vitro and in vivo. These small vesicles are surrounded by lipid membranes and carry proteins, RNA, DNA, and small chemicals. Here we define the exosome-based transfection as "exofection." In addition, spinfection increases the efficiencies of transfection, exofection, and viral infection, thus being compatible with various molecular transfer protocols. Here, we provide protocols, tips, and practical examples of transfection, spinfection, exofection, fluorescence microscopy, and luciferase assays to analyze the CCNs gene expression mechanisms.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-2744-0_9

    PubMed

    researchmap

  • Comprehensive Method for Exosome Isolation and Proteome Analysis for Detection of CCN Factors in/on Exosomes. 招待 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Yuka Okusha, Yanyin Lu, Kisho Ono, Eman A Taha, Shiro Fukuoka

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2582   59 - 76   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cellular Communication Network (CCN) proteins are secretory growth factors often associated with extracellular matrix (ECM) and extracellular vesicles (EVs) such as exosomes or matrix-coated vesicles. CCN factors and fragments loaded on/in EVs may play key roles in cell communication networks in cancer biology, bone and cartilage metabolism, wound healing, and tissue regeneration. CCN proteins and EVs/exosomes are found in body fluids, such as blood, urine, milk, and supernatants of the two-dimensionally (2D) cultured cells and three-dimensionally (3D) cultured tissues, such as spheroids or organoids. More than ten methods to isolate exosomes or EVs have been developed with different properties. Here, we introduce comprehensive protocols for polymer-based precipitation, affinity purification, ultracentrifugation methods combined with the ultrafiltration method for isolating CCN-loaded exosomes/EVs from 2D and 3D cultured tissues, and proteome analysis using mass spectrometry for comprehensive analysis of CCN proteins.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-2744-0_6

    PubMed

    researchmap

  • Multiplex Immunostaining Method to Distinguish HSP Isoforms in Cancer Tissue Specimens. 招待 査読 国際誌

    Hotaka Kawai, Kisho Ono, Takanori Eguchi

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2693   281 - 291   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Heat shock proteins (HSPs) are often expressed in all nucleated cells, but their expression profiles differ. In particular, HSP90α and HSP90β have high sequence identity and have not been fully examined for their individual and compensatory functions as molecular chaperones, differences in client proteins, and extracellular distributions with exosomes. Immunohistochemical staining is a technique to visualize the presence and localization of target antigens using specific antibodies, of which the multiplex immunostaining method can reveal differences in protein expression in the same tumor tissue and the localization of proteins of interest within tumor tissue or single cells. The common multiplex immunostaining method uses multiple secondary antibodies of different reacting animal species to identify and detect different antigens, thus requiring different animals to be immunized with each primary antibody. Furthermore, the fluorescent-antibody method is the predominant multiplex staining method but has the critical disadvantage that permanent specimens cannot be prepared. Here, we outline a multiplex staining method for HSP90α and HSP90β based on the enzyme-antibody method that allows permanent specimens to be prepared without the restriction of immunized animal species.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-3342-7_21

    PubMed

    researchmap

  • Roles of Cancer Exosomes in Immunosuppression and Immune Evasion

    Mona Sheta, Eman Ahmed Taha, Yanyin Lu, Takanori Eguchi

    Preprints   2022110004   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Extracellular vesicles (EV), including exosomes and microvesicles, are released from various cells and alter recipient cell phenotypes and fates by their biomolecules. Here we review current knowledge about tumor EVs and how they prompt malignant cell communication with tumor-associated cells, such as cancer-associated fibroblasts, tumor endothelial cells, and immune cells. We delineate the major pathways and molecular players that influence each step of cancer initiation, progression, and resistance. Of note, cancer exosomes involve immunosuppression by tumor-associated macrophages, myeloid-derived suppressor cells, and regulatory T cells. Moreover, tumor exosomes can induce the apoptosis of killer T cells and immune checkpoint of dendritic cells and attenuate natural killer cells. An in-depth understanding of EV biology is essential to ensure the clinical development of exosome/EV-based therapeutic products, which will be of benefit to exosome manipulation in cancer management.

    DOI: 10.20944/preprints202211.0004.v1

    researchmap

  • SCAND1 Reverts EMT and Suppresses Tumor Growth and Collective Migration

    Takanori Eguchi, Eva Csizmadia, Thomas L. Prince, Barbara Wegiel, Stuart K. Calderwood

    Preprints   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Epithelial-mesenchymal transition (EMT) is a reversible cellular program that transiently places epithelial (E) cells into pseudo-mesenchymal (M) cell states. The malignant progression and resistance of many types of carcinomas depends on EMT activation, partial EMT and hybrid E/M status in neoplastic cells. EMT is activated by tumor microenvironmental TGFβ signal and EMT-inducing transcription factors, such as ZEB1/2 in tumor cells. However, reverse EMT factors are less studied. We demonstrate that transcription factor SCAND1 can revert mesenchymal and hybrid E/M phenotype of cancer cells to a more epithelial, less invasive status and inhibit their proliferation and migration. SCAND1 is a SCAN domain-containing protein and hetero-oligomerizes with SCAN-zinc finger transcription factors, such as MZF1, for accessing DNA and transcriptional co-repression of target genes. We found that SCAND1-MZF1 co-expression and interaction correlated with maintaining epithelial features, whereas the simultaneous loss of SCAND1 and MZF1 correlated with mesenchymal features of tumor cells. Overexpression of SCAND1 over endogenous MZF1 in DU-145 prostate cancer cells reverted their hybrid E/M status into cobblestone morphology with increased epithelial adhesion by E-cadherin and β-catenin relocation. Consistently, co-expression analysis in TCGA PanCancer Atlas revealed that both SCAND1 and MZF1 co-express and are negatively correlated with EMT driver genes, including CTNNB1, ZEB1, ZEB2 and TGFBR, in prostate tumor specimens. In addition, SCAND1 overexpression suppressed tumor cell proliferation by reducing the MAP3K-MEK-ERK signaling pathway. Of note, SCAND1-overexpressing DU-145 cells migrated slower than control cells with decreased lymph node metastasis of prostate cancer in a mouse tumor xenograft model. Kaplan-Meyer analysis showed high expression of MZF1 and SCAND1 to correlate with better prognoses in pancreatic cancer and head and neck cancers, although with poorer prognosis in kidney cancer. Overall, these data suggest that the combination of SCAND1-MZF1 complexes may revert the EMT mechanism in cancer to establish an epithelial phenotype. These effects seem to include co-repression of EMT-driver genes and suppression of tumor cell proliferation via inhibition of the MAP3K-MEK-ERK signaling pathway.

    DOI: 10.20944/preprints202210.0475.v1

    researchmap

  • HSP90 drives the Rab11a-mediated vesicular transport of the cell surface receptors in osteoclasts. 査読 国際誌

    Manh Tien Tran, Yuka Okusha, Kaung Htike, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tomoko Kadowaki, Eiko Sakai, Takayuki Tsukuba, Kuniaki Okamoto

    Cell biochemistry and function   40 ( 8 )   838 - 855   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rab11a, which ubiquitously localizes to early and recycling endosomes, is required for regulating the vesicular transport of cellular cargos. Interestingly, our previous study revealed that Rab11a served as a negative regulator of osteoclastogenesis by facilitating the lysosomal proteolysis of (1) colony-stimulating factor-1 (c-fms) receptor and (2) receptor activator of nuclear factor-κB (RANK) receptor, thereby resulting in inhibition of osteoclast (OC) differentiation, maturation, and bone-resorbing activity. However, the molecular mechanisms of how Rab11a negatively affected osteoclastogenesis were largely unknown. Heat shock protein (HSP90), including two isoforms HSP90α and HSP90β, necessitates the stability, maturation, and activity of a broad range of its clients, and is essentially required for a vast array of signal transduction pathways in nonstressful conditions. Furthermore, cumulative evidence suggests that HSP90 is a vital element of the vesicular transport network. Indeed, our recent study revealed that HSP90, a novel effector protein of Rab11b, modulated Rab11b-mediated osteoclastogenesis. In this study, we also found that Rab11a interacted with both HSP90α and HSP90β in OCs. Upon blockade of HSP90 ATPase activity by a specific inhibitor(17-allylamino-demethoxygeldanamycin), we showed that (1) the ATPase domain of HSP90 was a prerequisite for the interaction between HSP90 and Rab11a, and (2) the interaction of HSP90 to Rab11a sufficiently maintained the inhibitory effects of Rab11a on osteoclastogenesis. Altogether, our findings undoubtedly indicate a novel role of HSP90 in regulating Rab11a-mediated osteoclastogenesis.

    DOI: 10.1002/cbf.3745

    PubMed

    researchmap

  • 口腔癌間質細胞由来CCL2による骨髄由来細胞動員への関与(Resident stroma-secreted chemokine CCL2 governs myeloid-derived suppressor cells in the tumor microenvironment)

    河合 穂高, 冨田 秀太, 江口 傑徳, 大原 利章, 小野 喜章, 長塚 仁

    日本癌学会総会記事   81回   P - 3186   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 口腔癌間質由来のCCL2はCCR2陽性骨髄由来免疫抑制細胞の腫瘍間質への動員に関与する

    河合 穂高, メイ・ワトウ, 高畠 清文, 冨田 秀太, 小野 喜章, 江口 傑徳, 大原 利章, 中野 敬介, 長塚 仁

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   26回   91 - 91   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本がん免疫学会  

    researchmap

  • Rab34 plays a critical role as a bi-directional regulator of osteoclastogenesis 査読 国際誌

    Yunxia Feng, Manh Tien Tran, co-first author, Yanyin Lu, Kaung Htike, Yuka Okusha, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tomoko Kadowaki, Eiko Sakai, Takayuki Tsukuba, Kuniaki Okamoto

    Cell Biochemistry and Function   40 ( 3 )   263 - 277   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbf.3691

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/cbf.3691

  • Resident stroma-secreted chemokine CCL2 governs myeloid-derived suppressor cells in the tumor microenvironment. 査読 国際誌

    May Wathone Oo, Hotaka Kawai, Kiyofumi Takabatake, Shuta Tomida, Takanori Eguchi, Kisho Ono, Qiusheng Shan, Toshiaki Ohara, Saori Yoshida, Haruka Omori, Shintaro Sukegawa, Keisuke Nakano, Kuniaki Okamoto, Akira Sasaki, Hitoshi Nagatsuka

    JCI insight   7 ( 1 )   3186   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/jci.insight.148960

    PubMed

    researchmap

  • Porphyromonas gingivalisはマクロファージの細胞外小胞を介して胎盤・胎児の成長発育を阻害する(Porphyromonas gingivalis impairs placental and fetal development through macrophage-derived extracellular vesicles)

    棚井 あいり, 福原 瑶子, 江口 傑徳, 河合 穂高, 池亀 美華, 岡村 裕彦, 植田 幸嗣

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2021   205 - 205   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • A novel role of HSP90 in regulating osteoclastogenesis by abrogating Rab11b-driven transport. 査読 国際誌

    Manh Tien Tran, Yuka Okusha, Yunxia Feng, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tomoko Kadowaki, Eiko Sakai, Takayuki Tsukuba, Kuniaki Okamoto

    Biochimica et biophysica acta. Molecular cell research   1868 ( 10 )   119096 - 119096   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbamcr.2021.119096

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular Hsp90 and protection of neuronal cells through Nrf2 査読 国際誌

    Stuart K Calderwood, Thiago J Borges, Takanori Eguchi, Benjamin J Lang, Ayesha Murshid, Yuka Okusha, Thomas L Prince

    Biochemical Society Transactions   49 ( 5 )   2299 - 2306   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BST20210370

    PubMed

    researchmap

  • Exosome-Based Molecular Transfer Activity of Macrophage-Like Cells Involves Viability of Oral Carcinoma Cells: Size Exclusion Chromatography and Concentration Filter Method. 査読 国際誌

    Yanyin Lu, Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Eman A Taha, Manh Tien Tran, Toshiki Nara, Penggong Wei, Shiro Fukuoka, Takuya Miyawaki, Kuniaki Okamoto

    Cells   10 ( 6 )   1 - 23   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2021 05 Lu, Eguchi, et al, Cells.pdf

    DOI: 10.3390/cells10061328

    PubMed

    researchmap

  • Macrophage-Derived Small Exosomes: Efficient Transmission and Cytotoxicity to Cancer Cells

    Yanyin Lu, Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Eman A. Taha, Manh Tien Tran, Toshiki Nara, Penggong Wei, Shiro Fukuoka, Takuya Miyawaki, Kuniaki Okamoto

    Preprints   doi: 10.20944/preprints202104.0464.v1   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20944/preprints202104.0464.v1

    researchmap

  • Gel-Free 3D Tumoroids with Stem Cell Properties Modeling Drug Resistance to Cisplatin and Imatinib in Metastatic Colorectal Cancer. 査読 国際誌

    Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Yuri Namba, Yuka Okusha, Eriko Aoyama, Kazumi Ohyama, Kuniaki Okamoto

    Cells   10 ( 2 )   1 - 17   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cells10020344

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular Vesicle-Associated Moonlighting Proteins: Heat Shock Proteins and Metalloproteinases 招待 査読

    Takanori Eguchi, Eman Ahmed Taha

    Heat Shock Proteins   22   1 - 18   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/7515_2020_25

    researchmap

  • Heat Shock Proteins and Periodontitis – Cross-Reaction Between Bacterial and Human HSP in Periodontal Infection Linking with Cardiovascular Diseases 招待 査読

    Tadashi Yamamoto, Takanori Eguchi

    Heat Shock Proteins   22   19 - 32   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/7515_2020_24

    researchmap

  • HSP Stimulation on Macrophages and Dendritic Cells Activates Innate Immune System 招待 査読

    Yanyin Lu, Takanori Eguchi

    Heat Shock Proteins   22   53 - 67   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/7515_2020_26

    researchmap

  • Liquid-based 3D Cultured Tumoroids Modeling Resistance to Cisplatin and Imatinib in Metastatic Colorectal Cancer

    Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Yuri Namba, Eriko Aoyama, Kazumi Ohyama, Kuniaki Okamoto

    Preprints   doi: 10.20944/preprints202012.0582.v1   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20944/preprints202012.0582.v1

    researchmap

  • The Inhibitory Role of Rab11b in Osteoclastogenesis through Triggering Lysosome-Induced Degradation of c-Fms and RANK Surface Receptors. 査読 国際誌

    Manh Tien Tran, Yuka Okusha, Yunxia Feng, Masatoshi Morimatsu, Penggong Wei, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tomoko Kadowaki, Eiko Sakai, Hirohiko Okamura, Keiji Naruse, Takayuki Tsukuba, Kuniaki Okamoto

    International journal of molecular sciences   21 ( 24 )   9352 - 9352   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21249352

    PubMed

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎の血液診断バイオマーカーとしての細胞外小胞由来マイクロRNAの探索

    河本 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 森 彩乃, 山城 圭介, 大森 一弘, 小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   35 - 36   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Organoids and Liquid Biopsy in Oral Cancer Research. 招待 査読 国際誌

    Takanori Eguchi

    Journal of clinical medicine   9 ( 11 )   1 - 5   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm9113701

    PubMed

    researchmap

  • Rab11A Functions as a Negative Regulator of Osteoclastogenesis through Dictating Lysosome-Induced Proteolysis of c-fms and RANK Surface Receptors. 査読 国際誌

    Yuka Okusha, Manh Tien Tran, Mami Itagaki, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tatsuo Okui, Tomoko Kadowaki, Eiko Sakai, Takayuki Tsukuba, Kuniaki Okamoto

    Cells   9 ( 11 )   2384 - 2384   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cells9112384

    PubMed

    researchmap

  • Roles of HSP on Antigen Presentation 招待 査読

    Kazuyuki Furuta, Taka Eguchi

    Heat Shock Proteins in Human Diseases   275 - 280   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/7515_2020_5

    researchmap

  • Outer membrane vesicles of Porphyromonas gingivalis attenuate insulin sensitivity by delivering gingipains to the liver. 査読 国際誌

    Mariko Seyama, Kaya Yoshida, Kayo Yoshida, Natsumi Fujiwara, Kisho Ono, Takanori Eguchi, Hotaka Kawai, Jiajie Guo, Yao Weng, Yuan Haoze, Kenta Uchibe, Mika Ikegame, Akira Sasaki, Hitoshi Nagatsuka, Kuniaki Okamoto, Hirohiko Okamura, Kazumi Ozaki

    Biochimica et biophysica acta. Molecular basis of disease   1866 ( 6 )   165731 - 165731   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbadis.2020.165731

    PubMed

    researchmap

  • A Novel Model of Cancer Drug Resistance: Oncosomal Release of Cytotoxic and Antibody-Based Drugs. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Eman Ahmed Taha, Stuart K Calderwood, Kisho Ono

    Biology   9 ( 3 )   1 - 22   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2020 03 eguchi biology review.pdf

    DOI: 10.3390/biology9030047

    PubMed

    researchmap

  • Antiparkinson Drug Benztropine Suppresses Tumor Growth, Circulating Tumor Cells, and Metastasis by Acting on SLC6A3/DAT and Reducing STAT3. 査読 国際誌

    Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Manh Tien Tran, Masayuki Ishige, Kilian Trin, Yuka Okusha, Eman Ahmed Taha, Yanyin Lu, Hotaka Kawai, Norio Sogawa, Masaharu Takigawa, Stuart K Calderwood, Kuniaki Okamoto, Ken-Ichi Kozaki

    Cancers   12 ( 2 )   1 - 22   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 2020 02 sogawa cancers.pdf

    DOI: 10.3390/cancers12020523

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular Oncosomes Rich in Moonlighting Metalloproteinase (MMP3) Are Transmissive, Pro-Tumorigenic, and Induces Cellular Communication Network Factor 2 (CCN2/CTGF): CRISPR against Cancer

    Yuka Okusha, Takanori Eguchi, Manh Tien Tran, Chiharu Sogawa, Kaya Yoshida, Mami Itagaki, Eman Ahmed Taha, Kisho Ono, Eriko Aoyama, Hirohiko Okamura, Ken-ichi Kozaki, Stuart K. Calderwood, Masaharu Takigawa, Kuniaki Okamoto

    Preprints   doi: 10.20944/preprints202002.0281.v1   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20944/preprints202002.0281.v1

    researchmap

  • CDC37 and HSP90 are Essential for Stressome Release and Tumor Progression in Resistant Prostate Cancer

    Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Kisho Ono, Masaki Matsumoto, Manh Tien Tran, Yuka Okusha, Benjamin Lang, Kuniaki Okamoto, Stuart Calderwood

    Preprints   doi: 10.20944/preprints202002.0148.v1   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20944/preprints202002.0148.v1

    researchmap

  • Exosome Release of Drugs: Coupling with Epithelial-Mesenchymal Transition

    Takanori Eguchi, Kisho Ono, Stuart Calderwood, Kuniaki Okamoto

    Preprints   doi: 10.20944/preprints201912.0386.v1   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20944/preprints201912.0386.v1

    researchmap

  • Exosome Release of Drugs: Coupling with Epithelial-Mesenchymal Transition

    Takanori Eguchi, Kisho Ono, Stuart Calderwood, Kuniaki Okamoto

    Preprints   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Extracellular vesicles (EVs), such as exosomes or oncosomes are released with molecules unfavorable for survival from cells. In addition, accumulating evidence has shown that tumor cells often eject anti-cancer drugs such as chemotherapeutics and targeted drugs within EVs, a novel mechanism of drug resistance. The EV-releasing, drug resistance phenotype is often coupled with cellular dedifferentiation and transformation, cells undergoing epithelial-mesenchymal transition (EMT) and taking on a cancer stem cell phenotype. Recent studies have shown that the release of EVs is also involved in immunosuppression. The concept of the resistance-associated secretory phenotype (RASP) is reviewed herein.

    DOI: 10.20944/preprints201912.0386.v1

    researchmap

  • オルガノイドを応用したドラッグリポジショニング開発

    十川 千春, 江口 傑徳, Tran Tien Manh, 石毛 真行, 河合 穂高, 奥舎 有加, 中野 敬介, 十川 紀夫, 小崎 健一, 岡元 邦彰

    岡山歯学会雑誌   38 ( 2 )   89 - 89   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Regulatory Roles of HSP90-Rich Extracellular Vesicles

    Takanori Eguchi, Kisho Ono, Kazumi Kawata, Kuniaki Okamoto, Stuart K. Calderwood

    Heat Shock Proteins   3 - 17   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-3-030-23158-3_1

    researchmap

  • A reporter system evaluates tumorigenesis, metastasis, β-catenin/MMP regulation, and druggability. 招待 査読 国際誌

    Sogawa C, Eguchi T, C, i, auth, Corresponding author, Okusha Y, Ono K, Ohyama K, Iizuka M, Kawasaki R, Hamada Y, Takigawa M, Sogawa N, Okamoto K, Kozaki K

    Tissue Engineering Part A   25 ( 19-20 )   1413 - 1425   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/ten.TEA.2018.0348

    PubMed

    researchmap

  • Tumor Angiogenic Inhibition Triggered Necrosis (TAITN) in Oral Cancer. 査読 国際誌

    Saori Yoshida, Hotaka Kawai, Takanori Eguchi, Shintaro Sukegawa, May Wathone Oo, Chang Anqi, Kiyofumi Takabatake, Keisuke Nakano, Kuniaki Okamoto, Hitoshi Nagatsuka

    Cells   8 ( 7 )   761   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cells8070761

    PubMed

    researchmap

  • MZF1 and SCAND1 Reciprocally Regulate CDC37 Gene Expression in Prostate Cancer. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Thomas L Prince, Manh Tien Tran, Chiharu Sogawa, Benjamin J Lang, Stuart K Calderwood

    Cancers   11 ( 6 )   792   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers11060792

    PubMed

    researchmap

  • Nicotine promotes lymph node metastasis and cetuximab resistance in head and neck squamous cell carcinoma. 査読 国際誌

    Rieko Shimizu, Soichiro Ibaragi, Takanori Eguchi, Daisuke Kuwajima, Shinichi Kodama, Takashi Nishioka, Tatsuo Okui, Kyoichi Obata, Kiyofumi Takabatake, Hotaka Kawai, Kisho Ono, Kuniaki Okamoto, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    International journal of oncology   54 ( 1 )   283 - 294   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2018.4631

    PubMed

    researchmap

  • Carcinogenic epithelial-mesenchymal transition initiated by oral cancer exosomes is inhibited by anti-EGFR antibody cetuximab. 査読 国際誌

    Toshifumi Fujiwara, Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Kisho Ono, Jun Murakami, Soichiro Ibaragi, Jun-Ichi Asaumi, Stuart K Calderwood, Kuniaki Okamoto, Ken-Ichi Kozaki

    Oral oncology   86   251 - 257   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2018.09.030

    PubMed

    researchmap

  • Lipoprotein Cholesterols Are Stored in High-Resistant, Metastatic Cancer Cells and Released Upon Stress: Implication for a Mechanism Underlying Hypocholesterolemia in Cancer Patients

    Taka Eguchi, Chiharu Sogawa, Kisho Ono, Mami Itagaki, Masaki Matsumoto

    Preprints   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   出版者・発行元:MDPI AG  

    Resistant cancer often shows a particular secretory trait such as heat shock proteins (HSPs) and extracellular vesicles (EVs), including exosomes and oncosomes surrounded by lipid bilayers. Lipoproteins are biochemical assemblies that transport hydrophobic lipid (a.k.a. fat) molecules in body fluid and are composed of a single-layer phospholipid and cholesterol outer shell, lipids molecules within the particles, and apolipoproteins embedded in the membrane. However, lipoprotein storage and secretion by cancer cells have not well-investigated yet. We found lipoproteins were stored and abundantly secreted by neuroendocrine, castration-resistant prostate cancer (NEPC / CRPC) cells but barely secreted by colon cancer cells and oral squamous cell carcinoma (OSCC) cells. In addition, large EVs (approx. 300 nm diameter) and potential oncosomes were released by CRPC and OSCC cells. Proteomics revealed that CRPC cells secreted EVs enriched with tetraspanins and extracellular matrices which were reduced upon heat shock stress and alternatively lipoproteins and HSPs were secreted upon stress. Heat shock stress triggered secretion of lipoprotein-EV complexes that contained apolipoprotein A, B, C and E. These data suggested that vesicular assembly composed of EVs and lipoproteins enriched with cholesterols and phospholipids may be stored in resistant cancer cells but released upon cell stress that is increased in cancer therapies.

    DOI: 10.20944/preprints201810.0211.v1

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎患者の血漿エクソソーム由来microRNAの発現解析

    高木 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 高知 信介, 山城 圭介, 大森 一弘, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   60 ( 秋季特別 )   134 - 134   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • Anti-EGFR antibody cetuximab is secreted by oral squamous cell carcinoma and alters EGF-driven mesenchymal transition. 査読 国際誌

    Toshifumi Fujiwara, Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Kisho Ono, Jun Murakami, Soichiro Ibaragi, Jun-Ichi Asaumi, Kuniaki Okamoto, Stuart K Calderwood, Ken-Ichi Kozaki

    Biochemical and biophysical research communications   503 ( 3 )   1267 - 1272   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.07.035

    PubMed

    researchmap

  • The intranuclear PEX domain of MMP involves proliferation, migration, and metastasis of aggressive adenocarcinoma cells. 査読 国際誌

    Yuka Okusha, Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Tatsuo Okui, Keisuke Nakano, Kuniaki Okamoto, Ken-Ichi Kozaki

    Journal of cellular biochemistry   119 ( 9 )   7363 - 7376   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcb.27040

    PubMed

    researchmap

  • 大腸癌の増殖,浸潤,転移を促進するPEXドメインの役割とその制御(The intranuclear PEX domain of MMP involves proliferation, migration, and metastasis of aggressive adenocarcinoma cells)

    江口 傑徳, 奥舎 有加, 小野 喜章, 十川 千春, Calderwood Stuart K., 小崎 健一

    日本癌学会総会記事   77回   1332 - 1332   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • エクソソーム研究の「がん」における新展開 細胞外小胞のHSPに富む特性は、転移性口腔癌細胞の生存を担う(HSP-enriched properties of extracellular vesicles involve survival of metastatic oral cancer cells)

    小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 佐々木 朗

    日本癌学会総会記事   77回   897 - 897   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 急速転移性癌細胞株由来細胞外小胞による破骨細胞分化および癌細胞浸潤の制御

    板垣 まみ, 十川 千春, 奥舎 有加, 江口 傑徳, 小野 喜章, 岡元 邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   347 - 347   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Genotoxic stress induces Sca-1-expressing metastatic mammary cancer cells. 査読 国際誌

    Jianlin Gong, Benjamin J Lang, Desheng Weng, Takanori Eguchi, Ayesha Murshid, Thiago J Borges, Sachin Doshi, Baizheng Song, Mary A Stevenson, Stuart K Calderwood

    Molecular oncology   12 ( 8 )   1249 - 1263   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1878-0261.12321

    PubMed

    researchmap

  • Depletion of Lipid Efflux Pump ABCG1 Triggers the Intracellular Accumulation of Extracellular Vesicles and Reduces Aggregation and Tumorigenesis of Metastatic Cancer Cells. 査読 国際誌

    Yuri Namba, Chiharu Sogawa, Yuka Okusha, Hotaka Kawai, Mami Itagaki, Kisho Ono, Jun Murakami, Eriko Aoyama, Kazumi Ohyama, Jun-Ichi Asaumi, Masaharu Takigawa, Kuniaki Okamoto, Stuart K Calderwood, Ken-Ichi Kozaki, Takanori Eguchi

    8 ( 376 )   376 - 376   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fonc.2018.00376

    PubMed

    researchmap

  • Monitoring of the Heat Shock Response with a Real-Time Luciferase Reporter

    Toshiki Kijima, Takanori Eguchi, Len Neckers, Thomas L. Prince

    Methods in Molecular Biology   35 - 45   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer New York  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-7477-1_3

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 異なる転移能を有する口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームに含まれるプロテオームの特性

    小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 村上 純, 藤原 敏史, 笠井 智成, 妹尾 昌治, 佐々木 朗, 小崎 健一, 岡元 邦彰

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [1LBA - 052]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A Tumor Suppressor Gene Product, Platelet-Derived Growth Factor Receptor-Like Protein Controls Chondrocyte Proliferation and Differentiation. 査読 国際誌

    Kazumi Kawata, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Norifumi H Moritani, Morihiko Oka, Harumi Kawaki, Masaharu Takigawa

    Journal of cellular biochemistry   118 ( 11 )   4033 - 4044   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The platelet-derived growth factor receptor-like (PDGFRL) gene is regarded as a tumor suppressor gene. However, nothing is known about the molecular function of PDGFRL. In this study, we initially clarified its function in chondrocytes. Among all cell lines examined, the PDGFRL mRNA level was the highest in chondrocytic HCS-2/8 cells. Interestingly, the proliferation of chondrocytic HCS-2/8 cells was promoted by PDGFRL overexpression, whereas that of the breast cancer-derived MDA-MB-231 cells was inhibited. Of note, in PDGFRL-overexpressing HCS-2/8 cells, the expression of chondrocyte differentiation marker genes, SOX9, ACAN, COL2A1, COL10A1, and ALP, was decreased. Moreover, we confirmed the expression of PDGFRL mRNA in normal cartilage tissue and chondrocytes. Eventually, the expression of PDGFRL mRNA in condrocytes except in the case of hypertrophic chondrocytes was demonstrated in vivo and in vitro. These findings suggest that PDGFRL plays the different roles, depending upon cell types. Particularly, in chondrocytes, PDGFRL may play a new and important role which is distinct from the function previously reported. J. Cell. Biochem. 118: 4033-4044, 2017. © 2017 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jcb.26059

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Catabolic effects of FGF-1 on chondrocytes and its possible role in osteoarthritis. 査読 国際誌

    Abdellatif El-Seoudi, Tarek Abd El Kader, Takashi Nishida, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    Journal of cell communication and signaling   11 ( 3 )   255 - 263   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12079-017-0384-8

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 舌癌細胞株由来エクソソーム解析による頸部リンパ節転移マーカーの探索

    小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 村上 純, 笠井 智成, 妹尾 昌治, 佐々木 朗, 小崎 健一

    日本癌学会総会記事   76回   J - 1062   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • Semaphorin 4D promotes bone invasion in head and neck squamous cell carcinoma. 査読 国際誌

    Hiroyuki Takada, Soichiro Ibaragi, Takanori Eguchi, Tatsuo Okui, Kyoichi Obata, Masanori Masui, Ayaka Morisawa, Kiyofumi Takabatake, Hotaka Kawai, Norie Yoshioka, Nur Mohammad, Monsur Hassan, Tsuyoshi Shimo, Guo-Fu Hu, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    International journal of oncology   51 ( 2 )   625 - 632   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2017.4050

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Promoter Analyses of CCN Genes

    Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    Methods in Molecular Biology   177 - 185   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer New York  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6430-7_18

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cellular Reprogramming Using Defined Factors and MicroRNAs. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Takuo Kuboki

    Stem cells international   2016   7530942 - 7530942   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Hindawi Publishing Corporation  

    Development of human bodies, organs, and tissues contains numerous steps of cellular differentiation including an initial zygote, embryonic stem (ES) cells, three germ layers, and multiple expertized lineages of cells. Induced pluripotent stem (iPS) cells have been recently developed using defined reprogramming factors such as Nanog, Klf5, Oct3/4 (Pou5f1), Sox2, and Myc. This outstanding innovation is largely changing life science and medicine. Methods of direct reprogramming of cells into myocytes, neurons, chondrocytes, and osteoblasts have been further developed using modified combination of factors such as N-myc, L-myc, Sox9, and microRNAs in defined cell/tissue culture conditions. Mesenchymal stem cells (MSCs) and dental pulp stem cells (DPSCs) are also emerging multipotent stem cells with particular microRNA expression signatures. It was shown that miRNA-720 had a role in cellular reprogramming through targeting the pluripotency factor Nanog and induction of DNA methyltransferases (DNMTs). This review reports histories, topics, and idea of cellular reprogramming.

    DOI: 10.1155/2016/7530942

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A Novel High-Throughput 3D Screening System for EMT Inhibitors: A Pilot Screening Discovered the EMT Inhibitory Activity of CDK2 Inhibitor SU9516. 査読 国際誌

    Kazuya Arai, Takanori Eguchi, M Mamunur Rahman, Ruriko Sakamoto, Norio Masuda, Tetsuya Nakatsura, Stuart K Calderwood, Ken-Ichi Kozaki, Manabu Itoh

    PloS one   11 ( 9 )   e0162394   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0162394

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Targeting the hsp70 gene delays mammary tumor initiation and inhibits tumor cell metastasis 査読

    J. Gong, D. Weng, T. Eguchi, A. Murshid, M. Y. Sherman, B. Song, S. K. Calderwood

    ONCOGENE   34 ( 43 )   5460 - 5471   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Elevated levels of the inducible heat-shock protein 70 (Hsp72) have been implicated in mammary tumorigenesis in histological investigations of human breast cancer. We therefore examined the role of Hsp72 in mice, using animals in which the hsp70 gene was inactivated. We used a spontaneous tumor system with mice expressing the polyomavirus middle T (PyMT) oncogene under control of the mouse mammary tumor virus (MMTV) long-terminal repeat (MMT mice). These mice developed spontaneous, metastatic mammary cancer. We then showed Hsp72 to be upregulated in a fraction of mammary cancer initiating cells (CIC) within the MMT tumor cell population. These cells were characterized by elevated surface levels of stem cell markers CD44 and Sca1 and by rapid metastasis. Inactivation of the hsp70 gene delayed the initiation of mammary tumors. This delay in tumor initiation imposed by loss of hsp70 was correlated with a decreased pool of CIC. Interestingly, hsp70 knockout significantly reduced invasion and metastasis by mammary tumor cells and implicated its product Hsp72 in cell migration and formation of secondary neoplasms. Impaired tumorigenesis and metastasis in hsp70-knockout MMT mice was associated with downregulation of the met gene and reduced activition of the oncogenic c-Met protein. These experiments therefore showed Hsp72 to be involved in the growth and progression of mammary carcinoma and highlighted this protein as a potential target for anticancer drug development.

    DOI: 10.1038/onc.2015.1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Role and Regulation of Myeloid Zinc Finger Protein 1 in Cancer. 査読 国際誌

    Taka Eguchi, Thomas Prince, Barbara Wegiel, Stuart K Calderwood

    Journal of cellular biochemistry   116 ( 10 )   2146 - 54   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Myeloid zinc finger 1 (MZF1) belongs to the SCAN-Zinc Finger (SCAN-ZF) transcription factor family that has recently been implicated in a number of types of cancer. Although the initial studies concentrated on the role of MZF1 in myeloid differentiation and leukemia, the factor now appears to be involved in the etiology of major solid tumors such as lung, cervical, breast, and colorectal cancer. Here we discuss the regulation of MZF1 that mediated its recruitment and activation in cancer, concentrating on posttranslational modification by phosphorylation, and sumoylation, formation of promyelocytic leukemia nuclear bodies and its association with co-activators and co-repressors.

    DOI: 10.1002/jcb.25203

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • HSF1 regulation of β-catenin in mammary cancer cells through control of HuR/elavL1 expression. 査読 国際誌

    Chou SD, Murshid A, Eguchi T, Gong J, Calderwood SK

    Oncogene   34 ( 17 )   2178 - 2188   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2014.177

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • OstemiR: A Novel Panel of MicroRNA Biomarkers in Osteoblastic and Osteocytic Differentiation from Mesencymal Stem Cells

    Eguchi, Takanori, Hara, Emilio Satoshi, Ono, Mitsuaki, Watanabe, Ken, Kuboki, Takuo, Calderwood, Stuart

    Faseb Journal   29 ( 3 )   e58796   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0058796

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • miRNA-720 regulates the stem cell phenotype and differentiation of human dental pulp-derived mesenchymal stromal cells

    Hara Emilio Satoshi, Ono Mitsuaki, Eguchi Takanori, Hai Thanh Pham, Tajima Shoji, Calderwood Stuart K, Matsumoto Takuya, Kuboki Takuo, IEEE

    2014 International Symposium on Micro-Nanomechatronics and Human Science (Mhs)   1 - 2   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/MHS.2014.7006080

    Web of Science

    researchmap

  • Stress proteins in aging and life span. 査読 国際誌

    Ayesha Murshid, Takanori Eguchi, Stuart K Calderwood

    International journal of hyperthermia : the official journal of European Society for Hyperthermic Oncology, North American Hyperthermia Group   29 ( 5 )   442 - 7   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INFORMA HEALTHCARE  

    Heat shock proteins (HSP) are molecular chaperones and have been implicated in longevity and aging in many species. Their major functions include chaperoning misfolded or newly synthesised polypeptides, protecting cells from proteotoxic stress, and processing of immunogenic agents. These proteins are expressed constitutively and can be induced by stresses such as heat, oxidative stress and many more. The induction of HSP in aging could potentially maintain protein homeostasis and longevity by refolding the damaged proteins which accumulate during aging and are toxic to cells. HSP are shown to increase life span in model organisms such as Caenorhabditis elegans and decrease aging-related proteotoxicity. Thus, decrease in HSP in aging is associated with disruption of cellular homeostasis which causes diseases such as cancer, cell senescence and neurodegeneration. HSP levels are decreased with aging in most organs including neurons. Aging also causes attenuation or alteration of many signalling pathways as well as the expression of transcription factors such as heat shock factor (HSF). The alteration in regulation and synthesis of Forkhead box O3a (FoxO3a) family of transcription factors as well as major antioxidant enzymes (manganese superoxide dismutase, catalase) are also seen in aging. Among many signalling mechanisms involved in altering longevity and aging, the insulin/IGF-1 pathway and the Sir2 deacetylase are highly significant. This review enquires into the role of some of these pathways in longevity/aging along with HSP.

    DOI: 10.3109/02656736.2013.798873

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • miRNA-720 controls stem cell phenotype, proliferation and differentiation of human dental pulp cells. 査読 国際誌

    Emilio Satoshi Hara, Mitsuaki Ono, Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Hai Thanh Pham, Wataru Sonoyama, Shoji Tajima, Masaharu Takigawa, Stuart K Calderwood, Takuo Kuboki

    PloS one   8 ( 12 )   e83545   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Dental pulp cells (DPCs) are known to be enriched in stem/progenitor cells but not well characterized yet. Small non-coding microRNAs (miRNAs) have been identified to control protein translation, mRNA stability and transcription, and have been reported to play important roles in stem cell biology, related to cell reprogramming, maintenance of stemness and regulation of cell differentiation. In order to characterize dental pulp stem/progenitor cells and its mechanism of differentiation, we herein sorted stem-cell-enriched side population (SP) cells from human DPCs and periodontal ligament cells (PDLCs), and performed a locked nucleic acid (LNA)-based miRNA array. As a result, miR-720 was highly expressed in the differentiated main population (MP) cells compared to that in SP cells. In silico analysis and a reporter assay showed that miR-720 targets the stem cell marker NANOG, indicating that miR-720 could promote differentiation of dental pulp stem/progenitor cells by repressing NANOG. Indeed, gain-and loss-of-function analyses showed that miR-720 controls NANOG transcript and protein levels. Moreover, transfection of miR-720 significantly decreased the number of cells positive for the early stem cell marker SSEA-4. Concomitantly, mRNA levels of DNA methyltransferases (DNMTs), which are known to play crucial factors during stem cell differentiation, were also increased by miR-720 through unknown mechanism. Finally, miR-720 decreased DPC proliferation as determined by immunocytochemical analysis against ki-67, and promoted odontogenic differentiation as demonstrated by alizarin red staining, as well as alkaline phosphatase and osteopontin mRNA levels. Our findings identify miR-720 as a novel miRNA regulating the differentiation of DPCs.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0083545

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Role of LRP1 in transport of CCN2 protein in chondrocytes. 査読 国際誌

    Kazumi Kawata, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Norifumi H Moritani, Seiji Kondo, Takashi Nishida, Masaharu Takigawa

    Journal of cell science   125 ( Pt 12 )   2965 - 72   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:COMPANY OF BIOLOGISTS LTD  

    Low-density lipoprotein receptor-related protein 1 (LRP1) is known to be a receptor for signal transmission and endocytosis. We have previously reported that LRP1 regulates WNT-β-catenin and protein kinase C signaling in chondrocytes, represses the hypertrophy of chondrocytes during endochondral ossification and that LRP1 is colocalized with a ligand, CCN family member 2 (CCN2; also known as connective tissue growth factor, CTGF), which conducts endochondral ossification, in chondrocytes. However, the role of LRP1 in the endocytic transport of CCN2 in chondrocytes is not yet understood. In the present study, we investigated the interaction between LRP1 and CCN2 during endocytic trafficking. Small interfering RNA (siRNA)-mediated knockdown of LRP1 in chondrocytic HCS-2/8 cells showed that the amount of exogenous CCN2 binding and/or incorporation was decreased in the LRP1 downregulated cells. Importantly, we observed that CCN2 internalization in chondrocytes was dependent on clathrin, and internalizated CCN2 was colocalized with an early or recycling endosome marker. Transcytosis of CCN2 through HCS-2/8 cells was confirmed by performing experiments with a trans-well apparatus, and the amount of transcytosed CCN2 was decreased by an LRP1 antagonist. These findings rule out possible leakage and confirm the crucial involvement of LRP1 during experimental transcytosis. Moreover, under hypoxic conditions that mimic the cartilaginous microenvironment, the level of LRP1 and the amount of transcytosed CCN2 increased, and these increases were neutralized by treatment with the LRP1 antagonist. The distribution of LRP1 and its antagonist in the growth plate in vivo was consistent with that of CCN2 in this tissue, which is produced by and transported by LRP1 from the chondrocytes in the prehypertrophic layer. These findings suggest that LRP1 mediates the transcytosis of CCN2, which might be a crucial event that determines the distribution of CCN2 in cartilage.

    DOI: 10.1242/jcs.101956

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Role of low-density lipoprotein receptor related protein 1 (LRP1) in CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) protein transport in chondrocytes 査読

    Kawata., K, Kubota, S, Eguchi, T, Aoyama, E, Moritani, N, Kondo, S, Nishida, T, Takigawa, M

    J Cell Sci   15   2965 - 2972   2012年

     詳細を見る

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)による軟骨細胞でのCCNファミリー2/結合組織成長因子(CCN2/CTGF)タンパク質輸送

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 近藤 誠二, 滝川 正春

    日本結合組織学会学術大会・マトリックス研究会大会合同学術集会プログラム・抄録集   43回・58回   76 - 76   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会・マトリックス研究会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A coding RNA segment that enhances the ribosomal recruitment of chicken ccn1 mRNA. 査読 国際誌

    Yoshiki Mukudai, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Kumi Sumiyoshi, Danilo Janune, Seiji Kondo, Satoru Shintani, Masaharu Takigawa

    Journal of cellular biochemistry   111 ( 6 )   1607 - 18   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    CCN1, a member of the CCN family of proteins, plays important physiological or pathological roles in a variety of tissues. In the present study, we initially found a highly guanine-cytosine (GC)-rich region of approximately 200 bp near the 5'-end of the open reading frame, which was always truncated by amplification of the corresponding cDNA region through the conventional polymerase chain reaction. An RNA in vitro folding assay and selective ribonuclease digestion of the corresponding segment of the ccn1 mRNA confirmed the involvement of a stable secondary structure. Subsequent RNA electromobility-shift assays demonstrated the specific binding of some cytoplasmic factor(s) in chicken embryo fibroblasts to the RNA segment. Moreover, the corresponding cDNA fragment strongly enhanced the expression of the reporter gene in cis at the 5'-end, but did not do so at the 3'-end. According to the results of a ribosomal assembly test, the effect of the mRNA segment can predominantly be ascribed to the enhancement of transport and/or entry of the mRNA into the ribosome. Finally, the minimal GC-rich mRNA segment that was predicted and demonstrated to form a secondary structure was confirmed to be a functional regulatory element. Thus, we here uncover a novel dual-functionality of the mRNA segment in the ccn1 open reading frame, which segment acts as a cis-element that mediates posttranscriptional gene regulation, while retaining the information for the amino acid sequence of the resultant protein.

    DOI: 10.1002/jcb.22894

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 軟骨細胞のCCN2蛋白質輸送における低比重リポ蛋白受容体関連蛋白質1(LRP1)の役割(Role of the low-density lipoprotein receptor related protein 1 (LRP1) in CCN2 protein transportation in chondrocytes)

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 近藤 誠二, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回   2T10 - 12   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)による軟骨細胞でのタンパク質輸送

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 近藤 誠二, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   28回   188 - 188   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Role of the low-density lipoprotein receptor-related protein-1 in regulation of chondrocyte differentiation. 査読 国際誌

    Kazumi Kawata, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Norifumi H Moritani, Tsuyoshi Shimo, Seiji Kondo, Takashi Nishida, Shogo Minagi, Masaharu Takigawa

    Journal of cellular physiology   222 ( 1 )   138 - 48   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    The low-density lipoprotein receptor-related protein 1 (LRP1) is known as an endocytic and signal transmission receptor. We formerly reported the gene expression and the localization of LRP1 in cartilage tissue and chondrocytes, but its roles in the differentiation of chondrocytes remained to be investigated. Here, in order to address this issue, we employed RNAi strategy to knockdown lrp1 in chondrocytic cells and obtained findings indicating a critical role therein. As a result of lrp1 knockdown, aggrecan and col2a1 mRNA levels were decreased. However, that of col10a1 or mmp13 mRNA was rather increased. Under this condition, we performed a promoter assay for Axin2, which is known to be induced by activation of the WNT/beta-catenin (betacat) signaling pathway. Thereby, we found that Axin2 promoter activity was enhanced in the lrp1 knockdown cells. Furthermore, when the WNT/beta-catenin pathway was activated in chondrocytic cells by WNT3a or SB216763, which inhibits the phosphorylation of GSK3beta, the mRNA levels of aggrecan and col2a1 were decreased, whereas that of mmp13 was increased. Additionally, the level of phosphorylated protein kinase C (PKC) zeta was also decreased in the lrp1 knockdown cells. When the phosphorylation of PKCzeta was selectively inhibited, aggrecan and col2a1 mRNA levels decreased, whereas the mmp13 mRNA level increased. These data demonstrate that LRP1 exerts remarkable effects to retain the mature phenotype of chondrocytes as a critical mediator of cell signaling. Our findings also indicate that the onset of hypertrophy during endochondral ossification appears to be particularly dependent on the WNT and PKC signaling initiated by LRP1.

    DOI: 10.1002/jcp.21930

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Novel Transcriptional Regulation of CCN2/CTGF by Nuclear Translocation of MMP3

    Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Kazumi Kawata, Yoshiki Mukudai, Junji Uehara, Toshihiro Ohgawara, Soichiro Ibaragi, Akira Sasaki, Takuo Kuboki, Masaharu Takigawa

    CCN PROTEINS IN HEALTH AND DISEASE: AN OVERVIEW OF THE FIFTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON THE CCN FAMILY OF GENES   255 - +   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    CCN2/CTGF, previously known as Connective Tissue Growth Factor, is a crucial regulator of extra-cellular matrix (ECM), which promotes ECM synthesis and stabilization. As their family name clearly implies, matrix metalloproteases (MMPs) are also localized in the ECM, where they function as proteases, modulating cell signaling by cleaving proteins such as matrix proteins, growth factors and growth factor receptors. Strong expression of CCN2/CTGF in chondrocytic cells occurs through transcription enhancer dominant in chondrocytes (TRENDIC). Matrix metalloprotease-3 (MMP3) is a novel TRENDIC-binding transcription factor for CCN2/CTGF expression. First, MMP3 cDNA was cloned as a TRENDIC-binding factor by Southwestern screening. The interaction between MMP3 and TRENDIC was confirmed by a gel shift assay and chromatin immunoprecipitation. The CCN2/CTGF promoter was activated by transfected MMP3, whereas a TRENDIC mutant for the promoter lost the response. In addition, the knockdown of MMP3 suppressed CCN2/CTGF expression. Cytochemical and histochemical analyses demonstrated that MMP3 was detected in the nuclei of chondrocytic cells in culture and also in the nuclei of normal and osteoarthritic chondrocytes in vivo. The nuclear translocation of externally added recombinant MMP3 was observed in 30 min after the addition, and six putative nuclear localization signals were found in MMP3. These results indicated a novel trans-activation mechanism of CCN2/CTGF by the nuclear translocation of MMP3 through binding with TRENDIC in chondrocytes. Although MMPs historically had been recognized as a protease for extra-cellular proteins, this study indicated that it also stimulates ECM synthesis through CCN2/CTGF trans-activation. This novel regulatory role of the ECM may contribute to understanding the mechanism of not only the development, but also the pathogenesis of arthritis fibrosis and periodontitis.

    DOI: 10.1007/978-90-481-3779-4_19

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-9600-4430

  • Nucleophosmin/B23: A Multifunctional Regulator that Determines the Fate of CCN2 mRNA

    Satoshi Kubota, Yoshiki Mukudai, Harumi Kawaki, Seiji Kondo, Takanori Eguchi, Kumi Sumiyoshi, Toshihiro Ohgawara, Tsuyoshi Shimo, Masaharu Takigawa

    CCN PROTEINS IN HEALTH AND DISEASE: AN OVERVIEW OF THE FIFTH INTERNATIONAL WORKSHOP ON THE CCN FAMILY OF GENES   41 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    CCN2/CTGF is a multifunctional molecule that has been shown to play a central role in chondrocyte differentiation. During this process, the expression of ccn2 is tightly regulated to confer a maximal level at prehypertrophic - hypertrophic stages, in which the 3'-untranslated region (UTR) of the mRNA is critically involved in mediating its post-transcriptional regulation. In our previous studies, we found that a 40-kDa protein binding specifically to an RNA cis-element, 3'-100/50, in the 3'-UTR of the chicken ccn2 mRNA regulated the intracellular stability of the mRNA. The interaction of this 40-kDa protein with 3'-100/50 was enhanced in proliferating chondrocytes, in which ccn2 mRNA is rapidly degraded; whereas a prolonged half life of ccn2 mRNA is observed in hypertrophic chondrocytes, where the interaction of the 40 kDa-protein and 3'-100/50 is diminished. Collectively, the data suggested that this 40-kDa protein acts as a ccn2-specific mRNA destabilizer during chondrocyte differentiation.
    In this present study we finally identified this 40-kDa protein as nucleophosmin (NPM)/B23. NPM is a nuclear-cytoplasmic shuttling protein that is characterized by its multiple functionality. This protein is known to be a histone chaperone, a regulator of ribosomal RNA transcription, as well as an RNA-binding post-transcriptional regulator of gene expression. In our hands, direct binding of NPM to 3'-100/50 was confirmed not only by RNA EMSA and UV crosslinking assays, but also by RNA immunoprecipitation analysis. By using recombinant chicken NPM, we could successfully reconstitute the post-transcriptional regulation of ccn2 by NPM in vitro and found that this regulation was more robust in chondrocytes than in fibroblasts. Furthermore, siRNA-mediated gene silencing of NPM in vivo clearly showed enhanced ccn2 gene expression and a prolonged half life of the ccn2 mRNA, confirming the functional property of NPM as a specific destabilizer of the ccn2 mRNA in living cells.
    The 5'-100/50 element, a target of NPM, is evolutionally conserved among vertebrate species. Therefore, we consider NPM to be a critical post-transcriptional regulator of ccn2 acting via 3'-UTR during endochondral ossification and possibly, in other physiological and pathological states as well.

    DOI: 10.1007/978-90-481-3779-4_4

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0002-9600-4430

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク-1(LRP1)の軟骨細胞分化における多面的作用機構

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 森谷 徳文, 近藤 誠二, 西田 崇, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回 ( Vol.1 )   4T4p - 9   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞におけるCCN2遺伝子の転写後調節機構におけるNucleophosmin/B23の機能的意義

    住吉 久美, 久保田 聡, 椋代 義樹, 近藤 誠二, 川木 晴美, 江口 傑徳, 大河原 敏博, 山城 隆, 滝川 正春

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回   3T18a - 8   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Nucleophosmin/B23によるChicken CCN2遺伝子の軟骨細胞特異的転写後調節

    住吉 久美, 久保田 聡, 椋代 義樹, 近藤 誠二, 川木 晴美, 江口 傑徳, 山城 隆, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences   51 ( Suppl. )   105 - 105   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク-1(LRP1)の軟骨細胞分化における機能とその作用機構

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 森谷 徳文, 近藤 誠二, 西田 崇, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   27回   179 - 179   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Regulation of chondrocytic phenotype by micro RNA 18a: involvement of Ccn2/Ctgf as a major target gene. 査読 国際誌

    Toshihiro Ohgawara, Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Seiji Kondo, Takanori Eguchi, Naito Kurio, Eriko Aoyama, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa

    FEBS letters   583 ( 6 )   1006 - 10   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We searched for miRNAs that were down-regulated in chondrocytic cells and predicted to target CCN2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) that promotes endochondral ossification. Among them, expression of miR-18a was most strongly repressed in chondrocytic cells. Reporter gene analysis confirmed the functionality of an miR-18a target in the 3'-untranslated region of Ccn2 mRNA, which was predicted in silico. Indeed, introduction of miR-18a efficiently repressed the CCN2 production from chondrocytic cells. Finally, transfected miR-18a significantly repressed the mature chondrocytic phenotype. Our present study revealed a regulatory role for miR-18a in chondrocytic differentiation through CCN2.

    DOI: 10.1016/j.febslet.2009.02.025

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク-1(LRP1)の軟骨細胞分化における多面的作用機構

    河田かずみ, 河田かずみ, 久保田聡, 江口傑徳, 青山絵理子, 森谷徳文, 近藤誠二, 西田崇, 皆木省吾, 滝川正春

    生化学   2009年

     詳細を見る

  • Posttranscriptional regulation of chicken ccn2 gene expression by nucleophosmin/B23 during chondrocyte differentiation. 査読 国際誌

    Yoshiki Mukudai, Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Seiji Kondo, Takanori Eguchi, Kumi Sumiyoshi, Toshihiro Ohgawara, Tsuyoshi Shimo, Masaharu Takigawa

    Molecular and cellular biology   28 ( 19 )   6134 - 47   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

    CCN2/CTGF is a multifunctional factor that plays a crucial role in the growth and differentiation of chondrocytes. The chicken ccn2 gene is regulated not only at the transcriptional level but also by the interaction between a posttranscriptional element in the 3' untranslated region (3'-UTR) and a cofactor. In the present study, we identified a nucleophosmin (NPM) (also called B23) as this cofactor. Binding of NPM to the element was confirmed, and subsequent analysis revealed a significant correlation between the decrease in cytosolic NPM and the increased stability of the ccn2 mRNA during chondrocyte differentiation in vivo. Furthermore, recombinant chicken NPM enhanced the degradation of chimeric RNAs containing the posttranscriptional cis elements in a chicken embryonic fibroblast extract in vitro. It is noteworthy that the RNA destabilization effect by NPM was far more prominent in the cytosolic extract of chondrocytes than in that of fibroblasts, representing a chondrocyte-specific action of NPM. Stimulation by growth factors to promote differentiation changed the subcellular distribution of NPM in chondrocytes, which followed the expected patterns from the resultant change in the ccn2 mRNA stability. Therefore, the present study reveals a novel aspect of NPM as a key player in the posttranscriptional regulation of ccn2 mRNA during the differentiation of chondrocytes.

    DOI: 10.1128/MCB.00495-08

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • マイクロRNA 18aによるCcn2/Ctgf遺伝子を介した軟骨細胞分化の制御機構の解明

    大河原 敏博, 久保田 聡, 川木 晴美, 近藤 誠二, 江口 傑徳, 佐々木 朗, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26回   168 - 168   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞成熟における低密度リポ蛋白受容体関連タンパク-1(LRP1)の関与

    河田かずみ, 河田かずみ, 久保田聡, 江口傑徳, 青山絵理子, 皆木省吾, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   21st   2008年

     詳細を見る

  • Gene expression and distribution of connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) during secondary ossification center formation. 査読 国際誌

    Morihiko Oka, Satoshi Kubota, Seiji Kondo, Takanori Eguchi, Chisa Kuroda, Kazumi Kawata, Shogo Minagi, Masaharu Takigawa

    The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   55 ( 12 )   1245 - 55   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HISTOCHEMICAL SOC INC  

    CCN2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) is a critical signaling modulator of mesenchymal tissue development. This study investigated the localization and expression of CCN2/CTGF as a factor supporting angiogenesis and chondrogenesis during development of secondary ossification centers in the mouse tibial epiphysis. Formation of the secondary ossification center was initiated by cartilage canal formation and blood vessel invasion at 7 days of age, and onset of ossification was observed at 14 days. In situ hybridization showed that CCN2/CTGF mRNA was distinctively expressed in the region of the cartilage canal and capsule-attached marginal tissues at 7 days of age, and distinct expression was also observed in proliferating chondrocytes around the marrow space at 14 days of age. Immunostaining showed that CCN2/CTGF was distributed broadly around the expressed cells located in the central region of the epiphysis, where the chondrocytes become hypertrophic and the cartilage canal enters into the hypertrophic mass. Furthermore, an overlapping distribution of metalloproteinase (MMP)9 and CCN2/CTGF was found in the secondary ossification center. These findings suggest that the CCN2/CTGF is involved in establishing epiphyseal vascularization and remodeling, which eventually determines the secondary ossification center in the developing epiphysial cartilage.

    DOI: 10.1369/jhc.7A7263.2007

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Different transcriptional strategies for ccn2/ctgf gene induction between human chondrocytic and breast cancer cell lines. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Kazumi Kawata, Yoshiki Mukudai, Toshihiro Ohgawara, Kohei Miyazono, Kyouji Nakao, Seiji Kondo, Masaharu Takigawa

    Biochimie   89 ( 3 )   278 - 88   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER FRANCE-EDITIONS SCIENTIFIQUES MEDICALES ELSEVIER  

    Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) plays a critical role in endochondral bone formation; however, CCN2 also promotes angiogenesis and bone metastasis in breast cancer. Chondrocytic HCS-2/8 cells and breast cancer MDA231 cells produce over 6 times more CCN2 than any other cell type. In this study, we demonstrate that these cell lines employ different transcriptional strategies for ccn2 gene induction. Four tandem copies of the dominant transcriptional enhancer in chondrocytes (4 x TRENDIC) were chimerically connected to an SV40 promoter-luciferase construct and subsequently analyzed. The enhancement of the promoter activity by 4 x TRENDIC was greater in the HCS-2/8 cells (7-fold) than in the other 4 cell lines (3-4 fold). The TRENDIC-binding protein complex was detected at a higher signal in the HCS-2/8 cells than in the other cell lines. In addition, the HCS-2/8 nuclear factors strongly targeted not only TRENDIC, but also the previously reported basal control element and a novel enhancer element in the ccn2 promoter. In contrast, high-level ccn2 gene induction in MDA231 cells was largely dependent on Smad signaling through the Smad-binding element in the ccn2 promoter. Based on these results, we propose a model of differential transcription of the ccn2 gene between the chondrocytic cell line and the breast cancer cell line, and therefore imply that these cells utilize distinct transcriptional strategies to obtain the enhanced CCN2 production that is not observed in other types of cells.

    DOI: 10.1016/j.biochi.2006.12.006

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Pathogenic role of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in osteolytic metastasis of breast cancer. 査読 国際誌

    Tsuyoshi Shimo, Satoshi Kubota, Norie Yoshioka, Soichiro Ibaragi, Sachiko Isowa, Takanori Eguchi, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa

    Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   21 ( 7 )   1045 - 59   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    UNLABELLED: The role of CTGF/CCN2 in osteolytic metastasis by breast cancer cells and its mechanism of action were studied. Osteolytic metastasis accompanied by CCN2 and PTHrP overproduction was efficiently inhibited by an anti-CCN2 antibody. Furthermore, we found that CCN2 was induced by PTHrP through PKA-, PKC-, and ERK-mediated pathways therein. INTRODUCTION: Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) is a mediator of local angiogenesis induced by breast cancer, but its role in osteolytic metastasis has not been evaluated. PTH-related peptide (PTHrP) is another critical factor in the development of the osteolytic metastasis. Using both in vivo and in vitro approaches, we studied whether/how neutralization of CCN2 prevented bone metastasis and how PTHrP signaling is related. MATERIALS AND METHODS: A mouse model of bone metastasis by human breast cancer cell line MDA231 was treated with a CCN2-neutralizing antibody, and osteolytic bone metastases were assessed on radiographs and immunohistochemistry. Ccn2 gene expression and transcription were examined by Northern blot and luciferase analysis. Immunoblot analysis and kinase inhibitors were used to identify the signaling pathways implicated. Anti-angiogenic/osteoclastogenic effects of ccn2 downregulation were also evaluated. RESULTS: Treatment of mice with a CCN2-neutralizing antibody greatly decreased osteolytic bone metastasis, microvasculature, and osteoclasts involved. The antibody also suppressed the growth of subcutaneous tumor in vivo and proliferation and migration of human umbilical vein endothelial cells (HUVECs) in vitro. Downregulation of ccn2 also repressed osteoclastogenesis. CCN2 expression was specifically observed in cancer cells producing PTHrP and type I PTH/PTHrP receptor (PTH1R) invaded the bone marrow, and PTHrP strongly upregulated ccn2 in MDA231 cells in vitro. Activation of protein kinase C (PKC) and protein kinase A (PKA) was necessary and sufficient for the stimulation of ccn2 by PTHrP. Indeed, inhibition of the extracellular signal-regulated kinase (ERK1/2), PKC, or PKA by specific inhibitors counteracted the stimulation of ccn2 expression. Incubation of MDA231 cells with PTHrP induced the activation of ERK1/2. Consistent with these findings, inhibition of PKC prevented PTHrP-induced ERK1/2 activation, whereas 12-O-tetradecanoylphorbol13-acetate (TPA), a stimulator of PKC, upregulated it. CONCLUSIONS: CCN2 was critically involved in osteolytic metastasis and was induced by PKA- and PKC-dependent activation of ERK1/2 signaling by PTHrP. Thus, CCN2 may be a new molecular target for anti-osteolytic therapy to shut off the PTHrP-CCN2 signaling pathway.

    DOI: 10.1359/JBMR.060416

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Possible role of LRP1, a CCN2 receptor, in chondrocytes. 査読 国際誌

    Kazumi Kawata, Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Harumi Kawaki, Morihiko Oka, Shogo Minagi, Masaharu Takigawa

    Biochemical and biophysical research communications   345 ( 2 )   552 - 9   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Low density lipoprotein receptor (LDLR)-related protein 1 (LRP1/CD91) is one of the receptors of CCN2 that conducts endochondral ossification and cartilage repair. LRP1 is a well-known endocytic receptor, but its distribution among chondrocytes remains to be elucidated. We herein demonstrate for the first time that the distribution of LRP1 in chondrocytes except for hypertrophic chondrocytes in vivo and in vitro. Interestingly, the LRP1 levels were higher in mature chondrocytic HCS-2/8 and osteoblastic SaOS-2 than in other cells, whereas the other LDLR family members involved in ossification were detected at lower levels in HCS-2/8. It was interesting to note that in HCS-2/8, LRP1 was observed not only on the cell surface and in the cytoplasm, but also in the nucleus. Exogenously added CCN2 was incorporated into HCS-2/8, which was partially co-localized with LRP1, and targeted to the recycling endosomes and nucleus as well as the lysosomes. These findings suggest specific roles of LRP1 in cartilage biology.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2006.04.109

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 二次骨化中心形成過程に発現する結合組織成長因子CTGF/CCN2のパールカン陽性軟骨細胞への特異的集積

    岡 森彦, 久保田 聡, 近藤 誠二, 江口 傑徳, 河田 かずみ, 黒田 知沙, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   23回   229 - 229   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Collaborative action of M-CSF and CTGF/CCN2 in articular chondrocytes: possible regenerative roles in articular cartilage metabolism. 査読 国際誌

    Kyouji Nakao, Satoshi Kubota, Hideyuki Doi, Takanori Eguchi, Morihiko Oka, Takuo Fujisawa, Takashi Nishida, Masaharu Takigawa

    Bone   36 ( 5 )   884 - 92   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    It is known that expression of the macrophage colony-stimulating factor (M-CSF) gene is induced in articular chondrocytes upon inflammation. However, the functional role of M-CSF in cartilage has been unclear. In this study, we describe possible roles of M-CSF in the protection and maintenance of the articular cartilage based on the results of experiments using human chondrocytic cells and rat primary chondrocytes. Connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) is known to be a potent molecule to regenerate damaged cartilage by promoting the growth and differentiation of articular chondrocytes. Here, we uncovered the fact that M-CSF induced the mRNA expression of the ctgf/ccn2 gene in those cells. Enhanced production of CTGF/CCN2 protein by M-CSF was also confirmed. Furthermore, M-CSF could autoactivate the m-csf gene, forming a positive feed-back network to amplify and prolong the observed effects. Finally, promotion of proteoglycan synthesis was observed by the addition of M-CSF. These findings taken together indicate novel roles of M-CSF in articular cartilage metabolism in collaboration with CTGF/CCN2, particularly during an inflammatory response. Such roles of M-CSF were further supported by the distribution of M-CSF producing chondrocytes in experimentally induced rat osteoarthritis cartilage in vivo.

    DOI: 10.1016/j.bone.2004.10.015

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Regulation of chicken ccn2 gene by interaction between RNA cis-element and putative trans-factor during differentiation of chondrocytes. 査読 国際誌

    Yoshiki Mukudai, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Seiji Kondo, Kyouji Nakao, Masaharu Takigawa

    The Journal of biological chemistry   280 ( 5 )   3166 - 77   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    CCN2/CTGF is a multifunctional growth factor. Our previous studies have revealed that CCN2 plays important roles in both growth and differentiation of chondrocytes and that the 3'-untranslated region (3'-UTR) of ccn2 mRNA contains a cis-repressive element of gene expression. In the present study, we found that the stability of chicken ccn2 mRNA is regulated in a differentiation stage-dependent manner in chondrocytes. We also found that stimulation by bone morphogenetic protein 2, platelet-derived growth factor, and CCN2 stabilized ccn2 mRNA in proliferating chondrocytes but that it destabilized the mRNA in prehypertrophic-hypertrophic chondrocytes. The results of a reporter gene assay revealed that the minimal repressive cis-element of the 3'-UTR of chicken ccn2 mRNA was located within the area between 100 and 150 bases from the polyadenylation tail. Moreover, the stability of ccn2 mRNA was correlated with the interaction between this cis-element and a putative 40-kDa trans-factor in nuclei and cytoplasm. In fact, the binding between them was prominent in proliferating chondrocytes and attenuated in (pre)hypertrophic chondrocytes. Stimulation by the growth factors repressed the binding in proliferating chondrocytes; however, it enhanced it in (pre)hypertrophic chondrocytes. Therefore, gene expression of ccn2 mRNA during endochondral ossification is properly regulated, at least in part, by changing the stability of the mRNA, which arises from the interaction between the RNA cis-element and putative trans-factor.

    DOI: 10.1074/jbc.M411632200

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Interaction of AP-1 and the ctgf gene: a possible driver of chondrocyte hypertrophy in growth cartilage. 査読

    Norifumi H Moritani, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Tomohiro Fukunaga, Takashi Yamashiro, Teruko Takano-Yamamoto, Hideki Tahara, Kazumi Ohyama, Toshio Sugahara, Masaharu Takigawa

    Journal of bone and mineral metabolism   21 ( 4 )   205 - 10   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG TOKYO  

    The expression of the connective tissue growth factor ( ctgf) gene increases along with the differentiation of growth cartilage cells, and the highest expression is observed in the hypertrophic stage. Similarly, recent reports demonstrated c- fos expression in chondrocytes in the early hypertrophic zone of growth cartilage, and suggested that the c- fos gene may play a crucial role in the regulation of hypertrophic differentiation. A chondrocytic human cell line, HCS-2/8, is known to retain a variety of chondrocytic phenotypes. When such cells were kept overconfluent, they expressed increasing levels of c- fos transcripts along a time course phenotypically similar to that of hypertrophic differentiation. Moreover, by using a competitive electromobility-shift assay, we found that AP-1, a Fos/Jun heterodimer, in HCS-2/8 was capable of binding not only to a typical AP-1-binding DNA fragment but also to the enhancer fragment of the ctgf gene. Based on the findings above, we hypothesize that, prior to hypertrophic differentiation, AP-1-related oncogenes are activated and that their gene products subsequently activate ctgf gene expression, which might eventually induce hypertrophy.

    DOI: 10.1007/s00774-003-0410-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24の細胞種特異的遺伝子発現抑制機構の解析

    森谷 徳文, 久保田 聡, 江口 傑徳, 近藤 誠二, 菅原 利夫, 滝川 正春

    生化学   74 ( 8 )   913 - 913   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A novel cis-element that enhances connective tissue growth factor gene expression in chondrocytic cells. 査読 国際誌

    Takanori Eguchi, Satoshi Kubota, Seiji Kondo, Takuo Kuboki, Hirofumi Yatani, Masaharu Takigawa

    Biochemical and biophysical research communications   295 ( 2 )   445 - 51   2002年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    To clarify the chondrocyte-specific regulatory mechanism of connective tissue growth factor (ctgf) gene expression, we analyzed the functionality and DNA-protein interaction of the CTGF promoter. Comparative luciferase assay of the CTGF promoter deletion mutants among HCS-2/8 chondrocytic cells and fibroblastic cells revealed that a 110-bp region in the promoter was crucial for the HCS-2/8-specific transcriptional enhancement. Subsequent competitive gel shift assay revealed that transcription factors in HCS-2/8 nuclei bound to a 60-bp portion in the corresponding region. Relative luciferase activity from a CTGF promoter with mutant TGF-beta response element (TbRE) was 16.9% lower than that from an intact promoter. On the other hand, relative luciferase activity from a CTGF promoter with 4bp point mutations at 30bp upstream of the TbRE was 47.7% lower than that from the intact one. The binding activity of HCS-2/8 nuclear factor(s) to the sequence over the 4-bp was remarkably higher than that of any nuclear extract from other types of cells. Therefore, we entitled the sequence 'TRENDIC', a transcription enhancer dominant in chondrocytes, which stands for a novel enhancer for chondrocyte-specific CTGF gene expression.

    DOI: 10.1016/S0006-291X(02)00700-3

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Connective tissue growth factor increased by hypoxia may initiate angiogenesis in collaboration with matrix metalloproteinases. 査読 国際誌

    Seiji Kondo, Satoshi Kubota, Tsuyoshi Shimo, Takashi Nishida, Gen Yosimichi, Takanori Eguchi, Toshio Sugahara, Masaharu Takigawa

    Carcinogenesis   23 ( 5 )   769 - 76   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Connective tissue growth factor (CTGF) is known to be a potent angiogenic factor. Here we investigated how CTGF and matrix metalloproteinases (MMPs) are involved in the early stage of hypoxia-induced angiogenesis using human breast cancer cell line, MDA231, and vascular endothelial cells. Hypoxic stimulation (5% O(2)) of MDA231 cells increased their steady-state level of ctgf mRNA by approximately 2-fold within 1.5 h, and the levels remained at a plateau up to 6 h, and then decreased by 12 h as compared with the cells cultured under the normoxic condition. Membrane-type 1 MMP (MT1-MMP) mRNA levels was also increased within a few hours of the exposure to hypoxia. Indeed, ELISA revealed that the CTGF protein/cell in medium conditioned by MDA231 cells exposed to hypoxia was maximally greater at 24 h than in the medium from normoxic cultures and that the secretion rate (supernatant CTGF/cell layer CTGF) increased in a time-dependent manner from 24 to 72 h of hypoxic exposure. Hypoxic induction of CTGF was also confirmed by immunohistochemical analyses. Furthermore, zymogram analysis revealed that the production of active MMP-9 was also induced in MDA231 cells incubated under hypoxic conditions. Finally, we found that recombinant CTGF also increased the expression of a number of metalloproteinases that play a role in the vascular invasive processes and decreased the expression of tissue inhibitors of metalloproteinases by vascular endothelial cells. These findings suggest that hypoxia stimulates MDA231 cells to release CTGF as an angiogenic modulator, which initiates the invasive angiogenesis cascade by modulating the balance of extracellular matrix synthesis and degradation via MMPs secreted by endothelial cells in response to CTGF. This cascade may play critical roles in the hypoxia-induced neovascularization that accompanies tumor invasion in vivo.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 遺伝子発現の抑圧的調節を仲介するマウスctgf3'-UTR segmentの性質

    近藤 誠二, 久保田 聡, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 菅原 利夫, 滝川 正春

    日本口腔科学会雑誌   50 ( 6 )   568 - 568   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • Cell-type-specific trans-activation of herpes simplex virus thymidine kinase promoter by the human T-cell leukemia virus type I Tax protein. 査読

    Kubota S, Mukudai Y, Hattori T, Eguchi T, Kondo S, Takigawa M

    DNA and cell biology   20 ( 9 )   563 - 568   2001年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/104454901317094972

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 多機能成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後制御エレメント,CAESARの作用機序

    久保田 聡, 近藤 誠二, 椋代 義樹, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 滝川 正春

    生化学   73 ( 8 )   710 - 710   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Regulatory Mechanism of Human Connective Tissue Growth Factor (CTGF/Hcs24) Gene Expression in a Human Chondrocytic Cell Line, HCS-2/8 査読

    T. Eguchi, S. Kubota, S. Kondo, T. Shimo, T. Hattori, T. Nakanishi, T. Kuboki, H. Yatani, M. Takigawa

    Journal of Biochemistry   130 ( 1 )   79 - 87   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jbchem.a002965

    researchmap

  • Novel mode of processing and secretion of connective tissue growth factor/ecogenin(CTGF/Hcs24) in chondrocytic HCS-2/8 cells 査読

    Kubota S, Eguchi T, Shimo T, Nishida T, Hattori T, Kondo S, Nakanishi T, Takigawa M

    Bone   29 ( 2 )   155 - 161   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S8756-3282(01)00492-6

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 遺伝子発現の抑制的な調節をもたらすマウスのctgf3′-UTRセグメントの特性

    近藤誠二, 久保田聡, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 菅原利夫, 滝川正春

    日本口腔科学会雑誌   278 ( 1 )   119 - 124   2000年11月

     詳細を見る

  • Characterization of a Mouse ctgf 3′-UTR Segment That Mediates Repressive Regulation of Gene Expression 査読

    Seiji Kondo, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Takako Hattori, Tohru Nakanishi, Toshio Sugahara, Masaharu Takigawa

    Biochemical and Biophysical Research Communications   278 ( 1 )   119 - 124   2000年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1006/bbrc.2000.3780

    researchmap

  • Identification of an RNA element that confers post-transcriptional repression of connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte specific 24 (ctgf/hcs24) gene: Similarities to retroviral RNA-protein interactions 査読

    S Kubota, S Kondo, T Eguchi, T Hattori, T Nakanishi, RJ Pomerantz, M Takigawa

    ONCOGENE   19 ( 41 )   4773 - 4786   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    The repressive effect of the 3'-untranslated region (3'-UTR) in human connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte specific 24 (ctgf/hcs24) mRNA on gene expression had been demonstrated in our previous study. Here, we identified a minimal RNA element in the 3'-UTR, which acts as a cis-acting element of structure-anchored repression (CAESAR). Deletion analyses of the 3'-UTR led us to minimize the element of 84 bases at the junction of the coding region and the 3'-UTR. The minimized RNA segment is predicted, and actually capable of forming a stable secondary structure in vitro. Mutational analyses disclosed a significant relationship between the predicted structure and repressive effect. The utility of CAESAR as a post-transcriptional regulatory element was represented by the fact that steady-state mRNA levels were not affected by CAESAR linked in cis, while protein levels from such a chimeric gene were markedly reduced. Of note, the CAESAR sequence exerted no effect, when it was placed upstream of the promoter. Finally, RNA gel electromobility-shift analyses demonstrated a nuclear factor that interacts with the folded CAESAR. Taken together, it was uncovered that CAESAR of ctgf is a novel post-transcriptional structured RNA regulatory element, probably acting through direct interactions with a nuclear factor as observed in retroviral RNA elements with certain proteins.

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨由来の成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後制御エレメント,CAESARの構造機能連関

    久保田 聡, 近藤 誠二, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 滝川 正春

    生化学   72 ( 8 )   972 - 972   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞および線維芽細胞株におけるCTGF/Ecogenin遺伝子発現の3'-UTRによる調節

    近藤 誠二, 久保田 聡, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 菅原 利夫, 滝川 正春

    岡山歯学会雑誌   19 ( 1 )   205 - 206   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨由来の成長因子CTGF/Hcs24遺伝子に同定された新たな転写後制御エレメント,CAESAR

    久保田 聡, 近藤 誠二, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌   18 ( 2 )   119 - 119   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • アデノウイルスを用いた顎関節への遺伝子導入の試み

    縄稚 久美子, 窪木 拓男, 完山 学, 藤沢 拓生, 園山 亘, 江口 傑徳, 上原 淳二, 矢谷 博文, 山下 敦

    日本補綴歯科学会雑誌   43 ( 102回特別 )   180 - 180   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Multiplex immunostaining method to distinguish HSP isoforms. In: Methods Molecular Biology, Vol. , Stuart K. Calderwood and Thomas L. Prince (Eds): Chaperones.

    Hotaka Kawai, Kisho Ono, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者)

    2023年8月 

     詳細を見る

  • Large-scale databases and portals on cancer genome to analyze chaperone genes correlated to patient prognosis. In: Methods Molecular Biology, Vol. , Stuart K. Calderwood and Thomas L. Prince (Eds): Chaperones.

    Kisho Ono, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者)

    Springer Nature Switzerland AG, Cham, Switzerland.  2023年8月 

     詳細を見る

  • Proteomic profiling of the extracellular vesicle-chaperome in cancer. In: Methods Molecular Biology, Vol. , Stuart K. Calderwood and Thomas L. Prince (Eds): Chaperones.

    Kisho Ono, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者)

    Springer Nature Switzerland AG, Cham, Switzerland.  2023年8月 

     詳細を見る

  • Monitoring of the heat shock response with a real-time luciferase reporter. In: Methods Molecular Biology, Stuart K. Calderwood and Thomas L. Prince (Eds): Chaperones

    Andrew Ackerman, Toshiki Kijima, Takanori Eguchi, Thomas Prince( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 共著者)

    Springer Nature Switzerland AG, Cham, Switzerland.  2023年8月 

     詳細を見る

  • Multiple targeting of HSP isoforms to challenge isoform specificity and compensatory expression. In: Methods Molecular Biology, Vol. , Stuart K. Calderwood and Thomas L. Prince (Eds): Chaperones.

    Kisho Ono, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者)

    Springer Nature Switzerland AG, Cham, Switzerland.  2023年8月 

     詳細を見る

  • Western Blot Protocols for Analysis of CCN Proteins and Fragments in Exosomes, Vesicle-free Fractions, and Cells. In: Masaharu Takigawa (eds) CCN Proteins. Methods in Molecular Biology, vol 2582.

    Kisho Ono, Yuka Okusha, Manh Tien Tran, Koki Umemori, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者、最終著者 pp.39-57)

    Humana, New York, NY.  2023年 

     詳細を見る

  • Comprehensive Method for Exosome Isolation and Proteome Analysis for Detection of CCN Factors in/on Exosomes. In: Masaharu Takigawa (eds) CCN Proteins. Methods in Molecular Biology, vol 2582.

    Takanori Eguchi, Yuka Okusha, Yanyin Lu, Kisho Ono, Eman A. Taha, Shiro Fukuoka( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 筆頭著者、責任著者 pp.59-76)

    Humana, New York, NY.  2023年 

     詳細を見る

  • Protocol for CRISPR/Cas Genome Editing for Investigating Cell Communication Network. In: Masaharu Takigawa (eds) CCN Proteins. Methods in Molecular Biology, vol 2582.

    Yuka Okusha, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者 pp.157-167.)

    Humana, New York, NY.  2023年 

     詳細を見る

  • Transfection, Spinfection, Exofection, and Luciferase Assays for Analysis of CCN Genes Expression Mechanism. In: Masaharu Takigawa. (eds) CCN Proteins. Methods in Molecular Biology, vol 2582.

    Takanori Eguchi, Yanyin Lu, Eman A. Taha, Yuka Okusha( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 筆頭著者、責任著者 pp.103-126.)

    Humana, New York, NY.  2023年 

     詳細を見る

  • Cdc37 as a Co-chaperone to Hsp90. In: Edkins, A.L., Blatch, G.L. (eds) The Networking of Chaperones by Co-Chaperones. Subcellular Biochemistry, vol 101.

    Thomas L. Prince, Benjamin J. Lang, Yuka Okusha, Takanori Eguchi, Stuart K. Calderwood( 担当: 分担執筆 ,  範囲: pp.141-158)

    Springer, Cham.  2023年 

     詳細を見る

  • HSP Stimulation on Macrophages and Dendritic Cells Activates Innate Immune System. In: Heat Shock Proteins in Inflammatory Diseases

    Yanyin Lu, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者、共筆頭著者)

    Springer Nature Switzerland AG  2021年 

     詳細を見る

  • Heat Shock Proteins and Periodontitis – Cross-Reaction Between Bacterial and Human HSP in Periodontal Infection Linking with Cardiovascular Diseases. In: Heat Shock Proteins in Inflammatory Diseases, Heat Shock Proteins, vol. 22.

    Tadashi Yamamoto, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者、共筆頭著者 pp.19-32.)

    Springer Nature Switzerland AG  2021年 

     詳細を見る

  • Extracellular Vesicle-Associated Moonlighting Proteins: Heat Shock Proteins and Metalloproteinases. In: Heat Shock Proteins in Inflammatory Diseases, Heat Shock Proteins, vol. 22.

    Takanori Eguchi, Eman A. Taha( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 筆頭著者、責任著者 pp.1-18.)

    Springer Nature Switzerland AG  2021年 

     詳細を見る

  • Roles of HSP on Antigen Presentation. In: Heat Shock Proteins in Human Diseases, Heat Shock Proteins vol 21.

    Kazuyuki Furuta, Takanori Eguchi( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任著者 pp.275-280.)

    Springer Nature Switzerland AG  2020年7月 

     詳細を見る

  • Regulatory Roles of HSP90-Rich Extracellular Vesicles. In: Asea A., Kaur P. (eds) Heat Shock Protein 90 in Human Diseases and Disorders. Heat Shock Proteins, vol 19.

    Eguchi T, Ono K, Kawata K, Okamoto K, Calderwood S.K( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 責任責任著者 pp.3-17.)

    Springer Nature, Cham  2019年 

     詳細を見る

  • Monitoring of the Heat Shock Response with a Real-Time Luciferase Reporter. In: Stuart Calderwood and Thomas Prince. (eds) Chaperones. Methods in Molecular Biology, vol 1709.

    Toshiki Kijima, Takanori Eguchi, Len Neckers, Thomas L. Prince( 担当: 分担執筆 ,  範囲: pp.35-45.)

    Springer Science+Business Media New York  2018年 

     詳細を見る

  • Regulatory Roles for Hsp70 in Cancer Incidence and Tumor Progression. In: Mario D. Galigniana (ed) Frontiers in Structural Biology, vol 1. Role of Molecular Chaperones in Structural Folding, Biological Functions, and Drug Interactions of Client Proteins.

    Taka Eguchi, Benjamin J. Lang, Ayesha Murshid, Thomas Prince, Jianlin Gong, Stuart K Calderwood( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 筆頭著者 pp.1-22.)

    Bentham Science Publisher  2018年 

     詳細を見る

  • Promoter analyses of CCN genes. in Methods in Molecular Biology. CCN Proteins: Methods and Protocols

    Eguchi T, Kubota S, Takigawa M( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 筆頭著者 pp.177-185.)

    Springer Science+Business Media New York  2017年1月 

     詳細を見る

  • CCN proteins in Health and Diseases: Novel Transcriptional Regulation of CCN2/CTGF by Nuclear Translocation of MMP3

    Eguchi T, Kubota S, Kawata K, Mukudai, Y, Takigawa M( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 筆頭著者 pp.255-264.)

    Springer Dordrecht Heidelberg London New York  2010年1月 

     詳細を見る

  • CCN Proteins in Health and Disease: Nucleophosmin/B23: A Multifunctional Regulator that Determines the Fate of CCN2 mRNA.

    Kubota S, Mukudai Y, Kawaki H, Kondo S, Eguchi T, Sumiyoshi K, Ohgawara T, Shimo T, Takigawa M( 担当: 分担執筆 ,  範囲: pp.41-56.)

    Springer Dordrecht Heidelberg London New York  2010年1月 

     詳細を見る

  • エンドトキシン研究12:58-60. ヒストンアセチル化制御薬を用いたHMGB1の放出制御

    杉浦進介, 江口傑徳, 小松寿明, 松下健二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: p.58-60)

    医学図書出版  2009年 

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 細胞外小胞に搭載されたムーンライティングMMPによるマトリックス制御と転移促進(Metalloproteinase on extracellular vesicles regulates ECM in tumor microenvironment and promotes invasion and metastasis)

    奥舎 有加, タハ・エマン, 陸 彦因, シータ・モナ, 河合 穂高, 十川 千春, 岡元 邦彰, 江口 傑徳

    日本癌学会総会記事   81回   P - 1118   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 高転移性癌細胞由来の細胞外小胞に搭載されたMMP3によるCtgf/Ccn2発現調節機能と癌転移促進(Extracellular vesicles enriched with moonlighting metalloproteinase are highly transmissive, Pro-tumorigenic, and trans-activates cellular communication network factor(CCN2/CTGF): CRISPR against cancer)

    奥舎 有加, 江口 傑徳, Tran Manh T., 十川 千春, 吉田 賀弥, 板垣 まみ, Taha Eman A., 小野 喜章, 青山 絵理子, 岡村 裕彦, 小崎 健一, Calderwood Stuart K., 滝川 正春, 岡元 邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2022   35 - 35   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 転写因子MZF1とSCAND1による相反的なEMT制御(MZF1 and SCAND1 reciprocally regulate epithelial-to-mesenchymal transition)

    江口 傑徳, ラング・ベンジャミン, シータ・モナ, チャン・マン, ヴェンギェル・バーバラ, カルダーウッド・スチュアート

    日本癌学会総会記事   81回   E - 3046   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 口腔癌間質由来のCCL2はCCR2陽性骨髄由来免疫抑制細胞の腫瘍間質への動員に関与する

    河合 穂高, メイ・ワトウ, 高畠 清文, 冨田 秀太, 小野 喜章, 江口 傑徳, 大原 利章, 中野 敬介, 長塚 仁

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   26回   91 - 91   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本がん免疫学会  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎の血液診断マーカー候補となる細胞外小胞由来マイクロRNAとその炎症誘導機構の探索

    森 彩乃, 山本 直史, 井手口 英隆, 河村 麻理, 河本 美奈, 伊東 昌洋, 小野 喜章, 中山 真彰, 江口 傑徳, 大野 充昭, 大森 一弘, 高柴 正悟

    日本歯周病学会会誌   64 ( 春季特別 )   114 - 114   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    researchmap

  • 口腔癌のエクソソームを介した腫瘍進展機序の解明と新規治療戦略の開発に向けて 分子シャペロン搭載エクソソームの可能性

    小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 奥舎 有加, 岡元 邦彰, 佐々木 朗

    口腔組織培養学会誌   31 ( 1 )   33 - 34   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔組織培養学会  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎の血液診断マーカー候補となる細胞外小胞由来マイクロRNAとその炎症誘導機構の探索

    森彩乃, 山本直史, 井手口英隆, 河村麻理, 河本美奈, 伊東昌洋, 小野喜章, 中山真彰, 江口傑徳, 大野充昭, 大森一弘, 高柴正悟

    日本歯周病学会会誌(Web)   64   2022年

     詳細を見る

  • がん研究の新たな潮流〜歯学基礎研究からの発信〜 癌促進性エクソソームとその機能抑制(Cancer-promoting exosomes and their functional suppression)

    江口 傑徳

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2021   96 - 96   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Porphyromonas gingivalisはマクロファージの細胞外小胞を介して胎盤・胎児の成長発育を阻害する(Porphyromonas gingivalis impairs placental and fetal development through macrophage-derived extracellular vesicles)

    棚井 あいり, 福原 瑶子, 江口 傑徳, 河合 穂高, 池亀 美華, 岡村 裕彦, 植田 幸嗣

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2021   205 - 205   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 難治性がん克服のための腫瘍オルガノイドを利用した創薬研究

    江口 傑徳

    医科学応用研究財団研究報告   38   273 - 277   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • エクソソームに搭載される多機能タンパク質:HSP90とMMP3

    江口傑徳

    日本臨床ストレス応答学会大会抄録集   15th   2021年

     詳細を見る

  • マクロファージ由来のHSP90搭載エクソソームは口腔癌細胞への効率的な分子送達能と細胞毒性を有す

    陸彦因, 陸彦因, 江口傑徳

    日本臨床ストレス応答学会大会抄録集   15th   2021年

     詳細を見る

  • 癌促進性エクソソームとその機能抑制

    江口傑徳

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • Porphyromonas gingivalisはマクロファージの細胞外小胞を介して胎盤・胎児の成長発育を阻害する

    棚井あいり, 福原瑶子, 江口傑徳, 河合穂高, 池亀美華, 岡村裕彦

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2021   2021年

     詳細を見る

  • 難治性がん克服のための腫瘍オルガノイドを利用した創薬研究

    江口傑徳

    医科学応用研究財団研究報告(CD-ROM)   38   2021年

     詳細を見る

  • 侵襲性歯周炎の血液診断バイオマーカーとしての細胞外小胞由来マイクロRNAの探索

    河本 美奈, 山本 直史, 河村 麻理, 森 彩乃, 山城 圭介, 大森 一弘, 小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 高柴 正悟

    岡山歯学会雑誌   39 ( 2 )   35 - 36   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • 発生と疾患にみる新たな細胞間コミュニケーション オルガノイドと細胞外小胞を癌研究に応用する

    江口 傑徳, 十川 千春, 岡元 邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2020   118 - 118   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • オルガノイドと細胞外小胞を癌研究に応用する

    江口傑徳, 江口傑徳, 十川千春, 岡元邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2020   2020年

     詳細を見る

  • 三次元腫瘍オルガノイドの開発と細胞外小胞の新機能

    江口傑徳, 江口傑徳

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th   2020年

     詳細を見る

  • がんの多様性と新規治療法への展望 口腔癌の進展と抵抗性における細胞外小胞の重要な役割

    江口 傑徳

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2019   77 - 77   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 新しい腫瘍オルガノイド多元評価システムの開発

    十川 チハル, 江口 傑徳, 大山 和美, 奥舎 有加, 中野 敬介, 十川 紀夫, 岡元 邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2019   165 - 165   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Heat Shock Proteinとがん温熱療法の最前線 悪性腫瘍の微小環境におけるCDC37とHSP90の重要性

    江口 傑徳

    Thermal Medicine   35 ( Suppl. )   50 - 50   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ハイパーサーミア学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔癌の進展と抵抗性における細胞外小胞の重要な役割

    江口傑徳

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2019   2019年

     詳細を見る

  • 新しい腫瘍オルガノイド多元評価システムの開発

    十川チハル, 江口傑徳, 江口傑徳, 大山和美, 奥舎有加, 中野敬介, 十川紀夫, 岡元邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2019   2019年

     詳細を見る

  • 分子シャペロントリオによるエクソソーム制御,腫瘍悪性化およびマクロファージ分極について

    江口傑徳, 小野喜章, 小野喜章, 河合穂高, チャン チェンマン, 十川千春, 奥舎有加, 岡元邦彰

    日本臨床ストレス応答学会大会抄録集   14th   2019年

     詳細を見る

  • MMP9プロモーター活性を指標とした三次元培養システムを用いた抗がん剤スクリーニングによる薬剤再開発

    十川 千春, 江口 傑徳, 奥舎 有加, 大山 和美, 小野 喜章, 十川 紀夫, 岡元 邦彰

    日本薬理学会年会要旨集   92   1-P-096   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    Cancer is one of the most serious diseases all over the world, especially metastasis and drug resistance are leading causes of death. There is an urgent need to establish new strategies for drug discovery. Success in the drug discovery depends on the development of appropriate tumor models that correspond closely to native tumor situation. Matrix metalloproteinases (MMPs) represent the most prominent family of proteinases associated with tumorigenesis and are regulators of tumor milieu. The cancer stem cell model fits well with tumorigenesis, metastasis and drug resistance. We have shown that cancer cell aggregation led to hypoxic tumoroids with marked upregulation of reprogramming and stemness genes as increased cancer stem cell using a 3D culture system. In the present study, we established a novel MMP9 promoter-driven cell-based reporter system using a rapidly metastatic colon cancer cell in the 3D culture system that evaluates cancer stemness and invasiveness. We used a concept of drug repositioning-using known molecules for new indications. We selected several compounds with inhibition to both tumoroid formation and MMP9 promoter activity. One of the compounds inhibited primary tumor formation, invasion and metastasis.

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_1-p-096

    CiNii Article

    researchmap

  • 脂質・コレステロール排出ポンプABCG1標的による腫瘍内エクソソーム蓄積および腫瘍縮小

    江口 傑徳, 十川 千春, 難波 友里, 奥舎 有加, 河合 穂高, 小野 喜章, 板垣 まみ, 村上 純, 大山 和美, 浅海 淳一, 岡元 邦彰

    日本薬理学会年会要旨集   92   2-YIA-26   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    The ATP-binding cassette transporter G1 (ABCG1) is a cholesterol lipid efflux pump whose role in tumor growth has been largely unknown. Our transcriptomics revealed that ABCG1 was powerfully expressed in rapidly metastatic, aggregative colon cancer cells, in all the ABC transporter family members. Coincidently, genetic amplification of ABCG1 is found in 10% to 35% of clinical samples of metastatic cancer cases. Expression of ABCG1 was further elevated in three-dimensional tumoroids (tumor organoids) within stemness-enhancing tumor milieu, whereas depletion of ABCG1 lowered cellular aggregation and tumoroid growth in vitro as well as hypoxia-inducible factor 1α in cancer cells around the central necrotic areas in tumors in vivo. Notably, depletion of ABCG1 triggered the intracellular accumulation of extracellular vesicles (EVs) and regression of tumoroids. Collectively, these data suggest that ABCG1 plays a crucial role in tumorigenesis in metastatic cancer and that depletion of ABCG1 triggers tumor regression with the accumulation of EVs, their derivatives and cargos, implicating a novel ABCG1-targeting therapeutic strategy by which redundant and toxic substances may be accumulated in tumors leading to their regression.

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_2-yia-26

    CiNii Article

    researchmap

  • ニコチンは口腔扁平上皮癌細胞のセツキシマブ耐性を促進する

    清水 理恵子, 伊原木 聰一郎, 江口 傑徳, 奥井 達雄, 高畠 清文, 河合 穂高, 小野 喜章, 岡元 邦彰, 長塚 仁, 佐々木 朗

    岡山歯学会雑誌   37 ( 2 )   80 - 81   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞分化を制御する新規Rabタンパク質の同定と機能解析

    奥舎 有加, 板垣 まみ, 十川 千春, 江口 傑徳, 岡元 邦彰

    岡山歯学会雑誌   37 ( 2 )   82 - 82   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌診断・治療における分子シャペロンHSP90含有細胞外小胞の可能性

    小野 喜章, 江口 傑徳, 十川 千春, 奥舎 有加, 河合 穂高, 中野 敬介, 佐々木 朗, 岡元 邦彰, 小崎 健一

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   333 - 333   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 核内およびエクソソーム中に存在するMMPs/PEXの癌進展における役割とその抑制

    奥舎 有加, 江口 傑徳, 十川 千春, 小野 喜章, 奥井 達雄, 中野 敬介, 岡元 邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   150 - 150   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 癌の治療抵抗性と転移におけるHSP90およびMMP3の役割

    江口 傑徳, 小野 喜章, 奥舎 有加, 十川 千春, 内部 健太, 中野 敬介, 奥井 達雄, 滝川 正春, 岡元 邦彰, カルダーウッド・スチュアート

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   142 - 142   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 破骨細胞分化を負に制御するRabタンパク質の同定

    奥舎 有加, 板垣 まみ, 十川 千春, 江口 傑徳, 坂井 詠子, 筑波 隆幸, 岡元 邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   219 - 219   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • EGFR標的抗体薬セツキシマブによる口腔癌由来のEGFR陽性エクソソームの制御

    藤原 敏史, 江口 傑徳, 十川 千春, 村上 純, 浅海 淳一, 小崎 健一

    日本口腔科学会雑誌   67 ( 2 )   184 - 184   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 核内およびエクソソーム中に存在するMMPs/PEXの癌進展における役割とその抑制

    奥舎有加, 江口傑徳, 江口傑徳, 十川千春, 小野喜章, 小野喜章, 奥井達雄, 中野敬介, 岡元邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 転移性の異なる細胞株を用いた核内MMP3の機能解析とその役割

    奥舎有加, 江口傑徳, 十川千春, 奥井達雄, 中野敬介, 小崎健一, 岡元邦彰

    日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   133rd   2018年

     詳細を見る

  • RASP:難治性がんにみられるストレス抵抗性と小胞/HSP分泌特性

    江口傑徳

    臨床ストレス応答学会大会抄録集   13th   2018年

     詳細を見る

  • 癌の治療抵抗性と転移におけるHSP90およびMMP3の役割

    江口傑徳, 江口傑徳, 小野喜章, 小野喜章, 奥舎有加, 十川千春, 内部健太, 中野敬介, 中野敬介, 奥井達雄, 滝川正春, 岡元邦彰, CALDERWOOD SK

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 侵襲性歯周炎患者の血漿エクソソーム由来microRNAの発現解析

    高木美奈, 山本直史, 河村麻理, 高知信介, 山城圭介, 大森一弘, 江口傑徳, 十川千春, 高柴正悟

    日本歯周病学会会誌(Web)   60   2018年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌細胞株が分泌するエクソソーム中に見つかった腫瘍進展・転移因子

    小野喜章, 江口傑徳, 佐々木朗

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36th   2018年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌診断・治療における分子シャペロンHSP90含有細胞外小胞の可能性

    小野喜章, 江口傑徳, 江口傑徳, 十川千春, 奥舎有加, 河合穂高, 中野敬介, 佐々木朗, 岡元邦彰, 小崎健一

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 急速転移性癌細胞株由来細胞外小胞による破骨細胞分化および癌細胞浸潤の制御

    板垣まみ, 十川千春, 奥舎有加, 江口傑徳, 江口傑徳, 小野喜章, 岡元邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2018   2018年

     詳細を見る

  • 破骨細胞分化を負に制御するRabタンパク質の同定

    奥舎有加, 板垣まみ, 十川千春, 江口傑徳, 江口傑徳, 坂井詠子, 筑波隆幸, 岡元邦彰

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2018   2018年

     詳細を見る

  • Tumoroid Never Knows?腫瘍オルガノイドと細胞外小胞からみる難治性がん研究・治療のミライ

    江口傑徳, 小野喜章, 奥舎有加, 藤原敏史, 十川千春, CALDERWOOD Stuart

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   41st   2018年

     詳細を見る

  • EGFR標的抗体薬セツキシマブによる口腔癌由来のEGFR陽性エクソソームの制御

    藤原敏史, 藤原敏史, 江口傑徳, 江口傑徳, 十川千春, 村上純, 浅海淳一, 小崎健一

    日本口腔科学会雑誌(Web)   67 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

  • 薬剤耐性遺伝子を標的としたがん幹細胞制御

    難波 友里, 江口 傑徳, 十川 千春, 奥舎 有加, 村上 純, 浅海 淳一, 岡元 邦彰, 小崎 健一

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [1LBA - 050]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • プロテアーゼ活性を持たないプロテアーゼの炎症および癌における役割

    江口 傑徳, 奥舎 有加, Calderwood Stuart, 岡元 邦彰

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [2LBA - 028]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Mmp遺伝子を標的とし、高転移性癌細胞の生存と転移を抑制する

    奥舎 有加, 江口 傑徳, 十川 千春, 中野 敬介, 岡元 邦彰, 小崎 健一

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2017   378 - 378   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 細胞内におけるマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)の役割

    江口 傑徳, 奥舎 有加, 中野 敬介, 久保田 聡, 滝川 正春, カルダーウッド・スチュアート, 小崎 健一

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2017   249 - 249   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 高転移性細胞株が有する浸潤能・転移能におけるMmpsの役割

    奥舎 有加, 江口 傑徳, 十川 千春, 小崎 健一

    日本癌学会総会記事   76回   P - 3106   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • CATABOLIC EFFECTS OF FGF-1 ON CHONDROCYTES WITH REDUCED CCN2 PRODUCTION THAT PROMOTES CARTILAGE REGENERATION: POSSIBLE ROLE IN OSTEOARTHRITIS

    A. Elseoudi, T. Abd El Kader, T. Nishida, E. Aoyama, T. Eguchi, M. Takigawa, S. Kubota

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   28   S225 - S225   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER LONDON LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 転移性癌細胞クローン薬剤耐性

    難波 友里, 江口 傑徳, 村上 純, 十川 千春, 浅海 淳一, 小崎 健一

    日本口腔科学会雑誌   66 ( 2 )   184 - 184   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Mmp遺伝子を標的とし,高転移性癌細胞の生存と転移を抑制する

    奥舎有加, 江口傑徳, 十川千春, 中野敬介, 岡元邦彰, 小崎健一

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームに含まれる分子シャペロンについての検討

    小野喜章, 小野喜章, 江口傑徳, 十川千春, 村上純, 藤原敏史, 藤原敏史, 笠井智成, 妹尾昌治, 佐々木朗, 小崎健一, 岡元邦彰

    臨床ストレス応答学会大会抄録集   12th   2017年

     詳細を見る

  • 癌や炎症性疾患において分子シャペロンHSPsが誘導される新たな経路:核内MMPとヘテロクロマチンタンパク質の相互作用

    江口傑徳, 江口傑徳, 奥舎有加, 小崎健一, 岡元邦彰, CALDERWOOD Stuart K

    臨床ストレス応答学会大会抄録集   12th   2017年

     詳細を見る

  • 細胞内におけるマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)の役割

    江口傑徳, 江口傑徳, 奥舎有加, 中野敬介, 久保田聡, 滝川正春, CALDERWOOD SK, 小崎健一

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2017   2017年

     詳細を見る

  • 転移性の異なる癌細胞株の網羅的遺伝子発現解析による浸潤・転移促進因子の探索と機能解明

    奥舎有加, 江口傑徳, 十川千春, 中野敬介, 小崎健一, 岡元邦彰

    硬組織再生生物学会学術大会・総会プログラム・抄録集   26th   2017年

     詳細を見る

  • 転写因子MZF1とSCAND1は前立腺癌細胞においてEMT、癌促進性キナーゼシグナルおよび分子シャペロン発現を制御する

    江口 傑徳, ベン・ラング, トーマス・プリンス, 十川 千春, 奥舎 有加, フィリップ・グレイ, 小崎 健一, スチュアート・カルダーウッド

    日本癌学会総会記事   75回   E - 1041   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • 異なる転移性と独自の細胞標識システムを具備したcolon26亜株における発現プロファイリング

    奥舎 有加, 江口 傑徳, 大山 和美, 十川 千春, 小崎 健一

    日本癌学会総会記事   75回   P - 3155   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • マウス大腸がん細胞株高転移性亜株を用いたがんの浸潤・転移イメージングモデルの確立

    十川 千春, 奥舎 有加, 大山 和美, 江口 傑徳, 小崎 健一

    日本癌学会総会記事   75回   P - 3153   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

    researchmap

  • An old dog's new tricks: iMMP-3 Processes Nuclear Matrix and Converts Heterochromatin Proteins Leading to Transcriptional Promotion of HSP genes

    Takanori Eguchi, Akihisa Mino, Benjamin J. Lang, Stuart K. Calderwood

    FASEB JOURNAL   30   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

    researchmap

  • An old dog's new tricks: iMMP-3 Processes Nuclear Matrix and Converts Heterochromatin Proteins Leading to Transcriptional Promotion of HSP genes

    Takanori Eguchi, Akihisa Mino, Benjamin J. Lang, Stuart K. Calderwood

    FASEB JOURNAL   30   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨細胞分化における癌抑制遺伝子PDGFR-like(PDGFRL)の役割

    河田かずみ, 久保田聡, 江口傑徳, 青山絵理子, 森谷徳文, 岡森彦, 川木晴美, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   29th   2016年

     詳細を見る

  • 転移性癌細胞株に含まれる癌幹細胞様細胞および薬剤耐性についての解析

    難波友里, 難波友里, 十川千春, 奥舎有加, 村上純, 浅海淳一, 小崎健一, 江口傑徳, 江口傑徳

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th   2016年

     詳細を見る

  • 腫瘍微小環境シグナルによる上皮間葉転換およびエクソソーム変化についての解析

    藤原敏史, 十川千春, 小野喜章, 村上純, 浅海淳一, 小崎健一, 江口傑徳

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th   2016年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞における血小板由来増殖因子受容体様(PDGFRL)遺伝子の発現(Expression of platelet-derived growth factor receptor-like (PDGFRL) gene in chondrocytes)

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 森谷 徳文, 岡 森彦, 川木 晴美, 滝川 正春

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回   3P - 0351   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • バルプロ酸(VPA)はERK1/2の活性化を介してHigh Mobility Group Box 1(HMGB1)の産生を誘導する

    杉浦 進介, 江口 傑徳, 萩原 真, 小松 寿明, 谷川 順美, 野口 俊英, 松下 健二

    日本血栓止血学会誌   21 ( 2 )   229 - 229   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血栓止血学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒトMMP3は新規の転写因子様機能によりCTGF/CCN2遺伝子を制御する

    江口傑徳

    岡山歯学会雑誌   29 ( 1 )   2010年

     詳細を見る

  • ヒストンアセチル化制御薬を用いたHMGB1の放出制御

    杉浦 進介, 江口 傑徳, 小松 寿明, 松下 健二

    エンドトキシン研究   12   58 - 60   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Micro RNA 18a regulates chondrocytic phenotype: Involvement of Ccn2/Ctgf as a major target gene

    T. Ohgawara, S. Kubota, H. Kawaki, S. Kondo, T. Eguchi, A. Sasaki, M. Takigawa

    BONE   44   S42 - S43   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    DOI: 10.1016/j.bone.2009.01.109

    Web of Science

    researchmap

  • E-selectinの新機能 感染の制御

    小松 寿明, 江口 傑徳, 杉浦 進介, 猪俣 恵, 古市 保志, 松下 健二

    特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   130回   219 - 219   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯科保存学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新規炎症性サイトカインHMGB1のアセチル化制御薬による放出制御

    杉浦 進介, 江口 傑徳, 猪俣 恵, 小松 寿明, 野口 俊英, 松下 健二

    日本歯周病学会会誌   51 ( 春季特別 )   133 - 133   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本歯周病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞においてMMP3は核移行しCCN2/CTGFの転写活性化因子として働く

    江口傑徳, 江口傑徳, 久保田聡, 河田かずみ, 椋代義樹, 上原淳二, 大河原敏博, 大河原敏博, 伊原木聰一郎, 佐々木朗, 窪木拓男, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   22nd   2009年

     詳細を見る

  • 新規炎症性サイトカインHMGB1のアセチル化制御薬による放出制御

    杉浦 進介, 江口 傑徳, 猪俣 恵, 小松 寿明, 野口 俊英, 松下 健二

    特定非営利活動法人 日本歯周病学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集   2009s   122 - 122   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本歯周病学会  

    DOI: 10.14833/amjsp.2009s.0.122.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク-1(LRP1)の軟骨細胞分化における機能とその作用機構

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回   4T13 - 2   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞分化における低密度リポタンパク受容体関連タンパク-1(LRP1)の関与

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26回   234 - 234   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 可溶型セレクチンによる病原体排除

    江口傑徳, 松下健二

    生化学   2008年

     詳細を見る

  • Th1およびTh2由来サイトカインはSTATの活性化を介してWeibel-Palade Bodyの構成因子の発現を変化させる

    猪俣恵, 猪俣恵, 江口傑徳, 杉浦進介, 杉浦進介, 野口俊英, 松下健二

    生化学   2008年

     詳細を見る

  • マイクロRNA18aによるCcn2/Ctgf遺伝子の制御機構の解明とその軟骨分化における意義

    大河原敏博, 大河原敏博, 久保田聡, 川木晴美, 近藤誠二, 江口傑徳, 佐々木朗, 滝川正春

    生化学   2008年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の機能解析(Functional analysis of the low density lipoprotein receptor-related protein (LRP1) in chondrocytes)

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵里子, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   80回・30回   2T19 - 6   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • Novel transcription factor-like function of MMP-3/stromelysin-1 that regulates connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) gene transcription

    T. Eguchi, S. Kubota, K. Kawata, Y. Mukudai, T. Yanagita, T. Ohgawara, J. Uehara, S. Ibaragi, M. Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   22   S261 - S261   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨細胞においてマトリックス金属プロテアーゼ-3(MMP3)は核移行し結合組織成長因子(CCN2/CTGF)の転写活性化因子として働く

    江口傑徳, 久保田聡, 河田かずみ, 椋代義樹, 大河原敏博, 上原淳二, 伊原木聰一郎, 佐々木朗, 窪木拓男, 滝川正春, 滝川正春

    生化学   2007年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞にみられる低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の局在と機能の解析

    河田かずみ, 河田かずみ, 久保田聡, 江口傑徳, 青山絵里子, 川木晴美, 岡森彦, 皆木省吾, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   20th   2007年

     詳細を見る

  • Purification and functional characterization of a protein that regulate ccn2 gene expression during chicken chondrocyte differentiation.

    Y. Mukudai, S. Kubota, S. Kondo, T. Eguchi, H. Kawaki, M. Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   21   S149 - S149   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • Post-transcriptional regulation of CCN2/CTGF gene expression during differentiation of chicken chondrocytes: involvement of a putative trans-factor which interacts with a cis-element in the 3 '-UTR of mRNA

    Y Mukudai, S Kubota, T Eguchi, S Kondo, K Nakao, M Takigawa

    FEBS JOURNAL   272   284 - 285   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨細胞における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の遺伝子発現とタンパク質局在

    河田 かずみ, 江口 傑徳, 久保田 聡, 川木 晴美, 岡 森彦, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   23回   260 - 260   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 各種軟骨細胞におけるM-CSFの産生とその生理的役割

    中尾 匡志, 久保田 聡, 藤澤 拓生, 岡 森彦, 江口 傑徳, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   23回   177 - 177   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨組織及び軟骨細胞における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の遺伝子発現とタンパク質局在

    河田かずみ, 河田かずみ, 江口傑徳, 江口傑徳, 久保田聡, 川木晴美, 岡森彦, 皆木省吾, 滝川正春

    日本分子生物学会年会講演要旨集   28th   2005年

     詳細を見る

  • 成長因子 1 二次骨化中心形成過程におけるCTGF/CCN2およびMMP-9の発現と局在

    岡森彦, 久保田聡, 近藤誠二, 江口傑徳, 河田かずみ, 黒田知沙, 皆木省吾, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   18th   2005年

     詳細を見る

  • 軟骨発生と分化 6 軟骨細胞における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の発現

    河田かずみ, 江口傑徳, 久保田聡, 川木晴美, 岡森彦, 皆木省吾, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   18th   2005年

     詳細を見る

  • 関節炎と軟骨(2)2 変形性関節症(OA)モデルにおけるM-CSFの産生と修復における意義

    中尾匡志, 久保田聡, 西田崇, 岡森彦, 江口傑徳, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   18th   2005年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞の分化過程におけるCCN2/CTGF遺伝子転写後調節機構の解析

    椋代 義樹, 久保田 聡, 江口 傑徳, 近藤 誠二, 中尾 匡志, 滝川 正春

    Journal of oral biosciences   46 ( 5 )   396 - 396   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 軟骨細胞におけるM-CSFとCTGFの協調的誘導とその効果

    中尾 匡志, 久保田 聡, 西田 崇, 江口 傑徳, 滝川 正春

    Journal of oral biosciences   46 ( 5 )   396 - 396   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ニワトリ軟骨細胞の分化過程におけるCCN2/CTGF遺伝子の転写後発現調節機構の解析

    椋代 義樹, 久保田 聡, 江口 傑徳, 近藤 誠二, 中尾 匡志, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   22回   159 - 159   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 二次骨化中心形成過程における結合組織成長因子CTGF/CCN2の発現 血管新生因子としての関与

    岡 森彦, 久保田 聡, 江口 傑徳, 河田 かずみ, 黒田 知沙, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   22回   199 - 199   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Connective tissue growth factor(CTGF)の軟骨細胞特異的な転写調節機構の探索

    江口 傑徳, 久保田 聡, 椋代 義樹, 森谷 徳文, 中尾 匡志, 滝川 正春

    生化学   76 ( 3 )   303 - 303   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Connective Tissue Growth Factor (CTGF/CCN2)プロモーター上の3つのシスエレメント〈軟骨細胞優位型エンハンサー(TRENDIC),スマッド結合配列(SBE),TGF-beta応答領域(TbRE)〉の機能比較-軟骨細胞様細胞株HCS-2/8と乳癌細胞株MDA231における違い-

    江口傑徳, 久保田聡, 河田かずみ, 中尾匡志, 大河原敏博, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th   2004年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞の分化過程におけるニワトリ結合組織成長因子(CTGF/Hcs24)遺伝子の転写後発現調節機構の解析

    椋代義樹, 久保田聡, 江口傑徳, 近藤誠二, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   17th   2004年

     詳細を見る

  • stromelysin-1の翻訳開始機構に関する検討-軟骨細胞様細胞株HCS-2/8を用いた解析-

    柳田剛志, 江口傑徳, 久保田聡, 山本照子, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th   2004年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞の分化課程におけるニワトリ結合組織成長因子(CTGF/Hcs24)遺伝子の転写後発現調節機構の解析

    椋代義樹, 久保田聡, 江口傑徳, 近藤誠二, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   26th   2003年

     詳細を見る

  • Novel cis-element TRENDIC that enhance connective tissue growth factor (ctgf) gene expression in chondrocytic HCS-2/8.

    T Eguchi, S Kubota, S Kondo, Y Mukudai, T Kuboki, H Yatani, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   17   S224 - S224   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of IL-1beta and LPS on CTGF expression in mouse-derived odontoblast-like cells, MDPC-23.

    W Sonoyama, T Kuboki, T Fujisawa, T Eguchi, J Uehara, H Yatani, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   17   S327 - S327   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of proinflammatory factors on CTGF expression in odontoblast-like cells

    W Sonoyama, T Kuboki, T Fujisawa, T Eguchi, J Uehara, S Takashiba, H Yatani, M Takigawa

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   81   A155 - A155   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:INT AMER ASSOC DENTAL RESEARCHI A D R/A A D R  

    Web of Science

    researchmap

  • 修復象牙質形成促進時における結合組織成長因子の局在とその発現制御機構

    園山 亘, 窪木 拓男, 江口 傑徳, 小森 千尋, 藤沢 拓生, 完山 学, 矢谷 博文

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society   45 ( 106 )   135 - 135   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 低酸素によるヒト乳癌細胞における結合組織成長因子CTGF及びマトリクスメタロプロテアーゼの発現誘導

    近藤 誠二, 久保田 聡, 志茂 剛, 西田 崇, 吉道 玄, 江口 傑徳, 菅原 利夫, 滝川 正春

    日本癌学会総会記事   60回   183 - 183   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本癌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Promoter activity determinant of human connective tissue growth factor (CTGF/Hcs24) gene in a human chondrocytic cell line, HCS-2/8.

    T Eguchi, S Kubota, S Kondo, T Shimo, T Nakanishi, T Kuboki, H Yatani, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   16   S326 - S326   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後制御エレメントCAESARの構造と機能

    久保田 聡, 近藤 誠二, 江口 傑徳, 服部 高子, 中西 徹, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   43 ( 5 )   554 - 554   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 低酸素による結合組織成長因子(CTGF)及びマトリクスメタロプロテアーゼ(MMP)活性の協調的発現誘導

    近藤 誠二, 久保田 聡, 志茂 剛, 西田 崇, 吉道 玄, 江口 傑徳, 菅原 利夫, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   43 ( 5 )   632 - 632   2001年8月

  • ヒト軟骨様細胞株HCS-2/8におけるCTGF/Hcs24遺伝子のプロモーター活性決定因子

    江口 傑徳, 久保田 聡, 近藤 誠二, 志茂 剛, 中西 徹, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 滝川 正春

    歯科基礎医学会雑誌   43 ( 5 )   557 - 557   2001年8月

  • 軟骨様細胞株HCS-2/8における多機能成長因子CTGF/Hcs24の転写から分泌まで

    江口 傑徳, 久保田 聡, 志茂 剛, 近藤 誠二, 中西 徹, 矢谷 博文, 滝川 正春

    生化学   73 ( 8 )   778 - 778   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Regulatory mechanism of human connective tissue growth factor (ctgf/hcs24) gene expression in a human chondrocytic cell line, HCS-2/8. 査読

    T.Eguchi, S.Kubota, S.Kondo, T.Shimo, T.Hattori, T.Nakanishi, T.Kuboki, H.Yatani, M.Takigawa

    Journal of Biochemistry   130 ( 1 )   79 - 87   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jbchem.a002965

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24のヒト軟骨細胞株HCS-2/8におけるプロセシングと分泌の様態

    久保田 聡, 江口 傑徳, 志茂 剛, 西田 崇, 服部 高子, 近藤 誠二, 中西 徹, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌   19 ( 2 )   104 - 104   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒト軟骨肉腫由来軟骨様細胞株HCS-2/8における結合組織成長因子CTGF/Hcs24遺伝子のプロモーター活性決定因子

    江口 傑徳, 久保田 聡, 近藤 誠二, 志茂 剛, 中西 徹, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌   19 ( 2 )   102 - 102   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 結合組織成長因子CTGF/Hcs24の軟骨細胞様細胞株HCS-2/8での発現と動態制御

    久保田 聡, 江口 傑徳, 志茂 剛, 服部 高子, 近藤 誠二, 中西 徹, 滝川 正春

    Connective Tissue   33 ( 2 )   157 - 157   2001年6月

  • 遺伝子発現の抑制的な調節をもたらすマウスのctgf3′-UTRセグメントの特性

    近藤誠二, 久保田聡, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 菅原利夫, 滝川正春

    日本口腔科学会雑誌   50 ( 6 )   2001年

     詳細を見る

  • 市販のカリエスリスクテストを用いた唾液中齲蝕原性細菌に対するクロルヘキシジンの殺菌効果に関する臨床的研究

    杉山 英樹, 水口 一, 上原 淳二, 大西 栄史, 畑中 乾志, 吉田 栄介, 半井 雅昭, 峯 篤史, 縄稚 久美子, 江口 傑徳

    日本補綴歯科学会雑誌   44 ( 6 )   867 - 867   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • アデノウイルスベクターによる培養骨芽細胞と骨組織への結合組織成長因子の遺伝子導入

    完山 学, 窪木 拓男, 江口 傑徳, 縄稚 久美子, 上原 淳二, 水島 恒尚, 園山 亘, 藤沢 拓生, 矢谷 博文

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society   44 ( 104 )   196 - 196   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A novel RNA element that confers post-transcriptional repression of human connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte specific 24 (ctgf/hcs24) gene.

    S Kubota, S Kondo, T Eguchi, T Hattori, T Nakanishi, RJ Pomerantz, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   15   S340 - S340   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24遺伝子の転写後調節エレメントCAESAR 変異体分析によって得られた新たな知見

    久保田聡, 近藤誠二, 江口傑徳, 服部高子, 中西徹, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   23rd   2000年

     詳細を見る

  • ヒト軟骨細胞様培養細胞株HCS-2/8における結合組織成長因子ctgf/ecogenin遺伝子発現制御機構

    江口傑徳, 久保田聡, 近藤誠二, 服部高子, 中西徹, 窪木拓男, 矢谷博文, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   23rd   2000年

     詳細を見る

  • A cis-acting repressive element in the 3 '-untranslated region of the CTGF gene.

    S Kubota, T Hattori, T Eguchi, S Kondo, T Nakanishi, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   14   S436 - S436   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 軟骨由来成長因子CTGF/Hcs24のヒト軟骨細胞株HCS-2/8におけるプロセシングと分泌の様態

    久保田 聡, 江口 傑徳, 志茂 剛, 西田 崇, 服部 高子, 近藤 誠二, 中西 徹, 滝川 正春

    日本骨代謝学会雑誌  2001年7月  (一社)日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 結合組織成長因子CTGF/Hcs24の軟骨細胞様細胞株HCS-2/8での発現と動態制御

    久保田 聡, 江口 傑徳, 志茂 剛, 服部 高子, 近藤 誠二, 中西 徹, 滝川 正春

    Connective Tissue  2001年6月  日本結合組織学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Regulatory mechanism of human connective tissue growth factor (ctgf/hcs24) gene expression in a human chondrocytic cell line, HCS-2/8.

    T.Eguchi, S.Kubota, S.Kondo, T.Shimo, T.Hattori, T.Nakanishi, T.Kuboki, H.Yatani, M.Takigawa

    Journal of Biochemistry  2001年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    researchmap

  • A novel RNA element that confers post-transcriptional repression of human connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte specific 24 (ctgf/hcs24) gene.

    S Kubota, S Kondo, T Eguchi, T Hattori, T Nakanishi, RJ Pomerantz, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH  2000年9月  AMER SOC BONE & MINERAL RES

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A cis-acting repressive element in the 3 '-untranslated region of the CTGF gene.

    S Kubota, T Hattori, T Eguchi, S Kondo, T Nakanishi, M Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH  1999年9月  AMER SOC BONE & MINERAL RES

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 癌代謝キナーゼを標的とする薬物キャリアとしての細胞外小胞

    モナ・シータ, 吉田国弘, 岡元邦彰, 江口傑徳

    第17回日本臨床ストレス応答学会大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • 癌オルガノイド由来細胞外小胞に含まれる癌代謝キナーゼの発見とその分子標的

    モナ・シータ, 江口傑徳, 吉田国弘, 岡元邦彰

    第10回日本細胞外小胞学会学術集会  2023年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 転移性癌オルガノイドから分泌される細胞外小胞キナーゼ

    江口傑徳, モナ・シータ, 吉田国弘, 小野喜章

    第82回日本癌学会学術総会  2023年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • オンコ知新 ―ヒト軟骨肉腫細胞株のRNA-seq解析―.CCNファミリー研究のフロンティア 招待

    江口傑徳, 青山絵理子, 滝川正春

    日本CCNファミリー研究会  2023年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 癌代謝キナーゼを標的とする薬物のキャリアとしての細胞外小胞

    モナ・シータ, 吉田国弘, エマン・A・タハ, 岡元邦彰, 江口傑徳

    ブレインストーミング2023  2023年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • がんのストレス抵抗性に関わるMZF核ボディの構造解析

    江口傑徳

    第16回日本臨床ストレス応答学会大会  2022年11月6日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 転写因子MZF1とSCAND1による相反的なEMT制御

    江口傑徳, ラング ベンジャミン, シータ モナ, チャン マン, ヴェンゲル バーバラ, スチュアート カルダーウッド

    第81回日本癌学会学術総会  2022年10月1日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔癌間質細胞由来CCL2による骨髄由来細胞動員への関与

    河合穂高, 冨田秀太, 江口傑徳, 大原利章, 小野喜章, 長塚仁

    第81回日本癌学会学術総会  2022年10月1日 

     詳細を見る

  • 細胞外小胞に搭載されたムーンライティングMMPによるマトリックス制御と転移促進

    奥舎有加, タハ エマン, 陸 彦因, シータ モナ, 河合穂高, 十川千春, 岡元邦彰, 江口傑徳

    第81回日本癌学会学術総会  2022年9月30日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 侵襲性歯周炎の血液診断マーカー候補となる細胞外小胞由来マイクロRNAとその炎症誘導機構の探索

    森綾乃, 山本直史, 江口傑徳, 高柴正悟

    第65回秋季日本歯周病学会学術大会  2022年9月2日 

     詳細を見る

  • 高転移性癌細胞由来の細胞外小胞に搭載されたMMP3によるCtgf/Ccn2発現調節機能と癌転移促進

    奥舎有加, 江口傑徳, Manh Tien Tran, 十川千春, 吉田賀弥, 板垣まみ, Eman A. Taha, 小野喜章, 青山絵理子, 岡村裕彦, 小崎健一, Stuart K. Calderwood, 滝川正春, 岡元邦彰

    第64回日本歯科基礎医学会学術大会  2022年9月 

     詳細を見る

  • 腔癌間質由来のCCL2はCCR2陽性骨髄由来免疫抑制細胞の腫瘍間質への動員に関与する

    河合 穂高, メイ・ワトウ, 高畠 清文, 冨田 秀太, 小野 喜章, 江口 傑徳, 大原 利章, 中野 敬介, 長塚 仁

    第26回日本がん免疫学会総会  2022年7月 

     詳細を見る

  • Porphyromonas gingivalis-infected Macrophage Extracellular Vesicles And Pregnancy

    Airi Tanai, Yoko Fukuhara, Takanori Eguchi, Koji Ueda, Mika Ikegame, Hirohiko Okamura

    2022 AADOCR/CADR Annual Meeting & Exhibition  2022年3月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 細胞外小胞を利用した新規骨再生療法の検討

    福岡 史朗, 江口傑徳, 陸 彦因, 上原 健敬, 藤原 智洋, 中田 英二, 尾﨑 敏文, 岡元 邦彰

    第36回創薬・薬理フォーラム岡山  2021年12月25日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口腔癌のエクソソームを介した腫瘍進展機序の解明と新規治療戦略の開発に向けて 〜分子シャペロン搭載エクソソームの可能性〜

    小野喜章, 江口傑徳, 十川千春, 奥舎有加, 岡元邦彰, 佐々木朗

    第57回日本口腔組織培養学会学術大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • エクソソームに搭載される多機能タンパク質:HSP90とMMP3

    江口傑徳

    第15回日本臨床ストレス応答学会大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マクロファージ由来のHSP90搭載エクソソームは口腔癌細胞への効率的な分子送達能と細胞毒性を有す

    陸 彦因, 江口傑徳

    第15回日本臨床ストレス応答学会大会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 歯周病原菌に感染したマクロファージ由来の細胞外小胞は胎盤の血管形成を阻害する

    棚井あいり, 福原瑶子, 江口傑徳, 植田幸嗣, 吉田賀弥, 岡村裕彦

    第8回日本細胞外小胞学会  2021年10月18日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Porphyromonas gingivalisはマクロファージの細胞外小胞を介して胎盤・胎児の成長発育を阻害する

    棚井 あいり, 福原 瑶子, 江口 傑徳, 河合 穂高, 池亀 美華, 岡村 裕彦, 植田 幸嗣

    第63回歯科基礎医学会学術大会  2021年10月 

     詳細を見る

  • 侵襲性歯周炎の血液診断バイオマーカーとしての細胞外小胞由来マイクロRNAの探索

    河本美奈, 山本直史, 河村麻理, 森綾乃, 山城圭介, 大森一弘, 小野喜章, 江口傑徳, 十川千春, 高柴正悟

    第41回岡山歯学会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オルガノイドと細胞外小胞を癌研究に応用する

    江口傑徳, 十川千春, 岡元邦彰

    第62回歯科基礎医学会学術大会:アップデートシンポジウム「発生と疾患にみる新たな細胞間コミュニケーション」  2020年9月 

     詳細を見る

  • Effects of Fibroblast Growth Factor 1 (FGF-1) on CCN2 Gene Expression in Chondrocytic Cells

    Abdellatif El-Seoudi, Tarek Abd El Kader, Takashi Nishida, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Takako Hattori, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    Experimental Biology 2019 (EB2019) Annual Meeting  2020年4月 

     詳細を見る

  • 三次元腫瘍オルガノイドの開発と細胞外小胞の新機能

    江口傑徳

    第125回日本解剖学会総会全国学術集会:シンポジウム「顎口腔領域の発生と疾患に見る細胞間情報伝達機構の新たなカタチ」  2020年3月 

     詳細を見る

  • 細胞間情報伝達・細胞外小胞研究国際シンポジウム開催報告と今後

    江口傑徳

    第50回 ARCOCSセミナー:次世代研究育成グループ研究成果中間報告  2020年2月 

     詳細を見る

  • パーキンソン病治療薬の抗癌作用(ドラッグリポジショニングの提案)

    十川千春, 江口傑徳, Tran Tien Manh, 石毛真行, 河合穂高, 奥舎有加, 中野敬介, 十川紀夫, 小崎健一, 岡元邦彰

    第45回 岡山脳研究セミナー  2020年1月28日 

     詳細を見る

  • The Roles of Macrophage-derived Exosomes on the Oral Cancer Cells

    Toshiki Nara, Taka Eguchi, Chiharu Sogawa, Kuniaki Okamoto

    第4回岡山医療教育国際シンポジウム  2019年12月 

     詳細を見る

  • Roles of MMP3 in Cargo Signature and Transmissive Activity of Cancer Extracellular Vesicles (Poster Competition Award)

    Eman A Taha, Taka Eguchi, Chiharu Sogawa, Kuniaki Okamoto

    第4回岡山医療教育国際シンポジウム  2019年12月 

     詳細を見る

  • Exosome-mediated Intercellular Communication using Multiplexing Fluorescent and Bioluminescent Reporter Systems

    Yanyin Lu, Taka Eguchi, Chiharu Sogawa, Kuniaki Okamoto

    第4回岡山医療教育国際シンポジウム  2019年12月 

     詳細を見る

  • オルガノイドを応用したドラッグリポジショニング開発

    十川千春, 江口傑徳, Tran Tien Manh, 石毛真行, 河合穂高, 奥舎有加, 中野敬介, 十川紀夫, 小崎健一, 岡元邦彰

    岡山歯学会  2019年12月 

     詳細を見る

  • Tumoroidを応用したゲノム研究の可能性

    江口傑徳

    第2回岡山大学ゲノミクス研究会  2019年11月18日 

     詳細を見る

  • 分子シャペロントリオによるエクソソーム制御,腫瘍悪性化およびマクロファージ分極について

    江口 傑徳, 小野 喜章, 河合 穂高, チャン・チェン・マン, 十川 千春, 奥舎 有加, 岡元 邦彰

    日本臨床ストレス応答学会  2019年11月3日 

     詳細を見る

  • Oncosome and Tumoroid

    Takanori Eguchi

    細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会第一回国際シンポジウム  2019年11月 

     詳細を見る

  • Cancer exosomes initiate EMT involving drug resistance and tumorigenesis.

    Takanori Eguchi, Kisho Ono, Chiharu Sogawa, Yuka Okusha, Eman Ahmed Taha, Manh Tien Tran, Yanyin Lu, Kuniaki Okamoto

    The 9th International Epithelial-Mesenchymal Transition International Association meeting (TEMTIA IX), the 35th International Kumamoto Medical Bioscience Symposium  2019年11月 

     詳細を見る

  • Roles of MMP3-containing extracellular vesicles in tumorigenesis, CD9-exosome release, and cell-cell communication in cancer

    Eman A Taha, Yuka Okusha, Chiharu Sogawa, Abdellatif El-Seoudi, Satoshi Kubota, Ayano Satoh, Kuniaki Okamoto, Taka Eguchi

    細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会第一回国際シンポジウム  2019年11月 

     詳細を見る

  • Rab11A negatively regulates osteoclastogenesis through modulating the transport route of cell surface receptors

    Yuka Okusha, Mami Itagaki, Manh Tien Tran, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tatsuo Okui, Kuniaki Okamoto

    細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会第一回国際シンポジウム  2019年11月 

     詳細を見る

  • Monitoring of exosome using multiplexing fluorescent and bioluminescent reporter systems

    Yanyin Lu, Toshiki Nara, Chiharu Sogawa, Eman A Taha, Noa Matsuda, Kuniaki Okamoto, Takanori Eguchi

    細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会第一回国際シンポジウム  2019年11月 

     詳細を見る

  • Drug repositioning using the three-dimensional tumor organoid monitoring system for anti-cancer drug screening

    Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Masayuki Ishige, Hotaka Kawai, Keisuke Nakano, Yuka Okusha, Norio Sogawa, Ken-ichi Kozaki, Kuniaki Okamoto

    細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会第一回国際シンポジウム  2019年11月 

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌診断・治療における分子シャペロンHSP90含有エクソソームの可能性

    小野喜章, 江口傑徳, 中野敬介, 河合穂高, 佐々木朗

    第64回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会  2019年10月 

     詳細を見る

  • 新しい腫瘍オルガノイド多元評価システムの開発

    十川千春, 江口傑徳, 大山和美, 奥舎有加, 中野敬介, 十川紀夫, 岡元邦彰

    第61回日本歯科基礎医学会  2019年10月 

     詳細を見る

  • 口腔癌の進展と抵抗性における細胞外小胞の重要な役割

    江口傑徳

    第61回日本歯科基礎医学会:アップデートシンポジウム「がんの多様性と新規治療法への展望」  2019年10月 

     詳細を見る

  • 口腔癌エクソソームによるマクロファージ分極および腫瘍悪性化における分子シャペロントリオの重要性

    江口 傑徳, 小野 喜章, 河合 穂高, チャン・チェン・マン, 十川 千春, 奥舎 有加, 岡元 邦彰

    第6回 日本細胞外小胞学会  2019年10月 

     詳細を見る

  • 悪性腫瘍の微小環境におけるCDC37とHSP90の重要性

    江口傑徳

    第36回日本ハイパーサーミア学会:シンポジウム「Heat Shock Proteinとがん温熱療法の最前線」  2019年9月6日 

     詳細を見る

  • 高転移性癌細胞で高発現するMMP3が有するCtgf/Ccn2発現調節機能と細胞外小胞の関連

    奥舎 有加, 江口 傑徳, タハ・エマン, チャン・チェン・マン, 十川 千春, 青山絵里子, 滝川正春, 岡元 邦彰

    第11回日本CCNファミリー研究会  2019年8月31日 

     詳細を見る

  • Roles of MMP3-containing extracellular vesicles in tumorigenesis, CD9-exosome release, and cell-cell communication in cancer

    第11回日本CCNファミリー研究会  2019年8月31日 

     詳細を見る

  • 口腔癌エクソソームによる腫瘍悪性化及びマクロファージM2分極における分子シャペロントリオCDC37/HSP90の重要性と標的性

    江口傑徳, 小野喜章, 河合穂高, チャン・チェン・マン, 十川千春, 奥舎有加, 岡元邦彰

    第11回 日本RNAi研究会  2019年8月28日 

     詳細を見る

  • 細胞外小胞の積荷・伝達機能および腫瘍形成におけるMMP3の役割

    エマン・タハ, 江口傑徳, 奥舎有加, 十川千春, アブデラティフ・エルソウディ, 久保田聡, 佐藤あやの, 岡元邦彰

    第11回 日本RNAi研究会  2019年8月28日 

     詳細を見る

  • Anti-tumor effect by regulation of HSP90 / CDC37

    Takanori Eguchi

    Seminar at Sunshine Hospital Victoria University, Melbourne  2019年3月29日 

     詳細を見る

  • How do Exosomes promote Carcinogenesis?

    Takanori Eguchi

    Special Cancer Biology Seminar at QIMRB Medical Research Institute, Brisbane  2019年3月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Exosomal and Transcriptional Roles of MMP in Cancer

    Takanori Eguchi

    Special Guest Lecture at the University of Sydney  2019年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 脂質・コレステロール排出ポンプABCG1標的による腫瘍内エクソソーム蓄積および腫瘍縮小

    江口 傑徳, 十川 千春, 難波 友里, 奥舎 有加, 河合 穂高, 小野 喜章, 板垣 まみ, 村上 純, 大山 和美, 浅海 淳一, 岡元 邦彰

    第92回日本薬理学会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マトリックス・メタロプロテアーゼ(MMPs)の古典的機能と新機能

    江口 傑徳

    BioScience Retreat in Tosa 2017  2018年12月3日 

     詳細を見る

  • Tumoroid Never Knows? 腫瘍オルガノイドと細胞外小胞からみる難治性がん研究・治療のミライ

    江口 傑徳

    第41回日本分子生物学会年会  2018年11月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • RASP: 癌のストレス抵抗性と小胞/HSP分泌特性

    江口 傑徳

    2018 Bioscience Retreat in Awaji  2018年11月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Secretion of Extracellular Vesicles with Heat Shock Proteins by Resistant Adenocarcinomas and Metastatic Oral Cancer

    江口 傑徳

    Cold Spring Harbor Asia  2018年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • がん幹細胞特性をもつオルガノイドによるEPCAMエクソソームおよびHSP90の分泌

    江口 傑徳

    日本癌学会学術総会 第77回  2018年9月28日 

     詳細を見る

  • 大腸癌の増殖,浸潤,転移を促進するPEXドメインの発見とその抑制

    江口 傑徳

    The intranuclear PEX domain of MMP involves proliferation, migration, and metastasis of aggressive adenocarcinoma cells  2018年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 抗体医薬耐性および上皮間葉転換におけるがん細胞外小胞の役割: Roles for cancer EVs in antibody therapeutic resistance and epithelial-to-mesenchymal transition

    Eguchi T, Ono K, Fujiwara T, Sogawa C, Calderwood SK, 江口傑徳, 小野喜章, 藤原敏史, 十川千春, スチュアート, カルダーウッド

    第10回 日本RNAi研究会 第5回 日本細胞外小胞学会  2018年8月30日 

     詳細を見る

  • 癌と軟骨,その両者において鍵を握るMMP-CCN制御軸: MMP-CCN Regulatory Axis is a Common Key to Cancer and Cartilage Metabolisms. (シンポジウム)

    江口 傑徳

    日本CCNファミリー研究会 第10回記念大会  2018年8月25日 

     詳細を見る

  • RASP: 難治性がんにみられるストレス抵抗性と小胞/HSP分泌特性(シンポジウム)

    江口 傑徳

    臨床ストレス応答学会  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • エクソソームの基礎,最新知見,展望

    江口 傑徳

    ARCOCSセミナー  2018年 

     詳細を見る

  • がんをなくす:New Approaches Revealing Novel Secretory Phenotype, Pathology, and Therapeutic Targets in Resistant / Refractory Cancer (ベストプレゼンテーション賞受賞)

    江口 傑徳

    ブレインストーミング2018  2018年 

     詳細を見る

  • 癌の治療抵抗性と転移におけるHSP90およびMMP3の役割

    江口傑徳, 小野喜章, 奥舎有加, 十川千春, 内部健太, 中野敬介, 河合穂高, 奥井達雄, 岡元邦彰, スチュアート, カルダーウッド

    歯科基礎医学会 第60回  2018年 

     詳細を見る

  • 癌や炎症性疾患において分子シャペロンHSPsが誘導される新たな経路: 核内MMPとヘテロクロマチンタンパク質の相互作用

    江口 傑徳

    第12回 臨床ストレス応答学会  2017年11月5日 

     詳細を見る

  • 細胞内におけるマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)の役割

    江口 傑徳

    歯科基礎医学会  2017年9月17日 

     詳細を見る

  • MMP3はヘテロクロマチンタンパク質HP1と相互作用してHSP遺伝子群を制御する

    江口 傑徳

    2017年8月26日 

     詳細を見る

  • 三次元培養技術を用いた創薬の試み

    江口 傑徳

    ARCOCS seminar  2017年2月15日 

     詳細を見る

  • 「トランスオミックスによる癌細胞耐性メカニズム解明への挑戦 」

    江口 傑徳

    第4回次世代がんインフォマティクス研究会  2016年12月16日 

     詳細を見る

  • 転写因子MZF1とSCAND1による前立腺癌細胞の上皮間葉転換、分子シャペロンCDC37発現、キナーゼシグナルの制御

    江口 傑徳

    第39回 日本分子生物学会  2016年11月30日 

     詳細を見る

  • 癌細胞ストレス耐性における細胞内MMP3の役割

    江口 傑徳

    第37回岡山歯学会学術集会  2016年10月16日 

     詳細を見る

  • 転写因子MZF1とSCAND1は前立腺癌細胞においてEMT,癌促進性キナーゼシグナルおよび分子シャペロン発現を制御する.

    江口 傑徳

    第75回日本癌学会学術総会  2016年10月6日 

     詳細を見る

  • OstemiR: A Novel Panel of MicroRNA Biomarkers in Osteoblastic and Osteocytic Differentiation from Mesencymal Stem Cells.

    江口 傑徳

    米国生化学分子生物学会・実験生物学学会  2015年3月 

     詳細を見る

  • Intra-nuclear MMP-3 controls transcription of HSP70 gene through interaction with heterochromatin proteins

    江口 傑徳

    米国生化学分子生物学会・実験生物学学会  2015年3月 

     詳細を見る

  • 転写コンポーネントによる分子シャペロンおよび腫瘍の制御(講演) 招待

    江口 傑徳

    Molecular Biology of Calcified Tissueセミナー / BioForum@Dental School 合同講演会  2014年3月18日 

     詳細を見る

  • 間葉系幹細胞の骨細胞分化における新規の マイクロRNAバイオマーカー(講演)

    江口 傑徳

    Molecular Biology of Calcified Tissueセミナー  2013年6月3日 

     詳細を見る

  • Control of Cdc37/Hsp90 and kinase signaling in prostate cancer by SCAN domain proteins. 招待

    江口 傑徳

    国際ハイパーサーミア腫瘍学会第11回大会・日本ハイパーサーミア学会第29回大会合同大会  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 岡山歯学会賞受賞講演

    江口 傑徳

    2009年11月8日 

     詳細を見る

  • 日本軟骨代謝学会賞受賞講演

    江口 傑徳

    2009年3月7日 

     詳細を見る

  • Novel transcriptional Regulation of CCN2/CTGF by Nuclear Translocation of MMP3 (シュプリンガー スカラシップ 受賞講演)

    江口 傑徳

    第5回国際CCN研究会  2008年10月22日 

     詳細を見る

▼全件表示

受賞

  • プレインストーミング2018最優秀発表賞

    2018年9月  

    江口 傑徳

     詳細を見る

  • 日本軟骨代謝学会賞

    2009年  

    江口傑徳

     詳細を見る

  • International CCN Society Springer Scholarship

    2008年  

    Takanori Eguchi

     詳細を見る

  • 岡山歯学会優秀論文賞

    2020年11月  

     詳細を見る

  • 生物学研究奨励賞

    2016年10月   両備檉園記念財団  

    江口 傑徳

     詳細を見る

  • 岡山歯学会奨励論文賞

    2009年  

    江口傑徳

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 細胞外小胞を利用した難治性癌の体外診断薬開発

    2024年04月 - 2025年03月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)  橋渡し研究プログラム  シーズA

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 難治性癌の細胞外小胞によるマクロファージハイジャックと転移ニッチの解明

    研究課題/領域番号:23H03310  2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    江口 傑徳

      詳細を見る

    配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:4320000円 )

    researchmap

  • 腫瘍微小環境の細胞間コミュニケーションにおけるMMP3含有エクソソームの機能解明

    研究課題/領域番号:22F22409  2022年09月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    江口 傑徳, SHETA MONA

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    researchmap

  • MZF1誘導性の新規がん幹細胞ストレス耐性に関する検証

    研究課題/領域番号:17K11642  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    江口 傑徳, 十川 千春, 奥舎 有加, 岡元 邦彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    新規がん幹細胞ストレス耐性:
    癌の転移や再発の原因と目されるがん幹細胞は,三次元環境下でスフェロイド(球状細胞塊)を形成する.今回試行した67種類の癌細胞株の殆どがスフェロイドを形成したのに対し,8種類は葡萄様細胞塊(GLA)を形成し,そのうち7種類は腺癌由来であった.このGLA形態は癌細胞の新規形態学的特性と考えられた.GLA形成性細胞株PC-3は去勢抵抗性前立腺癌と神経内分泌前立腺癌の特徴を併せ持つ.PC-3細胞は他の癌種と比べてin vivo腫瘍形成能およびリンパ節転移性に優っていた.幹細胞専用培地および三次元培養環境によって,PC-3細胞のGLA形成促進,細胞塊融合によるオルガノイド形成促進,増殖抑制,幹細胞マーカー(CD44v8-10)発現促進,上皮性マーカー(Eカドヘリン,EpCAM,ESRP1/2)発現促進,がん遺伝子発現促進を認めた.他方,二次元培養環境および血清刺激はこれらを抑制した.上記の幹細胞性誘導環境は,がん幹細胞マーカーEpCAM発現を誘導し,EMT誘導転写因子ZEB1の発現を抑制した.二次元培養下PC-3と比べ,PC-3オルガノイドは,タンパク質貯蔵が豊富で,盛んにEpCAM含有エクソソームを分泌し,顕著にストレス応答タンパク質HSP90αを分泌した.治療抵抗性がんは,以上のがん幹細胞特性より,ストレス耐性および治療抵抗性を発揮すると考えられた.
    Takanori Eguchi, Chiharu Sogawa, Yuka Okusha, Kenta Uchibe et al "Organoids with cancer stem cell-like properties secrete exosomes and HSP90 in a 3D nanoenvironment." PLoS One. 2018 Feb 7;13(2):e0191109.

    researchmap

  • 腫瘍微小環境の細胞間コミュニケーションにおけるMMP3含有エクソソームの機能解明

    研究課題/領域番号:22KF0268  2023年03月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    江口 傑徳

      詳細を見る

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

    researchmap

  • エクソソームに搭載される新規キナーゼの癌促進機能の解明

    2022年08月 - 2023年03月

    公益財団法人ウエスコ学術振興財団  公益財団法人ウエスコ学術振興財団研究助成金 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • エクソソームに搭載される新規キナーゼの癌促進機能の解明

    2022年08月 - 2023年03月

    公益財団法人ウエスコ学術振興財団  公益財団法人ウエスコ学術振興財団研究助成金 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:400000円 ( 直接経費:400000円 )

  • 歯周病が胎盤・胎児の成長発育を阻害する分子メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:22H03511  2022年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    岡村 裕彦, 十川 千春, 江口 傑徳, 大森 一弘, 福原 瑶子, 池亀 美華

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    researchmap

  • 四肢長管骨骨折の偽関節・骨欠損に対する新規エクソソーム・マスカレ再生療法の開発

    研究課題/領域番号:21K20992  2021年08月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    福岡 史朗

      詳細を見る

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

    マウスマクロファージ様細胞(RAW264.7)を培養し、試薬(IL-4)を添加することでM2マクロファージに分極させ、免疫細胞染色にて確認した。分化させたM2マクロファージからサイズ排除クロマトグラフィー法を用いてエクソソームを抽出し、ウェスタンブロットにてエクソソームマーカー(CD9、63)を、透過電子顕微鏡、静的光散乱ナノサイズ粒子分析器にてエクソソームのサイズを確認することでエクソソームと同定した。
    実際の臨床で行ったMasquelet法により採取したInduced membraneをHE染色を行ったところ、マクロファージ、特にM2マクロファージ優位に浸潤を認め、同様にエクソソームを抽出することが出来た。
    またvivoではラットから骨髄を採取し、MCSFを添加することでM2マクロファージに分極させ、同様にエクソソームを抽出することができた。

    researchmap

  • 細胞外小胞の口腔トロピズムを基軸とする侵襲性歯周炎の病態解明と診断への応用展開

    研究課題/領域番号:21H03119  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    山本 直史, 井手口 英隆, 宮地 孝明, 江口 傑徳, 江國 大輔, 高柴 正悟

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    侵襲性歯周炎(Aggressive periodontitis:AgP)は全身的には健康な若年者に発症し,急速に進行する特殊な歯周炎であるが、その発症病態は不明なままである。本研究では,臓器特異的な作用(臓器トロピズム)が近年注目されている血中の細胞外小胞(EV)とAgPの病態関与の可能性を調べた。
    今年度は、AgP患者6名と健常者3名の初診時血中EVから,AgPで高発現するmiRNAをRNAシーケンスにて調べ,マーカー候補となるそれらのmiRNA mimicをヒト歯肉線維芽細胞と歯周炎モデルマウスに遺伝子導入した。誘導された炎症性サイトカインの発現量をリアルタイムPCR法とELISA法にて測定し,歯槽骨吸収量をマイクロCTにて調べた。
    健常者と比較して,AgP患者で発現量が2倍以上増加したmiRNAを500種類以上同定した。それらのうち5種のmiRNAとmiR-181b-5pを歯肉線維芽細胞に導入すると,IL-6とIL-1βの産生が増加した。とりわけ,miR-181b-5p を歯肉組織に導入すると歯槽骨吸収が進行した。
    すなわち、AgP患者の血中EVには診断マーカー候補となるmiRNAが多く発現しており,miR-181b-5pはIL-6とIL-1β発現を伴う炎症を助長することによってAgPを重症化する可能性が示された。

    researchmap

  • 三次元培養により出現する腫瘍細胞の特性解析に基づいた新規肺がん治療標的の探索

    研究課題/領域番号:21K08902  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 寛斉, 豊岡 伸一, 冨田 秀太, 諏澤 憲, 江口 傑徳, 加藤 竜司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    近年、免疫チェックポイント阻害剤の登場により、がん細胞周囲の微小環境(腫瘍微小環境)が治療標的として注目されている。三次元(3D)培養での腫瘍細胞は二次元(2D)培養と比べ、細胞間インタラクションが生体内に近く、腫瘍微小環境を反映していることが知られている。また、がん難治性に関与する幹細胞性の維持や治療抵抗性の評価にも従来の2D 培養によるアッセイ系よりも適している。申請者らは、その中でも腫瘍細胞の凝集形態には多様性があり、特にがんの悪性度が高い集団が存在することを発見した。本研究は、より生体内の環境を反映する3D 培養により肺がん細胞の特性を評価し、悪性度と関連する遺伝子を同定し、これを標的とする治療戦略の確立を目指すものである。
    令和3年度は、肺がん細胞株 (n = 30) を用いて3D 培養による細胞凝集塊の形態学的特徴の確認を進め、Grape-like, Spheroid, Monolayer sheet, Other typeの4つに分類した。また、腫瘍学的特徴を明らかにするために、これらの形態学的特徴と増殖能・浸潤能・遊走能の表現型との関連について解析を進めたところ、Monolayer sheet typeの細胞株は浸潤能・遊走能がSpheroid typeの細胞株よりも高いという結果であった。また、各肺がん細胞株のin vivoでの腫瘍形成能をマウスモデルを用いて検討を進めている。

    researchmap

  • コンドロニュートリゲノミクス研究の開拓とニュートリジェネティクス研究への展開

    研究課題/領域番号:20K20611  2020年07月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)  挑戦的研究(開拓)

    滝川 正春, 青山 絵理子, 星島 光博, 久保田 聡, 西田 崇, 江口 傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:25870000円 ( 直接経費:19900000円 、 間接経費:5970000円 )

    1.昨年度メチオニンの代謝産物であるS-アデノシルメチオニン(SAM)をヒト軟骨細胞様細胞株HCS-2/8の培養系に添加すると、まずCCN2の遺伝子発現が亢進し、次いで2型コラーゲンの遺伝子発現が上昇し、その後、アグリカンの蓄積量(アルシアンブルー染色)も増加すること、また、ポリアミンの前駆体の一つSAM脱炭酸物を合成するSAM 炭酸酵素AMD1の阻害剤、SardomizideをSAMと共に添加するとSAMによるアグリカンの蓄積が抑制されることを見いだした。今年度はこれらの知見を、染色の場合は生化学的手法で測定するなど他の手法を用いて再確認するとともに、1培養細胞株では不十分との考えのもと、ラット軟骨肉腫由来の軟骨細胞様細胞株RCS細胞を用いて確認した。これらの結果はSAMがCCN2の発現を誘導する機能分子であることを示している。また、同培養系にSAMを添加して、スペルミジン、スペルミン等のポリアミンレベルをHPLCで測定すると、両ポリアミン濃度の増加が見られた。従って、SAMは少なくとも一部はポリアミン合成を介して軟骨細胞の分化機能を亢進させることを示唆している。
    2.CCN2が関節軟骨形成因子GDF5と結合することはすでに報告済みであるが、CCN2はGDF5とBMPRIbとの結合には影響しないこと、NogginはCCN2のGDF5への結合を阻害することを見いだした。また、CCN2は、軟骨細胞においてGDF5によるSmad1/5/8のリン酸化を増強し、アグリカン遺伝子発現促進作用をさらに増強した。
    3.齧歯類の変形性関節症の予防・修復作用を有するCCN2と「陰と陽」の関係があるとされているCCN3の発現が、ヒト変形性肩関節症および変形性股関節症の症状と正に相関することを明らかにした。2と3の知見は本課題後半のコンドロニュートリジェネティクス研究に繋がる重要な基礎的知見となる。

    researchmap

  • 口腔扁平上皮癌における新規遠隔転移抑制治療の開発

    研究課題/領域番号:20H03888  2020年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    長塚 仁, 山近 英樹, 中野 敬介, 河合 穂高, 江口 傑徳, 辻極 秀次, 高畠 清文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    本年度は、リンパ節における転移niche形成の検討を行うために、GFP骨髄移植を行なったマウスにヒト好転移ヒト扁平上皮癌細胞株を頬粘膜に移植して、リンパ節転移モデルの作成を行なった。腫瘍組織は、通報に従い標本を作成し、免疫組織化学染色、蛍光免疫二重染色、蛍光免疫多重染色を行い検討を行なった。
    ●蛍光免疫多重染色(Opal 7 color manual IHC)による目的細胞の組織内での局在の検討
    転移に関与するBMDCのプロファイルがある程度特定されれば、次に蛍光免疫多重染色(Opal 7 color manual IHC)を用いることにより、目的BMDCの組織での局在を明らかとする。Opal 7 color manual IHCは、同一切片内で最大7色までの多重染色を行うことが可能な染色手法で、FACSで得られた情報をそのまま切片内に再現することが可能である。これにより、組織内での目的BMDCの局在や動態の詳細を継時的に観察した。

    researchmap

  • 三次元腫瘍オルガノイド評価系により見出された新規癌転移抑制化合物の創薬展開

    研究課題/領域番号:20K09904  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    十川 千春, 岡元 邦彰, 江口 傑徳, 河合 穂高, 青山 絵理子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    癌の悪性化、転移および再発を制御するには、分子機序の解明と有効な抗腫瘍薬の開発が不可欠である。近年、癌の悪性化には癌細胞を取りまく腫瘍微小環境が影響するといわれ、癌細胞のみならず腫瘍微小環境を制御する因子も標的分子の候補に入れた検討が必要である。本研究課題では、三次元腫瘍オルガノイド形成とMMP9発現をモニタリングすることによる、独自の多元薬物評価系によって見出したヒット化合物をもとに、新規癌転移抑制薬開発に向けた創薬展開を行うことを目的とする。
    令和3年度は、これまで得られたヒット化合物のさらなるブラッシュアップのため、腫瘍微小環境に対する薬剤の効果を評価可能な高次アッセイ系の構築を引き続き行った。エクソソームをはじめとする細胞外小胞(Extracellular Vesicles: EV)は腫瘍微小環境制御に関わるとされるが、免疫系細胞が分泌するEVの腫瘍細胞に対する影響について、昨年度確立した蛍光または発光モニタリングシステムを応用することにより検討した。マクロファージ様に分化させたTHP-1細胞から分泌されたEVをサイズ排除クロマトグラフィーを用いて粒子径により分画し、CD9陽性の大型EV(80-300 nm)とCD63/HSP90陽性小型EV(20-200 nm)を得た。蛍光標識したこれらのEVは口腔癌細胞HSC-3に効率的に取り込まれ、口腔癌細胞の生存率を大幅に低下させることが明らかとなった。
    以上のことから、マクロファージ様細胞におけるEVの分泌を促進する薬剤は抗がん作用を発揮する可能性が高く、腫瘍微小環境に対する薬剤の効果を検討する上で重要であると考えられた。

    researchmap

  • 細胞外小胞による生体ネットワークの解明と医療への応用 国際共著

    2020年 - 2021年

    岡山大学次世代研究育成グループ 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 歯周病原菌が放出する小胞の組織障害性と病態評価への応用

    研究課題/領域番号:19H04051  2019年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    岡村 裕彦, 江口 傑徳, 宝田 剛志, 吉田 賀弥, 池亀 美華, 江國 大輔, 伊原木 聰一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    歯周病原菌によって惹起される歯周病は,慢性炎症をともなう生活習慣病である。歯周病の病態の悪化が糖尿病などの全身性疾患の重症化に関与することが明らかになってきたが,現在でも高齢者を中心に8割以上の人々が何らかの歯周疾患を患っている。口腔は全身状態を示す鏡であり,健全な歯と口腔を維持することは,全身の健康にとって重要と認識されながらも,現状との間には依然として乖離がある。この原因として,歯周病と全身性疾患の重症化を関連づける明確な分子生物学的根拠が乏しいことが挙げられる。我々は,これらの疾患を関連づける新たな因子として歯周病原菌由来の『細胞外分泌小胞』に注目した。
    当該年度は,1.歯周病原菌由来の『細胞外分泌小胞』の組織・細胞障害性を調べる。2.細胞外分泌小胞』に含まれる病原因子を同定し,その細胞障害性について調べることを目的とした。
    歯周病原菌由来の『細胞外分泌小胞』を標識し,生体内での動向を可視化することに成功した。『細胞外分泌小胞』は,肝臓を含む遠隔臓器に集積した。また,このマウスではインスリンに対する応答性が減弱し,高いレベルの血糖値を示した。培養細胞を用いた実験により,『細胞外分泌小胞』は肝細胞において糖代謝に関わるシグナル伝達経路を阻害することが分かった。回収した『細胞外分泌小胞』からタンパク質を抽出し,質量分析により解析したところ,菌固有のタンパク質分解酵素などが含まれていた。以上の結果より,歯周病原菌は『細胞外分泌小胞』を介して細胞障害性因子を肝臓に到達させ,肝細胞の糖取り込みを抑制することで,糖尿病の重症化に関与すると考えられる。

    researchmap

  • CCNsの細胞内新機能~細胞外新情報伝達系の解明と共通分子基盤の確立及びその応用

    研究課題/領域番号:19H03817  2019年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    滝川 正春, 青山 絵理子, 星島 光博, 久保田 聡, 西田 崇, 江口 傑徳, 大野 充昭, 鈴木 守

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    サブテーマ1: CCNタンパク質の意外な新機能について。1-1)CCN2結合因子として分泌小胞の細胞内輸送に関与するタンパク質Rab14をyeast two-hybrid法で同定し、両者がCCN2のIGFBPドメインを介して結合することを解明した。また、Cos7細胞に両タンパク質を強制発現して、両者が細胞内で共局在することを確認した。さらに、軟骨細胞においてRab14あるいはCCN2の発現を阻害すると小胞体ストレスマーカーの発現が上昇すること、Rab14とCCN2の相互作用が軟骨細胞のアグリカン分泌に重要であることも解明した。即ち、分泌タンパク質CCN2が細胞内で機能するという意外な事実を見いだした。1-2)CCN2 が神経栄養因子様の活性を持っていることを新たに見いだした。また、脂肪細胞分化を抑制すること、骨細胞から産生され骨のリモデリングに重要な役割を果たすことなどCCN2の新機能を見いだした。
    サブテーマ2: CCNタンパク質の細胞外小胞を介した情報ネットワークの形成について。好転移性がん細胞LuM1が産生する細胞外ベジクル (EV)が低転移性大腸がん細胞Colon26のEVよりMMP3とCCN2を多量に含有すること、このEVが血流を介して、皮下に移植したColon26癌の増殖を強く増強することを見いだした。また、 同オンコゾーム由来のMMP3が標的細胞中でCCN2を誘導することを見いだした。
    サブテーマ3: 構造ー機能解析とその展開について。ヒトCCN2全長タンパク質の立体構造を決めるため、ヒトCCN2組換えタンパク質を用いて、BINDS(創薬等先端技術支援基盤プラットホーム) の支援のもと、約800条件で結晶化を試みたが結晶は確認できず、また、FGF2との複合体の結晶化も進めるべく、同複合体の分離を試みたが、沈殿が生じてしまった。現在、これらの条件検討を継続中である。

    researchmap

  • 細胞間情報伝達・細胞外小胞研究会第一回国際シンポジウム(ICEV-1)開催

    2019年 - 2020年

    岡山大学理事裁量経費シンポジウム開催経費支援 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 癌間質による癌の生物学的性格の制御および癌誘発の検討

    研究課題/領域番号:18K09789  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    中野 敬介, 長塚 仁, 高畠 清文, 河合 穂高, 江口 傑徳, 辻極 秀次, 志茂 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究の目的は、口腔癌の間質が癌細胞に作用して、癌の生物学的性質を変化させることの検証、および、癌間質が癌の周囲の正常細胞に働きかけて癌化を引き起こす可能性を検証することである。平成30年度では口腔扁平上皮癌細胞株と間質細胞の組合せによる培養、腫瘍間質の違いによる腫瘍細胞の生物学的性格(増殖能、浸潤能、遊走能、形態)に与える影響を検討した。腫瘍細胞株は高浸潤癌:HSC-2、低浸潤癌:SAS、対照細胞: HaCaT細胞を用いた。間質組織は岡山大学病院手術摘出材料から高浸潤癌症例、低浸潤癌症例を選定して用いた。由来の異なる癌間質を癌細胞株と共培養し、また同複合体をマウス皮下に移植した。その結果、腫瘍組織は癌の間質の違いによって大きくその性状を変化させることが示された。培養系を用いた検討では共培養する間質細胞の違いにより癌細胞に対する遊走、増殖能が変化することが明らかになった。癌細胞と間質複合体の移植実験では組織学的および免疫組織化学的検討を行い、癌細胞の増殖と分化の様相が間質細胞によって影響されることが明らかになった。また、移植実験系では当初予想していなかった非常に特殊な間質細胞の動態が明らかになった。この点については次年度以降さらに追及していく予定である。本年度の研究結果は、癌間質が直接的に癌の生物学的性格を調節していることを組織学的に明らかにしている。この研究結果は癌間質に注目した癌の治療戦略に結び付く非常に重要な成果である。

    researchmap

  • 難治性がん克服のための腫瘍オルガノイドを利用した創薬研究

    2018年 - 2019年

    公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団  生活習慣病における医学,薬学の萌芽的研究 

    江口 傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Australia Tour Revealing Exosome Code

    2018年 - 2019年

    研究大学強化促進事業SAKU -咲く- 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 腫瘍内不均一性を反映する新たな薬剤感受性評価システムの構築

    研究課題/領域番号:17K11669  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大山 和美, 十川 千春, 江口 傑徳, 奥舎 有加

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    近年,上皮間葉転換(EMT)や腫瘍内に存在するEpCAM陽性の癌幹細胞様細胞(CIC)およびエクソソームが,薬剤耐性等の腫瘍抵抗性に関与することが示唆されている.本課題では,口腔扁平上皮癌(OSCC),去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)および転移性大腸がん(MCRC)における腫瘍抵抗性に着目し,「腫瘍内不均一性を反映する新たな薬剤感受性評価システム構築」を進めている.H30年度は,① 転移性の異なるOSCC細胞株に由来するエクソソームのプロテオミクスを実施し,がん細胞生存因子HSP90AlphaおよびHSP90Betaを同定し,臨床検体データベース解析により予後予測バイオマーカーとしての可能性を示した. ② OSCC細胞に由来するエクソソームは,OSCC細胞のEMTを促進しただけでなく,正常口腔上皮細胞株のEMTをも誘導したため,エクソソーム中に癌化因子が含まれると考えられた.OSCCエクソソーム誘導性EMTは,抗EGFR抗体薬セツキシマブによって一部阻害できたものの,セツキシマブがOSCCエクソソームとともに分泌されるという新規薬剤耐性機構を発見した.③ OSCCとCRPCに共通の腫瘍抵抗性分子基盤として,細胞外HSP90の分泌およびEpCAMエクソソームの増加が判明した.④ 単層培養と比較し,生体内腫瘍微小環境を如実に再現しうる腫瘍オルガノイドの作製を進めている.MCRCオルガノイドでは多剤耐性遺伝子ABCG2 / BCRP発現上昇と同時に脂質排出ポンプABCG1の発現上昇を認め,ABCG1によるエクソソーム脂質排出はMCRCの抵抗性および腫瘍形成能を上昇させることが判明した.またマイクロアレイデータベース解析から,ABCG1発現上昇がCRPC,OSCC,および乳癌の予後不良と相関し,予測因子として有用である可能性を示唆した.

    researchmap

  • 癌遺伝子プロモーター活性を指標とした新規スクリーニング系による既存薬再開発

    研究課題/領域番号:17K11643  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    十川 千春, 江口 傑徳, 奥舎 有加, 大山 和美, 中野 敬介, 岡元 邦彰, 十川 紀夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    癌の転移は、原発巣からの浸潤、血管内への侵入、転移先臓器での定着等の過程を経て成立する。本研究では、癌の浸潤・転移過程における腫瘍微小環境変化、すなわち上皮間葉転換、基底膜細胞外マトリックス(ECM)分解、腫瘍血管形成を統合的に評価できる新規薬剤スクリーニング系を開発することを目的とする。これまでに、癌促進性プロテアーゼであるMMP9発現機構に着目し、MMP9高発現肺転移性マウス大腸癌由来LuM1細胞にMMP9プロモーター蛍光レポーター細胞(LuM1/m9)を構築した。平成30年度は、三次元培養および培地成分等の影響で腫瘍オルガノイド形成が異なってくるとの知見(Eguchi T et al, 2018, Plos One)を手掛かりに、LuM1/m9細胞三次元培養下でMMP9発現および腫瘍形成能を多元評価できるシステムを構築した。Wnt/β-catenin経路は腫瘍形成性幹細胞シグナルとして知られているが、同時に、マウスMMP9プロモーター領域にβ-catenin/TCF/LEF結合部位が複数存在することが明らかとなった。さらに、Wnt/β-catenin経路を刺激するLiClをLuM1/m9に作用させたところ、MMP9発現のみならず腫瘍オルガノイド形成を促進することがわかった。また、本システムを利用して、大腸癌治療の第一選択薬である5-フルオロウラシル(5-Fu)を評価した結果、5-Fuは腫瘍オルガノイド形成を阻害したが、MMP9発現を阻害しなかった。さらに、これまでに腫瘍オルガノイド形成阻害を確認している薬剤群について、本システムを用いて評価した結果、腫瘍オルガノイド形成とMMP9発現の両方を阻害する複数の薬剤が見出された。

    researchmap

  • ストレス応答細胞間コミュニケーション研究コア形成

    2017年 - 2018年

    岡山大学若手研究者育成支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • エクソソームを指標とする体液診断型口腔癌予後予測法の開発

    研究課題/領域番号:16K11722  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    村上 純, 岡田 俊輔, 竹中 文章, 江口 傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    抗EGFRモノクローナル抗体であるセツキシマブは、癌細胞のEGFRと結合することで抗癌作用を示す有用な抗癌薬であるが、セツキシマブ耐性症例が報告されている。近年、癌細胞が放出する細胞外小胞(EV)が抗癌剤耐性に関与することが明らかとなってきたが、口腔癌の放出するEGFR含有細胞外小胞(EGFR-EV)とセツキシマブの関連性についての報告はほとんどない。そこで、口腔癌細胞株HSC-3が放出するEGFR-EVがセツキシマブ排出に関与している可能性を考え、HSC-3が放出するEVとセツキシマブの関連性について研究を行った。
    HSC-3を無血清培地で培養し、EGFおよびセツキシマブを添加した条件で行った。上記の培養上清からEV抽出試薬を用いてEVを回収し、回収したEVを粒子径分布解析、電子顕微鏡解析およびウェスタンブロッティング(WB)解析により評価した。セツキシマブの抗癌作用に関しては細胞形態変化および悪性性質変化を検討した。粒子径解析では、160nmの範囲に粒子が存在し、電子顕微鏡解析では脂質二重膜に囲まれた球形の粒子が確認でき、EVの定義と一致した。HSC-3ではEGF刺激によりEGFR-EVの放出が促進された。セツキシマブを投与すると、EV放出量に変化は見られず、EV画分にセツキシマブが検出された。細胞形態変化および悪性性質変化が誘導されたHSC-3にセツキシマブを投与すると、細胞形態変化および性質変化は認めず、効果は不完全であった。同条件の上清からEVを回収し、WB解析を行ったところ、EV画分にセツキシマブが検出された。
    上記の結果から、HSC-3はEVを介してセツキシマブを排出する可能性が示唆された。本研究は、口腔癌細胞のセツキシマブ排出機序の一部を解明した初めての報告であり、今後の癌治療における臨床応用への手がかりとなる重要な知見を含んだ内容である。

    researchmap

  • フラボノイドをベースにした抗がん作用をもつサプリメントの開発

    研究課題/領域番号:16K11863  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岡元 邦彰, 坂井 詠子, 西下 一久, 筑波 隆幸, 十川 千春, 江口 傑徳, 奥舎 有加

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    in vitroではいくつかのフラボノイドには抗がん作用があることが報告されているが、がんの骨浸潤に重要な役割をする破骨細胞や骨芽細胞に関しては検討されていない。今回行った研究において、抗がん作用を持つだけでなく、破骨細胞形成にも関与するフラボノイドをその構造から6種類に分類し解析した。その結果、漢方薬の甘草に含まれるリクイリチゲニンが破骨細胞抑制効果を持ち、骨芽細胞分化への抑制はなく、さらに副作用も少ない構造を持つ薬物であることが明らかとされた。

    researchmap

  • MMPを介した腫瘍細胞リプログラミングの制御の試み

    2016年 - 2017年

    公益財団法人両備檉園記念財団 

    江口 傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 癌におけるMMP3およびヘテロクロマチンタンパク質1によるHSPsの制御

    2015年01月 - 2015年12月

    ハーバード大学医学大学院放射線療法共同センター財団助成金 

    江口 傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Research and Development of Periodontal Bone-Regenerative Method and Agent

    2010年

    MHLW  Incentive for young scientists 

    EGUCHI Takanori

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 歯周病治療薬と歯槽骨再生方法の開発

    2010年

    厚労省  創薬基盤推進研究事業 

    江口 傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 機能性バイオナノ粒子を応用したエキソサイトーシス制御による歯周病治療の戦略

    研究課題/領域番号:21659436  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    松下 健二, 江口 傑徳

      詳細を見る

    配分額:3360000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:360000円 )

    歯肉上皮細胞における細胞内輸送関連因子を探索するとともに、その制御の可能性について検討した。その結果、同細胞における物質輸送に重要なタンパク質としてRab5を同定するとともに、同分子に結合する分子としてVinculinを同定した。歯肉上皮細胞へのPorphyromonas gingivalisの侵入にRab5とICAM-1が関わっていることが明らかになった。さらに、P. gingivalisによる血管内皮細胞からのエキソサイト.シス制御にE-selectinが重要であることが明らかになった。

    researchmap

  • 安定型マトリックスメタロプロテナーゼ3を用いた新しい歯髄炎治療薬の開発

    研究課題/領域番号:21390512  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    中村 洋, 中島 美砂子, 中田 和彦, 江口 傑徳

      詳細を見る

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    感染の程度が異なるイヌ不可逆性歯髄炎モデルを確立し、MMP-3の効果を検討した。MMP-3処理後14日目で血管と神経を伴う歯髄組織の再生が観察され、28日目で象牙質マトリックス形成がみられた。未処理の歯髄組織は壊死していた。MMP-3処理群では3~ 7日目でコントロール群と比較してマクロファージや抗原提示細胞の浸潤は減少し、またIL-6の発現が有意に低下していた。これらの結果はMMP-3の抗炎症作用を示唆しており、MMP-3が新しい不可逆性歯髄炎の治療薬の候補として有望であると考えられた。

    researchmap

  • 長寿社会への布石: 水平性骨吸収に対する歯槽骨再生方法の開発

    2009年

    武田科学振興財団  医学系研究奨励(生活習慣病) 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 安定型マトリックスメタロプロテナーゼ3を用いた新しい歯髄炎治療薬の開発

    2009年

    文科省  科研費 基盤研究B 

    中村洋

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 歯髄幹細胞を用いた象牙質・歯髄再生医療によるウ蝕・歯髄疾患等のための治療技術の開発

    2009年

    国立長寿医療センター  長寿委託費 

    中島美砂子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Fuseki for Longevity Society: Development of Bone Regenerative Medicine Targetting Holizontal Loss of the Periodontal Bone

    2009年

    Takeda Foundation  Incentive for young scientists 

    EGUCHI Takanori

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Evaluation of Physiological and Pathological Properties of MMP via Molecular Interactions

    2008年 - 2010年

    MEXT  Grant in aid for young scientists (B) 

    EGUCHI Takanori

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 新規分子間相互作用を介したMMPの生理的・病理的機能発現機序の解明

    2008年 - 2009年

    文科省  科研費 若手研究 (B) 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 新規分子間相互作用を介したMMPの生理的・病理的機能発現機序の解明

    研究課題/領域番号:20791378  2008年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    江口 傑徳

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    マトリックス・メタロ・プロテアーゼ3(MMP3)は細胞外マトリックスや成長因子、そのレセプターを切断することで、組織リモデリング、血管新生、創傷治癒、骨・軟骨リモデリングに関与し、病理的にはリウマチのマーカーでもある。そこにきて我々は、MMP3が核移行し、転写因子としてCTGF/CCN2遺伝子の発現を誘導することを見出した。今回、細胞内で発現させたMMP3およびその機能ドメインであるPEXドメインおよびCatalyticドメインを細胞内で発現させその機能を解析した。全長MMP3およびそれらの変異体は細胞死を誘導することなく一部は核移行した。さらにはマイクロアレイによって、細胞内MMP3の特異的な新しいターゲット遺伝子としてHSP70B'を見出した。細胞内MMP3によってHSP70B'が誘導され、細胞がUV、感染、メカニカル・ロードなどのストレスに対して耐性を獲得すると考えられる。

    researchmap

  • Identification and characterization of cartilage-specific transcription factor

    2003年 - 2006年

    JSPS  Incentive for JSPS postdoc 

    EGUCHI Takanori

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 軟骨細胞特異的な新規転写因子の単離とその機能解析

    2003年 - 2006年

    日本学術振興会  特別研究員奨励費 

    江口傑徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 軟骨細胞特異的な新規転写因子の単離とその機能解析

    研究課題/領域番号:03J02535  2003年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    江口 傑徳

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    内軟骨性骨化、乳癌の骨転移、組織再生などへの強い関与が報告されているタンパク質CCN2/CTGFは、それら生命現象の実験的モデルとして多用されている細胞株HCS-2/8やMDA231でもまた高発現しており、そのメカニズムの一つがCCN2プロモーター上のエンハンサーTRENDICとタンパク質(複合体)の相互作用であることは既に我々が論文報告している。その後TRENDIC結合因子を同定するために行ったサウスウェスタンスクリーニングにより得られたcDNAの1つは細胞外基質分解酵素として知られるMMP-3をコードしていた。そこでMMP-3による転写調節について研究を行っている。
    1.軟骨組織および培養軟骨細胞様細胞株HCS-2./8の免疫染色では、MMP-3は細胞核に局在化していた。
    2.HCS-2/8の細胞成分を核・細胞質に分画し、ウェスタンブロッティングにより検討したところ、両方の画分にMMP-3が検出された。
    3.クロマチン免疫沈降により、通常培養条件下のHCS-2/8細胞においてMMP-3が染色体上のCCN2のプロモーター領域(TRENDICを含む)に結合することが分かった。
    4.TRENDICと核タンパク質複合体の結合は抗MMP-3抗体によって阻害されるというスーパーシフトアッセイの結果からも、MMP-3がTRENDICに結合することが分かる。
    5.各種細胞株で強制発現したMMP-3は細胞質および核に局在した。この強制発現MMP-3によるCCN2プロモーターの活性化は特定の細胞株でのみ認められた。
    6.HCS-2/8におけるCCN2のプロモーター活性はMMP-3インヒビターの添加により抑制された。
    7.質量分析装置を応用することでMMP-3結合性転写調節因子・核輸送因子を同定した。
    現在上記の結果を統合し、論文発表に向け準備中である。

    researchmap

▼全件表示

 

担当授業科目

  • 歯科薬理学各論 (2023年度) 第2学期  - 金4,金5

  • 歯科薬理学実習 (2023年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学演習 (2023年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学I(演習・実習) (2023年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学I(講義・演習) (2023年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(演習・実習) (2023年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(講義・演習) (2023年度) 特別  - その他

  • 薬理学各論1 (2023年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • 薬理学各論2 (2023年度) 第4学期  - 水1,水2,水3

  • 薬理学実習 (2023年度) 第2学期  - 木4,木5,木6,木7

  • 薬理学演習 (2023年度) 第2学期  - 金6,金7

  • 薬理学総論 (2023年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • 歯科薬理学各論 (2022年度) 第2学期  - 金4,金5

  • 歯科薬理学I(演習・実習) (2022年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学I(講義・演習) (2022年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(演習・実習) (2022年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(講義・演習) (2022年度) 特別  - その他

  • 薬理学各論1 (2022年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • 薬理学各論2 (2022年度) 第4学期  - 水1,水2,水3

  • 薬理学実習 (2022年度) 第2学期  - 木4,木5,木6,木7

  • 薬理学演習 (2022年度) 第2学期  - 金6,金7

  • 薬理学総論 (2022年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • ボランティア入門 (2021年度) 第4学期  - 金4,金5,金6,金7

  • 早期見学実習 (2021年度) 1~3学期

  • 歯科薬理学各論 (2021年度) 第2学期  - 金4,金5

  • 歯科薬理学I(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学I(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(演習・実習) (2021年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(講義・演習) (2021年度) 特別  - その他

  • 研究方法論基礎 (2021年度) 1~4学期

  • 総合歯学演習 (2021年度) 1~3学期

  • 総合歯科医学1 (2021年度) 第1学期

  • 薬理学各論1 (2021年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • 薬理学各論2 (2021年度) 第4学期  - 水1,水2,水3

  • 薬理学実習 (2021年度) 第2学期  - 木4,木5,木6,木7

  • 薬理学実習 (2021年度) 第2学期  - 木曜日・4-7限

  • 薬理学演習 (2021年度) 第2学期  - 金6,金7

  • 薬理学演習 (2021年度) 第2学期  - 金曜日・6-7限

  • 薬理学総論 (2021年度) 第1学期  - 水1,水2,水3

  • 歯科薬理学I(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学I(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(演習・実習) (2020年度) 特別  - その他

  • 歯科薬理学II(講義・演習) (2020年度) 特別  - その他

▼全件表示