2022/08/07 更新

写真a

アオヤマ エリコ
青山 絵理子
AOYAMA Eriko
所属
医歯薬学域 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(薬学) ( 岡山大学 )

研究キーワード

  • biological chmistry

  • bone metabolism

  • 骨代謝

  • 生化学

研究分野

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

学歴

  • 岡山大学   Graduate School, Division of National Science and Technology  

    - 2005年

      詳細を見る

  • 岡山大学    

    - 2005年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

 

論文

  • S-アデノシルメチオニンによる軟骨細胞分化促進作用とそのメカニズムの解析

    ほあん・ろっく, 青山 絵理子, 久保田 聡, 窪木 拓男, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   39回   139 - 139   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • Gel-Free 3D Tumoroids with Stem Cell Properties Modeling Drug Resistance to Cisplatin and Imatinib in Metastatic Colorectal Cancer. 国際誌

    Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Yuri Namba, Yuka Okusha, Eriko Aoyama, Kazumi Ohyama, Kuniaki Okamoto

    Cells   10 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Researchers have developed several three-dimensional (3D) culture systems, including spheroids, organoids, and tumoroids with increased properties of cancer stem cells (CSCs), also called cancer-initiating cells (CICs). Drug resistance is a crucial issue involving recurrence in cancer patients. Many studies on anti-cancer drugs have been reported using 2D culture systems, whereas 3D cultured tumoroids have many advantages for assessing drug sensitivity and resistance. Here, we aimed to investigate whether Cisplatin (a DNA crosslinker), Imatinib (a multiple tyrosine kinase inhibitor), and 5-Fluorouracil (5-FU: an antimetabolite) alter the tumoroid growth of metastatic colorectal cancer (mCRC). Gene expression signatures of highly metastatic aggregative CRC (LuM1 cells) vs. low-metastatic, non-aggregative CRC (Colon26 and NM11 cells) were analyzed using microarray. To establish a 3D culture-based multiplexing reporter assay system, LuM1 was stably transfected with the Mmp9 promoter-driven ZsGreen fluorescence reporter gene, which was designated as LuM1/m9 cells and cultured in NanoCulture Plate®, a gel-free 3D culture device. LuM1 cells highly expressed mRNA encoding ABCG2 (a drug resistance pump, i.e., CSC/CIC marker), other CSC/CIC markers (DLL1, EpCAM, podoplanin, STAT3/5), pluripotent stem cell markers (Sox4/7, N-myc, GATA3, Nanog), and metastatic markers (MMPs, Integrins, EGFR), compared to the other two cell types. Hoechst efflux stem cell-like side population was increased in LuM1 (7.8%) compared with Colon26 (2.9%), both of which were markedly reduced by verapamil treatment, an ABCG2 inhibitor. Smaller cell aggregates of LuM1 were more sensitive to Cisplatin (at 10 μM), whereas larger tumoroids with increased ABCG2 expression were insensitive. Notably, Cisplatin (2 μM) and Imatinib (10 μM) at low concentrations significantly promoted tumoroid formation (cell aggregation) and increased Mmp9 promoter activity in mCRC LuM1/m9, while not cytotoxic to them. On the other hand, 5-FU significantly inhibited tumoroid growth, although not completely. Thus, drug resistance in cancer with increased stem cell properties was modeled using the gel-free 3D cultured tumoroid system. The tumoroid culture is useful and easily accessible for the assessment of drug sensitivity and resistance.

    DOI: 10.3390/cells10020344

    PubMed

    researchmap

  • Roles of Interaction between CCN2 and Rab14 in Aggrecan Production by Chondrocytes. 査読 国際誌

    Mitsuhiro Hoshijima, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Satoshi Kubota, Hiroshi Kamioka, Masaharu Takigawa

    International journal of molecular sciences   21 ( 8 )   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    To identify proteins that cooperate with cellular communication network factor 2 (CCN2), we carried out GAL4-based yeast two-hybrid screening using a cDNA library derived from the chondrocytic cell line HCS-2/8. Rab14 GTPase (Rab14) polypeptide was selected as a CCN2-interactive protein. The interaction between CCN2 and Rab14 in HCS-2/8 cells was confirmed using the in situ proximity ligation assay. We also found that CCN2 interacted with Rab14 through its IGFBP-like domain among the four domains in CCN2 protein. To detect the colocalization between CCN2 and Rab14 in the cells in detail, CCN2, wild-type Rab14 (Rab14WT), a constitutive active form (Rab14CA), and a dominant negative form (Rab14DN) of Rab14 were overexpressed in monkey kidney-tissue derived COS7 cells. Ectopically overexpressed Rab14 showed a diffuse cytosolic distribution in COS7 cells; however, when Rab14WT was overexpressed with CCN2, the Rab14WT distribution changed to dots that were evenly distributed within the cytosol, and both Rab14 and CCN2 showed clear colocalization. When Rab14CA was overexpressed with CCN2, Rab14CA and CCN2 also showed good localization as dots, but their distribution was more widespread within cytosol. The coexpression of Rab14DN and CCN2 also showed a dotted codistribution but was more concentrated in the perinuclear area. Quantitative reverse transcription polymerase chain reaction (qRT-PCR) analysis revealed that the reduction in RAB14 or CCN2 mRNA by their respective siRNA significantly enhanced the expression of ER stress markers, BIP and CHOP mRNA in HCS-2/8 chondrocytic cells, suggesting that ER and Golgi stress were induced by the inhibition of membrane vesicle transfer via the suppression of CCN2 or Rab14. Moreover, to study the effect of the interaction between CCN2 and its interactive protein Rab14 on proteoglycan synthesis, we overexpressed Rab14WT or Rab14CA or Rab14DN in HCS-2/8 cells and found that the overexpression of Rab14DN decreased the extracellular proteoglycan accumulation more than the overexpression of Rab14WT/CA did in the chondrocytic cells. These results suggest that intracellular CCN2 is associated with Rab14 on proteoglycan-containing vesicles during their transport from the Golgi apparatus to endosomes in chondrocytes and that this association may play a role in proteoglycan secretion by chondrocytes.

    DOI: 10.3390/ijms21082769

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular Vesicles Enriched with Moonlighting Metalloproteinase Are Highly Transmissive, Pro-Tumorigenic, and Trans-Activates Cellular Communication Network Factor (CCN2/CTGF): CRISPR against Cancer

    Yuka Okusha, Takanori Eguchi, Manh T. Tran, Chiharu Sogawa, Kaya Yoshida, Mami Itagaki, Eman A. Taha, Kisho Ono, Eriko Aoyama, Hirohiko Okamura, Ken-ichi Kozaki, Stuart K. Calderwood, Masaharu Takigawa, Kuniaki Okamoto

    Cancers   12 ( 4 )   881 - 881   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Matrix metalloproteinase 3 (MMP3) plays multiple roles in extracellular proteolysis as well as intracellular transcription, prompting a new definition of moonlighting metalloproteinase (MMP), according to a definition of protein moonlighting (or gene sharing), a phenomenon by which a protein can perform more than one function. Indeed, connective tissue growth factor (CTGF, aka cellular communication network factor 2 (CCN2)) is transcriptionally induced as well as cleaved by MMP3. Moreover, several members of the MMP family have been found within tumor-derived extracellular vesicles (EVs). We here investigated the roles of MMP3-rich EVs in tumor progression, molecular transmission, and gene regulation. EVs derived from a rapidly metastatic cancer cell line (LuM1) were enriched in MMP3 and a C-terminal half fragment of CCN2/CTGF. MMP3-rich, LuM1-derived EVs were disseminated to multiple organs through body fluid and were pro-tumorigenic in an allograft mouse model, which prompted us to define LuM1-EVs as oncosomes in the present study. Oncosome-derived MMP3 was transferred into recipient cell nuclei and thereby trans-activated the CCN2/CTGF promoter, and induced CCN2/CTGF production in vitro. TRENDIC and other cis-elements in the CCN2/CTGF promoter were essential for the oncosomal responsivity. The CRISPR/Cas9-mediated knockout of MMP3 showed significant anti-tumor effects such as the inhibition of migration and invasion of tumor cells, and a reduction in CCN2/CTGF promoter activity and fragmentations in vitro. A high expression level of MMP3 or CCN2/CTGF mRNA was prognostic and unfavorable in particular types of cancers including head and neck, lung, pancreatic, cervical, stomach, and urothelial cancers. These data newly demonstrate that oncogenic EVs-derived MMP is a transmissive trans-activator for the cellular communication network gene and promotes tumorigenesis at distant sites.

    DOI: 10.3390/cancers12040881

    researchmap

  • Jiadifenolide induces the expression of cellular communication network factor (CCN) genes, and CCN2 exhibits neurotrophic activity in neuronal precursor cells derived from human induced pluripotent stem cells. 査読

    Shoji M(corresponding author, Ueda M, Nishioka M, Minato H, Seki M, Harada K, Kubo M, Fukuyama Y, Suzuki Y, Aoyama E, Takigawa M, Kuzuhara T

    Biochemical and biophysical research communications   519 ( 2 )   309 - 315   2019年11月

  • 低出力パルス超音波(LIPUS)の半月板修復効果とその作用機序 CCN2/CTGFの関与

    青山 絵理子, 西田 崇, 久保田 聡, 滝川 正春, 釜付 祐輔, 古松 毅之, 前原 亜美, 尾崎 敏文, 山中 信康

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2019   403 - 403   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • Possible reparative effect of low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) on injured meniscus. 査読 国際誌

    Kamatsuki Y, Aoyama E, Furumatsu T, Miyazawa S, Maehara A, Yamanaka N, Nishida T, Kubota S, Ozaki T, Takigawa M

    Journal of cell communication and signaling   13 ( 2 )   193 - 207   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12079-018-0496-9

    PubMed

    researchmap

  • Glutathione accelerates osteoclast differentiation and inflammatory bone destruction. 査読 国際誌

    Fujita H, Ochi M, Ono M, Aoyama E, Ogino T, Kondo Y, Ohuchi H

    Free radical research   53 ( 2 )   1 - 11   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10715762.2018.1563782

    PubMed

    researchmap

  • CCN2/CTGF binds the small leucine rich proteoglycan protein Tsukushi 査読

    Ohta K, Aoyama E, Ahmad SAI, Ito N, Anam MB, Kubota S, Takigawa M

    Journal of Cell Communication and Signaling   13 ( 1 )   113 - 118   2019年3月

     詳細を見る

  • Depletion of Lipid Efflux Pump ABCG1 Triggers the Intracellular Accumulation of Extracellular Vesicles and Reduces Aggregation and Tumorigenesis of Metastatic Cancer Cells. 査読

    Namba Y, Sogawa C, Okusha Y, Kawai H, Itagaki M, Ono K, Murakami J, Aoyama E, Ohyama K, Asaumi JI, Takigawa M, Okamoto K, Calderwood SK, Kozaki KI, Eguchi T

    Frontiers in oncology   8   376   2018年

  • Novel role of CCN3 that maintains the differentiated phenotype of articular cartilage

    Danilo Janune, Tarek Abd El Kader, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Yasuhiko Tabata, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   35 ( 6 )   582 - 597   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Knowledge of the microenvironment of articular cartilage in health and disease is the key to accomplishing fundamental disease-modifying treatments for osteoarthritis. The proteins comprising the CCN Family are matricellular proteins with a remarkable relevance within the context of cartilage metabolism. CCN2 displays a great capability for regenerating articular cartilage, and CCN3 has been shown to activate the expression of genes related to articular chondrocytes and to repress genes related to endochondral ossification in epiphyseal chondrocytes. Moreover, mice lacking CCN3 protein have been shown to display ostearthritic changes in their knee articular cartilage. In this study, we employed a monoiodoacetic acid (MIA)-induced osteoarthritic model to investigate whether osteoarthritic changes in the cartilage are reciprocally accompanied by CCN3 down-regulation and an inducible overexpression system to evaluate the effects of CCN3 on articular chondrocytes in vitro. Finally, we also investigated the effects of exogenous CCN3 in vivo during the early stages of MIA-induced osteoarthritis. We discovered that CCN3 is expressed by articular chondrocytes in normal rat knees, whereas it is rapidly down-regulated in osteoarthritic knees. In vitro, we also discovered that CCN3 increases the proteoglycan accumulation, the gene expression of type II collagen, tenascin-C and lubricin, as well as the protein production of tenascin-C and lubricin in articular chondrocytes. In vivo, it was discovered that exogenous CCN3 increased tidemark integrity and produced an increased production of lubricin protein. The potential utility of CCN3 as a future therapeutic agent and possible strategies to improve its therapeutic functions are also discussed.

    DOI: 10.1007/s00774-016-0793-4

    Web of Science

    researchmap

  • A Tumor Suppressor Gene Product, Platelet-Derived Growth Factor Receptor-Like Protein Controls Chondrocyte Proliferation and Differentiation 査読

    Kazumi Kawata, Satoshi Kubota, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Norifumi H. Moritani, Morihiko Oka, Harumi Kawaki, Masaharu Takigawa

    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY   118 ( 11 )   4033 - 4044   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The platelet-derived growth factor receptor-like (PDGFRL) gene is regarded as a tumor suppressor gene. However, nothing is known about the molecular function of PDGFRL. In this study, we initially clarified its function in chondrocytes. Among all cell lines examined, the PDGFRL mRNA level was the highest in chondrocytic HCS-2/8 cells. Interestingly, the proliferation of chondrocytic HCS-2/8 cells was promoted by PDGFRL overexpression, whereas that of the breast cancer-derived MDA-MB-231 cells was inhibited. Of note, in PDGFRL-overexpressing HCS-2/8 cells, the expression of chondrocyte differentiation marker genes, SOX9, ACAN, COL2A1, COL10A1, and ALP, was decreased. Moreover, we confirmed the expression of PDGFRL mRNA in normal cartilage tissue and chondrocytes. Eventually, the expression of PDGFRL mRNA in condrocytes except in the case of hypertrophic chondrocytes was demonstrated in vivo and in vitro. These findings suggest that PDGFRL plays the different roles, depending upon cell types. Particularly, in chondrocytes, PDGFRL may play a new and important role which is distinct from the function previously reported. J. Cell. Biochem. 118: 4033-4044, 2017. (c) 2017 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jcb.26059

    Web of Science

    researchmap

  • Catabolic effects of FGF-1 on chondrocytes and its possible role in osteoarthritis

    Abdellatif El-Seoudi, Tarek Abd El Kader, Takashi Nishida, Takanori Eguchi, Eriko Aoyama, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING   11 ( 3 )   255 - 263   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Fibroblast growth factor 1 (FGF-1) is a classical member of the FGF family and is produced by chondrocytes cultured from osteoarthritic patients. Also, this growth factor was shown to bind to CCN family protein 2 (CCN2), which regenerates damaged articular cartilage and counteracts osteoarthritis (OA) in an animal model. However, the pathophysiological role of FGF-1 in cartilage has not been well investigated. In this study, we evaluated the effects of FGF-1 in vitro and its production in vivo by use of an OA model. Treatment of human chondrocytic cells with FGF-1 resulted in marked repression of genes for cartilaginous extracellular matrix components, whereas it strongly induced matrix metalloproteinase 13 (MMP-13), representing its catabolic effects on cartilage. Interestingly, expression of the CCN2 gene was dramatically repressed by FGF-1, which repression eventually caused the reduced production of CCN2 protein from the chondrocytic cells. The results of a reporter gene assay revealed that this repression could be ascribed, at least in part, to transcriptional regulation. In contrast, the gene expression of FGF-1 was enhanced by exogenous FGF-1, indicating a positive feedback system in these cells. Of note, induction of FGF-1 was observed in the articular cartilage of a rat OA model. These results collectively indicate a pathological role of FGF-1 in OA development, which includes an insufficient cartilage regeneration response caused by CCN2 down regulation.

    DOI: 10.1007/s12079-017-0384-8

    Web of Science

    researchmap

  • UPR transducer BBF2H7 allows export of type II collagen in a cargo- and developmental stage-specific manner

    Tokiro Ishikawa, Takuya Toyama, Yuki Nakamura, Kentaro Tamada, Hitomi Shimizu, Satoshi Ninagawa, Tetsuya Okada, Yasuhiro Kamei, Tomoko Ishikawa-Fujiwara, Takeshi Todo, Eriko Aoyama, Masaharu Takigawa, Akihiro Harada, Kazutoshi Mori

    JOURNAL OF CELL BIOLOGY   216 ( 6 )   1761 - 1774   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROCKEFELLER UNIV PRESS  

    The unfolded protein response (UPR) handles unfolded/misfolded proteins accumulated in the endoplasmic reticulum (ER). However, it is unclear how vertebrates correctly use the total of ten UPR transducers. We have found that ER stress occurs physiologically during early embryonic development in medaka fish and that the smooth alignment of notochord cells requires ATF6 as a UPR transducer, which induces ER chaperones for folding of type VIII (short-chain) collagen. After secretion of hedgehog for tissue patterning, notochord cells differentiate into sheath cells, which synthesize type II collagen. In this study, we show that this vacuolization step requires both ATF6 and BBF2H7 as UPR transducers and that BBF2H7 regulates a complete set of genes (Sec23/24/13/31, Tango1, Sedlin, and KLHL12) essential for the enlargement of COPII vesicles to accommodate long-chain collagen for export, leading to the formation of the perinotochordal basement membrane. Thus, the most appropriate UPR transducer is activated to cope with the differing physiological ER stresses of different content types depending on developmental stage.

    DOI: 10.1083/jcb.201609100

    Web of Science

    researchmap

  • Low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) treatment of cultured chondrocytes stimulates production of CCN family protein 2 (CCN2), a protein involved in the regeneration of articular cartilage: mechanism underlying this stimulation

    T. Nishida, S. Kubota, E. Aoyama, N. Yamanaka, K. M. Lyons, M. Takigawa

    OSTEOARTHRITIS AND CARTILAGE   25 ( 5 )   759 - 769   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Objective: CCN family protein 2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) promotes cartilage regeneration in experimental osteoarthritis (OA) models. However, CCN2 production is very low in articular cartilage. The aim of this study was to investigate whether or not CCN2 was promoted by cultured chondrocytes treated with low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) and to clarify its mechanism.
    Methods: Human chondrocytic cell line (HCS)-2/8, rat primary epiphyseal and articular cartilage cells, and Ccn2-deficient chondrocytes that impaired chondrocyte differentiation, were treated with LIPUS for 20 min at 3.0 MHz frequency and 60 mW/cm(2) power. Expressions of chondrocyte differentiation marker mRNAs were examined by real-time PCR (RT-PCR) analysis from HCS-2/8 cells and Ccn2-deficient chondrocytes at 30 min and 1 h after LIPUS treatment, respectively. CCN2 production was examined by Western blotting after 5 h of LIPUS treatment. Moreover, Ca2+ influx was measured by using a Fluo-4 probe.
    Results: The gene expression of chondrocyte differentiation markers and CCN2 production were increased in cultured chondrocytes treated with LIPUS. In addition, Ca2+ influx and phosphorylation of p38 mitogen-activated protein kinase (MAPK) and extracellular signal-regulated kinase (ERK) 1/2 were increased by LIPUS treatment, and the stability of TRPV4 and BKca channel mRNAs was decreased by siRNA against CCN2. Consistent with those findings, the LIPUS-induced the gene expressions of type II collagen (COL2a1) and Aggrecan (ACAN) observed in wild-type cells were not observed in the Ccn2-deficient chondrocytes.
    Conclusion: These data indicate that chondrocyte differentiation represented by CCN2 production was mediated via MAPK pathways activated by LIPUS-stimulated Ca2+ influx, which in turn was supported by the induced CCN2 molecules in articular chondrocytes. (C) 2016 Published by Elsevier Ltd on behalf of Osteoarthritis Research Society International.

    DOI: 10.1016/j.joca.2016.10.003

    Web of Science

    researchmap

  • Assessment of CCN2 Independent Modules Regenerative Capacity on Osteoarthritis and Further Selecting the Most Suitable Among them as a Potential Therapeutic Drug 査読

    Abdelkader Tarek, Aoyama Eriko, Nishida Takashi, Hattori Takako, Janune Danilo, Hara Emilio S, Ono Mitsuaki, Tabata Yasuhiko, Kuboki Takuo, Kubota Satoshi, Takigawa Masaharu

    FASEB JOURNAL   30   2016年4月

  • Role of CCN2 in Amino Acid Metabolism of Chondrocytes

    Yurika Murase, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Aya Maeda-Uematsu, Harumi Kawaki, Karen M. Lyons, Akira Sasaki, Masaharu Takigawa, Satoshi Kubota

    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY   117 ( 4 )   927 - 937   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) is a multi-functional molecule that promotes harmonized development and regeneration of cartilage through its matricellular interaction with a variety of extracellular biomolecules. Thus, deficiency in CCN2 supply profoundly affects a variety of cellular activities including basic metabolism. A previous study showed that the expression of a number of ribosomal protein genes was markedly enhanced in Ccn2-null chondrocytes. Therefore, in this study, we analyzed the impact of CCN2 on amino acid and protein metabolism in chondrocytes. Comparative metabolome analysis of the amino acids in Ccn2-null and wild-type mouse chondrocytes revealed stable decreases in the cellular levels of all of the essential amino acids. Unexpectedly, uptake of such amino acids was rather enhanced in Ccn2-null chondrocytes, and the addition of exogenous CCN2 to human chondrocytic cells resulted in decreased amino acid uptake. However, as expected, amino acid consumption by protein synthesis was also accelerated in Ccn2-null chondrocytes. Furthermore, we newly found that expression of two genes encoding two glycolytic enzymes, as well as the previously reported Eno1 gene, was repressed in those cells. Considering the impaired glycolysis and retained mitochondrial membrane potential in Ccn2-null chondrocytes, these findings suggest that Ccn2 deficiency induces amino acid shortage in chondrocytes by accelerated amino acid consumption through protein synthesis and acquisition of aerobic energy. Interestingly, CCN2 was found to capture such free amino acids in vitro. Under physiological conditions, CCN2 may be regulating the levels of free amino acids in the extracellular matrix of cartilage. J. Cell. Biochem. 117: 927-937, 2016. (c) 2015 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jcb.25377

    Web of Science

    researchmap

  • Assessment of CCN2 Independent Modules Regenerative Capacity on Osteoarthritis and Further Selecting the Most Suitable Among them as a Potential Therapeutic Drug 査読

    Tarek Abdelkader, Eriko Aoyama, Takashi Nishida, Takako Hattori, Danilo Janune, Emilio S. Hara, Mitsuaki Ono, Yasuhiko Tabata, Takuo Kuboki, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    FASEB JOURNAL   30   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

    researchmap

  • The Role of Sonic Hedgehog Signaling in Osteoclastogenesis and Jaw Bone Destruction

    Tsuyoshi Shimo, Kenichi Matsumoto, Kiyofumi Takabatake, Eriko Aoyama, Yuichiro Takebe, Soichiro Ibaragi, Tatsuo Okui, Naito Kurio, Hiroyuki Takada, Kyoichi Obata, Pai Pang, Masahiro Iwamoto, Hitoshi Nagatsuka, Akira Sasaki

    PLOS ONE   11 ( 3 )   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Sonic hedgehog (SHH) and its signaling have been identified in several human cancers, and increased levels of its expression appear to correlate with disease progression and metastasis. However, the role of SHH in bone destruction associated with oral squamous cell carcinomas is still unclear. In this study we analyzed SHH expression and the role played by SHH signaling in gingival carcinoma-induced jawbone destruction. From an analysis of surgically resected lower gingival squamous cell carcinoma mandible samples, we found that SHH was highly expressed in tumor cells that had invaded the bone matrix. On the other hand, the hedgehog receptor Patched and the signaling molecule Gli-2 were highly expressed in the osteoclasts and the progenitor cells. SHH stimulated osteoclast formation and pit formation in the presence of the receptor activator for nuclear factor-kappa B ligand (RANKL) in CD11b(+) mouse bone marrow cells. SHH upregulated phosphorylation of ERK1/2 and p38 MAPK, NFATc1, tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP), and Cathepsin K expression in RAW264.7 cells. Our results suggest that tumor-derived SHH stimulated the osteoclast formation and bone resorption in the tumor jawbone microenvironment.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0151731

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of Molecular Interaction between CCN2 Protein and Its Binding Partners by Surface Plasmon Resonance (SPR).

    Aoyama E, Takigawa M

    Methods Mol Biol.   1489   169 - 176   2016年

  • Involvement of multiple CCN family members in platelets that support regeneration of joint tissues

    Chikako Hara, Satoshi Kubota, Takashi Nishida, Miki Hiasa, Takako Hattori, Eriko Aoyama, Yoshinori Moriyama, Hiroshi Kamioka, Masaharu Takigawa

    MODERN RHEUMATOLOGY   26 ( 6 )   940 - 949   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Objectives: Platelet-rich plasma (PRP) has been widely used to enhance the regeneration of damaged joint tissues, such as osteoarthritic and rheumatoid arthritic cartilage. The aim of this study is to clarify the involvement of all of the CCN family proteins that are crucially associated with joint tissue regeneration.
    Methods: Cyr61-CTGF-NOV (CCN) family proteins in human platelets and megakaryocytic cells were comprehensively analyzed by Western blotting analysis. Production of CCN family proteins in megakaryocytes in vivo was confirmed by immunofluorescence analysis of mouse bone marrow cells. Effects of CCN family proteins found in platelets on chondrocytes were evaluated by using human chondrocytic HCS-2/8 cells.
    Results: Inclusion of CCN2, a mesenchymal tissue regenerator, was confirmed. Of note, CCN3, which counteracts CCN2, was newly found to be encapsulated in platelets. Interestingly, these two family members were not detectable in megakaryocytic cells, but their external origins were suggested. Furthermore, we found for the first time CCN5 and CCN1 that inhibits ADAMTS4 in both platelets and megakaryocytes. Finally, application of a CCN family cocktail mimicking platelets onto HCS-2/8 cells enhanced their chondrocytic phenotype.
    Conclusions: Multiple inclusion of CCN1, 2 and 3 in platelets was clarified, which supports the harmonized regenerative potential of PRP in joint therapeutics.

    DOI: 10.3109/14397595.2016.1155255

    Web of Science

    researchmap

  • CCN4/WISP-1 positively regulates chondrogenesis by controlling TGF-β3 function

    Yuya Yoshioka, Mitsuaki Ono, Azusa Maeda, Tina M. Kilts, Emilio Satoshi Hara, Hany Khattab, Junji Ueda, Eriko Aoyama, Toshitaka Oohashi, Masaharu Takigawa, Marian, F. Young, Takuo Kuboki

    Bone, Metabolic Bone Disease and Related Research   83   162 - 170   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2015.11.007

    Web of Science

    researchmap

  • Production of Recombinant CCN2 Protein in Escherichia coli.

    Aoyama E, Hattori T, Kubota S, Takigawa M

    Methods Mol Biol.   1489   77 - 84   2016年

  • Physical interaction of CCN2 with diverse growth factors involved in chondrocyte differentiation during endochondral ossification

    Hany Mohamed Khattab, Eriko Aoyama, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING   9 ( 3 )   247 - 254   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    CCN family member 2 (CCN2) has been shown to promote the proliferation and differentiation of chondrocytes, osteoblasts, osteoclasts, and vascular endothelial cells. In addition, a number of growth factors and cytokines are known to work in harmony to promote the process of chondrogenesis and chondrocyte differentiation toward endochondral ossification. Earlier we showed that CCN2 physically interacts with some of them, suggesting that multiple effects of CCN2 on various differentiation stages of chondrocytes may be attributed to its interaction with these growth factors and cytokines. However, little is known about the functional interaction occurring between CCN2 and other growth factors and cytokines in promoting chondrocyte proliferation and differentiation. In this study we sought to shed light on the binding affinities between CCN2 and other essential growth factors and cytokines known to be regulators of chondrocyte differentiation. Using the surface plasmon resonance assay, we analyzed the dissociation constant between CCN2 and each of the following: TGF-beta 1, TGF-beta 3, IGF-I, IGF-II, PDGF-BB, GDF5, PTHrP, and VEGF. We found a strong association between CCN2 and VEGF, as well as a relatively high association with TGF-beta 1, TGF-beta 3, PDGF-BB, and GDF-5. However, the sensorgrams obtained for possible interaction between CCN2 and IGF-I, IGF-II or PTHrP showed no response. This study underlines the correlation between CCN2 and certain other growth factors and cytokines and suggests the possible participation of such interaction in the process of chondrogenesis and chondrocyte differentiation toward endochondral ossification.

    DOI: 10.1007/s12079-015-0290-x

    Web of Science

    researchmap

  • CCN2 enhances RANKL-induced osteoclast differentiation via direct binding to RANK and OPG

    Eriko Aoyama, Satoshi Kubota, Hany Mohamed Khattab, Takashi Nishida, Masaharu Takigawa

    BONE   73   242 - 248   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    CCN family protein 2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) is a multi-potent factor for mesenchymal cells such as chondrocytes, osteoblasts, osteoclasts, and endothelial cells. CCN2 is also known as a modulator of other cytokines and receptors via direct molecular interactions with them. We screened additional factors binding to CCN2 and found receptor activator of NF-kappa B (RANK) as one of them. RANK is also known as TNF-related activation-induced cytokine (TRANCE) receptor, and its signaling plays a critical role in osteoclastogenesis. Notable affinity between CCN2 and RANK was confirmed by using surface plasmon resonance (SPR) analysis. In fact, CCN2 enhanced the RANK-mediated signaling, such as occurs in NF-kappa B, p38 and JNK pathways, in pre-osteoclastic RAW264.7 cells; whereas CCN2 had no influence on RANK RANK ligand (RANKL) binding. Moreover, CCN2 also significantly bound to osteoprotegerin (OPG), which is a decoy receptor of RANKL. Of note, OPG markedly inhibited the binding between CCN2 and RANK; and CCN2 canceled the inhibitory effect of OPG on osteoclast differentiation. These findings suggest CCN2 as a candidate of the fourth factor in the RANK/RANKL/OPG system for osteodastogenesis, which regulates OPG and RANK via direct interaction. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bone.2014.12.058

    Web of Science

    researchmap

  • CCN family protein 2 (CCN2) promotes the early differentiation, but inhibits the terminal differentiation of skeletal myoblasts

    Takashi Nishida, Satoshi Kubota, Eriko Aoyama, Danilo Janune, Karen M. Lyons, Masaharu Takigawa

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   157 ( 2 )   91 - 100   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Many studies have reported that CCN family protein 2 (also known as connective tissue growth factor) induces fibrotic response in skeletal muscle, thus emphasizing the pathological role of CCN2 in muscle tissues. However, the physiological role of CCN2 in myogenesis is still unknown. This study clarified the CCN2 functions during myogenesis. Recombinant CCN2 (rCCN2) promoted proliferation and MyoD production in C2C12 cells and primary myoblasts, but inhibited myogenin production. In accordance with these findings, the gene expression levels of myosin heavy chain, which is a marker of terminally differentiated myoblasts and desmin, which is the main intermediate filament protein of muscle cells, were decreased by rCCN2 treatment. In vivo analyses with Ccn2-deficient skeletal muscle revealed decreased proliferating cell nuclear antigen (PCNA)/MyoD double positive cells and muscle hypoplasia. Consistent with this finding, myogenic marker genes and myotube formation were repressed in Ccn2-deficient myoblasts. The protein production of CCN2 was increased in C2C12 myoblasts treated with tumor necrosis factor-alpha, which is a pro-inflammatory cytokine, suggesting its role in muscle regeneration after inflammation. These findings indicate that CCN2 promotes proliferation and early differentiation but inhibits the terminal differentiation of myoblasts, thus suggesting that CCN2 plays a physiological role in myogenesis.

    DOI: 10.1093/jb/mvu056

    Web of Science

    researchmap

  • Direct interaction between CCN family protein 2 and fibroblast growth factor 1

    Tarek Abd El Kader, Satoshi Kubota, Ken Anno, Saho Tanaka, Takashi Nishida, Takayuki Furumatsu, Eriko Aoyama, Takuo Kuboki, Masaharu Takigawa

    JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING   8 ( 2 )   157 - 163   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    In an attempt to find out a new molecular counterpart of CCN family protein 2 (CCN2), a matricellular protein with multiple functions, we performed an interactome analysis and found fibroblast growth factor (FGF) -1 as one of the candidates. Solid-phase binding assay indicated specific binding between CCN2 and FGF-1. This binding was also confirmed by surface plasmon resonance (SPR) analysis that revealed a dissociation constant (Kd) of 3.98 nM indicating strong molecular interaction between the two. RNA analysis suggested that both FGF-1 and CCN2 could be produced by chondrocytes and thus their interaction in the cartilage is possible. These findings for the first time indicate the direct interaction of CCN2 and FGF-1 and suggest the co-presence of these molecules in the cartilage microenvironment. CCN2 is a well-known promoter of cartilage development and regeneration, whereas the physiological and pathological role of FGF-1 in cartilage mostly remains unclear. Biological role of FGF-1 itself in cartilage is also suspected.

    DOI: 10.1007/s12079-014-0232-z

    Web of Science

    researchmap

  • Necrotic and apoptotic cells serve as nuclei for calcification on osteoblastic differentiation of human mesenchymal stem cells in vitro 査読

    Hirofumi Fujita, Masanao Yamamoto, Tetsuya Ogino, Hirotsugu Kobuchi, Naoko Ohmoto, Eriko Aoyama, Takashi Oka, Tohru Nakanishi, Keiji Inoue, Junzo Sasaki

    CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION   32 ( 1 )   77 - 86   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    A close relationship between cell death and pathological calcification has recently been reported, such as vascular calcification in atherosclerosis. However, the roles of cell death in calcification by osteoblast lineage have not been elucidated in detail. In this study, we investigated whether cell death is involved in the calcification on osteoblastic differentiation of human bone marrow mesenchymal stem cells (hMSC) under osteogenic culture in vitro. Apoptosis and necrosis occurred in an osteogenic culture of hMSC, and cell death preceded calcification. The generation of intracellular reactive oxygen species, chromatin condensation and fragmentation, and caspase-3 activation increased in this culture. A pan-caspase inhibitor (Z-VAD-FMK) and anti-oxidants (Tiron and n-acetylcysteine) inhibited osteogenic culture-induced cell death and calcification. Furthermore, calcification was significantly promoted by the addition of necrotic dead cells or its membrane fraction. Spontaneously dead cells by osteogenic culture and exogenously added necrotic cells were surrounded by calcium deposits. Induction of localized cell death by photodynamic treatment in the osteogenic culture resulted in co-localized calcification. These findings show that necrotic and apoptotic cell deaths were induced in an osteogenic culture of hMSC and indicated that both necrotic and apoptotic cells of osteoblast lineage served as nuclei for calcification on osteoblastic differentiation of hMSC in vitro. Copyright (c) 2013 John Wiley & Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/cbf.2974

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The regenerative effects of CCN2 independent modules on chondrocytes in vitro and osteoarthritis models in vivo 査読

    El Kader, Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Hara Emilio S, Ono Mitsuaki, Tabata Yasuhiko, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    Bone   59   180 - 188   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2013.11.010

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • CCN3の抗線維化効果に伴うCCNファミリー遺伝子発現プロファイルの変化

    アブド・エル・ケーダー・タレック, 久保田 聡, ジャヌネ・ダニーロ, 西田 崇, 服部 高子, 青山 絵理子, 窪木 拓男, 滝川 正春

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   83 - 83   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岡山歯学会  

    researchmap

  • CCNファミリー遺伝子の発現プロフィールの操作を介したCCN3の線維化抑制作用の理解(Understanding the anti-fibrotic role of CCN3 through manipulation of CCN family gene expression profile)

    El Kader Tarek Abd, Kubota Satoshi, Janune Danilo, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Perbal Bernard, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回   1T11a - 15   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • Cartilage-Specific Over-Expression of CCN Family Member 2/Connective Tissue Growth Factor (CCN2/CTGF) Stimulates Insulin-Like Growth Factor Expression and Bone Growth 査読

    Tomita Nao, Hattori Takako, Itoh Shinsuke, Aoyama Eriko, Yao Mayumi, Yamashiro Takashi, Takigawa Masaharu

    PLOS ONE   8 ( 3 )   e59226   2013年3月

  • Anti-fibrotic effect of CCN3 accompanied by altered gene expression profile of the CCN family 査読

    El Kader, Tarek Abd, Kubota Satoshi, Janune Danilo, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Perbal Bernard, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING   7 ( 1 )   11 - 18   2013年3月

  • Dextran sulfate-induced degradation of spontaneously apoptotic B cells 査読

    Kadota, Yusuke, Sakai, Nao, Fujikawa, Ryoma, Aoyama, Eriko, Zhong, Ming, Tanaka, Satoshi, Gohda, Eiichi

    International Immunopharmacology   15 ( 3 )   581 - 587   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.intimp.2013.01.013

    Web of Science

    researchmap

  • Impaired glycolytic metabolism causes chondrocyte hypertrophy-like changes via promotion of phospho-Smad1/5/8 translocation into nucleus.

    Nishida T, Kubota S, Aoyama E, Takigawa M

    Osteoarthritis Cartilage   21   700 - 709   2013年

  • CCN family member 2/connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) has anti-aging effects that protect articular cartilage from age-related degenerative changes. 査読

    Itoh S, Hattori T, Tomita N, Aoyama E, Yutani Y, Yamashiro T, Takigawa M

    PloS one   8 ( 8 )   e71156   2013年

  • CCN2/CTGF binds to fibroblast growth factor receptor 2 and modulates its signaling

    Eriko Aoyama, Satoshi Kubota, Masaharu Takigawa

    FEBS LETTERS   586 ( 24 )   4270 - 4275   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    CCN2 plays a critical role in the development of mesenchymal tissues such as cartilage and bone, and the binding of CCN2 to various cytokines and receptors regulates their signaling. By screening a protein array, we found that CCN2 could bind to fibroblast growth factor receptors (FGFRs) 2 and 3, with a higher affinity toward FGFR2. We ascertained that FGFR2 bound to CCN2 and that the binding of FGFR2 to FGF2 and FGF4 was enhanced by CCN2. CCN2 and FGF2 had a collaborative effect on the phosphorylation of ERK and the differentiation of osteoblastic cells. The present results indicate the biological significance of the binding of CCN2 to FGFR2 in bone metabolism.
    Structured summary of protein interactions:
    FGFR2 binds to CCN2 by protein array (View interaction)
    FGFR1OP binds to CCN2 by protein array (View interaction)
    FGFR3 binds to CCN2 by protein array (View interaction) (C) 2012 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.febslet.2012.10.038

    Web of Science

    researchmap

  • CCN2非依存性モジュールの軟骨再生能力(Cartilage regeneration potential of CCN2 independent modules)

    El Kader Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本再生歯科医学会誌   10 ( 1 )   50 - 50   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

    researchmap

  • Roles of heterotypic CCN2/CTGF-CCN3/NOV and homotypic CCN2-CCN2 interactions in expression of the differentiated phenotype of chondrocytes 査読

    Hoshijima Mitsuhiro, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Nishida Takashi, Yamashiro Takashi, Takigawa Masaharu

    FEBS JOURNAL   279 ( 19 )   3584 - 3597   2012年10月

  • 軟骨細胞と骨芽細胞に対するCCN2独立モジュールの影響(Effects of CCN2 independent modules on chondrocytic and osteoblastic cells)

    El Kader Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   30回   232 - 232   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • Role of LRP1 in transport of CCN2 protein in chondrocytes. 査読

    Kawata K, Kubota S, Eguchi T, Aoyama E, Moritani NH, Kondo S, Nishida T, Takigawa M

    Journal of cell science   125 ( Pt 12 )   2965 - 2972   2012年6月

  • Role of low-density lipoprotein receptor related protein 1 (LRP1) in CCN2/connective tissue growth factor (CTGF) protein transport in chondrocytes

    Kawata., K, Kubota, S, Eguchi, T, Aoyama, E, Moritani, N, Kondo, S, Nishida, T, Takigawa, M

    J Cell Sci   15   2965 - 2972   2012年

     詳細を見る

  • Effect of CCN2 on FGF2-Induced Proliferation and MMP9 and MMP13 Productions by Chondrocytes 査読

    Takashi Nishida, Satoshi Kubota, Eriko Aoyama, Danilo Janune, Azusa Maeda, Masaharu Takigawa

    ENDOCRINOLOGY   152 ( 11 )   4232 - 4241   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ENDOCRINE SOC  

    CCN2 (also known as connective tissue growth factor) interacts with several growth factors involved in endochondral ossification via its characteristic four modules and modifies the effect of such growth factors. Presently we investigated whether CCN2 interacts with fibroblast growth factor 2 (FGF2). Solid-phase binding assay, immunoprecipitation-Western blot analysis, and surface plasmon resonance (SPR) spectroscopy revealed that the C-terminal module of CCN2 (CT) directly bound to FGF2 with a dissociation constant of 5.5 nM. Next, we examined the combinational effects of CCN2 and FGF2 on the proliferation of and matrix metalloproteinase (MMP)-9 and -13 productions by cultured chondrocytes. FGF2 promoted not only the proliferation but also the production of MMP9 and -13, however, combined of FGF2 with CT module nullified the enhancement of both MMP productions and proliferation. To clarify the mechanism, we investigated the binding of CCN2 or its CT module to FGF receptor 1. As a result, we found that CCN2 bound to FGF receptor 1 with a dissociation constant of 362 nM, whereas the CT module did not. In addition, when we tested FGF signaling in chondrocytic HCS-2/8 cells stimulated by the combination of FGF2 with CT module, the level of ERK1/2, p38 MAPK, and c-Jun N-terminal kinase phosphorylation was decreased compared with that found with FGF2 alone. These findings suggest that CCN2 may regulate the proliferation and matrix degradation of chondrocytes by forming a complex with FGF2 as a novel modulator of FGF2 functions. (Endocrinology 152: 4232-4241, 2011)

    DOI: 10.1210/en.2011-0234

    Web of Science

    researchmap

  • 軟骨細胞に対する、CCN2モジュールの単独・結合下での影響に関する評価(Evaluation of independent and combinational effect of CCN2 modules on chondorocytic cells)

    El Kdaer Tarek Abd, Kubota Satoshi, Nishida Takashi, Hattori Takako, Aoyama Eriko, Janune Danilo, Kuboki Takuo, Takigawa Masaharu

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   29回   248 - 248   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • FGF2刺激による軟骨細胞増殖促進及びMMP13酵素活性上昇に与えるCCN2/CTGFの影響

    西田 崇, 粕山 拓郎, 前田 あずさ, 青山 絵理子, 久保田 聡, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回   1P - 0291   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • Design and utility of CCN2 anchor peptide aptamers. 査読

    Kawaki H, Kubota S, Aoyama E, Fujita N, Hanagata H, Miyauchi A, Nakai K, Takigawa M

    Biochimie   92 ( 8 )   1010 - 1015   2010年8月

  • Thrombopoietic-mesenchymal interaction that may facilitate both endochondral ossification and platelet maturation via CCN2. 査読

    Sumiyoshi K, Kubota S, Furuta RA, Yasui K, Aoyama E, Kawaki H, Kawata K, Ohgawara T, Yamashiro T, Takigawa M

    Journal of cell communication and signaling   4 ( 1 )   5 - 14   2010年3月

  • N-terminal domains of CCN family 2/connective tissue growth factor bind to aggrecan 査読

    Aoyama Eriko, Hattori Takako, Hoshijima Mitsuhiro, Araki Daisuke, Nishida Takashi, Kubota Satoshi, Takigawa Masaharu

    BIOCHEMICAL JOURNAL   420 ( 3 )   413 - 420   2009年6月

  • Regulation of chondrocytic phenotype by micro RNA 18a: Involvement of Ccn2/Ctgf as a major target gene.(共著)

    Ohgawara, T, Kubota, S, Kawaki, H, Kondo, S, Eguchi, T, Kurio, N, Eriko Aoyama, A. Takigawa

    FEBS Letter   583 ( 6 )   1006 - 1010   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2009.02.025

    Web of Science

    researchmap

  • CCN family 2/connective tissue growth factor modulates BMP signaling as a signal conductor, which action regulayes the proliferation and differentiation of chondrocytes. (共著)

    Maeda, A, Nishida, T, Aoyama, E, Kubota, S, Lyons, K. M, Kuboki, T, Takigawa, M

    Journal of Biochemistry   145 ( 2 )   207 - 216   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvn159

    Web of Science

    researchmap

  • CCN2/CTGFとBMP-2の相互作用が軟骨細胞の増殖と分化を制御する

    西田 崇, 前田 あずさ, 青山 絵理子, 久保田 聡, 窪木 拓男, Lyons Karen, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回   3T13 - 4   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • CCN2/CTGFによるBMP-2の軟骨細胞増殖・分化促進作用の制御

    前田 あずさ, 西田 崇, 青山 絵理子, 川木 晴美, 久保田 聡, 窪木 拓男, ライアン・カレン, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26回   234 - 234   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • Distribution, gene expression, and functional role of EphA4 during ossification

    Chisa Kuroda, Satoshi Kubota, Kazumi Kawata, Eriko Aoyama, Kumi Sumiyoshi, Morihiko Oka, Miho Inoue, Shogo Minagi, Masaharu Takigawa

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   374 ( 1 )   22 - 27   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    EphA4 receptor tyrosine kinase has been shown to be critically involved in neural tissue development. Here, we found EphA4 was also distributed among hypertrophic chondrocytes and osteoblasts in the growth plate of developing mouse long bones. In vitro evaluation revealed that ephA4 expression was elevated Upon hypertrophic differentiation of chondrocytes and that markedly stronger expression was observed in osteoblastic SaOS-2 than chondrocytic HCS-2/8 cells. Of note, RNAi-mediated silencing of ephA4 in SaOS-2 cells resulted in the repression of osteocalcin gene expression and alkaline phosphatase activity. Interestingly, confocal laser-scanning Microscopic analysis revealed the presence of EphA4 molecules in the nucleus as well as on the surface of SaOS-2 cells. These findings are the first indication of a critical role of EphA4 in ossification, especially at the final stage in which osteoblasts and hypertrophic chondrocytes play major roles. (C) 2008 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.06.089

    Web of Science

    researchmap

  • Differentiation of murine B cells induced by chondroitin sulfate B

    Ritsuko Yoshihara, Eriko Aoyama, Yusuke Kadota, Saeko Kawai, Tomomi Goto, Ming Zhong, Eiichi Gohda

    CELLULAR IMMUNOLOGY   250 ( 1-2 )   14 - 23   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    A two-step culture system was used to investigate the role of chondroitin sulfate (CS) B, which is mitogenic to B cells, in differentiation of B cells. Mouse spleen B cells were incubated for 3 days with CSB in the presence of interleukin (IL)-4 and IL-5. After washing, the cells were replated at 10(5) viable cells/well and recultured without CSB in the presence of IL-4 and IL-5. CSB dose-dependently increased IgM production, the greatest enhancement being 450%. Dextran sulfate had a similar effect, whereas other glycosaminoglycans, CSA, CSC, heparin and hyaluronic acid, were marginally effective. Treatment of B cells with CSB resulted in increases in the number of IgM-secreting cells and numbers of CD138-positive cells and CD45R/B220-negative cells. CSB-induced IgM production was inhibited by the protein kinase C (PKC) inhibitor GF109203X but not by the phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) inhibitor wortmannin. These results demonstrated that CSB promoted differentiation of B cells in the presence of IL-4 and IL-5 and suggested that PKC but not PI3K is crucial for CSB-induced IgM production. (c) 2007 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.cellimm.2007.12.002

    Web of Science

    researchmap

  • PKC- and PI3K-dependent but ERK-independent proliferation of murine splenic B cells stimulated by chondroitin sulfate B

    E Aoyama, R Yoshihara, A Tai, Yamamoto, I, E Gohda

    IMMUNOLOGY LETTERS   99 ( 1 )   80 - 84   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    High molecular weight polyanions such as dextran sulfate are known to be weak polyclonal activators of murine B cells, but the molecular mechanism of their mitogenic activitiy is not fully elucidated. Although chondroitin sulfate A (CSA), B (CSB) and C (CSC) are highly charged polyanions, little is known about their effects on the proliferation of B cells. In this study, we demonstrated that CSB stimulated proliferation of murine B cells as markedly as did anti-IgM antibody, more markedly than did dextran sulfate and much more markedly than did CSA, CSC, heparin and hyaluronic acid. CSB caused translocation of protein kinase C (PKC) isoform beta from cytosol to membrane fractions and increased phosphorylation of Akt but not phosphorylation of extracellular signal-regulated kinase (ERK) of B cells. CSB-induced B cell proliferation was almost completely blocked by either the phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) inhibitor LY294002 or the PKC inhibitor GF109203X but was not significantly inhibited by the ERK kinase inhibitor PD98059. The mitogenic effect of anti-IgM was significantly inhibited by all the three inhibitors, while the mitogenic effect of LPS was inhibited only by LY294002. These findings indicate that CSB stimulated proliferation of murine B cells more markedly than did dextran sulfate and suggest that PKC and PI3K are crucial but that ERK is less important for the mitogenic activity of CSB, the signaling pathways of which may be at least partly distinct from those of anti-IgM and LPS. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.imlet.2005.01.005

    Web of Science

    researchmap

  • Augmentation by 2-mercaptoethanol of in vitro anti-TNP antibody production induced by butyrate plus IL-2 in murine splenic B cells

    E Gohda, T Okamura, E Aoyama, Yamamoto, I

    IMMUNOPHARMACOLOGY AND IMMUNOTOXICOLOGY   25 ( 4 )   539 - 550   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MARCEL DEKKER INC  

    We previously reported that anti-trinitrophenyl (TNP) antibody production in murine splenic B cells stimulated with TNP-lipopolysaccharide in vitro was promoted by sodium butyrate (NaBu) in an IL-2-dependent manner. In the present study, we found that the effect of NaBu plus IL-2 was markedly augmented by 2-mercaptoethanol (2-ME), which showed a slight or null effect on the response of untreated, IL-2-treated or NaBu-treated B cells, as assessed by both anti-TNP plaque-forming cell assay and anti-TNP IgM ELISA. Other thiol compounds such as dithiothreitol, cysteamine and reduced glutathione (GSH) also had this activity. 2-ME enhanced the anti-TNP antibody production induced by other short-chain fatty acids with three to five carbon atoms plus IL-2. The proliferation of B cells was significantly inhibited by NaBu or NaBu plus IL-2, and the proliferation was completely restored by the simultaneous addition of 2-ME. These results demonstrate that 2-ME markedly enhanced anti-TNP antibody production in murine B cells induced by NaBu plus IL-2 and suggest that the effect of 2-ME is at least partly due to its blocking activity of the growth-inhibitory action of NaBu.

    DOI: 10.1081/IPH-120026439

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • CCN2とRab14の相互作用が骨・軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割 軟骨分化促進因子CCN2の新たな細胞内機能

    星島 光博, 服部 高子, 青山 絵理子, 西田 崇, 久保田 聡, 上岡 寛, 滝川 正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2018   448 - 448   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 半月板に対する低出力パルス超音波(LIPUS)の効果

    釜付祐輔, 釜付祐輔, 青山絵理子, 古松毅之, 前原亜美, 山中信康, 西田崇, 久保田聡, 久保田聡, 尾崎敏文, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   31st   2018年

     詳細を見る

  • LIPUSが半月板に与える効果

    釜付祐輔, 釜付祐輔, 青山絵理子, 古松毅之, 前原亜美, 山中信康, 西田崇, 久保田聡, 久保田聡, 尾崎敏文, 滝川正春

    日本結合組織学会学術大会抄録集   50th   2018年

     詳細を見る

  • CCN2とRab14の相互作用が骨・軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島 光博, 服部 高子, 青山 絵理子, 西田 崇, 田中 智代, 久保田 聡, 上岡 寛, 滝川 正春

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [2P - 0285]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    researchmap

  • CATABOLIC EFFECTS OF FGF-1 ON CHONDROCYTES WITH REDUCED CCN2 PRODUCTION THAT PROMOTES CARTILAGE REGENERATION: POSSIBLE ROLE IN OSTEOARTHRITIS

    A. Elseoudi, T. Abd El Kader, T. Nishida, E. Aoyama, T. Eguchi, M. Takigawa, S. Kubota

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   28   S225 - S225   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER LONDON LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 骨格形成における低密度リポたんぱく質受容体関連たんぱく質1(LRP1)の役割

    河田かずみ, 久保田聡, 久保田聡, 服部高子, 青山絵理子, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   30th   2017年

     詳細を見る

  • 口腔扁平上皮癌骨微小環境におけるヘッジホッグシグナルの関与

    志茂 剛, 松本 憲一, 青山 絵理子, 武部 祐一郎, 高畠 清文, 小畑 協一, 伊原木 聰一郎, 奥井 達雄, 栗尾 奈愛, 長塚 仁, 佐々木 朗

    口腔組織培養学会誌   25 ( 1 )   39 - 40   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本口腔組織培養学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨格形成における低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)の役割

    KAWATA Kazumi, KUBOTA Satoshi, KUBOTA Satoshi, HATTORI Takako, AOYAMA Eriko, TAKIGAWA Masaharu, TAKIGAWA Masaharu

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   34th   223   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血小板に含まれるCCNファミリータンパク質の解析と軟骨再生への応用

    原規子, 原規子, 久保田聡, 久保田聡, 青山絵理子, 服部高子, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   29th   2016年

     詳細を見る

  • 成熟破骨細胞のアクチンリング形成におけるCD302の機能とCCN2による制御

    青山 絵理子, 星島 光博, 服部 高子, 久保田 聡, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回   [3T23 - 09(3P0069)]   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • ヘッジホッグと骨病変

    志茂剛, 松本憲一, 青山絵理子, 武部祐一郎, 高畠清文, 小畑協一, 伊原木聰一郎, 奥井達雄, 栗尾奈愛, 長塚仁, 佐々木朗

    癌と骨病変研究会抄録集   18th   37   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 破骨細胞分化における新規アクチン骨格制御因子としてのDCL-1/CD302の役割とCCN2との関連

    青山絵理子, 星島光博, 服部高子, 久保田聡, 久保田聡, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2015   2015年

     詳細を見る

  • 骨軟骨再生因子CCN2の軟骨細胞アミノ酸代謝への影響

    村瀬友里香, 村瀬友里香, 服部高子, 青山絵理子, 前田彩, 川木晴美, 佐々木朗, 滝川正春, 久保田聡

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   28th   2015年

     詳細を見る

  • 新たな破骨細胞制御因子DCL-1/CD302の作用機構の解明とCCN2との関連

    青山絵理子, 服部高子, 星島光博, 星島光博, 久保田聡, 久保田聡, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33rd   2015年

     詳細を見る

  • CCN2による軟骨細胞のアミノ酸代謝制御

    村瀬友里香, 村瀬友里香, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 前田彩, 川木晴美, 佐々木朗, 滝川正春, 久保田聡

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   33rd   2015年

     詳細を見る

  • CCN2結合因子DCL-1の破骨細胞分化制御因子としての役割

    青山絵理子, 服部高子, 滝川正春, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   32nd   2014年

     詳細を見る

  • Fibroblast growth factor-1が軟骨代謝に及ぼす多彩な影響

    ABD EL KADER Tarek, ABD EL KADER Tarek, 久保田聡, 西田崇, 古松毅之, 青山絵理子, 窪木拓男, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   27th   2014年

     詳細を見る

  • 新たなCCN2結合因子DCL-1の破骨細胞分化における役割

    青山絵理子, 星島光博, 服部高子, 久保田聡, 滝川正春, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2014   2014年

     詳細を見る

  • 軟骨分化促進因子CCN2の新たな細胞内機能:CCN2とRab14GTPaseの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 上岡寛, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   32nd   2014年

     詳細を見る

  • 破骨細胞分化における新規CCN2結合タンパク質DCL-1の発現と機能

    青山絵理子, 星島光博, 服部高子, 久保田聡, 滝川正春

    日本生化学会大会(Web)   87th   2014年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFとRab14 GTPaseの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   32 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

  • CCN2とRab14GTPaseの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春, 滝川正春

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th   2013年

     詳細を見る

  • CCN2を構成する各モジュールの軟骨再生効果

    ABD EL KADER Tarek, ABD EL KADER Tarek, 久保田聡, 西田崇, 服部高子, 青山絵理子, JANUNE Danilo, 窪木拓男, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   26th   2013年

     詳細を見る

  • Rab14GTPaseのCCN2/CTGF結合因子としての同定,およびこれらの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • Rab14GTPaseのCCN2/CTGF結合因子としての同定と,これらの相互作用が軟骨細胞の小胞輸送に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   26th   2013年

     詳細を見る

  • Effect of CCN2/CTGF on FGF2-induced proliferation of and MMP-9 and-13 productions by chondrocytes

    T. Nishida, S. Kubota, E. Aoyama, D. Janune, A. Maeda, M. Takigawa

    FEBS JOURNAL   279   169 - 169   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • CCN2/CTGF-CCN3/NOVおよびCCN2-CCN2のダイマー形成が軟骨細胞の分化機能に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   25th   2012年

     詳細を見る

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)による軟骨細胞でのCCNファミリー2/結合組織成長因子(CCN2/CTGF)タンパク質輸送

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 近藤 誠二, 滝川 正春

    日本結合組織学会学術大会・マトリックス研究会大会合同学術集会プログラム・抄録集   43回・58回   76 - 76   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結合組織学会・マトリックス研究会  

    researchmap

  • CCN2/CTGFとCCN3/NOVのヘテロダイマー,およびCCN2のホモダイマー形成が軟骨細胞の基質合成に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   29th   2011年

     詳細を見る

  • 軟骨細胞のCCN2蛋白質輸送における低比重リポ蛋白受容体関連蛋白質1(LRP1)の役割(Role of the low-density lipoprotein receptor related protein 1 (LRP1) in CCN2 protein transportation in chondrocytes)

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 近藤 誠二, 滝川 正春

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回   2T10 - 12   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク1(LRP1)による軟骨細胞でのタンパク質輸送

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 近藤 誠二, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   28回   188 - 188   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • CCN2/CTGFのホモダイマー形成,およびCCN3/NOVとのヘテロダイマーの形成と,それらが軟骨細胞の基質合成に及ぼす役割

    星島光博, 星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    生化学   2010年

     詳細を見る

  • 軟骨組織特異的CCN2/CTGF過剰発現による膝関節軟骨の加齢変性抑制効果

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    生化学   2010年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFとCCN2/CTGF,およびCCN3/NOVとの結合とそれらの相互作用の解析

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   29 ( 1 )   2010年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFはマトリリン-3と結合して軟骨マトリックス成分のネットワーク形成を促進する

    服部高子, 荒木大介, 星島光博, 青山絵理子, 新村兆一郎, OTTEN Christiane, WAGENER Raimund, 滝川正春

    日本結合組織学会学術大会抄録集   42nd   2010年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFのホモダイマー形成,およびCCN3/NOVとのヘテロダイマーの形成とそれらの軟骨細胞における生理作用

    星島光博, 星島光博, 服部高子, 青山絵理子, 西田崇, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   28th   2010年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFはマトリリン-3と結合して軟骨マトリックス成分のネットワーク形成を促進する

    服部高子, 荒木大介, 星島光博, 青山絵理子, 新村兆一郎, OTTEN Christiane, WAGENER Raimund, 滝川正春

    生化学   2010年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現による膝関節軟骨の加齢に伴う変性抑制効果

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   23rd   2010年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFの核内移行とExportin-1による核-細胞質間分子輸送

    服部高子, 星島光博, 荒木大介, 青山絵理子, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   28th   2010年

     詳細を見る

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク-1(LRP1)の軟骨細胞分化における多面的作用機構

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 森谷 徳文, 近藤 誠二, 西田 崇, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回   4T4p - 9   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 低密度リポタンパク受容体関連タンパク-1(LRP1)の軟骨細胞分化における機能とその作用機構

    河田 かずみ, 久保田 聡, 江口 傑徳, 青山 絵理子, 森谷 徳文, 近藤 誠二, 西田 崇, 皆木 省吾, 滝川 正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   27回   179 - 179   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    researchmap

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現は関節軟骨を加齢に伴う変形性関節炎様変化から防御する

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   27th   2009年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFと結合するタンパク質の同定

    星島光博, 服部高子, 荒木大介, 青山絵理子, 西田崇, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   28 ( 1 )   2009年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFのExportin-1による核-細胞質間分子輸送

    服部高子, 小郷絢子, 圓城裕基, 池側広志, 荒木大介, 星島光博, 青山絵理子, 滝川正春

    日本分子生物学会年会講演要旨集   32nd ( Vol.1 )   2009年

     詳細を見る

  • CCNファミリー2/結合組織成長因子はBMPシグナルを修飾し,軟骨細胞増殖・分化を制御する

    前田あずさ, 前田あずさ, 西田崇, 青山絵理子, 久保田聡, 窪木拓男, LYONS Karen, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   22nd   2009年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFの軟骨特異的過剰発現が内軟骨性骨化に及ぼす影響

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 青山絵理子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26th   2008年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFの関節軟骨アンチエイジング作用:軟骨組織特異的CCN2/CTGF過剰発現マウスを用いた解析

    伊藤慎将, 伊藤慎将, 服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 青山絵理子, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   26th   2008年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFの軟骨特異的過剰発現マウスモデルの作製と解析

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 青山絵理子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   21st   2008年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGFとBMP-2との分子間相互作用はヒト軟骨細胞様細胞株HCS-2/8の細胞分化を制御する

    前田あずさ, 前田あずさ, 西田崇, 青山絵理子, 川木晴美, 久保田聡, 窪木拓男, LYONS Karen M, 滝川正春

    日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集   21st   2008年

     詳細を見る

  • 軟骨成長・分化因子CCN2/CTGFはマトリリン3に結合する事によってマトリックスのネットワーク形成を促進する

    荒木大介, 服部高子, 青山絵理子, 星島光博, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   50 ( Supplement )   2008年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現は骨延長を誘導する

    服部高子, 冨田奈緒, 冨田奈緒, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 矢尾真弓, 山城隆, 滝川正春

    生化学   2008年

     詳細を見る

  • CCN2/CTGF軟骨特異的過剰発現が骨格形成に及ぼす影響

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 伊藤慎将, 伊藤慎将, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   50 ( Supplement )   2008年

     詳細を見る

  • 軟骨成長・分化因子CCN2/CTGFとMatrilin3の相互作用

    荒木大介, 服部高子, 青山絵理子, 星島光博, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   49 ( Supplement )   2007年

     詳細を見る

  • 結合組織成長因子(CCN2/CTGF)とアグリカンとの結合の生理的意義の解析

    青山絵理子, 服部高子, 荒木大介, 星島光博, 滝川正春

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   25th   2007年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的にCCN2/CTGFを過剰発現したトランスジェニックマウスの作製と解析

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 矢尾真弓, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    生化学   2007年

     詳細を見る

  • 軟骨特異的CCN2/CTGF過剰発現トランスジェニックマウスの作製とCCN2/CTGFの内軟骨性骨化に及ぼす影響について

    冨田奈緒, 冨田奈緒, 服部高子, 青山絵理子, 青山絵理子, 山城隆, 滝川正春

    Journal of Oral Biosciences   49 ( Supplement )   2007年

     詳細を見る

  • CCN2はフィブロネクチン及びマトリリン3と相互作用し,軟骨細胞の接着および細胞外マトリックスの重合を制御している

    星島光博, 服部高子, 荒木大介, 青山絵理子, 滝川正春

    岡山歯学会雑誌   26 ( 1 )   2007年

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 長鎖非コードRNA群によるCCN2を通じた骨格形成調節機構の解明

    研究課題/領域番号:21H03105  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 滝川 正春, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    researchmap

  • コンドロニュートリゲノミクス研究の開拓とニュートリジェネティクス研究への展開

    研究課題/領域番号:20K20611  2020年07月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)  挑戦的研究(開拓)

    滝川 正春, 青山 絵理子, 星島 光博, 久保田 聡, 西田 崇, 江口 傑徳

      詳細を見る

    配分額:25870000円 ( 直接経費:19900000円 、 間接経費:5970000円 )

    researchmap

  • 三次元腫瘍オルガノイド評価系により見出された新規癌転移抑制化合物の創薬展開

    研究課題/領域番号:20K09904  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    十川 千春, 岡元 邦彰, 江口 傑徳, 河合 穂高, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • CCN2の転写因子様機能を介した線維症のキープレイヤー筋線維芽細胞分化機構の解明

    研究課題/領域番号:20K09889  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西田 崇, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 青山 絵理子, 高江洲 かずみ

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 内在性UTRブロッカーによるCCN2遺伝子発現制御とその生物学的意義

    研究課題/領域番号:19K22716  2019年06月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 滝川 正春, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    本研究の対象は、ヒトCCN2の3'-非翻訳療育 (UTR) を過不足なく覆うアンチセンス長鎖ノンコーディングRNA (lncRNA) anti-CCN2 3'-UTR RNA (ACUR)である。ヒト子宮頸癌細胞HeLaと軟骨肉腫細胞HCS-2/3でのACURの発現はすでに予備実験で判っていたが、本研究はまずACURの発現を、別の細胞株や正常ヒト細胞でも検証することから始めた。その結果、ヒト乳がん細胞株MDA-MB-231株でもACURが発現していること、さらにヒト膝関節から分離した関節軟骨細胞でもACURでも強い発現が確認できた。また、その発現量にはやはりCCN2 mRNAと正の相関があった。この所見は関節軟骨におけるACURの生物学的意義を示唆するものであり興味深い。なおCCN2遺伝子がすべての哺乳類に存在することから、マウスにもACURが存在すると思われたが、今後マウスを用いた実験を行うにあたってこの点を確認する必要がある。そこでCCN2遺伝子座の構造を比較解析し、ACURの構造を推定した上でマウスACURの検知を試みた。その結果マウスC3H10T1/2細胞株でもACURが転写されていることを確認できた。しかもその転写量はCCN2 mRNA同様、同細胞の脂肪細胞への分化によって大きく減少することが明らかとなった。
    ACURの分子機能を明らかにする第一段階として、ヒトACURを一過性に強制発現するための発現プラスミドを構築した。そして本研究提案当初の仮説である3'-UTR封鎖機能を検証するため、蛍ルシフェラーゼ遺伝子にヒトCCN2 3'-UTRを接続したレポータープラスミドとともに、HCS-2/8細胞に導入してその効果をみたが、強制発現による有意な変化は見られなかった。
    なお本研究を進める過程で、CCN2遺伝子座のまったく別の5'-UTR領域にアンチセンスlncRNAを新たに発見した。

    researchmap

  • CCNsの細胞内新機能~細胞外新情報伝達系の解明と共通分子基盤の確立及びその応用

    研究課題/領域番号:19H03817  2019年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    滝川 正春, 青山 絵理子, 星島 光博, 久保田 聡, 西田 崇, 江口 傑徳, 大野 充昭, 鈴木 守

      詳細を見る

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    サブテーマ1: CCNタンパク質の意外な新機能について。1-1)CCN2結合因子として分泌小胞の細胞内輸送に関与するタンパク質Rab14をyeast two-hybrid法で同定し、両者がCCN2のIGFBPドメインを介して結合することを解明した。また、Cos7細胞に両タンパク質を強制発現して、両者が細胞内で共局在することを確認した。さらに、軟骨細胞においてRab14あるいはCCN2の発現を阻害すると小胞体ストレスマーカーの発現が上昇すること、Rab14とCCN2の相互作用が軟骨細胞のアグリカン分泌に重要であることも解明した。即ち、分泌タンパク質CCN2が細胞内で機能するという意外な事実を見いだした。1-2)CCN2 が神経栄養因子様の活性を持っていることを新たに見いだした。また、脂肪細胞分化を抑制すること、骨細胞から産生され骨のリモデリングに重要な役割を果たすことなどCCN2の新機能を見いだした。
    サブテーマ2: CCNタンパク質の細胞外小胞を介した情報ネットワークの形成について。好転移性がん細胞LuM1が産生する細胞外ベジクル (EV)が低転移性大腸がん細胞Colon26のEVよりMMP3とCCN2を多量に含有すること、このEVが血流を介して、皮下に移植したColon26癌の増殖を強く増強することを見いだした。また、 同オンコゾーム由来のMMP3が標的細胞中でCCN2を誘導することを見いだした。
    サブテーマ3: 構造ー機能解析とその展開について。ヒトCCN2全長タンパク質の立体構造を決めるため、ヒトCCN2組換えタンパク質を用いて、BINDS(創薬等先端技術支援基盤プラットホーム) の支援のもと、約800条件で結晶化を試みたが結晶は確認できず、また、FGF2との複合体の結晶化も進めるべく、同複合体の分離を試みたが、沈殿が生じてしまった。現在、これらの条件検討を継続中である。

    researchmap

  • CD302の新機能:破骨細胞の分化制御とその機構及び骨・軟骨代謝研究への展開

    研究課題/領域番号:19K10053  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    青山 絵理子, 滝川 正春, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    まず、軟骨細胞でのCD302の存在について明らかにするため、ヒト軟骨細胞様細胞株であるHCS-2/8細胞を用いた検討を行った。HCS-2/8細胞のtotal RNAおよびタンパク質を回収し、real time PCRおよびウエスタン・ブロッティング法で解析したところ、CD302のmRNA発現およびタンパク質の存在が認められた。次に、軟骨細胞におけるCD302の発現制御因子を解明するために以下の実験を行った。CCN2 (cellular communication network factor 2)は軟骨細胞の増殖および遺伝子およびタンパク質発現であるが、この因子によるCD302発現への影響を解明するためCCN2をHCS-2/8細胞に強制発現させた時のCD302のタンパク質量を解析したところ、対照群とほとんど差が見られなかった。このことから少なくとも軟骨細胞においてはCCN2によってCD302のタンパク質量に影響を及ぼすことはない可能性が高いと考えられる。さらに、軟骨細胞の培養条件による違いがCD302の発現に及ぼす影響を調べたところ、密な状態で培養した時の細胞では粗な状態の時に比べて二倍近くのCD302を発現していた。
    ここでさらに骨形成細胞である骨芽細胞におけるCD302の発現についてもさらに解析を進めた。マウス骨芽細胞株であるMC3T3-E1細胞におけるCD302の発現確認と培養状態が及ぼす影響を調べたところ、この細胞においてもCD302が発現しており、軟骨細胞様細胞株の場合と同様に密な状態の時の方がCD302の発現量が高くなっていることが分かった。
    これらの結果はCD302を発現させた時に細胞形態が対照群と比べて丸くなっていたこととも併せて、細胞間接触の増減に伴う細胞骨格の変化とCD302発現との間に何らかの関連性があることが推察できる。

    researchmap

  • 細胞アンテナによる象牙質再生への道を拓く基礎研究

    研究課題/領域番号:19K10109  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高江洲 かずみ, 服部 高子, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    日本人の平均寿命は年々伸びている反面、健康寿命は伸びていない。健康寿命を延長には咀嚼機能の維持が鍵となるため、歯牙の再生療法の開拓が望まれている。個々の歯牙の再建には象牙質の再生が必須であるが、自然状態での象牙質再生能力は不充分である。
    このため、象牙芽細胞の細胞外環境感知センサー、つまり〝一次繊毛”の形成や細胞周期の制御に機能するIntraflagellar transport (Ift) 88を機能制御することで、象牙質再生の実現を我々は目指している。理想的な形質・形態の象牙質を再生するためには、まず正常象牙質の形成過程を解明する必要がある。そのために、まず、1. 象牙芽前駆細胞の接着・増殖、2. 分化、3. 細胞極性の分子制御機構を検討する。その上で、象牙質再生法の開発を検討していく。
    現在までに、Ift 88をノックダウンした象牙芽前駆細胞であるsh-Ift88 KN-3細胞では、一次繊毛形成に関係なく、細胞接着能力や細胞増殖速度が抑制されることを確認している。本年度は、KN-3細胞において、IFT88が細胞接着や細胞増殖を調節する機構を検討するため、Fucci-S/G2/M Green expression KN-3細胞を作製し、細胞周期のモニタリングをArrayScanを用いて行った。その結果、sh-Ift88 KN-3細胞では、コントロールのKN-3細胞と比較して、Fucci-S/G2/M Greenの発現が抑制されていることが明らかとなった。

    researchmap

  • 癌骨破壊病変のHedgehogシグナルを起点とした癌代謝・癌免疫制御機構の解明

    研究課題/領域番号:18H02999  2018年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    志茂 剛, 佐々木 朗, 吉田 祥子, 青山 絵理子, 國定 勇希, 滝川 正春, 奥井 達雄, 長塚 仁, 高畠 清文, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    腫瘍微小環境は,腫瘍実質と間質で構成されており,間質は,クロファージ,血管内皮細胞,癌関連線維芽細胞,免疫細胞など複数の異なる細胞で構成され,細胞外マトリックスから分泌されたサイトカイン,ケモカイン,成長因子,およびタンパク質を介して複雑な通信ネットワークを介して互いに相互作用するだけでなく,癌細胞とも相互作用する。
    本研究課題におけるSonic Hedgehogと口腔扁平上皮癌の腫瘍微小環境におけるその役割はまだ解明されておらず,我々は口腔癌切除標本を用いて検討した。
    浸潤能が強い癌細胞はそうでない癌細胞と比較して,Sonic Hedgehogとその受容体Patchedの両方をより強く発現し,一方でその間質は,CD31陽性の腫瘍血管内皮細胞,CD68陽性およびCD11b陽性のマクロファージ,α-smooth muscle actin陽性の癌関連線維芽細胞がPatchedを発現することが明らかになった。これらの結果は,Sonic Hedgehogのオートクライン効果が癌の浸潤を誘発し,一方でSonic Hedgehogパラクリン効果が口腔扁平上皮癌と間質相互作用を支配することが示唆された。

    researchmap

  • CCN2とVASH1による新たな内軟骨性骨化調節メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:17H06885  2017年08月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    村瀬 友里香, 滝川 正春, 佐藤 靖史, 久保田 聡, 青山 絵理子, 鈴木 康弘, 服部 高子, 吉田 祥子, 佐々木 朗

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    本研究では、CCN2とVASH1による新たな内軟骨性骨化調節メカニズムを解明することを目的とした。興味深いことに、VASH1はCCN2と同様に肥大軟骨細胞層に局在し、また、軟骨細胞においてCCN2の発現を抑制すると、VASH1の発現が低下し、アポトーシスが誘導された。そして、その誘導されたアポトーシスはROS阻害剤であるN-acetyl-L-cysteineにより抑制された。これらの成果から、軟骨細胞の肥大化期には、CCN2-VASH1の発現が亢進し、ROSレベルの制御を介して肥大軟骨細胞の細胞死・アポトーシスを分化終末期まで防いでいる可能性が推測された。

    researchmap

  • 内軟骨性骨形成と関節軟骨維持・再生を対象としたニュートリゲノミクス研究

    研究課題/領域番号:17K19757  2017年06月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    滝川 正春, 青山 絵理子, 星島 光博, 久保田 聡, 西田 崇

      詳細を見る

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    本研究で、(1) グルコースおよび糖質代謝物メチルグリオキサールが、内軟骨性骨形成促進因子CCN2および関節軟骨維持因子CCN3の発現を制御すること、(2)トリプトファン代謝物セロトニンが軟骨のCCN2の産生を制御し、関節軟骨の維持に重要な役割を果たすこと、メラトニンも軟骨の成長・発育に重要であること、さらに、メチオニンの代謝産物 S-アデノシルメチオニンが軟骨細胞の増殖・分化を促進すること、(3) CCN2が、低周波パルス超短波刺激による軟骨細胞の分化形質の亢進だけでなく、未分化間葉系幹細胞の脂肪細胞への分化抑制を仲介することから、軟骨ニュートリゲノミクスの重要な標的であること明らかにした。

    researchmap

  • CCN2の新ポテンシャル:ワールブルグ・エフェクター機能の検証

    研究課題/領域番号:17K19756  2017年06月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ, 滝川 正春, 青山 絵理子, 志茂 剛

      詳細を見る

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    軟骨肉腫由来細胞での検討の結果、CCN2遺伝子発現抑制で細胞内ATP量が低下する一方、解糖系の阻害によりCCN2遺伝子発現も低下した。この事実から、同細胞ではCCN2はワールブルグ・エフェクターを超え、正のフィードバックにより解糖系を活性化するワールブルグ・ブースターとして機能することが明らかになった。また解糖系阻害が全CCNファミリー遺伝子の発現に与える影響を解析したところ、CCN3の遺伝子発現が強く誘導された。この現象はミトコンドリアでのATP産生を阻害しても見られず、解糖系の活性に依存する。以上より、CCN2とCCN3は解糖活性を核として緊密な制御下にあることも本研究において解明された。

    researchmap

  • 肥満による変形性膝関節症の発症機構の解明とCCN2によるその制御効果の検討

    研究課題/領域番号:17K11641  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西田 崇, 久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 青山 絵理子, 高江洲 かずみ

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Angiotensin II (ANG II)は軟骨細胞の増殖・分化を抑制すると同時にCCN2の産生量を濃度依存的に増加させた。その作用はANG II受容体であるAT1Rを阻害するロサルタン処置やゲノム編集によるAT1Rノックアウト軟骨細胞を用いた解析結果からAT1Rを介していることが明らかとなった。また、CCN2欠損ではANG IIの合成促進が示唆され、CCN2欠損マウスによる変形性関節症の発症にはANG IIの産生量の増加が関与していると考えられた。

    researchmap

  • 細胞外環境感知センサーを介した象牙芽細胞の規則的配列機構の解明

    研究課題/領域番号:16K11475  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高江洲 かずみ, 服部 高子, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    我々は、 象牙芽細胞分化培地に添加するデキサメタゾン (DEX)による象牙芽前駆細胞であるKN3細胞の増殖抑制を、一次繊毛の形成や細胞周期の制御に機能するIntraflagellar transport (Ift) 88のノックダウンが解除する機構を探索した。その結果、一次繊毛の制御するシグナル経路の関与は認められなかったが、古典的Wntシグナル関連遺伝子であるCcn4、5の関与が疑われた。このため、Ccn4、5を強制発現させたKN3細胞を作製し、その影響を検討したが、DEXによる細胞増殖抑制をIft88ノックダウンが解除する機構には、Ccn4、5は関与していないことが明らかになった。

    researchmap

  • Rab14とCCN2による小胞輸送がマトリクス形成に及ぼす役割

    研究課題/領域番号:16K11786  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    星島 光博, 服部 高子, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 上岡 寛, 久保田 聡

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    軟骨分化促進因子CCN2と細胞内輸送制御因子Rab14は、骨、軟骨および肺組織で極めて高いレベルで発現している。両者の分子間相互作用が、これらの組織で果たす役割を解明することを目的とし、骨細胞の分化や基質産生に及ぼす影響について検証した。
    その結果、骨細胞の成熟に伴ってRab14とCCN2の発現が亢進し、Ⅰ型コラーゲンやオステオカルシンの発現が有意上昇していた。それに伴い細胞内カルシウム応答に関与するc-Fos、コネキシン43およびパネキシン3の発現が著しく増加した。また成熟骨細胞で、機械的刺激に対する細胞内カルシウムイオンの上昇率が有意に上昇した。

    researchmap

  • 新規CCN2結合分子DCL‐1の破骨細胞成熟促進因子としての新機能の解明

    研究課題/領域番号:15K11038  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    青山 絵理子, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 崇, 久保田 聡, 星島 光博

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    CD302は骨吸収細胞である破骨細胞分化過程において発現しており、CD302を発現抑制させると成熟破骨細胞の形成および骨吸収が抑制された。さらに骨吸収能を発揮するために必要な細胞内構造であるアクチンリングの形成と維持に関与していることが分かった。また、破骨細胞分化促進因子であるCCN2とアクチンリングにおいて共局在していることが明らかになった。CD302のシグナル伝達についてはSHP-2が関与している可能性が見いだされている。これらのことから本研究の成果はCD302が破骨細胞の機能制御のための治療薬開発などの新たな標的となり得ることを明らかにした。

    researchmap

  • 軟骨再生医療を視野に入れたCTGF/CCN2発現促進機構の解析

    研究課題/領域番号:15K11247  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    森谷 徳文, 青山 絵理子, 滝川 正春, 西田 崇, 松村 達志, 久保田 聡, 飯田 征二

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    CEBPB,CEBPDがCTGF/CCN2の発現変化を調節し,この調節経路にIL16, COL12A1の関与を示唆する結果が得られた.また,CEBPB,CEBPDは核内で発現しCTGF/CCN2と同じ様な発現パターン示し,CCN2のpromoter領域にCEBPB,CEBPDが作用していることを示唆する結果が得られた.さらにCEBPB,CEBPDを強制発現させるとプロテオグリカン合成の促進していることを示唆する結果が得られた.一方,鎖骨頭蓋異形成症症例についてRUNX2遺伝子のフレームシフト変異を同定し,歯の切片を用いてRUNX2とCTGF/CCN2の発現局在を確認した.

    researchmap

  • CCNファミリータンパク質の臨床応用に向けた分子基盤の確立と橋渡し研究

    研究課題/領域番号:15H05014  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    滝川 正春, 青山 絵理子, 久保田 聡, 西田 崇, 服部 高子, 志茂 剛, 大野 充昭, 星島 光博, 長岡 紀幸, 古松 毅之

      詳細を見る

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    CCNタンパク質の機能特異的受容体の同定として、 CCN2の増殖特異的受容体を同定した。4つのCCN2個別モジュールのうち、血管新生活性は、IGFBPおよびTSP1モジュールが強かった。また、IGFBP-TSP1モジュール結合体は特に強い血管新生活性を示した。なお、線維化促進活性はTSP1モジュールが強い活性を示した。超低出力パルス超音波は軟骨細胞のCCN2誘導を介して軟骨基質の産生を促進した。また、その作用はCaイオンチャネルTRPV4を介していた。その他、CCN3が実験的OAモデルでOAの予防・治療に効果があること、CCN4が骨髄間葉系細胞の軟骨細胞への分化を促進することを明らかにした。

    researchmap

  • CCN2による骨細胞機能を標的とした新規骨粗鬆症治療薬の開発

    研究課題/領域番号:26462810  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西田 崇, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    骨細胞は骨のリモデリングを調節する司令塔としての役割が知られているが、CCN2 /CTGFの作用は不明である。本研究課題ではCCN2刺激した骨細胞による破骨細胞への分化誘導能を解析した。組換えCCN2タンパク質を含むコラーゲンゲル内で3次元培養した骨細胞様細胞株MLO-Y4はOPGの産生を抑制することで、そのゲル上に播種したRAW264.7細胞の破骨細胞への分化を促進させた。また、Ccn2欠失マウスから単離した骨細胞様細胞では、逆に破骨細胞への形成は抑制された。これらの結果からCCN2を介した骨細胞による破骨細胞形成の調節機構の存在が示唆された。

    researchmap

  • デコイ受容体のnon-canonicalな作用経路の存在の立証とその意義

    研究課題/領域番号:26670808  2014年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    滝川 正春, 久保田 聡, 青山 絵理子, 西田 崇, 服部 高子, 高江洲 かずみ

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    デコイ受容体の作用機構と存在意義に関する既成概念を覆す2つのデコイ受容体様分子の新たな作用機構を見出した。即ち、① OPGは、RANKLに結合してRANKに結合するRANKL量を減らすことにより、破骨細胞形成を阻害すると考えられていたが、CCN2に結合することによりCCN2の破骨細胞形成作用を阻害すること、② PDGFRLはそのリガンドと想定されるPDGFとは結合せず、CCN2に結合して、CCN2の分子動態を制御することにより、軟骨細胞の増殖・分化に重要な役割を果たしていることを見出した。③ さらに、CD302がCCN2に結合することを見出したので、既成概念を覆す第3の例の発見も期待できる。

    researchmap

  • CCNファミリ-3の新機能:内軟骨性骨形成における役割

    研究課題/領域番号:25462888  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    服部 高子, 久保田 聡, 西田 崇, 滝川 正春, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    CCN3の骨格形成における役割を知るために、軟骨組織特異的過剰発現トランスジェニックマウスを作製した。作製したマウスは胎生期の骨異形成のみでなく、長管骨の骨化部分短縮、骨密度低下、軟骨最終分化や骨芽細胞のマーカー遺伝子陽性細胞の出現の遅延、また、軟骨組織への血管侵入の遅延を認めた。一方で軟骨分化の過度な促進を観察した。成体関節軟骨では関節軟骨の変性を確認した。これらの変化は多くの内軟骨性骨形成に関与する遺伝子発現の増減による事が明らかとなり、これらの結果はCCN3の軟骨組織における濃度維持は正常な骨格形成、関節軟骨の機能維持に必須であることを示しており、CCN3の新たな機能を示すものである。

    researchmap

  • CCN2・CCN3のダイアーキーによる組織形成統合制御機構の解明と応用

    研究課題/領域番号:25462886  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    ダイアーキー的相互作用を想定しCCN3を強制発現したところ細胞の線維化形質は抑制され、CCN2,4産生が抑制されていた。またCCN3を軟骨細胞に強発現するマウスを作成し解析した結果、内軟骨性骨形成の最終段階に遅延が認められた。なおCCN2協同分子として新たに数種の分子を見出した。
    続いて変形性関節症 (OA)をラットに誘発させたところ組織のCCN3が著しく減少し、OA病巣へのCCN3タンパク質局所適用は改善効果を発揮した。
    次に組織再生CCNカクテルのモデルとして血小板を分析し、そこにCCN1,2,3,5が含まれることを明らかにした。これに倣い調製したCCNカクテルはCCN2以上の効果を発揮した。

    researchmap

  • OPGの新規破骨細胞形成抑制機構ー破骨細胞形成促進因子CCN2との相互作用ー

    研究課題/領域番号:25861755  2013年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    CCN2とOPGの直接的結合について固相化結合法と表面プラズモン共鳴法で解析した結果、OPGとCCN2の結合はOPGの本来のパートナーであるRANKLとの結合にも匹敵することが分かった。さらにOPGはCCN2とRANKとの結合を強く阻害した。次に、CCN2のOPGによるRANKシグナル抑制作用を検討するためマウス骨髄細胞から破骨細胞を誘導する系においてOPGとCCN2を共存させたところ、濃度依存的にCCN2はOPGの抑制作用を阻害した。このことはCCN2がOPGと結合し、その作用を抑制することを示している。
    以上の結果から、CCN2とOPGは直接結合し、相互にその作用を抑制していると言える。

    researchmap

  • CCNファミリーの微小環境調整マスターマインドとしての分子基盤の解明と医学的応用

    研究課題/領域番号:24390415  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:18200000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:4200000円 )

    CCNファミリータンパク質のマスターマインドとして作用の分子基盤を、そのプロトタイプであるCCN1-3、特にCCN2を中心に、それらに対する結合分子を多数同定し各々の結合がもたらす最終的な生物学的作用を明らかにすることによって解明した。次いで、CCN2等の軟骨特異的過剰発現マウスを作成し、その表現系を解析することにより、CCN2等が実際に生体内でマスターマインドとして機能していることを証明した。また、CCN2の個別モジュールを骨格系組織の再生医療に応用できる可能性を示した。さらに、CCN2遺伝子を非侵襲性に生体内で発現誘導させ、軟骨組織を再生し得ることを見いだし、臨床応用への道筋を付けた。

    researchmap

  • CCNファミリー間のネットワーク形成による筋肉内異所性骨化の分子機構の解明

    研究課題/領域番号:23592732  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西田 崇, 滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    マウス筋芽細胞株C2C12に炎症性サイトカインの一つであるTNF-αを作用させると、CCN2/結合組織成長因子(CTGF)の産生量の増加が見られ、CCN2はC2C12細胞の細胞増殖とMyoD産生量を増加させた。この結果に一致して、Ccn2欠損マウスの筋組織では野生型と比べて筋芽細胞の細胞増殖が低下し、筋組織も低形成を示した。また、C2C12細胞にCCN2とBMP2を同時に添加すると、BMP2単独刺激で上昇したRunx2及びOsterixの遺伝子発現レベルは有意に減少した。

    researchmap

  • CCN2のメタボリックサポーターとしての機能解明とその臨床応用研究

    研究課題/領域番号:23592216  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    三宅 由晃, 青山 絵理子, 古松 毅之, 久保田 聡, 尾崎 敏文, 滝川 正春

      詳細を見る

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    CCN2は軟骨細胞の増殖と分化をともに促進するが、この一見矛盾する分子機能を可能とするメカニズムは明らかではなかった。本研究では、CCN2が軟骨細胞における代謝全般、特にエネルギー産生に与える影響、ならびにその背景にある分子基盤を解明することを目的とした。
    その結果、CCN2欠損により軟骨細胞内ATP量が低下し、その原因が解糖系の抑制にあることが解明され、CCN2は軟骨細胞のATP産生を支えるメタボリック・サポーターであることが示された。また動物OAモデルにおいて関節軟骨再生効果が確認できたことからOA軟骨治療への応用が期待される。

    researchmap

  • 軟骨内タンパク質輸送の新機構:多層トランスサイトーシス

    研究課題/領域番号:23659872  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    軟骨は無血管の組織で従来軟骨内タンパク質輸送は拡散によるものと考えられていた。本研究では、軟骨に発現する Low-density lipoprotein receptor-related protein-1(LRP-1)が結合組織成長因子/CCN ファミリー2(CTGF/CTGF/CCN2/CCN2)をトランスサイトーシスすることにより軟骨内を輸送すること、すなわち、軟骨に拡散以外のタンパク質輸送機構が存在することを明らかにした。また、軟骨特異的 LRP-1 欠損マウスを作成し、骨格異常が認められることを明らかにした。

    researchmap

  • 結合組織成長因子(CCN2/CTGF)によるRANKシグナル制御機構の解明

    研究課題/領域番号:22791788  2010年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    青山 絵理子, 滝川 正春, 久保田 聡, 西田 崇

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    CCN2/CTGFはCCNファミリーの一つであり、様々な生理活性因子と結合し、その作用を制御することが報告されている。我々はこの点に注目し、CCN2/CTGFの結合因子をさらにスクリーニングした結果、CCN2/CTGFはTNFRファミリーの一員であるreceptoractivator of NF-kappaB(RANK)と結合し、さらにRANKのデコイレセプターでありその作用を抑制する因子OPGとも結合性を有することを示した。さらに骨を破壊する細胞である破骨細胞の前駆細胞であるRAW264. 7細胞ではRANKL刺激によって引き起こされる種々のRANKシグナルの活性化がCCN2/CTGFによって増強された。また、CCN2/CTGFはOPGによるRANKL刺激の抑制を減弱させた。これらのことからCCN2/CTGFは二種類の経路を介して成熟破骨細胞の細胞形成促進することが明らかになった。

    researchmap

  • Sox9ユビキチン化酵素発現異常と骨格系発達異常および神経障害との関連

    研究課題/領域番号:21592359  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    服部 高子, 滝川 正春, 久保田 聡, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    内軟骨性骨形成過程においてSox9は間葉系細胞が軟骨細胞へと分化する方向性を決定する転写制御因子として知られており、Sox9の活性の厳密な調節が正常な骨格形成に必要だと思われる。本課題では、Sox9の細胞内量を調節するSox9特異的ユビキチンリガーゼを同定し、このユビキチンリガーゼによるSox9の細胞内量調節が内軟骨性骨形成に及ぼす影響を調べ、ユビキチンリガーゼの異常によるSox9の分解不全と神経疾患との関わりについて明らかにした。

    researchmap

  • CCN2結合性ペプチド・RNAアプタマーの開発と組織再生・疾患治療への応用

    研究課題/領域番号:21592360  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    CCN2は骨や軟骨組織を調和のとれた再生に導く分子であるとともに、様々な臓器の線維化病変に関与することが知られている。したがってCCN2の機能をコントロールすることには、再生医療や線維化疾患治療の観点から大きな意味がある。本研究ではこのCCN2に結合する小分子、アプタマーを設計・作成し、CCN2の分子機能の制御を試みた。その結果、軟骨組織の再生を促進するアプタマー、骨リモデリングを制御しうるアプタマーをそれぞれ開発することができた。

    researchmap

  • CCNファミリーの新規シグナルコンダクターとしての包括的分子基盤の解明とその応用

    研究課題/領域番号:19109008  2007年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)  基盤研究(S)

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:110500000円 ( 直接経費:85000000円 、 間接経費:25500000円 )

    CCNファミリータンパク質が、オーケストラの指揮者(コンダクター)が様々の楽器を駆使してシンフォニーを奏でるが如く、「細胞外シグナルをハーモナイズさせるコンダクター」というべき新概念のタンパク質群であることを証明し、従来の細胞外シグナルネットワーク研究の刷新に繋がる成果を挙げた。また、同タンパク質の「調和ある組織再生」への応用と「異常発現で誘発される疾患の治療」へ向けての基礎データの集積という医学的応用に結びつく成果を挙げた。

    researchmap

  • BACトランスジェニックマウスを用いた内軟骨性骨形成特異的遺伝子の解析

    研究課題/領域番号:19592145  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    服部 高子, 滝川 正春, 久保 田聡, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    全長10型コラーゲン遺伝子を含むbacterial artificial chromosome(BAC)DNAの10型コラーゲンプロモーター領域下流にSox9 cDNAを挿入し、Sox9を肥大化軟骨層に異所性に過剰発現するBACトランスジェニックマウスを作製し,(1) 骨髄の消失、肥大化軟骨層への血管侵入の遅延、肥大化軟骨細胞層の延長に起因する骨の短縮、(2) 延長した肥大化軟骨細胞層でのSox9の強い発現に加え、肥大化軟骨マーカー遺伝子の発現の低下、(3) Sox9は直接的にyθgfプロモーター活性を低下させる事、を明らかにし、これらの事からSox9の肥大軟骨細胞層における消失は、血管の侵入、骨髄の形成を可能にし,正常な内軟骨性骨形成に必須である事をin vivoおよびin vivoで明らかにした。

    researchmap

  • MMPの新機能:マトリクス合成促進因子の転写因子としての役割

    研究課題/領域番号:19659487  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵理子

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    (1)MMP-3と複合体を形成する転写関連因子の探索と機能解析;MMP-3とnuclear MMP-3associated protein (NuMAP)の発生、内軟骨性骨化過程における遺伝子発現変動の解析:まず、マウスの発生段階でのこれら遺伝子の発現変動をin silicoでESTデータベースを活用し解析した結果、MMP-3の制御標的であるCCN2遺伝子発現は原腸陥入以後成体に至るまでは誘導されること、またMMP-3は出生時以後に発現が誘導されることが明らかになった。これに対してNuMAPであるretinoblastoma binding protein4(RBBP4)、nuclear receptor co-repressor1(NRCR1)、Interleukin enhancer binding factor2(ILF2)は卵細胞から成体に至るまで広い発生段階で遺伝子発現がみられた。続いてマウス成長軟骨初代培養細胞増殖・分化系でRBBP4とILF2遺伝子発現が、共に、後期分化、つまり肥大化に向かうに従って上昇することをリアルタイムRT-PCRで明らかにした。以上より、NuMAPのうちRBBP4およびILF2は、発生毅階で見る限りではcofactorとは考えにくいものの、内軟骨性骨形成においてはMMP-3によるCCN2遺伝子の転写活性化を支える役割を果たすものと考えられる。
    (2)他のMMPsによるCCN2/CTGF遺伝子の転写制御の検討:軟骨細胞様HCS-2/8細胞におけるCCN2遺伝子プロモーター活性を、MMP-2/9特異的阻害剤の存在下で評価した結果、MMP-3特異的阻害剤でみられた用量依存的な転写活性抑制効果はみられなかった。したがってMMP-2およびMMP-9はMMP-3とは異なり、MMPとしての古典的機能と関連した形では、CCN2遺伝子の転写制御にかかわっていないことが示唆された。

    researchmap

  • 骨軟骨血球系の統合形成におけるトランスモジュレーターとしてのCCN2の役割

    研究課題/領域番号:17591938  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    久保田 聡, 滝川 正春, 服部 高子, 西田 崇, 青山 絵里子, 椋代 義樹

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    1.骨髄組織および血球系細胞におけるCCN2の産生状況と分布の解明
    CCN2産生および標的細胞の特定:血小板に多量のCCN2が存在する事実から、CCN2の骨髄における産生者を巨核球と仮定し、まずその前駆細胞の表現型を有するヒト細胞株CMKにおけるCCN2mRNAおよびタンパク質の定量を行ったが検知限界以下であった。続いてヒト血球系幹細胞を分離し、そこから可能な限り分化誘導を進めた主常巨核球によるCCN2産生を検討した。その結果分化の最終段階で、巨核球によるCCN2のmRNA発現を確認することができた。ただしこの所見は最終的に血小板に含まれる大量のCCN2、を説明する証拠としては十分ではなく、他のCCN2の産生者の関与を示唆している。そこで骨髄組織標本を解析し、CCN2の細胞内取り込みに関連する分子を探索したところ、CCN2との相互作用が疑われているEphA4が巨核球表面に存在することを示す所見を得た。
    骨髄血球系のCCN2標的候補細胞に対するCCN2の効果の解析:破骨細胞分化誘導培養系において、共培養した間葉系細胞からのCCN2産生をノックダウンすると破骨細胞の形成が抑制された。この事実は血球系である破骨細胞前駆細胞がCCN2の標的細胞である可能性を示している。
    2.CCN2と骨髄の他の機能分子(サイトカイン、成長因子など)との相互作用の解明
    遺伝子レベルでは、CCN2が軟骨細胞に作用し、単球系細胞の分化に重要なM-CSFを産生させうることを解明した。続いてCCN2結合分子の探索のため、CCN2の各モジュールに対する結合標的アミノ酸配列のスクリーニングを、ランダムな12アミノ酸残基を表面に呈示するバクテリオファージを用いて行い、各モジュールあたり10前後の結合アミノ酸配列を決定した。続いてこのデータから、in silico解析によって結合ペプチドモチーフの抽出を試みた。得られたモチーフに基づき合成ペプチドを試作しそのCCN2機能に対する影響を検討したところ、抑制活性を呈するものが認められた。

    researchmap

  • 新たな組織再生因子リジェネリンとしてのCTGFの役割解明と再生医歯工学的応用

    研究課題/領域番号:15109010  2003年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)  基盤研究(S)

    滝川 正春, 久保田 聡, 服部 高子, 西田 崇, 山本 照子, 田畑 泰彦, 青山 絵理子, 山合 友一朗, 椋代 義樹, 小守 壽文, 中西 徹

      詳細を見る

    配分額:103870000円 ( 直接経費:79900000円 、 間接経費:23970000円 )

    1. 野生型あるいは遺伝子変異動物を用いCTGF/CCN2(以下CTGFと略す)が、成長板における内軟骨性骨化だけでなく、二次骨化中心の形成、膜性骨化、歯根膜、関節軟骨及び耳介軟骨の形成、骨延長術による骨形成、抜歯創治癒に重要な役割を果たすことを示した。また、ゼラチンハイドロゲルを併用してCTGFがin vivoにおいて関節軟骨や骨の再生作用を有すること、さらに、CTGFが血小板に多量に含まれることを見いだし、創傷後の組織再生、特に、各組織の元来の特性を再生させる"リジェネリンとして、CTGFが機能することを明らかにした。
    2. 各ドメインに特異的なモノクローナル抗体を調製し、各ドメイン特異的ELISAシステムを開発した。また、各ドメインの作用や細胞内情報伝達経路が軟骨細胞と血管内皮細胞とで異なることを見いだした。さらに、CTGFのCTドメインが骨髄間葉系細胞のハイドロキシアパタイト(HA)への接着を促進することを見いだし、CTドメインとHAによる硬組織再生の実用化の可能性を示した。
    3. CTGFの遺伝子発現制御機構として、3'-非翻訳領域(3'-UTR)のmRNA不安定化配列とこれに結合するタンパク質の存在を明らかにし、また、その結合量が軟骨分化過程でCTGF/CCN2の発現レベルと逆相関して変動することを見いだした。さらに、低酸素下で3'-UTRに結合してmRNAを安定化させるタンパクの存在も証明した。
    4. CTGFがパールカン、アグリカン、フィブロネクチンに結合して細胞外基質に貯留されること、M-CSFと協調して作用すること、LRP1が軟骨で受容体の一つとして働くこと、さらに、軟骨細胞内情報伝達機構としてはp38MAPKとERKの上流にPKCが存在することを新たに見出した。また,増殖はJNK,石灰化促進作用は,PI3Kとそれに続くPKBが仲介することを明らかにした。

    researchmap

▼全件表示